5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今こそハーグ条約を語ろう2

1 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/04(日) 09:19:23.49 ID:Nuhfv3tU
引き続き日本女の児童連れ去り問題について語ろう。

前スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/gender/1298187051/

2 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/04(日) 10:45:36.79 ID:tL2Sxab3
2get

子供の連れ去りはどう見てもよくない。

3 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/04(日) 10:57:54.23 ID:z/B5mKIh
糞フェミは女性と子供の保護があれこれとかいうけど
逆に日本から他国に男性が子供連れ去るとかあったら
どうするつもりなの?
女性や子供の保護じゃないようね?こういう場合。
その時は賛成とか言ってファビョっちゃうの?


4 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/04(日) 18:09:16.19 ID:LXdIB5qR
>>3
 屁理屈こねて政府になんとかしてもらう、それだけでしょ。
 何も考えてないよ。

5 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/04(日) 18:10:34.42 ID:z/B5mKIh
>>4
やっぱそうだよねえw
あいつらがそんなこと考えてるわけないかw

6 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/04(日) 19:05:33.41 ID:LXdIB5qR
>>5
 このあいだ馬鹿女が誘拐罪で捕まったスレでもお話にならなかったから。 何故かTPP混合としてまで排斥を図る始末。
 それならなおさらハーグ条約だけ締結して非を無くし、「高い確率で日本人が不幸になるTPP」を撥ねつけるべきと思うけど。
 いいかげん日本自体が沈んでくっつうの。

7 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/08(木) 00:04:35.90 ID:BpwhwWgG
あげ

8 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/08(木) 00:50:07.71 ID:ijIaZ+pQ
TPPだけが話題になってASEAN+3があまり話題にならないのは何故だろう。
スレチで悪かったけど。

9 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/09(金) 22:24:13.81 ID:t1DbN5iM
オーストラリアでは、すでに2006年に共同親権法が成立しています。

以下の文章は「オーストラリアの共同親権に関する10の誤った考え」という文章です。
著者はオーストラリア人の主婦であり、2人の子を持っているそうです。
Articles About Men に記事を書いておられます。

(1)オーストラリアの共同親権法は、子どもの時間を半分ずつに分配するように強制する。 (これは誤りである)
この法律は、子どもの時間を機械的に半分ずつに分けることを強制していない。
実際、この法律施行後に、子どもの時間を50%ずつに分けたのは、全体のうちの15%に過ぎない。

(2)共同親権になると、子どもが虐待される危険が増す。 (これは、誤りである)
子どもが虐待される割合は、共同親権の場合が最も低い。結婚が続いている家庭よりも低い。
逆に、子どもが虐待される割合が最も多いのは、単独親権の場合である。
子どもが家庭で虐待されるケースの70%以上は、母親が一人で子どもを育てている場合に起きる。

(3)オーストラリアの共同親権法により、家庭内暴力の危険が増した。 (これは誤りである)
オーストラリア政府はこの法律の影響調査を行ったが、家庭内暴力が増加した事実は無かった。

(4)共同親権に移行すると、父親の養育費負担は減る。 (これは誤りである)
共同親権に移行すると、父親の経済負担は増える。子どもの衣食住をまかなう費用が増える。
父親は、経済負担を増やすと同時に、子どもへの精神的サポートを増やす。

(5)共同親権になると、子どもは行ったり来たりの生活となる。 (これは誤りである)
単独親権でも共同親権でも、典型的な場合では、移動するのは2週に2回であり、同じである。

10 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/09(金) 22:24:51.05 ID:t1DbN5iM
(6)共同親権法は、画一的な育児を行わせる。 (これは誤りである)
共同親権法の下では、親子の交流は、それぞれの親について、2週に0日から7日までの範囲で、柔軟に決めることができる。
単独親権の時代では、全体の90%以上のケースで、画一的に2週に2日間の交流が決められた。

(7)共同親権法は、父親を優遇しすぎる。 (これは誤りである)
父親の多くは、親子の交流時間が、母親より少ない。母親と同じであるのは、父親全体の15%に過ぎない。

(8)オーストラリアの共同親権法は、シングル・マザーに不利である。 (これは誤りである)
共同親権法は、性に関係なく、それぞれの親が育児の責任を果たすことを保障する法律である。
また、働いて、学んで、リラックスするための機会を、どちらの親にも等しく提供する法律である。
「男性と女性は平等であり、社会における役割も、性によって差別されることは無い」という理念を実現するための法律である。

(9)共同親権法は、子どもの権利を軽視している。 (これは誤りである)
共同親権法は、「両方の親を持つ」という子どもの権利を実現するための法律である。

(10)オーストラリア国民は、共同親権を支持していない。 (これは誤りである)
オーストラリア国民の70%から90%は、共同親権法を支持している。
支持しないのは少数であり、法律家、フェミニスト、シングルマザーである。

11 :名無しさん 〜君の性差〜:2011/12/09(金) 22:46:24.79 ID:YBjGZ+q9
ん?これは興味深いねえ・・・。
日本はどうなるかな?
あんまり話題にはなっていないが。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)