5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際法】日本は無条件降伏したか【議論】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 14:16:28.45 ID:rwOXVhtU0

テンプレ代えろの声があったので代えました。
このスレは、事実上日本が無条件降伏だったとかそういうことは争ってません。
国際法上、日本の降伏は、無条件降伏だったのか?を検討するスレです。
法学的な用語が飛び交っています。参加なさる方はあらかじめご了承ください。

あと、領土問題とかどうでもいいです。
また、独自の無条件降伏定義に基く独自条件(いわゆる民族的条件)の見解は別スレでお願いします。
このスレは、事実上日本が無条件降伏だったとかそういうことは争ってません。
国際法上、日本の降伏は、無条件降伏だったのか?を検討するスレです。

さらに、国際法の定義すら知らぬ論外が、議論を引っ掻きましていた苦い経験から


【スレ規則】
一条
スレの各々の住人から「簡単な法律の問題」(憲法、民法、刑法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法、国際法なんでもよし)を出題し、
答えられたもののみ議論に参加することを許す。

二条
答えられなかったものはこのスレに行く。
【民族的】北方領土についての論争【交渉権】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1297506088/l50

847 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/03/16(水) 23:37:59.60 ID:vXCtpziN0
国際法の一般原則の確認?

あれは宣言した張本人さえ守る意志の無い、無意味な空文でしかなかったんだよ!

>>839
>ボツダム宣言は、国際法当り前の条件しかないが、
>一応、その国際法の一般原則の確認として

ところが「国民として滅亡せしめんとするの意図を有するものに非ざるも」というのは全くの嘘で、
東京大空襲や広島長崎の原爆投下は国民滅亡を狙ったホロコーストそのものだった。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 23:43:54.96 ID:5AJHCacMi
三条が示すとおり
捕虜資格は交戦国の兵力による戦闘員

降伏文書に調印したあとは、
武装解除した兵士は
敵の支配下にははいるけど、そのときには「交戦国」とはよべないね。



849 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/03/16(水) 23:44:02.25 ID:vXCtpziN0
米英が国際法で、ソ連は無法?

米英とソ連とで、どちらが大勢の日本人を虐殺したか、虐殺数を比べてごらん。

>>846
>ボツダム宣言の非奴隷化条項によらずとも、国際法上の権利を広く広げて
>敗戦国の主張をどんどん拡大して行こうぜという流れなんだけど

それをいうならまず東京大空襲や広島長崎の原爆投下は、国際法の絶対原則に反し、
ポツダム宣言にさえ反する、国民滅亡のホロコーストだったということになるな。
米軍の凶悪犯罪と比べたら、満州進攻にシベリア抑留含めても、赤軍は優しすぎるくらい。

 東 京 大 空 襲 や 広 島 長 崎 の 原 爆 投 下 に 一 言 の 侘 び も 無 い 米 軍 が 、
 共 産 主 義 ソ 連 の 非 ば か り あ げ つ ら っ て も 説 得 力 ゼ ロ w

850 :勘違い派 ◆F1sO1LLP9Tbx :2011/03/16(水) 23:48:48.99 ID:moYrm20P0
>>847
ポツダム宣言
13 吾等は、日本国政府が直に全日本国軍隊の無条件降伏を宣言し、
且右行動に於ける同政府の誠意に付適当且充分なる保障を提供せんことを同政府に対し要求す。
右以外の日本国の選択は、迅速且完全なる壊滅あるのみとす。

日本が右以外の選択をしていた頃の日本に原爆投下をしたのがアメリカ。
日本が右の選択をした後も攻撃していたのがソ連。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 23:51:16.22 ID:5AJHCacMi
3)終戦後「捕虜」ではなく「JSP」とされた

日本兵が英軍や米軍等によって捕らえられ、収容されたのは、終戦後のことであった。
戦時中に捕らえられた兵士は捕虜となるが、
数万ー数十万人の将兵が休戦・終戦後に敵の権力下に入る(敵に捕らえられる)事は
第二次大戦で初めて発生した事例であり、国際法の想定を超えた事象である。
日本兵の場合は、「JSP」と位置づけられることになった。
このような位置づけになった理由はいくつか指摘できるが、
JSPは国際法において存在しないカテゴリーであるため、
結果的にJSPには国際法に基づく「権利がない」ことになった。
又、民間人と軍人の扱いが地域によって異なった。その背景もここに説明する。 
【→詳細を読む】


少なくとも、武装解除兵は国際法上の捕虜ではない
ただし、捕虜でない以上、休戦後の兵力は国際法上拘束できないはずで
米英は降伏軍人について違法な拘束をしたといえる。

852 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/03/16(水) 23:52:26.19 ID:vXCtpziN0
独自の無条件降伏定義に基く独自条件(いわゆる民族的条件)の見解は別スレでお願いします。


>>846
>なんか無条件降伏派を勘違いしてないか?
>ボツダム宣言の非奴隷化条項によらずとも、国際法上の権利を広く広げて
>敗戦国の主張をどんどん拡大して行こうぜという流れなんだけど

「無条件降伏」とやらの定義が曖昧だし、また無条件降伏とやらで誰の命が助かるのか。

853 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/03/16(水) 23:59:46.89 ID:vXCtpziN0
>>850
>日本が右以外の選択をしていた頃の日本に原爆投下をしたのがアメリカ。
ポツダム宣言でどう書こうが、国際法の絶対原則を踏みにじった点で100%アウトww
>日本が右の選択をした後も攻撃していたのがソ連。
ソ連も違反だが、米軍と比べれば全然小さい。

うそだと思うなら、虐殺数で比べてごらん。ソ連のそれは満州進攻にシベリア抑留含めても、
米軍のやった東京大空襲や広島長崎の原爆投下には全く及ばない。

第二次世界大戦後、アメリカ軍はテューリンゲン州をソ連軍に受け渡し、
第二次世界大戦後、アメリカ軍はテューリンゲン州をソ連軍に受け渡し、
第二次世界大戦後、アメリカ軍はテューリンゲン州をソ連軍に受け渡し、
>>489

        あ  り  が  と  う  ソ  連  邦  !

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 00:02:15.06 ID:iBPEP/EPi
>>843
だから国際法上捕虜にするべきだといっても条文がみとめてないんだよ

米英批判するなら
×拘束は構わないが捕虜としてあつかうべきだった。
○拘束そのものが違法だ。

の方が、降伏軍人の扱いとして言うべき法的主張だ
いつもおもうが9条の馬鹿解釈でみんなの足引っ張って、知識ないの披露したり
正直だつおや漁業協定のほうがマシな議論してるよ.
たのむから条文よめ

855 :勘違い派 ◆F1sO1LLP9Tbx :2011/03/17(木) 00:18:14.04 ID:jeDtR/0N0
>>853
まぁ、どーでもいいが、「全く及ばない。」という程でもない。

東京大空襲 ポツダム宣言前 死者約11万人
広島原爆 ポツダム宣言受諾以前 死者約12万人
長崎原爆 ポツダム宣言受諾以前 死者約7万人

満州死者 ポツダム宣言受諾以前 約6万人、 ポツダム宣言受諾以後 約18万人

アメリカもソ連もありがたくなかったな。

今は、震災救助支援ありがとうアメリカ、ありがとうロシアだけどな。

856 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/03/17(木) 00:20:37.17 ID:nZBw/HA+0
再び「重光・マッカーサー会談」について。なざ日本占領はドイツ占領と大きく異なるのか。

ポツダム宣言の定める無条件降伏は「日本国政府ガ直ニ全日本国軍隊ノ無条件降伏ヲ宣言シ」
と書いてあるように、日本軍の無条件降伏であって、日本政府に対しては「交渉」を求めた。
「日本国国民の自由に表明せる意思に従ひ」と書いてあるが、自由な意志とは何ぞや、と。

第二次世界大戦後、アメリカ軍はテューリンゲン州をソ連軍に受け渡し、
第二次世界大戦後、アメリカ軍はテューリンゲン州をソ連軍に受け渡し、
第二次世界大戦後、アメリカ軍はテューリンゲン州をソ連軍に受け渡し、
>>489

ドイツと日本の占領政策で大きく違うのはこの点。日本占領に関してはドイツと違って白紙であり、
日本政府との交渉抜きでは何も決められなかったということだ。米英にとってソ連の対日参戦は
必要不可欠であり、そのための譲歩は何でもやった。一度米軍が占領したテューリンゲン州を、
後で撤退してソ連に譲るなんて、腹ワタが煮えくりかえっていたことだろう。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 00:20:49.83 ID:t1W4gMNxO
「非戦闘員」を読みとばしてましたわ
情けない

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 00:27:05.89 ID:iBPEP/EPi
ほらね。こいつだつお以下
条文まるでよんでない。
はやく民族スレいけよ。

859 :だつお ◆t0moyVbEXw :2011/03/17(木) 00:32:27.16 ID:nZBw/HA+0
シベリア抑留死については、とてもじゃないがそんな数にはならないと思うぞ。

>>855
>ポツダム宣言受諾以後 約18万人

「上記18本の合計は延べ60,008人分となるが、8〜13名簿(7,366人分)は、すべて2の名簿と
重複するので、実際には総計52,642名である。しかし、それぞれの名簿内にも多数の重複や誤記
を含むので、その整理を待たなければ正確な人数は示しえない。」

シベリア抑留死亡者名簿
http://yokuryu.huu.cc/meibo.html

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 00:43:41.82 ID:t1W4gMNxO
>>858
武器持ってなきゃ捕虜になれない説のおまえに言われる筋合いはない
条文どころかアルマだろ

861 :勘違い派 ◆F1sO1LLP9Tbx :2011/03/17(木) 00:43:46.70 ID:jeDtR/0N0
>>859
私は、「シベリア抑留死」とは言っていない。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 00:49:51.46 ID:jUSgNwPXI
>>860
武器を携帯だけじゃないだろ

三条は「交戦国の兵力」とあるだろ。
日米の交戦中の兵は国際法上の捕虜だが
交戦状態が降伏文書によって消滅すると捕虜資格は喪失する

これは、戦闘員だろうが、そうでなかろうが同じ。
だから降伏軍人とか、国際法上の捕虜でない拘束者の問題が出る

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 00:53:18.50 ID:jUSgNwPXI
さっきの九条無理解釈論も俺以外の人にもあらゆる意味で反論されて蜂の巣だっよね

まあ、おれは煽りしかしてないが

捕虜を日本国軍隊と読み替えて
さらに武装解除の後を、収容所での武装解除とよみかえるのは無理がありすぎ

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:02:21.11 ID:t1W4gMNxO
>>862
>>740

おまえと同じようなやり口で言い掛かり質問連呼してた人はどこに行ったのかね

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:04:38.60 ID:jUSgNwPXI
漁業協定ですら、休戦後の兵力は捕虜にする法源がないと即座に理解した
勘違いくんですら、三条でこの問題は解決すると指摘した


降伏軍人問題の意味をいまだに理解できてないのはおまえだけ


866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:08:37.27 ID:t1W4gMNxO
条文には捕虜要件として、公然と武器携帯、交戦資格があることの要求があるよ。


740:名無しさん@お腹いっぱい。2011/03/16(水) 08:47:07.83 ID:zEXhSoCPI
>>737
条文には捕虜要件として、

公然と武器携帯、交戦資格があることの要求があるよ。

武装解除した兵士がこの二点どうやってみたすんだ?

条文じゃなくておまえの民族的解釈じゃないか?

九条を捕虜規定と解釈しただけあるわ

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:10:39.97 ID:jUSgNwPXI
>>847
また、精神安定のためにも
みんな自演認定ですませたほうがおまえにとってはいいかもな
おれは、それほど暇じゃないよ
国際法の研究は余興だし

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:15:31.54 ID:jUSgNwPXI
>>866
まちがつてないだろ。
武器を携帯、交戦資格が捕虜要件ってジュネーブ法にあるだろ。
交戦資格は交戦国であることを必要とするというのも指摘した
まえの人たちと比べ
おまえの理解が乏しいだけ。

さすが、9条は捕虜も含む
条文にないが民族的に含むと解釈した馬鹿だ

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:41:13.97 ID:t1W4gMNxO
>>868
だから非戦闘員も捕虜の権利があるんだっての

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:41:25.35 ID:dXYxb9G5I
しかし、これ以外の人に論破されると

みんなおれの自演扱いになるんだな

かいかぶっててくれてうれしいが

おれは、第三者の邪魔にならいよう傍観者に回ること多いよ

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:43:07.55 ID:t1W4gMNxO
>>870
言い掛かり押し付けるキチガイは滅多に見ないからな

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:50:28.98 ID:dXYxb9G5I
もしかして、降伏兵を非戦闘員とみなす民族的解釈したいわけ?

非戦闘員とは、従軍牧師や音楽隊のことをさすが、
民族的解釈で、降伏兵もふくむとしよう。

しかし、三条はいずれにしても、枕言葉に
「交戦国の兵力」を要件とする。
休戦国の兵力してないのが味噌。
おまえはほんとにバカだな


民族的解釈で、交戦国は休戦国も含むとか
あたらしいいいがかり民族しゅちょうるんだろうが。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 01:55:49.27 ID:t1W4gMNxO
>>872
武器を捨てた戦闘員も非戦闘員
休戦国なんて概念はおまえの妄想
陸戦法規の休戦協定の条項でもあくまで「交戦国」

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 02:07:55.94 ID:dXYxb9G5I
おい。もしかして、バーグ法の軍の休戦協定と国の降伏である降伏文書を同一とあつかってるわけ?

バーグ法の休戦協定は 軍隊の休戦協定
降伏文書は 国の休戦協定

交戦「国」の兵力と名文にある以上「休戦」した国の兵力はふくまない

わかる?


日本国軍隊は捕虜も含む
交戦国は休戦したくにも含む

条文虫の態度がでまくっているから、誰にも相手にされないの?
わかる?



875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 02:15:56.41 ID:t1W4gMNxO
>>874
休戦国とかデタラメ吐かしてまだ言うか
陸戦法規の全般的休戦は「交戦国」の作戦動作停止

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 02:23:12.61 ID:dXYxb9G5I
降伏日本兵の問題は、軍の降伏より国の降伏が早かったから
交戦中に捕虜になった日本兵は捕虜になったが、
休戦後に降伏した兵は、交戦国の兵力といえないから
捕虜になれなかった。

彼らは国際法上予定されてない存在だった。
何十万の兵力が外国に残されるという異常事態だったから、
降伏日本兵という問題がおきた。

でも、考えてみるとおかしい話で
なぜ捕虜として扱えないはずなのに、米英は身柄拘束して強制労働させたのかという話
本来なら、国際法のうえでは、連合国は
彼らをどうこうできる法的根拠はなかったはず。
なのに無理矢理拘束したんだから責任をとって、母国に送り返すとかすべきだったという話がさっきのリンク先の話


だれがだしたかしらないが、降伏軍人はいいべんきょうになった

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 02:28:02.33 ID:dXYxb9G5I
>>875
だから、降伏文書で、「交戦国」じゃなくなったんだって。
おまえばか?

おまえのために休戦国ということばでせつめいしたけど
わかりにくいなら、降伏文書により、両国は「交戦国」とは呼べなくなったということ。



あれか、

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 02:44:38.68 ID:dXYxb9G5I
日本降伏した軍人をいいだしたのは、俺以外の人無条件派かな。
こういう人なら歓迎するんだけど、ここは友情権の
民族的解釈がまかりとおっているからなあ。


九条は、捕虜まで書いてないって
いいだしたのも、実はおれ以外の人か。



879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 03:07:38.36 ID:dXYxb9G5I
あら、もう論破
まあ、いつものことだから
気にせず

あたらしい民族適条件おもいついてだせば、いいよ

今回のように幸福日本軍人とか
けっこうためになる拾い物もあるからね。


おやすみ。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 03:25:55.52 ID:SaZ2zkZ70
降伏兵が捕虜になれない、というのはさすがに違うでしょう。

「休戦中に」敵国の兵が自主的に降伏してきたさい、それを捕虜にするかたんに
武装解除したままホッタラカシにするかは降伏を受諾した国の軍隊の任意だと
いうことであって、「当然に捕虜名簿を作成し捕虜の地位を与える」こともできる(ハズ)

・これを禁止する明示的・積極的な明文法はない
・戦時国際法における現実の実行としてはふつうにありえる(一時休戦中の敵の降伏兵は
休戦終了時点まで捕虜の地位が明確にある、といえるのかどうか)


ここ(↓)のサイト氏のJSPに対する法的・歴史的解釈が正確であるのかいまいち確信が持てない
休戦・終戦後の大量の捕虜の獲得(発生)というのは外交史・戦史のなかにありそうな予感するんだが。
http://www.jsppow.net/staticpages/index.php?page=000z_ja_JP

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 03:31:03.64 ID:SaZ2zkZ70
×戦時国際法における現実の実行としてはふつうにありえる(一時休戦中の敵の降伏兵は
休戦終了時点まで捕虜の地位が明確にある、といえるのかどうか)

◎戦時国際法における現実の実行としてはふつうにありえそうだ(一時休戦中に投降してきた敵の降伏兵は、
休戦期間が終了する時点までは、「捕虜」あつかいしない、というような不文律が国際的にあった、とは思えない。
ふつうに休戦期間中でも武装解除、尋問、捕虜名簿の作成作業に入る、という事例がありそうな気がする)。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 03:38:10.62 ID:nuubEXp6I
条文の根拠なくウソ認定

三条は「交戦国」かいてあるがどう解釈するんだ?


ボツダム宣言九条の捕虜とは日本国軍隊であり
武装解除とは、収容所での武装解除のことさすと同じ解釈論でいくか?

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 05:41:45.46 ID:SaZ2zkZ70
>>武装解除とは、収容所での武装解除のことさすと同じ解釈論でいくか?
いや、そう解釈するには明文法的な根拠が決定的でないような気がする(感覚的に)。
現実にJSPって存在があるってんだから安直な結論をだすのは妄言になりそうで怖いです。
うーん。素人の条文読みじゃこのへんが限界かなあ。やっぱこのへんのつっこんだ論考・論文が欲しいよ・・・

>ハーグ付属書第37条:
>休戦は、全般的、もしくは部分的に行うことを可能とする。前者は、交戦国の作戦動作を停止し、
>後者は特定地域において交戦軍のある部分間を停止するものとする。

とは書いてあり、休戦中は交戦国は作戦動作を停止せよ、とは書いてあるが、交戦国の交戦者(兵)が
休戦中は交戦者の資格が一時的かつ確定的に停止されるかどうかまでは言及していないのでは?
1929年の俘虜の待遇に関する条約は日本は署名していても批准していないということもあるしなおさらややこしい。。
国際人道法のハシリである赤十字条約のWikipediaの記述も乏しいし、うむーだれかWikipediaでジュネーブ条約もっと加筆執筆してくれぇ(;´Д`)

1864年のジュネーブ条約(傷病者の状態改善に関する第1回赤十字条約 英文)
http://www.icrc.org/ihl.nsf/FULL/120?OpenDocument
1929年のジュネーブ条約(傷病者の状態改善に関する第3回赤十字条約英文)
http://www.icrc.org/ihl.nsf/FULL/300?OpenDocument
1929年、俘虜の待遇に関する条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%98%E8%99%9C%E3%81%AE%E5%BE%85%E9%81%87%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 06:01:00.97 ID:SaZ2zkZ70
降伏の申し出を受諾され、武装解除されたあとに、軍の組織をそのままに解隊を
みとめられず、捕虜としての登録もおこなわれずにほったらかしにされてる(非武装の)
日本軍部隊がいたばあい、その部隊の兵は捕虜ではない。ただ放置・保留状態に
されているだけ(>>837)であり、いちおう休戦中だから南京みたいに屠殺しちゃえば
マズいけれども、この宙ぶらりんの軍兵が餓死しようが疾病死しようが受諾国は
「知ったことではない」とシラをきることも可能だったともいえるのかな・・。

ただし捕虜ではないので使役する法源がないので使役はできない(ハズ) であり、
たとえば中華民国が温情をもってなるべく穏便に復員させたのはポツダム宣言9条に
照らして信義にもとづく良心的行為であり、ソビエトが一括して「戦争犯罪容疑者」として
拘束して返さなかったのは不実だと非難される素地があり、米国がそのように非難すれば
ソビエトとしては非常に気まずい思いを少なくともしなければならない

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 07:02:03.97 ID:Um5/YjdD0

少し早めに次スレ建てときました。テンプレも最小限にとどめました。

【国際法】日本の無条件降伏論争【歴史学】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1300312579/

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 08:22:17.44 ID:9aPPd+oT0
>>766
予想していたことだけど、やはり質問に対してちゃんと回答できないみたいだね、
あなたがどうして回答できないかは良く分かってるよ。ポ宣言九項が対象としているのが
交戦資格のある日本軍所属の兵士であって、交戦資格者ではない捕虜ではないからだ。

>自分は日本国軍隊に捕虜は含まれると言っております
どうして捕虜に武装解除を呼びかけているのか説明できるのか?
交戦資格者でもない、武装もしていない捕虜にそれを求めるわけないだろう。
あなたはこちらの突っ込んだ矛盾点(>>756>>757>>758)には一切合理的な説明ができずに、
ただただ九項の対象範囲に捕虜が含まれていると言い続けているだけ。

以下の矛盾点を解消できる合理的な説明をして貰おうか。
・条文のどこを読んでも捕虜の処遇に関する文面(若しくはそれを想起させる内容)はない
・既に武装解除した捕虜に対して何故「日本国軍隊ハ完全ニ武装ヲ解除」を求めているのか
・国際法学者でポ宣言九項に捕虜が含まれると主張している人はいるのか
・捕虜の身柄は交戦国(この場合連合国各国)の政府に委ねられてるのに何故求める必要があるのか

余り期待はしてないけど、説明できたら褒めてあげるよ。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 08:48:22.42 ID:9aPPd+oT0
論点を大まかに整理してみようか。

・ポ宣言九項は捕虜を対象にしていない。
・捕虜の処遇はハーグ陸戦規定に従う(1949年以降はジュネーブ条約も含まれる)
・降伏文書以降、捕虜となった者の扱いはハーグ陸戦規定に従う(1949年以降はジュネーブ条約も含まれる)
 若しくは連合国各国との個別交渉による
・サンフランシスコ講和条約締結の対象外の国(ソ連、ビルマなど)の処遇は個別条約が対象となる

こんなところか。


888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 12:23:43.53 ID:YugjBa/8I
もう九条条件説は生き絶えたんじゃないか
主張してたバカが、ようやく急に沈黙したし。

いまごろ、リアルは発狂中だろ。

なぜあいつの理解だけが極端に遅れて居たのかわからんが、
話しているうちに相手が池沼だとは理解してた

持論を構成するよりも、相手に理解させるが難しい
相手はきくみみもたないバカだから

交戦国は
休戦国をふくむ
という解釈論でふっかつするか?
韓国と北朝せんは戦時法か?

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 13:54:12.59 ID:t1W4gMNxO
>>886
あんたがもともと書いてたのはこれだろ
「捕虜の扱いに関する文面」
で、オレ自身は「捕虜の扱いに関する文面」なんて書いてないから答える必要はそもそもないわけよ
頭大丈夫か?
横レスなうえに筋とか吐かしてよ
とりあえず、質問の意図をあんた自身が選んでくれりゃよかったわけだが、
A「捕虜のみの扱いに関する文面」の意味なら有りません
B「捕虜の扱いに適用される文面」の意味なら有ります
Aなら「ない」で終了
Bなら日本国軍隊から捕虜が排除される根拠を示せ
これが答え
それと相手に要求する前に自分でソース出してみ

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 13:59:34.96 ID:t1W4gMNxO
だいたい主語が「日本国軍隊」なのに「武装解除後家に返す」とあるから、
武装解除した日本国軍隊は含まれないとかアホ過ぎる
やっぱ国語の授業だわ

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 14:12:35.38 ID:t1W4gMNxO
子供たちは手を洗ったら家に帰りましょう

バカ
「すでに手を洗ってた子供は帰さない」

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 14:15:09.77 ID:eLNR6dU2I
は?
武装解除した兵は「日本国軍隊」にふくまれるだろ?
ここの無条件派は「既に囚われている捕虜」は含まないといっているだけ。
相手の話を聞くのも国語力の問題だろう。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 14:15:16.55 ID:zbfc/JQp0
そもそも何を揉めているのか本人たちもわかんなくなってそうだなw
一度論点整理してみたら?
明らかに論するための論になってるぞ。感情的な罵倒ばかりだし。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 14:21:08.14 ID:9aPPd+oT0
>>889
どうして質問に答えられないのかねえ。

>「捕虜の扱いに関する文面」なんて書いてない
というなら、「>>744の条文のどこに捕虜の扱いに関する文面がある?」
という問いの回答は「ノー」とだけ答えればいいだけなのに。
あなたは文理解釈にない過度の拡大解釈をする必要セから「ノー」という
極めて簡単な回答すらできないわけだ。


895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 14:26:45.15 ID:t1W4gMNxO
>>894
なるほど
言った本人が意味を確定出来ない「捕虜の扱いに関する文面」なら、
問い自体成立してないわな


896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 14:29:17.22 ID:eLNR6dU2I
ほんとに友情権は頭悪いな

人に話すよりまえに、人の話をきく修行詰めよ

おまえ以外の友情権派はすでに9条説放棄してでていったよ。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)