5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

装束について語るスレ 其の6

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/20(月) 16:56:50
神祇装束から各種時代装束まで
マターリ語りましょう。

糞コテは完全スルーで!
荒らしにかまう人も荒らしです。
また装束関係者に対する個人攻撃も禁止でお願いします。

前スレ
装束について語るスレ 其の5
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1252595248/

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/20(月) 16:58:34
前スレはkamomeと飛んでいきました

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/20(月) 20:37:22
>>1さんおつです

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/20(月) 21:09:48
1乙

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/21(火) 08:19:30
ようやく復活!
>>1

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/21(火) 12:21:30
もうこんなスレいらないんじゃね?

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/21(火) 12:35:16
どうせまた雀崇拝スレでしょ

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/22(水) 20:16:38
オク情報とか

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/24(金) 00:22:57
いつのまに復活したんだ

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/24(金) 19:22:30
過去スレで衣冠は熱い熱いと言われていたが、夏にあれを着て汗だくになってみたいな。

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/24(金) 21:50:08
女狩り衣の画像がネット上にほとんどない。
在り処を知ってたら教えて。

または、写真をアップして欲しい。

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/25(土) 01:40:18
狩衣を着た女性のことかと思いきや、
袖は狩衣・前は女物常装になってる女性神職用のそれか。

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/25(土) 01:51:13
どこにでもあるやん

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/25(土) 10:12:12
襟が着物の打ち合わせのようになっている、女性用の狩衣の写真が、
どこにあるって?

見落としてるかなぁ。
女狩衣でググッても、それらしい写真は一件も見当たらない。

昭和の時代の女性神職用の服装だったから、
今では着る人がほとんどいなくなってるのだろうか?

だとしたら、
ウィキペディアに
「最近は、狩衣の襟を着物の打ち合わせ風に仕立てた「女狩衣」も普及している。」
とあるのを、
書き直したほうがいいかもしれない。

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/25(土) 13:08:36
ここの
ttp://www.ootsuki-shozokuten.com/men01/
「婦人神職装束」ってところ

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/25(土) 15:54:43
あったあった、ありがとう。
女子狩衣ってキーワードで検索するとよかったんだねー。

・・・人形に着せる衣装だった。

女子神職の絶対数が少ないうえに、神社本庁規程外だから、仕方ないか。

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 19:14:26
秋祭りを見に行ってるとどうしても神主の装束に目が行く。

18 :雅子:2010/09/27(月) 20:43:31
十二単なんてウザくて着てられないわ!

あんなもの着て賢所に拝礼なんてイヤ!

私はFENDIのバックのほうがいいの。

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 07:00:24
男物の平安装束って束帯や狩衣のような形式ばかりで不自然なデザインだが、
女物の方がキモノとしてみれば自然なデザインだと思う。
逆に一般和装ではおはしょりありで太い帯の女物の方が不自然なデザインだと思う。

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 12:48:04
滋賀県の大津祭りの御神体の着ている装束が素晴らしい

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 15:35:18
>>19
あなた日本人?

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 20:27:24
>>20
むしろ昨日やってたたがゆいちゃんにちょっと期待して肩透かし食らったぜ

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 22:14:54
昨日の平城遷都1300年祭の中継で奈良朝装束を堪能できたけど
演出がクソでたまらんかった。

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 18:55:47
最近装束関連サイトの中の人たちの更新があまりなくてつまらん。
一海氏ぐらいかなあ・・
上にある奈良の遷都祭関係の写真とかうpして欲しい。

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/15(金) 18:27:00
奈良・東大寺に光明皇后遠忌1250年を記念して、開眼供養会の時に聖武天皇と光明皇后が着た礼服が奉納された。

読売新聞にその写真が載っていたが、うpできないのでメンゴ。

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/20(水) 00:51:30
風俗博物館の掲示板に長文連投の変な人が!

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/20(水) 07:25:59
昨日BSで陰陽師やってたな・・・。

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/22(金) 18:28:04
悪霊退散!悪霊退散!お助けしましょう陰陽師 HEY!



それはそうと今日は時代祭だったわけだが

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/22(金) 19:04:00
ある雅楽団体の舞楽を見に行ったのだが、蛮絵装束が生地が安物のペラペラで獅子の刺繍が安物の薄っぺらいものだった。

A木装束店が中に入っていてこんな安物の装束しか調達出来ないのか?

天下の八坂神社が聞いてあきれるな!

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/23(土) 13:47:11
由緒ある神社なら舞楽の装束くらい良いものを買ってもいいのにね。
金持ってるだろうに。

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/23(土) 18:45:15
八坂神社ていどに天下のなんて接頭語いらないよ
どこも節約節約だ

32 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/23(土) 22:00:41
神主の給料は高いのになあw

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/24(日) 13:09:11
まったくだw

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 12:26:34
10月30日と11月3日に平城京の庭園で曲水の宴があるらしい。

こちらは奈良時代の装束を着てやるみたい。

雅楽も上演されて、舞楽『柳花苑』が舞われる予定。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 12:27:41
10月30日はお天気が心配だねぇ。

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 19:14:39
30日は近畿台風直撃やぞ

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 19:19:21
台風の中の曲水の宴も風流じゃない?

ってか、中止になるだろ。

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 22:35:48
曲水が濁流で盃船が猛烈なスピードで突進してくるw
烏帽子コロンコロンって飛んでいくw

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 03:46:36
コントやがな(´・ω・`)
城南宮の方の曲水行こうと思ってたのにそっちは大丈夫かな…

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/05(金) 20:45:57
同志社雅楽会の装束もひどいな。
振鉾なんて管弦装束の上衣取った姿でやってやんのw

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/09(火) 00:33:06
八坂神社での舞楽を見に行ったけど、襲装束も安物の汚ないものだな。
鳥兜の金具なんか形は悪いわ、付ける位置はズレてるわ、最低!

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/13(土) 09:43:52
直垂の下に着る白衣は狩衣の下に着るそれと同じものでOK?

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/14(日) 05:48:21
おk

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/20(土) 01:05:57
菊型の和蝋燭をたてる和風燭台ってググっても画像が出てこないな。

どこにも売ってないんだろうな?

45 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/20(土) 22:51:49
レリコのじゃだめなのか?
ttp://www.yusoku.com/interior.html
いろいろググってみたけど、たぶんそれ「菊灯台」っていうらしいよ。
まあ特注したらあるわな。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/21(日) 14:40:29
大洗で奉納包丁式 アンコウに感謝込め‎
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20101028/CK2010102802000089.html
「衣冠束帯姿の」どうみても狩衣。

わかやま新報:粉河神社のキューピーストラップ/和歌山
ttp://www.wakayamashimpo.co.jp/news/10/11/101117_8875.html
宮司が作ったマスコットなのに狩衣に冠っていくらなんでも。

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/21(日) 19:32:04
レリコの物は買わないほうがいいと思うよ。
漆が安物だし、材質が悪いから。
茶道具店に相談してみるといいよ。

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/22(月) 16:28:41
雀さんのHPは閉鎖したんですか?

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/22(月) 16:37:35
なんかレンタルサーバーがサービス修了したみたいで、他の装束サイトもたくさん消滅してる。
移転して続けてる人もいるけど、雀は謎だ。ブログのURLも分かんなくなったし。

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/23(火) 17:29:22
すずめブログ→ttp://ameblo.jp/suzumiyasuzume/
この人結婚してから普通の奥さまになってしまってつまらん。
装束の話題全然ないし。
お子さん女の子なんだね。装束着せるのかね。

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/24(水) 15:32:56
一海氏のサイトがもうすぐ10周年だからいろいろイベント開催しそうだね。
今そこそこ更新してるのはこの人くらいか。
>>50雀さんいつの間に子持ちになってたんだ?
旦那さんってサイトに登場してた人なの?

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/26(金) 19:54:01
平安雅楽会の装束って悪いよね。
襲装束の刺繍なんてボロボロだし。
演奏も下手くそだけど。

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/01(水) 21:46:34
葵祭りはブスばかり出てるしね。

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/01(水) 22:27:10
神社に犬を連れてくるのはやめてください
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/dog/1289834003/

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/05(日) 06:54:24
スレの其の四あたりに出てきた神主じゃない者です。
先ごろ正服をまた着せられました。
この季節なら楽勝ですね。
前は暑かったので嫌でしたが。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/05(日) 10:30:39
おお、お久しぶり。
秋祭りはまず10月だから時期的に新嘗祭かな?

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/06(月) 22:51:08
古代衣装もいいな。
ttp://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE101206113900412289.shtml

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/07(火) 18:16:15
古代衣装は、平城宮跡の平城遷都祭が、終わってほぼコスプレできるところは
ないね。
通年でできるのは、大阪歴史博物館ぐらいかな。
でも、大阪歴史博物館でも毎月、第一、第三土曜だけだしボランティアの人が
しているから事前に電話で確認しないといけないんだよね。
男性の自分としては、衣装が六位の官人というのが身分が低くて不満だったな。
それでも、平城宮跡のよりかは本格的だったけど。

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/07(火) 19:01:43
>>57

小学生相撲の行司みたい

60 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/11(土) 20:02:34
rerukoのせいで安物の装束ばかりになってしまったな・・。

61 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/13(月) 22:51:16
もっと天皇家や皇室も儀服を着て伝統行事を国民に見せるべきだな。
皇后様の小桂姿も拝見したい。

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/15(水) 19:28:59
皇室は正月ぐらい儀式に装束を着てもらいたい。外国人から絶賛されそう。

男物装束は神職の格好としてよく目にするが、女物は雛人形と皇室ぐらいしか見ない。
桂袴の道中着は鮮やかさと動きやすさを両立してるんだから
振袖の変わりに成人式で着てもいいんじゃないかと思う。

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/24(金) 11:00:48
定期レ利己氏ね

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/24(金) 11:01:59
定期一介氏ね



65 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/24(金) 19:39:54
>>62
まずは洋装の歌会始を装束でするこっちゃな。

66 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/14(金) 10:02:48
すずめ氏ね

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/14(金) 19:41:16
どうした?急に


68 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 15:39:36
いつもの人やろ。

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/26(水) 14:26:22
やっぱり天皇家が率先して装束着てくれないとな。

歌会始めって、明治時代からすでに洋服でやってるんだな。

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/01(火) 17:51:14
子雀かわいい

71 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 02:38:46
北野天満宮のずいき祭りの装束はボロボロだな。
もっとキレイなのに新調しろよ!

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 06:17:05
【 外国人参政権(=自治基本条例)問題とは? 】

Q.問題の発端は?
A.在日朝鮮・韓国人が「参政権をよこせ」と要求し、一部勢力がそれを応援しています。

Q.何で欲しがるの?
A.当然、「自分たち(在日朝鮮・韓国人)に都合の良い候補を選挙で当選させたい」からですね。

Q.帰化すれば参政権もらえるんでしょ?
A.もらえます。でも彼等は「日本人になるなんて絶対嫌!」と帰化を拒否します。
 感情的に「日本が嫌い」ということもあるでしょうし、実利的にも、帰化しないうちは
 生活保護の審査が緩く、相続税も払う必要もない等、優遇措置がありますので。

Q.彼等の言い分って滅茶苦茶じゃないか?
A.はい、滅茶苦茶です。「日本の方が居心地がいいから母国には帰らない!日本が嫌いだし優遇措置を
 手放したくないから帰化もしない!けど日本人と同じ権利はよこせ!!」と正真正銘こういう要求なわけですし。

Q.韓国は日本人永住者に選挙権与えてるらしいけど?
A.韓国で参政権のある日本人は「数十人」です。「韓国への巨額の投資・納税が条件」だからです。
 一方、在日韓国・朝鮮人は「数十万人」、しかも「税制・生活保護の在日特権を持ったままです。
しかも彼らは、反日思想なので参政権を与えると日本に災難が降り懸かります。


73 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 12:43:13
近畿ホームのCM、アニメのCGになってしまったな。
20年前は本当に人間が十二単を着て扇持って踊っていたのにw

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 12:55:26
中村雅彦に騙されるな。
インチキだ。

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/17(木) 00:47:40
神社の衣装にケチつけてるやつ、もっと賽銭入れろよ

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/17(木) 16:43:19
いちひめ雅楽会の装束は安物だらけ。
管弦の時は雛人形の布地で作った安物の装束を着て雅楽を演奏している。

ここの雅楽はインチキだ。
こんな雅楽を本物だと思わないでほしい。

77 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/18(金) 09:01:31
神職ではなくて一般人でmy小忌衣を持っていらっしゃる方はいますか?

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/18(金) 20:12:51
>>76
だいたい舞楽みたいなゆったりと舞う舞はレリコのゴワ装束だと優雅に見えないもんな。
あの雅楽団体はダメだ。

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/18(金) 22:57:15
>レリコのゴワ装束
以前にも目にしたけどレリコの装束は他の装束店のそれと比べて
そんなにゴワゴワな仕立てなの?

80 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/22(火) 13:32:33.78
レリコの商品は悪いですね。

81 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/01(火) 20:46:25.35
雀は装束界の沢尻エリカ

自己中基地外性悪女さっさと氏んでください。

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/02(水) 23:01:31.82
有職雛って、なかなかないな。
丸平さんの所も有職雛と言ってるけど、男雛のお腹の所で腰帯が結んであって見えてるし、立糸嬰の冠に衣冠だし、これは有職故実に反してるしな。

83 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/18(金) 23:26:47.24
京都が大震災になったら装束の値段も上がるかな?

ただでさえボッタクリなのに。

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/26(土) 00:54:30.43
次に皇室の装束姿が見られるのはいつの日かな?

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/26(土) 11:49:15.93
>>84
毎月着てるけどね、実際は

86 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/26(土) 12:45:59.73
>>86
えっ、そうなの?

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/26(土) 17:59:38.14
陛下あたりは、月の旬祭に装束を着けられて宮中三殿に拝礼されるからそうだが
他の皇族方はどうだったか。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/30(水) 00:10:35.89
京都の四条寺町下がった所にあった「みす平」もビルになって一階は違うテナントが入っているな。
御簾なんてもうあかんのやろか?

89 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/30(水) 23:20:59.82
ひっこさはったんしらんのか

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/03(日) 18:27:55.05
東日本大震災の被災地の避難所に
全身を覆い隠す虫垂れ 神社で神主が着るようなオレンジの装束 天狗の高下駄
姿の人が、ロボットスーツを着た人達を従えてやってきて
支援物資を置いていきます。
付き人に遮られてお礼も言えず
服装から御身分がわからないか調べています

毬のような香炉を袖に入れて火種として持ち歩いていたことと
子供を産んだことがないので出ませんが、安心感なら与えることができます
と言いながら
胸の前を開いて 親からはぐれた子供達に乳を含ませる姿が印象的でした

現代でもこういった服を着る方は神社関係でしょうか?
あるいはお公家様か皇室の方?

91 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/03(日) 18:57:45.57
身分明かさない、その服装と付き人いるなら、それ間違いなくヤクザだよ。
ヤクザ者の親分はそういうことするんだわ!

92 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/03(日) 19:08:50.53
ヤクザもピンキリだから。
ヤクザの親分になれば、変なところ人情あるからね。
別な顔の一面も持ってるんだわ。
でも、ヤクザはヤクザだけどね。
下駄や雪駄が好きな人が多い。
兄弟の盃交わしたりするから神事は霊能者より詳しいよ。
組事務所は祭壇もあるし、アマテラスや崇拝神の掛軸を飾っているしね。

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/03(日) 23:30:18.30
>>90
引田天功では?

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/04(月) 07:18:58.10
>>90
簡単に胸をはだけて授乳できるものは、女性用の狩衣ではないかと。

今では暖を取るのにほとんど使われなくなった袖香炉の作法を御存知のようですし、
付き人を伴っているとなると、身分の高い古風な暮らしをなさっている方と推察します。

一本歯の高下駄は、舗装されてない場所を歩くのに適しているので、
被災地に下駄で来ている意図は分かりますが、
転ぶので、練習する環境にないとまず履けません。
山岳信仰が残っている地域の社家の人ではないでしょうか。

ただし、神道を真似た新興宗教の団体の可能性もありそうです。

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/05(火) 10:36:09.31
有識者から情報をかき集めた結果を報告。

A氏談。
神事などで朱色の女狩衣を着る人はいるでしょうが、
虫垂れぎぬに高下駄の組み合わせは珍しく、
さらに電動アシストスーツを被災地に投入できる宗教団体ということなら、
特定の方々しか思い浮かびません。

B氏談。
お召し物に太陽神に仕える巫女を意味する三つ巴の神紋が入っていて、
肩から領巾(羽衣)を垂らし 腰に小太刀のようなもの(振り杖)を差していませんでしたか?
もしそうなら、狩衣ではなく、簡略化された外出用の御神服(男装)姿の斉の巫女様達です。
赤い瑪瑙の珠を中心に勾玉が連なったネックレスをしていた方を見かけたら、その方が代表者です。

A氏談。
某私立大学のチャーター船を使って被災地に救援物資をピストン輸送したと聞いています。
いったん物資を受け取った自衛隊が、許可なく被災者に配布できないと言い出して衝突したそうです。
自衛隊に救援物資を渡すと、被災者に渡らないでいったんプールされてしまうなど、
物流の混乱が起こっているため、
避難所まで自分達の手で運んで直接手渡すか、宅配業者に頼んだほうが確実という情報を耳にしました。

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/05(火) 10:36:38.95
C氏談。
斉の巫女様は、巫女舞によって神がかりすれば神様と同一視されて、
神社の一番神聖な場所にお座りになられる信仰対象、簡単に言えば生き神様です。
間違えてはいけないのは、神職は神様を祭る人のことですが、
あの方々は今のように男性が神事を仕切るようになるより古い時代の伝統を引き継ぐ
神社に祭られる側の存在という点です。

B氏談。
古い時代の天皇が話していた宣命の言葉(一説によると、扶余・高句麗地域の言葉)を
今もお話になるとされているので、
一般の人が話しかけても、直接お言葉を頂くことはできないと思います。
言葉を取り次ぐ役目の人が付き従っているなら、かならずその方々に話しかけてください。

C氏談。
昔は平伏してお姿を見ないようにひたすら通り過ぎるのを待つのが作法とされていたようですが、
今ではお忍びで歩いておられるときはそのような配慮は必要はありませんが、
神社の参道の真ん中は神様が歩く神聖な場所として避けて通るのと同じ理由で、
荘厳な「おおお〜」という声を出して露払いする人々を無視して
真正面に立って視線や進路を塞ぐ非礼だけはしないほうがよいと思います。

97 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/05(火) 19:28:52.34
三社祭や神田祭も中止になったのだから、葵祭も中止にすればいいのに。

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/07(木) 08:04:28.47
葵祭(子供向けの桃太郎の昔話と実質同じ内容の、扶余・高句麗地域(大陸系鉄器民族)から伝来した王権のルーツを示す神事)は、
娯楽ではなく、国の重要な儀式なので、中止する必要はないと思う。

それに対して、娯楽化しているお祭りは、控えるのが当然。

両者は全く違うことを理解できない人が多いけど、
内容は知らなくても、祭りを行う人々の衣装を見れば、その意味の違いが明らか。

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/07(木) 20:47:42.18
奈良・東大寺の本坊で聖武天皇と光明皇后の礼服が展示されていたので見に行ってきました。
良い色合いで奈良時代の息吹きを感じました。

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/12(火) 22:45:43.92
私も東大寺の礼服を見ました。
美しい礼服でした。

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 13:54:43.74
この衣冠の首周りは平安式?
ttp://www.hanminzu.com/bbs/attachments/dvbbs/2008-12/200812312248673977.jpg

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 15:25:44.32
なんか変だねこれww
襟、奈良時代の朝服みたいになってる
身頃の布もケチったのか幅が狭いね

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 20:21:35.79
このレンタル料!

104 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 22:00:32.74
>>101
なんかコブラみたいなオスベラカシだなw

105 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 22:08:28.29
>>101

この衣冠もどき、文様も変だよ。
袴も衣冠で白なんて見た事ないよ。
それに、束帯の表袴とも違うし。
こんなのに、騙されてバカ高いレンタル料とられる人が可哀そう。

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 22:24:59.73
こんなへんてこなコスプレで結婚式なんか挙げた日にゃ一生の恥だよ
末代までの面汚しもいいとこだよ

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 22:26:23.51
こんなへんてこなコスプレで結婚式なんか挙げた日にゃ一生の恥だよ
末代までの面汚しもいいとこだよ

108 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 22:27:22.05
男性の料金に「カツラ含む」って書いてあるけど、なんでカツラ?!

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 23:22:03.49
サイト自体が、日本じゃないぬ

110 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/14(木) 23:42:14.27
中国のサイトで画像として引用されて掲載されてるだけ。

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/15(金) 07:52:10.43
このレンタル料あれば、素材はともかく見栄えはもうちょっとましなものが買えそうだ

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/15(金) 13:14:15.93
装束の場合は、皇室や神職と同じでは畏れ多いとしてわざと本物の装束の色合いや仕立てと違うやり方で仕立てているからね。
でも、あまりにも違う感じの装束に仕立ててしまい、そんな装束を結婚式で着られたら何も知らない一般人にも「装束って安っぽいんだな」と思われてしまう。
それが一番嫌だな。

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/15(金) 13:16:52.86
生地をポリとかにしてお誂えでも余裕で見栄えのいいものはできるよ。このレンタル料なら。

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/15(金) 13:55:21.14
>>113
レリコのなんか嫌だ!

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/15(金) 21:09:01.74
葵祭の斎王代、決まったんだな。
今年は豚みたいな鼻してるな。

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/15(金) 21:14:40.77
中村と桃は逝きました。
徹底君は悪人を成敗する正義のヒーローです。

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/16(土) 08:30:31.92
なんで毎年ブスが選ばれるんだ。めっちゃ腹立つ。


118 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/16(土) 10:18:44.53
裏千家の家元が葵祭に金出してるから、裏千家のお茶をやっていて家柄が良くて親が金持ちだったらそれでいいんだよ。

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/16(土) 14:44:57.91
>>117
2000万円出せれば顔なんざどうでもいい

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/16(土) 16:00:47.55
>>112
振袖は価格を高く設定すれば売れ、
価格が安いとモノそのものは悪くなくても粗悪品認定されて売れないそうだが、
結婚式用の十二単もそうなんじゃないか。
それにしてもこの程度のものにその価格はインチキ。

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/16(土) 19:29:00.26
>>120
オッサン、答えになってないでw
中身悪いのに値段吊り上げるのは京都人の常套手段。

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/16(土) 20:43:25.86
>>117 なんか装束着たがる女ってブス多いね。
「源氏物語の夕べ(笑)」や「紫の縁(笑)」行くとキモブスばっか。ま○とかすず○とかみ○ことか今何してるんやろ。氏んだかな。

123 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/16(土) 22:06:37.46
男で装束着たがるのは釜が多いけどね。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/17(日) 00:27:12.44
>>120
>振袖は価格を高く設定すれば売れ、
>価格が安いとモノそのものは悪くなくても粗悪品認定されて売れないそうだが、
それは価格競争と価格破壊を阻止する為の、京都の着物産業の奴らの言い分。

安くて良い物が売れる。
安くまあまあの物はもっと売れる。
高級品は高級品好みの人に売れるだけ。
だから日常では着ないし、着物文化として流行らない。

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/17(日) 23:15:46.42
>>122
斎王代は装束着たいからってなれるもんじゃないだろ

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/18(月) 01:34:12.10
嫁入りする時のハクをつけるためにある

127 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/18(月) 01:55:58.28
斎王代になっても落ちぶれてAV女優になった人もいるけどね。

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/18(月) 17:50:10.97
上で話が出た御神服ってどんなもの?
画像はある?

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/18(月) 18:32:10.59
>122
斎王代になる女性は、普通の服装なら普通に美人に見える人もいるよ。

葵祭 第53代「斎王代」決定
ttp://opi-rina.chunichi.co.jp/topics/20080415-1.html
これを見ても違和感はないね。

ところが、装束を着てお化粧すると、凄い見栄えになってしまうパターンが多い。
ttp://kyoto-brand.com/column-img/080513/080513_06_2aoimaturi_saioudaiDSC_0127.jpg
原因は、お化粧の仕方や、装束の配色や質感などが、全部デタラメなうえに、
慢心した心がおもむろに顔に出るから。

つつましやかな表情ができる女性でないと、平安装束は似合わない。

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/18(月) 19:25:47.39
>>129
どちらの写真も「どや顔」じゃん。

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/18(月) 19:39:36.86
>>128
聖武天皇と光明皇后の礼服のこと?
それだったら
ほいhttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1543107.jpg
行けなかったから、ググって見つけた一番大きい画像

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/18(月) 23:30:52.54
>>127
誰?

133 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/19(火) 08:46:14.27
>>129
昔の人は表情を見せないように、眉を剃って額に墨で眉を描いていたぐらいだから、
慢心した奢った表情を顕にした斎王代を見て、違和感を覚えるのは当然だろうな。

本人は、誇りを持って気位が高い高貴な女性を演じているつもりなのだろうが、
平安装束にギラギラした目つきほど似合わないものはない。
斎王代としての精神教育を受けることなく、衣裳だけ整えても、
姿勢も表情も悪くてどうしようもない、見ていられない印象になってしまう。

本人がその調子だから、担ぎ手の男達もその感化を受けて、
嫌そうな疲れた覇気のない顔をしていて、行列そのものが非常に見苦しい。

そんなダメな斎王代役を演じた女性でも、
某神社の風習に従って、一年ほど毎朝井戸水を肩からかける禊ぎなどの修行をしたら、
見違えるように気品が漂う、上品な立ち居振る舞いが出来る女性に変身したケースがある。
顔立ちは同じでも、まったく別人に見えるようになっていた。

したがって、
葵祭の斎王代役は、一年ぐらい作法の修行や精神修養をさせてから務めさせたほうがいい。

134 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/19(火) 09:15:37.74
金のあるブスはただでさえ勘違いしてるからな。
質が悪い。

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/19(火) 20:19:43.51
2年前の裏千家の家元の娘なんてヒドイ顔してたもんなw

136 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 08:21:59.86
話がすれ違ってないか?

>>128
>>上で話が出た御神服ってどんなもの?
>>画像はある?

>>131
>>聖武天皇と光明皇后の礼服のこと?
>>それだったら

斎女が着る御神服と天皇や皇后が着る礼服が同じものだなんて、
いったいどこから出てきた情報なんだ?

皇后が着る礼服は、簡単に胸を開いて乳を飲ませられる、女性用の狩衣と同じ構造なのか?
乳母はどうした?
皇后が直接授乳させることなど、通常あり得ないから、
皇后が着る礼服が斎女が着る神服と同じ構造なんて話が、まともに信じられると思うか?

上に女ヤクザが被災地に救済に現れた、と受け取れる奇妙なことが書き込んであるし、
このスレッドは明らかに何かがおかしい。
正常な思考やコミュニケーションができない人間の書き込み(誤情報)が混ざっていると確信した。
要注意だ。慎重に読まないと、トンデモに付き合わされる可能性がある。

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 08:30:28.53
最近装束のめぼしい話題がないからみんな荒んでるんだよ。
体験系イベントもないし、装束サイトも更新ないし。


138 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 08:44:13.20
>>134-135
昔の権力者は、美女を好きに選んで結婚できたから、雅なお姫様が大勢いたと思うが、
時代が下ると、家柄だのなんだのと、ややこしい婚姻制限が過剰になって雁字搦めになっていって、
美女の血筋が変質していき、宮廷に出入りする有職者の娘は醜女ばかりになってしまったというわけか?

皇室が皇妃を選ぶとき、今は民間からの血を入れる方針を採っているのも、
血が濃くなって遺伝的な問題が出るのを防ぐためだと聞いたことがある。

ところがだ。
とある姫姓(現代の苗字のことではなく中国から持って来た姓)を持つ社家の女性たちは、
凄い美人揃いなんだが、
オーストラリア原住民と同じ、又従兄弟婚システムを採っているため、
今の神道のルーツになった、扶余・高句麗の道教時代からの、王族の血統を正常に保ってきたらしい。

馬子にも衣装という言葉があるが、平安装束に限っては、着る者の血筋を選ぶと思う。
劣化した精神文化しか持っていない、劣化した血筋の人間が着ても、まったく似合わない。
正しい血を伝える、姫姓を持つ一族の本物のお姫様とまがいものの差は、外見に歴然と現れる。

雛壇に飾られた人形のように美しいから、整形手術を受けたと思う人もいるようだが、
装束の裾を持つ子供達も美人揃いなのだから、遺伝と考えるべきだろう。

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 09:47:37.15
美男美女の間に生まれた娘でもサーヤみたいな顔の娘が生まれてしまうしね。

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 10:23:31.20
>>139
それは遺伝子が安定してないからだよ。

人間はバイオテクノロジーが発達していない、十分な科学的知識を持っていなかった時代から、品種改良を行ってきた。
犬猫の場合も人間の場合も、品種改良や血統の安定化の原理は同じだ。

まず、婚姻制限しないと雑種化してしまうため、血統うんぬん、身分制度を考えて、
家柄を選りすぐって、結婚(ペアリング)させる必要がある。
さらに、人間の王族のオスは、犬猫の品種改良よりも過酷な、
一騎打ちの戦争によって、積極的に淘汰されるシステムを採っていた。
人間の王族のメスは、美女を集めた後宮(ハーレム)内で、
犬猫の品種改良よりも過酷な女同士の闘いをして、取捨選択されるシステムになっていた。

ところが、いつの時代からか、行き過ぎた政略結婚の発想が災いして、システムの健全性が失われ、
品種改良や血統の安定化から逸脱したものになっていき、日本の上流階級は品種劣化状態の泥沼に陥ってしまった。
スウェーデン国王のカール16世グスタフは、自分の名前すら満足に書くことができない、
深刻なディスレクシアという学習障害を負っていたとされ、これは遺伝的なものと考えられている。
大正天皇の遠眼鏡事件は、ヨーロッパの王家の問題を対岸の火事と言っていられない、国民の不安を煽るものだったらしい。

つまり、又従兄弟婚システムなどの慣習を今も守る一族などの例外を除いて、
人類は犬猫の品種改良は正しく行えても、人間の品種改良を正しく行えず、失敗してしまったわけだ。
今では、古い王家の血筋を尊ぶことに、ほとんど意味がなくなってしまっている。

馬子にも衣装以下の、困った状況が生じているのは、以上のような理由からだと思われる。

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 11:53:48.27
>>136
いや、斎王の話題は関係無くて、
もっと上のほうで話題が出た、
奈良の東大寺に飾ってあった礼服が見たいのかと思って載せただけだよ。
「正常な思考やコミュニケーションができない人間」なんて言われるとは思わなかった。

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 16:27:29.46
御神服と礼服って、もしかして、同じ物を指す言葉なのか?
アリエナイよな?

皇室が伊勢神宮に男性用の神服を奉納した記録があるため、
天照大神は男神だと唱えている人もいるが、
天皇の礼服と同じものなのか?

ググってもなかなか神服の画像は出てこないな。

143 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 16:59:03.58
御神服と礼服が違うのなんて分かってるよ。
でも私は、もしかして東大寺に飾ってあったやつの事を言ってるのかなって思ったんで、
「聖武天皇と光明皇后の礼服のこと?」って一応質問してるじゃないか。
なんでそんなに食ってかかられなくちゃいけないんだ。

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 17:03:29.38
>>142
天照大御神の男性用の服は今も伊勢神宮に奉納してるよ。
テレビで見た。
新しい服を奉納したら以前の古い服は、伊勢の博物館に展示してあるはず。
服のデザインはなんか豪華な服だった。袍とは違う。
セットで剣や沓もあってやはり男サイズだそうな。
朱鷺の羽も剣の飾りだか、どこかのパーツに使われていると説明があった。

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 18:22:30.08
>>138
よくわからんけどつまり、腐れ武家出身のすず○もエタヒニンのま○も商人の一○さんも装束似合わなくて当然という事ですか?

146 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 18:26:02.81
>服のデザインはなんか豪華な服だった。袍とは違う。
それなら見たことがある。

天照大御神が天安川でスサノオと対峙したとき、男装したと記紀にあるから、
男性用のものを調進するのだと思う。

ネット上に資料が見当たらないから、他の人にどんなものか説明出来なくて困ってる。


鶴岡八幡宮には神功皇后の神服とされているものが残っているが、
挿図と現存するものが一部一致しないらしい。
http://www.hachimangu.or.jp/about/precious/c01_04.html
しかも、平安時代末期のものが残っているという話なのだが・・・信じがたい。
常識的に考えて、その年代のものは朽ちてしまって、残っているはずがない。


>セットで剣や沓もあってやはり男サイズだそうな
鶴岡八幡宮のサイトにこうあるね。
「これら御神服は、通常の衣服より大ぶりであるが、
 これは御祭神の御料であるからで、大体2割方大きく仕立てられている。」
男性サイズというより、2割方大きく仕立てるのが、習わしなのかもしれない。

もう少し自分でも調べてみるよ。

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 19:16:36.67
>>145 すず○と一○はわかるけど
ま○って誰?装束サイトの人?

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 20:32:44.79
葵祭の写真集でも後ろ姿しか撮してないのは顔がブスな人ばかりだからですか?

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/20(水) 21:41:12.56
そうです。ブスは犯罪

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/21(木) 00:35:51.36
>147 以前レリコのイベントを仕切ってたブスおばさん。サイトあるかは知らん。

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/21(木) 11:40:38.22
だったら>>149はすぐ豚箱にはいらないと

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/21(木) 15:31:07.87
神服ってほとんど情報がないんだが、
これまでの情報をまとめると

天照大御神に調進されるのは、袍とは異なる男性用。
神功皇后は、十二単タイプ(ただし現存しているものが本物か疑問アリ)
斎女が外出するときに着るものは、女性用の狩衣タイプ。

2割ほど大きく作られる。

どうやら、神服という特定のものがあるわけではないらしい。

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/22(金) 09:52:25.62
神道と言えば、太陽信仰の原点とも言うべき日拝の神事がある。
お正月に初日の出を拝む風習が残っているが、毎朝日の出を拝む日拝の神事を行うのが、太陽信仰。
朝日を拝んで丹田(太陽神経叢)を活性化させる健康法は、紫外線が少ない朝の時間帯の太陽を見るため、
目にも良い効果があると考える人が多い(北里研究所の照明の色温度の研究資料などを参照)ようだが、
ある社家では、朝日に対して長時間横を向くことを忌む慣習が伝わっていると聞いて興味を抱いた。

その理由を、当の社家の巫女で、某大学の理事をなさっている方に尋ねたところ、意外な答えが飛び出してきた。
「朝日を横から浴びると白目が黄色くなると言われているので、横向きの太陽光を遮蔽する紐を顔の両脇に垂らすのです」

斎王代の写真を見れば、たしかに顔の両脇に紐が垂れているが、横からの太陽光を遮蔽できる構造ではない。
頼みこんで、当の神社に伝わる正式な日拝の神事(非公開で撮影禁止)に参加させて頂いたが、
斎女の衣装は、横からの光が確実に遮られる形をしていた。
ということは、現在の葵祭の斎王代の衣装は、明らかに何か所も間違った構造をしている可能性がある。

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/22(金) 09:55:12.41
初日の出を拝むとき、
「朝日を横から浴びると白目が黄色くなる」ため避けるべきだという話を、私はそれまで聞いたことなどなかった。
その社家にだけ伝わる、科学的根拠がない迷信なのだろうか?
今では某大学の理事を務めるまでになった、生命情報学畑の専門家という教養を備えた巫女が迷信を口にするとは思えず、
疑問を感じて3年ほど経過した後、その答えを、2011年04月06日に放送された、ためしてガッテンのなかで見つけた。

『その目薬では治らない 疲れ目乾き充血に涙目すべて一発解決!SP』
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110406.html
このなかの『怪奇!白目を襲うナゾの病』翼状片(よくじょうへん)の説明に注目したい。
横から当たった太陽光線が、眼球のレンズ効果によって、白目の一点に集中する角度があるのだ。
すると、太陽光線に含まれる紫外線の影響で、白目が変質して黄色くなり、やがて翼状片へと病変すると解説されている。
あの若い巫女さんが口になさったことは、やはり科学的に見ても根拠がある正しい情報だったのだ!

正しい日拝の神事用の斎女の衣装は、目に横から太陽光が射すことを嫌う慣習にしたがった、
豪華な飾り紐と飾り板が連なって、頭の両脇に垂らされたものだった。
したがって、明らかに見劣りする現在の葵祭の斎王代の衣裳は、平安末期の正しい形状のものが伝わっていないと思われる。

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/22(金) 19:06:38.11
鶴岡八幡宮の国宝の御神服が、社伝どおりの本物でないとなると、どう考えればいいんだ?
平安時代の衣装とされてきたほとんどのものは偽物なのか?

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/22(金) 19:25:01.20
正倉院宝物に奈良時代の衣服もボロボロだけど、伝わっているから保存状態が良かったら
平安時代の装束も残っているのかもね。
でも、平安時代の現存の装束なんて聞いたことないね。

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/22(金) 20:54:36.08
後白河法皇が鶴岡八幡宮に奉献したものは、建久2年の社殿消失によって失われた可能性が高い。
亀山上皇が蒙古襲来に際して、国家の安寧を祈願して調進したもの、という言い伝えもあるが、
当時の絹のタンパク質が経年変化で分解せずに残るには、かなりの好条件が必要になるため、疑問が残る。
正倉院は特別だな。
大永6年にも戦乱で社殿が焼失しているため、1526年以降に再生されたものと考えるのが妥当だろう。

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/22(金) 21:10:17.49
鶴岡八幡宮上宮本殿は文政4年(1821)の火災でも焼失していた。
こうなると、平安時代の衣裳が残っているとは期待できないな。

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 16:19:00.39
つまりアレだ。
大学の理事を務める生命情報学のエキスパートという御秀才の
本物の斎の巫女様が神事で着る由緒正しい正式なお召し物は、朝日を横から目に受けない正しい構造になっているが、
葵祭の斎王代に選ばれて、斎の巫女の代行を務める、しょせんは偽者の衣装は、
造りがデタラメの偽物だったことが判明した、ボロが出たってことだろ?

慢心してお高くとまった斎王代役の目つきが悪いと指摘されてたが、
正しく伝承されてきた本物と偽者の差が、着る者の品格だけでなく、衣装にまでしっかり現れてたとは、滑稽だな。
頭の飾り一つ取っても、完全に理屈に合わない間違ったものになっているのなら、
今の斎王代の衣装は、神道の伝統的なシキタリにあちこち違反した、間違いだらけの代物じゃないのか?
あれが由緒正しい本物の平安装束と信じてたら、大間違いってことだよな?
それを関係者一同今まで本物と信じてきたんだから、困ったもんだ。

白目が黄色く濁ってるようでは、確かによくない。指摘されてみればごもっともだ。
大切な神事を担当する女性は、濁りのない白くて美しい澄んだ目をしていないとな。
間違った神事を継承してきた、目玉が濁った巫女なんてイラナイ。

今後は由緒正しい社家の本物の斎女様に斎王代を務めてもらったほうが、ずっとマシかもしれないな。
おっと、本物の巫女様に”代”なんて余計なものが付く役目をさせるのは、かえって失礼か。
しょせんは偽者を使った、形骸化したお祭りにすぎないようだな。

なんかさ、今までずっと信じて騙され続けてきたようで腹が立って、棘のある書き方になってスマソ。

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 17:03:50.95
長文うざ

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 17:46:26.74
うん。
っていうかさ、もうこの際書いちゃうけど
巫女の豪華なのは飾り紐。
斎王のは日蔭糸。
しかもちゃんと2本を前、1本を後ろに垂らしているから、よく出来てるほうだと思うけど。
ていうか、ちゃんと合ってるよ。
それから日蔭糸は江戸時代にできたものだからね。
平安末期の伝統がうんたらかんたらって言ってることめちゃくちゃ。
あと、鶴岡八幡宮の袿は鎌倉時代のもの。
かなり修復されて改変されてきたとはいえ、縫い方や裁ち方から考えて本物。
挿図と違うものがあるのは、修復する人が改変してしまったのだろう。
それから、少し大きく仕立てられているのは、大袿のように、贈り物だからだろう。昔の習慣。

162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 21:37:30.51
和歌山県立美術館で熊野速玉大社に伝わる袿が展示公開されてるけど、南北朝時代のものらしい。
あと能装束や舞楽の襲装束など和歌山の東照宮に伝わった装束など。

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 21:58:49.58
たれか装束が買えるサイトのリンク集つくってよ

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 22:00:27.92
袈裟って在家でも着せるんだ。。。

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 22:44:29.46
>>163
レリコ ttp://www.yusoku.com/index.html
しろくま ttp://store.shirokumado.net/
塩谷 ttp://www.kyoto-shioya.co.jp/top.html
雅房 ttp://www.gabow.net/
神栄 ttp://shin-ei.org/old/
福根 ttp://www.fukune.co.jp/
十二単とウンコ ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~kanou/
十二単と袿 ttp://rosa.millionwaves.com/
京都神具製作 ttp://www.interq.or.jp/japan/k-s-s/index.html
みす卸 ttp://www.kamidana.co.jp/index.html
橘屋 ttp://www1.cts.ne.jp/~tatibana/
神社のはかま ttp://www.geocities.jp/hakama_saitengu/index.html
酒谷 ttp://shinguya.com/index.html

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 22:58:51.08
ウンコっておまえ。。。ウコンじゃまいか

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/23(土) 23:04:14.62
>>159
あんなもん、本物と思って信じてたおまいが滑稽なだけだ

168 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/24(日) 16:28:21.05
冷泉家の人らが着たはる装束はどこの装束店が作らはったものやろか?

169 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 07:00:11.23
>>161
>ていうか、ちゃんと合ってるよ。

そうかな? 斎王の衣裳は、明らかに間違ってる可能性がないか?

>巫女の豪華なのは飾り紐
>斎王のは日蔭糸。

いや、こういった組み紐状の、頭から垂らす飾りは「日蔭糸」で、名称は一致している。

問題は、斎王の衣装に使われているものが、なぜ、あんな細い形状なのに「日蔭糸」と呼ばれているか、だよ。
顔の両側や後ろに垂らした組み紐で、本当に「日陰」にできるのか、おおいに疑問だ。
http://www.kariginu.jp/uneme_2.JPG
顔の両横に垂らしておきながら日陰に出来る、という発想のなかに答があると感じる。

>>154
>白目が変質して黄色くなり、翼状片へと病変する
ような、朝日の太陽光線に含まれる紫外線を、横から目に受けないように垂らす糸だから、
「日陰糸」と名付けられていると考えるのが妥当だろう。

今の斎王の衣装に用いられている細い組み紐では、名ばかりで実用性がほとんど期待できない。
つまり、日蔭糸は本来はもっと太くて、斎女の衣装のような太い飾り紐だったのだが、
江戸時代に誰かが勘違いして、「日陰糸」を今の意味がない形骸化したものに改変してしまったんじゃないのか?

日陰糸という言葉は、朝日を横から目に浴びることで、神事を担当する女性の白目が紫外線で黄変するのを嫌う、
日拝時の、神道の古い伝統的なタブーを引き継いだものだが、
現在の斎王の衣装の日陰糸の形状は、江戸時代にそのタブーの本当の意味を知らない無知な誰かが、
間違った形で再現してしまった、神道の古い伝統を引き継いでない代物、という結論になりそうな流れだな。
他に情報があったら教えてほしい。

170 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 07:03:37.83
>>161
>平安末期の伝統がうんたらかんたらって言ってることめちゃくちゃ。

江戸時代の改変を経た装束を、正しい平安装束と認識している、現代人の伝統意識が滅茶苦茶なのは確かだ。
伝統があるお祭りで使われている衣裳も、本当に正しい姿を伝えているか
疑ってかかる必要があると再認識すべきだな。

いい勉強になったよ。

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 11:48:48.53
えっ?

172 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 12:05:08.09
雀さんって何歳くらい?
ブログに旦那が25歳とあるが、ご本人はそんなに若くないだろう??

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 12:51:40.99
雀さんは30歳くらいじゃないかな。ご主人とは結構年齢差あったと思う。

174 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 15:12:13.77
>>173
そうなんだ。
ブログに喪女板で知り合った喪女に男子校生のフリして
メールのやりとりした後逃げたってあってドン引きしてしまった…
鬼女が喪女からかって、よほど暇な人なんだね…

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 15:57:57.09
雀の性格の悪さはブログの隅々に滲み出てるからね。
子供生まれて今後更に鬼女化すると思われ。ママ友()いじめとか。

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 16:13:30.64
>>161
>あと、鶴岡八幡宮の袿は鎌倉時代のもの。
>かなり修復されて改変されてきたとはいえ、縫い方や裁ち方から考えて本物。

どうして本物って結論になるの?
後白河法皇が鶴岡八幡宮に奉献した神功皇后のお召し物ではなく、鎌倉時代の物なんだから、
本物の平安時代の装束ではなく、偽物だろう?

後世作られた偽物とほぼ確定しているものを、本物の平安装束と断言したら、嘘八百と受け取られてアウトだよ。
もちろん、「推定鎌倉時代の作です。国宝クラスの出来栄えの貴重な品です。」という解説ならセーフ。

本物・偽物という表現は、注意して使わないと、誤解を招いて思わぬトラブルの元になる。

鎌倉時代の物なら、
「亀山上皇が蒙古襲来に際して、国家の安寧を祈願して調進したもの」の可能性は残ってるわけだな。

177 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 16:17:23.23
>>161
>挿図と違うものがあるのは、修復する人が改変してしまったのだろう。

改変を経ていない平安装束は現存しないってことだな。
学者の間ではこれは常識なんだろうが、
知らずに本物だと喜んで見ている人々を失望させることになりかねない。

「日蔭糸」が、じつは日拝時の、横から目に受ける朝日に含まれる紫外線を遮って、白目の黄変を防ぐアイテム、
ということを知らずに、修復・再現された、間違った形状になっている事実が意味するところは大きい。

修復・再現する職人が、神道の世界の伝統的なタブーなどを十分心得ていないと、
装束の形がなぜそうなっているのか理解しないまま、デタラメな改変をやって、
神道のタブーに触れるような、間違った形状の偽物に作り変えてしまうこともある、といういい証左だろう。

葵祭の斎王の衣装が、神道のタブーを幾つも犯しているデタラメな代物、という指摘は、
伝統的な平安装束を守り伝えてきたと自負している人々の間では、かなり痛い話しだと思う。
あの衣裳すらダメだとすると、自分達が作っている偽物は、どこまで神道界のタブーを無視した駄目な代物なのか、
という疑念を持つと、
平安装束を作る人々の手が止まって、今後作品が作れなくなる可能性もありそうだな。
気位が高い職人ほど、真実を知って受けるショックは大きいと思う。

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 16:39:11.32
斎王の装束で思い出したが、裏千家のお嬢さんの時の装束は、
お母様が宮家からお持ちになった物を着用されたと、
葵祭に携わった人に聞いたんだが。


179 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 17:08:17.96
>>178
例年と全く同じものでしたよ。唐衣、藻も同じだったよ。

180 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 18:30:31.69
某社家の斎女様にSecondLifeのKIRAJapan(キラ研究所の日本語圏ブランチグループ)繋がりでコンタクトして情報が得られた。

1.日陰糸は平安時代中期には登場して歌にも詠まれていて、スレにあるような江戸時代に出現したものではない。間違い。
2.ためしてガッテンの翼状片の発生原因に関する放送内容は、医学的見地から見て正しい。
3.古くは日陰蔓と呼ばれる、蔓性のシダを冠の両脇に垂らして陰を作って眼球を朝日の紫外線から保護していた。
4.のちに青や白の糸を組んで作られるようになり、日陰の糸と呼ばれるようになった。
5.耀姫や稚日女の神事では、太陽の巫女を表す装飾性が高い天冠を用いるため、
日陰の糸も装飾性が高められている。
6.平安時代末期に作られた天冠の日陰糸が、常設保存する目的で漆で固められた状態で紀州の廃坑跡の地下神庫に現存。
 硬くて着用不能ながら保存状態は良好。

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 20:04:40.47
平安装束と現代宮廷装束を混同している人が多いので困る

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 21:24:48.38
現代宮廷装束は、逃げの言い訳の一種だな。

京都は戦乱で焼け野が原になっているから、古い時代のものなどまともに残っていない。
そこで、現代版宮廷装束を設定して、格式を付けている。
ところが、その中身は、伝統的な神道の決まりごとを理解していない素人考えの、
タブーに触れる問題だらけの代物になってしまっている。

古い洋画に登場する日本家屋の床の間に、庭を掃く竹箒が立て掛けて飾ってあるのを見て、唖然とする人々がいる。
床の間に掃除用具を置いてはならない、というタブーが分からない西洋人が作った、デタラメな映画だと嘆く。
現代宮廷装束は、それと同じような勘違いの山になっているらしい。

平安装束 = 本物、現代宮廷装束 = 偽物、という構図があるのだが、
さらに、本物の現代宮廷装束と同じでは畏れ多いと考えて、気を利かせたつもりの職人が、
貸衣装用の現代宮廷装束を、故意に安っぽく仕立ててしまう傾向が認められる。

上で批判されていた貸衣装の問題は、
つまりは偽物の偽物だから、陳腐としか言いようがない印象を醸す結果になっているということ。

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/25(月) 22:41:14.60
>>182
偽物の偽物ということは、女の偽物のニューハーフの偽物ということか?
つまり何なんだ?

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 07:53:56.48
現代宮廷装束は、神道とは直接関係ないし
斎王代の衣装はその宮廷装束をそのまま持ってきたからおかしいかもしれんけど

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 10:15:24.05
天皇陛下の黄櫨染御袍を織ってるのは喜多川俵二氏。
斎王代の装束をデザインして織ってるのも喜多川俵二氏。(数年前、新調した時も父親がデザインしたのと同じままで新調した)

186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 10:44:28.98
応仁の乱などの戦乱によって京都は何度か焼け野が原になっているから、失われたものは多いだろう。

分かっている有名なものでは、五位以上の貴族の冠に用いる有文羅の技法がある。
戦乱の影響で失われたままでは、あまりにも格好がつかないため、
仕方なく無地の羅に刺繍を加えて代用してきた。

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 11:00:10.93
>184 現代宮廷装束は、神道とは直接関係ないし

おーい、現代宮廷装束は、実質宮廷祭祀用の衣装だろう?
天皇や宮内庁の役人達が普段執務中着ている衣裳だとでも主張したいのか?

左翼には、天皇と神道を分離する、トンデモ系の言説を広めたい輩がいるようだが、
このスレッドでそれを持ち出しても、誰も信じない。
今の宮中祭祀が神道と関係ない、皇室関係者はキリスト教徒が多いから、
といった理屈が通るかどうか、もう一度考えてみよう。

皇室の神道の指南役だった白川泊王家が、
宮内庁から追い出されて、無理やりお家断絶の形にされた(今もひっそりと存在する)からといって、
神道をお払い箱にした、とでも言いたいようだが、
皇室が行う神道の神事用の衣装は、最低限神道の伝統的なルールを守っていなければならない。

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 11:00:36.07
【クイズ・間違い探し】

神功皇后の御神服
http://sv21.wadax.ne.jp/~wadaphoto-jp/japan/images/ot79l.jpg

このなかで、神道界で長年タブー視されてきた、間違った箇所は幾つあるか?

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 12:07:23.26
>>188
こんなもん田舎の祭りの御神体の人形やないか。
こんなもん有職古実に則ってなくてもええのんや。

190 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 14:00:38.14
いやいや、田舎者ではないはずの有識者(ゆうそくしゃ)達が作り出した、有職古実と呼ばれている知識が、
じつは、神道界の多くのシキタリやタブーを無視した、非常識なものへと、変質してしまっている現状が、深刻視されている。

今では、有職古実 = 田舎者の知識 なのだから、
田舎の祭りの御神体の人形などと、侮ったことを言ってはいられない。

現代宮廷装束は有職古実や神道のタブーと関係ない、などと必死の屁理屈で逃げ回っているようだし、
すでに、伝統は廃れて終わっている、と考えたほうがいいのだろうか?

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 14:30:23.76
>>187

ただの奈良、平安コスプレ好きで神道の事は無知な者ですが、
今の天皇陛下の黄櫨染御袍は平安初期の嵯峨天皇の時代に
中国の皇帝にならって白から変わったらしいですがこの場合、
神道的にOKなんですか?

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 15:25:49.26
だいたい神道と言っても教祖もいないのだから教義もないので明治時代に新しく作られた教義に基づいてやっているのが今の神道。
装束が偽物とか言うなら、今の神道も偽物。

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 15:45:48.76
191だけど、レスした後に思ったが元々日本の宮廷装束は飛鳥、奈良時代に
唐の律令制を参考にして礼服、朝服が考案されて束帯、十二単になったから神道とは関係ないと思うな。
それでも、神に使える斎王のだけは特別なのかな?
三重県の斎宮歴史博物館に展示してある斎王のマネキンは、白の十二単を着てたね。

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 18:01:27.56
もう長文さんに構っちゃだめ

195 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 18:36:15.63
おいおい、神道に教祖がいないなどと、本当に信じているのか?
それこそ、正しい神道の歴史を知らない、トンデモ級の説だと思うぞ。

日本の神道は、八百万の神々を祭るものだから、神の数だけ信仰形態が存在する。
したがって、統一した教義や儀式や信仰の様式があるわけではない。
その意味では、装束に本物も偽物もなく、全てが信じる者の自由だという、一つの見方は存在する。
だからこそ仏教などとも柔軟に習合していった歴史がある。

ところが神道には、現在の形態に至るまでの、二千年以上にわたる歴史が存在し、ルーツが明らかになっている。
それは、卑弥呼の鬼道と呼ばれたものを、さらに源流まで辿っていった視点、
つまり、大陸のツングース系民族が生み出した、扶余・高句麗地域の道教の世界から受け継いだものだ。

日本の神道は皇室を中心に成り立っているが、その源流は、高句麗国の斎宮制度にある。
国を軍事的に束ねる兄王を、民心を宗教的に束ねる妹姫が、斎王として下支えする政教一致体制こそ、
ヤマト民族が信仰するオボ(祖霊と塚を信仰する)と太陽信仰が習合した、国家神道の原初的形態だ。
皇室の女性を斎王として頂点に頂いて成り立つ国家神道が、実質的に日本の神道界を一つに束ねてきた。
今から二千年以上前に、高句麗国の建国とともに、神宮を創建し斎宮制度を創成した、東明聖王の妹姫こそ、
現在の皇室神道の祖、宇佐神宮に祭られる姫大神、
後に、宗教改革を経て、天照大神(女神)として祭られるようになった存在だという事実を忘却していては、
日本の神道の本質を語ることは出来ない。

196 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 18:47:33.34
そうそう、直衣(のうし)と言えば思い出したが、京都の雛人形の老舗の丸平(まるへい)で腰帯が腹の前に出てる下品な直衣雛が売られていたのにはガッカリした。
現当主の七代目は直衣は腰帯が前に出てるのが当たり前と思っている。

七代目にもなると有職古実の勉強しないのかな?

197 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 18:52:26.10
神話上の日本の初代天皇である神武天皇は、八咫烏を旗印にしているが、これは高句麗国の王権のシンボルであり、
日本書紀に掲載された新しい時代の創作神話を用いても、
大陸から伝来した、オボ信仰や太陽信仰の文化を引き継ぐ流れを、誤魔化しようがない。

今日では半ば否定された観のある騎馬民族征服王朝説だが、
昭和の時代、皇室が格別の計らいを持って擁護していたのは、
日本書紀などに掲載されなかった、皇室のルーツに関する伝承が残されていて、
高天原の所在を、大陸の扶余・高句麗地域と認識していたからに他ならない。

万里の長城を築いた土木技術を日本に伝えて、巨大古墳の建造を可能にすることで、ヤマト王権を強化し、
また、現在の形態の神社を日本全国に建てていったのは、弓月の君に率いられて渡来した秦氏であり、
大陸から神宮と斎宮制度を日本にもたらして、皇祖として姫大神を宇佐神宮に祭って、
政教一致の統治体制の礎を築いていったのも彼等だということは、十分な状況証拠が揃っている。

もちろん、大陸から来た天津神を祭る人々は、日本に古くからいた国津神を祭る人々と協力(習合)して、
大和王権を築き、高句麗道教とはまた異なる、日本独特の神道の文化を作り上げることに成功している。

以上の歴史的経緯から、神道界を束ねる斎宮制度のシキタリやタブーを無視した、教義や儀式や信仰形態や装束は、
日本の神道の常識から逸脱した間違ったもの、という認識が生じることになる。
特に、伝統と格式を重んじるが宮中祭祀が、古いシキタリやタブーから逸脱すれば、その意味と価値を失いかねない。

葵祭は、桃太郎の昔話という、もう一つの姿でも、日本人の精神文化として語り継がれて来た、
高句麗国の王統が誕生した伝説を再現し、ヤマト王権の正統性を証する祭であり、
宮中祭祀に匹敵する意味を持った、本来は皇室にとって疎かにできないものである。
したがって、宮中祭祀用の衣装と同等の作られ方をしている斎王代の衣装が、
あちこち理に適わないデタラメの状態のままでは困るのである。

198 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 19:12:21.39
つまり、斎王代は、ヤマト王権の祖、東明聖王の母親(桃太郎の昔話のお婆さん)の代役ということか。
高朱蒙の母親は、川の神の娘で、天の神の子を身に宿すのだから、葵祭の神事のシチュエーションや所作に対応する。
天から降りて川に移った神を、川から身に受けて建国の英雄をその身に宿す、
キリスト教でいえば処女懐胎する聖母に相当する役割を担っているのだから、疎かには出来ない存在だな。

二千年もの間伝承されてきた神事なら、時代とともに衣裳が変化するのは当然だと思う。
しかし、斎宮制度のシキタリやタブーに適うものになっていなければ、問題視されて当然だろう。

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/26(火) 23:59:18.97
疲れる。

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 00:07:40.64
韓国がルーツニダ

201 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 00:12:51.84
お遍路さんがしている格好の、白いコテ?ってどこで購入出来ますか?

お祭りで使用するので、探しています。

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 00:14:41.92
だったら、神道や斎王のタブーを一般人に分かりやすく教えてくれないかな?
おっと、自分で調べろという逃げはやめてね。
以前、風俗博物館に御帳台の事で質問メールを送ったら自分で調べてくださいて、
逃げのメールが来たけど一般人に自分で調べろて逃げとしか思えないな。
だって、平安装束とかの資料て一般人には殆ど手に入らないし情報量もしれてるんだよね。

203 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 09:40:13.07
>200
高句麗はツングース系で、朝鮮民族とは、民族も言語も墓制も宗教も異なるよ。
高句麗語のほうが、朝鮮語よりも日本語に近いという説すらある。
膠着語の音を漢字で表記したり、訓読みする方法は、
高句麗国から日本へと伝わって、日本語を大きく変えたという説のほうが、
古い時代から文明化していた朝鮮民族が、日本に漢字を伝えたという説よりも、
よほど説得力がある。

弓月の君に率いられて渡来した秦氏は、シルクロードの西から来た人々で、
半島は中継点にすぎず、日国が目的地だった。
日本の巨大古墳は、万里の長城などを築いた秦氏の土木技術によって実現している。
弓月国は、現在のキルギスタンあたりに存在する。
新羅はもとは秦韓と呼ばれ、秦氏の移動によってその地域に住む人々が文明化されて興った国。
朝鮮民族が、日本にさまざま文明を伝えたなどという戯言は、幻想に満ちた空論。

204 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 09:44:33.14
>202
調べるもなにも、
神道の重要な神事のほとんどが、非公開が原則とされているから、隠蔽されていて分からない。
このスレで話題にされてきた葵祭も、一番重要な神事は非公開とされ、知ることができない。

白川伯王家が伝承している皇室神道のどこまでが一般に知られているだろうか?
明らかにされてこなかったから、衣裳の補修・再生がデタラメになって、
専門知識を持っている優秀なはずの職人達が、頭を抱える状況に至っているのが現実だろう?

205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 09:46:18.02
皇室に伝わる武術なども、一般にはほとんど知られていない。

明治天皇が相撲を取ったとき、いきなり相手に殴りかかったことが知られている。
おそらく皇室に伝来する古武術は、現代の相撲にはない当て身の技を含むと考えられる。
しかし、その実態は一切不明のままだ。
合気道のルーツは、古事記に記された手乞いにあり、
ある社家の道場には、現代の合気道とは異なる、
機先を制して先手必勝で勝つ、殴る蹴る当て身の技を含む体系が伝承されている。

御式内の作法の一部とも言われている、
刀を抜くことが許されない殿中で、素手で狼藉者を取り押さえる古武術が伝承されてきた以上、
それらの技を用いるのに支障のない構造を備えた装束が必要なのは明らかだ。
ところが、衣装を補修・復元してきた職人達の念頭には、そういった動きが一切存在しない。
ある社家が神服を復元するときに、
京都の若い職人達に、秘伝の古武術の陰陽の呼吸法を中心に伝授したという話を聞いて、
装束の何が問題視されているのか、やっと理解した。

平安時代の衣装がそのまま残っている例がほとんどない以上、
御式内の所作など知らない職人達のデタラメな補修によって、
現代宮廷装束がどういった不具合を抱えた状態になっているかは、
皇室に伝わる武術の伝承者以外は確認のしようがない。

大正天皇や昭和天皇が武術を用いたという話を聞かないので、
白川伯王家の一件でも分かるように、
天皇の武術の指南役の家も、宮中から駆逐され断絶に追い込まれている可能性がある。

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 10:18:02.45
だから長文さんには触れちゃだめって言ってるじゃん

あと、風俗博物館の館長にメール送ったって駄目だよ。
私も「分からん」って言われて終わりだった。
でもHPの掲示板で聞いたら学芸員さんが教えてくれるよ。

207 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 10:21:03.63
>>201
コテってなんぞ
ttp://www.ohenrosan.com/goods/index.html
これの中にある?

208 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/27(水) 10:30:28.03
あ、てっこうのことかな。
だったらはい
ttp://ippoippodo.shop-pro.jp/?pid=11107403


209 :201:2011/04/27(水) 13:05:43.53
>>207-208
有り難う御座います!探してみます。
スレチすみませんでした。
お祭り頑張ります!

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/28(木) 07:07:34.81
>206
自分達が提供してきた装束の知識がデタラメと指摘されて、
必死で逃げたい気持ちになる人々がいるのは分かるが、
正常な情報の伝達を妨げてはいけない。
臭いものに蓋で済ませていい問題ではない。

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/28(木) 07:10:35.94
長い皇室の歴史を通してみると、宮廷内にも戦乱の嵐が吹き荒れた時代があった。
そのため、安易に刀を振り回すことが許されない宮殿内で、
スマートかつ迅速に暴漢を取り押さえる技の体系として、御式内の作法が発達した。
明治維新以降、大東流合気柔術を経て、現代の合気道へと受け継がれていることは、
多少でも日本の武術の歴史をかじった者なら誰でも知っている。

では宮廷装束と御式内の作法がどのような関係にあったかというと、
研究した資料がほとんどない。
宮廷装束を着た者は天皇を警護できなかった、などと考えるのは無理がある。
とうぜんのことながら、本来は、
殿中で必要とされる作法や所作が支障なく行える形をしていなくてはならない。
ところが、現代宮廷装束は、さまざまな問題を抱えている。

トイレで扱いに困るような間違った構造の衣裳すら普通に存在している。

212 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/28(木) 07:31:32.17
合気道や手乞いといった言葉から、御式内を殿上人の男性の武術とイメージして、
男性の装束の不備にのみ視点を向ける人がいるようだが、
じつは、宮廷内で伝承されていた武術には、独特の武器を用いた女性用のものがある。
その一つが、領巾とお手玉を用いて、印地の技で遠距離から攻撃し、
微塵の技で、安全な離れた位置から暴漢を遠隔捕縛する技の体系だ。

領巾は「護身と装飾を兼ねたもの」とされてきたが、
これは、領巾が持つと信じられていた魔除けの効果ではなく、
暴漢から身を守る、女性用の護身術の存在を念頭に置いた認識だ。
女の子が幼い頃から、綾取りやお手玉で遊ぶ慣習は、護身術を習得する基礎訓練なのである。

当然のように、宮廷に出入りする女性や、神社で女性達が用いる衣裳は、
印地や微塵の技を用いても支障がない構造に仕立てられている必要がある。
ところが、これらの護身術を知らない現代の職人達には、
正しい構造を理解して、支障が生じない装束を作る能力がない。

剣舞を舞おうと思っても構造上問題があったり、
より複雑な微塵の技の所作に対応していないものも見受けられる。
領巾にお手玉を引っ掻けて振り回すと、自分の衣に絡まって、
暴漢を捕縛するより先に、自分で自分捕縛するような間違ったものまで見受けられる。

213 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/28(木) 15:17:40.56
剣舞や、御式内の所作、微塵の技への対応というと、
見た目の形だけ見ようとする職人が多いが、
じつは、縫製の仕方から、布質や重さの配分といったものも含まれる。

たとえば、敵が槍で突いてきたばあい、袖に絡めれば、動きを止めることができる。
そのまま袖を外せば、槍先に錘が付いた状態になり、敵の素早い連続攻撃を封じることができる。

こういったテクニックは洋服や唐服では不可能だが、大振りに仕立てられた平安装束ならば問題なく出来る。
ただし、必要に応じて袖が取れるように縫製されている必要がある。

214 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/28(木) 19:55:57.52
ID無いからってやりたい放題だな

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/28(木) 22:14:58.67
袖の大きな布を敵の頭から被せて、視界を奪ったうえで捕縛するといった技も伝承されている。
身を守る大切な機能がいろいろと備わっているのだが、
現代の装束はそういったもの全てを無視した、間違ったものになっている。
そのような実用性は、今の平和な日本で必要ないと考える人もいるだろうが、そうはいかない。

血糊が付いたナタを手に持って、血が付いた服装をした一団が、ある神社に初詣に訪れて騒ぎを起こしている。
類似した血飛沫流血系のコスプレ文化に関する参考画像
http://www.higurashi-movie.com/movix/
http://dol.dengeki.com/data/news/2007/2/15/image/16351_n20070215_03_higurashi_08.jpg

若者達の血飛沫流血系のコスプレファッションを、
戦友が祭られている神社を穢す冒涜行為と受け取った、元軍人のお年寄り達が、
そのような服装で、血の穢れを忌み嫌う神社に初詣すれば、礼拝所不敬罪(刑法)の適用を免れない、と叱ったところ、
襟首を掴んだり、血糊が付いたように見える玩具のナタで頭を叩くなど、狼藉を働いてしまったらしい。

米軍の包囲網を破って島を脱出するため、素手で何十人も敵兵を殺したことで有名な元軍人グループが、
本気になって憤りに任せて反撃すれば、コスプレの若者達は、数秒の間に皆殺しにされかねない、
鬼の形相の殺気が漂う一触即発の状況だったという。

元軍人グループの反撃の機先を制して事態の悪化を食い止めたのは、その場に居合わせた一人の巫女さんだった。
袖を外して当事者達の頭部を二枚の布で覆って視界を封じ、注連縄で巻いて身動きできない状態にしたらしい。
襟首を掴まれた老人の一人は、相手の若者の鼻を摘んで捻ってその動きを止めたため、
鼻から血が出る程度の流血沙汰になったらしいが、
死人が出るトラブルになる前にその場が鎮まったのは、袖が簡単に外せる正しい縫製の衣装を着ていたからとされている。

正しい巫女装束を着た御式内の作法を伝承する巫女は、
たった一人で、元帝国軍人の集団を圧倒できる強さを持っていることが分かる。
もちろん、洋服や、間違った仕立ての巫女装束では、このような適切な対応は期待できないだろう。

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/29(金) 06:39:16.70
長文さんの駄文、全く読まずにスルーしてるわw

京都ではこういう空気読めない知ったかぶり屋が一番嫌がられるのえ。

217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/29(金) 07:05:17.64
長いわりに意味不明だし、つまんね。
ブログにでも書いてろ。

218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/29(金) 08:33:32.33
神道や斎王のタブーが、一般人には知る事ができないんだったら一般人相手のこのスレで
言っても意味がないんじゃないかな。
そういう事は、賀茂神社の神主や装束店に言えば。

219 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/29(金) 15:58:28.44
神社の神主に相手にされるような身分やないやろw

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 00:10:37.36
誰からも相手にされんから
ここに住み着いたんじゃね

「おお、ここじゃここじゃ」的な

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 11:58:54.66
世の中には、相手にされていなくても気がつかない人間もいるし、
うまく脳をスルー状態にして気がつかせない人間もいるからなぁ。

222 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 13:04:54.54
僻み根性丸出しで、自分は知識がないと自慢げに吐露する、心得違いした人物が現れたようだが、
ここは情報交換の場だから、他人に対して、持っている知識を提供すべきではない、などという、
掲示板の開設趣旨と正反対の逆言説が、まかり通ることはない。

「空気を読め」と斬り込んだつもりだろうが、おかしな空気を作って醸しているのは、どちらだ?

まともな情報を持っていない人間が、コンプレックスを解消する利己的な目的で書き殴って、
空気をおかしくして、情報交換を妨げる行為は、荒らしと考えていいよな?

非行に協力する者が大勢湧いたように見えるが、僻みややっかみに同調する応援者などいるわけがない。

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 13:06:44.28
ひな人形のようにまったく動かないならば別だが、人が着る衣裳は必要な所作ができるように作る必要がある。
それが出来てない現状はアウトという、至極当然の情報に対して、
反発があり、情報の流通を妨げる動きがみられ、そのため問題を抱えた現状が維持されていることも見えてきた。

葵祭の主催側や、装束を作る職人たちが、
じつは正しい装束とはなにか理解できていない素人集団だという認識を、多くの一般人が持つことを嫌って、
「空気を読め」と自分達のエゴを押し付けてきているようだが、
事実を隠蔽して人々を欺く行為が歓迎されるかどうか、考え直したほうがいい。

この場は情報交換を目的として存在している。
正しい情報を隠蔽して人を欺く行為をする側のほうが、忌み嫌われる立場にあることを忘れてはいけない。
これは、空気を読むうんぬん以前に理解しておくべき事柄だ。

224 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 13:08:13.51
ネット上に、皇室に伝わる武術と宮廷装束の関係や、皇室神道と宮廷装束の関係に言及した情報がほとんどない。
その理由は、
明治維新のとき、天皇の神道や武術の指南役とされる家々が、旧勢力の邪魔者と感じた薩長土肥の勢力が、
宮中から追い出して、形ばかりのお家断絶へと追い込んだ結果、今伝承が潰えた状況にあるからだ。

明治天皇の代までで潰えてしまい、今は間違った状態にある皇室神道の問題点を指摘されて、
してもらっては困る、面白くない話になっていると感じる人々がいるのは分かるが、
臭いものに蓋で済ませていいわけがない。
今のうちに発掘しておかないと、時代を経れば、ますます発掘しにくくなっていくだけだからだ。

このスレッドにあまり書き込みがないのは、現実の装束の世界に変化がないからだという指摘が上であったが、
臭いものに蓋をして人々を欺いて、改善へと向かわないように頑張っているのが現状で、
実際には、見直すべき点がたくさん残っていることが分かる。

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 13:11:37.97
>218
非常に理解力が低い、世の中の仕組みが分かっていない人物がいるようだが、

賀茂神社や装束店に出向いて行って、
「お家断絶に追い込まれた、皇室神道の指南役の白川伯王家や、皇室武術の指南役だった某家を復活させるべき」
と主張して、いったい何が変わると思う?

なんの権限もない彼等に向かって、いきなりそんな筋違いの話を突きつけても、先方は当惑するだけで、無駄だ。
専門家のはずの人々が、すでに素人と成り果てていて、彼等だけでは解決できないのだから、
現状の問題点を多くの人々が理解して、一般認識の側から変えて、力を合わせて改善していく必要がある。

自分は頭が良く、相手は悪い人間と決めつけて、良識があるつもりで書き込んでいるのだろうが、
そういう慢心した状態の人間ほど、じつは社会の仕組みや物事の本質が見えておらず、
見当違いの稚拙な勘違いを言い広めて、人々を惑わして、改善を妨げる障害物になっていることが多い。

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 15:00:44.51
皇室神道の存在を知らず、
「宮廷装束と神道は関係ない」と言い切る非常識なコメントを付けた、困った知ったかぶりさんがいたほどだから、
賀茂神社の神主達が神道界で常識とされていた多くのタブーを失伝しているから、葵祭の装束が非常識なものに変質している、
などと、専門家達を上から目線で素人集団と決めつけて批判するような、高尚な話をしても通じないのも当たり前だろう。

ここはひとつ、もっと簡単な話をしよう。

現代人は、西洋式の歩き方や椅子に座る動きが身についている。
明治維新の頃、日本人は長時間椅子に座っていられなかった、という話を聞いても、理解できない人が多い。
その認識レベルで、古い伝統的な装束を作ったり、着て歩こうとすると、さまざまな問題が生じてくる。

昔の日本人は西洋式の歩き方などしていなかった。
理由は、着物が引きつり引っ張りになって、短期間で布が傷んでしまうからだ。
右手と右足を同時に前に出す動きを、猿歩きと言って嘲笑する人々がいるが、
じつは、あの歩き方は、剣道をはじめとして、武術の世界では常識的な足運びとされている。
腰を捻らず、体を傷めない歩き方でもあるので、なんばあるき、というキーワードで近年見直される動きも出てきている。

昔の日本人は、着物の裾を傷めないように、古武術の作法に従った、正しい歩き方をしていた。
では、古い装束を着るときに、このような古い作法を守っている人がどの程度いるだろうか。

神事を行う全員が、装束や体を痛める、間違った所作をしているケースすら、しばしば見受けられる。
とうぜん、そんな素人集団に、貴重な古い時代の本物の装束を着せて、
神事の席で見苦しい振る舞いをさせるわけにはいかない。
原則非公開となっている神事への参加を断られる理由が、明らかにされないケースも多いが、
じつは、歩き方や立ち居振る舞いの一つ一つが問題視されて、眉をひそめられている場合が少なくない。

227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 15:25:35.04
あーあ。
またブックマーク解除か

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 15:29:51.98
言ってる事が50字以内にまとまるはずなのに、
ムダな長文にする特徴は着物サイトにでてくる「朝路真行」みたいだな。


229 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 15:38:29.47
本気で知っている事を伝えたいって言うんなら、
ちゃんと個人のブログでやったら?
参考の画像や動画、その他の資料を添えてさ。

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/30(土) 15:40:04.18
長文さんに質問?

散々、長文書いてるけどソースは?
なんで、一般人が知る事のできない神道のタブーを知っているの?

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/01(日) 13:09:47.98
>「空気を読め」と斬り込んだつもりだろうが、おかしな空気を作って醸しているのは、どちらだ?

それは勝手に誰かさんが強制的に作った空気w

高邁な思想を持って知識を広めたいのなら、ブログでもされたら如何ですかね?
せっかくのご高説も、スレッドが終了したら過去スレになったら、誰でも無条件では読めない状態になりますぜw
ブログなら、アクセス解析で訪問者数や検索キーワードも解って有意義。

232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/01(日) 13:59:34.72
ところで、>>191の質問の答えはまだ?

それと、>>218は、そんなに今の装束が神道のタブーを犯しまくっていると長文を書くから
賀茂神社の神主や装束店に神道にそった装束を作ってくれる様に言ったらて意味で言ったのに、
どこをどうしたら>>225みたいな考えになるの?
自分に都合の悪い事をすり替えてない?
実際問題、このスレの住人が装束を作っている訳ではないんだし、そういうことは装束店に
言わないと改善されないてなぜ気づかないの?
当事者たる装束店に言わないなんてそれこそ臭い物に蓋だよ。

それから、今の装束は奈良時代、平安時代初期の朝服をもとに束帯、十二単になったけど、
元となった朝服は中国風で神道の要素無いんだけど。



233 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/02(月) 08:08:26.32
そろそろ、他の話題をしようか。

今、ゴールデンウィークで奈良のイベントで天平コスプレをしてるけど、
通年で天平コスプレができるところて他にないかな?
自分の知る限りでは、大阪歴史博物館で第一土曜と第三土曜にできるぐらいかな。
自分は、男だけど男物は六位の文官朝服だった。
素材は、ともかく中々本格的だったけど六位だから濃い緑に、無地だから地味なんだよね。

234 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/02(月) 12:57:16.34
時代衣装おかむらで女物はできるけど
男物はあまり聞かないね

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/02(月) 23:18:41.38
1972年(昭和47年)の大河ドラマ『新・平家物語』を見たが、今の大河ドラマのほうが装束の文様も色合いもいいね。

236 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/02(月) 23:28:05.92
来年の清盛、義経の時の使い回しじゃないと良いけど。
衣装の使い回し、わりと多いらしいよ。
身分に合わない衣装は仕方ないとしても、使い回しはちと悲しい。
今年の大河は、金襴ではない小袖などは洋服生地だった…

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/02(月) 23:46:29.23
江は、公家装束は衣冠で済まされる事が多いのに、秀吉の束帯姿は以外だった。

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/03(火) 14:22:35.78
来年の清盛のほうが衣冠束帯、十二単などがたくさん出てきそうだな。

来年に期待!

239 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/03(火) 21:05:03.41
舞楽の童舞の装束を持っているところは良いですね。

うちの胡蝶の装束なんて袍は刺繍じゃなくてアップリケだし、羽根は胡粉の絵の具で描かれたものじゃなくてプリントカラーのシールを貼っただけの安物。

子供の装束って高いんですよね。
刺繍も1つ入れてもらうだけで5万円もするし、糸鞋も値段高いしね。

240 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/03(火) 22:06:49.81
来年の大河ドラマ、清盛の時代だから、男物は普段着は狩衣で宮中は衣冠や冠直衣にしてほしいな。
束帯は、儀礼の時に出してほしいね。
でも、冠て紐で留めるのばかりでこうがいで留めるのて、映画ぐらいなんだよね。
女物も十二単や小袿にしてほしいね。

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/05(木) 07:15:33.46
>>225
自分は頭が良く、相手は悪い人間と決めつけて、良識があるつもりで書き込んでいるのだろうが、
そういう慢心した状態の人間ほど、じつは社会の仕組みや物事の本質が見えておらず、
見当違いの稚拙な勘違いを言い広めて、人々を惑わして、改善を妨げる障害物になっていることが多い。



自分だけはちがうですね、わかりますw

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/05(木) 19:26:08.34
先日京都に行ったときにたまたまここに寄ったら、
ttp://www.miyakomesse.jp/fureaika/floor/perm.html
神職二級上の衣冠と巫女装束が展示されてた。いいな、衣冠。写真禁止が残念。

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/05(木) 19:58:33.40
二級の衣冠ていう事は、蘇芳色だったの?
衣冠は、着た事ないな。

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/05(木) 20:13:08.10
>>242
あの衣冠、10年くらいずっとみやこメッセに飾られているよね。
展示替えすればいいのに。

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/05(木) 20:17:53.48
え、以前に都メッセ行った時には、時代祭の藤原時代の束帯が展示してあったけど。

246 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/06(金) 20:05:13.94
すずめブログってこれ?

http://ameblo.jp/shiroki-kazahana/

247 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/06(金) 20:12:50.80
緋袍だけど、濃淡をつけて二級上と二級の袍の色を変えてる神社もあるね。

248 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/06(金) 20:29:14.35
神社の拝殿、神域、至聖所に参入、拝礼するときに「小忌衣」を着用されている御仁はおいでかな?
因みに、斉王代が羽織っていたのが正式(古式)。

249 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/06(金) 20:42:16.66
>246雀はそんなに不細工ではない。


250 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/06(金) 20:59:11.29
>>248いつも神詣での際は御引直衣で参拝しています

251 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/07(土) 08:31:37.64
>>246
あらら、どうしてこう、残念な人に限って自信満々に顔出ししはるんやろねぇ。


252 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/07(土) 11:48:42.89
客観的な感想。
かなり小太りで気が強そうな人だね。
典型的なオタクな人にみえる。

253 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/07(土) 20:56:13.38
一回さんを筆頭に装束好きは肥満が多い

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/08(日) 06:29:01.01
雀はもうええ

255 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/08(日) 08:54:38.00
今年の斎王代はまだ人間の顔してるな。

256 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/10(火) 18:24:47.90
二年前だったっけ?ひどかったの。

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/10(火) 22:37:47.80
ちょっと鏡みてみ

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/12(木) 13:10:05.32
裏千家の娘はひどかった

259 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/13(金) 23:15:25.68
あさってですなぁ

260 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/14(土) 19:32:26.44
これまででもっとも美しい斎王代ってどなたかね。
京都新聞葵祭特集の、歴代斎王代記者会見の記事が掲載されているが、
和服を着て髪の毛アップの姿は、髪型や化粧も時代を反映していてなかなか面白い。

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/14(土) 19:47:11.05
明日、葵祭りに参役して来ます。

明日は暑くて日焼けしそうですが、頑張ります。

262 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 07:30:47.95
がんがれ

263 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 14:59:54.58
賀茂雷別皇大神宮。
加茂御祖皇大神宮。

264 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 18:06:30.23
やっと葵祭り終わりました。疲れた!

265 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 19:24:12.45
金かかるねんなあ。

【京都】明日15日は葵祭 行列1回の運営費は2900万円
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1305377940/

266 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 19:30:49.46
ブサイクな顔w
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2011051501000243.jpg

267 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 19:53:45.78
白粉を塗りたくると現代的(西洋的)美意識からは程遠いどなたもブサイクになります。


268 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 19:59:01.16
上賀茂神社の主祭神さまは、一説に真南の三輪山の神様と御同体とか。

三輪山の神様は伊勢の大御神さまと御同体とも。
ということは・・・
m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mパンパンパンパン、パンパンパンパン m(_ _)m

269 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 20:52:08.43
>>267
舞妓はキレイに白粉塗らはるえ

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 21:13:32.94
えらい男顔だなぁ。
容姿よりもゼニでの選考とは聞くが…

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 21:19:11.97
>>270
金出せるか、出せないかに決まってるじゃんw

恐ろしいほど金かかるのに

272 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/15(日) 21:44:45.56
レリコの安物の装束で歩くのんとはちゃいますのやで、葵祭。
金かかって当たり前や。

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/16(月) 00:13:44.67
カネかかるくらい皆解っとる。
金持ちに限って、不思議なほど微妙な見た目の人が多いのが悲しい所…


274 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/16(月) 05:40:19.47
普通の時の写真だどそこまで不細工じゃなかったのに・・・
白塗りって不思議。

275 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/16(月) 07:21:17.60
>>268
三輪の神さんは大国主命さんやろ

276 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/16(月) 07:25:12.84
>>265のスレにあった


                          鞍馬寺-鞍馬
                                  │
                     ★国際会館  宝ヶ池―八瀬-比叡山
至 福知山             └←┼←←★│
┃          ┌北野白梅町  │    ↑出町柳
┗━━━━━┿━━┓      │御所↑│      /大\
  嵐山―帷子ノ辻   ┃      │  └┘│
  │        │    ┃      │      │
  │  太秦天神川―二条―烏丸御池―三条京阪┐
  │        │    ┃      │      │      │
  桂――――西院―╂―四条烏丸―四条河原町│
  │              ┃      │      │      │
  │┏━━━━━━┻━━京都━┳━┿━━━山科━
  │┃                  ││  ┗東福寺    │└―

277 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/19(木) 14:34:34.69
舞楽の装束でも安物は刺繍ではなく、アップリケだったりテカテカ光ってるな。
太刀も安物は五月人形の鎧兜の刀だったりする。

278 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/21(土) 00:31:53.22
「PEN」と言う雑誌の6月号に高田装束店の当主が十二単の裳を繕ってる写真が載っているが、
デザインの悪い絵が描かれてるなあ。
松の絵なんか幹や枝まで緑色で描かれてるし、出来の悪い裳だ。

279 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/21(土) 23:25:02.78
高田さん、昔から薄かったけどまた薄なってるな

280 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/22(日) 09:56:19.30
じゃあ、黒田装束店はどうなんだろ?

281 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/22(日) 23:59:02.69
美しいキモノに、皇族の装束や着物姿の特集ページがあって懐かしかった。
ヒゲ殿下ご夫妻のご成婚写真の装束姿、他皇族とはムードがなんか違う…
今更な質問かもしれないが、皇族の装束ってどこで誂えるのですかね?
宮内庁に専門の職員がいるとか?

282 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/23(月) 00:48:20.70
>>281

上記の高田装束店が、納めてるんじゃないの。
HPに宮内庁御用達て書いてあったと思う。



283 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/23(月) 21:34:11.37
>>278
高田じゃなくて黒田じゃねーか。

黒田は良いよ。
鼻が上向いてなくて良い人だし、
一般人にも売ってくれるし、
安く装束体験もしてる。
立ち読みして終わりにしようと思ってたけど、黒田だったから買ってきちゃった。

284 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/23(月) 21:52:31.59
偉そうにしてるのはどこ?

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/23(月) 22:01:10.01
>>284
高田はもちろんだけど
あとは木村もひどいってこのスレで見たような

286 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 02:12:56.87
自分、数年前に黒田装束店で束帯を着た。
近くの写真屋さんまで車で連れて行ってもらって、写真を撮ってもらったよ。

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 22:09:29.65
>>285
そうなんだ。
井筒は最近質が低下してるし、装束店もピンキリだね。

288 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 23:04:40.95
黒田装束店に体験に逝ったらスズメサイトのコピーがあったけどなんか繋がりあるの?

289 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/25(水) 09:33:47.05
>>288

他にも黒田装束店を紹介しているサイトがプリントアウトされてたし、関係ないんじゃないの。

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/26(木) 22:12:19.04
皇族や天皇家が装束を着ないから、もしくはテレビで放送されないから雀とかいうのの話題ばかりになるんだろうね。
せめて月に一回だけでも月次祭の模様を放送してもらえたら皇后様の装束などが分かるんだけどね。

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/30(月) 19:32:35.30
TBSの世紀のワイドショー、源氏物語の登場人物の装束は民放の番組にしては良い装束だな。

292 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/30(月) 20:08:42.27


293 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/04(土) 23:39:57.02
舞楽に使う襲装束(かさねしょうぞく)も刺繍の部分を中国に頼んだら、通常300万円する襲装束が100万円になった。

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/05(日) 00:06:49.28
そうして職人の食い扶持を奪って神宮の御神宝を作れるレベルの職人が減っていくわけだ
海外で作らせるのは真綿で首を絞めるように日本文化を破壊する愚かな行為だってのに


295 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/06(月) 00:11:35.12
生意気な京都の人間に儲けさせるのはイヤだな

296 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/06(月) 19:06:40.39
装束なんて京都が織り元だから京都人の言い値なんだよね。
そのくせ京都人は無愛想でぶっきら棒で客の悪口ばかり言うからムカつくんだよ。

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/09(木) 22:36:56.99
やれやれ

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/14(火) 16:48:48.11
江で、秀吉が白の直衣してたね。
唐冠を被ってたけど、唐冠を被ってるて秀吉だけだね。

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/14(火) 18:40:55.07
宮沢りえは装束を着てると外国人とのクォーターというのが目立つな。

300 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/16(木) 13:17:49.05
ttp://www.shimogamo-jinja.or.jp/pg228.html
下鴨神社の成人式、15000円で狩衣着て記念写真・祈祷・弁当付き。
貸衣装屋の振袖レンタル10万に比べはるかに良心的だね。

301 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/17(金) 11:40:49.90
>>300
ほう、こんなのがあるとは。自分の時にあったら間違いなく行ってるな。
指貫が無紋浅葱なのがちょっと残念。

京都の七五三のレンタル衣装屋で童形狩衣(半尻)があったので
自分の子供の七五三の時はこれで・・・と決めていたが、
未だ子供どころか結婚相手すらいない・・・。

302 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/17(金) 23:36:58.60
その動画。
ttp://www.youtube.com/watch?v=n9vwFAFMUjs

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/18(土) 00:04:07.25
生地の質が悪いなぁ

304 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/18(土) 07:24:27.56
>>302
いっぱいいるなあー。下鴨神社の狩衣のストックすげーな。

305 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/18(土) 11:07:23.80
狩衣姿の姉ちゃんて素敵だな。

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/18(土) 12:26:27.16
太平記での後藤久美子の装束姿は美しすぎた

307 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/18(土) 22:46:04.40
下鴨は新木が宮司になってから金儲けが上手になったなw

308 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/19(日) 16:27:52.02
>>306
思い出した、北畠顕家役か。
放映当時自分は小学生だったが以外と意識しなかった。
装束関連では後醍醐天皇の束帯の首のところの×がやたら気になったのを覚えてる。

309 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/20(月) 11:48:04.22
かっこいいな。
ttp://www.geocities.jp/yaji_kita843/niko-niko/sub2-41-kamakura-301.jpg

310 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/20(月) 12:43:22.31
原宿の明治神宮文化館で「十二単の世界」

7月3日まで。

311 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/21(火) 07:43:10.47
>>309
ほう、これはなかなか・・・袖をぬいでいるところもいい。
ただ白衣はおもいっきり弓道着だねw

312 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/21(火) 23:20:03.05
筒袖やね

313 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 00:04:22.61
元モー娘。の某が、篤姫が現代にタイムスリップして
No.1ホステスになるというトンデモ映画の記者会見で、篤姫役でなぜか装束姿で出ていた。
徳川家が実際に使っていた衣装という触れ込みだけど、
徳川家の家紋が入った袿、大垂髪に釵子でやたらと安っぽく見えて笑った。

314 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 00:20:15.84
>>313
見てみた。
本物なわけは無いよね、これ。
徳川家の資料から復元したってことかな?
にしても嘘っぽすぎるし…
雰囲気だけ復元?
ってか、袿一枚とかつらで15キロ以上もあるか?
んなあほな…

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 16:30:22.93
篤姫ナンバー1見てみた。
しょぼいよね。
それに、篤姫が袿着たりあんな髪型しないだろ。
和宮と混同してないか?

316 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 19:07:41.14
あの装束が本物かどうかはしらんが、御台所の盛儀での服制は
宮中と同じなのでおすべらかし袿でもおかしくはない。
そもそも篤姫は薩摩の姫ではなく近衛家の姫として輿入れだし。

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 19:20:03.50
>>316

盛儀の場合はともかく、普段からあんな格好してないだろ。

318 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 19:42:52.84
袿で大垂髪はともかく、釵子などの髪飾りって違和感あるね。
徳川家から宮妃にあがった方は、あの徳川家の家紋入りのをお召しになっていたけど、外から来た篤姫の場合は着たのかねぇ。

319 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 19:47:28.02
あの衣装の出所やしきたりに合う合わないよりも、着ているあの元アイドルが
全く似合ってなくてかえって下品に見えるのはどうしようもない所かな…
藤原紀香の結婚式のアレのインパクトに近いかな。

320 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 22:32:14.92
>>317
だから、その盛儀のときの装束ってことだったんじゃねーの?
婚礼の瞬間にタイムスリップしたとかいうシチュで。
婚礼のときの御台所の装束があれかどうかは知らんが。


321 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/25(土) 00:23:02.19
>>320

詳しいストーリーが分からないからな。

そんな事よりも、12月にやる源氏物語に期待。

322 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/25(土) 01:15:02.06
やれやれ

323 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/25(土) 12:30:31.80
源氏物語やるんですか。
松田聖子が空飛ぶやつは、装束見るよりも笑う為にしか観ない。


324 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/25(土) 15:00:30.17
wwwww

325 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/27(月) 12:13:31.61
昨日の江で、鶴松が子ども用の水干を着てたね。
で、朝鮮の使者の官服が韓ドラのと多少違ったね。

326 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/27(月) 16:16:40.84
大河は見てないがこういう朝鮮官服はかっこいいと思う。
ttp://blog.hama1.jp/usr/scemo3440/%E5%AE%98%E6%9C%8D.JPG

327 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/27(月) 16:22:36.37
↑大河のがこんな感じだったよ。

328 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/28(火) 02:57:24.91
江のと、イ・サンの官服は基本的には同じだったけど江のはバッタもんぽっかたね。

329 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/28(火) 09:45:41.45
学生時代に韓国で安物の官服(花婿衣装の上着)を買った。
普通はパジチョゴリの上に着るが、着物とのコラボを楽しんでいた。

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/04(月) 09:34:39.31
節電ということで団扇が売れてるらしいが、私は団扇より扇のほうが気高くていいので中啓の扇を使っています。

部屋には御簾を吊って出来るだけ涼しくなるように努めています。

331 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/04(月) 17:17:58.88
うちは夏は紗の几帳だな。

332 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/05(火) 23:27:02.98
長刀鉾の稚児の装束も新調されたけど、今年の稚児は天童よしみみたいな顔してるな。

333 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/05(火) 23:46:06.12
顔は天童よしみでもいいけど装束は小林幸子でお願いします

334 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/06(水) 00:29:39.17
山鉾巡行の当日は美川健一みたいな化粧して派手な装束着るけどね。

335 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/06(水) 10:24:57.99
訂正
美川健一じゃなくて美川憲一だったね。ゴメン。

336 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/06(水) 15:37:47.06
他人が名前を間違えるのは良いとして
問題は本人が性別を間違えていることである >美川憲一

337 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/08(金) 14:42:41.37
稚児は髪型も伝統の形にするんだよね。マコトちゃんみたいなw
確か、五位の位を与えられると、女人は触れては行けないからお母さんも近寄れなくなるんだっけ?

338 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/08(金) 17:06:22.35
五位の稚児「ママァ装束直してぇ〜っ!」(母親近寄る)
妙に事情通の外国人観光客「Oh, You're mother fucker!」


339 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/08(金) 17:17:22.56
女犯を訳するとそうなる?わけないか。

340 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/08(金) 20:36:03.06
祇園祭、綾傘鉾の稚児は狩衣で練り歩く

341 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/08(金) 22:06:25.67
綾傘の稚児の社参があったけど、装束の狩衣はヨレヨレで薄汚かったよ。
袴も安物丸出しだった。

342 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/11(月) 21:05:22.32
あんさんが奉納したげんさい

343 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/11(月) 22:49:46.03
偉そうで無愛想で根性悪い京都人なんかにびた一文出すのも嫌!

344 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/11(月) 23:05:43.40
>>342
他所の装束にケチつけるのが楽しみなんだから、なんでわざわざ買い与えてやらなきゃいけないの。
上等の装束着てるのなんか見ても面白く無い。

345 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/11(月) 23:57:15.49
都市伝説かも知れないが、宝塚のある娘役の話。
主役のポリエステル製ドレスと全く同じデザインのものを、シルクで仕立てた。
費用は1千万円とか。
そして「私これを持ち込みで着ますので主役下さい」と直談判。
見事主役の座を射止めたそうで、最前列の客の話では「衣擦れの音が他と違った」と言う。

いかがですか?超高級の装束持込みなら、あなたの子供が稚児に選ばれるかも知れませんよ。
年頃の娘がいれば、祇園祭の稚児どころか葵祭の斎王代も夢じゃありませんよ。
サマージャンボが当たるという前提で、強気で超高級装束を特注してみませんか?

346 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/12(火) 00:02:43.71
嫌です。

347 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/12(火) 03:06:36.53
面倒見が悪くてケチ付けるのが楽しみというのも、また大変に根性が宜しくない話で…

348 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/12(火) 08:25:59.79
>>347
それが京都人の性質というものです。

349 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/13(水) 11:29:31.14
今日は稚児社参でっせ
朝は長刀鉾稚児昼からは久世駒形稚児

350 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/15(金) 09:45:39.79
>>349
うp(ry

351 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/15(金) 14:20:48.32
祗園祭りの鷹山(たかやま)の御神体の三体の人形の装束はボロいままだな。
新調すればいいのに。

352 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 01:25:15.82
ねむい

353 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 01:49:20.00
くない

354 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 10:33:11.02
山鉾巡行のテレビ中継を見ているけど、綾傘鉾の稚児の装束はみすぼらしいわ。

355 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 10:44:38.29
白楽天山(はくらくてんやま)の御神体の白楽天の白色の袍の帯が外れてるわ。
カッコ悪いわ。

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 11:19:09.80
24日の後の祭りも花傘巡行みたいなショボいのはやめて昔どおり山鉾巡行にしてほしい。

357 :権宮司:2011/07/17(日) 11:32:38.62
八幡山のチマキ売りの女児たちがカワユイ。

358 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 13:15:52.57
太子山の聖徳太子は直衣着装

359 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 13:57:48.73
>>358
あれ、レリコかな?
なんかゴワゴワそうな風合いだった。
昨日の宵山の時も御神体の前の灯火に和ロウソク使わずに電球のロウソク使っていたし。

360 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 14:17:10.26
祇園祭・鈴鹿山の人形=瀬織津姫は、静午前をモデルにしてるんだけど、全裸にできるんだって。着付けてる装束を全部脱がしてスッポンポンにすると、ヲマンコまで精巧に作られてるんだって。

361 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 20:21:05.79
長刀鉾の稚児の注連縄切りも介添え役がヘタクソやったら一発で切れなくてやり直しになるんだよな。

362 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 14:37:01.97
山鉾巡行の後、夕方から神輿が出るんだけど神輿の先導役として宮本組の神宝を持った人達が白の狩衣姿で行列作って練り歩くんだよね。
狩衣の袖口も啄木の紐ではなく、安物の白い細い紐になってしまった。
水色の袴も安物の薄っぺらいヨレヨレの物になった。
神宝も以前は徳川秀忠が寄進した蒔絵の上等なヤナグイだったのに、今は布を貼り付けてあるだけの安物になってしまった。

まあ、祇園の商店街のオッサンらが着て歩く装束だから安物でも構わないのかもしれない。

363 :権宮司:2011/07/18(月) 19:26:04.07
八幡山で女児が吹いた鳩笛を買ってきた。

364 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/19(火) 01:24:34.13
>>362
馬に乗ったお稚児さんがいらっしゃったけどあれはいったい?

365 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/19(火) 09:43:35.89
久世の駒形の御稚児様でいらっしゃいます。
胸に馬の頭の彫り物を付けておられます。

366 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/19(火) 18:07:52.39
和歌の家として知られる冷泉布美子(94)さんが亡くなって神式の葬儀が行われたんだけど、
雅楽を吹いていた市ひめ神社の神主の飛騨O富は下品だな。
装束を着てるくせに儀式の最中に汗ばかりぬぐっている。こんな人間が京都の雅楽をやっているのは京都の恥である。まあ、女郎の神様を祀っているような神社の神主だから仕方ないか。

367 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/20(水) 00:53:07.65
>>365
久世の駒形の御稚児様ですか、ご教示いただきありがとうございます
ちょっと検索してみたら長刀鉾のお稚児さんとは比較にならないくらい大事な役をお持ちみたいで今まで知らなかったのが恥ずかしいです

> 胸に馬の頭の彫り物
紙垂で覆われた黒っぽいなにかを抱いておられましたが馬だったのですね
今度は八坂神社の拝殿を3周されるところを見てみたいと思います

368 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/20(水) 17:16:07.45
>>367
7月24日に還幸祭が行われます。
その時も駒形の御稚児さまが神輿を先導します。

駒形の御稚児さまは2人選ばれます。年下のほうは17日の神幸祭に、年上のほうは24日の還幸祭に奉仕します。

369 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/20(水) 20:08:08.13
目の肥えた俺たちが、流石!と膝を打つような装束を使って欲しいものだね
なまじ安物を見抜く眼力を備えてしまってるから、ガッカリする事の多いこと多いこと・・・

370 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/21(木) 02:23:57.22
久世駒形稚児を知らない人は多いよね。
祇園祭は宵山と山鉾巡行だけを指していると思っている人が大半だと思う。
祇園祭が終わりましたね〜とかブログに書いている人も結構多い。
還幸祭はこれからだというのに…


371 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/21(木) 07:50:12.07
京都人でも駒形稚児どころか還幸祭も知らない人は多いよ。
祇園祭りが1ヶ月続くお祭りだということを知らない人もいる。
灯台もと暗しと言うか、ガッカリさせられるけどね。

372 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/21(木) 14:58:43.34
後、馬長稚児モナー('∀`)

373 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/23(土) 12:41:03.68
東大阪市民美術センターに吉岡幸雄さんの装束の作品展を見に行ってきました。
光源氏が着たとされる紅梅の直衣や女三ノ宮の細長などが展示してありました。
今の装束と違って平安時代の装束の色合いは穏やかな感じでした。

374 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/25(月) 01:01:21.30
今日は(とは言ってもすでに昨日)祇園祭の還幸祭。
神輿のあとに緋袍の神官が馬に乗って続いていたが
外国人が「ワオ!」みたいな感じで喜んでしきりに写真撮ってた。

375 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/25(月) 05:11:33.16
いたいた

376 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/25(月) 17:05:32.02
お祭りといえば、北野天満宮のずいき祭で、宮司が黒袍で屋根のない馬車に乗り行列に加わっている。
皇室の行事みたいで珍しかった。
御者は黒いレトロなスーツに帽子だった。

377 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/25(月) 20:02:53.15
八坂神社は荒木装束店か?
北野天満宮はどこの装束店が出入りしてるか知らない。

378 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/25(月) 20:09:07.14
お聞きします

下よしこさんのテレビで移った法衣は、正式な僧侶のものですか?

379 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/25(月) 22:37:41.09
そのテレビを見ていないので法衣がどんなものだったかはしりませんが、
下ヨシ子さんが正式な僧侶でないことは知っています。
正式な僧侶でなくても、法衣屋にゆけば誰でも正式な僧侶の法衣は買えます。
各宗派大僧正のモノでもカネさえ出せば自由にコスプレできます。

380 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/25(月) 22:42:42.54
>>379

有難う御座います。
コスプレだったのですね。
お参りに来てくれるお坊様と同じような法衣と法事の時のが混ざったような格好だったので。


381 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/26(火) 00:19:19.01
下よし子って、保坂尚輝が弟子入りしたアヤシイ教団の教祖様やろ?
やっぱ真言系の装束を勝手に着てるのかな?

382 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/26(火) 13:03:04.61
占いや霊能系の人は、勝手に法衣など着ている場合が多いね。
昔、こんなんでました、ってセリフで占いしていたおばちゃんは
尼僧の格好してたけど、あの人は出家していたわけじゅないのかな。
自称陰陽師で黒い袍を着ていた人も、通販とかで買ったのかなw

383 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/26(火) 13:06:00.24
神社の神職でなければ装束店から黒袍が買えない、とでも思っているのかなw

384 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/26(火) 15:13:39.01
御布施として衣を納める場合もあるしね…
といっても本人の体に合わせて採寸するのが本来だから、反物と仕立て券ってのが一番いいんだけど

385 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/26(火) 19:25:02.55
実質、黄爐染と黄丹の袍以外は金さえ出せばかえるのかな?
さすがに、黄爐染と黄丹の袍はいくら金を積んでも買えないのかな?
気になるのが、以前に映画陰陽師を見た時に岸部一徳が天皇役で黄爐染の袍らしき束帯を着てたけど
あれって本当に黄爐染の袍なの?と疑問に思う。
見た目は、黄爐染の袍だったけど。
後、松田聖子の源氏物語でも物語上の天皇が黄爐染の袍らしき束帯を着てたのも気になる。
黄爐染の袍が絶対禁色というのは、宮内庁と装束店が勝手に言ってるの?とも思ってしまう。

386 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 02:15:53.18
近頃は人形屋に黄爐染の袍をつけた雛人形とか並んでるなあ

387 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 06:54:49.39
本来禁色の装束は当らない立場の者は披着を遠慮するのが戦前までの常識でした。
あっても歴史上の服装を紹介する本の図版でモデルが着るだけで、黄櫨染あたりは流石にモデルすら着用しないものでした。
所が戦後はすっかりその手の意識が薄れ、特に元から社会主義に被れた役者が多い演劇等ではあくまで舞台上の演技であって本当に天皇・皇族になりすましてる訳じゃねーよ!
という認識で役者が平気で披着してしまう様になり、また見る側も演技上着るのは当たり前、という雰囲気になってしまいました。
御上の禁色だから着たらアカン!ではなく、天皇を演技してるなら着なきゃ嘘だろ?に認識が変わった訳で。
どちらにせよ、皆ご遠慮申し上げる・控えるという礼儀を失った戦後意識の具体的な姿ですな。

388 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 07:43:09.18
でも、いまし天皇の権威が落ちて困るのって宮内庁ぐらいじゃないのか?と思う。
宮内庁の役人て、結局は天皇にぶら下がって権益を貪っているだけじゃないの?
今の状況だったら、まだ天皇は海外からも侮られないだろうし。

389 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 11:54:10.65
黄櫨染よりキクジン色も天皇陛下の束帯として存在してたのにな。
明治から黄櫨染しか着ないようになったから仕方ないんだろうね。

大河ドラマ「篤姫」では孝明天皇役の人は御引直衣ばかり着ていたけど、江戸後期の天皇は日常は御引直衣ばかり着ていたのだろうか?
それとも孝明天皇の残っている肖像画が御引直衣姿だからろうか?

390 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 12:23:19.52
明治のごく初期までは御引直衣は天皇の普段着に近い服装。
だからあの篤姫で御引直衣ばかりだったのは考証として間違いではない。
実際江戸までの天皇は普段から御殿から降りて地上に立ったり歩く事自体殆ど無く、四方拝や臨時御拝などで南庭に降りた時ですら御筵や畳で道を作り歩いたので
あんな御引直衣でも別に日々の生活には困らなかったらしい。
今は陛下が着用するのは一生に一度だけになってしまってるが。

391 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 12:29:02.16
あ、南庭に降りて御拝する時はほぼ黄櫨染御袍だから、そもそも御引直衣で行く事自体無かったよスマン。

392 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/28(木) 03:31:49.60
黄丹の袍って天皇陛下が着用あそばされましたっけ?
皇太子殿下のお召し物ではなかったかしらん

393 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/28(木) 06:55:19.98
黄丹は皇太子殿下の色ですね
禁色です

394 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/29(金) 09:17:56.35
こういうふうな子供服でもそうだが
ttp://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/66/a2/morinomiya_tamazou/folder/366884/img_366884_26859275_5?1244813881
平安装束系の男性装束はなんで束帯や狩衣のような盤領形式ばかりなんだろ?

395 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/29(金) 10:21:16.01
格衣でも著てればいいよ

396 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/29(金) 21:46:44.17
かっくEー

397 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/31(日) 09:11:32.43
幕末期の写真でよく見るちょこんとした小さな烏帽子。
実物を見る機会があったが、本当に小さいな。
被るというより載せる・・・だ。掛緒をして髷に結び付けなければ
すぐ落ちるだろう。どういう経緯でいつの時期ぐらいからあのように
小型化したのだろうか?

398 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/31(日) 22:02:44.58
>>397

公家については、不明だけど武家は髪型が月代を剃るようになって、それまで烏帽子だったら
髪に括り付けて冠だったら髷に簪をさして止めていたのが月代で固定できるだけの髷がなくて紐で
結ぶ様になってから小型化したと何かで見たな。

399 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/31(日) 23:23:36.22
>>398
髷の形と関係してるってことか。なるほど。

400 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/02(火) 13:24:11.73
チョンマゲと言えば、岩倉具視の使節団の写真は有名だな。
他の大久保利通などはスーツを着てチョンマゲも切っているのに岩倉具視だけは装束を着てチョンマゲなんだもんねw
武士ならともかく公家の岩倉具視が最後までチョンマゲを切るのに反対したって不思議な話だな。

401 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/02(火) 14:06:26.18
>>400
一口にチョンマゲとは言うけど、それこそ無数の種類があるのでね。
公家方専用のモトドリの取り方もあるし、髷自体として持っている歴史は武士よりも古い。

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/02(火) 14:21:59.48
髷の由来や身分役職家柄などによる違いを体系化したような図版資料などあるかな

403 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/02(火) 23:36:11.52
さー?

404 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/03(水) 07:56:31.58
岩倉は欧米をまわって開眼して髷を落としたんだよな。

冠下といわれる公家の髷の写真はあの岩倉の写真だけだな。
徳川慶喜は参内の機会が多かった在京時代はずっと冠下だったのかな?

405 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/03(水) 08:41:22.26
月代を剃るのは武家のアイデンティティだけど、髷はむしろ公家の象徴みたいなもんだろ

406 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/03(水) 09:21:40.74
武士が月代を剃るようになったのは戦国時代からだろ?兜で蒸せるから。

江戸時代でも吉良上野介みたいな高家は月代を剃らなかった。

407 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/03(水) 17:06:12.38
スレ違いだが、髪型で思うのは今の時期高校野球で高野連が、坊主こそ伝統的な髪型とかほざいてるけど、
高野連の奴らて脳筋で日本史の成績1だったのか?と思う。
日本の歴史上坊主は、アウトローの髪型だし男の子の髪型は美豆良だろと思う。
高野連が、伝統を守るんだったら高校球児には美豆良を強制するべきだと思う。

408 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 12:10:44.04
野球が輸入されてきたのは明治以降だから美豆良の伝統は無い。
むしろ軍隊教育の一環として精神修養のために野球が利用されてきたのだから、野球に坊主頭こそ伝統というのは正しい見解である。
ぐんくつの足音が云々


409 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 12:18:00.93
>>407
もうすこしヒネって出直してこようね

410 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 16:22:20.26
だから、その明治以降の伝統というのが、底の浅いて言ってるの。

411 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 17:04:33.24
それから、右翼団体も皇国云々て言うんだったら軍服とか街宣車とか西洋から入ってきたものではなくて、
束帯とか衣冠は無理でも、狩衣や水干を着て牛車を引いて雅楽生演奏で練り歩いたら良いのにと思うんだが。

412 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 18:14:10.94
皇国史観は明らかに明治以降の富国強兵政策と合致して打ちたてられたもので、現代の右翼が理想とするところはその時代。
それより前に立ち戻って何をしようってんだ?

そんなに大昔に戻りたけりゃ、お前だけ獣の毛皮まとって棍棒片手にウホウホ言ってろ。

413 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 19:09:20.69
三島由紀夫さんも束帯姿になれば良かったのに

414 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 19:50:46.47
>>412

だか、右翼が崇拝する天皇の最高の装束は、平安後期に出来上がった束帯なんだろ?
宮内庁の職員も束帯や衣冠だし。
戦前でも、天皇は束帯着てたんだし。
天皇マンセーだったら、平安装束にした方がいいんじゃねえ?
で、412は、なんでそんなに過剰反応するの?


415 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 21:20:20.42
右翼が軍服と街宣車捨てて、平安装束と牛車になったら年中葵祭
優雅だし煩くないのはいいけれど、大渋滞間違いなしなんですけど

416 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 21:55:31.36
右翼は日本の伝統のためにもどんどん束帯を着よう!
シャクの持ち方から威義の正し方まで指導しよう。
今のままじゃ暴走族のオッサン版じゃん。

417 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 21:59:02.16
目指せ、右大臣w

418 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/05(金) 22:36:59.09
右馬少允でじゅうぶん

419 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 01:28:03.17
>>414
戦前でも明治の断髪・洋服採用の太政官令以降、天皇は普段は洋服ですが…?

420 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 02:24:06.36
戦中に、鬼畜米英と言い西洋の物を排斥してたけど。
でも、軍服は洋服という矛盾してるのは何故?
でも、いいね、右翼の人て自分達に都合の悪い事があったら、「国賊が!」、「非国民が!」と逆ギレしたらいいんだし。

421 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 02:37:05.98
それと、ちらっとネットで見たんだか醍醐、村上天皇の天皇親政の時代を聖代として
水戸学と結びついて皇国史観にも影響を与えたらしいけどそこらへんは、右翼的にどうなの?
それから、右翼の人達は、古事記、日本書紀を信じているみたいだけど、もう古墳時代コスプレでもいいんじゃない?
絵画でも神武天皇とか古墳時代コスプレで描かれているし。

422 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 02:58:38.74
>>420
欧州のドイツやイタリアは日本と同盟関係にある枢軸国でしょ。西洋の文物をまるっきり否定してるわけじゃない。
そもそも日本の近代化の象徴とも言える明治憲法は、プロイセン型を参考にしてる。
まるっきり歴史を学んでないんだね、キミは。

423 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 03:18:03.42
はい敵性語排斥運動きましたー

424 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 04:24:28.87
>>422

じゃあ、無知だから教えて。
近代云々と現人神云々がどうして結びつくの?
根本的に矛盾してないか?
それと、街宣右翼は日本の伝統とかはどうでもよくてただのミリタリーヲタなの?

425 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 04:26:38.18
それと、>>421の意見は?

426 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 08:22:00.15
>>424
近代化と現人神としての天皇の位置づけは別に矛盾しないんじゃない?
特定の人物を神聖視して中心に置くなんつー手法は、現代でも多用されてる。
街宣車右翼は、単純にその時代が好きなんでしょ。彼らにとっての伝統は、その時期の日本のこと。

上古の聖代に関しては、これはもう理念としての存在だろう。
例えば現代においてパックスロマーナへの回帰云々と言っても、それは別にトゥガを
身につけたり、奴隷を使ったりという事を意味するもんじゃない。

427 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 11:47:35.58
まあ、でも街宣右翼などは大概勇ましい日本大好きな連中で
幕末のいわば右翼たる志士が公家を長袖連と腹の底から毛嫌いし、対外弱腰政策・停滞する内政とほぼ公家化してしまって武家の棟梁ぽく無くなりつつあった徳川将軍を見限り
勇ましい日本の象徴として、神武創業の日本と末裔の陛下に勇ましさを求める幻想を抱いてたのと変わらんからな。

そんな訳分からん勇ましい幻想より、牛車や手輿に乗り込んで
「このオッコン、おいしおすなあ。敷島の雅は大事ですぅ」
と優雅にゆるゆる街宣した方が楽しい、と思う右翼なオイラは所詮異端のままなのだろう。

428 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 12:23:33.65
>>427

その幕末の志士達によって、女官達に囲まれてひ弱で大砲の音にびびって気絶していた睦仁親王は、
雨でも近習相手に相撲を取り投げ飛ばす大男の明治天皇に精神的にも肉体的にも改造されたんだね。
替え玉説が出るくらいに。

429 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 12:36:35.52
さー?

430 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 14:40:55.16
しー?

431 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/06(土) 19:52:53.05
岩波新書から出版されている「雅楽を聴く」寺内直子著を読んだ。

39ページに京都御所のことが書いてあって、「人間の気配、あるいは営みの痕跡は感じられない。
小御所の庇には、人間と等身大の人形が王朝装束を着て、箏を弾いたり舞を舞うなどしてるが、そのことが一層、人間の不在を強調してるかのようである。
ちなみに、人形の顔はデパートのマネキンのような(中略)見事に人間らしさん消し去っている」とある。

見事に京都御所の盲点をついている。

432 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/09(火) 17:15:00.58
URLメモ。
ttp://homepage.mac.com/qojun/gaku/gaku.html

433 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 01:01:42.35
被災地から送られた松の木を五山の送り火に使うのを拒否するくらいだからいかに京都が閉鎖的でイケズな街かよく分かるなw

もう京都の装束店からは装束を買わないでおこう!

434 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 08:46:22.23
「放射能をばらまくつもりか?」
「琵琶湖の水が飲めなくなる」

って苦情で腰が引けて使用中止を決定。

どうせこんな苦情を言うのはヒマをもてあましてる
団塊左翼の連中だろう。セシウム牛を食って逝けばいいのに。
結果、年金支給が減って\(^o^)/

435 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 10:24:03.23
大文字の保存会自体は右翼の集まりだがな。

436 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 19:54:37.91
京都の装束店ってムカつくもんね。
あのドヤ顔で売れ残りの装束を無理矢理売り付けやがるのがムカつくわ!
誰がどう見ても古着で文様が悪くて売れ残りの粗雑な装束なのに、「よろしおすやろ〜」とか言って売り付けようとしやがるの。

もう二度と買わない。

437 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 20:27:58.15
やっぱり装束は関東だよね。

438 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 20:54:43.79
関東にある装束店て、高田装束店だけ?

439 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 21:13:22.52
どんな独占市場だwww

440 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/11(木) 00:32:31.99
関東の装束店というと御簾屋の分家がやっとる装束屋とかかw

441 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/12(金) 16:56:34.53
http://i.imgur.com/Pe7Wt.jpg


442 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/12(金) 19:16:52.97
テレビ芝居に毒されたイイカゲンサの目立つ写真www

443 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/12(金) 21:17:46.92
なんの脈絡でいきなり切腹装束が出てくるのかわからないが、

>>442
どこらへんがイイカゲン?
参考までに教えて
神棚に飾るような榊を切腹のときに実際飾られていたのかどうかとか、>>441を見てちょっと気になった

444 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/12(金) 23:48:02.15
まず三方の穴から反対側が見えてる→前後じゃなくて90度か270度ずれてる

445 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/13(土) 22:25:18.76
ほかには?

446 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/14(日) 03:43:44.80
切腹には三方じゃなくて四方を用いることが多いんですが…

447 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/14(日) 06:52:43.55
白カミシモも妙じゃね

448 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/14(日) 09:30:02.49
神祇への参拝には小市民も小忌衣。

449 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/14(日) 11:24:35.92
四方でも向きが逆じゃないのか

450 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/14(日) 17:40:16.25
四方だとしても折敷と高台に分離するかどうかで違ってくる
めんどい話だよ

451 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/14(日) 18:49:36.22
炎天下のコミケに装束で参加したツワモノはおらぬか?

452 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/16(火) 01:06:58.05
おらぬのか

453 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/16(火) 12:32:40.96
キモヲタ装束でござる

454 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/16(火) 16:10:39.81
げぇっ!燕

455 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/18(木) 12:42:12.82
あついからな

456 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/21(日) 00:02:47.23
あついの?

457 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/21(日) 01:02:05.49
全裸に千早でいるくらいですもの
ぁっぃゎょ

458 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/22(月) 03:14:15.02
袍を自分で20分で着装出来るようになった、うれしい

459 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/22(月) 08:47:09.06
おめでとう。

460 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/22(月) 22:51:24.73
ありがとう

461 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/23(火) 23:20:49.08
袍って衣冠のだろうが色は何色?

462 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/23(火) 23:50:46.30
斎服です

463 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 00:35:37.05
斎服って高そうだな、と思って調べれば絹製でも10万前後で買えるんだな。

464 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 17:17:48.96
去年斎服を買った。
一度袍の着心地を経験すると実に癖になるね。

はやく涼しくならないもんかな。

465 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 19:20:08.41
うらやましい。自分なら袍は三級の青色が好き。
カタログ見てたら〜匁で値段が違っていたけどそれって糸の量の差だっけ?

466 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 21:41:20.34
斎服と黒袍を購入してきて楽しんでるけど、マジ楽しいよね。
いっそ神職になろっかな…

467 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 23:12:15.65
趣味で装束買ってる人って、家の中だけで着て満足してるんですか??


468 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 00:06:29.99
超たまに外で着るときありますよwww 狩衣持ってますけど。まあネタです。

469 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 02:46:35.50
黒袍いいなぁ
赤単とのコントラストが綺麗ですよね

470 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 12:23:49.73
三十半ばになってちょっと下腹出てきたら、
以前より装束がバチッときまるようになった。

彼女からも「最近急に似合うようになったね」とよく言われる。

471 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 12:39:21.03
>>467
仲間で装束きて神社へ詣でたりとかね。
一般の参拝者がお辞儀とかしてきたりしてちょっと気持ちいいことも。

472 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 12:44:36.78
>>471
それだと祭式作法も正しく身につけてないと
逆に恥ずかしいことになるね

473 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 12:44:45.05
紛らわしいマネすんなwww

474 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 19:44:09.19
いやいや、装束着て神社んも境内入ったら、神職の人たちに
怪訝な顔されるだろうw


475 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 20:15:51.01
以前、下鴨神社で井筒のイベントで狩衣を着て外歩いたよ。
参拝客に何かあるのか?と聞かれた。

476 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 22:07:40.10
>>471
どこで着替えるの?
家から着ていって、そのまま電車とか乗って、神社に行くの?

477 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 08:33:21.73
狩衣着て電車乗る勇気が欲しいわ。

478 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 08:49:44.10
dxgh

479 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 10:03:30.03
>>476
車移動だろjk

480 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 20:03:02.57
>>476
そこは牛車もしくは輿で。

481 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 20:18:58.04
牛はアンダルシア牛でいいかな
誰か先導マタドールを務めてくれまいか

482 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 20:19:59.13
現実問題、馬でいいんじゃないか

483 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 20:33:51.06
UMAかぁ・・・

484 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 20:42:02.52
ちょっと前のだが、スノーボード用のウェアで平安装束をモチーフにしたのがあるんだな。

485 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 21:06:25.62
あ〜牛車牽きてぇ・・・

486 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 21:18:02.36
>>479
車か。
運転席にいる人が装束姿だったら、周りの人振り向くだろうな・・・
靴はどうしてるだろう?
さすがに運転のときは普通の靴に履き替えるよね?

自分も和服で運転することはあるけど、運転中はスニーカーはいてる。
一度警官に止められて靴を確認されたw
草履や下駄は危ないので

487 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 22:37:28.97
氏子神社の神職は革靴っぽいのを履いてた
装束に合うようなのが業界にはあるらしい。

一方、旦那寺の住職は雪駄でマニュアル車。

488 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 22:45:32.32
>>485
牛乙

489 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 22:49:49.70
>>487
烏皮沓じゃね?浅沓みたいな甲当てがついたパンプスのような黒い靴。
神職でも滅多に履く機会もないけど。

490 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 23:17:17.22
ttp://heishi.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/04/16/h23ontou_4.jpg
装束のこんなテカテカに憧れる。装束着て仕事ができる神主さんがうらやましい。

491 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/27(土) 08:00:35.00
諏訪大社か
はじめて見たとき神饌に獣を備えるのにびっくりした

492 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/27(土) 10:03:30.03
神長官守矢資料館だったかに、諏訪の神饌が再現されてあるよ。

493 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/28(日) 07:55:21.06
神主「今年の・・・」

神主「新鮮な神饌でございます」

建御名方命 (´゚ω゚):;*.':;ブフォ
八坂刀売命 (´゚ω゚):;*.':;ブフォ

494 :490:2011/08/28(日) 13:43:31.31
神事の写真を探していてたまたま見つけた写真だが
諏訪大社の神饌ってそんなに特色あるのか。

495 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/28(日) 20:52:00.64
ケガレを厭う神道でふつう4つ足の獣とかありえなくない?

496 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/28(日) 22:00:56.94
それは諏訪大社の歴史によるところが大きいんじゃないか。
祭祀に従事する者が斎戒を保つことと、神饌に禽獣を供することとは、必ずしも矛盾しない。

余談
山幸・海幸彦の話では、最初に山幸彦は野山の禽獣を獲っている。
それが後段になって田圃の話になるのは、いかにも象徴的ではないだろうか。

497 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/28(日) 22:09:58.89
諏訪特殊神饌(再現)の一例
http://blog-imgs-13.fc2.com/1/2/v/12v/suwa38.jpg
http://static.panoramio.com/photos/original/17759263.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7f/76/5e9515ac51c619111a33169b72da0071.jpg

498 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/29(月) 00:06:54.18
アイヌのイヨマンテに通じるものがあるな

499 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/29(月) 00:30:55.98
イョマンテの場合、このケースだと神饌=神への遣い、いわばメッセンジャーの扱い。
それを送り還す儀式なのだから、いわば「パシリに土産を持たせて饗応する」、というスタイルになる。

自然の恵みをダイレクトに奉納するか、仮託して奉納するか
些細に見えても、結構大きな違いだと思う。


500 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/29(月) 03:14:17.44
そろそろ装束の話に戻していただけたら有り難いです

501 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/29(月) 18:52:19.54
鮮やかな狩衣に惹かれてしまった。
うちの地元でもこんなイベントをやって欲しい。
ttp://4travel.jp/traveler/isazi/pict/15693708/src.html
ttp://4travel.jp/traveler/isazi/pict/15693709/src.html

502 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/29(月) 23:19:41.54
ポップアップできないならアドレス踏む気も起きない

503 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/29(月) 23:33:38.75
かような手間を惜しむ輩が装束に身を包もうなどとは、傍らいたきことよ。

504 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/30(火) 01:29:15.98
傍らいたきことよ。とか片腹痛いわいww

505 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/30(火) 18:54:16.24
>>501
ジジイとババアばっかりだし指貫の色合いがおかしい。

506 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/30(火) 19:27:58.13
>>501
手間を惜しまずjpgで貼れよ

507 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/30(火) 22:40:59.94
全体的に妙な空気が漂ってる写真だな

508 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/31(水) 02:18:05.85
みょ〜ん

509 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/31(水) 19:11:21.55
9月はまだ暑いな。
10月下旬からが装束を着るのにいい季節だな。
紅葉が紅くなるとロケーションも良くなる。

510 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/01(木) 08:26:21.98
古流の弓術(流鏑馬)の流派に入門したいと前から考えてます。
直垂を着て、歩射で弓を引いたり、勇壮な流鏑馬などの神事に参加したい・・・と前から考えてます。
今年は中止になりましたが、浅草で4月に行われる流鏑馬なんかは毎年見に行ったりしています。

東京23区内在住。都内でどこか道場が無いかなと探したりしてます。

鎌倉のほうでは入門を受け付けてる流派があるみたいですが、さすがに遠いです。
クルマあるので休日通えないわけではないですが・・・


511 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/01(木) 10:17:26.53
>>505
若向き子スレを、紹介しますね。
日本の巫女の装束はチマ・チョゴリに似ていますね
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1312338259/

512 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/01(木) 16:20:43.83
白(純白)はこの世/現世を。
赤(緋色)はあの世/幽世(幽冥界)を象徴。

513 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/03(土) 09:58:27.92
へぇ

514 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/05(月) 11:54:43.66
悠仁親王の着袴の儀に使用される装束はもう制作されているんだろうな。

515 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/06(火) 00:56:52.75
冠と浅沓、既製品ではやはり微妙にサイズや形状が合わなくて痛いので
近いうちに装束店に型取りしてもらって誂えに行く
楽しみだ

516 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/06(火) 10:14:41.33
同じ経験してるので良く分かるが高くつくよね

517 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/06(火) 21:44:18.30
そうそう。特別誂えと言うことで金をたくさん取られるの。やってらんないよ、まったく。

518 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/06(火) 21:47:12.07

お前がユニクロのごとく安値で装束を製造販売する会社を立ち上げてみては??

ひょっとすると渋谷や原宿を歩く若者の大半が装束姿になったりしないとも限らないぞ!

519 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/08(木) 05:06:47.86
冠とあさ靴で8−10万くらいか

520 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/08(木) 18:23:31.94
釣りですか?

521 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 10:01:46.66
僧侶の装束についてはここでは語らんのかね?
有職紋の衣とかけっこう萌えなんだが。

522 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 11:18:44.58
流れ的にそうなってるだけで、、、
私もご僧侶の法衣は萌える。



523 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 11:33:49.01
>>521
僧衣については知識がないのでレスできないけど、
どんどん語ってくれても全く問題ないよ

524 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 18:01:26.74
浄土真宗の坊主の姿はナマグサって感じでイヤ。

525 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 22:02:38.73
管長級は緋衣、高僧は紫衣・・・いずれも昔は勅許が必要だったが
今は「大僧正」「僧正」などの僧位僧官とともに宗派が免状を出すみたいだ。

僧衣は宗派で異なるな。通常の法会での法衣で金襴豪華なのは真宗。僧衣・袈裟・袴
のいずれにも有職紋がついて僧衣の狩衣みたいだ。

526 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/10(土) 06:36:20.89
坊さんの袈裟は値段の桁が違う

527 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/10(土) 08:59:59.81
神職でも僧侶でもないからよく分からないけど、
現代で神職や僧侶の階級みたいなの、そういう人事的な部分はどうやって決まるの?

一般の企業のようにその人が仕事で成果を上げたとか上げなかったとか、そういうのを評価することは可能なの?

528 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 06:12:28.93
階級なら勤続年数と習熟度と上納金で決まる
たいていは自己申告制

面倒なのでほったらかしにしてる人が多いw

529 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 11:52:16.93
上の階級に上がるほどおさめるお金も高くなる。位が上がったところでなんのメリットもない。
祭典などで座る場所が上位になることだな。


530 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 12:20:22.62
でも祭典内ではこちらが例え二級上でも三級宮司には頭下げなきゃならないんだよなw

531 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 14:11:05.89
自分の都合だけでなく、適度に昇級しておかないと
順当に昇級してる後輩などが、祭典の時に自分より上位に着座することになって困らせてしまった
やはり気を使うだろうし、スムーズな祭典を妨げる結果になり反省した

532 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 14:59:25.59
>祭典の時に自分より上位に着座することになって困らせてしまった
>やはり気を使うだろうし、スムーズな祭典を妨げる結果になり

習礼を徹底せず祭礼に公私を持ち込むと、このような事が起こるという典型

533 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 18:41:05.52
神主の世界なんてそんなのばっかりじゃん。
特級明階の白い袴はジジ臭くてまだはきたくない。

534 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 18:42:39.41
特級浄階だった。

535 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/13(火) 07:48:33.01
白いはかまいいじゃん大紋入りのでしょ

536 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/13(火) 17:56:10.96
神職や僧の人たちは、普段着も和服で過ごしてるのかな?

京都の舞妓さんは、地毛で日本髪結ってるので、洋服ではどうやっても合わせられないので普段着も和服だけど、
神社や寺の人も、日本建築の生活様式にあわせるべく、普段着も和服中心になるのかな?

537 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/13(火) 18:46:37.49
>>536
天満宮の職員はスーツで出社。

538 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/13(火) 20:05:01.84
>536
高尾山薬王院の方は洋服で出社。
母が亡くなった時、母の両親(←離婚した)のそれぞれお寺さんに母が亡くなった報告をしに行ったけど、
両方もご住職は洋服(片方はジャージ{日蓮宗}、片方はスーツ{時宗})だった。

あと、今時の舞妓のオフは洋服や工夫したロングにしてる。
昼間舞妓の格好してるのは、たぶん舞妓コスの人。



539 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/13(火) 20:32:37.98
下鴨神社の神主もスーツで出勤。

540 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/13(火) 23:27:20.68
ほとんどの民社は私服で出社。

541 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/14(水) 00:19:50.50
白峯もスーツで出社です。

542 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/14(水) 00:20:22.08
祇園で遊ぶ時は私服だよ。

543 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/14(水) 03:02:05.39
>>537
どこの天満宮だよw

544 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/14(水) 03:31:24.12
坊主剃り
普段はカーゴパンツに白T、ないしは作務衣。
まぁ作務衣は着回しが楽だよね。芸術屋のスモックに通じるところがある。

…このツラで洋装背広着たら、歩く威力業務妨害になるんじゃねぇの、と思うフシもあるわなw

545 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/14(水) 09:47:24.53
民社だし社務所住まいだから会合にスーツで行くぐらいかな。あと普段着は作務衣。
勤務中は白衣袴でいるようにしてるよ。まぁあまり祈祷なんかもないんだけど。

546 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/14(水) 11:15:37.55
舞妓は一度結ったら1週間結いっぱなし
結ってる間の昼間は「そんなり」(小紋や浴衣に、お太鼓)
ほどくのは週に1度くらい

547 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/15(木) 23:18:45.49
いちどくらい ほどいてみたい まいこはん

548 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/18(日) 18:19:45.87
それはやってみたい

549 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/18(日) 18:42:25.19
平松洋亮

550 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/19(月) 16:21:37.34
先日、三重県明和町のいつきのみや歴史体験館で夏の直衣を着たけど、座った時の袖てシワがよるよね。

551 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/20(火) 09:58:58.08
神職は直垂を着ることはあまりないのかな?
個人的に、装束の中で直垂が一番好き。

源平時代〜戦国期を舞台にした時代劇に見入ってしまう

552 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/20(火) 10:33:14.97
直垂って伶人か渡御の神役くらいかな。

553 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/20(火) 20:06:27.98
侍烏帽子いいよね

相撲の行司もかっこいいな

554 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/21(水) 00:07:58.55
土俵祭りでは立行司の装束は冠に小直衣。

555 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/21(水) 00:19:45.24
カツオノエボシ

556 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/21(水) 23:48:17.01
>>551
来年の大河の平清盛楽しみだね。

557 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/21(水) 23:55:35.28
>>554

でも祭式はなっちゃいねえ

558 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/22(木) 11:43:00.48
行事の祭式講習しっかりやれ。

559 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/23(金) 21:41:04.02
京都御所の御殿内特別参観に当たったので参観してきました。
ふだんの春・秋の一般公開の時は庭からしか見れませんが、清涼殿や紫宸殿の中に入れてもらったのは良かったです。

写真等でしか見たことのない高御座を間近で見れて良かったです。
紫宸殿って、後庇の部分が広いんですね。
一度、葵祭の時に諸大夫の間で装束に着替えたことはありますが、このように御殿の中まで入ったことはありませんでした。

560 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/23(金) 22:21:34.56
>>559
うらやましい・・・俺、落選したからなあ・・・

561 :559:2011/09/23(金) 22:49:41.93
>>560
落選されたんですか。
それは残念ですね。私も身元調査とかされるかな?と思っていましたが、当選しました。

またの機会に挑戦してください。

562 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/25(日) 00:05:06.01
装束姿で御所を参観したいな。

途中でミネラルウォーターを飲ませてくれたけど、装束に着替えさせてくれたらいいのにな。

563 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/25(日) 01:08:53.64
いいなあ私も落選した

564 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/25(日) 10:42:54.42
落選した人、けっこう多いんですね。私も京都迎賓館は落選しました。

小御所の内部から見た庭はゆったりとしていて良かったですが、グループの後ろからも宮内庁の職員が見張り役で「早く行け!」と言わんばかりについてくるのでゆっくりと見ていられませんでした。

565 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/25(日) 15:07:18.37
当選したら自分で装束着て行けばいいのでは?w


566 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/25(日) 16:00:36.54
春秋の一般公開の時に舞楽があるから楽人のふりして
狩衣着てれば怪しまれないかもしれない・・・w

567 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/25(日) 16:15:29.22
襲の色がおかしい
貴様、偽者だな!

568 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/25(日) 18:41:45.08
>>566
平安雅楽会のオッサンらは雅楽下手くそだもんな。

569 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/25(日) 20:24:07.44
独習の俺らのほうが上手だよな。

570 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/26(月) 11:28:08.40
なんで京都の雅楽会はヘタクソばかりなんだ?

571 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/26(月) 11:39:48.55
雅楽は天理の方がうまいな

572 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/26(月) 11:45:18.33
たぶん篳篥は俺が日本で一番うまいと思う

573 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/26(月) 14:29:55.85
そろそろ装束の話に戻していただけたら有り難いです

574 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/30(金) 07:15:39.49
門帳とか御翠簾が好きな人っていますか?

575 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/30(金) 09:04:00.54
好き好き。

576 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/30(金) 12:31:14.74
うちの氏神様の門帳も御翠簾も新調しないといけないんだが、宮司がビールばかり飲んでるバカだから氏子が寄付したがらない。

577 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/30(金) 20:27:51.48
神棚の扉に付けるミニ戸張ってないかな

578 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/01(土) 13:43:04.74
それは・・・自作だなぁ・・・

579 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/04(火) 20:58:52.70
北野天満宮のずいき祭りの装束ってボロいな。

スーパーで売ってるような薄い生地でミシンで縫ったような感じの装束だった。

580 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/05(水) 02:03:41.21
>>579
そして、しわくちゃ

581 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/05(水) 02:12:23.05
>>580
よくご存じですね。
あなたもずいき祭りに参加していたんですか?

あんな装束ではダメですね。

582 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/05(水) 11:08:59.16
>>581
寄贈してあげなよ

583 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/05(水) 13:35:02.61
また装束屋が天満宮に来てるのに着付けがムチャクチャなんだよね、ずいき祭

584 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/07(金) 00:24:49.16
宮内庁の楽師の結婚式。
人前結婚式だったけれど、狩衣だった。

585 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/07(金) 06:44:48.24
狩野英孝、実家が由緒のある神社なのに、結婚式は教会でやるんだってさ。
でも将来は実家の神社継ぐって。神職講習会では総スカンかもなw
狩衣姿の狩野英孝・・・。

586 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/07(金) 12:02:32.83
嫁の意向は何よりも強い

587 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/07(金) 17:00:02.45
情けない奴だ。

588 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/07(金) 21:55:01.21
誰しも合体拒否にでられたら白旗揚げる以外ない

589 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/07(金) 21:58:48.27
結婚式となりゃ、神職の父ももちろん出席だわな。
異教の神の前で実の息子が誓いを立てるって・・・。
ネタかどうなのかはしらんが、狩野ってほんとバカだね。

590 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/08(土) 11:23:25.46
洒落で済む範囲だから問題ない

591 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/08(土) 20:00:12.38
しかしチャペルを建てるのに地鎮祭で神職を呼ぶ国だからなw
神道はおおらかだw

592 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/09(日) 12:42:18.07
>>591
ちょwwそれまじかーw

593 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/09(日) 21:23:12.37
すれ違いですが
>>592家の近所にキリスト教会が経営する施設を
造るときは地鎮祭を神主がやっていたよ。
なんでも、ここは日本だから日本のしきたり、神に
敬意をはらうためだって。
 



594 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/09(日) 22:21:59.74
異文化コミュニケーションちゅうやっちゃな

595 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/10(月) 08:56:01.22
その土地ごとに地神がいらっしゃる。
で、その土地に普請をするとなると、そこに固有の地神に対して「間借り」をする形になる。

という日本式の考え方

596 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/15(土) 01:28:21.93
うむ

597 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/15(土) 11:11:10.46
理に叶ってるわい

598 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/15(土) 17:37:18.19
そろそろ装束の話に戻していただけたら有り難いです

599 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/16(日) 00:05:36.01
女子神職のねじまち袴欲しいが高っ。差袴とちょっと形が違うだけで二万円近くする。

600 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/19(水) 01:24:00.78
神社の神職の方の装束って、色は何か意味がありますか?
気になって調べてみましたが、ちょっとわかりませんでした。
申し訳ありませんが、教えて下さい。

601 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/19(水) 08:40:19.75
正服なら

級 袍 袴
特級 黒 白大紋入
一級 黒 紫白紋入
二級上 赤 紫紋入
二級入 赤 紫
三級入 緑 浅黄

602 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/19(水) 09:09:36.70
黒・紺・松葉・は?

603 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/19(水) 12:02:17.71
狩衣や格衣なら好きな色でいい

604 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/19(水) 13:28:49.28
ラメ入り

605 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/19(水) 19:38:37.43
悠仁さんの着袴の儀が見てみたい。

606 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/20(木) 10:26:53.52
平田篤胤の「俗神道大意」に吉田家が勝手に黒袍を許可しているとか大納言の
着るような縫いとり紋の狩衣を身分の軽い神主が着ているとか書かれている。
戦前なら勅任待遇で黒とか奏任待遇で赤とか意味もあったけど今はどうなんだろう。

607 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/20(木) 11:20:01.47
位袍の規定を引き継ぐかたちで本庁規定も神職の階級で正服の色目を決めてるが、
それはあくまでも神社本庁という民間団体の中での事なので戦前のような意味合いはないよね

608 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/20(木) 22:22:06.05
>>601

600です。ありがとうございました。
おかげでわかりました。

609 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/20(木) 22:29:12.35
>>601
三級「入」?

610 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/20(木) 23:58:12.42
石田千尋の黒袍をテレビで初見したとき、ぶったまげたわ。
民間の陰陽師ごときが黒袍着てて。

611 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/21(金) 02:24:30.57
近所の神主に黒袍のお爺さんがいるが装束が決まっていて貫禄がある。さすが。

612 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/21(金) 04:57:55.15
>>609
紋入の字をコピペしたのが残ってた、てへぺろっ

613 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/21(金) 11:43:39.43
黒袍も普通に店で売ってるし普通に買えるから誰が買って着ても自由だ。

614 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/21(金) 16:04:21.25
何時までも緑袍だつて嘆いている和歌があったな。

615 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/21(金) 16:32:59.05
袍の色が変はらぬのを嘆いてゐる和歌が載つてるのつて、千載かな?

616 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/22(土) 11:18:10.14
くれなゐの涙にふかき袖の色を浅みどりにや言ひしをるべき

617 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/22(土) 12:38:09.68
民主主義で憲法上平等と認められた現代に於いて、
神道の階級なんていち宗教の自己ルールでしかない。

下級の神職だろうと、神職ですらない一般人だろうと、
偉い神職しか着られない装束を着ていたからと言って、それは個人の自由。

618 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/22(土) 15:05:42.72
道徳心のない人が、得てして「個人の自由」を振り回す

619 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/22(土) 15:34:46.64
規範を乱してまで主張する自由など、ただのゴロツキの言い掛かりにすぎん。

620 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/22(土) 17:59:07.26
いや、団体に所属していてそこにルールとして守らなくてはならない規範があるなら
それは守らなくてはならないもの。故に本庁所属の三級神職が祭典で特級の正服を着るのはアウト。
コスプレ好きの一般人がイベントで黒袍に紋入白袴を穿くのは勝手さ

621 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/23(日) 01:44:16.61
みんな斎服で奉仕すればいいんだけどね
ただ、やっぱり名誉欲というのはあるし、本庁も上納金増やしたいしで需給バランスとれてるんだろうね

622 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/23(日) 17:35:00.26
秋篠宮眞子さまの成年皇族としてのドレス姿はあったけど、十二単を着ての賢所参拝はなかったのかな?

623 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/23(日) 22:48:38.75
賢所拝礼はあったようだけど十二単姿の映像はなかったな。

624 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/24(月) 05:44:27.63
平安コスプレの店でも、お引き直衣や黄盧染や黄丹は無いね。

625 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/24(月) 21:54:57.02
皇族女性は神事とかでウチギを着るってことあったっけ?

626 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/25(火) 19:29:20.09
市ひめ神社の神主の飛弾が紫白紋入りの袴をはいていたのには驚いた。

あんな奴が神主だというだけでも嫌なのに、単立だと何でもOKなんだなw

627 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/25(火) 23:00:18.31
あの神主は・・・ねぇ・・・

628 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/26(水) 19:27:52.39
吉良上野介の役をやらしたらピッタリなオッサンだからね。

629 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/26(水) 20:44:01.90
人気と経済力に嫉妬したマヌケな零細神主がまた中傷レスしてるなw

630 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/26(水) 21:01:58.97
>>628
女郎の神様祭ってるどこの馬の骨とも分からんオッサンを吉良上野之介なんて褒めすぎだよ。

吉良上野之介はれっきとした源氏の末裔だよ。

631 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/28(金) 23:20:51.09
>>629
宣伝の仕方が上手だもんな。
金儲けも上手だし。

632 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/31(月) 13:21:32.53
正倉院展に出品されている聖武天皇が着用した七条袈裟。
龍村美術が復元した袈裟も展示されていたが、ずいぶん控え目な色合いだったな。
京都の染色家・吉岡幸雄が復元した袈裟はもっとド派手な色合いだった。

633 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/01(火) 00:10:57.17
細見美術館の宮家装束展に行ったやつ、おらんの?

634 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/01(火) 00:33:40.59
おるよ
でも真新しいものは洋装の雛人形くらいだったな

635 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/01(火) 01:13:31.38
秩父宮妃殿下の婚礼装束は見事だった。

636 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/01(火) 08:54:27.90
あそこはいつ行っても楽しい

637 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/01(火) 16:55:27.49
大人のおもちゃがあるから。

638 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/02(水) 01:15:57.52
山科流だった

639 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/03(木) 13:45:49.35
文化の日。
大きな神社では神職は衣冠を着て祭典をするんだろうけど小さい神社は関係ないしな。

正月くらいは皇族方が装束を着て朝賀の儀があってもいいのにな。

640 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/03(木) 13:46:56.41
明治節なんて関係ねーよ

641 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/03(木) 15:11:25.19
>>639
悠仁さまの着袴の儀ですよ

642 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/03(木) 17:21:42.14
写真見たけど悠仁親王の袴は神主の袴(差袴)と同じもの?

643 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/03(木) 18:38:16.49
 秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(5)は3日午前、東京・元赤坂の赤坂東邸で、
「着袴(ちゃっこ)の儀」と「深曽木(ふかそぎ)の儀」に臨まれた。
皇室のお子さまの成長を祝う儀式で、秋篠宮さま以来41年ぶり。
春に予定されていたが、東日本大震災を受け延期となっていた。

 落滝津(おちたぎつ)の服を着た悠仁さまは、ご夫妻と姉の眞子さま、佳子さま、
祖父母の川嶋辰彦さん夫妻が見守る中、畳の上に南を向いて立つと、
宮内庁御用掛が白のはかまをはかせ、ひもを結んだ。

 続いて悠仁さまは童形服(どうぎょうふく)姿で、右手に扇、左手に小松2本と山橘(やまたちばな)1本の枝を持ち、
皇太子さまと秋篠宮さまのときも使われた碁盤の上で、黒っぽい「青石(あおいし)」2個を踏み南を向いて立った。
御用掛が髪をくしですきそろえ、はさみで毛先を少し切ると、悠仁さまは約27センチの高さから「ピョン」と飛び降りた。

 式後の午前10時40分すぎ、悠仁さまは落滝津の服を着て、ご家族と赤坂東邸の玄関前に姿を見せた。
報道陣から「悠仁さま、おめでとうございます」と声が掛かると、「ありがとうございます」と話し、笑顔を見せて歩いた。

 この後、悠仁さまは皇居・宮中三殿で参拝し、ご夫妻と一緒に御所で天皇、皇后両陛下にあいさつした。
悠仁さまがこの日着た装束は、両陛下から贈られた。

ソース:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011110300212
画像:http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view1709520.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/111103/imp11110313000001-p1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/111103/imp11110313000001-p2.jpg
http://img.47news.jp/PN/201111/PN2011110301000283.-.-.CI0003.jpg


644 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/03(木) 19:19:49.40
なんだか奴袴のようにも見える

645 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/03(木) 21:28:26.13
自分で調べたところ
公家〈童形服〉半尻姿は「前張りの白大口袴」だそうな。
ttp://www.kimono-japan.co.jp/jidaiisyo/21.html
ちなみに皇女の着袴の儀の衣装は〈皇女童形服〉細長姿はこちら。
ttp://www.kimono-japan.co.jp/jidaiisyo/19.html

646 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/03(木) 22:57:54.61
またレリコが半尻を売りそうだなw

647 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 00:04:04.54
半尻は七五三用の衣装としてなら需要ありそうだな。

648 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 00:06:13.31
ほーら、もう商魂たくましく金儲け考えてる。

649 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 00:06:45.25
京都のレンタル衣装屋に半尻があったよ。

650 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 05:00:16.16
偽装結婚したのが間違いなの。ナルはホモよ。2人は仮面夫婦。性交できないから体外授精。懐妊。双子(着床の確率をあげる為に受精卵は複数注入するから)を流産。

651 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 05:00:55.72
<生殖医療拒否→代理母懐妊→代理母出産>出産会見。2年後、演技のストレスで神経症に。ナルが庇う会見。一家孤立。今のグダグダに。

652 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 11:04:02.28
>ナルはホモよ

新説w 鬼女板でも皇室アンチスレでも見たことないぞ。
そんな説は・・

一応突っ込みをいれておくが、

雅子、小和田家(層化学会) 外務省にも層化学会のグループあり
層化がマスゴミを使って、雅子のイメージアップ!
(週刊誌などでキャリアウーマンと持ち上げ)
実際は、ただの学歴ロンダリング。東大もハーバードも外務省も全部コネ。

天皇陛下にも1度ぐらいしか会っていないのに
ある日マスゴミがいきなり婚約発表→ 国民大喜び!!→世界中に発信

そういうわけで雅子がゲリラ入内してきた。入内テロとも呼ばれる。
もともと、雅子さんは躾のされてない野獣みたいな女で
父方は3代前が不明、母方は5代前が不明 → 正体はチョン

そういう歪な環境で育ったので、睡眠薬をかなり前から服用していたらしい。
睡眠薬だけでなく他にもいろんな薬を飲んでるんだろう。
もともとの生まれつきの人格障害気質→長年の薬物→鬼女の調査能力と追い込み

今の雅子の出来上がり。

653 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 14:17:47.43
装束の話にもどそうよ。狩衣ってまったくの私的な服装でしょ?袴はどんながらのものを
穿いていたのかな。位袍じゃないんだから間の神職みたいな浅葱や紫じゃないと思う名だけど。

654 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 14:26:08.46
柄自由
色も年により濃淡はあれど自由

655 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/04(金) 20:05:30.11
狩衣の下の単は今だと紅色しかないけど、当時はいろんな色があったのかな?

656 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/05(土) 09:07:26.53
>>645
2枚目のお人形さん、和宮の深曽木の記録から再現したものなのか、かわいい



657 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/05(土) 17:47:04.80
狩衣にあわせる袴に>>501みたいな色(図柄)は不自然?

658 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/05(土) 19:46:34.96
荒木飛呂彦の描いた装束姿
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1674904.html

659 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/06(日) 11:54:01.55
舞楽の装束って美しいね。
左舞の襲装束と右舞の蛮絵装束。

http://iup.2ch-library.com/i/i0467937-1320508161.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0467938-1320508161.jpg


660 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/09(水) 20:21:08.53
>>659
宮内庁楽部の装束は良いものだね。

民間の雅楽団体の演奏会なんか見に行ったら安物の装束で生地が薄っぺらくてダラリとしているよ。
演奏も下手くそだしね。

661 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/10(木) 02:27:12.01
宮内庁楽部の予算とくらべちゃ可愛そうだよw

662 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/10(木) 07:48:32.71
前から思うけど、宮内庁て行政改革の話題に上がらないね。
だから、楽部とかも予算使いたい放題なんだろうけど。
でも、天皇にぶら下がっているクズ役人も多いんだろうね。

663 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/10(木) 10:39:51.39
そういう流れになると思ったよ…
まあ式典儀軌のことだし、どうせ金を注ぎ込むなら、誰に見せてもパンツじゃないから恥ずかしくないもんものを作って頂きたい。

664 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/10(木) 12:01:57.77
>>662
お前、宮内庁のこと何も知らないだろう?

給料安過ぎて辞めていく楽師もいるのに、予算使い放題なんてことはない。
装束を新調したりするのもそんな滅多にやらない。
菅方なんか古い汚ない装束を着ている。

665 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/10(木) 14:54:50.51
>>664

662だが、確かに宮内庁のことなんて知らないよ。
だが、外務機密費使いたい放題の雅子様のお友達や、マッサージチェア買いまくりの国土交通省とか、
役人にろくや奴はいない中で宮内庁職員だけ給料安いとかにわかに信じ難いんだが。
他の省庁が予算無駄遣いしまくりなのに、宮内庁だけ違うというのも信じ難いよ。
で、具体的に宮内庁職員て月給いくらぐらいなの?

それと古い汚ない装束着てるて>>660>661の言っていることと正反対なんだけど、どっちが本当なの?

あと、宮内庁て他の省庁と違って完全縁故で就職なの?


666 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/10(木) 17:22:41.23
ん、スレチか

667 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/10(木) 21:33:41.65
どうやら宮中のことを何も知らん庶民が来たみたいやな。
スルーしまひょ、京都の方々。

668 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/10(木) 22:09:47.56
宮中て東京でしょ?

669 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/14(月) 22:52:32.34
TPPになったら装束も安い外国産ばかりになるのかな?

670 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/15(火) 23:13:43.59
既に井Z2がベトナム産の売っとるがな

671 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 15:31:01.92
もっと安く中国が装束を売りますよ。

672 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 15:48:59.79
ネット世界で有名な某社はシナ製だっけ?

673 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 21:26:40.46
カンボジア製ですよ。

674 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/18(金) 01:50:12.67
裹頭の巻き方って流儀あるの?
今度の大河が清盛だから僧兵の服装にきょうみある

675 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/18(金) 06:03:20.27
装束ファンには嬉しい時代だ。

676 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/18(金) 07:07:31.52
http://www.kyokanko.or.jp/huyu2011/2011huyutabi_3.html#huyu11_3_7
これ行く人いる?

677 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/18(金) 14:18:21.97
興味の対象を僧兵に特化することもないわけだが

678 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/18(金) 14:56:20.82
他人の興味の対象を規定してやることもないわけだが

679 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/18(金) 19:03:57.33
>>676
まあまあのお値段だね。直衣の文様が怪しいが・・・。
男は十二単着られんのか・・・つまらん!

680 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/19(土) 10:20:41.08
十二単があるんだから束帯も用意しててほしいよね。

681 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/19(土) 18:31:30.16
実際は女性が多いし、男の参加は少ないからね。

682 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/19(土) 19:56:27.10
束帯は、衣紋が難しいからね。
束帯は、装束の中でも一番、衣紋が難しいらしいし。

683 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/20(日) 00:16:29.26
>束帯は一番衣紋が難しい。
ひとことで国風化したというが、奈良時代の朝服からよくあんなに着付けが難しいデザインに進化したものだな。

684 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/20(日) 00:37:29.51
>>679
風俗博物館
ttp://www.iz2.or.jp/
雅ゆき
ttp://www.miyabi-yuki.jp/
で実際に着装して楽しんでいる男性の方もいるようですよ。




若し体験したなら御報告を。

685 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/20(日) 01:01:17.58
自分は、井筒の出張イベントに二回行ったよ。
一回目は、下鴨神社で狩衣を着た。
この時は、野外を散策できてセットにも御帳台もあって良かったよ。
二回目は、京都文化博物館で直衣を着た。
この時は、野外散策無しで御帳台もなかっていまいちだったかな。
どちらも5000円だったから行ったけど、大覚寺の25000円とかはさすがに高いよね。

それと、自分の家から日帰りで三重県明和町のいつきのみや歴史体験館に行けるから、
ちょくちょく直衣を着に行く。
ここは、事前予約制で土日は、すぐ埋まるけど平日はわりかし空いているんだよね。
平日休みがまあまあある自分には、丁度いいよ。
ここは、夏のシーズンだと十二単と直衣が夏服になるから、滅多に無い夏直衣が着れていい。

686 :684:2011/11/20(日) 01:33:12.79
>>684のレスの文が一部欠けてたけど、リンク先の施設は男性でも十二単を
着ることが出来るらしい。

687 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/20(日) 14:28:24.72
重ね着の鬼
やっぱ寒かったのだろうかな

688 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/20(日) 16:21:20.41
平安時代は気候的にも、貴族の屋敷の構造も寒いからな。
とはいえ十二単のような重ね着は重いだけのような気がする。

689 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/21(月) 14:39:52.57
日常着として着てる訳でもないからね。

690 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/21(月) 18:00:03.43
だが、平安時代の女房は、主人の前では正装である十二単を常に着てたらしいね。

691 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/21(月) 18:21:46.27
のちの性装である

692 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/21(月) 23:42:55.13
そういえば当時の女性の長袴の股間部分はパックリ割れてて
立膝で座ると場合によっては性器丸見えだったってマジなんです?

693 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/22(火) 13:32:42.05
みとのまぐわい

694 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/22(火) 14:55:03.83
はこやのひめごと

695 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/23(水) 22:41:23.69
天皇陛下は新嘗祭の時の御装束はどのようなものなのだろう?
帛の御袍?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111123-00000115-san-soci



696 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/23(水) 22:51:27.54
束帯と同じ御祭服です

697 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/26(土) 19:19:12.53
正月にはどんな狩衣を着ようか楽しみだな。

698 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/27(日) 09:36:19.76
ハンターウェア

699 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/28(月) 19:37:14.91
東京に出かけたので、某有名装束店に行ってみた。
店内は狭くて雑然。ちょっとがっかり。 こんなものなのかな?

700 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/28(月) 20:45:12.11
デパートの巨大売り場を想像してるのか?

701 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/28(月) 21:09:07.59
ショーウインドウがあって装束が展示してあるとか?

702 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/28(月) 21:17:29.16
呉服店wwww

703 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/28(月) 23:53:45.15
江戸時代前期まではどこの呉服屋も反物だけを見せて商売してたんだよな。
それが仕立てた着物を店に実際に飾って商売するようになって儲かるようになった。

704 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/05(月) 01:51:23.39
呉服の話だが大正か昭和の頃も店頭で客は反物を選んで一晩で仕立て翌日仕立て上がりを渡すという販売方式があった
いまもあるのかな

705 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/05(月) 02:43:02.57
一晩で仕立てはちょっと無理だろうなー
あるとしても特急料金取られる

706 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/06(火) 02:19:29.39
袖や身頃を数人で分担して仕立ててくっつけるんだよ

707 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/06(火) 02:20:34.13
そうしないと注文がもらえなかったんだってさ

昔図書館で借りた仕立教本に書いてあったこと

708 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/07(水) 11:21:25.81
今冬は節電しないといけないので火鉢を出した。

枕草子の清少納言の気分になって火を起こしている。

709 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/07(水) 13:17:09.11
カエルが焦げとるで

710 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/07(水) 17:43:39.70
おきにこがるる物見ればあまの釣りしてかへるなりけり、ってやかましいわwww

711 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/08(木) 12:37:55.68
映画・源氏物語どうだろうね。

712 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/09(金) 15:39:59.81
千年の謎で舞われる青海波の装束は1領1000万円するもの。
天理大学雅楽部に借りたんだって。
やっぱ新興宗教って金持ってるんだなw

713 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/09(金) 17:33:20.68
新興の中でも古株だけどな。
天理教から天理市への寄付額を見れば、1000万くらいどーってことない。


714 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/10(土) 04:33:30.14
天理教あっての天理市だしな

168 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)