5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

京都守護職会津藩9代目藩主・松平容保

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/01(金) 18:30:20 ID:BYJknVnJ0
忠誠霊神

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/02(土) 10:59:41 ID:B0oUBzsT0
また会津観光史学がクソスレたてやがった

会津マンセーのスレッドたてると会津若松市から幾らもらえるの?

星からいくら小遣いもらえるんだ?

ちなみに松平容保wスレは重複だからてめえの手で削除依頼だしてこい

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/02(土) 18:39:01 ID:k58iGBEtO
観光史学で美化されてるだけ。実は功名に駆られた無能な殿。

家臣の意見は聞かないし、民の事は無視するし
無駄にやる気満々で、戦地拡大。最後は領民に三行半突き付けられる。

終いにゃ明治政府に華族にしてもらって、日光で宮司。

安泰だな(笑)

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 10:43:28 ID:oZCkG5uP0
膨大な家臣を犠牲に戦争までしたのに、腹を斬らない武士道精神無き藩主

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 15:43:17 ID:aZhzpJaM0
容保の養子になった喜徳こそ悲劇として扱われるべき
散々一蓮托生で苦労かけた挙句、実子が出来れば用済みでポイ捨て扱い


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 16:21:59 ID:kmEggSM40
なんだかんだで天寿を全うした人。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 16:24:12 ID:YDCRqD0W0
京都サポーター200人が“無言の抗議” 

今のチームに反発力を期待するのは難しい。京都はホームで0―3の完敗。まるで見せ場のない内容に、
試合後は約200人のサポーターがスタンドに居座って無言の抗議を続けるなど、後味の悪さを残した。

 次の試合まで約2週間空くとはいえ、勝ち点15のチームに残り9試合は決して多くない。
秋田監督は「開始直後に失点して、ゲームプランが崩れた。課題?守備も攻撃も両方」と険しい表情を浮かべた。 【試合結果】

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/10/03/08.html

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 21:00:25 ID:RR3OzfTX0
>>6
会津観光史学黙れよw
こいつら臭えからすぐわかるんだよw

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 03:37:18 ID:9bNlVNT60
Jリーグへの道、Jリーグ準加盟申請〜JFLで4位以内に入る事。
今年もJリーグへの登竜門、JFL昇格へ向けた地域決勝が始まる!
中国リーグ:レノファ山口が優勝 → 地域決勝進出決定
九州リーグは残り2試合でボルカ鹿児島が2位
福島ユナイテッドはシーズン2位
ボルカ鹿児島と福島ユナイテッドは第46回全国社会人サッカー選手権に出場が決定
ここで1位・2位までが地域決勝に出場できる、福島と鹿児島は決勝まであたらない

この3クラブが同時にJFLに来る可能性は残されている!
来年3クラブまとめてJFLにくればJリーグより盛り上がる!
J2には水戸や佐賀(鳥栖)や小倉(北九州)や大垣(岐阜)もいるぞ!

>>7 ついでに京(京都)も来年はJ2だぞ!多分w

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 14:26:39 ID:9bNlVNT60
第46回全国社会人サッカー選手権決勝の会場と日時が判明!
10/20 下関陸上競技場(長州) 13:00キックオフ!

この決勝の舞台でボルカ鹿児島(薩摩)VS福島ユナイテッド(会津)を見てみたい!
薩長に会津の底力を見せてやれ!

絶対に負けられない戦いが、ここにはある!

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/10(日) 02:22:27 ID:nTi23sblO
スポーツも戊辰になる会津観光史学洗脳者は、中国人や韓国人と同じメンタルだな。

時代が交錯してるキチガイ。ビョーキだね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/12(火) 11:22:39 ID:QPMILrBP0
●佐幕側
彦根
1963年花の生涯(井伊直弼)

江戸
1974年勝海舟(勝海舟)
1998年徳川慶喜(徳川慶喜)
2008年篤姫(天璋院)

会津
1980年獅子の時代(平沼銑次)

京都
2004年新選組!(近藤勇)

●新政府側
土佐
1968年竜馬がゆく(坂本龍馬)
2010年龍馬伝(坂本龍馬)

長州
1977年花神(大村益次郎)

薩摩
1980年獅子の時代(苅谷嘉顕)
1990年翔ぶが如く(西郷隆盛)
2008年篤姫(天璋院)

1963年彦根(佐幕)→1968年土佐(倒幕)→1974年江戸(佐幕)→1977年長州(倒幕)→1980年会津薩摩(佐幕)→1990年薩摩(倒幕)→
1998年江戸(佐幕)→2004年京都(佐幕)→2008年江戸薩摩(佐幕)→2010年土佐(倒幕)
次の幕末ものはどちらだろう?それにしても倒幕側というか薩摩と土佐が贔屓されすぎ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/13(水) 15:05:34 ID:649xT7DS0
花神(高杉晋作・大村益次郎)が視聴率でこけたので、以後維新もの自体に疑問符が付いた。
篤姫→坂本龍馬・岩崎弥太郎で成功すれば、長州系作品を再挑戦することになるだろう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 19:41:06 ID:XkX3kRu60
保守

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/16(土) 11:47:57 ID:dAKd9CWsO
>>13
長州の人はいいとこで死ぬ人と余りにも活動期間が長い人のどちらかだからな
ちょうど良さそうな木戸だと思いっきり地味になりそうだし
まあNHKは幕末、明治を跨ぐ人はセット、衣装の関係であまりやりたくなさそう

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/24(日) 13:03:58 ID:kBst4lHPO
龍馬暗殺命令したのコイツ?
佐々木只三郎の兄がそれっぽいこと言い残してたけど

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/24(日) 14:10:59 ID:J/SVKUKv0
元会津藩公用人(藩の外交官、京都駐在)の手代木直衛門証言「手代木直衛門伝」で語られている事は、

・坂本龍馬暗殺実行犯は、私の実弟、佐々木只三郎(見廻組与頭(指揮官))である
・動機は、坂本が薩長連合を推進したこと、また坂本が土佐の藩論を公武合体から倒幕に転換させたこと
・命令は某諸侯が行った
・佐々木が二人を同行させ、坂本の隠れ家を襲撃して犯行に及んだ
・某諸侯とは会津藩主松平容保公、ではなくて桑名藩主松平定敬公のことである
 定敬公は容保公の実弟なので、私は容保公のために今まで暗殺命令者を隠匿していたのだ

ついでに言うと、見廻組は京都守護職松平容保の配下にあり、京都所司代松平定敬の配下ではない。

元見廻組隊士の今井信郎の証言によると

・当日、先輩隊士の渡辺吉太郎に龍馬を斬りに行くといわれ、同行した
・佐々木只三郎、桂早之助、渡辺吉太郎、高橋安次郎、土肥仲蔵、桜井大三郎、そして自分(今井信郎)が現場へ向かった
・動機は知らない。ただ御指図があった。御指図とは重職者からの命令であり、見廻組は京都守護職に属していたので松平容保公のことだと思う

今井信郎の妻の証言によると

・今井は龍馬暗殺の日に右手を怪我して帰ってきた。また暗殺の褒美として京都守護職松平容保公から書状を賜った

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/24(日) 15:53:21 ID:+pplTDOhO
会津松平は、徳川が降伏しているのに
戦争に躍起になり、新政府が恭順を求めているのに
東北・北越で同盟を画策し、藩内で徹底交戦を通達した。
その為、板垣率いる薩摩・土佐の軍勢に討伐された。
その時、会津藩の圧政に苦しんだ領民が、新政府側に付き、藩に対し、一揆を起こした。
北越戦争に勝利した長州藩は、会津の戦う姿勢に感銘し
会津敗戦の後に、救済措置を敷いた。
しかし、会津領民の一揆が凄まじく、長州藩提案の猪苗代藩への移動を
会津側が蹴り、斗南藩へ逃げるように移動した。
斗南藩への封じは2年で終わった。
会津松平家は、東京にて謹慎。謹慎も2年で終わり
会津松平は明治政府により、華族となり
日光で宮司となった。子息は長州の女性と結婚した。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/24(日) 21:21:56 ID:kBst4lHPO
>>17
見廻組に定敬が指図ってのは変な話だな
会桑兄弟2人の意向じゃないのか?
手代木が元主君の名誉の為庇ってる印象を受ける

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/25(月) 23:46:58 ID:+VRIDFkdO
当時若干二十歳の定敬にそんな力も考えも無かったと思うが

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/26(火) 00:14:21 ID:DnvPWzE00
松平容保は、自分だけは生き残ってからに
武士道どころか、薩長に処刑されなくて感謝しないといけない。
家老は切腹して死んでいった…

無能将軍松平

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/27(水) 19:16:01 ID:4Kzd67fLO
>>21将軍ではない(笑)

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/27(水) 22:30:13 ID:r90e66Vp0
>>17
>「手代木直衛門伝」
私家版で3冊しか出てない割に雑誌では割と引用されてるんだな
『手代木翁死に先たつこと数日、人に語りて曰く坂本を殺したるは実弟只三郎なり、
当時坂本は薩長の連合を謀り、又土佐の藩論を覆して討幕に一致せしめたるを以て、
深く幕府の嫌忌を買ひたり、此時只三郎見廻組頭として在京せしが、
某諸侯の命を受け、壮士二人を率い、蛸薬師なる坂本の隠家を襲ひ之を斬殺したりと。
蓋し某諸侯とは所司代桑名侯を指したるなり、桑名候は会津候の実弟なりしを以て、
手代木氏は之が累を及ぼすを憚り、終生此事を口にせざりしならん』

これか、しかし
>蓋し某諸侯とは所司代桑名侯を指したるなり
と本人が某諸侯とぼかしているのに指定してある根拠が不明だ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 01:57:09 ID:7JjZyPYD0
★手代木直右衛門
佐々木只三郎の実兄。別姓だが、父の実兄手代木又吉勝富に子がなかったため養子に入る。
文政9年3月9日、会津藩士・佐々木源八泰通の長男として若松城下(福島県)に生まれる。
嘉永6年28歳のときから藩主松平容保の側近として仕え、
文久3年からは京都守護職となった藩主のもと京都会津藩公用人として所司代や町奉行を配下に収め、
見廻組や新撰組を指揮して京都の治安維持に当たる。
元治元年(1864年)6月には池田屋事件で取締りにあたる。

龍馬暗殺後に関与した上で維新後高知県の役人もしてたんだからふてぇ奴だ
清河八郎の暗殺を佐々木只三郎に命じたのもコイツだな

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 10:12:02 ID:Kigg3NsG0
>>21
島津と毛利は徳川のおかげで生き残れたんだろw
それに、武士はお家の存続が至上であって、戦に負けたぐらいで主君が切腹してどうする?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 11:24:32 ID:adDSWnOhO
>>25
それだと、会津松平は新政府のお陰で存続できたとも言えるのでは・・・・・・
まぁ切腹はなぁ。降伏だし。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 13:58:40 ID:fdGBaaR2O
暗殺大好きだな会津
龍馬って殺される前に容保にも会ってるんだろ?
新撰組に捕縛を辞めさせる約束をして油断させた訳だ
卑怯なり松平容保

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/28(木) 21:35:14 ID:82eesi7W0
>>25
それは違うぞ。
>島津と毛利は徳川のおかげで生き残れたんだろw

島津は関ヶ原後に全面戦争するつもりで待機していた。
家康の方が攻めずに政治決着に持ち込んだだけ。あの時、島津の領地は何も減らされていません。
毛利は家康から断絶を命じられたが、家康に味方した吉川が決死の説得で存続した。
毛利本領はすべて召し上げられている。吉川に与えられる土地に毛利が入り、吉川は毛利の家臣であり続けた。
だから、徳川のおかげではないね。

>武士はお家の存続が至上であって、戦に負けたぐらいで主君が切腹してどうする?
違いますw。
戦国時代を例に取れば解るが、主君の切腹と引き替えにお家存続(息子に継がせる)させるのが負けた側の常套手段です。
この伝統は幕末まで続いており、切腹こそしないが現当主隠居するかわりにお家存続を願います。
例:鳥羽伏見で負けた松平容保は隠居し、その養子が新藩主となって謝罪の態度を取る。
  ただし、会津藩はその後も戦い続けているので隠居だけでは済まないのは明白ですね


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/29(金) 10:06:47 ID:y/Jo1qBlO
>>28違うのはオマエさんだよ。
違う時代の話をしてるオマエさんだよ。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/30(土) 11:11:20 ID:mAfTboj80
>>29
は?何をバカか事言っているのかな?

>違う時代の話をしてるオマエさんだよ
戦国と江戸時代は近世で同じ時代ですよw
しかも戦国の次の時代こそ江戸時代であり、江戸時代に合戦は無かった。
幕末に起こった戊辰戦争が、前例である戦国時代の合戦慣例を引きずっているのは当たり前ですw。
なにしろ日本人は前例が好きだからね。

例1:第二次長州征伐は関ヶ原合戦を真似たものである
   幕府閣僚の記録にそうあるw。だから基本は外様大名に戦わせ、徳川直轄軍は出さなかったでしょw。
例2:武力倒幕の当初の基本方針は、鎌倉幕府討幕戦からのパクリ(最終的には採用されなかった)
   岩倉具視が大久保利通と調整していた戦略。薩長が京都で挙兵し、幕府軍を迎え撃つ一方で、東国大名に江戸に攻め込んで貰う(アテにしてたのが仙台藩)。
   仙台藩に江戸を攻めて貰うという案は、すでに文久年間に真木和泉守が論文にまとめて広く世間に訴えた。
   薩長が楠木正成に、仙台が新田義貞に該当しているのは明白。

 このように戊辰戦争は過去の先例からヒントを得たものが多く、当然戦争に関しては戦国時代の慣例の影響が大だよw。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 17:39:40 ID:vHgvacakO
>>30どうした、オマエ(笑)
違う時期の話をして笑われて狂ったか?(笑)

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 09:47:50 ID:gfcrKHfuO
戦国時代と江戸時代は同じ時代ですっ キリッ

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/01(月) 12:26:06 ID:BwwjFvwH0
http://beebee2see.appspot.com/i/azuY04CUAgw.jpg


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 08:22:14 ID:fkl6rHC6O
明治以前は子供出来なくて明治になってから二人の側室(田代佐久、川村名賀)に続々と子供が出来た状況を見ると慶喜に似ているね
ただ子供のその後を見ると田代佐久が圧倒的に勝っていて川村名賀の子供は恒雄が孤立奮闘している

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 09:40:02 ID:L8IlFkj6O
会津観光史学で美化されてるだけで
実際は全然なんだよな。だから観光史学で美化してんだろうがw
そこまでして美化して何がしたいのやら…。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 20:23:27 ID:VDxARKEQ0
会津士魂とは、時代を超えた武士の魂ではない
ただのハッタリだな(失笑)

ただの保身のチキンよりもこの国の行く末を憂
えていた分まだ三島由紀夫のほうが個人的には
立派で理解出来る。

所詮、観光史学の連中は自分で自分を褒めてあ
げたい痛い人々なのだろう。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 22:21:17 ID:3Wm5x3180
観光史学観光史学言ってる人間も痛々しいけどね。

山県有朋は赤根武人の追贈運動の時、ほぼ決まりかけてたのを強引にひっくり返した経歴があるが、
容保が孝明天皇から複数賜ったご宸翰の件でもかなり必死になってるよね…
「みんな勝手だし、お前を頼りにしてるお」というだけの内容だから人に見せなかったと思うんだが、
文久3年時点の「堂上以下暴論、不正の処置増長」とかいう一節に随分こだわったもんだね

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 22:55:03 ID:VDxARKEQ0
孝明天皇は、弱兵会津藩士に取り囲まれて
さぞかし心細い思いをなされたに違いない。

チキンじゃ何も守れないしお労しい限りで
ある。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 23:54:41 ID:f8MBnqryO
龍馬、中岡暗殺の真犯人というのは間違いない

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/08(月) 21:34:17 ID:Cx8o36qY0
>>31-32

時代の連続性を説明したつもりだったのだが…
バカには理解できなかったか…

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/10(水) 21:24:34 ID:AOskn/1tO
軍事奉行として、この戦いに参加した神保修理は、敵に倍する兵力を持ちながら、圧倒的な銃火器の前に、為す術を知らぬ味方に、慄然となった

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/11(木) 01:13:47 ID:KGucODZmO
容保も、政治の最高責任者である大統領は国民の入札で撰ばれるメリケンの例は亡き彦根侯から聞いて知っていた。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/11(木) 09:07:20 ID:q5WX5nL8O
>>37実際に観光史学だし。言う奴が痛々しいんじゃなくて
言われた方が、痛い所衝かれて、痛いのでは?
で、何故、会津のスレで、例に長州を出すのかな?
君が、会津観光史学が作りあげた、対長州に洗脳されてるからでは?
会津観光史学洗脳者は、絶対に、対長州を例にするんだよ。
話の内容とか関係なくね。それは、会津系作家や商工会が、対長州を唱えるからだよ。
解り易いんだよ、会津観光史学洗脳者は。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/11(木) 09:09:04 ID:q5WX5nL8O
>>40自分の馬鹿を他人になすり付けるの良くないと思うよ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/11(木) 09:10:06 ID:q5WX5nL8O
>>42だから?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/11(木) 11:22:23 ID:KGucODZmO
容保にとって、孝明天皇の崩御は、厚い信頼関係に支えられていた公武一和の柱を失うことであり、この瞬間、奈落の底に突き落とされる思いだったに違いない。
それは、正に時代の分岐点であった。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/11(木) 16:42:11 ID:k4uEsZAQO
「会津観光史学批判派」とやらが歴史学の立場から中立的で多角的な視点から評価を下す性格なら支持したい。
けど、中には論調が単なる会津への誹謗中傷というレベルを抜け出せてないやつもいるしねぇ・・・。
互いに観光行政のあり方に対する議論をしてるのか会津史研究のあり方に対する議論をしてるのかかもあやふや。
学術書じゃなくトンデモ本からとってつけたような知識で、互いに言い争っても、そりゃ埒が明かないだろと。
当たり前だが、漫画じゃ無いんだから良い悪いで括れるわけ無いし、会津や薩長だけみても何も理解できやしない。
極端に解釈したがるこの風潮はどうにかならんものかと。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/11(木) 17:43:22 ID:lIJUyCCg0
会津史学じだいが誹謗ありきだからなあ

49 :松平容保:2010/11/12(金) 09:32:44 ID:saSNPBB4O
時の流れがあまりに早過ぎる。あまりにものう

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/12(金) 12:17:48 ID:aBiuMhScO
>>47元々会津観光史学が恨み節に基づいてる村興しなんだが…。
2ちゃんねるでも論破されてファビょってるのは会津贔屓だよ?
会津贔屓が論破された会津観光史学を立て直そうと
正当性を唱えましたか?

オマエ、中立気取りの会津贔屓だろ?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/12(金) 16:22:59 ID:AAg0Dp3nO
松平容保の京都守護職時代の資料ってあんまり無いんか?
色々策謀があった筈だが

52 :会津藩公用方・手代木直右衛門:2010/11/12(金) 17:19:41 ID:saSNPBB4O
ご家老梶原さまの命により、神保修理、野村左兵衛、秋月悌次郎らと一緒に焼き捨てました

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/12(金) 17:46:45 ID:H7tUHR2wO
>>50中立きどるよ。俯瞰して歴史を見ることは重要だし。会津藩に関心なきゃ反応しない。「贔屓」と見る見ないはご勝手に。
>>51学術論文などでよく引用される史料は『会津藩庁記録』『七年史』『京都守護職始末』などが有名だね。
他に大阪経済大の家近良樹博士が『稽徴録』を翻刻・解説してる。この人は『幕末政治と倒幕運動』という本で、
京坂を拠点とする「一会桑政権」の関わった熾烈な幕末政争と幕府崩壊メカニズムを的確に明している。
けど、観光史学だ長州が国賊だなんだというお国自慢的或いは単なる誹謗中傷的な「議論?」
で一喜一憂するよりかはそうした評価されてる論文をバンバン読んでったほうが有意義でしょ。
っていっても「会津観光史学」と何故か色分け・カテゴライズされるんだろうな〜「敵」じゃない、安心しろとwww
この調子じゃ「仕事で会津にいった」といっても罵られそうでビクビクしてる(というか別のスレで本当に罵られた)。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/12(金) 18:18:16 ID:AAg0Dp3nO
>>53
おお、ありがとう

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/12(金) 21:21:07 ID:j7yVbatQ0
幕府の手先会津は、朝廷の監視という任務も負っていたはずだ。
戊辰戦争前は、幕府のため、その後は、実は、孝明天皇のために
戦争を続けたという都合の良い解釈をする節操のない会津厨がい
た。
孝明天皇の本音は異人嫌いだったので攘夷だったはずだが会津
は、攘夷派の連中を弾圧して欧米諸国との不平等条約締結を推
進するのに一翼を担った。
たしかに、文献に残されている文言が第一級資料であることは、
間違いない。
しかし、当時は時代背景も動乱の時期であったのでどこからが本
音でどこまでが建前で書かれたものか解釈が分かれると思う。い
ずれにせよ位相というかそれぞれの立場から一方のみの解釈では
ご都合主義は、免れず俯瞰して歴史を見ることは大事であるが・・・
さすがに仕事で会津で行っただけで観光史学の回し者と思う奴は
いないだろうが、観光史学の連中(あえて言うが)は、今でも薩
長の対する敵愾心が日常生活に反映されいる節がネット上でも垣
間見れるぞ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 09:44:43 ID:6oA3G4MwO
だから、会津は観光史学による美化なんだって。
しかも特定の地域を中傷してる。
だから叩かれるようになったんだよ。
韓国みたいだってね。会津を賛美してるのは
時代劇や小説や小説家が書いた自称研究本しか読んでない輩なの。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 09:53:54 ID:eyxoHCTU0
根本的原因が「差別」にあるってみんな気が付いているか?

江戸時代は士農工商という差別公認の時代。
武士は農民を、農民は職人、商人を見下す事で満足して自分の地位に納得していた。
実はそれ以外にも、東国人は西国人を、西国人は東国人を、近畿京都は東西地方を差別していた。ごく自然にね。
今だって、大阪と東京はなんとなく対立しているというのと同じ。

これが戊辰戦争や明治維新で顕著に表面化したに過ぎない。
元々の差別に加え、東国は賊軍だ、いや西国人こそ賊軍だと公然と差別する理由がくっついただけでしょ。
会津の観光史学は、これにくっついてるだけさw。
観光史学が厄介なのは、こうした差別を増長させている事にある。
曰く「西国人は天皇を蔑ろにして私腹を肥やした」とかね。
そりゃ西国人は怒るだろう。そして煽り返すのさ「東国人こそ賊ではないか」と。
現代でだぜw
現代人の何人が、天皇崇拝してるよ?w
官軍だの賊軍だのにこだわっている人には、天皇が死去した際に殉死する覚悟もないだろうw。
あったら昭和天皇の時に自殺者が続出してたはずだしなw。
これは、明治維新の問題ではなく現代の問題で歴史とは切り離すべき問題でもある。

結局のところ、東西の差別を「形を変える事で公然と行う」為の理由づけでしかないが、そうした差別を一般の人に蔓延させ増長させている。
薩長ら西国の方は、太平洋戦争の敗戦後、左翼系思想の蔓延で「軍国的だ」の一言で、薩長英雄史観が滅亡させられていったのに対し、
会津は、観光史学という形で残ったんだよ差別の公然と行う方法が。
そこが問題なんだよ。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 15:22:55 ID:7EIKTX9tO
星亮一みたいな輩のせいでまともな研究者も変な目で見られる

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 15:31:26 ID:gKoZy3yk0
そもそも、星亮一って小説家だろ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 14:02:58 ID:Zdd3LAP10
実際、>>53の挙げてる文献って超重要文献だし、一般人でも何とか読める。
星亮一ですら家近さんたちの研究を読んで、会津藩の国元の頽廃、
外交や防備の拙劣さを指摘したりしてるんだよね。

それと郷土史家は郷土偏愛の傾向があるから、結論は眉唾だが、
狭いエリアで色んな記録を(お蔵や老人とかから)発掘してくるから意外と馬鹿にできないよ。
少なくとも>>53的なの視点から議論を始められない人は、会津を論じても意味がない

>>55
前記の家近先生は、一会桑を「孝明天皇の攘夷意思の代弁者」と見てるんだけどね。
禁門の変の際の行動を見るに、孝明天皇は明らかに長州への強硬論、つまり会津的な立場を支持したと思える。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 15:24:45 ID:UBuy0IKAO
>>52みたいな噂があるけど
容保の京都守護職時の史料が妙に少ないんだっけ?
清河暗殺は手代木の指令でこれは容保じゃないよな
龍馬は怪しいが

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 16:06:57 ID:Qb+yXdfF0
一会桑が孝明天皇の攘夷意思の代弁者なの?
詭弁というかなんか後付けした言い訳がましいものを感じるね。
もし、そうであるならば攘夷を標榜していた尊王攘夷派である
長州やその他の脱藩浪士と対立することはなかったはず。
長州藩は幕府から攘夷の決行の許しを得て外国船を砲撃しており
反対に壊滅的な打撃を受けている。 それゆえ禁門の変の際は、
一会桑は、攘夷の意思はなくもちろん長州ももうなかった。

欧米列強の圧倒的な軍事力の前になす術がなかった点において
は双方同じだが、その後の欧米列強に対する対応に幕府側に非
があったように感じられる。つまり、長州を説得させることを
が出来なかったことである。すでに不平等条約を結んだ結果、
幕府の無力化が露呈していて治安や物価上昇などで世の中は混
乱して幕府に反発する人々は士族以外にも多数いた。
最終的には、幕府も攘夷であるならば、弾圧でなく幕府が富国
強兵のプロセスを明確に長州に示す必要があり、それで十分で
あったはずだ。

それと孝明天皇には、実際問題として軍事力はなく朝廷は常に
時代の勝者に利用されていた面は否定できないので意思決定の
最終責任者は幕府であると思うのだが。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 16:12:43 ID:t1DpurFf0
この時期の一会桑と幕府は
だいぶ政治的に距離があったと
思われ。乙

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 16:48:39 ID:Qb+yXdfF0
だいぶ政治的に距離があったとは、具体的にどうで
あったのか説明してくれないか。
あくまでも幕府の方針が最優先であり、一会桑も最
終的には、これに従うのであり、孝明天皇の意を汲
むことはあっても政治的な代弁者といえるかは別問
題だと思うのだが。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 18:32:01 ID:t+NRir7/0
横浜鎖港問題・異国船討ち払い令についての孝明天皇・徳川家茂・一会桑の対応を考えてみよう。

元々将軍家茂は対外的な条約を優先し、一旦開国したものを再鎖国することへは消極的であった。
だが孝明天皇は家茂を京都に呼びつけた。
一会桑も孝明天皇を支持した。

異国船討ち払い令は家茂が抵抗したものの、徳川幕府の命令として裁可された。
鎖港問題では家茂は責任が取れないと反発し、将軍辞任を主張するに至った。

再鎖国の方向へ孝明天皇と一会桑が議論を進め、幕府の開国方針と対立していたというのが、
孝明天皇と徳川家茂が生存していた頃の政治状況であった。

(両名が相次いで突然死ぬと、一会桑は一転して幕府を背景に開国派に鞍替えする。
彼らの方針が一貫していたと考えていると政局を取り違えるので、気をつけよう。)

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 22:48:58 ID:Zdd3LAP10
横浜鎖港問題での慶喜の態度のどこまでが水戸の遺伝子で、
どこからが薩摩との主導権争いなのか、いまいち判然としないね。
若かったから、イライラして酔っぱらっただけかも知れないしw
ただ、会津藩が第二次征長戦まで、
江戸の幕権派官僚の強硬派から煙たがられていたのは確か。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/16(火) 06:13:41 ID:AUEYl14t0
左寄りの宮路君みたいな言論の自由を脅かす御用学者
と某観光史学の教祖様は、都合のいいときだけ天皇を
利用するんだよね
鳥羽伏見の戦い直前期は、慶喜公が将軍職にあったわ
けだし会津も本音はあわよくば権力を握ろうとしてた
だけじゃないの?公家社会ではなく武家社会なんだか
らなんで都合がいいときだけ天皇を持ち出してくるの
かな

禁門の変で薩摩の援軍が来るまでは、長州に対して劣
勢に立たさてれいたし、攘夷派の志士たちを弾圧しま
くったんで恭順の意を示したところで身の危険を感じ
るよね会津は?

長州は、もちろんのこと土佐はとくに板垣退助が会津
攻めを強硬に主張したように土佐の志士たちにかなり
の恨みをかっていたようだからね

武家社会なんだから戦争に負ければそれで終わり
因果関係のはっきりしないものを都合よく推論で穴埋
めするのは確実な証拠がない限り認められないよ
ましてや歴史的事実以外の当事者の本音なんかは知る由
もないだろう
小説じゃないいんだから主観的な思い入れだけで歴史家
が歴史を作るのにはいささか抵抗感がある

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/16(火) 08:46:56 ID:8Z2CmLbdO
同じ一橋を担ぐとしても、薩摩、土佐、越前、宇和島は一橋を議長とする公議政体を掲げた。
他方、会桑は幕府絶対主義を掲げ、外様大名を排除する態度をとりましたため、評判が悪く、
よって旧一橋派だった薩土に会桑が討伐される形になりまいた

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/16(火) 11:03:12 ID:9r+MTSEw0
会津は天皇から信任されていたことに感謝して
厳しい財政を工面して京都に赴任していた
と聞きましたがこれは創作なのでしょうか?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/16(火) 11:31:31 ID:fNG95D8F0
会津の国許(西郷頼母ら)は最初から容保の守護職就任には大反対で
度々辞任を進言しては、容保から不興を買っていました。

容保自身、数度辞職願いを出していますが、その当時は孝明天皇と徳川慶喜の直属武力として
有用とされたため、この両名から激しく慰留され、守護職を続けています。

状況が変わったのが孝明天皇の死と大政奉還で、この時以降、それまでの強健姿勢で
土佐藩士などを中心に激しく嫌悪されていた会桑は、雄藩連合に支持基盤を移そうとしていた徳川慶喜にとっても
余計者として厄介扱いされるようになります。また、朝廷も明治天皇に代わり、会桑ではなく薩長を支持する人間が中心となります。

しかし、この頃から会桑は、逆に京都の職権に執着を見せるようになります。
尾張の徳川慶勝による辞任帰国勧告を無視したのが、結果的には命取りとなり
会桑は、薩長だけでなく京都の雄藩連合の共通の敵対者として、王政復古時には彼らによって朝廷から排除され、
鳥羽伏見の戦いでは、彼ら雄藩連合と交戦し、明確に交戦相手とされます。

会津は引くべきところを引かず、幕府を巻き込んで袋叩きにあった、そして幕府を崩壊させた。
あまり評価は出来ません。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/16(火) 13:21:28 ID:7W+fQTpg0
天下の名君

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/16(火) 16:40:18 ID:Af3B1sjIO
>>69京都守護職の話ですね。京都守護職は、当初、会津ではなく
福井に話が来てたそうですよ。それを福井が辞退したので
会津に話が来たようです。才覚ある会津の家臣は反対したそうです。
つまり、会津観光史学が主張してる「天皇に信頼のある
勤勉な会津に白羽の矢が立った」というのは誇張ですね。
会津松平の京都赴任は、会津領民を圧迫し、会津戦争で
会津領民は、薩摩・土佐の軍勢に加担し、藩に一揆まで起こしました。
つまりあなたの質問は、話半分と考えていいです。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/17(水) 03:22:07 ID:mOW6SQ5i0
もはやNGワード「会津観光史学」だな…
旅行でよっぽど嫌な思いでもしたんだろうか

一会桑とも尊攘派と見なされた藩の中から選ばれたのは確か
おそらくそれまでの幕府の主流的な立場ではない

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/17(水) 07:41:11 ID:2bzpOeOL0
会津藩が捕縛殺害した尊王攘夷派が土佐藩出身者に多かったというのが、後の状況を悪くした。

徳川慶喜が土佐藩を公武合体論で取り込むに当たって、土佐藩にとっては
藩関係者の殺害を重ねた会津・桑名の存在は許せないものだった。

朝廷内で山内容堂が公武合体論と徳川慶喜擁護の論陣を張れば張るほど、
その土佐藩が主張する会津桑名排除論は公武合体派の中で動かしがたいものとなった。
京都の諸侯と会津・桑名は相容れないものと化してしまっていた。

徳川慶喜の立場を考えるなら、この時点で会津と桑名は身を引くべきだった。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/17(水) 13:36:43 ID:NgeC2oDEO
>>73
> 旅行でよっぽど嫌な思いでもしたんだろうか

得意の妄想だね。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/17(水) 13:52:46 ID:WBm8nkimO
>>73
リアルでもネットでもあまりにデタラメな主張をするからです
確かに会津の観光関連はぼったくりばっかだけどさ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/20(土) 12:34:31 ID:F+90F1rB0
会津藩,斗南へ

明治新政府から会津藩再興の沙汰があったのは前年(明治二年)の九月で、
陸奥の地に三万石を与える、というものだった。
現在の青森県の三戸、上北、下北の三郡と岩手県の金田一周辺である。
会津在住の藩士たちは、この知らせに仰天した。
地元では猪苗代を希望する人が多かったが、
陸奥移住は強制であり、会津側から希望を述べる状況ではなかった。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/20(土) 12:54:12 ID:rscL/yRmO
>>77会津観光史学乙。会津藩の斗南藩行きは、会津藩で決めた事だろ。
猪苗代藩行きを薦めてたのは長州藩じゃないか。
領民に一揆起こされて猪苗代藩にもいられないから
会津藩士の山川が斗南藩行きに決めたんだろ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/20(土) 14:32:08 ID:7XF6gQ2w0
山川の自伝には、旧会津藩首脳で協議を重ねた末に、山川らの決断で
猪苗代を廃し斗南立藩が決定されたという記述があります。

強制されたというのは、後の斗南での苦境を誇張するために伝説として作り上げ、
後に小説家が更に誇張して被害者デマとして仕立て上げたもので、原典には根拠が確認できません。

星亮一の主張に根拠がないのは、あなたも分かっているでしょうに。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/20(土) 19:16:47 ID:rscL/yRmO
>>79
> 星亮一の主張に根拠がないのは、あなたも分かっているでしょうに。

本当な。和解と敵対がコロコロ変わるのに、よく★なんかの会に入ったり
本を買ったりしてるよな。会津観光史学洗脳者って
やっぱ考える力とか無いのかね?普通オカシイと思うよな?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/21(日) 01:55:19 ID:wokUncfc0
斗南藩にうつったものには苦しい中でも寛大な処置の為に奔走した長州の前原に感謝して
後の前原の萩の乱に同調した義士もいたからね。会津藩士がみんな頭でっかちだったわけではない。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/21(日) 02:16:45 ID:IlVR8X+S0
>>77-78
分かりやすいマッチポンプだな。
いつもの手口だが。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/21(日) 02:22:43 ID:wokUncfc0
残る選択肢もあったのに斗南に付いていくこと自体
義理堅い証拠だよなあ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/21(日) 13:30:26 ID:+VVFJO2PO
>>83ポジティブだね(笑)

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/21(日) 13:31:28 ID:+VVFJO2PO
>>81西郷とか神保とか小数な。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/22(月) 17:34:16 ID:pvk5sMdJO
松平容保って維新後はずっと宮司として過ごしたと思われてるけど
割とすぐ都内の屋敷に移り住んで悠々自適な余生だよな
宮司は実質何年くらいしてたん?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/22(月) 18:23:27 ID:gmF3m+1tO
しかも華族になって名誉回復。息子は長州の女と結婚だろ?

何なんだ?会津観光史学って?ホロン部の日本支部か?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/04(土) 17:41:29 ID:miKM3xUn0
>>74
>徳川慶喜の立場を考えるなら、この時点で会津と桑名は身を引くべきだった。

 慶喜は大政奉還した事で、幕府サイドの人間にとって「徳川将軍の権威のすべてを敵に売った罪人」以外の何者でもない
存在に成り下がったんだから、大政奉還以後は「慶喜に批判的に行動する事が、将軍家のため」という論理になる。

 元々、大政奉還時、朝廷を握った討幕勢力が、幕府サイドに対して徳川の領土の半分を朝廷に差し出す事を要求した。
 いきなり徳川の領土の半分を差し出したら、多くの幕臣がリストラされて家族ぐるみで放り出される事になるから、幕臣たちは
下層の兵士から老中まで揃って、慶喜と大政奉還の推進者達を激しく憎んだ。
 江戸の町民も農民も、慶喜の事を「徳川を売った奴」と見なして、大政奉還に大反対だった。

 容保は、幕府サイドの人間達の大政奉還推進者達に対する怒りに押されて、大政奉還に反対する立場を取っただけじゃん。
 (定敬の方は、もともと勝気な性格だったから、黙って敵対者の言いなりになる事に耐えられなかった模様)

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/04(土) 22:00:30 ID:nbBu4bj70
>>88
おーい、容保は大政奉還に反対なんてしてないお!
逆に「大政奉還は大英断だ!」と大歓迎しとるがなw
ソース:京都守護職始末

それと鳥羽伏見直前の時期は、まだ徳川も会津も朝敵じゃないからね。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/04(土) 23:40:16 ID:MOqO6a2JO
慶応4年(1868年)2月27日、松平容保(34歳)は会津藩士に徹底抗戦を通告。
西郷頼母は恭順を勧めるが、容保はじめ藩士たちから猛反発され徹底抗戦へ。

慶応4年(1868年)5月1日、白河城陥落。西郷頼母は再び恭順を勧めるが
会津藩士の多くが聞き入れず徹底抗戦を主張。頼母は登城差し止めとなる。

慶応4年(1868年)8月26日、西郷頼母は西軍と砲火を交えている評議中
「この窮地に陥ったのは余の献策をいれないためだ」と厳しく批判。
そのため「西郷斬るべし」の声が起こり容保の命で伝令され
息子吉十郎と共に城を出る。その後は榎本武揚の軍に投じて函館で戦った。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/05(日) 22:03:47 ID:8eXeAP3n0
>>89
その本にそう書かれているのは知っている。
しかし、松平容保が大政奉還を歓迎したという記述は、他史料と整合性がない。

徳川慶喜公伝・復古記では、松平容保が大政奉還に反発し、再三撤回を求めた記事がある。
京都守護職始末のその部分は、後世の擁護目的の糊塗なのではないかと思われる。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/06(月) 01:15:18 ID:Ry2QMpJOO
会津の史料はそういうフィルターかかってるのが多いから嫌なんだよ
容保とか特に

龍馬暗殺指令について容保側近の手代木が晩年の口伝で
「某諸侯の指示だった」と言い残していたが(『手代木直右衛門伝』東大の図書館で閲覧可)
手代木が某とぼかしているにも関わらずこの本では何故か
「諸侯とは定敬のことである」と無根拠に指定している
「定本坂本龍馬」松岡司著ではこの件に加え、
手代木が龍馬暗殺犯についての話題を異様に避けていた事に触れ、
松平容保から暗殺指令が出た線が濃厚ではないかと推測している

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/06(月) 16:11:44 ID:fVKbikM+0
★先生と戊辰研の人って「虐殺と殺戮と人肉食(の研究)」が好きだね−。
事あるごとに虐殺。一人殺しても虐殺、10人でも虐殺、100人でも虐殺w。
ホムペの自作小説とか見てみたけど、虐殺と殺戮の単語が踊っているw。
これからも戊辰戦争の”虐殺と殺戮”の研究だけをがんばって行くのだろうなー。


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/06(月) 20:33:58 ID:lhmYYXTBO
で、それを見たクルクルパーが鵜呑みにするわけか。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/06(月) 22:13:02 ID:fVKbikM+0
そして、そのクルクルバーは叫ぶのである
「薩長による会津大虐殺が起こったのだ!(根拠;★本か戊辰研究会発表)」とw
戊辰研は研究機関だから、嘘は言わないのだとw。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/06(月) 22:14:47 ID:fVKbikM+0
ある意味で、司馬遼太郎や早乙女貢(両者共に作家を名乗り、研究家とは名乗らなかった)よりタチ悪いw

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/06(月) 22:41:13 ID:KwnwsbI50
>>88
辞官納地を薩摩派が主張してたのは確かだが、公議政体派の容堂と春嶽が粘り抜いて
結局とりあえず皆集まった後で考えようぜってとこまで行ってたやん。
まぁ幕権主義者には公議政体論自体が許し難いだろうが。

あとその町民農民の反応って何の資料?

98 :88:2010/12/08(水) 13:17:14 ID:OP3+V7HV0
>>97
>あとその町民農民の反応って何の資料?

『幕末維新 消された歴史』(安藤優一郎/日本経済新聞出版社) p.257〜258

「 当時の江戸っ子には「徳川様のご治世」を謳歌するものさえまだ相当残っており、田舎者に天下をとられたのを
 くやしがり、庶民の声をよく伝えるお湯屋などでは、女でもよく
  「こんなばかくせえ世の中がいつまでもつづいてたまるもんけえ、どうせ徳川さまがいまにまたお帰りになるに
  きまってらァな」
  などといったもので、それをきくとあっちこっちで「そうよ、そうよ」とあいづちをうつ。
 (山川菊栄『おんな二代の記』平凡社東洋文庫203、1972年) 
           〜 中略 〜
  江戸は二百六十年余の長きにわたり、将軍のお膝元だった。その誇りを持ちつづけた江戸っ子にとってみれば、
 江戸城が明治天皇の皇居となり、薩長出身者が徳川家に代わって政権の座に就いた事実を、そう簡単には受け入れ
 られなかったのは、よくよく考えてみれば自然な感情だろう。この頃は、江戸城開城から十年も経過していなかった。
  江戸っ子から東京市民に変身させられた鬱憤が、このような湯屋での会話につながった。徳川家の再登板を期待して
 いるような、明治政府にとっては黙視できない会話も繰り広げられていた。」

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/09(木) 01:23:13 ID:3Rq8c59zO
大阪城で慶喜がトンズラした時の容保&定敬達の態度はどうだったの?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/09(木) 08:08:26 ID:QcaZD9KwO
会津観光史学洗脳者はID出ない方で大暴れか。あいつ等弱くなったよな。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/09(木) 13:13:51 ID:unNLMqV+0
明治政府は「富国強兵」「殖産興業」という政策により、軍国主義の道を歩み始めた。

こうしてこの百年間で幾多の戦争を引き起こし、多くの犠牲者を出したことは多くの人々の知るところである。

日本の悲劇は、薩長を中心とする人らによって政府がつくられたときから、すでに始まっていたといってよい。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/09(木) 17:31:51 ID:TVL7GqOe0
>>99
当時の出来事を時間軸を追って列挙するとこうなる。

1月6日(旧暦) 午前    京都南西、八幡の砲台付近に陣地を構築した旧幕府軍(旧幕府歩兵・会津・桑名・新撰組・見廻組ら)と、
                  淀方面から進出してきた新政府軍とが戦闘開始
           昼      八幡の北西側対岸、大山崎の砲台に陣を張っていた津藩が旧幕府軍へ砲撃開始。旧幕府軍恐慌を来たす
1月6日      時間不明 大阪城内にて徳川慶喜、配下の軍勢へ演説。 「大阪城でも徹底抗戦を行う」
           午後    八幡の旧幕府軍枚方へ撤退開始。枚方で軍勢は止まらず夜半には大阪城内へさらに撤退
           夜      徳川慶喜、大阪城内へ撤退してきた松平容保、松平定敬へ激しく叱責。
                  再戦を望む容保へ「我が軍に西郷隆盛のような豪傑は居るのか(容保らはそうではなかったね)」と発言、容保沈黙。
           深夜    徳川慶喜、松平容保らに同行を命じ大阪城を抜け出す。
1月7日      朝      徳川慶喜ら、軍艦で江戸へ帰還。旧幕府軍、徳川慶喜らが居ないことに気付く、旧幕府軍瓦解。

というわけで、帰還した時点で徳川慶喜に叱責を受け沈黙しているので、同行の際も松平容保らは何も言わなかったでしょう。
ところで明治政府の悲劇は、大正から昭和初期まで、会津武士道を信じる好戦主義者に乗っ取られたことでしょうね。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/10(金) 01:33:23 ID:es8ovrmuO
>>101なかなかのサヨクだ。当時の世界情勢を無視して薩長叩き。
明治は長州の時代だが、富国強兵で近代化し、戦争にも負けてない。
領土も広がった。明治が終わると藩閥もなくなっているよ。
過去の総理を見てご覧よサヨクちゃん。
明治から昭和20年までの総理の一覧を。

会津観光史学洗脳者ってサヨクなんだな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/10(金) 07:10:31 ID:0vr9mxGz0
長州の下級武士に扱き使われ利用された明治天皇



105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/10(金) 13:27:50 ID:Lo08yzlpO
薩長は叩かれて当然だろ。
自分らが政権取りたいが為に無理矢理内乱に持ち込み日本中を荒らし、政権奪取後は自らの驕りを注意する事もせず私利私欲に走る連中を数多く生み出し、内政そっちのけで欧米使節にうつつをぬかした割に何の成果も得られなかった。

それどころか留守政府との対立から士族の反乱まで引き起こし、鎮圧に全精力を注いで政府の金を使い果たした。

今度は地租上げで百姓を圧迫して各地で一揆が起こったが強引に武力で鎮圧、武力で敵わないと考えた民権運動派を条令を発して弾圧した。

国内の悪政を逸らす為に東アジア進出を目論んで図に乗った結果ロシアと対立になり、大量の犠牲を払って何とか勝って講和に持ち込んだものの肝心の賠償金は得られなかった。

その癖に、大陸進出の利権を得て益々図に乗る結果となり、それが結局その後の日本の軍事力至上主義に繋げて戦争大国となる要因を作った。

日本を滅ぼしたのはこいつらだよ。
雑魚の貧乏下級武士共の作った政府なもんだから、後先考えずその場凌ぎの下品で浅薄な行動ばかり。

慶喜を議長においた新政府のほうが余程良い国作りが出来たに違いない。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/10(金) 19:42:27 ID:kmV/f1rO0
慶喜公を議長に据えた新政府の方が余程良い国作りが出来たに違いない根拠
はなんだ?(もちろん会津はその中に入っていないよなw)

そもそも幕府が欧米列強と結んだ不平等条約で国内は疲弊、長州征伐におい
ては幕府は敗戦を重ねたことによる幕府の権威失墜、さらに藩内で独自の富
国強兵を進めていた薩摩にもたらされた幕臣勝海舟による幕府の内情、大政
奉還に尽力した会津の見回組による坂本龍馬・中岡慎太郎両人の暗殺疑惑等
どれをとっても仮に新政府が樹立されたとしても一枚岩ではないことが明白
だ。

会津は、鳥羽伏見の戦いで薩長に負けたことにより慶喜公に捨てられたんだ
ぜw。まあ、江戸開城後、勝手に新政府軍と戦って完膚なきまで叩きのめさ
れたんだから本望じゃねぇの?会津は日本最強のお侍さんだったと勘違いし
なくてよかったじゃんw。それに幕府が本当に当てにしてたのは会津じゃな
くて福井だったんだろう?名君春嶽だったら後先考えずその場凌ぎの下品で
浅はかな行動は慎んでいただろう(笑)

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/10(金) 20:01:48 ID:kmV/f1rO0
会津戦争によって会津の農民は封建制度から開放され、先の大戦(戊辰戦争
じゃねーぜw)でGHQによって農地解放で土地を手に入れ、元小作人から
自称会津藩士でっか?
会津武士道は、戦時中(戊辰戦争ではございませんw)に国威発揚として用
いられ日本は危うく総玉砕の危機に立たされたってさw


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/11(土) 02:29:29 ID:a7RD3mGNO
自称会津藩士の末裔は、ネットでよく沸いてるよな。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/11(土) 07:47:04 ID:x2ePPNVq0
>>105
>自分らが政権取りたいが為に無理矢理内乱に持ち込み日本中を荒らし、政権奪取後は自らの驕りを注意する事もせず私利私欲に走る連中を数多く生み出し、内政そっちのけで欧米使節にうつつをぬかした割に何の成果も得られなかった

 正に徳川幕府の行為ですよ。自分=徳川家康ら徳川家が政権を取りたいが為に、無理矢理内戦「大坂の陣」を起こして日本を荒らした。
政権奪取後は自らの奢りを注意もせず私利私欲に走り、日本の国力を食い潰している。
欧米使節の派遣で何の成果も得られなかったのは、幕府も同じw。

>留守政府との対立から士族の反乱まで引き起こし、鎮圧に全精力を注いで政府の金を使い果たした

 徳川幕府の方が酷いよw。不平等条約で外国に金を国外に持ち出された上、軍艦や銃の購入で金を使い果たし、四境戦争で歩兵隊を派遣する金が無かったでしょw。

>地租上げで百姓を圧迫して各地で一揆が起こったが強引に武力で鎮圧、武力で敵わないと考えた民権運動派を条令を発して弾圧した

 徳川時代は世直し一揆やええじゃないか多発。幕府は鎮静化も鎮圧も出来ず放置w。幕府の独裁を批判する運動家を探して、裁判も開かず大老の一言で弾圧したり、新選組が斬殺したりw。

>国内の悪政を逸らす為に東アジア進出を目論んで図に乗った結果ロシアと対立になり、大量の犠牲を払って何とか勝って講和に持ち込んだものの肝心の賠償金は得られなかった。
>大陸進出の利権を得て益々図に乗る結果となり、それが結局その後の日本の軍事力至上主義に繋げて戦争大国となる要因を作った

 逆でしょw。日清戦争の時の三国干渉でブチ切れたのは民衆の方であり、政府は相手がロシアという事でビビりまくりでしたよ。
むしろ国民の鎮静化を図ったが効果なしだったでしょ。伊藤博文などロシアと同盟しようとしたぐらいだ。
この伊藤の日露協商条約は、満州をロシアに与え、朝鮮は日本が管轄するが日本のモノとはせず中立地帯にするというもので、
まったく大陸進出の利益など考えていないw。
 また、当時は先進国=軍事至上主義の時代であり、それが外交力に直結する帝国主義時代だ。
軍事大国にならないとは、植民地となる事を受容する事ですが、植民地になる事を希望するので?w。
 ついでに言えば、明治政府はこの再現の無い軍拡に疲れて軍事費抑制に走るが、国民の方から糾弾されてますw。
日露戦争後は、結局「軍縮条約」を締結してますよ。軍事費抑制の為にね。軍部には不評でしたが。

>日本を滅ぼしたのはこいつらだよ

 日本が滅びた太平洋戦争時の日本政府は、バーテンバーテン密約によって薩長藩閥政治を消滅させた東条英機ら東北人達なんですがw。


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/11(土) 09:18:33 ID:46wyIcWl0
会津松平家の墓所は車で近くまで乗り入れできないの?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/11(土) 09:34:49 ID:+LRjMq0K0
ある程度は歩いて山を登ります。
あと、こちらは観光地化されていませんので墓地しかありませんよ。
(というか墓所で土産物屋が林立しラーメンを売るほうが異常)

謹んで、変なことはしないように

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/11(土) 09:46:53 ID:a7RD3mGNO
会津では昔から飯盛山の観光事業が問題になってます。

http://plaza.rakuten.co.jp/ekinenbi/diary/200609220002/
これは2006年に書かれた文章。
飯盛山観光の問題点が地元民によって書かれてます。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/6188/1159801210/101-200
これは2006年〜の飯盛山観光の問題が語られています。
まったく改善されてない事がよくわかりますよ。



113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/11(土) 12:53:22 ID:zQlttYFbO
そもそも雄藩の大名による合議制の芽を安政の大獄で先に潰したのは幕府。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/12(日) 04:42:19 ID:gKCn1wVyO
会津観光史学で日本洗脳

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/12(日) 19:16:42 ID:fmDWjBcz0
松平容保侯は孝明天皇の御信任も厚い幕末随一勤皇家だった。
薩長の謀略と挑発で朝敵に仕立て上げられてまことに気の毒だ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/12(日) 20:47:16 ID:MdmB35mP0
会津は、ただの孝明天皇のガードマンじゃんw
しかも、敵対勢力に利用されないように幕府の命令でしっかりと朝廷を
監視してたんだろ?
そりゃ孝明天皇も命を預けてるんだからリップサービスもするだろうw
それと幕府内の政権争いに乗じて孝明天皇をだしにしていろいろ目をつ
けられていただろうw
気の毒なのは孝明天皇であって出しゃばり会津じゃないぜw

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/12(日) 22:35:58 ID:8jLEGT/Y0
>松平容保侯は孝明天皇の御信任も厚い幕末随一勤皇家だった

幕末随一の勤皇家だったのですか!
ならば徳川幕府に対する忠誠は嘘なのですね。
鳥羽伏見で負けて、幕府の足を引っ張った謀反人でOK?


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/13(月) 06:46:06 ID:RVrwFqkN0
会津は、孝明天皇に取り入って慶喜公より偉いと勘違いして内心は
まるで今の影の総理気取りだったんじゃない?(笑)
それまで天皇は、めったに自ら幕政に口を出すことはなかったのに
な〜。
慶喜公が将軍職に就いてからは、国家の存亡のため天皇に開国を容
認させるのに苦労したが、一方会津にとっては国の行く末、延いて
は自藩内の生命、財産など二の次でただひたすら国家の危機に乗じ
て天下取りをしようとして墓穴を掘ったんだろう(笑)


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/13(月) 07:57:39 ID:RVrwFqkN0
江戸を日本を救った慶喜公

自藩を破滅させた会津

さすが、多くの有能な志士や学者の命を奪い国家の人材喪失に
多大な貢献をした会津だなw
滅びの美学とは、自分だけは助かって、他者が滅びることだっ
たのですね(笑)

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/13(月) 09:42:08 ID:LZwofDV9O
>>115君は立派な会津観光史学洗脳者だ。
でも会津は福井の二番煎じが史実だから。残念!

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/14(火) 13:51:04 ID:IPh1uAbX0
>>98
遅レスで申し訳ないが、それって江戸の庶民が慶喜まで非難してたってことのソースではないのでは?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/15(水) 11:25:41 ID:h+l0i+yVO
大坂や江戸では、民衆による反幕府の打ち壊しがあった。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/15(水) 23:47:51 ID:sDnyKYswO
こいつが龍馬暗殺の黒幕。
佐々木の子孫が出版させた「佐々木只三郎伝」では容保から御指図があったと解説されている。
松平容保→手代木直右衛門→佐々木只三郎→京都見廻組のコースで暗殺命令があった。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/16(木) 09:20:42 ID:6QSF5oziO
そして会津系作家が、龍馬を殺したのは会津人だ!ウヒョーッと歓喜する(笑)

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/17(金) 00:17:43 ID:XGTwvkN10
会津系作家のポリシーは「見猿・聞か猿・(真実を)言わ猿」です。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/17(金) 11:24:52 ID:+Y1iTwF00
>>123 容保の保は保身の保だったのかもな

ばれれば土佐の恨みを買うし、慶喜公の顔に泥を塗ることに
なる

そちは悪よの〜って感じだなw

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/17(金) 16:37:49 ID:+Y1iTwF00
まったくせこいヒーローだぜ〜(笑)

会津は、一方的被害者だったとかいうふざけた与太話は
捨てるべきじゃないのか?w
観光目的なんだろうけど都合の悪い土佐のことは隠して
おいて薩長にばかり目を向けさせようという魂胆ではな
いかと穿った見方をされても仕方ないよなw

白虎隊の悲劇も戦前の少年特攻隊や沖縄の集団自決を隠
してことさら薩長を軍国主義的に仕立て上げ責任をなす
りつけているみたいにさえ思えてくるよw
百虎隊の生き残りは、もちろん死んだふりをして一人だ
け助かるようなせこいヒーローじゃないんだろうけどw


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/17(金) 17:54:50 ID:v5ysq4IEO
>>123
厳密には佐々木の兄の手代木の子孫な。

見廻組は上の命令に従っただけだから良いとしても、
慶喜の決意した大政奉還に猛反発し有力諸侯にもハブられて暴走した容保達は愚かであった。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/17(金) 23:22:47 ID:+Y1iTwF00
会津の場合、江戸幕府の存続のみに精力を注ぎその他の状況は見えてい
なかったか、もしくは対処出来なかったんだろうなw

幕府と独自の富国強兵を図っていた雄藩とのパワーバランスという国内
事情と、欧米列強が当時とっていた植民地政策という海外事情に対して
お家の家訓だけを優先するという会津の硬直した考えだけは対処のしよ
うがないのにな〜w

現実的な考えを持って事態に対処できた慶喜公とそうではない会津と言
ったところかもねw


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/17(金) 23:33:58 ID:F3bx/ajR0
松平容保の場合、京都にやってきた時点では
帰国をほのめかしたり、他者への扱いも温和な面が見られる。

しかし草莽の志士や土佐勤皇党を捕縛殺害したあたりから、軌道を外れた残虐性が出てくる。
帰国をほのめかす場合も、翻意の代わりに政治的譲歩を勝ち取ろうとするなど、功利的になってくる。

徳川家茂の死の前後からは、京都での役職への執着と諸侯や家臣への高圧的な対応が目に付く。
その結果が諸侯からの会桑の総スカンであった。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/18(土) 05:30:11 ID:wHYANz+MO
>>130
井伊直弼と似たパターンだな。伊達に遠戚関係ではないということか。
会津と彦根にはどうも黒い繋がりがあったようだ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/18(土) 17:09:21 ID:dFhWsHtB0
>>123
メンバーの1人桂早之助の佩刀と
佐々木に宛てた手紙が霊山博物館にある



133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/21(火) 08:39:41 ID:x+oXRp0+0
王政復古後の小御所会議で春嶽の懐刀で安政の大獄で処罰された橋本左内
に高く評価されていた土佐の山内容堂は、慶喜の辞官納地の反対する一方
で、藩内の勤皇にも一定の理解を示しており大政奉還後の会津側の身勝手
な行動が発覚していれば、慶喜公をますます窮地に追い込んだといえる。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/22(水) 10:45:09 ID:EFglNDVr0
人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科するw

新政府軍は、天皇を中心とした中央集権国家の確立を優先し
国内の内紛を最小限に食止めるため政治的判断で死罪までは
求めなかったのかも

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/24(金) 08:54:32 ID:rmHtGaeF0
見回組の暗殺行為は、幕府が大政奉還により事実上消滅した以上、
治安維持という警察的な公共サービスの限度を越えたただの凄惨のテロ活動だろうな

明治維新と欧米の近代市民革命とは、事実上階級闘争であった点は同じだが、
前者の下級武士・外様大名に対する幕府という支配(搾取)階級という構図は同じ武家社会内の闘争であり
後者の市民が自ら権利に目覚めて体制を倒した点で異なるが、明治維新によって欧米的な統治システムが確立
されたことにより日本の主権は維持され、倒幕に身を投じ国家の礎の一翼を担って志士たちは報われたんじゃないか

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/24(金) 18:30:22 ID:JwFg1LSnO
今井が龍馬殺害は捕縛のための公務ですぅ〜とか抜かしてたが
お前アレ下準備といい根回しといいどうみても暗殺だろうが。
容保から褒賞状まで貰ってるそうじゃねえか。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/24(金) 23:36:23 ID:T6RKoCSOO
つうか、何でいつの間にか龍馬暗殺を確定させてんだ?
テレビ観て真に受ける影響バカはお前らだな

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 00:06:41 ID:LDWDhyXJ0
テレビを真に受けている人は、会津の方かと思われますが

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 01:29:28 ID:ot32dl9d0
会津藩は勤皇にして佐幕の雄藩だった。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 02:18:57 ID:LDWDhyXJ0
明治天皇を軽視し、天皇の命令を聞き入れなかった時点で、会津は勤皇ではないと思われます。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 12:59:34 ID:s+5tgQhZO
孝明天皇を暗殺した時点で、薩長は勤皇ではないと思われます

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 13:04:05 ID:LDWDhyXJ0
ちなみに、孝明天皇の死は病死という説が一番有力で、
暗殺説でも、一会桑の犯行という説の方が現在有力です。

薩長説を唱えているのは、根拠を持たない小説家ばかり。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 13:06:03 ID:LDWDhyXJ0
>>139が大嘘ということを誤魔化すために、話をずらそうとしても
会津が孝明天皇の死にも関係した大逆賊という史実は揺らぎませんよ、会津さん。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 14:53:45 ID:pdmm4c9H0
会津御用達の小説家は、歴史の史料よりも自身の誇大妄想に広辞苑を
駆使して美辞麗句を並べているだけの連中やん
そんな連中の本を読み時代劇の台詞で頭一杯の勘違い会津厨は、テレ
ビ、小説以外で龍馬暗殺を会津が全く関与していない有力な証拠物件
を持っておるんかいな?


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 20:46:22 ID:nSuOgE0F0
なほ、君(佐々木只三郎)の兄手代木直右衛門が明治三十六年逝去するとき、その死に先だつ數日前に、
ある人に坂本龍馬を殺したものは實弟只三郎であり、それは某諸侯であることを始めて語つたといふ。(大泉前掲傳)
某諸侯といふのは、のちに見廻組の屬した京都守護職松平容保即ち手代木の藩主を指すのであるが、
この事實を公にすると、累を藩主に及ぼす恐れがあるので、直右衛門はずつと後代まで沈默を守ってゐたのである。

 『佐々木只三郎伝』

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/25(土) 20:49:20 ID:nSuOgE0F0
なほ、君(佐々木只三郎)の兄手代木直右衛門が明治三十六年逝去するとき、その死に先だつ數日前に、
ある人に坂本龍馬を殺したものは實弟只三郎であり、それは某諸侯の命によるものであることをであることを始めて語つたといふ。(大泉前掲傳)
某諸侯といふのは、のちに見廻組の屬した京都守護職松平容保即ち手代木の藩主を指すのであるが、
この事實を公にすると、累を藩主に及ぼす恐れがあるので、直右衛門はずつと後代まで沈默を守ってゐたのである。

 『佐々木只三郎伝』

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/26(日) 01:33:39 ID:OQA9ngkFO
田代佐久
川村名賀

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/26(日) 02:47:05 ID:rb14p8ZzO
会津の心は美しい

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/26(日) 07:40:02 ID:kvsjCUNx0
薩長への遺恨って美しいか?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/26(日) 07:52:30 ID:ZAKpFNtE0
会津と行動するなら協力できませんって直訴された米沢藩辺りからは、別の意見が聞けるだろうなw

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/29(水) 11:23:35 ID:Xe0O3gXo0
米沢の史料から越後方面での会津藩兵の蛮行が散見されるが
そういったものからは目を逸らし、米沢で唯一士道を示したのは雲井龍雄だと思考停止

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/29(水) 12:53:06 ID:GRTqOC4H0
会津は、京都でも散々威張りちらし、自分のためなら他者を犠牲にすることを厭わない愚劣さが散見される

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/29(水) 13:09:59 ID:P2ENI1ar0
鳥羽伏見戦の前なんて慶喜の新政府入りを望む諸侯、諸藩からも会桑は嫌われてたしなあ
穏健に事が運べば立場がないことに焦り、主戦派として出陣した挙句
負けた責任を慶喜一人に押し付けるのは、卑怯な振舞をしてはなりませぬに反していますね

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/29(水) 16:54:04 ID:wVdF51bk0
一天万乗の天子様に弓引くつもりは御座らねども
拙者は義の為に戦をせねば成り申さん!
"o(`Д´)♂”お相手致〜す!

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/01(土) 21:29:36 ID:WZWqpkYT0
ふと思ったけどこいつら(会桑兄弟)って尊攘派は言うまでも無いけど
佐幕派の中にもこいつら嫌ってる人っているのでは?
「こいつらの所為で幕府が潰れた」とか「慶喜がこいつらクビにしてたら勝ってた」とか
言いそうな人間いても不思議じゃない気が・・

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/01(土) 23:26:38 ID:9wLSpd8Z0
>>155
鳥羽伏見の戦いで、平和的努力で慶喜の新政府入りまでこぎつけていた福井藩松平春嶽と中根雪江。
中根が徳川家恭順の条件として徳川家に要求したのは、徳川宗家と親藩で会津をクビリ殺すことだった。
そんな福井藩に、会津藩は恭順の仲介を頼み断られた。
以後、会津では「薩長が会津の恭順を許さなかったのだ。それで福井藩は尻込みしたんだ」と語られ、現在に至っている。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/02(日) 00:27:18 ID:nsLnhDb20
会津の人が徳川慶喜を中傷するときに使う、「彼(慶喜)なんて支持しなければ良かった」発言が
残っている老中板倉勝静も、その側近の書簡である魚水実録で、
鳥羽伏見の戦いを強硬に進めようとしている会桑の行為を、敵の術中に嵌るだけだと非難し制止している。

会津の人は、会津に都合の良いところしか引用しないから、鳥羽伏見の戦いでの準備もない猪突猛進、しかも
相手に戦いを挑みながら銃撃されるとは思っていない愚鈍さが、味方からも非難されているということを知らないし、
郷土史関係の人々は極力会津の悪しき部分を隠そうとする。

すると、夜郎自大な自尊心だけ旺盛な会津人が出来上がるという寸法。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/02(日) 00:57:13 ID:nhOxQvke0
都市伝説「山手線がつくられた本当の理由」 
http://www.youtube.com/watch?v=9Wu7LvJReOY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=V0v0inphUO4&NR=1

平将門パワーで薩長討つべし!

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/02(日) 08:25:41 ID:Lr4wN2wV0
>>157
最近の流行は「もしも」といったIF論だな。
会津贔屓の作家や研究家は”政局論だと会津が悪くなる””戦術論だと会津は稚拙”という結論になることを知っている。
だから、なんとしても敗因が慶喜の弱腰にあるという結論にする為に、
「もしも、慶喜が徹底抗戦していたら」とか「もしも慶喜が大阪城に籠城したら」という形で、旧幕府軍が勝てたと言い張る。
しかも近年は、”学術学会にも、この手法を用いなければいけない”などと叫び、運動している。
やり方がいやらしいよな。IFはどこまでいっても都合のよい妄想でしかない。事実じゃない。事実だと証明することもできない。
だから学術にはならん。
 戦史雑誌の学研「歴史群像」までもが毒されて、会津戦争は正義だの正しい戦争だったなどと叫ぶ始末で泣けるぜ…


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/05(水) 01:31:07 ID:uOaXz/l50
そもそもそういうifを言うやつは、大阪や江戸が戦場となった時の被害損失は考慮しないんだよな
負けるはずのない2連敗後の挽回で、失った権威を回復させるためにどのような行動が取られるかも
他所が戦場になって自分が助かればよかったって言いたいだけ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/05(水) 10:11:45 ID:e3ob6Wra0
会津贔屓研究者の間で流行の決めゼリフ

「慶喜が大坂城で決戦していれば…或いは江戸で決戦していれば、会津はこんな酷い目に合わなかった」

意訳
「慶喜が大坂や江戸で決戦をすれば、火の海になるのは大坂、江戸だけ。会津は火の海にならず助かったはずだ」

身勝手にも程があるよな。まぁ、領民の平和な暮らしを考慮せず戦争を起こして、村々に火を付けて廻った武士階級らしい言いぐさではあるが。
武士は素晴らしい!なるほど!「華は桜木、人は武士」これが会津ですね。
武士は人だが、武士以外の人間は人ではない。虫けらのように踏みつぶしても痛みを感じない。そんな(祖先は農民wの)研究者が多いのだろう。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/06(木) 08:28:40 ID:J8nBkGA80
まさに会津遺恨全体主義狂恨国だな
http://www1.harenet.ne.jp/~m-toyota/kiken/chat/chat1.htm


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/08(土) 19:55:56 ID:IlJJJOus0
慶喜公の龍馬捕縛禁止令を無視どころか念入りに暗殺計画実行w

さすが会津士魂のテロテロ坊主

京都に血の雨を降らせただけあってやることがエグイすっねwww

バイバイ〜w


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/09(日) 09:56:16 ID:7TvAFP3l0
見回組の佐々木只三郎は薩摩の高崎正風らのいる歌会に出席していた。
薩摩との接触は政局が江戸から京都に移り、雄藩の動向を知るための
スパイ活動であった。

見回組は鳥羽伏見の戦いで多数の死者を出したが幕府、朝廷、雄藩の
板ばさみになることを予見していた家老西郷頼母を藩主が聞き入れて
いれば政局に巻き込まれず壊滅的打撃を受けず済んだかもしれない。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/09(日) 18:57:14 ID:CHUDBRc70
馬鹿の松平、それに従った新撰組なんて大馬鹿の集まり。歴史から抹殺せよ。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/09(日) 22:35:40 ID:1ivPX5Gg0
松平だと一杯居すぎw
ぶっちゃけ、長州毛利も薩摩島津も公式の場では、徳川から貰った「松平性」を名乗りますからw。
松平ではなく、容保って言わなきゃ駄目よ


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/10(月) 18:42:05 ID:rslNMbk90
<銃刀法違反>「はかま姿に必要と思った」 模造刀を所持、成人式会場で容疑少年逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110110-00000013-maiall-soci

成人式の会場周辺で模造刀を所持していたとして山口県警下関署は9日、同県下関市の土木作業アルバイトの少年(19)を
銃刀法違反(模造刀剣類の携帯禁止)容疑で現行犯逮捕した。少年は「友人との記念撮影用に持っていた」と話している。

逮捕容疑は9日午後0時35分ごろ、同市豊前田町3「海峡メッセ下関」1階で模造刀(刃渡り約70センチ)を所持していたとしている。
この日、同所4階で成人式が開かれ、少年は式典終了後に友人と記念撮影するため模造刀を抜いたが、
それを見た人が「日本刀を振り回している男がいる」と110番した。

少年は「自分ははかま姿だったので、撮影に模造刀が必要と思った」と話している。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/12(水) 22:33:23 ID:4IM0oa190
容保か
コイツ大ッ嫌い

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 08:29:42 ID:6l6edaAQ0
9月22日は、朝敵会津が「降参」と書かれた純白のハンカチを振った怨念記念日w
  


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/20(木) 10:06:52 ID:FIAztVrOO
怨念でオマンマ食べるの…

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 04:30:17 ID:228cZJz+O
1.鉄道・道路を通してもらえなかった
→実際は三島県令が当時日本でも稀な大規模道路整備を若松を中心に行い、
恩恵が少なかった会津以外の人々が一揆を起こした。
→鉄道が通らないのは当然。仙台へ伸ばすには会津は経由させるべきではない。
また、磐梯山噴火などがあり若松より北へ伸ばす路線は危険が多かった

2.産業育成を阻害した
→実際は産業博覧会で三島県令が盛んに会津漆器などの産物を販売し、陶器産業も復興させている
清酒も明治以降の導入で、江戸時代はどぶろくだった

3.県都を郡山に移さず会津を引き裂いた
→郡山は新政府が開拓した都市。そこに移すのは新政府偏重と言う福島市の意見が強かった

4.学校を作ってもらえなかった
→会津高校を作ったのは明治初期、しかも三島県令と明治新政府の重役たちによる寄付だった

5.賊軍の遺体埋葬を禁止された
→「彼我の戦死者一切に対して」遺体確認作業の為禁止されていたのを作家が捻じ曲げて解釈しただけ
かなり早い時期から遺体処理を指示する民政局の達し書が出てる
会津藩士の遺体もちゃんと埋葬された

6.「白河以北一山百文」と侮辱された
→言いだしっぺは東北、わざわざ新聞タイトルにしてスローガンにしたのも東北

つまり、会津人が涙ながらに叫ぶ「被差別」話は、どれもこれも根拠がない。
新政府の援助をたらふく食った末に、貰った先を罵って、恩義はないといって済ませようとするのが会津。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 04:34:27 ID:Kf6j1TGM0
「会奸」って名言だな。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 08:21:34 ID:Evea91Kk0
倒幕派寄りの兄徳川慶勝と殴りかからんばかりの議論はなかったんだろうか?



174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 00:59:24 ID:9vf9D/ta0
會津は自分らが「差別」されたなどと主張してはいないと思う。
戊辰戦争の凄惨さを知らずに、會津のことをけなすのはやめてほしい。

日本人が日本人に対して、あれだけの一方的な攻撃を、焼夷弾をふくめた
大量破壊兵器で人を傷つけ、殺すということをしたのは、戊辰戦争が
最後だと思います。 残念なことです。 新政府を名乗る人達の中に、
會津に対して深い怨恨を持っていた人が居たことも事実です。
京都守護職、その傭兵の新撰組のイメージは非常によくなかったでしょう。

美濃から出てきた松平容保は、凡庸な殿様です。 彼が會津の主君であった
ことは會津の不幸でした。 例えはよくないですが、天皇陛下がマッカーサー
に対して、「自分はどうなってもいいから国民をたすけてほしい」と伝えて
日本の戦後は決まりました。容保はそういうモラルを発揮できなかった寂しい
人物です。

容保が、忠君をはたしてくれた臣民への深い感謝とそれに報いようという
意思を自ら発して、薩摩長州にはたらきかける、自ら腹を斬ることを
含めて武士道を貫徹する、そのような気概がなかったことが、
會津のいたましい歴史につながったと思います。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 10:41:35 ID:RETrancU0
とりあえずググって大量破壊兵器の定義を調べて来い、な?

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 18:06:27 ID:hEkw6Eey0
戦争をスポーツか何かと勘違いしてないか?
犠牲者が出ているのは新政府軍も同じ。
優秀な兵器を保持することは、攻撃のみならず防衛の観点からも重要だぜ。
新政府軍も負ければ過酷な運命を辿っていたかもしれないし、戦争とはそういうもんだろ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 18:59:52 ID:cqt+cs170
西郷頼母は場合次第で悲劇の主人公にされたり、藩主に逆らった軍事無能馬鹿にされたり、評価が定まらない。

・京都守護職就任に田中と共に大反対
・京都まで出てきて、京都守護職を辞めるように主張、松平容保の侮蔑を浴び、更に謹慎処分
・鳥羽伏見の戦いでの会津藩の敗北の責任を追及するが、松平容保の回答は恭順派の神保への切腹
・白河城の戦いに送り出されるが、10倍の兵力を擁して大敗北、東北戦争の敗北決定
・破れかぶれに「もう戦争だ、逃れられない、全員(容保のせいで)死ぬのだ」と公言し城外追放
・若松追放の間に新政府軍が会津進撃、西郷の家族は全滅(後に立派な最期だったという伝説が残るが真偽は不明)
・一人外に出されていたのでそのまま箱館まで旧幕府軍に従軍(その間に会津藩は降伏し、筆頭家老がいなかったので別の一人が切腹)
・戦後会津に帰ったら家族が全滅していたことを知る
・東照宮で神官として従事、辞めて数年で死亡

東照宮で容保とどんな会話したんだろう。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 20:18:16 ID:ydj+mEoZ0
>>174凄まじい主観擁護ですな。会津がありもしない差別を唱えてるのは事実ですよ。
会津観光史学洗脳者さん、もう会津の嘘はバレバレなんですよ。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 21:28:55 ID:nU0cyZNa0
話もしない間柄で
西郷は霊山神社へ引越し
容保は東京の邸宅に引越して贅沢三昧、我に正義ありと元藩士と語りあう言動を続けて死去

少なくとも、松平容保に反省の弁は一切なかったようです

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 21:39:38 ID:R8Du7coc0
松平容保の親族が長州の人間と結婚したって本当ですか?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 19:55:23 ID:gIwp1I150
>>180
息子の容大だかが長州の女と結婚してたような

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 20:38:32 ID:gkMcw8iC0
長州は会津を助け過ぎ。

北海道と日本海側の地域をドイツに売ろうとしてたのが会津だからな。
会津観光史学ではこの売国を「外交」として評価してる。

歴史をねじ曲げ、被害者ぶり、金を儲けてる会津は糞だ!

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 01:18:19 ID:YdE4TrF70
>>182
まじかよ?国土を売るほんとうの意味での売国行為があったのか?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 01:53:52 ID:ZOHBBSFp0
>>183最近ドイツで会津が
北海道と日本海側の地域をあげるから助けてと
すり寄って来たと記録されてる史料が発見されました。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 21:23:05 ID:BhcBba9H0
ちょっと質問
会津が同盟相手として何故プロイセンを選んだんだ?

普墺戦争後で幕府と協力関係にあった仏とは関係悪化し
英露とは協調関係をとってる
イギリスは薩長を援助し
ロシアと領土問題が生じる樺太を手に入れることは論外
何より海軍が貧弱で、ビスマルクは植民地に否定的

外交オンチすぎると思うのだが

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 21:37:14 ID:m+l3T37+0
それは新潟開港と関連しています。

新潟港は旧暦慶応4年3月に開港が予定されていましたが、
1月に戊辰戦争が始まり新政府軍が勝ったので、新政府は自らの手の中にない新潟港の安全は保障できないので
開港を延期するよう諸外国へ要請しました。

しかしイタリアとプロイセンは無視し、新潟港では両国の商人が他国の商人のいない中で高値での武器の販売を始めました。
この中のプロイセン国籍の商人が、スネル兄弟であったというわけです。

この時点で、新潟港に来た国の中からしか、会津も庄内も選択肢がなかったわけです。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/07(月) 21:47:47 ID:BhcBba9H0
>>186
なるほど、そういう事情があったとは

イタリアも普墺戦争に参戦した関係で対仏関係が悪く
イタリア海軍は地中海中心
どっちかならば、より強国のプロイセンを選んだのか

ようやく得心が行った

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 00:31:39 ID:/uzHKdi00
だからといって会津の売国が許されるわけがない。
会津は現代でも会津観光史学で日本人を騙し
特定の地域を差別中傷している。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 15:23:34.21 ID:Zy0/oOPSO

http://www.oracity.net/resbbs3/resbbs3mbl.php?cate=1&kijino=1103181300422144&catepg=0

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 20:58:37.20 ID:uwZ2hGUz0


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 16:47:04.26 ID:5fgG1FHt0
2011東京都知事選政見放送 ふるかわ圭吾
http://www.youtube.com/watch?v=Ss4YAYo18aA&feature=related

192 : 株価【E】 u:2011/04/20(水) 23:49:48.50 ID:MQeH/6/80

関西福島県人会会長

政府や東電に厳しい視線も


「東北は頑張ります」。神戸市内で支援を呼び掛ける箭内さん(左)
 幕末の会津藩主。京都守護職に就任し、戊辰戦争で討幕軍に抗戦した松平容保は特徴的だ。

「言葉の派手さではなく、行動力がある」とは箭内一さん(69)=東大阪市南上小阪=が自負する福島県民の気質。
箭内さん自身、36歳の時に脱サラして中小企業の町・東大阪に鍵の錠前を扱う卸会社を設立し、東京にも営業拠点を置いて事業を成長させてきた。
行動する姿勢はいま、地震、津波、原発事故に見舞われた古里に向く。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/genkiroku/110420/20110420030.html

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 10:46:16.00 ID:2DRpg2WC0
>>174
>日本人が日本人に対して、あれだけの一方的な攻撃を、焼夷弾をふくめた
大量破壊兵器で人を傷つけ、殺す

焼夷弾なんて発明されてませんよw

194 :怨念:2011/05/01(日) 13:27:53.10 ID:eaGwCalz0
孝明天皇を瞞して、偽勅を出したのは誰か、天皇の怒りに触れて京都を追い出されたのが、その”勤皇の志士”たちだった事実。

京都御所に大砲を打ちこみ、幼かった後の明治天皇を失神させた者たちが、その”勤皇の志士”を標榜していたのだ。

 真実の”勤皇の志士”は誰か。それは孝明天皇の御宸翰と御製が証明しているのだが、天下をとった薩長は、必死になってその証拠を抹殺しようとした。


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 14:43:06.90 ID:S2A320cy0
松平家の山の上のでっかい墓石
どーやって、運んだのかしら?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 20:39:37.30 ID:s2JWUfy+0
裸の大将の任務は、天皇の監視と倒幕を防ぐことw
必死に美化するなよ会津ババア


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 17:32:51.42 ID:8FNFEYVf0
もっと言うと市街地の警備であり、天皇の身辺警護ではない。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 18:07:04.38 ID:53YHRwRg0
戊辰戦争最大の首謀者は西郷隆盛

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 18:56:57.57 ID:ncnG0wgy0
は?戊辰戦争は、新政府との和平蹴った会津から仕掛けた戦争だぞ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 22:47:51.64 ID:yAH/b7pk0
会津は交渉人を拉致したり殺害したりしました

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 16:54:55.29 ID:aREdLPgc0
容保公

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 22:10:30.37 ID:yEH10WlK0
創価学会のくせに高幡不動の境内でまんじゅう売るな!

関東三大不動尊として有名な、東京都日野市の高幡不動尊。
土方歳三の銅像があるなど、新撰組ゆかりの地としても有名だが、
高幡まんじゅう「松盛堂」のオーナーは、公明党の市議会議員で創価学会員!
お不動さんはお前らにとって邪教のはずだろう!
http://www.e-giin.net/minegishi/
http://www.syoseido.co.jp/



203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 18:18:00.27 ID:CaiqLqj20
忠犬ハチ公>負け犬容保公

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 19:14:23.12 ID:HSDqu7i/0
勝てば官軍

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 19:50:25.63 ID:ntq7JyJJ0
勝てば官軍ではなく官軍として会津を討伐した。
新政府との和平交渉を蹴って白河と今市に進攻したのは会津。


206 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/06/04(土) 10:07:53.64 ID:mrTw4rOR0
test

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 04:32:18.53 ID:y0Gg18bO0
【テレビ】NHK、2013年の大河は福島が舞台 新島襄の妻が主人公
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1307817711/

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 23:37:24.56 ID:UXxZ3rqD0
また女が主人公か!

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 09:22:35.70 ID:L4oMEFUr0
山本八重子が大河になるとは。
会津は武闘色が強すぎて忌避されるかと思ったんだが、武闘派中の武闘派を持ってきたな
新選組に続いて大河の佐幕化が頂点に達した感じ

もう2度と討幕側では作れないんじゃね?小松帯刀も武力倒幕否定派として描かれてたし

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 11:19:05.55 ID:+Ay2bfsb0
震災に便乗かよウゼエなNHKって。会津はドイツに売国企てたんだぞ。解ってんのか?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 11:56:10.55 ID:eHx10LOL0
短期や歴史バラエティーならともかくとして、八重でホントに通年五十話
持たせることができるのか?

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 12:15:38.57 ID:FkPHaoC+0
同志社内のいがみ合いを、一件一件時系列ごとに消化していけば
数年分の話題ストックはあるよ。どれもこれもつまらないけどね。

八重:薩摩人への恨みは消えません
教師:俺達の西郷さんに何を言う?
教師:だいたいきみの土地権利書だって、西郷さんから学校のために預かったものだろ
八重:再任を認めません
生徒:僕達の学園と先生になんてことをするんだ
教師:八重許すまじ

これがたび重なり、八重は学園内で年々孤立してゆく。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 16:30:47.73 ID:x0MbHGqg0
被災便乗ウゼエよNHK

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 18:36:50.88 ID:opc5lSqQ0
>>211
明治以降の後半生も逸話が非常に豊富な人なので充分に持つ

>>210
売国とか愛国とか喚いて幕末史スレ荒らしてるお前のほうがはるかにうざい
こういう徴収オタを発狂させるためにも、お八重さんにはぜひ活躍してほしいですw

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 23:51:23.42 ID:fb0GDfhc0
会津は被災地でもなんでもない。単に福島県の一部というだけなのにな……
被災便乗で”金儲け”って感じだ。

>>214
>こういう徴収オタを発狂させるためにも

お前みたいな会津厨がいるから会津が嫌われるという事を自覚してくれんかね。
薩摩の西ク・長州の高杉・土佐の坂本と幕末大河ドラマで男が選ばれているのに、
会津を舞台にした大河で女性が主人公という意味も理解すべきだよ。
会津白虎隊に娘子軍……女子供ばかりが戦い、大人の男が会津戦争で活躍していないという事を。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 12:56:35.69 ID:ahS9cxCg0
>>214
新島八重の利己主義や傲慢さ、学校の人々から蛇蝎の如く嫌われていたことなどを話しに入れないと、
大河ドラマとしては成立しないと思うんだ。中村彰彦などが勝手に話を捏造して持上げているけど、
彼女は決して評価できる人間ではない。

それでも持上げたいのなら、樅の木は残ったのような逆転歴史観が必要だろう。
今のNHK周辺に、そのような手腕を持った作家がいるのか甚だ疑問だ。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 14:36:25.95 ID:e7bh18020
舞台は会津でなく京都じゃない?同志社だし。
山元覚馬とか江戸時代には埋もれてた人だよね。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 19:37:05.48 ID:3nqDktQEO
まぁ最近の大河ドラマで女主役じゃスイーツ(笑)になるだろうから会津の皆さんにとって喜ばしい作品にはならんだろうし薩長絡みだってお花畑的になぁなぁで終わるだろ
脚本が田淵or小松ならご愁傷様

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 03:14:54.44 ID:JIcDRPMu0
ここ十年での大河ブランドの凋落っぷりは異常

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 08:38:16.54 ID:Eov4paKh0
>>215
山本八重子は会津藩守旧派とは対立関係にあった砲術家・公用人の山本覚馬の妹
新島襄の妻、クリスチャン、元会津藩士と色んな顔を持つキャラクタなので
「女だから」というだけの理由で排除するのは不適切。周囲の人物たちも描けるしね
山川捨松や津田梅子と並んで扱われておかしくない

>>216
そりゃお八重さんは会津時代からワガママな性格だものw
八重子の面白さはまさにその奔放さと頑固さ、行動力、多芸多才さにあるだろ
学生だけでなく、元会津藩士からも引かれていたからまったく問題なしw

そんだけ無茶苦茶な性格なのに、なぜか新島襄とはうまくいってたというのも面白い
よくも悪くも政宗の母ちゃんっぽくて面白いんだよ

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 08:41:41.98 ID:Eov4paKh0
皇族以外では初なんだな、女の叙勲ってw
夫の死後に日清日露戦争の看護婦に志願してるのも面白いわ

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 09:07:55.90 ID:Eov4paKh0
>>216
同志社は私立だから笑い話で済むけど、大阪控訴院長を務めた桑名藩出身の加太邦憲によれば、
司法省明法寮学校時代の薩長閥のいじめは凄まじかったらしい。朝敵呼ばわりは日常茶飯事、
学校に非薩長出身者が集まったもんだから、学校を潰すために「学生が学業不十分」とか
根も葉もない噂を立てられて潰す寸前まで行き、驚いた司法卿江藤新平(佐賀)が自ら高官連中を引き連れて視察

江藤は学校設立者で非薩長閥もどしどし入れたから、学生のレベルを熟知してる
そこで学生に任意にフランス語の書き取りをさせ、高官連中を黙らせてるんだよな
しかし逆に言えば江藤がその種の圧力を一蹴できず、実際に実力を見せなければならなかった所に薩長閥の圧力のすごさがある

鈴木貫太郎も海軍でかなり反発したらしいけど、そりゃ無理ないと思ったわ
まじで薩長の無能者はガンだよ

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 09:31:44.79 ID:wHWmMO4q0
日露戦争・・・海軍:東郷平八郎(薩摩) 陸軍:児玉源太郎(薩摩)
太平洋戦争・・・海軍:山本五十六(越後長岡) 陸軍:東条英機(南部)


無能なはずの薩長閥の方が戦争に勝ち
有能なはずの非薩長閥が戦争に負けた

薩長が無能だ、というのはほとんど非薩長閥の妄想だな

太平洋戦争を指導し、日本を敗戦に導き、多数の日本国民を
殺傷するに至ったのは100%非薩長閥の責任である

彼らは戊辰戦争に負けた恨みを晴らすため、薩長が作った
明治新政府を破壊するために、無謀な太平洋戦争を仕掛け、
無能な戦争指導で日本を敗戦に追い込んだのである

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 09:36:20.89 ID:cEHjOBQk0
>>223
陸軍:児島源太郎(長州)、大山巌(薩摩)

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 09:43:17.52 ID:wHWmMO4q0
>>224
訂正・補足ありがとう

それにしても、会津人の被害妄想というか、偏屈な郷土愛は
異常という他ないわ

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 10:04:54.95 ID:Eov4paKh0
431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 04:52:37.37 ID:u7/TFl9j0
>>430
A級戦犯絞首刑の7人の出身地内訳

板垣征四郎→岩手県

木村兵太郎→東京
土肥原賢二→岡山県
東條英機→東京で出生(本籍岩手県)
武藤章→熊本県
松井石根→愛知県
広田弘毅→福岡県


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 08:29:20.41 ID:gZ1L/7lO0
石原は日中戦争不拡大派で反東条
226で殺害された重臣斎藤実は岩手県士族、天皇の信任厚い鈴木貫太郎も非薩長系
一方で決起将校の磯部浅一、文民では外相・松岡洋右、開戦時の商工相・岸信介は山口県

鈴木貞、大島、嶋田、梅津、佐藤賢、南など軍出身者のA級戦犯を見ても、
奥羽越列藩の末裔は東条・板垣(南部)、畑俊六(会津)の3人くらい
ちなみに昭和天皇は畑、阿部(金沢)、東条あたりがお気に入りだったのは有名w

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 10:08:15.00 ID:Eov4paKh0
こんな↑簡単な知識もなく偉そうなことほざいてんじゃねえよ

>>223>>225
つか聞きたいんだけど、太平洋戦争の政官財界や軍部の重鎮と、
幕末史とどういう関連があるわけよ?お前ら会津スレどころか佐幕派諸藩・諸隊スレも荒らしてんだろ

お前らみたいのは幕末史を楽しみたい人間にとってほんと迷惑なんだわ
特に維新史研究が佐幕派諸藩から無名幕臣にも広がってる現状ではアナクロニズムも甚だしい

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 10:30:44.29 ID:wHWmMO4q0
>>227
ところがどっこい関係があるのさ

例えば陸軍大学校の入校試験でな、薩長出身者に逆差別を行って
ことごとく不合格にして、あからさまな排除を行ったのは有名な話

当時、陸軍大学校の教官をつとめていた東条英機がその逆差別の主犯格だったりする
その結果、陸軍の高級幹部から長州閥が排除されてしまったのだが
能力によらない意図的な排除も幕末からの怨恨のなせる業

戦前の軍部や政財界は、昭和のはじめあたりまで幕末の怨念にしばられていたんだよ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 11:57:26.41 ID:Gg3QKbsD0
会津人は未だに怨念にしばられてるけどな

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 12:13:10.31 ID:wIJu4kJ60
会津が舞台なら保科正之やってくれよ。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 13:03:10.97 ID:Ejn7l7b90
陸軍内部の長州閥排斥が成功するまで東条も石原も仲良かったよ。
仲が悪くなったのは、長州閥を倒した後だ。それぞれ自分の派閥拡大で対立し、仲が悪くなったんでしょうにw
丁度、自民党倒すまでは結束していた民主党が、政権取った途端に内部派閥抗争をやってんのと同じ同じw。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 13:26:37.20 ID:wHWmMO4q0
石原は山形だが、満州事変を引き起こし太平洋戦争の一因を作った張本人
東条は岩手だが、いわずもがな

戦前の陸軍をおかしくして太平洋戦争に走らせたのはぶっちゃけ東北人

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 19:41:17.30 ID:64SG7C0SP
>>229
おまえはいつまで会津への怨念にしばられるの?


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 00:31:42.47 ID:Kh4I0ViV0
>>228
それがかりに真実だとしても、幕末スレではスレ違いと言うのは分かるよねボク
騙りたいなら太平洋戦争スレで語ってこい。実証的な史料も添えて

つうか松岡、岸、磯部浅一が山口県民なのは認めるんだよなw

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 00:39:25.99 ID:Kh4I0ViV0
>>232
読売の戦犯調査では三大戦犯が松岡、近衛、東条
松岡は起訴されたら重罪確実
A級戦犯を見ても畑、東条、板垣くらいしか奥羽越列藩の末裔はいない
さらに226で磯部らに殺された重臣斎藤実は岩手県水沢出身
出身県別でスタンスを語ることはできない

不起訴でも起訴相当のやつがいると言って石原を挙げるなら、
東条内閣の軍需を担当した岸、起訴前に死亡した松岡はなおさら外せない
薩長VS奥羽列藩同盟 じゃなくて 薩長VS非薩長 なのは周知の事実
そして天皇は鈴木貫太郎をはじめ非薩長系軍人を信頼していたのも事実

分かったらさっさと巣に帰れ長州厨、幕末史を語りたい奴のスレを荒らしてんじゃねえ

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 01:53:43.43 ID:hFjrnUCW0
必死になって東北人の戦争責任を否定したがる奴がいるのぅ

どうみても主犯格なのにね


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 04:29:56.04 ID:HJ5oVfar0
>>233

おまえ呼ばわりとかどないやねん。ほんま会津偏愛は下品やな。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 08:49:18.11 ID:bWhdUbqrP
>>237
会津が憎いんだ?

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 09:09:47.10 ID:90IdXQrX0
岸や松岡は、東条ら軍部にしっぽを振って生き残った長州人でしょw
やつらはもはやそちらの派閥であって、長州閥ですらないよw

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 10:24:32.90 ID:n8VDB30O0
>>235
太平洋戦争は泥沼で敗戦

日露戦争は泥沼を回避

会津戦争もそうだが大局観の無い者が上に立つと悲惨だなw

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 11:40:46.66 ID:n8VDB30O0
>>235
岸信介先生は薩長VS非薩長のうちのどちら?
会津人ではあるまいしイチ日本人として行動していたんじゃないかな


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 11:59:52.79 ID:8k4GnCgA0
>>241
どちらでもないし、どちらでもある

曲りなりに帝大を出た官僚だという意味では藩閥色は薄いが
満州経営で「弐キ参スケ」の1人とされた意味では非薩長かな
しかし、生身の人間としては長州出身

岸が極東軍事裁判で戦犯になってしまったのは、「弐キ参スケ」の
1人であって、東条が関東軍にいたころから面識があったこととから
東条を経済政策から支えるブレーンの1人とみなされてしまったことが
最大の原因

戦犯扱いされたのは東条に近づきすぎたからで、そういう意味では非薩閥に
尻尾を振りすぎたということかもね
同じことは松岡にも言える



243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 01:34:19.09 ID:GOfh/ufH0
見なされたも何も、岸は対米開戦時の商工相・軍需相だからね。
安保闘争の時にあれほど敵視されたのも、一般の日本人には戦争推進者と見なされていたからで
いち日本人いち官僚と言うことはとても出来ない

松岡に至っては擁護の余地がない
そもそも太平洋戦争期には薩長閥も奥羽閥もなかったんだから、戊辰戦争の延長で語るのは無意味

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 05:04:30.04 ID:AELhJK970
>>243
対米開戦時の閣僚全てが戦犯になったのなら
閣僚だったから、という説明は理解できるが
実際はそうではないでしょう

東条内閣やら、そのあとの小磯内閣やら
戦争中という意味では、閣僚は皆、多かれ少なかれ
戦争遂行に加担していることになるのだが
戦犯になるのもいれば、そうでないのもいる

第一、>>242は満州経営での東条との距離を問題にしているから
説明としては成り立っている

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 10:57:48.03 ID:TjQG4e7L0
http://gunma.zamurai.jp/pub/2011/18juneJG.jpg

薩長はフグシマに謝罪と賠償しる!

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 11:31:44.62 ID:WfFI9GOx0
>>244
しかし商工相と軍需相は総力戦遂行の上では不可欠な職責だからね
岸はやはり戦犯容疑者として逮捕されるに相応しい役割を果たしてるよ
東条と対立関係に陥ったのも、石原よりはるかに後だし、何よりあの権力欲
安保闘争は岸が首相でなければ盛り上がらなかったよ、それほど国民から蛇蝎のように嫌われた
石原もいいかげん見苦しいけどまだ反省の念があるし

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 11:35:31.42 ID:WfFI9GOx0
山川健次郎が岸の帝大卒業時に総長をやってたけど、
人格の陶冶には失敗したようだな

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 11:51:51.49 ID:73poyrYF0
>>246
石原は戦犯リストに乗りかかったらしいが、
病気だったために起訴を免れただけだ
予備役になっていなければどうなっていたかは分からん
なにせ、辻政信とか大川周明とかとつるんでいたから
要注意人物であったことは確実だろう

あと戦犯扱いが疑問なのは広田、戦犯扱いしなかったのが
疑問なのが鳩山(公職追放にはなっている)、極東軍事裁判の
戦犯認定は絶対ではないよ

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 21:43:54.56 ID:GYFlCnUT0
>>238

別に。
言葉遣いが下品なのと
すぐに恨みだの怨念だのと罵る態度を批判しただけや。
“批判=憎い”なんか?
別に会津人個々が嫌いなわけじゃなかったからホンマがっかりやで。



250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 00:44:42.72 ID:OhDD8BliP
>>249
会津が嫌いなの?

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 08:49:56.20 ID:4TEU/HOG0
>>250
会津が好きなの?いろんな意味で健康のこと考えてエ クソ ダス(脱出)した方がよくね?

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 12:49:34.64 ID:/n8gxFp60
会津盆地は放射線量は比較的少ない。
十分居住可能だろう。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 13:13:13.38 ID:/aYYpMqk0
ふつーに県外に逃げた方がもっと安全
盆地地形はたまりやすいから、会津も時間の問題だと思う

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 18:38:46.67 ID:7XG1pQXo0
>>248
広田は日中戦争拡大に責任があるから充分起訴対象になり得る。城山三郎の影響強すぎ
鳩山は起訴まで行くかどうか微妙。岸は起訴されて当然のレベル
むしろ天皇免責との関係で陸軍の軍令方面に起訴対象が集中したから助かったと言っても過言じゃない

戦犯認定は絶対じゃないよ

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 19:23:34.78 ID:7ty4G3xq0
>>250

言葉汚く他県人を罵ったりしてるのを目の当たりにしたり、
憎いか?嫌いか?とネチネチ言われると正直嫌いになりそうやわ。
会津人ってみんなこんなんか?と思うしな。
いつまでも恨み辛みばかりのマイナス思考王国に観光で行きたいとも思わへんしな。
『悪いのは全部お前等や』て相手を責めるのは簡単や、
自分は会津武士道て他人に恨み辛みをブチ撒けることちゃうと思てたんやけどな。
せやから残念に思うだけ。


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 22:32:35.59 ID:Z983nl5Fi

【東京】新宿駅前反パチンコ街宣 & パチンカーへの呼びかけ

【日時】6月25日(土) 9:00集合

【場所】JR新宿駅東南口階段下

【活動予定】
9:00〜9:30東南口階段下にて反パチンコ街宣
9:30〜10:00駅近辺のパチンコホールに並ぶパチンカーへ直接呼びかけ
10:00〜11:00東南口階段下にて反パチンコ街宣

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 03:14:19.64 ID:ivQY8D6r0
>>254
広田の場合は減刑をもとめる嘆願書が出されたり、連合国側の検察官側
からも異論が出てきたりと、当時でも疑問が呈されているので、当然とは
思えない

鳩山は統帥権干犯問題を起こして、軍部暴走のきっかけを作った張本人
だから当然起訴相当だよ

陸軍に集中しているのは、実際に戦争中の総理大臣が陸軍出身(東条・小磯)で
あったことと、海軍があまり戦犯になっていない印象があるのは山本五十六や古賀峯一の
ように既に戦死していたり豊田副武のように病死したいたからだ

もっとも海軍でも永野のようにA級戦犯になったケースもあるし、BC級まで
みれば戦犯として処刑されたのもいるよ

他には大川周明のように戦争指導者でもなんでもない民間右翼がA級戦犯扱い
されたり(訴追免除)と、必ずしも軍関係だとか天皇の戦争責任回避とかいう
ものでもない

更に実際に起訴されるに至らなかったが「容疑者」として巣鴨に収監されたレヴェルでは、
児玉・笹川のようなヤクザの親玉とか、正力(読売新聞社長)のようにジャーナリストも
いたりする

つぶさに顔ぶれを見れば、当時の極東裁判は、陸軍の軍令関係だとか天皇の戦争責任とか、
後世の歴史家が考えているほど厳密に、一貫した方針で戦犯を認定しているのではないことが分かる

戦犯認定は絶対ではない

だから、戦犯リストから漏れてしまったが、公職追放になった者はいた(石原、鳩山)

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/23(木) 10:29:55.49 ID:gZkHSK2e0
>>220
そういう魅力を、今のNHKが引き出せるかと言うと……
悲観的かなぁ?w

>>230
それも面白そうだけど
主な舞台は江戸にならね?

あとおまいら、俺が言うのもなんだが、ここ容保ちゃんのスレな

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 00:10:49.75 ID:P2TAmzNP0
だってよ

容保って語るほどの人物じゃないし

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 13:29:03.30 ID:M2DqjTYAO
>>253
宮城や栃木も同じだろ


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 16:19:08.78 ID:msl9Lnj50
不作や迷信から勃発した一揆は数多くあるだろうが
領民が圧政を理由に藩に一揆起こしたのは会津くらいだろう。
会津の領民は、白虎隊による民間徴兵すら断ったんだから。
そのお陰で白虎隊は白虎隊だけで薩摩兵10名と戦い敗走。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 09:43:36.77 ID:PWOukm9T0
まあ、会津のキルレシオが無残だったのは事実だったしね。
しかも会津の前線に立っていたのは藩士直系部隊よりも佐幕諸藩や
旧幕府の残存部隊だったのも事実。
正規軍は一部の部隊を除き、前線を嫌がったとか。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 09:56:00.98 ID:5F92FPp80
>>261
領民が藩に抵抗したのは会津だけではない
奥羽諸藩は北辺警備の任も負わされてたし、仙台藩南部藩でも一揆が発生してる
もちろん長州でも同じ。薩摩だけは士族が異様に多かったこともあり徹底的に弾圧されていたが
と言うか世直し一揆も含めたら関東奥羽畿内は騒然たる政情

>>257
いや、天皇の不起訴と軍令関係への責任転嫁は必須だよ
対米和平を一貫して訴えた近衛が米側では対中戦争で主要戦犯と考えられており、
近衛が全くそれに気づいていなかったことを考えたら、広田は充分起訴対象になり得る
広田が死刑になったのは、法廷で弁解をまったくしなかったのも一因じゃないかな
外交官なので先が読めるから無駄だと思ったのかもしれないが、あれは英米法では法廷侮辱と受け取られても仕方ない

まあ広田の死刑は公判を見れば必然なんだが、日ごろの広田を見てる人からは意外だっただろうな

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 17:20:05.66 ID:5LQgBX7n0
>>262
母成峠とかそんなだったかな

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 20:59:58.13 ID:snHpF2EU0
>>70
>しかし、この頃から会桑は、逆に京都の職権に執着を見せるようになります。
>尾張の徳川慶勝による辞任帰国勧告を無視したのが、結果的には命取りとなり
>会桑は、薩長だけでなく京都の雄藩連合の共通の敵対者として、王政復古時には
>彼らによって朝廷から排除され、鳥羽伏見の戦いでは、彼ら雄藩連合と交戦し、明確に交戦相手とされます。

 会津藩が京都・大阪から撤兵しようとしなかったのは、長州を京都に入れたら、また長州が朝廷を動かして偽勅を出させて、
長州に反対する勢力を叩き潰す行動に出るのが目に見えてる状況だからだよ。
 長州は、自分達の攘夷活動に協力しようとしない譜代藩の小倉藩に対して、朝廷を操作して討伐令まで出させた事もあるからさ。

『攘夷の幕末史』 町田明広/講談社現代新書
p.130 〜 p.149
「 政令二途による混乱は、西国諸藩にとって死活問題となっていた。とりわけ、勅命を重んじる即今破約攘夷派の長州藩と、
 台命を重んじる譜代大名の小倉藩の鋭い確執は、西国諸藩のみならず、中央政局にとっても、最も注視される事態に発展した。
     〜 中略 〜
  小倉藩が(幕府に対して→)攘夷国是について打診中の五月十日、長州藩によるアメリカ商船ペンブローグ号への砲撃があり、
 無二念打払が開始された。その際、小倉藩としては、台命はあくまでも襲来打払であるという判断から、長州藩の攘夷実行を静観した。
 長州藩の攘夷は単なる通船の外国船砲撃だったことを小倉藩は確認しており、長州藩が台命に従っていないことを、当初より認識して
 いたのだ。
     〜 中略 〜
  七月十五日に下関にいたり、諸台場を巡検している(正親町)公董に対して、奇兵隊激徒らは早々に小倉藩征伐の命を仰せ付けるよう、
 執拗に求めていた。これは、諸藩の見せしめにもなると考えて、征伐を命じることを強引に迫ったのだ。
  その強硬派の圧力によって藩要路も動き、七月十九日、高杉晋作・広沢真臣らは公董に対し、小倉藩の五罪を数えて征討を懇願した。
 まとめると、@武備不足か内通かによる傍観、A攘夷実行への準備不足、B六月五日仏艦対応時の国辱的行為、C下関攘夷戦争を応援
 しない隣国としての不義理さ、D違勅の幕府を糾さず因循姑息であること、の五罪である。換言すれば、長州藩を応援しない小倉藩への
 言いがかりであって、報復のために列挙されたものだ。
      〜 中略 〜
  八月一日、徳田(←正親町公董の従者)は入京し、公董の伝言を朝廷にもたらした。早くも四日には国事寄人・錦小路頼徳を勅使と
 して派遣し、かつ「小倉一条ハ当主遠慮、減禄三万五千石子息へ項載相続被仰付、若拝承時ハ任長州之所望、可被加誅罰御内定」
 (『中山忠能日記』)した。朝廷が幕府を無視して、藩主の退隠や領地削減を沙汰しており、さらに勅命に背く場合は、長州藩の
 好きなように誅罰させることを明言したのだ。
  九日にいたると、中川宮が西国鎮撫大将軍に任じられたが、これを辞退したため、朝議は混乱して、なかなか公董に対して回答する
 ことができなかった。越えて十二日、とうとう小倉藩の下関攘夷戦傍観の罪を責め、藩主小笠原忠幹の官位剥奪・所領没収の命があった。
 鳥取藩主池田慶徳・岡山藩主池田茂政・米沢藩主上杉斉憲・徳島藩世子蜂須賀茂韶は連署して、所領没収については猶予することを奏請
 したが、勅命は変えられなかった。
 (八月十八日の)政変二日前の十六日には、有栖川宮熾仁親王が西国鎮撫大将軍に任命され、いよいよ小倉藩処分は実行に移される
 ことになった。もしこれが実行されていれば、まさに内乱の勃発であった。このように、監察使派遣から派生した小倉藩処分問題は、
 中央政局の中心的課題となり、西国鎮撫使や親征問題と絡み合いながら、八月十八日政変への導火線となっていったのだ。」

  ちなみに、何故この朝廷の小倉藩への討伐令が偽勅なのかって言うと、孝明天皇に一番近い位置にいた中川宮が、この小倉藩の
 討伐問題に関わろうとしなかったから。

  あと、「小倉藩は長州の勝手な攘夷活動を静観していただけで、別に長州に敵対的な行動を取った事は全然無い」って所がポイントかな。

  長州は、過去にこれだけの大事件を起こしてるんだから、松平容保が「京都に長州勢がいる状態のまま、帰国する事はできない。」
 と判断しても当然でしょ。


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 23:13:30.70 ID:kPfmMLQt0
会津は明治天皇自身の意思は無視ですか。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 23:28:13.11 ID:kPfmMLQt0
>>265
だいたい、王政復古及び朝廷の長州への赦免後も、小御所に置いて長州が姿を見せるのは後のことです。
朝廷は天皇の親政として、尾張・越前・薩摩・宇和島・安芸の諸藩の兵によって遂行されました。

長文をわざわざ書いたにしては、あなたは長州への個人的な憎悪が先走って、
この時期の朝廷小御所に長州勢力がいない事をご存知ない。あなたの文章は反論になっていない。
全く無意味なばかりか読者に誤解を与えようとする部分的な引用だけが見える。その本の著者もあなたを恥じるでしょう。

長州の参内は赦免後のもっと後、諸藩代表による諸侯会議を小御所において開催するという
朝廷布告に応じる形で行われました。

その限りにおいては、長州と肥後・加賀・仙台あたりはこの時点での公式での扱いは同列で、
両者に格差が付いたのは、鳥羽伏見で朝廷を守り官軍となったか否かに起因することとなります。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 16:35:09.61 ID:pjCG7IMT0
尊王派は長州といわれがちだけど
禁門の変の際など孝明天皇から信頼されていたのは松平容保公の方なんだよな。

だから反幕府勢=尊王という表現はおかしい。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 16:53:37.23 ID:cZPJ5RMD0
会津藩の場合、孝明天皇の話はしたがりますが、
明治天皇に会津がたてついて東北全域で天皇と日本へ全面戦争を仕掛け、敗北したことは語りません。

孝明天皇より明治天皇の方が後ですから、会津=朝敵という呼称が成立したのだと思います。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 17:28:35.52 ID:OTr9u+rd0
もういいかげんに「お上」の個人的な好き嫌いを至上の価値とする時代から抜け出したら?

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/30(木) 23:26:46.78 ID:qYwUmpaX0
火中の栗を拾って大火傷
藩主は自業自得だが、巻き添えを喰らったその他は大迷惑だな
山奥から出なければよかったのに

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 06:35:01.58 ID:tgvNejYVO
かたもりさんは明治時代は東京暮しなんだよね?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 18:53:13.38 ID:IsHLqAbY0
明治政府のおかげで華族にまでなってるしな。
長男は長州の人と結婚してるよ。会津観光史学って最低最悪だよな。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 01:09:57.30 ID:lXQj3/sTP
>>273
憎くて仕方ない松平容保の事をそこまで調べたんだ?
毎日会津の事考えてるの?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 13:55:17.24 ID:h1V8IPW00
>>274?ああ、バカなのかww

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 14:19:01.84 ID:eGgXR+3L0
>>268至極簡単に説明します。

考明天皇が会津・松平容保を信頼してたというのは、会津観光史学による誇張です。
考明天皇は、京都守護職の任を労っただけです。それを会津観光史学で誇張してるだけです。
ちなみに、京都守護職の任命についてですが、会津観光史学では、天皇の信頼厚い会津に白羽の矢が立ったとしてますが
会津に京都守護職の任を回したのは福井です。天皇が直接任命したわけではありません。

尊皇派ですが、会津にしろ山口にしろ、当時はどこの領内も尊皇ですよ。
ただし、会津は攘夷ではありません。また、開国というわけでもありません。
山口は開国攘夷です。開国の前に攘夷という考えです。

会津は観光史学で、天皇や幕府の忠犬アピールしてますが
実際は、とんでもない売国奴です。会津は勝海舟が鹿児島の西郷と
無血開城に奔走してる最中、ドイツに国土売却をもちかけ
売却するかわりに、会津側に付くように打診して断られてす。
この時点で、幕府を見放してますし、天皇の土地である国土を売却しようとしてるので
天皇や幕府の忠犬アピールは嘘だと証明されてますし、会津が反戦だったという
アピールも嘘だとバレてるわけです。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 14:48:03.77 ID:AO88yNAa0
会津って薩長が攻め込んで来たとか言ってるけど
戦争やる気満々だったのは会津なんだよな。
ドイツに国土売って味方にして戦争しようとしたし
ドイツに断られると今度は東北・北越で同盟組んで戦争しようとする。
新政府はちゃんと和平交渉してるんだよ。それに応じた
東北・北越の地域はたくさんある。会津や仙台以外は戦争する気ないんだから。
その交渉を蹴り、交渉人を拉致して、白河・今市に進攻したのは会津。
それが今じゃワレワレハヒガイシャニダだもんな。最悪だよ会津観光史学。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 14:56:29.46 ID:jnzJuiJeP
>>275
毎日会津の事考えてるの?

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 14:57:19.13 ID:jnzJuiJeP
344 :名無しさん@お腹いっぱい。 :sage :2011/07/06(水) 14:39:42.85 ID:AO88yNAa0
>>343会津の事実を晒すと薄汚いってなるの?
違うんだったら明確に何が薄汚いのか言ってみなさいよ。
会津に義?それは会津観光史学による誇張です。
会津が長州に助けられたのバレてんだよ?
自分達を蹴落とした会津を助ける長州こそ義ですね。
幕府を見放して天領を外国に売却しようとした会津が義?
会津観光史学で韓国レベルな事をして義?笑えるよwww
で、342が薩長だという証拠は?直ぐに薩長だと思う
マジキチ会津観光史学洗脳者アウトーm9(´∇`)

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 15:21:59.99 ID:GLucpjoa0
>>278それはアンタだろwww反論出来なくてお決まりの台詞www
何年目だっけ?ソレ。おまけにコピペまで貼ってさwwwwww
会津の事を毎日考えてるのはアンタだよ。もう一度聞こう。ソレ何年目?

wwwwwwwwwwwwwww

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 15:41:38.20 ID:BLkaov810
会津って香ばしいな。支那朝鮮会津か。納得。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 16:51:10.32 ID:6vCuHiTB0
>>278
当たり前だろうがwwwwww
実社会じゃ怖くて会津叩きなんてできない。ましてや会津若松市に直接クレームいれる勇気なんてない。
だから2ちゃんねるで徹底的に会津を攻撃するんだよwwwwwwwwwwwww

悔しいか会津よ?んん?もう一度聞こう。悔しいか会津よ?


wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 17:30:00.97 ID:OCgBxvxx0
うわー、マネっすか。さすが会津観光史学洗脳者さんすね。
困った時の直接言えですか?進歩ないっすね。
そんな事言ってたらネットの発言全部直接言えじゃないっすか?
会津観光史学洗脳者さんもネット利用者なのにwww
そうやっていつまでも空しい挑発続けて会津の情けない所晒してくださいね。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 00:29:15.46 ID:AG4+S5As0
>>278
それしか書くことないの?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 14:35:21.17 ID:r5xJWUzC0
>>284あなたが言っても説得力ないでしょ。ソレしか出来ないんだから。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 14:50:16.16 ID:oWe50OQl0
>>285
会津若松の人の癖として、卑劣な事を仕掛けておいて
相手が嫌がると喜び、相手に反論されると、「会津の事を憎んでいるの?」と被害者を装う。
卑劣菅直人とは会津人の典型だろう。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 15:16:58.96 ID:h1RykedD0
会津の菅家がまた会津観光史学を持ち出してるみたいね。
萩も何でいちいち迎えるんだろ?まあ何にせよ会津市長は
戊辰戦争続行中なわけですね。この人、今度国会議員目指すらしいねw

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 16:24:50.05 ID:zN49MpsjO
>>285
批判や反論という意見に対してすぐ憎むの憎まないのという感情論に持っていくからまた批判されるのよ
開き直りも美しくないしね

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 16:37:08.98 ID:sGwe788p0
会津と朝鮮半島くらいだよな、こんなバカやってんの。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 16:44:00.62 ID:U/cX6+jG0
訪問は和解とは別でまだ戦闘モードw
国会議員は、全国民の代表ですよ
国民の生命や財産を奪うのではなく守るのが使命なのですよw

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 16:59:20.87 ID:tNazWDH/0
会津がここまで奇特な地域とは思わなかった。会津市長の言動はオカシイ。
次の衆院選に出るらしいが落選を希望する。こんな国会議員は要らない。
もし票集めを意識したパフォーマンスなら
これは韓国の政治家が反日を持ち出して票集めするのと同じである。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 19:55:05.26 ID:AG4+S5As0
戦闘モードだって〜
会津藩はまだ江戸時代なんだってさ
だったらパソコンや携帯使っちゃ筋通らないんだけどねw

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 19:58:57.04 ID:4EdHwIVz0
こんな人物を市長にしたのは会津人。この市長、次の衆院選に出るらしいが…

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 20:09:28.91 ID:3tMJVDDH0
会津云々やってるけど薩摩も特殊だよ。
未だに士族が生き残ってる地域なんて薩摩くらいだろ。
西郷隆盛を崇拝しながら明治政府への人的貢献を誇ってるし
それでいながら自分らは江戸時代の社会秩序を維持しようとしてる。
実に複雑な精神構造だw

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 20:35:20.28 ID:vt1Sj2LZ0
大隅は無視かい…。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 23:05:46.83 ID:AG4+S5As0
>>294
それと松平容保とどういう関係が?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 05:41:11.50 ID:wdeqMpLNO
>>292
会津が江戸時代なんて誰も言ってないぞ!お前だけだ!しかも
特定の地域だけが時間が止まって江戸時代のままな訳ないだろ
頭悪いにしてもヒドイ頭の悪さだな(笑)

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 09:30:25.08 ID:pTMOcKiz0
会津観光史学洗脳者は歴史話が出来ないからスレタイ無視したり
悪口だけに一所懸命だよな。史料文献提示は一切しないし。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 20:45:36.73 ID:c9BBDMJT0
>>294

いまだに戦闘モードだというから、江戸時代が続いてるんじゃないかと思ったんじゃない?
それくらいのイヤミに気がつかない人もまたヒドい頭の悪さと言えるが。

300 :299:2011/07/08(金) 20:47:44.23 ID:c9BBDMJT0
>>297

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 17:37:36.78 ID:Kg3qmaMw0
てか、菅直人は長州人じゃんw

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 18:39:25.53 ID:b/Fxb5BR0
てか正式には岡山出身だったはずだが?

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 23:41:05.27 ID:vAuaVbTx0
自称、奇兵隊内閣

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 23:56:12.47 ID:roFHnk0c0
だが、やっている事は鶴ヶ城籠城。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 07:56:48.79 ID:hoVq2bUl0
本籍は岡山
出生〜高校卒業までは長州
好きな人物高杉晋作
嫌いな物会津人


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 10:35:36.70 ID:H4JDFQ2FO
>>305
菅直人は、会津は大好きと数年前渡部恒三に言っている。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 10:39:41.49 ID:hoVq2bUl0
>>306
恒三は会津出身の長老議員だからな
菅お得意のおべんちゃらだということだ

東北に行って「東北のことなんか知らんわ」などと放言した
松本龍みたいなバカでもない限り

とりあえずはヨイショするだろうに

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 10:54:51.20 ID:hoVq2bUl0
鳩山が「会津は大好き、トラスト・ミー」と言って会津人は馬鹿正直に信じるのか?
菅が「会津は大好き、トラスト・ミー」と言って会津人は馬鹿正直に信じるのか?

会津人の理性のレヴェルが問われる問題だ

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 11:56:25.45 ID:INj4Z4rV0
おべんちゃらだろうが、>>305のような記述に根拠がない事は明らかだね。
菅は信用できない。

ゆえに、奴の好悪の感情で明らかなのは、
小沢でも原発でも何でも、とにかく「悪者を潰してオレは正義と自称したい」ということだ。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 12:03:06.45 ID:hoVq2bUl0
要するに自称正義の目立ちたがり屋か

目立てるのなら会津も潰しかねない危険な男だ

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 13:40:27.93 ID:5++HkvsO0
あいつを議員に選出し続けてるのは東京都だろう
何とかしてくれ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 14:07:08.99 ID:hoVq2bUl0
やだ

そのうち、ふぐすまを○さつしにくるだろうから
し○つしろ

がんばれ会津人

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 16:24:49.31 ID:I26UxHHFO
肛門を始めとする民主議員を大量に輩出させてる連中が偉そうに民主党を叩いてもねw

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 20:29:41.42 ID:FXUIfDt60
で、松平容保と何の関係が?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 21:03:28.16 ID:I26UxHHFO
管が〜とか言うからだよw

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 00:29:33.73 ID:jGPJEJJe0
しょーもな。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 04:35:24.94 ID:QzxK/P540
>>305
やっぱり長州人じゃないか。
松岡、磯部、岸、菅 偉大なる戦犯を排出し続ける長州

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 12:14:22.47 ID:aLAvz03c0
山口3区から管が出たとしても勝てないと思うけど

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 13:36:01.63 ID:ENrc5a+C0
>>317
長州の悪口は他スレでやれ

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 15:46:22.93 ID:umSqq/fr0
>>317
だから、菅を議員として選出してるのは東京

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 19:00:19.23 ID:+Zx8MjM30
何で松平のスレで長州話が?しかも違う時代。会津観光史学洗脳者が必死なの?


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 09:27:47.75 ID:J9PW2aYn0
白河城を落とされた会津がこの先生きのこるには

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 10:04:39.59 ID:21DqtJ4u0
斗南に敗走

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 12:16:40.19 ID:6ljpP3XR0
白河襲ったの会津だからな。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 14:07:33.97 ID:rdK7fuRy0
えーと、白河の幕末は

・安藤家白河藩が棚倉へ左遷移転(坂下門外の変)、幕府領
・江戸開城に伴い明治新政府領
・仙台藩及び会津藩、新政府に反旗を翻し占領
・新政府が奪回
・以後、列藩同盟は大軍で攻め寄せるも占領に至らず
・海岸部から上陸した新政府が二本松まで占領すると、列藩同盟軍は恐慌を来たして壊滅

会津藩と仙台藩が占領していたのは、たった10日程度?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 15:08:41.61 ID:oapbs8bR0
ウィリアム・ウイリス『英国公使館員の維新戦争見聞記』中須賀哲朗訳より抜粋

「政治的なことがらについての私の知識は、はなはだ不充分であり、また矛盾だらけでもあるので、
ほとんどいかなる話を聞いても自信をもって判断することができないのである。これまで非常に
たくさんの相反する風評を聞いてきたから、一体どれを信頼して認めたらよいかわからないのだ

「残念ながら、会津藩政の苛酷さとその腐敗ぶりはどこでも一様に聞かれた。今後十年二十年に返済する
という契約で、会津の藩当局が人民に強制した借款についての話がたくさんあった。会津の国の貧しさは
極端なものである。家並は私が日本のどこで見たものよりもみすぼらしく、農民も身なりが悪く、小柄で、
虚弱な種族であった。この国で生産される米はみな年貢として収められねばならなかった。

戦争で破壊されるまえの若松とその近郊には、三万の戸数があり、そのうち二万
戸には武士が住んでいて、あらゆるものがこの特権階級の生活を維持するために充
当されたり税金をかけられたりしたということだ

私はしばしば負傷した捕虜がまったく見当たらないことに重大な意味を感ずることがあったので、機会があるたびに、
理由もなく人命を犠牲にすることの非人道性を指摘し、この戦闘で日本政府が敵の捕虜にたいする憐憫の情が
あることを立証しえない失望感を表明してきた。それにたいする弁明として、会津兵の捕虜は天皇の威光をきわめて
悪しざまに侮辱するので、負傷者といえどもその生命を許しておくわけにはいかない、といわれるのだ。
しかし総督の従者が、戦争における人道主義と他の国々で行われている負傷した敵兵にたいしての情深い行為に
かんして、私が話したことを、みな十分に主君につたえようと約束してくれた

会津兵は天皇の軍勢の戦闘員ばかりか、彼らの手に捕らえられた人夫たちまでも殺したといわれる。この話の確証として、
四日間も雪のなかに倒れていて両足の機能を失った一人の人夫にあったことを、私はここに記しておきたい。その人夫は
もし会津兵につかまったならばむごい死に目にあわされていただろう、と私に語った。そのほか、私は若松で世にも悲惨な
光景を見た。たくさんの死体が堀から引き上げられたが、彼らの両手は背中にうしろ手に縛られ、腹が深く切り裂かれていたのだ。

私は会津の徒党のでたらめな残酷物語をいろいろと耳にした。長岡で、彼らは天皇側の病院にいる負傷兵や医師たちを
皆殺しにした、と聞いた。会津兵が越後に退却して行く途中、彼らは女たちを強姦し、家々に盗みに入り、反抗する者を
みな殺害したのである。一方、会津の国では、天皇の軍隊は各地で略奪し、百姓の道具類までも盗んだという話を聞いた。
これらの話の事実がどうであれ、戦闘にともなう無残な人命の犠牲が、戦場が若松に近づくにつれてはげしさの度合いを
増していったことは疑いもない。

若松城の明け渡しののち、会津侯父子と家老たちが囚われの身として暮している寺は若松からちょっと離れた、住み心地のわるそうな
小さなあばら家であった。たまたま私がここを訪れた時、会津侯や息子や家老たちが、約三百名の備前藩士に守られて江戸に向かう
ところであった。あきらかに侯と息子は大きな駕籠を利用することが許されていた。しかし、一緒に行く家来たちは粗末きわまりない
駕籠があてがわれてはいたが、家老や従者らは徒歩であり、刀を奪われてまる腰のまま、まったくうらぶれて悄然たるありさまだった。
護衛隊の者をのぞけば、さきの領主である会津侯の出発を見送りに集った者は十数名もいなかった。

いたるところで、人々は冷淡な無関心さをよそおい、すぐそばの畠で働いている農夫たちでさえも、往年の誉れの高い会津侯が国を
出てゆくところを振り返って見ようともしないのである。武士階級の者のほかには、私は会津侯にたいしても行動を共にした家老たちに
対しても、憐憫の情をすこしも見出すことができなかった。一般的な世評としては、会津侯らが起こさずもがなの残忍な戦争を惹起した上、
敗北の際に切腹もしなかったために、尊敬を受けるべき資格はすべて喪失したというのである

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 18:26:40.88 ID:CUKJunZa0
un

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/18(月) 19:44:14.84 ID:0QaAYeld0
ネットの普及で急速に会津の嘘がバレたよな

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 07:06:09.23 ID:dM5EwwJ/0
当時の戦闘員に対する取り扱いの概念が欧米とは違っていたので英国人からしてみれば奇異に映ったのだろうな
戦国時代には徳川による落ち武者狩りやさらし首があり、戊辰戦争でも会津藩側による残虐行為が行われていたのならばそれからあまり進歩がなかったのでは

それに領民にとっては圧制を敷いた会津藩主は暴君でもあったのに観光史学で美化されすぎているきらいがある
大概の会津若松市民は、藩士の子孫よりその他の子孫の数のほうが多いはずだが

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 09:04:42.65 ID:IDs+0ZnG0
まぁ落ち武者狩りや敵の傷病兵を斬るのは少なくとも会津も薩摩もやってたし、
ぶっちゃけその辺は戦国時代から進歩する要因も無かったから
当時の常識だったんだろうな。
圧制については弁護の余地がないが。
アンチ薩長だった晩年の板垣は、会津藩に同情しつつもその圧制を非難してたね。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 09:49:51.02 ID:ldHaNRPW0
希代の暗君だよ

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 12:18:37.86 ID:y+tRsNWR0
会津観光史学洗脳者ってだいぶ減ったよな。
ま、普通の頭なら解る事だからな。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 00:44:20.28 ID:F+JXDQUK0
【緊急】会津地方放射線量情報 その6
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/6188/1309132785/

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 10:16:24.12 ID:CZ9fD9a2O
昔の人は情報得る機会がないから簡単に騙されたんだね・・・・・


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 11:55:08.11 ID:FX6aKuLf0
今もマスコミや会津観光史学に騙されてる奴はたくさんだ。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 12:20:35.54 ID:CZ9fD9a2O
>>335
会津関連に限らず勘違いされてることはたくさんいるね
だいたい一方だけが「可哀相」という構図が出来上がっている話は胡散臭いんだよ

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 12:21:47.43 ID:CZ9fD9a2O
たくさんあるね
間違えた

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 19:22:27.13 ID:PHCT9vVT0
日本人特有の偽善、歴史的無知が原因。
被害者の認識植え込めば、密航者でも被害者になるのが日本。
あと日本は、勝者や成功者に嫉妬し
負け組や未熟なものにシンパシーを感じる文化だからな。
会津観光史学が平気なツラして嘘つけるのも
こういった日本人の気質をついてるから。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 06:33:51.08 ID:xi7FmXRm0
>>12
いまの時代も薩摩と長州の時代

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 11:57:00.09 ID:5rjsM1Kh0
339は会津観光史学洗脳者。こんな事を言うのは会津系作家しかいないからな。
バカを騙して金を儲ける会津観光史学。最低最悪。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 13:10:37.09 ID:iS+gOPkB0
>>12
33年ぶりに幕末会津に脚光が浴びるかとおもいきや山本八重子とか誰得だよな。
獅子の時代の平沼銑次といいなんでこう観光にならないマイナー路線になってしまうのかね?
松平容保がダメなら萱野権兵衛とか佐川官兵衛とか取り上げろよ

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 14:50:52.83 ID:5z3jXSi20
るせーよ、会津。盆地で黙ってろ。恥が。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 16:41:16.36 ID:ZYLQk0H+0
当時(大正末期〜大戦期)の日本軍は東北閥が牛耳っていた。
幕末の会津を見習った、現地調達に依存する作戦が賛美されていた。

昭和期に軍部で権力をもっていた連中はみなさん元賊軍藩の出身。
さらに東条はバーテンバーテン密約で薩長閥を駆逐した張本人。
いっぽう元官軍の薩長は見る影も無くなっていましたとさ。
陸の長州、海の薩摩 も昭和に入れば皆東北人に早変わり。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 16:41:56.33 ID:ZYLQk0H+0
戊辰戦争は、人材とか関ヶ原の恨みとかの話しになりがちで、
経済力のこと軽視しすぎ。
なんだかんだいって経済力だろ。
薩長もあの時期にしては異例に金があった。
どんなに兵が揃っていても動かす金が無きゃ意味がない。
逆に幕府側は貧すれば鈍するで、貧乏に負けた感すらある。

昭和陸軍に話しをもっていけば、
こいつらも経済力軽視しすぎだよな。
自分たちのルーツの薩長がなぜ幕府に勝てたのか?
なぜ西南戦争で政府軍が薩軍を壊滅させられたのか?
そういうこと考える奴いなかったのか・・・

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 16:42:37.03 ID:ZYLQk0H+0
■陸軍
板垣征四郎(岩手・盛岡藩)陸軍大臣
東條英機(岩手・盛岡藩)総理大臣・陸軍大臣
畑 俊六(福島・会津藩)陸軍大臣
小磯國昭(山形・新庄藩)総理大臣
石原莞爾(山形・庄内藩)

■海軍
米内光政(岩手・盛岡藩)総理大臣・連合艦隊司令長官・海軍大臣
及川古志郎(岩手・盛岡藩)海軍大臣
山本五十六(新潟・長岡藩)連合艦隊司令長官
南雲忠一(山形・米沢藩)
嶋田繁太郎(東京・幕臣)海軍大臣
井上成美(東京・幕臣)
※児玉誉士夫(福島・二本松藩)

旧日本陸軍と似ているのは
戊辰戦争の賊軍の側。
正確には、賊軍の人材+薩摩の精神性=昭和初期の日本軍
会津精神の方が、玉砕特攻作戦を継承してると思うが?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 21:13:52.38 ID:mA1sKM0G0
民に見捨てられた会津

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 22:33:26.02 ID:iS+gOPkB0
降伏直後になって会津藩の支配力が低下したとたんに一揆を起こす会津の民は最低だ。
溺れる犬は棒で叩けといわんばかりに藩の施設を襲撃している。
会津藩は贅沢をするために重税を課していたわけでもなく、国のための圧政だったのに
民は「借金を棒引きにしろ。金よこせ。年貢下げろ」など自分勝手な主張を藩に要求した。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 13:38:26.09 ID:5z8WbHfK0
まぁ当時は参政権もないし、日本と言ってピンと来るのは開明的な庄屋階級ぐらいまでで、
一般の農民や町人の意識っつったら、精々藩=国じゃないか?
建前では戦争が武士の存在意義だった時代だし、ある意味仕方ない。
何か愛されてた庄内藩や、農民町人にまで大義を公布して奮起を促した長州藩のが例外。
長州藩は寺小屋数が日本で二位?だったからこその芸当かもしれない。
教育は大事だね。

>>341
2回目だからいいじゃない。
土佐なんて2回とも坂本竜馬とかもうね……
せめて容堂公か中岡主人公にしろよと。
まぁ山本八重子な辺りには同情するけどw

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 17:35:40.33 ID:V8r2dkEx0
幕末のジャンヌダルクって呼び方は会津観光史学だからな。


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 18:20:30.83 ID:5UOUDAVn0
牝鶏司晨とはよくいったものだ
女がしゃしゃり出てくるようになると終わりだな
会津藩は大減封
同志社も薩摩系の教師・生徒が猛反発で大きく揺れた
大河ドラマもスイーツ路線でおかしくなった

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 23:25:47.60 ID:xsXmlk3bO
>>12
1967年の三姉妹が抜けてる
詳しくは知らないが旗本の娘(オリジナルキャラ)が主人公らしい


復興を理由に福島出身、そしてスイーツ狙いで女性キャラに華々しい活躍させたいなら
捨松という格好の題材があるのになー
八重とか会津からも嫌われてるし、女性が一番嫌いなタイプじゃないか?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 06:19:27.49 ID:vKyzxWDR0
>>350
禁句かもしれないけど幕末の動乱は
孝明天皇が暗愚なくせに身の程をわきまえずにしゃしゃり出たのが原因だとおもう。
時勢を理解できずバカみたいな方針を打ちたてたり、三条実美らに宮中を壟断されたり
実力を伴わないのなら素直に幕府の傀儡になっているか
天皇の位を退位すればよかったものを。

日本は公家と女がでしゃばるとろくな事にならない。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 09:42:23.06 ID:aLSeBEhg0
会津は領民に棄てられた大名領

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 11:01:29.23 ID:4esNBwgl0
>>352
まぁ暗愚云々は置いとくとしても、孝明帝があっさり通商修好条約他を
追認してたらどうなったんだろうな。
紆余曲折はあるだろうが、諸侯会議あたりにでも落ち着いたんだろうか。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 13:21:16.38 ID:L5rd9HpA0
>>354歴史を推測で語るなよ。鍛治レベルかよ。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 17:53:34.14 ID:4esNBwgl0
まぁ別に妄想についての持論を語りたかった訳ではないのだがw

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/09(火) 18:17:43.60 ID:wt+/3ubR0
>>352
日本は公家と女がでしゃばってなくても今日本はこんなだけどな

358 :吉田松蔭とオーストラリア占領:2011/08/09(火) 23:36:23.97 ID:GUNZ1CpL0
吉田松蔭とオーストラリア占領
http://uro.sblog.jp/modules/tinyd4/content/index.php?id=18
吉田松陰は、昭和の日本軍でも、国力の限界として断念した、オーストラリア占領を
提案している。
吉田松陰は、戦前の日本軍よりも補給を軽視している。

P.180〜P.199『幽囚録』より 
 オーストラリアは、日本の南にあって、海を隔ててはいるが、それほど遠くはない。
その緯度はちょうど中ほどである。
だから、当然そこは草木が生い茂り、人民は富み栄え、諸外国が争っ円てこの地を得ようとするはずなのに、
イギリスがこの地で開墾しているところは、わずかにその十分の一にすぎないというのは、
僕のつねづね不思議に思っているところだ。
もしわが国がここを手に入れれば、きっと大きな利益があるだろう。
 朝鮮と満洲とは相連なって日本の西北にあり、いずれも海を隔てているだけで近い。
そして、朝鮮のごときは古くはわが国に臣属していたが、いまはやや高ぶったところがある。
その現状を十分明らかにして、もとのようにもどす必要があろう。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 08:30:31.47 ID:7gZES4gmP
松平容保だけは絶対に許せないな

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 21:58:27.31 ID:fTj2VxbX0
>>359ナリスマシ乙。過去の人物を許さないなんて
会津観光史学洗脳者か反日コリアンくらいのもんだよ。ばーか。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 09:26:23.36 ID:OatAVrYB0
会津と韓国は恨が文化だからな

362 :265:2011/08/11(木) 18:03:03.10 ID:XvVSdrs70
>>267
>だいたい、王政復古及び朝廷の長州への赦免後も、小御所に置いて長州が姿を見せるのは後のことです。
>朝廷は天皇の親政として、尾張・越前・薩摩・宇和島・安芸の諸藩の兵によって遂行されました。

 その薩摩らが、長州を京都に復帰させるつもりで行動してるんだから、いつか長州がこの諸藩を出し抜いて
再び京都で勢力を回復して、再び朝廷を操作し始める危険性は、ずっとあった。

 実際、維新後、長州(と薩摩)が自分達以外の勢力を皆干して、明治政府の中枢を握ったんだからさ。


>長文をわざわざ書いたにしては、あなたは長州への個人的な憎悪が先走って、
>この時期の朝廷小御所に長州勢力がいない事をご存知ない。あなたの文章は反論になっていない。
>全く無意味なばかりか読者に誤解を与えようとする部分的な引用だけが見える。その本の著者もあなたを
>恥じるでしょう。

 長文になりすぎたから、一部省略するしかなかっただけじゃん。
 詳しい事は、この本を買うなり借りるなりして読めよ。

>>277
>会津って薩長が攻め込んで来たとか言ってるけど
>戦争やる気満々だったのは会津なんだよな。

 元々は、長州の過激尊攘派の基地外どもが、下関で外国船を砲撃して日本の国際関係を悪化させたり、
朝廷を動かして小倉藩を討伐させようとした事が、原因じゃん。
 自分達が元凶の癖に、会津が一方的に戦争したがってたみたいな風に、よく言えるな?
 実際は加害者の癖に被害者ぶってるのは、長州の方だ。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 20:26:35.13 ID:asidz2/h0
>>362

>元々は、長州の過激尊攘派の基地外どもが、下関で外国船を砲撃して日本の国際関係を悪化させたり、
朝廷を動かして小倉藩を討伐させようとした事が、原因じゃん。

 それを言ったら、そもそも幕府が朝廷に十年以内に攘夷決行を行いますと約束し、
攘夷派が期限が来たといって攘夷決行した時に、小倉藩が協力してくれなかった訳でw。
しかも、幕府(正確には慶喜だけど)は「攘夷したい藩は勝手にどーぞ」と答えた為に、長州藩は勝手に攘夷決行しちゃった訳でw。
 幕府が攘夷決行できません!。朝廷に嘘ついてました。メンゴと言えばこうならなかった訳で。
悪いの幕府じゃね?。

 ちなみに会津藩は、公武合体の後に攘夷しましょうという方向なので、攘夷そのものは否定してないお。


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 21:13:04.68 ID:OmkvQobY0
>>362
全て説明が誤っている。
長州が悪事をやったと、あなたは先の書き込みで主張しているのに、反論されると「危険性があった」と言い換える。
これでは、あなたの説明の全体が虚偽だったと断定するしかない。

>長文になりすぎたから、一部省略するしかなかっただけじゃん。
>詳しい事は、この本を買うなり借りるなりして読めよ。

こう書いて、記述が嘘だったことを誤魔化している。
>>265は虚偽だらけなので、説明できないという意味しかあなたの抗弁には含まれていない。あなたは卑劣だ。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 21:25:58.39 ID:jBMlsMrk0
362は会津観光史学洗脳者。長州が被害者ぶってるとかイカれ過ぎだろ。
作家の本しか読んでないぞコイツwww

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 21:32:19.65 ID:hPA5Wjpb0
会津には御宸翰があるし
幕府・朝廷どちらの立場を考慮しても正当性があるのでは?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 21:48:53.87 ID:oDcn+Vb10
そもそも攘夷は公家、武士から民衆にまで浸透した思想だよ。
長州の攘夷は開国攘夷。負けたとはいえ、日本経済を混乱させた
外国に一太刀浴びせた長州には民衆の支持が集まったんだよ。
>>362のような会津観光史学洗脳者は会津贔屓な作家の本
つまりを会津賛美し薩長を悪とする内容しか読まないから
当時の時代背景を無視してる。だから攘夷を単なるキチガイ行為としか見れないんだよ。
文章見ても解るだろ。独善的な主観でしか発言してない。
この独善的な主観は会津贔屓な作家の影響によるもんだ。

>>366リアル売国会津に正当性はない。あるのは保身。
幕府を裏切り天領をドイツに売ろうとしたのが会津。
近代では会津名誉回復運動、現代では会津観光史学で
会津を正義の被害者として日本人を騙している。
ちょっとでも会津に都合が悪いと市長を先頭に猛抗議。
町全体が人権屋団体レベル。それが会津。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 22:10:36.44 ID:OmkvQobY0
>>366
天皇の側から見ると、明治天皇に代わった時点で、明治天皇による松平容保への朝敵認定が優先します。
また、孝明天皇の御宸翰は薩摩も持っています。


旧幕府の側から見ると、江戸開城以降の新政府への武力抵抗は徳川への反逆行為です。

徳川慶喜から江戸開城以降の政務を委任された大久保一翁や勝海舟は、
新政府への恭順による、旧幕府の影響力温存を目標としましたが、

旧幕府歩兵及び会津藩兵の関東各地での戦闘によって、旧幕府の恭順が新政府に疑問視され、
旧幕府側権力の新政府への参入は、当初の旧幕府側の意図より不利且つ不十分なものとなりました。

会津の人は「武装恭順」なんて言いますが、関東各地で戦闘を起こし徳川慶喜の立場を窮地に追い込んでおり、
会津藩は恭順でもなんでもない、武装抵抗だったと思います。

会津藩は旧幕府から見ても謀反人でした。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 22:29:18.72 ID:hPA5Wjpb0
朝敵の上に幕府の討伐を受けた長州と立場は同じ。
要は勝てば官軍負ければ賊軍。最終的に会津が賊軍になってしまっただけ。


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 22:41:15.04 ID:OmkvQobY0
>>369
「正当性がある」が「おまえもだろ」に後退ですか。
幕末の会津には正当性はないんですよ。小説家が各事物の時代をずらして継ぎ合わせて合成して、あたかもそれらしく見せるだけで。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 05:43:15.14 ID:dW16lCx50
岩手のバカどもが京都に迷惑をかけている。
東北のイメージダウンになるからやめてほしい。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 05:44:01.78 ID:dW16lCx50
伊達のバカ市長も余計なことに首を突っ込むな。
あと伊達は北海道と紛らわしいので名前変えろ。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 05:54:39.92 ID:dW16lCx50
市名が重複する場合「既存市から異議がなければ問題はない」ので北海道の伊達市に問い合わせた所、
鹿島市とか三好市のように泥沼化させないために北海道伊達市が配慮してくれただろうか?
伊達市が「異議を唱える立場ではない」と温情をみせてくれた。
しかし普通は完全重複名称は避けるだろ?まるっきり北海道と同じ
伊達郡の連中はどこまで厚かましいんだよ?

ちなみに公募の結果は
名称 件数
だて市 408
あぶくま市 208
阿武隈市 91
桃花市 42
北福島市 41
県北市 36
信達市 36
桃里市 34
新伊達市 32

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 18:39:21.07 ID:PYgD6OJG0
>>369時代背景解ってないんだな。長州の汚名は薩長同盟以降
朝廷から許されてるぞ。朝敵のまま戊辰やってない。阿呆だなオマエw

そもそも長州の汚名は、自分達の正義を貫き着せられた汚名。
朝廷内にも長州の立場を理解する公家は蛤門の変前・当日にもいたんだぞ。
それに民衆は長州支持。一橋、会津、新撰組は京の嫌われ者だった。

それに対し会津は完全なる保身。保身の為に幕府を見放し
ドイツに新潟と北海道の天皇領を売ろうとした。
挙げ句、新政府との和平交渉を蹴り、白河と今市に進攻。
戊辰戦争勃発。

村興しで日本史をねじ曲げる会津観光史学に
洗脳されるオマエみたいな奴は阿呆なんだよ。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 19:03:59.36 ID:kdtnxW/o0
作家の本しか読んでないんだから時代背景なんか解るわけがない。
独善的な主観である作家の本を読んでる奴は
やっぱり独善的な主観を口にするんだよ。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 19:48:10.34 ID:G0+Xj6ZT0
そもそも容保のスレで長州の話題になる時点で会津観光史学だよな。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 01:38:38.74 ID:MwqCdzNo0
容保は息子を長州藩士の娘と結婚させたんでしょう?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 09:06:25.73 ID:kwfkYV4D0



【マスコミ】 「これってフジへのボランティアじゃ…」 震災ボランティア、被災地で「27時間テレビ」会場設営させられる★21


8月7日のデモは 大成功 次回は 8月 21日





http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1313183281/





379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/16(火) 23:26:45.23 ID:L4qdmEAC0
土方歳三の銅像など、新選組ゆかりの地として有名な東京都日野市の高幡不動尊。
その境内や参道で銘菓「高幡まんじゅうを」売っている「松盛堂」は
公明党の日野市議会議員、みねぎし弘行がオーナーの創価企業です。
こいつは自分のHPで創価学会名誉会長の池田大作や戸田城聖二代目会長のことばや、
聖教新聞のコラム欄「寸鉄」を紹介するような、政教一体の学会市議です。
邪教のはずの不動尊で商売をする恥知らずな創価学会員です。

http://www.e-giin.net/minegishi/
http://www.syoseido.co.jp/



380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 17:59:40.39 ID:xl3GR6Y10
やはりアッチの人間が会津やら新撰組を美化してんだな。
長州嫌いが多いはずだよ。オノレイトウヒロブミッだからなw

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 08:40:07.66 ID:H/piIm+Q0
正確には権力者が嫌いなのさ。主義主張など関係無い。
権力を持たない庶民の僻み根性なだけ。

幕末時代庶民「お上(江戸幕府の事)のやるこたぁくだらねぇぜ!二本差しが怖くて商売ができっかよ」
明治時代庶民「政府の横暴な姿勢に対し、我々民権派は断固抗議するものである!」
現代「民主党も自民党もだめだぁ!」


382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 11:54:51.97 ID:KehwIQOk0
日米が今でも対等じゃない事を理解しろよ。

http://news.livedoor.com/article/detail/5771056/

msn産経ニュースは、日米首脳会談の日程調整を事実上拒否の理由について
「菅直人首相の退陣時期が不透明な上、仮にオバマ大統領が菅首相と会談しても議題や成果が乏しい」
と報じているが、確かに、これも大きな理由であろう。
 
 しかし、本当の理由は、違う。「板垣英憲情報局」でも書いてきたように、菅直人首相が、「日本保有の米国債約100兆円(非公式保有の約1000兆円)分について債権放棄する文書にサインし、
全世界に記者発表してくれ」というオバマ大統領の強い要請に応じようとしないので、日米首脳会談の日程調整を拒否しているということである。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 12:14:31.18 ID:WLK/b4uG0
会津ってチョンと同じなんだな

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 10:40:43.00 ID:vAhCZc1nP
541 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/08/10(水) 08:10:02.18 ID:G6eE3agJ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000072-mai-soci
<福島豪雨>被害総額198億円 さらに拡大の見通し

ざまあみろwwwwwwww
土砂ですべて埋もれちまえww


385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 11:25:02.12 ID:eF0Sxeit0
>>384バレバレの工作すなよ、会チョンくん

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 23:59:32.99 ID:xbbeEtrN0
つか、容保話は別でやれよなぁ〜な話
先祖の恨みつらみか知らないがねぇ〜(笑)

ttp://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1285925420/

京都守護職会津藩9代目藩主・松平容保




387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 23:59:46.63 ID:xbbeEtrN0
うはwミスた

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 14:50:59.92 ID:/Nf+v06I0
恨みを創作して商売

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 21:09:11.77 ID:KYM1Y5k20
これが会津観光史学に洗脳された会津恨人だ

http://s.ameblo.jp/fxnotora/

注意)会津観光史学で薩長土肥を批判し恨んでるが
都合の悪い質問は削除して無かったことにする。
これが会津人です。基本卑怯。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 15:54:12.73 ID:LsidWt8k0
質問消して逃げてるね〜復興アドバイザーwww

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 18:07:53.03 ID:ZZZpgldt0
【大長州】なぜ山口県人は優秀なのか【世界支配】
1 :大和魂:2011/02/28(月) 02:05:28.52
『日本の神 (人物神)』には多くの長州人が名を連ねる
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%A5%9E_(%E4%BA%BA%E7%89%A9%E7%A5%9E)

804 :神に近い民族、長州人:2011/08/18(木) 23:22:42.98
長州人は近代日本の始祖でもあり、神の化身といわれる民族なので、他民族はそれを妬んでいる。

805 :日本@名無史さん:2011/08/18(木) 23:43:10.36
デザインパクるのに神の化身なのか

806 :日本@名無史さん:2011/08/19(金) 11:13:17.45
ぱくってるとは思わないが、
センスないし、作者のおっさんが他所出身なんじゃねえの。
宇部市なら、エヴァンゲリオンの庵野秀明にデザイン頼めばよかったのに。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 18:13:51.27 ID:LsidWt8k0
>>391スレチだろアホ

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/24(水) 11:25:50.70 ID:sEtCT+aw0
それしか出来ないんだよ。会津観光史学洗脳者は。
もう会津発信が嘘だと解ってるんだが、未だ葛藤中なんだろうな。
俺も会津観光史学洗脳者だったから解るよ。冷静になれないんだよ。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/24(水) 11:40:20.57 ID:wV2DL00V0
引くに引けません
反日教育で反感の矛先を逸らし続けた中国政府が
バレバレでも「日本が悪い」といまだに嘘を貫き通すしかないみたいなもんです

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/24(水) 12:21:28.99 ID:11ZrAFvB0
つまりそれは

支那、朝鮮、会津という事ですね。

在、B、会という事ですね。

反日特亜、ネオナチ、会津観光史学という事ですね。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 15:09:48.95 ID:ebVtYkn70
朴痢が国技になってる下朝鮮の連中は、盗むのに馴れて、出典を明示する
習慣や文化すらないらしいw

どこかの地域も出典を明示する習慣や文化がありませんね。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 19:54:00.60 ID:CwWELXvT0
アンチ会津の人全員に告ぐ。
君らは学者や作家の書いた本を読んでいるだけであって、学者ではない。
会津がなぜ最後まで新政府軍に抗して戦ったのか、その真相は学者でも分らないだろう。
戦争に反対した重臣もいたにちがいないし、容保候の本当の心の内も分らない。
会津藩兵の残虐さとか農民の困窮は認めるとしても、そのすべてを容保候のせいにするのはいかがなものか。
名君ではなかったかもしれないが、君らが忌み嫌っているほどのひどい人物ではないだろう。
表面的な判断を下す前に、よく調べ、よく考えるべきである。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 20:13:26.55 ID:BT/yVwvJ0
あなたの妄想は害悪です。

史料の提示があると、それは無視し、
「小説なんて読んだことはないが、史料より小説内の嘘を信じるべきである。」と主張してくる。
会津藩主松平容保は、表面的な名君譚とは裏腹に、行動の全てが悪徳卑劣の塊のような人間です。

それに対して反論を主張するのなら、
「一般社会は嘘を信じているのだから、君達も嘘を信じるべきである。」
といった陳腐な嘲りや、

「松平容保候は史料上は卑劣極まりない行動を重ね、これについては証拠もあるが、
している証拠は一つもない。しかしこの認定に証拠は提示できない。」

だなんて一つの文章の中で矛盾している文を撒くのは、見ていて腹が立ちます。

松平容保に対する表面的な愛護心は歴史をゆがめます。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 21:01:31.85 ID:YBEsbGr40
>>397
>会津がなぜ最後まで新政府軍に抗して戦ったのか、その真相は学者でも分らないだろう。
真相を突き止める為に史学があり、専門家の学者がいる。
君のその意見は、史学という学問と専門家の学者の存在を否定しており、まったく馬鹿げた意見だ。

>戦争に反対した重臣もいたにちがいないし、容保候の本当の心の内も分らない。
戦争に反対した重臣がいたに違いない?。違いないって何だ?西ク頼母知らないのか。調べてから言え。

>表面的な判断を下す前に、よく調べ、よく考えるべきである。
貴方は馬鹿ですか。専門家の学者でも解らないと断言しておきながら調べて考えろってか?。
たった一つの書き込みにこれだけ矛盾した事を書く、あなたの思考回路の方がおかしいですよw。


400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 21:44:37.36 ID:ebVtYkn70
西ク頼母は卑怯者呼ばわりされているからな。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 21:45:59.53 ID:ebVtYkn70
どこかの地域では原発から疎開するだけで卑怯者として村八分にされるという。
そういった考え方が理解出来ない。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 21:52:06.94 ID:B0ncss1C0
会津も好きで戦争したわけではない。新政府軍に恭順の意を伝えたが、新政府軍がどうしても認めなかった。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 22:01:29.63 ID:YBEsbGr40
>>402
嘘つくなよ
『会津戊辰戦争』や『会津戊辰戦史』にも書いてある事だが、
奥羽鎮撫総督府が会津藩に寛大な処分もあるからと恭順を勧めた際、
会津藩主松平容保は「徳川家の処分を見届けるまでは、謝罪しない」と奥羽鎮撫総督府の薦めをキッパリ断ってるよ。
君の言っていることは逆だ。
世良修蔵は、「謝罪する気があるなら、なぜ鎮撫総督府に出向いてこない。仙台と影でこそこそと何を企んでいるんだ」と怒っているだけでしょ。
一人の使者も来ていないのに、恭順の意を伝えたなんて言うな。
仙台藩が恭順しろというから、形だけ仙台藩に恭順の意を伝えただけだ。
奥羽鎮撫総督府には逆に謝罪しないと松平容保の名で文書が届いてるんだから。


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 22:04:05.58 ID:B0ncss1C0
会津藩が戦争に踏み切り、それを続けた、あるいは続けざるを得なかった内情が完全に分っているならともかく、
完全には分かっていないのなら、会津派卑劣だとか容保候は卑劣だと断言すべきではない。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 22:08:42.30 ID:B0ncss1C0
会津派卑劣→会津は卑劣、に訂正

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 22:19:44.88 ID:ebVtYkn70
長州は維新している。

しかしちょっと待って欲しい。維新するには早計に過ぎないか。
長州の真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。
例えば会津から売国するような声もある。
このような声に長州は謙虚に耳を傾けるべきではないか

思い出してほしい、過去に長州は会津に多大な犠牲を強いてきた。
確かに会津には自己保身という問題もある。だが、心配のしすぎではないか

長州の主張は一見一理あるように聞こえる。
しかし、だからといって本当に長州は維新できるのであろうか?
維新するのはいかがなものか。的はずれというほかない

事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。
長州はアジアの一員として責任があることを忘れてはならない。
長州の主張には危険なにおいがする

長州はさまざまな声に耳を傾けてほしい。長州に疑問を抱くのは私達だけだろうか。
維新したことに対しては会津の反発が予想される。売国するような声も聞かれなくもない

長州もそれは望んでいないはず。しかも長州は自己犠牲である。
維新はあまりに乱暴だ。長州は維新を再考すべきだろう。
繰り返すが長州は自己犠牲である

長州の維新したことは波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。

天声人語風メーカー・作

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 22:26:37.99 ID:ebVtYkn70
会津は売国している。

しかしちょっと待って欲しい。売国するには早計に過ぎないか。
会津の真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。
例えば長州から維新するような声もある。
このような声に会津は謙虚に耳を傾けるべきではないか

思い出してほしい、過去に会津は長州に多大な犠牲を強いてきた。
確かに長州には自己犠牲という問題もある。だが、心配のしすぎではないか

会津の主張は一見一理あるように聞こえる。
しかし、だからといって本当に会津は売国できるのであろうか?
売国するのはいかがなものか。的はずれというほかない

事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。
会津はアジアの一員として責任があることを忘れてはならない。
会津の主張には危険なにおいがする

会津はさまざまな声に耳を傾けてほしい。会津に疑問を抱くのは私達だけだろうか。
売国したことに対しては長州の反発が予想される。維新するような声も聞かれなくもない

会津もそれは望んでいないはず。しかも会津は自己保身である。
売国はあまりに乱暴だ。会津は売国を再考すべきだろう。
繰り返すが会津は自己保身である

会津の売国したことは波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。

天声人語風メーカー・作

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 22:36:50.50 ID:BT/yVwvJ0
無知に基づいた論証
・詭弁の一種
「ある事が今のところ説明されていないか、あるいは理解や説明が十分ではない。したがって、それは真ではない(に違いない)。」

松平容保の行動

>史料を読む限り、松平容保は大政奉還を心の底から憎み、
>大政を旧幕府の元に取り返すためなら、主君である徳川慶喜の命さえ違えることも厭いませんでした。
>これすら、会桑の場合、他の関係者達にあった幕府再興の意思というよりは、
>会桑から全国諸侯へ権力が移動することを憎んだだけと私は読んでいます。
>
>松平容保は孝明天皇に信頼された? しかし死の直後には孝明天皇の宿願であった鎖国攘夷を放棄し、
>幕府の従来からの主張で、孝明天皇及び一会桑が阻んでいた兵庫開港へ踏み出してしまいます。
>
>そして東北戦争でも、薩摩さえ持っている感謝状を盾に、会津は天皇の恩人なのだから我々を攻めるな、と主張しました。
>既に明治天皇に代は移っているのに、会津は明治天皇に戦いを挑み朝敵と宣告された事実があるのに、
>掲げた手紙の主である孝明天皇の目指した鎖国攘夷を捨てたのは、他ならぬ松平容保当人なのに。
>
>容保は国許の苦境と重税を省みることもなく、国家老の西郷頼母の帰還要請を全て跳ね除けて京都へ留まりました。
>孝明天皇が崩御した後、兄の尾張徳川慶勝が帰還引退勧告を行った時も居残って京都へ留まりました。
>諸侯の怒りが会津及び桑名へと収斂されている状況下で、もはや孝明天皇自身も居らぬのに孝明天皇の攘夷すら捨てて会津は居残りました。
>この時点で、松平容保は酷い権力欲に蝕まれていたと考えるしかありません。
>
>松平容保は天皇の遺志を踏みにじった。その上大政奉還では徳川慶喜の意思に猛然と逆らい、大政を徳川に返せと言い放ちました。
>松平容保は天皇も将軍も尊重しなかった。容保は諸侯の怨嗟を浴びながら京都での権力へしがみつきました。
>
>あなたの小説から拾ったような偏見偏愛とは裏腹に、史料上の松平容保は天皇へも将軍へも唾を吐いた人間です。
>その一例が、徳川慶喜の公儀政権樹立への夢を砕いた諸侯と会桑との対立先鋭化であり、坂本龍馬の暗殺事件もその一つなのでしょう。
>
>この世で、松平容保ほど卑劣な人間を私は歴史上知りません。どのような卑劣な虐殺者も権力者も、松平容保ほどは卑劣ではない。


つまり、松平容保の行動に、清い部分など一切ありませんでした。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 23:08:20.30 ID:YBEsbGr40
容保は清いと思ってたんじゃないの?馬鹿だからw

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 23:17:25.55 ID:YBEsbGr40
>>404
>会津藩が戦争に踏み切り、それを続けた、あるいは続けざるを得なかった内情が完全に分っているならともかく、
史料を読んでいない貴方よりは解っているよ俺の方が。

>完全には分かっていないのなら、会津派卑劣だとか容保候は卑劣だと断言すべきではない。
基礎史料も読まず、何も調べていない癖に人に解っていないと言うな。

もう一度言う。

完全とな何をして完全というのか?
化学実験のように目で確認せねば完全とは言わないというのであれば、歴史そのものすべてが不完全という詭弁も言えよう。
そういう認識ならば、貴方はそもそも歴史に携わるべきではないし、史学とは何かすらも理解していない証拠だ。
史学とは史料を元に過去を調べる事であり、その結果一歩でも真実に近づくための努力である。
不完全だからこそ、完全なものに近づけようと史料を検証しているのだ。
そうした努力もせず、ただ「完全と言えないならば何も言うな」という論はもはや史学を馬鹿にした詭弁でしかない。
君に歴史を論ずる資格はない。容保や会津藩を論ずる資格もその知識もない。


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 15:21:06.79 ID:i2oXhqQl0
一番の誤算は秋田藩と津軽藩の裏切りだろう。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 16:30:35.17 ID:aqJ1ajdJ0
確かに寝返りは大誤算だっただろうが、庄内があと一歩って所まで押し込んでたから
誤算を挽回できる見込みはあったと思われ。
ただ北越と白河の戦線があっという間に崩れたので、庄内軍が秋田を下してから取って返す暇もなかった。
特に会津の急所を扼する白河口があっさり落ちたのが痛かった。
あそこが落ちないか奪還できていれば、会津の東に広がる各峠に部隊を分散させて守る必要はなかったし、
冬前に会津が落ちて米沢・仙台まで抗戦を諦めることもなく、庄内の大返しは間に合っていたと思われる。
もちろん、精強な庄内の援軍が予定通りに参戦していればまた違った展開もあったと考えられるので、
秋田・津軽藩の寝返りに並ぶ誤算として、白河口の早期崩壊を挙げたい。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 19:49:14.62 ID:f/K6F2gL0
庄内や長岡は会津より強いしな

414 :412:2011/10/10(月) 21:04:30.17 ID:BOGVnnxi0
そういえば思わず北越戦線もあっという間と書いてしまったが、長岡の戦いは頑張ってたね。
河井が生きてたらもう少し粘れただろう。
しかし河井が死んだ後の無為無策っぷりは凄い。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 08:35:24.16 ID:qUbK4Md/0
生きてようが死んでようが会津が足引っ張るから勝てません。
あと庄内は会津と組んで天皇領をドイツに売ろうとした売国だから。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 21:56:04.31 ID:NMbN4WlN0
会津落城から26年後に

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/03(木) 11:57:40.89 ID:v5NNCRl70
会津観光史学で美化してるだけ
会津恨人が反日コリアンみたいなだけ

それが会津!

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 00:46:15.33 ID:3pOoYH9/0
当時の会津の人々からは尊敬されてたのかな?

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 18:17:46.96 ID:TKO5qi7t0
朱子学だからそれはない。
会津戦争で領民は新政府についてるし。
護送中も無視されてる。
新政府が城を残そうとしたら領民が壊せと嘆願。
そもそも会津人ではないからな。
ちなみに京でも嫌われてたから。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 08:49:33.17 ID:fU89rogIP
2chの新宿TPP反対デモ、10人も集まらず解散  人にすすめて誰もいかない・・・

http://livedoor.blogimg.jp/copixi/imgs/e/c/ece3bea9.png

ネトウヨはネットで人に勧めるだけで自分は何もしない。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 23:16:51.52 ID:pAAW8iUa0
新選組ゆかりの地、高幡不動でまんじゅうを売る松盛堂は創価の店です
http://loco.yahoo.co.jp/qa/1062484760/


158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>205>>208>>209>>204>>199>>198>>193>>192★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)