5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

できないから助けてw

1 :aho:2010/10/18(月) 21:47:54 ID:FVJQ/4B4
Scilabの課題、できないから誰か教えて下さい。
どんなプログラム組めばいいの…orz

1-1) 次の二つの多項式を分母、分子に持つようなシステム(伝達関数)G(s) = N(s)/
D(s) の極およびゼロ点を、Scilab を利用して有効数字4桁までの値を求めよ。
  N(s)=1.2s^3+s+0.3
  D(s)=s^4 +2.1s^3+100s^2+51s
1-2) Scilab を利用して、求めた極およびゼロ点を複素平面上にプロットせよ.ただし極は×,ゼロ点は○の記
号でプロットせよ。


2 :aho:2010/10/18(月) 22:16:02 ID:FVJQ/4B4
あと4題続きますー

2) G1(s) =(s+1)/(s-1)
  G2(s) =2/(s^2+s+2)
2-1) つぎのシステムの伝達関数をScilab を用いて求めよ。
 (a) G1、G2 の直列結合でつくられるシステムP1
 (b) G1、G2 の並列結合でつくられるシステムP2
 (c) G1、G2 の負フィードバック結合でつくられるシステムP3
2-2) つぎのシステムの極およびゼロ点を重ねてプロットし、値を比較せよ。またそのようになる理由を説明
せよ。
 (a) システムP1(黒色、極は×、ゼロ点は○)、G1(赤色、極は+、ゼロ点は*)、 G2(青色、極は△)
 (b) システムP2(黒色、極は×、ゼロ点は○)、G1(赤色、極は+、ゼロ点は*)、 G2(青色、極は△)
 (c) システムP3(黒色、極は×、ゼロ点は○)、G1(赤色、極は+、ゼロ点は*)、 G2(青色、極は△)


3 :aho:2010/10/18(月) 22:22:25 ID:FVJQ/4B4
3) G(s)=k/(τs+1)
3-1) 式のシステムについて
 1. パラメータk=1、τ=1の場合の単位ステップ応答をScilab を用いて求めよ。
 2. 時定数τ=1とし、k=0.5、1.0、1.5、1 と変化させた場合の単位ステップ応答を重ねてプロットし、そ
れぞれの場合における応答の定常値および、定常値の約63.2%に達する時刻を求めよ。
 3. DCゲインk=1とし、τ=100、10、0.5、1 と変化させた場合の単位ステップ応答を重ねてプロットし、
それぞれの場合における応答の定常値および、定常値の約63.2%に達する時刻を求めよ。
 4. DC ゲインk=1とし、τ=100、10、0.5、1 と変化させた場合の極をプロットせよ。
 5. 以上の結果を参考に,以下のことを説明せよ。
  (a) DC ゲインk とステップ応答の定常値との関係
  (b) 時定数τ とステップ応答が定常値に達するまでの速さとの関係
  (c) 時定数τ とシステムの極との関係


4 :aho:2010/10/18(月) 22:24:22 ID:FVJQ/4B4
4-1) 次のシステムについて考える。
   G(s)=10/(s^3+s^2+5s+2)
 (a) システムG のボード線図およびナイキスト線図を描け。またナイキスト線図に重ねて、原点を中心
とした単位円を描け。
 (b) ボード線図より、システムのゲインが1 倍となる周波数ωgc [Hz], (ωgc≧0) および、そのときの位
相?gc [deg]、 (?gc ≦0) を読み取れ。
 (c) ナイキスト線図より、システムのゲインが1 倍となるときの位相を読み取れ。
 (d) (b) で読み取った?gc の値と、(c) で読み取った位相の値を比較して、ボード線図とナイキスト線図
の関係を説明せよ。
4-2) 次のシステムについて考える.
G1(s)=20/(s+2)
G2(s)=10/(s^2+0.3s+10)
 (a) システムG1、 G2 について、ボード線図およびナイキスト線図を描け。
 (b) (a) で描いたG1、 G2 のボード線図より、それぞれの場合について、十分高い周波数におけるゲイン
線図の傾きおよび位相を読み取れ。
 (c) システムG1、 G2 およびG3 := G1G2 の3 つのシステムのボード線図を重ねて描け。同様にナイキ
スト線図も重ねて描け。
 (d) (c) で描いたボード線図より、4 つの周波数点ω = 0.01、0.1、 1、 10 [rad/s] におけるG3 のゲインお
よび位相を読み取り、同じ周波数点上におけるG1、G2 のゲイン、位相との関係を説明せよ。


5 :aho:2010/10/18(月) 22:30:23 ID:FVJQ/4B4
5)次の図のフィードバックシステムについて考える。

  r +        y
  →○→K(s)→P(s)→→
- ↑  ↑
←←←←←←←

  P(s)=1/(s^3+2s^2+2s+2)
K(s)=(2s^2+s+1)/(s+0.1)
5-1) 一巡伝達関数のナイキスト線図を描け。
5-2) ナイキスト線図および一巡伝達関数の極より、閉ループ系の不安定極の数を求めよ。
5-3) 閉ループ伝達関数の極を計算し、上で求めた不安定極の数と比較せよ。
5-4) 一巡伝達関数のナイキスト線図より、閉ループ系の位相余裕、ゲイン余裕を読み取れ。


6 :774ワット発電中さん:2010/10/19(火) 01:15:14 ID:hp9AJ/4M
虚乳アイドル

7 :774ワット発電中さん:2010/10/19(火) 02:29:54 ID:hp9AJ/4M
古閑

8 :774ワット発電中さん:2010/10/19(火) 23:52:49 ID:OAumonoo
言っとくが教員も見てるぞ。

システムがSPARCから、intel Solarisに変わって、Matlabを買う予算は
無いは、scilabのintel Solaris用バイナリは無いは、野良ビルドしようにも
コンパイル通らないは、で実習の準備で必死こいてるのに、暢気な質問
スレ建てやがって。どーせintelに屈するならLinuxかせめてFreeBSDに
してくれ!、ってウチの教授に言ってくれ。
FreeBSDなら自分のマシンで普通にscilab動いてるのに。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)