5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【日中】 尖閣沖で対峙…日本の海保・巡視船と中国・漁政船 [09/21]

1 :薔薇おばはんφ ★:2010/09/21(火) 19:05:25 ID:???
  中国紙・環球時報は21日、尖閣諸島沖合いで13日、同国の漁政船2隻と日本の海上保安庁の巡視船7隻が対峙した状況を報じた。
漁政船に記者が同乗してのリポート。漁政船は漁船の違法操業の取り締まりや保護を行う船で、日本の水産庁の取締船に似た任務をになう。

  環球時報の記者が乗り組んだ「中国漁政202」が出港したのは7日夜。9日深夜には、「日本側が、違法にも拿捕した中国漁船の「ミン晋漁5179」
を返還する。海上で受け取るように」との指令を受けた。(「ミン」は門構えに「虫」)

  「漁政202」に、日本側の巡視船から飛び立ったヘリコプターが初めて接近したのは10日午前1時半ごろ。低空で旋回しながら偵察したという。
日中が“暫定的”に漁業協定を結んだ境界海域での日本側による同様の偵察活動も多く、「漁船202」は慣れた様子だったという。

  約1時間後、海上保安庁の巡視船が接近し、無線を使い「漁政202」に対し中国語で、航行の目的地を尋ねた。「漁船202」は「東海(東シナ海の
中国側呼称)の排他的経済水域における巡航任務を実施中」と回答。環球時報によると、日本側は「尖閣諸島から12海里内への立ち入りは認めら
れない」と“道理のない”要求をした。「漁政202」は「釣魚島は古来から、中国領土であり、われわれは中国の海域を巡航中」、「貴船はすみやかに
釣魚島付近の海域を離れ、中国漁船に対する違法な干渉をやめよ」と反論した。

  「漁政202」はそのまま航行を続け、尖閣諸島にさらに接近。日本の巡視船からは30分に1回程度、ヘリコプターが飛来するようになった。
12日になると「PL64」と書かれた日本の巡視船が接近、同日午後4時にはさらに大きな3000トン級の巡視船「PLH109」も接近した。「PL64」は無線で
「尖閣諸島はわが国固有の領土であり、貴船は日本の領海に接近している。無害通航も認められない」と繰り返した。「漁政202」は「わが船は中国が
主権を有する海域で公務執行中。貴船はすみやかに釣魚島付近の海域から立ち退き、根拠のない干渉を停止せよ」と繰り返した。

  「漁政202」がさらに尖閣諸島に接近すると、日本の巡視船は5隻に増加。「PL64」は「漁政202」の追尾を続け、その他4隻は「漁船202」の前方に
1列に並び、前進を阻止した。「漁船202」はしばしば航路を変更したが、日本の巡視船はそのたびに、尖閣諸島から12海里の位置に一列に並び、
「漁政202」の行く手を阻んだ。

  「漁政202」は最終的に、尖閣諸島から12.8海里の位置で停船。12日の日暮れに、東北方向に向け現場海域を離脱した。「漁政202」は13日午前
10時ごろ、尖閣諸島から約30海里の海上で、新たに到着した中国の「漁政201」と合流。改めて尖閣沖海域を目指した。日本の巡視船は7隻に増え、
ヘリコプターもしきりに飛来した。

  日本側は「転舵(てんだ)の際には、事前に通行してほしい」と要請。「漁政202」は、「貴船が安全距離を保つことを要請する」と返答した。「漁政202」
の孫士薦船長は「少なくとも3海里の安全距離が必要だが、日本の巡視船はわれわれの航行を妨害する際、1海里よりも接近する場合がある」と批判
したという。

>>2に続く)

ソース:サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0921&f=politics_0921_016.shtml

2 :薔薇おばはんφ ★:2010/09/21(火) 19:05:41 ID:???
  「漁政201」、「漁政202」の2隻は停船。海上保安庁の巡視船は7隻に増え、双方の対峙が続いた。同日午後4時ごろ、「ミン晋漁5179」が現場海域
に到着し、中国側2隻は同船の引渡しを受け、中国の港まで送り届けることで、任務を完了したという。

  福建省に戻った記者が、漁民に話を聞いたところ「(尖閣諸島に接近する中国大陸の漁民は)日本の巡視船をまったく、恐れていなかった。高速で
接近して漁を妨害する程度だったからだ。あの海域では、中国の漁船100隻ほどが漁をしてきた」、「日本は、台湾漁船には厳しい措置をとってきた」
などと述べた。ただし、日本の巡視船は「ミン晋漁5179」に対しては、「非常に粗暴な違法行動をした。衝突を避ける規則も無視した」などと述べたという。

  中国大陸からの漁船と台湾漁船への扱いが違うため、中国の国旗「五星紅旗」を掲げて尖閣諸島付近で操業する台湾漁船も多いという。

**********

◆解説◆
  原文は、日本の巡視船の装備の優秀さも詳しく紹介し、中国の漁政船が、いかに勇敢に立ち向かっているかを強調している。ただし客観的に読めば、
日本の巡視船が自ら危険を冒して、武力衝突を避けながら、中国の「漁政船」の領海侵入を阻止している様子も分かる。

  「ミン晋漁5179」の拿捕と船長逮捕について、日本の海上保安庁は「相手側がぶつけてきた」と判断したが、中国側は「日本の巡視船が故意に衝突」
との認識が一般的。

  日本の巡視船が「中国大陸の船には甘く、台湾船には厳しい」との証言の真偽は不明。(編集担当:如月隼人)

(おわり)


34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★