5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【韓国】大雨でソウル都心が浸水(写真)[07/04]

32 :蟹(極東wktk産):2011/07/04(月) 10:03:41.96 ID:l3g9cEgF
“死んでも良い”命を賭けた‘漢江食道楽’ 【聯合ニュース 東亜日報】
http://news.donga.com/Inter/3/02/20110704/38521792/1
中国人観光客88人、豪雨の中漢江で孤立…"覚書書いて食事"

 3日午後10時50分頃、ソウル麻浦区(マポグ)合井洞(ハプチョンドン)にあるチャムドゥボン船着き場。地下1階地上2階ズボン
(双胴?)船で作られたこの船着き場では、中国人観光客数十人が手すりを握って、足をばたばたさせて救助を切なく待って
いた。日が沈む前に船着き場に入った時に渡った橋は跡形もなく、漢江(ハンガン)の水はすでに大人の背丈ほどまで増水した
状態だった。

 "漢江が増水して陸に出て行くことができない"という通報を受けて出動した119救助隊は、安全ロープを利用してこれらを引き
出そうとしたがうまくいかず、結局消防救助船を動員した。20〜30人ずつ乗ることができる救助船が、近くの船着き場まで三〜
四回往復して、中国人観光客88人とガイド3人を無事に救助した。

 119救助隊が到着した当時、船着き場2階の中国式食堂には、これら中国人観光客とガイド、食堂従業員だけがいて、他の
観光客はいなかった。観光で訪れた中国のある企業社員のこの団体は、旅行会社ガイドについて、午後6時頃から3時間余りの
間、華僑が運営する船着き場内食堂で食事をした。

 しかし長さ10m余りの橋を渡って漢江上で食道楽を楽しむまでは迂余曲折があった。この日午後降った豪雨により漢江が
急激増水したことから、すぐに危険だと判断した食堂主人とガイドの間にあつれきがあった。結局食堂主人は、'人命事故が
おきても責任を問わない'という内容の覚書をガイドに書かせ、これらを押し込んだ。

 ガイドはパッケージ旅行商品の案内を引き受けながら、契約上の問題が発生することを恐れて日程を押し切ったと見られると、
消防当局は伝えた。麻浦消防署関係者は4日、"一月ほど前から予約をしておいたが、キャンセルすれば違約金など金銭的な
問題が生じると考えたガイドが、ちょっと無理を強いたようだ"と話した。

(V)。 。(V)
.ミ( ◇ )ミ <…

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)