5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】水嶋ヒロの「KAGEROU」がネットで酷評されている 「新人ラノベ作家レベル」「読むだけ金と時間の無駄」

1 :メイド・イン・ヘブンφ ★:2010/12/16(木) 14:43:10 ID:???0
12月15日に水嶋ヒロの処女作でポプラ社小説大賞を受賞した話題作「KAGEROU」が発売された。
発行部数は初日で43万部に達するというほどで売れ行きは好調だが、
ネット上ではその内容を酷評する人が続出している。

説明するまでもないが、「KAGEROU」は水嶋ヒロが芸能活動を休止して書き上げ、
第一作目にして小説界でも指折りの高額賞金がかけられていたポプラ社小説大賞の大賞を受賞したもの凄い作品だ。
しかし、この話題作がなぜかネット上で酷評されているのだという。

酷評ばかりが書かれているのは、amazonのカスタマーレビュー。
現在までに352点のレビューがあるのだが、その半分以上である182人の人が星印がひとつを選択しているのである。

しかも、そのレビューの数々は多くが罵詈雑言といっていいほど厳しい言葉だらけ。
「ポプラ社の作品はもう信用できない」「これが本当に2000万の大賞?」「読むだけ金と時間の無駄」
「新人ラノベ作家レベル」などヒロ君がちょっと可愛そうになるくらいの酷評が並んでしまっている。

なぜこんな酷評になったのか。
それは、今回の水嶋ヒロの作品が親父ギャグ満載の微妙なコメディだったこともあるだろう。
当初より発表されていた内容は「水嶋ヒロの著作「KAGEROU」の内容が某漫画にそっくりだと話題に」
でもご紹介したが、笑ゥせぇるすまんに似た暗い内容だと思われていた。
しかし、ふたを開けてみれば微妙な親父ギャグが並ぶ作品だったのだからイラっとした人も多かったのではないだろうか。

そして、もうひとつがポプラ社小説大賞を受賞した作品だから酷評される結果となったと思われる。
やらせではなく、2000万という高額賞金をゲットするほどの作品とハードルを上げられていたから
見る目がきつくなってしまったのではないだろうか。水嶋ヒロの名前で賞など関係なく出版していたのなら、
賛否両論あったろうが、これほど酷評はされなかっただろう。

>>2-5へ続く
http://popup777.net/archives/15194/
http://popup777.net/wordpress/wp-content/uploads/2010/12/amazonkokukhoyu.jpg

227 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)