5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part33

1 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 11:06:36 ID:HOilxdIa0
前スレ
死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part32
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/

2 :死刑は已む無し ◆AiIU4rI6Mc :2010/11/29(月) 12:18:23 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめ@

死刑賛成論は被害者の人たちの立場に立った論のようにいっていますが、
それでは全然解決にはならないと思います。

皆さん死刑についてよくわかっていない、
特に執行する人の問題というのを私は考えます。
労働者の問題としての死刑執行といいますか。

こんなことは――死刑執行なんてことは――、誰もやりたくない。
死刑賛成の人だって絶対いやですよね。
誰かにその役は押しつけている。
死刑執行人という誰もやりたくない役を、
みんなが押しつけているけれど、
実際に死刑執行をする人にもちろん殺意なんかないわけです。
納得なんかしているわけがない。

「仕事として人を殺す」ということを考えると、
本当にそれは一人ではとても背負えないことをやらされている。
そんなことを刑務官の人たちに押しつけていいのだろうか。
それで保っている死刑制度というのは何だろう……すごく考えます。
それを押しつけているのは私たち自身なのだということです。

死刑というのは究極の排除だと考えます。

3 :死刑は已む無し ◆L99SANYBNM :2010/11/29(月) 12:19:03 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめA

小さい時からストリートチルドレンのような排除があって、
その後も貧困から出発した子どもたちは、
たくさんの排除の中で育ってくる。
その排除の中から犯罪が起こって、
それでその人たちが死刑囚になってしまうという状況がある。

このような社会的排除というのは、
「貧乏人は早く死ね」みたいなこの国の状態があって起こるわけで、
その延長線上に死刑の問題もあると思います。

「犯罪者は早く死ね」みたいな、すごく嫌な方向にすすんでいると、
プレカリアートと死刑の問題として感じています。

4 :死刑は已む無し ◆ma5Z3mKhkE :2010/11/29(月) 12:21:11 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめB

アメリカは50州中12州が死刑を廃止しているが、
残りの州は存続し、知事が予期したとおり、賛否両論が渦巻いた。

「記念すべき勇気」とニューヨーク・タイムズは英断を称えたが、
「思い上がった職権濫用」とセントルイス・ポストは非難し、
最も激しく反撥したのは「死刑執行は正義」と怒りを露わにした被害者の家族であったという。
独裁国家なみといわれる死刑大国アメリカの反応はさまざまである。

欧州をはじめアメリカ近隣のカナダ、メキシコ、
それに中南米の多くの国々には死刑はない。
存続する国は世論を理由に挙げるが、
死刑によって被害感情が癒されるか否かは疑問であり、
世論調査も設問の仕方や時期によって結果は大きく変わってくる。
わが国もその例にもれない。

死刑を存続する国は世論重視というより、むしろそれを理由に統治権力に利用する。

「法は殺す法であってはならない」
フランスがその法を存置するかぎり、
ヨーロッパでの孤立化を避けられないとして、
ミッテラン政権下、ギロチンの血にまみれた法をなくしたロベール・パダンテール元法相の言葉が
強く印象に残っている。先年、夫妻と食事をともにし、親しくお話をうかがった。

「国民投票は責任逃れ、政府の意見を言わなくてすむからだ。
被害者のことを考えていると言うが、
その家族の苦しみを利用し、感情を刺激し、理性を鈍らせ、
ただ古い秩序を守っているにすぎない」

そして、死刑存否の問題は、和島岩吉弁護士が生前言われたように、
まさに「人間の理性と感情の争い」なのである。

5 :死刑は已む無し ◆5bUgWYcyZA :2010/11/29(月) 12:22:55 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめC

――刑は兵に始まる。
という。死刑と国家との関係を考えるとき、
中国最初の奴隷制国家夏 (か・紀元前21世紀頃樹立)に遡らなければならない。

商(しょう)にいたって成熟、西周はその全盛期であったが、
刑法は戦争と密接な関係をもっていた。
成文法ではなく、官に隠されて公開されず、
封建制と中央集権を維持しようとするものであった。

どのような行為が罪となるか、
いかなる刑罰に科せられるかは既定の法によるのではなく、
「朕は則(すなわ)ち国家、朕は則ち法」であった。

この秘密主義は現代でもさして変わっていない。
わが国では処刑も秘密裏に行われ、執行する国の責任は明確にされず、
法相は役人の求めに応じて執行の印を押しているだけである。
さらには被告人の命を奪うべきか否か、
人知で決めることは不可能と思われるのに、
その基準も理由もはっきりしていない。

6 :死刑は已む無し ◆QxE1P/GKPA :2010/11/29(月) 12:24:55 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめD

辟(へき)という字に「君主」と「刑罰」の二つの意味があるのは興味深い。

分解すると、尸(かばね)と口、そして辛(しん)から成り立っている。
尸は屍(しかばね)の原字で、辛は処刑用の刃物である。
処刑で威嚇して人を支配するから、君主という意味になり、
さらには刑罰を意味するようになった。

しかし、死刑を強化しようとした専制君主ばかりではない。

西漢(せいかん=後漢)の景帝(前188―前141)は、
死罪であっても腐刑(宮刑、男は去勢、女は生涯幽閉)を望む者には許していた。

残忍といわれた魏(ぎ)の曹操(そうそう 155ー220)もそれに傚(なら)おうとし、
肉刑(体の一部を傷つけ、または切断)によって
死刑を減じようとしたが、軍事に際して議論が進まず、
「民を悦(よろこ)ばす道に非ず」と
責任を民に転嫁した官僚たちによって沙汰止みとなった。

古今の明君、唐 の太宗 (599―649)はあるとき牢獄を視察し、
死刑囚を見て哀れに思い、国中の死刑囚をみな一時釈放して家に帰らせ、
翌年の秋まで執行を猶予し、それまでに帰るように命じた。
翌年の秋、釈放された全死刑囚390人が一人も欠けず帰牢し、
太宗は感心して全員を赦免した。

――死囚四百、来たって獄に帰る。

と白居易(はっきょい)が「七徳の舞」に詠(うた)ったのはその故事だが、
宋の欧陽脩(おうようしゅう)がこれを「誤った行為」として非難したのは、
彼が優れた学者であっただけに理解に苦しむ。

ライアン前知事に対しても、同様である。
その英断を理解せず、「ノーベル賞が欲しいのか」と
ニューヨーク・ポストが非難したのは心ない仕打ちで、
下司の勘ぐりとしか言いようがない。

――人は歴史の教訓から多くを学ばず、
それが歴史の教える教訓のうちで最も重要なものである。(1959)

オルダス・ハックスリーのこの言葉が誤りであることを望む。

7 :死刑は已む無し ◆pj6m.jHghI :2010/11/29(月) 12:26:54 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめE

私は死刑に反対の立場です。
死刑については人道的な観点、哲学的な観点、宗教的な観点など、
いろいろな観点から議論がなされていますが、
ここでは、憲法という観点から光を当ててみた場合
どういう問題点があるか考えてみたいと思います。

まず、憲法36条で残虐な刑罰は絶対にしてはならないことになっています。
残虐な刑罰が許されないのは当然のことだと思います。

 もう少し、憲法の原点に戻って考えてみることにしましょう。

 そもそも憲法は、国家権力を制限して、国民の人権を守るための道具です。
そして、日本国憲法でいちばん大切な価値は、
憲法13条前段の「個人の尊重」とか「個人の尊厳」とか言われるものです
(憲法13条前段には、「すべて国民は、個人として尊重される」と書いてあります)。
つまり、「人は皆、かけがえのない命を持っていて、
それぞれ生きる価値がある。どんなに豊かな人も貧しい人も、
健康な人も、ハンディキャップを負っている人も、
男性も女性も、宗教もいっさい関係なしに、およそ人間として存在する限り、
かけがえのない命を持っている。その点ではだれもが皆同じである」、という価値観です。

 一人ひとりが幸せであることのために社会や組織や国家が存在するのであって、
国家のために個人があるのではない、
一人ひとりの個人が幸せに生きることができる社会を築き上げていくことが
国の仕事であるという発想です。
「個人のための国家であって、国家のための個人ではない」ということです。

 一人ひとりをかけがえのない存在として大切にするというのは、
ある意味、だれも否定できない、至極当然の話のように思われます。
しかし、率直に言って、このことをわが国の中できちんと理解し合うのは
大変難しいことであると私は考えています。
このことがきちんと理解されるためには場合によっては何十年もかかるかもしれません。
どのような人であっても人として生きている限り価値があるのです

8 :死刑は已む無し ◆pj6m.jHghI :2010/11/29(月) 12:30:25 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめF

私は死刑に反対の立場です。
どのような凶悪犯罪を犯した人でも、人間として存在する限り、
その人にもかけがえのない命が存在することを認めなければなりません。

 「偉そうなことを言うな。自分の身内が殺されたときに、
その犯人を人間として尊重しろなんて言えるのか!」と突きつけられたら、
正直言って私は自信がありません。
目の前にいる被疑者、被告人をすぐに殺してほしいと思うぐらいの
憎しみを持つかもしれません。それでも、やはり、罪を犯したと疑われている被疑者、
被告人に少なくとも裁判を受ける権利を保障し、人として尊重しなければなりません。
そこはがまんしなければなりません。

 人権というのは、あらゆる人の権利を認めるということです。
よい人の権利だけを認めて、それを人権というのは間違いです。
どのような凶悪犯罪を犯した人間でも、人間である、
ただそのことだけで人としての権利があるのです。
人であるならば人として生きる権利をきちんと認める。
そこが人権の出発点です。そしてこの個人の尊重が憲法の
もっとも重要な価値の根底にあると、私は考えています。

9 :死刑は已む無し ◆eTOHpMPjkc :2010/11/29(月) 12:32:07 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめG

私たちが生まれ、育ち、生活する社会は、犯罪のない社会ではありません。
そして、その犯罪のなかには、残念ながら、殺人も含まれます。
最近では簡単に人を殺すようになった――
そういう指摘を新聞や他のメディアで耳にするようになったのは三〇年ほど前、
私がまだ中学生の頃でした。その前はどうだったのか、
調べてみなければわかりませんが、いつもそう言われていたのではなかったか、
という疑問を私は持っています。

それとは反対に、私には最近の傾向と思えることは、
凶悪犯罪と呼ばれる事件が起きた直後の世論調査で、
死刑に賛成と答える人がとても増えたことです。
そのようなニュースに接すると、私はめまいを覚えます。
というのも、簡単に人を殺すことと、簡単に死刑に賛成することが、
結局のところ同じ時代の流れに属しているような、
同じ無思慮、同じ反射反応から出ているような印象を受けるからです。

殺人事件の報道に接したとき、私の頭に最初に浮かぶ考えは、
人を殺してしまったこの人は、なぜ殺さずに済ますことができなかったのか、
言い換えれば、なぜ殺すことができたのか、ということです。
一件の殺人を可能にする条件は、人を殺してしまった彼
あるいは彼女のなかにだけあるのではありません。
私たちの社会のなかに、「死の文化」と呼ぶべきものが確かに存在します。
そのような「文化」が、ある日、ある人に、人を殺すようささやき、
その決心を支え、その手順を示し、そして殺した後には、
行為を正当化するさまざまな口実を提供するのです。

そして、この同じ「死の文化」に支えられることなくしては、
死刑制度もまた存続できないと私は思います。
なぜなら、この制度がある限り、私たちの社会のある人が、
人を殺すことを命じ、あるいはその命令を受け入れ、
その決心を支え、その手順を考案し、そして殺した後に、
行為を正当化するさまざまな口実を必要とし続けるからです。
また、この制度の是非を問われる市民も、賛成と答えるためには、
やはり同様の文化を必要とするからです。

10 :死刑は已む無し ◆Sq0qyt2qq2 :2010/11/29(月) 12:32:53 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめH

しかし、文化である限り、それは普遍的なもの、
したがって当たり前のものではありません。
地域により、時代により、それは変化します。
日本の平安時代には、ほぼ四百年の間、処刑に関する記録がありません。
おそらく仏教の影響でしょう、いずれにせよこの国は、
当時、この点について、明らかに別の文化を持っていたようです。
しかし、仏教は、その後、武士の台頭とともに、
死刑や戦争を支える文化をも生みだしました。そのほか、
さまざまな文化的な要素のために、戦争で死ぬ人がいなくなった現在でも、
自然死ではない仕方で、また単なる事故ではない仕方で、
私たちの社会で人は死に続けており、その一方で、
それを自然なことと思わせる力が働いています。
その力が、命の大切さを唱えるあらゆる言葉を空語にし、
死刑を支えているのです。

私たちの社会は、なぜ人を殺さずに済ますことができないのでしょう。
言い換えれば、なぜ人を殺すことができるのでしょう。
私たちの日常の意識にとっては死そのものが触れたくない事柄であり、
まして「死の文化」をそれとして意識することは困難です。

しかし、かつて人を殺さずに済ますことのできた私たちの社会には、
きっと、「死の文化」の彼岸に通じる道も潜んでいるはずです。
死刑を廃止することは、そのような道を、私たち一人一人のなかに、
この社会の人と人の関係のなかに、一緒に探しにいこうと約束することにほかなりません。

カンボジアは、アジアの国で初めて、仏教の名において死刑を廃止しました。
韓国や台湾でも、死刑の廃止は実現に向かっています。
同じ文化圏に属する日本に、死刑なしに済ますことができないはずはありません。
死刑を廃止する可能性、私たちが死刑のない社会に生きる可能性を、
そろそろ本気で考えてみませんか。

11 :死刑は已む無し ◆8BceSLTtA6 :2010/11/29(月) 12:34:59 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめI

 もはや旧聞だが、白昼、小学校に男が侵入し、包丁で児童、教師など二三人を殺傷した事件は、
学校の警備強化、精神障害者にたいする「保安処分」の実施など、
世論を一挙に凍りつかせる深刻な一撃だった。

 この事件が突き刺した、もうひとつの社会の暗部は、死刑制度である。
逮捕直後、容疑者が犯行の動機として語った、「エリート校の子どもを殺せば、
確実に死刑になれると思った」との供述は、想像に絶するものだった。
事件すぐあと、各紙とも大きく報道したが、その後、本人は否定した、
ともつたえられ、いまだ真偽は定かではない。しかし、「死にたいと思ったが、
なかなか死ねなかったから」と動機を補強する言葉もつたえられているので、
あながち、警察の一方的な発表として退けることはできない。

 自殺する勇気はない。だから、処刑してくれ、ともっとも弱い小学生を刺し殺す行為を前にして、
「正常」さを疑わざるをえない。他人をまき添えにしてしか、自分を表現できないのは、
極端な甘えである。しかし、容疑者の供述が事実だったとすると、
死刑廃止国には、けっして発生しなかった犯罪だったことがわかる。

 死刑制度は、その制度のもとに暮らしているひとたちに、死刑への依存という
倒錯した心理をもらす。死刑は犯罪をおこなわんとするものへの威嚇装置
(抑止力)として存置されている。しかし、予防は完璧におこなわれず、
結果にしか適用できない。国民へのみせしめとして、犯罪のあとにしか効力を発揮できない。

 たとえていえば、犯罪を犯すおそれのあるものを全員逮捕(予防検束、保安処分)しないかぎり、
死刑制度は有効に機能しない。が、殺人は激高した瞬間におこなわれたり、
きわめて周到な準備のもとに、完全犯罪を目指しておこなわれるのが通常だから、
威嚇の網の目からはこぼれ落ちてしまう。

 しかし、それは制度としてあるのだから、死刑存置国の住民は、悪いことをすると死刑、
という約束のもとに生活している。その規則を積極的に逆用したのが、
こんどの事件の容疑者である。この機能をこれほどまでに単純化してみせつけられると、
残虐な犯罪がつくりだす装置に逆転するこの制度の欠陥に気づかされるのである。

12 :死刑は已む無し ◆6aXZk6dEW6 :2010/11/29(月) 12:36:52 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめJ

 死刑制度をささえる言語は、「潔く」と「男らしく」である。

 悪いことをしたなら潔く死ね、男らしく責任をとれ、死んでお詫びをしろ。
武士道の精神のようで、卑怯未練に生き延びることは拒絶されている。
ごくたまに、政治家や経営者が、そのモラルに従って自殺すると、
世間は納得したりする。処刑されるよりも、自殺に同情があつまるのは、
民衆のこころの奥底に死刑の残虐さへの忌避があるからのようだ。
今回の容疑者のように、自分の生命の始末を、国家の手に委ねようとしたのは、
いちじるしい依存といえる。威嚇と依存によって維持されるのは、民主主義国家とはいえない。

 あるとき、死刑存廃についての討論会に出席したことがある。

存置論者のひとりである犯罪心理学者が、「自分の娘をまもるために、死刑制度は必要だ」
と叫んで、喝采をえたことがある。「抑止力」のもっとも感情的な表現だが、
この制度の存廃をめぐる討論で、感情が増幅させられるかぎり、
廃止論が説得性をもつことはできない。存置論者は被害者の感情に忠実であることを
根拠にするのにたいして、廃止論者は冷静さを主張するしかないからである。

 わたしが死刑制度に疑問をもったのは、冤罪の死刑囚の本『死刑台からの生還』
を読んでからである。そのまえに、殺人罪で無期懲役にされていた那須隆さんのこと
(『弘前大学教授夫人殺人事件』)を読んだことがあった。
この事件は、真犯人が名乗りをあげて再審がはじまり、
無罪判決となった事件だった。そのあと、まだ弁護士がたったひとりで、
無実を訴えていた『財田川事件』にかかわることになった。

 この冤罪事件は、矢野伊吉弁護士の『財田川暗黒裁判』が出版されて着目されるようになり、
ついに死刑確定囚だった谷口繁義さんが、三二年ぶりに釈放されることになった。

 八○年代には、四人の死刑確定囚の冤罪がたてつづけに晴らされ、釈放された。

 死ぬるため生くる我が独房に
  奇もなく衒いもなく日続きぬ  (佐藤誠)

 死刑執行をまつだけの確定囚にさえ、冤罪があるということは、
いかに死刑制度がふたしかな世界に依拠しているかをしめしている。
しかし、誤判があるから死刑制度に反対、との意見にとどまっているのは、
どこか落ちつかなかった。

13 :死刑は已む無し ◆KanWP2EoNg :2010/11/29(月) 12:38:53 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめK

 たしかに、人間がひとを裁くかぎり、誤判がないことなどありえない。
といって、もしも、一件の冤罪もないとしたなら、死刑があってもいい、
といい切れるのだろうか。としたなら、すべての死刑囚をみすててしまう、
という問題に直面したのである。

 新聞やテレビで「凶悪犯罪」が報じられると、

「親の顔がみたい」
「悪いことをしたなら、自決しろ」
「やっつけろ」

 との感情をむきだしにした声がとりあげられる。

「被害者の感情をどうするんだ」
「お前が被害者だったら、そんなきれいごとをいえるか」

 そればかりならまだしも、「無期懲役」の判決がでると、
「死刑にしてほしかった」との遺族の悲痛な声がつたえられる。
そういわせられている遺族の姿がことさら悲しい。
眼には眼を、憎悪の悪循環である。
マスコミはその憎悪を商品化している。
悲しみに沈み遺族の想いが、はたして、人間としての極限の表現が、
「殺せ」の二文字に集約できるのであろうか。
殺してはたして、気持ちが浄化できるものであろうか。

 息子を殺され、苦悩のすえ「死刑廃止運動」にたちあがったアメリカの女性が、
死刑執行によって、息子の記憶を汚したくない、
というのを聞いて、考えさせられるようになった。

 だれも被害者の遺族に、「殺せ」という感情を捨てろ、
ということはできない。しかし、死刑制度があるからこそ、
遺族は極刑としての「死刑」をもとめる。
もしも、死刑制度がなくなったら、それ以外の極刑をもとめることであろう。

14 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 12:39:50 ID:r6x2P79b0




全部 論点じゃなくて、おめーの独り言じゃねぇーか。

チラシの裏にでも書いてろよ、廃止論者。

コテハンと考えてる事が真逆じゃねーか。

そのコテハンは隠れ蓑か?









15 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 13:43:07 ID:USUVcyLT0
スルガ銀行による個人情報違法利用についての裁判で,
個人情報保護法18条2項により,
個人情報利用目的の事前明示義務が定められているにもかかわらず,
スルガ銀行代理人神谷町セントラル法律事務所弁護士奥島健二・金森浩児は,
「本人確認が完了していないから個人情報保護法18条は適用されない。」
と誤りを主張し,
これを鵜呑みにした簡裁裁判官岡崎昌吾(現在,東京簡易裁判所)は,
「本人確認が完了していないから個人情報保護法は適用されない。」としました。
東京簡易裁判所・岡崎昌吾は馬鹿です。

16 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 15:06:54 ID:oPEC5gof0
>>2-13
IDNG設定で綺麗にお掃除できたよ!
ゴミが( ゚д゚)、ペッ!

17 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 17:35:36 ID:XEGs9+VV0
死刑制度って発想からして幼稚だよね。

気に入らないから殺してしまえ!ってw

18 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 17:37:16 ID:zckK28uS0
死刑存置・厳罰化

人権屋と法曹界が招いた不条理を正すべき。

1 死刑を含む刑罰の厳格適応(応報刑主義)
2 冤罪防止・国民カード(DNA・指紋・顔写・電子タグ)
3 刑法39条・41条の撤廃(保安措置施設の拡充)
4 検察量刑判断の禁止(最高刑の単純加算制)
5 裁判長選任制(被害者の権利)
6 人権屋・法曹界の粛正・改善後、裁判員制度の見直し

裁判員制度で復讐容認国家になる恐れが有る。
被害者と国民(裁判員)に、これ以上の負担を掛けるべきではない。

処罰は国家が厳格に行うべき。

19 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 18:24:41 ID:XEGs9+VV0
死は希望の源泉である。

摂理としての死を受け入れることは、自殺や殺人を否定することにつながる。

そのような自我の自立を政治の根拠としなければならない。

よって死刑制度は政治のあるべき姿ではないと言える。



20 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 18:37:03 ID:XEGs9+VV0
>>16
結局のところ、胸糞悪いことから目を逸らすための存置論だからね。


21 :死刑は已む無し ◆0ZYYfIdA3A :2010/11/29(月) 19:06:49 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめL

 死刑制度があるかぎり、世に「殺せ」との殺伐とした声がわき起こる。
この制度のパラドックスは、ひとを殺してはいけない、
という国家が、命令によってひとを殺すことにある。
憎悪の感情によって、死刑制度が維持され、
その制度によって憎悪の感情が維持されている。
きわめて古い国家像である。

 悪人は抹殺せよ、裁判はその合法的な手段にすぎない。

 中国では年間,数千人が処刑されている。
それでも犯罪が減ったとはきいていない。
アメリカには、三七○○人の死刑確定囚がいる。
やはり、犯罪が減ったとはきいていない。
日本は九三年三月、「法の秩序と正義の維持」を理由に、
それまで三年四ヶ月停止していた死刑が再開され、
年に五、六人が処刑されている。それでも、凶悪犯罪は減っていない。
つまり、「抑止力」は、フィクションでしかない。

 あとは遺族の感情をどう解決するか、の問題である。
被害者補償と終身刑の導入がひとつの方法になる。
それでも、恩赦と釈放の可能性はありうる。
ひとに苦痛をあたえつづけることによって、秩序と正義をたもつ、
というのは、恐怖政治の一種でしかない。

 日本の死刑は絞首刑である。より人道的な処刑というのは、形容矛盾だが、
なかでも絞首刑はもっとも残虐な刑罰である。空中にぶら下がって、悶絶するまで、
七分から十五分意識が残っている。

 死刑確定囚は、刑場へ迎えにくる係官の足音が、自分の扉の前で止まらないかどうか、
聞き耳をたてている、という。一日、一日、小刻みにされた生とは、
想像するだけでもたまらない。日本の死刑確定囚は、いま、五六人である。

 先進国で死刑制度を存置しているのは、日本とアメリカだけである。
全米五○州のうち、十二州が廃止している。この野蛮な制度を廃止した国は、
七五ヶ国、十年以上執行していないのが、二十ヶ国、通常犯罪だけでも廃止したのが、
一四ヶ国、合計一○九ヶ国であり、これにたいして、死刑存置国は、八六ヶ国である。

 日本は一刻もはやく、死刑制度を廃絶して、文明国の仲間いりをしてほしい。
政治家とジャナリストたちの意識の変革と行動が問われている。

22 :死刑は已む無し ◆x2ocAzNAIQ :2010/11/29(月) 19:09:15 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめM

なんじ復讐(ふくしゅう)することなかれ。復讐するは我にあり。
ひとがひとを裁くことで思い起こされるのは、聖書のこの言葉である。
裁きを通じて応報的な正義を実現しようとした古代では、
血生臭い復讐劇が後を絶たず、聖書は神という超越的な
「第三者」に裁きの主権を委ねることで、
「罪」を憎んで「ひと」を憎まず、当事者間の
「和解」の可能性を確保しようとしたのかもしれない。

「可死の神」として国家にひとを裁く至高の権限を委ねられた近代以後、
個人の権利や義務、その刑事責任の判定は、
国家の定めた法律による裁判という形態をとるようになった。
主権者としての国民が、国家の法律を制定する主体であり、
その結果、自分たちがつくったルールに自分たちが従うという
立憲的な民主主義の原則を通じてひとならぬ法がひとを裁くという
「擬制」ができあがったのである。

だが、交戦権と死刑の宣告の権限を独占する主権国家は、
そのような原則を、個人の人権を保障するためにではなく、
むしろそうした絶対権を確保し、国家への忠誠と畏怖を広げる
テコに利用してきたことがある。二〇世紀の「国家悪」の数々の悲劇のひとつは、
そのような「可死の神」によって引き起こされ、また今もそれが続いているのである。

こうした悲劇は日本のような「先進国」にまったく無縁であるというわけではない。
そう思うのは、死刑制度の存廃をめぐる討論番組で、
ある検察OBが次のように嘯(うそぶ)いていたからである。

「えん罪は社会秩序の維持に不可避的にともなう必要悪である」。

この驚くべき「ホンネ」をきかされたとき、
わたしはそうしたことが実際にこれまで起こっていたのではないかと
推測せざるをえなかった。

23 :死刑は已む無し ◆wFHYL6EwzY :2010/11/29(月) 19:10:51 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめN

「えん罪は社会秩序の維持に不可避的にともなう必要悪である」。

この驚くべき「ホンネ」をきかされたとき、
わたしはそうしたことが実際にこれまで起こっていたのではないかと
推測せざるをえなかった。

人間のつくった制度に完璧なものはない。
死刑制度は人間がつくったものだ。だからえん罪のような「汚点」があっても、
それは必要悪とみなせばいい。なんというおぞましい虚無的な三段論法であろう。
このような冷笑的なニヒリズムが「法の番人」を支配しているとすれば、
公平な裁判所で公正な公開の審理を受ける平等の権利が
永久に奪われてしまう可能性があることは明らかである。

個人の権利や義務、刑事責任の決定のうち、
もっとも過酷なそれは生命という至高の「財産」が奪われる場合だろう。
したがって、この権利を一貫して譲るためには、審理による決定に抗弁できる
当の個人の権利が確保されていなければならない。
つまり、死刑制度の存続は、第10条の精神とは相容れないのだ。
とすれば、この第10条の定める権利を確保していくだめには、
それは死刑制度の撤廃と切り離して考えられないのではないかと思う。
極端なケースこそ、制度の本質をもっとも照らし出す、
この格率をあらためて反芻(はんすう)したい。

24 :死刑は已む無し ◆J3xSYMP0vs :2010/11/29(月) 19:12:53 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめO

死刑というものに、わたしはずっと反対の立場を取ってきました。
人が人を殺すことがいいことであるわけがありません。

それから裁判というものを考えた時に、裁判にはミスジャッジがある。
例えばミスジャッジで、何もしていない人を死刑で殺してしまった時に、
あとで戻しようがないですね。執行してしまったらどうしようもないです。
まあ、そういうこともありまして、わたしはまず「反対」です。

それから、例えば死刑が犯罪の抑止になる、こういう極刑があるから
犯罪が抑止されるという言い方がされますが、わたしはそんなこと全くないと思います。
少なくとも犯罪をする人が、「ここまでで無期だから、これ以上は、殺すのはやめよう」
とか、自分の量刑を考えて犯罪をするわけじゃないと思います。
そもそも犯罪の多くは突発的に起こっていて、感情的に動いて、
「気がついたら殺してしまっていた」というものです。
そういう意味で、死刑が犯罪の抑止になるという考えは、
わたしは全くの思い違いだと思います。

それから「死刑制度がある日本で、犯罪が抑止されているか」
という問題があります。今、刑法犯が年間285万件ありますね。
ちっとも抑止になってないじゃないですか。
こういったデータからも、死刑が犯罪の抑止をしているという分析は間違いだと思っています。

25 :死刑は已む無し ◆fKqdBQPOYg :2010/11/29(月) 19:14:50 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめP

 20世紀から21世紀にかけて、私たち人類は、人のいのちをないがしろにする
大きな戦争や民族間の紛争を経験してきました。武器の製造という、
いのちを蝕む文化・文明によって多くの人命が失われてきたのです。

 そして、人間は自由を履き違え、欲望のままに生きる
競争社会ができ上がってしまいました。競争社会というのは
相手を蹴落とすものであって、それは相手を蔑むといった「死の文化」につながるものです。

 私たちの生きている社会は「死の文化が支配している社会」
と言っても過言ではないのではないでしょうか。しかしまた、
同時に「いのちを大切にする文化」が芽生えつつあるのも事実だと思います。
個人やグループ、国としてもそういう運動が展開されつつあります。

 その一環として死刑の問題も捉えることができると思います。

 私たち信仰を持つ者のほとんどの考えと言っていいと思いますが、
少なくともキリスト教には、「人間のいのちというものは神の賜物である。
神が創造したものである。人間はいのちを自由に侵すことができない。
人間は生まれてから死ぬまでの間、あらゆる可能性を持っている」という考えがあります。

 これに対して自殺・堕胎・安楽死という、外部からの意思の力で人を殺す
――そこには、ナチスにも匹敵するかのような「役に立たない人間は殺す」
という考えにまで通じるという問題がありますが、
一方では「いのちを守ろう」という運動もあります。
私たちは今、このような葛藤の中に生きているのです。

 そこで非常に大切な要素として、人間は
「理性と意思」「考える力」「比較して判断し選ぶ力」を持っています。
宗教的観点から死刑の問題を考えるとき、私たちは更生ということを信じます。
死刑が唯一の合法的な防御の手段だとはいえないと思うのです。

 終身刑は罪の償いが行われる可能性があります。
贖罪の気持ちが現れるとともに更生する気持ちが出てくる可能性が充分にあるということです。

26 :死刑は已む無し ◆DAFS.n6dHE :2010/11/29(月) 19:16:50 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめQ

 終身刑で一番に大きな問題は、被害者遺族・関係者の気持ちの問題でしょう。
しかし、かれらも犯罪者が死刑になったことによっては決して癒されはしない。
癒される唯一の方法は、相手(犯人)をゆるすことです。

 例えば、9・11のときに「夫を亡くした辛さを報復によって晴らしたくない。
復讐することで誰かがまた亡くなる、ということに自分は耐えられない」という話がありました。

 また先日の新聞の記事ですが、フランスで10歳の女の子が殺された事件で、
以前から死刑廃止の気持ちを持っていた女の子の父親が、
「まだ死刑に反対ですか?」という記者からの質問に、「もちろんそうです」と答えています。
フランスは死刑を廃止していますが、事件が起きると死刑復活の動きが出る。その中での発言です。

 さらに、「なぜ死刑に反対なのか?」という記者からの質問に対して、
「娘は優しい子でした。“死”という重すぎる犠牲をはらった結果が、
さらにもう一つの“死”だとしたら娘のためにも受け入れがたい。
以前なら死刑になっている若者(犯人)が仮釈放なしの30年という判決で生きていく。
私はフランスが死刑を廃止したことに感謝したい」と答えていました。すばらしいと感じました。

 例えば私たちは、先の大戦中に日本軍によって家族を目の前で殺された人たちに会います。
フィリピンでは「私たちは決してそのことを忘れない。でもゆるす。
ゆるすことによって自分たちが救われるからです」と言われました。

 神から与えられたいのち――医学などの進歩でいのちが大切にされる半面、
堕胎や合法的な安楽死など、自分のいのちを自分一人の所有物かのように
自由にできるという考えが広がっています。しかし、宗教的な考えで言えば、
人間のいのちは神から与えられ、私たちは造られたものです。
すべての人間は助け合い、愛し合い、共同体を作って生きるよう求められているのです。
罪を犯した人に対しても同じです。その人が罪を償ったのであれば、ゆるし、受け入れる。
人間のいのちを、あたかも人間の所有物のように左右させることはしない。
そのためすべての人々が助け合えば、世界全体がきっと幸福になるでしょう。

 非常に難しいのは、この宗教的な情操というものが今の世の中で
欠けてきているということです。人間の価値を物質的に判断している・・・
こういうところに死刑問題の解決の難しさがあるのだと思います。

 宗教者が対話によって協力して、「死の文化」を「愛の文化」に変えなければいけない、
私はそう考えています。

27 :死刑は已む無し ◆E.BsZ3uFFo :2010/11/29(月) 19:18:50 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめR

 光市の母子殺害事件に関して社会が望むのは、
「罪の認識」「謝罪」そして「処刑」の三点セット。
つまり私たちが理想とする人間になって死んでくれということなのだろう。
報道は誰がいつ何をやったかのかばかりで、その人がなぜその犯罪を
犯してしまったのかは考えようとしない。

 殺すことでホッとするのは、「死刑」を声高に叫ぶ大衆なのだろう。
そこには、犯罪は社会が生み出すものという認識がない。
変な奴が突然沸いてきて、だからそれを目の前から抹殺すれば
すべてが解決するかのようだ。まさに文化人類学が言うところの
「いけにえ」であり「人柱」である。結果として、犯罪を作り出す社会が温存される。

 先日、2001年に広島で自分の母親と娘二人を殺したとされた男性に無罪判決が出た。
冤罪にならずに良かったと思う私の気持ちとは裏腹に、
テレビでは「えっ?」という空気が漂っていた。
なかには「3人も殺したんですよ」と犯人呼ばわりするコメントもあった。

 そう、冤罪かどうかなんて関係がないのだ。

 犯罪が起きたらいけにえ、人柱が必要であり、
それが冤罪だろうが真犯人だろうが、捕まえさえすれば社会は安心する。
かつての狭山差別事件はその象徴である

28 :死刑は已む無し ◆fPaKVcSpQ6 :2010/11/29(月) 19:20:50 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめS

死刑賛成派にとって、冤罪かどうかなんて関係がないのだ。

 犯罪が起きたらいけにえ、人柱が必要であり、
それが冤罪だろうが真犯人だろうが、捕まえさえすれば社会は安心する。
かつての狭山差別事件はその象徴である。

 元プロボクサーの袴田巌さん(66年、味噌製造会社の一家惨殺放火事件の容疑者として逮捕)
が獄中から無実を叫んでいる姿を見ると、胸がかきむしられる。
死刑制度の現実を少しでも知れば、拘束された中で無実を叫び続けることが
どれほど困難な、人間の最後の尊厳をかけた叫びであるかが分かる。
だのに、死刑判決で人一人を殺そうとするとき、とことん事実と向き合って
真実を究明しようとする司法の意思が感じられない。

 袴田さんは人身御供だからだ。大衆の不安を鎮めるために提供された人柱だからだ。

 人を殺しても、必ず死刑が求刑されるわけではない。
つまり死刑は、殺人という罪を命をもって償わせるためにあるのではなく、
何か別の目的があって存続させられているのだ。
刑法を見ると、内乱罪や外国のスパイ行為など反政府的行為も死刑の対照となっている。
とどのつまり、反権力を抹殺する手段として、人を殺していなくても死刑にできるよう、
死刑制度が権力によって温存されていると考えざるを得ない。
そのための人身御供が冤罪をも含めた死刑囚たちなのだろう。

 袴田巌さんは、そのために死刑台の前に立たされているのだ。
私はまだまだ不勉強だ。しかし、少しでも「死刑」の現実を知れば、
声を大にして死刑反対を叫ばざるを得ない。

 殺すな! 殺させるな! 殺されるな!

29 :死刑は已む無し ◆iIt.FFO1wE :2010/11/29(月) 19:22:50 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめ21

 私は、子供の時から「生長の家」の教えに触れ、又、
高校はミッションだったせいか、ずっと死刑は廃止すべきだと思ってきた。

 日本は、そもそも昔、死刑廃止国だった。平安時代、正確には、
818年に嵯峨天皇の決断によって廃止されてから1156年までの
347年間、死刑は廃止されていた。「殺生はいけない」という仏教の影響もあるし、
人を殺したら怨霊がたたるという恐怖もあったのかもしれない。
死刑が復活したのは武士の時代になったからだ。人がたたるなんて迷信だ、
と武士は考えて合理的・科学的に復活したのだろうが、
そうした殺伐とした合理主義より「迷信」に基づいて死刑を廃止していた時代の方が、
心豊かで進んでいたように思う。

 実は、このことを知ったのは、フランスが死刑を廃止した時の
法務大臣であったロベール・バタンテール氏の講演だ。
当時フランスは、国民の世論調査では7割近くが「死刑廃止は時期尚早だ」
といっていた。しかし彼は「人権の問題は政治家が国民世論をリードし、
啓蒙していくべきだ」と信じて議会で審議し、死刑を廃止したのだ。
その彼が講演で「日本は千年前に世界で初の死刑廃止国だった。
これは世界史でも例を見ない画期的なことだ。
その日本が『死刑を存置している最後の民主国』になるはずがないと信じている。」
と語ったのだ。私は、これを聞いて衝撃を受けたのを覚えている。

 死刑廃止は、日本文化であり日本精神なのだ。米長邦雄氏が言っていたが、
日本の将棋は、取った駒をまた使う、つまり捕虜を殺さないという世界でも
稀有な盤上ゲームだ。また、日本は、鉄砲が伝来しながらそれを捨てて
刀剣にもどってしまった。武器の進化を止めてしまった奇跡の国だ。
日本は、元々謙虚で寛容な国だったのだ。近代になって傲り高ぶりが生まれ、
謙虚さ寛容さを忘れてしまった。これは愚かなことだと思う。

30 :死刑は已む無し ◆S51EExw7L6 :2010/11/29(月) 19:24:51 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめ22

2004年9月14日、宅間守の死刑が執行された。
2003年8月28日に大阪地裁で死刑判決を受け、弁護団は控訴したのだが、
9月26日宅間本人が控訴を取り下げ死刑が確定した。それから1年足らずでの執行であった。

国家が宅間の挑発に乗って理性を失うようなことがあれば、
執行までの期間は短いだろうと思っていた。国家は宅間の挑発に乗った。

宅間は3ヶ月以内という早期の執行を希望していた。刑事訴訟法では6ヶ月以内と
規定されている。国家は法を守るべきだと述べた、と宅間はいっていた。

以下は獄中から一審における主任弁護人を務めた戸谷茂樹弁護士に宛てた
7月22日付の宅間の手紙である。

「死刑は、殺される刑罰や。6ヶ月過ぎて、いつまでもいつまでも、
イヤガラセをされる刑罰ではない。すぐ殺せば、ダメージがないので、
しばらくイヤガラセをしてから執行する――そんな条文が、あるんか。

お前、法律家やったら、ワシの身になれや。法を順守するのが、法律家やろ。

何や、『自殺幇助や』、そんなもん関係あるか――。国が、法律を守らんかったら、
行政訴訟でカミつくのが、己ら、左翼代言屋の使命やろが。

まあ、この手紙で、ヘソ曲げて意固地になるようやったら、下の下のかすの代言屋や。」

宅間はまた、死ぬことはビビッていない、死はいちばんの快楽と語ったこともあった。

この人は事件を起こすずっと前から死にたかったのだ、と私は考えている。それこそ子ども時代から。

自殺できなかった宅間(彼の兄が自殺していた)は、かわりに自分を誰かに殺させるように仕向けた。
その誰かが国家であった。死刑制度がある国家であった。宅間の無意識は、死刑制度を利用しようと
考えた。そして人にもっとも憎まれる子ども大量殺人を遂行したのだ。
徹底して憎まれることによって、自分を殺害するよう、挑発したのではないだろうか。

だからもし、死刑制度がなかったら、と想像してしまうのだ。
宅間はこれほどの犯罪を犯しただろうか、と。

10月10日、台風22号の通過した翌日の日曜日、劇団「燐光群」の『ときはなたれて』
(作=ジェシカ・ブランク&エリック・ジェンセン 訳=常田景子 演出=坂手洋二)
をみせてもらった。

幸運にも解き放たれたアメリカの冤罪死刑囚の話である。
国家に死刑制度のあることの恐怖がひしひしと感じられるすぐれたせりふ劇に
仕上がっていた。ぜひごらんになるといいと思う。

31 :死刑は已む無し ◆DkRrZfCYmCNQ :2010/11/29(月) 19:26:50 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめ23

ただし私が死刑制度に反対するのは、冤罪の可能性がある人を殺すことになるからではない。

以前、産経新聞の半署名のコラム『遮断機』に、死刑判決はあってもいいけれど、
執行は無限に延期されるべきだと書かれたのを読んだことがある。
死刑執行が確か3年4ヶ月にわたって停止されていた時期の、どこかの時点でのことだ。

こうした状況は、制度そのものの空洞化を物語るもので、次の、
制度が存在していること自体を問う、その前段階として位置づけられる
と考えたからであった。だが、希望は間もなく打ち砕かれた。
そういう考えが夢想であったことを思い知らされることになった。93年、死刑執行が再開された。

私が絶対的な死刑反対の立場に立ったのは、
オウム真理教による地下鉄サリン事件の起きた1995年であった。

私を死刑廃止の立場へと導いたのは、麻原彰晃であった。
死刑制度に反対する私の動機は麻原彰晃への私の思いにある。

私は麻原彰晃に負けたくないと思った。そのためにはこの人のやったこと
(殺人)を、私が反復してはいけないと思った。この人のやったことを絶対に
許せないという立場を崩さないためには、彼のやったのと同じことを、
それがどんな形であれやってはいけない。私は彼を殺害することを
承認するどんな意思にも加担しないと決意した。こうして私は死刑制度廃止の立場に
立ってしまったのである。

むろん私だって知っている、そんな決意は宿業のまえにひとたまりもない。
宿業に促されれば、殺人だろうと何であろうと、人は犯してしまうものだということを。
宿業は意思を超えてしまう。であるなら宿業による犯罪をどうして国家意思は死をもって
罰することができるのだろうか。

32 :死刑は已む無し ◆k.G1C3jpIQ :2010/11/29(月) 19:28:51 ID:ukqF5Cvt0
前スレまでの争点、まとめ24

戦争と死刑は国家が「合法的」と称して行なう殺人行為である。

人権という観念がなかった時代、国権が人権に優越していた時代には
自明のものに思えたその「合法性」は、いまや化けの皮を剥がされた。
いくつかの「大国」がいまだにその権利を容易には手放したがらないとしても、
戦争の違法化と死刑の廃止は確実に歴史の潮流になっているからだ。

戦争も死刑も、じつはその自称「目的」を達することは稀である。拘
置され自由を奪われた犯罪者に、そのうえさらに死をもたらしたところで
得られるものなど何もない。国家権力が―血塗られた―国家権力であること、
この空虚なトートロジー(同語反復命題)を確認するだけの死刑は、
ただちに全廃されるべきなのだ。

33 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 19:29:52 ID:Yp77Tzp00
ちょっと……この人病気じゃない?

34 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 19:41:50 ID:XEGs9+VV0
人をむやみに病気扱いする者が健全であったためしはない。

35 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 19:47:29 ID:tKIoiPBQ0
病気の者を病気と疑わないことで、手遅れというものが存在する。


36 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 20:18:22 ID:DlVkNjHv0
あのー、まとまってない文章をまとめと称して張るのは如何なものかとおもいますが
それ意図的にやってるよね?
古代中国とかまったく関係ないと思うんですけど・・・
コピペくんやんか
せめて自分の意見としてまとめて見せてよ
つかこのやつ前スレの偽コテくんじゃね

37 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 20:20:29 ID:DlVkNjHv0
> 死は希望の源泉である。
>
> 摂理としての死を受け入れることは、自殺や殺人を否定することにつながる。

発想がぶっ飛び過ぎてちょっと理解できないです
もっとかみ砕いて書いてみてください


38 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 20:21:48 ID:DlVkNjHv0
>>17
人をむやみに幼稚扱いする者が健全であったためしはない。

こうですかわかります

39 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 20:25:44 ID:DlVkNjHv0
>>19
アンカー書き忘れたのでもう一度。
この4行論を誰でもわかるように説明出来たら死刑は廃止できるとおもう
なんかよくわからんけど

40 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/29(月) 22:00:37 ID:F2Grka5q0
私は、廃止論に対する私の認識がもし間違っていないのだとしたら


理知的な廃止論者が公平な場において継続的にコテハンを名乗ることは無いと思っている。
ストローマン論法に於いて、同じコテハンで議論し続けるメリットは何も無いからである。
その論法を頻繁に用いることは、自身の正当性が相手に対して劣っていることを自覚していることの証明に他ならない。
コテハンを名乗り一貫した主張をすればするほど、その優劣が顕著に現れるだけである。
理知的な廃止論者はそれを理解している。だから決して継続してはコテハンを名乗らない。


あの人の廃止論は本当に他の人とは違うのだろうか?とても興味があった。
矛盾だらけであるにもかかわらず、厚顔無恥的に居座り続けたとしてもコテハンのメリットが得られるはずも無いことは、
彼ならば十分判っていたことだろう。死刑反対君やマークスのように。
だからこその今回のような行動であると思っている。


すなわち、自分がコテハン示すことが出来ないからこそ、(つまり、整合性を示すことが出来ない。矛盾無く議論し続けることが出来ない)
相手のコテハンの価値を下げることしか対応が思いつかないのだろう。


廃止論もここまで地に落ちたのか

41 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/29(月) 22:01:21 ID:F2Grka5q0
廃止論者は、邪魔だと思う存置論者は抹殺できるものならしたいと思ってるんじゃないかな?出る杭を打つようにね。
もちろん、目撃者も無く、証拠も残らない状況で。でしょうが。
『死刑反対君が安心して信号無視をすることが出来る状況で。』 という意味です。

「存置派の人間の身元を特定してやるぞ」 「調子に乗ってるとリアルで生きていけなくなるぞ」

等の廃止派側からの脅しは定期的に沸いていますね。

42 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 22:06:08 ID:RmVGjdUm0
女子高校生コンクリート詰め殺人事件を知らなかった反日人権死刑廃止工作員

629 名前: 傍聴席@名無しさんでいっぱい 投稿日: 2010/07/08(木) 00:02:15 ID: MDpDGDG+0
7名の若者と中年夫婦が次々惨殺されました。
中年男性が犯人として逮捕されました。
犯人は古田順子さんの父親で、被害者は女子高生コンクリート詰め殺人事件の加害者でした。

犯人は加害者の反省の無さと自らの老い先を考え、今しか無いと順子さんの復讐を決行しました。

裁判員ならどう判断する?

631 名前: 死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU 投稿日: 2010/07/08(木) 00:08:28 ID: MnFqeXXY0
>>629
答えてもいいかな?
被害者は全員が娘さんの加害者なのかな?

43 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 22:07:16 ID:RmVGjdUm0
自分の過ち認めて、人数確認した証拠
超有名事件を知らないと批判されて調べても、記憶は3ヶ月持ちませんでした

675 名前: 死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU 投稿日: 2010/07/08(木) 03:35:03 ID: MnFqeXXY0
>>673
>>かかわった少年の人数が7人ということまでは把握していなかった。
>処分対象が7名だと知ってればバカな質問は無かっただろ?
>実際は、多数の少年少女が事件に関わってた(知ってた)。家の両親も。

悪いが、>>631の質問をする前に、処分を受けた加害少年の人数は確認した。
君の>>629の時点では、処分人数を正確には把握していなかっただけだ。
517 名前: 傍聴席@名無しさんでいっぱい 投稿日: 2010/10/23(土) 23:04:12 ID: DQEpqux00
加害少年は7名と知らない自分を前提に発言してる。
批判されて当然の内容を誰も批判してない。

44 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 22:08:29 ID:RmVGjdUm0
担当者が変わったのか。3ヶ月経つと意味不明な言逃れ

923 名前: 死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU 投稿日: 2010/10/19(火) 17:11:40 ID: 66oNxzOL0
私は、「7名の若者と中年夫婦が次々惨殺されました。」

これについて、「5名の若者と加害者の両親」 なのか、「7名の若者と加害者の両親」 なのかが不明だと言ったんだ。
そうしたら、7名の若者+加害者両親で当然だときたもんだから話にならない。

事件の詳細を知った上での復讐ということで話しているのならば、君の主張はピントがずれている。

5名の若者+両親 か 3名の若者+両親 か 3名の若者のみ か 8名の若者+両親 

でないと矛盾が生じる。
まぁ、その小さな恥を認められない受け入れることが出来ないからこそ顔真っ赤にして喚くだけしか出来ないのだろうが。

まぁ、たまには相手してやらんとな。

45 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 22:09:42 ID:RmVGjdUm0
監禁ハウスで黙認してた両親を責めたら、共産党援護を始めた死刑は已む無し
どこから共産党が飛び出して来たんだろ?
党や党員守る意識が無いと思い付かないよね。

945 名前: 死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU 投稿日: 2010/10/19(火) 18:05:56 ID: 66oNxzOL0
加害者の両親も復讐の対象だといっておきながら、主犯格の他の少年の両親はどうでもいいという我侭っぷり。

946 名前: 死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU 投稿日: 2010/10/19(火) 18:07:24 ID: 66oNxzOL0
もうね、共産党に文句言いたいだけじゃないのかと。
別に共産党を特別支持するわけじゃないけど、そういうのウザイ。余所でやってくれ。な。

46 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 22:10:57 ID:RmVGjdUm0
死刑は已む無しは、厳罰化を求める大多数の国民を馬鹿認定。

死刑存置に化けてる減刑思想で共産党援護の工作員

364 名前: 死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU 投稿日: 2010/10/22(金) 11:39:07 ID: dLlInqvM0
奴は恐らく廃止派の工作員じゃないと思うよ。厳罰化推進派。つまり馬鹿。

47 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 22:11:51 ID:RmVGjdUm0
1日同一IDを誇りにしてる反日人権死刑廃止工作員

税金納めない無職ニートを誇りにしてるの?

死刑は已む無しを必死で援護してるアホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー紹介

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
アルパカ
マークス

48 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 22:24:08 ID:EU69yCqr0
家族を殺された人がどれほど嘆き悲しんでいるか
すこしでも考えて欲しいものだ

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2138611
殺された側の論理 -犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」
内容
紹介できることなら自分の手で仇をとってあげたい
100を超える被害者家族を取材し続ける藤井誠二の渾身の力作

「加害者への殺意を押し殺すので精一杯になる」――(本村 洋さん)妻と11ヵ月の愛娘が強姦目的の18歳の少年によって殺害された。
「本当なら命で償ってほしい」――(青木和代さん)障害をもった16歳の息子が同級生の少年らにリンチ・放置・殺害された。
「時が経つにつれ憎しみや哀しみは深まっていく」――(安丸和夫さん)息子を交通犯罪で、姉を強姦殺人で奪われた。
「「時効」なんて被害者遺族にはない」――(石川 憲さん)26年前に行方不明になった姉が、時効成立後の犯人出頭で殺害されたことが判明した。

目次
第1章 愛する妻と娘の仇は自分がとる
第2章 父の無念を晴らすため私は闘い続ける
取材ノート(1)「私たちは通り魔に家族を殺された」
第3章 息子のために阿修羅とならん
第4章 警察に「殺された」息子よ
第5章 殺された側に「時効」はない
第6章 「生きて償う」という「きれいごと」
第7章 被害者が求めている本当の支援
取材ノート(2)犯罪被害者の声を聞け


49 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/29(月) 22:28:08 ID:F2Grka5q0
死刑が、私利私欲により、故意に行われる殺人の、『未遂』 で適用される場合においての死刑反対運動ならば、
現在死刑廃止論者が主張している内容は理解できる。

つまり、被害者の感情的回復を優先させ、加害者は被害者からの許しを請う。罪の償いをする。ことが可能であるからだ。

だが、だからこそではあるが、たとえ私利私欲による犯行であっても、基本的に殺人未遂には死刑は適用されることは無い。
(未遂であっても、遂行された場合に被害が甚大である場合は死刑になるケースもあり得るが)

だが違う。現行の死刑制度が適用される時、被害者はこの世にはもう居ない。
被害者の感情的回復は不可能。被害者に対しての罪の償いも不可能。当事者同士での解決は不可能なのである。

遺族感情が大きく取り沙汰されているが、これは、社会的影響、公序良俗に関係するものである。
つまり、これは遺族感情に限った話ではなく、社会感情の回復。社会の不条理感の解決。なのである。
たとえ遺族であっても、刑法的にみれば、殺人の被害者と加害者という当事者同士からみると

『第三者』 なのである。被害者と関係性の深い第三者と、関係性の薄い第三者が存在するだけなのである。


善人、いや、普通の人は、自分の目的を果たす為に、「どんな手を使ってでも遂行する」 とは思わないものだ。
ところが、悪人、いや、人の情けを持たないものは、自分の目的を果たす為に有利であると判断したら、「どんな手を使っても遂行する」 ものだ。
この両者が対峙した場合、お互いがお互いにとって邪魔な存在となるわけだが、
善人は、基本的に、
「暴力は使わない」 「卑怯な真似はしたくない」 等、相手を排除しようとはしながらも、最低限、相手を気遣おうとする。
そして、「相手が先に暴力を行使してきたら防衛として力を行使することも辞さない」 とは決めているとする。
コレに対し悪人は、
そういった制約が何一つ存在しないわけだ。リスクが無いなら何をやっても良いと考える。
リスクがあるとすれば、相手に正当防衛としての抵抗を受けることくらいである。
つまり、相手に危険を悟らせること無く、瞬時に殺害すれば、抵抗無く殺すことが出来ると考えられる。


無法であった場合、善人と悪人の対決には、これほどの有利不利が発生するわけだ。

長くなったので続きは気が向いたら。

50 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 22:32:31 ID:RmVGjdUm0
これ見ると無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス



51 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/29(月) 22:53:43 ID:F2Grka5q0
気が向いたので続き

そもそも刑法とは、悪を否定し抑制する為のものである。
そういった、何でもアリの悪人を規制する為のものなのである。
死刑制度とは、武器を持たない(進んで非武装を貫く)善人のもつ唯一の、『護身用の武器』 だとも云えるのである。

殺人が悪いことだと思うなら、相手を殺すのが嫌なら、殺されることを「運が悪かった」と思って受け入れろと主張する廃止論者がこのスレにも居る。
だが、死刑容認派は、殺人を、『進んで行うことが』 悪いことだと言っているだけで、相手が攻撃してきたらむざむざ殺されるべき。などとは微塵も考えていない。
我欲において故意に進んで殺人行為に及んでくる者。『悪による侵略戦争』 を絶対に許すことは出来ない。
死刑制度とは、善の、悪に対する防衛戦争だと考える。

それで居て尚、その悪人に対し、同じ人間としての最低限の権利を与え、更生教育を施し、
せめて死ぬまでの間に真人間になってくれることを願うものである。真に更生して人生を終えて欲しいと願うのである。
生まれ変わった暁には、同じ間違いを二度と起こさないよう魂に刻んで頂きたいと願うばかりなのである。

という思想や倫理教育によって、これからの子供たちの心身の成長にも良い効果をもたらすのではないかと考える。
悪人や、情けない人間、が生まれにくい世の中になっていって欲しいと、願うばかりなのである。

52 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/29(月) 22:55:27 ID:F2Grka5q0
これも貼っておくか。

死刑存置派は、死刑制度には抑止力があると主張する
死刑廃止派は、死刑制度には抑止力は無いと主張する
抑止力があることは(明確には)証明されていないし、無いことも証明されていないのが現状である
そこで
抑止力を証明する方策をひとつ提案する(同時に、抑止力が無いことが証明される可能性もある)
そしてこれは、死刑制度廃止するにあたっての第一歩とも云えると思います

具体的には
本人が死刑制度に反対する旨、司法に申請登録し
死刑制度反対意思表示カードを発行してもらう
(ドナーカードみたいなもの)
そして公に誰の目からもそれが確認できるようにする
そのカードを持つものが殺害された場合には、遺族がどう主張しようとも、死刑が適用されることは無いものとする

現状で死刑存置国(州)と廃止国(州)の治安を比べても、そもそもの民度も文化も生活圏も違うので比較対象にはなりにくいが
これだと、同じ国の同じ生活圏のなかに、死刑存置状態と廃止状態が同居することになる
この状態で、何十年か統計を取る
これにより、如実に死刑反対派(カード所持者)が殺害される人数 ※ が多くなった場合には、カードは廃止、死刑の抑止力は証明される(そもそもカード申請者が減っていくだろうが)
また、カード所持する者よりも所持しない者(死刑に賛同する者)が殺害される人数 ※ が多いという結果になれば、死刑制度廃止に向けての大きな根拠となりえるし
どちらも変わらない場合には、少しずつでも、カード所持者(死刑廃止派)が増えていくことにも繋がるだろうから
このまま進めば死刑制度廃止に向かっていく可能性が高まるのではないかとも思える


※廃止派:存置派を同比率で計算する。つまり、総数で廃止派10人存置派100人だった場合、廃止派1人の殺害数は、存置派10人分の殺害数と同じとして比較する


53 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/29(月) 23:35:30 ID:RmVGjdUm0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

54 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 01:10:18 ID:Bfh43cJn0
>>47
無職ニートも税金は納めないとダメだよ
IDはシステムの問題じゃね

55 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 01:17:16 ID:Bfh43cJn0
>>52
県レベルで死刑廃止制度を作るってのも入れて
出来れば大阪がいいなあ

56 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 01:18:42 ID:Bfh43cJn0
そういや人権の人は、
一般の人とヤクザ(団体)の人も同じだと考えているの?


57 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 01:22:29 ID:0Z5LBEG80
>>56
人権の人達は差別主義者だよ。
死刑廃止運動の支援見れば、運動の為の運動だと一目瞭然。

58 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 02:03:27 ID:KA8MakCm0
>>54
やっぱり奴は廃止論者だったようだな。いや論者じゃないからただの廃止派か。

>>55
アメリカみたいに県別に死刑廃止したほうが良いってこと?
大阪で廃止したら酷いことになりそうだし、大阪に住んでいる、死刑廃止を望まないものまでが被害を被ることになるから反対。
飽く迄も本人の自己責任において決定することに意味があると思うの。
ドナーカードなんだから。

59 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 02:31:47 ID:Bfh43cJn0
>>58
そうそう県別でサンプリングするの
これで犠牲者は増えるかもだけど、証明の一環としてはいいとおもうんだけど
やっぱダメかなあ
廃止論者は何か提案ないの?理想論だけじゃなくてさ
廃止論者が死刑囚を守ればどうか?とも思ったけどカネの問題になってやっぱダメやな

60 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 02:35:29 ID:Bfh43cJn0
>>58
カードなりで廃止意思を主張するのはいいとおもう
いろいろ手間省けるし、まあ、カードが効力を発揮するのは自分が殺されてるから。
1つ気になるのは廃止論者が殺人を犯した場合、どうなるかってこと。
どう弁明するのか気になる
ゼッタイ殺人とかしないもーんとか言うのかな

61 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 07:33:18 ID:RQRuaCc60
>>60
「死刑があるせいで人を殺した!廃止しる!自分は悪くない!」
って責任転嫁するのが奴らの習性

62 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 09:36:38 ID:Bfh43cJn0
138人えんざい/3437死刑囚
めも
でも推定無罪ならもっと違う結果になっていたはず
アメリカの例
日本のシステムにはあてはめにくい


63 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 09:51:36 ID:lMnOPba50
>>52

これって法整備されて登録出来る出来ないの状態に関わらず、廃止派は今すぐに実行出来る事だよね。
死刑判決を受けるような事案でも場合によっては死刑適応されくなる可能性だってある。
それでもこれだけ言われて実行しようとしない(寧ろ進んで実行してもらわんとおかしなぐらいだが)
って事は、死刑はダメだが結局自分が殺される時だけは例外って事でしょ。


64 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 10:51:12 ID:6XUP8BLx0
以前、死刑廃止希望者を登録し、その廃止派が殺された場合、犯人は死刑を回避出来るようにすればいいんじゃないか
という話を振った事があるが、廃止論者側から「それじゃ、意味が無い」と反論され、じゃ、何で意味が無いのか?という質問に対しては
徹底してスルーされた。


65 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 11:34:04 ID:nVUxaQle0
廃止派は答えられない質問は本当に無視するよね。
あれだけ多くの矛盾抱え込んでどうして廃止派でいるんだろうか。
「死刑は国家による殺人行為だから駄目」ってのも意味がわからない。そんなこと言ったら
禁固刑は国家による監禁だし、懲役刑は国家によるタコ部屋送りじゃないのかよ。
残虐な刑罰は駄目とか人権とかいう割りには、憲法31条は徹底に無視だし、法治主義ってわけでもない。
死刑廃止したいなら法律改正と憲法改正が必要なのに、人の賛同得ようするわけでもなく、挙句の果てには
「大衆に訴えかける論証やめろ」とか訳分からんことまで言い出すし。クーデターでも起こす気かね。
「イルカはかわいいから捕って食べちゃ駄目!!」とかいう類の主張と何ら変わらないように見える。
ここに来る廃止派って、キリスト教徒だったり何かの宗教の熱心な信者だったりするのかね。


66 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 12:46:34 ID:9lMkPOfr0
>>65
キリスト教徒だとしても、キリスト教を大いに勘違いしてるカルトな部類だろうな。

67 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 12:47:49 ID:udMylOtN0
死刑が廃止されたら何が起こるか分からない、何しろ飛行機一つ落としても
死刑にならないのだから、世の中に復讐するなら何をするか分からない。
爆弾で新幹線とか脱線させるとか。政治犯とかも・・・昔の赤軍派とか。
最近は精神異常で人を殺す人も多い、エスカレートして大量に人を殺す人も
現れるかもしれない、それでも死刑にはならないから。

68 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 12:49:24 ID:udMylOtN0
そういえばオオム真理教とか。

69 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 12:55:42 ID:9lMkPOfr0
>>68
オウム真理教な。

70 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 13:03:53 ID:CtkZivqt0
前に無視されたのだが補足してもう一度
すべての考えを内包した結論と言うのはありえない
何かを重視すれば別の何かを軽視することになる
したがって、犯人の反省と更生を重視する廃止派がいてもいいとは思うが
反省をどう促し、本心からであることをどう判定し、
どのような行為を持って償いとするのか?
具体的に提示されないうちは、無責任な戯言としか思えない。

71 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 14:07:52 ID:Bfh43cJn0
廃止派はどうして都合が悪い部分を見ようとしないのかな


72 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 14:13:50 ID:KA8MakCm0
>>70
内包はありえないとは思うが、総ての考えを吟味し選別した結論はあり得ると思う。

>>65
>「大衆に訴えかける論証やめろ」

ああ、見た見た。
あれは笑った。

クソだよな奴らは。

73 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 14:30:32 ID:KA8MakCm0
>>70
やっぱちょっと違うな。
総てを同じように内包 はありえないと思うが、大小の違いこそあれ、少しずつでも内包させることは可能。
なんじゃないかなぁ。と思います。
その考えに僅かにでも正当性があるなら、完全に切り捨てることはすべきではないと思います。
たとえそれにより、キッチリした結論が導き出せなくともね。
ここだか、無限回廊だかどっちかで前にも言ったけど、
死刑は、刑法の頂点に君臨する象徴でもある。と思っていますから。


74 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 16:00:22 ID:KA8MakCm0
前スレ後半でのある一幕。(コレの以前からレスのやりとりは続いていた)

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/960
>おまえのように好き勝手に人を殺して回りたい快楽殺人者にとって
>多くの人を人を殺したら死刑にされるというのは不利益だろうが

>そんな小数派の異常者とは妥協など出来ない

に対しての
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/966
>存置お得意の殺人者の決め付け。殺人しようなど全く思わないから。
>論理的な反論ない?ないなら黙ってろ

そしてソレに対する返答
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/969
>お前がそう思わなくても、そう思ってる廃止論者がいたんだよ。
>お前がやらなきゃ、他の廃止論者なら構わないのか?

これにはもう廃止派が返答することは出来ないってことで良いのかな?


75 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 16:14:25 ID:KA8MakCm0
前スレID:m5SUxdW70

>まずお前は民主主義について学んだほうがいいよ。
>最終的に多数決で決まるが、その前の議論は民主主義にとってかなり重要。


>だからさ、衆人に訴える論証やめろって


この、「衆人に訴える論証」 として彼が指し示したレスがコレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/956
>日本で廃止派が少数派なのは現実。だが、以前は少数派ではあったがそこまで少なくは無かった。

>逆に言えば、現在。廃止派が1割程にまで減少したこの結果にこそ民主主義の流れが反映されている。とも云える。

逆に聞くが、これは廃止派にとっては事実とは言えないのか?
上段は紛れもない事実。
下段は、「そうとも云える。」 と私は言っているに過ぎない。 『これはまさにそういうことなのである!』 と言った訳じゃない。だがしかし。
仮に廃止派が言った、「体感治安」 の問題だったとしても、それも同様に、「民主主義の流れが反映」 されたことになるんじゃないのかな?

何か言えることある?



76 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 16:25:54 ID:KA8MakCm0
蛇足だけど。

「情けない」

という言葉を私はたまに使います。

これ、俗には、「みっともない」 「たよりない」 「みすぼらしい」 「はずかしい」 

等の意味でも良く使われていますよね。


でも、正しくは、「情けが無い。」 つまり、『人情が無い』 ということ。

他人様に対する優しさや気遣いが無い。(足りない) という意味なのです。

それの究極の意味は、『冷酷な人間』 だということです。


77 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 16:32:27 ID:7ynxaS2T0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

78 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 19:22:31 ID:nVUxaQle0
>>77
コレ定期的に貼られるね。この7ynxaS2T0って奴が毎回貼ってるの?
馬鹿の一つ覚えみたいにアホじゃない?

79 :死刑は已む無し ◆QD4wf6gWTo :2010/11/30(火) 19:25:47 ID:FTK+zvJf0
死刑問題を的確に理解する為に、私は以下のような画期的な思考実験を思いつきました。

10人の凶悪犯人が捕まってきました。9人までは殺人や強盗、強姦を繰り返しています。
今の日本の制度のもとでは死刑は確実です。でも、1人だけ無実の人がまぎれこんでしまいました。
だれがその1人かわかりません。さて、この10人を目の前にして、
あなたが裁判官ならどういう判決を下しますか? という事例です。

 全員死刑にするか、全員無罪釈放にするか、究極の選択だと迫られたときどうするか?
全員死刑にすれば9人の凶悪犯人が社会からいなくなります。
でも、1人の無実の人が犠牲になります。社会のために1人の個人が犠牲になることは許さない。
それが、憲法にある個人の尊重の価値観ですから、
この場合、全員を無罪釈放にしなければなりません。

 言い換えれば、9人の凶悪犯人が社会に戻ってきてしまうかもしれないが、
そのリスクを社会全体で負担し合って、1人の命を守ろうとするのが憲法のいう
「個人の尊重」です。また、このことを「無罪の推定」「疑わしきは罰せず」といいます。

 社会の治安を維持するためには、「疑わしきは罰する」という選択も
あるのかもしれません。この問題は、どちらがより人々が幸せに生きられるかという
選択の問題だと思います。「疑わしきは罰する」という社会と「疑わしきは罰しない」という社会、
さあどちらがいいか?という価値の選択です。

 私たちの憲法は「疑わしきは罰しない」という選択をしました。
間違っても、無実の人が処罰されたり、死刑になったりすることがない社会を私たちは選択しました。
そのほうが、より自由が保障され、望ましい社会になると考えたのです。

 裁判は人間が行うので、誤判の危険が最後までつきまといます。
冤罪は戦後の有名な4つの事件だけではありません。
最近も冤罪ではないかといわれている事件がいくつもあります。
人間の判断に過ちの危険性がある限り、制度として死刑を認めることは、
個人の尊重、個人の尊厳という憲法の根本の価値に反すると私は考えています。

80 :死刑は已む無し ◆ApuejI8i26 :2010/11/30(火) 19:28:47 ID:FTK+zvJf0
 「死刑囚に人権があるか?」――何度も申し上げたとおり、
人間として存在する限りはかけがえのない命という価値を持っており、
もちろん人権はあります。死刑は命という最大の人権を、
刑罰の名の下に――いわゆる公共の福祉の名の下に――合法的に奪おうとします。
ですから、死刑は国家による殺人であり、最大の人権侵害です。

 死刑はある政策的な目的のために死刑囚の命という人権を制限することになります。
ですから、死刑に犯罪の抑止、予防という目的があるとしても、同じ目的を達成できる、
もっと人権侵害の度合いの少ない方法がないだろうかと必死に考えて模索することが、
憲法の人権論からいえば当然に必要となります。

 本当に他の手段では、その目的が達成できないのだろうかと
必死になって考えているのでしょうか。代替手段では死刑存置の目的になっているものを
本当に達成できないのでしょうか? そこをもっともっと議論し、
もっと詰めていかなければいけないと思います。
安易に死刑という手段に訴えることは間違っていると思います。

81 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 19:34:00 ID:KA8MakCm0
>>79

10人の中に一人だけ無罪の人が・・・・・・「紛れ込む」 だと?

幼稚にも程があるぞ。
誰が誰だか分からないと云う事は、それぞれの身元がハッキリしていないということだ。
そうだとするならば、一人の無罪の人間が分からないというよりも、それ以前に、

残りの9人が本当に凶悪事件を繰り返し起こしているのかどうかも分からないってことだ。

そんなの有罪無罪がどうのこうのという以前に、起訴することすらできないだろ。お話にならない。


82 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 19:40:18 ID:KA8MakCm0
>>80
死刑囚にも人権はあるよ。
更生してもらえるように教育を施すし、その間の待遇も、奴隷のような扱いではない。
そして人間として責任を持って死んでいって頂く。葬式もして火葬もおこない、埋葬する。
凶悪殺人犯のやるように、コンクリ漬けにして海に沈めたり、ノコギリで生きたまま首を切断したり、
体をバラバラに切り刻んでフライパンで炒ったりしない。
ガムテープを顔面に巻きつけてハンマーでボコボコに殴り殺したりもしない。

実に優しい制度だよ。

83 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 19:46:54 ID:Bfh43cJn0
>>79>>80はIDが同じw
意味不明な事いって混乱させたいだけじゃん
特に>>79はコピペにしても酷い。検討する対象にすらならない
多分哲学っぽいなんかの文章を改変して貼ったんだろうねー
もしかしたらパズル的なものかもしれない
9枚の金貨と1枚の偽金貨を天秤3回使って・・とかいうのにちょっと似てる

84 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 19:48:27 ID:Bfh43cJn0
コピってるから被害者の人権とかそういうのがヌケてるんじゃないかとも思う
せめて自分の意見を書き込みませんかね

85 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 19:48:39 ID:nVUxaQle0
>>79
>>80
法律勉強はじめたばかりの法学部生か何かですか?
画期的な方法って……それオーソドックスな憲法の講義の本にも、資格試験予備校の
教材本にも書いてある典型的な誘導型事例だよね。死刑は憲法が許容してますよね。
まだそこまで学説勉強してませんか?

86 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 19:53:04 ID:nVUxaQle0
>>80
伊藤真の本やら何やら読んだんでしょうな。LRAの原則とかを死刑に無理やり
当てはめてるあたりが、いかにも初学者で痛すぎるよ。論文でそれ書いたら
間違いなく赤点ですよ。

87 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 19:53:33 ID:KA8MakCm0
犯行後であっても、被害者が生きていて意識があれば、直接許しを請うことは可能だ。
だから故意による殺人以外の刑では応報までは求められていない。これは、ある意味、「大目に見る」 という意味も含むと考えている。
だが何故凶悪殺人にだけ、応報理念が強く働いているかといえば、そういった部分だ。
被害者が既に亡くなっている事例で議論されている死刑存廃において廃止論者は、『当事者の感情的回復が最優先』
などと、顔出しで動画配信をしてしまうほどの馬鹿さ加減。
それが不可能であるからこその応報理念だというのに。

こんなのは当たり前のことだ。廃止論者は、
上の画期的(?)な思考実験の例でも分かるように、実に稚拙な論理しか持ち合わせては居ないのではないか?
と、疑わざるを得ない。


88 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 20:13:46 ID:s/QNrI050
やはりトリップ使い分けてる荒らしだったか

89 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 20:21:02 ID:KA8MakCm0
>>88
トリップを 「使い分けてる奴」 なんて一人も居ないぞ?
何かに気付いたような口ぶりだが。

90 :死刑は已む無し ◆EbDmg/HcnQ :2010/11/30(火) 20:31:02 ID:FTK+zvJf0
 死刑問題を「9条改憲」との関係でお話しします。

 今の自衛隊は国を守るための組織です。しかし、軍隊となったら人殺しの組織になります。
軍隊の目的は人を殺すことです。そういう職業集団ができあがることになります。
「自衛隊」と「自衛軍」ではまったく性質が違うと私は考えています。

 軍隊は国を守るため、人道のため、国際貢献のために民間人を含めて人を殺します。
国防や国際貢献や人道という一定の目的のために殺人を正当化できるのであれば、
死刑という殺人も正当化してもいいのではないかという考えが波及していくことを恐れます。
私は人の命をある政策や目的の手段、政治の手段として使うこと自体に反対なのです。
人道のための戦争、人権のための戦争、自由のための戦争などないと私は考えています。

 この問題についてもいろいろ議論の余地があると思います。
しかし、わが国が軍隊をもって、アメリカと一緒になって人道のための戦争であるといって
虐殺に荷担するようになってしまったら、一定の政策目的のための人殺しを許すことになり、
死刑廃止という運動に大きな影響を与えてしまうのではないかと大変危惧しています。
人間の尊厳に反することは認めるべきではありません。

 EU(欧州連合)では死刑が廃止されていると聞いています。
でも、コソボの空爆など、人道のための戦争を始めてしまいました。
「それはおかしいではないか。あなたたちの国は死刑を廃止しているでしょう?
死刑を廃止しているなら人道目的の戦争、空爆などやめるべきです」という主張を、
9条を持っている日本は、EU諸国やアメリカに対してすべきだと思います。

 9条を変えて自衛隊を自衛軍にしようとする流れは、死刑をなくしていこう、
人の命というかけがえのないものを政治や一定の目的のための道具にすることはやめよう、
ということに対して少なからぬ影響を及ぼすのではないかと私は危惧します。

91 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 20:46:06 ID:nVUxaQle0
>>90
こいつ社民系か共産系の学生なんじゃない?民青同盟とか……
発想がもうそっち系でしょ。本当は死刑制度なんかどうでもよくて、
政治思想談議がしたいんでしょ。他所でやれよ。

92 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/11/30(火) 20:57:46 ID:KA8MakCm0
>>90
君は、防衛戦争と侵略戦争の違いを理解してから軍隊と自衛隊について語ってくれ。な。

93 :死刑は已む無し ◆h/o90tD5Zk :2010/11/30(火) 21:34:41 ID:FTK+zvJf0
 死刑を廃止するとなると、事実上の終身刑という代替措置への理解も当然必要です。
終身刑ということになると、凶悪犯罪を犯した人を最後まで国が面倒をみなければなりません。
税金で三食の面倒をみて、おなかが痛いといったら医師の治療を受けさせ、
また歯が痛いといったら歯医者さんに連れて行って治療を受けさせなければなりません。
従来ならば死刑になったような人を終身刑にした場合、
その一人の方に何億円税金を投入することになるのか。ここのところは是非、
国民の理解を得なければなりません。大変なことだと思いますが、
人権というものはそういうものなのです。

 たとえば麻原彰晃氏の裁判もそうです。国の費用で弁護士がついています。
何億も使っているでしょう。しかし、正義や人権など、経済的な効率性や
お金では計れない価値があります。そういった経済的効率性では計れない価値を
認めることができる国が文明国家だと思います。福祉なども経済的な効率性では
なかなか計れない世界でしょう。でも、そういうものに価値を見いだし、
国民の皆さんが税金を出しましょうとお互いが認め合える社会が文明国家だと思います。

 このようなことを国民の皆さんに知っていただき、理解してもらわなければなりません。
時間がかかることかもしれませんが、これは、人類が進歩していく過程であると
多くの皆さんと議論しながら、伝えていくことが必要なのではないかと私は思います。

 一般市民である裁判員に、自分が死刑に荷担し、自分が人の命を奪う決断を
することがはたしてできるのだろうか? という問題があります。 一人ひとりの裁判員に
過大な負担を強い、先ほど申し上げたように、
ある意味で人権侵害を強制することになりはしないかという問題です。

 もう一つは、いっときのマスコミ報道や世論に押されて、
安易に厳罰主義、死刑の方向に流れてしまわないだろうかという問題です。
市民の皆さんが裁判に関わることになった場合、この双方の側面の問題が考えられます。
やはり、一人ひとりの裁判員の皆さんが、法とは何か、憲法とは何か、
無罪の推定とはどういうことなのか、などをきちんと学ぶ機会がなければ、
裁判員としての職責を果たすことは難しいのではないかと思います。

94 :死刑は已む無し ◆OMNYlqmTfg :2010/11/30(火) 21:35:51 ID:FTK+zvJf0
 「真理は少数意見にあり」ということについて簡単に触れてみたいと思います。

 民主主義とは国民の多数意見に従って仕事をしていくことです。
でも、そのときどきの多数意見が間違ってしまう危険性があります。ですから、
あらかじめ頭が冷静なときに多数意見に従って誤った判断をしないよう
歯止めをかけていく道具が憲法に他なりません。

 例えば、「凶悪犯罪が増えているではないか」という、
そのときどきの多数意見やムードに流されてしまって、
厳罰化の流れに行きそうだというときに、「ちょっと待てよ。もっと冷静に考えてみよう」と、
その多数意見に歯止めをかけるのが憲法の役割です。言い換えれば、
多数決でもやってはいけないこと、多数決でも奪ってはいけない価値
――すなわち人権――を列挙したものが憲法に他なりません。
そのときどきの国民世論の大多数がこうだからといって、
これに従えばいいというわけではないのです。

 少数者を守ることが人権保障であり、また憲法の存在意義そのものです。
ですから国民の大多数が死刑を存置すべきであるという意見だったとしても、
「人権」という観点から、たとえそれが少数意見で、多数意見に反する場合であっても、
これは正しいと主張していくことこそが立憲民主主義の国の政治家の皆さんのお仕事だと思います。

 ときに、真理は少数意見にあるということです。
イギリス、フランスが死刑を廃止したときにも、国民世論の大多数は死刑存置に賛成だったそうです。
そのような状況の中で、政治家の皆さんが勇気を持って決断をされました。
日本でもまさに、そういう決断がなされることを心から願ってやみません。
ぜひ、人類の理想のために、がんばっていただければと思います。

95 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 22:24:44 ID:gzQdC/Hb0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

96 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/30(火) 23:11:05 ID:dVC3YKn/O
>>91
そんな思想談義がしたいとか、まっとうな目的があって書き込んでる奴じゃない。
他人のハンネを使って、トリップも書き込み毎に変える。完全にNGに設定される事を前提とした、NGに設定されない為の立ち回り。
普通に荒らしなんだろうが、廃止論者がコイツをここまでスルーしてるのが不気味過ぎる。

97 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/01(水) 03:14:56 ID:1jafm3tO0
>>96
だって奴は廃止論者だから。
言っていることは色々だけど、どれも、「普通の」 廃止論じゃん。廃止論なんてこんなもん。




今のところはね




98 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 08:34:01 ID:3JdE2jBe0
廃止派らしいと言うか別に特別な事じゃない

99 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 09:42:14 ID:CoEkUY9m0
>>85
法学部レベルでこんなわけのわからん思考実験とやらがでてくるんですか?
ありえんすぎる


100 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 09:42:59 ID:ehTQBGh60
72>>
私が聞きたいポイントは、すべての意見を内包した結論が
ありえるかどうかではなく
「犯人の反省と更生をどのように達成するか?」
と言うことなんですが
「その辺の意見がちゃんとあれば、廃止論にも一定の理解をするつもりがある」
と読み取ってもらえませんでしたか?


101 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 09:45:09 ID:CoEkUY9m0
> 無罪の推定とはどういうことなのか、などをきちんと学ぶ機会がなければ、
> 裁判員としての職責を果たすことは難しいのではないかと思います。

これは検察に行ってほしい話

102 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 09:48:32 ID:CoEkUY9m0
> 死刑を廃止するとなると、事実上の終身刑という代替措置への理解も当然必要です。
これ、廃止派の総合的な意見と考えていいの?
このひと以外の廃止派の人、フォローしたほうがいいんじゃないかな・・

> 終身刑ということになると、凶悪犯罪を犯した人を最後まで国が面倒をみなければなりません。
懲役刑でも禁固でも国が面倒みてるんですけど。



103 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 09:49:53 ID:CoEkUY9m0
>>100
アンカーミスフォロー書きこみ
>>72

104 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 09:58:43 ID:ehTQBGh60
>>100
アンカーのつけ方を間違えました、あと返事を下さった方は
廃止派と言うわけではないんですね、重ねてお詫びします。
それにしても又無視されてしまったのだろうか。

105 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 11:12:36 ID:mr10JaeH0
>>104
廃止派からの返事を期待してるのなら無駄だよw

106 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/01(水) 13:59:42 ID:1jafm3tO0
>>104
君は>>70の人ですか?
私のことを廃止派だと思ったかどうかはどうでも良いことだと思いますよ。
そして私の返事ですが。
私は死刑制度存置状態でこそ、犯人の反省と更生は達成される可能性がある。と考えています。
それは、相手を我欲において故意に殺害した罪の重さは、自分が、『殺害される』 ことを意識せずには理解できないと思うからです。
仮に、廃止状態でそれを達成しようと思ったら、出家したお坊さんの修行レベルで一生かけるくらいでないと難しいと思います。
つまり、『お坊さん以上の苦行』 ということです。

そして、君は少し前にも返事が無いことに不満を漏らしていた方でしょうかね?
アナタが>>70であるかどうかも第三者からは分かり難いですし、どうしても個人としての対談がしたいと思うなら
コテハン名乗ってトリ付けると良いのでは?

前にも言いましたが、廃止派は、自分にとって都合が悪い意見に対して(まともな)レスを返してくることは稀です。
それを踏まえて書き込みをすると良いでしょう。
あと、返事の要求を急ぎすぎてませんか?
誰もが24時間常駐しているわけではないのですから、せめて1日くらいは待ってみても良いのでは?
書き込めないときは1日2日間隔があく時もありますし。


107 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/01(水) 14:28:04 ID:1jafm3tO0
>>104
>>106
上の補足です。
一生修行して償う。ということによっての反省と更生の可能性ですが、これは飽く迄も可能性であって、
死刑存置状態よりは確実に低いのだと思われます。
何故なら、お坊さんの出家や修行というのは、本人の意志によって前向きに行われるものであるのに対し、
凶悪犯にとっては、『やらされるもの』 であるからです。
心身を磨く為に行う。ものではなく、死刑を免れる為、生き抜く為に、『我慢する』 ものになってしまいかねないのです。
これでは、何年続けたとしても反省や更生には結びつかないでしょうね。

これと、予算の面も解決できないと、この終身刑も意味は無いでしょうね。

まぁ、今の懲役刑の待遇のまま終身刑とかアホかと。娯楽一切無くせと。外科手術や抗生物質が必要な病気にかかったらそれで寿命。
それ位の待遇じゃないと話にならない。反省や更生など全く見込めない。お前が我欲で殺害した被害者のことを忘れるなと。

という感情論も、我欲にて故意に、何もしてない人を殺した罪に対しては必要だと思っていますよ。
「特定の誰かの感情」 ではなく、国民の総意としての感情で無ければいけないと思いますけどね。



108 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 15:16:31 ID:CoEkUY9m0
>>107
強制労働アリの終身刑で生かされる費用は自己負担というプランを考えた
共産っぽくなってしまった


109 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/01(水) 15:36:49 ID:1jafm3tO0
>>108
それは、感情論や応報としては理にかなっているが、反省や更生とは逆方向に向かうでしょうね。
まさに、『生き抜いて、いつかここを抜け出して復讐してやる』 という憎念を育むものになりかねない。
それをするくらいなら、やはり、自身の死を避けられないものとして受け入れさせた上で行わないと、
反省や更生に結びつく可能性は低いのではないかなぁ。と思います。
やはり、死刑は存置すべきなのだろうと思っています。

どんなに利己的で冷酷な目的により、どんなに残虐に、甚大な被害をもたらそうとも死刑が適用されないということを
社会的に保障するということに、何か意義があるのでしょうかね。

死刑の可能性がある社会において、ある殺人者を「許す」ことにこそ慈悲があるのではないでしょうかね。


まぁ、死刑制度が睨みをきかせている真の対象は、現在、死刑が適用されている凶悪犯達のその先に存在すると思っていますけどね。



110 :死刑は已む無し ◆OWgMu2ajBI :2010/12/01(水) 19:09:17 ID:90T7Q2iO0
昨日も申し上げましたことで、大変恐縮ですが、
死刑賛成派の方々にも今一度、理性的、理論的な反論を
いただき、よりいっそう死刑に関して真剣に議論を深めていただく為に、
私の考えをもう一度、述べさせていただきます。

死刑問題を的確に理解する為に、私は以下のような画期的な思考実験を思いつきました。

10人の凶悪犯人が捕まってきました。9人までは殺人や強盗、強姦を繰り返しています。
今の日本の制度のもとでは死刑は確実です。でも、1人だけ無実の人がまぎれこんでしまいました。
だれがその1人かわかりません。さて、この10人を目の前にして、
あなたが裁判官ならどういう判決を下しますか? という事例です。

 全員死刑にするか、全員無罪釈放にするか、究極の選択だと迫られたときどうするか?
全員死刑にすれば9人の凶悪犯人が社会からいなくなります。
でも、1人の無実の人が犠牲になります。社会のために1人の個人が犠牲になることは許さない。
それが、憲法にある個人の尊重の価値観ですから、
この場合、全員を無罪釈放にしなければなりません。

 言い換えれば、9人の凶悪犯人が社会に戻ってきてしまうかもしれないが、
そのリスクを社会全体で負担し合って、1人の命を守ろうとするのが憲法のいう
「個人の尊重」です。また、このことを「無罪の推定」「疑わしきは罰せず」といいます。

 社会の治安を維持するためには、「疑わしきは罰する」という選択も
あるのかもしれません。この問題は、どちらがより人々が幸せに生きられるかという
選択の問題だと思います。「疑わしきは罰する」という社会と「疑わしきは罰しない」という社会、
さあどちらがいいか?という価値の選択です。

 私たちの憲法は「疑わしきは罰しない」という選択をしました。
間違っても、無実の人が処罰されたり、死刑になったりすることがない社会を私たちは選択しました。
そのほうが、より自由が保障され、望ましい社会になると考えたのです。

 裁判は人間が行うので、誤判の危険が最後までつきまといます。
冤罪は戦後の有名な4つの事件だけではありません。
最近も冤罪ではないかといわれている事件がいくつもあります。
人間の判断に過ちの危険性がある限り、制度として死刑を認めることは、
個人の尊重、個人の尊厳という憲法の根本の価値に反すると私は考えています。

111 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 19:18:04 ID:lnGZaiFJ0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

112 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 19:29:14 ID:5CYXqjsV0
>>110
読まずにあぼんするから頑張らなくていいよ。

113 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 19:35:20 ID:QnG3QsesO
普段は聞こえの良い言葉を並べ立ててる癖に、身内のこんな反社会的な行動を放置して止められないってんだから、廃止論者はつくづく凄いと思う。

114 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 19:36:28 ID:4NSsomqr0
死刑制廃止派ってのは精神異常者のカルト集団と変わらんから
死刑制を支持する側を潰す為なら殺人すらやりかねない勢いで攻撃してくる
さすが仲間をリンチ殺人した極左暴力集団のなれの果てだけはある
意見が異なれば人間扱いしなくて良いんだとさ

115 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 19:38:52 ID:4NSsomqr0
裁判員裁判で死刑判決の池田被告弁護団が控訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101130-00000022-kana-l14

弁護士って一体何様なんだろうね
被告は死刑で良いと言ってるのに、自分の主張で死刑を回避しようとする
遺族の感情なんかお構いなしでな

弁護士法に
・弁護士資格は精神異常者、犯罪者にシンパシーを抱くサイコパス、前科者にしか与えない
とでも書き加えたらどうだ?

116 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 19:47:39 ID:4NSsomqr0
>128 :名無しさん@十一周年:2010/12/01(水) 10:52:55 ID:If0nevI20
>池田被告は被害者の遺族を気にかけ、自ら控訴を希望することはなかったが、青木弁護士は「私たちの責務として控訴を申し立てた。池田被告にも控訴すると伝えた」と話した。
>遺族感情について、青木弁護士は「遺族の絶望も承知しているが、彼が死ぬことが償いに結びつくとは思わない。少しでも遺族を癒やせるよう被告には反省してもらいたい」と語った。

>せっかく死刑を覚悟してるのに、池田くん、生殺しだな。
>職務やら何やら弁護士のエゴで、もう一度死刑判決聞かされるんだもんな。

あっちのスレでも書いたんだが、この弁護人の言ってる事って明らかにおかしいよ
彼が死ぬことが償いに結びつくとは思わない→こんなもの被害者遺族でもない第三者の弁護士が言う事じゃねえだろ?
そんな事を言う資格も権利もない立場なんだと自覚すらできないとかどうかしてる
遺族を癒せる方法は犯人がとっとと処刑してこの世から消え失せる事だ
それ以外に被告が遺族を癒す方法なんかねえよ

死刑制廃止派は日本から出てけ!

117 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/01(水) 20:15:44 ID:1jafm3tO0
>>115
>>116
自分のエゴを通そうとすることが弁護の域を超えているのは確か。
そんな奴のバッジは取り上げるべき。

118 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/01(水) 20:17:33 ID:lnGZaiFJ0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

119 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/01(水) 21:22:21 ID:1jafm3tO0
>>110
> 10人の凶悪犯人が捕まってきました。9人までは殺人や強盗、強姦を繰り返しています。
>今の日本の制度のもとでは死刑は確実です。でも、1人だけ無実の人がまぎれこんでしまいました。
>だれがその1人かわかりません。さて、この10人を目の前にして、
>あなたが裁判官ならどういう判決を下しますか? という事例です。

裁判官の前にその10人が連れてこられたということは、既に逮捕、起訴されているということです。
ですが、それは9人なのであって、そこに無実の人が紛れ込むことはありえません。
何故なら、9人の身元は判明しているからです。
ですから、無関係にもかかわらず紛れてきてしまった、どこの誰かも分からないその人だけお引取り願えば問題は解決します。

仮に、実際に罪を犯した凶悪犯たちの身元までもが分からなくなってしまったというのなら大問題でしょうね。
そんなことが発生しうる世の中っていうのは、もう想像するのも恐ろしいくらい混沌とした状況でしょうね。
まさに無法地帯といえるでしょう。
そんな状況で無いと起こりえないような思考実験を提示してくるということは、
貴方はそんな世の中を望んでいるのでしょうかね?


と、疑問を抱かずにはいられないのです。




120 :容認派:2010/12/01(水) 21:53:36 ID:3aee0TcG0
何だか最近、ループサイクルが短くなって、くだらないコピペと
なりすまし、バカの一つ覚えばかりが目につく。
あ、もちろん廃止派のカキコね。

これじゃ、Part1000だろうが、Part10000だろうが何にも進展
しないだろうな。まったくの暇つぶしだなこりゃ。


121 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/01(水) 22:06:34 ID:1jafm3tO0
草むしり作業は一段落付いたようですね。くだらない詭弁に対しては維持のみで済むでしょう。
ただ、制度の上に胡坐をかいているようではいけないと思いますけどね。

まぁ強い欲望により沸いてくる、凶悪殺人擁護者達のその勢いはコンクリートを突き抜けて生えてくる雑草をも上回ると思いますから。
いつでも彼らは隙を伺っているようですしね。雑草のように、定期的に生えてくるなら対処も楽なのでしょうが。


これで寝ます^^

っていう書き込みの後に沸いてくる廃止派の書き込みの多いこと多いことw



122 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/02(木) 01:19:45 ID:P6oahxW80
自分から、「コテハン名乗れ」 と注文つけてきた廃止派が名無しで嘘や詭弁を駆使する中、
同じく名無しでそれを暴いてくれていた存置派の方々の頑張りは大きかったと思いますね。

最近は、私の方からコテハンの意義を語ることが多くなっているようですが、
私はもともと、廃止派の要求でコテハンとトリを付けただけなんですけどね。可笑しな状況ですね。
その私に向かって、
『コテハン付けたぞ。これで満足か?(キリッ』

などと恥ずかしげも無く言い放った、自称、「俺は他の廃止論者とは違う」 廃止派の方もいらっしゃいましたね。


123 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 02:09:20 ID:VNMwX6P00
まぁね、
「この存置派の人、こんなこと言ってるけど、他の存置派がなぜ突っ込みをいれないんだぁ」
なんて言いつつ、目の前で偽コテハンつけて暴れてる廃止派には何も言わないなんてこともあったね。

あっ、こんなこと廃止派には全然普通の行為、日常的にやってることなんで、問題にもならないってことだったのかな?



124 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 03:46:59 ID:2MlLAx890
参考になるかもしれないこらむ
http://news.livedoor.com/article/detail/5173819/
---
それにしても*検察はほんとに安易に死刑求刑*をするようになりました。
以前にどこかで書きましたが、
*殺人の法定刑は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役と幅が広く*、
昔は死刑求刑はよほどの時にしかされなかったように記憶しています。←根拠なしソースなし
しかし今では殺人事件は死刑求刑がスタンダードではないかと思えるほどいとも簡単に死刑が求刑され、
それに応えるかのように次々死刑判決が量産されています。
---
*はこっちでつけました
検察に対して廃止論者はどうおもってるんだろう?
あと法律は時代に合わせて変わっていかないとダメな気がするけど
違憲で戦うと検察司法にフルボッコされるこの現実


125 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 03:50:47 ID:2MlLAx890
>>115
そのほうが世間体がいいし、自分の評価が上がると思っているから。
だから有名じゃない事件に(きっと)その弁護士はつかないだろう。
よくもわるくもTVに出るってのはオトクだね
エビゾーごときでDNA鑑定さくっとやっちゃう系
えんざいでDNA鑑定拒否られまくってた人いたよね
しょせんああいう事件に出てくる弁護士軍団はそーゆーもんだと
おもわざるをえない

126 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/02(木) 04:28:38 ID:P6oahxW80
>>124
ここで騒いでる廃止論者の言い分となんら変わらないな。
裁判員制度が導入されて、これで廃止を望む人間が増えるだろうと馬鹿騒ぎしてた思慮の浅い廃止派が
ここにきて大変だ大変だと騒ぎ出してる。何を今更言ってるんだと。

まさに廃止派の見通しの甘さが露呈されている。



>殺人の法定刑は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役と幅が広く

「だから何だ?」 という感じですね。
廃止論者ってのは2ちゃんであろうが何処であろうが、死刑存廃とは直接関係無い部分まで引っ張り出してきて騒ぎ立てる。
存置派は、だれかれ構わず死刑にしたくて仕方が無いのだ。などと、耳を疑うような発言をする。

そして、本当にだれかれ構わず殺人した人間。むしろ、誰でも良い訳では無い、自分個人にとって邪魔だからこそ殺人した人間。を擁護する。
殺された人間は運が悪かったのだ。それが寿命だったのだ。などというトンでもない発言をする。それが廃止論者。

たとえ直接人殺しをしなかったとしても、その人間性は凶悪殺人者と相違ないのではないかとさえ思える。


127 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 05:47:09 ID:ukc7gAkZ0
めっきり廃止派減ったねえ。たまにコテハン泥棒が誰も読まない長文コピペして
くるだけで、静かなものだ。意気揚々と乗り込んできては、存置派の反論に何一つ
まともに再反論できずに、癇癪起こして逃亡する奴の多いこと。
「廃止派の主張に、大勢の多数派がよってたかって…」みたいな議論放棄の情けない泣き言とか
「存置派がなりすまししてる」みたいな幻覚症状起こす奴までいて、ほんとうにこいつら予備軍
なんじゃないかと疑われるような奴ばっかりだな。
「凶悪犯を死刑によって解放してしまっていいのか!?」とかいう、「死は魂の自由への開放、生きることこそ苦行」
みたいな「死刑=開放への扉」理論には呆れた。ポアの論理が垣間見えるトンデモ宗教理論、現実の法制度批判の土台に
してしまってるから、理解不能というか寒気すらする。

「万人にわかる廃止論」の主張と、質問に真摯に答える姿勢をもつ廃止派の方々を待ってるよ。
一行レス連発のアホとかコテハン泥棒は、誰からもまともに相手にされないし、廃止派の地位を一方的に下げることに
なるから、レスは控えようね!

128 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 05:48:04 ID:Oep1PKMc0
異様に廃止論に粘着する理由

1)実は自分が猟奇的な性癖があり、保身あるいは自己弁護によるもの
2)潔癖性の強迫観念
3)盲信の教団員

共通してるのは、自己快楽



129 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 08:39:04 ID:ip70450M0
廃止派はあんな、なぞなぞ貼って恥ずかしくないの?

130 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 09:53:36 ID:QIhNwDwk0
>>127
>めっきり廃止派減ったねえ。

そりゃまぁ、これだけ論破されたり、自分の殺人への内的欲求を晒されたりすりゃ、消えもする。
そもそも、死刑を廃止したい理由の本心を隠したままだから、話に矛盾が出来たり、
追い詰められたり浮かれたりすると、ウッカリ本心書いちゃったりするから、話にならない。


131 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 10:20:54 ID:YsU8EotB0
>>81
ヒント>>38

132 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 11:42:52 ID:YsU8EotB0
>>39
死刑とは、死刑囚の生を否定すると同時に、人の生そのものを否定している。

いつか必ず死ぬということと、死ぬまでは生き続けるということは表裏一体である。

それを腹の底から理解すれば、人は人生を肯定せざるを得ない。

政治の根底には、そのような生きる覚悟が必要なのだ。

133 :日本が痛感する世界の壁:2010/12/02(木) 13:00:39 ID:CSYksbeK0
国別 犯罪人引渡し条約締結国数

イギリス 115カ国  ← 死刑完全廃止国 
ドイツ   96カ国  ← 死刑完全廃止国 
フランス  96カ国  ← 死刑完全廃止国
アメリカ  68カ国  ← 州によって異なるが、終身刑を適用
韓国    24カ国  ← 死刑実質廃止国
ブラジル  22カ国  ← 戦争犯罪のみ死刑存置国
日本     2カ国  ← 死刑完全存置国  


世界から追い詰められる日本、ますます世界から孤立する日本

1相互主義が国際的な慣習である。刑罰の不均衡(死刑は影響大))で条約は締結されない。
2条約優先主義が国際的な慣習である。(日本でも自国民の引渡しを禁止する
 法律があるが、条約が優先され、締結したら日本は引渡しをおこなうことになる。外国も同じ)
3死刑になりそうなものを存置国へ身柄を引き渡さない国連の意向がある。
(国際的に承認されているということ、また犯罪者を匿う非難を浴びることはまずない)
4EUとの刑事協力協定に署名を行ったが、死刑に関係する事件は、拒否できる権利が
 条項に盛り込まれた。これでEUは死刑になる理由を盾に、協力しなくていいことになった。
5闇サイト殺人などで、被害者1人でも死刑が適用されることになり、
 外国に逃げられたらますます死刑にならないという日本側の立証が困難となった。裁判員裁判で
 市民の感情論で処刑が可能となったのでなお更。
6日本は年間30万の外国移民を受け入れなければ、現在の労働人口を維持することができない。

134 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 14:01:33 ID:YsU8EotB0
>>65
禁固刑や懲役刑を廃止するより、死刑廃止の方がずっと容易い。

「イルカはかわいいから捕って食べちゃ駄目!!」は一概に否定できない。

犬とか猫とかもかわいいから捕って食べちゃ駄目な気もするし‥

そういう感性は大事にしてもいいと思う。

イルカセラピーもあるしね。

135 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 15:45:32 ID:8M5CcHbm0
>>134
禁固刑や懲役刑を廃止するより、死刑廃止の方がずっと容易い。ってことは、仮に容易であるならば、禁固刑や懲役刑も廃止にするつもりって事か?
でなきゃ、禁固刑や懲役刑より廃止にすることが容易くても、容易い事が死刑だけを廃止にする理由になる訳がないし。

136 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 15:55:51 ID:M3V9cPZY0
>>131
お前さぁ……その前に、他人のハンネ名乗って迷惑かけてる>>79に、同じ廃止論者としてなんとか言えよ。

137 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 16:29:09 ID:ukc7gAkZ0
>>132
お前一体何言ってんの…?
お前のその駄文と死刑廃止がどう繋がってるか、全く理解できないんだが。
「なんかかっこいいでしょ、俺の言葉」みたいなのはやめてくれ。
中身がないくせにカッコだけはつけたがる厨二病は、こういう曖昧な言葉をダラダラ並べて
出来の悪いライトノベルのキャラの台詞みたいな「それっぽい」こと書きたがるんだよね。
くだらないからやめようね。とても幼稚です。

138 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 17:16:25 ID:G9uZZ9q50
>>133
つまり死刑廃止国の人達は野蛮で犯罪を犯し逃げる可能性が高いから
死刑廃止国と犯罪人引渡し条約を結ぶべきだと言いたいのですねw

139 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 17:20:36 ID:G9uZZ9q50
>>130
冬休みが近くなれば
小学生や中学生を騙そうと又湧いてくるよw

140 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 17:57:34 ID:2MlLAx890
>>134
な、なんだってええええええええええええええええええ???
何を言っているのか本当にわからないんだけど
今かなりびっくりしている
(゚Д゚)
>>132はそれっぽいから理解に努めようかなと思ってたんだけど
>>134でぽかーんです
本当に同一人物なんでしょうか


141 :死刑は已む無し ◆pUJyT6t/aU :2010/12/02(木) 18:13:57 ID:0MaxRfof0
さて、>>110の件についてですが、レスを読んでみましたところ、死刑賛成派からは、
理性的、理論的な反論は、一切ございませんでした。恐らく>>110の文章の完成度も高く、
理論の穴も無く、反論の余地が無かった為と考えられます。
今後の議論の為にも、賛成派の方々に今一度死刑問題に関して、深く考えていただく為に、
再度私の考えを述べさせていただきます。

死刑問題を的確に理解する為に、私は以下のような画期的な思考実験を思いつきました。

10人の凶悪犯人が捕まってきました。9人までは殺人や強盗、強姦を繰り返しています。
今の日本の制度のもとでは死刑は確実です。でも、1人だけ無実の人がまぎれこんでしまいました。
だれがその1人かわかりません。さて、この10人を目の前にして、
あなたが裁判官ならどういう判決を下しますか? という事例です。

 全員死刑にするか、全員無罪釈放にするか、究極の選択だと迫られたときどうするか?
全員死刑にすれば9人の凶悪犯人が社会からいなくなります。
でも、1人の無実の人が犠牲になります。社会のために1人の個人が犠牲になることは許さない。
それが、憲法にある個人の尊重の価値観ですから、
この場合、全員を無罪釈放にしなければなりません。

 言い換えれば、9人の凶悪犯人が社会に戻ってきてしまうかもしれないが、
そのリスクを社会全体で負担し合って、1人の命を守ろうとするのが憲法のいう
「個人の尊重」です。また、このことを「無罪の推定」「疑わしきは罰せず」といいます。

 社会の治安を維持するためには、「疑わしきは罰する」という選択も
あるのかもしれません。この問題は、どちらがより人々が幸せに生きられるかという
選択の問題だと思います。「疑わしきは罰する」という社会と「疑わしきは罰しない」という社会、
さあどちらがいいか?という価値の選択です。

 私たちの憲法は「疑わしきは罰しない」という選択をしました。
間違っても、無実の人が処罰されたり、死刑になったりすることがない社会を私たちは選択しました。
そのほうが、より自由が保障され、望ましい社会になると考えたのです。

 裁判は人間が行うので、誤判の危険が最後までつきまといます。
冤罪は戦後の有名な4つの事件だけではありません。
最近も冤罪ではないかといわれている事件がいくつもあります。
人間の判断に過ちの危険性がある限り、制度として死刑を認めることは、
個人の尊重、個人の尊厳という憲法の根本の価値に反すると私は考えています。

142 :死刑は已む無し ◆NGcz1c4Lpg :2010/12/02(木) 18:17:00 ID:0MaxRfof0
死刑は已む無し◆yb8y0lNEwU 様、いつも書き込みありがとうございます。お疲れ様です。
死刑は已む無し◆yb8y0lNEwU 様のレスにつきましては、毎日きちんと拝読いたしておりますが、
なにぶん忙しい身でございますゆえ、なかなかお返事が出来ない状態ではございますが、
いつも理論性の高さと、その文体から溢れる知性の高さには、感服いたしております。

私も死刑は已む無し◆yb8y0lNEwU 様のような文体には憧れておりますので、
どうすれば貴殿と同じような文章を書けるのかと考えておりましたが、
まずは形から真似ようと思い立ちまして、同じトリップを名乗れば、
死刑は已む無し◆yb8y0lNEwU 様と同じ文体に見えるのではないか、と思いつきまして、日々
#以下の文字列を、あーでもない、こーでもないと、試行錯誤を繰り返しながら、
どうすれば◆yb8y0lNEwU になるのか、手探りで探している次第でございます。

しかしながら死刑は已む無し◆yb8y0lNEwU 様と同じトリップを探し出すには、
途方も無い労力と、基地害じみた努力が必要で、一生かかっても、私には、
探し出すことが出来そうもありません。

つきましては、#以下をどのような文字列にすれば◆yb8y0lNEwU というトリップになるのか、
教えていただけませんでしょうか?
私も◆yb8y0lNEwU というトリップを使うことが出来れば、これからの議論で、
よりスリリングでエキサイティングなコピペを堪能できると思いますので、
是非とも#以下の文字列について、お教えいただければ幸いです。

143 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 18:51:43 ID:ukc7gAkZ0
>>142
つまらん。

144 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/02(木) 19:07:43 ID:G9uZZ9q50
>>143
変な人に関わらないようにw

145 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 02:37:07 ID:UGNlugzr0
これはひどいw


146 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 09:11:09 ID:meDad2qE0
>>142
まずは真似して死刑を支持するところから始めてみようね。

147 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 09:37:55 ID:scwTCrmW0
>>141
冤罪は死刑が適応されそうな犯罪だけでなくすべてのことにおいて
なくすよう努力すべきことであって、捜査や司法全体の問題である。
冤罪を理由にするならば、すべての刑罰の存在を否定しなければならなくなる。
また、そこまで極論しなくても、冤罪を理由にした廃止論では、
現行犯逮捕の件について説明が出来ない。

148 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 09:53:56 ID:meDad2qE0
廃止派は
100%冤罪じゃないと言い切れる事件は無い、としながらも
100%冤罪であると言う事件は認めている。
卑怯極まりない。

149 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 10:06:41 ID:UHg5Qke50
>>135
>仮に容易であるならば、禁固刑や懲役刑も廃止にするつもりって事か?

仮に容易であり、かつ存置する理由がなければ廃止するだろう。

それ以前に、その仮定に特に意味があるとも思えないが‥


150 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 10:09:52 ID:UHg5Qke50
>>137
理解できないことに反論したがるのは本当に悪い癖だと思う。


151 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 10:11:30 ID:UHg5Qke50
>>140
ぽかーんとしてると置いてかれるよ。

152 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 10:30:03 ID:s1tMANhZ0
>>149
>仮に容易であり、かつ存置する理由がなければ廃止するだろう。

確かにその通りだ。
死刑が存在する理由は、死刑を存置しなければならない理由があり、死刑を撤廃しようと思っても容易ではないからだからな。


153 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:13:20 ID:UHg5Qke50
>>152
廃止が容易でないのは日本人が慎重であるが故。

ならば廃止によるリスクも少ないと考えられる。



154 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:16:00 ID:NAhCEiPV0
>>153
廃止によるリスクって何?

155 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:19:53 ID:UHg5Qke50
>>154
死刑制度復活運動など。

156 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:22:45 ID:NAhCEiPV0
>>155
>死刑制度復活運動など
何故それがリスクになるの?
「など」と曖昧にしてるけど他のリスクとは何?

157 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:27:15 ID:NAhCEiPV0
>>155
「リスク」と言う言葉を使っているけど
どういった意味で使っているのですか?

158 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:38:32 ID:UHg5Qke50
>>156
制度への反発は国家のリスク。

159 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:42:03 ID:NAhCEiPV0
>>158
では現在の廃止派は国家のリスクって事?

160 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:45:49 ID:NAhCEiPV0
>>158
他のリスクを答えるの忘れてるよ
他のリスクも教えてくれる?

161 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:46:58 ID:UHg5Qke50
>>159
反発がリスクであり、国民はリスクではない。

死刑廃止は多少のリスクを背負ってでもやるべきこと。

162 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:50:39 ID:UHg5Qke50
>>160
一から十までは説明しないが、制度改革には様々なリスクが伴う。



163 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:55:42 ID:NAhCEiPV0
>>161
現在の制度に反発する廃止論がリスクって事ですね
解りましたw

164 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:58:00 ID:NAhCEiPV0
>>162
リスクを説明しなければ
それを検証して賛否を議論する事が出来ないと思いますが?

165 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 11:59:14 ID:BIblUn630
>>162
君の言っていることは曖昧で中身がみえない。具体的に言ってくれないとわからん。


166 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 12:02:47 ID:NAhCEiPV0
>>165
飽きてきたから後はお任せしますw

167 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 12:05:33 ID:BIblUn630
いや、独善バカの相手は一人じゃ時間の無駄なんで、俺も辞退しますwww


168 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 12:10:04 ID:ePYstXyV0
>>142
実に面白いwwwwwww

頑張って同じトリを突き止めてください。
まぁ、突き止めたからって別段驚くようなことでもないしな。
同じトリ名乗れたらとりあえず祝福だけはさせてもらうよ。

そしてその次は、同じHN且つ同じトリ且つ同じIDでも狙うかい?
そうやって廃止論者の信用を自ら貶めていってくれ。残念だがこれ以上何を言っても無駄のようだ。

廃止論が、凶悪殺人犯擁護論で無いと言うなら、誠実に地道に啓発活動を続けていけば、
少なくとも50年で廃止派を3〜4割くらいまでには増やせるのではないかと個人的には思っている。

ここで喚いているような馬鹿共が完全に姿を消して一切の気配さえ見せないようにする事が最低条件だけどな。


結論からいうと無理。


前にも言ったことがあるが、ここに居る凶悪殺人者擁護論者なんぞよりも、私のほうがよほどまともな死刑廃止派だ。
今はかんっぺきに死刑存置すべきだと思ってるけどな。

もう一度言うが、今居る廃止論者が消えることが最低条件で、
地道に活動が進めば200年後くらいには真っ当に死刑廃止できる可能性くらいはあるんじゃないか?
200年待ったのです!って演説しちゃいなよ。200年後にさ。お前何歳だよって言いたいけどな。
それを支持しちゃうのに、死後の特別予防効果は妄想って言っちゃうんだから可笑しなもんだ。

169 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 12:17:32 ID:ePYstXyV0
つか。

このスレに書き込みを始めたときは、正直、死刑制度に疑問を持っていたんだ。

「本当に死刑制度は正しいのか?」

って思っていたんだ。
そう思って廃止論に注目していたんだ。

そして死刑制度への想いは今も変わっていない。
なのに今は当時よりも強く死刑存置すべきだと思っているんだ。
何故か?


何のことは無い。

死刑制度に疑問があろうが無かろうが、

『それよりも遥かに死刑廃止論が正しくない』

ことを、死刑廃止論者に触れるたんびに、より強く感じるようになってしまったからに他ならないんだな。


なんぞや。



170 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 12:31:44 ID:ePYstXyV0
>>162
分かってるじゃないか。

それが分かってるなら話は早い。
死刑廃止状態が、死刑存置状態と比較して、それほど劣ってはいないから廃止。というのが君らの主な主張だ。

廃止状態のほうが社会的メリットが大きい。と示せた廃止論者は今のところ皆無。

仮に、1000億歩譲って双方拮抗しているとする。

でも、制度改革のリスクがでかいからやる意義は無いわな。

死刑制度存置状態を大きく上回るメリットが廃止後に無いと無理。

まぁ、廃止論者の殆どが、死刑廃止はメリットデメリットでは語れないって言っちゃってるから既に矛盾しちゃってるよね。

制度改革のリスクは認めちゃってるしな。


171 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 13:06:26 ID:UHg5Qke50
>>163
>>164
>>165
>>166
>>167
存置派のなれのはてか‥

172 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 13:13:16 ID:UHg5Qke50
>>170
死刑制度廃止の後には、国家が国民の命を奪う仕組みと決別した社会がある。

それが最大のメリット。

173 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 14:54:30 ID:4V7NIEHb0
>>172
メリットが小さすぎる

174 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:16:49 ID:wFhaqq4L0
>>172
お前◆G10zQMdncgだろwww

175 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 15:27:37 ID:ePYstXyV0
>>172
それでは、死刑廃止による社会的なメリットは皆無だということで宜しいのでしょうか?

>国家が国民の命を奪う仕組みと決別した社会

そこに価値を見出せる一部の人間(廃止派)が、『自己満足』 出来るというだけの小さな小さなメリットの為に、

『国家が、国民同士で命の奪い合いをすることからの決別を諦めた社会』 が訪れるというわけですね。

これも廃止派からしたらメリットのうちなのかな?

存置派にとってはとてつもないデメリットなんですけどね・・・・・・・

まぁ、だとしたら、廃止派 (個人的に命を奪いたい側) にとってのみ通用するメリットなのでしょう。

だがしかし、これも特定の個人にとってのメリットであり、社会的なメリットとは云えないでしょう。




176 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:35:55 ID:b98Jk4080
>>171
反論も何もしないって事は
負けを認めたって事で良いのかなw

それにしても
>存置派のなれのはてか‥
これは酷すぎるw

177 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:36:01 ID:BIblUn630
死刑=国家が命を奪う
課税=国家が金を奪う
懲役=国家が強制労働
禁固=国家が監禁
罰金=国家が恐喝

国家が国民の命を奪う仕組みと決別した社会=国家と決別した社会www

極左もビックリ、心の底からユートピア。
来世に期待してくださいね。

178 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:39:17 ID:UGNlugzr0
>>177
全部違う気がするんだけどこれってジョークですか
ジョークならジョークって明確に書いてくれないと困ります。

179 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:41:20 ID:BIblUn630
>>178
ジョークじゃなくて、上にいる廃止派の思想そのものです

180 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 15:41:59 ID:ePYstXyV0
>>177
凶悪殺人者擁護論だから。

死刑廃止されて終身刑が導入されたら次は終身刑廃止派に転向するだけだ奴らは。
ああ、廃止しなくても、終身刑を、ゆとりある、娯楽も充実した生活ライフに変えていくよう努力していくか奴らは。

奴らはそもそも刑罰廃止派だ。

信号無視したときの罰金だってゆくゆくは廃止したいんだろうさ。今は死刑廃止のほうが大事だから面倒だと言ったようだがな。


181 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:47:16 ID:UHg5Qke50
>>173
器が小さすぎる。

182 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:50:05 ID:UHg5Qke50
>>175
廃止国では「国民同士で命の奪い合いをすることからの決別を諦め」なければならないと、本当にそう思っているのかな?

183 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:53:01 ID:BIblUn630
死刑が国家による殺人行為なんてアホなこという廃止派は、結局は刑罰法規の全否定なんだよね。
なぜ刑罰法規の中から死刑だけを取り出して「国家による〜」なんて言うのか、論理的に説明できるなら
是非してほしいものだね。全く一貫性のない主張。なぜ自分達の死刑廃止の思想が、刑法体系全体より優先するのか。
頭オカシイとしか言いようがない。

184 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 15:54:03 ID:ePYstXyV0
>>182
日本で。ただちに。廃止することはそういうことであると。本当にそう思っていますよ。

言ったじゃん。お前みたいなのが消えたら200年後には 『真っ当に』 廃止出来るかもって。

185 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 15:55:45 ID:UHg5Qke50
>>176
君は手遅れだと思う。

もし違うなら死刑存置の意義でも書いてみてよ。



186 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 16:03:20 ID:ePYstXyV0
>>185
君が、「存置派のなれのはて」 だと示したレスを読んだけど、なにかいけないことがあったかい?

私も、「廃止派のなれのはて」 だと云えるレスを抜き出して並べてみても良いかな?


存置派のなれのはて=「ちょっとだけ不真面目」 と、

廃止派のなれのはて=「気違い・マフィア」 くらいの差が出ちゃうと思うけど。

187 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:12:47 ID:UHg5Qke50
>>184
>日本で。ただちに。廃止することはそういうことであると。本当にそう思っていますよ。

「ただちに」とは書いていない。

死刑廃止の実現に向けて最善を尽くすべきだが、それまでの期間、死刑を存置することを私は否定しない。

>言ったじゃん。お前みたいなのが消えたら200年後には 『真っ当に』 廃止出来るかもって。

この一文は大目に見よう。




188 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:14:38 ID:UHg5Qke50
>>186
今日は調子悪いみたいだね。

189 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:17:28 ID:BIblUn630
>>188
そんなことより、刑罰法規全体に反対なの?
>>183に反論できる?反論できないものは、いつものとおりスルー?

190 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:27:27 ID:UHg5Qke50
>>189
つまり、君の場合は反論できない時にスルーするということなのかな?

私は主に、反論したいと思えるようなものに反論している。

その意味で君にはもう少し頑張ってほしい。



191 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:31:38 ID:BIblUn630
>>190
過去の廃止派は君のように反論できないものには徹底的にスルーしてきたわけ。
その理由が「反論したいと思えるようなもの」ということなのであれば、君は
議論というものがなんなのか、全くわかっていないことになるね。
反論したいと思えるもの=反論できるもの、なのが通常なのだから。そんなことが
議論において通用するなら、どんなめちゃくちゃな主張もまかり通ってしまうよね。
存置派はどんな廃止派の主張にも、たいていは反論しているよ。

192 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:37:06 ID:UHg5Qke50
>>191
>反論したいと思えるもの=反論できるもの

全然違う。

193 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:38:00 ID:UGNlugzr0
>>179
把握><;

194 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:39:59 ID:BIblUn630
なにが「全然違う」のか、説明できなければ、それはただの捨て台詞です。
まあ、君にはもう何も聞きません。頭悪すぎで構ってられない。そうやって
どんどん廃止派のキチガイっぷりをアピールしてください。

195 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:45:04 ID:9cBkHgfEO
>>192
お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな

196 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:48:37 ID:UHg5Qke50
>>194
死刑存置は同属嫌悪だからね。

犯罪者が許せない!と、犯罪者のような口調で訴える。

197 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 16:48:37 ID:ePYstXyV0
>>188
調子悪いようにみえる?
というか、君と同じように引用しても良いかな?って訊いてるんだけどやっぱり都合が悪い?

>>192
「反論できるもの」 は、「反論することが可能且つ、反論することによって不利益が生じないもの。又は利益だと思えるもの」

だと受け取って欲しいな。長くなるから簡略化しただけだと思うが私にはスグに意味が伝わった。

198 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:51:36 ID:UHg5Qke50
>>195
そのレスに何の意味があるの?

悔し紛れの他に。

199 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:53:41 ID:9cBkHgfEO
>>196
まあ、どうでも良いな。仮にそうだとしたら、そんな犯罪者と同族である俺らが死刑廃止に賛同したり、死刑廃止にするのは非常に問題があるって事だ。

200 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:54:29 ID:BIblUn630
>>197
お手数おかけします。

201 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 16:58:45 ID:9cBkHgfEO
>>198
別に。お前がいちいち他人にレスしない理由を、こっちが察してやれる訳も無いんだから、『しない』と『出来ない』がいくらお前の中で違った所で、表面上の行為に全く違いは無いんだから意味のない事だ。
俺は千里眼でも覚でも無いんでな。

別に悔しがる理由も反論する理由も無い。お前自身の行為の理由なんざ、説明しなきゃ他人には解らない事だ。

202 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:05:35 ID:UHg5Qke50
>>197
反論を利益か不利益かで考えることは、同病相哀れむための存置論なら当然かも知れない。

203 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:09:45 ID:vw+EQmpN0
>>171
そのレスに何の意味があるの?

悔し紛れの他に。




笑ったw

204 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 17:12:32 ID:ePYstXyV0
>>202
反論を利益か不利益かで考えていないと君が主張しても説得力は無いよ。

205 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:24:09 ID:UHg5Qke50
>>201
それは察してやりたい気持ちだけはあるってことだよね。

それで十分だと思うよ。

206 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:28:27 ID:UHg5Qke50
>>204
説得されたかったのか‥

ちょっと意外。

207 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:36:29 ID:9cBkHgfEO
>>202
同族嫌悪と言ったり同病相哀れむと言ったり、せわしない奴だ。

208 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:37:37 ID:9cBkHgfEO
>>205
いや、お前に説明する気がないなら、わざわざお前に都合良く解釈してやる義理は無いと言ってるだけの事だ。

209 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:43:21 ID:UHg5Qke50
>>207
そうやって文句だけ言えば満足できる心理と、社会に不都合な存在を殺して満足できる心理には、おそらく密接な関係があると思う。

210 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 17:45:11 ID:ePYstXyV0
>>206
説得されたかったね。
もちろん誤魔化されたかった訳では無いよ。
相手を説得する為の最低条件は論理性じゃないと思ってるから。ましてや詭弁などもってのほか。

211 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:45:24 ID:9cBkHgfEO
>>209
で?

212 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:49:28 ID:UHg5Qke50
>>208
それでいいと思うよ。

213 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 17:49:54 ID:ePYstXyV0
>>207
存置派にとっては両方当てはまる。当たり前だけど。

ただ、存置派にとっての同族が、同じ人間という括りであるのに対し、
廃止派にとっての同族とは、個人の判断で他人を殺害することを容認する人間に限定される。

存置派は、そういう人間も同族であると認めたうえで、『嫌悪』 する。

廃止派はそういう人間だけを同族だとして擁護する。


214 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 17:54:32 ID:ePYstXyV0
普通の人間は、自分の中の悪意ある部分がわかると自己嫌悪に陥ることがある。
そしてそういう部分を抑制しようとする。

廃止派は自己嫌悪なんてしないんだろうな。>>196>>202を読んだ限りではね。

自己の欲求は開放され、総て満たされるべきって思っちゃうんだろうな。


215 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:56:03 ID:UHg5Qke50
>>210
では、どのような点について説得されたいのだろうか?

>>187についてはどう考えるのだろうか?

216 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:57:20 ID:9cBkHgfEO
>>213
そういう流れでは無いけどな。
同族嫌悪と同病相哀れむという言葉を、そっちがどう解釈しようがそれはそちらの自由だが。

217 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:01:55 ID:UHg5Qke50
>>214
つまり悪意は満たされるべきと廃止派は考えている。

犯人を憎む気持ちは悪意ではない。

そういうことかな?


218 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:03:25 ID:nHhGWpWd0
>>217
もう自分が何言ってるか解んなくなってないか?

219 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:05:00 ID:ePYstXyV0
>>215
そういう方向から説得しようとするから詭弁だっていうんだよ。何故それが分からない。

結論から逆算した理論はどう繕っても詭弁にしかならない。

結果として死刑廃止になる理論を持って来いと言っている。それが最低条件。

それが出来無いと云うことは、そもそも廃止論者の中に死刑廃止するべき根拠も皆無だということ。


自分が、今、訴えている制度改革の根拠を自分で示すことが出来ない奴が、一体どうやって他人を説得することが出来るというのか。





220 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:11:44 ID:ePYstXyV0
>>217
犯人を憎む気持ちは悪意じゃないだろ?気持ちだけならね。ただの当たり前の感情。普通の喜怒哀楽。

君は人間の怒りの感情=悪 だと考えるのかい?

何に対して怒ったのかはどうでもいいことなのかい?

それに、死刑制度は、犯人を憎む為に存在するのではない。行った罪の重さに対して適用されるものだ。

罪を憎んで人を憎ます。だよ。

221 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:12:51 ID:UHg5Qke50
>>219
結論から逆算していると考える根拠は?

制度改革の目的(根拠)は社会の発展以外に何かあるの?

222 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:13:08 ID:ePYstXyV0
だからこそ

死刑囚にも人権はある。
更生してもらえるように教育を施すし、その間の待遇も、奴隷のような扱いではない。
そして人間として責任を持って死んでいって頂く。葬式もして火葬もおこない、埋葬する。
凶悪殺人犯のやるように、コンクリ漬けにして海に沈めたり、ノコギリで生きたまま首を切断したり、
体をバラバラに切り刻んでフライパンで炒ったりしない。
ガムテープを顔面に巻きつけてハンマーでボコボコに殴り殺したりもしない。

実に優しい制度だよ。


223 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:21:28 ID:UHg5Qke50
>>220
憎むことは普通の喜怒哀楽ではなく悪意だよ。

君にとっては普通の喜怒哀楽と区別がつかないほどなのかな。

人を憎まずと言いながら、奪うのは人の命なんだよね。



224 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:24:22 ID:ePYstXyV0
>>221
君自身も何度も言っている。死刑廃止は目標だと。
今ただちに廃止すべきではない。としたって、それは目標達成が遠いというだけのことであって、
死刑廃止すべきという結論ありきでの話。
それ以外は聞く耳持たないだろ?
君にとっては、今すぐ廃止出来るか、今すぐは廃止できないか。つまり、存置派が邪魔だから廃止できないというだけの状況。
何故、死刑廃止したら社会が発展するの?
そこは一番肝心なところなんだけど。何故一番肝心なことを出し惜しみするの?言えないからでしょ?根拠が無いからでしょ?
まぁ、一つだけ発展の方向性があるなら、「ゆとり教育」 の根拠と同じものが挙げられるね。
つまり、抑制を取り払って天才教育をしたいってことかな。
だけどこれは残念ながら、ゆとり教育の失敗で証明されてしまったから無理だろうね。

小さなメリットに比べてデメリットが多すぎるんだよ。凶悪殺人の規制緩和は。

225 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:25:06 ID:ePYstXyV0
>>223
ほほう。じゃあ、「普通の怒り」 ってのは何?君に答えられるかなぁ?

226 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:26:38 ID:ePYstXyV0
他人を否定することなんて小学生にでも出来る。

重要なのは、否定したことに対しての正答を示すことだよ。廃止派に一番欠けているのがソコ。

227 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:34:09 ID:UHg5Qke50
>>222
確かに死刑囚にも人権はある。

問題は凶悪犯が強者であるのに対して、死刑囚は死刑執行するまでもなく弱者であるということ。

国家権力はその力を弱者に向けた時、暴力としての側面があらわになる。

これは本質的に戦争の肯定と同じ意味を持つ。



228 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:38:54 ID:ePYstXyV0
>>227
自衛隊も、敵国が攻めてきたら戦争するよ。そういうこと。
攻めてきたとしても武力行使をしないというのならば、そもそも自衛隊すら必要ない。
個人の欲や感情で人殺しをすることと、

それを行ったものは死刑になるのだと予め示しておき、それに遵って粛々と執行する。これは戦争ではない。


裁判員制度はそもそも、死刑制度の意義以前に、存在そのものを社会に知らしめることに一番貢献していると思うね。


229 :容認派:2010/12/03(金) 18:39:38 ID:L3SEYWHd0
よく一人で頑張れるなあ。UHg5Qke50

そういう自分に酔ってるのかな?
これだけ自画自賛の俺様理論で、言いたいことだけ
言ってるなら別に苦にならないのかもな。

こういう人間は、何かやらかして法廷に被告として立た
されても、筋の通らない理屈を振り回して、刑罰を回避
しようとするんだろうな。

こういう輩がいる限り、死刑は無くすわけにはいかない
とつくづく思うな。


230 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:46:19 ID:ePYstXyV0
>>227
死刑囚という個人としての人間は、その時点では弱者なのかもしれない。

だが、その者が行った罪そのものは消えないし、その 『罪』 自体はは絶対的な強者だ。

その、死刑囚が憐れだとて、その、『罪』 までをも一緒くたにして見逃してしまうことは、

後発隊として機を伺っている 『罪の芽』 達を勢いづかせてしまいかねない。それは絶対に避けるべき。

それよりも、そこまでのことになる前に、その、『罪』 という病巣に取り憑かれてしまった可哀想な弱者を救ってやることが一番大事。

ガンでも何でも発見が手遅れになったら命は助からない。


231 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:46:32 ID:UHg5Qke50
>>224
凶悪犯を殺す理由はあったとしても、必ずしも凶悪犯をずっと殺し続けなければならない理由はない。

何故なら殺す以外の解決策が見つかるかも知れないから。

と、このような疑問からスタートしているのだから、結論から逆算していることにはならない。

232 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:49:57 ID:UHg5Qke50
>>225
なぞなぞ?

233 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:53:02 ID:UHg5Qke50
>>228
死刑囚は攻めてこないよ。

そういうこと。

234 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:56:28 ID:ePYstXyV0
>>232
は?
私の考えは、「我欲において身勝手に殺人を行う者に対して湧き上がる怒りってのは悪意ではない普通の怒り」
だと言ったが、君は
>>223
>憎むことは普通の喜怒哀楽ではなく悪意だよ。

と言ったね。

だから君にとっての普通の怒りって何?って聞いただけ。正答を示さない、他人の否定だけなんて小学生にでも出来る。
つうか本当に否定することしか出来ないならまぁそれでいいよ。好きにしな。


>>231
>何故なら殺す以外の解決策が見つかるかも知れないから。

>と、このような疑問からスタートしているのだから、結論から逆算していることにはならない。

見つかるかもしれないと思い至って、まだそれが見つかってもいないうちから死刑廃止という結論になってる時点でもうね。


呆れた。

235 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 18:57:43 ID:tqjPtIHK0
>>233
そりゃ、一回日本国民に攻撃を仕掛けて、それきりやってないからって、攻撃しなかったことになる訳じゃないし。
人殺ししておいて、後から反撃されたからって攻撃された弱者にはなれんよ。

236 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 18:58:14 ID:ePYstXyV0
>>233
>>230


237 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:09:01 ID:UHg5Qke50
>>230
罪が強者に思えるからこそ存置論に陥るのだろう。

罪は強者ではない。

ただ人の弱い心があるだけなのに、そこから目を逸らすことで罪は脅迫観念に変わる。

あえてガンの病巣を切除しない、体に負担をかけない治療が少しずつ確立されている。

そうやって可能性を追求することでしか、社会の発展は遂げられないのだと思う。

238 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 19:16:45 ID:ePYstXyV0
>>237
>ただ人の弱い心がある

人の心は弱い。だからこそ、そこに付け入ってくる悪意を許さない。

そして、その決意は人の心を強くする。そこから目を背けていることが、死刑廃止論が凶悪殺人擁護論だという所以。

そしてそれが、『罪を憎んで人を憎まず』 なんだよ。

ああ、君は相手が罪だろうが人だろうが、憎むことは悪意だって言ってたな、失礼失礼。

239 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 19:19:28 ID:ePYstXyV0
私は死刑制度存置状態でこそ、犯人の反省と更生は達成される可能性がある。と考えています。
それは、相手を我欲において故意に殺害した罪の重さは、自分が、『殺害される』 ことを意識せずには理解できないと思うからです。
仮に、廃止状態でそれを達成しようと思ったら、出家したお坊さんの修行レベルで一生かけるくらいでないと難しいと思います。
つまり、『お坊さん以上の苦行』 ということです。

一生修行して償う。ということによっての反省と更生の可能性ですが、これは飽く迄も可能性であって、
死刑存置状態よりは確実に低いのだと思われます。
何故なら、お坊さんの出家や修行というのは、本人の意志によって前向きに行われるものであるのに対し、
凶悪犯にとっては、『やらされるもの』 であるからです。
心身を磨く為に行う。ものではなく、死刑を免れる為、生き抜く為に、『我慢する』 ものになってしまいかねないのです。
これでは、何年続けたとしても反省や更生には結びつかないでしょうね。

これと、予算の面も解決できないと、この終身刑も意味は無いでしょうね。

まぁ、今の懲役刑の待遇のまま終身刑とかアホかと。娯楽一切無くせと。外科手術や抗生物質が必要な病気にかかったらそれで寿命。
それ位の待遇じゃないと話にならない。反省や更生など全く見込めない。お前が我欲で殺害した被害者のことを忘れるなと。

という感情論も、我欲にて故意に、何もしてない人を殺した罪に対しては必要だと思っていますよ。
「特定の誰かの感情」 ではなく、国民の総意としての感情で無ければいけないと思いますけどね。


240 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 19:20:59 ID:ePYstXyV0
前スレ後半でのある一幕。(コレの以前からレスのやりとりは続いていた)

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/960
>おまえのように好き勝手に人を殺して回りたい快楽殺人者にとって
>多くの人を人を殺したら死刑にされるというのは不利益だろうが

>そんな小数派の異常者とは妥協など出来ない

に対しての
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/966
>存置お得意の殺人者の決め付け。殺人しようなど全く思わないから。
>論理的な反論ない?ないなら黙ってろ

そしてソレに対する返答
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/969
>お前がそう思わなくても、そう思ってる廃止論者がいたんだよ。
>お前がやらなきゃ、他の廃止論者なら構わないのか?

これにはもう廃止派が返答することは出来ないってことで良いのかな?


241 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 19:22:01 ID:ePYstXyV0
前スレID:m5SUxdW70

>まずお前は民主主義について学んだほうがいいよ。
>最終的に多数決で決まるが、その前の議論は民主主義にとってかなり重要。


>だからさ、衆人に訴える論証やめろって


この、「衆人に訴える論証」 として彼が指し示したレスがコレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1290007681/956
>日本で廃止派が少数派なのは現実。だが、以前は少数派ではあったがそこまで少なくは無かった。

>逆に言えば、現在。廃止派が1割程にまで減少したこの結果にこそ民主主義の流れが反映されている。とも云える。

逆に聞くが、これは廃止派にとっては事実とは言えないのか?
上段は紛れもない事実。
下段は、「そうとも云える。」 と私は言っているに過ぎない。 『これはまさにそういうことなのである!』 と言った訳じゃない。だがしかし。
仮に廃止派が言った、「体感治安」 の問題だったとしても、それも同様に、「民主主義の流れが反映」 されたことになるんじゃないのかな?

何か言えることある?


242 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:26:30 ID:UHg5Qke50
>>234
なぞなぞですらなかったのかw

怒りを他の言葉に置き換えることが議論において有効だとは思えない。

これでいいかな?

それと、「死刑廃止という結論」は「死刑廃止を目指すという結論」の間違い。

本当に死刑廃止の必要がないのだとすれば、無理に実現させることはない。

されど、それを本気で確かめよ、ということ。

本気で確かめたつもりの存置論者を説得できないのは承知の上で。

243 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:39:29 ID:UHg5Qke50
>>238
>犯人を憎む気持ちは悪意じゃないだろ?気持ちだけならね。ただの当たり前の感情。普通の喜怒哀楽。

>↑憎むことは普通の喜怒哀楽ではなく悪意だよ。

このように、犯人を憎む気持ちは悪意だと書いたら、

>ああ、君は相手が罪だろうが人だろうが、憎むことは悪意だって言ってたな、失礼失礼。

と返す。

これでは議論にならない。

244 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:40:57 ID:tqjPtIHK0
「反論したいものにしか反論しない」がまかり通るようじゃ、本気で確かめるなんて出来やしないよ。

245 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:44:26 ID:UHg5Qke50
>>244
「出来やしない」と決めてしまったら、そこで終わってしまうよ。

246 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:48:08 ID:tqjPtIHK0
>>245
片方に「待った」を認めた真剣勝負ってくらい、道理にかなってない事を言うね君は。

247 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:50:09 ID:tqjPtIHK0
>>245
第一、自分が勝手に「反論したくない」で終わらせてるくせに、その言いぐさは何?

248 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:53:10 ID:UHg5Qke50
>>246
君の一人相撲が真剣なのは伝わったよ。

249 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:54:09 ID:9cBkHgfEO
並ぶ言葉は立派だが、常に片手落ち。話にならんな。
もうスルーで良いかもな。

250 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:54:35 ID:UHg5Qke50
>>247
ちゃんと伝わってるよ。

251 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 19:56:23 ID:tqjPtIHK0
>>248
君が勝手に>>242で「それを本気で確かめよ」とか言ってただけでしょうに・・・

252 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 20:03:44 ID:BIblUn630
>UHg5Qke50
もうこのアホに構うのはやめた方がいいよ。ここに来た廃止派の中でもかなり頭悪い部類。
自分の頭で物を考える能力がないくせに、自分のことを賢いと思い込んでる。
レスはほとんど人の言葉を裏返して言葉遊びをしてるだけ。相手にしてやるだけ無駄だよ。
多分、実生活でも相当周りかわウザがられてると思う。可哀想なアホだけど、同情は不要。
いい歳して、自業自得だから。

253 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 20:10:26 ID:BIblUn630
まともに人と会話もできないから、表面的に批判や反論をかわすだけの「賢い皮肉屋」
でいたいという哀しき自称廃止論者、それがUHg5Qke50。別にテーマは死刑制度でなくてもいい。
こんなのがスレにいたら、まともな廃止派はこない。

254 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 20:10:57 ID:tqjPtIHK0
>>252
了解。廃止論者はなんていうかもう、当たり前の会話が成り立たない人が多過ぎる・・・

255 :死刑は已む無し ◆SOTX.SdsrQ :2010/12/03(金) 20:19:27 ID:t8sNOF+U0
>>90でも申し上げましたことで、大変恐縮ですが、
死刑賛成派の方々にも今一度、理性的、理論的な反論を
いただき、よりいっそう死刑に関して真剣に議論を深めていただく為に、
私の考えをもう一度、述べさせていただきます。

 死刑問題を「9条改憲」との関係でお話しします。

 今の自衛隊は国を守るための組織です。しかし、軍隊となったら人殺しの組織になります。
軍隊の目的は人を殺すことです。そういう職業集団ができあがることになります。
「自衛隊」と「自衛軍」ではまったく性質が違うと私は考えています。

 軍隊は国を守るため、人道のため、国際貢献のために民間人を含めて人を殺します。
国防や国際貢献や人道という一定の目的のために殺人を正当化できるのであれば、
死刑という殺人も正当化してもいいのではないかという考えが波及していくことを恐れます。
私は人の命をある政策や目的の手段、政治の手段として使うこと自体に反対なのです。
人道のための戦争、人権のための戦争、自由のための戦争などないと私は考えています。

 この問題についてもいろいろ議論の余地があると思います。
しかし、わが国が軍隊をもって、アメリカと一緒になって人道のための戦争であるといって
虐殺に荷担するようになってしまったら、一定の政策目的のための人殺しを許すことになり、
死刑廃止という運動に大きな影響を与えてしまうのではないかと大変危惧しています。
人間の尊厳に反することは認めるべきではありません。

 EU(欧州連合)では死刑が廃止されていると聞いています。
でも、コソボの空爆など、人道のための戦争を始めてしまいました。
「それはおかしいではないか。あなたたちの国は死刑を廃止しているでしょう?
死刑を廃止しているなら人道目的の戦争、空爆などやめるべきです」という主張を、
9条を持っている日本は、EU諸国やアメリカに対してすべきだと思います。

 9条を変えて自衛隊を自衛軍にしようとする流れは、死刑をなくしていこう、
人の命というかけがえのないものを政治や一定の目的のための道具にすることはやめよう、
ということに対して少なからぬ影響を及ぼすのではないかと私は危惧します。

256 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 20:40:31 ID:UHg5Qke50
>>252
>>253
>>254
ありきたりな悪口と「構うのはやめよう」のセットは存置派の一つ覚えだよね。

死刑が廃止されるまで繰り返しても気は済まないだろうに‥

257 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 20:46:12 ID:9cBkHgfEO
>>256
相手にだって、『反論したいと思えるようなもの』を選ぶ権利はあるって事だろう。

258 :死刑は已む無し ◆cCkzjFfr9I :2010/12/03(金) 21:08:15 ID:t8sNOF+U0
まあ、客観的に見て、ID:UHg5Qke50のほうがクールだと、まあ正しいと思うよ。

バカどもがどんなに悪く言おうとも、正しさは君のほうにある。

そう思うよ。

259 :死刑は已む無し ◆4oeUWEBMzQ :2010/12/03(金) 21:10:37 ID:t8sNOF+U0
EU諸国では、死刑廃止でも、きちんと国は運営されている。

日本で死刑を廃止しても、なんら社会的な混乱はないと思うよ。

260 :死刑は已む無し ◆P1J1.OhbYc :2010/12/03(金) 21:12:01 ID:t8sNOF+U0
1999年11月16日、カブールのサッカー競技場。
ひとりのアフガニスタン女性が公開銃殺刑になった。彼女の名はザルミーナ。罪状は夫殺しだった。

ザルミーナは売春婦だった。妻の売春の事実を知った夫は、当時の権力者だった
タリバンに訴えると彼女に言った。タリバンによる石打ちの刑を恐れたザルミーナは、
その日の深夜、寝ている夫をハンマーで殴り、殺したのだ。

ザルミーナはなぜ売春をしていたのか…
内戦が激しさを増す1994年。彼女は家族とともに、カブール市内の高校で
避難生活をおくっていた。夫が仕事で家を開けたある日の晩、ザルミーナは
3人の男たちに強姦される。その後、ザルミーナは人が変わったようになり、
売春をはじめたことが分かった。戦争と混乱のなかで起きた強姦事件は、
彼女のその後の人生に暗い影を落としたのだった。

競技場で2万人の大群集が見守るなか、青いブルカ姿のザルミーナは頭を撃ちぬかれた。
この処刑の模様は、アフガニスタンの女性人権団体のメンバーによってビデオカメラで
隠し撮りされていた。タリバンの実態を世界に伝えたい、決死の覚悟での撮影だった。

しかし当初この処刑映像は、あまりにも残酷と欧米のメディアから敬遠されたのだという。
映像が世界に知られるようになったのは、2001年9月11日の同時多発攻撃以後のことだ。
衝撃映像として、CNNなどを通じて繰り返し放送されたことで、タリバン批判が高まり、
英米軍によるアフガニスタン空爆を容認する世論に与することとなった。

タリバンを「野蛮」と評したアメリカのブッシュ大統領だが、テキサス州知事時代
(1995年〜2000年)には、152人の死刑囚に対して、死刑執行の許可をくだしている。
そして公開処刑は、アメリカでも行われている。オクラホマ連邦ビル爆破事件の犯人は
薬物注射により死刑執行された。その模様は被害者家族と報道関係者に公開されている。

また日本にも死刑制度は存在する。もし、死刑執行の映像が隠し撮りされ世界に公開されたなら、
日本も「野蛮で残酷な国」と批判を浴びるだろう。公開であってもなくても、
国家が人を殺す「死刑」という行為はあってはならない制度だと私は考えている。

261 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/03(金) 21:36:13 ID:ePYstXyV0
相変わらず、日本の死刑制度存廃とは関係無い文章の垂れ流しですね

せめて、今現在の日本のことを話してみてくれませんか?無理ですか?でもそうじゃないと話にならない部分が必ず出てくるのですが。

262 :容認派:2010/12/03(金) 21:51:25 ID:L3SEYWHd0
>>260
トリップ変えまくっても、IDが t8sNOF+U0 だけじゃね。
完全犯罪狙うなら、もうちょっと工夫がいるんじゃないか?

廃止派には、そういう手段を選ばない匿名掲示板におけるテロ行為
のようなことをして、恥とも思わない人が沢山いるのかな?

存置派のふりをする、くらいならまあいいが、「誰か」になりすますって
いうのは詐欺師とか、犯罪者に近い思考回路と思われる。
廃止派=犯罪者予備軍ってのも、まんざら根拠がないとも言えないな。


263 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 21:56:59 ID:UGNlugzr0
>>198
どうしていらない1行を付け加えるかなあ、、、

264 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 21:59:11 ID:UGNlugzr0
>>209
> >>207
> そうやって文句だけ言えば満足できる心理と、社会に不都合な存在を殺して満足できる心理には、おそらく密接な関係があると思う。

証明を求む。


265 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 22:04:27 ID:UGNlugzr0
>>223
自分が殺されて、殺した奴に対して自分が思うのは悪意なの?
まず自分が死んだと思って考えてみたらどうだろう

266 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 22:06:34 ID:UGNlugzr0
>>227
国家反逆罪とか死刑だけど、
防衛しないと国家が滅びてしまうよ?

267 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 22:08:23 ID:UGNlugzr0
>>233
自分が戦争を例に出してるからじゃないかな

268 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 22:14:37 ID:UGNlugzr0
>>258
あなたのように、
わざと他人のコテを名乗りつつ、トリップを毎回変える
そんなわけわからん人には議論の対象にすらならない
つーか荒らしだろ。やめれ

269 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 22:15:40 ID:UGNlugzr0
>>256
いやだって会話があなたからの一方通行で会話になってないやん


270 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 22:15:50 ID:jqfsLwTZ0
>>256
弱者を監禁したり、弱者から金品を強奪するってのは、君の中では認められる行為なの?

271 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 22:19:39 ID:UGNlugzr0
>>262
がんばってトリップのパス見つけようとしてるんじゃないのw
そういうの、ますます孤立するだけだと思う
あるいは荒らし。やめなさいな
さっきの39こレスしてた人は廃止派の人、こういう人の意見を聞いて議論しようとおもう?
一方的に謎のコピペを貼ってるだけなんだよ。議論にすらならないでしょ?



272 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 23:58:54 ID:dipIUB0Q0
>>262
自分は「死刑は已む無し」って表明してるんだから
それで良いじゃん
こいつ自分で敗北宣言してる事に気が付いてないんだぞw

273 :容認派:2010/12/04(土) 07:31:54 ID:AaOpy4qr0
>>271
>>272

トリやiDを見れば、本物じゃないことはわかるし、内容もさっぱり
だから議論の対象にはならないよ。
でも、そのあたりがよく分からない初心者の人とかなら、同一人
かと思うかも知れないし、そういうことで人の意思表示を邪魔する
行為を、恥ずかしげもなくやれるもんだなと指摘してみた。

しばらく見ていたが、廃止派に「まとも」な議論を要求すること自体
に無理があるのではないかと思っている。
自分が言うことは、たとえ100人中90人が反対しても、それは
その90人が間違っているのであって自分は真理を突いている。
相手の言うことは、100人中90人が支持することであっても、
それは勉強不足で理解の足りない盲信である。
こんな理屈が通用するなら、犯罪者の理屈は全て正当なものに
なるし、理不尽という言葉はこの世から消えることになる。

例えて言うなら、
地球は温暖化している。だから、冬でも短パンにTシャツで充分だ。
コートなんて必要のないものはこの世から無くせ。
と言っているようなもの。

嘘も100ぺんとか、あまりの強弁についツッコミを入れたくなるとか
いう意味で書き込みしているが、「まとも」にはほど遠い。というか
まったく期待はしていない。



274 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 08:15:49 ID:TAfUvNXP0
>>273
全く同意。

以下、>>258のレス
>まあ、客観的に見て、ID:UHg5Qke50のほうがクールだと、まあ正しいと思うよ。
バカどもがどんなに悪く言おうとも、正しさは君のほうにある。
そう思うよ。

廃止派ってのはまさにコレ。「客観的」に見てないのに「客観的」
ほとんどの人間が矛盾や誤りを指摘してるのに「正しさは君(廃止派)のほうにある」
もうパラドックスの海にどっぷり浸かってしまって、世論の大勢が見えてないし、見ようともしない。
人権とか国家とか大義名分は持ってるつもりだが、やってることはコテハン泥棒とコピペ連投と言葉遊び。
しかし、結局のところ彼等の行動原理は次の一文に尽きるのだろうと思う。

>ID:UHg5Qke50のほうがクールだ

廃止派にとって、自分達の言ってることは「クール」なんだよね。目を疑う、というか
ズバリ精神年齢を疑ってしまうが、「世間に反発してる俺達って最高にクール!!!」
これこそが廃止派の根底にあるわけだ。今どき「クール」って……被害者と加害者の命に関わる
死刑制度の議論において、廃止派にとって一番大事なことは自分がクール(笑)かどうかなんだな。
「クール!!!」である為には大衆に迎合しちゃいけないんだよね。人とは違うオリジナリティを
追求していかなきゃいけないわけだ。それがどんなに世間の顰蹙を買っても…だって、それはクールだから!!
校則無視して釘バットにモヒカンで登校する高校生みたいな思考回路。

アホだろ、正真正銘の。

275 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 08:58:03 ID:KLUDw/cm0
真面目な話今の日本で死刑が廃止されるとしたら冤罪が多発し、
国家権力の暴走に対して国民の反発でも起こらない限り無理だろう。
今ぐらい慎重で適正な運用がなされているうちはいつまで経っても無理。

276 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 10:18:10 ID:2vvHQrE90
>>273
初心者でも大丈夫だと思うよ
それで同一人物だと思う奴がいたとしても
偽已む無しと同じレベルの奴だけだろw
その程度の奴なら廃止派に行ってくれた方が助かるだろ

277 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 10:50:29 ID:+W4cDUDN0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

278 :容認派:2010/12/04(土) 11:07:39 ID:AaOpy4qr0
>>274
そうだね。
多分、少数派に身を置いて、多数派に噛みついている自分が好き
なんだろうな。目的もポリシーもあやふやだから、本当に廃止にでも
なったら、今度は復活だって叫ぶタイプかもね。


>>276
まあ、そういう話もアリだとは思うね。

ただ、本物に対して失礼極まりない行為を是とはできないな。
それも、人権がどうのと言っている連中がそういうことをしていることに
違和感を覚えるし、犯罪意識の無さというのも理解不能なんだよね。


279 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 13:19:12 ID:hPrnvefX0
基本的に死刑では刑が軽すぎると思う、毎日死の苦しみを味わい残り余生
を生きてもらうのが本当の刑罰だと思うがその意見はどうか?
死刑が軽いとという意味で死刑廃止なら俺は廃止論に理解してもいい。

280 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 14:48:01 ID:wDGRvzVL0
皆さんの話を聞いてるとたのもしいね。
まぁ私は、たとえ奴がトリ突き止めようとも同じコテハン名乗り続けようと思ってます。

クールって、そうか・・・・・ヒップホップ系のあれのことか。昨日はただたんに冷静って意味にとってたw
廃止派には色々なタイプ(廃止を訴える根拠)があると思っているが、新しいタイプを付け加えなきゃな。


>>279
余生ね・・・・・・・


他人の命を故意に奪った人間の、それの償いたる刑罰が、余生?

余った人生?

余ってんなら捨てろや。全部自分がそれを好き勝手に奪って殺した被害者に差し出せ。

凶悪犯に 『余生』 なんてあるわけないだろ。

たとえ終身刑導入されたとしても、それは 『余生』 であってはならない。

そう言ってることがもう、廃止論が減刑思想だって事の証明になっていく。まぁ減刑どころか刑罰自体否定する奴もいるけど。


281 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 14:58:54 ID:C0GUhWKM0
死刑反対している人は、自分は既に悪いことをしていて
死刑になるのが怖いから、適当に理由付けて廃止にしようとしているだけだろう

日本では人を一人殺害しても死刑にならない
日本で死刑が言い渡されるケースは、よほどのことだよ
その内容を無視して「執行する人の気持ちを考えろ」とか
「命を奪う権利は誰にもないはずだ」とか、よくそんなことが言えるな
死刑では優し過ぎるくらいなんだよ

現実を知らん奴は、ほざくな

282 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:01:46 ID:sLGKK5nT0
>>279
死刑が軽いというなら、もっと軽い罪状に適用するだけですがなにか?

283 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:05:57 ID:C0GUhWKM0
>>282
それはかなり違う

284 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:09:36 ID:sLGKK5nT0
罪状の重さに見合う刑罰を適用する
なにか間違ってるか?

死刑が軽い刑罰だと言い切るなら
それに応じて軽い罪状に適用するだけだ

285 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:13:40 ID:C0GUhWKM0
>>284
死刑を言い渡されるような場合は、既に死刑では軽いということだよ
その場合に対して、もっと重い刑を用意する必要を言っているんじゃないかと思う

単純に刑を1段階スライドされてば良いって考えは浅すぎて
こんな簡単なことをわざわざ説明しないといけないことに呆れるよ

286 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:15:54 ID:sLGKK5nT0
死刑よりもっとどぎつい刑罰を 死刑の上に設置 すれば解決するな

ただの刑罰の並べかえだ
廃止理由にならない

287 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:20:28 ID:bcxAZURM0
>>279
死を軽く扱う事は、殺人という罪の軽視に繋がる。

それに、死にたくなるほど重い重罰なると、当然その過程で本当に耐えきれず過労死、ショック死、餓死等で囚人が死ぬ事も十二分勘定に入るレベルで無ければ「死刑では軽過ぎる」という事にならない。
そのため、運用上は死刑と同様に扱う必要があり、再審期間のある死刑以上に、冤罪のリスクが高まる事になる。
それでいて、再犯に対する効果が上がる訳でもないため、リスクのみが上がる格好。当然刑務官の負担も上がり、全く利のない案である。

288 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:27:17 ID:4+vm+AEx0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

289 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:30:39 ID:wDGRvzVL0
>>282は少し分かりづらいが、
終身刑のほうが死刑より過酷だと主張する廃止派に対しては筋が通っている。

>>285では、
>必要を言っているんじゃないかと思う

と、別人であるかのようなレスをしているが、主張内容はまさに一致している。
「思う」 と言っておきながら、「こんな簡単なことをわざわざ説明しないといけない」 と、

自分は、>>279の真意を熟知していることを証明している。


分からないだろ?>>285は、>>279とは別人なんだろ?

>>279は、死刑よりももっと重い刑罰として、終身刑を新たに設置しろといってるだけかも分からんしな。

たとえば、動機や殺害方法は同じだとして、

1人殺した場合=無期  2人殺した場合=死刑  5人以上殺した場合=死ぬよりも辛い終身刑

って言うことかもしれないしな。

290 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:31:29 ID:C0GUhWKM0
>>287
>死を軽く扱う事は、殺人という罪の軽視に繋がる。

殺人で逮捕されても、その後の調査で大きく同情できる理由があった場合
罪は結構軽いこともある

それとは逆に殺人ではなくても被害者を悪質な方法で全盲にしたり障害者にした場合、
上よりも罪が重いこともある

だから雑人という罪を軽視って考えではないと思うよ
もう少し考えてから書き込んでほしい

291 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:33:39 ID:sLGKK5nT0
何スレか前にいた318の馬鹿がもどってきたのか

292 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:34:56 ID:C0GUhWKM0
>>289
レスが長いせいか、君の言っていることは分かりにくい
一応言っておくけど、俺は自演はしていないよ
自演して自分の言い分を通そうとも思っていない
むしろ俺の意見に対して反論があるくらいが普通だと思っている
なぜならここには死刑廃止派の書き込みが目立っているからね

293 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:37:21 ID:wDGRvzVL0
>>292
じゃあさも>>279の真意を自分が知っているかのような口ぶりはやめることだ。他人の考えなんだから。
たとえ、後から>>279が登場して、お前の意見と同意だと後付したとしても、
それ以前にお前が他人の考えを決め付けて横レスした事実は消えることがない。

294 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:38:37 ID:bcxAZURM0
>>290
人を殺した罪に罰を与えてるのに、犯人に「死にたい」と思わせてどうするって話だ。

295 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:38:59 ID:C0GUhWKM0
死刑を廃止にする場合、どうなっていくんだろうな?
刑が軽くなったからといって殺人犯罪が増えるとは思えん
殺人を犯してしまう人は私怨のような類の感情が行動になると思うから。
刑が軽いから行動を起こそう。という具合に冷静な考えはしないと思う
カチンと来て殺してしまうケースが多いからね。
中には計画的なものもあるけど。

終身刑も無ければ、いつか出所するってことだよな
被害者は永遠に消えてしまっているのに、加害者はまたリスタートできるってのは
被害者側にとっては複雑な気持ちだろうな

296 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:40:27 ID:wDGRvzVL0
>>294
これでFA

297 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:43:33 ID:C0GUhWKM0
>>294
それでいいんじゃね?
死にたいと思ってしまうほどの辛い刑ってことだ

>>289
279は「生きてもらう」と言っている
俺は最終的には死んでほしいと思っている

何が想像もできないような酷い刑をしてから、+死刑。

298 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:44:17 ID:wDGRvzVL0
>>295
>刑が軽くなったからといって殺人犯罪が増えるとは思えん

何故?

>殺人を犯してしまう人は私怨のような類の感情が行動になると思うから。

そりゃ死刑存置下である今の現状での話だな。

>中には計画的なものもあるけど。

死刑存置下であるからそういう一番重要なものが抑え込まれているわけだ。
廃止されたら、私怨や一時的な欲望の爆発による殺人よりも、計画的殺人が増えることは当たり前。

299 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:47:03 ID:wDGRvzVL0
>>297
ちょっと苦しいな。まぁ落ち着け。

たとえば、君が、「死刑は軽い」 死は苦しみからの解放だ、等と訴えるのならば、

殺された被害者もまた、「楽にしてもらえた」 のだと主張していることに近いと思うのだが?そこらへんどうよ?

300 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:48:10 ID:C0GUhWKM0
>>298
> >刑が軽くなったからといって殺人犯罪が増えるとは思えん
> 何故?

死刑廃止にした国がそうだから。

301 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:49:33 ID:wDGRvzVL0
>>300
>>298の下2行をよく読みなさい。

なんで298を読んだのにそこだけ無視するんだい?

302 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:50:15 ID:wDGRvzVL0
計画的殺人は死刑廃止国では廃止後に増えているよ。

303 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:51:09 ID:C0GUhWKM0
>>298
> >殺人を犯してしまう人は私怨のような類の感情が行動になると思うから。
> そりゃ死刑存置下である今の現状での話だな。

全然違う
少し考えてからレスしないと駄文にしかならないよ



> >中には計画的なものもあるけど。
> 死刑存置下であるからそういう一番重要なものが抑え込まれているわけだ。
> 廃止されたら、私怨や一時的な欲望の爆発による殺人よりも、計画的殺人が増えることは当たり前。

俺も増えると思っていたけど、廃止にした国は特に増えていないんだよね
だから結論としては増えない。

304 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:52:29 ID:bcxAZURM0
>>297
それが、「死を軽く扱う」って事だ、それじゃあ罰が重いだけで、罪の重さが示せない。でなければ、犯人に対して「自身がしでかした事」を示せないからだ。
殺人という罪に対する以上、まず「死の重み」が無ければ罰は話にならない。

あと、279と言ってる事が違うのならば、>>287に噛みつかないで貰えるかな?
あくまでも俺は、「余生を生かす」と主張している>>279に対して言ってるんだ。

305 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:52:38 ID:C0GUhWKM0
>>299
>等と訴えるのならば
訴えない

306 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:52:52 ID:wDGRvzVL0
>>303
>特に増えていないんだよね

『特に』 とは?

君は、「増えていない」 と、何故言えなかったのか自分自身の行動を自分自身で分析できるかい?

307 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:55:41 ID:C0GUhWKM0
>>304
>でなければ、犯人に対して「自身がしでかした事」を示せないからだ。
俺は「+死刑」って書いているから、示すことはできているよ
犯人も、何もせずに1人の人間の魂を抜き取ったわけではないだろう
何回も刺して殺した人もいるだろう
そういう人には何回も刺してから、最後に+死刑。
これで自分のしでかしたことを示したことになるだろう
目には目をってヤツだ

308 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:56:46 ID:C0GUhWKM0
>>306
増えていない=特に増えていない
俺が「特に」と書いたのは、意味無いよ

じゃあ、言い直してあげよう
一切増えてないよ

309 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:57:07 ID:wDGRvzVL0
まぁ自分で自分の言っていることの矛盾を、子供にでも分かるように順序だてて親切に説明してあげて、
グゥの音も出ないくらいにしてあげないと分からない子にこれ以上付き合っても無駄か。
これ以上レスの無駄遣いをするのは一旦やめることにします。

310 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:58:52 ID:bcxAZURM0
>>307
だから俺はもともと、君に向けて話しかけてる訳じゃないんだが。

311 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 15:59:03 ID:wDGRvzVL0
>>308
「一切増えていない」

ほうほう。それじゃただのウソツキ君か無知君だ。

廃止論者ってのは、議論を進めていけばいくほど、卑怯者か馬鹿者かの二者択一に向かっていくなぁ。

312 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 15:59:29 ID:C0GUhWKM0
>>309
言い負かせなくなって撤退か、哀れだな
しかも言い負かすことに力を注いでいるということも哀れ。
俺の書き込みを見れば、死刑賛成か反対はすぐに分かる
だが、お前の書き込みを見てもどっち付かずだ
芯が無い証拠だよ

313 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 16:01:33 ID:wDGRvzVL0
>>312
死刑反対だろ?>>279に同意というか同化してたしな。

お前は>>279に対する反論に対する反論から入ってきたんだよ。後付けで誤魔化しても無駄っていうか勝手にしてねって感じ。

314 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:02:13 ID:C0GUhWKM0
>>311
嘘も矛盾も無いよ
指摘できないならダメだな

>>310
分かっている
それに噛み付いているつもりもない
意見を書き合うスレなんだから誰にレスしても良いし
そのレスに対して意見を言うことで話が進む
議論のようなスレなんだから、これで良いだろう

315 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:03:09 ID:C0GUhWKM0
>>313
俺は死刑賛成だよ
廃止派に対しても、反発心があるよ

316 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:03:18 ID:SB2CB6SdO
なんで ID:C0GUhWKM0 が、死刑廃止に賛同してる>>279を擁護してるのか理解不能状態。
しかも途中から、何故か>>279の意見が批判されていた筈なのに、さも自分の意見が非難されてるかのような事言い出すし。

317 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:06:05 ID:C0GUhWKM0
>>316
そこを最初に説明しておくべきだったな
279は死刑廃止に賛成しても良いと書いてあったら
多分、それは死刑よりも重い制度を作るなら。ということだ
つまり彼は死刑賛成派よりも過激派なんだよ
更に上を行く考えだ
俺もそれに近い考えを持っているから、コイツには賛成なんだよ。
ただ、俺は死刑は廃止にしてほしくない

318 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:11:30 ID:bcxAZURM0
>>314
いや、まず俺の>>287の意見が、「余生を生かす」と主張している>>279に対してのものだと理解したうえで、意見してもらわなくては話にならない。
>>316の言う通りで、俺はその前提があって、死刑廃止を前提に、生かす事を主張している意見に対して、「死を軽く扱ってる」と言ってるだけ。
「死刑にする前に苦しめよう」という君の意見に対して「死を軽く扱っている」なんて言った覚えは無い。

そこを君がごちゃまぜにしてるだけの話だ。


319 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:14:52 ID:C0GUhWKM0
>>318
だから噛み付いているつもりはないって。
ちゃんと読んでいるから、再度そんなこと言わなくても分かっている

てかコテの人は書き込むの一旦辞めるって言ってたのに速攻出てきたね
その程度の辛抱も出来ない人に何を考えることができるのだろうか

320 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:17:18 ID:SB2CB6SdO
>>317
その過失を認めてるなら、今までの横暴な論理展開は反省しなきゃだろ。
問題は已む無し君やID:bcxAZURM0に対して、>>279の擁護で議論に参加した癖に、途中から持論を混ぜた挙げ句に、さもその自分の意見が非難されてるように振る舞った事が問題なんだから。

321 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:20:56 ID:C0GUhWKM0
>>320
それはそちらの思い込みだ
俺は自分が非難されているように振舞った覚えは無い
俺を非難している奴が発生しているということに焦点を照らすべきだ
それに、どんな奴が現れようと自分自身が思っていることを言い返せば良いだけだろう
お前ら軟弱過ぎるんだよ

322 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 16:21:01 ID:wDGRvzVL0
>>319
だれも、「辛抱」 するとは言ってないがw
まぁお前の考えとしては辛抱なんだろうから、その辛抱をしようとすらしないお前が言っても説得力皆無。

>>314
>嘘も矛盾も無いよ
>指摘できないならダメだな

指摘は出来てるよ。お前が理解できていない、もしくは理解しようとしないだけだし、
お前だけが理解できなかったとしてもなんら不都合は無い。
意味不明なことを喚き散らしている可哀想なID:C0GUhWKM0が注目の的になるだけだ。
まぁ自分で好きに選べ。

323 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:23:12 ID:C0GUhWKM0
>>322
>レスの無駄遣いをするのは一旦やめることにします。
お前のレスは全て無駄なんだから一生レスしないのが筋だと思うけどな
存在自体が無駄なんだから。

324 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:25:30 ID:bcxAZURM0
>>319
じゃあ話を戻そうか、>>290の「思うよ」は、明らかに>>279の代弁に立った意見だな?
それを踏まえたうえで、死刑廃止を前提とした>>279の意見のどこが死の軽視で無いと思ったのかきかせてもらおうか?

325 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 16:26:06 ID:wDGRvzVL0
>>323
ワクチンってのは、使わないで済むのならば必要の無い、健康体に対しては 「余計」 なものです。

でも無駄では無いんだなぁ。ウィルスが存在する限り。

326 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:32:09 ID:C0GUhWKM0
>>324
まず、死刑廃止を前提としていない。
死刑よりも酷い刑を前提とした、死刑廃止論だ
そこを理解してもらわないと話をしても仕方が無い

>>325
俺は君の、死刑廃止論の内容のほうが酷いから死刑賛成って点は評価しているんだけどな
俺と考えが似ているからな。
だが、君には違和感を感じるんだよ
今君が君自身のことをワクチンと例えたことがそうだ
ひょっとして、自分が正義、自分が中心って思っていないか?

327 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:33:22 ID:C0GUhWKM0
そろそろ親を食事に連れて行く時間が迫ってきている
あと何度書き込めるか分からんなぁ

328 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:35:46 ID:bcxAZURM0
>>326
>>279「苦しみ生きてもらうのが本当の刑罰」と言ってるだろう?
そういう事だ。君の解釈を前提としている訳じゃない。

329 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:38:40 ID:C0GUhWKM0
>>328
じゃあ、苦しみ生きるというのはどういうことだと解釈しているんだ?
抽象的な書き方だから人によって捉え方が違うことは避難できないわな

330 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:42:03 ID:bcxAZURM0
>>329
少なくとも、死ぬ事より生き続けることが「キツイ、償いになる」と定義してる事は間違いないな。
「もっと苦しめてから殺す」事を、死刑より厳しい刑とする君の意見とは根本からして違う事に疑いの余地は無い。

331 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:43:40 ID:C0GUhWKM0
>君の意見とは根本からして違う事に疑いの余地は無い。
じゃあ、俺と279は別人だということも皆理解してくれたのかな?
それなら俺は満足だ

332 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 16:49:56 ID:bcxAZURM0
>>331
そこで>>290だ。「少なくとも、死ぬ事より生き続けることが「キツイ、償いになる」と定義してる」>>279の意見が命を軽視してる訳じゃないと、君は擁護した。
これが発端だ。

で、何故そう思ったのか?を聞いている訳だ。

俺も出かけるのでゆっくりでいい、答えてもらおう。
自分の意見と>>279の意見を混同させてない、というなら答えられるだろう。>>279と自分の意見が違うと思っているなら尚更。

333 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 17:43:57 ID:wDGRvzVL0
>>326
>死刑廃止を前提としていない。

>死刑廃止論だ

これは新しいwwwww



アホか。
>>279は普通に廃止論者だ。普通に、「ウソツキの廃止論者」 だ。

334 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 19:02:54 ID:C0GUhWKM0
>>333
ちゃんと読めよ

335 :容認派:2010/12/04(土) 19:16:59 ID:gQndjggb0
さて、>>255の件についてですが、レスを読んでみましたところ、死刑賛成派からは、
理性的、理論的な反論は、一切ございませんでした。恐らく>>255の文章の完成度も高く、
理論の穴も無く、反論の余地が無かった為と考えられます。
今後の議論の為にも、賛成派の方々に今一度死刑問題に関して、深く考えていただく為に、
再度私の考えを述べさせていただきます。

 死刑問題を「9条改憲」との関係でお話しします。

 今の自衛隊は国を守るための組織です。しかし、軍隊となったら人殺しの組織になります。
軍隊の目的は人を殺すことです。そういう職業集団ができあがることになります。
「自衛隊」と「自衛軍」ではまったく性質が違うと私は考えています。

 軍隊は国を守るため、人道のため、国際貢献のために民間人を含めて人を殺します。
国防や国際貢献や人道という一定の目的のために殺人を正当化できるのであれば、
死刑という殺人も正当化してもいいのではないかという考えが波及していくことを恐れます。
私は人の命をある政策や目的の手段、政治の手段として使うこと自体に反対なのです。
人道のための戦争、人権のための戦争、自由のための戦争などないと私は考えています。

 この問題についてもいろいろ議論の余地があると思います。
しかし、わが国が軍隊をもって、アメリカと一緒になって人道のための戦争であるといって
虐殺に荷担するようになってしまったら、一定の政策目的のための人殺しを許すことになり、
死刑廃止という運動に大きな影響を与えてしまうのではないかと大変危惧しています。
人間の尊厳に反することは認めるべきではありません。

 EU(欧州連合)では死刑が廃止されていると聞いています。
でも、コソボの空爆など、人道のための戦争を始めてしまいました。
「それはおかしいではないか。あなたたちの国は死刑を廃止しているでしょう?
死刑を廃止しているなら人道目的の戦争、空爆などやめるべきです」という主張を、
9条を持っている日本は、EU諸国やアメリカに対してすべきだと思います。

 9条を変えて自衛隊を自衛軍にしようとする流れは、死刑をなくしていこう、
人の命というかけがえのないものを政治や一定の目的のための道具にすることはやめよう、
ということに対して少なからぬ影響を及ぼすのではないかと私は危惧します。

336 :容認派:2010/12/04(土) 19:20:06 ID:gQndjggb0
>>94でも申し上げましたことで、大変恐縮ですが、
死刑賛成派の方々にも今一度、理性的、理論的な反論を
いただき、よりいっそう死刑に関して真剣に議論を深めていただく為に、
私の考えをもう一度、述べさせていただきます。

 「真理は少数意見にあり」ということについて簡単に触れてみたいと思います。

 民主主義とは国民の多数意見に従って仕事をしていくことです。
でも、そのときどきの多数意見が間違ってしまう危険性があります。ですから、
あらかじめ頭が冷静なときに多数意見に従って誤った判断をしないよう
歯止めをかけていく道具が憲法に他なりません。

 例えば、「凶悪犯罪が増えているではないか」という、
そのときどきの多数意見やムードに流されてしまって、
厳罰化の流れに行きそうだというときに、「ちょっと待てよ。もっと冷静に考えてみよう」と、
その多数意見に歯止めをかけるのが憲法の役割です。言い換えれば、
多数決でもやってはいけないこと、多数決でも奪ってはいけない価値
――すなわち人権――を列挙したものが憲法に他なりません。
そのときどきの国民世論の大多数がこうだからといって、
これに従えばいいというわけではないのです。

 少数者を守ることが人権保障であり、また憲法の存在意義そのものです。
ですから国民の大多数が死刑を存置すべきであるという意見だったとしても、
「人権」という観点から、たとえそれが少数意見で、多数意見に反する場合であっても、
これは正しいと主張していくことこそが立憲民主主義の国の政治家の皆さんのお仕事だと思います。

 ときに、真理は少数意見にあるということです。
イギリス、フランスが死刑を廃止したときにも、国民世論の大多数は死刑存置に賛成だったそうです。
そのような状況の中で、政治家の皆さんが勇気を持って決断をされました。
日本でもまさに、そういう決断がなされることを心から願ってやみません。
ぜひ、人類の理想のために、がんばっていただければと思います。

337 :容認派:2010/12/04(土) 19:21:15 ID:gQndjggb0
死刑制度が存続している以上、死刑判決をなくしてしまうことは難しいと思います。
しかし死刑を適用する基準を少しずつ厳しくしていき、死刑判決の数を
少なくしていくことは可能であると思います。

以前、「永山事件」の控訴審で船田裁判長は、日本中の裁判官が一人残らず死刑を言い渡すような
事件でなければ死刑は適用できないと言い、一審の死刑判決を無期懲役に変更しました。
いわゆる「船田判決」です。

最高裁はその後、この判決を破棄し高裁へ差し戻しましたが、私は船田判決の精神を
できるだけ生かして欲しいと思いました。そして最高裁の判決をよく読んでみると分かりますが、
「船田判決」の精神は十分に生きているのです。

しかしその後、どういう理由か、下級審では以前に比べて簡単に死刑判決が
下されるようになってしまいました。その点に関しては、私は今の裁判官に、
もっと頭を切り換えてもらいたいと思います。

感情に流されたら裁判は成り立ちませんが、しかし感情を抜きにした血も涙もない判決というのは、
司法の精神を殺してしまいます。血も涙もある、しかし法律はちゃんと守るというものにして欲しい。
そうすれば死刑判決はもっと減ると思います。

そして死刑判決が減れば、死刑を廃止しても影響が少なくなり、
廃止する際の抵抗もなくなると思います。

338 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 20:08:24 ID:v52qjaGj0
スレの皆様、コピペ厨は完全スルーでお願いします。

339 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 20:44:20 ID:wDGRvzVL0
百人一首を例にとると、

>死刑賛成派からは、理性的、理論的な反論は、一切ございませんでした。

反論はの、「は」 の時点で札が取れる。

だがこれだと万に一つくらいの可能性でお手つきになる可能性がある。

なので一呼吸おいて、その後の、「一」 の時点で取りにいくかどうかで攻防が分かれるところだ。

340 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 20:48:42 ID:u7LA/TyuP
相変わらずキリスト教かぶれは自分以外の価値観を認めたがらないでいるのか。
一神教の持つ害悪の典型だな、死刑廃止論者ってのは。

341 :容認派:2010/12/04(土) 22:17:48 ID:AaOpy4qr0
ご苦労なこったな。gQndjggb0 君。
君は、書き込みさえできれば何でもいいんだな。

君は、君からネットを取り上げると正常ではいられないタイプかな?
ちゃんと対人恐怖症を克服して、社会デビューを果たしたまえよ。


342 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 23:07:13 ID:/I0vn6/k0
こんな反社会性を盛大にアピールしてる時点で、廃止派にとっても邪魔にしかなんないよなぁ。
なのに、ここまでで彼に対する廃止派からの文句は0、一人ぐらいは廃止派の振りをした存置派を疑うくらいの賢しさがある奴が居てもよさそうなのにな。

ま、主に被害被ってるのは存置派だから、やっぱその線は薄いんだが。

343 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/04(土) 23:32:28 ID:wDGRvzVL0
>>342
その君のレスを見たとしたら、言われた通りにやってくる奴がいるかもよw
私のこのレスを振り切ってでもやってくるかもねw
言われてやってくる奴が賢いはずは無いけどな。

自ら気付き、指摘する。 (賢人)

言われるまで気付かないが、その事実だけは受け止める。 (凡人)

言われた後に、さも自分で気付いたかのように指摘してくる。 (愚者)


344 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/04(土) 23:52:24 ID:KLUDw/cm0
なんか圧倒的に存置派が強すぎ。廃止派は偽コテが代等してきてるし。
つまらんから俺も廃止派になりすましてカキコとかしてみよーかなぁ?
とか思う今日この頃。

345 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 00:44:22 ID:6M50CDRj0
手塚治虫氏のマンガ、ブラックジャックで、地雷の埋まった無人島に水だけ与えて放置
っていう私刑シーンがあったね。地雷で吹っ飛ばされても治せる範囲なら治すみたいな。

346 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 01:06:26 ID:6M50CDRj0
コピペですまない
全体の人数は増加しているようにもみえるし、ただの誤差のようにもみえる。
懲役年数は増加傾向にある。
すごいのは保護観察下に置かれているはずの仮釈放受刑者が殺人で再逮捕されてること。
仮釈放っておとなしくしとけばいいってわけじゃなくて色々な審査をパスしないと認められないのに、、、全然更生してないやんけ!
全然更生してない率2.5%、これは低いのかなあ
刑務所って更生プログラム実行してるの??
---
無期懲役の判決を受けて刑務所に服役している受刑者(無期懲役囚)が、07年末時点で1670人に達し、
戦後最多となったことが法務省のまとめ(速報値)でわかった。

07年は89人の無期懲役囚が新たに入所したのに対し、仮釈放は3人にとどまり、仮釈放者の平均入所期間は初めて30年を超えた。
凶悪犯罪に対して厳罰を求める世論や仮釈放者の再犯に対する社会不安が背景にあるとみられ、仮釈放を認めない終身刑の新設を巡る議論にも影響を与えそうだ。

米国など一部の国が設けている終身刑は、仮釈放を認めていないが、日本の無期懲役は、10年以上の服役で仮釈放が可能となる。法務省矯正局によると、
07年末に全国の刑務所で服役していた無期懲役囚は1670人で、98年末の968人に比べ、72%増えた。戦後の混乱期に治安が悪化した影響で1279人(61年)まで増えた後、
713人(84年)まで減少していただけに、最近の急増ぶりが際立っている。

新たに入所した無期懲役囚の数も、90年代には年間20〜40人台で推移していたが、03年に初めて100人を超え、07年は89人に上った。

これに対し、仮釈放された無期懲役囚は98年に18人だったが、その後の平均は年間9・5人で、07年は3人にまで落ち込んだ。
仮釈放者の平均入所期間も20年10か月だった98年以降、長期化する傾向が続き、07年は31年10か月だった。無期懲役囚の08年4月時点での入所期間を見ると、
40年以上が24人に上り、55年以上の受刑者も1人いた。

同省の調査では、06年に仮釈放中に事件を起こした元受刑者(有期刑、無期刑含む)は、殺人が4人、強盗が13人、傷害が25人に上った。
法務省幹部は「厳罰化や再犯抑止を求める世論を背景に、仮釈放が認められにくくなり、事実上の終身刑化が進んでいる」と説明している(08年06月01日付『読売新聞』)。

347 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 01:07:38 ID:6M50CDRj0
やっぱ長かった><数字だけかいつまんでちょうだい

348 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 01:16:33 ID:6M50CDRj0
死刑がなかったら4件の殺人事件は起こらなかったのかな

349 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 01:22:31 ID:6M50CDRj0
釈放なしの終身刑があればそりゃ起らなかっただろうけどさ

350 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 04:56:20 ID:j4FeGXcYP
>>336
>イギリス、フランスが死刑を廃止したときにも、国民世論の大多数は死刑存置に賛成だったそうです。
そのような状況の中で、政治家の皆さんが勇気を持って決断をされました。
日本でもまさに、そういう決断がなされることを心から願ってやみません。


そりゃ無理だ。>255の人も指摘している通り、ヨーロッパの死刑廃止論には
生命尊重の観点が無い。だから平気で戦争もするし世界中に人殺しの兵器を
売りさばいて大儲けする。欧州の死刑廃止の論理は、人の命よりも優先される
神の意志、つまり単にキリスト教由来の発想にすぎない。

フランスの場合はミッテランが公約に掲げて世論の反対を押し切って
死刑廃止を強行したわけですが、結局の所、死刑制度に賛成する国民自体も
ミッテランと同じようにキリスト教の素養が元々あったわけ。
だから廃止を強行しても、死刑に賛成の国民達も(渋々)それに従うわけですね。
要は意識は反対しても精神の中のキリスト教の部分で同意してしまうってわけです。

だが、日本にはそのキリスト教の素養は全く無い。死刑廃止を唱えると現役大臣でも
落選するわけですからな。民主主義制度の少数意見の尊重という話もそりゃレベルの
問題でミッテランのように死刑廃止を公約を上げて当選してそれで少数意見の尊重と
言うなら民選を経ているので許容もされるが、死刑廃止を公約にも上げずに当選して
国民に対するだまし討ちで死刑廃止して少数意見の尊重を唱えても許されるわけがない。
それは単に民主主義の否定だな。民主主義が多数決なのは良くも悪くも絶対的真理で
少数意見にも耳を傾けるべきという論理はあっても少数意見の方を多数意見よりも
優遇するという論理では無い。
その辺をわきまえるべきでしょう。

351 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 12:18:40 ID:mJnjlCVB0
実際、欧州の死刑廃止は一種のキャンペーンみたいなものだし。日本の弁護士がやってる、考えてます、意識してますアピール。
本当に人権云々に配慮する気があったら、まず自国のあの滅茶苦茶な現場射殺どうにかする事を考えるよな。それをしない国家の勇気(笑)とか決断(笑)とか言われても。

352 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 14:21:58 ID:N0ClAmCv0
1、死刑賛成?反対?
2、その理由を箇条書き
3、その他(2行まで)

1度それぞれ簡潔に書き合ってみよう
分かり易くなる

353 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 15:26:37 ID:nobYpBkHP
>>351
> 本当に人権云々に配慮する気があったら、まず自国のあの滅茶苦茶な現場射殺どうにかする事を考えるよな。

(ヾノ・∀・`)ムリムリ
アイツらは自分の価値観をおしるける事は知っていても、他者の価値観を尊重するって事を知らない生命体だからw


354 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 18:19:21 ID:XR/6x//J0
>>352
そんなこと言うのは廃止派くらいのものだよ。

355 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 18:40:40 ID:XR/6x//J0
そう言えば。
「また無視された」 って連呼してた子はどこに消えた?本当にただの子供かな?
小学生の児童が参加するのはちょっと早いと思うかな。死刑存廃の議論は。
まぁ年齢だけじゃあ無いと思いますけどね。死生観っていうものは。


356 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 18:49:57 ID:gZUAX6BDO
>>355
子供を議論から排除したがるのは、大人のワガママだけどな。

357 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 19:41:40 ID:XR/6x//J0
>>356
死生観は年齢だけじゃないって言ってるよ?

つまり、
>本当にただの子供かな?

ってのは精神年齢を指している。

40だろうが60だろうが子供は子供。

358 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 19:44:48 ID:XR/6x//J0
逆に、社会的に、未成年であっても死刑存廃に参加するのが妥当だと思われるのだとしたら。


少年法による死刑回避の道もまた狭くなると思うのだが。

359 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 19:57:02 ID:gZUAX6BDO
>>357
まあ、どの道小学生に議論は早いみたいな台詞は言わない方が良いよ。

360 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 20:05:19 ID:PO+5LW8C0
>>340
キリスト教被れじゃなく、死刑を廃止する為にキリスト教を使っているだけ。
死刑廃止の意図は、全く別にあるね。
何しろ、相手は快楽殺人鬼予備軍で、死刑が無きゃ人殺しに走る狂人の集団だからさ。

361 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 20:08:14 ID:nobYpBkHP
>>356
「議論の必要なし。理屈じゃない、駄目なものは駄目」

そういう分別もあることを知るには子供には早過ぎるなぁ。


362 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 20:11:02 ID:nobYpBkHP
>>360
今更陳腐な廃止論者の煽りをカマされても・・・ねぇ。

363 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 20:57:24 ID:XR/6x//J0
>>359
>>358
死刑存廃の議論に限っては流石に小学生では早いと思うよ。
一般的に認めるにはね。
ただ、小学生であっても、その個人の経験や能力がそれ相応のものであるならば話は別だ。

それにだ、私が、「また無視されたと連呼した子」 のことを子供だといったのは年齢とは関係無いから、
君の食いつきが的外し的なものだってことは否めない。

364 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 21:59:33 ID:gZUAX6BDO
>>363
こちらの指摘も比喩に対してのものだから、別に的外れじゃないよ。

365 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 22:04:05 ID:sRCU/HgjI
已む無しが己の非を認めたことはほとんどみたことないな。

366 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 22:05:15 ID:N0ClAmCv0
死刑は已む無しの意見には同意だな
話を戻すが、死刑以外に何か良い方法があれば良いと思うのだが
その方法が無いから仕方なく死刑は賛成だとお持っている。(俺はね)
こういう考えについてどう思う?

367 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:07:14 ID:XR/6x//J0
>>364
まぁ何にしても子供が口出すようなことじゃないよ死刑存廃は。

出すことが適正ならば、子供であっても死刑適用されることもまた適正だという価値観になると思うよ。

私はどちらも同じように適さないと思っている。

比喩もクソもない。

君の横槍(?)は、
「小学生は死刑存廃の議論には相応しくない」 というそのままの意見に対してであろうが、
比喩に対してであろうが、話の流れに対してであろうが、どうであっても的外れ。というか的ずらしと言ったんだが。

的外れってのは、つまり過失だ。だが私は、「故意」 だという意味で言った。そここそが正に、『的外れ』




368 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:10:19 ID:XR/6x//J0
>>366
私に図星を突かれてファビョってるんだと思う。
だが、同じIDで出てきたことは評価してやる。

369 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 22:12:15 ID:gZUAX6BDO
>>361
>>367
一時期◆G10zQMdncgも「中学生は議論に参加するな」を連呼してた時期があってね。そういう言葉には嫌悪感すら覚えるんだよ。

自分の言葉が理解されるかどうかの責任は自分にあるし、相手の言葉を理解する気があるかどうかに、子供かどうかは関係ない。
廃止論者の姿勢を子供と称するのは子供に失礼な事だと思うし、俺は、子供でも解る分かりやすさを目指す事が重要だと思う。
少なくとも俺はそう考えてきたし、そうやって10代の頃からこの死刑廃止の流れを少年犯罪板から見てきた。
子供かどうか、大人かどうかなんて、大して意味はない。言葉しか意味がない議論の場では特にね。

370 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 22:21:16 ID:N0ClAmCv0
>>368
>だが、同じIDで出てきたことは評価してやる。
これは誰のことを言ってるの?

371 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:22:24 ID:XR/6x//J0
>>369
奴は、自分が言われて悔しかったことをそのまま言い返しただけだろ。
どちらにしても、子供に死刑を適用するのは賛成しない。
(普通の)小学生が故意に核ミサイルのボタンを押そうとも死刑にすべきでは無いと思っている。
それは、昔の子供の遊び風に言えば、『みそっかす』 だということだ。
一方的に護られる立場にありながら、それの是非を論ずる立場には相応しくないと私は思う。甘ったれるなと。

君は、そのレスだけ見たら、死刑存置派であるかのように 『アピール』 しているように見える。
何度も言うが、死刑廃止派の君よ。
死刑存廃に直接関係無い意見を言う時に、自分がどちら派かを匂わす必要は無いと思うぞ。
ここにいる存置派は、卑怯な廃止派とは違って馴れ合いだけで同意はしない。
まぁ、君が本当に存置派だったとしたら、子供を議論に参加させるべきと言っている時点で矛盾するがね。

372 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:23:10 ID:XR/6x//J0
>>370
ID:N0ClAmCv0のことだよ。

373 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 22:24:24 ID:jtHcXudm0
ま、何を言おうが、別ににちゃんのスレに誰が参加しようが自由だしな。18禁は自分のサイトでどうぞ。

374 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 22:30:29 ID:N0ClAmCv0
>>372
え?図星突かれたって何?ファビョった?
全く身に覚えが無い
俺、何か言ったっけ?

375 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 22:32:43 ID:gZUAX6BDO
>>371
別に死刑廃止派だと勘違いされたってそれで構わない。なんと思われた所で自分が変わる訳でもないし、◆G10zQMdncgの言葉が嫌いだった事実が変わる訳でも無い。
別に存置派アピールしてる訳でもないし。

それとも何?存置派っぽい事は言うなとでも?不自然なアピールに見えるから?
おかしいと思う事はおかしいというさ。存置派とか廃止派とか関係なく。
その過程で存置派っぽい事言ったからって何だっての?そっちが勝手に気にして勘ぐってるだけでしょ?

376 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:33:00 ID:XR/6x//J0
>>373
書くのは自由さ、相手にされないだけだし。逆に相手にされたほうが辛い思いをすることになる。
子供に対して、ましてや議論相手となった場合、子供だからとて遠慮は出来ない。
だからやはり、子供には適さないと思う。

まぁ、要は覚悟だけあればいい。人の生死に関わる議論をするだけの。
相手もそれだけ必死に食って掛かってくるのだという気持ちを受けるだけの覚悟があるなら好きにすれば良い。
自由ってのはそういうことだぞ?

>>363
>ただ、小学生であっても、その個人の経験や能力がそれ相応のものであるならば話は別だ。

こう言っているし、議論に相応しいかどうかの子供云々っていう基準に年齢は関係無いとも言ったはず。
君らと違って、「そうは言っていない」 とは言わない。「こう言った」 と示す。


>>374
え?君誰?何か言ったか?忘れた。ごめんな。

377 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 22:34:42 ID:N0ClAmCv0
>>376
人をファビョった扱いしておいてそれは無いだろう
納得のいく説明をお願いします

378 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 22:34:51 ID:jtHcXudm0
>>376
ふーん、ま、勝手に思ってろよ。なんの価値も意味も無いけどな。

379 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:39:26 ID:XR/6x//J0
>>375
勘ぐるもクソもないだろ?
私や>>361が言ったことに対して批判してきたことの根拠を廃止派のコテのせいにしただけだろ。意味ねえだろうが。

今は私が、「小学生は死刑存廃に参加すべきじゃない」 と言ってるんだよ。

それに何で◆G10zQMdncgがかかわってくるわけ?そいつが、「中学生は議論に参加するな」 と連呼してた根拠は何だ?

私や>>361と同じだったのか?
そこを何も示さずに何言ってんだ?
私は、廃止論への反論よりも、まず廃止論者の卑怯さを暴くことのほうが重要だと思っているんだよ。
だから君みたいなのに対して文句言うのは私にとっては意義がある。まぁ廃止派だしな。


380 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:40:50 ID:XR/6x//J0
>>378
お前が突っかかってきているという事実が、価値も意味もあるということの証明になっている。

381 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 22:46:03 ID:gZUAX6BDO
>>379
うん、◆G10zQMdncgと同レベルだって言ってるんだよ。でもそれは、俺が存廃論者と思われるか廃止論者と思われるか、なんて事とは全然関係ない事だよ。
そうやって、俺を嫌われてる廃止論者側に仕立て上げようとしてるみたいだから止めた方が良いと思うけどね。

382 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 22:48:06 ID:N0ClAmCv0
死刑は已む無しさんはすぐに人を「廃止論者」に仕立て上げようと必死になるよね

383 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:54:53 ID:XR/6x//J0
え?廃止論者って、「仕立て上げられる」 ような存在だったの?知らなかった。そこまでは思っていなかった。

まさか、廃止派と言っただけで、君らが、「仕立て上げられた」 と思うとまでは思っていなかった。悪かった。

廃止論者みたいな卑怯者の疑いをかけてしまって。申し訳ない。

疑われるだけで迷惑だよな。廃止論者なんて。私もよく疑われて辛かった。

だから君らの気持ちが良く分かる。悪かった。廃止論者だと思われるだけで困っちゃうよな。たとえ廃止派であっても。






384 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 22:57:35 ID:jtHcXudm0
>>380
俺程度に突っかかられたからってなんだってんだ?

>>381
ユーフラテスが嫌われてる、とかいう流れになった時もそうだったな。

>>383
印象操作を狙うやり口。なんかもう、あいた口が塞がらんな、やってる事廃止派と大差無いわ……

385 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 22:59:55 ID:XR/6x//J0
つか。

このスレに書き込みを始めたときは、正直、死刑制度に疑問を持っていたんだ。

「本当に死刑制度は正しいのか?」

って思っていたんだ。
そう思って廃止論に注目していたんだ。

そして死刑制度への想いは今も変わっていない。
なのに今は当時よりも強く死刑存置すべきだと思っているんだ。
何故か?


何のことは無い。

死刑制度に疑問があろうが無かろうが、

『それよりも遥かに死刑廃止論が正しくない』

ことを、死刑廃止論者に触れるたんびに、より強く感じるようになってしまったからに他ならないんだな。


残念ながらそれは今でも続いている。
このまま行ったら、そのうち、考え方が、「死刑已む無し」 じゃ無くなってしまうかと思うと恐ろしい・・・・・・

386 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:00:05 ID:gZUAX6BDO
>>383
まあ、存置派っぽい事言ったら「存置派の振りしてる廃止派」扱いされるんじゃ、もうどうしようも無い。已む無し君に意見した時点で、もう「廃止論者扱い」で決まっちゃうんだなぁ……と思った次第。

387 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 23:00:51 ID:N0ClAmCv0
>>383
君が分かっているのかどうかすら分からんから一応ハッキリ言っておくが
俺は死刑賛成派だよ

少しは冷静になってほしいものだ

388 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:03:55 ID:jtHcXudm0
>>386
ご愁傷さまだな(笑)
どーでもいいことだが。

389 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 23:05:37 ID:XR/6x//J0
>>384
印象操作風にしただけの皮肉だしw
印象操作もクソも無く、そのままだからさ。
あれを印象操作と言っておきながら、『やってる事廃止派と大差無いわ……』

俺達と大差無いって何で言えないの?
少なくとも君は、「廃止派は卑怯だよね?」 っていう文章は印象操作だと思うのね?
事実は違うと思っているってことね?

なのに、印象操作を、やってることが廃止派と大差無い。

わかる?君の言ってること。

分からんなら分からんで良いけど。

390 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:07:10 ID:AV8wX+v50
別に賛成だろうと反対だろうと
自分の考えと違えば反論して
賛同できる部分は賛同すれば良いだけなんじゃないの?
存置派だから賛成だとか反対だとか
じゃなく内容に対して反論すれば良いと思う

391 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:07:37 ID:jtHcXudm0
>>389
事実大差無いんだから仕方ないだろ。お前みたいに勝手に言いがかり付けて廃止論者認定なんぞしとらんわ。

392 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:07:58 ID:gZUAX6BDO
本来は存廃論なんか全然関係ない事で言い合ってた筈なんだけどなぁ。なんで廃止派廃止派ってからかわれなきゃならないんだか……

393 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 23:08:26 ID:XR/6x//J0
>>386
全く存置派っぽいこと言ってないし、自分がどちら派かを示しても内容には関係無いのに、
「俺は存置派です」 って言っちゃう人を廃止派扱いしてんの。

394 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 23:08:48 ID:N0ClAmCv0
>>389
何歳くらいなの?

395 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 23:09:35 ID:XR/6x//J0
まぁそれで全部じゃないけどな。全部教えたらそこだけ隠すようになるだけだしな。

396 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:10:00 ID:gZUAX6BDO
>>393
存廃論語ってる訳じゃないんだから当たり前じゃないか……

397 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:13:16 ID:gZUAX6BDO
>>390
いや、全くその通りなんだけど、それで廃止派扱いされるのは色々と面倒くさい所があってね。
「廃止派卑怯」ってのが「廃止派と思われてる俺」に丸々来るんだよ……

もう話も全然関係ない事になってるしさぁ……

398 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:15:08 ID:cPZWtvCn0
半ケツ


399 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 23:16:01 ID:XR/6x//J0
>>396
存廃論を語ってないのに、どちら派の人間が言っていたかどうかを殊更に示すのはどういう意味?
存置派に突っかかってきておいて、廃止派が言っていたから腹が立ったって君が言ったんだよ。なにそれ?関係無いだろ。
何派が言っていようが、私の言ったことが間違っていると君が思ったんならそう言えば良いだろ。
廃止派が言っていたからと付け足す意味は何だ?そんなの正しいか間違っているかを示す根拠になるかよ。
まぁ、これ以上言っても無駄そうだな。廃止派の疑い以前に、君の意見に真っ向から反論したレスには返事が返ってきてないしな。
まぁ、だからこそなんだけどな。

400 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:22:55 ID:gZUAX6BDO
>>399
>存廃論を語ってないのに、どちら派の人間が言っていたかどうかを殊更に示すのはどういう意味?

別に殊更示したつもりは無いけどね。◆G10zQMdncgを嫌っちゃいけないって言うならべつだけど。

>存置派に突っかかってきておいて、廃止派が言っていたから腹が立ったって君が言ったんだよ。なにそれ?関係無いだろ。

誰だっておかしいと思った事はおかしいと言うよ。廃止派らしい廃止派も居なかったし。

>何派が言っていようが、私の言ったことが間違っていると君が思ったんならそう言えば良いだろ。

じゃ、俺は廃止派じゃありません。
それと、君が勝手にこっちに廃止派疑惑向けて来ただけの話で、そもそも俺が廃止派かどうかで責め立ててる事自体が間違いだよ。

>廃止派が言っていたからと付け足す意味は何だ?そんなの正しいか間違っているかを示す根拠になるかよ。

まあ、その頃俺は、子供で死刑存廃論に参加してたって事だよ。

>まぁ、これ以上言っても無駄そうだな。廃止派の疑い以前に、君の意見に真っ向から反論したレスには返事が返ってきてないしな。

そもそもぐちゃぐちゃになったのが君のせいなんだが……俺は廃止派の疑いを向けられながら、マトモな議論が交わせるとは 考えないよ。

401 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 23:26:52 ID:N0ClAmCv0
>>399
どうせ相手の意見なんて最初から受け入れるつもりないんだろう
幼稚な奴だ

402 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:31:31 ID:g4eXCByX0
>>401
ヤプーなんてコテの変態に言われたくない。

403 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 23:37:17 ID:N0ClAmCv0
名前で差別するのはやめてもらいたいし
俺は死刑は已む無しに言っているんだ

404 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 23:38:59 ID:XR/6x//J0
>>400
>まあ、その頃俺は、子供で死刑存廃論に参加してたって事だよ。

ここは匿名掲示板だ、ということは、君が、「中学生は議論に参加するな」 と言われるにはいくつかの理由が考えられる訳だが。

@誰にも聞かれてもいないにもかかわらず君が自分からそれを明かした。
A相手は闇雲に言っただけなのが、たまたま図星だった。
B君の文章からそう読み取られた。

他にもあると思うのだが・・・・・
まず重要なのは@なのかどうかだ。
君は、
>子供かどうか、大人かどうかなんて、大して意味はない。言葉しか意味がない議論の場では特にね。

自分でこう言っているのだからね。

それはそれとして、私が、無条件に死刑適用が免除される人間が存廃の議論に参加するのは適さないということに、
感情的な部分以外で何かありますか?
無いのに
>うん、◆G10zQMdncgと同レベルだって言ってるんだよ。

こう言っているでしょ?少なくともこの時点ではね。それが廃止派と同じだと言っている。
それを根拠として疑いをかけたのにもかかわらず、それを晴らそうとしない。出来ないのか?
疑いをかけられるだけなら私だって何度もあった。だから何だ?という感じだが。自分で証明してけば良いだろ?
放棄するって事はそういうことだと。私は受け取るよ。

405 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:40:29 ID:MwzgmnNz0
基本的に名無しは廃止論者認定喰らうとどうしようも無くなるんだよな。
わざわざ当たり前の事言ったってどうしようもないから、廃止論者が居ないと基本的に存置論者が主張することなんて無いし、相手が存置論者のハンネ付きだと、最終的には廃止論者のそしりを受けたまま消えるだけw
ユーフラテス、死刑は已む無し辺りはもうその強権の味をしめてる部類だからどうしようもない。俺も日付が変わったら消えるだろうな。
この状態だと廃止派が湧く保証も無いし。
結局廃止派らしい事も言わずに、認定されたまま消えた連中が居るって事実に、もう何の疑問も覚えてないんだから凄いわw

406 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:41:44 ID:MwzgmnNz0
あ、ID変わったな。
>>405は ID:jtHcXudm0で。

407 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 23:42:49 ID:XR/6x//J0
>結局廃止派らしい事も言わずに、認定されたまま消えた連中が居るって事実

おいおい本音が出てるぞ。

408 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/05(日) 23:48:34 ID:XR/6x//J0
私は、廃止論に対する私の認識がもし間違っていないのだとしたら


理知的な廃止論者が公平な場において継続的にコテハンを名乗ることは無いと思っている。
ストローマン論法に於いて、同じコテハンで議論し続けるメリットは何も無いからである。
その論法を頻繁に用いることは、自身の正当性が相手に対して劣っていることを自覚していることの証明に他ならない。
コテハンを名乗り一貫した主張をすればするほど、その優劣が顕著に現れるだけである。
理知的な廃止論者はそれを理解している。だから決して継続してはコテハンを名乗らない。


あの人の廃止論は本当に他の人とは違うのだろうか?とても興味があった。
矛盾だらけであるにもかかわらず、厚顔無恥的に居座り続けたとしてもコテハンのメリットが得られるはずも無いことは、
彼ならば十分判っていたことだろう。死刑反対君やマークスのように。
だからこその今回のような行動であると思っている。


すなわち、自分がコテハン示すことが出来ないからこそ、(つまり、整合性を示すことが出来ない。矛盾無く議論し続けることが出来ない)
相手のコテハンの価値を下げることしか対応が思いつかないのだろう。


廃止論もここまで地に落ちたのか


409 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/05(日) 23:51:32 ID:N0ClAmCv0
>>408
>廃止論もここまで地に落ちたのか

今、誰も廃止論語ってないんじゃない?
未成年も死刑賛否の対談していいか、まだ早いかを言い合っているだけだろう

410 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:52:47 ID:gZUAX6BDO
>>404
>ここは匿名掲示板だ、ということは、君が、「中学生は議論に参加するな」 と言われるにはいくつかの理由が考えられる訳だが。

答えは
C俺以外の人が言われてるのを、子供の俺が見てた
だね

未成年の身として、◆G10zQMdncgの言葉に反感を覚えてた、って過去。

>それを根拠として疑いをかけたのにもかかわらず、それを晴らそうとしない。出来ないのか?
>疑いをかけられるだけなら私だって何度もあった。だから何だ?という感じだが。自分で証明してけば良いだろ?
>放棄するって事はそういうことだと。私は受け取るよ。

例えば昨日の>>342、俺だよ。
信じるかどうかなんて解んないけどね。

411 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:55:19 ID:gZUAX6BDO
>>409
結局俺が訂正したのも無意味だったって事だね。だからやなんだよ、水掛け論にしかならないから。
俺が存廃派っぽい事言ったから疑われてるって事忘れてんじゃないかな、彼……

412 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:57:11 ID:MwzgmnNz0
>>407
おいおい、どれだけ勘ぐるんだお前w
もう俺には向かう奴は皆敵って感じだなw

413 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 23:59:32 ID:jWQwUcpH0
コテつけりゃ工作員認定君があらわれ廃止派工作員認定し、
名無しででてくりゃ死刑は已む無しが廃止派認定する。

存置派を駆逐するには最強のコンビだね。

414 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 00:00:55 ID:lVp213wh0
>>411
多分、死刑は已む無しは酒飲んでるんじゃないかな?
時間も時間だし
でないと、こんな書き込みできないと思うんだよね

415 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 00:06:32 ID:comd5hh2O
>>414
まあこうやってIDが変わっても途切れないようにすれば、存置派として発言する機会もあるだろうから良いんだけどさ。
それでも疑われたらって考えると、ひたすら憂鬱だよ……

やりにくくってしょうがない……

416 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 00:09:31 ID:FPmE487g0
>>410
君は、私の何に対して意見してきたのかをもう忘れちゃったかい?

私や>>361が、子供が死刑存廃の議論に参加するのは適さないと言っていたことに君は批判を投げかけてきたわけだが、
感情的なこと以外は何も言っていない。
早く答えてくれないか?
君は、「自分が子供のときに、子供は議論するなと言われて腹が立った。」 としか言っていない。
議論したいんだろ?それじゃあ今でも子供のままだよ君は。何度も言うが、議論での子供ってのは、年齢が低いという意味で言ったんじゃない。
君も言ったように、文章のやり取りだけの掲示板なんだから、意見の内容が肝心だよな。
でも君の意見は、今のところ、内容が子供のようなんだと思うが。君が今現実に何歳であろうとね。

子供には死刑は適用されないんだよ。無条件でね。その理由について君は良く考えてみるといい。現実には大人の仲間入りをしたのならね。

>>342は、どちら派のレスだとも私は思っていなかったよ。どちらの可能性もあると思っていた。
今更そんなことを言われても別段どうとも思わない。
あのレスの中で、「俺は存置派だけど」 って言ってたら、それを確認する為にいくつか質問をしたかもしれないが。
別に、廃止論も否定しないし、廃止論者も否定しない。
廃止論者かなと思ったとしても、存廃にも関係無いことを言っていて、卑怯でもない、公平な意見だったら、
それがどちら派であろうが関係無い。わかるかい?
ただ、『卑怯な廃止論者』 を否定してるだけ。それが余りにも多いっていうだけ。

417 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 00:10:21 ID:lVp213wh0
何歳くらいの人なんだろうね?
多分30歳くらいかなとは思うんだけど。

418 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 00:17:41 ID:comd5hh2O
>>416
議論、したくないよ、別に。
それに、腹が立ったから批判してる訳でも無いし、論理で説明するような事でも無い。

子供だって理論の中で何かを考えたり、得たりする、意見を誰かに受け入れて貰う事だってあるし、賛同される事だってあるし、否定される事だってある。少なくとも俺はそうだった。
まあ、実体験なんてのは、議論においてはなんの根拠にもならないけど、君の決めつけを俺が受け入れ難く感じる理由にはなる。
子供だから資格が無いとか、相手にされても良いことにならないなんて、それこそ根拠の無い決めつけだよ。事実、君の理論は俺に当てはまってない。少なくとも、俺の中ではね。

子供だって参加出来る場なんだから、それを否定出来る権限が誰かにある訳でも無い。

わざわざ論理を立てて否定するような事がそもそも無いし。

419 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 00:19:54 ID:FPmE487g0
>>418
では、君は、子供であっても大人同様理論的計画的に、しっかりとした意志を持って凶悪殺人に及んだ場合は
死刑適用もありえると思っているということかな?

420 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 00:19:54 ID:lVp213wh0
まぁ、子供がここで議論していいか否か決める権利は彼には無いだろう
どうして自分に決める権利があると思っているのかが分からないな
自己中としか言いようがない

421 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 00:22:42 ID:comd5hh2O
>>419
少なくとも、人権を持った一人の人間として、これから大人になる一人の人間として、考え、発言し、得る権利が、日本に住む日本国民である以上は誰にでもある。
拙くても、足りなくても、覚束無くてもね。

俺はそう考える。これは俺にとっては「絶対」だ。

422 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 00:23:46 ID:FPmE487g0
子供に死刑が適用されないのは、人格形成が未発達であるということも根拠の一つになっている。
子供として、死刑存廃に、「意見」 を言うのは自由だろう。
だが、議論となると、そもそも資格云々以前に、『無理』 だろう。
それができるのならば、その子は、いやその人は、精神年齢的には大人同様だと云えるのだろう。

423 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 00:29:19 ID:FPmE487g0
>>421
そうか。君が、子供であっても死刑適用すべきだというなら、意見に矛盾は無い。
まぁ、凶悪殺人者予備軍にとっては少年法はあまり重要では無いと思うが。

まぁ私は、責任と義務の無いところには、それに見合う権利も無いと思っている。これは私にとって「絶対」だ。
善意や愛情を与えることを、『義務化』 すべきではない。
それを受けることを、『権利化』 すべきではない。
もちろん、「人として最低限」 のものを保障することは必要であると思うが。

424 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 00:30:48 ID:lVp213wh0
>>422
議論して良いか否かということから
無理かどうか、という流れに変えて話を反らそうとするのはやめましょう

425 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 00:30:56 ID:F0fVVAOc0
>>422
まあ要は、子供だから無理とか資格がないとかは全然ないって事だな。
そこを精神年齢云々でごまかしてるだけで。

426 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 00:35:51 ID:comd5hh2O
>>423
「自分の決めた事が絶対に子供の世代に影響しない」というならそれで良いよ。
俺達が決めた事の義務は、絶対に将来、子ども達も背負わされる羽目になるんだ。君の理屈は、そこを排除して話を成り立たせようとしてるだけ。

義務があるなら、当然そこには権利がある。「これから」を決めるのに、なんでそこに居るはずの人達が排除されるの?
今だけのお試しで議論するような事じゃないよ。

427 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 00:43:30 ID:comd5hh2O
もう遅いし落ちよう……

428 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 00:50:45 ID:lVp213wh0
俺も眠りにつこう

家畜人ヤプーは俺にとって聖書のようなものだ

429 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 01:15:49 ID:OiFH8ulm0
已む無しは頭冷やせよ。一人で全員相手に乱闘してる状態じゃないか。
偽コテのせいで疑心暗鬼になってるんだろうけど。

430 :容認派:2010/12/06(月) 05:09:37 ID:8W44dKuF0
夕べは大人、子供議論で盛り上がっていたようで…。

俺は、子供は基本参加すべきでないと思う。
ただし、子供も見ていることを忘れずに書き込みをすべきだと思っている。

参加すべきでない理由
@大人の刑罰を課せられない、対象外の人である。
A人生経験を積まないと判断材料が乏し過ぎる。
B純粋であるが故に、二元論になりやすい。
C若いうちから、歪んだ宗教観・死生観にとらわれて欲しくない。
D辛辣な大人のターゲットになって傷ついて欲しくない。

こんなところだ。

だが、大人は子供が見ていることを考えて、大人としての書き込みをすべき
ではあるな。俺も、その意味では反省するところがある。

人の生命は何人たりとも奪うことはできないと言いながら、戦争、正当防衛、
中絶、安楽死は良くて、快楽殺人も認めて、死刑だけダメっていう廃止派に、
子供たちは何を感じるだろうか?
自分たちが言い出した原則を、すぐさま否定してしまう愚かな大人は、子供
から見てもおそらく信用できない大人に映るんだろうな。情けない限りだ。

子供たち諸君、死刑を含む刑罰とは、是か非かで単純に答えの出るもんじゃ
ない。グレーな部分があるから、人間なんだよ。そして、そのグレーな部分を
判断するには、ある程度の人生経験が必要だと思う。君たちもいずれは大人
になるんだから、何も急いで結論を出す必要もないよ。昔から言うでしょ、急い
てはことをし損じるってさ。


431 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 07:29:54 ID:j8WQM2y40
>>382
そうでもない


432 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 07:37:36 ID:j8WQM2y40
>>409
選挙権があるなら断定するレベルの議論をしてもいいと思う
そうじゃないなら意見として聞いておくのがいいんじゃないかな
もちろん疑問があれば書けばいい。
それから未成年で変態コテはどうかとおもう。

433 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 07:41:38 ID:j8WQM2y40
>>413
べつにその人の結論で世の中が動いているわけじゃなく、個人の意見でしょ
違うなら違うと言えばいいし、それでも認定されるんならその意見に認定される要素があるんでしょ
ひとりに言われて黙っちゃう意味がわからない

434 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 07:46:52 ID:j8WQM2y40
>>430
2について。
以前子供に疑似裁判をさせた例がある。
被告の罪名は痴漢。
判決は死刑だった。
その理由は、よくわからないのでとりあえず、だった。

年齢を下げまくるとこうなる1例ということで。

では何歳ならいいのか?とかそういう話は永山基準的に議論のもとになっていいと思うけど。


435 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 09:41:41 ID:wWz/G3PK0
>>408
>あの人の廃止論は本当に他の人とは違うのだろうか?とても興味があった。
同じレスを何度か見たんだけど
これって誰か特定の人を指してるの?



436 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 09:46:57 ID:I+H7rwaX0
>>433
昨日の流れを見る限りでは、特に誰かが認定されるような要素は見受けられない気がするぞ。
そこで、否定しても認定されるんならその意見に認定される要素があるんでしょ、とするなら、事実上認定する事、し続ける事そのものに意味がある事を認めたようなもの。一番大切な理由の追求が抜けてるな。
しかもにちゃんでは、認定するって行為自体、イメージ植え付けや相手を侮辱できるレッテル貼りとして、大抵否定してもいたずらに傷を広げるだけ。

437 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 09:51:36 ID:TD3g97vc0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

438 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 17:10:22 ID:FPmE487g0
>>436
何故、第三者の目から見てそう思われるのだと思う?
例えば、ある質問に答えることができないことを根拠として廃止派との疑いを持った。だからそれについて答えてみてくれ。
という問いかけに対し、それに答えることも、その根拠そのものを否定することも出来ない。

私の>>416に対する返答が、>>418
>議論、したくないよ、別に。

自分から突っ込みいれてきておいて何言ってんだ?

>それに、腹が立ったから批判してる訳でも無いし、論理で説明するような事でも無い。

まず君は、>>356>>359で、
>子供を議論から排除したがるのは、大人のワガママだけどな。
>まあ、どの道小学生に議論は早いみたいな台詞は言わない方が良いよ。

などと批判してきたが、>>369>>410で、
>一時期◆G10zQMdncgも「中学生は議論に参加するな」を連呼してた時期があってね。そういう言葉には嫌悪感すら覚えるんだよ
>未成年の身として、◆G10zQMdncgの言葉に反感を覚えてた、って過去。

と、感情論を真っ先に主張している。意味も無く廃止派の名前を出してね。
『過去にもそういうことを言っている人がいて、嫌な思いをした。』 とだけ言っておけばいいのにだ。死刑存廃とは関係無いのだから。

そして、
>子供かどうか、大人かどうかなんて、大して意味はない。言葉しか意味がない議論の場では特にね。

と言っておきながら、
>腹が立ったから批判してる訳でも無いし、論理で説明するような事でも無い。

じゃあ何?
感情でもなく論理でもない、この子の主張って一体何なの?
アコガレ君のテンプレそのままの言動なんだけどな。
逆に、この子が本当に存置派だったとしても、たぶんこのままだったらこの子は廃止派に転向してしまうだろう。

何の根拠も無く、「お前は廃止派だっていったら廃止派なんだー!」 って強弁し続けているわけではない。
それをされただけで 『認定された』 とは、普通は思わないと思うんだが?


439 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 17:53:34 ID:comd5hh2O
>>438
いや、>>436俺じゃないよ。一応言っておくけど。
>>383みたいな事言われてまともに議論する気が起きる人って、よっぽどのマゾじゃない?
ここまで「存置派の振りしてる廃止派」「嘘つきの屑」みたいな扱いを、存置派っぽい事言ったってだけでされちゃあさ。

正直、「俺はマトモに話し合う気があった」みたいな事言われても困るよ。
こっちの神経逆撫でするように廃止派扱いしておいて、挙げ句の果てに取り合わなかったら、「反論しようとしないこっちが悪い」ような言い草。
で、>>383みたいな事言っておいて、「自分だけは本筋についてきちんと語ってた」みたいな顔しないでよ。
それとも何?
俺はいちいち君の廃止派扱いに対応しながら話さなきゃいけない訳?そんなあっちもこっちもみたいな真似出来ないよ。

440 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 18:49:39 ID:FPmE487g0
>>439
別に悪いとは言っていない。
私は君のことが廃止派では無いかとの疑いを持った。その理由を説明した。
それで君がやる気を失った。それだけのこと。

でも、議論する気は無くなったと言うのに、水掛け論だけは続けようとするんだな。
そんなの続ける気があるくらいなら、疑いに対しての反論をしたほうが良くないかな?

そういう態度のことを「子供」だと表現したのがそもそもの始まりだって事も、君はもう忘れちゃってるようだね。
それに対しての君の反論が
>子供かどうか、大人かどうかなんて、大して意味はない。言葉しか意味がない議論の場では特にね。
だもんな。
その、「言葉」 で判断して君を子供だと思うんだ。最初に示した、「また無視された連呼君」 を子供だと思ったんだよ。
匿名掲示板での議論には年齢は関係無い。うん。私もそうなのだと思う。
だからこそ、匿名掲示板に於いての、「子供」 という定義は年齢は関係無いだろ?
これは君と同意見のはず。

自分にだけ有利で相手にだけ不利な状況だけに適用されるルールを駆使するのは廃止派と全く同じ。詭弁。

まぁ、ストローマン論法に代表されるような、「詭弁」 を意図的に駆使する行為と、
思慮が浅く、経験が、知識が乏しいがゆえに起こってしまう矛盾が詭弁にみえてしまうことは少しだけ意味が違うけどな。


だからこそ、廃止論者の言い分っていうのはいつでも、

「馬鹿者」 か 「卑怯者」 かの2者択一になっていくんだよ。本人が選択できる、周囲から見た自分自身の、「人間像」 がね。
それしか選べなくなるの。



441 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 18:52:19 ID:FPmE487g0
>>439
ただ、忘れちゃいけないよ?
疑いである時点では何も悪くない。

でも、私の疑いが当たっていたとしたならば、「君が悪い」 よ。言い草もクソもない。「悪い」 「卑怯」 だよ
君が疑いを晴らしたならば、君を疑ってしまった私は、「悪い」 「失礼」 だろうね。

442 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 19:01:05 ID:FPmE487g0
2chに登場したとされる、「詭弁のガイドライン」 なるものが存在している。
その中に、「相手にレッテル貼りをする」 なるものも含まれる。だがこれは、正確には詭弁ではなく、
詭弁を振るうような卑怯者の論者が使う、卑劣な 「行為」 だ。
が、まぁそれは置いといて、

詭弁を振るう者が(廃止論者)が、「馬鹿者」 「卑怯者」 等と思われるようになるのはレッテル貼りではない。
誰が貼るわけでもないのだ。
詭弁論者自身が、それを自ら示しているだけに過ぎないのだから。

443 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:02:59 ID:j8WQM2y40
>>441
いやべつに疑わなくてもいいじゃん
そこに拘らなくても議論は出来そう
でべーとなら別だけど

444 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 19:05:40 ID:FPmE487g0
>>443
まぁね。
ただ、その為にもまずは詭弁をある程度は封じ込めたいね。
詭弁を振るうことのメリットを少なく感じさせたいね。
そのほうがより建設的な議論が出来ると思うよ。
そうじゃないと延々ループ。

詭弁を振るわないと何も主張してくることが出来ない廃止論なら消えれば良いよ。

445 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 19:08:29 ID:FPmE487g0
まぁ、詭弁を暴く工程そのものを楽しむ人間もいるだろうとは思うけどね・・・・・・・ここでは勘弁して欲しいな・・・・・・

個人的な意見ですがね。

446 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:21:42 ID:WBP7SWFj0

まずお前がストローマン論法だらけなのを自覚しろよwwww

447 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:22:24 ID:comd5hh2O
>>441
まあ、別に疑いだって言うなら、これ以上話す事も無いし、これからの言動で証明するだけだけど、>>383の発言は俺的には「疑い」の範疇での発言としては、到底許せるものじゃないからね?
ハナから決めつけてるとしか思えない、君と話すのが嫌になるくらいの、物凄い意地汚い発言だったね。

448 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:22:55 ID:WBP7SWFj0
すまん、>>446は死刑は已む無しに対して

449 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:24:54 ID:WBP7SWFj0
死刑は已む無しってほぼ人格攻撃、対人論証しかしてないよね。
存置の理由を明確に述べるということを全くしてない。

450 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 19:27:03 ID:FPmE487g0
死刑が、私利私欲により、故意に行われる殺人の、『未遂』 で適用される場合においての死刑反対運動ならば、
現在死刑廃止論者が主張している内容は理解できる。

つまり、被害者の感情的回復を優先させ、加害者は被害者からの許しを請う。罪の償いをする。ことが可能であるからだ。

だが、だからこそではあるが、たとえ私利私欲による犯行であっても、基本的に殺人未遂には死刑は適用されることは無い。
(未遂であっても、遂行された場合に被害が甚大である場合は死刑になるケースもあり得るが)

だが違う。現行の死刑制度が適用される時、被害者はこの世にはもう居ない。
被害者の感情的回復は不可能。被害者に対しての罪の償いも不可能。当事者同士での解決は不可能なのである。

遺族感情が大きく取り沙汰されているが、これは、社会的影響、公序良俗に関係するものである。
つまり、これは遺族感情に限った話ではなく、社会感情の回復。社会の不条理感の解決。なのである。
たとえ遺族であっても、刑法的にみれば、殺人の被害者と加害者という当事者同士からみると

『第三者』 なのである。被害者と関係性の深い第三者と、関係性の薄い第三者が存在するだけなのである。


善人、いや、普通の人は、自分の目的を果たす為に、「どんな手を使ってでも遂行する」 とは思わないものだ。
ところが、悪人、いや、人の情けを持たないものは、自分の目的を果たす為に有利であると判断したら、「どんな手を使っても遂行する」 ものだ。
この両者が対峙した場合、お互いがお互いにとって邪魔な存在となるわけだが、
善人は、基本的に、
「暴力は使わない」 「卑怯な真似はしたくない」 等、相手を排除しようとはしながらも、最低限、相手を気遣おうとする。
そして、「相手が先に暴力を行使してきたら防衛として力を行使することも辞さない」 とは決めているとする。
コレに対し悪人は、
そういった制約が何一つ存在しないわけだ。リスクが無いなら何をやっても良いと考える。
リスクがあるとすれば、相手に正当防衛としての抵抗を受けることくらいである。
つまり、相手に危険を悟らせること無く、瞬時に殺害すれば、抵抗無く殺すことが出来ると考えられる。


無法であった場合、善人と悪人の対決には、これほどの有利不利が発生するわけだ。


451 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 19:27:45 ID:FPmE487g0
450の続き

そもそも刑法とは、悪を否定し抑制する為のものである。
そういった、何でもアリの悪人を規制する為のものなのである。
死刑制度とは、武器を持たない(進んで非武装を貫く)善人のもつ唯一の、『護身用の武器』 だとも云えるのである。

殺人が悪いことだと思うなら、相手を殺すのが嫌なら、殺されることを「運が悪かった」と思って受け入れろと主張する廃止論者がこのスレにも居る。
だが、死刑容認派は、殺人を、『進んで行うことが』 悪いことだと言っているだけで、相手が攻撃してきたらむざむざ殺されるべき。などとは微塵も考えていない。
我欲において故意に進んで殺人行為に及んでくる者。『悪による侵略戦争』 を絶対に許すことは出来ない。
死刑制度とは、善の、悪に対する防衛戦争だと考える。

それで居て尚、その悪人に対し、同じ人間としての最低限の権利を与え、更生教育を施し、
せめて死ぬまでの間に真人間になってくれることを願うものである。真に更生して人生を終えて欲しいと願うのである。
生まれ変わった暁には、同じ間違いを二度と起こさないよう魂に刻んで頂きたいと願うばかりなのである。

という思想や倫理教育によって、これからの子供たちの心身の成長にも良い効果をもたらすのではないかと考える。
悪人や、情けない人間、が生まれにくい世の中になっていって欲しいと、願うばかりなのである。


452 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:32:50 ID:h64LMHJY0
反対君と同じように、目的よりその過程での誹謗中傷に酔いしれてしまったんじゃね?

453 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 19:33:13 ID:FPmE487g0
人格攻撃ね・・・・・

生命の尊厳 や 人権の尊重 を旗印に掲げている詭弁論者の人格を暴くことは

その論の根拠を奪う、『論拠』 になり得ると思うぞ。

>>447
つうか、>>383の何が君にとって気に食わなかったんだ?
廃止派は嫌な人間だというのは、君の方から私に向かってアピールしてきたことだが。

383は、君を疑うような内容は一切含まれていない。ただの廃止派批判だ。
何故、存置派を自称し、廃止派に過去不当な思いをさせられたと自己主張した君が嫌になるんだ?
やっぱり嘘だったのかね。そうかね。



454 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:46:15 ID:comd5hh2O
>>453
だって、俺の>>381の「仕立て上げようとしてる」を受けてでしょ?他に「仕立て上げる」なんて言ってる人居ないし。
それに対して「悪かった。廃止論者と思われるだけで困っちゃうよな。例え廃止論者であっても」だよ?

存置派でこれ言われて、イラつかない人って居るの?まるで俺が、「廃止派に仕立て上げられそうになって困ってる廃止派」みたいな言い草じゃない。

455 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:54:40 ID:7dy4gHvxP
> 存置派でこれ言われて、イラつかない人って居るの?

つまり、廃止論者としては、存置論者には、これ言われてイラついてもらわないと非常に困り、しまいにはファビョるんですね?

456 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 19:58:28 ID:comd5hh2O
>>452
そうなのかね……
まあ別に、存置派的な事言えって言われりゃ、簡単に言えるんだけど。
国会からして根拠が脆弱な観測点比較
人権を声高で叫ぶ裏で横行する現場射殺
冤罪対策に対する効果の期待値の薄さ
被害者の人権軽視に繋がる犯罪者のメリット

こんな廃止論を擁護しろって言われる方がよっぽどキツいよ。マトモに考えたら、もう詰んでるよね、廃止論って。
今更引っ込みがつかなくなった欧州が頑張ってるけど、テロに対する備えとしては足を引っ張ってる位だし。

とまあ、言えと言われりゃこのくらいぺらぺら出て来るんだけどさ、基本存置派の言ってる事って当たり前の事だから、並べ立てたっていくらでも疑えはするんだよね。

457 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 20:21:42 ID:FPmE487g0
>>456
なんで論点をずらすの?
君と議論になった内容は当たり前の事ではなかったはずだが?
そもそも君とは死刑存廃の議論をしていない。それ以前の議論だったよな?

子供とは?

社会一般的な子供とは?

匿名掲示板における子供とは?

一般的な小学生を死刑存廃の議論に、『参加』 させることは適当なのか?(意見を聞くということではない。)
(私は不適当だと思う。)理由は述べた。君は反対はしたが理由を述べていない。
コレに対しては、他の存置容認派の方々からも、同じ意見が聞かれた。そして各々がその理由を述べている。

君だけが理由を述べずに反対しているのが現状。

458 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 20:25:13 ID:FPmE487g0
で、

『また無視された・・・と連呼してた子』 は何処に行ったんだろうな。

459 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 20:28:21 ID:comd5hh2O
>>457
だから最初から、こっちは死刑存廃論なんかしてないって言ってるじゃないか。なのに君が勝手に存廃論と絡めて、廃止派としてこっちを疑ってきただけの事でしょ?
俺からすればその時からもう滅茶苦茶だし、廃止派扱いされながら君と会話するのなんてまっぴらごめんでウンザリなの。

それに、存置派として存廃論打たないで、どうやって存置派である事を証明しろと……
存廃論に関係ない話って制限の中で、存置派である事を証明しろとか、無茶言わないでよ。マジでさ……

460 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 20:32:04 ID:IUubDyT50
>>457
>なんで論点をずらすの?

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

461 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 20:35:49 ID:comd5hh2O
>>460
ああもう、荒らしまで絡んで来たよ……

462 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 20:37:41 ID:FPmE487g0
>>459
存廃論なんかしていない?
子供は死刑存廃議論に参加すべきではないと、私や、他の存置容認派の方が示した重要な根拠の一つとして、

『子供は死刑が適用されない』 というものがあったんだが。もしかして見逃していたかい?

これを君が見逃していたことが原因でああいった物言いになり、私が疑念を抱いたのだとしたら理解できる。

463 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 20:41:19 ID:comd5hh2O
>>462
それは、君が勝手に、議論に参加する資格に、「死刑になるかどうか」を設けてるだけで、それは君の考えの中でしか通用しないよ。

464 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 20:58:14 ID:FPmE487g0
私の>>355が始まり。

以下
>>356の批判
私の>>357>>358
>>359が具体的な根拠を何も示さず再度念を押すように批判
>>361もまた、子供に死刑存廃議論は早過ぎると。
私の>>363
>>364は具体的な根拠を何も示さず否定。
>>365は、私が自分の非を認めたことを見たことがあるが回数が少ないと指摘。(だからどうした?)
私の>>367
子供が死刑存廃に口を出すことが適正のものであると一般的に認められることは、少年法の定義を覆すものになりかねない。
との理由で、子供が議論に参加することを否定。そして相手の論点ずらしを指摘。
>>369で、◆G10zQMdncgが昔言ってたのを見て嫌だったことを根拠だと示した。
同じレス番において、
>子供かどうか、大人かどうかなんて、大して意味はない。言葉しか意味がない議論の場では特にね。
と示しているが、これは私が既に、>>363で、
>ただ、小学生であっても、その個人の経験や能力がそれ相応のものであるならば話は別だ。
と示しているし、
>それにだ、私が、「また無視されたと連呼した子」 のことを子供だといったのは年齢とは関係無いから、・・・・的外し的
と、まさに、疑惑君が、「ソレしか意味が無い」 といったその言葉を根拠にして子供だと言ったことを無視している。

これを受けての>>371で初めて、廃止派では無いのか?という疑念を表に出した。
疑われたから議論する気がなくなったと文句を言っている奴がいるが、奴は最初から何も議論をしていなかった。
無根拠且つ一方的な批判非難だけだ。



465 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:02:01 ID:FPmE487g0
>>463
違う。子供が死刑にならないのは、人格形成がされていないことが大きな理由として挙げられるからだ。
その人間が社会にとって重要な、人の生死を分ける議論に参加すべきではない。ということだ。
その重要な判断が出来る人間が凶悪犯罪を犯すのだとしたら、大人と同様に適用される可能性も否定出来ないと云う事だ。

これも既に同じ事を一度言った。まぁこの辺までで良いか。子供の相手をするのは。

466 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:06:02 ID:AXE8QWyj0
うーむ、結局 ID:comd5hh2Oは、已む無しの中では未だに廃止論者なのか?

467 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:13:02 ID:FPmE487g0
>>466
いや?そんなことはないよ?100%廃止派とは思っていない。まぁ明らかな廃止派と同意しあってはいたけどね。
どちらにしても、子供には死刑存廃の議論は早い。

468 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:15:08 ID:AXE8QWyj0
>>467
卑怯だわ、お前。

469 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:17:39 ID:FPmE487g0
つうか・・・・・

>>430の容認派さんのレスを彼がスルーしたことで疑惑は更に深まったんだけどね。実に上手い文章だと思う。

470 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:18:43 ID:FPmE487g0
>>468
何故?

471 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:22:15 ID:comd5hh2O
もうなんかやになって来た、なんで廃止派に同調してる事に……

472 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:22:46 ID:FPmE487g0
>>468
つうか・・・・・・私が何故コテハン名乗ってるんだと思う?
かっこいいから?正義っぽく見える?アホか。
そもそもアラを 『隠さない』 為に名乗ってるんだよ。
名無しだったら匿名ではあるが、ひとつの個として批判されることも無いんだよ。
だから廃止派のコテハンはスグ消えるんだよ。

473 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:25:42 ID:FPmE487g0
>>471
414 名前:家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU [sage] 投稿日:2010/12/06(月) 00:00:55 ID:lVp213wh0 [1/5]
>>411
多分、死刑は已む無しは酒飲んでるんじゃないかな?
時間も時間だし
でないと、こんな書き込みできないと思うんだよね

415 名前:傍聴席@名無しさんでいっぱい[] 投稿日:2010/12/06(月) 00:06:32 ID:comd5hh2O [1/13]
>>414
まあこうやってIDが変わっても途切れないようにすれば、存置派として発言する機会もあるだろうから良いんだけどさ。
それでも疑われたらって考えると、ひたすら憂鬱だよ……

やりにくくってしょうがない……

474 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:26:03 ID:j8WQM2y40
内容を見ればいいんじゃね?
2極に分かれる必要はないと思うなあ

子供の定義について。
年齢的にどこまでが子供なのか。18?16?
個人的には15以下は無理な気がする。

475 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:28:16 ID:FPmE487g0
>>454
381 名前:傍聴席@名無しさんでいっぱい[] 投稿日:2010/12/05(日) 22:46:03 ID:gZUAX6BDO [6/13]
>>379
うん、◆G10zQMdncgと同レベルだって言ってるんだよ。でもそれは、俺が存廃論者と思われるか廃止論者と思われるか、なんて事とは全然関係ない事だよ。
そうやって、俺を嫌われてる廃止論者側に仕立て上げようとしてるみたいだから止めた方が良いと思うけどね。

382 名前:家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU [sage] 投稿日:2010/12/05(日) 22:48:06 ID:N0ClAmCv0 [6/11]
死刑は已む無しさんはすぐに人を「廃止論者」に仕立て上げようと必死になるよね


476 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:28:39 ID:j8WQM2y40
>>474
スレタイでは2極になってるようにみえるけど、
その辺どうなんですかね?上の認定論争は無意味に見えて仕方がないんだけど。


477 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:30:35 ID:Zsx3KZgG0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

478 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:37:37 ID:comd5hh2O
>>474
もうとにかく今は、廃止派扱いをどうにかしたいばっかだよ。もっとマトモに会話が出来れば、俺も舌足らずな所はあったし、訂正したり歩み寄ったり出来ると思う。
反省しなきゃいけない面もあると思う。

ただ、もう廃止派扱いされてる中で言いたい放題にされてるのが泣きたいくらいキツい。

そこで意固地になってる面は確かに俺の責任だけど、もう本当にこれに廃止派扱いされたまま終わりたくない。これだと已む無し君とは本気で会話出来ないよ。

479 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 21:38:54 ID:YiUVXSIS0
>>473
こういった議論関係のスレで、やりやすい環境ではないと嘆くのは単なるワガママだよ
相手の書き込み内容を誤解したまま頭を回転させても無駄だ

480 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:41:32 ID:comd5hh2O
>>479
ああ、あの「やりにくくってしょうがない」って言ったのは俺だ。まあ、ほんとただの泣き言なんだけどさ……

481 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 21:48:54 ID:YiUVXSIS0
>>480
誰でもいいんだよ

482 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:51:18 ID:FPmE487g0
>>478
元々君の方から横槍を入れてきただけだ。ソレに対するこちらの結論は既に示した。君が示すも示さないも君の自由だ。
言ったはずだ。子供の死刑存廃議論への参加を認めたとした場合。もちろんその議論相手に対して容赦はしないと。
そうされて辛いならば、やはりまだ早いということの証明になる。

483 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:53:22 ID:comd5hh2O
>>482
なんで廃止派扱いまで俺のせいになってるの……

484 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 21:54:45 ID:FPmE487g0
凶悪殺人者に殺される(既に殺された)人達の命が懸かってるんだよ。

泣き言言うくらいなら口出しするな。

485 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 21:55:35 ID:YiUVXSIS0
>>482
なんで賛成派の人を廃止派にしようとするの?

486 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 21:57:21 ID:comd5hh2O
「拙い奴は廃止派扱いされても仕方ない」とでも言う気か……

487 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 22:03:39 ID:AtlRL49K0
冤罪は疑われる方が悪い。
って考えてるんでしょう。

488 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 22:12:56 ID:YiUVXSIS0
人の命は最も尊い。
そう考えて、死刑は最高に重い刑。
つまり
死刑>>その他の刑。

だから俺は死刑に賛成。
人の命を奪った人間は死刑になる可能性があって当然だと思うからだ
死刑が廃止されれば、死刑になる可能性は無い。
だから死刑廃止には反対だ。

ただ、この世にもし死刑よりも上の刑が存在し、その刑を用いるのなら
俺は死刑廃止でも良い。

489 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 22:14:41 ID:FPmE487g0
>>486
「拙い奴」 じゃなくて、「君」 に言ったんだけど?君は 「拙い奴」 なのかい?
どうして無関係な奴まで巻き込もうとするんだい?


490 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 22:15:23 ID:FPmE487g0
>>488
あれ?結論に達するまでの考え方が180度変わったね。

491 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 22:18:23 ID:comd5hh2O
>>489
だって、廃止派扱いされるのは俺の間違いでは無いからね。
それに、いくら此方に落ち度があったとしても、それで勝手に廃止派扱いされなきゃならない理由になるとは、どうしても思えない。

492 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 22:25:57 ID:comd5hh2O
とりあえずは、存置派の証明が先なんかなぁ……

493 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/06(月) 22:30:38 ID:FPmE487g0
>>491
初めから廃止派扱いまではしてなかったはずなんだがね?引用は面倒臭いから読んでない?
>>464をよく読んでね。
そして、最初に君に廃止派ではないのか?と疑念を顕にした>>371をよく読んでね。
この指摘以降、コレに対する返答は無し。
そして君は、「嫌になった。議論をする気がなくなった。」 と連呼し続けつつもスレに居座りレスをし続けている。
そもそもの君の目的が、「議論」 では無いのでは?と思われても仕方が無いのではないのか?

そして、今更ながらに>>463で、既に示している根拠を知らないフリ。聞いていないかのようなフリ。
それでも尚、居座り続けている。嫌だ嫌だと言いながらな。本当。ご苦労さんだよ。

494 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 22:35:34 ID:YiUVXSIS0
>>490
変わってないよ

495 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 22:36:42 ID:comd5hh2O
>>493
なんで君と議論しなきゃ此処に居ちゃいけないんだよ……廃止派疑惑被ったまま消えろってか……
もうさ、俺は俺で、先ずは廃止派じゃない事を証明するよ。

496 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 22:42:03 ID:Zsx3KZgG0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

497 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 22:50:17 ID:GsuJGTQ60
死刑より上の刑って、いったいどんな刑のこといってんのヤプーは?
拷問っていうことなの?
「死刑より上の刑があるなら廃止に反対」とかいってたけど、どんなもんを
イメージしてんのか言ってくれないと、議論が進展しないぞ。

498 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 22:51:07 ID:GsuJGTQ60
ごめん、廃止に「賛成」だった。訂正

499 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 22:57:45 ID:YiUVXSIS0
>>497
>いったいどんな刑のこといってんのヤプーは?

無い。
つまり、死刑賛成ってことだ
あればいいんだが、無いから消去法で死刑賛成。
死刑が正しいとは思わんが、それしか方法はない

500 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 23:04:47 ID:GsuJGTQ60
>>499
積極的に死刑を是とせず、「正しいとは思わん」というなら、これは廃止派
と考え方が近いということなの?正しいと思わない理由を示したら、新たな
議論になるのではないかな?

501 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/06(月) 23:05:36 ID:comd5hh2O
一時的にだけどハンネつけます。どれだけやれば疑惑が晴れるのかも、いつ廃止派が来るかも解らないし。

502 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 23:12:43 ID:YiUVXSIS0
>>500
賛成派だよ
ただ、死刑は完璧ではない
そう思って模索していたんだよ
でも、模索してもそれ以外の手段は思い浮かばないし
人のレスを読んだり、他のサイト、本、メディアを参考にしても
良いアイデアだと思うようなことは無かった
一番マシだったのが南アフリカなどへ派遣して奴隷のように扱うことかな。
これなら被害者の目の前からは完全に消えたことになるし
奴隷として生きながら、毎日被害者のことを考えながら眠りについてほしい

ただ、「死刑」になるような奴は、殺人犯の中でも一際凶悪な奴だから
「毎日被害者のことを考えながら眠りにつく」なんて、そんなことはしてくれないだろう
残念だけどな。

だから、やっぱり死刑は必要なんだなって思ったんだよ
これが俺の結論。

503 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 23:31:43 ID:GsuJGTQ60
>>502
「死刑が正しいと思わん」理由がはっきりとわからないんだけど…
つまり凶悪殺人犯に対する刑罰のどの要素が足りなくて死刑が完璧じゃないと
思うのかな?加害者が肉体的に苦しむことなの?それとも精神的に苦しむことなの?
「完璧ではないから、正しいとは思わない」という言い方では、「死刑をベースにもっと完璧に
近づけられればいいが、それができないので死刑賛成」というよりも「死刑は理念として反対だが、他の刑罰が考えられない
ので賛成」というニュアンスに取れて、それは一部の廃止派の意見、「終身刑にして死ぬまで
生き続けて償え」というのと似たように思えてしまうんだな。

504 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/06(月) 23:36:14 ID:GsuJGTQ60
>>503
>「完璧ではないから、正しいとは思わない」という言い方では ×
「正しいとは思わない」という言い方では           ○
一部訂正します

505 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 23:44:53 ID:YiUVXSIS0
>>503
>それは一部の廃止派の意見、「終身刑にして死ぬまで
>生き続けて償え」というのと似たように思えてしまうんだな。
似ているけど違う
終身刑は、犯した罪に対しての罰にしては軽いと思う
日々の内容がヌルいし、反省も後悔もしない奴が多いだろう
だが、俺の言ったように奴隷として扱われれば
「どうしてこんなメに・・」と思うようになる
そして結論が出る
「人を殺してしまったからだ・・・」
日々の生活がヌルくないので「あんなことしなければ良かった」という答えに
たどりつくのが早いと思う。
今、終身刑を作ったってあまり辛くないんだから死と同等の反省は無いだろう
無いなら、被害者の家族も報われる日は来ない

だから終身刑ではなく、奴隷が良いかなと。
でも奴隷も全く完璧な案ではないから、仕方なく「死刑」に賛成。

506 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/06(月) 23:47:47 ID:YiUVXSIS0
>>503
「死刑が正しい」とは思わない理由については
加害者が更生して、被害者が許してくれるまで何でもするのがベストなんだが
ベストはまずあり得ない
何故なら加害者がダメ人間だからだ
加害者のポテンシャルにかかっている
でも加害者のポテンシャルには全く期待出来ないからな

つまり、こいつ等には償う能力すらないのだ
だから仕方なく「死刑」だ

507 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/07(火) 00:00:49 ID:lEe7CXWBO
まあそもそも、奴隷にせよ何にせよ、生き延びれる環境で、死と釣り合う苦痛を味わうってのは、無理があると思う。
施行上の負担の上昇も加味すると、かなり絶望的。

仮に死ぬ可能性が範疇の内だとしても、能力や運に左右されすぎだと思うし。

そこら辺りを考えると、囚人が生きる前提の死刑廃止は、恐らく死刑よりダウングレード前提で考える必要がある。
そうなると、死刑廃止は=犯罪者のリスク低下を訴えてる、って事になる、現実、そうならざるを得ない。

>>503
まあ、殺人ならそもそも、その償うべき被害者も、既にこの世には居ないし。
そういう意味でも、死刑囚が生きてても「ベスト」にはなり得ない。

508 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 00:21:52 ID:Yb/TNxnP0
>>505
死存置状態であれば別に賛成派内部でどんな意見の相違があっても構わないし、
賛成派どうしが対談するスレじゃないので、まあスレチかもしれん。しかし
ドアホのトンデモ偽善独善廃止派しかいなくなった今、dat落ちと荒らしを防ぐ意味でも
あるいは議論の切欠になればという意味でも、あえてヤプーに反論します。

ヤプーのその考え方は俺みたいなのからすれば潜在的廃止派なんだな。つまり、奴隷的
終身刑なるものが合法化されたと仮定すると(まあ、憲法上ありえないが)、ヤプーは
死刑に反対するということなわけだから。これは死刑というか刑罰そのものに対する考え方の
違いだし、賛成派で大きく意見が分かれるとすればココだろう。
俺にとっては凶悪殺人犯が反省するかどうかなんてことは、死刑に限ってはほとんど関係ないとは
いわないけど、まるで重要な要素ではないと思ってるんだな。だって反省した成果が
社会に生かされるわけじゃないんだから。懲役刑なら反省してもらわなきゃ困るが、そもそも終身刑に
しても死刑にしても社会復帰なんかありえないんだから、反省してようとしていまいとそんなことは
あまり意味がない。もちろん遺族にとっては重要だろう。加害者がどんな事を考えているのか、
反省しているのか、それともなんとも思ってないのか、遺族は知りたいだろうね。たとえそれが
死刑囚であったとしても。そして実際に遺族感情が量刑判断に少なからぬウェイトを占めることも事実だろう。
しかし、刑罰というのはあくまで国家の単独行為なんだよね。遺族がどうとか加害者の心情とか、そんなことは
副次的な要素に過ぎないし、まあ全く無関係という考え方もできるかもしれない。
ある人が殺されて、犯人が逮捕され、起訴される。こうやって法的手続きにのった瞬間から、
犯罪者の行く末というのは、被害者や遺族からは切り離されて、国家対犯罪者の二者関係に限定
されてしまうわけだ。刑罰が確定したなら今度は犯人すらも除外されて、国家が一方的に法的手続きにのっとって
犯人を処遇するという完全な単独行為になる。刑罰とは社会のシステムであって、その目的は
社会の秩序維持なわけだ。秩序とは単に二度と同じ人間に犯罪を起こさせないという意味のみならず
精神的秩序も含む。刑と罰の均衡、死刑に限っていうなら命と命の等価性だよね。
人の命を私利私欲のために故意に奪ったら自分の命も失われる。終身刑とは命の身体による代償なんだな。奴隷的
扱いであってもそれは変わらない。これは俺にしてみるとバランスがとれてない。命は命の代償によってのみ
バランスがとれると考えるからね。もちろん殺人犯は全て死刑にしろといっているわけじゃなく、
ただ命の代償が命であることが基本でなければならず、そこから量刑判断をスタートしなければならず、
死刑を廃止して奴隷的終身刑を基盤に置くことは、根源的な価値バランスを欠くと考えるわけだ。
この価値バランスが刑罰という社会システムによって貫徹されることが、精神的秩序維持、不条理感の解消
社会正義の徹底に繋がると考える。犯罪者の自省なんてあまり関係がないし、遺族がどう思うかということも
「刑罰のあり方」という刑罰の本来的機能の議論においては、決定的な要素にはなりえない。
長々と書いたが、こう考えると奴隷的終身刑なんていかにそれが過酷であろうが、賛成することはできない。
つまりやプーのように消極的理由ではなく積極的理由で死刑に賛成してるというわけだ。この点において
ヤプーのような考え方を潜在的廃止論もしくは代替的存置論として、反対するわけだがどうだろうか。

509 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 00:35:42 ID:yARIV/4P0
アホな事で議論するなw

自分も殺される側の恐怖に立たないと、永遠に真の更生はできない
と、アメリカ司法省長官がおっしゃられているじゃないか
つまり本当に更生したい気があるなら一回自分も死になさいって事


死刑で殺されるのがそんなに嫌なら最初から人殺すなよ(笑)って話な
まぁ死刑を求刑されたくないなら、殺人以外の強姦か強盗で我慢しとけ

510 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 00:47:36 ID:JRFKDRWQ0
>>508
反論というか、誤解はある
俺は死刑に変わるものはないから死刑に「賛成」しているんだよ
賛成している人間を、「消極的だから」廃止派に分別するってのは止めてくれよ
俺は死刑賛成だ

で、508の途中から書かれてある、「国家の単独行為」の話は
考えを改めてほしいと思ったよ
それは古い。
今は被害者の気持ちを考慮する方向に変化している
法律が作られたのが古いから、元はと言えばその通りなんだが
今それを出すのは時代の流れを逆らっている
秩序は誰のための秩序か考えれば答えは出るだろう

まぁ、死刑賛成している人の中に、積極的派と消極的派の2種があるわけだね

511 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 00:47:59 ID:Yb/TNxnP0
>>509
なんというつまらん意見。あえてレスする必要があったんかいな。

512 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 00:50:20 ID:JRFKDRWQ0
>>509
>アメリカ司法省長官がおっしゃられているじゃないか

いつも思うんだが、「誰々が言っている」とか「○○に書いてある」
みたいに、「証拠がありますよ」的な言い方をする奴が嫌いだ
2chで例えると「ソース」みたいなものかな。
それを出すんじゃなくて自分で考えて自分の言葉で言えよって感じだ

子供同士の言い争いで、「だってママが言ってたもん」ってのと同じだ。

513 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 00:58:17 ID:Yb/TNxnP0
>>510
「代わるものがあったら死刑に反対する」から潜在的廃止派だといっただけで
現在の存置状態に賛成してる賛成派であることはわかっているよ。
刑罰の捉え方はいろんな考え方あるが、刑罰というものが法的手続にすぎない
ことは事実だよ。被害者の気持ちは量刑判断できちんと考慮される。遺族フォロー
の制度もあるけど、それは刑罰の「周辺」の話であって、遺族が刑罰という法的手続きそのもの
に介入することは今も絶対にできないし、これからも許されるべきでないと考える。
わかりやすくいうと、例えば遺族の心情を汲んで、死刑台のボタンを刑務官に代わって
遺族に押させることはできるか、という問題だが、これは許されるべきではないという思うわけだ。
なぜなら刑罰とは法的手続であって「国家による」社会防衛システムだから。社会が人間の集合体で
もちろん人間のためにあるのだけれど、決して「遺族」という特定の人間のために
あるものじゃないからね。

514 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 01:05:48 ID:JRFKDRWQ0
>>513
会社は人でできているのと同じように、国も人でできている
だから国家による社会防衛システムと言われても、結局は人間を守るための法律だということだ
守るのは被害者も加害者もだ
刑務所は刑罰を受けて更生させる場所だからな

ただ今の日本の法律で、死刑になるような奴は
もう、仕方の無い奴だ
だから死刑は賛成。
仕方が無い。救えない。


515 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 01:08:47 ID:Yb/TNxnP0
>>513に補足。
そしてこうやって刑罰の実施と遺族とを完全に切り離してやらないと、
死刑制度というものは遺族の首をも絞めることになってしまうんだ。
死刑と遺族との距離は大きく開いて置かなければならない。たとえ遺族が
犯人を死を望んでいても、彼らをその執行手続きの一部に組み入れること
はその精神的負担を結果的には大きくしてしまうからだ。

516 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 01:11:53 ID:JRFKDRWQ0
>>515
>彼らをその執行手続きの一部に組み入れること
>はその精神的負担を結果的には大きくしてしまうからだ。

「今すぐ、この手で殺してやりたい!(悔し涙)」
って人(被害者家族)も相当いるよ

何が負担だよ・・・
死刑にならなかったときの被害者家族が感じる絶望感のほうが負担だよ。
圧倒的にな

517 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 01:17:26 ID:Yb/TNxnP0
>>514
人間を守るのは事実だが、遺族を守るのではないよ。
被害者も加害者も、刑罰によって守られる存在ではない。
社会と個人の間には大きな差があって、単に包含関係で語れるものではない。
その意味で刑罰が守るのは社会であって、単に社会を構成する人という個人の
集合体ではない。これは区別しないと議論が錯綜してしまう。
「でもその社会の中には加害者も被害者も含まれてるじゃないか」となって、
目的と結果を混同してしまうからね。

518 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 01:22:30 ID:Yb/TNxnP0
>>516
おいおい、何か勘違いしてるぞ。俺は死刑にするのは当たり前で、ただ遺族に
執行手続きに関わらせるなと言ってるだけだぞ。
大切な人を殺されて絶望のどん底に突き落とされた遺族が、たとえ自ら殺したい
と思っても、それを法律が許すことはあまりにも残酷だよ。
「国家がしっかり執行します」と言ってあげるのと、「押したければどうぞ」と
遺族任せにするのと、どちらが精神的負担になるのかを想像すればわかることだ。
だいたい、ほとんどの遺族は「今すぐ、この手で殺してやりたい」なんていわないし
彼等は「法が死刑にしないなら、自分がやる」といってるだけ。
何いってんだヤプーは。

519 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 01:22:36 ID:JRFKDRWQ0
>>517
それは間違いだな
人を1人守れないようでは社会なんて守れない
社会を守るために人を犠牲にする考えを、俺は正しいとは思わない
ダメなものはダメだ
被害者も加害者も、刑罰によって守られる存在だよ
加害者を刑務所で更生して、犯罪の無い社会にする
当然被害者も減るわけだ。
現実は全然減ってないけどな。

俺等が頭の中で良いことを考えても、それは結果とはほど遠い。
なぜなら世の中にはロクデナシが多いからだ
俺の考えとはほど遠いことをしやがる

520 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 01:31:01 ID:Yb/TNxnP0
>>519
おい、ちょっと待て。落ち着け。安い刑事ドラマみたいなこと言っちゃってるぞ。
社会を守るために人を犠牲にするなんて一言もいってない。
刑罰は加害者なんか守らんよ。
「更正させてあげる」んじゃなくて「更正したら出してやる」ってのが刑務所だ。
だいたい死刑には更正なんて関係ないじゃないか。お前もしかして死刑囚も刑務所に
収監されるとか思ってないか?いい加減にしないとアホとみなすぞ。

521 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 01:36:22 ID:Yb/TNxnP0
まあ、実際には更正しなくても刑期が終われば釈放されるわけで。
この意味でも刑務所というのは制裁の場であって更正は二の次。そして
その更正も塀の外の人たちを守るためであって、塀の中の犯罪者を守ってやる
意味はない。そういうパターナリスティックなやり方をするのは少年院や別の
更正施設であって、刑務所じゃない。

522 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 01:45:09 ID:JRFKDRWQ0
>>521
刑務所は更生させるための場所だよ

>お前もしかして死刑囚も刑務所に収監されるとか思ってないか?
思ってないよ。人を決め付けたうえにアホとみなすぞってのはいただけないなぁ

521の後半の内容は事実ではなく、お前が脳内で解釈しているだけだ
そんなもん、人の考え方なんて十人十色なんだからどうとでも言えるわ

523 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 01:55:05 ID:Yb/TNxnP0
>>522
あのね、刑務所が更正だけの場だったら、万引き常習犯や薬物常習犯、犯罪傾向が
依然残ってる人間が釈放される理由はなんなんだよ。ヤプーは刑期ってものを
しらんのか。その理屈でいったら、刑期は「更正するまで」ということになって
罪刑法定主義に反するじゃないか。更正は目的の一部ではあるけれど
制裁として受けた刑期を超えて収監することはできないし、更正の目的は
そいつが二度と社会で迷惑かけんようにという意味で、守ってるのはあくまで
塀の外の無実の人間なんだよ。お前は目的刑論を基礎から勉強してこい。
それから反論するなら人のレスをしっかり読め。ズレまくってるぞ。

524 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 02:01:08 ID:JRFKDRWQ0
>>523
ズレたことを言い出したのはお前だから、それに合わせているだけだ
現実は違うと言ったはずだ。
更生は目的。だがロクデナシ共は更生をしない
だから刑務所の目的が果たせていない
目的は「更生」だよ

目的刑論の基礎を勉強するつもりはない
俺は俺が正しいと思ったことをぶつける
それに対して思ったことをぶつけて来い
523の内容はまるで的外れだ
言い返す気にならん

525 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 02:16:37 ID:Yb/TNxnP0
刑務所というものが歴史的にも制度的にも刑罰論的にも、どういうものであるのかという
ことはある程度持っておくべき知識だろ。
更正は目的の一部にすぎないって言ってるだけで、まったくその要素がないなんて言ってないだろ。
更正が主目的なら刑期はどうなるんだという反論にはなぜ再反論しないんだ?
「更正だけが目的!それが俺の考えなの!!そんな刑罰論の基礎とかそんなのシラネ人間十人十色なの!」
とか言ってるんなら、お前は過去でてきたアホ廃止派以下だぞ。ここに来た廃止派はとんでもない独善的なアホだが
少なくとも知識の取得を放棄しようとはしなかったぞ。
お前は知識も裏づけも何もなく、ただただ思うがままに「俺が正しい!!」と言ってるだけ。
精神的厨房に死刑の議論は早い。まさにお前自身がそれを証明してるじゃないか。阿呆が。

526 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 02:20:32 ID:8zPOe/eu0
>>524
仕方がない、救えないを決めるのはお前じゃない。傲慢

527 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 03:54:01 ID:XjwOaw+v0

死刑反対してる人って、あらゆるミスやヒューマンエラー、衝動殺人だのというものを
努力だけでゼロにできると本気で思い込んでるのかね

人間が失敗する生き物である以上
あらゆる状況で完全を作り上げるのなんて不可能だろ

当然それに対する対応策を無くすなんて不可能

努力だけで事故も火事も起こらないなら
警察も消防も消火器も保険も必要なくなるが
現実にはそんな社会を作れない
死刑だって無くせない

528 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 04:44:43 ID:pyOL1EghO
他人にバカにされたら→殴りたいと思う。
しかし殴っていいということにはならない。
社会人なら誰でも知っているはずの常識です。
これは
自分の家族が誰かに殺されたら→犯人を殺したいと思う。
しかし殺していいということにはならない。
でもある。
死刑制度積極賛成派は、「自分の家族が誰かに殺されたら」とやたらに叫ぶが、何の意味もないことに気づいていない。
自分が社会常識がないことのアピールにしかなっていないって気づかないのが不思議です。
そもそも人の感情を考えた場合
・人によって違う。
・時間の経過で、変化する。
というのも常識。
自分の家族が誰かに殺されても犯人を殺したいと思わない人だっているし、しばらくすれば犯人に生きて償って欲しいと変化する人も現実に何人もいる。
それが現実。
死刑制度積極賛成派はどうも被害者の遺族を人間と思っていないのではという疑惑すらある。
個人の差、感情の変化がない、被害者の遺族をそんな化け物としてしか見ていないんじゃないのかな。

529 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 05:42:04 ID:Yb/TNxnP0
>>528
個人の差があるから何だというの?
犯人の死を望まない人もいる。望む人もいる。そんなことはココの存置派はみんな
わかってることなんだが。「自分の家族が殺された場合を想像すれば、とても犯人が生きて
いることなんて耐えられないのではないか」という一般的な感覚を言ってるだけだし、もちろん
そういう人ばかりじゃないことは確かだが、国民の9割が死刑に賛成してるということは
それが一般的な感覚なんだよということ。何の意味もないわけないだろ。
それに遺族が化け物なんて誰も思ってないし。何言ってるの?
そもそも遺族の間で個人差があるからなんなの?別に遺族が望むから死刑になったり
望まないから死刑にならなかったりするわけじゃないんだぞ。社会常識がないのは君じゃないの?



530 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 08:52:35 ID:yirjKOf50
なーんにも深く考える必要は無いよ、人殺したんだから死刑。これが基本。
この基本を責める奴が間違いの基地外。
一人殺したり過失で死刑にならないのは大目にみてもらってるだけ。大目に見てもらってる贔屓を責めるべき。
もし、より良い世の中とか更生とか言うなら殺人願望持ってるだけの人間も拘束して更生させるべき。
死刑は事が起きてからの対処療法だ、と非難するなら思想犯も取り締まるべき。
事が起きてからじゃ遅いと言いながら、起きる前に可能性だけで処罰対応出来ない、とどちらに転んでも責めるのは廃止派の卑怯なところ。


531 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 11:47:11 ID:q3GRR1YF0
>>525
>刑務所というものが歴史的にも制度的にも刑罰論的にも、どういうものであるのかという
>ことはある程度持っておくべき知識だろ。
俺は既に知っているから勉強するつもりはない

>更正は目的の一部にすぎないって言ってるだけで、まったくその要素がないなんて言ってないだろ。
>更正が主目的なら刑期はどうなるんだという反論にはなぜ再反論しないんだ?
>「更正だけが目的!それが俺の考えなの!!そんな刑罰論の基礎とかそんなのシラネ人間十人十色なの!」
>とか言ってるんなら、お前は過去でてきたアホ廃止派以下だぞ。ここに来た廃止派はとんでもない独善的なアホだが
>少なくとも知識の取得を放棄しようとはしなかったぞ。
>お前は知識も裏づけも何もなく、ただただ思うがままに「俺が正しい!!」と言ってるだけ。
>精神的厨房に死刑の議論は早い。まさにお前自身がそれを証明してるじゃないか。阿呆が。
俺も「更生が全てだ」とは一言も言っていない
このように、脳内で決め付けたまま反論している人間に対して、再反論する気にはならない
全くの無駄だから。
人を誤解し、脳内でアホだと確定した状態で全く筋違いのことを言われても、困る
刑期を長くすれば反省するのか?
反省するまで刑務所から出られないようにできるでも思っているのか?
そんなこと思っていないはずだ
それは誰にでも分かるようなことだろう
わざわざそんな内容を書き込むなよ
馬鹿馬鹿しいとは思わんのかね?

532 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 11:54:19 ID:q3GRR1YF0
>>526
>仕方がない、救えないを決めるのはお前じゃない。傲慢

俺が決めたわけではない
今までの犯罪者が出した結果を言っているだけ。
反省するチャンスを与えてやっても反省しない
更生するチャンスを与えてやっても更生しない

死刑を言い渡せば「死にたい」と言って被害者の家族の気持ちを逆撫でする奴もいる。
きっと色々な狙いがあるのだろう
被害者の家族は犯人に苦しんでほしいと思っている人がいるから
「死にたい」と言っておけば、逆に「死刑」以外の苦しみを与えようとするんじゃないかという計算。
死刑になりたくないから、あえて「死にたい」と発言し、死刑を回避する。

そういう奴まで居るわけだ

こういったことも含めて結果を言っているわけ。
俺が決めたわけではないんだよ
加害者が救えないようなことばかりやっているということだ

まぁ、加害者に期待せざるを得ないのが、こちらの弱みだな
真面目な人ほど苦労する

533 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 12:04:00 ID:+4GkQT8X0
>>531
手持ちの知識が全てだと思っているのだね
誰でもわかること、と決めつけるのだね
言葉遊びが好きなのだね
わざわざそんな内容を書き込むなよ、とかわざわざそんな内容を書き込むなよ
馬鹿らしいね

よし、お前をタンつぼヤプーとして使うことにするよ

534 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 12:14:38 ID:Yb/TNxnP0
>>531
お前はそもそも自論云々の前に日本語読解力が著しく低いな。
人のレスをどう解釈したら>刑期を長くすれば反省するのか? なんて反論ができるもんだと思う。
>>515に対する>>516の反論とか、読み返してみろ。まったく筋違いのこと言ってるぞ。
社会と人間、被害者と加害者も、お前自身が頭の中でゴチャゴチャになってるから
「人一人守れないで社会なんか守れるかあああ」みたいな痛すぎる勘違いレスするんじゃないか。

>>524
>目的刑論の基礎を勉強するつもりはない
俺は俺が正しいと思ったことをぶつける
それに対して思ったことをぶつけて来い

って自分で言ったのに

>>531
>俺は既に知っているから勉強するつもりはない

とか言ってる。お前は自分の言ってることがおかしいと思わないのか。
誰が読んでもあれ?と思うぞ。それとも、思ってるから誤魔化したのか。
そんなんじゃないなら、お前はただただ「日本語能力が低い」ということになってしまうぞ。

535 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 12:16:00 ID:+4GkQT8X0
>>532
加害者が救えないようなことばかりやっている、ってことに期待するのであれば犯罪助長っぽいかんじを受ける
犯罪者の心理を完全に理解しているのだね

それは置いといて、と。
刑務所システムは改善されるべきです。
自由を奪うってのはいいとおもうけど、更生も反省も出来るようにはなってないよ
死刑の場合は反省っぽいことは出来るけど、死んでしまうから知識の蓄積が出来にくい
皆が皆、本を書くわけじゃないし、なにかしら心情とかを一筆書いて死んでほしいね


536 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 12:25:31 ID:q3GRR1YF0
>>534
既に知っていることを勉強しろと言われても
もう勉強するつもりはないよ
普通だろう
お前が人を決め付けたり、「もし〜なら〜だぞ!」って元気よく言ってるだけ。
それにたいして俺は反論する気にならん
的ハズレだからな
更に、自分の考えに確信を持ったようで、「お前はアホだ!」と、これまた元気よく言う
的ハズレなことに確信を持たれても困るね
社会と人間、被害者を加害者が、俺の脳内でゴッチャになっていると決め付けているみたいだし。
人のことを決め付けていかないと議論できないのかね?
お前が冷静になるまで、俺はお前の相手はしない

>>535
>犯罪者の心理を完全に理解しているのだね
完全ではないが、犯罪者の心理はよく考えているよ
近いものはあるだろうね

537 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 12:35:53 ID:Yb/TNxnP0
>>536
お前はあらゆる批判や指摘を「決め付け」の一言で済ませて「反論する気にならん」とか
言うんだなwww超絶馬鹿だな。反省もしないから一生馬鹿のまま。
まあ、いいや。ヤプーなんて変態コテつけてる時点で疑うべきだったが、期待を大幅に下回る
単なる無知のおこちゃま思考のアホだったな。ココにいる存置派の多くは、お前なんかより
遥かに勉強してるし議論する姿勢も思考力もあるよ。老婆心から最後にそう忠告だけしといてやる。

538 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 13:52:19 ID:+4GkQT8X0
>>536
いやいや人類社会は未だに進化の途中だから
現状の知識で終わるんなら、その世界観の中でしか物事を語れない
法には改善の余地は十分あるし、社会とともに進化し続けるはず。
だから議論が発生するんじゃないかな
無知の涙やな


539 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 15:46:09 ID:j/EohVXN0
宮崎3人殺害 奥本被告に死刑判決 裁判員裁判で3例目
>毎日新聞 12月7日(火)15時4分配信

> 宮崎市で3月、家族3人を殺害したとして、殺人罪などに問われた同市花ケ島町、無職、
>奥本章寛(あきひろ)被告(22)に対する裁判員裁判で、宮崎地裁(高原正良裁判長)
>は7日、求刑通り死刑を言い渡した。

> 死刑が求刑された5例目の裁判員裁判で、死刑判決は横浜、仙台地裁に続き3例目。

> 奥本被告は起訴内容を全面的に認めて、量刑が争点になっていた。家族間の殺人事件は
>被害者が3人以上でも動機などを考慮して死刑を回避するケースがあったため、裁判員ら
>の判断が注目されていた。

> 判決によると、奥本被告は3月1日早朝、自宅で生後5カ月の長男雄登(ゆうと)ちゃん
>の首を絞めるなどして殺害。遺体を当時の勤務先の資材置き場に埋めた。また、妻のくみ子
>さん(当時24歳)と義母の池上貴子さん(当時50歳)の頭をハンマーで殴るなどして
>殺害した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101207-00000054-mai-soci

540 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 15:55:28 ID:j/EohVXN0
死刑制廃止派は諦めなさい

職業裁判官のみの裁判なら無期だったかもしれないケースで
裁判員裁判で死刑判決が出るという厳罰化が起きた

今後、市民感覚が量刑に反映される傾向が強まり
裁判員裁判による厳罰化が進む可能性が本格的に見えてきた

裁判員裁判なら死刑判決を出せないと導入を推進した廃止派
裁判員が死刑判決を出すのは精神的苦痛だから死刑は廃止せよと唱えた廃止派

あなた方廃止派の主張も目論見も全て見事に外れましたね
それとも裁判員裁判で相次ぐ死刑判決を裁判員裁判なら市民感覚を量刑に持ち込めると
唱えたその口で民意がおかしいからだと糾弾しますか?

今後は被害者がひとりで死刑判決が出る際のハードルが下がるかが争点となるでしょうが
市民感覚では死刑判決が出ないとおかしいと思われる事件で無期判決が出る事も
恐らく裁判員裁判の定着によって消滅の方向に向かう事でしょうね

541 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/07(火) 15:57:22 ID:q3GRR1YF0
>>538
もちろんそうだが今後改善された点については自然に知っていくわけだから
それが勉強になっているので、第三者に勉強しろを命令される筋合いはないからなぁ
何が無知の涙だ、もう反論する気にならないから無駄レスは止めてくれ

542 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/07(火) 17:04:03 ID:nCnGj++k0
ヤクザまがいに
「存置派の人間の身元を特定してやるぞ」 「調子に乗ってるとリアルで生きていけなくなるぞ」
と脅してきたかと思えば、今度は、
「子供だから優しくしてね」

ときたもんだ。

まぁ、私はそう感じたってだけのことです。他の人がどう感じるかはそれぞれだと思います。
少しの間沈黙してたから、どこかで一気にくるとは思ってたけど、まぁ相変わらずだなぁ・・・・・・^^;

543 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/07(火) 17:04:46 ID:nCnGj++k0
>>541
で、

そのトリップが気に入ったのかい?

544 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 17:31:58 ID:fJU6QlOUO


執行される日の事を考えてみた…
がくぶるだ…

545 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/07(火) 17:58:19 ID:lEe7CXWBO
>>540
実際問題、システムとしては出しにくくはなってるんじゃないかな。裁判員の間で量刑判断が割れた時は、基本的に刑罰を軽くしていく方向で裁定するようだし。

それでも死刑判決が下るって事は、よっぽどきちんと死刑相応と判断する人が多いって事の裏返しでもあるんだろうけどね。

546 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 18:27:46 ID:AiUtDvJvP
一つ解ったこと

「子供は死刑議論に参加するな」とのたまう已む無しの底が知れた事。

547 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 18:51:25 ID:Yb/TNxnP0
>>546
ヤプーみたいな精神的厨房をみれば、死刑議論にある程度の制限は必要だと思うけど。
「俺の言ってることは全て正しい!俺は全て知っている。勉強の必要などない」
みたいなアホは、退場願いたいと思うのは当然かと。

548 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 19:15:15 ID:+4GkQT8X0
>>541
あのー
無知の涙って私刑論争で良く出てくる永山基準の元死刑囚・永山則夫が書いた自叙伝なんですけど。
いろいろ知ってると言ってるわりにメジャーなところを抑えてないのだね

とりあえず事件の概要から、執筆までの流れを読んでみましょう
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%B1%B1%E5%89%87%E5%A4%AB%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%B0%84%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


549 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 19:17:38 ID:+4GkQT8X0
>>541が知っている犯罪者の心理の情報源はどういうのかな?
自分の想像とか?


550 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 19:35:49 ID:Yb/TNxnP0
ヤプーは何も知らないと思うよ。知ってると嘯いてるだけで、死刑制度についても
多分ほとんど知らないんだと思う。レスは悉く具体性を欠いているし、批判には
ほとんど反論しない。高校生なんじゃないかな。

551 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 19:51:10 ID:AiUtDvJvP
>>547
いやいや、俺の言いたいのは、精神的未熟さを理由に死刑議論参加を否定するなら、同じ理由で、少年法を支持することも出来ない筈だよ。って事。
已む無しは、少年法廃止論者なのかね?


552 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/07(火) 22:02:27 ID:ySemU4cn0
>>551
子供の事を勝手に決めるのは、大人のずっこい特権だからな。あきらめろん!

553 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/08(水) 14:26:53 ID:/VA/NV0V0
ここまでの流れでは、私個人の態度は気に入らないが、死刑は存置で良い。

ということで結論が出たようですね。私もそれに反論するようなことは無いですね。

554 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/08(水) 14:27:16 ID:AnbWWL0s0
流れを見ずに書いてみる。

死刑執行は、次の死刑の人がやれば
いいんじゃね?

たまたま次の死刑の人がいない時期の裁判は、
若干辛目になるけど仕方なし。

555 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/08(水) 15:07:20 ID:FgwqvaqL0
>>554
法相のハンコがいるんだよー
それから死刑囚に死刑執行能力?があるとはおもえない
ゲーム的にはおもしろい理論だと思う


556 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/08(水) 17:24:51 ID:AnbWWL0s0
>>555
あ、いや、
確か誰がトドメ指すのか分からないように、
3つ並んでるボタンを刑務官?が押してるんでしょ?

そのボタン押し係を
次の死刑囚に任せればいいなじゃないかなぁ〜と。



557 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/08(水) 18:35:54 ID:X7trq5X8P
>>553
何がどうだろうと死刑制度さえ在れば良い、というスタンスなら、こんな所でグダグダ言ってんなよ低脳www

558 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/08(水) 19:05:36 ID:/VA/NV0V0
>>557
こんなところでグダグダ言ってきた結果、何がどうだろうと死刑制度さえ廃止出来れば良い、というスタンスの廃止派の存在を確認できたんだよ。
君に低脳だと思われようが構わないよ。低脳だしな。

『何がどうだろうと死刑廃止』

よりは

『何がどうだろうと死刑存置』

のほうが良いってことだ。
細かい突っ込みどころはいくらでもあるけど、ここまでやってくるなら一々指摘する意味も無い。

まぁ、私という人間やその態度を、個人的に気に入らないという意見を否定する気は無いよ。


559 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/08(水) 19:09:57 ID:xuHMgMii0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

560 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/08(水) 20:25:45 ID:Kr11EFV20
>>557
オメーみたいのが一番いらねえ。わざわざレスしに来んじゃねえよアホタン

561 :容認派:2010/12/08(水) 22:20:19 ID:uE1neHQu0
まあ、何にしても廃止派ってのが、ここ最近全く出てこないね。
存置派の中で意見交換するのは、廃止派相手より余程価値がある。
このスレも健全になったんだろうか?

今の司法、検察、警察のあり方については、大いに議論の余地がある。
当然、刑法、刑罰についても同様だ。

確かに、今のままで良いのかを問い続けることは大切なことだろう。
それをやめてしまえば、思考停止とも言えるだろう。
しかし、それを楯に何でも変えたらいいって考えも浅はか過ぎる。

死刑だって、何も絶対なものではないと思うが、人間がこれまでの歴史
の中で、絶対的に善な存在ではないという結論に至り、そうである限り
死刑は必要であるという考えは、充分に正当性がある気がする。

それを無くそうというためには、今までの歴史における回帰的、あるいは
帰納的根拠を覆す、あるいはそれを凌駕する根拠を示さない限り、正当
性の主張は困難だろうな。というか、俺はできるとは思っていないな。


562 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/09(木) 08:01:46 ID:HpdzVnXG0
>>561
日本国は八百万の神がいるからという理論


563 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/09(木) 15:06:20 ID:d8V8/aFf0
どうして人を殺すことが悪いのか、説明できるか?

564 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/09(木) 16:52:05 ID:2CU3aafS0
しつこいガキだな。よく恥ずかしげもなくまたレスできるもんだ。

565 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/09(木) 20:49:40 ID:HpdzVnXG0
>>563
まず自分の意見を書いてみようね
話はそれからだ

566 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/09(木) 20:50:45 ID:HpdzVnXG0
>>564
恥をかいてもダイジョウブなお年頃かもわからんぜ

567 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/09(木) 21:36:37 ID:L68Gbr6z0
>>563
好き嫌い。
嫌いな人が多いから、悪い事とされてる。

568 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/09(木) 22:55:50 ID:icEZQt600
>>566
何かプライベートで嫌なことでもあったのか?

>>567
よく考えてみると分からないよね
結局は平和や秩序を守るためなのかな

569 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/09(木) 23:57:21 ID:HpdzVnXG0
>>568
質問の意味がわからない
プライベートがどうしたって?
もしかして自分のことなのかな?
殺したいヤツがいるとかそういうオチを想像してしまった

570 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/10(金) 11:41:23 ID:NoBKu/1x0
ああ・・・・今更だけど、いや今更だからこそ言っておくか。
何故私が、「子供代表の彼」 を廃止派では無いのかと疑ったのか。

廃止派の詭弁っぽかったから、というのは先に示した通り。
だが、>>369の前半で(存置容認派のレスを批判する目的により)廃止派を無理に批判するようなことを言っておいて、下から2行目

>そうやって10代の頃からこの 『死刑廃止の流れ』 を少年犯罪板から見てきた。

敢えて今までこの部分だけ引用することを控えた。
存置派なら、「死刑存廃議論の流れ」 とか、「死刑廃止論者の姿勢や態度」 と書くのが、その文章の流れ的には適していると思う。


>子供かどうか、大人かどうかなんて、大して意味はない。言葉しか意味がない議論の場では特にね。

>「拙い奴は廃止派扱いされても仕方ない」とでも言う気か……

それに、この2つのレスが同一人物のものだということも可笑しな話だしな。

ただの書き間違いだというなら訂正は受け付ける。
書き間違いで無いなら、疑われて当然だと私は思う。

まぁ、私の個人的な主観に過ぎんよ。どちらであっても大勢に影響は無いし、どうでも良いことかもしれないがな。

571 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/10(金) 11:51:22 ID:sNpFUTyc0
>>570
詭弁に聞こえたのは已む無しの過剰反応だと思うよ

もう俺の中で死刑についての答えが出てしまった
それも明確にな

572 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/10(金) 11:57:32 ID:NoBKu/1x0
>>571
>已む無しの過剰反応だと思うよ

詭弁と断定してはいないよ。
詭弁か、未熟な文かの2択だと言っただろう?
だが当の本人は、自分のことを子供だと言いながらも、大人も子供も関係無いくらいの文章力があるかのような自信をみせていたから、
やはり前者の可能性が高いと思うがね。
まぁ何度も言うが私の主観だよw

573 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/10(金) 14:07:06 ID:sNpFUTyc0
ところで反対派が出てこない限り、議論が出来ないな
そういえば、「死刑以外に何か良い方法はないかな」と模索している俺のような
状態に人は、このスレでは反対派に分類されるらしいな
俺自身、賛成派だと思っているんだがね

上のほうに、死刑執行する人のプレッシャーの問題を書いている人が居たが
無理矢理誰かに公務員にさせられたわけではなく、自分の意志で公務員になっただろうから
プレッシャーに関しては大丈夫だと思う
耐えられないなら転職すればいいだけ。
大した問題だとは思えない。

574 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 17:43:58 ID:Pr+ezFDJ0
>>571
>もう俺の中で死刑についての答えが出てしまった
それも明確にな

噴いたwwwナニコレ。マンガの台詞かなにかなの?恥ずかしくないのかよ。

死刑執行する刑務官の心理的プレッシャーは、死刑存置派にとってクリアすべき
大きな課題だと思うよ。この負担は極限まで軽減する方法を模索しなきゃいけない。
単に職業選択の自由の一言では片付けきれない問題。俺は存置派だけど、今の執行の
方法については、何かもっと方法はないかと考えているよ。死刑は「執行に携わる誰か」
が必ず必要なわけだから。これを、「刑務官なら覚悟せよ」では、存置に真剣とは
思えない。>>573はどこまでも浅はかで呆れる。

575 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 17:46:12 ID:dReQiCf90
>>573
>このスレでは反対派に分類されるらしいな

代わりなんか無いからな。
代わりが無いから最高刑なわけだし。
だから実質廃止論者と同じ扱いにもなる。
なぜなら「死刑は廃止した方がいい」と思ってるから。

576 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 18:11:12 ID:tDoAit5l0
>>573
まあ、賛成派反対派という事以前に、「死刑の代替刑を模索する」前提の主張は、廃止論者の主張と同質であると言えるだろう。
そうやって存置という結論に落ち着いた君の結論を否定する訳じゃないし、存置論者である事を疑う訳ではないが、それは廃止論者を経てのものだろうと思われる。

まあ一つアドバイスをするなら、死刑と同じように、君の意見そのものにも、一定の疑問を持っておくと、もっと柔軟な話が出来ると思うぞ。

577 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 20:08:20 ID:X0Ha133aO
死刑求刑で無罪判決の出た日なのに、
死刑存置派ばかりのこのスレとしては
そんな話題はやっぱりシカトしてスルー何だな。

578 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 20:26:47 ID:Fk8SvjID0
>>577
それは関係なくね?
無罪なんだから廃止とかそういうのとは繋がらないような気がする
死刑求刑されたら死刑判決出すのが死刑賛成者ってわけじゃないっしょ
廃止者も同じく

579 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 20:40:19 ID:X0Ha133aO
あんな糞爺は遣ったに違いねぇから無罪なんか何かの間違い。
検察は早く控訴して玄人ばかりの裁判所と結託して逆転死刑確定させて、
自然死する前に早く吊るせって願ってる人達の集い何でしょ此処は?
違うの?
此処の香具師の心の叫びを書いちゃったけどさ。

580 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/10(金) 20:57:27 ID:NoBKu/1x0
どうして廃止派はコテどころか廃止派だということすら名乗らなくなっちゃったの?

581 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 22:03:54 ID:X0Ha133aO
じゃ、
今日の無罪を勝ちとった冤罪者さんと違って過去には、
検察と結託した判事ばかりの裁判所に死刑確定させられちゃって
冤罪なのに死刑執行されて取り返しが着かない事例も多くあったろうと推定されるけど、
此処は死刑存置派の集い何だから間違ってもそんな事レスしちゃなんねぇって思ってるし、
過去何か掘っても何にも成らんもんね、
死刑存続の為には。

って皆さんは感じてるって事でFA?

582 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/10(金) 22:09:12 ID:NoBKu/1x0
>>581
随分話が飛躍しちゃうね。あほらし過ぎる。
死刑適用云々(量刑判断)以前に、そもそも有罪だと断定できる証拠が不十分だったってだけのこと。
たとえ有罪だったとしても、死刑になったかどうかはまた別の話だし、潔白が証明されたわけでもない。

それになにより、一審で無罪だったっていうのに冤罪ってなんぞ?いつ冤罪になったの?疑われたら冤罪だってことかい?

ああ、最近私に噛み付いてきた奴も同じこと言ってたな。

583 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 22:15:23 ID:X0Ha133aO
あんたの話だと冤罪者でも死刑確定さえすりゃ執行OKなんだね?

流石
死刑已む無し、立派。

584 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 22:30:37 ID:X0Ha133aO
>>582
じゃ
冤罪者が多少いたとして犠牲者として死刑執行されてたとしても、
それは社会正義の実現の為の死刑存続への尊いイケニエ何だから
許容範囲として甘受して是からも執行され続けてね。
可哀想な冤罪者さん。
但し俺は絶対に執行される気は無いけどね。

みたいな感じで思ってるって事でFA?

585 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 22:40:39 ID:Fk8SvjID0
FAってなんですか?まるくておいしいアレ?

586 :容認派:2010/12/10(金) 22:45:06 ID:dSOeSFUd0
>>585
X0Ha133aO
 ↑
相手にしないほうがいいよ。
ここ10レスくらい見たら、どういう素性が分かるから。


587 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 22:45:32 ID:Fk8SvjID0
>>579
> あんな糞爺は遣ったに違いねぇから無罪なんか何かの間違い。
遣った?何を?
間違いって何がどう間違いなのか詳しく書いてね

> 検察は早く控訴して玄人ばかりの裁判所と結託して逆転死刑確定させて、
> 自然死する前に早く吊るせって願ってる人達の集い何でしょ此処は?
> 違うの?
違うでしょう?
吊るすとか此処とかいう漢字使うのサカキバラっぽいなあ

> 此処の香具師の心の叫びを書いちゃったけどさ。
香具師w
心の叫びw
あんたはイタコかw

588 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 22:51:23 ID:Fk8SvjID0
>>581
要していい?ダメでも書くけどさ、
冤罪の可能性が無いとは言い切れない事もあるかもしれないから死刑はダメだよってことでいいのかな
でも無期とか普通の懲役刑はアリなんだよね?そうじゃないと法そのものが無意味になってしまうもんね
冤罪で無期判決受けて自由を奪わ労役について獄中死した場合はどうなのよ


589 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 22:55:45 ID:X0Ha133aO
>>587
あんたは結局どっち派なの?
国語力なさそうだから日本人とは思え無いけど?
単に精神年齢が低いだけ?

590 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 23:04:20 ID:Pr+ezFDJ0
>>589
人の国語力指摘する前に、自分の文才のなさを省みましょうね。
自分に酔ってる子供みたいな作文ですよ。
句読点くらいつけましょう。漢字の変換にも気を配りましょう。
凄く読みにくいですよ。

591 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 23:06:37 ID:X0Ha133aO
>>588
冤罪はどんな場合でも駄目なのは間違い無いでしょ。
でもね、
死刑以外は多少の回復は可能だよね。
釈放される、
賠償金を受ける等ね、
けど時間は帰って来ないから完全な回復は無理。

じゃ、
死刑執行されて何が回復出来るの、何も無いよね。
名誉?
そんなもの要らないでしょ。
執行されたらもう取り返し着かないよ。
違う?

>>590
ご免ね、全てワザと遣ってるの、それも判らないんでしょう。

592 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/10(金) 23:15:13 ID:NoBKu/1x0
示さないのと示すことが出来ないのを同じにしてもなぁ・・・・・・猿真似すぎます。

>>591
冤罪が駄目なのは同意だが、ソレを根拠にして死刑廃止をすべきとは思わない。
尊い犠牲?犠牲は犠牲だ。
尊いっていうなら、交通事故死者は、車社会の尊い犠牲。犠牲を根拠に死刑廃止と言うなら、世界から車を排除すべき。
別に車を総て廃止して自転車と鉄道のみに変えても社会は動くよ。

593 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 23:16:18 ID:Pr+ezFDJ0
>>591
>ご免ね、全てワザと遣ってるの、それも判らないんでしょう。

ちょっと反省して、改行とかして気配ってんじゃんwww 依然読みにくいけど。
そんなアホだと、誰も相手にしてくれませんよ。君みたいな言い逃れ馬鹿を
存置派はもう何人も見てきてますから。

594 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/10(金) 23:17:57 ID:NoBKu/1x0
>>591
つうかそもそも、冤罪の可能性を少しでも無くそうとするからこそ今回の無罪判決なんだと思うが?
つまり今回の判断は妥当。騒ぐ君のほうがオカシイ。
むしろ死刑制度の揚げ足を取る為に冤罪発生を望んでるんじゃないかとさえ思えるよ君。

595 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 23:25:08 ID:Pr+ezFDJ0
判決確定後の再審無罪なら冤罪で騒ぐのもわかるけどねえ。
刑事裁判における当事者主義ってもんを理解してるとは思えんレスだなあ。

596 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 23:46:00 ID:Fk8SvjID0
>>589
あなたの文で国語力とか言われてもね
自分の事を言ってるようにしか思えません
そのまま返すわ、あんた日本人じゃないでしょ?ガキでしょ?反論してね

それとおれは賛成派ね、でもそれがどうだっていうの?
あなたの言ってる内容は何派とかそういうレベルを超越してるんだけど。

597 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 23:47:18 ID:Fk8SvjID0
>>591
冤罪で無期で獄中死したら生き返らないよ?
どうするのだよ


598 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/10(金) 23:50:59 ID:Fk8SvjID0
>>591
夜露死苦とかいっちゃう?
ワザとの免罪符やなあ

599 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 00:02:03 ID:o1vASwnfO
>>591
>でもね、死刑以外は多少の回復は可能だよね。

そんな確証どこにも無いよ。
冤罪が晴れる為には、まずその冤罪の証明が必要になってくるんだけど、死刑執行までの間全く晴れなかった冤罪が、例えば無期懲役にした所で晴れるかっていうと、必ずしもそうとは言えない。
実際、期間を伸ばした所で、殆ど気休めみたいなもので終わってしまうだろうね。

更に言うと、おそらく死刑を廃止する事で、冤罪の発生しやすさ、同期間での晴れにくさは逆に上がることになる。
死刑みたいな極端な事例に対する基準があるからこそ、裁判の審理も煮詰まるし、長い再審期間を設ける事も出来る。

それに、「死刑廃止じゃないなら取り返せる」という意識は、それそのものが限りなく危険だよ。

600 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 00:07:44 ID:WGufGbSS0
「どうせ死ぬなら、無期懲役でも死刑にしても変わらない。死刑は少し早めただけだ。」
というのが死刑存置派の言い分みたいだ。

601 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 00:17:35 ID:mSYe4hZU0
>>591
君は「再審」って制度があるのを知らないの?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E5%AF%A9
生きている限りは名誉回復の機会があるかもしれないからってことでしょう。


602 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 00:19:07 ID:M8YWc8WF0
どうしてまともな廃止派がいないのか。
まともなら廃止派なんかにはならないということなのか。

603 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 00:21:04 ID:mSYe4hZU0
>>592
「別に車を総て廃止して自転車と鉄道のみに変えても社会は動くよ」
おい,頭大丈夫かよ?
自動車を全廃したらえらく社会が混乱するぞ。
物流とか何で成り立ってるのか全然想像力ないのかねえ。
それに,そんな言い草は話すり替えてるだけだろう。

604 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 00:31:04 ID:o1vASwnfO
>>600
無期懲役と死刑で同レベルの冤罪対策が取れるっていうならまだしも、頭数が圧倒的に違う以上、それは無理。
稀釈されて薄くなったものに、原液と同じ効果値は期待出来ないのさ。それで例え量が二倍三倍に増えたとしてもね。

605 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 01:22:42 ID:uqcU7xex0
>>603
段階的に全廃することは可能だろう。
社会が混乱するからという理由で、冤罪死刑の何千何万倍の被害者を出している車の廃止に難色を示すのは理解できない。

まぁ、君が車を支持する理由よりは、死刑容認派が死刑を支持する理由のほうが正当性は高いと思うがな。

606 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/11(土) 01:25:06 ID:TGjwVFJz0
>>576
疑問を持って議論しても、結論が出たら疑問ではなくなるからな
疑問ではなくなったと感じたからこそ「結論」でもある
その流れのほうが理解しやすいか

簡単なことだったよ
「死刑になる奴が悪い」
これが俺の結論だ
凶悪な奴等に、ほんの少しでも期待した俺が馬鹿だった
正直者や善人が馬鹿を見る世の中だな、まったく。

607 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 01:25:52 ID:uqcU7xex0
>>603
君が勘違いをしている可能性も否定は出来ないから一応言っておく。

私は車社会も否定していないし死刑制度も否定していない。

冤罪を根拠に死刑を否定することが妥当だとするならば。という前提条件が付くなら、その前に車を否定すべきだと言っただけ。


608 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 01:31:20 ID:M8YWc8WF0
>>606
そんな間抜けな結論を堂々と書くなよ。
正直者や善人が馬鹿を見る世の中かどうかはしらんが、
お前が馬鹿をみるのは、お前が馬鹿だからだよ。

609 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 01:58:13 ID:M8YWc8WF0
廃止派「冤罪があるから死刑すんな」

存置派「リスクがあるから制度そのものを無くせという論理なら
    死亡事故のリスクを考慮して車そのものも無くすべきって
    ことになる。でも、そんなのおかしいだろ?」

 この時点でリスクだけを根拠に制度そのものを廃止することは愚かだという
 結論が出る。しかし、どうせ廃止派が「車は社会になくてはいけないけど、
 死刑はなくても社会は回る」とか言い出すのを見越して、あらかじめ「車がなく
 ても代替手段はあるから社会はいかようにも回る」と指摘。

廃止派「それは無理。物流とかあるし…車の重要性わかってる?」

この時点で死刑論議から脱線。社会におけるリスクと人の生死の話をしてるのに、これを
車の重要性という問題に矮小化して反論。議論のテーマが見えてない。存置派が
無駄な議論を省くために、廃止派の言葉の裏にある論理を日常的な事象で例示して
示してやろうとすると、そこで廃止派の思考は脱線、例示そのものに飛びつくという
流れに。一事が万事。議論が錯綜するのは廃止派の鈍重な思考回路にある。
言葉の裏にある他人の考えを読んで会話するという社会生活を営む上で必要な能力。
そういうコミュニケーション能力もまともに備わっているとは到底思えない。

610 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 02:24:40 ID:+GoWNsKD0
医療事故を無くすために

医学そのものを潰すのは馬鹿

611 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 02:27:18 ID:+GoWNsKD0
死刑反対してる人って、あらゆるミスやヒューマンエラー、衝動殺人だのというものを
努力だけでゼロにできると本気で思い込んでるのかね

人間が失敗する生き物である以上
あらゆる状況で完全を作り上げるのなんて不可能だろ

当然それに対する対応策を無くすなんて不可能

努力だけで事故も火事も起こらないなら
警察も消防も消火器も保険も必要なくなるが
現実にはそんな社会を作れない
死刑だって無くせない

人間がやることに完全を求めること自体が間違い

612 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 03:04:37 ID:pLyQeS0c0
交通事故も医療事故も犯罪も、未然に防げるなら防ぐべきだろ?
人間の命が失われる訳だから。
車は、50km以上スピードが出ないようにすりゃ良い。
医療は、効率や経費削減など考えず、人命第一にすりゃ良い。
犯罪は、犯罪が起きる仕組みを理解し、犯罪抑止に社会全体で取り組めば良い。

死刑は?
故意に人命を奪う行為だが?
防ごうと思えば防げる行為だが?
死刑だけは、殺人行為が正当化される。
それが正義で正当で常識という。

避けようと思えば避けれる、人命を奪う行為なのに。
野蛮で下劣で原始的な意識としか言い表せない。

613 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 03:32:15 ID:+GoWNsKD0
あらゆるミスをゼロにするのは不可能

614 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 03:34:58 ID:uqcU7xex0
>>612
時速50km以下のスピードだったら人が死なないというのは話にならない。
医療とは、そもそも人的ミスが無くとも一定確率で人命は失われる。
そして、死刑が故意に人命を奪う行為?イキナリ何言ってるんだ?
死刑なんだから当たり前だろ?死刑になるのが妥当だと思われる人間の命を故意に奪うんだよ死刑は。

なんで君は医療や車を例に出したんだ?議論の流れをわかってるか?
過失による犠牲者の話をしてるんだぞ。

615 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 03:47:40 ID:pLyQeS0c0
>>613
死刑は、ミスではない。 死刑は「狙って」人を殺してんの。

>>614
ん? 相変わらず、ご都合解釈?
「交通事故があるから車を無くせ」
「医療事故があるから医療を無くせ」
「冤罪があるから死刑を無くせ」
的な意見を否定してたんじゃないの

死刑になるのが妥当?
殺されるのが妥当。と思う意識が野蛮で下劣で原始的と言ってるんだよ。
人を殺して問題解決を図ろうとする意識は、犯罪者の意識と変わらんじゃないか?

方や法の下で、方や法の外で、やってる事は同じなの。

616 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 03:52:36 ID:w4M7kQEl0
>>615
>死刑は、ミスではない。 死刑は「狙って」人を殺してんの。

死刑があると解ってて殺人を犯したのは殺人犯であって、別に誰かが狙って死刑にした訳じゃあ無いな。

617 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 04:00:31 ID:pLyQeS0c0
>>616
死刑があると解ってて殺人を犯させた「原因」は?

ま、話がズレるんで。

犯罪者を殺す目的で殺す行為が死刑。
犯罪者を狙って殺す行為が死刑なの。
「ミス」で殺される訳ではないの。
死刑っていう制度は、「ミス」ではないんだよ。

618 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 04:01:07 ID:o1vASwnfO
>>612
避けられるからって、自分が殺人犯だとしたら、自分を殺す方だけは避けてもらったって、そこになんの社会性も見いだせないからね。
死刑不相応となるなら兎も角、死刑相応となるなら、それを避けて貰う理由は無い。

619 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:03:35 ID:w4M7kQEl0
>>617
>死刑があると解ってて殺人を犯させた「原因」は?

一番の原因は殺人を犯そうと思い至った自分自身だな。
仮に強要されて殺人に及んでいたとしたら死刑にはならないだろう。

620 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 04:05:16 ID:pLyQeS0c0
>>618
人間が人間を故意に殺す事に「相応」などあること自体、おかしいと言っている。
人間として、最もしてはいけない行為を罰と称し、正当化していること自体、おかしいんだって。

621 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 04:08:31 ID:pLyQeS0c0
>>619
いいね。
>一番の原因は殺人を犯そうと思い至った自分自身だな。
他の選択肢ではなく、「殺人」という選択をしなければならなかった理由は?
その選択を可能にした「価値観」や「意識」は、個人だけの問題にするのは無理があるんじゃない?
犯罪を犯す前までは、社会の一員だった筈なんだから。

622 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 04:10:51 ID:o1vASwnfO
>>620
考え方の相違だね。死刑が無ければ、殺人という犯罪行為は、犯人が生き残れる事がほぼ決定的になる。
その行為は「狩り」でしかないよ。その構図が生まれるのは避けがたい事実。

君と俺とは、重要視してるポイントが違うだけの話。

623 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 04:14:48 ID:pLyQeS0c0
>>622
そうだね。
俺は死刑を「刑罰」として見て、犯罪に対し「抑止力」として働くべきだと考えている。
「刑罰」を事後処理的な役割では考えていないから。

より安全な社会を求めて、死刑に反対してるんだ。

624 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 04:19:54 ID:o1vASwnfO
>>623
そう、それなら多くの死刑廃止国で殺人が増えている事実から目を逸らしちゃいけないね。
どれを安全と感じるか、考えるかは、君が決める事じゃあ無いよ。

625 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:20:43 ID:w4M7kQEl0
>>621
>他の選択肢ではなく、「殺人」という選択をしなければならなかった理由は?

本人の選択に、本人の決定以上の理由があるかよ。
選択ってのは、常にそういうもんだろ。ほかの選択肢だってある、そうしなきゃいけない理由もない、でもそれを選び、実行した。
それだけのこったね。

価値観だの意識だの言っても、まず自分自身の行動に責任があってのもんだろうに。
自分の行動を周囲のせいにして、それで死刑が廃止になる。もうそれがすでにろくでもない価値観を育む環境だわ

626 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:28:44 ID:+GoWNsKD0
そもそも、殺人という犯罪を避けられるなら
人を殺すことを無くせるなら

殺人犯など存在せず死刑になるやつは居ない

627 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:29:33 ID:M8YWc8WF0
>>621
あらゆる刑罰に抑止力はないと考えてるの?
自由意思否定論(決定論)を採っていると考えていいの?

628 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 04:30:30 ID:uqcU7xex0
>>620
>人間として、最もしてはいけない行為を罰と称し、正当化していること自体、おかしいんだって。

おかしいと思う理由は何かあるかい?
結果として人が死ぬならばその目的がどうであれ一律に無くさなくてはならないものだというのかい?

私は、『一律に』 無くさなくてはならないものだとは思わない。だから全くおかしいとは思わない。

私利私欲による殺人が無くせたならば、次の目標として死刑も無くす方向に向かえば良いだけの話。それが道理。

629 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 04:33:59 ID:pLyQeS0c0
>>624
もちろん。
他の廃止国を真似て廃止しよう、なんて思ってないし。
逆に、何故廃止国で犯罪が増えた国もあれば、増えない国もあって、減った国さえある事実を、
ちゃんと精査して、犯罪抑止に役立てれば良いと思ってるよ。

>>625
>本人の選択に、本人の決定以上の理由があるかよ。
決定するのは本人かも知れんが、決定させるまでの環境は社会にも属してるんじゃないの?

>選択ってのは、常にそういうもんだろ。
「殺人」という選択を取り除けない社会、他の選択肢を与える事の出来ない社会に問題はない?

犯罪社会学の中には、犯罪者もまた、社会の犠牲者である、という考え方があるんだよ。
何もかも「社会のせい」にするつもりはない。
ただ、何もかも「犯罪者だけのせい」にするのも、違うんじゃない?

630 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:38:46 ID:+GoWNsKD0
>>629
責任の所在は裁判所が判断する
本人の責任だという結論が出なきゃ減刑もある

それでも死刑になるならそれは本人の問題だ

631 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 04:43:24 ID:o1vASwnfO
>>629
ならそもそも、安全な社会の実現に、死刑廃止は絶対条件じゃ無いって事だね。増えたり減ったりするって事はそういう事だし、基本的に増えてるケースの方が多いよ。

632 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:45:03 ID:w4M7kQEl0
>>629
>「殺人」という選択を取り除けない社会、他の選択肢を与える事の出来ない社会に問題はない?

死刑が必要となる以上、どの道社会から殺人は消えてない。

少なくとも、死刑は前提として提示されているのだから、そこを前提に行動したのは犯罪者の責任。
その罰則を軽減する方向は、悪影響こそあれ、なんの責任を果たしたことにもならない。責任の所在をあやふやにしようとしてるだけ。

そもそも、殺人犯の方に、罪に対してある一定の憂慮する事情があるなら、んなもん裁判の時点で考慮される。

633 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 04:45:52 ID:pLyQeS0c0
>>627
いえ。 抑止力はある程度、あると思ってるよ。
例えばね、
簡単に万引きできる店を作って、万引きを防ぐ努力もしない店が、
万引き犯を捕まえて罰する事ばかりに躍起になっていたら、おかしいと思わない?
万引き出来ない店を作るべきとは思わない?

>>628
>私利私欲による殺人が無くせたならば、次の目標として死刑も無くす方向に向かえば良いだけの話。それが道理。
その「私利私欲による殺人」を支えてる価値観に、死刑も一端を担ってるとは思わないか?
「悪い奴は殺しても良い」 この価値観だよ。

あの宅間は、何の罪もない子供達を「悪人」と言った。
裕福な家庭で育ち、あの学校に通ってる子供達を「悪」と言ってたよ。

「悪い奴は殺しても良い」という価値観が、個人の中で管理され、制御不能になった時、
訳のわからん事件になるんじゃないの?

どんな状況であっても、人を殺しちゃいかん、という価値観を育て、
社会全体で、そんな選択肢ではなく、もっと他の選択肢を用意するべきではない?
「悪い奴でも、人は人を殺しちゃダメ」という価値観や意識を育てるべきとは思わないか?


634 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:49:34 ID:+GoWNsKD0
無理

あらゆる状況 を前提にすると緊急避難すら否定することになる

635 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 04:52:43 ID:pLyQeS0c0
>>631
>基本的に増えてるケースの方が多いよ。
俺は、そう思えてないんで。
死刑には抑止力はある。
ただ、終身刑や長期懲役刑と変わらない抑止力がね。
死刑にだけ特別な抑止力があるとは思ってないから。
それが証明されてないからね。

636 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:55:18 ID:+GoWNsKD0
死刑が特別なものじゃないなら

ことさらに廃止する必要もないな

637 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:56:22 ID:M8YWc8WF0
>>633
法律の規定に従って法執行機関により行われる死刑を、なぜ普通の殺人と同一視するの?
殺人行為に変わりはない、というなら過去の廃止派が逃げてきた質問にしっかり答えて欲しい。

なぜ刑罰の中で死刑だけをとりだして、国会による殺人行為というの?
禁固は国家による監禁じゃないの?
懲役は国家による強制労働じゃないの?
刑罰を認めないということなの?

638 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 04:57:28 ID:pLyQeS0c0
>>634
「人を殺しゃダメ」というルールの元、人を殺そうとしてる人間を殺す行為。
それが「緊急避難」でしょ?
そこまで否定するつもりはないんだよね…。
あくまでも、「死刑のように」人を殺す必要はないと言ってるんであって。。

その瞬間、危険な状況で、他の生命を守る為に、他の生命に危害を加える危険な生命を奪う。
これは、正当なんじゃない?

639 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:57:47 ID:ZPyXNzn80
>>635

> ただ、終身刑や長期懲役刑と変わらない抑止力がね。
> 死刑にだけ特別な抑止力があるとは思ってないから。

根拠は?

640 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 04:58:04 ID:o1vASwnfO
>>635
証明されてない事を盾にしちゃいけないよ。安全な社会を作りたいとかいうなら。

安全っていうのは、楽観から作られるものじゃないよ、可能性に対する気構え、最悪を想定した対策、そういうものが無きゃ話にならない。

「だろう」では無く「かもしれない」安全運転でもそう言われる事だよ。
殺人が増えるかもしれないのに、そういった事を「思えない」時点で、気構えが足りてないって事だよ。

641 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 04:59:25 ID:+GoWNsKD0
>>638
>どんな状況であっても、人を殺しちゃいかん、という価値観を育て、

これをどう読んだらそんな解釈が成り立つ?

642 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:01:06 ID:w4M7kQEl0
まあ、アムネスのような事やってりゃ、いつまでたっても死刑の抑止力は証明不可だろうな。
あんなんが死刑廃止を先導してるって、考えてみるとすげぇ状況だな。

643 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:01:29 ID:pLyQeS0c0
>>637
>禁固は国家による監禁じゃないの?
監禁する事で社会から危険が排除されるなら、問題ないんじゃない?

>懲役は国家による強制労働じゃないの?
強制労働させる事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?

>刑罰を認めないということなの?
刑罰とは、事後処理ではなく、事前に効果があるべきだと思ってるんで。
死刑は、完全に事後処理能力しかないからね。


644 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:05:32 ID:pLyQeS0c0
>>639
国連の調査。

>>640
あなたの言ってる事は、犯罪が減った国もある事を無視してるね。
同じ論理で、全く反対の事も言えるんだよ。

>>642
俺もアムネスの人権思想にはウンザリなんで。
あくまでも、治安の為に死刑に反対してるんです。

645 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:06:33 ID:w4M7kQEl0
まあとりあえず死刑に抑止力があるかどうか解らないという結論は、死刑の抑止力を証明しようとした結果で無く、死刑の抑止力を否定しようとして得られた結果だって事を、廃止論者はすっかり失念してるな。
なにか自分たちの有利に働くと思ってるようだが、要は証明失敗ってだけの事だぞあれ。

646 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:07:53 ID:M8YWc8WF0
>>643
つまり刑罰には全く制裁的な要素はないと考えているってこと?
これってつまり完全な目的刑論だよね。これは刑法学説の中でも今やほとんど支持されて
いないってことは自覚してる?

647 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:08:26 ID:+GoWNsKD0
1%の少数の例外を産み出しても、
99%の大多数に対する抑止力があれば
犯罪の減少が期待できる

少数の例外だけで廃止することは出来ない

648 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:09:41 ID:pLyQeS0c0
>>645
そうなの?
俺が見た内容は、支持派・反対派、双方が互いの立場から数年かけて調査した結果、
死刑に特別な抑止力を見いだせなかった、っていう内容っだったけど。。

649 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 05:10:45 ID:o1vASwnfO
>>644
言えないよ。日本は存置の現状でも、殺人が減ってる国だし。現状が危険な訳じゃない。
それを死刑廃止にしようと言うのだから、最悪のパターンの想定は当たり前だよ。それなくして「安全」とかいっても、ただの世迷い言にしかならないよ。

650 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:12:14 ID:w4M7kQEl0
>>648
へえ、で、その数年の調査結果とやらは?

651 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:12:59 ID:+GoWNsKD0
死刑というものが何の影響も持たない
刑罰として特別なものでないとしたなら
ことさらに死刑反対と叫ぶ意味など存在しない

◆G10zQMdncg が必死に反対していること自体が
死刑には影響力、抑止力があるという証明をしている

652 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:14:04 ID:ZPyXNzn80
>>648
調査結果のソースは?

653 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:17:47 ID:+GoWNsKD0
シンガポールは麻薬に対し極端に厳しく、量の多少にかかわらず麻薬を所持していた者、
密輸しようとした者等は(外国人であっても)殆どの場合で死刑に処される。

シンガポールやアラブ諸国のように死刑適用が極めて厳しい国では大規模な犯罪組織は存在せず、
特に世界中の麻薬組織は麻薬犯罪に死刑が適用されるシンガポールや、一部のアラブ諸国での
活動を避けており、死刑が犯罪組織に対しては治安向上の効果があることを示す良き例であると指摘されている。

654 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:18:21 ID:pLyQeS0c0
>>646
そうね。
絶対的応報刑論は否定するね。

完全な目的刑論というか、相対的応報刑論に近いかも。

655 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:23:12 ID:pLyQeS0c0
>>652
調べれば出てくるよ。

>>653
万引きに死刑を適応しても、万引きは減るよ。
傷害でも詐欺でも、劇的に減るんじゃない?
それが、死刑じゃなくて終身刑や長期懲役刑でも同じじゃないの?

656 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:26:09 ID:EyH5fxbt0
「悪い奴でも、人は人を殺しちゃダメ」
ダメダメ絶対例外なし。※但し死刑以外の全ての殺人には例外があります。


こんな価値観いらねぇわw
例外認めるなら全てに認めろ。

657 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:27:58 ID:M8YWc8WF0
>>654
完全な目的刑論と相対的応報刑論との間には天と地の差があるんだけど。
そもそも理念が全く違う。

刑罰は事前処理であるべきで、事後処理しかない死刑は廃止すべき。

この考え方は応報的要素を完全に否定しているとしかとれないよ。もしそうなら
それは完全な目的刑論であって、相対的応報刑論とは全然違うよ。相対的応報刑論は
応報刑をベースに目的刑にも意義を見出す刑罰論だから。もうちょっとはっきり
立場を表明できないかな?そうしてくれるともっと理解しやすいんだけど。

658 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:33:08 ID:pLyQeS0c0
>>656
犯罪者の価値観も認識も意識も理解せず、一方的に「悪人は殺せ」の価値観を強いるなら、
犯罪者の境遇を理解し、何故、犯罪者にとって被害者を殺す必要があったのか?
それを理解し、その価値判断をさせた社会も責任を問うべきではないのか?

「悪い奴は殺しても良い」
でも、法の下でだけね。
君の言葉を借りるなら、
犯罪者の価値判断も認め、「悪い奴は殺して良い」と叫べば?ってなる。

死刑も十分、都合のいい「例外」扱いなんですよ。

659 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:35:08 ID:+GoWNsKD0
>>655
死刑が特別なものじゃないなら
そこまで必死に反対する必要もないな

660 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:35:55 ID:pLyQeS0c0
>>657
相対的応報刑論
相対的応報刑論とは、刑罰が応報であることを認めつつも、
刑罰は同時に犯罪防止にとって必要かつ有効でなくてはならないとする考え方をいう。
刑罰の目的を考慮する点で絶対的応報刑論と異なっている。

目的刑論(もくてきけいろん)とは
刑罰は犯罪を抑止する目的で設置される性格を持つという考え方を言う。
目的刑論は一般予防論と特別予防論に分けることができる。

そんなに差がある?





661 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:37:25 ID:EyH5fxbt0
>死刑も十分、都合のいい「例外」扱いなんですよ。

死刑も?
十分?
と言う事は他も十分都合のいい例外と認めるわけだね。
ならばなぜ死刑だけが認められないのか説明つかないね。

662 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:38:14 ID:+GoWNsKD0
>>658
現状でも裁判所は責任の所在を考慮した上で判決を出している

663 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:39:00 ID:M8YWc8WF0
>>660
明らかに差があるでしょ。
だって目的刑論には応報的要素はない(つまり犯罪は制裁ではない)
相対的応報刑論は応報的要素も目的刑要素もある(制裁であると同時に予防措置でもある)
応報要素があるかないかという決定的な差。
君はどちらの立場をとるの?

664 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:43:28 ID:pLyQeS0c0
>>662
そうね。
「悪い奴は殺しても良い」という価値観を守ってくれてるね。

桶川のストーカーも、宅間も、数多くの殺人事件は、
加害者から見たら、被害者は「悪」なんだって事実。
まさに、いじめはいじめられっ子が悪い、みたいな意識。

こんな価値観を提供してくれてる裁判所の判断など、糞くらえなんで。

665 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:44:53 ID:EyH5fxbt0
>でも、法の下でだけね。
>君の言葉を借りるなら、
>犯罪者の価値判断も認め、「悪い奴は殺して良い」と叫べば?ってなる。

とりあえず法治国家否定してるお前は日本から出て行けよ。

666 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:46:25 ID:pLyQeS0c0
>>663
応報的要素も認めつつの目的刑論派。
だから、相対的応報刑論派。

死刑は、絶対的応報刑論でしょ?

667 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:48:11 ID:+GoWNsKD0
>>643
>>禁固は国家による監禁じゃないの?
>監禁する事で社会から危険が排除されるなら、問題ないんじゃない?
>>懲役は国家による強制労働じゃないの?
>強制労働させる事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?

死刑にする事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?
死刑にする事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?
死刑にする事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?
死刑にする事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?
死刑にする事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?
死刑にする事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?
死刑にする事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?
死刑にする事で社会から危険が排除されるなら、良いんじゃない?

668 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:48:44 ID:pLyQeS0c0
>>665
たぶん、君より高い税金払ってるんで、出ていく気はないよ。

法治国家が、殺人行為を正当化してるんだから、異議を唱えているんだから。

669 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:50:25 ID:pLyQeS0c0
>>667
危険を排除させる為の殺人行為は、認められるんだな?


そろそろ壊れる時間か?

670 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:50:47 ID:+GoWNsKD0
なんだ、ただの法律無視のアナーキズム馬鹿か

671 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:51:37 ID:+GoWNsKD0
>>669
それを死刑と言うんだ

672 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 05:53:23 ID:pLyQeS0c0
>>671
だから反対してんの。
しかも、わざわざ殺さなくても、収監した時点で、社会から危険は省かれるんじゃないの?


673 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:55:52 ID:+GoWNsKD0
死刑を執行すれば再犯率はゼロになる

674 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:55:59 ID:ZPyXNzn80
>>669
すまんが、
「死刑は終身刑より抑止力が大きいとはいえない」
とする国連の調査なんて探してもどこにもないんだが、
そんなに自信をもっていえるんなら、
URLなり文献なりソースを提示してくれないか?

675 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:56:51 ID:M8YWc8WF0
>>666
死刑が絶対的応報刑なんて誰が言ったの?
死刑に抑止力があることは君自身も認めてるわけだろう(懲役刑と同じくらいにはあるといってる)
つまり死刑には制裁の要素と抑止力という一般予防の予防的要素があるということ
つまり相対的応報刑でも死刑は認めるのが通常なんだが。
死刑がなぜ絶対的応報刑なの?

676 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 05:57:53 ID:EyH5fxbt0
俺様は高い税金払ってるんだから他より自分の我が儘が優先されるべき!てか?w

止めたほうがいいよ。うちは国に莫大な土地提供してるし。
中には更生施設の土地とかもあるぞ。お前って直ぐ納税自慢したがるよね。

677 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 06:00:07 ID:pLyQeS0c0
>>674

死刑が他の刑罰よりも有効に犯罪を抑止するという説得力ある証拠は、
科学的研究によっては一貫して得られていない。
1988年に国連(訳注:国連犯罪防止・犯罪統制委員会)のために行なわれ2002年に改訂された、
死刑と殺人発生率の関係についての最新の調査結果報告書の出した結論は
「死刑のもたらす脅威やその適用が、より軽いと思われる終身刑のもたらす脅威やその適用よりもわずかでも殺人に対する抑止力が大きいという仮説を受け入れるのは妥当ではない」
というものだった。

(引用文献:ロジャー・フッド『世界の死刑』 オックスフォード・ユニバーシティ・プレス、第3版、2002年 230ページ)


678 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:01:32 ID:+GoWNsKD0
日本の法律は選挙を経て民主主義に則って決められた法律
国民自身が死刑を合法と認めたのだ

民主主義そのものの否定だな

679 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:04:28 ID:M8YWc8WF0
◆G10zQMdncgの見解で大きなところを論点別に二つ。
 誤りがあったら指摘してね。

 @     殺人という犯罪行為の決定について
  ◆G10zQMdncgは犯罪行為を行う決定は社会的要因が大きいと言っている。
 だからもし個人が殺人を犯してもそれは個人の選択というよりは、社会的な要因があった
 うえでの避けがたい行為であって、必ずしも死刑に値する非難可能性があるとはいえない。
 そういった意味合いのことを言っているよね。
 これは自由意思否定論(決定論)をとっていることの証左だ。
 つまり、
 a.人間にはそもそも自由意思がない。選択は全て社会的要因によって決まるのであって
 個人が選択したのではないのだから、これは非難できない。よって死刑はできない。
 もしくは
 b.人間の自由意思を否定はしないが、犯罪行為に至る経過において社会的要因・環境的要因の
 方が大きい。つまり、たとえ自由意思によって選択したとしても、その後押しをしたのは外的
 要因であって、犯罪行為を行う選択全体をみれば自由意思の占めるウェイトは小さく、それゆえに
 非難可能性は小さい。少なくとも死刑のような重い刑罰に値するほどのものではない。

  ◆G10zQMdncgはaもしくはbのいずれかの立場をとっている(はっきりしないけど、b寄りといえるかも)

 A 死刑という刑罰の性質について。
  ◆G10zQMdncgは死刑が事後処理的要素(制裁)しかないことを理由に
 他の刑罰と死刑とを区別し、死刑は廃止すべきだと言っている。
 
 以上が論点別の ◆G10zQMdncgの主張の要旨だと思うけど、
 @(aをとってもbをとっても)とAが完全に矛盾してることには気付いてる?

680 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 06:05:02 ID:pLyQeS0c0
>>675
死刑にしか得られない抑止力が認められないから、だよ。

>>676
別に。 自慢してる訳じゃない。
金額叫んでる訳でもないし。
事実として、高い税金払ってんだから、出ていく必要などない、って事。

親のふんどし出して来て、恥くないか?

681 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:08:44 ID:ZPyXNzn80
>>677
それって
http://homepage2.nifty.com/shihai/shiryou/facts&figures.html

↑ここから単にコピペしたものだよね。
こんなものをソースに国連の調査なんて百歩ゆずってもいえないよ。

それにこのサイトが引用している報告書って
アムネスティが出したものだよね?
しかも実例といっても、カナダの例だけしかのっていない。
原文はここにあるから読んでみなさいよ。
http://www.amnestyusa.org/abolish/facts_fgures032002.pdf

その辺わかったうえで「国連の調査」なんていってますか?


682 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 06:09:38 ID:pLyQeS0c0
>>679
まず、死刑反対の大きな理由の一つに、「殺人行為の正当化」という価値観を与えている事、ね。

それも踏まえて、どこが「完全に」矛盾してる?

683 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:12:12 ID:EyH5fxbt0
>親のふんどし出して来て、恥くないか?

別に。親の土地だけじゃないしな。

高い税金払ってるとか関係ないよ。私刑を認めて死刑を否定させるような危険思想の持ち主は
例え何億税金払ってても法治国家から出て行け。邪魔。


684 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:14:29 ID:M8YWc8WF0
>>680
死刑しか得られない抑止力が認められないというのは君個人の見解であって
絶対的応報刑論者のみ死刑を認めうるとか、相対的応報刑論者は死刑を認め得ない
というのは定義上間違いだということはわかるよね。多分刑法論を詳しく知らない
ゆえの誤解だろうから、それについてはこれ以上追及はしない。

685 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 06:16:32 ID:pLyQeS0c0
>>681
「世界の死刑―国連犯罪防止・犯罪統制委員会報告書」って本もありますから。


686 : ◆G10zQMdncg :2010/12/11(土) 06:19:06 ID:pLyQeS0c0
落ちます。
お相手、ありがとうでした。

687 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:19:16 ID:EyH5fxbt0
とりあえず特別な抑止力が無い事を以下を踏まえたうえで説明してくれ。

千葉県香取市で昨年11月、面識のない千葉銀行員、沢田智章さん=当時(24)=を
軽トラックではねて殺害したとして、殺人などの罪に問われた土木作業員の少年(19)は
1日の千葉地裁(彦坂孝孔裁判長)での公判で「少年だから死刑にはならない」などと述べた。
被害者参加制度に基づき出廷した沢田さんの父(55)から「人を殺して死刑になる
(と分かっていた)なら事件を起こさなかったか」と質問され、答えた。

688 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:23:18 ID:+GoWNsKD0
死刑は犯罪抑止に効果あり〜各種調査が証明
http://www.usfl.com/Daily/News/07/06/0611_007.asp
 近年、国内では死刑廃止論が勢いを増し、イリノイ州では死刑が中断され、6州以上で薬物注射による
死刑の是非が法廷で争われ、ニュージャージーでは死刑完全撤廃の動きが強まっている。
しかし一連の学術調査からは、死刑には明らかに犯罪抑止効果があることが明らかになっている。

 AP通信によると、コロラド大学のネイシ・モカン教授(経済学)らが2003年にデータを分析し、06年に同じ調査を見直した結果、
死刑を1件執行するごとに殺人が5人減り、逆に死刑を1回減刑するごとに殺人が5件増えることが分かった。

689 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:28:40 ID:M8YWc8WF0
>>682
やっぱり、そもそも自分の意見の矛盾に気付いていないんだね。
自由意思の介入がないこと、あるいは自由意思の占めるウェイトが低いことを理由に
死刑という刑罰の適用に反対するということは、自由意思の介入があれば非難可能性がある
ゆえに死刑の適用も考えうるということだよね。これは論理的な話だ。
これってどういうことかわかる?君の見解は自由意思による非難可能性の有無を
刑罰適用の前提にしているということだ。非難可能性とはつまりこういうことだよ。
非難可能性は非難される余地という意味だ。非難とは何か。それは簡単にいえば
行為に対する責任だよね。自分の意思でどうにもならないことなら責任はない。
しかしそうでないならそれは非難されるべきで、ゆえに刑罰が科せられる。
これは自己の行いに対する非難としての刑罰を受けよということだ。これって
まさに制裁だよね。非難可能性つまり自由意思の有無を刑罰の根拠にするということは、
当然刑罰とは制裁の要素を持つということを前提にしてるってことだよ。
だからAとは完全に矛盾する。@で自由意思の介入と非難可能性を盾に死刑に反対して
おきながらAでは制裁のない刑罰が許されないと言ってしまっている。
君が目的刑なのか相対的応報刑なのか、はっきりしない曖昧な立場でいる理由は、
君自身が大きな矛盾を孕んだ自論に根ざしているからなんだよ。しかもその矛盾に
自分では気付いていない。だから立場を表明しろといわれると、絶対的応報刑論のように
誤った言葉の定義を持ち出さざるを得なくなるんじゃないかな。

690 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:30:33 ID:M8YWc8WF0
逃げたか。
また戻ってくるなら◆G10zQMdncgは>>689に反論してくださいね。

691 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:39:19 ID:fCdfDWkT0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

692 :容認派:2010/12/11(土) 06:47:34 ID:ws+7/qIV0
>>682
>「殺人行為の正当化」という価値観

それなら、正当防衛も否定しなよ。

君は0.1%の社会の責任を楯に、99.9%の個人の責任を追及す
るなと言っているだけ。
仮に50%、いやおそらく30%くらいでも社会の責任が認められたら
死刑という判決にはならないだろうに、それには無反応。

さらに、凶悪犯を絶対に社会復帰させない手立てを先に確保しようと
もせず、死刑という完全排除の手段を無くそうと主張している。
君は絶対的終身刑を否定していないようだから、まずはそちらを先に
主張すべきじゃないか?

死刑廃止を訴えるのは100万年早いんじゃないの?
それと、1行無駄レス繰り返すのもやめようね。レスしないより失礼だよ。


693 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 06:49:35 ID:ZPyXNzn80
逃げたねw

はっきりいって◆G10zQMdncgが根拠としている、
「国連の調査」なんてのは、かなりあやしいもんだよ。

論拠としている文献も古すぎるし、実際のところ、
信頼するに足る調査なんてものはどこにものっていない。

>>685で書いてる
『世界の死刑―国連犯罪防止・犯罪統制委員会報告書』
ロジャー・フッド (著), 辻本 義男 (翻訳)

なんて、1990年に出た本だし、
訳者の辻本義男って人は筋金いりの死刑廃止論者。

この辺で馬脚をあらわすのが怖くて逃げたんだろうねきっと。

694 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 07:37:07 ID:WTS3TBIwO
いや〜どうせ何のレスも無いんだろうと思って寝ちまったら、
一杯進んでるな、
何時もの堂々巡りで何の進歩が無いけど。

>>594
あんたのレスが一番的外れだ、流石だね。

冤罪の可能性を無くそうってのは当たり前だ。
此処は死刑制度に付いてのスレだろう、
冤罪について語りたいんじゃない。
冤罪なんか、
過去、現在、未来に渡ってどんなに制度改めてたって無くなるもんじゃない。
冤罪の可能性の是非を問いたいんじゃ無いんだ。
死刑制度が存続するとして、
冤罪死刑囚が執行される事が避けられ無いって事を存置派さん達はどう考えてるのかを問いたかったんだ。
あんたのレスが一番的外れなのが判るだろう?

あんたの反論もきっと的外れなんだろうしな。

695 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 08:21:22 ID:7BmLdOIO0
>>637
>懲役は国家による強制労働じゃないの?
一応、違うことになっているというか、強制労働はダメってことになってたはず

696 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 08:24:12 ID:7BmLdOIO0
>>638
獄中死はどうなの?


697 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 08:28:41 ID:mSYe4hZU0
>>605
「可能だろう」って,全然リアリティないよ(苦笑)。
だいだい,車全廃だと,病気や怪我でも救急車は来ないし災害でも消防車やレスキューも来ないことにもなるんだぜ。
車があってこそ救える命だって多いんじゃないの?

698 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 08:30:00 ID:7BmLdOIO0
>>653
中国も麻薬所持・密輸は死刑
だが日本に密輸される麻薬は中国からが多いんだよね
共産国を同一視しちゃだめかな?賄賂で無罪になっちゃうしな・・・



699 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 08:33:52 ID:mSYe4hZU0
「冤罪を根拠に死刑を否定することが妥当だとするならば。という前提条件が付くなら、その前に車を否定すべきだと言っただけ」
そういうのを「話のすり替え」と言いますね。
話が全然違うじゃん。

700 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 08:34:54 ID:7BmLdOIO0
>>668
自慢w
上から目線ですなー
税金払うのは当たり前だからw
まあ不自然な部分もあるけどさ



701 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 08:36:49 ID:7BmLdOIO0
>>672
完全なる終身刑ならいいかもね
でもそれは死ぬまでが刑罰ってことになるんだけど、それはよいの?


702 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 08:47:52 ID:7BmLdOIO0
立てこもり犯を公務員が射殺した場合はどうなんだろうか
国家による殺人って事になりはしないか

703 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 09:24:24 ID:0nOzMKRZO
和歌山毒カレー事件の判決も怪しいな。
皆が納得する直接証拠もなく、動機すら解明されていない。
真須美が犯人だとしても死刑判決を下すには無理がある。

もっとも真須美は保険金詐欺の常習犯で庇うつもりは毛頭ない。
しかし真須美に死刑判決が下れば、一件落着というわけでもないだろう。

念のため断っておくが、冤罪の可能性があるから死刑廃止と言いたいわけではなく、やはり「疑わしきは罰せず」に徹するべきだろう。
死刑とはそれほど重い。

704 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 09:27:07 ID:EyH5fxbt0
波平 「廃止派は我が儘言うんじゃないよ馬鹿も〜〜〜〜ん!!!!」

これで十分な気がしてきたw

705 :容認派:2010/12/11(土) 10:58:26 ID:ws+7/qIV0
>>694
横レス失礼。

>此処は死刑制度に付いてのスレだろう、
>冤罪について語りたいんじゃない。
>冤罪なんか、
>過去、現在、未来に渡ってどんなに制度改めてたって無くなるもんじゃない。
>冤罪の可能性の是非を問いたいんじゃ無いんだ。
>死刑制度が存続するとして、
>冤罪死刑囚が執行される事が避けられ無いって事を存置派さん達はどう考えてるのかを問いたかったんだ。

よく分からないが、結局君の聞きたい(知りたい)のはここ?
      ↓
>死刑制度が存続するとして、冤罪死刑囚が執行される事が避けられ
>無いって事を存置派さん達はどう考えてるのかを問いたかったんだ。

でも、君自身が冤罪と死刑は別問題だと言っているようだし、第一、

>冤罪なんか、 過去、現在、未来に渡ってどんなに制度改めてたって
>無くなるもんじゃない。

と、これも君自身が言っていて、答えがないという結論を導いてるじゃないか。
死刑だろうが懲役刑だろうが、避けられない錯誤に答えなんてないよ。

ただ、あるのは生き物としての死への忌避と、絶対的特別予防効果につ
いては、誰もそれを否定できないであろうこと。それを否定する、あるいは
それを凌駕する理論が示されれば、検討の余地がでてくるんだと思うよ。
これまでに、それにトライするものはいたが、ことごとく自滅理論であった
というだけのことだ。


706 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/11(土) 11:54:33 ID:dFok+9Fa0
>>608
意味の無いレスは止めろよ

707 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 11:56:41 ID:E2jB94+/0
警察の目が厳しくなってきたら身柄を隠してほとぼりが冷めるのを待ち
皆が忘れた頃に名前や手口を変えて又騙そうとする

犯罪者の話で廃止派の事じゃないからねw


708 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 12:37:15 ID:WTS3TBIwO
>>705
流石に容認派。
訳の分からん横レスだ、
一辺病院へ行って来る様に。

死刑と冤罪は関係無いと存置派さんは常に主張されるが、
死刑制度廃止の根源は冤罪者の発生に有る。
じゃ
横レスさんに問うが、
冤罪死刑囚執行後に冤罪が判明したら、
どう救済するんだ?
遺族に対して救済なんか要らないよ。
物理的にも経済的にも冤罪死刑囚に補償して遣ってくれ。
さぁどうするんだ?


709 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 12:48:15 ID:MLzmN+om0
>>703

無期だって懲役刑だって冤罪起こしちゃいけないのは変わりないだろに、そこで死刑の重みが引き合いに出てくる理由が解らん。

710 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/11(土) 13:05:18 ID:dFok+9Fa0
>>708
そんなレアケースのために、大半の殺人犯が死刑から免れることのほうが大きな問題だ
それが分からんのか・・・・
冤罪を盾にする方法でしか死刑反対できないなら、もう結論は出ているから
俺から言わせれば無駄れすなんだよ

711 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 13:21:49 ID:WTS3TBIwO
>>710
そんなレアケースが大問題だって分からん香具師は、
生きて行く資格なんか無い。
人間辞めろって言う前に

何だ最初から人間のレスじゃ無かった、
レスするだけアホらしいな。


712 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 14:13:03 ID:fTuS5YS6P
無駄レス以前に廃止論者という惰弱な存在が既に無駄だからなw


713 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 15:22:07 ID:HF6c4Lpk0
過去のスレで散々冤罪と死刑については議論したんじゃないの?
無駄にループしてないか?
過去のスレを読んでから書き込みした方が良いと思う

714 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 15:26:16 ID:uqcU7xex0
>>638
知らないなら少しくらいは調べてから答えるべきだね。
緊急避難っていうのは、究極、 『私利私欲による殺人』 も認められるんだよ。

715 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 15:28:13 ID:uqcU7xex0
>>638
もっと言うとな


『私利私欲により、無辜の人を殺害する行為』 が認められる場合もあるってことだ。

716 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 16:09:21 ID:EyH5fxbt0
>生きて行く資格なんか無い。

死刑はダメだと言う癖に、レアケースが大問題だと分からないだけで死ね、と。
ホント我が儘な奴だねw

717 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 16:14:12 ID:7BmLdOIO0
>>708
無期で獄中死のケースはどう救済されるの?

それから病院で意見が変わるなんてことはありえない。
黒を白と言わせる治療を出来る病院をわたしはしりません・・・どこの病院か名前をおっしゃってください

718 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 16:17:04 ID:7BmLdOIO0
>>716
『私利私欲により』あなたは殺されそうです。
コマンド?

719 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 17:20:10 ID:pcri888R0
>>717
獄中死は無期に限った話ではないのでは?

720 :存置派:2010/12/11(土) 17:20:15 ID:8bna7I6f0
>>708
横からすまないが、君に逆に聞きたいな。
冤罪で投獄した人間が獄死した場合、
君はどのように「物理的にも経済的にも冤罪死刑囚に補償」するんだい?

721 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 17:31:26 ID:WTS3TBIwO
>>720
その問題は冤罪スレで遣ってちょって言ってるでしょ、
何度も書かせるな、アホ。此処は死刑制度スレでしょが?


722 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 17:37:41 ID:WTS3TBIwO
>>717
お前も度しがたいなぁ。
冤罪問題遣りたいのなら冤罪スレで遣れよ。
病院で意見を変えてくれなんて期待してないよ。
世の中の為に拘禁されて出てくんなって期待してる。

723 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 17:55:47 ID:o1vASwnfO
>>721
いや、だってそもそも、「冤罪を抱えたまま人が死んだ場合取り返しがつかない」ことを問題にするなら、それそのものが冤罪スレの範疇でしょ。
死刑廃止がその問題の解決になる訳じゃない。

その問題を死刑問題として持ち上げるから、「死刑を廃止しても問題の解決になっていない」事が反論として提示されてるだけの事だよ。

724 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 18:04:35 ID:WTS3TBIwO
>>717
>>720
逆逆に聞きたいけど、
冤罪死刑囚の執行に依る刑死と
拘禁中の自然死
をあなた達はまったく同じと思ってるの?
執行による刑死なんて国家に依る悪質な犯罪行為だよね?
違う?

>>723
嫌違うね。
死刑廃止は冤罪死刑囚の執行に依る救済不能を解決出来るね。
再審請求中の中の自然死等は再審スレで遣ってくれ。

725 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 18:20:19 ID:HXcNwQgX0
>>724
>冤罪死刑囚の執行に依る刑死と
>拘禁中の自然死
>をあなた達はまったく同じと思ってるの?

死刑と犯罪が同じだと思ってる奴もいるんだから
そんな奴もいるんじゃないw

726 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 18:21:28 ID:EyH5fxbt0
そもそも冤罪で死刑になった人に物理的にも経済的にも補償する必要あるの?
凶悪犯に殺された被害者に死んだ人間に人権は無い、と言っておきながら冤罪被害者には物理的にも経済的にも補償しろ、と。
ホント我が儘だねぇw

727 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 18:21:48 ID:M8YWc8WF0
>>724
>執行による刑死なんて国家に依る悪質な犯罪行為だよね?

すごい発想だな。警察も検察も裁判所も、法執行行政の全否定なんじゃない?
「国家権力=悪」の図式が頭を支配してる。一般国民の法感情も無視、自分達の
考え方が民意よりも優先すべきという民主主義の否定ひいては法治国家の否定。
権利は主張するが義務は無視、行為にともなう結果責任も無視。

このヌルいモラトリアム的思想って、四半世紀前、大学の講堂前で警備隊に火炎瓶投げて発狂してた連中
の思想と同じじゃない?WTS3TBIwOっていくつなの?

728 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 18:33:02 ID:TPS40ZTD0
>>724
「死刑廃止にすれば冤罪死刑の被害者は救済できる!でも死刑を廃止しても冤罪は晴れないかもしれない?知らんがな」

( ゚д゚)ポカーン

729 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 18:49:58 ID:WTS3TBIwO
>>726
お前は人権教育が成されてないか失敗だな、親の顔が見てみたい。
小学校からやり直して来ない限りレスしてくるな。

>>727
昨日、鹿児島県警、鹿児島地検の醜態を見たばかり。よくもDNA鑑定迄捏造するものだと呆れたのは俺だけじゃないだろう。
大阪府警、大阪地検の悪辣非道振りも記憶に新しい。お前さん、全国の警察、検察が正義の味方とでも思ってるようだが、
現実は違う。
奴等は容疑者さえ上げてしまえば、此方の物って事で後は遣りたい放題だ。
真犯人を真摯に追い求める姿を奴等に期待しても無駄。
寄らば大樹にぐるぐる巻き、
自己保身と面子のみに拘る極悪卑劣の集団だ。
そんな奴等の大本営発表を嬉々として聞いたりするから、
存置派の皆さんは自然と報道発表を鵜呑みする様になっちゃう。
悲しい事だね。

>>728
此処は死刑制度スレだから、
冤罪救済問題遣りたかったら冤罪スレへ行ってね。

730 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 18:57:57 ID:7BmLdOIO0
>>719
死刑の次が無期だから、例として挙げてみたのです
無期は基本出られないっていう前提だし、

731 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:00:19 ID:7BmLdOIO0
>>721
アホにアホと言われてしまったようう
自分で話振っといてそれはないっすよ^^;

732 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:00:40 ID:+GoWNsKD0
>>729
だったらお前もこのスレを冤罪問題で荒らすな

733 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:06:05 ID:EyH5fxbt0
>お前は人権教育が成されてないか失敗だな、親の顔が見てみたい。
>小学校からやり直して来ない限りレスしてくるな。

おやおや図星だったかw
都合が悪くなたからレスするな、とw

死刑廃止して刑務所内で再犯が起きた場合お前ら如何責任取るの?

734 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:08:30 ID:WTS3TBIwO
>>732
死刑廃止の根源は冤罪だって言っての。
分からないかなぁ。

>>733
ゴキブリ、
レスするなってだろう。

735 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:09:18 ID:SezyhR160
>>729
現実は違う、極悪卑劣集団って……なんという短絡的な思考なんだよ。
一部の警察や検察の不正から、どうして国家権力は全て極悪なんて発想まで
飛躍できるのかわからん。それを無理やり死刑反対に繋げてるのも極端すぎるし。
君は「巨悪に立ち向かう俺カッコイイ」ってヒーローイズムに酔いしれてるだけ。
週刊誌のゴシップとかルポライターの陰謀本とか読むのやめて、もっと現実社会を見て
柔軟な思考を身につけたらいかがか?あらゆる業界に不正や腐敗はある。それを理由に
業界そのものを全否定するのは、あまりにも幼稚すぎないか。

736 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:11:05 ID:7BmLdOIO0
> お前は人権教育が成されてないか失敗だな、親の顔が見てみたい。
> 小学校からやり直して来ない限りレスしてくるな。

人を失敗作であると言いきったね〜
人権教育がなされている人の考えとは到底思えない。
撤回して謝罪するつもり、ない?(゚ー゚*)ン?

あなたが鵜呑みにしている情報源はどこにあるのかな?
1つの事件だけをピックアップして、検察警察を完全否定しちゃってる、
やってることはあなたが批判している人たちと変わらない論理だよ
難しい漢字はいっぱい知ってるんだね、えらいねぇ〜

737 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:12:17 ID:EyH5fxbt0
>ゴキブリ、
>レスするなってだろう。

ねぇねぇなんで答えられないの?w
なんか都合悪い事聞いた?ホレホレw


738 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:14:46 ID:EyH5fxbt0
早く早くぅ〜再犯被害者に物理的にも経済的にも如何補償するつもりかおせーて?w

739 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:15:38 ID:WTS3TBIwO
やっぱり此処に居るのは、
蛆虫ばかりのようだな。
蛆虫と会話しても詮無い事だ。

740 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:16:14 ID:7BmLdOIO0
>>734
だんだんおかしくなってきたな
言っての、は実際はどういうこと?
なってだろう、は実際はどういうこと?
日本語でお願いします。

死刑廃止を謳ってるのに、人をゴキブリ扱いするのだね。
えらくない!ぜんぜんえらくないよ!

741 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:16:36 ID:+GoWNsKD0
>>734
此処は死刑制度スレだから、
冤罪救済問題遣りたかったら冤罪スレへ行ってね。

742 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:20:27 ID:7BmLdOIO0
>>739
壁と会話してみてはどうだろう?
答えが見つかるかもしれないよ。

---
せん‐な・い【×詮無い】
[形][文]せんな・し[ク]何かをしても報いられない。かいがない。「―・いこととあきらめる」「そのまま―・く引き返す」


743 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:21:09 ID:EyH5fxbt0
>蛆虫と会話しても詮無い事だ。

弱っwww
もう逃亡する気かい?w

744 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 19:21:15 ID:SezyhR160
しかし、WTS3TBIwOのように、どうしてこうも傲慢なのかね。
謙虚さがないし、自分が「一般大衆とは違う何か」であると思い込んでるんだろうな。
もう不思議で仕方がない。
「一般大衆は騙されても俺は報道なんかには騙されない」
「死刑は野蛮。俺達の考え方こそが社会をよくしていく」
「死刑を支持してる奴は無知なだけ。俺は違う。俺は賢いし博識」
なんなの、この自信満々な態度は。どこからこういう空虚なエリート意識がでてくるの?
このスレの不毛なやり取りは、廃止派のこういう独善的かつ虚栄的姿勢が原因のような
気がするよ。団塊の世代に特徴的なんだよね。この中身のないスッカラカン加減が。

はっきり言うよ。情報の波に飲み込まれて、自分以外の一般大衆を馬鹿にし始めた時点で、
お前ら廃止派は、平均以下の 真の 情 報 弱 者 です。

745 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 20:39:00 ID:pcri888R0
>>730
拘禁期間が例え数カ月であろうと獄中死はありえる。
それが、過度な暴力や食事制限、医療福祉の制限、労役があり、明らかに自然死といえないのなら当然問題になる。
一方、死刑の場合は、受刑者の寿命を終わらす。それも直接的に。

冤罪は総じて起きてはいけないことだが、
「無辜の人物に対する処刑」は、なおさら起きてはならないことである。
いや決して起きてはならないことである
のでは?

746 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 21:17:13 ID:BYVRi0490
>>745
>過度な暴力や食事制限、医療福祉の制限、労役があり、明らかに自然死といえないのなら当然問題になる

これが直接的殺害に当たらないってのも凄いが、結局取り返しがつかないってのは同じだから、死刑なら尚更って考えは無いな。
というか、獄中死に何もプラス要因が無いと言った方が正しいか。

747 :存置派:2010/12/11(土) 21:26:16 ID:8bna7I6f0
>>729
>死刑制度廃止の根源は冤罪者の発生に有る
>此処は死刑制度スレだから、冤罪救済問題遣りたかったら冤罪スレへ行ってね

…自分で自分の意見を否定するってのも笑えるものだなぁ。

>冤罪死刑囚の執行に依る刑死と拘禁中の自然死をあなた達はまったく同じと思ってるの?
君が問題視している「死者への物理的・経済的な補償の不可能性」についてまったく同じと思ってるよ。
むしろ、君はその部分において、両者に違いを見出せる?

>お前さん、全国の警察、検察が正義の味方とでも思ってるようだが、現実は違う。
いや、その年間数万、数十万ある事件の半数以上で、君の信じる「現実」のよーなものがおきてるならそうなんだろーけどさ。
…君、警察に個人的な恨みでもあるのか?

748 :存置派:2010/12/11(土) 21:32:22 ID:8bna7I6f0
>>745
うん、起きちゃいけないね。
でも、再犯による殺人も倫理上「決して起きてはならないこと」だし、
犯罪発生率の増加も「決して起きてはならないこと」だと思うよ。

後はバランス感覚じゃない?
「冤罪発生時の被害が死刑→獄死or長期懲役の末の釈放」となるのと
「再犯の可能性or莫大なコスト」+「犯罪発生率増加の可能性」のどっちを優先するか。
君流に言うなら「『決して起きてはならないこと』のどっちが『より起きてはならないか』」ってところかな

749 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 21:36:42 ID:+GoWNsKD0
死刑が殺人なら無期懲役は監禁致死という人殺しだよな


750 :存置派:2010/12/11(土) 21:40:39 ID:8bna7I6f0
>>744
団塊っていうか、極端な思想に行った人間が得てして陥る場所だと思うよ。
右翼にいないものでもないし。あと、新興宗教系も似たような精神構造だし。

人数、事例ともサヨクに無茶苦茶多いけどネ。
連合赤軍リスペクトの廃止論者もいたし。

751 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 21:47:10 ID:WTS3TBIwO
>>747
お前さんは批判するだけで自己の主張は何も無いんだな。
批判するだけならサルでも出来る。

たった一人の冤罪死刑囚を出さないという事は百万人の真犯人を見逃す事に勝る。
とこう書くと狂った様に反応する輩が出るから面白い。




752 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 21:54:12 ID:7BmLdOIO0
>>745
自由を奪われて無期なんだから、檻の中で生かされていただけの違いで死は死だよね
細かい点は>>747が代弁してくれた

死刑は賛成だけど完全終身刑もありと思ったりもする


753 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 21:54:55 ID:C4Qpg1gg0
>>751
キミの方が狂った様にに反応しているように見えるけど。


754 :存置派:2010/12/11(土) 21:56:07 ID:8bna7I6f0
>>751
自己の主張? えーと
「死刑なくしても冤罪による死については大して効果ないよ」ってのは主張じゃないのかな?

それともいつぞやか、ある廃止派の言ってた
「犯罪を減らす方策について主張やアイデアが無い奴は、
 俺の死刑廃止による犯罪減少の主張について、実現可能性を疑うんじゃない」とかいうアクロバティックなあれかしらー。

で、君の思惑に乗ってあげて、反応してあげるけど、
100万人も真犯人を見逃せば、その中から再犯を行う者は出るだろうし、犯罪も増えるよね。
何か尊いものあるの?

755 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 21:58:42 ID:7BmLdOIO0
>>751
どっちかというとオカシイのはあなたです
都合が悪いと黙っちゃうし、反論につまると暴言を吐く。

さてサルに批判してもらおうか
どうぞ!

756 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:06:12 ID:pcri888R0
>>746>>749>>752は似たり寄ったりだね。
同じか。
極端な例え話、自分の飼い犬を鎖につないでおいて寿命が尽きて?死なせても、絞殺して死なせても取り返しがつかない点で同じだというのかなぁ。

>>748
カルネアデスの板やらトロッコ問題とかをなんとなく思い出すな。
正解のない選択肢。

757 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:13:19 ID:7BmLdOIO0
>>756
愛玩じゃない犬の話を人にあてはめるならば個人的にはYESです。
ペットは可愛いし飼いたいけど生物的には残酷だと思う。人間の都合ってかんじで。


758 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:14:40 ID:WTS3TBIwO
しかし思った通りに面白い程反応するねぇ。
ダボハゼ並w。

>>750
悪いが俺は団塊の世代じゃ無いよ。
廃止派が日本じゃマイノリティだからと言って色々想像してくれるのはお前らの勝手だが、
存置派の方が国際的なマイノリティだ。
近い将来、
日本から死刑制度は廃止、
若しくは運用停止の日が来る事を俺は信じている。
死刑存置主要国が後、中国、北朝鮮、シンガポールとかだけになっても尚、
日本が存置国として存続し得るが甚だ疑問だ。
何と言っても日本は外圧にはイチコロだからな。
経済制裁でも掛けられれば一発だ。
まさか存置派の中で是から死刑制度復活する廃止国が大量に出ますなんて主張する輩は居るまい?
ま、その日が来る迄、
大言壮語してれば。

759 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/11(土) 22:21:18 ID:o1vASwnfO
>>756
「自分の飼い犬を鎖につないでおいて寿命が尽きた」として、何が取り返しがつかないんだろう。
死刑と獄中死なら、どちらも冤罪被害に対する取り返しがつかないって点で共通してるけど。

760 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:21:29 ID:SezyhR160
>>758
クダラネ。
経済制裁だってwwwwwもうちっとお勉強して出直しておいでオッサン。

761 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:22:27 ID:C4Qpg1gg0
>>758
見事な負け惜しみだけどw

国際的なんて出したら廃止論の負けだろ
議論で勝てないから外圧に頼るって
廃止論に正当性がない事を証明したような物だろ

762 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 22:22:34 ID:uqcU7xex0
>>694
今回の無罪判決について意見があるかのような物言いをしてきたのはお前だろ?
証拠不十分で無罪。当たり前。だから特に誰も反応しない。

だがお前だけが反応した。だからお前は冤罪が起きて欲しいのか?って問うた。そんだけ。
お前は死刑さえ廃止できれば後は野となれ山となれって感じだからな。


>>751
>>754
100万人の死刑相当の真犯人を見逃さずして1人の冤罪死刑を出さないのが正当。
100万人の死刑相当の真犯人を見逃した事実は、
死刑相当の犯罪を犯しても見逃される可能性が高いという事実を社会に知らしめることになる。
見逃されたことに味を占めた真犯人達の再犯は後をたたないだろうし、新たな凶悪犯罪者を生み出す温床にもなることは必至。

数字としての境界線は人によって分かれるところだろうが、
仮に100万人の中に一人の冤罪が、『確実に』 紛れていたとしても、私は已むを得ないと思う。
100万人を見逃すことによる社会的な悪影響による被害者は10人や20人では到底済まないだろうから。

もちろん、その100万人を一人一人慎重に調べ尽くした結果においての判断であることは言うまでも無いが。

その結果、今回の判決は無罪。

>>577が騒いだのは意味不明。判決が不服だったのか?

763 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:28:17 ID:7BmLdOIO0
>>756
哲学もまだ進化の途中じゃないかなあ
それとも、とある社会システム内では完全解が存在するの?
倫理学難しいすぎる。。
でも世界と日本では価値観に違いがあってもいいじゃないかとは思えるかんじだった

764 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:31:16 ID:7BmLdOIO0
>>760
>>758は今度はダボハゼだってw
見たことあるのかね〜
おれの予想は>>758はお子ちゃまと見たが、どう?当たってる?
漢字のセレクトが中二っぽいんだよな〜


765 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:43:35 ID:7BmLdOIO0
>>758
外圧とか経済制裁とかどんどん不思議ちゃんになってくね!
イチコロなんだ?そしたら日本は中国とロシアとアメリカで分割統治されちゃう!
世紀末伝説のはじまりやな

というか君、、賛成派からも反対派からも中立からも否定されまくってるんだけど、その辺どうよ?
自分のポジションが自分でわかってないんじゃないの?中身ないよ
無視、矛盾、論理は破綻、罵詈雑言、妄想、次は陰謀論とか語っちゃうのかなあ

766 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 22:50:44 ID:WTS3TBIwO
>>762
反応したく無かったの間違いだろ
嘘つくな。
存置派の頑迷な輩が、あの爺さんの無罪なんか信じていまい、あんたがギリギリそう思って無くても他の存置派の皆さんは意見が違いそうだ。

俺は死刑制度は廃止は当然だが、
冤罪は更に許さないと思ってるよ。

真犯人を見逃さない様にと司法機関に圧力を加える度に冤罪者の発生頻度が高まる。
捜査機関が正義の味方という考え方は捨てろ。
公務中に強盗事件を起こす警官は居るし、
証拠を捏造して裁判に勝とうとする検察官は暴露されたばかりだ。
司法機関の人間は基本的に悪人ばかりと思ってた方が精神的に宜しい。
何万、何十万といる捜査員が全員清廉潔白の正義の味方なんて思ってる方がどうかしてるぞ。

真犯人を見逃す事無く、冤罪者を一人も出さないなんて絶対に不可能な命題なんだ。

解決不可能な命題なら、
最悪の手段は執らなくするしか無いだろう?
何故多少の冤罪者は出ても問題は無いと存置派は考えるんだ?
俺は其所が全く理解出来ない。

>>760
>>764
>>765
団塊の世代の次は今度はお子ちゃまか?
お前らの分析力たいしたもんだ。
立派過ぎて何も言えんw


767 :存置派:2010/12/11(土) 23:00:10 ID:8bna7I6f0
>>756
…脇からすまないが、犬やその他の幾つかの野生生物は拘束されない権利が無いし、大抵が野生化した方が危険だし、飼われるのも決して不幸ではない。
本来自由であるべきであり、牢獄に繋がれることで精神的・肉体的自由をほぼなくす人間と同じにするのはキツいと思うぞ。

政治ってのは「誰を生かすか」の選択に近いよ。「皆生きる」ってのは無理なことが多い。
神様にその選択を預けちゃった人たちには、異質な話に見えるんだろうけどね。

>>758
うわぁ…経済制裁ねぇ…
え、えっとさ、鵜呑みにするかどうかはともかく、ニュースと新聞ぐらい読みなさいね。
そこから、何を信じ、何を信じないかは、まぁ、君の自由だからさ。

768 :存置派:2010/12/11(土) 23:02:24 ID:8bna7I6f0
>>766
>何故多少の冤罪者は出ても問題は無いと存置派は考えるんだ?
あー、例えば、一人の冤罪死刑を防ぐために、
十人の命を犠牲にすることがあったとしたら、それを正しいって思う?

769 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 23:05:53 ID:uqcU7xex0
>>766
ほう。
久しぶりに生の意見が聞けた気がするな。
そんな意見ばかりだったら、私も廃止派のことを凶悪殺人者予備軍などとは言わんよ。

だが一つだけ反論するなら

私は別に、無罪になった爺さんの潔白を信じているわけでは無いぞ?
そこは勘違いしないように。

770 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:09:33 ID:WTS3TBIwO
>>761
>>767
そっくりそのままお返しする。
まともな新聞位は読みなさい、東京ス○ーツは新聞じゃないから。
大人の意見は黙って聞いとけ。

>>768
特に君は幼すぎて話が通じ無いみたいだから、レスしないでね、疲れるから。

雪を見た事無い熱帯出身者に雪って白くて冷たいんだよって幾ら説明しても無駄でしょ、残念ながら。

771 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:15:35 ID:WTS3TBIwO
>>769
分かってるって>>579の考えと同じであの爺さんは遣ってると思ってるでFA?

772 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:16:16 ID:7BmLdOIO0
>>766
言ってる意味がよくわからないです。
なにか勝手にいろいろ決めちゃってるね
あなたの理論で言うとあなた自身も悪人で犯罪予備軍ってことになるね
冤罪を許さないと言っておきながら冤罪だらけになるとか言ってるし。

冤罪で50年牢獄にいて死んでも、それは良いとおもってるのね
これは死刑以外で受刑者が死ぬの1例ね。一応いっとくね。

あなたに対するおれの分析は上に書いたとおり。
まず理論の飛躍がぶっ飛んでる。
それから罵詈雑言、要はあなたが言われると顔真っ赤になると自分で思ってる単語を出したんだろう、
それが、ゴキブリ、ウジムシ、ダボハゼ、等々。
漢字のセレクトが中二病の典型。以上。

773 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/11(土) 23:18:39 ID:uqcU7xex0
>>771
それも違うな。
やってるとも潔白だとも思っていない。
潔白ならば潔白で、それを社会に証明してあげて欲しいし、
実際はやってて証拠が足りないだけなら、それを揃えて控訴して欲しいね。

わかる?

774 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:18:42 ID:C4Qpg1gg0
>>770
無駄に年を重ねただけの人を大人とは言わないですw
大人なら大人としての対応をした方が良いですよ
子供と見られてしまう自分の不甲斐無さを反省した方が良いのでは?

775 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/11(土) 23:19:14 ID:dFok+9Fa0
冤罪の可能性があるからといって、廃止にする必要が発生するわけではない
廃止にしてしまったら今まで死刑になった人と、これから死刑を免れる人に不平等が生じるしな。
まぁ、これは大した問題ではないが。

何か良い方法があれば死刑にせず済むかと思い、そういう模索行為を脳内でずっとしていたんだが
無いな。
そもそも、死刑に妥当するような奴を救っているヒマはない
さっさと死刑になってほしいくらいだ

776 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:23:13 ID:7BmLdOIO0
>>770
年齢にこだわるねえ。こだわる割には大人な発言が1つもない、
っていうか黙って聞いとけるレベルの意見じゃないんだよあなたの場合は特に!
それを更に押し付けるとは、、、大人じゃないねぇ〜えらくないねぇ〜

まともな情報ソースって例えば何読めばいいですかね?
スポーツ新聞以外でお願いします。
どうやって勉強したのですか?


777 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:26:28 ID:7BmLdOIO0
>>771
> >>769
> 分かってるって>>579の考えと同じであの爺さんは遣ってると思ってるでFA?
「あの爺さんは遣ってる」ってなんのこと?なにを?
FAとか大人は使わない気がする
おもってるでふぁ


778 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:29:09 ID:7BmLdOIO0
>>775
上に出てる哲学・倫理学の思考実験を追いかけてみるといいかもしれない。
ただ文化の違いは考慮すべきだとは思う。

それと、ID:WTS3TBIwOはヤプーだとおもってたごめんね><

779 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:29:42 ID:C4Qpg1gg0
>>776
年齢にこだわるのは
実生活で自分より若い人間に馬鹿にされていると感じているからではないかな

>大人の意見は黙って聞いとけ。

それで、こんな発言が出てきたんだと思うんだけど


780 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:30:25 ID:EyH5fxbt0
ID:WTS3TBIwO

こんなのが冤罪で死刑になるんなら冤罪大賛成だなw
やはり死刑は必要だなw

781 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:34:46 ID:WTS3TBIwO
>>772
>>766に何が書い有るのか理解出来ないのなら、
坊や君もレスしないでくれる?
理解出来ない香具師に一々レスしてたら身が持たないですから。
噛んで含んで理解させる何てする必要は無いからな、此処は学校じゃない。

>>771
刑事訴訟法を理解してないね。
あの爺さんから控訴する何て事は絶対に無い。

検察側から控訴するしか無いけど、
最早決定的な直接証拠を2週間以内に見つけられる何て可能性は絶望的だろう。
それでも控訴したら検察側は面子のみに頼っての行動だろう、
高等裁判所側に何らかの根回しとか遣るかも知れんがな。

>>774
>>775>>780
お前らも人として失格。
レスしてくれなくて良いよ。


782 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:46:08 ID:C4Qpg1gg0
>>781
レスして欲しくないのならチラシの裏に書いてれば良いんだよw
掲示板に書き込んでれば腹の立つ書き込みなんて当たり前だぞ
そんな事も解らないで書き込んでるから笑い者になるんだよw

それから自分の事を人間失格だと認めるのは良いけど
他の人に対して失格とか言っちゃいけないよ
大人なんだから、その位の分別は持とうねw

783 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/11(土) 23:53:06 ID:EyH5fxbt0
ハイ、ではそろそろ次の患者さんどぞー

784 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 00:08:16 ID:nzTMaViW0
冤罪を無くすためなら 再犯によってどれだけ人が死のうが知ったことではないのか

785 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 00:09:52 ID:m25EVSg10
>>781
自分の文章は万人が理解できて当然なのだね
えらいね

今ここにいる人ほぼ全てから理解不能と思われてるけど、
つまりあなたの独壇場演説会って事になるね

お客様の中にお医者様もしくは>>781と同意見の人いませんか??


786 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 00:10:21 ID:LO0p7uNP0
>>781
もう少し人の意見をよく読んでレスしたらどうだろう。
凄く頭悪いぞ、君。無罪判決のオッサンは明らかに怪しいのであって
検察が立証に失敗しただけで、容疑は限りなく黒いまま。
君は指紋を捏造したに決まってるとかいうイカれた陰謀論を振り回してるだけなんだぞ。
警察権力を信用しないのは結構だし、トップから末端に至るまで全ての警察官が清廉潔白だなんて
そんなことは誰も思ってない。ただ、まったくこの裁判に関係ない警察不正の事実を今回の事件にあてはめて
勝手に冤罪を叫ぶなんてどうかしてるぞ。そもそも「冤罪」じゃないんだから。
冤罪の意味わかっとんのかいな。

787 :存置派:2010/12/12(日) 00:14:53 ID:biCrvdap0
>>770
>まともな新聞位は読みなさい、東京ス○ーツは新聞じゃないから。
いや、まともな新聞の読者に、他国の刑罰云々で経済制裁を下したケースが載ってないのでなぁ。

>雪を見た事無い熱帯出身者に雪って白くて冷たいんだよって幾ら説明しても無駄でしょ、残念ながら。
>何故多少の冤罪者は出ても問題は無いと存置派は考えるんだ?
「何故だかわからない」「こうだよ」「わからない人に説明しても無駄だ!」
…君はアレか、もしかしてポーランド流の高度なギャグか何かでも披露してるのかな?

788 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 00:17:01 ID:m25EVSg10
>>781
人の定義を詳しく
きみはすでに独り言をブツブツつぶやいてる不審者になりつつある
それからここは掲示板なんだからアドミン以外はレスするなつっても出来ちゃうんだなあ
根回し、でましたー。陰謀論はじまる??
想像を真実のように語るのは妄想やな
最後は1-1000とかアンカー貼るかもしれんね

789 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 00:22:25 ID:zZP1+v3eO
>>786
お前さんこそ冤罪の意味分かってるのかな?

あの事件は起訴、立件出来る案件じゃないだろう。

検察側はDNA鑑定を捏造すりゃ裁判員裁判なんざチョロイぐらいに思ったに違い有るまい。
そうで無ければ起訴しなかったろうからな。

容疑は限り無く黒いままなんて書いたら訴えられるぞ。

検察は在宅のまま控訴して又、死刑求刑する積もりか?

恥の上塗りの可能性が濃厚だね。

790 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 00:31:49 ID:zZP1+v3eO
>>784
冤罪を無くす事が人道として重要だ。

再犯の発生を抑えるのは警察の仕事、人道ではない。
お前さんの論理だと、

少々怪しければ罰せよ

だ、何時の時代の論法だ。

何にもしてないのに罰せられる、
死刑を執行されるなんて我が身なら考えられないだろ?

791 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/12(日) 00:48:56 ID:obTklHo60
>>790
双方共に飛躍しあってるな。
まぁ君が先に突っかけてきているから仕方が無いと思うぞ。

>少々怪しければ罰せよ

本当にこうだったら無罪になってないだろうってことだよ。
死刑回避じゃないぞ?無罪なんだよ。

君の言い分は、冤罪が怖いから死刑はやめて終身刑にしとけって話だろ?
それは違うんじゃないかなぁ。

792 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 00:56:37 ID:zZP1+v3eO
>>786
>>791
お前さんも大本営発表を鵜呑みにする気質のようだが、
大阪地検の例を見る迄も無く、
検察官が証拠を捏造しないなんて保障は何処にも無い。

奴等は証拠を捏造しようが変造しようがバレ無いし、
自分が自分を捕まえ無い限りは何遣っても起訴去れないから何遣ってもOKって思ってるから、
DNA鑑定の捏造なんてもサラリと遣ってみせる。

被疑者は捕まえちまって身柄を拘禁しちまえば、
後は遣りたい放題だ、
DNA検体も採取し放題。
流石に俺も後付けでDNA検体を擦り付けるなんて暴挙に出る何て思いもしなかった、
しかもご丁寧に弁護側のDNA鑑定が不能な程の微量ときたもんだ。

是を悪質犯罪と言わないで何て言うんだ。

鹿児島県警は徹底的に鹿児島地検を捜査して貰いたいものだけど、
所詮、マッチにポンプ
火消しが火を付けてるんだから捕まる事は有るまい。
鹿児島県警も鹿児島地検も一蓮托生と見たけど相違有るまい、
しかもこれほどの犯罪でも捜査も去れないし起訴も去れない。

あんたもしかして、
そんな事は鹿児島と大阪だけの特有問題だなんて言うんじゃ無いよね?

日本全国、何処の警察、検察似たり寄ったりの同じ穴のムジナ。

だから冤罪は無く為らない。

死刑制度は廃止が妥当なんだ。

793 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:04:23 ID:eIbloJt10
死刑が原因で冤罪が起きるとでも思ってんのか、このアホは
死刑以外の冤罪のほうが多いというのに

794 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:05:46 ID:zZP1+v3eO
>>793
お前国語力0、
レスする資格無し

795 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:16:59 ID:LO0p7uNP0
>>792
幼稚な陰謀論は勘弁してくれよ。お前は何を根拠に捏造だと言い張るんだよ。
爺さんが強殺目的以外かもしれんが被害者宅に立ち入ったことは裁判所も否定
してないんじゃないのか?「立ち入ったことは一度もない」との証言も嘘だと
判断されたんじゃないの?警察を疑えばキリがなく、明らかに有罪であっても
「証拠捏造だ、奴らは何でもできる」といいだせば、お前の中では「冤罪」に
なっちまうわけだろう。

それから冤罪をきちんと分けようね。お前みたいに警察と検察と裁判所が完全に
癒着結託してるとかいうトンデモ陰謀論に頭支配されてると、分ける意味はないの
かもしれんが、死刑判決との関係でいえば、「判決確定後の無罪発覚」の場合の
「冤罪」こそが議論になりうるのであって、「起訴後の無罪判決」の場合のような
「冤罪」は死刑とは関係ないわけだろう。今回の事件はまさに「起訴後の無罪判決」で
あって、しかもお前が結託してるといいはった「裁判所による公正な審理」の結果
証拠不十分とされたにすぎんわけで、今回の事件は、死刑判決の慎重さを示す、むしろ
死刑存置にとって有利な事案であって、死刑廃止の根拠にできるようなもんじゃないだろう。
お前の自論は「警察、検察、裁判所は常に結託して不正な裁判しかしない」という妄想を
前提にしてる時点でおかしいだろ。司法の現実そのものを全面的に不正と断定し、法など関係
ないかのように言いながら、一方で刑事訴訟法を盾に「不正立件」だのなんだの言うのは
禁反言だろうが。そんなこともわからんのか。自己矛盾してんだぞ。

796 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:18:46 ID:m25EVSg10
>>794
あなたの国語力は何点なの?
マイナスもありだよ

797 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:24:58 ID:m25EVSg10
ああ、どうして廃止論者はオカシイ奴が多いのか、、、


798 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:35:19 ID:LO0p7uNP0
zZP1+v3eOは正直、廃止派の中でもぶっ飛んでるね。
これまで現れた廃止派は、

「お前ら愚かな一般大衆をすばらしい社会に俺様が導いてやる」系の、自称「選ばれしもの」廃止派
「命は絶対、死刑は殺人行為だからダメ。極悪犯罪者でも命を奪ったらダメ」系の、生命至上主義廃止派
「とにかく死刑反対」系の、ただの馬鹿廃止派
「終身刑の方が辛い。殺人犯には死刑なんてヌルスギ」系の、サド廃止派
「死は苦悩からの解放。生きることこそ苦行」系の、宗教信徒廃止派

だったが、新たなタイプの廃止派が出現。

「公正な裁判なんてない。嘘っぱち司法が俺達を殺しに来る!」系の陰謀妄信廃止派。

共通してるのは、マ ト モ じゃないってこと。

799 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:43:33 ID:zZP1+v3eO
>>795
無罪判決は裁判員裁判の制度のお陰だろう。
従来の裁判所裁判なら問答無用的にあの爺さん死刑判決だ、
しかも長期に渡って拘禁されたままな。
裁判員制度を懐疑的に見ていたが、
今回程良かったと思った事は無い、爺さんに成り変わって礼をしてやりたいと思ったね。
従来通りの裁判制度ならそのまま控訴審も死刑判決、
上告棄却で死刑確定。
でもその前に爺さん老衰死って感じか。
是を冤罪と言わないで何と言うんだ。
今回はたまたま良い裁判員さん達に恵まれたようだが、
逆の判決が降りてたって何の不思議じゃ無い…
又、控訴されて逆転判決が無い訳じゃ無い。

所詮、神でも無い限り当事者にしか真実は分からない。
なのに良く死刑判決何て下せて執行出来るよな。
今迄何人の冤罪者を日本国は死刑執行したんだろうね、
まさか一人も居ない何て断言出来る香具師は居るまいな?

後ね警察、検察、裁判所が完全に独立して居るなんてのは妄想に過ぎ無いですから。

見事に結託している、
各々の立場が有るから面子とプライドで対立はしてるけどな。

被疑者からすりゃ一蓮托生の極悪組織にしか過ぎん。
一辺捕まってみりゃ直ぐに判る。

>>796〜798
はい用地縁ども乙。
レスする気にも成れないからマスでも掻いてたら。

800 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:46:50 ID:/9sU+oBh0
>>798
更に言えば今までの廃止論者は、その五つのパターン全てをそれなりに持ち合わせてて、その複合パターンなのが大半だな。
だから一部分を否定されても、別の面に逃げ込もうとするやつが多い。
基本的にナルシーなんだろうな。

801 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:48:18 ID:LO0p7uNP0
>>799
一生、妄想と戯れてろよ。
神でもない限り当事者にしかわからないはずなのに、「捏造、結託」と言い切る
説得力ゼロのサイコなお前を救い出してやるほど優しくないんでな。いい夢みろよ。

802 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:53:19 ID:LO0p7uNP0
>>799
>一辺捕まってみりゃ直ぐに判る。

なんと!!陰謀論を死に物狂いで展開する理由がまさにココに!!!

ただの 前 科 者 でした。本物のサイコパスじゃねえか。

803 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:53:59 ID:/9sU+oBh0
>>799
捕まった事があるのか、それはまた・・・

804 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:55:14 ID:zZP1+v3eO
悪いがこんな存置派ばかりの気持ちの悪いレスには長居はして入られない。

まともに会話出来る輩が居れば良いのだが少数派だな、
低脳クルクルパーばかりで無知蒙昧で頑迷固陋、
人の話は聞く気の無い度しがたい香具師ばかりだ。

廃止派が他にいりゃ話し合い手も居るんだがな。

ま、仕方ない。

805 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:58:31 ID:/9sU+oBh0
>>804
さっきから変換ミスし過ぎだぞ、少し落ちつけよ。

806 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/12(日) 01:58:45 ID:2tgTfF4V0
>>797
想像力が無いからだよ

死刑賛成派は、死刑になるような奴がどれだけ酷いことをしてきたのか想像することができている
だからこそ賛成でもあるんだけどね。
反対派は想像できていないから反対できるんだよ。つまり想像力の欠如が原因だ
それを真人間から見ると「オカシイ奴」に見えるってことだ

807 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 01:59:43 ID:LO0p7uNP0
前科者だと口を滑らせてしまったzZP1+v3eOが逃げる模様。
そりゃそうだ。これから何を言おうとまるで説得力がないもんな。

犯罪者予備軍どころか犯罪者の廃止派が出現という見事なオチがついたところで

寝ます。

808 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/12(日) 02:04:27 ID:iuQBQfZXO
>>799
>後ね警察、検察、裁判所が完全に独立して居るなんてのは妄想に過ぎ無いですから。
>見事に結託している、

仮にそうだとしても、今回の無罪判決はそれとは逆の事を示してる結果だってのは、揺るぎない事実だよ。

検察の指示で警察が動くわけだから、この繋がりは当然としても、そうやって起訴に踏み切って、強気で死刑を求刑した訳だから、仮に結託しているとすれば、ここで無罪判決が下るのはおかしい。

809 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 02:17:42 ID:ajJP2aX10
>>798
犯罪者予備軍が抜けてたねw

810 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 02:25:25 ID:zZP1+v3eO
>>805
オイオイ変換ミスなんかして無いでしょ。
香具師とかワザとだし。

>>807
オイオイ誰が前科者なんだ?
ま、前科者だと思ってくれるなら思ってくれても痛くも痒くも無いが、
警察、検察、裁判所の一蓮托生は信憑性を増してくれるのか?

警察、検察は一度容疑者を上げて仕舞えば、
真犯人が他に居ようがいまいが関係なくなる。
何としてでも有罪にしようとする、今回みたいに捏造でもな。
で、大本営発表だ、警察、検察発表の報道に異議を唱える報道機関は存在しない。
干されるからな。
で報道を一般大衆は鵜呑みだ。
裁判官は世論に逆らって迄容疑者に有利な判決を降す事は稀だ。
奴等は国家公務員、
国家、上級審の御意向に逆らって迄、自我の判断の採決を降す事は無い。

で、
その結果が刑事事件有罪率99.7%。

是を結託と言うんでないの?

海外だと無罪率0.3%なんてあり得ないんだよね。

>>808
だから裁判員裁判だからでしょ。

811 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 02:28:15 ID:/9sU+oBh0
>>810
>長居はして入られない。

の方な訳だが。
長居しては居られない。だろ。
あ、良く見たら入力もミスってるなw

812 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 02:28:21 ID:ajJP2aX10
>>810
逃亡したと思ったけど長居するの?

813 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 02:30:29 ID:ajJP2aX10
話し合い手→話し相手
だと思うけどw

814 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 02:52:35 ID:zZP1+v3eO
細かい奴等だなw
ドラマ見ながら片手間で打ってたからな、
ご免ご免

意見が合う奴等や会話が成立する奴等が居れば、
良いけどね。
感情的な低脳クルクルパーばかりだからちょっとね…

815 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 03:00:05 ID:m25EVSg10
>>810
はいはいワザとだね、えらいね
都合が悪くなったらワザとか無視かレス禁止俺ルールを持ち出すもんね。
今度はクルクルパーがでました!

で、一度捕まったらわかるってのは、あなたの想像なわけだね
想像するのは個人の勝手だけど、それを陰謀論まで広げるのはよくない
報道以外の情報源をあなたは持っているのだね
そこ重要だから説明してみたら?できないとおもうけどw
そしてあなたもただの一般大衆なのだよ

顔真っ赤ですよ〜

816 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 03:04:43 ID:m25EVSg10
>>814
>ドラマ見ながら片手間で打ってたからな、
だから誤変換をしたと。
ワザとじゃなかったんだねー
入力って変換してからも修正できるんですよ。これで1つ賢くなったね

しかしよくもまあ意味不明の罵詈雑言が出てくるんだね
自分が言われたら顔真っ赤になるんだろうけど、いまどきクルクルパーなんてw
煽りを頑張っているようだけど、自分の品位のなさを露呈してるだけだよ


817 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 03:10:50 ID:zZP1+v3eO
>>815
お前とは何処迄行っても合わないと思うからレスしないでくれる?
此処の人達の知性を疑う最大の要因だと思う。
もう俺が現れなくなったらあんたが原因だ。

818 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 03:37:47 ID:/9sU+oBh0
>>814
引っ張ったのはお前じゃ

819 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 06:32:14 ID:K/A8IA4Y0
アホウは3時まで喚き散らしてた様だなw

820 :容認派:2010/12/12(日) 07:37:43 ID:4fdx1VtW0
>>708
横レスしたのは確かに俺だから、そこは余計なお節介だったね。
しかし、君は、人の文章を読む気ができてからレスしたらどう?
全く脈絡も何もない再質問をして、答えを誘導しようとしてる?
俺は、君が喜ぶレスをしてあげないといけない理由も義理もないよ。


>>798
よく纏まっていますね。
ただ、「生命至上主義廃止派」は、再犯で奪われる生命については
至上じゃないようなので、「片手落ち生命至上主義廃止派」とでも
言うべきかと思いますね。


>>815
殊勲賞を差し上げたい。理由は、
  ↓
>>817
>もう俺が現れなくなったらあんたが原因だ。

誰かを議論から排除することを是とは思わないが、全く会話能力の
ない人間が混じると議論以前の問題になるからね。「雑談スレ」なら
ともかく、「対談」は会話が成り立ってこそだもんね。


821 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 08:44:55 ID:zZP1+v3eO
>>820
そんな風に言われるともう1日位、
休日だから付き合って遣っても良いが、

あんたを始め、
低脳クルクルパーザルの感情剥き出しレスは要らないですから、
読む気もしないし。

まともなレスを頂戴。
此方が思わずレスしたくなるようなね。

ま、あんたの見識じゃ無理だ。

822 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 10:29:45 ID:+TizgMBy0
>>814
大雑把に見ても解るようなミスだけどなww

でも>>810
>オイオイ変換ミスなんかして無いでしょ。
なんて言ってるんだけど・・・
ミスに気が付かなかったの?
もしかして頭悪いの?
クルクルパーなの?


823 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/12(日) 19:43:38 ID:obTklHo60
無理だと言いながらも既に思わずレスしてしまっている姿は微笑ましいな。
だが、ちょっとばかり思い込みが激しすぎるようだ。
権力に対する不信を全否定まではしないが、好き勝手に突っ走っても誰も付いてこないぞ。

824 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 22:13:44 ID:Ohsrw17lO
犯罪としての殺人も、懲罰としての死刑も、人の命を絶つことに変わりはない。

825 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/12(日) 22:39:37 ID:LO0p7uNP0
>>824
もうこの時点で、まったく議論する価値のない廃止派の意見だとわかるな。


826 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/12(日) 22:55:18 ID:obTklHo60
>>824
うん。そうだね。人の命を絶つことには変わりないね。

同じような例をひとつ。

強盗殺人も、商売してお金を支払って頂くのも、人から金銭を得ることに変わりは無い。

こう言ってんのと同じ。

827 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 03:07:11 ID:3HkJeAvZP
>>824

別に超人道主義者で無いその他大勢の者に無差別に人の命の重さを問うても意味が無いと思うぞ。

ヨーロッパ人は死刑を廃止したわけだが別に軍隊も戦争も否定していないわけで
それどころか兵器を売って世界の戦争で大儲けしているわけで人の命なんて何とも
思ってない。人の命の重さより神様の教えの方が上な連中だからね。

死刑廃止論に於いて、ヨーロッパ等の世界の国々を考察しても、日本の現状を
考察しても超人道主義的な観点から自身の意見を主張しても無意味だと思うがな。

超人同主義者は罪もない国民の命も重犯罪者の命も、敵兵の命も地球の重さよりも重いと
たわけた想念を持っているわけだが、ヨーロッパ人は戦争で人を殺すことを何とも考えて
無いし日本人は重犯罪者を殺す事を何とも考えて無い。

ゴミ屋敷の住人がゴミをいくら愛して皆にゴミのすばらしさを語ろうと他人から見れば
ゴミはゴミなわけ。それと同じ。

828 : ◆G10zQMdncg :2010/12/13(月) 03:55:20 ID:0NdagqWz0
>強盗殺人も、商売してお金を支払って頂くのも、人から金銭を得ることに変わりは無い。

酷い解釈だな。

相互関係において、商売での金銭の流動は、双方にとっての利益がなきゃ成り立たない。
これを、刑罰としての死刑と例えれるとは、立派な死刑病だ。

全く、同じではないんで。

829 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 05:37:56 ID:va7UxUek0
なら>>824に真っ先に喰いつくべき。立派な廃止病だな。

830 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 06:51:18 ID:kVBmoXTi0
>>828
もう一人の廃止論者になんかいってやってください
というか分析的なアプローチを是非。


831 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 09:37:11 ID:HWaPEKPnO
人の命を強制的に絶つにしとく。

832 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 12:38:32 ID:3HkJeAvZP
>>828
>相互関係において、商売での金銭の流動は、双方にとっての利益がなきゃ成り立たない。
これを、刑罰としての死刑と例えれるとは、立派な死刑病だ。

死刑は享楽の対価。
命で対価を払ったに過ぎない。

833 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/13(月) 13:46:34 ID:ChR508wR0
享楽か・・・・・
殺したくて殺したわけではない人も居ると思うから
俺は殺人=享楽だとは思えないな
まぁ、何にしても死刑賛成だ

834 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 14:41:49 ID:LgGy7JFB0
>>833
>殺したくて殺したわけではない人も居ると思うから
例えばどのような場合?
死刑相当の犯罪で殺したくなかったってのは
オレの想像力では想像できないから教えて欲しい

835 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 15:30:24 ID:3HkJeAvZP
>>833
>俺は殺人=享楽だとは思えないな

快楽殺人の話だけじゃなくて殺人動機の話でもある。
誰だって楽に楽しく生きていたい。欲しいものを手に入れたい。
自分の為に他人の物や命を奪って自分が満足できるなら
そうする人も現れるだろう。
そういう人が対価を払わせられるわけ。

836 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/13(月) 17:31:36 ID:+kDq6HSh0
>>831
うん。その条件だと商売は含まれないな。分かった訂正する。

『強盗殺人と、スピード違反した人間から罰金を徴収することは、人の金銭を強制的に得ようとすることに変わりは無い。』

これで。

廃止派って、こんなくだらない比較して何の意味があると思ってるの?

837 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/13(月) 17:54:22 ID:MH3X6s+fO
>>831
殺人を犯せば死刑になる可能性がある事が解ってるのに、強制的もへったくれも無いと思うけど。
事前に提示されてある条件を納得出来ないからって、「強制的」みたいに言うのはよそうよ。
まして殺人なんて、行使する正当性がある行為じゃないんだし。

万引き犯から商品分の金を取ったって、それを強制的なんて言う人いないでしょ。

838 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/13(月) 19:42:05 ID:ChR508wR0
>>835
気が狂って複数人殺してしまう人も居るからな
楽しく生きるためと、楽に生きるという勘定外での事件もあるから。

839 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 19:54:06 ID:kVBmoXTi0
>>834
全ての関係者からの同意を得ていない状態での連続尊厳死事件ってのはどう?
医学が発展すると機械で身体だけ生きてるように見える患者がずらっと並ぶ風景が見える


840 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 21:02:33 ID:JbAol+ke0
>>839
そもそもそれが連続で起きるって辺りに無理もあるが、死刑になるかどうかすら怪しいな。

>医学が発展すると機械で身体だけ生きてるように見える患者がずらっと並ぶ風景が見える

ってのも所詮妄想でしかないし。

841 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 21:11:16 ID:lujOwLlO0
>>838
ゴメンせつかく答えてくれたんだけど
それは死刑にならないと思う

オレは仕方なく殺人を犯した奴で死刑になる奴なんていないと思っている


842 :容認派:2010/12/13(月) 21:13:31 ID:tsHQ4epb0
>>838
>気が狂って複数人殺してしまう人も居るからな

「気が狂って」が認定されれば死刑はないよ。
その比較は成立しない。


843 :容認派:2010/12/13(月) 21:14:22 ID:tsHQ4epb0
 ↑
失礼、かぶった。


844 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/13(月) 21:24:25 ID:+kDq6HSh0
つまり、廃止論者は、身勝手な自己判断による尊厳死による連続殺人を想定してるって事か。
そしてこれを、「殺したくて殺したんじゃない」 って言いたい訳か。

殺したくて殺してるだろ。

まぁ、尊厳死という括りは実に曖昧で、細かい判断が難しいところだが、
「積極的な安楽死」 と、「延命治療の停止による、自然死」 は全くの別物だと思う。
もちろん上で言ってる尊厳死とは前者のことだよな?完全な同意を得ないなら列記とした殺人だよ。
誰の同意も得ず個人判断なら完全な殺人。

一昔前に、筋弛緩剤による殺人なんてのが起こったな。あれを安楽死問題としてとりあげていた奴らがいたがアホかと。

845 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 21:36:11 ID:kVBmoXTi0
>>840
想像で頑張った結果がこれだったんだよ
発想力が足らないのは個人の力量ってことでスマン><;
代わりになんか考えてみてよー

薬害エイズ的な事ももう起らないだろうしな
あれは利権だったんだっけ

オウムは宗教だから例外かな

846 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 21:44:33 ID:kVBmoXTi0
>>844
いや上であげてるのはどっちかっていうと後者の方
積極的な安楽死は本人に意識がある場合じゃね
ドナーカード無しの脳死で生存しちゃうと、延命治療問題がでてくる
ま、あくまでも想像の範疇なんだけど、医学と脳死問題はスレチってことで。

筋弛緩剤事件はイシャがクスリを使っただけのただの連続殺人やね


847 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/13(月) 21:48:49 ID:+kDq6HSh0
>>845
単純に、殺さないと、逆に自分が殺されると脅されて命令されているような場合とかはどうかな?

オウムにも関係するよ。つうかオウムは宗教なんかじゃない。私は認めない。

848 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 22:41:11 ID:kVBmoXTi0
>>847
オウムも洗脳があるからなー

北九州監禁殺人事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%9B%A3%E7%A6%81%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
少女Aは死体損壊・遺棄、殺人1件で被害者側
かなりのレベルの凶悪殺人事件なので注意
胸糞悪くなる・・・
あーあ

849 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 22:46:26 ID:3HkJeAvZP
>>847
単純に、殺さないと、逆に自分が殺されると脅されて命令されているような場合とかはどうかな?

なんか子供に親族殺しを強要させていた大量殺人の事件あったよね。
あれ子供の罪は問われなかったのでは?
強要した主犯は死刑だったと思ったけど。

850 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 22:49:15 ID:kVBmoXTi0
>>848
追記:
http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/ikka.htm
の2番目


851 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 22:55:40 ID:SgkTMiZd0
>>847
それも死刑相当にはならないと思う
誰かに強要されて殺人を犯して死刑になるのは無理が有るんじゃないかな

>>839
ゴメン見逃してたw

>安楽死の場合
死刑になるのだろうか?
安楽死を考える医者なら
反省や後悔等の感情を持っていると思うし
反省や後悔してないのに殺してるのは快楽殺人者で
「仕方なく殺した」じゃなくなっていると思うけど

852 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 23:22:28 ID:voOwW1wC0
>>847
オウムも宗教だよ。
行き着いた先が犯罪だっただけで。
一人の人間が考えた思想に感化されて広がっていったんだから、規模は小さいがキリスト教と
大して違いも無い。
大量虐殺に走るとこまで似てるのは笑っちゃうが。

853 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/13(月) 23:31:57 ID:VI3s8GDh0
はぐれ刑事純情派に出て来るような犯人ばかりだと死刑廃止論もいいかと思う。
でも、実際は違うしそんな殺人は死刑にならない。
廃止を論ずる前に、冤罪を失くす事を論じて。冤罪ではないなら今の中山基準で
問題ない。問題あると声高らかに言ってる輩はシーシェパードみたいな利権団体じゃないのか?


854 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 00:38:09 ID:osYlH7f70
>>845
考えたって矛盾してるんだから無いよ。要は「情状酌量の余地があるのに情状酌量の余地のない犯罪って何?」って話だし。
>>833の意見は、おそらくは死刑にならない殺人も含めた意見だろうが、>>832は死刑相応の犯罪に限定した意見。そこが食い違ってるだけだろうな。

855 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/14(火) 01:46:15 ID:WM08lM9p0
殺したくは無かったが殺してしまった死刑相当の殺人なんて日本では考えられない。
それを考えてるんじゃなくて、そんなのは無いことを前提としてのある意味悪魔の証明的に考えてただけだと思う。

>>854
食い違ってないでしょ。意図的に的外れな意見を述べることは食い違うとは言わないし、そもそも死刑相当の殺人について言ってると思う。

たとえば、「自分の自由意志によるものでは無かった」 とかなw

856 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 03:00:09 ID:nLoGRqMQ0
>>854
今までの死刑判決に情状酌量の余地ってなかったの?
1ミリくらいはありそうだけど、調べてみよう
情状酌量の余地があれば殺人行為も赦されるのか

イジメ仕返し事件とか、殺人でも懲役10年とかみたいだな
気になるのはクラス全員無差別報復の事例は失敗が多いこと
成功してたらどうなったんだろう?

あとこんなサイトをみっけた
http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%BB%83%E6%AD%A2%E8%AB%96%E8%80%85%E3%81%AB%E8%A8%80%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%84


857 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 03:00:27 ID:GHw0e4Mi0
>>855
>たとえば、「自分の自由意志によるものでは無かった」 とかなw

それ廃止論者の台詞だろ、嫌味な奴だな。

858 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 03:04:30 ID:nLoGRqMQ0
外交問題で主犯格にもかかわらず死刑にならなかった例があったけど
外国籍の人は除外されるのかな?

859 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 03:11:01 ID:GHw0e4Mi0
>>856
少なくとも、「殺したくなかったけど」「殺すしかなかった」と言えるレベルなら、まず死刑は無いだろ。

860 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 03:55:58 ID:uSIr5Z2P0
せっかく死刑囚がいるんだから、最後の瞬間まで、社会の為に何か有効に活用できないだろうか
新薬の試験や臓器の提供、核施設における作業、刑務官の代わりに死刑執行ボタンを押す、など、
他にも探せばいろいろ見つかる筈である

861 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 08:56:11 ID:nLoGRqMQ0
>>860
手記を書く
ドナーカードを書く
反省の名目であれば可能なはず
他の強制行為はダメっぽい、刑の執行を以てってことで。

原子炉の炉心解体は死ぬ前にやってみたいな



862 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 09:13:58 ID:nLoGRqMQ0
>>859
『殺したかったわけではない。ただ、食べたかっただけだ』
という名言がある佐川の殺人はどうなのだろう。

人違いで殺人した場合とかは?

863 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/14(火) 09:59:59 ID:WM08lM9p0
>>857
嫌味?そもそも廃止論者の台詞だと思って書いたんだが?まぁいいや。

864 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 11:12:31 ID:KV5RzCuR0
>>862
>人違いで殺人した場合とかは?

殺意有るじゃんw
少なくとも「殺したくなかった」じゃない


865 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 11:32:11 ID:nLoGRqMQ0
>>864
ああああ
そうだった、そりゃあるわw
失礼

866 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/14(火) 12:52:20 ID:Y/W141iP0
昨日は俺の一言で、このスレのポイントがズレたまま迷走しているね

867 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/14(火) 19:21:25 ID:ttqU6UFA0
>>866
このスレのポイントは最初からズレたままだよw

868 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/15(水) 18:19:33 ID:/riS18fdO
人命の大切さをそいつの命で教えるわけよ。
死刑って合理的だな。

869 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/15(水) 19:03:29 ID:roho5JJr0
いい加減裁判のTV中継すればいいのにな


870 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/15(水) 22:11:45 ID:IwkgkrLi0
>869
被告だけじゃなく、原告や被害者のプライバシーも公開だから無理だろ、それは。

871 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/16(木) 00:31:15 ID:H/JBitoG0
テレビ中継は無理だな
俺が思うのは、被害者が死んでいるのに
加害者側の弁護士が「加害者の人権」を主張することに憤りを感じる

872 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/16(木) 08:00:39 ID:T6Ifgf3v0
死んだ人間に人権なんか無いからな。
でも奴ら冤罪で死んだ人間には補償しろって喚くんだぜw


873 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/16(木) 10:23:03 ID:0WXNfDg90
>>871
加害者にも人権はあるよ。
だから死刑に服す事が出来るんだよ。
人権がなきゃ、何も保護して貰える権利が無くなるんだから、その場で被害者遺族にリンチにされても
問題無しになるだろ。
ゴキブリと同じ扱いになる。

874 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/16(木) 11:45:01 ID:/XcKna8t0
人権は無関係の生存権だろ。
裁判権など人権無視で障害者を除外してる。

そもそも日本の人権て、ある種のビジネス用語だろ。

875 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/16(木) 14:10:05 ID:H/JBitoG0
>>873
反論がズレているんだよなぁ
俺がどこに憤りを感じているのかを考えてから
それに対してレスしないと意味が無い

876 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/16(木) 14:32:16 ID:h7SsMSgz0
奈良県 高校偏差値 ランキング 2010

http://momotaro.boy.jp/html/narahennsati.html



877 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/16(木) 15:09:33 ID:0WXNfDg90
>>875
反論ってのとはチョッと違う。
殺人犯に人権はないみたいな事をいうと、頭の可笑しい廃止論者に付け込まれるから。

878 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/16(木) 16:44:00 ID:H/JBitoG0
>>877
お前が言ったんだよ

879 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/16(木) 17:58:34 ID:+DfSU6E/0
>>878
君は何に腹を立てているんだい?
>>871の憤りは理解できるが、その憤りは理解できないなぁ。
>>873は反論っていうより補足だろ。君に対してでは無く廃止論者に対して向けられたもの。

880 :comd5hh2O ◆7H/Nl4lSNY :2010/12/16(木) 18:08:18 ID:CRsuxt1AO
加害者の人権がある事が問題なんじゃなくて、「被害者の人権が無く、加害者の人権だけが一方的に主張される状況」って事が問題なんだと思うけど。

881 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/16(木) 20:04:48 ID:gvoZvpyq0
ヤプーは頭悪いんだから、わかりやすい文章を心掛けるように。

882 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/16(木) 23:55:00 ID:80orkOHdO
加害者にも人権はあるが、被害者やその遺族の人権を優先すべき。

883 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 08:00:19 ID:P5p0Dw4x0
あの世で被害者に詫びさせる為に死刑にするべき

884 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 10:53:15 ID:Dow4pl/L0
人を殺してはいけない理由は簡単だ。
自分が人だからだ。

885 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 11:02:35 ID:ICZhAMKt0
真理を語ったつもりなの?w

人を殺してはいけ無いとの定説が広がったのは、自分が殺されたく無いからだよ。

弱者の心理だね。

886 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 15:12:59 ID:pyo0SNCp0
>>884
その「人」が「殺人犯」と直せば、より本音が出るぞ。

887 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 17:41:53 ID:HFs8Ovl80
死刑は未来を考えたとき必要ではないだろうか!?

高い観点から人類を見た時に殺人者は羊たちの群れにまぎれた羊の皮をかぶった狼でしかない。
そして羊として生まれたにもかかわらず狼と化す遺伝子は受け継がれる。
畜産を考えた時に悪い性質を持った遺伝子は取り除かれていくだろうが、人に対してはそうでない。
人道という人を特別視した精神から、矯正され危害を加えない人となれば人生をまっとうできるというのは
生物学的には人類をよき方向へ導かないと思う。
対象とするのはあくまで残虐非道な、人を殺そうと考え殺すような輩であって、精神の高ぶりから思わず
そういう結果になった人は含めない。
殺人を犯し刑期を全うして社会復帰後、殺人を犯すケースが一般人の殺人を犯すケースと比較にならない
圧倒的な高確立であるにもかかわらず社会復帰させている。
殺人者が社会復帰することを、再犯で殺される命より重く扱っている社会に疑問を感じる・

888 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 18:32:45 ID:h1b1Kwv/0
>>887
マンガの見過ぎw
殺人者は狼じゃ無く、欲望に支配された羊。

889 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 18:51:39 ID:Bl7BVM7o0
>>888
君にとっての羊ってのは、己の欲望によって殺人を行うモノを指すのか。

羊は人殺しなんかできないでしょ。

じゃあその羊さんに殺されちゃう人々はなんだっていうの?草?

890 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 19:25:24 ID:0Qb8aLBB0
>>889
>羊は人殺しなんかできないでしょ。

なんで人殺しに変わってるの?
羊は羊殺しは出来るよ。

アホなの?キチガイなの?反日工作員なの?

891 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 19:54:33 ID:mTg5wEYF0
>>887‐888
PSYREN乙


892 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 19:59:12 ID:Bl7BVM7o0
>>890
君はだあれ?
私は888に言ったんだよ。888は羊のことを殺人者だと言ってるよ。

893 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 20:36:41 ID:AGhxfXRb0
>>892
全く言ってないし、解釈が日本人一般と違う。

>>888は、殺人者が羊と書いてるのでは無く、例えるなら狼では無く欲望に支配された羊と書いてるよね。
この内容は、>>887の人間を羊の群れに例えるなら殺人者も羊、と書いてると解釈するのが一般的だと思うんだ。
それに対して>>889の羊が人殺しは見当違いの突込みだよね。
だから>>890の突込みは何も間違えてない。
よって>>892は恥の上塗り。

自分の過ちを素直に認める事を学びなさい。

894 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 20:50:28 ID:Bl7BVM7o0
>>893
またIDが変わったね。同一人物?それとも無関係な横槍かな?
過ちも何も、喩えとして言ってることが、「君は」 分かってるなら話は早い。
人殺しをしない一般大衆を羊と表現し、己の欲望を満たすために進んで人殺しをする殺人者を羊の皮を被った狼だとした表現には納得できる。
890は、羊は羊殺しが出来るけど人殺しは出来ないなどと、喩えにもなっておらず正しくない事を言っているね。

895 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 21:02:36 ID:AGhxfXRb0
>>894
前段、横槍と言うか、善意の指摘だよ。
中段、その例えに対して、>>888殺人者は狼ではなく羊だと書いてる。
下段、君の>>889が抜けてるよ。

君は自分の都合で流れを飛ばして正当化したいのかな?

下記の流れで君の「羊は人殺しなんかできないでしょ。」が如何に滑稽か確認しなさい。
>>887>>888>>889>>890
その後の言訳は、日本人一般が嫌う、自分の過ちを認めない人間だと確認出来る。
>>892>>894


896 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 21:14:52 ID:AGhxfXRb0
謝った解釈を認める事が恥なのか?

殺人者=羊と思い込み、>>889の批判を書いたんだろ?
羊の群れの中の欲望に支配された羊と解釈出来てたら>>889は書かなかっただろ?

普通に解釈出来た者(>>890)と、解釈出来なかった者(君)。
この事実を認めれば楽に成れるのに。

897 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 21:21:09 ID:Bl7BVM7o0
>>895
正当化?
何を正当化する必要があるんだい?
そして善意ってなんですか?
私は善意も悪意も持っていない。ただの一個人の感想を述べたまで。
その私個人の感想が滑稽だという君の感想もまた一個人の感想に過ぎず、善意も何も関係ないと思いますよ。

私は己の欲望により人殺しをする殺人者が羊だとは思えない。>>887に同意する。
>>888が言うように
>殺人者は狼じゃ無く、欲望に支配された羊。
と喩えるならば、
その殺人者に殺されてしまった人々を喩えるなら草ですか?って、

>>888に対して疑問を持ったまで。
君が無関係な「善意の」第三者ならこれ以上君に言っても仕方がない。


898 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 21:25:57 ID:Bl7BVM7o0
>>896
『群れの秩序を保つ狼の群れの中にいる、欲望に支配された群れの秩序を乱す狼』

なら理解できるね。
羊の群れの中にいる欲望に支配された仲間殺しの羊?
ちょっと比喩表現としても適さないと思うなぁ・・・・・・・

譲歩して考えてみても、『元は羊であったが欲望に支配され別の何かに変貌してしまったモノ』

くらいまでかなぁ・・・・・・・認めるも何も、間違いでも勘違いでもないからな。

自分と解釈が違ったら全部間違いだと思うのは君の勝手だが、ちょっと無理があると思うよ。

899 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 21:35:31 ID:AGhxfXRb0
>>897
前段、
善意とは、自己正当化で暴走してる君に対しての善意だよ。
これは日本人の常識的解釈だと思うよ。

中段、
無茶苦茶な言逃れだね。
>>888を否定するなら、最初から殺人者は狼だと思うと否定すれば良い事。
君が書いた、「羊は人殺しなんかできないでしょ。」は人殺しを否定しただけ。

下段、
>>888に疑問が有ったならも、意味不明な>>889など書かず質問すれば良かった。

逃げる気満々なようだけど、謝った解釈を認める事が恥なのか?
殺人者=羊と思い込み、>>889の批判を書いたんだろ?
普通に解釈出来た者(>>890)と、解釈出来なかった者(>>889)。
この事実を認めれば楽に成れるのに。

900 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 21:43:11 ID:Bl7BVM7o0
>>899
うーん・・・・・君が自信満々なのは伝わってくるんだけどね・・・・・

>殺人者=羊と思い込み

思い込み?そう書いてあるけど。>>888に。殺人者は狼じゃなく欲望に支配された羊だってね。まぁ本人じゃないなら君に言ってもしょうがないか。


901 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 21:44:14 ID:AGhxfXRb0
>>898
論点ズレてるよ。それとも論点ズラして逃げる気なのかな。
動物の特徴に拘るなら、狼に例える事から否定しなきゃ。

『元は羊であったが欲望に支配され別の何かに変貌してしまったモノ』
これなんて論外だよ。

自己正当化の為に無理な持論を繰り広げても意味が無いよ。
素直に解釈を間違えてましたと認めなよ。

902 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 21:48:40 ID:Bl7BVM7o0
>>901
>素直に解釈を間違えてましたと認めなよ。

そればっかりだね君。

903 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 21:51:15 ID:AGhxfXRb0
>>900
>思い込み?そう書いてあるけど。>>888に。殺人者は狼じゃなく欲望に支配された羊だってね。

>>888>>887の「殺人者は羊たちの群れにまぎれた羊の皮をかぶった狼でしかない。」の狼に対しての意見だと理解出来ないのは、読解力に致命的欠陥が有るよ。

>>902
君が、>>889は誤った解釈で書き込んだ妄言でしたと認めれば済む話だよ。


904 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 21:55:33 ID:AGhxfXRb0
なんとか正当化して逃げたいんだろうけど、次スレに移行しても追求続けるよ。

己の誤認や謝った解釈を認めない人間が、議論の場に立ち入る事は議論の妨げに成るからね。
これも善意に基づく行為だよ。

905 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 22:11:28 ID:Bl7BVM7o0
>>903
なぜ私がそれを理解できていないと、君は思っているの?
君がどうしても私に間違いを認めさせたいのならば話はそれからだ。
私は887のすべてに同意したというわけではない。
羊として生まれながらにして狼に変貌するのは遺伝子によるものであるという部分。
私は魂によるところが大きいと思っているから。

一般に、「羊」 がどういったものの比喩として用いられるか
「狼」 がどういったものの比喩に用いられるかをまず考えてほしいな。

欲望に支配された羊という表現なら人殺しはしないだろ。せいぜいが草を貪り食うくらいのことだ。

羊という比喩は、ほかの誰かを攻撃したりしない大人しい存在の象徴。むしろ攻撃され捕食される動物としての象徴。

888は恐らく、狼だって恐怖心もあるし痛み苦しみも感じるし儚い命を持っている生命には違いないといった意味で
欲望に支配された羊という表現を使ったのかもな。凶悪犯に感情移入してな。(本人に聞いてみない事には分からんがな)

>>904
>己の誤認や謝った解釈を認めない人間が、議論の場に立ち入る事は議論の妨げに成るからね。

一応でいいので自分の姿にも照らし合わせてみてくれないだろうか?
私は善意に基づく行為だなどと偉そうなことは言いたくはない。でもそういう君に対してだからこそまずは自分自身を省みたらどうだろうか。
まぁ本人の登場を待とうじゃないか。

それにな。本を読んだ結果の解釈は人それぞれだよ。明らかな勘違いや間違いも中にはもちろんあるだろうが
それが無かったとしても解釈は色々だ。
同じ人が同じ本を繰り返し読んだとしても感じ方や解釈が違ってくることだってあるんだ。

906 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 22:22:40 ID:7cXUEEKfO
死刑反対!
皆が賛成すると死刑問題が立ち消えるから。

907 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 22:30:54 ID:AGhxfXRb0
>>905
>>903へのレスへのレス
上段、>>887>>888>>889の流れを見れば、日本人なら一目瞭然だよ。

中段、狼と羊の例えに、犠牲者として人間を持ち出した君の愚かさを見つめなさい。

>欲望に支配された羊という表現なら人殺しはしないだろ。せいぜいが草を貪り食うくらいのことだ。
ここでも同じ過ちを犯してる。
欲望に支配された羊と言う表現なら、人殺しでは無く羊殺しだ。
羊が羊を殺すか殺さないかの動物的特徴は関係無い事だ。

下段、意味不明な後出し解釈は不要だよ。

>>904へのレスへのレス
>>887>>888>>889の流れで>>890に馬鹿にされ、それ以降の逆ギレ正当化は日本人として見逃す事の出来ない。

議論の場に立ち入る事が許されるレベルの人間ではない。


908 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 22:33:15 ID:AGhxfXRb0
>>890に対して>>892では無く。

間違えてた、羊の群れだから羊殺しだね。と書く素直さが必要だ。


909 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 22:38:44 ID:Bl7BVM7o0
>>907
>>908
辛そうだけどまぁ頑張ってね。
だけど、無理を強引に通そうとするからこそ辛いだけであって、受容が出来ればもっと肩の力が抜けると思うよ。

910 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 22:46:32 ID:AGhxfXRb0
>>909
暇だから全く辛く無いよ。
書き込み内容読むと、自己分析と反省は出来てるようだね。
あとは素直に表現する事だよ。

下記を参考に自分の考えを表現してごらん。
自分が謝った解釈をしてました。
己の非を素直に認める事が出来なくて、必死に正当化しようとしてました。
今後素直に成りますので許して下さい。


911 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 22:50:54 ID:AGhxfXRb0
>>909
君はこのスレに、スレ主気取りで張り付いてんだね。
登録したので、今後暇な時は付き合って上げる。

912 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 22:52:09 ID:Bl7BVM7o0
本当。素直さと従順さを履き違えている人が多いなぁ。

913 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 23:01:30 ID:AGhxfXRb0
>>912
>>887>>888>>889の流れで>>890に馬鹿にされ、それ以降の逆ギレ正当化を続ける姿勢は日本人として目に余る所行だ。

議論の場に立ち入る事が許されるレベルの人間ではない。

素直に、>>889は誤った解釈で書き込んだ妄言でしたと認めれる真人間になるまで、善意で教育を続けて上げる。

914 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/17(金) 23:01:43 ID:Bl7BVM7o0
ああ、自分こそがスレ主だと豪語していたコテハンの廃止論者なら居たね。
法律を尊守すると社会が停滞する。とか、赤信号は、事故が起きる可能性が無く目撃者も居ないと判断出来たら守る意味が無い。
等と喚いた揚句に姿を消してしまったね。
まぁまた君が私に文句言ってきたとしても、私にはそれが君だと確認する方法は無いから自己紹介されても覚えておくことも出来ない。悪いね。

915 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 23:12:24 ID:AGhxfXRb0
>>914
辛そうだけどまだ頑張よ。
だけど、無理を強引に通そうとするからこそ辛いだけであって、素直になればもっと肩の力が抜けると思うよ。

916 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/17(金) 23:24:23 ID:Geyc9bwy0
>>AGhxfXRb0
どうでもいいけど、その厨房丸出しの幼稚な文章はなんとかならんのか

917 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/18(土) 08:59:39 ID:OpMidYkq0
已む無しクンは触れないでおくのが無難だと思うんだけどなぁ・・・

918 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/18(土) 12:22:07 ID:W5YXM9p10
また変な方向に脱線しているね

919 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/18(土) 12:43:10 ID:gWOwJHi80
己の非を認めない事に必死w

流石、反日人権死刑廃止派の工作員w

920 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/18(土) 16:26:26 ID:W5YXM9p10
死刑は已む無しは何の仕事してんの?

921 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/18(土) 21:44:20 ID:+LRy04Gv0
ヤプーは登校拒否の高校生なの?

922 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/18(土) 23:42:08 ID:tO6utznHO
>>920
そんなこと聞くのは野暮ってもんですよ、旦那。
自宅警備員なんだからw

923 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 06:52:22 ID:9paxLWbC0
自宅警備員だと死刑廃止論が有利にでもなるのか?

924 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 10:17:00 ID:843CZgHXO
有利・不利にこだわる理由が分からんが、自宅警備員なら身の程をわきまえろ、
ってことさね。

925 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 11:43:07 ID:jRqita8G0
と自宅警備員の廃止派が申しております

926 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/19(日) 12:13:42 ID:Qnhd//w20
>>924
死刑は已む無しはリタイア組かもしれないよ
俺がリタイア組なんだよ

927 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 13:29:58 ID:843CZgHXO
>>925
うむ、そういう反応は当たってることの裏返しとも取れるから気をつけな。よく見るパターンだね。
自宅警備員同士、庇い合わなきゃいけないってことかい?観察対象としては面白いんだがね。
ま、そうムキになるなよ。必死さが漂ってくるからな。だが、自宅警備員ってのもそれなりに大変なんだな(笑)

>>926
已む無しがリタイア組ってのもなくはないけど、それよりは結構若い年齢の可能性の方が高いと思う。
書き込みの内容と反応の仕方から考えると、精神年齢はさらに低そうだけど…
で、その若さ(と想定した上)での書き込み回数及び時間帯を考慮して自宅警備員と認定した(笑)

928 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 15:06:24 ID:mDVcCUDF0
必死すぎ

929 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 16:14:38 ID:843CZgHXO
予想通りの反応だな。分かりやすいのもつまらんよ。もうちょっと考えよう。今度はまた別のIDが登場するのかい?

930 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 17:35:45 ID:jRqita8G0
ガチガチの理論武装(のつもり)で視界まで覆っちゃた人、こういう奴っているよねえ。
気がつくと、周りには誰もいない。ここは死刑制度存廃の対談スレですよ。
843CZgHXOは、少し前にスレに華々しくデビューした前科アリの廃止派だろうけど、鬱憤晴らしに
スレで暴れても、その惨めな一生は一ミリも変わりはしませんよ。

931 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 17:36:26 ID:hYB89j3O0
IDに拘るのは、反日人権死刑廃止派の工作員w

てか、なんでコテ消してんだ?

932 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 18:06:20 ID:9paxLWbC0
もうまともに議論しても廃止論者じゃ勝ち目が無いと踏んでんだろうな

933 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 20:39:58 ID:9FRQSH/JO
スマンが死刑は横において、妊娠中絶問題。

胎児には法の下の人権はなくとも、人としての命を宿している。
親の都合で殺すとはもってのほか。
といっても、そんな親に育てられるわけないから私が引き取る。

こういう人は反対してもいいと思う。
その言行一致は称賛に値する。
あるいは孤児にかなりの寄付をしている人も。

死刑に反対するなら、せめてこのくらいはやらないと。
死刑に相当する罪を犯した者の更正に責任を持てる人がいるなら、喜んで死刑に反対しよう。

934 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 20:49:34 ID:jRqita8G0
更正なんてしたって不平等感や不条理感は解消されないので、たとえロボトミーが
合法化されたとしても社会正義貫徹のため死刑存続を希望するなあ、俺は。

935 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/19(日) 21:49:41 ID:kaRnblsM0
私のことを自宅警備員認定してくれた方がいらっしゃるようですね。
要は引きこもりやニートのことですよね?
別に認定されて困るようなことも無いので好きにされたら結構かと存じます。

>>933
堕胎する以前に、快楽目的のSEXで避妊を行わないことが諸悪の根源だと思いますし、エイズなどの性感染症の温床にもなっています。
私は親の好き勝手な堕胎には反対だが(仕方がないケースはあると思います)、じゃあ世の中のそういう子供達をすべて引き取って育てられるかというと無理な話です。
そういった子供を育てるための制度を設け、課税するとなったら勿論賛成します。

ていうか、(親の好き勝手な)堕胎は、反対するもなにも元々法律違反です。

死刑に反対するのと堕胎に反対するのでは意味が違うと思います。

人殺しに反対するのと堕胎に反対することが同義だと思います。

殺人であっても、情状酌量の余地が大きく認められる場合は、その行為が容認されているのです。緊急避難や正当防衛等です。
堕胎であっても、強姦によって出来た子であるとか、その子を堕胎しないと母体が危険にさらされる場合等。
殺人の情状酌量が認められる場合と似たようなケースに於いて、堕胎が法で認められているのが現状だと思いますね。


936 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 22:47:33 ID:mDVcCUDF0
>>929
自分がやってるから相手もやってるんだ!って考えるのは自由だけど、
口に出すと、おっとこの場合はレスにすると、惨めにならない?

937 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 23:03:54 ID:jRqita8G0
>>936
そいつは自暴自棄になってるだけだから、ほっといてあげて。
あんまり刺激すると、今度は塀の中じゃ済まなくなるかもしれんから。

938 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/19(日) 23:13:55 ID:kaRnblsM0
殺人であっても、已むを得ない事情が考慮されれば無罪になったり、刑が軽くなったりします。
逆に、そういう事情が全く認められない、或いは、故意に悪意を以って人の命を奪うことそのものを目的としたような卑劣な犯行。
或いは大勢の人間を死に至らしめた場合。とてつもなく冷酷で残虐であった場合等。当然刑が加算されます。
死刑はそういった途轍もない悪意を抑制するために存在するのだと思います。


余談ではありますが、たとえばこれを堕胎に当てはめる。

「欲望によりSEXをし子供を授かるが、育てることができないから堕胎する。」
こういったケースが、まず、一般的な堕胎だと思います。ここに当人たちの事情を考慮した結果、法律で認められるか認められないかが分かれるわけですが・・・・・

これを快楽殺人のような凶悪なケースに当てはめてみます (殺人することそのものが目的。殺人するための已むを得ない事情が他に何一つない。)

つまり、堕胎そのものが目的。殺人欲求を満たすための妊娠。そして堕胎だったらどうか?
SEXした結果できた子供ではなく、堕胎するためにSEXし、意図的に胎児を殺すことを目的とした犯行が実際に起こったとしたらどうか。

これは、現在の法律ではカバーされていないはずです。

私は以前に、合法という言葉について不快感を示す発言を此処でしたことがあります。

このケースは、正に、『堕胎を利用した合法的な快楽殺人』 であると思います。

恐らくこれが立証されれば、堕胎により殺人罪が適用されることになるのではないかと思われます。

よもや、「器物損壊罪」 などにはならないことを切に願う。


939 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 23:28:36 ID:843CZgHXO
>>930
結局そんなことしか言えないんだな。同情…いやできんか(笑)スレにも関係あるから書いてるんだが。
自宅警備員は、国民の義務を果たしていない可能性がある。これは理解できるな?
そんな分際で、刑罰に限らず社会について語るのは身の程知らずってこと。あんたも?

>>931
違うな。IDにこだわってんのは、常駐者&廃止派認定員だな。
しかし、これもまた分かりやすい反応で面白くないな〜

時にあんたらって本当に廃止派認定が好きだね。それが生き甲斐だとしたら、なんて寂しい毎日(笑)
俺は、その議論の前に、ここの自宅警備員と目される常駐者にその資格があるのかを質してるだけさ。
あると思えば、そう主張すればいい。ただし、それは世間で受け入れられるものでないと意味ないけどな。
あと、駄レスはいらんよ。話を逸らしたり認定したがるのもいらんな。それしか能がないわけじゃなかろう?

>>932
おー、あんたかい。常駐者&廃止派認定員ってホント勝ち負けにこだわるよね(笑)何で?
ついでに、なぜ「自宅警備員だと死刑廃止論が有利にでもなるのか?」ってことになるんだい?
どういう理屈なのか、世間でも通じるような論理で分かりやすく説明してもらえんかね?

>>935
うむ。珍しくなかなか殊勝な態度じゃないか。それは褒めてもいいな(笑)
好きにさせてもらうな。それでいいってことだしな。

>>936
>自分がやってるから相手もやってるんだ!って考えるのは自由だけど、
何言ってるのかね。実際別のIDが出てきたでしょ。意味分かってないんじゃね。

940 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 23:40:46 ID:jRqita8G0
>>939
全レス完全スレチ。メンヘルサロン板へどうぞ

941 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/19(日) 23:59:44 ID:843CZgHXO
>940
だから駄レスはいらんよ。
そもそも聞かれたことに答えているのがあるし、それは違うという部分を指摘しているのもあるのにそれを
「全レス完全スレチ」とは(笑)お前を含めて絡んできた人・質問した人は「完全スレチ」になるってこと?
自分の言ってることが分かってる?頭大丈夫?

それから、お前への質問に対する回答はしないのかできないのかどっちなんだ?
しないならその理由を納得できるように書くこと。議論は好きなんだろ?
できないなら単なるごまかしorエスケープ。違うならそれも理由を納得できるように書くこと。
この程度の日本語は理解できるだろうと言う前提だが、もし違うなら、あんたこそここに来るのは早いな。
一体どれに該当するんだ?

942 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 00:02:51 ID:w4EoKVDm0
>>939
予想通りの反応だな。
そういう反応はあたったことの裏返しととられるからね。

943 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 00:08:51 ID:U3Bh4KpS0
>>941
お前さんねえ、わかんない?
浮いてるし、嫌われてんの。みんなと同じ土台に立ってないの、お前さんだけ。
相手してるのは優しいからだからね。でも調子に乗らないこと!

944 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 00:25:35 ID:ZzUFR+vNO
>>942
何に対して言ってるんだろうな。つながりははっきりさせような。
それから、自分の言葉で語ろうな、猿真似君。

>>943
勝ち負けにこだわるから、この程度で血がのぼるんじゃないのかい?
調子に乗るって言い方がまたそれを表してる(笑)
それで、何が調子に乗ってるの?それとも答に詰まるとそういうレスするっていうマニュアルでもあるのかい?
日付変わったから、あんたが昨日からレスしてきたのと同じ人なのかどうかも分からんが、もしそうなら
>941をきちんと読むこと。何ならあんたの昨日のレス番示してくれてもいいんだが?

みんなと同じ土台?麗しい友情だね(笑)あんたは仲間外れは怖いって言ってるようにも取れるな。
相手するのは優しいから? それは俺もだよ(笑)何で自分(たち?)だけが特別だと思うんだろうね?

質問答えてくれな。多いと思うなら、それはあんたの書き方にも問題があると思ってくれ。

他にも絡んでくる人いるかもしれんが、こっちが質問した人なら、まずそれに答えてくれないとな。
俺は答えてるんだがな…対談スレなんだろ?

945 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 00:44:48 ID:U3Bh4KpS0
>>944
スレチでキチですよ

946 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 00:49:56 ID:ft4ABiSG0
>>935>>938
>>887>>888>>889の流れで>>890に馬鹿にされ、それ以降の逆ギレ正当化を続ける姿勢は日本人として目に余る所行だ。

議論の場に立ち入る事が許されるレベルの人間ではない。

>>889は誤った解釈で書き込んだ妄言でしたと認めれる真人間になるまで、善意で教育を続けてあげる。

素直に己の非を認めて謝罪しなさい。



947 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 01:03:51 ID:ZzUFR+vNO
>>945
あー、やっぱり答えてくれないというか答えられなくなったと言うべきか。昨日のレス番も示せないとは…
まともに向き合ってくれないことがよく分かったから、もうあなたはいいよ。ご苦労さん。

他の人もスレ汚してスマンね。以降、>>943>>945の俺に対するレスはスルー推奨でお願いします。

対談スレって書いてあるから、自分なりにひと通り目を通したのに、対談の前段階にすら到達できなかったな。
絡んできたってことは、対談に付き合ってくれるということだと思ったんだが…
特に、言いがかりに近いようなレスしてきた人が、その反面こっちの質問には答えてくれなかったのが残念だ。
まあ、回答するつもりの人はいるかもしれないから、まだ分からん…のか?俺は常駐できんのだが(笑)
くどいようだが対談スレなんだろ?ましてや、あんたら自身の意思でからんできたって人の方が多いわけだしな。
俺に対しては、ここまで質問した人の回答以外のレスはいらないよ。ここまでで十分無駄になりそうだと分かったから。
きちんと向き合ってくれる人ならいいけどね。

948 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 04:38:47 ID:OvLlWR280
自宅警備認定員がきちんと向き合うとかあほくさ

949 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 08:00:50 ID:ZzUFR+vNO
>>948
本人がそれでいいと言ってるのに認定員もクソもなかろう。あんたも頭大丈夫?
そんな野糞のようなレスはいらんから、あんたのレス番示してみ。すぐは無理だが回答してやるよ。
それとも何か?本人がそれでいいと言ってるのに認定員呼ばわりしないと都合が悪い理由でもあるのかい?

950 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 08:51:45 ID:OvLlWR280
>本人がそれでいいと言ってるのに認定員もクソもなかろう。あんたも頭大丈夫?

好きに認定すればいいだろ
認定員を認定員と呼んで何か都合の悪い事でもあるのか?

951 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/20(月) 18:27:28 ID:KRAvYMba0
>>949
ん?自宅警備員認定員は君かい?
お前なんかにどう言われようが知ったこっちゃないから勝手にしろって言っただけだよ。
別にお前の言動を認めたわけではない。勘違いスンナ。

>>946
うん。私の教育をしてくださるというその心意気は有難く受け取ろう。
で、それはそれとして、死刑存廃に関するまともは意見は何か無いかな?
何もないならスレチ且つイタチなので、適正な板にスレ建てして誘導してくだされば気が向いたらお邪魔します。


952 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 19:02:36 ID:nZYBn/Qs0
>>951
>>935>>938
>>887>>888>>889の流れで>>890に馬鹿にされ、それ以降の逆ギレ正当化を続ける姿勢は日本人として目に余る所行だ。

議論の場に立ち入る事が許されるレベルの人間ではない。

>>889は誤った解釈で書き込んだ妄言でしたと認めれる真人間になるまで、善意で教育を続けてあげる。

素直に己の非を認めて謝罪しなさい。

953 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/20(月) 19:09:41 ID:KRAvYMba0
>>946
>>952
妄言でしたと認め 『られる』 
或いは、認め 『ることが出来る』 

な。

954 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 19:31:20 ID:6bvTSm6g0
>>953

>>935>>938
>>887>>888>>889の流れで>>890に馬鹿にされ、それ以降の逆ギレ正当化を続ける姿勢は日本人として目に余る所行だ。

議論の場に立ち入る事が許されるレベルの人間ではない。

>>889は誤った解釈で書き込んだ妄言でしたと認めれる真人間になるまで、善意で教育を続けてあげる。

素直に己の非を認めて謝罪しなさい。

955 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 20:19:35 ID:U3Bh4KpS0
謝罪君や認定君のようなアホ廃止派が跳梁跋扈する無意味なスレになりつつあるな。
議論に勝てないのが悔しいから荒らしとか、どんだけガキなんだ…わざわざスレに
来る意味がわからん。

956 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/20(月) 20:55:11 ID:KRAvYMba0
>>955
最近では、詭弁を振るう為の種蒔きの段階でその芽を摘み取られてしまうからどうしようもないんだろうな。
結局、廃止論から詭弁を取り除いたら何も残らないということなのかな。だとしたら残念だな。

957 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 21:13:04 ID:QRJ/lkD00
>>956
恥ずかしく無いか?
明らかにお前の暴走だろ。

迷惑だから、さっさと認めて二人とも消えろ。


958 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/20(月) 21:26:58 ID:KRAvYMba0
>>957
迷惑だという理由について話してくれないと答えようがないんだが。
詭弁を振るい辛くて迷惑だというなら、そういった君ら廃止論者の存在こそが迷惑だ。
嘘をつかなきゃ通用しない廃止論なんて世の中には必要ない。

959 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 21:43:19 ID:U3Bh4KpS0
>>957
暴走だのそんなのどうでもいい。存廃の対談スレなんだから、廃止論を論じたらどう?
個人攻撃の罵倒レス何度も貼り付けてるお前こそ、恥ずかしくないのか?

960 :家畜人ヤプー ◆hdcG5yGFmU :2010/12/20(月) 21:44:58 ID:Dyqa5rCG0
こんばんは

死刑賛成派
死刑反対派

ついつい文章が長くなりがちなこのスレだが
お互い一言ずつレスすれば分かりやすくなるんじゃないかな?

961 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 22:52:11 ID:ZzUFR+vNO
>>950
遅くなってスマンね。年の瀬は何かとあるからこればっかりはどうしようもない。
でも、まずは、こっちの聞きたいことにも答えてくれきゃ。対談スレでしょ?あんたの(昨日の)レス番示してみ?それから、
・本人がそれでいいと言ってるのに認定員呼ばわりしないと都合が悪い理由でもあるのかい?

>認定員を認定員と呼んで何か都合の悪い事でもあるのか?
ここにいる廃止派認定員というのは、本人が否定しても一度認定員が決めた以上はそれで話を進める人たちのこと。
俺のケースは、本人が自宅警備員で結構だと言っているのだから、都合の良し悪しではなく、そもそも全く次元の違う話。
>>949はそう言いたかったのだが、言葉足らずだったならそれはお詫びしよう。この説明で理解できるはず…だよな?

それから、>好きに認定すればいいだろ、ということなので、言葉通りあんたも自宅警備員ということで以下よろしく。
自宅警備員に聞きたいことは、>>939に書いている通りだから、あんたなりの答を聞かせてほしい。
・自宅警備員は、国民の義務を果たしていない可能性がある(というか果たしてないだろう)これは理解できるよな?
・そんな分際で、刑罰に限らず社会について語るのは、身の程知らずで恥ずかしいことだと思わないかい?

「好きに認定すればいい」と書いた以上、今さら違うなどと言わないはずだから、続きは質問への回答があることが前提な。
野糞レスは不要と断ってるし、本来なら言うまでもないこと。他方、まともに答えられないくせにレスするってのもおかしな話。
それに、これは対談のための必要&重要な質問なので、スレチ等ということ自体が筋違い。でも、少なくとも今の段階では、
あんたは答えてくれると期待してる。説明不足を反省させられる点もあったから長くなったが、これは勘弁してくれな。

962 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 23:03:15 ID:ZzUFR+vNO
>>951
おー、已む無し君に「お前」呼ばわりされるのは、なかなか光栄なことだよ。他にもいるようだけどね。
普段から「お前」って言ってる人はともかく、「君」って言ってる人が「お前」呼ばわりするのは、心理学的に見て
余裕のない時ですよ。気をつけようね(笑)認定員の件は>>961で書いたから、見といてくれよ。

>お前なんかにどう言われようが知ったこっちゃないから勝手にしろ
え?>別に認定されて困るようなことも無い ってことと激しく違うと思うんですが(笑)
「困るようなことはない」のに何で「勝手にしろ」って命令形なの? ダメでしょ、それじゃ。張子の虎になっちゃいますよ。

>別にお前の言動を認めたわけではない
意味分からんなぁ。認める認めないは対談をしていく中で決まるもんでしょうに。今はまだその前段階ですよ。
対談なんて何もしてないから(笑)対談したいからそのために必要なことを確認させて頂きたいってことなんですよ?
だから、>>939で聞いてることは、已む無し君にこそ答えてもらいたいんだよなぁ。

あんたも多い時は、1日に30回近く書き込んでるくらいの対談好きなんでしょ?それなら質問には答えられるはず。
ないと思うけど、万一、答えられないってなら、その理由はきちんと添えて下さいな。関係のないレスはいらないよ。

昨日及び今日ここまでの人以外で、もしレスしたい人がいるのなら、今の人たちが済んだら、お相手させて頂きますので…
俺は対談したいが常駐はできないし、何かと忙しい時期でもあるんで、今レスされても迷惑かけると思うから。
なので、ちょっとだけこらえて待ってて下さいな。

963 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 23:26:44 ID:U3Bh4KpS0
ZzUFR+vNO←キチガイかまってちゃんは完全スルーでお願いします。
レスしてしまうと、誰も読まない不毛レスがずっと続きます。

964 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/20(月) 23:41:35 ID:KRAvYMba0
>>963
了解。でも一言だけ。
「君」 や 「貴方」 と呼んでいた相手を 「お前」 と呼び方を変えることを、心理学とか小難しいことを考える以前に一般論として考えた場合。
その相手に対し、礼儀をつくさなければいけない理由が皆無になった時。
或いは、むしろ礼儀をつくすべきでは無い相手だと判明した場合にそうなると先に考えるのが普通だと思うがなぁ・・・・・・まぁ言っても無駄だということには同意。

965 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 23:56:35 ID:QRJ/lkD00
>>958
自分の非を受け入れないその姿勢だよ。
スレ主気取りで居座ってんじゃねーよ。

コンクリ知らずに叩きまくられてたくせに。

966 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/20(月) 23:58:40 ID:ZzUFR+vNO
>>963
あーあ…
俺は自分なりにレスしてくれる人の質問には答えているのに、答えることなくケツまくった人が何を言ってるんだろう(笑)

大体、キチガイって言い草は個人攻撃じゃないの?現代では立派な(というのも変だけど)差別用語だよね?
2ちゃんとかネットレベルではなく、放送禁止用語レベルの差別語でしょ?それなのに、
>>959 個人攻撃の罵倒レス何度も〜 ってフレーズはギャグなの?本気で書いてるならちょっと理解できない(笑)
どういうことですかい?詳しく説明してほしいね。

でも、答えてくれないんだろうなぁ。日本語の理解も怪しいみたいだし。
勝ち負けの好きなあなたに合わせた言い方をすれば、あんたのレスは単なる敗北宣言にしか見えないよ。
俺は勝ち負けじゃなく議論や対談を望んでるし、そのつもりでレスしてる。でも、あんたは違うんだろ?対談スレなのにな…

>>964
ん?何だよ。已む無し君も聞きたいことには答えてくれないのか。本当に張子の虎だったんだね(笑)
しかし、その馴れ合いはそれこそ「一般論」で考えればおかしいよね。「キチガイ」と書いた人に同意するんだから。
勝てる相手にしか勝負しないって「情けない」と思わないかい?もちろん、已む無し君は意味分かってるよね、>>76

967 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/21(火) 01:05:30 ID:eShjvCHn0
>>966
ん?何か聞きたいことがあったかい?死刑存廃に関係あることなのかな?
あとね、

>勝てる相手にしか勝負しないって「情けない」と思わないかい?

私が勝てる相手にしか勝負しないというのをどこから読み取ったのかはさて置くとして、
私の>>76を示しておいて何言ってるの?
私は、情けないという意味を、「人の情けが無い」 「無情な人間」 「冷酷な人間」 だと76で言ったんだが?読み取れなかったか?
私利私欲による人殺しや、それにより家族を奪われた遺族を罵倒するような人間を情けないと思うね。
仮に、勝てる相手とは勝負して、勝てそうにない相手には勝負を挑まない人間がいたとして、情けないとは思わないな。
これは、「情にアツいか、情が薄いか」 で比較するものではなく、「勇敢か臆病か」、或いは、「無謀か狡猾か」 の問題だと思うが。

君がそれくらいのことも理解できない人間だということが分かっているから、勝てないから議論しないのではなく、議論する意義が無いから議論しない。
まぁ、当たり前の理由だね。する意味が無いからしない。
スレ違いだから、とか、意味を感じないから面倒くさい、とかそういった理由だね。

>>965
>コンクリ知らずに叩きまくられてたくせに。

必死に文句言ってたやつが叩いていた気になってただけだろ。私としては叩かれた気など全然しない。
こちらからの対談の呼びかけからは逃げてばかりだしな。私の存在が鬱陶しいから荒らしたいだけだろ。気持ちは分かるよ。
スレ建てして誘導すりゃ行くよと言ってるのにそれをしないんだから。その時点でスルー対象。


968 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/21(火) 01:08:00 ID:eShjvCHn0
まぁ、こういう状況も廃止論の現状を示している。

969 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 01:52:53 ID:mxjQVaHBO
>>967
何だよ〜寝かせてくれよ。狙ってるだろ(笑)

>ん?何か聞きたいことがあったかい?死刑存廃に関係あることなのかな?
聞きたいことはあるよ。もちろん死刑存廃に関係あるさ。あんたにその資格があるのかどうかを質してるんだから。
必要なものは再掲載するから、飛ばすことなく答えてくれ。期待してるよ。
でも、もうこんな時間だ。レスしてくれても俺のレスは遅くなるから、今すぐでなくて構わない。

>>961参照。>>961はあんたじゃないけど、元々は同じことをあんたに聞きたかったわけだから。
(1)自宅警備員は、国民の義務を果たしていない可能性がある(というか果たしてないだろう)これは理解できるよな?
(2)そんな分際で、刑罰に限らず社会について語るのは、身の程知らずで恥ずかしいことだと思わないかい?

>>962参照
(3)「困るようなことはない」のに何で「勝手にしろ」って命令形なの?
>別に認定されて困るようなことも無い ってことと激しく違いませんか?

もちろん、対談したいからそのために必要なことを確認させて頂きたいってことね。それは忘れないでくれよ。

>>966参照。レスないと思ったから質問形式にはしなかった。なのでちょっと修正。
(4)その馴れ合いはそれこそ「一般論」で考えればおかしいよね?「キチガイ」と書いた人に同意するのが普通なのかい?

970 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 01:54:32 ID:mxjQVaHBO
続きです。
>>967より
>私が勝てる相手にしか勝負しないというのをどこから読み取ったのかはさて置くとして、
簡単なこと。都合が悪くなったら答えなくなるように見えるから。でも、あんたはまだそれが少ない方かもしれんがね。
ま、何にしてもレスがついたから聞くけど、
(5)何で、>>964ではスルーに同意したの?で、何でまだレスする気になったんだろ?でも質問には答えてないのはなぜ?

>私の>>76を示しておいて何言ってるの?
>私は、情けないという意味を、「人の情けが無い」 「無情な人間」 「冷酷な人間」 だと76で言ったんだが?読み取れなかったか?
ん?読み取ってるよ。だから、あんたはそういう人間だって言ってるんだよ。頼むから俺にそんなこと書かせないでくれよ。
分かってほしかった…仕方ないから書いたが、そこまで指し示すのはさすがに気が引けるから(笑)
別に人殺しや遺族への罵倒だけが「情けない」わけじゃない。上で「キチガイ」呼ばわりするような奴も「情けない」だろう。
質問の回答を求めているのに、まともに向き合わないのも「情けない」こと。

>君がそれくらいのことも理解できない人間だということが分かっているから、勝てないから議論しないのではなく、議論する意義が無いから議論しない。
(6)「それくらい」とは何を指してる?さらに、「理解できない人間だということが分かっている」とは具体的にどういう理由で?

>スレ違いだから、とか、意味を感じないから面倒くさい、とかそういった理由だね。
スレ違いということ自体が筋違いということは説明済。だからそれは理由にはならないね。
意味を感じないから面倒くさい?俺は手間でもきちんと答えているけどね。
(7)「面倒くさい」なんて言い草は、それこそ「情けない」んじゃないのかい?

(8)「面倒くさい」という理由で質問に答えなくてもいいってことかい?それは、もちろんマイルールじゃないよね?
他の人が同じことしても、何も文句を言わないってことだよね?
過去そんなことで文句を言ったことがないし、今後も言わないってことだよね?そうじゃなきゃおかしいだろうし。

まずは、こんな所でお願いしますよ。

971 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 03:43:28 ID:VyFbm48R0
えーと、ここには死刑について話し合いをしたい人は存在しないのですね。


972 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 07:11:10 ID:dB7QJ1Db0
これ見ると、無能工作員だと良く分かる。

>>42
>>43
>>44
>>45
>>46
>>47

死刑は已む無しを必死で援護してた、アホウ反日人権死刑廃止工作員のメンバー

死刑は已む無し
ユーフラテス
存置派
容認派
アルパカ
マークス

973 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 07:17:58 ID:DjoPmIJu0
mxjQVaHBO(前科ありの自己愛性パーソナリティ障害)が長文駄レスを投じては
空虚な自己陶酔に浸り、その様子を訪問者が「リアルキチ必死だなwww」と
嘲笑混じりに傍観する、そういうスレと化しております。
ご覧のとおり共感性が著しく欠如しており、前科ゆえの世間の風当たりの強さも
ありまして、昨今は日頃から情緒不安定ではありました。しかしながら、先日、このスレで
存置派に手痛く論破され、挙げ句の果てには前科者という己の身上を意図せず告白
してしまったことが、彼の心を大きく傷つけてしまったようなのです。
鬱病患者に「頑張れ」が禁句であるように、かまってちゃんの彼にとってはレスそのものが
症状悪化の原因となります。訪問者の方は、彼を「存在しない人間」として完全スルーし
気兼ねなく自身の存廃論を投じていただければと思います。

974 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 08:07:18 ID:2nxEjx/Y0
>>961

国民の義務とやらを詳しく

>・そんな分際で、刑罰に限らず社会について語るのは、身の程知らずで恥ずかしいことだと思わないかい?

恥ずかしかったら何か困ることでもあるのか?


975 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 10:41:52 ID:pKZ6plqY0
ココは何のスレ?

976 :死刑は已む無し ◆yb8y0lNEwU :2010/12/21(火) 11:19:18 ID:eShjvCHn0
>>970
ああ、私がニートや引きこもりかどうかを答えればいいのね?
働かないで家に居ても私を養ってくれる人は私には居ない。(1)だからNO
(2)だから恥ずかしいとも思わないし、法を(利己的に)守る気が無いと言う人間が法律に口出しすることよりは遥かにマシだと思うな。
ましてや人殺しが死刑制度に反対するのなんて、恥ずかしいもクソも無い。言語道断。

(3)全く違いませんね。勝手に認定されても困ることは無いが、私がそれを認めたとお前が言ったとなると私の主張とは異なる。
お前が勝手に私を自宅警備員認定するのはお前の勝手。だが、それを私が認めた事実はない。この違いが分からないならお前はその程度。

(4)(下の情けないという意味のくだりでは番号が振られていないが同じようなものだ)
キチガイとは勿論良い言葉ではない。だが、それを向けられた人間にもよるのだと思うがね。
この場合では、非難に値するとまでは全く思わないね。言葉づかいさえ気を付ければ何を言っても良いと考えるほうが余程情けない。

(5)何故、私のレスがお前だけの為に行われなければいけないんだい?お前の質問に答えるかどうかを決めるのは私であってお前じゃない。
そんな当たり前のことが分からないお前はスルー対象であることは当然。だからお前をスルーしろという意見は普通。
それを分かった上で、私が個人的にレスをしただけのこと。別にお前のためのレスじゃない。

(6)それは質問じゃなく、教えを乞うているようなものだね。まさに、「君がそれくらいのことも理解できない人間だということが分かっている」 ということだね。

(7)面倒くさいという言葉の意味を履き違えているね。面倒だと感じるという理由には2通りある。
ひとつは、無責任。それをやらなければいけないことは分かっているが億劫でやりたくない。某廃止派コテが赤信号を守る気が無くても撤去を要請するのが億劫だと言った。
それはこの無責任に該当するね。面倒ならむしろ大人しく守っていれば良い。
ふたつ目は、それをやらなければいけない意義を見出せない場合。
お前にレスする建設的な意義が無いということ。
じゃあ何故レスするのかとお前は問うてくるだろう。その答えは、「お前の為にレスするのは面倒くさいが、お前以外の第三者に対して示すことは意義があると思うからだ。」

(8)上で示した通り。面倒くさい理由による。もちろん自己申告だけしたとしても第三者から見てどうとれるかということだがな。

まずはもクソも無いな。一応聞いてはみたが、やはり死刑存廃の質問にも関係ないようだし、お前の意見は何もないようだな。
まぁ廃止(論?)はもう出尽くしたから後は相手を野次ることくらいしか出来ることは無いということなのかな。
それが益々廃止論者全体を貶めるだけだというのに・・・・・・・
大人しく真面目に啓発活動を続けていくことしか道は無いと思うがね。

977 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 12:07:33 ID:18ZwW1NY0
>>976

>>887>>888>>889の流れで>>890に馬鹿にされ、それ以降の逆ギレ正当化を続ける姿勢は日本人として目に余る所行だ。

議論の場に立ち入る事が許されるレベルの人間ではない。

>>889は誤った解釈で書き込んだ妄言でしたと認めれる真人間になるまで、善意で教育を続けてあげる。

素直に己の非を認めて謝罪しなさい。

978 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 17:45:57 ID:seTadY8r0
人間を殺すことに固執するのは、凶悪犯と存置論者くらいなものだよ。

979 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 17:50:06 ID:1l2TxjzH0
次スレ
死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part34
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1292921365/

980 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 18:20:24 ID:aS+bTYhE0
>978
お前みたいな殺人願望者がウロウロしている限り、死刑は廃止にならねーよ。
残念だったな。


981 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/22(水) 09:38:25 ID:us7rNv4R0
今日のメルマガで最高裁の裏金について、12月10日の東京地裁の
判決について読者からの情報提供を求めたところ早速以下の情報が送られ
てきました。

  一つは時事通信の次の配信記事です。

 最高裁が裁判官の報酬や転勤に関する「運用マニュアル」を開示しなかった
のは不当だとして、元裁判官で香川県弁護士会所属の生田暉雄弁護士が文書
不開示処分の取り消しを求めた行政訴訟の判決が10日、東京地裁であった。
杉原則彦裁判長は「裁判所は情報公開法の対象に含まれていない」として、
訴えを却下した。
 杉原裁判長は、最高裁が文書開示の手続きを定めた取り扱い要綱について、
「あくまで便宜供与のための内部規範であり、法律には基づかない」と指摘。
今回の不開示は行政訴訟の対象とはならないと判断した。
 生田弁護士によると、最高裁は2009年4月の開示請求に対し、同7、8
月に人事評価に関する規則や通達を開示。一方、運用マニュアルなどに関して
は「存在しない」と回答した。
 判決を受け、生田弁護士は「国民の知る権利に応えるために、最高裁の要綱
も情報公開法に準じて運用されるべきだ。控訴する」と話した。(2010/12/10
-20:50)

  もう一つはこの東京地裁の判決について書かれている以下のブログです。

   http://www.janjanblog.com/archives/25949

982 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/22(水) 09:59:52 ID:5Ma9FjLh0
>>980
荒々しく毒づいた言葉は、その根拠が弱いことを示唆する。

983 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/22(水) 17:53:19 ID:Lo+Imhe50
>>982
君のその論理でいくなら、遥かに廃止論の根拠のほうが弱いことを示唆することになるのだが。

984 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/22(水) 18:54:51 ID:5Ma9FjLh0
>>983
私は>>982で死刑存廃を語る以前の問題を指摘した。

それに対し君は死刑廃止論にこじつけて反論した。

これは君にとって有意義な行為なのだろうか?



985 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/22(水) 21:17:50 ID:S7SfByVX0
荒々しく毒づいたレスが溢れているこのスレで、あえて>>980のみを特定して指摘することが
彼にとって有意義な行為なのだろうか?

まぁ、有意義な行為だと考えたから行ったんだろう。

986 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/22(水) 21:23:59 ID:Lo+Imhe50
>>984
こじつけてはいないが?
君の982は存置派への批判だ。
だから私は、その君の指摘は廃止派にとっては有意義なものとはならないと忠告したまで。
廃止派のほうが過去から現在に至るまで、遥かに荒々しく毒づいてきているからね。
荒々しくというよりは、冷酷非道に毒づくと言ったほうが適しているかな。
私にとっては、直接これといって何も有意義なものはないだろう。だが君が聞く耳を持ち、果ては廃止派全体が態度を改めていけば
死刑存廃の議論はもっともっと建設的なものになり、社会全体にとって有意義となる可能性がある。
その時は、巡り巡って私にとっても有意義なものになる可能性はある。

『情けは人の為ならず』 とはこのことだよ。

987 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/22(水) 23:54:26 ID:5C76NV9lO
すまなかったね、昨日は来れなくて(笑)真面目に忙しいから時間の確保が厳しい。まとめた分は順次あげていくけど、
残念ながら明日も仕事だから、また返事は時間かかると思う。だから、俺へのレスも急がなくていいですよ。
ここまで絡んでない方は申し訳ない、>>962の最後に書いてますが、お相手するのは物理的に厳しいのでご容赦…
では、ここからレスを投下します。

>>973
これ書いてる時、顔真っ赤だったんじゃないかい?ごめんな、そんな思いさせて。もう無理しなくていいんだよ(笑)

>>974
順番前後するが、あんたは、>>950
>何か都合の悪い事でもあるのか?
>何か困ることでもあるのか?
言い方が酷似しているからね。マニュアルなのかい?

それで、>>950なら、>>961を読んでるんでしょ?その回答が先だね。答えられないなら、その理由を分かりやすく書くこと。
その時書いたように、少なくともその段階では、あんたは答えてくれると期待していたんだが?違ってたのかねぇ?
まあ、ちと考え難いことだが、万一 >>961は目に入っていなかったということなら、確認してその回答をよろしく。

違うってなら、>>962の最後三行参照。何も議論しないとは言ってないから。迷惑かけるからちょっと待ってくれ、ってだけ。
↓のことだけはいいけど、他のことは落ち着いたらお相手させて頂くから、我慢ってことも覚えて下さいな。

それまでは、>国民の義務とやらを詳しく、について調べておきなよ。義務教育課程に入ってるはずなんだがなぁ。
あんたの頃は違ってたのかい?ま、それなら冬休みの宿題とでも思えばいいさ(笑)宿題にしては手ごたえないだろうけど。
別に俺も中学までに習ったことを全部覚えてるわけじゃないが、刑罰を論ずる人が憲法の中でも重要度の高いことを
知らない(か忘れてる)って問題でしょ。それこそ、このスレに来る前に勉強しなきゃならんことが山ほどあるってことになる。

それから、今これを読んでるあなたの目の前にある便利な箱はどうしたの?何でそれを活用しようと思わないの?
調べればすぐに分かることなのに、なぜ聞くの?この後、あんたがどう調べたのかを書き出してごらん。
あなたが、>>950でなくても、それについてだけは何とかレスする時間を作る努力をしますよ。

988 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/23(木) 00:21:35 ID:fQFeeSmb0
自意識過剰だな。誰も君のレスなど期待していないと思うぞ。
最後に私が、君の質問は死刑存廃に関係があるのか無いのか。君は新たな廃止論を主張しうる引き出しを持っているのかいないのか。
を確認したが残念な結果に終わった。もう出て来なくてもいいよ。
少なくとも私は君に期待はしていないし、君の質問に答える意義は見いだせない。
まぁ、君が嘘でも吐けば、それを第三者に示そうとはするかもね。その程度。

989 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/23(木) 00:24:00 ID:fQFeeSmb0
つうかまずはこちらを埋めましょう。

990 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/23(木) 00:24:20 ID:y1M10LQYO
>>976
>働かないで家に居ても私を養ってくれる人は私には居ない。(1)だからNO
もちろん、こういう方向性の答でもいいけど、その割には回りくどい、かわすような言い方にも見えるんだけど…
それならそれで、今働いているか否か、働いてるならどんな形でって書いてくれた方が分かりやすいんだけどね。なので、
(9)働いてるなら何の仕事?社名(屋号でも)等を知りたいわけじゃない。業種や役職くらいなら問題ないでしょ。
ここで聞きたいことは他にもあるけど、頂く回答の内容にもよるから、それを確認してからにしましょう。

>法を(利己的に)守る気が無いと言う人間が法律に口出しすることよりは遥かにマシ(中略)ましてや人殺しが(以下略)
(10)つまり、犯罪者と已む無し君を天秤にかけて、自分の方がましだと言いたいの?俺そんな聞き方してないよ(笑)
真っ当に働いてきちんと税金を納め、大半の人が納得できるような社会経験を有しているのかい?ってことなんですが?

>(3)全く違いませんね(以下略)
(11)おかしいね(笑)困ることはないって言ってた筈なのに、何で後出しジャンケンみたいに色々言ってくるの?
俺から見れば、こんな短期間で平気で言ってること変えるのっていう驚きでいっぱいだけどね。
困ることないなら、どーんと構えてればいいじゃない。やっぱり何か困ることがあるの?それとも、また余裕を失ってるのかい?

>(4)キチガイとは勿論良い言葉ではない。この場合では、非難に値するとまでは全く思わないね。(一部略)
(12)ということはつまり、放送禁止レベルの言葉を使っても問題ないというのが已む無し君の差別認識ってこと?
俺は、相手が誰であっても、放送禁止レベルの差別語を使うべきではないと思ってるんだけどね。
これはやっぱり、已む無し君は「情けない」ってことになるんじゃないのかね…
ここではもう1つ。(12)について見解の相違があるとしても、
(13)少なくとも「良い言葉ではない」と認識しているなら、それをたしなめるよう、なぜその時>>963に直接言わなかったの?
>>964では「了解」のひと言で済ませてるでしょ。不思議だよねぇ。それより下のレスは俺宛てでしょ?これも後出し?
著しく公正さに欠けると思うんですが?もしかして、已む無し君は最初から敵味方を決めたがる了見の狭い人ですか?

991 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/23(木) 00:25:20 ID:y1M10LQYO
>>976 続きその1。
だからなのか、>>963と同じ人(違っててもいいけど)と思われる>>973では、略語だけどまた同じ言葉が出てきますね。
>>973は文章全体があまりにも醜いと思うんだけどねぇ。というか、あそこまで下品だとむしろ哀れみを感じる(笑)
それで、已む無し君はそれすらも何も感じることなくスルーしちゃうような差別意識を根底に持っている人ということ?
公正さに欠けると他人に思わせる差別意識を持つ人が刑罰を論ずるのは、やっぱりおかしなことじゃないでしょうかね?

>(5)何故、私のレスがお前だけの為に行われなければいけないんだい?お前の質問に答えるかどうかを決めるのは(以下略)
(14)だから、それはマイルールではなくて、他の誰が同じことをしても文句は言えないってことだよね?
過去そんなことで文句を言ったことがないし、今後も言わないってことだよね?

でも、そもそも言っていることが、ちょっとズレてるんだよねぇ。
(15)一体、俺がいつ「俺のためだけにレスを…」なんて尊大なことを書いたと言うんだい?具体的に示して下さいね。
大体、ここは不特定多数の人が閲覧できるんだから、「俺のためだけにレスを…」なんて、全く意味のないことじゃないの?

>(6)それは質問じゃなく、教えを乞うているようなものだね。
正確には教えを乞うのではなく、已む無し君の文章が分かりにくいから、より丁寧に説明してほしいってことなんだけどね。
ま、それが「教えを乞うている」に脳内変換されることを止めることはできないよ(笑) 一応確認してみたけど、已む無し君は
他にも分かりにくいって指摘されてる所が見受けられますねぇ…俺は、そう感じた部分は素直に反省したけどね、>>961
(16)已む無し君は他人が分かりにくいって言っても、マイルールを押しつける人?そういう姿勢は、対談スレの住人としては
いかがなものかと思いますが?相手どうこうではなくね。それとも、具体的な記述を求められると困る理由でもあるのかい?

字数の関係上、(7)(8)の分は前後させますね。

>(8)上で示した通り。面倒くさい理由による。(以下略)
ん?何で肝心なことには答えてくれないのかな。そこはスルーしなくていいんだよ(笑)改めて質問だね。
(17) >>970の(8)を熟読した上で回答して下さいな。

503 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)