5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジョルジュ・バタイユ Georges Bataille

1 :考える名無しさん:2010/09/22(水) 19:23:01 0
作家であり思想家であり狂人のバタイユのスレです。

主要著作
『眼球譚』 "Histoire de l'œil"
『死者』 "Le Mort"
『マダム・エドワルダ』 "Madame Edwarda"
『エロティシズム』 "L'Érotisme"
『エロスの涙』 "Les Larmes D'Éros"
『呪われた部分』 "La Part Maudite"
『有用性の限界』 "La Limite de L'Utile"
『空の青』 "Le Bleu du ciel"
『宗教の理論』 "Théorie de la Religion"

【過去スレ】
バタイユ万歳! (社会学板)
http://mimizun.com:81/2chlog/sociology/mentai.2ch.net/sociology/kako/956/956611393.html
バタイユについて (文学板)
http://mimizun.com:81/2chlog/book/mentai.2ch.net/book/kako/968/968037982.html
三島由紀夫&ジョルジュ・バタユ (文学板)
http://mimizun.com:81/2chlog/book/mentai.2ch.net/book/kako/972/972655521.html
バタイユ読みたいんだけどさ・・・・ (文学板)
http://mimizun.com:81/2chlog/book/mentai.2ch.net/book/kako/1018/10185/1018514924.html
バタイユについて議論しましょう
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/academy.2ch.net/philo/kako/1019/10197/1019721782.html
バタイユについて質問
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/academy.2ch.net/philo/kako/1040/10406/1040646929.html
◎◎◎ ジョルジュ・バタイユ ◎◎◎ (哲学板)
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/philo/1082725020/

2 :考える名無しさん:2010/09/22(水) 19:31:43 0
私は修道僧が大嫌いだ。私に言わせると、世界、好運、肉体の真実を捨て去ることは、必ずや、恥辱の感情を生じさせる。これ以上に重大な罪はない。『好運への意志』

3 :考える名無しさん:2010/09/22(水) 19:33:18 0
左様、もしご存知とすれば、神は豚にも等しい野郎だ。理念を究極まで(果して人間にとって可能な業だろうか?)、彼方へ、一切の彼方へ、
更に、更に先まで究める者(思うに、そのとき、彼は垢まみれで、髪ぼうぼうであろう)…「神自身」は、空無の上で陶酔し…、そして今のところは?俺は顫えている。 『マダムエドワルダ』

4 :考える名無しさん:2010/09/23(木) 06:17:54 0
大好き

5 :考える名無しさん:2010/09/23(木) 06:51:50 0
久しぶりに哲学板来たんだけど、なんでこんなにスレ少ないの?戻らないの?

6 :考える名無しさん:2010/09/23(木) 07:46:57 0
>>5
kamomeサーバに大量に板詰め込みすぎて飛んだ。
多分前のスレッドは過去ログ倉庫行きで戻らない。

7 :考える名無しさん:2010/09/23(木) 20:01:09 0
じっと動かずに立ったまま、孤独の闇の中に、嘆願者の仕草のない姿勢で。嘆願。ただし、仕草のない、そして何よりも希望のない嘆願。破滅し、嘆願し、盲目で、半ば死んだように。
汚い寝藁の上のヨブのように、ただし何事も夢見ず、夜の闇が落ちれば、武器を奪われ、既に一切が破滅した事を知りつつ。

8 :佃煮マニア:2010/09/23(木) 23:58:18 0
バタイユスレ復活ですか。ちゃんとファンがいるんですね。
ブランショスレはまだ復活してないみたいですが。

9 :考える名無しさん:2010/09/28(火) 23:51:29 0
バタイユの話してよ

10 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/09/30(木) 17:45:40 0
佃煮マニア(中身はポールです)のバタイユ理解って、
基本的に、風俗行ってる自分(佃煮)と暴力ゲームが好きな自分(佃煮)を
正当化する為だけに機能してるって感じがするね〜

バタイユは一般的な意味での性と暴力を単純に称揚してる訳じゃないから、
佃煮、おまえみたいな理解は浅はかだって事を認識しないとな?

11 :考える名無しさん:2010/10/02(土) 01:47:03 0
バタイユは正当化するような権威を否定してるのにね
神秘体験という表現を好まないのはその言葉が権威と結びついてるからなの

12 :佃煮マニア:2010/10/02(土) 18:35:15 0
私は風俗も暴力ゲームもしませんよ。何言ってるんでしょうね。

そういえばバタイユって暴力は肯定するけど戦争は否定してるんですよね。
制度化された暴力には解放は見て取れないから。

13 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/10/02(土) 19:45:33 0
佃煮は俺等と違って、
にわかバタイユファンだろ?わかるよ

14 :佃煮マニア:2010/10/02(土) 21:24:50 0
純一さんもバタイユ好きなんですよね。
何年前にバタイユと出会ったんですか?
何を最初に読みました?

15 :考える名無しさん:2010/10/03(日) 02:02:25 0
ぼくはマダム・エドワルダからエロティシズムにいきました

16 :考える名無しさん:2010/10/04(月) 11:20:46 0
冒涜をおかすことによって、自己の限界につばを吐きかけることによって、人間は快楽を味わうのであり、冒涜をおかすことによって、神になるのだ。

17 :考える名無しさん:2010/10/04(月) 11:28:58 0
文学の表現するものとは、まさしく悪の極限の形態−なのだが、その悪こそ、私達に取って至高の価値を持つものだと私は考えている。
しかしそうだからといって別に道徳の不在を主張しようというのではない。むしろこれは「超道徳」を要求するものである。−文学と悪−

18 :考える名無しさん:2010/10/04(月) 12:23:16 0
私たちは、恋愛を越えたところで、自分と不特定な同類とに共通する、ある主観性を、うまく表現できる見通しなどないまま
それでも表現しようとする行為へと投げ出されて、生きている。この不特定の同類とは、文学が対象とするものであるが、
私たちが主観性を彼に伝達する時、彼は私たちにこの主観性を感得させる。このような至高性はおそらくは、耐え難いものの中での窒息である。
それは、空虚な状態をもたらす射精を、「死んでしまわないではいられない」と叫ばせる恍惚を思わせる。
だが、もはや趣味道楽などが問題なのではない。至高な芸術は、可能なるものの極限に至る。

19 :考える名無しさん:2010/10/05(火) 08:05:34 0
眼球譚について

すべてが表面に出されている。円環的で、明白で、なんの秘密をもとどめない。いわば、からりと晴れた大空の文学を組み立てている。これがこの文学の常ならぬ美しさであり、新しさだ。(ロラン・バルト)

20 :考える名無しさん:2010/10/07(木) 02:44:11 0
バタイユの奥さんって女優だとは知ってたけどピクニックとか名作に出てるとは知らなかった
実はすごい女優だったんだね

21 :考える名無しさん:2010/10/07(木) 10:13:21 0
私はもう嫌だ。私は呻く。これ以上私の牢獄には耐えられない。語りながら 私の心は苦い。私の喉を占める言葉また言葉、向こうへ行ってくれ、放してくれ。
私が渇望するのは別のことなのだ。私は死を希っている、こんな言葉の覇権を 認めることを希ってはいない。この、恐怖もない 鎖の繋がりなどは。

22 :佃煮マニア:2010/10/08(金) 18:13:38 0
エロスの涙の巻末に収録されていた中国の張りつけの切り裂き刑は圧巻でしたね。
酒で酔わせて痛みを鈍らせ、乳房や腹の肉を公開で少しづつ削いで行く刑らしいです。
日本人の基準で考える「ふつうここまではやらないだろう」という一線を遥かに越えていて、
あの刑罰の写真を見た時は衝撃に見舞われたものです。
アフリカのどこかの国では、ひたすらくすぐるだけという「くすぐりの刑」なんていう牧歌的な刑もあるのに、
きわめて残虐で、同情を許さない中国の刑は迫力ありますね。

23 :考える名無しさん:2010/10/09(土) 06:51:32 0
日本のキリシタン弾圧すごかったらしいが、それよりも長時間かけてじっくり殺していく漢字?
その写真があるってことで買うのをためらってるんだが、人間の原型を残してる?
他には残酷な写真ある?

24 :考える名無しさん:2010/10/09(土) 16:07:56 0
原型っていうか腕と脚ちょん切られて木にしばりつけられて
おなかあたりに穴が開いてる男が写ってるだけだよ
覚悟してみるとそんなにグロくないと思う

25 :考える名無しさん:2010/10/10(日) 17:39:12 0
腕と脚ちょん切られてるわりには
ちょっとかっこいいな、あの男。

26 :考える名無しさん:2010/10/12(火) 21:49:14 0
バタイユがシモーヌ・ヴェイユをどう思っていたか知る手がかりはありませんか?

27 :佃煮マニア:2010/10/12(火) 22:00:19 0
>>26
http://www7.plala.or.jp/akkoneko/3-5.htm
こんな記事がありますよ

28 :考える名無しさん:2010/10/17(日) 01:26:04 0
バタイユもヴェイユも虚無的だなあ

29 :考える名無しさん:2010/10/23(土) 08:16:44 0
バタイ湯

30 :考える名無しさん:2010/10/23(土) 18:41:37 0
バタイユってなんか旨そうな名前だよな

31 :ユビー ◆6wmx.B3qBE :2010/10/23(土) 22:07:28 0
フレンチトーストみたいなイメージがあるよね

32 :考える名無しさん:2010/10/23(土) 23:01:51 0
バターの入ったラタトゥイユ

33 :考える名無しさん:2010/10/23(土) 23:13:49 0
バタトゥイユ
うまじゅるスープ

34 :佃煮マニア:2010/10/24(日) 00:11:35 0
いきなり名前をもじりまくるのは領界侵犯ですよね。
その発想はなかったわ〜という。

35 :考える名無しさん:2010/10/24(日) 00:22:35 0
カントはもじりようが無いですね
いじりようはありますけど(照

36 :考える名無しさん:2010/10/24(日) 08:39:36 0
>>35
カントって、名前を呼ぶときにチョット恥ずかしい。
なんとかならないか。

37 :考える名無しさん:2010/10/24(日) 09:33:47 0
じゃぁ、膣じゃないほうのカントってはっきり言えば。

38 :考える名無しさん:2010/10/24(日) 10:43:03 0
>>37
余計恥ずかしいよ。

39 :考える名無しさん:2010/10/24(日) 10:57:19 0
カントとは     はてなキーワード    

鉄道車両がカーブを曲がるときに遠心力によって、車体が外へ外へ行こうとするのを防止するために設けられたレール面の高低差。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%F3%A5%C8

40 :考える名無しさん:2010/10/24(日) 19:35:15 0
バタイユって戦争って意味でしょう?

41 :考える名無しさん:2010/10/24(日) 19:45:32 0
>>40
バタイユは英語でのバトルにあたるわけですね。サンクスコ。

42 :考える名無しさん:2010/10/25(月) 01:07:24 0
 恍惚の対象は
 外部からの答えの不在である
 人間の
 説明不能の現存は
 不可知の夜の空虚の上に
 宙吊りにされた意志が
 みずからに与える答えだ
 この夜は
 すみからすみまで
 一箇の鉤の破廉恥に
 みたされている

43 :考える名無しさん:2010/10/25(月) 20:26:32 0
バタイユがアセファルで供儀実行しようとしたときみずから犠牲者になろうとしたんですかね?

44 :佃煮マニア:2010/10/25(月) 21:35:40 0
自身のエロティシズムを成就させるために、アセフェルの会員の手によって残虐な死を得ようとしてたんでしょうね。
バタイユは死に対して限りない憧れがあって、なんとしてでも死を我がものにしようとしていました。
ニーチェと同様にバタイユには脳疾患があって、晩年は想像もつかないほど苦しんだ様です。
まさに理想通りの死だったのかもしれません。

45 :佃煮マニア:2010/10/26(火) 17:20:06 0
>>44
アセフェル→アセファル

46 :考える名無しさん:2010/10/28(木) 23:23:08 0
にしてもバタイユとブルトンの論争はおもしろいなw

47 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/10/28(木) 23:30:12 0
やっぱ佃煮(ポール)は駄目だな。
理解が安直過ぎる。

48 :ユビー ◆6wmx.B3qBE :2010/10/29(金) 01:52:41 0
ていうかさ、なんで千石官房長官みたいなコテしかいないの?

佃煮にしても波平にしても。
普通に質問してるだけなのに、答えないし。
答えないことを指摘したら、人格を否定するじゃん

49 :考える名無しさん:2010/10/29(金) 08:51:05 0
バタイユは死を得ようとしたのかどうか疑問です
小死ということを言っていますし、死に憧れはなかったのでは
あまり詳しく知らないので何も言えませんが

50 :考える名無しさん:2010/10/29(金) 18:56:42 0
セクスタ死ー

51 :佃煮マニア:2010/10/30(土) 20:58:19 0
>>47
じゃあ深遠な思考を披露して下さいよ。
波平ポールが下衆で無職でどうこうというレベルの話ではないものをお願いします。

>>49
バタイユは、死に至るギリギリの行為をにエロティシズムを見いだして、賛美していたのではないでしょうか。
たとえば恋人に首をしめてもらったり、賭けでロシアンルーレットをしたり。

52 :ユビー ◆6wmx.B3qBE :2010/10/31(日) 03:02:30 0
佃煮の書き込みで何か特別なことを思ったことはないが、
純一の書き込みに、笑ったり感銘を受けたりすることはあるかなぁ。

佃煮は平凡だと思うよ。
「深遠な思考を披露してください」って意味がわからんわ〜〜。
佃煮は自分の書き込みをいちいち「俺は今から、深遠な思考を披露するぞー!」って思うのかも知れないけど
そんな恥ずかしいことはないなぁ


じゃあ、佃煮さん、対談やりましょうか、深遠な思考をお互いそこで披露しあいましょうって言っても
純一はやるだろうが、佃煮はやらないだろうな。だけど、相手には要求するわけだ。
佃煮の書き込みは一方的に相手に押し付けるものでしかないし、理念もないし
「俺は今から、深遠な思考を披露するぞー!」って意気込みで書き込んでるのが安直なんだろうな。
こりゃ純一は理にかなってるわ〜〜。

佃煮さん、深遠な思考はいいから、まず理念のある書き込みしましょうよ。

53 :考える名無しさん:2010/10/31(日) 05:27:21 0
「誰」が「何」を思うとか、どうでもよすぎる

54 :考える名無しさん:2010/10/31(日) 12:45:25 0
バタイユの話は一つも知らないくせにスレ違いな低能煽りばっかしてる糞コテユビー ◆6wmx.B3qBE
こういうのが一番恥ずかしい

55 :考える名無しさん:2010/10/31(日) 20:16:33 0
『エロスの涙』のハンス・バルドゥング・グリーン「女と哲学者」の絵を見てワロタ。
どんなプレイだよ。

56 :考える名無しさん:2010/10/31(日) 21:21:56 0
どんな絵か気になったからおしえて

57 :考える名無しさん:2010/11/01(月) 01:44:36 0
>>56
お庭で哲学者が四つん這いになっていて、その背中に裸の女が馬乗りになっていた。
お馬さんごっこをしていた。

58 :考える名無しさん:2010/11/01(月) 14:00:49 0
家畜人ヤプーのイメージか。

59 :佃煮マニア:2010/11/01(月) 17:04:19 0
その絵、馬になっている哲学者はアリストテレスでしたよね。
裸の女性が哲学者にくつわをかませ、鞭でひっぱたきながら四つん這いで歩かせています。

今ではSMでそういうプレイがありますよね。
ベティ・ペイジのボンテージの本を見ていたら、やはりその手のプレイが小説でありました。
18歳になる筋肉質の美青年を挑発して、鞭で言うことを聞かせ、四つん這いにさせ、
その青年に馬乗りになって歩かせ、その尻を10センチのピンヒールで踏みつけにすると、
美青年の一物が大きく張り出して腹を打ち、その度に美青年は羞恥心にまみれた喘ぎ声をあげるという。

家畜人ヤプーでもたしかUFOの中で日本人青年を四つん這いにさせる場面がありましたね。

60 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/11/01(月) 17:09:43 0
やっぱ浅いな〜

61 :考える名無しさん:2010/11/01(月) 17:23:18 0
最近は佃煮が憎くなったらコンビニで佃煮買ってがぶつくことにしてる

62 :考える名無しさん:2010/11/01(月) 17:27:12 0
ぴかぁは最近あまりみないが、昔公害をまき散らしてた時には、このサイト↓みてヒントもらってホームセンターのペットの犬にぴかぁって名前つけてそいつにこっそり唐辛子水鉄砲飛ばして憂さ晴らししてました。
http://chibinonnon.a-thera.jp/index-5.html

63 :考える名無しさん:2010/11/01(月) 17:58:29 0
長点一つもない能無しは文句しか言わないな。

64 :考える名無しさん:2010/11/01(月) 18:10:02 0
3行までしか認知できないのは自分で自分に云うべきことを
表現しがち。

65 :社会びたみん不足 ◆zux.LiRqWQ :2010/11/02(火) 04:08:10 0
http://lofi.e-hentai.org/g/298473/9466ad50f5/
エログロナンセンス↑

66 :考える名無しさん:2010/11/02(火) 12:36:10 0
誰かバタイユの思想について教えてください
内的体験は個人ではなく他者が存在しなければ成り立ちません
しかしバタイユの内的体験とは暴力的ではありませんか?

67 :佃煮マニア:2010/11/02(火) 18:53:01 0
>>66
宗教の供犠などで生け贄を破壊したりするでしょう?
(また、キリストは神の子ですが、彼も張り付けにされ破壊されたでしょう?)
そういった暴力行為を中心にして集団で瞑想状態に入ることを内的体験と言うのですよ。
そして、バタイユも内的体験を続けていたとき、それを見たブランショが、その行為自体が権威である、と賞賛したのです。

だれか違う解釈の人がいますかね?



68 :考える名無しさん:2010/11/02(火) 19:08:36 0
いや賞賛はしてないだろ

69 :考える名無しさん:2010/11/03(水) 07:59:41 0
>>67
で暴力的なそのことを友人のブランショやレヴィナスはどう考えていたんですか

70 :考える名無しさん:2010/11/03(水) 11:59:31 0
ググレカス

71 :佃煮マニア:2010/11/03(水) 19:52:20 0
>>68
批判してたんでしたっけ?ググると「指摘した」と出ますね。

>>69
私の記憶をあまりあてにしないで貰いたいのですが(笑)
たしか、バタイユが暴力的な内的体験を通じて神秘主義ぶるのをある学者が批判して、
倫理の必要性が訴えられて、レヴィナスが引き合いに出されたものと思います。
ブランショは共著ではないですが、内的体験の著作過程に深く関わっていたようです。

72 :考える名無しさん:2010/11/03(水) 23:08:33 0
>内的体験は個人ではなく他者が存在しなければ成り立ちません
しかしバタイユの内的体験とは暴力的ではありませんか?

 暴力的でしょうね。ちくま学芸文庫『聖なる陰謀』という本があり、1930年代にバタイユが仲間
と作った秘密結社アセファルに関係する書簡や連絡事項や宣言とか集めた本ですが、冒頭にバタ
イユの書いたアセファルの思想があり、そこで《倒錯や犯罪を、排除すべき価値としてでなく、
人間の全体性に統合されるべきものとして自ら引き受けること》(033頁)と書いてます。同じ本
に、《人間存在は、死に至るまで戦う時、或は荒々しく感染力のある肉体的興奮に駆られる時にだけ
、自分の利害関係がもたらす混乱した歪み―それは人間存在を総体として生気のない屑の堆積に
変えてしまっているのですが―から抜け出すことができます。》(094頁)とも書いてます。《死に
至るまで戦う時》というのは、自分か相手のどちらかが“死に至る時”だと思います。要するに自分
が殺傷されてしまうか、または相手を殺傷してしまうまで、ということでしょう。。アセファル
とはシンボルマークとして頭部のない男が右手に燃える心臓、左手に剣をもって立っている。この
シンボルマークに、彼が主張していた、自己を何らかの役回りに限定する「全き人間の放棄」「人間
社会の機能の一つでしかないこと」、その「不能不全性」を形成する理性,知性への否定が伺われる
と思います。暴力的な状態に陥ることは、恐怖や戦いや殺傷に誘うという意味合いで、つまり解体
をもたらすという意味で、肯定的だったと思います。


73 :考える名無しさん:2010/11/07(日) 07:22:15 0
 何故にバタイユが倒錯・犯罪を重要視したかといえば、人間がそれ自体一個の運命である限り、
そこには世間の道徳観に反する行為や心情,情熱が出てきてしまうのは避けられない、という
ことがあったろうと思います。谷川俊太郎の詩に、《愛し合う一対の男女ほど猥褻なものはない》
というフレーズがありますが、そのフレーズはバタイユのいう〈運命〉が世間道徳観を食い破る、
無化してしまう性格をもつことを表しているでしょう。また、酒鬼薔薇聖斗のような少年が他人
を殺し、遺体を首を切断し、母校の校門に飾る、というような振る舞いに出たのも、バタイユの
指摘する、《科学(学問)の行為は自立的であらねばならず、学者は、認識欲以外のあらゆる人間
的関心を排除するからである》《人間の自由に用いうる認識の全体は、こういった種類の欺瞞の
たまものである。》(『バタイユの世界』青土社 409頁)という言説を鑑みれば当然なように思えま
す。まさに教師が主張する人間像とはバタイユの言を使えば《片輪な実存》なのだから、それを破壊
するべく犯罪者となるのは当然な帰結ともいえる。
 バタイユにおける〈倒錯・犯罪〉の意義というのは、話題が話題だけに研究者によってもあまり
触れられないことなようですが、読み進むうちに、バタイユにおける悪の意義に、突き当たらない
わけには行かない。そこを素通りしてはバタイユ重要部分を素通りすることになる。バタイユは
悪に入っていく契機を〈好運〉として、〈総体性〉をもたらす契機として位置づけていたのだから。

74 :考える名無しさん:2010/11/08(月) 17:39:47 0
ブランシュはともかくレヴィナスってバタイユ
とはだいぶ異なる思想だよね
神秘体験的な合一を宗教や思想の中核にすえることを否定する
思想だし

75 :佃煮マニア:2010/11/08(月) 18:16:13 0
なんかやたらと詳しい人が大量に書き込んでるみたいですね。参考になります。

ところで、誰かが小死ということを言ってましたが、これには反論があります。
やはりバタイユのエロティシズムというのは希死念虜と密接な関わりがあるように思えてなりません。
小説の中でもバタイユは、エロティシズムを感じている時、どうしようもなく死への欲望が沸いて来る云々といったことを、言っています。
男性が女性の体を汚すことはすなわち女性器の破壊であって、これはエロス(性衝動)とタナトス(破壊衝動)の合一なのではないかと思います。

76 :考える名無しさん:2010/11/11(木) 20:43:22 0
わからなすぎてもやもやしてるので教えてください
エロティシズムのまえがきの一番最初にバタイユは、聖女と好色漢という相対立する可能性が一致する窮極の可能性をつかみたいと書いています
それと対立的に、このふたつの可能性のうち、どちらか一方を他方に還元しようとは思わないと書いています

「還元する」とは、聖女と好色漢というふたりの人間のうちひとりだけをとって説明するということですか?
バタイユはしないけれどもし還元したとしたら上の一致する窮極の可能性をつかむのとどう違うのですか、還元の意味がわからなくてそこから先に進めません

77 :トーヘンボク:2010/11/11(木) 22:48:45 0
ふむ。。。このスレにも興味があるな。佃煮マニアさんはあちこちで
見かけますねぇ。

バタイユもこれから読んでみたいひとです。非常に興味、アルよ。


78 :考える名無しさん:2010/11/11(木) 23:14:02 0
 一応澁澤龍彦訳で。《聖女》と《遊蕩児》《それらの一方を他方に帰属せしめ》る、言葉のまま
で、“遊び人の一部分としての生真面目”“生真面目の一部分としての生真面目”つまり、
“否定しあうままでない、どこかで肯定しあえる”という意味でしょう。で、《窮極の統一の
可能性》というのは、“否定しあったまま、否定しあうことにより統一性をみる”という意味
。例えば大人ほど、多様な人間性にいちいち意味付け、価値付けをやりたがるでしょう。
“真面目なだけでなく不真面目なところもあり、バランスがとれている”とか。人間性の
一々に価値付けをするわけで、価値付けされることで許容範囲のなかに入る。《窮極の統一
の可能性》という場合には、価値付けされず、否定しあったままである二項が、否定しあう
ことで人間性の深部を指示している、それが《窮極の統一の可能性》ということだと思いま
す。『エロテイシズムの歴史』に、《根源的な意味で、聖なるものとはまさに禁じられたもの
である。(中略)それはもはや軽蔑の対象となる獣性ではない。その相貌はしばしば動物
のままであるが、同時に、神性を帯びたものになっている。》(哲学書房 哲学文庫版 127
頁)ここがバタイユの根幹で、理性に否定された獣性は、次に様々な契機でそれが爆発した
とき、神性を帯びている、とされる。バタイユは矛盾・対立を抱えたものこそ人間性である
、と考えたから、そういった神学を作り上げたと思います。

79 :考える名無しさん:2010/11/11(木) 23:30:09 0
 失礼。間違えた。“生真面目の一部分としての遊び人”“遊び人の一部分としての生真面目
”ですね。補足してみると、何でバタイユがこのような、〈禁止‐侵犯〉の理論を作り上げたか
、ですが。機構の一部、生産構造の一部、として自己や他人を操作対象と化す実存を「不具」
と名付けていたわけで、そうでない「総体的」である実存を訴えていた、と思う。

80 :考える名無しさん:2010/11/11(木) 23:32:57 0
 失礼。間違えた。“生真面目の一部分としての遊び人”“遊び人の一部分としての生真面目
”ですね。補足してみると、何でバタイユがこのような、〈禁止‐侵犯〉の理論を作り上げたか
、ですが。機構の一部、生産構造の一部、として自己や他人を操作対象と化す実存を「不具」
と名付けていたわけで、そうでない「総体的」である実存を訴えていた、と思う。

81 :佃煮マニア:2010/11/12(金) 00:55:32 0
>>78
逃げる聖女と、付け回す好色家とは、どちらも獣と違いその欲望が禁止されていますよね?
欲望が禁止されているその有限性において、両者は一致するのじゃないでしょうか?
両者は相対する生をもっていますが、対立点においてその可能性が合一されるということですよね。

矛盾を抱えたものほど人間的であるというのは、両立背反するアフォリズムを多く生み出したニーチェと、
共通するところがありますね。バタイユが影響されたんでしょうか?

82 :考える名無しさん:2010/11/12(金) 14:26:30 0
 バタイユには、人間を予定調和として位置付けたり、価値付けたりする、思考への反感があると
思いますけども、そこがすべからく解体的で、魅惑的でもありますね。ニーチェから影響も受けて
る筈だけど、ニーチェは晩年に倒錯・犯罪という領域に対し、嫌悪感を出してくる。そこがバタイ
ユの方がより壊れてて、興味深いところです。

83 :考える名無しさん:2010/11/12(金) 15:44:28 0
 何故ニーチェが倒錯・犯罪を否定したか、というと、ニーチェ晩年の思想と関連し、ニー
チェの晩年に〈力への意志〉という思想を構想。草稿を書き続けるが、結局纏められなかっ
たという経緯があります。そこで倒錯や犯罪は力の衰退である、というくだりが書かれて
いたと思うんですよ。ただ、力への意志にいく、というところで、非常に難しいところに
ニーチェは入り込み、結果精神を病んでいく原因にもなったように思える。現代国家で
強力な権力を行使しているところ、中国は典型的ですが、或は個人原理でも、根本的にそ
れらを支配するのは力への意志だと思われる。力への意志というのは歴史的に思想が
行き着くであろう最終地点なのか、というのは大きな問題で、ニーチェはこの問題を解決
できなかったと思うわけです。バタイユの話からは外れますが。ニーチェの残した大きな
問いかけだと思います。

84 :考える名無しさん:2010/11/12(金) 17:03:26 0
>>78
非常に丁寧に書いてくださって前より見通しが効くようになりました、ありがとうございます
やはりバタイユは窮極の可能性をつかむために社会学に傾倒していったのでしょうか

>>79でバタイユが不具とよんでいる立場はマルクス資本論のことですね

85 :考える名無しさん:2010/11/12(金) 21:30:01 0
 資本制社会が人間を価値増殖の1機能としかせず、そこでバタイユのいう総体的存在を断片的に
にしかしないのだから、そこで価値増殖過程の1部分的として嵌まりこむ人間を「片輪」扱いする
ことには根拠がある。面白いのが、バタイユの場合、資本家などに侮蔑を投げるだけでなく、「芸術
家・政治家・学者」にたいしても、“自己の宿命を忘れた、自己を欺瞞する人々”と呼んでいる点で
、《彼は彼のものとされている実存を、それが真にどのようなものか忘れるという条件でしか、
容認することができない。そして、芸術家・政治家・学者は、彼を瞞着することをもって、おのれの
仕事としているのだ。してみれば、実存を支配できる人々とは、ほとんど常に、最もよく自己を欺く
ことのできる人々、その結果として、最もよく他人を欺く人々、というわけである。》(『バタイユの
世界』408頁 青土社)とか書いてる。人間であることの孕む総体性を忘れることで成立する、とい
う限りで、そういう《偉い人々》もまた欺瞞的とされる。芸術家とか、「偉大な存在」としてしばしば
語られるわけですが、例えば学校教育が何をやるかといえば、総体的存在であったかもしれない
作家や表現者にカテゴリーを当て嵌め、「こういう役割の人々」とか。で、それにより、社会における
価値に回収してしまう。いわば総体的存在であったことを忘却し、価値付けし、社会の機能
にしてしまう。そこで総体的存在を捨象してしまうことを「片輪」と呼んでいる。そこが面白い。


86 :考える名無しさん:2010/11/13(土) 02:35:26 0
すべての芸術家を批判してるわけじゃないよね?
総体的存在としてある芸術家(たとえばサド?)なんかは外れる?

87 :考える名無しさん:2010/11/13(土) 11:13:56 0
 バタイユが言いたいのは、例えばどんな道へ進むにせよ、重要なのは自己の運命を見失わないと
いうことで、芸術家にせよ、己の資質として成ってしまったことが重要で、運命愛というのはそう
いうことでしょう。バタイユが批判的なのは運命的なものが忘却され、肩書とかの方が重要視され
、また、職責とかが重要視されてしまうことだと思うんです。彼が「片輪」と呼ぶのはその辺のこと
でしょう。

88 :考える名無しさん:2010/11/13(土) 18:43:29 0
どうしてバタイユの思想は市民権を得られていないの?
そもそも哲学者(思想家?)とも認識されてない気がするの

コペルニクス的HENTAI過ぎたの?

89 :佃煮マニア:2010/11/13(土) 19:32:43 0
「僕らは柔らかな土の上に倒れ、僕は巧みに操縦された鍬が土の中に
突き入るように彼女の湿った身体の中へ入って行った。その身体の
下で、土は墓のように開き、ドロテアの裸の腹部は新鮮な墓のよう
に僕に向かって開いた。僕らは星をちりばめた墓地の上で交わりな
がら、こうして全体で一つの輝く空をかたちづくっているのだーー
―交わりあっている僕らの動きと同じ様に乱れ乱れる、輝く星空を。」
               ジョルジュ・バタイユ「青空」より

三島由紀夫の「仮面の告白」における接吻シーンは日本一美しい、なんてことが時々言われるようですが、
三島が敬愛してやまなかったバタイユの方が、芸術的に接吻や性交を描いているんですよね。
情景そのものを抽象化して豊かな比喩でちりばめ、生々しい行為を優美な空想に描き直しています。
こういう芸当は三島にはできなかったみたいですね。

90 :考える名無しさん:2010/11/13(土) 19:35:19 0
浅田彰によるドゥルーズによってバタイユは越えられたという発言に対する批判を知りたい

91 :考える名無しさん:2010/11/13(土) 23:53:01 0
 特に浅田彰やドウルーズに限定しない話なんですが。1970-1980年代における、西欧思想が
日本に輸入されていった際、とりわけ前衛的意識の強い人々は、輸入された西欧思想の中でも、
否定神学―否定的にしか語れない存在論―、唯物論―凡てを差異や生成の運動に還元する―、の匂い
の濃厚な思想に好意的で、そこへいくと、バタイユの思想は“運命”とかの語彙が使われたり、
侵犯による〈聖なるもの〉の体験にせよ、二項的で、西欧思想を輸入・紹介していた知識人の前衛
趣味と若干合わないところがあった。バタイユはどこか生々しい思想で、軽やかじゃない。体験に
価値を置くところも。実存を重んじるところがありますから、〈総体的存在〉というのも、否定的
にのみ語りうる何物か、でもない。機構の断片でない、機能の奴隷でない、というところに重心が
あるわけだから。前衛知識人の好んだ否定神学や、生成と差異の分子唯物論、とも違う。そういう
ところで軽んじる知識人もいたんでしょうね。バタイユの場合には、出発点として人間の像として
、事実性を、個体として生きられる世界を基点にする思想で、だから小説になる。。そこが特徴です
。絶えず横目で実際の人間の姿を睨んでる思想だから、生々しいしそこが魅力なわけです。で、
前衛知識人が称えた思想とは違い、実存的でもあり、同時に市民道徳や公共性からすれば信じられ
ない思想を考え続けた。今のような、いたるところで主体の責任を強いる、社会の機能であること
を強いてくる時代では、〈総体的存在〉というのは貴重な思想であると思います。

92 :考える名無しさん:2010/11/14(日) 05:14:47 0
生の哲学ってやつ?

93 :考える名無しさん:2010/11/14(日) 11:48:55 0
変態の哲学だろ?

94 :考える名無しさん:2010/11/14(日) 19:22:44 0
現代思想は否定神学の影響を受けているとは勉強になりました
バタイユの革命観は総体的存在の思考そのものですが、あれは結構おそろしいと思います
その辺の思想を日本の知識人はどう摂取したんでしょうかねえ

95 :佃煮マニア:2010/11/14(日) 23:12:25 0
浅田彰が紹介したドゥルーズによるバタイユ批判は、構造主義に入って行くためのたんなる通過点だという説があるらしいですね。
それでも「呪われた部分」は絶賛しているようですが。

96 :考える名無しさん:2010/11/15(月) 22:46:08 0
 ドウルーズ=ガタリは欲望について、本来多様な組み合わせ arrangementsであり、個人的に
捉えるべきではない、そこで欲望の革命性がある、という考え方を押し進めてる、と思うんです。
それだから、精神分析そのものに批判的で、皮肉ばかり言ってる。《フェラチオは乳房を吸いたい
という現れだそうだ。お笑い草な解釈だ》とか言ってるインタビューがありますね。要するに
精神分析、精神医学とか、制度に囲い込むための方法だ、そうでなく、欲望が本来精神医学などが
やるように、超自我を持ち出して抑圧すべきでない、という立場です。反‐精神分析が革命性の
第一歩、みたいに言ってる。精神分析の一面として、なにものにでも精神分析し、家族関係からき
た、とか言いたがる、汎‐精神分析の流れへの否定があり、そうだから精神分析や異常‐正常の二項
に猛反発するわけでしょう。その発祥の仕方はまあ解る。ただ、そうだからといって、バタイユの
ような思想が乗り越えられたと考えるのは違う。バタイユのような人間は、自己内部に不安定さ
を抱え、抑圧が強く、医者にかかってたりしていた。自己の抑圧(不自由)をどう解除するかが
問題だったはずなので、あの思想それ自体が性や倒錯やを自己に解除し、そこで自己救済した
可能性もありますから。。思想というのは非常に個人的なところから発祥することもある。バタ
イユの思想はドウルーズに比べれば、社会全体の変革、というよりも、体験そのものにやはり価値
を置いてる、重要視してるので、ウェイトの置き所が違う。日常の頽落とそこからの超脱の瞬間
、その弁証に注目してる。その関係を破壊する概念の発明、とまでは行かない。何故かといえば、
彼が探求する世界、聖性,内的体験への偏執が大きかった。そこが変態的といえばそうかもしれな
い。どこまでもバタイユ自身の嗜好が出発点である。体験という価値が根本的で。もうひとつ、
バタイユの場合、元々敬虔なキリスト教信者で棄教した人間です。体験の出来させる外部性に神性
を感じていたところもあるだろう。その辺が元々ドウルーズと違うと思うんです。


97 :考える名無しさん:2010/11/16(火) 16:25:57 0
 あと補足すると、ドウルーズの思想というのは、フランスにおける精神分析の流通への反発があ
り、推察するに、そこで何でも幼少期の欠損に還元したり、所謂無意識の欠損に還元したり、そこで
の愚かしさがバネになって、精神分析批判、分裂症分析となっていったと思える。ただ、そこで、
これはドウルーズに限った話ではないが、フランス現代思想において、個体性,自己,‥といった
領域を簡単に捨象してしまう、傾向を生んだと思う。その個人性への詰め方の甘さがあり、ひいて
は分裂症という概念への甘さにも繋がってる。分裂症のもたらすものが革命的だとされる場合、
それが人生を破壊するものだ、という面が考慮されてないんじゃないか。これはドウルーズらの
本を読んでると、誰でも感じる疑問符だと思います。つまり都合よく書かれ過ぎじゃないか、と
いうことで。自己史としての個人、過去に呪縛される私、無意識、というのは事実上あるもので、
こればっかりはフロイトの誰のでっち上げでもない。真実としか言い様はない。そこが抜けてる。
フランス現代思想における人間像の軽さがあるとすれば、それで、またリアルではない。日本の
思想紹介者がもつ身軽さもそうだと思います。それは人間の事実性を見失ってる姿だと思うので。

98 :佃煮マニア :2010/11/16(火) 17:54:17 0
ドゥルーズ=ガタリの時代は、ロボトミーや電気ショックで分裂病患者が次々に廃人にさせられた時代ですからね。
彼らのちょっと前の時代は、もっと原始的で、分裂病患者を僻地の座敷牢に隔離するしかなかった訳です。
中世より前の時代では、分裂病者は預言者として祭り上げられ、崇拝されてもいたこともあったのですが。

ドゥルーズ=ガタリの影響があったのかなかったのか、今ではロボトミーや精神分析、隔離は廃止されています。
それでも、患者達は薬によって管理され、感情が平板化してしまうなど、精神的な自由を奪われています。
この、薬によって患者をコントロールし精神の自由を奪うやり方が、座敷牢に入れて自由を奪うのと大して変わらないのでは、
という議論を生んでもいるんですよ。
精神医学もまだまだ発展途上です。



99 :考える名無しさん:2010/11/16(火) 21:51:50 0
 人間は何者なのか、という問がやはり中途半端にしか問われない、ということで、特に精神医学
では。だから薬や手術、電気ショック、監禁…といった方向性に流れてしまう。それは自己性の
歴史性を無視して、単に“脳のこの箇所が病んでるから除去しよう”“ここにショックを与えよう”
“先天的に異常だから監禁しよう”という物化と実効性で済ませてるわけです。人間性の成立に
ついて、無知であり、また研究する気もない。それが精神医学とかいうのだから呆れたものと思え
る。ただ、その問題点と別に、先のドウルーズらの場合、精神病というのを社会変革の課題に
引き寄せ過ぎでないか、というのが僕の批判ですね。前者の愚劣さとは違う意味でちょっと…と
思える。精神病がどこから発症するか、について、社会、偏見、または精神医学が作るという言い
方がありますが、精神病を増長はするだろうけども、ドウルーズらの嫌悪する家族の要因を排除
すると、誤ると思います。何故精神病が厄介なのか、個人的歴史に食い込んでるから、ということ
で、ここを無視して外的要因しか見ないと誤ると。そこが間違いと思います。バタイユに戻すと、
欲望は革命的、倒錯は革命的、という思想とはまた違う。狂気を物神化はしないわけで、持ち上げ
はしない。むしろ、役に立たない、無であり、無の渦に巻き込んでしまう、だから貴重で、至高であ
る、という思想です。だから無に巻き込まれる瞬間は好運、ということになる。で、そこで歴史の
進歩とかを目論んでもいない。“より良い社会を皆で作ろう”ではない。“新しい概念”でもない。
だからそこは左翼ではない。進歩とかどうでもいいはずで、人間性のなかで知や機能性に回収さ
れないものがあるとしたら、それこそが人間の価値、という思想だと思います。未来ではなく、無
に開かれること、待望すること、それが重要だったと思える。

100 :佃煮マニア :2010/11/17(水) 20:49:58 0
ドゥルーズは、それぞれの人の思考の奥底にある平原が他者の平原となだらかに連鎖していくこと、
つまり格差のすべてがなくなることを望んでいたんですよね。
ドゥルーズはガタリとともに精神医学に批判をあびせている面もありますが、それはあくまで一側面であって、
統合失調症者が革命の救世主になるとまでは言ってなかったかも知れません。
資本主義社会では格差がなるなるということはありません。革命を望んでも、風車の前のドンキホーテになるのが落ちです。

一方のバタイユですが、この人は狂乱や熱狂に美意識を持ってはいますが、それを全肯定している訳ではなくて、
ソドムとゴモラのような退廃こそが芸術の高みであると言うにとどまっています。
ドゥルーズが本の中で統合失調症の真似をしてみせたのに対して、バタイユは実際病んでいたようです。

バタイユの表現で印象的なものがあります。
「果物の内部に蛆虫がわく時、初めて快楽が始まるのよ。毒を含んでいる時だけ、わたし達の幸せは甘美なのよ。」
果物を人間存在としてみた場合、これは病に冒された瞬間に初めて崇高な快楽が訪れるという、絶妙な比喩になっています。

101 :考える名無しさん:2010/11/17(水) 23:02:01 0
ドウルーズはこう書いています。《無意識とは、作り出し、投資し、流動させるべき実質、戦い取らなければ
ならない社会的・政治的空間なのです。一つの革命は途方もない無意識の生産で、他に多くの例を見ませ
ん。》《小家族や近所の学校など、それがどのような場所においてであれ、装置を揺るがし、社会領域を糾弾
しないような欲望の開花はないのです。常により多くの連結を求めるから欲望は革命的なのです
。精神分析は全ての連結を、全ての〈組み合い〉を切断し、挫いてしまう。》《精神分析は欲望を憎み、政治を
憎悪する。》(「精神分析に関する四つの提言」)個体の次元の無意識の生成、その呪縛への軽視がなければ
こういった発想はとれないでしょう。無意識を連結させ、多様化し、噴出させることを、それこそ
政治的空間であり、課題だと言っている。それがここでの独自な立場でしょう。《むしろこう言ったほうが
よいでしょう。欲望の主体も、対象もどちらも存在しないと。〈流れ〉だけが欲望自身を客観的に示すのです
。》ここで無意識の個体における生成を敢えて無視し、連結し、それを政治的空間化してるのが
分かると思うんですが。続いて《第二の提言は従って精神分析が言表の形成を妨げる流儀に関わることに
なります。》そこで言われる言表とは、要するに分裂症的幻想の断片である。これを重要視する。
で、そのような妄想の噴出を精神分析が妨げる、として批判しているわけです。
 面白くない、というのでなく、面白いんだけど、この面白さはまともに付き合う性質のものだろう
か。そこに来てしまう。遊んでるように見えるが、おそらく真面目に書いてるでしょう。読んでいて
、思想とはこういうものなのか、という疑問をもつわけです。ドウルーズにも色んな面があるんで
しょうが、前衛芸術に影響された思想家がいかにも書きそうだけど、先に書いたように、ここで
アンチ精神分析によって分裂症を政治的に活用するところは、不毛、だと思えますけどね。色んな
面があり、信奉者も多いのですごいな、とは思いますけどね。
 バタイユについては、彼自身のなかで、自分の思想が何なのか、あまり区分けはしてなかったと
思えるんです。自分は狂人だ、と言ってるインタビューか何かありますね。

102 :佃煮マニア :2010/11/18(木) 18:45:40 0
>常により多くの連結を求めるから欲望は革命的なのです 。
これは分裂病に特異な関係妄想でしょう。
世界のすべての悪事や珍事が自分のせいで起こっていると思い込む類いの妄想です。
精神医学において、分裂病患者の妄想を精神分析にかけることが害だということになった理由には、
妄想の中でできあがった世界観を議論に晒すことによって、妄想が強化されてしまうというものがあります。
だから、ドゥルーズ=ガタリにとって分裂病的であることがすぐさま革命に結びつくというのなら、
本来は精神分析を批判するべきじゃないんですよ。
精神分析は、分裂病的な思考(ドゥルーズによると最強の強度をもつ思想)を強化するものなのです。

こういった分裂病的な思考が政治の場に活用されていた時代は、大昔にありました。
一番最近の例ではロマノフ王朝にラスプーチンが関わっていたことなどが挙げられます。
共同体を指揮するリーダーにまじない師が口添えをしていた時代がありましたが、
まじない師というものはだいたい分裂病的な誇大妄想、関係妄想で世界を眺めるものです。
分裂病になると時間の感覚が狂うので、デジャブや予知夢を頻繁に見るようになります。
これらがまじない師の予言の元になっているのです。

しかし、>>101さんの言うように、こういった政治形態は今や不毛になりつつあります。
ドゥルーズの著書は、詩としては名作ですが、思想としてはあまり現実味がなく批判の余地が十分にありますね。

103 :考える名無しさん:2010/11/20(土) 23:43:39 0
 精神病に、幻聴という症例があります。自分を責めてくる声が絶えず聴こえてくる。また、他人の
視線がやはり自分を責めてくる、というのもあります。で、最終的に、目には目を、で他人に暴力
を振るう。精神病から、いかにもカフカ的な変身妄想とか、詩的な、自分が川や空になったり、
芸術肌の人間が好む症例もあれば、ただ悲惨な、惨めな、症例もある。都合よく症例をひいて、“
主体が脱せられている”とか、“器官なき身体”とか、言ってしまうこともできるわけでしょう。
しかし、その手法がさほど注目に値するわけではないことは自明で、理由は単に都合のいい
論法だから。思想的問題がそこにあると言っていいのか、さえ疑問で、その疑問符を誰も提起し
ないのが不思議ではないか。D=Gも本が文庫本になるようなドル箱だからか。日本の知識人も、
そういう疑問符をもっと挙げればいいのに、と思いますね。都合のいい手法で書かれてる、と。
フロイトがエデイプス複合をでっち上げた、みたいな書き方してるけど、程度が低い。フロイトも
解らないことは多々あった。しかし基本線は間違ってなかったというのが妥当でしょう。1968年
の反乱が精神分析によって収拾されるという状況があり、それへの反対だったという。しかし、
そこで為された分裂症分析が、政略以上の意味は持てなかったと思う。

104 :考える名無しさん:2010/11/21(日) 07:26:01 0
長文を書いておられる方の意見は今まさに自分が感じていた疑問でしたので
実に面白く読ませていただきました。(全て同一人物という確証はありませんが)
自分もドゥルーズによるバタイユ批判、すなわち小さな秘密の中に欲望を還元してしまうことへの批判
には少々疑問を感じておりました。
それはバタイユの解釈者にとっては正しいのかもしれませんが、
バタイユ自身にそれを適応してしまうことは間違っているのではないかと考えていたので。
私が考えるにバタイユは絶対的な価値(そこには美醜の全てが含まれる)=カオスに絶対的な価値を置いており
後に来る時を全く考えなかったのに対して、D=Gは逃走といういわばその次なる時を想定していたため、
小さな秘密という、カオスの矮小なる還元を批判したのではないかと考えています。
つまりバタイユがカオスそのものに近づき、そこにあらゆるものの本質を求めたのに対して、
D=Gはそのカオスから生成されるもの一つ一つに本質を求めたのではないのかということです。
ここまで書いて思ったのですが井筒俊彦氏の意識と本質におけるリルケとマラルメの違いを彷彿としているような気もします。
とは言っても自分はまだバタイユを読みだして1年足らず、ドゥルーズに至っては半年程度なので、
むちゃくちゃなことを言ってると思われましたらどうぞスル―してください。

105 :考える名無しさん:2010/11/21(日) 11:32:01 0
 『至高性』に〈何ものでもないもの〉の価値、、涙、笑い、酩酊、闘争、暴力、性もそうでしょう
が、主体における規律の作用、価値意識、を遺棄し、無に引きずり込むものの到来を賞揚し
てるんですね。だけどそれは実は日常的な領域で起こる体験で、人間性に孕まれてる要素
にスポットを当ててるだけでもある。機能の一部である人間というのは、それこそ虚構で
、人間はそこに収斂するのではない。そこは〈変身〉でもなく、奇抜な論理もない。精神病の
特権化もない。D=Gには社会全体の革命は如何にして、という発想が根底にあって、そこが
マルクス主義的だと思えます。個体の存在自体、超えられるべき、という。やたらと連結や
アレンジメントを重要視しますから。その辺の発想も、〈個体の言表などない〉とするとこ
ろも、マルクス主義的で、僕はいただけない。でD=Gのそうした発想は、言うまでもないと
思うけども、浅田彰だけでなく、柄谷行人の固有名論まで流れてきてますね。《固有名と
いうものは、個人を指示するのではない。―個人が自分の真の名を獲得するのは、逆に彼が
、およそ最も苛酷な非人称化の鍛練の果てに、自己をすみずみまで貫く多様体に自己を開
くときなのである。》(『千のプラトー』55頁)これは《固有名は「他ならぬこれ」を指示する
。「他ならぬ」は、たんに「他でない」だけでなく、「他であったかもしれないが現実にこうで
ある」という意味である。》(『探究U』第五章)D=Gから柄谷へ流れ込んだその発想がどう
発展したか、言説の無責任化なように思える。言動について、そう言ったことの責任が回避
できる思想なわけで、何故なら《個人的な言表というものはない》わけで、こういった思想の
悪影響が柄谷に最も顕著に流入したのではないかと思うんですけどね。



106 :トーヘンボク:2010/11/21(日) 14:43:10 0
>>105
理路整然とした長文を書くことの出来る才能を、お持ちですね?
わたしにはとても出来ない芸当なので、ひたすら感嘆しています。。。

しかしそのような能力を2chで空費されるのは、あまりにも
もったいないのではないでしょうか? あなたなら「現代思想」
や「ユリイカ」にも論文を発表できるでしょ?

もちろんご存知のはずですが、このスレはいずれ落ちてしまうのですよ?


107 :トーヘンボク:2010/11/21(日) 14:46:45 0
・・しかし、あなたのおかげで私もバタイユにおおいに関心が
湧いてきました。


108 :トーヘンボク:2010/11/21(日) 15:10:05 0
・・ううむ。加島祥造というひとはするどい直感力を持っていますねぇ。


109 :佃煮マニア :2010/11/21(日) 17:52:20 0
おや、いっぱい書き込みがありますね、熱心な読者の人がいるようです。文才があります。
長文を投稿し続けているのは全部私です。

ドゥルーズ=ガタリは、分裂病をアルトーの唱った生きた工場の詩から根ざして、欲望機械という言葉で称揚しましたね。
分裂病の欲望というのは、内在的他者つまり、意識下のもう一人の自分の暴走と結びついています。
意識下というのは理性でコントロールできず、半ば自動で動いているんですよ。
そしてその自動的な思考がどんどんあふれて来て頭の中を支配するようになります。
この状態が機械的だと彼らは言ってるんですね。
無意識の欲望が機械的に動き回り、分裂病者本人とは別の新たな身体を作り上げるようなものです。
こういうのを精神医学では「させられ妄想」と言いますが、ガタリ達は「欲望機械」と読んだんですね。
歴史の上では「神に髪を引っ張られる」なんて言い方をしたりもする、独特の思考形式です。
>>103さんのドゥルーズへの批判(分裂病者の政治利用)は大変的をついていますが、
この欲望機械という表現においては、彼らが分裂病の当事者でもないのによく的確に表現したものだと思います。
フロイトのコンプレックス云々などよりははるかに実像をとらえていたでしょう。

しかしこの、精神病の思考というのは実際は類型的なもので、そこに一歩踏み込んでしまうと実際は味気ないものです。
自閉的で、思考が切れ切れになり、全てが自分と関係し、全てに意味があると思い込む不毛の世界です。

ニーチェに啓発されたバタイユが述べる、神なき侵犯の後の世界というのはまさに精神病者の世界なんですが、
これは実際には崇高なものでもなんでもないモノだと思います。
あくまでも未だ侵犯されず禁止に勝つ事ができない段階だからこそ、その生はきらきらと光の軌跡を描くのでしょう。

110 :トーヘンボク:2010/11/21(日) 20:25:03 0
ううむ。あなた、たいした洞察力です。ただ者ではありませんね。

ただし、彼らは(もちろん)あくまでも、自分たちをモデルにして
理論構築した訳です。彼らは、分裂症者ではありませんよね。
だから、彼らの書いた本は、別に分裂症者の実態を表現しようと
しているのではありません。

ん?

つくださんは、実際に分裂症者になられた経験がおありなんですよね?
そうでないと、味気ない・・とか、不毛の世界とか言う感想が出てくる
はずはありませんから。無事快癒されたわけですね。

ほんとうに良かったですね。出来たら参考までに、いかにして分裂症
から、快癒することが出来たのか、お聞かせ願えませんでしょうか。
なにか、きっかけがあったはず。。と思いますが。


111 :トーヘンボク:2010/11/21(日) 21:43:09 0
・・・わたしは、バタイユを読んだことがありませんが、バタイユは
「神なき侵犯のあとの世界は、崇高である」と主張しているわけですね?
わたしには、必ずしも理解不能な命題だとも思えませんが。

つくださんの崇高の定義をお聞かせください。


112 :考える名無しさん:2010/11/21(日) 21:56:44 0
>>104です
>>109
同じことを湯浅さんが言っておられました。
つまり禁止に打ち勝つことができないからこそ、生の輝きを増すことができると。
確かにマラルメの辿りついたのも一切の虚無であり死んだ世界だったと思います。
しかし彼はそこに美を発見しました。私が思うにそれは虚無ゆえの美、
一切が死滅したからこそ生まれる一つの限りなく透き通った世界だったと。
安吾も教祖の文学の中で賢治の詩を引用して、さんさんたるけしきのなかで見たきれいな青ぞらとすきとほつた風を讃えておりました。
私はこうした境地にいまだ至っていないため(至るとしたらそれは死か発狂かのどちらかですが)それを語ることはできません。
ただ、崇高でも何でもないと言われてしまうと、自分としては三島を始め、それを求めた多くの人々があまりに不憫であり、
またこれが一番の理由かも知れませんが、自分自身の生の意味を失いかねないので残念ながら同意できないのです。
結局、私はそれが崇高なものでも何でもないモノだったとしても、それを心から追い求める人間がいるからこそ、
崇高なものが生まれるのではないかと思っております。
まさにヨカナーンに恋をしたサロメが限りなく美しい舞を舞ったように。

113 :佃煮マニア:2010/11/21(日) 22:07:38 0
>>110
いえ、私は統合失調症ではありませんが、内臓疾患の薬の副作用で、一過性の幻覚体験をしただけです。
一ヶ月ほどの間、奇妙な妄想と幻覚の体験をしました。宗教的な体験でした。貴重な体験だったと思います。
あるとき、ある瞬間、「新聞の大見出しに自分のことが載っている」と確信して、それのメモをとるようになりました。
「世界にはこまごまとした法則がからみあって、それらをまとめる巨大な法則があり、自分はそれを俯瞰できている」と思い込んでいました。
ドーパミン過剰で脳の働きが異常に良くなっていたようなんですが、膨大な思考が頭の中に流れ込んで、対処しきれませんでした。
幻想的な小説を何編も書いたり、日常の便利グッズもいくつか発明して特許をとったり、何か活動的な時期でした。
私はもともとデザイナーをしていますが、この時期に描いた絵をあとで個展に出したらよく売れました。
でも興奮して何日も寝なかったので仕事に支障がでて、会社から病院に連絡が行って、副作用はおさまりました。

実際体験してみると、バタイユの思想なんかはとてもリアルに狂気を表していると思うんですよ。
また、ニーチェやドストエフスキー、ムージルも幻惑的な場面を見事に描いていると思います。
逆にリアルじゃないな〜と感じるのが、ラカンのシェーマやフロイトのエディプス論です。
面白いのは、小説家のほうがリアルに狂気を語れて、臨床医が胡散臭い事を言っている点です。

114 :トーヘンボク:2010/11/21(日) 23:18:44 0
>>113
薬の副作用、ですか。。。じつを言いますと、自分がいま、
つくださんが描かれたのとそっくりな状態なんですが。
何日も眠ることが出来ないですよね?そのとき、しきりに
メモをとってはいませんでしたか?自分は、いま、メモを
とるのをやめることができません。そして、確かに異常な
状態だとは思いますが、しかし別に、味気なくもなければ
不毛な世界だ、とも思いませんけど。

小説家のほうが、臨床医よりリアルに。。。

そのとおりと思います。特にSF作家がいいでしょう?
ル=グイン、コニー・ウィリス、F.K.ディック・・・
狂気とSF作家は、なんらかの関連がある。。と思えて来ました。
まだまだ、たくさん居そうです。
SF作家以外では、ソウセキの弟子だった百鬼園の幻想短編とか
も凄みがある。
まあ、そんなこと言いだしたら、シュールレアリズム、ダダなど
もありますし、最近、上映された映画でも、「ラブリー・ボーン」
「運命のボタン」「瞳の奥の秘密」等々。。
まんがでは、「シグルイ」が天才的ですね。

よく考えてみると、芸術の優秀なものは狂気に近づいている。。
と言えるのではないでしょうか。


115 :考える名無しさん:2010/11/22(月) 00:55:44 0
 整理したいんですが、今、長文を書いてる書き手はHNの佃煮さん、トーヘンボクさん、に加え、2
名。計4名が書いてると思います。僕のレスは78.79.82.83.85.87.91.96.97.99.101.103
.105になります。あと、別の名無しさんが104.109ですね。一番前から書いてるのは佃煮さんだ
と思います。
 あと、段々読んでると判ってきたのが、D=Gが敵視してるのがどうやら生に覆蔵されている歴史
、その拘束力、呪縛といってもいい。無意識っていうのが結局、生に有限性を附加し、それがあるか
ら個人Aは個人Aは足りうる、というところがある。それは気にくわない、と言われても、どうしよ
うもないことじゃないかと僕には思える。D=Gは地層という概念を敵視してて、何故なら精神の
在り方を考えれば、地層としてある、覆蔵されてる、と考えるのが妥当に思える。それを彼等は
非常に敵対心を持ってることが判ってきた。しかし、精神の層は地層として堆積してる、と想像し
た方が病理も含め色んな現象は分かりやすいと思うし、敵視するほうが無理がある。人間は彼等
の描くほどは実は身軽にはなれない。病気は辛いし、病気になったほうが自由で何でも生成できる
、というなら皆こぞって精神病になりたがる筈じゃないか。これは薬の服用とは違い、服用を止め
れば症状も終わる、というのじゃない。それなら病気ではない。治りたくても治らないから苦しむ
のだ。そこが薬品による症状とはまた別の話で、D=Gの場合、はっきり病気に罹患する状態を思想
してる。そこが問題になると思います。

116 :トーヘンボク:2010/11/22(月) 01:18:02 0
いや・・ドゥルーズの立場は、ありえます。ただ、たしかにブルジョワ的
なのです。まあ、わたしも、ガタリなんかと組む必要があったのか。。とは
たびたび、思いましたけどねぇ。けっきょく、ドゥルーズは、大学という名
の地層から逃亡したくて、ガタリと組んだ。
そのような「逃走」が可能だったのは、ひとつには実績ですね。それまでに
たくさんの「哲学書」をものにし、多くの読者を獲得し得た。。その実績が
ひとつの権力として作用し、破天荒な書の出版を可能ならしめた。。のです
な。

117 :考える名無しさん:2010/11/22(月) 02:03:02 0
ある知識人は天才的な哲学者はハイデガー以後はドゥルーズしかいないと言っていました
ぼくはドゥルーズはそんなに好きじゃないけど、彼の言ったことはもっと深いのではないでしょうか?

118 :トーヘンボク:2010/11/22(月) 05:39:32 0
>>117
それはいったい、誰に対するレスですか?


119 :考える名無しさん:2010/11/22(月) 12:45:51 0
 ドウルーズは天才じゃないか?と言われれば、そうかもしれないと思います。教養、思考力。…
凄い。しかし、その言説がどこまで普遍的か、は才能と関係ない。特に歴史の及ぼす呪縛、という
ものがあるとすれば、そこへの認識が甘いわけです。個体AをA足らしめている有限性、歴史の堆
積といってもいい。そこを軽視しており、軽視することで思考の離れ業が可能になる。そのこと
を配慮してない。そこでウルトラC的テキストを出されても、感心はしないわけです。

120 :佃煮マニア:2010/11/22(月) 18:14:40 0
最近このスレは賑やかになりましたね。
>>112
同じ事を思う人がいるんですね。検索してみると、湯浅さんというのは、湯浅 博雄さんのことかな?
やはり、禁止を踏み越えようとして未だ達し得ない、そんな状態が一番享楽的で生き生きした状態だと思います。
でも、狂気になにか美しく崇高なものを投影したい、そんな期待があるというあなたの意見には反論しません。
神秘的な境地をもとめていろんな人が修行をしたりしてたんですものね。
狂気に陥るということは、不幸な条件の重なり合いで起きるものじゃないかとは個人的には思いますが、
腐敗した死の灰が降り積もる虚無の中にも美しいものがあるとしたら、多くの人々に希望を与えられますね。

>>114
メモをする癖があるのはいいことじゃないですか?一杯書いてメモ魔になって下さいよ。

芸術家や作家は、病を持っている人が多い様ですね。
美大生だった頃、やはりメンタル系の薬を飲んでいて課題に追いつかず留年したりする人はクラスにいました。
でも芸術家にとって痛いのはメンタルを病むこととは違って、視覚や聴覚を失うことじゃないですかね。
メンタル系の病気は時に特異な感受性となってカンバスや原稿用紙に露出されることがありますからね。

崇高なものとは・・・何でしょうね、バタイユ風に言うなら、売春婦の寝静まった街に差し込む強烈な朝日とかですかね。

121 :トーヘンボク:2010/11/23(火) 01:25:10 0
・・私にとって崇高なものとは、植物だ。おなじDNAをもっている
というのに、この静けさはどうだ? その無言の佇まいに、私は崇高さを
感じる。


122 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/11/23(火) 02:44:08 0
今、このスレッド自体、実際には中身が一人で回してるからな〜
こんな感じ↓

佃煮マニア 『いやはや、フッサールは素晴らしい…
(ポール)    ノエマ的な志向性はフッサールの受動的綜合に連なる極めて
         クリエイティヴな思考です…』

  catt   『いやはや、佃煮さんは相変わらず素晴らしい感性の持ち主ですね…
(ポール)   僕もフッサーリアーナ全巻ぐらいは読んだ初心者ですが、
        佃煮さんの知識には敵いません…』

  NAS6  『機械等、放っておけば良いのです
 (ポール)  佃煮さんとcattさんの聡明な知識を合わせればこの読書会スレッドも
        有意義なものになるでしょう…』

123 :考える名無しさん:2010/11/23(火) 03:01:21 P
>>120
そうです。湯浅博雄さんです。
宗教の理論などを訳されている方なのですが、
現代思想の冒険者たちシリーズの中で言っておられました。
しかし思うのですが、こうした病的な境地が崇高なるものとして語られるのは、やはり感情の強度故なのではないでしょうか。
病的な境地というのは感情の制御がきかなくなってしまうことだとわたしは考えます。
ベルクソンは物質と記憶の中で、知覚を外的なもの、感情を内的なものとして定義しております。
ベルクソンの言う感情の中には知覚と混同してしまいがちな苦痛も含まれています。
だからこそ、激しい苦痛の中に至高性を見出そうとする人々にも読者に強い感情(それは嫌悪感を含めたもの)を与える小説にも
バタイユは等しく聖性を見出しているのではないかと思います。
感情は内的なものゆえに自己の変質=一つの死をもたらします。
そこからバタイユは非-知に向かおうとしたのではないでしょうか。

横からすいませんが、トーヘンボクさんはシグルイを読まれるのですね。
原作者の南條氏も残酷のうちに聖性を見出そうとしていたのかもしれませんが、
山口さんの漫画化は特にラストにおいてより一層残酷の刃を鋭いものとしたように思いました。

124 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/11/23(火) 03:29:53 0
おいおい、自演はよせよ〜

125 :考える名無しさん:2010/11/23(火) 07:54:41 0
 改札が人で溢れかえって、、順番待ちのように吐き出される。電車の中でも、空いている
空間を見つけて、揺られていく。密接し、互いに不快な顔をしている。スーパーのレジで、
機械のように同じように言葉を喋る店員、処理される精算、客…。気が付くとモノとして
しか生きれなくなっている、処理されていく生存ということに気付かざるを得ない。そし
てそこから抜け出す方途はないかのようである。
 事物 object と化した生存の内奥性を取り戻す、としての供儀、ということがバタイ
ユの理論で言われてます。事物性を滅却し、というのは、流通価値形態を離脱する試みな
訳で、〈非‐現前〉という意味さえ余計な無に返す、それが供儀なのだ、と。そう考えていく
と、今の社会が事物性を全面化させていることと、それへの対抗価値としての無、という
関係が浮上してくる感じがあります。そう考えていくと、原因の分からないと言われる
秩序崩壊や狂騒、も背景が見えてくるんじゃないか。バタイユの現代日本における意味は
そこかもしれない、と思えますね。今がバタイユの時代だとすれば。ああ、これなんだな、
自分が求めていることはとカタルシスを覚えさせられる。国会議員のやってる争いや、
、結局電車の中の席の奪い合いと十歩百歩の違いしかないと思える。ああ、電車の中と同じ
だな、座席が欲しいだけだな、です物量が多い方が有利

126 :考える名無しさん:2010/11/23(火) 08:25:55 0
(続き)という発想。知識の有無を競い合う番組をTVでやってるけど、学校授業もあれと
五十歩百歩でしかない。どこに本当のことが言われているのか、全部嘘八百しかないん
じゃないか、大層なこととされているのは全部嘘じゃないかと思えてくる。誰が本当のこと
を言ってくれてるのか。事物性、物量性に回収され、そこから外れるものはあるのか、とい
うのが見えなくなってくる。そこを展開するのがバタイユであり、バタイユに魅惑される
力動というのもそこに起因してるのじゃないか。事物性の対抗価値としての無。それを
主体が取り込むことが、誰が言ってるわけでもないんだけど、暗黙の課題になってるんで
はないか。そこに実は焦点があるんではないか、と。


127 :佃煮マニア:2010/11/23(火) 19:06:11 0
湯浅さんとう人を注意して読んだことがありませんでした。これから図書館で探してみます。
ドゥルーズの強度とは、ロゴス的なものが表象されうる時に、それが知覚できない状態のことじゃなかったかな?
そういった抑圧状態では感情があふれたりもしますよね。それが尊いということなのかな。

そういえばバタイユは低俗なものに聖性を見いだし、唯物論的に解釈したりしてますね。
そしてサドの牢獄の中での狂気のさまざまを哲学的に分析したりもしています。

ロゴス(論理)とパトス(熱情)という対比がありますが、バタイユはパトスを冷静に見つめ続けた人であるように思います。
私はこの間、「臨床医は胡散臭い事を言い、小説家がよく狂気を表現する」と書きましたが、
あふれるパトスをすべてロゴスに還元してしまう臨床医は、自らのパトスを傷つけずに吐露することができないのです。
こういう場合、シュールやダダなど、非論理な語り口を持っている小説家の方が雄弁です。

ニーチェも「余りに人間的な」の中で、非論理の必要性を語っています。
「非論理なものが人間に必要であり、また非論理的なものから多くの善きものが出て来るという認識は、
一人の思想家を絶望させるに足るもののひとつである。」

128 :トーヘンボク:2010/11/24(水) 02:09:03 0
・・なぜ、植物が、いまのバタイユの話と関係があるのか、と思われたかも
しれませんね。なので、補足をします。

私の言う植物とは里山などにみられる自然な存在のことで、農作物や
観葉植物などは(一応)含みません。もし、その土地が人間にとって
必要となれば、それらの植物は単なる「雑草」として、容赦なく排除
されるでしょう。。。

つまり彼らは人間社会からみて利用価値のない不用者であり、無価値・
無意味な存在であるに過ぎない。

極端な言い方をするならば、彼らは人間社会というすばらしい秩序に
対する侵犯者なのです。。。

ゆえに、神なき世界における侵犯者は崇高である。


129 :考える名無しさん:2010/11/29(月) 01:51:00 0
これはボードレールの革命観です
「私は共和主義者であることを認めるとき、悪と知りつつ悪をなしているのです」
「私は革命万歳を唱えますが、それは破壊万歳を唱えることと同じなのです」

これはまさに反撃(コントルアタック)の頃のバタイユの革命観と瓜二つでしょう。
情念の爆発のほうに目的があるのです。

130 :佃煮マニア :2010/11/29(月) 21:04:55 0
>>128
「雑草が侵犯者」とはなかなか面白い発想ですね。
たしかに雑草はどんな狭いすき間からでも根を伸ばし、這い出ようとしますからね。
道路交通法という秩序のために整えられ、踏みならされたコンクリートを突き破る力強さがあります。
菌や雑草はわれわれ人間社会に否応なく食込んできますが、しかしもっとマクロ的な見方をすれば、
地球のあちこちにネットワークを築き、地面や地中に固まりあいに這いつくばって増殖する我々人間も、
ある意味地表を侵し続けるウイルス的な存在かも知れません。そうして生命は連鎖します。
つまり、地球上のありとあらゆるものがお互いに食らいあっているんですよね。

メルロ=ポンティが、「互いの命に挿入しあい食らいあいからみあう植物」の話をしていたのを思い出しました。
彼らは、愛するが故に食らいあっているのだという。

131 :考える名無しさん:2010/11/29(月) 21:11:38 0
パリ人肉事件

132 :トーヘンボク:2010/11/29(月) 23:10:29 0
>>129
確かにボードレールも重要そうだな。ボードレールを読むならまず何から
読めばいい? やはり、「悪の華」?
>>130
そう。

確かに人間なんかも雑草的な繁殖力を誇っている。。と言えなくもない
かも知れない。

ぜひそのメルロ=ポンティの引用元を教えてくださいよ。。


133 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/11/30(火) 17:28:03 0
まあ、こうやって、バタイユも段々と誤解され、
どうでも良い俗物(トーヘンボク、佃煮)の持ち物になっていくんだよな〜

134 :佃煮マニア :2010/11/30(火) 20:34:52 0
>>131
人肉事件といえば、ひかりごけ事件もそうですね。
小説化し、映画にもなりました。
バタイユも、「接吻はカニバリズムだ」と言ってますね。
互いの舌や唇ををむさぼり食らいあう儀式でもあるという。

>>132
「見えるものとしてのわたしの身体は、大きな光景のうちに含まれている。
しかし見る者としてのわたしの身体が、この見える身体を支え、この身体
とともに見えるすべてのものを支えているのである。相互の絡み合いと相
互の挿入が行われている。平面と遠近法でものを考えることはやめる必要
がある。ここでは二つの円、二つの渦巻き、二つの球があると考えよう。
この二つの球は、わたしが素朴に生きている間は同心の球だが、わたしが
自分に樋を投げ掛けると、互いにわずかに中心をずらせるのである。」

という部分です。「見えるものと見えないもの」の中にあります。
相互挿入ー絡み合いーキアスムはメルロ=ポンティ独自の概念です。
この絡み合いによって超越し、私と他者が合一するのです。

>>133
純一さんもバタイユが好きなんでしょう?
ぜひ純一さんのバタイユ論を披露してくださいよ。

135 :トーヘンボク:2010/12/01(水) 00:21:42 0
>>134
ああ、どうも。今度、図書館に行った際には、ぜひあたってみますよ。
そこで、バタイユも読もう。無神学大全っていうのがあるけど
あれから読めばいいのかな? それとも、はじめは短編小説を読むのが
いいかな?

デリダやフーコーのバタイユ論もありましたよね。ほかにも、関連の
おすすめ本がありましたら、ぜひ教えてくださいね。


136 :考える名無しさん:2010/12/01(水) 07:32:30 0
>>132
分量的には悪の華よりパリの憂鬱のほうが薄いのでそっちがいいのではと個人的には。
以前パリの憂鬱を読んでいて分からない箇所があったのでぐぐったらボードレールを翻訳しているサイトがありました http://www.litterature.jp/baudelaire/
そこで感触に触れて悪の華かパリの憂鬱どちらを買うか決めればどうでしょう

137 :考える名無しさん:2010/12/01(水) 17:53:43 0
“バタイユを勉強します”とか、止してほしいなあ…その発想が既にバタイユ的ではないし、反‐バ
タイユ的だ。「魔法使いの弟子」というエッセイで、学者・政治家・芸術家を「不具」呼ばわりしてい
る人間なのだから、バタイユが知ったら怒らない仕方でアプローチしてほしいな。因みにバタイユ
翻訳家も含めて、日本のバタイユ研究者は現実の殺傷事件とバタイユを切り離すことしかできない
。今の言論状況からそうせざるをえないんだろうが、ならば僕はこの場を借りて言うけども、地下鉄
サリン事件には日常的通勤の風景の只中に死体や悶絶を突如現出させた、という意味では侵犯行為
である。死体というのは禁忌であり、殺傷というのが死体を現出させるという意味での禁忌を侵す
、というテーゼが『エロテイシズムの歴史』にある。その意味で地下鉄サリン事件が内包していた
侵犯性はあるのじゃないか、と思えますね。モノの連鎖、価値意識に浸透されつくした風景の中に、
死体と殺傷を投げ込んだ、苦痛する人間を投げ込んだ、如何なる意味でも回収されないマイナス=
負を投げ込んだ。その意味でやはり特異な事件だった。
 バタイユを読まないがバタイユ的風景、てあると思うんだよね。僕らが女の子の身体に欲情してい
る瞬間とか、旨い酒をたらふく呑んで下品な笑い声を上げている瞬間、つまり軽微な侵犯ですよ
ね。バタイユを現実の惨たらしい風景と切り離し、安心している研究者的態度に同化したくはない
ね。翻訳作業にたいしてはご苦労様といいたいけどね。


138 :佃煮マニア:2010/12/01(水) 21:25:27 0
>>135
私は、バタイユの中でも比較的やさしい「エロスの涙」「文学と悪」から入りましたよ。
「眼球譚」と「エロティシズム」がバタイユの代表作ではありますが。
バタイユと関係の深い作家では、モーリス・ブランショやシモーヌ・ヴェイユなどがいます。

>>137
う〜ん。。。
地下鉄サリン事件がエロティックというのはバタイユスレにしてみても不適切なのではないでしょうか?
私は麻原彰晃を礼賛する気にはなれませんよ。
バタイユは確かに侵犯ということを言いましたが、大量殺人が崇高だとは言いましたか?
彼は宗教そのものを否定しているではありませんか?

139 :考える名無しさん:2010/12/01(水) 23:10:45 0
臭い

140 :考える名無しさん:2010/12/02(木) 01:09:14 0
>地下鉄サリン事件がエロティックというのはバタイユスレにしてみても不適切なので
はないでしょうか? 私は麻原彰晃を礼賛する気にはなれませんよ。 バタイユは確かに
侵犯ということを言いましたが、大量殺人が崇高だとは言いましたか? 彼は宗教そのも
のを否定しているではありませんか?

 先ず、無差別殺人というのがバタイユ的である、ということ。何故なら、生命を含めてあ
らゆる富の消尽というのが、至高性の要件としてあります。富を温存する、生命を大事に
する、財を大事にする、これが消尽の反対、富の温存を意味します。殺害にバタイユは思想
的な意味付けをしています。

《有用性の世界が一個の事物の状態へ、つまり死に疎遠な事物、したがってまた殺害にも
疎遠な事物の状態へと還元しようと努めてきた人間は、そのように自らが受け入れた禁止
をついに侵犯するよう求めるに至る。その瞬間に、彼は殺害によって、彼が拒む服従を逃
れるのであり、道具という、或は事物という様相、仮に彼が引き受けたにしてもそれはほ
んの一時のあいだのみであった様相から、暴力的な激しさとともに離脱するのである。こ
ういう代価を払って初めて至高な実存が彼に戻されるのだ。》(『至高性』人文書院 47頁)

《しかし本質的に言えば、至高性とはもろもろの限界を受け入れることの拒否なのだ。死
の怖れのせいでそれを尊重するよう促される制限、つまり諸個人の生活が勤労と安寧の
うちに営まれることを一般的に保証するために尊重するよう促される制限の拒否なので
ある。至高な生を再び見出すために、殺害するということが唯一の手段というわけではむ
ろんないのであるが、それでも至高性はつねに死が命じる感情の否定に結び付いている
のだ。至高性は殺害に対立する禁止を侵犯する力、むろん慣習が定める諸条件においてで
はあるが、そういう殺害の禁止を侵犯する力を要請する。》(同書 47-48頁)


141 :考える名無しさん:2010/12/02(木) 01:41:00 0
 バタイユの言説から、殺害ということに、《事物の世界、道具の世界であり、時間を通じた
自己同一性の世界、未来の時間を自在に取り扱おうとする操作の世界である―つまりさま
ざまな限界と法の世界、禁止の世界》(『至高性』45頁)からの暴力的な離脱、をみているこ
とは明らかである。ここをバタイユから排除することはできない。バタイユが殺害に思想
的意味付けをしていること。ここを落としてはいけない。バタイユはただの教養人ではな
い。履き違えてはいけない。彼の思想からみた意味付けをちゃんとしている。それがバタイ
ユです。喩えでもイメージでもない。殺害は殺害。本物の殺害のことを言っている。
 バタイユの思想にとって、殺害は重要な意味をもつ。で、そこで常識人は顔をしかめる。
バタイユを読むならば、社会道徳や常識とかに囚われては駄目でしょう。バタイユ思想を
実像と異なる像にすべきではない。

142 :考える名無しさん:2010/12/02(木) 12:06:29 0
バタイユは人類の歴史の中に
労働と侵犯を見出したんだから
どちらかに偏ってみるというのはどうなんだろう・・・

バタイユ自身アフリカ人の風習を完全には理解できないと
言ってるし、サリン事件至高性を感じるのは現代では無理なのでは?

143 :考える名無しさん:2010/12/02(木) 19:45:54 0
 少なくとも『至高性』での言説を辿る限り、殺害という行為が自己の思想的中枢を担うことを彼が
自覚していること、これは文面を読めば分かることです。

《至高な生を再び見出すために、殺害するということが唯一の手段というわけではむろんないので
あるが、それでも至高性はつねに死(注:の怖れ)が命じる感情の否定に結び付いているのだ。
至高性は殺害に対立する禁止を侵犯する力、むろん慣習が定める諸条件においてではあるが、そう
いう殺害の禁止を侵犯する力を要請する。》(『至高性』人文書院48頁)

《常に至高性は、死(注:の怖れ)に結ばれているあらゆる衰弱を、強力な意志によって一掃する
よう強いるのであり、また心底からの戦慄を支配するよう強いるのである。》(同48頁)

 これらの言説は、バタイユが単にエロチック文学者の一人ではない、深度と強度を備え、また、
日常において覆蔵されている人間性の普遍性について、探っていたことを証している。再度言うけ
ども、バタイユが殺害と書くとき、それは実際の殺害を指している。よって、実際の殺害と照合する
ことは誤りではない。最も疑わしいのは、バタイユにおけるそのような、悪の意義を人間の普遍性
として思索するその言説を、換骨脱退してしまう読み方なのである。
 例えば『内的体験』『有罪者』を翻訳した出口裕弘が、某批評家が地下鉄サリン事件の深層を考える
べき、と書いただけで、その某批評家を絶交した、という話がある。さようにバタイユ研究家とい
う肩書きは当てにならない。非常に保守的な、学校教育的な、骨抜きにする読み方しかできない
人間がいる。バタイユをその手の研究家のものにすべきではない。


144 :佃煮マニア:2010/12/02(木) 20:20:01 0
常識家じゃないと、哲学ってできないと思いますよ。現にバタイユは図書館長の紳士でしょう?
基本的人格というものがそなわっていて、初めてそこから飛躍したアイデアを羽ばたかせる事ができるんでしょう。
また、バタイユは供犠を狂気としてとらえましたが、狂気と分類する側の人間は正気じゃないといけないですよ。
それに、バタイユを安易に世間のアナーキストや神秘家たちと結びつけるのは安易じゃないかとも思います。
彼の中のアナーキズムや神秘性とはもっぱら創造の中において発揮されたものであって、体験そのものではなかったんです。
バタイユは、暴力をたしかに肯定してはいるものの、それは瞑想によって昇華され、時間をかけて達成されなければいけないと言っています。
地下鉄サリン事件が、はたしてバタイユの言うように、瞑想によって高められた喜ばしい死であったかというと、疑問です。

発言を撤回すべきとは思いません。個人の意見としてもっておけばいいことですが、それに同意することはできません。

145 :トーヘンボク:2010/12/02(木) 23:27:17 0
>>138
わかりました。私はちょっと誤解してたのかな。。。
無神学大全が、主著だと思い込んでいました。あなたのお奨めに従って
読んでみましょう。なんだか、楽しみですね。

144のつくださんの発言には残念ながら同意できません。
つくださんは、バタイユ本人と会った事でもあるような発言を
されていますが、それは虚構と思いますから。。。

なにか、サリン事件が話題となっているようですね。
確かに、アサハラや実行犯たちは自分たちの行動を崇高化していた
でしょうね?それは、疑い得ないことだと思います。・・だからと
言って、あの事件が崇高だったか、というとまったくそんな事は
ありませんね。あの事件は、崇高の反対物。・・なんと表現したら
適切かよくわかりませんが、言ってみれば低俗、ではないでしょうか?


146 :考える名無しさん:2010/12/03(金) 02:12:21 0
 144で書かれている「常識家」「基本的人格」とか、禁忌‐侵犯の弁証法の一方のことで、それ自体、
取り出しても無意味、ましてや物神化などできないし、勿論バタイユもそんな姿勢なわけががな
いし、ましてや「常識家でなければいけない」「基本的人格をもっていなければいけない」とか、バタ
イユが言うわけがないし、「私は哲学者じゃなく、狂人である」とは言ってますけどね。それと、「分
類」、彼の著作活動では必要だったけど、知性をとっても、知‐非知の弁証法としては確かに一要素
ではある。しかし、取り立ててそれ以上の意味はない。「彼の中のアナキズムや神秘性とは」から「
時間をかけて達成されなければいけない」にかけては、そんなことはバタイユの思想の歪曲以外で
はない、と言えるだけですよ。“アナキズムや神秘性は創造であり体験そのものではない”はひど
いぞ。悪いがこの発言は冒涜ものだよ。何気に言ってるだけかもしれないが、バタイユへの冒涜だ
と思うよ。君はそんなには知らないで言ってるんだろうから、その意味で読んでるけど、じゃなけ
ればひどい切り崩しだ。「暴力をたしかに肯定してはいるものの、それは瞑想によって昇華され、
時間をかけて達成されなければならない」もそうだ。貴方、これ、何なの?としか言えない。いい加
減なことを(苦笑)…。これもひどいぞ。意味を分かって書いてたら逆に凄いがね…(笑)貴方はまだ
そんなに読んでないで書いてるんだと思うけど、『至高性』で書かれてる殺害は創造世界でもなけ
れば、現実の行為として用いている。。『至高性』は理論的著作だし、そのものだよ。虚構でない、そ
のものとして書いてる。当たり前でしょう。「個人の意見としてなら」て、冗談言うんじゃない。
僕から言いたいのは、バタイユは貴方が今、理解しているような思想ではない、ということ。貴方
が理解しているバタイユは、まだ本当のものではない。地下鉄サリン事件の死と、「瞑想で高めら
れた喜ばしい死」とか、僕は一言も言ってないし、そこでそのような接続をするべきではない。そ
もそも、地下鉄サリン事件の死は瞑想で得られるようなものではない!そんなことを言ってないし
、瞑想とはそこでは関係ないんだよ。文脈が違うんだよ。分かってるのか?


147 :考える名無しさん:2010/12/03(金) 02:30:06 0
でもバタイユは哲学を勉強してきたってインタヴューに答えているし
(邦訳されているか知りませんが)、
狂人ぶっているのは、自分を演出するポーズでもあるんじゃないかな。
ある作家に思い入れをこめるのも結構だけど、
そもそも読書とは人生を豊かにするもの。
146さんはしばらくバタイユから離れたほうが良いのではと思います。

148 :佃煮マニア:2010/12/03(金) 18:12:59 0
>>145
トーヘンボクさんはこれからバタイユに触れてびっくりするのでしょうね。
私も今読んでいる所です。まあゆっくりまったり読みましょうよ。
>つくださんは、バタイユ本人と会った事でもあるような発言を されていますが、
別に私はバタイユの知り合いぶっている訳ではありませんよ。この動画を見たのです。
ttp://www.youtube.com/watch?v=tpFSXAdlEYY&NR=1
彼は語り口も穏やかで、紳士然としているでしょう?静かな男性という印象です。

>>146
まあ落ち着いて下さいよ。
たしかにバタイユは「私は聖者でなかったら狂人だ」と言ってますけど、それは事実でしょうか?
彼が本当に狂人だったら、理論的な本を書いたり、おしゃれに気を使ったりしていられないはずですよ。
それに、バタイユがオウムのような宗教による死の儀式をそんなに支持しているのだったら、
また、なぜ秘密結社アセファルは衆目の監視する所で人間の生け贄を殺害する訳でもなく、
人の来ない森で家畜の首を切るだけにとどめたのです?
また、バタイユは、殺人鬼のジル・ド・レ裁判についてこう言ってます。
「犯罪は明らかに夜を招く。夜がなければ犯罪は犯罪ではないだろう。
しかし夜がどんなに深いとしても、夜の恐怖は太陽の輝きを渇望する」
この太陽の輝きへの渇望とは、バタイユ自身による、豊かな生や秩序への渇望だと私は読んでいます。

>>147
ヤクザ映画が流行っていた頃、見に行って帰りに肩をいからせてのしのし歩く人が多かったとは聞きます。
映画は音声と映像で臨場感がありますが、読書というのは文字だけですから、
読書をして酔いしれ、その気になる人というのは、繊細で過敏な人なんだと思います。
本人にとってその、酩酊したような体験がのちのち貴重なものになるかも知れませんね。

149 :考える名無しさん:2010/12/03(金) 19:00:12 0
 人間が没落してゆく力動を覆蔵していること、をハイデガーも非常に重要視しており、〈比類を
絶する〉〈無尽蔵〉を人間において開く、それが〈歴史の根源〉からの差し向けであり、有 Seyn であ
る、と書いている。人間における、不吉な力動に着目してるのはバタイユだけではない。あと、僕が
言っているのは、あくまで思想家の辿った思想の内実を歪めるなと言ってるんだ。感染を用心し、
教養の一環として読もうというならいいでしょう。僕はそういう人間ではないがね。また、そうま
でして思想から客観的な距離を固持することが、僕はむしろ貧乏臭さ、自分を大事にか何だか知ら
ないが姿勢として、いかにも現代人らしいケチ臭さ、小心を感じる。バタイユなら多分、嘲笑、もし
くは苦笑しているだろう。あと、人の首を切るにせよ、どんなsacrificeにせよ契機がなければ
簡単にできるものではないよ。だから彼はしきりに好運 chance ということを言うでしょう。
やはりあんまり理解してないね。好運として捉えてるんだよ、至高な瞬間の到来、を。覚えておき
なさいよ。
 それから、バタイユの思想というのは、禁止‐侵犯の両方を兼ねているのが人間、というテー
ゼがある。理論的な本を書いている人間が残虐な光景に魅惑されたり、矛盾するものを持っていたり
する。それがバタイユの描く人間観でしょう。理論的な本を云々、ということに感心し、バタイユの
思想を見失っているんじゃないか。

150 :考える名無しさん:2010/12/03(金) 20:05:46 0
なんか最近バタイユwikiが更新されてるのは偶然かな
wikiの中の

ジャック・デリダ(『エクリチュールと差異』にバタイユ論がある)やミシェル・フーコー(「侵犯の思考」というバタイユ論がある)への影響も見逃せない。
しかし、フーコーとドゥルーズはのちにバタイユを批判した。

というところの批判の内容を教えてください

151 :考える名無しさん:2010/12/03(金) 23:11:31 0
 150さんには悪いがもう少し言わせてもらいます。バタイユの言説を鵜呑みにし、バタイユ
に成りきった、要するにエピゴーネン(亜流)だと質の悪い中傷を書いている人間がいるが、
僕はバタイユの思想を理解するため努力した。しかし、意図的に模倣した覚えはなく、むしろ
読んでいるうちに自分の内部に照明を当てられ、見えるようになった、というのが本当の
ところである。
 もう一つ。バタイユを読むことで僕は自分の人生が豊かになったと感じている。自分の中に
、〈侵犯するために禁忌する〉というバタイユ的な領域に気付き、自分の中の制度的な硬直
化が溶解した。ということがある。自己の断面に、没落の方向へ向いた存在(無)という
ものがある。それは貴重な発見だった
ある。


152 :考える名無しさん:2010/12/03(金) 23:57:06 0
151さんには悪いが、あなたからは、
自分を大事にか何だか知らないが姿勢として、
いかにも現代人らしいケチ臭さ、小心を感じる。
バタイユはオマエのように自分探しなんかやらずに、
反対に、自分を供犠にかけようとしたんだぞ。
わかってるのか、オイ!

153 :佃煮マニア:2010/12/06(月) 18:57:42 P
バタイユはこう言ってます。
「残酷もエロティシズムも、禁止の限界の彼方へ向かおうとする決意に支配された精神の中で生ずるものである。
この決意は普遍的ではないが、つねに一つの領域から他の領域に横滑りしていく可能性がある。つまり、これらの
領域は、いずれも禁止の力から決然としれ逃れでようという、陶酔的な感情の上に基礎を置いた、隣り合った領域
なのである。」
つまりエロティシズムと残酷が紙一重だと。そして、上の表現をした後、アフリカの戦争捕虜のむごたらしい拷問
について、具体的に描写し、捕虜達に性的な拷問もすることがあったと述べています。
テロはよく戦争の引き金になったりして、両者は切り離せないものとなっています。
バタイユ的に見て、そのテロリズムにエロティシズムが宿るかというと、否定はできないかもしれません。
しかし私は、>>146さんの地下鉄サリン事件への言及には、正直吐き気を覚えました。
もっとオブラートにくるんだ表現だったら、まだ拒否反応は起こらなかったでしょう。
生きている限り我々は、死を拒否しつづけます。そのみずみずしい反発力は生命の現象そのものなのです。
地下鉄サリン事件のような大量殺戮というものを、やすやすと受け入れる訳にはいかないのです。

154 :考える名無しさん:2010/12/07(火) 18:05:01 0
 バタイユというと、『エロテイシズム』に書かれてるような、禁止‐侵犯の弁証法とか個体たらしめ
る非‐連続性から連続性への変態とか、または内的体験とかが論じられる。しかし、それらはまた
別個の対立点の一部だったのだ、というのが僕の見方で。というのは晩年に書かれていた『至高性』
という本、これは『呪われた部分』3部作の結論部の予定だったそうだけど、そこで至高性というの
を、自分がこれまで様々に書いてきた概念を総称するように使っている。エロテイシズム、陶酔、
戦争、供儀、狂騒、…で、そこで総称しながらそこで貫通する根本概念として取り出しているのが、
無(なにものでもないもの rien)なわけである。何故こんな無を出してきたか、 にバタイユの
根本思想があると思うわけです。
 バタイユのいう無(なにものでもないもの)とは、有用性の反対側なわけで、一切の有用性の反対
側だといえる。で、その無を孕む主体性こそが至高性とされる。それがバタイユが生涯追究した領
域、根本概念である。そうすると、バタイユのモチーフというのが浮上してくる。有用性に支配され
た、回収された世界にたいする大きな疑問符である。
 麻原という人物像を考えると、これも、既に存在自体が「なにものでもないもの」に限りなく接近
してきている。精神錯乱で糞尿垂れ流しらしい。原因は不明。修行者の結末としては興味深いと思
える。そんなところです。

155 :考える名無しさん:2010/12/07(火) 20:51:21 0
バタイユはコミュニケーションを重んじ、友達にも恵まれたひとだった。
一方的に説教を垂れ流し続ける154さんこそ、麻原みたい。どおかしら?

156 :考える名無しさん:2010/12/07(火) 23:56:33 0
当時の吉本隆明並みに評価に重み置きすぎじゃないの?
90年代だけ見れば珍しいけどあれレベルの教義やら
精神性なんて日本の歴史を見ればいくらでもいるだろ

157 :考える名無しさん:2010/12/08(水) 03:06:13 0
>>154はイイこと書いてるじゃないですか。

158 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/08(水) 17:45:30 0
どれも俺のバタイユ理解とは違うな〜
まあ、どうでも良いがね〜

159 :トーヘンボク:2010/12/08(水) 23:44:39 0
今日、注文した。


160 :考える名無しさん:2010/12/09(木) 16:07:41 0
>>159
どの本にしたの?

161 :佃煮マニア :2010/12/09(木) 19:46:24 0
読み途中の「エロティシズム」を放置して最近ウィキペディアの編集に凝っている私ですけど、
ウィキペディア:バタイユ項目の「バタイユには、主として3つの作品群が存在する。ひとつは、
論理的な整合性を欠いた文章群。代表としては、戦間期に書かれた『無神学大全』三部作
(『内的体験』、『有罪者』、『ニーチェについて――好運への意志』)がある。」
に疑問を抱いています。うーん。果たして内的体験は論理的整合性を欠いていたでしょうか?

>>158
純一さんは統合理論でバタイユに言及してくださいよ。

>>159
トーヘンボクさんこんにちは。
バタイユの何の本を注文したんですか?
私は全部図書館で借りてすませています。
バタイユの本はどれも古いものばかりで、ボロボロなため書庫に入れられている様です。

162 :トーヘンボク:2010/12/10(金) 00:47:29 0
・・・文学と悪、エロスの涙、エロティシズム。
あと、ゲリー・ボーネルのアトランティスの叡智とか。


163 :トーヘンボク:2010/12/11(土) 23:52:19 0
つくだには、死んだのかな?


164 :考える名無しさん:2010/12/12(日) 06:59:19 0
トーヘンボクって何かひねた奴だよな
メンヘルタッチというか

165 :トーヘンボク:2010/12/12(日) 23:13:32 0
もっと、イジメたかったのに。。。


166 :考える名無しさん:2010/12/13(月) 00:11:59 0
トーヘンボクって相手にされてないよ

167 :佃煮マニア:2010/12/13(月) 00:30:18 0
なんでいきなりトーヘンボクと私の立場が逆転してるんですか?
バタイユの何を読めばいいかとか教えをこうてきたのはトーヘンボクでしょう?
佃煮さん佃煮さんというから友好的に接してたんですけど、
この態度の豹変は精神疾患的な要素を孕んでいるものでしょうか。
気味が悪いですね。最悪です。どうでもいいですが。

シュールレアリズム的な不気味な展開を、バタイユは得意としてましたが、
ここでも似た様なことが起こっています。夜は更けてゆきます。


168 :トーヘンボク:2010/12/13(月) 05:22:03 0
うむ。豹変というのいけませんか?一貫性などに頓着しないのが
シュールレアリストの本分、ではないでしょうか。だいたい、
つくださんが、いきなり沈黙モードに入られたものですから。。
こちらも、つくださんとの関係性を忘れかけている訳ですよ。

そもそも自分がつくださんの、啓蒙主義的進歩史観を粉砕したのが
いけなかったかな。。とは、思いますが、ここはなかよしこよしの
社交空間などではなくて、ある問題提起にたいして、
議論を尽くす場所でしょう。間違っていますか。。。

(185の発言は、撤回します。)


169 :考える名無しさん:2010/12/13(月) 05:35:20 0
【韓国】 問「延坪島が砲撃された理由は?」 高3「日本が北朝鮮に砲撃させた」 高2「米国がやらせた」
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1292123739/

170 :トーヘンボク:2010/12/13(月) 06:37:54 0
教えを乞うという言い方も、なんだか釈然としないな。なにかモノを
頼めば、それだけで一種の権力関係が生じるわけですか?
わたしに、なにか質問をして来るひとがいるとして、その質問が適切な
ものと感じられたら、私は一生懸命答えようとしますよ。ここは、
問題解決のためにみんなが知恵を出し合う場、だと認識していますので
ね。そしてそのことによって、私と質問者のあいだには何の権力関係も
生じませんよ?


171 :考える名無しさん:2010/12/13(月) 08:01:02 0
韓国で見つかった化石、「コリアケラトプス」と命名
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1292146840/

172 :佃煮マニア:2010/12/14(火) 22:10:42 0
>>168>>170
>つくださんが、いきなり沈黙モードに入られたものですから。。
最近忙しいのですよ。今は年末でしょう。
2ちゃんねるも今規制中だし、ウィキペディア編集の方が面白かったりして、今はそっちのほうに気がいってます。

哲板に来て数年になりますが、ここでまともに議論できていた時期は非常に短かったです。
沢山の人と会話した中、エートル・オートルさん、174さん、カオルさんの三名とは、何とか対話の体裁を保つことができたりもしました。
しかし、大体において2ちゃんねるとは、強制力のあるルールもなく書きたい放題書ける無法地帯なので、
議論提起されればすぐに野次でスレッドがうめつくされ、対話者とは対立して喧嘩のようになってしまいます。
ウィキペディアではそういう事態を避けて、ある程度知的な人と白熱した議論ができたりします。
なので、私は最近2ちゃんねる哲板を諦めかけているという状況なのですよ。気分次第ですが。
私やバタイユスレの皆さんと議論がしたいなら、まずあなたのバタイユ論を述べて下さい。
それにはまず彼の著書を通読する必要がありますね。ゆっくり読んで下さい。

173 :トーヘンボク:2010/12/15(水) 01:32:29 0
・・つくださんは、「文学と悪」を比較的やさしい。。とおっしゃってた
けど、とてもそうとは思えませんが。この本をほんとうに理解するには、
エミリ・ブロンテ、ボードレール、ミシュレ、サド、ウィリアム・ブレイク、
プルースト、カフカ、ジュネを一通り、全部読まなきゃだめじゃないですか。
5年以上はかかりますよ。こんなのを「比較的やさしい」なんて紹介して
くれるのは、一種のイジワルとしか思えないんですけどねぇ。。。


174 :考える名無しさん:2010/12/15(水) 09:50:41 0
 だいたい真に自分に必要な、渇望する本なら、必死にこまめに読んで理解しようとする。誰の指図
も受けずにそうするだろう。バタイユ研究でも色んなタイプがいるから、他人の読み方より自分に
頼った方がいい。バタイユをフランス文学研究の枠に嵌め込み、高尚な外見を纏わせ、満足している
輩もいますからね。
 ここで教えてもらうより、『バタイユ入門』(酒井健 ちくま新書)、『バタイユ』(湯浅博雄 講談社
学術文庫)などを読むのがいいよ。因みに湯浅博雄は有用性の円環からの離脱ということと殺害と
いうことの連関を抉り出しており、これは僕の読みと一致している。事物性の破壊が、未来への配
慮から離脱をさせる、そこに供儀の本質があるということです。湯浅の『バタイユ』第4章 祝祭=
供儀の解明にむけて で書いています。


175 :考える名無しさん:2010/12/15(水) 13:10:17 0
 西欧の歴史的必然として、バタイユを捉えることが重要で、そこで何故バタイユか、とい
うところで、湯浅も着目している、有用性の円環、〈〜は…のためにある〉〈…の役に立つ〉と
いった、そこでのみ存在が測られる、それへのアンチがあり、もうひとつ、主体主義、自己
責任、自己を統制する存在としての人間。への疑問符もあったと思う。何故なら、バタイユ
のいうような人間像の場合、自律的な存在、統制的な存在としての人間は、己を蕩尽しよ
うとする力動に絶えず襲来され、没落する運命にある。それは、自己責任としての人間、
自己統制としての人間、とは違うわけです。むしろ、自己統制の破綻という地点にこそ、
人間の人間たる所以はある、とする。そこがバタイユの提示した人間像が、世界で一般化
されている人間像とちがうところである。また、そこがはっきり言えないなら、単なる
キワモノの好むフランス文学で終わりになる。

176 :考える名無しさん:2010/12/15(水) 13:38:48 0
http://twitpic.com/3g1rym

一番右の人物は誰?

177 :考える名無しさん:2010/12/15(水) 17:52:51 0
【速報】 石原都知事「規制なんて当たり前だ。自分の子どもにあんなもん見せられるか。」
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1292401011/

178 :考える名無しさん:2010/12/16(木) 02:51:48 0
>>173
ボードレールは「悪の華」さえ読めば事足りるよ。
エミリ・ブロンテは早死にだったから作品が少ない。
サドだって牢獄生活が長いからそれほど多作ではない。
他はちょっと面倒臭いが。

179 :トーヘンボク:2010/12/16(木) 07:34:10 0
>>174
・・さっそくのご助言、ありがとうございます。
ご推薦の湯浅氏の本、ぜひとも入手したいと感じております。。。


180 :トーヘンボク:2010/12/16(木) 07:43:36 0
174=175さんの解釈ですが。。。私はまだ、バタイユを読んでは
おりませんが、お書きになった内容はまったく共感のできるものです。
なにやらわけのわからない力動に翻弄されるのが、人間的本来性であって
それを、なるべく隠しておこうという社会的なプレッシャーというものが
ある。。と思います。・・それを批判するのでは、ありません。それもまた
人間的本来性のように思えるのですから。


181 :考える名無しさん:2010/12/16(木) 13:39:18 0
 酒井健のは、酒井自身のバタイユ体験が冒頭に書かれて、中々興味深かった。書き方としては、
酒井のものは伝記的な年代記と思想を絡めて論じる。湯浅のものは本人が前置きしてますが、思
想を中心に論じる、という違いが、あります。僕は2冊ともよく出来てると思いましたけどね。
どうぞ御参考に。

182 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/16(木) 17:10:47 0
波平も皆と同じレベルのバタイユ理解なので、
ネットは無料であるから、モースの贈与論や
バタイユの有用性の限界を踏襲すれば、
ネットの革新性はここにある、と主張する訳だ。

君等のバタイユ理解というのは要するに
その程度であり、この波平のありがちな誤解を
解く事すらできない訳だ。

バタイユを理解したと自負するのならば、
この波平のありがちなバタイユに対する誤解を解いてみせよ。

183 :考える名無しさん:2010/12/16(木) 23:36:45 0
いろんなバタイユ理解あっていいんじゃないかな
でも175さんは霞ヶ関でも秋葉原でも行って何かやらないと
口先だけの、単なるキワモノの好むフランス文学で終わりになるん
じゃないかな

184 :考える名無しさん:2010/12/16(木) 23:41:03 0
 インターネット掲示板でどれだけ思想的な難題を語ってみたところで、朝になれば、また同じよ
うに電車に揺られ、余裕のない、品のない、または猜疑心に満ちた、全く至高ではない、無数の顔を
見ながら、そのなかに混じって、出勤していく。生活のために。顧客に頭を下げたり、同僚と効率的
なやり方を話し合ったりしている。そのような毎日と、バタイユを読む事が、どんな関係があるか
、考えてみることは有益かもしれない。インターネット掲示板で高尚な議論する輩も、朝になれば
、実効性・有効性や能力で全て測られる、至高性の反対側の世界に行かなければ生きてはいけない
。インターネット掲示板で何を論じてみても、その内実はそのようなところだろう。バタイユを読む
ということが、そのような世界に何かをもたらすのか。または何ももたらすことはなく、何やらエ
ロテイシズムやら、について、気の効いた名言を読ませてくれただけなのか。それには興味深くみ
てはいますけど、波平の理論とか、それへの論破とか、それに取り組む必要性がわからない。インタ
ーネット掲示板で波平を論破して、それがバタイユと何の関係があるか、何も関係ないのではない
か。バタイユはバタイユの著作の中に居て、HN某が何を言おうが関係ないわけである。また、バタイ
ユを読むことが何をこの世界にもたらすのか、何ももたらさないのか、そもそも思想とは、私の毎日
にたいし、何を付加しうるというのか。HN某によるバタイユ解釈よりそちらの問いかけに興味があ
る。

185 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/16(木) 23:52:49 0
だから、ネットが無料なのは、
バタイユの有用性の限界とモースの贈与論の
実現だっていうありがちな波平のバタイユ誤解を
君らは解けるのか?って聞いてる訳だ。

解けないのなら、ネットが無料=バタイユだ!
で、良いじゃないか〜という事になる訳だ。

186 :考える名無しさん:2010/12/16(木) 23:57:34 0
 無差別殺人とか。自分の意志だけで成就しうるものではないのではないかね。どこかで
解離状態になって、というふうでないと、難しいのじゃないか。バタイユの理論上でも、
好運 chance という契機がないと、事物性の連鎖は離脱はできないですよね。だからこ
そ、それが成就されたことは偉大な出来事とも言えるのでしょう。自己の意志のみではで
きないのだと思ってますけどね。

187 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 00:02:30 0
まあ、いいか。

188 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 00:04:31 0
一般的なバタイユの誤解の仕方って、

@グロテスク趣味としてのバタイユ
A波平的なネット万歳としてのバタイユ
B分析哲学に引き寄せたバタイユ

等々、ありますが、全部間違いです。

189 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 00:06:24 0
例えば、佃煮なんかは@のサブカル万歳としての
風俗万歳みたいな思考です。

Aは波平、Bは一般的なプロパーにありがちな誤解。

190 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 00:08:30 0
トーヘンボクもダメ、AとBあたりの誤解かな〜

191 :トーヘンボク:2010/12/17(金) 00:12:22 0
>>184
・・だから、私は俗世間で、俗に生きているけれども、
夜になれば、高尚な議論も理解できるよ。。という訳でしょう?
別に、理解できなくとも良いわけですが。理解というのは
一種の酔い、ではないでしょうか。誰でも、哲学は読まなくとも
ときどき、アルコールを嗜む。。というわけで、酔いには効用がある
また、需要がある、訳ですよね?


192 :考える名無しさん:2010/12/17(金) 00:16:17 0
 あと、「波平のありがちな理論」が「ある」ことが、何故論破されなきゃならないか、また、
我々が論破しなきゃならない、その必然が不明なわけだ。そこで論破が必要なら、言って
る本人がやればいいのだ。しかし、ここではやらないでもらいたいが(笑)あと、ネットが
無料で別にいいではないか?(笑)バタイユやモースと関連付けたいなら関連付けとけば
いい。勝手にやってればいい。

193 :トーヘンボク:2010/12/17(金) 00:18:22 0
>>190
誤解するためには、まずバタイユを読む必要がありますね。
早く、誤解したいものです。


194 :考える名無しさん:2010/12/17(金) 00:54:50 0
>>186はいつも言い訳ばかりだなw

195 :佃煮マニア:2010/12/17(金) 01:09:03 0
お、来ましたね。>>189
純一はいつでも波平か私についての妄想プロファイリングしかしないで、肝心のバタイユ解体まではいかないんですよね。
私は一度もバタイユをグロテスク趣味だとは言ってないし、風俗なども行きません。サブカルオタであった過去はありますが。
あなたはいつでもコテ批評ばかりなんですよ。なぜなんでしょうね?コテであることが何の意味があるんですか?
私がコテをつけているのは議論する上で自他を区別しなければ意味がなくなるからです。議論していない時はコテを外します。
本題に戻りますが、純一もブログで東浩紀やラカンを脱構築したように、バタイユも脱構築してみてはいかが。

>>184
面白い提言ですが、疑問が残ります。
ここで高尚な議論がなされた事があるでしょうか?私はまだそれを目撃してはいません・・・
マダムエドワルダの芸術性について熱心に語った人を過去に記憶しています。
その人は哲学知識もほとんどなかったけれど、あの小品に電撃で打たれた様な衝撃を受けた様でした。
正面からストレートに物語に入って行き、作品から想起されるあらゆるイメージを連鎖させて語っていました。
その人のまとっていたような濃厚な熱気は、このスレには漂っていません。

196 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 01:25:33 0
バタイユを解体したいとは思わないな〜
だって、ロゴスっぽさが無いだろ?

ラカンや東は数学というロゴスに凝り固まっているから
解体が可能だが、バタイユはそもそもロジックを信仰してないじゃないか〜

197 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 01:30:50 0
あと、上のフィジー島での戦争の解釈は間違ってるね。

あれは戦争の残酷さ万歳というグロテスク趣味のバタイユ@に
誤解しがちだけど、実際には違う。

バタイユが言ってるのは、暴力それ自体では実は残酷さは無い、
と言ってるのだ。戦争での残酷さは、『暴力が組織化』されると
初めて『残酷さ』が出る、とバタイユは言ってるのだから、

実際には、昔の時代には残酷さがありふれていた、というのでは『なく』て、
暴力という散発的なものが残酷さを帯びるには、
実はロゴスやロジックといった、近代において一見無害なものが
実は暴力そのものが害である様に見せかけている、というのが
バタイユのニュアンスな訳だ。

198 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 01:33:31 0
だから、バタイユの言いたい事をちゃんと理解しているのならば、
戦争での残酷さを現出させる要素とは、

実は暴力そのものではなくて、その裏に控えている
近代的なロゴス、つまり、数学とか論理学とかその辺な訳だ。

バタイユはアンチロゴシズムなので、
この数学や論理学というロゴスそのものを破壊しにかかる訳だ。

199 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 01:36:07 0
だから、この場合、敵である破壊する対象とは
近代的な数学や論理学というロゴスであり、
暴力云々、グロテスク云々という話ではない訳だ。

ところが、佃煮は@のグロテスク趣味に
これを理解してしまうので、結果的にバタイユの価値が下がるのだ。

200 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 01:39:51 0
あと、Bの分析用に歪められたバタイユってのは、
要するにウィトの転写ね。

バタイユは言語の裏に言語化されえぬものを〜というのは
ウィトであってバタイユではないよ。

201 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 01:47:35 0
この分析用の歪められたバタイユBに誤解してるのは
トーヘンボクや>>192だな、

で、Aは当然波平、@は佃煮の誤解となる。

202 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 02:12:54 0
分かり易い例を挙げると、バタイユ的な光景というのは、
川や山とかの『危険だから入ってはいけません』という看板に表われている。

一見、看板(ロゴス)は、危険(暴力)から我々を守っている様に見えるが、
実際には、そのロゴス(看板)は山や川の土地の所有権的な要素が大きく、
危険とは何ら関係の無い場合が多い。

むしろ、バタイユは看板(ロゴス)が設置される事によって、
本来、特に危険でないものを害悪視する禁止を設けるのだ、
と、バタイユは言う訳だ。


203 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 02:16:26 0
で、アホなトーヘンボクとか>>192とかは、
この看板(ロゴス)の話をBとして解釈する。

つまり、看板(ロゴス、数学や論理等)は最強だが、
その先の危険(←実は危険じゃない)をもコンプリートしてしまった!

という分析用の歪んだBのバタイユで解釈してしまう訳だが、
本来のバタイユは俺が今説明した内容であって、Bではないよ〜

204 :考える名無しさん:2010/12/17(金) 03:46:50 0
>>202
>分かり易い例を挙げると、バタイユ的な光景というのは、
>川や山とかの『危険だから入ってはいけません』という看板に表われている。

>一見、看板(ロゴス)は、危険(暴力)から我々を守っている様に見えるが、
>実際には、そのロゴス(看板)は山や川の土地の所有権的な要素が大きく、
>危険とは何ら関係の無い場合が多い。

いやそれは判りやすい喩えではないと思う。
川や山は危険だよ。

205 :トーヘンボク:2010/12/17(金) 04:09:15 0
日本語がわからないのかな?私はこれからバタイユを読むところ
なんですがねぇ。それに、あなたの文章はなんだかシリメツレツな
悪文で、理路整然とした文章を書けるかたではないと思うので、
これからは、あなたのレスは無条件でスルーします。そういうこと
ですので、私の名を気軽く、あなたのシリメツレツな文章のなかに
混ぜないでください。どうせ、スルーするにしてもやはり気になっ
てしまいますからね。

あなたもネット依存症の困ったちゃん。。ですね。


206 :考える名無しさん:2010/12/17(金) 04:12:47 0
コテハンの書き込みが現れるとたいていスレが荒れるんだな

207 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 11:50:57 0
よろしい、仮にアホが言う通り、
山や川が危険だとしよう〜

すると、海水浴やキャンプが存在するのは何故か?
という疑問が出る、それらが危険であるならば全面禁止すれば良い訳だ。
しかし、山や川に入るのをそこで許すのは、
要するに金が取れるからな訳だ。

つまり、危険ならば一切入らせなければ良いのだが、
金が取れるのならば所有者の都合で許可を出すが、
現実的にはキャンプや海水浴で危険な目に遭い、溺死する人等は
後を絶たない。

つまり、看板の禁止は安全を考えているんじゃなくて、
所有者の利益の為に立てられている訳だ。

208 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 11:56:38 0
それに、危険だから看板を立てるのならば、
階段の前にも看板、アスファルトの前にも看板、
刺のある植物の前にも看板が必要だが、それはあんまり無い。

むしろ、現実的に危険である場所に看板が無いなんて事も多い。
例えば、俺の近くの製鉄所なんざ、1000℃以上の熔けた鉄を
型に流し込んだりする訳だが、これは危険だから全面するべきな訳だ、
安全面を考えればね?ところがこれは製鉄所の所有者からすれば、
熔けた鉄が危険だから禁止する、とされては困る訳だ。

209 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 12:00:48 0
1000℃異常の鉄を型に流し込む作業は
危険なので、禁止するは普通だが、

製鉄所の所有者はそれをやられては困る。
むしろ、死んでまでも鉄を型に流し込んでくれなければ困るのだ。
だから全面禁止にならない。

そして、バタイユが言ってるのはこの流れで
本当に残酷なのは、禁止という名目を作っているロゴス(数学、論理学等)だ、
と言う訳だよ、わかった?

210 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 12:15:57 0
俺も友達なんかも、プレス機で指挟まれて、
指がある程度までしか曲がらなくなってしまったんだけど、
これも、結局はプレス機そのものが問題っていうよりも、
そういうプレス機という危険に継続的に従事させる
労働の規律、即ちロゴスが残酷なのであって、
個人的にプレス機使ってたならそういう残酷は起こらない訳だ。

211 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 12:17:37 0
んで、バタイユはアンチロゴシズムなので、
この規律や禁止にこそ破壊すべきものだと考えている訳さ〜

212 :佃煮マニア :2010/12/17(金) 18:50:13 0
>>196
おや?
純一の「バタイユにはロゴスがない」は>>127のパクリですか?
過去に純一は私の意見を「純一のパクリ」と大々的に触れ回っていましたが、
ここに来て純一のパクリが証明されるとは(笑)
しかし、この件を問いつめるのも可哀想なので、見なかった事にしてもいいですよ。
面白いですねえ。
暴力の組織化については次の時にコメントしましょうか。

213 :考える名無しさん:2010/12/17(金) 19:56:48 0
 資本制社会では、「労働安全衛生習慣」とか、「動いている重機の傍には妄りに近付かないように」
といった労働安全上の標語、それらはしかし、工事が遅れたり、立て込むことで、容易くなし崩し
にされ、結果、労働者が犠牲になる。「危険作業の禁止」とかも同じ。そうやっていかにも労働安全を
唱えているかにみえ、実は容易く安全を放棄し、危険作業に追い込む資本こそ残酷だ。
 「この川、危険」とかいっても、危険な筈の川に料金とって人を呼んでいる。そのような、資本
の力、それに同化する人間や、その理性主義、主体主義への抗議という意味があるのだ。
 面白くないこともないが、ちょっと風呂敷拡げすぎな感じがする。バタイユが禁止‐侵犯の問題
で焦点を当てる領域というのがある。ただ徒に論じているわけではないでしょう。問題にした、
フォーカスを当てようとした領域はあるでしょう。因みに『エロテイシズムの歴史』(哲学書房)125
頁にバタイユはこう書いている。

《自然に対し我々が抱く激しい嫌悪の本質的な意味は一体何であろうか。何物にも従属しない意志
、肉体が生まれでた局部の忌避、死ぬという事実への根源的な反抗、肉体に対する、言い換えれば、
我々にあって偶然に生来備わりいずれは滅びゆくべきものにたいする一般的な警戒心―こうした
ものこそ、汚物や性的機能や死とは無関係なものとして人間を描くよう我々を仕向ける衝動が、
我々各人にとって担っている意味であろうと思われる。》

 ここに《自然に対して我々が抱く激しい嫌悪の本質的な意味は一体何であろうか》と、彼が書いて
いるけども、そこだということ、バタイユ的な問題の焦点、バタイユ自身が問題化しようとした領域
とはどこなのか、ということが、見事に簡潔に表されている。そこなので、単なる禁止‐侵犯の弁証法
ではなく、“この意味での禁止‐侵犯が問題だ”と幾度も強調したがっている。なので、バタイユ的な
領域とはどこか、という点を外さないことが、議論を進める上で、必須ではないかと思える。逸れる
のが悪いわけではないが、バタイユの主張したがった論点、鍵を外したくないので、敢えて言わせて
もらった。


214 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 20:47:16 0
同じく『エロティシズムの歴史』の中でバタイユは確か、
こんな事を書いていた。

バタイユ曰く、銀河では太陽系自体が銀河系をもの凄い速度で
回っており、この速度は弾丸の千分の一に過ぎないのだ、と言う訳だ。

続けてバタイユは銀河を仮に外側から見れば、
それは丁度メデューサの頭の様に爆発した雲の様に見える筈だ、
と言う訳だが、要するにここでバタイユが言いたいのは、
宇宙に対する我々の一般的な誤解な訳だ。

宇宙はまるでシャボン玉が膨らむ様に、『膨張』している、
と科学(つまりロゴス)では解釈されるが、バタイユに言わせれば、
これはロゴス(科学)側からの都合に過ぎない。

宇宙は『膨張』ではなく、『爆発(メデューサの頭の様に)』している、
というのがバタイユの主張な訳だ。

215 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 20:51:50 0
すると、バタイユに言わせれば、
我々はロゴス側、つまり科学という禁止によって、
実は理解可能な爆発としての宇宙という現象を
わざとロゴス側の都合によって、訳の分からん膨張という言い方で
誤魔化されている訳だ。

バタイユ曰く、膨張と言うと、まるで宇宙が数学等によって
静止した天体というイメージを与えられるが、これはむしろ、
ロゴス側の都合に過ぎない。

星と星の間隔が空くのは膨張と言うよりも爆発というのが正確な
言い方であって、それ故、バタイユが強調するのは一見無害な、
そして正確に見える科学のこうした知見にもロゴス側の残酷さというか、
卑劣さが混じってる、と指摘する訳だ。

ところがこのロゴス側の言い方一つで人間のイメージは一変してしまう。

216 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 20:55:16 0
バタイユの言う様に、宇宙を爆発として解釈すれば、
宇宙は豊饒の一種というイメージになり、これが元々の
正確な解釈だ、

ところが、これはロゴス側にとって都合が悪い、
ロゴス側はあくまで奴隷として人間を従属させなければならないので、
世界の最果てがそんな真実の姿をしていては困る訳だ。

そこで、爆発という言い方をあえて静止している天体としての
イメージを付加する膨張という言い方に変える訳だ。

217 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/17(金) 20:58:03 0
膨張という言い方で静止した天体のイメージを
付加された宇宙は、言わば死んだ宇宙であり、
倹約と計算がものを言う世界として解釈されるが、
これこそが人間の卑劣さを生む、とバタイユは暗に言う。

バタイユは単にこれを元に戻そうとしているに過ぎない訳だ。
つまり、爆発しとしての宇宙、豊饒としての正確な宇宙の解釈という訳さ〜

218 :考える名無しさん:2010/12/18(土) 00:13:58 0
 つまり、銀河系が絶えざる爆発で己自身を消尽している、また、秒速数十万kmで回転して
いる。我々が住み着いている宇宙のリアルな姿とはそういうものだ。にも拘らず人間は自己
に都合の良い解釈をし、不動な、不易な世界があるかのように宇宙を解釈し続けてきた。
その地球上で、人間たちは、己自身を蕩尽する銀河系とは裏腹に、ひたすらエネルギーを
貪欲に貪るだけである。そこでの人間による搾取、操作、蓄積の力動、人間中心の世界解釈
、その中心がロゴス(理法)、創造者としての人間、なのである。バタイユの問題とは、その
ような、ロゴスの、人間の越権を転倒させられるか、にあった…。
 僕なりに純一氏の話を整理すると、そういうことなんでしょう。細かい点での異議を抜か
せば特に貴方の話に異和はない。 
 あと、純一氏の使う〈禁止〉だが、ロゴスが人間に都合の良いように自然を解釈する力動
自体を禁止と呼んでいると見受けられるが、バタイユの場合、自然への人間中心主義解釈
そのものまで〈禁止〉とは呼んでいない。バタイユの場合、人間中心主義的な解釈までも〈
禁止〉とは呼ばない。禁止は自然への嫌悪や否定に基づく文字通りの禁止、である。純一氏
が引用したエッセイ「天体」でも、人間中心主義的な解釈を〈禁止〉とは書いていない。そこが
純一氏のオリジナルな部分なのだろうし、バタイユの用法と異なる。


219 :考える名無しさん:2010/12/18(土) 19:26:37 0
「天体」というエッセイについて一言すれば、このエッセイのポイントは、天動説という形で不易な
世界観を作ることも可能なわけで、事実そのような世界観が一般的だった時代もある。しかし、
実際は太陽は秒速数百kmで公転している。バタイユは銀河系の中心を軸として太陽系の動く公転
を、次のように語っている。

《だが実は、太陽とその惑星たちが銀河系の中心を核に描いている運動は、言わば、銀河系の外の
宇宙空間に向かって開かれているのである。》
《この運動は旋回する爆発現象のようになって宇宙のなかに放り出されているのである。》

 対する人間は地球上で、乏しい資源を奪い合い、蓄積し、役立てようとする。そこで、無益な高速
の回転運動を繰り返し、燃え続け、光と熱を放出する、太陽と惑星の姿を対置し、その宇宙の蕩尽
と、人間の行っている未来のための計算・蓄積を浮き上がらせ、宇宙を司るのが人間的な主体性で
はなく、自己浪費なのだ、ということを結論付ける。それがこのエッセイの重心である。つまり、
〈宇宙の自己浪費‐人間の貪欲〉である。宇宙にたいし、人間は静的なイメージを植え付けるが、実は
宇宙は絶えざる爆発を繰り返している。それはロゴスの策略に乗せられているので、バタイユは
それをひっくり返してしまう…。という件は確かにあのエッセイにあるけれど、バタイユの提起す
る重心は先の〈浪費‐蓄積〉にある。で、宇宙を司る原理は実は太陽系のような自己浪費なのだ、と
いうのが結論である。「天体」のウェイトは実はそこですよね。加えて、ここでの主題というのは、
そのまま、人間とは何者か、という問いかけへのバタイユなりの回答でもあるでしょう。実にバタイ
ユらしい宇宙論である。我々にたいし、開放せよ、と訴えている。人間は何者か、という問いかけへ
の回答をここで暗に提出してると思う。そこを読まなきゃならんと思います。

220 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/18(土) 19:42:13 P
同時にそれは普遍経済学の原理でもある。

221 :トーヘンボク:2010/12/19(日) 22:52:40 0
・・要するに、岡本太郎が一番、正しかったって話か?

そんならこんど東京に行った時、岡本太郎記念館に行って来るよ。。。
そんで、また、報告するからね。チャオ〜〜。




222 :トーヘンボク:2010/12/19(日) 22:55:47 0
・・そういえば、太陽の塔って、なんか意味ありげだったもんな。。。


223 :考える名無しさん:2010/12/20(月) 00:23:19 0
 ネットで調べたら、《岡本太郎、は1930年代後半、フランス留学時代にジョルジュ・バタイユや
バタイユと社会学研究会を結成していたロジェ・カイヨワと交流があり…》という記述を見つけ
ました。交流はあったと研究者はみているようですね。岡本の有名な「芸術は爆発だ!」は、どうも
その辺からの発想、と言えるかもしれない。
 現代に生き続けるバタイユ、ということで言えば、僕の感触なんですが、「羊たちの沈黙」などの
レクター博士というのが居ますけど、どうもあれの着想のベースにバタイユがあったんじゃない
か、とも思える。あのシリーズに、異常犯罪者が出てきますが、それらとレクター博士には或違い
があり、そこがレクター博士が単なる異常者ではなく、禁忌‐侵犯の意味を兼ね備えた存在感を
醸しているところにあるんじゃないか、と思えるわけです。あの人物造型に、どうも影響を及ぼし
たのじゃないか。理性=禁忌が侵犯されるのは、獣性に戻るんではなく、むしろ、聖性、至高性を生
きることである。というテーゼが、あの人物造形に生きている、と思えるんです。レクター博士の
帯びている神々しさがあるとすればそれである、と考えれば、非常に解りやすい。

224 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/20(月) 00:59:35 P
バタイユに言わせれば、数学を基礎にした
今の経済学はバタイユから言わせれば
限定経済学に過ぎない。

銀河の過剰から来る膨大な
エネルギーを考慮して正確に見れば
バタイユの普遍経済学が姿を現すという訳だ。

それが呪われた部分プロジェクト。

225 :考える名無しさん:2010/12/20(月) 09:00:55 0
純一さんはバタイユのそれについてどうおもってん?

226 :トーヘンボク:2010/12/20(月) 20:06:31 0
・・それは、間違っていないね。ただし、小文字の数学と大文字の数学が
存在する、と主張したいね。


227 :考える名無しさん:2010/12/21(火) 18:46:07 0
 レクター博士とJ.バタイユの共通性を書いたんだが、映画の設定に目を凝らすと、まだあること
が判った。例えば『ハンニバル』でレクター博士は、メイソン・ヴァージャーという男に麻薬で感覚
を麻痺させ、天井から吊るし、メイソンの顔の肉を剥がしていき、居合わせた犬に食わせる。その間
、メイソンは顔の肉を剥がれながら可笑しそうに笑っている。このシーンの発想に、バタイユが
好んでいた中国の百刻みの刑の写真、罪人を阿片で麻痺させ、裸で柱に縛り付け、脚や手を切断、胸
の肉を切り取られている写真がある。この写真がベースになっていたのでは、と思える。もう一つ、
『ハンニバル』でレクター博士が逃亡中の身を隠すため、選んだ方法は、フィレンツェの古文書管理
人を殺害し、フェル博士という名でその古文書管理人に成り済ますことだった。これも、バタイユの
伝記的な事実と一致する。バタイユは大学に進学する代わりに国立古文書学校に進学している。在
学中の準公務員という地位、卒業後の地位や生活面で良いと考えたのかもしれない。
何れにせよ、バタイユが古文書管理の技術者でもあったのは確かなのである。晩年はオルレ
アン市立図書館の館長を勤めており、この分野での職業人でもあったことが分かっている。

228 :トーヘンボク:2010/12/22(水) 05:54:36 0
ともかく、現代科学で把握されているエネルギーというものは「全体」の
ごく一部に過ぎない。。。という直感は、あるよね。


229 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/22(水) 16:42:34 0
全然違う

230 :考える名無しさん:2010/12/22(水) 20:46:48 0
三島とバタイユのエロティシズムを分かつ部分はどこだと思いますか
自分は、三島のほうが死による神天皇との合一への希求が強かったんだと思います
バタイユは神との合一といった対象はもたなかったと思うのですがどうでしょうか?

231 :考える名無しさん:2010/12/22(水) 23:27:06 0
 三島は最後のインタビューで、バタイユの思想への親近性を吐露していますが、同時に、
「僕の考えでは、エロテイシズムと名がつく以上は、人間が体を張って死に至るまで快楽
を追求して、絶対者に裏側から到達するものでなくっちゃいけない。だから、もし神がなか
ったら、神を復活させなければならない。」(対談「三島由紀夫 最後の言葉」)と語っていま
す。そこで、「絶対者の復活」を自らの使命としていることを語っている。そこで「絶対者の
復活」を目標としなければならない点、そこでバタイユとの落差が生じていると思えるんで
すね。バタイユの場合、否定性や無化は、何らかの超越性を指示するためではない。バタイユ
がサドの思想を解釈しながら語っている箇所が『エロテイシズムの歴史』にあります。

《ただしここで否定されているものは、なんらかの超越的なものを肯定するために否定さ
れるのではない。》
《しかしサドにおいては、そのような否定は、その否定を超えた上になにものも留保しない
。どこかに実存するようななにものも、慰めとなるようななにものも、たとえ世界の内在性
であろうと留保しないのである。頂点にこの否定があり、それだけなのである。明らかにそ
れはまったくの宙吊り状態であり、完全に方途を失わせるものだ。)(『エロテイシズムの歴
史』255頁)

 三島の場合、絶対者としての天皇が復活しなければ真のエロテイシズムもないと言明する
のだから、ここはバタイユとは違う。違うということをバタイユは上記の箇所で書いている



232 :考える名無しさん:2010/12/23(木) 02:06:42 0
ある意味キリスト教国と日本の違いなんすかね

233 :考える名無しさん:2010/12/23(木) 07:14:43 0
>>231
ガンダムだと誰と誰の関係すかね?

234 :考える名無しさん:2010/12/23(木) 18:33:03 0
ここではキリスト教っぽいのは三島のほう

235 :トーヘンボク:2010/12/24(金) 00:29:23 0
・・振り返って、みると2010年の冬期は、われながら思考を進める
ことが、出来たよなあ。。。という気がしますね。

それもこれも、すべてこの2ch哲板があったからこそと言えます。

これがもしなかったら、私はこれほどうまく思考できなかったと思う。

そういうわけで、2ch哲版および潜在的聴衆者のみなさん、また発言者
の皆さんに、感謝の意を表したい。。。どうも、私のきまぐれな放言に
寛容な態度で接してくれて、ありがとう。

たぶん、そろそろ私も書き込みできなくなる予定なので、今度は、また、
来年、お会いしましょう。。。(どうせ、わたしのきまぐれ放言流は、
来年も変わらないだろう。。。とおもいますが)

最後は月並みな言の葉でしめること、そのルールからは逸脱できません。

みなさん、良いお年を。。。





236 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/24(金) 04:37:53 P
では、ここで一句。

237 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/24(金) 04:40:57 P

 捨てハンを 用いて名前はトーヘンボク
   しかし中身は ポールなりけり

                 【純】

238 :トーヘンボク:2010/12/24(金) 07:35:23 0
そ、そうなの!? じゃあ、来年から、P.トーヘンボク、と名のるね。。。

謝辞の追加。
今回、多大な娯協力を頂きました、グーグル様、アマゾン様の
お二方にも・・・どうか、良いお年を。






239 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/24(金) 14:02:14 P
この様に自演がバレても反省しない、
それが俗物。

240 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/25(土) 17:52:24 0
ポイントはポールと言うとバレるので、
イニシャルのPでなんとか誤魔化そうというトーヘンボクの小細工加減である。

241 :佃煮マニア:2010/12/25(土) 17:59:36 0
やっと規制解除ですよ。長かったなあ。
純一さんはどんなイブを過ごしましたか?
私はホテルでフレンチを食べてそのままお泊まりしました。
いつもは手作りのクリスマスなんですけど今回はちょっと趣向を変えてみました。



242 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/25(土) 18:19:15 0
良い妄想じゃないか。

243 :純一 ◆QzuB1xeuck :2010/12/25(土) 18:20:25 0
ニートの君がどう料金を支払ったのかが疑問だがね。
まあ、波平なら精神障害者二級でくすねた金から払うだろうがね。

244 :考える名無しさん:2010/12/26(日) 10:28:17 0
純一さんは現在精神科などに通院しておられないのですか?

245 :考える名無しさん:2010/12/30(木) 04:33:54 0
文学と悪のいいたいことって何ですか

246 :考える名無しさん:2010/12/30(木) 04:41:01 0
>>245
文学が悪だってことだろ。

247 :考える名無しさん:2010/12/30(木) 05:20:26 0
精神障害者二級でくすねた金で放蕩しているのを波平という人格のせいにするゲームですね

248 :考える名無しさん:2010/12/30(木) 07:12:24 0
厚生2級とそうでない2級があってだな、厚生2級は6万ちょっと毎月もらえるんだが
そのためにはちゃんと初診前に年金納めてないといけない。つまり年金納めていたことによる正当な権利なわけだ。念のため。

249 :考える名無しさん:2011/01/03(月) 01:04:39 0
バタイユあけおめ
テルケルはアルトーとバタイユを崇拝してたみたいだけど、ヌーヴォロマンってふたりを継承してるの?
意味を剥奪されたエクリチュールってイマージュなんだが

250 :考える名無しさん:2011/01/06(木) 01:39:08 0
佃煮死んだの?

251 :考える名無しさん:2011/01/06(木) 01:40:40 0
トロニチン死んだの?

252 :佃煮マニア:2011/01/06(木) 16:11:50 0
みなさん新年あけましておめでとうございます。

>>243
食事代が一人2万ぐらいで宿泊費が3万ぐらいでした。
楽しいクリスマスでしたね。
クリスマスで楽をしたので正月のおせちは手作りでした。
そういえばグルーポンのおせちが酷過ぎて話題になってますね。
ttp://3.bp.blogspot.com/_X40cGxiNjdw/TSA7w085f9I/AAAAAAAAAg4/ixbiMBA-3A0/s1600/110102.jpg
これですね

>>250
今新人の芥川賞作家に夢中になってまして。
芥川賞の選考がもうすぐでしょう?
でもここは見てますよ。

>>248
厚生って2級が月10万前後で、
基礎の2級は月6万5千でしたよね確か。
純一さんは妄想の程度から統合失調症と思われますので、
少なくとも基礎の障害年金は受け取れるでしょう。
厚生は正社員の経験が必要なので、フリーターの純一さんは無理です。

253 :佃煮マニア:2011/01/06(木) 16:51:55 0
そういえば最近うちの近くで、知的障害者が自宅に放火し家族4人のうち2名が焼死する事件が起こりました。
犯人の知的障害者は、自分が通う作業所で人間関係がうまく行かず、はらいせのために放火したと供述しました。

バタイユスレからこの事件を眺めれば、侵犯というものは正気を保った人間にのみ存在するものでしかなく、
頭のねじがとんだ障害者などは、そもそも侵すべき禁忌すらなく、やすやすと犯罪をおかすということなんですよね。
しかもこの障害者の場合、怒りの矛先が、トラブルの元である作業所ではなく、目の前にあった自分の家だったこと。
これも、つじつまの合わない点です。不可解な点ですね。
殺したい相手がいたとして、殺したいと衝動に駆られた時、殺したい相手ではなく、たまたま目の前にいた家族を殺すとは?
知的障害者にとっては、殺したい赤の他人も、自分の家族も、区別がつかないということなのでしょうか?

パトス的な衝動というのは誰の中にもありますが、それは無差別殺人などを引き起こす要因にもなっているのでしょうか?
幸い、この人の父親と兄弟は2階から電柱に飛び移り難を逃れた様ですが、
家をなくして、その上自分たちに殺意をもつ家族と接して生きなければなりません。苦労は並大抵じゃないでしょう。
火が他の家屋に飛び火などしたら、損害賠償まで払わなければなりません。大変ですよ。


254 :トーヘンンボク:2011/01/06(木) 19:47:32 0
それは、差別的発言ですな。正気を保った人間が、平然と犯罪行為を
繰り返しているのが、現実ですが、何か?


255 :考える名無しさん:2011/01/06(木) 22:12:43 0
この人って徹底的にニーチェを批判してるけど恨みでもあるの?

256 :考える名無しさん:2011/01/07(金) 08:42:54 0
 

257 :考える名無しさん:2011/01/07(金) 09:56:00 0
ニーチェにはすごく影響されてるんだよ
思想家は影響受けた人を批判して自分の立場を確立するもの
興味がないなら批判さえしない

258 :考える名無しさん:2011/01/07(金) 11:09:25 0
>>254
それはあるな。

259 :考える名無しさん:2011/01/07(金) 11:19:22 0
>>253
池沼が作業所で人間関係がすんなり上手くいくと考える方がおかしい。
池沼が家族と家族関係が上手くいってると考えるのもまたおかしい。

池沼的には作業所行きたくなかったんだけど
家族が高圧的に「行け」っつったんだろ。
そう考えると、自宅に放火する心理も理解できなくもない。

更に、私の推測によれば、この池沼は幼少児時代より、家族から
なんらかの虐待を受けていたんじゃないかと思う。
(おそらく、まっとうに育児されていたら池沼にはならなかったのではないか。)

260 :佃煮マニア:2011/01/07(金) 15:01:35 0
>>254>>258
差別をしないというなら、知的障害だからと無罪放免にせず、しっかりと服役させるべきなんですよ。
それをほったらかしにしておくから、「知的障害者は何をやっても許される」などと差別されるのです。

>>259
犯人の知的障害者は、警察の取り調べにもニヤニヤしていてふざけた事しか言わないので、代わりに父親が答えている様です。

流れを修正すると、この家庭は母親が痴呆症で子どもが三人いるうち三人とも知的障害で、父親が家事をしていたそうです。
子ども達は三人とも作業所に通っていたのですが、犯人が作業所でトラブルをおこし、首になったとのこと。
父親は慰めたのですが、犯人はどうにも怒りを治められそうにもなく、ムシャクシャして家の洗濯物に火をつけたと。
そして、兄弟と母親は死に、家族は父親と犯人だけが残った様です。

この町内は、議員や大学教授、アナウンサーなども住み閑静な住宅街なのですが、障害者というのは数十人に一人の割合で生まれてくるものです。
知的障害の原因は不明ですが、多くの知的障害から染色体の異常が確認されています。先天的なものなようですね。だからしかたないんです。
それでも地域では彼らを侮辱したりしないように温かく見守っていたのですが、知的障害者の衝動というのはどうにもできないんですよね。
知的障害者はモラルを学習させてもすぐに忘れてしまうんですよ。だからセキュリティ対策がよほど整ってないと危険です。
本当に残念な事件です。

ちょっとバタイユからそれてしまいましたが、犯罪と侵犯を考える機会にはなったかもしれません。


261 :考える名無しさん:2011/01/07(金) 17:52:15 0
何か悲しくなるな・・・

262 :考える名無しさん:2011/01/07(金) 22:38:09 0
■ 驚愕の真実! 海外で販売されてるJT製品のパッケージ ■

http://www.pierre-matsuo.com/foundation-010.html
http://www.pierre-matsuo.com/Non-Smoking-11.jpg

JT利権構造の関係図
http://homepage3.nifty.com/tobaccobyo/figure/page_thumb219.htm

たばこ産業の構図(図面化と説明)
http://sky.geocities.jp/nosmokeworld/kouzu.htm

喫煙時あなたは砒素・ナフタリンなど鼠やゴキブリ用の駆除剤と同じものを吸入している。
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/ten250/biyou/img/warning/brazil/b4-4.gif
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/ten250/biyou/brazil.html

263 :考える名無しさん:2011/01/07(金) 22:48:40 0
憲法読むのは貴様だ、小沢

・天皇陛下が行っていいのは「国事のみ」です。憲法で定められています。
・助言は内閣によって行われますが、「小沢は内閣の一員ではありません」。
・天皇陛下が接受するのは「大使と公使」。習近平国家副主席は大使でも公使でもありません。
・よって、今回の謁見は国事ではありませんし、小沢が絡んでいるなら越権行為です。
・内閣が国事行為以外に天皇に対し助言と承認を行う権能は存在しません。
(憲法3条は国事行為に関してしか規定していないため、内閣が私的行為に関して天皇陛下を縛り付ける権限は無いのです。)

 
よし、読んだか?なら死ね

264 :考える名無しさん:2011/01/07(金) 23:03:33 0
>>260
バタイユと関係の無い それも
不愉快な書き込みはもう止めて欲しいな
実名でそう主張してみればいいじゃない

265 :考える名無しさん:2011/01/08(土) 03:37:34 0
>>260
>子どもが三人いるうち三人とも知的障害で、父親が家事をしていたそうです。

いやぁ、世間には居るからねぇ。
沢山の子どもをワザと障害者に育てて、
障害者に支給される金で、働かずに暮らそうとする親が。

子どもが沢山いる家庭で、何故か子どもが全員、幼い頃に
偶然の事故で片手等を失っている、という話をきいたことがある。
で、両親は、支給される金で豪勢な暮らしをしていると。もう限りなく黒なんだよな。
今回のケースは判断がつかないが。

266 :ジンミン・ゲンの第四法則。:2011/01/08(土) 07:05:38 0
>>260
よく、知りもしないくせに、話を一般化して、差別感情を助長させようと
している。知的障害者より、健常者のほうが、よっぽど犯罪を犯す率が
高い。。。しかも「犯罪者」として、露見しないやつが多いってこと。
なにしろ、健常者というのは、知的、言い換えれば「狡猾」だからね。
あなたの、根深い差別意識には、ほとほとウンザリさせられるよ?
まったく。偏見もいい所だってことをしっかり「自覚」するんだな。
笑われたくなければな?


267 :考える名無しさん:2011/01/08(土) 15:40:26 0
>>265

そういう人達もコミで社会じゃないのかい?
バタイユは社会のクズはイラネって言っていたか?
じゃあ君は病気になったら実費で診てもらいなよ
世間には一切迷惑掛けず、公共サービスにも頼らず、
生きて行き給え

268 :考える名無しさん:2011/01/08(土) 16:18:07 0
何でこの人毒舌なの?
それが持ち味?

269 :考える名無しさん:2011/01/08(土) 17:58:37 0
>>260
オウム真理教も火炎瓶をわざと自分たちの建物に投げ込んだよな

270 :考える名無しさん:2011/01/08(土) 18:22:38 0
具体的に社会問題を考えるならバタイユのレベルでやってくれ
くだらない偏見はチラシの裏にでもかいとけ

271 :考える名無しさん:2011/01/08(土) 21:11:13 0
お前らカウンター席で隣に一番来て欲しくない奴はどいつだ?

1 ニコチン中毒者(プハァーー
2 クチャラー(クッチャクッチャクチャ
3 超絶ワキガ(・・・・
4 香水臭すぎる♀

272 :佃煮マニア:2011/01/08(土) 21:17:32 0
>>270
いいえ、狂気と侵犯の話の延長なんです。スレチでもないでしょう。
えんえんとする話でもないですが。私はレスをもらったら返す主義なので。

>>265
えぐい話ですね。放火犯の知的障害者の家もそういった類いだとは言いきれませんが。
そもそも障害者の年金って、豪遊するほどもらえるんでしょうか?
偽装離婚で生活保護費を不当に受給してベンツに乗っている人などはいますが、
そういう法の抜け穴的なものはあるんでしょうか?

>>266
私は決して差別しているわけではありませんよ。一人の犯罪者を正面から批判しているのです。
障害者だからといって犯罪を犯しても犯人を弱者だから被害者でもあるなどと過保護にしておくことこそ差別なのです。
普通の人と同じ様に服役させるべきなんですよ。この事件の犯人は、刑務所病院に送還されることになるでしょう。
そして、服役よりも辛い隔離と薬漬けの院内生活を強いられるでしょう。
ちょっと調べてみると、
法務省矯正統計年報によると、2006年度の新規受刑者3万3032人のうち知的障害が疑われる受刑者
(知能指数69以下)は7563人で、実に22.8%に上る。
健常者の犯罪率の30倍ということになるそうです。

273 :考える名無しさん:2011/01/08(土) 22:45:38 0
格好良すぎる 「・・・・・・」「ああん?」

松田優作 名場面集その1
http://www.youtube.com/watch?v=kS3BYDoCEN0&feature=related

274 :サイバー・エロリスト ヒョードー・ケイコ。:2011/01/09(日) 18:00:10 0
だから、健常者は「知的」だから、その犯罪のほとんどは露見しないのだ・・
と言ってるだろ? 耳が悪いのか?


275 :サイバー・エロリスト ヒョードー・ケイコ。:2011/01/09(日) 18:07:09 0
君は、責任能力という言葉も、知らんらしいな。日本の法律では、ある年齢
に達するまでは、責任能力がない、とみなしている。例のS事件の犯人だって
その理由で、刑務所には行ってないだろ。
知的障害者の場合も、同様に、年齢に達してはいても、責任能力、判断能力に
欠ける・・と判断され、罪を問われることはない。こんな常識も知らんのかな、
君は。


276 :佃煮マニア:2011/01/09(日) 18:14:37 0
>>275
責任能力など、それらについては今審議されているようで何とも言えません。
知的障害者でも刑務所に収監されることは多いです。
野田事件や東金市女児殺害事件の例では犯人の知的障害者が刑務所で服役しています。
最近は刑務所病院というものができて、障害者の犯罪者はそこに送られるようです。

277 :サイバラ・エロ・キャット ケーコ。:2011/01/10(月) 00:28:00 0
・・少し、舌たらずだったかな。知的障害者の犯罪のケ−スに関しては
当該人物の責任能力、判断力の有無について、専門家による細心の判断が
必要とされる、ということだ。しかも。この判定はきわめて困難なことが
ある。。。とても、感情論的な皮相な見方では扱えない。。。という事だ。

278 :考える名無しさん:2011/01/10(月) 03:05:40 0
ややスレ違いで失礼ですが、母国語の習得には「6歳の壁」があるのだそうです。
ということは、義務教育が始まる以前に、
家庭で、悪意ある親が子どもにまったく言葉を教えなければ
子どもは重篤な言語障害をもつことになるわけです。
そして小学校入学時点で特殊学級にぶち込めば、
あとは大方、池沼コースまっしぐらでしょう。
悪意ある虐待により、池沼は人為的に作られうる。
身体発育だってそうで、親は子どもの苦手なオカズ(食べないもの)を
さも当然のように食卓に出し続けるだけで、そしらぬ顔で
いくらでもガリガリに子どもの発育を阻害できる。

>>267
無理やりバタイユと関連づけると、バタイユは人間の中に隠されている
欲望や残酷性を常にあらわに表現したがっているように感じますね。

279 :278:2011/01/10(月) 03:26:58 0
そして、そういった悪意は親に限らず、どこにでも転がっているわけです。
周囲や他人からの猛烈な悪意や巧妙な嫌がらせに勝たないといけない。
それはもう大変に困難な道です。
で、またバタイユに話を無理につなげると、それでバタイユは好機を大切にせよと
言っているようであります。
好機やエロティシズムの力がなければ、到底人間はやっていけない、と。

280 :サイファー・エロリスト ケイコ・ヒョードー:2011/01/10(月) 07:30:50 0
・・うなづける話よね。ニュースを聞いてると、ほんと酷い親が
大勢いるようね。。。。

少子化対策なんかより、こっちの対策のほうが最優先に決まってるよ。

妊娠したとわかった時点で、両親はすみやかに・・
いや、それより結婚届を出す段階で、結婚希望者は全員、心理的テスト
およびカウンセリングを受けることを、義務化する。。。
早急に、法制化すべきね。そうやって、親としてやって行けそうな人物
か、どうか判定する義務が、国にはあると思うね。予防できることは
予防しないとね。。。

あとになってから、驚いて
「とんでもない親だ!!」と指弾することは、誰にだって出来るよ。





281 :考える名無しさん:2011/01/10(月) 15:25:43 0
なにこのナチスレ

282 :考える名無しさん:2011/01/10(月) 15:54:15 0
ヴェゼール渓谷のモンティニャック村から二キロの距離にあるラスコー洞窟は、壁画を持つ先史時代洞窟のうち、最も美しく、また最も豊かな洞窟であるが、ことはそれだけに止まらない。
それは人間と芸術に関する、始原期から私達のもとにまで達したはじめての有形の徴でもあるのだ。『ラスコーの壁画』

283 :考える名無しさん:2011/01/10(月) 16:09:56 0
>>28さん

唯、残虐性を弱い者にむけて袋叩きにすることまで
賛成しないでしょうね

284 :佃煮マニア:2011/01/10(月) 17:06:47 0
誰かが毒親の話からバタイユの話につなげてくれたみたいですね。
話が宙に浮いたままだったので気になってたんですけど。
意図的に知的障害児を作れるというのにはびっくりしました。
機能不全家庭とメンタルヘルスの関係は深いとはよく聞きます。

285 :考える名無しさん:2011/01/12(水) 14:08:28 0
>>280
いやぁ、心理テストやカウンセリングで見抜けるかどうかな?
かような真似をする親は、そこそこ知的な上に演技が巧みですから。
また、見抜いたところで、妊娠や結婚を食い止めることは無理なわけで…。
ただ、ある程度の黒白灰色の目星リストをつけることはできそうですね。

それと、いわゆる普通の人間も充分危ないですからね。
発散できる何かを持っていない、いわゆるごく普通の大人のストレスの捌け口が、
家庭内で弱者である子どもへと向かうのは、いわば避けようもない流れ。

また、親側としては、家庭内でずーっと君臨したい欲求もあるわけです。
自分よりも子どもに強くなられたり賢くなられたら家庭内で自分の立場が困る。
そういった複雑に絡まりあった欲求がおぞましい虐待を産む。

不幸な児童を保護する施設が多数できるといいですね。
今は施設が少ないのであまり子どもを保護しづらいらしい。

286 :兵藤景子:2011/01/12(水) 22:18:57 0
>>285
・・あなた、心理カウンセリングについて、詳しいヒトなの?
バカにしたものでもないのよ? じつは、何も知らないでしょ?

みえみえよ? とにかく、何もしないよりよっぽどマシだよ。

子供を創る資格があるカップルか、どうかを、判断する権威を
国家が持つのよ。子供を創るには、国家による許可証がいるの。

いろいろな事件をみれば、こういう制度が必要なことがわかるでしょう。
口の利けない幼児の権利を、いったい、誰が護る、と言うの?

国家が、護るしか道はないのよ? 絶対に必要な制度だよ?





287 :兵藤景子:2011/01/12(水) 22:31:07 0
まとめるわよ。

2人の男女が子供を創るには、国家によって公認された心理的カウンセラーに
よるカウンセリングを受けて、出産許可証を得るのが、必要なの。

もし、出産許可証がでなければ、出産は出来ない。
子供を創ることは出来ないの。いままで、この制度がなかったのは
社会の手落ちなのよ。

誰でも自由に子供を創る権利がある。。。というのは、幻想なの。
子供を創ってはいけないカップルが、存在するの。

そうではないの?

よく、考えてみて。






288 :考える名無しさん:2011/01/12(水) 22:34:56 0
おっさん、きめえ

289 :兵藤景子:2011/01/12(水) 22:38:09 0
結婚は、別にいいよ。

ただ、出産には、国家による許可証がいる。
うまれて来る子供の権利を護る、ためよ。








290 :佃煮マニア:2011/01/12(水) 22:48:24 0
>>285
今は問診なんかしなくても光トポグラフィを頭にセットすればまともか病気か一発でわかりますですよ。
虐待といえば芥川賞作家の柳美里が自分の息子への虐待を暴露して周囲に波紋をあたえましたね。
「言う事をきかないから何度もひっぱたき、朝も昼もごはんを抜いた」とか。
この人は本気で病んでいると思います。過去に10回以上意図的に堕胎をしています。
それも、わざとお腹の中で胎児をそだてて、流産できなくなるぎりぎりになって流すそうで、
それを体験するのが快感なんだとか。
この人も一線をこえていますよね。

291 :考える名無しさん:2011/01/13(木) 00:33:11 0
>>289
いや、今はデキ婚が多いから。
セックス→妊娠→結婚→出産になっちゃってるから。
出産を止めるのは無理なんじゃないの。

産まれた子どもの権利を、どうにか国家が守ればいいんじゃない?

292 :考える名無しさん:2011/01/13(木) 00:52:23 0
>>290
柳美里、信じられないようなことしてるんですね。
だって、堕胎は母体にも悪影響があるのに…。ううっ。
自分で自分の寿命を削るような行為だ。

>>289
しかし、一見まともそうな女子アナが産後欝で自殺とかありましたからねえ。
出産した後に、些細なことで急に頭がおかしくなっちゃうこともあるんじゃないかな?

293 :考える名無しさん:2011/01/13(木) 12:45:12 0
スレチだからやめろまじで

294 :ケイコのまどかな日常 13。:2011/01/13(木) 18:31:18 0
>>291

・・うん、ケイコもあとから気がついた。たとえ、デキ婚の場合でなくとも
出産許可なく出産した夫婦を、法律で罰するというのは難しい。
だから、出産許可制ではなく、子供を作った家庭は、年に1度か2度、
心理カウンセラーの訪問を受けなければならない。。という風にすれば
いいのではないかしら。つまり、それを義務づける。健全な家庭なら、
ただ、茶飲み話をして帰ればいい。問題的な兆候がみえれば、なんらかの
介入をする。。。いままでのような「家庭の聖域化」はおおいに問題がある
んじゃないかしら。・・それでも、カウンセラーが出し抜かれるケースも
出て来ることは予想できるけど、いまのように何もしないで、各自の良識に
まかせる・・という方法は、うまく行ってない事だけは確かだからね。


295 :考える名無しさん:2011/01/14(金) 23:04:35 0
バタイユの好運への意志とニーチェの力への意志って同じ事だろ
バタイユは力への意志を個体を富ます思想だと言ってるがそうではない

296 :サイバー・エロリスト ケイコ・ヒョードー。:2011/01/15(土) 06:17:15 0
なんだか、マジモードで語ってしまいましたわね。

少なくとも、あたしの来た時間線の記録では、そういう制度が実現して
いたわね。。けっこう、ウマク機能していたみたいだよ。
・・そんな事、ここでバラしてしまって、パラドックスを巻き起こす
んじゃないかって? 大丈夫大丈夫。この程度のリークはね。
それに、わたしおたちが到着した時点で、すでにタイムラインは少し
づつ変りつつあるから。もう、わたしがやって来たタイムラインとは
違うわ・・。もちろん、もと居た世界には2度と帰れやしないけどね。
なんの未練もありはしないわ。
現実の9/11、現実のビン・ラディン、現実のプレジデント・オバマ、
・・そして現実のキム・ヒョンヒを、わが眼で見ることが出来たのよ?

・・もはやこの世界をひどく愛しはじめているし、
全力を尽くして、使命をまっとうするつもりよ。


297 :考える名無しさん:2011/01/16(日) 09:07:52 0
>>294
うん。良い案だと思います。
バタイユも、この世は悪者だらけ、という考えの持ち主だったような気がします。
家庭を聖域と考えるのは問題で、両親の良識にまかせるのは危険ですね。同感です。

298 :佃煮マニア:2011/01/16(日) 21:04:06 0
ウィキペディアのバタイユの項目はちょっと内容がとぼしくないですか?
私もちょっと記事を追加はしてみましたが・・・

299 :考える名無しさん:2011/01/17(月) 19:19:38 0
梶原一騎の娘の死に方がひどすぎて気分悪くなりました。
バタイユ的にはああいう事件をどう受け止めればいいのでしょうか?

300 :考える名無しさん:2011/01/18(火) 18:01:06 0
福田和也がクロソウスキーらと並べてバタイユを高く評価していると聞きましたが、具体的に論じている著書を教えてください

301 :佃煮マニア:2011/01/19(水) 00:27:31 0
福田和也って今度新潮新人賞の審査員をやる人でしょう?笙野頼子と論争をしたあの。
アセファルを結成して同士だった仲だから、クロソウスキーとバタイユはセットで語るべきなのでしょうね。
どんな本なのか私も読んでみたいです。

302 :考える名無しさん:2011/01/19(水) 01:52:33 0
ジャンプにこいつが主役のマンガあったよね

303 :考える名無しさん:2011/01/19(水) 01:56:24 0
福田はどちらかというと「反撃」を評価してるんだろ
ドリュ・ラ・ロシェル大好き人間だからな福田は
アセファルはニーチェの名誉回復というのでは重要っちゃ重要だな

304 :考える名無しさん:2011/01/19(水) 19:06:15 0
【NHK土9】TAROの塔【松尾スズキ】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1294900014/

305 :考える名無しさん:2011/01/28(金) 06:53:10 0
バタイユのニーチェ解釈はどの程度のものか検討しよう

306 :佃煮マニア:2011/02/06(日) 15:12:42 0
バタイユの持つ残虐性とリンクする、丸尾末広の「少女椿」貼っておきますね。
見世物小屋って昔はあったんですけど、奇形人間を晒しものにするのが倫理に違反するとかで、
昭和の時代で殆ど消えてしまったんですよね。
でも、それを商売にしていた人たちは、見世物小屋がないと食いぶちがなくなるからと、
見世物小屋の復活を願って運動までしました。結局それも無駄だったですけど。
ttp://www.youtube.com/watch?v=NTHXcMK9NE0&NR=1

307 :考える名無しさん:2011/02/09(水) 09:51:58 0
少女椿がどうバタイユとリンクするのか不明

308 :考える名無しさん:2011/02/09(水) 22:41:38 0
澁澤龍彦、丸尾末広、夢野久作あたりは読者層かぶってるだろう

309 :考える名無しさん:2011/02/11(金) 20:20:57 0
論文『エロティシズムに関する逆説』の中で、法外な理不尽、最大の逆説が人間存在のあり方であり、
エロティシズムは法を却下することから生じるが、法の確実性こそがエロティシズムの源と言います。
そういう逆説があってエロティシズムの真理を語ることはできないという主張は理解できました。
しかし次の、文学にかんする場合は、文学の対象自体が逆説であるために、腹を立てる態度は一層馬鹿げている。と続く部分からが分かりません
この論文はエロティシズム文学論とでもいう論文ですが、そこの意味を教えてください

310 :考える名無しさん:2011/02/16(水) 21:27:17 0
自己解決しました
にしても優秀な人材はみんなtwitterにいったね

311 :考える名無しさん:2011/02/23(水) 12:26:17.19 0
福田 僕は20代前半ぐらいに、バタイユとか、ブランショとか、前期ハイデガーとかを、けっこう熱心に読んでいたときに、革命ということを考えていくとどうしたって、
バタイユは特にそうですが、ファシズムになってしまうんですよね。だから逆に、革命というためにはファシストであらねばならないということが非常によくわかってしまって、
その認識に誠実であるためにファシストと称しているんですけれど。


柄谷 たぶん革命という概念でやると、ファシズムになるでしょうね(笑)。みんな、それに気づいていないだけで。

312 :考える名無しさん:2011/03/05(土) 20:38:20.30 0
みんないなくなった

313 :佃煮マニア:2011/03/05(土) 21:57:03.37 0
いつぞやの議論紛糾ぶりはどこにいったというのでしょうねえ。。。

314 :考える名無しさん:2011/03/05(土) 22:55:16.17 0
さっきNHKのドラマに出てた


315 :考える名無しさん:2011/03/06(日) 20:23:46.95 0
 ちくま学芸文庫
『エロティシズムの歴史 呪われた部分』 ジョルジュ・バタイユ 湯浅博雄ほか訳
『太郎誕生』 岡本太郎

きたー!ちくまはバタイユが好きだな〜

316 :考える名無しさん:2011/03/07(月) 00:06:20.82 0
ドゥルーズの河出
バタイユのちくま

317 :佃煮マニア:2011/03/07(月) 00:37:18.33 0
外部サイトでドゥルーズの解釈をめぐって喧嘩し、勝ちました。

318 :考える名無しさん:2011/03/07(月) 18:01:09.88 0
そのサイト貼って

319 :佃煮マニア:2011/03/07(月) 19:20:52.52 0
秘密です。欲望機械とは何かについて喧嘩しました。

320 :考える名無しさん:2011/03/13(日) 16:13:20.89 0
人の住み得ぬ地球に?

321 :考える名無しさん:2011/03/14(月) 03:21:08.52 0
つくだ君の欲望機械の定義を、ぜひ聞かせてほしいな。


322 :考える名無しさん:2011/03/14(月) 04:03:49.21 0
ひまが無くて、バタイユ詠んでないよ。だいたい、現実に先を越されて
しまったしね。。。

いまさら? って感じ。


323 :佃煮マニア:2011/03/14(月) 14:09:31.03 0
>>321
欲望機械は翻訳者や批評家によってさまざまな解釈があるのですが、
実は喧嘩相手も哲学事典にある解釈を述べていて、私も権威のある批評家の解釈を述べていて、
それが全く違う解釈だったもので対立したんですね。結局喧嘩に強い私が議論に勝ってしまったのですが、
もっと発展的に話を進めてもよかったなあと思っています。


324 :考える名無しさん:2011/03/23(水) 01:08:45.26 0
なんか話せや、ブルトン(シュルレアリスム)との関係でも語れや

1.シュルレアリスムはイデアリスムか
2.晩年二人はすっかり仲直りしていた理由

325 :考える名無しさん:2011/03/31(木) 21:42:31.49 0
バタイユを読んだデリダに「留保なしのヘーゲル主義」を語ることを可能にさせたもの。ってなんですか?
ちょっと分からないので解説してください

326 :考える名無しさん:2011/04/03(日) 04:20:40.76 0
バタイユとブランショって仲良かったの?

327 :考える名無しさん:2011/04/03(日) 09:33:17.82 0
良かったんじゃない
だってブランショはバタイユについての論考たくさん書いてるし、バタイユの体験については無条件に肯定してるって西谷修が書いてた
バタイユの雑誌にブランショが寄稿してたし

328 :考える名無しさん:2011/04/05(火) 14:34:43.87 0
浅田彰が三島はバタイユより小心で、はるかに頭がいいと書いていますが小心とはどういうことでしょうか
実際に切腹したのだからバタイユのほうが小心じゃないですか?

329 :佃煮マニア:2011/04/05(火) 18:03:00.15 0
>>328
バタイユは遊びでロシアンルーレットとかやってたから大胆な人だと思います。
三島よりバタイユの方がより高度な思考力を持っています。

330 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/05(火) 19:48:29.49 0
また佃煮マニアが知った事を言ってるのか。ちょっとバタイユ読んでる人を連れて来るからその人とバタイユについて語ってみろ。

331 :考える名無しさん:2011/04/05(火) 20:03:22.27 0
たのんだよ

332 :佃煮マニア:2011/04/05(火) 20:11:40.71 0
川上未映子アンチが盛大にバタイユを語ってくれるそうです。

333 :佃煮マニア:2011/04/05(火) 20:13:38.49 0
748 :吾輩は名無しである ::2011/04/05(火) 19:30:08.94
>>742
大丈夫。眼球譚もマダム・エドワルダも青空も読んでるから!嘘は見抜く。

だそうです。

334 :考える名無しさん:2011/04/05(火) 22:08:41.46 O
佃煮が文学板で醜態をさらして終わりました(笑)お騒がせしました。

335 :佃煮マニア:2011/04/05(火) 22:35:58.03 0
川上アンチがバタイユについてレベルの高い論評すると豪語してたんですけど、
よくよく聞いてみると「エロスの涙には、写真が入っていて面白い」
と言っている人が一人いただけでした。


336 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 00:07:34.02 O
佃煮はバタイユとニーチェの影響関係さえ知らずに指摘されると、ウィキペディアを丸写しして知ってるふりをしましたw
ググった知識をいつも自慢げに語ってくれます。
よくよく聞いてみると、ニーチェも著作は読んでなかったのです(笑)

337 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 00:16:11.99 O
本人は喧嘩が強いとか語ってますが、文学板では最弱です。連日フルボッコです。
外部サイトでドゥルーズをめぐる議論に勝ったとかもありえません。
基本、文盲です。虚言癖があります。お取り扱いにご注意くださいm(_ _)m

338 :佃煮マニア:2011/04/06(水) 00:17:28.42 0
バタイユがニーチェの影響化にあるなんて常識でしょうに。
なにをつまんない誤読してるんですか。

339 :佃煮マニア:2011/04/06(水) 00:19:46.78 0
>>337
あなたは結局バタイユについて具体的な事は何も言えなかったじゃないですか。
人の揚げ足とって悦に入ってただけのバカでしょう。

340 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 00:26:41.43 0
川上オタは柄が悪いな

341 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 00:30:00.17 O
>>339
はいはい、明日病院行こうね(^-^)

書き忘れてました!
佃煮は名無しで情報操作を行うのが仕様です。気をつけてください。

342 :佃煮マニア:2011/04/06(水) 00:34:11.03 0
案の定バタイユスレを荒らすだけでスレに有益なことは何も書かないのが川上アンチの仕様ですね。

343 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 00:49:41.10 O
age

344 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 03:35:22.30 0
川上スレ住民は民度が低い
自演、捏造、誹謗中傷なんでもありだ

345 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/06(水) 09:18:52.86 0
もうよく知らないくせに知ってるふりをするのはやめれば?

346 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 11:38:14.98 0
バタイユが精神的に病んでいながら書いたということだけを大切に思ってるだけだな
中身のある議論ができないし

347 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 20:35:40.94 0
バタイユって言ってること同じだからどれが主著とか決められないな
フーコーなら言葉と物ドゥルーズならアンチ・オイディプスっていえるけどバタイユはどれも同じ

348 :考える名無しさん:2011/04/06(水) 21:21:10.87 0
バタイユの代表作は眼球譚だろ

349 :考える名無しさん:2011/04/07(木) 22:22:08.70 0
全漁連、東京電力に怒りの猛抗議
http://www.youtube.com/watch?v=N5qlBM5VYXI&feature=related

350 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 01:02:12.64 O
私、バタイユの『眼球譚』はヒップホップだと思うんですよ。

351 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 12:13:49.07 0
私、○○○○の△△△はヒップホップだと思うんですよ。


352 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 16:37:20.83 0
ヒップホップというよりゴシックメタルなんかバタイユに合いそうです。
たとえばデス声で眼球譚を朗読してみたりすると新しい発見がありそうです。
Saturnusとかと世界観が合ってそう↓
http://www.youtube.com/watch?v=a4FRfRwt7p8&feature=related

353 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 16:58:28.02 O
ちなみにマダム・エドワルダはトムとジェリーのテーマソングが合うんじゃないかしら。

354 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 17:10:20.25 0
マダム・エドワルダがトムとジェリー?よくわからないな・・・

355 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 17:24:55.81 O
まぁ、どっちも読んでないしなぁ

356 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 17:34:43.74 0
マダム・エドワルダは短いからすぐ読めますよ。

357 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 18:04:43.45 0
ところで山本六三単独での画集って出てないんですかね。
探してるんですが。

358 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 18:45:53.50 0
つくだに君は他の板から変なのを連れて来ないように

359 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 18:54:35.66 O
なんでずっと1人で話してんの?

360 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:06:36.83 0
成り済ましだろ

361 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:18:38.03 O
>>352
こいつか!

362 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:21:47.32 O
全部本人だろ(笑)

363 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:23:01.95 0
川上スレの奴は来るな

364 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:26:15.74 O
そうだそうだ。佃煮は川上スレに帰れ。

365 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:27:26.54 0
>>364
消えろよ

366 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:29:59.23 O
佃煮の自演は下手だなあw

367 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:32:08.74 0
>>330からの流れが酷いな

368 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:39:53.80 O
>>367
同意。佃煮も消えろカス。

369 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:41:57.33 0
>>368
スレチは消えろ

370 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 19:46:46.28 0
佃煮佃煮って連呼してる川上スレのやつがうざい

371 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 20:08:07.40 O
そもそも佃煮が川上スレの住人なんだが…

372 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 20:11:13.94 0
>>371
そんなことはどうでもいい
バタイユの話ができないなら来んなよ
最悪だなお前

373 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:00:22.59 O
>>371
佃煮は荒らしだから気にすんな。

>>372
おまえもな(笑)

374 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:02:33.73 0
また来たのか
懲りねえなあ
キチガイかよ

375 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:05:02.58 0
佃煮のことしか話せないのかよ
きもい

376 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:05:17.81 0
でも荒らしいなくても議論できるほどのバタイユ読みいないからな

377 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:06:21.20 O
>>375
(^^ゞ

378 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:07:23.19 0
今までは半可通の集まりでそれなりだったんだけど
コテ粘着の荒らしが来てから最悪になった

379 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:10:12.94 O
たしかに佃煮は文学板で、バタイユがニーチェから影響受けたのかみたいな質問してたからな(笑)

380 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:12:07.28 0
コテ粘着きもいなあ

381 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:15:56.62 O
>>379
小津は長回しで有名とかも言ってたなw
蓮實について川上スレでコテンパンにされてたよ。

382 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:16:48.43 0
川上スレなんかにリンク貼るとキチガイがなだれ込んで来るってことだな

383 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:18:41.15 0
ニーチェの力への意志を批判してたな、あの批判は現実的だと思う
20世紀におこるであろう批判だな

384 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:22:15.67 O
>>383
それは別人。佃煮はニーチェ読んでないよ。

385 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:22:32.69 0
ageで煽ってる奴が荒らしなのは言うまでもないな

386 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:24:11.21 0
>>384
お前馬鹿だなあ
ニーチェの力への意志を批判してたのはバタイユなんだけど。
もういいから川上スレにもどれよ

387 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:26:50.64 O
>>386
まったくだ。20世紀におこるであろう批判だよなw

388 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:30:10.11 0
>>387
なにごまかしてんの?
川上スレにもどれっていってんだよ文盲

389 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:31:27.44 0
>>383だけど>>386は別人だよ
>>386はちゃんと知ってるんじゃん、バタイユがニーチェの何を換骨奪胎したかくらいバタイユファンなら知ってると思ってた

390 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:33:13.77 0
問題は>>384が何も知らないってことだろ。

391 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 21:36:56.18 0
>>386は私ですけどね。
バタイユはナチスによるニーチェの選民思想の利用も批判したんでしたっけ。

392 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 21:37:41.66 0
今度ちくま学芸文庫からエロティシズムの歴史が文庫化するらしい。たぶん単行本をそのままなんだろうな
しかもそれがまだ絶版でもないし2000円で手に入るんだから、ニーチェについて 好運への意志 のほうを文庫化してほしいよ
それと河出か角川でバタイユの小説を出してほしい

393 :粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/04/09(土) 21:59:48.58 0
ふむ。

394 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 22:22:42.91 O
>>391
おまえ、本当に自演してたんだな。がっかりだわ…

395 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 22:25:59.00 0
>>384=>>394バカすぎ

396 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 23:03:21.87 O
佃煮ちゃん、大勝利!






また川上スレでスカトロネタ頼むぜ!

397 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 23:06:12.09 0
格差社会ってこういうのかな

398 :佃煮マニア:2011/04/09(土) 23:10:37.24 0
スレが過疎っていたもので文学板の川上未映子スレでこのスレを紹介したんですが、
ネットイナゴしか移動して来なかったみたいです。スレが荒れちゃってすみません。

399 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 23:14:01.75 O
>>398
了解。責任取って、哲学板にはもう来んなよ。

400 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 23:15:27.85 0
>>399
川上スレに帰れ

401 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 23:19:21.64 O
>>400
はぁ? 川上スレなんて知らねえよ。佃煮とその粘着が迷惑なんだよ

402 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 23:23:45.63 0
つくだにはスレの最初からいて住民となじんでるけど?

403 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 23:34:05.00 O
佃煮さん、また自演っすか?

404 :考える名無しさん:2011/04/09(土) 23:36:00.37 0
>>403
川上スレに帰れ

405 :考える名無しさん:2011/04/10(日) 02:23:51.47 O
川上スレ見てきたけど、まじだ。
佃煮はここでも自演で自画自賛してんのかよ(笑)

406 :考える名無しさん:2011/04/10(日) 08:17:03.02 0
最後に煽りレスしないと気がすまないのかよ川上スレのキチ貝は

407 :考える名無しさん:2011/04/10(日) 12:51:02.15 0
「純一」の自演リスト

機械的唯物論者・爆乳大佐・哲学者最高位・哲学者次席
飛べないカラス・弁証法的唯物論者・福原の雄猫・匿名係長 
デアルカ・うあああ・ハルカ・唯識 ・佃煮マニア
小さなヨハネ・りくーつ・こねりー・虫に聞け・処刑ライダー
VEGAN・比ヤング・ふま・プギャオ・絵里万・第三の波平


408 :佃煮マニア・ファン:2011/04/12(火) 16:03:37.68 O
みんな、あんまりだよ。佃煮マニアが東京藝大で哲学を専攻した哲学板の古参だからって、文学板の川上スレでフルボッコにすんなよ!

409 :佃煮マニア・ファン:2011/04/12(火) 16:17:44.37 O
佃煮マニアが文学板で自信ありげにバタイユに関する自分の過去レスを貼ったら、つまらないとか、高校生の作文みたいだとか、両立背反なんて言葉はないとか、ニーチェ読めとか言わずに華麗にスルーしてくれてもよかっただろ!

410 :佃煮マニア・ファン:2011/04/12(火) 16:41:15.61 O
ふざけんなよ、佃煮マニアが「私が学生時代に描いた骨格のデッサンです」って提示した画像がGoogleで骨格デッサンで画像検索すると二番目に出て来た伝説はファンの間では常識だろ。

411 :考える名無しさん:2011/04/12(火) 19:16:26.59 0
川上スレ住人というものはどうしてこうクズなのか

412 :佃煮マニア:2011/04/12(火) 23:09:55.73 0
スレ再建age

413 :佃煮マニア(津原信者):2011/04/12(火) 23:25:57.01 O
文学板の川上スレで、佃煮マニアにこのスレでさんざん批判されてることを言うと、それは純一とかいうコテが低脳だからだとか答えてましたが、そんなことはまったくないと思います。

414 :考える名無しさん:2011/04/12(火) 23:50:11.67 0
 岡本太郎の過去の評論集成を読むと、コントル・アタックの頃のバタイユと交流があって、バタ
イユに思想的に食われてしまうことを恐れて離れた経緯があるらしい。それでも、岡本のそうい
った心情をバタイユは理解し、友情は続いた、と。岡本の「爆発だ!」はバタイユの影響のような気
がしていたが、つまり渦巻き星雲の無為な爆発をバタイユは称賛しているからだが。やはり影響は
あったようだ。ただ、バタイユにある変態性・偏執は岡本太郎にはない。だからバタイユに比べる
とひどく健康的に見えてしまうし、バタイユとは最後は自分と違うと認識したのも分かる。岡本と
比べるとバタイユの怪物性が際立つし、岡本はまだ常識的にみえる。バタイユはやはり暗いね。罪
というものを何とか反転させてしまおうとし、悪の神学を創造するところが。それに比べると岡本
は軽い。

415 :考える名無しさん:2011/04/12(火) 23:56:03.63 0
クロソウスキーもそうだろ?


416 :佃煮マニア:2011/04/13(水) 00:15:39.06 0
岡本太郎とバタイユが?うーん。。。

417 :考える名無しさん:2011/04/13(水) 00:57:00.85 0
バタイユの暗さがいいね。そりゃ恋人からこんな手紙もらったら共同体の不在を構想するよね。

 ジョルジュ
 あなたが私のために役立てる途はもはや一つしかありません。それはやさしさではありません、それは私を<看病>したいという気持ちでも、また夜中に私があなたを呼び求めることでもありません。それはあなたの真実とそして私の真実です。
 ジョルジュ、あなたにはわかりますか。私の生命と私の死は私のものです。

418 :考える名無しさん:2011/04/13(水) 02:02:39.44 0
バタイユのエロティシズム論には
ニーチェにあった再生に向けての躍動というのが見られない
死に重点を置いたら駄目なんだよ

419 :考える名無しさん:2011/04/13(水) 04:44:06.69 0
存在の連続性を感じられるようなセックスをしたい

420 :考える名無しさん:2011/04/14(木) 00:49:22.11 0
どうかな? 最後の一文は「私の誕生と私の死は私のものです」
の誤訳ではないかな? ここは、対称性でないと。


421 :佃煮マニア:2011/04/14(木) 20:24:50.80 0
ブランショは「沈黙」を作品のなかでそのまま描いた。
すなわち、主人公たちは「語らない」、作者も「語らない」、という手法で。
ある意味、わかりやすいストレートな沈黙だ。

では、バタイユは?
侵犯、冒涜行為はとどまることがないけれども禁忌を犯すときつねに注がれている
ひとつの「まなざし」がある。
バタイユは、放蕩の果てに梅毒になり盲目になった父を捨てて逃げた経験を持つ。
彼を苦しめた「まなざし」は、かつて捨てた父の盲目の眼と推測することができる。
同時にそんな自分を裁く厳しい「神のまなざし」であると、とらえることもできる。
父がかつて放蕩したようにバタイユの作品の人物たちはあらん限りの背徳を尽くす。
彼らは何も恐れていないように描かれているが、目玉を象徴する球体群が作品のあちこちに
出てくる。彼らはまなざしを意識し、まなざしの下においてでしか悦楽を得られない。

最も宗教的な作品といわれる『マダム・エドワルダ』。
娼婦エドワルダは自分の性器を見せながら、「あたしは神よ」と哄笑する。
そして直後に深い沈黙に入る。
娼婦(性器)=神=沈黙、、、
神はまさしく語りえない存在なのだ。


422 :考える名無しさん:2011/04/14(木) 22:27:18.58 O
>>421
ブランショがわかりやすいストレートな沈黙を書いた作品って何?


バタイユについては誰でも知ってるようなことをどうして今さらドヤ顔で書けるの?

423 :考える名無しさん:2011/04/14(木) 23:26:51.83 0
まーそうカリカリしなさんなって

424 :考える名無しさん:2011/04/15(金) 00:13:09.38 O
ま、これは正直やりすぎたと反省しました(笑)
悪かった。

425 :考える名無しさん:2011/04/16(土) 00:53:46.22 0
ブランショは沈黙というか無為でしょ
サルトルの文学観なんかと比べると非常に面白い

426 :考える名無しさん:2011/04/16(土) 17:32:56.09 0
無為ってなんにもしないってこと?
頭がわるいのか訳語がおかしいのか
なんとも分からないまま五年経過ッス

427 :考える名無しさん:2011/04/16(土) 20:42:32.12 0
哲学は創造ですよねー!?♪。

428 :佃煮マニア:2011/04/16(土) 21:27:48.27 0
インモラルかつ倒錯的な性を描いた作家といえばマンディアルグのほかに
クロソウスキーも挙げられるのですが、やはり巨星バタイユには及びません。。。
マンディアルグやクロソウスキーは神への反逆というよりは、聖書の教えを道徳とし、
規範としつつ、自身の頭では何も考えようとしない怠惰な人々へ舌を出して挑発した印象を 受けます。
倒錯的なアウトロー作家、という感じ……。歯向かう対象はあくまでも世間であり、 市井の人々ですね。
対してバタイユの視点は神一点に据えられています。初期から徹底して揺らがない。

なぜバタイユだけがこれら他の作家たちを大きく引き離し突出しているのでしょう?
先に述べたように視点が神に向けられていることのほかに、彼の作品には「緩み」や 「笑い」がありません。
(マンディアルグ、クロソウスキー、サド、マゾッホ、
みんなお下品かつお下劣なユーモアと どす黒い笑いに満ち満ちています……)
バタイユは真摯、ひたすら生真面目なんですね。
(彼の作風ではなく、作品に取り組む自身の姿勢のことです、一応、念のため)

429 :考える名無しさん:2011/04/17(日) 04:51:58.88 0
神は世界という眼球の盲点である、というまとめでいいのかな?

・・そろそろ、バタイユ、読むかなあ。



430 :考える名無しさん:2011/04/17(日) 05:17:02.61 0
三島由紀夫は?


431 :考える名無しさん:2011/04/17(日) 11:35:30.10 0
そうかねえ・・・
バタイユの小説はマダム・エドワルダ、眼球譚、死者を読みましたが大作家と比べると劣ってると思いましたね
まあ僕が好きなのはプロットがしっかりしてエキサイティングなスタンダールとかドストとかディケンズなのでタイプは違いますがね
小説はいまいちじゃないでしょうか・・・詩もうまいとは思えないし。思想的な書はなかなかいいです、政治評論とか

432 :考える名無しさん:2011/04/17(日) 17:23:21.03 0
>バタイユの小説はマダム・エドワルダ、眼球譚、死者を読みましたが大作家と比べると劣ってる
と思いましたね。まあ僕が好きなのはプロットがしっかりしてエキサイティングなスタンダール
とかドストとかディケンズなのでタイプは違いますがね。小説はいまいちじゃないでしょうか・
・・詩もうまいとは思えないし。思想的な書はなかなかいいです、政治評論とか 

 元々バタイユの「眼球潭」とか、神経症の治療に行った医者に、‘抑圧を外すために文章を書いて
みては’とアドバイスされ、その実践だったんじゃなかったかな。最初から作品‐表現という風に
始めていないんじゃ、と思いますね。あと「死者」「マダム・エドワルダ」とかも、要するに下劣なイ
メージを残したかっただけじゃないか。そういう作品なように思える。逆にそこが面白いという
か、あーこんなことやってた人が、思想家でいるんだな、と思えるので。バタイユの思想や小説と
か、彼の自己治療、つまり抑圧を見極めて、解体するための、手段なようにも思える。そういうモチ
ーフが結果思想になる、としたら、すごく分かりやすい。生涯かけた神経症の治療だったのではな
いか、とね。そして、付け加えるとすれば、人類全体が、実は道徳や理性という強迫観念に悩まされ
ていることに彼は気付いていき、それから自分だけの問題ではないことに気付いていった。バタイ
ユの思想的生涯をそう眺めることも出来るんじゃないですか。

433 :考える名無しさん:2011/04/17(日) 17:46:31.90 0
佃煮はコテ外して書くなようざいから

434 :考える名無しさん:2011/04/17(日) 17:50:31.06 0
どのレスの事言ってるの?

435 :佃煮マニア:2011/04/17(日) 18:18:36.68 0
>>431
私もドストは好きですよ。
そりゃあドストの重厚感にくらべたらバタイユはあっさりしているでしょうね。

>>432
自己治療説ねえ・・・意外な視点で面白いかもしれないですね。
病気になってそれを克服するために勉強してプロになる、病んだカウンセラーとかも多いですしね。

436 :考える名無しさん:2011/04/17(日) 20:49:25.15 0
>>434

>>432
この他にも上の方の名無し長文はほとんど佃煮、証拠は本人が言ったから。
自分で書いたことに自分でレスつけてるわけ

437 :考える名無しさん:2011/04/17(日) 20:54:45.51 0
>>436
精神科に行った方がいいよあんた

438 :考える名無しさん:2011/04/18(月) 02:57:57.52 0
佃煮自演すんなよ

439 :佃煮マニア:2011/04/19(火) 19:51:54.47 0
バタイユの生涯とこころの軌跡を少し振り返ってみましょう。

司祭になることを放棄した17歳のバタイユは、それまでは信仰心の篤い敬虔な
青年だったことが伺えます。
彼がいかなる理由で司祭になることを断念したのか、、、
勝手な憶測をさせてもらうならば放蕩の限りを尽くし、果ては盲目になった彼の父親の
存在が放棄の最たる理由ではないでしょうか?

バタイユの父は自業自得とはいえ、梅毒になり、挙句、己を失明させ、下半身不随にさせた
神に対して生涯呪詛の言葉を吐き続けたことは想像に難くないです。
高い理想に燃えていた十代のバタイユはそんな父を目の当たりにして、罰を与える神の
容赦のない厳しさに震え上がると同時にある種の疑問を抱いたことでしょう。
なぜ、神は許さないのか? なぜ、こんなにも父や家族は苦しまなければならないのか?
そして、いつしか疑問は反感へ、ついに否定へと、無神論を提唱するまでになりました。。。

盲目の父を母とともに置き去りにし、捨てたこと、良心の呵責からバタイユは
生涯逃れられませんでした。
いつどこにいても盲いた父のまなざしは彼を追ってきて、執拗に責め続けた筈です。
彼を責める父のまなざしの背後には厳然たる神のまなざしが必ずありました。

440 :考える名無しさん:2011/04/19(火) 21:43:43.03 0
見てきたようなことを言う

441 :考える名無しさん:2011/04/19(火) 23:03:17.92 0
なにこの低能煽り
まともなこと書けない訳?

442 :考える名無しさん:2011/04/19(火) 23:05:27.29 0
でもこんな憶測で書いたようなもの価値ないよね
バタイユはキリスト教について論文でたくさん触れてるんだからバタイユの用語で語らなきゃね

443 :考える名無しさん:2011/04/19(火) 23:16:54.68 0
じゃあどうぞバタイユの用語で語って下さい

444 :考える名無しさん:2011/04/19(火) 23:26:25.78 0
伝記作者の憶測を聞かされているわけだよ。それだけ。→399

445 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 01:34:33.85 0
その頭のわるい1行レスのどこにバタイユの用語があるんですか?

446 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 01:44:43.28 0
>>445
あほ。444は442ではないのだ。

447 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 02:06:30.53 0
>>446
あなたが頭いいとはとても思えませんが。

448 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 02:38:11.19 0
>>447
はいはい

449 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 12:59:39.75 0
俺頭悪くて長文とか書けないや せいぜい二行か三行書くのが精一杯

450 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 13:31:57.62 0
>>447
はツクダニ某なのか?人を頭悪いという一行文ばかり自分も書いているが。


451 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 13:35:31.63 0
なんか分裂病の人が暴れてるな最近

452 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 13:49:51.94 0
>>451
おまえか?

453 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 13:56:19.70 0
おまえが黒幕か!

454 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 14:21:46.31 0
等質必死だな

455 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 14:28:36.97 0
>>454
ツクダニ?

456 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 14:36:04.48 0
いいえ、黒幕です^^

457 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 14:40:53.13 0
>>456
コテを黒幕ふんどしにしなさい。

458 :黒幕ふんどし:2011/04/20(水) 14:42:57.86 0
はいはい^^

459 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 14:56:15.63 0
放置

460 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 15:04:55.81 0
今までスルーできなかったんだね^^

461 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 15:24:10.59 0
>>460
黒幕ふんどしのくせに

462 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 16:32:19.69 0
スルーしろよ^^

463 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 22:11:42.77 0
黒幕ふんどしはツクダニか?

464 :黒幕ふんどし:2011/04/20(水) 22:25:01.90 0
ちがいますよ^^

465 :黒幕ふんどし:2011/04/20(水) 22:35:30.01 0
そうですよ^^

466 :黒幕ふんどし:2011/04/20(水) 22:36:14.45 0
さあ、黒幕ふんどしの中の人はだれかな?

467 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 22:59:01.53 0
きんたま!

468 :考える名無しさん:2011/04/20(水) 23:02:29.61 0
きんたまのツクダニ!ツクダニのきんたま!

469 :佃煮マニア:2011/04/21(木) 18:31:17.98 0
バタイユにとって盲目の父のまなざし=厳しく罰する神の目、であったと思われます。
拒否すればするほど、両者のまなざしは逃げても逃げても彼を執拗を追いつめる。
彼を日夜苦しめる父のまなざし=神の目にバタイユは無関心ではいられなかった。
そう、真正面から神に対峙しなければならなかったのです。
マンディアルグやクロソウスキーのような遊び心やおちゃらけた笑い、滑稽さ、大仰さは
バタイユの作品には見られません。神に対して揶揄やお遊びという中途半端な姿勢を
自身に彼は決して許しませんでした。


470 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 19:39:44.54 0
ツクダニも日本古来の神にまじめに対峙しとるか?
バタイユでおちゃらけとるか?

471 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 19:52:35.69 0
ツクダニ同じこと繰り返すな!
そんなのどっかで読んだぞ。

472 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 20:01:04.34 0
神を信じても恐れてもいないお前がちゃんちゃらおかしいわ
バタイユが神に対して中途半端になれなかったのはそれが制度だから
じゃないのか?

473 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 20:08:41.37 0
ツクダニさん。人生の時間稼ぎだけはやめてくれ。
坊主見てきたようなことを言い。

474 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:17:19.83 0
佃煮はバタイユを悲劇のヒーローに仕立てあげたいだけじゃん
くそつまらん、それはお前の関心事だろうが

475 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:25:09.09 0
ニワカにわいてきた文学板の佃煮アンチが頑張ってるなw

476 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:35:37.50 0
アンチというほどのものがツクダニにあるか

477 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:43:34.99 0
アンチがんば☆

478 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:47:15.77 0
まともな書き込みしてるのって佃煮マニアだけか
このスレも劣化したもんだな

479 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:47:53.69 0
>>477
佃煮?アンチが欲しいのか?

480 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:49:50.02 0
>>478
冗談よせ。佃煮と思われるぞ

481 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:52:14.67 0
アンチ必死☆

482 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:55:24.09 0
>>481
アンチがそんなに欲しいか?

483 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:56:52.49 0
アンチが即レス☆

484 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:57:57.85 0
>>483
やっぱ欲しいんだ

485 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:58:40.86 0
アンチ必死☆

486 :考える名無しさん:2011/04/21(木) 23:59:45.62 0
>>485
おまえも必死だなあ

487 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 00:01:38.11 0
アンチ必死☆

488 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 00:03:48.01 0
>>487
なんのアンチだい?

489 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 00:08:45.40 0
アンチ即レス必死☆

490 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 00:10:09.27 0
>>489
佃煮が酔っ払ってんのか?
からむからな

491 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 00:10:59.26 0
アンチ必死☆

492 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 00:24:18.06 0
真面目にバタイユの話してる奴すくねえ〜

493 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 00:38:20.21 0
だからバタイユとブルトンの関係を語れるやついないの?
晩年のふたりは仲良くてソレルスが驚いたってエピソードあるじゃん
シュルレアリスムと神って論文も書いてるみたいだしバタイユとブルトンの関係を語ってよ

494 :佃煮マニア:2011/04/22(金) 18:46:32.16 0
男たちが娼婦を求めるとき、彼らは恋人や妻たちにするような「語りかけ」は不要である。
お金さえ払えば彼女たちは身体をひらく。
口説きの手順としての言葉は要らない。
沈黙する娼婦は何ゆえに神なのか?
「最初に言葉があった。みことばは神とともにあった」と聖書にあるが、
この記述に従えば沈黙する娼婦は神ではない。
といって娼婦が言葉を持たないということではない。

沈黙とは、言葉を持ち語れるのにあえて語らない行為である。

ブランショは沈黙の持つ未知の世界の広がりを描き、
バタイユは沈黙をとおして、結果として神の存在を浮かび上がらせた。

495 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 19:08:35.82 0
男たちは佃煮さんを求めることはないでしょうなw
選ぶ権利があるんで

496 :佃煮マニア:2011/04/22(金) 19:13:49.68 0
男達が2ちゃんのコテハンを求める・・・?はあ?
頭わいてんですかね。

497 :考える名無しさん:2011/04/22(金) 20:33:41.89 0
佃煮もうそのまんまじゃん。
ことばは人工的なものだからね。沈黙は神?自然?存在そのものを
暗示させるんだろう。
でも娼婦宿も制度だからね。金も払わなきゃいけないし。

498 :佃煮マニア:2011/04/23(土) 16:36:02.97 0
鹿島茂の「古今東西、・・・」の言葉にうなづき、
「謎の男トマ」における言葉=カマキリのエピソードを思い出し、
「未言葉」という聞きなれない言葉に興味を抱きながら、
ニーチェ、ブランショ、バタイユを経巡ったあと、
ベンヤミンの言葉でしばし足を止める――
夜道の歩みに助けになるものは「友の足音」。
晴れていれば、もちろん夜空の星も加えられるだろうけれど。

ニーチェ、ブランショ、バタイユの言葉は「友の足音」。
そして、夜空に輝く星。
星の光は永遠に輝いているように見えても、実は痕跡。
星の光も、小川の流れのように、野を渡る風のように、
常に動いている流動そのもので、つかまえることはできない。
そべては動いている。常に既に現われつつ消えている。

499 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 16:54:31.37 0
佃煮坊主か佃煮詩人か知らないがいい加減にしろよ。
さみしい君のこうえなき友なんだね。

500 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 16:55:59.01 0
友として選ばれたるツクダニだね(笑)

501 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 17:39:39.03 0
私なら友なんて言葉をつかわず身内とでも言うな。
こびる技術のツクダニにはムリだろうね。

502 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 17:44:18.65 0
ここまで佃煮の圧勝
名無し涙目

503 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 18:49:23.88 0
>>502
佃煮だろあ〜あ

504 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 18:50:56.75 0
佃煮は友の言葉をなぞってうれしいんだろうなあ

505 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 19:04:22.31 0
>>502
がツクダニでないならツクダニと同じ思考回路なのだろう。
よくツクダニに退屈しないな。
わかりきったようなことを大仰にいうからあほらしいんだよ。
友とか言って持ちあげるだけ。自己完結するだけ。




506 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 19:15:51.96 0
こういう匿名掲示板でコテつかうのって皆自己完結気味だけどね。

ブルトンとバタイユについては対立概念を越えた地平を求める者としての
共感があったという見方があったね。
醜いは汚れたもの忌しいもというだけでなく美でもあるという。
ニーチェの善悪の彼岸とか。そういうものだろうか。
当時はそういう直感を抱える者は現代と比べても希有な存在だったのだろうか?

507 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 19:30:59.58 0
佃煮スレになっててワロタw

508 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 23:09:03.37 0
頭のよさでは
ハイデガー>ニーチェ>クロソウスキー>ドゥルーズ>フーコー>バタイユだよね

509 :考える名無しさん:2011/04/23(土) 23:56:14.12 0
バタイユの思想ほど自己完結とほど遠い思想はないよ

510 :佃煮マニア:2011/04/24(日) 18:12:14.66 0
「夜のなかを歩みとおすときに助けになるものは橋でも翼でもなくて、友の足音だ。」

ベンヤミンのこの言葉を読んでわたしたちは沈黙のなかでも
足音を相手に届けることができるのだな、とふと思う
沈黙は無限の言葉を有している
そして、足音はその沈黙を運ぶひとつの手段なのだ
足音を聞くことは沈黙のうちの言葉を聞くことだ

沈黙が対話であるのなら、足音もまた対話なのだ

511 :考える名無しさん:2011/04/24(日) 21:08:53.93 0
はいはい。美しい言葉で。
ツクダニはなぞるがそのおかげでか沈黙も足音も
単にことばでしかない。
ツクダニが足音であることも沈黙であることもない。
解説はむなしい。

512 :考える名無しさん:2011/04/24(日) 21:54:39.82 0
「バタイユはいくらかのあいまいな文章を除いては「何らかの集合的位格における
融合の実現」を排除している。
彼はそれに深い嫌悪さえ抱いている。」とブランショが書いている。
佃煮の友という言葉はその融合性をなぜか思い起こさせるのだが
それはいつも不快だね。
そして続けて「彼にとって重要だったのは、すべてを自分自身をも忘れさせる
忘我の状態であるよりも、不充足でありながらその不充足性を断念できない
現存が、ゆさぶられておのれの外に投げ出されれる、まさにそのことを通して
貫かれる困難な歩み、超越の通常の諸形態をも内在性をもひとしく
崩壊させてしまうこの運動のほうだった」と書いている。
佃煮にはいつも恍惚とした自己充足的雰囲気しか感じない。
誤解だろうか?(笑)

513 :考える名無しさん:2011/04/24(日) 22:41:34.50 0
佃煮がニーチェやバタイユを語ると本質からそれる
佃煮にぴったりの哲学者はヘーゲル(笑)

514 :考える名無しさん:2011/04/24(日) 22:51:49.64 0
なんでいきなり全力で佃煮を論破するスレになってんの?

515 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 01:49:48.15 0
佃煮のバタイユ論が我田引水だから。w
バタイユの共同体がそんなものかとガッカリさせられる。

516 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 01:55:49.85 0
ブランショの小説って普通の小説が好きな人にもおすすめできる?
難解なだけで小説っぽくない?

517 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 01:56:17.31 0
佃煮には論破するって言うほどの内容はないんでからかってんだろう

518 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 02:00:38.55 0
>>515
でもお前のレス内容よりはましなこと書いてあるよね?

519 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 02:12:02.66 0
>>516
ツクダニ先生が教えてくれないかな

520 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 02:14:11.57 0
>>518
え?宮沢賢治の宇宙みたいな話?

521 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 02:20:05.97 0
>>518
君もツクダニと思考が同じなんだろう。

522 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 13:47:18.66 0
性賎士の工作が酷いな

523 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 14:50:59.39 0
それにしても1年ぶりだけどコテが随分消えたね。
寂しがりやでナルシストなつくだにだけか。



524 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 15:01:10.48 0
ほら性賎士って書くと即レスする

525 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 15:04:21.93 0
性賎士ってほんとバカだよなw

526 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 15:13:23.22 0
哲板中コテだらけだけど
性賎士には佃煮しか見えない

527 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:26:20.61 0
そうか性賎士ってのがいたのか?
あとどんなコテがいるの?

528 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:32:30.94 0
最高なんとかとか辞書を読めとか言ってた人たち
どこ言ったんっだ?純一さんとかまだいるの?

バタイユはもう語られないのか?すでに言説の多くが常識化して語るより
生きられているのか?

529 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:36:32.07 0
それにしても佃煮防衛隊みたいのがいるんだね。
安心したよ。寂しくないね。佃煮ちゃん。(笑)


530 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:39:11.44 0
親衛隊だね。

531 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:45:53.35 0
コテ談義とかきもすぎるんですけど

532 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:48:31.02 0
コテさんたちは早く言論界にデビューしてよね。!応援します。

533 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:49:25.34 0
なんでコテ限定なんですか?

534 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:52:39.12 0
匿名掲示板で自分のコテでもつほど世界観がしっかりありそうだから。
こんなところでうだつのあがらない人生をくすぶって終わるのはカワイソ。

535 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 16:55:54.91 0
名前欄になんか書くか書かないかでそんなに変わるもん?
名のった所で匿名であることには変わりないし
へんにこだわってるのってきもい

536 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 17:01:59.57 0
じゃ、コテかかなきゃいいじゃん。

537 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 17:17:45.67 0
つーかなんでコテにこだわるの?

538 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 17:20:29.81 0
あんたもなんでこだわるの?

539 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 17:22:35.14 0
なんで俺がこだわってることになるの?
あんたがコテコテ言ってんじゃん

540 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 17:31:47.99 0
そういえば純一見ないね 波平はいるけど

541 :佃煮マニア:2011/04/25(月) 21:31:36.88 0
[壁]_・)チラッ

542 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 21:41:55.21 0
>>539
理由はもう言ったよ(笑)
あなたがきもいならそれでいいじゃん

>>541
は何甘えてんだ(笑)

543 :佃煮マニア:2011/04/25(月) 21:44:37.34 0
純一さんのバタイユ論とかがポンポン出て来る状況じゃないとつまらないなあ。
あの人どこに行ったんです?アク禁か2ちゃん卒業かどっちなんでしょう。

544 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 21:47:01.24 0
佃煮さんも早く卒業してください。
ここじゃ物足りないでしょう(笑)

545 :佃煮マニア:2011/04/25(月) 21:59:14.69 0
>>544
あなたなにかバタイユの話してくださいよ。

546 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 22:07:23.10 0
ぼくはあまり本も読んだことがないので。
「至高性」のなかで人は奇跡が好きだみたいなこと言ってたな。
そして死は奇跡だ。とそれが印象的かな?
「ラスコーの・・」なんだったっけ?(笑)
あれで芸術は友情だというのがわからなかった。あとで友愛は関係性だみたいな
こと言ってるらしいけど。

547 :考える名無しさん:2011/04/25(月) 22:55:33.72 0
もうだめだな

548 :佃煮マニア:2011/04/26(火) 20:49:34.05 0
マンディアルグ「すべて消えゆく」読了。
先ず、前半のものものしく大仰な芝居がかったセリフのやりとりに圧倒され
ました。

初老のユゴー・アルノルドは地下鉄のなかで堂々と化粧をする若い娘と
ふとしたことで言葉を交わします。
彼女は怪しげな女優気取りの娼婦であり、地下鉄の電車内でのふたりのやりとりは
すべて大真面目な芝居がかったものものしいセリフで占められます。
彼女の名前はミリアム。
ユゴーは彼女の手引きで彼女の女主人サラ・サンドの契房へと導かれます。
まるで迷路のような裏小路を抜けて。
契房において前半はユゴーの望み通り愉悦の境地の性の痴態が繰り広げられ、
ミリアムが奴隷役を演じ、ユゴーは支配者の役を演じ有頂天になります。
ところが、室内に一本の電話が響き渡ります。
電話の主はミリアムの女主人サラ・サンド。
「はい……はい……はい……はい……はい……はい……はい……はい……」
ミリアムの応答は延々とつづきます。

549 :考える名無しさん:2011/04/26(火) 21:28:07.86 0
>>548
ほんとに読んだのかよ。ほんとに読んだ本だけ書けよ。

550 :考える名無しさん:2011/04/26(火) 21:33:02.91 0
お前が書けバーカ

551 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/26(火) 21:41:11.82 0
ほんとに読んだ本だけ書けよ。

552 :考える名無しさん:2011/04/26(火) 21:42:47.62 0
来んなキチガイ

553 :考える名無しさん:2011/04/26(火) 21:46:51.51 0
何が悲しくてコテハンストーカーなんてやるはめになってるんだ
よっぽど人間関係に飢えてるんだな

554 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/26(火) 21:49:14.44 0
俺ストーキングされてるんですよ。やめるように言って下さい。これ以上はスレ違いなので言いませんが。

555 :考える名無しさん:2011/04/26(火) 21:50:12.23 0
死ね

556 :佃煮マニア:2011/04/27(水) 19:14:45.21 0
「美しい友だちの時代はとうに終わったのよ。あなたのここでの
行為の一部始終はすべて隠しカメラによってサラ・サンドに見られて
いたのです。サラ・サンドの契房に迎えられながら、男らしさの意識すべて
捨てるという有益な教えを身につけられなかった者、汚れた男はみんな外に
放り出されるの。でも、あなたにはこれから受けるべき試練がまだ残っているわ」
電話を切ったミリアムはユゴーがサラ・サンドの怒りを買ったことを冷たく告げます。

この瞬間からミリアムは豹変します。
先ほどまでの恭しく従順な奴隷の仮面をかなぐり捨て、いきなり女暴君へと変貌を
遂げたるのです。
今度はユゴーが責められる側になり、血の儀式が始まります。
ミリアムはユゴーのように責め具など一切使いません。
彼女の尖った爪が彼女の唯一の武器なのです。

ユゴーは全身に傷を負い血を滴らせたままほうほうの体で何とか逃げます。
ここで第一幕が終わり。

二幕目の舞台はセーヌ河沿いで幕を開けます。
いきなり全裸の女が河のなかから現れ、ユゴーは彼女が岸に上がるのを
手助けします。
この女はどうやらミリアムの分身というか、ミリアムが別役を演じているように
描かれます。
彼女はまたしてもここでも大仰な芝居をし、ユゴーの目の前で自らの胸を
短剣で刺して死んでしまいます。
物乞いの証言によりユゴーは殺人の罪を着せられてしまいます。
ここで幕が降ります。

557 :考える名無しさん:2011/04/27(水) 21:15:21.46 0
この人なんか書いてないと駄目なのか?
それともバタイユとつながっていくのか?

558 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/27(水) 23:18:09.75 0
なんかよくわかんない薀蓄を垂れ流してれば自分が偉くなったと思い込める程度の人なんですよ。

559 :考える名無しさん:2011/04/27(水) 23:25:04.29 0
川上スレの気違いは消えろようぜえなあ

560 :考える名無しさん:2011/04/27(水) 23:44:52.85 0
>>559
下品だなあ。

561 :考える名無しさん:2011/04/27(水) 23:55:32.15 0
気違い史ね!

562 :考える名無しさん:2011/04/28(木) 21:53:44.01 0
しかしさあ、純一は?純一は何処行ったのよ?

563 :考える名無しさん:2011/04/30(土) 13:19:23.20 0
バタイユは晩年のベルクソンと会って話したことがあるそうだが、思想的には嫌いだったそうだ
しかしベルクソンの持続と意識の考えは何故バタイユに合わなかったのか、誰か考えて

564 :佃煮マニア:2011/05/04(水) 15:26:12.29 0
こう書くとただの不条理劇のように思われるかもしれませんが、この物語は
不条理を糾弾するのではなく、「滑稽さを伴うものものしさ」、「妖しい幻惑」を
売りとするのです。

パリの裏ぶれた小路、踊り場のない迷路のような螺旋階段の最上階にある
女主人の怪しげな契房。
毒蛇、毒蜘蛛、食肉花、その他得体の知れない動植物が棲息する薄気味悪い
熱帯植物園が契房に隣接しているのです。
(この設定は江戸川乱歩というか、ホラー映画そのもののよう……)

熱帯の凶暴な生物に囲まれて行われる性の交わりは男を興奮させ、徹底して
奴隷になりきる娼婦に対して男の支配欲はいやが上にも高まります。
まさに熱帯とはヒトの雄の本能を掻き立て、剥き出しにする環境ですね。。。
こうした男の本能、支配欲を女主人はミリアムの口を借りて皮肉たっぷりに
男らしさと唾棄しました。

ユゴーはサラ・サンドによって有罪の烙印を押されました。
理由は彼がこの契房にふさわしくない下手な役者だったから。。。
「わたしは役者だと言った覚えはない。芝居を演じて見せたつもりはない。
わたしは男、それだけだ」
「たしかにあなたは役者じゃない。誘ったわたしが間違っていたわ。
あなたは詩人でもないし未来永劫詩人のかけらにもなれやしない。
哀れな精神の不能者であたしたち役者のもつ神聖な特権を感じ取ることが
できない。さあ、行きなさい、哀れな男!」(p148)

565 :考える名無しさん:2011/05/05(木) 14:59:02.57 0
うむ。

566 :考える名無しさん:2011/05/05(木) 20:04:10.55 0
なんだ?このご隠居?スレ私物化してんのか?

567 :考える名無しさん:2011/05/05(木) 20:06:26.41 0
>>563に答えろ

568 :考える名無しさん:2011/05/12(木) 14:59:39.01 0
日本の評論家がバタイユについて書いてる本おしえて
浅田彰は構造と力だけは知ってる、吉本隆明はバタイユ論書いてた
柄谷行人とか福田和也のバタイユ論はどこに載ってますか

569 :考える名無しさん:2011/05/12(木) 15:03:27.89 0
なんか質問ばっかだなこのスレ
自分で調べろ

570 :佃煮マニア:2011/05/12(木) 15:56:11.67 0
怪しげな宗教の女司祭のようなサラ・サンドと彼女を慕うミリアムはどうやら
演劇至上主義者であるらしく、ミリアムはただの娼婦ではなく、女優の一環として
娼婦を演じ、サラ・サンドは売春宿という名前の劇団を営んでいるようです。。。
そしてふたりとも異様に誇り高い。
自分たちの美意識、演技にふさわしくない相手はすべて仕置きされ、果ては
殺人の罪に着せられる運命を負っているのです。

サラ・サンドは最後まで姿を現すことはありません。
ミリアムによれば、彼女の招待を受けた人はいかなる約束があろうとも
反故にし、サラ・サンドの契房への招待を優先するとのこと。
わたしたち読者はミリアムの言葉によってでしかサラ・サンドの人となりを
知ることはできないのです。
これは仕置き人として雇われている男、ピンにも同じように言えます。
ミリアムはピンがどれほど残忍かを大仰に戦慄しながら語りますが
彼も女主人同様ついぞ最後まで姿を見せることはありせん。
そう、実在するか否か、真相はすべて藪の中というわけです。。。

571 :考える名無しさん:2011/05/12(木) 20:08:35.18 0
でバタイユは?

572 :考える名無しさん:2011/05/18(水) 07:52:48.70 0
バタイユの思想って行き止まりだよね
どん詰まりだから更新の可能性がない、その点ベルクソンやドゥルーズは更新の可能性がある

573 :考える名無しさん:2011/05/20(金) 16:50:06.41 0
389:吾輩は名無しである :sage:2011/05/20(金) 16:26:49.27
佃煮のネガキャン失敗して悔しいねwぷ

390:吾輩は名無しである :sage:2011/05/20(金) 16:31:11.49
ご隠居、言いがかりはよせよ。ぷぷっ。

391:吾輩は名無しである :sage:2011/05/20(金) 16:31:24.34
バタイユについて具体的な議論してるレスは理解できず、かんたんな煽りレスだけは理解できたんだなw

392:吾輩は名無しである :sage:2011/05/20(金) 16:39:10.33
佃煮の頭の悪い高校生みたいなレスは読んでられないだろ。
常識的に考えてw

393:吾輩は名無しである :sage:2011/05/20(金) 16:40:39.47
マダムエドワルダはいいよネ!

394:吾輩は名無しである :sage:2011/05/20(金) 16:41:57.07
それしか書けないw


574 :考える名無しさん:2011/05/20(金) 16:56:13.55 0
文学板は頭悪いのとか狂ってるのが多いからなあ

575 :C.F,:2011/05/21(土) 06:47:22.94 0
佃煮氏は、もちろん「冷たい熱帯魚」は観ましたよね。
ご感想は?


576 :考える名無しさん:2011/05/21(土) 12:17:32.82 0
ふむ

577 :考える名無しさん:2011/05/21(土) 12:17:54.10 0
ふむ

578 :佃煮マニア:2011/05/21(土) 19:25:12.09 0
ユゴーもわたしたちもミリアムの語り口によって実在するとは限らない
怪物を恐れているようなものです。
せりふのみで観客を戦慄させる、巧妙な役者です。
にも拘わらずユゴーは彼女を女優と認めるどころか、一介の娼婦が
気取って女優を演じているに過ぎない、高を括ったのが命取りになりました。
まあ、無理もありませんが、、、
あれだけ電車内で挑発的な誘われ方をした以上、芝居は誘いの手段であり
本業ではないと考えるのが当然でしょう。
哀しいかな、欲望に目が眩んでいる男たちに彼女たちの本心など見えるはずが
なく、娼婦は娼婦に過ぎず、それ以上でもそれ以下でもない、
そうした男らしさが悲劇を招きました。

二幕目では、自分を女優ではなく娼婦と軽んじた男に復讐すべく(?)、
名前を微妙に変えた女が男の目の前で命懸けの捨て身の芝居をやってのけます。
まるで、これが女優魂よ、と言わんばかりに時代物の短刀を胸に突き刺します。
実際、女は本当に死んでしまうのですが、最後の最後まで大仰なお芝居を
しているようで、なかなか真に迫ってこない。。。


579 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 05:40:41.69 0
こいつなに独り言いってんだよきもいな

580 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 06:23:41.68 0
昔のバタイユスレは有意義だったのにいろんな情報が入ってきて

82 考える名無しさん []投稿日:2004/12/11 02:16:42
なんだかんだ言いながら佐伯啓思は経済思想研究者としてバタイユが好きみたいだね。
講談社現代新書の「「欲望」と資本主義」でもバタイユについて一節を割いて詳述してる。

581 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 14:48:24.92 0
>>579
お前みたいなのがいちばんうざいんだよ
なんか面白い事を書けよ

582 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 15:54:35.16 0
おまえがな

583 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 16:03:06.69 0
一行煽りとか荒しと変わんねえじゃん

584 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 21:38:24.02 0
おまえがな

585 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 22:33:13.33 0
↑死ねクズ

586 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 22:33:54.10 0
一行煽りとか荒しと変わんねえじゃん

587 :考える名無しさん:2011/05/22(日) 22:43:38.63 0
おまえがな

588 :考える名無しさん:2011/05/23(月) 02:35:33.20 0

「友人たちに対する私の振る舞いには根拠がある。
私の考えでは、各存在は自分ひとりでは存在の涯てまで行くことはできないのである。
行こうとすれば「特殊」の中に溺れてしまう。そしてそれは彼個人にとってしか意味をもたない。
ところで、ただひとりの人間にとっての意味など存在しない。
ひとりだけの存在は、もしその事態を知れば「特殊」などは
おのれの外に投げ捨ててしまうだろう」
(G・バタイユ『内的体験』)

589 :考える名無しさん:2011/05/23(月) 18:24:03.74 0
コピペかよ!

590 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/24(火) 15:20:02.87 0
一行煽りとか荒しと変わんねえじゃん

591 :考える名無しさん:2011/05/24(火) 16:03:20.65 0
おまえがな

592 :考える名無しさん:2011/05/24(火) 18:36:38.80 0
バタイユみたいな精神病の人は普通ただの文学者で終わるのに

593 :考える名無しさん:2011/05/26(木) 20:51:20.78 0
バタイユってラカンに奥さん取られたのに仲がよかったってまじか
「贈与」したのかな

594 :佃煮マニア:2011/05/27(金) 00:07:30.90 0
>>593
バタイユが変態すぎて嫌気が差したらしいですね。


こんなんみつけました。

sosodesumus 鈴木創士
昨日ネルヴァルの本を調べていて思い出したことがある。EP-4のアンダーマイシューズ
という曲で朗読したのはネルヴァルの「アルテミス」という詩だった。他にもバタイユ
の詩をやったはず。ミノトール誌に載ってた火山のやつだ。ポストパンクのネルヴァル
とバタイユ。へっ!(SWANSで思い出す)
12月18日

595 :考える名無しさん:2011/05/27(金) 17:11:27.10 0
昔バタイユの恋人にロールという女性がいたけど、
朝から三軒隣のアパートでアルバート・アイラーを拡声器で流し続けている。
アンリ・シャルパンティエというケーキ屋でフィナンシェを買ってお見舞いに行ったら、たたき出された。
仕方がないので商店街を通り過ぎるチンドン屋を眺めていた。上原氏だった

596 :考える名無しさん:2011/05/27(金) 23:34:59.71 0
鈴木創士はテルケル誌をリアルタイムで愛読していてバタイユに親しんでいたらしいが
書くのはアルトーやジュネについてが多いな。そっちのほうがすきなんだろうか

597 :佃煮マニア:2011/05/27(金) 23:40:13.02 0
>>596
アルトーの事よく書いてますよね。
狂気に満ちた熱気みたいなものが好きなんじゃないでしょうか。
自分でもなんか不可思議な詩を書いているようだし。
彼はユリイカではセリーヌを推してた様です。
なしくずしの死とか読んでみたけどいまいちピンとこなかったなあ。

598 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/29(日) 15:32:25.06 0
佃煮マニアはこういう嫌がらせをするのをやめてくれない?しつこいよ。
俺のトリップは公開されてる。#+だ。しかしお前が悪用するのは許さない。

638 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/29(日) 15:27:40.32
お腹が痛くなったので食糞しました。未消化のシイタケやシラタキが
黄色く染まっていました。強烈な苦味ですね。

おしっこも飲みました。ちょうどいい案配の塩味です。

599 :佃煮マニア:2011/05/29(日) 16:44:01.37 0
鈴木は覚醒剤の後遺症で妄想でも見てるんでしょう。
私のストーカーをすることが生き甲斐の腐った人間です。

600 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/29(日) 17:38:38.38 0
お願いだからやめて下さいよ。本当に困ってるんです。頼みますから。

601 :考える名無しさん:2011/05/29(日) 17:41:25.80 0
>>600
荒らすな

602 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/29(日) 17:43:10.97 0
でも文学板で言っても佃煮マニアは荒らすのが生き甲斐らしくて聞いてくれないんですよ。仕方なくここに来たんです。

603 :考える名無しさん:2011/05/29(日) 17:45:10.27 0
>>602
お前が荒らしだろ

604 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/29(日) 17:48:48.59 0
とりあえず俺は佃煮マニアを牽制できれば満足なんで、とりあえず去ります。またこいつに嫌がらせされて困ったら来ますね。

605 :考える名無しさん:2011/05/29(日) 17:51:03.93 0
>>604
二度と来るな

606 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/29(日) 18:06:31.40 0
もうね、この名無しさんを見てればわかるでしょw

607 :考える名無しさん:2011/05/29(日) 19:59:00.96 0
せっかくいい感じで会話になってたのに

608 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/29(日) 20:16:45.35 0
どんどん会話を続けて構いませんよ。妨害する気はさらさらありませんから。

609 :考える名無しさん:2011/05/30(月) 19:09:20.40 0
うわ、なんかひでえのが来たな
びっくりした

610 :佃煮マニア:2011/05/31(火) 20:30:24.81 0
今バタイユを離れてサド読んでるんですよね〜。
サドのファシスト的な思想面もなかなか面白いな〜。

611 :考える名無しさん:2011/05/31(火) 20:42:12.32 0
このひと公務員かなんかだっけ

612 : 忍法帖【Lv=2,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/31(火) 23:37:57.27 0
佃煮マニアさん、こういうのマジでやめて下さい。困ってます。

942 名前: 忍法帖【Lv=3,xxxPT】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/05/31(火) 23:21:02.72
あーウンチは苦いや。

613 :考える名無しさん:2011/06/01(水) 17:07:02.90 0
中公新書の『フランス的思考―野生の思考者た​ちの系譜』読んだ方いますか?
サド、フーリエ、ランボー、ブルトン、バタイユ、バルトらを取り上げているみたいですが。

614 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/03(金) 12:45:54.07 i
佃煮マニアさん。こういうAAを貼りまくって俺に粘着するのはやめて下さいよ。お願いですから…

800 名前:吾輩は名無しである [sage] :2011/06/03(金) 11:39:12.97
>>795
とにかく、食え!


           ┌v ''''i''''v┐
           (. ){.  |  } .)    
.           ( .)゙'ヽ_,ノー'    
.          `ー' ,、.┴┴ 、
            ノ >-─|<`ヽ、      
            く へ,   V、_,/   
          (⌒ヽ\ノ,〉 >'、\/⌒j 
         { ヽ、  テ彡⌒ ⌒}  ノ |   
         | }  丶 . .,,___ノ、ノ/{ i    
         |. {      人    } |
        ⊆ニゝ    (;.__.;)  ヽニ⊇   
              (;;:::.:.__.;)        
             (;;:_:.___:_:_ :)    
            (;;;::_.:_. .:; _:_ :.)


615 :示申:2011/06/03(金) 15:22:41.79 0
佃煮はあわれな奴だ…

616 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/03(金) 15:26:26.40 0
何が悲しいって、バカだから名無しにしてもバレバレなのが悲しいよね。

617 :考える名無しさん:2011/06/03(金) 15:28:22.56 0
>>616
病院に行けば?

618 :考える名無しさん:2011/06/03(金) 15:37:12.65 0
鈴木雄介って文学板の荒らしコテらしい こんなやつほっとけ

619 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/03(金) 15:45:07.16 0
文学板でもウンコだのオシッコだの小学生レベルのネタを連投して荒らしてるのは佃煮マニアですよ。なんなら貼りますよ。

620 :考える名無しさん:2011/06/03(金) 16:55:42.60 0
名前欄に!ninjav(・x・)v鈴木雄介#+って入れるとだれでもこいつ↑になれる

621 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/03(金) 21:51:50.63 i
まただよ。ほんとやめて欲しいなあ…

65 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/03(金) 21:20:52.23
苦いうんこを食べてしょっぱくて臭いおしっこを飲む時一日の疲れが取れますね。

622 :考える名無しさん:2011/06/03(金) 21:58:37.54 0
i

623 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/03(金) 22:06:48.62 0
>>621
お前が意味不明のコピペをやめろよ!

624 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/03(金) 23:20:29.29 0
やめてくれよ佃煮マニア…

231 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/03(金) 23:00:05.81
哲板荒らすなよ鈴木 人の迷惑を考えろよクソゴミ

233 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/03(金) 23:10:44.03
哲学なんてニーチェすら知らないくせによくスレに乗り込めるもんだよこいつ

235 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/03(金) 23:15:06.16
はあ?てめえが哲板に来なきゃ済む話だろうが!
死ねやシャブ中!

236 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/03(金) 23:17:44.27
てめーがウンコ好きの変態なことなんてこっちが知ったこっちゃねーんだよ!キチガイ死ね!

625 :考える名無しさん:2011/06/03(金) 23:38:54.27 0
>>611
図書館員だよ

>>613
未読 感想よろしく

626 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/03(金) 23:56:18.98 0
237 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/03(金) 23:24:49.06
なんでこんな汚物みたいな糞コテにつきまとわれなきゃなんねえんだよ!

238 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/03(金) 23:29:31.05
鈴木なんか低学歴でシャブ中窃盗犯の痴呆老人だろうが!俺とは住む世界が違うから!

627 :佃煮マニア:2011/06/04(土) 00:07:54.03 0
>>613
アマゾンで見ましたが『フランス的思考―野生の思考者た​ちの系譜』は面白そうですね。
それぞれの思想家を手っ取り早く勉強できそう。
ポチってみました。

628 :考える名無しさん:2011/06/04(土) 00:34:35.05 0
鈴木はNGに入れましょう

629 :考える名無しさん:2011/06/04(土) 18:52:11.77 0
マラルメの試みから現代にいたるまでフランスの思想家のいってることってあんまり変わらないね

630 :考える名無しさん:2011/06/05(日) 13:08:13.45 0
 ちくま学芸文庫
「エロティシズムの歴史 呪われた部分 普遍経済論の試み 第二巻」 ジョルジュ・バタイユ 湯浅博雄 訳
「広告都市・東京 その誕生と死」 北田暁大
「渡辺京二コレクション (2)」 渡辺京二
「本に就て」 吉田健一
「知覚の哲学 ラジオ講演1948年」 モーリス・メルロ=ポンティ 菅野盾樹 訳
「ガロワ正伝 革命家にして数学者」 佐々木力

631 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/07(火) 16:58:20.32 0
やめてくれよ佃煮マニア。頼むからさあ。

367 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/07(火) 16:50:23.94
人生に迷った時は食糞してみましょう。
つまらない迷いなんか吹っ飛びますよ。

632 :考える名無しさん:2011/06/07(火) 19:44:04.44 0
本が届きましたが、今読んでいる本があるので積んどくにしています。
一週間後ぐらいには読めそう。
どんなことが書いてあるんだろう…。

633 :考える名無しさん:2011/06/07(火) 21:56:21.77 0
読み終わったら是非感想ください
とくにバタイユの箇所は詩との関係が書かれてそうな気がする
著者はロートレアモンの専門家だから

634 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/09(木) 18:06:59.81 0
お願いだからやめて下さい佃煮マニアさん…

454 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/09(木) 15:00:09.91
気分がイライラした時は食糞飲尿すればとてもリラックスできますよ。

635 :考える名無しさん:2011/06/09(木) 23:10:49.59 0
ぶっちゃけ、スカトロ食糞って、大腸菌とかやばくないの?

636 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/10(金) 00:28:25.08 i
ヤバいでしょ。気がしれないっすよ。

637 :考える名無しさん:2011/06/10(金) 10:54:32.23 0
>>636
お前が食糞言ってるんだろ

638 :考える名無しさん:2011/06/10(金) 15:17:48.38 0
相手すんな

639 :考える名無しさん:2011/06/10(金) 22:06:08.78 0
鈴木雄介は借金して覚醒剤を打ちまくり、その借金を万引きの転売で払っている犯罪者だよ
30過ぎた今は実家で親の年金で暮らしてる引きこもり。文学板に常駐して犯罪の事をいつも自慢げに話している

640 :考える名無しさん:2011/06/10(金) 22:18:47.54 0
バタイユのマラルメ論ってどこで読める?

641 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/11(土) 17:50:46.75 0
佃煮マニアは名無しのコテ粘着でつまんないコピペをしまくって1ヶ月アク禁になった前科があるんですよ。最低だよね。

642 :考える名無しさん:2011/06/11(土) 18:33:21.60 0
犯罪者乙

643 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/11(土) 18:43:11.87 0
ものすごくダサいよね。証拠が欲しいならいつでも貼りますよ〜w

644 :考える名無しさん:2011/06/11(土) 19:02:45.99 0
こういう人ってむちゃくちゃダサいよな
339: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ (149) :sage:2011/06/05(日) 22:56:30.14
麻薬はやってたよ。今はめちゃくちゃクリーンだけどw
万引きで生計を立ててるのも本当だね。で、だから何だよ?

645 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/11(土) 19:58:06.63 0
それは仕方ねえじゃん。ここに書かれてるような事はしてねえんだよ俺はよぉ。

・川上未映子総合対策室「過去スレ検証報告番外編ノ5シリーズ
http://bbs7.sekkaku.net/bbs/kgten698Gy.html

646 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/11(土) 19:59:26.98 0
もっと貼ってやろうかコラア?

647 :佃煮マニア:2011/06/11(土) 20:22:09.30 0
前に読んでいた本を読み終わって、アマゾンから届いた「フランス的思考」をちょっとパラパラ見てみました。
バタイユに関しては、28ページをさいています。
第5章 欲望の経済学…………ジョルジュ・バタイユ
墓石の眼球 エロティシズムの定義 魅惑する深淵 死という暴力 溶解する個我 不経済な欲望

バタイユの生い立ち、バタイユの墓が放置されていたずらされていること、
それから死という連続性についての考察、エロティシズムについての説明。
詩についてはバタイユがランボーを引用した作品が紹介されています。

648 :考える名無しさん:2011/06/12(日) 20:55:19.13 0
>647 どうでもいいことをぐだぐだ長文で書くなボケ

649 :佃煮マニア:2011/06/12(日) 21:03:58.44 0
>>648
>>633への返事として書いたんですけど。
読みたくないなら煽らずにスクロールしてください。
建設的なことが書けないならロムッててください。

650 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/12(日) 21:43:41.43 0
じゃあレス番つけなよ。

651 :佃煮マニア:2011/06/12(日) 21:51:57.87 0
昔は良スレだったのになあ・・・
キチガイに乗っ取られてしまった・・・
トーヘンボクさんとか純一さんとかなつかしい。

652 :考える名無しさん:2011/06/13(月) 00:28:56.62 0
スレが死んでるな

653 :考える名無しさん:2011/06/13(月) 14:03:27.49 0
コテハンみんなイラネ ろくなことがない

654 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/13(月) 14:57:34.71 0
佃煮マニアがこういう嫌がらせをするんです。本当に嫌になりますよ…

839 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/13(月) 14:56:16.38
食糞生活をしていると、自然と良心的な人間になるんですよ。

655 :考える名無しさん:2011/06/13(月) 15:24:12.14 0

こいつの隔離スレ
http://logsoku.com/thread/love6.2ch.net/book/1244997606/
自演魔Victory Styleは文学板の汚物
1 : 吾輩は名無しである : 2009/06/15(月) 01:40:06
724 名前:(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2009/06/15(月) 00:22:59
私はVICTORY STYLEとかいう素晴らしすぎるネーミングのブログを書いてる人物とは別人です。
過去に晒されたトリップを使っているに過ぎません。なんて言わないよ絶対〜♪

656 :考える名無しさん:2011/06/13(月) 20:22:18.36 0
ようするに蕩尽という享楽がなされているのだよ

657 :ワロタwwwwww:2011/06/14(火) 09:24:37.02 0
893 :佃煮マニア:2011/06/13(月) 23:07:41.15
マグナさんの引きこもり中年コピペは、
誰かがノリノリでやっていたので、私も釣られてコピペしたら通報されたんですよねえ。
あと私が長くいた哲学板では、AAの連投で一スレ潰すなんていうのが日常茶飯事だったので、
SF板の津原スレを哲板AAで気軽に埋めていたら通報されて。
自分の常駐スレにそこまで執念燃やして通報する人がいるとは思ってなかったんですよね。
あのアク禁はびっくりしました。遊びで2ちゃんやってるんじゃないマジな人がいたのに驚きました。

658 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 10:27:48.73 0
最悪だなあ。

659 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 11:06:08.49 0
おまえも最悪。どっちも荒らしコテ。

660 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 11:28:14.50 0
俺は>>657みたいな事はしませんから。

661 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 11:42:56.19 0
鈴木は文学板の汚物

662 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 11:58:43.89 0
330 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ (31) :sage:2011/04/05(火) 19:48:29.49 0
また佃煮マニアが知った事を言ってるのか。ちょっとバタイユ読んでる人を連れて来るからその人とバタイユについて語ってみろ。

バタイユ読んでる人連れてこいよキチガイ

663 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 12:17:15.25 0
そうやって俺の名前でググりまくってレスを収集しているのか。暇だなあ君は。そのエネルギーで小説でも書きたまえよ。

664 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 12:22:32.04 0
↑バタイユ読んでる人連れてこいよキチガイ
佃煮なんか楽々論破できるほど読み込んでる奴が川上スレにいるんだろ?

665 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 12:26:55.68 0
鈴木はバタイユなんて一冊も読んでないよ
単に佃煮のストーカーがしたいだけ

666 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 12:27:24.17 0
だからエロティシズムは読んだってば。

667 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 12:32:16.45 0
じゃあ感想を書け

668 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 12:34:25.53 0
佃煮より面白い事を書けよ

669 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 12:34:50.80 0
もう忘れちゃったよ。考え方としては面白かった気がする。

670 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 12:36:42.85 0
>>666
これに反論して
 一応澁澤龍彦訳で。《聖女》と《遊蕩児》《それらの一方を他方に帰属せしめ》る、言葉のまま
で、“遊び人の一部分としての生真面目”“生真面目の一部分としての生真面目”つまり、
“否定しあうままでない、どこかで肯定しあえる”という意味でしょう。で、《窮極の統一の
可能性》というのは、“否定しあったまま、否定しあうことにより統一性をみる”という意味
。例えば大人ほど、多様な人間性にいちいち意味付け、価値付けをやりたがるでしょう。
“真面目なだけでなく不真面目なところもあり、バランスがとれている”とか。人間性の
一々に価値付けをするわけで、価値付けされることで許容範囲のなかに入る。《窮極の統一
の可能性》という場合には、価値付けされず、否定しあったままである二項が、否定しあう
ことで人間性の深部を指示している、それが《窮極の統一の可能性》ということだと思いま
す。『エロテイシズムの歴史』に、《根源的な意味で、聖なるものとはまさに禁じられたもの
である。(中略)それはもはや軽蔑の対象となる獣性ではない。その相貌はしばしば動物
のままであるが、同時に、神性を帯びたものになっている。》(哲学書房 哲学文庫版 127
頁)ここがバタイユの根幹で、理性に否定された獣性は、次に様々な契機でそれが爆発した
とき、神性を帯びている、とされる。バタイユは矛盾・対立を抱えたものこそ人間性である
、と考えたから、そういった神学を作り上げたと思います。

671 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 12:44:38.15 0
>>670
出典は?

672 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 12:47:00.55 0
くだらねえ時間稼ぎしてないでさっさと反論しろ低能

673 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 12:51:17.42 0
つーか、報復かなんだか知らないけど、佃煮マニアはこのスレを荒らしている。最悪ですよ。読んでみて下さいよ。

中原昌也の死んでも何も残さないpt.3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1306230171/

俺はバタイユスレを荒らす気はない。ここで猫を被ってるクソ女が文学板でどれだけふざけた事をやって嫌われているか、
それをこのスレの人に知って貰えればそれでいい。俺はこのクソ女の被害者代表だから。奴は俺にバタイユスレから手を引かせたいらしい。
それを断ったら、こんな事を書いてきやがった。中原昌也の著作なんて一冊も読んでないくせに、確信犯的に荒らしてやがるんだよ。

531 名前:吾輩は名無しである [sage] :2011/06/14(火) 12:11:45.96
そうすればこのスレも廃墟になる。ざまあみろw

674 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 12:52:01.78 0
>>673
そんなことはどうでもいい
さっさと>>670に反論してみせろ

675 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 12:55:46.89 0
どうでもよくないよ。俺が訴えたい事はそれだけだから。その文章が「エロティシズム」論だというなら、俺の印象とは違うなと感じたとしか言えない。

676 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 12:57:59.10 0
>>675
そんな程度のことしか言えないなら一冊も読んでないのと同じだ
さっさとスレを去れ

677 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 12:58:31.09 0
だからその文章はなんなのかさっさと言えよ。

678 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 13:04:19.01 0
>>677
この質問に答えろ

わからなすぎてもやもやしてるので教えてください
エロティシズムのまえがきの一番最初にバタイユは、聖女と好色漢という相対立する可能性が一致する窮極の可能性をつかみたいと書いています
それと対立的に、このふたつの可能性のうち、どちらか一方を他方に還元しようとは思わないと書いています

「還元する」とは、聖女と好色漢というふたりの人間のうちひとりだけをとって説明するということですか?
バタイユはしないけれどもし還元したとしたら上の一致する窮極の可能性をつかむのとどう違うのですか、還元の意味がわからなくてそこから先に進めません

679 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 13:18:02.74 0
>>678
さっきの文章は何か答えろっつーの

680 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 13:22:14.55 0
さっきの文章は>>678への回答だ
だから反論しろと言った
おまえはエロティシズムを読んでるなら>>678に答えろ
それとも読んだフリしてるだけか?

681 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 13:35:42.48 0
還元するっていうのは、好色漢を聖人として、聖女を好色女として説明するという意味じゃないのかなあ。それやるとつまんないじゃん。

682 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 13:42:06.26 0
お前5年ぐらいロムッてろ

683 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 13:42:48.77 0
で、あなたの見解を聞かせて下さいよ。

684 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 13:52:23.18 0
そんなもん意見にすらなっていない
還元と窮極の可能性をつかむことの相違を言え

685 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 13:55:23.11 0
意見にすらなってないって切り捨てる方が意見にすらなってないのは明白じゃん。どこがおかしいのか言ってみなよ。話はそれからだ。

686 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 14:07:10.15 0
そんなもん意見にすらなっていない
還元と窮極の可能性をつかむことの相違を言え

687 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:09:15.76 0
話にならないなあ(笑)

688 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 14:18:22.17 0
聖女と好色漢を同一のものとして説明するのが還元か?ぜんぜん意味が違うだろ
両者はあくまで相対するものだ
対立したまま互いを受け入れあうことが窮極の可能性につながるのだ

689 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:24:56.02 0
でも好色漢/聖女って分類は人間の属性の話でしょ。
好色漢は好色漢として生まれてくるわけではないし、聖女は売春婦に堕ちる事も出来るわけで。
どちらかをどちらかの属性に還元して論じる事はしないとバタイユは序文で宣言して、実際そうしたわけだ。
どういう風に論じたか覚えてる?互いを受け入れ合うなんて言い方はしてないぜバタイユは。

690 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 14:28:33.40 0
じゃあどう言ったんだ
引用しろ

691 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:30:51.26 0
エロスは侵犯にこそ存在するって言ったんだよ。

692 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:31:12.55 0
たしかw

693 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 14:32:38.99 0
なんか話がグチャグチャだな
5年ロムってろ

694 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:33:00.22 0
だから好色漢/聖女っていう区切りがハッキリ存在しなかったらエロティシズムは有り得ないんだよね。バタイユに言わせると。

695 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:35:09.08 0
メチャクチャ図式的な話だけど、わかりやすいし、それなりに説得力があって面白いと思うよ。

696 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 14:39:30.67 0
おまえの浅い読解はつまらん

697 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:42:20.08 0
でもバタさんそう書いてたっすもん

698 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:44:11.59 0
だからイスラム教徒のセックスとか実際メチャクチャエロいんじゃないかなあ、と思いました。

699 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 14:47:11.15 0
好色漢と聖女が区切られているなど当然だ
好色漢と聖女は対立しつつも互いの一部を認知しあうのだ
もともとそれは禁忌であるが、それを侵すこと。
そこが人間の抱えるエロティシズムの矛盾なのだ

700 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 14:54:13.15 0
別にそれは当然ではないよ。還元しないってのは、その区切りを自明のものとして扱うという宣言だよ。
別にそんな関係いくらでも反転しうるじゃん。マザコンの童貞と売春婦とかさあ。どっちが穢れてるとか、
所詮人間が頭の中で考えただけの観念に過ぎないじゃん。その条件を当然って考えるのはバカだけだよ。

701 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 14:59:40.30 0
お前はぜんぜん読んでないな。
相手を穢したいと欲望するのはもっぱら男性のみだ
女性は欲望の対象として男性に客体化された存在だ

702 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 15:11:59.90 0
バタイユの中ではね。

703 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 15:25:25.47 0
ここはバタイユのスレだ。

704 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 15:32:14.12 0
だから好色漢と聖女って区切りをバタイユが自明のものとして扱ったって事について説明したんでしょう。あなたバカなんですか?

705 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 15:35:38.63 0
引用しろと言っているんだが?

706 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 15:40:51.05 0
えっ何を?

707 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 15:44:13.72 0
でも好色漢/聖女って分類は人間の属性の話でしょ。
好色漢は好色漢として生まれてくるわけではないし、聖女は売春婦に堕ちる事も出来るわけで。
どちらかをどちらかの属性に還元して論じる事はしないとバタイユは序文で宣言して、実際そうしたわけだ。
どういう風に論じたか覚えてる?互いを受け入れ合うなんて言い方はしてないぜバタイユは。

今手元に「エロティシズム」がない
どういう風に論じたか引用しろ

708 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 15:49:58.40 0
偉そうに命令すんな。俺もねえよ。大昔に人から借りたんだよ。

709 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 15:58:32.77 0
じゃあ話はおわりだな。
お前は一作しか読んでいないのだし。

710 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 16:27:25.68 0
560:吾輩は名無しである :sage:2011/06/14(火) 15:21:58.41
ウンコウンコってしつけえんだよ!このウンコ製造機!
763:忍法帖【Lv=10,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ (158) :sage:2011/06/12(日) 14:39:36.34
それにしてもウンコは苦いですね。良く噛みしめるとジーンとした下品な苦味が
舌に突き刺さります。消化液の味です。

561: 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ (187) :sage:2011/06/14(火) 15:27:00.41
763は俺じゃないって。その佃煮マニアって奴の嫌がらせなんですよ。

562:吾輩は名無しである :sage:2011/06/14(火) 15:31:36.85
証拠は?

563: 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ (187) :sage:2011/06/14(火) 15:44:48.30
ねえよそんなもん。

564:吾輩は名無しである :sage:2011/06/14(火) 15:53:21.78
証拠ないのかwじゃあ被害妄想だな


711 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 16:44:05.54 0
佃煮マニアしつこいよw

712 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 16:56:01.23 0
鈴木とかいうやつはもう来るなよ 迷惑なんだよ

713 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:02:24.39 0
はい。佃煮マニアが悪さしたらまた来ますね。それまで僕がいなくて寂しいでしょうけど我慢して下さい。

714 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:05:35.67 0
佃煮マニアのストーカーか
おまえドゥルーズスレも荒らしてるな
キチガイだろお前

715 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:08:54.14 0
嫌がらせを受けて困ってるんですよ。哲学板の住人がやつをのさばらせてるのがいけないんですよ。責任取って引き取って下さいよ。

716 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:11:08.10 0
そうやってありもしない因縁つけてストーカーしてるんだろ
犯罪者としての自覚もてよ

717 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:12:03.05 0
ありもしないって言い切っちゃうのがお前の頭の弱い所だよなあw

718 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:15:31.96 0
「ストーカー規制法では、インターネット上の行為も規制の対象になる。
相手の行動を監視しているかのようなメッセージをメールで送ったり、
掲示板に書き込む行為や、相手の名誉を害する内容をメールで送ったり、
掲示板に書き込む行為などは、規制の対象になる。また、相手の性的羞
恥心をあおるような内容をメールで送ったり、掲示板に書き込む行為も
規制の対象になる。」

719 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:17:35.58 0
あんたの痴態を見せ付けられるのはもうウンザリなんだよw

720 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:19:21.82 0
見たくないならスレに来るなよ消えろ文学板の汚物

721 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:20:00.99 0
>でも好色漢/聖女って分類は人間の属性の話でしょ。
なかなか鋭いな

722 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:21:13.66 0
しつこい粘着と嫌がらせをやめてくれるならもう来ませんよ。一冊しか読んでないし。

723 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:21:39.82 0
>>721
ありがとうございます!

724 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:24:08.86 0
苦し紛れに自演してんじゃねえよ文学板の汚物はよ!
このスレで誰かがほめらたことなんて一度もねえよ!
バレバレの自演乙!

725 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:25:38.12 0
でも>>721さんは僕を褒めてくれたよ。この僕を。こんな僕を。

726 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:27:12.09 0
汚物コテストーカーしてんじゃねえよ!
犯罪者は消えろ!

727 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:28:52.70 0
ヒステリックだなあw

728 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:31:39.61 0
自演狂いの汚物ストーカー消えろ!

729 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 17:33:00.08 0
荒らすのは本意ではないのでとりあえず退散いたします。皆さんありがとうございました。

730 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:35:26.56 0
ストーカーはするわ浅い読解を自演で自画自賛するわ最悪だな

731 :721:2011/06/14(火) 17:43:02.90 0
鈴木の自演ではないよ。通りすがりの者。
好色漢/聖女というのは確かに人間の作った概念でしかない。
バタイユは少し言葉にとらわれていたきらいがある。

732 :721:2011/06/14(火) 17:48:01.35 0
そうした概念に「的な」を付けてみればいい。
たとえば、一人の女の中に聖女的なものと淫乱的なものが同居する、
ということは普通にあり得る話で、属性といえる。

733 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:49:28.57 0
 何故にバタイユが倒錯・犯罪を重要視したかといえば、人間がそれ自体一個の運命である限り、
そこには世間の道徳観に反する行為や心情,情熱が出てきてしまうのは避けられない、という
ことがあったろうと思います。谷川俊太郎の詩に、《愛し合う一対の男女ほど猥褻なものはない》
というフレーズがありますが、そのフレーズはバタイユのいう〈運命〉が世間道徳観を食い破る、
無化してしまう性格をもつことを表しているでしょう。また、酒鬼薔薇聖斗のような少年が他人
を殺し、遺体を首を切断し、母校の校門に飾る、というような振る舞いに出たのも、バタイユの
指摘する、《科学(学問)の行為は自立的であらねばならず、学者は、認識欲以外のあらゆる人間
的関心を排除するからである》《人間の自由に用いうる認識の全体は、こういった種類の欺瞞の
たまものである。》(『バタイユの世界』青土社 409頁)という言説を鑑みれば当然なように思えま
す。まさに教師が主張する人間像とはバタイユの言を使えば《片輪な実存》なのだから、それを破壊
するべく犯罪者となるのは当然な帰結ともいえる。
 バタイユにおける〈倒錯・犯罪〉の意義というのは、話題が話題だけに研究者によってもあまり
触れられないことなようですが、読み進むうちに、バタイユにおける悪の意義に、突き当たらない
わけには行かない。そこを素通りしてはバタイユ重要部分を素通りすることになる。バタイユは
悪に入っていく契機を〈好運〉として、〈総体性〉をもたらす契機として位置づけていたのだから。

純一は哲学科でバタイユを習ってたし、こういう重厚なレスがスルーされてる中
一冊読みかじっただけの浅い読解に>>721はありえない
バカじゃねえかと思った

734 :721:2011/06/14(火) 17:54:41.49 0
むしろバタイユは悪抜きでは語れないだろう。
そして「侵犯行為」は社会的な犯罪よりももっと包括的な次元でなされる。

735 :721:2011/06/14(火) 17:57:07.24 0
哲学科でバタイユを習ってたから深い
一冊読みかじっただけだから浅い
そうした表面的な定義づけはそれこそ浅いのではあるまいか。

736 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 17:58:04.97 0
>でも好色漢/聖女って分類は人間の属性の話でしょ。
こんなアホレスに「鋭い」だってよw
笑ったわw

737 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:08:25.63 0
>>735
「好色漢の恥ずべき情念と聖女自身の情念は
同一のものがあり、そしてそれは有限という人間存在を
何とか乗り越えようとする欲望である」

でも好色漢/聖女って分類は人間の属性の話でしょ。つうのは
ただ単に上の文章を単純に言い換えただけ
何も鋭くないです
低能の捏造おつかれさま

738 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:13:42.69 0
俺の読解よりも俺の読解への反駁として書かれたこのレスの方が頭悪いでしょう。
俺が反論したらそれに対する反駁はなかったし。ものすごく浅い思考だと思うよ。

699 名前:考える名無しさん [sage] :2011/06/14(火) 14:47:11.15 0
好色漢と聖女が区切られているなど当然だ
好色漢と聖女は対立しつつも互いの一部を認知しあうのだ
もともとそれは禁忌であるが、それを侵すこと。
そこが人間の抱えるエロティシズムの矛盾なのだ

739 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:15:52.92 0
>>738
それは別に普通だと思う

740 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:16:09.61 0
少なくとも>>678の答えとして>>699を提示したとしたら、本物のバカでしょう。

741 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:17:30.09 0
バタイユの思考の前提として>>699の時点にあえて留まるってのが序文の意図で、>>699はそのバタイユの思考を全く汲めてない。

742 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:19:16.79 0
「好色漢と聖女が区切られているのは当然」というのはバタイユの思考の限界であり、それをバタイユは自覚していたという話だね。序文は。

743 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:20:25.11 0
調子のんなシャブ中廃人のストーカー

744 :721:2011/06/14(火) 18:21:22.26 0
わかりやすくいえばこういうことだ。
鈴木という一人の人間の中にも賢者(的なもの)と愚者(的なもの)があり、
佃煮という一人の人間の中にも賢者(的なもの)と愚者(的なもの)がある。
それを読まずにレッテルだけを張る思考への揶揄と読めるわけ。

745 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:26:29.09 0
>>742
えんえんエロティシズムの序文の話しかできないくせに何なのお前
悔しかったら眼球譚とかマダムエドワルダの話してみろよ

746 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:28:00.06 0
>>745
俺が始めた話じゃないぜ。喧嘩口調でこれについて語れって言われて仕方なく語ってんだよふざけんなw

747 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:30:36.51 0
これが一冊借りて読んだだけの奴の態度なの?
キチガイでしょ?

748 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:33:11.66 0
一冊借りて読んだだけの奴に対してどういう無茶な要求してんだよw

749 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:35:29.74 0
あーアホ鈴木がスレのレベル下げるんでウンザリ


750 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:38:38.52 0
>>678の答えとして>>699を提示するほうが大ズレだし大バカでしょ。お前はセンスねえから本読むなよw

751 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:41:07.22 0
はあ?>>678にたいして>>699じゃないけど?
文脈読めない文盲は消えろ

752 :721:2011/06/14(火) 18:41:39.31 0
バタイユによれば、淫乱なマダムエドワルダこそ聖女である。

753 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:43:50.49 0
それが>>689 >>694に対する反論だとしても同じだよ。それらは>>678について書かれているんだから。文脈も読めない文盲は消えなw

754 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:44:20.65 0
エロティシズムの序文を言い換えただけで偉そうに読書家ぶってる低能、それをほめるド低能
笑わせていただきました

755 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:46:22.03 0
>>752
エロティシズムは理論書として書かれているから限界があるんでしょうね。それを序文で指摘したわけですね。

756 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:47:45.11 0
>>754
そんな単純な当然至極の話について来れないで頓珍漢なレスをつけちゃう方が恥ずかしいと思いますよぉ?

757 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:48:00.90 0
いよいよこのスレも下に突き抜けて来たな
どこまでバカレスできるかの勝負か

758 :721:2011/06/14(火) 18:48:57.62 0
>>754
低能という言葉しか返せないほうが低脳に見えるのではないか?

>>755
言い換えれば、バタイユは言葉で思考することの限界をもちろん知っていた。
だからバタイユを読むには字義通りに読む以上の作業が必要になる。


759 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:50:50.92 0
>>758
おまえ文学板の雑談スレから来ただろ

760 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:52:31.27 0
「好色漢の恥ずべき情念と聖女自身の情念は
同一のものがあり、そしてそれは有限という人間存在を
何とか乗り越えようとする欲望である」

「好色漢/聖女って分類は人間の属性の話でしょ」

だから何?

761 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:52:48.96 0
>>758
そうでしょうね。だからやっぱり小説の方がいいんだろうなあ。

762 :721:2011/06/14(火) 18:53:04.32 0
バタイユはヘーゲルを意識していた。
ヘーゲルにはテーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼの3段階があるが、
バタイユはそうした弁証法をとらなかった。

763 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 18:56:39.85 0
>>760
俺は序文の内容を覚えてないし、このスレに出された情報に従って思い出したまで。
そして>>689>>688に対して書かれた反論だ。文脈を読めよ。お前が自分で言ったんだぜw

764 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 18:59:12.13 0
この鈴木という糞レスマシーンは自己承認欲求が強すぎるな

765 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 19:01:57.10 0
でも>>721さんの言う通り、俺はバタイユを知らないんだよな。一冊しか読んでない。だから今後はあまり書かないよ。
だからお前も一冊も読んでないくせに中原昌也スレを荒らすのはやめてくれ。読んだら荒らしていいって事ではないが。

中原昌也の死んでも何も残さないpt.3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1306230171/

766 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 19:02:58.82 0
「好色漢の恥ずべき情念と聖女自身の情念は
同一のものがあり、そしてそれは有限という人間存在を
何とか乗り越えようとする欲望である」

「好色漢/聖女って分類は人間の属性の話でしょ」

だから何?なにか意見したつもり?

767 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 19:06:11.98 0
>>765
自業自得だよ
被害者ぶるなストーカー

768 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 19:15:25.65 0
>>766
その二つの文章の意味は本当に同一なのか?

769 :佃煮マニア:2011/06/14(火) 19:40:18.53 0
>>701
>女性は欲望の対象として男性に客体化された存在だ
「エロティシズム」ではそう言ってるんですよね。
でも「マダムエドワルダ」では、娼婦が脚を開いて「私のぼろ雑巾を見てちょうだい、私は神よ」と誘惑するんですね。
この台詞をはいただけで娼婦はエクスタシーに達した事でしょうが、
もし彼女が神になれたとすると、女性の方が絶対的な存在になり、逆に男性は女性によって客体化されることになります。
ボーヴォワールは「女というものは常に男性によって客体とされて喜ぶものなのだ」と語っていましたが、
これが逆転することもあると思うんですよ。

770 :721:2011/06/14(火) 19:46:51.80 0
>>769
そのテーマは重要だな。
バタイユにおける主体と客体の関係には
ヘーゲルの主人と奴隷の関係からの脱却を見てもよい。

771 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 19:48:48.57 0
>>768
属性ってオタ用語?ポケモンとかFFとか?

772 :721:2011/06/14(火) 19:50:47.57 0
属性という言葉は哲学の領域でも使われている。

773 :721:2011/06/14(火) 19:53:42.28 0
眼球譚でなぜ目玉=睾丸=卵がテーマに選ばれているのかを考えてみると
ヘーゲルを脱しようとしたバタイユが意外にプラトンに近づくように思える。

774 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 20:14:27.47 0
バタイユ祭り

775 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 20:36:50.12 0
バタイユスレの祝祭

776 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 21:32:42.23 0
>>771
要するに服みたいなもんだよ。ファッションだよな。着たり抜いだり出来るんだよ。俺はオタクカルチャーを全く知らないけどさ。

777 :考える名無しさん:2011/06/14(火) 21:53:07.82 0
バタイユって運命に身をまかせるって感じだからなあ〜
病的な性格が政治から撤退する理由にも繋がるし、ドゥルーズが嫌ったのもそういうところだろうね
実存を語るとどうしても無意味な思想になってしまう

778 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/14(火) 23:19:17.16 0
>>777
あなたが俺を批判して下さい。

779 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/15(水) 21:56:04.72 0
佃煮マニアがほんとしつこい。これひとつだけじゃないんだよ。こんなの毎日やられる身になってみて下さいよ。

83 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/15(水) 18:23:21.25
尿で淹れたコーヒーを飲むとアンモニアの臭みが鼻に突き刺さり
新しいイマジネーションが湧いていきます。

780 :考える名無しさん:2011/06/15(水) 22:05:42.91 0
>>779
なんでそれが佃煮マニアなの?お前のレスじゃん

781 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/15(水) 22:37:14.46 i
俺のトリップは公開トリップで、#+って書けば誰でも書けるんですよ。それを佃煮マニアが悪用して嫌がらせをしてくるの。

782 :考える名無しさん:2011/06/15(水) 22:45:58.76 0
誰でも書けるのになぜ佃煮マニアだけが使ってるっていう思い込みをしてるの?

783 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/15(水) 22:49:53.40 i
佃煮マニアが書いてるという確信があるんですよ。逆になんであなたは佃煮マニアが書いてないと言い切れるんですか?

784 :考える名無しさん:2011/06/15(水) 22:59:21.59 0
誰でも使えるトリップならみんな使うじゃん
馬鹿じゃね
佃煮マニアの事が相当好きなんだね

785 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/15(水) 23:42:41.36 0
いや大嫌いですね。なぜならつまらないから。

786 :考える名無しさん:2011/06/15(水) 23:44:35.46 0
変なコピペ貼るの止めてくれる?なぜならつまらないから。

787 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 00:34:17.96 0
佃煮マニアが嫌がらせをやめれば二度と来ないですよ。

788 :考える名無しさん:2011/06/16(木) 00:43:13.64 0
逆逆。お前が佃煮マニアに嫌がらせしてるんだよ。

789 :考える名無しさん:2011/06/16(木) 00:46:04.02 0
佃煮マニアが書いてるという確信=妄想

790 :考える名無しさん:2011/06/16(木) 02:59:43.66 0
わしは1978年ごろだったか角川文庫で『眼球譚』とかを読んだのじゃ。
眼球譚はマリーがしっこしたりウンコしたりで
そりゃもう感動したさ。ウンコはしなかったかな。
マダムエドワルダもあったな。
あと何だっけ?

791 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 13:48:21.29 0
勘弁して下さい…

201 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/16(木) 13:16:19.77
朝からお腹が痛かったのでトイレに行ったら下痢でした。
手にとって食べて見ると凄く苦くて血のような生臭い匂いが鼻から抜けていきました。
あまりに苦かったのでおしっこで口をゆすぎましたよ。

792 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 13:49:15.51 0
眼球譚ってすごく完成度の高い作品だと思う。

793 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 13:52:11.23 0
ちん○とかまん○とかスカトロ的なものを
サドやバタイユのように文学的に昇華させるべきだよな。

794 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 14:27:23.71 0
なんでそういう嫌がらせするの?

795 :考える名無しさん:2011/06/16(木) 14:33:47.74 0
名前欄に!ninjav(・x・)v鈴木雄介#+って入れるとだれでもこいつ↑になれる

796 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 14:53:17.13 0
やってみろ。お前のニンジャレベルが17ならな。

797 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 14:54:01.45 0
そして俺はもうすぐ18になる。やってみろ。

798 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 16:40:51.02 0
うんこ

799 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 18:15:34.83 0
やめろー

800 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 20:20:36.69 0
590 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :sage:2011/06/16(木) 18:02:22.67
今から二時間後に仕事だあ〜5分で終わるがw

591:アセンション ◆DHEKuXMiDGdO (56) :sage:2011/06/16(木) 19:17:36.58
>>590
何の仕事だぁ?

592: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ:sage:2011/06/16(木) 19:20:36.89
泥棒です。詳しく言ったら捕まっちゃうから言えない(泣)

593: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :sage:2011/06/16(木) 19:20:55.00
堅気の仕事がしたいよー(泣)

594: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :sage:2011/06/16(木) 19:49:49.27
仕事三分で終わったー(泣)

801 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 20:28:34.77 0
それをコピペして、何が面白いのか全くわからないw

802 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 20:37:56.51 0
187 : (o^v^o)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ : 2010/06/20(日) 02:50:42
俺は覚醒剤中毒だけど、精神科医に相談してもダルクに送られるのが関の山だから自分で治療してたよ。
つーか、休養期間を置くだけなんだけどね。今は単に金がなくなったからやってないだけなんだけど。
「狂うぞ狂うぞ」って勝手に自己暗示にかかって発狂しちゃうってパターンが凄く多いと思うんだよな。
「覚醒剤をやめたらフラッシュバックが起こるに違いない」って刷り込みで見ちゃうってパターンが。
そんなもん全部嘘だって十年間覚醒剤を使い続けた経験論として言える。罪悪感植え付けられたら負け。


803 :考える名無しさん:2011/06/16(木) 20:45:47.76 0
うわーひでえな
なんだよこいつきもすぎ

804 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 21:57:11.08 0
おお、それは名言ですね。確かに思うわ。

805 :考える名無しさん:2011/06/16(木) 22:59:21.97 0
この鈴木という奴は窃盗犯で覚醒剤中毒でスカトロマニアなのか
人生終ってるな…

806 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/17(金) 08:25:34.35 i
今は覚醒剤やってないよ

807 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/17(金) 19:12:43.08 0
超クリーンだぜ?なあ?

808 :考える名無しさん:2011/06/18(土) 06:37:24.98 0
バタイユなんか読んでる奴はバカ
時代はブランショだよ

809 :考える名無しさん:2011/06/18(土) 16:23:22.76 0
ブランショもバタイユも好き
ふたりを読んでも結局は馬鹿だよ、そのふたりに影響うけた西谷修なんて左翼は頭いいけど馬鹿だろ
ブランショ読んでも無意味でしょ。無為って言うくらいだしね。
本当に頭がよくて国家の為に尽くせるのは法律と日本の歴史伝統を学んでいる保守だけだ

810 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/18(土) 16:51:55.48 0
俺某私大の法学部だったんだよ

811 :考える名無しさん:2011/06/18(土) 17:09:21.55 0
時代は保守の反原発だしな
http://www.amazon.co.jp/dp/4093881928/

812 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/18(土) 17:15:37.85 i
そうだね。保守がなんで原発に拘るか本音を言えば核が欲しいわけでしょう。
そんなもんイランとかから買えよ。アホらしい。つーかもう腐るほどプルトニウムあるだろ。原発は要りません!!

813 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/18(土) 17:17:18.25 i
あと他に原子力発電を推進してる輩は全員利権構造にあやかってるクソ連中だよ。マジで全員ギロチンで処刑すべき国賊だね。

814 :佃煮マニア:2011/06/18(土) 17:51:25.82 0
ブランショ読む人ってバタイユも好きだったりしますよね。
二人に交遊があって共著もあったりしますしね。

815 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/18(土) 19:54:24.21 0
バタイユスレにブランショの名前が出てきますもんね。

816 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/18(土) 19:55:07.12 0
ごめん間違えた。ここがバタイユスレだった。もう来ますん。

817 : 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/19(日) 17:56:32.29 0
もうほんとやめて下さいよ…(泣)

865 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/19(日) 17:54:41.19
綿矢りささんの下痢便は激苦で健康にいいんですよ。

818 :考える名無しさん:2011/06/19(日) 19:19:13.09 0
ここにコピペするなアホ

819 : 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/20(月) 06:16:09.26 0
佃煮マニアさんの悪行を暴いているんですよ。

820 :考える名無しさん:2011/06/20(月) 13:25:28.62 0
それお前のレスじゃん

821 :考える名無しさん:2011/06/20(月) 13:31:27.72 0
ドイツが脱原発するといってもそれはフランスから電力を買えるからできることで、しかもメルケルは世論の流れは変わらないから一時的な脱原発だと考えている
だから開発まで諦めていないのではないだろうか? 日本人の馬鹿なのはもう一生原発は作らせないと言い出す点にある。資源の少ない日本で原発が無くなれば
経済は停滞するどころか中国に対抗できなくなる。中国は50もの原発の開発を計画中だ。

822 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/20(月) 14:43:02.72 0
わけがわからん。なんで原発を止めると経済が停滞するんだ?ただでさえ世界一高い電力料金が日本企業を圧迫しているというのに。

823 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 18:06:25.93 0
結局原発って核弾頭を作るための予備施設なんですよね。
本当は電気なんて火力と水力でまかなえるし、コストだって原発と変わりないっていうのに。
万が一の場合の対策さえなしに原発を推進しようとする裏にはそういう訳があるんですよ。

824 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 19:49:27.56 0
総コストは原発のほうが高いですよね。困ったもんだよなあ(憤)

825 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 21:06:45.18 0
>>819
私に変な言いがかりをつけてあちこちのスレでつきまとうのを止めてもらえますか?
すごく気持ち悪いし迷惑なんですけど。

865 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/19(日) 17:54:41.19
綿矢りささんの下痢便は激苦で健康にいいんですよ。

↑こんなレス書いた覚えもないし。
こんなどうでもいいどこのスレのレスだか分からない様なものを、
なんでバタイユスレの会話を遮って何度も貼るんですか?
いいかげんにして下さいよ。



826 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 21:13:54.10 0
お前が自分で自演癖を告白したんじゃん。今さら私じゃないですって言うの?w

827 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 21:19:16.80 0
それとこれと何の関係があるんですか?
この人絶対頭おかしいな・・・

828 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 21:23:01.42 i
粘着するのをやめて下さいよ。そしたらバタイユスレで告発する事もないですから。

829 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 21:33:00.14 0
自分がストーカーしてるんでしょうに。
哲学のての字も知らないくせに哲学板まで私を追いかけて来て何言ってるんですか。
何の告発のつもりか知りませんがとにかく食糞がどうこうというレスを貼らないで下さい。
私ともこのスレとも全く何の関係もないし。

830 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 21:34:33.06 i
いやあんたがやってるんじゃん。ほんと陰湿だよな〜

831 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 21:42:26.07 0
http://logsoku.com/thread/love6.2ch.net/book/1244997606/

3 : (o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ : 2009/06/15(月) 02:07:17
確かに俺は綿矢りさの腹の中でグチャグチャのドロドロになった汚物を食したいと書きました。
でも食糞の傾向があるからといってその人が糞だとは言えないし乱暴すぎる論理だと思います。
じゃあ豚肉を食ったら豚なのか?魚を食ったら魚なのか?パンツをはいてる人はパンツなのか?


これは鈴木が書いたものでしょ?

865 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/19(日) 17:54:41.19
綿矢りささんの下痢便は激苦で健康にいいんですよ。

↑これも鈴木が書いたものだと見るのが普通です。

しかも、そんなのは私と何の関係もないですから。
くだらないレスを貼って宣伝するのはやめなさい。


832 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 21:47:48.92 0
でも

3 : (o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ : 2009/06/15(月) 02:07:17
確かに俺は綿矢りさの腹の中でグチャグチャのドロドロになった汚物を食したいと書きました。
でも食糞の傾向があるからといってその人が糞だとは言えないし乱暴すぎる論理だと思います。
じゃあ豚肉を食ったら豚なのか?魚を食ったら魚なのか?パンツをはいてる人はパンツなのか?

は、このコテオリジナルの鍵君(天才)になりきって弁明したものであって、実際は俺に食糞傾向はない。

あと確かな事実として、俺は

865 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/19(日) 17:54:41.19
綿矢りささんの下痢便は激苦で健康にいいんですよ。

このレスを書いてない。名無しで俺に粘着し続けているお前の仕業だと俺が思うのは自然な事だろつ。

833 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 21:52:17.87 0
2ちゃんに一日中常駐してあちこちのスレを荒らしまくっている鈴木を嫌いな人なんて大勢いるでしょうに。
それが何で全部私のせいになるんですか。妄想もたいがいにしなさい。

3 : (o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ : 2009/06/15(月) 02:07:17
確かに俺は綿矢りさの腹の中でグチャグチャのドロドロになった汚物を食したいと書きました。
でも食糞の傾向があるからといってその人が糞だとは言えないし乱暴すぎる論理だと思います。
じゃあ豚肉を食ったら豚なのか?魚を食ったら魚なのか?パンツをはいてる人はパンツなのか?


これは鈴木が書いたものでしょ?

865 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/19(日) 17:54:41.19
綿矢りささんの下痢便は激苦で健康にいいんですよ。

↑これも鈴木が書いたものだと見るのが普通です。

しかも、そんなのは私と何の関係もないですから。
くだらないレスを貼って宣伝するのはやめなさい。

834 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 21:53:23.55 0
ほら。同じ事しか書けないだろ。お前はいつもパターンが同じだからバレるんだよ。もっと頑張れよ。

835 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 21:57:37.73 0
3 : (o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ : 2009/06/15(月) 02:07:17
確かに俺は綿矢りさの腹の中でグチャグチャのドロドロになった汚物を食したいと書きました。
でも食糞の傾向があるからといってその人が糞だとは言えないし乱暴すぎる論理だと思います。
じゃあ豚肉を食ったら豚なのか?魚を食ったら魚なのか?パンツをはいてる人はパンツなのか?

これを書いたのは私ではなく鈴木雄介です。変態性欲を暴露している訳でしょ?

だから鈴木が食糞を好きな事なんて文学板はみんな知ってますよ。
何で今更私にそれをなすりつけるんですか?
くだらない工作しても誰も騙されませんよ。

836 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 21:59:38.75 0
だからそれは鍵君になりきって書いたんだって。そして俺はいたるところで書かれている

865 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/19(日) 17:54:41.19
綿矢りささんの下痢便は激苦で健康にいいんですよ。

こういうレスを書いてない。そしてお前は名無しで俺に粘着してる。お前がそれをやってるって俺が考えるのは自然な事だろ?なあ?

837 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 22:02:03.35 0
http://logsoku.com/thread/love6.2ch.net/book/1244997606/
このスレが証明しています。

>こういうレスを書いてない。そしてお前は名無しで俺に粘着してる。お前がそれをやってるって俺が考える
そんな妄想を得意げに話されても、食糞は私ではなく鈴木の性癖であることは間違いないんです。
このスレに粘着するのをやめなさい。

838 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 22:03:40.61 0
だから俺の名前で食糞ネタを書く嫌がらせをやめろって言ってんだよ。

839 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 22:07:03.52 0
俺の名前で食糞ネタを書く嫌がらせ

↑それが妄想なんです。
嫌なら警察にでも通報して下さい。
私は鈴木なんてけがらわしくて嫌いですが、無理矢理話しています。
こっちの身にもなって下さいよ。

840 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 22:07:47.92 0
嫌なら警察にでも通報して下さいよ?なんだそりゃw

841 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 22:12:49.16 0
私が食糞好きなどと下手な工作をしても誰も騙されません。
鈴木が食糞コテだという事実は変えられません。

3 : (o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ : 2009/06/15(月) 02:07:17
確かに俺は綿矢りさの腹の中でグチャグチャのドロドロになった汚物を食したいと書きました。
でも食糞の傾向があるからといってその人が糞だとは言えないし乱暴すぎる論理だと思います。
じゃあ豚肉を食ったら豚なのか?魚を食ったら魚なのか?パンツをはいてる人はパンツなのか?

なぜならこれを書いたのが鈴木だから。

842 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 22:15:05.47 0
だからそれは鍵君になりきって書いたレスなんだって。何度言わせるんだよ。あと

865 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/19(日) 17:54:41.19
綿矢りささんの下痢便は激苦で健康にいいんですよ。

こういうレスを俺は書いてない。

843 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 22:16:55.44 0
レスを書いていないからなんなんですか?
嫌われ者の食糞鈴木は何でこのスレで私に粘着してるんですか?

844 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 22:20:25.23 i
そうそう。お前は俺に食糞傾向があるって周りに思わせたいんだよな。

845 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 22:23:27.02 0
食糞って自分が言ったんでしょう。
自分で言った事の責任ぐらい自分でとりなさい。
鈴木はどこまでも屑だなあ。

846 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 22:24:53.18 i
でも俺はそれを書いてないから。俺はお前と違って自分の書いたレスを他人が書いたと言い張るような事はしない。

847 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 22:27:05.10 0
それは川上スレで言いなさい。
ここに貼るなんて筋違いもいいとこです。

848 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 22:44:41.01 i
でもお前はここに書かなきゃ聞かないだろ?

849 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 22:46:58.54 0
しつこいなあ。パラノイアじゃないですか。
こっちは関係ないって言ってるのに。
川上スレに書かれたレスなんだから川上スレで追求して下さいよ。
そんなに私にかまってもらうのが嬉しいんですか?

850 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 22:47:49.45 i
やめてくれって頼んでるんだから、お前はやめればいいんだよ。

851 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 22:50:21.32 0
川上スレに書きなさい。
それと明日家族と一緒に精神科に行って私の事を洗いざらい喋りなさい。

852 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 22:55:51.29 0
でもお前はここに書かなきゃ聞かないだろ?

853 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 23:02:37.98 0
川上スレに書かれたレスなんだから川上スレで追求して下さいよ。
そんなに私にかまってもらうのが嬉しいんですか?

854 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 23:06:29.10 0
お前自分でやってるくせによく言うよ。そういうレスが書いてあるのは川上スレだけじゃねえし。

855 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 23:11:30.00 0
私が書いているという証拠を出しなさい。


856 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 23:13:49.38 0
お前が自分でやったんだからよく知ってるだろ。

857 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 23:18:21.72 0
私にかまってもらうのがそれほど嬉しいとはねえ。
こんなクズなんかいじっても何も楽しくないですけど。
しかも証拠がないんじゃただの妄想ですね。
バカ乙としか。

858 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 23:27:44.32 0
証拠がないんじゃただの妄想ですね

と来たもんだw

859 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 23:36:09.72 0
証拠はないけどあいつがやっているに違いないと言っても誰も相手にしないのです。
スカトロマニア君。

860 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 23:49:59.33 0
でも文学板じゃお前がやってると思ってる人が多いよ。俺も含めて。

861 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 23:56:15.96 0
哲学板にもそう思う人がいるみたいだ。例えばこれ。

272 名前: 忍法帖【Lv=19,xxxPT】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/18(土) 11:25:53.05 0
【菜っぱのおしたし】尾崎翠2【チョコレエト玉】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1306747215/

このスレに卑猥な言葉を書きまくって荒らしてる人は誰なんですかね?

274 名前:考える名無しさん [sage] :2011/06/21(火) 22:39:54.02 0
>>272
ふぐすまそねっと、です。まちがいなく。

275 名前: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/21(火) 22:45:34.54 i
ふぐすまSo-netは佃煮マニアですよw

862 :佃煮マニア:2011/06/21(火) 23:58:29.39 0
>>860>>861
自演乙

863 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/21(火) 23:59:23.35 0
どこが自演なの?なあ?

864 :考える名無しさん:2011/06/22(水) 00:24:17.62 0
うんこのことでこれだけ必死になれるのは鈴木しかいないよ

865 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/22(水) 01:05:31.50 0
あーあ。今回は名無しにならなかったから成長したなあと思ってたのに、やっぱりまた名無しで煽り始めるのか。

866 :走召糸色文寸示申:2011/06/22(水) 10:19:40.54 0
こ の 2 人 の 漫 才 は お も ろ い !

867 :考える名無しさん:2011/06/22(水) 11:56:01.35 0
佃煮マニアと鈴木雄介はスレを私物化しないでください

868 :考える名無しさん:2011/06/22(水) 15:08:36.28 0
なんでここでするんだ?

869 :考える名無しさん:2011/06/22(水) 16:04:27.15 0
鈴木雄介が哲学板で佃煮マニアのネガキャンをしてるから

870 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/22(水) 19:32:29.53 0
>>866
ありがとうございます

>>867
ごめんなさい

>>868
佃煮マニアが一番執着してるスレで告発するのが有効ではないかと思ったんです。

>>869
佃煮マニアが嫌がらせをやめればもう来ません

871 :佃煮マニア:2011/06/22(水) 19:41:30.46 0
>>868
文学板でバタイユの話になったからこのスレをリンクしたら、
鈴木が私を論破するとか息巻いてスレに常駐しだしたんですけど、
結局鈴木の無知が露呈しただけで悔しかったんでしょうね、
私に言いがかりをつけてコピペ荒らしをして憂さ晴らししている様です。

872 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/22(水) 19:58:59.62 0
だからこういうのをやめて下さいって言ってるんだよ。何度言えばわかるの?

379 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/22(水) 13:27:22.68
今日はすごく暑いですね。
こんな日はウンコを入れたアイスウンコーヒーを飲みましょう。
体が冷えますよ。

873 :考える名無しさん:2011/06/22(水) 20:01:04.58 0
次スレとかたてんなよ

874 :考える名無しさん:2011/06/23(木) 17:31:41.44 0
http://unkar.org/r/book/1195731470
◆m0yPyqc5MQは綿矢りさの汚物に興味深々

875 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/24(金) 03:39:00.86 0
まだやっています。本当に懲りない人間だよなこいつは。第一つまんねえんだよ。

644 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/24(金) 02:28:06.87
プリッツを肛門に刺してポッキーにして食べるとおいしいので、
何度もやっていたら血が出て、いちごポッキーになりました。

876 :考える名無しさん:2011/06/24(金) 22:47:08.80 0
>>875
精神科行った方がよくない?

877 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 01:11:20.61 0
まじで消えてほしい

878 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 02:05:22.67 0
鈴木雄介は働きもしないで文学板でもあちこちのスレに一日中常駐して、
下ネタとか下らない話題を連投し続けてスレをレベル低下させまくってるんだよ
人から盗んだトリップを使って誹謗中傷したり殺人予告したりしてトラブルを増やして、
それが叩かれれば「僕は嫌がらせされてる」って派手に言いふらして被害者面する
最低のコテハンだよ


879 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 13:59:46.08 0
自称リア充の佃煮マニアさんは土曜日なのに俺に対する嫌がらせをやめません。

705 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/25(土) 13:37:02.02
>>704
ガタイの良いデカいケツで顔の上に跨がってください。
たっぷり舐め廻したあとブッ太いのをひねり出して欲しいです。

880 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:11:24.87 0
自称リア充の佃煮マニアさんは土曜日なのに速攻で反応します。

中原昌也の死んでも何も残さないpt.3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1306230171/

【三段腹が】綿矢りさ35【勝手にふるえてろ】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1300364206/

881 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 14:13:17.25 0
佃煮マニアってヒマそうだな

882 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:14:23.51 0
ヒマでしょうがないくせに、変な見栄を張って土日はコテで書かないんですよ。

883 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:15:15.18 0
で、夜に出てきて今日は友達と温泉に行きましたとかホテルで美味しいものを食べましたとか報告するんですよw

884 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:21:22.15 0
あとこういうスレで俺に粘着してるのも佃煮マニアです。

マルセル・プルースト3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1307003330/

大江健三郎 PART 43
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1293958988/

【トリップトラップ】金原ひとみPart5【織田作賞】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1294847708/

【キャラ作り】 西村賢太5 【大変すね】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1305109476/

【日本の宝】川上未映子77【本職は音楽家】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1308028276/

あと、このスレを下ネタで荒らしてるのも佃煮マニアです。

【菜っぱのおしたし】尾崎翠2【チョコレエト玉】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1306747215/

885 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 14:22:47.30 0
で、おまえは何なの?単なるゴミ虫?

886 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 14:28:11.45 0
鈴木雄介は佃煮マニアのストーカー

887 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:38:09.89 0
>>879 >>880 >>884
とか参照すれば、どちらが嫌がらせを受けてるかわかってもらえると思います。
忍法帖レベルを表示してない鈴木雄介は俺が書いてるんじゃありませんから。

888 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 14:42:37.41 0
>>878が的を射てる指摘みたいだな

889 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:45:05.13 0
そういう側面もないとは言い切れないけど、トリップを盗んだってのは誤解で、このトリップは公開されてるんですよ。#+です。

890 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 14:47:34.19 0
あんたがこのスレに来ないでくれれば何でもいいよ
人の陰口とかどうでもいい自己紹介はいいから早く消えてくれ

891 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:49:21.64 0
俺も来たくはないんですよ。ただ奴は文学板を軽視しきってて、文学板で抗議しても聞く耳持たないから
仕方なく哲学板に来てるんですよ。心苦しいと感じつつ。

892 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 14:52:02.78 0
言ってるそばから人の悪口と自己紹介だよなあ
頭おかしいんじゃないの?

893 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:54:09.18 0
悪口を言うつもりはなくて、事実を告発してるだけですよ。

894 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 14:56:50.11 0
事実っていうかほとんど妄想だよ
もうお前がどんな糞コテかうんざりするほどわかったから早く消えろ


895 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 14:58:38.28 0
なんで善意の第三者のあなたが妄想だって断言出来るのかだけ教えて下さいよ。つーか別に教えてもらうまでもねえかw

896 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 15:02:44.79 0
妄想を信じてる奴に事実を教えても聞き入れる訳がないからな
まあバタイユの話できないならさっさと去れ
みんなお前の異常振りに引いている

897 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 15:09:34.40 0
だからね、論理的に考えてあなたが佃煮マニア以外の第三者だとして、俺の話が妄想だって知り得るはずがないんだよ。

898 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 15:14:10.58 0
公開してるトリップを使ってるのが一人だけって考えるのは妄想だろ
スレを荒らしまくってるくせにそれを叩く名無しが全部一人っていうのもありえない妄想だ
本当お前は頭が悪いな

899 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 15:24:28.24 0
そう主張してるのは佃煮マニアだけなんですよ。佃煮マニアさんw

900 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 15:30:50.25 0
論破されて言い返せなくなった相手を佃煮マニアと認定してるだけだろお前は
頭が悪いにもほどがある
やはり妄想を信じてる奴に事実を教えてもよけい妄想にしがみつくだけなのだ
お前は病院に行け

901 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 15:40:18.23 0
ばたいゆ・BOT
http://twitter.com/#!/g_bataille_jp

902 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 16:13:48.63 0
>>898のどこが論破なんですか?佃煮マニアさん。俺は>>897で論理的って言葉を使ったよね?
あなたが俺の嫌がらせの主体じゃない限り、俺の話が妄想だと断言出来ないって言葉の意味はわかる?
あなたは俺に対して嫌がらせした事があるの?また、そうだとしたらなぜそうするの?

903 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 16:14:45.55 0
俺への嫌がらせ、に訂正。まあわかるとは思うけど、日本語能力に問題があるみたいだから、一応。

904 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 16:20:27.47 0
お前は統合失調症だよ
統合失調症になると、周りに嫌がらせされてるっていう妄想にはまって、
嫌がらせの黒幕は誰それだとか言い出す様になる
もろにお前の症状そのまま
しかもそういう妄想してるやつって事実を指摘されても全然病気を自覚できないんだよ
まあ薬を飲んで施設でリハビリするしかないよね

905 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 16:26:30.57 0
はあ、それが論破なんですか?安易すぎるだろ。>>879>>880>>884に実際にある俺への嫌がらせも俺だけが見えてる幻覚なのかねw

906 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 16:33:35.05 0
ここでやってるのと同じ様にお前が文学板のスレを荒らしてスレの人たちに叩かれているだけ
それをお前は特定人物の嫌がらせと解釈してるようだけど、現実的じゃないよ
妄想がかってる
嫌な思いしたくないなら公開トリップでスレに常駐してスレチなくだらない話をするのをやめればいいだろ?

907 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 16:41:22.18 0
随分詳しいんだね。下らない話って例えば何?あと、あなたがバタイユについて語ったレス番号を教えて下さいよ。

908 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 16:49:16.34 0
ずいぶん詳しいってお前がスレをリンクしたんだろ。
キチガイすぎて話にならんな。

909 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 17:58:48.80 0
ハハハ。過剰反応するなあ。顔真っ赤じゃないですか。

910 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 18:05:08.73 0
お前会話能力ゼロだな。引きこもりか何かか?
いきなり何その無理矢理な返しは。

早く病院に行けよ

911 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 18:20:08.61 0
会話出来ないのはどっちだよwあんたが会話出来るっていうなら、まず下らない話って具体的に何ですか?って質問に答えなよ。

912 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 18:20:58.14 0
つーか、>>907にちゃんと答えて貰いましょうか。さあどうぞ。

913 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 18:23:27.56 0
お前の屁理屈などどうでもいい。バタイユの話ができないならスレに来るな。

914 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 18:24:25.82 0
どこが屁理屈なの?w会話出来ねえなら書き込むなよ!

915 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 18:26:57.15 0
お前にはバタイユの話ができない
出来ないくせにスレに粘着する迷惑者だ
少しは空気を読め

916 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 18:27:29.55 0
頼むから文学板を糞まみれにしないでくれ鈴木・・・

917 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 18:29:43.57 0
早く>>907に答えろよ。会話出来るんだろ?会話出来ないの?

918 :佃煮マニア:2011/06/25(土) 18:44:13.02 0
サドスレだったらスカトロもアリかもしれないけど、微妙にスレを間違えてますよね、鈴木って。
ところで思ったのですが、バタイユの書くセックスというものには恥じらいというものが全くありません。
ひたすら儀式的であって、あけっぴろげであって、何らかの思想を想起させるものなんですよね。
西洋圏だって、陰部をイチジクの葉で隠し始めた時代から恥じらいというものは存在していたはずですが、
なぜバタイユにはそれが欠落しているんでしょうね?

919 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 18:51:24.57 0
逃げたなw

920 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 19:28:39.09 0
>>918
マルセルには恥じらいがあるぞ

921 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 20:56:28.77 0
せっかくバタイユの文庫が出るのにスレはこれか

922 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 21:24:33.55 0
何が出るんですか?

923 :考える名無しさん:2011/06/25(土) 21:29:44.34 P
恥ずかしがらない場の空気を作り出すのも社会に対する反逆になりうるのではないか。
空気とかおもいっくそ日本人的な概念だが。

924 : 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/26(日) 20:32:28.27 0
やめろよ佃煮マニア!殺すぞ!

572 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/26(日) 18:54:03.41
食糞のススメです。
充実した人生を送れますよ。
ウンコの苦味は人生の苦味に通じるものがあります。

925 :考える名無しさん:2011/06/26(日) 21:42:41.37 0
ウンコって苦いのか……

926 :佃煮マニア:2011/06/26(日) 22:27:01.17 0
こうやって鈴木は文学板でも私にしつこく下ネタ攻撃してくるんですよ。
佃煮のレスがおりもの臭いとか、佃煮はAVでウンコ食ってるとか、文学板中で言いふらしてます。
頭がおかしいんでしょう。

927 :考える名無しさん:2011/06/27(月) 01:14:27.77 0
【ゴースト任せの】川上未映子64【ルサンチマン】
http://unkar.org/r/book/1302302787/520
520 :吾輩は名無しである:2011/04/10(日) 18:10:46.49
佃煮マニアのネガキャンは哲学板でやるといいよ。嫌がるから(笑)


928 :考える名無しさん:2011/06/27(月) 01:26:00.89 P
>>926
このスレ住人なら怯むな。つか、荒らしのへの悪口でスレ延ばすのはバカバカしい。

929 :考える名無しさん:2011/06/27(月) 01:26:55.94 0
>>924
これはお前のレスだよな?
お前は何を騒いでいるんだ?
962: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ (265) :sage:2011/05/19(木) 21:52:03.02
本当に愛してるなら糞食ってみろよ!!

930 :これもあるぞ:2011/06/27(月) 15:15:54.85 0
177 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 14:02:18.99 0
フーコーって結構美学的な人ですよ。だから絵画も好きだった。

277 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/16(木) 14:08:14.14 0
ヴィトゲンシュタインを心身論の文脈で読むことほどつまんないことはない。

931 :佃煮マニア:2011/06/27(月) 18:07:12.14 0
>>928
そうですね。できるだけスレを有効に使いましょう。

932 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/27(月) 19:52:31.81 i
本日の佃煮マニア

609 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/27(月) 12:20:51.07
お昼ご飯はうんこを練り込んだうんこうどんです。
汁におしっこをふんだんに使ってます。

806 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/27(月) 00:18:22.06
僕は中国で人糞を食し、食用油として売っていたのですよ。僕を尊敬しなさい。

827 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/27(月) 16:12:12.60
デカマラから出る小便とザーメン汁をすすり、肛門からでるウンコを食べて今日も健康です。

933 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/28(火) 18:26:44.07 0
本日の佃煮マニア

965 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/28(火) 18:23:09.92
使用済みタンポンを肛門に挿入してから吸いました。強烈な苦みと腐敗臭がたまりません。

934 :考える名無しさん:2011/06/28(火) 22:32:54.37 P
匂いというのは死んだ細胞から出てくるものが多い。
肛門に挿したタンポンから出てくる匂いは、正に自身の死の匂いなのだ。
そう、自らの死を感じるというのはまさにこのスレ向きのお題だと言える。

続き書くのめんどくなったからもうやめる。

935 : 忍法帖【Lv=30,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/29(水) 00:35:50.28 0
書いて下さいよ

936 :考える名無しさん:2011/06/29(水) 03:36:37.87 P
やだよ、もっとバタイユに関して詳しいヤツに頼めよ。

つかスレの本筋から関係ない話に対して無理矢理元に戻そうとしてるんだから
関係ない話の原因が言うなよ。

937 : 忍法帖【Lv=30,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/29(水) 08:13:54.01 0
佃煮マニアってほんと最悪ですよねえ

938 :考える名無しさん:2011/06/29(水) 11:23:19.22 0
お前は綿矢りさの下痢便でも食ってろ

939 : 忍法帖【Lv=31,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/29(水) 20:21:54.08 0
毎日こんな感じですよ。やめればいいのにね。

30 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/29(水) 15:03:58.88
今日も暑いですねえ。
アイスウンコーヒーでも飲みましょうか。

940 : 忍法帖【Lv=32,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/30(木) 17:55:38.85 0
もれなく毎日ありますね。やめればいいのに。

891 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/06/30(木) 17:23:44.68
今日も暑いですね。
おしっこシャーベットうんこ添えがおいしい季節です。

941 : 忍法帖【Lv=32,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/01(金) 15:11:53.09 0
佃煮マニアはしつこいですねえ。

913 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/01(金) 15:01:00.62
今日も暑かったのでおしっこシャワーを浴びてリラックス。
うんこの薫製で一杯やっています。

942 :考える名無しさん:2011/07/01(金) 21:09:51.92 P
ところで、フランスのシンガーソングライター、セルジュ・ゲンスブールは死後発表する
ことを定めていたインタビューのなかで、しかもその最後の発言として以下のように言っていた。

<「自分の下でする」というだろう。何しろ、「する」という動詞は最も原始的なる言葉だ
から。「私は音楽をする」とか「私は映画をする」とか、「写真をする」、「詩をする」というけれど、私たちが小さい時
には、「ママン、しちゃったよ」と言うと何をしたかわかるだろう。>

(邦訳『ゲンスブール×2ノワール』p128)

最後の、死後に天国で?インタビューしたという設定の発言はちょうどここで終わっている。

ゲンスブールも細雪の谷崎も最後(生涯の最後と作品の最後)に、より根源的な言葉、しかも母の記憶と結びつくものとし?
てスカトロジーを選択したのである。

943 :佃煮マニア:2011/07/02(土) 22:52:14.03 0
>>942
セルジュ・ゲンズブールは映画を数本とシャンソンを唱ってるアルバムを買ったかな。
この人って娘への近親相姦的な溺愛が印象的でしたよね?

944 :考える名無しさん:2011/07/03(日) 01:42:07.19 P
最後のママン、しちゃったよ、と映画をする、音楽をするでは用法が違いそうな気がするが、
フランス語はちょと習った程度なのでどうにもわからん。
意図的に一つの動詞の別の用法を混同したのか。

945 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/03(日) 13:03:00.43 i
マジで勘弁して欲しいです。

959 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/03(日) 00:32:24.99
料理自慢の僕も今日は腕を振るって、三種のうんこのミックスフライおしっこソースを作りました。

946 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/03(日) 18:01:34.97 0
まただよ…

971 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/03(日) 17:39:50.04
夏に向けてスタミナをつけたくて、肥溜め丼おしっこ汁だくを注文しました。

947 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/03(日) 18:01:53.22 0
85 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/03(日) 16:36:49.43
食糞と飲尿を続けると、身も心も綺麗になってきますね。

948 : 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/04(月) 23:59:30.45 0
勘弁して下さいよ…

196 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/04(月) 22:57:39.15
腐ったチンカスとうんこをこねて作ったディップソースをビスケットに付けて食べるとおいしいですよ。

949 :考える名無しさん:2011/07/05(火) 13:07:24.40 0
次第に手の込んだ調理法へと推移している鈴木である

950 : 忍法帖【Lv=37,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/05(火) 20:05:12.28 0
この人マジでどうにかして下さいよ。増長させたのは哲学板住人ですよ。

31 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/05(火) 19:59:10.07
使用済みタンポンで煮出したタンポンティーにおしっこを凍らせた氷をザクザク入れて、グビッといきたいですね。

951 :考える名無しさん:2011/07/05(火) 22:00:23.15 0
 バタイユの「天体」を読むと、人間界というのは桁外れなエネルギーで爆発と回転を続ける宇宙
の表層に過ぎず、そこで人間が様々に防災対策を巡らせながら、結局自然によって破れていくこ
とを不可避であり、その自然の圧倒的暴威に呑み込めれ、挫折し、死を迎えることも、人間に課せ
られている本質、ともいえるのではないかと思えてくる。人間が自然を越えむとし、挫折し、しか
しまた越えようとするのは人間の宿命だろうが、その試みと失敗に、自然と人間の関係が刷り込ま
こまれている。




952 :佃煮マニア:2011/07/05(火) 23:29:12.16 0
黒沢清「CURE」という映画で「青ひげ」を読むシーンがありました。
寺山修司らも青ひげをテーマに演劇を作ったりしています。
青ひげのモデルはジル・ド・レという説があり、バタイユも「ジル・ド・レ論」を書いてますよね。

>>951
天体は未読です、面白そうな話ですね。



953 :考える名無しさん:2011/07/06(水) 06:19:02.52 0
バタイユは生産のまえに消費があるっていってるしな

954 : 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/06(水) 16:26:11.62 0
おい佃煮マニアいい加減にしろよ。

207 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/06(水) 14:49:36.02
うんこを苦い粘土に例える事も出来ますね。
食べたらとても美味しいです。

955 :考える名無しさん:2011/07/06(水) 16:53:05.98 0
うんこが好きな奴ってうんこのネタに過剰反応するんだよな

956 :佃煮マニア:2011/07/06(水) 20:39:21.84 0
昔、哲学板の他のスレで議論してたら非ー知の話がでて、
私は「非ー知については誰の本を読めば詳しく載ってますか」と聞いたら、
一人は吉本隆明といい、もう一人はジョルジュ・バタイユだと言ったんですよ。
当時の私はバタイユの過激さにちょっと拒絶反応を起こして、
吉本の本だけ読んだんです。
しかしその後何かのきっかけでバタイユを読み始めたら、世界が広がりました。
この思想家に出会えて良かったとおもいます。

957 :考える名無しさん:2011/07/06(水) 23:56:39.84 0
 バタイユにしても、一般社会では、伏せられること、忌み嫌われること、に敢えてスポットを当て
て、そこにむしろ人間性の究極、極点を見い出す、というのがありますね。性 erotismeもそう。
侵犯 transgression 、犠牲 sacrifice 、禁忌ー死体 mort,(鈴木さんの好きな)糞便 
dejection 、忌み嫌われるべきものに人間は慄然としながら覗き見てしまう。また、下品なもの
にむしろ感染し、陶酔してしまう。鈴木さんに言われるまでもなく、糞便にたいし、吐き気をもよ
おしながら見てしまう。動物の惨たらしい死体があれば、吐き気をもよおしながらつい見てしまう
。大災害があれば、惨たらしい犠牲者の写真を覗き見てしまう。惨たらしい遺体の記事を読んでい
る。矛盾したところに人間性の究極をおく。最も謎めいた部分に焦点を合わせた人ですね。あと、
バタイユはハイデガーを書斎の哲学者と馬鹿にしていたけど、2005年にハイデガーの『哲学への
寄与』という草稿が日本で初めて翻訳されて、それを辿ると、バタイユでいう1930年代のアセファ
ル期の思想とかなり近いことが分かってきたと思います。アセファルでバタイユは無為の戦争、
殺傷、犠牲という考えに取り付かれていった。それを現代文明への反命題として考え詰めていった
と思うんですが、同じ1930年代後半にハイデガーも、どうもその草稿を辿ると、突発的な狂気に
よりもたらされる惨劇、ということを、僥倖のように捉えている節がある。それを考えると、二人
がこの時期、近いところにいたのでは、と思えてくる。


958 :考える名無しさん:2011/07/07(木) 13:30:41.15 0
バタイユが言ってるね

屍体に対して抱く恐怖は、人間の源泉としての下腹部の排泄に対して私達が抱く感情に近いのだ。
恐怖の感情は、私達が猥褻と呼ぶ肉欲的なものを眺めた場合のそれに似ているだけに、この二つ
の比較にはますます意味があろう。性器の導管は排泄する。私達はこれを恥部と呼び、肛門もこ
れに結び付けている。

959 : 忍法帖【Lv=39,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/07(木) 17:50:09.57 0
やめろって佃煮マニア。バカが滲み出てるぞ。

51 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/07(木) 12:10:55.77
お昼です。下痢便を掛けたウンコハンバーグにオシッコスープでも飲みましょうか。

960 :佃煮マニア:2011/07/07(木) 18:32:44.61 0
鈴木の好きな糞便というものは単なる排泄物ではなくて、性的な興味の対象なんですよね。
躍動する内臓のもつエロティシズムを想起させるのが糞便に対するフェティシズムなんです。
ぬらぬらと赤黒く光り、柔らかく、みずみずしい直腸や小腸に興奮を覚えるのでしょう。
そしてそれを暴く事に対して、彼の中ではまったく恐怖や嫌悪の感情が麻痺しているんです。
フェティシズムというのは、愛する人に受け入れられなかった時をきっかけとして生まれます。
愛するあの人が自分の手に入れられないのならば、せめてあの人の履いた靴がほしい、下着が欲しい、
鈴木の場合は排泄物なんでしょう。そういう人はたまにいるようです。

961 :考える名無しさん:2011/07/07(木) 20:11:30.78 0
ぐわっ久々に哲板に来たらジジェクスレもブランショスレもねえ〜!
バタイユスレもこのスレで打ち止めか?
なんてこった・・・

962 : 忍法帖【Lv=39,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/07(木) 20:59:43.72 0
>>960
もうやめてくれよ佃煮マニア。お前つまんねえから。

131 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/07(木) 18:45:01.07
うんこに爆竹を埋め込んで爆発させ、うんこを全身に浴びたときの恍惚感は癖になります。

963 :考える名無しさん:2011/07/09(土) 01:26:14.68 P
>>951
自分も天体は未読だが、人間が自然と対立するのはコジェーブの影響かね。
止揚ではなく対立に敗北していく人間観とかなのかな。

964 :考える名無しさん:2011/07/09(土) 01:54:34.23 0
基本はそうだと思うよ
30年代のバタイユは政治参加したグループがどれも挫折して絶望していたからね
眼球譚を書くまではいわゆる学術書を一切「書けない」ほど病的な人だったらしいから

965 :考える名無しさん:2011/07/09(土) 02:57:14.58 0
なんだこのスレ住人いるじゃん
じゃあ次スレ立てるよ

966 :考える名無しさん:2011/07/09(土) 10:51:57.37 0
バタイユって一応共産主義者だったの?

967 :考える名無しさん:2011/07/09(土) 13:13:20.69 P
当時の知識人なんて全員左翼だよ。
その中でも比較的共産主義と距離取ってただろう。

968 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/09(土) 13:56:35.83 0
毎日こんなレスばかり書いて何がしたいの佃煮マニア?

337 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/09(土) 13:54:19.30
うんこのスライスをバゲットにのせてふけを散らせばお祝い用のカナッペの出来上がりです。

969 :考える名無しさん:2011/07/09(土) 16:55:25.58 0
>>968
うぜえ失せろ。死ね。

970 :佃煮マニア:2011/07/09(土) 18:20:52.02 0
ブランショも最初は右翼だったのがバタイユとかの左翼に出会って左翼に染まって、
その節操のなさが批判されてたんでしょ。

971 :考える名無しさん:2011/07/09(土) 22:11:22.26 0
三島由紀夫は逆に最初左翼的な事を書いていて右翼団体に恫喝されて右翼になったんだよな

972 :考える名無しさん:2011/07/10(日) 07:46:34.38 0
共産主義っておおざっぱに分けて二つあるでしょレーニンの唯物史観(経済決定論)とシュルレアリストやサルトルの実践的主体論
バタイユはそのどちらにも反対していたように思える。主体的に行動するなんて欺瞞だと見抜いていただろ。

973 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/10(日) 09:03:26.46 0
白々しいぜ佃煮マニア。本気でやめて欲しいと思う。

522 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/10(日) 00:42:36.32
うんこを練って器の形にし、それを釜で焼いたものにおしっこ酒を注ぎ呑むのが楽しみです。

974 :このテンプレでだれか次スレ立ててくれ:2011/07/10(日) 13:15:17.51 0
ジョルジュ・バタイユ Georges Bataille2

主要著作
『眼球譚』 "Histoire de l'œil"
『死者』 "Le Mort"
『マダム・エドワルダ』 "Madame Edwarda"
『エロティシズム』 "L'Érotisme"
『エロスの涙』 "Les Larmes D'Éros"
『呪われた部分』 "La Part Maudite"
『有用性の限界』 "La Limite de L'Utile"
『空の青』 "Le Bleu du ciel"
『宗教の理論』 "Théorie de la Religion"

【過去スレ】
バタイユ万歳! (社会学板)
http://mimizun.com:81/2chlog/sociology/mentai.2ch.net/sociology/kako/956/956611393.html
バタイユについて (文学板)
http://mimizun.com:81/2chlog/book/mentai.2ch.net/book/kako/968/968037982.html
三島由紀夫&ジョルジュ・バタユ (文学板)
http://mimizun.com:81/2chlog/book/mentai.2ch.net/book/kako/972/972655521.html
バタイユ読みたいんだけどさ・・・・ (文学板)
http://mimizun.com:81/2chlog/book/mentai.2ch.net/book/kako/1018/10185/1018514924.html
バタイユについて議論しましょう
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/academy.2ch.net/philo/kako/1019/10197/1019721782.html
バタイユについて質問
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/academy.2ch.net/philo/kako/1040/10406/1040646929.html
◎◎◎ ジョルジュ・バタイユ ◎◎◎ (哲学板)
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/philo/1082725020/
ジョルジュ・バタイユ Georges Bataillehttp://kamome.2ch.net/test/read.cgi/philo/1285150981/

975 :考える名無しさん:2011/07/10(日) 13:22:50.05 0
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/philo/1310271704/
次スレ

976 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/10(日) 14:09:01.97 0
ほんとつまんねえよな。お前が女だという事だけは確実だぜ佃煮マニア。

534 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/10(日) 13:46:37.24
暑いですねえ。夏本番です。
こんな日は冷製オシッコスープとうんこソーセージでまったりしたいですね。

977 :考える名無しさん:2011/07/10(日) 21:16:06.66 0
 バタイユの思想が根本に、物質・事物の必要性の連鎖、〈…は〜の為に〉の連鎖、今を未来に従属さ
せることを事物化とし、未来の為の配慮=理性・法の世界から解離してしまう瞬間、そこに人間の
至高性 souverainete を見ようとする。そこで事物の必要性の円環から出ていけないソ連型
共産主義、或は事物の必需を根本におくマルクス主義からは離れている。事物や市民社会の為に
法を遵守することの励行、未来のための現在の制限。これらは〈未来の為の制限〉を旨とし、そこで
限界を越えた贈与や消尽を根本とするバタイユとは噛み合わない。




978 :考える名無しさん:2011/07/11(月) 02:57:13.82 0
浅田のバタイユ解釈ってどんなの?
ドゥルーズみたいにチャート化してるとか?

979 :考える名無しさん:2011/07/11(月) 03:02:50.44 0
構造と力でバタイユ批判したのは栗本慎一郎を批判するための茶番だったという記事をどっかでみたが本当だろうか
天使が通るでは三島とバタイユじゃまったく違うと言ったうえでバタイユは三島より馬鹿だと注に書いている
でもフーコーのバタイユ論やクロソフスキー論を読んだら2日間は何も読めなくなるくらい脱力するといったりバタイユ全集の推薦書いたりよく分からない

980 :考える名無しさん:2011/07/11(月) 03:06:27.47 0
ふーん即答サンクス
満足したからもう寝る
おやすみ

981 :考える名無しさん:2011/07/11(月) 17:28:24.55 0
 バタイユの『至高性』は凄い。あれ読んだ後に浅田彰のような、他人の本から取ってきた概念で組み
合わせ書いたような本は読む気にはならないな。バタイユの秘める圧倒的な憤怒、現在の消尽の渇
望を辿ると、西欧合理主義の行き着いた極点がここにあるという気がした。あの思想一つで西欧は
その中心部に放火した、その燃え盛る火柱がバタイユという感じがする。バタイユの思想の背景に
、西欧の永い歴史の行き着いた終点の一つがみえる。日本の知識人とは比較にならない。頭の良し
悪しなら競えるだろうが、思想の孕む歴史の深さで比較にならん。

982 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/11(月) 19:07:26.00 0
勘弁してくれよ佃煮マニア…

586 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/11(月) 18:59:30.23
食糞は崇高な行為だと思います。誰でも簡単に真似が出来る物じゃありませんから。
それに飲尿を加えると完璧です。

983 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/11(月) 19:09:43.86 0
つまんねえんだよ佃煮マニア

716 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/11(月) 19:04:33.24
お母さんの握ってくれるおにぎりの具はいつもうんこでした。懐かしい味です。

984 :考える名無しさん:2011/07/12(火) 14:30:40.77 0
歴史の深さなら三島も日本の歴史知識はすごいだろ
結局政治問題から逃げたことはバタイユの活動にとっての汚点だな

985 :佃煮マニア:2011/07/12(火) 18:51:51.91 0
浅田さんの映画評は面白いんですけどね。

986 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/12(火) 19:51:25.81 0
これはつまんないよね。てめえだよ佃煮マニア。

214 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/12(火) 18:21:18.00
晩ご飯は下痢便ポタージュにオシッコアペリティフです。
強烈な苦味が食欲をそそります。

215 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/12(火) 18:36:34.89
好きな寿司ネタはうんこの軍艦巻きです。
おしっこのおすましを一緒に頼みます。

987 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/13(水) 18:24:08.98 0
佃煮マニアはほんとつまんない。文学板で名無しに煽られて、俺がやってると思ってるんだろうが、俺はそういう事はしないから。

807 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/13(水) 12:32:23.98
食糞を続けているとオナラが強烈に臭いですね。歯も黄色くなってボロボロに
なりますから歯医者に行かなければなりません。それでも食糞はやめられないのですよ。

809 名前:('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ [sage] :2011/07/13(水) 14:56:02.01
夏風邪を引いて熱が出ました。
おしっこ氷を氷嚢に入れ、解熱剤のうんこを食べて横になっています。

300 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)