5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

前鬼【修験道】後鬼

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/14(火) 15:58:14
そもそも山伏の儀、修験道の儀は如何に?

山伏とは山に伏し、野に伏し修行する心なり。
  山は三身即一、伏しとは無明法性の儀、然らば
    真如法性の山に入り、無明煩悩の敵を降伏するの儀なり。
      修験道の修とは苦修練行、験とは験徳を顕すなり

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 19:22:23
今日、塩沼さんとこ行ったん?

148 :菅ちゃん ◆BDKyieznDk :2010/10/03(日) 20:02:10
>>147

私は行ってないけど この前の匿名さん行ったのか気になるよね(^_^*)

太鼓の音びっくりしたかな?
般若心経読み方ちがくてびっくりしたかな?
護摩焚いたとき暑くなかったかな?

とか 気になる^^

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 20:33:57
>>146
修験道と真言宗はどう違うのでしょうか?
金峰山寺のサイト見ても、祭神が違うくらいのことしかわかりません。
>>148
>護摩焚いたとき暑くなかったかな?
そこまで盛大なお護摩を焚くと御堂が燃えてしまいそう。。。。

150 :菅ちゃん ◆BDKyieznDk :2010/10/03(日) 20:44:36
>>149

お堂の天井がかなり高いんですよ
護摩火を受ける鉄板の天井屋根?から 護摩堂の天井までは約1メートルから3メートルはあったと思います

今度行ってみると良いですよ(o‘∀‘o)

観光はお勧めしますよ(^_^*)

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 20:56:45
>>150
へ〜。
つか、お護摩焚いてる本人が危ないような気がする。

152 :菅ちゃん ◆BDKyieznDk :2010/10/03(日) 21:10:52
>>151
大丈夫じゃないかな? 火傷しないと思うよ 

護摩火から塩沼さん迄の距離が50センチ〜80センチ前後あるし

それから 千日回峰行満行したあと 四無行?満行して なんだか?千枚なんとか行満行した中
で塩抜きをする行があって この時 塩を食べないと不思議と火傷しないって 本に書いて
あったよ だから塩沼さんが 普段あまりしょっぱいの食べてないんじゃないかな?

私も コロッケとか天ぷらとかソースや醤油をかけないし
味噌汁も色が付くくらい味が薄いし
それで あまり火傷しないんだ

だから 本人が本に書いたとうりの言い分が分かる気がするよ^^

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 21:53:14
>>152
いや、反動で思い切り塩辛いものが好きになるとか...

154 :菅ちゃん ◆BDKyieznDk :2010/10/03(日) 22:09:57
>>153

ん〜(・ω・`?)

漬物も食べるんだって信者さんも塩沼さんの本にも書いてあったんだよね…
護摩火にお不動さんが降りるわけでしょ?

本人も唱えてるときはなにか神仏が降りてるわけなんだろうから 
神仏と通じあっていたら火傷しないんじゃないかな?

それに塩沼さん宅は冬は囲炉裏らしいから 火の扱いに慣れてるんじゃないの(・ω・?)

ところで話を変えるけど しょっぱいのばっかり食べてると胃癌に成るんだって
東北厚生年金病院の講演会で発表してたよ

で 家の二番目の姉がしょっぱいの大好きで酒もタバコもやるもんで 
悪性の胃癌なんだよ 手術して胃は半分近く摘出したけどね

あ〜でも 塩沼さんて畑やってるからもしかして塩を今年は摂ったかもね 熱中症対策でね

本人に聞いてみないと分かんないよね…

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 22:10:32
>>149
修験道というのはひとつの「カテゴリ(宗教の実践方法)」で真言宗は「宗派」なので
両方がマトリクスのように組み合わさっていてる感じかな

修験道
 +  :
 +天台系の要素
 +真言系の要素
 +  : 

真言宗
 +真言密教の修行
 +修験道の修行(密教的要素もあるのではっきり分類はできない)
 +  :

という事で天台や真言等の宗派の一ジャンルとして修験道という形があり
また、逆に修験道の一つの要素として天台や真言があるという感じでしょうか

修験道というのは日本の土着宗教の面や神仏混合の面もあり分類するのは難しいらしい。
天台宗などのフォーマルな宗教が為政者により公認されたエリート宗教であったのに対し
修験道というのは在野の人たちが神道や色々な宗派の要素を取り入れて作った日本の
信仰のデパートのような存在ではないかと...そのぶん混沌としていて定義づけが難しい

ちなみに金峰山寺は天台の流れだったと思います

156 :菅ちゃん ◆BDKyieznDk :2010/10/03(日) 22:18:17
>>155

金剛峰寺(高野山真言宗)は空海
金峯山寺は役小角

って言ったほうが早くない(・ω・`?)駄目?

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 22:25:14
>>156
大峰奥駈なんかは熊野側は真言系だし
それはモロに役小角信仰だしね。簡単には分類できない。

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 22:28:44
むしろこんな感じかな。

真言宗
 +真言密教の修行(空海)
 +修験道の修行(分類不可)
 +  :

金峰山寺は修験道の「お寺」
真言宗は「宗派」なので密教と修験道両方の要素があるので2つを並べるとわかりにくくなる
金峰山寺というのはものすごく特殊なお寺なんだよね。修験道の本山だから


159 :菅ちゃん ◆BDKyieznDk :2010/10/03(日) 22:42:56
>>157-158

なるほど いろいろ難しいんですね(;・´ω・)

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 23:01:58
>という事で天台や真言等の宗派の一ジャンルとして修験道という形があり
山岳信仰の色彩の強い密教という理解でいいのかな。


161 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 23:12:11
たしかに密教的要素が強いが、では密教かというとそれだけじゃなく
自然崇拝や神道の要素もある。

修験道というのは定義づけが難しいんだよね。
エリート宗教ではなく在野の宗教だからいろんなものが混合している

修験道の勤行儀みるといろんな宗派のお経や祝詞のようなものや
神様の名前や真言や色々混ざってるね


162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/04(月) 05:52:15
達成感はあるだろうが悟りには程遠い

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/04(月) 17:05:26
蔵王堂のご開帳行ってキター

今回は普段お坊さんしか入れない内陣に入って間近でご本尊をゆっくりお参りできるように
なっててすごくお得な感じでした

堂内の内陣に障子で三方を囲った「個室」みたいなのがいくつか作ってあって
「蔵王権現様とお語り下さい」と案内されてその中でゆっくりお参りできる
最初は一万円とか取られるんだろうと思ってたら無料(お賽銭箱はある)。
障子にかこまれた静かな空間で無料でじっくりお参りさせてくれるなんて気前がいいよ

内陣に立ち入る事ができるチャンスは今回だけかもしれないのでゼヒ行くといい。
(次回のご開帳がいつかもわからんし、次回同じように内陣でお参りできるかどうかは
 わからないので)

間近でみる巨大な蔵王権現様はすごい迫力でした。


164 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/04(月) 21:27:41
        ∧_∧
  ∧_∧_(◎・∀・∩
 ( ・∀|[__|o|_∧つ  ナムアミダブ
  | つ ∩( ・∀・))   ナムアミダブ
 と_)_)( つ|三|O    
       と_)_)


165 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 16:03:22
秘仏見に行くために
蔵王権現様お金を稼がせて下さい

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 21:26:39
興福寺の五重塔が特別開帳か〜
蔵王堂とあわせて行ってくるかな


167 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 11:24:13
蔵王堂生きたいんだけど紅葉とかどんな感じですか?


168 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 20:00:44
紅葉はまだまだ

169 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/11(月) 11:19:52
山歩くと1週間くらい落ち着いた気分で過ごせる
今度禁欲生活してから山歩き行こうかな

170 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/13(水) 08:03:13
如意輪寺の蔵王権現の方がカッコいい件について…

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/13(水) 11:33:10
まあ人それぞれだからね...

172 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/13(水) 12:25:26
寝袋持って蕎麦粉も持って、10日ほど山に籠りたい・・・鹿やタヌキは出るけど
熊は多分大丈夫だろうと思う。

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 13:14:21
ttp://v.youku.com/v_show/id_XMjA5NDI2NTUy.html

キンキシオヌマ

174 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 18:58:03
>170
確かに体全体の一番バランスが良い
他のはやたらと顔が大きすぎるんだよな

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 19:50:35
>>174
像高86.5cmは小さいな

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 19:52:40
蔵王権現は如意輪寺行くと見れるんですか?


177 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 19:52:56
修験者の袈裟の梵天の色って、どういう階層に分かれているのか
知ってる方、教えてください。
それと、梵天じゃなくて、メダルのようなもの付けていたの見た事が
あるんですが、あれは何なんでしょうか?

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 07:11:36
塩沼さんの話って何かいつも同じでつまらない。
青春時代を山だけで過ごした人に娑婆の苦労は分かんないだろうけど…
験が出せないなら残念ながら色々な意味で天狗に過ぎないよ。

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 07:38:25
>青春時代を山だけで過ごした人に娑婆の苦労は分かんないだろうけど…

それは間違いなく言えてる。実際山の行と比較しても遜色ない、イヤ!シャバではそれ
以上の過酷な体験をしている人は大勢いる。
つらつら思うに、宗教の行は大変で、それを成し遂げた人が人間的に素晴らしいような
勘違いをしがちだが、広く世の中を見ると決してそんなことは無い。
坊さんは神職はそれらしい日常のたち振る舞いが板についてるから、そう思えるだけの
事で、内心は坊主だから、神職だからって特段偉くも清浄でもないと云うのが自分の結論。

180 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 15:33:37
塩沼さんの話でオニギリを食べられる有り難さが良く出るけど
娑婆じゃリストラなどでオニギリすら食べられず自殺する人がゴマンといる
短刀持って死を覚悟してって軽々しく話すもんじゃ無いと思うよ

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 15:53:30
>>180
所詮屁理屈。
意味は自殺と同じ。
世の中病院代が払えなくて死ぬ人もいる。
それも結局、自殺と同じ。
死ぬというのは、寿命が尽きたということ。
自殺に罪はないが、裟婆に出れば塩沼さんも同じ人間。

塩沼さんは高校しか出てない。
PHPでは塩沼さんを神仏扱いしてるんだろうか。?
しかし仏教大学を出た人、文系とは違い、読みにくい文章。

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 16:17:38
世間から持ち上げられいる事には間違いない
修験者は修行以上に験が出せるかが重要だよ
残念ながら塩さんに験があると聞いたことはない
話も本もどれも内容が同じで人間としての器が小ささを感じる
というのが正直な意見ですね

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 17:47:42
れにしては立派な新築寺院。 なんであんなに寄進が集まったんだろか?
それがト〜テモ不思議だわw

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 19:13:46
>>179
山の上も人間関係が大変らしいよ

社会が狭い分普通より大変かも?って比叡山の上原阿闍梨様がお茶席でおっしゃってた

塩沼さんも大行満大阿闍梨になってれば普通は
吉野の塔頭のどこかの住職としてお山に残るだろ?
でも追い出されるように野に下って自分でお寺を造るような苦労をしている

君なんかよりずっとシャバの苦労は味わってると思うよ

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 20:20:24
単純に考えるが
それって山の人間関係から逃げ出したって事だよな

186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 20:21:05
はじめから世襲で継いでる人もいる。
席が決まっている人がいるわけだから、
だれか先生たちが座をよけて塩沼先生になれるわけがない。
彼の場合は里におりるのが常識。
もとは在家信者だろうし、塩沼は在家信者かどうかも不明。
だから生涯小僧と塩沼は自分を語るのだろう。
裟婆世界は山よりも厳しいのが当たり前。
世間を生きていく事ができなければ、やはり小僧のまま。

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 20:31:47
塩さんが山だろうが里だろうがどっちでもいい
史上二人と言われる大峯千日回峰行者は験が確実に出せるのか?が重要
験が出せない修験者、回峰行者など無用の長物

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 20:32:37
役小角と前鬼と後鬼と五つの宿坊の経営をしたのが鬼一族という話を知らない?
そういえば最近のある映画に役小角と一族の話が出てくる。

塩沼は千日回峰行を満行したが、塩沼にもこなせない役割や行があるんじゃないの?
人を束ねるリーダー的素質が無ければ、山をおりるのがあたりまえだろう。

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 20:35:43
正直、私には塩沼に験力があるとは思えない。
験力と人を洗脳する話術は違う。

190 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 20:58:12
総本山には様々な人が修行に来るでしょう。
ヤクザのだったりヤクザの息子だったり、一癖も二癖も七癖も持っている人も来るでしょう。
心に傷を得たものや、閉ざした人も来るでしょう。
また、自分が見たものが魔物や神仏かも分からずに迷って修行に入る者もいるでしょう。
塩沼は自分の出した本に自分が人見知りだということを書いています。
人見知りする人間が本山で人を束ねて、寺院を運営していく能力がはたしてありますか。?

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 21:07:56
>>190
オイオイ。大行満大阿闍梨様が人の管理なんかやるか
寺の運営は本山の執行部がやるんだよ


192 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 21:09:08
>>190
なんかお山の上を美化しすぎだぞ
想像がすごすぎるw

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 21:10:04
話術もあると思えんなぁ
雰囲気の重苦しさはあるけど…

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 21:10:59
>>191
話がよう分からん! その本山の執行部が運営する寺ってどこの寺のこと?

195 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 21:22:26
>>194
なんていうか幼稚というか社会経験がない人なのかな?
もしかして女性?

あのねあなたが考えてるような会社や組織は地球上には
存在しないよ。

196 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/17(日) 11:57:16
>>190
修験を何か勘違いしてるんじゃないの?
念仏坊主が売名行為で駆け込み寺よろしく不良少年だのひきこもりだのを集めるようなものではないよw


197 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 12:32:08
最近法螺を始めたものの、なかなか巧く吹けないです><
ある先達は道具が良くないのでは?、と言うし他の先達は吹き手次第と言うし。
吹きやすい良い法螺だと上達は早く行きますかね。 それとも沢山練習次第でしょうかね。

198 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 14:22:43
>>197
>吹きやすい良い法螺だと上達は早く行きますかね。 それとも沢山練習次第でしょうかね。

これは両方当たりなんだよな
基本的に音が出なきゃ練習だし
吹きやすい吹きにくいが貝にあるのも事実だよな
まあ練習はしているんだろうから貝をいじってみるのもいいかもね
一回壊して作りなおしてみたら?
俺はヤフオクで買った貝がどうも癖がありすぎたので壊して組み直したら化けた化けたw
大化けでメチャメチャいい音出るようになったよ

199 :197:2010/10/19(火) 18:41:58
>>198
情報ありがとう。
ブー フー ヒーのヒーが出にくいのでもっともっと練習してみてから、
専門業者に口金を変えてもらうか、先達に付いていってもらって
新規で法螺本体を買ってみようかと思う。

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 19:01:10
法螺の話が出たので、知ってる人が居たら教えて欲しいんだけど、
先日、「口金」の唇のあたる部分が1センチ弱の幅で平らになっている
 ( こんな感じ→◎ )
口金を見たんですけど、売ってるトコって知りませんか?
それともあれは注文で作ったモノだったのだろうか・・・

201 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 19:43:28
>>199
その様子だと始めたばかりだろうから
今の貝で少し音出して練習するといいかもね
ヒーはかん音かな?
高い音は練習しかないよガンバレ!

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 19:55:37
>>200
角張ってる奴でしょ?
そういうの車田で売ってたと思うよ
あとは使ってる法衣店で相談すると取り寄せてくれると思う

203 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 20:03:34
>>202
情報ありがとう。
角張ってるというか、よく見る口金の吹き口は3ミリ程度の針金でも
巻いたような形状ですけど、前記の口金の吹き口は◎の部分が平らに
なっていて、唇に当たる面積が大きかったと思います。

「車田」って分からないんですけど、ググったら分かりますかね?

204 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 20:20:56
>>203
HPは無かったと思うけど「吉野山 車田商店」でググッてみそ。

205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 20:23:05
>>203
本山派の人ですか?
こっちは当山派
宗派違うと形状が違うのでちょっとわからないんだけど
宗派によって調べもちがうから口金違うんだよね
マキマキしてるのは骨董みたいので見たことあるけど普段使いの貝では見たことがない
ヤフオクでも出てるし見てみたら?

車田商店は金峯山寺の門前にある修験装束の店
本山当山どっちも扱ってると思うから聞いてみたら?

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 20:35:40
>>204-205
親切にどうもありがとう。
調べて当たってみます。 当方修験じゃないんですけど法螺好き坊主ですワ。

話は変わりますが、皆さんのお知り合いとかで所謂「霊力」の長けた
行者さんっておいでですか。
祭りの際にはその時だけでも雨を止ませてしまうとか、強靭な結界を張れる
とか、時に幽体離脱して信者の様子を見に行くとか・・・
極々稀だとは思いますが、そういった特殊能力のある行者さんっていますよね。

207 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 20:37:07
すいません。うっかり上げてしまいました。 ぺこm( _ _ )m

208 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 20:50:21
>>206
修験は有象無象からスゴイ人まで色々ですよw
何でも言い当てちゃう人とかは結構普通にいる
ただまあこのスレでも誤解してる人多いけど
験=霊能力というのは間違いでしょ
修行はあくまで悟りを目指すものであってそこ忘れちゃだめですわw
その間に通力は当然付くそこで増上慢になって惑わされるのは魔境
このへんは経典根拠にある
当然祈願を引き受ければ結果を見せるのもそうなんだろうけど
験とは修行を通じて人格者になっていく姿を里で見せるのも験だと思う


209 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 21:15:46
>>208
確かに仰るとおりだとおもいます。
でも現実を見ると、験力があるのと人格の成熟とは必ずしも一致しない
と云うのが自分の見た結果です。
力が有ればあるほど慎まなければならないのかも知れませんが、
得てして我の強い人が多いようです。ま、我が強いくらいでなければ
厳しい修行を乗り越えられないという側面もありますが・・

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 23:20:06
>>209
それちょっと違うと思うな・・・・。
験が強くて我が強くては既に天狗道だからなぁ
外道に落ちたら今生だけではなく来世の輪廻にも影響あるよ
人格と霊性は並行して上げていかないと通力安定しないし危険だよ
ましてや大乗の影響が濃いからヨーガと一緒でクンダリニー症とか魔境や霊障など修行病がでる
我とかもそうだけど魔境の類は抑制出来なきゃ修行は進まない
それと厳しい修行と思うのは他人の視点であってやっている本人はあまり厳しいと思っていないのが普通
俺自身通力は全然否定しないし六神通のいくつかは出てるし漏尽通もどういうものかはおおよそわかる
だからと言ってそれをひけらかすような活動をするのは、どう考えてもそこから先の修行が進まないよね
あくまで神通は副産物でありそれが出だしたらやっと山の登山道の入口
そこで満足して新興宗教みたいな金儲けになっちゃうのは既に修験でも何でもないと思ってる
それから修験が漠然と厳しい修行でトランスしてシャーマニズムみたいなものと思うのは間違い
悟りのためならなんでも取り入れるのが修験であってそれは教相教学も一緒
事相と教相があって初めて前に進むのが大乗仏教、教相がなければ単なる神秘主義のオカルトだよ
明治以降天台、真言に再編成された修験だけど、これを廃仏毀釈だけでネガティブに捉えるより
教相を学ぶ機会が増えて宗教として確立したと捉えるてもいいと思う

ちなみに誤解があるといけないから書くけど俺は某修験本山に僧籍置いてる修験僧だけど
天台や真言の純密本宗の籍はない

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/20(水) 21:16:02
>>210
でわでわ、聖護院?

本当に神通力や験力があるひとはひけらかさないし、表に出てきませんね〜。

お坊さんも言い方変えれば、職業ですもの。

しかしお坊さんの愚痴や悪口って聞きたくないですよね。
聞かされるほうはうつ病になりそうです。
見栄っぱりで欲が深くて目立ちがりやで具合悪くなります。

212 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/20(水) 22:01:47
>>211
>でわでわ、聖護院?
三本山と三井寺くらいしかないからそのどれかw
特定されても面白くないから言わない

>表に出てきませんね〜。
法類ですごいのがいるけどひけらかさないよね出来る人は
地に足がついてる感じで言葉も選ぶし普通の人だよね

坊主の悪口は修行途中なのかななんて受け流すべきなんだろうけど
生臭の言い訳は不愉快になる
修行で得た経験に基づく話であれば聞くに値するけど
人から聞いた話や教相をさも得意げに話したり
仏道と関係ない道徳みたいなものをひけらかす
それいう輩はあきれた事に自分を棚にあげて他人の修行を評価しだす
良く喋るのは生臭であって内容はその言い訳
こういう我の抑制が出来ないのは恥だと思わなければ先に進まないよね

213 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/21(木) 16:15:21
四十五年前中学の夏、多人数で前鬼川にあまごを突きにいった。滝の渕で泳いだが水が透き通っていてキラキラ青く輝いていた。バケツ一杯のあまごが穫れた。一尺くらいのが数匹いた。鮭のように鼻曲がりもいた。家に帰ると母親があまごの姿寿司を握ってくれた。美味しかった。

214 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/22(金) 19:57:13
法螺の練習を始めている人は、管楽器の練習用マウスピースを常に持ち歩いて
吹く感覚を掴むと上達は早くなるし、自分のクセがよく判るよ。
オレはトランペット用のマウスピースで練習した。
ttp://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/accessories/support-tools/#lineup_top


215 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/22(金) 21:56:21
>>214
音の出し方がわからない人はその方法いいかもね
うちのお寺の先達はペットボトルの口を切ってビービーやってたw

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/23(土) 21:59:56
http://lh5.ggpht.com/_EclEIO5GO2A/S-v1fY4ccpI/AAAAAAAAVXg/-edTzVDHhbk/s576/1%E7%A7%8B%E5%B1%B19887.jpg

217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/28(木) 21:27:17
当方当山派の修験者なんですが他派の修験者にお聞きします

本山派では加行ってどんな感じなんですか?

ちなみに三宝院方では恵印七檀法成満で恵印伝法灌頂となります。

半僧半俗ですから多くの行者は自宅に祭壇をこしらえて修行します

仕事の合間を見つけながら一、二年かけて成満を目指します。

ぶっちゃけ修行環境も在家ですから障碍もきついですw

本山方や御嶽の加行はどんなかんじなんですか?

聖護院、金峯山寺、三井寺の修験者の方がいらっしゃったら教えてください

218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 20:26:38
>>217
ここでは質問しないほうが良いです。
mixiに修験者がゴロゴロ居ます。
探すと沢山います。
勿論金峰山の修験者もいます。

219 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/02(火) 18:53:13
http://www.youtube.com/watch?v=satoyndFINQ&feature=related
これの、3分くらいからの、「煩悩菩提を斬らず」みたいなやつ、なんて言ってるの?

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/02(火) 20:22:15
>>219 宝剣作法だね

それおもんみれば、金剛宝剣とイッパ、不動明王の般若の利剣なり。
故に己を切らず、他人を切らず、煩悩菩提を切らず。
本来無一もつなり。然りと言えども、邪正相戦う時んば、般若の霊威、
三摩耶形の利剣となって、一切衆生、諸々の戯論、煩悩及び悪業の敵を断絶し、
無漏の覚城に入ること疑いなし。
金剛利剣上天にきし、活殺機に臨んで正量全し。巍々粉塵両断となって、
古今髑髏前につならる。

天諸童子  以為給仕  刀杖不加
毒不能害   若人悪罵   口即閉塞

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/02(火) 20:50:48
験なんてもんをまだ信奉してる鴨がいんのか
修験なんて本人がサバイバル的経験で自己満足してるだけだよ
馬鹿らしい
しかもこんなのはママゴトで、本当に修羅場で修行を積むなら戦場へ逝け
究極の暴力と弱者の現実に立ち向かってこそ修験

222 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/02(火) 21:03:35
基本自己満のくせに俺suge-って煩悩剥き出しでみっともないよな
サービス業の方のほうがよほど他人に貢献してるしボランティアで俺sugeーてな奴は笑いモンにしかならん

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/03(水) 18:26:32
>>221
戦場カメラマンもですね。

224 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/03(水) 18:49:19
>>221
それで悟りを得られるならいくらでもやるけど?

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/03(水) 20:02:41
「悟り」「悟り」って云いますが、修験の皆さんにとって「悟りとは」何だと思います?
どんな状態に至れば「悟った」と云えると思いますか?

自分なんか「悟り」のさの字にも至ってないけど、最近多くの人を見るに益々分からん!
過去や未来や、人の因縁や神仏が見えるからって「悟った」とは違うような気もする。
生身の肉体を持っている限り、肉体が持っている煩悩から逃れる事は出来ない、
肉体から抜け出して、一時精神世界に赴き、神仏と席を並べるほどの境地に至っても
再びこの世の肉体に戻って、体の不調や日々の雑事にまぎれ一喜一憂しなければならない。
時には怒り、不満も言えば泣き言も云う。
ふとそんな事を考えると、この世にあって肉体を持ちながら「悟る」ことはホボ不可能では
ないかとすら思えてきますが、皆さんは「悟り」をどう捉えてますか?

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/03(水) 20:31:22
この御時勢で修験をやっている様な人間は絶対に悟れないよ。

227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/03(水) 20:38:48
「悟れる」か「悟れない」かではありません。
どんなものが「悟りかと考えるか」を伺っているのです。
質問に答えることも出来ず、ただ話をはぐらかす位しか出来ない人には
無縁の世界です。

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/04(木) 09:58:06
>>225
どんな状態も何も悟りは悟りであって他の宗教と到達点は大差ないだろ
例えば三昧耶で得られる境涯は普遍的な真理の断片でしょ
それを元に一つづつ煩悩が湧く元を無くしていって
それが究極まで無くなった状態が悟りでしょ
ザックリで簡単に書いちゃったけどw
修験でもある程度修行が進むと貴方が言うように実社会との接点がネックになってくるね
修験は在家主義だけれども限りなく出家環境に近づいていく
知ってる人で面白い人いるよ
執着しない人で自分の物と言えるのは今着ている服と数珠だけ仕事もしてない
このあたりまで来ると世間のイメージの山伏ではないよw
どんな宗教でも究極のところを模索するようになるとこんな感じになるんじゃないか?
とどのつまり貴方が無理だと思い込んでしまうのは今の材料(環境)では無理であって
今の環境を守ると言う執着を捨てられていないとも取れる
仮に貴方がどこかの出家僧侶であってもその立場が職業的なものであれば
実態として出家環境とは言えないからそれも一緒だよね



229 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/04(木) 18:35:59
山に入る意味は無い。
自己満足の局地に過ぎない。
山に入るなら野口健みたいに山の清掃をしろ。
それをしないなら山に入るな。

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/04(木) 21:09:58
輪廻転生を信じるバカもいるんだな。
修験道や修行を否定しているバカもいる。
こんなスレたてたバカが一番かな。
まぁみんな魔王さんの食卓に並べられるのがオチだろう。
悪いことは言わん、削除依頼したほうがいい。

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/04(木) 23:56:14
>>225
228だけど追記ね
この時間は暇だからw

>肉体から抜け出して、一時精神世界に赴き、神仏と席を並べるほどの境地に至っても
>再びこの世の肉体に戻って、体の不調や日々の雑事にまぎれ一喜一憂しなければならない。

瞑想ばっかり修法ばっかりだとそうなる
修験は山の修行と里の修行があって
意味としては山は基本の掛け念仏呼吸法で瞑想や修法と捉えて良いと思う
里は実社会との接点を持った修行、これは貴方の言う肉体を持った状態で真理をどう活かすかと言う事
山の行ばかりだと魔境を呼びやすいし
>>229さんが言うように増上慢で尊大で我が大きくなり制御できなくなる
その為に里の行として実社会との接点をもって、>>229さんの言うように陰徳を積むようなのもそうだし
「最近あいつは違うな修行してるだけある」と他人(里人)に思わせるような振る舞いをするような
人格向上も並行して目指す
真言宗の宗祖弘法大師「事相と教相は両輪」と言っている
事相は実践の修行で教相は教えや宗教的な学問哲学の部分、これは同時に向上させないと目指す高い所には到達できないと言うよね
山の行は掛け念仏の呼吸、滝に打たれて瞑想し峰中の作法による修法などこれは言わば事相だよね
里では一般の市井の人として生きつつ、山で培かい知った真理の断片をどう生かすかを考える、これは教相だよね
山の行、里の行どちらも大切なんだけど、どちらかばかりに偏ると悟りに遠ざかるもの
無理だと思い込むのも言ってみれば魔境だよ、山と里の両方を向上させればだんだんと土台が積み上がってきて高いところまで行けます
今日修行して明日悟りに達するとかそういうものではないから時間が解決するというものだよ

232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/05(金) 00:20:26
いかなる状態を「悟り」と考えるか
あなたと多少意見は違いますけど・・
「悟り」とは「何か」とか、答える必要は無いと思います。


233 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/05(金) 01:13:33
>>232
宗派は何?
まさか自己流ではないですよね
修験みたいな実践的な修行をしていると残念な人を結構見かける
それは他宗の人もそうだ
事相に捕らわれ過ぎて瞑想の世界だけに生きてしまう人
教相に捕らわれ過ぎて他人の境涯を評論する人
いずれも魔の世界の人には違いないよ
神仏と同じ席に座ると思い込むのも魔境であってそれは悟りには程遠い

例えばヨーガで言うクンダリニー覚醒や気功で言う大周天
これを悟りと思い込み目的とするのは間違い
これは言ってみれば行者修行初期段階の話でこれがあって始めて私は行者ですと言える
目標を低く置くとそこに捕らわれてしまって先に進まない
ヨーガで言うクンダリニー覚醒とチャクラの開放をしてもそれはあくまで叩き台の土台であって
その境涯から得られる智慧の理解を蓄積しなければ悟りには到達できない
大抵の人はこのプロセスでおかしな方向にいってしまう
神仏との感応道交で尊大になるような我の抑制が出来ないとか
難病指定の病気になってしまうとか
もっとレベルが低い所では霊能者を目指すみたいなのもそうだよ
総じてこの状態で悟りがどうのこうのと言うのは偽物が多い
もっともっと地に足がついた状態での修行をしなければ先に進むのは無理
菩薩の行はそこから始まるものだからあくまで登山道の入口、大峯で言えば女人結界
意見が違うかどうかは知らないが貴方は少し里の行が足りないと思う
人に聞いておいて私と意見が違うと言う限り、貴方自身悟りについて明確なものを持っているはず
それを答える必要は無いでは話にならないですよね
もっとも行道は競うものでもないですから、貴方は貴方の境涯で必要な修行を積めば良いと思いますよ


234 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 02:26:13
>>228 >>231   225です
レスしてくださり有難うございます。
何度も読み返してみましたが、まさに仰る事は全く以ってその通りかと恐れ
入る次第です。
未熟な自分のありようを改めて考えさせられるいい機会となりました。
スレが新しくなって、>>231様のような行者さんがスレに居る事、有り難くも
嬉しく、心強い限りです。未熟な書き込みがこれからもあろうと思いますが、
どうか、その折々に適切なレス頂ければと願っています。 感謝m(_"_)mペコッ

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 19:05:39
行者ブログ読んでると本物は少ないよな
これなんか魔境街道まっしぐらって感じ

ttp://ameblo.jp/yamato81818181/

236 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 19:38:39
>>235
いま、ざっと読んでみたけど、師匠との日常の会話の羅列だった。
人の歩む道はみな夫々。様々な道があるとおもいますけど、
これのどんな所が「 魔境街道まっしぐら」でしょうかね?

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 20:07:24
観音セラピーだとか読むとわかるよ
江原さんとかと一緒で背後にいるのが低級


238 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 20:30:13
ブログなんかやっちゃうのは増上慢だ

239 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 21:19:04
ブログが良いとか悪いとかはともかくとして
ヒーリングとかスピリチュアルみたいなアプローチはちょっと違うと思うけどな
行者だとか修験を名乗ってやらないで欲しいのが本音
こういうのは新手のご利益信仰であって本来の修行目的から外れやすい
願主の境涯は一様に浅い所であってそこで神秘的な看板出しちゃうと誤解を生みやすいでしょ
伝法潅頂も終わっていない行者がヒーリングだかなんだかわからないけど
そういうのやってて信者はそこそこついてるから何やってるのか見に行ったら
お加持してこの神仏は御利益ありますよみたいな売り込みで水晶ブレス売ってたw
まあお加持は出来てるんだろうけれどもちょっとちがうんじゃねえのかな?みたいに思った

例えば良い占い師悪い占い師で例えれば
この場合悪い占い師と言うのは見られないではなくて宿曜や四柱推命や易なんでもいいけど免状を持っていて
その理屈をわかっている人というのが前提で偽占い師はちょっと論外の話だけれども

占い師は適切なアドバイスをする生業だからその人の困っている事のどう対処するか
これが良いか悪いかと言う事
悪い占い師は境涯が浅く人格の低い人は打たれ弱いからどうでもいい事をくどくどいうだけで根本的な解決にならない
良い占い師は境涯高く人格が高く総じて人生経験豊富だからなぜそのような問題に陥ったかを元に解決ができる
まあその違いだね

240 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 21:24:31
話を戻すけども
根本的な解決方法は経験など修行によって培うものであって
ヒーリングみたいなお加持では一時しのぎ
これは反復して願主は来るけど癖になるだけで願主の為にならない
それ以前にヒーリングみたいな行者はジャラジャラパワーストーンを巻いてるの良く見かけるけど
そんなものに頼らなければいけないのは修行と法を疎かにしているだけ
護身法で十分じゃないの?と言いたいw
行者で水晶ブレスレッドなんかに頼るのは法力験力が無いのをひけらかすようなもので見ている人は滑稽に写る事を自覚してほしい
少なくともそんなものに頼っているうちは人の祈願を引き受けることは出来ない
本当に力があればそんなもの無くても大丈夫だろうし、無いからそういうものに頼らなければならないという事
つまり、そんな弱い奴が金貰って祈願引き受けるなんて誰かも言ってるけど増上慢で魔境という事

祈願やっていれば時に障りを引き受けてしまう時もあるだろうけど
障りを引き受けるのは祈願としてはやることはやっており成功だけどね
それは自分の法力の無さ故の事であって、その場合宿題にして自坊で供養する、それがまた修行になる
もらった障りで辛ければ修行に励むしか無い、その繰り返しで法力験力は付いていくものだよ

いつも長文ですまん

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 21:35:45
私もブログを読んでみたけど、

「寂しい、こちらを振り向いて、私をわかって、もっと私を知ってほしいの、誰か私をリードして、怖いの、目立ちたいの、等」

という声が聞こえてくる気がする。

観音様が憑いてると言われた私からしてみたら観音ヒーラーなんて訳が分からないけど、
私は本音で修行したり、誰かを霊的カウンセリングをしてあげたいとか思わない。
こっちが、げんなりしてくる。

彼女は精神病を患ったみたいだね。
それでも、生きようとして、なにかを神仏に映し出すように希望をもって生きようとしているのかも。

もう一つは、このブログは拍手が欲しいから書いてるのでは?
1日の投稿が多すぎるし毎回拍手を請求している。

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 21:44:56
>>240
自坊と書いた貴男はもしかして、○中○○さんでしょうか?

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 21:48:36
あともう一個思い出した

前レスで書いたように
水晶ジャラジャラ行者の人に護身法で十分じゃない?って軽く言ったら
顔真っ赤にして護身法が効かない体質がどうのこうのと怒りだしたw
言わせてもらえば効かないと言うのは生臭の言い訳であって根本的な修行を疎かにしているだけ
法は万人が理解し到達できる方法であってそれを効かないと言うのは法に対する侮辱であって
そんなのはさっさと修験道やめて僧籍を返せと言いたい
まあ、その人はもう魔境どっぷり浸かっているような人だからどうしようもないんだけれども
ヒント与えれば観念なんですよ、観念文ってあるけど文章とか文字を観念していて意を理解していないだけなんだけどね
こういうのは師匠と先達が悪い、そういうのを諌め、指導する姿勢が無ければそこのお寺一門が駄目という事
師匠と先達が生臭いから下の者もみんな水晶ジャラジャラになってしまう

あと祈願がなぜ通るかだとか、やっててこれは通ったなとか手応えってあると思うけど
そのメカニズムはわかっててもいちいち話すものではないよね
境涯が浅い人に話しても理解出来ないからおかしな方向に行くだろうし
水晶ジャラジャラ行者はおかしな話ばっかしてて信徒も魔境に陥ってる
魔境は障碍伴なうからそれで何回も行くようになってしまう
魔の巣窟みたいになっているのは結構多いね

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 21:50:54
>>242
田○利典先生ではありませんよ^^;
宗門も違いますしそんな大物じゃありません^^;
自坊と言っても自宅の小さな祭壇ですw


245 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 22:11:18
>>241
ブログの行者さんを悪く言うとか甲乙付けるわけではないんですが
観音行者ってこういう人じゃないですよね
観音経の功徳見てると刀で切りつけられたり投獄されたり海の中放り出されたりって
どんな業背負ってるんだよ?みたいな傾向的に激しい人が多いw
おおよそ堅気じゃないですな、みたいな人
現代的な観音様の尊像は女っぽく描くけど決して優しくないんですよ
色々なお顔を持っているということはポーカーフェイスだから
実際体感的な話ですが観音様の功徳体験すると一回は怖い思いさせられるんです。
現状を大きく変える為には、俗っぽい物をすべて奪われるようなドラスティックな変化があって
たいていはここで逃げ出す人が多いw
それでもしがみつくと本当に大きく変わる事がおおいですね
そういう話だと不動明王は修行本尊としては無難です。


246 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/06(土) 22:16:10
>>244
そうなんですか。

○中○○さんとはmixiでマイミクしてます。
私は水晶も金や銀の光ものも持ち歩きません。
お数珠も香木のお数珠も持ち歩きません。
正直光ものが好きではないのです。
お金がかかりますし。
私に観音様や白龍が憑いてると言われた方がいましたが、私は観音様が嫌いだし、ましてや
白龍だと恐れ多いこと。
何かの間違いだと思って、言われた方を信じてません。
まわりがどう反応するかを知りたくて書いてますが。
私には白大蛇にしかみえないからなんですが、観音様なんて見えません。
私は修験ではないので分かりませんが、地蔵菩薩真言や不動明王真言で十分ではないのですか?
なんか迷われる心、不安な心配な心がそうゆうたぐいの物を見たり、自分の心で映し出してして
作り出してしまうのではないかと。
最近私は霊能者だの、法力をひけらかす修験者や密教僧に飽きが来ています。

人間らしく仕事に没頭して毎日元気に目標をもって暮らして行けば良いような気がしますが…。

312 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)