5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中医学学習スレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/12(日) 22:58:52 ID:rTC2mfZm
皆さんは中医学を勉強してわからないことはありませんか?
皆で疑問を解決しましょう。
用語の解説などもよろしくお願いします。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/12(日) 23:03:52 ID:w7NZH9M6
一人の患者を診た時に、なぜ診る人によって証が違ったりする時があるのでしょうか?
また、なぜそれで平気で証を信じて治療できてしまうのでしょうか?
実際の治療結果には証なんてあんまり関係ないんじゃないですか?
どうなんでしょう?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/13(月) 15:26:29 ID:xzautTzf
反証不可能
それが中医学

そんなもんで治療できるか

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/13(月) 16:45:05 ID:9wPB33jF
× 不可能
○ 未検証 or 本国では検証されているだろうが日本に伝わってないし勉強するやつもいない

不可能って断じてそこからいつもの食えない泥沼論議は秋田

5 :マセラッティーD:2010/09/14(火) 01:25:04 ID:0htzjuXm
スレ立て早々から来る来る人、なぜか喧嘩腰。中医学だなんて聞こえは良いけど鍼灸のみ師じゃ教職にでも就かなきゃ
食えないですからね。
おもしろきことなき世もおもしろく すみなすものは心なりけり
「決断」を支えるのは「勇気」であり、それは「信念」から生まれる。
確乎たる「信念」は他を恃まないその気持ちすごくわかりますよ。
しかし思想哲学で食えるのは教職員のみです、悲しいかな。生きる糧がなきゃ意味がない。
そこで食えるための付加価値をもつこと。でも今から医師を目指すのは時間的、金銭的にかなり無理がありますね。
それを踏まえオススメなのが柔道整復師です。医師の同意なしに社会保険による治療もでき、
そのうえ、医師なみに営業経費控除も認められます。
柔道整復師で鍼灸整骨院を開業し、しっかり儲け、あいた時間で趣味の中医学をやれば良いじゃないですか。
極めれば非常勤講師としての道も開けます。
私の学窓にも、鍼灸院で食べられないから太極拳教室をやって成功してる人、高校教師をしながら鍼灸学校に通い、
鍼灸マッサージ師の免許を取ったけれど限界を感じ、ヨガの世界で頭角をあらわした方。
他にもスポーツ系の大学を中退後に柔整学校に入って柔整師免許を得、さらにアメリカの大学に留学され
トレーナー学の学位を得、トレーナーになった人もいます。残念ながらトレーナーとしての実力は今ひとつで、
クライアントであるプロのプレーヤーの選手生命を潰すことはあれ、選手を育てるという実績を持つことができ
なかったけれど、今は日本でその資格(全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー)を
活かし教鞭をお執りになる傍ら、学生とともに草チームのコンディショニングをOJTで指導されてらっしゃいます。
一里行けば一里の忠を尽くし、二里行けば二里の義を顕わすことができます。
治療家たる者、いっときの安坐も許されません。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/14(火) 03:29:06 ID:wUrNkp01
ダラダラ書いておいて結局言うべきことをボカして、自分の主張「食えない」を隠してるだけ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/16(木) 06:14:07 ID:RFFX/UZN
鍼灸じゃなくて中医学(湯液)スレなんだがw

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/16(木) 20:08:32 ID:ZPgDqCUV
 今年は庚寅年で虎の年ですが、辰年生まれの坂本龍馬が脚光を浴びて
いますね。私たち中国人も本当に龍虎が大好きです。
「両雄並び立つ」とか「両雄激突」「両雄戦う」に、「龍虎」の2文字が
入るとイメージがはるかに躍動的で迫力が出ます。「龍虎争闘」。
中日ドラゴンズと阪神タイガースの優勝争いも面白いですね。
 さて、龍と虎ではどちらが強いかといえば、『老子道徳経』に出てくる
漢の河上公によると、「龍」。
「虎」はあまりに血気盛んすぎる。河上公はズバリ言っています。
「虎は躁(さわ)がしいために早死にする」と。「重きは軽きが根たり、
静かなるは躁がしきが君たり」。重静の徳を保つもの(龍)はよく変化に
対応して勝機をつかみ、身を全うする。活発で剛的な力を誇るもの(虎)は
勇猛なためにかえって行き過ぎが生じ、危機に対応しきれず身を損なう
と言っています。「躁」とは本来「せかせか走ること」です。そこから、
忙(せわ)しなく動き回る、騒ぎ立てるなどの意味になりました。2字で
「躁疾」ということもあります。いわゆる「行き過ぎ」ということです。
 河上公は「重静」を龍に例え、「躁疾」を虎に例えました。飲みすぎの
酔っ払いを俗に「おおトラ」と言います。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/17(金) 12:16:34 ID:XbRcud9G
センキュウに気剤作用はありますか

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/17(金) 17:47:10 ID:oM3bI0TY
>>9
活血以外にってこと?それならある。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/17(金) 18:12:16 ID:oM3bI0TY
ちょっとまった。気剤って気の流れってことだよな?
補気剤ってことじゃないよな?補気の作用ならない。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/17(金) 23:21:14 ID:+fn5+n5l
センキュウは補血だから有ると解釈は出来るけど、厳密に言ったら無いみたいだね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 07:21:25 ID:HroET/B3
>>9
漢方の藤平健先生も現実的には無いという立場みたいだ。著作を見てみるとわかるよ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 10:35:35 ID:e6koGg40
>>12>>13
おいおい・・・それらは和漢の考え方だろう?

川?の補血は認めて行気を認めないのはおかしい
だいたい活血ではなく、補血と記載している書籍はすごい少ない
藤平健先生?知らないけど、調べたら和漢の人だね

ここは中医スレだぜ?
中医を知らないのであれば質問だけにしておきなよ

川?に行気作用はある

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 11:12:57 ID:zspVUdmT
>>13
おまえより藤平を信じるよw

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 11:14:33 ID:zspVUdmT
アンカー間違えたw 

>>14
おまえより藤平を信じるよw


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 12:17:35 ID:l48azaVg
>>12>>13>>15>>16
お前が何を信用するのも勝手だが藤平は日本漢方だろw
スレタイ百回読んで来い!

>>9
センキュウは活血薬だが気の流れを良くする作用もある。



18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 13:04:18 ID:7QmQHXfe
同じ生薬なんだから、漢方で存在しない効能が、中医で生まれたらヘンだろw


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 14:04:11 ID:l48azaVg
>>18
逆だろw
中医学に存在する効能が日本漢方では認識していないということだろw

>>12>>13>>15>>16>>18
これはみな同じやつだよな?
もしかしたら、質問者の>>9も同じやつか?

お前は日本語読めるか?
ここは中医学のスレなんだよw
日本漢方の話がしたいなら日本漢方、和漢、古方のスレ立ててやれよ!

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 15:16:51 ID:WztJtals
>19


くだらない反論より、


中医の方剤で、センキュウを気剤作用としてつかもの


あるなら3つ4つあげてみろ




21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 16:57:29 ID:l48azaVg
>>20
ここは中医学スレだって何度言わせるんだよwお前馬鹿だろ?w

あとな川?は活血薬だと言ってるだろ
だから行気作用には期待するだけで使う主な目的は活血作用なんだよ!


でも川?の行気作用も期待して使ってる方剤は存在するよw

寛胸行気散、行气下乳湯、行気開痺飲とかもっとあるよw
知らないだろ?w敢えて超超マイナーな方剤選んだからなw



22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 17:03:33 ID:l48azaVg
>>9>>12>>13>>15>>16>>18>>20は、やっぱりみな同じやつだったんだなw
なんで書き込む度にID変えたり、人格変えてるんだよ?

っていうかさ、なんかお前キモイしもう鬱陶しいよ!
中医学の川?が気になるなら、今後は↓で自分で調べれ。
tp://www.wiki8.com/chuanxiong_23009/
そして、調べても納得がいかないのならここを荒らさずにそのサイトに文句言ってくれw

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 17:07:05 ID:a3t2NuFg
>>21
それらの方剤剤中のセンキュウの目的はすべて補血・活血であって、気剤作用ではないよ
期待するのは勝手だがね

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 17:21:51 ID:l48azaVg
>>9>>12>>13>>15>>16>>18>>20>>23の日本漢方ウゼー!!
そんな短時間で調べられる方剤じゃないし、調べたらちゃんと行気で使っていることが読み取れるんだよw
何も知らないくせに想像だけで言うなww
お前が無知晒すのはいいけど、こっちはもうしんどいよ!

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 20:27:50 ID:g5oXhN8a
見事なまでの単発で自作自演w
質問までも自演とは恐れ入るな・・・

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/18(土) 21:35:25 ID:GYVxFl3l
喧嘩するな

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/19(日) 00:31:45 ID:I+wtsCaj
基本トーキと同じだよ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/19(日) 19:12:56 ID:SoAcpLJ7
日本漢方ってwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/19(日) 19:36:30 ID:0fmSoh9T
>>27
当帰とセンキュウが同じなんだ、へーー

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/20(月) 10:41:31 ID:EUQP5UyW
>>29
基本的には同じと考えていいよ。活血作用に微妙な差がある程度。
気剤作用はいずれも期待できない。他にいくらでもそういう目的の
生薬があるからね。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/20(月) 11:20:54 ID:XWFvYS+F
この流れだとこの人も自演?質問者?と同じ人ですよね?>>27>>30
補血だから気剤作用があるとか、センキュウと当帰が同じとか、、、日本漢方ではそうなのでしょうかね?

いずれにせよ中医的にはこの人は何もわかっていなさそう。
この人の書き込みがすごく痛い。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/20(月) 11:28:31 ID:EUQP5UyW
>>31
中医も漢方も同じですよ。同じ生薬だから。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/20(月) 11:31:16 ID:EUQP5UyW
まったく同じ条件で、同じ生薬を使って、人間の体が異なった反応をしたらヘンじゃないですかw

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/20(月) 12:23:06 ID:XWFvYS+F
日本漢方と中医は同じではありませんよ。
センキュウ一つでも考え方が違うのは、あなたもこのスレのやり取りでわかったでしょう?

中医ではセンキュウに行気作用もあります。
中医では当帰とセンキュウは同じではありません。
中医では補血があるから理気もあるとは言えません。

自演について否定しないところを見ると自演確定です。
うう、、、すごく気持ち悪い。

この人もう嫌なので>>24の人にバトンタッチ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/20(月) 12:40:41 ID:tIlTd5Lo
もうすこしよく読んだほうがいいのでは。
中医と漢方といっても元は同じです。どちらのセンキュウも同じものです。
同じ生薬を全く同じ条件で使って、人間の体が異なった反応をしたらヘンでしょう?


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/20(月) 20:16:36 ID:iQFzwBxW
なんで自演してまで自分の考え方を押し付けるんだろう?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/21(火) 06:24:07 ID:eQx9qPX+
正露丸の効能に歯痛があるようなもんかもしれん
誰もそんなもの期待してない

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/21(火) 10:39:56 ID:Hh5w6PAN
馬鹿がいる・・。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/22(水) 23:54:50 ID:6CqJteHP
中医ではそういう意味不明な効能書きって結構あるよ
ある先生の意見だが、オウゴンの効能は、「清熱燥湿・瀉火解毒」
このとき、清熱と瀉火は区別つかないんだよな。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/23(木) 10:28:13 ID:2hMN91hV
昔の人が作った医学だからね。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/23(木) 11:00:50 ID:XIdIJGh5
清熱と瀉火の区別もつかない人が先生として教えてるのか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/23(木) 11:47:19 ID:7dyaaiHR
>41
その先生は、キミが想像もつかないような名医の先生だよw
キミにその区別がつくなら、ここで↓明快に説明してみたら?


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/23(木) 18:42:16 ID:L0TF9xaQ
>>42
どうせその名医の先生も日本漢方なんだろ
自演うざいしいい加減スレチなの気付け

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/23(木) 21:35:55 ID:qqbGZFJV
清熱燥湿・瀉火解毒って中医の定義だろ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/24(金) 09:01:17 ID:Vy+V5gbc
独学で中医学を学ぶのは可能でしょうか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/24(金) 09:24:30 ID:wWXnsAjX
中医学で治療していますといいつつ、
かなりの本数の鍼で刺激している先生もいますよね?

それだけ刺せばアゼ穴などの治療と変わらないような気もするんですが・・。



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/24(金) 11:53:05 ID:SzH9dPjk
両方経絡理論だからなあ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/24(金) 14:19:16 ID:Py0B6nxW
中医の定義を理解出来てない人が先生として中医教えてるの?wwww
悪いことは言わないからその先生を師と仰ぐのは止めた方がいいよw


その先生が名医なら、区別がわかる俺は超名医だなw

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/24(金) 19:11:05 ID:L4Ru9kZ3
>>45
可能だけど時間かかる

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/24(金) 19:16:18 ID:L4Ru9kZ3
気剤という言葉を中医学ではあまり使わないな

自演日本漢方晒し上げ
>>9>>12>>13>>15>>16>>18>>20>>23>>27>>30>>32>>33>>35>>37>>39>>40>>42>>44

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/25(土) 00:25:38 ID:Zaa70N9U
>>49
どう学ぶのがいいですか

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/25(土) 19:21:46 ID:NIwqtKam
>>51
だいたいこんな感じかな?
早い>時間かかる
中医薬大学日本校>中医学の薬局で仕事>個人的に誰かに教えてもらう>通信教育>独学

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/26(日) 11:45:42 ID:AZcPDdph
>>52
ありがとうございます。具体的に、参考になる本を5冊ほどあげていただけると助かります。「やさしい中医学入門」は購入してだいたい理解しています。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/26(日) 12:19:17 ID:kDF3m95t
横からすいません。
>>53
「やさしい中医学入門」って3日間で読めるとかのやつでしたっけ?
その本は中医入門の最初の1冊目にはお薦めですね。
参考になる5冊というのは入門編ばかりの5冊でしょうか?
それとも生薬学、方剤学なども併せての5冊でしょうか?
入門書ばかり5冊集めても、、、
とりあえず入門編として「やさしい中医学入門」を読んで理解が出来たのであれば、私は「わかる中医学入門」をお薦めします。
中医基礎理論と弁証論治、簡単な生薬なども記載されているので使い勝手が良いです。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/26(日) 20:07:09 ID:5WRgjxEH
>>53
基礎だけなら>>54が薦めてる「わかる中医学入門」でいいと思う
内容は「やさしい中医学入門」より断然濃い
追加するなら「詳解・中医基礎理論」が中医用語をわかりやすく書いてある
生薬、方剤はこれらを読んだあとに購入すればいいと思う

生薬、方剤は神戸中医学研究会から出てる本を買っとけばとりあえずおk

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/27(月) 00:30:20 ID:OIMI8AeR
>詳解・中医基礎理論

個人的な感想だが、初歩としては理解できるかどうか。
処方を考える上で、自分の場合はほとんど役立っていない。
これも参考に。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/27(月) 10:32:27 ID:sPZzV1At
 ((;;;;゜;;:::(;;:      ∧_∧  
 (((; ;;:: ;:::;;   ⊂( ゚д゚ ) 
  ((;;;:;;;:,,,."    ヽ ⊂ ) 
   ("((;:;;;    (⌒) |  
              三 `J.   


58 :41:2010/09/27(月) 11:28:29 ID:gdHtJlK5
>>42
熱と火の区別もつかないその先生は名医ではない。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/27(月) 12:05:40 ID:TKo6YM+N
ふうん どう違うか、説明できるならここに書いたほうが早いんとちゃう?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/27(月) 13:42:17 ID:3Bwki0wh
教えてやらなくもないが、お前の態度が気に入らない

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/27(月) 17:25:27 ID:i+BRjnHX
妊娠24週、軽度妊娠高血圧症の患者さんに対して桃核蒸気湯を処方するのはアリだと思いますか?
オ血がひどく便秘がちなので適応はあると思いますが、大黄が怖いです。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/27(月) 20:18:35 ID:bmObEvSq
>>56
そうかなー?
今は言葉を理解する段階で、処方を考えられる段階ではまだないからいいと思うんだけどな
初心者がわかりにくい肝火上炎と肝陽上亢の違いなどもわかりやすく書いてあるから俺はお薦めだけど、人によって参考になる物は違うからな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/27(月) 20:21:53 ID:bmObEvSq
>>61
何かあった場合対処が出来るのならやってもいいと思うけど、そうじゃないならナシ
大黄も怖いけど、桃仁も俺は怖い、桃仁は妊婦禁忌だしね
何よりモンスター妊婦が怖い
当帰が入っている薬で当帰の活血、潤腸で様子みる方がまだ無難

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/27(月) 21:50:06 ID:i+BRjnHX
>>63
ありがとうございます。

この患者さんは漢方薬を信頼しており、降圧薬の効きが悪く胎児の発育遅延も疑われるので、
漢方での血圧コントロールを考えています。

>>当帰が入っている薬で当帰の活血、潤腸で様子みる方がまだ無難
文献やネットで調べてみましたが、当帰芍薬散か加味逍遥散はいかがでしょうか。
平滑筋を痙攣させるような生薬は入っていないみたいですし。

また正常妊婦に比べて下腿浮腫が目立つため、五苓散投与も考えています。
文献やネットを見る限り五苓散は妊婦禁忌とはなっていないようですが、
漢方の臨床現場ではいかがでしょうか?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/28(火) 13:22:21 ID:407qBNVG
妊娠したらセンナ買いにくる妊婦がいてたなぁ・・・
怖いから止めた方がいいって言ってるのに、一人目も二人目もセンナ飲んでて大丈夫だったから今回も問題ないって言ってたw
三人ともちゃんと産んだみたいだから、何を飲めるかなんて体質によるんだろうな・・・

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/28(火) 19:42:47 ID:XcS/wzDs
>>64
加味逍遥散よりは当帰芍薬散の方がいいだろうね
当帰芍薬散は浮腫にも使えるから、とりあえず五苓散使わずに当帰芍薬散で様子見たほうがいいと思う
当帰の潤腸作用が弱いならほぼ同じような薬の当帰散を併せてもいいかもね
当帰散の中のオウゴンは降圧作用も安胎作用もあるから使いやすい
とにかく妊婦は激しい薬を使わないで慎重にいくに越したことがない
モンスター妊婦怖いよ

>>65みたいな人もいるからなんとも言えないのが現実だけどね

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/28(火) 21:42:02 ID:s+X5uGep
>>66
ありがとうございます。
私を含め周りには漢方通がいないので助かります。

普段から希望する患者さんには漢方を使っているのですが、
異常妊娠で漢方を積極的に希望するケースは初めてなので頭を悩ませていました。

とりあえず次回から当帰芍薬散を使ってみます。
当帰散はこのケースに合った処方だと思うのですが、
あいにく手元にありません(当帰建中湯や黄連解毒湯ならあります)。
幸い高血圧は148/90mmHgと比較的軽度で目だった症状もないので、
信頼関係をつくる意味でもまずは下腿浮腫にアプローチしようと思います。

モンスター妊婦、怖いですよね。
幸いその妊婦さんは穏やかな人なのですが、ご両親がかなり心配されています(初孫ですし)。
産科の患者さんをフォローするのは大変です(汗)。

ぶしつけな質問にもかかわらず、ご丁寧に答えていただきありがとうございました。
何か他にもご意見があれば宜しくお願いします。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/28(火) 22:02:10 ID:s+X5uGep
>>65
>何を飲めるかなんて体質によるんだろうな

センナ服用の可否も弁証によって判断できるのでしょうか?
当方は病名漢方の段階ですので、東洋医学的診断の必要を感じています。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/30(木) 12:40:20 ID:UVZnpDOv
中医学って中華の医学?五行色体表にあった東夷、南蛮、西戎、北狄の中央の
中華な。いつだって自分らが中心って考えだな、あいつらは。しかし、
あいつら見てたら、ついつい「人体の不思議展」を思い出すね。
献体が死刑囚、しかも法輪功学習者を拷問の末に生きたまま血液凝固剤を
流し込んだり、妊婦の腹をかっ開いて胎児ともども標本にしてたり、内臓を
取り出したり、エゲツナイ。普通、日本人にはできん芸当だわ。
でっち上げの南京事件とかもね、もう奴ら中華シナ畜の罠だね。服装だけを
交換して、殺してる方がシナ畜。殺されてる方が日本人捕虜らしい、真実はね。
ヒトラー、スターリンと並ぶ世界三大殺戮者・毛沢東をいまだに祀ってるんだろ
尊敬する殺戮者として。最近も領海侵犯して日本の海上保安庁の巡視艇に船を
ぶつけた漁船船長を英雄扱いとか言ったもん勝ち、やったもん勝ちの国柄、
思想であろうが医学であろうが何から何まで胡散臭い。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/30(木) 14:06:01 ID:DiPixAd6
↑これも自演の日本漢方の人?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/30(木) 16:13:32 ID:cAMhNBmP
質問です。中医でも和漢でも構わないが、ここで漢方薬の話をする人、
扱ってる?人って医者か薬剤師なの?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/30(木) 17:18:29 ID:zyAgiHZ9
70
馬鹿に触るな。
71
2ちゃんで私は医者だって言われたら素直に信用するの?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/30(木) 21:22:30 ID:cAMhNBmP
>>72
>2ちゃんで私は医者だって言われたら素直に信用するの?

それ言ったらここの全てのレスが信用出来ないって事になるね。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/01(金) 00:03:19 ID:CYk610Va
>>73
61,64、67で発言した者ですが、僻地の無床診療所に勤めています。
映画が好きな方なら「Dear Doctor」の鶴瓶師匠を思い浮かべていただければ宜しいかと・・・。

私も中医、日本漢方のこだわりはありませんよ。
両者は近親憎悪的な仲の悪さがあるようですが、鼠を捕る猫が良い猫だと思っています。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/01(金) 11:46:56 ID:ajg44cuz
>>73
お前がそう思うのならそれでいいんじゃね。
誰が誰を信用しようがぶっちゃけどうでもいい話。
医者だからとか薬剤師だからとかこのスレに必要あるのか?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/01(金) 20:20:04 ID:w++FGdnx
61氏へ
>148/90mmHgと比較的軽度で目だった症状もないので、

桃仁承気湯を使う程の状態ではないのではないでしょうか。

「桃仁承気湯」 
【功用】破血逐オ。
【主治】下焦蓄血、少腹脹満、疼痛拒按、大便色黒、小便自利、至夜発熱、甚譫語如狂、
    脈沈実、及血オ閉経、痛経、跌打損傷等。

穏やかな妊婦さんというのも引っ掛かりますね。
オ血が酷いということですがどの様な症状でそう判断されましたか。

妊婦の便秘で多いのは気滞、血虚、気血両虚等。
浮腫に五苓散は妊婦でも使うことがあると思うが口渇喜冷飲が条件ではないでしょうか。
補脾利湿薬も考慮したいところです(例えば参苓白朮散など)。

>文献やネットで調べてみましたが
製薬メ−カ−関連の文献は余りあてにはしない方が宜しです。
あなたがこれからも患者さんに漢方薬を使うならば、出来るだけ出典に目を通
されることをお薦めします。その他漢方(中医)専門の臨床学書、方剤学書
等々は揃えて欲しいです。

当帰散という処方、出典が三つくらいあったと思いますが夫々主治、効能が
違ったと思います。そもそも医療用漢方エキス剤に当帰散ってありましたっけ?

当帰芍薬散の効能は補血、去寒湿、理気ですので便秘結を治す目的なら当帰建中湯
合四物湯などは如何でしょうか。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/01(金) 23:50:21 ID:CYk610Va
76先生へ

ご丁寧な回答を有難うございます。

長くなりそうなのでまずは患者さんに関することから書きます。
東洋医学の文献や学習法については日を改めて質問させてください。

>>オ血が酷いということですがどの様な症状でそう判断されましたか。

オ血は舌で判断しました。
舌下怒張がひどく舌の色が紫色、そして便秘(4日に1回程度、量が少なく残便感があり)ということで、真っ先に浮かんだ処方が桃核承気湯でした。
しかし、目に力がなく全体的に柔弱な感じがしたので、実証に使うとされる桃核承気湯の適応からは外れると考えました。
前述したように大黄も怖かったですし、もちろん処方はしていません(塩分制限と安静を指導したのみです)

>>穏やかな妊婦さんというのも引っ掛かりますね。

穏やかな妊婦さんというのは外来での印象ですね。
にこやかで気を遣われる方ですが、感情を表に出さず溜め込むタイプにも見えました。
家では旦那さんにあたっているかもしれません。

>>医療用漢方エキス剤に当帰散ってありましたっけ?

ツムラには無いようです。

>>妊婦の便秘で多いのは気滞、血虚、気血両虚等。
浮腫に五苓散は妊婦でも使うことがあると思うが口渇喜冷飲が条件ではないでしょうか。
補脾利湿薬も考慮したいところです(例えば参苓白朮散など)。

>>当帰芍薬散の効能は補血、去寒湿、理気ですので便秘結を治す目的なら当帰建中湯
合四物湯などは如何でしょうか。

具体的なアドバイスをありがとうございます。
次回の来院時に漢方的な問診をして処方を決めようと思います。

四物湯は補血の代表的な方剤ですよね。
Hbが正常下限でしたので考えてみます。

ただ、補血によって循環血液量が増加し血圧が上昇するリスクも考えてしまいました。
(補血と輸液、輸血を混同しているのかもしれませんが)

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/02(土) 07:55:40 ID:hwBcv7vJ
中医だの日本漢方だのという区分にこだわってるやつはただのオタクだよ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/02(土) 12:32:17 ID:Xtx677Oa
>>78
私もそう思っていますが78さんはどの様な意味で仰っているのでしょうか。
使用する処方のことですか。それとも証の分類方法でしょうか。
証を決定するには中医的判断方法を用いるのが合理的手法だと私は思っております。

所謂る日本漢方学派の仰る、気血津液→気血水、中間証等々、基礎理論で???と感じてしまうことがあります。
無理矢理自分たちの理論を確立しようとしている気がしないでもありません。

>>77
《参考》
代表的なオ血の薬で四物湯に桃仁、紅花を加えた桃紅四物湯というのがありますがオ血を
取り除いて新血を巡らせるという考え方だと考察しております。その他多くの活血化オ薬に
四物湯が組み込まれていますね。四物湯は応用範囲の広い方剤で、他の方剤と組み合わせると
臨床の幅が広がります。残念なのはエキス散の場合熟地黄ではなく干地黄を使っているメ−カ−
が殆どということです。

虚実の捉え方ですが身体に不足があって(気血陰陽)起発する病が虚証、不要なものが侵入或いは
産生されて発病するのが実証です。しかしながら、実際には両方が入り混じった状態(虚実挾雜)
が多く見受けられます。
方剤でもそれに対応するように組み立てられているものが多いです。例えば六君湯(四君子湯+二陳湯)
四君子湯は脾虚の基本方剤ですが二陳湯は痰飮という邪実を去る薬です。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/02(土) 14:47:23 ID:qejBUt6k
しつこいのがまだ居座ってるようだなw
せっかく言われた通り3種の方剤>>21と中医学のセンキュウの考え方>>22出したのに納得してないw何故だ?
ここは中医学スレだってのにまだ居座ってるのは何故だ?
拘り持ってるやつがオタクと言ってる本人が一番拘り持ってそうなのは何故だ?

>>34
俺にふるなw

漢方オタクと言われたらちょっと嬉しくなるのは俺だけか?w

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/02(土) 17:18:41 ID:jn/8jH0R
すみません、スレ主ですが、中医学だけでなく漢方も加えていただいて構いません。
前に作ったスレがなくなってしまったので
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/kampo/1278986833/l50
よろしくお願いします。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/02(土) 18:13:44 ID:qejBUt6k
これでこれからは日本漢方もスレチじゃなくなったのかw
スレチだって言ってた俺の立場がないじゃないかw
でも、これで情報がごっちゃにならなければいいんだけどw
というよりも、粘着自演するやつがスレチじゃなくなるのがどうも解せない。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 10:28:17 ID:/wAI8zyu
>>21
寛胸行気散、行气下乳湯、行気開痺飲の出典、組成、効能主治を教えてよ。
21さんはそれらを使ったことあるの?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 10:35:56 ID:TnMg7K9O
>79>77

処方も処方を考える上でも、中医の考え方も役立つし、漢方の症例研究も役立ちますから。
薬が選べればどちらでも構わないですね。

漢方では、当帰芍薬散は妊娠を継続億させるために、ほぼ無条件で使用可能で、
軽い便秘には効果があるし、下肢のむくみに効く五苓散の作用のしくみは、
おそらく当帰芍薬散と同じ(白朮、沢瀉、茯苓)なので、当帰芍薬散で足りれば
要らないのではないか。それよりも当帰芍薬散を空腹時に飲んで
胃にもたれたりすることが多いなあと思うのでそのあたりの配慮は
必要かなと。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 10:37:18 ID:TnMg7K9O
×継続億
○継続

ただの入力間違いです失礼

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 18:39:17 ID:/wAI8zyu
当帰芍薬散ねえ…本来は婦人或いは妊婦の腹中コウ痛を治すものだったのに
誰が安胎薬(妊婦の保健薬)として使い始めたのかね。日本では吉益南涯が
好んで使ったみたいだね。
本来、古方では妊婦保健薬は金匱当帰散。
自分とこの第2子妊娠時に神応養真湯のませていたら髪の毛黒々、爪が伸び伸びの子が生まれたw

妊婦に利水薬の五苓散とかって羊水のこと考えない?俺なんか当帰芍薬散だって妊婦には
慎重に使う。

妊婦浮腫、一寸中医書をめくってみたら、虚証では脾虚と腎虚、実証では肝鬱気滞、
気滞挟湿、脾虚気滞と記載されていた。
当帰芍薬散で胃もたれはそもそも薬方が違うか、薬量が多過ぎるか健脾しすぎるかじゃないどろうか。

中医書みて妊婦浮腫と胎水とは違うことが分かった。勉強になった。ありがとう。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 19:54:09 ID:uu8vw6go
>>76
当帰飲でもなく当帰湯でもなく当帰散ね
それに当帰散(金匱要略)は医療用じゃないね
医療用って指定なかったから俺なりのベストを選んだつもりだったんだけどなー
当帰芍薬散を当帰散併せて、補血活血、健脾利水、潤腸通便、安胎パワーアップ
それから細かく言えば当帰散の出典は3つどころじゃなくて、もっともっとあるよ
俺も覚えてないけど数十以上あったと思う
別の出典元の当帰散を見ればもう全然別の処方、同じ名前なのに面白いもんだね
でも日本で当帰散といえば金匱要略のがほとんどだからそこまで気にしなくていいんじゃないかな

とにかく何が言いたいかっていうと、モンスター妊婦怖い

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/04(月) 00:09:11 ID:fHFljt9k
先生方へ

色々とお答えいただきありがとうございます。
浅学ゆえ分からない用語もあり的外れなレスになっていると思いますが、ご容赦ください。

>>79
>多くの活血化オ薬に 四物湯が組み込まれていますね。四物湯は応用範囲の広い方剤で、他の方剤と組み合わせると臨床の幅が広がります。

となると活血メインで治療を進める場合は四物湯を使いたくなりますね。
(桂枝ブクリョウ丸+四物湯という形になるのでしょうか?)

また虚実の考え方を日本漢方と混同しておりました、ご指摘ありがとうございます。
虚実挾雜=中間証というひどい勘違いをしていました。

中医学を学ばねば専門家の先生方とは話も出来ませんね・・・。
徐々に学んでいきたいと思います。

>>84
当帰芍薬散は妊婦さんに安心して使える方剤なんですね。
空腹時の服用で胃もたれがおこる、ということは、中医学的に言うと胃の降濁作用が低下してしまうということでしょうか。
脾胃の状態をみて、六君子湯や半夏シャ心湯などとの合方も検討してみます。

>>86
>当帰芍薬散で胃もたれはそもそも薬方が違うか、薬量が多過ぎるか健脾しすぎるかじゃないどろうか。
>妊婦浮腫、一寸中医書をめくってみたら、虚証では脾虚と腎虚、実証では肝鬱気滞、
気滞挟湿、脾虚気滞と記載されていた。

ありがとうございます。
確かに妊婦さん自身が出生時に低体重だったそうなので、先天不足があるのかもしません。
当帰芍薬散などで副作用が見られた場合は、活血だけでなく補腎や肝鬱も視野に入れて処方を考えてみたいと思います。

>>87
>当帰芍薬散を当帰散併せて、補血活血、健脾利水、潤腸通便、安胎パワーアップ

当帰芍薬散 合 当帰散はこの患者さんにはかなり適していると思いました。
特に黄ゴンには降圧と安胎があるとのことですので使いたいものです。
生薬単位で処方できればいいのですが・・・。
当帰芍薬散をこちらで処方し黄ゴン末を漢方薬局から取り寄せて加味してもらう、という方法も考慮してみます。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/04(月) 14:52:41 ID:1RQGUQoS
>>87
>当帰散の出典は3つどころじゃなくて、もっともっとあるよ
 
所属の研究会で方剤の出典等々を纏めているんだが、当帰散で上がってきたのは以下の三つ。

後漢《金匱要略》卷下、婦人妊娠病脉證治第二十。別名 芍薬湯で永類ツ方卷十八。

宋《r峯普濟方》卷第二十一、眼目。

宋《仁齋直指附遺方論》卷之九、虚汗。別名 団参湯で仁齋直指小兒方論卷之四、参帰湯で
杏苑生春卷之五、団参散で景岳全書卷之六十二。

(・は外字で表記不能)

俺は編集係なので実際には文献に当たっていないが、行き着く処がこの三つだったらしい。
もし他にあるのだったら厚かましさは重々承知の上、是非ご教示願いたい。

>>88
桂枝茯苓丸(桂枝茯苓丸料エキス)… 色々な考え方、使い方があるのだろうが、我々のグル−プでは
婦人チョウ塊(チョウはやまいだれの中に徴、現代の筋腫に相当すると思われる)に使用を基本としている。
金匱要略(後漢)婦人大全良方(宗)萬病囘春(明)勿誤藥室方函(日本、明治)に当たられると宜し。
一般用には血府逐オ湯、折衝飲、キュウ帰調血飲第一加減、補陽還五湯、冠心二号方などがある。
医療用エキス剤だとオ血薬は他に通導散、桃仁承気湯、温経湯、疎経活血湯ぐらいか?


黄ゴンを手近の生薬学で調べたら、【性味帰経】苦、寒。肺、胆、大腸経【効用】清熱燥湿、瀉火解毒、止血、安胎
とある。白朮との薬対で安胎作用がある。生で用いると清熱瀉火作用強く、炒用すると寒性が弱められて安胎に用い
られるとある。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/05(火) 19:51:26 ID:wilWB6Hm
>>89
マジで?!

数十は無理だけど、いくつか文献漁ってみます
数日気長に待って下さいな

>>88
オウゴン末使う時は原末だからエキス剤との配合量を計算しないと全然違う方剤になっちゃうよ
とりあえず、当帰散は諦めて当帰芍薬散合四物湯辺りで様子みては?
胃に重たそうだけど・・・


やったことないけど蜜炙オウゴンとかどうだろう?
蜂蜜の潤腸で更にパワーアップ・・・って、そこまでやる必要ないか
とことんやるなら蜜煎導法とかやってみてほしいな

91 :84:2010/10/06(水) 00:18:15 ID:r6bJbvzx
>>88
>当帰芍薬散は妊婦さんに安心して使える方剤なんですね。
ええ。このケースで保険適用薬の中で、可能性があるのは、
・当帰芍薬散
・当帰芍薬散+五苓散
・当帰芍薬散+四君子湯(または人参湯)

かと思われます。よく調べてください。

>空腹時の服用で胃もたれがおこる、ということは、中医学的に言うと胃の降濁作用が低下してしまうということでしょうか。

中医学的に考えたことがありませんが、当帰にはそういう副作用が起きることがある、
ということですね。食後の服用や併用など、何によって回避するかのほうが
重要ですね。

>脾胃の状態をみて、六君子湯や半夏シャ心湯などとの合方も検討してみます。
半夏瀉心湯、六君子湯は、証の一致がなければ使わないほうが
嘔吐、下痢、便秘などのトラブルを避けられると思います。


92 :88:2010/10/06(水) 22:24:50 ID:iphTIzpO
先生方へ

色々とお答えいただきありがとうございます。

私も先生方のように中医学(中国医学)を学び、臨床に生かしたいと思っています。
ただ僻地ゆえに独学にならざるを得ず、しばらくは書物を師とするしかない環境が続きそうです。
何かおすすめの書物がありましたらご教示いただけませんでしょうか?

現在私の手元にあるのは次の4冊のみです。
『やさしい中医学』、『漢方方剤ハンドブック』
『中医臨床のための舌診と脈診』、『基礎中医学』

生薬学や方剤学は、数日前に神戸中医学研究会のものを注文しました。
症例集、古典解釈本などは一冊も持っておりません。

あと古典とのかかわり方についてもお聞きしたいと思います。

以前とある日本漢方の先生からは『傷寒論』を読みこむように言われました。
しかし無味乾燥でイメージがつきにくく、挫折した経験があります。
古典の大切さは理解できるもののアプローチの仕方がよく分かりません。

数年前、製薬会社のセミナーで同じような質問をした人がいましたが、
「当たり前のことを聞くな!」
と漢方の大先生にお叱りを受けていました。

確かに漢方の先生方から見れば愚問かもしれませんが、
私たちのような入門〜初級者にとって古典との関わり方は大きな壁です。
個人的には原典を鑑みて処方を決められるようになりたいと思っています。

以上、お時間のある時にでもレスをいただければ幸いです。



93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/07(木) 09:54:05 ID:xuI75fGA
>>83氏の質問は興味あるねw

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/07(木) 20:34:03 ID:xTCroPnt
>>92
俺は日本漢方から中医学に入った口だけど、最初はちんぷんかんぷんでとりあえず同じように「読め読め読め」「覚えろ覚えろ覚えろ」的な感じだったよ
その点、中医学は理論付けされてるから覚えやすかったな
最初は中医学やってから、後から古典、日本漢方を勉強するのが理解しやすいと俺は思う

>>89
ゴメン、もうちょっと待って下さいな
今知り合いにも頼んで調べてもらってます
なんか同じ文献でいくつも被ってるのがあるみたいだわ
それが数十もあるように思えた原因みたい

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/08(金) 12:27:32 ID:zOOEQhEX
>>94
スマンね。宜しくたのんます。

>最初は中医学やってから、後から古典、日本漢方を勉強するのが理解しやすい

同感!

>>92
傷寒論は読んで理解するというより、朧気でも頭の片隅に入れとくのが良い。
臨床時に「そういえばこの症状は…」というのが出てくる。
但し、序文だけはよ〜く理解して欲しい。医師ならば特にね。
解説書、訳本は複数の人の物を揃える事を薦める。解釈が違ったりして面白い。
疑問に思った箇所は漢和辞典で一字々調べると思わぬ発見があるかも?
其為にはちゃんとした漢和辞典を持つことが重要(これも複数)。値が張るが諸橋大漢和持ってると
心強い。



96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 13:43:27 ID:UzZua1vi
前に中医学の、清熱と瀉火は同じじゃないかって指摘があったが
自分は、元気と宗気とかいう奇妙な用語はいらないと思ってる。
衛気と営気の考え方は方剤を考える上で必要だと思うが。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 16:22:02 ID:A61o88pr
>>83>>93も以前のやつと同じやつだろw
方剤名出してるんだから後は自分で調べろよ。
日本語の文献には恐らく載ってないから注意しろよ。
3種とも加減方で使ったことある。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 17:17:15 ID:UzZua1vi
93は自分だが、83氏は別。
中医学とはいえ、自由奔放な生薬の組み合わせが行われるわけではなく、おおかたは、
既存の処方をベースに生薬を加減するものだから、そういう珍しい方剤は、
どんな症状に使うのか、考えにくいんでね。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 18:52:17 ID:A61o88pr
>>98
とりあえずヒントは教えたんだし知りたいなら後は自分で調べてくれw

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 19:56:57 ID:fViAR80K
>>95
お待たせ
外字変換、その他間違いがあったらごめん

当帰散
「千金要方 巻三第十七」「幼幼新書 巻七」「宋・太平恵民和済局方」「女科万金方」「普済本事方 巻十」「儒扉事親 巻十五」
「活幼心書 巻下」「済陰綱目 巻一」「眼科全書 巻四」「育嬰秘訣 巻ニ」「医方類集 巻二一十」「銀海精微」「小児薬証直訣」
そして>>89の・の外字は「鶏」だと思う
「鶏峯普済方 巻十四 巻十六 巻二十一」
多く感じたのは下記の被ってるのがあったから
「太平聖恵方 巻11 巻12 以下巻略 14 18 19 22 23 34 37 43 48 56 58 59 61 67 68 69 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 88 89 93」
「政和聖済総録 巻33 以下巻略 56 70 74 76 89 90 99 103 105 121 144 150 154 155 166 167」

太平聖恵方と政和聖済総録は知り合いに調べて貰いました
なんでこれだけ被ってるのか俺は知らないけど、それぞれ当帰散で中身は少し違うらしい
千金方から引用してるものも多いみたいだし、調べたらまだまだあるみたい
これ以上は割愛させて下さいな

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 22:24:21 ID:e8f7ZjuR
>>98 使わないよ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/10(日) 10:33:56 ID:WTwqkeP3
>>83>>93>>98>>101 どう読んでも同じ人に見えるんだがw

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/10(日) 10:58:09 ID:+uCq66MU
>>97

>>83氏の質問には誠実に答えたほうがいいんじゃないか。
他の先生か、専門家の人のは、皆誠実に答えてるんで、
かなり差を感じるよ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/10(日) 11:53:36 ID:iX3jTNwI
この気持ち悪さ、、、例の痛い人です。

105 :92:2010/10/10(日) 13:59:11 ID:ZQ9trPEW
先生方へ

色々とレスをいただきありがとうございました。
秋の夜長ですし虫の声を聞きながら中医書や古典解釈本を読もうと思います。

『諸橋大漢和辞典』は15巻セットで18万円とボリュームがありそうですね。
薄給の身ですのでもう少し様子を見てから購入を検討します。

妊娠高血圧症の患者さんには当帰芍薬散を単独で処方しました。
先生方にすすめていただいた合方も検討しましたが、当方は漢方初心者ですので安全性を最重視しました。

お湯に溶かして飲んでもらったところ美味しいとのことでしたので、しばらく服用を続けてもらおうと思います。
これで効果がみられない場合は、先生方にアドバイスをいただいた合方も検討させていただきます。

初心者の愚問にお付き合いいただきありがとうございました。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/10(日) 20:22:28 ID:luOcv1Vt
>>100
おぉぉ〜!ありがとうございます。もっと時間掛かると思ってましたが凄いですね。
どこの研究会の方ですか?って言えるわけないよね。
方剤学の本作ろうとしてるんですか?

婦人大全良方みたらごちゃごちゃ亦々出てきたな。當歸、川山甲、蒲黄、辰砂、麝香って1日分
あたり、おいくら頂けば宜しいんでしょうか?w 105氏、こんな処方箋、指示書出さないでねw

・の外字仰る通り「鶏」で間違いではないのだが鶏は常用漢字で・には本字(谿−谷+隹)が入ってます。

>『諸橋大漢和辞典』は15巻セットで18万円

少し増えましたね。古本屋探すか裏の手としては海賊版(台湾辺りにあるかも)
結構知れた間違いとしての例は防己の己の字。日本では已を当てているボウイと
と読んでいるが中国の文献では「己」で防己は日本語読みでボウキが正解。
麻痺の痺という字も誤用。痺れるという意味でこの字が載っている漢和辞典は信用ならないので廃棄。

>寛胸行気散、行气下乳湯、行気開痺飲

方剤名から察すると近現代の方剤のようだが、人民衞生出版の中医症状鑑別、方剤学、
中医内科学、上海科学技術出版の中医内科学、中医実習手冊、實用中医内科学には
載っていなかった。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/11(月) 09:02:06 ID:qwMUfREB
>載っていなかった。

>>97は、使ったことがあると言ってるけど、
勝手に創作した方剤名かもしれないですね。聞いたことないし。
もうレスできないんじゃないかな。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/11(月) 10:30:28 ID:7oifX/pQ
漢方薬スレ(4) から来ましたw
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1264200617/

センキュウに気の流れがないと言っている人は上記スレの日本漢方自称プロと言われている人本人ですw
このスレでも数人が指摘しているけど、自分の意見と相反するものがあればそれを自演で排除しようとしますw
自分で答えられない回答に関しては、他人の力を借りて答えさせようとしますw
今後もこのスレでも暴れると思いますが、生暖かく見守ってやって下さいwww

>>107も自称プロだよww

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/11(月) 10:43:00 ID:a+W6BRCt
>>52
北京、遼寧、黒竜江、上海、天津、、、どこがおすすめですか?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/11(月) 21:48:35 ID:wjuqSOds
こう気候が変わるとカゼひきそう・・・・と思って桂枝湯つくって飲んだら美味しかった。
体もあったまって寒気も消えてバッチシ。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/12(火) 09:48:38 ID:qRP9Nab4
>>21
>でも川?の行気作用も期待して使ってる方剤は存在するよw
>寛胸行気散、行气下乳湯、行気開痺飲とかもっとあるよw


デタラメ処方か。そもそも効能がないのに処方が存在したらヘンだわなw


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/12(火) 14:48:57 ID:fRgxGG6M
三処方ともある。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/12(火) 15:09:45 ID:trN1mWq7
>110
メ−カ−の処方説明ってこんなレベル多いよなwww
中医学的に説明してみw

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/12(火) 19:35:55 ID:y3TNVcyv
>>109
俺はそこの何処にも行ってないからわかんない、ごめんよ
けど、周りでは通ってた人の方が進歩が早かったよ
当然遅い人もいてるだろうけどね
どこに行っても、ようは本人のやる気かと

>>106
久々に文献漁りまくったよ
方剤と生薬は好きだからよく読むけど、本を書こうとは思ってないよ
当然何処の研究会に属しているかも言えないです

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/12(火) 19:47:14 ID:y3TNVcyv
寛胸行気散、行气下乳湯、行気開痺飲
俺以外にも調べた人がいてるみたいだな
俺も以前調べたけど、これらはちゃんと存在する処方だったよ

調べてわからなかったらわからないと言えばいいと思うんだ

ろくに調べもせずに相手を陥れようとしているのが気分悪い
>>83>>93には答えてないけど、>>21は聞いた>>20に対して誠実に答えているんだよ
そして答えてもらっても感謝の言葉すらない
聞き方も悪ければ、答えなければ態度も悪い、どう見ても教えてもらう態度じゃないだろう
>>103は誠実なんて言葉がよく口から出せたもんだと思う
もし俺が>>21なら確実切れてるな

自演日本漢方晒し上げ
>>9>>12>>13>>15>>16>>18>>20>>23>>27>>30>>32>>33>>35>>37>>39>>40>>42>>44
>>83>>93>>98>>101>>103>>107>>111>>113

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/12(火) 20:39:07 ID:h5Awx8DK
行気下乳湯  験方新編

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/13(水) 00:10:38 ID:irHzPiKd
>>97
>3種とも加減方で使ったことある。

センキュウに気剤としての作用があるのかどうか、というのが元々の話(>>9)だから、
具体的にその3つの薬を使って、どういう気の異常が、どう改善したのか、具体的に書けばいいんじゃね ?

そういう意義深いレスを読みたいねw


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/13(水) 03:00:05 ID:+1vx8YmC
>>113
ケイシとショウキョウは血行促進し相乗効果によって発汗を促す。
ちなみにショウキョウは特に体表の血行を促進することが近年の研究で明らかになっている。

カンゾウは主成分のグルチルリンが擬似的なステロイド様作用をもたらして炎症を抑える
芍薬は鎮痛鎮痙作用があり内臓痛や筋肉痛に効果がある。
カンゾウと芍薬は薬対とされ、強力な鎮痛薬として芍薬甘草湯があるぐらいだ。

大棗は最近の研究で免疫力を強化することがわかっている。

構成される生薬から見た場合、桂枝湯は
体表にターゲットにした末梢の血行促進することで発汗促進して免疫力を増強することで感染症を治癒機転を期待するもので、
感染症の初期にありがちな筋肉痛や関節痛にもある程度対応できる方剤と言える。

以上でおしまい。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/13(水) 03:13:35 ID:BVaC7zul
>>113
えー、これも農業に似ておりますです。
中医学の湯液が、中国産の野菜と申しましょうか、農薬と化学肥料たっぷりの現代農業なら、
漢方医学の湯液が有機肥料を使った有機農業。
そして鍼灸が農薬も肥料も一切使わない完全な自然農で御座いまして、
土壌(人間の身体)本来の持つすべての命を育む力を引き出すことを、狙いとしております
です、はい。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/13(水) 19:43:21 ID:bdUo75VV
>>115
83は俺ですが他は違いますよ。
>>118
釣りだよね?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 00:00:12 ID:MaELhbOg
>>119

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 00:01:16 ID:MaELhbOg
>>120
なんでそう思うの?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 00:31:31 ID:MaELhbOg
桂枝湯は風邪の超初期に投与するのだから患者が医者に行こうと思った頃だともう適応外だという話は聞いたことがあるね。
じゃあ、家庭薬として予防的に使うなら良いじゃんと思ったね。

そんなに強い薬ではないし、実際煎じて飲むと旨いんだこれ。温まるだけでなく過緊張を解くためかリラックスできてよく眠れる。
確かにちょっと寒気がする程度の風邪ならコレ飲んであったかいかっこして寝れば一晩で治りそうだね。

傷寒論が出典だと思ったが原典の分量は多すぎるので1/3にした方が良いと思うよ。



124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 10:04:16 ID:O81G+rmY
>>107>>111
処方存在してて恥かしいだろwww

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 10:38:06 ID:19MONGQA
なるほど>>117氏には同意

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 14:43:27 ID:Va3reCaT
>>103


差を感じるべきはレベルの差

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/15(金) 10:51:25 ID:XsMHZQVe
>>117の質問はまたスルーですかね。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/15(金) 11:11:35 ID:Vz+rW4ji
>>117>>125>>127
自演馬鹿だからスルーでOK

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/15(金) 11:55:05 ID:XsMHZQVe
都合の悪い質問は全部スルーだなw

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/15(金) 12:15:40 ID:Vz+rW4ji
漢方薬スレと同じやつ同じやり方だから無視でヨロ

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/15(金) 14:06:54 ID:ike+aX7j
>>110,118,122,123
此処は中医学スレ。組成生薬を説明するんだったら「性味帰経」を解説しなくちゃね。
風邪って書いたら中医的には「ふうじゃ」って読むんだよ。
質問は別としてこのスレで何かを解説しようと思ったらそれなりの知識がないとただの嵐とされてしまうよ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/15(金) 19:16:09 ID:x0M9d9VO
131さんの発言の中にある「帰経」について質問させてください。
経穴だけではなく生薬にも帰経があるようですが、
太陽経に病があり麻黄湯などの適応がある時には、
足太陽膀胱経や手太陽小腸経の経穴を刺激しても効果は得られるものでしょうか?
それとも生薬学と経穴学の経絡は別物と考えたほうがいいですか?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/15(金) 21:16:19 ID:ike+aX7j
>>132
帰経とは生薬の作用を臟腑経脉に関連づけたもの。ある生薬がどの臟腑経脉の病に
効果があるかを述べている。

申し訳ないが鍼灸治療の実際については余り詳しくないないので詳細は鍼灸の専門家に委ねる。
但、生薬に対する経穴はあるはずで、そのような文献をみた記憶がある。
例えに上げられている太陽病での麻黄湯が適応する場合だが、麻黄湯の主な作用に発汗がある。
発汗=利水というと膀胱経を刺激しても良さそうだが麻黄湯適合証の場合は風寒によって肺を傷られている。
肺は「肺主行水」といわれ水液代謝に関連している事から、肺経の経絡を使うのが主になるのではないか。
桂枝湯を使うような太陽中風にも風池、風府穴を使うと傷寒論にあったはずで太陽病だから膀胱経、小腸経とは
なっていないと思う。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/16(土) 09:50:35 ID:azejU2Z8
>>127>>129
おいwここでもまったく同じやり方かよww

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/16(土) 17:50:03 ID:hampRoXB
何人かは方剤の内容まで調べられたみたいだなw
そんなに必死になって調べる程の内容のものでもないのにww

そして自演の人さあ、なんで俺がそこまでお前に教えてやらないといけないんだよw
俺から聞き出そう、そして揚げ足取ろうと見え見えだけど、知りたいなら自分で調べて自分で使えばいいだけの話。
もう一度言おう、自分で調べてくださいw
頑張れ!!

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/18(月) 09:34:48 ID:QUAixZtc
134 >り方かよww
135 >ないのにww

スレのレベル下げてる人さあ わかりやす過ぎないかその自演



137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/18(月) 10:52:19 ID:gJGte8Ig
自分の敵は全て自演に見えるのはいつも通り
そしてそれを周りに印象付けるのもいつもと同じやり方
理論で負け出すと話を逸らすのもいつもと同じやり方

>>136は漢方薬スレと同じやつだからスルーでヨロ

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/18(月) 12:07:23 ID:x0GBw7wm
あーあの、すり替えすり替えで質問ばっかしてたやつか。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/18(月) 20:21:16 ID:YJ8e7251
お前はまだ自演やってるのかよ
いい加減人を陥れようとするのはやめろ

自演日本漢方晒し上げ
>>117>>125>>127>>129>>136>>138

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 02:05:16 ID:U8O1Tbic
麻黄湯証みたいな表証に肺経は使わなくていいんじゃないかなー、たぶん。

麻黄湯証に膀胱経の申脈を選穴することもある。
でも帰経だなんたらよりその人に合った風邪を追い出す経穴を見つける方がいいんじゃないかなー。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 09:57:02 ID:WFAc4ZBL
>>136>>138
いいねぇwその相変わらずな自演の反応ww
その反応こそ自称プロだよw最近キレがなかったから安心したww

スレのレベル?下げてるのは誰かな〜?
俺?俺かもねww
お前は?w処方調べられなくて暴れてるお前はどうなの?ww

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 13:39:56 ID:mVxa4Xjd
以下の文は2008.10.10発行「新・光の12日間―5次元へのシフト/ゲリー ボーネル」徳間書店より

【中国ではある出来事が起きて、4億もの人が肉体を去るでしょう。
人工的な災害―三峡ダムが壊れるのです。ダムに水がどんどんたまり、
地面そのものがそれだけの巨大な水を支え切れなくなって自然倒壊します。
今、もう壊れかけています。中国政府はそれを知っていますが、どうしていいかわからないのです。
組織内に腐敗があって、いいかげんな工事をしたことが原因ですが、一番問題になるのが水の重みです。
 三峡ダムにどんどん水がたまっていって、大地が沈んでいきます。水が重すぎるので、ダムにひびが入ります。
まだ崩壊までに時間があり、修理できると思われているのですが、下流にある町や学校、ビジネスなどすべてが被害を受けます。
日本とアメリカの全人口を合わせたぐらいの人が、24時間で亡くなってしまうのです。】

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 17:29:36 ID:eVlme+nF
136の人がレベル下げています

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/24(日) 12:11:11 ID:x/l923SX
行気作用があるから、気の推動により血が流れるようになると思われ。。。

川弓窮 辛温無毒。主中風入脳、頭痛、寒痺、筋攣緩急、金倉、婦人血閉無子。

ついでに火>熱ね。

145 :患者だよw:2010/10/27(水) 21:16:37 ID:k//RSQSd
>>118
経験則だけじゃなくて科学的裏付けがあったんですね。
私はアマチュアですからナツメ社の入門書2冊持っているだけですが
漢方薬や鍼灸をやってもらう際、随分納得出来ました。
どうして漢方と中医学は仲が悪いのですか?
どっちが最強?どっちが本家?みたいなものですかね?
患者としては現代医学VS東洋医学みたいに思っていましたが・・・・・
中国から入ってきて日本で独自の進化を遂げたものなんていくらでもあると
思うのですが。


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/27(水) 23:36:03 ID:8M5yCdK7
>どうして漢方と中医学は仲が悪いのですか?

74.78,79,84あたりを読めばわかるさ。中医も漢方も
役立てばそれでいい。皆そう思ってる。
仲悪く見えるのは、一部の中医オタクの荒らしがあおってるからw


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 00:18:13 ID:6ZITjgpP
>患者としては現代医学VS東洋医学みたいに思っていましたが・・・・・
いやこれもないだろう。病気を治す医学なら何でも構わないよ


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 10:14:52 ID:2yjMBQtO
>>146
お前が荒らしてる本人だろがw
このスレでも、漢方薬スレでも日本漢方のこと悪く言ってるのは誰もいてないだろ?w
中医と漢方が仲悪いんじゃなくて、お前が中医嫌ってるだけww
中医のことをオタクとか言って悪いイメージ付けようとしてるのはお前だよww

>>147は同意w

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 12:07:20 ID:tmCXSFgU
>>148
>このスレでも、漢方薬スレでも日本漢方のこと悪く言ってるのは誰もいてないだろ?


いや、>>17を見るとわかるが、日本漢方を罵倒している下品なwとかいう口調はあなたじゃないかな?



150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 12:52:11 ID:80nvtN4u
上見てもわかるように、自演の人が一部の中医の人を毛嫌いしているだけです。

ううう、、、気持ち悪い、、、

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 15:57:34 ID:JJyjZq2j
>>145
118に書かれていることを科学的裏付けなどと思ってはいけない。我々はそんなものをベ−スに
処方を考えてはいない。
複数の生薬で構成される方剤中から少数の生薬中の化学的主成分を取り上げ、その方剤を語るなんてものは
科学でもなんでもない。非科学である。騙されてはいけない。

152 :患者だよw:2010/10/28(木) 19:19:23 ID:SGn97jea
>>151
非化学でも僕が処方された生薬効いてしまったのですが。
カンゾウ入ってました。さまざまな生薬が立体的に作用するらしい?
ただ日本だと本格的な生薬の配合をやってくれる薬局も少ないしその先生が
修行した流派とかにもよるのかな?とも思いますが。荒木せいじ先生の
直弟子の方ともお話した事があるのですが武勇伝面白かったです。でも
エキス剤漢方でしたw
僕としてはステロイドや化学薬品の長期使用が標準化されている現行の
治療が嫌なんです。さらば、総合病院。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 23:25:50 ID:iqa5eXzD
>>144
>行気作用があるから、気の推動により血が流れるようになると思われ。。。
>川弓窮 辛温無毒。主中風入脳、頭痛、寒痺、筋攣緩急、金倉、婦人血閉無子

引用文は神農本草経のようだが、>気の推動 とはその漢文のどこにも書いてないんだ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/29(金) 12:59:27 ID:N2eDwqYp
>>152
>非化学でも僕が処方された生薬効いてしまったのですが。
カンゾウ入ってました。

全く違う意味なんだがな・・・
君は論理的思考って知っているか?
それから、方剤を選薬する論理性が重要であって、エキス剤であろうが、煎剤であろうが
それは変わらない。

155 :患者だよw:2010/10/29(金) 19:40:18 ID:e3uVqB9t
>>154
おいおい、俺は患者でアマチュアだから。
保険の適用されている漢方薬(エキス剤)は350種類?
だったかな?これが所謂教科書レヴェルでしょ?
僕の生薬は教科書に載っていない原書レベルの生薬4種類を
混ぜて作ってもらったもので西洋医学の診断名よりも「証」
を重視して処方してもらったものですよ。
アマチュアの意見としては西洋医学の診断名に対応する処方を
する先生と「証」を重視する先生がいるとは思いますが。
さすがにエキス剤と生薬は飲み比べで全然違うと思いますw

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/29(金) 20:33:43 ID:y4whZza6
恐らく二人の会話は噛み合ってないw

157 :144:2010/10/29(金) 21:22:21 ID:3q/2hY00
>153

>引用文は神農本草経のようだが、
正解

>>気の推動 とはその漢文のどこにも書いてないんだ。

 残念ながらない。気の推動という表現は、中医の教科書で気の基本機能で書かれている
ところしか見たことがない。どれが元なのか分かる人教えて。
 昔の人は、その文脈と感覚から、その効能を見つけ出したんジャマイカ?
分かりやすく表現してみただけ。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/29(金) 21:46:31 ID:udZ6ZI8C
気の営養作用はどうするの?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/30(土) 00:29:08 ID:yNU14ceS
>144
>ついでに火>熱ね。

具体的には、何の症状を火と考え、何の症状を熱として考えるんだろ?

黄連の作用である清熱と瀉火は、処方を考える上で峻別する必要がないのでは、という指摘だろう。

こういうあいまいな用語を

>ついでに火>熱ね。

などとわかったような気になると、自己陶酔の世界に入って誰をも説得できなくなる。

宗気、元気も同じじゃないか。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/30(土) 09:56:40 ID:iVsoXHum
>>149
俺が>>17?w
うんw俺が>>17でいいよwww
漢方スレの素人も俺の自演だっけか?w
あとはどれが俺の自演?w

理論で勝てなくなると、いつも話そらせて攻めてくるねww
俺はそんなお前が好きだw

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/30(土) 20:12:11 ID:snmsvbzr
宗気の話を出したのは>>96>>159で同一人物となる。
清熱と瀉火の話を出したのは>>39>>42>>44>>59文体が全て異なるが同一人物となる。
>>93>>96>>98は同一人物だけど、これらも文体が全て異なる。
このことから>>159>>39と同一人物と見れる。
一方的に陥れるやり方が>>146>>149>>159が同じなのでこれらも同一人物。
事の発端の>>9>>12>>13>>15>>16>>18>>20>>23とも同一人物。
触らぬが吉。

162 :144:2010/10/30(土) 23:57:38 ID:xL4PO8Ul
釣られてみる。でも、非常にいい質問だと思う。

>159
 熱邪も火邪も同様に、上昇する傾向がある。
火邪の場合体表に現れる症状が多い。吐血、鼻血、皮疹、目の充血等

 熱は、体内に特にこもり、体表に症状が出にくい場合が多い。
発熱、のぼせ、発汗等
                 と認識してる。
>黄連の作用である清熱と瀉火は、処方を考える上で峻別する必要がないのでは、という指摘だろう。

 別に処方においての指摘というほど高尚な話ではなく、邪気としての概念を述べただけ。
もし処方で考えるならば、その症状から生薬の量の加減で清熱か寫火か決める。

 元気、宗気も同じとはどんな意味?
 

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 09:52:28 ID:CHttstPv
そういう書き方すると血熱、火じゃなくて熱で鼻血出てるじゃんwやっぱ熱も火も同じじゃんwwって返しがきちゃうよ?w
火と熱は程度の差だけで明確な症状の差なんてないw

明確な症状の差の話だと、日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の明確な症状を教えてほしいなww
比較的とか中等度以下とかって超あいまいじゃね?w

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 09:57:39 ID:CHttstPv
あ、>>161>>162も俺の自演ねww

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 13:08:27 ID:EUI1NVZo
■中国抗議デモ■
11月6日(土) 日比谷野外音楽堂
13:00開会 、15:45出発。 詳細は「頑張れ日本!全国行動委員会」を検索。
中国は「沖縄も日本に不法占領されている」とまでいい出した。今までもチベット人やウイグル人の土地を、そのやり方で奪ってきた。


■中共は「仏教を信じるチベットは野蛮」と勝手に決め付け、「解放する」と称し、1959年に侵略して120万人を大虐殺した。

大勢のチベット人は手足を切断され、首を切り落とされ、焼かれ、熱湯を浴びせられ、馬や車で引きずり殺された。女性たちは
繰り返し強姦されまくった。中国兵たちの取り囲む中で、僧と尼僧とは性交を強制された。拒否した僧は腕をたたき切られた。
中国兵はチベット人の死体の上で大小便をし、その上で踊った。

59年に労働改造所に収容された1万3千人のうち、4年後まで生き残ったのはわずか60人だった。食料はほとんど与えら
れず、人々は雑草・豚のえさ・ゴキブリを食べた。  出典:『中国はいかにしてチベットを侵略したか』 講談社 マイケル・ダナム

■中国の歴史教科書では過去の日本の侵略を詳述・誇大宣伝する反面、中国のチベット人侵略は全く認めません。日本の2ちゃんねる
でも、08年に工作員が「チベット農奴制を解放してやった」とうそぶいていました。百歩譲って「農奴解放」だとしても、
撤退せずに居座った中国はれっきとした侵略です。チベット人がいまだに叫び続ける原因はここにあります。



166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 14:43:27 ID:/O9GT0Bi
適当に答えてみる。


素問では気が虚したり、気滞になれば血凝が起こるような記述があるから、当時から気には推動作用があったと認識していたと思われる。
気が物質(臓器、筋肉含む)を動かすことは基本すぎるとして出典元なんてないということでは?


臨床上宗気が虚した場合、気短、喘促、呼吸急促、気息低微、肢体活動不便、心臓拍動無力や節律失常が発する。肺気虚、心気虚を混同した症状を発する。
臨床上元気が虚した場合、脾気虚や心気虚など各臓腑によって違う症状を発する。


センキュウの行気に触れている本草系文献(一部)
本草意要:行気
本草易読:開鬱
本草新編:散気
本草逢原:血中理気薬
日華子本草:一切風、一切気、一切労損、一切血


宗気に関しては素問、霊枢に記述あり。
その他、中風論、医旨緒余などにも記述がある。


火と熱に関しても素問に記述あり。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 01:41:48 ID:9bAvqfSx
>>166
>臨床上宗気が虚した場合、
>臨床上元気が虚した場合、

ところで、臨床上、それぞれの場合にどのような生薬を充てるのですかね。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 11:25:59 ID:A/oC+ZP1
>日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の

これは誰が言い出したのかね?大正時代くらいまでの漢方家はそんなこと云ってなかったと思うが
エキス散メ−カ−かな?
体力があったなら病気しないのにね。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 11:40:35 ID:R52eqVGb
>>168漢方薬スレが健康板にあるのでそっちで聞いてみたら?

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 11:41:26 ID:Cp8UQzQh
>>168
昭和の初め、馬場さん

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 13:17:14 ID:PZUxlXr4
>>167
>ところで、

何様wwww

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/02(火) 00:03:07 ID:FqL7kV0I
>>157
センキュウの効能を中医学の本で見ると、活血行気と書いてあるものが多い。ところが
神農本草経には行気とは書かれていない。現実の臨床でも、行気の効能は期待できない。
だから結局は、中医の教科書にはそう書いてある本が存在している、という程度の話なんだろう。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/02(火) 09:56:57 ID:z7GSR8FY
>>162 火邪とかって、言い方、医療関係(病院・薬局)でないなら、使ってもいいだろうけど、ちょっとこういうきっかいな中国語は人前ではちょっと使えないね。恥ずかしくはないですか。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/02(火) 10:06:54 ID:EV0uifZK
>>172
その解釈の仕方はおかしいだろww
お前にとっては神農本草経が全てみたいだけど、残念ながら中医学にとっては神農本草経は全てじゃないww

>>173
お前はそんな日本語の使い方してて、日本人として恥かしくないのか?w

なんでそう中医を嫌うのかね?w

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 00:33:58 ID:NV44ZYyT
>>162
その程度の認識なら、火だの熱だのと、あえて分類する必要はないと思う。
同じ黄連を使うわけだから、両方ただの清熱で足りる。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 09:50:31 ID:jgHXCofu
>>175
火と熱は素問に書いてあるらしいよ?w
ちゃんと調べた?ww

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 10:33:39 ID:1VDWb3os

熱邪は、外因によるもので、たとえば風熱とか暑熱、湿熱などが体を犯したもの。
火邪は、内生によるもので、たとえば気鬱や内湿などが熱化したもの。
性質は熱邪も火邪も同じだけど、原因が外からのものか、それとも中からのものかの違い。
と、習ったのでそのように理解している。

また宗気と元気は同じではなく、生成も働きも別なもの。

宗気は、脾が吸収した水穀の精気と肺から吸収した自然界の精気とによって生成され、
主な働きは推動作用で、発声や心臓の拍動、気血の運行の促進など。

元気は、腎の中の先天の精から生み出される腎中の精気が化成したもので、生命活動の原動力。

自分は鍼灸師だから漢方はわからないけど、作用も生成も違うから、宗気不足と元気不足では
配穴は違ってくるよ。



178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 10:39:37 ID:lBYxKwxX
>>175
その考え方は基礎を理解していない証拠、もしかして湿も飲も同じと思ってる?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 10:46:38 ID:lBYxKwxX
>>177
陰虚内熱が悪化して虚火上炎になる場合もあるから、外因、内因の考え方は微妙に違う。
それ以下は正しい。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 11:15:32 ID:mDTNdMqF
>宗気は、脾が吸収した水穀の精気と肺から吸収した自然界の精気とによって生成され、
>主な働きは推動作用で、発声や心臓の拍動、気血の運行の促進など。

>元気は、腎の中の先天の精から生み出される腎中の精気が化成したもので、生命活動の原動力。

「やさしい中医学入門」の本そのままだが、現実にはあまり役立たない。
中医学上、方剤を考えるときに、元気不足だから○○を加えたほうがいいとか
宗気不足だから△△を使おうとか、考えることは普通はしないな。
誰かこういう思考をしている人いたら簡単な具体症例挙げてください。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 12:05:45 ID:lBYxKwxX
考えようとしないのは力不足。
そして、調べることが出来ないのも己の力不足。

宗気不足には昇陥湯が代表方剤。
症例はググレ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 12:51:03 ID:loqgshfM
>>175
同意。清熱と瀉火はつながっている、というか同じ作用だから。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 13:22:23 ID:lBYxKwxX
基礎を理解していないのは別にどうでもいい。
ただそれをさも正しいように公言するのは止めて欲しい。
自作自演までして恥かしくないのか?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 15:19:57 ID:mhtC/uSh
>>177
引用元が、やさしい中医学入門とはね。初歩の初歩しかわからんよそれじゃ

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 20:14:28 ID:Trb4f1TS
>>184
ちゃんとお前のレベルに合わせてくれてるじゃないw

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/04(木) 06:21:19 ID:0JF4Zc5M
>>162
>体表に症状が出にくい場合が多い。
>発熱、のぼせ、発汗等



発熱とのぼせと発汗って体表に症状でないのか


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/04(木) 09:53:21 ID:xc2tEVF6
>>180>>182>>184>>186以外全部俺の自演ねw

>>162
釣られてみてどうだった?w
後悔したろ?www
こいつは何を言っても自己流の漢方突き通すだけだから関わるだけ損だよw

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/04(木) 12:14:57 ID:aXATf15M
>>181
昇陥湯を使いたい場合、宗気というより肺気が不足していると考えればそれだけでこの方剤は簡単に選べるよ。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/04(木) 18:55:02 ID:wrLwWliq
すごいしたり顔で語ってるけど、宗気と肺気の関係を理解してないからこういう発言が出来るんですね。
基礎を理解してないというより、基礎を誤って覚えてるみたいですね。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/05(金) 06:24:14 ID:c7uY77pD
>>117の回答出ないね。興味深い内容なんだが・・・

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/05(金) 11:33:47 ID:AGZ3WNnl
>>190
>>135

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/06(土) 10:10:41 ID:S7DrBT7b
>>167>>172>>173>>175>>180>>182>>184>>186>>188>>190
色々な人が自称プロの相手してるけど、自称プロは誰にも礼は言わないだろ?w
誰にも諂わない!自分が正しい!自分が一番!!
これだよwこれこそ自称プロなんだよww

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/06(土) 14:29:11 ID:YRIh5ORQ
>>180に、補足しておきます。

その入門者向けの「やさしい中医学入門」の記述で、
先天の気、後天の気について語っている前半はいいとしても、
問題は後半で、

>宗気は、主な働きは・・気血の運行の促進など。
>元気は、・・・生命活動の原動力。

この「気血の運行の促進」と「生命活動の原動力」の機能は、
文字が違うだけで、結局は同じことを語っているだけ。
だから方剤を考える上で、宗気・元気という用語は
必要ないと考えている。経験上それで困ったことはないからね。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/06(土) 16:34:36 ID:5SieC/a0
まだ言ってるw
知りたければ自分で調べて自分で使えばいいと言ったはずです。
1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
3度目は言わせないでくださいよ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/06(土) 16:44:13 ID:5SieC/a0
>>193
気血の運行と生命活動の原動力は読んで字の如く違うよw
前者は気血の運行、後者は臓腑を動かす力。
似てるようでも異なるもの。

元気宗気に関しても同じことだなw
>>193の言い方だと、ちょっと強引な言い回しだけど、

元気が足りない?じゃ、黄耆を使おう!
宗気が足りない?じゃ、黄耆を使おう!
衛気が足りない?じゃ、黄耆を使おう!
あれ?元気と宗気だけじゃなくて衛気も同じだね!?じゃ、宗気も元気も衛気も同じということにしよう!
これからは元気と営気だけでいいじゃないか!

元気が足りない?じゃ、人参使ってみよう!
営気が足りない?じゃ、人参使ってみよう!
あれ?元気も営気も同じじゃないか!?じゃ、元気も営気も同じということにしよう・・・ということになるw

自分が元気も宗気も分けなくても経験上困らないならもうそれでいいじゃないw
とりあえずそんなことより、例の三処方を調べて使ってみてくれよ!
それで感想教えて下さいw

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/06(土) 20:10:59 ID:dHRJx2wl
清熱と瀉火が同じで宗気と元気が同じ!?
ここにきてレベルの差がはっきりしてきましたね。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 09:58:22 ID:ROO3Gf2h
日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の明確な症状の回答はスルー?w

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 12:58:59 ID:tbvNdhvE
>経験上それで困ったことはないからね。

などとわかったような気になると、自己陶酔の世界に入って誰をも説得できなくなる。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 18:24:40 ID:6PXxQGcT
一個人の経験で言われてもなんの説得力もないねw

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/09(火) 10:12:47 ID:tf/0LINg
また都合が悪くなったからスルーかww
それか今頃必死になって粗探ししてるのかな?w

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 02:26:45 ID:82mtX+Tg
>>173
オカルトwっぽいからではないでしょうか

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 10:00:37 ID:Ifi6Lt+u
>>201
オカルトwww
ミス板でも行って来いww

他にももっとつっこみ入れるべきところがあるのに、なんでそこにつっこみ入れるのかねえ?ww

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 00:56:58 ID:PUG0rvx/
ミス板ってどこだよ
オカ板ならあるけど

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 09:49:59 ID:FUt4XccR
>>203
ミス板はミステリー板だけど、この場合はオカルト板だったなw
素で間違えたww

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/15(月) 15:36:52 ID:IlxyfnLq
>>201
学歴ヲタならもう何も言わん。
医者やめて社会に出れば駅弁≪底辺私大だと解かるだろう。

206 :167:2010/11/16(火) 07:22:05 ID:DuU8NqSy
>>166
>臨床上 と書いてあったので、てっきり中医師かと勘違いしてしまったw
自分は生薬名を聞きたかったんだが、回答は無理ならしなくてよいです。


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/16(火) 10:10:01 ID:QUKdHnCf
>>166は中医師なのか?w
そっかw俺は中医師だったのかww
自称プロに素人素人言われてたから、てっきり素人だと思いこんでたよwww

>>167>>206
無理ならとか言っちゃっていつもみたいに煽ってるけど、
そんな質問出来ちゃうお前は、根本的に基礎を理解出来てないみたいだよw
俺が臨床上で使う生薬をわかりやすく>>195で説明してあげてるからよく読んでねww

そしてなんで>>167で上げてるのに>>206では下げてるの?w

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/17(水) 09:37:03 ID:J7MXMAS8
釣られやすすぎて痛い

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/18(木) 10:08:29 ID:W1oj94QO
釣り釣られ宣言ほどかっこいいものはないよなww

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/20(土) 20:08:07 ID:0tE1Gjqr
もう無理とみて釣りでしたということにしたのかな?
必死すぎて釣りには見えないんだけどw

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/25(木) 11:01:40 ID:aMqJrnSE
毎日午前10時になると釣られるばか

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/25(木) 12:14:52 ID:JNFxUqQ+
今更釣り宣言は無理がある。
>>208>>211

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/27(土) 09:43:54 ID:fhWKRlTu
>>211
残念w俺は毎日見てないよww
お前みたいに暇じゃないww

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/02(木) 09:40:25 ID:YvcJehYe
毎日毎日10時にはage sage変えて必死で自演始めるよw

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/02(木) 10:00:28 ID:o1cqBm+P
>>208>>211>>214はこのスレでも漢方薬スレでも自演してる自称日本漢方プロだよw
それ以外は俺の自演ww
午前10時以外のレスも自称プロ以外は全部俺の自演ねw

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/05(日) 20:06:33 ID:7XrTMFyM
結局釣りということにして漢方薬スレのツムラ系は逃げたみたいだなw

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/06(月) 09:57:35 ID:dT24PEvD
最後に逃げるのはいつものことですw

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/13(月) 20:29:40 ID:ugEgPXKZ
test

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/16(木) 01:51:05 ID:B9nvOomi
甘草値上げ+輸出規制とか聞いたんだが大丈夫なの?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/16(木) 10:11:16 ID:vWyAhHF1
某生薬問屋曰く、超値上げは一部の話だけで実際はそんなに上がってないと聞いたなw
「そんなに高騰するなら、うちが抱えてる在庫は安いから売れるはずなのに売れない」ってww
でも、一年後はどうなってるかは知らないけどなw
この数年の生薬の値上がり方はちょっとひどいものがあるww

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/16(木) 20:29:30 ID:49fo236J
自分のとこは煎じメインだから生薬の値上げはきつい

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/22(水) 11:36:56 ID:kabCUYGr
2ちゃんねるニュース・Twitter bot・RSSサイト

2chニュースbotをフォローすると時事ニュースがとんでもなく面白く理解できる。タイムラインの難しそうだが気になるニュースタイトルをタップして飛んでみると、記事に対する2ちゃんねらー達の面白い書き込みによってニュースの内容があっという間に理解出来る様になる。

おれは今まで半ば義務感でニュースをサイトなどに目を通していただけなのだが、ツイッターの2ch速報のお陰で仲間の誰よりも時事問題の先端を行く様になってしまった。もはや中毒気味になる位にニュースが毎日楽しくて仕方ない。

このbotを知るまでツイッターには今ひとつ魅力を感じなかったが、このbotをフォローしてからツイッターが生活のメインになってしまった。2ちゃんねる掲示板を巡回してニューススレを見るのも見るのも悪くないが、こちらはかなり手間暇が掛かる。
しかしTwitterでは絶え間なく立てられる新着スレが放っておいても次々とタイムラインに届く。まさにツイッターならではの便利さ。

Twitterでは無くRSSでも2chを試したことはあるが延々と2chだけが続くのを見るのもちょっと疲れる。Twitterでは2chbotばかりでなくホッとする人のつぶやきも適度にタイムラインに載せられてくるのが心地よい。
またRSSとTwitterを行き来する手間も無くて楽なので、どちらかと言えば俺としてはTwitterにbotを入れる事をオススメしたい。

2ch、2ちゃんねる、news、ニュース、まとめ、bot、などの単語の組合せで検索すれば多数の2ch botの検索が可能だが、1タップで2chに飛べる下で紹介する顔文字botが特に使いやすくオススメ。

俺はRSSは使用しないが、ここではTwitterを使用しない人のために最新ニュース速報を次々と配信してくれるサイト2NN、2ちゃんねるニュースナビゲーターも紹介する。
ここでは敢えて四つしか取り上げないが、2NNサイト内であればどの掲示板でもRSS生成が可能。サイトを覗くだけでも良いがRSSリーダーで情報収集する人ならばこちらがオススメ。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 18:38:35 ID:PfVwZn60
なんだ日本漢方のやつは逃げたのかw
最終的にセンキュウも3処方も元気と宗気も清熱と瀉火も全て放り出して釣りとしたのはどうだろ?
結局無知晒して終わっただけかよ。

>>219
猪苓注文してみなw
甘草よりもひどいからw

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/27(月) 02:54:55 ID:S5ubFEv+
http://uraspi.lovelove.jp/mini/test/read.cgi/bbs/1242117739/
http://profile.ameba.jp/yu-yu-aa/
http://profile.ameba.jp/dccjdmj/
http://profile.ameba.jp/ddcgaac/
http://logsoku.com/thread/hibari.2ch.net/nntp/1284584223/
http://twitter.com/kisa_hime
http://twitter.com/sakura5333
http://www.blogpet.net/profile/view/0e22e8fadd74e397d7e5831d093d9ee2
http://www.zero-kan.com/profile/woman/yuuki-s.htm
http://dqname.jp/m.php?md=view&c=ki1089
http://spysee.jp/%E7%A8%80%E5%92%B2%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%A2/1180784/
http://www.unkar.org/read/yuzuru.2ch.net/ad/1286925106
http://www.nicotto.jp/user/mypage/index?user_id=397248
http://mypage.hangame.co.jp/profile/index.nhn?mid=%91%E5%8D%E8%81%40%8BH%8D%E7
http://ja.curecos.com/profile/?ch=78859
http://www24.atwiki.jp/persona2009play/pages/48.html
http://usokomaker.com/damono/r/%B5%A9%BA%E9+%A5%DE%A5%CA
http://profile.ameba.jp/urarasukua-ro/
http://e9.wtakumi.com/d.cgi?id=kisaki2008&rp=&mon=200811&p=15&mmd=0
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=CoeurxRueoc&P=1
http://pr.cgiboy.com/15114903
http://chakichaki.padotown.net/room.cgi?address=A71005

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/27(月) 11:48:16 ID:g8Zym1iF
無意味なコピペ
自演プロのスレ流しお疲れ様です!

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/28(火) 10:09:30 ID:dGDcFgwD
このスレを保守してくれてると考えたらいいんでない?w

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/10(月) 13:57:19 ID:h5udq076
>日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の

亀すいません、自分もこれ気になります。
具体的にわかる人はいませんか?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/11(火) 10:01:23 ID:l6629BL6
>>227
ここで聞いても明確な答えは出ないと思うよw

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/11(火) 22:12:38 ID:ytgE0PAI
>227
それの見立てができたら、もう一流じゃあないかな?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/12(水) 17:38:11 ID:eLQkhE8N
効能・効果に記載してある以上一般で売られている漢方薬を買っている人は皆見立てが出来る一流ということになる
しかし実際は具体的にわからず買っている人ばかりだと思われ

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 06:19:24 ID:ia7y2Tmt
漢方の質問なら漢方スレで聞いたほうがいいだろうね。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 10:04:50 ID:dJrcXscD
言っただろ?w
明確な答えなんて出ないってww
漢方スレでも明確な答えは出ないだろうけど一応聞いてみれば?w
漢方薬スレ(5)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1287180468/

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/15(土) 11:02:06 ID:Uj+SeSVf
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1287180468/341

これでわかるが230レス中、100レス以上があらし

汚水のようなにんげん

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/15(土) 11:02:53 ID:Uj+SeSVf
終了

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/15(土) 12:01:11 ID:lJ2kigXu
>>233>>234=漢方薬スレ及びこのスレの日本漢方の自演してる本人
何も答えられず結局逃げるので無視推奨

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/16(日) 09:56:45 ID:eo9RGHvQ
>>233
ここでも漢方スレと同じことやってるよw
俺が100レスなら、残りの130レスは自称プロになるのか?ww

本人は釣りのつもりらしいから、釣られるのは俺だけでいいよw

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/16(日) 15:54:28 ID:tYSvONJP
>>117の回答はやっぱ出なかったね。興味深い内容なんだが・・・

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/16(日) 18:24:36 ID:i+7ZATrt
>>117>>125>>127>>129>>190>>237
>>128>>135>>194>>223>>235

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/16(日) 21:50:07 ID:sbt+r7u/
これ面白いね

>>195
>気血の運行と生命活動の原動力は読んで字の如く違うよw
>前者は気血の運行、後者は臓腑を動かす力。
>似てるようでも異なるもの。

臓腑を動かす力は、気血の運行によるんだが、
気血の運行と生命活動の原動力は
どう異なるんだろ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 13:50:22 ID:xtAXClz4
たぶん195氏の言いたいのは精だと思います。精をただ基礎物質と考えるか、
機能的なものも含めて考えるかによって違うと思います。(通常は後者)
精のことは193氏も持っている入門者向けであるやさしい中医学入門にも
簡単に書いてありますので是非熟読してください。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 15:44:11 ID:SOKNecG5
>>193氏のレスは、その本の記述が不適切ではないかという指摘でしょ。
239をわかりやすく言い換えます。


>>195

>気血の運行と生命活動の原動力は読んで字の如く違うよw
>前者は気血の運行、後者は臓腑を動かす力。
>似てるようでも異なるもの。


臓腑を動かす力は、気血の運行によって生まれるのではないですか?


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 18:04:38 ID:Ou/cvoOB
臓腑が気血を動かしてるんだよ。
臓腑が動くようにすれば、気血も動くようになる。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 18:54:13 ID:xtAXClz4
241・・・なんか面倒臭そうなのでもういいです。ご自身の好きなように
中医基礎をご理解ください。しかし理解しても他の初級者が混乱する恐れが
あるので公の場での発言はお控え下さい。193氏も239氏も241氏も
同じ人ですよね?何故他人みたいな書き方してるのですか?

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/18(火) 09:58:37 ID:DJqckyTU
色々とひどいw

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/19(水) 00:00:13 ID:Hf7c8a7s
>193氏も239氏も241氏も 同じ人ですよね?何故他人みたいな書き方してるのですか?

いや193氏とは、別人だが。あなたと違う考え方をする人は、全部同じ人物によるもの
という思考に取りつかれているようだが、いささか小児病的ではないかな?

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/19(水) 00:09:00 ID:Hf7c8a7s
>>195
>気血の運行と生命活動の原動力は読んで字の如く違うよw
>前者は気血の運行、後者は臓腑を動かす力。
>似てるようでも異なるもの。

臓腑を動かす力は、気血の運行によって生まれるから、同じではないか

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/19(水) 10:04:02 ID:lC9Q0DQZ
俺から見ても>>193>>239>>241>>245は自称プロの自演に見えるよw
書き方ややり方、思考が同じだしww

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/19(水) 15:42:12 ID:UJopEnGG
自分に同意しない者に対して氏を付けないということが全てを物語っている。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/19(水) 23:58:46 ID:vGhvFjh9
前にもたびたび自演扱いされたので、こういうあおりはもう飽きたな。
中医学的な回答ができなくなると、IDが単発だの、これは自演だ、というたぐいの小児病的な反論ばかり。
で、>>246の質問もまたスルーでおわり。低レベル乙

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/20(木) 09:53:45 ID:booEq2NA
これまで自分は散々スルーしてるのに、みんなはちゃんと中医学的に回答してくれてるじゃないw
それに対して礼も言わずにいつもそうやって汚い言葉使って自分勝手に終わらせるんだなww
もっと大人になれよw

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/20(木) 10:49:56 ID:QGm1ayn2
>>250
これまで自分は散々スルーしてるのに、みんなはちゃんと中医学的に回答してくれてるじゃないw
それに対して礼も言わずにいつもそうやって汚い言葉使って自分勝手に終わらせるんだなww
もっと大人になれよw





252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/20(木) 11:41:57 ID:TmTQB+Md
>>251
これまで自分は散々スルーしてるのに、みんなはちゃんと中医学的に回答してくれてるじゃないw
それに対して礼も言わずにいつもそうやって汚い言葉使って自分勝手に終わらせるんだなww
もっと大人になれよw

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/20(木) 18:52:38 ID:OkxGSZ6y
自演プロが火病って荒らし出したwwww

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/21(金) 15:05:35 ID:R7fYucJn
都合の悪い質問はアオリだけだな
汚水のようなレスを垂れ流してスレをメチャクチャにしてやる
ただそれだけの情熱

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/21(金) 18:08:08 ID:aBtPMc3l
人はそれを荒らしと呼ぶ

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 09:49:48 ID:CysREDI2
>>254
みんなちゃんと答えてくれてるのにw
なんで自分に反する意見はスルーしてんの?ww

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/23(日) 11:36:01 ID:XAADLPSG
>>162
>体表に症状が出にくい場合が多い。
>発熱、のぼせ、発汗等

発熱とのぼせと発汗って体表に症状でないのか

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/23(日) 12:36:54 ID:ShYY243/
>>257
>日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の

亀すいません、自分もこれ気になります。
具体的にわかる人はいませんか?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/23(日) 23:45:37 ID:Pltcmk9f
>>258
漢方の質問なら漢方系のスレで聞いたほうがいいだろうね。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/24(月) 01:21:35 ID:uM9J6vnK
>>97
>3種とも加減方で使ったことある。

センキュウに気剤としての作用があるのかどうか、というのが元々の話(>>9)だから、
具体的にその3つの薬を使って、どういう気の異常が、どう改善したのか、具体的に書けばいいんじゃね ?

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/24(月) 11:11:43 ID:/lp1n1kZ
>>260
まだ言ってるw
知りたければ自分で調べて自分で使えばいいと言ったはずです。
1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
3度目は言わせないでくださいよ。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/25(火) 00:34:44 ID:TKVgCIWg
>>83氏も質問してるがこれもアオリだけだな
都合の悪い質問は全部スルーかアオリ

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/25(火) 10:12:09 ID:YRyPfZOd
これまで自分は散々スルーしてきたのに、よくそんなこと言えたもんだw

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/26(水) 01:22:39 ID:rn3/e14z
>>21
寛胸行気散、行气下乳湯、行気開痺飲の出典、組成、効能主治を教えてよ。
21さんはそれらを使ったことあるの?




265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/26(水) 10:01:11 ID:6zYLbSqy
すごい執念だなw
一つ聞きたいんだけど、自称プロは誰と戦ってるの?ww

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/28(金) 12:03:21 ID:C33oc6kR

汚水にんげんさあ、都合の悪い質問は全部アオリか、スリ替え質問ばっかじゃん

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/28(金) 14:56:48 ID:k9SIzOEi
>>266
おまえが言うなw

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/29(土) 09:56:28 ID:xZjiHCnf
>>266
おまえが言うなw

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/29(土) 10:25:14 ID:WUpBk1d+
>>266
おまえが言うなw

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/30(日) 00:55:42 ID:QzD8h6W2
>>166
>臨床上宗気が虚した場合、
>臨床上元気が虚した場合、

ところで、臨床上、それぞれの場合にどのような生薬を充てるのですかね。


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/30(日) 09:59:01 ID:nZPvA+oq
>>270
おいおい>>195がわかりやすく答えてるのに無視かよw
自分が納得できないからって無視はよくないよ?ww

俺の↓は自称プロには都合が悪いのかスルーされてるんだけど答えはまだ?w

明確な症状の差の話だと、日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の明確な症状を教えてほしいなw
比較的とか中等度以下とかって超あいまいじゃね?w

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/31(月) 10:26:57 ID:riUrBkWF
>>271
 >明確な症状の差の話だと、日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の明確な症状を教えてほしい

荒らし乙だけど、質問自体が、スレ違いなんで、漢方の質問なら漢方系スレで聞いたほうがいいだろうね。


273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/31(月) 14:28:02 ID:9LFRecyz
>>272自身が荒しの日本漢方。

>>81を見ればわかるが漢方の話もスレ違いではない。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/31(月) 23:23:09 ID:dW39pNm/
>>272
まあいいんじゃないですか。誰かが教えるといって逃げたわけじゃなし、
教えてくれる人が現れるの待ってれば。
本当に情報がほしいのであれば、他で聞いたほうが早いでしょう。

上げ


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/01(火) 09:55:08 ID:/AJgPvIB
>>271>>195 
同じ補気剤使うだけなら元気、宗気をわざわざ分ける必要ないじゃん

あと>>246はどうなった?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/01(火) 09:58:59 ID:zvIrfqYV
>>275
そうだねw
そうだったら衛気も宗気も元気も営気も分ける必要ないねww

で↓はどうなった?w
明確な症状の差の話だと、日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の明確な症状を教えてほしいなw
比較的とか中等度以下とかって超あいまいじゃね?w

俺は誰かではなくて自称プロに聞いてるんだw
都合が悪くないなら逃げずに答えてくれよww

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/01(火) 11:46:15 ID:vKdKEkUW

>>162は出ないとは書いていない出にくいと書いてある

>>260>>264は自分で調べることが出来るのだから自分で調べればいい

>>275>>195を読んで理解出来ないなら諦めた方がいい

>>246の答えは>>195>>240>>242を読んで理解出来ないなら諦めた方がいい

以上終了

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/02(水) 02:38:38 ID:G27u4WGN
>>193氏のレスは、その本の記述が不適切ではないかという指摘でしょ。
239をわかりやすく言い換えます。


>>195

>気血の運行と生命活動の原動力は読んで字の如く違うよw
>前者は気血の運行、後者は臓腑を動かす力。
>似てるようでも異なるもの。


臓腑を動かす力は、気血の運行によって生まれるので両者は同じものです。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/02(水) 09:58:28 ID:3bmb6BYA
>>278
理解出来ないなら諦めた方がいいらしいよw

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/02(水) 10:00:58 ID:3bmb6BYA
>>278
俺の質問はどうなった?w
自称プロ様、都合が悪くないなら逃げずに答えて下さいww

明確な症状の差の話だと、日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の明確な症状を教えてほしいなw
比較的とか中等度以下とかって超あいまいじゃね?w

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/02(水) 10:53:24 ID:DwtZlevy
基本は中医的には生体と死体を分けるものは気の運行だから>>278のとおりだろうな。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/02(水) 11:40:07 ID:g8cPGxHw

>>281
理解出来ないなら諦めた方がいい

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/02(水) 12:27:19 ID:0usV02ti
>>281
中医学的に生体と死体を分けるのは気の運行ではなく精では?
この自称プロと言われてる人は臓腑が気血を作るという基本をまるで無視しているようだ。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/03(木) 10:04:52 ID:FjXHLgK9
生と死を分けるものか、深いねw

285 :281:2011/02/03(木) 10:12:25 ID:KA1AGpUg
>>283

>中医学的に生体と死体を分けるのは気の運行ではなく精では?

気の運行なくして生体つまり生命活動は成り立たないということ。

>この自称プロと言われてる人は臓腑が気血を作るという基本をまるで無視しているようだ。

意味不明。思い込みが激しいだけでは?


286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/03(木) 11:28:51 ID:kPIxQQyr
>>285
理解出来ないなら本当に諦めた方がいい

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/03(木) 20:12:13 ID:6eFt1hW+
>>285
それらについて『わかる中医学入門』にわかりやすく書いていますよ。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/04(金) 08:09:54 ID:deW7lCQ9
いや重要な点は、その本の記述が不適切ではないかという指摘なんだ。


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/04(金) 12:52:20 ID:BhE9Ej7+
>>288
「やさしい中医学入門」と「わかる中医学入門」の両方の本を読みましたか?


>臓腑を動かす力は、気血の運行によって生まれるので両者は同じものです。

これはなんという本に書いてありますか?

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/04(金) 18:20:16 ID:eKQtsCrT
こんにちは285ですがわかりにくかったですかね?

>>281
>中医学的に生体と死体を分けるのは気の運行ではなく精では?

気でいいと思います。死体にはそれがないですからね。


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/04(金) 19:59:27 ID:KEtnlgJ3
>>290
その気が何から出来ているのかご存知か?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 08:13:29 ID:LxB3IAFF
>>97
>3種とも加減方で使ったことある。

どんな症例でどう加減したのですかね?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 09:55:12 ID:RyjWit9b
>>281>>285>>288>>290>>292
俺の質問はスルーしたままだよw
自称プロ様、都合が悪くないなら逃げずに答えて下さいww

明確な症状の差の話だと、日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の明確な症状を教えてほしいなw
比較的とか中等度以下とかって超あいまいじゃね?w

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 15:38:07 ID:vEX2lFR4
>>290>>292
「やさしい中医学入門」と「わかる中医学入門」の両方の本を読みましたか?


>臓腑を動かす力は、気血の運行によって生まれるので両者は同じものです。

これはなんという本に書いてありますか?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 01:02:12 ID:ulKwB24F
ソウキ、ゲンキは方剤を考える上では要らないと書いたんだが、166の内容↓で改めて指摘しておくよ。

>臨床上宗気が虚した場合、気短、喘促、呼吸急促、気息低微、肢体活動不便、心臓拍動無力や節律失常が発する。肺気虚、心気虚を混同した症状を発する。
>臨床上元気が虚した場合、脾気虚や心気虚など各臓腑によって違う症状を発する。


脾虚によってもゼンソクは起きるから、結局は、いずれの場合もゼンソクは起きることになる。
この場合、ソウキ不足の喘息と、ゲンキ不足の喘息を異なる生薬を使って治療するなら、
両者を分けて考える意味もあるんだが、現実の臨床家でそういう人はおそらくはいない。
だから方剤を考える上で、ソウキ・ゲンキという用語は必要ないと思うんだが。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 10:04:03 ID:gOWHXUOf
>>295
脾虚による喘息というのは所謂哮証の脾虚のこと言ってるのか?w
それなら哮証の肺虚と脾虚は違う処方、生薬使ってるよww
実際>>195はそれらをわかりやすく書いてあると思うよw
なんで理解出来ないかな?ww

ちなみに喘証には脾虚という証はないからなw

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 11:02:51 ID:N8KK/cJk
>>295
思うのは勝手だがこういう場での発言は混乱を招く恐れがあるので持論を押し通すのは止めて頂きたい

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 20:11:32 ID:VKHkut5O
自分は>>193で、方剤を考える上で、ソウキ・ゲンキという用語は必要ない、と書いたとおり、
何も変更する必要は感じないが、一般のクリニックや薬局のサイトが、わかりやすく
喘息の中医学的な治療について書いているので、貼っておきます。

ttp://www2.odn.ne.jp/~aaq77930/page014.html
ttp://www.okamotokojindou.com/allergy/detail03.html

ソウキ、ゲンキだのという奇妙な用語はここでも、ただの一言も出てきていないが、
現実の臨床とはそういうもの。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 20:26:42 ID:N8KK/cJk
>>298
この人には何言ってもだめなんだな

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 09:41:08 ID:jpMbK2xS
>>97
>3種とも加減方で使ったことある。

センキュウに気剤としての作用があるのかどうか、というのが元々の話(>>9)だから、
具体的にその3つの薬を使って、どういう気の異常が、どう改善したのか、具体的に書けばいいんじゃね ?


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 13:46:09 ID:jyHTk/ig
>>298>>300
「やさしい中医学入門」と「わかる中医学入門」の両方の本を読みましたか?


>臓腑を動かす力は、気血の運行によって生まれるので両者は同じものです。

これはなんという本に書いてありますか?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 18:30:03 ID:XBkg33Kx
イスクラのカンゲンカリュウってどうですかね?飲んでる人いますか?

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 19:42:23 ID:YuPIE1Cq
>>298プロが素人の参考するソース出してきてどうすんねんw
アンタ日本漢方は勉強してるかもしれんが中医学は勉強してきてないだろ?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 23:32:11 ID:CbzRgo5H
>>276のような >衛気も宗気も元気も営気も分ける必要ない

こういう短絡的な思考だと、処方を選べないだろう。
自分は、方剤を考える上で、元気と宗気という奇妙な用語は不要だが、
衛気と営気は必要だと思っている。当初書いたとおり。


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 10:03:40 ID:qnFJA9Yb
>>298>>304
そのサイト見たけど、中医学の喘息のこと一部しか書いてないじゃないw
しかも脾虚と肺虚では使ってる処方も生薬も使い分けてるじゃないかww
自称プロが読んでる中医学の文献って何?w
中医学の喘息の事書いてある文献って何を参考にしてんの?ww
宗気と元気が同じであるからそういう奇妙な用語は不用って書いてある文献って何?w
都合が悪いみたいで色々とスルーして逃げてるけどちゃんと教えてくれよww

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 10:14:34 ID:qnFJA9Yb
>>302
飲んでないし、どうって言われても良いんじゃない?としか言えないw

>>298>>304
>>303に言われてまっせでんがなまんがなw

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 11:20:16 ID:pTe/xZ5W
>>305
喘息の治療に、宗気不足、元気不足をいちいち分ける必要はないんじゃないか?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 12:22:43 ID:vyO5BZmF
>>297
同意です。これらが釣りとしても悪意を感じます。
>>298
それらのホームページに宗気・元気が同じものだと一言も出てきてません。
>>300
ご自身で調べてみましたか?
>>304
私も気になるので教えて下さい。
方剤を考える上で宗気、元気を分ける必要が無いと書いてある本はなんという本ですか?
>>307
実際に貴方がソースとして出した>>298のサイトでは分けて考えられているようですが?

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 20:26:12 ID:rddG9ocm
気の運行が無くなれば死ぬのは当然!
けど精が無くなっても人間は死ぬ・・・。
臓腑が無くなっても当然死ぬわな。
精が気血を作る基礎物質になっていてそれが生命活動の維持をしていると他の人は言いたいんだよ。
理解出来た?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 23:02:40 ID:Bh3ZIPnj
こぴぺですが、特に変更はないので、一応貼っておきますねw。

自分は>>193で、方剤を考える上で、ソウキ・ゲンキという用語は必要ない、と書いたとおり、
何も変更する必要は感じないが、一般のクリニックや薬局のサイトが、わかりやすく
喘息の中医学的な治療について書いているので、貼っておきます。

ttp://www2.odn.ne.jp/~aaq77930/page014.html
ttp://www.okamotokojindou.com/allergy/detail03.html

ソウキ、ゲンキだのという奇妙な用語はここでも、ただの一言も出てきていないが、
現実の臨床とはそういうもの。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 23:05:05 ID:Bh3ZIPnj
これも重要なのですが、スルーされているのでこぴぺしておきます。

>>276のような >衛気も宗気も元気も営気も分ける必要ない

こういう短絡的な思考だと、処方を選べないだろう。
自分は、方剤を考える上で、元気と宗気という奇妙な用語は不要だが、
衛気と営気は必要だと思っている。当初書いたとおり。



312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 23:06:58 ID:Bh3ZIPnj
>>276
衛気も営気も一緒では適切な処方が選べないと思いますが。



313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/09(水) 08:01:31 ID:sPL4rUlW
>>162>>163
私も気になるので教えて下さい。
貴方の解釈だとは、テレビ見すぎで目が充血したら、火じゃ、で、インフルエンザで41度くらいの発熱したら、熱じゃ
、になってしまう。火じゃ<熱じゃとなり、用語の定義は破綻しているのではないですか。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/09(水) 10:08:35 ID:HT8VsBqF
>>310-313
宗気と元気も一緒では適切な処方選べませんよw
それに熱邪火邪については明確な症状の差なんてないって書いてるからちゃんと読んでねww
で、俺の質問をコピペしておくから答えてねw

そのサイト見たけど、中医学の喘息のこと一部しか書いてないじゃないw
しかも脾虚と肺虚では使ってる処方も生薬も使い分けてるじゃないかw
自称プロが読んでる中医学の文献って何?w
中医学の喘息の事書いてある文献って何を参考にしてんの?w
宗気と元気が同じであるからそういう奇妙な用語は不用って書いてある文献って何?w

明確な症状の差の話だと、日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」の明確な症状を教えてほしいなw
比較的とか中等度以下とかって超あいまいじゃね?w

都合が悪いみたいで色々とスルーして逃げてるけどちゃんと教えてくれよw

>>308>>309にもに言われてまっせでんがなまんがなw

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/09(水) 11:12:43 ID:1uv1RtH9
>>308
> 実際に貴方がソースとして出した
いや俺じゃないけど。

> >>298のサイトでは分けて考えられているようですが?
いや、分けるも何も、宗気も元気も出てきてはいないね。PCで、ctrlキー+fキーで全文検索してみればわかる。喘息の治療に、宗気、元気という概念自体不要かもしれんね。あなたは喘息どう考えて治療してる?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/09(水) 15:03:12 ID:o2r8/wHx
>>315
> いや俺じゃないけど。
お前だよ↓もな

547 名前:病弱名無しさん [] 投稿日:2011/02/09(水) 10:50:06 ID:syeU4N+b0 (PC)
>俺は馬鹿だから>>512が誰かもわからないし、主語と述語が無かったら理解出来ないんだごめんねw
そういう風に質問してくれたらわかるよ

謝罪するくらいなら最初から荒らすなボケ 自演ばっかしてっから他も全部自演だと思い込んじまうだけだろが

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/10(木) 11:10:28 ID:BUxkoaMA
>>308
>私も気になるので教えて下さい。
>貴方が
という書き方をしているので、>お前だ、とかいう下品な言い方で毎日毎日あおっている>>316の人とは、別人になると思うので、ご本人にもう一度お尋ねします。



> >>298のサイトでは分けて考えられているようですが?

いや、分けるも何も、宗気も元気も出てきてはいないね。PCで、ctrlキー+fキーで全文検索してみればわかる。
喘息の治療に、宗気、元気という概念自体不要かもしれんね。あなたは喘息どう考えて治療してる?

318 :308:2011/02/10(木) 12:19:50 ID:EBAGiMXh
>>317
308です。
私が先に貴方の質問に答えた場合、私が質問をしても貴方は答えない場合があります。
私の質問に先に答えて頂ければ、貴方の質問にも真摯に答えさせて頂きます。
貴方が>>298で無くても貴方の意見が気になるのでお尋ねします。

貴方は寛胸行気散・行気下乳湯・行気開痺飲の三処方を調べることが出来ましたか?
貴方が普段参考にしている中医学の基礎本、応用本はなんという本ですか?
貴方が喘息の治療に宗気・元気という概念が不用と考えられるとした本はなんという本ですか?それとも貴方自身の自論ですか?
>>316を見るとお前という言葉よりもボケの方が下品な言葉と思いますがどう思われますか?

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/10(木) 13:55:54 ID:x7t9mZpf
>>318
その人は何かと理由をつけて何も答えないですよ
ただの荒しなので無視でよいかと

320 :313:2011/02/11(金) 08:57:46 ID:FQel+Q99
>>314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/09(水) 10:08:35 ID:HT8VsBqF
>それに熱邪火邪については明確な症状の差なんてないって書いてるからちゃんと読んでねww

なるほどありがとう。結局は、>>175>>39の意見のほうが適切だったということでしょうね


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 09:59:15 ID:QHvWJJn3
おお、初めて自称プロにありがとう言われたw
でも、その解釈は間違ってるからねww
そして俺の質問は逃げたままスルー?w

あと追加で質問しておくかw

>>320
貴方が熱邪と火邪又は清熱と瀉火の区別が必要ないと書かれている本はなんという本ですか?それとも貴方自身の自論ですか?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 10:07:56 ID:QHvWJJn3
そもそも釣られた>>162の尻拭きをなんで俺がしないといけないんだよw
自称プロと遊ぶ気がないんだったら他の人はこれ以上絡むなww
数ヶ月以上も粘着し続けるんだから、自称プロと絡むんだったらそれぐらい覚悟してから絡んでくれw

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 08:18:17 ID:e4w7IPtk
>>320 を読むと意味不明ですが、自分の関連したところだけレスしておきます。

>貴方が熱邪と火邪又は清熱と瀉火の区別が必要ないと書かれている本はなんという本ですか?それとも貴方自身の自論ですか?

本というより、あなた自身が、>>314で断言していますよ。
>熱邪火邪については明確な症状の差なんてない

それ以前に、>>313で、私が書いたとおり、あなたの中医用語の定義が破綻しているんで誰でもそう思うよ。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 08:21:27 ID:e4w7IPtk
×  >>320を読むと意味不明

○  >>321を読むと意味不明

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 10:02:31 ID:/onB+lw8
>>323
中医を理解出来ないなら理解出来ないって言えばいいのにw
その様子だと>>178の言うように湿と飲の違いもわかってないだろww

で、相変わらず俺の質問はスルーw
>>314もスルー、なんという本かもスルー、自論かも断言出来ないww

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 11:50:50 ID:37shWD6I
307,315だが、喘息の治療ネタだったので書き込んでみたところ、318のような被害妄想狂にレスしてしまったようだ。


下のHPも宗気、元気という概念自体出てきていないが、喘息治療の参考にはなるね。
www.park-integrated-clinic.com/contents/symptom/kikansizensoku.html

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 13:35:32 ID:Ncy/uhzm
>>318
>>323,326は何かと理由をつけて何も答えないと書いたとおりになりました
>>254を見てもわかるようにただこのスレをめちゃくちゃにしたいだけですよ
これ以上この荒しは無視でよろしいかと

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 15:39:47 ID:WBNk0pA6
>>254>>257>>259>>260>>262>>264>>266>>270>>272>>274>>275>>278>>281>>285>>288>>290
>>292>>295>>298>>300>>304>>307>>310>>311>>312>>313>>315>>317>>320>>323>>324>>326
全て同一人物=自演日本漢方=自称プロ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 10:00:58 ID:XwKlAK8I
>>326
被害妄想狂w
自称医療関係者がよくそんな酷い言葉使えるなww
お前とボケと被害妄想狂のどれが一番下品だと思う?w

330 :308:2011/02/14(月) 12:53:27 ID:fQ67PoTw
>>326
308です。
やはりと言うべきか、私が先に答えなくて正解だったようです。
結果私の思った通り貴方は>>298であり>>307であると思います。
下品な言葉遣いを見ても>>316の言っている事が正しく、流れを見ると>>319>>327>>328の言っている事が正しい。
他人のホームページの言葉ではなく貴方自身の言葉、本の言葉を聞きたかったのに残念です。
最後に貴方が拘っている話は衛気営血から派生している自論ではないでしょうか?
中医学は衛気営血に止まらずもっと幅が広いのでもう少し勉強をしてから自論を述べて下さい。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 18:59:54 ID:G5sd6Epw
>>330
せっかくの良スレなのにそんな事言ったらまた荒らされるだけだろう、そういう人は無視するに限る

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 09:57:42 ID:/YC8ti1i
良・・・スレ?w

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 23:26:49 ID:Z+OZ0rFT
>貴方が熱邪と火邪又は清熱と瀉火の区別が必要ないと書かれている本はなんという本ですか?それとも貴方自身の自論ですか?

>>42で回答してあるじゃん

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 22:20:16 ID:h3r8edli
>>282
デカイ口叩く暇があるならお前が説明して見せろよ池沼w

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 10:17:18 ID:kCwDgfDC
>>333
ソースは本ではないんだねwそして偉い人って誰?w
あと、>>58見てみなよww

>>334
みんな説明してるのに理解出来てないのは誰だろう?w

あと、自称プロは俺の質問スルーしっぱなしだよw
>>318の質問にも答えてあげなよww
都合悪いの?ねぇ都合悪いの?w

単純に答えられないのだろ?w

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 23:52:21 ID:m2ZMdFJL
>>320
清熱と瀉火なんて何も変わらんよ。虚熱と実熱のような意味のある区別とは違うんで。
雰囲気っていうのかな。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/18(金) 19:21:43 ID:SkhodAEG
>>333>>334>>336
理解出来ないなら本当に諦めた方がいい

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 05:45:37 ID:kvntHro0
>>337
理解出来ないなら本当に諦めた方がいい

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 07:15:12 ID:Urvtr4tb
返答もとむ

私自身、身体があまり強くなく何となくネットで出会った中医学というものを
自分のため、それと家族のために通信教育で勉強してみようかと思ったのですが
難しそうですね・・・。漢方の知識とか特に必要ないんだけど、何かいいテキスト
などのアイデアありませんか。

いくつかHP見たのだけど、見れば見るほど怪しく見えてくる・・
お商売のための勉学、て感じの所が多いね。そんな所ほどべらぼうに高い。
開業とかしないんだけどなあ・・・

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 09:57:45 ID:UffdXeLi
>>336>>338
>>335をスルーしてるよw

>>339
そこまでのレベルを求めてないなら中医学基礎本でいいのでは?w
このスレでも何度か出てる「やさしい中医学入門」とか超初心者向けだよww

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 00:25:33.94 ID:N+5tiGF3
>やさしい中医学入門

このスレで中身どうなの?って指摘されてましたね

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 09:54:11.85 ID:GGuL5vA1
>>341
複数人勧めてて、どうなの?って言ってるのは一人だけだけどなw
それにそう思うのならただ煽るだけじゃなくて代替本を挙げればいいだけだろww

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 15:38:51.27 ID:dIY8Zh1q
>>326
まじめに喘息の治療法とかレスしても、無駄ですよ。

常駐してる荒らしの目的は、中医学理論じゃなくて
このスレを滅茶苦茶にしてやるというただそれだけだから。
意味のない質問だらだら並べ立てるか、アオリばっか


344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 16:33:58.07 ID:TjEII9Nk
>>343
めちゃくちゃにしてるのはお前だろ!
みんなちゃんと答えてるのに下品な言葉ばかり使ってアオってるのは誰だよ!

結局>>326も逃げたまんま>>343も都合の悪い質問は全部逃げている
頼むから中医学の話が出来ないならどっか行ってくれ!

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 20:12:36.59 ID:zHpJK/X6
女は感じまくって逝きまくっても射精しないけど、
中医学では身体にいいの?悪いの?

セックスできれいになるみたいな糞情報多いね最近。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 12:03:23.95 ID:2WYIwED1
>>333>>334>>336>>338>>341>>343
全て同一人物=自演日本漢方=自称プロ

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 10:14:04.16 ID:CGfB1wTN
>>345
房室過多という言葉と過ぎたるは猶及ばざるが如しという名言を君に捧げようw

>>343
みんな普通に中医学理論を述べているけど?w
理解出来ない?ww

ちゃんと中医学理論の話しようぜw
とりあえず>>293>>314>>318>>335に答えてよww

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 23:48:36.84 ID:+phn3hsA
ところで花粉症って中医学じゃどう解釈するの?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 18:52:48.07 ID:s+Lb2sxe
衛気不足と風湿、風熱邪

>>348
日本漢方ではどう解釈するの?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 09:20:51.04 ID:WTqRI2ZI
>>348
カゼみたいなもんだな。初級本なら、ロキョウカの「中国漢方がよくわかる本」あたりがわかりやすい。

衛気はなくてもいいという>>276の意見はデタラメなんで注意。キチガイにんげん。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 09:51:15.93 ID:ZEDxvZOs
>>350
よく読めw
俺は>>275のその考え方なら衛気も宗気も元気も営気も分ける必要ないねwって書いてるんだww
俺はそれらの気はそれぞれ存在するという側だぞ?w
よく読まずにキチガイとか言えるなんてほんとに医療関係者かと疑うねww

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 17:16:50.49 ID:yw1Y8vch
>>348
>ところで花粉症って中医学じゃどう解釈するの?
中医学勉強する前に礼儀の勉強した方がいい

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 09:44:07.62 ID:vg3B8uS5
>俺はそれらの気はそれぞれ存在する

気が存在するかどうか、ではなく、方剤を考える上で、宗気、元気という概念が必要か?というのが趣旨でしょ。
臨床上、そういう概念は要らないのではないか?というのが、>>310>>326の指摘。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 10:15:13.28 ID:lE1vv54e
>>353
だ〜か〜ら〜w
それを>>195がわかりやすく説明してるって何回言わせるんだよww
臨床上、処方を考える上でそれらの概念がきちんと使いこなされてるんだよw
そのサイトでも脾虚と肺虚では使う処方も生薬も使い分けてるだろ?ww

だいたい、>>351では宗気、元気が必要かが趣旨では無くて、>>350の衛気はあるかないかの話だろ?w
よく読めってばww

俺はちゃんと答えてるんだから自称プロも逃げずにちゃんと答えてよw
>>>293>>314>>318>>335に答えてww

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:49:50.34 ID:WhHwQooy
>349>350
ありがと。
たまたま別用途の解表薬がいっぱい入った方剤を飲んでいたら花粉症がラクになった理由がわかったよ

>352
知らないなら無理する必要はないよw


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 11:38:57.77 ID:Vr9K7zC0
このスレ読んでるとわかるが本とか持ち出しても実戦経験がないとどうにもならんな

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 12:22:59.37 ID:w9DS7bua
>>349,350
>衛気不足と風湿、風熱邪

衛気不足と六淫の邪、「カゼ」みたいなものじゃなくて「感冒」みたいなものという言い方の方が良いかと
それから風湿、風熱、いなくはないけどウチじゃあ少ないよ。春一番以前は寒邪、以降は風邪、風温が多いよ

外感と内傷病に分けて考える必要もあるよね。それとこれからの時期、誤治による壞病も増えてくるから
厄介だよね。
あと、ここは素人さんも覗くみたいだからいっとくけど、医師でも薬屋さんでも小青龍湯をファ−ストチョイスする処は
まず、漢方素人とと考えていいよ。注意してね。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 23:59:14.04 ID:uSvJHWXr
>しかも脾虚と肺虚では使ってる処方も生薬も使い分けてるじゃないかw

脾虚でも肺気虚でも腎虚でも何でもいいけど、
「喘息の方剤を考える上で、ソウキ・ゲンキという用語は必要ない」、というのが
>>193の指摘。

ソウキ、ゲンキっていう用語要るのかね?

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 09:07:10.57 ID:0XykKLmc
>>34 >中医ではセンキュウに行気作用もあります。
遅レスですが
http://www.yakuzenjoho.net/houzai/etugikugan.html
ここに、行気剤11種類の方剤が出ているけど、センキュウはそういう作用はないようです。コウボクか何かの間違いではないですか?

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 10:00:49.81 ID:boZr2EQO
>>356
素人が参考にするようなサイトをソースとして持ってくるような人が多いからねw

>>358
喘息の方剤を考える上で、それらのサイト見てもどこにも衛気と営気について書いてないけど?w

>>359
そのサイトの中薬-センキュウのページに活血行気って書いてあるよ?w

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/01(火) 11:37:24.52 ID:JEqxKxow
宗気をいらないっていってる人は素問霊枢読んでないのか?

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 01:02:56.86 ID:Jt2wD2V6
>>360
>喘息の方剤を考える上で、それらのサイト見てもどこにも衛気と営気について書いてないけど?w

宗気と元気だろ。>>295読めばわかる

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 09:44:10.60 ID:LWJAtq/Y
>>360
>川?-活血??、血鬱を治す

http://www.yakuzenjoho.net/houzai/etugikugan.html
書いてありますよ?行気剤の中で川?が含まれているのは、えつぎくがんだけみたいです。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 09:48:54.04 ID:LWJAtq/Y
文字コードで、?に変換されてしまいまいたが、カタカナにすると
川キュウ-活血キョオとかいてあります。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 10:05:13.10 ID:LU961+JN
>>361
>>166をスルーしてるあたり読んでないんだろうねw
火と熱のこともスルーしてるしww

>>362
俺が言いたいのはそれらのサイトに衛気と営気について書いてないから衛気と営気という言葉は必要ないのでは?ということw
こう書けばそれらのサイトに書いてないから必要ないということじゃないだろ?ww
宗気も元気も衛気も営気も必要な言葉さw

>>363
効能のところに活血行気と書いてあるよw
http://www.yakuzenjoho.net/chuyaku/senkyu.html
同じサイトのセンキュウのページだよww

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 11:00:06.79 ID:JmjyvrgA
結局具体回答ないままだな

>>166
>臨床上宗気が虚した場合、
>臨床上元気が虚した場合、

ところで、臨床上、それぞれの場合にどのような生薬を充てるのですかね。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 12:01:48.16 ID:a5d5+oKy
輪廻達成

現在の宇宙から地球が消滅しそうになれば,過去の宇宙に地球ごと時空旅行して,地球だけ存続する.
人々はヒトパピローマ・ウイルスを発症することによって,寿命が永遠に近づく.

人工知能

予め人間がロボットに辞書的に状況を読み込ませて教科書的に原因と結果を判断させるプログラムを作る.
さらにプログラムの更新も導入する.
そのプログラムを実行させれば,ロボットの動作を見た人間はロボットに"心"を感じるようにならないだろうか?

適当な教科書の目次をWikipedia や辞書,検索エンジンなどで調べて勉強してください.

Amazon.com http://www.amazon.co.jp/
Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/
Google http://www.google.co.jp/

Eddie Roberts - Roughneck http://www.youtube.com/watch?v=mGuADCi3iwA
Gerardo Frisina - Intenso http://www.youtube.com/watch?v=YubIzIc8gkE
Koop - Relaxing at Club http://www.youtube.com/watch?v=-0ekw19efRw
Rose Rouge - St. Germain http://www.youtube.com/watch?v=gkZXFg_Sk7o
Soulstance - 'Nucleus' http://www.youtube.com/watch?v=eWc4lW6u7tM

Youtube http://www.youtube.com/
Download Tube. org http://downloadtube.org/

Yourfilehost検索 ―アダルト動画ナビ―http://www.worldadult-videos.info/index.php
アダルト動画 裏アゲサゲ ―無料アダルト動画―http://asg.to/
Tube8.com http://www.tube8.com/

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 12:02:28.80 ID:a5d5+oKy
財務省貿易統計 http://www.customs.go.jp/toukei/info/index.htm
日本政策金融公庫 http://www.jfc.go.jp/

資金の限度額の制約の下で商品を一つだけ生産する.
変動費用=運転資金,固定費用=設備資金とおく.
今期の変動費用と同じ額=来期の変動費用,今期の固定費用と同じ額=来期の固定費用とする.
このとき,販売価格の公式を与える.

販売価格の公式=[(2×変動費用+2×固定費用)÷生産数量]×税

変動費用=運転資金が増加すれば,大量に生産できる.
企業内で余った資金は変動費用=運転資金に加える.

毎月の減価償却費用の定義式

毎月の減価償却費用=[(減価償却の対象となる固定費用−||毎月の減価償却費用×経過年月||)÷(耐用年月−経過年月)]

毎月の減価償却費用の定義式は移項してはならない.



369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 13:32:54.11 ID:W1Fb4gsM
>>363
越鞠丸のことを詳しく書いてあるサイトを紹介しておきます
中国語サイトなので理解出来るかわかりませんが一応参考まで
ttp://dic.eqie.com/D41/b8501.htm

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 01:18:17.32 ID:cTgVJ9WK

>365 >それらのサイトに書いてないから

衛気という概念が必要な疾患ではないから書いてないだけ。
必要なら書いてあるさ。花粉症 中医でググってみ。いくらでも衛気と書いてある。
指摘されているのは、方剤を考える際に、ソウキ、ゲンキという概念は要らないのではないかという話。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 09:54:46.58 ID:R2mlWr02
>>370
宗気 喘息でググっても宗気と喘息が関連されてること書いてあるよw

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 10:10:07.04 ID:R2mlWr02
>>370
宗気 喘息でググって出てきたサイトの一部だよw
これなら自称プロでも理解出来るんじゃないかな?ww
肺気虚損
http://www.geocities.jp/babaolv/yakuzen/c/top_menu/byouki/5_zou.html
喘息 肺虚(URL全てコピペ)
http://www.gyojya.jp/medicine/report/cyuigaku/201001(zensoku)/newpage2.html

>>366
宗気不足の生薬
http://www.anzu-mura.com/kyoshitu/data/24c.html

ほらw俺は他人へのレスだろうとスルーせずに答えてるよww
自称プロも逃げずに>>>293>>314>>318>>335に答えてよw

それともまたスルーしちゃう?w

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 00:36:25.11 ID:ETxL2OPA
>>372
>肺気虚損
>http://www.geocities.jp/babaolv/yakuzen/c/top_menu/byouki/5_zou.html

↑そのサイトから、該当箇所を全文引用して説明したほうがよさげだな。

>肺気虚根となると,宗気と津液の輸送機能に影響が現れやすい。
>例えば,肺気虚損のために宗気が虚弱になると,呼吸機能が弱くなり,咳嗽・喘息・息切れなどが現れる。
>これらの症状は疲労によって悪化する特徴がある。また肺気虚損が衛陽虚弱を引き起こすと,
>奏理がゆるみ,表虚となって自汗が出やすくなり,感冒を患いやすくなる。
>一方,肺気虚損のために津液の輸送機能が減退し,水の代謝や輸送が悪くなると痰飲や浮腫を生じる。

この中で、挙げられた症状は、>咳嗽、喘息、息切れ、感冒、痰飲、浮腫。
これらの不調を直すのに、ソウキという概念は持っていなくても方剤を選ぶことは
可能ということさ。>>193で「方剤を考える上で、宗気・元気という用語は必要ない」と書いた。
実際にすべて、わけなく選べるだろ?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 00:48:42.46 ID:ETxL2OPA
>>372
>喘息 肺虚(URL全てコピペ)
>http://www.gyojya.jp/medicine/report/cyuigaku/201001(zensoku)/newpage2.html

↑そのサイトから、該当箇所を全文引用するとこうなる。

>呼吸器や鼻、皮膚などの異常の結果、かぜをひきやすくなったり、
>息切れ、汗が出やすいなどの「肺の働き」が弱った状態。
>肺気不宣(はいきふせん)
>肺気の働きが充分に行われていない(不宣)
>肺は、下記の働きがある。
>@気を主る
>肺が自然界の「清気」を吸入し、体内の「濁気」を排出すること。
>宗気の生成

あげられた症状は、
>呼吸器や鼻、皮膚などの異常の結果、かぜをひきやすくなったり、息切れ、汗が出やすいなどの「肺の働き」が弱った状態。

これらの不調を直すのに、ソウキという概念は持っていなくても方剤を選ぶことは
可能ということさ。実際にすべて、わけなく選べるだろ?

>>193を見ればわかるが、去年の11月の時点で、
「方剤を考える上で、宗気・元気という用語は必要ない」と書いたとおり。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 01:30:51.28 ID:ETxL2OPA
>>372
それから、オレはあんたの言ってる自称とかいう人とは別人なので、わけのわからないレスは不要です。
しばらく見ていたが、もうこの宗気、元気ネタに合理的な反論は出ないと思うので、
今後はレスしない予定。では

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 11:06:22.19 ID:Oiw6sdQL
ID:ETxL2OPA

これだけみんな説明しているのに理解出来ないなら中医諦めてください。
そしてあなたの宣言通りもうこのスレでレスしないでください。
ここは初級者も見るスレなんで誤った自論は初級者を勘違いさせる場合があります。
あなたの自論はあなただけのブログか何かでやってください。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 19:25:55.48 ID:cfFomE4I
そんな宣言してても絶対にレスするから見とけ
予定は変更とかなんとか適当なこと言って釣られて出てくるから見とけ
それか他人のフリしてレスするから



絶対にだ

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 09:54:10.27 ID:YcOomcky
川キュウについて教えてくれた方々どうもです。
いろいろ調べるとこの薬は止痛作用もあるみたいですね。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 19:43:53.51 ID:rFpPERGg
>>378
どのレス番で質問した人?これも自演日本漢方の人?

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 09:48:25.65 ID:lvBpb1YB
>>378
センキュウに気剤作用があるとわかってよかったなw

>>373>>374
それを逆に言えば、
衛気不足になると
>奏理がゆるみ,表虚となって自汗が出やすくなり,感冒を患いやすくなる。
>鼻水、悪風(おふう)、自汗(じかん)の症状があらわれる。
これらの不調を直すのに、衛気という概念は持っていなくても方剤を選ぶことは可能ということさ。実際にすべて、わけなく選べるだろ?

ということになるけど、衛気の大切さを知っている俺は残念ながらそうはならないw
これがどういうことか理解出来るか?ww

>>375
結局自分の言いたいことだけを言って都合の悪い質問は全てスルーw
間違いなくお前は自称プロだよww

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 23:03:45.33 ID:lKNdHN4i
中医学って結構いい加減なんだよな

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 10:02:25.41 ID:CJ3vW//v
>>381
中医学は結構いい加減だよなw
でも日本漢方の方がもっといい加減だよなww

日本漢方の「比較的体力があり・・」とか「体力中等度以下の・・」って超あいまいだと思わね?w

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 23:31:44.15 ID:gns158TT
思うより興味ねーわ

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 10:05:13.43 ID:ITEPM91G
興味あるなしは関係ないと思うけどなw

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 08:15:47.93 ID:9qNuymES
>>372 >ww
あんたいろんなスレ荒らしまくってるようだけどどこ行っても論破されまくりだなw
経験ないのはわかるが


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/14(月) 19:16:06.25 ID:hSkgR+1W
>>385
論破されてるのはあんただろ!
論破されてないってならみんなの質問に答えろよ!

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 09:21:24.51 ID:hK8fBhhB
>>373>>374で論破されてるじゃないか

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 09:54:08.23 ID:Rp+bbtX8
>>385>>387
俺がお前と絡んでるのはこのスレと漢方スレの2個だけだよw
自称プロはいろんなスレで架空の俺と戦ってるのか?ww

>>380はスルーか?w
>>>293>>314>>318>>335もスルーして逃げたままだよww

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 11:32:51.96 ID:shCdf9Hd
二人でやっとけ

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 16:19:11.82 ID:hK8fBhhB
>二人でやっとけ
この、 二人 というのも実際には、荒らしの妄想なんだよなw
だから気にいらないレスがつくたびに、全部が相手一人の自演だと妄想しては、
愚問ばかりをダラダラ並べたててることになる。結果誰からもレスは付かなくなり
スレをメチャクチャにするという目的が達成できるわけだ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 16:28:12.81 ID:hK8fBhhB
だが、ついでだから論破だけしておこう。
>>380も意味不明な妄想文ばかりが並んでいるが、

>衛気という概念は持っていなくても方剤を選ぶことは可能
>実際にすべて、わけなく選べるだろ? ということになる

衛気の概念が必須であることは、>>96>>312などすでに多くの指摘がある。
元気・宗気ネタとは違うんで、勝手な妄想もほどほどにおバカさんw

392 :361:2011/03/15(火) 17:45:41.09 ID:AKXWJjTR
自分もいてるから実際は3人以上
ここは中医学スレで中医を理解出来ない荒らしは>>391
>>375で宣言してるのだからもうこのスレから出て行け

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 23:02:57.20 ID:yGYnZjap
3人 というのも実際には、荒らしの妄想なんだよなw
だから気にいらないレスがつくたびに、全部が相手一人の自演だと妄想しては、
愚問ばかりをダラダラ並べたててることになる。結果誰からもレスは付かなくなり
スレをメチャクチャにするという目的が達成できるわけだ

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 09:54:52.18 ID:HHYpSknI
>>391
>>380が理解出来なかった?w
それが理解出来ないということは>>373>>374も理解して発言出来てないってことさww

>>393は都合が悪いから>>361もスルーw
>>293>>314>>318>>335もスルーして逃げたままだよww
自称プロは自分の言いたいことだけで都合が悪いものはみんなスルーw
完全論破してくれよww

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 19:59:29.52 ID:DStvVf+C
荒らし必死だなw

396 :100:2011/03/16(水) 20:28:32.71 ID:2dOmyhH3
>>389>>393>>395
俺もいるから最低4人以上となる
荒らしの妄想と思ってるのはお前のようだな

中医のスレを中途半端な知識でメチャクチャにするだけにとどまらず
汚い言葉を履き捨て人を陥れようとするやり方が気分悪い

自演日本漢方晒し上げ
>>385>>387>>390>>391>>393>>395

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 21:11:40.40 ID:hF/mpQrY
>>394>>396
あんたリンク大好きだな(笑
こんなに使うやつなかなかいないよ
誰も見ないけどね(笑

> >> 293 >> 314 >> 318 >> 335もスルーし

> >> 385 >> 387 >> 390 >> 391 >> 393 >> 395


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 23:36:08.72 ID:YVktK4OY
>>394
スレをメチャクチャにしたいのはわかるが、あなたにあるのは、下品な言葉とあおりだけだな。

いわゆるただのオタクだろうから、個々の中医学理論が、現実には役立たないとか、この作用は本とは違ってる、と
痛感するような機会が、そもそもあなたは乏しいわけだ。

宗気・元気、清熱・瀉火、どれも興味深い話には違いないが、それだけに限らず、理論は必ずしも
現実に妥当しないことは多い。しかし、それに気づかないで済むことはある意味幸せなことかもしれない。悩む必要さえなくなるからね。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 10:03:42.02 ID:jh1BZx1k
自称プロ嫌われすぎw

>>397
なんでわざわざコピペのリンクに空白開けてるの?w
そういえば前にも都合の悪いリンクは空白開けてたことがあったなww
スルーしたままだからちゃんとコピペしといてあげるねww
>>397
>>293>>314>>318>>335
>>385>>387>>390>>391>>393>>395

>>398
何人もが自称プロに気付いてもらえるように頑張ったのにそれに気付かないのは幸せではなく不幸なことだねw
しかも、それらの人に対して礼を言うどころか汚い言葉で人を罵るww
>>>>398でも遠回しに人を下に見た言い方するのは自称プロの証w
今後も自演して汚い言葉で人を罵ればいいよww

医療人としての人格を疑うがねw

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 11:40:13.82 ID:7Hc5036U
>>391
それ論破ちゃうw
自分のレス繰り返してるだけや

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 11:56:58.57 ID:7Hc5036U
>>397>>399
これか?


>漢方薬スレ(4)
>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1264200617/

>745 名前:病弱名無しさん [] 投稿日:2010/09/13(月) 11:56:02 ID:K+SperA40 (PC)
>>>741>>743 >>7441の粘着してる自演の人よ

>>> 731-734でしょう
>>> 731-734は
>>> 731-734なんだろ

>くだらん自演レスばっかしてんなやボケ死ねや

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 18:21:33.02 ID:B2NZF8b2
自演の荒しが必死だなw

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 19:58:35.17 ID:7Hc5036U
>>402
乙www

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 19:42:10.19 ID:QFg8+96E
絶対にレスするって言った通りだったろう
今後も普通にレスするから見とけ



絶対にだ

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 09:55:44.98 ID:eJ/fV5x/
>>401
それそれw
なんだ>>397もリンク大好きじゃないかww
しかも自演の指摘に対して下品な言葉と煽りしてるしw

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 11:15:53.75 ID:XfSr9N/9
>>399-405
ホントに下品な口調とあおりだけだな
中医ネタ何もないじゃん

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 15:13:40.33 ID:WS8RcY+q
中医ネタがないのは自演の日本漢方の人が
自己流中医を押進めた結果ですね。
皆中医の話をしているのに一人だけ中医の
話とは離れていましたから噛み合わないの
は当然のこと。
自分の意見が通らなかったからって
ファビョるのは被害妄想狂だからですかね


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 15:16:22.27 ID:WS8RcY+q
改行おかしくてすいません。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 10:08:04.14 ID:YBH2K7Co
>>406
下品な言葉、汚い言葉から口調に変わったw
自分の下品な言葉はスルー?ww
色々逃げたままで中途半端な煽りしてどうするのw

中医ネタがないのは自称プロが中医の話しようとしないからじゃないw
>>407にも言われてまっせww

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 20:40:29.68 ID:Gd/bW+JC
中医学の疑問や、中医学の間違い。あおりより自分でネタを出せばいいんじゃないだろうか

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 11:24:32.10 ID:A4CbiPzH
>>410
あおりは要らないよね。ただ、荒らしはスレをメチャクチャにすることが目的だから、荒らしからはネタはこれからも出ないだろうな。
スレが栄えてしまっては荒らしの本末転倒になってしまう。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 15:05:32.09 ID:1hpvUo8c
>>410>>411
自演日本漢方の荒らしなので無視推奨

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 10:15:59.50 ID:1QqqJoNF
>>410>>411
なんだ自称プロは漢方スレじゃなくてこっちに顔出してたんだw
中途半端な煽りしてるけど、中医ネタが欲しいの?ww

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 11:23:47.68 ID:xVbrH3Aq
必死だなこのバカ

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 18:28:32.99 ID:uyZrlnWk
>>414
お前自演日本漢方だろう?
>>413よりもお前の方が必死に見えるんだけどw

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 10:08:55.60 ID:yDC6wiBO
>>414
中途半端な煽りばっかりして自称プロどうしたの?w
>>415にも言われてまっせww

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 09:51:55.54 ID:ZwqlSM0Y
荒れるスレは子供が多いというのはツーチャンネルの伝統ですがね。

意見交換できない人って、医療者には向いてないよ。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 16:16:04.91 ID:p/oHJOi2
>>417
同意
中医学の話を聞かずに一人で独自の漢方理論を推し進める人
以前にレスしたことがあるが意見交換出来ない子供と会話しているようだった
挙句の果てにはバカとか必死とか妄想とか中医学以前の問題・・・
医療者とはなんたるかを一から勉強した方がいい

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 10:05:55.98 ID:d7ng31gD
>>417>>418
同意同意
意見交換出来ない人って医療者には向いてないよねw

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 16:34:28.94 ID:WVGVBPuC
初学者にはツラい流れですが、よかったらお返事ください

張明澄の「中国医学臨床の実際」を読んでいます。著者の主張に
「経絡は同じ症状の段階層を表したもので、同じ臓器の病態を表したものではない」
とありました。すごい面白い視点だったので気になったのですが、こういった考え方は中医では異端ですか?
この人がどうもアナーキーなスタイルなので、ちょっと丸飲みするのは危険かなと思ってます

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 20:25:36.39 ID:p1im1GSA
>>420
自分にはその言い回しはちょっと異端だと思うけど、
中医学は考え方が色々あってもいいと思いますよ。
ただ丸呑みしたり固執した考えを持つのは危険だと思います。

422 :420:2011/06/01(水) 08:08:13.68 ID:Zvjf60vI
>>421
ありがとうございます。自分の知識として参考程度に消化してみたいとおもいます

ちなみに臨床家の方から見てこの本の中医学の整理の仕方がどうなのか聞いてみたいところです
「五行論というのは単純に5進数による分類の処理であって、木行だから木の性質に関係しているとかではない」
(ギリシャ数字でα、β、γとナンバリングしたからといってαリポ酸が「牛」に関係しているわけではない、という意)
を読んで「昔、別の中国思想の書籍でも同じような論をみたことあるなあ」とここでもちょっと気になりました

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 10:26:45.95 ID:Wy/6Xpv2
>>420
考え方が強引なところがあるけど、基礎をきちんと勉強しておけば誰を師事してもいいと思うよ
でも、「A先生がBと言ったからBだ」というのは止めた方がいい
「A先生がBと言ったからBという考え方もある」という認識の方が知識を幅広く持つことが出来るよ

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 12:40:09.06 ID:dfE/18Rp
>>420
「経絡は同じ症状の段階層を表したもので、同じ臓器の病態を表したものではない」
例えば「咳が出て手太陰肺経の尺沢に効果がある場合、それは咳の段階を表したもので、肺の病態を表したものではない」こういうことですか?
本の前後がわからないからか、自分の理解力がないからか、はたまた勉強不足だからか自分にはわからん。
「木行だから木の性質に関係しているとかではない」「目が疲れるからと言って、木の性質に関係しているわけではない」こういうことですか?
主張は面白いかもしれないけれど、自分には理解出来ない。

425 :420:2011/06/04(土) 08:43:51.49 ID:LqIQYR51
いろいろレスありがとうございます。文脈もあると思うので、少し引用してみました(結果大量になったw)
自分はこれで「ほおー」となったので良かったら臨床家の方からのツッコミを聞いてみたいです

「このおなじ性質をもつツボをつらねた仮想の線がすなわち経絡である。(中略)おなじ経絡にあたるツボは、一体どんな性質において同じなのだろうか。
後世において、「膀胱経」とか「胃経」とかいう名称から多くの誤解をまねいており、今日において、それは経絡研究の一つの大きな妨げになっている。
おなじ性質のツボという性質は、おなじ臓器の症状をなおす性質というように誤解されているが、実はそういうことではなく、
おなじ性質というのは、症状のおなじ段階層をなおす性質なのである。」

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 08:46:04.44 ID:LqIQYR51
要約↓

膀胱:病邪が体内へはいろうとしているのに対して、生体の防衛力がこれと抵抗している段階。urinaryではなくdefence
肺:呼吸機能のこと。lungsではなくrespiratory
心:循環よりもむしろ思考、情緒、精神などの中枢であり、その機能からいえば、むしろ脳。heartではなくemotion
心包:むしろ心と似たようなイメージ。heart constrictorではなくstress
胆:心、心包とおなじように、精神面や心胸部症状のこと。gall bladderではなくconsciousness
胃:腸をのぞいて他にない。stomachではなくdigestion
小腸:主に血液、淋巴液、尿について言っており、現代でいう循環機能のこと。small intestineではなくcirculate
三焦:むかしの中国人は、三焦に止膿、排膿の機能があると考え。triple heaterではなくunpus
大腸:頭部と?幹部、?幹部と四肢のあいだの機能のバランス。large intestineではなくallbody
脾:むしろ膵臓。spleenではなくnourishment
腎:基本的な生命力。kidneyではなくvitality
肝:症状段階層の最終段階。liverではなくimmunity

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 08:47:57.92 ID:LqIQYR51
膀胱経:急性病で発熱、頭痛、呼吸器症状、皮膚症状のほかに何らかの他の症状がある段階
肺経:急性病で発熱、頭痛、呼吸器症状、皮膚症状のほかに何も症状がない段階
心経:ただの不眠、のぼせ、イライラなどのような精神的、心理的、意識的症状だけであって、肉体的症状がぜんぜん取るに足りない段階
心包経:精神的、心理的、意識的症状によって、ムカムカ、はきけ、悪心、食欲不振などの軽い胃症状がともなう段階
胆経:精神的、心理的、意識的症状によって、胃症状以外の症状もともなう段階
胃経:胃腸症状が主症状になっている段階
小腸経:肩こり、軽い血液症または尿症状などのいずれかが主症状になっている段階
三焦経:化膿、炎症などが主症状になっている段階
大腸経:顔面症状または排泄症状が主症状になっている段階
脾経:栄養異常が主症状になっている段階
腎経:生命力がいちじるしく低下している段階
肝経:構造的血液症状あるいは長期的起床不能のいずれかがある段階

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 08:51:54.38 ID:LqIQYR51
「各経のしめす段階層は、まず大きく分けたら、
一過性症状に膀胱経、肺経
発作性症状に心経、心包経、胆経、胃経、小腸経、三焦経、大腸経
常習性症状に脾経、腎経
構造性症状に肝経

例えばハリ治療において胃腸症状といえばすぐ足三里というツボが治療に用いられるが、しかし、このツボは「胃経」のツボであり、
精神緊張によって起こる胃腸症状または生命力がいちじるしく低下している患者の胃腸症状に対しては、ほとんど効果が期待できないのである。
前者は「胆経」からツボを求めるべきであり、後者は「腎経」からツボを求めなければならない。

同じことが生薬についても言うことができ、麻黄は膀胱経薬であるから、一過性の熱には適用できるが、
常習性または構造性の熱の解熱の目的で投与すれば、副作用ばかりが先行して治療効果はぜんぜん期待できない。」

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 08:53:16.82 ID:LqIQYR51
以上pp.20-29でした。このあと薬味と五行に続くのですが、とりあえず上記のような感じで書かれています
やっぱりこれで勉強したらちょっと異端な施術者になるような気がしてきた…。でもすごい切り口がさっぱりしていて納得はするんです

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 10:20:07.98 ID:eltUcO9T
これはw

前半部分は?な部分があるけど、本全体読めば納得出来そうな感じだね
>>428の後半部分は言いたいことがなんとなく理解出来るね
麻黄を解熱剤として扱っていることがちょっと違う感じがするけど、麻黄の解熱をこういうふうに解釈すると面白いw
たしかに「ほおー」となるね

でも、見た感じ>>421に同意
この考えに固執したら危険だw

431 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/15(水) 09:58:37.62 ID:juPcaSOH
test

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 12:27:46.14 ID:kUmJEB64
LqIQYR51って自演日本漢方?

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 00:14:01.39 ID:pOlFT6Jx
じゃね? 文体も似ているし。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 01:15:14.42 ID:IE92vf+V
ところで全くの初心者なんですけど最初に読む本でオススメありますか?
スレの最初のところに
「わかる中医学入門」邱紅梅 著ってあったんで取り敢えず注文したんですが・・・

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 10:04:24.86 ID:0BzqVvWx
>>434
なんの基礎本でもそうだけど最初の10ページぐらいを繰り返して読むことを薦めるよ

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 18:58:09.57 ID:oIsYTQNO
>>97
>3種とも加減方で使ったことある。

どんな症例でどう加減したのですかね?


437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 20:26:19.22 ID:fMz+M39R
>>436
また出た自演日本漢方

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 21:32:48.04 ID:vz5OfY5S
>>435
なんで最初の10ページが重要なんですか?

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 10:03:13.61 ID:lOrSTrv0
>>438
だいたいの基礎本は最初の10ページぐらいが中医学の理論や概念だからね
それらを理解出来ないままだらだら読んでも理解が遅くなるだけだからだよ

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 14:34:18.50 ID:IzsqQD5p
>>434
全くの初心者がこんな過疎スレで突然ところでと質問する流れがおかしい。自演日本漢方か?

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 23:39:01.55 ID:5nt+pjzW
>>440
自演日本漢方って誰よ?

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 10:13:49.29 ID:5hjf+epB
スレの最初の方を読めばわかるよ

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 11:49:56.63 ID:cRo8kmkn
津液って面白い概念だね

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 10:26:52.33 ID:ee9OjgqQ
>>437 おまえアオリしかできんな

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 14:11:03.30 ID:MYHJXYgM
>>444
おまえはコピペで荒らすしかできんなw

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 23:37:46.29 ID:iHcrNtl7
内部被曝って中医学だと熱邪なの?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 09:59:44.99 ID:xjJt7RKC
内部被曝が熱邪だとしても漢方薬で治るのかな?

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 13:45:15.34 ID:2BAirN4F
その考え方って、西洋医学
内部被曝=熱邪

何か違うよね
症状、体質、性格とかで、治療しないの?



449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 21:15:44.79 ID:HDLHlw9Y
病気の原因が”邪”だから
自覚症状で熱く感じるならそれは熱邪、寒ければ寒邪じゃないの?
急性大量被曝だと熱さと喉の渇きを訴えることがあってそれは熱邪と言えそうだけど・・・

内部被曝による長期少量被曝だと慢性的な細胞活性の低下と老化促進が中心になるだろうから
虚か実かと言えば虚だろうし
表か裏かと言えば裏だろう





450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 10:04:54.52 ID:mTIKIovv
実か虚か熱か寒かは実際に臨床したわけじゃないからわからないけれど、実際問題漢方で治るのかな?
症状ぐらいは抑えられるのだろうか?

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 14:05:48.98 ID:quIAhHo0
治るなら広島長崎の原爆の時に漢方薬が脚光浴びてるはず

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 10:02:11.28 ID:Wtz3EKUZ
やってみる価値はあるけど、難しそうだね

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 21:43:43.26 ID:JbEH9v6I
被曝でDNAが破壊されたら根治は無理だろ
現代欧州医学だろうが中医だろうが治す道筋が見当たらない

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 10:08:20.29 ID:hzr2AoWO
根治は無理でも症状ぐらいは抑えられるのだろうか?
抑えられるならQOLが向上するだろうな

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 22:13:48.62 ID:X2CgkoMZ
ものすごい突拍子もない質問ですが「経絡をテクスチャしたフリーの3Dモデル」ってあったりしますか?
無かったらblenderでつくるかな…

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 10:17:25.52 ID:34BptGAJ
>>455
俺は知らないね
作って公開出来るんなら喜ぶ人もいるんじゃないかな?

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 12:02:05.60 ID:gC72/aQ9
>>455 期待してる

458 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/07/24(日) 19:07:10.47 ID:HX/ADDr6
test

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 06:18:39.43 ID:rSOf+4/6
いつも左寸口の脈が他と比べかなり弱いんですがこれはどういうことでしょうか?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 15:47:52.28 ID:db8t4Mdv
>>459
心が弱っているのかも

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 19:14:13.75 ID:3WJ2xxy5
「左寸口」という言葉知っているのにここで質問するのが不思議

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 21:23:09.30 ID:Tli2vm2D
心虚は、無いことにしてください 
在ったら死掛けです

指が太すぎて違う所見てるとか
人工透析で、シャントしてるとか
血管奇形でもっと外側だったり

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 18:57:52.50 ID:GPbFMMY3
すみません、基本的な質問で申し訳ないのですが、中医学って何を指してるんですか?
知り合いの中医師?は明らかに神経走行に沿ったり、筋肉を狙った鍼を、これが今の中医学に基づいた鍼だと言っていたのですが……?
古典に基づいた治療を中医学と言うのですか?

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 20:32:22.83 ID:JBjN5C6a
>>463
古典に基づいた知識だけではなく古典以降も進化し続けた中国の医学のことを中医学といいます

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 22:40:31.98 ID:KsSvAHH8
中国の伝統医学=中医学、だが現代も進化し続けている


466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 17:21:52.02 ID:snX2/cxs
>>463さんは鍼灸師ですか?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 09:08:57.67 ID:9PWoJ+Ik
>>447-453

漢方薬スレに放射性物質の排出に関して、有力なレスがいくつも
出てるよ.
下記はその一部

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1303660275/592-601


468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 12:59:13.01 ID:QA+Ng9c3
>>467
推測だらけで有力なレスではない

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/16(火) 10:01:09.06 ID:zk5t1g5V
>>467
防風通聖散の次は猪苓湯か
瀉剤ならなんでも良さそうな考え方になってきてない?w

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 07:28:18.21 ID:BYvCrL2B
>>447-453 中医学って何もわからんのか

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 11:50:06.66 ID:hNiPSMTZ
>>470
中医学は今でも進化し続けている医学だから今後は放射性物質のこともわかるようになるかもしれない
古方の文献に放射性物質が記載されることはないのだから日本漢方より可能性を秘めている医学だな

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 09:53:14.70 ID:gttfapUa
>>470
日本漢方も何もわかっていないよw

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 04:52:00.45 ID:WfT2ozQ/
>>447-453って痛すぎないかこいつら何もわかってないじゃん

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 10:01:28.39 ID:Wtsuf5i2
>>473
いつもの煽るだけの自称プロだから俺以外は触らないようにねw
しかし、早朝から暇だねww

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 13:58:04.49 ID:Kg/TfKRr
自称プロって言われてる人は自分の書き込みを否定されたら粘着して荒らしてくるからわかりやすい

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 23:05:57.05 ID:8eWnj+J/
>>473こいつら、じゃなく、粘着キチガイの自作自演だから
情報皆無でしょ
ゼロはいくら集めてもゼロ

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 10:08:41.47 ID:A4F6WUhT
>>476は自称プロの釣りだから俺以外は触っちゃ駄目だよ

一応他の人が見て勘違いしないように言っておくと
俺のレスは>>447>>450>>452でそれ以外は知らないw
だからゼロじゃないよww

478 :451:2011/08/29(月) 13:34:31.56 ID:hibkXt9F
>>451は自分
それ以外は他人

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/30(火) 09:59:46.87 ID:Xt7vfDgN
>>476
これで俺含めて最低でも3人、多かったら5人になるねw

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 02:46:46.38 ID:Pf05hWM/
馬鹿にされると重複スレたてて嫌がらせするのはキチガイの特徴

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 11:41:23.37 ID:BoERhpYZ
>>480
kusuri ◆lealonrVDpeYのことですね。
いったい何を考えて行動しているのだか。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 19:27:05.36 ID:dCudTJz2
好き古とかいう荒らしいたじゃん
あのバカのことだよww

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 19:44:25.46 ID:yZoMYfQV
>>480>>481
わざと重複させてから嫌なスレを削除するところが性質が悪いよなw

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 19:45:24.20 ID:yZoMYfQV
>>482
詳しく

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 10:06:05.19 ID:Hpm1Dsu4
>>481
何って自分のことしか考えてないよ

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 01:06:16.12 ID:s9t+pROz
>>482
荒らしは、だいたい深夜から朝10時までは、書き込めないのを見ると、どうも深夜の肉体労働者っぽい。朝10時から必死で自演を始める。だから深夜拘束がきついんだろうな。家族もないおっさんだから、2ちゃんがすべてなんだろう。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 10:06:00.95 ID:ywxsavUh
>>486
深夜に書き込めないと深夜の肉体労働だってw
土日も休みない独身の深夜の肉体労働は大変だなww

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/20(火) 23:58:10.78 ID:N8ohNYgo
ホントに朝10時からしか書き込めないのか悲惨だな 

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 19:11:41.36 ID:ukSA6k8M
深夜早朝は普通寝る時間でしょう

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 08:59:38.57 ID:c46emdPj
盆も、正月も、311震災も無関係に粘着して決まって朝10時から自演してるのが痛い

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 09:59:55.19 ID:+QdFmgTh
>>489
自称プロに普通求めても駄目だよ
あと、釣られないようにねw

昼間だけではなく深夜早朝に書き込めるのはマジで羨ましいよ
自由時間が多いっていいねw

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 17:58:01.31 ID:g7SGBsc3
陽明と厥陰ってそれぞれ太陽少陽、太陰少陰のどのあたりにくる概念なの?
太陽よりも陽なの?太陰よりも陰なの?

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 18:43:20.48 ID:obQQw8xF
順番
太陽(表) → 少陽(半表半裏) → 陽明(裏)
太陰(虚寒) → 少陰(虚寒・虚熱) → 厥陰(寒熱挟雑)

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 16:58:45.88 ID:SARkSqmF
【海外】 デンマーク、世界初の「肥満税」を導入
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1317625526/

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 00:22:40.87 ID:J2gDdHR7
朝10時までガードマンでもやってんの?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 13:11:48.70 ID:OCp3dBgx
>>495
自演日本漢方は何と戦ってんだ?

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/16(日) 09:57:46.89 ID:+vSZyoez
俺以外にも複数いるのに全部俺の自演と思って戦ってるみたいだねw

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 16:41:39.50 ID:7o2rzrDC
>>490
>311震災も

自演しまくってた日本漢方のやつは東北か?

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 18:24:55.21 ID:vMyR82Wt
>>498
つ東京

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 10:02:53.72 ID:tfKR8gPG
>>499
自称プロ身バレしてるの?w

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 17:06:59.97 ID:qcE6ySAu
>>499
へ〜東京か・・・
東北かと思ってちょっと哀れんだんだけどな

俺も東京だが震災の当日から2ちゃんしてるわw

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 14:09:10.98 ID:4ge6kWld
>>501
荒れるだけだからもうそいつに触るな

196 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)