5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【FEZ】ファンタジーアースゼロ ゲブランドF鯖Vol.170

1 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2011/12/04(日) 01:04:26.91 ID:+zuWiyDi0
■重要サイト 
┣ 公式 http://www.fezero.jp/
┣ 総合Wiki http://fewiki.jp/
┣ F鯖Wiki http://www47.atwiki.jp/fezero_felix/
┣ ゲブWiki http://geb.wikiwiki.jp/
┣ あぷろだ http://bbs.avi.jp/317385/
┗ スキルシミュレーター http://feskill.omiki.com/

■注意事項
*URLを貼る時は、hを抜いてttp;//形式で。
*煽り、荒らし、工作員は徹底無視。コテでの書き込みは自己責任。
*他国叩きは控えましょう。
*直結は程々に。ガチの人は専用スレへ。
*グロ画像踏んでも泣かない。
*みかん最低だな。
*次スレは>>970立てられなかったら>>950が裸前線でゾンマスになる。次スレ立つまで減速よろしく。
*NG推奨ワード「sAra」、「加奈」、「ニコ生」、「ゆーこん」


【FEZ】ファンタジーアースゼロ ゲブランドF鯖Vol.169
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/net/1322295743/

151 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2011/12/05(月) 17:44:20.85 ID:u8sYkAXn0
takupapa「今夜は……この結晶にしようか」
takupapaはそう言って、色とりどりの結晶が詰まった箱の中から大粒の強靭の結晶を選び出し、透明なフルートグラスの中に落とした。
注がれていたヴィネルワインの中で美しい赤色の光が煌めいて、細かな泡が弾ける。
takupapa「……さぁ、口を開けるんだ、バスケットボール」
バスケットボールを抱き寄せながら、takupapaが低く耳元で囁いた。
バスケットボール「タクパパ……」
バスケットボールはもう完全に彼に抗えなくなっていた。
カジノでのtaku_papaの表情を見てしまってから、もうtakupapaのどんな残酷な言葉すら優しく聴こえるようになっていた。
バスケットボール「…っん、っぅ……」
taku_papaの舌がバスケットボールの唇をゆっくりとなぞり、そのキスに応えるようにバスケットボールの唇は開いてしまう。
ヴィネルワインと強靭の結晶が口の中に流し込まれる。
入り込んだ柔らかな舌がバスケットボールのそれに絡むと、硬質な石でしかなかった強靭の結晶がキャンディのように溶けて、口の中に果物のような酸味が広がった。

152 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2011/12/05(月) 17:44:35.87 ID:u8sYkAXn0
                        ', ;l: ll kr'´ ィイィ彳彳彳彳
                         ヾ州ィイイィ彳彳彡彡彡
               _ __      ,′        ``ヾミミミ
            ,. '´;:.:.:.:.::::::::.:.:.``ヽ  ,′     -‐ミミヽ/ミミミミミ
         ,. '´..:.:.:,. -─‐‐- 、;;;:;:.:ヽ〈           ,′ミミミミヽ
         / .:.:.:.:.:.く        ``ヾ「ヽヽヾミニ二二ミヽ `ヾミミミ
       ./ .:.:.:.:::::::::::::〉  ∠二二ニ彡' V/ T TTにニニニニニニニニニ====
       / .:.:.:.:::::::::::::::/     -='ぐ  /   l ||¨´ ̄``       . :;
     / .:.:.:.::::::::::::::::/     '''´ ̄` /   `Y´           . ;..:
    ,′.:.:.:.:::::::::::::〈          ヽ____ノ',           .;: .;:
    i .:.:.::::::::::::::::::::::',         ,;;;'ハミミミヽヽ        .,.:; .; :.;:.
      ',.:.:.:.:/´ ̄`ヽ;;;',        .;;;'  ``ヾミヽ j!     ,. ′.;: .;:. :
     ',.:.:.:ヽ い( ミj!              )ミミj 、 、 ', ., 、:, 、 .; :.
      ',;;;:;:;:入    _       ..:;.;:.:;..:`Y ミj!  、 、 ', ., 、:, 、
      ';;;:;:.:  `フ´  _ノ    . ;: .;: .; :. ;:. ;:.`Y´  、 、 ', ., 、:, ,. '´
       Lノ´ ̄  , ィ´  .:; .:; . ;:. ;:. ;: .;: .; :. ;:. ;} 、 、 ', ., 、:,,.: '´
      ノノ   ____\ ;.: .;: . :;. :;. :;. :; .;: .;: .;人 _; :; :; ィ´`ヾ
   ,.  '´         ̄ ̄``¨¨ー',:;;,,:,;:,;,. '´ /;;;;;;;;;;;;;;;/   ',

153 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2011/12/05(月) 17:44:48.69 ID:u8sYkAXn0
バスケットボール「……っ!? このやろう、何すんだよいきなり!!」
バスケットボールは一瞬、何が起こっているか理解出来なかった。
ムティカパ様「……何って……決まってんじゃんかよ!!」
ムティカパ様が荒っぽく叫んで、バスケットボールのシャツの裾を一気にたくし上げる。
バスケットボール「おい!? 気でも狂ったのかよ!? 俺がこの手の冗談、死ぬ程嫌いだってお前だって知ってるだろ!?」
ムティカパ様「知ってるよ。……だから、今まで何も出来なかったんだ」
バスケットボール「え……?」
「バスケは、男に抱かれる位なら死んだ方がマシだっていつも言ってたよな!? だったら……この間のtakupapaとのことは一体どう説明するんだよ!?」
バスケ「…っ!?」
ムティカパ様の言葉に、バスケットボールの頭の中は真っ白になった。
あれを。
あの夜の出来事を、ムティカパ様は………。
ムティカパ様「あいつなら良くて、俺じゃ駄目だっていうのかよ──────……っ!?」

143 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)