5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『読みました』報告スレッド その2

1 :名無しのオプ:2010/09/09(木) 22:31:06 ID:DvRfdtwd
読んだミステリーの感想を書きましょう。

2 :名無しのオプ:2010/09/09(木) 23:05:50 ID:GvWQfTkc
NGワード・あぼーんのススメ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■書斎魔神 ◆AhysOwpt/w とは?
かつて発狂コテにも認定された、この板のいくつかのスレに住みつく
NGワードの指定対象人物。
ネタバレを含めた持論を主張し続け、また、
議論においても他者の意見を受け入れようとしない傲慢な態度から、
他の住人からは忌み嫌われることに。
前スレでのアホアホ発言を一部抜粋。
『 乱歩賞受賞作「暗黒予知」を読み返していた。 』(そんな作品はない)

誹謗中傷当たり前、間違いを認めない、自作自演当たり前と、
三拍子揃った厄介物。
彼の発言に反応してしまうとスレが荒れる一方だが、
反応さえしなければ独り言を言い続けるだけなので、
余程のことがなければ、NGワードに指定してのスルーが推奨される。

また最近現れた荒らし「ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA 」
と同一人物ではないかと疑われる。

どうしても我慢できない・反論したい場合は、下記スレにて

書斎魔神・アホアホ語録指導部屋 7
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/8993/1280155828/l50

■NGワード・あぼーんについて
2ちゃんねる専用ブラウザのオプションのひとつ。
設定することで、任意のレスを消すことができる。

2ちゃんねる専用ブラウザに関するサイトはこちら。

http://www.monazilla.org/

3 :名無しのオプ:2010/09/10(金) 06:36:37 ID:TLo4mc/H
「チョコレートゲーム」岡嶋二人

途中で誰かが教師に密告するのではないだろうか

4 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/11(土) 12:42:55 ID:8AzwCTeF
今野敏「隠蔽捜査」を読んだ。
横山秀夫作品もそうだが、日本の警察ものには期待出来ないというのが
俺の自論だが、結論から言えば、やはりこの程度か、というのが読後の
偽らざる感である。
日本には警察小説というよりは、個人の警察官を主人公にした作が圧倒的に多く、いまだに87分署シリーズ等に匹敵するような集団捜査ものの大ヒットは無いと言い得、実態は警察官小説という呼称が妥当な作が多数である。
本作は現場の警察官でなく警察庁勤務のキャリアを主人公にしているのが
極めて珍しく、警察官僚小説とでも称すべき内容である。
実際、物語の大半は警察庁内部のやり取りに費やされ、本作の影の主役とも
言い得る警察組織を揺るがす連続殺人犯は遂に直接に登場することはない
という異色の展開。
日本流のノーブレス・オブリッジとでも言うべきものを備えた主人公竜崎、
面白いキャラではあるが、やはり現実性を大きく欠く理想像のひとつに
過ぎないように見える。
折角、国松長官狙撃事件、足立区の女子高生監禁・殺人事件、
ホームレス襲撃事件等の現実のリアルな事件を取り上げているのだから、
秀才揃いだがドロドロしていると言われるキャリアの世界を活写して
欲しかったものである。

5 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 12:49:40 ID:y3TyC0k3
今頃読んだのかw

6 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 13:36:24 ID:lqelj/WP
しかも読んでその程度?というレベルの感想文。
外部の書評サイト等のほうがよっぽど内容に踏み込んだことかいてあるのに
論考と称するこの駄文ときたらw

7 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:04:19 ID:ykwTdmD5
noblesse oblige(仏)ノーブレス・オブリージュ
noble obligation(英)ノーブル・オブリゲーション
「貴族の義務」あるいは「高貴なる義務」のこと。
一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す。


で、ノーブレス・オブリッジって何?
まさかフランス語をローマ字読みしたとかw

8 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:13:22 ID:HTg4lRXk
また重箱の隅をつつくようなことを…。呆れ果てるなあ。
豊穣で骨太、なおかつスレ住人の目線に下ろしたユーモアセンスこそ、書斎の論考の真骨頂なんだよ。
外部の書評サイト云々というのはたびたび出てくるが誰もリンクを貼れないという不思議(w

9 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:14:42 ID:dE8+hYy1
>>8
同意。書斎さんの圧勝だね。

10 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:19:02 ID:UO8IgEHO
豊穣で骨太。スレ住人の目線に下ろしたユーモアセンス。
…というのはたびたび出てくるが、文中のどの部分か具体的に指摘できないという不思議(w


11 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:24:49 ID:ykwTdmD5
重箱の隅どころか
読み方を知らない言葉ならその言葉自体を知らないとみるのが当然で
それを平気で使うのは他人の文章をパクっているからだという証拠にもなる。
それのどこが「豊穣で骨太」なんだかw
書斎支持者って要するに書斎を無批判で完全肯定するだけのバカしかいないんだね?
「目線に下ろした」なんて妙ちきりんな言葉を平気で使うしw


ところで ID:dE8+hYy1、むなんでこっちのスレではsageているんだよw

12 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:27:11 ID:dE8+hYy1
コテハン叩きはしららばの巣へ帰れやクソが。

13 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:30:37 ID:y3TyC0k3
>>12
あわてるな。「したらば」だ。

14 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:33:14 ID:ykwTdmD5
「コテハン叩き」が横行していることへの警鐘だ。それくらいわかれや。



「ミス住叩きのコピペ」と同じIDで書斎擁護していることを指摘されたら
>35 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/09/11(土) 14:04:53 ID:dE8+hYy1
>ミス住叩きのコピペが横行していることへの警鐘だ。それくらいわかれや。

と言い訳しているID:dE8+hYy1なら尚更だ。


で、「しららば」ってなに?w


15 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:44:10 ID:dE8+hYy1
揚げ足取りと曲解しかしない書斎アンチの醜いことよ。

16 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:47:38 ID:y3TyC0k3
すぐに間違いを指摘されるような書き込みをするなよw

17 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 14:50:25 ID:Zz2+gkR5
>外部の書評サイト云々というのはたびたび出てくるが誰もリンクを貼れないという不思議(w

たびたびリンクされているのにそれを完全無視している不思議w


馬頭・・・もとい罵倒と書斎への完全服従しかしない書斎支持者の醜いことよw



18 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:05:08 ID:dE8+hYy1
馬鹿野郎!!!!!!!!!!!

19 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:09:33 ID:n5e8ax3E
>>18
誰に言ってるの?

20 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:11:31 ID:dE8+hYy1
せっかくの新板なんだから叩かないでくれ。気持よく論考させてくれ。なぜ邪魔をするんだ・・・

21 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:12:19 ID:by7B1Pqb
しららばwにパクリ先見つけられて怒ってんだろ

22 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:13:38 ID:dE8+hYy1
パクってない!!!!!!!!!冤罪はやめろ!!!!!!!!

23 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:22:09 ID:PLyOqnkY
他人に嫌がられるような自分勝手な書き込みしかしないクズが
他人に気持ち良くもてなせなどと要求するなや。図々しい。

24 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:23:09 ID:y3TyC0k3
>>22
パクったのは書斎だよ。あなた誰?w

25 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:24:30 ID:by7B1Pqb
そうだよな。たとえば下のサイトなんかからネタバレ引っ張ってこないと荒らせないもんな

http://holmesian.info/Entry/320/

26 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:34:21 ID:GQy3WQQX
>>20
あなた(ID:dE8+hYy1)はいつ論考したの?

27 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:40:53 ID:dE8+hYy1
いじめはやめろ!!!!!!!先生に言いつけるぞ!!!!人権問題になるぞ!!!!!!

28 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:47:39 ID:eZ+BTk9Z
何で書斎じゃない人が喚いてるの?

29 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 15:48:19 ID:dE8+hYy1
不当な叩きを止めろ言って何が悪いクソが。

30 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:07:38 ID:dE8+hYy1
アンチはこんな根も葉もないコピペをしてるんだ。悪いのはアンチだ。なぜそれがわからない!!!!

「ミステリ板住人」=「書斎魔神」=『自己愛性人格障害』の特徴

・人の悪口や批判が大好きで生きがいになってる人(相対的に自己価値を高めるのが狙い)

・異常に空気が読めない人、暗黙の了解を理解できてない人(他人の気持ちを読み取れない)

・表情や立ち振る舞いがわざとらしく演技くさい人(常に理想の自分、評価される自分を演じています)

・自分が間違ってると言う発想がない人、謝れない人

・自分の本当の弱みを見せれない人、負けを認められない人(プライドが異常に高い)

・自分を棚に上げる人、自分を客観的に見る能力が欠落している人、自分と他人を冷静に比較できてない人

・何事も自分と他人を比較する人(やけに他人に勝とうとしてると要注意、根拠もなく勝ってると判断することもしばしば)

・嫉妬心や僻みが異常に強いが絶対認めない人 (幸せな人間を嫉妬(憎悪)しますが高いプライドで認めれません)

・「人それぞれ」という発想がない人、自分の価値観しかわからない人 、勝ちか負けか上か下かでしか見れない人

・お山の大将になりたがる人(他人の下になるのが許せない)、(実際は裸の王様状態がほとんど)

・何をするのにも周囲へのアピール感がある人、他人への親切がわざとらしい人(異常な自己顕示欲の強さ)(褒めてくれオーラが強いと要注意)

・表面上自信ありげなくせに「他人からの評価」や「物事の勝ち負け」で一喜一憂する人

31 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:16:24 ID:dE8+hYy1
俺の味方はいないのか!!!!!!!

32 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:21:35 ID:m2x92mpU
年金不正受給でパクられる前に自首すれば?

33 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:21:56 ID:dE8+hYy1
だからコテハン叩きの問題提起をしているんだ!!!!!!
これ以上書斎を叩くと本当に人権問題になるぞ!!!!!!

34 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:24:03 ID:dE8+hYy1
金はちゃんと生きてる両親から貰っている!!!!!!!

35 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:26:46 ID:3dfRH8cx
>>34
何だ、すねかじりか

36 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:28:53 ID:dE8+hYy1
高等遊民だ!!!!!!!!!!!!!!!!

37 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:31:37 ID:yYfUHF3V
もう親に小遣いをあげるべき年齢のはずなのに。
書斎は寄生虫だな。

38 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 16:56:24 ID:gZwgrAeM
普通の人なら何故叩かれているのかを考え、その反省を次回に生かすものだが
頭吊はそこには考えが及ばない、叩かれて当然だな、お気の毒様

39 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 17:27:35 ID:dE8+hYy1
親は俺に働けなどとは言わない。小遣いよりも2ちゃんの著名人という名誉がある。凡人の価値観と一緒にするなや。

40 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 17:30:19 ID:m2x92mpU
×2ちゃんの著名人
○2ちゃんの晒し者

41 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 17:31:09 ID:y3TyC0k3
ふーん、名無しで書いてるのは書斎なんだ・・・w

42 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 17:37:58 ID:f9UGbdfS
高等遊民ってのは、普通ニートというんだよね

43 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 18:57:08 ID:hRfVlRfl
今ごろ読んだ「イニシエーション・ラヴ」

トリックが分からないんですけど、親切な人、ネタバレしてください。

44 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 19:06:16 ID:dE8+hYy1
書斎さんの影響力でネタバレの機運が高まっているね。

45 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 19:38:15 ID:GQy3WQQX
>>39さんは、著名人なんですか?コテ付いてないですけど。

46 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 19:45:56 ID:6Fg/OBjt
>>39
もし事実だとしても、胸の隙間に風が吹いているはず
働けばざくざく金が入る
社会的にその仕事が評価されてる
この快感こそ生きる喜び
リア充というのは、ニートが想像する百倍は楽しい

47 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 19:46:29 ID:SyD5Gug4
>>43
文庫読め

48 :名無しのオプ:2010/09/11(土) 21:08:05 ID:dE8+hYy1
祝!ミステリ板ネタバレ解禁!
書斎さんのネタバレ論考が楽しみだね。

49 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/11(土) 22:48:08 ID:9IxX9sG3
昨夜何気にテレビをつけまつたら青の炎がやっていまつて
その勢いで黒い家を再読していまつ^^
わかっていまつたがやっぱり貴志先生の本は止まりまてん!
超遅読の僕でつが夢中になってしまって、明後日くらいには読み終えそうでつ
今度はシャンプーに気をつけてじっくり読みまつのを愉しみまつ☆


50 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/12(日) 07:59:11 ID:oZmPneNv
昨夜、パキシル・レキソタンを飲んでまったりほっこり落ち着いていまつたら
いきなり掛け時計さんに怒鳴られまつた・・ボーッとして時を無為に過ごすな!
もっと本や映画を観て芸術に触れろ、さもなくばアンチみたいに感性が乏しい人間になるぞ!と(/_;)

僕、思わずハッとしまつて・・
その通りでつ・・教えてくれてありがとうございまつしまつた


51 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 08:49:29 ID:3Z5EocEZ
板違いです。
そういう話題は『メンタルヘルス@2ch掲示板』に行って
そちらのスレでどうぞ。

52 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:33:06 ID:AmoPRafK
いいじゃないか。
雑談スレを立てないスレ住人が悪い。
それまではここが兼任スレだ。

53 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:36:51 ID:jt2Azqnh
書斎さんがひとり言つぶやいてますがw

54 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:38:31 ID:KwsGnszV
>>52
あなたが立てればいいでしょうか

55 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:43:53 ID:K3m2GNDu
ID:AmoPRafKは他板の荒らしって自白でしょ

56 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:47:11 ID:AmoPRafK
ミス板を愛するのであれば早急に復旧させること。
これは厳命である。

57 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:48:33 ID:yUIkuPWe
>>56
で、あなたは何かやらないんですか

58 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:53:16 ID:R7m5b5b8
ここは書斎がネタバレを垂れ流し
書斎支持者がミステリーと無関係の雑談をするスレだそうですので
まともに感想を書き込みたい人のためのスレを立てました。
スレの趣旨がまるっきり違うのだから重複スレじゃないよw


『読みました』報告・国内編(書斎厳禁)Part.7
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1284255539/l50
『読みました』報告・海外編Part.6
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1284256057/l50

国内編のスレは最後のスレタイをコピペして数字だけを変えてしまったので
スレタイに書斎の文字が入ってしまったのが残念。

59 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:54:39 ID:LkusMLUr
つ雑談スレhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/8993/1252351411/l50

60 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 10:58:07 ID:kG83LQrA
>>58
何が「重複スレじゃないよw」だアホ
お前も荒らしだ

61 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/12(日) 11:50:44 ID:oZmPneNv
オニイタンへの無礼はこの僕が許たない
オニイタンはミステリ板のブレインであらせられる事を再認識なたい!
雑談スレはやはり必要でつ

62 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 11:56:08 ID:gcNkctCb
>>61
あなたが立てればよろしい。それだけのこと。

63 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 12:27:37 ID:AmoPRafK
でつまつくんはリーダー経験が豊富なだけあって大所高所からモノを考えているね。
名無しで叩くしか能のないアンチとは随分人間としてのレベルに差ができたなあ。

64 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 12:36:34 ID:7nGksAKu
同意

65 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 12:38:13 ID:7nGksAKu
…なんちゃって。

66 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/12(日) 13:02:51 ID:dzA3cMjb
余談ながら、
>ノーブレス・オブリッジ
調べれば自明だが、この表記の使用例も多く無問題。
(ノブレスとする例もあり)
所詮、外国語のカタカナ表記なわけだが、自分の知識不足(使用例確認)を
省みずに、盲滅法に噛みつきスレ荒らしを意図する輩・・・
「キティ」としか言いようがないものがある。

有栖川有栖「妃は船を沈める」を読んだ。
まあ、本格オタ(しかもアンチ新本格でない連中)の間でしか話題に
ならなかった近年のアリス作品中でも地味なポジションにある作。
単行本化の際に書き下ろされたという幕間の存在意義は疑問ながら、
(無くても十分に物語は成立する)
第1部の怪奇小説の名作「猿の手」(平井呈一先生の訳が懐かしく思い出される)
に関し、火村が披露するミステリ的新解釈は面白いし、
(ここから事件解決への推理はやや強引な飛躍を感じないでもないが)
第二部における、終盤の犯行過程に関する推理は、さすがエルを敬愛する
アリスらしい論理の面白さを堪能させるものあり。
ただし、犯人は見え見えだが・・・(そもそもタイトルが本格ミステリにしては
不用意かも、物語的には含蓄に富み捨て難いものがあったのは
わかるのだが・・・)
このミス、文春からはスルーされたものの、本格ミステリベスト10の7位に
ランクインされたのはわからぬでもない。
各人、心して読め!!

67 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/12(日) 13:04:35 ID:oZmPneNv
>>63
お誉めにあずかりまつて光栄でつ!(*^_^*)
今はとにかくミステリ板を復興させまてんと、ただそれだけを考えてまつ
それに雑談スレはやはり住人が立てなければ、とも思っていまつ
僕もなんとか勉強すれば立てられるような気もしまつがそれもどうかと思うのでつ
リーダーに頼り過ぎては一時的な解決にしかなりまてんしそれでは意味がありまてん

68 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 13:06:07 ID:jt2Azqnh
>>66
あなたの場合は使用例云々よりも、すべてがいい加減だからw

69 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/12(日) 13:08:35 ID:oZmPneNv
王様キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!
「猿の手」は傑作でつよね!!!

70 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 13:08:44 ID:0vNjqizI
書斎は海外ミステリだけ読んでれば良いんだよ

71 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 13:27:55 ID:H/1V6lNP
書斎さんに失礼ですよ

72 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 13:46:24 ID:AmoPRafK
でつまつくんは本質を見抜いている。
スレを立てるのは住人であり、リーダー任せではいけないのだ。

73 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 13:49:39 ID:wLsvasrp
>>72
では、あなたが立てればよろしい

74 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 13:49:43 ID:K3m2GNDu
339 名前: 書斎魔神 ◆AhysOwpt/w 投稿日: 2010/06/20(日) 23:48:10 ID:ONifb3LW

>ならおれの感想文も論考だ。
そのとおりだ(w

75 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/12(日) 15:07:27 ID:oZmPneNv
ああもう・・ピーチクパーチクと・・
アンチの行動力の無さに呆れるを通り越して怒りさえおぼえまつ(-_-;)
言われた事は素早くやりなたい!
口を動かつ暇がありまつたら手を動かつ

死ぬ気で立てなたい!!!

76 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 17:00:07 ID:3Z5EocEZ
リーダーはスレ住人の手本となるような行動をするべきです。
ですから、率先して雑談スレを立てるべきです。
スレ立て一つできないのなら、今すぐにリーダーを辞めるべきです。

他人に命令する前に、「こういうふうにやるんだよ。」と言って手本を示すのが
リーダーの本来の姿です。

77 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 17:01:49 ID:pZMdjlfP
で、こっちは馬をサカナにするスレでいいんだよね?

78 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 17:05:03 ID:gcNkctCb
ピーチクパーチク・・・
今の若い子使うかな?www

79 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 17:19:10 ID:9+5suhJQ
ピーチクパーチク・・・
ロハ・・・

確実に70歳過ぎているなw

80 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 17:23:42 ID:K3m2GNDu
バカだから命令したくてしょうがないんだよ。

81 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/12(日) 22:58:55 ID:oZmPneNv
いつもいつもリーダーおんぶにだっこでは住人の自主性が養われないと思ってまつ

82 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 23:03:45 ID:jt2Azqnh
ピーチクパーチクうるさいヤツだw

83 :名無しのオプ:2010/09/12(日) 23:18:08 ID:9+5suhJQ
おんぶにだっこ?
これまでにスレ住人からの依頼に何も応えていないじゃん。

ということでリーダー失格ね!
さいなら〜w

84 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 00:19:44 ID:XlTpa9zb
>>81
また日本語の不自由さ露呈か……
「おんぶにだっこ」の意味を辞書で引け
「頼る」「甘える」という意味はまったくない

85 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 11:19:29 ID:qXbAHAMR
えっ、おんぶにだっこって何でも任せきりって意味じゃないの?上げ膳据え膳みたいな。
でつまつには、誰もお世話されていないのは同意だけど。

86 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 11:58:50 ID:XlTpa9zb
「おんぶにだっこ」の本来の意味
一方的に続けてサービスを享けること(悪い意味ではない)

(頼んでもいないのに)ご馳走してもらった上にお土産をもらうこと等

使う場面が、上げ膳据え膳と少し違う
(文字通りの上げ膳据え膳されだだけでは「おんぶにだっこですなあ」と言わない)
「頼りきり」「世話になりっぱなし」と誤用されることも多く、間違いを指摘しても「用法の変遷だ」と撥ねつける者がいる
みんなで間違えば勝ちかよ、と思う




87 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 12:21:33 ID:pS18n4/w
でもこれは役不足とかと違って決定的に誤用ってわけでもないな

88 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 13:53:27 ID:MTwUKq/J
微妙なとこだな

89 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 14:39:39 ID:qXbAHAMR
>>86
そうだったんだ。ありがとう。
「適当」や「いいかげん」が、本来「当に適う」「良い加減」な筈なのに、取り敢えず間に合わせにやったみたいな感じになるのと似ているのかな?

90 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 16:05:36 ID:ORPB0z6I
最近読んだってわけじゃないけど、
木々高太郎、高木彬光、鮎川哲也とかの単独スレッドはもう無理かね。
新しくどんどん立って来るのは現役作家のものばかり。
おじさんとしては寂しい気もするが、これも時代の流れで仕方ないのかもな。


91 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 16:10:11 ID:KaMKhSK2
カーの赤後家の殺人を読んだ


あれって返事をする奴がいなかったら成立しないトリックじゃないか
すぐ発見されてたらメ欄する間もないだろ

92 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 20:04:03 ID:1gXr054M
>>90
こちらに鮎川哲也スレがありますので良かったらどうぞ。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/8993/1244080266/l50

>>91
こちらのカースレでもちょうど「赤後家の殺人」について話題が出てますね。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/8993/1243148912/l50

93 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/13(月) 20:30:40 ID:3Ubs+ah2
>>91
昨年再読したが、あの早業(犯行)には最早笑うしかなかった。
当然、先行するザングウィル作品(ジョン大好きな密室ものだし)
からのインスパイアがあったと思われ。

94 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 20:34:04 ID:pXK7Glrw
再読するの好きだね。

95 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 20:35:05 ID:FT7keP81
書斎は無職で暇人のミスヲタなんだよ

96 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 20:37:24 ID:92Fab+mY
良書は何度読んでも新しい発見があるものだ。
読み捨てが主流の最近のミステリしか読まないヲタにはわからんだろうが。

97 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 20:42:40 ID:wFrzjI5f
ミステリーは読み捨てとほざいた書斎が名無しでなにか言い訳していますw

98 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 20:43:18 ID:3sC90PvE
書斎って、前はミステリーは読み捨てって言ってたっけ

99 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 20:51:24 ID:qXbAHAMR
>>90
つい最近鯖ごと吹っ飛んだので、サルベがどうなるかを見る為、スレ立てを控えているところもあるようです。
もうしばらく様子を見てみられては?

100 :名無しのオプ:2010/09/13(月) 20:56:25 ID:wFrzjI5f
・これまでのデータ全てあぼーん説
・サルベージされても鯖落ちした時点での現役スレは全て過去ログ化される説
・上記スレは全て現役スレとして復帰する説

101 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/13(月) 22:49:45 ID:3Ubs+ah2
ミステリ板とはいえ、
さすがに木々高太郎の単独スレは過去に存在しなかったはず。


102 :名無しのオプ:2010/09/14(火) 00:59:26 ID:7rVVrfFN
>>100
その前に・・・・

2ちゃんねるのカモメ、税関に止められ日本へ飛び立てず
ttp://www.maido3.com/server/news/20100913.html

103 :名無しのオプ:2010/09/14(火) 10:34:11 ID:O1lnj1le
麻耶雄嵩『蛍』(幻冬舎文庫)読みました。
まあ面白く読めましたが、最近のは全部そうですが
捻り過ぎというか。

ひとつめのサプライズは作者がチラホラとネタバレ
してるので中盤くらいでわかりましたが、二つ目の
サプライズは最後の最後まで気付きませんでした。

私は本来捻り過ぎてないシンプルな話が好きなのですが
解説ではこの作品はこの作者にしては地味らしいので
逆に他の作品を読んでみたくなりました。

104 :名無しのオプ:2010/09/14(火) 10:52:00 ID:7LIjzIcQ
『再読』という場合、次の二つのパターンも有りそう

* 一つは実は今回初めて読んだのだが、「なんだ今頃読んだのか」
と突っ込まれそうなので再読だと強弁

* もう一つは嘘ではなくて本当に再読したのだが、記憶力が悪くて
単に内容を思い出せないか、初読時は読み飛ばしでトリックを知りたかっただけ

105 :名無しのオプ:2010/09/14(火) 10:55:43 ID:Fe2cgqQb
記憶力が悪くなくても再読せずに10年も経てば大抵忘れます。

106 :名無しのオプ:2010/09/14(火) 12:31:07 ID:8maQKoB4
再読したという割には大したことが書けないようだから
実際は全く読んでいないんだろうな。

107 :名無しのオプ:2010/09/14(火) 14:58:13 ID:8ulCJPUl
このスレにいる人たちはBSのクリスティー特集とか見てる?
今日放送の『鳩の中の猫』は読み終えたばかりなんだけど、
原作どおり?

108 :名無しのオプ:2010/09/14(火) 18:23:00 ID:tr3l1kCh
>>107
海外テレビ板か
したらばのクリスティスレで
きいた方が早いよ

109 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 00:10:23 ID:HTwWjXMN
>5 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/09/14(火) 19:35:31 ID:+C5yhzEK
>荒しを構う者もまた荒し

>>1おまえアホだろ>>3-4を削除するかスレ自体を削除依頼出して新たに立て直せ
>ふざけんなボケが

テンプレに荒らしについて注記するのが荒らしかよ?

>33 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/09/14(火) 22:58:42 ID:cQySNPSL
>>28
>いいから早く、なぜ自分は書斎をスルーできずに別スレ立てたり
>好き勝手に過剰反応してるのに、他人には
>「黙って削除依頼出すこと」
>なんてダブルスタンダード丸出しのバカレスかましてるのか、
>説明してよ

そういうお前は何をしているのかな?

>35 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/09/14(火) 23:39:17 ID:tELnyo0r
>ここの自治厨たちってエラソーなだけで、実際は一冊も読んだことない作家のスレに
>文盲の後について来て荒らして喜んでるカスばっかりだよな
>どのスレも馬鹿なんか全く相手してねーのにクソバエが一緒にたかるからスレがダメに
>なってるだけだっつーの
>特に一年中馬鹿の後を金魚の糞みたいにくっついているヤツとか馬鹿のことを無職とか
>いって罵ってるけどテメーもだろwww

やけに他人の事情に詳しいんだね?

110 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 04:33:27 ID:GDybkaCH
> 37 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/09/15(水) 02:56:29 ID:Ll9DEI1+
>書斎が嫌われようとも荒らしているのは書斎アンチであることは間違いなしだわな。
>書斎は常にスレタイに沿った話題をしているしね。

つまりお前やでつまつは荒らしだと認めたわけだwwwwww

111 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 04:42:33 ID:GDybkaCH
> 7 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/09/15(水) 02:58:14 ID:Ll9DEI1+
>>>3-4みたいなことを書くと外部のアンチ書斎につけこまれる恰好の標的になるんだけどなあ。
>それがわからないとはリテラシーに欠けるねえ。

よっぽどテンプレが気に食わないらしいねw


>>109
書斎はそれら支援レスにお喜びのようですね。
あ、それも書斎本人の仕業かなw

112 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 07:02:52 ID:hMe2VsXC
やたら意味不明にコピペを貼りまくったり、
都合の悪いレスをしているのは、全て同じ人間の自演だとか言うのは
2ちゃんに張り付いた精神障害者の妄想の典型的なパターンだから
素直に精神病院のネットに繋げられない部屋に、治療という名目で
一生隔離してもらった方が世の中のためだよ

113 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/15(水) 11:38:55 ID:FR6WsfhT
アンチがいくら騒ぎまつても書斎タンがミステリ板の神である事は疑いようのない件。

114 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 11:54:47 ID:d4yO9phT
書斎はドリフの神程度だな

115 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 20:59:21 ID:csw/ySIL
「神」は言い過ぎだが、書斎(別名「でつまつマン」)は
かなりレベルの高いミステリリーダーだと思う。

116 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 23:07:17 ID:q1RdJlAL
>>112
書斎さんの悪口を言うなやクソが。

117 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 23:09:08 ID:q1RdJlAL
>>112
本スレ行ったらこんなのあったぞw

>42 名前:名無しのオプ :2010/09/15(水) 22:33:45 ID:4rQq4PFa
>ID:pZMdjlfP
>↓
>ID:k+byKn5T
>↓
>ID:wFrzjI5f
>↓
>ID:IqNKoOMx

>この馬鹿おもすれーw

118 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 23:14:09 ID:DPa5E1jT
↓こいつキチガイ?

116 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2010/09/15(水) 23:07:17 ID:q1RdJlAL
>>112
書斎さんの悪口を言うなやクソが。

117 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2010/09/15(水) 23:09:08 ID:q1RdJlAL
>>112
本スレ行ったらこんなのあったぞw

>42 名前:名無しのオプ :2010/09/15(水) 22:33:45 ID:4rQq4PFa
>ID:pZMdjlfP
>↓
>ID:k+byKn5T
>↓
>ID:wFrzjI5f
>↓
>ID:IqNKoOMx

>この馬鹿おもすれーw


119 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 23:21:47 ID:4rQq4PFa
>>118
ご明察。

120 :名無しのオプ:2010/09/15(水) 23:35:50 ID:q1RdJlAL
>>119
お前も充分キチガイだな。

121 :ID:Ll9DEI1+=誰にも賛同してもらえない書斎の自演w:2010/09/16(木) 04:17:46 ID:caeVRwsL
11 名前:名無しのオプ [] 投稿日:2010/09/15(水) 20:26:42 ID:Ll9DEI1+
ネタばれに関する議論、これで勝負あっただね。
最早ローカルルールは効力を失った。それともミス板はアガサ御大を捨てるか(w

14 名前:名無しのオプ [] 投稿日:2010/09/15(水) 21:24:56 ID:Ll9DEI1+
>>12
そう、その通り。
だから、単なる2ちゃんねらーが定めたルールなぞ無意味だってことだ(w

あと、刊行順に読めば問題なしと戯言を抜かすしたらばのアホ、刊行順に手を取るとは限らないという想像力の欠片もない。
これで読書家とは思えない知能の低さにはやはり他板からの荒らしと断定せざるを得ないな。

16 名前:名無しのオプ [] 投稿日:2010/09/15(水) 21:59:48 ID:Ll9DEI1+
2ちゃんねらーごときが定めたルールなぞ無意味なんだよ。
それもローカルルールなら尚更だわ。

19 名前:名無しのオプ [] 投稿日:2010/09/15(水) 22:34:59 ID:Ll9DEI1+
ミステリ板筆頭の書斎が決めたことには従うべし。
当たり前のことなんだけどね。

122 :名無しのオプ:2010/09/16(木) 04:33:08 ID:22H4BBbe
書斎嫌いがここを荒らし
書斎に触れるなという奴が海外スレを荒らす



バカばっかり

123 :ミステリーダーでつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/09/16(木) 05:54:00 ID:oK+siYwm
ただなんとなく書斎タンが嫌いという理由だけでこうまで執着できる荒らしに溜め息(-_-;)

124 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/18(土) 19:55:35 ID:zOKzuKo3
アガサ・クリスティー「もの言えぬ証人」を読んだ。
あの愛すべきグズが、本格的にポワロと組んで活躍(?)する最後の事件。
(「カーテン」ではポワロは文字どおりの安楽椅子探偵の位置を設定
しているし)
ポワロに調査依頼した老婦人(富豪)の死を巡る探索。
とにかく地味で派手なトリックも謎解きも無し、
(ミラーに関する謎解きもありきたり過ぎるし)
それにもかかわらず、
遺産相続に関する錯綜した人間ドラマで惹きつけながら、
クリスティー作品中でも大部な本作を一応面白く読ませる手腕は
最早、完全に名人芸の域である。
本作の名傍役ワイヤーへアードテリアのボブがその後の作に全く登場しない
のは、ちと残念かな。
唐突に今年の流行語のひとつとも言える「ルーピイ」(本作では「いかれた話」という訳)が出て来たのにはワロタ。

125 :名無しのオプ:2010/09/18(土) 21:06:17 ID:/j6YbXRe
それは面白いな

126 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/19(日) 15:30:21 ID:Q0wlfxlI
岡嶋二人「99%の誘拐」を読んだ。
89年と古い作品だけに、携帯電話等のモバイルが登場しないのが惜しいが、
当時としては仰天なハイテク・スリラーだったであろう。
無線通信は傍受され易い等の現代でも通じるネタも多数。
言うまでもなく、エヴァーブーム前の作だが、
登場するCPの仮装人格(誘拐犯?)のネームは「アスカ」。
ミヤムーのボイスに変換して読むアホなミスオタも多いのではないかな(w
ちゅーわけで、今読んでも十分に面白く、スリリングな作ではあるのだが、
ミステリとしては、倒叙スタイルを選択せず、主人公のエンジニアが遭遇した
過去の誘拐事件も含めて二重の「フーダニット」の構成にした方が、
警察陣とのチェースもよりスリリングなものとなったのではなかろうか。
俺ならこっちで書くけどね・・・
(つまり、現在の誘拐事件の真相と過去の誘拐事件のそれを終盤で二重に
謎解きする構成にするわけである)

127 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 16:02:52 ID:duqWvek+
>>126

またパクリ先がたくさんある作品をw

>俺ならこっちで書くけどね・・・
冗談はやめとけ。文才などないのだから。

128 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 17:06:57 ID:GKX2aWHH
書斎さんは何年も前から、何度も何度も
「俺の本が大手出版社から出る。もう帯の推薦文もできた」
ど仰っていました。

すべて真実だとするともう著作リストができるくらいの著書が
市販されているはずです。(何しろ同人誌をバカにしまくって
いましたから、よもは市販書物でないなどいうことはありますまい)

ぜひこんなところで筆すさびなどせず、著作を公開していただきたいものです。

129 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/19(日) 18:13:38 ID:mQKYoFlR
>>128
?
>「俺の本が大手出版社から出る。もう帯の推薦文もできた」
ソース呈示(要引用)
出来なければ、病的な妄想癖があるドキュソと認定する点を了解しておけ。

130 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 18:20:56 ID:duqWvek+
>>129
そんな事実はない、ということですね。

131 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 19:04:54 ID:C8kSWBSH
>>129
つまりこれまでソース呈示(要引用)がまったく出来なかった書斎魔神は
病的な妄想癖があるドキュソ
であるというわけだw

132 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 19:54:13 ID:GKX2aWHH
引用してほしいというならしますけど?w

前スレの話題も覚えていない書斎さんと違って過去スレはいくらでも
閲覧できますしw

しかし今年に入ってからだけども著作著作と騒いでいたのに、それを
誰も覚えていないし検索できるはずがないと本気で思ってるんですかね?
それともとりあえず言ってしまっただけで、本当に引用されたらまた
話題を変えて済ませた気に(自分だけ)なって笑い者になるんですかね?


133 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:02:30 ID:GKX2aWHH
過去ログを調べるまでもなく、「書斎魔神」「帯」「推薦文」で検索しただけで
いきなりこんなのが出てきましたがw まあオードブルとしてご賞味ください。

書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その30
http://www.unkar.org/read/mamono.2ch.net/tubo/1241188527

440 :ミスターミステリ ◆W2uUv8t1jQ :2009/07/05(日) 22:07:12 ID:0N510buB0
書斎魔神様をなめるな!!!!!!!

441 :最低人類0号[sage]:2009/07/05(日) 22:10:38 ID:2w8Am+CMP
自分に「様」つけるバカw

454 :ミスターミステリ ◆W2uUv8t1jQ :2009/07/07(火) 20:08:01 ID:tk71KvZg0
何だとこの野郎!!!!!もういっぺん言うてみろ!!!!!!!!
渾身の論考を・・・

455 :最低人類0号[sage]:2009/07/07(火) 20:50:02 ID:lPXS1p8W0
「渾身の論考」なのに間違いだらけで校正が必要だと
本当にバカだなコイツw

458 :ミスターミステリ ◆W2uUv8t1jQ :2009/07/07(火) 21:04:09 ID:tk71KvZg0
バカじゃない!!!!!!!!!!!!!!!!!

459 :最低人類0号[sage]:2009/07/07(火) 21:05:58 ID:lPXS1p8W0
うんうん、お前はバカじゃないな
バカ論考しか書けない書斎魔神が救いようがないバカで精神障害者だと言ってるんだよ

134 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:03:49 ID:Sn85ddEs
そのコテが書斎とどういう関係にあるのかねえ。
まさか自演とか根拠もないことを言わないよね(w

135 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:03:51 ID:GKX2aWHH
460 :最低人類0号[sage]:2009/07/07(火) 21:15:10 ID:9odl7oIo0
「貴様・・・」とか「おのれ・・・」とか ヒーローごっこでもしてるつもりか?
還暦間近なジジイが幼稚ですことw

461 :ミスターミステリ ◆W2uUv8t1jQ :2009/07/07(火) 21:16:29 ID:tk71KvZg0
コロンボ本が出てから吠え面かくなよ。

462 :最低人類0号[sage]:2009/07/07(火) 21:18:22 ID:lPXS1p8W0
とっくに出ているはずじゃなかったんかと
やっぱりデタラメ論考だから校正に時間がかかってるんだな、きっとwww

464 :最低人類0号[sage]:2009/07/07(火) 21:21:23 ID:8wzi8czNP
また虚言癖がw

466 :最低人類0号[sage]:2009/07/07(火) 21:22:23 ID:lPXS1p8W0
現実逃避しか能がないから、追い込まれると嘘ついて逃げることしか出来ないんだよ

467 :ミスターミステリ ◆W2uUv8t1jQ :2009/07/07(火) 21:23:44 ID:tk71KvZg0
虚言じゃないぞ!!!!!!!

468 :最低人類0号[sage]:2009/07/07(火) 21:25:43 ID:lPXS1p8W0
バーカw

469 :ミスターミステリ ◆W2uUv8t1jQ :2009/07/07(火) 21:33:58 ID:tk71KvZg0
解説も帯の推薦もあっと驚くタメゴローだ。

470 :最低人類0号[sage]:2009/07/07(火) 21:35:15 ID:lPXS1p8W0
嘘さえつまんねえし
ホント才能のかけらもないなこのオッサンw

136 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:05:53 ID:C8kSWBSH
■機動警察パトレイバーは、名作だ■
http://salad.2ch.net/anime/kako/996/996685738.html
>422 名前: ミステリ板住人 投稿日: 01/09/03 10:59 ID:fmk3nooI
>このように細かい人間心理まで計算され制作されたパトに、エヴァとは異なり読解のための本格的な研究書が無いのが残念でなりません。
>そのうち私が書きますから、買ってください。

>450 名前: ミステリ板住人 投稿日: 01/09/04 10:47 ID:4pRewnVo
>>同人誌とかですか?

>冗談はやめてください(W
>脱稿しだい、文春、講談社、集英社、講談社、中央公論新社あたりに持ち込んで
>みるつもりです。ネタは豊富にありますから安心してください。
>このスレを読んでから買っても絶対損はさせません。

この本は結局どの出版社からも撥ねつけられたんですか?

137 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:07:16 ID:C8kSWBSH
>>134
それが書斎ではないというならどうして書斎は放置しておくんだろうね?
バカとレスつけられただけでいちいち狂犬のように噛みつくあの書斎がだよ。

138 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:10:31 ID:GKX2aWHH
>>136
うわ、私もこれは知りませんでしたww

2001年の頃から既にこんな虚言と妄想だらけの書き込みで時間を
潰していたんですかww

139 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/19(日) 20:17:31 ID:D6uZk+SI
>>132
的確な引用を伴うソース呈示を待っているのだが、
大見得を切りながら、いまだ皆無なのはなぜか?
他人を自己の妄想に巻き込むのは無理であることを自覚したまえ。
残念だが、お前をドキュソ認定する。

140 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:28:25 ID:duqWvek+
>>139
あえて引用すれば過去スレ全部やねw

141 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:29:43 ID:Zmx0aiKL
頭吊、名探偵のシナリオまーだーですか?
クリスティスレで記憶氏がお待ちかねですよw
でつまつの分の小説もアップよろしくwwww

142 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:32:46 ID:Sn85ddEs
トリップのない成りすましのレスまで引っ張り出して叩くとはアンチも土俵際だなあ(w

143 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:34:07 ID:04taxqjF
(w
これ、使う人はあんまりいないよね。

144 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:48:48 ID:C8kSWBSH
>>139
たとえばコロンボスレで、
ムックを超えるコロンボ研究本をお前が出すと自称お前のファンが騒いだとき
そいつに対しては「出鱈目を言うな」といった反論を一切せず
誰かが「研究本はどうなった?」と質問したら
「俺はそんなことを言っていない」と言って逃げたのはどうしてだ?
お前が自称ファンの発言を一切否定しない以上
その発言をお前自身が肯定しているというのは自明の理。
書斎魔神、ミステリ板住人と名前欄に入れなければ安心だと思ったら大間違いw
名無しでの発言は自分で自分の首を絞める結果になるということをようく覚えておけよw

145 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:52:16 ID:Sn85ddEs
>>144
アンチは自分で自分の首を絞めたな(w
無言=肯定ということなら、書斎ミス住の提案に対して反対がなかったことは総て正当化されることになる。
さしずめアガサスレがその嚆矢になりそうだ(w

146 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:55:57 ID:C8kSWBSH
>>145
首を絞めているのはお前w
ネタバレ否定なら昔から否定され続けているし
クリスティスレでも「恫喝」という言葉で否定されているだろw


書斎はああいう形での否定すら全くしていないのだから論外ww

147 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:56:33 ID:C8kSWBSH
おっと書き間違い
×ネタバレ否定なら昔から否定され続けているし
○ネタバレなら昔から否定され続けているし

148 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:56:36 ID:ovJEwefT
なら逆もしかりだな
書斎魔神は死ぬべきだ

反対は?



149 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 20:58:20 ID:ovJEwefT
反対がないようですなw

書斎は死ななければならないという私の意見は正当化されました

150 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 21:01:56 ID:C8kSWBSH
で、そのクリスティスレだが

>134 名前:書斎魔神 ◆AhysOwpt/w 本日の投稿:2010/09/19(日) 20:10:12 ID:D6uZk+SI
>さて、今後のスレ進行だが、
>やはり、スレ活性化>ネタばれ。だよね。
>やはり前記した決定事項を強行することとしました。


強行すると言っているのだから反対意見を無視する、ということじゃないかw

151 :名無しのオプ:2010/09/19(日) 21:04:22 ID:ROh66kRY
書けば書くほどボロが出て突っ込まれる書斎w

152 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 02:45:35 ID:fHc4d8au
>          ↑
>139 名前:書斎魔神 ◆AhysOwpt/w 本日の投稿:2010/09/19(日) 20:17:31 ID:D6uZk+SI
>的確な引用を伴うソース呈示を待っているのだが、
>大見得を切りながら、いまだ皆無なのはなぜか?
>他人を自己の妄想に巻き込むのは無理であることを自覚したまえ。
>残念だが、お前をドキュソ認定する。

コレ便利だな。
書斎に質問したらほとんどすべての書斎の発言に使えるww
と思ったらクリスティスレでさっそく使われてたわww

153 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 08:25:40 ID:whhyz0Px
「手元のデータベースによると…」「近所の大型書店で確認したが…」
「備忘録に書いてある」等々、他人は絶対に客観的に検証できない
脳内ソース(=デタラメ)ししか提示したことのない底無し馬鹿が
他人には「的確なソース提示」を求めるというこの茶番。

154 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 08:57:10 ID:4t3UmMwx
おまけに自分に都合が悪い事は捏造乙 だからな。
そういや、なぜか頭吊が吐いた馬鹿論考の論拠を、スレ住民に探せと要求するとかもやってたな。

155 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 09:02:52 ID:TS30ZJy6
書斎は間違えていないよ。
アンチはとにかく出て行け。スレ違いの話題しかできないくせに。

156 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 09:10:56 ID:yax4gq0r
なあ、間違えていないと言い張ればそれで論破したと思い込んでるみたいだけどさあ、なんの
意味もないってことは自覚してるんだよな?

157 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 09:25:12 ID:1nkZfqGM
>「俺の本が大手出版社から出る。もう帯の推薦文もできた」

これ俺の備忘録を確認したら
2006年4月に海外スレで書斎がそう発言したとある。

よしこれで「的確な引用を伴うソース」が呈示できた。
書斎、お前の負けだ。

ちなみにこれが「的確な引用を伴うソース」ではないというのならば
書斎は自分の発言を完全否定することになるからよろしく。

158 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 09:46:17 ID:TS30ZJy6
>>157は典型的な馬鹿。
トリップ付けたコテハンとただの名無しでは発言の重みが違う。
悔しかったら10年コテハンやってから言えや。

159 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 09:48:13 ID:gPMLZqRx
こんなに毎日自分が話題になって、書斎氏は嬉しいだろな

160 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 09:58:45 ID:yax4gq0r
発言の重みで何が変わるんだかw

161 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:00:03 ID:1nkZfqGM
>>158
論破のできない完璧な論証を俺がしたから悔しいんだねw
だめだめ、書斎自ら名無しのレスを頭から信用していることも俺の備忘録にあるから
お前のそれは反論にすらならない。

トリップ付けたコテハン?それがなに?それが権威?
だから頭から信用しきって疑いもしないってか。
書斎支持者って頭が悪いんだなw

162 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:02:25 ID:1nkZfqGM
>>160
書斎の世界のすべてが2ちゃんねるにあるようですからね。
もっとも2ちゃんでもコテハン・鳥使いに権威なんかありませんけどねw

163 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:02:54 ID:TS30ZJy6
>>160
何もかもが変わるよ。
名無し2ちゃんねらーのおまいの発言が誰にも顧みられないのと違って名のある人の発言はニュースになる。
明確な格差があるんだよ。

書斎は一言発言するたびに大きな影響力を発信し続けている。
たかが2ちゃんとはいえ、長年コテハン続けるということはそれだけのことがあるんだよ。

164 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:03:31 ID:yax4gq0r
しかも名無しを使いまくる書斎なんてコテハンでもなんでもねえしw

165 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:05:21 ID:MS05KuBt
>書斎は一言発言するたびに大きな影響力を発信し続けている。

アホ論考が大勢の住人に笑われるということですね

166 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:10:58 ID:1nkZfqGM
>>163
その典型が「めくら頭吊」だというわけだwww

我々とはたしかに格差があるよね、ただし書斎のほうがずうっと格下だけどな。
しかも長年特定のハンドルを使用しているだけに
これまでいかに狂った発言を繰り返しているのかが明白になるから面白い。

悔しかったら「めくら頭巾」が「めくら頭吊」に改題されてからもう一度ここに来いw

167 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:16:57 ID:Yt9UDRwl
本日の名無しの書斎のIDは、ID:TS30ZJy6です。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1284256057/82
もご覧ください!

168 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:21:48 ID:MS05KuBt
>>たかが2ちゃんとはいえ、長年コテハン続けるということはそれだけのことがあるんだよ

人間としての格差

名無し>>>>>>たかが2ちゃんでコテハンを続けてデタラメ論考を垂れ流すネット依存の無職

169 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:29:40 ID:1nkZfqGM
2ちゃんで10年同じハンドル使い続けるって
要するに他にすることないから粘着しているというだけだものね。

受け入れられなければ消えていくしかないプロの物書きとちがって
回線つなげりゃ誰でも書き込みできる2ちゃんに粘着すること高く評価するんだから大笑いだw

170 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 10:52:37 ID:TS30ZJy6
書斎の実績を知らない新参なんだろう‥。
書斎は二人のプロのもの書きを叩きのめし、コテを名乗って挑戦してきた名無しに完勝するなど実績を重ねてきた。

馬齢を重ねてきたおまいら名無しとは10年の充実度が違うんだよ。

171 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:03:48 ID:MS05KuBt
>>170
>>書斎は二人のプロのもの書きを叩きのめし、コテを名乗って挑戦してきた名無しに完勝するなど実績を重ねてきた。

お前の妄想ではそうなっているのか
お気の毒だけど現実は違うからw
もし本当だというならソースを出してみな

172 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:08:27 ID:TS30ZJy6
必殺歴代スレ、都筑スレ、カー論議。
これらを参照してから出直せアホ。

誰がどう見ても書斎の勝ちは揺るがないわ。

173 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:12:02 ID:MS05KuBt
>>172
ソースを出せないお前はドキュソ認定w
だいたい「誰がどう見ても書斎の勝ち」のはずなのに、いつもそう言うのはご本人とでつまつとオニイタンだけ
なんだよなwww

>139 名前:書斎魔神 ◆AhysOwpt/w 本日の投稿:2010/09/19(日) 20:17:31 ID:D6uZk+SI
>的確な引用を伴うソース呈示を待っているのだが、
>大見得を切りながら、いまだ皆無なのはなぜか?
>他人を自己の妄想に巻き込むのは無理であることを自覚したまえ。
>残念だが、お前をドキュソ認定する。

174 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:15:16 ID:1nkZfqGM
>>172
そんなスレとっくの昔から知ったうえで言っているんだが。
完勝といえば完勝になると思い込んでいるバカしかいないのかよ
書斎支持者ってw

175 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:23:13 ID:MS05KuBt
>>172
>>必殺歴代スレ、都筑スレ、カー論議。

参照したが必殺スレに書斎の書き込みなど無い。
嘘もたいがいにしとけや。

176 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:24:09 ID:nRZnevne
>>170
2ちゃん歴を誇るようなのは碌な奴がいないらしいよw

151:ミステリ板住人◆22RAaWR.nE :2010/09/19(日) 16:22:13 ID:DIol7Hmu
>>150
新入りが聞いたような口をきくな(w
俺はコロンボスレの最初期から乱入・常駐している猛者。
民主党で喩えれば、渡辺恒三先生級の存在なのだ。
(管理人敗訴、判決内容の意図的な不履行により2ちゃんが社会的にも
糞BBS認定される前の時代だ。
それ前は、健全なBBS化する可能性も無いことも無かったのだが・・・
匿名掲示板なのはOKとしても、やはり早期に無料会員制化を図るなりする
べきであったのか)

さあ、熱く語り合おうぜ!!!(w

152:奥さまは名無しさん :2010/09/19(日) 16:33:35 ID:??? [sage]
長くいるだけじゃないかw

177 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:25:04 ID:nRZnevne
153:奥さまは名無しさん :2010/09/19(日) 18:37:30 ID:??? [ ]
長くいるということもまた立派なことだ。
無事これ名馬という故事も知らないのか。

161:奥さまは名無しさん :2010/09/20(月) 04:06:32 ID:??? [sage]
[無事これ名馬]は『故事』では無いし、
そもそも[無事これ名馬]は
「長くいるということもまた立派なこと」
という意味では無い。

で、何が言いたいんだ?
ミス住はず〜っと前から荒らし続けてきたけど
2ちゃんから追い出されないから偉いんだ!
とでも言いたいのか?

163:奥さまは名無しさん :2010/09/20(月) 09:51:56 ID:??? [ ]
勘違いで叩く。
もういい加減にやめれ。
アンチはしたらばに引きこもっていろや。

178 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:25:15 ID:1nkZfqGM
例えば都筑スレって書斎が完全に論破されて逃げ出したスレじゃないか。

長編ベストに連作短編集を入れたり
書斎の自己<xスト10に入れた作品を後になって初読と言って腐したり
挙句に2年たてば忘れ去られるとほざいて大外ししたり
そのほかいろいろ笑いどころの多すぎるスレ。

これらのどこが完勝なんだよw

179 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:30:22 ID:oLUqQyEB
十年間2ちゃんやってただけの頭吊こそ、ただただ徒に馬齢を重ねているのにね。
それを認められないからこそ、必死に他人を責めたててるんだろうけど、この十年間振り返って、充実してたなんて言えるのかなあ。
きちんと著書を物にした作家達に対して、片や自分は誰にも相手にされずネット上で自演するしかない。
自業自得とはいえ哀れなもんだよ。同情する気は全くないけどね。

180 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:34:37 ID:TS30ZJy6
>>178
都筑スレは某三流氏が書斎を追い出す目的で荒らしに荒らした。
住人の迷惑を無視してな。
挙句に裁判沙汰にすると断言したがいまだに音沙汰なしで書斎は健在。
某三流はみっともなくて顔も出せなくなった。

書斎の勝ちは明らかだろう。
過去ログをきちんと読み直せアホ。

181 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:42:56 ID:1nkZfqGM
>>180
某三流って誰?
ひょっとして勝手にプロのライター扱いしていないか?

住民の迷惑を無視しているのはネタバレ強行している書斎だろバカw

書斎は都筑の本が店頭にないと嘘をつき
某コテが証拠を示して論破した。

ついでに言えば裁判の県は民事だろ?
逮捕拘留されるわけじゃない。
だから裁判での自分の心証について考えなければ2ちゃんにレスし続けられる。
そのこと理解しているのかよアホw

結局書斎は完敗しているという事実は変わらないなw

182 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:44:26 ID:1nkZfqGM
おっと裁判の「件」な、訂正w


183 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:45:08 ID:MS05KuBt
>>180
読んでみたが、
「2年で忘れられる」→「忘れられつつある」
とこっそり後退したみっともなさよw
明らかに書斎の完敗だな

184 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:46:55 ID:1nkZfqGM
>>183
都筑は四流以下→一流
と変えざるをえなくなっていることにも注目。

185 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:47:04 ID:TS30ZJy6
その某コテは議論の途中で自らプロであると仄めかし権威付けてスレ住人をなびかせ味方につけるという卑劣漢だった。
そんな香具師に証拠を揃えて論破されたというのは香具師の詭弁に騙されている証拠。
おまいのリテラルな能力の低さを見せ付けてしまったな(w

186 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:48:34 ID:MS05KuBt
相変わらず具体的なソースを何も出せないドキュソID:TS30ZJy6

187 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:52:19 ID:1nkZfqGM
>>185
>その某コテは議論の途中で自らプロであると仄めかし権威付けてスレ住人をなびかせ味方につけるという卑劣漢だった。

話の内容が変なら相手が本物のプロでも叩くのが2ちゃん。
もちろんミス板も例外じゃない。
10年コテハン名乗っていると権威づけて住民を従わせようとしているのはお前だろバカw

>そんな香具師に証拠を揃えて論破されたというのは香具師の詭弁に騙されている証拠。

証拠も一切提示せず完勝完勝と叫んで勝ったつもりになっているのはバカな証拠w

>おまいのリテラルな能力の低さを見せ付けてしまったな(w

書斎を盲信・追従することが「のリテラルな能力の高さ」というなら低い方が嬉しいなw



188 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:53:17 ID:MS05KuBt
カースレはタイトルすら読めない無知を晒し、
クリスティスレでもポワロを禿と誤解して大恥をかいてるみたいだな
書斎は完敗ばかりじゃないかw

189 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:55:55 ID:yax4gq0r
でさ、これも「全部名無しが言ったことで書斎何も言ってない。書斎は間違ってない。書斎の勝ち」って
話にまたなっちゃうんだぜ
くだらねえやつ

190 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 11:58:26 ID:MS05KuBt
>>189
いや「頭吊」や「禿」はコテつけてやっちゃいましたからw
さらには清張スレでもエッセイすら調べずあとからそのエッセイを持っていたと
言い張りさらに恥をかいてるし
一体の書斎魔神というヤツはどこまで恥さらしなんだろうかw

191 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 12:05:05 ID:1nkZfqGM
同じ名無しでも書斎の支持者を名乗れば
どんな嘘デタラメ間違いを垂れ流してもなに一つ文句をつけるわけではなく
そのくせ書斎の支持者を名乗らなければ
書斎にレスしなくてもちょっとしたケアレスミスにすら狂犬のように噛みつく。

それが書斎。
これで自演じゃないというのなら
ものすごい馴れ合い行為だよなw

192 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 12:08:29 ID:MS05KuBt
>>191
そして書斎はそんな熱烈な信奉者にほとんどレスをつけず「アンチ」罵倒と言い訳に終始し、
でつまつとオニイタンにどんだけ弁護してもらっても礼のひとつもない
それなのに彼らは文句ひとつなく毎日かかさず書斎擁護と賞賛
不自然な話だよねえ

193 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 13:01:27 ID:Z4Id6CNO
クリスティスレでは別のコテに論破された腹いせにネタバレで嫌がらせしてるじゃん
書斎はどうしようもない卑劣漢だな

194 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 14:02:32 ID:TS30ZJy6
アンチの大漁だ(w
まとめてしたらば行けアホ。
スレ違いの話題で荒らすな。

195 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 14:18:01 ID:MS05KuBt
>>アンチの大漁だ(w

そして書斎支持者は二人だけw

>>スレ違いの話題で荒らすな。

他スレを参照しろと言ったのはお前だろうが
頭が悪いのもたいがいにしてくれよw

196 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 15:07:28 ID:gPMLZqRx
>>161
君は立派な論証をしているようだから、トリップを付けたらどうだろう。

197 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/20(月) 19:27:38 ID:vi4o1NBS
>お前が自称ファンの発言を一切否定しない以上
>その発言をお前自身が肯定しているというのは自明の理。
>書斎魔神、ミステリ板住人と名前欄に入れなければ安心だと思ったら
>大間違いw 名無しでの発言は自分で自分の首を絞める結果になるということ>をようく覚えておけよw
論理性皆無・・・狂っているとしか言い様がない・・・
俺は「真性キティ」を相手にしていたのかという感があった。

198 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/20(月) 19:28:41 ID:vi4o1NBS
アガサ・クリスティー「メソポタミヤの殺人」を読んだ。
アガサ中東ものでは、なぜか見え見えの展開でありながら日本では人気がある
「ナイルに死す」よりも、本作を推したい。
中東の発掘現場、謎の人物の跋扈(?)とジョンならこれでもか
これでもかとオカルト色で押して来るところを、アガサは正攻法な謎解き
ミステリに転換してゆくのが見事だ。
ただし、メーンの殺人トリックはジョン風のトンデモ(食らえ!漏れの
この石臼を)。
この辺は、趣向の面白さと仰天度アップを意図したポワロ初期作品らしい。
(もっともよく言われるように、後期は人間ドラマに傾斜せざるを得ない事情があったのかもしれぬが)

199 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 19:30:28 ID:6JUckp+d
>>197
そこで自称書斎支持者のデタラメにどうして触れないのか説明すりゃいいのにそれすらできず
ただ中傷に逃げる真正キティこと書斎w
頭が悪いというのはどうしようもないなw

200 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 19:56:55 ID:MS05KuBt
>>アガサ・クリスティー「メソポタミヤの殺人」を読んだ。

今頃読んだのかよwww


201 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 19:58:23 ID:MS05KuBt
注意

エセミステリー通書斎魔神がまたネタバレをしています

202 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 20:00:52 ID:yax4gq0r
前からこの作品おネタバレだけは何度も繰り返してるくせに読んだ今ごろ書く不思議。


ネタバレだけが目的なのは明白。下種な奴だ

203 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 20:10:30 ID:MS05KuBt
書斎の「論考」が終わったのででつまつ&オニイタンの書き込みが再開されます

204 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 20:23:43 ID:yax4gq0r
もちろん昼とはIDが変わっていますw

205 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 23:53:05 ID:fHc4d8au
 ≪書斎用語≫         ≪正≫
オランダ棺の秘密       オランダ靴の秘密
オランダシューズ        THE DUTCH SHOE MYSTERY(オランダ靴の秘密)
ガラスの町           ガラスの村
読者を欺むかるるなかれ   読者よ欺かるるなかれ
セロの焦点           ゼロの焦点
血蛞蝓              血蝙蝠
怪塔記              妖塔記
九十五羽の烏          七十五羽の烏
猫が知っていた        猫は知っていた
芥川龍之介の犯罪      芥川龍之介の推理
暗黒予知            暗黒告知
待ってる              待っている
闇にきらめく           闇にひらめく

206 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 23:53:30 ID:Yt9UDRwl
>>204
でつまつのIDは変わっていなかったけど、
オニイタンのIDは変わっていましたねw

207 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 23:53:52 ID:fHc4d8au
 ≪書斎用語≫         ≪正≫
石田金吉           石部金吉
言わざるおえない      言わざるを得ない
頭がおけない        気がおけない
グゥの息            グウの音
君子危うきに近づかず     君子危うきに近寄らず
餅屋は餅屋          餅は餅屋
頭吊              頭巾
日舌              日下(くさか)
しりた顔            したり顔
ポリティカル・コレルトレス  ポリティカル・コレクトネス(政治的に正しい言葉の選び方)
朝日テレビ          朝日放送
バラェティ          バラエティ

208 :名無しのオプ:2010/09/20(月) 23:54:50 ID:fHc4d8au
 ≪書斎用語≫         ≪正≫
殺しのプレリュード       殺しの序曲
殺しのワイン         別れのワイン 
野望の果実          野望の果て
月は地獄や           月は地獄だ
マスクマンの人形        マクスンの人形
キタ・セクスアリス       ヰタ・セクスアリス
人間の阿呆           人生の阿呆
書く技術・考える技術     考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピラミッド原則
サンフェリアン寺院〜     サン・フォリアン寺院〜
シエーン             シェーン
ブリッコ              ブリット
仕掛人梅枝           仕掛人梅安
スターシップバトルトゥーズ  スターシップトルーパーズ(「宇宙の戦士」映画化時の題名)
ゴジラ対メカニックゴジラ   ゴジラ対メカゴジラ
ムルチン           ムルチ(『帰ってきたウルトラマン』等に登場した怪獣)

209 :名無しのオプ:2010/09/21(火) 04:55:42 ID:UtGqYbN3
>>207-208
わろたw

210 :名無しのオプ:2010/09/21(火) 20:02:10 ID:Th46SqRO
>>200
再読なら前に読んだ時と比べてどうだったかとか、展開を知っていても楽しめるかどうかとか、書いてあるはずだけどなw

211 :名無しのオプ:2010/09/21(火) 22:01:32 ID:SXlvLDrh
メカニックゴジラは凄いな

212 :名無しのオプ:2010/09/21(火) 22:22:58 ID:Th46SqRO
キタ・セクスアリスも凄すぎるw
ヰが読めなかったということだろ?

213 :名無しのオプ:2010/09/21(火) 22:31:17 ID:kX9NldGC
誤)フンとブン   正)ブンとフン

も追加してくださいw

214 :名無しのオプ:2010/09/21(火) 22:37:51 ID:Th46SqRO
確か、(早川の)クリスチー文庫とかいう書き込みも見た記憶がある

215 :名無しのオプ:2010/09/21(火) 22:40:50 ID:kX9NldGC
614 名前: ミステリ板住人 ◆22RAaWR.nE 投稿日: 2010/09/05(日) 11:53:31
井上ひさし「フンとブン」         5点

617 名前: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日: 2010/09/05(日) 19:58:44
ミス住の論考レスは格好の読書ガイドだよね。
正確かつ詳細で論考のよいお手本だ。

618 名前: 名無しは無慈悲な夜の女王 [sage] 投稿日: 2010/09/05(日) 20:06:16
>>617
「フンとブン」。そんなタイトルの本はないのに、「格好の読書ガイド」だと?


619 名前: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日: 2010/09/05(日) 22:27:06
有名な作品なのに知らないとは‥。
SF板住人の読書体験のお粗末さが知れる発言だわな。
恥をかきに書き込むのはやめておけ。

620 名前: 名無しは無慈悲な夜の女王 [sage] 投稿日: 2010/09/05(日) 22:32:50
「ブンとフン」ならあるぜ。違いがわかるか?書斎w


216 :名無しのオプ:2010/09/22(水) 23:40:51 ID:M/eg1mGy
過去ログ読むと、書斎は一日おきに完敗していたことがよく分かる。

恥の多い人生を送ってきたどころの騒ぎじゃないんなww

217 :名無しのオプ:2010/09/22(水) 23:48:45 ID:IyRT3Axg
お前は生きていてはいけない人間なんだ!
暗黒の世界に戻れ!書斎・魔神!!

218 :名無しのオプ:2010/09/23(木) 00:55:01 ID:Klsr2txJ
翻訳家の中村能三を褒めながら、中村能美と誤記したのもナイスだった
「よしみ」って正しく読めてたことに驚いたが

219 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/23(木) 18:12:58 ID:v5YPEgpG
アガサ・クリスティー「五匹の子豚」を読んだ。
まったりした展開を期待させるタイトルだが、
予想に反し、過去の殺人を巡る推理談。
勧善懲悪とも「そう」とも言えないエンディングにアガサの単なる
ミステリ作家の枠内の止まりきれない凄味を感じさせる一編。
ただし、物語進行に不可欠な偶然性の連続には首を傾げざるを得ないものが
あるのは事実だ。
たまたま悪戯、たまたま見た、たまたま過去のトラウマの清算等々、
つまり創り過ぎなんである。

220 :名無しのオプ:2010/09/23(木) 18:28:28 ID:yTAFtXsB
初読かw

221 :名無しのオプ:2010/09/23(木) 18:38:30 ID:6HKsfVL5
>予想に反し、過去の殺人を巡る推理談。

このころのクリスティのひとつのテーマじゃん。
そんなことも知らんかったのか。


222 :名無しのオプ:2010/09/23(木) 20:29:21 ID:Klsr2txJ
>>221
クリスティ、晩年はそればっかりだ
若い頃から好きなモチーフではあったけれど

223 :名無しのオプ:2010/09/24(金) 12:28:34 ID:xDjfMWlK
しかし書斎は口を開けば恥をさらすだけの人生を続けてるんだな。

少しは「知ったかぶって何かを言うのは怖い」と感じる知性がないのか?
まあ恥をさらしてでも誰かにかまってもらいたい、無視されるのは怖い、
っていう恐怖感だけに突き動かされてるんだろうけど、だったら構って
もらいやすい対応を取ればいいのに、なんでああ馬鹿なのかねえ。

224 :名無しのオプ:2010/09/24(金) 12:50:39 ID:DPUxa/4T
書斎魔神の発想の根底には、インターネットは顔が見えないから何をしても
バレないし、少々疑われたとしても、決定的な糾弾は出来ないはず、という
考え方がある。

だから平気で知りもしないことをえらそうな態度で書き込むし、別回線で
「さすが書斎さん」などとやる。周りの住人にはバレバレだということが
分っていない。

いや、これだけ何度も指摘・指導されているから分ってはいるんだろうが
認めてしまうとネットで手に入れた(気になった)「知識人の自分」という
虚像が剥ぎ取られ、「何も知らないちっぽけな自分」に戻ってしまうから
絶対に認めたくないんだな。

「少々疑われたとしても、決定的な糾弾は出来ないはず」という一点に
すがり付いて、必死に妄想の世界を守ろうとしている。

妄想の世界では「知識人」なのだから、知ったかぶりは止められない
という悪循環。現実世界に戻る手段を失った狂人の末路だ。

225 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 09:10:25 ID:nxfN7/DR
>>221 >>222
まあ、『五匹の子豚』が、クリスティの「回想の殺人」テーマの走りなんだけどね。
傑作として推す評者も多いし、個人的にも大好きなんだけど、熱心なクリスティ・ファン以外
には、あまり知られてないのが残念。
なので、書斎さんがこれまで未読だったとしても、嗤っては気の毒かな。
「創り過ぎ」で片づける感想文は、例によってイージーゴーイングだとしても(「アガサ・クリ
スティー攻略作戦」第二十一回の、霜月蒼氏の読解との対比)。
クリスティについて「論考」するのであれば、せめて、ロバート・バーナードの『騙しの天才』
には目を通されることを、書斎さんにはお勧めしたいが・・・余計なお世話か?


226 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 09:52:39 ID:uFTyLiNb
>>225
>書斎さんがこれまで未読だったとしても、嗤っては気の毒かな

書斎はド素人ですからね。

>クリスティについて「論考」するのであれば、せめて、ロバート・バーナードの『騙しの天才』
>には目を通されることを、書斎さんにはお勧めしたいが・・・余計なお世話か?

余計なお世話でしょうね

227 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/25(土) 16:54:27 ID:jzVRxGb3
久々にアガサ・クリスティー「ひらいたトランプ」を読む。
いまだにコントラクト・ブリッジのルールは不明だが、
やはり作品そのものは、まずまず面白いものと言い得る。
ルックス的にも黒化したバンコランとも言い得るシャイタナの存在感が
物語序盤で退場(第一のガイシャゆえ当然だが)するにもかかわらず、
全体を通じて存在感抜群。本作に限れば、バトル警視は勿論のこと、
あのエルキュール・ポワロ、本作がデビュー作であるオリヴァ夫人、
(殺人現場に遭遇してすすり泣く彼女ってのは、後年の再登場時からは少し
想像し難いものがある。歳はいっているが美人設定なのは映像化作品どおりか)
をも圧倒するものあり。
犯行トリックそのものは、第一も第二も(この間にも他者による未遂のエピは
挿入されるが)、ザングウィルのあの早業トリックのバリエーションという
感あり。
思えば、ジョンの赤後家、エルのオランダも「この線上」にあるのではないか?
アガサの本作(地味だが、HM文庫初期に刊行される程の作ではある)も
含めて、いずれも本格御三家の代表作のひとつと言い得る程度の作ではある。
今、私は全ミステリファンに言う、
あのザングウィル作品を心して読めと!!!!!
しかし、ポワロがあのオリエント急行殺人事件の凶器をもらい受けてコレクトしていたとは・・・しかもネタばれ気味な台詞有り。
改めてネタばれ解禁の正当性を認識した次第である。

228 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 18:34:23 ID:8RUlwy/F
>HM文庫初期に刊行される程の作ではある

複数の出版社から「刊行される程の作ではある」、コロンボの
「白鳥の歌」の元ネタとなったクイーンの有名作品の名前は
まだ出てこないのかな?

ついこの間、「ミステリを再読するような奴はおかしい」と延々と
主張していながら、ほぼ同時に「○○を久々に読み返す」を連発して
爆笑されていた書斎さんww

229 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 18:55:39 ID:YZwOPR7k
アガサというミステリの最重要人物がネタばれやっているんだから、単なるミステリ読みでしかない下々の連中は従うほかないんだよな。

コントラクト・ブリッジの機微は大半の日本人には理解不能でしょう。将棋の機微を西洋人がわからないのと同じ。
書斎が知ったかぶりをしないという証拠だね。

230 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 18:59:53 ID:cEM5yf4r
結局ネタバレするぞと恫喝することしかできなくなった書斎ってみじめすぎるな

231 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 19:00:45 ID:P61gZUb/
単に知らないだけでしょ

232 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 19:15:55 ID:8RUlwy/F
>コントラクト・ブリッジ
今度は大丈夫ですか?

ついこの間も
「ポリティカル・コレルトレスという言葉も知らないのか。辞書を引け」
「フンとブンは有名な作品なのに知らないとは‥。SF板住人の読書体験の
お粗末さが知れる発言だわな」
などと自信満々の態度で無知をさらけ出していた書斎さんww

233 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 19:36:18 ID:YZwOPR7k
コントラクト・ブリッジで正しい。
アンチは目を凝らして間違い探しに躍起だが、今回ばかりはそうはいかない。

234 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 19:51:11 ID:cEM5yf4r
他は間違いだらけということは認めたわけだ

235 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 19:55:45 ID:6xHfuIyO
あんた本物の書斎?
他のレスを含めて妙に書き込みに整合性があって、正常な人間の書いたレスに読めるんだけど
書斎のレスはもっと脳に障害がある人独特の癖があると思うけど

236 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 19:56:12 ID:IuOaH/hs
>今回ばかりはそうはいかない。

ワロタw
間違っていないのは「今回ばかり」なんですねw


237 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 19:56:57 ID:6xHfuIyO
>>235>>233

238 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 20:06:20 ID:YZwOPR7k
人間だから間違うこともある。
アンチはたかが2ちゃんの書き込みごときに神経質になりすぎ。
書斎はその辺は飲み込んだ上で論考を展開しているんだよ。

239 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 20:10:05 ID:gokUbQuW
間違いだらけなのですが。

240 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 20:16:23 ID:cEM5yf4r
正確だったことのが少ないだろ

241 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 20:39:01 ID:IuOaH/hs
論考自体が間違いだらけなのですが

242 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 22:35:03 ID:bqxXbTpG
つか間違いを「論考」と言い替えているとしか

243 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 22:40:42 ID:bqxXbTpG
と思ったら他スレで指摘されていたな

276 :名無しのオプ:2010/09/25(土) 18:59:55 ID:IuOaH/hs
ID:YZwOPR7kってミステリーに関する話題は一切しない書斎ストーカーのようですね

238 名前: 名無しのオプ 投稿日: 2010/09/25(土) 06:54:54 ID:YZwOPR7k
書斎がどうやら正しいようだ。

229 名前: 名無しのオプ 投稿日: 2010/09/25(土) 18:55:39 ID:YZwOPR7k
アガサというミステリの最重要人物がネタばれやっているんだから、単なるミステリ読みでしかない下々の連中は従うほかないんだよな。

コントラクト・ブリッジの機微は大半の日本人には理解不能でしょう。将棋の機微を西洋人がわからないのと同じ。
書斎が知ったかぶりをしないという証拠だね。

244 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/26(日) 20:53:28 ID:1aSpVPx1
アガサ・クリスティー「黄色いアイリス」を読んだ。
エルキュール作品5、パーカー作品2、ジェーン作品1、ホラー1を収録した
作品集。
正直言うて、大して面白い作品は無かったが、一応、かねてから大好評な
収録作品全話講評を逝ってみようか!!
・「レガッタ・デーの事件」
パーカーものだが、
うーん、この事件はエルキュールでも良かったのではないか?
意気揚々と謎解きする姿が目に浮かぶ。
・「バグダッドの大堰の謎」
タイトルから「中東もの」かと思いきや、さにあらず。
短いがエルキュールの推理が冴え渡る一編、長編化可能なネタだった気もする。
・「あなたの庭はどんな庭?」
オチを知ると洒落たタイトルだとわかる。
そろそろシーズンだが、カキこわ(w
・「ポリェンサ海岸の事件」
これはパーカー談らしい人的トリックを使用したクリスティ風人情話。
まあ、まあ面白いか。
・「黄色いアイリス」
メアリイ名義作品とか思わせる可愛いらしいタイトルだが、
エルキュールが登場するコテコテの過去謎解きミステリである。
だが、暗闇でのあまりの早業は「さすがに無理やろ」感は拭い切れないもの
あり。

245 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/26(日) 20:55:09 ID:1aSpVPx1
・「ミス・マープルの思い出話」
これは神父ブラウンものの著名な1作のアガサ風バリエーションでしょ。
メイドと聞いただけで、澱んだ熱い視線を送るねらーが現場付近にたむろしていたら成立し得ない事件というのが面白くもある(w
・「仄暗い鏡の中に」
タイトルからはマクロイ作品を想起して当然かと思うが、
ストーリーに共通性は感じられない。ホラーだがアガサ十八番の鏡ネタ
(逆に映る)あり。当然の如くバッドエンディングを予想して読んでいると、
ハッピーエンディングになるという意外性あり。
・「船上の怪事件」
短編なのに、航海上の船舶を舞台にしたクローズドサークル設定、
しかも、おなじみ関係者を一堂に会した謎解きもある作なのだが、
ミステリの女王が最後に来て大反則(犯行の重要部分に初登場人物が
関わっている。しかも厳密に言えば登場さえしないのだ)、
アガサ短編中ワーストを争う作と言い得る。
・「二度目のゴング」
ボクシングものかと思いきや。ゴング→銅鑼のことらしい。
本作にも関係者を一堂に会した謎解きあり。
密室トリック(窓ねた)まがいのものはあるが、これはアガサらしく
あっさりと書き流している。
ただし、犯行はジョンに匹敵するアクロバティックさ、強引とも言い得る
ものである。

246 :名無しのオプ:2010/09/26(日) 21:00:26 ID:jQ+yWPiO
おまえは言い得る教徒か

247 :名無しのオプ:2010/09/27(月) 06:36:12 ID:x2Y2+VOU
>>244
>・「レガッタ・デーの事件」
>パーカーものだが、
>うーん、この事件はエルキュールでも良かったのではないか?
>意気揚々と謎解きする姿が目に浮かぶ。

「初学者」の感想としては、微笑ましいですね。
でも、ひとかどのクリスティ・ファンなら、やはり知識不足を突っ込むところ。
だって、もともとはポワロものの短編ですから。
「論考」されるにあたっては、文庫の解説ばかりに頼らず、いろいろ資料にあた
られることを、お勧めします。




248 :名無しのオプ:2010/09/27(月) 12:11:30 ID:iqAMrzC1
・ボクシングものかと思いきや。ゴング→銅鑼のことらしい。
・タイトルから「中東もの」かと思いきや、さにあらず。
・メアリイ名義作品とか思わせる可愛いらしいタイトルだが、
・メイドと聞いただけで、澱んだ熱い視線を送るねらーが現場付近にたむろしていたら

還暦間近のジジイのくせに、この第一印象とか先入観のすさまじい安っぽさ。
またその小学生並みのやっすい自分を嬉々として人にさらけ出してしまう
プライドのなさ、恥知らず。
もう人に罵られることにしか快感を得られない狂人としか思えないな。

249 :名無しのオプ:2010/09/27(月) 14:02:02 ID:iqAMrzC1
クリスティスレで晒した無知について、よその板で発狂していますww
今日はいつもの通院かと思っていたら、旗色が悪いので逃げていただけだったんですねw
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1251977111/693-

308 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/26(日) 21:46:55 ID:1aSpVPx1
これゆえ、ポワロ=禿のイメージを抱かなかった(抱くことができなかった)と言い得よう。
ポワロものに限定して語れば、
アクロイド、オリエント、そして誰も、ABC、これにスタイルズ+αぐらい

697 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2010/09/27(月) 07:11:11 ID:???
「そして誰も」にポワロが出ていたなんて知らなかったよwwwwwwwwwwwwwwww

698 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2010/09/27(月) 11:44:07 ID:UofGHjDq
笑うな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

250 :名無しのオプ:2010/09/27(月) 14:07:39 ID:iqAMrzC1
ちょっと修正。しかし見事なくらい「他人を初心者とバカにして上から目線で
始めたお説教の中で、初心者でもやらない無知をさらす」ということを
繰り返す人だなあ。もはや芸風。
これもクイーン板で「書斎はクイーンを6冊くらいしか読んでいない」と
言われてしまったことへの恨みが先立った発言なんだろうけど、見事に
自分の無知に跳ね返ってくるね。

書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/26(日) 21:46:55 ID:1aSpVPx1
このスレの連中は、意外にクリスティ作品に関する読書量が少なく、
これゆえ、ポワロ=禿のイメージを抱かなかった(抱くことができなかった)と言い得よう。
ポワロものに限定して語れば、
アクロイド、オリエント、そして誰も、ABC、これにスタイルズ+αぐらい

697 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2010/09/27(月) 07:11:11 ID:???
「そして誰も」にポワロが出ていたなんて知らなかったよwwwwwwwwwwwwwwww

698 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2010/09/27(月) 11:44:07 ID:UofGHjDq
笑うな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

251 :名無しのオプ:2010/09/27(月) 14:47:18 ID:kf/Obvwy
「いい得よう」は、もちろん日本語の文法として間違っている
ミスタッチだと善意に解釈する
二度目は嗤う

252 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/27(月) 20:32:19 ID:kmXPBLko
>>248
>・メイドと聞いただけで、澱んだ熱い視線を送るねらーが現場付近にたむろしていたら
ストライクレスちゅーか、この部分にカッと来たようだな(w
乱入者らしいが、早く自分の板に帰りなさい。

253 :名無しのオプ:2010/09/27(月) 20:35:17 ID:nF4kt+LA
>>252
頭が悪いから反論することができないんだね?
それが悔しくて人格批判、しかも完全言いがかりで中傷することしかできないんだね?

254 :名無しのオプ:2010/09/27(月) 22:20:17 ID:iqAMrzC1
しかしよりによって自分から言い出したことに「ストライク」とは
語るに落ちるというか、ホント自分がさっき何を書いたかすぐに
忘れるんですかねw

カースレで聞かれてもいないのに自分から乱入して「ポワロはハゲ」と
ご高説を垂れて笑い者になり、クリスティスレなどでその話題が
語られていると誤魔化そうと躍起になって「わざわざハゲの話を
するのは自分が禿げているのを気にしているからだろう」などと書き
「わざわざ自分からハゲの話をしたのはお前だろう」と笑われた
ばっかりなのに、ほんとに学習できないボケ老人ですね。
知識人ごっこをしている暇があったらリハビリしてください。
コロンボスレで指導されていた漢字ドリルはちゃんとやっていますか?
「頭吊」「日舌」「穴戸」を嗤われていたのは最近のことでしょう?

255 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/09/27(月) 22:53:08 ID:kmXPBLko
>>254
>>・メイドと聞いただけで、澱んだ熱い視線を送るねらーが現場付近にたむろしていたら
目撃されたとか思って、焦ってるとか?(w
早く退場したまえ。この恥ずかしがりやさんが(w

256 :名無しのオプ:2010/09/27(月) 23:08:09 ID:nF4kt+LA
まともに反論できないからあくまで他人を変質者扱いw
書斎はやっぱり品性下劣なんだなw
ここまでメイドや禿にこだわるところを見ると
書斎がつるっ禿でメイドに欲情する性であるという噂は本当なんだなw

257 :名無しのオプ:2010/09/28(火) 00:05:11 ID:D2hoR1Fo
禿の秀一だからなwww

258 :名無しのオプ:2010/09/28(火) 00:09:11 ID:RvPc1Qg1
>>255
いえいえ、誰かさんのように今話題にされている作品の主人公について
名指しで語られているのに、それを自分のこととカン違いして
「謝罪と賠償を要求する!」とか、ポワロはハゲと言ってしまって
進退きわまっているうちに「そして誰もいなくなったにポワロが出ている」
とか公言してしまい、恥ずかしさのあまり半日間書き込みをストップして
逃げ回るような「恥ずかしがり屋さん」じゃありませんからww

しかし書斎って、「本を○冊しか読んでいない」と言われれば他スレで
その言葉を他人に向け、「それはお前が気にしてるからだ」「恥ずかしさの
あまり逃げ回っている」と言われるとそっくりそのまま他人に向けるなど、
およそ小学生並みの行動ばかりとるのは、自分をバカだと思わせて相手に
してもらいたいという、構ってほしい気持ちの表れなんでしょうか?

259 :名無しのオプ:2010/09/28(火) 00:12:36 ID:RvPc1Qg1
それにしてもこれ見てくださいよ。

>・「ミス・マープルの思い出話」
>メイドと聞いただけで、澱んだ熱い視線を送るねらーが現場付近にたむろしていたら
>成立し得ない事件というのが面白くもある(w

原作の、ただメイドが出てくるっていう当時のイギリスを描いた作品としては
ごく当たり前の描写に対して、まっったく関係のない「澱んだ熱い視線を送る
ねらーが現場付近にたむろしてい」るなんていうイメージをなんでわざわざ
思い浮かべてしかも「面白」がって、しかもそれを公開するんですかね?
その神経がさっぱり理解できないので、そこをつっまれると今度は
「目撃されたとか思って、焦ってるとか?」というまったく意味不明な
発想が出てくることにも不可解な戸惑いしか感じられません。

ああ、書斎さんって性犯罪歴があった人なんでしたね。
そりゃその妄想の広がりは普通の人には想像できないはずですね。
失礼しました。どうぞ「メイド」の三文字だけで勝手に妄想を広げて
いてください。ただし他人に理解はできないので、文字にしないで
いただきたいところですが。

260 :名無しのオプ:2010/09/28(火) 00:24:17 ID:yEbAQ3zz
>>259
年寄りが「メイド萌えみたいなことを書いたらオタが喜ぶじゃろ」と滑っているだけ
加齢臭に辟易する

261 :名無しのオプ:2010/09/28(火) 00:53:09 ID:Of5+wQbt
頭吊はメイドが主人公の
ミステリは未読なんだなw

262 :名無しのオプ:2010/09/28(火) 09:27:34 ID:EtBYuN1i
>>259
だいたい同時代くらいのミステリーを読んでいれば
メイドの登場する作品なんて珍しくもないことくらい分かりますしね。
メイドという文字を見ただけで書斎みたいに異様なイメージを抱くようじゃまともに読書もできませんw

263 :名無しのオプ:2010/09/29(水) 12:45:33 ID:Rqna4dkp
『隻眼の少女』読みました。

表紙の子がかわいいですよ。

264 :名無しのオプ:2010/09/29(水) 13:39:21 ID:VBb+dbZt
緊急避難!緊急避難!

265 :名無しのオプ:2010/09/29(水) 19:59:54 ID:kS0ihx80
メイドでねらーを揶揄したところ図星だったようですな。
虚しい反論がキャンキャン五月蝿いこと(w

266 :名無しのオプ:2010/09/29(水) 23:00:00 ID:5G5qt99Y
性犯罪者の履歴を持つことを別にしても、「そして誰もいなくなった」は
ポワロ探偵物だと言い張る、脳が異世界にトリップしている書斎さんww
大好きな「メイド」は、「オリエント急行殺人事件」に二人も出ているって
いうことさえ気づいていないんじゃないのかしらww

よその板では「キャンキャン反論」することさえできずに姿を消してしまい、
最悪板あたりの裏通りで「おのれ…」とか「やめろ!」と泣きわめいてましたねw

267 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/02(土) 11:50:48 ID:aiIJoOvd
「江戸川乱歩コレクションU クリスティーに脱帽」を読んだ。
ネタばれ満載なエッセイが清清しいものあり。
また「グルーサムとセンジュアリティ」というエッセイにおける
海外作品を例に取り上げての自作のエログロ傾向に弁明気味なのも面白い。
俺は大乱歩は理知的(従って無味乾燥となりかねない)でエログロとは
相容れないと思われていた本格ミステリに見事にその要素を導入し、
成功した才人だと思うている。
例えば「D坂の殺人事件」のサドマゾと錯覚という見事な融合を見よ。
タイトル絡みなネタだと、大乱歩のアガサ作品評価において、
オリエント急行が「相当に面白かったもの」(○)という評価にとどまり、
最上級の「大いに面白かったもの」(◎)ではないことが摩訶不思議ではあった。
ちなみに、大乱歩が◎を付けた作は、
「アクロイド殺し」「シタフォードの秘密」「三幕の悲劇」
「そして誰もいなくなった」「愛国殺人」「白昼の悪魔」「ゼロ時間へ」
「予告殺人」。
アガサ自身がベスト10に入れている「動く指」は謎解きの興趣が希薄な
ためか、最低評価「余り面白くなかったもの」(●)となっている。

268 :名無しのオプ:2010/10/02(土) 12:33:35 ID:Rz8BNyIm
もしかして、河出文庫版の同書で、はじめて「クリスティーに脱帽」を読んだとか?
まさかね・・・

269 :名無しのオプ:2010/10/02(土) 12:49:57 ID:7qnFQ3D+
大乱歩と尊敬している割には、『幻影城』すら未読だったようだ。
さすが松本清張の木々高太郎作品評を知りたくて調べたのに、『随筆 黒い手帖』も未読だった書斎だw

270 :名無しのオプ:2010/10/02(土) 18:59:52 ID:pPEJ4oH7
さすが書斎。
筋の通った論考を書かせたらミス板筆頭は誰も否定し得ないだろう。

271 :名無しのオプ:2010/10/02(土) 19:18:03 ID:HthBPxbH
筆頭の意味わかってないだろw

272 :名無しのオプ:2010/10/02(土) 21:02:18 ID:kAh3Ho5Y
字が読めてるかすら怪しい阿吊だからな。

273 :名無しのオプ:2010/10/02(土) 21:03:54 ID:kAh3Ho5Y
いや阿呆の間違いだった。

わりぃわりぃ。

274 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/02(土) 21:08:57 ID:Dlhmwodx
都筑道夫「キリオン・スレイの復活と死」を読む。
今では入手難のキリオン・スレイ連作短編第二集である。
キリオンとは異なり、ミッチーのスレがいまだに復活しないのは
古くからのファンのひとりとして非常に残念なことではあるが、
この作品集を読むと、まあ仕方ないのかなあ、という感もある。
状況を論理で解く面白さではなく、偶然性も伴う御都合主義や
後出しの事実等をまじえて、やや強引とも思える論理を状況に
当てはめるというのが、この作者の狙いであり、
おのずからこういう作は読む者を選ぶことになってしまうのは仕方ない。
つまり、先に論理があってそれを成立させるための状況設定がある
ようなのである。
第1集(「キリオン・スレイの生活と推理」)は復刊されたが、
後が続かなかったのは、現在のスマートな作風が好まれるトレンドでは
当然とも言い得る。

275 :名無しのオプ:2010/10/02(土) 21:49:38 ID:pPEJ4oH7
書斎は本物の都筑のよき読者だからね。
どこぞの自己欺瞞が肥大化した三流某とは違うんだよね。

276 :名無しのオプ:2010/10/02(土) 21:51:12 ID:KNTKBS3n
初野晴「空想オルガン」読了
ハルチカコンビシリーズ3作目にして最高傑作

映画でもなんでもこういう「爽やかな感動」系に弱いんだなぁ俺って

277 :名無しのオプ:2010/10/03(日) 00:25:38 ID:qL8g0qn3
書斎はここ最近だけでもこんなに馬鹿をさらし、しかもそれを必死に押し通そうとしていたw

・ポワロはハゲ            (聞かれてもいないカースレでわざわざ発言)
・「そして誰も」はポワロ作品
・「そして誰も」の英国版はポワロ作品
・松本清張の木々高太郎評は存在しない
・セロの焦点
・めくら頭吊              (「ずきん」という読みを知らないままだったことが判明)
・総理大臣の名前は「管」
・もろ刃の刃
・石田金吉
・ポリティカル・コレルトレス      (「こんな言葉も知らないのか、辞書を引け」と公言してこの言葉)
・「ホロコースト」とは収容所のこと
・「話」は間違い、「話し」が正しい  (辞書を引けと言われてわずか19分で反対のことを言い出す)
・貴志スレ「秀一」とは自分のこと  (自分の話題と勘違いして謝罪を要求)

278 ::2010/10/03(日) 10:37:02 ID:js5WxmRV
http://www.youtube.com/user/0u8i4u7485dddf

279 :nameless:2010/10/03(日) 13:31:11 ID:Ztl8fk2n
>>278 Grazie !
Mi piace questa cantante.

280 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

281 :名無しのオプ:2010/10/03(日) 21:25:49 ID:a6m0pAN5
おーい、書斎渾身のネタバレ。誰かかまってやれw

282 :名無しのオプ:2010/10/03(日) 22:04:52 ID:qL8g0qn3
あははははははははははははははは!

鶴が峰で花火大会でもやろうかなあwwww

283 :名無しのオプ:2010/10/03(日) 22:24:37 ID:598THBGo
度胸も根性もないくせに。
所詮ネット弁慶のみっともないアンチの戯言よ。

284 :名無しのオプ:2010/10/03(日) 22:36:43 ID:kVxORpw5
ほんとにやると思ってたの?w
バカ?

285 :名無しのオプ:2010/10/03(日) 22:38:08 ID:FKv4nx8P
ネット弁慶ってのはたとえばこういう奴のことを言うんだよ。
        ↓
370 名前:超電少年でつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA 投稿日:2010/09/21(火) 21:45:42 ID:dOmrEk0h
先生が電話機を片手に最強弁護士団のリストアップ作業に入りまつた
なんでもこの手の犯罪に非常にお強い方が居られまつとかで^^
なんとも頼もしい姿でつ
今のうちに誠意を見せておいた方がいいというアドバイスだけさせて頂きまつ

286 :超電少年でつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2010/10/04(月) 04:13:04 ID:S1rSAZTE
口だけアンチ^^

287 :名無しのオプ:2010/10/04(月) 09:56:25 ID:C4Qd3kH6
自分の発言の意味がわかっていないネット弁慶w

286 名前:超電少年でつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA 本日の投稿:2010/10/04(月) 04:13:04 ID:S1rSAZTE
口だけアンチ^^

288 :名無しのオプ:2010/10/04(月) 10:57:19 ID:zpd14IJN
鶴ヶ峰で花火大会でもやるか、と言っただけで突然発狂する書斎ww
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1251977111/

862 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2010/10/02(土) 16:53:21 ID:MdMEx2WK
やめろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

874 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2010/10/03(日) 08:59:40 ID:HIBT90eC
放火する気か??????????????

893 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2010/10/03(日) 16:53:16 ID:HIBT90eC
やめろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

900 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2010/10/03(日) 20:56:52 ID:HIBT90eC
やめろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
俺を焼き殺す気か????????????????

289 :名無しのオプ:2010/10/04(月) 11:04:05 ID:zpd14IJN
花火大会は時節柄合わないのでやらないかもしれないけど、
相模鉄道ぞい、イトーヨーカドー近辺のクリーン作戦を
実施して、近隣じゆうにんにとって不要・邪魔なゴミや
汚物・生物を駆除清掃し、終わった後にみんなでお祝いに
花火を打ち上げたりするのは当然やってもいい話だなww


290 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

291 :名無しのオプ:2010/10/09(土) 23:37:42 ID:XH04AjWI
手にしたらアホという馬鹿な理屈が通るならお前もアホ。

292 :名無しのオプ:2010/10/09(土) 23:40:15 ID:fOwm2skl
>本書を手にしてまうであろうアホなミスオタのことを思うと「憐れ」という
>感を抱いた。

自己紹介乙との感ありw


293 :名無しのオプ:2010/10/09(土) 23:41:52 ID:qpEzWaRp
悪文の典型。

294 :名無しのオプ:2010/10/09(土) 23:54:30 ID:EAK48yyg
井上ひさしを出されたらミスヲタも無意味な罵倒で返すしかないか。

295 :名無しのオプ:2010/10/09(土) 23:56:59 ID:fOwm2skl
と、最近井上ひさしの「フンとブン」wを読んだと書いたアホが申しておりますw

296 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 00:02:44 ID:msyIKNMg
分厚い本読んでいたらえらい、ってのが結論らしいことは分かったけど・・・で?

297 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 00:10:52 ID:hHjJphfw
分厚い本の例が吉里吉里人、というのがいかにもだなあw
発売当時はその厚さが話題になったけど
今現在の目から見ればそんなに珍しくもない。

それに作品のボリュームということになったら
分冊されている大河小説のほうがよほど長いし。
書斎は小説というものを本当に読んでいないんだなw

298 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 00:16:49 ID:Sh9hz+kT
長さで言ったらそれこそ「大菩薩峠」は凄い事になってるが、頭吊はあの間違いをしでかすようじゃ当然読んでるわけもないしなw

299 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 00:22:39 ID:xrevQ78e
今ごろ女王国読んだんだww

300 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 00:36:54 ID:hHjJphfw
>>298
乱歩スレで「さすがの俺も挫折した」なんてほざいておりますよw
大菩薩峠は分量はありますけど結構読み易い文章ですから
源氏物語よりも楽に読めるはずなんですけどね。

301 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 07:26:43 ID:oNd4zqJC
ボリュームがあるだけで挫折って小学生かw
歴史小説やロマン・ロランやプルーストなんて絶対読めないじゃん

302 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 09:32:46 ID:Lm5QVljC
>(協会賞受賞作のマレー鉄道等も面白いが、中篇とも言い得るボリュームに
>収まっている)

書斎は依然『正義の四人』を長編だと主張したんだよな。
なのにそれよりも分量のある『マレー鉄道の謎』が「中篇とも言い得る」だってさw
その場その場で言うことが変わるのはパクリ屋の習性みたいなもんだなw

303 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 09:48:29 ID:CQynASrg
「言い得る」っていえば事実とちがってもOKなんだろうね

理由は出さなくても「だって言い得るんだもん」ってくり返せばいいだけ

304 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 09:59:37 ID:JvWnDa7c
吉里吉里はただ長編というに留まらない価値を秘めているだろ。
今こそ読み返されるべきだわな。

そういう古典がミステリにあるかという問題なんだが、ミスヲタは必死で抵抗するんだろうなあ。
素直に書斎説を認めればいいのに。

305 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 10:05:03 ID:SBg9oPLC
>>304
>吉里吉里はただ長編というに留まらない価値を秘めているだろ。

具体的に。
「こういうレスは、根拠を明記出来なければ単なる罵倒とイコールなのである」
と書斎さんが書いているよ。

306 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 10:10:44 ID:oNd4zqJC
>吉里吉里はただ長編というに留まらない価値を秘めているだろ。

長編だというだけで価値があるなんてアホなこと誰も言ってないしwww

>今こそ読み返されるべきだわな。

>そういう古典がミステリにあるかという問題なんだが、ミスヲタは必死で抵抗するんだろうなあ。
>素直に書斎説を認めればいいのに。


書斎は読み返す価値のない古典ミステリをわざわざ読んで「論考」書いてるんだとさ
アホかw

307 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 11:26:49 ID:Lm5QVljC
ID:JvWnDa7c は書斎が「古典」に限っているとどうしたら読み取れるんだろう?
書斎が言ってもいないことをさも主張しているかのようにして出鱈目を並べ立てるのはやめたらどうだ?

もっとも書斎は自分の味方のフリさえすればどんな出鱈目や捏造完全スルーするけどなw
正しいか否か、よりも味方か敵かで分けるキチガイだから当然だけど。

308 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 16:32:12 ID:37Xu7+RN
>>290
駄文の中できっちりネタバレしている
すれ違う人に唾を吐いて回る異常者のレベルだ
お前は己の卑小さを認めたくないがために、すべての他者を憎むんだな
憎しみと怒りだけを燃料にして進み、命をすり減らす
地獄のような人生だ
そしてその地獄は、語るに値しないほど凡庸だ

309 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 21:40:23 ID:JvWnDa7c
書斎の傑出した才能に対する嫉妬がすごいね。
凡人にはわからない高みに到達しているんだが。

310 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 21:47:58 ID:Ndq2FhZB
22 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/10/10(日) 21:41:58 ID:JvWnDa7c
このスレは使うなや。普段からネタばれ程度のことに口うるさいのだから最低限のルールくらい守れ。

421 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/10/10(日) 21:38:52 ID:JvWnDa7c
コテハンさんの大活躍でスレが大いに活性化しているね。


311 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/10(日) 22:29:04 ID:tsL7Xdyp
福沢諭吉「福翁自伝」を読む。
激動の幕末から明治初期に生きた偉人の自伝(聴き語り)だけあって、
「冒険もの」を読む感ありの面白さにも富む作であった。
かねてから、スクールのテクストで福沢先生の迷信否定の思想を顕現した
エピ「稲荷様の神体を見る」を読んだ際、自伝全編を読むたく思うて
いたのだが、遂に念願「果たした」という次第。
私大入試最難関校、本邦を代表する大学のひとつとなった慶応義塾の創始者
だけあって、「偉人」であるのは間違いないとしても、
その人間臭さ溢れるエピと述懐には魅せられるものがある。
塾生(及びそのOB)ならずとも、一読を薦めたい人生指南の書であると
言い得る。
綺麗ごとでなく、旧幕陣営にも新政府からも距離を置き、しかも表立っては
逆らわず、「事」(塾の確立、翻訳事業等)を成し遂げた福沢先生の「処世術」、
これは今も見習うべきものがあろうかと思う。
我ら凡人が先生が如き、機を見て巧みな動きを出来るか否かは、
甚だ以って疑問とは言えるが。
余談ながら、勝氏の「氷川清話」を読んだ時にも思うたのだが、
この「自伝」でも榎本武揚評は芳しくない。
(勝氏と福沢先生の仲はさほど良くないはず)
今でも人気がある2人の偉人に批判・低評価された榎本という人物、
彼氏サイドからの言明も読みたく思うた。
文献紹介を乞う。

312 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 22:31:23 ID:Ndq2FhZB
自伝が冒険小説だとさw
脳が蒸発して空の彼方へいってしまった人は違うねw

313 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 22:57:25 ID:PCCw5c3u
気がくるってるな

314 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 23:22:32 ID:5mbFt2ds
スレチ&今更な質問で悪いけど、なんでこの板のスレ前あったやつなくなっちゃったの?

315 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 23:23:38 ID:37Xu7+RN
>>311
>慶応義塾の創始者 だけあって、「偉人」であるのは間違いないとしても

この壮絶な事大主義に唖然とする
恥ずかしくないのかね
慶応出てる俺でも絶対に言わないことを、このクズは平然と……


316 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 23:27:45 ID:JvWnDa7c
書斎は慶應ごときにたじろがない存在だから冷静に書けるんだよ。
事大主義はどっちだか。

317 :名無しのオプ:2010/10/10(日) 23:33:47 ID:Ndq2FhZB
たじろいでいるから「「偉人」であるのは間違いないとしても 」とビビッているんだよw

318 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 01:34:03 ID:4aevZsF9
慶応義塾を創設したから「偉人」って……福沢翁を矮小化してるってんだ

319 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 02:51:23 ID:b42m/RrO
さすがは書斎。やっぱり小学校低学年で学校に行かなくなった奴は違うねw

320 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/11(月) 08:52:53 ID:jxxGNkF5
慶応出(w
ミステリ評論もやってるあのバカが乱入しているのかなという感をもった。


321 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/11(月) 08:54:20 ID:jxxGNkF5
アガサ・クリスティー「ブラック・コーヒー」を読んだ。
戯曲2作を収録。
「ブラック・コーヒー」は小説版既読のため、
フーダニットとしての面白さは期待していなかったのだが、
アガサ作品にありがちな病的なドロドロ要素を欠いた
家族誰もが傷つかない安心安全展開、スマートだが物足らない。
後年の大傑作「検察側の証人」は言うに及ばず、「ねずみとり」にも
スリル&サスペンスは遠く及ばない凡作と言い得よう。
併録された「評決」は興行失敗作。
アガサ自身はお気に入りだったらしいが、殺しはあれどミステリはない。
(終盤のライザによる人間性格分析シーンに謎解きの如き味わいがあるとは
いえ)
ウェストマコット名義の小説で書くならOKだっただろうが、
クリスティー名義の戯曲舞台化を期待して見に行けば、
ブーイング必至なのは仕方あるまいという一編。
陪審員のひとりにいた小柄の男。評議の陰には彼の活躍があったことが
示唆されているが、勿論、あの偉大な名探偵を想起しない者はあるまい。
この辺に相変わらずのアガサのお遊びが覗えるのは面白い。

322 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 09:18:23 ID:lvrt/pHJ
今後もアホコテがネタバレを嬉々として行い続けるようなら
各出版社へ連絡しようかという話が
雑談スレで出ている。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1285076211/l50

323 :宿題マン:2010/10/11(月) 09:29:24 ID:5n+66IX6
「偉人」というのは「偉人」であればあるほど
その、人間性、人格、思想、見識、などの破綻ぶりの部分には興味深いものがある。

324 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 09:40:24 ID:IwRxk2ID
それははなんだ人格が破綻したした偉人である書斎はネタバレをすることが許されるっていう言い訳なのか
おまえバカすぎ

325 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 09:50:47 ID:Fqz5S/VO
>「偉人」というのは「偉人」であればあるほど
>その、人間性、人格、思想、見識、などの破綻ぶりの部分には興味深いものがある。

下手くそな日本語だなオイw
ま、書斎が人格破綻している点については同意だなw

326 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 09:52:10 ID:z/2VvV+l
書斎の挑発に乗れるかな(w
コソコソ叩くのはやめて堂々と名乗れや。

327 :宿題マン:2010/10/11(月) 10:00:13 ID:5n+66IX6
たとえば、伊藤博文は無類の好色漢だったとか、西郷隆盛は鬱病だったのではないかとか
そういう話だよ。

328 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 10:10:48 ID:ariywG3Z
偉人は人格が破綻している、というのが真実だとと仮定しても
人格が破綻している人間が偉人だとは言えないぞw

それにしても書斎、お前学歴コンプレックスのうえに
某著名人に相当の恨みを抱いていることを白状したねw
あの件でやりこめられたことがよっぽど悔しかったんだねw

そんなに悔しかったらお前、某のところに直接乗り込んで行って論争でも仕掛けたら?
そんな勇気全然なくって匿名掲示板でバクリをしながら威張り散らすしか能がないから無理かwwwww

329 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 10:49:44 ID:Fqz5S/VO
>>326>>327
今日はどっちが後ででつまつに変わるんですか?

330 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 17:56:11 ID:b0MnEd0f
>慶応義塾の創始者 だけあって、「偉人」であるのは間違いないとしても

と学歴偏重主義者の書斎がビビッていたと思ったら

>慶応出(w
>ミステリ評論もやってるあのバカが乱入しているのかなという感をもった。

と今度は意味不明の強がり方。
みんなから笑われたのがそんなに悔しいのなら最初っから恥ずかしいこと書かなきゃいいのに。
本っ当書斎は頭が悪いんだなwwww

331 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 19:55:15 ID:Fqz5S/VO
そもそも書斎って高校中退だろw

332 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 20:05:56 ID:Dt7oyMbN
慶應なんて威張れるレベルの大学じゃないね。
書斎はそんなことは当然踏まえている。

333 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 20:15:44 ID:b0MnEd0f
>>332
イソップ寓話集にあったな。
葡萄をどうしても取ることのできなかった狐の捨て台詞
「あの葡萄は酸っぱい」

>慶應なんて威張れるレベルの大学じゃないね。
うわぁそのまんまw

334 :名無しのオプ:2010/10/11(月) 20:30:00 ID:Fqz5S/VO
>>331
宿題に対する批判ですね。

335 :名無しのオプ:2010/10/12(火) 05:11:22 ID:QrNkJviM
>>331
あの頭で入れる高校があるとでも?w


ってか、小4の算数のドリルさえほとんど出来なさそうじゃんw

336 :宿題マン:2010/10/12(火) 10:52:44 ID:4plxa5ib
大学で重要なのはそこできちんと学問をやったか否かであって、
どこを出たとかはどうでもいい。
私は、受験の序列では最高レベルの私大を卒業はしたけど、まともに勉強してなかったから、
大学で何やってたか問われると、かえって恥ずかしいよ。

337 :名無しのオプ:2010/10/12(火) 11:01:46 ID:B1BDY5/m
書斎を弁護しているつもりかも知れんが
>慶応義塾の創始者 だけあって、「偉人」であるのは間違いないとしても
と書斎自身がほざいているのだから意味ないぞアホ。

338 :名無しのオプ:2010/10/12(火) 17:22:08 ID:QrNkJviM
まともに勉強していなくても卒業できちゃう『受験の序列では最高レベルの私大』w
ほんと、恥ずかしいヤツだなwww

339 :名無しのオプ:2010/10/12(火) 22:35:06 ID:zYW2NtNJ
あのー、「慶應出だぜ」と自慢してる奴なんていないんですけど
勝手に慶應を崇めたり貶したりしているコンプレックスの塊が一人いたるだけで……

340 :名無しのオプ:2010/10/12(火) 23:23:41 ID:pVs0msGF
学士取得段階で「きちんと学問をやった」りするわけないじゃん。
書斎は本当に大学行ってないな。

341 :名無しのオプ:2010/10/13(水) 05:58:11 ID:pjXQCqDO
大学行ってないどころか、小学校中退ですからw

342 :名無しのオプ:2010/10/21(木) 08:41:42 ID:1suv3R+6
>>340
荒らしを叩きたい気持ちはわかるけど。
最近の大学生は真面目に勉強している子も多いから発言は
慎重にした方がいいよ。
大学もこれに応えられるような体制作りに頑張っているところも多い。
随分前になるけど、荒らしを騙って実在の作家か評論家の人を誹謗して
危うく裁判沙汰になりそうになったのを読んだことがある。
あなたの場合はこのケースとは異なるけど、レスを読んで不快感を持つ
大学生や大学関係者もいるかもしれないということを気付いてくれると
よいと思っている。

343 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

344 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

345 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

346 :名無しのオプ:2010/10/23(土) 15:11:31 ID:g1dwpbBC
ネタバレをして大威張り

阿呆はいつもいつもやることが同じですねえ

347 :名無しのオプ:2010/10/23(土) 15:53:07 ID:IQSv3RrX
つか、長文書くときは
読み返せと何度注意しても
忘れてるんだよね
まあ、この後でつまつやオニイタンが修正するだろw

348 :名無しのオプ:2010/10/23(土) 20:32:11 ID:fxxUcev+
書斎のガイドはいつもためになる。
最良の読書案内だ。初学者は須らく目を通すこと。

349 :名無しのオプ:2010/10/23(土) 20:35:14 ID:KUshhkh0
書斎のガイドはいつもネタバレばかり。
最低の読書案内だ。読書好きは全員無視しましょう。。

350 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 00:21:51 ID:DKzFvJWH
ネタバレしといて初学者は目を通せって

ど ん だ け バ カ な ん だ w

351 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 08:46:29 ID:CCLrTvGX
頭吊の論考という名の「ヘラクレスの冒険」感想文を読む。

まさに、どっかに禿って強弁出来る箇所がないか探すため、慌てて¥100で買いあさってきた古本を今頃になって読んでる阿呆ハケーン、という感有りである。

毎度の事だが、「再読」の割には以前との感想の違い等が一切書かれておらず、せいぜい今の感想を初読時等と書く程度の、頭吊流の薄い「テースト」満載やった。
「ミステリーは再読の効かぬ読み捨て」と切り捨てているにも係わらず「再読」するのも笑えるのだが、その結果がこれでは低脳と呼ばざるをえない。
ならば再読するに足るという文学についてはどのような感想を持つかと思いをはせるも所詮は「フンとブン」である。
とはいえまあ頭吊の「感想文」としては平均的なレベルやね。お得意の低レベルなネタバレと滑っている当てこすりのみ、たまには新趣向を見たいの感有り。
「こんな内容で平均的!」と、ネタバレへの怒りの炎が一転冷笑へと変わり、馬鹿の相手をしても時間の無駄と、書物の頁をめくる事へと戻る賢明な一般読書人の姿が目に浮かぶようだ(w
だが驚くべき事に、彼が本領を発揮するところのトンデモや馬鹿さかげんは「こんなものでは無い」のである!!!
いずれまた、我々を抱腹絶倒の渦に叩き込むトンデモが、彼のいう「論考」や「シナリオ」「パスティッシュ」の名のもとに「UP」されるだろうが、
それらは虚心坦懐に読むまでも無く駄文で有り、馬鹿をオチして気分転換とする以外には何の価値も無いものであるのだ。
我々の知る言語とは違う、辞書にも無ければネット検索でも引っ掛からない意味不明な術語を「俺が使ってるんだから間違いではない!!!!!!!」とか「これは事実である。受け入れろや!!!!」等と強弁する様、刮目して待て!!!!!

352 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 08:50:06 ID:CCLrTvGX
(付録)

あばら家で全裸のままPCモニタに向かう初老の男性、林。
頭髪は「フサフサ以外は禿」等の詭弁を使わずとも十分禿。むしろ「一本でも有れば禿じゃない!!!!!」というレベル。
キーボードを打つ度、それと同じ言葉を叫ぶが、漢字はまともに読めないので
「ろん・かんがえ」「りく・ごろう」「いしだ・きんきち」とか、そこだけ沈黙し手書きで誤字「枠」をを選択とかやってる。

林  「ブヒブヒ、『にし・ぶ・の・ほし・盗まれ・ビーエーシーケ、むずかし・じけん』に出てくるミス・マーヴェルはミス・マープルの前身に違いない!
名前がそっくりだ。大発見ですぞモナミ!!!!! 彼女がパラレルワールドに行った姿があのオールドミスなのだ。オールドミスってやっぱり……」
そこで、卑猥な想像に身をよじらせ、おどりだす醜悪で愚かな林だった。
林 「ドッカーン バリバリバリ」
人の目が無いのを幸い股間に……
(以下自主規制)

353 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/24(日) 09:53:38 ID:6wXYa5/x
蘇部健一「六とん4 一枚のとんかつ」を読んだ。
いわゆるバカミス巨匠の久々の新刊である。
パワーダウン気味との評も耳にしたが、さにあらず、
楽しく読み終えることが出来た。
蘇部先生の存在無くして、ミスオタの間だけとはいえ、
ここまで「バカミス」なるものが、ジャンルとしての市民権とでも
称すべき存在感を持つことは無かったであろう。
作風的に、
圭吾やみゆきのような国民的な人気作家となることは考えられず、
アーヤやアリスのようなマニアックな道を邁進するわけでもないのだが、
記憶されるべきミステリ作家であろう。
では、大好評な収録作品全話講評逝ってみよう!!!
「一枚のとんかつ」
不況によりリストラされた小野調査員が、
逆玉に乗った(社長の娘とケコーン)後輩の早乙女の尽力に
より契約社員として職場復帰、正社員登用を賭けて三件の未解決事件の
解決に挑む。
第一の事件、明智鉄道の極楽行き連続殺人事件。
鮎作品にこれを大掛かりにしたトリックがあったが、
上り・下りを利用した移動トリックはかなり面白い。
これをバカミスらしく、トンカツのソースがけに結びつけた慧眼(?)
にも冴えあり。
「大江戸線5分30秒の壁」
第二の事件。東京の地下鉄の深度にうんざりした向きも多かろうが、
この点を「トリック」に使用した、これもなかなか面白い作である。

354 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/24(日) 09:54:22 ID:6wXYa5/x
「新×××殺人事件」
第三の事件は諸にバイブねた、これに絶対音感ネタを絡めたバカミスモード
全開の楽しい作だ。前記した国民作家には逆にこの手のものは絶対に書けない
から希少だ。
「犯行の印」
これは蘇部先生十八番の絵と落とす作。
ここからあの半下石刑事が登場して来る。
伏線十分なまずまずの面白さで、上手く落ちているという感あり。
「聖職」
ミラーマンおち。ここに持って来る語りも巧みや。
「ひとりジェンカ」
巧く構成すればダールやスレッサーの佳作級に
なったかもしれないが、オチが見え気味なのが残念。
「修学旅行の悪夢」
夢オチに捻りか。やや弱い感じや。
「翼をください」
オチの絵が意味するところ、解釈によっては相当に卑猥なのでは?
短いが、そこそこの面白さと言うたところか。

355 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/24(日) 09:55:03 ID:6wXYa5/x

「追われる男」
オチに不明感あり、出来は今ひとつか。
ミステリというよりは現代ファンタジー。
「恋愛小説はお好き?」
蘇部作品のシニカルなテーストが良く発揮されたオチが良し。
隣のあるのに・・・まあ、人生そんなものという感あり。
「琥珀の中のコートダジュール」
SFタッチ(「たんぽぽ娘」とか想起した)の蘇部作品には珍しい
ハートウオーミングな味わいがある作。
「あとがき」
卓袱台のメトロン登場・・・という設定が楽しいが、
ストーリーもオチも今ひとつなのが残念だった。

356 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 10:39:57 ID:GEktxXV4
>>351-352
秀逸なパロディであればアンチであろうが評価するのはやぶさかではないが、自演を前提としたあり得ないモンスターを想像している時点で×。
コイツの程度も知れる結果となった。アンチはいつだってそうだ。

357 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 10:52:28 ID:6n800UAl
「六とん4」もう百均本であったんだw

358 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 12:28:28 ID:ysp1te0t
>>356
本人でないのにどうして自演はない、と断言できるんだろうね?
自称書斎支持者はバカだから論理的思考ができないんだなw

359 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 12:38:08 ID:OcVhnOXJ
ってかアンチって何?
で、その「アンチ」がそれを書いたとどうして断言できるんだろね

360 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 14:38:17 ID:vh5ruNGY
書斎のファンが感想を書いたかもしれないのに、名無しが噛付いたんじゃ、書斎か可哀想だろ。
書斎は他人を罵倒や侮辱する事をウィットやユーモアというんだし、
熱烈なファンのユーモア溢れるファンレターかもしれないぞ

361 :名無しのオプ:2010/10/24(日) 16:26:03 ID:5XTnXtpm
「六とん」なんで4から
読んでいるんだ?

362 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/30(土) 14:35:13 ID:Brfk+zzr
デビッド・グーディス「深夜特捜隊」を読む。
このグーディスという作家、ルネ・クレマン監督の「狼は天使の匂い」や
フランソワ・トリュフォー監督の「ピアニストを撃て」の原作者であり、
シナリオも書く人だったらしい。
「小説」と「シナリオ」。俺の実体験からも、
この「似て非なる創作物」を手がけられる者には才人が多いという感がある。
例えば、「明日に向かって撃て」や「マラソンマン」等で
知られるウィリアム・ゴールドマン、前記した「狼の・・・」の
シナリオも手がけた「さらば友よ」「雨の訪問者」等で知られる
セバスチアン・ジャプリゾ等々・・・
日本での翻訳長編は、本作を含めてわずか4作に止まり、
(「ピアニスト・・」と「狼は・・・」、後1作の「華麗なる大泥棒」もJ・P・ベルモンド主演で映画化されている)
50歳で早逝したのが惜しまれる。
ノンフィクションでは、ミステリマガジンに掲載された
ブラックダリヤ事件(日本ではエルロイ作品で有名)に関する論考も
興を惹かれるところだ。

363 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/30(土) 14:36:47 ID:Brfk+zzr
本作の主人公は汚職(賄賂要求)で警察を追われた飲んだくれの
元警官コーリー・ブラドフォード。
顔を知らない幼い頃死んだ父親も警官ということもあってか、
「バッジ」に対する独自の「思い入れ」は強く、
「それ」とダイアローグする度に
「太腿のずっと上の股倉近くで、ちくりとするものを感じる」日々である。
汚れた街を彷徨する彼の腕っ節と知恵を評価し町の顔役グローガン、
警察組織内のアウトサイダー的存在の深夜特捜隊主任マクダーモットが
アプローチして来る・・・
これにコーリーの元妻と現在の夫(前科者)、
グローガンの愛人(謎の女)、
コーリーの相棒的存在になる道化たゴロツキのカープ、
怪力の酒場の女用心棒ネリー(このキャラは実に強烈!)
更に、ガヤに至るまでそれぞれにキャラ立ちした殺し屋、ヤクザ、警官等
がわんさと登場。
グローガンが隠匿する大金奪取のメーン・ストーリーよりも、
むしろこの人間模様だけ見ても面白いものあり。
ただし、この作者の既読の作品と比較すると、勧善懲悪で平板な警察もの
という感があるのは残念や。

364 :名無しのオプ:2010/10/30(土) 17:54:33 ID:BmBKVY+0
実作も自家籠中のものとしている書斎ならではの見解。
モナミに爪の垢でも煎じて飲ましてやりたいね。

365 :名無しのオプ:2010/10/30(土) 18:51:11 ID:FFPZp5j3
禿頭吊は小説書いてないし
記憶氏みたくアップも出来ないw
シナリオの登場人物名間違えるしw
10年2ちゃんにいても本さえ出してないw

366 :名無しのオプ:2010/10/30(土) 20:53:04 ID:BmBKVY+0
書斎の活動が2ちゃんだけだと思ったら大間違いだよ。
2ちゃんはほんの一部。遊びでやってるだけ。
それでもレベルの高さは隠せないんだけどね。

367 :名無しのオプ:2010/10/30(土) 20:55:36 ID:eZqyUvgP
確かにネットで調べりゃわかる情報とあらすじだけ。
それ以外部分って「人間模様が面白い」、「平板な警察もの」ってことだけですものね。

お遊びでなければ書けません。

368 :名無しのオプ:2010/10/30(土) 20:58:15 ID:s3B8V1Za
>366
>書斎の活動が2ちゃんだけだと思ったら大間違いだよ。

だからなんでお前がそんなことを知ってるの?w

369 :名無しのオプ:2010/10/30(土) 21:12:49 ID:JqTLuAxz
アタマの悪いジジイの自演だ。ほっといてやれ。

370 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

371 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/31(日) 00:12:52 ID:V7mH0X0c
飛鳥高「細い赤い糸」を読んだ。
昭和37年の日本探偵作家クラブ賞受賞作品と古〜〜〜い作品。
作者は東大工学部卒、陸軍航空隊では歴戦のパイロット、清水建設入社後は
重役にまで昇進し、工学博士号取得、日本建築学界賞も受賞したという、
ねらーとは程遠い実社会での成功を収めた人物だが、
残念ながら、ミステリ史では既に忘却された存在ではある。
多くのねらーはこの点に溜飲を下げるのであろうか(w
作品を見ても、当時なら4部構成の凝った創りは面白気であったろうが、
今読むと、逆に創り過ぎた偶然性と極端な展開が目立つ作となっており、
官庁汚職ネタ、医院経営ネタ等を絡めた社会派・風俗ミステリ風の
テーストもより洗練された清張作品や笹沢作品に馴染んだ目で見ると、
この線の掘り下げには物足りないものを感じてまう。
ボリューム的には読み飛ばすに最適なものとはいえ、
正直いうて、逝ってよし作品であった。

372 :名無しのオプ:2010/10/31(日) 00:34:29 ID:mGttOdCu
飛鳥高氏に対して「死ね」だとさ。
死ぬべきなのはお前だろ嘘つき頭吊書斎。

373 :名無しのオプ:2010/10/31(日) 04:35:13 ID:H3tFQQrk
読みました報告スレを読みました

374 :宿題マン:2010/10/31(日) 06:33:27 ID:QXjxbwFZ
>>371
そのご本人もプロの小説書きとしてそれ一本でやっていくほどの力量がないと分って
仕事に打ち込んで実業で大成したのだから良いのではないでしょうか。

375 :名無しのオプ:2010/10/31(日) 07:46:47 ID:xlUSVuzD
書斎はプロの小説家どころか感想文ひとつまともに書けないがな
で実業でもなにもできない無職だし
何やらせてもダメ人間

376 :名無しのオプ:2010/10/31(日) 09:20:46 ID:lGvuxWdr
>>371
御三家がいかに偉大かよくわかる顛末だね。
現在の作家で御三家に並びうる巨匠が果たしているのかどうか。

377 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/31(日) 21:27:54 ID:g00sOy1N
ジョルジュ・シムノン「黄色い犬」を読む。
これも久々の再読だが、折角、タイトルに付された
黄色い犬=卑怯・臆病の意が、作品中でさほど活かされていないのが残念な感
あり。保守的な港町の風情は良しなのだが、事件そのものは変哲もない密輸、
裏切りリベンジネタで、平板に過ぎる。
正に雰囲気で読ませる作という感あり。
今回メグレの相棒を務めた若手刑事ルロアの再登場って、この後あったけか?

378 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/10/31(日) 21:29:32 ID:g00sOy1N
ボワロー&ナルスジャック「死者の中から」を読んだ。
今ではすっかり影が薄くなってしまった感がある
フランス・サスペンス・ミステリだが、
本作は「悪魔のような女」と並ぶ著者の代表作というに止まらず、
中島河太郎先生も著作中で紹介しているこのジャンルを代表する作である。
しかしながら・・・定評がある日影丈吉氏の仏訳を以ってしても、
ストーリーは単純であり、コンパクトなボリュームであるにもかかわらず、
読み難い、わかり難いことこの上ない作であった。
フランス風怪奇探偵小説、生まれ変わり→成りすましネタなわけだが、
マエストロ「ジョン」や仏における同国人作家でジョンの後継を称する
ポール・アルテたんなら、もっと読み易く、面白く書くであろう題材と
思われなのが残念やった。

379 :名無しのオプ:2010/10/31(日) 21:43:08 ID:hBPzDzRH
読んだ読んだの必死のアピールはいいからほんとに本を読もうよ

380 :名無しのオプ:2010/10/31(日) 22:00:07 ID:AHTpvPiK
>>376
ミステリ(特に国内もの)で御三家ってあまり言わないと思うんだが
誰のこと?

381 :名無しのオプ:2010/11/01(月) 09:02:33 ID:pG6Db6LE
俺たち2ちゃんねらの憩いの場を荒らす奴は許さん。
最近日本を動かしてるのは2ちゃんねらなのにな。

382 :名無しのオプ:2010/11/01(月) 09:10:58 ID:E9tnlZGO
>>380
「あまり言わない」どころか「御三家」なんて勝手に言ってるのは
某コテとその自演だけです
(「 大 乱歩」「横溝 御 大 」「清張 先 生 」)。
ほっとくのが吉。


383 :名無しのオプ:2010/11/02(火) 11:24:29 ID:x0lSxIum
「五声のリチェルカーレ」
今までの作品とは趣きが違い過ぎてとまどった。どうせならメインテーマをもっと掘り下げた方が良かったような

384 :名無しのオプ:2010/11/02(火) 21:44:13 ID:HlS5aOno
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1221902267/384
上記のレス削除依頼をした方、書式の不備があったようです
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1221902267/392)。

385 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/03(水) 16:36:40 ID:A1x1/XlD
ボワロー&ナルスジャック「技師は数字を愛しすぎた」を読んだ。
著者は新機軸を意図した作とのこと。
前記した「死者の中から」とは一転、読み易く、
しかも本格好きにはたまらない密室ネタ連発。
原子力工場を主舞台とするため、工場内の描写が多くあり、
近年の「工場萌え!」連中とかには堪らないものがあるというボーナス的
要素もあり。
だが、所詮、一部作品を除いて、本格不毛の地であるフランス・ミステリ、
ビッグネームの手によっても、犯人は当初から消去法であっさりわかる感が
あるし、連続する密室ネタも全て「なーんだ」という感大だし、
サスペンスを盛り上げるはずの核物質盗難ネタも意外にあっさりと処理されて
しまい、あまり効果を上げていないようなのが残念や。
ジョン作品のような良い意味でのトンデモ展開を期待すると間違いなく
外されます。
探偵役の主人公の刑事が禿な中年なのに、ガイシャの美人妻にラブラブになるってのは、
いかにもフランス作品らしい面白い点ではあった。

386 :名無しのオプ:2010/11/03(水) 17:19:22 ID:6YG2Y3kx
「グラーグ57」、今になって読んだ。

敵役の女ヴォリ、フラエラだけどほとんどメタルギアのザ・ボスじゃねーか。
他キャラがナイフで切り付けたらCQCでか簡単に奪われるてるしw
読書中、ずっーと井上喜久子の声だった。

387 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/05(金) 20:15:28 ID:NkfTAGUa
>>386
香貫花クランシー声ってことか(w

388 :名無しのオプ:2010/11/05(金) 20:19:20 ID:0KNC1loD
井上ちがいだろwwwwwwwwwwwww

どこまでも知識の浅いやつだな。

389 :名無しのオプ:2010/11/05(金) 21:17:29 ID:lK4qV7Eo
洒落がわらなないとねえ・・・。
野暮の極みという感じ>>388

390 :名無しのオプ:2010/11/05(金) 21:22:35 ID:O8OZwSBR
すると頭吊も血蛞蝓もすべて洒落かよw

わざわざ「洒落」と言い逃れにくるることこそが野暮の極みというものだぞ書斎。

391 :名無しのオプ:2010/11/05(金) 22:32:04 ID:IORVfGfY
「わらなない」洒落は
わかりませんなw
酒でも飲んだのか
ラリってるぞ、頭吊w

392 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/06(土) 15:52:07 ID:eULzs9hQ
アニメネタ振れば、パッ食いつくのに、ちょっと凝ったミステリネタだと
罵倒連発のみ。
まあ、お里が知れるというわけである(w


393 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/06(土) 15:54:42 ID:eULzs9hQ
アガサ・クリスティー「火曜クラブ」を久々に読む。
アガサ短編集の最高傑作にして、ベスト10級の作というにとどまらず、
ミステリ史上に残る作品集という感を強く抱いた。
収録作品全話講評逝ってみようか!!!
・「火曜クラブ」
表題作だが、第1話ゆえ、人物・構成紹介に主眼が置かれている感じで、
ミステリとしては今ひとつの出来。キーワードはねらー大好きなメイド(w
「アスタルテの祠」
怪奇小説も書くアガサではあるが、ミステリでは珍しく怪奇色を強く出した
一編。十八番の早業トリックが炸裂する。最後まで神秘的な雰囲気が魅力の作。
「金塊事件」
小技ながら自動車に関するトリックが面白い。海賊の宝探しに現代犯罪を
巧く絡めた一編。
「舗道の血痕」
タイトルにあるネタは、横溝作品にありそうな、また、現代にも通じるリアルな事件の匂いもあるという作。これもアガサ十八番のアクロバティックな成りすましネタが炸裂。
「訳者あとがき」の本作に触れた部分に他作品ネタばれ気味記述あり。
「動機対機会」
犯人に関して、動機があれば機会がない、その逆も成立するという面白い設定。
ただし、スパイ手帳の付録かお(w なオチはがっくり。
「聖ペテロの指のあと」
メイベル登場作品。
(ただし、原作では叔母のジェーン曰く、おつむが弱い20代の既婚者。
旦那は精神病の家系。アニメファンはショックやろな(w )
アガサ作品の特色である精神病に関する偏見に近い固定観念が良く
発揮された作であり、これが謎解きにも関連する。
ポイントになる英語ネタが日本人にはわかり難いのがマイナス。

394 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/06(土) 15:55:24 ID:eULzs9hQ
「青いゼラニウム」
リトマスねた。これもアガサのミステリにしては怪奇色が濃い展開の
作であるが、「アスタルテ・・」以上に洗練されたタッチで読ませる。
「二人の老嬢」
これも十八番の成りすましトリック。これも「訳者あとがき」に要注意。
「四人の容疑者」
アガサ作品にあろがちな犯罪スリラー風の一編。
「クリスマスの悲劇」
状況設定は異なるが、長編「魔術の殺人」を想起させるスピーディで
アクロバティックな犯行トリックが魅力の作。
「毒草」
犯人の意外性もあるが、とにかく動機が読ませる。
カントリー・ハウスものの趣もある英国作品らしい一編だが、
意外にこの動機設定は長編にはない。
「バンガロー事件」
第二部から登場するもうひとりのジェーンこと女優へリアが語る一編。
仕掛けに関する意外な展開が面白い。
「溺死」
既に火曜クラブ解散後の事件か。ヘンリー卿が表の探偵役となり、
若き妊婦の溺死事件に挑む。パターン崩しの最終作となったため、
百物語的な妙味は消滅し、やや生彩を欠くものとなっている。
「毒草」同様に動機が読ませる作だが「無実はさいなむ」まんまや。

395 :名無しのオプ:2010/11/06(土) 15:59:06 ID:LNPhkSD5
バッと読んでポーンのミステリーを再読するバカ登場

396 :名無しのオプ:2010/11/06(土) 16:05:25 ID:ZvOGYxRT
大方の予想通り、他の作品の「読んだふり感想文」投下ww

議論の相手を待たせてまで、他の本を紹介する理由は何ですか?
早く、S議論を読みたくてうずうずしてるんですがww

397 :名無しのオプ:2010/11/06(土) 18:29:48 ID:PP5z0aiQ
>>396 そこまで粘着する理由は? そんなに絡みたいの?ww

398 :名無しのオプ:2010/11/06(土) 18:33:46 ID:NqwtHjro
>>397
はいはい書斎乙w

399 :名無しのオプ:2010/11/06(土) 22:17:40 ID:K6DdNx5h
別腹という言葉も知らない読書好きがいるんだ(w
本当は読書なんか興味なくてコテハン叩いてスレを荒らして楽しんでいるだけだということは明白。
出て行ってくれ。

400 :名無しのオプ:2010/11/07(日) 00:11:58 ID:XM6GgvII
頭吊は貧乏だから
とうとう本も食べるのかw
それとも、頭吊が
「別腹の子」なんだ

401 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/14(日) 19:00:06 ID:Y6RbDdZs
コーネル・ウールリッチ「黒い天使」を読んだ。
旧版黒沼訳が懐かし過ぎだが、
(余談ながら、この人の世界の謎とかのノンフィクションには嵌ったもの
である)
活字ポイントも大きくなり、訳文も読み易くなった。
殺人事件の犯人として捕らえられた浮気者の夫の無実を晴らさんと、
真犯人探しに奮闘するけなげな若妻・・・
文体にしても、心理描写にしても、
うーん、これって男の作家が書いてるんだよね?感が強かった。
「幻の女」「黒衣の花嫁」等のメジャーな作品と比較して、
あまり話題にあがることはないけど、ミッチーこと故都筑道夫氏が
最もウールリッチらしい好きな作品とか評していたっけか。
本格好きにはあまりに論理もトリックも不足、ハードボイルド好きには
スイート過ぎるタッチ等、ミステリファン中でもこの手のタイプの作を
好む向きは限定されるかもしれぬが、火サス、土ワイあたりを夢中になって
見ておるレベルの連中には、「すっげぇー面白い」やもしれぬ。

402 :名無しのオプ:2010/11/14(日) 19:02:14 ID:aGgPNFN3
今頃読んだの?

403 :名無しのオプ:2010/11/14(日) 21:33:37 ID:7WnjYSmT
大きい字じゃないと
老眼だから読めないし
漢字もおじいちゃんわからないw

404 :名無しのオプ:2010/11/14(日) 21:40:31 ID:yUDLFto3
火サスは番組自体ないだろ

405 :名無しのオプ:2010/11/14(日) 22:00:05 ID:K9YXINxJ
おじいちゃんはボケて記憶がおかしくなっているから、
何十年か前に見たテレビ番組を
昨日見たと勘違いしているんだよw

406 :名無しのオプ:2010/11/14(日) 23:05:05 ID:OwoJ+7Qg
というかさ、

本当に読んでこの程度の「感想」しか抱けなかったとしたら
そのほうがよっぽどダメじゃないかw

読んでない、と素直に認めたほうがよほど自分のためだぞ書斎www

407 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/20(土) 21:51:56 ID:NwV5e67S
ボワロー&ナルスジャック「影の顔」を読んだ。
前記した「死者の中から」では主人公が一応探偵役を務め、
最後にミステリらしい謎解きもあるわけだが、本作には後者しかなく、
正にこの著者が志向した「名探偵不在のミステリ」と化している。
しかも、「これで終わり?」感が強い投げ出したかのように見えるラストも
印象的だ。
主人公は事故で失明した事業家。保養中の彼は周囲の人間の様子に
ただならぬものを感じ、やがてそれは恐怖へと変る・・・
後半、突然死した弟の墓参の際に、刻まれた墓碑銘に自身の名を読み取った
(指で)主人公の恐怖感、続く夜間の別荘からの彷徨に近いような脱出行と
畳み掛けるようなサスペンスフルな展開は、なかなか読ませるものあり。
「死者の・・・」と比較して、読み易い文体なのも良し。

408 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/20(土) 21:53:28 ID:NwV5e67S
ウィリアム・アイリッシュ「黒いアリバイ」を読んだ。
アイリッシュことウールリッチによる黒シリーズの一編。
通称「黒アリ」として、「黒嫁」(「黒衣の花嫁」*(注)漏れの嫁ではない(w )、
「黒カー」(「黒いカーテン」)等と共に、多くのファンに愛読された作ではある。
架空の南米の都市を舞台に逃げ出した黒豹の仕業と思われる女性連続殺人の
恐怖をこの作者らしい濃い文体で描いた作、
「幻の女」等でおなじみ泣きのウールリッチ節(俺はこれが苦手)が
抑制気味で、サクサクと物語が進むのは良し。
トリックは探偵=犯人のバリエーションであり、ジョンを思わすトンデモ豹の爪ネタは笑うしかないが、現代的とも言い得るサイコ・ミステリ風のスパイスもあり、凄惨な犯罪を描きながらも、暗さはなく後味も悪くはないのは、
この作者独自というたところか。
筆者の本作初読はジュブナイル版であったが、原典を見るにつけ、その持ち味を活かし、相当に巧く書けていたものだったのだと再確認出来たような次第だ。
ただし、ガイシャのひとりである夜の女に関する記述はぼかされていた記憶
がある(これは当然か)

409 :名無しのオプ:2010/11/20(土) 23:35:12 ID:HGdJbbB7
ウールリッチってゲイだろ


410 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/21(日) 00:06:44 ID:CQ2JQa1N
>>409
ちゅーか、強烈なマザコンでしょ。


411 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 00:19:22 ID:URCkZmgH
マザコン?
母親の年金を奪い取る無職書斎のことか?

412 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 00:20:22 ID:fne2t11c
答えになってないバカ書斎。

413 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/21(日) 08:30:53 ID:AIq3jB3Z
藻谷浩介「デフレの正体 経済は『人口の波』で動く」を読んだ。
岩波や中公のような老舗・硬派系でない角川の新書だしキワモノでは・・・
という不安はあったが、一読、やや著者の上から目線(意識してはいないと思うが)が気にかかるものの、現代デフレーションの謎(ミステリ)を
統計資料をもとに丹念に解き明かした読み応えある本であったよ。
本書あとがきにもあるとおり、
結論は「経済を動かしているのは、景気の波ではなくて人口の波、
つまり生産年齢人口(15〜64歳の人口)=現役世代の数の増減だ」
ということ。
実は経済学を少しでもかじったことがある者、興味がある者には、
何となく「わかっていたこと」という気がしなくもないことではある。
現況の不景気と値下げ競争のスパイラルによる悪循環は過去の不況時とは
異なるようだというのは、感覚的にもわかり得よう。
「年寄りはモノ買わねえし、若い椰子たちは金無いし」という感じかな。
とかく悲観的な現状分析と展望のみを中心に語る類書と比較して、
事態打開のための提言が3講に渡って詳述されているのは良し。

414 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/21(日) 08:31:41 ID:AIq3jB3Z
(1)高齢富裕層から若者への所得移転
(2)女性の就労と経営参加
(3)外国人観光客・短期定住者の受入れ
しかしながら、以上3点に関してリアルな視点に立った「素朴な疑問」
とでも言うたものを、この場を借りて呈示しておきたく思う。
(1)に関しては、いわゆる高齢富裕層の経済力を背景にした政治的影響力に
より、相対的に見て低所得である若者層(ゆえに政治的影響力は限定的と考えられる)への所得再分配政策の実行が容易ではないこと。
人間の生存本能まで視野に入れれば誰しも自分が一番可愛く、
自己保身を図るのは致し方ないのである。
残念ながら、本書ではこの点に関するリアルな言及は無く、高齢富裕層の
マクロな視点に立った自覚を期待しているだけに見える。
(2)に関しては、異質な労働力とも言い得る団塊の世代(ほぼ男性)と
専業主婦層が、果たして代替効果あるいは補完効果の関係に立ち得るかという
問題がある。極端な例を挙げれば、長年に渡る人脈(これは馬鹿に出来ないものあり)により培われた営業ルートを、昨日まで専業主婦(過去にバリバリの
キャリア歴があるとしてもである)であった女性に短期に代替可能と成り得るかと思うてみれば、答えは自明であろう。
(3)に関しては、「極東」というわが国の地政学的なポジションを念頭に置いた「遠隔」という問題を、もっと検討して欲しいものである。
欧州やアメリカ大陸は言うに及ばず、インドやいわゆる西域から見ても、
日本はまだまだ「ファー・イースト」という感あり。
経済情勢を左右する程の外国人観光客等の増加に過大な期待を抱くのは
危険に過ぎる。

415 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 12:32:02 ID:xzNqilIu
書斎が経済学や経営に通じていることが明らかとなった。
まあ並みの教養人じゃないな。実業界での成功が目に見えるようだ。

416 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 12:51:27 ID:EIpiNlQc
また引き写し。
どこまで恥ずかしい奴なんだろうな書斎w

で、自演で醜い自己弁護ですか?
「横溝正史読本」がムックだと馬頭した書斎のくせにw

417 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 12:52:58 ID:RYomiWcI
新書読んだだけでwwwww

418 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 15:47:57 ID:aMzX77Zl
>>415
すっごい皮肉だなと思ったが、ご本人かw

419 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 17:01:38 ID:LIZXKTfv
>>415
実は書斎の駄文に明白な間違いがあるんだけどそれがどこなのか分かるかい?
書斎が自発的に訂正することを期待するからここでは指摘しないが
少なくとも本書を本当に読んでいるのなら絶対にするはずのないことだということだけは言っておくよ。

420 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 17:52:06 ID:xzNqilIu
経済や経営に正解はないよ。
ネットでしか威張れない評論家気取りの名無しが何を言っても説得力なし。

コテハン背負う覚悟でモノを言え。

421 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 18:30:55 ID:qofhOcdi
>>420
固定ハンドルを付けてないという点においてあなたも私も同じですね^^

422 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/21(日) 22:55:49 ID:oIQqz57E
>>419
十八番の思わせぶりな事を書いて言い捨て・逃げ切りかい?(w
真っ向勝負して来いや。

423 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 22:59:53 ID:aMzX77Zl
>>422
今日はずいぶん荒れてるねw

424 :名無しのオプ:2010/11/21(日) 23:10:46 ID:Bitr67ag
書斎は何を焦っているんだ。

>705 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/20(土) 21:43:12 ID:NwV5e67S
>「戦い」において手の内を極力見せないのは当然のことですよ。

と書いたのは書斎だろう。
だったら、>>419のやり方も認めたらどうだ

425 :名無しのオプ:2010/11/22(月) 00:08:57 ID:UfV48YvW
>>414
ご高説、ビジネス板に書いてこい
50面さげて新書で日本経済のお勉強って、本当の本当に信じられないわw
むっとしたなら、ビジネス板に「書斎魔神」で訓戒を垂れて来い


426 :名無しのオプ:2010/11/22(月) 16:39:02 ID:T3N6OBee
書斎、お前結局どこを間違えたのかわからないのか。
俺を罵倒するのは結構だがそれはそのままクリスティスレの自分自身を罵倒することになるぞ。
それともきちんと謝罪してどこが間違えているのか俺の教えを乞うか?
それならそれで考えてやらんこともないが。

427 :名無しのオプ:2010/11/22(月) 20:59:40 ID:XFgfbu5u
書斎は6号だから仕方ない

428 :名無しのオプ:2010/11/22(月) 21:46:01 ID:JgvJnbzq
書斎に間違いなどない。
あるというなら出してみろ。出せないなら間抜けなことは言うな。

429 :名無しのオプ:2010/11/22(月) 22:00:32 ID:xw4C4HP2
書斎書斎って、全部自演?

430 :名無しのオプ:2010/11/22(月) 22:02:46 ID:/CWI7g7g
頭吊の間違いは
一覧表があるほど
ありますがなw

431 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/23(火) 00:02:43 ID:tIy8dPc5
ちょい期待して覗いてみたが、やはり罵倒モード逃げ切り状態か(w
>>426
逆だろ。
先に間違いを指摘し、それが納得がゆくものであれば謝罪も 検討する。
さあ、お手並みを拝見しようか。

432 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 00:36:30 ID:h3tyfPAz
他人に教えを請う態度がなってないな。
まあ、10年もクズハンドルを使い続けて嘲笑われている吉外だから、
こんなもんだろう。

433 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 07:56:56 ID:zaUVByBb
喧嘩を仕掛けられたんだから言い方もそうなるわな。
>>426は礼儀を身につけるべきだった。

434 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 09:01:16 ID:ykRtcVXw
書斎は間違いを指摘されても納得して謝罪したことがないからな
解釈論に持ち込んで「自分の解釈が正しい、お前の解釈は低レベル」とするか、
しばらく黙りを決め込んでほとぼりが冷めるのを待つかだろう。

435 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 10:11:13 ID:zaUVByBb
そんなことはないね。
書斎ほどフェアな論客はいないよ。

436 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 10:27:34 ID:MVYRXG+f
「血蛞蝓」や「めくら頭吊」「フンとブン」といった作品タイトルの
明々白々な間違いをなんど指摘されても、書斎はそれを認めて謝罪
したことがない。

タイトルが違っていることすら「納得できない」んですか?

横溝ブームは角川映画によって始まった
戸板康二の直木賞受賞作は本格ミステリではなく時代ミステリ
都筑道夫をあと2年で消えて忘れ去られる
いまだにコロンボが受けているような国は日本だけ

無知ゆえにこりずに珍説・奇説を主張して具体的な反証を山のように
上げられてもいっさい認めずに発狂して名無しで愚痴るだけ。そんな
「フェアな論客」が、どこにいるかw

437 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 10:55:42 ID:zaUVByBb
書斎ストーカーか・・・。
そんな暇な変人が何言っても説得力はないよ。

438 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 11:08:09 ID:WmnAbNaa
>>431
それこそ逆だな。
お前自身が間違いを見つけない以上こちらから教えてやる義務はない。
お前のいつものやり方をこちらが踏襲している以上これは当然のことだ。
心して答えろ!

439 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 11:08:26 ID:25OqBdkV
変人書斎ストーカーID:zaUVByBb

『読みました』報告スレッド その2
433 :名無しのオプ[]:2010/11/23(火) 07:56:56 ID:zaUVByBb
喧嘩を仕掛けられたんだから言い方もそうなるわな。
>>426は礼儀を身につけるべきだった。

ミステリー板 雑談・質問スレ

767 :名無しのオプ[]:2010/11/23(火) 07:58:46 ID:zaUVByBb
書斎が活躍の場を増やすのは大歓迎だ。
狭い世界でいつまでも粘着するアホを相手にしてもしょうがないしね。

ミステリー板 雑談・質問スレ
773 :名無しのオプ[]:2010/11/23(火) 10:09:48 ID:zaUVByBb
マル公よ、名無しで嫌がらせするのはやめろ。
自分でも負けたことはわかっているんだろ。惨めなだけだぞ。



440 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 11:09:46 ID:WmnAbNaa
>>437
俺にはお前のほうが書斎ストーカーに見えるがな。
書斎の湧くとこ湧くとこに現れてはとにかく闇雲に賛美する異常なストーカーにな。

441 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 11:16:48 ID:MVYRXG+f
本を読まず、ものを知らない書斎は、論争における手札をもっていない。
だから常に相手の切った手札に絡んで罵倒することしかできない。

相手に「どうぞあなたが切る番です」といって待たれたら手も足も出ない。
クリスティスレのやり取りで、それが明らかになったね。

442 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 11:27:34 ID:WmnAbNaa
>>441
ファンクラブ会員氏の件で特にみっともないのは
氏からきちんと反論されているのに雑談スレで「反論がなかった」と言い張ったことだね。
氏のレスがコピペされてもなお見えないふりして逃げようという薄汚い卑怯さはどうしようもないと思った。

今回の間違いも、どうせ書斎は経済にはド素人なんだからある意味しかたのないことで
謙虚に「どこが間違っているのか教えてくれ」と言ってきていたらまあ教えてやっていたんだけど・・・
実際は>>422だものなあw
喧嘩を売られた以上は謝罪するか自分で間違いを指摘してこない限り誰が教えてやるものかw

443 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/11/23(火) 14:28:56 ID:EnR3gzd3
佐藤春夫「わんぱく時代」を読む。
大林宣彦監督のノスタルジー溢れる作「野ゆき山ゆき海辺ゆき」の原作、
ちゅーか元ネタである。(映画タイトルも作中にある詩に由来)
ただし、原作は大林作品のようなメロウなムーディさは感じさせない
カラっとした自伝的青春小説というか少年小説に仕上がっている。
ミステリ的には後半の大逆事件に関する記述がこの作者独自にその真相を
推理しておりミステリを読むかの如き迫力あり、
現代の検察による冤罪の構図を想起させて興味深い。
「西班牙犬の家」等の幻想的な作はあるものの、この作者が作中における
部分的ものとはいえ、ミステリ的(しかも社会派風)筆致を示すとは
意外な感はあった。
だが、本作の骨子はこのようなミステリ的ものにあるのではない。
佐藤春夫少年を想起させる主人公と後に大逆事件に関連してタイーホされて
まう親友であり戦争ごっこ(前半のメーンテーマだが、意外にこの部分は
退屈感あり)の敵方大将でもある崎山栄、崎山君の姉的存在で主人公の
初恋の人お昌ちゃん、愛すべきガキ大将の単細胞ポンちゃん(彼氏の行く末に
言及されていないのが何とも残念)・・・彼らをメーンとした紀州の野山を
舞台とした明朗快活な青春談(というか少年少女談)は、戦争の影が濃い時代
とは思えぬ心爽やかにさせるものあり。
だが、「・・・それに君にしても僕にしてもまだそんな話をするのは早すぎるのではなかろうか。戦争ごっこのしめくくりを考えている子供なのだからね」
って、こんなこと言う厨房って当時はマジで有りなのだろうか?(w
血生臭い「ミステリ読み」に耽溺している輩には、
今こそ突き付けて読ませたい一編と言い得よう。
せめて一服の清涼剤として。

444 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 15:16:17 ID:zaUVByBb
書斎のチョイスはハズシのセンスが抜群なんだよね。

445 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 16:18:55 ID:x5iegb+E
「言い得よう」「一服の清涼剤」って、443はお年寄りの投書か?
佐藤春夫とミステリ的筆致って、別に意外な取り合わせじゃないよね。
個人的には、日常の謎系の話が好きだな。
「家常茶飯」はケッサクだと思う。

446 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 16:21:51 ID:1jx7+jMG
書斎司ね

447 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 18:33:55 ID:LT0cx4OR
>>444
ピンボケで外れっぱなしということだなw
同意w

448 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 19:33:59 ID:Fey97VXy
本日の自己弁護&詭弁用の携帯電話投稿

        ID:zaUVByBb

自分が投稿しているスレ、かたっぱしからこのIDで援護。
本音は匿名でないと書けないヘタレが「コテハン背負う覚悟がどうこう」って
笑わせるわww

449 :名無しのオプ:2010/11/23(火) 20:31:26 ID:MVYRXG+f
コテハンで堂々と過去の発言に責任をもって、他の住人と渡り合っている
ならともかく、都合の悪い指摘は見ないふり、スルー、間違いは認めない、
捏造と言い張って逃げる、チョンボを具体的に列挙されても「ストーカー
の仕業だから相手にしない」などといって泣きべそをかきながら逃け回る、
論争相手は名無しで罵倒、自分の駄文は名無しで賞賛

人間ここまで卑怯なことができるものかと呆れるほどのプライドの無さで
どのスレでもたちまち嫌われる奴が、いうに事欠いて「フェアな論客」w

悪い冗談もたいがいにしてくれ、といいたいね。

450 :名無しのオプ:2010/12/01(水) 11:46:53 ID:7pF3T+YO
宮垣葉太郎 華麗なる没落のために

451 :名無しのオプ:2010/12/01(水) 14:00:05 ID:qW5VtZyz
東野圭吾の放課後

452 :名無しのオプ:2010/12/09(木) 22:22:49 ID:Sg6yHtRl
>>450
どうやって入手したか教えてくれ

453 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/11(土) 11:25:35 ID:2P+FoV1J
F・W・クロフツ「マギル卿最後の旅」を読む。
あかね書房のジュブナイルも存在したフレンチ警部シリーズの代表的一編だが、
シリーズ中の典型的作ゆえか、超地味な展開。正直言うて読んでいて退屈感を
拭えなかった。フレンチさんが今回の相棒になるアイルランドの
アルスター警察マクラング巡査部長に「灰色の脳細胞を使え」とか言う
お遊びのシーンとかもあるのだが、メーンはマギル卿という富豪の失踪とその死を巡る地味な捜査小説である。
まあ、これがクロフツ・ワールドではあるけどね。
遺産相続絡みの複数犯による犯行は、現代日本に置き換えてもリアリティ
が溢れるものなのだが、「樽」ほどにストーリーの起伏がないのは難、
この手の作品は、
普通は探偵役であるフレンチを立てるため、アイルランドの警察側を無能に
描くことが多いのだが、登場するレイニイ警視、マクラング巡査部長共に
それなりに有能な警察官に描かれているのも、いかにもこの作者らしい
リアリズム志向という感あり。

454 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/11(土) 11:27:00 ID:2P+FoV1J
「空手バカ一代 世界制覇編」を読んだ。
大ヒットシリーズの最終編。ある種の冒険談としてこの板で取りあげてみる。ただし、時代も既に70年代前半に入り、極真会の支部が国内はおろか
世界展開しており、
つのだじろうが漫画担当だったを初期のようなワイルドな世界観は
望むべくもないものとなっている。
連載時にはマス大山の後継として人気があったケンカ十段の暴れ者
芦原英幸も四国支部の道場主、所帯持ちとなり少し落ち着いて
しまった感あり。
(まあ、まだ随所にそのワイルドな暴れっぷりを見せてくれはするが)
タイトルに世界制覇とあっても、空手大会の描写が中心となっており、
大会が回を重ねるにつれて、必殺のKO勝ちによる決着から
現代へと繋がる判定による勝敗が主流となってゆく様も描写されている。
多少老いたりとはいえ、相変わらず自信満々なマス大山先生の語り、
これに加えた原作者梶原一騎氏の活躍(?)は微笑ましくもある。
短命キャラとなり惜しまれるのは、第二の大山倍達を目指し修行に励むも
あえて極真への入門をせず、逆に空手大会で戦いを挑まんとする
亜細亜大生の富樫宣資だ。
準々決勝で敗れひとり東京体育館を立ち去ったという彼氏のその後・・・
非常に気にかかるところである。
(リアルな人物でなくして、空手バカワールド末期に登場した
フィクション中のキャラとしてである)

455 :名無しのオプ:2010/12/11(土) 11:41:17 ID:KqL86lm4
気違い大得意の巻

456 :名無しのオプ:2010/12/11(土) 11:45:14 ID:qFNv2Lyz
書斎って、目に入る本が全てミステリーに見えるんだな。

審美眼もなにも持ち合わせていない証拠だw

457 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 08:43:37 ID:xEVCICUM
どこまでミステリとして読めるか、究極の実験をしているのに。
しかもそれは現在まで大いなる成功を収めている。

458 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 08:50:15 ID:UK5RNVTr
名無しなのにお詳しいw
だからバカアホって言われるんだよ。

459 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 09:15:31 ID:CYKufP2Y
しかも実際ただ「ミステリ」と言っているだけで実験にも何にもなっていないw
要するにみんながミステリー板だからミステリーの話しかしていないだけなのに

「俺はおまいらヲタと違ってミステリ以外の本も読んでいるんだジョー」

と言いたいだけなんだろ?
そのくせほざいていることは
読まないでもちょっとググれば誰にでも書けることばっかりだけどなw

460 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 10:01:33 ID:goHWe+tv
>どこまでミステリとして読めるか、究極の実験をしているのに。

書斎って筋金入りのミスヲタなんだなw
空手バカ一代なんてどこがミステリーとして読めるのか何一つ言ってないしw
どこが実験なんだアホ

>458
書斎本人は実験なんて一言も言ってないのにな
なぜかいつも書斎の気持ちを代弁できる名無しw

461 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 13:10:20 ID:xEVCICUM
所詮文学も読めないミスヲタの必死の足掻きが笑える(w

462 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 13:41:23 ID:VRVEThI0
頭吊は「空手バカ一代」が
文学なんだwwwwwワロタ

463 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 13:58:39 ID:PRuCkVnJ
文学以前に「文字」が読めない必死な頭吊wwww

つーか文学を「ミステリとして読む」ほうがよっぽどみっともなくないか?

464 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 14:41:09 ID:goHWe+tv
「小説」なら読めるけど、「文学」なんて読めねえなあw

465 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 14:53:48 ID:B7NeGasx
文字は読めるぞ!!!!!!!!!!!!

466 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 15:19:32 ID:goHWe+tv
文字は読めるが小説は読めないらしいw

467 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 15:29:58 ID:B7NeGasx
小説も読めるぞ!!!!!!!!!!!!!!!

468 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:22:21 ID:goHWe+tv
じゃあ漢字と文脈が読めないのか。

469 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:27:38 ID:9IdbRK22
というか、書斎と関係無いはずの名無しがなぜ喚いてるのか意味分からん

470 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:31:28 ID:B7NeGasx
俺は書斎さんの僕だ!!!!!!!!!!!!

471 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:32:20 ID:goHWe+tv
書斎は僕なんだとw
自演の自白乙wwww

472 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:35:24 ID:B7NeGasx
「しもべ」と読むんだ!!!!!!!!!!!!
この無学者が!!!!!!!!!!!!!!

473 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:37:14 ID:Lz+y1DmF
頭巾を頭吊と書く無学者もいるようですが

474 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:39:10 ID:goHWe+tv
>>472
分かって言ってるのに無粋な奴だな
野暮天は嫌われるぜw
じゃあ「頭吊」って何て読むの?w

475 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:41:55 ID:B7NeGasx
これは「ずきん」と読む。古代の読み方だ。
書斎さんほどの学識がないと読めない。

476 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/12(日) 16:43:43 ID:QKG7bPFT
芦辺拓「綺想宮殺人事件」を読んだ。
まあ、「作者あとがき」を見てもわかるとおり、
21世紀の黒死館を書きたかったんだろうが・・・
薀蓄がうんち=汚物になってはいかんでしょうと言うたところか。
神の眼ちゅーか、不完全性定理とミステリ小説を絡める締めを
やりたいのであれば、もっとすっきりと短く纏める手もあったように思うのだ。
また、本作を読んで利口になったかのように錯覚しているアホなミスオタ諸氏に苦言を呈しておきたい。
「本書に書かれている衒学を以ってして賢くなったと思うてはいけない」と。
まず、学生であれば基礎学力(歴史であれ数学であれ)、
社会人であれば業務関連専門知識の習得に努めたまえ。
まずこの点が肝要であると。
なお、本作の作者の母校である同志社大学を歴史的に早慶と並ぶ三大名門私学と位置付ける見解、否、現在ではMARCH&関関同立の一角を占める有名私大
に過ぎないとする見解が存するが、この点については稿を改めて論じて
みたく思う。

477 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:44:14 ID:Lz+y1DmF
ほぉ
昔は頭吊をずきんと読んでたという新説が登場ですなw

478 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/12(日) 16:46:04 ID:QKG7bPFT
F・W・クロフツ「フレンチ警部とチエィンの謎」を読む。
これって御大の金田一シリーズで言えば「八つ墓村」に該当するものかと思う。
作風が大きく異なるが巻き込まれ型冒険小説的展開、主人公チェイン氏と
ヒロインに対しフレンチが彼らを危難から救うナイトの役割を果たすこと等々
におおいに共通項を感じる。
典型的なクロフツ作品であるマギルの後だとサクサクと読める点は良しだが、
御都合主義な展開が多く、わかり難い(特に日本人には)暗号ネタも
頂けず、評価は低いものに止まらざるを得ないであろう。
まあ、フレンチ警部シリーズ初期ではフリーマンが地道なアリバイ崩しもの
のみではない種々な趣向に挑もうとしていたのはわかるという興はあるが。
また、宝探しを巡るクライマックスに警官隊と賊の海上戦を期待すると見事に
外される感あり、J・ヒューストンの「黄金」の世界になりにけりなのだ。

479 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:46:50 ID:goHWe+tv
>>475
へー、「頭吊」を「ずきん」って古代では読んだんだあ

何で2ちゃんで古代の読み方すんの?w

480 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 16:51:51 ID:B7NeGasx
     .∧_∧      ∧_∧
  ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡(・ω・ )
     (っΣ⊂≡⊂= ⊂≡ ⊂)
     >>479 ) ババババ  (   \
     ( / ̄∪       ∪ ̄\ )


481 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:01:36 ID:goHWe+tv
頭吊もバカなら名無しの書斎派wもバカだなあw

482 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:20:44 ID:gAq/C0Rl
いじめで高校中退の頭吊に
「基礎学力」って言われてもw

483 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:23:44 ID:B7NeGasx
書斎さんをからかうことは俺が許さない!!!!!!!!!!!!

484 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:25:53 ID:9IdbRK22
別にからかってはいないよ。
ただ現実を見せてあげてるだけだよ

485 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:33:46 ID:B7NeGasx
うぬううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう

486 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:36:42 ID:B7NeGasx
後で必ず書斎さんが正しくて、皆「ほぉー」と感心するのがいつものパターン。

487 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:40:20 ID:B7NeGasx
分かればそれでよろしい。

488 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:42:36 ID:9IdbRK22
>>486
「皆」って何人から「皆」なんだい?
まさかたったの三人とかじゃないよな?

489 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:44:34 ID:B7NeGasx
ひとつのスレに50人はいるな。

490 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:44:59 ID:goHWe+tv
>>486>>487
ついに妄想と会話を始めるようになりましたか。
さっさと専門の病院に入院して、ゴミ論考で皆に迷惑をかけないようにすること。

491 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:46:11 ID:9IdbRK22
>>489
では、例えばクリスティスレや横溝スレ等で50人が賛同したというIDを挙げてみて

492 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:46:50 ID:goHWe+tv
>>489
ありもしないものが見えるんだな。
妄想を語るのは主治医と母ちゃんにだけにしとけ。

493 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:47:27 ID:B7NeGasx
書斎さんはいつも正しい。無誤謬の神だ!!!!

494 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:48:50 ID:9IdbRK22
>>493
>>491に答えないと、君のいったことは妄想となりますよ

495 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:48:53 ID:goHWe+tv
頭吊で神か。
無職貧乏神か無能神かい。

496 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/12(日) 17:53:58 ID:RP1xbvZW
>ある種の冒険談としてこの板で取りあげてみる。
と記したとおり、空手バカ一代シリーズ初期は内容的に十分に
「冒険もの」と言い得る内容だった。
この板が昔からミステリのみでなく冒険小説等も対象としていることに
無知な者多数な状況。改めて、荒らし目的の乱入者が多いというのがわかるもの
あり。
ただし、世界制覇編のみ見た場合は「冒険もの」と言い得るか否かは、
議論があるところかモナー。

497 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:55:39 ID:9IdbRK22
>>496
IDが変わってるな。繋ぎ直したのか

498 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:56:36 ID:goHWe+tv
最初からこの板の範疇なら「実験」にならないじゃん。
それで言い訳のつもり?
バカなの?




あ、ずきんも読めないバカだったねw

499 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:57:39 ID:B7NeGasx
o(⌒∇)=━━━━━━━━━━━━━━━○★)゚O゚)/
                              >>495

500 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 17:58:50 ID:B7NeGasx
     .∧_∧      ∧_∧
  ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡(・ω・ )
     (っΣ⊂≡⊂= ⊂≡ ⊂)
     >>498 ) ババババ  (   \
     ( / ̄∪       ∪ ̄\ )


501 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:00:17 ID:goHWe+tv
書斎派って具体的に反論できない低能ばかりだねえ。
中の人が無知無能だから仕方ないかw

502 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:02:05 ID:B7NeGasx
中の人とは何のことかな?

503 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:02:09 ID:9IdbRK22
AAで反論したつもりになっているだろうが、はたから見て幼稚で滑稽。
それをやるのは精神年齢が子供以下のものであり、大人なら自分の言葉で反論するものだろう

504 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:03:44 ID:goHWe+tv
書斎の頭の悪さもさることながら、精神年齢の幼稚さもひどいよね。
あの程度の感想文で神なら、読書感想文書いてる小学生みんな神じゃんw

505 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:05:40 ID:B7NeGasx
おのれ・・・・・・・・・・・・・

506 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:06:17 ID:hnz7mqOB
使える回線が1つだから
自演も大変だな
「冒険もの」ならジャンプ系の漫画とか入るなぁ

507 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:07:03 ID:9IdbRK22
>>505
質問にはまだ答えてくれないなら、君の言うことは妄想としてよろしいか?

508 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:07:06 ID:goHWe+tv
書斎当人が論考=ただの感想文って泣く泣く認めてるからなぁw
それが神だったらブログで感想文書いてる子供でも神だわw

509 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:08:07 ID:goHWe+tv
>>506
書斎派が50人いるはずなのに、いつも同時に二人までという奇妙な
掟があるみたいですからねw

510 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:09:45 ID:B7NeGasx
>>507
肺炎になった。答えはまた後日。

511 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:13:46 ID:hnz7mqOB
書斎の負けが決定しましたw

512 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:17:46 ID:9IdbRK22
>>510
そうか。では一ヶ月待つよ。
もし一ヶ月経っても答えが出ないなら、このやり取りのレスを保存し、必要なときに皆に知らせてもらうよ

513 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:29:32 ID:goHWe+tv
486 名前: 名無しのオプ 投稿日: 2010/12/12(日) 17:36:42 ID:B7NeGasx
後で必ず書斎さんが正しくて、皆「ほぉー」と感心するのがいつものパターン。

489 名前: 名無しのオプ 投稿日: 2010/12/12(日) 17:44:34 ID:B7NeGasx
ひとつのスレに50人はいるな。


なんか横溝スレで書斎の「決定打」がでたらしいけど、感心してるの二人しかいないね。
あと48人はこれから出てくるんだよなw

269 名前: 書斎魔神 ◆AhysOwpt/w 投稿日: 2010/12/12(日) 16:32:27 ID:QKG7bPFT

270 名前: 名無しのオプ 投稿日: 2010/12/12(日) 16:34:16 ID:B7NeGasx
決定打が出たね。アンチは黙るしかあるまい。
新着レス 2010/12/12(日) 18:27

271 名前: 名無しのオプ 投稿日: 2010/12/12(日) 17:36:45 ID:xEVCICUM
同意。
書斎の定義は正しい。



514 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 18:41:43 ID:goHWe+tv
ID:B7NeGasxは突然肺炎になったらしいけど、他の49人も全員肺炎かなあ?w

515 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 19:06:31 ID:qJmRuLu+
「空手バカ一代」を「冒険もの」だと主張しただけで
冒険ものとしての評価は一切していなてんだよなw
書斎はいつもこのパターン。
適当にラベルを貼って言い訳するだけで
そのラベルに沿った感想をただの一度も書いたことがない。
それでなにが「実験」だバーカw

516 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 20:18:28 ID:QL64J1QP
肺炎なのに
横溝スレに書き込む
馬鹿な僕w

517 :名無しのオプ:2010/12/12(日) 20:58:18 ID:Ay402rcu
インシテミル
1日で読み終わった

結構文体しっかりしてるな
と思ったが、
やっぱ安っぽさがでてきてダメだった

告白とかもそうだが、
携帯小説に毛が生えたようなのがはやってるなあ

518 :名無しのオプ:2010/12/14(火) 15:27:56 ID:QOuRTuRK
ロス・マクドナルド「さむけ」読了

非常に申し訳ないが全く面白くなかった
やっぱり自分にはハードボイルドは全く向いていないらしい
まあその大半の理由は犯人とトリックが途中で分かってしまったからなんだが・・・
(ハードボイルドはそれだけじゃないんだぜ、と言われたら元も子もないんだが)

正直この小説がミステリーベストの上位に顔を出すことは納得が行かないです

519 :名無しのオプ:2010/12/14(火) 16:12:03 ID:UhSKPlwK
最初にこの作を褒めたのは、瀬戸川猛資だったかな?

520 :名無しのオプ:2010/12/14(火) 19:03:39 ID:d9EezJGn
小林信彦が先にベタボメしてた気がする

521 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/14(火) 20:35:38 ID:bLHBXGql
まあ、「さむけ」と「ロング・グッドバイ」は古典だけあって、
ハードボイルにしては推理部分も面白い方かと思う。
評価には「ハードボイルドだし」の観点も入っていると思われ。


522 :名無しのオプ:2010/12/14(火) 22:53:59 ID:QOuRTuRK
面白く感じなかった理由にトリック・犯人云々書いてますが、色んなところでこの小説が
「意外な結末」「ハードボイルドらしからぬトリック」と書かれていたからかも知れないです
非常に期待して読んだらクリスティの凡作並のそれだったので余計にガッカリ感がありました

523 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/15(水) 21:26:10 ID:KlD+dVp8
アガサスレでも書いたことがあるが、
「ホロー荘の殺人」はハードボイルド・ミステリでもいけそうな設定だ。
オプやハマーはNGでも、マーロウやアーチャーならあの手の事件に絡んで来ても
違和感は無い。

524 :名無しのオプ:2010/12/18(土) 11:02:27 ID:dQHOJiH1
で、激務のわりに毎日毎日“論考”垂れ流すわ
土日ごとに必ず“感想”書き込むわ


随分と余裕のあるこったねwwww

525 :名無しのオプ:2010/12/18(土) 11:09:43 ID:9EgjE4ZH
書斎魔神

職業:自宅警備
激務の内容:足りない頭でつぎはぎ論考と自演と、親の説教に耐えること

526 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/18(土) 15:29:14 ID:3xPQd1dV
F・W・クロフツ「フローテ公園の殺人」を読んだ。
人当たりが良いジョーことフレンチ警部シリーズ開始前の作。
「樽」に次ぐフリーマンの初期代表作とする見解も存するが、
「訳者あとがき」にも記されたとおり、「・・・退屈な部分もある」という
のが正直な感想。
事件は本年のWカップ開催国南アからスタートし、英国(スコットランド)に
まで及ぶのだが、当時の両国の関係性を考慮するとしても、
南アでの知り合いがスコットでご近所さんになる(それも複数)ってのは、
創り過ぎを感じざるを得ないものあり。
それにピエロに止まるファンダム警部可哀想杉だろってか。
(うーんファンダム〜なーんちゃってな(w )

527 :名無しのオプ:2010/12/18(土) 15:52:55 ID:c1l5XYLe
>>526
激務の合間を縫っての論考、お疲れ様です。
書斎さんの論考は緻密なだけでなく、どこか心の余裕があるんですよね。
それがユーモアに繋がってるのかな。
最後は思わずニヤリとせずにいられません。

528 :名無しのオプ:2010/12/18(土) 17:33:31 ID:kcXs46pF
激務の意味が全くわかっていないwww

しかも相変わらずどのレスにくっつけても通用するような
中身のない手抜き賞賛www

こんな馬鹿にしか褒めてもらえないアホ書斎ってww


529 :名無しのオプ:2010/12/18(土) 17:35:02 ID:kcXs46pF
>>527

>372 名前:書斎魔神 ◆AhysOwpt/w 本日の投稿:2010/12/18(土) 15:27:58 ID:3xPQd1dV
>話題にあがっていたオランダ、靴に棲む等を中心に年末年始に
>丁寧にノートテイクし、制約皆無のフリーで熱く語り合わない?

だとさw
激務の合間を縫って語り合おうだとほざいているぞ。
お前ちゃんと責任をもって相手してやれよなw

530 :名無しのオプ:2010/12/18(土) 20:19:53 ID:qcNcWhRM
独り3役で熱く騙りあうんですねwww

531 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/19(日) 17:59:04 ID:X4hmf+qu
柄刀一「密室キングダム」を読んだ。
稀代のマジシャン吝一郎の一家を襲った謎の連続密室殺人・・・
会話文も多いとはいえ、
900頁超えの大作(上下2段組でないだけマシだが)
オタには好評だったが、何か気が向かずに積読状態だった1作。
名探偵コナン級物理的トンデモトリックを連発したうえに、
最後の最後に来て(本作最後の密室殺人の謎解きでもある)、
「実はもう1人いますた」は無いわな・・・
犯人の密室脱出(?)の手法も正に「タイガーマスク」級のアクロバット。
手がかりも何も呈示されてないし、謎解きミステリとしてはどうなん。
虚弱体質な名探偵(美樹風)という発想に面白さはあるが、謎解きの過程で
彼氏の庇護者でもある姉(美樹子)の心象が綴られる部分が多く、
極めてうざく感じられる。こういった「推理」は淡々と記述した方がスマート
かつ、凄味も出るのだが。
だが、分厚い本書を自慢気にズタ袋に入れたヨレヨレのジャンパー&ボロボロGパン姿のミスオタは不気味に過ぎる。
正に「怪人」(「灰燼」の方が適切だったりして(w )なり。

532 :名無しのオプ:2010/12/19(日) 21:08:58 ID:aLZSFOPu
      ☆ チン     マチクタビレタ〜
                        マチクタビレタ〜
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 論考wを讃える自演まだ〜?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん |/

533 :名無しのオプ:2010/12/19(日) 23:37:27 ID:lYRZjaRj
44 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/11(土) 07:51:31 ID:JEUbu9N2
読後感って、Yの悲劇のメインの謎を理解できてないくせに
他人を叩こうとして、逆に自分が大恥かいた人でしょ?
園児の感想なんか誰も読まないから、書かせておけばいいんじゃね?
しかし、Yを誤読するかね普通・・・・


45 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/11(土) 12:02:38 ID:qFNv2Lyz
>>44
それは書斎魔神。


46 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/12(日) 14:24:31 ID:spjlTGkn
いや読後感だろ。
あれはワラタ。


47 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/12(日) 15:48:26 ID:xEVCICUM
読後感もとんだ食わせ物だな。


48 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/12(日) 19:10:41 ID:qJmRuLu+
>>46-47
書斎の自演乙。
自分がクイーンスレでどんなレスしたのかくらい覚えておけよw


49 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/13(月) 18:20:54 ID:K+OMKG2r
自分が叩かれると、なぜか書斎を持ち出して
話を有耶無耶にしようとする読後感w

いくらなんでも、>>45>>48は突然すぎだよ

534 :名無しのオプ:2010/12/19(日) 23:37:54 ID:lYRZjaRj
50 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/13(月) 19:11:49 ID:tJkIsPwX
そんなこと言ったら>>44なんて突然もいいとこだろw
全く何の脈絡もないし、そもそもスレ違い
それなのにソースも求めずageで尻馬に乗る>>46-47も胡散臭い

書斎かどうかは知らんが荒らしなのは間違いない


51 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/13(月) 23:36:42 ID:5PcOf+iW
少なくとも>>47は書斎だな。
IDで検索すればこの通り。
http://hissi.org/read.php/mystery/20101212/eEVWQ0lDVU0.html


52 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/15(水) 23:39:46 ID:jw53C1Xy
書斎を擁護するレスならまだしも、書斎以外の奴を批判するレスが出ただけで
全部書斎の自演だとか言い出す奴は、ぶっちゃけ基地外としか思えない。
こういう奴って、書斎憎しのせいで、もう物事をまともに判断することすら
出来なくなってるんだろうな。


53 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/15(水) 23:58:50 ID:8eKSvXic
書斎以外の奴を批判するレスが出た“だけ”で“全部”書斎の自演だとか言い出す奴なんて
1人もいませんけど

535 :名無しのオプ:2010/12/19(日) 23:38:22 ID:lYRZjaRj
54 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/16(木) 00:03:29 ID:FzUYlaH6
>>53
じゃあそう思ってればいいだろ。なんで必死なんだw


55 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/16(木) 00:57:12 ID:71nbhHzk
必死って言うのはさ、
>>44みたいに突然スレ違いで訳の解らないいちゃもん付ける奴とか
>>52みたいに都合の悪い事実(>>51等)は無視して出鱈目を言う奴のことじゃね?


56 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/16(木) 12:21:43 ID:0NSBz3UA
>>52
で、>>49のように自分に反論するのは読後感だと決めつけている人は
まともな判断ができているというのかな?


57 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/18(土) 13:58:18 ID:qq7apAV7
>>55-56
で、なんでそんなに必死なの?
もしかして、図星だったの?


58 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/18(土) 15:03:41 ID:1TaTXEom
と、必死な>>57であった。
本人のレスによれば「図星」だったらしい。


536 :名無しのオプ:2010/12/19(日) 23:39:14 ID:lYRZjaRj
59 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/18(土) 16:16:51 ID:qq7apAV7
2日空いてもすぐ反応するんだな必死すぎワロタ


60 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/18(土) 17:39:17 ID:kcXs46pF
ID:qq7apAV7
このスレにずうっと張り付いているのか。
必死なんだな。

64 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/12/19(日) 07:32:53 ID:BmtctOpk
>>50>>55(同一人物?)は、マジで文章の読解力ってものがないっぽいね。
それとも、ただの荒らしなのかな?

上の方からしばらく「このスレを本スレとして使うか否か」という話題が続いてて、
それでも読後感がまだここに感想(>>43)を書いたから、それを受けて
>>44で「誰も読まないから書かせておけ」というレスがあったのは、
流れとしては普通につながってるでしょ。

それに対していきなり>>45みたいに別の論点を持ち出す方が
よっぽど突然の馬鹿レスにしか見えないし、弁護しても苦しすぎるよ。

537 :名無しのオプ:2010/12/19(日) 23:39:39 ID:lYRZjaRj
65 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/12/19(日) 12:46:34 ID:Wa89tA+W
読後感が登場する>>29以前のレスの中で、
感想のレスは7(>>7>>8>>9>>16>>17>>21>>23)、「このスレを使うな」という主旨のレスは3(>>13>>19>>22
それも根拠を挙げた上での主張ではなく、ただ「使うな」と命令してるだけ

この時点で
>上の方からしばらく「このスレを本スレとして使うか否か」という話題が続いてて、
なんて状況じゃないことは一目瞭然で読解力以前の問題なんだが
自分の見たいものしか見えない人には五分の議論に見えるのかね(>>51>>56も当然スルー)


66 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/12/19(日) 18:06:00 ID:b8H3c0Ip
↑なんか狂気入ってるなこいつ


67 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/12/19(日) 22:18:15 ID:BmtctOpk
>>65
>それも根拠を挙げた上での主張ではなく、ただ「使うな」と命令してるだけ

あのさあ、それでも立派な話題だよw

主張に根拠があるか否かとか議論が五分かどうかと、
何についてのレスが書かれているかは、全く別の論点なんだけど?
誰も主張に根拠があるとか五分の議論がされているなんて
主張してるわけじゃなく、ただここが本スレかどうかについて話されていると
書いただけなんだけどねw

相手が主張してもいないことについて、鬼の首を取ったように
トンチンカンな反論をしても、恥をかくだけだよw


538 :名無しのオプ:2010/12/19(日) 23:40:00 ID:lYRZjaRj
68 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/12/19(日) 23:07:10 ID:lYRZjaRj
頭からスレを見た結果、書斎のいるほうのスレを本スレにしたい奴がいるのはよくわかったw


69 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/12/19(日) 23:27:53 ID:b8H3c0Ip
>>52
同意


70 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2010/12/19(日) 23:35:58 ID:lYRZjaRj
>>69
で、お前を叩くのは全て読後感の自演なんだよな?


539 :名無しのオプ:2010/12/20(月) 03:09:27 ID:S9Wo3ELI
このスレって全く役目果たしてないな。

540 :名無しのオプ:2010/12/20(月) 07:16:59 ID:qghWToIN
書斎のネタバレの場でしかないからな

541 :名無しのオプ:2010/12/20(月) 15:56:43 ID:hq8dBmPW
72:12/20(月) 00:12 hq8dBmPW [sage]
>>67
でもそんなのに配慮して感想書くのを止める必要は全くないよね?
読後感だろうと他の誰だろうと

73:12/20(月) 00:32 gPDBJg6d [sage]
>>72
もちろんその通り。
実際書斎&書斎がいても構わない人と
書斎のいるスレにはいたくない人とで棲み分けができている。

74:12/20(月) 15:06 /qBA2y3Q [sage]
>>72
池沼ワラタ
お前>>67の最後の2行を、100回ほど声に出して読めよw

反論じゃなくて質問したんだけどね。
根拠もなく議論にもなっていないことは向こうも認めている訳だし。
そもそも何故荒らしを弁護したがるのか謎だが。
仮に「フェアであろうとする人」なら荒らしだけを弁護するのはおかしいしね。

542 :名無しのオプ:2010/12/20(月) 19:25:14 ID:oYSEIFXC
ID:lYRZjaRj
ID:hq8dBmPW

こいつ何がしたいんだ?

543 :名無しのオプ:2010/12/20(月) 22:58:06 ID:Qlsavat0
>>541
要するに本スレのほうを荒らして機能不全にしたい荒らしなんですよ、/qBA2y3Qは。
読後感を叩くのも本スレに感想を投稿しているから。

544 :名無しのオプ:2010/12/20(月) 23:40:15 ID:hq8dBmPW
>>543
真っ向から意見をぶつけるのではなく煽るだけだからね
まともに議論しても勝ち目はないことは百も承知なんでしょう

545 :名無しのオプ:2010/12/21(火) 00:40:10 ID:I6bGO/1x
(すまん、別の削除要請されている?スレで書いてしまったのでこちらに転載します)

ウイリアム・L・デアンドリア「ホッグ連続殺人」読了

前日にアマゾンの某作家の某既読作品のレビューで結構なネタバレ食らった・・・
おかげで怪しいと思った奴が、やっぱり怪しかったわけで(あんなところ読むもんじゃねえな(笑))
でも「完全な」真相にはやっぱり驚嘆した・・・ただ「やられたあ!」という感じにはならず
これって日本の故人となった某作家の某作品に酷似している(某ばっかりですまんw)
調べてみたらあっちの方が1年早かった
まあパクリではないけど

解説では故人となった筆者はクイーンに傾倒していたらしいが確かに読んでてそんな感じがした
でもトリックと真相はクリスティだわな

546 :名無しのオプ:2010/12/21(火) 00:44:40 ID:Sps3Zj/J
>>545
あっちが本スレで、こっちは書斎専用のスレ。
だからわざわざコピペする必要なし。

向こうで荒らしているキチガイはただ重複だ重複だとインネンつけているだけで
削除依頼なんかしちゃいないよ。

547 :名無しのオプ:2010/12/21(火) 00:54:54 ID:I6bGO/1x
>>546
へっ、そうなの?
アナタ読後感さんじゃないよねw
コピペしてすんませんでした!

548 :名無しのオプ:2010/12/21(火) 02:23:24 ID:HCqXfpNm
>>542
その子すぐファビョるし、すぐ粘着するから、構わない方がいいよ。

549 :名無しのオプ:2010/12/21(火) 11:57:57 ID:CHEV8jEF
>>548
そういうお前が本スレで構っているじゃないか荒し君w

550 :名無しのオプ:2010/12/22(水) 21:15:21 ID:Katng5EV
ID真っ赤にして嬉々として他スレのレスを延々と貼り続けるという
教科書通りのコピペ荒らしをしてるキ印君は、
自分の行動について脳内でどう正当化してるんだろうか

もうルールもマナーも他人の意見も関係なく、
とにかく俺がしていることだから正しい!とか
狂信的に思い込んでるんだろうな…

こいつの行為自体が、言い訳のしようがない荒らし行為なのにね

551 :名無しのオプ:2010/12/22(水) 21:57:52 ID:EaaFJlOM
>>550
荒らしのレスなんかコピペしないでスルーしろってことですね
わかります

552 :名無しのオプ:2010/12/23(木) 11:48:36 ID:mmPxxC/S
>>550
クロフツスレにコピペしている書斎のことだね。
あいつは本当に馬鹿だよなw

553 :名無しのオプ:2010/12/23(木) 21:21:32 ID:+vRpMvON
さあそろそろ「読んだ」と称した出鱈目三昧のダメレスが登場w
ID:Tp4UW/ZC の自画自賛もついてくるぞw

554 :名無しのオプ:2010/12/24(金) 00:12:18 ID:nQszWiwS
75 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/23(木) 23:51:39 ID:/ZURNPZn
>>71があっちのスレで叩かれまくっててワロタ
調子こいてスレを荒らすから、そういう目にあうんだよ
何がしたかったんだこのアホw



叩いているのはお前ひとりだろ。
回線切り替えているのか複数回線使っているのかは知らんが
どれもこれも言うことは同じで文体が同じだからばればれw

だいたいこっちは書斎に構うなというレスひとつないのにコピペレスだけを叩く奴がいるのか?
不自然だろw
もう少し頭を使って自演しようね、頭の悪い書斎支持者くんw

書斎を迎え入れるために立てたこっちのスレを何とか本スレにしたくて苦労している姿は実に涙ぐましいが
既に書斎とその他の人とで棲み分けは済んでいるんだからもう遅いよ。

俺は本スレを荒したくないからお前のレスはこっちにコピペしてこっちで叩くことにする。
>>550-551みたいなこと言った以上はお前は俺のレスを本スレにはコピペできないしなw

555 :名無しのオプ:2010/12/24(金) 11:42:33 ID:FWQZ3ZVw
>>554
このスレでやる分には問題なし。
ここは書斎派wをからかうスレなんだから。

556 :名無しのオプ:2010/12/24(金) 19:10:20 ID:7S/8oMko
 76 名前:名無しのオプ 投稿日:2010/12/24(金) 19:02:57 ID:cXc+tw3U
 荒らし(書斎)を排除するはずの正義の使者wが
 自分でスレを荒らしちまってるんだから、もうどうしようもない。
 こんな馬鹿(ID:lYRZjaRj)は久々に見た。

おやおや。
自分が本スレ荒らしているくせになに言ってるんだか。
書斎専用のスレに誰も感想投下してくれないのがそんなに悔しいなら
自分で書き込みすりゃいいじゃないかバカw
いちいち回線切り替えて単発レスで荒らす前にもう少し工夫しろよ能無しw

557 :名無しのオプ:2010/12/25(土) 00:26:21 ID:uLGm7xTC
↑ ID:lYRZjaRj必死すぎw
誰か他人が人を殺したら、自分の殺人の罪が消えると思ってんのかなこの馬鹿w
いくら他の荒らしの話題を持ち出そうとも、こいつがスレを荒らした事実は消えないのにな。
大阪の迷惑駐車撲滅キャンペーンのCMに出てくるババァと同レベルの池沼w
「なんで私だけ捕まえるのん?みんなやってるやないの!」
最高だよこの蛆虫笑えるw

558 :名無しのオプ:2010/12/25(土) 00:31:23 ID:32ZlDCp+
ひょっとして、>>1= ID:uLGm7xTC ?
お前が一番気持ち悪いぞ。
>誰か他人が人を殺したら、自分の殺人の罪が消えると思ってんのかなこの馬鹿w
これお前にも充分該当することだけど理解しているのか?














あ、こんなこと言うと俺もID:lYRZjaRjにされるのかな?

559 :名無しのオプ:2010/12/25(土) 09:20:34 ID:uLGm7xTC
>>558
お前さあ…>>557の論旨が全く理解できてないだろw

「ID:lYRZjaRjは荒らし行為をしていない」という反論を俺にしてくるならわかるんだけど、
それ以外の荒らしの話とかを俺にされてもねえ…。
俺は「ああ、そうですか。頑張って主張してくださいw」としか言えないよ。

俺は現に荒らし行為をしてその証拠もある ID:lYRZjaRjを批判してるだけなんだけど、
なんでお前は荒らしをしていない人にまで突っかかってくるわけ?
何か気にくわなかったのかなw?

560 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/25(土) 20:29:38 ID:Dz6EjJzG
「クロフツ短編集 T」を読んだ。
雑誌連載された倒叙スタイルの作品集。
昔、ラジオドラマ脚本から起された「殺人者はへまをする」(品切れ)
という同趣向の作品集が、長編ミステリ作家という印象が強かった
フリーマン作品にしては楽しめた(肩肘張ったものではなく、あくまで気軽にだが)ゆえ、手にしてみたが、全体評価としては外れ感が強かった。
まあ、余興的作品集でもあり、暇潰しに資すれば騒ぎ立てるほどのこと
ではないのかもしれぬが。
300頁強の文庫本に21編収録、これでは十八番の足の探偵、
捜査小説の本領発揮は当然のことながら無理ぽだが、
指紋、足跡等の物証重視、検視、科学捜査等を決め手にしている作が多いのは、
いかにもこの作家らしくもある。
主たる探偵役は長編群と同様にフレンチ警部(ただし、アシストで登場したり、
彼の探偵術の弟子筋の警察官が主となり名前しか登場しない作もある)

561 :名無しのオプ:2010/12/25(土) 20:46:13 ID:5yEULSoO
一応、かねてから大不評な(というか相手にされない)収録作品全話講評を逝ってみようか!!

562 :名無しのオプ:2010/12/25(土) 22:51:31 ID:3Lg3+yhd
相変わらずぼやけた感想しか書けないんだなw
読んだフリするのってそんなに楽しいかw

563 :名無しのオプ:2010/12/26(日) 07:27:31 ID:FeF8lRNi
>>556
もっと何かしゃべれよコピペ荒らし魔
おまえ某所で濃厚なヲチ対象になってんだからさ(・∀・)ニヤニヤ
もっとデムパ飛ばしておれたちを楽しませろ
使えねー荒らしだな

564 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/26(日) 15:07:24 ID:LMg0iSIV
F・W・クロフツ「二つの密室」を読んだ。
T〜Xの五部構成。タイトルどおりこの作者には珍しい密室殺人ネタ、
しかも第T部は「これってアガサ?」と思わせるような若い女性を主人公に
した田園小説風の展開である。
おなじみフレンチ警部が登場する第U部からはおなじみ地道な警察捜査小説
という展開へと相成る。
女性キャラ登場多数ながら、アガサと異なるのはいわゆる「美しい女性」は
第一のガイシャと容疑者にひとりいるだけであり、ヒロインを始めとして
美人でもチャーミングでもない、いわゆる普通の女性であること。
本筋とは関係ないものの、この辺にも鉄道技師という地味なキャリアを持ったクロちゃんなりのリアリズムを感じさせるものあり。
さて、メーンテーマである密室ネタは、一つ目(物理的もの)のガス管ネタは技師らしい妙にわけわからめな凝った(凝り過ぎた?)ものだし、
二つ目(心理的もの)の「扉の影に・・・」ネタはある意味で脱力もの、
ジョンあたりがやるなら笑って許せても、地に足が着いた真面目な作風というイメージのF・Wがやると「なんじゃ、そりゃあ」と妙に腹立たしい感が
あるのは不思議ではある。
本事件解決後に上司からの賞賛を受けたものの、念願の主任警部昇進は
無かったようなフレンチ、この失望(?)にもかかわらず、
ラストでヒロインの境遇を祝福するシーンは、地味にハートウォーミングな
感があって良し。アガサ作品にありがちな「わざとらしさ」が無いんである。

565 :名無しのオプ:2010/12/26(日) 23:20:59 ID:F4OQ8L5b
書斎は以前「一つに固定する読書はアホ」とほざいて
作家や分野を散らして読んでいると豪語していたけど

もはやカッコつけをやめて
某サイトにしがみついてクロフツのパクリ感想一筋に走ったかw

566 :名無しのオプ:2010/12/28(火) 22:38:54 ID:dX6gzg/g
東川篤哉の「好感殺人には向かない夜」読んだ

題名でトリック丸わかりじゃん、て思ってたら
あっさり騙された……

567 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/30(木) 20:55:29 ID:ukeBcQe6
45 名前:書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/30(木) 20:54:28 ID:ukeBcQe6
F・W・クロフツ「フレンチ警部最大の事件」を読む。
記念すべきフレンチ・シリーズ第1作。
F・W作品中、あるいは上記シリーズ中でも出来は標準程度ながら、
やはり、フレンチ・シリーズはこの作品から手に取るべきであろうかと思う。
タイトルは訳者である田中西二郎先生のあとがきでも指摘されているとおり、
後のフレンチ担当事件を思えば、このエピが到底「最大」のものとは思えず、
当初は従前の作品群同様の単発キャラとして把握されていたことを覗わせる
ものとなっておる。
しかし、本作もある種典型的なF・W作品だけあって、地味で肩が凝る面も
ある警察捜査小説である。
田中先生が指摘する「樽」より優れた面ってのもどんなもんかな?
さほど人間ドラマとしての感興があるとも思えないし、
警察小説としての読み応えは「樽」の方がはるかに上だと思われ。
詐称したり、部下にスケこましを命じる等、捜査のためなら手段を選ばない
フレンチさんの方針は面白くはあるけどね。

568 :名無しのオプ:2010/12/30(木) 21:14:32 ID:Om7UTA9l
コピペ荒らしは死んでしまえ

569 :名無しのオプ:2010/12/30(木) 21:42:26 ID:6rmeFcRb
結局あとがきしか読んでいないというアホな書斎でした。

ちゃんちゃんw

570 :名無しのオプ:2010/12/31(金) 10:36:04 ID:yF7OIYaP
あとがきだって読んでないよ
全部ネットの書評のパクリ

571 :名無しのオプ:2010/12/31(金) 16:21:28 ID:DehrM3Z0
読んでもその内容を理解できない馬鹿だもの
「色々書かれているみたいだな」
と思ったらそれをパクッているだけでしょ

572 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2010/12/31(金) 20:46:07 ID:shMFBlz5
西村京太郎「天使の傷痕」を読んだ。
あの京太郎(注 鏡ではない(w )はここから始まった乱歩賞受賞作品。
後の十津川警部シリーズに代表されるライトな遊び心に富んだ
トラベル・ミステリ等しか知らない者には
薬害による奇形児というシビアなテーマも盛り込んだ作風は驚きだろうが、
悦ちゃんこと仁木悦子嬢の解説にもあるとおり、内容的には社会派ではない
(勿論、その要素もあるが)。
ミステリを読み慣れた者には、犯人は簡単にわかるものの、
海外作家ならジョンしか書かないような名探偵コナン風なトンデモ・トリック
には、物語の状況設定そのものがリアルでシリアスなだけに、逆に際立つものがある。
違和感まではないのは、さすがに作者の語りの上手さゆえか。

573 :名無しのオプ:2010/12/31(金) 20:54:11 ID:cYKsuUHv
あれ?
書斎は以前西村や赤川の初期作品がどうのとほざいていたくせに
今ごろ「天使の傷痕」を読んだのか?

どんどんボロが出てくるなバカ書斎w

574 :名無しのオプ:2010/12/31(金) 23:20:22 ID:iMRUrJnZ
「叫びと祈り」読了。収録作では「凍れるルーシー」が傑作。
動機の扱い方が上手だけど、最後の1行がショッキングで良い。この人のミステリをもっと読みたい。


575 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 00:03:12 ID:TfOBy3ET
やっと「天使の傷痕」100円で買えたんだw
頭吊は「殺しの双曲線」に
十津川が出てるって馬鹿
言ってたからなぁw


576 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 00:53:08 ID:8dC+ORS8
西村京太郎が「天使の傷痕」でデビューしたと思っているのかよ書斎wwww

577 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 02:41:16 ID:8xXGhbBP
消失!/中西智明

今更ながら中古で購入
一つ目のトリックはヒントが多かったのですぐわかったけど
まさかあれがこうだとは・・・後半畳みかけで面白いしオチもよかった
無理がある感もいなめなかったけど綺麗に騙されて満足
折原や麻耶作品のような風変わりでちと強引な作品が好きなら楽しめると思う

578 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 10:34:26 ID:mnU0ztRf
>>576
乱歩賞以前にオール讀物推理小説新人賞を受賞したとか
長編『四つの終止符』とかを知らないんでしょうね。

今さら『天使の傷痕』を読んだくらいですから
「“あの京太郎”このコンテクストさえ読解出来ないアホが」云々いう言い訳もできず
悶々とこのスレを無視するとかないという恥ずかしい状況に陥っているのがwww

579 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 10:38:58 ID:2fuT+/mK
たぶん、「そんなことは承知している」と書いて、墓穴を掘るパターンw

580 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/01(土) 21:35:45 ID:4N/zlLYY
長井彬「原子炉の蟹」を読んだ。
これも乱歩賞受賞作品だが、偶然にも前回論じた「天使の傷痕」の主人公と
同様に本作もブンヤ(新聞記者)が主人公である。
実際のブンヤ経験がある作者の筆になるものだけあって、
記者群像、当時の新聞発行のプロセス等は非常にリアルな面があり、
(終盤、主人公のベテラン記者が急に名探偵風(最後まで読めばあくまで
「風」だったのだとわかるが)な存在になってまう違和感はあるが)
さすがにこの辺は、西村作品とは異なるものがある。
(後述するとおり、問題は他にあるのだが)
原子力発電所をある種の密室に見立て、さらに一見ミスマッチとも
思えるようなサルカニ合戦の民話(リベンジねた)を見立て殺人に絡めた作。
なるほど趣向そのものは非常に面白いのだが、いかんせん、
文章が生硬なうえに、偶然性に頼った展開が多いのが難だ。
(ヒロインによるガイシャ目撃、地元におけるサルカニ合戦の由来を知る老人の登場等々)
まあ、年齢(受賞時に56歳)はともかく新人であり、
応募原稿の枚数制限もあるゆえ、仕方無きことだろうか。
それとも同じく乱歩賞作家とはいえ、後に大ブレークし現在も活躍する
京太郎等の作家との根源的な差異なのか?
また、本作は後に活躍する作家岡嶋二人の「あした天気にしておくれ」
と同年のノミネートであり、メーントリックに先例ありという点が
問題視されなければ(ミステリ作品である以上、これは厳しいが)
選評を読む限り、受賞に至らなかったのでは?という感も抱く。
密室トリックは一人二役のバリエーション。
動機もリベンジねたと、題材・設定が現在でも通用するようなビビッドな
もののわりには、メーンは古典的な内容なのは、逆に社会問題不得手な
ミスオタには安心して読めるやもしれぬ(w

さて、この後に「原子炉の蟹」とは無関係な荒らし目的オンリーの罵倒レスが
ある悪感。

581 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 21:39:23 ID:L0+Lj5F4
間違いの指摘が「荒らし目的オンリーの罵倒レス」wwwww
これが精いっぱいの皮肉のつもりとは情けないw

西村京太郎の件がそんなに悔しかったのなら
きちんと謝罪して訂正したらどうだ?
そういうアホだからお前は皆から嫌われるんだよ。

しかも肝心の「原子炉の蟹」のカンソーにしても読まんで書けるレベルの代物だし。

582 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 21:49:31 ID:sBDKgiZP
http://ameblo.jp/penguinsnight/entry-10376348794.html

これ読んだだけでしょ

583 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 21:52:55 ID:sBDKgiZP
↑の文章焼き直し、選者評が使っている言葉を言い直してはってるだけ。


584 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/02(日) 01:07:30 ID:elEifMOI
>あの京太郎(注 鏡ではない(w )はここから始まった乱歩賞受賞作品。
この文章をデビュー作とか誤読してしまう時点で駄目、駄目ではある(w
京太郎だとからんで来れるが、少しマイナーな作になると、
ネット上で見つけた論考を持って来て、無理やり因縁をつけるしかない連中、
悲し過ぎるものあり。
引用しての具体的な批判が出来ないはずであり。
共通に指摘している事項が存するだけであり、全然違う内容や(w

585 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 01:15:19 ID:+rbIkCGU
>>あの京太郎(注 鏡ではない(w )はここから始まった乱歩賞受賞作品。
>この文章をデビュー作とか誤読してしまう時点で駄目、駄目ではある(w

何とか言い逃れを探してやっと見つけたのがこれかw
だったらどういう意図でそんな駄文を仕立て上げたんだよ馬鹿。
「天使の傷痕」で作風が変わったとでも言うつもりかね。
だったらそれを論じなければ意味がないだろw
あ、無理か。今頃「天使〜」を読んだと言い張っているんだから
そんな論を立てられるはずがないんだよなw

西村京太郎が乱歩賞でデビューしたと思い込んでいたところ
それ以前にとっくにデビューしていたことを指摘されて恥ずかしかったのはわからんでもないが
間違いは素直に認めることだなアホ書斎w

586 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 08:39:15 ID:QFHFaqYS
>この文章をデビュー作とか誤読してしまう時点で駄目、駄目ではある(w

書斎がこう言い出すときは図星を指されて反論できないとき。
その証拠にこれに続く文章はただ罵倒するだけで
「ではどういう意味なのか」を述べたことがただの一度もない。
そしてそれを追及されれば「自分で考えろ、甘ったれるな」と
じつに甘ったれたダメ男らしい捨て台詞を吐くのがいつものパターン。

おそらく書斎は西村のデビュー作が「天使の傷痕」だと思っていたところが
思いがけずもそれが間違いであることを指摘され
知らんぷりをして逃れようと思っていたところに「デビュー作」と明確に書いていなかったことに気づき
相手が誤読していることにして逃げようとしているのだろう。
その姿は実にみっともない。

587 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 10:52:58 ID:fH8FS/70
80 :名無しのオプ:2011/01/01(土) 16:29:05 ID:UiLpx64G
>>71
犯行声明乙。


82 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 10:47:58 ID:NCUrzzBK
もう>>71のことは許してやれ。
自分の行為が嵐に思いっきり該当するから、運営に通報されるとまずいと
さんざん指摘されてようやく理解したんだろ。


よぉ久しぶりキチガイ君。
通報したけりゃ通報すればいいよ。、どうせ口だけなんだから。
そのときは当然書斎のコピペについても報告することだな。
さあ某所とやらでしっかり笑ってやってくれw

588 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 10:55:22 ID:fH8FS/70
おっとこっちも移動を忘れていた。


75 :名無しのオプ:2010/12/23(木) 23:51:39 ID:/ZURNPZn
>>71があっちのスレで叩かれまくっててワロタ
調子こいてスレを荒らすから、そういう目にあうんだよ
何がしたかったんだこのアホw


76 :名無しのオプ:2010/12/24(金) 19:02:57 ID:cXc+tw3U
荒らし(書斎)を排除するはずの正義の使者wが
自分でスレを荒らしちまってるんだから、もうどうしようもない。
こんな馬鹿(ID:lYRZjaRj)は久々に見た。



お前が荒らすたびにこっちに移動させて埋めてやるから安心しろよカマッテちゃん。
さあいつ荒らし報告してくれるのかな?

589 :告知age:2011/01/02(日) 10:57:17 ID:fH8FS/70
ああこっちが埋まったら本スレに書斎が湧くか。
それなら俺が書斎専用スレ立ててやるから安心しろよキチガイ君w

あとさ、いちいち回線切り替えて多数派装うのはやめておけ。
手間がかかるだろ?

590 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 11:10:20 ID:QFHFaqYS
ID:NCUrzzBK = ID:fH8FS/70 だな。
自演ご苦労さん。

こっちにレスするぶんには問題ないけど本スレ荒らすのはやめろ。

591 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 16:27:38 ID:YqyXXOlp
書斎のコピペには何も言わない時点でバレバレだよなw

592 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 17:03:28 ID:5matSRXk
>>587-589
>>590読んでどう思った?
お前は正義のためにがんばってるつもりでも、
周囲から見たらただのキチガイなんだぜw

593 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 17:56:15 ID:YqyXXOlp
>>592
>>590に同意するならお前も自演ってことになるけどw

594 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 18:36:51 ID:RvydHRr2
最近ミステン入りしてた?告白読んでみたけど
うーんなんかいまいちだなぁ。

過剰表現見るの疲れてふと読み始めた1冊だったけど
感想文を読んでるみたいな感覚でつらいorz

595 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 19:17:03 ID:5matSRXk
>>593
お前に話してないよバカ。

596 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 19:19:59 ID:eKpXdBCt
>>590>>593
そいつ書斎の湧くスレをテンプレ外して立てまくっているキチガイ。
せっかくこのスレを立てたのにちゃんと本スレを立てられたのが悔しくて
叩きレスを集めるだめに本スレを荒らしているレス乞食だから相手にしないほうがいいよ。


ある意味書斎より頭がおかしい奴だから。

597 :名無しのオプ:2011/01/02(日) 19:21:58 ID:eKpXdBCt
で、その書斎だけどこのスレにき来ていないようだね。
西村京太郎についての無知といい
論考wwwのパクリがバレたことといい
恥ずかしいことばかりだな。

598 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/02(日) 20:45:12 ID:v+uEqZ5p
ジュール・ヴェルヌ「サハラ砂漠の秘密」を読んだ。
ヴェルヌ作品ではマイナーな作。
前半は秘境冒険もの、後半はSFタッチ。
舞台そのものが人跡未踏の地というものではなく、既に探検の前例
が多いアフリカ大陸のフランス植民地ということもあるが、
前半はたいした冒険も無く、冒険・奇談が連発されるハガード作品
あたりを知っていると、失望感も大きい。
ジュール作品中でも現代にも読み継がれる名作「海底二万哩」「地底旅行」
あたりと比較するのは酷に過ぎるか?
それにしても、後半の展開も「月世界旅行」「地軸変更計画」程のトンデモぶりと比較すると、お約束な大時代的なメロドラマ(腹違いな兄妹の偶然の出遭い、
敵のボスが実兄、危機一髪で駆けつけるヒロインの恋人=軍人等)には
うんざり。まあ、大のオトナがこれを喜んで読んでいるとすれば、
今更何をか況や、だわな。
終始、物語中でトリックスター的役割を果たすサン・べラン氏(ヒロインで
あるジェーンの甥ある時は叔父?)、
もっと脇では浮世離れした数字狂のポンサン(統計学者)も楽しいキャラだ。
調査団のリーダーである2人の国会議員、バルサックはバルザック、
ボードリエールはボードレールのもじりやろうか?

599 :名無しのオプ:2011/01/03(月) 06:52:21 ID:HLEL+HrI
>>595
ID:YqyXXOlpは、ID変えてきたID:fH8FS/70

見てりゃモロバレだろ

600 :名無しのオプ:2011/01/03(月) 10:49:46 ID:WKf8CnYl
またパクリ感想文か。

書斎もいい加減にしたらどうだ?

誰もお前が本当に読んでいるなんて思いやしないから。

601 :名無しのオプ:2011/01/03(月) 11:54:08 ID:gY4oZcPC
>>599
書斎以外を批判しただけで自演扱いする奴は頭がおかしいと以前誰かが言ってましたよ

602 :名無しのオプ:2011/01/03(月) 17:37:37 ID:Ms15SA1A
誰かが気に入らないことを書いたとしても、そんなのスルーしろよ。

603 :名無しのオプ:2011/01/03(月) 17:44:12 ID:XaY77dM/
>>601
そいつ書斎以上のレス乞食だからスルーしたほうがいい。

604 :名無しのオプ:2011/01/04(火) 11:46:15 ID:jZk6chA5
>>601
ID:lYRZjaRjのコピペには何も言わない時点でバレバレですよ、荒らしクンw

>>602
書斎の話なんか全然してなくても、たとえば読後感を批判するレスが書かれただけで
すぐにファビョって書斎の自演認定してコピペ荒らしする基地外とか、
いろんなのがこの板には居ますからねえ…。
そりゃ書斎になんか興味も関心もない普通の人は敬遠して、ミス板も過疎るわけですよね。

605 :名無しのオプ:2011/01/04(火) 15:41:41 ID:GwzrMB1s
どうでも話を逸らしたいらしいけど
結局西村京太郎の件は書斎の全面敗北ということで決着していいよねw

606 :名無しのオプ:2011/01/05(水) 18:32:40 ID:WpOPCYPC
>>604
つまりずっと粘着してる自分は普通の人間じゃないという告白だな

607 :名無しのオプ:2011/01/06(木) 11:26:31 ID:tJQd2O2t
悪魔が来りて笛を吹く
タイプの打ち間違えの意味がいまいち分からなかった

608 :名無しのオプ:2011/01/06(木) 11:31:55 ID:aRs2OWsl
>>605
おk。

ちなみにここ書斎専用スレだからw

609 :名無しのオプ:2011/01/06(木) 20:07:00 ID:di1cBiB2
書斎もID:lYRZjaRjもミス板には不要、消え失せろ

二度と来んな

610 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/08(土) 12:55:37 ID:GndvFh1G
和田誠「倫敦巴里」を読む。
昭和52年刊行ながら、今読んでもとにかく笑えること保証済み、
名イラストレーション満載な書である。
川端康成「雪国」冒頭部分を素材に、有名作家等の文体パスティーシュ
(著者は「パロディ」というワード使用に慎重なようであるから、
このワード使用も問題かもしれぬが)は、本好きなら抱腹絶倒もの。
取り上げられる作家等は、庄司薫、野坂昭如、植草甚一、星新一、
淀川長治、伊丹十三、笹沢左保、永六輔、大藪春彦、五木寛之、井上ひさし、
山口瞳、長新太、北杜夫、落合恵子、池波正太郎、大江健三郎、土屋耕一、
つげ義春(これは『ねじ式』式と題された漫画。さすがに絵の本職だけあってハンパではない上手さだ)、筒井康隆、川上宗薫、田辺聖子、東海林さだお、
殿山泰司、大橋歩、半村良、司馬遼太郎、村上龍、つかこうへい、横溝正史、
浅井慎平、宇野こう一郎、谷川俊太郎の各氏。
長新太、土屋耕一、大橋歩の3人は「Who?」状態やが、
後は読んだことがある、愛読した時期がある作家が多いのが嬉しいところだ。
惜しむらくは、ミステリ板の住人としては大乱歩と清張先生を入れて
欲しかった(この2人は本書中の「今昔文士劇大会」という題材のイラストで
共演(?))
清水義範デビューはるか前に、既に和田氏がこんな試みをやっていたとは
驚きである。
本邦の著名な作品を有名外国スターのキャスティングで撮ったらという
初夢ロードショー、漫画オールスターパレード等も非常に面白い。
「銭ゲバ」のアラン・ドロンって何じゃあそりゃあ(w
山藤章二氏の濃い作風に対して、ユーモラスでハートウォーミングな
イメージがある著者だが、70年代には時代性もあるのか、
かなり尖がった作風であり、文章なのには意外感もあった。

611 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 14:19:52 ID:tZfqJtbs
書斎の書評は本の玉手箱だね。
宝物をたくさん紹介してくれる。

612 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 14:22:36 ID:yAKEyb4Q
九十五羽の烏の論考をお願いします

613 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 19:54:14 ID:G2WjMRBr
オランダ棺の謎の論考もお願いします

614 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 20:07:01 ID:G2WjMRBr
血蛞蝓 の論考もお願いします

めくら頭吊 の論考もお願いします

ポワロが出てくるそして誰もいなくなったの論考もお願いします 

マスクマンの人形 の論考もお願いします 
闇にきらめく の論考もお願いします
月は地獄や の論考もお願いします
キタ・セクスアリス の論考もお願いします
 …

本当に書斎さんの頭の中は普通の人の目には見えない本の玉手箱ですね

615 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 20:27:42 ID:vho0ihn1
↑こういう阿呆も書斎と同じ荒らしなんだけど、本人は何の自覚もないから始末に負えない。
ある意味、故意犯の書斎よりもたちが悪い。

616 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 21:24:44 ID:qmBJGIgg
書斎よりもたちが悪いってことはないな。
生き恥をかきながら十年居座ってる気違いを駆逐するのは簡単にはいかないけど、
書斎がいなくなるように色々模索することはありだと思う。
何もしないで偉そうなこと言うよりはまし。まあ書斎の自演可能性大だけどw


617 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 21:26:39 ID:yAKEyb4Q
「アンチ」のが悪いとか、かまう奴だけが悪いっていうのは
名無しの書斎の得意なフレーズと思うぜ


618 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 22:52:44 ID:U/oD5R1z
「書斎も悪いが」というような言葉を頭につけて
その後は長々と「アンチ」を攻撃するという
エセ中立派のフリも書斎の得意技。

619 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 22:59:15 ID:yAKEyb4Q
でもってなぜか単発のID

620 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:03:52 ID:xbWmXEOZ
ここまで来ると立派な病気。
書斎を援護すると全部自演ということらしい(w

病院に行った方がいいよ。悪いことは言わないから。

621 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:09:23 ID:U/oD5R1z
120 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2011/01/08(土) 20:25:19 ID:xbWmXEOZ
コピペ荒らしはやめとけ。
第一でつまつくんと書斎は別人だ。


121 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2011/01/08(土) 20:34:13 ID:K6kUJs5K
>>120
お前が第三者だとしたら、なぜそんなことが断言できるのか?
論理的に矛盾した発言だと何度いわれれば分るんだよw


122 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2011/01/08(土) 20:36:02 ID:xbWmXEOZ
レスを読めば誰でもわかること。
逆に書斎がここまで文体を自在に操れるなら真の天才だ。
そういうこともわからないとは盲信とは恐ろしいね。



「見ればわかる」としか言えない頭のおかしな人も病院へ行くべきだなw
ちなみに書斎派たちは誰がマルクス氏なのかが明白らしいねw

622 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:15:05 ID:G2WjMRBr
◆宮部スレ
660 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2011/01/05(水) 15:24:53 ID:Mo6WNs63 ←←←
でつまつくんは悪くない。
これからも当スレでの活躍を信じている。

◆カースレ
52 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2011/01/05(水) 15:25:49 ID:Mo6WNs63 ←←←
名無しが書斎に見える。これを幻視という。
さっさと病院行けや(w

◆都筑スレ
61 名前:名無しのオプ :2011/01/05(水) 16:20:42 ID:Mo6WNs63 ←←←
書斎は以前から一貫して正しい。
住人の意地が事態をこじらせているだけのこと。

623 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:17:38 ID:G2WjMRBr
52 名前:名無しのオプ 本日の投稿:2011/01/05(水) 15:25:49 ID:Mo6WNs63
名無しが書斎に見える。これを幻視という。
さっさと病院行けや(w

620 名前:名無しのオプ :2011/01/08(土) 23:03:52 ID:xbWmXEOZ
ここまで来ると立派な病気。
書斎を援護すると全部自演ということらしい(w
病院に行った方がいいよ。悪いことは言わないから。


ほんとうに語彙が貧困なんだなww
これで「書斎がここまで文体を自在に操れるなら真の天才だ」だってww

624 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:20:12 ID:vho0ihn1
>>620
書斎を擁護してるレスを自演認定するなら、証拠の有無はともかく
話の筋は通るからまだわからなくもないけど、
書斎を批判してるレスまで自演認定してくる>>618みたいな基地外は、
もう自分の喋ってることに筋道が通ってるかどうかなんて関係ないんだろうな。
ただ誰でもいいから叩いて、スレを荒らしたいだけの基地外。書斎と同じ。

625 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:40:07 ID:U/oD5R1z
>>624
頭につけず最後につけるバージョンか。
しかもわざわざいつもの名無しのageにレスつけてまでwww

するとお前は
書斎の自演に同調し
アンチwを執拗に叩くが
そのくせスレに沿った話をまったくしないという
書斎の自演パターンと殆ど同じレスしかしない別人だという設定なのか。

それがいかに不自然なことなのか理解できない頭の悪さってw

626 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:46:36 ID:fYnL0Asc
荒らしを煽るのも荒らし
>>615のいう意味は「書斎と違って荒らしの自覚がない分たちが悪い」ってことじゃね

627 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:53:21 ID:vho0ihn1
ほら、>>625はもうまともに筋道立てた話をすることすらできないだろ?
完全に頭イっちゃってる。

628 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:56:45 ID:yAKEyb4Q
↑こういう阿呆も書斎と同じ荒らしなんだけど、本人は何の自覚もないから始末に負えない。
ある意味、故意犯の書斎よりもたちが悪い。

あっ、自覚はあるのかも

629 :名無しのオプ:2011/01/08(土) 23:59:52 ID:U/oD5R1z
反論できなくなると個人攻撃w
またまた書斎お得意のパターンか。

>>626
ところが ID:vho0ihn1 のレスをたどればわかるけど
明らかに言動が不自然なんだよ。
書斎のことはてってつけたような叩き方なのに
「アンチ」に対する攻撃は陰険かつ執拗。
「書斎と違って荒らしの自覚がない分たちが悪い」というのは
ID:vho0ihn1 について言えること。
いや、こいつは明白に荒らす気満々か。

これで本当に書斎とは別人だというのなら書斎以上のキチガイだ、
キチガイ書斎に便乗するのだからw

630 :名無しのオプ:2011/01/09(日) 00:00:58 ID:t+e5HXan
訂正w

×てってっけた
○とってつけた


631 :名無しのオプ:2011/01/09(日) 00:05:06 ID:PLAd6gFV
一応言っとくが書斎に便乗してスレを荒らす奴は居るぜ
以前どこかのスレで見つかって凶悪な捨てセリフを残したのを覚えてる
このスレは書斎のためのスレなんでいくらでも便乗荒らしして貰って構わんけど

632 :名無しのオプ:2011/01/09(日) 00:17:02 ID:SXIHkWPl
まあ、話そらしの手に乗らないように
書斎とかでつまつとかオニイチャンとかを駆逐するのが一番スレ(&板)のためになる
でつまつシネ、書斎消えろ、及び>>614のように書斎が少しでも居づらくなるレスを
淡々といなくなるまで続けましよう。

633 :名無しのオプ:2011/01/09(日) 10:20:39 ID:KiHV9WeU
>>609
昨晩、また2匹とも来てたみたいですね。
こんなカスのレスばっかり増えてきて、
ミス板も住みづらくなってきたなあ。
人に喧嘩売る子供ばっかりで、ミステリを
読んだり話したりするために来てる
大人が減ってきた気がする。

634 :名無しのオプ:2011/01/09(日) 16:56:31 ID:PLAd6gFV
>>633
何故ここで泣き言を?
ミステリについて語りたきゃ機能してるスレなり掲示板へ行けば良いじゃない
ここは書斎の隔離スレ

635 :名無しのオプ:2011/01/09(日) 23:08:11 ID:lUpRLWbR
>>634
泣き言じゃなくて独り言だよ。
自分にそのままあてはまる罵倒をしているからすぐわかる。

636 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/10(月) 00:14:06 ID:GHQ/j0/f
野村胡堂著・末国善己編「奇譚 銭形平次」を読んだ。
著名な銭形平次シリーズはボリューム大なため、
なかなか全集に手を出す暇はなく、
セレクション頼りで読むことになりがちだが、
さすれば選者の腕に頼る面が出て来ざるを得ないわけである。
本書はシリーズ中から「奇譚」と称するにふさわしい作を編纂したものであり、
とにかくどれも面白く読める。
ゆえに、作者「あらえびす」だけでなく、選者の末国君の名も列記することとした。
では、大好評な収録作品全話講評逝ってみよう!!!
・「金色の処女」
記念すべき銭形平次シリーズの第1弾だが、
時代性を考慮すれば、これほどエロく猟奇的な作であったとは意外や。
「ゴールドフィンガー」かおと言わぬまでも、
眠狂四郎シリーズかと思うような出来の作。
敵地に張り込みながら、眠らされしまう平次には後の切れる捕物名人の面影は
まだ覗えず、非常に人間臭いものがあって良しか。
・「呪いの銀簪」
銀簪で目を突き刺す美女連続殺人。
この時代にして、シリアルキラーというワード想起させる読み応えある作で
あった。本作のセレクトもグッドや。

637 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/10(月) 00:14:54 ID:GHQ/j0/f
・「人肌地蔵」
怪奇性よりミステリ色が強く出た作。
平次が冴えた推理を展開する。このシリーズの特色である人情噺色もあり。
・「七人の花嫁」
後の恋女房(本作ではまだフィアンセ)を囮捜査に利用して、
新婚花嫁連続失踪事件解決を図る平次はエグ過ぎか・・・
丹頂のお鶴は鬼平犯科帳シリーズの方がフィットしそうな凄いキャラ。
・「南蛮秘法箋」
怪奇性・猟奇性は無く、歴史ネタ、アクション、人情噺が前面に出た
その意味では平次シリーズらしい面白ろさがある作や。
・「江戸阿呆宮」
ハーレムねた。
このエピでは敵地潜入に成功しながら平次は窮地に陥るが、
先に捨て身の探索を続けていた
お品(同業石原の利助の娘で病床にある父の代理を健気にも勤める)が登場・・
まあ、これもエロく面白いネタではあるな。
・「火遁の術」
解説によると当時時事ネタらしいが、
新興宗教全盛な現代でも通じるようなエピ。
だが抜け穴ネタはミステリとしては反則だし、
捕物奇譚と言うには怪奇性も弱い感あり。
・「遠眼鏡の殿様」
まあ、このネタを殿様視点に別話を展開したのが横溝御大の作なわけである。
胡堂作品なりの面白さ(これが本当の「罪を憎んで人を憎まず」、
平次流超法規的措置やろうね)はある作。
だが、先達半七ならやはり縛っていたはず、
そして「かわいそうですが、入牢してまもなく獄死したそうです」
とでもなったか・・・
・「密室」
いささか強引な面はあれど(注 いささか先生ではない(w )
フリーマンねたを江戸時代設定で成立させた工夫は評価したく思う。
だが、それだけだ・・・

638 :名無しのオプ:2011/01/10(月) 00:20:36 ID:S2kmoXVK
自称論考集より「野村胡堂著・末国善己編「奇譚 銭形平次」を読んだ(フリ)」  書斎魔神

相も変わらずワンパターン表現のオンパレード。
通り一遍の「感想」しか書かれておらず本当に読んだわけではないことがよく分かる。

評価:時間の無駄、読む価値なし

639 :気違い晒しage:2011/01/10(月) 04:46:17 ID:iHTk2wFF
【先生】翔べ!必殺うらごろし【おばさん】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kin/1269932319/l50
438 名前:ミステリ板住人 ◆22RAaWR.nE 投稿日:2010/12/25(土) 20:37:00 ID:EMUYgeGs
週末は「うらごろし」オンエアが無いのでつまらん・・・
手製の旗竿でもメイキングして、ご近所でも走り回ってみようかなあ。
「とお〜〜〜!」とか「たあ〜〜〜!」とか「てめえ、この野郎!」とかの
台詞でも言いながら。
まあ、「これだから殺オタは・・・」とか思われても困るが(w

487 名前:ミステリ板住人 ◆22RAaWR.nE 投稿日:2010/12/30(木) 20:58:00 ID:/dzMA+dX
そして締めは先生による屋根上を疾走(俺もハンドメイドの旗竿を持っているので
これは1度やってみたく思う)後のダイビング串刺し・・・

492 名前:ミステリ板住人 ◆22RAaWR.nE 投稿日:2010/12/31(金) 21:04:45 ID:rwHGU2tS
ここで書くべきことか否かわからないが、
ハンドメイドの旗竿、少々手荒に扱ったせいか先端が折れてしもうた・・・
師走の近所の公園を走り回っていたのだが、微笑みを浮かべて見ている
母娘(母親はちょっとおねむちゃんに似ていたかも)がいた。
きっと「あの人、時専の『うらごろし』見ている殺オタだわ・・・」と思われたことだろう。

とにかく「うらごろし」のオンエア無いとつまらん・・・
禍々しき初日の出に念力を送れば、折れたマイ旗竿が直ったりするかも。
元旦早々、こんな試みをする殺オタは果たして俺ひとりのみであろうか?

500 名前:ミステリ板住人 ◆22RAaWR.nE 投稿日:2011/01/03(月) 22:53:13 ID:526IPxOY
>>498
マジで旗竿も疾走も実行中。所詮、俺は近所でも超人扱いだし・・・
たとえあなたが信じようと信じまいと

544 名前:ミステリ板住人 ◆22RAaWR.nE 本日の投稿:2011/01/10(月) 00:31:08 ID:QxOjC+O8
来週は最終回のみだし、実質今週で「うらごろし」はエンドだね・・・
寂しい感あり。夜明けと共に旗竿を持って一走りして来る予定。

640 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/10(月) 10:20:12 ID:X3E1J1L/
ジュール・ヴェルヌ「必死の逃亡者」を読んだ。
破産したと思うた青年事業家キンフーは、友人であり師でもあるワンに
自身の殺害を依頼する。実はこの破産が虚報と判明し、
行方不明となったワンを追っての冒険の旅が始まるのだった。
それは人生に対して虚無的だったひとりの青年の人生修業のための旅で
あった・・・
広漠たる中国大陸を舞台にくりひろげられる波瀾万丈の大冒険小説。
とのキャッチフレーズなのだが・・・
はて、物語中盤まで一向に大冒険らしきものは展開しない。
当時の欧州の読者には、いまだきな臭い世情下にある太平天国の乱後の
中国風俗(今読むと、かなり偏見・誤解もあるようだが)を読むだけでも十分に面白かったのかもしれぬが、冒険小説に眼が肥えた現代の読者にはこれではNGでしょ。
やっと面白くなるのは主人公たちが海上で漂流するシーンあたりからか、
「人間船」の発想はジュールらしい面白さに富む。
ハッピーエンディングのラストから思うと、
イン船長をはじめとした三葉号船員皆殺しはどういうことなんだろうか?
人生の師ワンの意図が全く不明や。
仕事熱心(なだけでクール)な保険会社のクレイとフライの探偵コンビという
キャラも道化回し的で面白い。

641 :名無しのオプ:2011/01/10(月) 12:05:57 ID:bofNFaHr
篠田真由美の建築探偵シリーズ最終巻『燔祭の丘』を読了しました。

「建築」はあっても、すでに「探偵」ではなくなっているわけですが
最後は見届けてやらないとなあ、みたいな感じで

主人公がやたらと痛めつけられているのは
作者の趣味ですね
グレゴリの姿は期待通りだった
ハッピーエンドでよかったけど

642 :名無しのオプ:2011/01/14(金) 10:18:54 ID:uaYbZP8N
>>634
お前、隔離スレでも何でもないところでも、コピペ荒らししまくってるじゃん。
「機能してるスレ」を無くしてるのはお前だよクソ粘着。

643 :名無しのオプ:2011/01/14(金) 10:25:43 ID:rPphDhCh
>>642
おはよう粘着君。
相変わらず自分に返る発言ばっかりだねw

644 :名無しのオプ:2011/01/14(金) 10:30:58 ID:uaYbZP8N
>>643
やっぱり事実を指摘されると、誹謗中傷でしか返せないんだな。
わざわざ書斎やでつまつのレスをあちこちで検索してきては
あちこちのスレに貼りまくって機能できなくさせてるのは事実だから、
正面からは何の反論もできないんだなクソ粘着w

「荒らしは放置」の大原則を無視しまくってコピペ爆弾投下しまくってる
自分の行為については、どう思ってるんだ?
…と聞いても、どうせまともな答は返ってこないんだろうなw

645 :名無しのオプ:2011/01/14(金) 14:38:47 ID:iNKOyFea
>>1
コピペに文句があるなら削除依頼出せば?
それがお前の論法なんだからさw

あとこのスレに誰も削除依頼を出さないのは
このスレが書斎隔離スレだからだよ。
ここ削除して本スレに押しかけられたら困るじゃないかw

646 :名無しのオプ:2011/01/14(金) 19:37:55 ID:uaYbZP8N
>>643はまだかな〜。
ID変えちゃった事情は分かるけど、元のIDが出るまで待ってやるから、
早く「隔離スレ以外の一般スレも含めてコピペ爆弾投下しまくってることを
どう思ってるのか」に、きちんと答えてほしいんだけどな。
ましてや、それが正しいと思ってるなら、答えられないはずはないよなw

647 :名無しのオプ:2011/01/14(金) 20:29:23 ID:iNKOyFea
おーい書斎、お前の分身のでつまつがミス板に二度と来ないって本当かい?
お前も見習って二度と来るなよw

648 :名無しのオプ:2011/01/14(金) 23:58:23 ID:uaYbZP8N
結局>>643は、同じIDを出せなかったんだね…w
残念だなあ、自分が正しいというその論拠を聞きたかったのに。
隔離スレでも何でもないところにまでコピペ爆撃しても、
それは正しいというその根拠をねw

649 :名無しのオプ:2011/01/15(土) 00:02:09 ID:62xJ4hYG
ID:uaYbZP8N
こいつが一番気持ち悪いな。

650 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/15(土) 08:17:47 ID:li8sTwN7
「野村胡堂伝奇幻想小説集成」を読んだ。
正直言うて、大きく失望した。
前記した「奇譚 銭形平次」の末国君の編であるだけに期待したのだが、
編者解説でも自白(?)されているとおり、
「奇談クラブ」でなく戦後版「奇談クラブ」だろうが(泣
「桃源社版『奇談クラブ』は古書店での入手がそれほど難しくないので・・・」
とあるが、ここはまず「スーパーナチュラルな題材を取り上げたホラーから、
都市伝説や巷説、風聞を紹介する作品、奇怪な謎が合理的に解明される
探偵小説、落とし話的なユーモア譚、変態性欲や異常心理を題材にした作品
までバラエティ豊かな作品が集められていた・・・」という戦前版を
読みたかったものである。
しかも、収録された戦後版が面白い作が多いのであればいざ知らず、
大好評な全話講評を書く気も失せるような駄作ミステリとしか言い様がない
ものばかり・・・この点は「解説」でも認めるところであろう。
併録された伝奇小説集も含めて、文句無しに「逝ってよし!」な大部な1冊と
言い得るし、
全体を通じては、クラシック好き・語学堪能な「あらえびす」の英語混じりの文体頻発が違和感、かつ、うざいものあり。

651 :名無しのオプ:2011/01/15(土) 08:43:56 ID:XMerIN/I
>>649>>644の指摘通りでワロタ


652 :名無しのオプ:2011/01/15(土) 22:52:51 ID:Aucij5+W
分野や作家をいろいろ違えて本を読むといってたくせに
同じ作家を続けて読んだフリするとは何と頭の悪い書斎だことw

>>651
バカにされて悔しかったらしいね。
このスレでなら遊んでやるからもっと騒げよID:uaYbZP8N
お前を叩いてしるのは何回も回線切り替えているたった一人の人間で
お前に賛同するのは大勢なんだから安心しろw

653 :名無しのオプ:2011/01/15(土) 23:15:50 ID:XMerIN/I
>>652>>644の指摘通りでワロタ

654 :名無しのオプ:2011/01/15(土) 23:24:39 ID:Aucij5+W
>>653
もっと面白い煽りを頼む。

655 :名無しのオプ:2011/01/16(日) 13:00:15 ID:obysBxhd
>>651
まあID:lYRZjaRjは、「ここは隔離スレだから」ってのを免罪符にして
(実際には免罪符にはならないけど、少なくとも本人はなると思ってるっぽい)
コピペ荒らししまくってたからなあ。
他のスレでも同じことをやってたと指摘されれば、もう馬鹿理論も破綻して
正当性をまともに説明ができるはずがないよ。
実際>>644以降はもう、苦し紛れに反論にもなってない誹謗中傷を書くばっかだしね。

656 :名無しのオプ:2011/01/19(水) 20:46:52 ID:+2KddJDr
こないだ別の板でID:lYRZjaRjの基地外レスが晒されててワロタ

657 :名無しのオプ:2011/01/19(水) 21:51:55 ID:B7gNF9U4
>>650
土曜日の朝8時にそんな本を読み切ったんだw
しかもSF板のほうでももう一冊「読んだ」と報告しているよな?
徹夜で2冊も?へえw

658 :名無しのオプ:2011/01/20(木) 19:21:22 ID:ZqVJYSQ1
>>655-656
ねえ、ここはツイッターじゃないんだからもう粘着は止めたら?
「隔離スレ」だと思ってないんならなおのことさ

あれだけコピペを批判してるんなら自分もレスの消費を控えなきゃ説得力がないよ
つか
>こないだ別の板でID:lYRZjaRjの基地外レスが晒されててワロタ
これあんたの大嫌いなコピペじゃん
笑ってる場合じゃないでしょ
怒らなきゃ

659 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/22(土) 12:25:26 ID:kikZck1N
ポール・アルテ「殺す手紙」を読んだ。
訳者あとがきにも記されたとおり、久々のアルテたん、
ただし、おなじみツイスト博士シリーズでもこの作者十八番の密室もの
でもないノンキャラ作品。
体裁面では、記念すべき(?)ポケミス活字1段組第1弾
でもある。
内容的には、サスペンス・ミステリちゅーよりは、スリラーやね。
映画化もされた戦時スパイ・スリラーの傑作「蛇の眼」とスティーブンソンの
名作「ジキル博士とハイド氏」が本作の着想に関連するとのことだが、
大ネタはどう見ても、ミステリ史上ではドゥーゼ作品が先鞭をつけた「アレ」
でしょ。
全体評価としては、御都合主義満載ながら二転三転する展開がラストまで
コンパクトに纏められており、楽しめないことはなかった。
正に「パーっと読んでポーン!」、車中で読了した場合は下車時に
躊躇無く処分出来る類の作である。
ゆえに、ペーパーバックミステリとしてはこれでOKなのだろうが、
ミステリ(あるいはスリラー)を書くことに専念するばかりに、
折角の陰影に富んだ登場キャラを掘り下げて書くことは全くされておらず、
「小説」としての「深み」は著しく欠くものとなっているのが残念だ。
ミステリ(あるいはスリラー)にそこまで求めるのは酷に過ぎ、
また、対象読者(知的レベルには「?」が付く者多数か)を思えば、
そこまでの必要は無いということであろうか。

660 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/23(日) 13:38:43 ID:oWCGrNNm
原武史「沿線風景」を読む。
非常に楽しい読物であった新書「鉄道ひとつばなし」の著者にして、
専門分野でも数々の受賞歴がある若手政治学者による鉄道エッセイ集。
(ただし、「まえがき」にも記されているが、書評欄掲載だったため、
必ず「本」との関連が念頭に置かれて書かれている)
この手のジャンルでは最早、古典と化した故宮脇氏の多くの著書とは異なり、
時間をかけた長距離の旅行とは無縁な
主として首都圏沿線の旅(これも日常における「冒険」の範疇に入るで
あろうか)が、食べ物(ラーメン等のB級グルメの話題多し)、路線バス、
鉄道駅ホームの変遷等の小ネタをまじえて綴られる。
ここで思い浮かぶのは、読書人であれば川本三郎氏の名であろう。
実際、本書中で川本氏の著書に言及されている部分もあるし、
著者が大学院時代の恩師(川本氏の大学の同窓生)から、似ていると評された
との記述も見受けられる。
ただし、川本作品からの影響という点は直接に触れられていないのは残念。
この著者のエッセイと川本氏のそれの違いは、
いくらか意図したものかもしれないが、著者の専門である政治学
(特に天皇・皇室制度)へと話題が収束しがちな点であろうか。
小説・映画・漫画・アニメ等々へと多彩な話題の広がりを見せる
ジャーナリスト出身の書き手と現役の学者の相異、あるいは年齢による時代性のそれであろうか。
ミステリネタでは、西村京太郎記念館を訪れ、本人が来館者と歓談中のシーン
に出遭ったときのクールな視点が面白い。
鉄道好きな著者だが、西村作品は好みではないようだ。
まあ、初期作品が未読なら手に取って欲しいとは思うが。

661 :名無しのオプ:2011/01/23(日) 20:28:10 ID:uW6BEh0h
書斎の読後論考は本当に素晴らしい。

662 :名無しのオプ:2011/01/23(日) 23:01:37 ID:A5NmQt1u
☆でつまつ君と愉快な仲間達☆ (アニメ映画板)
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1295420233/

215 :少年でつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2011/01/23(日) 22:10:46 ID:Q4DGwchw
ミステリ板が恋しい(/_;)

216 :少年でつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2011/01/23(日) 22:11:41 ID:Q4DGwchw
ここは意地悪な人がいゆ(/_;)

218 :少年でつまつマン ◆Ll9UkTCzt.lA :2011/01/23(日) 22:26:19 ID:Q4DGwchw
ミステリ板が恋しい(/_;)


スレが立って数日でもう爪はじきにされて泣き言言ってるよ、馬鹿書斎ww

663 :名無しのオプ:2011/01/24(月) 03:19:53 ID:h34o6wo5
「ベヴァリー・クラブ」読了。
たぶんそうじゃないかな、と思っていた通りの結末だったけど、面白かった。
本屋で見かけたら買って損はしないと思う。特にミステリ歴が長い人にはお薦め。

664 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/24(月) 21:44:43 ID:Nji/vcz1
「ベヴァリー・クラブ」と「警官の証言」はレトロな探偵小説の雰囲気だけ
堪能出来ればOK程度の作かと思う。


665 :名無しのオプ:2011/01/25(火) 13:10:35 ID:txjY6B5T
読んだこともない本をいちいち否定するキチガイは死ね。

666 :名無しのオプ:2011/01/25(火) 22:38:30 ID:lT1BERvZ
誰に向かって喋ってるんだ>>658はw
ここが掲示板だって理解してないっぽいな

667 :名無しのオプ:2011/01/25(火) 22:46:28 ID:IHR4qeHD
ここは書斎と>>1とがキチガイ度を晒すためのスレw

668 :名無しのオプ:2011/01/26(水) 02:42:50 ID:1WL4vIC+
安東「撃てない警官」を読了。新聞のレビューが良かったので読んだけど、あまりおもしろくなかった。
事件が小粒なのはいいとして、「推理」するシーンが少なく、登場人物の魅力も薄い。
>>663俺も「ベヴァリー・クラブ」読んだ。俺はあんな結末とは夢にも思わなかった。かなり驚いたよ。

669 :名無しのオプ:2011/01/27(木) 02:02:39 ID:JGCXL7pR
城平京「名探偵に薔薇を」読了。ずっと積んだままですっかり忘れてた。
タイトルがちょいとアレだが、結構面白かった。特に第1部「メルヘン小人地獄」が良かった。
この話はどこに行くんだろう?というワクワクした気持ちは久しぶり。
それにしてもこの作者、最近何してんだろ。全然聞かないけど、まだ書いてるのかな。

670 :名無しのオプ:2011/01/28(金) 10:45:28 ID:oAHCMgd7
「見当たり捜査官」(戸梶)読了。

このひとの底辺層の描き方が好きだ。
スーパーマン捜査官がエリート相手にモテモテで事件
解決とかじゃないとこがいいよ。

671 :名無しのオプ:2011/01/29(土) 01:42:03 ID:UTNOtRn8
カー「三つの棺」を久しぶりに再読。いつ読んでもトリックが頭に入らない。それでも面白いんだよなあ。
昔買った本は、土の中から手が出ている表紙だったけど、今回買ったのはタロットカードみたい…
んんんんん?何げにネタバレしてないか、この表紙。

672 :名無しのオプ:2011/01/29(土) 01:50:39 ID:fxYA04zp
書斎のために必死だなw

673 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/30(日) 01:30:58 ID:xUgbPwWB
しばし、「銭形平次捕物控」に関して書いてみたく思う。
「銭形平次捕物控(四) 城の絵図面」を読んだ。
早速だが、大好評の収録作品全話講評逝ってみようか!!!
「くるい咲き」
意外な動機というミステリ的趣向はあれど、基本は平次談らしい人情噺。
可も無く不可も無くと言うたところか。
「兵糧丸秘聞」
秘薬ネタでなかなか面白い。
「人魚の死」
いわゆるプール殺人事件だが、トリックもそれなりに出来ている感あり。
「美女を洗い出す」
フランス・サスペンス・ミステリのようなタイトルだが、サイコ・ミステリの
如き展開と相成る。まずまず読ませるものあり。
「城の絵図面」
偶然性に頼ったものとはいえ、本物と偽物の絵図面が交錯する展開が面白い。
「黒い巾着」
ダイイングメッセージねた。おみくじに着目したのは、なかなかの慧眼か。

674 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/30(日) 01:31:50 ID:xUgbPwWB
「大盗懺悔」
池波作品にありそうな盗賊談。美女の拷問シーンとか正にオトナの読物という
感あり。
「十手の道」
表題作と同じく武家ネタ。美女に酷い運命ってのはシリーズのデフォ化して
いるという感あり。
「どんど焼き」
江戸風物をあまり書き込まない「あらえびす」には珍しく「どんど焼き」が
メーンに出て来るネタ。密室トリック好きは必見や。
「十七の娘」
若い娘の連続殺人。やや偶然性に頼った部分もあるが、
本巻の締めとなる作だけあって、書き込めば長編ミステリとしても
いけそうな作。出来から見れば、「城の・・・」ではなく本作をタイトルに冠するべきであった。


675 :名無しのオプ:2011/01/30(日) 04:10:40 ID:sjybDhj/
初野「空想オルガン」読了。やべ、3部作なのに、2部目を読まないで読んじゃった。
1作目と比べると今ひとつだけど、そこそこ面白い。ハルタのお姉さんが登場するが、……正直イタイ。

676 :名無しのオプ:2011/01/30(日) 11:09:01 ID:idQoGtBn
俺なんかは退出ゲームや初恋ソムリエより空想オルガンのほうが好きだがなぁ

677 :名無しのオプ:2011/01/30(日) 19:12:26 ID:Tw8/HumQ
コピペ荒らし君は、>>644に答えられない以上、
どう言い繕ってもただの荒らしなんだけどね

678 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/01/30(日) 21:04:29 ID:79pM1Hs6
野村胡堂「銭形平次捕物控(十三)青い帯」を読んだ。
おなじみ収録作品全話講評逝ってみよう!!
「土への愛着」
百姓の土地に対する愛着をメーンに据えたこのシリーズらしい人情噺。
格別に語るべきものはない。
「お由良の罪」
タイトルが意味深。ビッチという現代語を想起する者も多かろう。
人間ドラマとしてなかなか面白く書けており、表題作は本作でも良かったかも。
「矢取娘」
弓を利用したトリックがまずまずの面白さ。
「唖 娘」
現代ではNGタイトルだが、八五郎の悲恋(?)ネタとして読み逃せない。
「青い帯」
締めで書かれた現代でも通じるような平次の人間観が印象的な一編。
「辻斬」
平次十八番の投げ銭も映える。スリリングな作。
ただし、その分、謎解きミステリ色は薄いのは残念か。
「弥惣の死」
J・Dでも書きそうな殺人トリックがちと面白い一編。
まあ、それだけとも言えるが。
「月の隈」
これもJ・Dの「囁く影」とか想起させる作。やはりそれだけなんだが・・・
「お吉お雪」
犯人設定ひとつ見ても平板な作。これは文句無しの駄作でしょ。
「仏 敵」
密室殺人もの。
単純で地味ながら、それなりに筋が通った解決が成されるのは良し。

679 :名無しのオプ:2011/01/31(月) 01:57:31 ID:rOgZqQh3
「犬なら普通のこと」読了。犬が出てこなくてびっくりした。
沖縄行ってみたいなあ、という気持ちになりづらいけど、
2日ぐらい暇をつぶすにはもってこいの小説。

680 :名無しのオプ:2011/01/31(月) 13:22:47 ID:DHWify50
これで捕物帳について何か論を述べるというならまだしもwww
結局バクリ感想だからそこまで踏み込めないんだな死祭w

681 :名無しのオプ:2011/02/01(火) 01:38:27 ID:pugS8P4W
「悪魔パズル」読み終えた。ハラハラドキドキ面白かった。
でも訳者も書いているが、プロローグがない方がよりドキドキしたと思うんだよね。

682 :名無しのオプ:2011/02/01(火) 17:50:41 ID:zXaohiKX
歌舞伎町セブン、読了。
何これ、ウルトラセブンへのオマージュかなんかですか?w
どうも続編臭ぷんぷんなんだが、たいして目新しくない。

683 :名無しのオプ:2011/02/01(火) 19:09:32 ID:lFO51vKW
書斎と>>1が必死になっているスレはここですか?
まあ静かでいいけど。

684 :名無しのオプ:2011/02/01(火) 21:55:33 ID:JUndUKyJ
アントニイ・バークリー「試行錯誤」が読みたかったけど、もう絶版で手に入れるの難しいだろな
と思って戸棚漁ったら「トライアル&エラー」の時に買ってたwでも字がめっちゃ小さくて読みづらいwww

685 :名無しのオプ:2011/02/02(水) 00:42:26 ID:u8dA6Twa
倉知「こめぐら」「なぎなた」読了。全体的になんか今ひとつ。
「見られていたもの」(「なぎなた」所収)は悪い西澤保彦という感じだった。
良かったのは「闇ニ笑フ」(「なぎなた」所収)、「さむらい探偵血風録 風雲立志編」(「こめぐら」所収)。


686 :名無しのオプ:2011/02/03(木) 17:51:27 ID:LDjPzmjD
ブックオフで購入
阿刀田高「夜の旅人」

脂が乗り切ってる時期でも長編はアレなんだな……
氏の既刊のエッセイと内容文章ともに変わりないのがすごい

687 :名無しのオプ:2011/02/03(木) 18:07:47 ID:00dJwsGq
隔離スレじゃなくてもコピペ爆弾投下してる荒らしが逆ギレワロタ。

688 :名無しのオプ:2011/02/03(木) 20:20:39 ID:s0ATwsPS
梓崎優「叫びと祈り」読了。一つ一つとっても面白かった。
特に「凍れるルーシー」は最後が凄い。読んで損はない短編集だと思う。

689 :名無しのオプ:2011/02/03(木) 23:11:52 ID:qqAcWVD2
ID:lYRZjaRj必死すぎw

690 :名無しのオプ:2011/02/05(土) 01:50:28 ID:MS/uiool
芦辺拓「綺想宮殺人事件」を読んだのだが、途中から話が大きくなりすぎて……。
で、最後に「森江すごいぞ、バンザーイ!」となるのだから、白けたなあ。もうこれは伝統芸ということでいいや。

691 :名無しのオプ:2011/02/05(土) 09:34:55 ID:Sxm+C0rT
>>690
芦辺はわけのわからん日本人批判に虫唾が走る
島荘のはただの外国かぶれってことで許せるけど
こいつはダメだ
こいつはリアルな左翼だ

692 :名無しのオプ:2011/02/05(土) 11:55:08 ID:Ac35yhF1
>>691
それなのに右寄りの讀賣新聞に勤めてたんだよね。
よくわからん人だ。

693 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/05(土) 23:16:44 ID:VuCi6vtq
本来はホラーは板違いなのだろうが、ミステリ作家の手による「ミステリ」
としての読み方が可能な作も含んだ作品集を紹介しておこうか。
都筑道夫「深夜倶楽部」を読む。
読み始めて気付いたが、新刊時(随分と前になるが)に
既読の連作短編集であった。
狂綺堂の「青蛙鬼談」等の怪談を愛読する筆者としては、
明らかにこのスタイル(百物語形式)を意識した構成に惹かれて
手にしたのであろう。
感想は暇潰し程度にはOKだが、あまり面白くはない。
と言うたところか。
時代性の違いはあるが、ストイックなタッチが魅力の綺堂怪談とは
異なり、ミッチーなりの読者サービスなのかセックス、お色気絡みのねた多し。
(「姫はじめ」なんていうまんまのタイトルの作もあり)
結果的にこれが恐怖感を殺ぐような結果になっているのが残念だ。
ミステリと違い謎の解明は不可欠ではないので、作者ミッチーが思わせぶりに
楽しんで書いているのがわかる。

694 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/05(土) 23:17:54 ID:VuCi6vtq
収録作品全話講評
「死びと花」
それなりにこってりしたオーソドックスな怪談(生霊ネタ)だが、
合理的な解釈も可能かと思わせる点がミソか。
この後に話されたという、遂に書かれず終った「十年前のニューヨークの話」
も読んではみたい気はする。
「鏡の国のアリス」
お色気が強調された鏡怪談。
語り手のエディターからひとつの疑問点が呈されてはいるが、
これも一応合理的な解釈が可能という締め。
「姫はじめ」
3話構成。怪談は昭和10年代を舞台に講釈師が主人公の2話目のみ。
1話目は江戸時代末期を舞台にした町絵師が主人公のエロティックで
猟奇的な奇談、3話目は現代艶笑談とでも称すべき作。
まあ、どれも楽しく気軽には読めるわな。

695 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/05(土) 23:18:34 ID:VuCi6vtq
「狐火の湯」
山中の温泉を舞台にしたお色気たっぷりな怪異談だが、
友人の死体を見た女のそっけない態度、最後の宿の主人の醒めたコメント、
この辺に何かありそうに思わせる含みが読ませどころかも。
「首つり御門」
残酷でホラーな設定にもかかわらず、登場キャラたち掛け合いで落語を見ているかのような軽快さがある作。
作中でも言及される「そこつ長屋」、作者のなめくじ長屋シリーズを想起させる
タッチである。「馬頭等誌」(めずらし)にはワロタ。
「幽霊屋敷」
オーソドックスなゴーストストーリーかと思いきや、
予想外のハチャメチャ展開を見せる作で、まずまず楽しめた。
本作は超常現象前提なのが難だが、心霊現象と思わせて超能力か、
これはマシスンの「地獄の家」とは反対のパターンやね。
トビー・フーバーの「ポルター・ガイスト」とはどちらが先だろうか?
・「夜あけの吸血鬼」
これはタイトルからネタばれ気味の失敗作でしょ。
親子二代で謎の母娘に遭遇するという点は凝っているが、
際立った意外性も無いし、それなりの謎解きも無し。
これが締めの1作なのは惜しかった。

696 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/06(日) 09:37:41 ID:3aLgiMwe
野村胡堂「銭形平次捕物控(五)金の鯉」を読んだ。
「路地の小判」
地味過ぎるタイトルだが、意表を突く小判の隠し場所といい、
意外な犯人設定といい、まずまず読ませる作に仕上がっている。
「二度死んだ男」
最後の八五郎の台詞に「捕物はつまらねえが・・・」とあるとおり、
ミステリとしては駄目駄目。
犯罪を招いたガイシャの趣向が落語的で面白いといったところか。
「二本の脇差」
ミステリ色よりも人情噺色が強く出た作。
こういう作は人により好みが分かれえよう。
「金の鯉」
ダイイングメッセージねた。
お堂に関係者一堂を会した名探偵平次の謎解きという舞台設定は面白いが、
内容そのものは平板。
「殺され半蔵」
実質的な主人公は遊び人だが忠義に厚い中間、タイトルにも名を冠された
半蔵である。平次談のひとつのパターンであるご家中のいざこざネタ、
これもメーンは人情噺である。

697 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/06(日) 09:40:02 ID:3aLgiMwe
「幽霊にされた女」
見世物のお化け屋敷をクライマックスに持って来た活劇色が強い作。
まあ、読んで楽しくはある。
「赤い痣」
人気シリーズにありがちな主人公偽者ネタ。これも活劇色が強く、
投げ銭合戦まであり。これもまあ気軽に楽しめるエンタメではある。
「幻の民五郎」
締めはミステリ色を前面に出した怪盗ネタにご家中ネタが絡む。
眠狂四郎シリーズあたりにありそうなお色気ありな作だが、
真相は見え見え。
*なお、「呪いの銀簪」「江戸阿呆宮」は、「奇譚 銭形平次」に関する
論考を参照されたし。

698 :名無しのオプ:2011/02/06(日) 09:57:41 ID:Lhie7FHk
コピペ乙

699 :名無しのオプ:2011/02/06(日) 11:31:06 ID:m8lN/z9s
♪読んでないのに読んだフリ
なぁぜ?
なぁぜなの〜♪

700 :名無しのオプ:2011/02/06(日) 22:30:03 ID:t0lu2uy3
小島正樹「扼殺のロンド」読了。
さくっと読めて面白い。島荘を軽くした感じ。
これといって何も後に残らないので、時間をつぶすのにもってこい。但し登場人物がちょっと中二病っぽいので、注意が必要かな。

701 :名無しのオプ:2011/02/09(水) 18:46:40 ID:LXsLCu2g
歌野昌牛の長い部屋読了
これは見事に騙されましたねー




島田荘司の推薦文に
ミステリ史に残るトリックだそうですが
読者の8割は屋敷の見取り図見た段階でトリックを看破する。
探偵役が魅力なし。
まあその後活躍したので才能を発掘という観点からは意味がある作品なのでしょうが


同じトリック二回も使うなw

702 :名無しのオプ:2011/02/09(水) 23:21:40 ID:RpOcAME+
葉桜の季節に君を想うということ

なんか詐欺に引っかかった気分だ……謝罪と賠償を要求する
ってまあこんな意見が出てくる俺には作者のメッセージが伝わってないんだろうけど
いや言いたいことはわかるけど、でも、けどさあ、ねえ

703 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/11(金) 09:06:58 ID:2ofk1WJP
「銭形平次捕物控(十四)雛の別れ」を読んだ。
収録作品全話講評
「駕籠の行方」
平次が犯罪者にシンパシーを示し過ぎるラストがひっかかるが、
八五郎の追跡談から始まり、シリーズ十八番のご家中ネタへ展開、
それなり読ませるものあり。
「雛の別れ」
おなじみ大店の犯罪な一編。和風ジョンなトリック、意外な犯人と工夫は
凝らされている。
「井戸の茶碗」
本作の売りであろうアリバイ工作もありきたりで、落語かおなタイトルが
少し面白く感じられるだけの作や。
「仏師の娘」
まあ、アーティスト気質による犯罪とでも称すべき異色作。
「火の呪い」
連続放火犯グループと平次&八五郎の対決を描いた推理より活劇中心な作。
ゆえに鬼平っぽい。

704 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/11(金) 09:07:38 ID:2ofk1WJP
「鐘五郎の死」
密室ちゅーより、不可能犯罪ネタ。保護色に着眼したトリックはなかなか
面白い。平次に助力を請う同業者、三河町の佐吉のネーミングは、
三河町の半七+人形佐七か。この辺のお遊びも面白い。
「紅いしごき」
犯人設定に矛盾(剣の腕前は良いのか悪いのか?)が生じており、
偶然性も強過ぎる展開で、出来は良くない。
「第廿七吉」
十八番のご家中ネタだが、二転三転する展開でサスペンスミステリとして
面白いものあり。
「父の遺書」
このシリーズを読み慣れていると、犯人は見え見えのうえ、犯行方法が
上手く行き過ぎという感あり。駄作の部類に入るかと思う。
「五つの命」
子供誘拐ねた。でも土蔵を見落としていたってのは名探偵平次として頂けない
ものあり、まあ、凡作でしょ。

705 :名無しのオプ:2011/02/11(金) 09:13:34 ID:H+CX4NL8
おもしろいとか凡作とか・・・

そんなことしかいえないんだったら書くなよ

706 :名無しのオプ:2011/02/11(金) 11:52:28 ID:unowZMKK
一連の駄感想文を見て思ったこと。


書斎は銭形平次も読まんと「捕物帳は半七しか認めない」とほざいていたんだなw

707 :名無しのオプ:2011/02/11(金) 20:54:35 ID:lDdAfQxO
一言コメントでどこまで論考できるか、書斎は挑戦して成功を収めている。
おもしろいとか凡作という言葉の背後をこそ慮るべき。

708 :名無しのオプ:2011/02/12(土) 04:40:38 ID:2hT66APW
その程度のことしか書けないと言うだけなのに何が挑戦だなにが成功だ馬鹿w
そういう自己賛美する前に実際に本を読んでみろ役立たずのごく潰しw

709 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/12(土) 11:47:22 ID:6XjufeEa
「銭形平次捕物控(十五)茶碗割り」を読んだ。
収録作品全話講評。
「二枚の小判」
平次版贋金つくり。偽小判の和風隠し場所がなかなか面白い。
「権八の罪」
大店の犯罪ネタだが、ありきたりな人情噺に終始した感あり。
「仏喜三郎」
まあ、動機から見て犯人見え見えだし。平次談にありがちな人情噺に
止まったという感あり。
「茶碗割り」
烏賊もの、トリカブトねたである。ご家中ものと並んで平次談には多い
大店の事件もの。格別面白いといった作ではない。
「蜘蛛の巣」
タイトルに冠された蜘蛛の巣は小ネタに過ぎない。
なぜか蜘蛛の習性にまで詳しい博学な平次親分という感あり。
「秤座政談」
これも大店の事件。ただし、名門の秤座という珍しい家業である。
この職に関する薀蓄を読むだけでも面白いかも。
「縞の財布」
みずから東北の農民出と認める「あらえびす」らしいアンチ武士色が
濃く出た作。狂綺堂はこういうのは書かないわな。

710 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/13(日) 12:00:31 ID:MugsBtmS
「彦徳の面」
間違いなく言えるのは、作者はジョンのプレーグコートを読んでるはずという
こと(w、後半の事件解決までのスピーディな展開は見物である。
これもこのシリーズの特色のひとつなのだが、「馬糞茸が化けて、仮に人間の
ヒネたのになったといった老人」等の、わけわからめで極端な形容も散見
されるのも面白し。
「遺言状」
江戸時代らしい道中トリックは面白い。ただしメーンのダイイングメッセージねたは今ひとつという感あり。
「槍の折れ」
これもトリカブトねた。うーん、年代順でなく編集するのであれば、
メーンなネタが被る作を同一巻に収めるべきではなかろう。

711 :名無しのオプ:2011/02/14(月) 13:57:24 ID:QQcJjsMk
賛否両論あるロートレック荘を読了しました
ストーリーも悪くないし、見事に騙されたけども、
あの目欄の手法はアンフェアではないの?


712 :名無しのオプ:2011/02/14(月) 14:10:30 ID:3wznCS6h
>>710
いいえ

713 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/14(月) 21:06:56 ID:09IHntvx
>>711
結局、叙述トリックはどう書いてもアンフェアと指摘される面が出て来る宿命にあるのだと思う。
これを書く作家は事前にその批判を覚悟の上でってことになろう。


714 :名無しのオプ:2011/02/14(月) 21:11:41 ID:4G4hObCl
>>713
おいおい走ってくるんじゃなかったのかよw
相変わらず嘘ばっかりなんだなお前はw

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kin/1269932319/864
>864 名前:ミステリ板住人 ◆22RAaWR.nE 本日の投稿:2011/02/14(月) 20:56:52 ID:/TVpGo/l
>一走りして来るわ。
>雪の中を疾走する先生というイメージを活かしたオリジナルストーリーを構想中だお。


715 :名無しのオプ:2011/02/14(月) 21:15:13 ID:wCnwviw7
>>713
似たような感じの作品にハサミ男や蛍があるけど、それらは特別アンフェアとは
思わなかった(どこで見破るんだ?とは思ったけど)
でも、ロートレック荘の711の目欄はどう考えてもアンフェアじゃない?
他の作家(作品)でも使われた事がある手法なのかな?

716 :名無しのオプ:2011/02/14(月) 22:30:06 ID:Ry5/LOFe
>>715
ロートレック荘は解決篇になってムチャクチャ悔しかった覚えが
あるんだが、それは解決篇前にトリック(>>711メ欄)を見破るための
伏線(メ欄)がちゃんと理解出来ていたから。

当然そこからあのトリックは看過出来ていなければいけなかったのにと。



717 :名無しのオプ:2011/02/15(火) 03:06:45 ID:jCPtKvhf
小泉喜美子の弁護側の証人読んだ
夏樹静子が好きなんで似た感じでよかった
レベッカとか出てきていい感じ
殺されたおじいちゃんがかわいそうだった
立派な人だと思った
なぜか道尾秀介が解説していた

718 :名無しのオプ:2011/02/15(火) 05:29:38 ID:yYfFi8wx
>>716
看過じゃ君が言いたいことの正反対になるぞw

719 :名無しのオプ:2011/02/15(火) 08:53:02 ID:/dLALKrZ
密室殺人ゲーム読んだ
思ったとおりの今っぽい作品でなんかイライラ 個人的につまらなかった

720 :名無しのオプ:2011/02/15(火) 11:12:35 ID:j5B52fhd
>>716
後者の方は分かったけど、前者がよく分からない
もう少し詳しく教えて

721 :名無しのオプ:2011/02/15(火) 11:23:32 ID:IXcO3Vvk
こっちも必死なんだなw

722 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/15(火) 21:41:39 ID:40nAueNx
アクロイド、蝶々、夜歩く、葉桜、ロートレック・・・
そしてマイナーな怪作とでも言うべき「狂嵐の銃弾」。
この辺を確認してみたが、うーん、あらためて叙述トリックの記述の難しさを
実感した。 何かミステリ作家にとっては禁断の木の実という感もある。

723 :名無しのオプ:2011/02/15(火) 21:45:39 ID:Po4RtEn6
それはそれは

724 :名無しのオプ:2011/02/15(火) 23:07:11 ID:jJ+t+2gn
悪の教典上巻読み終わりました。
王様のブランチで紹介されたあらすじと違う気がしますが、多分紹介されたのは下巻がメイン??
早速下巻も読みたいと思います。

725 :名無しのオプ:2011/02/15(火) 23:11:45 ID:mQaHihhz
追い詰められてこっちに逃げているのか書斎w

726 :名無しのオプ:2011/02/16(水) 01:17:01 ID:G36oZ5hA
天使の囀り読んだぞ 読み終わったら朝4時だった。
線虫きめぇ

727 :名無しのオプ:2011/02/16(水) 04:37:27 ID:UQpzFI8x
読んだ読んだと必死の書き込みw


わざとらしすぎて笑えるwwww

728 :名無しのオプ:2011/02/16(水) 08:13:49 ID:Gu5XvvCE
書斎は読んだぞ!!!!!!読んだとも!!!!!!!!!

729 :名無しのオプ:2011/02/16(水) 09:14:21 ID:Gfb2VUyz
フリーター、家を買う。
スルーと読めて面白かった
ナイチンゲールの沈黙
この作者の品の良さが好きだな

730 :名無しのオプ:2011/02/16(水) 12:02:38 ID:tV6P5KmE
クリムゾンの迷宮
人間同士で殺しあってほしかったな
化け物になってしまったから萎えた

731 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/16(水) 19:51:06 ID:62wds6Fq
叙述トリックもの、書庫からNの野獣も出て来た。
格調がある作なので再読には堪えるのだが・・・
やはりこのトリックの書き方の難しさを感じた。
叙述トリックと言うが如しか。

732 :名無しのオプ:2011/02/16(水) 19:57:10 ID:LzT9vx9m
これが叙述トリックだこれもだ、ってタイトルあげるだけでネタバレになるんだもんな
書斎のような馬鹿には楽でいいやな

733 :名無しのオプ:2011/02/16(水) 21:28:18 ID:ZN3ftPTa
>>716
タイトルってのが良く分からない
教えて

734 :名無しのオプ:2011/02/17(木) 21:23:33 ID:gH6IbjXU
もっとも過去「倒叙ものを理解しているのは俺くらい」と豪語しながら
歴史的代表作ですらまったく読んでいなかったことも露呈したからね。

普通の人には楽なことでも、書斎には一生実現不可能なことだったり
するからね。

735 :名無しのオプ:2011/02/17(木) 22:23:02 ID:62LrT2K0
大岡昇平の事件 読んだ。

ちょっと読んでから、映画を以前見ていたことに気づいた。
内容は残念ながら分かってて読むことになったけど、これはいい作品だな。

今発表してたら、直木賞受賞だろうな

736 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/18(金) 19:30:54 ID:aAY6YJIb
>>735
当時は日本推理作家協会賞受賞作品ってことに違和感大だった。
ミステリの定義が拡散した感がある今ならそんなこともないのだろうけど。


737 :名無しのオプ:2011/02/18(金) 19:43:31 ID:5qbsNuxW
メタボラ読みました

面白かったです
桐野さんの作品ははじめてでしたの
他に桐野さんのでオススメありますかしら?
教えていただきたいですわ!

738 :名無しのオプ:2011/02/18(金) 21:10:10 ID:7j9aa7ae
書斎
http://hissi.org/read.php/mystery/20110218/YUFZNllKSWI.html

自演
http://hissi.org/read.php/mystery/20110218/VTlGOEVXYUM.html

でつまつ(アニメ映画板)
http://hissi.org/read.php/animovie/20110218/Vm8xMWY5b2Q.html

自演(アニメ映画板)
http://hissi.org/read.php/animovie/20110218/VEZ0MlNyQTY.html

739 :名無しのオプ:2011/02/18(金) 21:10:37 ID:7j9aa7ae
誤爆失礼

740 :名無しのオプ:2011/02/18(金) 21:27:46 ID:dd/KLb4w
>>737
顔に〜天使〜ダークのミロシリーズ。短編は微妙。ミロの親父のやつ(タイトル失念)
アウト、グロテスクなど良作多し。初期の方が万人向けかも?最近のはアクが強いから。ただ、柔らかな頬は正直お勧めできない。

741 :名無しのオプ:2011/02/19(土) 01:13:47 ID:CHfSFeJN
>>740
ありがとうございます
気になったんですがメタボラで最後昭光は死んだのでしょうか?
自分は死んだと思い凄い切ない気持ちになりました
しかしさっきAmazonのレビューみたら違うのかなって


742 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/19(土) 14:41:03 ID:ShBRwGbh
野村胡堂「銭形平次捕物控(二)八人芸の女」
収録作品全話講評
「一枚の文銭」
シリーズおなじみの大店ネタ。謎解きそのものよりも、大店に蠢く人間像が
面白い。この辺は短編ながら横溝作品的魅力あり。
「大村兵庫の眼玉」
ちょいと異色なご家中ねたか。まあ、解決はこの時代ゆえリアルなのかも。
「綾吉殺し」
まあ、平次談らしい人情噺、それだけや・・・
「招く骸骨」
かなりグロい事件。奇談も書く「あらえびす」らしくはあるが、
ミステリとしては平板という感あり。

743 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/19(土) 14:41:46 ID:ShBRwGbh
「赤い紐」
うーん、俺が人情家平次でも取り扱いに迷ったであろうリベンジねた。
「二服の薬」
平次の目前で殺人が・・・犯人に怒りながらも見事な手口に感心もする
名探偵気質とでも言うたものが面白い。
薬ネタの犯行トリック、意外な動機とミステリとしてまずまず面白い。
「八人芸の女」
二人一役、一人二役が交錯する、なかなかに面白い作。
ただし、締めも人間ドラマとしてはそれでOK?感は拭い切れないものあり。
「雪の足跡」
雪の密室ネタ。竹馬トリックにはワロタ。
あらえびすは結構、ジョンが好きなんではないかな。
「お民の死」
タイトルネタばれ全開、
まあお民可哀想でもあるが・・・という一編。
だからビッチやずるい女が殺されて良いという理屈は無いわけだが。

744 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/20(日) 19:52:54.57 ID:7tygZxWg
野村胡堂「銭形平次捕物控(一)平次屠蘇機嫌」を読んだ。
第1巻ということもあってか、
怪奇性、猟奇性がある作は皆無に等しく、人情噺&捕物のスリルというこの
シリーズの特色が良く発揮された作がセレクトされているようだ。
前記した他社刊行の選集「奇譚」と比較すると、テーストの相異が実感
出来よう。
収録作品全話講評
「買った遺書」
大店ものだが、予想外の展開が面白い一編。
「平次屠蘇機嫌」
鬼平犯科帳シリーズの如き、盗賊捕物ネタ。
スリリングだがその分ミステリ色は薄いのが残念や。
「蝉丸の香炉」
これは大店を舞台にしたありがちな人情噺。つまらん。
「人形の誘惑」
これは長屋の惨劇・悲劇とでも称したい一編。犯人の意外性はありか。
「辻斬綺談」
平次も迷走させた辻斬御用の件。その正体は逆をゆく意外性あり。
「花見の仇討」
落語のようなタイトルだが、犯人の意外性は十分。

745 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/20(日) 19:54:29.66 ID:7tygZxWg
「碁 敵」
碁を道具立てにした着眼点そのものは面白いのだが、
展開にやや無理があるのが難か。ゆえに出来は今ひとつだ。
「お藤は解く」
名探偵お藤ちゃんか(w、ゆえに犯人が見えてしまう作でもある。
「双生児の呪」
まあ、いかに時代小説とはいえ、このネタは禁則とするミスオタもいようが、
最後の大川の捕物はスリリング。
健気な女御用聞きお品さんを救うため平次の銭が〜〜〜飛〜〜〜ぶ
「御落胤殺し」
うーん、タイトルからは大層な大捕物を期待したのだが・・・
しょぼいリベンジねたに終ったのは残念。

746 :名無しのオプ:2011/02/20(日) 20:06:24.68 ID:4i1kQppP
覗き趣味を満たすために外出していたという設定だろw
読んだフリはやめろってw


926 名前:ミステリ板住人 ◆22RAaWR.nE 本日の投稿:2011/02/20(日) 19:52:12.50 ID:Vn/5E4eD
余談ながら、先ほど一走りして来たところだ。

747 :名無しのオプ:2011/02/20(日) 21:02:03.75 ID:DNWIvYpx
普通、1巻から先に読まないか?
なんで土曜日は2巻からなんだろうなw

748 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/26(土) 17:24:22.67 ID:NJhd3Eos
谷崎潤一郎「台所太平記」を読んだ。
あの大谷崎の晩年のヒット作。
コンパクトに纏まった作だが谷崎家女中年代記とでも称すべきものである。
往年の作の如き、この作家独自の鬼気や艶やかさは無く、
陰翳も感じられないが、年を経て「瘋癲老人日記」等に顕著であった飄逸な
ユーモアがよりパワーアップされており、楽しく読める作に仕上がっている。
ミステリにも興趣を示し、「途上」等の実作も著した文豪だが、本作に関しては
ミステリ性を見出すのは難しいものはある。
解説にもあるとおり、行間からこの文豪と女中たちの実際のあり様は?
と推理してみるぐらいか。

749 :名無しのオプ:2011/02/27(日) 00:10:45.36 ID:WucD8uH4
歌野の「さらわれたい女」読了
普通くらいの面白さだったかな


750 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/02/27(日) 16:17:22.28 ID:MKxju6GI
水上勉「寺泊 わが風車」を読む。
一時期(清張先生を筆頭とした社会派ブームの頃)にはミステリも書いた作家
の1冊として紹介しておきたく思う。
昭和50年代前半と水上氏が作家として最も油が乗った頃に書かれた十八番の
ジャンル私小説を集成したファンなら絶対に読み逃せない作品集である。
いずれも作者の実体験に基づき、人生の断面を切り取って見事な出来栄え。
粗製乱造された新刊ミステリに耽読している輩には突き付けて読ませたいもの
となっておる。
作者の青年期における寺修行の事実を知っていると、表題作のひとつ「寺泊」はタイトルまんまの話かとの先入観を抱いてしまったが、
本作は作者と思われる主人公が北陸の寺泊海岸で見かけた情景を描いた作で
ある。
この作から始まって、女郎蜘蛛を飼う少年期の友人を描いたホラータッチとも読める「太一」、亡くなった叔父の思い出を描いた「千太郎」、
タイトルそのままに棗に対する思い出を綴った「棗」、
若い頃に出会った遊妓とのエピ「冬日帖」、
作者の8月15日体験を綴る「リヤカーを曳いて」
ある寺の大黒の行く末を描く「山寺」、母親と同居していた別れた女との思い出を描く「踏切」、これら前半に収録された作品群は事件らしい事件は無いものの、
それゆえに私小説として一級品と言い得る出来栄えで読ませるものあり。
これに対し後半に収録された「雪道」「短かい旅」(生霊?ホラー要素はあり)
「わが風車」「墨染」「また、リヤカーを曳いて」「ながるる水の」は
表題作を除き、今ひとつという感あり。
特に最後にあげた作は作者の師匠である宇野浩二作品にも親しんでいないと、
強い興を惹くものではなかろう。ミスオタにはホームズものに関する著作で
も知られる長沼弘毅氏(必ずしも好意的に描かれてはいないが)が登場するのが留意点な程度か。

751 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/05(土) 21:02:39.77 ID:n+LsilAZ
山本周五郎「赤ひげ診療譚」を読んだ。
言わずと知れた周五郎作品の代表作のひとつ。
黒澤映画や小林桂樹氏主演のテレビシリーズも懐かしいものあり。
ミステリとして注目すべきは、解説(ミステリの翻訳でも知られる中田耕治氏が担当)でも指摘されているが、主人公の青年ドクター保本登が入院中の
美しい狂女に殺されかける第1話(「狂女の話」)の無理やりな二人一役ネタ、
長年における店賃無料の謎解き、落とし穴ネタもありな第7話「おくめ殺し」
に注目ってところかな。
当初は不満分子だった保本が、真の医療とは何かに気付き施療院に残る決意を
するラストは予想がついたが、同僚医師森半太夫の労咳の経過、お雪との関係はどうなったか、不満分子の津川医師の行く末等々、気にかかる点は全て書かれぬままに終る。
構成としては、保本の心理描写はあるものの、赤ひげこと新出去定をはじめ
他の登場人物のそれが皆無なのが残念かも。
これがあると、更に作品の深みが増したのにという感がある。
ただし、青年の精神的成長を描く教養小説としてはこれで良しとも言えようか。

752 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/06(日) 20:28:59.62 ID:O5ctQD+A
パトリック・クエンティン「悪魔パズル」を読む。
本格ミステリベスト10にランクインはしているが、
実態は記憶喪失ネタのサスペンス・ミステリである。
舞台は陽光輝くカリフォルニア山中の邸宅ではあるが、
カトリーヌ・アルレー、ボワロー&ナルスジャック、
セバスチアン・ジャプリゾ等のフランス・サスペンス・ミステリにありそうな
設定と雰囲気である。
ダルースという夫妻を主人公にしたシリーズの1作であるため、
冒頭から主人公が記憶喪失につけ込まれて、何らかの陰謀に巻き込まれているのは明らかであり、この点のサスペンスは皆無。
創元推理文庫に収録された「追跡者」のようなノンキャラ作品として
書いていれば先が見えない強烈なサスペンス作品に仕上がった可能性を秘めた作だったであろうと思われるのが残念や。
フーダニットとしては、一番怪しくない人物が犯人であるという法則まんま、
特にロリコン気味の椰子はころっとやられるかもなー(w
ちなみに俺は中盤であっさりとわかりました。
まあ、横溝作品にもあると同様な衝撃狙いの犯人設定れす。
ハードカバーの堂々たる新刊で出すほどの作とは思えず、
ペーパーバック相当のクオリティゆえ、日本では文庫相当程度の作ってことになろうか。

753 :名無しのオプ:2011/03/18(金) 09:13:54.13 ID:6/bNzp4m
「お台場アイランドベイビー」伊与原新氏
最近じゃなくて数ヶ月前に読んだ奴。
第30回横溝正史ミステリ大賞受賞で綾辻行人が帯に推薦文書いてたような気がしたけど、内容は本格じゃなくてハードボイルド
舞台は近未来で、東京に直下型の大地震が起こった後の街を描いている。
埋立地が液状化でくずれたり、治安が悪化して立ち入り禁止区域がもうけられたり、
外国人や貧困者が勝手にスラム街作ったり、武装警察が闊歩してたりする世界で、
「ちょっと現実離れしすぎの世界観じゃねwww」とか思いながら読んでたけど、
今回の東日本大震災見ると、ほんとに東京で震災になったらこういう世界になるかもなぁ、と急に現実感がわいてきた。

754 :名無しのオプ:2011/03/20(日) 08:27:56.74 ID:luUxXhCw
島田荘司『龍臥亭幻想』
ストーリーはそこそこ楽しめたんだけど、トリックや推理部分は
随分と強引というか力技だな〜と思った
誰か読んだ人いる?

755 :名無しのオプ:2011/03/20(日) 10:48:28.81 ID:eAyjtX6q
島荘はロマンチックさとあの力技が魅力なんだよ

756 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/21(月) 00:13:13.65 ID:O4iOQr59
>>754
トリックの基本的な発想は斜め屋敷と共通するものがあるかと思う。

757 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/21(月) 00:14:10.30 ID:O4iOQr59
野村胡堂「銭形平次捕物控(九) 不死の霊薬」を読む。   
収録作品全話講評
「死相の女」
タイトルだけは横溝ミステリを想起させるような面白さを期待させるものの、
いわゆる凡作。シリーズのパワーダウンを感じさせるものとなっておる。
「金の茶釜」
ミステリ的興趣は金の茶釜の隠し場所(これもいたってシンプル)のみという作。まあ、それだけ。
「敵討果てて」
冒頭の三河屋の集まりシーンでは、これから何があるのかと期待させるものが
あったが、父子の出会い等偶然性が強い展開に終始した凡作。
「三千両異変」
土蔵の千両箱を小道具に使った偽装トリックがちょい面白い程度の作と
いうたところか。
「百四十四夜」
タイトルにちなんだ秘密メッセージねたと盗賊話。
意外な盗賊の正体等、鬼平談のようなちょいスリルを味わえる作ではある。
「身投げする女」
八五郎メーンな作。あ秋ちゃんとのその後の成り行きが気にかかる?
「不死の霊薬」
今でも通じるような新興宗教ネタで読ませる。
シリーズ中の傑作「金色の処女」「南蛮阿呆宮」とか好きな向きには
お薦めの冒険談に仕上がっている。
「復讐鬼の姿」
独身時代の平次捕物談だが、本巻収録で他作にも顔見世する石原の利助が
以前はこんなに意地悪野郎とは・・
与力笹野新三郎を巡るリベンジ談だが、結末もすっきりしない(冤罪はあったのか?、リベンジャーである兄弟はマジであぼーんしたのか等々)もので出来はよろしくないという感あり。
「永楽銭の謎」
これも石原の利助との対立ねた。平次が投げ銭の名手ゆえに冤罪になりかける。
まあその辺がちょい興を惹く程度の作に過ぎない。
*「七人の花嫁」は「奇譚 銭形平次」に関する論考を参照されたし。

758 :名無しのオプ:2011/03/21(月) 03:39:03.45 ID:7u7bnFjB
読んでない、読んでない

759 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/21(月) 10:25:19.15 ID:EbisKqEL
角田喜久雄「髑髏銭」を読む。
日本伝奇小説の神髄、日本伝奇小説の頂点に立つ大作・・・とあるが。
正直言うて、知識人がマジで読むような類の作ではないです。
中卒・高卒の爺(最も当時は大学進学率が低く、珍しいことどころか恥ずべきことではなかったわけだが)が、老後に縁側で昼寝しているぬこの隣で
またーり読む程度の代物と言うたところか。
ヒーローとヒロイン(三四郎とお小夜)はステレオタイプとしても、
殺人鬼銭鬼灯は実は子供好き、蓮っ葉に見える女掏りお銀は人情家とか、
書いておけば、作者は「人間が描けてる」とか評されるとでも思うたのであろうか?
いずれも唐突で上面な印象を残すだけに終っているという感あり。
また、冒険小説的興趣をそそる肝心要な髑髏銭にまつわる浮田の八宝の件は
最後の最後に駆け足で記されるだけという展開、これじゃあ駄目っしょ。
まあ、角田翁が日本のH・R・ハガードに成る気がないOR成れなかった、
どちらかがわからんけどね。
いずれにしろ、「奇蹟のボレロ」「高木家の惨劇」と謎解きミステリでは、
まずまずの手管を見せた作者の時代小説だけに残念な出来であったとは言い
得る。
必殺シリーズ最高傑作と評されることが多い「必殺仕置人」の登場キャラの
念仏の鉄と鉄砲玉おぎんの元ネタが、この作にあったのがわかったのが
収穫ぐらいかな。
坊主姿の正義の怪人念仏の仙十郎、惚れっぽく気風が良い女掏りのおぎん、
念仏のキャリア(仕置人の鉄はマジで元僧侶)以外はまんまや・・・

760 :名無しのオプ:2011/03/21(月) 10:35:12.47 ID:7u7bnFjB
読んでない、読んでない、読めるワケがないw

761 :名無しのオプ:2011/03/23(水) 20:02:56.43 ID:xce2mpz3
>角田喜久雄「髑髏銭」を読む。

清張スレで菊村到はミステリー作家じゃないと言い張っていたくせに
「髑髏銭」はミステリーと言いたいのかよw

頭悪すぎだなw

762 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/24(木) 12:12:20.12 ID:Wr/F9wzT
>>761
視野狭過ぎ(w
しっかりしろよ。
一応、冒険もの(伝奇小説にはこの類が多い)はミステリ板の守備範囲となっている。
ホラーはSF板。

763 :名無しのオプ:2011/03/24(木) 14:20:37.31 ID:JZgBZ9sm
冒険小説や伝奇小説まで「ミステリー板の守備範囲」といいながら
一方では、サスペンス小説はミステリではない、と言い張るアホ。

その場その場でひたすら言い繕うアタマの悪さが全開だな。

764 :名無しのオプ:2011/03/24(木) 15:49:46.12 ID:0EaYinqU
>>762
>視野狭過ぎ(w
>しっかりしろよ。

お前、なにを指摘されているのか理解できていないんだなw
視野の狭過ぎを指摘されているのはお前なんだよお前。
しっかり自分が清張スレでなにを言っていたか思い出せ能無しw

>>763
ノンフィクションや自伝すらミステリーだと言い出すくせに
なぜか菊村到をミステリーではないと言い張るのですからね。

765 :名無しのオプ:2011/03/24(木) 19:35:25.79 ID:JZgBZ9sm
知識の無さから「松本清張は芥川賞作家で唯一のミステリ作家」と
やってしまい、その誤った結論を死守するために四苦八苦。

誰が見ても明らかな推理作家である菊村到を「サスペンス作家だから
ミステリ作家ではない」と強弁する苦し紛れの珍定義w

サスペンス小説ですらミステリではないと言い張る奴が、冒険小説や
伝奇小説はミステリとみなす不思議。

いかに行き当たりバッタリに書き込んでいるかが、よく分ります。

766 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/25(金) 12:41:34.50 ID:t77aHvOe
>>763
サスペンスはミステリ以外の小説にも多用されるテクに過ぎない。
例えば、喪前は未読だろうが(w
大谷崎の名作「細雪」にもパニック小説風の部分さえあるのだ。
こういった基本点だけでも心しておけ!

菊村到の件は笹沢左保のサスペンス小説を比較例に挙げて、
詳述した。
>>764-765が笹沢作品に疎いという事実は確認した(w


767 :名無しのオプ:2011/03/25(金) 13:32:13.49 ID:Tt+p/hcN
「サスペンスの要素を一部に含んだ作品」

「サスペンスに主眼を置いて書かれた作品」
の違いが分らない馬鹿w

後者はミステリ以外の何物でもないし、菊村作品は明らかに後者。
お前はまったく読んでいないだろうがね。

768 :名無しのオプ:2011/03/25(金) 22:53:33.24 ID:z4CEHd1T
ついでにいえば
サスペンス物は笹沢佐保しか書いていないとでもいうのだろうかこのバカ書斎はw

それにだな、
お前、「読んだフリ」スレで「サスペンスがあるからミステリー」と今まで幾度言い張ったと思っているんだ?

ほんと行き当たりばったりのことしか言わんな書斎という無能はw

769 :名無しのオプ:2011/03/25(金) 23:36:47.85 ID:z4CEHd1T
おっと、「笹沢左保」だったw

しかし「サスペンス」といっても色々なパターンがあることくらい
普通に本を読んでいれば分かりそうなものなのにw

ウールリッチやボアロ&ナルスジャックだって「笹沢左保のサスペンス小説を比較例に挙げ」れば
相当の差異があるんだぜ?
本格ミステリーだってE・クイーンを「比較例に挙げて」
A・クリスティや鮎川哲也等について「詳述」すればいくらでも否定できる。

ほんとバカはどこまでいってもバカw


とこんなレスをするとバカ書斎のことだから
今度は「共通点だけ」を取り上げて「詳述」するというアホな反論をしてくるんだろうなw

770 :名無しのオプ:2011/03/26(土) 00:13:59.77 ID:D+xuMdB3
何かを比較するときにどういう部分を恣意的に取り上げるかで
否定も肯定も簡単にできるんだよね。

それに書斎の論考wだと
菊村こそがサスペンスミステリ作家であり
笹沢は実はミステリ作家ではない
という言い方もできる。
要は棒のどちら側を握るかで
結論を180度ひっくり返すことがたやすくできるという子供だましの論法。
だからあの詳述とやらには塵ほどの意味もない。

771 :名無しのオプ:2011/03/26(土) 03:07:06.08 ID:FqJyvMy9
というか単に「名前を出している」だけで全然「詳述」してないしw


みんなが指摘しているけど、書斎魔神は菊村作品をまったく読んでおらず
なんとか自説の反証にならないように必死で屁理屈をこねてるだけ。

772 :名無しのオプ:2011/03/26(土) 04:31:16.78 ID:zGVNpcE4
>>764-765が笹沢作品に疎いという事実は確認した(w

>>764-765のレスからどうやったらそういう「事実は確認」できるんだ?
あいかわらず論理もなにもないただの罵倒しかできないんだなw

773 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/27(日) 10:27:39.17 ID:iFW4ZBuL
サスペンス小説=ミステリと思うているアホがいるのはわかった(w
花袋の名作「蒲団」なんかもサスペンス小説と言えるが、これをミステリと言うキティは存しないのだ。

ジョルジュ・シムノン「ブーべ氏の埋葬」を読む。
メグレ警部シリーズで著名な作者だが、(ちなみに訳者も同シリーズで
おなじみ長島良三氏である)
本作は河出から刊行中のシムノン本格小説選の最新刊であり、
ミステリとしてセールされたものではない。
ただし、内容的には完全にミステリしている作。
第二次大戦後の巴里のある朝、古本屋の店頭で急死したブーべ氏とは、
果たして「何者」であったのか?
彼の死後に種々の人物が登場し、謎は深まるばかり・・・
うーん、シムノンっていうか、E・アンブラーかおな感あり。
雰囲気だけだが、「デミトリオスの棺」とか想起した。
(ただし、あの手のドンデン返しはないです)
コンパクトに纏まっており、戦時のスパイ談に絡めた解決も悪くは
なく、決してつまらなくはないのだが、この手の話は俺がジョルジュに期待
するものとは異なるという感あり。
キャラ的には、下積みの老刑事ボーペールが良い味を出している。
そして、リュカ刑事はあのメグレの部下と同一人物なのだろうか?
8月の物語なので、休暇中の刑事が多いとの記述があるから、
ジュールは夫人とバカンスか?

774 :名無しのオプ:2011/03/27(日) 10:37:42.83 ID:iAkd4zmV
サスペンス小説=読者にサスペンスを感じさせることに主眼を置いた小説
つまりミステリの一種だろ。

「蒲団」がサスペンスに主眼を置いた作品とは知らなかったよw

サスペンスの要素を含む小説=サスペンス小説 とでも思っているのかな。

>サスペンスはミステリ以外の小説にも多用されるテクに過ぎない。

自分自身でこう言ってるのを、もう忘れてしまったらしい。

775 :名無しのオプ:2011/03/27(日) 10:52:26.20 ID:3GOlhxIT
またあほう得意の「誰にも教えないあとづけ定義」で大暴れかよ

いい加減書斎は「○○をこの意味で使っている」って 最 初 に 明示したうえで
論考してくれよ

お前いつも後で「その意味じゃない」って威張ってばっかりじゃねえか

776 :名無しのオプ:2011/03/27(日) 11:32:09.85 ID:paHBBU8i
>(ただし、あの手のドンデン返しはないです)

ここだけ文体が違うな。パクリ元の文章に手を加えるのを忘れたんだなw
しかしこの馬鹿が読んだと称したこの本こそ、いったいどこが「ミステリ」なんだか。
犯罪が行われ、警察官が登場する小説がミステリだとでも思っているのかね。


>>774
殺人その他の犯罪が行われたり
警察官が登場したり
謎を論理的に解明したりということすら
その他もろもろ別にミステリーの専売特許じゃありませんしね。

777 :名無しのオプ:2011/03/27(日) 13:41:09.53 ID:1NrmPtV/
「フンとブン」をミステリだと言ってたキティはいたよねw

778 :名無しのオプ:2011/03/27(日) 14:19:04.04 ID:paHBBU8i
じゃあ笹沢左保のサスペンス小説と「蒲団」との同意性とやらを「詳述」してみろよw

清張スレで「菊村到のことを忘れていた」と一言言えばそれで済んでいたことなのに
自己正当化するために次から次へと変なことを言い出すからお前はバカにされるんだよ。

779 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/27(日) 23:42:59.79 ID:P780kbtK
>サスペンス小説=読者にサスペンスを感じさせることに主眼を置いた小説
>つまりミステリの一種だろ。
この前提からして完全にNG。
これでは世の多くの小説がミステリになってまう(w
例えば、古典では芥川の「羅生門」や「藪の中」は明らかにサスペンスにも主眼が
置かれているが、これらをミステリと断定する者は存在しない。
前記した「蒲団」を見ても、より日常空間に舞台設定し、女弟子との関係性から
生じるサスペンスが肝になっている作である。
>>776はおなじみ論拠(パクリ先と称するもの(w )を明示しない罵倒だが、
わずかに一点だけ注目すべきものあり。
>謎を論理的に解明
濃淡はあれどこれが主眼に来ている作は単なるサスペンス小説でなく、
「サスペンス・ミステリ」の名称にふさわしいものと言い得る。
前述したとおり、菊村作品はこの点が弱く、笹沢氏の「ミステリ」でなく「サスペンス」
と銘打たれた作品群と同様なポジショニングが妥当。
前に清張スレで奥泉光をミステリ作家などとのたまうアホが乱入、
即座にフェードアウトしたが、叩きのためにここまで常識外れを書く者がいるのには
唖然とした憶えがある。

しかし、「サスペンス・ミステリ」といえば、この板の連中はシムノンには手も足も
出ないみたいだな(w
これは論考への反応を見ればわかる。
この作家こそ「サスペンス・ミステリ小説」と「サスペンス小説」の両方を書き分ける
代表格であった。

780 :名無しのオプ:2011/03/27(日) 23:56:41.91 ID:iAkd4zmV
>これでは世の多くの小説がミステリになってまう(w

ならねーよwwwwww

世の中の多くの小説が「読者にサスペンスを感じさせること」に
主眼を置いているのか? そんなバカなことがある訳がない。

ちなみに芥川龍之介は意識的に推理小説を書いており、その代表作の
「羅生門」と「薮の中」はミステリのアンソロジーにも入っている。

菊村到、笹沢左保、奥泉光、シムノン、いずれも作品内容に即した
具体的な言及は一切なし。読んでないのが丸分りだね。

781 :名無しのオプ:2011/03/28(月) 07:02:12.08 ID:mc77xpZf
サスペンスの定義が俺様とは違うのだ、ってあとづけで威張って終わりじゃんか
で、決してどういう意味で使ってるいるのかだけは誰にも提示しない、と

書斎っていつもこのパターン

782 :名無しのオプ:2011/03/28(月) 11:12:55.00 ID:xT+YScZZ
サスペンス小説をミステリではないと断言したり
自分の主観(というより都合w)で区分けしたりと
発言がブレブレだなバカ書斎www

>>781
いや書斎は定義すらしていませんよ。
一見定義に見えてもそれは他の作家には全く適用できないという
その場しのぎのいい加減な屁理屈ですからw

783 :名無しのオプ :2011/03/28(月) 13:39:41.77 ID:wlLrjSEM
「フランキー・マシーンの冬」
翻訳物は苦手だったがコレ読みやすいのなんの
上下あっという間に読了。クリント・イーストウッドが
20才若かったら主人公にピッタリで映画化希望てとこなんだが。

784 :名無しのオプ:2011/03/28(月) 14:39:22.77 ID:GMplfeMz
ダフネ・デュ・モーリアの「レベッカ」のような心理サスペンスもの、
ああいうゴシック・ロマン型ももちろんミステリーに分類されるわけですよね?


785 :名無しのオプ:2011/03/28(月) 16:23:25.17 ID:xT+YScZZ
いろいろと見苦しい言い訳しているが、世間一般では菊村到はミステリ作家だぜ。
ボクチンはそう思わないといくら泣き叫んでも無駄だよ無知書斎w

786 :名無しのオプ:2011/03/28(月) 16:43:32.86 ID:3PZMwcNa
泣き叫んでなんかいない!!!!!!!!!!!!!!

787 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/28(月) 23:20:23.40 ID:FzVOcWUY
やっぱりシムノン出されるとついて来れないかという感あり。
まあ、今は読まれてないけどね。
「雪は汚れていた」なんかは、殺しもあるサスペンスフルな作ながら、
ミステリではないという典型作。
>「羅生門」と「薮の中」はミステリのアンソロジーにも入っている。
この単純さにはマジでワロタ。
これは「ミステリとしても読める=読んでみよう」という単なる「趣向」
でしょ。決して一般論たり得ない。まあ、俺もよくやるけど(w
また、菊村、笹沢、奥泉作品に関しては既に清張スレで詳細に言及済みだ。

788 :名無しのオプ:2011/03/29(火) 06:22:23.74 ID:T99AHJg/
お前めちゃくちゃすぎてそりゃついていけんわ

789 :名無しのオプ:2011/03/29(火) 07:29:29.75 ID:K2/R6w29
>>「羅生門」と「薮の中」はミステリのアンソロジーにも入っている。
>この単純さにはマジでワロタ。
>これは「ミステリとしても読める=読んでみよう」という単なる「趣向」
>でしょ。決して一般論たり得ない。まあ、俺もよくやるけど(w

芥川が執筆していた当時の状況、作品の刊行状況、同時代の評価
なんにも知らないということが、よく分るレスでしたw

自分の狭い見識を世間一般の常識だと思い込んでるタコツボ馬鹿。
お前には物事の基本的な知識というものが欠けているんだよ。

790 :名無しのオプ:2011/03/29(火) 11:35:07.69 ID:khaCFxI5
>また、菊村、笹沢、奥泉作品に関しては既に清張スレで詳細に言及済みだ。

ちっとも「詳細」ではないうえに
この点については>>769-770でとっくに論破済みw

791 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/29(火) 21:12:13.72 ID:artVs3aQ
分が悪いと見たか、無知なのか、シムノンはスルー状態のまま、
(シムノンを起点にすれば、スレ違いモードにならなかったのにな)
>>788→単なる罵倒
>>799→思わせぶりなこと(具体性無し)を書いて逃げ切りモード、
>>780→詭弁連発
これはお約束な末期症状なわけである。
清張スレでも記したとおり、芥川賞受賞作やこれに先立つ直木賞候補作でも
ミステリの範疇で把握出来る作を書いており、後に日本推理作家協会賞受賞、
社会派ミステリの旗手にして多数の謎解きミステリを書いた清張先生と、
非ミステリで芥川賞を受賞、後にサスペンス小説を多く書いた菊村氏では
そのポジショニングが全く異なり、比較論そのものが意味をなさないのは自明。
また、完全スレ違いの話題でもあり、清張スレ無き今、雑談スレあたりで取り上げる
べきものと言い得る。

792 :名無しのオプ:2011/03/29(火) 21:19:04.60 ID:K2/R6w29
「芥川賞を受賞したミステリ作家は松本清張だけ」といっておいて
他にも芥川賞を取ったミステリ作家の実例を出されたら

清張とはポジショニングが異なる

とは、またみっともない逃げ口上だな。

「芥川賞受賞」「ミステリ作家」この2点を満たすかどうかが問題で
作風だの「ポジショニング」だのは、まったく関係ない。

「松本清張と同じ作家は松本清張だけ」といっていれば反論されなくて
済んだのになw

793 :名無しのオプ:2011/03/29(火) 21:24:48.46 ID:6HwXpmVh
分が悪いから罵倒に走っているわけかw
あまりに悔しくて手が震えているせいか、レス番号を見事に間違えてやがるww

>>780→詭弁連発
これなんか>>790のことらしいが、あれのどこが詭弁だ?
お前がしようとしていた反論(つまり意図的に異なる部分のみを取り上げて否定)を封じられて
地団駄踏んでいるんだなw

>分が悪いと見たか、無知なのか、シムノンはスルー状態のまま、
>(シムノンを起点にすれば、スレ違いモードにならなかったのにな)

お前のパクリ感想文が菊村到とどう関係があるんだ?
話を逸らそうとして見当違いの罵倒をするとはみっともないw

>そのポジショニングが全く異なり、比較論そのものが意味をなさないのは自明。

だいたい「ポジショニング」wなんて作家ごとに違うだろ。
それにこれ、笹沢と菊村の「比較論」wにそのままあてはまるw

詭弁で逃げるしかない書斎、哀れ哀れ。

794 :名無しのオプ:2011/03/29(火) 21:30:39.80 ID:6HwXpmVh
>>792
要するに書斎のほざいていることを纏めると

芥川賞を受賞したミステリ作家で
清張と同じ「ポジショニング」で
清張と同じ作風で
清張と同じ執筆量で
清張と同じ知名度で
清張と同じ売れ方をしたのは
松本清張ただ一人

というものですね。
春風亭柳昇の決まり文句じゃあるまいしw

795 :名無しのオプ:2011/03/30(水) 10:33:28.18 ID:PiCxnJfg
書斎は後付けの言い訳ばかり。
しかもそれが却って自分の首を絞めているというアホな展開。

796 :名無しのオプ:2011/03/30(水) 15:33:15.82 ID:CkCVo54L
>分が悪いと見たか、無知なのか、シムノンはスルー状態のまま、
>(シムノンを起点にすれば、スレ違いモードにならなかったのにな)

芥川賞を受賞したミステリ作家、菊村到
の話をするのにシムノンがどう関係してくるんだ?
同じレスで
>そのポジショニングが全く異なり、比較論そのものが意味をなさないのは自明。
と言い切っているのだからシムノンと菊村を比較しろと言っているわけじゃないよなw
無関係の題材でこちらを煽り、話を逸らそうとするのはいつもの卑怯な書斎の手口だな。


それともなにかな、書斎は
「サスペンス作家」は全員が同じ「ポジショニング」だとでも言うのかな?
それとも「ミステリ作家と呼べるサスペンス作家」というものをデッチ上げて
その全員が「同じポジショニング」だとでも言うのかな?w

797 :名無しのオプ:2011/03/30(水) 22:01:51.68 ID:aRzVYTLL
びっくり館の殺人読破。
暗黒館の次だったからかな、イマイチな終わり方だったかも。
もっとびっくりするのかと期待して読んだのがいけなかったのか
拍子抜けした。

798 :名無しのオプ:2011/03/30(水) 23:49:43.25 ID:sKGm9sz5
>>794
ムチャクチャうまい纏めだな

799 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/03/31(木) 20:33:16.75 ID:AtoW7LIW
自爆したな(w
>お前のパクリ感想文
要引用により論証を求む。これでギブアップっしょ(w
>シムノンがどう関係してくるんだ?
ここは読後報告スレであり、シムノン作品に関しては直前に俺が論考を呈示しているが、
清張作品、菊村作品に関しては皆無。
従って、シムノン作品に関連付けた論議はOKだが、他は完全スレ違いという道理と
相成る。こんな簡単な事がわからぬ者は退場したまえ(w

800 :名無しのオプ:2011/03/31(木) 21:33:59.91 ID:Zxkq+Cis
完全錯乱状態で口から泡を吹いてるようなレスだなwww

801 :名無しのオプ:2011/03/31(木) 22:41:27.41 ID:6Eks80B7
「俺以外はみんな間違っている」って吊り上った眼でキーキー言ってる書斎・・・滑稽というか憐れというか

802 :名無しのオプ:2011/03/31(木) 23:00:21.32 ID:cozUhVrC
>要引用により論証を求む。これでギブアップっしょ(w

お前がこれまでに求められてきた全ての「要引用による論証」をするのが先だなw
あ、それともその件全てお前の「ギブアップ」でいいのかな?w


で、この後のみっともない言い訳は全く言い訳にもなっていない。
何とか話をそらしたくてシムノンと言い出したことを白状しているようなもんだ。

完全スレ違い?
それはお前が追い詰められると必ずと言っていいほど持ち出す言葉だが
そう思うのならどうして最初から無視しないんだ?
さんざん言い訳言い逃れをしておいて何を今さらスレ違いなんだかw

803 :名無しのオプ:2011/04/01(金) 00:34:35.02 ID:W+GlIV5g
>>761を見ればわかるように
菊村到やサスペンスものについての件は書斎がシムノンの嘘感想文をでっち上げる前からされている。
しかもこの件は書斎の嘘感想文に絡めたミステリーの分野論でもある。
更に言えば書斎はこのときから現在に至るまで延々とこの件について語るレスに噛みついている。

つまりありとあらゆる意味で>>799は見当違いの言逃れにすぎないわけだ。



自分がいつどんなことを言っているのか覚えていろよアホ書斎。

804 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/02(土) 11:59:22.04 ID:GbuctMuy
相変わらずシムノン作品に関して言及せず、罵倒・逃げ切りモード全開か、
正直、失望すますた(w

エドワード・アタイヤ「細い線」を読む。
過去には本邦で映画化・テレビドラマ化もされた作なのだが、
とうに絶版。だが、予想外の面白さであった。
端的に言えば、人間(殺人を犯した普通人の心理)も描けているし、
ミステリとしての伏線(前半のぬこ殺し、次男のキャラ)も良し。
全体を通じては、表立っては1度も登場しないガイシャである美女セリナ
こそ真のヒロインであり、終盤は主人公ピーターの妻マーガレットの
完全メーン展開という構成も凝っており面白い。
解説にはサスペンス・ノベルとあるが、ミステリのジャンル的には
フランスに多いサスペンス・ミステリに分類されるものでしょうな。
これが「ミステリなのか?」という見解もあろうが、
この点は、あの大乱歩やA・バウチャーが評価している以上は、
無問題でしょう。
「私の家族と母に」という序文は、通読後に思うと「コワ・・・」という
感あり。

805 :名無しのオプ:2011/04/02(土) 12:03:49.70 ID:eFd/cmQn
>相変わらずシムノン作品に関して言及せず、罵倒・逃げ切りモード全開か、
>正直、失望すますた(w

結局どうして菊村到の件でシムノンを絡める必要があるのか具体的に論証できず
それどころか>>803で見事に完全論破されて悔しいから
罵倒で逃げようという相変わらずの頭の悪さはどうしようもないね。

シムノンに絡めてほしいならまずお前が絡めてみろよ。
もっとも「都合のいい部分だけを取り出して肯定否定をする」といういつもながらの方式は
既に封じられているからよろしくなw


806 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/03(日) 15:58:47.13 ID:rBAoEZ2J
「大密室 幻の探偵小説コレクション」を読む。
日本では共作で知られるピエール・ボアローとトーマ・ナルスジャックの
単独執筆時代の各1作品(いずれも密室もの)を収めた書である。
いずれもコンパクトに纏まった楽しめる作であった。
翻訳者である松村喜雄氏(大乱歩の甥っ子としても有名)巻末解説でも
指摘されているところであるが、創元やHMの文庫で共作を読み耽った時期が
ある俺としては、この両者の作風の違いを知るうえでも非常に興味深いものがあった。
ピエールの「三つの消失」は、名画の消失、侵入犯の消失、そして護送車の
消失と謎の連発を名探偵(単独執筆時代のレギュラーキャラだったアンドレ・ブリュネル)が謎解きしてゆく、フランス・ミステリらしからぬ、
英国風の正調本格ミステリとでも称すべき作。
発想の盲点を突いた第一の謎解き、ジョン風のバカ風味溢れる第二の謎解きは
かなり面白く思ったが、一番大掛かりな第三の謎解きは偶然性の絡み(ラッパの音)もあって、今ひとつな感あり。
トーマの「死者は旅行中」は、船内というクローズドサークルを舞台に、
犯行現場と思われる船室からの人間消失(これが犯行トリックの肝心要ともなっておる)等の不可能犯罪が連続する作。

807 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/03(日) 16:00:32.10 ID:rBAoEZ2J
雰囲気は洒落たタイトルからもわかるとおり、主人公のジャーナリストが
謎の美女に誘われるままクルーザーに乗船する発端からして、
いかにもフランス・ミステリらしいムーディな展開である。
謎解きは豪快だが、ピエール作品と比較すると粗い感は否めないものあり。
「死者の中から」「悪魔のような女」「影の顔」「呪い」「女魔術師」というた
共作後の代表作は、作風的にはトーマ寄りという感あり、
ピエールはトリック・アイデア提供主体という説は当たりかと思う。
しかし、それなりに読ませるこれらの作(いずれも冒険小説大賞受賞作)が、オタ向きにハード−カバーで刊行されたのみであり、
本格ミステリ好きが多い本邦で手軽に読めないってのは残念なものがある。

808 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/03(日) 16:01:53.51 ID:rBAoEZ2J
佐々木信夫「道州制」を読む。
巷間話題にのぼることは少ないが、本書を読むと道州制導入無くして、
日本の悪化した財政の再建は有り得ず、ゆえに将来も無いという感を持った。
都庁勤務経験もある大学教授の手になるものだけあって、
道州制の仕組み(種々の制度が考えられるとのこと)、その必要性、税財政制度といった総論的問題に止まらず、東京や政令指定都市等の大都市の位置づけ
というた各論にもそれぞれに1章を設けて論じられており、
この制度の像がリアルに感じられ、読み応えあり。
参考までに言及された最終章(第8章)の海外の自治制度は、
ミステリ等を読むにも参考に資するものあり。
まあ、お国様々(国によって地域でも様々)というた感があり、
生活に密着した制度に無知である以上、
いかに名手の手になるものであっても、翻訳小説を100%実感するのは無理
だとわからされた。
全体を通じて、コンパクトで読み易いのがとにかく良。
ただし、著者の大学の講義の習慣と初学者向きという趣旨のせいか、
繰り返しの説明が目につくのが、ややうざい感はある。

809 :名無しのオプ:2011/04/03(日) 16:23:10.26 ID:lSjccU8E
数々の追及に全く回答することができず
読んだフリで誤魔化そうとする哀れな書斎。

だったら最初っからいちいち咬みついてくるなよこの狂犬野郎。

810 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/04(月) 20:34:20.98 ID:7fIwQhhn
>>809
>狂犬野郎
自己紹介乙(w

今週末にも2〜3冊面白い本を紹介する予定。
各人、心して待て!

811 :名無しのオプ:2011/04/04(月) 20:37:20.22 ID:rqOPiaIp
>>810
ご苦労さん。
そういういちいち咬みつくようなレスしかつけられないからお前は「狂犬野郎」なんだよ。
まともに反論できないから罵倒でしか返せないんだねw

で、菊村の話より後から持ち出されたシムノンを絡めないと
どうしてスレ違いになるんだ?
お前が狂犬じゃないというのならまずそこから説明しろよw

812 :名無しのオプ:2011/04/04(月) 20:43:41.00 ID:4emNZCG2
龍臥亭幻想
まあ65〜70点くらい

813 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/05(火) 22:08:22.92 ID:exz+QTOc
>>812
うーん、それなりに楽しめる作ではあったが、
前記したとおり、基本的発想に斜め屋敷と相通じるものがあるのが気がかり。
もう少し低く60点ジャストぐらいなら納得だ。


814 :名無しのオプ:2011/04/05(火) 22:09:52.40 ID:LI/nkd6g
と、読んでもいない本を適当に貶める頭の悪い書斎であったw
サスペンス小説がミステリーではないと断言するだけのことはあるw

815 :名無しのオプ:2011/04/05(火) 22:51:33.35 ID:J65zpI/A
>>813
メル欄について、どう思う?

816 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/07(木) 20:14:00.57 ID:5NcbH69s
>>815
「龍臥亭事件」と勘違いした。失礼!


817 :名無しのオプ:2011/04/07(木) 21:19:18.41 ID:A4u1GeJx
>>816
えー!マジかよ?

818 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/08(金) 20:51:26.00 ID:K0V4YLRb
>>817
マジだ。
事件の方の>>813の評価はどう思うか?
忌憚の無いところを聞かせて欲しい。

819 :名無しのオプ:2011/04/08(金) 22:53:21.30 ID:nwOVctDy
>>818
龍臥亭幻想しか知らなかったから龍臥亭事件は読んでないんだ
気づいて読もうかと思ったけど、あの分厚さを見て読む気が失せたよ

820 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/09(土) 18:54:45.76 ID:KOhhgOv3
>>819
俺は「幻想」を読んで論考をアップするから、君は「事件」を読んでみてはどうか。


821 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/09(土) 18:57:30.29 ID:KOhhgOv3
田中瑩一「伝承怪異譚―語りのなかの妖怪たち」を読む。
三弥井民俗選書の1冊。
現在は島根大学名誉教授の職にある著者が長年に渡り出雲・石見・隠岐地方で収集した民話・世間話を中心に、
その「意味」を読み解いたミステリ的趣向にも富むコンパクトに纏まったなかなかに面白い書であった。
アニメ「まんが日本昔ばなし」で話題になった「十六人谷」の原話と思われる
エピをその全国分布にまで視野を広げて考察した
第1章(「炭焼き小屋に来る女」)からして興味深いものあり。
アニメ版と異なり、魔性の女(?)のリベンジは無く、退治されたり、
逃げ去ったりしてエンドというパターン。
同番組では「猫の芝居」(遂にようつべでアップされなかったが、印象深い話)
というエピも俺の好きなものだが、正体を見られた寺の飼い猫が姿を消す
というソフトなラストのアニメ版とは大きく異なり、
これも原話(第6章「もの言う猫、踊る猫」)では芝居を見られた猫が和尚を
噛み殺すという凄まじい展開。
この辺の原話における「明」を「暗」へ、「暗」を「明」へというライターに
よる巧みな脚色もおもしろしや。
また、いわゆる雪女の美形イメージもハーンの創作によるイメージが大であり、
原話とは異なるという指摘も、今更ながら成程感あり。
(まん昔でもハーン作品に沿った作りであった)

822 :名無しのオプ:2011/04/10(日) 12:10:37.38 ID:KqiPyEo8
でもサスペンス小説はミステリーじゃないんだとさw

823 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/10(日) 20:59:13.13 ID:zAHQ12aY
志賀直哉「大津順吉・和解・ある男、その姉の死」
表題の3作を収録した中編集。
小説の神様の長編代表作が「暗夜行路」、
短編が「小僧の神様」「城の崎まで」、
だとすれば、中編では文句無しに表題作のひとつ「和解」かと思う。
長年に渡り不和な関係にあった作者と父の和解の顛末を、
淡々と綴ってしみじみとした余韻を残す名編である。
「父との不和の原因が具体的に書かれていない」という評があったとのことだが、
作者は「和解の喜びを動因として書いたもので、
そういう時に不和の原因を読者のためにくわしく書くという気持ちになれなかった。
私自身では不和の原因を書かずに和解の喜びを現わせた点をむしろ満足している」と記している。
そう言えば、
「暗夜行路」でも「時任謙作は死んだのですか?」との問いが多かった
そうだが、夫婦の和解ということを書ければどちらでも良いと思うという趣旨
を述べていたような。
「書かざる部分」があるにもかかわらず、テーマは首尾一貫し、
人間の営みを活写し、感興を催す。
正に「純文学」の凄味「ここにあり」である。

824 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/10(日) 20:59:58.05 ID:zAHQ12aY
とかく全ての顛末を書かずにはおられないという内在的制約を伴う
「ミステリ」が文学足り得ない因は、この辺にもあるのである。
作者と父が不和に至る顛末の一端を描いたのが「大津順吉」。
「その晩私は千代と事実夫婦になった。私は初めて女のからだを知った。・・・」
この白樺派らしいあっさりした記述が良し。
どこかハードボイルドなんである。(この点は機会があれば詳述したく思う)
姉というフィクショナルなキャラを置き、腹違いの弟という客観的な視点
を置いたうえで、父との不和の顛末を描いたのが「ある男、その姉の死」
ということになる。
本作終盤の近親相姦を暗示させるようなシーンには驚きあり。

825 :名無しのオプ:2011/04/10(日) 21:13:51.59 ID:rj9eSFwl
ミステリーの板でミステリーではない小説の
パクリ感想文を書き込むきちがい書斎w


あいもかわらず幼稚な文学論もさることながら
>とかく全ての顛末を書かずにはおられないという内在的制約を伴う
>「ミステリ」が文学足り得ない因は、この辺にもあるのである。

ミステリ観もレベルが低いというか視野が狭すぎるというかw

826 :名無しのオプ:2011/04/10(日) 22:07:59.96 ID:+io+uV/l
ここに書いたということは志賀直哉の小説は人間が描かれていないパッと読んでポーンなものだと判断したんだなw



827 :名無しのオプ:2011/04/10(日) 23:47:05.00 ID:C7fcxHMP
志賀直哉は高校の教科書にも
載っているけど
「城の崎まで」ってなんだよソレはw

828 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 00:03:12.91 ID:Ylffbysw
なにせ「うろ覚えの大家」だからw

829 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 00:27:39.07 ID:Szo6xnHB
翻訳不可能論なんてほざく前に日本語が読めるようになれよ書斎w

830 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 01:07:53.88 ID:MzJotgTU
「和解」のくだらなさは異常
歴史的意味を捨象すれば、「大人の作文」以上のものではない
「城崎にて」は、まあまあの「エッセイ」だな
「城の崎まで」という作品は浅学にして知らぬ

831 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 10:26:39.17 ID:9vYqUXzV
書斎の純文学への造詣の深さはとうていミス板住人には追いつかないのだろう。
ある意味気の毒ではなるな。ミス板住人がもっと謙虚になるべきだわな。

832 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 10:40:41.65 ID:butskIJp
純文学?ヘェーw
書斎が板違いのレスをしていると
支持者も理解しているわけだwwwww



で、「純文学への造詣の深さ」って

城の崎まで

のどこが?

833 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 12:19:05.71 ID:M/+OpnyF
なにを言われているか理解できていないんだなww

834 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 13:15:34.74 ID:MhK4jhyX
頭吊支持者も文盲w
馬鹿って感染するんだな

835 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 15:24:52.35 ID:VYVrgA0Z
>>832
まぁまぁ、もちつけよw

831をよ〜く読んでみろよ
書斎の純文学への造詣の深さは、ミス板住人に追いつけないレベルだ、と言っているだろ。
つまり、
純文学への造詣の深さ …… ミス板住人 >> とうてい追いつかない壁 >> 書斎
だと言っているんだよ。

だからミス板住人は、ある意味気の毒である書斎に対してもっと謙虚になってあげてください。
と、言っているんだよ。

だろ?>831w

836 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 18:28:21.33 ID:9vYqUXzV
なんとしても書斎を貶めないと気がすまないんだなあ。
圧倒的な負けを何度も経験して狂ったか(w

837 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 18:31:59.10 ID:385mzUJc
お前毎日毎日そうやって自分で自分を偉そうに見せててむなしくない?

838 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 19:48:45.40 ID:JMikhRmq
>>836
>圧倒的な負けを何度も経験して狂ったか(w
書斎の悪口を言うなよw

839 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 21:16:14.98 ID:f0neDk9Q
しかし本気で何が笑われているか理解できてないみたいだな

840 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 21:27:13.58 ID:f0neDk9Q
 ≪書斎用語≫         ≪正≫
オランダ棺の秘密       オランダ靴の秘密
オランダシューズ        THE DUTCH SHOE MYSTERY(オランダ靴の秘密)
ガラスの町           ガラスの村
読者を欺むかるるなかれ   読者よ欺かるるなかれ
セロの焦点           ゼロの焦点
血蛞蝓              血蝙蝠
怪塔記              妖塔記
九十五羽の烏          七十五羽の烏
猫が知っていた        猫は知っていた
芥川龍之介の犯罪      芥川龍之介の推理
暗黒予知            暗黒告知
待ってる              待っている
闇にきらめく           闇にひらめく

841 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 21:28:00.58 ID:f0neDk9Q
 ≪書斎用語≫         ≪正≫
殺しのプレリュード       殺しの序曲
殺しのワイン         別れのワイン 
野望の果実          野望の果て
月は地獄や           月は地獄だ
マスクマンの人形        マクスンの人形
キタ・セクスアリス       ヰタ・セクスアリス
人間の阿呆           人生の阿呆
書く技術・考える技術     考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピラミッド原則
サンフェリアン寺院〜     サン・フォリアン寺院〜
シエーン             シェーン
ブリッコ              ブリット
仕掛人梅枝           仕掛人梅安
スターシップバトルトゥーズ  スターシップトルーパーズ(「宇宙の戦士」映画化時の題名)
ゴジラ対メカニックゴジラ   ゴジラ対メカゴジラ

842 :名無しのオプ:2011/04/11(月) 21:33:42.71 ID:f0neDk9Q
書斎の痴性あふれる主張とその顛末

「影武者徳川家康」(新潮文庫)は絶版 → 当時から現在に至るまで現役
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1027030788/331

「銀河盗賊ビリイ・アレグロ」は長編 → 連作短編集
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1071729734/308

「影武者徳川家康」(新潮文庫)は絶版 → 当時から現在に至るまで現役
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1027030788/331

「銀河盗賊ビリイ・アレグロ」は長編 → 連作短編集
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1071729734/308

「忍者月影抄」(角川文庫)は短編集 → 長編
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1027030788/251

「羊たちの沈黙」の映画版はスターリング捜査官の性別が変更されている → 原作でも映画でも女性
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1138283365/90

最近も「そして誰もいなくなったはポワロが登場する作品」など活躍が続く

843 :名無しのオプ:2011/04/15(金) 20:36:38.08 ID:5TR1C7La
ID:lYRZjaRj絶好調だなw

844 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/16(土) 21:26:31.23 ID:0vhSKlA9
ハル・ホワイト「ディーン牧師の事件簿」を読む。
うーん、名人E・D・ホック亡き今、アルテは長編作家だし、
本格短編ミステリの後継かと期待したのだが・・・
トリック、ストーリーテリング、キャラ構成等、全ての面でホックには
まだまだ遠く及ばないというのが正直な感であった。
探偵役が引退した牧師ということもあるが、必要以上に宗教談義が長いのも
日本人である俺にはうざく思われた。
(知識人のひとりとしては、決して宗教、特にキリスト教に興味がないわけ
ではないが、ミステリで「これ」を長々と語られても困るわけである)
一応、大好評な収録作品全話講評逝ってみようか!!!
・「足跡のない連続殺人」
タイトルどおりの3件の不可能犯罪談。
トリックは、ホックのような明解でシャープなものではなく、
ジョン風の力技である。犯人キャラだけ見ればサイコ・ミステリとして書いた方が面白かったかもしれぬ。
・「四階から消えた狙撃者」
読んでいて犯人は早めにわかった。
後はハウダニットの問題だが、やはりかなり強引な力技である。
街中で発生した不可能犯罪設定は凄く興味深いものなのだが、
解決が今ひとつという感あり。
・「不吉なカリブ海クルーズ」
ひょんなことから、ディーン氏がカリブ海クルーズに参加することになる
クローズドサークルものである。
わりと長めの作品でそれなりの読ませはするが、
本格ミステリを読み慣れた目には犯人はわかり易い。
ゆえに前収録作品と同様にハウダニット部分の出来次第と相成るが、
アクロバティック過ぎるトリックに萎えるものあり。

845 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/16(土) 21:27:11.65 ID:0vhSKlA9
・「聖餐式の予告殺人」
動機部分に関連するとはいえ、宗教談義が長くうざい作。
怪人物たちの正体、人間消失、毒物混入の謎等のミステリねたも平板なもの
であり特筆すべきものがない。
・「血の気の多い密室」
これも強引な作りな密室ものという表現がぴったしな作。
血液を使用したレッドへリングはだけは面白いものがあるが、
まあそれのみとも言い得る。
・「ガレージ密室の謎」
まさか最後の最後に肛門ネタのトリックが出て来るとは・・・(w
文字どおりアクロバティックでダイナミックな密室ものだが、
それだけに創りが粗いという感は否めない。

ホックのサム・ホーソーン・シリーズは、新刊が待ち遠しものがあったが、
このシリーズは、まあ、仮に第二集が出てもスルーだろうな。

846 :名無しのオプ:2011/04/16(土) 23:58:12.98 ID:whojHofd
読んでない、読んでないw

847 :名無しのオプ:2011/04/17(日) 01:24:43.98 ID:7OkIYiYv
「ディーン牧師の事件簿」
先に誰かが面白くないって
感想書いてるよw 

848 :名無しのオプ:2011/04/17(日) 01:50:14.95 ID:i2zKeKci
頭吊ジジイは気持ち悪い

849 :名無しのオプ:2011/04/17(日) 09:30:36.07 ID:Av5SRr9v
「ディーン牧師の事件簿」se4
は翻訳書のはずだよな?

翻訳は不可能なはずなのにそんなもの読んでなにが論考だバーカw
自分がなにを主張しているのかもうすこし頭使うんだな

能無し書斎。

850 :名無しのオプ:2011/04/17(日) 16:30:35.62 ID:GnpZEtc3
札幌駅殺人事件(西村京太郎)読了。

半分辺りからオチわかっちゃったよ…
その前によんだ東京駅・上野駅が割と面白かっただけに残念だ

851 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/17(日) 21:09:06.45 ID:AcA37lE4
>>846-848
まあ、1,050円返してくれれば未読(読まなかったこと)扱いでもOK。
そんくらいガックリだった。
ところで、
>犯人キャラだけ見ればサイコ・ミステリとして書いた方が面白かったかもしれぬ
この点はどう思う?


852 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/17(日) 21:09:43.11 ID:AcA37lE4
笹沢左保「地獄の辰 無残帳」を読む。
時代小説だが、本シリーズも「サスペンス小説」と
「サスペンス・ミステリ小説」の相異がよくわかるものと成っている。
ミステリ作家としても著名な作者の手になるものだけあって、
ダイイングメッセージねた(「流人が川に憎悪を呼んだ」)等もあるが、
あくまで小ネタに過ぎず、丁寧に書き込まれた時代考証にもとづく江戸風俗
と同様に謎解きは物語の「彩り」のひとつに過ぎないものとなっておる。
これが本シリーズが同じ作者の大ヒット作「木枯し紋次郎」と同様に
時代ミステリとは称されなかった所以であろう。
各話で繰り返し記述される主人公=寄せ場帰りの岡っ引き辰とフィアンセお玉の関係性、辰の雇用主である同心磯貝源之進との確執はあまりにうざいが、
連載で読んでいた読者は「おなじみ辰ワールドの始まりだなと」と思う楽しみの効果があったのやもしれぬ。
勿論、どの話(最終話「岡っ引が十手を捨てた」は除く)から読んでも、
過去の経緯がわかりOKという効果もあり。
本作はシリーズ第2集、最終話でシリーズ全体を通した大きな謎が解明されてしまうため、出来得れば第1集(「地獄の辰 犯科帳」)から手にしたかった
ものである。
だけんど、CSでテレビドラマ版見てる椰子が原作を読んだら、
同心磯貝や辰の子分留のキャラの相異にぶっ飛びと思われ。
人使いが荒いスタイリッシュな壮年同心→父子(=娘)家庭で辰に厳しい言葉もかけるが根は人情家な老同心、
江戸にも珍しい美男→個性派俳優演じる一癖ある男。
まあ、極端な脚色である。
お玉の件を初め、原作では頻発するレイプねたが抑制気味なのも、
いかに70年代とはいえ、テレビの限界か。

853 :名無しのオプ:2011/04/17(日) 22:08:48.97 ID:2TjJiKIl
何で頭吊に金払うんだw
創元に請求しろよ
手元に本あるけど
「足跡のない連続殺人」が
サイコ・ミステリ向きかねぇw
むしろトリックが名探偵コナンで笑ったよ
あとがきに作者がマニアって書いてあるわw

854 :名無しのオプ:2011/04/17(日) 22:34:49.89 ID:+SLmmOFP
>>853
書斎はどこぞのブログから感想をパクったんだから
あとがきなんか読んでるわけないじゃないかw

855 :名無しのオプ:2011/04/18(月) 00:01:18.80 ID:77ZXcjsf
>>849
面白いかどうかは当社比でしか語れんが
収録作にアタリはなかったなあ、どれもまあまあ
ガチガチ本格でがんばってるけど、B級のホックという感じ
「ガチガチなら応援したい」という人は買ってあげるべき

856 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/18(月) 21:48:15.80 ID:+b8I31rS
>>853
犯人キャラはどうよ?
この辺をじっくり書き込めばテーストが異なる短編に仕上がる気もする。

>B級のホックという感じ
これは言い得て妙かと思う。だけんど、あくまでB級の範囲に止まるという感あり。

857 :名無しのオプ:2011/04/18(月) 22:53:17.84 ID:kzZIDcYX
はぁ?
犯人キャラ書き込んで
ハイテク機器使ったあのトリックも使って
サイコ・ミステリって意味わかんねw

パソコン使ったりハンバーガー食べたり
飄々としたディーン牧師のキャラは面白いのになぁ

858 :名無しのオプ:2011/04/19(火) 07:08:26.84 ID:dxHiDqr5
会話が成立しているね。
アンチが来ないとちゃんとしたスレになる。

859 :名無しのオプ:2011/04/19(火) 12:17:25.64 ID:XpTc1Wo/
書き込みの内容がデタラメだ、と指摘されているのに
平然と頓珍漢なレスを返すのが「会話」なのかw

860 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/19(火) 21:06:06.21 ID:ZUyVPBsK
>>857
本格ミステリオタなら仕方ないが、トリックしか興味無いとか?
あの犯人の屈折した心理を書き込んで、
>テーストが異なる短編
にってことなのだが。

861 :名無しのオプ:2011/04/19(火) 21:32:44.62 ID:TPimlTM9
>本格ミステリオタなら仕方ないが、トリックしか興味無いとか?

また自己紹介かwwww


862 :名無しのオプ:2011/04/19(火) 21:34:28.90 ID:NYP8UQLn
バッポンが何言ってるんだかw

863 :名無しのオプ:2011/04/19(火) 22:01:32.38 ID:9QSfFSMl
>本格ミステリオタなら仕方ないが、トリックしか興味無いとか?

お前自分の書いたことを全く覚えていないんだなwww

864 :名無しのオプ:2011/04/19(火) 22:35:09.81 ID:N0lftN3/
>会話が成立しているね。
どんだけハードル低いんだよw

865 :名無しのオプ:2011/04/19(火) 23:45:39.88 ID:2tsDsbEr
限られた人間関係で
すぐ犯人わかるのに
犯人をさらに書き込んでどうするんだw
馬鹿だな書斎w

866 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/20(水) 21:18:35.65 ID:kPVyWsjE
>>865
「お前はフーダニットにしか興が湧かないオタなのか?」という話。
つまり犯人バレなんかどうでも良く、そのキャラの特異性で読ませる手である。
だけんど、ミスオタ(特に本格オタ)はこういう方向性はからきし駄目なんだよね。
これが文学愛好家に嫌悪される所以かと思う。

867 :名無しのオプ:2011/04/20(水) 21:21:28.16 ID:4GSu17VA
「つまり」の前と後全然違うw

868 :名無しのオプ:2011/04/20(水) 22:01:33.02 ID:hy7gjW5N
クリスティスレで噴飯な
書き込みしてる頭吊に
言われてもなぁw

869 :名無しのオプ:2011/04/20(水) 22:31:26.33 ID:L5T1wFJ1
笑いすぎて腹いてーwww
本当に書斎は「ディーン牧師の事件簿」読んでないな
どんどん墓穴掘ってるよw

870 :名無しのオプ:2011/04/21(木) 07:05:00.06 ID:OMT+bGLz
書斎だけが筋の通ったことを言っている。
まともな反論の一つでもしてみろや。

871 :名無しのオプ:2011/04/21(木) 07:06:38.25 ID:Soq1aqoH
みじめすぎるだろ、お前

872 :名無しのオプ:2011/04/21(木) 11:09:54.06 ID:LsJftMe4
名無しの自己弁護こそまともに反論してみろよw
壊れたレコードみたいに書斎が正しいとがなる前にw

>>868
馬鹿な書斎はクリスティスレで
犯人とトリックにしか価値を見出さないというレスをしていますからね。

873 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/21(木) 22:09:38.95 ID:UcQY4jgi
そうねぇ。期待大な作品だっただけに、もう少し語り合いたい。
テクスト所持確認をしておきしょう。
>>869
ディーン牧師宅の本棚の一角を占領している作家の本って誰と誰だっけ?
わりと印象的なシーンなので簡単に答えられると思う。


874 :名無しのオプ:2011/04/21(木) 23:01:38.47 ID:LgYVxOYg
はぁ?
本棚は八つあるけどw
C・S・ルイス
チャック・スウィンドル他
つか、俺は書斎の相手飽きてきたw


875 :名無しのオプ:2011/04/21(木) 23:20:35.02 ID:J5/w7sKB
頭吊は図書館で借りてきたのかw
良かったね図書館から
追い出されなくてw

876 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 10:00:42.34 ID:q57WDs0q
無職の60代のジジィ書斎の
相手は大変だよね

877 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 16:02:53.62 ID:eQgUwz1W
簡単なクイズなんだから答えて見せろや。
気概があるならな。

878 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 16:12:18.01 ID:oTUyQAvI
愛憎(あいにく)忙しいw

879 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 17:21:06.51 ID:fmr/t0f/
>844 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2011/03/29(火) 13:26:39.16 ID:zBsowe4d
>アンチはクイズばかりでアホ丸出し。

都合が悪くなるとクイズクイズでアホ丸出しの書斎クンw

880 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/22(金) 22:19:31.87 ID:TgtxXcBM
>>873
だいたいわかったが、君としては「しまった!」って感じかな(w
俺が問うているのは、
>本棚の一角を占領している
ほどの2作家なのだが。
まあ、ミステリの内容は多様化しており、謎解きオンリーに拘泥するのは
つまらないし、「こうすれば面白くなる」という視点はファンとして重要かと思う。
ホックなんかは結構多彩な作を書いてるしね。

881 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/22(金) 22:21:36.34 ID:TgtxXcBM
>>880のレスは>>874宛てに訂正。失礼をば。

882 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 22:37:46.66 ID:p6C+RlyM
クイーンスレ>>83より
>翻訳書は「日本語による原文再現」ではなくして、あくまで「翻訳者の著作」

という立場の書斎クンは作者だけでなく訳者の名前も書かなきゃならないと思うんだが
今まで外国の作品を取り上げた時にはそうしてたのかな?

883 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 22:47:54.32 ID:p6C+RlyM
ああ、書斎クンお得意の「困ったらクイズ」じゃないから安心してね

「完全な翻訳は不可能」で「訳書は訳者の作品」という立場の書斎クンが
今までどう作品をどう紹介してきたか、少し気になっただけだから

884 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 22:50:27.43 ID:p6C+RlyM
訂正
今までどう→今まで

885 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 23:10:13.50 ID:/pHR+pHc
別に、「しまった!」って
思ってないよw
ミステリ作家あげると書斎が
うるさそうだからw
答え知りたい人はP.293
今年、出版された本だから
書店で見られるしw
しかし、孫もいそうな
60代のじーさまなのか書斎って
暇なんだなぁw

886 :名無しのオプ:2011/04/22(金) 23:19:21.80 ID:4AjxP6Oo
孫がいるどころかいまだに無職童貞で、ミステリ板で女性と思しき
住人がいるとネットストーカーする変態

平日には背中に旗を付けて公園を奇声上げて走り回り、子供と母親に
奇異と嫌悪の目で見られているということを自分で2ちゃんに書いている。

887 :名無しのオプ:2011/04/23(土) 00:14:39.25 ID:+gaElvwE
頭吊の馬鹿でキティのDNAが
後世に残らないのは社会貢献だなw

888 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/23(土) 11:47:49.89 ID:Ze9Q8XMF
E・D・ホック「サイモン・アークの事件簿U」を読んだ。
これも外された感が強い作品集。
うーん、もう新作を期待出来ないサム・ホーソーン・シリーズのような
テーストを期待してはいけないのだろうが、第1集は予想外に謎解きミステリ
としても面白く、サイモンのキャラも立っていて良評価だったのだが・・・
作者自選とのことであり、あえて第1集とは異なるテーストの作を年代にも
配慮しながらチョイスしたのであろうか?
不死の男サイモン・アークというオカルト探偵のキャラが活かされた作が
1作も見当たらず、タイトルに反して怪奇色を抑えた普通の謎解きミステリが
ばかりなのに、まずガクーリ来た。
(しかも、ホックにしては御都合主義で平板な解決が多い)
一応、大好評な収録作品全話講評逝ってみようか!
・「過去のない男」
ビッグボウや赤後家のネタを不可能犯罪ものでおなじみ
「犯人の足跡が無い殺人」設定でやってみますたという20頁強の小品。
はっきり言うてそれだけの話であり、最終的に強引な展開となるのは
仕方ない話でもある。
・「真鍮の街」
クイーンかおなタイトルの収録作品中唯一の中編。
一応のボリュームとホックの語りの上手さもあって、それなりに最後まで
読ませはするものの、町の有力者一族を巡る事件探索は
ハードボイルド・ミステリ的であり、強引な入れ替わりトリックも
そのジャンルなら、まあこれでもOKかなのだが・・・
正直言うて、名パズラーホック作品にしては不満が残る出来と言える。

889 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/23(土) 11:48:32.64 ID:Ze9Q8XMF
・「宇宙からの復讐者」
探偵役がサイモンだし、SFミステリ的内容を期待したのだが大外れ。
金銭絡みのゴタゴタねたという真相。平板にして語るべきものなし。
・「マラバールの禿鷹」
インドを舞台にしたエキゾチックな作。
鳥葬のグロい描写は、あっさり風味のホックには珍しい。
内容的には不可能犯罪性も無く普通のフーダニットに終始、
魅力的な舞台設定を活かし切れていないホックらしからぬ凡作である。
・「百羽の鳥を飼う家」
タイトルどおりの家が登場し、そこで殺人が発生する。
ゆえに、もっと怪奇性を強調し雰囲気を盛り上げても良かったように思うの
だが、怪奇な男サイモンが合理的な解決を施してエンド。
テーブルのトリックをどの程度面白いと思うかどうかの評価やろうね。
・「吸血鬼には向かない血」
マダガスカル島を舞台にしたエキゾチックな作であり、読後にタイトルの
妙味がわかる洒落た仕上がりとなっておる。
荒っぽいもののトリックのトンデモぶりも成程感あり。
・「墓場荒らしの悪鬼」
墓荒らしの謎解明部分にアガサのABC等でおなじみなネタのバリエーション
が見られたのが面白かったが、これもコテコテの怪奇探偵小説を志向し、
その面で楽しませるというわけでもなく、それだけの作とも言い得る。
・「死を招く喇叭」
ポカホンタス、ツタンカーメンと日本人にもおなじみの薀蓄を散りばめ、
これはサム・シリーズでも使えそうな偽装トリック。
コンパクトに纏まっており楽しめるものとなっておる。

890 :名無しのオプ:2011/04/23(土) 11:53:38.64 ID:8ahkjYUc
はあ今になって読んだフリ、かw
ようやっと感想が書かれたサイトを見つけたということなんだねw

891 :名無しのオプ:2011/04/23(土) 12:01:33.55 ID:z9USKj+y
ほんとに読んで書いているなら、書斎は感想を書くことができない人だってことだ
読まずに書くよりひどいレベル

892 :名無しのオプ:2011/04/23(土) 18:28:13.26 ID:WRktzl5K
書斎おじいちゃんは
昨日クリスティスレに
「参照」って書いといて
ナニやってたんだかw


893 :名無しのオプ:2011/04/24(日) 04:38:07.31 ID:DjBCoQhG
>>890
自分でホックと言い出してやっと思い出したんでしょうね。
この本が出ていることをw

894 :名無しのオプ:2011/04/24(日) 14:33:36.34 ID:XNOc3b53
>>890
書斎じーさまは「ディーン牧師の事件簿」を
あわてて図書館で借りてきたら
巻末にホックの紹介があって
「しまった!」と思って
慌ててコピペ感想でごまかしてるけど
「サム・ホーソーンの事件簿」はXまで出てるのになw


895 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/24(日) 22:23:26.43 ID:b+6Y8A8+
>>892
喪前は新入りの荒しやね(w
サイモンの事件簿Tに関する論考も過去ログにあり。
>>894
荒らしにも工夫が必要かと思う(w
>「サム・ホーソーンの事件簿」はXまで出てるのになw
全く意味不明。
これから新作があるとでもいうのだろうか。

896 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/24(日) 22:24:26.19 ID:b+6Y8A8+
笹沢左保「地獄の辰犯科帳」を読む。
この「犯科帳」が地獄の辰シリーズの第1集であり、
従って本書収録の第1話が辰のデビュー作である。
冒頭から陰口を叩いていた若い衆をみずから因縁をつけて
フルボッコにしたりと、全体を通じて第2集「無残帳」と比較して辰兄いに
バイオレントなイメージが強い。まだ、お玉死亡前提の頃だから荒れていたの
だろうか?
なおTVシリーズでおなじみ寄世場帰りという設定は原作には無し。
ミステリねたではこの第1集の方が面白いものが多い。
・「首なし地蔵は語らず」
黄色い部屋でおなじみなトリックを江戸時代でやる趣向が面白し。
紋次郎シリーズのような哀愁に富んだタイトルはこの作家ならではだ。
・「夜鷹が水を欲しがった」
いわゆるダイイングメッセージねた、手がかりは示唆されるものの、
推理可能なものとは思えぬ。ただし下世話な薀蓄の面白さはあり。
深夜の寮探索のスリルもあって、時代サスペンスとしては十分に楽しめる作
となっておる。
・「縁切寺で女は死んだ」
辰危機一髪のエピ。
ラストで、クールな同心磯貝も顔負けなハードボイルドさを見せる辰。
・「水茶屋の闇を突く」
これも辰のハードボイルドな面が遺憾なく発揮された作だが、
武家をめぐる謎解き展開もなかなかに読ませ、
屋敷内の槍を使った辰の立ち回り(アクション)も迫力に富む。

897 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/24(日) 22:25:21.50 ID:b+6Y8A8+
・「半鐘が赤い雪に鳴る」
火事のトリックもあるが、基本線はミステリというより時代サスペンスであり
この方面では十分に楽しめる作だ。
辰はいつも挿入されるまで助けないような不思議・・・
・「瓦版に娘が欠けた」
身代わりトリックねた、このシリーズらしい凄惨で残酷なストーリーである。
最後は完全なる勧善懲悪といかないのも良し。
「なんと空しい世の中なんだと、辰造は小石を蹴った」
・「賽は知っていた」
第2集を先に読んでしまっているとお玉の謎が既知のため、ややスリルを
欠く感があったのが残念。
ここまで読んだ当時の読者は引き続き連載を読む又は第2集に手を伸ばして
当然かな。笹沢氏の物語作り、語りの上手さゆえであろう。
また、紋次郎シリーズの情景・自然描写と同様、江戸風俗・情景描写も
臨場感を増す効果大で、このシリーズを通じた読ませどころ、
大きな魅力を成すものとなっている点を付記しておこう。

898 :名無しのオプ:2011/04/24(日) 22:48:53.41 ID:aYqGgC0F
完璧な論考。
読後感とか名乗るアホは参考にすべし。

899 :名無しのオプ:2011/04/24(日) 22:55:11.60 ID:TmK2Q+e9
サイモン・アークの過去ログ何処にあるの?

900 :名無しのオプ:2011/04/24(日) 22:57:27.07 ID:1FTaq5T/
外国の作品だと著者名をちゃんと書かないのが書斎クンの悪い癖だよね

901 :名無しのオプ:2011/04/24(日) 22:59:32.86 ID:1FTaq5T/
まあ書斎クンの立場なら書かなきゃならないんだが、また勘違いしそうだな

902 :名無しのオプ:2011/04/25(月) 00:02:22.96 ID:EdvCYhHp
頭吊ジジィは自分の前の書き込みを
忘れるのも困った事だよねw
あぁ、痴呆かw
介護してくれる家族いなくて
大変だなw

903 :名無しのオプ:2011/04/25(月) 00:11:02.51 ID:CAV+yUZE
>>895が全く反論になっていないのが痛々しいなw

>書斎おじいちゃんは
>昨日クリスティスレに
>「参照」って書いといて
>ナニやってたんだかw
   ↑
>サイモンの事件簿Tに関する論考も過去ログにあり。

これなんて全く意味が通じないw
なにを指摘されているのか、なにを笑われているのか理解できていないんだな。

904 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/29(金) 00:54:41.67 ID:W5QlimiQ
ジャン・ポール・サルトル「嘔吐」(新訳)を読む。
本書の訳者「あとがき」に「ある日、海岸の石ころとともに始まり、
ブーヴィル最後の一日で完結する一つの見事な『冒険譚』なのだ」とあり、
当初、作者が付けたタイトルも「アントワーヌ・ロカンタンの驚異の冒険」、
校了中におけるボーヴォワール女史の「・・・私たちのとても好きだった
推理小説風のサスペンスを物語に少し導入すべきである、と主張した。
サルトルもこれに賛成した」(この2人が何を好んで読んでいたか興味を
惹かれる。時代的にはシムノンか?)との言も紹介されていること。
これらをを見れば、この板で取り上げるにも違和感が無い作ではある。
だが、主人公ロカンタンが嘔吐感ちゅーか、嫌悪感に近いものまで抱く無機物
をめぐる現象、これは東洋人、特に古来から「物神」という思想がある
日本人には、異なる感覚で受け取られるのではなかろうか?
(「まんが日本昔ばなし」の棄てられた草鞋のお化けのエピ、日用品たちが
夜中に集会をしているエピ等が思い浮かぶものあり)
本作で描かれているのは、動物に魂は無い、無機物はあくまで無機物
(これがロボットに対する考え方の相異となって顕在化する)という
基本思想を持った西洋人だからこそ生じる
「サスペンス」なのか、という感もあるのだな。

905 :名無しのオプ:2011/04/29(金) 01:02:44.49 ID:zOKKRoC3
おやおや、「ミステリ」って言葉は使わないんだw

906 :名無しのオプ:2011/04/29(金) 01:35:59.04 ID:6gx4CWlZ
「物神」w

907 :名無しのオプ:2011/04/29(金) 02:18:11.76 ID:/Idf89jm
GWに書斎に直接会いに行きたい人はこちらを参照してください

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1293642705/


908 :名無しのオプ:2011/04/29(金) 07:38:57.75 ID:YbmXXQPL
サルトルだけでもミス板的にはレベルをはるかに超えているのに、そこからまん昔につなげる筆力は圧巻。
これがロハで読める幸福を噛み締めること。

909 :名無しのオプ:2011/04/29(金) 08:45:31.36 ID:HAxhJfAz
自演ジジイの妄想に付き合う義務はないよ

910 :名無しのオプ:2011/04/29(金) 10:32:28.42 ID:k5f2322J
>「サスペンス」なのか、という感もあるのだな。
サスペンスはミステリーではない、と言い切ったくせにw

911 :名無しのオプ:2011/04/29(金) 10:37:38.83 ID:k5f2322J
それより何より、
いくら29日は休日とはいえ午前0時台に読んだフリというのは不自然すぎるだろw
常識が無いんだなお前はw

912 :名無しのオプ:2011/04/29(金) 10:59:46.42 ID:/Idf89jm
書斎が吹聴する薄い知識はなぜかでつまつも「支持者」もふりかざす。
書斎が知らないことはなぜかでつまつも「支持者」もまったく知らない。
書斎が答えられないことはなぜかでつまつも「支持者」もまったく答えない。

◆常識のレベルを問われていること
>192「ジェントルマンズ」のどこがおかしいのか答えよ
>355「生憎半ば」のどこがおかしいのか答えよ

これが答えられない人間なんて日本に何人いるんだというくらいの貴重な
底辺レベルなんだが、なぜか書斎、でつまつ、支持者の三位一体で間違い、
笑われても訂正できず、問われても答えられない。
それと志賀直哉の「城の崎」についても、どうやらいまだに何を爆笑されたか
わかっていないらしい。こんな小学生並みのボンクラが文学を論じるとか
ミステリを文学に昇華する試みをしているとか必死の自分飾りをしても、
「まず英語以前にローマ字を読めるようにしろ」と言われるのが当然だろ。

913 :名無しのオプ:2011/04/30(土) 00:22:33.70 ID:CKeqUVNI
730 名前:名無しのオプ :2011/04/29(金) 18:52:25.05 ID:+tfUDmXw
なんで書斎とその一味はドイルは「サー」だか「サー・コナン」だかってのを蔑称で使うのに
なんでクリスティの別称は「アガサ」だけなのかね

731 名前:名無しのオプ :2011/04/29(金) 19:07:08.24 ID:/Idf89jm
だって書斎とでつまつと支持者はついこの間(スレ住人らに指摘
される)まで、「サー」というのをドイルの「名前」だと信じて
いたんだから。
今になっても「サー・アーサー・コナン・ドイル」と同じように
「アガサ・クリスティ」を読むとしたらどういう呼び方になるのか、
本気で分からないんでしょう。
映画「オリエント急行殺人事件」を見ているだけでも知識として
入ってきそうなものなのに、ホント与えられた材料から何かを学ぶ、
っていう事が出来ない文盲なんだよねえ。

733 名前:名無しのオプ :2011/04/29(金) 19:58:43.46 ID:qpUsH5rJ
ドイルがサーならクリスティも敬称で読んでくれなくちゃ。

734 名前:名無しのオプ :2011/04/29(金) 20:39:52.70 ID:/Idf89jm
ここまで言われればどう呼ぶかなんて小学生でも調べがつくものなんだが、
「ジェントルマンズ」の文盲書斎はそれでもまだ逃げ回るんだろうな。

914 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/04/30(土) 08:37:35.92 ID:eOvBsfTX
島崎藤村「千曲川のスケッチ」を読んだ。
当時の厨房向きの雑誌に掲載されたエッセイであり、文豪の筆による
信州の風物・情景をまったり、ゆくーりと楽しんで読んでいたところ、
その九の屠牛一〜四の詳細な描写にぶっ飛んだ(このネタは名作「破戒」にも取り入れられている)
自然主義の大家らしく、淡々と自然風物を綴るが如く屠殺シーンを描く筆の
迫力を見よ!
以上だ。

かまち潤「TVコマーシャルと洋楽コマソン40年史」
カバーに印刷された数々のシングル版レコードジャケットも懐かしい
洋楽コマソン資料集付エッセイ。
長年に渡る筆者のコマソン収集には敬意を表するものの、
やはり70年代に関しては全く触れられていない曲、落ちがありそうだ。
(例えば、サンヨーおしゃれなテレコのCM曲)
今でも知られる洋楽コマソンのヒット第一号「男の世界」(70年)のスポンサーであつたマンダム(当時の社名は丹頂)が、その後は20年も洋楽コマソンを使用しなかったという事実を本書で知り、いかなる事情があったのかと
いささか(注 いささか先生ではない(w )不思議な感を受けた。
(さらに90年、91年の後は、なんと2000年まで無し)

915 :名無しのオプ:2011/04/30(土) 11:31:29.87 ID:izvSVAsR
書斎のユーモアは建材だね。
論考は確かな読み応えがあるしね。

916 :名無しのオプ:2011/04/30(土) 11:46:19.40 ID:lVRL5CTm
>>915
薀蓄のあるお言葉ですねw
まあ「けんざい」ときちんと読めるようなので、
あまりイジメません。

917 :名無しのオプ:2011/04/30(土) 12:25:00.61 ID:fXGf0gQv
なにをおっ建てるつもりなんだか

918 :名無しのオプ:2011/04/30(土) 23:10:05.02 ID:A/f725A5
もはや「ミステリとして読む」という言い訳すらしなくなった哀れな書斎。

919 :名無しのオプ:2011/05/01(日) 01:51:11.01 ID:1sZj60Kt
↓はよ答えんかい。

◆常識のレベルを問われていること

・書斎の言葉「ジェントルマンズ」のどこがおかしいのか答えよ

・おなじく「生憎半ば」のどこがおかしいのか答えよ

・このスレで志賀直哉の「城の崎」について語って爆笑されたが、何を
 笑われたのか答えよ

「単なるうっかりミス」「ちょっとした変換ミス」なら正しい答えを
言えるはずなのに、何で逃げ回ってるの?

920 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/01(日) 06:57:56.56 ID:tdGRpHmQ
ケン・フォレット「針の眼」を読む。
まあ、今読むと、戦争冒険小説(新刊当時のキャッチフレーズ)という
よりは、内容的にはお約束な展開の冒険ロマンスやね。
実は俺は早川の「冒険・スパイ小説ハンドブック」における
アンケート上位作品であまり面白いと思うたものは無く、
これも例外ではなかった。
「針」探索における御都合主義な推理、
有名なクライマックスの嵐の孤島における勧善懲悪な展開、
強引なまでのハッピーエンディング・・・
何か全て古く大衆迎合路線に流れているという感あり。

921 :フレンチ警視:2011/05/01(日) 07:26:19.82 ID:fP2qkmdu
┌─────┐
│次でボケて.│
└∩───∩┘
  ヽ(`・ω・´)ノ




922 :名無しのオプ:2011/05/01(日) 09:45:48.96 ID:C+FzD/CF
ぼけずにまともに書き込みする。
書斎のレスは正しい。

新しい読書ガイドが必要とされる理由だよ。

923 :名無しのオプ:2011/05/01(日) 10:21:39.48 ID:Eoe0gJHZ
┌─────┐
│次でボケて.│
└∩───∩┘
  ヽ(`・ω・´)ノ


924 :名無しのオプ:2011/05/01(日) 14:59:30.10 ID:87b9RBzv
4ヵ月前の自分の書き込みを
すっかり忘れてる
書斎ボケ老人

925 :名無しのオプ:2011/05/01(日) 22:59:11.14 ID:5B43klSg
四月二十九日になったらとたんに「読んだ」と称したパクリ感想を書き込むくらいだもの。
いったいいつ読んだことにしたんだかw

ところで書斎、お前GWは毎日読書三昧というフリかい?
毎年毎年ヒマなんだね。

926 :名無しのオプ:2011/05/02(月) 00:09:08.10 ID:p7Kh8yoh
お金に苦労せず読書三昧。
理想だろ、読書を愛する知識人にとっては。

927 :名無しのオプ:2011/05/02(月) 01:23:51.56 ID:UuVqPGAD
100円均一でしか買えないのに「お金に苦労せず」w

928 :名無しのオプ:2011/05/02(月) 02:16:31.00 ID:VO5ESstT
昔イオンのバイトで月10万ちょっと稼いだのが金に苦労せずかw

929 :名無しのオプ:2011/05/03(火) 01:06:00.10 ID:O/gYQx9B
だからお金のために苦労していないんだよ。労働してないから。

読書を愛する人間にとって理想的な環境とは誰も思わないだろうがね。

あと知識人なら「ジェントルマンズ」「生憎」「城の崎」「サー」について
とっとと片付けてね。
目の前の課題の解決から逃げ出しる姿勢を知識人とは誰も言いません。
こんなの小学生だって答えを出すとさんざん言われてるのに何やってんの?

930 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/03(火) 16:57:42.62 ID:4G9eEkLu
菊池夏樹「菊池寛と大映」を読む。
文春創設者として著名な作家菊池寛は大映の初代社長でもあった。
永田喇叭と通称された永田雅一氏との交流を両者の主観に立って描いた作で
ある。(従って、叙述そのものが資料や証言にもとづくものだとしても、
あくまで著者(菊池氏の孫いあたる)の「推理」によるものである)
菊池作品の愛読者であり、映画も好きな俺はかねてから
戦中から戦後にかけての日本映画界の風雲児とも言い得る永田氏という
存在に興を惹かれていたが、その知名度に比較して驚くほど関連書は
少ない。永田氏本人を著者名に冠した「映画道まっしぐら」という書は
あるものの、もう少し第三者的立場で書かれたものも読むたく思うていた。
本書は菊池寛という大作家の存在をフィルターとして永田氏の存在も
ビビッドに浮かび上がって来る感があり、この点は良し。
ただし、菊池氏縁者の手によるものゆえ、両人を美化し過ぎている感が
無くもない。
日本映画に興があるノンフィクションライターによる、客観性重視の
永田雅一伝が出ないものであろうか?
本書からこの板に巣食うミスオタたちにも聞かせたい菊池氏の言をひとつ紹介
しておこう。
「・・・映画の題名は、ミステリーでなければいけない。ひとの人生を描く
のもミステリーなんだ。ミステリーがひとを引きつけるのだよ」
正に、言い得て妙。それにしても「菊池千本槍」は見てみたい。

931 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/04(水) 13:09:47.18 ID:tfWXQDEh
「木魂/毛小棒大 里見ク短篇選集」を読む。
売れっ子文芸評論家たる小谷野敦氏によるセレクション。
まあ、字は異なるが「とん」繋がりである(w
解説にもその旨記されており、その作風を見れば自明だが、
鏡花好きだが怪奇・幻想には興味が無かった作者ゆえ、
この選集にもミステリ色を求めるのは困難である。
(収録作品中でも「木を伐る」はエキゾチックな因縁噺ではあるが)
ただし、オチがある短篇ストーリー(海外なら短篇ミステリと称されたかも)として楽しめるものもあり。
「ふところ子」は「うほっ、かお」だし、表題作にもなっている毛小は
「フェラかお」な下ネタが実に軽快、かつ、厭らしさが微塵も無く飄逸に綴られる。これは、まあ、作者の特性としか言いようがないわな。

932 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 09:48:54.21 ID:UkX870Ng
頭吊おじいさん、「ジェントルマンズ」って何ですか?

933 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 10:16:04.93 ID:wfcLFrZr
で、菊池寛や里見クのどこがミステリー?
書斎、お前バカだろw


書斎ってまともに本を理解することができないんだなあw

934 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 11:11:43.81 ID:wfcLFrZr
さあそろそろバカ書斎が
ミステリーではないものを読んだと称した
嘘っぱちカンソー文を垂れ流します。

935 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/05(木) 11:25:28.79 ID:VcpsRdFk
アリステア・マクリーン「女王陛下のユリシーズ号」を久々に再読。
早川が実施した冒険小説ランキングで総合1位に輝いた冒険小説の
古典とでも称すべき作だが、その後のミステリやスリラーの要素をまじえた
マクリーン作品と比較して正攻法な戦争小説のため、船舶や英国海軍に
関連した専門用語や俗語が頻発、決して読み易い作ではないという感
は変らなかった。
ソ連への援助物資を運ぶ護送船団(旗艦がユリシーズ号)へ
襲い掛かるドイツ爆撃機、Uボート、そして過酷なまでの北洋の悪天候・・・
壮絶な戦闘シーンはあるが、護送船団の物語ゆえ、
あくまで守りの戦いという展開。
真っ向からの海戦とか期待すると外されるかも。
艦長のヴァレリーを筆頭に多彩なクルーのキャラも読ませどころと
なっているが、艦内配置図は掲載されているにもかかわらず、
新装版にも人物表が無いのは翻訳の老舗早川にしては不親切に過ぎるのでは
ないかな。
ユリシーズ号の壮絶な最後を、僚艦サイラス号からの視点に切り替えて
見せたり、ラストは生存者である軍医ニコルスを中心とした
淡々としたやり取りで締め余韻を残す等、処女作らしい堅苦しさを感じさせる
部分も見受けられるものの、最後までマクリーンの語りの上手さは既に発揮
されている。
しかし、この作品が個人的に好きという見解はありだろうが、
海洋冒険小説の世紀の傑作、ナンバー1冒険小説と絶賛するほどのものかと
いうと、やや疑問に思わないでもないのだ。

936 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 11:26:41.63 ID:wfcLFrZr
おや悔しかったんだねw
でも結局中身はパクリと思い込みだらけの駄文だな。

0点w

937 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 12:54:50.61 ID:VnyVsgED
上の方には「決して読み易い作ではないという『感』」とあって
下には「最後までマクリーンの語りの上手さは既に発揮されている」って
語りが上手いのに読みにくいってすごいですね。
読みにくいけど語りのうまさは分かるんですね。

ほんとに読んだ人の感想とは思えないw
読んでなきゃ読んでないで構わないのと思うけどな。

938 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 17:10:08.66 ID:BMEoM2Xn
まあユリシーズ号のような古典をキチンと紹介できる碩学はミス板にはいないしな。
ヲタばっかりで品位もレベルも下がっている。

939 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 17:12:19.34 ID:rkWTUDGO
クリスティスレで「文学史」について出鱈目な自慢をし続けて
突っ込まれだしたらどんどんボロを出したあげく、いつものように
名無しになって罵声を浴びせるだけになってスレを逃げ出すという
完膚なきまでの恥さらしをやった記憶が抜けないんだな。

940 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 17:21:00.91 ID:rkWTUDGO
クリスティスレで「文学史」とやらに関して追いつめられ逃げ出してから、
このスレでいきなりミステリと関係ないことばかりコピペし始めた。

そんなことをするより「城の崎」についてちゃんと下調べをしたり
する方が先だと思うんだけどねえw
里美を「トン」なんて言ってるひまがあったら、学校の教科書レベルの
知識の間違いを早く訂正しろよ、という。

941 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 18:23:18.44 ID:TPIXAq2M
>>939-940
文学「史」というからには当然歴史的な流れについて語らなければいけないのに
そういう部分が全くありませんでしたよね。
そして文学、という部分にしても現状純文学と呼ばれているものをただひたすら有難がるばかりで
英国における文学の特徴や傾向といったたぐいのものが全く語れず
せいぜい「人間が描けている」というワンパターンな印象だけしか言っていませんでした。

942 :名無しのオプ:2011/05/05(木) 18:56:15.05 ID:VnyVsgED
>>938
あなたは書斎さんの自演じゃないそうで
>>975もレベルの低いヲタって事ですか。私はそこまで言ってませんよ。
確かに書斎さんはレベル高そうにも見えないですね。

まあ長い読み難い最後まで読めないから駄作ってのもありじゃないですか?

943 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/06(金) 01:36:22.98 ID:D7JUXbYO
>>937は叩きに執着するあまりに自爆してしまっているのが残念かな。
普通に読めば、
>船舶や英国海軍に関連した専門用語や俗語が頻発
こういう作が日本の読者に読み易いわけがないのだが、
全体を通じてみれば、
>語りの上手さ
でカバー出来ているってことでしょ。
本邦の例で言えば、ガンやカーに関する薀蓄が満載の大藪作品なんかも同様。

944 :名無しのオプ:2011/05/06(金) 04:38:42.33 ID:hdx06RP8
無理矢理矛盾がないと言い張っているけど無様すぎるな。
結局矛盾しているということがわかっちゃいないw

しかもお前、翻訳不可能論者だろうがw
「マクリーンの語りの上手さ」がわかるわけないだろバカw

945 :名無しのオプ:2011/05/06(金) 08:16:48.78 ID:wZO34gYq
書斎クンはやっぱり『著者』をちゃんと書かないんだね。

946 :名無しのオプ:2011/05/06(金) 08:53:52.13 ID:F7T6EuRB
マニアが集う場だ。わかればいいんだよ。

947 :名無しのオプ:2011/05/06(金) 18:30:53.32 ID:QU+d73JW
初学者初学者と威張り散らしたりヲタといっては蔑んでるのにマニアが集う場とか・・

ほんとお前駄目だな


948 :名無しのオプ:2011/05/06(金) 22:06:56.93 ID:HaNIYqCd
↓はよ答えんかい。

◆常識のレベルを問われていること

・書斎の言葉「ジェントルマンズ」のどこがおかしいのか答えよ

・おなじく「生憎半ば」のどこがおかしいのか答えよ

・このスレで志賀直哉の「城の崎」について語って爆笑されたが、何を
 笑われたのか答えよ

「単なるうっかりミス」「ちょっとした変換ミス」なら正しい答えを
言えるはずなのに、何で逃げ回ってるの?

949 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/07(土) 17:54:33.77 ID:qpHNEcaW
南條範夫「素浪人月影兵庫」を読む。
時代小説評論家の縄田一男氏監修による捕物帳傑作選の1冊。
大ヒットした同名のテレビドラマの原作(一応だが)である。
最終的に作者自身から原作とのギャップが問題視されたシリーズだが、
本選集は、既にテレビドラマ開始後に執筆・刊行された「月影兵庫旅を行く」とその続編からセレクトされたものであるためか、
解説でも指摘されているその独自で飄逸なタイトル、
焼津の半次(原作には登場しない)を想起させる元スリの合点の安という
相棒キャラの登場等、更に兵庫や安の台詞回しもどこか近衛・品川コンビ
の掛け合いを思わせるものがあって、テレビドラマの方のファンにも馴染み易いのではなかろうか。
著名ではあるが、時代小説残酷ものや現代ミステリー等で重厚なタッチの作が
多い南條作品中ではライトな作風であり、1話ずつを論じるほどものではないが、
(実際、本書解説の最後の方にも、縄田氏がテレビ版を誉めたところ、
「僕には、もっと真面目に書いた作品があるんだけどね・・・」と作者は
苦笑していたというエピが紹介されている)
凶悪レイプ犯を斬らない「鬼の眼に涙があった」、
一見無骨な田舎侍の屈折した心理を描いた「理屈っぽい辻斬り」、
不義者の自死をアシストしてやる「機会がある時機会を?め」等々、
時代性もあってストレートな展開のエピが多いテレビシリーズには無い
変った味わいの作もあり、それなり楽しめるものはある。
兵庫の女好き(妻とは死別)というデフォは、テレビのイメージからは意外感
あり。それにしても表紙の月影の旦那はアニメキャラ風なイケメン過ぎか(w

950 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 11:31:05.22 ID:OX+YlakZ
たった6冊なんだから光文社文庫のを読めばいいのにw
あ、感想をパクるブログが見つからなかったのかw

951 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/08(日) 13:24:51.14 ID:BUX7UmmG
柳田邦男「もう一度読みたかった本」を読んだ。
著名なノンフィクションライターである著者が、
古希近くの年齢に至り、
少年・青年時代に愛読した「本」(雑誌連載のため中・短編対象)を再読した
感興を綴った書である。
ポー「早すぎた埋葬」が取り上げられているため、この板で論考対象と
するのは完全に外れたものとは言い得ないのだが、およそミステリと称せる作
ほこれのみ。
井上靖「あすなろ物語」、マン「トニオ・クレエゲル」、
鴎外「最後の一句」「高瀬舟」、志賀直哉「小僧の神様」、
オー・ヘンリー「賢者の贈りもの」、へミングウェイ「老人と海」、
藤村「千曲川のスケッチ」、J・ヒルトン「チップス先生さようなら」、
サン=テグジュぺリ「夜間飛行」、堀辰雄「風立ちぬ」、大岡昇平「野火」、
カミュ「異邦人」、モーパッサン「脂肪のかたまり」、モーム「雨」、
ゴーゴリ「外套」等々・・・
著者と俺は年代もキャリアも異なるのだが、知識人の読書歴とは
ここまで被るものかとの感慨を強く抱いた。
まあ、若き頃にミステリに耽溺しているのみでは駄目、駄目ってことなんで
ある(w

952 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 14:10:59.61 ID:dZKfFwXk
ここには読み捨てのミステリしか読まずに文学を知らないヲタが多いからねえ。

953 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 14:11:36.53 ID:wMbZZRI5
ただ羅列してるだけじゃないかw バカ?

954 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 14:27:33.09 ID:pefkY4S3
そんな有名な作品ばかり並べられてもな
たいがい読んどるわアホw

955 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 16:28:01.68 ID:nY9Dc8EG
ミステリすら読めない書斎とか名無しの支持者とかがいるのは知っていたがw
文学を知らないというと誰のことだろう?


ああ、
ミステリの板の「読んだ」スレで
わざわざミステリ以外の本を読んだと称してパクリ感想書き込むバカのことか。

956 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 17:26:02.50 ID:6XliI5X+
この程度のメジャーな作品、誰でも読んでるんだが、無能で低学歴、
コンプレックスの塊の書斎は、「他の奴らも俺と同じようにこういう
文学作品は読んでないだろうから、名前だけでビビるぞ」と思ってるんだよね。
お前みたいなバカがそんなにたくさんいてたまるかww

957 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 17:29:55.23 ID:6XliI5X+
そういえばテレビ板のコロンボスレでも「このスレにいる奴で
クロフツ、ハル、フリーマンなどの倒叙ミステリを読んでいるのは
俺一人と断言できる」と言って爆笑され「そんなもの中学の時に
みんな読んだ」と言われて逆上、「証拠をだ出せ」と突っ張るも
次々と具体的な話を突きつけられ、反論出来なくなってた。

958 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 18:10:00.00 ID:6XliI5X+
あげくコロンボスレの住人に、倒叙ミステリについて
「本当に読んでいるならすぐ答えられるはず」
という質問を突きつけられたら途端に逃げ出し、以後そこでは
倒叙ミステリの話はいっさいしなくなった。

ホントに惨めな文盲だ。

959 :名無しのオプ:2011/05/08(日) 20:15:45.79 ID:Xe2HJW9I
口先だけで読んだふりをしても、すぐにバレるということを学習しない馬鹿

分かっていても読んでないから読んだふりしかできない

960 :名無しのオプ:2011/05/09(月) 12:28:32.44 ID:6H7PhRgE
>著者と俺は年代もキャリアも異なるのだが、知識人の読書歴とは
>ここまで被るものかとの感慨を強く抱いた。

書斎が知識人?バカかwwww

>823 名前:書斎魔神 ◆AhysOwpt/w 投稿日:2011/04/10(日) 20:59:13.13 ID:zAHQ12aY
>短編が「小僧の神様」「城の崎まで」、

知識人がこんなバカなこと言うかよwwww


961 :名無しのオプ:2011/05/09(月) 14:01:06.50 ID:lsgEAYs+
書斎ほどの大物ともなると校正は下々の人間がやるからいいんだよ。
アンチは書斎を勘違いしているよ。

962 :名無しのオプ:2011/05/09(月) 18:37:50.08 ID:rmGxlgNX
わざわざ校正しなけりゃならない間違いをしでかすバカ書斎w
無知とうろ覚えの塊であることを自演で認めてやがるw

963 :名無しのオプ:2011/05/09(月) 21:51:15.42 ID:AND0ARFa
校正してもらわないとたった数行の論考wも書けないなんて、よほど頭が悪いんだなw

964 :名無しのオプ:2011/05/10(火) 03:04:11.64 ID:TyO2jTrH
校正してもらって「頭吊」?
そほど能力のない下々だなwww

965 :名無しのオプ:2011/05/10(火) 21:18:54.27 ID:oisStc0a
で、書斎クンは海外の作品だと『著者』名をちゃんと書かない理由を
そろそろ教えてくれないかな?

966 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 12:44:04.36 ID:y4jNxjfR
わかりゃいいんだよ。
実際みんなわかって、それで通っているんだしな。

967 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 13:02:43.38 ID:6tUURjaH
ひょっとすると何を言われているか未だにわからないとか?
さすがにそれは無いとは思うが

968 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 13:34:28.77 ID:vB9Bq59F
いや、書斎はいつもそう。
笑い者にされても、矛盾を突きつけられても、何を言われているか
理解できるまでにだいたい二週間くらいかかってる。

ただバカにされていることはすぐ勘づくらしく、その話題に付いて
以後触れないようにして逃げ回ることが週間になってる。
惨めな一生だなあw

969 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 15:07:43.75 ID:y4jNxjfR
>>968
いつも誤字をあげつらうアンチはせめて校正してからレスを作成せよ。

970 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 15:17:14.50 ID:QdpXGAAu
変換ミスくらいならとやかく言わんよ。
書斎のは変換ミスなんてものじゃないものw

971 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 15:32:58.64 ID:H0i8App5
完全に間違った読みで覚えているから笑えるんだよなw
しかも単漢字変換w

972 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 16:42:54.08 ID:vB9Bq59F
それを「変換ミスをつつかれている」と思い込んでいるところが
笑われているのに、いつまで経ってもそれに気つがないんだね。

そう言えば志賀直哉の「城の崎」、あれだけはっきり言われてるのに
何を笑われているのか、まだ気づいてないのかね?
学生以下の大バカだねww

973 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 17:17:38.30 ID:V9JfI9xk
「習慣」と書くつもりで「しゅうかん」と打ち込み「週間」にしちゃうのが変換ミス

「頭巾」と書くつもりで読み方が分らず、えーと「頭」と……あと「吊」みたいな字
と一文字ずつ打ち込むのが書斎魔神

「日下」と書くつもりで読み方が分らず、「日」と「下」を別々に変換したあげくに
「日舌」と書いてしまうのも書斎魔神

「単なる変換ミス」と書斎の常識を超えた「知識不足」の違いが分るかなw

974 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 18:55:51.10 ID:vB9Bq59F
宍戸を「穴戸」
粋を「枠」
睦五郎を「陸五郎」
ヰタを「キタ」

キーで変換して送信するときにミスしたのではなく、そもそも
熟語や漢字の読み方を知らず、口でしゃべったら絶対に人には
通じないような勘違いをしたまま年を重ねてきたという
 「恥の歴史」 「みっともない人生」
が露呈しているのが笑われているんだけどねえ。


975 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 18:57:27.46 ID:6KZOelMN
やっぱり書斎はばかだなぁ。
のびた君が大人になったとしても、書斎ほどのまぬけには
ならないかと思うと、感慨深いものがあるやもしれぬ。

976 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 23:23:25.64 ID:D+V5Lidw
ポアロが登場する「そして誰もいなくなった」

というのはどういう 誤 字 なんだろうw

977 :名無しのオプ:2011/05/11(水) 23:35:24.30 ID:nvbQtXaM
間違いの四十八手だなw

978 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/14(土) 20:58:29.32 ID:+BMaYiGt
「宮原龍雄探偵小説選」を読む。
ミステリ板の他スレで紹介されていた書だが、
さすがに俺もこの作家は不知だった。
(選者の解題によれば本書が単行本初刊行とのこと)
アマチュア作家らしい文章の読み難さはあるものの、
予想外に面白い作品集である。
では大好評な収録作品全話講評逝ってみようか!
・創作篇
「三つの樽」
何とタイトルに表記された「三つ」を超える「五つ」の「樽」が
錯綜する。短編でF・Wの「樽」やってみましたという意欲作で
謎解きも上手く纏まっている。
「新納の棺」
ストーリー、トリックにその影響は見られないものの、
タイトルを見ると作者はやはりジョン好きだったと思われだ。
トンデモなすり替えトリックが短編で炸裂。これもまずまずおもしろし。
「不知火」
著名な九州の不知火ねた。
トリックは強引な感があるが、呪術絡みのストーリー仕立てで
それなりに面白く読ませる。
「ニッポン・海鷹」
瀬戸内の海賊九鬼一族をめぐる宝探しネタをメーンに置いた伝奇色濃い
読み応えある中編相当作。
船消失のトリックがバカミス風で笑えるが、ラストはこの時代に近親百合と
いうきわどさ。

979 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/14(土) 20:59:31.06 ID:+BMaYiGt
「南泉斬猫」
タイトルの法話にちなんだ動機が面白い作。
こんなネタを書く作家は他に思い浮かばない。
「瓢と鯰」
メインの時計トリックが現代ではわかり難く、収録作品中では今ひとつ感が
強い作。
「髭のある自画像」
古典的な一人二役ネタ(分類としては確かに該当する)を上手く
「逆に行った感」がある面白い作。
「雪の中の標的」
干拓事業に関連した政治ネタを絡めた社会派ミステリ風の作だが、
密室トリックが平板、選者が「S・S的なにおい」と評した標的
からの推理もわかり難く、凡作の部類に入る作かと思う。
「世木氏・最後の旅」
これは鉄道トリックねた。この作者の守備範囲の広さを感じさせるものあり。
作中でネタばれされている「髭の・・・」と同様に「逆に行く犯行」とでも
称すべき面白さで、ミステリを相当数読み込んでいないと書けないような作
である。
「ある密室の設定」
これは軽いタッチの作。
雰囲気的には笹沢作品にありそうな状況設定である。
・評論・随筆篇
短い論考が7編収録。
この作者の文学観は俺とは異なるものの、
ミステリには多彩なものがあって良いとする趣旨には同意。

980 :名無しのオプ:2011/05/14(土) 21:00:42.91 ID:0/t4tzzb
765 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2011/05/11(水) 17:00:01.20 ID:???
>720 名前:神奈さん[] 投稿日:2011/04/07(木) 19:12:12 ID:hDzlIJJg [3/3] [ D743mqx.proxyag017.docomo.ne.jp ]
>鶴ヶ峰から快速乗って痴漢にあった
>鶴ヶ峰から乗ってくるやつなのか気持ち悪かった

書斎よ、痴漢はいかんぞw

766 :横浜大納言様 ◆X1fU7v8HTk :2011/05/11(水) 21:28:11.83 ID:U+XVCqwW
やってない!!!!!!!!!!!!!!!!

767 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2011/05/12(木) 00:39:05.72 ID:???
そうだよな。
電車代もないんだものなw

981 :名無しのオプ:2011/05/14(土) 21:03:46.70 ID:0/t4tzzb
768 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2011/05/12(木) 18:46:52.69 ID:???
犯罪行為だけはやめてくれ。心からのお願いだ。

769 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2011/05/12(木) 20:41:18.48 ID:???
生きてるだけで犯罪みたいな奴だけどな

770 :横浜大納言様 ◆X1fU7v8HTk :2011/05/12(木) 20:53:44.50 ID:NcdbVNYe
やってない!!!!!!!!!!!!!!!

773 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2011/05/13(金) 10:39:43.93 ID:???
でも三重にいる頃性犯罪で捕まってるじゃないかw

982 :名無しのオプ:2011/05/14(土) 21:06:12.56 ID:0/t4tzzb
774 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2011/05/13(金) 19:01:40.17 ID:???
性犯罪の前科が有るそうだが、何をやったんだ?

776 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2011/05/13(金) 19:47:42.45 ID:???
公園で遊んでいる女子児童にいたずらをする為に自分の家に連れて行っちゃったんだよ。
で、他の児童達の一部がすぐに親に報告し、児童達の親が110番した。
警察での取り調べ時に「あの女子児童が勝手についてきただけ」とか
「あの女子児童が着ているものを脱ぎだしたので困っていた」など、
訳の分からないことを言い続けたので、起訴され有罪(実刑)となった。

983 :名無しのオプ:2011/05/14(土) 21:36:44.73 ID:jNaJ8x4A
書斎の無防備なまでの正直さに驚いた
「三つの樽」は、雑誌「幻影城」にも載り、鮎哲が二回もアンソロジーに採った大傑作なのに
宮原龍雄は、これと「新納の棺」のみでよく知られた作家だ
おっさん本格ファンで宮原を知らずにいられたのが不思議と言うしかない

984 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 09:39:44.46 ID:GV/r1AZ7
>>983
未読魔神だからです。

985 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 12:09:24.00 ID:hmjkdH4F
書斎魔神は七〇年代に刊行された角川文庫、ハヤカワ文庫、春陽文庫などで
ホントに各作家の代表的なところを数冊ずつしか読んでないよ。

鮎川アンソロジーや「幻影城」なんて見たこともないだろう。そういう意味では
「本格ファン」「ミステリファン」の入り口をうろうろしていただけのド素人。

986 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 12:18:24.16 ID:E1p64jz+
出鱈目言うな。証拠出せや。

987 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 12:25:19.85 ID:auYk7T/9
>>986
同意。書斎は証拠を出すべき。

988 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 12:25:29.27 ID:hmjkdH4F
「手軽に手に入る文庫本」の、しかも「解説」に書かれている以上の知識を
まったく持っていないのだから、>>985のように考えるのが妥当でしょ。

名探偵論争も知らない、中村雅楽シリーズも知らない、宮原龍雄も知らない
もちろん大坪砂男や天城一なんかは読んだことすらないだろうね。

989 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 12:30:21.83 ID:E1p64jz+
どこかから拾ってきた名前を羅列しては悦に入られてもなあ。

990 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 12:33:52.45 ID:PtzoI/XB
やっぱり知らないんだw

991 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 12:36:32.96 ID:auYk7T/9
書斎の論考も読み捨てらしいなw

992 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 12:40:25.65 ID:GV/r1AZ7
ミステリ通なら普通に知ってる名前を
「どこかから拾ってきた名前」
としか認識出来ないって、どんだけニワカなんだよw

993 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 13:49:05.46 ID:ou5T7Bvj
>>985
だめだよ。“数冊ずつしか読んでないよ”なんていうデタラメを書いちゃ。
ヤツは、まともに読んだことがある本は1冊も無いのだから。

994 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 16:39:50.30 ID:7zllqBYq
だってクリスティで「そして誰もいなくなった」を読んでいないんだから
各作家一冊しか読んでいないと言われてもちっとも不思議じゃない。

それにしても宮原龍雄、大坪砂男、天城一を知らないなんて、多少ミステリを
知っているふりをしようと思う人間なら間違っても口にしない軽率な発言だな。
自分がふだん「どこかから拾ってきた名前」で「論考」とか書いてるのがミエミエ。
まさに問うに落ちず語るに落ちるというやつだ。

995 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/15(日) 19:41:38.00 ID:G3ehI3ke
藤村正太「孤独なアスファルト」を読む。
久々の再読だが、歴代乱歩賞受賞作品中では俺が好きな作品のひとつ。
昭和30年代の都下の描写が詳細で臨場感を盛り上げる
効果をあげており、その筆力に改めて感心させられた。
地味ながらとにかく謎解きミステリとして面白く、偶然性に頼った展開も
見られるものの、そこは探偵役の来宮警部による徹底した足の捜査を
描くことにより不自然さを感じさせないものとなっている。
都下の天然の冷蔵庫、死体偽装、事件の構図を転回させるドンデン返し、
小ネタながら手袋ねた(動物栄養失調ねた)等々、
興趣溢れるトリックが、当時の世相も巧みにまじえて展開される面白さは
なかなかのものである。

996 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 19:45:02.55 ID:oDVsAO13
「再読」したという設定なのにその程度のことしか書けないのかよw

>136 名前:書斎魔神 ◆AhysOwpt/w 本日の投稿:2011/05/15(日) 15:23:53.94 ID:bTX+YyUQ
>「高校殺人事件」。ジュブナイル(高校生対象だが)と思えば、それなりに面白く読了。

ヒマなんだねぇw

997 :書斎魔神 ◆AhysOwpt/w :2011/05/15(日) 23:15:44.17 ID:bBpXsmXB
>>996
うーん。叩きに必死なのは十分に理解出来るが、
>都下の天然の冷蔵庫、死体偽装、事件の構図を転回させるドンデン返し、
>小ネタながら手袋ねた(動物栄養失調ねた)等々
もし出来る力があるなら、是非、この辺に関する見解も拝聴したいところではある。
古い作だが「孤独な・・」は謎解きミステリとしてマジ面白いし。
本作の作者の他作品を手にするチャンスがあったのにスルーしてしまったのが、
いまだに惜しまれるものあり。


998 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 23:24:06.80 ID:QWaXFVqU
もし出来る力があるなら
何故外国ね作品だと『著者』名をちゃんと書かないのか答えて欲しいんだが
逃げ回るんだろうな

999 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 23:24:09.71 ID:oDVsAO13
弁明に必死なのは理解できるが
結局「再読」の意味がない感想wをデッチ上げていることは動かないw

1000 :名無しのオプ:2011/05/15(日) 23:35:31.19 ID:oDVsAO13
読んだフリスレ終了

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

351 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★