5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

前鬼【修験道】後鬼

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/04(木) 23:56:14
>>225
228だけど追記ね
この時間は暇だからw

>肉体から抜け出して、一時精神世界に赴き、神仏と席を並べるほどの境地に至っても
>再びこの世の肉体に戻って、体の不調や日々の雑事にまぎれ一喜一憂しなければならない。

瞑想ばっかり修法ばっかりだとそうなる
修験は山の修行と里の修行があって
意味としては山は基本の掛け念仏呼吸法で瞑想や修法と捉えて良いと思う
里は実社会との接点を持った修行、これは貴方の言う肉体を持った状態で真理をどう活かすかと言う事
山の行ばかりだと魔境を呼びやすいし
>>229さんが言うように増上慢で尊大で我が大きくなり制御できなくなる
その為に里の行として実社会との接点をもって、>>229さんの言うように陰徳を積むようなのもそうだし
「最近あいつは違うな修行してるだけある」と他人(里人)に思わせるような振る舞いをするような
人格向上も並行して目指す
真言宗の宗祖弘法大師「事相と教相は両輪」と言っている
事相は実践の修行で教相は教えや宗教的な学問哲学の部分、これは同時に向上させないと目指す高い所には到達できないと言うよね
山の行は掛け念仏の呼吸、滝に打たれて瞑想し峰中の作法による修法などこれは言わば事相だよね
里では一般の市井の人として生きつつ、山で培かい知った真理の断片をどう生かすかを考える、これは教相だよね
山の行、里の行どちらも大切なんだけど、どちらかばかりに偏ると悟りに遠ざかるもの
無理だと思い込むのも言ってみれば魔境だよ、山と里の両方を向上させればだんだんと土台が積み上がってきて高いところまで行けます
今日修行して明日悟りに達するとかそういうものではないから時間が解決するというものだよ

312 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)