5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

検察官・裁判官が不祥事を起こしたらageるスレ

1 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/11/28(日) 18:06:05 ID:dlgzBmhg0
検察官・裁判官が不祥事を起こしたらageるスレ

2 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/03(金) 17:36:35 ID:AyXgeoc+0
sage

3 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/05(日) 16:32:35 ID:gJpxVMrQ0
sage

4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/09(木) 10:37:59 ID:g76HiwBe0
スルガ銀行による個人情報違法利用についての裁判で,
個人情報保護法18条2項により,
個人情報利用目的の事前明示義務が定められているにもかかわらず,
スルガ銀行代理人神谷町セントラル法律事務所弁護士奥島健二・金森浩児は,
「本人確認が完了していないから個人情報保護法18条は適用されない。」
と誤りを主張し,
これを鵜呑みにした簡裁裁判官岡崎昌吾(現在,東京簡易裁判所)は,
「本人確認が完了していないから個人情報保護法は適用されない。」としました。
東京簡易裁判所・岡崎昌吾は馬鹿です。

5 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/09(木) 15:17:51 ID:aXhDORjD0
http://news.fresheye.com/clip/6004780/news/
これでリアルタイムに見れるぞ

6 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/18(土) 02:13:14 ID:EdbXNoIo0
検事総長引責辞任age

7 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 08:22:45 ID:VHrPwMOe0
age

8 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 09:55:26 ID:nFpNoy4l0
護身術カルト団体 功朗法 田端支部長Sは、練習と称し初対面の素手丸腰の相手に対して
同意無しで包丁を突きつけて
胸部切創 肋骨骨折 全治一ヶ月の怪我をさせた犯罪者である。
http://koroho.at.infoseek.co.jp/tokyo/tokyo.htm
http://mimizun.com/log/2ch/budou/1149170350
明らかな犯罪者を逮捕しない軽札 犬札も被害者を守らない税金泥棒集団である。
東京地検のI検事は、加害者の嘘の言いなりになり 明らかな犯罪者を不起訴にした
仕事を増やしたくない面倒臭がりの単なる税金泥棒である。

9 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/21(火) 20:07:20 ID:2sWS3fqa0
最高裁の裏金作りのトリック
「最高裁は、60名のうち20名しか4号から3号に上げないにもかかわらず
、給与のほうは、全員3号として予算配布を受けているのです。だから、40
0万円の40人分が裏金になるのです。そのような手口で、年に10億、サン
フランシスコ条約以来、かれこれ50年そういうことをやっているのでしょう
から、500億円にはなっている、と私は試算しています」。
「もしそれより少なければ、警察と同じように幹部が着服していたということ
になりますが、最高裁には、仙波さんのような人がいませんから、真相は闇の
中です。警察の裏金は400億円くらいですから、最高裁のほうが上ですね。
私は、現在、最高裁に情報の開示請求をしていますが、最高裁からは、何の返
事もありません。最高裁は、私を無視し続けています」。
「警察では、情報提供者に捜査協力費を支払ったことにして、ニセ領収書を作
成して裏金にしています。検察では、行っていない調査活動を行っているかのように装って、経費を計上して裏金にしています。最高裁では、架空の予算配布を受けて、裏金にしています。いま、この国の警察・司法は、恐ろしいことになっているのです」。




10 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/22(水) 09:32:12 ID:us7rNv4R0
今日のメルマガで最高裁の裏金について、12月10日の東京地裁の
判決について読者からの情報提供を求めたところ早速以下の情報が送られ
てきました。

  一つは時事通信の次の配信記事です。

 最高裁が裁判官の報酬や転勤に関する「運用マニュアル」を開示しなかった
のは不当だとして、元裁判官で香川県弁護士会所属の生田暉雄弁護士が文書
不開示処分の取り消しを求めた行政訴訟の判決が10日、東京地裁であった。
杉原則彦裁判長は「裁判所は情報公開法の対象に含まれていない」として、
訴えを却下した。
 杉原裁判長は、最高裁が文書開示の手続きを定めた取り扱い要綱について、
「あくまで便宜供与のための内部規範であり、法律には基づかない」と指摘。
今回の不開示は行政訴訟の対象とはならないと判断した。
 生田弁護士によると、最高裁は2009年4月の開示請求に対し、同7、8
月に人事評価に関する規則や通達を開示。一方、運用マニュアルなどに関して
は「存在しない」と回答した。
 判決を受け、生田弁護士は「国民の知る権利に応えるために、最高裁の要綱
も情報公開法に準じて運用されるべきだ。控訴する」と話した。(2010/12/10
-20:50)

  もう一つはこの東京地裁の判決について書かれている以下のブログです。

   http://www.janjanblog.com/archives/25949

11 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/31(金) 00:28:59 ID:XwLK1UUi0
なんで日本って有罪率99%なの?検察に証拠捏造されたら人生終了じゃん。


12 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/31(金) 08:53:52 ID:ozibK+8s0
もう一つの記事は12月28日の日刊ゲンダイにおける「溝口敦の斬り
込み時評」である。溝口氏は要旨次のように書いていた。
・・・前回、裁判官の問題点を指摘したら、最高裁から上告を棄却された
知人から、「最高裁のデタラメは目に余る。ぜひ世論を喚起して欲しい」と
電話をもらった。最高裁といえば「憲法の番人」とされ、名前を聞くだけで
恐れ入るような雰囲気がある。事実、最高裁は下級裁判所裁判官の指名権、
司法行政監督権、違憲審査での法令審査権、などを持つ。口うるさい弁護士
連中もこと最高裁に限っては、文句をつければ飯の食いあげとばかり触り
たがらない。司法記者クラブに属するマスメディアの記者たちも最高裁を
恐れていっさい批判しない。かくて最高裁は絶対権力化し、絶対的に腐敗し、
暴走する・・・
これらの指摘は、実は極めて重要でかつ深刻な指摘なのである。
犯罪者かどうかは最後は裁判で決まる。
裁判で判定されれば、政治家であろうと官僚であろうと、著名人であろう
と、その判決に従わざるをえない。
違憲訴訟でさえ、最後は裁判所が決めるのだ。憲法よりも偉いのだ。
ましてや一般国民にとっては最高裁の判決は絶対的だ。
そのような強大な権力を有する最高裁の裁判官の人選は正しく行なわれて
いるのか。
最高裁判事の判決は常に正しいのか。
その判決に政治的な思惑が絡むことはないのか。
なによりも誰が最高裁判事の仕事ぶりを監視しているのか。
最高裁判事というポストのいくつかは司法試験を経ずして天下る官僚たち
の指定席となっている。
かつてその中には年金問題の元凶を作った厚生官僚OBがいた。
今の最高裁判事の一人は、憲法9条に違反して自衛隊をイラクに派遣した
外務官僚OBである。





13 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/12/31(金) 23:28:18 ID:kJmLm4XL0
27 :名無しさん@3周年:2010/12/24(金) 22:50:03 ID:6IEAWFZS
<郵便不正事件>前田元検事、容疑不十分で不起訴…最高検
 最高検は24日、厚生労働省の村木厚子元局長を不当に逮捕したとして
特別公務員職権乱用容疑で告発された前田恒彦元検事について
容疑不十分で不起訴処分とした。
「村木元局長について『有罪を得るのは困難』との認識は持っておらず、
犯罪の構成要件に当たらない」と説明している。

 また、郵便不正事件の捜査で関係者の取り調べメモを廃棄したとして
証拠隠滅容疑などで告発された大阪地検検事(当時)ら6人、
犯人隠避容疑で告発された樋渡利秋・前検事総長ら10人については
全員を容疑なしで不起訴処分とした。

 証拠改ざん・隠蔽(いんぺい)事件の発覚後、市民団体や元検事の
三井環氏らが告発していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000111-mai-soci

38 :名無しさん@3周年:2010/12/28(火) 12:42:58 ID:NVSZ28M3
>27
>特別公務員職権乱用容疑で告発された前田恒彦元検事について
>容疑不十分で不起訴処分とした。
>「村木元局長について『有罪を得るのは困難』との認識は持っておらず、
>犯罪の構成要件に当たらない」と説明している。

マジで意味不明だな。
有罪の見通しがあろうとなかろうと、職権濫用行為があれば違法でしょ。
濫用行為の認識が必要なのであって、濫用行為の動機は犯罪の成立要件ではない。
というか、そもそも有罪の見通しが立たないから証拠改竄なんかする必要があったんでしょ。
「有罪の見通しがあったので証拠改竄しても職権濫用じゃないんですよ。合法なんですよ。」
ってことか?
一体どういう頭してるんだよ、こいつら。


14 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/01/01(土) 18:29:07 ID:nOcxnTdx0
高橋和也のようなくずをかばって、略式で済まそうとする大阪地検なんて存在させておいて良いのですか?

15 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/01/08(土) 18:15:54 ID:HO2ZqMoP0
その講演録を読んであらためてこの国の最高裁判所の罪深さを思い知った。
この国の不正義の元凶こそ、この国の最高裁判所であると思い知らされた。
講演者は元裁判官の生田暉雄弁護士である。
生田氏といえば、知っている人は、最高裁の裏金を追及し続けている人物
であると相場が決まっている。
しかし生田氏の最高裁批判の本当の目的は最高裁の裏金ではない。
最高裁とこの国の行政(政府や官僚組織)の仲間意識である。国家権力と
最高裁のもたれあいである。
あらゆる犯罪の確定は裁判で決まる。その行き着く先が最高裁判決である。
最高裁判決が下されればその後はない。もし最高裁が不正義であればどうか。
最高裁がその人事権をほしいままにして全国の裁判官に判決の方向性を命令
しているとすればどうか。
最高裁がこの国を事実上支配しているということになる。




16 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/01/09(日) 23:26:57 ID:ANslrb800
★“楽園”維持に必死の検察
 バケの皮が剥がれて信用が失墜した検察。現在、法相の諮問機関「検察の在り方
検討会議」が取り調べの全面可視化などに向けた改善策を検討中だが、現場は“抵抗”に
必死のようだ。
 
 委員会のメンバーは今月、証拠改ざんの舞台となった大阪地検、札幌地検で
取調室などを視察。現場の検察官からヒアリングを受けている。
「ここで委員に“泣き言”を訴える作戦が展開されているようです。内容は『裁判員
制度の導入で人手不足』『深夜勤務で大変』『可視化すれば暴力団組員はますます
口が堅くなるから取り調べが難しくなる』などで、暗に『俺たちは忙しい』と
言っている。つまり、これ以上、余計なコトをするなというワケです」
(司法ジャーナリスト)

 チャンチャラおかしい。法学博士のデイビッド・T・ジョンソン氏の著書「アメリカ人
の見た日本の検察制度」では、日本の検察は「楽園」と紹介されている。
 そこには、日本の検事は「処理件数が少ない」「市民の要求や政治的圧力から
遮断されている」「自白を引き出す道具と法律をたくさん与えられている」とし、
〈高水準の有罪判決率を維持するのに熱心なあまり、司法取引や調書改ざん、
過酷な取り調べなど違法とされる行為を実は行っている〉とまである。

 何のことはない。楽園が壊されるのが嫌で騒いでいるだけなのだ。全く懲りない
組織である。
(日刊ゲンダイ2010年12月16日掲載)
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/19gendainet000133215/


11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)