5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆唯意識論:脳が物質なのは意識の機能にすぎない◆

1 :「唯意識論」者 ◆Yx391TGoPs :2010/09/12(日) 22:11:46 0
人間の脳が「物質」であることには、「意識」が理解します。
しかし、意識によってで脳が物質と理解できるということを忘れている人が居ます。
・・それは願望思考・自己欺瞞という「意識による機能」です。
人間の脳を構成する千億個の神経細胞は軸索を伸ばし、突端から
分泌する神経伝達物質で、他の神経細胞に情報を伝えると意識が理解します。
勿論、脳内には核分裂のような原子核反応もありません。
分子生物学と生理学の対象分野「分子レベルの現象」が全て「意識」の理解です。
「この宇宙」で人間の「意識」だけがこのような複雑かつ科学的理解を
可能ならしめるのです。
人間の「意識」は地球上における物質の進化の一過程を理解し
『意識』の機能である「人間の脳」を認識します。
量子論の「不確定性」は「意識」に最も関連した量子場です。
このようにすべて「意識」が全観念論全宗教全唯物論に先行します。
以上が『唯意識論=最終真理』の輪郭です。
全宗教全観念論全唯物論は徒労の情熱でず。

134 :考える名無しさん:2011/07/31(日) 19:02:48.87 0
されねーよ

135 :「機械的唯物論」者 ◆fHx/n24uQU :2011/08/01(月) 01:04:18.60 0
簡単なのです。
「真理」は現前と存在するしそれは「神」とかの「絶対者」が居ても居なくても
「厳然と存在する」
それに対して「哺乳類」という「たまた(この)地球上に出現した動物の一種」
である「ホモサピエンス(チンパンジーの兄弟)」が「言語」を駆使することにより
たまたま「地球という取るに足らない辺境の惑星」において「『神(絶対者)が
人類を見つめて守ってる』・・などという「キリスト教を中心とする」宗教(的思想)
が、「頭が悪い・・宗教に走りやすい・・方々の『心の弱み』に付けいるシステム」
が「観念論という遺棄すべき悪習」であると申し上げているだけです。

 「自然科学の発展」は(私達「個人個人の)思考過程についても「大脳生理学」で
解明できる領域に達しているのに「いや、自分の脳は『特殊』であるから分析対象
にはなりえない」と考える「自分だけ特殊主義(ナルシズム9」が完全に破綻しいる
のは明らかです。

 本日は脳内睡眠物質の蓄積より就寝させて戴きます。

136 :考える名無しさん:2011/08/01(月) 01:18:22.62 0
機械さん、スレ建てないの?

137 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 :2011/08/01(月) 01:26:32.55 0
霊魂も幽霊も霊体も霊界もあの世も死後の世界も実在するよねー。

138 :考える名無しさん:2011/08/01(月) 03:14:06.07 0
>>135

「真理」は「神」とかの「絶対者」が居ても居なくても 「厳然と存在する」

のが『神』です。

ただの言葉の置き換えで人々を騙すのが趣味ですか?

言語置換詐欺罪であなたを逮捕したいです。

139 :考える名無しさん:2011/08/01(月) 09:12:06.60 O
>>135
>簡単なのです。
簡単なことしかわからないからな、おまえは。

140 :ゲーム:2011/08/01(月) 09:31:19.92 0
>>135 は機械氏の奇妙な世界観をよく伝えている。
機械氏のいう“真理”は(自然)科学が証してくれるらしい。
彼の信頼する“科学”は、人間の営為の一つである。

この人間は、機械氏によると、言語を有するチンパンジーだという。
チンパンジーの兄弟であるヒトが“(最終)真理”に到達する、というのが
機械氏の描く壮大な救済の物語である。w

彼の言述のうち唯一、お伽噺でない点はチンパンジーとヒトとの差異として
「言語」を挙げていることだろう。この点を、もう少し語れば多少とも“哲学”
らしくみえるのだが…。信念(仰)に凝り固まる機械さんには無理なのだろう。w


141 :考える名無しさん:2011/08/01(月) 09:39:37.68 O
だいたい「取るに足らない」とか、
特定の価値に染まった語を多く使いすぎる。
あまり科学的思考に慣れていないんだよね、この人。

142 :考える名無しさん:2011/08/01(月) 13:29:30.02 0
>>139
ワロタw

143 :考える名無しさん:2011/08/01(月) 14:48:25.16 0
>>140
取るに足らないチンパンジーが到達する最終w真理なんて、
そりゃあ、取るに足らない最終w真理だわなあ。

144 :考える名無しさん:2011/08/03(水) 01:07:36.29 0
>>135
なんだ、この文章?
酔っぱらってんのか、役立たず?

145 :考える名無しさん:2011/08/03(水) 01:14:10.21 0
高卒さん、ちーす
この世に真理はないので、学歴でも成果でも人間を選別することなどできず、
ただ真理がないことを素直に認める謙虚な人間だけが(無学であっても)優れているんですよね!
この言葉で私も救われます!

146 :トラ:2011/08/03(水) 03:45:58.77 O
「認める」とは真と認めること

もう確実さと真を区別しようぜ

この世に確実なものはない
「確実なものはない」を真と認める人だけが分別をもつ
つまり真理はある

147 :考える名無しさん:2011/08/03(水) 12:08:12.99 0
「確実なものはない」は真理ではない。「真理はない」の別様の表現にすぎぬ。
「確実なものはない(という表現)」が指し示す(対応する)対象は存在しない。
いや、存在するすべてを形容している(当てはまる)というべきなのだろう。

「確実なものはない=真理はない」は存在の総体を言い当てており、それゆえ
「確実なものはない=真理はない」が“真”である、というパラドクスを招来する。
“存在”の奇態さによるものか、論理の小賢しさによるものか…。



148 :考える名無しさん:2011/08/03(水) 14:57:09.45 0
絶対と相対という捕らえ方しかできない間抜けが多すぎる。
相対ですら絶対の解釈の内にすぎない。
存在が意味となす理想にたいして常に近似値であるにもかかわらず
合理的に切り捨て切り上げをする。その近似値を理想値に判断する
基準は客観的ではなく主観的でしかない、思い込みである。

つまり世界は理想値ではなく錯覚でしかない、近似値であれば理想値と
錯覚するということである。なぜ錯覚にこだわるか?
それは人間が錯覚を原理とする認知を行う生物だからである。

149 :トラ:2011/08/04(木) 15:12:38.29 O
>147
おまえが誰だとかどうでもいいけどさ
「真理」という言葉に対する拒否感強いね


2ちゃんは昔、「嘘を嘘と見抜けない人が利用するのは難しい」と言われてた
嘘と本当の区別がつく人が分別があるとされてきたわけだ

嘘と本当の区別がつく
ってのは、会話する上で一番の前提になるのではないかな?

150 :じいさん  ◆6rgGIYz09M :2011/08/04(木) 16:37:59.02 0
>>147 :考える名無しさん:
>・・・というパラドクスを招来する。
“存在”の奇態さによるものか、論理の小賢しさによるものか…。

それは人間の脳の機能(思考)のもつ癖(入れ子)のせいです。
わかり易い例は「無限大」と「無限大+α」はどちらが大きいか?とか、
「原理主義を排する原理」、「無というものが有る」とか・・・・・・
パラドックスを容易に思考してしまう様な機能です。
入れ子構造自体は大変有用な思考のテクニックではありますが、不毛な考えに陥いる危険があります。

151 :考える名無しさん:2011/08/04(木) 17:28:16.53 0
じゃ不毛ってことで

152 :考える名無しさん:2011/08/05(金) 08:25:02.16 0
じいさんは健在だったのか。それは、なにより。

153 :トラ:2011/08/05(金) 13:19:07.98 O
ボソッと書かねばならないことを書いておこう
本来、われわれが一番改革しなければならないのはこの点なのかもしれない

僕は「真理」こそがその要だと思っていた
だけどもう一点「不毛」における発想の転換も必要だろう

よく「〜の話題は不毛だ」という言葉が出る
だけど僕はそういう時に「ちょっと待て」と言いたいのだ

それが不毛になるのは、単に自分に有利な結論を導き出せないからなのでは?
一件不毛に見えるような問題こそが、発想と知識の飛躍につながるきっかけになっていて
実りあると思っているものは、実は怠惰な作業ではないだろうか?

「それホントに不毛ですか?」
こういう質問は常に自分への問いとして持っていたいね

154 :トラ:2011/08/05(金) 17:09:18.93 O
某スレとかも顕著だけど
議論において「常識」とかそれ以外の言葉で正当化を図る言葉がある
自説を正当化する時、それと反する説は問答無用で却下されることになる
それは知的には健全なのかもしれないが、実り豊かなのではなく、知的停滞でしかない
そして知的停滞を招かないものに対してわれわれは「不毛」という言葉を安易に使用してしまう

僕は、非常識な立場に立つことが哲学だとは思わないが
非常識なことをまったく検討しないことも哲学だとも思わない

非常識なことを認めた上で、さらに常識的立場をとる時、人の思考は発展をする
その意味で、哲学はやっぱり非常識なことを考える学問だ

アインシュタインが相対性理論の発表をする前に空想していた時
その空想は非常識だったし、結論が出ないという意味では不毛だった
非常識で不毛な空想を進めた結果、新たな理論が発表され、結果としてGPSなどに活用されている

知的停滞に凝り固まっていませんか?
あなたはタコツボの住人になっていませんか?

こう言葉をかけたい

155 :トラ:2011/08/05(金) 17:25:43.78 O
そうそう、機械君含めてある伝統に対して言っておかねばならないのは

アインシュタインの理論が証明されたのは、有名なエディントンの観察なんだけど
この時系列は
『特殊相対性理論』発表
『一般相対性理論』発表
エディントンの観察
となっている

観察が先にあるのではなく、空想が先にある

数年前、ノーベル化学賞をとった田中さんも言っていたが
「化学には昼の部分と夜の部分がある。
昼の部分は実験、観察の部分。夜の部分は空想の部分。
科学において昼の部分ばかりが注目されるけど、実験の前にいろいろ考える夜の部分こそが大事だ。」

僕は科学が人間の知識で一番素晴らしいと考えている。
だから、空想する力と議論、対話の精神こそが、人間のもつ最良の能力だと考え、その擁護にまわってしまう

156 :考える名無しさん:2011/08/05(金) 21:35:19.89 0
明らかに無駄な議論もあるけどな。分析哲学とか。

157 :じいさん ◆6rgGIYz09M :2011/08/06(土) 01:00:15.57 0
不毛な議論の典型的なものの一つに「コピー人間」の話がある。
コピー人間の同一性を議論したいのだろうが、コピーはあくまでも複製であり、コピー元とコピーの区別が定義上ある。
その上で同一性を論じることは全く不毛である。

ある人間から同一のものを作り出したと言う前提なら、其れはまさしく同一なのであってコピーではない。
更に同一と言う前提なのに同一性を議論するのは無駄である。
このような事を不毛の議論と言う。

158 :考える名無しさん:2011/08/06(土) 01:51:27.66 0
>>157
同一でもコピーですよ。
コピーした後、どっちが元であるかわかる必要はありません。
ゲームの世界でアイテムのコピーなどがそれに相当します。

159 :考える名無しさん:2011/08/06(土) 06:30:30.16 0
>>158
物質はコピーできても魂はコピーできない。
君は理屈を上手に使い世界はすべて理屈で説明できると思い込んでいるだけ。


160 :考える名無しさん:2011/08/06(土) 10:10:47.32 0
いや、コピーできるのは情報。
コピーされた情報に即して、似たような物体を再現することはできる。
ただし、同一物をつくることはできない。
たとえば、子は親のコピー。両者は似てはいるものの、同じではない。
これは「情報に微差異を生じた」ためではない。
質料=素材=物質の根本的な性質によってもたらされる。

161 :考える名無しさん:2011/08/06(土) 10:11:02.30 0
いや、コピーできるのは情報。
コピーされた情報に即して、似たような物体を再現することはできる。
ただし、同一物をつくることはできない。
たとえば、子は親のコピー。両者は似てはいるものの、同じではない。
これは「情報に微差異を生じた」ためではない。
質料=素材=物質の根本的な性質によってもたらされる。

162 :考える名無しさん:2011/08/06(土) 18:10:34.50 0
>>159
できるよ。君が知らないだけ。

163 :考える名無しさん:2011/08/07(日) 00:19:16.22 0
>>159
確かに「魂」なんてものを出されちゃったら、同一とかコピーとか、
そんな議論は「不毛」になるよな。

164 :オパール:2011/08/07(日) 00:25:16.56 0
正確に言うと「コピー可能なものがコピーできる」。


165 :じいさん  ◆6rgGIYz09M :2011/08/08(月) 18:04:25.00 0
>>158 :考える名無しさん:
>ゲームの世界でアイテムのコピーなどがそれに相当

それは違う。
アイテムのコピーが同一だとするならそれはゲームのルールだからである。
今はどのようなルールが自然界にあるかどうかが議論されているので、ゲームの話は通用しない。

166 :考える名無しさん:2011/08/08(月) 18:26:08.03 0
>>165
間違っているのは君なんだが。
「同一なのであってコピーではない」とは言い切れない場合が存在する例の一つ。

「今はどのようなルールが自然界にあるかどうかが議論されている」なら、
その段階で「同一なのであってコピーではない」と断言することが間違い。

167 :考える名無しさん:2011/08/08(月) 21:33:43.49 0
>たとえば、子は親のコピー。両者は似てはいるものの、同じではない。

これはとんでもないな。

両者は似てはいるものの、同じではない。
子は親の「コピーではない」からだ。

せめてクローンが同一かどうかで論じてくれ。

168 :じいさん ◆6rgGIYz09M :2011/08/09(火) 03:49:05.02 0
>>166 :考える名無しさん:
>「同一なのであってコピーではない」・・・

ようするにコピーはコピー元とコピーの区別がありもとより同一とは言えないと言う事。
そうでなくて「同一な二つの事象」が有りえるのかどうかの議論。

>>167 :考える名無しさん:
>せめてクローンが同一かどうかで論じてくれ。

やはり物質となると同一は難しい。
しかし・・・・>>160 :考える名無しさん:の言う「情報」は可能性があるかも。

コピーでなく、物体でなく情報そのものを複数の主観が共有(それぞれに仮想する)と言う事は有るかもしれない。


169 :考える名無しさん:2011/08/09(火) 04:17:09.68 O
脳髄は物を考える処に非ず。
今の脳科学はすべて脳によるミスリードよ

170 :考える名無しさん:2011/08/09(火) 10:38:18.76 0
>>168
コピー元と区別できることは、コピーの要件ではありません。
勝手にそういう条件を入れないように。

171 :じいさん ◆6rgGIYz09M :2011/08/09(火) 12:59:11.13 0
>>169 :考える名無しさん:
>今の脳科学はすべて脳によるミスリードよ

ならばミスでない真実が実在すると言いたいのかな?
素朴実在論と言うやつかな・・。

>>170 :考える名無しさん:
>コピー元と区別できることは、コピーの要件ではありません。

コピーと言う言葉の第一要件である。
あなた、コピー元無しにコピーを定義出来ますか??


172 :考える名無しさん:2011/08/09(火) 13:11:54.12 0
>>171
>コピーと言う言葉の第一要件である。

いいえ。違います。勝手にそういう想定を持ち込まないように。
複製を作ることをコピーと呼びますが、
コピーした後、複製品とオリジナルが区別できることを意味しません。
区別できる場合も、できない場合もあってよいのです。

173 :じいさん  ◆6rgGIYz09M :2011/08/09(火) 16:34:11.70 0
>>172 :考える名無しさん:
>コピーした後、複製品とオリジナルが・・・・

あはは^^この時点でこの言葉が区別しているでしょう。
其々のもの文章上で明示出来れはそれらは同一とは言えないでしょう。
言い方を変えると同じような二つ(複数)のものが有ったときにそれらを区別したいためにコピーとコピー元と言うわけです。
ですからコピーと言う言葉を使う以上同一と言張るのは自己矛盾なので、不毛です。

174 :考える名無しさん:2011/08/09(火) 16:53:11.88 0
>>173
違います。
コピーとは単に複製を作るときの動作であって「動詞」です。
コピーした後は、その二つが区別できる必要はありません。
もちろん、区別できる場合があっても構いません。
要求される程度に同じであればいい場合が多いというだけです。

>ですからコピーと言う言葉を使う以上同一と言張るのは自己矛盾なので、不毛です。

いいえ。違います。貴方のように理解できないバカには不毛かもしれませんが、
それ以外の人にとってはそういうことはありません。

175 :考える名無しさん:2011/08/09(火) 18:12:50.94 0
cory
[名詞]/[動詞]

176 :考える名無しさん:2011/08/09(火) 18:13:47.13 0
copy
[名詞]/[動詞]


177 :考える名無しさん:2011/08/09(火) 19:11:05.27 0
大抵のコピーは、コピー元とコピー先が区別できるわけだが、
区別できなくなったら、それがコピーでなくなるわけではない。
単にどっちがコピー元かわからない、同じものがコピーによって作られたというだけ。

178 :じいさん ◆6rgGIYz09M :2011/08/09(火) 23:52:48.87 0
>>177:考える名無しさん:
コピーが動詞で良いのかな?訂正するなら今のうち。


179 :考える名無しさん:2011/08/10(水) 00:34:57.84 0
じいさんは本質から外れる議論を止めてくれ。
お前が不毛だと思うならお前が黙っていればいいだけ。

180 :じいさん ◆6rgGIYz09M :2011/08/10(水) 00:42:44.45 0
>>179:考える名無しさん:
>じいさんは本質から外れる議論を止めてくれ。
>お前が不毛だと思うならお前が黙っていればいいだけ。

と言う事は「じいさんが不毛と言う議論」は本質から外れているので止めろ(黙っていろ)と言いたいのかな?
それではご要望に応じて黙っていよう・・・コピー動詞さん。




181 :考える名無しさん:2011/08/10(水) 00:48:08.96 0
アホすぎる

182 :考える名無しさん:2011/08/10(水) 15:58:49.01 0
>>180
じぃさんの態度はそれは正しいよ、哲学板で哲学歴史を議論するのは
いいけど、本質とか議論するものではないから。
主観的に存在するものだから。じいさんは続けるべき

183 :考える名無しさん:2011/08/10(水) 17:16:17.63 0
>>182
不毛だといって、他人の議論に口を挟むのは正しい態度なんかじゃない。
主観的なことなら、掲示板で出てこないで一人で哲学していればいい。

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)