5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦艦大和は男のロマン

1 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:20:32.88 ID:B9+y4hZ7
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%88%A6%E8%89%A6%E5%A4%A7%E5%92%8C&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP423JP423&prmd=ivns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=LY46Tu7IAebsmAXQs5G7Bw&ved=0CE4QsAQ&biw=1605&bih=838

美しい・・・・・そして45口径46cm3連装砲塔!
最大射程4万メートル・・・・発射時にはどんな爆音を奏でてくれるのか
聞いてみたい。

2 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:22:03.10 ID:OR7l6gkQ
戦いは数だよ兄貴

3 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:30:53.45 ID:zskHxqjk
大艦巨砲主義の糞虫が

4 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:31:31.55 ID:jSmVzApl
そもそもアメリカだって当時は大和と台頭に渡り合えるアイオワ級戦艦持ってたし。
でもわざわざそんなリスクのある戦いする必要なく空母による航空戦力で大和をフルボッコ
するほうが簡単だった。

5 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:32:39.26 ID:X+u502I+
波動砲から水が入らないの?

6 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:34:20.58 ID:byfCshTX
最強はニミッツ級だと思う
格的に

7 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:36:35.16 ID:B9+y4hZ7
は?w
寝言は寝て言ってくれw
アイオワ級ごときで大和の相手できるわけ無いだろ。
アイオワ級は16インチ砲までしか耐える設計になってなかったら大和の18インチ砲食らったら
1発で粉々になるよ。

8 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:37:17.43 ID:15rgLbTK
以降ガノタの戯言が始まります

9 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:37:22.43 ID:VDSSpliK
大和っていきなり撃沈されてるじゃん 雑魚やろ

10 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:39:03.54 ID:lc+Uzj1K
潜水艦の外壁にナイフで傷をつけるのはやめましょう

11 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:40:00.45 ID:sMzGjIAX
戦艦大和に毛がはえて
大砲一つに玉二つ
自慢じゃないけど伸び縮み
たまには白い煙出る

12 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:41:58.36 ID:Ty0dqSCC
うちの方じゃ「たまには黄色いお茶が出る」だったな。
まだ子供だったし。

13 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:44:57.34 ID:USlTbabI
大和が沈むまでどんだけの攻撃に晒されていたのか…
わかった状態でいってくれ
それがわかっているなら雑魚という言葉はでないぞ…

14 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:47:30.34 ID:B9+y4hZ7
大和は搭載してる25mm3連装機銃が貧弱すぎたんだよな。
武蔵が撃沈された時も25mm機銃の貧弱さを嘆いて警笛を鳴らしてたんだが
それを改善しなかった。
アメリカの戦闘機が25mm機銃ごときじゃ多少当たっても全然墜落しない作りだったから
大和はフルボッコされた。
あれが40mm4連装機銃ぐらいだったら大和は生き残ってた。

15 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:48:45.10 ID:LiRgt+hf
>>1
軍国主義を崇めるのは良くない・・・

16 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:49:41.64 ID:mVW9VFer
エースコンバットなら二分で大破可能なレベル

17 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:52:45.85 ID:OR7l6gkQ
>>14
単騎でどうにかしようと思うのが間違い
そんなんだから魚雷ぼこすか刺さってんだよ

18 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:53:55.70 ID:Gzcm6Z2a
我等がスクエニが数年前買収したアイドスって知ってるかい?
そこが買収される前に出したバトルステーションズ パシフィックって海戦物のゲームがあるんだが
凄く良く出来てた、大和も大活躍だったぜw

ちなみにそのアイドスが元になったチームが
E-3で13-2が海外プレスから嘲笑を浴びる中、一応同じスクエニブランドとしてヒットマンの新作を出展してたが
あちらで絶賛されてたぜ

19 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:56:13.87 ID:B9+y4hZ7
税金使っても良いしどっかの民間企業が道楽でやってくれても良いから
大和を忠実に再現して復元してくれないかな。
確か現在の金額だと3000億円あれば作れるんだっけか。
大和の復元とかなら国民だって喜んで税金投入を指示するだろう。

20 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:57:01.25 ID:N2iLhBmp
ないない

21 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:58:23.31 ID:Gzcm6Z2a
別に復元なんてしなくていいから、新造のイージス艦を建造して改めて大和と名づければいい

22 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 21:59:46.78 ID:Rv5Gk9Ws
>>14
どこから突っ込んだら良いんだろうか・・・先ず戦闘機ってのがどんな航空機なのか
を知って欲しい、そして水平爆撃機と急降下爆撃機と雷撃機も知って欲しい

小型軍用機=戦闘機じゃないし、軍艦=戦艦でも無いんだけどこの辺は良く誤用され
ちゃうんだよな、軍事を全然知らないならそれはそれでアリなんだけど、何故か軍事
薀蓄語りで誤用されんだよね・・・

後、25mmの威力が低いって事は無いよ日本軍の戦闘機なんて20mm機銃でB-17とかの
爆撃機を撃墜してる、そこは有効射程・射高が不足とすべきだろうな

23 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:13:44.93 ID:jSmVzApl
┐(´д`)┌ヤレヤレ
大艦巨砲主義には脳筋だらけってのはほんとだぜ

24 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:21:32.95 ID:vaX75xYt
人を脳筋呼ばわりする前にアイオワが対何級を目的に建造されたのかくらい調べてからほざけ

25 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:24:13.35 ID:mVW9VFer
既にゼロ戦では太刀打ち出来ないレベルの戦闘機がムチャクチャ飛び交ってたんだよなw
機銃が当たっても装甲貫けないwバカスぎw

26 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:32:30.56 ID:Gzcm6Z2a
上でも書いてるけどゼロの機関砲は20mmだから
20mmまともに食らって貫徹しない航空機なんてそうそうないよ

貫徹しないんじゃなくて多少食らっても日本の航空機みたく直ぐに発火しないとか
パイロットの生存性が高い設計になってるとかそういう点で日本の航空機とは段違いだったはず
日本はほぼその方面は無視してたから、大戦中期以降熟練のパイロットの数がドンドン減っていってた

27 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:42:21.48 ID:jSmVzApl
>>24
アイオワ級は普通に対大和級に対抗するために建造された戦艦だろw
パナマ運河を通らないといけない都合で大和ほど無駄にでかく作ることはできなかったが。

28 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:42:43.40 ID:DcTmRPmx
対空機銃が弱いとか射程が短いとか言う前に
波状攻撃してくる800機ちかい航空機にVT信管もない対空機銃と高角砲でどうにかできる方がおかしい
高角砲なんて8門ぐらい斉謝したところでクリーンヒットは難しいし時限式じゃ弾幕に捕えるのも難しい
あれは複数の船から一斉に撃って当たればいいなぁ程度のものだよ

29 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:47:03.46 ID:mVW9VFer
大和とかスティグロに真っ二つにされそう

30 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:48:03.84 ID:DcTmRPmx
高角砲の有効射程が4000mぐらいかな?
魚雷を狙って投下できるのが1000mまで近寄ってから
間3000mなんて攻撃機で1分か?2分か?
その間に何発撃てるんだって話 しかも信管作動して破片が飛び散る範囲に敵機が入ってくれればいいけど
予測射撃なんで狙いは半分勘だからな


31 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:50:55.52 ID:v/UQbIPO
ずっと高級士官用のホテル扱いで浮かべてるだけで
もうどうにもならなくなってから片道燃料で投げ捨てた戦艦ですね

巨大戦艦が時代に合わなかった云々は置いておいても、もうちょいマシな運用はできなかったのか

32 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:50:59.30 ID:B9+y4hZ7
ちなみに45口径46cm3連装砲塔は対地・対艦だけみたいなイメージあるけど
対空としても威力発揮してたんだぜ。
主砲三式弾と呼ばれる素晴らしい物があった。

33 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:53:17.33 ID:DcTmRPmx
95式鉄鋼弾とか言う良い物もあったけどなw
三式壇は武蔵が使って一編隊全滅してから分散して攻撃するように対策が練られてた
それにあれで狙うのって目をつぶって網を投げるようなもんだぞ

34 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:53:50.21 ID:Flmfhj5b
大和のアウトレンジ攻撃なんて全弾撃ちつくして2〜3発しか当たらんからな。
マジの撃ちあいならお互いの射程距離に入ってからになる。
すると大和には副砲って言う最大の弱点がある。
んで弾薬庫に誘爆して終わりって可能性ある。

35 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:55:44.03 ID:vaX75xYt
>>27
防御力は1世代前、サウスダコタ級と同等なのに対大和?間違いなく長門以上なのはわかってた大和に対抗?
そもそもの要求仕様が防御力据え置きで33ノット以上出せること これでも対大和?
 
アイオワは高速力ゆえにアメリカ軍をさんざんてこずらせた金剛級への対抗艦
大和に対抗するのに速力重視で設計するヤツはいねぇよ 


対大和級は日本の弱体化で建造中止されたが、モンタナ級 パナマ運河拡張して導入する予定だった。

36 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:55:50.43 ID:iDqEIeGg
もはや航空機が主体に変わってたから、ホテル大和には出番がなかったんよ・・・

37 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:58:42.57 ID:Flmfhj5b
三式弾は撃つと露出した対空機銃手が海に落ちたり機銃の銃身とか照準
が歪んだりするトラブルやら砲煙で視界なくなったり邪魔でしかないんだが。
元は「対空戦の時主砲が遊んでいるのもったいなくね?」って言う貧乏性が原点
だからなw

38 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 22:59:27.66 ID:DcTmRPmx
ドイツのシャルンホルストみたいに装甲を軽くして引き撃ちに徹する方法もあるからな
スピードも大事な要素だよ
引き撃ちされると逃げる船の射程は長く追いかける船の射程は短くなる 当然追う方が狙うのも難しい
足が早ければ回避行動しながら逃げれるんだから

39 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:00:04.56 ID:gXwL4+kr
良い意味でも、悪い意味でも語る所、浪漫の一言に尽きる艦。

40 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:01:13.29 ID:3k4mA68W
大和って死ぬのが解ってて戦線へ向かったってのが浪漫を生み出してるんだよな
欧米でも大和が米軍に執拗に爆撃されてるフィルムは普通に放送されてて
大和=日本帝国の最後の船って感じで受け取られてるみたい
実際は他にも船は沢山生き残っててアメリカに沈められたんだけどな

41 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:01:57.03 ID:iDqEIeGg
建造に100万単位の人間が関わったって知ってた?
勿体無い・・・・

42 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:03:06.06 ID:B9+y4hZ7
>>40
あと大和は単機で向かったってのもあれも違う。
ちゃんと護衛艦は付いてた。

43 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:04:13.90 ID:9XtfvUjY
大艦巨砲主義はすでに時代遅れの代物ではあったがロマンはある
プラモでも人気あるのはやっぱり華がある戦艦

44 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:05:03.05 ID:Flmfhj5b
勘違いされがちだが、大和ってのは設計学的には平凡な戦艦でしかない。
PCが時代と共に高処理、大容量化したように戦艦も大口径、厚装甲化が進む
のは当たり前の話。
んでその戦艦時代の最後に出たのが大和だったってだけの話。
あれだけの性能をあの大きさにまとめたのは優れているって意見もあるが、そ
れにはやはりどこか無理している部分が当然ある訳で・・・

45 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:06:47.45 ID:iDqEIeGg
大和より空母作ってたほうが良かったね・・・

46 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:06:53.55 ID:ZDh3xnvK
ただのシンボル

47 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:10:00.58 ID:DcTmRPmx
武蔵作った時の話とかみると当時の世界基準じゃありえないほど頑張って作ってる
分厚い装甲をものすごく大きいリベットで留めるんだけど角度が少し違うと外すのに一日がかりだったとか
すさまじい職人の技量のたまものだよ
庶民が自動車も持持てない国なのに船に関しちゃものすごく技術が高い
一方ニューヨークでは通勤のマイカーで渋滞が起きてた

48 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:10:06.97 ID:rv4rHYWq
装甲空母信濃の出番だな!

49 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:10:30.48 ID:B9+y4hZ7
なんとか俺が死ぬまでに一度は大和の45口径46cm3連装砲塔が火を噴いて
発射するところを見たいわ。
もうその場で死んで良いから甲板の上でその光景を見たい。

50 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:10:53.81 ID:Flmfhj5b
>>45
それは結果論でしかない。
あの時代はまだ航空機による攻撃など未知数だった訳で、そんなモンにそれだけ
の金と時間と資材を使う訳にはいかなかった。
アメリカの場合は空母つくりつつ戦艦も作る余裕があっただけの話で先見の明が
あった訳ではない。

51 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:11:36.53 ID:iDqEIeGg
そうそう、ただのシンボル(笑)
戦闘にほとんどでず、ホテル武蔵などと揶揄されてたw

52 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:11:46.30 ID:9XtfvUjY
>>44
まぁちと無理があったのか速度は遅かったね
そのため空母の護衛に就けず、燃料もバカにならない量喰ったもんだから大和ホテルなんて揶揄されてたな

かわぐちかいじに聞きたい
俺のじーさんが乗ってたはずの愛宕はあの後どうなった?

53 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:12:26.90 ID:GpE7To9H
一億特効の先駆け

54 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:13:37.65 ID:v/UQbIPO
大和は1億4000万円でゼロ戦は7万円だったらしい(ネットで適当に見た価格なのであってるかはようわからんが)
船と航空機を単純に比較しても仕方ないとは思うが2000機分とはなぁ

55 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:13:49.10 ID:WSS3ep0h
超大和っていう大和の次世代艦も建造予定だったらしいな
超大和はないわ……

56 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:14:12.11 ID:Flmfhj5b
そもそも、大和一隻動かす燃料で機動艦隊1個が稼動出来るからね。
そら、動かせんわwwwww

57 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:14:24.20 ID:DcTmRPmx
あれだけ金かけて世界一を作ったのにそれを使わないまま「戦えません」とは言えなかったんだよ


58 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:14:41.62 ID:3k4mA68W
日本も空母は持ってたけど撃沈されすぎて
戦艦を空母に改装したりしたんじゃ無かったっけ?
昔の事なんでよくわからんけどググったら結構な数の空母が出てきた記憶はある

59 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:16:11.08 ID:DcTmRPmx
空母なんて作るのに四年とかかかるからな
戦艦なんて設計から考えると八年ぐらいだ
戦争に入ってからポコジャカ作れたのはアメリカだけ

60 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:18:25.89 ID:Gzcm6Z2a
>>49
現在の巡洋艦クラスの艦艇でも搭載してる砲は127mm程度
そんな豆鉄砲が1門程度しかなない現在の艦艇に、大和級が10隻でかかっても勝ち目はないだろ

46cm砲なんてクラスの砲がが火を噴くところを見れる人間は
それが大和のだけではなく、未来永劫現れないだろうw

61 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:20:06.39 ID:9XtfvUjY
>>58
日本は大量生産出来なかったため、客船や郵便船に補助金出して空母に改造しやすくはしてた
隼鷹とか飛鷹がそう
戦艦も改造はしたものの、速度が遅く使い物にならなかった
しかも時間がなかったので改造は後部甲板だけという中途半端なものにw
伊勢や日向がそう
空母赤城と加賀は主力になれたけどね

62 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:20:40.54 ID:DcTmRPmx
大和なんて今の護衛艦にかかったらミサイル一発で終わりだからな

63 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:21:19.37 ID:WSS3ep0h
大和型戦艦を空母に改造したのはいいが、まだ未完成のうちに撃沈された悲惨な空母があったな

64 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:21:29.38 ID:Flmfhj5b
とここまでレスしといて言うのもなんだが、大和とアイオワがガチで撃ち合った
ら実は大和の圧勝と考えている。
最大の理由は乗組員の技量による。
これは戦後に事実だった事が立証されているが、日本は米に比べて3倍の命中率
だった。

65 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:22:40.27 ID:Gzcm6Z2a
>>62
護衛艦とか子供だましの造語は使うなよぅw

66 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:22:55.55 ID:DcTmRPmx
日向とかあれじゃ攻撃機も戦闘機も乗らないから偵察にしか使えないんじゃないの?
北上とか連れていればそれでも雷撃司令塔としていいかも知れんが

67 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:23:28.18 ID:raGFWaM2
ミノフスキー粒子みたいに、航空戦力無効化する方法が見つかれば復権するな

68 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:23:59.04 ID:BBz9CM0h
>>63
確か信濃だったっけ?

戦艦大和、最後の特攻には俺の祖父の弟が乗ってたわ。
大和ミュージアムの戦没者名簿だったかにも名前載ってた。

69 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:24:24.80 ID:Flmfhj5b
>>61
用兵思想が間違っていた。
艦隊決戦ではなく対潜目的とかの護衛空母として使うべきだったと思う。

70 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:26:07.04 ID:Gzcm6Z2a
>>67
ミノ粉は航空戦力が別に無力化する訳じゃないぞ
誘導兵器やレーダーが限定的にしか運用できないから機動兵器の重要性がますってだけで
艦艇が有利になるわけじゃないぞ

71 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:26:23.95 ID:iDqEIeGg
超長距離からレーザーかな
アニメなんかでは演出上すべて可視(笑)だが、実際に戦闘に使われるのは不可視領域、当然だけど(笑)

72 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:27:29.70 ID:Flmfhj5b
伊勢とかの戦艦空母は史上最大の欠陥品。
主砲撃ったら衝撃で艦載機壊れてしまうw
つまりどっちかにしか使えん訳で。

73 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:33:57.73 ID:B9+y4hZ7
実際に大和を復元させるって事になったら朝鮮人や中国人は文句言ってくると思う?
大日本帝国の復活か!とか。

74 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:36:53.71 ID:N2iLhBmp
憲法解釈から火器搭載はできないだろうし現状戦艦なんて役に立たないけどなんくせは付けてくるだろうな

75 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:37:52.30 ID:Gzcm6Z2a
何年か前、映画の男たちの大和で使ったセットをつかまえて、中国のゴシップ紙が
日本の帝国主義の復活とかなんとかって記事にしてたなw
まぁあちらさんに民主主義国で言うところのゴシップ紙なんて物があるかどうかは分からんが

て言うか復元してどうすんだよ、新造艦を二代目大和にして、それを海自の旗艦にすりゃそれでいい

76 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:39:16.76 ID:Tn6z6vNy
どうせなら宇宙戦艦大和を作ったらどおか

77 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:41:36.41 ID:sakkQ8jL
大戦中にどの国よりも空母の重要性を知ってたのは日本海軍なはずなんだが
陸軍が力持ってて、しかも途中から色々指揮系統がおかしくなったのがなぁ

78 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:42:08.45 ID:BBz9CM0h
>>73
超大騒ぎするんじゃない?
場合によってはアメリカ・ヨーロッパ辺りも騒ぎそうだ。
日本国民はそう思ってないだろうが、日本って国は過去のこともあるし
衰えつつあるとはいえ経済大国だから他国にとっては相当怖い国だろう。

79 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:42:27.93 ID:Gzcm6Z2a
ちなみにスタートレックの世界でも大和はUSSヤマトとして復活してるんだぜ
作中に大破しちまうけどねぇw

80 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:43:16.78 ID:Flmfhj5b
大和ミュージアムで非難の嵐だったからなw

81 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:50:47.16 ID:BBz9CM0h
映画で使った大和のロケセット見に行ったけど
砲身が塩ビのパイプ、もしくは鋼管っぽさバリバリで
装甲もいかにもペラペラの薄板です、って感じでちょっと萎えたわw

82 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:55:22.43 ID:Tn6z6vNy
もし本当に大和復刻したら他国は相当脅威に感じるだろうな
「あれ実は巨大ロボットに変形するんだぜ…」とか
「外見は同じだが中身は超ハイテク兵器満載でレーザーとか装備してるんだぜ」とか
一部外人は日本人なら何でも作れると思い込んでるフシがある


83 :既にその名前は使われています:2011/08/04(木) 23:57:50.25 ID:B9+y4hZ7
ロマンage
そして寝る

84 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 00:03:04.72 ID:iuqYIgDr
あ。明治の「おいしい牛乳」からセシウム検出されましたー。
http://www.mynewsjapan.com/reports/1468
13.5ベクレル/kgだってさ。タダチーニ症候群でそのまま販売するってよ。ケッ

ちなみに、LAWSON牛乳も中身は、明治“おいしい牛乳”です

85 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 00:05:40.56 ID:iFq2u1zX
>>78
映画のセット作っただけで、既に中韓(と、何故か国内から)には盛大に叩かれてますがw

86 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 00:19:20.52 ID:B/SoIlCT
>>52
無理があったのではなく、もともとトラブルを避けるため、機関部に枯れた技術を使ったから遅くなった

裏目に出たけどな!

87 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 00:22:52.10 ID:Gx/znORx
俺は白い塗装がされた武蔵の方が好きだな。やはり少数派か・・・・・

88 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 00:35:59.78 ID:qIpijDcO
あれが戦艦大和だ、日本の男の船だ。忘れないように、よーく見ておけ

89 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 00:54:30.14 ID:ZyrYSckf
浪漫だけを追求した結果戦場でまったく成果を上げなかったという

90 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 00:56:38.11 ID:oO6vJdh+
http://www7a.biglobe.ne.jp/~r246/topics/070906.html

91 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 01:48:19.48 ID:+Z6npCo7
日本こそ空母の集中運用の先駆けだったのになぁ
大和は出てくるタイミングが悪かったね
空母になった3番艦は魚雷4発で沈んじゃうしさ…

だいたい月刊空母とかやっちゃう、あんなチート国家と正面から喧嘩するって無理無理

92 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 01:49:18.89 ID:+Z6npCo7
>>89
優先されたのはロマンじゃなくて官僚(軍人)の論理でしょ

93 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 02:06:34.11 ID:DXE62zNv
空母の有用性がわかる前から作り始めてたし、日本戦艦の中で唯一対空装備がまともな艦だし
運用がどうしようもなく糞だっただけで、大和自体は出てくるべくして出てきた物だな
空母云々はまぁ、レーダー、カタパルト、高馬力エンジンにVT信管と向こうはいろいろ揃い過ぎだしどうせ無理

94 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 02:52:50.94 ID:z24ObFJP
主砲全力射撃した後に交換必須な砲身が
規格外過ぎて数揃わなかったとか聞いたことがある

95 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 03:56:28.90 ID:jWtnno3R
スレ見てたら提督の決断やりたくなってきたな

96 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 04:01:42.53 ID:tG9P0qlY
イージス艦あたご一隻をあの時代にワープさせたら
大和を救うことはできた?

97 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 05:52:37.42 ID:xSTGqMzv
救援中に衝突事故起こすから間に合わなくて無理

98 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 06:02:01.85 ID:/5OrHA0/
大和が出てくるころのアメリカ船団+航空部隊をイージスだけで防ぐのは無理だろ
核武装イージスなら何とかなりそうだけど

99 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 06:19:38.34 ID:iv5KKTDo
月刊空母わろたw

100 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:01:12.16 ID:2pIH4pNf
男たちの大和だと甲板に機銃員たち待機させたまま主砲発射してたけど
あれリアルだとどうなるの?
耳塞いどけば耐えれる轟音なのかね

101 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:04:03.80 ID:zJtslIfv
生き残りの人が証言してたけど走りながら主砲打つと一瞬あの船体が止まったらしいな
実際に止まったかどうかはわからんが体感ではそう感じたらしい

102 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:10:58.57 ID:Iz2bh004
>>100
死ぬ
耳塞げばとかそんな次元の音じゃ無い。
主砲は音の衝撃波で人が吹っ飛ぶ破壊力。

103 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:11:29.15 ID:7SdIi/rz
戦艦大和にロマンを感じてる方には申し訳ないが
開戦直後に完成した時には既に時代錯誤の兵器。
連合艦隊のスピードに付いていけず
大戦中はずっと基地に停泊、
豪華な内装、エアコン付きで高級将校の宿泊施設がわり。
ついたあだ名が日本が支配地域の駅前に建てたホテルから
ヤマトホテル。

このまま戦争に負けちゃやばいべで
沖縄の浜にわざと座礁させて固定砲台にする。
それすら叶わず途中で撃沈。

負けるべきしてアメリカに負けた日本と日本人
それを象徴的する珍兵器。
なおかつ戦後もこれをもてはやす平和ボケ。

104 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:22:49.77 ID:xTbVIuuk
ソロモンの戦いで投入していたら戦局が変わっていたと
いう意見があるけど、実際は燃料不足で動けなかったんだよな。
出撃すると、トラック島の重油タンクが一気に空になるという…。
なので出撃する駆逐艦の重油タンク代わりになっていた。

マリアナ、レイテ沖海戦に参加できたのは、出撃地が石油産地のブルネイだったから。

105 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:30:28.34 ID:Iz2bh004
大和はアメリカのとの戦争のために作られた物じゃ無くてロンドン海軍軍縮条約が失効して
イギリスやアメリカが新たに戦艦を増やすだろうってことに対抗するために作られた脅し。
資源に劣る日本がそんなにいっぱい船を作ることは出来なかったから、数で勝るイギリスやアメリカに対抗するには「卓越した個」っていう力で
打破しようとした。
その頃の日本帝国は軍事力は世界有数だったけど欧米からは「アジアのサルがwww」ぐらい
に舐められてたしね。


106 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:37:14.88 ID:Iz2bh004
アメリカは日本帝国に建造中の大和型戦艦について情報公開を求めたが日本は当然だんまり。
そして14〜16インチぐらいの主砲の戦艦は作ってくるだろうと予測してアメリカは対抗するためにアイオワ級戦艦を
建造したら実際の大和の主砲はそれを大きく上回る18インチという主砲を搭載した化け物戦艦だった。

107 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:51:18.38 ID:xIFswitV
お前ら詳しすぎw



108 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 07:58:06.11 ID:7SdIi/rz
現在の90式の戦車砲でもドイツのラインメタル社のライセンス品。
砲身のような金属加工には高度な精度と技術力が要求される。
当時のラインメタル社は46センチ砲の開発は諦めている。

招いたラインメタル社の技術者が日本の技術力の低さにあきれ果てたように
当時のドイツ以上のものが造れる訳もなく。
つまり大きさだけの粗悪品てわけ。

109 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:03:58.47 ID:rjTM0m/p
大和クラスが有効だったら今も作られてるはず
もう勝負はついてるから

110 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:08:27.44 ID:Iz2bh004
まあ今じゃミサイルが主流になっててあんなでかい艦砲を乗せる必要なくなったからなw
今後また大和型戦艦みたいなのが建造されるとしたら巨大レーザーでも発射する兵器が開発
されたときじゃないかなw

111 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:17:40.61 ID:y6OE7itS
「あれがダメ」「これがダメ」なんてのは十分分かってるんだよ。
その上でのスレタイだろ。ホント空気の読めない奴ばっかりだなw

112 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:19:43.44 ID:/t6KXpIV
船体を無数に区切ってたんだっけ?絶対沈まないとか

113 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:22:12.44 ID:2pIH4pNf
そして大和と言えばバルバス・バウ

114 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:22:58.10 ID:Pe0Q8IP2
>>111
粗大ゴミにロマンなんか感じてるから
お前の部屋は片付かないんだよ

115 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:24:36.40 ID:aV1qnSvc
零戦開発でも、工作機械の稚拙さでドイツからメッサーシュミットもらってもまともにコピペできなかったしな。
あげく、イギリス ウィッカーズ社製の高速戦艦 金剛が大活躍、金剛コピペした戦艦も微妙。

まあ、>>1のロマンってのは正解だとは思う、ロマンだからな。

お前らの言う体感巨砲時代遅れうんぬんで言うなら、空母 瑞鶴くらいは名前覚えておいてほしい。

当時で言うなら妙高みたいなのが、hentai japanのスピリッツ感じる艦だとは思う。

116 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:35:36.96 ID:1mwWmlyu
大和とガチで撃ち合うことを空想するならモンタナ級だべ

117 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 08:53:08.77 ID:B/SoIlCT
>>99
30機程度しかつめないが、週刊空母というものもあったぞ カサブランカ級
1943年5月に1番艦 1944年8月に50番艦が就航 50て・・・
民間の船を接収して空母に改造したやつも含めりゃ80近い
これに加えて軽空母だけで31隻造船してる 100超えたね


日本はというと正規空母が 雲龍、葛城、天城、大鳳、そして信濃  軽空母で千代田、千歳、祥鳳、龍鳳
最後改装空母で隼鷹、飛鷹
合計11隻

無理無理無理かたつむり 勝てるわけがない

118 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 09:11:13.15 ID:/t6KXpIV
ミッドウェー海戦勝って赤城とか残ってたらどうなったんだろう

119 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 09:13:15.70 ID:7SdIi/rz
勝てるわけないどころか大戦後期には
日本海軍は稼働作戦艦ゼロ。
海軍は消滅してるがな・・

120 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 09:22:44.55 ID:B/SoIlCT
>>118
ミッドウェーに大勝利!米外軍壊滅! になったとしても結局物資の関係上、日本は南方に進出せざるを得ない
南方に進出しても、結局兵站限界超えるので戦力維持は不可能、
また再生産されたアメリカとの泥沼の消耗戦を経て、同じシナリオをたどるかと


121 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 09:56:08.70 ID:1HkYiHQC
大規模な戦争じゃ往々にして起こることなんだけど
それまで磨いてきた戦い方が千戦術の変化で陳腐化することがあるんだ
でも新戦術なんて実戦で試してみないと分らないから命がかかってる兵隊は信頼性のある古いやり方に固執する
日清戦争でも長射程 大口径 低連射の大砲撃ちながら接近して仕留めるという当時の主流の戦術と
高速艦で一定距離保ちながら小口径の方を連射する戦い方 このどちらが有効かわからなかった
幸い日本のやり方がそれからの主流になるわけだが


122 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 10:04:50.66 ID:LmiktnEO
ヤマトも浪漫(笑)だからな〜

123 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 10:08:14.43 ID:aV1qnSvc
■正規空母
鳳翔 龍驤 蒼龍 飛龍 大鳳(笑)
翔鶴 瑞鶴
雲龍 天城 葛城

■魔改造空母
加賀 信濃(笑) 龍鳳 伊吹
赤城
祥鳳 瑞鳳
千歳 千代田

■護衛空母
神鷹 海鷹
飛鷹 隼鷹
大鷹 雲鷹 冲鷹(笑)
あきつ丸 熊野丸

124 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 10:10:41.52 ID:7SdIi/rz
戦術も変わるが、
アメリカ合衆国が戦争の概念に持ち込んだのは
戦場での勝敗で優劣を決めて講和の概念から
相手国の完全な消滅で勝敗を決める総合戦争。
これに日本は対応できなかった。結果、大日本帝国は地球から消滅。

125 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 10:37:11.50 ID:aV1qnSvc
まあ、大和より台湾 旗艦になった雪風ちゃんのほうがちゅっちゅっしたいだろ。

ttp://digitalarchives.tw/Theme/CCC/CCC2/CCC2_b.jsp

単行本・・・
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4847037782

126 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 10:47:36.49 ID:Zv8RKdzs
>>10
海江田ァーッ!!

127 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 11:03:03.80 ID:zlTmNorI
もう遥かな昔のものだけど大和の評価というものは結局コレに尽きると思う
http://www.warbirds.jp/truth/torpedo4/13.html

128 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 11:05:09.75 ID:R8aDWvcY
おらの爺様は沖縄特攻時に大和と一緒に沈んじまっただ

129 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 11:14:31.77 ID:vEInsrp/
>>4
アメリカは大和と正面から艦隊決戦やる気満々だったよ
米国の戦艦を主力とした艦隊が待機している予想ルートには来なかっただけ


130 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 11:19:18.07 ID:fCDZqWnS
知りあいのじーさんのお兄さんが大和造るのに参加してて
製造中の大和見せてもらったって聞いたのは羨ましかったw
甲板を戦車が走ってたとかどんだけデカイんだよww

131 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 11:24:55.49 ID:XJgWlt3K
チハたんは身軽だからな

132 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 11:39:02.68 ID:zUkArDDy
儚くも散った戦艦だけど
この艦の生まれから最期までを知ると
何かしら訴えるものがあるんだよな

浪漫ってもの勿論あるけど
それ以上に無常というか
そういうのを感じてしまう

133 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 11:43:22.73 ID:wGXtE4T1
ガンダムのミノ粉みたいに航空機が役に立たなくなる、もしくは飛べなくなる設定を追加すれば大艦巨砲ロマンティックが加速しそう

134 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 :2011/08/05(金) 11:53:04.10 ID:/j1j6nvx
今でも海底に眠ってるってのがロマンを感じる

135 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 11:55:50.88 ID:iv5KKTDo
>117 初回の建造船は大特価で建造か

実は大和に使われている金属はレアメタルだった!みたいな衝撃の事実があれば引き上げを真剣に考えるキッカケにw
ならんか・・・現在の技術では引き上げ不可能ってのも浪漫があるんだよね

136 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 12:31:03.54 ID:Zv8RKdzs
今は深海生物のホテルなのか。

137 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 12:38:34.05 ID:cFh9e7E0
>>96
できない
物量に押されて大和とともに沈められるのがオチ

>>115
金剛は機関を改装したから速くなったんだけどね

アメリカの空母は護衛も含めりゃ>>117の言うとおり週刊空母だw

138 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 12:40:05.26 ID:vEInsrp/
航空機が飛べなくなったら普通に海上艦は潜水艦に駆逐されて主流から外れるだけ

139 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 12:46:04.91 ID:vEInsrp/
月刊空母
週刊護衛空母
隔週バトルシップ
デイリーフリゲート週二刊ザ・デストロイヤー
週刊クルーザー

WW2のアメリカはこんな感じwww

140 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 13:52:51.62 ID:B/SoIlCT
それでいて対独戦にシャーマン4万両以上叩き込んでるんだぜ?いやになっちまうよな

141 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 13:55:17.82 ID:jcFTSbeK
しかも大量生産しつつ品質も保ったからな
学徒動員で色々作らせてた日本じゃ無理だわな

142 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:01:53.84 ID:vOBro/l5
空母の時代なのに大和造った日本はアホw
→物事の前後関係を知らないお前がアホw
お前流に言うなら、新戦艦を10隻造ったアメリカはもっとアホw


143 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:05:40.07 ID:OioyqFJW
どしたー?

144 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:12:33.68 ID:1HkYiHQC
船ができるのに数年かかるんだよな
戦争が始まってから空母が主力と気づいてもそれから作ったって間に合わないのよ
イタリアなんて戦艦はそこそこ持ってたのにあんまり使ってない
イギリスだってPOWと空母の組み合わせで日本をかく乱できると思ってたし
日本の飛行機の性能が高すぎてPOWが沈んでから舐めすぎたことを気づいたけど後の祭り

145 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:13:35.73 ID:Zv8RKdzs
>>139
漫画の「ジパング」で菊池が門松を抹殺して
その後、イージス艦をフル活用しても勝てたか怪しいなこれ…

146 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:15:17.33 ID:W3xO6WZP
>>144
どうしてもマイケルジャクソンをイメージしちまう

147 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:17:04.12 ID:zUkArDDy
アメリカさえ参戦しなければ
もう少しマシな戦争になったのかな


148 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:17:27.63 ID:Lj5sj3nW
POWは1942をイメージするな

149 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:19:04.09 ID:Lj5sj3nW
>>147
そして中国全土を掌握した大日本帝国は2011年に列車事故車両を地中に埋めちゃうんですね

所詮歴史なんてそんなもんだ

150 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:20:02.26 ID:1HkYiHQC
日本も量産するために技術力の割には頑張ってたぞ
戦時標準型と言って底を平にして生産スピードを上げてた
工程は省けて期間短縮できるけど魚雷にでも当たらなければそうそう耐久性には支障なかったらしい
その頃のアメリカの軍艦は日本に曳航してくる途中に真っふたつに波で折れたりして
「ありえねぇwww」って笑ってたそうな  長崎造船所にいた人の話
その後はどんどん笑い事どころじゃ無くなって行ったらしいけど

151 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:22:16.32 ID:cFh9e7E0
>>145
フル活用して辛うじて引き分けだっただろw

152 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:29:46.54 ID:IMo27pN+
そもそも技術力とか以前に
既に国家組織がグダグダだったしなぁ…
中央の統制がきかない派遣軍だの首相暗殺だの
あれじゃどうにもならんで

153 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:31:55.40 ID:vOBro/l5
大和型戦艦は図体の割に超安く造られている
絶対額では、勿論値上がりしているけどな

46センチ砲を載せた事で、アメリカ新戦艦3タイプ12隻を陳腐化したったったwwwって戦後設計関係者が著書に書いてた
そういう意味でも超お買い得

「戦艦としては」な


154 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:34:49.25 ID:1HkYiHQC
46センチ砲と言っても偵察機による測定射撃でしかその射程を生かせないしな
光学観測じゃ20キロも狙えたかどうかだと思うんだが

155 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:36:14.31 ID:kApb62tM
ペンは銃よりも強し
所詮売国奴の一言よりも弱い船

156 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:38:10.63 ID:1HkYiHQC
それを言うなら銃は剣よりも強しだろ・・・・んん〜名言だな

157 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:38:15.11 ID:IMo27pN+
ペンの力はたしかにすごいよね
朝日新聞とかの当時のブン屋がさんざん国民を煽ったのも大きい

158 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:41:06.97 ID:yKPYuSV9
>>156
掘るほーす乙

159 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:46:04.32 ID:jcFTSbeK
>>154
レーダーが使えたら充分運用できてたかな?

160 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:57:35.32 ID:vOBro/l5
第二次大戦の戦艦は、レーダーの有無に関わらず砲の進歩に対して管制能力の向上が伴っていない
大和は30以遠も狙えるように訓練されているけど、実戦では難しいだろう
相手も自信満々で、照準精度を優先して返針しないならまた別かもしれないけど


161 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 14:58:25.48 ID:7SdIi/rz
>>149 中国全土なんて支配できてねえよw沿岸部だけだ。
アメリカとの開戦にあたり、勝てますとうそぶく
杉元陸首に開戦に反対する昭和天皇が
「中国の時もお前は同じ事を言った、大平洋は中国の何倍広い?!」
一喝したのをお忘れか?w

162 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 15:13:13.81 ID:awOMioGW
当時は、「大和」って艦名自体も軍事機密にしていた
北朝鮮も真っ青なお間抜け情報統制国家

163 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 15:18:34.75 ID:L4Lwx9vR
帰ったら男たちの大和でも観直すか。
あの銃撃戦は脳汁が出る

164 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 15:55:40.53 ID:uKXIjlVK
中国なんて政権不安定な国家少し攻めればすぐ音を上げるだろ
→人民を捨て駒にして激しく抵抗
アメリカとか軍事大国でも少し痛手を負わせてやればそれ以上の被害を恐れてすぐ経済封鎖解くだろ
→全力で日本の国家基盤を潰しに来る
ロシアとかこの前傷めつけといてやったから不可侵条約を結んどけば大人しくしてるだろ
→自国が有利と見るや条約とか無視して平然とした顔で攻めてくる。降伏など通用しない

165 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 16:01:00.98 ID:Lj5sj3nW
>>161
お前、俺が言わんとすることなにもわかってないだろw

166 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 16:07:52.44 ID:Jf5WDB17
国民党叩きすぎて、中国共産党が力持っちゃったのがそもそもの間違い
中国戦争のあたりからやりなおそう
太平洋戦争からのIFなんかどう転んでもいい結果にならん

167 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 16:22:32.61 ID:OGUImbiQ
大和にはロマンを感じるが純粋に兵器として見た場合
費用に見合った被害をアメリカに与えられたのだろうか
この点が気になる

168 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 16:32:46.76 ID:V6G8HL6n
アメリカにコテンパンにされて原子爆弾2個落された
資源も無い国が今こんななのが異常なんだけどな。

169 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 16:37:40.89 ID:Jf5WDB17
ミッドゥー負けたあたりで、当初の戦争目的(陸海軍にそんな高度なプランがあったかは別にして)の
達成は不可能になってたんだから普通の国ならあそこで講和して終戦になる。
日本がどこまで負け続けても負けましたはいすいませんでした、といわないもんだからアメリカはビビって原爆落とした

170 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 16:51:01.45 ID:2XODQX9T
せめて真珠湾攻めた時のような艦隊運用ができた人間がトップだったら
真珠湾攻めた時点で空母の評価は自ずと解ってただろうし
航空戦力や潜水艦なんかももっと力入れてたんだろうけどな
時代遅れの陸軍が力持ちすぎて暴走したのが海軍の短い寿命を更に縮めたな

171 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 16:51:55.04 ID:fCDZqWnS
原爆落とした一因に東京大空襲後の日本の民衆の落ち着きっぷりもあったっていうの聞いた事あるな。
アメリカは
普通は空襲を受ける→混乱する→治安の悪化→国内の変化から全面降伏へ
と思ってたら日本人は空襲受けても治安がそこまで悪化しなかった
それでもうこれは原子爆弾落とすしかない
っていう話。

172 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 17:24:42.43 ID:jcFTSbeK
東京大空襲で十数万人死んだんだっけ
考えてみりゃ原爆並だな

173 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 17:31:14.85 ID:QJm9pl62
主要都市や工業地帯て結構酷く爆撃されてるんだよな

174 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 17:36:20.38 ID:OGUImbiQ
>>171
へぇそんな話もあるんだ

でも原爆に関してはは戦後の覇権を確立するためのデモンストレーションと
人体実験してみたい!って大きな理由があったわけだし
落とすまで日本が降伏しないよう外交工作してたって説を押すぜ


175 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 17:38:21.17 ID:2pIH4pNf
原爆はロマンじゃねーぞ

176 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 17:39:52.22 ID:cFh9e7E0
>>167
全くと言ってよいほど与えてない
ガンビアベイ沈めたのは金剛だと言われてるし

177 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 17:39:58.36 ID:Zv8RKdzs
教科書や絵本に載ってる大空襲関係の話も怖かった。
炎に囲まれて動けなくなった親子のお母さんが、子供を助けるために自分の涙と血を塗って
最後はペラペラになって飛んでいってしまうってお話聞いたら夜眠れんかった。

178 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 17:50:12.25 ID:jcFTSbeK
ちょっと違わね?

炎に追われて立ち往生、ああ、水があれば…

なんと母乳が出てきた!早速子供にかけよう

足りるわけありませんでした!取り敢えず水をひたすら念じる

水がなにかわからなくなったころ、母親の全身から血が吹き出し、子供に降り注ぐ!

火が収まったころ、母親はペラペラになっていて笑みを浮かべて風に吹かれて飛んでいった!子供の運命やいかに!

こんな感じの話だったはず

179 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 17:56:32.59 ID:UHHoqwft
紺碧の艦隊でも見てこいよ
日本勝ちすぎでワラけてくるぞ

180 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 18:05:19.83 ID:Zv8RKdzs
>>178
うお、これだ!あいまいな所全部教えてくれてありがとう。


181 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 18:14:29.63 ID:vOz8zSu9
紺碧の場合はアメリカに本気出されたらかなわないってことで、直されてもとにかくパナマ運河だけぶっ壊してたイメージ
旭日とかになるともう好き放題やってるけどねw

しかし世の中にはアメリカ逆上陸して本土征圧してしまう架空戦記もあるのです

182 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:01:10.89 ID:fCDZqWnS
>>174
国家規模の計画だから理由が一つというのはないと思うのであくまで一因だと思ってるw
WW2後のことも考えたら、その説もそのまま肯定できるし。

183 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:03:20.59 ID:1mwWmlyu
>>167
相手をアメリカではなくイギリスと考える。
戦争序盤の日本軍優勢の時期に艦隊保全主義を捨てて積極的に前線に出ていれば
費用に見合った損害を与えたかもしれん。



184 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:08:03.23 ID:B/SoIlCT
そもそもの目標が漸減作戦による勝利だった以上、その使い方はありえない

大和を否定する前に、漸減作戦に変わる作戦を出してから言うべきかと

185 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:38:24.26 ID:vOBro/l5
予算的に大和は金剛の代艦
遅くとも10年以内に、金剛・扶桑型は大和型とその改良型戦艦で置き換えられる予定だった

大和型戦艦2隻
改大和型戦艦3隻
超大和型戦艦2隻
合計7隻

対するアメリカはと言うと…
N.カロライナ級2隻
S.ダコタ級4隻
アイオワ級6隻
モンタナ級5隻

何この升
救いは、両洋に分散配備される事だな
後は、日本側は旧式戦艦の魔改造により、ある程度戦力として数えられる事か

186 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:42:26.88 ID:2pIH4pNf
高度成長期を迎えたアメリカ相手にガチでやりあったのなんて日本ぐらいだし
そこは評価しても良い。
ソ連(笑)なんてアメリカを意識はしてるけど戦争する度胸はなかったしな。

187 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:46:50.22 ID:+2sTWZ76
そこは度胸じゃないだろ

188 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:48:41.90 ID:Iz2bh004
いま第3次世界大戦が起きたら

ロシア・中国・北朝鮮・イラク・イラン vs アメリカ・日本・フランス・イギリス

おおざっぱになるとこんな図式かな。


189 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:48:59.36 ID:LQDMWzHS
6日の原爆の日を前に、戦時中、日本に強制連行されるなどして原爆の犠牲になった韓国人の
慰霊祭が、5日、広島市で開かれ、被爆2世のシン・ヒョングン韓国総領事も初めて参列しました。

慰霊祭は、広島市の平和公園にある韓国人の慰霊碑前で行われ、ことし広島に赴任した被爆2世の
シン・ヒョングン韓国総領事も初めて出席しました。

式には200人余りが参列し、この1年間になくなった7人を加えた2663人分の韓国人の死没者名簿を
慰霊碑に納め、全員で黙とうを捧げました。

シン総領事は「韓国人の原爆犠牲者に対して、心よりご冥福をお祈り申し上げます。原子爆弾が、
この地球上で使用されてはならないという亡くなった人たちの叫びが聞こえてくるようです」と述べました。

主催者によりますと、広島では、朝鮮半島から強制連行されるなどした2万人以上が原爆で死亡したとされ、
慰霊祭は、ことしで42回目になります。

参列者は、最後に全員で慰霊碑に花をささげ、亡くなった人たちを悼んでいました。

総領事も参列し韓国人慰霊祭 - NHK広島県のニュース
http://www.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/4003960081.html


190 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 19:51:31.39 ID:vOBro/l5
魔改造長門は火力・防御力共に条約型戦艦と同じかやや上回り、速力で1〜2ノット落ちる有力な戦艦

魔改造伊勢は、火力は長門に匹敵する上防御力も低くはなく、速力は同等な優良品

魔改造?扶桑タソは火力は長門に匹敵し、速力も実用上問題無い程度の差である
が、防御力は一段落ちる


191 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 20:43:36.42 ID:9E2hxn7R
日本<昔からの想定通り漸減作戦でいくぜ!
アメリカ<なにおぅレインボー・プランだ!
日本<色々あって航空攻撃で真珠湾だ!マレー沖だ!
アメリカ<む!ならばこちらも空母量産だ
大和<ano...

192 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:15:17.95 ID:Jf5WDB17
真珠湾なんてコスイことするからグタグダと戦争続けるハメになったわけで
漸減作戦とって最初に艦隊決戦して、すっぱり負けてればよかったんだ

193 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:22:17.76 ID:zJtslIfv
>>192
だよなぁ
奇襲で開戦とかいかれた真似するから在米日本人が事前に出国出来なくて酷い目にあったしな
未だに恨まれてると思うよ


194 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:22:27.13 ID:2pIH4pNf
ロマンチックage〜るよ〜♪

195 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:24:18.01 ID:Iz2bh004
>>192
>>193
侍の血を引く大日本帝国はちゃんと正々堂々と宣戦布告してます。
アメリカの情報伝達がお粗末で上層部にその情報が伝わらなかった。
ってのが近年明らかになってきた。

196 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:26:45.49 ID:pDxQtODu
外務省が送別会開いてて宣戦布告を送らなかったって与太話もあったなw

197 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:28:29.67 ID:tiWYbd2m
あれ嘘なんだ?

198 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:28:50.20 ID:zJtslIfv
>>195-196
まじかよ糞箱売ってくる

199 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:32:11.13 ID:2pIH4pNf
まあそもそも日本も大規模な艦隊や飛行部隊で真珠湾を攻撃したんだし
それの接近に気づかなかった〜何てことがあるわけないんだよね。
アメリカさんを含む当時の欧米諸国がアジアのサルごときが喧嘩売ってくるなんて夢にも思ってなかった
だろうし油断があったんだろう。
歴史ってのは戦争の勝者によって都合良く作られるし、アメリカはプライド守るために日本が卑怯な不意打ちをしたってことに
したんだろうアメリカは。

200 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:33:57.87 ID:c+QaFclp
そもそも、宣戦布告なんて国際法ではそんなきまりはない。
国交断絶した段階でいつ戦争状態に入っても国際法上問題はない。

201 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:39:46.49 ID:1HkYiHQC
宣戦布告は中世ヨーロッパの慣習だからな
「これこれこういう理由でお前が今いる土地は元々俺のじいさんの部下の物だからつまり俺の物ね
どーせ納得いかないだろうから一戦やった後でお話合いしましょうか」
・・・って言うのが宣戦布告の意味
キリスト教徒同士が戦争するのは表面上禁止だったから講和ということで話し合いの形をとる
イスラム相手だと奇襲から始まってどこまでもやるよ

202 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:44:47.94 ID:XSDz9QNC
戦艦=狩人
空母=戦士

203 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:47:59.32 ID:wBWay0I7
戦艦藤戸

204 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:55:29.28 ID:xTbVIuuk
>>199

油断も何も最初から舐めていたし。

植民地にいたのは正規軍に遠く及ばない二線、三線級の部隊。
航空機も最新鋭機じゃなくて旧式機。日本航空隊は、独伊以下と思われていた。
艦隊も英東洋艦隊が派遣されたけど、本国艦隊、地中海艦隊と比べると規模が小さい。
本気になっていたのはオランダぐらい。

だから半年も経たずに欧米植民地軍がたたき出されたんだけどね。

205 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:55:58.36 ID:2pIH4pNf
連合国
ソビエト連邦 アメリカ合衆国 イギリス 中華民国(重慶) 自由フランス オーストラリア ニュージーランド カナダ オランダ 南アフリカ連邦 など

枢軸国
ドイツ 大日本帝国 イタリア王国 フィンランド ハンガリー王国 ルーマニア王国 ブルガリア王国 クロアチア スロバキア タイ 満州国 ヴィシー・フランス
中華民国(南京) 蒙古自治邦政府 自由インド イラン帝国  など


第2次世界大戦時の互いの勢力だけど枢軸国の方が強そうに見える不思議w


206 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:57:03.70 ID:qIpijDcO
空母より柔らかい戦艦とか聞いたこと無いので抜けますね

207 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 21:59:15.59 ID:Iz2bh004
>>205
他はオマケみたいなもんで実際は

連合国
ソビエト連邦 アメリカ合衆国 イギリス  
vs 
枢軸国
ドイツ 大日本帝国

こうだろw
更に言えばもう第2次大戦時のドイツは落ち目も良いところ。

208 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:01:07.48 ID:1HkYiHQC
イタリアには失礼だが
東洋艦隊があんな小規模で派遣された理由はイギリスの日本軍に対する過小評価があったんだよ
イギリスは日本軍機の能力をイタリア程度と考えていた
つまり燃料全部使っても200キロ程度しか飛べないと
戦闘機はもっと航続距離落ちるはずだから片道燃料で当てずっぽで飛んでくる攻撃機程度は空母の艦載機で十分だと・・
実際はマレー半島から零戦と一式陸攻が多数飛んできて空戦した挙句魚雷ボコスカ当てられて沈む

209 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:04:39.18 ID:Iz2bh004
大日本帝国にやられた大国って明らかに油断というか過小評価というかそんなん多いよね。
バルチック艦隊もそうだしw

210 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:06:12.59 ID:2pIH4pNf
ロシアは未だに負けたと思ってないみたいだけど、ロシアに戦争して勝った国って
日本だけじゃね?

211 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:06:16.63 ID:cFh9e7E0
指先で突かれたらそこから腐る戦艦ですね
分かります。

212 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:09:46.88 ID:H1UXEcTu
外務省のミスで奇襲前に宣戦布告文書はアメリカに届かなかったけど
ちゃんと天皇の名において宣戦布告してるよ。

国際感覚を持っていた天皇はアメリカに勝てないことを知っていたから
宣戦布告文書に「国際法の遵守」の文言を入れろと
無理難題を東条陸相に要求するんだけどね。

「陛下、開戦の緒戦は中立国タイのハロン湾への侵攻になっています。
中立国の侵攻はそもそもが国際法違反。
宣戦布告文書に国際法の遵守を謳えば、陛下は嘘つきになりますよ」

もはや王にも勝てない相手との戦争をとめられないわけね。

213 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:13:10.45 ID:1HkYiHQC
バルチック艦隊の不幸なところは日本の諜報活動によるデマを信じて黒海出るまで時間かかったのと
途中で増援の旧式艦待つために炎天下の南アフリカで数カ月足止め食らって兵士の士気が低下
さらに兵士も日本がどこにあるのか何時つくのか知らないまま放置されて
日本近海についたころには地上戦はとっくに終わって制海権とる意味がなかったのとか色々ある
でもバルチック艦隊もあっさり負けたわけじゃなくて日本軍の挑発に載らずに出会い頭意表をついていきなり転進して
そのまま逃げに徹して日本軍の作戦の看破を謀ったり努力はしてる

214 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:15:03.24 ID:Iz2bh004
しかし第2次世界大戦で最も悲惨な目に遭ったのは原爆落とされた長崎・広島や
大空襲にあった東京・大阪ももちろんそうなんだが個人的には沖縄が一番酷い目に遭ったと
思うんだ。
タイトル忘れたけどそういう本読んで沖縄の悲惨さが一番感じた。

215 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:15:12.48 ID:aIdVk6SM
ヤマトのことはよくわからんけど戦艦オタやら軍史オタやらが会して面白いスレだ

216 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:15:31.88 ID:NWFGac72
>>210
モンゴル

217 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:18:20.04 ID:vOz8zSu9
>>213
要するに諜報も、指揮系統も、知識も、戦略もだめだめじゃんwそれは不幸なのかw
バルチック艦隊乗組員視点なら不幸かw

218 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:18:30.88 ID:aIdVk6SM
うちのばあさんが空襲時に逃げ込もうとした防空壕
満員で入れなくて他に行ったんだけど 防空壕に爆弾が落ちて全滅だったそうだ
一歩間違えてれば俺もこの世にいない

219 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:24:52.25 ID:9E2hxn7R
>>212
>もはや王にも勝てない相手との戦争をとめられないわけね。

対米戦突入の前から日本の国はとっくにガタガタだったんだよ…
統帥権干犯とか言って虎の威を借る狐みたいな小賢しい理屈こねやがって、まったく
あんなことするやつらは故国を守る防人じゃない
自分らの組織・権限の拡大や保身に血道を上げる、ただの糞役人だ

>>213
バルチック艦隊さんはほんとにアンラッキー
ドッガーバンク事件なんか、なんの偶然か知らんけどトラファルガー記念日とかw

220 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:34:03.22 ID:/t6KXpIV
>>215
第2次大戦のゲームやりながらネットで実際はどうだったんだろうって調べると面白いよ

221 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:40:05.58 ID:H1UXEcTu
>>210 アメリカ

全面核戦争で直接対決のできない米ソ戦で
アメリカは経済戦争をソ連に仕掛けるわけ。
舞台はアフガニスタン。
ベトナム戦争の戦費で国が傾くほど経験をしたアメリカは、
それを教訓にソ連のアフガン侵攻で介入するわけ。

公開された文書でアフガン侵攻の半年も前に
大統領補佐官の「アフガンをベトナムにできる」との大統領への報告がされている。
その前からアフガンで諜報機関が仕込みをしてたとも憶測もできるね。

戦争は外交の最終手段。戦わずして勝つこそ最上なり。孫子
セオリーどおりだね。

222 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:41:47.22 ID:pDxQtODu
最近動画見てるからかhoi2が思い浮かんだ

223 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:42:16.19 ID:oD6hyoSi
みんな貧乏が悪いんや(´;ω;`)

224 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:43:44.85 ID:Iz2bh004
でも日露戦争は日本人でも勝ったって思ってる人は少ないんじゃね?
戦争賠償金も貰ってないしアメリカが説得はしたがロシアは「俺達はまだまだやれるぞゴルァ!」って
感じだったし。
むしろ日本側が資金的に限界が来てて日露戦争を是が非でも終わらせたかったって感じの方が強い。

225 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:44:29.15 ID:1HkYiHQC
孫氏は基本だが偉大だよな
日本の反戦教育も文明国として尊い考え方だと思うけど
孫氏の基本ぐらいは理解したうえでとなえてほしいな
特に 「戦力が一方的過ぎたら戦争になるけど 拮抗してれば話し合いになる」ってところ
世界史好きの俺としてはこの考えに賛成

226 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:47:35.47 ID:l0ft4rmM
>>224
ヒトラーは、日本と露を挟み撃ちにすれば
露をなんとかできると思っていたし、独は日露戦争の結果を評価していて信頼されてたと思ふ

227 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:49:34.47 ID:1HkYiHQC
当時の日本なら制海権さえ取ってれば守れたからな
今でも似たようなものだけど 今の日本だと輸入止められたら2週間で白旗あげるしかない

228 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 22:55:12.67 ID:2BwDtwWb
日本の輸送艦とか商船とかアメの潜水艦とかに沈められまくったんじゃなかったっけ?
ってちょっと調べたらすげー沈められてワロタ

日本の戦争被害1
-第二次世界大戦における船舶の損失-
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5215/war-damage-ww2-j.htm

229 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 23:23:34.96 ID:H1UXEcTu
日露戦争の結果は東京でも暴動がおきてるからなー
ユダヤ財閥から戦費の借り入れまでしてるからねぇ

230 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 23:39:50.02 ID:oD6hyoSi
>>179
ハハッ!

231 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 23:47:30.94 ID:opzh1VRh
紺碧の艦隊は日本人が自尊心を満たすためのかわいそうな漫画とか海外で言われてた

実際そうですとしか言えん

232 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 23:49:11.19 ID:cFh9e7E0
まぁあれだけ無双してりゃそう言われる罠w
イ号のうち1隻沈められてるはずだけど小さい1コマだけの扱いだしw

233 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 23:49:40.86 ID:9E2hxn7R
漫画はまだしも原作小説は読むのにかなり精神力がいったな

234 :既にその名前は使われています:2011/08/05(金) 23:52:04.68 ID:c+QaFclp
>>228
それどころか本来潜水艦を狩るはずの駆逐艦まで潜水艦に沈められてるw

235 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 00:19:40.71 ID:OUFskAtJ
インディアナポリス撃沈した伊58の艦長が大戦末期になると瀬戸内海から外海にでたら
もう米潜水艦の雷撃受けたって書いてたきがする
あと映画「深く静かに潜行せよ」の舞台が豊後水道だったなw
あんまりだろwどんだけ制海権失ってんだよw

236 :一昔前の火葬戦記:2011/08/06(土) 00:24:11.18 ID:jrInc14D
大和の名前と46センチ砲の組み合わせは、有り難い言霊の効果で必殺必中です
射程外から一方的にパーティーです
外れた弾はごくたまに水中弾と化しますが、むしろ初めから手前の水面を狙うのは基本ですね

敵弾もたまには届いたりしますが、大抵砲塔天蓋に当たり、弾かれた!?と言わせる為の演出です



237 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 00:24:54.99 ID:vBshUWWf
そりゃ沈める船が無いからって米運ぶ木造船まで撃沈してたくらいだしな

238 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 00:30:31.55 ID:neV1HW8s
日本は最後は漁船に機関砲一個と電信機だけ乗せて哨戒艇としてB29が見えたら本土に連絡させてたからな
さらにはその漁船すら行きがけの駄賃で跳反爆撃と機銃掃射でやられてた


239 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 00:33:22.36 ID:zj7MefFT
陸軍と海軍の諍いを知ると本当に戦争に勝つ気があったのか疑問に思えてくる

240 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 00:33:52.41 ID:cn25ICU9
一方ロシアは何時の間にか勝ってた

241 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 00:40:12.79 ID:z6U8z5Zz
>>239
省庁や派閥間の利害調整したりメンツ立てたり
内部が丸くおさまるような調整人事の方がずっと大事なんだよ!
「和を以て貴しと為す」は戦争の勝敗より優先されるのだよ

242 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 00:44:16.76 ID:5lSO0fzB
太平洋戦争は、開戦理由からしてイミフ

243 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 01:05:04.49 ID:cn25ICU9
日露戦争に勝利し、盧溝橋事件に端を発した日中戦争を押し進めるなど、
アジアにおける日本の勢力が脅威になってきていた。
アメリカは既得権益の最終的な放棄、日中戦争の即時中止、
包括的な不可侵条約を締結するという内容のハル・ノートを突きつけた。
これは日本にとって、インドネシアからの石油供給が止まる事と同義であった。
しかし、実際には試案であり、強制力はなかったはずであるが、
一部の好戦派がさも最後通牒であるかのように伝え、
天皇陛下に「開戦やむなし」と言わせてしまう。

こうして、陛下の命令として太平洋戦争の火蓋は切って落とされた。
時に1941年12月1日の出来事である。

244 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 01:19:33.19 ID:q+gJVsGa
>>241
皮肉だろうけど十七条の憲法は一度全文を読め

245 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 01:26:25.30 ID:Gg6DivH5
1945年8月12日、日本政府は中立国のスイスを通し
天皇制の存続だけを条件にアメリカ政府に降伏を打診する。

アメリカ政府の返答は、無条件降伏以外は認めない。
天皇と日本国政府は連合国占領軍に隷属する。
然るべき占領期間の後、日本国民の望む政府に
その主権を返還する。

1945年8月15日、ポツダム宣言受諾。無条件降伏。

246 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 01:38:53.45 ID:5lSO0fzB
仏印進駐したあたりからもう日本はやる気マンマンと取られてたしな
ハルノートが最後通牒どころの話じゃねぇよ

247 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 01:46:25.36 ID:Li9PL5io
主砲は轟音+熱波でうかつに撃つと作業に支障きたすから別のに変わったんだっけ

大和は秘密だったっていうけど知名度がなかっただけだよね?
仕官乗組員の家に写真配ってたりしてるし、口止めされてる節もないし


248 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 01:54:57.24 ID:Qk9Bywc/
>>247
超国家機密
現場で作業してる職人にも46cm砲とは知らされなかった
それどころか海軍上層部の将校さえ許可なく現場に立ち入りは出来なかった
国民も終戦まで連合艦隊の旗艦は長門と思っていた
大和の存在が広く知られるようになったのは戦後になってから

249 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 02:20:47.79 ID:mS4SXFhj
紺碧の艦隊の原作の半分は、
自己の利益に走らない事を前提としたマルクス主義を
延々と書き連ねる作者の主張でできています

2になったら2/3が主義主張で萎えた

250 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 02:39:13.98 ID:zj7MefFT
紺碧の艦隊は逆行した後のことはともかく
何故かそれ以前の日本の工業技術レベルが跳ね上がってるのが納得できなかったな

途中で宗教&よくわからん思想の主張ばっかになって高校生の俺ですらついていけなくなったんだが、結局完結したのか?

251 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 :2011/08/06(土) 03:36:41.28 ID:XccyvjyW
うんうん

252 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 03:38:53.71 ID:aTtiFrKy
なんか秘密基地に戻るたびにテーマソング流れてなかったっけw

日本の策は全てハマる、しんへいきで大勝する、これだけなら良いんだけど、
味方サイドの人間が上から下まで全員が全員、無私無欲で勤勉勤労で優秀てのにはウンザリしたなw

253 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 03:40:24.75 ID:zjD92Rm2
クーラーも完備だし、ラムネ製造器も完備
俺は大和しか乗りたくないね


254 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 03:47:04.84 ID:z6U8z5Zz
>>252
宇宙の方のヤマトでさえ

イスカンダルに残ってここを第2の地球にしようぜw
あ、女はいただいとくなwww

って連中がいたのにね

255 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 07:55:09.50 ID:rt25PoHD
提督の決断シリーズは2が一番好きだった

256 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 08:58:31.70 ID:sY5G2C44
現在でも欧米のような旅客機や戦闘機のジェットエンジンすら日本は造れない。
造船より高度な技術を要求される航空機はもっと悲惨。

欧米が水冷エンジンの戦闘機どうしで戦い、
アメリカが4発スーパーチャジャー搭載のバケモノ爆撃機を量産。
与圧キャビン、熱線グローブ、熱いコーヒーをすすりながら極寒の高度1万Mを侵攻。
あげくに大戦末期にはジェット戦闘機F-80を量産体制

日本は水冷エンジンを造れば冷却水だだ漏れ、スーパーチャージャはエア漏れ
欧米が大戦初期と後期で出力を倍近くあげ、ラストはジェットを実用化させるのに
日本の水冷戦闘機は殆ど稼動できず、元々低い空冷エンジンの出力も微増。

大戦末期は決してB=29の高度まで揚れない戦闘機のパイロットの防寒具のために
日本は野良犬、猫の捕獲をしてた。

257 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:04:15.74 ID:IwsisVbP
もともと早期終結を狙ってたんしょ。
天皇陛下の質問に、一年は存分に暴れてみせますと山本五十六だったかな?
誰かが答えたそうな。
実際、一年間はよくやってた。

それが想定外の5年も持ちこたえたんだから大したもんだよ。

258 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:08:33.96 ID:17B+dbBM
多大な犠牲を出しつつ本土にも大量の爆撃食らってた状態を「持ちこたえていた」とはいわんだろ
せいぜいがガダルカナル防衛くらいまでじゃね

259 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:09:46.01 ID:IwsisVbP
そんなの主観だw
とりあえず、開戦から終戦までは5年だ。

260 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:09:48.72 ID:6uX82/QB
>>114
>>111じゃないけどこれは耳が痛いwww

261 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:12:20.55 ID:mf5EP2wE
真田さんがいたら撃沈されなかったのに。

262 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:17:20.26 ID:TLxahv1T
まぁ、実際は3年8ヶ月だけどね。

さらに言えばマリアナ沖海戦以後の1年間は残敵掃討。
損害を度外視して屍の山を築いて米軍の侵攻を遅らせているだけに過ぎなかった。

確かに開戦後1年間は米軍と互角に戦った事はすごい。


263 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:20:05.84 ID:d3lXA414
それはアメリカがヨーロッパ戦線を優先していたから

264 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:22:09.90 ID:Gg6DivH5
講和など許さないアメリカに講和狙いてのが
はなから間抜けな話であって・・

265 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:29:25.35 ID:5lSO0fzB
普通なら最初に一年で講和するんだけどな
そこで、負けましたといえないのが戦前日本の異常性
戦力残したまま講和すれば全面降伏なんか突きつけられなかったし
朝鮮半島が二国に分かれることもなかったし、樺太取られることもなかったし
台湾も(おそらくは)日本領のままだった
中国と満州を諦めるか、満州の共同開発で決着がついたはず
石油をはじめ日米の交易が再開され、十年早い高度成長期が訪れる

266 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:38:23.46 ID:Gg6DivH5
日本とアメリカが戦争をやってるのに
日本主観だけで語る人が困るよな。
日本からみれば第二次大戦は対米戦だが、
アメリカの第二次大戦は対ナチス。

ナチス崩壊後は定年過ぎて再雇用された司令官の戦争は
空前の好景気でわく本土からすれば
「あら、戦争ってまだやってたの。」

267 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:48:57.80 ID:lJ6w/urf
1943年1月のカサブランカ会談で枢軸国に対して無条件降伏を要求する方針を
確認しているわけだから戦力を残したまま講和に臨んでもほぼ無条件降伏を
要求してくるだろう。

268 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:56:07.73 ID:5lSO0fzB
戦力すり潰してさえいなければそれを背景に交渉の余地もあるはずなんだが
ハルノートで交渉もせずいきなり開戦しちゃった考え無し国家が
最初の条件でおまえら無条件降伏な、といわれたらやっぱり継戦してしまいそうではある
弱腰だと首相暗殺されかねないからやっぱコテンパンに負けるまで戦争やっちゃうかなw

269 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 09:58:12.67 ID:ZcRgF9yp
>>266
そんなこといったら
別に第二次大戦は、日本と米だけが戦争していたわけじゃないし
話が広がりすぎて取り止めなさすぎちゃうじゃん

270 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 10:06:13.79 ID:6wKZ4fZP
今のロマンは原子力潜水艦だねぇ

271 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 10:08:07.08 ID:ZLYBdK3H
隠密行動が基本の原潜には華がないw

272 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 10:09:27.97 ID:Gg6DivH5
原潜ほしいよな・・
なに?ディーゼルって(笑)

273 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 10:15:37.11 ID:5pnhBKBp
>>272
原潜キラー、「たつなみ」の深町さんがいれば問題ない

274 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 10:54:19.40 ID:jrInc14D
28/30センチ砲艦がド級
34/36センチ砲艦が超ド級
これ以上の艦も全て超ド級に含まれるが、あえて言うなら
38/40センチ砲艦が超々ド級戦艦
43/46センチ砲艦が超々々ド級戦艦
48/51センチ砲艦にもなると超々々々ド級戦艦という訳が分からない事になるな


275 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:02:45.69 ID:YRBNyc/X
80センチ列車砲ドーラもロマンの塊だろうjk…


276 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:06:03.99 ID:AvmNgk4K
戦艦自体が時代遅れの兵器になっていたとか
帝国海軍の戦略の混乱とか
とりあえずそういうのはどうでもいいんだ

大和級のデザインは素晴らしい
優美さすら感じる

277 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:13:53.81 ID:sY5G2C44
珍兵器にロマンだと
歪ながらも人を殺す道具に

278 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:18:31.05 ID:0NA8Sn3a
ロマンと死は相性の良いものだぞ

279 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:21:23.42 ID:TLxahv1T
俺的に美しいと思う戦艦

第1位 ヴィットリオ・ベネト
第2位 ビスマルク
第3位 長門(改装後)

280 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:36:08.33 ID:GKSQwJco
ひっそりと造られていた大和
活躍を見たかったな
集中攻撃を受けずに活躍していたら、戦局は変わっていたんだろうか

281 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:39:35.33 ID:rt25PoHD
資源を得るために南方攻略が必然で他の選択肢がほとんど無いのがな

282 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:41:18.55 ID:fKuJMi5C
1大和
2アイオワ
3キーロフ
4ニミッツ
5クズネツォフ

こんな感じかな

283 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:42:18.17 ID:egj2V/6n
日本は太平洋戦争をどう展開するかは初期の戦争計画で長期不敗体制を作る構想
以外はなかったと言ってよい。
その後の戦争の推移を見て臨機応変に対応するって言ういい加減な考えしかなかった。
山本とか一部は早期講和の構想を持ってはいたがどうやって実現させるかは手探りの状態
でしかなかったし。

284 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:46:48.94 ID:/yumDwEw
山本さんに任せてパナマ潰してから後は悠々と西海岸の造船施設潰してればよかったんだよな
そうすれば膠着状態に持ち込めてさっさと一抜けできた

285 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:49:16.55 ID:aYE55v3E
だから、アメリカ主観で考えてみなよとw
講和なんてあり得ないんだから

日本から攻撃されればナチスに参戦の大義ができるわけ

286 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:51:36.59 ID:egj2V/6n
パナマを潰しても大西洋周りのルートあるし復旧に数ヶ月程度かかる位
しか壊せないのであまり意味ない。
造船施設やドッグなんかは欧州大戦じゃ連日港に大爆撃を続けても壊滅的
被害を被る事はなかった。
そもそも、どうやって西海岸に対規模攻撃しかけるのは教えて欲しいもんだw

287 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:54:16.31 ID:P0Ia9Iib
適当に好きな形の艦

1位 最上(後期型 航空巡洋艦)
2位 妙高
3位 鳥海

288 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 11:56:49.75 ID:/yumDwEw
西海岸側の造船施設を潰してパナマも潰せばただでさえ忙しい東海岸側から対日本の艦船を出さないといけないし
北ルートにしても南ルートにしても相当に疲弊するんだよ
ロシアの二の舞になる
そこで「こんなのお互い疲弊するんだからここらで手打ちにしよう」と持ちかければ講和で終われた

>>286
油断しまくりからの不意打ちで大勝利だった最初の電撃戦でさっさと潰しとけばよかったんだよ
馬鹿な陸軍が「いいからさっさと戻ってこいや」とか命令するもんだから復旧の時間を与えた上に空母の有用性に気付かせてしまった

289 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 12:07:01.88 ID:egj2V/6n
>>286
どんな戦術使おうともハワイ攻略は無理。
電撃戦ってどうやるか知らんがハワイを拠点として篭られてはどうしようもない。
やがて魚雷の欠陥を無くした米潜水艦に通商破壊されまくって終わるのは目に見えている。
同じく米豪ルート遮断も無理。
そもそもどうやってパナマ潰すんだ?伊400とかの特潜型も艦載機も開発終わってない状態
で、しかもあんなバカデカい潜水艦なんぞ沈められる為に行くようなモンw
長距離移動が疲弊すると言うなら日本はもっと疲弊してしまうと思うんだが?

290 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 12:13:09.65 ID:cn25ICU9
まあアメリカ視点なら「釣れたwwwwww」って感じだったろうね
思ってたより日本の戦力が高くて焦ったかもしれんが
それも米国内の厭戦感情を抑えるのに貢献してしまった

291 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 12:16:29.28 ID:egj2V/6n
マジでそんな感じだろうね。
実は真珠湾攻撃も予想はしていたし。
ただ、当時の常識として魚雷攻撃は無理だから爆撃のみ、しかも日本の
攻撃機wじゃ損害軽微で終わるだろwってタカくくってた節がある。

292 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 12:21:30.08 ID:aYE55v3E
大戦時の日本とアメリカのGDP差は最大50倍。
あえて現代で比較すれば
タイがアメリカに宣戦布告するようなもの。
どうなるかわるでしょw

なかなか戦争の決断はしないが一度戦争を決断すれば
相手の国体を崩壊するまでやめない。
アメリカ軍の伝統であり、アメリカ合衆国の国是。
講和とかないから、まして雑魚相手に。

293 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 12:24:50.52 ID:egj2V/6n
勝っている間は講和条件として到底アメリカが納得出来ない条件を出してしまう
だろうから講和は無理だし、負け始めたらアメリカは講和は必要ないしな。
無条件降伏を勧めるのみだろうね。

294 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 12:26:55.16 ID:egj2V/6n
そもそも早期講和出来る位外交スキル高いなら開戦を回避出来るだろって言うwwwww

295 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 12:34:38.53 ID:aYE55v3E
んだね、戦争は外交の最終手段―孫子
講和とかあり得ない目標を立てた時点であほだっていうw

現代のタイが外交でアメリカに追い詰められて
ハワイの第7艦隊司令を奇襲して合衆国に宣戦布告。
アメリカから有利な条件の講和を狙ってとかw
他人事ならアホだと分かるだろ。

296 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 12:43:55.38 ID:/yumDwEw
>>289
ニミッツさんも言ってたと思うが、最初の電撃戦のタイミングだったらハワイを占領できてたんだよ

297 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:00:20.20 ID:zj7MefFT
仮にハワイ占領できたとして日本から6000`も離れた場所なんて補給が続かずに終了だろう
むしろ精鋭の艦隊や航空隊を無駄に消耗することになってもっと早く戦争終わったかもね

298 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:02:05.42 ID:neV1HW8s
ハワイの維持は無理だろうね
焦土と化すにも結構広いしな
日系人含めた民間人をどうすんだって考えたらやるだけ無駄

299 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:09:23.42 ID:/yumDwEw
いや、そのアメリカの提督さんが「あのタイミングでハワイとシンガポール取られてたら講和するしかなかった」って言ってるんだよ

300 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:14:44.27 ID:neV1HW8s
アメリカも序盤はかなり苦戦したからな
零戦に無双されてF4 FもP40もパタパタ落とされて
サンフランシスコの軍事工場を必死で欺装してたぐらいだから
確かにあのころが一番アメリカが日本軍を恐れてた


301 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:15:16.21 ID:Qk9Bywc/
いやいやハワイ占領なんて無理だし
>>297の言うとおりだと思う
ハワイまでの通商ルートを徹底的に破壊されて糸冬だと思う
まぁそれで済めばいいんだけどさ
ハワイ占領したらアメリカの怒りは有頂天だろうなぁ

302 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:20:21.13 ID:neV1HW8s
維持できるかどうかじゃなくて
太平洋の主要拠点を取られて主力艦潰されて
他の船の生産体制も整わず兵隊の数も錬度も足りない状態じゃ
サンフランシスコに空襲でもされて講和って流れになる可能性があったって事だろう
講和と降伏は違うのでハワイが日本の物になっておしまいってところかな?

303 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:23:38.55 ID:rsj2ae3C
本土爆撃なんてした日にはそれこそ大逆襲食らうとおもうが
ハワイは占領さえできれば補給は南方の制海権が取れるとすればなんとかなるんじゃない

304 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:29:30.16 ID:/yumDwEw
>>301
「あのタイミングだったらハワイ取れたのに何で取らなかったんだ?ジャップは一体何を企んでるんだ?」って尋問されてたりするんだぜ

305 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:29:50.68 ID:neV1HW8s
序盤は本当に零戦を恐れてたからな
アメリカと日本の航空機のナンバリングの方法が違うから0年式の爆撃機も攻撃機も
全て零戦だと思って「すごい強さ」と言う奴もいれば「そうでもなかった」というやつもいて
謎の戦闘機だった。半信半疑で戦闘に入って撃墜されていった
パイロットの視力からして違うみたいで初っ端に雲の隙間から米軍の先頭の3機を潰して
各個撃破していったり・ 巴戦で潰したり



306 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:30:33.05 ID:7VyTiQ9s
カメハメハ大王を人質にすればよかったんだよ

307 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:31:01.30 ID:X6h0AaLX
アメリカの物量の壁を攻略するには原爆しかなかった
日本も当時研究してたみたいだけどユダヤ人研究者抱き込んだアメリカに
田舎の学童動員しただけの日本が勝てるわけないよなー


308 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:33:03.83 ID:neV1HW8s
原爆の理論を作った本家本元のドイツのユダヤ人がアメリカに亡命したからな

309 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:33:29.04 ID:wGMpuzyV
>>1
世界が笑う俺たち日本人の【三大失敗事業】とは何か?

1.戦艦大和
2.青函トンネル
3.JR式マグレブ

他にも成田空港などがあるけれど?
青函トンネルと争って僅差で青函トンネルの勝ち

310 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:38:46.33 ID:rsj2ae3C
いやぷりよしサラッと自分を日本人に入れるなよw

311 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:43:31.04 ID:Qk9Bywc/
>>304
ニミッツがそんなこと言ってたかなぁ
俺は知らんな
言ってたとしても多分リップサービスみたいなもんじゃないかと


312 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 13:45:19.38 ID:zj7MefFT
アングロサクソンが敵を褒めるのは
「こんなに強い敵に勝った俺は凄い」
と言いたいかららしいなw

313 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:02:21.47 ID:869n4ZjZ
対空砲の話で申し訳ないが
VT信管以前はどうやって敵機落としてたの?
炸裂させたい距離によって数種類の弾用意してたのかな?

314 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:07:37.76 ID:Qk9Bywc/
>>313
時限式
5秒後に爆発とか
VT信管は原爆以上の発明だと思う

315 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:14:38.44 ID:rsj2ae3C
タイマー式榴弾と発射台の目標高度設定の組み合わせだね

316 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:25:50.06 ID:Qk9Bywc/
うーんまぁ考え方としては普通だけどハワイ占領は色んな意味で面白とは思う
アメリカがどう動くかな?それに対して日本は?
地図見てるだけでも楽しいもんだ

317 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:30:43.02 ID:869n4ZjZ
>>314
なるほど時限式だったのか
アメさんよりも早く帝国海軍がVT信管に似たようなものでも開発し取り入れていたら・・・いやなんでもない

318 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:40:03.76 ID:epR7gFPI
VT信管付きの対空砲で弾幕が張られてると知ったら近寄りたくないよなw

319 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:41:29.10 ID:epR7gFPI
VT信管はアメリカの軍事技術の秘中の秘で回収されて解析される恐れのない太平洋戦線で使われたんだっけ

320 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:41:33.85 ID:sY5G2C44
>>311 その手の話は
米軍最高司令官の大統領に対する越権行為で公聴会を受けたマッカーサーの
日本のアジア侵略を擁護する発言をマッカーサーも認めたと拡大解釈とか。

日本軍最悪のインパール作戦の司令官、牟田口が英軍の関係者の発言を真に受けて
遺言で自分の葬儀で部下の無能で作戦失敗したと書いたパンフを配るとか。

自説に都合のいい解釈してるだけw


321 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:48:39.62 ID:/yumDwEw
尋問はニミッツじゃなくて捕虜になった飛行機乗りが受けた尋問(相手は知らない)のはず

322 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:49:10.76 ID:eWG170tZ
VT信管wiki読んだら
>開発にはマンハッタン計画(原子爆弾の開発計画)に匹敵する予算と科学技術陣が動員された。
うん、WW2当時で考えるとアメリカ以外では開発無理だ

323 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:52:09.53 ID:sY5G2C44
>>322 うんアメリカ軍の大戦中の3大発明。
B-29、原爆、VT信管
どれも日本には到底無理な兵器。

324 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:54:58.26 ID:KhlxWsfW
VT信管って敵機に近接したら作動するんだよね?
前から疑問なんだが、砲身内で作動したりしないんかな

325 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:57:44.44 ID:uNP9BrJA
神官学者かよwwwww

326 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 14:58:40.02 ID:TP9+iy4r
●<戦争計画がいい加減すぎるんだが…
■<それは高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応変に対応することで回避した

>>312
アングロサクソンじゃなくてもそういうのはやるよ
ほら、家康とかもやってるやん「真田は日本一のつわものよ」って

327 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:03:57.55 ID:869n4ZjZ
原子爆弾の影に隠れがちだが、こういった通常兵器の大革命をされた時点で日本は既にトドメさされてたんだな

328 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:04:51.74 ID:17B+dbBM
>>326
みすとさんwww

329 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:11:52.78 ID:TP9+iy4r
>>256
一線級のジェットエンジンを作れる国なんて数えるほどだし…
航空分野に力を入れてなかった戦後日本が作れないのはしょうがないにゃあ

>>323
一応、日本にもいい兵器もあるんだけどね
それはともかく、B-29に匹敵する重爆やVT信管を開発できたって
品質を保ったまま量産して効果的に運用なんて夢物語だしな
お金も資源もないし、各省庁(陸海軍含む)の間で揉めまくるし、
国内の人的資源の配分はいきあたりばったりだしで
結局、個々の技術力以前の話になっちゃう

330 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:14:43.20 ID:sY5G2C44
>>327 VT信管は原爆の陰に隠れてないよw
実戦で効果があったのはB-29やVT信管のほうが上だし。

331 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:16:11.95 ID:agpZ3ptH
なぜ男のロマンはお金の無駄遣いなのか

332 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:18:52.89 ID:Qk9Bywc/
>>329
どの国の海軍陸軍に仲違いはあったけど、日本は明治始まって以来の根深い確執だからなぁ
その時点でもう負けは決まってたようなもん

333 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:20:26.28 ID:jdxoSx4C
辻と牟田口だけは許さないよ!

334 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:20:48.40 ID:aYE55v3E
日本のいい兵器かぁ
二式飛行艇かなあ・・

335 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:22:58.23 ID:Qk9Bywc/
酸素魚雷はなかなかだと思う

336 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:23:33.94 ID:zj7MefFT
陸軍<長さの単位はセンチにする
海軍<陸軍と同じ呼び方は嫌だからサンチにする

子供かよw

337 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:23:40.38 ID:aYE55v3E
>>332 ミニッツとマッカーサーの確執も
小学生の喧嘩レベルだしなw

338 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:34:47.10 ID:aYE55v3E
勝った国はシャーマンとかホーカーハリケーンとかも
しょうもないのも救国の〜になるけど
負けた国は難しいよな。

P-51ムスタングみたいに現代の技術でもあれ以上のレシプロ機は
とかもあるけどな。

339 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 15:38:15.58 ID:Qk9Bywc/
そうか今日は原爆が落とされた日か
犠牲者に追悼

340 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 16:04:31.36 ID:869n4ZjZ
>>330
原子爆弾を投下される前にVT信管やビーコウの爆撃で軍部は戦争継続を諦めるべきだったな・・・
もうこりゃあかんってのを軍部が一番知ってるはずなのに
最後は丸裸にされてクソアメの爆弾の実験日として8月6日を迎える事になるんだな
色々と考えさせられる


341 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 16:19:52.89 ID:uKcp7dGL
50年代のアメリカは対空『核』ミサイルとかトンデモアイテムを真面目に研究開発してるしなw

342 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 16:23:44.95 ID:fZ6jJnFx
>>256
ボランティアじゃないから買ってくれるところが無いと作らないでしょ
買い手がいる小型機用のは割と良いの作ってるよ

343 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 16:28:39.93 ID:q+gJVsGa
>>341
ぜひ実戦で撃ってみて欲しかったなw
絶対アメリカも反核になってたでw

344 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 16:32:11.69 ID:fZ6jJnFx
もうフグスマのせいで核アレルギーでてるんじゃない?w

345 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 16:50:41.07 ID:sY5G2C44
>>340 敗戦の理由をどこまで求めるかで違うが
大日本帝国憲法の権力の構造の不備に求める人も多い。
明治に最初に法を輸入するのにあたって硬質法の大陸法でなく
英米法を輸入していれば違っていたかもと思うが。

法を運用する側にも権力と責任の不在があったのも確かかな。
近衛が内閣を投げたのも帝国憲法の不完全に求められるし、
敗戦で自決したのも責任の不在に求められる。

1000年以上天皇家の側近として仕えた近衛の自決を聞いた昭和天皇は
「近衛は弱いね。」と一言吐く。死ねば済むということではないと。

数百万の国民の死を最も痛感していたのは王である天皇だろうし
いちばん死んで逃げたかったのもこの人だろう。
この重圧は幼少時にかごの鳥で何を問われても無表情だった王子を
名君に成長させたのも事実。





346 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 17:04:31.02 ID:rHtoVmof
最近はトゥアハーデダナンみたいな潜水艦作られてないの(´・ω・`)?

347 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 17:13:55.74 ID:kCS92Be1
なんつーかレス見てると戦艦大和がロマンってより戦争が男のロマンみたいな
感じだなw

348 :名前?:2011/08/06(土) 17:14:04.59 ID:/0ngwid3
農耕民族の日本人が腹切り、特攻、玉砕的なことをやるんだからね、でも追い詰められたら
人間はやるってこと。すごい、裏返せば恐ろしい。
王政復古もいいか、帝王学を教えられる。管のバカ、バカ、バカがこの国の総理、
オーマイゴッド。私の名はヤマ・・・。

349 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 17:45:42.90 ID:OUFskAtJ
アメも品質はあんまりよくなかったみたいだったが
硫黄島守備についてた坂井さんが米艦の艦砲射撃で炸裂してる弾より不発のが遥かに
多いって書いてたしw

350 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:11:08.60 ID:egj2V/6n
ハワイ攻略についてトドメ刺しておく。
当時オアフ島には2個師団弱(1個旅団欠)とハワイ沿岸砲兵隊を中核とした5万の兵がいた。
もし不十分な兵力で上陸作戦を仕掛け、長期戦になれば水上部隊の疲労や燃料・弾薬等の補給の
問題、空母部隊の長期拘束による南方作戦の遅れ、米残存艦隊による反撃も懸念される。
ここから考えるに攻略には完全装備の2個師団と相応の支援砲兵、補給部隊等合わせて4万の兵力
と十分な補給物資が必要になる。
どれだけ輸送船が必要になるのかとwwww
あとこんだけの大船団で隠密にハワイに近づくとか無理ゲーw
しかも2週間船にスシ詰めとか兵隊も衰弱するし史実での奇襲も綱渡り感覚だったのに
ドコの誰がこんな無謀な作戦を承認するんだとw
もしいたらWD以上の無能司令部だわwwwwww


351 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:21:45.81 ID:6Kjv68p2
日本ならともかくアメリカは逆にやりそうだよな

352 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:25:08.54 ID:TLxahv1T
>>349

それでも当時のアメの品質は世界一ではないかと。

日本なんて配備した航空機一個飛行隊全部が飛べなかったり、
喪失が撃墜よりも事故の方が多かったりと散々だった。

坂井さんも零戦の無線機は雑音だらけだからって下ろしていたりするし。

353 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:34:21.32 ID:O22z2iBH
なんで日本は勝てないような戦争を始めちゃったの?
戦争を始めなければ、今頃、日本の領土はもっと広かったんじゃないの?

354 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:39:46.79 ID:5lSO0fzB
中国ってパイの切り分けに、中国利権をロクにもってなかったアメリカが口をだしてきて
中国と無関係の場所であるところの太平洋で戦争おっぱじめた当たりもおかしいんだけどなw

355 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:49:59.74 ID:aYE55v3E
何度も言うけどなー
アメリカにしてみれば対ナチス戦の大義が欲しいんだわ。
ナチの同盟国が仕掛けてくればヨーロッパに向かえるの。
イギリスに変わってヨーロッパの主導権をとれるしね。
日本軍程度は2軍を当ててればいいし。

356 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:52:20.21 ID:mS4SXFhj
アメリカが日本に送ったのと同一の文書を他国に送れば
非力なモナコ公国やルクセンブルク公国でさえ
必ずアメリカに対して武力をもって立ちあがっただろう
ってパール判事が言ってた

357 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:53:20.59 ID:zj7MefFT
実際ヨーロッパでは棺おけ扱いの「軽戦車」で日本の「中戦車」を蹂躙できたしな……

358 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 18:53:28.67 ID:kCS92Be1
勝てる喧嘩しかしないのは男じゃねーんだよ

359 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 19:00:54.83 ID:aYE55v3E
マーシャルプラン。聞いたことあるだろう。
大戦後のヨーロッパの枠組みだ。
マーシャルさん参謀総長。全アメリカ軍のトップ。

日本を占領しにきたマッカーサーさん。
大昔の参謀総長。定年過ぎて再雇用の将軍さん。

360 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 19:03:09.60 ID:mvo5e7jd
素言えばどっか出来居た記憶があるんだけどマッカーサー元帥って
アメリカだと知名度めちゃめちゃ低いってほんと?
そこら歩いてる人にマッカーサーの写真見せてもほとんどが誰それ?ってなるとか。

361 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 19:38:40.81 ID:+vNoKBeK
>>350
でもアメリカ側の複数の将校が山本五十六最大の失策として
「可能であったにも関わらず真珠湾攻撃後にハワイを占領せずそのまま離脱したこと」を挙げてるやん
当のメリケンさん達がそう言ってんのに無理だったって何を根拠にそう言ってんのさ

もしかしたら「日本が」勝ててたかもしれないって話が嫌な人種とかだったりするの?

362 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 19:40:38.05 ID:eWG170tZ
最近のアメリカで当時の日本軍捕虜のノンフィクション"UNBROKEN"がベストセラーになった
その一節 アメリカ兵が見た原爆投下直後の風景を見て “Nothing! It was beautiful.”

その書評をした日本人記者曰く、なんでも現代アメリカ人は連日市街を空襲して民間人爆撃していた背景どころか史実を知らないのだとさ

363 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 19:47:53.46 ID:aYE55v3E
どのレベルの複数の将校なんだよw
日本が勝てたかもとか。
そりゃないだろw

364 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 19:52:42.85 ID:egj2V/6n
>>361
ソースは?
一兵士の発言ならありうるかも知れんがw
沿岸砲って古くなった戦艦の主砲を流用しているんで艦砲射撃による援護も損害
覚悟しなきゃならん。
史実の機動部隊じゃ占領するだけの陸上兵力なんて到底ないわwwww

365 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 19:58:52.14 ID:aYE55v3E
ハワイを占領する準備もしてないのに
もしミッドウェイで検索の範囲を〜とかの歴史のifとも違うだろ。
しかも山本は現場責任者なのにハワイ占領の立案とか
関係ねえだろww

366 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:02:52.62 ID:egj2V/6n
>>361は恐らく妄想かウソ。
軍事板じゃ苦し紛れのウソがよく出てくるw
あとハワイを占領できたと言うならどのような作戦で占領出来るか教えて欲しいもんだわw

367 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:09:39.03 ID:4bhqv2Lw
アメリカ側から見たら太平洋艦隊がほぼ戦力喪失するような大打撃をくらったわけで
このタイミングでハワイ占領される危険性を考えるのはある意味当然だろうと思うけど
日本側でハワイを占領して維持できると考えた人間がいたらそいつは狂人扱いされてただろう

368 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:11:29.74 ID:egj2V/6n
実際ハワイの陸上戦力も敵上陸を想定して防衛体制を整えて配備されていた。

369 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:13:10.38 ID:egj2V/6n
まあ、あれだな、守備していたのがイタリア軍なら占領の可能性もあったと思うw

370 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:13:56.06 ID:zj7MefFT
ちなみによくハルノートの所為で開戦に踏み切らずにいられなかったという人がいるが
日本に提出されたハルノートには「これは試案であり、強制力を持たない」と明記してあったというのに
天皇に上奏された訳文からは外務省がその部分を削除してあったという
あと、ハルノート受け取る以前に御前会議で既に戦争するのは決まっていてハワイ攻撃艦隊は出撃していた

371 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:14:57.36 ID:xxokJ7TU
すなわち、やはり日本は悪の国家だった

372 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:16:24.52 ID:aYE55v3E
よく考えると
現地司令官の山本が
上陸作戦開始の決定権を持っていて
戦闘艦が入れる敵の海軍基地へ入港
日本海軍の船乗りが降りていって
敵の地上兵力も制圧の流れ?

373 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:16:24.83 ID:fKuJMi5C
今で言う第七艦隊を先制攻撃で壊滅ってことか
大日本帝国って今の自衛隊より攻撃能力あったんじゃないの?

374 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:16:59.98 ID:egj2V/6n
ようするに国民や多くの軍人や官僚がすでに開戦を決意していまっていた
ので後戻りする気なんぞ毛頭ないって感覚じゃなかったかと自分は考えている。

375 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:18:09.39 ID:egj2V/6n
>>371
二次大戦に参加した国で正義の国なんてあったか?

376 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:19:11.77 ID:TLxahv1T
大和スレじゃなくなっているなw

>>373

攻撃能力あったというより攻撃一辺倒。
攻勢している内は良かったけど、防御に回ってから損害が激増した。

377 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:22:06.48 ID:8TrezTMy
IFで言うならあれだよな。

・真珠湾の時、2次攻撃で石油タンクを潰してたら。
・同じく真珠湾の時、めりけんの空母を捕捉してたら。

この辺なら実現可能で運命がやや変わってたかもしんない

378 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:23:51.89 ID:dCWaqYSA
正義wとか悪wとかフクからやめてくれw

379 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:33:58.95 ID:egj2V/6n
・真珠湾の時、2次攻撃で石油タンクを潰してたら。
燃料を食う主力艦艇が動けないのでタンカー1〜2隻もってくれば足りるw
日本でさえ燃料タンクは地下に埋蔵してあったので当然アメリカはもっと厳重に
保管していると考えていた。
・同じく真珠湾の時、めりけんの空母を捕捉してたら。
事態が日本にとって都合よく推移すればこうなった、ってレベルの話でしかない。
米空母の数(当時米空母は太平洋に5隻存在すると判断されていた)や所在が正確
に掴めていない。
奇襲前なら警戒されて本末転倒、奇襲後なら全機収容が午前9時でそこから索敵始めて
も1回程度だろうし、開戦初期の偵察を軽視する傾向にあった日本海軍では発見の可能性
は低いと思われる。

380 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:34:07.62 ID:aYE55v3E
俺はハワイにおける地上の白兵戦でも大活躍する
連合艦隊を想像してフイタ

381 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:36:10.35 ID:egj2V/6n
>>380
連合艦隊無双ってゲームを想像してしまったw

382 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:37:25.92 ID:dCWaqYSA
ID:egj2V/6nとID:aYE55v3Eは軍事版にいくか
深呼吸して落ち着いてスレタイをもう一度みるか
どちらかをするべき

383 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:39:31.17 ID:egj2V/6n
大和にはロマンがある、それはそうだと思うがそれ以上ネタ続かんから別にいいんじゃない?

384 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:39:40.21 ID:4bhqv2Lw
>>381
鋼鉄の咆哮というゲームがあってだな

385 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:41:51.26 ID:egj2V/6n
>>384
あまり好きになれんかった。
提督の決断3なんかは結構プレイしたが所詮ゲームでしかないんだよな。

386 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:42:32.42 ID:6+NyARsb
たしかにこんなかっこいい船はないとおもう。
戦艦とか何の役に立つのかよくわからんけど、よくつくったとおもう。

387 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:47:33.25 ID:egj2V/6n
戦艦ってその国の海軍の象徴であり、力を誇示するためのモノって意味が強い。
現実に戦場に投入して損失する事は(敗戦間近とか非常時でなければ)考えられない
事であり、投入する場合はある程度勝ちを想定してないとなかなか出来ない。
いい例がプリンスオブウェールズを失ったときのチャーチル。
戦艦ってのは使えない、又は使っちゃいけない兵器。

388 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:48:48.87 ID:aYE55v3E
なんで俺、退場勧告なんだよ、超いいレスしてんだろw
とクリムゾン・タイドのDVD を観ながら言ってみる。


389 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:49:12.94 ID:kCS92Be1
http://up3.viploader.net/pmodel/src/vlpmodel011415.jpg
http://viploader.net/pmodel/src/vlpmodel011416.jpg

美しすぎるw
ほんとにロマンだよな〜。
男ならこの戦艦みたら誰でもwktkするだろ。

390 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:53:03.85 ID:egj2V/6n
こんな戦艦が主砲を発射して敵艦を撃沈しまくり、その海域を制圧する。
当時の海軍の一員はもとより、後世の我々まで一度は夢想したと思う。
しかし、現実には起こらなかった夢、だからこそロマンを感じるんだろうね。

391 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 20:57:14.31 ID:fKuJMi5C
それは宇宙戦艦のほうがやってくれた
この国昔から最先端だったんだな

392 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:06:44.03 ID:79OCL6IZ
>>358
死ぬのは俺だけでいい、お前たちは生き延びるんだ
つって単騎で敵に突っ込むのが男だろ
女子供含む300万以上も道連れにするのは男じゃねえよ
ネタで言っててもむかつくわ

393 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:08:11.81 ID:egj2V/6n
>>358
戦争を喧嘩と考える時点でおわっとるwwwww

394 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:22:37.73 ID:FceEiYUn
http://m3i.nobody.jp/img/iowa.jpg
http://img4.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/ff/08/satukiism/folder/14569/img_14569_34758647_6?1270107879
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq39c06i.jpg

395 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:23:41.89 ID:kCS92Be1
それアイオワ級やないか

396 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:25:24.38 ID:FceEiYUn
うむ、さすがに大和はカラーのがないからな
カラー画像だと迫力あるよな、一斉射撃

397 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:27:27.40 ID:d4s01fAJ
>>394
水面の凹みと炎が半端ないなw

398 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:29:08.69 ID:kCS92Be1
しかし大和型では無いけどこの艦砲の迫力は男のロマンだな。
どっかに艦砲射撃してる動画とか無いかな?
爆音も聞いてみたい。

399 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:36:41.66 ID:mvo5e7jd
>>398
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4410864

アイオワ級ウィスコンシンの16インチ砲の艦砲射撃動画。
火薬の量に笑うw

400 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:37:08.11 ID:tQzdLZQG
ウルトラマンエースがいればアメリカ艦隊を壊滅できた

401 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:41:21.14 ID:kCS92Be1
音がすげええええええええええええw
ロマンだぜ!
しかし単純に破壊力だけ見たらミサイルよりも砲弾のほうが威力は上だよね。
ただミサイルは命中率と核を搭載できるってことでパネェwwwが。

402 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 21:42:38.78 ID:egj2V/6n
>>400
3分じゃ無理なんじゃない?
現地に行って変身したとして帰りはどうすんだ?

403 :既にその名前は使われています:2011/08/06(土) 22:57:37.71 ID:kCS92Be1
ちなみに今ギャオで「男たちの大和」をただで見れるからオススメ

404 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 00:15:37.55 ID:3+BEMlzV
ロマンチックage

405 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 02:04:51.43 ID:eMzhYZ23
ここまで沈黙の戦艦なし

主砲撃ったらジョーンズが衝撃波か何かで思いっきり吹っ飛んでたけど
リアルでもあんな感じになるのかな?

406 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 02:27:35.89 ID:djyOsEfO
>>405
なるよ?この画像*を見てくれ?
あまりの衝撃で水面が激しく波打っているでしょう?
こんなものを近距離で受ければどうなるか
というか?ジョーンズの位置に居て?生きていることが奇跡―――
http://bit.ly/n04tsE

407 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 02:41:58.33 ID:DQDkoAJa
ハワイ攻略の問題点は占領する事より維持する事のが難しいと思う。

ハワイ奇襲時の状況下では空母の集中運用に関してはアメリカより日本のが先見の明があった。
良くも悪くも空母の使い方をアメリカに教えたのはハワイ奇襲時の日本。

失敗から学ぶアメリカ。失敗を隠す日本。
長期戦においては軍隊の体質の差もでかいよ。

って大和のスレだったw



408 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 02:50:12.52 ID:CjQ3VQ3Z
まあ水面は息を吹きかけても揺れるけどなw

409 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 02:52:15.84 ID:t1/YDtQg
今日も俺の大和の主砲が敵機を撃墜するぜ!

410 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 02:56:20.55 ID:djyOsEfO
>>408
息を侮ってはいけないけどね。
例えば【咳】の風速は200km/hにもなる―――
息で水面が揺れるのはかなりのパワー


411 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 03:35:16.21 ID:K9zP07xV
米兵の捕虜に飛行場作らせようとして全員表に出させたら
工兵の数人が「俺たちだけで十分だ」と言って
数人で重機使って数日で完成させた
日本軍が数百人も使って1ヶ月近くかける予定だったところをたった数人で作られたんで
その指揮官は面目潰されたと思って上層部に報告せず重機の存在を隠した

これぞ大和魂

412 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 03:38:18.14 ID:y2T3QCMT
数人

数人

数日

数百日





413 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 03:39:17.03 ID:y2T3QCMT
数百人だった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

414 :名前?:2011/08/07(日) 07:33:34.65 ID:JafHq0vE
全員、俺の参謀になってくれんか。

広島平和式典での管の挨拶聞いた?原子力を見直すって。科学技術は戦争利用(核爆弾)
せず、平和利用すべきって、習わなかった、管のおバカ(バカの100乗)さん。
大和は死んでその技術がどれだけ役に立ったか、もはや神の領域。

415 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 08:46:26.74 ID:o9YILPWj
ここまで、大和主砲の砲弾迎撃するみらいの話無し

416 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 08:49:27.68 ID:Nu+T1XeR
PAC3なら砲弾も撃ち落とせるらしいよ?


417 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 08:54:31.64 ID:NB0ufWS5
戦艦「長門」は水爆にも耐えたというのに「大和」ときたら・・

418 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 10:21:19.37 ID:zJPMIqqB
核兵器は艦船を撃沈するのに向いていないダケじゃよ
放射線で中の人は死ぬがな


419 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 10:22:07.57 ID:oQJ2v6P1
>>413
どんまいw
>>411の馬鹿さ加減は十分伝わったから問題ないよw

420 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 10:31:57.63 ID:o4zVhUi0
浸水で浮力が奪われない限り船というものはそうそう沈まないし
原爆は浸水を起こす能力がほぼないのに対して魚雷は浸水を起こすためにあるようなもんだからな
ただ戦闘能力を失わせるという点では中の人皆殺しにできる原爆のほうがはるかに適しているね

421 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 11:00:50.41 ID:lDymYfqZ
>>417
長門「直撃を受けたわけではない。放射線と熱風のみならば被害は無視出来るレベル」

422 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 13:03:30.09 ID:yIKs8SWb
ちょうど「男たちの大和/YAMATO」の無料配信やってるぞ
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00867/v00230/v1000000000000001192/?list_id=127169&auto=0

423 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 13:43:20.62 ID:dQkWQrH+
沖縄特攻時の大和は、25_機銃がほぼ3連装仕様になってる。
3連装仕様は、照準と射撃はそれぞれ別の人がやるから航空機に追随できない場合が多かった。
対し単装は取り回しがし易く評判がよかったという。

424 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 13:50:59.64 ID:eCPwIL2j
>>405
航空祭なんかで模擬爆撃の爆発なんかでも、遠くから見てる自分なんかはかなり腹に響くぐらいだから、大和主砲並の火薬量になるととんでもなかろう。

425 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 15:27:49.83 ID:xH5LkmuA
ネズミ入れた籠で実験したらしいんだが
甲板のどの位置に置いてもも衝撃波でグチャグチャだったとかなんとか
対空火器の要員さんとか大丈夫なん?

426 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 15:31:02.56 ID:fUQQgt1b
ひなんしましょう

427 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 15:46:06.14 ID:RJvIt5f4
そもそも25ミリ機銃についてる照準装置が時速380`までの敵機しか狙えなかったらしいが

428 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 18:55:42.04 ID:snz+1mCJ
ザ・パシフィック借りれない借りにくい!

429 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 19:00:07.34 ID:3+BEMlzV
おとこ達の大和って最後の当たりのシーンで「あんただけおめおめ生き残りやがって!」みたいな痛い台詞言う映画だっけ?

430 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 19:33:50.98 ID:wJeeFpcL
>>428
あれはやめとけ
スピルバーグが狂ったとしか思えない酷い反日ドラマだぞ
日本兵が沖縄人に爆弾くくりつけて人間爆弾にしたり
髪の毛掴んで引きずり回して人間の盾にしたりとかチョンばりの歴史捏造ドラマ

431 :既にその名前は使われています:2011/08/07(日) 21:34:56.99 ID:snz+1mCJ
そうなのか、BOB面白かったから期待してたのに・・・

432 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 01:02:22.72 ID:ZPrSHhWf
ロマン上げ
陸:ドーラ
海:大和
空:A-10

433 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 01:48:32.80 ID:mu2M6Gjm
真田さんって宇宙戦艦かw
「神は沈黙せず」の真田さんだと思ってた

434 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:09:53.95 ID:qqmrKREF
伊四〇〇号にも浪漫が

435 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:16:58.10 ID:lVMCchTv
ようするに戦争にロマンがあるってことだろ。
某漫画でも言ってたじゃん。
男の子なら誰しも必ず世界最強を夢見るって。
みんな戦争して世界統一したいんだよ。

436 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:33:09.21 ID:7s2LEVVq
男の口マンかと思った…

437 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:35:00.97 ID:kbvNb5dV
君は病んでるようだ
鬱病の可能性が高いのですぐに病院に行って治療を受けた方が良い

438 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:39:00.05 ID:UN+hQk3n
まあそういうことだね
戦争や兵器には魅力があるんだ
左翼の人は「軍隊はかっこ悪い」いうけどそれは半分しか正しくない
戦争でもたらされる破壊や死はとても無残で莫大なお金と時間をかけて築きあげてきた物が失われる
価値あるものが壊される だからこそ軍隊は暴力装置であってそれを忘れちゃいけない
でも戦争で見られる技術の進歩や自己犠牲や愛国心は美しいものだと思う
「正義」なんて言葉はこの際意味がない 言い換えれば自分たちにとって頼りになって誇らしく思うもの
それが軍隊や兵器を見た時のロマンと言うか美しく思う源だろう
 

439 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:49:18.60 ID:ZFH8mrQo
きもw

440 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:50:22.11 ID:kbvNb5dV
まあ大日本帝国がマレー沖海戦で航空機で戦艦を堕とせるってのを自ら証明して大艦巨砲主義の終焉が見えたけど
もうその時期には大和型戦艦の建造は始まってたからね。
今更中止には出来ないっていう。
プリンスオブウェールズもイギリスでは大和みたいに浮沈艦って言われてたけど、まさか航空機部隊に沈められて
衝撃を受けたって首相の発言があったはず。

441 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:52:25.85 ID:7s2LEVVq
>>440
>浮沈艦って言われてたけど、

浮いたり沈んだりするんだ…?

442 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 07:56:29.12 ID:UN+hQk3n
フッドもビスマルクに至近距離から火薬庫に命中弾食らって即沈してるしなぁ
イギリスって防御が弱いのか不運なのか・・・

443 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:05:54.43 ID:kbvNb5dV
イージス艦ってミサイルはいけるだろうけど砲弾を撃ち落とす事って可能なんかな


444 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:08:58.22 ID:lVMCchTv
たぶん無理。
あとイージス艦って装甲は紙だから魚雷1発で簡単に沈む。
大和型ぐらいのサイズのイージス艦作ってみたらどうかw

445 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:09:44.18 ID:UN+hQk3n
ウザがられついでに思い出したけどw
イギリスのネルソンって船が後部砲塔取っ払って前に3砲塔持ってきて艦橋をかなり後ろに設置してるんだけど
その理由が大和で言うなら前から2番目の砲塔のすぐ後ろあたりが被弾確率が高いかららしい
日本の船も火薬庫の位置とかその側面が薄いこともイギリスの船と作りが近いんだけど
日本の場合実際の被弾箇所って後ろが多いような…

446 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:33:31.15 ID:lVMCchTv
戦艦プリンスオブウェールズ
 魚雷たったの4本で轟沈
戦艦大和
 魚雷20本と投下爆弾10個食らって轟沈

やはり日本の造船技術は当時世界一だったんだよ!

447 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:38:12.43 ID:6PbWk7qb
フッドは巡洋戦艦だから装甲は戦艦ほど厚くないじゃろ

448 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:40:05.03 ID:UN+hQk3n
プリンスオブウェールズ の致命傷はバルジの損傷そのものよりも機関部の主軸が曲がったことによる隔壁破壊が原因と聞いた

449 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:45:31.71 ID:lVMCchTv
ところで話は変わるが現在もっとも固い装甲ってなんだろうな。
当時は当然で鉄だったとおもうが現在だと当然鉄より固い合金とか装甲に使われてると思うんだが。

450 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:48:36.11 ID:xkPr6AJe
戦闘機の萌え擬人化アニメやってたが、戦艦のはないな

451 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:50:08.78 ID:UN+hQk3n
戦艦の装甲全部を劣化ウランと爆発反応装甲でおおってもミサイル弾く前に重さで船が沈むんじゃないかね?

452 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:53:38.72 ID:bLJjAvZ2
スプリガンに出てきたハイテク船は上のミサイルはレーザーで叩き落し
魚雷には魚雷より速い速度で逃げることで対処してたなwww

453 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 08:58:44.94 ID:6PbWk7qb
>>449
こーいうの見ればいいんかねー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%85%E7%94%B2

454 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 09:09:23.49 ID:kbvNb5dV
ダイヤモンドを装甲にすれば〜と思ったがすぐに恐らく水に浮かないと気づいたでござる

455 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 09:15:40.20 ID:xkPr6AJe
火炎放射器でもれなく消し炭でござる

456 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 09:21:14.95 ID:D1Qatcrg
>>438
しかし米の歴史や今の世界情勢を見るとわかり易いが
景気というのはある意味作り上げることそのものなんだよね。
近代において壊すこと(戦争)のコストが上がりすぎている部分はあるが
戦争は景気を産み。生み出す力をもつ。
逆に作り上げたものがキープされていると新たなものの入り込む余地がなくなる。
結果としてものを付く能力が失われるか、もしくは作り出す能力が過剰に余る事になる。

457 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 10:07:07.99 ID:t7V40AM6
>>454
浮くけど弾性なさすぎて脆いよ

458 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 10:28:56.55 ID:bLJjAvZ2
ダイヤモンドは一瞬の衝撃に弱いからなぁ
台に固定しておっさんがトンカチでひっぱたくだけで割れるからなw

459 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 10:37:55.97 ID:MYm5rsrl
ふつう盾と矛は矛が先に進化するからな。
戦艦の雑な定義は、攻撃と防御を備えてる戦闘艦。
矛の進化と水面しか移動できない船に対して
3次元に動ける潜水艦と航空機の進化。
船は防御することを諦めた。

460 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 10:44:02.59 ID:UN+hQk3n
防御って言うのは 防御力あげて防ぎきる か 当たらなければどうということはない この2択だからな


461 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 10:45:54.05 ID:lVMCchTv
実際に大和の防御力は果てしなく高かった。
ナイトとあんこくwぐらいの差が大和とプリンスオブウェールズにはあった。
魚雷20発でようやく沈んだのにプリンスはたった4発やでw

462 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 10:48:26.31 ID:df10Ehh3
戦艦の舷側に用いられる装甲は、表面硬化装甲という種類のもの

表面に行くほど硬く、裏側に行くほど軟らかい性質の異なる層から成る

特に浸炭処理された最表面は超硬化層といい、粘り強さは無いに等しい
この層で砲弾を破砕する事で、貫徹力を殺ぐ効果が期待出来るとされる

が、

実はある程度以上の大口径砲弾に対しては、この層に生じる割れが衝撃的に伝播する事で、装甲全体が割れてしまうという研究結果がある

また、表面浸炭処理には時間がかかる為に、大量生産出来ないデメリットがある

この二点を解決したのが、大和型に採用されたVH装甲である


463 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 10:51:49.46 ID:MYm5rsrl
その装甲のせいでノロマな戦艦は
ホテルにしかならなかったんだけどな。

464 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 10:51:53.19 ID:UN+hQk3n
あと就航前に標的艦になった土佐の実験結果により喫水面下への砲撃は
水面の影響をほとんど受けずにそのまま当たることが分ったから装甲を下までしてるんだっけ?

465 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:06:20.92 ID:df10Ehh3
VHは浸炭処理を施さず、最表面の超硬化層を無くした代わりに、その下の硬化層の割合を大きくしたもの
砲弾の破砕は、拡大された硬化層が受け持つ
初期のものは割れやすい不良品が混ざっており、製造上の不具合の究明は後になってから
大和建造時には、割れの試験を行い、不良品をはねる事で対処した

466 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:08:18.93 ID:lVMCchTv
武蔵の時に大和型戦艦との戦い方を理解したアメリカだったのに
大和を撃沈するのにあれだけ時間かかったからな〜。
大日本帝国の造船技術は当時はマジで世界一だったと思うよ。
大日本帝国海軍ばんじゃ〜い!

467 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:10:03.40 ID:kbvNb5dV
世界一だったかどうかは知らんがやっぱ戦争の華と言えば海軍ってのは同意。
その次に空軍で陸軍は正直地味すぎてかっこわるいw

468 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:11:44.61 ID:ep5BcVlF
ノロマな戦艦というけど
確かに速いにこしたことはないが
フルスピードで航行中に反動の大きい砲撃で

コンピューター制御の今ならどうかしらんけど
当時は、ある程度は減速しないと精密に撃てないと思うし
砲撃戦では、どれくらいアドバンテージになるだろうか

あと、大和の速度でも魚雷を何発か回避してたよね
航空機には辛いだろうけど、そもそも空の護衛無しは当初予想してなかったろうしなぁ


469 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:14:40.68 ID:bLJjAvZ2
昔の魚雷なら船底をフッ素加工すればツルンと滑って避けられるんじゃないか?

470 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:14:44.29 ID:9xzoFtO1
アメリカの魚雷は、速度が遅い上に航跡がはっきり見える。
それに対して日本のは速度が速く、航跡が目立たない。

471 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:14:46.01 ID:ep5BcVlF
当時の日本海軍揃い踏みを生で見れるとしたら
いくらまでだす?

本当に見れるとしたら三十万くらいまでなら
真剣に考えて 場合によっては見に行くかもw

相当壮観だろうね

472 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:17:39.18 ID:uH6IeB/o
前艦橋→斜煙突→後艦橋→後部主砲の流れがきれいだよね
斜め煙突のアクセントが効いてる
前艦橋がやや後ろ寄りで前後のバランスも良い

473 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:33:50.81 ID:df10Ehh3
表面硬化装甲は
伊>英=独>米≧日
甲板に使う均質装甲は
米=英>日>独>伊
というのが一般的な評価である

なお、上位と下位で大きな差は無い上、厚さによっても多少の順位の変動がある

枢軸国側は装甲に添加するレアメタルの不足に悩まされたが、日本は安価な材料に置き換える事に成功したので均質装甲の順位は3番目

表面硬化装甲だが、大和用の厚さともなると、十分な熱加工が難しく、厚さ当たりの性能が低下しがちである
が、VHの効能でこれを維持した上に生産性が向上しているという特長がある

次世代の戦艦に搭載される予定だった改良型VH装甲は、最優秀の成績を残したとされるが、勿論そんなもんが実際に建造される事は無かった


474 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:34:18.42 ID:L+E+Eno/
良く大和はノロマって言われますけど最大戦速27ノットは可能、公試で28ノット以上発揮したという証言もある
アイオワさんとか30ノット以上出すと異常振動が発生して砲撃不能になったりするし
サウスダコタあたりはカタログスペックは27ノットでも実際に発揮可能なのは25〜6ノット
だがサウスダコタは機動部隊の護衛任務をこなしてたりもするので正直鈍足という意見は見当ハズレだと思います

475 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:38:17.62 ID:lVMCchTv
大和があの巨体でそこまでスピードが出せたのはバルバス・バウが有名ですな。
まああの巨体っつってもあんなでかい砲台積んでる割にアイオワ級とかわらない
コンパクトさだったけど。

476 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:53:44.31 ID:MYm5rsrl
米海軍が戦後も士気が揚がるを一因に戦艦を保有していたんだから
大和に勇ましさを感じる人がいるのも当然。

しかし開戦直後に完成したにも関わらず、
その鈍重さから本来の連合艦隊の旗艦の役目は果たせず
エアコン完備、豪華な内装は基地視察の高級将校の宿泊施設。
ついたあだ名が帝国外地の目抜通りに建てた豪華なホテルから
ヤマトホテル。

戦場に出すことなく敗戦を向かえるわけにはいかないと
最期の命令は沖縄の海岸にわざと座礁させ固定砲台として使えと。
沖縄に到着することもできずに沈没。

つまり何の役にも立たなかったと言うわけだ。
それを無条件で愛でてやるのは敗戦の二の舞の危険を感じるなw

477 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 11:58:17.22 ID:ep5BcVlF
使い方が悪かっただけだろ

それに空母にする案だってあったし
実際図形もあった 乗せる飛行機が無かったが^^;

478 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 12:00:33.16 ID:xkPr6AJe
バルバス・バウって名前ジオンのMAぽくてかっこいい

479 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 12:05:32.19 ID:kbvNb5dV
東郷平八郎が太平洋戦争時に現役だったら日本が勝ってたかもよ

480 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 12:06:28.63 ID:L+E+Eno/
>>476
鈍重つか出し惜しみ、訓練期間を考慮してもソロモンあたりには投入可能だった
あと旗艦の任を果たせなかったといいますが大和にも旗艦の時機ありましたし、
むしろなまじ旗艦だったせいで後方に据え置きされていたと思うんですが

そもそもダメコンウンコの帝国海軍が運用してアレだけの頑丈さを発揮したフネだし、戦力としては一級でしょ
問題ありとされがちな対空ですが出撃機の半数以上が被弾、中には片翼を引きちぎられた状態で帰還したヘルキャットもいるとか
役に立たなかったのじゃなくて役に立てようとしなかっただけって気が正直




481 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 12:11:48.68 ID:uuofFN/2
迫り来る米海軍そっちのけで、大和のケツを追い回した挙げ句
米戦艦に一撃で沈められるイージス艦はなんか情けなくて涙が出たw

482 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 12:17:55.74 ID:ep5BcVlF
こういっちゃー難だけど
可愛そうな存在だよな

立場の苦しい国が三つ集まって始めた戦争なのに
ぜんぜん連携とれてなかったしな

そもそも伸るか反るかの一発勝負の丁半博打に
敗れた時点で、苦しい勝負は明らかだし大和に罪はねーべ

米もTVのVTRで、日本の艦隊にもし万が一本国にこられてたら
嫌だったしーってコメントしてたしん

483 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 12:26:14.39 ID:kbvNb5dV
山本 五十六がちょっと無能すぎたからな。
山本はプリンスオブウェールズも絶対沈まないとか言って無駄な攻撃をしないように
命令しようとしたぐらいだし。

484 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 12:54:56.51 ID:L+E+Eno/
軍令部の方針と山本の方針が正反対で、しかも正反対の方針に基づいた作戦がそれぞれ実行されるっていう
わけわからん状態だった時点でただでさえ薄い勝ち目をさらに薄くしてるからな。
アメリカも似たような状態に陥ってカートホイール(笑)とかやってましたけど地力が決定的に違うって言うかアメリカチート過ぎGM呼べ



485 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:14:38.77 ID:TCOS+z0a
おれのカヌーくらいしかない。どうしたら大和くらいになるんだろ。

486 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:23:47.80 ID:MYm5rsrl
周りに聞いても
大和はすげえ戦艦でもう少し早く完成してたら
とかの認識のやつが多いんだよな
なんで沖縄沖で沈没したかも曖昧でさ。

開戦とほぼ同時に出来てたんだけど
使い道なくて戦争中はホテルにしてたんだちゅーのw
あげくにわざと座礁させて固定砲台するとか
とち狂った命令でちんぼちゅーのw

487 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:29:43.22 ID:hgFYFoPI
またまた〜
幾らなんでも開戦と同時期はないでしょ

488 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:30:38.72 ID:lVMCchTv
まあ大艦巨砲主義の名残というかミッドウェー海戦で大和は旗艦だったけど
絶対に大和を含む戦艦を落とすわけには行かないってことで大和に至っては空母
よりも後ろにいたからねw
とにかくもう当時の日本は色々間違ってたんだよ。


489 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:33:41.90 ID:wg8RbFI9
>>480
片翼なくしたら墜落する

490 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:35:33.81 ID:lVMCchTv
ちなみにこの数字を見るとよく分かる

ミッドウェー開戦時の日本の戦力
航空母艦6 戦艦11 重巡洋艦10 軽巡洋艦6 駆逐艦53他 参加兵力10万
で損害は
航空母艦4、重巡洋艦1沈没 重巡洋艦1大破 駆逐艦1中破 戦死3,057

戦艦が1隻もやられてないことからも全然最前線に出てないってのがよくわかる。
とにかく当時の日本は大艦巨砲主義で戦艦が大切だった。

491 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:38:10.38 ID:MYm5rsrl
>>487 周りもこんなやつばっかw
開戦に直後にできてるんだよw

492 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:41:49.27 ID:R3joU/qT
アメ公には大和を沈められるような技術はなかった
でも散々卑怯な手を使われて結果として沈没してしまった
原爆だって日本は何年も前に開発に成功してたけど人道的に使わなかった
でもアメ公は笑いながら使った

493 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:42:39.77 ID:lVMCchTv
それどこの日本ですか

494 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:47:53.65 ID:hgFYFoPI
>>491
wiki見たらマジだった
なんだ余り活躍しなかったのね

495 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:55:29.49 ID:L+E+Eno/
>>489
全部ってわけじゃなくて3分の1程度とかそんくらい、まあ普通墜落は免れないのは確か
一応日本でも震天征空隊の四宮機(飛燕)が左主翼3割欠損状態で生還してるな
>>490
古いから使い捨ててもいいやと死地に投入されまくった金剛級の活躍を見る限り、
出し惜しみの印象しかないんだよなぁ
大和よりさらに鈍足な伊勢・日向が45年に北号作戦を完遂してるからさらにその印象が強い
少なくとも艦砲射撃によるMO作戦の支援やガダルカナルあたりなら充分運用に耐えたし戦果も望めたな

あと戦艦脳なのはこの時代の海軍首脳の通弊だと思う、真珠湾までは少なくとも「空母ですか(笑)」な空気はあったわけだし
アメリカ海軍も戦艦だけの任務部隊とか普通に編成してたし大和特攻のときも戦艦群ならべて迎え撃つ予定もあったとか
つか帝国海軍が心底大艦巨砲脳なら信濃を戦艦として完成させてるような気が


496 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 13:58:41.25 ID:lVMCchTv
>>495
ちなみにアメリカさんはマレー沖海戦やレイテ沖海戦では20隻以上の大規模空母艦隊を率いてるね。
既にアメリカさんは戦前から海戦での空母による航空戦力の重要性を理解しててエセックス級の空母の量産体制に
入ってた。

497 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 14:02:22.82 ID:L+E+Eno/
>>494
完成しても1年以上は訓練しないと使い物にならんのよ
艦の機関の癖とか砲の癖とかは艦ごとにまったく違うから、そのへんのすり合わせもあるし
まあそれでもソロモンあたりには間に合うんですけどね
とはいえ大和をみすみす死地に放り込むような決断を当時の首脳部がするかというとそれはねぇなぁという悲しみ

498 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 14:02:47.50 ID:kbvNb5dV
もうその時のアメリカは戦艦は空母を守るための囮って存在だったな。

499 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 14:13:16.40 ID:WOGUn0+L
>>488
行動原理が悪い意味で官僚的すぎたんだよね
高級軍人は官僚なんだから当たり前と言えば当たり前なんだけど

500 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 14:17:47.89 ID:L+E+Eno/
>>496
レイテ沖の頃にはもう大統領自ら「空母重視でお願いします」とか言われててモンタナも建艦中止になってるからな
あと「空母ですか(笑)」とか書いちゃったけど各国が空母戦力を重視してたのはそのとおりだと思う、ちょっと話を盛りすぎた
ただ真珠湾までは空母マフィアと戦艦マフィアの対立なんてのはどこの海軍でもあったし、ニミッツも真珠湾までは戦艦マフィアだったらしいし

501 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 14:26:47.97 ID:UN+hQk3n
日本の酸素魚雷(93式)の射程って10キロぐらいあるんじゃなかったっけ?
駆逐艦50隻もいりゃありったけ撃てばそこそこ当たるんじゃないの?
というかその前に勝負付いた?

502 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 16:00:33.30 ID:xkPr6AJe
大和はあれか、あのばかでっかい主砲を外して対空砲でハリネズミみたいにしたら良かったってことか

503 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 16:37:15.19 ID:lVMCchTv
レーダー自動照準の40mm3連装機銃でも積んでればハリネズミでいけたかもな

504 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 16:40:53.28 ID:uU12GR2J
戦艦大和の威容、忠実に再現 - 奉納模型、初公開へ/天理・大和神社
2011年8月6日 奈良新聞

旧日本海軍の戦艦「大和」命名の神社とされる天理市新泉町の
大和神社(塩谷陸男宮司)に、精巧な大和の模型が奉納された。
あす7日に営まれる戦没者慰霊の「戦艦大和みたま祭」で初公開される。

模型は大和郡山市額田部寺町の小島金属工業(小島栄一代表取締役)が奉納。
長さ約190センチ、幅約30センチ、高さ約40センチ。細かな部分まで忠実に再現され、
かつての威容をしのばせる…

ttp://www.nara-np.co.jp/20110806095428.html

新たに奉納され、公開される戦艦大和の模型=5日、天理市新泉町の大和神社
ttp://www.nara-np.co.jp/photo/a90b0e2e5af44994436545cfd41522a5.jpg

505 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 19:28:17.64 ID:zEgorViy
大和の存在意義は士気高揚だと思うけどな
だって味方の艦隊に大和がどーんと構えてりゃ勝てるような気がするっしょ
だから万一にも事故ったり沈められたら士気がだだ下がりになってしまう
極秘扱いだったのも大っぴらに宣伝して狙われたくなかったんじゃないかと
敵対してるアメ公からすりゃ大和撃沈=日本人の精神をへし折るって事になるわけで
そんな艦があるなら無理してでも狙ってくるっしょ

506 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 19:41:22.58 ID:3JeMD7IZ
結局アイオワも一旦はお役御免で眠らせたけど
湾岸戦争で対地攻撃に再度引っ張り出されたな
イラク軍のトーチカ群を吹っ飛ばすのに使った

507 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 19:42:49.01 ID:9Wf07IdM
零戦の活躍で空母と艦載機の有効性を、真珠湾とそれに続く戦闘で実証してみせたのに
何で戦艦にこだわったんだろうな

508 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 19:48:52.60 ID:wMFtVQK/
海上において海戦で負ければ勝利側は制海権とってフリーハンドの行動可能
予算の規模といい保有国の少なさといい(英米仏日伊等)現在の核兵器に
匹敵する戦略兵器だったんだよな、戦艦は、それくらい未保有国に対して圧倒的
であるから相手よりより強い戦艦を作るってのは間違ってない

搭乗員の訓練期間と大型艦の莫大な建造期間と、現保有艦艇の修理改修、
補助艦艇の生産等で潰れる空きドックがあるかないか等考慮に入れずに
作るぜって決めたらすぐ作れるって考えるほうがおかしい

タラント空襲、真珠湾攻撃やらマレー沖海戦を戦訓にして
「痛い目見てから大戦中作りましたvv」が出来るのは月刊正規空母、週刊護衛空母とか
出来るチート国家アメリカだけ
「大和を作ったことが誤り、空母作れ」とかよりそんな国相手にしたのが間違い

509 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 19:51:13.87 ID:lVMCchTv
>>507
もう始まってから気づいても遅い。
アメリカは太平洋戦争が始まる前から大量の空母の建造にとりかかってたからね。
しかも日本は資源の無い国で日中戦争の影響で米英から輸入止められて
腹が立って太平洋戦争おっぱじめたんだから。

510 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 19:51:41.88 ID:L+E+Eno/
射程内なら戦艦の破壊力は圧倒的だからなぁ
203mm榴弾砲で威力半径が約50メートル、16インチ榴弾の威力は知らんけど乱暴に倍にして100メートル、
一斉射で直径200メートルの円x9個、これをつるべ打ち……イラク側の気分としては戦術核で攻撃されたのと大差ない感じになるんだろうな

511 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 19:59:35.95 ID:zEgorViy
制海権は意識してても制空権にまで意識が及んでなかったとかそんな感じ

512 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:01:52.57 ID:L+E+Eno/
>>507
商船必死こいて改造して空母作ったり大和級戦艦3番艦も予定中止して空母にしたり
旧式戦艦も空母にしちまえって話も出たり間に合わなくて合いの子みたいな変な子ができちゃったり

帝国海軍は戦艦にそこまでこだわっちゃいませんよ、生産能力がオワコン状態だっただけですよ
それに戦争後期に入ると新しく空母が出来ても乗せられる飛行隊の無いドンガラ状態だったりしますよ

513 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:03:46.44 ID:S8nElIwk
大鑑巨砲主義ダセエ

514 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:13:11.57 ID:ZVLSD8TN
漫画のジパンングみたいに最初から絶対防衛圏の死守をすれば良いんじゃないの
と思って範囲調べてみたけど・・広すぎるなw通商破壊阻止すれば
多少工業生産が増えるからそれで陸上機増産すれば多少は時間稼ぎが
出来そうだけど、結局物量で突破されるな。時間稼いでる間に
中国制圧して和平に持ち込んでも連合軍が和平するわけじゃないしなぁ

やっぱ宣戦布告した時点で無理ゲーじゃね?

515 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:16:31.38 ID:ypGh8rk8
>>510
戦艦の蹂躙砲撃に耐えて反撃可能なのはおそらく今も昔も日本軍だけ

516 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:20:23.61 ID:L+E+Eno/
>>514
駆逐艦の対潜能力が終わってるから通商破壊阻止が大変なんだよなー
んで戦争に勝つには物資とか足りないから燃料やら資材やらの入手手段とか考えていくと
だいたい「あれ?戦争する必要なくね?」という結論に達してしまうってのが悲しい


517 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:22:45.85 ID:WF0oW6q2
>>510
コストあたりの破壊力って考え方なら、大口径砲の艦砲射撃は圧倒的って話だからねぇ
案外、技術が更に発展すると、再び鉄と火薬の暴力が脚光を浴びたりするのかもね


518 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:28:19.63 ID:WF0oW6q2
全然関係ないけど、軍艦を斜め後ろから見るのが好き
前や横から見るのとはまた違う、働く船としての顔が見えるというか。
なんか味わい深くていいんよねぇ

519 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:45:41.33 ID:L+E+Eno/
>>517
ロケットアシスト砲弾とレールガンで砲の射程が延びた結果、戦艦タイプの艦艇が復活する可能性が微粒子レベルで存在する…?
とはいえ万一復活したとしても外見はステルス重視のズムヴォルト級みたいなヘンテコ船になるんだろうな

520 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:52:53.09 ID:lIJwtpn2
アメリカの空母ってレキシントン、サラトガ、レンジャー、ヨークタウン、エンタープライズ、ワスプ、ホーネットくらいでしょ、うろ覚えだが
真珠湾等の日本の空母数と比べても開戦前から大量にっていう程じゃない
開戦後から圧倒的な生産力の差がつくけど

521 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:57:50.56 ID:L+E+Eno/
実際南太平洋海戦のダメージで米側は一度だが稼動空母が完全にゼロって状態に陥ってるんだよな、
生かせませんでしたけど

522 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 20:59:50.17 ID:UN+hQk3n
誘導砲弾技術は実在するけど安上がりという点を除けばミサイルにはかなわないと思う

523 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 21:09:56.66 ID:L+E+Eno/
ハープーンで射程110km(延長型は220キロ以上?)お値段1発8000万円也
ズムウォルト級の主砲、AGSロケットアシスト砲弾で射程150kmお値段不明

砲弾のお値段にもよるが使い出はありそうな気がしないでもない、誘導タイプはミサイルと大差ない値段なんだろうけど


524 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 21:10:51.77 ID:lVMCchTv
ミッドウェー海戦のときには大日本帝国海軍とアメリカ海軍の空母の数はほぼ同じだったね。
この海鮮の時は大日本帝国の方が戦力に勝ってたけど、戦艦主体の戦術をとったために密集して
戦ったため大きな的になって戦力に劣るアメリカ海軍に集中攻撃受けて日本の主要空母が沈められた。
その時日本は戦艦だけは沈められたくないって事で本来なら空母を守るために囮になら無いといけないのに
後方に下がってた。
そして大日本海軍が実質壊滅に追い込まれることになるマレー沖海戦・レイテ沖海戦ではアメリカの空母は20隻ぐらいまで
増えて超大艦隊になり500機近い航空部隊にフルボッコにされて日本の海軍は実質戦闘不能になった。

525 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 21:17:34.91 ID:kbvNb5dV
しかも太平洋戦争後期のころのアメリカ軍戦闘機はめちゃめちゃ性能良かったからな。
アヴェンジャーとかそんな名前だったと思うが速度が速い上に25mm機銃ぐらいじゃ何発か食らっても
すぐに炎上しない作りになってた。

526 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 21:17:42.30 ID:df10Ehh3
因みに、信濃を戦艦として完成させようとしたら、昭和19年まで掛かる
よって、今次大戦に間に合わぬと開戦早々に中止している
とはいえ、ドッグは空けたいので進水までは工事を進める事に

ミッドウェイでの空母大量損失に対応するため、既存艦艇の空母への転用が取り沙汰された時、放置された信濃に白羽の矢が立つ

他には大和型を除く戦艦も検討されるが、長門はいまだ世界最強クラスの有力な戦艦であると却下
扶桑も速力が遅いと蹴られる
で、丁度砲塔を損失していた伊勢型に大決定
なんだけど、砲塔を全部取り払って空母に改造するには時間が掛かりすぎる事が判明し、5、6番砲塔以下を改造する妥協案が採用されてあんな恰好に


527 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 21:36:20.65 ID:L+E+Eno/
>>525
アヴェンジャーは雷撃機のほうやでw戦闘機はヘルキャットやw

人命重視だったのは確かで、防弾も火力もエンジンパワーも充実、ラバウルのベテランも初戦で
「もう零戦では太刀打ちできぬ、次の戦闘機を」と断言するほどの性能。
俺たちは勝てる戦闘機を作るんじゃない、生き残れる戦闘機を作るんだ、てな方針で作られたらしい。


528 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 21:42:46.49 ID:UN+hQk3n
かなり最初のうちから米軍の防弾を日本のパイロットはほめてたからね
コクピット横の羽根の付け根の燃料タンクの上に当たってるのになかなか火を吹かないとかいってる


529 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 21:43:04.62 ID:6PbWk7qb
F6Fの損耗率は異常に少なかったきがした

530 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 22:35:28.31 ID:kbvNb5dV
ロマンage

531 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 23:04:14.05 ID:ypGh8rk8
ロマン非行age

532 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 23:22:59.15 ID:L+E+Eno/
ロマンといえばヤマトのプロデューサーの人も死んだしもうアレの続編はないんでしょうね…

533 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 23:32:38.14 ID:/msgCQ/m
えびなー

534 :既にその名前は使われています:2011/08/08(月) 23:58:11.53 ID:0gBKT2B9
馬鹿みたいに飛行機量産できるアメリカさんでも
搭乗員育成はそれなりに時間もカネも掛かる
別段人道的にならなくてもコスパ的に考えて人員を無駄にしないよう対策するわな
そしてアメリカにはその対策ができるだけの余裕があったわけだし
休暇ローテーション組んでパイロットをきちんとリフレッシュさせるだけの人員的余裕とか
機体の生存性を高めるために余計な重量をつける技術的余裕とか
墜ちたパイロットを拾い上げるために潜水艦潜らせとく戦力的余裕とか

ないないづくしのどこかの国とは違ったんだよ…なんか泣けてきた_| ̄|○

535 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 00:50:41.86 ID:pj03aFUK
age

536 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 01:02:45.26 ID:zNQgnO+9
日本だとヤマトが知名度抜群で見た目もかっこいい
他の国でも国民のアイドル的戦艦があるのかな
イギリスのネルソンはかっこいいと思った

537 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 01:38:30.06 ID:V/PpueGm
あかんかったんや!暫減邀撃しかでけん海軍が暫減邀撃以外の方針で戦争したらあかんかったんや!
>>536
戦艦のデザインについては国ごとにホント特色があるからねー
みんな違ってみんないいという気分になる

538 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 01:43:52.16 ID:YP14P3LM
>>534
質の悪い燃料すらまともに供給できず松根油で航空機のエンジン動かそうとしてた国か

539 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 01:51:52.77 ID:V/PpueGm
時代に先駆けてバイオ燃料採用(キリッ

20万リットルっても低品質油で航空機用としてまともに精製されたのはたったの500キロリットルってのがもう
まあ戦後は漁船の燃料として役に立ったらしいのでよかったんじゃないかな・・・

540 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 02:19:31.61 ID:ck+f3Jii
>>536
ドイツだとビスマルクとかかな。
堅実に生き残ってスクラップになった船よりも、戦いに散った船の方が
どうしても思い入れは強くなるよねw

541 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 03:23:24.41 ID:KmQM4tJ5
大和をかっこ良く感じるのは俺らが見慣れてしまったのもあるんだろうね
当時の人には随分太った奇抜な船に思えたかもしれない

542 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 03:48:18.03 ID:V/PpueGm
海外でも大和はけっこう人気はあるそうな
ただ日本戦艦の煙突配置って海外の人からはキモくみえるらしく
「あの斜め煙突がだめ」という意見を目にしたというコメを読んだことがある

あの斜め煙突とアンテナがいいのに…( '・ω・`)

543 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 04:32:10.50 ID:zNQgnO+9
戦艦の保有数協定結んだり 船に名前つけたり 国ごとに名前つける法則があったり
戦艦の大きさや主砲の大きさ競いあったり
古今東西軍人は厨二設定が大好きと言わざるを得ない

544 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 05:23:40.45 ID:KmQM4tJ5
夕霧だの宵月だの椿だのって名前をつけちゃう帝国海軍さんは厨二を超えた風流人
翔鶴瑞鶴なんてのも勇ましいというより綺麗な名前だ

545 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 07:44:20.80 ID:rUoe1BAY
万が一に、大和が敵に鹵獲されたとして、一番上手く運用できそうな国ってどこかね?
もしくは、終戦後に鹵獲で、各国での処遇の違いとか。
とりあえず、米は調査後に射撃の的だと思うわ。

546 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 07:51:36.00 ID:UrfMqJ3h
しかし現代にこそでっかい砲台を積んだ戦艦は需要ありそうなんだけどな〜。
しかも昔と違っていまはレーダーで敵を正確に補足して必要な火薬量・距離・発射角も精密に計算されて
命中率も飛躍的に上がるし。
しかも砲弾ってのはイージス艦でも撃ち落とすのは不可能だろうし。

547 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 08:01:32.14 ID:jVrbZ+dW
もともと技術力が低い日本が少ない出力で
欧米の戦闘機に勝つには?で出した答えが
パイロットの生存性も削った徹底的な軽量化だしね。

アメリカが空中戦の予測地点に救助艦まで用意してたのに対して
防弾、脱出装置なし、パラシュートは居住性が余りに悪いので座布団w
初期の時は人命無視でも抜群の運動性能の戦闘機は強かった。

米軍パイロットの零戦に勝てねえんだけど?の要望に
グラマンは、あほか誰か中世じゃあるまいし一騎討ちやるんだよw
パイロットはそんなグラマンを米軍パイロットたちは
グラマン鉄工所と呼んで愛したとさ

548 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 08:56:47.85 ID:foogv1gv
いままで全然知らなかったんだけどこのスレで興味持って色々ネットで見てたら
なんか現代の軍艦って駆逐艦やフリゲートって名前なだけで巡洋艦や戦艦並みにでかいのな
ていうか戦艦や巡洋艦がほとんど存在しないから比べようがないが

549 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 09:42:11.05 ID:0dElOZAM
>>548
そういった名称はもう形骸化してる
なんだかんだでいろいろやらせたいから汎用艦が増えて大型化が進んでるが
世間一般で言う戦艦であるド級戦艦に比べたらかわいいもん


550 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 09:47:47.66 ID:wnC3jsV7
船の大きさは排水量(重さ)の事を言うからな
昔は装甲やら何やらで何とか水に浮くってくらい重かった

551 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 10:04:42.55 ID:8KIizAHK
>>545
アメリカを省くと当時の世界のどこの国も運用無理だと思う
単独ならまだしも艦隊としてはもうどう手をつけていいのかわからんと思う
上層部とか一部指揮官がどうしようもないアホなだけで
日本海軍の現場の機動艦隊運用レベルは世界最高水準だし
今も二つ返事でソマリア沖に艦隊と哨戒機派遣して
多国籍海軍と外洋警備を難なくこなすとかやってるし

>>546
アメリカですら金かかるという理由でアイオワはまた眠らせてるから難しいかと

552 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 10:28:18.30 ID:5FraC++V
>>546
なんかジパングで大和の主砲を対空ミサイルで撃ち落としてたぞ。
しかも大和が砲撃した後にミサイル発射。あんなの可能なのか?

553 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 10:48:42.40 ID:0dElOZAM
>>552
最大射程からの46cm砲のなら理論的には不可能じゃない


554 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 10:59:13.79 ID:QnTI46WC
主砲をレールガンにしたNeo大和作ってくだしあ;;

555 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:08:05.86 ID:KuNCO2wC
>>554
鋼鉄の咆哮おすすめ


ま航空隊錬度MAXにした空母の方が楽チンですけどね

556 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:17:04.25 ID:nMR3LGOs
ふと思ったんだが空中戦で相手の機を撃墜させるって考えじゃ無くて
飛行不能にさせるような兵器ってないんかな。
例えば現在の戦闘機ってジェットエンジンで飛んでて凄い量の空気を吸い込んでるわけだけど
それを利用して空中戦でケツに付かれたらジェットエンジンを停止させるような液体とか気体とかを散布するとか。


557 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:18:47.76 ID:V/PpueGm
>>545
米が相手の場合、高確率で原爆実験の餌食になって終わるな、そういや米の演習場には
信濃用に用意された装甲板が転がってるんだっけ?砲撃でぶちぬかれたみたいな穴があいてるらしい

558 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:24:49.23 ID:V/PpueGm
>>556
いかんせん現代の航空戦だと管制機が400キロ以上の距離からレーダー探知しかけてきて
報告受けた航空機群が戦闘機のレーダーレンジ外からミサイル発射とかやらかす時代なのでちょっときびしいかと、
戦闘の間合いが広くなりすぎた

559 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:26:18.60 ID:KuNCO2wC
>>556
そんなんキレイに敵に直撃させるより誘導ミサイル当てたほうが簡単っていう

560 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:30:25.89 ID:wnC3jsV7
テスラコイル!

561 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:30:31.49 ID:8KIizAHK
結局戦争もコストが最大の敵
お手軽低料金が大事

562 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:35:02.50 ID:MI6ZvjSp
死地から生還した兵士の扱い

アメさんの場合
・英雄

日本の場合
・おめおめと生き残った咎で、死ぬまで危険な作戦に投入し続ける

そら最後は玉砕か自殺するわけだ

563 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:55:57.23 ID:V/PpueGm
五十六機の護衛戦闘機隊隊員も武蔵乗員の生き残りもひどい扱いらしいな
現場の人間で蝉貼って非難回避して反省も無くそれでよしとする姿勢は今でも正直見られる気がしてもうだめ

564 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 11:58:07.26 ID:PNwFbVio
そういうふいいき(なぜかうんぬん)にしたのは、軍人らだし
身から出た錆びな気がしないでもない

565 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 12:08:05.91 ID:ck+f3Jii
>>556
面白いこと考えるね
空戦で使うのは難しそうだけど、防空兵器として重要施設上空の広範囲に炸裂させて
爆撃に来る敵機を巻き込むとか、飛行場周辺にバラ撒いて上がってくる戦闘機を無力化とか
そんな使い方なら有効そうな気もするな。
自前の燃料だけで飛んで来るタイプのミサイルなんかには無力なのが弱点か


566 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 12:14:58.80 ID:0dElOZAM
>>565
一体それにどんな意味と価値があるんだね?


567 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 12:16:24.37 ID:KuNCO2wC
まあその精神性が悪い事だと感じるのは戦後の現代人の感覚だろうしな

568 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 12:27:01.24 ID:V/PpueGm
特攻とかラストのほうには物資と燃料無駄遣いするだけの集団自殺強要状態で
現場のベテランからも「意味ないし」とかいう声が出てたのにシカトして続けてた時点で精神性がどうこうの段階超えてますがな

実際満州から敗戦までの流れを軍部一つが作り出したわけでなし、カスゴミの煽りやら日清日露で調子こいて煽りに同調する国民やら
いろんな意味で制御不能に陥ってたのが当時だし、そういうのまでひっくるめて五十六護衛隊連中みたいな懲罰人事による「口封じ」
が起こってたり、もうとにかく特攻全部特攻とかわけわからん状態になってるわけで、そういう部分まで「精神性」ですませるのはちょっと
後知恵と言われりゃそれまでだが

569 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 12:31:51.10 ID:KuNCO2wC
3行

570 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 13:08:02.27 ID:gh5jwKgv
>>548
アメリカの正規空母とかなら兎も角、駆逐艦やフリゲートで戦艦並の艦なんて無いよ
確かに艦種の割には大型化したけど、WWII基準で言えば巡洋艦のしかも軽巡クラス止
まりの筈だけど・・・何見たん?

571 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 13:28:06.89 ID:kpGdzHNT
日下公人が東北の師団は敵に攻撃しろって命令を全滅すると分かっててその通り実行して
壊滅するけど、大阪の師団は全滅するって分かってるからあれこれ理由付けて攻撃しないから
生き残る。
最終的には敵の足止めができてる大阪の師団のが戦力になってるって書いてて噴いたw

572 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 13:34:00.66 ID:xvD5/o50
>>571
またも負けたか八連隊、それでは勲章九連隊(京都の歩兵第9連隊 / 「くれんたい=もらえませんよ」のもじり)
という歌で有名な日本軍最弱と言われていた大阪兵だが、
実際はそうでもなかったようだ。
Wikiを全て信じる事はできないが、言い分もあるようだ。

573 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 13:41:56.26 ID:xvD5/o50
ちなみに弱い順から、大阪兵 > 東京兵 > 埼玉兵だったと言われている。
大阪と東京が弱いのは、都会だし飢餓など過酷な経験もないからだろうなと推測できたが
埼玉が意味不明だったな。

574 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 13:46:30.96 ID:ck+f3Jii
>>566
いやいや、そんなに深く考えてはないよ
ただ現状、空を制圧する技術って全て点と点をぶつかり合わせるって考え方でしょ。
だから、面で制するって考え方が面白いなと思ったわけ。
一定の空間の飛行を困難にするっていう技術が本当に実現可能なら、
制空力を限定したり無力化したりできるってことなんだから、それはすごく有効だと思うんだ。
ケミカルなものなら、一度技術さえ確立してしまえば安価に量産できそうだし。

そんなものが実現したら、航空機にとっては空を削り取られるに等しいんじゃないかと想像して厨二心をいたく擽られ、
同時に、蚊の羽音に苛立って叩きまくってもかわされ続けて、
ついに蚊取マットと殺虫剤を標準装備する所帯じみたイメージも浮かんで相殺されたw


575 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:00:35.47 ID:NYv1TDh6
逆に強い順はどうだったのか

576 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:03:18.48 ID:gh5jwKgv
>>575
東北・九州の二強

577 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:06:43.28 ID:zFeXQbll
>>575
田舎の部隊が全般的に強かったらしい。
定評があったのは東北の部隊。
広島などの中国勢も強かったようだ。

578 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:09:18.21 ID:KuNCO2wC
気候が厳しいところの兵が強いって良く聞くけど
瀬戸内だと当てはまらんな

大阪兵とイタリア兵が戦ったらどうなるのっと

579 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:10:00.60 ID:nMR3LGOs
大阪兵はそら商人ばっかりやからな
戦いには向いてへん

580 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:10:33.98 ID:Xt8ykunw
第二次世界大戦での日本の潜水艦の性能はガチ。

581 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:11:54.12 ID:kpGdzHNT
あと命令出したほうも全滅するの分かってたけど、空気読んで攻撃しないで欲しかった
みたいなこと言ってたらしいw
そら兵と下士官は強いけど参謀と提督はアホって言われるわw

582 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:15:29.97 ID:zFeXQbll
それ信じられないな。
命令に従わなかったら軍法会議ものだぞ。
下手したら銃殺刑。

583 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:16:38.85 ID:NYv1TDh6
>>576-577
そうか、田舎の方が強かったんだなぁ

584 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:25:29.03 ID:MC5HFUzD
>>544
その手の話題では、大英帝国はさすが一流海軍国といわざるをえない
ttp://homepage2.nifty.com/daimyoshibo/mil/ship_names.html

585 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:26:05.22 ID:gh5jwKgv
>>583
戦車部隊だと北海道(千歳台:戦車第11連隊)も有名かな、士魂部隊でググるよろし

586 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:35:15.91 ID:Xt8ykunw
英国さんって強いイメージがない
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14326186

587 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 14:36:44.69 ID:V/PpueGm
>>583
農業で体と忍耐力が鍛えられてるって言うのもあるし、
小作人の三男四男だったりすると軍人ぐらいしか道が無いからやる気もでる
下士官レベルでも村一番の出世頭だったりしたそうな

588 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 15:00:57.68 ID:MI6ZvjSp
>>580
潜水艦に必須の静粛性が酷くて、ドイツまで行った伊号潜水艦があまりの煩さにドイツ軍が直してくれたらしいw

589 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 15:17:21.66 ID:Byys2wD9
ニュージャージーは魔改造してもしなくても、退役だったんだろうな。

590 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 15:19:53.70 ID:DS0fz/Nk
そら商売人みたいに自分の頭で考える癖ついてるやつは兵隊には向いてないだろ

591 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 15:27:54.07 ID:V/PpueGm
>>586
あんた英国軍馬鹿にする気!?そんならもう銃剣突撃!

※最近のイラクやアフガンでもやってます、で、勝ってます……

592 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 15:35:26.43 ID:zNQgnO+9
維新戦争では薩摩が圧倒的だったらしいな
チェストーってかけ声の剣道が良かったそうだ

593 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 15:38:43.14 ID:3DkDN4pn
>>592
戊辰の仇!戊辰の仇!

594 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 16:15:37.84 ID:0dElOZAM
>>591
ならって銃剣突撃以外何ができるのかと・・・
英国はWW1の頃にはもう落ち目だったからな
WW2ぐらいからずっとおんぶにだっこだろ
ロイヤルネイビーは帝国海軍に凹られるし本国は第三帝国に凹られそうになるは
アメリカとソ連がいなきゃ死んでた

595 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 16:28:53.29 ID:V/PpueGm
バトル・オブ・ブリテンは経済支援あったけどおおむね独力で上陸作戦中止にまで追い込んでますがな、
陸軍についてはあんまりフォローできないなー、徹甲弾以外撃てない戦車ばっかだったから高射砲にボコボコにされたし
皇軍にまで「なにあの突撃馬鹿」とコケにされるありさまだからなぁ、一応戦車は極東じゃかなり無双したらしいが


596 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 16:37:04.22 ID:0dElOZAM
>>595
レンドリースと米軍の参戦がなきゃ死んでたろ

597 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 16:38:54.94 ID:wnC3jsV7
パンジャンドラムさえあればドイツとか余裕

598 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 16:44:29.96 ID:V/PpueGm
>>596
英国上陸作戦の中止はレンドリース法成立前じゃね?

599 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 16:56:36.49 ID:0dElOZAM
>>598
だからその後レンドリースも米軍参戦もなかったらって話しだよ

600 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 16:58:22.20 ID:JWMUmSxZ
1/250だか1/350だかの模型ぽっぴぃが
恐ろしく高い

601 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 17:09:42.39 ID:V/PpueGm
>>599
なんだかんだでソ連相手に泥沼りそうなんだが、Uボートは強力だけど
Uボートだけで制海権保持できるわけじゃあるまいし

602 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 17:12:04.55 ID:JWMUmSxZ
http://www.woodman-club.co.jp/yamato-1_200.html

1/100ワロタw

603 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 17:22:44.21 ID:0dElOZAM
>>601
ソ連だってレンドリースがあったからあそこまで盛り返せたっていう

604 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 17:32:56.09 ID:V/PpueGm
いろいろ何もかも足りなくなって馬で輸送おっぱじめてた時点で
遅かれ早かれ攻勢限界点が来た気がするんだが、レンドリースがなくてもな
まあさすがにそろそろスレチなので黙ることにした


605 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 19:36:29.74 ID:q/x+nMqD
ヤマトスレなのにヤマトの影が薄いってゆう・・・

606 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 19:44:01.16 ID:fpWceNSA
大和はFFで例えると蝶よ花よと育てられたhimechan
装備だけは豪華だがガチの実戦経験はないに等しいので戦闘の話題になると出番がない

607 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 19:48:11.04 ID:V/PpueGm
なら話題を振るといい
とりあえず豆
大和は轟沈後真っ二つになって坊ヶ崎沖に沈んでいるが武蔵は沈没後海流に流され現在も行方不明
なので見つかるときには形を保って発見される可能性が高い

608 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 19:55:54.34 ID:nMR3LGOs
武蔵が沈んだ海域はめちゃめちゃ深いところじゃなかったか

609 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 20:12:33.76 ID:V/PpueGm
水深1000メートル前後ってとこだから深いは深いな
とりあえず今日までソナー探査など行われているがいまだに行方不明なのは確か

610 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 20:14:11.06 ID:nMR3LGOs
武蔵って魚雷20発ぐらい打ち込んだけどそれでも沈まなくて米軍ももう諦めたから
どこで沈んだのか正確な位置がわからないんだっけか。

611 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 20:23:34.97 ID:V/PpueGm
武蔵側の記録(副長が記録して離艦)と随伴していた駆逐艦の記録が微妙に違ってる上に
両方からぶり、米軍側にも記録はあるけど沈没現場には居合わせてない

612 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 20:39:55.12 ID:g3Mblo/6
一部ひっくり返って3つに割れた状態で沈んでた大和より
武蔵の行方の方がIF話に夢が持てそうだ

613 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 20:40:34.31 ID:FhSvXmXB
武蔵は最後まで水平保って沈んだと言われてるが浮力を失えば
一個で駆逐艦1積分の砲塔の重みでひっくり返って船体に
差し込んであるだけの砲台がすっぽ抜ける

海底でまた回転して水平になったしても形を保ってる事ははありえない

614 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 20:46:49.02 ID:V/PpueGm
一度武蔵は完全に転覆してますから、そのときに確実に砲塔は脱落しますね、
たしかビスマルクなんかもそういう状態になってたはず。
砲塔が脱落した後、沈降しながら重い艦底部を下にむけて沈没していくため全体的なスタイルは保たれてるって意味で書きました

http://kure-news.com/news/000524.html←こんなひどいことになってなきゃ何でもいいですよ俺は……


615 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 23:52:35.62 ID:zj83Qv4Q
>>536
亀だが
ドイツ⇒ビスマルク シャルンホルスト
イギリス⇒フッド イラストリアス
フランス⇒リシュリュー
ソ連⇒ガングート スターリングラード

こんな所じゃないかね?
ソースはここ
http://www11.atwiki.jp/navyfield/pages/11.html#id_365f4dea



616 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 23:54:28.27 ID:g3Mblo/6
じゃあ、イタリアは駆逐艦に追っかけられて沈んだB・ムッソリーニ辺りで

617 :既にその名前は使われています:2011/08/09(火) 23:57:35.87 ID:sE5X+hqs
6月26日、ソ連軍の戦車部隊が跨乗兵を乗車させて前線を突破し、戦闘団の
第27SS戦車猟兵大隊第3中隊の陣地へ殺到した。

ここでレミ・シュライネンSS一等兵は対戦車砲によりT34を6両を撃破して、敵を食い止めることができた。
4日後に再び敵の攻勢が発起された時、すでにシュライネンを除いて彼の分隊は全員死傷しており、
彼は撤退命令が出ているにもかかわらず、その場に踏みとどまってたった一人で照準・装填を行って
砲撃を続けた。

しばらくしてソ連軍の歩兵部隊の大軍が押し寄せて来て絶体絶命となったが、海軍出身の無線手が
死ぬ直前に味方砲兵へ自軍陣地への砲撃を依頼していたため、敵歩兵部隊は壊滅状態に陥った。

しかしながら、その後方から敵は新型JS戦車を含む戦車30両が続いており、
ここにシュライネンとの劇的な一騎打ちが行われた。

ここでもシュライネンの神業的砲撃が勝り、JS戦車4両とT34 4両が撃破されたが、
最後のJS戦車は彼の対戦車砲の僅か30m手前で討ち取られたものであった。

彼は敵の砲撃で負傷して倒れたものの、その後の味方の反撃により擲弾兵の手で救い出された。

618 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 00:01:07.03 ID:apvybChL
対戦車砲ってそんなに強力なの?
あんなもの正面装甲はおろか側面も抜けないと思ってたが

619 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 00:33:40.24 ID:zeZL7/Gu
>>618
この戦いで使われたのはPak40らしい
まぁ、アハトアハトでググれカス

620 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 00:39:45.27 ID:apvybChL
ああ、あれか あれは大好きだ 代行殿が・・・

621 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 00:46:31.46 ID:MNdTWN+W
火砲にはミサイルにはないロマンがある

622 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:14:01.44 ID:O949L5Wp
ミサイルにはロマンが無いがロケットにはあるだろうjk

623 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:22:35.50 ID:QTNU+ECn
宇宙という海へ乗り出す人類の船として云々

624 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:26:39.17 ID:6y4KLWGG
戦艦大和ってストライクウィッチーズのやつだよね
こんなスレが伸びるなんてアニオタ多すぎだろー

625 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:30:24.92 ID:mZnGhdbH
なんかステータスはSTRとVIT、MaxHPUpに特化して
攻+とダメージカット装備でガチガチに固めた両手剣ナイトみたいなイメージ

626 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:39:25.83 ID:O949L5Wp
戦艦同士の打ち合いはトワイライト鎌振り回す暗黒w同士の殴り合い

ノロノロと空振りを繰り返したまに当たるとデスが発動して相手は一瞬で死ぬw

627 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:42:32.78 ID:KjpYhuRv
本当に爆沈したら1500人規模の艦でも生存者2桁とか全滅とかあるよな
普通にいくらかは海に投げ出されるだろとか考えられるのに実際の数字が恐ろしい

628 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:46:06.33 ID:KG8qIVCJ
あれだけ巨大な物が沈むんだから、大きな渦ができて、海に飛び込んだ人も巻き込まれる。
ちょっとした島くらいの大きさだよ。
アメリカ軍のレーダー精度がまだ悪かった頃、戦艦と島の区別がつかなかったって話があるくらい。
その戦艦の中でも最大の大きさの大和だしな。

629 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:58:20.88 ID:KjpYhuRv
There seems to be something wrong with our bloody ships today

630 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:59:11.87 ID:6y4KLWGG
>>629
oh! yes!yes!

631 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 01:59:42.41 ID:i4zpjst5
>>618
そもそも昔の戦車は今ほど装甲あつくないですし。
チハたんとか主砲37ミリで45ミリ喰らったら貫通しますし

632 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 02:09:15.73 ID:/l+Ox5dp
>>615を見て
フッド位知っておけよと思った。コピペあるくらい有名だよな?

───アタシの名前はフッド。装甲に傷を負った巡洋戦艦。ペラペラスリムで主砲38センチの愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は主砲が小さいプリンス・オブ・ウェールズ、アタシの先輩レパルス。
訳あって装甲甲板を持つヴィクトリアス。
友達がいてもやっぱり大西洋はタイクツ。今日もプリンス・オブ・ウェールズとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人でユトランド沖を走ることにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこい重巡洋艦を軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと魚雷ぶちこませてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
プリンツ・オイゲンは運がいいけどなんか小さくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
「すいません・・。」・・・またか、とロイヤルなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっと戦艦の顔を見た。
「・・!!」
・・・チガウ・・・今までの軍艦とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
戦艦はビスマルクだった。撃ち合いになって主砲が火薬庫に着弾した。「キャーやめて!」脱出をきめた。
「ズドーン!ドガーン!」アタシは沈んだ。ライミー(笑)

633 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 02:11:01.36 ID:O949L5Wp
>>631
いや、ロシアの戦車はドイツ軍が泣くくらい固かったんだよw
慌てて対抗で作ったのがティーガー戦車

ハチたんがブリキの棺おけ扱いされたM4もこんなのに遭遇して畑の松明にされたw

634 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 09:59:22.42 ID:eJecFP1W
シュライネンって人のことは知らなかったんだけど、ナルヴァでの戦いなのね
オットー・カリウスと虎の大活躍から数ヶ月後だ。
シュライネンが陣取ってたのが擲弾兵の丘って呼ばれてる場所で、
辺りは見晴らしの良いひらけた平地。丸見えの敵を撃ち下ろす形だし、砲は地形に紛れる様に配置されてたんだろうから、
戦車狩りにはこれ以上ない条件が揃ってたんじゃないかな。


635 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 10:02:06.71 ID:RQZaoUA0
某掲示板より転載
1/350の模型らしいけど
CGにしか見えんw


ttp://jul.2chan.net/dat/v/src/1312729267094.jpg
ttp://jan.2chan.net/dat/v/src/1312729552572.jpg
ttp://mar.2chan.net/dat/v/src/1312729728548.jpg
ttp://apr.2chan.net/dat/v/src/1312730013106.jpg

636 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 10:02:26.23 ID:25PZ0mM7
>>626
旧いヤツは正にそうだと思う
ただ、新戦艦は防御力やダメコンが改善されて、デス耐性が付いてしまっているんだな
なかなか誘爆即爆沈とはならないのよ
どちらか、あるいは両方が廃艦になる程の損害を受けるまで決着が付かない感じ



637 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 10:04:23.07 ID:/c8NCOnn
>>633
KV-1とかは前面80ミリとかで50ミリ砲じゃ歯が立たなかったからなぁ

それに増加装甲を追加した基地外みたいな仕様のもあったしw

638 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 11:11:08.11 ID:yHyz0l+1
それに比べて日本の戦車は、動く棺桶仕様だったしな

戦時中に陸軍にいたってお爺さんから聞いたけど
とにかく乗り心地も最悪でヘルメットは、戦車の中で頭をぶつけて死なない為の物って
ほどだそうだし、装甲も薄くて敵の歩兵の銃で簡単に貫通してたって言ってたよ

639 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 11:22:20.79 ID:/I1/Eywd
そういや当時の日本てドイツから戦車は輸入しなかったのはなぜ?
パンターとは言わずW号でもありゃシャーマンと渡り合えたと思うんだけど

640 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 11:51:07.84 ID:MDrVdeus
日独直通地下トンネルでも掘れば輸入出来たかもなw

641 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 11:56:23.64 ID:yHyz0l+1
ジェットエンジン一つ運ぶのも相当苦労したらしいしねー

642 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 12:04:13.66 ID:KCU6+HhS
>>639
そんな事言ったらドイツが零戦輸入してたらバトルオブブリテンで負けなかったわけだが・・・

643 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 15:16:53.61 ID:Kznymcbt
せやな

644 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 15:43:49.69 ID:apvybChL
潜水艦用のエンジンを苦労して日本に運んだら
日本の技術者はばらすこともできなかったらしい・・・
ちなみに2隻いったうちの一隻は帰りに撃沈されてる
しょーがないからもう一回潜水艦出して設計図貰いにいったら
アフリカ沖からずーっと追跡されてアルゼンチン沖で撃沈

645 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 16:34:40.41 ID:/c8NCOnn
>>644
日本の潜水艦用ディーゼルは2サイクルで排圧が低過ぎてシュノーケルを付けれなかったからドイツからエンジンを輸入って話だったと思ったが、そもそも工作精度の高いドイツ製のエンジンをコピーしてもまともに使えたかどうか疑問だな

646 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 16:57:55.32 ID:y2Tuaxd+
零戦のエンジンだって油漏れしまくりだもんな

647 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:00:05.03 ID:N0pFDsMQ
でもジェットエンジンは再現できてたんだろ?
秋水は試験飛行までこぎつけてるよな。
潜水艦用ディーゼルって航空用ジェットエンジンより高度な技術が結集されてるんですね。

648 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:10:29.24 ID:2Umpfm/J
>>635見ると胸が痛い
聞いたところによると、昔1〜2歳の俺のためにドデカイ大和のプラモ作ってくれたらしい
完成後いくばくも無く、親父渾身の大和vs破壊大帝俺の戦いが始まった
もちろん俺圧勝。以来親父は一切プラモを作らなくなってしまったそうだ。泣いた。


649 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:10:58.80 ID:y2Tuaxd+
秋水はロケットだよ
それに試験飛行は失敗したり爆発したりだったような

650 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:11:15.87 ID:d2OlDrCU
>>638
弱点も運用次第

つ 帝国陸軍第十一戦車連隊

651 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:16:06.92 ID:GDJb1cdG
Me163とか秋水とか燃料漏れただけでパイロットがスライムになるような怖い兵器乗りたくない

652 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:23:44.65 ID:y2Tuaxd+
むしろ、そんないまいちエンジンやら爆発ロケットやらが精一杯だった国が
よくぞ世界トップレベルの工作精度を出すようになり、
車なんか素晴らしいエンジンを作るようになり、
世界一安全で信頼できる高速鉄道を走りまくらせ、
さらには小惑星まで探査機を送り込んだと思うと、まじで胸熱だよ
戦後の技術者は「あの当時」の悔しさをバネに頑張ったんだろうね

653 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:30:24.55 ID:pfEcMkAP
凝り性の性格が実を結んだんだよ

654 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:31:24.86 ID:pfEcMkAP
悔しさって言えば、韓国人は日本人が自分の悪口を言ってるんではないかと勘繰り、
必死に日本語を勉強するから早く覚えるらしい
韓国式スピードラーニングだな

655 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:32:08.48 ID:yHyz0l+1
ttp://www.bing.com/images/search?q=%e7%a7%8b%e6%b0%b4&view=detail&id=09DA0D276A16E115052DE4A517B6296521487B5D&first=0&FORM=IDFRIR
↑これによると
本当に少しの資料しか日本に来てなくて
ほぼオリジナル状態みたいだよ

ジェットエンジンを少しの資料で
なんとか飛べるまでにしたんだから
けして技術が低いわけでなかろう?

そもそも世界中で使われるほどの
八木アンテナとか作れる技術とかあったものの工場が
壊され科学者も散り散りになり、中〜後期はなかなか十分な研究しにくかったろうしね

656 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:35:01.64 ID:Sgn3oI/H
秋水はジェットじゃなくてロケットなのに(´・ω・`)
Me262のコピーは橘花だよ。

657 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:41:04.27 ID:GDJb1cdG
新しいの作るの苦手だけど既存、つかむしろ古いもの組み上げて
高性能な機体作るが得意なイメージ、零戦とか紫電改とかが代表かな
大和あたりだとパッとするような新味ある技術は使われてないのに驚くほど高性能

658 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 17:47:07.11 ID:jS2O6QRx
つーか、粗悪な燃料の影響もあるよな。
戦後、アメリカと同じオクタン価の高いガソリンでド試験飛行やらせたら
互角かそれ以上の性能だった機体があったはず。
疾風だかなんだかそんな感じの名前の機体。

659 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:12:02.58 ID:O949L5Wp
ドイツの兵器も扱い難しい酷い代物多かったんだぞ・・・
ティーガーはオイル漏れで車内がベトベト旋回すればキャタピラが切れて
整備兵もヘキヘキだったのは有名

実際使った両軍兵士のインタビューでも扱い安いM4の方が優秀と酷評されたが
戦場で自分が乗るのはどっちがいいかの質問で全員がティーガー選んでワロタw

660 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:27:50.82 ID:ZIlN+TOt
働き盛りの男や工学系を学んだ人間が戦地に送られて
残った中学生とか女性で戦闘機を作ってたとするならば
逆に凄いレベルだと思わんかね?

661 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:28:53.08 ID:2+PfA0Y3
>>657
本当にそういうのが得意なら、
自然界にはヒントがあふれているよね?
昆虫やら鳥から発明できるはずなのに

662 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:29:49.22 ID:yHyz0l+1
意味が分からない

663 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:35:48.18 ID:l0zm8BuR
>>660
理系が送られたのは終戦末期だったはず

664 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:38:41.67 ID:GDJb1cdG
>>661
言っている意味がわからないがこういう兵器をたくさんつくればいいのか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF

665 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:38:56.04 ID:ZIlN+TOt
>>663
紫電改の初飛行は昭和17年12月27日
量産開始が昭和19年

666 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:40:03.50 ID:Pvjq58h0
戦後ね、戦中の兵器なんかの情報が解禁されると
少年雑誌やプラモデルの外箱なんかに
本当は凄かった!日本軍の兵器!なんてね、
敗戦の劣等感を晴らすような提灯記事や
都合のいいデータが載るわけ。

八木アンテナはアメリカの報告書に
個々の研究はアメリカを凌駕するものがあるが
技術を統合するシステム工学の幼稚さに呆れたって
報告書に実例として出ただけの話。
ようはバカにされてんのよw

667 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:45:01.75 ID:GDJb1cdG
八木アンテナさんは今だに現役だからすごい

668 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:47:58.15 ID:ZIlN+TOt
まあ紫電改は量産といえるほど製作されてはいないけども

ちなみに国産初のジェット攻撃機の橘花は松根油入りの燃料で飛行に成功した
これが昭和20年の8月7日
資源不足と人材不足に泣かされてただけで設計技術は決して劣ってないと思う

669 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:53:28.16 ID:yHyz0l+1
工場は、徹底的に叩かれちゃってるしね

>>666
これっぽっちも馬鹿にしてないだろ
落とした零戦など集めたり相手のことを徹底的に研究した
昔のVTRでもいい所は、素直に認め真似したりそれを上回る物を
開発してたしな

670 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 18:55:52.49 ID:44mex7Dt
電磁気学の基本技術にそのまま極めて簡素高効率に適用できたが故に今も現役

考案した八木博士の建てた会社は
合併など紆余曲折をたどり
再び独立運営中
http://www.yagi-antenna.co.jp/

671 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:03:54.28 ID:fLzgHn66
http://www.youtube.com/watch?v=bhADaK7BwFU

戦艦武蔵の最後



672 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:05:36.80 ID:Pvjq58h0
アメリカの大戦中の3大兵器は
原子爆弾・B-29スーパーフォートレス・V T信管
当時の日本の技術力じゃ全く実現性ねえからw

673 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:09:16.48 ID:xGlFm+0n
仮に開発できても量産して維持するのは無理だったろうな


674 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:19:12.07 ID:GDJb1cdG
希少資源がもっとふんだんにあればもっといろいろ作れましたよ猿渡さん!
まあ戦争に充分な資源を確保できるならそもそも戦争しませんでしたけどね

675 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:20:47.56 ID:44mex7Dt
2chログのせてるところからちょっと拝借

http://livedoor.2.blogimg.jp/news4vip2/imgs/2/a/2ac88053.jpg

70年前のデトロイト
まあ無謀だったということで

676 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:37:42.28 ID:82czKWcI
いまだに海中だから浪漫なんだろうな

今なら、空母や強襲揚陸艦のような形をした護衛艦が欲しいな

677 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:43:23.79 ID:7U7YE2fX
>>676
あるよ、おおすみ型とかひゅうが型とか

678 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:46:58.60 ID:GDJb1cdG
現状だと基地航空隊レベルで充分かなー

シーレーン防衛の名の下に二隻くらい空母あってもいいかもしれんけど左巻きにものすごい勢いで叩かれそうでだめ

679 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:53:55.75 ID:3MKEUyJV
日本の技術力は「あの当事の国力としては頑張っていた」けど、世界のTOPレベルとはお世辞にも言えんだろう
俺もWWIIの日本の兵器大好きだけど、凄い凄いと言うのには疑問を感じる

680 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:55:19.57 ID:Pvjq58h0
空母より先に原潜だなあ・・
事実上、空母を運用できてるのは
世界中の軍事費の半分使ってるアメリカ軍だけだし

681 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:56:09.54 ID:DZN+IIUx
空母はいらねーよw
あれを建造・維持する金があるなら、その金で戦闘機の配備数と基地を増やしたほうが遥かにマシ

682 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 19:59:10.60 ID:GDJb1cdG
J隊さんマジいろいろ不足してるからなぁ……
年々予算削られてるのに災害派遣でさらに金吐いて大変、来年も多分削られるっていう

683 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 20:01:24.26 ID:25PZ0mM7
因みに、日本戦艦の散布界が米戦艦の1/3程だったのは、動力の都合で一斉射撃が出来なかったからなんだ
交互打ち方でぶっぱなす射撃法だったの

対して米戦艦は個々の砲塔の命中率が微妙でも、一斉射撃で日本側を圧倒する量の砲弾を送り込む事でカバーした

それで、両者の命中速度(当てるまでの時間)は拮抗する結果になったんだ

なお、日本戦艦の砲塔の動力問題は昭和の大改装で解消されたし、米戦艦の散布界が大きいのも大戦前には改善された事を付け加えておくね


684 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 20:12:58.41 ID:yHyz0l+1
>>679
戦争において科学や医学は、飛躍的に向上する
貴方が見劣りするのは、

開戦時は十分渡り合えるほどだったが
戦争が進むにつれ、日本は工場などが破壊され十分な研究が遣り難くなっていくのに対して、
米は独や日を十分に研究し対策ができる環境にあったから
違和感を感じるんでないかい?

日本は、最初と後半では別物状態だったしな サンドバックにされてさ
米も開戦と後半では、日本と真逆に余裕な開発環境だったから
そりゃ超進歩しちゃうから 比べようがないよ

685 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 20:30:34.98 ID:Pvjq58h0
ドイツが英米と電子戦を繰り広げてるのに
日と米は全くないしねw
ナチス崩壊後に米ソかロケット技術やら奪いあったのに
日本降伏後は731部隊の人体実験データくらいかね。
彼らが欲しがったのは。
伊号なんか「調べる価値無し。」で投棄だもんなあw

686 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 20:35:30.66 ID:yHyz0l+1
戦争最中に悠々欲しい情報は、とれたろうしね
やりたい放題できる状態だったんだから

終わった頃は、原発の結果のデータ収集くらいだろ
残ってたの

早く降参しなくて良かったwww 堂々人体実験できてって

687 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 20:36:13.39 ID:yHyz0l+1
原発じゃないや 原爆ね

688 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 20:49:02.75 ID:GDJb1cdG
>>685
伊号は静粛性とかいろいろ最悪だったからなぁ
艦長の自伝とか読むと隠密行動とってるのに面白いくらい待ち伏せされてて
陰惨通り越して笑えてくる

689 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:32:04.69 ID:zeZL7/Gu
>>684
いやいや
工業分野で言えば日本は最初から二流三流だったんだよ?
工作機械は輸入頼りで量産品は欧米の製品に比べてガラクタ当然
ただし軍需関連に関しては職人と熟練工を使うことでトップレベルにまで引き上げてただけ
それも開戦初期に手違いで職人、熟練工を徴用する大ポカやらかして気付いた頃には手遅れだった
職人や熟練工まで注ぎ込んだなんていわれてるが
実際は本来は除外対象にすべきだったのにしそこねて戦争初期に大量投入しただけっていう


690 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:36:51.90 ID:qbkXZg1C
そうだな、基礎工業力の違いだな、QCとか工業規格とか戦後の概念だしな
研究室や工廠レベルだと作成できるけど民間や町工場に任せると精度が酷すぎて
回転体の振動が酷い冷却液やオイルが漏れるってのが多すぎる
レアメタルもないから合金が酷すぎてドイツのコピーも物質的にも出来ない

691 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:38:20.54 ID:apvybChL
最後の方は素人の学生が素人の教師の元作ってるから
「口径はあってるのになぜか銃に弾が入りません」
なんて事が起きたりな

692 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:39:28.66 ID:O949L5Wp
大戦初期はそんな潜水艦でもアメリカの潜水艦より活躍したんだけどね
酸素魚雷が凄かったせいだが・・・

向こうの潜水艦はあまりに魚雷の出来が悪くて使うなって言われたw

693 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:39:56.55 ID:xGlFm+0n
別々の工場で作られた銃5丁をバラバラに分解して部品をごちゃ混ぜにして
その後組み立てて5丁全部動く銃が組み上がる

今では当たり前だけど当時できたのはアメリカだけ

694 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:41:36.54 ID:zeZL7/Gu
レアメタルどころか良質の鉄の生産出来なかったからな
戦前から良質な鉄が必要なところは昔輸入したものを再利用するしかなかったっていう

695 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:41:50.39 ID:apvybChL
そもそも二次大戦まで38式歩兵銃を使い続けたのがいかにも日本的


696 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:44:34.08 ID:3MKEUyJV
現在の工場の工員はまじめで勤勉で一生懸命みたいなイメージがあるけど
当事の工員は低賃金で働かされる奴隷みたいなもんだったらしいしな
工場派遣憲兵が工場で監視してやっとまともに働くみたいな人が多かったようだ

697 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 21:50:04.34 ID:GDJb1cdG
>>692
MK14は本当に地獄の宴だったからな、12発中10発不発とか当たり前、
狙いより3メートルも下通るもんだから空振りしまくり、
さらに装着されてる磁気信管も糞で全然ダメージ与えられない場所で爆発してみたり

第三図南丸なんか魚雷が何本も刺さった状態で曳航されて生還、花魁船なんてあだ名まで頂戴する始末
魚雷撃った艦長のほうは色々ストレスたまってノイローゼになってしまったとかなんとか

698 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 22:19:49.75 ID:pwekgXq/
それで、ここに書いてる奴は鋼鉄の咆哮で
ぼくのかんがえたさいきょうのふね
を、設計してちゃんと遊んでるのかね

もしはまったら数日飛ぶ勢いだと思うけど

699 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 22:24:13.50 ID:/l+Ox5dp
>>698
そこは俺が4000年前に既に通った道だ!

700 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 22:44:58.25 ID:BxJGMc3j
鋼鉄の咆哮は知らんが魔改造妄想は寝る前に皆やるよな
CIWS積んで〜アメさんみたくミサイルをキャにスターで積んで〜
いや…トップアタック対策はもう要らないしVLSにしちゃえ!とか

701 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 22:58:34.80 ID:apvybChL
鋼鉄 NF 両方ともやったw

702 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 23:03:52.16 ID:xxl/9yw1
泣ける話ではないかもしれませんが… 私がホテル勤めをしていた頃の話。

ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚上司達は制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。
一通りの祝いの言葉の後に、

自分が海軍にいた事。孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には苦労を
掛けていると思う事。
たとたどしくですが話されました。
同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが、段々背筋が伸びていき
神妙に聞き入っていました。挨拶が終わり高砂の席の一人が「何に乗っておられたのだ」
と尋ねると、新郎は小声で「大和です」
それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり直立不動で敬礼を送りました。
おじいさんも見事な答礼を返されました。

私はその後は仕事になりませんでした。
ウェイトレスの女の子達は不思議そうな顔をしておりましたが。

703 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 23:06:58.68 ID:NXt6Vpyv
>>702
映画にするべき

704 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 23:20:28.57 ID:Pvjq58h0
45年9月2日、東京湾の艦上でやった降伏文書調印式に
アメリカ側がペリーの海軍艦隊に揚げていた星条旗を
わざわざ本国からもってきて飾ってたのが全てだな。

二度目の開国ですよ、というわけだ。
二度ともアメリカ合衆国の圧倒的な力でなw




705 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 23:22:35.71 ID:pwekgXq/
>>700
専らの空母好きなんだけど、レシプロ機が音を立てながら
遠方の敵艦めがけて飛んでいく光景が凄く好き

戦闘機1・攻撃機3・爆撃機1位の割合で組んで
敵艦が居なくて自艦の周囲を延々旋回したり、目標まで一直線で飛んで
接敵すると雷撃のために方位修正して飛んだり、
無誘導弾なだけに水平爆撃で外しまくる姿を遠くから眺めてると可愛いんだぜ…

ゲームだと割り切ると、レーザー積んでRAM積んでASLOCにCIWSと
おまけに戦艦5隻分の爆風を上げる特殊弾頭ミサイルに
ステージの端から端まで一直線を焼き尽くす波動砲を積んだ空母が
倒した船の船員を救出するために、救出ヘリ吐き出すんだぜ…
自分は好んでVTOL航空機積むけども

ただ、1機の航空機のために秒間20発以上のRAMを打ち込む様は壮観かも

706 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 23:24:37.75 ID:GDJb1cdG
海戦ゲーならバトルステーションシリーズが見ていて面白そうだなと思った
でもなんでもかんでも艦名を舷側にカタカナ表記するのやめていただけますかw

707 :既にその名前は使われています:2011/08/10(水) 23:32:09.32 ID:apvybChL
あのペンキで書いたような名前は萎えるなw


708 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 00:52:40.03 ID:u5J7K8nF
>>702
良い話だけど間違いなくネタ。
披露宴会場は恐らく屋内。
屋内では無帽。従って敬礼するなら10度の敬礼だから、
直立不動で敬礼は有り得ない。

709 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 03:20:49.41 ID:R6UGoVwI
>>707
パシフィックではだいぶ改善された感じだけどね、いや違うだろってシーンがちょくちょく
障子がなぜか布張りだったりなんか震電が艦載機っぽく登場したり突っ込みどころはやっぱりあるw

でもモデルやマップがなんだかんだいって綺麗なんだよなー、爆発がもうちょっと派手ならいいのにとか思うくらいで
こういうゲームが国内から出てくれねーかなー大和無双とか

710 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 03:53:17.37 ID:fdznhjmg
太平洋の嵐6が延期になってる

711 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 04:13:37.25 ID:yR+kD9EH
パシフィックはあの時代に潜水艦対潜水艦の魚雷戦が出来ちゃったり、
水平爆撃機が船の艦橋より低い高度からの直接爆撃が比較的楽に出来て戦艦が一瞬で火の海とか突っ込みどころもあるけどかなり面白いな
久々にやりたくなったけどまだ人いるんだろうか、あれ

712 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 06:52:53.46 ID:FvUsxzac
>>684 開戦時に渡り合えるもイミフだが
基礎工業力は全無視かw

713 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 09:35:22.82 ID:R6UGoVwI
>>711
POWが一式陸攻からぽろぽろ落とされるちんまい60キロ爆弾(?)を雨あられと食らって爆沈する様には泣いた
人に関しては↓みたいなページもあるしリューサンほど苦労はしなくていいんじゃないかな
http://www15.atwiki.jp/bsp_matome/pages/37.html
記事更新の日時と最新コメントの日時に開きがありすぎるのが少々どころじゃなく不安だが

714 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 09:50:34.70 ID:EFA3dte2
>>675
嘘だろ……
こんな帝国にジャンジャンジャガイモサツマイモって歌ってる国が戦ったのかよ

715 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 09:59:30.16 ID:moN56Zi1
70年前にカラー写真ってあったのか

716 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 10:02:02.49 ID:uCPFewLH
映像処理で、白黒写真を後から着色したんじゃね?

717 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 10:02:05.26 ID:moN56Zi1
あ、余裕であったかw

718 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 11:18:33.52 ID:R6UGoVwI
ギャングものかなんかのゲームでこの時代のがあった気がするから多分それじゃね?

実際硫黄島で生き残った人が「こんな国に勝てるわけが無い」と言って絶望顔になっていたらしい
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/page5.html

こんな大国を相手に戦争をして勝てる訳がないではないか。
日本魂も軍人精神も神風も打ちてしやまんも、物量と機械文明の前には何の役にも立たず、
我が国はだんだん戦争は不利になっていくのであるが、今の私は捕虜としてアメリカ大陸を横断しているのである。


719 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 13:53:13.09 ID:FvUsxzac
硫黄島の戦いは大平洋戦争を通して唯一アメリカ軍に
交換比率で上回った戦いだけどね。
まあ、米側の上陸作戦だから当たり前なんだけど。
海兵隊にとっても1日の戦死者数も現在に至るまで最大。

硫黄島の守備を任された栗林中将は無能な特攻、玉砕を禁じ
米軍の猛攻に耐え、爆死した。
敵の死にざまの見えない空軍や海軍と違い
銃剣で刺し合うような戦いをする陸軍は
戦後の両軍の交流は少ない。

この戦いの慰霊碑の落成には両軍の兵士が抱き合い涙した。
アメリカ海兵隊にとり最大死亡者をだした屈辱の日と同時に
最強の敵のに勝利した誇り。

720 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 16:08:06.72 ID:R6UGoVwI
帝国陸軍は弟子がアメリカや中国に一泡も二泡も吹かせてたりしてるのですごい

721 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 16:31:53.59 ID:O/mAuHpk
史上最強の弟子ケンイチ

722 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 19:41:37.47 ID:Yd6w1WoS
>>719
栗林中将のゲリラ戦主体徹底抗戦のルーツは在米駐在武官時代、米国軍隊から学んだと言うのがまた皮肉である。
帝国陸軍きってのアメリカ通であり、対米開戦に批判的でもあったのが、最後は徹底抗戦という最も苛烈な道を選んだのも興味深い。

723 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 19:51:26.86 ID:iZqEp0xS
>>715
硫黄島上陸の様子やB-29の原爆投下の様子がカラー記録映画で残ってるし
はるか以前から有ったんでね? アメリカでは。

724 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 19:54:06.31 ID:R6UGoVwI
1910年のカラー写真
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/04/Prokudin-Gorskii-09.jpg

725 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 19:55:56.74 ID:E2HBdZ6e
風と共に去りぬが1939年の映画ですし

726 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 20:07:23.52 ID:PS6GfMbS
カラーはドイツが力を入れてた気がする

727 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 20:10:13.27 ID:E2HBdZ6e
ドイツといえば、たしか空襲受けたときの記録映像がカラーだったよな
それもアマチュアが撮影したやつ

728 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 20:50:42.05 ID:Zi7DxfNi
大戦中、海軍のパイロット二人が米軍に捕虜となり尋問を受けた。
アメリカ兵「貴官たちの名前と階級を申告したまえ。」

日本兵A 「田中一郎中尉です。」
アメリカ兵「名前の意味は?」
日本兵A 「長男だから一郎と言います。」
アメリカ兵「君は?」
日本兵B 「佐藤二郎一飛曹です。」
アメリカ兵「名前の意味は?」
日本兵B 「次男だから二郎と言います」

アメリカ兵「貴官らの司令官は誰だ?」
日本兵A 「・・・山本五十六大将です。」

729 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 21:53:27.39 ID:R6UGoVwI
白黒写真をカラーにずる技術とかねえかなぁ
本物の大和をカラーで見てみたい……

730 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 21:59:57.20 ID:a+r4rJNn
着色って技術が江戸時代からあるぜw
白黒のネガに着色とか考えただけで泣きたくなる作業だなw
スポッティングの方がましだ

731 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 22:00:54.03 ID:Zi7DxfNi
白黒時代の写真の着色写真ってのがある
http://www.flickr.com/photos/24443965@N08/sets/72157604144707515/

これは違うけど第一次世界大戦のフランス軍の着色写真とか見たことあるな
どこか忘れたけどね

732 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 22:16:15.49 ID:uO8TggTT
ま、スレ違いの話題はとたんに本職から見るとアホレスになりがちw
中国憎しで立てた空母スレ、いきなり中国の原子力空母の前提で
誰も突っ込まないw

733 :既にその名前は使われています:2011/08/11(木) 22:34:55.55 ID:R6UGoVwI
着色写真ってイラストっぽくてコレジャナイ感がするんですよね
でも仕上がりのいい奴だと絵画っぽいかんじで素敵

734 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 01:03:07.24 ID:nbSi+fJB
あっちのスレの最初の方に原子力空母じゃないってツッコミはいってたと思ったが。

735 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 03:58:13.76 ID:/nAkizKQ
>>728
日本兵A「ロボットじゃないよ。アンドロイドだよ」

736 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 04:14:13.95 ID:Jsmfv0E4
日本兵は捕虜になるって前提の教育を受けてないから機密を素直に喋っちゃったりしたらしいな

737 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 04:19:17.52 ID:7JUPx5bP
何をどこまで喋って何をしゃべっちゃわからんのではなぁ
意外に待遇良くてそれで価値感変わったって人も多いんだろうな
B29が撒くビラ作った人たちとか

738 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 05:00:49.44 ID:/nAkizKQ
担当に日系人を出されて話してるうちに
情にほだされペラペラ喋っちゃった、とか

捕虜になったときの現実的な心構えや対応を教わらず
囚われの身で周りを見たら奥目の赤ら顔ばかりで物凄く心細いとき
自分らと同じような顔だちをした人に母国語で話されたら
そりゃねぇ…

戦争してたら捕虜が出ないなんてありえないことで、
なのに実際的な教育を施さず「虜囚の辱め云々」って
ほんとに勝つ気あったのか?と言いたくなる

739 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 05:57:30.50 ID:W7fDgk+Q
尋問に対する指導をやんなかったから喋るべき官姓名で偽名使う奴多くて
戦後処理で日米両方頭抱えたって逸話もあるなw

740 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 09:34:09.58 ID:swPkGCp1
日本兵は最初はかたくなに黙秘したり自殺謀ったりする人が多かったらしいけど
一回捕虜として生きると決めるとものすごく協力的だったらしいな
良くも悪くもまじめなんだよ

741 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 09:37:01.62 ID:TXsdt0UR
太平洋戦争では沖縄はほんとに酷い目に遭った
本国からの援軍もほとんど無いし島民も絶望して鬼畜米英に捕まるぐらいならと
どんどん自害していく。
よく広島や長崎の原爆が悲惨とクローズアップされるが沖縄ほどじゃなかっただろ。


742 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 09:38:44.98 ID:j2DevJeu
どっちが悲惨だったかなんて論議自体が無意味。
全てが悲惨だったろ。


743 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 09:46:02.21 ID:MF6A/qUE
>本国からの援軍もほとんど無いし
米軍の上陸作戦の際にまともに援軍が来た戦地なんてそもそもあったか?

744 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 10:03:04.46 ID:lfoCVd7j
住民に自決させたのは在郷軍人だけどな

745 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 10:09:20.22 ID:GxFmlJpy
捕虜になるくらいなら〜と偉そうに言っている割には
幹部クラスの敵前逃亡が異様に多い陸軍。

海軍は投降については陸軍より寛容だったけど、敗残兵には容赦ない。
戦艦武蔵の生き残りを絶対死ぬ戦場に投入するってどうよ?
戦艦の乗組員ってエリートだぞ…。

746 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 10:23:09.55 ID:swPkGCp1
武蔵の生き残りで戦後まで生き延びた人って6人だったかな?
隊の名前も変えられて陸戦隊に組み込まれて・・

747 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 10:31:18.84 ID:swPkGCp1
武蔵の場合は秘匿目的で生き残りを隔離したようなところがあるな
武蔵自体存在しないはずの船だしそんな船が沈んだとか味方に知られても困るんだよ

748 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 10:39:30.25 ID:6nkIDOI3
艦長は、船と運命を共にすることが多かったようだけど

生き残っても屈辱を受けるのも辛いから・・・って理由も多かれ少なかれあったろうなー

749 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 12:28:12.12 ID:icFyAmI1
あげ

750 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 13:00:17.35 ID:W7fDgk+Q
>>748
日本に限らず艦長は最後に離艦すべしって暗黙のルールがある
まぁ、当然の話だけどな艦長ってのは艦の最高権力者であり責任者であるわけだから
死ぬ気はなくても離艦出来ずってケースも相当数あると思うよ

751 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 13:02:03.18 ID:TXsdt0UR
ちなみにプリンスオブウェールズの艦長はもう沈むって時に「私はこの船と運命をともにする(キリリッ」
って部下に言ったあと後方甲板から海に飛び込んで逃げる姿が目撃されたそうだ。

752 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 13:16:40.74 ID:j2DevJeu
プリンスオブウェールズって当時イギリスで日本で言う大和みたいな存在の不沈艦だったはずなのに
そんな腑抜けの艦長乗ってたのかよw
そんなんだから沈められちゃったのか。

753 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 13:36:35.70 ID:lfoCVd7j
ウッソの父ちゃんかよ

754 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 13:40:20.90 ID:CGHjhLRn
>>442
フォークランド紛争ではエグゾセが・・・・

755 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 13:40:52.83 ID:CHJaSwbW
ウッソの父ちゃんは逃げたと見せかけて、謎のカットインで死んだように見せかけたじゃないか。
脱出ポッドの中から「絶対に死にたくないでござる!」という魂の叫びだったかもしれないけど。

756 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 13:46:45.84 ID:W7fDgk+Q
>>754
相手が悪い、人民最大の敵の直弟子相手やからな

757 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 14:03:53.36 ID:2TGWDbV5
フルスペックの宇宙船艦ヤマトと機動戦士ガンダムを作るのは日本の責任

758 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 14:26:49.57 ID:GxFmlJpy
>>752

不沈艦というより、最新鋭艦という感じかな。
スペック的には、ビスマルクの方が不沈艦ぽい。

759 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 14:43:38.69 ID:MF6A/qUE
BF1942 FHSW 菊水作戦Day-1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14742166

耐久度とかがゲームだから誇張されてるが、まぁこんな感じだったんだろうか

760 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 14:47:52.87 ID:o+2+pvtb
KGVは新戦艦のなかで火力と砲塔の信頼性が最低である
重厚な舷側装甲を持つが、装備方法が垂直に逆戻りしている上に、水中防御力・航続性能に劣る


761 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 14:57:29.17 ID:j2DevJeu
まあ大和型は魚雷20発食らっても沈まなかったのにプリンスオブウェールズはたった4発で沈んだからな〜。
これちょっと失笑物だろw
これは俺の勝手なイメージだがイギリスってそんなに大国ってイメージが無い美味しいところ取りとか
勝ち組にしか付かない奴らって気しかしない。

762 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 15:14:40.15 ID:lfoCVd7j
米軍主役のSLGでも大抵英軍が足引っ張る役っていう

763 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 15:25:41.56 ID:blaq4BOj
昔は大国だったけど植民地無くして戦後の復興発展もできずに没落したのがイギリス
ダブルスタンダードを貫き通して恥じない外交は見習うべき

764 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 15:28:33.78 ID:14wx/mFp
どんな世界観だと大戦中の英国が大国になるのかわからぬw

765 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 16:29:41.28 ID:3kYy7jJq
何故日本と同じ島国なのに
イギリスのメシは不味いのか

766 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 16:33:19.55 ID:TXsdt0UR
イギリスは他国との争いってよりも内輪揉めのほうが印象強い。

767 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 16:36:25.67 ID:C39fdgWQ
イギリス人はゲルマン系とかヴァイキングの混血で三度の飯よりランページってイメージだは・・・

768 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 16:41:53.46 ID:o+2+pvtb
KGV級をボロクソにけなしたが、アレにも一つだけ利点がある
それは大戦に同型艦5隻を間に合わせた事だ
もっとも、対日戦で早々にPOWが欠ける訳だが

769 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 16:49:28.65 ID:CGHjhLRn
           ,,. : ‐'' "´;;;;;``'ー- 、..,,_
          /. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヽ,
       ,,./. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .\
      〃. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヽ
     , 彳. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/バ;ヾメ;:`ミ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙、
    //. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//:7- __ _  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヽ
    ´/. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//_/ ̄      ゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .',
   〃. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /      _,,._ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙,
   《, ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧ヾ、    ,;ii〃"゙`ミ;.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .i|
  、{. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ト〈、`゙,.  , ´ ,._.,.,、,_ `゙|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙,
  i". ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リヘソ,> Y! i〃 <.(;・),゙ゞノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .《
  ((. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人"´`.:;;l l;.゙ `^''ーヾ`,リ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .リ  <POW!
  ソ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;i      r'(;. );:..      l |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヾ,
 ゞ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;i┘    ヽヘ、;ハ ,)      /!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ゞ
ヾ". ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヾ;:            ,:; 人;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .((._
.`゙》. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;| :;;i 、-‐‐:v.‐-:、_  〃;:  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .〃
.ノリ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、:;| `ヾニゞ‐;;;;ニフ  j|;.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .{{
((. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、   - ̄    ,./;:. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ソ,
_.)). ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ilヽ、._  ;,.    ,.:-‐'"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ノノ
彡. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;》 \ニ ;`  ̄  . ::;〃─ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .'"<

770 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 16:54:52.95 ID:M4bwNLdP
大和、一度自分の目で見てみたいな・・・
復元してくれんかな



771 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 18:17:17.30 ID:Kei12385
>>761

昔、たった1本の魚雷で沈んだ重装甲空母があってだな…orz

772 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 18:45:51.86 ID:aPdX8RBX
天下第一…

773 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 18:52:00.38 ID:eCVHJoh0
>>761
日本の空母もアレなんで笑えない

774 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 19:13:22.76 ID:7JUPx5bP
いやあ信濃の最後は悲惨でしたね……

775 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 19:46:35.66 ID:qdXshHej
信濃の場合は乗組員がかなり少なく、隔壁閉鎖が間に合わなかったのと偽装も不十分
であったのが原因

776 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 19:54:32.71 ID:qdXshHej
あと信濃で謎なのが艦底色について。
建造に関わった人は従来の赤であると証言しているが、回航時の証言者は緑で
あったと証言しており、当時の資料は見つからなかったりする。

777 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 20:26:41.74 ID:uOcApPgg
主砲に散弾しこんで大量の敵機を落としたんだよ
おかげでアメリカは航空機主体の機動部隊から方針変更せざるを得なくなって
結局勢力拡大を続けるドイツ第三帝国を前に日本と同盟組んで戦うことになったんだよな

778 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 21:00:11.86 ID:8TO0spzA
志茂田 景樹来たw

779 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 21:27:24.69 ID:LJ52jCYC
>>775
更に言うと護衛に付いた雪風が珍しくチョンボしてんだよな、信濃はレーダーで敵艦を
ちゃんと見つけてたんだけどね・・・

>。「雪風」は「信濃」のレーダーが探知した不審な目標の捜索に向かったが、『味方
>識別に応ぜざるも、乾舷高く、漁船と思われる』と報告して引き返した[65]。この漁
>船が「信濃」を浮上追跡中の「アーチャーフィッシュ」だったのである

雪風 (駆逐艦)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E9%A2%A8_(%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)

780 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 22:20:32.34 ID:Kei12385
護衛していたのは第二水雷戦隊だったか。

レイテ沖海戦から戦い尽くめで、乗組員の疲労が激しく
見張り能力がかなり低下していたのも原因と言われている。

781 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 22:40:20.01 ID:o+2+pvtb
信濃こと110号艦は、改大和型戦艦一番艦として起工された改良型である
艦底起爆式の機雷対策として、重要部分は三重底とされた
その代償重量として、過剰防御とされた装甲を10ミリずつ削減している
二隻の同型艦のうち、3番艦は三重底を艦全体にまで伸ばした、さらなる改良型である

782 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 23:34:47.24 ID:9Tf/bAZz
太平洋戦争で三国志やってた志茂田景樹に限らず、架空戦記ブームのころはトンデモな作品が山ほどあったんだよな
個人的には忍者部隊で戦艦を乗っ取りしてた霧島那智の不沈戦艦強奪作戦発動あたりが
トンデモ戦記の傑作だと思う

783 :既にその名前は使われています:2011/08/12(金) 23:42:42.09 ID:dFdXDRUW
むしろ日本軍のほうが敵のコマンドに……

784 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 00:07:57.10 ID:qdXshHej
志茂田景樹のは作品とすら呼べないw
マッハ50ノットwとか上空5万m上がって目標に降下するミサイルとかw
しかも主役の潜水艦の排水量が50万tだったり100万tだったりの表記が滅茶苦茶w
それよりも後述筆記をそのまま文章にしたので読むのが苦痛w
あれで直木賞作家とかありえん

785 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 00:09:36.22 ID:bWeph3WK
雪風wikiちょっと見てきたら陽炎型駆逐艦って・・・
もしかしてござるのWSって全部これ系?

786 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 00:12:20.46 ID:u52XgYLe
陽炎型駆逐艦燕飛

787 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 00:15:09.19 ID:+W900qS8
ござるのWSは新陰流からじゃーの?
燕飛の太刀とか花車とかあるぞ

788 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 00:45:25.83 ID:VHjAVxuh
>マッハ50ノット

どういうことなの…

789 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 00:57:42.02 ID:oojExnKc
>>788
水中での音の速さの50倍の速さ。
大気圏突破速度を突破しまくりw

790 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 00:59:30.82 ID:VHjAVxuh
最後についてるノットはどういう…いや、どうでもいいけどw

791 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 01:00:49.75 ID:k7yHnrik
どこの機神兵団かだよwww

792 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 01:08:14.58 ID:F+NgtxFV
そろそろネタ切れだし超戦艦大和、イージス戦艦大和、超空母大和、超時空戦艦大和、陸上戦艦大和
あたりについて語ろうぜ

793 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 01:09:52.93 ID:oojExnKc
まあ普通に使わんわなw
ノット=水中又は水上の速度表記でマッハは音速の単位だから単純に考えると
こうなるだろうって話w


794 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 01:28:58.14 ID:AkYGhiCr
エリパチで巨大キャタピラを取り付けた陸上空母が出てきたなw

795 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 01:36:48.91 ID:VHjAVxuh
しかも砂に潜る
色々と無理があるけど漫画としちゃ面白かったな〜

796 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 01:53:30.06 ID:QrywSTPP
お前の目の前!ちょい左だ!

797 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 01:56:48.37 ID:VHjAVxuh
バクシー(ノД`)

798 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 03:58:14.89 ID:fB5ZIfks
宇宙空母ブルーノア
なかなか宇宙に行かなかった気がする

799 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 04:55:02.55 ID:XTs4/s0N
ナチスドイツでは巡洋艦の主砲を積んだ1000トンの戦車なら計画されたらしいな

800 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 07:45:52.13 ID:QrywSTPP
自走式無軌道列車砲だな。

801 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 10:45:16.66 ID:QrywSTPP
地上空母の必要性。
出撃した基地を秘匿できる。

以上。

802 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 11:54:13.47 ID:3dpOex7p
史上最多数の砲塔を備えていたのは、英国戦艦エイジンコートであった

30.5センチ連装砲を7基14門搭載したド級戦艦で、輸出向けに建造されたものを徴発したものである

砲塔には、7基に因んで日曜日〜土曜日の愛称が付けられていた

余りに多い砲塔数から当時の技術ではまともに管制出来ず、火力を十全に発揮出来なかった

803 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 11:57:30.45 ID:SMFhuySD
>>801 偵察衛星の存在は全無視かw

804 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 14:27:15.42 ID:QrywSTPP
衛星は上空に居ない時を狙って…。
作戦行動に支障出まくりだなぁ。
じゃあ、砂に潜れば防御力絶大!
バンカーバスター乙になるだけか。
正直今の技術なら簡易の前線航空基地なんてすぐ出来ちゃうんだろうしなぁ。
何か意味を見出したいところだが…。

やっぱり要らない子かなぁ。

805 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 15:47:30.45 ID:lKbJGler
>>804
さ、災害救助の時なら使えるよ!多分!

まともにキャタピラで自走できたとして揺れとか大丈夫なんだろうか
サスがおっつかなくてシェイカーよろしく中身が激しく上下動しそうな気がするんだが

806 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 16:06:33.80 ID:VLCtaVy3
反重力システムまだー?

807 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 17:15:23.01 ID:joS5agb0
>>805
サキだって砂漠を海として使うなら十分可能だ、みたいな限定条件での肯定だったじゃん
日本だと鳥取砂丘でしか使えないだろ

今回の災害に出そうとしても、山越えられずに関西にすら出られないよ、仮に水陸両用だ
としても、上陸しようもんなら要救助者ごと瓦礫踏みつけちまうし、僅かに残った家の基
礎すら粉々だ、被災者に末代まで祟られるな

808 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 17:20:29.83 ID:lKbJGler
>>807
そこはそれ上陸せずに浅瀬で待機してですね
船のが正直効率いいっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

809 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 17:21:52.86 ID:MXEknG5e
劇中で「昔ドイツで地上戦艦という〜〜」って話を出したり
運用は限定される的なこと言ったりしてて、
当時の少年漫画としては必要十分の説得力を持たせてたと思う

>上陸しようもんなら要救助者ごと瓦礫踏みつけちまうし
宇宙世紀にそんな戦艦がいなかったかw

810 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 17:29:55.96 ID:RLz1vWTy
俺はドラえもん一人いればいいや

811 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 17:58:20.16 ID:lKbJGler
>>809
完結編で都市に戦艦ドリフトかましてビルつぶしまくった宇宙戦艦もいましたね・・・

812 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 18:20:34.23 ID:fB5ZIfks
宇宙空母ブルーノア
ただし宇宙に出るのは後半4話ぐらい

813 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 18:36:49.66 ID:oojExnKc
もうネタ切れかよ、なさけねえwwwwww
ちとマジな資料から。
米空母艦載機の出撃総数は367機、そのうち戦闘に参加したのは309機。
そのうち117機が攻撃に参加したと言われる。
撃墜5機、事故で1機損失だが撃墜5機を含む被弾機は52機であった。
割合で言えば5.4機に1機が被弾した事になり日本の対空射撃に対する低い
評価は覆されたと言える。

814 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 20:39:26.24 ID:8gO1uRwz
よりによって撮影機落としたり、そもそも被弾しても撃墜率1割切るとか、マジアメリカ機頑丈すぎワラエナイ

815 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 20:58:04.43 ID:HE+heHpW
撃墜したB17の操縦席装甲板に対し零戦の20_機関砲を
撃ちこんでも凹んだだけだったりとか、

エンガノ岬沖海戦で小沢艦隊の護衛零戦がアベンジャーに
20_機関砲を相当数命中させたのに火も吹かず、さらに13_機銃も
相当数撃ちこんでやっと撃墜したとかあったりする。

816 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 21:15:04.36 ID:XTs4/s0N
どの国も量産品はスペックどおりの性能じゃなかったらしいが
日本は特に差が酷かったみたいだな
有名な誉エンジンも高度6000mで1600-1700馬力が仕様だが実際は1300馬力とかしかでなかったらしい

817 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 21:39:21.86 ID:lKbJGler
手工業段階を脱してなかったから部品精度がオワコン状態だったんよな
なのに熟練工を徴兵する悪循環悪平等でもうだめ

>>813
撃墜の大半が大和の爆発に巻き込まれた結果って聞いたな
アメ機頑丈すぎる

818 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:13:05.62 ID:b946rymt
そりゃ、理論値やワンオフで高品質、高規格の部品で組めば
ムスタングやベアキャットなみのエンジンでも機体でもできるわな。
安定した品質で量産できるのが基礎工業力、基礎技術力なわけで。
設計図と原料を渡してもアメリカの三大兵器、B-29やVT信管、原爆を
当時の日本じゃ量産どころか実現も無理でしょw
大戦末期にはアメリカはジェット戦闘機のP-80の量産体制に移ってるんだしw

819 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:16:30.48 ID:+vyHb+IS
消火のために急降下したのも撃墜とか取ったりしたらしいしね

820 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:16:54.36 ID:oojExnKc
んじゃ次のネタ
大和への爆弾、魚雷命中数については日米でかなり違う。
日本:爆弾3〜6、魚雷10〜12本
この場合、同時命中を1つに数えたり間違って数えた可能性あるが、浮沈艦を
名乗る以上、過小評価すれば「弱い」となるので多めに申告した可能性はある。
米:爆弾38、魚雷33〜35本
この場合、パイロットの技量にも関わるので実際より多く申告した可能性はある。

にしても魚雷33〜35は流石にないと思うわw

821 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:25:02.35 ID:jFddMA95
「戦闘能力を維持できる想定限界」は魚雷4本ってどっかで見たな
佐藤大輔の小説だったかな

822 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:26:44.63 ID:bpemr/qx
アメリカ側の報告は、パイロットが勲功目当てで当てたと言い張ったのだろう
他艦が一発轟沈の例があるだけに、より丈夫だとしてもさすがにそれぞれ30以上はおかしい

823 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:30:03.27 ID:b946rymt
実際、アメリカも高度1万mまで揚がれるB- 29を
スーパーチャージャー付きのエンジンで克服するんだけど
当時のアメリカの技術力をしても高温、高圧に耐える
スーパーチャージャーは造れないんだよね。
そこをスーパーチャージャーは使い捨てでクリアw
そうできちまうのがアメリカの基礎工業力なわけでw

824 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:30:17.44 ID:oojExnKc
正直、米の資料見たときは「どこの宇宙戦艦だよw」と思ったw

825 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:35:31.86 ID:lKbJGler
対空射撃の硝煙と射撃炎で全艦火の玉状態だろうから確認しづらかったってのもあるのかな
大和特攻のころには米軍魚雷も改良されてるはずだから、不発や設定深度のバグなんかは治ってたはずなんだが……

826 :既にその名前は使われています:2011/08/13(土) 22:44:00.94 ID:oojExnKc
その日の天候は雲が厚く、時折激しい雨が降り「まるで濃いスープの中を飛んでいるようだった」
とエセックス隊のパイロットは証言している。

827 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 04:01:19.43 ID:1XeX2lPr
そんな状況でよく攻撃かけられたな……

828 :名前?:2011/08/14(日) 07:53:44.18 ID:6K6+VvFE
結局、情報力の差か?真珠湾攻撃だってアメリカは開戦の口実をつくるためにわざわざ、
待っていたという説もある。織田信長、義経も情報がなかったら、奇襲なんかできなかった
だろうが、この国は軍事的天才が早死にする傾向があるのか。
機械は部品の寄せ集めであるがゆえに、限界はある。限界を無限と思うとだめだな。「大和」
は無形の財産も多く残している。space battleは酷評されているが、それだけ愛されている
ということだな。

829 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 08:16:56.72 ID:qWhEowV6
エリパチネタに参加したかった
グレーーッグ!!111

830 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 14:17:41.71 ID:1XeX2lPr
浮上、ここまできたら完走したいな

831 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:04:24.37 ID:XhjvMfcd
まだネタあるから完走出来る。
スプルーアンスは史実通りの空母艦載機による攻撃と戦艦同士の決戦の2つの
カードをこの作戦では持っていた。
日本:大和、軽巡矢矧、駆逐 磯風 浜風 雪風 霞 冬月 涼風 朝霜 初霜

米:戦艦 コロラド メリーランド ウエストバージニア ニューメキシコ アイダホ テネシー
  重巡 ポートランド ミネアポリス タスカルーサ サンフランシスコ
  軽巡 3、 駆逐 21

どうみてもアメリカが圧倒的優勢と思われるが、米にも損害が出るのは当然と思われるの
で航空攻撃は妥当な判断だと思われる

832 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:07:38.36 ID:1XeX2lPr
まあ合理的な判断だよね、ただフラナガン式の砲戦で沈めてやりたいと思ってしまうあたり、
やっぱり洋の東西問わず海軍軍人は艦隊決戦というものに魅力を感じてしまうんだろうな。

833 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:10:54.65 ID:XhjvMfcd
ちなみに指揮はモートン・デイヨー少将で旧式戦艦で編成されこれまで上陸支援
を主な任務としていた第54任務部隊。
どう考えても戦艦同士の戦いは損害が出ると思われるのでスプルーアンスにも多少
のロマンチシズムみたいなモノがあったのではないかと思う。

834 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:16:36.96 ID:XhjvMfcd
戦艦同士の戦いは時に不運な一発で轟沈もまれにあるが沈没するまで戦うと
言う事は滅多になく、一定の損害が出た時点で引っ込めてしまうのが普通と
思われる。
自分の未熟な予想では大和以外の沈没する戦艦はないと予想する。

835 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:23:34.28 ID:1XeX2lPr
大和のタフネスなら相当に持ちこたえる気はするが、レイテでの米軍による
砲戦評価は割りとぼろくそだったからなぁ。
あと、地味に補助艦艇の数に差がありすぎるのが辛いな、西村艦隊の時もそうだったらしいが
艦隊運動が露骨に制約されてしまうのが痛い。何も出来ずに沈む可能性も充分ありえると思う。

とはいえ仮にも46センチ、直撃すればダメージは半端じゃなかったろうな。
想定以上の砲弾の直撃を喰った場合、意外に大損害をこうむるのも戦艦。

836 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:27:54.31 ID:nlwjLN/w
相手の性能を熟知してるって前提なら米軍はレーダーで補足だけして昼間は逃げて
夜間砲撃戦にもちこめばレーダーと射撃管制の差で圧倒できそうだな

837 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:28:46.46 ID:XhjvMfcd
日本はあとがないから全滅覚悟で戦うと思うが米は不利になったら後退して艦載機
に攻撃してもらうって作戦になると思うので米戦艦撃沈は困難なのは間違いないと思う。

838 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:29:45.36 ID:bQa2EYWb
>>836
多分そうなるだろうなw

839 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:31:58.71 ID:XhjvMfcd
日本は46センチを秘密にしており、ドイツにも40センチとウソの情報を
流しており、日本は砲関係は遅れているって観念も手伝って戦後になるまで
主砲は40センチであると連合国は信じていた。
戦後46センチって判っても多少驚きはしたがそれ以上の感想はないとかそんな
感じだったらしい。

840 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:35:55.58 ID:1XeX2lPr
レーダー射撃でも夜間命中率にはそこそこ疑問符つくらしいけどね、
あと一応大和もレーダー射撃は可能ですぜ。米軍側は最大戦速21ノット程度のが
多いから、本気出せば28ノット発揮可能な大和に捕捉されれば離脱は困難。

とはいえ米軍側の砲門数がとてつもなさすぎて正直きついってレベルじゃないけどな。
10分もありゃ海域の磁場がおかしくなるくらい砲弾送り込めそうだ。

841 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:36:21.52 ID:XhjvMfcd
レーダー射撃についてはじつは弱点があり、輸送船護衛のエースと呼ばれた提督(名前忘れた)
が実際にその方法で逃れるのに成功している。
それは射撃が結構正確なので発砲を確認した時点で大きく転舵すればまず当たらないとかだっと。
むしろ脅威なのは対潜技術が未熟なので潜水艦による魚雷攻撃じゃないかと思う。

842 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:39:18.83 ID:FgUyycQV
第二次世界大戦の死者って何人なの?

843 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:41:53.30 ID:XhjvMfcd
実際にウルフパック戦術を取っていた米潜水艦も存在し、4月6日にスレッドフィン、
ハックルバックの2隻の潜水艦が日本艦隊を23:00に発見したが攻撃態勢に入るに
は事前許可が必要なので両艦長は地団駄踏んで悔しがった。

844 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:44:46.02 ID:1XeX2lPr
1945年の米潜水艦とかぶっちゃけ対抗不能だからなぁ……
ソナーをはじめとした対潜装備が全部ショボい日本駆逐艦じゃ太刀打ちできない
爆薬も威力1.5倍のトーペックスっていう。大和でもつるべ打ち食らったらもたん

845 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 15:53:09.89 ID:XhjvMfcd
なぜ潜水艦の攻撃に許可必要にしたと言うと半端な損害与えて逆戻りされるのを
恐れての事らしいがもっともな話ですな。

846 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 16:07:11.70 ID:1XeX2lPr
いっくら優勢でも二隻の潜水艦じゃさすがに殲滅は無理だからなぁ。
米軍は艦隊特攻なんて事情知らんだろうし引き寄せて殲滅するっていうのは合理的だわ。

輸送船護衛のエースってーと誰だろう。そこまで詳しくないから松田少将とかしか出てこないw


847 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 16:12:51.05 ID:NUESPg/o
大井篤?

848 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 16:13:40.71 ID:XhjvMfcd
>>846
じつは実家に大量の資料があったんだが今回の震災で全部無くなったもんで調べよう
がないんです;;
まあ、家族全員無事だったんでよしとするかと。

849 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 16:18:09.12 ID:XhjvMfcd
一方の空母部隊の第58任務部隊のミッチャーはハルゼー指揮下で武蔵
を沈めており今回大和を沈めればダブルスコアの栄冠獲得に燃えていた。
やはり戦艦相手だと違うんだろうな、最後のチャンスだしw

850 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 16:21:58.62 ID:1XeX2lPr
>>848
命あってのものだねですからね、自分も家族が一人大船渡にいましたが生還しました
何にせよ無事にこしたことはありませんね……




851 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 16:52:51.77 ID:1XeX2lPr
>>849
武蔵ん時は死ぬほどてこずった結果、「潜水艦に沈められたらしい」とか噂されたらしいな、
そりゃ本気で沈めにかかるわwつか司令長官に知らせないまま攻撃部隊を編成するとかどうなのw

852 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:28:53.00 ID:eEaDTeBC
こんなスレがネ実で落ちないってことはやっぱ日本人は大和が好きなんだな!
早速、税金4000億円を投入して大和を復元するの会の発足から始めようか。

853 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:30:52.41 ID:SO+tr7a4
ちょとまてw
大和を復元するのに4000億円もかかるのか?w

854 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:32:52.69 ID:XhjvMfcd
実際にはもっと掛かると思うし維持にもかなり金かかる。
金の無駄使いでしかない

855 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:37:17.21 ID:SO+tr7a4
そもそも大和なんて復元させたら憲法違反じゃないかw
攻撃するための武器は持たないんでしょ日本は。

856 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:38:02.25 ID:eEaDTeBC
そこは「戦艦」じゃなくて「イージス艦」ってことで復元。
半島とシナがギャーギャー言ってくると思うが無視で

857 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:41:55.10 ID:cn1bD7wP
9条は色々な解釈が出来てしまってカオス

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

858 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:46:31.71 ID:SO+tr7a4
と言いつつこうなんだよね。
■世界各国の軍事費ランキング
1位(6070億ドル) アメリカ
2位( 849億ドル) 中国
3位( 657億ドル) フランス
4位( 653億ドル) 英国
5位( 586億ドル) ロシア
6位( 468億ドル) ドイツ
7位( 463億ドル) 日本
8位( 406億ドル) イタリア
9位( 382億ドル) サウジアラビア
10位(300億ドル) インド


859 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:49:05.87 ID:cn1bD7wP
アメリカ使いすぎだろ
F−2を共同開発したときも日本はアメリカの試算の半分で開発したし無駄が多そう

860 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:53:37.37 ID:eEaDTeBC
たぶんもう世界各国は日本なんて驚異と思ってないだろうし
こっそりと核兵器作ったり大和復元しててもどこも気づかないんじゃないかなw


861 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 19:56:12.03 ID:/rb1xXGh
そりゃアメリカで人口の多い職業は軍人と弁護士だからな

定期的に他国に戦争を仕掛けているのも在庫消化のため

862 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:00:11.77 ID:eEaDTeBC
そもそも日本ってそんなに大量の軍事費なににつかってんだ?
毎年イージス艦でも作ってんのかね。
自衛隊の維持費とかだけでそんなにかからんよね

863 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:08:05.71 ID:wLd084dH
要は物資調達費と人件費の単価が高い

864 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:08:23.66 ID:v80Zh8W+
>>862
人件費高いし、各装備、消耗品も高いのよ。
国産兵器は調達数が多くないので結果として値段が上がる。

865 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:19:48.37 ID:Ztgb3mxE
>>862
殆ど人件費。
流石に安い海外労働力でって訳にもいかんしね。
一部アメリカにアウトソーシングしてるけど。

866 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:22:21.60 ID:IgwcwVEl
国外輸出ができれば生産単価も下がるのにな

867 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:27:25.90 ID:NlFg9WWy
>>865 本来の国防は全部米国に外注してね?www

868 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:27:38.09 ID:1XeX2lPr
90式とかなら値段にもよるが買い手には困らないだろうな

869 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:29:25.61 ID:XhjvMfcd
あと国産の武器で大量生産してないので単価がバカ高い。

870 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:30:18.52 ID:JBzEQ3hS
軍需工場に勤めていたけど、ぺらぺらの鉄板が50万とかだったからなぁ。


871 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:31:02.05 ID:HPQUoomd
先端技術使ってるだろうからなー
給料高かった?

872 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:35:52.87 ID:6pSU32BJ
>>866
そうなんだけど、64式とかが紛争地域のゲリラに使われるとかは嫌だな、ロシアとか
フランスはそれで紛争と言う名の殺し合いを助長してる側面がある訳でさ

紛争に対するTV取材とかで「日本製の小銃が欲しいんだけど、高いしメンテナンスも
大変でパーツ代も高いんだ、うちだと指揮官が何人か持ってるよ」何て言われたり

やっぱ嫌だな、それらのリスクを回避する為のコストとしてアリだと思う

873 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:40:32.62 ID:1XeX2lPr
たしかアーマライトかなんかの自動小銃(日本製)がアイルランドかどっかの
ゲリラに魔改造されたあげく使われて大問題になったって聞いたことあるな

874 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:42:34.04 ID:6AWSnSMI
そもそもアメリカだって当時は大和と台頭に渡り合えるアイオワ級戦艦持ってたし。
でもわざわざそんなリスクのある戦いする必要なく空母による航空戦力で大和をフルボッコ
するほうが簡単だった。

875 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:47:19.82 ID:T91LEEc5
>>856
三笠みたいにすればいいじゃない

876 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:48:01.97 ID:NlFg9WWy
まあ、アメリカも一番金かかる軍事衛星や原潜、空母
最新鋭機F- 22、B- 2やらは輸出してペイはしてないでしょ
自衛隊の調達費はいろいろありそうだよなw

877 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:50:56.93 ID:DlEsi1eK
ロマンを成立させる設定としてFF12のミミック菌と魔法障壁は良く出来てた。
大和を活躍させるにはミミック菌を上空に飛ばせばいいのか。

878 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 20:55:21.26 ID:nlwjLN/w
WWIIで戦艦同士がガチで砲撃戦したのって

戦艦ビスマルク+重巡洋艦プリンツ・オイゲン
vs
巡洋戦艦フッド+戦艦プリンス・オブ・ウェールズ

だけか?

879 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 21:02:16.07 ID:1XeX2lPr
第三次ソロモン海戦で霧島とワシントン・サウスダコタが打ち合いやってますね。
あとはレイテのオルデンドルフ艦隊(ミシピッピ以下6隻)VS西山艦隊(山城、扶桑)
まあこれは戦力差圧倒的過ぎて一瞬でボコられましたけど

880 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 21:08:22.91 ID:NUESPg/o
>>877
戦艦自体はより遠くにより大きな火力を投射するシステムとして
当時は大口径の火砲が最も適していたから発達しただけでしょう
今となっては航空機よりもミサイルのほうが戦艦にとって大きな壁だと思うよ
火砲より射程が長くて命中率も高くて小さな艦でも運用できる
どうせミサイルが命中したら戦艦であっても耐えられないなら
わざわざ大きな艦で運用するより小さな艦で運用したほうが安くつく

881 :既にその名前は使われています:2011/08/14(日) 23:52:54.91 ID:BkrFAjAR
いうほど高くは無いぜ
ソフトキルハードキルともにかなり発達してきたから・・・

おまけに日本の艦船だと定数8発、実際は4,5発なんて状況はざら
意外と厳しかったりする

882 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 00:05:22.29 ID:kklnOcwm
>>880
単純にド級、超ド級の運用に空母クラスの手間とコストがかかるってだけで
戦艦ってシステム自体は現在の艦隊防空って概念化では非常に強力な存在
ただ汎用性で圧倒的に空母に劣るってだけ

んで現代における戦艦の一つの解答例がズムウォルト級


883 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 00:40:44.95 ID:KEuD59fK
現代に戦艦を運用するとしたら装甲削減して、電子戦能力と指揮管制強化。
対空火器で自衛できる海上移動式自走砲の道しかないな。
海上要塞化した後に沿岸部や港湾を更地にする用途なら、砲弾の費用対効果はミサイルより良い。

最も、そんな状況が来るのか、来るまで維持する価値があるのかと言われたら、「さあ」としか答えられないが。

884 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 00:49:07.03 ID:+TCrRBHc
アイオワはサウス・ダコタの5割増しの費用がかかっている
機関が高く付いている為らしい

アイオワの火力は17インチ砲相当で、大和に近い火力があるが、防御力の進歩が全く追い付いていない

条約型戦艦だから当たり前だけどな

885 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 00:53:11.98 ID:+HQzfC/y
個艦はともかく艦隊に防御力を与える物はレーダーと対空ミサイルと機動力だものな
装甲板の価値はひどく下落してしまった

886 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 01:23:29.42 ID:y/3UAT8y
所詮射程数十キロの砲では現代では無理がある


887 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 01:38:55.50 ID:NEVzYf8T
>>886
現代の艦砲は最大100km超の射程圏があるものもある
開発中の62口径155mm砲(AGS)は10発/毎分、通常弾56km 対艦誘導弾41km 射程延伸弾150km超
積載予定の艦には即応弾600発って基地外ぶり

888 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 01:43:48.44 ID:5rGLwHde
第一次ソロモン海戦で第八艦隊と連合軍の巡洋艦がやりあってるけど戦艦同士は少ないな

889 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 02:14:42.35 ID:XrUCW9CL
ただこれだけは、言える

万が一でも、中韓に引き上げられて修復して利用されることは
ないだろうが絶対嫌だな

890 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 03:06:34.91 ID:/0ra0NBx
JAP「人の嫌がることを進んでやります」
チーナ、コーリア日本「人の嫌がることを進んでやります」

891 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 05:08:37.72 ID:1vHzaU30
征途のヴィクトリーロードだとイージス仕様の大和なんてのも出てきたな
そういやアイオワにも一応イージス化の計画あったんだっけ

892 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 07:45:09.07 ID:OkwQi9JI
太平洋戦争は調べれば調べるほど沖縄が悲惨だったのが浮き彫りになってくる。
広島や長崎の原爆や東京・大阪の大空襲も悲惨だったけど沖縄ほどじゃないなと思えてくる。
本土から援軍はこないし死んでいくのが兵士じゃ無くて民間人が大半という。


893 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 08:30:52.77 ID:9VstX59E
ディアゴスティーニの週刊戦艦大和作ってる猛者おる?w

894 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 09:24:11.94 ID:NEVzYf8T
>>892
死ぬのが兵隊だったらいいのか?

日本に限らず当時の多くの兵隊も徴用された民間人だった人達だぞ


895 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 09:35:17.03 ID:RgtaOqFj
兵士の戦死と非戦闘員が巻き込まれて死ぬのとは意味が違うだろ
ただ、沖縄だけが本土の身代わりに被害を受けました的な物言いは気持ち悪い

896 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 09:53:52.94 ID:XrUCW9CL
沖縄で米軍に銃撃されたり手投げ弾で自決するのと
焼夷弾で、炎に巻かれて弄り殺しや
原爆で放射能で即死、又は後遺症に数日〜数年苦しみながら死ぬのとでは
どっちが悲惨も無いと思うがな

ヒトラーのユダヤ人大虐殺は、実際のところ大きい証拠は無いけど
米軍の無差別殺戮の証拠は、いくらでもあるよなw

897 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 09:56:40.30 ID:hIvuso9H
>>894
お前頭悪そうだな

898 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 12:39:35.88 ID:ODR1w5Wv
大和、零戦、B29、これが俺の「美しい兵器」ベスト3。次点はヘッツァーかなw

899 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 12:50:45.76 ID:xQTkH7k5
>>898
美しい=徹底的に洗練された機能美ってのが「美しい兵器」の基本だろうからね。
零戦はその極致だと思うし、設計学的に言っても神業に近い。
大和は各種の問題はあったが史上もっとも激しい攻撃に耐えた戦艦だと思う。
B29は言わずもがなかな。
次点は自分の場合は戦車なら3号突撃砲FかG型(厳密には戦車じゃないがw)
航空機なら流星改かスピットファイア、FW−190あたりか。

900 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 12:56:03.36 ID:2MqCooLu
美しいねぇ・
大戦中だとデハビラント・モスキートかなぁ、大賞は。
日本からか・・飛燕かなぁやっぱ・

901 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 12:57:26.42 ID:5rGLwHde
震電が好きだな

902 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 12:58:32.51 ID:1vHzaU30
戦艦としてみた場合大和は攻走守そろった名艦だろ、戦艦という種の最後を飾るにふさわしい存在だと思う
美しい、という意味で言うならベタどころだがムスタング。
美しさはあまりないが戦車はM4シリーズが好きだな、車高も火力もアレだが完成度が高く発展性もすごい。

903 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 13:23:23.66 ID:ODR1w5Wv
>>899
あ〜、流星いいな。ヘッツァー止めて流星にしようw

流星と言えば靖国の遊就館に現物かレプリカか知らんが流星(とか桜花とか…)
が展示されててやたら感動した覚えがある。そういえば今日は15日か、黙祷しとこう…

904 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 13:32:29.58 ID:uvaJN4i/
日本機は二式単戦がコンパクトで好きだな
Fw190は液冷エンジンに変えてからのはっちゃけぶりがすげえw

905 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 13:37:26.71 ID:szue8a93
遊就館に展示してある物は、基本的に本物。傷みが酷い物だけレプリカに差し替え。
零戦、彗星、桜花、回天、九七式戦車、陸奥の14センチ砲なんかがあるよ。

906 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 13:53:23.46 ID:RgtaOqFj
優等生だがぽっちゃりとした体型が悩みのヘルキャットたん

907 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 13:56:02.44 ID:ODR1w5Wv
あーそか彗星だわw 考えてみたら流星なんてレアな機体が現存してるわきゃねーよな。
デザインからして全然違うのに間違えるとは脳内変換凄まじいな俺 orz
>>903の2行目は脳内削除してくだしあ;;

908 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 14:01:50.38 ID:1vHzaU30
ないわー
彗星と流星まちがえるとかないわー

でも彗星もかっこいいよな

909 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 14:02:27.39 ID:gVrZDgBz
スミソニアンにあるんでないかな。
五式戦もあった気がする。レア度は互角だべw
一応、量産体制には入ってるしな

910 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 14:09:12.71 ID:3rod/trF
造形美的にはパンターだろう

911 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 14:13:41.72 ID:9tWM4MJ1
海上ホテル大和よりは長門だろ

日帝の旗艦は長門

広島長崎でも抵抗を止めなかった日帝だからな。
見せしめに長門を原爆実験で懲らしめたんだろ。

912 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 14:17:01.19 ID:gVrZDgBz
広島→長崎→ソ連参戦で止めだろw
スミソニアンいってみたいなー
SR-71とか見てみたいな

913 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 14:20:52.63 ID:1vHzaU30
向こうのが機体は大事にしてくれるからねー
あっちじゃ零戦もまだ元気に飛んでるんだったかな

914 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 14:48:58.89 ID:ODR1w5Wv
スミソニアンのSR71はトランスフォームしちゃうぞw

915 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 14:53:46.61 ID:3rod/trF
なんか日本に返還された機体を展示してたら部品取られまくったってのがあったよなぁ

916 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 15:08:49.00 ID:x9NcmlcG
>>911
すげぇな旗艦隠蔽の為の戦時中のプロパガンダがまだ生きてるぜ

>>915
陸軍最強機の四式戦だな、貴重な飛行可能状態で帰ってきた名機を・・・何故空自か
富士重工業(元中島飛行機)に保管させなかったのか・・・

四式戦闘機
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%BC%8F%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F

917 :名前?:2011/08/15(月) 15:23:43.93 ID:X/poQN6g
まじで感心。これ読んでるだけで、兵器がわかる。日本一受けたい授業に
講師として参戦。

918 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 15:51:46.37 ID:1vHzaU30
疾風の件に関しては心底謝罪と賠償もんだと思う
野ざらし保管がおおすぎるんよ

919 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 15:53:40.75 ID:fFQza3K3
>>898
ロケットこそ究極の美でしょ。

920 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 15:54:58.76 ID:5rGLwHde
桜花のことですね
分かります

921 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 16:00:07.64 ID:4sfey/O2
大和も武蔵も旗艦になってるよな
武蔵のほうが設計段階から旗艦能力考えてつくってるんだっけ

922 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 16:12:08.38 ID:2MqCooLu
旗艦になんか特別な意味あるかぁ?
ブルーリッジなんて士官の宿泊施設だろw

923 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 17:30:34.43 ID:XrUCW9CL
人で言えば脳みそに該当する場所だぞ?

ヘッドショットされて大丈夫な訳なかろう?

924 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 17:37:17.95 ID:hs03dT1u
>>895
>本土の身代わりに被害を受けました的な物言い

ほんとは「日本の身代わりに」って言いたいところなんじゃないかな、あの人達は。

925 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 17:46:37.22 ID:xQTkH7k5
旗艦で重視しなければいけないのは通信能力と安全性。
出力デカい戦艦の方が通信能力高い。

926 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 17:51:56.23 ID:1vHzaU30
戦艦はブリッジとかアンテナとかいろいろ高いから電波受信しやすいんだよな、
ミッドウェーではマスト低い赤城が旗艦だったため、敵艦隊の情報を受電しそこねてあの敗北につながったらしい
あと指揮機能は両方考えて作られてるが、武蔵のほうが後発の分機器が新型になってたので大和より指揮能力は上だとかなんとか

927 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 18:01:42.86 ID:2MqCooLu
前弩級艦時代
無線による意思疎通が始まった時期だが、重要な命令は旗によった。
戦闘では司令官は艦隊を率いる先頭艦に座乗する。
そこで木造帆船時代と同様、最大最強の艦を旗艦とした。

第一次世界大戦〜第二次世界大戦初期
無線による指令・命令が一般的に使用されるようになった。
また司令部に属する人員の数も増えたため、旗艦用に特に居住区を設置した艦も作られた。

第二次世界大戦中期以後
従来旗艦として使っていた戦艦は、航空機の攻撃に対して鈍重すぎて時代遅れになりつつあることが明瞭となった。
また情報伝達量の増大を受け、高速力で通信能力に優れた艦を旗艦とするようになった。

現代
艦固有の運動力・攻撃力・防御力よりも指揮・通信能力が最重要視されるようになった。
米国第7艦隊旗艦「ブルー・リッジ」の艦種は「揚陸指揮艦」であり、
指揮・通信能力や居住区は十分あるが戦闘能力はほとんど無い。

「さわかぜ」を最後に海上自衛隊護衛艦隊では旗艦運用は廃止され、
現在海上自衛隊護衛艦隊旗艦は存在しない。

928 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 18:10:12.11 ID:x9NcmlcG
>>927
とは言えあたご型には司令部作戦室(FIC)が在ったりするね、あれが有事の際の旗艦
機能を担保してるんじゃないかな、まるきり要らないと思ってる訳でも無さそうだ

929 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 18:13:36.33 ID:1vHzaU30
そういや軽巡の大淀が連合艦隊旗艦つとめてたこともあったな
もっとも通信能力とかいろいろ問題あったらしいが

930 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 18:35:42.07 ID:+xVxc1yb
礼号作戦のとき大村少将は、艦隊に重巡軽巡もあったのに駆逐艦を旗艦にしたりしてるね

931 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 18:55:54.72 ID:1vHzaU30
レイテ沖の第一遊撃部隊も旗艦は重巡洋艦の愛宕だな
まあ早々に撃沈されてあっさり旗艦は大和になっちゃってたりするが

932 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 19:15:53.53 ID:2MqCooLu
連合艦隊旗艦任務を大和の運用経験を踏まえて
通信、旗艦設備が改良された大和型2番艦「武蔵」に移譲。
ソロモン諸島では激戦が行われ戦局が悪化していたが、
本艦はトラック島の泊地に留まったまま実戦に参加できなかった。
居住性の高さや食事などの面で優遇されていたこともあいまって、
他艦の乗組員や陸軍将兵から「大和ホテル」と揶揄されている。

ヤマトホテル
かつて南満州鉄道株式会社が経営していた高級ホテルブランド。
1907年から1945年まで満鉄線沿線の主要都市を中心にホテル網を展開していた。
ヤマトホテル以外の直営ホテルと合わせて満鉄ホテルチェーンと総称された。


933 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 19:36:26.28 ID:OkwQi9JI
ミッドウェー海戦では大日本帝国海軍とアメリカ海軍の戦力はほぼ互角、いや大日本帝国の方がむしろ上回ってたのに
何故あれほどの大敗を喫してしまったのか。

・大日本帝国はいまだ大艦巨砲主義で戦艦を主力として陣形や戦略をとって固まって行動したため集中攻撃を受けた。
・本来なら空母を守るための囮にならないといけなかった戦艦は沈められたくないということで後方に待機していた。


934 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 19:51:03.68 ID:qwEtxG/C
南雲忠一大将ディスってんの?

935 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 19:56:25.71 ID:eMsVdrfw
>>924
日本人は不幸自慢が好きな人多いから。

936 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 20:47:55.48 ID:2MqCooLu
大連ヤマトホテル

ヤマトホテルの旗艦店である。
大連は欧亜連絡鉄道と上海航路との接続点であり、日本から満州への玄関口であり、
そして満鉄が本社を置いた最重要拠点である。
それ故に大連ヤマトホテルには欧米の一流ホテルに伍する格式が求められた。

満鉄の設立から間もない1907年開業。
大連一の格式のホテルだったが、客室数が13室と小規模で宿泊客の増加に対応できず、
1909年には旧満鉄本社跡を改修して客室36室を確保、
さらに1911年には社宅用建物2棟を改装し客室8室を増設、合計58室とした。

937 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 20:49:38.88 ID:+8TFLuvd
朝鮮人ほどじゃねーだろw

938 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 22:02:01.94 ID:kzUQfHuu
俺はあえて屠龍を推したい

939 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 22:09:16.14 ID:3rod/trF
ミッドウェーって戦力表だけみると負ける要素内容に見えるんだけどなw

○戦力
・日本軍
航空母艦6 戦艦11 重巡洋艦10 軽巡洋艦6 駆逐艦53他 参加兵力10万
vs
・米軍
航空母艦3 重巡洋艦7 軽巡洋艦1 駆逐艦15 ミッドウェー島の基地航空隊

これが

○損害
・日本軍
航空母艦4 重巡洋艦1沈没 重巡洋艦1大破 駆逐艦1中破

・米軍
航空母艦1 駆逐艦1沈没

こうだもんなぁ

940 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 22:59:09.86 ID:xQTkH7k5
そろそろ締めくくりのレスしとく
第一戦艦戦隊の提督 モートン・デイヨー少将の言葉

「戦闘は結果が重要である。空母任務部隊はよくやった。 だがあの戦いが戦艦部隊の
実力評価の最後の場だったと思う。」
失意はかくせなかった。

戦艦が戦艦らしく戦える最後のチャンスであったに違いない。


941 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 23:31:38.21 ID:XrUCW9CL
まー、しかたないとはいえ
綺麗だね、浪漫だね
って外見や勇姿を話しているのに

こういうスレを覗くやつなんざ戦艦時代が、終わっていることなんざ
重々承知しているだろうに、わかりきった話をドヤ顔でウンチクのつもりだろうか
長文垂れる奴があわられるよな

942 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 23:47:12.55 ID:DblYDiCJ
あわれ今度のスレもいぬめり

浪漫の形なんぞ人それぞれさ

943 :既にその名前は使われています:2011/08/15(月) 23:52:27.36 ID:xQTkH7k5
>>942
同意。
自分が大和に対して浪漫つうか感じる部分は外見とかじゃなく既出の通り最後に戦って沈んだ戦艦って部分だし。


944 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 02:59:03.26 ID:7UBKTAjR
批判を受ける度量もなけりゃ、ロマンじゃなく妄信だろ
大和ホテルごときに

945 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 03:13:54.48 ID:bOpp2bWZ
>>944
お前にもその度量はなさそうだなw
しかも他人貶すだけのレスとか、チョンかよお前はw

大和ホテルとは言うが単に居住環境とかが欧米並になったってだけの話だしなw
つうか日本の戦艦は居住環境悪すぎw

946 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 04:30:36.48 ID:Bd7LUZJ/
讒言邀撃思想構想の下、末端に至るまで米艦隊との決戦に特化したのが日本海軍だからな
居住性やら対潜装備やら、船団護衛思想やらいろいろ犠牲になってる。
とはいえ大和が傑作戦艦だったという事実は揺らがないけどな。

947 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 04:56:09.69 ID:7UBKTAjR
兵器が味方からもホテルと呼ばれたら
最大限の侮辱に他ならないわなw

948 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 05:12:16.25 ID:Bd7LUZJ/
陸海軍にとって文字通り決戦の場になったガダルカナルを尻目にホテルしてたら
揶揄されてもしゃーないと思うの、せめて第三次ソロモン海戦に投入していたら……

ま、当時の海軍首脳部の思考からいって多分ありえないんですけどね'A`

949 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 05:18:04.99 ID:hKSBe/UJ
>>926
つまりミッドウェーは扶桑を旗艦にしてたら勝てたとw

950 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 05:27:28.64 ID:XjzKVGmT
ホーカー ハリケーン (Hawker Hurricane) Wikipedia
1945年、第二次世界大戦の終結にともない、
イギリス空軍におけるハリケーンの戦いも終わった。
ハリケーンはスピットファイアを初めとする有名な戦闘機と比較すれば
時代遅れで性能的にも劣っていた。

しかし、スピットファイアの数が揃っていない緒戦において
窮地に立たされたイギリスと世界各地の空を守り、
砂漠やジャングルといったような環境や天候に左右されない
単純な構造と良好な操縦性を持っていた。

ハリケーンは必要な時期に誕生し、必要な場所に送ることができ、
イギリスの危急存亡を救った戦闘機の1つであった。



書き手の主観丸出しだけど愛情溢れる文章だねぇw

951 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 05:33:04.43 ID:Bd7LUZJ/
>>949
らめえ弾薬庫誘爆しちゃう(ビクンビクン)

さすがに扶桑は防御力とか速力とかいろいろな意味でキツイと思うの……


952 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:07:19.46 ID:V+GHGuMR
>>948

ソロモン海戦に大兵力を投入出来なかったのは燃料問題も原因と言われている。
当時一大拠点のトラック環礁には燃料タンクがあまりなかった。
大和は出撃する巡洋艦、駆逐艦の燃料タンクの代わりになっていたり…。

マリアナ、レイテ沖海戦は大兵力を投入したけど、どちらも燃料が豊富にあるブルネイからの出撃だし。

953 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:12:32.17 ID:Bd7LUZJ/
>>952
それはありそうだな、たしか花魁船こと第三図南丸もトラック島で重油タンクやってたんだよな、
魚雷くらい過ぎて自航できないからって。
タンク不足はかなり深刻だったんだろうな。

954 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:18:42.68 ID:7UBKTAjR
ホテルにしかならない兵器だからタンク係をやってたわけでw

955 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:28:46.09 ID:Bd7LUZJ/
>>954
金剛級4隻が大暴れしてる時点でホテルにしかならないとかないわー……

956 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:35:01.66 ID:3clNQVsu
大和型は沈んでもらっちゃ困るから、沈んでもいいほうから作戦に使われてただけ
艦隊決戦で優位に立つために46センチ砲搭載艦用意したのに
最後の最後まで使わなかったおかけで壮大なムダ使いに終わったけどな

957 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:40:21.41 ID:ZDnAzeUg
大和、武蔵は予算上金剛、比叡の代艦
金剛型が馬車馬のように働けたのは、もう余命幾ばくも無いからじゃよ…

アメリカだって、戦艦を前面に出せるようになるのは、主力から外れた上に旧式戦艦が復帰して余裕が出来た時期


958 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:44:24.36 ID:EVk4B0zK
空母を守るための囮として使ってれば大和も武蔵ももっと役に立てたし
主要空母を沈められることも無かったのにね。
魚雷20発以上食らっても沈まないとか囮としては最高だしw
まあでもアメリカとの国力差考えると例え日本の空母が生き残ってたとしても
戦争が長引くことはあっても結果に変わりは無かったと思うが。

959 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:44:26.53 ID:7UBKTAjR
ホテルとして使ってたのは事実ですので。

960 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:45:54.70 ID:G/3s+NU0
>>958
武蔵はレイテ沖で最後は囮になって轟沈したよ。
そのおかげで生き残れた空母もあるし。


961 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:47:38.22 ID:Bd7LUZJ/
一番古い戦艦だから沈んでも惜しくなく、だからこそ死地で大暴れってのは理解してる
ただ、それと大和が戦力になるならないは別問題だと思うの
第三次ソロモン海戦に大和がいたら、と考えるのは結構楽しい、まあ司令部の温存主義からいってありえないことなんだけどねorz

962 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:47:46.38 ID:EVk4B0zK
そいえば武蔵はそうだったかw
つーか戦争での役割や実働っての考えると大和よりも武蔵の方が美談にされてもおかしくないよな。
武蔵はほんとしっかり働いて散ったイメージ。

963 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 07:53:17.66 ID:Bd7LUZJ/
>>961
被害担任艦は結果論だったと思うが、猪口さんがいきなり「艦塗るべえよ」とか言い出して
白っぽく塗った結果そんな論が沸いたらしい、可燃物であるペンキを処理するためとか読んだことあるが
ソース見当たらず詳細不明、あと猪口さんは大和にも塗り替えを進めてたと思った

それとレイテの場合、戦艦が囮になってしまうのは作戦内容から言って本末転倒なんだが……

964 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:08:37.31 ID:/fvlDdWC
7UBKTAjRは、他の貶して、さも自分が偉く感じる部類の人間だろw ビクンビクンってw

馬鹿の一つ覚えのようにホテルに関することしかいわないし
よほど戦艦ホテルが、好きと見える・・・ 好きな子に意地悪するタイプってやつかw

965 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:24:14.68 ID:BOXFifJi
ホテルに「しか」使ってない訳じゃないからなぁw

966 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:25:17.72 ID:G/3s+NU0
大和を復元してくれるならホテルにだけ使ってくれておkだけどw
絶対宿泊に行くよ俺w
一泊10万円でも20万円でも全然おk

967 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:27:09.14 ID:B+wtPdON
>>966
お前みたいな奴は少ないから
作ったら作ったでまた巨大な鉄屑呼ばわりされるんだろうな

968 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:27:13.35 ID:G/3s+NU0
あと毎日2・3回ぐらい16インチ3連装主砲の速射とかのパフォーマンスもやってくれたら最高。
それで鼓膜が潰れても俺は本望だ。

969 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:28:20.67 ID:G/3s+NU0
>>967
いや、俺は多いと思うよ!?
大和は日本国民の魂だし

970 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:30:02.99 ID:EVk4B0zK
女には絶対理解できないだろうなw

971 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:30:25.93 ID:jh6xBKjm
>>966
お金と資源の無駄だと思う

血税を無駄にするのは馬鹿げてる

972 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:32:28.20 ID:3clNQVsu
日本では、戦艦につかうような大口径砲の製作技術が失われてるから無理w
いまだに製作可能な国って、アイオワをモスボール保存してるアメリカくらい

973 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:33:17.55 ID:jh6xBKjm
大砲なんていらないですし
トマホークのほうがよっぽど役立ちますし

974 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:36:22.87 ID:G/3s+NU0
>>973
ロマンがなさすぎなんだよ!
どうしてこのロマンがわかんねーんだよ;;
男なら、いや日本男児なら判るだろこの気持ちがよ!!!
血税とかそういう問題じゃねーんだよ;;

975 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:38:06.43 ID:Bd7LUZJ/
今戦艦を建造するのはさすがにアレだと思うけど、
男たちの大和のセットは正直保存しておいてほしかったの……見に行きたかったです;;

976 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:38:45.64 ID:jh6xBKjm
>>974
すまんがロマンじゃ戦えないからな
抑止力として持つなら相手に手をだしたら痛い思いをすると
思わせられる兵器もったほうが良いからな

977 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:43:36.19 ID:jh6xBKjm
当時大和を有効活用するとしても
制海権、制空権あるうちの初期の攻略での艦砲射撃
エアコンがついてたから負傷者の収容

これやればそれなりに活躍できたんじゃないかw

978 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:44:01.24 ID:3clNQVsu
戦艦は持ってることが国家としてのステータス、その性能が抑止力
敵対国にそれに対抗しうる艦をつくらせ負担を強いる、まさに海の覇者だったけど
いまじゃそれが空母になってるだけ

いかんせん、日本の周辺国は意地っ張りなのでいま日本が戦艦をもっても
負担を強いることはできそうな気がする

979 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:50:52.86 ID:aZpDNxK9
時代の流れとは時に残酷だなあ
大型戦艦は戦略的価値よりも
まず建造できる国力の物差しであった訳だし

大戦以前に弩級、超弩級を建造して
運用できた国はアジアはおろか
地球上でもそうそうなかった
つまり国の経済力と工業力、
強いては国威の象徴だったのだが

核ミサイルに国威を仮託するのは
理屈は解ってても内から迸るモノがないよなw

980 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:52:07.10 ID:SjtPDFMf
>>974
武器や兵器の本質が、殺人と破壊行為の効率化だと言うことを忘れた先に有るのは、戦争のゲーム感覚化だよ

981 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:52:59.36 ID:Bd7LUZJ/
大砲の今後についてはAGSの運用しだいかなと見てる俺がいる
最大射程200キロオーバーで30センチ砲以上の火力で誘導砲弾仕様とかなら
弾数ある分純粋なミサイル・キャリアよりも有益な面が出てくるんじゃないかな、砲弾の値段しだいなんだが
ミサイルあまりにも高すぎるんよ……


982 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:55:11.39 ID:BOXFifJi
>>ID:jh6xBKjm
お前はスレタイが読めないのか? それとも意味が分からないのか?w

983 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:56:33.44 ID:iCegbaLJ
戦艦大和はその建造から山本のオフィスとしての運用
そして米軍機をほとんど撃墜できずに戦没と
日本のダメな面を色々と象徴していたように思える

984 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:58:17.98 ID:jh6xBKjm
>>982
宇宙戦艦にでも改装する?w

985 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 08:58:18.07 ID:/fvlDdWC
張子の虎でもいいんだよ 
ただ実際の姿を肉眼で拝みたいだけですし

ただ、中や韓は、見てくれだけの物でも
1/1で実際に浮くものなら模造品でも絶対嫌がって 
難癖つけてきそうだけど

>>976
G/3s+NU0は、単に
どこかが複製してくれたら乗ってみたいってだけで
軍事利用を考えてないんじゃない?

986 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 09:05:50.71 ID:Bd7LUZJ/
http://www.youtube.com/watch?v=gHVwRpXEA1M&feature=relmfu
実物大模型、艦橋が司令塔までしかないのがちとさびしい

987 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 10:18:10.39 ID:7UBKTAjR
お国を守るために
国が傾くほどの国家予算をかけて造った兵器を
国家存亡の決戦に壊されないように温存。
あほうかとw


988 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 10:26:30.26 ID:S7vei1go
でもこいつ動かすとかなり油食うんじゃねえ?

989 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 10:58:20.61 ID:Bd7LUZJ/
油食うのは確かだが、そんなこといってたらそもそも艦隊動かせないっていう
あと後付で阿呆というのは簡単だが、実際どう投入するか迷うのも確か。
ソロモンの戦なんて大概が必死覚悟の大博打な作戦だし、エアカバーが無ければ
戦艦とてもろいもの、って戦訓はとっくに出来てた時代だしね。

切り札かかえて爆死なんてよくあることですよ、エリクサーとかギャザリングとか

990 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 12:13:44.79 ID:bOpp2bWZ
散々既出なんだが、もし大和を**に投入したらとかありえん。
なぜなら大和1隻動かす燃料で1個機動部隊が稼動出来るから。
戦争は数の勝負なので他の船多数動かす方がよい。

991 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 12:20:50.55 ID:bOpp2bWZ
>>987
それは日露戦争の日本海海戦の成功が悪影響与えている。
普通海軍は艦隊保全主義か艦隊決戦主義のどちらかを選択するはずなのだが、日本
は両立させようとした。
つまり、艦隊決戦で敵艦沈めつつ自国艦船の損害は無くそうって無理ゲーやろうとして
破綻した面もある。

992 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 12:48:45.51 ID:Bd7LUZJ/
翔鶴 燃料5500トン航続距離15500カイリ
大和 燃料6300トン航続距離7200カイリ

倍以上も燃費悪いのは確かだが、さすがに一個機動部隊はねえよ。
一個水雷戦隊とかならとにかく。



993 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 13:07:31.04 ID:BOXFifJi
次スレ立ってるけど、もう語ることなくね?w

994 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 13:34:41.23 ID:bOpp2bWZ
>>992
燃料運ぶのにも燃料が必要だし、燃料タンクが留守になるのでその対策にも
燃料が必要になる。
自家用車がGSで給油するのとは訳が違う。
日本軍はこのようなロジスティクスに対する認識が非常に甘い軍人が多く、補給
関係者はいつも泣かされたし、その上戦闘に関わらないからと軽く見られた。
大きな敗因の一つ

995 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 13:42:29.02 ID:bOpp2bWZ
要するに日本の軍艦は日本海海戦のように1〜2回の大規模な海戦で勝利する
為の船であり戦場も日本に近い場所であるから燃料の心配はそんなに必要ない
し、どうせ1週間程度の行程だろうから居住環境も考慮する必要なし、と考えた
訳なんだな。

996 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 13:50:06.51 ID:49JbpkjI
ひゅうがの甲板に自走砲乗っけようぜ

997 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 13:52:36.43 ID:Bd7LUZJ/
船の作りから艦隊編成まで艦隊決戦に特化した海軍だったからなぁ……ロジはホントどうしようもなかった
だがレイテのような艦隊特攻作戦に燃料と艦艇を蕩尽するぐらいならもっと早い段階で……という気になるんだよな、
まあ後知恵の産物だし、いろいろな面からありえないことはわかっちゃいる



998 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 14:18:41.22 ID:hKSBe/UJ
次スレの方が先に落ちそうになってるというw
ってか2スレ目なら大和→武蔵にするべきだっただろ
向こうが先に落ちるようなら史実通りにもなるし・・・

999 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 14:24:23.26 ID:Bd7LUZJ/
まあ完走したことをとりあえず喜ぶべきなんじゃないかな
ネ実だぞここw

1000 :既にその名前は使われています:2011/08/16(火) 14:24:41.33 ID:BHdBJ06a
うめ

1001 :1001:Over 1000 Thread
  === Area: Live Networkgames@2ch http://kamome.2ch.net/ogame/ ===

      //
    / .人      あ、ぽこたんインできないお!
    /  (__) パカ
   / ∩(____)       このスレッドは1000を超えたお。。。
   / .|( ・∀・)_       もう書けないので、新しいスレッドにインするお!
  // |   ヽ/
  " ̄ ̄ ̄"∪


259 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)