5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ツエルト(ツェルト)について その8

1 :底名無し沼さん:2011/01/26(水) 14:44:14
ツエルトについて語るスレです。

メーカーサイト

アライテント
(p)ttp://www.arai-tent.co.jp/lineup/shelter/shelter1.html

ファイントラック
(p)ttp://www.finetrack.com/product/product_zelt.html

モンベル
(p)ttp://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=207000

ヘリテイジ
(p)ttp://heritage.co.jp/gear_models/zelt1.html




397 :底名無し沼さん:2011/07/05(火) 22:59:43.83
うぜえ消えろクズ

398 :底名無し沼さん:2011/07/05(火) 23:00:51.79
あらためまして

アフロ負け犬あきらっていいます
今日はこれから西川口のChinaエステに行ってきます
なんかゴム無しで中出しまでさせてくれるって新聞に書いてあったんです
うきーっ!
うきーっ!
まだ本当かどうかは確認が出来ないので、名前には「負け犬」を付けています。


以上の根拠から、野宿は合法という結論が出ました
反論があるなら、私以上の根拠をしっかり出して違法を証明してくださいhttp://i.imgur.com/OEfmU.jpg

399 :底名無し沼さん:2011/07/05(火) 23:03:39.78
死ねバカ

400 :底名無し沼さん:2011/07/05(火) 23:10:39.70
 ∧__∧
(´∀` )
(⊃⌒※⌒⊂)
 /__ノωヽ__)>>399悔しいの?

401 :底名無し沼さん:2011/07/05(火) 23:12:55.78
悲しいんだよ

お前みたいなバカを見てると

402 :底名無し沼さん:2011/07/05(火) 23:13:53.74
 ∧__∧
(´∀` )
(⊃⌒※⌒⊂)
 /__ノωヽ__)>>401悔しいの?

403 :底名無し沼さん:2011/07/05(火) 23:16:48.75
寂しいヤツなんだな

おまえ

404 :底名無し沼さん:2011/07/06(水) 01:05:12.88
まだ疑問が残っているので改めて質問させていただきます。

最近、公園での野宿は違法だっていうのをよく聞きます。
公園は宿泊施設じゃないからダメだとか、条例で「管理に支障をきたす怖れがある」から禁止とか…。
でも誰もいない公園でこっそりやる分には構わないと思うんです。
そもそも公園ってオープンスペースじゃないんでしょうか?
そして野宿は日常的に行ってきた文化ですから合法だと思います。

違法だといってる方は、精神薄弱者なんじゃないでしょうか?
やっぱり合法ですから。
今回は都市公園に限定して教えてもらいたいです。

何卒よろしくお願いします。

405 :底名無し沼さん:2011/07/06(水) 01:42:08.51
死ね

406 :底名無し沼さん:2011/07/06(水) 10:16:03.35
>>393
定義上はツエルトザックでなくビバークザックになるけど使えるよ。
昔はツエルトの布地も割合に厚かったので軽量小型にするため身体が入る程度の大きさの防水性の袋を荒天避難用にしてた。
ヨーロッパではこちらのほうが主流で日本人がツエルトを買おうとしたら意味が通じなくて封筒型の頑丈なビバークザック売りつけられた話がある。
バリエーションは沢山あって封筒型のものから丈が足首くらいまであるオバケみたいなヤッケとか下半身だけを保温するシュラフカバーの半分のもあった。
ちなみに日本ではビバークザックは単体で使われるより冬山なんかでツエルトと併用されてシュラフなしのビバーク登山で寒さに耐えるため主に普及してたように思う。
ビバークザックは現在でもレスキューシートの袋型として残ってるだろ。
布製より値段も安いし丈夫なの捜せばシュラフカバー転用するより便利だけどね。

407 :底名無し沼さん:2011/07/06(水) 13:23:09.73
>>393
つまり風雨で前進困難な時などにビバークできるかってことだよね。
封筒型を風雨の中露天で…。素直にツエルトにしといたほうがいい。そんなもんではすぐずぶぬれだよ。
カバーに入って上はポンチョか傘で木に寄りかさるとかやりようはあるけど、素直にツエルトにしたほうが絶対いい。やめとき。

408 :底名無し沼さん:2011/07/06(水) 15:00:55.14
>>407
それでいうこと聞いてツエルト買ってくれるんなら山岳遭難はとっくに激減しているんだよ。
誰でも彼でも何が何でも山に登るやつ全員に非常用のシェルター持たせようとするとツエルトでは価格的にやっぱ無理がある。
その点ビバークザックはレスキューシートみたいなポリエステルフィルムが登場してから値段が布製と違って極端に落ちた。
とくにポリエステルにポリエチレンをラミネートしたタイプは熱接着が可能になり袋状に加工しても丈夫ではがれたり破れたりしなくなった。
最近は山の店だけじゃなくホームセンターやチェーンスーパーの防災コーナーなんかにも置かれるようになっている。
ふだんは家にあって防災用に役に立つからと言われればツエルト買わない連中もこっちなら手を出してくれるかもしれないんだよ。
それに雨具に関してはゴアみたいな透湿性防水のものが普及してるから保温性をある程度確保できれば夜はなんとか切り抜けられる。
安いビバークザックにはツエルトザックと違って別の意味があるわけだ。

409 :底名無し沼さん:2011/07/08(金) 11:35:44.12
なんと言うことでしょう。

築35年のビバークザックにお住いの私には、
神の様な匠のお言葉。

ビバークザックてい〜ですよね〜。

410 :底名無し沼さん:2011/07/08(金) 12:50:08.36
>>409
35年前というと昭和51年か。
まだ職人の手間も安かったからな。
ツエルトザックもビバークザックも山の店のオリジナル品がいっぱいあった。
自分で図面書いて金少し持ってけば特注品が簡単に作れたいい時代だった。
そういえばキスリング用の帆布使ってビバークザック縫わせた話があったな。
防水性が抜群なのに蒸れて結露したりしないので快適だったそうな。
もっとも重くてかさばったと思うけど。

411 :底名無し沼さん:2011/07/08(金) 20:23:25.66
http://www.doppelganger-sports.jp/product/st01/

これは、いわゆるビバークザックにもなりえる製品かな。
ペグが打てる場所ではコンパクトテント、打てない場所ではツエルト。
長所と同じくらい短所もある製品だろうけど、普通のテントに比べると
軽量コンパクトでマルチな使い方が出来る利点は結構ポイント大きいと思う。

でもまあ、そう考えると、まさにツエルトこそが最軽量コンパクトな
マルチシェルターだな。安い防水生地を使った廉価版ツエルトが出来れば、
それが最も自分の理想の製品となるのだが・・。少しくらい重くても、
安く耐久性のある生地の方が有り難いのだが。

※ツエルトの生地って凄く薄いんだろう?すぐ破れたりしないのだろうか。



412 :底名無し沼さん:2011/07/08(金) 20:31:25.42
破れたら塞げばいいんだよ。

413 :底名無し沼さん:2011/07/09(土) 10:01:49.68
>>411
たしかハーフコーン型と言ったと思う。
本来これは登山地域で使うものじゃなくツーリングキャンプとか甘い条件用。
ビバーク用に背負って歩くのはいないだろう。
テントと考えると居住性悪すぎるし意味がほとんどない気がする。
かさばる重い自立しない大雨強風そして雪降ったら即死だな。
一番まずいのは使用者におそらく根性が不足してるであろうこと。
ツエルトザックやビバークザックで悪天候のなか生きるか死ぬかの経験をつむ必要がある。
そうすりゃ普通こんなテントは選択の対象にもならんよ。

ツエルトの布地はモンベルのウルトラライト登場以降どんどん薄くなった。
昔は70Dくらいあって担架にも使えたけど30Dになって最近は15Dもめずらしくなくなってる。
ビバーク専用つまり非常用とすればかまわないけどテント代わりに積極的にツエルト使う気なら一考の時期かもしれん。
ただ問題はテントそのものも極薄地が常識になってしまって必要な強度の基準がわけわからなくなったこと。
そのうえテントは夏冬兼用だから冬用外張り外したら中味はボロボロなんてこともありうる。
だんだん恐ろしい時代になりつつある。
ちなみに15Dなんて日本でしか縫えないと思うから安くするのは無理だろうな。

414 :底名無し沼さん:2011/07/09(土) 13:10:32.98
ドッペルのそれって定期的に推す人間が出てくるよね
どうみてもダメダメなのに

415 :底名無し沼さん:2011/07/09(土) 13:24:11.65
営業絡みかも。
売れないで無視されて。
焦ってるんだろう。

416 :底名無し沼さん:2011/07/09(土) 13:37:36.16
安い布地って言えば傘地は大量に出回ってるから安いことは安いんだがな。
防水性があんまり高くないのと思ったほど軽くないという欠点がある。
でもバイアス使用が前提だから布地そのものは意外にしっかりしておる。
布買ってきて自分で縫ってみたらどうかな。

417 :底名無し沼さん:2011/07/09(土) 20:57:43.95
>>413
>411のテントは夏富士の山頂などで冷気や風雨を避けて
休憩や仮眠を取る用途には適してるでしょうか?
(夏富士の山頂で仮眠するのに最適なものとは?)

自分の用途の場合、恐らくそれ以上に過酷な場面の用途は
無いと思う。(夏山ハイキング以外には山登りしないし、
平地で仮眠野宿の用途が多い。)







418 :底名無し沼さん:2011/07/09(土) 23:31:16.16
>>417
疑問点がふたつ。
ひとつは夏富士山頂でテントを張ることは許されるんだろうか?。
もうひとつは冷気はともかく風雨に本気で耐える気があるのか?。
下調べと熟考を勧める。
選択としては以下の判断が無難と思うが。
ツエルトザックまたはビバークザックであくまで仮眠をとるだけにする。
常識的にみて悪天の場合は早急に下山もしくは小屋に退避するしかない。
例のテントは強度および重量の面で富士山頂での使用にはまったく不適。
それでも購入するのなら言うように平地での仮眠野宿のみに使用すべき。
どうしても背負いあげたいなら止めはしないけど。

419 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 00:22:18.09
>>418
国立公園内だからテントを張るのは禁止がルール。
張っているのもいるけど、テン場じゃないから五月蝿くても文句は言わない。

>>411のテントって1.2kgもあるよ。
経験からヒルバーグのビバノラックが一番いいと思う。
ビビィサック、スリーピングバッグカバー、緊急用シェルター、レインウェア、ポンチョに1枚で何でも使える。
600gだし。



420 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 00:28:02.68
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-faq.html

昔は山小屋の隣にテント張っても文句をいわれなかったけど…


421 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 00:44:01.97
>>420
自分で貼ったURLに法律で禁止とあるよ。
違法行為は違法行為。
テント張っても文句をいわれなかった = 捕まらなきゃ殺人もスピード違反も関係ない。

422 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 00:45:26.49
幕営は禁止されてるし、それ以前にマナーとして駄目でしょ
夏富士で休憩や仮眠なら素直に小屋利用
それが嫌ならしっかりした防寒着+カッパで座布団マット敷いて体育座り

423 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 01:18:09.88
法を守った上でマナー(モラル)があるんだ

424 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 01:33:59.56
富士山頂は私有地で神社の持ち物だったはず。
たしか裁判沙汰にもなったけど神社側が勝訴してる。
富士山はご神体なんだよ。
ご来光を拝するためビバークしてますと言えば許されるかもしれんが。
やっぱテントはまずいかもな。

425 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 01:42:36.03
法律を守っていない時点でマナー違反>>423

426 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 04:37:55.67
山は無法地帯

427 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 05:05:07.68
大馬鹿野郎登場です

428 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 07:44:24.56
結論としては富士山頂でテント張ってるやつは火口に突き落とすべし。
以上。

429 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 09:18:36.72
>>428
おまえが火口に落ちて死ねよ
うぜえ糞だな、コイツ


430 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 11:48:04.88
大馬鹿野郎再登場です

431 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 14:55:47.99
http://www.oxtos.co.jp/item/300065.html

富士山とかに持っていくなら、やはりこういうツエルトが最も適してるのかな?
登山中、突然の雨に降られた時や、山頂での休憩仮眠などに被るだけでも
効果がありそう。このツエルトは透湿性もあるので良さそう。
重量680gということは他のツエルトに比べると少し重いようだけど、
それだけ耐久性もある?のだろう。思い切って、これを買おうかな。
これを持って旅に出れば、どんな場面でも役に立ってくれそうだ。

432 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 17:27:39.06
>>431
30Dでこの重さと言うことは裏塗りのコーティング層がかなり厚いのかも。
昔エントラントのツエルトがこんな感じだったけど重い割に性能がいまいちだった。
それにしてもマイナーなメーカーが好きみたいだな。
普通は捜すだけで大変で思いつかないよ。
好き嫌い分かれるかもしれないけど大量に出回ってるメーカー品のほうが無難だとは思うけど。
理由は量販品はクレーム出るなら早期に出てしまうのでカスつかむ可能性が少ないから。
ちなみにビバーク用と割り切るなら透湿性を無視して軽い本物のツエルトにしてしまうべき。
また平地野宿の気まま旅なら設営や撤収が簡単なフレームで自立するドームテントが最適。
このスレのアタマにあるメーカーサイトでものぞいてみたら。

433 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 17:28:27.69
売り切れってあるじゃん
俺もそれ買おうと思ってたんだけど、ずっと売り切れなのでアライテントのツエルト買った


434 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 17:30:17.22
横になることを想定せず、自分一人の一時的なビバーグだけならピコシェルターもよさそうだね

435 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 17:42:54.16
>>433
本当は自分のとこで縫ってなかったりして。
シルエットとカッティングがファイントラックぽいんだけど。
>>434
ピコはファスナーが馬鹿くさいよ。
なくせば60〜80グラムは軽くなるだろ。
あと底無しの分だけ高さ伸ばして身体の下に敷き込めるようにしなくちゃ。
そうすれば風にも強くなって冬山でも使えるようになる。

436 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 21:17:45.06
>>432
ツエルトってある意味簡単だけどある意味難しい代物だね。
初心者で単独での設営は困難だなw
風があるともひとつ苦戦する。
確かにツエルトは緊急用だな。
自立式ソロテントだと慣れると10分ぐらいで設営できるしね。


437 :底名無し沼さん:2011/07/10(日) 23:21:28.32
>>436
ドームテント使ってると頭悪くなるって言ったのがいる。
たしかにツエルトと違ってドームテントは張り方はほとんど関係ないからね。
結局は練習するしかないんだよ。
簡単な方法はツエルトは使わないで支柱を張り綱だけで立たせる練習すること。
ツエルトの全長と同じくらいの細引き用意して両端に結び目作って支柱のサキッポにひっかければいいんだ。
これで2本の支柱がきちんと立つようになればツエルトなんて朝飯前で1人で張れるようになるよ。
もっともツエルトは立ち木や露岩やピッケルとか何でも利用して設営するのが本来の姿だからね。
要は創意と工夫ってことかな。

438 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 08:40:05.16
>>437
>ツエルトは立ち木や露岩やピッケルとか何でも利用して設営するのが本来の姿

いやポールで張るのが本来の姿。それ以外はポールかストックが破損したときの応用でしかない。
木の間とかそんな都合のいい場所ほとんどないよ。大体そんなとこ探してる時間もない。ポールがない場合は被ることになる。
一般的な「張り方」とされる手順は故意にめんどくさくしてると思う。簡単に張れるのに。


439 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 09:57:19.23
地面にポールが刺さるとこばかりでないので
A型ドームシェルター最強なんですよ

440 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 13:04:33.43
ポールは刺さらなくても設営出来るでしょ
ペグが刺さらなかったら適当な石探すのが面倒だし風が強いとき不安
ドームより風に弱いから、出来れば樹林帯へ退避してツェルト設営
稜線上で設営困難なら風裏で岩やハイ松に細引き絡めて空間確保して被る
天場ならポールがあると楽勝だよね

441 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 14:09:07.10
>411のテントって、そんなに夏山(富士山など)でも駄目なテントなのかな?


ソロテントのエントリーモデルながら、基本性能の妥協を一切なくし、
軽量、シンプルさを追求。自転車は勿論、トレッキングなどの人力での
移動手段をメインコンセプトに設定。ユーモラスな外見ながら、
全高を抑えた山岳用テントをベースにしているので、強風時にも安定。
素材・耐水圧3000mm破れにくいリップストップ


この商品説明を読むと、重いドームテントなんかよりもむしろ山には
向いてるテントのように思えるのだが・・。


442 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 15:13:11.76
>>441
登山したことない方かな?

シングルウォールは換気に気を使っても結露すると思ったほうが良い
空間狭いから結露は体にベッチョリ
あぐらかくのも辛そうだが、雨天の食事はどうする?
中間部のテンションも低そうだから風にも弱いだろう
平地のキャンプ場でミニタープと併用するなら面白そうだね

人と違ったアイテムで注目されたいなら賛否あるけどウルトラライトハイキングなんかはどう?

それとは別に、富士山山頂では迷惑になるからテント張らないようにね

443 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 16:49:33.07
>>441
他人と同じ物は嫌という基準だけで道具選びされると助言の出る幕はないよ。
あとは自分で考えるしかないんじゃないかな。

>>438
夏山はテント場が指定されてるからツエルトをツエルト的に使うのはやや無理がある。
結局は軽量屋根型テントとして整地されたスペースに普通に張るしかないんだよ。
どんな張り方するのも自由だけどヘタクソすぎるのも困ったもんだね。
なるべくスピーディにできるよう練習するにこしたことはないと思うけど。
冬山はまさにツエルトにとって面目躍如のコンディションだけど一般的ではないので取りあえず省略。

444 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 18:36:28.55
富士山山頂は、小屋が集中している事からも分かるように
みなさん日の出目当てで東南側に集まります。

夏富士に来る普段登山なんかしない人向けなのか、以前は
OKだったけど今は進入禁止の白山岳付近(釈迦の割石あたり)は
殆ど人はいません。

なので、海外遠征に向けた高度順応の為に、登った時は
こちら側にテントを張って泊りました。

445 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:06:54.40
>>443
だからツエルト的ってのがポールで張ることなんだよ。それ以外は応用でしかない。
ツエルトはテントだよ。小さく軽いから緊急用に持っててもいいよねっていうだけのもの。緊急用がメインじゃない。


446 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:16:30.14
>>445
開発経緯を調べてごらん

447 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:23:06.60
>>446
だからなに?凝り固まって決めつけて、ほかの話はアーアー聞こえなーいか。
時は流れ時代は変わり素材も使い方も変わっていく。使って慣れ親しんでいる者と見聞のみで想像する者とでは見解も違うのは仕方がないが。

448 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:23:54.16
日本のツェルトは、元々は個人で特注して作ってもらうような代物で、最初の頃はポールも何にもなくて、被って使うのがメインだったんだよな。

449 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:28:43.14
>>448
それが現代に何か関係あるの?

450 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:28:48.71
ツェルト用ポールなんて売られ出したの割と最近だもんな。
内フレームはかなり昔からあったけど。

451 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:30:43.41
特に、ダブルストックの人はポール持って行く意味はないよね。

452 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:32:37.39
>>450
少なくとも20年前にはあったけどね。今も使ってる。

453 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 19:33:13.56
熊笹切って繋いで内フレームにしたりな

454 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 21:27:42.40
ツエルトってシングルウォールテントの
カテゴリでいいんでないか?
張り方が違うだけなんだから
緊急用って、年間何人が緊急で使ってるんだか

455 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 21:33:36.55
>>454
テントというより、むしろシェルターの方がニュアンアス的に合うんじない?
オレはテントという認識は無いな。

456 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 21:52:59.11
たしか底割式夏用テントみたいなツエルトが登場したのは昭和40年代に入ってからだよ。
それ以前のツエルトは背のうんと高い屋根型のただの袋状のもので入口なんかは特別なかった。
要は頭からスッポリかぶって長いツエルトのスソを身体の下に敷き込んで強風で飛ばされないようにするというのが使い方だった。
だからツエルトの高さは使い方で変わってしまうわけで専用ポールというのも本来はなく必要な場合は他のテントのものとか適当なものを転用するしかなかった。
もちろんツエルトはテントじゃないから底辺の四隅なんてものはなかったし入口もないんだからペグループで四隅を固定するなんて発想もあるはずもなかった。
ちなみに最初のツエルト用ポールというのは夏用テントの流用品でただ3本継ぎが4本継ぎになってただけだった。
これがあればツエルトをテントのように張れますってカタログに説明文があったけど底割式じゃない古いツエルト使ってる山屋はポール倒さないように下からもぐり込むしかなかった。
なつかしい昔話だけどね。

457 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 22:09:50.38
>>454
テントだよ。昔普通だった三角テントの進化版。ドーム型が主流になってとって代わられただけ。
素材が進化して予備的な用途で有用だから消えずにくすぶってる。
「日本でのツエルトとはあーだのこーだの。昔はこうだからどうだの」くだらん。ツエルトはテント。

458 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 22:11:02.59
>>455
凝り固まってるんだよ。どうしても緊急用じゃなきゃ気が済まない。

459 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 22:18:22.24
>>458
上級者はツエルトを常用する!らしいw
ちなみに、オレは初心者w

460 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 22:21:15.50
最近の30デニールとか15デニールのは、常用すると2〜3シーズンで破れよる

461 :底名無し沼さん:2011/07/11(月) 22:25:19.66
アライのツエルトでひと夏40連泊したけどまったく破損なしだった。毎日設営撤収繰り返してね。

462 :底名無し沼さん:2011/07/12(火) 00:22:36.97
ファイントラックを無雪期3シーズン30泊くらいで破損なし
案外耐久性あるね

参考までに、アライのエアライズは無雪期7年200泊くらいでフライが手で裂けるくらいに劣化
イーストンポールの口に縦ヒビ、ファスナーは閉まらなくなった
うまいこと寿命をそろえてあるもんだと感心した

463 :底名無し沼さん:2011/07/12(火) 00:30:33.46
>>462
ここ20レスほどで初めてオレ以外のツエルト使用者がやってきた気がする。

464 :底名無し沼さん:2011/07/12(火) 18:58:23.34
冬靴は長持ちすると言うがツエルトも同じだろう。
逆に夏酷使したツエルト冬に使うのは怖い。
夏冬専用で別に用意するのがいい。
でも冬に比べたら夏は適当でもかまわんか。
あと定着は痛み早い気がするから惜しげないのがいい。
安物のタープでもあると雨よけ日よけで極楽なんだけど。
まあツエルトは軽さが身上だから早寝早起き1日中猛スピードの縦走屋向けか。

465 :底名無し沼さん:2011/07/12(火) 19:08:32.94
妄想おつ。登山に興味があることだけは伝わってくるよ。

466 :底名無し沼さん:2011/07/12(火) 19:15:14.13
何か変なの居着いちゃったね

467 :底名無し沼さん:2011/07/12(火) 21:10:00.92
呼んだ?

468 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 03:27:23.34
ツエルトザックの耐風性はかつて冬用天幕を上回るとさえ言われていた。
これは当時のツエルトは張るのではなくスッポリかぶるだけで烈風下でも対抗的強度が求められず構造上の破綻は起きづらいことによっている。
たしかに荷物をくるんだシートが吹き飛ばされても吹き破られたっていう話は聞かないから理にはかなっている。
問題は現在の底割式ツエルトにどこまで耐風性が期待できるかで構造的には風の侵入孔は少なくないので耐風性に関してはやはり疑問符がつく。
底割式の夏用テント的便利さは否定できないけどツエルトの軽量テントとしての役割がもう終わったとするなら純粋に悪条件のみに耐える旧式ツエルトの魅力も光ってくる。
ちなみにツエルトにポールとフレームとフライさらにペグをたしたら自立する軽量ドームのほうが軽かったそうだ。
やれやれ。

469 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 03:35:13.24
今売られてるもので、旧式ツエルトに近い製品とは?

470 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 07:49:01.90
ツエルト、ポール、インナーポール、ペグ合わせて900グラム程度だけど、小さいから35リットルザックで4泊5日できる。

>>469
そんなものに興味持ってはだめ。いいことなんてひとつもないよ。仕舞にゃくだらん根性論が出てくるだけ。

471 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 08:27:01.80
テントに対して、非常用の代替装備がツェルトとすると、
ツェルトにたいしての代替装備はシェラフカバーとかエマージェンシーブランケットになるんじゃないカナ?

まあ俺は3畳サイズのブルーシートをいつも持ってるけど
普段は休憩時の敷物だな
たためばグランドシートにもなるし、木立と細引きを使えばターフ・フライにもなる
「基本使わないけど何かあった場合の備え」って奴はあまりたくさんは持ちたくない
汎用性のある物がいいよ

472 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 08:30:49.33
脳内で登山が完結できる人ってすごいと思う。

473 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 08:44:42.16
>>471
キミ南アスレで光から寸又峡を1日で踏破なんて言ってなかった?

474 :471:2011/07/13(水) 12:02:07.21
しらんがな
俺は奥多摩・奥秩父ばかりだ

475 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 12:10:33.36
なにが「お、奥様…僕…乳ブー!(鼻血)」だよ?落ちつけよ。

476 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 13:34:06.44
非常用に持つのもいいけど、普通にテントがわりに使ってみてはどうでしょう?
夏のアルプスなんかでたまに見るでしょ?
不快なこともあるけど死にはしないよ
そんなダメダメアイテムなら非常用にならんしw
重さ気にしない人はテントとツェルトの二つ張って非常時の訓練
昼間に仮設と一晩過ごすのとは違うから
ダメならテントに退避


477 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 13:39:45.32
庭付きの家にすんでる人羨ましいな
あらゆる条件でテストできるもんね

478 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 14:06:52.19
山でやったらいいじゃん

479 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 14:20:45.24
>>478
なんで馬鹿なの?


480 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 22:28:35.83
登山て馬鹿じゃなくても出来るの?

481 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 22:31:06.68
土方のような受け身の馬鹿はダメだが、鳶のようなそういう工夫が必要とされる馬鹿は一転、最強となる世界

482 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 23:29:35.44
わかりにくいです。

483 :底名無し沼さん:2011/07/13(水) 23:54:31.93
ごまんなさい

484 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 :2011/07/14(木) 00:03:58.26
プログラマは駄目だが、システムエンジニア最強。
で桶?


485 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 11:34:20.29
>>484
ネットワークエンジニア : ネットワークに特化
サーバエンジニア : サーバに特化
システムエンジニア : 広く浅く、深いと溺れる
プログラマ : 分野に限らずプログラミング全般

技術的な観点では、システムエンジニアが土方で他が鳶。

486 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 12:44:15.45
ツェルトは、虫が入ってくるから、俺は日帰り非常用だな。
雪の時には休憩で使うけど、アルプスでツェルトは怖すぎる。
テントの下にも風が抜ける、あの突風に耐える張り方が出来る奴いるのかな?


487 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 14:17:04.98
確かにツェルトは風に弱いね
でもテントの下にも風が抜けるような日には計画変更してアルプスの稜線から降りない?
基本的に天場は風の当たりづらい場所にあるし、風の抜けるとこでは石垣組んだりしてるから多少の風では飛ばないけど
悪天強行計画のときにはドームテントがいいでしょうね


488 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 19:27:46.68
>>469
旧タイプに近い市販品は見当たらない。売れないからだろう。
当時のツエルトは奥行と高さの差がなかった。スソまわりには細ヒモが入っていて完全に締めることができた。
人間は袋詰めの状態。居住性は最悪だけど耐風性は抜群だった。
ツエルトは本来テントじゃない。JIS規格の対象外で悪条件に耐えることだけを目的にしている。
でも底割式は軽量化しただけの夏用テントなんだ。見た目はスマートだけど極限下の生命維持というツエルトの基本理念は失われている。
軽いだけの夏用テントが欲しいのなら底割式にする必要なんて本当はない。結局ツエルトだって思い込みたいために底割式にしているのかもしれない。
まあツエルトの底割部分を自分で縫ってしまうのも悪くはない。風の侵入孔はなくなるわけだから。ファスナーの破損の問題は残るけど破綻の確率は下がる。
この方法が一番現実的な解決策かもしれないな。

489 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 20:15:58.63
素早く頭から被れるように今でも底が割れてんじゃん。
座り込んで、底を身体の下へ巻き込むようにすれば、耐風性もある。
単に使い方を知らなくて道具批判してるだけじゃん。

490 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 20:56:23.33
風の侵入?
底を縫った位じゃ無くなりませんが?
本当にツェルト持ってる?

491 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 21:00:56.14
風の侵入口がなくなったら窒息するな。

492 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 22:13:45.29
ツエルトは自由に張れたり被ったりできるのが魅力だよね。縫うと自由が一つ減る気がする。

493 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 22:39:07.71
チンコと完璧に被るな

494 :底名無し沼さん:2011/07/14(木) 22:48:08.58
アイゼン付けてると底割れが便利

旧タイプは必要とされるケースが少ないから無くなったんでしょ?
固執してる人は自分用に縫ったらいいだけじゃない?

495 :底名無し沼さん:2011/07/15(金) 04:19:01.94
>>469
思い出した。
オルトボックスのビバークザックの2人用は性格的に近いかも。
まだ輸入されてるんだろうか。
丈夫そうだから悪天候にも耐えられるはず。
ヨーロッパではツエルトザックはビバークザックの一分類。
過去形だけど。
でも日本と違ってビバークザックのままでいたので目的の本質は見失っていない。
テントの底を割ったらツエルトになると考えてるのは頭がおめでたい。

496 :底名無し沼さん:2011/07/15(金) 10:34:51.47
もうひとつ思い出した。
たしかICIオリジナルの1〜2人用ツエルトは底割式だけどファスナーで閉じるようになってたはずだ。
ゴアじゃなくて普通の安いほうのやつ。
異物噛みとか歯壊しても困るから閉めっぱなしで使うしかないけど底割部分から風は入ってこないだろう。
ヒモでと結んどくよりマシかもしらん。

213 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★