5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ インテリジェント・デザイン説 ★

1 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/02(土) 15:09:18
1990年代後半、アメリカの科学者の間から起こり、抵抗を受けながらも浸透しつつある新しい科学のパラダイム。
宇宙自然界に起こっていることは機械的・非人称的な自然的要因(原因)だけでは説明できず、
そこには「デザイン」すなわち構想、意図、意志、目的といったものが働いていることを科学として認めようという理論かつ運動である。
世論調査によれば、アメリカ国民の4割近い人々がこの論説を信じているとの調査結果もでている。
宇宙人による創造説も広がってきている。
http://www.rael.org/

2 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/02(土) 15:14:02
何者かが意図してやった結果が現状の生物なんなら
そいつは相当馬鹿で手先が不器用で意思が曖昧な無能野郎だと思うぜ

3 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/02(土) 19:05:23
つまり・・・神様はキモヲタだったんだよ!

4 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/02(土) 22:19:01
まるで、おれじゃん!

5 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/03(日) 03:41:24
鳩山由紀夫元総理大臣も推薦しています

知られたくなかった2012創造説: 地球防衛軍
http://www.amazon.co.jp/dp/4901460404

「知られたくなかった2012創造説」WEBサイト
http://www.2012chikyu.net/
「知られたくなかった2012創造説」掲示板
http://www.2012chikyu.net/bbs1.html


6 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/03(日) 20:08:56
新しい科学のパラダイムっていうけど、
根本的には古い創造論と何も変わる所が無い。
しいて言えば、
「進化もビッグバンも神様が起こしました」
って言う理屈で、創造論を復活させようという思想。
地動説が受け入れられる過程でも、こういう流れがあった。

7 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/03(日) 20:18:12
彼らの宗教では、子供が親の言いつけに従うのと同じように
被造物たる人類は創造主たる神の言いつけに従わなければならない。
それが「契約」であり、「戒律」であり、「教会の教え」である。
もし仮に創造主というものが存在しないなら、
人間は誰の言いつけに従うことになるのか?
この世に道徳やマナーの存在する理由が分からなくなってしまう。
だから彼らは創造主の存在を求める。

「情けは人の為ならず」「汝の欲せざること人に施すことなかれ」という、
巡り巡って自分のため、お互いさま、みたいな
道徳とは自分が生きやすくなるためのtipsだという思想があれば、
倫理の根底に創造主の存在を仮定する必要はなくなるんだけどね。

8 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/03(日) 23:16:42
我々が誰かに創造されたことはなかなか思いつかないだろうが、
頭が良くて人間らしい心のある人ならいつかは人間が他の生物を作る事は想像できるだろう。

9 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/03(日) 23:51:15
>>8
たんぱく質やアミノ酸を組み合わせて、生物をつくれるようになるんですね、わかります。

10 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 08:13:58
うむ、細菌の遺伝子を見ると神が作ったかのように理路整然として美しい

しかし肝心な動植物の遺伝子は全然ダメだ
まるでゴミ処理場みたいにグシャグシャで大半ゴミ。

神様はきっと細菌まで作ったら飽きちゃったんだな

11 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 11:20:34
じゃあデザインしたやつはだれで
そいつをだれがデザインしたんだ?
そのまたそいつをだれが…∞

で終わる話

12 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 14:55:32
こんなのはとっくに論理が破綻してるだろ。

13 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 14:59:15
統一教会の原理研究会も、この路線なのか?

14 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 15:10:51
キリスト教系って大体そんなもんでは?

15 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 15:34:38
これ、もろに原理主義だったりw


【カヴィナント(誓約)】

2001年『人と動物と環境の共生をになう』を、私共の企業理念と定めましたが、
理念の底には、創業の原点にある「カヴィナント(Covenant)」という言葉が流れています。
「誓約」と呼びます。

ノアの洪水の折、方舟に乗って漂うノアの家族とそれぞれ一対の動物たち

−私ども人間は永遠にこれらの動物たちの生命を守って生きて行きます−

と神との間に「誓約」を交わしたことによりこの世に生を全うした、
という旧約聖書のくだりにある言葉です。

この大洪水は何故起こったのかを科学的に解明すると、 氷河の融解による海の氾濫と
異常気象による河川の大出水とにあったことが裏づけられています。
地球温暖化の急速に進む今、地球という21世紀の”ノアの方舟”に、
「人と動物と環境の共生」の原点を改めて見出しています。

そしてむしろ動物たちから与えられることの大きさに気づき始めています。
http://www.kyoritsuseiyaku.co.jp/company/index.html



16 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 22:18:30
スレ主 よく生物板に立てたものだな 勇気あるな

17 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 22:47:18
生物は自然に誕生したと思えないくらい精緻に作られてる!神が作ったに違いない!

↑じゃあ、そんな精緻な生物を作った神は誰が作ったんだよw自然に誕生した?
だったら生物だって自然に誕生しても不思議じゃないよね

18 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/04(月) 23:23:15
生物の種は、宇宙から飛来したニダ。

19 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/05(火) 00:51:09
結局最後には宇宙を創造した者は紙ですってな事になるのか・・・

20 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/05(火) 04:49:18
2ちゃんと呼ばれるビルには
フロアごとに大きな掲示ボードが沢山あって
パソコンでキーを叩くと、不思議な力でそこに打った文字が現れる
とか思っていそうだな

21 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/05(火) 14:15:43
ドラえもんみたいな存在

22 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/05(火) 15:18:01
「聖絶ライトー」
これを当てるだけで
気に入らない民族の血を完全に絶やすことができるんだよ、のび太くん
「………いらないよ」

23 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/08(金) 06:48:58
>>22
ユダヤ人が開発した道具なの?w

24 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/08(金) 17:02:24
表と裏を知るユダヤ人
表しか知らないキリスト教徒

25 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/10(日) 12:52:23
進化ぐらいは自然に起こるだろうけど
生命発生は科学の範疇を超えてるよね。

26 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/10(日) 14:46:49
インテリジェント・デザイン説 = わからないことはだれかのしわざ

27 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/10(日) 20:16:27
>>25
超えたら、今の生物学も科学として成り立たなくなる。

28 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/10(日) 21:31:12
>>27
じゃあ生物学は生命発生に対してなにか言えてる?
RNAワールド仮説とかプロテインワールド仮説とか
提唱してる人も多分無理が有りすぎ重大で根本的な穴が有りすぎ
て仮説とも呼べないような仮説があるぐらい。

29 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/10(日) 21:56:59
科学は、「正しいかもしれない」ことを「正しいこと」にすりかえる帰納法によって発達してきた。

この「正しいかもしれない」というところを、「正しい」とすりかえてしまうところが、実は曲者なのである。

30 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/11(月) 00:31:37
科学とは現段階において、もっともらしさの仮説を実証する事で体系化してきたので、
まだ実証もされてない神という不確かさの概念で置き換えたら、理論そのものが成り立たなくなる。
単なる教典としてなら別だが・・・

31 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/11(月) 00:37:13
>>28
仮説はあくまでも仮説でそれが正しいかどうかは別の問題。
科学は反証可能性を含めた上で実証されて確かに正しいと解かっている事だけしか言えない。

32 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/11(月) 01:18:16
世の中のことを概ね説明できる精査された『仮説』より
何一つ現実と帳尻の合わない全く疑わしい『真理』がお望みなら
お好きなように

33 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/11(月) 02:06:03
ルイセンコ学派のノミ学者がノミの科学実験を行った。
ルイセンコ学者が命令する。
「跳べ!」
ノミは跳んだ。学者はノミの足を一本ちぎり取る。
「跳べ!」
ノミは跳んだ。学者は実験を続ける。二本、三本・・・。ついにノミの足が全部ちぎり取られた。
「跳べ!」
ノミは命令に従わない。実験動物は跳躍行動を完全に停止する。
研究発表。

「多数かつ段階的な実験により、ノミの聴覚器官は脚部に存する事が証明された。」

34 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/11(月) 04:35:41
またラエルか
山本弘が集会に行ったら非科学的な御伽噺ばかり聞かされたそうだな

35 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/11(月) 08:31:49
日本の文化の全てが韓国や中国の模倣なんだから日本にノーベル賞の資格はない


36 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/11(月) 11:37:05
停滞した「起源」より今後につながる「模倣」が評価されるのは当たり前

37 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/12(火) 17:01:37
>>34
山本弘って誰?

38 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/12(火) 20:05:31
>>37
っ【http://www.google.co.jp/

39 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/12(火) 22:08:23
アイの物語は感動したな

40 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/13(水) 09:48:40
科学は生命発生をまったく説明できない。
RNAワールド仮説にしろプロテインワールド仮説にしろ飛躍だらけ
そんな高機能なRNAやプロテインがどうしてできて見事に連携するようになって
代謝をしながら自己の再生産を行うようになったかについては
何も言えてない。
科学の範疇を超えてるから。

41 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/13(水) 10:22:53
どんなに説を否定したところで
「じゃあ、分らんね」となるだけで
古代のおとぎ話の世界説明に戻るなんて事はありえないんだが

宗教頭にはどうしてもそのへんが理解出来ないようで
科学をやっつければ時代常識が中世に戻ると信じている

そういう都合のいい夢を信じ込めるのが宗教者たる所以か

42 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/13(水) 11:08:46
科学を否定したいわけでもないし
ましてや中世に戻りたいなんてさらさら思わない。
しかし科学には限界があるてだけ。
神話の世界創造なんかはそのあたりについて語っているみたいに見える。
どうして世界はエントロピーが極大ではないのか?とか
何故生命が発生しえたかとか時間次元はたったの一つなのか?
といった科学の範疇を超えた重大な問題に

43 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/13(水) 11:53:10
>>42
>しかし科学には限界があるてだけ。

限界が存在するという論証をしてくれ

>といった科学の範疇を超えた重大な問題に

科学の範疇を超えたと言う論証もしてくれ

44 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/13(水) 12:04:43
>>43
生物学的には生命発生
物理学的には時間、例えば
時間が一方通行であること
エントロピーが極大でないこと
これらを根本的に解決する糸口すらない。

45 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/13(水) 12:33:03
>>42
そりゃあそれでいいが
はなからこのスレでする話じゃないだろ

46 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/13(水) 21:26:53
>どうして世界はエントロピーが極大ではないのか?
エネルギーは宇宙空間に逃げていくからですよ

>何故生命が発生しえたか
利己的な遺伝子にわかりやすく書いてありますよ

47 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/14(木) 00:40:03
エロヒム

48 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/15(金) 00:50:45
糸口がないので神話やインテリジェント・デザインを持ち出しても問題を先送りしてるだけ

じゃあそのデザイナーはどこから来たの?ってことになって堂々巡り
原理主義やラエリアンの人達はそのことが根本からわかってない

49 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/15(金) 01:01:53
予定調和説 と 因果律 

50 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/21(木) 14:51:46
らえりあん

51 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/21(木) 20:56:00
YHVH

52 :名無しゲノムのクローンさん:2010/10/29(金) 15:37:04
人間が進化によってできて来たという説明では納得できない気持ちもわかるがな
いろいろ証拠が上がってるからな
まあ、時代常識の転換点なんだろう

53 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/01(月) 16:20:32
だね

54 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/01(月) 21:47:45
ねこ

55 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/01(月) 23:15:33
そもそも人間が進化によって出来たとしても、
それは神の存在を否定する証拠には全くならないけどな。

56 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/02(火) 00:22:24
君はいったい誰と戦っているんだい
おじさんに教えておくれよアハハンベイビー

57 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/02(火) 00:36:35
神なんかいなくても生物は生まれるんだよ
神程スゴいもんが勝手に生まれるくらいなら生物だって勝手に生まれるんだよ

58 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/02(火) 00:45:09
神の存在の論理は詭弁である。

59 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/02(火) 00:59:41
>>56
?誰とも戦っていないが?
お前こそ一体何と戦ってるんだよ

60 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/03(水) 16:30:42
宇宙人エロヒムが人類を創った

61 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/04(木) 22:06:42
そらあ悪魔もとい神を証明するなんて不可能だからな

62 :名無しゲノムのクローンさん:2010/11/16(火) 00:33:46
【生物】生命は宇宙から「情報」として到来したか 生物学的分子が種まき? ネクロ・パンスペルミア説
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1289802916/

63 :名無しゲノムのクローンさん:2010/12/16(木) 23:41:26
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/base/1291610862/l50

64 :名無しゲノムのクローンさん:2010/12/20(月) 22:59:45
【生物】新たな生命体創造のための合成生物学研究推進を勧告、米大統領諮問委
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1292668612/

65 :名無しゲノムのクローンさん:2010/12/20(月) 23:28:19
エホ症か

66 :名無しゲノムのクローンさん:2011/01/06(木) 14:03:28
新しい科学ってのは、要するに宗教だろ。
科学に見せかけるのは宗教として堕落だ。

67 :名無しゲノムのクローンさん:2011/01/09(日) 18:31:22
まあ、人間もそう遠くない日に生物を設計できる日が到来するさ

むしろ、若者の大半は科学が宗教としての役割を占めつつあるのかもしれん
神=親的人類 我々=子的人類

68 :名無しゲノムのクローンさん:2011/01/24(月) 14:55:23
ほー

69 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/01(火) 00:36:11
【医療】生体ガスで病気診断を、千人対象に10年調査/国立循環器病研究センター
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1296363034/

70 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/14(月) 22:46:54
もともと科学は
 
神がこの世ヲ創ったなら、かならず完璧な秩序があるはずだ
という宗教から生じている

その意味で両者は密接につながっているのだよ

わかるかね? 関口君


71 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/15(火) 00:24:15
アホか

72 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/15(火) 01:22:22
>71
きたない言葉はやめたまえ。低度がしれよう。

さて、
あらゆるものを疑ったデカルトは しかし、ひとつだけ疑はなかったもの
がある。
そう、それは人間の精神の働きである。

なぜか、
それは 人間の精神を保障するものが神だからである。
科学者であることとキリスト教信奉はけして矛盾しなかった。

理神論は西洋中世におけるパラダイムである。


73 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/15(火) 01:26:11
違う。
疑って疑って疑って最終的に疑いようがないと確認する作業が科学だ。
たとえ、生命が創造されたものであっても、疑いようがないと確認されすれば、それは科学となる。

神はいない。しかし、宇宙はただ存在し、創造主は存在し、
それはおそらく我々と同じ人間ではないかと推測されるのが今の科学の段階である。

宗教は根拠なしに発生したものであり科学では無い。しかし、
その宗教を広めた者が科学者であるという仮説は否定できない。

74 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/15(火) 03:38:43
>疑って疑って疑って最終的に疑いようがないと確認する作業が科学だ。

そのとおりである。
そして、「疑う自分」はなぜ疑われないのか?
それは その「自分」を神が保障していたからである。

しかし、神は死んでしまう。
そこで その保障を与える全能なる地位に神にかわって人間自身がついた。
全ての決定権をもつ人間の誕生である。

つまり、科学はその発生の段階において神を拠りしろにしていた ということである。


さてしかし、
神との死別はかえって人間を現実から剥離させてしまったのではないか?

人間はかならずしも合理的な説明を求めているわけではない。
「たまたま」の積み重ねとしての日常を許すことはできない。
無意味なものに意味をあたえようとする。

これを人間の現実というのなら
その意味において現代科学は現実離れしているといえよう。



75 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/15(火) 04:45:18
なぜなら、人間はコンピュータのようなものであり、
存在しなければ意識もまた存在しないからである。
我ある、故にわれ思う。
神は死んだ。しかし科学がそれにとってかわった。
むしろ、神の死は人間を希望へと導く。
科学の発展は病気、貧困、不安などの退廃的要因をことごとく壊すからである。
歴史をかえりみよ、昔の人々は神を信じたが故に、地動説を受け入れなかった。
それは現代では誤りとされているのは明らかである。

今まさしくあなたが使っているインターネットも科学の恩恵に他ならない!
なんと喜ばしいことか!神は科学の発展を望み、死んだのである!

76 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/15(火) 17:17:47
科学は我々に医学、物質の豊かさをあたえ、無知をその光で照らした。
しかし、残念ながら「不安」だけは消せない。

科学はあらゆる価値体系を無味無臭なパーツにまで還元することで、
その中立性を確保する。
その結果、価値の無意味化がおこる。

そして、神の後ろ盾を失った不安定な「我」は直に
その無意味な世界になげだされる。

この場合、「人間は意味の真空にはたえられない」ため 新たな価値を求める。
がしかし、不安は解消されない 
なぜなら科学がそれを崩壊せしめるためである。

「なにも信じることができない者は、納得さえすればなんでも信じ込んでしまう」
ため、ここでかえって非科学的な信念への傾斜がおこることになる。



77 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/15(火) 17:50:21
ファンダメンタリズムはエセ科学

------------------------------------------
科学ってのは

1.仮説が立てられる
2.仮説を裏付ける実験結果が得られる
3.第三者が追試して同じ結果が得られる
4.他の科学者が否定を試みるが未だ明確な否定に至らない

こういう事をもって、「現時点での事実」とする学問。
-------------------------------------------
(かつて2ちゃんで流布されていたテンプレ)


「自然科学や技術の世界は、価値の観点からは中立である。」(P.F.ドラッカー)

そこに正しい答えが一つある。ということは、人間の意思は介入しえないということ
である。意思が介入しなければ、選択はありえない。選択がなければ、自由もない。
換言するならば、自然科学や技術の世界は、価値の観点からは中立である。
しかるに自由とは、価値にかかわる問題である。このことは「科学的真理」なるもの
の存在の否定を意味する。存在しうるものは「科学的正確さ」にすぎない。
(『産業人の未来』)


78 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/15(火) 22:50:32
さて、それがインジェリト・デザイン説とどう結びつくのか?
3行で説明を

79 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/21(月) 23:35:33.34
ファンダメンタリズムまで行っちゃうと、ID説ですら受け入れないと思うんだが。

80 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/22(火) 00:39:21.10
IDファンタメンタリズム

81 :名無しゲノムのクローンさん:2011/02/24(木) 06:02:55.66
ここまで空飛ぶスパゲッティ・モンスター教についてのレスなし。
まあ、ID論のパロディ宗教はもっとあってもいいと思うんだよね。例えば創造主は機械だったとかさ

82 :名無しゲノムのクローンさん:2011/03/02(水) 10:48:37.46
どうでも良いが、言葉の響きが10年以上前のホンダの車のキャッチコピーみたいなんだが。

「インテリジェントデザイン NEWホンダ・レジェンド」みたいな

83 :名無しゲノムのクローンさん:2011/03/02(水) 21:26:16.78
神がこの世における物理法則を作り、その上で生命を導いて創られた

ということになるのか?スピチュアリズムの思想を用いれば

84 :名無しゲノムのクローンさん:2011/03/02(水) 23:39:58.81
神は何の法則に支配されているんだ?

85 :名無しゲノムのクローンさん:2011/03/06(日) 01:23:50.90
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/index.htm
詳しくはこれを見てくれ。だけど神については良く分からなかったw

86 :名無しゲノムのクローンさん:2011/03/11(金) 06:52:01.62
まあ、文系は客観的な世界の真理からは手を引いて、
主観的な心の真理に専念するのがいいと思うよ

87 :名無しゲノムのクローンさん:2011/03/29(火) 13:27:23.38
エロヒム創造説もおもしろい

88 :名無しゲノムのクローンさん:2011/04/04(月) 01:13:54.87
でもこれ(インテリジェントデザイン理論)も結局宗教だっていう裁判の判決が過去にあった気が

89 :名無しゲノムのクローンさん:2011/04/12(火) 00:38:08.31
ユミット星人とやらは霊魂誘導進化論説?を主張しているようにもとれるがな、おまいらどう思う?

90 :名無しゲノムのクローンさん:2011/04/12(火) 04:44:07.10
どうでもいいと思う

91 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/03(金) 11:27:52.95
ラエリアン説がおもしろい

92 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/03(金) 12:48:06.02
この世を創造したのが神とするならば、居る、居ないのでは無くて、あると言ったほうが正しいような…
ビックリマンのスーパーゼウスみたいに、モクモクひげを生やして杖を持ってるようなじいさんが居るんじゃ無くて、
目に見えない何か、その何かが分からないけど、何らかの意思があって創造したとしか思えないような、そんな感じがする。
現に、目の前に世界が広がってるんだから、あるとしか言いようがない。
まあ、人間の能力をはるかに超越した宇宙生物の創造説も否定できないけど…




93 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/03(金) 14:14:01.92
ここまで来ると板違いの完全に宗教だな。

94 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/03(金) 16:38:14.39
別に意思なんかなくても宇宙を支配する原理のようなものがあってそれを神と呼ぶくらいならわからんでもない
でもそれは既存の神の概念とは全然違うな

95 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/03(金) 17:20:54.75
神と正義と愛は
事実上何でもありだからなぁ
それらしい理屈がつけばオケという一人一説のゆるゆるな観念

96 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/03(金) 21:29:18.40
神も仏も詰まる所、個々人の勝手気侭な解釈が可能だからな。
過去にはそれを拠り所にしなければ生きていけない様な過酷な時代と社会があったというだけだ。

97 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/03(金) 23:16:08.60
可能というか、そもそもそういうものしかない。
人間の推論というのは、たまには当たるが、基本的に外れてばかりいるものだと考えて間違いないのだか、
だからインスピレーションにインスピレーションをつみ重ねていっても真実には永遠に近づかない。
それは歴史が証明している

確かな論拠や客観的な検証がない推論はブレが大きく、簡単に発散して荒唐無稽になってしまう
日々の発見や立論の数が多い理系の世界では
そういう事が頻発しすぎて仕事にならないので
急がば回れで、ちゃんと検証をしながら論をすすめるのだ。
それでも結局「間違ってたね、残念賞」という事は珍しくない。
真実とは遠いものだ


98 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/03(金) 23:37:09.98
科学は基本的に事実を積み重ねてきた事の認識体系だから
宗教・芸術・芸能みたいなセンスや閃きとは程遠いかも知れんな。

99 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/04(土) 07:51:26.55
小学校の社会科教科書の日本関連では、

「百済の文化を日本に伝えてあげた王仁」
「(三国時代)わが先祖は発達したわが文化をとなりの日本にも教えてあげた」
「高句麗の文化を日本に伝えてあげた」
「今も日本人は、王仁を日本文化の先生として崇めている」

100 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/04(土) 13:14:53.23
はあ、それで?

101 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/04(土) 13:54:02.03
僕は死にましぇん

102 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/09(木) 14:19:57.29
ひも理論の本にもこういう話題にかなり触れてるんだぉな。

103 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/23(木) 16:29:11.79
インテリジェント=宇宙人

104 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/23(木) 23:12:05.55
科学者は最初の生物の発生についてその必然性を説明したいわけだ。
だけどそれが偶然の産物だったなら必然性は無いわけだから
永久に説明できないことになるじゃなかろうか。
一方遺伝子を合成して一個々並べれば自由に色々な生物が作れるのだから
超高効率遺伝子配列機みたいなものが安くできるようになったら、
遺伝子配列の設計さえできればどんどん新生物が量産できることになる。
遺伝子配列の大掛かりな設計って創造者によるインテリジェントデザインそのもの。
ってことは結局生物学の応用分野ではインテリジェントデザイン論が主流になる
なんてことになるじゃあるまいか。


105 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/25(土) 09:25:00.69
【遺伝】親のストレス、子に遺伝 DNA変化介さず次世代に ショウジョウバエで確認/理化学研究所
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1308847297/

106 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/25(土) 09:29:32.41
>>104
自分で設計出来るようになることと生物の起源がインテリジェントデザインであるかは全く関係ないよ

107 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/25(土) 10:45:23.37
過去における生物の自然発生過程についての説は反証不能。
現時点以降の生物の起源はインテリジェントデザイン。
創造者は人間。

以上インテリジェントデザイン論に則ったつもり。


108 :名無しゲノムのクローンさん:2011/06/25(土) 10:51:15.32
一読されたし。

【ポポポポ〜ン】サブリミナルやG暗号について
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1307191908/


109 :名無しゲノムのクローンさん:2011/07/02(土) 19:34:23.36
>>104
>だけどそれが偶然の産物だったなら必然性は無いわけだから
>永久に説明できないことになるじゃなかろうか。
偶然の産物を必然性がないって思うのはどうかと。
たとえばサイコロを1億回振ったら必然的に1の目が出るよね?

110 :名無しゲノムのクローンさん:2011/07/02(土) 22:39:56.24
>>109
それ偶然ていえないもの。


111 :名無しゲノムのクローンさん:2011/07/07(木) 02:38:11.31
>>110
いやー、1の目が出たのはあくまでも偶然の結果だ。
私が言いたいのは、偶然と必然は必ずしも排他的なかんけいではないってこと。

112 :名無しゲノムのクローンさん:2011/07/09(土) 17:36:22.86
>>111
この範囲の事は必然的に起こるけどその中でどれが起こるかは偶然で決まるってこと?
結局必然性の説明とそれが起こったっていう証明も必要だと思う。


113 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/04(木) 19:26:25.20
全ての生物を「とある知性」が設計したというのは無理があり過ぎる。

たが、生物誕生の際の、最初の一細胞が、宇宙から飛来したかもしれない隕石に付着したアミノ酸から誕生したとすれば、
「知性」が設計したのではないとは言えないのではないか。
知性がある何らかの存在を生物学的に捉えると無理があるが、ある種のネットワークそのものを知性と呼べば、
インテリジェントデザインでも構わない気がする。
(布に書きなぐられた染料の重なりと、それが醸し出す、反射した電磁波の振動の合算を「芸術」と称しているように)

114 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/04(木) 21:06:22.31
寝言は寝て言え

115 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/04(木) 21:22:43.29
知的な存在が生物を設計したとしか考えられないかどうかをとことん
考える人がいて、それに突っ込む人がいてってわけで面白そうですね。
プロががちでそれやってる所で素人でも見に行ける所って無いでしょうか?

116 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/06(土) 02:17:32.02
議員の顔写真を踏みつけたり、日本国旗を焼いたり、民度低すぎ。
こんなことやるのは世界でも朝鮮人だけ。「会話で解決」などありえない。

117 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/06(土) 05:07:53.65
じゃあなんで60年(70年?)も放っておいたんだ?
って聞かれるよな。

日本はなんて答えるつもりなんだろう。

衝突を避けるため、か?

漁師殺される前にやっておけば犠牲は少なかったろうに・・・
竹島事態の破壊も少なかったはずだし

118 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/06(土) 05:58:23.91
このスレ壊さないでよ...

119 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/06(土) 09:29:19.23
おまえらすぐに現実を「妄想と捏造」で補っちゃうんだもん
それじゃ世界は狭いままだし、いつまでたっても客観性が持てない
ノーベル賞は永遠に無理だから、北に頭下げて統一してもらって平和賞狙えば?

120 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/06(土) 09:52:46.98
分かりやすい文章を書く事を心がけましょう。

121 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/14(日) 22:58:30.41
なに言い合ってんだかわかんないけど
文章の問題じゃないと思う。

122 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/15(月) 03:55:57.14
はんぐる の せい にだ
にほんご に たとえると ひらがな で すべてを
ひょうき する ようなものだから さぎょう しじしょが
よみ にくい にだ

123 :名無しゲノムのクローンさん:2011/08/22(月) 21:13:50.50
フォイエルバッハは、人間が神の創造物なのではなく、神が人間の創造物なのだ
と主張した。マルクスは、宗教は精神の麻薬にすぎないと主張した。
これはニーチェのキリスト教批判を唯物論の立場から言い換えたものだった。
とはいえ、進化論は宗教を唯物論的な実在と見なすかもしれない。
宗教がこれほどまでに広範囲に人類史のなかで長らく蔓延ってきたのは
自然淘汰において有利だったのだと。
神を否定するのは科学ではなく倫理学の仕事だ。神を解明するのが科学である。
科学にとってあらゆる対象は解明のためにのみあり、科学の言説はそれだけに専念する。

124 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/08(木) 10:43:35.05
>>123
> 神を否定するのは科学ではなく倫理学の仕事だ。神を解明するのが科学である。

で、色々頑張ったが解明どころか証拠の一つも見つけられなかった
なので科学では今のところ「神はいないのだろう」と言っているだけ、ごく自然な話

今後も証拠が上がってくれば当然検討するのだし
べつに科学に神についての箝口令を敷く理由はない

125 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/12(月) 13:56:35.38
視細胞の軸索を眼球の内側に生やすという欠陥設計のどこがインテリジェント?

126 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/12(月) 18:57:17.13
ちょっと慌てて配線したんで
右脳を左半身に、左脳を右半身につないじゃいました、ごめん
でもいいよね、とりあえず動いてるし

127 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/12(月) 19:26:15.86
>>124
もっと厳密にいえば、「神は居るとも居ないともどちらとも言えない」だろ。
それに神の発見とはいったい何を指しているのだろうか。
神は宇宙の決定論的因果法則を指している。つまり宇宙はその最初にそれが
どうなるかすべて決定されていたという仮説だ。

128 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/13(火) 21:10:14.11
神は存在も非存在も証明(反証)できないがゆえに非科学的なのであって、
「存在しない」と断言しちゃったら、「存在する」と断言したのとたいして変わらない。
「神は存在しない」って教義を信仰してる宗教みたいなもの。

129 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/13(火) 21:19:18.45
神様って何で出来てるの?

130 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/13(火) 21:23:12.07
>>129
人間の抽象観念だよ。しかしその抽象観念は宇宙の決定論的法則を指しているの。
神はそのシンボルなの。

131 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/13(火) 21:27:31.24
>>127.128
まあ、そうギシギシに無謬な答えを出す必要もないよ
2000年も証拠を探して見つからなかったんだから
いない見込みが極めて高い、位は堂々と言えるはず。

反宇宙仮説なんてもっと短期間に否定されちゃったよ
宇宙の隅まで見た訳じゃないのにね

132 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/13(火) 21:40:30.38
>>131
それはないな
2000年という時間の問題じゃない
神の定義が定まらないことや、神の存在を否定・証明する材料がないことが原因だよ
強いて言えば、各宗教の神が行ったこととされてることと、科学的発見が矛盾するので、各宗教で定義される神はいないだろうってのが今言えるだろうことか

133 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 02:43:46.82
アインシュタインが「神はサイコロをふらない」と言った場合の
神とはどういう意味だったのですか?

134 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 03:31:10.60
>>133
例えだよ
自然には〜の傾向がある(と、自分は思っている)くらいの意味。

135 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 04:01:34.93
>>134
宗教の言葉もいわば隠喩だよ。
キリスト教が同性愛を罰するときに「自然に反する罪」とも言うでしょ。

136 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 04:16:38.29
>>132
神の定義はいろいろあって定まらないとも言えるが
各宗派や各個人の中ではそれなりにきちんと決まっているようだよ
だが、その各々の定義によった証拠すらもやはり出てきていない。

>神の存在を否定・証明する材料がないこと

だからそれが神が不在だという結論を支持するんだって
ないものの否定材料なんか出てくる訳が無い

例えば俺がガキの頃、山でツチノコ捕まえて串焼きにして食ったとホラを吹いたとする
そこで疑い深い俺の友人達は、その話の証拠を探すが、
どんなに探してもその話を否定する材料なんか出てこない。
存在しない想像物に不在証拠なんてないのだ。

ただその話を肯定するような材料も当然全然出てこない。

肯定否定どちらの証拠も全く出てこないのは、そもそもその問題自体が存在しない(可能性が高い)という証拠になる
だから普通なら俺がツチノコを食ったという話は甚だ疑わしいと判断するのが妥当だ

でも本当は俺は食ってるかもしれないけどねw 
俺を信じてみるかい?

137 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 07:33:46.04
今でも 韓国の公道で 日本の歌を歌うと逮捕されるから 気を付けてね

138 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 19:55:41.88
>>136
ツチノコはある程度定義可能だからちょっと違う

例えば、地球外生命体は未だに見つかってないけどいないとは言えないよな?

神の話はまたちょっと違うけど

139 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 20:50:21.39
>>138
いないとは言えないのは何だってそう
問題なのはいるといえるかどうかだ

140 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 21:10:26.20
>>139
「2000年見つからないから堂々といないと言える」←これがおかしいってだけの話
せいぜい言えるのは、各宗教で定義される神はいない(なぜなら種々の科学的事実が否定してるから)

141 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 21:24:41.22
>>140
各宗教で定義していない、つまり誰もその存在を主張していない新たな神の可能性まで考慮する意味はあるのか?

142 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 21:44:12.81
>>141
各宗教で定義されてない≠誰も主張していない
飛躍だね
因みに俺は神がいるとは思ってないがな

143 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 22:09:43.28
>>142
で、意味あるの?

144 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 22:16:32.36
>>143
意味?知らね
各宗教で定義される神を科学的に否定するのと同じくらいの意味じゃね

145 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 22:24:40.94
>>144
いや、まったく意味ないよ
定義すらされていないものにそもそも否定や肯定という意見自体が成立しない。

146 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 22:32:12.66
>>145
造物主なり宇宙を作った何かというのが多くの人のイメージするところの神じゃないの
俺が、既に否定されたと言うのは「世界を7日で作った」とか「男の肋骨から女を作った」という神はいないということだし

147 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 23:20:31.82
てか、「神をいる」と思っている時点で俺は宗教家か?
もちろん人格的な神じゃあないけどなあ。
クトゥルフ神みたいなもんだ。人間の信仰などとまったく無縁の神だ。

キリスト教にしろイスラム教にしろユダヤ教にしろ仏教にしろ、
本来の本来の神は人格化されてないけどな。

148 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 23:32:47.61
>>146
定義されてるじゃないか、きみのイメージだろうけど

ちなみに神が世界を作ったとはしいない神話は以外に多いよ

149 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/14(水) 23:51:01.99
>>148
もう端的に言うよ
神は科学的に定義できないので科学の対象にならない
だから肯定も否定もできません
科学的に神は否定された、というのは矛盾している
科学哲学の基本的な考え方なんだがなあ

150 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 01:12:41.52
>>149
それならそれでいいよ。
珍しい意見じゃないし、わかりやすい

まあ>>131がそういう立場に対する俺の意見
俺も基本似たような立場なんだが、
否定も肯定もできないとか優等生ぶっていると埒があかないので
もう少し突っ込んで発言をしている

151 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 10:33:02.82
ダーウィンは自然界の相互関係そのものが
人間をはじめとする動植物の創造神だとした。
また、男女間の選り好みもまた創造神の一種だとした。
キリスト教は同性愛を「反自然」的造物だとした。
ダーウィニズムにとっても・・・・

152 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 11:59:54.86
>>151
ダーウィンはそんな事は言ってないだろ、話作るなよ

どうしてそんなに無理やりに”神”という語をねじ込もうとするのか理解に苦しむ。

153 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 12:50:10.80
崇高な倫理としての宗教から切り離され、
極めて俗物化した神の観念とはつまり、
「この世がなぜあのようにならずこのようになったのか」
という人間の不可知的事象に対する呼び名だからです。
これは神の観念を倫理神の位にまで祭り上げる宗教的信念とは
まったく異なっています。これこそが偶像化されない神です。

154 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 13:01:18.64
無神論はそれ自体信仰です。
この世に存在する無神論者はこの言葉の十全な意味においては
ポストモダニストだけです。
彼らはあらゆる自然の決定要素を否定するか軽視します。
すべては人間のうちにあり、なんらの決定権も神に付与しません。
彼らは擬人化されない、あらゆる抽象的な意味においても神を認めません。
それがたとえ自然の法則だという意味の言い換えだとしてもです。
こういうのを無神論といいます。ポストモダニズムは無神論の最新号なのです。
科学は無神論を唱えません。真の科学者は無神論者になったりなんかしません。

155 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 13:04:54.72
ダーウィン自身は不可知論者だと自称していたらしいですね。
ここで他の人も述べているように不可知論がいちばん科学者らしい。
ダーウィンは親と同じ医学の道を嫌って神学をみずから学びました。
彼が進化論を熱心に主張するときには神学の言葉を使っていたのです。


156 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 15:37:38.45
>>153>>155

単にぼくの考える無神論の定義はこれこれという話だよね

名前を付け替えて科学者を無神論者でないと言ったところで、現実は何も変わらんと思うが

どういう意味があるんだろう?

157 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 17:27:59.17
>>156
だったら例えばリチャード・ドーキンス氏が無神論者を自称すること
いったいどんな意味があるというのか?
ぼくちゃん定義で勝手に言っているだけのことになるのか?

158 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 17:36:54.52
>>157
常識的に神は存在しないとする立場は無神論だろ、ちがう?
ドーキンスの場合はキリスト教の神の事を言ってるよね、
あの界隈では神といえばそれを指す。

別に仏教が無神論だとか難しい話をしてる訳じゃないぞ

159 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 18:15:20.58
キリスト教の神といった場合も話はそう単純じゃないぞ。
神は人格的な存在ではないとされている。
われわれが常識的に「神」といった場合の神と同じとはいえない。


160 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 18:28:05.43
>>159
> 神は人格的な存在ではないとされている。

まあ、見解はいろいろだけどね
とりあえずキリスト教のスレでそう言ってきてみな
どういう反応が帰ってくるか

161 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 21:53:35.21
日本の神の無知さ加減には驚くよね。
たのむから海外・外交で神の歯無はしないでほしいなww

162 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/15(木) 23:33:02.65
test

163 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/16(金) 16:06:49.25
>>161 アマテラスそのほかの神道の神様や地域の氏神さんや憑物神が海外旅行に行って無知をさらけ出してる絵を想像してしまったw
神様界のかつての農協旅行団か(今なら特定アジアの観光客)

164 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/19(月) 23:48:53.32
>>150
埒が明かなくていいじゃねーか
だからこそスパゲッティモンスターがジョークとして成立するんだろ

なんで無理矢理突っ込んで発言するのか意味がわからんのだが

165 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/20(火) 00:33:15.76
>>164
ようするにID説なんか持ち上げてくる論理性に弱い人間には
そういう慎重な物言いは誤解の元って事だ

神は完全には否定できない → 「じゃあいるんですね!」って輩達だ
その辺を少し含んで、レベルに合わせた事実伝達を考えないと。

166 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/20(火) 21:58:39.88
アホとの1対1の会話なら別にいいが
(それが有効かどうかはさておき)
不特定多数が目にする場では
慎重な物言いを正確に受け取れるはずだった人間が
その言説で誤解する有害性も考慮に入れるべきなんじゃないかな

167 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/21(水) 01:32:44.74
>>166
俺は分かりやすく持論を述べているだけで、特に暴言を吐いているわけではないよ

そもそもそんなナイーブなメディアリテラシーの人は
2ちゃんはやめといたほうがいいかと。

168 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/24(土) 00:37:50.37
アインシュタインももう、駄目っぽいな。
昔から指摘されてた事だったが・・・・
これが本当なら、彼の理論のほとんどがでたらめだったって事になる。
 
http://www.excite.co.jp/News/science/20110923/Kyodo_OT_MN2011092301000799.html

169 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/24(土) 01:31:50.44
>>167
暴言がどうとかは問題にしていないよ

正確性を犠牲にしても分かりやすく言ったほうが
結果的に馬鹿に与える誤解が少なくなるというのがキミの立場
せっかくの科学板なんだから正確性を犠牲にするのはもったいないし
馬鹿でない人が誤解するかもしれないってのが俺の立場だね

どうせ馬鹿はすぐ忘れるし話聞かないで結局伝わらないから
馬鹿でない人のことを俺は考えたいね
2chするときはヒマなときだからね

170 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/24(土) 20:18:47.68
>>168
期待しちゃう記事だけど、まだちょっと早合点できないね。
科学においては測定された数値が正しかったかどうか
何回も何回も検証して再現性が得られないといけない。

物理学の分野ではどうか分からないが、生物学系の分野では
科学雑誌にセンセーショナルに発表されたり記事になったものの
けっきょく再現性が得られなくて消えて行ったものが山ほどある。

171 :名無しゲノムのクローンさん:2011/09/25(日) 06:27:21.34
韓国人と何でも考え方を一緒にしろと要求するほうが野蛮だろ。
ふざけんな。 日本人学校で日本の領土を日本の考えや国際常識に
基づいて教育することは当たり前のことだ。
それよりも対馬は韓国領だなどと明らかに現実に反することを
教育している韓国人らこそ教育内容を改めろ。

172 :名無しゲノムのクローンさん:2011/10/08(土) 11:45:49.72
なぜこのネタで盛り上がるw

173 :名無しゲノムのクローンさん:2011/10/09(日) 23:45:22.48
ラエリアンかな?

174 :名無しゲノムのクローンさん:2011/10/14(金) 11:40:58.82
芸術とか、芸術的とかいう言葉がどうも気恥ずかしい。
自分を芸術家だとおもっている人たちも苦手である。ぼくはイラストレーターであり、子供の頃から
絵を描くことが大好ぎだったが、画家になろうなどとおもったことは一度もなかった。
小学生の時、ゴッホの画集を見ていて、自分の耳を切る話はまったく理解できなかった。気味悪
い男だなあとおもった。
絵を描いていると、インタビューなどでよく訊かれる。「壁にぶち当たったり、描けなくて悩んだりし
たことはありませんか」、などといった質問だ。
ぼくは答える。「芸術家じゃありませんので、そんな恰好いいことはないですよ」
描けなかったり悩んだりするくらいならとっくにこの仕事はやめている。楽しいからやっているのだ。
自分を芸術家だとおもっている人たちのファッションも苦手だ。普通のシャツを着れぱいいのに少
しも似合わないマオカラーのシャツなどを着る。どこか普通じゃないことを主張したいのだろうか。
このマオカラー愛好家に何故か建築家が多いのもふしぎである。デザイン関係者にもこのマオカ
ラーファンが多く、全国のデザイン会議などあると半分くらいがマオカラーを着て現れる。弁解して
おくが、マオカラーのシャツが悪いのではない。自分は普通じゃない、芸術家なんだといった輩に
魅入られてしまったのが不幸である。マオカラーには同情する。
人前で絵を描いたりするのも勘弁だ。ワークショップなどはぞっとする。人前で音楽に合わせて絵
を描くなどは死刑に等しい。もしも肉親がそんなことをしたら自殺するだろう。(イラストレーター)

175 :名無しゲノムのクローンさん:2011/10/14(金) 12:44:37.21
>>174
ここは一応生物板のスレ、芸術家の批判や自分語りしたいのなら他所へどうぞ。

176 :名無しゲノムのクローンさん:2011/11/18(金) 14:06:53.93
電波テロ装置の戦争(始)
エンジニアと参加願います公安はサリンオウム信者の子供を40歳まで社会から隔離している
オウム信者が地方で現在も潜伏している
それは新興宗教を配下としている公安の仕事だ
発案で盗聴器を開発したら霊魂が寄って呼ぶ来た
<電波憑依>
スピリチャル全否定なら江原三輪氏、高橋佳子大川隆法氏は、幻聴で強制入院矛盾する日本宗教と精神科
<コードレス盗聴>
2004既に国民20%被害250〜700台数中国工作員3〜7000万円2005ソウルコピー2010ソウルイン医者アカギ絡む<盗聴証拠>
今年5月に日本の警視庁防課は被害者SDカード15分を保持した有る国民に出せ!!<創価幹部>
キタオカ1962年東北生は二十代で2人の女性をレイプ殺害して入信した創価本尊はこれだけで潰せる<<<韓国工作員鸛<<<創価公明党 <テロ装置>>東芝部品)>>ヤクザ<宗教<同和<<公安<<魂複<<官憲>日本終Googl検索

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)