5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【尖閣問題】中国人船長の逮捕は、日本が周到に計画したものではないか 謀略論や陰謀論が流行

1 :影の軍団ρ ★:2010/09/23(木) 16:04:35 ID:???0
尖閣諸島を巡る日中対立は激しくなるばかりだが、中国人はこの問題をどう考え、
感じているのか、現地で聞いてみた。

「真っ向から対立する二人が、目の前にある数字が『6』か『9』かで争う。
結局、両者はまったく理解しあえない」

南京在住の日本文化の専門家は日中関係の現状をこう例えて嘆く。
尖閣列島で逮捕された船長は、その直後に祖母が亡くなった。
葬儀にも出られない。9月22日は中国の伝統的な祝日の「中秋節」。

その日までに釈放されることはなく、「だから日本はまったくひどい」と中国の民間人はまじめに考えている。
日本にこんな話を伝えても、理解してもらえないだろう、という。

インターネットもあり、テレビも十分発達している現代でも、意外と意思疎通が出来ていない。
そうした中で両国政府の対抗意識がどんどんエスカレートしていく。

船長逮捕は周到に計画、という陰謀論が流行

そもそも船長の逮捕は、日本が周到に計画したものではないか、と中国側は疑っている。
いくつかのメディアは逮捕前後の日本の動きをまとめた。

2010年9月4日ごろ民主党選挙に立候補した菅直人氏も小沢一郎氏もそろって領海問題、尖閣問題について口にした。
その直後の7日に船長を逮捕し、10日には中国の軍事予算、海軍空軍の動きに対する懸念を、最大限の言葉をつかって書いた
『防衛白書』が公表された。船長の逮捕は、これからの軍事力増大をもとめる防衛計画の地ならしと中国では受け取られている。

「小泉元首相はA級戦犯については触れず、とにかく靖国神社を参拝する。
歴史は歴史家に任せると言った。今度はまず中国船長を逮捕し、その後は、三権分立と称して、
裁判所に任せる態度を取っている」。日本研究家でもこんな不満をこぼす。

中国政府が態度を硬直化させる背景には、謀略論や「ジャパン・スタンダード」への反発がある、と現地の外交専門家は見る。
http://www.j-cast.com/2010/09/23076480.html

230 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)