5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか rigel3

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:27:00 ID:oxLSXu2I0
韓国政府が主張する、「日帝36年支配は暗黒だった」との主張を
論議しましょう。


朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1146007636/
朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか rigel2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1150845121/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:27:46 ID:oxLSXu2I0
朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか rigel3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1283418501/
 ↑ このスレがサーバーダウンでdat落ち(7レス)したので、スレを立て直し

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:29:00 ID:oxLSXu2I0
過去スレ

朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1146007636/
http://mimizun.com/log/2ch/history2/1146007636/
朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか rigel2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1150845121/
http://mimizun.com/log/2ch/history2/1150845121/
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1150845121/

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:31:53 ID:oxLSXu2I0
関連過去スレ

教科書が教えない朝鮮の歴史
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1072568981/
http://mimizun.com/log/2ch/whis/1072568981/

教科書が教えない朝鮮の歴史2
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1087643082/
http://mimizun.com/log/2ch/whis/1087643082/

教科書が教えない朝鮮の歴史3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1102578046/
http://mimizun.com/log/2ch/whis/1102578046/
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1102578046/

教科書が教えない朝鮮の歴史4
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1149501820/
http://mimizun.com/log/2ch/whis/1149501820/
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1149501820/

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:32:34 ID:oxLSXu2I0
朝鮮民族の7割がプータローだった!【李朝】
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1060719941/
http://mimizun.com/log/2ch/korea/1060719941/

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:34:09 ID:oxLSXu2I0
月刊WiLL:2010年10月号
ttp://web-wac.co.jp/magazine/will/201010w

総力大特集
「菅談話」徹底批判!
■西村眞悟
歴史を捏造した「菅談話」
■櫻井よしこ
菅談話を貫く社会党的思想
■黄文雄
七奪どころか七大貢献

美女対談
■渡部昇一×呉善花
やっぱり永久に解り合えない国・韓国

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:35:48 ID:oxLSXu2I0
眞悟の時事通信
コミンテルン(続1)
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?mode=Printview&page=496

 私は、以前、何故、我が国の戦後において「検閲」が完全に成功したのか疑問であった。
第一、誰が、毎日全国津々浦々で出される大量の出版物を検閲をしたのだろうか、と。
アメリカ人には不可能だ。アメリカ兵は日本兵より文盲が多く、もちろん、日本語を自由に読み書きできるアメリカ人
は極めて少ない。

 検閲をしたのは、英語を自由に読み書きできる日本人五千百人である。もちろん、知識人、インテリである。
主に帝国大学が、彼ら検閲要員を提供したと思われる。
 以下、「日本人が知ってはならない歴史(戦後篇)」(若狭和朋著)三十五ページより。
「彼らは日給で千円から千二百円の高給を手にした。二十五日勤務として日給千二百円は月給で三万円である。
これは当時の東條英機の資産(十五万円)が、彼らの月給の五ヶ月分に過ぎないという優遇ぶりだった。
検閲の責任者の一人が高野岩三郎(東京大学教授・戦後初代NHK会長)である。」

 この検閲によって、日本はサダム・フセインと同じような悪い国とされ、憲法を書いたのはアメリカ人であるという
事実は封印され、日本人の言論の自由は奪われ、日本人の心は占領軍と共産主義者によりコントロールされて
現在に至っている。
 では、GHQから高給をもらって、密かにそして見事に検閲を成功させた五千百人のインテリ達は何処に行ったのか。
 多くは、検閲官であったということはおくびにも出さずに大学に戻って、定年に達する昭和五十年代までは大学に
居ったであろう。そして、学生に政治経済、民主主義、人権また「検閲はこれをしてはならない」と規定した憲法を
教えていた。また、その他も、戦後GHQによって官界や経済界や教育界から追放された二十一万人の後釜の要職
に収まっていったのではないか。
 何より、五千百名を率いる検閲のリーダーの一人だった高野岩三郎東京大学教授が、言論と報道の自由の中心
である戦後初代のNHK会長に就任する。これは象徴的である。この影響は、昨年のNHKの「ジャパン・デビュー」
と言う反日的な台湾の歴史を扱った捏造番組を生み出している。
 このようにして、戦後は隠微に今まで続いてきた。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:39:09 ID:oxLSXu2I0
日本人が知ってはならない歴史
若狭和朋
朱鳥社/星雲社
ttp://books.rakuten.co.jp/rb/item/1691170/

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日韓併合は大失敗だった!朝鮮半島・中国大陸を舞台に、近代日本が犯した国家経略の過ち。
知性の“痴れた”日本人が知らざる、歴史の闇とは何か。今なお漂流し、混迷をつづける日本を刮目させる書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「知ってはならない歴史」とは(だれが、何を知られて困るのか?/言語的存在としての日本人の弱さ ほか)/
第1章 痴れる日本の知力(満洲事変は日本による侵略戦争か?/日本人が「知ってはならない」戦後の追撃戦 ほか)/
第2章 韓国併合で知ってはならない歴史(李朝の王朝主義がとった「衛正斥邪」/日朝修好条規は不平等条約ではない ほか)/
第3章 日韓両国民の過誤―日韓併合(劣情日本人に握られている歴史教科書/「日帝三十六年」は何をもたらしたか? ほか)/
第4章 日露戦争勝利と日本漂流の始まり(日露戦争の勝利と英米の支援/小村外相による桂・ハリマン協定の破棄 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
若狭和朋(ワカサカズトモ)
1942(昭和17)年、福岡市生まれ。九州大学法学部卒業。岐阜県下の公立高校の教師となり、平成15年退職。
現在、人間環境大学講師(非常勤)。教育学博士(Ph.D.)。発言集団シューレ代表(本データはこの書籍が
刊行された当時に掲載されていたものです)


骨抜きにされた日本人―検閲、自虐、そして迎合の戦後史 [単行本]
岡本 幸治 (著)
出版社: PHP研究所 (2002/01)
ttp://www.amazon.co.jp/dp/456961938X


閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫) [文庫]
江藤 淳 (著)
出版社: 文藝春秋 (1994/1/10)
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4167366088

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:40:07 ID:FHn1Wvt80
【話題】「韓国史のなかで、これほど落ち着いた時代がかつてあっただろうか」…『日本統治時代を肯定的に理解する』 朴贊雄著[9/11]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1284162052/


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:40:59 ID:FHn1Wvt80
欧米の植民地統治
弾圧と虐殺

列強は植民地支配への反乱については、きびしい弾圧と虐殺でのぞんだ。
イギリスは、1857年に起こったセポイの反乱に徹底的な弾圧を加えた。
当時のイギリスの『タイムズ』紙は「キリスト教会の破壊1に対し100のヒンドゥー寺院をたたきこわせ。
白人殺害1に対し、老若男女を問わず1000人の暴徒を死刑にせよ』と報復を訴えた。
事実、イギリスは、みせしめのため捕虜の集団銃撃や焼き殺しなど、珂責ない弾圧と虐殺を行った。
 フランスのベトナム支配は、監獄をつくることから始まるといわれた。
1940年のメコン河流域の住民蜂起では、6000人のベトナム人が逮捕され、
サイゴンの監獄は満員となり多くの囚人が死亡した。
1945年、ホーチミン国家主席が読み上げた独立宣言にその怒りが込められている。
「…彼らは学校より多くの監獄を建て、容赦なく愛国者を殺害し、蜂起を血の川に溺れさせた。…」
 アメリカとて例外ではない。米西戦争に勝ったアメリカは、フィリピンに戦争を仕掛けて8万人の陸軍部隊を送り込み、
全域を制圧した。また、1906年、アメリカ式の土地制度などに反発したイスラム系住民の反乱の時は、
米軍は彼らの砦を包囲し、戦闘員から女子供を含めて6百人全員を皆殺しにしてしまった。



欧米の植民地統治
愚民政策

 列強のアジア支配の例として、オランダの350年間にわたるインドネシア支配の特徴
@オランダの安全と利害に関係ない限り放任し、
人民を文盲のままにして各地の土侯(サルタン)を使って間接統治した。徹底した愚民政策をしいたのである。

A才智にたけたアンボン人とミナハサ人とバタック人を訓練し、キリスト教に改宗させて優遇し、
警察官や軍人として登用。そして、オランダとインドネシアの混血児を作り中間階級として使い、民族の分断を策した。

B社会の流通経済は華僑にやらせ、経済搾取によるインドネシア国民の憤慨と憎悪は華僑に集まるよう仕向けた。

Cインドネシア人の団結を恐れ、一切の集会や団体行動を禁止した。
3人のインドネシア人が立ち話することすら許されず、禁を犯せば反乱罪で処罰された。

Dインドネシア国民の統一を阻止すべく、全国各地域で用いられていた320の種族語をそのままにして、
一つの標準語にまとめる企ては絶対に許さなかった。

ttp://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/oubeishokuminchi.htm

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:41:47 ID:FHn1Wvt80
ラスク書簡-アメリカが「竹島は日本領」と韓国に回答した文章
ttp://nextxp.net/archives/2006/05/post_171.html
「 米国の力を借りて『竹島』を自国の領土としたい韓国の昔も今も変わらないその手法 」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2005/04/09/post_331/
【竹島問題】米国、朝鮮戦争直後に『竹島は日本の領土』と一方的に結論[3/27]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1143428095/

何故、竹島問題が生じたのか(1)
ttp://blog.goo.ne.jp/charotm/e/132db4b15159e77377e9ed20d7e0f84d
 敗戦の翌年(1946)9月に、日本の周囲に形成された「マッカーサー・ライン」では、竹島は日本の領土に
含まれていなかった。このラインは、当初旧日本軍の軍管区を参考にして作られた制限漁獲水域である。
60年を経過した只今の混乱は、当初マッカーサー・ラインを設置したGHQの考えに遠因がある。歴史的にも
竹島の日本帰属が正当である事を証明出来る資料は、当時も充分に揃っていた。日本政府が筋道を立てて
米国へ申し立てを行った結果、1949年に竹島は改訂マッカーサー・ラインの内側に入り、日本領土に戻った。
 米国は、ハワイにいた反日運動家老人李承晩を連れ戻し、1948年2月(大韓民国成立)に初代韓国大統領とした。
竹島の日本復帰に不満な李承晩(当時73才)は、1952年1月18日に海洋主権宣言を行い、
マッカーサー・ラインの日本海側に変更を加え、竹島を含む形で自国に都合の良い「平和線」(日本名:李承晩ライン)
を設置した。日本には未だ占領軍がおり、朝鮮戦争(1950.6−1953.7)の戦闘が38度線で膠着していた頃である。
 時の首相は吉田茂、彼は3ヵ月後に発効するサンフランシスコ講和条約においては竹島が韓国の帰属になって
いないと言う訳で、安心していただろう。

 李ラインは、設定後から米国、英国、中華民国により国際法違反と批判されたが、・・・
 実に悪名高い国際法違反の李ラインであるが、韓国側はこれを今もなおも正当化している。

日本人が忘れてはいけない歴史 
李承晩ライン 〜侵略、殺戮行為を正当化する韓国の思考〜
ttp://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50327395.html
これは国際法無視もはなはだしい韓国の暗黒の歴史の一ページです。この結果、多くの日本漁船が韓国に
不当に武力攻撃され、328隻が拿捕され、漁民44人が死傷しました。しかも、拿捕された日本の漁民を解放
する条件として韓国が出してきた要求は、収監されている凶悪犯を多数含む、大量の在日韓国人犯罪者を
無条件に釈放することと、在日韓国人全体に在留特別許可を与えることでした。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:43:15 ID:FHn1Wvt80
>>11 下リンク先変更

日本人が忘れてはいけない歴史 
李承晩ライン 〜侵略、殺戮行為を正当化する韓国の思考〜
ttp://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2005/04/09/post_331/



朝鮮
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/7712/antij_kore.html
盗賊李承晩
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/7712/image/risyoban.bmp

主権侵害、犯罪行為、反日・侮日行為


1951年4月27日、南朝鮮が対馬について「歴史的にこの島は韓国の領土であり、日本によって強制的、不法に
占領された。」とし、対馬の「返還」を要求する文書を米国務省に送付。
→米国務省は「対馬は日本が長期間にわたり完全に統治しており、平和条約は対馬の現在の地位に影響を
及ぼさない。」として南朝鮮の要求を一蹴。

1952〜1965年、南朝鮮統領李承晩が「一国の領海は干潮時の海岸線より三海里を限度とする」という当時の
国際法上の慣行を無視して朝鮮半島周辺200マイルを領海とすることを一方的に宣言し、公海上に引いた
「李承晩ライン」を根拠として日本漁船の拿捕を実施し、乗組員を最長13年間に亘って抑留。

 南朝鮮が「李承晩ライン」廃止までに日本に与えた損害
  抑留者:3,929人
  拿捕された船:328隻
  死傷者:44人

1953年1月12日、南朝鮮統領李承晩が公海上に根拠もなく引いた「李承晩ライン」内に出漁した日本漁船の
徹底拿捕を指示。

同2月4日、漁船に偽装した南朝鮮船第一・第二昌運号(乗組員12人に加え、憲兵1、特務隊員1、情報隊員1、
警邏5人乗組)が公海上で操業中の第一大邦丸を銃撃し、漁労長瀬戸重次郎(34)を射殺(第一大邦丸事件)。
→南朝鮮は漁船員を脅迫して「領海侵犯した」という嘘の調書に捺印させ、これを根拠として「済州島から脱出
するのを追跡し銃撃した」と虚偽の説明を行い、「日本漁船の李承晩ライン侵犯に対する警告」と正当化を
図るも、公海上で操業中の銃撃と判明。朝鮮沿岸封鎖護衛艦隊司令官グリッチ少将が公海上で一般人を
射殺した南朝鮮軍を非難。

同2月7日、南朝鮮が竹島の「領有」を宣言し、翌年これを占拠。
→日本政府が竹島領有問題を国際司法裁判所に付託することを南朝鮮に提案するも、南朝鮮政府は現在に
至るまでこれを拒否。

1957年、南朝鮮政府が、1956年に日本に密入国した南朝鮮人の強制送還を拒否するとともに、「李承晩ライン」内
で不法拘束した日本人漁師解放の交換条件として密航南朝鮮人を「日本国内で釈放せよ」と要求。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/29(水) 09:43:55 ID:FHn1Wvt80
ニクソン元大統領が話した「李承晩元大統領の涙」

リチャード・ニクソン(1913〜1994)元大統領が1972年、歴史的な中国訪問をした当時、周恩来(1898〜1976)
元首相に対し、 「李承晩(イ・スンマン)元大統領が韓国戦争当時、北進統一に失敗すると、自分の前で涙を流した」
という逸話を話していたことが分かった。
6日、米・コロラド大学で『1972年、米中和解の韓国アイロニー』 という論文で博士学位を取得した国内少将の
政治学者キム・テワン(37)さんは、2003年に 秘密が解除された米国立文書保管所の「ニクソン・周恩来・
北京会談の記録」を引用し、このような事実を公開した。
この論文によると、1972年2月23日午後2時から4時間に渡って北京迎賓館で開かれたこの会談で、
ニクソン元大統領は周恩来元首相が韓半島の平和統一方案について問うと、
「副統領だった1953年、李承晩元大統領に会い、米国は北進に同意せず、韓国が単独で北進を固執するならば、
これの手助け はしないというアイゼンハワー元大統領の意志を伝えると、李承晩元大統領が
涙を流したと記憶している」とし、
「韓国人は南と北がどちら共感傷的で衝動的な国民」と話した。
ニクソン元大統領はまた、「(米国と中国)2つの国の戦いで韓半島が紛争の現場になるならば、愚かで途方もない事に
なるだろう」とし、 「絶対に(このような事が)再発しないようにすべきであり、首相と私がこれを阻止できるようお互いに
努力していると考える」と述べたという。 キムさんは 「ニクソン元大統領と周恩来元首相は韓国民族が多分に感情的で、
強大国の指導を受けなければならないということで見解を共にした」 とし、
「このような合意を通して米国と中国は韓国と北朝鮮の間で韓国戦争のような“愚かな”戦争を2度と起こせないよう、
南北が緊張を緩和し、対話を始めるこ とができるよう圧力を加えた」と話した。

ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/08/20050508000029.html

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 21:51:08 ID:my6C6/NM0
「朝鮮民族は劣等民族」であるという歴史的事実を語り継ぐスレ。

在日コリアン諸君は、卑屈にならず、薄汚れた過去を捨てて日本に忠誠を誓いなさい。
竹島は日本領土である、と心のそこから認められれば、君たちも明日から立派な日本人だ。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/03(日) 22:57:19 ID:mT6TuP9x0
伊藤博文と当時の韓国に対する世界の評価

――――
伊藤博文公は世界周知の如く日本の最も偉大かつ、有名な政治家である。
彼の韓国赴任は、たいへんな自己犠牲であった。
伊藤公が、その韓国改善のプランを打ち明けたとき、私の心は躍った。
そこには改革、公正、斡旋があった。
(李朝朝鮮)が犯したあらゆる誤りがそこには救済されるはずであった。
「私は、自分が韓国国民と日本国民との間に立って、両者の間に正義がおこなわれるようにすべき立場に立っていると思う」
と公はそう言明したのである。
カナダ人ジャーナリスト フレデリック・アーサー・マッケンジー
ロンドン・ディリーメール紙
――――

朝鮮の王室と政府は腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民の財を略奪している。
その上、人民はあまりにも愚昧である。
これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地になるだろう。
伊藤博文総監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人々は反対していない。
アメリカ人の朝鮮外交顧問 ドーハム・スティーブンソン
――――

韓国は日本の保護によって新生命、新光明に浴している。
高い政治道徳を重んずる進歩的であり、円満である伊藤総監によって、韓国人は暗黒時代から光明世界
に導かれ、未開時代から文明時代に進むべく手をとられて進みつつあり、旧来の久しい悪政から免れ、彼
らの生命財産は確実に保護されつつあって、あらゆる面において、三年間に二倍の進歩を遂げた。
宣教師 ラッド博士
――――

私の見るところをもってすれば、伊藤侯の統治は最大なる賞賛に値するべきものであり、大変満足しております。
韓国国民は今やようやく、彼をもって自分達の友人であると知って、これを事実の上に現し始めました。
過去三年の間における韓国の進歩の大きいことは、実に私をして統監政治の最も熱心な支持者であることを告白せしめます。
私は伊藤侯の必ず成功すべきことを信じて疑わないものであり、また、すべての宣教師及びその他の韓国
における文明開発の義務を知る者は、等しく伊藤侯の統治を支持しなければならないと思います。
宣教師 ハリス博士
――――

韓国人の安寧と幸福、その生活の向上を図るため、母国日本の財政負担は三年間に三千万円に達している。
日本及び日本人を益することを少しもやらないで、韓国及び韓国人のために図りてあまりにも忠実である。
飽くまで韓国の主権を尊重するため、中央の各部大臣や地方長官はすべて韓国人を任用し、日本人はその下働きになっているに過ぎない。
利権は韓国人のみに与えて、日本人には荒蕪地開発の第一号を与えただけではないか。
なおその上、韓国通の大陸浪人を追放するなど、日本及び日本人から孤立した政策を採ってきた伊藤総監の心事那辺にあるやを疑わしめるものがある。
韓国発行 「邦字新聞」より

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/05(火) 00:02:49 ID:IOlpEEen0
在ちょん涙目w

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/05(火) 04:43:18 ID:uMk9znYh0
【韓国】「朝鮮人は糞尿を崇拝する不潔民族」… 日帝知識人ら、偏見に満ちた紀行文で日韓併合を正当化 ★4 [10/05]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1254928967
http://www.unkar.org/read/yutori7.2ch.net/news4plus/1254928967


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/05(火) 19:04:33 ID:8J2ecj5JO
テロリスト崇拝

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/06(水) 13:53:03 ID:OinpZIlq0
日本の者が朝鮮に入り、朝鮮人家の間に雑居し、または朝鮮内地を旅行して朝鮮人の家に泊まると、
一番に困るのは家の不潔であるのと、一種の臭気を吐き気を催すほどであるうえに、南京虫がやって来るので、
実に快く眠ることができないからである。

また小便壷はたいてい室の中に置いてあって、大人でも小児でも、客の前であろうが、誰が居っても構わず、
ジャ〜と小便する、またその小便器を口の側に持って寄せて唾を吐き込む、彼らは久しい慣習で、
別になんとも思わぬらしいが、日本人の目から見ればいかにも見苦しい、たまったものではない。

これが田舎になると一層ヒドいのはいうまでもないが、しかし田舎のみではない、京城でも割合に不潔でない
のは大路位のみで、少し折れて小路に入ると、その臭気は鼻をおおっていなくては通れない程で、
塵や芥が道の上に散り乱れており、家々の便所から大小便は勝手に流れ出でつつある、そこらあたりを
朝鮮の小児らは平気でガヤガヤと戯れ遊んでいる。

最近朝鮮事情 荒川五郎著  明治39年(1906年) 清水書店
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1243859123/


旧日本陸軍の朝鮮兵に対する注意書き

一、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと。
一、絶対に頭、体をを叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。
一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。
一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、
   日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。

朝鮮軍司令部1904〜1945 古野直也著 国書刊行会より抜粋
http://konn.seesaa.net/image/book_akasen.jpg


路上に脱糞することなかれ

「商家などは一定の便所がないので、屋内に鉄筒あるいは木器をおいて放尿し、
それを自家の門前路上に棄てるので通りがかりの警官は打水かと信ずるという具合である。」
これは1911年6月8日付の「毎日新報」の社説の一部であるが、 「路上に脱糞するなかれ」は
日韓併合後の一大社会運動で あったが、この悪習はなかなか直らなかった。
(朝鮮軍司令部1904〜1945 古野直也著 P25)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1243859123/


C不潔
■イギリス人女性イザベラ・バード「朝鮮紀行」より抜粋
ソウルを描写するのは非常に憂鬱だ。
北京を見るまで私はソウルこそ、この世で一番不潔な町と思っていたし、shoukouへ行くまでは
ソウルの悪臭こそ、この世で一番酷い匂いだと考えていた。
都会であり首都であるが、その粗末な様子は表現が難しい。
礼節から二階建ての家は建てられず、したがって推定二十五万人の住民は迷路のような細い道の
「地面」で暮らしている。
道の多くは荷物を積んだ、牛が通りにくい程の狭い道で、家々から出た小便と大便を受ける穴か溝で更に狭くなる。
悪臭が酷い。  その穴や溝の横に好んで集まるのが、土の埃で汚れた半裸の子供たち、皮膚病と眼病を患った
大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわり、日光の中で瞬きしている。
ソウル名物は水路である。
蓋の無い広い水路を黒く汚れた水が、川の底に堆積した排泄物やゴミの間を悪臭を漂わせながら、ゆっくりと流れていく。
もはや水とは呼べない混合物を桶に汲んだり、小川とは呼べない水溜りで洗濯している女達の姿・・・

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/06(水) 13:54:14 ID:OinpZIlq0
朝鮮の正しい歴史認識その他
http://www.tamanegiya.com/tyousennno.html

併合前後の韓国人は日本人に「土民」と呼ばれていた!!
    
    (大正デモクラシーの旗手、吉野作造の見た朝鮮半島)

異民族の統治は、「威圧」だけで成功するものでないことは固より言うを?俟たない。
幸いにして朝鮮政府(朝鮮総督府、もちろん日本の統治機構)は、一方に於いて国家 の威厳を示して居りながら、
他方に於いて土民に近代文明の恩沢に浴するの機会を与え殊に昔の李朝時代に見なかったいろいろの生活上の
便宜を供して居る。殖産興業もだんだん盛んになって居る。交通機関も開けた。殊に道路はどんな田舎に行っても
今や立派に造られて居る。病院も設けられた。その上朝鮮総督府は朝鮮民族の精神的満足並びにその開発を
計る事を怠って居ない。社会公共の秩序は立派に維持されて居る。権利の保障には土民と内地人(日本人)との
区別を立てぬ。比較的公平なる裁判は土民を満足せしめて居るようだ。
某朝鮮人は予に、「自分の父祖の代までは、その蓄積せる財産に眼をつけられて故なくして府の長官から捕縛され、
その度毎に多額の身代金を取られたものだが、かくの如き不当の
侵害は今日は全くなくなった。これ全く日本の統治以来のことだ」と言った。
殊に現在の総監寺内伯は、正義の観念の極めて強烈な人で、道に合わないことは秋毫の微といえどもこれを
仮借しない。しかも、この点について伯は決して土民と内地人とを別たないといわれて居る。この点は朝鮮人は皆、
伯を徳として居るようだ。
かく一方には国家の威力を示し、他方に於いては土民に物質上の満足と及びその発達の機会を与えて居るのだから、
朝鮮民族の同化は十分出来ないまでも、その統治の事業に於いては決してまごつく訳はない筈である。

        民本主義の提唱者 吉野作造 (大正五年満州と朝鮮半島を視察)


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/07(木) 18:58:56 ID:xJc/0WBOO
朝鮮の歴史は糞尿まみれだな

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/08(金) 15:48:35 ID:YgXirihF0
『この国民の誠実、不誠実および勇気について。彼らは盗みをしたり、嘘をついたり、
だましたりする強い傾向があります。彼等をあまり信用してはなりません。』
「朝鮮幽囚記」ヘンドリック・ハメル

『嘘っぽい理論で結論を下す論法ときたらまったく驚くべきほどです。
自分が正しい場合がほとんどないにもかかわらず、悪びれる様子がほとんどない。』
「悲劇の朝鮮」アーソン・グレブスト


韓国人は、遺伝と教育とによって、その大部分が、おおげさな物言いをする人間か
厚顔無恥の嘘つきかである。それで、日本人の非行についての彼らの陳述は、
検証なしに、これを受け入れることはできない。
(ジョージ・ケナン、ニューヨーク・アウトルック紙の論説から引用している)
「朝鮮の悲劇」 F.A.マッケンジー 1908年 (渡辺学訳 1973年 平凡社東洋文庫)

*アウトルック紙に寄稿のジョージ・ケナンは有名な大外交家ジョージ・F・ケナンの
祖父のいとこらしい 。ケナン回顧録によると本人と同じくロシア関係に従事し
アジアでは日本の地政学的利害をアメリカ人に対して説明したと書いてる。
法政大学出版会から「シベリアと流刑制度」という著書の翻訳が出てる。


シャルル・ダレ『朝鮮事情』
朝鮮人は一般に、頑固で、気難しく、怒りっぽく、執念深い。
それは、彼らがいまだ浸っている半未開性のせいである。
異教徒のあいだには、なんらの倫理教育も行われていないし、
キリスト教徒の場合も、教育がその成果をあらわすまでには時間がかかる。
子供たちは成長した後は、男も女も見さかいのないほどの怒りを絶え間なく爆発させるようになる。

しかし不思議なことに、にもかかわらず軍隊は概して非常に弱く、
彼らは重大な危機があるとさえ見れば、武器を放棄して四方へ逃亡することしか考えない



朝鮮人は本当に怒ると、正気を失うといえるかもしれない。
自分の生命がどうなってもいいといった状態になり、牙のある動物になってしまう。
口のまわりにあぶくがたまり、いよいよ獣めいた顔つきになる。
遺憾なことだが、この怒りの衝動に我を忘れるといった悪癖は男だけの独占ではない。
朝鮮の女はすさまじい凶暴さを発揮する。女は立ち上がってひどい大声でわめくので、
しまいには喉から声が出なくなり、つぎには猛烈に嘔吐する。
精神錯乱に陥るこうした朝鮮の女たちを見るたびに、私はどうして
脳卒中で倒れずにすんだのかと不思議に思う。
どうも朝鮮人は、幼少のころから自分の気分を制御する術を学ぶことがないらしい。
子どもは親を見習って、自分の気に入らないことがあると、
まるで気が狂ったように暴れだし、結局、我意を通すか、
それとも長くかかって鎮静にもどるかそのいずれにか落ち着く。
「朝鮮亡滅亡」  ホーマー・アルバート

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/08(金) 17:15:44 ID:z/LjNAElO
朝鮮人が、自然科学分野でノーベル賞を取ることは100%有り得ない

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/08(金) 21:15:22 ID:oRa+Qx4b0
韓国に仏教が入ってくると、儒教のヤツは仏教に鞍替えし、キリスト教が入ってくると、今度はキリスト教徒になる。
韓国は現在、国民の半分近くがキリスト教徒とされ、中には統一協会なるカルト系のキリスト教徒もいる。
このような国民性だからおそらく日本が統治した時はそれなりに喜んだ人もいるだろう。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/08(金) 23:15:33 ID:rKJFtqR+0
むしろ感謝しなければいかんわ
戦後も日本人、様様なんだよ
児玉よしお、岸信介の韓国利権。韓国の権力者は日本にすりすりごますり
児玉様、岸様と韓国人がNHKの取材で話していたのをみると笑ってしまった

半日とかいって日本語はよく勉強するよなぁ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/09(土) 23:26:22 ID:jZCQ4gwE0
最近放送した番組でしょ?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/10(日) 05:34:27 ID:KT/mcuNq0
>>25-26
プロジェクトJAPAN、7月8月と見忘れてたのに、今知った(´・ω・`)

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/17(日) 13:39:30 ID:+0tIHPod0
★「朝鮮王室儀軌」の韓国譲渡 年内は困難 協定案の今国会提出めどつかず

 宮内庁が所蔵する「朝鮮王室儀軌(ぎき)」などの文化財を韓国に引き渡すための
「日韓図書譲渡協定」案の年内の国会での可決が絶望的になった。複数の政府・与党関
係者が16日、明らかにした。政府は日韓併合100年にあたる今年中に引き渡しを決
めて、速やかに韓国側に譲渡する予定だった。だが、協定案可決のための国会審議に時
間がかかりそうな上に、そもそも、対象となる文化財の精査や日韓両政府間の調整に手
間取り、協定案を今臨時国会に提出するめどがつかなかった。

 朝鮮王室儀軌は、李氏朝鮮時代の祭礼や王室行事を絵や文章で記した儀典書。宮内庁
は81部167冊を所有しているが、このうち80部163冊は大正時代に旧朝鮮総督
府から移管を受けたもの。
 儀軌などの文化財の引き渡しは、今年2月に、韓国側が日本政府に返還を求める意向
を伝達していたことを受け、菅直人首相が8月の日韓併合100年にあたっての談話
で、「日本政府が保管する朝鮮王室儀軌などの図書をお渡ししたい」と表明していた。
 しかし、実際に引き渡し対象となる図書の選別や調整は難航しており、「現段階でも
はっきり確定できていない」(宮内庁関係者)のが現状だ。政府筋も「まったく協定案
を出せる状況まで行きついていない。今国会は無理だ」と述べた。
 さらに、自民党内には「皇室にかかわる問題でもあり拙速は許されない。しっかり議論
しなければならない」(幹部)などと慎重な声があり、仮に今国会に提出されても、
会期内の成立は困難な情勢だ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101017/stt1010170130000-n1.htm

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/18(月) 14:05:19 ID:IA/E9rYK0
>>22

【朝鮮日報/社説】韓国が先進社会となるために規則や約束を守り、自分の職分に反する行為を自制する社会を目指していくべきだ[10/11]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1286781302/

韓国では、詐欺や横領、背任のように他人をだます犯罪や、自分の任務を全うできず他人に
財産上の損害を与えるといった犯罪が、毎年平均20万件以上発生している。最近、法務部が
国会に提出した資料によると、2008年の1年間に詐欺20万5140件、横領2万6750件、
背任5135件など、計23万7025件の事件が起きており、全刑法違反事件89万7536件のうち
26.2%を占めた。詐欺事件では2兆8040億ウォン(約2044億円)、横領では
8061億ウォン(約588億円)、背任では6179億ウォン(約451億円)の損害を、被害者に
与えたという。

韓国の法廷では、うそをつく偽証や、ありもしない容疑をでっち上げて他人を告訴、
告発する誣告(ぶこく)事件が、日本に比べてはるかに多い。2007年に日本では偽証罪で
9人が起訴されたのに対し、韓国では1544人が起訴された。誣告罪の場合、日本では10人、
韓国では2171人が起訴された。起訴された数字だけを見ると、偽証罪は日本の171倍、
誣告罪は217倍に当たる。しかし、日本の人口が韓国の2.5倍だということを考慮すると、
実際には偽証罪が427倍、誣告罪は542倍となる。

(略

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/18(月) 14:06:11 ID:IA/E9rYK0
【日韓】「韓国にはない習慣だ」日本人の交通ルールをきちんと守る姿に驚き[10/11]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1286853943/


【日韓】歴史解釈の変化探る〜韓国併合百年シンポに参加して 明治学院大・四方田犬彦教授[10/13]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1286978662/
 わたしは「他者としての日本、内面化された日本」と題して講演し、日本による植民地化が韓国にと
って同時に近代化でもあったというジレンマを前に、両国の芸術家がいかに苦悶(くもん)してきたか
という問題をとりあげた。韓国最初の近代文学者である李光洙(イ・グワンス)が初めて小説を執筆し
た時、母国語ではなく侵略者の言語である日本語を選んだのは、文学を始動させるのに必要な近代
的内面を唯一醸成できたのが日本語であったためであった。この不幸の系譜は、死の直前までおの
れの正確な出自を明かそうとしなかった戦後の立原正秋にまで継承されている。

 共同討議全体を通して気付いたのは、韓国側が「植民地化」という言葉を避け、「併合」「強制併合」
という語を用いていたことである。「日帝」という、かつて至る所で聴きなれた単語も口にされなかった。
シンポジウムは和やかな雰囲気のうちに終了したが、この用語の転換を通して、韓国側の歴史解釈
の緩やかな変化を探ることは、あるいは可能かもしれない。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 13:14:55 ID:xtB6Jk/60
ワシントン体制
ttp://www7b.biglobe.ne.jp/~senden97/washinton1.html
 岡崎 久彦(岡崎研究所長)
 1.ワシントン体制がなぜ崩れたかというと、蒋介石の北伐の成功によって中国大陸の日本権益が脅かされるよう
になったからです。それ以外の理由は枝葉末節と言っていいと私は考えている。
 2.利権回収といっても、条約上、正当な理由があるわけでなく、かといって実力で取り戻そうとしても、軍事力は
日本の方が上です。そこで、国民党指導の下、国策遂行の手段として、日本に武力行使の口実を与えないぎりぎり
の範囲として、あらゆる「いやがらせ」を行いました。在留邦人、とくに女性や児童に対し、唾を吐く、石を投げる、
殴る、小売を拒否するなどして、満州に居たたまれなくしてやろうというわけです。この排日、侮日運動に耐えかねた
在満邦人たちが結束して、関東軍になんとかしてくれと頼む。そこに満州事変が起きる原因があり、満州事変で
ワシントン体制が崩壊する。

 中西輝政 諸君10月 平成16年
 ・いずれにせよ、この時点で中国に利権を持つ列国が「決して一国で駆け抜けすることなく、一致して中国の
現状維持に協力していく」ということを本質としていたワシントン体制は事実上崩壊してしまったのです。
あとはもう日本の孤立があるだけです。

 上杉 千年 歴史教科書研究家 正論11月号 平成16年
 ・国際協調外交の美名のもと、その実態は日本の封じ込め政策、孤立化にあったことを認識しない者である。
その最大の条約が日英同盟の解消と四カ国条約の強要にあった。

32 :31:2010/10/19(火) 13:15:43 ID:xtB6Jk/60
「平和はいかに失われたか」ジョン・アントワープ・マクナリー原著

《マクマリーの見解》
 ・条約の遵守という基本問題で、中国が横車を押したのに対し、アメリカ政府は日本にきびしく、中国に好意的な
立場を取ったのが、日本にとっては重大だった。米国側のこういう態度は、少なくともアメリカの道義的な支援を
期待していた日本人を失望させてしまっただけではない。アメリカのこうした姿勢は、中国の条約改正要求を
満足させようと交渉を推進させている我々の熱心な努力とあいまって、中国の高飛車な行動を許容し、
またそれが更に一層反抗的な行動を中国にとらせることになるであろうことを、日本人は理解したのである。(169頁)

 ・もし列強諸国がワシントン条約の遵守にもっと厳格であれば、日本の国際協調派の立場はもっと強化され、
1912年から1926年に萌芽のあらわれた外交政策が維持され、そうなればおそらく1930年代の戦争は
避けられただろう。

 ・特定の国のご機嫌とりに汲々とするのではなく、法的な秩序を維持するための国際協力を第一義とすることである。
 ・米国人の心情には、中国を扱うときには例外的な基準や異例の予測を適用する傾向があるので、中国以外の
場合には容易に理解できるはずの外交へのアプローチが、奇妙なもののように見えてしまうということなのである。

 ・迎合的な表現が逆に中国人の権利の主張を誘い出すことになった。
 ・自分の国が他の国よりずっと良い友達であるように中国に見られたい願望があった。
 ・特に米国と英国は、嵐に屈しようとしたばかりでなく、自国の方が、他の国より従順なことを中国に示そうと
躍起になっていたように思われる。
 《中国人が屈従を強いられてきたわずらわしい拘束とは何か》
 ・中国が二、三世代前に、国際関係における平等と責任という道理に適った規範に従うことを尊大な態度で
拒否したがために、屈従を余儀なくされてきたものであった。彼らの祖父たちが犯したと同じ間違いを、
しかもその誤りを正す絶好の機会があったのに、再びこれをくりかえすことのないよう、我々外交官は中国の
友人に助言したものであった。
 そして中国に好意をもつ外交官たちは、中国が、外国に対する敵対と裏切りを続けるならば、遅かれ早かれ一、
二の国が我慢し切れなくなって手痛いしっぺ返しをしてくるだろうと説き聞かせていた。中国に忠告する人は、
確かに日本を名指ししたわけではない。しかしそうはいってもみな内心では思っていた。中国のそうした振る舞い
によって、少なくとも相対的に最も被害と脅威をうけるのは、日本の利益であり、最も爆発しやすいのが日本人
の気性であった。(181頁)

《マクマリーの結論》
 ・人権意識がよみがえった中国人は、故意に自国の法的義務を軽蔑し、目的実現のためには向こう
見ずに暴力に訴え、挑発的なやり方をした。そして力に訴えようとして、力で反撃されそうな見込みが
あるとおどおどするが、敵対者が、何か弱みのきざしを見せるとたちまち威張り散らす。そして自分の
要求に相手が譲歩すると、それは弱みがあるせいだと冷笑的に解釈する。中国人を公正に処遇しょうと
していた人たちですら、中国人から自分の要求をこれ以上かなえてくれない「けち野朗」と罵倒され、
彼らの期待に今まで以上に従わざるを得ないという難しい事態になってしまう。だから米国政府が
とってきたような、ヒステリックなまでに高揚した中国人の民族的自尊心を和らげようとした融和と和解の
政策は、ただ幻滅をもたらしただけだった。(180頁)

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 13:17:47 ID:xtB6Jk/60
ジョージ・F・ケナン
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1067694901/
http://mimizun.com/log/2ch/whis/1067694901/
・・・・同じ講演において、次に私は、アメリカ人の日本に対する否定的で
批判的な態度を取り上げた。それはもちろん、我々が中国に対して取った
後援者的・保護者的態度の裏返しであった。我々が日本に対して持っていた
不満は、日本が当時東北アジアにおいて占めていた地位(朝鮮と満州で
占めていた支配的地位)に主として関わっていたと思われる。それらの地域は
正式には日本の領土ではなかったのだから、日本による支配は、法的にも
道徳的にも不当であると、我々は考えたのである。私はそのような態度に異を
唱え、それは我々自身の法律家的・道徳家的判断基準を、それらの基準とは
実際にはほとんど全く関係の無い状況に当てはめようとするものであったと
批判した。

そして私は、この地域における活動的な力である、ロシア・中国・日本
という三つの国は、道徳的資質という点ではそう違わなかったのだから、
我々は、他国の道義性を審判する代わりに、それら三者の間に、安定した
力の均衡が成り立つよう、試みるべきであったと論じたのである。

日本をアジア大陸において占めていた地位から排除しようとしながら、
もしそれが成功した場合、そこに生ずる空白を埋めるものは、我々が排除した
日本よりもさらに好みに合わない権力形態であるかもしれないという大きな
可能性について、我々は何ら考慮しなかったのだと、私には思われた。
そしてこれは実際に起こったことなのである。

このことに関連して、私が今言及している講演が、朝鮮戦争中に行われた
ものであることを指摘したい。私は当時、朝鮮半島において我々が陥って
いた不幸な事態の中に、我々が以前日本の国益について理解を欠いていた
ことへの、また日本に代わる好ましい勢力があるかを考えもせずに、
日本をその地位から排除することにのみ固執したことへの、皮肉な罰と
いうべきものを認めないわけにはいかなかった。

この例によって、私は外交政策における我々の選択が必ずしも
善と悪との間で行われるのではなく、むしろより大きい悪とより小さい悪
との間で行われることが多いことを指摘しようとしたのである。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 13:18:37 ID:xtB6Jk/60
昭和史の真実
ttp://www.history.gr.jp/~showa/

 それゆえ、ケナンは、日本の満州権益は、不法に中国から奪取したのではなく、国際法上の正当な権益と
見なしていた。
 しかもケナンは、北満州のロシア、南満州の日本とが安定した関係を持ったことを重要視する。
 すなわち「この戦争(日露戦争)の結果として、日本はロシアに代わり南満州および朝鮮における支配的勢力
となったが、北満州におけるロシアと同様、日本もその地域に対する中国の名目上の主権に容喙(ようかい)
しなかった。日露戦争の結果出来上がり、ロシア革命がその方面におけるロシアの勢力を1時的に一掃するまで
持続したこの取り決めは、かなりの程度の安定性をもっていることが証明された。そして、それは、その方面に
おける勢力関係の現実と要請とをかなり正確に反映していたに違いないと結論させるのである。」

 ケナンは、そうした日本の満州権益について、実は米国自身もその正当性を認めていた事実を紹介している。
 すなわち、「1905年のタフト・桂協定および1908年のルート・高平協定は、われわれにとっていかなる意義をもった
にせよ、いずれも日本人にとって彼らが満州において獲得した地位に対する暗黙の承認を意味していたことは
確かである。」
ttp://www.history.gr.jp/~showa/132.html

このケナンの指摘の正しさは、例えば、リットン報告書にある「日本人はシナの無法律状態により他のいずれの
国よりも苦しみたり。シナにおける居留外人の3分の2以上は日本人として、満州における朝鮮人の数は約80万を算す。
ゆえに現在の状態においてシナの法律、裁判及び課税に服従せざるべからずとせば、これにより苦しむ国民を
最も多く有する国は即ち日本なり。日本はその法律上の権利に代わるべき満足なる保護が期待し得られざるべき
に於(おい)ては、到底シナ側の願望を満足せしむるべきこと不可能なるを感じたり」との一節からも明らかであろう。

 ケナンはこうした米国の日本への態度を、「このような気持ちを持って我々は10年1日のごとく、アジア大陸における
他の列強なかんずく日本の立場に向かって嫌がらせをしたのである。・・・・・多年にわたって、我々は、我々が要求
していることが、日本の国内問題の見地からみていかに重要な意義をもっているかについて、考慮を払う事を
拒んできた。・・・・・我々の要求が特に敏感な箇所に触れて日本人の感情を傷付けたにしても、それは我々には
ほとんど影響を持たなかった。」と慨嘆(がいたん)している。
ttp://www.history.gr.jp/~showa/133.html

 すなわち「アジアにおける我々の過去の目標は、今日表面的にはほとんど達成されたということは皮肉な事実
である。遂に日本は中国本土からも、満州および朝鮮からもまた駆逐された。これらの地域から日本を駆逐した
結果は、まさに賢明にして事実的な人々が、終始我々に警告した通りの事となった。今日我々は、ほとんど半世紀
にわたって朝鮮及び満州方面で日本が直面しかつ担ってきた問題と責任とを引き継いだのである。」

 それゆえ、ケナンは言う、「もしそれが他国によって引き受けられたならば、我々として軽蔑(けいべつ)したような
重荷を負って、現に我々が苦痛を感じているのは、たしかに意地悪い天の配剤である。」と。
ttp://www.history.gr.jp/~showa/134.html

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 13:19:17 ID:xtB6Jk/60
櫻井よしこ ブログ!
「航空自衛隊の前幕僚長の論文は全体像把握に必要な知的努力」
『週刊ダイヤモンド』   2008年11月15日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 764

1920〜30年代の中国研究における米国の第一人者の一人、ジョン・マクマリーのメモランダム、
『平和はいかに失われたか』(北岡伸一監訳 原書房)が一例だ。同メモランダムは日米開戦時の
グルー駐日大使や、戦略論の大家であるジョージ・ケナンら、米国のアジア問題専門家らに影響を
及ぼし続けてきた。そのメモランダムでは20〜30年代の日中関係はどのように見られていたか。

たとえば21年のワシントン会議では、太平洋地域の緊張緩和のための枠組みがつくられた。
マクマリーは、「日本陸軍の現役士官達と『浪人』といわれる愛国主義の権化のようなあの無責任な
連中」の存在を批判する一方で、日本政府は31年の満州事変までは、同会議の「協約文書ならびに
その精神を守ることに極めて忠実であった」、「中国問題に最も深く関わっていた人々は、日本政府は
申し分なく誠実に約束を守っていると考えた」ことを強調している。

マクマリーはまた、満州事変を起こした日本の路線を「不快」と断じながらも、「日本をそのような行動に
駆り立てた動機をよく理解するならば、その大部分は、中国の国民党政府が仕掛けた結果であり、
(満州事変は)事実上中国が『自ら求めた』災いだ」と分析しているのである。
ttp://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2008/11/15/%e3%80%8c%e8%88%aa%e7%a9%ba%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e3%81%ae%e5%89%8d%e5%b9%95%e5%83%9a%e9%95%b7%e3%81%ae%e8%ab%96%e6%96%87%e3%81%af%e5%85%a8%e4%bd%93%e5%83%8f%e6%8a%8a%e6%8f%a1%e3%81%ab%e5%bf%85/


Japan On the Globe(206) 国際派日本人養成講座----------
地球史探訪:サンフランシスコ講和条約
■3.アメリカは戦う相手を間違えていた■
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog206.html

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 13:20:30 ID:vTGU3NSR0
グローバル冷戦史 -第三世界への介入と現代世界の形成- [単行本]
O・A・ウェスタッド (著) 出版社: 名古屋大学出版会 (2010/7/28)
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4815806438

 著者は、米ソがそれぞれのイデオロギーと利益に基づき一方的に第三世界に干渉したわけではなく、
新興の独立諸国が自らの利益のために米ソを招聘した側面があることを指摘する。
しかしながら本書は、米ソの介入の結果、本来は民族自決、植民地主義の精算、新たな国づくりが
重要課題であった国家では内戦が激化し、国土と社会の荒廃、多大な人命の喪失を招いたと強調
する。とりわけアメリカが大きな介入能力を有していたが故に、アメリカの政策により強い批判の
目を向ける。著者によると、アメリカが介入した約30ヶ国のうち、おそらく韓国と台湾を除く
全てのケースで政治的民主化と経済的安定に失敗しており、介入の結果は「じつに悲惨」であった。
 現在アメリカ、そして国際社会が焦眉の対応を迫られているアフガニスタン、イラン、パキスタン、
さらにはソマリア等の問題を見る時、それらの多くが冷戦期アメリカとの関係に派生していることが
わかる。まさに冷戦の負の遺産である。(日経10.10.17書評欄)

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 16:52:09 ID:ODFR3H/a0
資料を一々、ボードに打ち込むより、これ見せとけば十分じゃね
ttp://photo.jijisama.org/BeforeAfter.html

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/19(火) 19:40:09 ID:wkHVblO00
やさしすぎるぐらい

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 09:45:46 ID:X197Pzgw0
>>31-36
コピペ荒らしのチロリアン乙
最近は誰にも相手にされなくなって、コテ外して活動してるんだなw

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/20(水) 15:47:10 ID:loA3Qmvn0
朝鮮人による日本引き揚げ民間人強姦大虐殺
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history/1284171137/


【日米韓】朝鮮半島から引き揚げた日本人少女の苦難描いた小説が米国の学校教材に 韓国系米国人ら反対 [02/16]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1171622427/
 1945年夏。朝鮮半島北部の羅南から、母と姉の3人で釜山への過酷な逃避行が続く。病人が
行き倒れ、日本人女性が朝鮮人に暴行目的で連れ去られるのをあちこちで目撃した。

【米韓】韓人教師の努力実る・・・171の学校で”ヨーコの話”撤去決定。「ごみ処理で積まれた本を見て万感の思い」★2[05/27]  
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1180267628/  

【日韓】「あれでも穏便に書いたのです」 … 「韓国人が日本の少女強姦」で物議の米教材『ヨーコの話』の著者[02/03]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1170457031/
作者は、小説に登場する韓国人の日本人女性強姦シーンについて、「当時に見たままを文章で
書いていたら、読者たちは恐怖でぞっとしただろう」と主張して、「幼い読者のためにやんわりと表
現しようとしたつもりだが、それでも韓国読者を怒らせた点は謝罪する」と述べた。

【韓米】バレンブラット氏が聯合ニュースの報道を否定 … 「『"ヨーコの話"は全部ウソだ』なんて言ってない」[02/17]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1171813176/

【朝日】「一番悪いのは韓国人との認識を持つだろう」日系人の本で韓国騒然★2[01/27
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169879041/
http://mimizun.com/log/2ch/news4plus/1169879041/


韓国人の痛いところを突いてしまった在米日本人女性の引き揚げ体験記=黒田勝弘 [SAPIO]
ttp://www.asyura2.com/07/asia7/msg/348.html
「韓国は歴史直視を」引揚者への暴行の事実を認めよ。
ttp://dangun.iza.ne.jp/blog/entry/681934

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 15:51:06 ID:bqOqylSv0
朝鮮50年戦争を語る(煽り禁止)
http://yasai.2ch.net/army/kako/1002/10026/1002651900.html

13 名前: 投稿日: 01/10/10 04:15 ID:RZaKnYG.
李承晩は「南進」も計画していた、って話。
本当??

14 名前:名無し三等兵[] 投稿日:01/10/10(水) 04:32 ID:IFan9hcs
>13
南進じゃなく、北進。
李承晩の赤狩りがすごくて、
これで軍事力与えたら間違いなく北進するだろうと
アメリカは考えたらしい。

15 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:01/10/10(水) 04:46 ID:lgJ8Uc/A
あり?対馬、壱岐、竹島、九州への侵攻作戦があったって聞いた事があるのだが。

16 名前: 投稿日: 01/10/10 04:50 ID:RZaKnYG.
そう、壱岐対馬。
開戦当時、韓国軍は半島南部に終結していたので対応が遅れた、
とか、
韓国を警戒した米軍が、防衛ラインを半島から日本に引き下げていた
とかいう話なんだけど…。(ソース不明)

35 名前: 名無し三等兵 投稿日: 01/10/11 09:22 ID:U3DeG8aw
>>17
「歴史群像シリーズ 朝鮮戦争上」の李承晩の韓国人学者著コラムに
少なくとも側近達は日本侵攻を考えていたと記述してあったよ。
李承晩自身については言及してなかったけど。


■■■1950年の韓国軍の日本侵攻未遂について■■■
http://www.mentai.2ch.net/whis/kako/1002/10026/1002645646.html

44 名前: 41 投稿日: 01/10/11 21:35
状況証拠としては怪しいの一言。
米軍が撤退すると同じに、北に備えず何故か南部に軍の主力を送り、
竹島の領有宣言。
戦時中も、日本と共闘するくらいなら、
北と共闘し、米日と戦うといったほどの大統領。
だが証拠は聞いた事が無い。
こんな事を議論しても、
ルーズベルトスレみたいになると思われ。

56 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 01/10/25 22:39
ちょっと書名は忘れたんだけど、占領期の米国の外交政策を
書いた本に、共産主義者よりも李承晩の暴走の方が危険である、
と当時の国務省は考えていた、とあったよ。
朝鮮動乱の際にも、四月革命でも李承晩は米国に相手にされてなかった。
彼を南朝鮮の指導者に選んだ事が大戦後のアジア政策の大きな誤りと
総括されていました。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 15:54:41 ID:bqOqylSv0
対馬ってもともと韓国の領土だったのでは??
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3500/1072846510/

2 :名無しさん:2003/12/31(水) 14:29
>>1
http://ww1.enjoy.ne.jp/~koukokutenbo/
http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/
http://www.pref.shimane.jp/section/takesima/top.html
http://homepage3.nifty.com/khf11063/ss/key/KGnayu6-1.htm

朝鮮戦争の原因を、再び自ら作り出すつもりですか?
対馬にまで軍隊を派遣してでも不法占拠しよういう野心に毒されるあまり、
在韓米軍が呆れて本国へ帰ってしまわないことを祈るばかりです。

※ 朝鮮戦争の原因は、
1.李承晩が1948年8月に「対馬返還要求」を日本に出した。
2.当時の日本には外交権が無く、占領国である米国が、この要求を拒否した。
3.米国の対応に怒った李承晩が、韓国警備隊を使って、竹島を侵略した。
4.李承晩の対応に怒った米国が、在韓米軍を撤退させた。
5.警備が手薄になった38度線を狙って、金日成が南進を開始した。
という事です。

3 :ofuro:2003/12/31(水) 17:46
朝鮮戦争勃発時、韓国軍は38度線南方に4個師団の兵力が配備されてました。
南進を開始した北朝鮮軍はT34戦車 自走砲など重火器で武装した13個師団の兵力でした。

その時、韓国軍の残り約4個師団は韓国の南方にいました。そう、対馬侵攻を企てていた韓国軍は釜山に軍を集結していたのです。

北朝鮮軍が南進していなければ対馬は占領されてた可能性があったわけです。

まったく韓国は信用できない国だな。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 15:59:11 ID:bqOqylSv0
Togetter - 「「朝鮮戦争直前の韓国軍対馬侵攻計画」」
ttp://togetter.com/li/54672

まとめられたつぶやき
ウリが学生だった頃、国際関係論の講義でこんな話が出た。今や酷使様くらいしか
言い出さない、「朝鮮戦争直前の韓国軍対馬侵攻計画」についてだdragoner_JP
2010-09-28 23:47:32

で、国際関係論の教授曰く、対馬侵攻計画自体は存在していて、日本もその存在を認識しているという。
ウリは酷使様くらいしかこの話をしていなかったので、えっらい驚いた訳ですdragoner_JP
2010-09-28 23:50:36

戦史に詳しい人なら存じていると思いますが、当時の韓国軍は親北勢力の反乱鎮圧やらで、かなりの大隊が
南方シフトしていました。酷使様は南方シフトをして対馬侵攻準備だと言っているようですが、酷使様が
そこまで知って発言しているかは謎dragoner_JP
2010-09-28 23:52:33

話を戻す。その教授はその筋じゃ名の通った研究者であり、発言もまっとう。ウリは最初冗談かと思って、
講義後質問に言ったわけです。「その対馬侵攻計画について、公的なソースありますか?」とdragoner_JP
2010-09-28 23:54:40

ところがどっこい。肝心の文書があると思われる韓国関連史料集の該当巻は見事に民間人閲覧禁止指定。
その後もこの件について、ウリは未だにリサーチし続けているけど、肝心の史料が見つかりませんねんdragoner_JP
2010-09-28 23:59:47

その可能性が高いとは個人的には思います RT: @Type10TK: @dragoner_JP まさかの対日有事の際の
侵攻計画を計画だけでも立ててたというのはあり得ない話ではなさそうな。国士様が言うような今すぐにでも
攻め込んでくる性質のものではないでしょうが。dragoner_JP
2010-09-29 00:06:12

その教授の話は、日本政府が公的な文書において、韓国による対馬侵攻計画が存在していたとはっきり
認識している点を述べているところが、酷使様の発言とは異なる点だった。仮に真実だとして、どのような経緯で
日本政府がそのように結論づけたのか興味尽きないdragoner_JP
2010-09-29 00:09:32

現役学生の君に委ねるニダ! RT: @tareyuu: @dragoner_JP 面白そうだから早く聞くんだdragoner_JP
2010-09-29 00:11:59

気になりますね。RT @dragoner_JP ところがどっこい。肝心の文書があると思われる韓国関連史料集の該当巻は
見事に民間人閲覧禁止指定。その後もこの件について、ウリは未だにリサーチし続けているけど、
肝心の史料が見つかりませんねんzyesuta
2010-09-29 00:16:25

だって、その教授、気づいたらすっごい偉くなってたんだもん……。
ウリは権力に弱いのです RT: @tareyuu: @dragoner_JP 学問に現役も予備役もないから早くやるんだdragoner_JP
2010-09-29 00:17:51

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 16:00:06 ID:bqOqylSv0
李承晩
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/risyouban.html

28 :今日だけ今井君 ◆NSQBzYTb6I :2005/03/22(火) 09:41:05 ID:T6uuOYIa
李承晩は、反日政策を強力に推進したことでも知られる。 彼の在任期間中に行われた反日政策として、
李承晩ラインの設定、竹島の編入、日本文化の禁止、親日派処分などがある。権威主義政権として基盤
の微弱な李承晩が、このような自己正統化の論理に頼った面も強い。また、李承晩は朝鮮が日本統治下
にあった時期の殆どを海外で過ごしていたため、日本や日本人というものを抽象的にしか理解できず、
反日政策をいたずらに煽ることにつながったとも指摘されている。今日でも、これらの政策による弊害が
大きく、日本と韓国間に横たわる問題の多くが李承晩時代に端を発している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%89%BF%E6%99%A9

29 :マンセー名無しさん :2005/03/22(火) 09:44:04 ID:60o3b/i8
こいつが政権をとらなければ
今日の二国間のゴタゴタは大幅に減ってただろうに

41 :マンセー名無しさん :2005/03/22(火) 21:54:08 ID:N1+95VXg
李承晩の政敵と目され、李承晩の手で謀殺されたと言われる金九という人物
もいるが、こいつはこいつで何の関わりもない人物を日本軍軍属だったから
ただそれだけの理由で刺殺し、その血を啜ったと自伝に書いている、いわば
殺人淫楽症と思しき異常性格者。
李承晩が無能の極地だったから、金九を持ち上げる意見も韓国人の中には
あるようだが、「目くそが鼻くそを笑う」ようなもので、どう転んでも、
大韓民国は建国の当初から、安寧の日は約束されてなかったとしか言い様が
ない。

48 :李完用:2005/03/23(水) 04:46:26 ID:/5YACkN3
李承晩っての人は、日韓併合の直後半島から出ちゃった訳で
日本の朝鮮半島統治とその政策を肌身で感じていなかった。

だから、被害者根性丸出しのまま政権を担当したから反日を国是と
しちゃったんだな。

109 :李承晩がついた嘘:檀君紀年4338/04/01(金) 19:17:18 ID:WNRk/GZC
李承晩がついた嘘を列挙してみる。

●李朝朝鮮を美化:日本に併合される前の李朝朝鮮がまるで「東洋の理想国家」で
あったかのように、米国で宣伝。ハースト系新聞が広めた日本=野蛮国論の一部と
なり、米国が極東に政治介入する政策の根拠となった。もちろん、今の韓国内の
朝鮮史賛美は、李承晩の嘘八百から来ている。
●光復後の暗黒政治:大韓民国成立直後は、日帝時代を具体的に知っている韓国
国民が大多数だったが、公の場で「日帝時代はよかった」「今の政府は駄目だ」等
の批判をした者をすべて政治犯として、投獄・拷問・処刑を行った。
大韓民国成立後のたった2年で政治犯として、投獄された者の総数は日帝時代の
約30年間の投獄者数を超えた。今の韓国でも、親日論者として断罪されることが
社会的に抹殺されるに等しいのはそのためである。
●朝鮮戦争時の記録を偽造:北朝鮮の侵攻を受けた韓国が、あれほど混乱し、半島
南端の釜山にまで追いつめられるほどの醜態をさらしたのは、李承晩個人の資質に
よるところが大きい。負け戦の時は誰よりも早く逃げ出し、勝ち戦の時は誰よりも
目立とうとして、先頭に立った。首都ソウルが北朝鮮に侵攻されつつあるときは、
避難民で大混乱状態の漢江の橋をかまわず爆破させ、一方で自分は安全な場所に
急ぐために米軍基地に逃げ込んでいた。仁川上陸作戦で北朝鮮軍の掃討が成功しつつ
あるときは、国連軍としての規律を無視して、韓国軍部隊を勝手にソウルに先行
させた。韓国から北朝鮮への逆進攻が敢行されたのも、マッカーサー司令官の意図
というよりは、李承晩の独断専行が大きい。
このような人物を上司としては、どんな将軍でも戦争には勝てないだろうが、
李承晩の醜態は、公式の戦闘記録からは削除されて、威厳ある国家元首の幻影だけ
が残っている。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/21(木) 16:01:39 ID:bqOqylSv0
【竹島問題】韓国政府、日本の巡視船に対して射撃を許可していた!安倍元総理が明かす「竹島周辺で銃撃戦の可能性」★2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1286673948/463

463 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/10/10(日) 19:07:27 ID:DiNzHZtk0
要するに李承晩は、
サンフランシスコ講和条約に起草の際に、
日本に竹島と対馬を放棄させるべくアメリカに訴えた
ところがアメリカはどちらも却下し日本領土と確定させた
そしたらそれを承服できなかった李承晩は国際法違反の李ラインを勝手に引いて、
その内側の竹島を侵略占領して日本漁船を次々拿捕し、
それを人質にして以降は在日犯罪者の解放を要求
一方、竹島侵略占領に成功した後、
今度は対馬の侵略占領も狙った。
李承晩のやばさに気づいたアメリカはその行動を警戒し、
防衛ラインを南方に引き下げて李承晩を牽制した
しかし本気で対馬侵略を計画した李承晩は韓国部隊を釜山に集結、
その間隙をついて北朝鮮が韓国に武力侵攻
同族同士が近代戦争で殺し合い多数の死者と離散家族を生み出した朝鮮戦争は
こうやって始まって今もまだ終わっておらず、
竹島問題も今なお続いており、日韓の根深い反目も
全てはキチガイ李承晩が作り出したものだ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/22(金) 18:53:51 ID:XLOspzzL0
【中国】中国メディア『抗議先進国』の韓国を紹介〜「日の丸食べる人」など[10/21]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1287629601/
記事は「韓国では抗議活動が日常的にみられる。発生件数は毎年1万1000回以上で、
機動隊が出動する大規模なものだけでも85回。デモ、シュプレヒコール、警官隊との
暴力的衝突は日常茶飯事」と論じ、写真を交えて、抗議の風景を紹介した。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/23(土) 23:30:01 ID:rK6UZ2pZ0
松島やよりさん(故人)の面白映像
http://www.youtube.com/watch?v=kBMJ0UC0DTk

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/23(土) 23:45:29 ID:rK6UZ2pZ0
松島やよりコント わかりやすい編集版
http://www.youtube.com/watch?v=-riwTVNA7HM&feature=related


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/24(日) 11:43:59 ID:H1aeJLGfO
第二次朝鮮戦争が勃発したら、日本政府は直ちに国境警備強化の為に
対馬・壱岐への自衛隊増派すると共に、竹島へ自衛隊を派遣して竹島解放を実現。

その上で
済州島〜対馬〜竹島〜鬱陵島のラインを「絶対国防線」に指定し
自衛隊を済州島と鬱陵島へ派遣し、国境防衛の前線基地を置く。

戦後、日本が焦土化した朝鮮復興を経済的に支援してやる替わりに
韓国は、竹島を日本固有領土として正式承認して、今迄の不法占拠を謝罪した上で
済州島と鬱陵島を日本へ永久に割譲する事
などなどの条件で日韓が合意。

鬱陵島は竹島同様に「日本国島根県属」、済州島は対馬同様に「日本国長崎県属」
とそれぞれ編入された。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/24(日) 11:56:06 ID:03R8solp0
従軍慰安婦等の諸問題で活躍し、
朝日新聞記者にもシンパの多かった
VAWW-NETジャパン代表
松島やよりさん(故人)
^^^^^^^^^^^
の、主張。
http://www.youtube.com/watch?v=kBMJ0UC0DTk

の、わかりやすい編集版。
http://www.youtube.com/watch?v=-riwTVNA7HM&feature=related

ネトウヨ渡辺昇一と金美齢は死ねバウバウ!

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/24(日) 12:02:00 ID:03R8solp0
訂正>>50
 × 松島やより
 ○ 松井やより
   ^^^^^
失礼をお詫び申し上げます。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/26(火) 17:00:11 ID:xWNmctqN0
チャーチルが愛した日本 (PHP新書) [新書]
関 榮次 (著)  出版社: PHP研究所 (2008/3/15)
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4569693652

〇消えやらぬ二つの音色
中国への旅のため神戸でアンコナ号に乗船した。心身を休めてくれる魅惑の国日本、慇シな男性、
そして声色の柔らかな女性の国。煙管を詰め替えるときにトントンと叩く音、
村道を行く盲目の按摩のうら寂しい葦笛の音―日本を象徴するこの二つの音色が
いまだに耳について離れない。 (117P)
ttp://books.google.co.jp/books?id=Gveczs87LnsC&pg=PA117&dq=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC

【週末読む、観る】(3)『チャーチルが愛した日本』大きかった母の存在 (1/4ページ)
ttp://sankei.jp.msn.com/culture/books/080427/bks0804270917004-n1.htm

プロの美人たち(9)
ttp://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/9-f994.html
ttp://sanjuro.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/03/26/jennie_jerome.jpg
 職業的美人はリリー・ラントレーのほかにも何人かいた。
 政治家ウィンストン・チャーチル(1874-1965)の母親、ジェニー(1854-1921)もそのひとりだった。

あたまにスッと入るあらすじ 
チャーチルが愛した日本 関榮次さんの新作チャーチルが愛した日本 (PHP新書 513)
ttp://atamanisutto.livedoor.biz/archives/51019923.html

日英同盟は1921年に終結するが、その後1936年にチャーチルは「コリヤーズ」誌に「日本とモンロー主義」と
いう題で寄稿し、次のように述べている。

「私は第1次世界大戦での日本の英国に対する忠実な協力を熱心に見守ってきた。ミカドの政府と長年協力して
きて私の心に残る印象は、日本人がまじめで堅実であり、重厚で成熟した人々であるということ、彼らが力関係や
いろいろな要因を慎重に考える人たちであると信じてよいこと、また理性を失ったり、よく考えないで無鉄砲な、
計算を度外視した冒険に飛び込んだりしないということである。」


第1次世界大戦では海軍相だったチャーチルは、日本の協力でドイツ艦隊を太平洋から一掃でき、
日本海軍に感謝状を贈っている。
チャーチルは1929年に大蔵大臣を辞め、その後「荒野の10年」と呼ぶ下野の時代をすごす。
1932年にコリヤーズ誌にチャーチルは、次のような日本の植民地支配に好意的な一文を寄せている。

「自分は日本帝国と国民に憧憬と長年の敬意を持っている。精力的で進取的な日本の国民が格調の余地を
必要とするのを認めるものである。我々は朝鮮で日本がしてきたことをみている。それは厳しいけれども良好であった。
満州で彼らがやったことをみてきている。やはりそれは良好なものであるが、厳しいものであった。」と述べている。

さらに前記の1936年のコリヤーズ誌への論文でも、日本と英米諸国の植民地支配について指摘している。

「中国で永年にわたり合法的に手に入れた利権を暴力で根こそぎにされ、抹消されることに
我々は耐えられないであろう。
いわんや、「日本人のためのアジア」を意味する「アジア人のためのアジア」という標語が実行されるときに、
英語圏諸国は反発しないではいないであろう。」

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/27(水) 15:26:50 ID:zpbSyPbg0
李氏朝鮮にロシアと日本の緩衝国家になる程度の力があり、ロシアの半島支配の恐れがなければ、日
本も金のかかる直接統治をしなくても済んだだろう。 初代朝鮮統監となり暗殺された伊藤博文は、半島
統治に伴う日本の財政負担を憂慮して併合に反対し、保護国とする方針であった。

日本の韓国併合(1910年)以前については近代的統計がなく正確な分析は困難だが、18世紀から19世紀
の朝鮮社会は、農業人口が80〜90%で資本蓄積率が低く有力な産業が育たず、人口は停滞ないし減少
し、飢餓と貧困が支配する沈滞社会であったと言える。 この前近代的な半島に対する日本の統治は、西
欧帝国主義諸国のような収奪型でなく、日本本土と同様な制度と社会基盤を整えることにより、半島を永
久編入しようとするものであった。 簡単に表現すれば総督府主導の急速な近代化であった。

<<前近代的諸制度や因習の廃止・禁止>>
  ・身分制度とそれに伴う特権や差別の廃止 (併合前の廃止令は実施されなかった)
     奴婢の解放 (人口の30%) 、人身売買の禁止、両班の特権廃止
     女性の解放(名前を持つことを奨め、再婚を許可、少女妓生を禁止)
  ・因習の禁止と前近代的な規制の撤廃
     呪術的医療、宦官、纏足の禁止
     職業選択、居住地、移動、服装、建築の自由化

<<近代的統治制度の導入>>
  ・罪刑法定主義を徹底(私刑の禁止、残虐刑の廃止)
  ・行政の単位をそれまでの一族から家族(氏)に規定(これが創氏の目的)、家長の権限を制限  
  ・地方の行政長や議員の選挙による選出 (総督は日本政府の任命)

<<近代的経済法制の導入>>
  ・私有財産の保障(所有権制度の整備)
  ・土地測量と地籍の確定(所有者不明地3%は接収)
  ・近代的企業制度と商法の確立、通貨制度の整備、度量衡の統一

<<教育・医療の近代化と普及>>
  ・近代学校制度の創設と普及(小学校5,000校以上、大学など1000校以上を建設)
  ・朝鮮語の体系化、標準語の制定、ハングルの普及
  ・西洋医学や衛生思想の普及、疫病の防除と罹患者の隔離、医療施設の整備

<<社会基盤の整備>>
  ・道路、橋、鉄道(4000km)、港湾の整備、電源開発
  ・治水事業による耕地拡大、大規模な植林(6億本) 、農業の近代化、農村振興運動の推進
  (総督府の財政基盤が脆弱であったため、これらのインフラ整備は日本政府の直接の投資で実施さ
  れた。その総額は17兆円相当と換算されている。 これら投資のため、東北地方の開発が遅れ昭和
  の東北飢饉の遠因になったといわれている)

これらの諸政策の結果、次のよう成果があった。
  ・1920・30年代の半島のGDP平均成長率4%(1920年代の世界経済は2%以下、日本は3%強)
  ・1人当り国民所得が1910年の40ドルから倍増
  ・日本資本の大量流入(統治期間総額で80億ドル)による通信、運輸、都市の発達
  ・耕作地の拡大(246万町から449万町まで)、米の反当り収穫量が0.5石から1.5石まで3倍増
  ・農産物、工業製品の輸出入が8倍増 (対内地を含む)
  ・人口が1300万人から2600万人に増加、平均寿命が24歳から56歳に
  ・識字率が61%を超えた(1944年時、併合時は4%程度と推定されている)

尚、西欧宗主国は独立した植民地に残した資産を独立国に買い取らせている。 日本は日韓条約で半
島の資産(60兆円相当)を放棄し、更に8億ドルの経済援助を与えた。(当時の韓国国家予算は、3.5億ドル)
 参考: 大日本史番外編 朝鮮の巻 「日本から見た韓国併合」 http://mirror.jij

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 18:21:54 ID:6kOlyuNI0
【書籍】 朝鮮の没落…16〜18世紀の日本に答えを探す〜『愚かな朝鮮』ムン・ソヨン著★3[10/29]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1288479658/
21世紀に成功学と同じぐらい脚光を浴びる分野が失敗学だ。失敗の原因を知ってこそ成功のた
めにより大きな跳躍が可能だからだ。「愚かな朝鮮」(戦略と文化出版)は19世紀末の朝鮮がな
ぜ日本に強制的に開港させられ、100年前にはなぜ植民支配の苦痛の中に歴史の断絶を体験し
なければならなかったのか、16〜18世紀朝鮮と日本の比較を通じて鋭く指摘した本だ。

ある財閥総師は「中国が追いかけてきて日本は先んじる状況で韓国はサンドイッチの境遇」と言っ
たが、本を書いたムン・ソヨン、ソウル新聞記者はすでに歴史的に16〜19世紀に朝鮮は当時の中
国(明・清)と日本(江戸幕府)の間に挟まったサンドイッチである可能性が高かったと指摘する。

(略

この本の最も大きな長所はこれまで歴史学者が資料不足を理由に、あるいは国民感情をおもん
ばかって躊躇してきた時点を選んで朝鮮と日本を比較したことだ。この本は表面では歴史書物の
姿をしているが、現在の韓国社会が直面している問題とも直結した部分が多い。本を閉じた後「真
実は不快で痛みを伴うが、受け入れれば新しい未来を作る力になるだろう」という著者の話が長
い余韻を残す。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/31(日) 18:26:47 ID:6kOlyuNI0
韓国起源説

韓国起源説(かんこくきげんせつ)とは、韓国の個人・団体などが、他国の文化などの起源・伝播を朝鮮半島に求める、
根拠不十分で非合理な言説群の俗称。韓国起源論ともいう。研究者や文化人が個人的に主張する説から、
公的団体が正式に主張する説まで多岐にわたり、一時的にマスメディアで流布される場合から、継続的に国際的な
広報活動が行われる場合まで様々である。特に、日本文化や中国文化が対象とされる場合が多い。

韓国起源説がいつごろ始まったかは定かではないが、ある文化が世界的に有名になると、その文化に対する
韓国起源説が主張され始める場合が多い。

日本のインターネットでは、このような起源主張を朝鮮語で「我々の」を意味する「ウリ」をかけて「ウリジナル」と
揶揄している。この「ウリジナル」という言葉は、雑誌などが取り上げたり[6]、大学教授が用いたりする[7]ほど
広まっている。似たような言葉に「コリエイト(korea+create)」がある。

歴代朝鮮王朝は日清戦争まで中国の冊封体制下におかれ(朝鮮半島を中国とみなす記述の項目を参照) 、
「中華文化こそ正しい文化、朝鮮独自の文化は卑しい文化」と考える事大主義と「中国に地理的・文化的に近い朝鮮が
優越で、遠い日本は劣等」という小中華思想の時代が長く続いた[8]。 その後、韓国併合で日本による近代化を受け、
日本文化が大量に流入すると、日本に対する劣等感や反日感情が広がった。 このため、第二次世界大戦後に
独立したが、国民国家形成と国際的な認知を得るためのアイデンティティーが不足することとなった。
そこで、既に世界的に認知度の高い日本文化や中国文化などを韓国起源と剽窃することで、国家アイデンティティの
形成、海外からの認知向上、自国を併合地化した上に、長年大国として君臨してきた日本に対する劣等感の克服を
同時に、容易に果たそうとしていると考えられる[9][10]。

公教育
国籍ある教育
韓国の建国当初の民族主義は「反日主義」一辺倒で、「日帝に対する闘争」を掲げることで民族の紐帯を醸成
していった[23]。

韓国の朴正煕元大統領は自著『国家と革命と私』で、次のような言葉を遺している。

「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」
「姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建社会の一つの縮図に過ぎない」
「わが民族史を考察してみると情けないというほかない」
「われわれが真に一大民族の中興を期するなら、まずどんなことがあっても、この歴史を改新しなければならない。
このあらゆる悪の倉庫のようなわが歴史は、むしろ燃やして然るべきである」

朴正煕は朝鮮史における事大主義と属国性を自覚し、自著『韓民族の進むべき道』で韓国人の「自律精神の欠如」
「民族愛の欠如」「開拓精神の欠如」「退廃した国民道徳」を批判し、「民族の悪い遺産」として次の問題を挙げている[24]。

事大主義
怠惰と不労働所得観念
開拓精神の欠如
企業心の不足
悪性利己主義
健全な批判精神の欠如
党派意識
特権・エリート集団意識
朴正煕は独裁体制(維新体制)を確立すると、上記のような朝鮮民族の問題点を払拭するために、「民族の中興の
使命を達成するための主体的民族史観」に基づいた「国籍ある教育」を掲げた。

56 :55:2010/10/31(日) 18:27:48 ID:6kOlyuNI0
歴史教科書
上記のような「朝鮮民族の問題点」を払拭するために行われた「国籍ある教育」に基づいた韓民族優越史観で編纂
された韓国の国定教科書が韓国起源説を加速させている側面がある。教科書では、「先進的な韓国が未開な日本
に文明を授けてあげた」という歴史観が一貫して強調されており、日本に対して、日本の独自性の強い社会・文化や、
日本が最も影響を受けた中国との東シナ海交易ルートや、日本から外国への文化伝播が存在しないかのような誤解を
与えている。また、朝鮮半島が歴史上ほとんどの期間中国の従属国で政治・社会・文化の面で隷属していたことに殆ど
触れられていないため、韓国人が「歴史的に朝鮮は文化先進国」という認識を一層強くする原因となっている[25][26]。


韓国起源説や「日本人の野蛮性」という認識を補完する主張として、「日本による韓国文化の抹殺・略奪説」がある。
日韓併合時代や文禄・慶長の役の際、日本が朝鮮半島の文化・文化財をことごとく抹殺・略奪したというもので、
「現代の朝鮮半島に存在しない文化も、日本に抹殺・略奪される前には存在したはずだ」との前提で、
多くの韓国起源説が主張されている(例:折り紙)。



西尾幹二は、「韓国は日本のコピーである。だから、ほかでもない、韓国人は韓国のコピーを日本にさせたい。
それは妄執に近い彼らの欲望となっている。日本海を東海と呼ばせようとするのも、空手の一流派をテコンドーと
名づけてオリンピック競技に仕立て、韓国起源を演出するのも、『竹島の日』が出たらただちに『対馬の日』と
言い立てる荒唐無稽も、こういう子供っぽいことをしようとするのはすべてみな日本を意識しての話であって、
世界地理学会が古くから日本海と名づけ、日本人が長い伝統を持って柔道を世界的に普及させてきた....等などの
日本の真似をそっくり演じ、しかもそれを日本にも強制する。コピーのコピーをさせようとする」と分析している[297]。

桜井誠は、「韓国人の日本文化朝鮮起源説は、対日劣等感の裏返しであり、言い換えれば朝鮮にはまともな文化
がなかったと認めているのに等しい。常に歴代中華帝国の徹底的な蹂躙を受けてきた朝鮮半島では、自分たちを
小中華と呼んで中華の正統な後継者と勝手に位置づけ、また中華文化圏からいち早く抜け出した日本などを東夷と
呼んで蔑むことで、かろうじて崩壊寸前の精神の均衡を保ってきたのである。(中略)現在に到るまでの朝鮮に
共通しているのは『日本のような東夷に立派な文化などあるはずがない、あるならそれはきっと朝鮮半島から
渡来したはずだ。世界が日本の文化を賞賛するのは間違っている。賞賛するなら宗主国たる朝鮮を賞賛するべきだ』
と多くの人が本気で思っている事であろうか。だからこそ、今後も世界で賞賛されるような日本の文化が表に
出てくれば、必ず『それは朝鮮起源だ』と主張してくるであろう。日本文化朝鮮起源説とは、まともな文化を何一つ
持つ事が出来なった朝鮮民族の悲しい叫びなのである」 ・・・

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 13:04:28 ID:QmcuD6Xu0
「植民地時代」はどうだったかについては議論がいろいろあるけどさ
まあ見てくれよ。これが現代の日本社会における朝鮮人だ。

登録外国人数の状況
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc%2Fdomestic%2Fimmigration%2F#backToPagetop

外国人数の推移(毎年末)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1180.html

この中で失業率に注目すると、朝鮮人は12%でダントツ。
で、ここで年齢構成をみると、就業可能年齢層もまだ多い。
   ↓
在日外国人の人口ピラミッド(2009年末)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1187.html

つまり、これだけでも
無職・生活保護受給者が多いのではないか?という仮説はじゅうぶん成り立つ。

他に万人あたりの犯罪生起率について、暇な奴調べてくれ。
こんな輩が被害者ヅラして何言ったって、信憑性は低いわ。
昔は善良で、戦後突然悪くなったわけもあるまいからな。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/04(木) 16:36:11 ID:fXPAQo780
【群馬】韓国の悲劇、済州島事件『知ってほしい』〜体験者の証言、本に[11/04]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1288827650/
韓国の済州島で圧政に蜂起した約三万人とされる島民らが一九四八年四月三日を中心に
軍や警察などに虐殺された「済州島四・三事件」。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/05(金) 01:28:37 ID:bUrrwDtM0
アメリカ人が韓国人の嘘にブチ切れ Why koreans are liar
ttp://www.youtube.com/watch?v=bivg7cDHeyg

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 14:56:32 ID:M7GjQMj50
> 韓国に行くと独立記念館や西大門刑務所歴史館のような戦前の日本を断罪する
> 反日教育施設があります。そこでは蝋人形で生々しく当時の拷問が再現されており、
> その視覚的な描写は大人でさえもかなりショッキングです。 なおのこと感受性の強い
> 子供たちは強烈な印象を受け、日本への憎悪が刷り込まれます。

> そして韓国の子供たちはほぼ100%、学校教育の一環でここを訪れます。

独立記念館・拷問ジオラマ
http://www.tanken.com/dokuritugomon.html

韓国・ソウル旅行記1   2005/5/1〜5/3
韓国・ソウル 西大門刑務所歴史館 1〜12
http://tabimaro.net/etcetra/3/11/2.html

韓国・ソウル 西大門刑務所歴史館1
http://tabimaro.net/etcetra/3/11/photo/17.html
韓国・ソウル 西大門刑務所歴史館7
http://tabimaro.net/etcetra/3/11/photo/23.html

韓国独立記念館7.mov
http://www.channelfeeder.com/video/G9VJtDNr4JA/

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 14:57:45 ID:M7GjQMj50
独立記念館の拷問場面 
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/7398/higeki.htm
「悲劇の朝鮮」 アーソン・グレブスト (1989年 白帝社)
(著者のグレブストは1904年日露戦争の取材のため朝鮮に入った。)

理由がなんであれ、こんな状況がまだこの地球の片隅に残されていることは、人間存在そのものへの挑戦である。
とりわけ、私たちキリスト教徒がいっそう恥じるべきは、異教徒の日本人が朝鮮を手中にすれば真っ先に
このような拷問を廃止するだろうという点だ。


「歪められた朝鮮総督府」 黄文雄 1998年 光文社
F.A.マッケンジーは、有名なスコットランド系カナダ人の著述家で、日本の朝鮮統治についてもっとも批判的に書いたが、
彼の『朝鮮の悲劇』(渡部学訳注、平凡社)では、(李氏)朝鮮の監獄について、「監獄は呪詛のまとであり、
拷問は自由に行われ、周期的な監獄清掃に際しては一時に数十名の囚人が絞首されてしまい、裁判は売買された」
としている。



「日韓2000年の真実」 名越二荒之助 平成9年 国際企画
これらの報告を読んでいると(管理人注: 同書の中で上記のグレブストの本の拷問場面を引用している)、
思い出すのは韓国の天安市にある「民族独立記念館」のことです。この記念館でもっともショッキングなのは、
日本の警官が朝鮮人を拷問している蝋人形の場面です。暗黒の中で光線に照らし出された拷問の模様は、
5場面に及びます。私の連れていった学生達は、『見ておれない、まるでホラー・ビデオだ。
日本人はこんな残虐なことをしていたのか』と言います。修学旅行にやってきた韓国の小・中学生たちは、
その前で日本人への憎しみをかきたてます。私は眺めながら、もっと深刻なことを考えていました。
こういう拷問のやり方の中に、ここに紹介した外国人の報告の描写とダブる所があると気づいたのです。

当時日本は、朝鮮人を憲兵や警察の補助員として使っていました。直接の取調べは、言葉の判る朝鮮人が
当っていたのです。だから拷問を行なっているのは朝鮮人であるところに、悲劇の深刻性があったのです。


しかし日本人は語学ができず、民情にも疎いので憲兵・警察の補助要員として韓国人を募集しました。
当時、日本人憲兵1007人、韓国人憲兵補助員1012人、日本人巡査2265人、韓国人巡査3428人で、
いずれも韓国人の方が多かったのです。ところがこの補助員たちは、これまでの宿怨を日本の権力を借りて
晴らすものが多く、悪弊を直すのに困りました。今村鞆著『歴史民俗朝鮮漫談』(昭和3年)には、
『朝鮮人は日本の両班取り締まりを感謝したが、下級補助員(補助憲兵、朝鮮人巡査、朝鮮人通訳)の横暴こそ、
後の日本に対する悪感情を生んだ。いかに横暴だったか、驚くべき事例を沢山知っており、
一冊の本ができる』と述べています。


Link 朝鮮日報のHP 日本の高校生が「西大門刑務所歴史館」を見学
日本の高校生が見学してショックを受けたのは、総督府時代の近代化した刑務所である。
彼らが李朝時代のおぞましい監獄風景や、戦後韓国で行なわれた残酷な拷問の説明を受けていたら、
別の感想を持ったに違いない。


李氏朝鮮時代の残酷な拷問を廃止した日本人
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/5626262.html
李氏朝鮮時代、朝鮮では信じられないような残酷な拷問が繰り広げられていた。
とことが、朝鮮が日本の保護国となり、日本が統監統治を始めると間もなくそのような拷問を廃止し、
刑務所も広く清潔に造り替えた。
拷問の禁止は島村忠次郎(1907年、水原の京畿道地方裁判所の「法務補佐官」)が在職中に
伊藤博文統監に申し入れて法令となった。
1908年の法令改正によって拷問した取調官は3年以下の懲役と定められた。
1919年の朝鮮における3・1テロ事件では拷問は行なわれなかった。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/07(日) 15:13:41 ID:Rjvmqc080
>>61
>李氏朝鮮時代の残酷な拷問を廃止した日本人
>1908年の法令改正によって拷問した取調官は3年以下の懲役と定められた。

相変わらずの捏造電波コピペ乙

実際
朝鮮笞刑令(明治45年制令第13号)
http://www.geocities.jp/nakanolib/etc/colony/srm45-13.htm
第十一条 笞刑ハ監獄又ハ即決官署ニ於テ秘密ニ之ヲ執行ス
第十三条 本令ハ朝鮮人ニ限リ之ヲ適用ス

朝鮮笞刑令施行規則(明治45年朝鮮総督府令第32号)
http://www.geocities.jp/nakanolib/etc/colony/csrm45-32.htm
第四条 笞刑ヲ免シ若ハ笞刑ノ執行ヲ免スル処分ハ検事又ハ即決官署ノ長之ヲ行フ
第五条 笞刑ノ執行ニハ典獄、看守長又ハ即決官署ノ長又ハ其ノ代理官立会ヒ受刑者
ニ笞刑ヲ執行スヘキコト並其ノ笞数ヲ告知シタル後所属官署ノ吏員ヲシテ之ヲ執行セシム

# この制令は、明治45年3月18日に公布され、4月1日より施行された。
# 朝鮮笞刑令廃止制令により、本令は大正9年4月1日をもって廃止された。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/09(火) 17:59:18 ID:xGvWXoYJ0
【韓国】韓日併合、 私たちの間でする話 植民地支配にいたるようになった「不便な真実」をまず再確認しよう 中央日報[08/23]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1282555715/
皇城新聞1909年7月7日付を見ると、「太皇帝陛下が伊藤公爵に下賜する物品として古来の書画と書籍を
多数購入した」という記事が出てくる。 高宗(コジョン)が侵略者の伊藤博文に贈ろうと、昔の絵や書、本、
すなわち貴重な伝統文化財を買い集めたということだ。

【中央日報コラム】日本人に「賄賂」として渡った多数の文化財、日本人が搬出したものよりも多いかもしれない[11/08]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1289212231/
ソウル北村(ブクチョン)両班街で
は一日に数軒が引っ越しし、その度に後に文化財として評価されそうな物が捨てられたり安値に商売人の手に
渡ったりした。

北村から鍾路(チョンロ)大路につながる旧忠勲府(チュンフンブ)の横の道、今の仁寺洞(インサドン)に
は、こうした物を扱う店が一つ、二つと誕生した。 朝鮮に派遣された日本人官吏、会社員、教授は記念品と
見なしてこうした物を買い集め、同時に朝鮮文化財に対する知識も深めていった。

1931年の春、李完用(イ・ワンヨン)の甥・韓相竜(ハン・サンリョン)は、朝鮮財界に影響力がある日本高位層
に会うために東京へ向かった。 その旅行は、新しく設立される朝鮮信託株式会社の社長の席を得るための
ものだったため、贈り物には格別に気を遣った。 韓相竜は漢城(ハンソン)銀行総務時代にもそうだったように、
高価な朝鮮の骨董と書画を‘贈り物用’にきれいに包装し、関釜連絡船に積んだ。 他の朝鮮貴族と親日官僚、
財界人も東京へ‘ロビー活動’をしに行く度に、朝鮮「文化財」を包んで行った。

日本の民間人が自発的に私たちの文化財を返還する事例が一つ二つと出てきているのはうれしいことだ。 しかし
日本に文化財が搬出された経路はあまりにも多様であり、日本人がむやみに搬出したものよりも、朝鮮人が賄賂
として贈ったものがもっと多いかもしれない。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/12(金) 07:20:38 ID:V9z3UMAy0
そういえば韓国で韓国人の老人グループが日本の軍歌歌ってて近くに居合わせた
若者グループが「日帝の歌を歌うな!」と詰め寄り老人グループが「これは我々の青春の歌だ!」
と大乱闘になった事件があったな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/12(金) 09:31:00 ID:IQFUdVPx0
右翼団体幹部の男、交際相手の女性に「娘をさらう」など電話で脅迫 逮捕
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00187723.html

いやだねぇ右翼って。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 19:43:24 ID:wYlJJ3Y70
【日韓】緻密ではない韓国政府、日本に半分負けた交渉[11/10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1289359611/
韓国政府は「宮内庁所蔵の本に
『帝室図書之章』という赤い印が押されているものと見て、この本が日帝強占期に大韓
帝国帝室図書館と奎章閣(キュジャンカク)にあったことは間違いない」と主張した。赤
い印は1909年、全国に散らばっていた帝室図書を1カ所に集めて押した。そのため日
本の宮内庁にあるものなどは1910年以後、朝鮮総督府を経て行ったという主張だった。

ところが。日本の宮内庁の帝室図書に押された印は現在、韓国に保管されている帝室
図書とは違うという。日本政府は「植民統治以前に韓半島から渡って来たものであり、
1903年から我々が『帝室図書之章』という印を作って押した」と証拠資料を突き付けた。
植民統治以前に渡って来たものだから今回の返還の対象に含めることはできないという
ことだった。韓国政府は反論する論理や証拠もなかった。

「日本側の説明に、韓国側の専門家たちが納得した」という韓国外交部当局者の発表が心に引っかかるのだ。


【仏韓】フランスも韓国に文化財返還へ、朝鮮王朝の王室図書−日本の引き渡しが影響した可能性も[11/12]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1289567958/

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/14(日) 01:03:04 ID:G0pmBKes0
【統一日報】オデン、ウドン、キムパプ、パッピンス…「イルシク」という名の韓国料理〜開化期の食の日流[11/13]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1289626168/
韓国人留学生が東京へ来て、オデン、ウドン、キムパプ(海苔巻き)、パッピンス(氷小豆)など、幼い時から
の好物がほとんど日本ルーツと知りちょっと衝撃を受けたという。そんな若い韓国人を数人知っている。現在
韓国ではこれら日本ルーツ飲食を日イル式シクと呼ぶ。いずれも韓国社会に根付いて優に1世紀を越え、駅や
百貨店の食堂でもメニューになる程大衆化している。

1876年の江カン華ファ島ド条約で開港した朝鮮(韓国)へ多くの日本人が渡ると、1885年頃には日本
公使館のある漢ハン城ソン(ソウル)南山北麓に日本人街が形成された。新都市建設当初は商人、建設業者など
単身渡韓の男性が多く、彼らの需要を満たす飲食業者がその後を追う。彼らはとりあえず小資本の簡易食堂や
屋台から始めた。扱うメニューも庶民が食べ慣れたオデン、ウドン、海苔巻き、大福餅などの類だ。

この日本人向け飲食が意外に韓国人に受けた。当時の韓国人にとってそれらは非常に珍しく旨かった。オデンも
ウドンも煮干し出だ汁しが利いていた。慶尚南道沿海ではイワシが大量に獲れたが、元来煮干し加工の習慣は
なかったようで、塩辛にする他は魚肥に利用した。日本風煮干し出汁はチゲなど韓国飲食の味を深める役割も
果たしている。

大福餅や羊羹の小豆餡の甘味は強烈だった。韓国の餅や伝統菓子にも小豆餡は使うが、砂糖を加えることはなく、
小豆本来の甘味を楽しむ程度だ。韓国庶民の手軽な甘味料は水飴、干し柿などだが、それすら決して日常のも
のではない。そんな中での甘い小豆餡の人気が分かる。1910年代韓国に製氷工場ができた後の氷小豆が、
現在のパッピンスに至るのもそんな流れだろう。


【韓国】増える日本式食堂、「日本現地と同じ雰囲気づくりが戦略」−日本文化を楽しもうとする客が増えている[11/10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1289382622/

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/18(木) 17:16:46 ID:oXHxR5zk0
【仏韓】フランスは略奪文化財の返還拒否、韓国世論は「なぜ返還ではなく”貸与”なのか」と強く反発、日本の“譲渡”とは対照的[11/17]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1290026408/
 フランス所有の韓国文化財というのは、韓国が鎖国時代だった1866年、ソウル近郊の江華島に侵攻したフランス
艦隊が、島にあった王室文庫の「外奎章閣」を襲い、奪っていった王室文書の「王室儀軌」。現在、フランスの国立
図書館に所蔵され、1990年代初めから両国間で返還交渉が続いていた。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/22(月) 22:56:08 ID:dkd8K8zt0
【書籍】 世界で最も長く続くデモ、戦争性暴行被害者から偉大な人権活動家への道〜ユン・ミヒャン著『20年間の水曜日』[11/21]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1290424644/
ベトナム戦争で韓国軍によって強行された残酷な性暴行犯罪、
国家外貨稼ぎのために日本人観光客の「キーセン観光」を容認し、東豆川基地の村を容認した事例
などに見られるように、歪曲された「性意識」が国家主義と結合する時「慰安婦」問題は
いつでも発生する可能性がある。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/26(金) 17:38:35 ID:jgnNB8/50
【日韓】日韓図書協定承認見送りへ 「朝鮮王室儀軌」など図書1205冊 首脳会談での韓国への引き渡し困難?[11/26]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1290757728/
 引き渡しは今月14日、横浜市で行われた日韓首脳会談で正式合意され、日韓外相が図書協定に署名した。
しかし、自民党には「韓国から日本に返還されるべき図書もあり、協定は一方的だ」と反対意見も根強く、
衆院外務委員会で図書協定の審議が始まっていない。与党は会期延長しない方針のため、衆参両院で
協定承認を急ぐなら、強引に審議を進めるしかないのが実情だ。

34 名前:東亜記者募集中@記者募集スレ[sage] 投稿日:2010/11/26(金) 17:03:21 ID:Gm6kgYc1
> しかし、自民党には「韓国から日本に返還されるべき図書もあり、協定は一方的だ」と反対意見も根強く、

これ、高麗大経なんとかってやつだろ。
日本のお寺から盗まれて、数年後に韓国で発見されて、日本からの問い合わせを拒否して、勝手に国宝指定したやつ。

45 名前:東亜記者募集中@記者募集スレ[] 投稿日:2010/11/26(金) 17:09:01 ID:J0+oYszL
対馬宗家文書―大韓民国国史編纂委員会所蔵

46 名前:東亜記者募集中@記者募集スレ[] 投稿日:2010/11/26(金) 17:09:57 ID:VRi0HGEW
併合時に、
何も無い朝鮮半島に日帝は美術館や図書館、博物館を造っただろ。
美術館を造ったが、収蔵品が集まらない、足らない。

そこで、日本国内で公募を行って収蔵品を寄贈したんだが、
その絵画がスゴイ。まさに名画。
戦前の日本美術界の大御所ばかり。
韓国ではこれを日帝残滓として、ほとんど公開されていない。
これは返還要求を起こすべきもの。

52 名前:東亜記者募集中@記者募集スレ[] 投稿日:2010/11/26(金) 17:14:44 ID:n1e42PHu
>1
まあ、しっかり調べて本当に返す必要があるものと返してもらうものの交換とするのが常識的だわな。壱岐から盗まれた高麗版大般若信経は絶対に返してもらえ。これに関しては謝罪も要求するべき。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/30(火) 06:29:39 ID:b2MPFUdI0
【日韓】 図書協定に大きな疑問。韓国にも日本の貴重な古文書があるのに一切要求せず、存在すら知らなかった政府 [11/29]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291033875/

ソース 新藤義孝公式ウェブサイト (動画あり)
ttp://www.shindo.gr.jp/2010/11/211.php
日韓協定合意の図式
ttp://www.shindo.gr.jp/images/0211-01.jpg

◆日本からの一方的な片務協定
 政府は今回の協定の意義を、日本と韓国の文化交流・文化協力を通じて
両国の友好関係の発展に資すること、と説明しています。
 であるならば、両国が互いに義務と責任を果たす相互協定でなければなりません。
 しかし今回の協定は、日本が韓国に一方的に図書を引き渡す片務的な内容であり、
政府が主張する意義には全くそぐわないものです。
 実は韓国には、日本が引き渡しを求めるべき貴重な図書が多数残っているのです。
現在、韓国の国立中央図書館には日本統治時代に搬入された
数万点の日本の古典籍が保管されています。

 また、韓国の国家機関である国史編纂委員会には、
対馬藩主の宗家から朝鮮総督府に流出した古文書約三万点が所蔵されています。
 これらの古文書は、今回日本側から引き渡す図書と全く同じ条件で、韓国が保管しているものです。
 「日韓の文化交流のため」の協定を結び、日本にある朝鮮王朝の古文書を
韓国に引き渡すのであれば、韓国に残されている日本図書も、当然日本に引き渡しされるべきです。
 驚くべきことに、今回の交渉において日本政府は一切の要求を韓国側に行っていないのです。
 それどころか、要求すべき古文書の存在を全く知らなかったことが明らかになりました。

◆事実を知らずに交渉した政府!
 この韓国に残されている日本古文書の存在は、日韓の協定合意を11月9日の新聞報道で知った私が、
韓国を研究している大学教授に問い合わせした中で明らかになりました。
 私は急いで外務省の担当者を自室に呼び、事実確認を行いました。
 協定署名のまさに直前である11月11日、私の事務所に来た外務省の担当者が
「そんなのあるんですか」と頭を抱え、目を丸くしていたのをよく覚えています。
 今回の協定締結は、仙谷官房長官と菅総理らによる 8 月の唐突な総理談話で示され、
調査も準備もなく政治的に一方的に決められたものを、
外務省がただ言われるままに作業しただけにすぎません。
 日本が韓国に一方的に権利を供与するという、まことにお粗末な外交失態は、
民主党政権の政権担当能力の欠如をまたもやさらすことになりました。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/30(火) 21:17:37 ID:WQrRuk4R0
>>11-12

第一大邦丸事件(1953年)
済州島沖の公海上で操業中の日本漁船第一大邦丸に韓国船の『第一昌運号』、
『第二昌運号』約55トンが接近、日本語で「魚は獲れますか。」と話をした。
その後、附近で停止して操業を始めたように見せかけ、第一大邦丸が揚網作業
で身動きが取れなくなったところを見計らい、昌運号に隠れていた韓国兵達が
いきなり第一大邦丸に自動小銃を乱射、船員に重症を負わせた。第一大邦丸は
拿捕されて韓国に連れて行かれたが重傷者は病院に収容されずに放置された。
第一大邦丸の船員が「私物を売って必ず代金を払う」と必死になって治療を懇願
すると注射一本だけを打った。重傷者は結局放置されたまま死亡。
この後、船員に対して領海侵犯をしたという嘘の調書をでっちあげ、これに強制的
に捺印させ刑務所に留置した。

第一大邦丸事件 Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%A4%A7%E9%82%A6%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/02(木) 05:02:59 ID:aLn0gAof0
【日韓】年内の朝鮮儀軌引き渡し暗礁 仙谷氏「別に私の所管でも何でもない」[12/01]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291196679/
【日韓図書協定】菅首相、谷垣氏と電話会談で物別れ[12/01]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291170180/

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/03(金) 06:20:57 ID:ZdgH1EZ30
【日韓】 日本宮内庁保管の朝鮮王室儀軌は複製本論議、日本の理解不足に伴う「ハプニング」[12/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291304302/
同紙によれば佐藤正久参議院議員が去る10月「儀軌の原本はどこにあるのか。日本にあるのは
原本でなく複製本なのか」と問い、日本政府は「宮内庁の儀軌は一部であり、全体は政府でも把
握できずにいる。質問に答えるのは難しい」と回答した。宮内庁も「何が原本で何が複製本なのか
はっきりと確認することはできない」として学術論文によれば滅失を防止するために(儀軌製作当
時)複製本を作って分散し、その一部が日本に渡ってきたと説明した。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/04(土) 00:55:48 ID:o0ANQn/w0
【日韓】「靖国神社が朝鮮時代の甲冑を所蔵」〜博物館で展示[12/03]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291349185/

32 名前:Ta152 H-0 ◆Tank/Ja2RQ [sage] 投稿日:2010/12/03(金) 13:20:51 ID:E5t734v3 ?PLT(14444)
これ、清の属国になった17世紀以降のデザインじゃないかな?
李舜臣は関係ないでしょ。

37 名前:東亜記者募集中@記者募集スレ[sage] 投稿日:2010/12/03(金) 13:22:30 ID:EcTzFBIF
>>3
モンゴルじゃなくて、清の八旗のうちの正紅旗でしょ。

47 名前:東亜記者募集中@記者募集スレ[sage] 投稿日:2010/12/03(金) 13:25:52 ID:EcTzFBIF
>>32
そうです。清の八旗の儀礼用甲冑だと思います。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/05(日) 18:22:45 ID:GHb57Jgu0
>>19 >>22 >>44

【朝鮮日報・コラム】米空母に歓喜するヒツジの群れ 今の大韓民国は、ヒツジの群れをヒツジが率いている[12/05]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291523450/1-2

 6・25戦争(朝鮮戦争)のとき、中共軍と北朝鮮軍は韓国軍だけを狙った。いい獲物だったからだ。
1951年の敵による春季攻勢では、中共軍の小部隊が韓国軍3個師団の後方にある峠道を
1本占領したところ、たちまち数万人の大部隊が浮き足立った。将軍たちは物乞いに成り済まして逃亡した。
米軍の指揮官があきれ返り、韓国軍の軍団長に「あなたの軍団はどこにいるのか」と尋ねたところ、
軍団長は「知らない」と答えた。恥ずかしいという言葉ですら、表現し尽くせない。

 そのとき中共軍に捕らえられた数万人の韓国軍捕虜が、端が見えないほど長い列を作っている写真を見た。
「今は違う」と、幾度も自分に言い聞かせた。しかし現在の状況は、果たして韓国軍の本質が
その当時とは違うのか、と問い掛けている。また、韓国国民の本質がその当時とは違うのか、と問い掛けている。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/16(木) 21:37:40 ID:MeW0zcPb0
【韓国】 ドイツ教科書「日帝時代、日本は韓国を助けた」〜世界のあちこちに隠れている誤った認識正せ[12/16]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1292502398/
また、日本の「植民地近代化論」を基盤にしてオーストラリアとドイツの教科書に「日本の植民統治
期間の間、専門担当者の形成が産業化の基礎を作り、西側への緊密な結束力も作用するように
した」と記述、日本の植民地的恩恵授与の立場から記述していることが明らかになった。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/17(金) 05:36:24 ID:kiWMb1DI0
【政治】 在韓図書、引き渡しの交渉も行わない 「調査は行っておらず、存在するかは承知していなかった」…政府答弁書
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1291994176/
 韓国には日本統治時代に朝鮮総督府を通じて持ち込まれた文献が多数残されており、国史編纂(へんさん)
委員会に対馬藩の宗家古文書など約3万点が存在するほか、国立中央図書館にも数万点が保管されている
とされる。
 このため、日韓図書協定は国有財産の一方的な譲渡にあたり、外交の原則である双務性に反するとの
懸念が指摘されている。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/17(金) 05:37:09 ID:kiWMb1DI0
【歴史】韓国単一民族説の虚像!元々朝鮮は多人種国家だった…単一民族説は作られたイデオロギー [12/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291894243/
ttp://news.joinsmsn.com/article/460/4773460.html?ctg=1200&cloc=joongang|home|newslist1

【韓国】独立有功者19人、親日行為で叙勲取消決定[12/10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291969791/


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/24(金) 23:20:35 ID:7hZsJz2u0
【韓国】ソウル裁判所、元朝鮮日報社長を親日派と認定 ネットで「朝鮮日報は親日新聞」「親日派とその子孫たちは恥を知らない」[12/23]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1293076157/

【歴史】 1940年代に中国国民党政権が漢江以北まで戦後進駐を検討していた…外交文書 [12/24]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1293197712/

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/03(月) 23:08:18 ID:w4HOX+jX0
日本には今これといった民族主義はないし、排外主義も他民族蔑視もない。

理由はきわめて簡単である。すなわち、日本では外国人労働者の受け入れや
外国人の移住に厳しい制限を設けている上、外国人に参政権を与えてい
ないので、外国人に寛容である。また、特定の国家を敵視する教育を行って
いないので、特定アジアのみにある反○主義のような敵視主義は生まれない。

外国人移民を積極的に受け入れた西欧諸国は、今深刻な排外的民族主義が
台頭してきている。これは、今の日本の右翼など足元にも及ばない急進的な
ものである。西欧での極右政党の議席数は今かなりの割合に達しているため
いつ、外国人強制排除が起きてもおかしくない状況になりつつある。

日本が将来的に排外的民族主義の台頭を防ぎたいと願うなら、外国人移民の
受け入れを厳しく制限し続け、外国人に参政権を与えない今の情況を守り
続けるべきである。

これが、日本で排外的民族主義を台頭させない唯一の賢明な方法なのである。




82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/03(月) 23:09:15 ID:w4HOX+jX0
日本で排外的民族主義が台頭してきたとき、真っ先に標的にされるのは
在日朝鮮人である。これは、戦後混乱期の在日朝鮮人の横暴に対する報復、
現在まで受け継がれる在日朝鮮人の不当な各種特権に対する腹いせという
形で正当化される。

在日朝鮮人は、財産をすべて没収され間違いなく日本に住めなくなるであろう。




83 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/01/08(土) 22:06:32 ID:752SgsLG0


韓国に行くと独立記念館や西大門刑務所歴史館のような戦前の日本を断罪する教育施設があります。
そこでは蝋人形で生々しく当時の拷問が再現されており、その視覚的な描写は大人でさえもかなりショッキングです。

http://www.tanken.com/dokuritugomon.html

http://tabimaro.net/etcetra/3/11/photo/23.html

http://tabimaro.net/etcetra/3/11/photo/26.html

http://www.channelfeeder.com/video/G9VJtDNr4JA/韓国独立記念館7-mov.html




84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/09(日) 12:55:32 ID:0GFJZEoe0

【竹島問題】「大韓帝国が独島を実際に治めた」〜1902年の治安など現況の記録「鬱島郡節目」公開 [01/03]

"日本人無断伐採厳禁…土地外国人売買禁止"
内部行政指針通じた管理実態など詳細に記録

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1294139358/




85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/26(水) 20:29:05 ID:ycEfqnMRQ
【サッカー/アジア杯日韓戦】“黄色猿パフォーマンス”見せた韓国代表・奇誠庸「観客席にある旭日旗を見て涙が出た。カッとなってやった」…(韓国紙)★4
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1296036408/

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/28(金) 20:46:03 ID:cOTDLK02Q
【サッカー/猿マネ騒動】韓国代表・奇誠庸の猿マネ行為が国際問題に…英紙ザ・サン「図々しいmonKI」の見出し。反人種差別団体にも嘘とばれ涙目状態★6
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1296214443/

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/29(土) 11:24:23 ID:3ZG7DMTR0
犬コロに服着せてやったようなもんだ
残酷という他ない

88 :村本裕哉(実名):2011/01/31(月) 15:14:08 ID:886B/rIN0
日本人として、韓国の人たちの立場に立って考えるというのが大事だと思います。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/02(水) 14:49:18 ID:MYSDqz/IO
僕は地底人として見ます。
あまり地底を開発しないでください。
植民地はいりません。
地底には資源があります。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 08:54:07 ID:zKg5YxK00
日本人ほどアジアの人民を大虐殺した民族も人類史上、過去に例がない。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 09:36:03 ID:nDHitrVL0
ロシア・中国の植民地だったら、今の繁栄がありますか?
朝鮮は、内地と同じ教育・インフラ整備をしてもらい、同じ人間として扱われました。
欧米の旧植民地人は人間として扱われてましたか?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 15:20:45 ID:sevgp3aeP
>>91みたいなこと言うような奴って
3年間の朝鮮戦争で
北も南も国土のほとんどが灰燼と帰して
そこからやり直し復興したってことを完全に無視してるな


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/09(水) 00:37:53 ID:0ZwP4aAH0
>>92
北は知らんが南が復興出来たのは日本の金のおかげ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/10(木) 17:18:37 ID:C+z/qkIqP
でも、戦後の話だろw

95 :よっしー:2011/02/15(火) 18:58:45 ID:x3S48nt50
90お前馬鹿だろう。戦前アジアには4国しかなかった戦後40になったみんな日本の戦争
のおかげだよ。フランスの教科書にもかいてある。シナ人を最大虐殺したのは毛沢東だよ。
もっと勉強しましょうね90左翼のばか。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 02:28:27 ID:OIElVOIi0
http://www.youtube.com/watch?v=dPmSjV9GqBk

チョンコロ嫌いには
笑える動画

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 10:22:25 ID:G/nvTvagP
>>95
よっしーお前馬鹿だろう、日本はアジアで暴れただけで
負けてすごすご逃げ帰り、その後アジアの国々は自力で独立したんだぜ
フランスの教科書、何それ?美味いのか?
日本にも「つくる会の教科書」というある種の願望と偏見に満ちたものがあるんだぜ
勉強するだけ無駄だな馬鹿右翼

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 14:33:42 ID:NpbvrniM0
完全に自力ではないな
アメリカとソ連の後押しがあったのは否めない
そして米ソが介入する隙を与えたという意味では日本の役割は大きい
農業に喩えるなら日本が耕して米ソが種を蒔いた感じ

米ソにしてみれば植民地主義は打破すべき対象だった
アメリカは全世界に市場を拡大するのに植民地主義は障害だった
ソ連は共産圏を拡大するために植民地主義は邪魔だった

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 21:01:32 ID:G/nvTvagP
>>98
日本が荒らした土地を、米ソが耕作地にしたわけでな
日本がやったことなんて神社立てて、皇居を拝ませただけ
あとは弱い現地軍(インドネシア)とか
飼い主の手に噛みつく現地軍(ビルマ)とか
現地ゲリラ(ベトナム、フィリピン)とか
まーよーするに自分のご都合でやらかしただけだ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 21:12:31 ID:NpbvrniM0
>>99
結果論にせよ日本軍が英蘭などを追い出したのは大きかったと思うぞ?
でなければ米ソが付けいる事なんて出来なかったと思う

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 21:14:20 ID:NpbvrniM0
あとビルマの場合は保身のために寝返っただけでしょう
まあフィンランドとかも同様のことをやっているから別に責める気もないけど
生き残るためにはそれもありだと思うしね

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 11:15:07 ID:eUzPmgHuP
>>100
追い出したけど、帰って来ちゃったぜ
東南アジアの独立ってのは主にアメリカの介入と
宗主国がドイツと戦って国力が弱ったことがメインだと考えられるがな

特にインドネシア
日本軍が兵力を補うために作った郷土防衛軍(PETA)が
主に「帰ってきたオランダ人」を迎え撃ったんだが
あまりにも弱くて、殲滅一歩手前まで追い詰められた
そこに救世主として現れたのはアメリカ。
国際世論をリードし、国連使ってオランダに圧力をかけて
インドネシアから引き揚げさせたのだ
日本軍は何をしていたかというと
引き上げの日までオランダ軍に協力して独立運動を弾圧していた

右翼はよく「東南アジアの独立は日本軍のおかげ」と(だけ)宣伝するが
こじつけでも「日本軍の善行」を主張できるのはここだけだから
こじつけはこじつけだけどね。だって烏有に帰したんだから

インドネシアとビルマで軍政や独裁制が続いたのは、日本軍政の影響だね
それ以外は、何もなく、ただ荒らしただけ
労務者狩りや、村ごと抹殺とか結構やってるしなw

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 23:09:15 ID:aTKnpwk00
■両班にとっての残酷な支配
働かなくても贅沢できてたのが、日帝のせいで働かなくちゃいけなくなった
さらに税金まで納めなくちゃいけなくなった
中国が一番で世界で2番目に偉かったのに平民の身分に落とされるばかりか日本の平民にもばかにされた。
文句を言うと憲兵になった元賎民に殴られる。犯罪を犯すと賎民に拷問される
支配者は当然権益を縦に私服を肥やすものだからあれほど発展するということは日帝は相当私服を肥やしたはずだ
今まで漢字だけ勉強してればよかったのに無理やりハングルを教えられ、さらに日本語まで教えられ3ヶ国語も使いこなさなくちゃいけなくなった
歴史や文化なんて知らなくても幸せだったのに、痛い過去をほじくり返された
今まで隠していた農地を測量で発見され、小作人に奪われた
今までどこの国にも見向きもされなかったおかげで維持できてた独立が奪われた。
自分達で見つけられなかった資源を日帝に発見され、使われた。もしあれがあるとわかっていれば自力で近代化もできてたかもしれない
法律なんてろくにない自由な国だったのに、法律に縛られるようになった
汗をかくのは嫌いなのにスポーツをやらされた。
■慰安婦問題、強制労働問題
戦時中、お金もらえるよーと甘い言葉で徴用されたのに、敗戦で給料がもらえなくなった。
賠償金をもらおうとして裁判を起こしても、日本の裁判所はなぜかもらってない金を支払い済みと言って聞かない。
日本の銀行や郵便局に預けてたお金もたぶんくすねられたんだろうから取り戻せないとあきらめた
強制的に新聞社を起業させられたり、映画監督や女優にならされたり、百貨店を経営させられた
■その他
日本人になったはずなのに、日本本土にはなかなか渡らせてもらえない。
朝鮮人というだけで給料が日本人より少ない会社があった
寿命が伸びたせいで人口が増えて就職難
満州で朝鮮族が匪賊に殺されても、朝鮮人には戦う権利すらなく、日本人が勝手に戦う。
朝鮮人の国会議員誕生までもうすぐだったけど、達成できなかった

これを読んだら同情してくれ、でも同情するより金をくれ


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/18(金) 05:45:48 ID:FhM6tpuC0
>>97
スエズ動乱でエジプト軍は壊滅しているが、
ナセルは目的を達成している。

米国とソ連が大きいだろうね。



105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/18(金) 18:04:18 ID:Z5aIh3Om0
>>1 日本が統治しなければ戦後と同じ米ソによる分割支配が早まっただけだが、分割統治とどっちがよかったか?ということになる。

 南鮮はどうか分からんが、北鮮はどうみても日本統治の方がましだっただろう。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 03:35:51.27 ID:mTQxj3y10
【日韓】「戦前に搬入された日本の古書・古典が、韓国に残っているはず」… 外務省、日本への引渡しを韓国に要求へ [02/18]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298073654/

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 02:37:09.38 ID:6JJJbQ0u0
【論説】日本を映す「鏡」として韓国と向き合う…「反日の空気ができてしまうと抵抗できない。実はうんざり」という韓国記者の本音[2/20]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298155837/
 次は摩擦の話だ。同じく90年代初め、従軍慰安婦問題が焦点となり、韓国メディアの対日批判は時に常軌を逸した。
 例えば太平洋戦争中にソウル(当時は京城)の小学校6年生から選抜された児童が「女子挺身(ていしん)隊員」
として富山県に送られたことを示す学籍簿が見つかると、ある大手紙は社説で「日本軍が12歳の少女たちをなぐさみ
ものにした」と決めつけた。
 同じページの解説記事には、「韓国では挺身隊と慰安婦が混同されてきた。今回判明した事例は軍需工場への
勤労動員」との趣旨が明記されているにもかかわらず、である。
 後にソウルで常駐勤務した間も時々噴出した歴史がらみの粗雑な報道、一方的非難には、いつも怒りを禁じ得な
かった。それが多少和らいだのは90年代後半、韓国側の記者数人から「実は我々もうんざりしている」という本音を
聞いてからだ。
 「歴史問題で日本批判の材料があれば、強く書かねばならない。他社より穏健だと読者から抗議が来る。いったん
反日の空気ができてしまうと抵抗できない。我々は縛られている」

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 02:01:21.55 ID:pKoRUjj80
【日韓】民主党政権が存亡の危機、国会批准は不透明な状況「朝鮮王室儀軌」などの引き渡し、無期限延期の可能性も[02/21]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298243640/

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 10:15:26.62 ID:3YbWuBv10
>>91
>朝鮮は、内地と同じ教育・インフラ整備をしてもらい、
多数の日本人が移住した(終戦時90万人)んだし、彼らのためにインフラ整備は当然必要だった

>同じ人間として扱われました。
戸籍は朝鮮戸籍という別の枠組みを作って、決して日本人とは同じ扱いをしないようにしてたけどね
戦前の給与水準を見ても、日本人と朝鮮人には2倍ほどの差が付けられてたしね


ネトウヨってのは相変わらず不勉強極まりないな

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 21:02:55.90 ID:CbSpiCqX0
>>109
そりゃ朝鮮人は低学歴ばかりだったのだから仕方がない
進学率も本土人よりはるかに低かったし
朝鮮人でも洪中将のように高学歴の人はちゃんと正当な給料貰ってたよ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 09:52:53.42 ID:p9y91C99P
レアケースを持ち出して「だから公平だった」というのは詭弁

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 10:44:05.93 ID:5BYUHKKY0
朝鮮人労働者を安い賃金で使って財を成したのは朝鮮人だったりする。
日本人に比べて低い賃金でも朝鮮人労働者にとっては破格の高給であったため、
より良い労働環境を求めて半島から密入国する者が絶えなかった。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 12:37:02.44 ID:p9y91C99P
いつの時代の話だ
「密入国」というからには戦後なんだろうが

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 13:34:39.58 ID:5BYUHKKY0
これは失礼。密航の間違いです。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 18:02:18.32 ID:S6SD3WI40
>>111
別にレアケースではない
本土人の方が朝鮮人よりも有能なのが多かっただけだ
ろくに学もない奴が低賃金なのは当たり前
だいたいまともな教育を始めたのが併合以後なんだから
それ以前の連中なんか使い物にならんのが大多数だろ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 18:14:39.94 ID:G3jUGXj10
てか、渡る人間も単なる労働者じゃなく、開発や技術指導のスキル持った人間
当時の朝鮮は不潔で、どんな風土病があるか分からない未開の地だから、給与も上乗せされていた


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 20:58:23.10 ID:ERU2x9lcP
>>115
当時の日本だって高等教育を受けた人間はレアだぞ
同じ肉体労働しても、本国人と朝鮮人には差があった、と言う話

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 23:29:56.08 ID:nVU0ltvjO
本土人はみな義務教育受けてたからねえ
読み書きと算数ぐらいは誰でも出来た
併合以前の朝鮮人に算数出来た奴がどれほどいたやら

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 00:29:40.12 ID:3y0pRG7C0
>>117
当時の朝鮮人は初等教育すら受けてなかったんだから話にならんだろ

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 15:28:19.03 ID:VlxR0bR6P
なるほど、初等教育も受けさせなかったというわけですな
日本の朝鮮支配は手厚かったんじゃなかったの?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 15:54:33.61 ID:Oi/j2bCB0
>>120
学校が建設された時に就学適齢期にある児童には初等教育を施したが、
その時に成人している者にまでは手が回らない。
併合当初就学期にあって初等教育を受けることができた児童が社会へと出た併合期半ば前後からは、
朝鮮人労働者の質も向上した。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 14:48:03.73 ID:WdoAsXezP
>>121
ソースは?
またネトウヨ脳内ソース?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 15:26:03.65 ID:Vz5yxy2v0
まあ、無かったところに何百何千と学校ができたわけだから、知的水準というか学問に関するレベルが上がるのは普通だわな。
なんでもかんでも日本がした事を否定するのは、向上心も無い学問を身につける素養も無いと朝鮮人を馬鹿にしてるだけだよ。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 16:00:23.77 ID:WdoAsXezP
学校を作ったという統計資料を求釈明したいな

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 17:24:56.09 ID:/DoqIYzH0
かなり高度な日本語なので意味がわからない。

学校を作ったという資料ならわかるが、学校を作ったという統計???
求釈明てのも.....?????
究明も釈明もこの流れの場合意味をなさない言葉だと思うが。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 21:01:34.07 ID:8nFMAuaU0
>>121
>朝鮮人労働者の質も向上した。

の論拠は?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 21:19:28.16 ID:yq2zR+pL0
http://www.youtube.com/watch?v=dPmSjV9GqBk

チョンコロ嫌いには
笑える動画


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 06:26:14.98 ID:4Q8yVXyR0
>>122
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/7398/syokuminti2.htm

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 08:25:17.60 ID:VOUhR5ys0
朝鮮総督府が発行した教科書
http://swjc.saga-wjc.ac.jp/~nagasawa/kyokasho/kyokashoindex.htm

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 09:51:29.29 ID:2xNuvLEf0
>>128
>朝鮮人労働者の質も向上した。
の論拠は出てないじゃん
そう言うことを論じるならせめて労働生産性の統計とかが必要だろ

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 09:53:00.77 ID:VOUhR5ys0
>>130
教育の意味もわからない人か。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 10:44:39.14 ID:2xNuvLEf0
>>131
教育受ければ労働力としての質が向上するなんて法則はないしな
大体当時の朝鮮は日本以上の農業国(当時の日本で農業人口60%)
初等教育を受けると、農業者としてどう労働力が向上するのかね?

教育社会学などでは実業教育の意味の大きさは論じられてるけどさ

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 10:48:12.68 ID:2d6wj/q20
朝鮮支配など倒幕の戊辰戦争に比べたら比較にもならん微温的なものだろう。

 統治するために被支配民を懐柔する必要もあったしな。初期の武力行使は当然だし。

 朝鮮で会津戦争・東北・北陸戦争・函館戦争・西南戦争に匹敵する反乱があったか?


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 10:48:50.49 ID:VOUhR5ys0
>>132
江戸時代の農業書とか読んだことないの?
農業技術って勉強しないといけないんだぜ。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 11:16:57.24 ID:2xNuvLEf0
>>134
おあいにく様なんだが、自分の専門の関係で、うちには「日本農書全集」が揃ってるんだよw
>農業技術って勉強しないといけない
それはその通りなんだが、農書でやってるのは、どんな作物がどのような肥料を必要とし、どのくら
いの温度で管理云々の農業経営術であって、それは初等教育なのかって話だわな


で、朝鮮で初等教育やった結果、朝鮮人労働者の質が向上したってことの論拠は、いつになったら出してくれるんだ?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 13:46:11.78 ID:VOUhR5ys0
崔慶禄 (戦後、大韓民国陸軍師団長、士官学校長、参謀総長、メキシコ大使、英大使、在日韓国大使を歴任)
 日本は、統治時代に韓国に大きな投資を行ったために、韓国が惨めだった状況から一足飛びに近代化したことは、どうしても否定できない事実である。
日韓併合後、日本人は鉄道、道路、架橋、用水路、植林、河川整備、堤防、港湾、学校施設の建設をはじめとする、大規模な公共事業を始めた。
このために、それまで韓国には、食うや食わずの失業者がひしめいていたが、一般の 民衆に仕事が与えられて大いに潤った。
 日本は乱脈だった李氏末期の韓国社会を正した。韓国に法治社会をもたらした。
 日本が韓国を統治した間に、一方的な収奪を行ったというのは、大きく事実に反する。
今日、日本統治時代を体験した韓国の知識人は、それが事実であることを知っていながら、客観的事実を認めることを拒んでいる。
韓国は日本の力によって短期間のうちに、日本人が咀嚼した西洋の実用主義を定着させ、近代世界に入ることができたのだ。
日本統治時代になって、はじめてまじめに働く多くの者が報いられるようになった。また、韓国人の福祉が大きく増大したのだ。
(昭和63年1月13日のインタビュー)

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 14:43:13.76 ID:2xNuvLEf0
>>136
は御苦労様だけど、労働力の質の向上の傍証にはならんよなあ
そういうことを言いたいのであれば、まずは労働生産性だろと何度もヒントをやってるのに、理解できないのか?w

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 14:45:20.14 ID:VOUhR5ys0
>>137
理解力のない馬鹿には何を言っても無駄といういい例だなw
君は崔慶禄の言うところの日本統治時代を体験した韓国の知識人と同レベルだ。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:01:29.28 ID:2xNuvLEf0
>>138
すまんが労働経済学の初歩でも学び直してから出直して来てくれな
「労働力の質」なるものがどういうもので、それが「向上」するとはどのようなことなのか

そもそもそうしたマクロ現象を、一知識人の適当な回想で証明できると考えてるところを
みると、そういうことの証明のやり方の訓練を受けてないんだろうなということは推測できるが

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:05:17.96 ID:2xNuvLEf0
そもそも教育を受ければ労働者の質が高まるかどうかも疑問

戦後の日本も高等教育を受ける人の率は上昇し、労働市場参入の前提条件
にもなってるが、日本の労働生産性は全然向上せず、先進国最低レベル

労働者の質が大きく影響しているからだわな、これ

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:45:51.92 ID:VOUhR5ys0
こんな馬鹿見たことないわw
何で公教育が普及したのかも理解できないなら、もう一回歴史の勉強し直したら?w

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:59:57.13 ID:2xNuvLEf0
>>141
「労働力の質の向上」については、日本経済分析でさえこういう作業をやって算出してるんだがなw
http://wwwhakusyo.mhlw.go.jp/wpdocs/hpaa199601/b0035.html

まあ理解は難しいのかもな、こういう作業したことない人には
あとは、労働力が直接雇用される労働現場の話も「質の向上」を論じる上では欠かせないはずだが、
それすらもない
と、そもそも議論の仕方からなってないし、やってるのは電波系HPからのコピペだけ

これでは、とても教育を受けた「質の高い」人間とは思われないな

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:01:51.11 ID:VOUhR5ys0
>>142
労務者の問題と労働の質の関係とか知ってる?
そういう基礎的な話を知っていれば、こんなの議論の対象にすらならないんだがw

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:09:38.11 ID:2xNuvLEf0
>>143
話そらさないで、>>121で言ってる
>併合当初就学期にあって初等教育を受けることができた児童が社会へと出た併合期半ば前後からは、朝鮮人労働者の質も向上した。

は一体どういう典拠にもとづき、そしてどのように計測した結論なのか教えてくれるだけでいいんだが

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:16:34.98 ID:VOUhR5ys0
>>144
あらまあ労務者の問題はお口に合わないんですか?お勉強不足ですねえw
まあそれはいいとしても、併合前後の社会の状況の変化をみるだけでもわかると思いますが?
労働者の質が向上しなければ、まともな町をつくることもできないと思いますが、違いますか?
併合後の朝鮮半島に近代的な町や工場が作れたのは、労働者の質の向上の結果じゃないんですか?
資本主義経済化において教育が普及したのは、労働の質を向上させるためじゃなかったんですか?
君の議論は、歴史の基本的な概念を否定してますよ。
自分が正しいと思うんならいつまでもそんな議論を展開してなさい。軽蔑されるだけだろうけどねw

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:23:08.43 ID:2xNuvLEf0
>>145
>併合後の朝鮮半島に近代的な町や工場が作れたのは、労働者の質の向上の結果じゃないんですか?

それは日本人が多数入り込んで都市計画やら企業設立やらやったからね、そっちの方が大きな要因だよ
なにせ朝鮮は1940年前後でも80%が農業人口だからね


で、>併合期半ば前後からは、朝鮮人労働者の質も向上した。
の根拠は?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:23:11.42 ID:ALJFDA5s0
電波系サイトとはとても思えないけどなあ。
日本がした事を手放しで善行と言うのもその逆も、バランス欠いてるとは思う。
当時のどちらの国にも日本が朝鮮にした(併合以前からの内政干渉も含めた)政策を喜んだ人もいれば、そうでなかった人もいた筈だし。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:25:52.47 ID:VOUhR5ys0
>>146
>なにせ朝鮮は1940年前後でも80%が農業人口だからね

ほうほうそうですか。で、朝鮮は人口がどれくらい増えたかわかってる?
増えた人口はどこに行ったの?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:32:20.93 ID:2xNuvLEf0
>>148
>で、朝鮮は人口がどれくらい増えたかわかってる?
朝鮮の人口統計のことは専門なんで、おたくに言われないでも知ってるし、初期の人口補足の狭さが、色々誤解を与えてることも知ってる

>増えた人口はどこに行ったの?
日本に200万人、満州方面に200万人と400万人以上は海外流出してたけど、何か?

で、日本経済の分析でさえ面倒な手続きを踏んで論じる「労働力の質の向上」について、軽やかに断言する根拠をそろそろ提示してくれよ

学界的には、「そんなやり方で「労働力の質の向上」が計測できるのは大発見だ」ってことになるかもしれんしさあw

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:46:46.99 ID:VOUhR5ys0
>>149
>日本に200万人、満州方面に200万人と400万人以上は海外流出してたけど、何か?

で、国内には残らなかったんだ?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 16:49:22.86 ID:2xNuvLEf0
>>150
話を拡散させなくていいから、
>併合期半ば前後からは、朝鮮人労働者の質も向上した。
の根拠を教えてくれよ
それにしか興味ないんで

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:00:20.45 ID:VOUhR5ys0
>>151
あらまあ、議論の論点もわからないんだ。
朝鮮の人口が倍以上に増えて、そこで働く人はどういう状態だったの?
君は説明だけを求めるが、想像力ないの?頭悪いの?
君との議論って何でこんなに不毛なの?君は学問したことあるの?
労働者の質のデータが必要なの?どういうデータがほしいの?
一分間に何を作れるかとかそういうデータ?
君の議論は細かいところだけにこだわって、全体の議論をごまかすって奴だね。
こういうのは反則だけど、君に聞きたいのは併合前の労働者の質がよかったって言うデータを出してくれない?
君の議論はそこにあるんだろ。併合前の朝鮮に関するデータを出してみな。
出せないのなら君の議論は意味ないよ。
ついでに聞きたいけど、君はこの議論で何を論証したいの?
日本の支配は絶対悪とかそういう奴?
悪いけど君の議論の安っぽさは端から見たら明白だよ。
君は冷静に自分のレスを見直す習慣を身につけるべきだね。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:09:16.69 ID:2xNuvLEf0
>>152
>君は学問したことあるの?
うん、植民地朝鮮について論文書いて学位持ってるよ

>君の議論は細かいところだけにこだわって、全体の議論をごまかすって奴だね。
>こういうのは反則だけど、君に聞きたいのは併合前の労働者の質がよかったって言うデータを出してくれない?
いや、だから前に言ったように「労働力の質の向上」ってことを論じるには面倒くさい手続きをやって計測しているのが、今の経済学なんだが、それをあっさりと断言してるので、その根拠や
断言を導き出した方法を教えてくれと、何度も頼んでるんだがw

これでも話が難しくて理解できませんか?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:11:19.58 ID:VOUhR5ys0
>>153
>うん、植民地朝鮮について論文書いて学位持ってるよ

それはすごい。では、朝鮮総督府が発行した教科書に関して一言意見を頼むわ。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:12:33.90 ID:2xNuvLEf0
>>154
話をそらさないで、ちゃんと質問に答えてくれよ
そしたらこっちもその質問に答えてやるよ

ちゃんと順番守ろうなw

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:14:09.94 ID:VOUhR5ys0
>>155
俺はお前のその学歴を疑ってるの。それくらいわからない?
だから質問してるんだよ。お前の学歴が本当なら答えられるよなw
まあ無理だろうけどw

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:16:37.59 ID:VOUhR5ys0
まだ意味わかんないの?
朝鮮についてまともな研究してるならお前のような質問はしないわw
学位論文のタイトルは?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:17:57.12 ID:2xNuvLEf0
>>156
いいから、早く質問に答えてくれよなあ
>>121は自分の発言じゃんか
何に基づいて>>121と書きましたって、一言言えばすむだけの話じゃん


チロリアンっていう糞コテコピペマンも、質問には答えずに話そらしてはコピペ荒らししまくってたが、あれと同類なんかね?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:21:00.83 ID:VOUhR5ys0
>>158
残念だなw
>>121は俺の発言じゃないぜ。IDってわかるか?
お前必死だけど、学位論文について語れないの?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:24:05.43 ID:ALJFDA5s0
非常に興味深い議論ではあるけれど、お互いに少し感情的になってきちゃってますよ。
お二方、落ち着いて。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:25:25.89 ID:2xNuvLEf0
>>159
>IDってわかるか?
日付が変わればIDも変わるしな

>学位論文のタイトルは?
ご冗談、何で匿名掲示板で個人特定されるようなことを披瀝する必要あるんだ?
真面目に研究やってれば、いつかは俺の論文もそうとは知らずに読んでるはずだろう


>>160
ありがと

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 17:32:47.01 ID:VOUhR5ys0
>>161
あらまあ、俺が主張したと未だに思ってるんだ。それ自体がお前の朝鮮研究とやらが胡散臭いことを証明しているんだが、それもわからないんだw
学位論文なんて無理だなあw
俺の発言の中にどれだけ学問的要素が混じっていたかわからないだろw
朝鮮の研究で学位を取ったと主張するなら、君のレスの中にもう少し朝鮮的要素が欲しかったなw

163 :<:2011/03/01(火) 16:40:16.49 ID:oIOKsxcc0
日本は韓国に謝罪すべき。コリアン様は善良な被害者(´・ω・`)

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 09:19:31.77 ID:sz3nKobk0
日本人 憎いです

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 17:25:45.92 ID:XxC248nu0
【韓国】済州島、繁栄の陰に重い歴史 虐殺された住民は三万〜五万人 [03/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1299052696/

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 00:30:28.70 ID:zvAeOibi0
日本の統治が酷かったのなら何故戦中戦後の朝鮮人密航者が多かったんだ?

 シナへ逃げたというのなら分かるが。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 03:14:15.17 ID:WdX13Pw80
>>166
朝鮮人の海外流出400万人のうち日本に来たのって、朝鮮南部を中心に200万人ほどなんだが
北部の人間は満洲や中国に行ってるんだけど

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 22:04:39.80 ID:zvAeOibi0
>>1 日本統治が酷かったのなら今の朝鮮人が日韓友好とか兄弟国家とか、東亜共同体などと寝言を言うはずがないだろう。

 甘みを味わったから夢よもう一度、ということで擦り寄って来るんだ。


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 22:21:54.22 ID:pEe677Jn0
明治の頃から現代まで、「日本は豊か」って認識は連綿と続いているんだろうね。
まあ、昔はなにかと面倒を見てくれた日本、今は脅せば金出す日本と思ってるんだろうけど、
いずれにしても日本は豊かだと認識してることには変わりないね。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 22:54:44.29 ID:ZNQCYEZH0
日本の豊かさは物質面の豊かさのみならず心の豊かさも大きい。
対して、韓国人の心は日本に対する嫉妬で満たされ、歪んでいる。

心の豊かさは日本人のもの、嫉妬・妬みは韓国人のもの



171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 08:36:51.13 ID:mx8XnsYL0
>>169 古代にも新羅・百済が倭国を大国として仰ぎ見ているというシナの史書があったけどな。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 08:54:32.30 ID:s9kARFuJP
ねえおじちゃんたち、オナニーって気持ちいいの?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 09:53:36.77 ID:RygzKbzA0
>>172 ハングルしか読めないのなら漢文を学んで古代・中世朝鮮のことを勉強しろよ。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 11:28:58.96 ID:sDrwjaBcP
ネトウヨの皆さん、オナニーだ気持ちいいのは分かるけど
あまり板を汚さないでね
それにここは近代史板(お前らの望んだ板)なんだから
古代、中世は板違いだから、そこんとこわきまえろよな

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 16:32:01.65 ID:OpcRVnFn0
セイキョー新聞の購読者ならびに
カルト教団信者の書き込みはご遠慮くださいw

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 12:06:00.84 ID:haVoqCGWP
ここはネトウヨ板じゃない、史学板だ
極東が好きな人は、極東板に逝ってくれ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 18:26:54.61 ID:CMlEsLsd0
朝鮮人はユダヤ人と被害者ヅラ世界一を争っていろ。


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 22:06:40.69 ID:+88XErPX0

高句麗の好太王碑には、「新羅、百済を破って北上してきた倭国を撃退した」
というようなことが書いてある。

歴史的に見て、日本が朝鮮半島を支配するのは当然といえる。


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/13(日) 22:25:16.91 ID:/shGYOKl0
☆大震災に対する韓国の素晴らしいに援助に、感謝を通り越して唖然とする。

アメリカ 空母派遣 援助隊140人 救助犬10頭以上 救援用機材約150トン分
ニュージーランド 援助隊54人 救助犬
オーストラリア 救助隊72人 救助犬
ドイツ・スイス 援助隊70人 救助犬
イギリス 援助隊63人 救助犬2頭
フランス 援助隊30人
タイ 援助隊24人 救助犬6頭 義援金1400万円
トルコ 援助隊3チーム
シンガポール 援助隊5人 救助犬5頭 
ロシア 天然ガス15万トン 救援隊200人待機
中国 援助隊10人 義援金1000万円
アフガニスタン 義援金400万円 
(激戦中にもかかわらず「アフガン復興を支援してきた日本に対し、市民を代表して地震と津波の被災者を支援したい」)

★台湾 義援金2億8千万円 救援隊待機
(最も早く支援を表明し、これだけの巨額の支援にもかかわらず、全くと言うほど報道されず)

★韓国 犬2役人5人 義援金0円
(救援隊ではなく、自国民の安否確認のための、役人の日本視察。現地入りせず東京に滞在。TVでは「一番乗り」と大々的に報道)




180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 23:00:03.47 ID:Ajz3QT7c0
朝鮮総督府は、糞尿まみれの朝鮮土人にハングル文字を教えてあげた。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 03:32:05.06 ID:MtTYERyZ0
感謝も出来ないきもニートジャップ

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 22:19:28.15 ID:lkJzg2MB0
列強・大日本帝国は、世界の最貧国だった大韓帝国皇帝の請願を承諾し、併合してあげた。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 23:20:41.21 ID:MtTYERyZ0
感謝も出来ないきもニートジャップ


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 10:29:59.77 ID:eGdFfleq0
日本が朝鮮に感謝する理由はない。
朝鮮が日本に感謝する理由は山ほどある。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 11:45:58.53 ID:clm2OGOr0
感謝も出来ないきもニートジャップ


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 11:49:44.97 ID:NDaxBD0w0
侵略者が自己正当化のために一面を美化、被害者の心情無視。
この態度って、ウヨがわめく欧米の植民地支配とどう違うの?w
まぁ、朝鮮は確かに日本が支配した中ではマシなほうだが。
ビルマなんぞ、「数百年の白人支配より酷かった」と日本支配を教科書に書くほど滅茶苦茶されたが。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 13:36:06.04 ID:Bm4ONRCa0
それも白人の工作だろう

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 14:52:21.14 ID:rshQZ8bh0
ビルマだけじゃないぞ
インドネシアもベトナムもフィリピンも大日本帝国の支配を教科書でこき下ろしている
彼らは旧日本と今の日本は違うという認識

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 21:42:21.05 ID:h4MlZSVz0
韓国併合の最大の被害者は大日本帝国である。

大韓帝国の要請により大韓帝国は合法的に消滅し、日本領土となった。
世界中の列強諸国は大韓帝国消滅を支持し、反対する国は一つもなかった。
つまり、韓国併合は平和的且つ合法的、世界から支持されたものである。

併合により、日本国民はごく一部を除いて何の利益も得なかった。
むしろ、ウンコくさい土人に文明を与えるため、多大な経済的損失を被った。

無知な馬鹿は侵略ニダと言い張るが、事実を歪めた愚者の妄想に過ぎない。



190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 22:38:44.08 ID:M8g8ma6qO
>>188
ソースを求めてもいいか。
不勉強なものだから、初めて聞いて驚いてるんだ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 22:50:04.48 ID:clm2OGOr0
鬼畜日帝子孫ニート乙

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 22:57:22.80 ID:Zwl6rjw+0
高麗棒子はそろそろお引取りを。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 23:45:42.82 ID:vhfACO1H0
アジアにも中共の魔手が伸びてきてるんだねー。


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 00:52:11.46 ID:q8Hhw2cn0
>>189 ID:h4MlZSVz0

39 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/10(木) 22:09:22.52 ID:+88XErPX0
嘘つき従軍淫売クソババア

42 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/11(金) 23:28:00.46 ID:39xLTaGG0
嘘つき強欲ババア

43 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/13(日) 22:19:34.23 ID:/shGYOKl0
従軍強欲淫売

45 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/15(火) 22:58:33.00 ID:Ajz3QT7c0
ごね得淫売クソババア

46 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/17(木) 22:10:06.23 ID:h4MlZSVz0
嘘つき従軍売春婦ババア


【中卒携帯オヤジの基本情報】
http://unkar.org/r/history2/1272354827/11-12

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 01:02:54.26 ID:wBSU1n890
火病中・・・・

自然鎮火をお待ちください。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 01:57:34.75 ID:GBw5guuj0
朝鮮には礼を言うべきでしょ。
現代やLG、三ツ星は、当時日本軍に不足がちな食料や資材を、地主として農民から絞りとり、大量に売ってくれました。
なんと、その収入を元に戦後財閥を作ってしまった大親日企業です。(たくさん売ってくれたんですね。)
現在その親日企業が国営になったりしてるんだから、韓国はたいしたものだ。
親日は財産没収とか大変だろうけどがんばれよー!

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 04:51:37.46 ID:WUozZt8q0
役に立たない何もしてないクズのお前らは とりあえず余震で潰されて死ね


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 21:59:11.57 ID:4YhkH22C0

朝鮮総督府は、クソまみれの朝鮮土人に対し以下のようなことを親切に
わかりやすく教えてあげた。

@清潔という概念
Aトップレスの乳出しは下品だからやめよう
B娘を嫁に出す前に父親が強姦して孕ませる「試し腹」は非人道的だからやめよう
etc・・・・・

いろいろな近代的概念や道徳観念を、朝鮮総督府は丁寧に教えてあげたのだ。
かくして、朝鮮土人は少しづつまともな人間に変化して行った。

すべて、大日本帝国のおかげである。








199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/18(金) 23:09:37.72 ID:SfHhGhJl0
日本人ってだけで恥ずかしい


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 21:46:31.27 ID:jDJXqAdp0
↑悪臭を放つ特別永住豚のつぶやき

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 21:58:54.68 ID:jDJXqAdp0

朝鮮総督府は、野蛮な朝鮮土人に様々な意識改革を施してあげた。

@野蛮な奴隷制度は廃止する(白丁は喜んだが貴族には恨まれた)
A野蛮な拷問・暴力的制裁は禁止する
B野蛮な処刑制度は廃止する
C野蛮な強姦・試し腹の禁止
etc・・・・・

以上のような慈悲深い政策によって、ウンコ臭い朝鮮土人を近代化してあげた。

しかし野蛮な民族意識のDNAを変えるには至らず、現代でも男尊女卑・強姦
多発・世界中への売春出稼ぎ・芸能人の高級売春接待という形で、現代まで
その野蛮性は受け継がれている。

朝鮮人は、世界でも稀に見る野蛮な民族なのである。




202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/19(土) 22:11:44.52 ID:p3HWTgw2O
>>201
いや、日本が稀に見る温厚な国なだけで、大陸や欧州は残虐の歴史の宝庫だよ。

朝鮮は特別なのではなくて、世界でもオーソドックスな民族スタイルなだけ。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 04:20:24.48 ID:xFJgAPFG0
>>201
>A野蛮な拷問・暴力的制裁は禁止する

はい、ダウト

朝鮮笞刑令(明治45年制令第13号)
http://www.geocities.jp/nakanolib/etc/colony/srm45-13.htm
第十一条 笞刑ハ監獄又ハ即決官署ニ於テ秘密ニ之ヲ執行ス
第十三条 本令ハ朝鮮人ニ限リ之ヲ適用ス

朝鮮笞刑令施行規則(明治45年朝鮮総督府令第32号)
http://www.geocities.jp/nakanolib/etc/colony/csrm45-32.htm
第四条 笞刑ヲ免シ若ハ笞刑ノ執行ヲ免スル処分ハ検事又ハ即決官署ノ長之ヲ行フ
第五条 笞刑ノ執行ニハ典獄、看守長又ハ即決官署ノ長又ハ其ノ代理官立会ヒ受刑者
ニ笞刑ヲ執行スヘキコト並其ノ笞数ヲ告知シタル後所属官署ノ吏員ヲシテ之ヲ執行セシム

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 11:39:39.20 ID:A2zjG10T0
あっそ

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 12:09:28.49 ID:A2zjG10T0
>>201のAは誤解を招いたようだから削除だな。代わりにこれを入れよう。

A野蛮な私刑は禁止する(両班が白丁にリンチを加えるのは当たり前だった)

朝鮮総督府は、慈悲深く、小便くさい朝鮮土人にモラルを与えてあげたのだ。
感謝しなさい。



206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/20(日) 12:10:49.49 ID:WGzpYPKy0
世界にも例を見ない対等の扱い

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/22(火) 21:29:54.05 ID:HKAS3QEw0
三・一暴動

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 21:33:11.92 ID:xoAVwNRs0

日本に併合されて大韓帝国は消滅した。世界が認めた合法的消滅である。旧大韓民国の国民
の殆どがこの併合に異を唱えなかった。併合当日も、一般国民は普段と変わらない生活を続け
ており、併合に深く同情的だったシナ人ジャーナリストが拍子抜けしたほどである。

つまり、旧大韓帝国国民は、併合に無関心か併合歓迎だったのである。



209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 21:44:34.52 ID:xoAVwNRs0

大韓帝国が合法的に消滅した後、朝鮮総督府は様々な改革を打ち出し、クソまみれの朝鮮土人
の近代化を図った。だが、あまりに不潔であまりに野蛮な国だったので、改革は進まなかった。

だが、晴れて「日本人」となった土人たちは内心喜んでおり、徐々に近代化される臭い故郷を
満足げに眺めていた。

だが、こんな土人たちにも悩みがあった。それは、「日本人」になった筈なのに、世界の列強も
シナ人も「大韓帝国は植民地であり、朝鮮土人は植民地の原住民に過ぎない」と認識していた点
である。少し清潔になったのに、未だに未開の土人とみなされたのにムカついたのである。

不満を募らせた朝鮮土人共は、遂に決起した。三・一暴動である。こいつらは思い上がり、
「我等は日本人なのだから、植民地人扱いはやめろ」
と口々に叫び、シュプレヒコールを挙げ、暴徒と化して暴れまわった。

糞尿まみれのウンコ土人にも一かけらのプライドみたいなものがあったということである。




210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/24(木) 21:47:32.71 ID:xoAVwNRs0
自虐オナニー大好きなカルト左翼にはプライドの欠片もない。こいつらは朝鮮人以下である。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 09:43:07.89 ID:bfDmjxWz0
http://www.mammo.tv/interview/079_OgumaE/

――しかし、言葉の通じない人間を日本人に新たに組み入れるには、「日本人とはこう
だ」という規準を明確にしておく必要があります。

 朝鮮人や台湾人を同化する必要性が最も高まったのは、太平洋戦争時です。1944年の戦
争末期に朝鮮人を徴兵し、3ヶ月ぐらいの軍事訓練期間しかないのに、そこに日本化のプ
ログラムを組みました。識字率を高めるため、兵営の中に「いろはにほへと」を貼ってみ
たり、座敷に座らせてお茶をたててみたりした。けれど、軍はどうすれば彼らを日本人ら
しくさせられるかわからない。
 結局は、日本語の標準語を話せ、天皇陛下万歳を言わせる。日本人の条件とは、そのふ
たつしか思いつかなかったわけです。(中略)

──では日本語が巧みで天皇に対する忠誠心があれば、日本人と認められる。

 ところが、そういうわけでもない。1940年前後、そういう朝鮮人が現れます。朝鮮総
督府のまとめた文書には、古事記や日本書紀を仔細に読み込んで日本の右翼を論破するよ
うな人の存在が報告されています。為政者はそういう人を歓迎するかというと非常に嫌が
る。
 後に志願兵制度ができたとき、血判を押して軍への入隊を志願する朝鮮人が現れます。
その背景には差別の中、立身出世の限られた手段として軍を捉えていたこともあったでし
ょう。
 いずれにしても、そうした血書志願がたくさん出てき、軍は最初こそ喜びますが、やが
て快く思わなくなる。地に着いた愛国心に見えないというわけです。
 朝鮮人の親日派の中には、「天皇陛下万歳」と言って死んでいく朝鮮人と、日本人の共
産主義者ではどっちが日本人らしいのか、と問題提起する人も現れます。そういうことを
尋ねられると非常に困ってしまうわけです。
 結局、朝鮮総督府や軍が持ち出した理由は、「地に着いた日本人意識ではない」という
理由です。では「身についている」とは、どういう状態を指すかと言えば、はっきりしない。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 12:22:42.21 ID:OUvJuqrMP
>>210
よう、コピペゴキブリ
お前金持ちだから、率先して100万円ぐらい寄付するんだよな

いつするんだよ
さっさとやれwゴキブリ

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 00:55:58.07 ID:M5cNVBUY0

大日本帝国は、大韓帝国皇帝の請願を聞き入れ、併合してあげた。

世界中が、大韓帝国消滅を喜び、誰も反対しなかった。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 11:36:38.21 ID:Z5Yce0OWP
>>213
ゴキブリはさっさと100万円寄付しろよ
お前「誇りある日本人」なんだろ?

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 00:27:47.14 ID:qB40k7+S0

朝鮮総督府の政策は慈悲・慈愛に満ちていた。
半島の土人は、日本政府と朝鮮総督府に感謝しなければならない。

ハングル文字は、朝鮮総督府が朝鮮土人に教えてあげたものだ。
土人の臭くてぼろい町並みを整備して近代化してあげたのも朝鮮総督府だ。
臭くて汚い土人に鉄道や学校を与えたのも朝鮮総督府だ。

その功績は計り知れない。



216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 12:46:33.60 ID:ZhWMNZpyP
>>215
証拠は何もない
すべてはネトウヨの妄想都市伝説

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 13:49:02.55 ID:2osDPRQAO
>>216
当時の写真とか残ってるけど?
朝鮮総督府じゃないってんなら、それ以外の一体どこが近代化させたのか逆に聞きたい

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 16:31:54.15 ID:FzD8bNLRO
なぜ朝鮮人は>>216みたいなバカばかりなんだろうか…
やはり遺伝子レベルで劣等民族なんだろう…

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 16:44:42.47 ID:x9qlDY880
植民地に投資するのは当然のこと
鉄道を引かなきゃ軍隊を移動させることもできない
学校を建てなきゃ(反乱の芽を摘むために)皇民化教育ができやしない
ハングルを教えたかどうかは不知、民族のアイデンティティーを奪うために日本語を教えたのは事実
ついでに神社もいっぱい建てた、皇居遙拝も強制した
都市化も、自分たちが快適な暮らしをしたいからやったもの
工業化も日本に奉仕させるためのもの
だって「朝鮮」という国は消滅してるんだから「朝鮮のため」というのはありえない

お前は隣国に日本が独立を奪われたら
そいつらが何か恵んでくれたら喜ぶのか?
愛国心のないネトウヨだな

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 18:37:31.73 ID:2h3ti8qe0
>>219
何を恵んでくれても喜ばねーよ
個人的に幸せなら嬉いよ
国家という枠でいくなら反日でも個人的には親日
よくあることさ



221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 20:42:46.40 ID:ZhWMNZpyP
>>220
>何を恵んでくれても喜ばねーよ
だったら朝鮮も同じだろw
感謝しろ、って言えた義理じゃね〜な

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 21:07:31.83 ID:wSMmFn0w0
「日韓併合はコリアの最大政党一進会が望み世界が承認した」というのも大嘘だ。小林がどこからパクってきたのかわからないが、
一進会は、日露戦争の時、日本軍の通訳だった宋秉oによって結成された親日御用組織であり、
右翼結社・黒竜会主幹の内田良平などの仲介で、日本の陸軍や政府有力者の支援を取り付けていた。
実際の活動内容は、韓国政府内の反日分子を洗い出す諜報活動や日韓併合へと世論を誘導するための宣伝工作だったといわれている。
そもそも当時の韓国政府は、日本の統監府に行政権・軍事権・司法権・警察権を奪われており、
通常の意味での「政党」など存在できるはずがなかった。
一進会は「強国」日本に尻尾を振って、利権のおこぼれにあずかろうとする売国者たちの政治集団だったのだ。
この憎げないスガタは、反動ファッショ勢力に懸命に取り入り、体制に尻尾を振って利権のおこぼれにありつこうと躍起になっている、
小林よしのりの人物像にそっくりではないか(笑)。日本は一進会を単に利用したに過ぎず、用済みになった会は日韓併合後、
解散させられている。歴史修正ファシストどもの広告塔・小林も、用済みとなれば哀れ抹消される運命にあるのだろう。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 21:10:22.44 ID:QF7L22Ln0
小林よしのり何かを相手にしている時点で時代遅れw

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 21:43:59.06 ID:FzD8bNLRO
いくら言い訳しても併合されたのは事実だし、そんなに併合が嫌だったら日本と戦えば良かったじゃん
戦いもせずにすんなり併合したって事は朝鮮がいかに弱くて国力が無かったの証明だろ
当時の情勢からしたら弱い国は侵略されて当たり前だったんだよな
恨むなら弱い国に産まれた自分の運命を恨めよ
日本を恨むのはお門違い

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 22:55:11.69 ID:qB40k7+S0
大韓帝国のような世界の最貧国は、大日本帝国に併合されて当然。

日韓併合によって、臭い朝鮮土人は皆幸せになったのだw

朝鮮土人は大日本帝国に感謝しなければならない。

>>222は、なぜ根拠のない寝言ほざいてるんだ?悔しいのか?


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 23:06:02.75 ID:qB40k7+S0
>>219
朝鮮学校の教科書にはそう書いてあるんだろうな。
全部嘘ばかりだ。悔し紛れに歪曲三昧かww

日帝36年は明るい楽しい近代化の時代だったに、
屁理屈こねて、無理やり暗黒化してやがんの、バーカ



227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 01:34:17.89 ID:b8Ap5GF10
世界の話題 
英国  名前を変える人 手軽さから急増

 英国では名前を変えるのは複雑なことではない。「ディード・ポール」という制度により、
条件があえば簡単に変えられる。
 日本の戸籍に当たる「出生証明書」に記載された名前は変えられない。
(略)
しかし、変更した名前は法的に認められ、パスポートの名前を変更することも可能だ。
(略)
 ガーディアン紙の報道では、2010年に英国内で、オンラインによるこの制度を利用して
名前を変えた人は、前年より3割増えて9万人を超えた。離婚した女性が多い。
(略)
 次に多いのが英国に移住した外国人だ。英国は多民族国家だが、外国人が社会の本流に入るには
名前を英国風にする必要があると考えられているという分析もある。
 名前を変える動きが加速しているのは、現在の変更制度がとても簡単で安価なことが挙げられる。
インターネットでは、1000円程度で名前を変えることをうたった会社もある。
(略)

[日経2011.3.29夕刊]

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 06:57:08.98 ID:K+Du7btlP
>>226
>全部嘘ばかりだ。
証明もしないで言い捨てて逃げるというのは
反論不能と見なして良いのだな。ゴキブリ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 08:47:30.00 ID:FRwbMA8N0
【歴史系板自治スレ一覧】

■三戦板 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1301248927/l50
■中国英雄板 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161683809/l50
■戦国時代板 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1153103723/l50
■歴史難民板 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1170954799/l50
■日本史板 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history/1284018068/l50
■日本近代史板 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1284438470/l50 
■世界史板 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/whis/1285631793/l50
■大河ドラマ板 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1196074182/l50

お気軽に寄ってってくださいな




230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 17:28:38.35 ID:jJKv/xqI0
>>226
人を簡単に嘘つきなどと言ってはいけないよ
君は君の「向き」だけで物事を見ているのじゃないのかね
物事を正しく見ようとするならば

あらゆる方向から考えてみなければならないんだよ
君はそれをやってなお、そういう一方的なものの見方に荷担するのかね?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 21:18:01.08 ID:XOPTUFZX0
と、反日君が涙目で訴えております。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 21:20:16.21 ID:jJKv/xqI0
>>231
と、まぜっかえすことしかできない
煽れば何かをしたような気になる
ネトウヨとはどこまでも馬鹿がなるものらしい

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 22:08:17.45 ID:XOPTUFZX0
と、脊髄反射で罵倒するバカサヨは哀れな生き物です

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 22:36:36.85 ID:XOPTUFZX0

大韓帝国が大日本帝国に併合されて地球上から消滅したのがそんなに悔しいのか?

はっはっは。ざまあみやがれ、バーカ!!



235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 22:40:27.39 ID:XOPTUFZX0

「安重根」という、頭のおかしいテロリストを「崇拝」している奴らは最低のアホ

安重根よりビンラディンの方が10000倍まともである。



236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 00:30:39.49 ID:z4GPlaKf0
朝鮮総督府が施した慈悲深い政策の数々

上下水道整備、発電所建設、鉄道敷設、道路整備、農地整備、港湾整備
都市開発、帝国大学設立、ハングル文字教育、朝鮮語教育、文化財保護
工場建設、道徳教育、公衆衛生教育、畜産業振興、身分制度廃止・・・etc

かくして、文明を持たない臭い土人たちの故郷は、農業・工業豊かな近代
都市に変身した。すべては朝鮮土人のためである。

だから、朝鮮人は朝鮮総督府に感謝しなければならない。



237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 00:31:15.95 ID:Dh6T2aEFO
安重根は併合を反対してた伊藤博文を殺してまで併合して欲しかったってのが真実です
知ってましたか?バ韓国人の皆さん

238 :犬食い野郎:2011/04/03(日) 01:29:48.32 ID:BMwJ4FaD0
■東北の朝鮮高校時代の連続強盗を得意げに自叙伝に書いちゃった在日朝日社員。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/05/79/e0130579_21552165.jpg
★恥知らずの著者はモロ朝鮮顔の朝日の記者さんですwww

「日曜日は仙台の繁華街で日本人狩り」
2〜3人で仙台市内に繰り出し、2年生は
お目付役として1年生にアイツをやれとか
目配せしたり ・・・
日曜日に1年生が寮内にいたら先輩に
なぜ街に出て日本人を狩らないのか聞かれる
端から見てても気の毒なほど日本人を
ボコボコにしてるヤツもいるし
まわしケリ一発で決めるヤツもいる
相手が前かがみに倒れると、殺してしまったかと、
さすがにビビるそうだ

先輩から命令されてやっていることが多いので、
2〜3人とカツアゲしても 、目標額に達しないと焦ってくる
なかには給料袋のまま、数十万円もカツアゲしてくる勇者もいる
「おまえそれはひどいんじゃないか?」
「チョッパリにはなにしてもかまわねえ」
警察に捕まった朝高生も、呼び出された先生も、
我々朝鮮人を強制連行した日本政府が悪いんだと、話を政治問題に振り向けると、
バカな仙台の警察官達は、黙りこくってしまい、お目こぼしされる

金漢一
http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/05/79/e0130579_21552165.jpg
 『朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ』 金漢一 著  光文社 2005年4月刊



239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 09:27:41.98 ID:olQ4Co2j0
残虐な日本人であることが恥ずかしい


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 09:35:12.14 ID:8rGrNfbL0
>>239
などと意味不明な供述をしている模様で、犯行に及んだ動機は未だ明らかではない。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 10:36:23.30 ID:K6AZPlHu0
>>234
でたよ、右翼の本音

いくら「朝鮮総督府がいいことをやった」とほざいても
本音がこれではどうしようもない

おまけに>>226に反論できないものだから
史料もあげずに>>236でいい加減な嘘を列挙している
こいつは小林よしのり並みの嘘つきだ

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 00:38:36.84 ID:OFDj3pHg0
>>241
中卒携帯オヤジの挑発に乗ってやがんのw
やはり、低学歴者の挑発に乗る奴には低学歴者が多いんだ。>>236の列挙なんて、
ネット上にいくらでも史料があるだろ。
中卒以下の知性かよ、おまえはw

ID:XOPTUFZX0
http://hissi.org/read.php/history2/20110402/WE9QVFVGWlgw.html

【中卒携帯オヤジの基本情報】
http://unkar.org/r/history2/1272354827/11-12

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 02:03:52.18 ID:XVYq42ec0
中卒携帯オヤジ、お前、反朝日慰安婦スレへの迷惑行為をいつまで繰り返すつもりなんだ?
お前は他のストーカー対象のいくつかのスレと同時にあのスレをageているから、ageる行為自体が
目的となっており、書き込む内容は「ざまあみやがれ」とか、子供じみていて無価値だ。
スレのかなりの割合がお前一人のレスだという状態が前スレからずっと続いているだろ。
お前が用もないのにageるたびに他の糞レスがぶら下がってきたりもする。
しかも、お前のレスは「淫売」とか「ババア」とか、汚い内容で、慰安婦強制連行説否定論者の
イメージが悪くなるだけ。ほんと迷惑なんだよ。あのスレは★5まで続いていて、慰安婦関連の
資料を収集して後世にまで残す重要なスレだ。お前の口汚いレスで汚されるのは迷惑なんだよ。
お前に落書きさせるために立てたスレじゃないんだぞ。子供でもしないような迷惑行為はやめろ。
自分の病状を自覚していないアスペルガー患者か?
俺はお前みたいな気持ち悪い奴と一緒に何かに取り組む気は一切ない。
お前は慰安婦に関する自分の基本的意見を他人に教えたいようだが、それなら重複スレの方でやれ。
★5のスレは冒頭にリンクした過去スレの基本資料を中心に読んでもらうためのスレだ。
一方、重複スレにはテンプレと呼べるようなものがないから更地で、自由に使える状態だ。
そっちで一人で思う存分やれよ。重複スレをお前のためにageておくからな。

★5:
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1298185514/57
このスレにも少ないながら初心者が常に覗きに来ているのだ。
彼らに誤解を与えず、慰安婦の実態を知らせねばならない。
だから、同じことと分かっていても、何度も繰り返し言い続けねばならないのだ。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1298185514/58
例えば、常識的な初心者知識は最低限繰り返す必要がある。

重複スレ:
【捏造】朝日新聞がでっち上げた従軍慰安婦
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1292374130/

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 21:41:50.99 ID:rsLi9DO10
何だ、糞右翼と糞右翼が喧嘩してるだけか
どっちも嘘つきの歴史修正論者なんだからこの板には不必要

仲良く手を取り合って極東板に消えてくれ

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 22:35:32.85 ID:CPUuI1lf0

三・一暴動のジャンヌ・ダルク=柳寛順という不細工なデブ女

このブスは、三・一暴動の英雄として安重根を凌ぐ人気を
博しているが、何をしたかと言えば、法廷で暴言を吐いて
椅子を投げつけた、という蛮行のみである。他には何もして
いない。

だが韓国では「柳寛順は凄い美人で独立運動の立役者である」という
作り話が信仰されているのだ。馬鹿共を笑ってやれ!



246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 22:51:37.65 ID:Aop05bNm0
>>245

資料上の記述による日本での評価 [編集]裁判所の公式記録である判決文(大正8年6月30日言い渡し)、
柳寛順の囚人識別票の資料によれば、内乱罪の適用などは無く、懲役2年6ヶ月とされている。
罪状も上の事実のうち主たる先導者であること、演説を行ったこと等は資料上からは確認できない。
さらに、判決当日(取調べ中という説もあり)に行なったと言われる法廷侮辱罪や7年の求刑も裁判記録になく、
前述の通り微罪による懲役二年六ヶ月の言い渡しを受け、控訴せずに、西大門刑務所に服役した記録のみである。
拷問により死亡との説もあるが、これに対応する取調べ記録は残されていない。

法廷記録には「椅子を投げつけた」とは出てないそうだぞ
嘘つきゴキブリが

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 22:54:51.29 ID:A3tgkr83O
もう一度朝鮮半島を植民地にして朝鮮人を武力弾圧して黙らせてやろうぜ

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 22:59:02.65 ID:CPUuI1lf0
>>246
「椅子を投げつけた」「暴言を吐いた」は、裁判と直接関係ないから、
記録に残しようがない。馬鹿には分かるまいが。

ちなみに、椅子を投げつけたのも、暴言を吐いたのも、刑務官に対して
であって、裁判官や検事相手ではないから、法廷侮辱罪には問われなかった。

しかし、こんなブスでデブな馬鹿女が「英雄」なんだから、韓国の人材難は
酷いものだ。自業自得だがなw

悔しいか? はっはっは、ざまあみやがれ、バーカ!!



249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 23:00:27.99 ID:Aop05bNm0
>>248
「法廷侮辱罪の裁判記録がない」って言ってるだろ
お前ってとことん馬鹿だなあ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 23:07:11.22 ID:CPUuI1lf0
>>249
裁判になってないんだからあるわけないだろw
バカはお前だ。しかも下品。

柳寛順が「英雄」扱いされるような「美しい独立の闘士」でないのは
写真を見れば明らか。こんな役立たずなドブスを崇拝する奴はただの
キチガイだぜ!!お前と同じだ、禿

はっはっは、バーカ



251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 23:49:59.10 ID:uOsUIj9G0
>>248
ID:CPUuI1lf0

中卒携帯オヤジ襲来警報。
至急、避難してください。
繰り返します。
中卒携帯オヤジが襲来しております。
みなさん、至急避難してください。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 14:34:58.14 ID:wsV/jN3vP
>>250
ユ・ガンスンは独立デモに参加して逮捕され
日本憲兵隊はデモ鎮圧のために女性や老人などにも容赦なく発砲し、寛順の父母も流れ弾に当たって死亡する。

そして未成年であるにも関わらず刑務所に入れられ
残虐な拷問の末に死んだ
これが史実
だれが殺したユ・ガンスン
朝鮮人が殺したのか

いいや、死なせたのは日本の官憲である
大日本帝国の悪事を後世に伝える人物、ユ・ガンスン
わかったか、ゴキブリ

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 20:00:07.68 ID:RRZEO/ff0
【高機能自閉またはアスペルガー症候群が疑われる中卒携帯オヤジ用】

自 閉 症 テ ス ト 大学生 平均20点
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1302168959/

自閉症テスト
http://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html

33点以上で社会不適合なら君も精神科のドアを叩いた方がいい。

健常者 と 自閉症 の 境界線 33点

グラフ
http://kiki.ms/sonota/jiheishou2.jpg

         平均点

大学生    20.7 点
社会人    18.5 点
自閉症    37.9 点

グラフ
http://kiki.ms/sonota/jiheishou1.jpg

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 22:16:12.42 ID:lMPgKTJR0
>>252
出典の全く示されていない、いい加減なWIKIPEDIAの記述を信じる馬鹿がいるんだね。
柳に関していえば、WIKIの記述は作り話か神話に近い。歴史板に持ち出すのは恥ですよ。


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 00:14:45.70 ID:t4Yx9tSL0
勘違いした善意を行って,お互い不快な気分になった。
これが日本と朝鮮半島の20世紀前半の歴史だ。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 12:17:08.52 ID:55SOJ7u5P
>>254
じゃあお前の勉強した「歴史書」がなんなのか出してみな
どうせウヨのプロパガンダ本だろw

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 16:11:16.19 ID:EQQe07isO
とにかく朝鮮は弱くてヘタレだった
だからずっと中国ロシア日本の属国
これだけは間違いの無い事実


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 21:38:08.41 ID:55SOJ7u5P
何が「とにかく」なんだよ
お前は子供の時に「弱いものイジメするような奴は誇りがない」と
教わってこなかったのかw

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 22:09:33.05 ID:AtyS3X560
今度は、「日本の教科書の竹島領土記述が気に入らない」といって、
集めた東日本大震災義援金の寄付を撤回したな。韓国人の脳の回路は
どうも理解できない。何か大事なところが短絡してるんだよな。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:02:53.61 ID:AtyS3X560

はっきりいえることが一つある。
柳寛順は英雄でも何でもない。
ただの犯罪者に過ぎない。

韓国人の犯罪者崇拝は病的である。
これも国民性か?


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 10:41:49.50 ID:nTU5PwxF0
>>260
17の子供を
拷問の末に死なせたという
大日本帝国の不名誉な記録

独立を求めて平和なデモをすることの、どこが犯罪なのだろう
しかも日本憲兵はこのデモに発砲し、柳寛順の両親は殺されたのだ

お前は日本がどこかの国の属国になったとき、命をかけて戦うことができるか
そしてそれは、何の犯罪になるのか?

どうせネット弁慶のお前には、家でガタガタ震えてることしかできないだろうがなw

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 17:14:39.30 ID:aI76Kagt0
拷問をしたのが誰なのかが興味深いな。
日本人かねえw

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 17:55:43.60 ID:eZ8BSdBd0
>>254>>256
とりあえずお前らwikipediaの該当記事の後半嫁。話はそれからだ。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 19:17:26.97 ID:nTU5PwxF0
>>262
日本人だろ
朝鮮人が憲兵になった記録でもあるのか?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 19:31:39.36 ID:aI76Kagt0
>>264
お前は日本語も論理も混乱しているなw
自分が馬鹿だとどういう気分なんだ?説明してくれない?
お前の文章のようなのを書いたら俺は絶望するわw

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 19:54:29.21 ID:nTU5PwxF0
>>265
いや、お前ほどの馬鹿じゃないね
さっさとユ・ガンスンは朝鮮人に殺された、という証拠でも出しなよ

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 19:56:53.88 ID:mD+PNHVCP
歴史の定説を否定して、何がしたいんだろうね
ネトウヨは歴史板からでていってくれ
ここはお前らの拡散場所じゃない

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 20:00:15.46 ID:aI76Kagt0
>>266
俺がいつ朝鮮人が殺したといったの?
君の脳味噌は想像力豊かなんだねえw
だが、それはお前のお手つき。
日本人が殺した証拠はあるの?
ないならお前の言ってることは馬鹿丸出しだよ。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 22:22:10.78 ID:DPoVESxF0

柳寛順に関して、WIKIに重要な記載があるな。

1.『朝鮮独立運動の血史』には彼女の名を見ることもできない。(殆ど何の働きもしていないということ)

2.柳寛順研究者によると、柳寛順の出生から死亡年月日、梨花学堂への入学年度などは不明であり、彼女の
勇敢さや日本の蛮行については極端な誇張と証拠に基づかない空想が韓国では多くなされていると指摘している。

まあ、要するに、柳寛順はデモに参加して暴れたため逮捕され、投獄されたということ。
死因は不明。「デモ現場で負った傷と凄まじい拷問がもとで病死した」というのは根拠のない妄想に過ぎない。

それにしても、韓国人の犯罪者崇拝は目を覆うばかりだ。
こいつら、キチガイだぜ!!




270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 23:41:43.62 ID:6T1tkA720
>>264
朝鮮族に対する徴兵制はなかったが、職業軍人として憲兵にも朝鮮族はいた。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 23:49:40.83 ID:f8hFS4I40
今回の原発騒ぎにおいても、その詳細が隠蔽されているなど国民は蔑ろにされている。当時の半島人が感じたであろう不都合さもその程度のコトだ。
現在においても、沖縄は独立すべきだということを言っている人間はいる。反対に、そうではないという人間もいる。
朝鮮人の総てが独立を望んでいなかったこと、日本国籍であることを都合良く思っている輩、さらにはシンパシーすら感じている輩がいたわけで、一概に否定できるもんではない。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 09:48:08.25 ID:FYeQ4kbqP
>>268
>俺がいつ朝鮮人が殺したといったの?
日本人がやったんじゃない、と言いたそうだったからそういったまで
日本には行間を読むという伝統があり、それができないものは馬鹿と呼ばれる
それとも中国人やアメリカ人やロシア人がやったとでも
それこそ歴史上の大発見だなw

日本の官憲が取り調べ、処遇したのだから
日本人がやったと見るのが自然
お前は馬鹿だから常識が通用しないのかも知れないが
否定したいのなら、お前の方に立証責任がある

日本人でないものがやった、という史料は一つもない
あるなら出して見せろ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 15:22:51.91 ID:VTKNq7at0
>>272
君は歴史の勉強が足りないんだねえ。
当時の朝鮮の官憲とやらを調べてみたまえ。
大部分が朝鮮人だよ。
日本人と朝鮮人の拷問への感覚の違いとか知ってる?

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 16:04:15.44 ID:cykA8mFv0
>>273
じゃあ朝鮮人がやった、と主張するわけだな
だったら拷問に当たった朝鮮人の氏名と官職をあげてくれ
でなければ想像の域を出ないということになる

俺が調べた限りでは、それを裏付ける史料は何もなかった

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 16:13:58.41 ID:DvPzdTnE0
>>274
調べて出てくるもんでもないだろうけどね。なんせ、日本の悪辣非道ぶりを隠蔽するために、戦争末期にそういった資料は処分したっていうじゃん?
同時に、内地籍の人間がやったという証拠もない。もいうよりも、拷問があったという証拠そのものがない。
被害者様の一方的な証言では証拠にはなり得ない。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 16:32:06.27 ID:UtMtxFvA0
>>274,>>275
感覚わかってない人多いみたいだけど、当時、朝鮮人というのは存在しなかった。当然、言葉としてのそれは存在したけど。
今、大阪人とか鹿児島人とか、そういう言葉としての朝鮮人だ。
さて、いち軍人、いち巡査の出身地を資料に書き留めるものか。朝鮮族のテコ入れで行われた創氏、改名で名前から割り出すこともできん。


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 17:21:32.66 ID:x30GFEEmO
朝鮮人は糞だからな

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 19:09:54.95 ID:VTKNq7at0
>>274
朝鮮警察概要くらいは読んだんだろうな。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 20:48:20.17 ID:FYeQ4kbqP
>>278
君が引用すればいいんじゃないか
「ほれ、ココに書いてあるぞ」って

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 12:09:14.41 ID:egLvt7NH0
>>272
朝鮮人でも日本の警官として当り前だった時期、それも朝鮮という国籍がなかった時期に朝鮮人がやったという証拠を出せと言われてもなぁ。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 16:42:15.31 ID:l/DlQ18b0
何人がやったのかなあ?(暗に日本人じゃないとほのめかしている)なんてつまんないことを言わなきゃ良かったのに
デモを鎮圧するため憲兵隊に発砲を命じた高官も
ユ・ガンスンを裁いた裁判官も
収監された刑務所の長も
何人なのかねえw
彼らが責任を負う立場にいるのだが

何人なのかねえ?ww

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 21:13:31.64 ID:6c0gDF8S0
>>279
調べたらしいから、そんなことをしてやる義理はない。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 21:14:46.81 ID:6c0gDF8S0
>>281
>デモを鎮圧するため憲兵隊に発砲を命じた

これは興味深い。命令書を読んでみたいものだ。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 21:19:00.33 ID:txiGhiOo0
>>283
既に確定している史実を否定するとは
ウヨは基本的知識もなく史学板によく来るものだw

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 21:29:33.64 ID:6c0gDF8S0
>>284
だからそれを確定していると断言するものは何かなと確認しているわけだが。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 21:43:18.58 ID:txiGhiOo0
>>285
史書に書かれていることを否定するんだ
動かぬ証拠がなければお前の言い分は信用できないね

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 21:48:08.92 ID:Vav67MC8P
>>282
お前、結局逃げるんだ
ないならないと、はっきり言えよw

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 22:13:54.41 ID:6c0gDF8S0
>>286
具体的にどんな史書に書いてあるの?

>>287
お前はググるとかもできないのかw

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 08:58:43.89 ID:g3s5SvZm0
>>288
人にはググれと言っておいて、自分には出せと言う
右翼の負け確定だな

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 09:02:02.35 ID:g3s5SvZm0
278 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/04/10(日) 19:09:54.95 ID:VTKNq7at0 [2/2]
  >>274
  朝鮮警察概要くらいは読んだんだろうな

282 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 21:13:31.64 ID:6c0gDF8S0 [1/4]
  >>279
  調べたらしいから、そんなことをしてやる義理はない

288 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/04/11(月) 22:13:54.41 ID:6c0gDF8S0 [4/4]

  >>287
  お前はググるとかもできないのかw

右翼逃亡史w

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 09:08:27.30 ID:g3s5SvZm0
>>278
朝鮮警察概要の1919年度版を、お前はどこで読んだんだw

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 18:35:47.26 ID:YzYc/Cx50
あらまあ、教養のない人たち。
長沢先生にでも聞いてみたら?w

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 00:26:13.56 ID:f1u3lvKf0
三・一暴動で逮捕され有罪判決を受けた柳寛順の死因は不明である。
拷問を受けたという説もあるが、証拠は無い。

遺体を受け取りに行った人の証言では、手足はちゃんとついていたとのこと。
拷問があったかどうか、はっきり言って疑わしい。

そもそも暴動に何の影響力も無い小娘一匹を拷問にかけても、何の情報も得られまい。
なぜなら、このブスデブ女は、糞ちょんが書いた『朝鮮独立運動の血史』に全く載っていないのだ。

単なる役立たずな暴れ糞豚に過ぎなかったであろうことは容易に類推できる。
こんな無能な犯罪者のどこが「独立の英雄」なのだ?バッカジャネーノ



294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 10:07:59.62 ID:/w0geQr7P
三・一暴動で逮捕され有罪判決を受けた柳寛順の死因は病死である。
日本人の看守は、まともな治療などほどこさなかったに違いない
それに拷問死を病死と取り繕うことはよくあったことだ
日本人は同族の大杉栄、小林多喜二も拷問リンチで殺している
朝鮮人の小娘に、何を遠慮する必要があるだろうか

>遺体を受け取りに行った人の証言では、手足はちゃんとついていたとのこと。
大杉栄にも小林多喜二にも手足はついていたが何か?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 12:09:45.44 ID:JwcLbYIy0
ネトウヨは今回の大震災で、またぞろ必死にデマを流しています

特に悪質なのは、関東大震災時の「朝鮮人が井戸に毒を入れた」というデマとまったく同じ類の、
「韓国・朝鮮・中国人が暴動・略奪・レイプ等を行なっている」という根も葉もないデマである。
これらのデマは特定の層が執拗に流していることが確認されている。
このような差別意識を背景としたデマを流すような人間がいるということになれば、
「日本人は低劣だ」と思わせることにもなりかねない。そういう行為こそが本当の意味での「反日」ではないかと思うのだが。

?「阪神淡路大震災のとき、地震で、朝鮮人によるレイプ多発の事実と、放火説があります」というデマを
意図的に流す人たちが続出(「地震のどさくさに差別をたれ流す人々」、
「東日本大震災の直後に広がった人種差別と「レイプ多発」というデマ」)。
震災時の強姦事件の存在については諸説あるが、それが「朝鮮人による」というのは明らかなデマ。

?「仙台市三条中学校が中国人・韓国人が7割の留学生らの心無い行動で避難所機能停止」はデマ。
自民議員が否定。Togetter(13日に火事があって避難所として使われず、トラブル発生デマは17日)、仙台在住の方が確認。

?「歌手のBoAさんがTwitterで不謹慎発言」は2ch発の完全なデマ。
ソースとして提示されたこのサイト(日???.. 新?? ??? ??★??, "日??? ??")では、
実際は「日本の皆さんの無事を願います」など被災者を気遣う発言が紹介されている(日本語訳などの詳細)。

?「韓国が震災記念Tシャツを作成」という表現は誤り。元ページは?? ??? '?? ???' ??? : ??! ??? - ??? ??? ?。
震災「記念」は誤訳で、実際には売り上げが寄付されるチャリティーグッズ。


?「こんな非常事態の日本に韓国が借金の申し出。しかも管は快諾!」という情報は裏付けなし。出典は個人ブログで根拠なし。


?「中国の救援隊が遺体写真を撮影」はデマ。写真はAPやロイターが伝えたもので、中国救援隊が撮影したものではない。撮影場所もバラバラ。


?「中国救出隊が遺体写真を撮影」のデマと結び付いている「被災地の写真」は、中国映画『唐山大地震』(日本では公開延期中)のワンシーン(「アバター」を超える人気、「唐山大地震」、各地で興行収入を更新)。






296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 16:45:13.12 ID:Yjjza0zbi
>>295
ネトウヨとやらの定義を知らんが、そのデマをネトウヨが吹聴しているという証拠は? ネトウヨのイメージダウンを狙った反ネトウヨの仕業という蓋然性はないのか?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 16:51:45.23 ID:qJP5nz4+0
>>296
こんな拡散はネトウヨしかしないだろJK
違うという根拠を聞きたいわw

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 16:54:31.60 ID:/w0geQr7P
>>296
>ネトウヨとやらの定義を知らんが
ネトウヨの肩を持ってるくせにヌケヌケと
お里が知れてますよ、ネトウヨさん

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 17:54:56.15 ID:vIjEYwub0
>>296
お前馬鹿だろ
「朝鮮豚」とか「キムチ臭え」とか「チョンは半島へ帰れ」とか「瀬戸内海にたたき落としてやる」とか
小学生に拡声器で「スパイの子」と連呼したりするような連中が真っ先に疑われて当然だろ
あと、ネトウヨに限って「ネトウヨの定義」なんて馬鹿ヅラして聞いてくるが
お前ら世間からドン引きされて浮きまくっているのに、全然自覚ないのかね
まあ、この板にも「ゴキブリ」と呼ばれるキチガイがいるが
世間一般が自分と同じ考えだと固く信じている
人数の少ないこの板の中でさえボロクソに言われているのに
だいたい世間では「自分は絶対に正しいことしかしない、間違っているのは常に周囲だ」
なんて人間は社会性欠如の自己中心主義者として嫌われるんだぞw
「反ネトウヨ」?そんなものいね〜よ。一般人がいるだけだ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 20:06:24.08 ID:pNLJLqSjO
在日韓国人は来年の春に絶滅しますから今だけでも優しくしてあげてください
在日韓国人は祖国に虐め殺されるのです
「改正国籍法」と言う拷問道具を使って
哀れだと思って大好きな2chに少しだけ居させてあげてください


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 20:29:32.72 ID:Yjjza0zbi
>>299
ネトウヨをやりだまにあげている君は、ネトウヨに“反”してないとても?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/13(水) 21:09:55.44 ID:/w0geQr7P
>>301
いいからネトウヨどもは巣に帰れ

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 09:35:30.22 ID:Rbnk5Mbh0
>>301
ネトウヨは自分でデマを広めておいて、他人のせいにするような
根性の汚い連中だと言うことは良くわかった

俺は尊敬に値するネトウヨにあったことは一度もない
この板にいる「コピペゴキブリ」と呼ばれるアスペルガーも
「俺は年収1100万円だ」と自慢しておきながら
「義援金を出せ」とせまられると、人に押しつけて逃げ回り
ついに募金をすることはなかった
1から10まで嘘でできあがっているのがネトウヨ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 12:47:22.45 ID:N+GrH3Nd0
現在だって、治安維持のためともなれば警察は“ヒドイこと”をする。
権力者=悪
被征服者=善
なんて構図になるに決まっていて、取り立てて言うことでもない。
常に自分の側が正しいのであって、対するモノは悪だからだ。

朝鮮がロシアの南下を止められる程度の強国でさえあれば、わざわざ稲も育たないような不毛の地を自国にとりこむものか。
本気で植民地にするなら、もっと豊かな土地にする。
日本は、朝鮮と一緒に沈むのを良しとするほどお人好しではないし、安全確保のためなら、なんでもする。
友人の就職が決まらないからといって、自分の決まった内定を蹴る必要はない。
友達がいのないやつだと言われようとも、だ。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 22:21:32.48 ID:o9B/9Iey0
イギリス女王エリザベス2世は現在でも、旧イギリス領の国のうち
カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ジャマイカ、バルバドス、
バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、
セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、
アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビス
以上の国家の国家元首

日本の旧植民地で天皇を名目上でも国家元首にしている国はあるかな?
ないですね。これ以上何か言えるか?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 22:26:06.31 ID:o9B/9Iey0
もっとも言っておくと、自分は韓国は嫌いだし北朝鮮はもっと嫌いだ。
韓国軍の体質は日本軍から負の遺産を受け継いでいるし、
北朝鮮の体制の負の部分も戦時中の日本の負の部分を多く受け継いでいる。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 22:28:00.23 ID:s3W/ft8h0
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/1340/aw-mv45.jpg

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/14(木) 23:49:09.86 ID:hW3en9yy0
「ネトウヨ」という者は存在しない。
彼らは民族主義の保守派であり、日本の文化と伝統と歴史を大事にする者たち
である。先祖を敬い、歴史を尊ぶ。それが美しい保守派の姿だ。

「バカサヨ」は存在する。
こいつらは、東京裁判を信奉しこの判決に相容れない歴史的事実を無視するか
歪曲するかして、戦勝国の立場で大日本帝国を貶める腐った歴史修正主義者に
過ぎない。正史は、戦勝国が決めるものではなく日本人が決めるものだ。

バカサヨは日本にとって害毒である。こいつらは日本人誇りを邪魔する国賊で
あり、シナ・アメリカ・韓国の精神的奴隷である。今すぐ日本から出て行け。



309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 00:37:22.71 ID:rCqF8TS50
日本史だって、勝者によって書き換えられた歴史。
それこそ、日本の歴史上の内乱で負けた側から言わせれば
支配者側に都合のいいように書き換えられた歴史。
自分は、幕末に幕府側にたって長州と戦った側の藩の末裔だ。


310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 08:29:21.35 ID:pET853Vmi
>>305
そりゃあ“設定上”は戦勝国だし。独立した時はなおさら、現状でもイギリスからの移民がハバをきかせている国ならそうだわな。
なんとしても日本を辱めたいようだか、その最悪の国の子孫は、口先だけで反省したり失敗したとばかりいうだけなんだな。


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 09:00:53.74 ID:JWBaP4vFP
>>308
> 「ネトウヨ」という者は存在しない。
> 彼らは民族主義の保守派であり、日本の文化と伝統と歴史を大事にする者たち
> である。先祖を敬い、歴史を尊ぶ。それが美しい保守派の姿だ。

存在しないと言いつつ、自己紹介もどきをするとは、どこまでも頭の狂ったゴキブリだな

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%8F%B3%E7%BF%BC
ネット右翼(ネットうよく)とは、「インターネット上において右翼的な言動をする人物」
という意味合いで使われるインターネットスラングである。ネトウヨと略されることが多い。
基本的に蔑称として用いられることが多いが、瀬戸弘幸などネット右翼を自称する者も存在する。

自称するものもいるそうだぜ、お前馬鹿だろ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 09:17:37.51 ID:pET853Vmi
日本軍上陸○○周年記念式典を開催し、そのうえ記念館まで建造、海軍旗から日章旗まで掲げるような国まであるが、先住民がそんなことをするイギリスの旧植民地なんてのは存在するか?
「独立するために、イギリスは話し合いをやめ戦争をしてくれました」なんてアメリカは言っていないがぁ。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 12:52:04.44 ID:pET853Vmi
>>311
ネトウヨとは人ならざるクズだ、というのを言いたいがための一種の比喩なので、まにうけてはいけない。

他人の悪口、それも死んで反論のできなくなった人をこけ下ろすことで自分が少しでも高みにいるように見せたい人のいうコトだから仕様がない。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 14:13:59.66 ID:H7GygBqD0
日帝支配下の朝鮮人はナチスドイツの支配下のユダヤ人よりも
酷い扱いを受けた。これは事実。反論は許さない。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 16:50:13.07 ID:JWBaP4vFP
>>313
>ネトウヨとは人ならざるクズだ、
この板を見る限り全くの事実なので、真に受けることにする

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 18:08:10.03 ID:pET853Vmi
>>314
たしかに、徴兵は免除されていたし税金も安い二等国民だったからなぁ。


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 18:52:45.26 ID:O37HTtVI0
「反論は許さない」=「反論に対応する能力はない」

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 20:25:41.77 ID:JWBaP4vFP
>>317
ならば反論して見せろ
簡単なことだ
いつものネトウヨの反知性的歴史捏造をやればいいんだ
朝鮮人は内地人より優遇されていたとな

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 20:33:46.20 ID:O37HTtVI0
>>318
横から出てきてウザイよ。
お前の台詞のどこに反論する必要があるの?
お前の台詞のどこに知性があるんだよw

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 21:03:42.53 ID:XYblZD8f0
>>308
アスペルガー症候群は自分で認識しないうちは治療が始まらないことも分かってるかい?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 21:05:48.95 ID:XYblZD8f0
>>319
あと、お前にもな
アスペに付ける薬はない

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 21:07:22.31 ID:O37HTtVI0
>>321
つける薬がないなら治療できないんじゃないのか?
自分の言葉を否定するわけ?

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 21:31:41.29 ID:XYblZD8f0
>>322
薬で治すもんじゃないんだよ
自分がどれだけ俺様中心主義で、自分の非を認めてこなかったか
自覚して、人の言うことの正しさを理解することで世の中と折り合いを付け、治療するんだよ
俺が見る所、ネトウヨにはアスペルガーがごろごろいるようだ

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 21:41:40.05 ID:O37HTtVI0
>>323
予想通りの反応にωαγατα...φ(゚∀゚ )アヒャ
つける薬がないという言葉を、言葉通りに受け取るとはw
慣用句って知ってる?w
君の見立てはどうでもいいから、もう少し勉強しなw

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/15(金) 22:34:46.92 ID:IZHkl0baO
弱い国は強い国に侵略される
それのどこが悪いの?
早い話、朝鮮は弱かったってだけだろ
簡単な事じゃん

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 12:35:58.53 ID:fnUMO1qx0
>>325
侵略という言葉についてまわるマイナスイメージだけが非難対象になってる。
半島内にあった様々な差別の撤廃に尽力し、人口が倍に膨れ上がるほどに生活を安定させた。内地では東北地方の極貧状態という難題を抱えていたにもかかわらず、だ。
まあ、半島内に差別制度は残しておきたかったし、人口が増えるほどに生活を安定させたくなかったのだろうね。だからそれらをした日本は悪、という認識になる。
朝鮮人と日本人の価値観は、それ程に違ったというコトだ。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 12:46:14.20 ID:ACBrnLwZi
子供手当、なんていう法律がある。
一部の者には信じられないような悪法なわけだが、これによって恩恵を受けている人もいるわけだ。

創氏、改名、という二つの法律が朝鮮籍、台湾籍の人間を対象におこなわれた。
民族の誇りを捨てさせようとする日帝の陰謀だ、悪法だというふうに騒ぐ輩も多いが、実はそのことで恩恵を受けていた半島人は多くいた。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 13:07:05.66 ID:gGOmYy4n0
>>327
じゃあお前が朝鮮人の名前に改名させられたらどんな気分だ
就職に有利になったと言って喜ぶのか、売国奴

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 15:43:51.83 ID:+LNKzv6aP
まったく
日頃「民族の誇り、伝統、文化、歴史」なんて言ってる奴が
「創氏改名は良いことだった」なんて言うと噴飯ものでしかないんだが
どうやら「自分の民族だけが良ければいい」という自己中思考の持ち主らしい

誰が親から貰った名前を捨てて異民族の名前なんか名乗りたがるものか
まして朝鮮民族は儒教民族だからなおさらだ

そしてこういうことを言うと、あらかじめネトウヨが仕込んでおいたネット上の情報を持ってきて
「朝鮮人は喜んで創氏改名に応じた」と自作自演するのがネトウヨクオリティ

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 18:30:52.66 ID:dKAAcQDJO
>>329 今でも通名を使う人が多いそうですが、これは民族の誇りよりも被差別の弊害が大きいということなのでしょうか。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 19:00:15.79 ID:kFJrGWjh0
>>306
>北朝鮮の体制の負の部分も戦時中の日本の負の部分を多く受け継いでいる。
 歴史をもっと学べ。北朝鮮の体制の負の部分は李氏朝鮮の政争の受けつぎだ。
 李氏の国王が金氏に変わっただけ、なんら進化していない。
 戦時中の日本の負?何をいってんだ、具体的に説明しろ?

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 21:58:47.46 ID:+LNKzv6aP
>>331
全体主義と、現人神信仰
よく学び給え、ネトウヨ

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 22:02:05.55 ID:+LNKzv6aP
>>330
はい、お見込みの通りです
ちなみに通名を使う人は、韓国籍に多いようです
北朝鮮籍の人は、本名を使うようですね
日本人にも本名以外の名前を使う人は、いっぱいいますけれど
いろいろな理由から

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 22:09:46.26 ID:mkWRuLUr0
そもそも全体主義も個人崇拝も、独裁国家に普遍的に見られる現象なので
それをもって戦時中の日本の負の部分を受け継いだとはいえない。

確かなのは、ソ連軍政下でソ連の制度とスターリニズムを移植された後、
ソ連本国でスターリン批判が起こったときにそれを粛清でかわしたということ。

あと北朝鮮の全体主義と朝鮮の儒教伝統と結びつける分析は古くは鐸木昌之によって
主張されたもので、専門家の間でもそれなりに受け入れられているが、日本の天皇制との
結びつきは専門家の間では基本的に主張されていない。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 00:59:44.84 ID:CSWcpovEO
>>333 民族の誇りを取り戻すために通名を使うのを止めようと呼び掛けるのはどうでしょうか。日本の役所も創氏改名に等しい、通名の認容も止めて民族の誇りを取り戻すのを支援すべきですね。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 01:46:03.24 ID:nz4q/CRl0
>>328>>329
創氏改名を正しく勉強しましょう。
朝鮮には男系を示す「姓」と個人を示す「名」しかなく、日本の苗字にあたる「氏」がありませんでした。
今でいうところの夫婦別姓のようなものであり、日本式の「家」単位の戸籍管理では無用な混乱が生じる恐れがあるために、
「姓」「名」に加えて「氏」を作ってもいいですよと言う制度で、強制ではなくて任意。
当然、男系を示す「姓」を捨てる必要は無く、日本式の戸籍謄本に「姓」が書かれないというだけのこと。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 02:00:00.31 ID:nz4q/CRl0
「金」系の「日成」さんが創氏しなかった場合、男系を示す「金」がそのまま氏になり、金系の金日成さんになります。
「金」系の「日成」さんが創氏して「田中」とした場合、金系の「田中日成」さんになりますが、
日本風の「田中」と朝鮮名の「日成」では釣り合いがとれないので、その場合は朝鮮名の「日成」を日本風の名前(例えば、「邦夫」)に変えても良いですよ。
と言うのが改名。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/17(日) 02:46:12.33 ID:yTakRTFQ0
>>308
真に国を民族を愛する大和民族の国士は国防と他民族差別をけして混同しない

おまえらは平気で線引きをせず行う。かつて欧米人が日本人をイエローモンキーと呼んだように全く同じ愚行をする。
人間的に、ていれべるwだから一般人の支持が無く、永久にキチ扱い。
それは愛ではなく自分に都合のいい幼児精神のまま体だけでかく理屈っぽくなった、ゆがんだ精神的生産性の無い、無記名大言壮語精神病人
人類的な下等意識後退人アホキチネトウヨはおまえを筆頭にそこに存在する

馬鹿なのかどこまで客観的目線が欠落してるのか。やはり視野狭窄のキチだな

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 17:25:07.25 ID:jkNshH5g0
【日韓】日本由来図書の全容判明 日韓図書協定で外務省調査[04/17]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1303047998/
 「朝鮮王室儀軌」など朝鮮半島由来の図書を韓国に引き渡す日韓図書協定をめぐり、外務省が
調査した韓国政府所有の日本に由来する関連図書の全容が17日、判明した。計100万点を超え、
江戸時代の対馬藩主宗家に伝わり、一部が日本で重要文化財指定を受けている「対馬宗家文書」の
原本が含まれることも確認された。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 00:42:41.11 ID:M4WwX1TX0

だから、朝鮮族の連中は、朝鮮名のままだとシナ人に
「お前、朝鮮人だな」
と言われて商売をやりにくいので、日本名を欲しがった。

また、晴れて日本人になったのだから、日本名を名乗らせろ
という要望も多数あった。密航して日本に潜入しやすいし、
密航後も日本名なら気づかれないからである。

かくして、慈悲深い朝鮮総督府は朝鮮人の創氏改名要求をくみ上げ、
日本政府はこの横暴な要求を認めてあげた。

創氏改名は朝鮮人が望んだことだ。こいつらは喜んで朝鮮名を捨てた。
日本名に変えたくない人間は変えなくてもよい。創氏改名は強制ではなかった。

朝鮮人のうそにだまされてはいけない。




341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 11:23:11.83 ID:JoaH1md40
自発的需要説もあるが>>340ほど得手勝手のことを言うのはネトウヨだけ

ネトウヨの嘘には騙されてはいけない
ネトウヨはあらかじめ自分に都合のいい捏造情報をネット上でばらまいておき
「ネットで真実を知った」という自作自演を行うもののことである
東日本大震災でも朝鮮人、中国人に関するデマをばらまいておいてから
いかにも初めて知った顔で「ネットで真実を知った」とマッチポンプするネトウヨが大量発生した

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 19:59:09.95 ID:VnpodaXM0
ネトウヨしか言えないのかよw

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 21:09:19.36 ID:lbTYWq+q0
>>342
だってこの板で反知性主義のレスするのはネトウヨだけだろうがw

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 21:13:12.13 ID:VnpodaXM0
>>343
>>338とか>>341が知性的なの?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 21:28:01.31 ID:lbTYWq+q0
>>344
「反知性主義」について勉強してからレスしなさい
言葉遣いが悪いのは2ちゃんではデフォだから、問題にならん

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 21:38:55.42 ID:VnpodaXM0
>>345
その反語たり得るのかという質問だが。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 11:44:20.92 ID:jst40c1Q0
>>346
反語って、意味知ってる?

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 22:27:38.46 ID:4tTVnbA80

朝鮮族の連中が、創始改名を強く望んだのは歴史的事実である。

日本政府は仕方なく創始改名を認めてあげたのだ。朝鮮半島を
統治する上で、本当は創始改名は好ましくなく、政府部内でも
根強い反対論があった。

理由は簡単であり、
「日本人と朝鮮族の区別がつかなくなるので困る。当時の朝鮮半島には
徴兵制が適用されていない。しかも、朝鮮族の本土渡航は厳しく制限さ
れている。万が一密航者が現れても、日本名を使用されたら摘発が困難
になる」

ということで、朝鮮族と日本人とを厳しく区別するべき、という反対論も
強かったのだ。








349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 22:30:14.51 ID:4tTVnbA80

だから、国内の反対論を押し切って創始改名を認めてあげた日本政府はひじょうに慈悲深い。
朝鮮人は日本政府に感謝するべきである。

バカには理解できないだろうが。



350 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/04/21(木) 02:07:06.49 ID:bX2XNWg9O
南朝鮮媚びの今の日本社会では南朝鮮の言い分が正しい事になってしまう
というだけの話


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 10:55:02.72 ID:+yllt2zlP
>>348-349
「強制説」と「自主受容説」の二つが論壇で争っているが
お前のはどちらでもない、大日本帝国ご都合主義だ
何か語りたければ史料をもってこいよ
お前馬鹿だろw


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 01:15:04.99 ID:S0AnFy7YO
一部朝鮮人が朝鮮名と日本名を使い分けて大陸で悪さをしていたのは事実だよ

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 01:57:41.91 ID:AhzQLHAFO
朝鮮人は糞だな(笑)

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 08:29:34.64 ID:oFOW4Pxk0
>>351
その通り。
強制だろうが、要望されようがどうあれ政府の都合でおこなわれるのは当たり前のこと。減税だろうが、増税だろうが。
ゆえに、創氏によって「名を捨てさせられた。民族の誇りを捨てさせようとする冷酷な皇民化政策のひとつなのだ」なんてのもオオマチガイ。
なんでもかんでも被害者ぶって否定さえすればいいってもんじゃない。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 09:21:36.06 ID:rGxYu4VDP
>>354
その通り。というなら当時の史料をもってこいよ

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 11:09:44.24 ID:vLzZBymA0
日本人の卑劣さは昔から。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 12:13:16.31 ID:oFOW4Pxk0
>>356
日本人でも、お前とお前の先祖だけだ。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 12:18:32.31 ID:oFOW4Pxk0
まあ、朝鮮族が差別されていたのは確かなコトだ。徴兵制もなく、税率も低い二等国民として半島という温室ですくすくと育てられた。口を開けていれば飯が勝手に口の中に入ってくるという状態。
連中に人権らしい人権ができたのは、対米戦が始まってしばらくしてから。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 12:21:55.68 ID:oFOW4Pxk0
>>355
ご都合主義、ということに賛同しているだけだが?
それとも“この法律は、政府のご都合主義のために発令された”なんていう当時の資料があるとお思いか?

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 12:50:05.96 ID:oFOW4Pxk0
>>329
姓、氏、苗字(名字)、それぞれ別個のものです。
現在では一緒くたになってきていますが、明治期でもまだ区別はついていました。

近衛文麿の苗字は近衛ですが、氏は藤原です。で、姓は朝臣となります。
近衛藤原朝臣文麿、となるわけです。
有名な徳川、織田は苗字ですが、豊臣は氏であり豊臣秀吉と名乗った後も、変わらず苗字は羽柴なわけです。因みに羽柴豊臣朝臣秀吉となる。
現在でも、朝鮮人や中国人の名前の上についているのは、姓であり氏でも苗字でもありません。秀吉でいうところの朝臣のふぶんです。姓というのは、血のつながりであり家のことはさしません。ですから結婚しても変わらないのです。
創氏というのは、血族名を名乗るだけではなく、家の名前も列挙しなさいということなのです。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 15:51:33.15 ID:qPU/Cuik0
>>360
だから何?

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 20:38:18.39 ID:hOk6D23p0
氏をつくることの強制はされたが(創氏)、それは戸籍上のことで普段名乗るのは姓の方で問題なかった。また、申請しなければ姓がそのまま氏とされた。
改名は許可制で、手数料を取られるが朝鮮籍であれば誰でも改めることができた。もちろん、改名しなくてもよかった。
当時でも、大枚をはたこうが内地の人間は氏も名も変えることは赦されず、また姓を名乗ることも出来なかったことからすれば優遇中の優遇だわな。

まぁ、現在の在日がこぞって通名を使っていることから察して、れんちゅうにとって民族の誇りだのなんだのというものを名前に見出してはいないとしか思えんがな。
通名を率先して使っている朝鮮、韓国人に『創氏改名で民族の誇りを傷つけられた』などと口が裂けても言ってほしくはないけどね。

363 :名無しさん@お腹いっぱい:2011/04/22(金) 20:44:29.63 ID:k7Xlwo2t0
ttp://twitter.com/Radomyslsky 韓西満
「たしかに俺はムリヤリ支配したが、おかげでチョーセンは発展しただろ」=「たしかに俺は強姦したが、あいつ途中から濡れてただろ」。
性犯罪者の心理は不思議だ。「襲う前からあいつは誘っていた」と言うのは強姦魔の供述に共通すると聞いたことがある。
それ、戦後(自称)保守派の心理ですよね?


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 01:46:50.93 ID:Cnn/8Yk80
>>363
>たしかに俺はムリヤリ支配したが、

おまえ、当時の朝鮮人が一枚岩だったとでも言うのか?
もっとも、日本だって一枚岩ではなかったが。
国家国民がひとつの意見で統一されているなんて、気持ちの悪い状況があるわけもないだろう。
日本の保護国になることに反対する朝鮮人は大勢いた。
日本に併合されることとなるとさすがに反対する大韓民国の人間は上回るだけいた。
しかし、
同時にそれらに賛同する半島人も同じにいた。
それは日本の側でも一緒のことだ。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 01:59:06.18 ID:x7g8x6Ss0
>>364
そんなのごく当たり前なわけで、程度の問題でしょう。
当時の朝鮮における保護国化〜併合への反対論者に対して、賛成論者はどの程度いたの?そんなの問題にもならないような微々たる数の人だったのでは?

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 21:32:11.15 ID:OvU9OP5vP
>>364
>国家国民がひとつの意見で統一されているなんて
太平洋戦争期の日本がまさにそう
しまいには迷わず自爆攻撃、そしてそれを万歳と喜ぶ一般庶民

やっぱり気持ち悪いわ

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 23:14:02.54 ID:i31fZL1c0
>>365
併合反対、賛成の比率は判らないけど、当時の朝鮮の政治権力中枢に近い賛成派が日本に併合を請願した(或いは日本がその様な形式を採らせた、画策した)。
例えて言えば、今の日本の様に国民がいかに反対しようとも、政治権力中枢に近い少数の意思で中韓への資金援助継続が決定される様なものかも。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 00:10:00.79 ID:ETrUpv3F0
>>365
日本に併合されなければロシアの侵略をうける。それよりは、まだ外観の似ている日本人のほうがいいだろう。口うるさい連中だが、人間扱いはしてくれそうだ。

朝鮮為政者の言葉。
冷静な判断だと思うよ。日本にもロシアにも抵抗しながら独立を実現することは不可能だろうから。落日の清からすら自力では独立できなかったのが朝鮮なんだから。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 00:22:01.14 ID:ETrUpv3F0
>>366
心の底から万歳だなんて死んでいった気持ちの悪いのは、君の先祖だけだ。
他の人間は、こういった気概を内外に見せることで日本を守れると信じて自らの死を受け止めたのだ。その家族もな。
ニヒリズムとか、誤解を承知で言えばやせ我慢といったものを理解できないようだな。

君の目には、
どんな手段をとってでも、成功した人だけが素晴らしく、失敗した人間というのはどんな努力をしていても馬鹿に見えるんだな。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 22:06:08.06 ID:OUqFa6qr0
【国際】「韓国側は非常に残酷」「野獣でさえも彼らのやり方には恥ずかしく思うだろう」北の漁民が韓国で虐待うけたと主張 [04/24]


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 04:12:29.25 ID:yPdiT8TY0
【韓国】「恥辱」高麗時代から朝鮮王朝時代まで続いた“貢女”の実態とは[04/24]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1303615399/

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 10:48:33.51 ID:IbSdfJIvP
>>369
心の底からなんて誰が言った、お前馬鹿だろ
幼少期からの教育で、そういう風に洗脳されてしまっていたと
当時の人間は皆そう言っている
俺のじいさんもだ

心の底から万歳を唱えている方がまだましだな
現実はそれより遙かに気持ち悪いんだよ
お前らが目指している社会もなw

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 10:48:57.77 ID:IbSdfJIvP
なんで日本はアフリカや中東よりネットが発達しているのに
右翼ジャスミン革命が起きないの?
「つくる会」の教科書を全国で採択しろとか
竹島に自衛隊を防衛出動させろとか
大日本帝国憲法を復活させろとかで
国民規模のデモが起きないのはなぜでしょう
ごく少数のサヨク以外はネットで目覚めたはずなのに

答え:ウヨがあまりにもエキセントリックな集団なので
常識あるネットユーザーは避けて通るためです
在特会がじたばたあがいて、やっと1万人をわずかに超えたという
弱小集団がネトウヨの正体です
これでは維珍政党 珍風、が国政選挙を断念するのも当然でしょう
ネトウヨは、彼らが馬鹿にしている左翼(革新)勢力よりも弱体なのです

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 12:39:33.43 ID:fyx5Nl0M0
>>372
みんなが言っているというのは初耳だな。
まあなんにしても、そういうのは、周囲の人間が弁護するにあたって使う言葉だ。洗脳されていた、なんていうことをとうの本人が言うってのはお里の知れるはなし。いずれ卑しい生まれなんだろう。お前の周囲は。
それから、
戦前外交の肯定=右翼=全体主義
なんていう薄っぺらい論法は早いところ改めろよ。明治維新のときから戦前戦中まで、右翼思想というのは危険思想として嫌忌されていた。左翼のように徒党を組まなかったから、取り締まりようもなかったんだかな。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 13:49:56.55 ID:hA+cskaU0
当時は植民地が当たり前な時代で食うか食われるかの弱肉強食。
どちらにしても朝鮮はどこかの植民地になっていただろう。
欧米諸国だともっと残酷な状況だったに違いない。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 14:19:18.46 ID:9j7Bcr8Q0
>>374
反論できずに「お里が知れる」と罵倒だけ
お前の周囲の高貴なるお年寄りはどう言ってるんだ
お前馬鹿だろw

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 14:24:32.72 ID:9j7Bcr8Q0
>>374
さっそく求釈明
>右翼思想というのは危険思想として嫌忌されていた
具体的なソースを出せ
治安維持法のどこに、右翼思想を取り締まれとあるんだ?
そして現に思想犯として監獄送りになった右翼の名は?

5/15事件の時、国民がこぞって快哉を挙げ
減刑嘆願したのはどうよ
どこが危険思想w

お前がなんと言おうと
昭和10年代の日本は、すでに全体主義に染まっていた
これは正史の語るところであり、俺の創作ではない

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 14:44:48.72 ID:IbSdfJIvP
>>374
お前の言いようでは平沼騏一郎大先生も危険思想で逮捕だなw

皇国史観も現人神思想もれっきとした右翼思想じゃないかw

国家総動員法、大政翼賛会、国民精神総動員政策
一般的な歌謡曲を禁止し、戦時歌謡だけを認め、なんてやっていた政治のどこが
全体主義でないのか教えてもらいたい

まったくウヨの反知性主義は破綻だらけだ
何をしに歴史板にくるのだかw

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 15:13:06.99 ID:aCIOkx1XO
とにかく朝鮮はヘタレで弱いから侵略されて当たり前
弱い民族のクセに文句を言うな
戦争に勝った事もロクに無いヘタレ民族が

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 16:37:04.38 ID:9j7Bcr8Q0
とにかく日本は資源と独創性がなくて弱いから、戦争に負けて当たり前
弱い民族のくせにアメリカ様に文句言うな
ヘタレのくせに何かというと戦争だという身の程知らずが

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 17:04:53.07 ID:HiClA8EEO
アホみたいに外国から借金していたんだからその代償に植民地にされても文句言えないだろ
日本からだけで1300万円(今の価値で数千億?)もあったそうじゃないか
借金返せなくなったら家を取られても文句言えないだろ?違うか?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 17:10:22.39 ID:NugLEYdt0
>>381
まあ、「日本は国際正義のために朝鮮を併合してあげて、近代化までしてあげた」と言わないだけマシかw

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 09:10:52.23 ID:XtlxptCOi
>>378
まず、
皇族を祭り上げることと、皇族に政治的権限を与えることは全く別のものだということだな。天皇が絶対的権力者であることは危険であるとされていた。まさに神と一緒だというところだが、君にはそういった微妙な地位というものが理解できんだろうな。神、というものも。
問題ではあるのだが、当時の憲法と天皇の関係には大きな乖離があった。明治帝在位の時から今日まで、天皇の政治的スタンスは毫も変わっていない。帝国憲法下ではできなかったことを現在の憲法でようやく実現しただけのこと。
右翼思想と全体主義はイコールで結びきれるもんじゃない。
それから、総動員法なんていうのは戦時下にでてきた法律だ。そんなことと右翼思想なんぞ無関係。震災からの復興をしようというのに、現存法だけでやりくりできないことと同じ。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 10:21:26.71 ID:XtlxptCOi
>>381
現在の日本が唯々諾々と国民の言いなりになっているのをかんがえると、国債の所為だったのかと解る笑えない話だな。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 10:50:15.93 ID:XtlxptCOi
人は天使のように振る舞いたいと欲しても、そのようにできる者など皆無であるということからも良く解る。
他人の些細な過失を大袈裟に追及するかたわら、自らの巨大な蹉跌はひた隠しにするものだ。あるいは、自分の罪を矮小化するために他者の失敗を針小棒大に吹聴する。
剛悪人に弁護はいらないと熱弁しても、娘の小罪を言い訳には死に物狂いになる。

こういうところでは、人の深い業をみるよね。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 11:58:47.18 ID:Hh2l918D0
>>383
俺は戦時下の政治は全体主義ではないかと聞いているのだが
ついでに言えば、神について論じたいのなら板違いだ
現人神思想が右翼なのか左翼なのか知りたいだけだ。どっちなんだ?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 14:45:00.05 ID:RYbPHc0aO
戦時下だとどの国も似たり寄ったりでしょ
アメリカも嘘戦果発表したり日系人を強制収容所にぶちこんだり大して変わらん

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 18:04:51.33 ID:yHGioxKC0
とりあえず>>372は最後の一行以外は正しいけど、最後の一行が「余計な一言」すぎ。
>>374も「お里の知れるはなし。いずれ卑しい生まれなんだろう。お前の周囲は」とか言うもんじゃない。

>>378
いや、>>374の言いたいのはそういうことより、「戦前外交の肯定=右翼=全体主義」がおかしいんじゃないかってことでしょ。
戦前が右翼思想に基づく全体主義体制であるとしても単純に上記三者を同視できるものではない、と。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 03:41:59.14 ID:yAiCbP2w0
>>386
王や皇帝、日本の場合だと天皇に権力をもたせようというのが右翼思想だろう。
226で昭和維新と称して政治改革というかクーデターをおこしたが、連中がやろうとしていたのだね。
天皇を頂きにおいて、その権威を利用して政治を進めようというのは右翼思想とは言いきれんだろう。現人神なんて言いかたがそのままで、神社仏閣の神様に何ひとつ権限も権利も権力もないことからもわかる。

神や天皇にあるのは、権威だけ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 03:48:02.95 ID:yAiCbP2w0
天皇に権力があったら、日清、日露、日中、日米、すべての戦争はおこっていない。明治天皇も昭和天皇も戦争をすることには大反対だった。

天皇に権力があったら、日本はとっくになくなっていた。明治維新時の為政者も指揮者もそのことはよくわかっていた。だから、右翼思想は危険思想だとされたのだろう。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 03:52:15.43 ID:yAiCbP2w0
キリスト教徒はローマ法王には権威を感じてはいる。もちろん尊敬もしている。
が、すべてのキリスト教徒が自分の住んでいる国の行政をやってほしいとは思ってはいないだろう。
天皇がおかれている立場というのはこれと同じ。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 03:53:31.51 ID:j27zz2vc0
朝鮮人様を殺した罪を償うために、九州を北朝鮮にプレゼントしようぜ。
愛する朝鮮人様万歳。

393 :豚将軍:2011/04/30(土) 20:56:14.86 ID:SrTy9bxrO
九州などいらん!
それより食料をくれ!

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 22:23:12.88 ID:Ud7XBPs90

伊藤博文は韓国併合に強く反対だった。伊藤の死が韓国併合への道を作ったのは事実だ。
デタラメな言い掛かりをつけて伊藤を暗殺した安重根は、韓国消滅の引き金を引いた売国奴である。

こんな馬鹿な低能国賊のどこが英雄なのか?
韓国人の見当違いな犯罪者崇拝は滑稽極まりない。

現代の韓国人は愚昧な民族なのである。
その本質は日韓併合前と少しも変わっていないのだ。



395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 22:29:52.29 ID:xzFoQcel0
>>394
李舜臣の死に方も惨めだったな。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 21:40:41.90 ID:9fb4lCpi0
安重根を崇拝するのは、ビンラディーンを崇拝するのと同じだな。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 09:08:09.82 ID:thyJtKZO0
>>394
>伊藤博文は韓国併合に強く反対だった

死の直前の時期には、併合論に賛成してたってことが研究で明らかにされてるけどな

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 09:16:35.99 ID:kCWJpF2T0
賛成に傾いてはいたが、積極派ではなかったな。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 14:07:27.43 ID:idBSP4QsO
これ本当か?

「蒋介石がカイロ会談で、台湾や琉球と一緒に
朝鮮半島も中華民国の領土として返還を要求した時は
朝鮮人たちがこれで俺達も遂に大中華になれると大喜びしたそうだ」

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 00:00:58.93 ID:/WRnfCGj0
>>397
その説は古い。軍や政府の強硬派をいなしただけの答弁を鵜呑みにしてはいけない。

伊藤博文は徹頭徹尾、日韓併合に反対だった。これは最近明らかになった資料によって証明された。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 14:28:26.20 ID:RIeZBCeb0

★石原慎太郎(平成14年、大阪サンケイホールでの講演)

「例えば韓国の日本の統治の問題。あれは合法的にやって、しかも世界が是として、べつに
外国から文句が出たものでもない。しかも、韓国、朝鮮人が自分たちで選んだ道なんだ。」

「その判断を、ある意味で冷静に評価したのは韓国の大統領だった朴正煕さんだ。私も何度
かお目にかかった。あるとき、向こうの閣僚とお酒を飲んでいて、みんな日本語がうまい連中
で、日本への不満もあるからいろいろ言い出した。」

「朴さんは雰囲気が険悪になりかけたころ「まあまあ」と座を制して、「しかしあのとき、
われわれは自分たちで選択したんだ。日本が侵略したんじゃない。私たちの先祖が選択した。
もし清国を選んでいたら、清はすぐ滅びて、もっと大きな混乱が朝鮮半島に起こったろう。
もしロシアを選んでいたら、ロシアはそのあと倒れて半島全体が共産主義国家になっていた。
そしたら北も南も完全に共産化された半島になっていた。日本を選んだということは、
ベストとはいわないけど、仕方なしに選ばざるを得なかったならば、セコンド・ベストとし
て私は評価もしている」(拍手)。




402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 17:18:30.10 ID:U8CkPyVsP
>>401
歴史修正主義者の放言に(しかも政治家ときている)
何の歴史上の立証能力があるのやら
馬鹿を晒したくなかったら、歴史学者でそういうことを言っている人間を連れてきたら?

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 17:45:53.83 ID:RIeZBCeb0
>>402
朴正煕は歴史修正主義者なのか?違う。朴正煕は愛国民族主義者だ。その発言は信用できる。

俺に言わせりゃ、現代の歴史学者の中で、日本近代史を正当に解釈できている
人間は殆どいない。まともなのはバカ左翼から転向した伊藤隆くらいだろうか?

近代史を比較的正確に解き明かしているのは歴史学者ではない。中西輝政、
櫻井よしこ、渡部昇一、小林よしのり、小堀桂一郎、中村燦といった、左翼歴史学と無縁の人たちだ。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 23:59:13.36 ID:qz28Whj60
>>403
>近代史を比較的正確に解き明かしているのは歴史学者ではない。中西輝政、櫻井よしこ、
>渡部昇一、小林よしのり、小堀桂一郎、中村燦といった、左翼歴史学と無縁の人たちだ。

キジルシばっかじゃん
「左翼歴史学と無縁の」史学会や日本国際政治学会ですら相手にもされない連中

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 00:01:22.20 ID:04ErIlwl0
>>404
>「左翼歴史学と無縁の」史学会や日本国際政治学会

具体的に

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 00:07:44.39 ID:cRDNUmps0
>>405
言葉そのままだろ
この意味が判らんってのは、学問板にいてはいけないもぐりだろ

407 : ◆Q.tHeM26sI :2011/05/08(日) 13:56:02.65 ID:qJblmOmz0
>>403
当時は冷戦時代なんだから、朴正煕は政治家として反共と韓国発展という現実的な課題のために
日本に配慮せざるを得ない立場にあったろう(本人自身が反共・国家社会主義者でもあるが)。

しかし、朴正煕の発言に見える彼の現状認識自体は正しかったろうね。
日本統治時代の社会的・人的遺産と、日本とのパイプを有効利用するのが韓国を発展させる
現実的な方策だという点において。

李承晩はそこら辺が見えてなくて韓国をめちゃくちゃにしてしまった。


まあ、木村幹、海野福寿、堀和生(竹島関連では疑問符がつくが)、宮嶋博史とかはまともな近代朝鮮史学者じゃない?
あと韓国人なら崔吉城、金洛年、李栄薫とか。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 21:17:50.84 ID:Jtm95dhy0
つまり、朴正煕の言うとおり、日韓併合は韓国人自身が選択した道だということ。

因みに、中西輝政、櫻井よしこ、渡部昇一、小林よしのり、小堀桂一郎、中村燦
といった門外の研究者の研究内容は信用できる。左翼の上司におもねる必要も無い
し、自分のポジションを守るために左翼の学界に気を使う必要もない。それだけ、
資料批判も資料解釈も正確だと言えよう。サヨ学者の解釈は歪曲に満ちているのだ。

馬鹿には、伊藤隆が転向した理由が分からないらしい。



409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 03:49:54.58 ID:PwEc2TSX0
>>399
どこまで本当かはともかく、そういうのはあったらしい。が、カイロ会談は最終的に調印されなかったので空文化しています。
朝鮮半島がまっとうに独立したのは現在の二国になってから。属国根性が抜けないね。今なら、日本もそうか。


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 03:55:20.61 ID:PwEc2TSX0
半島の連中が自ら選んだことだということと、日本の統治のしかたの是非は別個で考えるべきだとは思う。台湾の方ではいくつかの美談も聞くけど、半島の方じゃあ聞かないねえ。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 05:18:09.19 ID:zrG2vbjK0
朝鮮総連関係者、火病炸裂!愛国日本人 VS 朝鮮人
http://www.youtube.com/watch?v=LPX5Mn7GZnA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=4Z7_3fSvNMc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=aMgiqIuYUCY&feature=related

なんか笑える 京都のキムチどもとアホの京都府警


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 08:09:38.04 ID:u7/TFl9j0
>>408
>中西輝政

日頃「大発見」を連発しているご様子なんだから、その成果を「左翼の学界」とは無縁な日本国際政治学会
で披瀝すればいいのに、それさえしていない、というかそれすら出来ない

ということは、そういうこと

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 20:18:54.12 ID:0Yc6Qa+x0
韓国の反日デモで「謝罪と補償汁!!」と騒いでた遺族会が詐欺組織として摘発ざまぁああああああ
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1304903144/

・「日本から補償金」3万人だます 韓国の団体幹部ら摘発
【ソウル=黒田勝弘】ソウル市警察当局はこのほど、日本統治時代の戦時動員被害者に対し、日本政府などから補償金を受け取ってやるといって
弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)をだまし取っていた団体幹部など39人を、詐欺の疑いで摘発したと発表した。
被害者は3万人に上る。

摘発されたのは「太平洋戦争犠牲者遺族会」「民間請求権訴訟団」など対日要求や反日集会・デモを展開してきた団体。
古くからの活動家で日本でも知られる梁順任・遺族会会長(67)にも容疑が向けられており、対日補償要求運動にブレーキがかかりそうだ。
発表によると、梁会長らは遺族会や訴訟団など各種団体を組織して会員を募集。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その際「動員犠牲者でなくても当時を生きた者なら誰でも補償を受け取れる」などと嘘を言った例もあり、会員を集めると手当を支払っていたという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
警察発表では、梁会長らはソウルでの日韓親善サッカーの試合のスタンドに約500人の会員を動員し、
日本政府に謝罪と補償を要求する横断幕を掲げる“偽装活動”をしてきたとしている。


414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 02:12:04.30 ID:+UinaAHr0
>>398
終始、ロシアの機嫌を損ねない方向でいきたい人だったらしいからね。
とっくに発言力のなくなったロシア外務大臣と不可侵条約を結ぼうとするくらい必死だった。それも、かなわなくなったから“仕方がない”となった。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 02:15:36.61 ID:+UinaAHr0
それにしたって朝鮮半島の処遇を韓国を抜きで話し合っていたという状態。
いかに半島政府に力がなかったかが伺われる。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 10:04:53.21 ID:JqpmCVdBO
まず、「日本の朝鮮統治は素晴らしかった」という常識から
点検してみるか。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 12:09:07.18 ID:iZq9SMrN0
>>416
リットン調査団

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 18:05:21.16 ID:oZlfPU+SO
>>416
全く常識ではない件

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/10(火) 19:32:40.84 ID:WTeJn99KO
素晴らしいかどうかは知らんが経済的に前より良くなったのは確か
まあ外国から返すあてもない借金しまくって財政破綻状態だった前が異常過ぎたのだが

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 21:37:21.72 ID:t/kqiPwv0
朝鮮総督府の朝鮮統治は百点満点。

非の打ち所のない人道的政策ばかり。

不潔で臭く文化のない朝鮮を、清潔な近代国家にしてあげた功績は大きい。


421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 21:43:33.16 ID:t/kqiPwv0

「創始改名=姓名変更」も朝鮮人が望んで得た権利であり、強制ではなく、『希望者が申請すれば
日本式の名前を与える』という制度である。

日本からの好影響を一切認めたくない朝鮮人でも、さすがに使用言語を変えるわけにはいかないので、
日本に広めてもらったという事実が我慢ならないのだ。だから「日本は韓民族からハングルを奪った!」
と決め付け、「優秀な韓民族は自ら勉強し、ハングルを独力で習得した」と言い張るのである。


日本人の感覚ではこのような朝鮮人の見栄や虚勢は愚かで稚拙と感じることと思う。




422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 21:53:32.69 ID:t/kqiPwv0

ハングル文字は、朝鮮総督府が広めたものです。

創氏改名は朝鮮人が望んだ制度です。



423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 20:10:27.82 ID:FxSQzQvt0
朴慶植氏遺族

日本の植民地統治時代の創氏改名とはなんだったのかを知ることのできる貴重な原史料が
在日韓人歴史資料館(姜徳相館長、韓国中央会館別館)で展示されている。
歴史家で、在日同胞史研究の第一人者だった故朴慶植氏の遺族(調布市)が寄贈した。

1940年に大分県知事名で出した尋常小学校本科正教員免許状は本名「朴慶植」の上に赤い筆で2本の線を引き、
その隣に「慶尚北道 青木慶雄」と書き記してある。

極めつけは1944年に日本大学高等師範部地理歴史科を卒業して取得した歴史と地理の中学校教諭2級普通免許状だ。
表には創氏改名後の「青木慶雄」の名前。裏面に「日本帝国臣民にあらざる者に対しては私立学校においてのみ有効とす」としてある。
在日韓人歴史資料館では、「これは皇民化政策の下、
日本人への同化を強要しながらも依然として民族差別政策をとっていた一端をあらわす」と、注釈を加えている。

朴慶植氏と親しかった姜館長は、「日本の創氏改名の真の目的は差別を残すことだった。
本名を禁じられた屈辱と怒りが朴さんの歴史学研究の出発点となった。
麻生太郎氏(当時、自民党政調会長)の『創氏改名は朝鮮の人が名字をくれと言ったのが始まり』という言説がいかに嘘っぽいことか」と述べた。

朴氏は1922年、慶尚北道生まれ。主な著書に『朝鮮人強制連行の記録』(65年)、『解放後在日朝鮮人運動史』(89年)などがある。
在日韓人歴史資料館では、来年の生誕90周年に向けて企画展の開催を検討している。

(2011.5.11 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=12&category=3&newsid=14402

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 21:47:25.68 ID:Og0RcM6t0
以上、民団新聞の反日プロパガンダでしたww



425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 21:51:36.90 ID:Og0RcM6t0

差別を残すのが目的なら、創氏改名などという紛らわしい手段は用いない。

麻生の言っていることは正しい。

「差別ニダ」で洗脳された在日ちょんは常識で判断できないようだw



426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 21:56:07.95 ID:FxSQzQvt0
>>425
>差別を残すのが目的なら、創氏改名などという紛らわしい手段は用いない。

うんうん、で、台湾人や朝鮮人には内地戸籍とは別の台湾戸籍・朝鮮戸籍ってのがずっと使い続けられてたことは知らないんだろ?

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 22:18:22.21 ID:Og0RcM6t0
>>426
内鮮一体には時間がかかる。朝鮮人は大日本帝国に忠誠を誓った訳ではないのだ。
徐々に時間をかけて日本様式を叩き込み真の日本人として天皇陛下に忠誠を誓わせる必要がある。

もちろん、創氏しようが改名しようが当人の勝手だ。だが、そもそもの原点は朝鮮人
からの要望である。「中国人にバカにされたくない、日本人になりたい」

これが創氏改名の原点なのだ。バカには分かるまい。



428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 22:26:30.81 ID:Og0RcM6t0
創氏改名が皇民化教育の一環だった、という大嘘

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 22:42:17.80 ID:FxSQzQvt0
>>427
>徐々に時間をかけて日本様式を叩き込み真の日本人として天皇陛下に忠誠を誓わせる必要がある。
>これが創氏改名の原点なのだ。
>>428
>創氏改名が皇民化教育の一環だった、という大嘘

自分でも何を言っているのか理解すらしていないという、典型的な事例だなw

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 06:10:40.57 ID:E9B0/lKLO
「完全に同じ名にするべき」派と
「区別は残すべき」派があったよな。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 07:02:13.73 ID:BRQ/LIqV0
そこで出てくる大問題
馬鹿ネトウヨには理解が出来ないようだけど

http://www.mammo.tv/interview/079_OgumaE/

――しかし、言葉の通じない人間を日本人に新たに組み入れるには、「日本人とはこう
だ」という規準を明確にしておく必要があります。

 朝鮮人や台湾人を同化する必要性が最も高まったのは、太平洋戦争時です。1944年の戦
争末期に朝鮮人を徴兵し、3ヶ月ぐらいの軍事訓練期間しかないのに、そこに日本化のプ
ログラムを組みました。識字率を高めるため、兵営の中に「いろはにほへと」を貼ってみ
たり、座敷に座らせてお茶をたててみたりした。けれど、軍はどうすれば彼らを日本人ら
しくさせられるかわからない。
 結局は、日本語の標準語を話せ、天皇陛下万歳を言わせる。日本人の条件とは、そのふ
たつしか思いつかなかったわけです。

――植民地の宗主国で、天皇に対する忠節といった目に見えない忠誠心を国民の条件とし
たのは珍しいのではないですか。

 イギリスだと忠誠心を獲得するにも、支配地域の全員ではなく、ごく一部の地主や貴族
を対象にしました。そこで一番の核になるのは文明の権威で、それに対して忠誠を誓わせた。
 その上で、ごく一部の現地人を留学生として宗主国へ連れ帰りました。これだと日本の
ように現地にたくさん学校をつくるよりもコストは安くすむ。イギリスやフランスで、今
でも留学制度や奨学金が発達しているのは、そういうわけです。

――欧米は輝かしい進歩の証、文明の力で被植民地人の忠誠心を調達してきたわけですが、日本にはそういう文明がありませんでした。

  日本が文明化を掲げたら、「じゃあイギリスやフランスに植民地化してもらったほうがいいじゃないか」という話になってしまう。
 そこで何を持ち出すかとなると、結局、天皇と日本語です。権威の源泉を文明に置けな
いので、日本人であるとは、天皇を敬い日本語をうまく話せるかどうかしかないわけです。

──では日本語が巧みで天皇に対する忠誠心があれば、日本人と認められる。

 ところが、そういうわけでもない。1940年前後、そういう朝鮮人が現れます。朝鮮総
督府のまとめた文書には、古事記や日本書紀を仔細に読み込んで日本の右翼を論破するよ
うな人の存在が報告されています。為政者はそういう人を歓迎するかというと非常に嫌が
る。
 後に志願兵制度ができたとき、血判を押して軍への入隊を志願する朝鮮人が現れます。
その背景には差別の中、立身出世の限られた手段として軍を捉えていたこともあったでし
ょう。
 いずれにしても、そうした血書志願がたくさん出てき、軍は最初こそ喜びますが、やが
て快く思わなくなる。地に着いた愛国心に見えないというわけです。
 朝鮮人の親日派の中には、「天皇陛下万歳」と言って死んでいく朝鮮人と、日本人の共
産主義者ではどっちが日本人らしいのか、と問題提起する人も現れます。そういうことを
尋ねられると非常に困ってしまうわけです。
 結局、朝鮮総督府や軍が持ち出した理由は、「地に着いた日本人意識ではない」という
理由です。では「身についている」とは、どういう状態を指すかと言えば、はっきりしない。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 17:37:51.23 ID:QI/9rWe3O
ベルギーのコンゴやフランスのベトナム
オランダのインドネシア、イギリスのスーダン
、ドイツの東アフリカよりは遥かに人道的

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 19:49:34.33 ID:E9B0/lKLO
>>431

>地に着いた=カルトウヨ思想を洗脳されていること。

自分で主体的に学び取った知識は邪魔とされたということだね。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:01:47.92 ID:CNPz/bhK0

そんなに創氏改名が嫌なら、当然通名使用は禁止だな。それが筋。

喜んで通名を使っている在ちょんに「創氏改名」を非難する資格は無い。




435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 21:25:02.64 ID:A/Jzw8fXO
ともかく、今はエラいことになってるらしいなあ。

【北朝鮮】北朝鮮、要求拒否の在日出身者を処刑する背景[05/04]
http://orz.2ch.io/p/-/kamome.2ch.net/news4plus/1304518765/
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304518765/

ムシされ
ムシられ
ムシけら扱いの
パンチョッパリ

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 00:48:05.88 ID:eRWXX3W/0
>>434
気分しだいで強制したり禁止したりコロコロ変えるほうが筋が通ってないです。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 01:51:26.65 ID:zkEK86geO
コロコロ名前を変えるのは朝鮮人から始めたことだよ
大陸で日本名と朝鮮名を使い分けて悪さしていたと永田鉄山が言ってた

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 20:04:03.21 ID:s94n9gmI0
>>422
そういうことを“日帝の野望”と称して被害者ぶるから、「日本の支配は苛烈だった!」と言われても……。
恩恵は恩恵、被害は被害、としないといかん。
白色テロの首謀者ではあるが「蒋介石のおかげで台湾は赤化されずにすんだ」と良い評価もするのが台湾人。半島人にはそういう思考はないんだよな。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 21:06:21.66 ID:NhphDJRx0
>>438
日本の降伏が遅かったから、国土が分断されて北半分が赤化されたのが朝鮮だろ
連中にそう言って欲しいってことか

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 21:49:07.00 ID:wfn0aJvsO

☆近代の戦争は、日本が朝鮮のス―パー堤防になってやったんだよ!



441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 21:59:18.05 ID:pE9QoJHD0

★感謝しろって?w

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/15(日) 22:50:01.04 ID:hsWa/O/l0
あらゆる面で、韓国人は日本人に感謝するべきだろう。

特に在ちょんは、通名使用を許可されて日本人になりすまし、でかい面してるんだから
多いに感謝しなければならない。通名使用禁止で在ちょんであることがばれたら困るだろ?

丁度、朝鮮総督府の統治下で、創氏改名制度によって日本人成りすましが可能になった
お前らの先祖と同じだ。共通点は、通名使用も創氏改名も本人の自由な申告によるもの。

通名使用も創氏改名も、強制したことなどまったくない。
馬鹿は歴史に疎い。



443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 01:12:11.87 ID:EjCFqgjp0

韓併合時、大韓帝国皇帝は無能だったし、王妃は宮廷から一歩も出ず占い三昧。
皇帝の父は気に入らない人間を殺しまくり、廷吏たちは皇帝の顔色を伺うねい臣
ばかり。挙句、日本につくかつかないかで揉める有様。

貴族は民衆に酷い仕打ちを繰り返し、暴力以外の抵抗手段を持たなかった農民たち
は各地で暴動三昧。大韓帝国に独自文化はなく、すべて宗主国・シナの劣化コピー。

そんな土人の国に「独立国家として生きていけ」といっても、そんな覇気は全くない。
日本に併合されて近代化されたのは、朝鮮土人にとっては素晴らしいことだった。

日帝36年は、全ての朝鮮人が物質文明の恩恵と人間らしい生活を享受できるように
なった、歴史上最も輝かしい時代だったのである。



444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 07:50:37.09 ID:W1zQ2kAPO
総督府が次第に下の行政単位にまで改名のノルマを課していったんだろ。

>>442
>通名使用禁止で在ちょんであることがばれたら困るだろ?

なんで在日が「困る」と考えているんだろうね?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 08:16:41.93 ID:5A6ujwQc0
>>443
>貴族は民衆に酷い仕打ちを繰り返し、暴力以外の抵抗手段を持たなかった農民たち
>は各地で暴動三昧。大韓帝国に独自文化はなく、すべて宗主国・シナの劣化コピー。
>そんな土人の国に「独立国家として生きていけ」といっても、そんな覇気は全くない。
>日本に併合されて近代化されたのは、朝鮮土人にとっては素晴らしいことだった。

ヨーロッパ各国がアフリカアジア諸国を植民地化していく時の「文明化」の理論って、まさにそういうものだったけどな

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 09:28:51.87 ID:dkjJ369gO

朝鮮人が甘ったれてるって事だろ!



447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 13:58:17.89 ID:xTuy+3JQP
まあまあ、ゴキブリはスルーして、史実に基づいた話をすればいいと思うよ

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 01:57:27.47 ID:oCAaF3TiO
まああのまま放置していたら

財政破綻→ハイパーインフレ→大量餓死者

のコンボで終わっていたろうな
そして今の北朝鮮みたいに外国に脱出しようとする奴が続出
しかし今と違ってどこの国も受け入れないだろうから死ぬしかない

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 06:15:12.83 ID:sJObS+lrO
日本側はどういう思惑があって併合したの?

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 12:45:42.20 ID:CmtTeIG+O
中学校の社会科からやり直しなさい。

451 :よしみ:2011/05/17(火) 14:40:41.88 ID:uC2YTUQuO
ヨーロッパ留学したときにどこの国でも韓国の話題になると中国みたいな日本みたいなよくわからない国って言ってたよo(^-^)o

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 19:34:54.37 ID:bUEIte7V0
【村田春樹】これでも謝罪しますか?韓国反日記念館の実態[桜H22/8/31]
http://www.youtube.com/watch?v=dh9G97HTD64

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 19:35:16.81 ID:bUEIte7V0
【韓日関係】「在日朝鮮人帰国事業の阻止せよ」 李承晩の指示を受け日本に密航した工作隊[04/30]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304154173/
「北送阻止工作事件」は、当時の李承晩(イ・スンマン)
大統領の指示を受けた内務部(省に相当)治安局が、日本政府による帰国事業を阻止するために
主導した事件だ。治安局は1959年9月、警察試験合格者24人と在日学徒義勇隊出身者41人、予備
役将校1人の計66人からなる工作隊を結成し、日本に送り込んだ。帰国事業を阻止する手段を探って
いた韓国政府が選んだ「最後の手段」だった。
 当時、警察の幹部試験を受験し、合格の知らせを待っていたキムさんは「国のために特殊な仕事を
することになる」という通知を受け取った。ソウル市内の牛耳洞渓谷にある訓練場に、工作員66人が
集められた。工作員は3個小隊に編成され、暗号の送受信、爆発物の設置など工作員教育を2カ月間
受けた後、7回に分けて日本に密航した。キムさんに与えられた偽名は「キム・ソクチョン」だった。
 59年12月12日午前、馬山港を出港した。船底で約30時間じっと待機した末、広島の呉港に到着した。
在日韓国・朝鮮人975人を乗せた第1次帰国船が新潟港を出発した日だ。工作隊の任務は、当時の
岸信介政権の指示を受けて帰国事業を主導していた日本赤十字社の建物を破壊すること、帰国事業
を担当していた日本側要員の暗殺、帰国船が入港する新潟港に通じる鉄道線路を破壊することなど
だった。密航の過程で、風浪により12人の隊員が命を落とした。
 残りの隊員たちは隠れ家を用意し、工作活動の準備を進めていたが、韓国政府の関心は時間と
ともに薄れていった。
 治安局は当時、工作員の帰還のため極秘に船を派遣したが、日本の警察に発見され、60年5月3日
にキムさんら24人全員は下関で逮捕された。工作員らは長崎刑務所に6カ月ほど収監された後、
61年に韓国に強制送還された。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 19:35:30.64 ID:bUEIte7V0
【サーチナ】韓国BBS:韓国語のほとんどは、実は日本語が語源!?[05/03]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304390404/

●グレコローマン
  韓国の国語辞典に登載された単語のうち、日本語が語源となった言葉を抜いてしまえば
1/3は減るだろう。哲学と言う言葉も日本語だ。

●無限者
  みなさんが学生時代、熱心に覚えて勉強した英語の文法用語や数学用語のほとんどが日本語
です。日本の教科書や参考書をそのまま引き写したからでしょうね。そして工学系列の専門漢字
語もすべて日本語。問題は、韓国の基礎科学が発展していないからだ。今も新技術と用語が日本
から入って来て、そのまま使われる。もちろん技術が発展するほど、外来語がよりいっそう多く
なるが。国力の基礎になる技術は、自主的に努力して開発しましょう。

●子ども無理
  自国語はほとんどないと思っても構わないのかな。大体が漢文や日本語が元になった言葉
だね。むしろ北朝鮮側の方が、国語表記が上手かもしれないな。他のものはよくないけど、国語
表記だけはうらやましく思うよ。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 19:35:41.99 ID:bUEIte7V0
【台湾】八田与一技師:「台湾農業の恩人」…台南に記念公園[05/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304912099/

【台湾】馬総統「私は反日ではなく友日派」[05/09]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1304910813/
石川県出身の八田与一(1886〜1942)は日本植民地時代の台湾で、東洋一といわれた
烏山頭ダムを建設、水路を整備し、干ばつに苦しむ台湾南部を一大穀倉地帯にした。台湾では
歴史教科書に登場する。

馬総統は「台湾が日本に割譲されたのは歴史の悲劇だが、日本が台湾を統治した50年に重要
なインフラ建設があり、貢献は無視できない」「八田をたたえることは植民地支配を美化する
と批判があるが恩讐(おんしゅう)を分ける態度が必要だ」と述べ、最後に「私は日本の最良
の友人」と言い切った。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 01:06:18.17 ID:yj1ur6/zO
破滅するかどこかの国に呑み込まれるかしかなかったんだからどうにもならんわな
朝鮮にとって最悪の中の最良の選択だったんじゃないかねえ日本に併合されたのは

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 01:40:06.86 ID:VDCKQFFZO

残酷と言うのは、アメリカンインディアンみたいになる事だよ!



458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 02:32:37.83 ID:uz70jt3q0
近代植民地と前近代の植民地を比べるのはおかしいかと。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 03:07:05.11 ID:B7wbvOvD0
>>444
通名の使用禁止に困らないなら、はじめから通名なんか使わないだろ?

強制だった創氏によって朝鮮姓を失うことはない。姓と氏は別物だから。
改名は申請であって強制はされてない。

創氏法も改名法も朝鮮族が困ることなどない。恩恵はあってもな。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 08:55:45.76 ID:jMNx5acr0
>>459
でも戸籍は朝鮮籍という区別したもののまま

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 12:39:53.86 ID:FLmtwchq0
>>460
区別してあってなんか不具合でもあるんかい?
それに、
誇りがどうのこうのとめくじらを立てて言うくらいなら、分けてあったほうがよかろうにな。


462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 23:30:07.61 ID:jMNx5acr0
>>461
ぷ、自分で普段言ってることとの整合性とれてるのか、見直して美レやw
小熊さんの「平等即差別」を思い出すな

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 01:41:44.00 ID:jvz5TNSM0
 

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 02:12:20.56 ID:ILuorcf80
 

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 02:54:13.29 ID:m4BAEB3i0
創氏と改名を一緒くたに語っているパターンが多いけど、この二つの法律はその目的がまるで違う。

大和人の氏(苗字)-名に対して本姓-名である朝鮮族を戸籍管理するのに氏を持たせる必要があった。明治維新までは大和人も持っていた本姓というシステムを朝鮮族の為に一部復活させたわけだ。

織田平朝臣信長 おだたいらのあそんのぶなが
(氏) (本姓)(名前)

朝鮮は夫婦別姓の習慣だから『家の名前は何なんですか?』ということになっていたからだ。
ようは、血族名(本姓)は持っていても、家名(氏)をもたない朝鮮族に家名を設定したわけだ。
戸籍管理という目的があるから強制する必要があった。強制ではあったが、とうぜん一定の配慮もあった。
馴染みのある朝鮮風の氏を名乗ることの禁止をしてはいなかった。普段の名乗りは、本姓-名前、を禁止していなかった。
そして、期間内に手続に来ない家の氏は家長の本姓をそのままスライドさせたわけである。妻は夫と本性を違えたまま、氏は同じということになったわけである。
溯り、平民苗字必称義務令で大和人からは本姓を奪いながら、朝鮮族にたいしてそれをすることはしなかったのが日本政府である。


改名法は異なり、これはむしろ朝鮮族からの要望が実現した法律と言っていい。
つまりは、大陸で商売をする場合『朝鮮系の名前だと中国人に侮られる』ということだ。
むろん『内地でも差別されることがあった』わけで、それに対しても朝鮮族を朝鮮族と周囲に認識させにくくして差別をされないようにすることが日本政府の目的だった。よほどの理由がない限り改名を認められない大和人に比べたら、格別の配慮だというべきだろう。
だから、申請とされたのだ。同じ改名でも台湾族に対しては許可制であった。
この法律において、朝鮮族は優遇されていたと言っていいだろう。
今日の通名などというのは、さらにこれがゆるくなって朝鮮人に有利になっているというのは周知の事実だ。

創氏改名、この二つの法律をさして、なんで朝鮮族が被害者と言えるのかわからない。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 07:39:21.62 ID:nYR7bGBP0
>戸籍管理という目的があるから強制する必要があった。

朝鮮人台湾人を別戸籍にするなんてのは、創氏改名のずっと前から行われてるんだが
朝鮮戸籍法の施行は1923年だな

相変わらず時系列無視や因果関係無視の適当な話だな

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 09:08:07.49 ID:mbYJcBfX0
>>466
戸籍管理が“しやすいように”といちいち言い直さにゃならんのかな。

朝鮮人様の特権。
徴兵の免除、
改名の自由、
他の日本人は奪われた姓を持つことの自由。

まるで揺り籠にいれて、口もとまで食事を運んでもらえるような高待遇だったのに、何の文句があるんだろうな?

朝鮮族になかった自由なんてのは、内地への渡航に制限が加えられてたことくらい。それにしたって、禁止されてたわけじゃない。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 09:32:29.55 ID:nYR7bGBP0
>>467
>戸籍管理が“しやすいように”といちいち言い直さにゃならんのかな。
よしんば戸籍管理がしやすいようにするためだったとして、それに20年も必要なのか?w


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 00:15:03.44 ID:KwuPPKY2O
とにかく在日チョンは日本から出てけコラ


470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 01:32:17.27 ID:yiT3k4T60
徴兵もまぬがれている当時の朝鮮人、
部落差別に対して策を講じなくても、朝鮮人の対差別政策はする日本政府、

まさに揺り籠にいたようなもんだな。
行政関係者はともかく、一般庶民が保護されまくっている朝鮮人をどう思っていたのか興味がわいてくるね。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 01:39:16.70 ID:yiT3k4T60
徴兵もまぬがれている当時の朝鮮人、
部落差別に対して策を講じなくても、朝鮮人の対差別政策はする日本政府、

まさに揺り籠にいたようなもんだな。
行政関係者はともかく、一般庶民が保護されまくっている朝鮮人をどう思っていたのか興味がわいてくるね。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 01:45:27.53 ID:3wi2AH6V0
>一般庶民が保護されまくっている朝鮮人をどう思っていたのか

労働史研究では、朝鮮人だってことで給与水準が内地人の給料の5割程度だったことは明らかにされてるけどな

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 01:46:36.03 ID:EQ5iYvb/0
>>470
幼い時の婆さんはタッパがあってそれをだしに朝鮮人にいじめられたから、大嫌いだと言っていた。
翻って、
幼い時の爺さんは、背が低くていじめられていたが、それを朝鮮人が守ってくれたから頼りになって好きだと言っていた。
内地での一部の意見はこんな感じ。
当時の大人はどう思っていたのやら。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 01:49:36.76 ID:EQ5iYvb/0
>>472
現在でも全国で賃金にはずいぶんな差がある。地域経済の問題もあるから、一概にどうこう言えるもんでもないだろうけどね。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 08:55:12.86 ID:3wi2AH6V0
>>474
同じ職場で働く日本人と朝鮮人の給与に明らかな民族差があったという話を、地域差の問題にミスリードしようとする稚拙な工作乙

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 10:09:21.55 ID:p2a7pM6dO
現在でいうと、選択的夫婦別姓みたいなもんなの?

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 13:32:48.72 ID:GWZhMntqO
>>475
全く同じ条件でないと比較しようがないのでは?
学歴や雇用状態や職歴などなどあるから
今でも正社員と派遣では同じ仕事をしても給与格差がある

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 14:56:22.12 ID:D18RR17C0
>>476
当時はまだ、本姓と氏に区別があった。
本姓とは、
天皇から賜わるもの。
半島では神から賜わるもの(本貫とも)。
氏とは、
自ら名乗るもの。
半島では定着しなかった。


北朝鮮の金日成さんの金は本姓。

日本の近衛文麿さんの近衛は氏。
ちなみに近衛文麿さんの本姓は藤原
よって、近衛藤原朝臣文麿となる。

結婚によって氏は変わるが、本姓は変わらない。
室町時代に日野富子という女性がいた。
彼女は足利将軍家に嫁いだので、足利富子とはなったが、本姓が源になったわけではない。

明治維新の改革の中で、平民が氏なり苗字を名乗ることが義務づけられた。このときに本姓を名乗ることは禁止される。が、創氏法では、朝鮮人のそれは禁止されなかった。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 15:47:01.58 ID:0YashVGA0
日韓併合の前年までは朝鮮人に対する刑法は帝国刑法じゃなくて朝鮮の固有法だったし
朝鮮の警察は統監府の指令下にあったけど司法体系は朝鮮法にもとづくのが原則だった。
で、朝鮮法では即決裁判(警察が司法の役割を果たす)だったから、裁判なしで投獄とか処刑とかあった。
こういう事情があるので朝鮮国の欧米への治外法権は日韓併合によってようやく実現した(日本では
1890年代に進んでたが最終的には日米通航条約1894、1911により完全撤廃。


らしい。なお、併合後のいわゆる「憲兵警察」はこの朝鮮の固有の事情をある程度くんだものだったが
帝国憲法が適用されるから司法手続きによらなければ投獄とかできなくなった。当時の国際外交における
朝鮮の地位を考えれば、日本による「余計なお世話」でようやく文明国の地位を得たというのが正しい。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 15:53:14.08 ID:0YashVGA0
台湾の華僑たちは自分たちが放置されながら支配されてきた清から売られた先の帝国が
いかにおせっかいで良くしてくれているか即座に理解したが、朝鮮人は併合から100年たっても
まだそれが理解できない。どこまでも他人にまつろうということを知らぬ野蛮人なのである。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 16:47:11.24 ID:odEpCGJ90

例えば、台湾では烏山頭(うさんとう)ダムなどのかんがい施設を建設した八田与一技師
(1886〜1942年)の功績をたたえる記念公園を作ったりしている。台湾の発展に
大きな貢献をした八田技師の功績は教科書にも記載され、後世まで語り継がれる。

ダム完工後、台湾人によって八田技師の銅像が作られ、戦時中の金属供出からも台湾人は
隠し通し、終戦後大分たってから元の場所に戻された。

朝鮮の経営にも大きな貢献をした人はいただろうが、朝鮮人はその功績を抹殺し、後世に
伝えなかったので完全に忘れ去られた。朝鮮人は民度の低い恩知らずなのだ。




482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 16:56:57.93 ID:odEpCGJ90

現代の朝鮮人は「日帝36年の支配は暗黒時代だった」と決め付けるが、それが
嘘であることは、日本統治時代を生きた古老たちの証言を読めば明らかである。
古老たちは、故郷の発展を素直に喜び、立派だった日本人教師を懐かしみ、近所
に住んでいた素敵な日本人のおじさん・おばさんの思い出などを語るのであった。

だが、祖国が併合され消滅したという事実に対してはやはり複雑な思いがあるようで、
正直、出来ることなら独立を維持したかったという願望が随所ににじんでいる。

日韓併合は時流の流れだが、喜べない・残念・辛い、というのが当時の人々の心情のようだ。




483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 17:07:19.88 ID:odEpCGJ90

併合反対派の重鎮・伊藤博文が、バカテロリストに暗殺されたことで、日韓併合は一気に
進むこととなった。それでも、日本は国際法に則って、平和的に粛々と手続きを進め、欧米
列強が驚くほどの丁寧なやり方で大韓帝国を併合し消滅させた。

もちろん、日韓併合に異を唱える国はひとつもなく、国際法上完璧に合法な併合であった。

朝鮮人は、この「合法的併合」に異を唱えることが出来ないため、悔し紛れに「日帝36年は
暗黒」と言い張っているに過ぎない。そして「朝鮮人の心を傷つけた」という感情論に持ち
込んで日本人に謝罪を迫る。日本は何も悪いことをしていないのだから、謝罪などしてはい
けない。法律論を感情論に摩り替える卑怯なやり方に付き合ってはいけない。

日韓併合は「合法」だった。だから少しも犯罪的ではないのだ。よく覚えておけ。




484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 17:16:47.26 ID:odEpCGJ90

最後に一言。茶番として悪名高い東京裁判でも日韓併合は取り上げられた。バカチョンは
残念だろうが、東京裁判で「日韓併合は侵略ではなく合法」とされた。だから日韓併合に
関しては、日本政府として謝罪も賠償も必要ないというのが結論だ。

一昔前は歴代総理が就任のたびに韓国に謝罪するような政治的発言を行ってきたが、愚行に
過ぎない。日韓基本条約に日本の謝罪は全くない。賠償もない。必要ないからだ。そして、
この条約で過去はすべて示談が成立した。

済んだことを蒸し返して謝罪を迫る歴史知らずの馬鹿は、指差して笑ってやれ!!!!




485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 19:28:21.32 ID:p2a7pM6dO
まあ、日本も戦後アメリカに助けられて発展したわけだし、
朝鮮が日本のおかげで発展したとしても不思議は無い。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 23:01:54.21 ID:3wi2AH6V0
>>477
>全く同じ条件でないと比較しようがないのでは?
わざわざ気を回してくれてご苦労なんだけど、素人に言われるまでもなく、労働史研究者は、
同一工場での同じ肉体労働で日朝間に賃金格差があったことを論証しているんだが

>今でも正社員と派遣では同じ仕事をしても給与格差がある
になぞらえて単純化して言えば、日本人は日本人というだけで正社員に、朝鮮人は朝鮮人という
だけで派遣に、という待遇差があったという話をしているんだが

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 23:53:44.07 ID:GWZhMntqO
それは民間?公務員?それとも全部?
民間ならその経営者がそういう奴だっただけの話かも知れないし同じ仕事をしていても学歴や職歴とかが違っていたのかも知れない
経営者が朝鮮人でも同じだった?
それと一つの工場だけではサンプルにならないのでは?
あとその研究に何らかの意図が入っていた可能性は?

というか・・・・比較するなら公務員でのみやるのが適切じゃないの?
民間の場合だと企業によってバラバラだから比較対象ならんと思うんだよねえ

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 00:16:32.63 ID:In+gfMxp0
>>487
ぷw

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 00:30:37.46 ID:5cIRs4a70
内地出身者 → 一等国民
半島出身者 → 二等国民
台湾出身者 → 三等国民

二等、三等国民は選挙権もなければ徴兵制も適用されない。
選挙権のことをピーピー言う輩も多いが、一等国民にですら一部の者にしか選挙権のない時代。
そして、選挙権はなくても一等国民には徴兵制があった。二等、三等国民は志願者しか兵になる必要のない時代。
>>467が皮肉るような好待遇ではないにしても、「二等国民と三等国民のために一等国民は血を流せ」ということだからな。
さらに、こんにちの投票率の低さからしてみれば、日本人が選挙権にたいした利益を感じていないことは明白。

このように差別はたしかにあった。が、“政策としての差別”がどれだけ半島の人間や台湾の人間を虐げていたかというと疑問である。
まして『日本はひどいことをした』などという連中が言うほどのレベルのものだったか、というと甚だ疑わしい。

役人という意味では、士官・将校に朝鮮族がいたという事実からも『朝鮮族は差別されていた』などとは言いきれるものではない。

こう言ってよければ“民間のレベルでしか”朝鮮族は虐げられていなかった。
もっと言えば、政府の言うことをきかず差別しまくっていた民間人がいたということだ。

反省せにゃならんとすれば、それら民間人だしその子孫だろう。
こんなところで『日本人は反省するべきだ!』などと言ってないで、自覚があるなら自己資産で反省行脚にでも行くなりすればいい。勝手に。
無自覚で無実の人間やその子孫、そして政府まで巻き込んでほしくはないものだ。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:14:16.48 ID:In+gfMxp0
>>489
>役人という意味では、士官・将校に朝鮮族がいたという事実からも『朝鮮族は差別されていた』などとは言いきれるものではない。


じゃあ、植民地現地民から国会議員を出してた英仏は、日本以上に差別してなかったってことだわなw

イギリス統治下で英国下院に選出されたインド人
http://en.wikipedia.org/wiki/Dadabhai_Naoroji
http://en.wikipedia.org/wiki/Mancherjee_Bhownagree
http://en.wikipedia.org/wiki/Shapurji_Saklatvala

フランス国民議会の植民地選出議員。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssmh/information/document/426matsuda.pdf

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:18:22.85 ID:uZ+Prfb40
論点ずれとるな

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:20:59.46 ID:In+gfMxp0
>>491
そうかね?
朝鮮人や台湾人には独立を求めるグループの他、国会への議員選出を望んでいたグループも存在してたし、日本はそのどちらも粛々とおとこわりした

それを知ってると英仏の懐の広さに驚かされる
勿論植民地現地民の将校もいるしな

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:43:46.14 ID:5cIRs4a70
>>490
いいんでね?
朝鮮人が大騒ぎするほどの事例はどの国の植民地にもなかったんだから。
抵触しなけりゃ集会もOKだし結社も許された。東北地方をさしおいて半島には投資もされた。
満州建国後は、満州にまで投資した。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:45:51.41 ID:zbJ2uIWj0
ようは、朝鮮人の被害妄想が病的だってことだろ。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:47:40.82 ID:zbJ2uIWj0
法的に言えば、よっぽど部落連中の方がかわいそうってことだ。
差別をしにくくする法律も作られずにほっとかれたんだからな。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:49:03.80 ID:zbJ2uIWj0
>>492
植民地としての歴史が長いから可能。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 02:49:01.79 ID:PV4tbA320
左翼はほんとウリスト教そっくり
戦後嘘八百つき無知な国民をマインドコントロールして
在日の違法行為、悪事、ウリスト教、北の拉致、麻薬とあらゆる事を助けてきた
これによって被害にあった日本国民は膨大だね

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 06:49:07.42 ID:In+gfMxp0
>>493
>東北地方をさしおいて半島には投資もされた。
どこの列強も国内の貧困地域を放ったままで海外投資してただろが
例えばイギリスにおけるアイルランドとか

お目出度いほどの馬鹿だな

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 08:15:38.43 ID:mRLh7/NTO
アイルランドはイギリスの植民地
独立戦争やったの知らないの?

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 08:25:22.66 ID:In+gfMxp0
>>499
ぷ、それは20世紀の話
19世紀のジャガイモ飢饉の時の話くらい知ってるはずだよな

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 09:25:42.39 ID:mRLh7/NTO
ジャガイモ飢饉の例はは典型的な植民地政策だろ
アイルランド全土で飢餓状態だったのに食料を収奪してたんだから
そしてそれ以前から公私関係なくアイルランド人に対する露骨な差別・搾取政策があった

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 16:32:04.24 ID:zbJ2uIWj0
日本政府は強制的に教育をほどこし、朝鮮や台湾の知識水準を引き上げた。日本がそうだからという半ば押し付けである。
これは、戦時中の東南アジアでも徹底される。あまつさえ、民族は自決を志すものであって自らの責任で自らのことを決めなければならないと教育した。さらに、武器の使用方法、戦闘のしかた、戦争のしかたまで教育した。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 16:33:54.71 ID:zbJ2uIWj0
こはいえ、朝鮮の経営は文句を言われるほどのものではないだろうよ。
リットン調査団の調査でも絶賛されている。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 16:36:23.93 ID:auSNy9RgO

朝鮮の石油や天然ガス、ダイヤモンドや優秀な人材を奪いつくしたからな!



505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 16:40:21.05 ID:uZ+Prfb40
>>502
> 日本政府は強制的に教育をほどこし、朝鮮や台湾の知識水準を引き上げた。
これがなきゃ大東亜戦争後の2国の発展は無かったね
果たして残酷な支配があの発展を産むのだろうか

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 19:24:37.21 ID:mRLh7/NTO
まあイギリスによるアイルランド統治に比べたら天国みたいなもんでしょ
なんせアイルランドは人口が半減するほど酷かったから
収穫された小麦はほぼ全て没収でだからこそジャガイモが主食になった
近年の発展もアメリカからの援助や投資によるものでイギリスは収奪以外はほとんど何もしてない

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 21:31:12.56 ID:oy2zr3m20
世界的に見てもに、朝鮮統治は高く評価されていると見て良いだろう。

★ジャーク・ブズー・マサビュオー(フランス、人文地理学者)

「朝鮮人にとって、日本統治時代が、伝統と独立時代に対する純然たる侵害として、大きく映っているが
一方別の面においては、南北朝鮮の国家経済を著しく飛躍させるための基盤は、この時代に築かれたので
あり、その成果もまた大きかったといえる。

日本は約四十年ほどの間に、厳しいやり方で、自然の脅威にさらされ大きな工業設備を持たず、貧しかった
この農業国家を科学的な農業と様様な工業、そして活発な貿易を誇る経済の調和のとれた国へ変身させた。」


世界から客観的に見ると、日本の朝鮮統治は朝鮮に多大な恩恵をもたらした善政だった。
日本の朝鮮統治を否定的に過少評価しているのは朝鮮人のみである。

世界に出たら、日本人は朝鮮総督府による朝鮮統治の素晴らしさを誇らしく語ってよい。
西欧人もアジア人も皆納得するであろう。



508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 21:45:56.31 ID:oloCgXgS0
>>504
朝鮮に質のいい油田なぞあったかいな?
広い満洲ですら質がいいとは言えない油田しか見つからなかったのに。
ダイヤモンド鉱山については初耳だ。

良質の天然資源に恵まれた朝鮮を併合してたのなら、日本が外貨獲得に苦労をする事も資源を求めて南方侵出をする事も不要であったはずだよな。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 21:54:56.71 ID:thHKgbRwO
バカチョンは嘘しか言わないからね
まともに相手してたらバカになるよ

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 22:21:16.05 ID:oy2zr3m20

「イザべラ・バードの朝鮮紀行」まだ読んでいませんが、数年前に韓国関連のネタを
取り上げている方のブログで紹介されていたのをみたことがあります。
当時のソウルの街並み、人々の暮らしぶりの記述や写真なども掲載されており、
我輩もさすがに乳出しチョゴリの写真を見たときは失礼ながら噴出してしまいました。
人一倍自尊心の強い、韓国人には読むに堪え難き本ではないかと?
多くの韓国人は、この本の内容を否定する人が多いかもしれませんね。
こんなデタラメな本を英国女に書かせたのは日帝の仕業である !!! 凸(`、´メ) ...とか?



511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 22:25:48.31 ID:oy2zr3m20

★フランス雑誌「パリマッチ」記者 フランス

「最初の数日間は平穏無事で、日本軍の姿は全く無かった。ところがある日、突然五、六人の
動物のような兵隊が現れ、麻雀をしていた四人の女優を強姦した。前述の女優は日本軍の馬を
管理する男達に暴行されたが、この男達は朝鮮人であった。(中略)香港占領期間中、多くの
朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりも凶暴だ
った。この時、民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、殆ど日本人の手先となって悪事を働い
ていた朝鮮人であった。当時、香港住民は日本軍よりも朝鮮人を激しく憎んだ。

(アルフレッド・スムラーの著書「日本は誤解されている」から抜粋)

日本軍の軍服を着た野蛮な朝鮮人の悪行が帝国陸軍の評判を落とした。




512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 22:56:59.51 ID:MrKqgaYR0
一ついっときますが、一番の侵略国はアメリカですけど…。平気で沖縄の領土奪っとるぞ!
日本にはアメリカに守られてると本気で信じてるバカどもが大勢いるが、向こうはそんなことこれっぽっちも思ってないよ。
自分の領土広げて楽しんでるだけよ。(思いやり予算で基地内では豪華三昧)
アメリカ・イギリスは二枚舌どころか三枚舌の侵略国家ですぞ。
日本も昔、朝鮮、中国を侵略していったんだよ。
ちなみに中国・朝鮮は一度も侵略してきたことはない。
白村江の戦い、秀吉の朝鮮侵略、日朝修好条規、第一次日韓協約、第二次日韓協約、満州国建国宣言、柳条湖事件、盧溝橋事件、日中戦争、
み〜んな日本は侵略目的だよ。(イギリスよりはましだけど)
過去を都合のいいように変える阿呆どもは歴史の勉強を一からはじめやがれ!
特に南京大虐殺がなかったと言い張る頭の狂った輩どもめ。
日本国民の恥だ!!!



513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 23:23:40.51 ID:oloCgXgS0
>>512
最近の学校では元寇すら教えてくれないのか?
それとも、都合の悪いことは「あーあー、聞こえないニダ」なのか。

チョンの手先のおフェラ豚め!

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 23:36:05.09 ID:oloCgXgS0
ジジイのだらしなく垂れ下がった玉袋の様な半島は、その時々の支那政権におもねって支那の走狗としてちょくちょく日本領に侵攻してきてるじゃないか。

ケツからトンスルを飲むとそうなるのか?
それとも努力してそうなったのか?

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 23:46:25.97 ID:+EXYO1Nk0
>>501
>アイルランド全土で飢餓状態だったのに食料を収奪してたんだから

朝鮮も春窮が常態化してたところに、日本への米輸出でそれを加速させてたよなw

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 23:47:34.80 ID:+EXYO1Nk0
>>512
>平気で沖縄の領土奪っとるぞ!
その真犯人

〈資料・1〉対日占領軍総司令部政治顧問シーボルトから国務長官マーシャルあての書簡(1947年9月22日付)

主題 琉球諸島の将来にかんする日本の天皇の見解
国務長官殿 在ワシントン

 拝啓
 天皇のアドバイザーの寺崎英成氏が同氏自身の要請で当事務所を訪れたさいの同氏との
会話の要旨を内容とする1947年9月20日付のマッカーサー元帥あての自明の覚書のコピー
を同封する光栄を有します。

 米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を続けるよう日本の天皇が希望していること、
疑いもなく私利に大きくもとづいている希望が注目されましょう。また天皇は、長期租借
による、これら諸島の米国軍事占領の継続をめざしています。その見解によれば、日本国
民はそれによって米国が下心がないことを納得し、軍事目的のための米国による占領を歓
迎するだろうということです。
                                 敬具
    合衆国対日政治顧問 代表部顧問
                  W・J・シーボルト
東京  1947年9月22日

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:03:20.11 ID:wwxLKxCW0
>>515
日本への朝鮮米輸出は本土内での流通価格が下落し米生産農家を苦しめることになる為、朝鮮総督府と日本国政府との間で幾度となく交渉が行われ、朝鮮米の本土への輸出量は厳しく制限された。

朝鮮半島では対価作物として収穫した米は口にせず換金して収入を得ようとした栽培農家がふえた。
生産穀物量全体に占める米以外の低価格で出回る穀物の割合は減ったが、
日本統治下での農法改善や灌漑治水工事によって生産量自体が大きく増えたため、朝鮮米輸出を原因とする飢餓は起きていない。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:06:32.71 ID:58SP8gYZ0
>>517
>日本統治下での農法改善や灌漑治水工事によって生産量自体が大きく増えたため、朝鮮
>米輸出を原因とする飢餓は起きていない。

産米増殖以後に朝鮮人農家の米消費量が減ったことは、数値として明らかにされてるけどな
日本への米輸出の厖大な伸びと

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:08:40.57 ID:wwxLKxCW0
>朝鮮人農家の米消費量が減ったことは、数値として明らかにされてるけどな


つ 朝鮮半島では対価作物として収穫した米は口にせず換金して収入を得ようとした栽培農家がふえた。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:15:03.75 ID:58SP8gYZ0
>収穫した米は口にせず換金して収入を得ようとした栽培農家がふえた。

朝鮮の小作農家率どんだけだったと思ってるんだ?w
当時の日本でさえ小作農家率50%だぞ

農業経営に主体性を持った農家にしか当てはまらない話だわな、その「米は口にせず換金して収入を得ようとした栽培農家」とやらの妄想は

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:18:59.09 ID:wwxLKxCW0
>>520
「口にはできず」に訂正しておこうか。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:22:49.62 ID:58SP8gYZ0
>>521
小作料7割とられる朝鮮人小作が、「換金して収入を得ようとした」なんて農家行動をとれたなんて、
日本統治下の農業経済学者でさえ言ってないことなんだけどなw

思いつきを言えば言うほど、このテーマに関して勉強してないってことだけはわかるなw

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:29:18.47 ID:wwxLKxCW0
>>522
換金率の高い作物を栽培すれば小作料を引いた残りの収入は増えるね。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:34:43.38 ID:ahporr1i0
コメ消費量が減る=飢饉なの? コメ消費量は必ず毎年増えたり減ったり
するもんだが。 飢饉の定義って何かあるんですかね。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:44:21.25 ID:58SP8gYZ0
>>523
>換金率の高い作物を栽培すれば
朝鮮の小作農家に経営の主体性があると思ってる時点で、不勉強すぎだろ
何を作付けするか、どういう種子や肥料を使うかまで事細かに指定されてるのが朝鮮の小作農
戦前の総督府による農業経済研究で既に言及されてる話
それも知らないで、思いつきだけ話すんだから世話ナイナ


>>524
>コメ消費量は必ず毎年増えたり減ったりするもんだが。
産米増殖によって朝鮮全体の米生産量が増えてるのに、朝鮮の農家の米消費は減ってる
って言ってるのに、それさえも理解できないのが、なぜ学問板にいるのか意味わからん

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:48:52.33 ID:ahporr1i0
今の日本はコメ消費量どんどん減ってるけど、別に飢餓状態ではないよねw
他のものをいろいろ食うようになったからでねそれは。だからコメ消費量の増減
だけをとらえて、生活水準全般の指標とすることはできないよねw

コメ消費が減った結果、餓死者が増えたとか、生活できない流民が大量に発生した
一揆が増えたとか、そういうような見えやすい因果関係を提示しないと、十分な
説得力がないよね。


527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:56:38.58 ID:58SP8gYZ0
>>526
>生活できない流民が大量に発生した

産米増殖やった1920年代から朝鮮で農家離村増えてるけど
これも朝鮮総督府の調査な
朝鮮の北半分の連中は満州に出て行くし、南の方は日本に渡る
こういう流出人口が増えたことも、日本や関東州の警察資料で明らかになってるけど、やっpりそれさえも知らんのな

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 00:58:48.49 ID:3vkhDNT60
>>525
庄屋みたいな人だかお役人だか作付け品目を指定できる人が換金率の高い物を作るように指示したりはしてないのかな?
日本や総督府が望んでいたのは朝鮮の生活水準の向上と自立だったから、小作を含む農家の収入増(と、それに伴う税収増)を意図しても不思議じゃないと思うんだけど。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 01:04:56.07 ID:58SP8gYZ0
>>528
>庄屋みたいな人だかお役人だか作付け品目を指定できる人


勉強不足すぎてワロタ
せめて久間健一(戦前の総督府役人)の朝鮮農業に関する文献読んでから、レスしろや

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 01:08:25.43 ID:UEn0kLRYO
そもそも当時の朝鮮でアイルランドみたいに大量の餓死者を出したなんて聞いたことないしな

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 01:09:47.72 ID:ahporr1i0
まあ、都市の工業化がすすむと、農民が都市部に流入していくっていうのは
都市発達論の定石みたいなもんで、これは資本主義社会においては
どこでもそうだね。日本もそうだったし、今の中国もそう。当時の朝鮮も
例外ではないと。餓死者が増えたとか、農村部の治安維持が難しくなったとか
そういうドラスティックな結果は招来しないように、支配層はコントロールしていた
というところか。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 01:12:20.50 ID:oOAYE/vm0
>>525
>何を作付けするか、どういう種子や肥料を使うかまで事細かに指定されてるのが朝鮮の小作農

それって、市場でダブついたり不足して価格が高騰したり、連作に依る収量減などの弊害を予防して安定供給する(飢饉を防ぐ)為じゃないの?
いろいろ指定してがんじがらめにしてるんじゃなくて、効率の良い農業を教えてる状態だよね。
農業高校の実習と同じで、指導してるとおもうんだけど。

533 :バサラ:2011/05/22(日) 02:00:22.56 ID:wCj2+6Op0
【人権 平和 パチンコ】

http://www.youtube.com/watch?v=GdLZmshDhXo&feature=fvst

http://www.youtube.com/watch?v=d2jb0r_aNPw

http://www.youtube.com/watch?v=93mhs-hnCLQ

http://www.youtube.com/watch?v=sSCUHGOupM0

http://www.youtube.com/watch?v=Z2uE4MmhJNw

http://www.youtube.com/watch?v=dc2KDOrMv9Q

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 03:30:02.36 ID:nmiWOgf70
朝鮮人はもともと教育システムがなかったので、いくら教えても大人は学ぶということさえ
理解できなかった。いつまでたっても両班の上流層しか「まなぶ」ことを理解できなかったので
日本に流入してくる朝鮮人は文盲で肉体労働以外には遣いようがなかった。その点華僑は
もとから学習好きで学歴がいかに出世に役立つかすぐに理解した。日本内地にいる台湾人は
もとから日本の大学などへの留学生が中心だったこともあり、内地で雇用される台湾人は
むしろ一般的な日本人より給料が高く厚遇されるほどであった。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 07:56:28.10 ID:58SP8gYZ0
>>532
>農業高校の実習と同じで、指導してるとおもうんだけど
そういうのが農家として存在してて、かつ収穫の50%以上を小作料としてとられる

今風に言えば、個別コンビニ店の経営をFCが全て動かし、売上げの半分以上を持っていくと思えばわかりやすい

ツケだけ回して金は持っていくやり方で、コンビニ店主がワープーなのは有名だろ

「実習」なんて呑気なもんじゃなくて、それで生きていけるどうかかつがつのリアル生活を送って
たわけだし、挙家離村して国外流出も大量に出ていた

実生活の経験さえ不足しているのに、そこに輪をかけて不勉強な妄想だけ開陳してみせるニート君には理解できないかもなw

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 08:17:47.26 ID:Lc+piQwiO
>>535
教えてくれるのはありがたいんだけど、毒を混ぜるキャラをどうにかすればいいのに…

ま、とりあえずサンクス。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 13:47:20.76 ID:YkZ+RiAj0
>>520
そもそも米輸出に携われたのは地主層が中心で、小作農家の米輸出は限られてたのはないかと。
金洛年氏の試算ではそのようになってる。

それでも小作農家による米輸出はあったろうけど、それは窮迫時に金銭を得るために輸出したのであって、
輸出の結果貧窮したというのは因果関係は逆なんじゃないか。


一方、米輸出の主幹をなした地主層ではこれをきっかけに資本蓄積がなされて、1930年代の
工業化につながっていく…というのが産米増殖の経済的な意義ですね。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 14:12:56.14 ID:jWne9rOO0
日本人を悪にしたい人って、何で勉強しないんだろう。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 16:22:26.42 ID:v4FD4XPn0
フランス・ジャパンエキスポ(2011)にて、韓国の偽剣道:Haidong Gumdo(ハイドン・グムド)
が公開されます。 彼らはこれを、「古代高句麗王朝に起源を発する韓国の伝統的な刀剣武術で、
しかも日本の剣道の起源だ」 と主張していますが、全くのでたらめです。
Haidong Gumdoは日本の剣道をコピー・改変しただけのものです。

この偽剣道を中止するよう、みんなで抗議の声をあげましょう!

ジャパンエキスポにおけるHaidong Gumdoの紹介ページ
http://www.japan-expo.com/en/contenu/haidong-gumdo_396.htm

ここに抗議のメールを送ってください! (ジャパンエキスポの公式HP)
http://www.japan-expo.com/en/nouscontacter/

在日フランス大使館にも抗議しましょう
http://www.ambafrance-jp.org/spip.php?article4246

「ジャパン・エキスポ2011での偽サムライと偽剣道: ある文化略奪について 」
http://www.youtube.com/watch?v=zt3fZc3ZqHQ

(この偽剣道について抗議している動画です↑素晴らしい動画なので一度ご覧になって下さい)



540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 17:10:33.60 ID:YkZ+RiAj0
隠匿退蔵物資事件捜査部だね

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 17:15:46.72 ID:YkZ+RiAj0
ああ、誤爆した

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 23:50:34.52 ID:tDCcHLo80
今度こそ実現!白眞勲vs西村修平!

http://www.youtube.com/watch?v=ZPVIazUfWRw

たちあがれ!日本を守れ!【白眞勲糾弾】在特桜井・主権西村すかさず抗議

http://www.youtube.com/watch?v=4FfdjvhjxLI&feature=related

民主党ってこんな朝鮮議員がいるの?知らんかった…


543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 00:23:34.29 ID:t9bDQfTHO
やはり植民地は植民地か。
創氏改名の時、日本で日本人と朝鮮人が区別できなくなるとして反対意見が続出したのもうなずける。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 00:29:59.30 ID:sVWfI7SG0
>>502
ヨーロッパの植民地経営ではなかったことだね。特定の人間のみに教育をほどこすことはやったけど、国策として全ての人間に教育を“ほどこそうとした”のは日本の特徴。もっとも、民族自決の精神や戦争のしかたを説くのは植民地経営としては矛盾とも言える。
特定の時間以降特定人数以上が集会をすることすら禁止されてたというのが普通だからね。
朝鮮をみて、植民地経営なんぞいいことがないということにボチボチ日本は気付きはじめていたのかもしれんね。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 00:36:23.60 ID:W99ua1aH0
>>543
それが日本人の優しいところ。武士の情け、だのと言ったところか……。
これで様々な損をしてきた。汪兆銘を見捨てられるくらい、在中邦人を切り捨てるくらい非情なら対米戦を避けられたかもね。
でもそれをしなかったから負けても感謝されている。
現在はそれがゆえの損はしてはいないが、同時に感謝もされていない。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 00:47:04.84 ID:sVWfI7SG0
>>538
勉強はしてる。おそらくは知ってすらいる。
ただ、
他人の悪いところしか言及しない奴とか、結果が出てから「そうなるのは分かりきっていた」なんて知ったふうに言う奴っているじゃん?
それとおなじ。
ひとつの作戦、ひとつの政策において、両手ばなしで良いものなどあるわけがない。
良いことの方には気づかないふりをして、悪いことだけ追求する奴なんだよ。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 01:20:03.60 ID:CZWtn7Fc0
ミンスは嫌いだけど西村修平みたいな素性のはっきりしないのもどうでもいいよ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 01:44:25.38 ID:m2WGlst5O

朝鮮人が、金を朴李る為の屁理屈だろ!



549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 07:37:49.84 ID:TR2IMtcx0
>>544
>国策として全ての人間に教育を“ほどこそうとした”のは日本の特徴。

その「教育」の中身は、日本語や日本史を教えて天皇崇拝させることだったけどな
要は国家神道というカルト宗教で洗脳することが目的で、果たしてそれを教育と言って良い野か、相当疑問だけどな

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 10:15:07.01 ID:W99ua1aH0
>>549
まず、日本語教育が強要されたのは日米戦が始まってから。
それ以前は“ハングル文字の強制と朝鮮語の徹底”だ。
朝鮮側の校長が“日本に媚びて”日本語教育をさせてくれと言い出しているだけ。もっとも、日本語が堪能な方が商売はしやすいわけで、こんにちの英語のような感覚もあったわけだがな。
神社の建設もあちこちでやっているが、だからと言ってその参拝、崇拝の強制もしてはいない。
お勉強は教えないがキリスト教は強制した、というのとは逆だな。
日清戦争をみればわかるように、半島は常に日本のお荷物だった。日本に及ばない程度には強い国になって友好国としてとっとと独立してもらった方がいいに決まっている。地下資源もなければ、痩せてさえいる土地なんか、持っていてもいいことはない。
いっそ、住んでいる人間はともかく、半島という土地ごと無い方が国防上は都合がいいんだからな。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 11:05:44.63 ID:TR2IMtcx0
>>550
>まず、日本語教育が強要されたのは日米戦が始まってから。
>それ以前は“ハングル文字の強制と朝鮮語の徹底”だ。

まーたネトウヨが数秒でばれるイカサマを垂れ流してるし
1911年から既に日本語での教育を強制しているのを、1930年代後半の出来事とすり替えてみせる手法
いい加減恥を知れよ、不勉強すぎて工作さえろくに出来てないぞw


1911 ・朝鮮教育令、略、・「朝鮮語及び漢文」の授業以外は日本語による教育
1937 ・学校において授業時間以外も日本語の使用が強制 
1938 ・第3次朝鮮教育令、略、・朝鮮語の授業廃止
1942 ・国語普及運動
1944 ・徴兵制に伴う国語常用運動

朝鮮における植民地時代の日本語教育年表
http://nihongo.human.metro-u.ac.jp/~long/longzemi/koreatimeline.htm

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 13:09:05.45 ID:uTvX6GC2O
大日本帝国の公用語として日本語(厳密に言えば標準語)を教えていただけだよ
これは別に朝鮮だけでなく台湾はもちろんのこと大日本帝国の領域全てが対象
地域によって話す言葉が違うと意思疏通に支障を来す(例えば青森と鹿児島の者がそれぞれ地元の言葉で話しても意味不明状態になる)ので公用語の教育はどうしても必要になる

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 13:16:48.54 ID:TR2IMtcx0
>>552
>日本語(厳密に言えば標準語)を教えていただけだよ

>>551
1911 ・朝鮮教育令、略、・「朝鮮語及び漢文」の授業以外は日本語による教育

という日本語が読めない日本人にこそ日本語教える必要がありそうだなw

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 14:02:14.10 ID:uTvX6GC2O
西洋から来た学問は朝鮮語では教えられないからだろ
今の韓国で英語による授業やってるのと同じ

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 14:06:45.10 ID:lmpGhVbr0
その岩木みどり作の年表以外で、「「朝鮮語及び漢文」の授業以外は日本語による教育」のソースはあるかな?
1911年に朝鮮教育令が発布され、日本人子弟、朝鮮人子弟の別なく日本語及び朝鮮語が必修科目と定められたのは事実だけど、日本語を教え始めたその年から「一部の授業以外では全て日本語を使用せよ」というのは無理があるだろう。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 14:54:24.46 ID:2S+HJNOj0
岩木みどり 1938年生まれ 北海道日中友好協会女性委員長
        元札幌市議 北教組

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 15:07:11.43 ID:t9bDQfTHO
大韓帝国のままだったらどこまでやれたか?

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 16:37:27.30 ID:W99ua1aH0
>>557
日本が三国干渉に屈した時点から五年もたないとみる。半島は植民地ではなくロシアの飛び地になっていた。日本の命運も、そのから10年はない。第二次日露戦争には勝てる見込みなどありはしない。

>>551
その法案がでたのが政府なのはあたりまえにしても……。
本気で半島文化の消滅や半島人に対する嫌がらせが政府の目的なら、南大門を文化財だか国宝指定して保護なんぞせんよ。
お前の血族は嫌がらせをしていたかもしれんがな。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 18:34:04.70 ID:CZWtn7Fc0
朝鮮に神道指令だしたの1936年くらいからだったはず。むろんそういう「神国教育」を
受けたのは日本人も台湾人も同じ。神国教育を行ったから日本の教育はすべて間違い
であり糾弾すべきというのは朝鮮人がよく好む論理のすり替え。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 18:37:09.95 ID:CZWtn7Fc0
朝鮮を完全に本土なみにするんだから、朝鮮で日本語教育に一本化するのは当然のことである。
内鮮一体は国策である。日本語教育を強制されたから日本のおこなった教育はすべて教育ではない
というのは朝鮮人がよく好む論理のすり替え。キミたちは戦前は日本人だったんですよ。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 22:29:28.01 ID:xf4HOpOL0
>>557
そのままだったら財政破綻してハイパーインフレ一直線
日本からだけでも膨大な借金していたからねえ
しかも全く返せる当てがない
んで餓死者、国外逃亡、暴動が多発して無政府状態に陥っていたと思う
ソマリアとジンバブエを足したような状況になっていたんじゃね?
外国が全く介入しないという前提で考えればそうなる

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 23:06:54.25 ID:QKXMWwdk0
日本がわざと借金漬けにさせたというのは考えすぎだろうか?

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 23:17:22.85 ID:X4ecTwLa0
>>562
はぁ?

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 23:38:39.26 ID:xf4HOpOL0
>>562
以前から国内の権益を外国に売り飛ばしたりしていたからそれはないでしょ
しかもその金をインフラ整備とかに投資するのではなく自分たちの贅沢三昧に使っていたらしいから全くお話にならない
まあ現代でもアフリカなどの権力者が似たようなことやってるけど

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 23:47:50.28 ID:sVWfI7SG0
>>560
いやいや、一国一言語である必要はないわけだから、それは乱暴だよ。

ただ、朝鮮族が日本語教育を望んだこともまた事実。
なんせ、日本語が堪能な方が就職口が広かったからね。
とうぜん内地の方が半島よりも人件費が高かったわけだし。
それを差別だと大騒ぎする輩も多いが、冷静に考えれば判ること。
内地にいて、日本語をまったく話せない人間を雇えるはずがない。よほどの大企業で、日本語をいっさい必要としないプロジェクトばかりやっている部署でもなければ両手放しで雇用なんぞしてくれはしないだろう。
アメリカ本土の企業が「日本語しか話せません」なんて輩を大量雇用するわけがない。よほど特殊な才能でもあればまた別なんだろうけど。
賃金に差があることだって一朝一夕でどうこうもあるまい。現在の日本国内にだってムラがある。それよりもはるかに国土面積の広かった当時にできるわけもない。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 23:58:40.32 ID:W99ua1aH0
当時の日本政府がやったことを“悪意があったはずだ”というところからしか見ないからおかしなことになる。
全ての政策にいいところと悪いところがあるわけで、その悪いところだけつつけば悪の組織にしか見えんくなるわな。

極論、朝鮮人がどこに住んでいようとも半島さえなければ朝鮮人が住んでいる地域に干渉なんぞせん。人に干渉したかったのではなく、半島に干渉する必要があったからだ。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 04:27:48.86 ID:sO4K/4gX0
内鮮一体は国策である。帝国臣民である以上、朝鮮民族などもはや存在しないのである。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 07:02:29.26 ID:2vHEC/I40
>>566
>当時の日本政府がやったことを“悪意があったはずだ”というところからしか見ないからおかしなことになる。

>>550
>まず、日本語教育が強要されたのは日米戦が始まってから。
>それ以前は“ハングル文字の強制と朝鮮語の徹底”だ。

とかいう珍説の間違いを指摘したら、「自虐」だの「日本の悪いとこ探し」だのとw
馬鹿じゃね?
そもそも基礎的な知識も欠落してるのが学問板に来る必要はないですよと言っているんだが


日本に来なくていいと言ってるのに、多数到来する朝鮮人と行動パターンがまったく一緒だわな

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 07:24:04.67 ID:mXuUROrV0
組織に貢献できない奴が、みずからを少しでも大きく見せるために他人の功労に難癖つけるっていうのはままあるがな。
組織が大きいほど。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 12:21:34.57 ID:18E4pLKCO
9の事実に1の嘘を混ぜこんだ、岩木みどりの年表に騙されてるヤツもどうかと思うけどね。
なにを勉強してるのやら。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 13:07:11.47 ID:2vHEC/I40
>>570
>9の事実に1の嘘を混ぜこんだ、岩木みどりの年表に騙されてる

具体的にはどこがどう「嘘」なの?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 14:22:28.46 ID:sO4K/4gX0
自説に都合のわるい史実は書かないところだなw売国狂員にありがちなチンケな手法w

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 18:25:43.07 ID:rAoQth5dO
基本的に一次資料以外は信用しない方がいいよ

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 20:24:06.12 ID:9tq4W9kY0
半島文明を日本が奪ったとすれば、漢字を奪い、(ハングルにより)文盲を奪い、乳出しチマ・チョゴリを奪い、両班を奪い……。

ほんと、すまんかった。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 20:51:48.34 ID:8mNv4B06O
乳出しチョゴリなんてそんな変かね?
戦前の京都でも婆さんが普通に立ちションしてたくらいだからな。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 23:22:14.41 ID:2vHEC/I40
>>572
>自説に都合のわるい史実は書かないところ
で、
>9の事実に1の嘘を混ぜこんだ、岩木みどりの年表
に省かれてる史実って?それを考慮すると1911年から日本語で教育が行われていたとの認識自体がひっくり返るの?

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 03:42:56.59 ID:XvdzMsFp0
帝国臣民に日本語教育をほどこすのはまさに教育ですけどw
朝鮮人涙目wwwwwwwどんなにがんばっても殖民支配された闇歴史は未来永劫なくなりませんwwwwww

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 03:44:11.54 ID:XvdzMsFp0
日本人に日本語を教育したことが何か問題あるんですかwwwwwwwww
朝鮮人wwwwwwwww

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 05:24:03.17 ID:7AY9213zO
>>555で求められてるソースはまだ?

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 06:10:24.80 ID:iPvbEs0g0
>>577-578
馬鹿なネトウヨは、つい2日前には↓と力説してたんだけどなw

>>550
>まず、日本語教育が強要されたのは日米戦が始まってから。
>それ以前は“ハングル文字の強制と朝鮮語の徹底”だ。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 16:24:30.83 ID:XvdzMsFp0
帝国臣民に日本語教育をおこなうのはまっとうな文教政策といえる。
非協力的朝鮮人はそもそも帝国臣民ではないので、いまでいうテロリスト扱い。
そんな連中が法廷に引き出されようが「戦場」で殺害されようが国際法上合法。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 23:34:40.99 ID:iPvbEs0g0
>>581
で、
>>550
>まず、日本語教育が強要されたのは日米戦が始まってから。
>それ以前は“ハングル文字の強制と朝鮮語の徹底”だ。

については?

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 00:06:12.58 ID:6ZreX4Fe0
そもそも朝鮮人に学校教育を普及させたのが間違い。
日本人だけの学校であれば、このような問題は起きなかった。
イギリスもフランスも植民地の現地人に対して学校教育なんか普及させていない。
だから現地人の方が自ら必要性を感じ、英語、仏語を覚えた。
日本人は朝鮮人に対して、人間として扱ったのが仇となった。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 00:17:27.87 ID:U2GTWs5q0
イギリスがアイルランドでやったみたいに米(アイルランドだと小麦)は
全部没収してジャガイモだけ食わせていれば良かったのかなあ

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 01:43:50.62 ID:YK7AQNXq0
>>583
しかしながら、強い国家を作るには教育水準が高いことが必須条件になる。避けて通れる道ではなかった。
しかたがない。

半島でさえなければ、基本ノータッチでいけたんだ。(*`へ´*)
朝鮮に貢いだりせずにその資金を東北に回せれば、2・26のクーデターもなく軍の台頭も防げたかも知れん。
あの国は、日本にタカルことしかできないんだ。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 01:50:54.83 ID:GHNGfa7P0
>>574
日帝が朝鮮文化を破壊した!

なんて言っているんだから、ハングル文字はよほど邪魔だったし、両班も乳出しチマチョゴリもよっぽど大切だったんだな。

今……なんで、漢字を使わないで乳出しチマチョゴリを着てないんだろう。誰か説明してくれ。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 02:13:56.39 ID:rpeaMXRj0
恥知らずだからです。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 03:41:22.25 ID:uXkOIms+0
>>455

「朝鮮産業革命の祖」野口遵
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h18/wing1109.html
   水豊ダムは、日本統治下の朝鮮総督府と満洲国政府が工事費
  用を折半して1937年に建設着手。41年から発電を始めた。貯水
  量は、琵琶湖の約半分に相当し、当時としては世界最大級だっ
  た。


     いっぽう、昭和2年(1927)には朝鮮窒素肥料会社を設
    立、輿南に化学工場をつくり、一大化学工業地帯を出現さ
    せた。まさに野口の朝鮮開発は壮挙であった。

   ちなみに、野口は昭和15年に脳溢血で倒れた後、全財産3
  千万円を寄付し、うち25百万円で財団法人野口研究所を、残
  り5百万円で朝鮮奨学会を設立した。研究所はその後化学の発
  展に寄与し、奨学会は約4万人の奨学生を送り出した。病に倒
  れた時、野口は側近にこう語ったという(日経2000・3・6)。

     古い考えかもしれんが、報徳とか報恩ということが、お
    れの最終の目的だよ・・・化学工業で今日を成したのだか
    ら、化学方面に財産を寄付したい。それと、朝鮮で成功し
    たから、朝鮮の奨学資金のようなものに役立てたい」と。

   台湾で東洋一のダムを造り、百万人の農民を豊かにした八田
  與一は、今も台湾の人々に敬愛されているが、北朝鮮は野口遵
  の事など一切語らずに、さらに援助をせしめようとするのみで
  ある。「報徳とか報恩」を知らない国は、国民が発憤して発展
  するはずもない。



◎北朝鮮に残した戦前の日本「資産」はダムや工場など8兆円規模
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/50057719.html
 また、日本海側の興南という地にこの電力を利用した東洋一の化学工場、
日本窒素肥料興南工場がつくられ、硫安、硫燐安などの化学肥料が大量に生産されました。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 03:44:35.05 ID:uXkOIms+0
忘れられた国土開発
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html
 本誌55号では、北朝鮮の悲惨な食糧事情により、年間数十万人規
模の餓死者が出ているという推計を紹介した。しかし朝鮮半島での
飢餓地獄は今に始まった事ではなく、19世紀の李朝時代も同様だ
った。


 朝鮮半島が急激な人口増加を迎えるのは、20世紀に入ってからで
ある。1906年(明治39年)からの20年間で、980万人から、1,8
66万人と倍増した。さらに1938年には、2,400万人となった。日韓
併合時代である。[1,p29]

 この人口増加の原因としては、いくつかの要因がある。一つは第
6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活動
である。30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、
農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発による食料の増産が図
られた。併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後
の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。[1,p80]

 もう一つは医療制度の確立、特に伝染病の予防である。1910年か
ら徹底的な検疫を実施し、コレラ、天然痘、ペストなどは、1918年
から20年の大流行を最後に押さえ込まれ、乳児死亡率が激減した。


 興味深い事に、米作保護のために、現在の日本と同様の逆ざや価
格政策がとられた。昭和18年の生産者の手取り価格は生産奨励金
なども含めると一石62円50銭、消費者価格は43円、この逆ざ
やは政府が負担していた。

 農業生産が軌道に乗ると、日本への輸出が急成長した。併合当時
わずか11万石だったのが、昭和3年には760万石までになった。
これは日本の農家を圧迫し、日本政府は朝鮮米の輸入制限を図ろう
とするが、総督府は徹底的にこれに反対して、朝鮮農民を守った。
[3,p414]

 朝鮮経済の保護育成政策は、関税制度にも明らかである。朝鮮か
ら日本に輸出されるものは免税だが、輸入は移入税を課した。後進
国が自国の産業育成を図るときに、輸入関税で保護するというのは、
常套手段だが、日本は朝鮮経済に対して、これを適用したのである。


 宇垣総督時代の総督府予算は昭和5年で、約2億円の規模であっ
た。それに対し、朝鮮内部の税収は5千万円程度。日本の政府予算
(すなわち日本国民の税金)から、毎年千数百万円から2千万円の
規模の補填がなされた。この予算獲得のため、総督府の関係者が帝
国議会や大蔵省の説得に奔走したというから、官僚の世界は今も昔
も変わりない。それでも足りない分は、日本の金融市場から集めた
公債によってまかなわれた。[1,p142]

 ちなみに大英帝国支配下のインドでは、その予算の1/3を国防
費の名目で、イギリスに納めていた。それにも関わらず、第2次大
戦で徴集した264万人のインド兵の費用は、イギリス人将校の給
料も含めて、インド自身に負担させていたという。[1,p179]

 朝鮮総督府の事業は、その他にも教育の普及、工業発展など多く
の面にわたる。その投資は、結果的に見れば、すべて日本からの持
ち出しで、我が国の経済に大きな負担となった。

(抜粋)

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 03:44:56.75 ID:uXkOIms+0
【日韓】 「日本の統治をありがたいとは思わないのか」〜インドの詩聖タゴールと朝鮮青年の対話★2[05/24]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1306335401/

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 06:39:15.47 ID:JFOAT31H0
>一つは第6代宇垣一成総督による「農産漁村振興運動」などの民生向上活動である。
>・・・・・・併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後の昭和に入ると、2千万石へと倍増した。

以前、宇垣の朝鮮総督就任期は1931(昭和6年)〜1936(昭和11)だって教えてやったのに、
まだそのこととこのコピペとの整合性について理解できてないようだな

ネトウヨってのは相変わらず進歩のないままなんだな

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 08:38:51.39 ID:YK7AQNXq0
>>591
つまり、日本は朝鮮に対していっさいの投資はしておらず、奪っていったばかりだと? 両班が生き残っていれば更なる経済的な発展があり、国力もさらに高くなっていたはずだと?

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 08:43:00.41 ID:YK7AQNXq0
それにしても、悪の帝国である日本に奪われた尊き朝鮮文化である両班や乳出しチマチョゴリをなんで復活させないんだろう。
独立国となって誰ひとり邪魔をする者はいないというのに。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 10:10:12.16 ID:nE+F4y5OO
お歯黒が消滅したのと同じような理由かねえ?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 12:29:54.34 ID:JFOAT31H0
>>592
やっぱまだ理解できてないんだな、馬鹿だな

>併合当初米の生産量が約1千万石であったのが、20年後の昭和に入る
併合=1910年、20年後の昭和=1930年

宇垣の朝鮮総督就任期は1931(昭和6年)〜1936(昭和11)

そのコピペ元自体が、宇垣の就任期間さえも知らずに、併合から昭和初頭までの朝鮮の「成長」
は宇垣の施政のおかげ!ってトンデモを堂々と開陳しているってことにすら気がつかないのな


だからネトウヨって馬鹿だって言われるんだぞw

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 12:31:40.17 ID:YK7AQNXq0
>>594
お歯黒は誰にも止められてはいない。
自主的というか、自然消滅した。

が、朝鮮のそれらは明らかに日本の政策として規制された。そして、彼らはそれをして自らを被害者だと主張する。ようは、なくなっては困るものを日本が奪ったというわけだ。
なら、禁止する者がいない今、それらを復活させるべきだろう。
失いたくないものを奪われたんだから。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 03:52:10.99 ID:qXMMk9G+0
20年で倍増したという事実をどうしても受け入れられないんだねw
さすがは朝鮮人wwwwネトウヨとかそういうのとは違いますのでwwwww
ネトウヨ連呼厨wwwwwwwwww

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 03:54:18.62 ID:qXMMk9G+0
朝鮮人はな、日本が戦争に負けたから反日なんだよw
みてみろwいまや親米、親中、親露の反日だろwこういう連中なんだよwww
状況によって立場をコロコロ変えるヤツとまともに議論する無意味wwwwwww完全無視wwww

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 03:56:38.77 ID:qXMMk9G+0
事大主義で溺れた犬を叩くのが伝統です!
大中華に対して小中華が伝統です!
成り行きまかせの機会主義が伝統です!
儒教と朱子学を差別主義としか理解できなかった民族です!

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 07:53:22.12 ID:ySUvO+n00
>>597
>20年で倍増したという事実

1910〜1930年に米生産量が倍増したのは、1931〜1936年に朝鮮総督だった宇垣の「農産漁村振興運動」のおかげ(キリツ

ネトウヨって馬鹿だなあw

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 08:11:45.94 ID:iAdCHXH5O
米以外の穀物はどうなの?

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 08:41:38.69 ID:g0+VBMI+i
>>600
かの土地は随分と痩せていて、米作りには向いていないのだそうな。華北がそうであるように、本来なら麦を作る方が向いている。そこに、日本の技術がはいってまともな水稲ができるようになった。
倍増とかいうけれど、それ以前の話だね。
米を喰いたくなけりゃ知らんが、そういう意味で日本には感謝してもらいたいもんだ。
華南の水稲技術を発展させて伝えたんだから。

当時の朝鮮のいけないところは、自分からは何ひとつしようとしなかったこと。で、何もしようとしないことが、周囲の迷惑であるという認識がなかったこと。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 09:02:30.90 ID:ySUvO+n00
>>601-602
なぜ話逸らすのか意味わからないけど、ネトウヨがしきりにコピペする>>589ってのは、時系列さえも無視したトンデモ話だってことで

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 10:20:17.53 ID:B+hpPV8J0
そういえばスレチかもだが思い出したわ
もう90近くになるおばあさんがいるのだが、おばあさんは東京の下町生まれで元祖江戸っ子
って気質の人でさ。まあ色々語ってくれるわけよ。
東京大空襲で下町が焼け野原になって、西東京に疎開して、かなり苦労したらしい。
そのばあさんが言ってたわ。「朝鮮の人は一歩も譲らない。そうゆう精神がないって。」
なんか戦時中の配給で、みんな列をなして並ぶらしいんだけど、朝鮮人は決まって米をしっかりと
最後の一粒まで貰っていたらしい。大変な食糧難で、配給分しっかりと貰える事は少ないにも関わらずだ。
日本人は遠慮しあって、自分の手取りが少なくても、皆に配分されるようにきっちり分けあってたんだってさ。
それが朝鮮の人には皆無だったと言っていたわ。はっきりとは口にだしていわないが、ひどく朝鮮の人たちの事を
恨んでいるようだった。ガラが悪くて、怖い目にもあったらしい。{兄弟が南方でほとんど戦死、女しかいなかったらしい}
闇市やパチンコ屋なんかも話もたまにしてくれて、とてもいい勉強になりました。長生きしてください。



605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 10:43:31.79 ID:ySUvO+n00
>>604
>「朝鮮の人は一歩も譲らない。そうゆう精神がないって。」
日本人についても、こういう記録が残されてるけど
しかも日本の選良たちなw

重光葵の見たA級戦犯の生活態度

 「日本人の非社会性は、巣鴨(プリズン)では遺憾なく陳列されている。この点では、日本人とし
 て考えさせられることが多い。水やパンの事だけではない。何をしても人を押しのけて我勝ちで、
 風呂に入るのもそうだ。共同に使う清い上がり湯に自分の手拭を突っ込む位は平気で、共同風呂の
 中で鬚をそったり、石鹸のついた頭を洗ったりして、監視兵に叱られる。無作法に我勝ちに他を押
 しのけて行く遣り方は、軍人ほどひどい。軍隊生活では斯様に教えてあるのかも知れぬ。廊下でも
 どこでも、タバコの吸殻を捨てる。ツバキは到る処に吐く。遊歩の時に半裸体になって妙な服装を
 するのはまだしも、庭の一隅に代り代り行って直ぐ小便をやる。監視兵の顔は、軽蔑の表情にみた
 される。こちらは平気である。別に心から無作法と云う訳ではない。結局、日常生活、習慣の上に
 社会性がないと云う訳である。7、80になって最早や如何することも出来ぬ。然し、更に若いも
 のも大同小異である」
               (重光葵 『重光葵日記』)

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 11:05:41.71 ID:qXMMk9G+0
「巣鴨日記」っていうんだよw今度からコピペするときはちゃんと原典にあたろうなww

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 13:06:47.54 ID:8pw7o/YdO
現代の大陸や半島の人が観光地でしてるようなことだけど、著者の作話では?

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 15:04:53.99 ID:qXMMk9G+0
「重光葵手記」は読んだことあるけど、こういう記述は無かったなあw「巣鴨日記」は
読んだことないから、いちど近所の図書館で借りて探してみるか(´Д`)


重光葵手記に書かれてる収監中の記述だと、風呂は監獄で脱いで素っ裸で入りに行ったが
これが都合が良いだとか、自由時間中に上半身裸とかふんどし一丁ででうろうろする者がいて、
これが日本的風景で、ロンドンやニューヨークのホテルで浴衣一丁で廊下を歩いて顰蹙をかう
日本人なんだよなあ、とか書いてたのは覚えてる。あと松井大将がアラビア人みたいに頭に手ぬぐいを
いつも巻いた格好してるんで「巡礼」ってあだ名つけたとか、そういう記述は書いてある。

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 15:06:26.71 ID:iAdCHXH5O
東京オリンピック時に来た外国人が
電車のホームからの立ちションとか電車内の着替えとかを見て驚いてた話なら聞いたことあるが。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 15:10:23.99 ID:qXMMk9G+0
小便をするだとか痰を吐くだとか、タバコを捨てるだとかの記述はなかった。
収監された最初の獄で同室の少尉とかに客人あつかいをうけて丁寧にいろいろ
世話になっただとか、監獄のアメリカのMPの隊長に懇意にしてもらっただとか
足が悪くて日本便所が苦しいので洋式に改造してくれといって、快諾してくれたのに
そのあとナシのつぶてで困ってるとかそういうのもあった。

いずれにせよ>>605はネットでぐぐっただけでもちょっとウサンくさい感じの作文だから
自分で原典あたらんままコピペしてたら恥かくかもよ。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 15:48:24.22 ID:qXMMk9G+0
>>605 のコピペをいろいろぐぐってみると、どうも中央公論の「重光葵手記(正・続)」を
引用元にしたかったっぽいんだけど、中央公論の重光葵手記なら、86年に出されたものも
88年に出されたものも、こんな記述は無いんだよなあ。手持ちにあるから確認したけど
無いものは無い。あるとすれば文芸春秋新社の「巣鴨日記」のハズなのだが。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 16:18:31.46 ID:g0+VBMI+i
>>603
時系列については調べてないんで発言を控えるが、何をしたかということでは間違いはなさそうだぜゃ?

朝鮮族の気質からして、文句さえ言えればそれでいいというのはあるんだろうけどさ。
日本が維新革命をしないで鎖国状態のままでいればロシアの南下で半島は占領される。そうすれば「日本は俺達を見捨てた!」って大騒ぎするのは目に見える。

何もかも世話をしてやっても、世話のしかたが気に入らないだの差別だのと難癖つけるだけなんだからさ。

どうあれ、半島の統合は国際法にも準じ列強も承認したコト。そのうえ、時を下ればリットン卿も賞賛した統治。
文句があるなら、国際社会にも同じように言うべきだな。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 21:30:07.28 ID:00fPjGS+0
>>612
だが、朝鮮人に理屈は通用しない。歴史的事実でさえこいつらは認めないのだ。
口癖は「歴史に愛情がないのか!!」これを機関銃のように繰り出して、都合の
悪い歴史的事実を一切認めず葬ってしまうのだ。そして気に入った物語に書き換える。

日韓歴史共同研究がいかに不毛だったか。宮崎に聞いてみろ。

そういえば、戦勝国に書き換えられた出鱈目な歴史を信奉する自虐カルト信者も日本にいる。
こいつらは精神障害者であり、日本人としての矜持も誇りも自信も全くないカスである。

自虐カルト信者と朝鮮人の共通点は「偽りの歴史」を信じ込んで疑わない歴史修正主義者
であることだ。氏ね、クズ共め!!





614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 22:27:25.75 ID:wkRP4cUq0
「歴史修正主義者」の使い方を間違えている件。

この日朝日中間の歴史問題に於いては、広範に広まっている(広められている)「日本が全てを奪った」だの、「南京大虐殺で30万人」だのと言う根拠に乏しいプロパガンダを
「信頼に足る証拠」と照らし合わせて、プロパガンダ的な歴史認識を客観的に正しい歴史に修正しようとする人の事。
つまり、朝鮮の言う「正しい歴史」など信用できないと考える君や俺の事だよ。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 02:16:26.44 ID:F80mxDZX0
>>613
ID:00fPjGS+0 = 中卒携帯オヤジ
http://hissi.org/read.php/history2/20110527/MDBmUGpHUysw.html

【中卒携帯オヤジの基本情報】
http://unkar.org/r/history2/1272354827/11-12

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 02:31:46.86 ID:JklQpSQc0
>>614
まあ、誤解を承知であえて乱暴に言えば、「あなただったらどうした?」
と朝鮮、韓国には問いたいね。
滅ぶと解っていても何もしないか、なりふりをかまわずに自己保身のために動くか。
話し合いばかりで解決しないというのは、未だに分裂したままの国家なんだから日本人よりも痛切に感じているだろう。同じ民族どうしでも話し合いが通用しない。
民族いじょうに、モンゴロイドとコーカソイドの間で100%なんてものが存在しないことは、自明と言っていいだろう。
それこそ、100%だな。

ロシアの南下が朝鮮半島で100%とまり、その後は、友好的につきあってくれるなんていう保証が確固たるものだったら、日本は高確率で半島を見捨ててロシアの侵略したいままにさせただろう。
触らぬ神に祟りなしだし、要らんことに金をかけないで済む。維新革命のおりに各藩の借金を肩代わりしたから、半島なんてよそ様のために金をかけるなんていうのは馬鹿らしいからね。

最終的にはそこにまで行き着く。

まあ、人道的な歴史しか歩めない韓国、朝鮮人というのは、たとえ自分が滅びることになろうとも外国には些細でも迷惑はかけないし、国内でいかに死者がでようとも、日本のために戦ってくれるようだが……。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 03:37:39.88 ID:wQsnd+BBi
だから朝鮮人に黒船とかロシアの南下とかアングロサクソンの植民地支配とか言っても分からないんだよ。
なんて言ったて、朝鮮人が教育を受けられるようになったのは、日帝支配後なんだよ。
それまでは糞尿まみれの生活をしてたんだから、当時の世界情勢なんて分かるわけない。
朝鮮人の記憶は日帝支配以降しかないのは、ある意味しょうがないと言うか、可哀想というか。。。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 21:45:40.51 ID:OWJ5SQxC0

とすると、自虐史観という戦勝国のプロパガンダを、乏しい証拠で「真の歴史」と決め付けた
左翼歴史学者は完全な歴史修正主義者だな。



619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 22:10:28.66 ID:d/32XC860
なに言ってんだ?

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 22:23:14.71 ID:d/32XC860
>>618 = >>613か?

言葉の意味を勘違いしてたのは仕方がないとしても、それを言葉あそびでどうにかしようとすんなよ。
みっともない。Kの国の常套手段じゃないか。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 22:29:24.20 ID:OWJ5SQxC0

大東亜戦争は侵略戦争じゃなく自衛戦争だった、と言ってるんだよ。
戦犯とされた人々も当然無罪だ。

大日本帝国は何も犯罪など犯していない。だが、犯罪的なことをした、
と決め付けたのが東京裁判でありそれは戦勝国のプロパガンダだ。

こんなものを有難がる自虐マゾヒストは誇りある日本人とはいえない。
大日本帝国は何も悪いことなどしていないのだから、堂々とその正義を
主張すれば良い。




622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 22:31:55.63 ID:d/32XC860
>>621
ああ、皮肉で言ってたのか。これはすまんかった。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 22:34:38.31 ID:jAQcK+gp0
>>622
君は何を主張したいの?

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 23:20:00.07 ID:qjCoss3s0
>>621

大東亜戦争は侵略戦争じゃなく自衛戦争だった、と言ってるんだよ。

ぷ、第二次大戦が、ドイツの自作自演によるポーランドへの「自衛」戦闘から始まったことも知らないんだな

古今東西、我が国はこれより●●国を侵略しま〜す、と宣言して戦争起こした国なんて皆無だってのになw

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 23:41:49.42 ID:p6eGyC9j0
>>624
ああ、建国以来のアメリカこそがそうだしな。
ドイツがどうあれ日本の軍事同盟国だろうが日本の罪の有無とはまるで無関係だな。
ドイツが誰とどう言った経緯で戦争を始めようが、それに対して敵にまわらないというのがイタリアこみの同盟であり、正否とは語るべきファクターが違う。
たった一点でも汚点があれば全否定するなんていう姿勢でしかいられないだなんて、安っぽい人生を送ってきてるんだな。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 23:47:07.15 ID:qjCoss3s0
>>625
>日本の罪の有無とはまるで無関係だな

侵略戦争・自衛戦争なるものの無概念性を指摘しただけで、日本斬罪論者ですか
頭の中が二元論の単純な作りで、しわあせですね

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 23:51:35.60 ID:p6eGyC9j0
>>621
BC級戦犯については言い切れるもんではないだろうけど、A級戦犯については、断言できるね。
どれだけ嫌がらせを受けようが、どれだけ困窮しようが、とにもかくにも戦争はダメなんてくだらないことを言っている奴に社会の本当の厳しさを知ってもらいたい。
「拳でタコ殴りにして昏睡状態にするのは仕方がないが、ピストルを持ち出してケガを負わすのは末代にまでたたられるほどの大罪」なんていう神経が解らんね。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 23:53:07.57 ID:p6eGyC9j0
>>626
ようは、犯罪者の友達というだけて、犯罪者だとおっしゃるわけですな。
たぁけらしい!

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 23:55:26.90 ID:p6eGyC9j0
ひょっとして、第二次世界大戦はに日独伊の共謀で始まったなんて思っている奴がいるんか?

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 23:58:16.93 ID:qjCoss3s0
>>628
>ようは、犯罪者の友達というだけて、犯罪者だとおっしゃるわけですな。

犯罪者(ドイツ)の友達だから、軍需物資が犯罪者の友達(日本)経由で流れることをアメリカ
などが危惧して経済封鎖されたってことの意味も理解できないんだろうな

こういうところを自己本位の解釈を押し通そうとするから、いつまでたっても日本の外交音痴が是正されないんだよな

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 00:10:27.10 ID:haSFSX650
日本否定に終始している奴っていうのは、日本とドイツ、イタリアが世界制服をしようとして戦争をおっぱじめたなんて思っているんだろうな。
ほんと、爪の先に火を灯すような生活、明日をも知れない生活を送ったことのないぬるま湯生活のボンボンはうらやましいかぎりだな。
口元にまで高級料理を運んでもらって当たり前で、それすらも気に入らなければ駄々をこねるのは当たり前……だなんて生活を送っているのだろう。
“死にそうになる”なんていうのを本当の意味で解ってないんだろう。
一食抜いたぐらいで「死にそう」って言っているのが目に浮かぶ。ひょっとしたら、ポケモンを発売日に買えなくて「死にそう」とか言ってそうだな。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 00:12:34.59 ID:EfFFsWYn0
>犯罪者(ドイツ)の友達だから、軍需物資が犯罪者の友達(日本)経由で流れることをアメリカ
>などが危惧して経済封鎖されたってことの意味も理解できないんだろうな

当時の日本からいったいどうやったらドイツに軍需物資を送れるんだw
ドラえもんがいて「どこでもドア」でもあったのかいな?w
妄想の世界に生きる馬鹿は始末に負えん。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 00:18:00.54 ID:86I+DqQ80
>>630
あぁ“誤解されるような立場にいることが悪い”ではなく、誤解されるような立場にいることが、それだけで罪で悪だというんだな。
まぁいいや。
お前、心の底からの友達ってのはいないだろ? お前と付き合っていたら少し気に入らないだけで絶交されそうだ。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 00:26:01.44 ID:86I+DqQ80
>>632
そりゃあ、24時間稼働しっぱなしでも底の抜けない、煙のまったく発ない焼却炉を持っているのかナチ党政権下のドイツですからね。w

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 01:58:33.95 ID:jPx/QJsb0
>>621
ID:OWJ5SQxC0 = 中卒携帯オヤジ
http://hissi.org/read.php/history2/20110528/T1dKNVNReEMw.html

なんでこいつが寄生するスレは一斉に上がってくるか判るか?
こいつ携帯オヤジだからパソコンを持ってないんだよ。
ネットカフェから書き込んでる。金に困ってて、社会の底辺をはいつくばって生きているクズだから、
なけなしの金でネットカフェ入場。だから、そのときに、一気に書き込む必要がある。
それで一斉に上がってくるわけ。
世界史板や軍板、戦争・国防板その他の板で反露・反ソスレを一斉に上げている反露厨も
ネットカフェ難民。だから同じ習性が見られる。反露厨は書き込み規制が発動されたけど、
そのときネットカフェ難民でることが発覚。規制がまったく効かない。
反露厨だの中卒携帯オヤジだのといったクズを相手にすることがいかに無意味か、わかるだろ?
この中卒の相手する奴も、同程度の低レベル人間なんだよ。


★100826 複数板 「ロスケ」でソ連・ロシア関連スレage荒らし報告
http://unkar.org/r/sec2chd/1282833325

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 06:05:53.27 ID:VNdg/SkM0
>当時の日本からいったいどうやったらドイツに軍需物資を送れるんだw

やれやれ、1941年6月まではソ連と日独は「同盟」関係にあったんでシベリア鉄道を使った輸送が
可能だったこともご存じないんだな

学問である以上、物事を客観的にみようとする試みは、外部からの「日本無謬論」や日本盲目的マンセー論によっていつも歪められるんだよな

こういう事大主義の馬鹿は戦前戦中にもいて、同じように政府や軍部の尻馬に乗って日本の進路を誤らせたんだよな

昭和天皇ですら、日本国民の馬鹿で事大主義な低脳ぶりが、日本を戦争に突入させたと嘆いている

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 07:45:44.86 ID:fcG1quI80
>>636
米国が「日米通商航海条約」の破棄を日本に通達したのは三国同盟
締結前の1939年7月。
逆に在米資産の凍結や石油禁輸は独ソ戦の開戦後だが。

だいたいシベリア鉄道経由で日本からドイツに運ばれた軍需物資って
一体何だ?
ソ連からならば独ソ戦開戦前には小麦や石油など多くの戦略物資が
送られているが、普通はそっちを問題にすべきだろうにw
まあ初歩的な知識も持たず「時系列」で物事を考えられない人間が
「物事を客観的にみようと試みる」とはお笑いですなw

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 07:56:16.15 ID:VNdg/SkM0
>>637
>米国が「日米通商航海条約」の破棄を日本に通達したのは三国同盟締結前の1939年7月。
>逆に在米資産の凍結や石油禁輸は独ソ戦の開戦後だが。

はは、相変わらずその間になされた北部仏印進駐(1940)と、それへの制裁としての屑鉄輸出禁止
の話が理解できてないんだな
屑鉄がないと鋼鉄が作れないんだぜw

ってか、1941年の独ソ戦とその直後の南部仏印進駐まで、日独はシベリア鉄道で通交でき
たし、日米の貿易も制限付きながらまだ続いていたことをまず理解できていない

だから、>だいたいシベリア鉄道経由で日本からドイツに運ばれた軍需物資って一体何だ?
というとんまなレスをして平気なんだよな

アメリカがドイツに対して経済制裁かけてても、日独ルートがその抜け道になることをアメリカは
常に危惧していた、という日本語の理解から始めるべきだな

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 08:07:25.69 ID:Wgh4Hob90
屑鉄の禁輸は日本の鉄工業界にダメージは大きかったが、ドイツは日本の
5倍の製鉄能力があって、米国の屑鉄など何の関係も無い。
しかし屑鉄輸出禁止がドイツへ渡るのを防ぐためとは無知も甚だしい。
この人はどうしようもないねw

>だから、>だいたいシベリア鉄道経由で日本からドイツに運ばれた軍需物資って一体何だ?
>というとんまなレスをして平気なんだよな

要するにシベリア鉄津経由でドイツに運ばれた軍需物資はない。
見え透いた嘘が証明されてしまったねw

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 08:13:22.95 ID:0xGgZEWJ0
>>638
>アメリカがドイツに対して経済制裁かけてても、日独ルートがその抜け道になることをアメリカは
>常に危惧していた

嘘だな。だったらソ連との貿易を真っ先に停止しなければならないはずだが
当時もソ連とアメリカの貿易は続いている。
その論理ならまずアメリカはソ連との貿易を止めなきゃおかしいだろ。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 08:14:30.99 ID:VNdg/SkM0
>>639
>しかし屑鉄輸出禁止がドイツへ渡るのを防ぐためとは無知も甚だしい。

誰かそんなこと書いてたっけ?
日米貿易が1941年まで続いていたってことの指摘を曲解して、論破して勝利宣言とは恐れいる

>シベリア鉄津経由でドイツに運ばれた軍需物資はない。
アメリカの危惧の話も同じように曲解しているな

日本のシベリア出兵が、独露和平によりドイツの極東進出を日本が危惧して行われた側面
があることも理解できないんだろうな

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 08:21:14.57 ID:Wgh4Hob90
>>641
「ドイツに軍需物資が渡るのを防ぐため」なんてデタラメな妄想垂れ流して
根拠を何一つ示せずまた妄想ですか。

>日本のシベリア出兵が、独露和平によりドイツの極東進出を日本が危惧して行われた側面
>があることも理解できないんだろうな

はあ?第一次大戦末期のドイツの極東進出なんかを本気で危惧するほど
当時の日本だって馬鹿じゃないよw
表向きの理由がチェコ軍の救出で、本音はロシア革命への介入であり
あわよくば緩衝地帯となる政権の樹立ぐらいだ。
妄想の上に妄想を積み重ねてどうしようの無くなっているな。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 09:13:42.15 ID:8URBgSxl0
ID:VNdg/SkM0

いったいどこの架空戦記を読んだのか知らんが「常識」ぐらい身につけましょう。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:08:17.90 ID:VNdg/SkM0
>>642-643
>第一次大戦末期のドイツの極東進出なんかを本気で危惧するほど当時の日本だって馬鹿じゃないよw

ぷ、古典的名著である細谷千博の「シベリア出兵の史的研究」すら読んでないことが一目瞭然だな
何でこんな連中が学問板にいるんだ?


(1918年)三月一五目、山県は寺内首相、本野外相、後藤(新平)内相に、その意見をしるした覚書を送付する。
  「単にロシアの過激派がドイツと単独講和をし、したがって独禍東漸の勢がまさにおそるべ
  きものがあるという一事をもってただちにわが兵を出すなどは、なお早計といわなければな
  らない。(略

 またこの頃、閣議では本野外相と寺内首相との間には次の論議が交わされていた。
  本野「列強同意の上は出兵に異議なきものと自分は信じてきた。ところで今日の米国の
  率直な告白に対しては、首相は自分と見解を異にするのであろうか? ドイツの勢力を此
  儘東漸に放置して、頭上にドイツ兵の来るのを侍つことはできない。」
              
  寺内「たしかに自分は、ロシア再興のため必要とあれば、出兵を断行すること不可としな
  い。またドイツ勢力東漸の程度危険に迫ると認めるとき、また独露連合の兵の来るとき
  は、断乎として出兵の必要があると考えている。(略

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:12:24.37 ID:hjP82D8j0
当時のシベリア鉄道に軍需物資を送るだけの運行能力があったとは到底おもえんのだがw
ここで言う軍需物資って鉄鋼とかアルミとか原油とかゴムのことでいいんだよな?ムリムリww
シベリア経由で鉄鉱石運ぶくらいなら用船して海上輸送すりゃいいだろwwww

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:14:35.97 ID:ia5wQH8S0
>>644
アホすぎw
お前さんは「八紘一宇」だのを本気にしているクチなのか?w
「出兵の口実」を模索する中で出てきた話を真に受けるなよw
当時はドイツにとって英仏だけで手一杯の西部戦線にドンドン米軍が
送られてきた時期であり、勝敗は決していたのはまともな人間なら
誰の目にも明らかで実際に出兵の僅か三ヶ月後にはドイツは屈服
している。
薄っぺらい知識で妄想すると基礎知識のなさがモロバレになってしまうなw

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:18:32.55 ID:Wgh4Hob90
>>645
そもそも日本>ソ連>ドイツを心配するなら、ソ連>ドイツを更に心配
しなければならないはずなのに、そっちは無視だからな。
最初に勝手に図式を造って、そこに無理矢理当てはめているのがモロバレだ。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:19:37.31 ID:hjP82D8j0
そもそも1930年代からすでに米国の物資援助は開始されてたしな。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:20:04.83 ID:VNdg/SkM0
>>645-646
相変わらず話がわかってない連中だな
歴史なんて、その程度の「危惧」とかで動くものだってことを示してやってるのに、まだそのことの意味がわかってないな

その「危惧」の実現性の問題と、その当時そうした「危惧」が存在したこととその影響を考えることと
は区別しなければならないのに、それが出来ないのが学問板にいるのは嘆かわしい

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:21:51.85 ID:Wgh4Hob90
>>647
だからそんな危惧があるなら米国は真っ先にソ連との貿易を停止するべきだろw
都合の悪い事を無視して、自分の妄想を押しつける輩は実に見苦しいなw

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:24:43.98 ID:Wgh4Hob90
おっと>>650>>649あてね。

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:33:42.74 ID:pSjbdtss0
当時のソ連とアメリカの関係は良かったワケでは無いにしろアメリカの
ギブス&コックス社がスターリンの計画していたソ連海軍の軍備増強に
食い込んで技術協力までやっていたんだぜ。
最終的に折り合いが付かずにお流れにはなるが、それでもソビエツキー・
ソユーズ級戦艦など当時のソ連艦にはこのとき提供された米国の技術の
影響が見られるというのは詳しい人間には知られている話だ。
アメリカがソ連経由でドイツに軍事技術が流れる事をそんなに警戒なんか
してなかった証拠だな。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:34:48.05 ID:VNdg/SkM0
>>650
>だからそんな危惧があるなら米国は真っ先にソ連との貿易を停止するべきだろw
お前は底抜けの馬鹿だな
当時有されていた「危惧」「懸念」の問題と、それへの「適切」な対処法を後知恵で語ってみせるのを混同してるだけのことでしかない

歴史分析に戻れば、当時アメリカがそうした「懸念」を持って対日外交を行ったいたことは日本も
察知してたし、そうならばその回避策も準備出来たであろうが、実際に日本が行ったのは、三国
同盟を楯に取ったアメリカへの恫喝

独ソ戦開始前の1940〜41年のアメリカとの交渉では、三国同盟による自動参戦問題こそが
焦点になっていたこともご存じないだろうな、全然専門書を読んでなさそうだし

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:38:49.04 ID:Wgh4Hob90
>>653
馬鹿の脳内ではアメリカと言う国はソ連に提供された自国の最新技術がドイツに
流れる事は考えないが、日本に売った屑鉄は脅威と見なすんだそうですw

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 11:48:48.93 ID:7DsdCGvc0
ソビエツキー・ソユーズ級の断面図を見ると当初の計画ではイタリア式なのに、
最終案は米国式で、当時の米最新戦艦とよく似た形式なんだよな。
本当に完成していたら米ソ合作戦艦という面白いものになったはずだ。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 17:56:45.41 ID:r+NVKfKa0
自分の財産を増やすことや残すことにはなりふりをかまわないような輩に、当時の日本を非難することなんぞできん。
「少しずつ毒をもって楽に死なせたんだから、撲殺するよりは人道的だ!」なんて言っているのと変わらない。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 18:11:50.94 ID:L1cjliap0
【書籍】 100年前の東アジアで「袋叩き」の韓国、今も全く変わらない!〜「大人のための近現代史」[05/27]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1306648835/

「日本の朝鮮植民地化過程は論理的矛盾がぎっしり埋まったことだった。この矛盾が反映されるこ
とによって日本に対する朝鮮の反応もやはり複雑に絡まるほかはなかった。(…)自力で清やロシ
アから独立を達成できなくなった以上、日本に主権の制約を受けても仕方ないと考えた人もいた。
しかし、そのような人々を「親日派」と決めつけることもできない。例をあげれば、併合で滅亡する
ことだけは避けるために、保護国状態を維持したまま近代化に努力して実力を育てた後、独立を
回復すべきと考えた人もいた。また、親日団体で知られた一進会の合邦声明は日本による吸収
合併という最悪のシナリオを回避するために自ら立ち上がって日本と「併合する」と唱えて日本と
より対等な形態で併合すべきという考えから出たことだった。これは全部「独立」の余地を残すた
めに「親日」をしたと見ることもできる。」

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 20:13:35.77 ID:LSZYaqcD0
2CHにイザベラ・バードが好きな人は多いけど、
これを見ると当時から朝鮮人が日本人を大嫌いだったことが書いてある。
日韓併合なんか朝鮮人は誰も望んでなかったんじゃないの?

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 22:48:28.98 ID:lFV0TI2a0

大日本帝国を必死をで叩いているのは、馬鹿サヨと在チョンのみ。

戦前日本もそれなりに明るく楽しい天皇主権の民主国家だった。
誇りある真の日本人なら、それがよくわかる。馬鹿サヨは日本人の誇りゼロだ。



660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 00:11:51.88 ID:S+TnLZCR0
>>658
望んでいなかった、というのは本音かも知れないが、同時に列強に対抗しうる国家にもなりたかった。日本のように維新革命ができなかった状態ではなにもできなかった。
その上かつての宗主国はあてにならない。
好き嫌いは関係なしに、朝鮮のとる道はこれしかなかっただろう。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 00:22:12.89 ID:S+TnLZCR0
あえて冷酷な言い方をすれば朝鮮民族のことなどどうでもいいが、日本としては朝鮮半島をほっておくわけにはいかなかった。
半島北の満州もボロボロだったから、ズルズルとロシアが南下してくるのが目に見えていたから。
朝鮮とは、そういったところで利害が一致したというコトである。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 03:56:39.90 ID:FLBjG/8+0
>>658
背に腹は代えられないからね。
優秀な技術を持つ日本企業でも存続が危うくなったとき、不本意でも中国企業に身売りするじゃん。
信用できないと思っていてもね。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 06:36:31.93 ID:YbX5TAuC0
>>659
>天皇主権の民主国家だった

ぷ、お前も戦前の日本でこんなこと言ってたら赤ということ死刑だけどな

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 17:18:46.00 ID:Z6PUNW+k0
>>663
明治時代、民主主義というのは危険であるとされた、それでも君主制というのも違うというので時くだって民本主義だなどと言われた。民主主義いじょうに危険視されたのが右翼思想というか天皇親政なわけなんだが、そういうのは理解できないくちのようだな?

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 18:52:00.05 ID:QX6UQDXj0
戦前が民主的だったという言論は、戦後すぐに国会でも出てきてる話題なんだけど、
現代の視点から言えば民主主義ではありえないよなあ。あきらかに議会制君主主義というか
せいぜいイギリス流の「議会主権(≒議会における天皇主権)」ないしは衆議院・貴族院という
評議会を擁したプロイセン型啓蒙絶対主義といった感じじゃなかろうか。

民主デモスクラティアではないのは明らか。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 18:55:13.08 ID:QX6UQDXj0
民主(民が主人、民が本)と書くからそうではないとしか言いようがないけれども、戦前の政治的風土が
「衆議をあつめて議論を活発に行うことで政治を行っていた」(衆議政治)であるか、といわれればまさに
衆議政治そのものではあった。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 20:00:45.49 ID:EzVEvPSt0
子供のためになら犯罪者にもなれるのが親だ。そのなかで強烈な実行力でうまくいくこともあれば、見当違いのことをして失敗することもある。
その親に「アンタは犯罪者だ。さっさと反省しろ!」と言っているのが戦前の日本否定派の腹の中だ。
仮に犯罪者であるなら、たしかに反省せねばなるまい。
が、その前に人間ならばひと言があるべきだ。「ありがとう」とね。
そんなひと言が微塵も無いから、弁護人がでてきて事実を突きつけてくるわけだ。「日本は暴れ回りはしたが、そのおかげでアジア諸国家は独立を果たした」と。
朝鮮を保護国にもせず、併合もせず、まして日本軍を駐留させることすらなく、どうやってロシアに対抗しうる土地にするのか、それを明確にする品性は必要だろう。
そのことでロシアの南下が食い止められ、その恩恵で暮らすことのできた人間や我々子孫にはその義務がある。
ロシア領になった方が幸せだった、と言うのなら話はまた別になるが、な。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 20:17:56.56 ID:QX6UQDXj0
テロリストを排除できなくなった衆議社会

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 20:23:08.24 ID:QX6UQDXj0
治安と統制のために体制側に冒険主義者、テロリストがまじってしまって排除できなくなった。
冒険主義と恐怖主義はその定義からもあきらかに「体制への反逆と逸脱」しか理念をもたないので
こういうヤカラには帝国100年の大計などというものが存在しない。これが困るのである。

冒険主義者や恐怖主義者はいつの時代にもどこにでもいる。国家を誤らないためには
そういうものをいかに統制するかという、適切なリーダーシップこそが必要だったわけ。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 20:24:11.43 ID:OHPlptUT0
統帥権や天皇機関説を政府与党の脚を引っ張る為に野党が政治問題化させた
昭和初期の日本の政党政治はむしろ「衆愚政治」に近い。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 20:29:42.86 ID:QX6UQDXj0
暴民政治だね。戦前の議会にはリーダーシップが存在できる余地がまったくなかった。
制度的にもリーダーシップの確立がなんら保証されていなかった。いまもそうだね。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 20:30:54.30 ID:PGkhKH/y0
>>671
戦前の議会?
粛軍演説って知ってる?

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 20:34:12.48 ID:QX6UQDXj0
しらなかった。ぐぐった。お説教演説?そんな感じだろう。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 20:35:26.51 ID:PGkhKH/y0
知らないのなら黙ってろと。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 23:32:16.60 ID:YbX5TAuC0
>>664
>民主主義いじょうに危険視されたのが右翼思想というか天皇親政なわけなんだが
2度にわたって出された国体明朝声明を知らないことだけはわかった

>>672
>粛軍演説って知ってる?
で、それを述べた斉藤が速攻で議員を除名されたことも知ってるが

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 01:01:17.36 ID:G8qtK2cZ0
>>675
間違ってるよ。
斉藤が除名されたのは「粛軍演説」ではなく、その4年後のいわゆる「反軍演説」の結果だ。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 05:07:05.50 ID:uTk89Gvz0
いくら感動的な演説をぶっても、行政府になんの影響力も行使できないんなら意味ねーじゃん。
学会で論文書いて大学追放されるのと何が違うというのか

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 05:14:23.27 ID:uTk89Gvz0
けっきょく帝国の権力の中枢は「元勲」にのみあって、元勲がいなくなってしまえば
陸軍佐官や尉官ごときが国政の中枢をになうようになるわけである。議会はそれを
掣肘する権能すら与えられていなかったことに気が付いたときには手遅れだったと。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 06:13:57.54 ID:ZsES6/o40
>>678
「元勲」じゃなくて「元老」。
国政の中枢を担った軍人は大中将クラス。
間違いだらけだねw

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 11:10:22.42 ID:uTk89Gvz0
元勲でいいんだけど。キミは誰と闘ってるのかね?
ひとの発言かってに修正しないでくれる?迷惑だから。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 16:01:23.46 ID:mE9vvH0gP
三・一運動に関する米国キリスト教教会連合協議会の報告
(現代史資料より)

証拠書類6 警察に逮捕された朝鮮人少女の経験

三月五日のことでした。私たちは愛する祖国の自由のために南大門で列をつくり
自由のために自らの血を流す覚悟をしているしるしとして、腕に赤いベルトや
赤いバンドをつけていました。私たちは「バンザイ(マンセイ)」と励ましあい
叫びながら駅から鐘路に向かって行進していました。私たちが徳寿宮に近づきつつ
あるとき、突然ひとりの日本人警官が後ろから私の髪をつかみました。
そして私は乱暴に地面にたたきつけられました。警官は残酷に何回も私を
けとばしました。このために私は殆んど気を失ってしまいました。(つづく) 

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 17:56:24.76 ID:uTk89Gvz0
朝鮮の反日はぜんぶアメリカ系(長老派?)プロテスタントらしいね。
南京大虐殺を捏造したのもそいつらだし。キリシタンは弾圧されてしかるべし。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 18:03:10.99 ID:mE9vvH0gP
>>681(つづき)

それから髪をつかんでせき立て、鐘路警察署に連行しました。その警察署の入口に
二十人あるいはもっと多数の日本人警官が一列に立ち並び、私を嘲笑し足蹴にしました。
その上剣でひっぱたいたり、顔をなぐったりしました。あまり何度もなぐられたので
殆んど気絶してしまうところでした。それがあまりに残酷だったので、時々彼らが
私をぶっているのか他のひとをぶっているのかわからなくなりました。手足からは
ひどく血が流れ、身体は彼らの強打のために青黒くなってしまいました。(つづく)



684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 18:31:19.76 ID:mE9vvH0gP
>>683(つづき)

私はある部屋に連れて行かれ、ここでもまた前のように残酷に扱われました。
彼らは私を床の上でひきずり、顔をたたき、剣でひっぱたきました。
それから私は、その部屋の隅に投げつけられ、そこで完全に気を失ってしまいました。
そのため、私はその後何が起こったか記憶していません。(つづく)

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 18:37:17.70 ID:uTk89Gvz0
つづけんなドアホ。コピペだったらURLだけ貼り付けとけ。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 18:42:48.07 ID:mE9vvH0gP
>>684(つづき)

気がついたとき、私は若い男女と一緒に一室に詰め込まれているのに気づきました。
その人たちの何人かが非常に残酷に扱われ、なぐられるのを見て私は胸がはりさけそうでした。
しばらくして私たちは一人ずつ警察官に詰問されました。この詰問がどんなに
ひどかったかを伝えることは私の能力をこえています。(つづく)

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 18:56:29.08 ID:mE9vvH0gP
>>686(つづき)

私は足を縛られたままひざまずかされ、ひとつひとつの質問と答えには
かわるがわるのびんたが伴いました。彼らは顔につばを吐きかけ、最もたちの悪い
悪口と毒舌をはきました。彼は「お前は売笑婦だ、下劣なやつだ、妊娠している娘だ!」
と言いました。胸をはだくようにと命令されましたが私が拒んだので彼らは
私の上衣を引き裂きました。(つづく)

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 19:00:52.46 ID:uTk89Gvz0
あぼんしとくか

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 19:13:35.09 ID:mE9vvH0gP
>>687(つづき)

そして私はぞっとさせられるようなあらゆる種類の非人間的な言葉を浴びせられました。
彼らは私の指を束ねて縛り、その指を激しくひっぱりねじまげました。
そのため私は指が手から引き裂かれたように感じました。私は眼をとじ床に倒れました。
するとすぐにその取調官は大声で怒なりました。そして前と同じようにひざまずけと
命令しました。それから私に襲いかかり、胸元をつかんで激しくなぐりつけました。
これに比する非人間的な扱い方が一体どこにありましょうか。(つづく)

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 19:32:28.83 ID:mE9vvH0gP
>>689(つづき)

それから彼は次のように言いました。「お前は独立を望んでいるのだろう。え、そうだろう。
途方もない考えだ。監獄に閉じ込められたらお前は独立できるだろう。お前の命は
この剣の一振りで消えてしまうんだ。」そして私の髪を持って激しく振りまわし、
耳を引っぱりました。しかし彼はこんなことでは一向に満足せず、無慈悲にも
杖で私の頭をたたきました。彼らは両手で重い椅子を支えさせました。そして椅子を
落すと杖で私の肘をたたきました。(つづく)




691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 19:38:16.45 ID:j+aPzIEP0
どうでもいいが、簡潔に頼むよ。
だらだら書き込まないで欲しい。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 19:40:07.24 ID:Pc7eRVRS0
>>687
>「お前は売笑婦だ」

なんだ、女芸人の話だったのか。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 19:50:18.01 ID:mE9vvH0gP
>>690(つづき)

かれは椅子をさしあげたまま前と同様に窓の近くに私をひざまずかせました。
もし椅子が下がったり窓枠に触れたりしたら、彼はやってきてなぐったでしょう。
階下へおりて行けと言われるまで、一時間程これが続きました。私は完全に疲れ切っていて
歩くことができませんでした。私のあとからついてくるスパイの一人の助けを受けてさえ
やっとのことで床を這えるだけでした。私は立ち上がって階下行こうと試みました。
私の力は階段の最初の一段で尽きてしまい、階段の下までころがり落ちました。
そして再び意識を失いました。(つづく)

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 20:30:29.75 ID:mE9vvH0gP
>>693(つづき)

意識がもどると、私はひとつの室に入ることを強いられました。その室で看守である警官は、
私が這って室に入ろうとしているのを見て大変おもしろがり、私のみじめさを見て
大声で笑いました。そこで私は神に祈りました。イエス・キリストを見たような気がしました。
イエスは、高い所から私を非常に慰めてくれました。私は、イエスがこの時与えてくれた
慰めに対して神に感謝します。
私はこの警察署で合計五日を過ごしました。それから西大門拘置所に送られました。
そこで私は丸裸にさせられ、人目に曝されました。それから私は着物を着ることを許され、
ある部屋に連れて行かれました。私は私の力では如実に表せないほどののしられ、のろわれました。
この部屋には私と同じような人たちが十六人いました。この部屋はあまり大きくなく
私たちはぎっしりと詰め込まれていました。便器が丁度ブタ小屋のように部屋の中に
置かれてありました。(つづく)

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 20:35:13.79 ID:j+aPzIEP0
>>694
>便器が丁度ブタ小屋のように部屋の中に置かれてありました。

意味がわからない。どういう状態なんだ?

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 20:48:52.93 ID:mE9vvH0gP
>>694(つづき)

この部屋は大変不潔で、ブタにさえ適さない程でした。食物は豆と塩でした。
私たちが食べている間、時々誰かがのぞきこんで「お前らは犬だ」「お前らはブタだ」
などありとあらゆる罵詈雑言を浴びせました。
二日目にある人が警察医を呼びました。医者は数人の者と入って来て、私を素っ裸にし
目方をはかりました。また彼らはののしり、私につばをかけました。時々私は看守に
「お前は公に裁判を受けることになるだろう。」と言われました。
私は、大きな慰めをもって、そうなることを楽しみに待っていました。そうなれば
私は遠慮なしに私の実情を弁明する機会が持てるだろうと思ったからです。
しかしだめでした。裁判なしに、私の罪状もあるいは実際に法的犯罪があったかどうかも
告げられないままで、私はある日釈放されました。(終)


697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 21:47:10.85 ID:Qh/CG2rK0
ID:mE9vvH0gPは、いったい何を言いたかったのかね?

当時の警察や憲兵隊の反体制デモ弾圧は非常に厳しかったから、半島で
厳しくても不思議ではない。至極当然だ。この女、殺されなかっただけまし。

この女は捕まっても手加減つきの暴行と監視だけで釈放されたのだから、
取り敢えずめでたしめでたしだ。

>>696にある「お前らは犬だ」「お前らはブタだ」

この罵倒は現代の在日朝鮮人にそのまま当てはめられるなw






698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 22:35:04.12 ID:mE9vvH0gP
>>697
言いたかったことは、三・一運動に対してどのような弾圧がなされたかということ。

弾圧過程では教会が焼き討ちされ、多くの信者が死亡するなどの事件が
起こったし、多くの者が逮捕され獄中で死亡する者も少なくなかったが
韓国でいわれているような、朝鮮全土で無慈悲な弾圧が行われたと
いうのは事実ではない。

この少女の場合でも、叩かれたり裸にされ辱めを受けてはいるが、それ以上まで
行くことなく釈放されている。

当時の日本の首相は平民宰相といわれ、またクリスチャンであった原敬、
彼はこの運動が起こった背景を考え、できるだけ強硬手段を避けようとした。
ただし当時は軍部の発言力が強く原敬の考えは徹底しなかったがある程度は
反映されている。

この運動のあと、日本はいわゆる文化統治という融和政策に転換した。
ただし、これは日本の財政に大きな負担になった。朝鮮統治は日本にとって
経済的メリットは全くなかったと言っていい。


699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 22:41:12.91 ID:j+aPzIEP0
今までだらだら書いていたことが、具体的にどう史実だったのかの説明はないんだろうな。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 23:35:23.47 ID:rJmCBGBb0
>>698
>韓国でいわれているような、朝鮮全土で無慈悲な弾圧が行われたというのは事実ではない。
は?
その一事例のコピペでそれが論証できたとでも?



701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 23:57:18.77 ID:mE9vvH0gP
>>700
あくまで一例としてあげたにすぎない。みすず書房の「現代史資料」で
朝鮮の部分をくまなく読めば、かなりの真実が読み取れる。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 01:59:25.74 ID:QLJC4RDj0
反体制であることに行われるということと、朝鮮族をめがけて行われることでは、被害者が同じ朝鮮族であっても半島の経営が苛烈であったか否かとはまったく無関係だわな。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 02:01:54.31 ID:+Lgufog40
>>675
天皇の統治する国家……。
やっぱり解ってないようだ。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 02:05:26.58 ID:QLJC4RDj0
当時の日本による朝鮮経営についてはリットンが絶賛している。
それでもひどいことをしたと言うんだから、朝鮮人というのは遊んで暮らせる国家を作って当たり前とでも考えているんだろうな。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 02:28:30.33 ID:HMtv+Nde0
>>697
ID:Qh/CG2rK0 = 中卒携帯オヤジ
http://hissi.org/read.php/history2/20110531/UWgvQ0cycksw.html

こいつの相手するやつは同レベルのクズ。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 04:06:01.77 ID:xz1IHtx70
>>704
そう言えば以前に1931年、つまり世界恐慌まっただ中の朝鮮半島における
失業者問題を帝国議会で取り上げた発言を根拠にして
「日本の朝鮮統治の酷かった証拠」
と言い張る奴がいたな。

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 07:37:32.31 ID:b3mQ+T8o0
帝国の日本本土統治でさえ薔薇色ではなかったのにね(´・ω・`)
民族自決なんてインディアン虐殺働いた他民族国家に言われたくなかったよね(´・ω・`)

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 08:33:26.04 ID:uEiS7lsM0
最近では脳みそが「ネット社会」に汚染されて「ネットの情報=真実」と勘違いしている人が急増しています。
でも、その手の方の多くは「マスコミは真実を隠している」とか「マスコミの情報を信じてはいけない」などと
自説と逆の事も主張したりしています。ご都合主義ってヤツですね。とってもプリティーです…。

ところで皆様は「悪魔の証明」ってヤツをご存知ですか?
これは「実際には存在しないものを証明するのは非常に困難である」という事です。

例えば「全長30メートルで七色に光る幻のナマズが存在する」って主張するのは簡単ですよね?「俺は見た!」って言えばいいだけですからね。
で、「○月○日に○○で幻のナマズを見た」ってネットに書き込めば、それが「幻のナマズ」が存在するソースになります。
それを読んだ人が自分のブログにでもコピペすれば更にソースが充実します。

一方、「俺はそんなナマズを見ていない」と主張してネットに書き込んでも、それは「幻のナマズが存在しない証拠」にはなりえません。
なぜならいないと主張する人はナマズが生息できる地球上の全て場所を観察していたわけではないからです。

よって「幻のナマズ」が絶対に存在しないという証明はほとんど不可能に近いという事になります。

「在日特権」がデマであることを完全に証明できるソースが存在しないのもこれと同じ理由です。

悪意をこめて作られたデマを見た「厨くん」が、誰に頼まれるでもなしに一生懸命「コピペ」を繰り返していった結果、
「在日特権」なるデマはドンドン無責任に広がってしまったのです。
その一方で、それに反論するサイトやブログはほとんど増えず(デマを証明するのが難しいうえにバカらしいから)、
現在のような状態になってしまったというわけですな。

デマなんて簡単にできますよね。作ろうと思えば一日に千個だってつくれる。

でも、それに反論するってのは結構なエネルギーが必要です。
デマのような「安売りソース」が手に入らないですからね。

嘘だと思うなら「松村邦洋とパラダイス山本は時々入れ替わっている」って噂がデマである事を誰もが納得するレベルで
証明してみて下さい(笑)。すっごく大変だから!

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 21:56:18.42 ID:LSCvUvwaP
日本人の大部分は戦前はもちろん戦後も長く植民地を持つことが経済的利益を
もたらしたと信じていた。しかしこれは大きな間違い、特に朝鮮支配は得られた
利益より維持するためのコストのほうがはるかに大きかった。

戦後、欧米列強が植民地を手放した最大の理由は、経済的負担が利益が上回るのが
はっきりしたから、最後まで植民地にこだわったポルトガルは、西ヨーロッパの国の中で
もっとも経済的に貧しかった。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 23:59:11.62 ID:b3mQ+T8o0
植民地の経営的利得の視点は面白いね。スペインポルトガル期までの植民政策は
領域殖民というよりは殖民都市の経営が主眼だったけど、イギリス・フランス期になると
領邦国家とか半未開文明そのものの保護国化が焦点になったから一気に損益水準が
高くなったんだろね。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 00:19:48.28 ID:JdhMNi2y0
まあでもその植民地から重要な資源が出るのなら話が違うんじゃないかなあ
現在でもロシアにおけるチェチェンや中国におけるチベットなんかはそんな感じだし
前者は石油であり後者はレアアースだ
だからロシアと中国は絶対にこの植民地を手放さない
んで朝鮮だが・・・・これといった資源がないんだよなあ

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 03:57:31.60 ID:jAhCYriq0
朝鮮北部の木材、鉄鉱石、石炭くらいだね。食糧生産については
まったく安定しないんで、これは内地もさして変わらないんだけど
帝国としてはタイとかビルマとかベトナムから輸入ぎみだったらしい。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 04:06:14.30 ID:b7elr9L10
>>711
戦闘緩衝地帯、なんていうのは“珍しい植民地”だろうね。
一応は植民地ではなく、日本の一地方だか。
だから日清戦争後、大韓帝国の滅びるままにほっておけばよかったんだよ。
人がイイからな……。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 04:07:19.01 ID:b7elr9L10
>>711
戦闘緩衝地帯、なんていうのは“珍しい植民地”だろうね。
一応は植民地ではなく、日本の一地方だか。
だから日清戦争後、大韓帝国の滅びるままにほっておけばよかったんだよ。
人がイイからな……。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 15:08:13.38 ID:zFMGfsNnP
日本統治時代の朝鮮を会社にたとえれば、大赤字を毎年出す子会社みたいな
存在だった。初めから併合などすべきでなかった。

当時は植民地を多く持つことが一流国の証しとみられていたことが、日本を
あのような行動にかりたてたわけだが、イギリスやフランスでも植民地化に
強い抵抗があると思われた地域は避けていた。それを日本がやったことになる。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 19:32:43.78 ID:jAhCYriq0
そんなこと言われても、フィリピンが米領になり中国南部が列強の分割状態、シベリアはロシアが
進出して小笠原は米国の勢力下にある、なんて刻々と状況が悪化してるなかで、朝鮮とか満州を
放置しておくという手はなかったんじゃないかとおれは思うな。

そもそも日本そのものが関税自主権もなく領事裁判権をおしつけられてた状況だったという
ことを忘れてもらっては困る。明治期に日本だけは独立を勝ち取っていたかといえば、現実は
けっしてそうではない。日本内地ですら、すでに植民化のための芽は植えつけられていたという
危機感のなかで解釈すべきだろう。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 19:36:57.05 ID:jAhCYriq0
グロチウス以来の自然法論的な国際秩序のなかにおいては「半文明国」ではなく
文明国であることを明確に証明する必要がある。それはおなじように振舞うことで
しかなしえない。

唯物的経済史観においては馬鹿げた行為であったにせよ、鹿鳴館と朝鮮属地化は
おなじ法理体系のなかでは整合的に解釈できる。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 19:47:36.41 ID:zFMGfsNnP
幕末の日本は欧米列強に対しなかば無防備状態、しかも幕府と討幕勢力が
あらそっていた。そういう状況でも日本を植民地にしようという国はなかった。

欧米列強は日本人の民族性を見て、そんなことが不可能なのは認識していた。
このことは当時の文献を見ても、はっきり証明できる。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 20:08:11.13 ID:jAhCYriq0
江戸末期から明治初年にかけて、日本人がハワイに奴隷として売り飛ばされてんだけど。
「むこう」がどう思ってたかという検証と同時に、日本がどう思っていたかという検証もたのむよ。
水兵が殺されたから犯人出せと抗議したら、犯人の武士が10人以上名乗り出て領事の前で
切腹して自分のハラワタなげつける、みたいな激越な民族性があった、というようなことは
知られてたろうけれども、それはガイジンからみた日本観にすぎんよ。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/03(金) 21:32:35.80 ID:joj54QYp0
>>718
当時の日本は西欧をしのぐ文化国家だったからな。産業革命は経験していないが、
文明度の高い江戸の町や、武器を携行した侍の存在はペリーらを驚嘆させるに十分
だった。

そんな国を植民地化しようとは普通思わないだろう。当時の日本は大韓帝国とは大違いだったのだ。



721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 01:06:57.08 ID:kSoBBlxz0
植民化しようとは考えなくても搾取しようとは考えたのではないかな。清朝におけるフランスや
イギリスも、当初は相当に下手に慎重に出たものだよ。東アジアの西欧の艦艇の半分は
強盗団みたいな連中だったことを忘れてもらっては困るよ。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 01:11:07.43 ID:kSoBBlxz0
西欧の連中が東アジアでやってたことは「軍事侵攻」ではなくテロ行為だったわけよ。
砲艦外交っていうでしょう。恐怖でもって柔弱な現地政権に緊張をあたえることで打撃を
与える。当時の徳川政権はこの恐怖攻撃に対抗するほどには強固な政権でもなく、
世界的視野にたつ人材は圧倒的に不足していた。恐怖攻撃は少数で多数の意思を支配し
つけこむ。それが砲艦外交の手法というものだろう。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 03:16:18.13 ID:J3aXon9g0
>>720
ID:joj54QYp0 = 中卒携帯オヤジ =ネットカフェ難民
http://hissi.org/read.php/history2/20110603/am9qNTRRWXAw.html

日雇い労働を終えてネットカフェに辿り着き、くたくになった体でストーカー対象のスレに一斉に
糞レスを書き込み、そして、ぶっ倒れるように眠りに入る。これがこのクズ野郎に残された哀れな人生。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 05:51:38.95 ID:4st5Zn0M0
>>720>>721
植民地にしなくても儲かったからな。
金と銀のレートを使って大儲けだし。
あの時の金の流出がなければ、もっと早く金本位制に移行できたかも。


朝鮮が日本に搾取されたとか言ってるけど、
鉱山の採掘権を売り飛ばした朝鮮が何を言ってるのやら。
買い戻した日本に採掘権があって当然。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 06:26:28.85 ID:rFEzsyMt0
欧米の植民地政策なんてのは全て金儲けのためだから
戦争によって利益より損害の方が出るならやらない
軍隊送ってのっとるのは分かり易いが、そういう手段はよほど弱しと見なした国にしかしない
当時の植民地化手法はまず交易しましょうと自国の商品売りつけ相手国の金銀を奪い借金付けにし、
それを名目に内政干渉し土地や産物の占有権を奪う
阿片戦争も初め英国は茶が欲しいから清に交易しましょうと持ちかけ英国は売るものがないため阿片を売りつけた
清が国内の銀を失い阿片を拒否したため戦争して認めさせその上領土と賠償金も手に入れた

不平等条約もあったしこれが結局幕末から明治初期の内乱の原因の一つだし
ロシアは対馬を一時占領、ペリーも沖縄を取るよう進言してる
ドイツの外交官も北海道を取るよう進言してる
さらに明治のロシア南下がある
そういう意味で他の国の様に間違えたら植民地になってた可能性も十分ある

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 06:29:51.69 ID:nvRa5yxy0
>>724
欧米が日本にやったことは『資本主義、自由経済だから当然』で、ひどい場合は不問にするが、日本が朝鮮にやると、『搾取だ!』となる不思議。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 06:39:45.37 ID:nvRa5yxy0
>>725
今の日本人のおめでたい感覚。
“成功して当たり前。失敗したら袋叩き”

実質、日本の植民地化などはおこらなかった。→日本は平和だった。→つまり、植民地化されるというのは被害妄想だ。→半島の併合は過剰防衛だ。→日本は悪である。

努力あっての独立維持が、黙っていても独立がなっていたというコトになってしまうんだな。
そのうえ、自らは他人を踏み台にしてでも裕福な生活を維持しようとするくせに、日本がそれをやると、悪人認定になる。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 06:50:31.11 ID:rFEzsyMt0
日本の場合は植民地に売りつける産業が元々無く
むしろ植民地経営はインフラの整備などで財政的に赤字
教育も列強の愚民化教育の逆を行ってる
そういう意味で列強の邪な金儲け主義よりはある意味で純粋な防衛目的から大陸にまで進出した
もっとも結果そろばん勘定が合わなくなってしまったのも事実

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 06:56:00.93 ID:KCYjVz/f0
>>725
>軍隊送ってのっとるのは分かり易いが、そういう手段はよほど弱しと見なした国にしかしない
>当時の植民地化手法はまず交易しましょうと自国の商品売りつけ相手国の金銀を奪い借金付けにし、
>それを名目に内政干渉し土地や産物の占有権を奪う

1880年代から日本が朝鮮にしたことや、その後中国にしたこと、そのままじゃんw

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 06:59:13.48 ID:KCYjVz/f0
>>728
>日本の場合は植民地に売りつける産業が元々無く
日本のリーディングインダストリーだった綿紡績業におけるアジア市場(当初は朝鮮、後に中国)の大きさも知らないから、土曜の朝から呑気な妄想を垂れ流せるんだよな

>むしろ植民地経営はインフラの整備などで財政的に赤字
近年の欧米の帝国主義研究では、欧米も財政赤字だったことが明らかにされてるけどな

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 07:20:55.22 ID:rFEzsyMt0
日本が朝鮮併合したのはギリギリの防衛目的
幕末以降自力での近代化や独立を支援したのにまったくの無駄だった
併合したのも初め清国の属国で次はロシアについたから仕方なく
第一列強のごとく朝鮮から奪うもんなんて何も無かった
列強の場合は現地を手に入れ原住民を奴隷化して労働力にして資源を集めさせた

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 07:21:23.89 ID:ySi1+dR/0
>>729
韓国の内乱に伴う外国人居留民襲撃から自国民を保護するために各国は護衛の兵を駐留させただけで、侵略するほどの数も装備も送り込んではいないよ。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 07:34:47.75 ID:KCYjVz/f0
>>732
>韓国の内乱に伴う外国人居留民襲撃から自国民を保護するために各国は護衛の兵を駐留させただけ

ってかその「内乱」自体が何度も日本が干渉して起こさせたものだったけどな
失敗に次ぐ失敗の失地回復を目指すために、1895年には三浦公使が直々に皇帝の妻を暗殺する謀略まで起こしたしな

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 07:46:05.98 ID:rFEzsyMt0
本来なら日本が賠償金を要求すべき立場だ
シナ朝鮮が日本の足手まといになった
清と朝鮮がまともな独立国なら満州まで行ってわざわざ日本人の血を流させロシア軍と戦う必要も無かった
満州も当時ロシアの権益で日露戦争の勝利で譲られたに過ぎない
日本侵略以前に既に侵略された地域を手に入れたに過ぎない

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 07:52:04.44 ID:rFEzsyMt0
閔妃暗殺の首謀者は大院君で、実行犯は禹範善ですね
首謀者から実行犯まで朝鮮人
三浦公使は手を貸したに過ぎない

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 08:36:26.37 ID:WnLtNeBL0
>>733
頑固党(大院君ら守旧派)と開化党(開国派)が争ったのが韓国の内乱で、日本は韓国に開国を促し続けてきたんだけど、
それが内乱を起こさせる為だったという解釈はちょっとどうかな。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 08:47:54.97 ID:mrxsNiOKO
まあ元々は日本が平和的に通交を求めてきたのを朝鮮が無礼な態度で追い返して怒らせたのが始まりなんだけどな
さらに釜山にいた日本人居留民に食料供給を止めるなど嫌がらせしたからなおさら火に油を注ぐことに

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 11:16:25.85 ID:pybqVPBFP
日本政府首脳は明治の初めから、朝鮮や中国の領土獲得願望を持っていた。
このことは副島種臣の日記からも見てとれる。

富国強兵策の最大の目的のひとつだった。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 13:47:47.03 ID:kSoBBlxz0
1をもって百とする主張だろそれはw

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 14:01:06.53 ID:5n2TSKmJ0
??737
「より広い領土を獲得したい」という願望を持つ政治家はいつの時代でも
大勢いるわけですが、それが国策になるかどうかは全く別次元の話です。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 16:15:15.13 ID:L1VdN3mf0
>>737
そんなのは朝鮮にしてみれば余計なお節介。反発があって当然だよ
鎖国したままで良いというなら好きにさせれば良いじゃない。
その結果朝鮮が欧米の植民地になってもそれは朝鮮自身の責任なんだから。
第一、朝鮮は鎖国したままの状態でアメリカやフランスの侵攻を撃退しているんだから開国の必要性なんか感じる訳無い

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 17:09:35.09 ID:olJsbxe00
>>741
ああ、言い分はわかるが、日本としてはそれが迷惑なんだよ。
鎖国したままで朝鮮が勝手に沈むのはいいが、日本が巻き込まれるのは目に見えているからな。


743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 17:27:11.43 ID:nvRa5yxy0
>>741
撃退か……。辛未洋擾のことを言っているんだろうが、お気楽と言うかなんと言うか。
准列強ともいえるアメリカを“撃退”したのはいいが、時くだってなんで戦争もしないで日本に屈したんだろうな?
日本も“撃退”すればいいじゃないか。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 18:06:58.52 ID:ptEip7yh0
日本はアメリカやフランスと違って深入りせず、砲台占拠して戦利品積んだらさっさと引き揚げちゃったし

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 18:26:52.42 ID:olJsbxe00
>>744
シャーマン号事件のことをして朝鮮は列強に屈する必要のない強国だったとする感覚はやっぱり理解できんよなぁ。
万年中華帝国の属国で、その時の宗主国様はイギリスにも日本にも負けている。
その日本には、戦争すらせずに保護国化され、挙句には併合されている。

辛未洋擾で“負けなかった”のは、敵が洋上での兵站をワリがあわない、と判断しただけだと思うけどね。
アメリカがベトナム戦争で勝てなかった一因と同じだよ。
ところが、シベリアだの満州だのに侵入して来ているロシアだとそうはいかない。

戦争というのは、技術力いじょうに兵站が肝要。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 19:04:14.33 ID:Blfy47C80
ロシアは別に朝鮮の植民地化なんて考えてなんかいないぞ。
単に朝鮮の鉱物資源や森林資源の利権が欲しかっただけで領有は割に合わないと考えていた。
日露戦争の前でもロシアは北朝鮮の森林資源の警備の為に私服の民間警備兵を何十人か置いてただけで
(これを日本は兵舎と誤解して過大に問題視してしまった)
樺太千島交換条約以降、ロシアは日本の領土や利権を直接脅かす様な真似は何もしていない。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 19:04:49.95 ID:5P8AyVY00
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 19:46:58.80 ID:kSoBBlxz0
そもそも朝鮮が事大してる中国そのものがヤヴァイことになってたわけだろ。
日本はその重大さに気が付いていたから血をながしながら攘夷から維新に
まで転回した。清朝がアヘン戦争に圧倒的勝利してたら、いまごろ日本も
鎖国中だよw

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 20:02:55.15 ID:nzw265yn0
その清朝の弱体化に日本も絡んでいるじゃない
日清戦争で敗北したから賠償金の支払いの為の借款やら何やらで列強が租借地をバンバン作って
その反発が義和団の乱を招いて、その義和団鎮圧を口実にロシアが満州を占領して、
日本はロシアとの戦争を余儀なくされたんですよ。
つまり清朝弱体化とロシアの南下を招いたのは日本のせいでもあるんですよ

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 20:14:23.84 ID:xzQIz2xR0
日清戦争の敗北は「清朝の弱体を白日の下に晒した」のであって
「弱体化の原因」ではない。
当時の清朝が腐敗し末期的症状にあったのは、日本と戦った清国
海軍の巡洋艦が建造中に機関部を勝手に売り飛ばされて予定の半分
の出力しか出ない例があったりした事などからも明らか。
つまり日清戦争は単なるきっかけであって、日清戦争が無ければ
清朝が弱体化しなかったなどというのは単なる妄想。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 20:14:47.87 ID:pybqVPBFP
幕府首脳はアヘン戦争のことをよく認識していた。口に出すことはなくても
腹の中では開国して軍備を強化しなければ、大変なことになると思っている者が
少なくなかった。ペリーの要求をのみ開国したのは、こういう事情があったから
単に黒船の威力に屈したからというのは、あまりにも単純な見方。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 20:38:55.21 ID:kSoBBlxz0
世界の「空気を読む」能力に長けていたことは、こと幕末に関しては吉と出たわけだ。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 21:11:12.36 ID:YXtnTzV60
>>750
どう考えても弱体化の促進に繋がってる
まず日清戦争の多額の賠償金支払いの借款などを条件に列強が各地に租借地を作って半植民地化が進行し、
これが義和団の乱の原因になってる。
ロシアも日本に遼東半島を放棄させた代償と賠償金の借款の見返りに旅順、大連の租借権等を獲得している。
つまり日清戦争が無ければ清の弱体化はもう少し緩慢になって、義和団の乱が起こる原因となった半植民地化や、
その後のロシアの南下も起きる理由が無くなる訳だ。


754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 21:40:39.06 ID:RbriVOyY0
つか、弱い清自身のせいでしかないわけだが。
それを日本のせいだと言うのは暴論でしかないよ。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 22:16:06.69 ID:WcOt24Vy0

バカサヨは「すべて大日本帝国が悪い」と言い張る


756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 22:22:02.22 ID:WcOt24Vy0

そもそも、清はアヘン戦争でイギリスに敗れて以降、坂道を転がり落ち始めたわけだが。
だが、イギリスと不平等条約を結んだ後も朝鮮に対しては宗主国として振舞ったため、
朝鮮の自立と開国を求めた日本と衝突した。

イギリスに負け、日本に負ければ、後は列強に蚕食されてお仕舞いだろう。これは
大日本帝国がどうこうという問題ではなく、清が弱すぎた。それに尽きる。



757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 22:28:53.17 ID:WcOt24Vy0

そして、日清戦争に敗れた清は、大日本帝国と下関条約を締結する。

その第一条で「大韓帝国を独立国と認める」として、ようやく日本の念願がかなうわけだ。

あとは、大韓帝国が自立してくれれば万々歳だったが、弱体化した清に対して北清事変を
理由にロシアが満州に派兵し、そのまま満州に居座ったことから、事大主義の大韓帝国宮廷
内部は親日派と親露派に分かれてしまう。

日本としては憂うべき事態になった。更に、大韓帝国皇帝がロシア公使館に幽閉されたことで
事態は緊迫する。このまま親日派が駆逐されれば、早晩大韓帝国がロシアに併合されるのは目
に見えていた。そうすれば次に狙われるのは大日本帝国である。

ロシア南下を食い止めるため、大日本帝国は決死の思いで立ち上がった。これが日露戦争である。
まさしく、生きるか死ぬかの自衛戦争であった。






758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 23:24:28.97 ID:KCYjVz/f0
>>736
>頑固党(大院君ら守旧派)と開化党(開国派)が争ったのが韓国の内乱で、日本は韓国に開国を促し続けてきた

ぷ、日清戦争開戦に先駆けて日本軍が朝鮮王宮を占領して大院君をトップに据えるクーデタを
起こしたことはどう説明するんかね?w

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 23:33:30.23 ID:olJsbxe00
>>746
本当に脳みそがのんきにできているよね。
可能性、というのは考えられないんだろうか。当時のロシアの国策が本当に君の言う通りだとしても“もしかしたら”というのは考える。普通に責任ある立場の人間ならな。
たいていの日本人は、君のように読心術が使えるわけじゃないからロシアの腹の中なんて解らないのよ。
ただ、朝鮮半島はワリがあわないかも知れんが日本列島はワリが合うようだぞ。
日本が連合国に降伏したあと、ソ連はアメリカGHQに北海道の割譲を要請してきている。
つまり、日本そのものは狙われていたと言いきれないまでもその可能性はあったわけだ。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 23:42:35.20 ID:KCYjVz/f0
>>759
>日本が連合国に降伏したあと、ソ連はアメリカGHQに北海道の割譲を要請してきている。

交渉術において、最初から自分の要求の最低限度を提案する馬鹿がどこにいるんだっての
最低限度よりも大きく出ておいて、それからの交渉で最低限度は確保するってのが交渉の鉄則だろ

日本人はこの訓練が出来てないから外交音痴のままだし、他国の外交も表面的にしか捉えることができない
そしてそんな連中がネトウヨやってるんだから、目も当てられない

ネトウヨやるよりもリアル社会で人間関係に揉まれることが必要だろ、ニートやヒッキーで構成されてるネトウヨ諸君は

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 23:51:46.01 ID:olJsbxe00
>>758
閔妃がロシアよりだったら仕様がないわな。
日本の本当の目的は『朝鮮半島が、ロシアを間違いなく押し上げるだけの国力を持つこと』であって開国にはない。
清が鎖国を続けたばかりに弱体化し、日本躬ら鎖国政策を解くことによって国力を盛り返してきたという実例があったら、
『朝鮮が強くなるには開国せねばなるまい』
というやつだな(ダイエットに成功した女が、その方法を吹聴しているのと同じだ)。
ただ、それいぜんに閔妃の政策でロシアにすり寄られたら日本としてはたまったものじゃない。


762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 00:07:31.36 ID:5g/cmQYe0
>>760
君は超能力者でロシア人の腹の中が見られるから『日本の領土の砂の一粒にも影響を与えない』と判っているかも知れないが、普通の人はわからないんだよ。
長い棒を持って見知らぬ人間がふらふら歩いていたら、君は『ああ、棒を持って歩いているな』って思うだけだろうけど、
守らなければならないものがある超能力のない人間にしてみたら『殴られるかも知れない』と思うもんだ。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 00:11:09.34 ID:5g/cmQYe0
>>760
まあ君には、ロシアが北方四島には“本当は興味がない”ことも解りきったことのようだし、しかもその経営が負担になっていることが自明のことのようだな。
そのロシアの欠点を早く政府要人に説明して、ロシアと交渉しやすいようにしてくれよ。
ロシアにしてみれば北方四島は負担でしかない。そのうえ日本の領土にはいっさいの興味はないわけだから、うまいこと突けば(よろこんで)無償で返還してもらえるだろう?

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 00:22:15.26 ID:n7lX1cuK0
まあポツダム宣言を反故にしてシベリア抑留やらかすような国だからな
そういえばアメリカからの武器代金踏み倒しもやったな
要するにこういう国だから基本的に信用しないのがベストなんだよ
もしもあのときに日本が譲歩したらそれまでの考えをコロッと変えて野心むき出しにしたかもね

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 00:29:08.85 ID:5g/cmQYe0
>>764
>こういう国だから基本的に信用しないのがベストなんだ

ちがうよ KCYjVz/f0 はロシア人の腹の中が手に取るようにわかる人間なんだ。日本領にはいっさいの興味がなく「ヤル!」と言っても受け取らないことまで分かっている。
このスレでは明言していないが、ソ連の崩壊するタイミングだって分かっていたに決まっている。
だから、日本の半島併合は過剰防衛にしか見えないんだよ。
KCYjVz/f0 が対露外交官だったら、北方四島はとっくに日本に返還されていたはずなのに……。残念だよ。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 00:40:55.42 ID:VvIBfTgh0
>>764
そういうロシアが「アラスカは俺のもの」と公式に言い出さないのは世界史の謎のひとつだと思う。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 01:30:05.88 ID:qA8MKJXB0
>>753
だから清が弱体化していることが列強の元に明るみに晒されたから
一斉に浸食されてしまったんだろ。
普仏戦争で惨敗し首都まで攻略されて莫大な賠償金を払わされた
フランスでもその後すぐに立ち直った事を考えても分かるように、
日清戦争の敗北もその後の蚕食も「清の弱体化の結果」でしかない。。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 01:33:57.20 ID:6aa4CZpY0
中国が半植民地状態だったのって、いつからいつまでよ?

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 02:23:16.41 ID:ir0lOTu80
結論として、日韓併合が韓国に文明と文化をもたらしたという事実に変化はない。


770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 03:04:36.03 ID:5g/cmQYe0
>>769
>日韓併合が韓国に文明と文化をもたらした

たしかに。日本としては感謝されんでもいいが、非難される謂れこそないな。
朝鮮戦争で半島をズタぼろにしてしまった指導部連中が「もともとこうだったじゃん。日本の植民地時代にボロボロにされたんだよ」と民衆に言いはじめ、それを鵜呑みにしているんだろうなと思うと「感謝しろ!」と言いたくもなるが。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 03:15:04.00 ID:Oanljgaw0
>>755-757
ID:WcOt24Vy0
http://hissi.org/read.php/history2/20110604/V2NPdDI0Vnkw.html
>>769
ID:ir0lOTu80
http://hissi.org/read.php/history2/20110605/aXIwbE9UdTgw.html

はーい、今晩も、肉体労働を終えて汗まみれになった中卒がネットカフェから書き込んでます。
こいつの人生に残されたささやかな悲しき娯楽なのれす。



772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 08:46:55.23 ID:5g/cmQYe0
>>771
>肉体労働を終えて汗まみれになった

嘆かわしいことだな。
“天は人の上にも人の下にも……”
君はブルーカラーを嗤うことのできる《みんじょく》だったのか。なさけないよ。

“学問をススメ”たいが、それを受け入れなかった歴史のある子孫の方のようだ。
「付き合っていたらとんでもないことになる」とまでいわしめた……。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 17:55:49.25 ID:d4N/lzn80
>>759
当時のロシアが朝鮮を植民地化しようなんて考えを全く持っていなかったのはれっきとした事実ですが何か?
1888年に行われた極東問題特別会議でも朝鮮半島の領有は経済的にも軍事的にもメリットが無いので
行うべきでは無いという結論をロシアは出し、明確に朝鮮領有を否定している。
日露戦争直前でもロシアは満洲制圧に伴う財政赤字がパンパンに膨らんでいて、
朝鮮半島にまで進出する余裕が無かったのが実情。
またロシアが韓国の要請で派遣した軍事顧問団は独立協会の突き上げですぐに追放されているが、
ロシアはこれに対して韓国に抗議も何もしていない。
これが史実だ。
日露戦争がなければ朝鮮がロシアの植民地化していたというのは夢想に過ぎない。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 18:51:04.60 ID:d+EUpnzV0
>>773
そんな研究最前線を開陳されても、ネット上の電波をコピペすることが「学問」だと思ってるネトウヨには通じないだろうなあw

最近、ロシアの政府や軍部の公文書が公開されたことで、そういう興味深い事実が明らかになってきて、学問的には再検討すべき課題が色々出てきてるんだけどな

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 19:00:24.51 ID:PBD3eZIc0
あいかわらず売国サヨクはアサヒ流のチェリーピッキングがお好きなようで。

1888年5月の極東問題特別会議は85年の天津条約以降の情勢下で決定されたもので
むしろ朝鮮に対する清朝の勢力を排除するために日本と共同歩調をとるべしとするのが
太宗。朝鮮は海岸線が長く防衛に不利であり、国土が貧弱なので領有のメリットは無いと
いう点はそのとおりだが、ロシア側にしてもシベリア極東の権益をまもる(ロシア側からみた)
緩衝地帯としての朝鮮半島の軍事上の重要性は日本と変わりがない。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 19:06:34.64 ID:PBD3eZIc0
露朝密約事件も忘れてもらっては困る。

大きく言ってロシアも清朝も日本も朝鮮にひどい目にあわされた。こいつらだけはどうしようもない。

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 20:51:13.74 ID:7JFAqWcBP
1861年にロシアは軍艦を対馬に停泊させ、その地域の占領を図ったことがある。
桜田門外の変ですっかり弱体化していた幕府は有効な対策をとれなかったが
イギリスを巻き込むことでロシア軍艦をなんとか撤収させることに成功した。
もっともイギリスもこれを機に対馬の占領を考えていたという見方もある。

のちにロシアは清から大連・旅順の租借に成功するが、東アジアの軍事的要衝の
獲得に執念を持っていたのは間違いない。朝鮮に対しても同様で機会があれば
一部の地域の領有をねらっていた。

ただし朝鮮全土の植民地化は考えてなかったし、そんな能力もなかった。
ロシアはポーランドやフィンランドなどの海外領土の維持に苦労していたし、
戦略的重要性もヨーロッパのほうがアジアよりはるかに高かった。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 21:54:50.00 ID:ir0lOTu80
>>777
だが、ロシアは満州を軍事占領し、清国の官僚でさえロシアの許可なしに満州に入れないほど
自体は深刻化していた。そして、ロシア公使は大韓帝国皇帝を公使館に幽閉し、傀儡として
扱い始めた。

これが何を意味するかというと、ロシアは大韓帝国を傀儡にしてしまったのだ。次にくるのは
植民地化であり、併合である。次に狙われるのは大日本帝国である。

ロシアの肩を持ちたいようだが、危機感のない「抽象的な言葉」だけでロシアを擁護するのは
不可能だと思ってもらおうか。ポーランドやフィンランドなどの海外領土の維持に苦労していた
としても、韓国を併合するのは簡単なんだよ。

韓国を併合し大日本帝国を併合すれば、ロシアの膨張はシナから東南アジアまで広がる。
ロシアの膨張政策の不気味さが分からない馬鹿には難しすぎたかな?w



779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 22:40:50.39 ID:5g/cmQYe0
>>773
そうだよね。
朝鮮なんかどうでもいい。
住んでいる朝鮮人も不毛の土地もまるで役に立たない、世界でも稀なポンコツ中のポンコツだからな。

ほしいのは日本列島の方。こちらの方が総てにおいて価値がある。
でなきゃ、すくなくとも現状の北方四島の説明はできない。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 22:53:34.10 ID:VvIBfTgh0
>>779
確かにあそこまでポンコツなヤツらも珍しいしな。
日本の技術が持ち込まれるまで水田運営もできなかった情けない奴らだ。
植民地にしてくださいと頼まれたって欲しくはないな。
恩を売りつけて、自由に使える港さえ確保できればあとは無用の長物。
タダでやらせてくれるって言ったって、不細工なんかとはしたくね〜。

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 23:29:28.32 ID:7JFAqWcBP
>>778
馬鹿はそっちのほう、ロシアは満州に鉄道などの利権を得たが
これはイギリス、フランス、ドイツがやったのと基本的に同じで、
領土にしたのは大連・旅順だけ、満州全体を領土にする意思も能力もなかった。

韓国皇帝がロシア公使館に入ったのは自らの意思、これは閔妃殺害によって
次は日本により、殺害または幽閉されるのではないかとの危機感をいだいて
やむなく行ったこと,ロシアが幽閉した事実などまったくない。

もう少し基本的な歴史的事実を勉強しなはれ。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 23:56:12.02 ID:5g/cmQYe0
>>781
>韓国皇帝がロシア公使館に入ったのは自らの意思、

これが日本にとっては甚だ迷惑な話。
もっとも、大韓帝国は独立国だから躬らの意志で好きにやっていいわけだから否定できることではない。
否定できることではないが、日本には迷惑な話であることも違いないわけで“強硬手段”に訴える必要にもかられるというものだ。

アレフだオウムだヤクザといった事務所、葬儀場、原発が近所に引っ越してくるなんてなれば周辺地域は気が気ではないというのと同じ。
本来ならその土地の持ち主ならなにをどうしてもいいわけで、どのように原子力発電所を建設し運営してもいいわけだ。
でも、文句を言える立場なら誰だって文句を言うよな。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 02:28:57.91 ID:hirnXiOv0
>>772
おまえ、その中卒携帯オヤジがこれまで近代史板どんな行為を繰り返してきたか、知ってるのか?
学歴うんぬん以前に、こいつの品性そのものが人間として最低のクズなんだよ。
人間の上下を論じるのは好きではないが、こいつ自身が、例えば、このスレを始めとしてあちこちの
スレでゲスな言葉遣いで朝鮮人蔑視発言を繰り返している。
その醜い人格が、ネットカフェ難民に堕ちたこいつの人生に結実している。
そんな奴への配慮など不要だろ。

【中卒携帯オヤジの基本情報】
http://unkar.org/r/history2/1272354827/11-12

>>778
ID:ir0lOTu80
http://hissi.org/read.php/history2/20110605/aXIwbE9UdTgw.html

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 02:49:54.33 ID:8hGQM9QB0
>>783
中卒オヤジという言葉を差別的な意味で使うお前にも問題あり。
それこそ、その中卒オヤジとやらと同じ穴の狢だな。

学問をせよ。
学問をすれば、中卒という言葉を差別的な意味では使えなくなるはずなんだかな。

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 04:47:42.65 ID:bvULLAio0
5月21日 全国一斉「パチンコ禁止デモ」 【在特会】 

http://www.youtube.com/watch?v=zL0jgbzOtUM
デモ隊 VS 在日ヤクザ?もどきのバトル
4:20〜が笑える

平成23年5月21日 パチンコ反対デモにからんでくる在日朝鮮人

http://www.youtube.com/watch?v=lGLdnkdkJcA
これも…


786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 06:03:13.53 ID:AKTNMg4O0
>>782
>これが日本にとっては甚だ迷惑な話。
>もっとも、大韓帝国は独立国だから躬らの意志で好きにやっていいわけだから否定できることではない。
>否定できることではないが、日本には迷惑な話であることも違いないわけで“強硬手段”に訴える必要にもかられるというものだ。

日本の外交官が手勢を引き連れて宮中に乱入して、皇帝の嫁をぶち殺す事件を起こして置いて、「迷惑」とかってw

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 08:26:03.31 ID:p1CSvkkgO
そんな事実はない
やったのは朝鮮の反ミンピ派と何人かの日本人浪士

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 11:08:42.69 ID:atwU4a5wP
閔妃殺害が日本人の犯行だったのは藤岡信勝でも認めていること。
現実に広島で三浦梧楼らが裁判にかけられている。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 11:43:06.38 ID:ER8C0ieO0
そうなのか。
むちゃくちゃにして分捕った、という要素もあるの?

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 12:00:39.98 ID:p1CSvkkgO
>>788
証拠不十分で無罪だが?

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 12:15:30.32 ID:3URZGvTs0
>>783
ようは、悪人を封じ込めるためには悪いことをするべきだというわけだ。
悪人の言い出しそうなコトだ。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 12:21:46.72 ID:3URZGvTs0
>>786
事実だとしても、他にやりようがなかっただろうしな。悪いことには違いなさそうだが、緊急避難なんてのもある。
まあ、その悪政で朝鮮人を苦しめていたブス女を殺したんだから許されるだろ?
悪人を懲らしめるためには悪いことをしても仕様がない、というものらしいしな。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 12:25:35.64 ID:/JZMCtrAO
顔も知らない日本人だけで閔妃殺害はできないしね。
788はどんだけファンタジー?

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 12:48:44.17 ID:p1CSvkkgO
>>786はほぼ間違いなく韓国人だろう
三浦が手勢を引き連れて云々とかいうのは韓国の主張そのままだし
日本のサヨクでもこんな荒唐無稽なことは言わない

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 14:07:56.19 ID:atwU4a5wP
裁判にかけたのはアメリカなどから非難されたので、それをかわすための見せかけ。

もともとこの殺害は日本政府上層部からの指令でなされたもの、三浦悟楼は実行役
無罪のシナリオは初めから出来上がっていた。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 15:20:51.67 ID:zxonGDJpO
大院君の意図の下、乱民が宮廷襲撃、朝鮮軍と日本軍が鎮圧、救援に駆け付ける。
閔妃は危うく難を逃れる。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 17:45:47.90 ID:tzpjOWmh0
西太后の劣化版

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 18:09:20.05 ID:BMaQO3o00
>>794
じゃあ、よく聖典としてコピペされてるこいつも、実は朝鮮人だなw

「閔妃を殺したのはいかにも乱暴な話で、日本のためにもなすべきでなかった。」
(『渡部昇一の昭和史』)

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 18:19:08.27 ID:tzpjOWmh0
閔妃殺したのは朝鮮人

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 18:46:55.25 ID:BMaQO3o00
http://aoisekai487.blog7.fc2.com/blog-entry-318.html

日清戦争直後の1895年秋、ソウルの王宮に押し入った日本人らによって朝鮮王朝の
皇后閔妃(ミンビ)が殺害された事件で、新史料が見つかった。日本政府高官の間で
交わされた手紙。日本では駐韓公使三浦梧楼の独断的犯行とされてきたが、三浦の
赴任以前に、資金提供などの懐柔策から「強硬策」に転換することで高官の間で合意が
形成されていたと示唆する内容だ。

 王宮を襲う実行部隊には陸軍の600人などのほか「壮士」と呼ばれる民間人47人
が参加した。うち21人を熊本の関係者が占めていた。その背景が浮かび上がる手紙もある。

 手紙を読み解いた小松さんは「政府高官の間で『決行の方針』が打ち出され、
実行犯として熊本国権党を手なずけるなど準備が進められた。
三浦はそうしたことを承知のうえで赴任し実行、独断での犯行を装った。
日清戦争に勝ち『文明国』の仲間入りを果たした日本は、この蛮行を隠すしかなかった」と考える。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 20:24:35.61 ID:p1CSvkkgO
>>798
渡部昇一が三浦が手勢を引き連れて云々とか言ってるのか?

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 20:25:08.88 ID:tzpjOWmh0
↑朝鮮による歴史の捏造

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 20:31:08.48 ID:BMaQO3o00
三浦と一等書記官杉村濬、宮内府顧問岡本柳之助の計画立案
@常ニ宮中ノ為ニ忌マレ自ラ危ム所ノ訓練隊ト時勢ヲ慷慨スル壮士輩ヲ利用シ、
A暗ニ我京城ノ守備隊ヲモ之ニ声援セシメ、
B以テ大院君ノ入闕ヲ援ケ、
C其機ニ乗ジ宮中ニ在テ最モ権勢ヲ擅ニスル王后陛下ヲ殪サン
「広島地裁 韓国王妃殺害事件予審終結決定書」(市川正明『日韓外交史料』5、原書房)

判決後三浦梧楼が上京すると侍従米田虎雄が来訪、天皇に心配をかけて申し訳ないと三
浦が謝ると米田は「イヤお上はアノ事件をお耳に入れた時、遣る時には遣るナと云ふお言葉
であった」と応えました(『観樹将軍回顧録』)
この米田侍従の言葉は天皇の発言を正確に伝えたものかどうか不明ですが、正確に伝えたも
のならば、天皇の発言は当時の政府首脳の本音を不用意にもらした独白とも推察されます。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 20:36:48.64 ID:TJxqoJuM0
死姦の話は?

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 20:36:58.05 ID:3URZGvTs0
日本否定派に確認しておきたいんだが、
李氏朝鮮は列強欧米に対抗しうる国力を持っていたが清の属国で、戦争もしないで日本の保護国になり、最終的に併合させられた。
という見解でいいのか?

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 21:12:09.22 ID:ml3A+4yA0

大韓帝国国民は不潔で野蛮。文明も文化も全く無かった。
町には乳出しババアがあふれ、道には糞尿が転がって悪臭を放っていた。

政治力も経済力も軍事力も貧弱で、宮廷内は常に政争に明け暮れていた。
貴族は腐敗し、福沢諭吉もあきれるほど向学心が無く、毎日遊び呆けていた。

実に素晴らしい土人の国ではないか。

今の在日朝鮮人も似たようなものだ。日本に寄生し、俺たちの税金を食いつぶして
生きている。こいつらは百害あって一利なしのダニだ。






807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 21:44:20.67 ID:atwU4a5wP
これだけの在日韓国・朝鮮人が住んでいるのは、日本の統治があったから

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 22:20:06.02 ID:BMaQO3o00
>>806
で、アジアアフリカを西洋が植民地化していく時に正当化の論理として掲げられた「白人の責務」論と違いあるの?

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 22:27:39.30 ID:Akq47wty0
日本はマジで同化しようとしたから。
その代わり、内地人と同じ待遇に持って行こうと思ってた。
徴兵制をしいた代わりに、昭和10年代はキャリア官僚に朝鮮人がバシバシ採用されてる。
この人たちは内地人も統治するわけ。
朝鮮人の陸軍中将もいたしね。日本人化した朝鮮人も結構いて、その歴史がかえって朝鮮の人の怒りを誘うんだろう。


西洋の統治はあくまで現地人を差別していた。

朝鮮の人が、独立を失ったことに怒るのはわかるが、残酷な統治だったというのは偽宣伝。



810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 22:42:56.84 ID:BMaQO3o00
>>809
>朝鮮人の陸軍中将もいたしね
西洋の植民地にも植民地土人出身の高級軍人はいたし、植民地土人出身の本国国会議員すらいたけどな

西洋の植民地のことは知らずに、日本は特殊(キリツと誇ってみせるのは、井の中の蛙のネトウヨの特徴だよな

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 22:54:05.90 ID:Akq47wty0
日本の帝国議会にも、朝鮮人の衆院議員と、朝鮮人&台湾人の貴族院議員がいましたよ。

戦前は、皇族のほかに朝鮮王家の王公族がいて殿下と敬称され、宮内省がお世話をしていたし、華族のほかに朝鮮貴族という身分で、平民よりも上だったりしたんだけど。

こんな国はほかにないな。

これは、併合したからなんだよね。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 23:24:13.99 ID:BMaQO3o00
>>811
>こんな国はほかにないな。
西洋の植民地でも王侯貴族は高い地位のまま残されていたけど、何言ってるんだか

>西洋の統治はあくまで現地人を差別していた。
日本の植民地政策は同化主義と言われるが、統治の根本である戸籍制度については、
台湾戸籍、朝鮮戸籍と植民地人を別枠で管理する制度がずっと堅持されたこともご存じなさそうだな

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 23:33:22.86 ID:JnxmKZv0O
そういやガンジーは弁護士になっていたな

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 23:36:08.39 ID:8hGQM9QB0
朝鮮統治について、リットンには“稀に見る素晴らしさ”って絶賛されてんだから、当時としてはこれ以上のやり用はなかったんだよ。
ローマ帝国に“飛行機もつくれない劣等文明国”なんて言う奴はいない。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 23:57:56.60 ID:zJFs6stj0
>>812
いや基本的に西洋は有色人種には過酷だよ

もちろんイギリスにもスコットランド貴族もインド藩王もいたが。

朝鮮国王が皇族に次ぐ地位だったのはまさに平和的な併合だったから。

おおむね好待遇だったのは間違いない。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 23:58:51.29 ID:BMaQO3o00
>>814
>朝鮮統治について、リットンには“稀に見る素晴らしさ”って絶賛されてんだから、
リップサービスってのを知らないのも、井の中の蛙ネトウヨならではだよな

リットン調査団は、満州国についても日本側にある程度の譲歩を求めようとした融和的態度だったんだから

ネトウヨってニートやヒッキーが多いせいか、現実の人間関係とかってことには想像が及ばず、独善的な発想に固執するって点が共通していて興味深い

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 00:10:15.20 ID:NBFHcEFOO
でもコミュニケーション能力高そうな石原とかはどう解釈してるの?

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 00:13:55.19 ID:mu6wWVgO0
>>817
>でもコミュニケーション能力高そうな石原

え?あんな独善的で他人の話は聞かない奴いないだろ
小心なところを威勢良く見せてるだけの拒絶反応が、しきりな瞬きに現れてることぐらい、生理学の常識だと思うが
ネトウヨの親玉と目されるにはふさわしいと言えるがw

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 00:32:25.63 ID:K8GLVrJA0
石原・・・w
あんなのをコミュ力高そうって思っちゃうあたり、>>816の書いてることをはからずも証明しちゃってる感があるなw

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 01:25:13.04 ID:+FW7u9540
未開地と半文明国は植民地にしても住民を奴隷にしても合法

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 02:11:26.80 ID:IwwSXorc0
>>816
特に根拠がないのに、自分の妄想でレッテル張りして決め付けるのが
ネトウヨとレッテル張りする、ネトウヨ連呼厨らしくて知能レベルの低さが丸出しだな


822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 02:42:47.59 ID:j3eScmCN0
>>806
たいして税金を払ってないネットカフェ難民のお前が、最もその朝鮮人土人に近い“日本人”だろw
お前も、手持ちのジャリ銭が尽きたら店にも入れず、そこらじゅうで立ちションして悪臭を撒き散ら
しているんだろw

ID:ml3A+4yA0 = 中卒携帯オヤジ = ネットカフェ難民

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1304888504/50

ID:ir0lOTu80
http://hissi.org/read.php/history2/20110605/aXIwbE9UdTgw.html
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1287239843/895
このIDを調べてみると、夜間に少なくとも20時間以上PCをネットに接続し続けた状態。
つまり、ネットカフェで書き込んで、その後、店を出て、また同じ店に戻ってきて
寝る前に同じIPから、同じIDで書き込んだということになる。


ID:ml3A+4yA0
http://hissi.org/read.php/history2/20110606/bWwzQSs0eUEw.html

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 03:04:52.76 ID:IwwSXorc0
>>822
キモイww

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 09:56:38.00 ID:VNiAGw7dO
中卒オヤジだなんだと粘着してるヤツも必死に見えるけど、
本人は気づいてないのかな。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 11:32:30.49 ID:20MYcxwJ0
>>807
その通り。
病死と餓死でこの世にさえいなかった。
生きていることを感謝しろ。
日本人は朝鮮人にとって命の恩人。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 12:25:22.50 ID:PLt47LnA0
朝鮮民族は、喰っちゃ寝の生活をさせてもらえなければ過酷で悲惨な統治だったと言うもんだ。
現在の韓国に行けばそれがよくわかる。
小売店とかで店主が客の前で何をやっているかしれば驚愕とともに得心もしてもらえると思う。

奴らは、口元に運んでもらえている食事が自分の口に合わないだけで「虐待だ!」と喚きちらすだろう。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 13:17:50.73 ID:20MYcxwJ0
>>826
マトリックスの世界で寝てればいいな。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 14:54:36.93 ID:PLt47LnA0
>>816
かりにリップサービスだとすれば、それがが言える程度でもあったと言うことでもあろう。
半島人どもが口の中を泡だらけにして言及するような悪政だったならリップサービスも言えまい。
見逃せる程度、ということだ。
つまりは、どれだけ悪く見たって世界の標準程度の統治は行われていた。以上を望むなら、とんでもない贅沢を、さも当然のように要求していたと言うことになる。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 15:03:54.12 ID:PLt47LnA0
俺も>>805の質問というか確認が気になるんだ。
///////////////
日本否定派に確認しておきたいんだが、
李氏朝鮮は列強欧米に対抗しうる国力を持っていたが清の属国で、戦争もしないで日本の保護国になり、最終的に併合させられた。
という見解でいいのか?
///////////////
いわゆるサヨという連中は、どう思っているんだ?

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 20:55:27.27 ID:zazp8mSo0

リットン嫌いな連中は、リットンを貶めるのに必死だな。
なぜなら、リットン報告書によれば満州事変は侵略ではないからである。

列強は、日本が朝鮮を併合するに際して回りくどいほどきちんとした手続きを踏んだことを
高く評価した。日韓併合はまさしく、世界の模範ともいえる併合劇であり、誰も反対しなかった。

リットンが日本の朝鮮統治を高く評価したのは、それが素晴らしいものだったから。
世界的にも日本の朝鮮統治に対する評価は非常に高かった。

つまり、併合の手続きから、朝鮮経営にいたるまで、客観的に見て日本のやってきたことは全て
正しく全て素晴らしかったのだ。馬鹿は認めないが。




831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 22:09:53.34 ID:tznPgFMQ0
>>830
防衛だとは言いきれない
というのは、侵略性があるということになるのでは?
それとも、
やり方には問題があるが、他の手段はないだろう
というような意味あいになるの?

リットン調査団のことが中国政府や韓国政府にはかなり都合が悪いというのは想像がつくけど……。

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 10:27:05.53 ID:nLa4TWTNP
リットン調査団は朝鮮を訪れていない、当然日本の朝鮮支配にも触れていない。
言及しているのは、満州に居住する朝鮮人にかかわる問題だけ。


833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 10:44:22.82 ID:MeEwEIaV0
で、中国が半植民地状態だったのは、だいたいいつからいつまで?
リットン調査団が調査したときは、すでに半植民地状態ではなくなって
いたの?

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 12:28:59.06 ID:l0boxGSC0
>>833
日本で言ういわゆる戦後。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 12:32:58.72 ID:l0boxGSC0
俺も、気になるなぁ。
水が低いところから高いところに流れて当たり前、という人間と話すならそのように心の準備をせねばならない。


>>805の質問というか確認が気になるんだ。
///////////////
日本否定派に確認しておきたいんだが、
李氏朝鮮は列強欧米に対抗しうる国力を持っていたが清の属国で、戦争もしないで日本の保護国になり、最終的に併合させられた。
という見解でいいのか?
///////////////
いわゆるサヨという連中は、どう思っているんだ?


836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 13:39:19.34 ID:tGUBTT8r0
中華民国の領事裁判権が撤廃されるのは1944年だっけ。香港返還までふくめると1997年


837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 13:40:32.84 ID:tGUBTT8r0
1943年だったわ

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 19:23:36.52 ID:uuaOMrPm0
812さん

 戸籍は別だよ。
 まだ同化の過程だったんだから。すぐ同じにするわけないじゃないか。
 日本は段階的に同待遇への道を進んでいたっていうこと。

 日本の統治は総じて残酷ではないし、西洋の植民地のような愚民政策もとってはいなかった。

 それは、最終的には内地化する目標があったからなんだよ。大正天皇の詔書を知らないのかな。

 独立を失ったことに朝鮮の人が怒るのは結構だ。ただ、それ以外の点で残酷だという指摘は正しくない。
 
 朝鮮総督府の知事などには朝鮮人官僚も多かったが、昭和10年代後半の日本は中央政府のキャリア官僚にも朝鮮人(もちろん合格した優秀な人材)を登用しだしていたんだよ。
 戦前の高等文官試験合格者っていうのは、今の国家一種合格者なんてめじゃないほどの出世が約束されている。
 
 一般の民衆に対しても、教育が急速に普及していった。教育こそが、自立への道じゃないか。
 ハングルを「発掘」して朝鮮民族に教えたのも日本統治時代だ。


 日本の朝鮮統治を残酷というのは本当に解せない。
 繰り返すが、独立を奪った点について朝鮮民族が怒るのは別だよ。

 

 

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 20:09:48.95 ID:LSTMwgdh0
想像するとおもしろいよな

独立運動は残るだろうが、同化政策は割合うまく行ってたほうだよな

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 01:47:14.68 ID:ZgSma2Fx0
日韓併合のときに併合される朝鮮人民は「協力的朝鮮人」であって非協力的朝鮮人は
帝国臣民じゃなかった。

このころの東アジアの現状は国家という概念が自明のようで細部において規定されておらず、
日本においても日本国民の定義が明確ではなく日本の領土もまた自明としながら自明ではなかった。
中国にいたっては王朝としての「清」と地域的呼称としての支那はあったけど、国家としてのナニゴトカは
存在しなかった。朝鮮は大韓帝国の1896年に大改革をやったもので、これは日本が維新後1872年
法以来の改革に倣うもの。

日韓併合後に朝鮮籍の女が第三国(中国人や西欧人)と結婚しても国籍離脱の
規定が存在していなかったから、朝鮮籍から移動することができなかったりした。


841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 03:16:42.87 ID:jiUkKQDZ0
>>834
じゃあ、リットン調査団の報告がでた時点では、まだ中国は半植民地状態だったわけね。
それなら、調査団の視点にも、植民地支配者側のバイアスがかかってる可能性は
あるわけだ。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 04:51:47.73 ID:7lTf3CXF0
>>831
侵略OKの時代に瑣末なことに焦点を当てると本質を見失うよ。

>>838
国が独立を失ったって、奴隷身分の者にとっては自分の独立のほうが嬉しいだろ。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 12:23:59.00 ID:Pd9xu+N3i
>>842
利己的にしか生きていない今の日本人が、過去の人間のことをとやかく言うことじたいが傲慢だとはわかります。
連盟が満州の承認をしなかったのは日本が不誠実だったからではなく、単純に「俺にも利権をよこせ」という他加盟国のやっかみだというのもわかるしね。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 12:42:53.22 ID:4RK0RuIw0
そりゃあ、ワシントン体制自体、連盟加盟国同士の利権の調整が目的だからな。

「日本が不誠実だったからではなく、単純に『俺にも利権をよこせ』という他加盟国のやっかみ」
なんじゃなくて、一度は他加盟国の利権を認めたのに、それを潰そうとしたんだから
「不誠実」だと非難されても仕方ない状況になったわけ。

むしろワシントン体制について言うなら、ソ連が体制の枠外になっていたことのほうが重大な問題。
結果ソ連が外蒙古を独立させて衛星国化し、中ソ紛争を起こしたりと、日本にとって
都合の悪いことが続くことになる。
ソ連が曲がりなりにもワシントン体制に組み込まれるのは1934年に国連に加盟した後(1939年にまた除名されるが)。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 12:46:19.71 ID:Pd9xu+N3i
恋愛結婚なんていうのは、ふしだらで人のすべきことではない。という風潮だった時が過去の日本にはある。たとえ愛していなくても、周囲の決めた人と結婚することが誠実である、というコトだ。
同じ日本人でも今の我々では毫も理解できないだろう。
同じように、植民地支配が正道であるという時代があった。植民地になるのが嫌ならば、植民経営をしなければならないという時代があった。

では、我々は過去の人間の結婚観をして不誠実であると否定するのか。過去の人間かふしだらであると蔑まれるのを良しとするか、だ。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 12:53:48.51 ID:Pd9xu+N3i
>>844
そういうのをやっかみと言うんじゃないのか。軋轢が生じたら、戦争で決着をつけるしかない。という時代なんだから。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 21:51:57.39 ID:efjOHXUw0

いろいろ議論があったが、結論として、日本の朝鮮統治はパラダイスだったということでFA



848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 22:19:55.44 ID:SuCbfLAB0
>>847
パラダイスか否かは何を引き合いにだして? ってなことにもなると思う。半島の都市部は、少なくとも内地の東北地方よりはまともな生活はできていただろうけど。
今の日本や半島の生活に比べれば大変だっただろうし……。
もっとも、現在の半島よりもイイ生活をさせてもらえなかったことを悪政だと言っているというのだけはわかる。

「全国民が喰っちゃ寝でブクブク太れるくらいの生活をさせてもらえなかったニダ。日本人は悪魔ニダ」
ってなもんだからな。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 22:52:10.28 ID:CIvTyFNS0
>>847
ID:efjOHXUw0 = 中卒携帯オヤジ = ネットカフェ難民

中卒携帯オヤジ来襲警報!
いつものように、こいつに寄生されているスレが一斉に上がって来て整列しました!
この迷惑者は、一切無視するのが近代史板のマナー。

ID:efjOHXUw0
http://hissi.org/read.php/history2/20110609/ZWZqT0hYVXcw.html

日雇いの単純労働を終え、汗まみれで悪臭を撒き散らしながら街を徘徊した末に夜のネットカフェに
辿り着く。そして、シャワーで汚い汗を流し、PCの前に座り、2ch日本近代史板でストーカー対象の
スレすべてに睡魔に襲われながら急いで一気にカキコ。
それが、人生の夢破れ、結婚もできず、もはや一匹で死を待つのみとなったこの男の人生に残された
ささやかな娯楽。もはや日本社会のゴミと化したこのクズが、唯一使命感を感じられるのが、便所の
落書き掲示板でのネット街宣。“務め”を終えるとぶっ倒れるようにシートに身を倒す。目が醒めると
料金を気にして逃げるように素早く出店。
それが、「旧帝大を卒業して旧財閥系企業に就職し、今では管理職になり年収も1100万円を
超えた。女にも不自由していない」と見栄を張るこの中卒携帯オヤジの真実の姿。
哀れな末路よのぉ。天国のとーちゃんとかーちゃんも泣いてるよ。
しかし、こんな気色悪い男をこの日本国に生み落とした両親のツラも拝んでみたいものだw
http://unkar.org/r/history2/1287239843/908
http://unkar.org/r/history2/1285720020/822
http://unkar.org/r/history2/1288901091/32

【中卒携帯オヤジの基本情報】
http://unkar.org/r/history2/1272354827/11-12

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 00:06:12.11 ID:9b+q0dEq0
>>849
おまえが一番基地外
もしもしなんてどうでもええわ

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 00:38:14.51 ID:xNJ9GuizP
日本の統治に対して台湾人は五分五分の評価を下しているが、韓国人の場合は
ほぼ百パーセント否定的評価を下している、この理由を考えないのは知的怠惰。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 00:45:22.54 ID:om7lhaCi0
>>851
台湾人の半分は本省人。彼らは日本統治を経験しており、日本に対してきわめて好意的である。

残りは蒋介石とともに大陸から渡ってきた外省人。こいつらは国民党であり日本を敵視している。
だから反日。


853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 03:20:11.59 ID:+kxMHCJj0
>>852
その実、蒋介石は親日だった。こう言ってよければ、知日であるが故に恐日でもあった。
だが、反日姿勢を貫き抗日戦を続けねば政権の維持はできなかった。
政治家とは、厄介な生業だ。

>>851
台湾のその冷静な姿勢は世界中を見回しても稀有、日本にとってありがたいとも言えるコトだと思う。
白色テロ→戒厳令というのもあったからだろうけど、ね。
ただ、その戒厳令も、日本の統治が極めてよかったからやらざるを得ないことになった。他の植民地支配の様に愚民化政策だったら、共通言語のない台湾人が軍艦マーチ鳴らして「台湾人よたちあがれ!」とはいかなかっただろう。
共通言語ができていたからこそ、台湾人は組織だった行動ができた。

日本統治もまた稀有なのは、反逆の芽を摘むことをしつつも権利意識と義務意識をその教育で植え付けたことである。それが、抗日の芽になる可能性があっても、だ。

日本の統治でも集会には規制がありはしたが、他の植民地政策ほど厳密なものではなかった。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 12:20:20.07 ID:YROebv8B0
台湾が日本人に対して好意的なのはいろいろ理由が挙げられてるね。

ひとつは元々オランダとか明(鄭成功)とか清とか支配層がコロコロかわる歴史的経験があり殖民都市としての
台湾の立ち居地がすでにできていたこと、本省人は福建などからじょじょに移住してきたいわゆる華僑で、他民
族多文化国家になじみがあったこと、領域としての台湾はまだしも、そういった華僑はもともと豊かで優秀だったこと、
明治初年の台湾出兵のさいに防衛のために防衛のために恒春城を築いて対日防衛線をつくったのに、けっきょく
日清戦争で清朝から日本に売られてしまったという思い、日本統治時代の帝国からのインフラ投資や教育投資
への評価、日本語教育の充実(朝鮮とちがい8割くらいが日本語話者だった)、日本への大量の留学。とくに
日本国内にいる台湾人は大学留学生で学歴があり、中国語も堪能だからいわゆるインテリ階級であり、むしろ
通常の日本人より重宝され給与や待遇もふつうのそこらの日本人より良かった。こういった点は日本語が不自由で
肉体労働くらいしか割り当てられなかった内地流入朝鮮人とはことごとく違っていた。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 12:30:54.39 ID:YROebv8B0
沖縄と台湾の関係でいえば、石垣や八重山諸島は帝国時代、台湾精糖なんかのもとでサトウキビ栽培を
やってたわけで、台湾人の経営するサトウキビ農園で琉球人が労働していたような状態。内地といっても
台湾と琉球じゃ台湾のほうが経済的にも人材的にも上の位置にあった。

戦後は>>852-853がいうように本省人が流入してきて、彼らは日本と戦った当の中華民国軍だったわけだが
蒋介石は日本の敗戦に対して非常な温情政策をとった(これは中共内戦を有利にするためなどという評価もある)ため、
日本の復員軍人や政治家のなかに蒋介石に対して非常に恩義を感じた層がたくさんおり、これが戦後保守層の基礎を
つくっていた。戦後日本の保守層には一種の蒋介石神話があって、これが日本の対台湾シンパとなっていた。
この層は占領下のGHQの意向に沿うものであって、1940年代末にはすでに決定的になっていた東西冷戦構造の中で
日本の政界の中核をしめるようになった。この点で日台関係はたんに国民同士のシンパシーをこえて国内政治、
国際政治の面でも強い結びつきにあったわけである。

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 12:54:27.45 ID:YROebv8B0
いっぽうで支那から日本の内地に流入してきた者は、いわゆる不法流入・不法滞在者であり
むろん帝国国籍も戸籍ももたないものたちであった。台湾人は台湾戸籍があり、内地にいるかぎり
居住地で寄留届け(住民票異動の代わりの戸籍の一時登録のようなもの)をだせば普通選挙権が
与えられ立候補もできた。不法大祭の支那人については日本語が話せないのはむろん「国籍」すら
不分明な状態であり、明治大正政府は非常に手を焼いたものであって、神戸や横浜に居留地を
設定し(西欧人が明治初年にされたような)、そこで生活するよう指導したものの、すぐに内地の各所に
勝手に雑居を始めるような始末であった。この支那人は日本語ができないため伝統的に三刀といって、
調理師、美容師、仕立て屋に従事するものがおおく、この中からは成功するものも多くでた。一方で
こういう特殊技能ももたない支那人は港湾労働者や都市建設などの肉体労働に従事するほかなかった。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 13:04:49.02 ID:YROebv8B0
朝鮮人については、書こうかとおもったけどあまりに反日すぎて気分わるくなったので萎えた。
連中は昔から日本人を四足(羊)程度としか見ていなかったとだけ言えば良いでしょう。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 20:56:13.67 ID:doKiPHeJ0
街の繁栄では大阪には及ばない。
しかし倭王(天皇)が住む都であり、とても贅沢な都市だ。
山の姿は勇壮、川は平野を巡って流れ、肥沃な農地が無限に広がっている。
この豊かな楽園を倭人が所有しているのだ。
悔しい。 「帝」や「天皇」を自称し、子や孫にまで伝えられるのだ。
悔しい。 この犬のような倭人を全て掃討したい。
この土地を朝鮮の領土にして、朝鮮王の徳で礼節の国にしたい。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 22:11:13.15 ID:om7lhaCi0

朝鮮人の「自称歴史通」気取りも滑稽なんだよ。歴史の事実に疎いんだが、教科書に載っている
作り話を自慢気に語り「ウリナラの国は歴史的に見てもこんなにすごい」と鼻高々。

そんなすごい国がなんで清の属国で、戦争もせずに日本の保護国になり、挙句併合されて消滅
したのかね?歴史的に見ても全然凄くない弱小国だから併合された、というのが常識的な考え方だ。

都合の悪い事実は歪曲して別物語を捏造してしまう。日韓併合前の朝鮮を写した写真集がアメリカで発売
になると、韓国国内では発売禁止にしてしまう。こんな国がOECDに加盟しているなんて笑わせるぜ。

朝鮮人は生まれながらの嘘つきだ。



860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 22:25:31.99 ID:doKiPHeJ0
100万軒はあると思われる家の全ては「瓦の屋根」だ。凄い。
大阪の富豪の家は「朝鮮の最大の豪邸」の10倍以上の広さで、
銅の屋根で、黄金の内装である。 この贅沢さは異常だ。
都市の大きさは約40kmもあり、その全てが繁栄している。信じられない。
中国の伝説に出てくる楽園とは、本当は大阪の事だった。
世界に、このように素晴らしい都市が他にあるとは思えない。
ソウルの繁華街の10000倍の発展だ。
北京を見た通訳が通信使にいるが、「北京の繁栄も大阪には負ける」
と言っている。
穢れた愚かな血を持つ、獣のような人間が中国の周の時代に、この土地にやってきた。
そして2000年の間、平和に繁栄し、一つの姓(つまり天皇家)を存続させている。
嘆かわしく、恨めしい。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 00:02:56.31 ID:cvTsC6Vv0
>>860
朝鮮通信使?

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 01:18:20.05 ID:QdR9soT/0
街の繁栄、美しさは大阪と同じだ。 凄い。
自然の美しさ、人口の多さ、土地の豊かさ、家屋の贅沢さ…この旅で最高だ。
中原(中国の中心地)にも無い風景だ。
朝鮮の都も立派だが、名古屋と比べると、とても寂しい。
人々の美しさも最高だ。
特に女性が美しい。 美しすぎる。 あれが人間だろうか?
「楊貴妃が最高の美人だ」と言われているが、名古屋の女性と比べれば、
美しさを失うだろう。
(帰路にて)
名古屋の美人が道を歩く我々を見ている。
我々の一員は、名古屋の美人を一人も見逃さないように、
頭を左右に必死に動かしている。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 02:17:28.84 ID:vRXzuzIcO
江戸時代で日本人が貨幣使ってる事にビックらこいてんだよね、
物々交換が当たり前の原始人は。


864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 07:28:10.78 ID:Yqjn+8f50
>>863
物乞いが金銭を要求する。ビックラこいた。
貨幣経済の恩恵がこんな物乞いにまで浸透してる。

朝鮮通信使「俺達は乞食以下。orz」

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 09:59:22.93 ID:CejwEYpK0
>>859
「朝鮮誇大史」だと過去の自分たちはこんなに凄かったんだ、と言う事は
散々書いているんだが、それがどうして今のように「朝鮮半島だけ」に没落
したのかは絶対に書いてないんだよな。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/11(土) 18:14:31.55 ID:X34zRKeL0
>>859
ID:om7lhaCi0 → >>849

<中卒携帯オヤジの調査ファイル>

2011年06月09日 > efjOHXUw0
http://hissi.org/read.php/history2/20110609/ZWZqT0hYVXcw.html
2011年06月10日 > om7lhaCi0
http://hissi.org/read.php/history2/20110610/b203bGhhQ2kw.html

9日(木)の夜21時頃から2時間ほど書き込んだ後、1時間ほど間を空け、0時を回ったことで日付が
10日(金)へと変わり、自動的にIDも変更された後で、また1時間ほど書き込み。そこから20時間以上
間を空けて同じIDで書き込みが再開されている。平日に深夜を含めてこれだけの期間、ネットへの
接続が続いているということは、ネットカフェ以外に考えられない。9日に「1時間ほど間を空け」たの
は、シャワーを浴びたりしていたということだろう。ということは、こいつはネットカフェに入ると、まず、
汗まみれのまま書き込み、一旦中断して、シャワーを浴びるなど寝支度をし、シートで寝入る前に
再度書き込んでいるということだ。目覚めるとそそくさと店外へ。夜にまた舞い戻ってくる。
もはや誰も否定できないだろう。この中卒携帯オヤジの正体が哀しきネットカフェ難民であることを。

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 00:58:41.46 ID:4i0QyTI/0
>>866
個人的欠陥が思想的に欠陥であるという妄想にとりつかれたバカ。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 02:15:01.62 ID:MA07TSza0
強制連行や従軍慰安婦に反論できないネトウヨども

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1291192691/l50
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1240842835/l50

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 06:37:50.35 ID:gLaXnLAQ0
完全に論破された詭弁をまだ主張してる馬鹿いるんだな。
何の利権も獲得できなかったんだから、いいかげんあきらめろよw
目先の利くヤツはとっくに沖縄とか福島に乗り換えてるぞww

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 09:17:48.03 ID:NsJGLCuBO
てか、本国であるハングル板から反論できず逃げてきてる時点で負けw

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 10:15:54.61 ID:oEfGlYVl0
>>866
このオヤジはたぶんネットカフェに泊まってすらいない。もし泊まったなら、朝、目覚めて店を
出る前にもう一度書き込もうとするはず。
つまり、<ネットカフェ入店 → 書き込み → シャワー等 → 書き込み → 店外へ → 野宿 →
日雇い労働へ → ネットカフェ入店>という絶望人生を送っているのだろう。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 16:41:40.64 ID:nboZURoE0
http://rocketnews24.com/?p=103406
ネトウヨ(ネット右翼)とは、「インターネット上において右翼的な言動をする人物」を指す、インターネットスラングだ。

基本的に蔑称として用いられるこの言葉だが、どのような人がネトウヨであるかは具体的には記されておらず、掲示板でのネトウヨたちの発言を見ているうちに知らぬ間にネトウヨ化している場合も多い。

そこでアナタが実際にネトウヨになっているかどうか、以下の10の設問をチェックする事で分かるようにした。気になる人は早速やってみて欲しい。

1.TwitterやFacebook、mixiのアイコンに日の丸を使っている

2.2ちゃんねるで右翼的な発言を日に1回以上のペースでしている

3.民主党議員の発言は何も考えないでとりあえず批判。逆で自民党は妄信的に神だと思っている

4.石原慎太郎は大好きだが、アニメの規制は断固として反対

5.ブログやSNSでデマ情報を流す。もしくはリツイートなどをして拡散希望する

6.自分の意見を否定する人は誰であろうと売国奴・左翼認定する

7.絶対にキムチなどの韓国料理やプルコギピザは食べない(思想的な理由で)

8.AKB48よりKARAや少女時代が好きな奴とは絶対に友達になれない

9.養ってもらっているにも関わらず、母親が昼に韓流ドラマを見ていると激怒する

10.デモにものすごく参加したいが、着ていく服が無い

つづく

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 17:47:59.69 ID:gLaXnLAQ0
「つづく」であぼんしたわ

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 20:00:24.33 ID:OXhsz7EQP
日本は敗戦ですべての海外領土をうしなった。しかし戦後どんどん経済成長して
短期間で世界2位の経済大国になった。これは植民地が日本に何の利益も
もたらしていなかったことを証明している。

敗戦で植民地を失ったことは、面倒なプロセスを省略したという意味もある。
フランスなどは植民地独立を認めるまで、非常に困難な出来事を体験した。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 20:15:26.53 ID:N9Z4p/J30
>>874
乱暴すぎて話しにならん。


876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 21:14:16.02 ID:SjBaZydy0
>>874
自由貿易の有無だと思うよ。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 21:38:17.82 ID:NsJGLCuBO
要は、チンギスやアレキサンダーみたいな領土欲と関係なく、
望栽培なり採掘なりの資源が欲しいだけで、
侵略戦争のコストよりも合理的な方法で獲得できるようになったって事かな。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 22:05:57.13 ID:vgIH9SMR0

日韓併合は、韓国側から願い出たものである。
その引き金が伊藤博文暗殺であることは周知の事実。

安重根は祖国を滅ぼした国賊に他ならない。

なぜそんなクソ馬鹿を崇拝するのか?
韓国人のメンタリティーは理解しがたい。



879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 22:12:59.03 ID:vgIH9SMR0

皆それが分かっているから、日韓基本条約締結時、日本政府は韓国政府に
一切謝罪しなかったし、韓国側も強いて求めなかった。当然、賠償金の
支払いなどなかった。

その代わり、日本政府は「伊藤博文公の遺志を継いで」韓国発展に協力を
申し出、多額の経済協力金等を与え、韓国近代化を金銭面から支援した。

日本の協力を無視し「わが民族の実力ニダ」「奇跡を起こしたニダ」といって
馬鹿騒ぎする韓国人とは、恩知らずで我儘な、根拠なき自信家に過ぎない。

その素行は世界中で嫌われ、特にサッカーの世界では悪魔の如く忌み嫌われている。



880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 22:28:23.16 ID:OXhsz7EQP
>>878
そういう嘘をいまだに平気に言うやつがいるのには、ただただあきれるばかり。
日韓併合は伊藤博文暗殺前から決まっていた。伊藤はずっと消極的だったが
政府内の多数意見に従う形で同意していた。この事実は当時の新聞にもくわしく
掲載されている。韓国から望んだというに至っては嘘というより妄論、
日本が金で買収して設立した団体に言わせていたにすぎない。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 22:31:15.12 ID:7rPewCPJ0
「李完用侯の心事と日韓和合」   朝鮮全権大使 李成玉
 現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面をもつことはできない。亡国は必死である。
亡国を救う道は併合しかない。そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本は違う。
日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。
そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。
それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。
日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 22:51:15.91 ID:N9Z4p/J30
>>880
残念ながら庶民の反乱はさして起こらなかった。

今と比べ民族意識は希薄なんだよ

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 22:55:24.36 ID:fKz+w3yF0
日清、日露の両戦争も朝鮮獲得を狙った戦争だった。日清戦争(1894〜95年)に勝利すると、日本軍は朝鮮王妃を殺害し、外交権を奪った。
学校で日本語だけを教えたり、名前を日本式にする創氏改名を強いた植民地支配は日本の敗戦まで続く。同化政策に強烈な屈辱感を植え付けられた人たちに、首相談話は当然のことながら配慮した。
朝鮮半島の人々は沖縄戦にも強制的に動員された。従軍慰安婦として働かされたり、非業の死を遂げ、「平和の礎」には447人が刻銘されている。沖縄の地も「加害」の一翼を担ったこともしっかり胸に刻んでおきたい。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-166223-storytopic-11.html

日本が国家として犯した罪を認めたいわゆる「村山談話」は現政府にも踏襲されている。
沖縄を代表する地方紙である琉球新報の論説委員がいかに優れているかよく分かる。
歴史認識をわきまえた実にすばらしいことだ。
もはや沖縄タイムスおよび琉球新報は世界一優れた新聞といっても過言ではない。
このような点を踏まえ、沖縄の新聞にケチをつけるものは、すべてアンチ沖縄であると断定できる。


884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 23:35:24.87 ID:OXhsz7EQP
>>879
1965年2月に訪韓した外務大臣椎名悦三郎は共同声明のなかで「このような
過去の関係は遺憾であって深く反省している」と表明している。
植民地支配が正しいと考えていたのなら、反省する必要はない。

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 01:09:19.47 ID:lMBGF3u80
>>884
アメリカから圧力かかってるからな。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 01:34:05.61 ID:WWiJnTP80
>>884
リップサービス

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 08:17:11.66 ID:YtS8S1a40
>>881 そのコピペはつかわないほうがいいよ。李成玉なんて朝鮮全権大使は歴史上に存在しないから。
元の記述になんらかの間違いがある。たぶん李完用と李成玉をまちがってるはず。李成玉ってのは
ただの警察官(李完用の護衛官)で、その回想録の筆者だと思われ。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 08:20:59.52 ID:YtS8S1a40
>>885 そもそも戦後の日韓関係はアメリカが西側陣営を構築する都合から斡旋したものだもんな。
韓国臨時政府は当初から明確に反日で、日本との国交回復など望んでいなかったし
日本も韓国と外交関係を回復することにはべつに意欲的ではなかった。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 08:26:05.59 ID:YtS8S1a40
>沖縄タイムスおよび琉球新報は世界一優れた新聞

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 10:08:48.63 ID:lMBGF3u80
>>888
韓国がお荷物になってきたから日本に押し付けるために日韓の国交回復が必要だった。
当時の日本には到底拒否できなかった。
トラックに跳ねられて肥溜めにはまったようなもん。

回復後の莫大な援助が裏付けてる。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 11:42:34.83 ID:eYrrmwdRO

朝鮮は、あの戦争でまったく被害がなかったアジアで稀な地域!

しかし、朝鮮人は!?

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 14:30:45.07 ID:Vm8J0RKv0
朝鮮併合は国際法上合法。
責められるいわれはない。

もっと言うと、併合されるのが嫌だったなら強ければよかったのだ。今とは違う、そういう時代だ。
清に依存せず、強く、日本の友好国でさえあれば(端的に言って、日本のバックアップなしでロシアの南下を押し返せる実力が明白なら)開国後も日本は安穏とすごせた。
朝鮮人は“カルネアデスの舟板”を掴めず沈んだだけである。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 21:29:35.46 ID:wXN6O/IX0

伊藤博文が併合容認に傾いていた、という俗説があったが、最近見つかった新資料で完全に
否定された。伊藤博文は日韓併合に強く反対で、日本の保護の下、内政改革と工業化を進め、
独立国として独り立ちさせる方針だった。

伊藤博文は確かに、急進的な併合推進派に対しては、それを受け流すような発言をたびたび
行ったため、「併合容認か?」と疑われたが、実際は徹頭徹尾併合に反対だった。

これはごく最近完全に固まった事実。伊藤博文が生きていれば日韓併合は100%無かったのだ。

安重根という糞馬鹿テロリストを崇拝することがいかに馬鹿馬鹿しいか、思い知ったか?
ざまあみやがれ、低能!




894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 21:37:57.64 ID:ZQ7jKc9D0
>>893
>>最近見つかった新資料
資料名と所蔵先はどこ?

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 21:58:25.12 ID:WNn9RN6bO
朝鮮の義兵闘争自体たったの一個連隊程度で鎮圧出来る規模のものだったからね
一方台湾の鎮圧は精鋭の近衛師団を含めた数個師団を要した

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 22:23:22.23 ID:FbixBjyfP
>>888
65年の時点では既に政権が反日の李承晩から国交回復推進派の朴正煕に交代し、
財界なども国交回復を望んでた状況だよ。
あとはどれだけ韓国側に有利な条件を引き出すかと、国交回復に反対する
大衆や臨時政府出身者をどうするかという段階。

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/13(月) 22:33:07.03 ID:Vm8J0RKv0
>>893
伊藤博文の理想通りだったら、日本の持ち出しはかなり防げたかもしれん。
まあそのレベルでも、今の半島や在日連中は大騒ぎするだろうがな。どのみち日本の企業ははいりこむだろうし、そうすれば日本人経営者による搾取がどうのこうのと……。日本人経営でもない従軍慰安婦の件よろしく、悪いことはすべて日本のせいにされるだけだ。
関わりにならないでいるのが一番いいが、かかわらないでいられない距離なんだよなぁ。

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 00:45:28.18 ID:jftOp1v3P
伊藤博文の話は以前からある妄言のひとつ、他にもネット右翼の妄言は多数ある

http://www.geocities.jp/ondorion/now/mougen.html

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 00:56:59.47 ID:qVpmdQFt0
>>898
「1909年3月30日には小村寿太郎外相が桂太郎首相に「適当な時期に於て韓国の併合を断行すること」
を方針とする対韓大方針案を提出し、これは7月6日に閣議決定され、同日明治天皇の裁可を得た。」

ところが併合の適当な時期はいつだか書いてないわけ。伊藤が反対しているうちは無理なのは当然。
とすると、伊藤が暗殺されたのが併合の適当な時期になってしまった、という訳さ。

やっぱり、安重根がトンチンカンな売国奴である事実に変化はないなw



900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 03:48:45.84 ID:7ZwnV4vN0
>>899
>>898の紹介しているサイトには、「安重根が伊藤を殺したから日本は半島を侵略して植民地にしていいのだ」と右翼が言っている。
となっている。それが、ネトウヨの言うトンデモだと。
「併合の時期が早まった」という見解が、なんで併合の正統性の主張ということになっているのか不思議だね。

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 03:53:37.22 ID:TuL2Y+0S0
>>896 予備交渉はもっと前、1951年からはじまってる。ぎゃくにそこから
1965年までかかったと考えるべき。日本としてはまず国際社会への復帰が優先だったから
日ソ共同宣言がまず最優先だった(そのころは中共は国連で排他的議席をもたなかったので)。
ソビエトは中共が国連に加盟するのが日本の国連参加のための絶対条件だとしていた。
朝鮮問題なんか、終戦直後の日本の国債外交においては「すでに失ってしまったもの」に
すぎんかった。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 03:59:17.98 ID:TuL2Y+0S0
1950年代から60年代の日韓関係の懸案は漁業協定くらいだよ。

日本にとったら朝鮮などアメリカの戦場でしかなく客などとでも協働者でも何でもなかった。
漁業協定もいわゆる李承晩ラインの問題で、日本人が銃撃されたり拿捕されたり
するのを米軍の手前から報復できない状況で、とにかくなんとかしてくれということにすぎんかった。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 04:00:09.63 ID:Z5Pift/x0
>>882
溯って秀吉率いる日本軍が朝鮮領民には“解放軍”に見えたとも言うしな。両班支配というのは、よほどの圧政だったというコトだろう。支配層と被支配層の一体感が無ければ国という感覚は発生しにくいのかもね。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 04:04:41.21 ID:TuL2Y+0S0
それは朝鮮の右翼に失礼だろwおれは極右だが、右翼だから朝鮮の右翼には敬意をもっている。
いつも殺意を抱くのは売国奴だ。馬鹿のくせに敵国の扇動にまんまと騙されるのが許せないのである。
よってこういう場所で地道に馬鹿どもを教育しているのである。日本語が上手な敵国人は国士だ。
それに騙されているのに気が付かないのが売国奴である。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 12:39:03.82 ID:Z5Pift/x0
>>904
地理的、歴史的なものもあって無自覚な人が多いけど、日本人ほど国という概念を強く持てている人種は少ないんだよ。
武蔵国、三河国、伊賀国……などと言っていたころですら日本というその上位の括りを知っていた。
秀吉軍を解放軍と見た朝鮮人だって売国奴というわけじゃない。そもそも、為政者でもなければ朝鮮という概念がない。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 13:46:10.33 ID:Vednogo60
>>902
それ竹島の領有が関わってるから、放置した上での国交回復は有り得んかった。
アメリカの強引な後押しで解決を見送った。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 19:04:33.16 ID:WsEXdruE0
>>905
一般庶民レベルで「国」の概念が浸透したのは近代以降の話だろ。
日本に限らずどこだってそう。

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 22:22:47.21 ID:Z5Pift/x0
>>907
日本ではそうでもないよ。
明治の維新革命が短時間で成功した要因の一つ。
江戸の武士政権が作った長い太平と、朝廷によるミレニアムマインドコントロールはだてではない。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 23:29:59.82 ID:TuL2Y+0S0
この議論は「国」の定義により観念的な議論になりがちだけど、「国民」という概念が
制度として成立していたという点では江戸期の人別帳制度は特筆すべきだね。

江戸時代は課税制度としては年貢三帳が整備されたけど、これとは別に個人単位で
宗門改を目的として人別帳がつくられ、これが事実上の戸籍制度として機能していた。
中国や朝鮮はこれがなかったから農民がいちど流民化したら追跡・把握できなかった。

これは見方によればたしかに農民を土地に確実に縛り付ける効果があったわけだが
同時に「群集」として民(たみ)をとらえるのではなく個人としてとらえることになった。
異人に奴隷(苦力)として売り飛ばされそうになっている者は、どこの土地の誰であるか
調べれば確認が取れる体制が、制度面で保証されていたという点は大きいだろう。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 23:35:19.18 ID:nNDprI9c0
客分風情が何をw

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/14(火) 23:41:23.51 ID:TuL2Y+0S0
まあそりゃそうだよ。公儀が民のひとりひとりを知行している体制という意味でね。
「その民はどこそこのだれそれであり、公儀の所有物である」とハッキリ言えることは
制度的に重要だろう。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:28:45.92 ID:QQFHE+Q30
そもそも日韓併合以前の半島に収奪するようなものがあったのだろうか?
日本の目的はロシアの南下を防ぐためであり、そのために自主独立できない半島を併合するしかなかった。

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:31:55.80 ID:YexayVMV0
市場くらいかね。小さいが

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:32:23.58 ID:VCUO8xeh0
土地。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:33:40.27 ID:wOdkh3C80
「李完用侯の心事と日韓和合」   朝鮮全権大使 李成玉 
 現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面をもつことはできない。亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。
そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本は違う。
日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。
そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。
それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。
日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:40:35.57 ID:6RnBRU1g0
>>912
>そもそも日韓併合以前の半島に収奪するようなものがあったのだろうか?

19世紀後半の日朝貿易さえも知らない無知乙
日本は朝鮮からずっと米を輸入している

美味しくない朝鮮米は、日本国内の貧民階級の主食として絶対必要だった

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:42:51.85 ID:wOdkh3C80
>>916
は?具体的に頼むよ。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:43:11.60 ID:VCUO8xeh0
また名越本の捏造を得意気に貼り付けてやんのww

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:47:17.31 ID:wOdkh3C80
崔慶禄 (戦後、大韓民国陸軍師団長、士官学校長、参謀総長、メキシコ大使、英大使、在日韓国大使を歴任)
 日本は、統治時代に韓国に大きな投資を行ったために、韓国が惨めだった状況から一足飛びに近代化したことは、どうしても否定できない事実である。
日韓併合後、日本人は鉄道、道路、架橋、用水路、植林、河川整備、堤防、港湾、学校施設の建設をはじめとする、大規模な公共事業を始めた。
このために、それまで韓国には、食うや食わずの失業者がひしめいていたが、一般の 民衆に仕事が与えられて大いに潤った。
 日本は乱脈だった李氏末期の韓国社会を正した。韓国に法治社会をもたらした。
 日本が韓国を統治した間に、一方的な収奪を行ったというのは、大きく事実に反する。
今日、日本統治時代を体験した韓国の知識人は、それが事実であることを知っていながら、客観的事実を認めることを拒んでいる。
韓国は日本の力によって短期間のうちに、日本人が咀嚼した西洋の実用主義を定着させ、近代世界に入ることができたのだ。
日本統治時代になって、はじめてまじめに働く多くの者が報いられるようになった。また、韓国人の福祉が大きく増大したのだ。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 23:55:12.78 ID:wOdkh3C80
崔基鎬(加耶大学客員教授)
 ハングルが全国民に教えられるようになったのは、日帝時代になってからのことである。
韓日併合の翌年の1911(明治44)年から、総督府によって朝鮮教育令が施行され、
初、中、高等学校で朝鮮人、日本人の生徒の区別なく、ハングルを必修科目とすることに決められた。
もちろん、朝鮮教育令は朝鮮人を、忠良な日本国民に仕立てることを目的としていた。
私が日帝時代に小学校へ通っていた時は、朝鮮語がよくできる日本人教師は、月2円の加俸があった。
当時の1円は今日の日本円の数万円に相当しただろう。
もっとも、昭和10年代に入ってから「皇民化教育」が強められると、日本語が強調されて、ハングルが教えられなくなった。
だがハングルをはじめて韓国民に教えた総督府の功績も、忘れてはならない。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 00:28:04.71 ID:MfkC/BUu0
だから朝鮮全権大使に李成玉なんていないってのに馬鹿たれが。。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 00:29:44.41 ID:MfkC/BUu0
李成玉なんて朝鮮全権大使は歴史上に存在しない。 元の記述になんらかの間違いがある。
たぶん李完用と李成玉をまちがってるはず。李成玉ってのは ただの警察官(李完用の護衛官)で、
その回想録の筆者だと思われ。 名越の翻訳ミスだよ。


923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 00:44:01.13 ID:MfkC/BUu0
朝鮮は独力だと領事裁判権の撤廃までもっていけなかったろうね。なにをか言わんで
日本の朝鮮併合の最大の切り口がまさに領事裁判権であって、仮に日本がおこなわなければ
ロシアが保護領として釜山ないし38度線まで進出していただけだろう。朝鮮は日本に併合される
ことをバーターに、これは帝国憲法の体系に組み込まれるというカタシキのもとで西欧各国との
領事裁判権を撤廃することができた。中華民国でさえ1943年までかかったのにである。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 01:01:05.18 ID:QF6fVALd0
>>923
>日本の朝鮮併合の最大の切り口がまさに領事裁判権であって、仮に日本がおこなわなければ

その領事裁判権自体、1876年の日朝修好条規で日本が朝鮮に押しつけたものだけどなw

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 01:40:20.19 ID:SZfumqxZO
>>924
朝鮮が日本を侮辱した報いだよ
釜山にいた日本人居留民を迫害したし

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 03:57:39.64 ID:MfkC/BUu0
日本は、こと朝鮮に関しては領事裁判権を最大限に利用したよ。それはまちがいない。
逆にロシアを除いては欧米各国は日本ほど朝鮮に魅力をかんじなかったということだよ。
これは英米仏が中国で保持しようとした権益への執着とは比較にならない。

ロシアにすれば沿海州を清や日本から守る防護壁として朝鮮(38度線以北)は重要だったし
日本はカラフト・北海道・対馬ラインを防衛するために朝鮮の防護壁は重要だったし、すくなくとも
三韓征伐の歴史にのっとっても南蛮白人ケトウどもに朝鮮半島を取られるくらいなら旧領土を
回復すべきだという合理的な判断があったとしておかしくない。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 04:05:45.16 ID:MfkC/BUu0
もっとも日本においてさえ領事裁判権こそ先行していたけれども関税自主権の完全回復は1911年で
日韓併合という国際法上での壮挙があってこそ完全に達成できたという事情がある。帝国主義の時代、
自然法という弱肉強食の国際慣習法において「文明国」の地位を獲得するためには、西欧列強と完全に
対等で同等であることを示す必要があったのである。自然法とは現代人が思うようなものではなく、
空想的で理念的で、なおかつ残忍なものなのである。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 04:26:57.69 ID:fe9cXpgu0
日本にとって日韓併合は間違いだった。
併合しなければおそらくロシアの植民地になって半島全体が北朝鮮みたいになっていた。
中国でさえ列強に植民地化されかけていたのに自主独立のできない国が独立を維持できたと考える方が無理。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 05:20:41.71 ID:yog0EC4h0
>>920
昭和に入ってたんなら親が教えればいいじゃん。ハングルは普及してたんだし。
ハングルだけなら簡単なんだし。
日常会話は朝鮮語だろ。

漢字に関しては、日本語の音読み訓読みに朝鮮読みが加わるけど、
日朝バイリンガルになれちゃうから、当時ならメリットは莫大だわ。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/16(木) 09:02:58.00 ID:BNxpZlY20
>>928
そうなると、半島に前線基地を作られて日本が進軍を受けやすくなる。
清や朝鮮のようなヘタレならどうとでもなるが、ロシアだとそうもいかない。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 06:56:14.07 ID:ZwW6KvnV0
>>5

・スレ内のリンク切れurlの代替同文url
新着情報 電脳工房クリック
一読されたい『親日派のための弁明』金完燮(キム・ワンソプ)正論6月号より
ttp://www.click-i.net/shin.htm

・url変更
西尾幹二のインターネット日録 平成15年11月1日
石原慎太郎氏の発言に寄せて
ttp://book.geocities.jp/nishio_nitiroku/kako25.html

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 06:56:25.56 ID:ZwW6KvnV0
【日韓】 「軍資金だせ!」日帝強占期に増えた「ニセ独立軍」強盗〜本物の独立軍は大型の親日富豪から[06/15]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1308146506/


933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 02:08:31.37 ID:XGH29r04P
日本は独立運動を抑圧するため、常時数十万人の軍を駐留させなければならなかった。
このための財政負担は非常に大きかった。

本来、日本本土のために使われるべき予算を朝鮮統治のために支出していたことになる。
植民地支配の最悪例といわれるのも当然の話。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 02:51:06.27 ID:71bO4yYv0
>>928
元寇は半島から来たんだろ。
朝寇も混じって。



935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 04:39:35.94 ID:EvIIP5oO0
【欧州】EUに忍び寄る旧ユーゴ型分裂の危機[11.06.16]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1308291574/
「ドイツでは自分たちがギリシャ人に搾取されていると感じる人が増えており、ギリシャでは自分たちが
ドイツ人に搾取されていると信じる人が増えている」
「経済が停滞しいた1980年代のユーゴスラビアでも自分たちが苦しむのは連邦内の他の5つの共和国に
搾取されたせいだという考え方が広がっていた」

日韓併合後の日本と朝鮮の関係とよく似ている。

米の収奪

韓国歴史教科書では大正元年から昭和一二年までの米の生産量と日本への移出量の表を提示し
「増産量を遙かに超過した量を収奪していったのである。そのためにわが農民の大多数は飢餓線上に
あえぎ」と非難している。日本の植民地支配の厳しさの証拠として盛んに言われる問題である。

 大正一四年から昭和六年にかけ、内地の米の価格は約四〇%に暴落した。これでは農村はたまった
ものではない。農村部では、役場の吏員や学校の先生の給料が払えず、娘の身売りが続出した。
内地では価格の暴落は、朝鮮、台湾からの安価な米が無制限に入ることが原因であると言われ、
農林省では内地農民の保護のため、朝鮮、台湾からの移入制限を主張した。これに対し米の移出の
自由を求める朝鮮総督府が鋭く対立した。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/shazai/2shou.html

5.日本より少なかった税金
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/nikkan/sakushu.html

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 05:51:30.83 ID:g/cjTf4b0
米を収奪していたとしたら、日本統治時代に人口が倍増してることを説明できないと思う。

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 07:08:24.25 ID:OV2Daegi0
世界的には日本の統治は肯定されている。
否定しているのは韓国朝鮮のみ。
外国の文献をみれば明らか。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 09:03:42.94 ID:/7hbdfAz0
>>936
>米を収奪していたとしたら、
日本に米を出す代わりに、満州から高粱を入れてそれが朝鮮人の主食になってた

>日本統治時代に人口が倍増してる
人口動態に関しては衛生面、特に乳幼児死亡率の低下が大きな要因

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 12:10:49.68 ID:bTfji77w0
江戸の小作人みたいだな

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 13:33:50.81 ID:17ek9y8v0
けど日本に米を移出した結果、資本蓄積の余地が生まれ後の工業化の原動力となったからね。

小作人?そもそも移出する米が殆どありませんが何か?

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 14:29:23.79 ID:bVzQJ2Ne0
>>938
内地の方が高く米を買ったからだな。
金は受け取っておいて、奪われた、ではな……。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 14:29:54.70 ID:XGH29r04P
朝鮮からのコメの流入により米価は下落し、小作人の生活困窮を招いた。

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 14:52:23.77 ID:bVzQJ2Ne0
>>934
朝寇が混ざっていたのではなく、そのもの。元寇と言うとモンゴル人がきたように想像するが、構成員は高麗人と明人。モンゴル人では海軍の編成はできないからね。
主犯はモンゴル人、実行犯は中国人と朝鮮人。
もっとも、モンゴルの高官に取り入る目的で朝鮮人の何某が日本襲撃をそそのかした。

半島を放置すると大陸勢力にいいようにされるというのはこの件でも明白。福岡、対馬の人の恐怖は“鬼より恐ろしいモッコ”として心に刻まれることになる。
保護国化も併合もできなければ、このモッコがロッコ(露助だな)にすげ変わっただろう。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 15:05:25.53 ID:g/cjTf4b0
>>938
人口が倍増してるということは単純に食料消費量も倍増してるということなんだが、理解できなかったのか?
食料消費量が倍増してるのに搾取されたというのはおかしいよ。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 15:09:59.69 ID:bTfji77w0
>>944
落ち着いて読め

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 19:38:57.51 ID:xFKJAkbc0
韓国の留学生が大量に日本に来るようになったのが1990年前後だからそのころの学生が日本で
学位をとって日韓史の最前線に立ち始めたのがここ数年。ちょうど40代後半くらい。この層は偏見なく
日本の文献も英米の文献も渉猟してるから中立で詳細な研究をどんどん発表しはじめてる。

まだ学術的にははじまったばかりだよ。むしろ1980年代以前に韓国国内で大量に公表された「韓国
朝鮮史観」とどう折り合いをつけるかがむつかしいところ。まともな研究を書いてるひとがとつぜん
ファビョーンとなるあたりは、やはり韓国学会のむつかしいところなんだろう。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 22:12:51.57 ID:bNTNXiwn0
>>946
国の中でそれぞれの正義があればそれでイイ。
問題はその反対意見がちゃんと内包されていること。

日本や朝鮮、中国というのは「これが唯一の真実で正義」という輩ばかりだから問題。

この悪い事例の中にもこういう良いところがあった。
この一見良い事例の中にこんな欠点があった。
という見方ができるか否か。
そして、人間というものは(自分も含めて)最終的には自分本位である生き物であるという、躬らの醜さを認識することができるか否か、だ。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 22:33:33.84 ID:ut5d9p0W0
日本をそいつに混ぜるなw

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 22:33:43.92 ID:hiEwQujL0
>>947
国の正義が総て一緒だったら、国が分かれているわけがないものな。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 22:59:16.94 ID:bNTNXiwn0
>>948
他の三国よりはマシなだけ。
他の意見が内包されている、ってところがマシなだけ。

国会中継を見ていても、この2ちゃんねるを見ていても判るじゃない。
けなしあいはできても議論はできない。
多数決が民主主義だと思っている。

なんて、とことん民主主義にむいていない国民性。
もっとも、俺は民主主義が正しいシステムだとは思っていないけどね。
やっぱり、思想や政治形態は、他の真似をしてやってもダメなのかも知れない。
その土地で、その土地で自生したやり方ってのが良いんだろう。
明治維新で、ヨーロッパの真似をしないと列強に認めてもらえない、と一所懸命に頑張った。
それはきっと間違いじゃなかった。
でも、「民主主義は珠玉」と盲目的にならないでそろそろ日本独自の道を模索した方がいいと思う。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 23:00:57.33 ID:09XIttvu0
>>950
お前は冊封って知ってる?

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 23:03:25.61 ID:ut5d9p0W0
>>950
>問題はその反対意見がちゃんと内包されていること。

なら

>他の意見が内包されている、ってところがマシなだけ。

なんだから問題はないな

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 01:44:00.15 ID:aKXQv0Ak0
いつもの自爆は微笑ましいけど・・・・・・反省も学習もできないところは微笑めない。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 12:34:17.55 ID:H+XLyvif0
>>952
国内には反対意見があるが、自分の中に反対意見がないこと。それから、自分が利己的でアサマシイ生き物であるという認識がないこと。

言葉足らずですまんな。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 12:40:02.91 ID:H+XLyvif0
>>951
柵封、まさに分かれている。
正義がひとつなら、柵封のなかでひとつの国になって行くモノだ。
アメリカだってイギリスだって、ドイツだって連邦制。
この場合の正義というのは、価値観とか生活習慣と同義語だよ。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 14:41:48.48 ID:sjZE487A0
>>938
日本に米を高く売って、安い高粱を購入して腹いっぱい食いました。
差額で色々必需品を購入しました。
幸せ。

生き残った乳幼児が立派に成人しているのは食料が豊富だったから。
毎年餓死者を出している国では人口2倍は不可能。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 18:50:42.59 ID:4h+tzvlj0
東南アジアで日本に蝦を売って米を買っているようなものだな

それを搾取とみるか、取引とみるか
もっというなら米より旨い蟹の漁師が蟹を売って米を買うのが搾取かね

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 20:18:53.15 ID:sjZE487A0
半島は米食う国じゃなかったし。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 21:17:50.28 ID:aKXQv0Ak0
日帝の支配は残酷ニダ!
働かなくても生きて行けたのに、
日帝が奴隷を解放するから
労働をしなければならなくなった。
なんて残酷なんだ!
ってことだろ。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 22:37:54.20 ID:g/2APVwt0
>>956-957
ぷ、朝鮮にも地主制がはびこってて、日本人地主が高率な小作料をとっていたことが抜けてるから、そういうお気楽なレスになるんだよな

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 22:44:46.93 ID:sQEDATJZ0
うちは北朝鮮からの引揚者の家系。
米屋でかなりの資産家だったけど敗戦で家屋敷も財産も全て失い無一文で命からがら帰国。
親曰く、あの時無くした財産は朝鮮の人々を搾取して得ていたものだと思うと、こっちは被害者というよりむしろ罪悪感を覚えたとのこと。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 22:55:37.08 ID:2UfgJoyc0
そりゃ罪悪感与えるのが在日や左翼やカルト宗教の手口だからな
大体莫大な血税赤字だしインフラ整え、富農も貨幣経済も産業も資源もない朝鮮から搾取するもんなんてなかったんだよ

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 23:03:58.89 ID:9Te4PUvL0
朝鮮って戦前どころか戦後、80年台頃まで一般庶民が白米なんて食えなったし
作ってる米は商品作物
米食えるなんて正月とか祝い事の時だけだったね

>961
搾取?
農民から普通に買い取って日本に売ってだけだけど?
日本併合まではタダで両班に奪われてたんで農民やる気なくしてたんだけど
この辺の話はイザベラおばさんの本にも載ってたはず



964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 23:05:32.11 ID:dBsY74zd0
>>960
地主は日本にもいたんだが
漁師にも網元が昔はいたし

無知丸出しのお気楽レスだねえ

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 23:11:35.06 ID:ki6+eae20
おれんちは満州からの引き上げだったけど、朝鮮人だけは絶対に信用するな
つきあうなってのが口癖だったな。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 23:15:06.78 ID:WaAqh5HL0
>>965
詳しくおねがいします

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 23:15:41.91 ID:VDjQypypO
アイルランドみたいに米は全部没収してジャガイモだけ食わせていれば良かったな

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 23:18:42.81 ID:g/2APVwt0
>>963
>農民から普通に買い取って日本に売ってだけだけど?

坊やは地主制のこと勉強してからレスするといいよ

>>964
>地主は日本にもいたんだが
で?今は朝鮮の米の話をしてるんだが、朝鮮人小作からの小作料徴収に日本国内の地主は何か関係あるのか?

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 23:32:35.30 ID:WaAqh5HL0
しかしな。学校の図書室の片隅でイザベラさんの本を見つけた時は驚いたわ。
朝鮮はズタズタに書いてるが、あまり知られてはいないが日本の事も詳しく書いている。
東北の記述だった気がするがベタ褒めだったぞ。イザベラさんは真実を見たんだな。
日本ほど清潔で安全で礼儀正しい人々がいる国はない。くらいの事を書いてあった。
幼い子供達がイザベラさんとすれ違うたびに頭を下げ、お菓子を子供に上げようとしても
親の躾からなかなか受け取らなかったんだとよ。

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 00:09:14.51 ID:zm+nTRxu0
>>968
バカス
民族問題にしたいお前みたいなチョンは見たいものしか見ないようだが

民族問題でなく、経済格差の問題ってことだよ。
あるいは労働形態といってもいい
だから東南アジアを出したのに

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 00:14:35.25 ID:MSvCj7qYO
その東北は朝鮮のおかげで大変な目に遭うんだけどね
朝鮮から安い米が入ってきたせいで米価が暴落して東北の農村は極貧状態に陥ってしまった
そしてそれが先の戦争の原因の一つになるわけで
結局日本人の大多数が損しかしなかったのが朝鮮併合

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 00:32:11.62 ID:zm+nTRxu0
よかったところは
ロシアとの間に緩衝地域ができたこと
市場が隣にできたことか

悪いとこは
ロシアでなく新たな敵北朝鮮が日本の脅威であること
世界市場で日本市場をあらす企業が出来てきたこと
朝鮮総連という利敵団体が存在すること

こんなんか

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 02:27:27.15 ID:q8jHpqFKP
結局、植民地支配のスタンダードに台湾はかなり近いものがあったが
朝鮮はまったくかけ離れていた。このことが現在でも尾を引いている。

日韓併合前に日本国内の一部には大きな負担になると警鐘を鳴らした者が
少ないが存在した。現実に彼らの言う通りの結果になった。

この歴史的事実を直視しなければ、この問題を正確に理解できない。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 03:19:06.93 ID:xX+JY3d90
朝鮮の併合は国防的にもメリットなんか無いでしょう
ただ防衛の負担が増えただけで却って中国やソ連と陸地で対峙する危険が増えただけじゃん。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 03:30:31.26 ID:MSvCj7qYO
台湾は樟脳や砂糖といったまだ金になるものが取れたからねえ
朝鮮はマジに何もなかった
せいぜいが米くらいだがこれも内地向けであって却って東北をはじめとする内地の農業を混乱・疲弊させただけに終わった
まあソ連がウクライナでしたみたいに飢餓輸出でもやれば少しは金になったかも知れんが

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 03:53:25.64 ID:63YKUq/T0
北朝鮮には鉱物資源は結構あるし、実際に日本も開発していた。
ただ併合してまで取る価値は無かったと思う

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 10:25:42.45 ID:jdgHzaQW0
併合なんてしないでイギリスがインドで行ったような植民地として経営すればよかったんだよ。

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 10:55:53.76 ID:UoMNG8GZ0
DNA鑑定でも日本人に朝鮮半島系の人が多いというのは立証されています。
渡来人はほとんどが朝鮮半島から渡ってきた人たちのようです。
中国から渡来したと自称している人もほとんどが朝鮮半島からの渡来人だったというのが歴史学者の見解です。
ちなみに15〜20%という数字の根拠はわかりませんが、これも歴史学者の言葉です。
渡来人が日本創世のときに果たした役割はとても大きかったそうですよ。

日本書紀などにのるスサノオ伝説が天皇=渡来人であることを暗示しています。
スサノオは高天原を追放されて出雲に来ます。
高天原=朝鮮半島だと言われています。
「神武東征」は九州から奈良、近畿地方への遠征だと言われています。
天皇とその側近の貴族達は九州からきたと思われるのでそうであれば、ほぼまちがいなく渡来人の血はひいているでしょう。

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 12:14:08.24 ID:ladPusyC0
>>977
朝鮮は植民地だったわけだが

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 12:24:36.23 ID:iVonjK4NO
在日手当をなくすべき

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 12:46:20.34 ID:60GJq8ju0
>>979
法的地位は認めないやり方をしろって意味だろ。

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 16:47:59.42 ID:GPfEFjnu0
>>974
それは、城の周りに掘りを作ると敵と交戦する総沿線が長くなるから不離、という言葉と同じだと思うが。

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 18:34:51.60 ID:GPfEFjnu0
>>979
朝鮮半島が植民地であったのは、神話の時代。最南端の一部だけ。
大韓帝国は保護国であって植民地ではない。帝国崩壊後は、日本国の朝鮮地方。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 18:48:35.14 ID:OW0u2N+f0
戦前に、日本人が朝鮮の最高学府であるソウル大学を卒業するのは、普通のことでしょうか?
朝鮮を併合して支配してたから、日本人もたくさん朝鮮に行って、朝鮮の大学を卒業していたのでしょうか?

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 19:09:44.70 ID:brpHFTPG0
どうでもいいが帝国大を出るのは東大医学部卒業並みのステータスだぞ

賃金格差がでかかった。

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 19:24:41.03 ID:6ozNAlYT0
ソウル大って日本が建てたんじゃなかったか?


987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 19:29:11.23 ID:ladPusyC0
>>984
日本人学生のほうが多かったよ。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 19:30:59.97 ID:ladPusyC0
名称は京城帝国大学

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 20:16:17.87 ID:OW0u2N+f0
>>985
帝国大学というのは、>>988の方が仰ってる
京城帝国大学の略称ということで、よろしいのでしょうか?
当時のソウル大学は、日本人学生にとっても難関大学だったのでしょうか?
ソウル大学を卒業した日本人は、周囲からどのように見られていたのでしょうか?

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 21:24:23.58 ID:brpHFTPG0
>>989
一般的な帝国大のこと

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 23:29:04.91 ID:jdgHzaQW0
朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか?
その質問は、中南米やアフリカそしてインドや東南アジアなど植民地を経験した多くの国々に対する冒涜だと思う。
それらの国々がどのような歴史を歩んだのか世界史を見ろ!

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 23:32:02.91 ID:P1KbVJns0
>>991
他国を植民地にした側の国の人間がそういう詭弁を弄する事自体が、あらゆる旧植民地国への冒涜であろう。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 00:47:57.68 ID:rilVwTNY0
どこが詭弁か明確にしてね。

それから韓国人は認めないかもしれないけれど
日本はかって他国の植民地となった経験を持つ多くの国から嫌われていない。
その中にはかって日本の植民地となった台湾も含まれている。

重ねて世界史を学習してください。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 02:18:33.91 ID:ceZFYao10
>>968
子どもが増えても食わせていけるだけで幸せだ。
普通なら餓死させてたなぁ。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 09:29:39.40 ID:Qiexnk7fO
アイルランドみたいに人口半減とかあるからなあ

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 23:02:59.78 ID:rilVwTNY0
参考までに詭弁とは

強制的に日本に連行された
日本で過酷な状況で強制労働に従事させられた
日本で耐え難い差別にあった
祖国が大好きだ
日本は大嫌いだ

なのに

大好きな祖国に帰ろうとしない
大嫌いな日本に定住しようとする
大好きな祖国の言葉を話せない
過酷な状況で強制労働させられたのに財産を持っていた

というような理由と結論のつじつまが合わないようなことです。

464 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)