5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説が書けない人間

584 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/29(水) 20:28:41.70
私は時間が空いていると、呼吸をするように携帯電話を弄くっては時間を潰します。
それは人と話すことが苦手な私が寂しくならない為に覚えた悲しい癖ともいえるでしょう。
いつものように携帯電話の小さな画面で、2chに興じていると突然着信音が鳴りました。
久しぶりに聞いた懐かしいメロディ。あの人の為だけに登録したドリカムの「やさしいキスをして」
今日は季節はずれに暑い天気だとめざましテレビのお天気おねえさんが言っていました。
あの人が出て行って7年、そういえばあの日も暑い日でした。季節は幾度もめぐり、また暑い夏がやってきます。
あれから、周辺も変わりました。人家が増えた変わりに二人の思い出の桜の木もなくなってしまいました
そのせいかあなたがうるさいからと嫌っていた蝉の鳴き声もあまり聞こえなくなったんですよ。
そうだわ、もしかしたら今晩にでも帰ってきてくれるかもしれない。
だってあの人が消えたその日に咲いていたカンナがみごとに咲き誇っていますもの。

240 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)