5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ワイが文章をちょっと詳しく評価する![8]

1 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/08(日) 08:22:41.90
作者本人のオリジナル文章を随時募集中!
採点は100点満点! 評価のコメントを入れて一行で締める!

前スレ
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![7]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1302864278/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![6]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1298499050/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![5]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1293712272/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![4]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1285859746/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![3]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1272763741/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![2]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1254570717/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する!
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1249125836/

点数の意味
10点〜、日本語が書ける!
20点〜、日本語の意味がわかる!
30点〜、読み物に近い!
40点〜、形にはなっている!
50点〜、楽しめる域に入る!
60点〜、作品として出せる!
70点〜、欠点がほとんどない!
80点〜、佳作の域に突入!
90点〜、未知の領域!
満 点―、神様は評価できない!

ここまでの最高得点79点!(`・ω・´)

2 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 08:28:26.73
>>1
点数の意味改訂した方がいいと思う

3 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/08(日) 08:29:12.82
油断してdat落ちを食らった!

随時、作品募集中!(`・ω・´)

4 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/08(日) 08:31:35.26
>>2
次回があれば考える!

5 :天使の厨房:2011/05/08(日) 09:14:40.63

  死後、願わくば天使の厨房の末席に加えていただけますように。/O・エスコフィエ
  最高の料理人は恋をしている料理人である。/F=ルネ・ド・シャトーブリアン

 料理旅団誕生のはるか昔のこと。その凡庸な料理人は目立たない魚介担当の一人にすぎなか
った。古株の肉切り職人や賄い係や前菜調理人にあごで指図され、罵声を浴びせかけられるこ
とすらあった。実際、厨房での凡庸な料理人の眼には輝きのひとかけらもなかった。彼になか
ったのは自信であり、希望であり、愛し愛されることだったろう。厨房で毎日毎日馬車馬のよ
うに魚のウロコを取り除き、さばき、切り分け、調理する。これとて、総料理長が決めたとお
りのことを単純になぞっているにすぎない。そこには「創造」のかけらもない。そして、仕事
を終えると疲れ果てたからだを引きずってアパルトマンに帰り、薄暗く湿った階段を上り、屋
根裏部屋にたどりつくのだ。料理人を待っているのは回転網の中で走りつづける年老いたハム
スターとマンサード・ルーフから見える街の灯りだけだ。
「なんて不甲斐ない人生なんだ。」
 通りひとつへだてた小さな市場で買った安物のブルゴーニュ・ワインを鍋であたためながら、
料理人は薄汚いしみの浮きでた壁に向かってつぶやく。
「まったく。なんてこった。なんて不甲斐ない人生なんだ。老いぼれのハムスターのほうがま
だ生き生きしてやがる。」

6 :天使の厨房:2011/05/08(日) 09:15:34.46

 凡庸な料理人はマグカップに注いだ生あたたかい赤ワインをひと息で飲みほす。そして、マ
ンサード・ルーフの外に広がる街を見る。いまにも消え入りそうな街の灯りが物憂げにまたた
く。通りに眼を落とす。ミモザを抱えた娘が通りすぎる。彼女のまわりだけやわらかい光がと
もっているように見える。「啓示だ!」と料理人は叫ぶ。料理人の全身に電気が走る。料理人
は部屋を飛び出て階段を駆け降り、通りに出る。そして大声でミモザの娘を呼びとめた。
「ねえ、きみ!」
 娘がふりかえる。
「突然、ごめん。」
「いいえ。いいのよ。」
「あの、なんといったらいいのか、あしたの昼、ぼくの店でごはんを食べないか?」
 凡庸な料理人は彼の働くレストランの名を告げた。
「よろこんで。でも、わたしはあなたのお店で食べるほどお金を持っていないのよ。まともな
服もないし。」
「もちろん、ぼくのおごりだよ。着る服は黒いスカートに白いシャツ。それでいいよ。席に着
いたらギャルソンにぼくの名前を言えばいい。」
 ミモザの娘はとても礼儀正しく頭をさげ、通りを歩いていった。凡庸な料理人は彼女の後ろ
姿を見送りながら、生まれて初めて心が浮き立つのを感じた。

7 :天使の厨房:2011/05/08(日) 09:16:26.01

 翌朝。いつもどおり不機嫌そうな総料理長に凡庸な料理人は意を決して言った。
「ムシュ。きょうの昼、ガール・フレンドが来るんです。私に一皿だけ料理を作らせていただ
けませんか?」
「おれの料理をか? それともおまえの?」
「私の考えた料理をです。」
「余分な食材はなにひとつない。あるとすればエイの切れっぱしくらいのもんだ。」
「それでじゅうぶんです。あと、春キャベツを少々。」
「いいだろう。で、なにを作るんだ?」
「エイひれと春キャベツの蒸し煮 シェリー酢バターソース。」
「なんだそりゃ?」
「一世一代のラブレターです。」

8 :天使の厨房:2011/05/08(日) 09:16:58.66

 12時きっかりに娘はやってきた。白いシャツと黒のスカート。シンプルそのものだ。飾りけ
と言えば、唯一、髪にミモザの小枝をさしているだけである。
「かわいいお嬢さんがおまえをご指名だ。」と気のいい給仕長が凡庸な料理人に耳打ちをする。
 凡庸な料理人はうなづく。そして、あらかじめそうすることが決められていたように包丁を
ふるい、ソースをアレンジし、味見をし、皿に盛りつけた。料理ができあがると厨房に鮮烈で
清々しい香りがあふれた。厨房で忙しく働いていた者たちが手をとめ、凡庸な料理人をみた。

 ミモザの娘が座る隅のテーブルに凡庸な料理人の「一世一代のラブレター」が怪訝な表情の
給仕長によって運ばれるとき、通りすぎるテーブルの客たちは驚きの表情で顔を上げ、去って
ゆく皿を見送った。そして、給仕長を呼び、口をそろえて尋ねた。
「いったい、あの料理はなんなんだ?」

 凡庸な料理人の恋心が本当に伝わったのかどうかはわからない。しかし、「エイひれと春キ
ャベツの蒸し煮 シェリー酢バターソース」という一皿の料理をきっかけに、凡庸な料理人は
「最高の料理人」と呼ばれることとなった。そして、数年後、自分のレストランをもった。テ
ーブル数わずか5席のちいさな店だが、客足が途切れることはない。彼の店、『黄金のエイ亭』
に行けばミモザのような笑顔のマダムがいつでもわれわれを迎えてくれる。

9 :天使の厨房:2011/05/08(日) 09:19:11.94
Bon Appétit!

10 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 10:03:19.31
素晴らしい
可愛らしい話だ

11 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 10:18:00.34
この作品はワイスレ史上最高かもしれません

12 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 10:23:48.86
誤字とか残ってるし史上最高かはわからんが
出来はいい方なんじゃね

非実在料理かと思ったらシェリー酢バターが検索に引っかかってワロタ
材料買ってきて作ってみたくなるな

13 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 10:44:03.20
いつもの人は相変わらず自演で褒めるのが好きだな

14 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 10:58:29.93
くやしいけどちょと泣いた

15 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 11:00:10.26
今日の自演はしつこいな

16 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 11:21:27.58
いい話だけど
もうちょっと描写が欲しかったな
特に客を驚かせたエイのなんちゃらってのが
どんな匂いでどんな見てくれなのか
作ってる所の描写を膨らませてもいいんだけど

17 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 11:28:20.73
個人的には料理の描写はもうちょっとだけ具体的にしてくれりゃいいって感じ
「清々しい香り」の料理ってどんなだよってのが気になるくらいかな
どうせ食ったことない料理なんだし描写されても味わえない
大体食った娘の反応さえ描かれてないんだから話の本筋でない気がする

どうせ描写を厚くするんなら日常のウンザリ感とか
啓示のひらめきのあたりをやればいいと思う

18 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 12:11:29.62
なんかつまんなそうだから読んでない

ワイさんがべた褒めしたら斜め読みしとくことにするわ

19 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 12:46:09.56
固有名詞君の小説、そして自演
よくある風景ですねw

20 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:06:36.10
固有名詞も少なくて読みやすかった。多いのも好きだけど。これは高評価いってほしい。
個人的には前スレのバーで友情の終わらせ方どうのこうの、友よ今宵の月はどうのこうの、アデュー!みたいなあれが好きだ。固有名詞が全部同じ人か知らないけど。
自演じゃないよ。

21 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:19:54.67
当て擦りだけど自演じゃないよ。

22 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:20:33.44
>>19への嫌味だけど自演なんてあるわけないよ。

23 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:20:36.15
いいから黙れよ自演

24 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:26:58.48
まとまってはいるがきらめきも無い、まるで老人のような文体だよね。作者も若くは無いと想像してしまう。
これで10代とかならスレ的にも面白いけどね
つうか、間違いなく自演していると思うけど

25 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:27:50.65
自演じゃないけどこの程度で固有名詞君とか言っちゃう>>19の学の浅さを指摘しただけだよ。

26 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:30:30.74
固有名詞君w

27 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:32:01.65
あー確かにこれは>>19がアホだわ
どうしようもない頭の持ち主だな、これは

28 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:33:04.71
盆栽の様に矯正され自由さが感じられない文体
無理やり固有名詞の力でつけられた風格すら痛々しいね

29 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:34:17.21
老人がそんなにはしゃぐなよ、脳の血管が切れちゃうぞ

30 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:36:21.99
>>25

31 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:37:01.34
>>27

32 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:37:42.80
>>25=>>27

33 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:38:50.83
ナーバスに自演って言葉だけに反応しないで24と28みたいな発言へもコメントお願いします

34 :25:2011/05/08(日) 13:40:24.08
>>32
残念ハズレ
俺は>>22>>27じゃないよ

35 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:40:37.54
ぜんぶ自演てことにしてくれ。もうわけわからん

36 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:44:28.10
固有名詞君の称号は今回ついたんじゃないんだけど
>>25>>27だけがそれを知らないんだよね

37 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:46:09.15
固有名詞君だったらこんなもんじゃないってことだろ?
あいつ半分くらいカタカナ語で埋め尽くされるじゃん

38 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:47:27.75
ひとつふたつの固有名詞で物知らずが認定始めてファビョり出した、と

39 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:47:37.95
中身スッカスカなところはよく似てる

40 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:48:09.11
ここに晒される奴に中身ある話なんてあったっけ

41 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:48:34.57
固有名詞氏が10代20代だとしたらすごいの?
おっさんおじいちゃんだったら普通?
どっちにしてもいまの世代にはうけないのでは?

42 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:48:42.96
どうでもいいけど雑談で流すのやめろ

43 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:49:18.85
否、同一人物だと思うよ
文章が似ているもん、今時こんな風に書く人は珍しいと思う
今の若い子はラノベや携帯小説みたいなのが基本なんだぜ?
結果的に2chみたいな俗な所ではそういう文体が多くなる、それは必然だよ

44 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:49:30.21
ワイに言われたらやめるけど?

45 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:51:10.46
一応まじめに話しているだろ
俺的な今の話題は文体と作者の年齢について

46 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:51:30.59
>>39

おまえのあたまの中身がスッカスカなのはいつもどーりってことでFAなwww

47 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:52:25.15
あーあファビョり出しちゃったよ
電撃スレのコテが晒してからこういう奴多いな

48 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:53:32.57
>>46
今日は思いっきりファビョってんな

49 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:54:28.98
作者のプロフィールとかどうでもいいんだが。さっきから固有名詞がどうとかなんでそんなに必死なの?

50 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:56:45.04
雑談するにしてももう少し役に立つ話しようぜ
固有名詞君が自演していることは、もうほっておけよ

51 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 13:59:32.21
>>49
分かったから落ち着こうな

52 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:08:34.77
近所の魚屋できいたんだけどえいなんか普通に手に入らないってよ。どうなのこれ。
シェリー酢だてスーパーにないし。田舎だからか
関係ないけどえいってこんな字なのな。鱏、鱝、鰩、海鷂魚

53 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:10:16.20
だってレストランの話じゃん。突っ込みどころでもなんでもない所に噛み付くなよ

54 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:12:18.27
即レスしてんなw

55 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:14:21.18
だから俺は文体の話がしたいんだよ。即レスしたら悪いか?

56 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:14:55.96
>>55
自演乙

57 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:16:17.58
擁護もアンチもどっちも自演してるからこんなカオスな流れになってんだろ

58 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:17:54.50
>>19最初に煽ったの俺だけどそれ以降レスしてない
なんでこんな流れになってんだよ

59 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:19:19.34
ちなみに俺はどちらかといえば固有名詞君のアンチだ
正直、文体が古臭すぎる

60 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:21:31.32
>>59足し蟹

61 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:21:54.08
>>57
自演の使い方間違ってる

62 :58:2011/05/08(日) 14:22:37.36
>>59
俺もそうなんだけどいつも通り一辺倒な叩きじゃ面白くないと思って……
ちょっと煽っただけでこんな荒れると思わなかった

63 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:23:15.54
俺は読まずに煽ってるだけだ
簡単にファビョってくれたので満足している

64 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:25:31.99
>>62
ファンとアンチがいるとゆうことで。
固有名詞くんが紅茶ってことはないよな?

65 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:27:10.66
今回の功労者は>>27かな
あれで完全にファビョって勢い付いたみたいだし

66 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:28:36.98
>>65
分かったから落ち着こうな

67 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:28:53.23
俺は最初のころ固有名君はプギャーなのかなと思っていたw
まあ誰にも分からない事だからどうでもいいけど

68 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:29:57.40
ファビョったのが一人だと思っているんだなw
正直ここには愉快犯がいるよ、理由はいわないが俺には分かる

69 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:30:04.33
自分が正しいと思ってる奴って煽れば速攻発狂すっからね
荒らすにはそういう奴が狙い目だよ

こういう大勢が固有名詞君の存在認めてる場なんか釣り堀だから

70 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:31:08.42
隙あらば煽ろうろ思ってるハイエナが大量にいるからな

71 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:32:55.04
だいたい素人の駄文を読む奴なんてそうそういないから
ここにいる大半は読まずにレスしてる連中ばかり

72 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:34:24.81
>>71
つまり?・・・ゴクリ

73 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:36:38.33
>>71
おまいがすごい才能をもった名文家だってことはよくわかった

74 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:38:02.55
俺は固有名詞認定してた奴煽ってた方だけど文章なんか読んでない
健全に生きてる奴の人生数時間でもこっちに巻き込んで潰すのがニートの嗜みだから

75 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:39:03.55
>>43
タイトル、文体、改行の癖、作品テーマの傾向、あとなんかよくわかんない捨て台詞のような外国語。あと固有名詞。
同一人物でなきゃ、そんなうまく他人がコピれるもんかなぁって思うわ。

76 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:40:05.87

そういう奴はそんなネタばらししない
なんか変な嵐設定作って作者を擁護しているように思える

77 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:40:22.73
2ちゃにケンゼンなやつなnかいるかての。

78 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:41:20.06
あっ邪魔はいったw
76は74へのレスね

79 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:42:09.70
>>76
お前馬鹿? こうやってバラしてファビョってた奴ぐぬぬさせんのがおもしれーんだろがよ
あ、本人かサーセン

80 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:42:45.14
>>76
悔しいのかい?ww

81 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:43:21.81
>>75
追記。コピるのは可能だけど、やる馬鹿がいるのかって感じ。
他はともかく、固有名詞出しまくるのは、他の人は知らないけど俺なら相当に労。

82 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:43:25.25
つまりニート同士で共食いしてたってわけだw

83 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:43:27.54
カスに構うなよ
言い訳してるだけだと思われんのがオチ

こういう奴には何言っても無駄

84 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:44:50.49
で、固有名詞は何歳なんだよ? 本人でてこいよ みてんだろ?

85 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:45:19.44
>>81
まあいないね
間違いなく同じ作者

86 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:45:21.63
結局誰も読まずにじゃれ合ってただけじゃねーかw

87 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:46:49.69
電撃スレから来ました

88 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:47:10.30
来ました

89 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:47:40.34
俺は読んだぞ、そしてこの意見

まとまってはいるがきらめきも無い、まるで老人のような文体だよね。作者も若くは無いと想像してしまう。
これで10代とかならスレ的にも面白いけどね

90 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:48:49.82
>>89でってゆう

91 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:49:40.30
今北けど読んだ方がいい?
それとも読まずに煽ってればいい?

92 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:50:21.32
>>89
お前ずっと同じこと言ってね? アスペなの?

93 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:50:50.40
読もうとしたら目が潰れました。
眼科はどちらでしょうか?

94 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:51:14.05
>>92
おまえもなw

95 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:53:08.37
>>93いくのはまず基地外びょういんだろうが!

96 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:54:17.99
つまりみんな固有名詞の人がリアル老人かどうか気になるんだろ。だったらそうはっきり言えよ。
ついでにぷぅぎゃあああが幾つで女の子かどうかも気になるんだろ。教えろよ。

97 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:55:45.64
おれが固有名詞だが親はまだ40前だ。もんくある?

98 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 14:57:45.03
>>95
煽りの先輩からひとことアドバイス

安価の癖は目立つので直そう

99 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:01:39.65
この煽り野郎はいつもプギャーの点数を気にする中学生みたいな文章を書く奴です

100 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:01:40.14
>>98人生の先輩からひとことアドバイス 逝ってよし!

101 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:04:08.30
認定君いつまでファビョってんだよ……

102 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:05:25.55
>>100
いってよしって、今のリアル厨房は使うのかな。昔ニュースで、古い二ちゃん語は使わない傾向になってきたって見たけど。
だとするとさ、とても悲しい事実が見えてくるよね…。

103 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:05:42.12
本当だ
安価の次を改行せずに書いてるやつって目立つな

104 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:05:45.85
実はこのスレが荒れた後には電撃スレにキチガイコテが沸いているという統計結果が出ていてだな

105 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:07:49.22
なるホロ

106 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:10:17.84
おっさんにナンパされて即OKするビッチに泣いた

107 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:10:44.98
まあいかに2chといえども過疎板にキチガイなんてそう何人もいるもんじゃないからな

108 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:11:27.59
>>5-8
これ粗筋じゃん
まあ粗筋でもいいんだけどさ

とりあえず女の扱いが酷すぎる
イメージの存在に終始するにしても想像を膨らませられる幅くらい持たせてくれ

料理人の描写に丁寧さが足りないせいでカタルシスも感じられない
「ふーん良かったね」で終わる話

前口上の引用が二つともバラバラ
死を匂わせる前者の引用は内容に1ミリも掛かってない

いつも通り、進展なしの60点台
ご苦労様でした

109 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:11:29.73
>>22
>>58
>>60
>>90
>>95
>>100

110 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:13:55.21
>>108ふーん良かったね

111 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:15:13.93
>>109
文盲乙

112 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:16:11.26
>>109
ワロタw
工夫もなんもねえな

113 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:16:27.69
kitigaiは電撃スレのラノベ書きかwそして中学生みたいな文体を書く奴ねw

114 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:16:50.49
>>109
おいおいw
目的語と安価の区別もつかねーのかよ認定君は

115 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:17:37.33
>>109
普通に俺も混じってる件

116 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:19:08.01
あ、上2つ変なの混じっちゃった

117 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:19:51.02
>>116
ワロタw
工夫もなんもねえな

118 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:20:09.91
>>109
なぜ俺が

119 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:20:29.06
自分で考えるってことに慣れてないゆとりはこれだから

120 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:20:44.40
>>114
とりあえずお前は落ち着けってのw

121 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:21:27.67
>>115
そもそも19の発言は俺がした
つまり58こそがこのスレの荒らしている本人でキチガイ

58 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2011/05/08(日) 14:17:54.50
>>19最初に煽ったの俺だけどそれ以降レスしてない
なんでこんな流れになってんだよ

122 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:21:32.47
>>117
ワロタw
工夫もなんもねえな

123 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:23:23.08
ラノベ厨は電撃に帰って欲しいわ

124 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:23:56.43
認定君がファビョり過ぎてていい加減うざい
原因作った>>58が責任持って引き取れよ
これ以上このスレを荒らすな

125 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:24:36.22
>>121
みんな名無しなのにこいつが犯人だあー!とかどうよw

126 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:24:50.27
>>121
あーお前がずっと発狂して荒らしてたのかww
悔しいのう悔しいのうwww

127 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:26:30.45
58が湧いて出てきたぞ
しかもwをいっぱいつけて
電撃へ帰れ、このラノベ野郎

126 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2011/05/08(日) 15:24:50.27
>>121
あーお前がずっと発狂して荒らしてたのかww
悔しいのう悔しいのうwww

128 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:27:35.17
あーあコピペまで始めちゃったよ

129 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:27:51.84
>>127
どんだけ悔しいんだお前

130 :天使の厨房:2011/05/08(日) 15:28:27.80
次を投下したいのですがKYですよね。出直します。
ネタバラシをすると、父親のPCをのぞいてたら小説みたいのをみつけたので
それをコピペして投下してました。ごめんなさい。次はオリジナルを投下します。

131 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:28:48.94
>>128
電撃スレ見てきた
あそこでも鼻つまみ者扱いでわらたw
こりゃ人間のカスだわ

132 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:29:35.16
親父イイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!

133 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:29:50.49
†‡覇璢蟆†‡ ◆zzzTiljTBPTL
短編の王子様 ◆.1o5L29pAc


どっちがキチガイなん?

134 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:30:41.59
上はよく草生やしてる

135 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:31:20.97
上はよく60点台前半取ってる

136 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:32:27.40
さーワイスレと電撃でこの犯人を特定だw

137 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:33:20.24
>>135
よく、って一度だけだろ

138 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:34:25.32
電撃を見るにキチガイは向こうでも名無しのチキンだな

139 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:34:49.61
なんか沸いてきた悪寒

140 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:35:37.69
>>137-138

141 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:36:03.49
>>137
2つ晒してどっちも60とってる
名無しで晒した落語で70とってた

142 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:36:38.58
> 名無しで晒した落語で70とってた

これ嘘だから

143 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:36:45.62
KYでも何でもいいから晒せや!

144 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:38:33.02
前にも言ったけど電撃スレ以外ならコテ外すよ

145 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:40:03.96
いつか外し忘れて串の二の舞になること期待

146 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:40:11.15
>>144
あ、コテの方ですか
ちょうどいいから何か晒してくださいよ
参考にしたいです

147 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:40:42.95
>>144
それって名無しで、ここにいて電撃にはコテって事だよな
キチガイと一緒に電撃に帰れ

148 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:43:12.62
実際、ラノベ書いている奴が固有名詞君を叩くなんておこがましいわ
ラノベなんて底辺のksなんだから

149 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:45:38.88
438 名前:†‡覇璢蟆†‡ ◆zzzTiljTBPTL [sage] 投稿日:2011/05/08(日) 15:42:46.00
俺の落語が嘘扱いでワロタ

>>437
俺は言ってないな

150 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:45:41.31
>>141
そんなの本人しか覚えてないと思うぞw

151 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:46:44.93
>>148
天使の厨房乙

152 :148:2011/05/08(日) 15:52:05.36
>>151
ちがう! 信じてくれ! 俺じゃない!

153 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:55:38.43
もう忍法帳さらしてID代わりにしようぜ
無論電撃もね
そうしたら解決するんじゃね

んでどうやって忍法帳さらすんだっけ

154 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:56:19.68
>>152
君、もう帰っていいから

155 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 15:58:42.29

 ハーブ・エリスを聴くと不思議な三角形のことを思いだす。20歳の頃のことだ。その頃、図書館
司書か書店の売り子の恋人がほしいと思っていた。幸運にも私のその夢は実現した。しかも、同時
に。これはたぶん、長年にわたって根気よく勤勉に『ギリシャ・ローマ神話』と『プルターク英雄
伝』を繰り返し読みつづけた御褒美だ。

 図書館司書あるいは書店の売り子を恋人に持つことのメリットは、既刊新刊を問わず、読みたい
本をほぼ完璧に手にすることができる点にある。実際、世紀の奇書といわれるサルバトーレ・ルカ
ーニアの『マフィオーソ祈祷書』さえ読むことができた。16世紀末、イタリア・シシリー島の羊飼
いによって書かれた『マフィオーソ祈祷書』の最後にはこう記されていた。

「音もなく降りしきる春の雨に濡れながら、私は静かに筆を置く。もう二度と筆をとることはない。
もうどこにも行かなくていい。ずっとこのまま、ここにいるだけでいい。雨もいつかは上がるだろ
う。雨上がりの世界が春のやわらかな陽の光を浴びて息づき、匂い満ち、芽吹くといい。羊飼いは
ただひとり、世界の彼方の森へ向けて出発する。」

156 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 15:59:29.97
本家固有名詞君キタ―!

157 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:00:16.44
>>153
それ電撃スレでもキチコテが自演に使ってた
ブラウザ複数用意すれば簡単なんだって

158 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:01:59.39
>>155
固有名詞君の書き方をまねするのに必死で文章の引用が多すぎる
途中で飽きたんだろう、文が短すぎるぞw
第一こんな荒れた状況で本人が文章を晒せる訳がない

つーことで

残念

159 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:03:24.88
>>155
もっと図書館司書の彼女の可愛さについて書けよクソ野郎

160 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:03:40.77
>>158
そんなに言うほど文体らしいものもなかったんじゃない?

161 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:05:13.78
向こうが伸び始めた途端こちらが静まったw

162 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:06:06.27
つまり固有名詞君の書き方は誰意でも出来るって証明したかったのかな

163 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:07:07.52
実際そういうことでしょ

164 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:08:44.01
電撃でコテにアスペって噛み付いている奴が犯人だな
ここでもアスペって単語で煽っていたなw

165 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 16:09:46.32

 読みたい本を手にすることができるほかにも、図書館司書と書店の売り子はおおいに私をたのしま
せくれた。休館日の図書館で催されている秘密の宴のことや本を万引きする人間の見分け方、あるい
は深夜の図書館を跳梁跋扈するコトヨミとモノヨミらの怪物たちの話、書店の棚の上のほうに陳列さ
れている本はそのほとんどがフェイクであること、さらには年に一度おこなわれる世界図書館司書シ
ンポジウムのメイン・スポンサーがスタンダード石油とゼネラル・モーターズであることなど、おも
わず身を乗り出さずにはいられない話を私は彼女たちからたくさん聴いた。

 図書館司書は有栖川公園の一角にある東京都立中央図書館、書店の売り子は六本木通りに面した青
山ブックセンターでそれぞれ働いていた。図書館司書と書店の売り子はいずれも私より8歳年上で、
二人は誕生日と苗字まで同じだった。図書館司書は田丸ミサト、書店の売り子が田丸チサト。そう、
二人は双子の姉妹だったのだ。二人の田丸は麻丘めぐみに似た美人で、特にふくらはぎから足首にか
けてのラインがとても魅力的だった。ミサトは右目の斜め下、チサトは左目の斜め下に小さなほくろ
があった。

166 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:10:52.19
>>165
おいおいラノベになってるぞwひどすぎる

167 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 16:12:25.24
すまん。

168 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:15:20.44
急に変わったw

169 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 16:18:17.29

 私の部屋のベッドで初めて双子の姉妹のからだにふれたときのことはいまでもおぼえている。双
子はあらかじめそうすることが決められていたみたいに永遠に交わることのない2本の直線として
ベッドに横たわっていた。私は双子のとても形のよい小さな乳房にそっとふれた。二人の乳房は氷
のように冷たかった。乳房だけではなく、全身が凍りついているように思えた。

「きみたちは、なんというか氷の国の妖精みたいだ。」

 双子の姉妹との奇妙で親密なメイク・ラヴのあとに私が言うと、ミサトとチサトはきれいな首筋
を同時にそらせてとても気持ちよさそうに笑った。

「わたしたちが妖精ならあなたはさしずめ魔法使いね。あなたの指は最高の幸福と不幸をもたらし
てくれたもの。」と田丸ミサトが目を潤ませ、私の指先をやさしく撫でながら言った。
「異議なし。」と田丸チサトがすかさず言った。「実際、あなたの指で生まれて初めてわたしたち
は本物の絶頂を味わえたのよ。長い28年間だったわ。でも、やっと氷はとけた。問題は残りの1/3。」

170 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:21:08.15
> 図書館司書あるいは書店の売り子を恋人に持つことのメリットは、既刊新刊を問わず、読みたい
> 本をほぼ完璧に手にすることができる点にある。

実際はこんなこと全くないと、書店でバイトしてた彼女と司書の妹を持つ俺が言ってみる

171 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 16:22:24.99
それはまったくあなたが正しい。

172 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:24:04.19
双子の恋人がうんぬんかんぬんて
春樹あたりにそんな話あったような。

173 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 16:30:35.57

 私と双子の姉妹がいっしょに暮らすようになったのは出会ってから1週間後だ。田丸ミサトと田丸チ
サトは仕事を終えて帰ってくると、毎日毎日8時間ぶっとおしで牛の精巣とマウスの卵巣のスケッチを
した。腱鞘炎にでもなっちゃうんじゃないかって心配だったが、双子の姉妹は私が考えている以上にタ
フだった。彼女たちの名誉のために言うが、ふたりはただタフなだけではなかった。タフな上にとても
じょうずに嘘をついた。当時の私にとっては彼女たちのつく嘘が数少ない救いだったような気さえする。

 ある秋の終わりの夕暮れ。私と双子の姉妹は神宮外苑の青山通りから12本目の銀杏の樹の近くのレス
トランのテラス席で早めの夕食をとっていた。テラス席にはずっと不思議なにおいのする風が吹いてい
た。私が甘鯛の香草包み焼きを取り分けているときだ。

「あなたに秘密にしていたことがあるの。」とミサトが言った。
「本当は、わたしたち双子じゃないのよ。」とチサトが言った。
「わたしたち、三つ子なの。」と二人が同時に言った。言ったと同時に三人目の麻丘めぐみ似の田丸が
現れ、空いていた椅子にとても優雅にからだを滑りこませた。「こんにちは。はじめまして。田丸コサ
トです。よろしく。」

 田丸コサトは平凡社の世界大百科事典の編集者だった。額の真中に小さなほくろがあった。私がほく
ろにみとれていると田丸コサトがうれしそうに言った。「わたしたちのほくろを結ぶと正三角形になる
のよ。おもしろいでしょう?」

174 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:32:28.39
もうだめだ。もうおしまいだ。しぬしかない。

175 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 16:42:54.84

「もちろんおもしろい。おもしろいし、すごく不思議でエロティックだ。」
「この正三角形のほくろはなにかのしるしだというのがわたしたちの考え。」
「なにかのしるし。なんのしるしなんだろうな。」
「それをつきとめるのがあなたの役目じゃないの!」とミサトが憤慨したように言った。
「ぼくの役目。なにから手をつけたらいいかさっぱりわからないよ。」
「とりあえず、4人でセックスすることから始めるのがいいと思う。」とチサトが小さな声で言った。

「レヴィ=ストロースが『悲しき熱帯』の最後のほうで言っていたとうりよ。わたしたち三つ子は人
類全体の矛盾を孕みつつ、それでも存在しているの。」とコサトが言った。コサトは全裸だった。カ
ーテン越しに街をみるコサトの背中はおそらく1990年代末の東京においてもっとも美しく、もっとも
孤独だったのではないかと思う。「矛盾だらけだけど、ともあれ、わたしたちは存在する。」

176 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 16:49:04.78

 三つ子にはこの世界で起こるすべての物事について、「可感的なもの」と「可知的なもの」と
の境目をなくし、その合間に新たな均衡を持ち込もうとする風変わりな癖があった。それは癖と
いうよりも「世界」にしがみついているための防衛ラインとも思えた。三つ子はその防衛ライン
をこれまでに生きてきたリアルな生活の断片のひとつひとつを懸命に繋ぎ合わせ、補修し、手入
れしながら築きあげたのだ。

「感じることと知ること。わたしたちはそれ以外にはまったく興味がない。」とミサトがつぶや
いた。ミサトは車窓を流れ去る風景を追うような目で私をみつめた。

「わたしたちの28年間の人生はブリコラージュなの。オリジナルなんかなにひとつ残っていない。
みんなバラバラに砕け散っちゃった。でもね、それをひとつひとつ根気よく拾い集めて、口づけ
をし、頬ずりをして、修復してきたのよ。それがどれくらいつらく苦しいことか、あなたにわか
る?」

 チサトが言うと、三人は同時に私の顔を覗き込んだ。それが三つ子の姉妹に関する最後の記憶
だ。私はいまでもはかない残照を慈しむ気分で三つ子のことを思いだす。そして、三つ子がプレ
ゼントしてくれたハーブ・エリスとオスカー・ピータソン・トリオのLPレコードを聴き、『アレ
クサンドリア図書館年代記』を読む。世界は人間なしに始まり、人間なしに終わるものなのだと
自分自身に言いきかせながら。

177 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 16:50:51.61
昭和臭ぇww
で、まだ続くの?

178 :ハーブ・エリスの不思議な三角形:2011/05/08(日) 16:55:06.45
羊飼いはただひとり、世界の彼方の森へ向けて出発するのです。
ミニチュア・セントバーナードのポルコロッソの散歩の時間です。

*「平成初期臭ぇ」くらいかましていいただきたいもんですな。

179 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:05:42.71
>興味がない。」

これは誤字

>興味がない」

が正解

180 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:06:11.99
ばかじゃねえの?ガチ昭和だよこんなもんw

181 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:07:03.35
>>179
くだらない揚げ足取りはやめろ

182 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:07:32.49
> *「平成初期臭ぇ」くらいかましていいただきたいもんですな。

裸の大将かよ

183 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:08:19.54
加齢臭だろ

184 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:08:31.39
明日にでも平成が終わるみたいな言い方だな >平成初期

185 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:10:10.86
*←肛門臭ぇ

186 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:16:33.08
古臭いうえに何番煎じだか分からんぐらいの出涸らしとか寂しい中年ワナビだなおいw

187 :†‡覇璢蟆†‡ ◆zzzTiljTBPTL :2011/05/08(日) 17:46:26.31
「隙間女」1/3

おう、もしもし。悪いな、仕事中か? ああそうか。いや、何ていうか、うん。
今さ、俺の家に来れるか? いや、出来ればすぐ、いや夜じゃ駄目なんだよ。
無理か? 違う違うお前に用事があるわけじゃないんだ。とにかく家に、あ。
あ、ああ悪い悪い気のせいだった。気のせいだ。
いや、待ってくれ待ってくれ頼むから切るな。分かってる分かってるけど待ってくれ。聞きたいこともあるんだ。
ああ、悪かった。それで、聞きたいんだか、お前さ、前に「隙間女」って話してたよな? ああソレだ、都市伝説の。
アレって、「隙間女」と目が合った奴がどうなったか知ってるか? いや違う、知らないから聞いてるんだ。知ってるなら教えてくれ。
知らないのか。本当か? 何でも、いいから知ってること、教え、ろよ。
違うんだ俺がおかしくなったわけじゃない。いるんだよ何か。こっち見てるんだよ。そうなんだ、だから聞いてるんだ。
バカ言うな、玄関開けたら隙間ができるだろ。そこにいたらどうするんだ。
待て待て悪かった悪かった。とにかくそうことだから来てくれないか? だから気のせいじゃないんだって。
ああ、ちくしょう気味が悪い。

188 :†‡覇璢蟆†‡ ◆zzzTiljTBPTL :2011/05/08(日) 17:47:10.33
2/3

だから夜まで待てないって。頼むから。ああそうだよ、怖いから言ってんだよ。だから早く来てくれ。
駄目だ駄目だ玄関が一番駄目だ。開けたくないんだって。お前体験してみろよ、絶対無理だから。
いや、いるんだって。隙間からこっち見てんだよ。そうだよ棚と壁の隙間から、冷蔵庫の下もだ。絶対いるんだ。気のせいじゃない。
だから来てくれって頼んでるだろ。
ああちくしょうこっち見んな!
いや違う、見えたわけじゃない。ただ、いやそんな話はいいから来てくれ。ドア開けるだけで良いんだ。なぁ、頼む。
同じじゃない。俺が開けたら「隙間女」が。
でも玄関に行く間にいたらどうするんだ。いや、分かるけど。分かった分かった切るな切るな。
くそ、余計に視線を感じる。待て話かけるな、場所が分からなくなる。切るなよ。
ああ、ここが台所だから、右に行けば玄関のはずだ。何か踏んだぞ。知らねぇよ、そんなんで目開けて見たらどうすんだ。ああコレ靴だ。ってことはもう玄関か。
ああちくしょう視線が。


189 :†‡覇璢蟆†‡ ◆zzzTiljTBPTL :2011/05/08(日) 17:47:44.61
3/3

くそ、ドアノブどこだ。だから目開けたら隙間が目に入るだろ。他人事だと思いやがって。ああ、あったあった。
じゃあ開けるぞ? 開けるぞ。開くぞ。ああくそ分かってる分かってる開けるから黙れ。
あ? くそ、何か引っ掛かってやがる。なんだ。ああ、いや、チェーンだった。忘れてた。ああちくしょう、やり辛い。よし、よし外れた。
よし開いた。開いたぞ全開だ。助かった。これで家を出れる。
いや、なんだよ。まだ視線を感じる。どこからだ。
ああ開けてるよ。間違なくドアは開いてる。くそ、外に出たのにまだ視線を感じる。
いや、そうだろうけど、嫌な予感がするんだ。目を開けたらそこにいる気がする。いや無いよ。隙間は無いはずだ。
分かった分かった開けるから待て。ゆっくり開けるから待て。
出るなよ出るなよ。頼む何も。
いや、まだ暗くて何も見え、なんで暗いんだ?
ああちくしょう、瞼の隙間に







190 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 17:58:28.33
試みは面白い
最後まで読むのが苦にならない口語体

ただ一点、ドアを開ける前の「同じなんだよ」ってところがわかりづらい

落語よりはオチの切れがちょっと悪いが
60点台〜70点台と見る

リアルな台詞を書く能力があることはわかったが、これくらいなら書ける人間はごまんといる

191 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:03:37.75
トップクラス!
78点!!

192 :†‡覇璢蟆†‡ ◆zzzTiljTBPTL :2011/05/08(日) 18:05:52.96
>同じじゃない。俺が開けたら「隙間女」が。

の部分か。ここは電話の相手が「誰が開けても一緒じゃないっすかwww」と言ったのを仮定した。
確かに分かりにくいな。

あまり設定とか説明せず、台詞と描写だけで理解できる作品を目指してる。まぁこれは台詞だけだが

193 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:06:32.96
やれやれまた自演か

194 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/08(日) 18:07:25.60
>>130
|ω・´)え、どれが!

195 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:07:58.87
それが基本なんだが
いちいち説明されたらウザいのは当たり前
しかも理解しづらいし

196 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:09:06.06
>>192
うんそこそこ
引用ミスってたw

197 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:10:28.41
当たり前のことをどや顔でいっちゃう人って

198 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:12:06.11
ちょwww
ワイさん評価してってくださいよwww

199 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:12:28.90
意味わかんね。ゴミ。

200 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:14:22.61
>>197
そういう奴だからコテ名乗りたがるんだろjk

201 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:15:22.79
>>199
キミ電話したことないんだ……
可哀想……

202 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:15:58.92
なに
ここは自演で場を暖めておくのが礼儀なの?

寒いインターネッツだな

203 :†‡覇璢蟆†‡ ◆zzzTiljTBPTL :2011/05/08(日) 18:16:51.75
荒れてるなぁ。

俺が言ってるのはその当たり前以上に説明を減らすってことだよ。だから俺は短編をあまり書かないんだ。説明無しの短編は難しいから。

ワイスレで議論する気ないから消える!

204 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:24:22.84
選民意識丸出し
厨房かよ

205 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:26:24.22
俺が議論しよう
まず自分が無いスタイルってのは面白いけど目新しさで考えると一作で限界だろうね
後、特徴的なのは崩れていると言っても良いレベルの口語体だけどこれは長文になればなるほど冗長にならないか?
今のままでは掲示板のようなスタイルにショートショートで書く分には」読みやすくていいけど
小説としたらあかんだろうなあ
なにせ掲示板みたいな物は皆適当に読み流すものだからさらりと流せる文体ってのは好まれるけど小説は違うからなあ
読者もそれなりに読む気概があるから今の形では空回りする読者もいそう
先駆者の町田康みたいにキャラが立てばそれも全て解決するかもしれないがな

206 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:27:26.47
すまん自分ではなく地文だった


207 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:32:55.42
こういう書き方で最後まで息切れすることなく書ききってある長編があった気がする
タイトル忘れたけど
物凄いエネルギーが無いと無理だろうな

208 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:36:37.32
いやね試みは面白いね、作者ののこだわりも嫌味がない分まだまし
固有名詞君のスタイルよりは個人的に好きだね


209 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 18:36:37.82
        ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  評価しろよぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs !
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |

210 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/08(日) 18:51:32.91
>>5-8
>料理人は部屋を飛び出て〜
(飛び出しての方が意味を取り易い!)

料理を食べる程度の持ち合わせがない娘! まともな服もない!
彼は黒いスカートに白いシャツを希望してすんなりと受け入れられる!
娘の衣装を事前に知っていたような口ぶりが引っ掛かった!
今の服装を指定すれば違和感はなかった!

>私に一皿だけ料理を作らせていただけませんか?
(今までに料理を一皿も作っていないような発言に見える!)
>厨房で毎日毎日馬車馬のように魚のウロコを取り除き、さばき、切り分け、調理する。
(冒頭の方では調理をしていた! 下拵えの間違いに見える!)

>ミモザのような笑顔
(引っ張りたい気持ちはわかるが想像が難しい!)

>死後、願わくば天使の厨房の末席に加えていただけますように。/O・エスコフィエ
(文章に目を通したあと、この引用文は不要に思えた! タイトルだけに使用された感がある!)

自然な流れではあったが最後は駆け足に思えた69点!(`・ω・´)

211 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 19:05:14.18
 何か書いてみようと思ったのだが、えらい繁盛している
ようなので私はひきかえすことにしました。せっかく書い
たのでみたい者はおらぬかと思うのですが、どうでしょう?
 ただそれをお見せすると、執筆行為などあきらめてしまい、
完全に自信を失う者さえ出る可能性があり、だとすると嫉妬
や妬みというものは憎悪に変わって、やがて怪物となるだろう。

 実力不足といった現実と向き合うことを恐れているのか、恐
れつつも立ち向かうのか、あるいはそれを楽しむのか人はさま
ざまであろうが、ひっきょう、恐れつつも立ち向かい成長する人
間が好きです。

 こんな手紙を見つけた男は――荒らしとなったのだろうか――

――フリードリッヒ・ニーチェより

212 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 19:05:51.42
雑談で200埋めるとかwww

213 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 19:06:50.86
>>211
だせえ。これが中二病か。

214 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 19:09:45.57
厨2病も小説を書く動機となりえる

おっと嵐にかまってそまったようだ

215 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 19:11:18.17
中二のほうが実力あるという現実と向き合うんだ!

216 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/05/08(日) 19:14:10.54
厨房なんかタヒねばいいよ この先、何十年も放射能まみれの人生ざまあ

217 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 19:15:13.67
>>216
おじいちゃん、落ち着いて

218 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/05/08(日) 19:19:40.49
うん落ち着く

219 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/08(日) 19:22:13.60
>>155
短い上に創作の部分も少ない!
時代背景がわからないので事実関係の間違いの指摘が難しい!
文章に疵らしいものがなかったのだけがよかった!

>>165
ワイは身を乗り出さずに淡々と読んだ!
一文が冗長と思える箇所もあったが読み難くはなかった!
読み易いことは悪くない!
ただ一点、麻丘めぐみを例えに使うのは古い!

>>169
双子の位置関係はいいとしても私がどこにいるのかわからない!
川の字の状態なのか! 異議は大いにある!
>問題は残りの1/3(意味深長に見えるだけで意味のない一文!)

>>173>>175-176
双子の行為の意味がわからない!
>タフな上にとてもじょうずに嘘をついた。
(露見した時点で上手とは言えないように思う!)
ほくろは面白いだけで出されて何も話に関わっていない!

>の最後のほうで言っていたとうりよ。
(打ちミス!)

>コサトは全裸だった。
(場面転換がわからなかった! レストランのテラス席で服を脱いだのかと思った!)

彼女等の28年間がよくわからない! 修復の過程の苦しみがわかるはずもない!
主人公との関係もよくわからない! 主張は分散してどのようにも取れる内容に意味があるのか!

作者が方向性に迷っているような内容だった58点!(`・ω・´)

220 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 19:26:05.22
プギャーさんよぉ、忍法帳をID代わりに使おうぜ

221 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 19:35:16.76
麻丘めぐみって誰?

――フリードリッヒ・ニーチェより

222 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/08(日) 19:35:35.19
>>187-189
>それで、聞きたいんだか
(打ちミス!)

>隙間からこっち見てんだよ。
(隙間女がこちらを見ていることを知っているので目は合っているはず!
 現状で何も起きていないので電話を使って尋ねる必要もない!
 話の辻褄が合っていないように見える!)
>いや違う、見えたわけじゃない。
(後に続く一文もおかしい!
 隙間から誰かが覗いているような気がする、程度にとどめていれば気にならなかった!
 隙間から女性が覗いていることまで知りながら、見えていないは通らない!
 主人公が錯乱して言動がおかしくなっているようにも見えない!)

瞼の隙間は人によっては先読みされるかもしれない!
もう少し短くまとめた方が落ちの切れが増したのではないか!

今回は即興で書かれたような文章がよくなかった62点!(`・ω・´)

223 :ウォレス・ザ・ウィルレスと悪魔殺しのウィーニ:2011/05/08(日) 20:56:15.77
 悪魔を直視するということは、死ぬよりも惨(むご)いことである。女盗賊のウィーニ
はそのことを知らなかった。魔法使いのウォレス・ザ・ウィルレスが今も生きており、丘
の上の古城に住んでいるという噂さえ、老人の語るおとぎ話だと信じていた。
 だから、ウィーニがその罰を受けたのは、当然だったとも言える。
 ウィーニは死んだ。ウォレスの悪魔召喚の儀式を覗き見たために。悪魔と目と目が合っ
た時、ウィーニの魂は砕かれた。儀式は失敗した。悪魔は逃げ出した。どうしようもなか
った。いかにウォレスといえども、本当にどうしようもなかったのだ。
「この小娘に、どんな罰を与えてやろうかのう」ウォレスは老人のような口調で言った。
 燭台に照らされた顔は子供のそれである。紫のローブを引きずり、不自然に大きな手を
振るって、ウォレスは禁忌と絶望が結婚したような呪文を紡いだ。
「悪魔は逃げた。この罪は、ただ死んだところで償えるものではないぞ、小娘よ。死ぬよ
り辛いことが、世の中には随分と沢山あるのだからな」
 砕かれた魂が、一片一片の魂が、震え、悶え、一握の砂のように渦巻いていく。それは
およそ半分しかなかったが、確かにウィーニの魂だった。それは小さく集まり、固まると
、ウィーニの肉体に再び宿った。それで死という確かな救済は、ウォレスによって御破算
にされた。
「小娘よ。お前の名前は何だ?」「ウィーニ」ひどい頭痛を我慢して、ウィーニは答えた。
「ウィニ(勝者)か。愚かな名前だ。お前はもはや何物にも勝てないというのに」
「なぜ、私を死んだままにしてくれなかったの」
 ウィーニは訊いた。自分が確かに死んだという確信があった。それで物語は終わるはず
だった。好奇心が猫を殺す。ありふれた話だ。
「なぜ? なぜ、じゃと。野に放たれた悪魔を放置して、お前は自分だけが惰眠を貪れる
とでも思ったのか? 厄介事は全部儂と他の人間に任せて、子猫のように死ねると思うた
のか? 呆れた小娘じゃ。よいかウィーニ、金髪の小娘よ。言っておく。お前は死ねぬ。
役目を果たすその時までは。永遠に」

224 :ウォレス・ザ・ウィルレスと悪魔殺しのウィーニ:2011/05/08(日) 20:57:10.12
「役目?」ウィーニは再び訊いた。
「悪魔を捕まえることじゃ!」ウォレスは小さく嗜めるように答えた。そして台座に据え
られた一対のシミターを指差した。
「お前はあの悪魔殺しの武具を使い、悪魔を弱らせ、封じねばならん。儂の手助けを期待
してくれるなよ。これは貴様が撒いた種なのじゃ。お前はそれを自分の手で刈り取らねば
ならん。ウィーニよ。罪深いリビングデッドよ。それまで死という甘美な旅は、お前に与
えられぬものと知れ!」
 ウィーニはシミターと封印の宝玉を渡され、古城から追い出された。だからこの話は、
ウィーニが悪魔を探し出して打ち倒すという、ただそれだけの物語である。

 ウィーニがまずしなければならないのは、友人との別れ、そして、旅の支度であった。
ウィーニはいつも通りに友人と飯を食い、酒を飲んだが、砂を噛み、泥水を飲むような具
合であった。友人が冗談を言って笑ったところで、顔を引き攣らせるのがやっとであった
。何と言っても、ウィーニは既に一度死んでいるのだ。これまでの全ての生活は色褪せ、
世界は灰色一色に見えた。
 ウィーニは少ない蓄えを吐き出して、四歳の馬を買った。どうせ何を食べても砂の味し
かしないので、食料は味のしないパンで十分だった。足りない路銀は盗むしかあるまい。
ウィーニは所詮、その日暮らしの盗賊なのである。
 悪魔殺しのシミターに触れると、自然と行くべき道が感じられた。ウィーニはその方角
に馬を走らせた。そこで、ウィーニは様々な地獄を見た。
 ある村では、井戸に毒が入れられていた。その村の人々は乾きで死んだ。
 ある村では、燃え落ちた穀倉庫があった。その村の人々は飢えで死んだ。
 ある村では、謎の疫病が流行っていた。その村の人々は高熱で死んだ。
 ある村では、動かなくなった子供たちがいた。その村の人々は絶望して死んだ。
 それらは、悪魔が、戯れにやったことだった。ただ通過するだけで、悪魔は村々を滅ぼ
さずにはいられなかったのだ。まるで子供が遊ぶように、悪魔は絶望を振り撒いていった。
そして、つまりそれは、元を糺せば、全てウィーニのせいであった。

225 :ウォレス・ザ・ウィルレスと悪魔殺しのウィーニ:2011/05/08(日) 20:58:32.95
 焚き火の傍で、ウィーニは涙した。己の高慢さと好奇心とが、悪魔を野に放ったのだ。
全ての人々の死は重しとなってウィーニに乗り掛かってきた。それでも、ウィーニは逃げ
ることはできなかった。どれだけ泣いても、ウィーニは償えないのだ。
「私にできるのは、悪魔の火を消し止めることだけ。先回りして、悪魔を見つけ、ぶっ殺
すことだけ」
 ウィーニは眠りの中に救いを見出した。そこには儚い過去の温もりがあった。辛い幼少
時代も、今にして思えば幸福だった。自分はもう死んだのだという思いが溢れてきた。ウ
ィーニは死んでただの機械になり下がったのだ。悪魔を殺す機械に。

 やがて季節は秋になり、遂にウィー二は悪魔を見つけた。
 紳士服を着た蟾蜍(ひきがえる)のような、およそ似合わぬ恰好で、それは街を歩いて
いた。尾行し、酒場に入る。目が合った瞬間、あの悪魔だと分かった。この視線は一度体
験している。間違えようがなかった。
「これはこれは、お嬢さん」悪魔は言った。
「遠路遥々御苦労様といったところでしょうか。しかし私を殺しても、得なことなどあり
ませんよ。むしろ協力して、あのウォレスめを退治してはどうですか。私もあの男には何
度も煮え湯を飲まされていましてね。どうです?」
 ウィーニはシミターを抜き放ち、両手に構えた。店の中で悲鳴が上がり、客は逃げ出し
た。
「おやおやこれは剣呑なことで。ところで金銀財宝には興味はありませんか? 至上の悦
楽は? 永遠の名声は? 無限の名誉は? 私と協力すれば、あなたは世界を手にできる
かもしれないのに、どうして私を殺そうとなさるのですか?」
 ウィーニは誘惑の言葉を無視して叫ぶ。
「私が欲しいのは死だ! お前を殺して、私も死ぬ。それで物語はめでたしめでたしで終
わる。簡単な取引だろう」
「それでは話が簡単すぎますねえ。そう簡単に行くとお思いですか?」
 酒場の壁から巨大な顎(あぎと)が現れ、咄嗟に避けたウィーニの右腕を喰らった。顎
は、悪魔殺しのシミターを吐き出す。

226 :ウォレス・ザ・ウィルレスと悪魔殺しのウィーニ:2011/05/08(日) 20:59:20.06
「私はただの悪魔。明白な弱点のある吸血鬼や人狼とは違う! ただ一匹の悪魔なのです
よ! たかが小娘一人に! この私が! 黙って倒されるとお思いでしたか!」
 悪魔はウィーニの腕から流れる血に笑った。床に転がるシミターに笑った。
 悪魔殺し。なんと滑稽な言葉だろう。そんなことは有史以来起こったことなど無いとい
うのに。殺せないから悪魔と呼ばれるのに。人間とは、かくも愚かな生物(いきもの)な
のか。
「たかが腕の一本とったくらいで、いい気になるな!」
 ウィーニは左手でシミターを拾って叫んだ。
「ちょうどいいハンデだ。片手で二本突き刺してやる。さあかかってこい悪魔野郎。その
首落として仕舞いにしてやる!」
「笑止!」
 突き出したその手からは無数の蛇が現れ、飛び出し、ウィーニに迫る。ウィーニはそれ
には構わず、一本のシミターを投げつける。それはナイフ投げの要領で、悪魔の右目に突
き刺さった。
「痛えええええええええええええええええええええええええ!」
 悪魔が絶叫する。紳士服は破裂し、刺だらけの黒い巨躯が、悪魔の本体が現れる。
「なにしくさりやがるこのアマが!痛えじゃねえかよクソ野郎!ぶち殺してやるよ覚悟し
ろ!」
「ぶち殺すなんて言葉は、三下が使うもんだよ」
 もう一本のシミターを、ウィーニは滑るように悪魔の足元に突き立てる。そのまま一気
に。上方へと切り裂いた。次に、ウィーニはシミターから手を離して飛び上がり、悪魔の
目に刺さったもう一振りのシミターに全体重をかけた。黒い血がどろりと零れる。

227 :ウォレス・ザ・ウィルレスと悪魔殺しのウィーニ:2011/05/08(日) 20:59:56.16
「嗚呼ああああああああああああああああああああ!」
 悪魔は咆えた。腹をえぐる重低音から、頭を切り裂く高周波へ。全てのグラスが砕け散
り、酒場はガラスの虹色の輝きに包まれた。
 ウィーニは言った。
「さあ、立てよ悪魔野郎。その首が落ちるまで切り裂いてやる。お前が死ぬまで殺し続け
てやる。私はただの人間だが、いやもはや人間ですらないが、自分の不始末のケツくらい
は拭いてやるって決めたんだ」
「馬鹿な……」悪魔はウィーニを見上げた。悪魔よりも冷酷な瞳がそこにはあった。
「ここで死ぬまで切り刻まれるか、おとなしく封じられるか、二つに一つだ」
「……分かりました、分かりましたよお嬢さん。ここは一つ、おとなしく封じられようじ
ゃあありませんか」
 悪魔は霧化し、黒い霧はするすると封印の宝玉に収まった。ウィーニは悪魔に勝ったの
である。

 ウィーニは片腕で馬を走らせた。右腕を縛った包帯から血が滲んでいたが、かまわず古
城へと馬を走らせた。三日三晩馬を走らせて、ウィーニはウォレスに死を希(こいねが)
った。
「死は眠りではない。死は安息ではない。死は救済ではない。死は輪廻ではない。それで
もなお、お前は死を願うか。小娘よ」
「それでもなお、死を、私に」ウィーニは願った。
 ウォレスはその不釣り合いに大きな手を棺の中のウィーニに翳した。そしてウィーニは
ばたりと倒れ、もう二度と、動き出すことは無かったのである。


228 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 21:07:55.01
これ、なろうの作品じゃない?

229 :ウォレス・ザ・ウィルレスと悪魔殺しのウィーニ:2011/05/08(日) 21:11:33.35
感想がつかないので自貼りした。今は反芻している。

230 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 21:15:15.76
トリップかなにかで作者だと証明できなければ
晒しと一緒で悪質行為

231 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 21:16:17.10
この人ってこと?
http://mypage.syosetu.com/147320/

232 : ◆zrcSQOPR7c :2011/05/08(日) 21:16:19.24
じゃあトリップ付ける。

233 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 21:18:40.05
オカ板住人か

234 : ◆zrcSQOPR7c :2011/05/08(日) 21:18:43.63
小説情報に「◆zrcSQOPR7cで2chに晒し中」と明記しました。

235 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 21:23:58.77
http://ncode.syosetu.com/n1266t/
変な作風。こんな感じでいいのか本気で悩み中です。
よろしくおねがいします。

236 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 21:24:48.44
まずはラノベにありがちな話題へ逃げることを止めよう、話はそれからだ
一般人からしたらそれは普遍的題材でも様式美でも何でもない

237 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 21:28:24.69
236はウォレス・ザ・ウィルレスと悪魔殺しのウィーニの人への意見です


238 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 22:33:57.75
最近ラノベちっくなのが多いな。
ワイはラノベに寛容なのかもな。最高得点の作も確かラノベだった。
個人的には、前スレで一色はじめが書いたようなしっとりした作品が読みたい。

239 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 22:36:47.57
自演乙

240 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 22:37:47.56
ワイ自身コバルトとかに投稿してるらしいからな
そりゃラノベ的なのにも甘いわ

241 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 22:48:14.64
ラノベも嫌いじゃないんだが、200枚300枚読まないと良さが分からんからな。

242 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 22:54:18.74
長編ってだけで読む気起きネエ

243 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 22:58:22.77
完結してなくてもいいんで、短くてもぴりっとしたもんを読ませてくれお前ら。

244 : ◆zrcSQOPR7c :2011/05/08(日) 23:15:46.66
>>236-237
感想ありがとうございます。

245 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 23:20:57.37
自演乙

246 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 01:39:32.14
それが自演かよw
もう見境ないw

247 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 06:35:35.14
定期自主公演おつかれさまでした。

248 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/09(月) 06:57:38.62
>>223-227
悪魔は悪魔殺しのシミターを奪っておいて吐き出した!
悪魔を弱らせる武器を放置した時点でおかしいと感じる!
>片手で二本突き刺してやる
(ウィーニは堂々と武器の脅威を語っていた!)

>これまでの全ての生活は色褪せ、世界は灰色一色に見えた。
(生活が色褪せた原因は世界が灰色一色に見えるせいに思える!)
>全ての人々の死は重しとなってウィーニに乗り掛かってきた。
(このくだりは感情が豊かで人間と比べても遜色がない! 灰色一色の意味が曖昧になった!)

文章は神視点に見える! 時にウィーニの心情を語り、有史以来のことにまで及ぶ!
人称にブレは生じない一方で切迫感や緊張感は薄れる!
物語は淡々とした過程を経て悪魔と対峙して穏便に解決に至った!

文章としては悪くないが読み物としては浅い68点!(`・ω・´)

249 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/09(月) 06:58:44.87
>>235
>挙動不審──。立ち振る舞い、動作、様子がおかしいこと。
(挙動不審を辞書で引いて書き出した引用文に見える!)

>きったねぇ公衆トイレ
(三人称の地の文が口語体になっていた!)

>危ない独り言を呟く平山栄〜筆者に本当のことはわかりません。
(この部分はメタフィクションになっていた!
 筆者が登場人物のことをわからないと言い切るくだりが理解できない!
 創作の中では筆者は神と同等! 知らないこと等、あるはずがない!
 これ以降、地の文は筆者の視点の口語体と考える!)

>〜彼唯一の女人格『a』(爆笑)
(平山の別人格の説明を書き込み文字のように見せていた!)

前半の設定が定まっていないせいで文章が不安定!
後半は筆が乗ってきてすんなりと読めた!
ワイは後半の書き方で統一することを勧める!
今の状態では前半で読者が投げ出すかもしれない!

前半のマイナスが大きく影響した60点!(`・ω・´)

250 : ◆zrcSQOPR7c :2011/05/09(月) 08:04:17.02
>>248
>読み物としては浅い
今回は初めて起承転結からプロットを起こし、書いてみました。
読み物としての浅さはプロットの浅さと解釈します。プロットに
再考の余地ありとして、次作に生かしたく思います。
ワイ様、丁寧な感想ありがとうございました。

251 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 08:26:22.55
>>249
ありがとうございます。
前半で読者が投げ出すかもしれない! 一番知りたかった部分をズバリ言って頂けました。
書いといてかなり不安でした。

自分の中で、おふざけは真面目さに支払う対価って感じでした…。
今読み返したら、(爆笑)はほんと取り外すべきな気がしてきた。一気に物語から離脱しちゃいますね。一生懸命になれてないのが逆に恥ずかしいです。

>作者にはわかりません
ここだけ、読者の為に作者行動できなそうです。
すごくつまんないけど、わからないこと、わからないままの神様で書きたいです。
何が起きるかわかんないけど、言い切れない作者でとりあえずこの作品はぶっちぎってみます。

きったねぇと(爆笑)は修正できそうだし、ほんと無い方が良さそうだけど、このぶんは修正しないで、前半は作者の過ち感で統一しておきます。ごめんなさい。次から頑張って巻き返してみます。

せっかくなのに強情ですいません。実験ってことで派手に転んでみます。完結したらまた採点お願いするかも…。それもごめんなさい。
毎回いつもいつもありがとうごさいます、ワイ兄さん。

252 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 08:58:48.71
 脱兎のように家の階段を二段とばしに駆け上がり、部屋に飛び込む。
 私は室内を見回し、クローゼットに開け入った。
 ぴったりとクローゼットの戸を閉じ、わずかな隙間から部屋の様子をうかがう。
 冷や汗が全身を伝い落ちる。
 この家の中には“鬼”がいる──
 思えば彼には昔から人間らしくない一面があった。
 人の取っておいたおやつのケーキを平気な顔で奪ったり、人が一生懸命築き上げたゲームのデータをあっさり消してみせたり。
 以前からその兆候はあった。
 弟はなるべくして鬼となったのだ。
 そして、弟を鬼にしたのは他のだれでもない、私だ──
 実は私も鬼だった。つい先ほどの瞬間までは。人々の平穏を脅かす悪しき存在だったのだ。
 私は自分の手を見下ろす。この手が──弟を鬼にした。自分が助かる為に。罪深き咎人の手だ。
 階段を上ってくる足音がする。私はつばを飲みこみ、息を潜めた。
「あのー」
 クローゼットの奥から声がした。私は振り返り、頭に角があり、赤い肌をした、つり目の男をにらみつける。
「シッ、黙ってて。見つかっちゃうでしょ」
「すんません……」
 裸にヒョウ柄パンツ一枚の男はシュンとして体育座りの膝にその顔を埋めた。

253 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 15:42:47.90
ぷぅぎゃあああは変態おじさん!(`・ω・´)

254 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 23:54:23.92
>>252
弟を鬼と捉える主人公の幼い価値観が微笑ましい。
だからこそ、最後はシュールな感じに持っていくのではなく、微笑ましさを継続させ、
心温まる物語にしてほしかったかな。
途中までは良かったよ。

255 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 01:48:47.99
才能を感じる
技巧もかなり盛り込まれているね

256 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 02:08:36.99
A「頭が痛い。割れそうだ」
B「だいじょうぶ?」
A「大丈夫だと……」
B「なに、睨まないでよ」
A「痛い、痛い痛い」
B「横になりなさいよ。ほら」
A「こんな汚い床に、だれが寝るか」

A「だめだ、痛い。掃除してくれ、はやく」
B「なにもないの。掃除するもの」
A「お前の服で磨けばいいだろう!はやくしろ!」
B「なんで私の服を汚さないといけないの?あなた馬鹿じゃない?だから……いたっ!」
A「ああ、キンキンするんだ、刺されてるみたいだ」
B「叩くことないでしょ……」
A「はやく、はやく、痛い、いたいぃ」
B「ちょっと、本当にだいじょうぶ。変よあんた」
A「変じゃない、まだ汚れてるぞ…はやく綺麗にしてくれ…」
B「変よ」
A「おい、どこへ行くんだ。おい。あの女、こんな時に…うう」

B「ほらA、見て、鏡」
A「……」
B「起きるんだよ!見ろ!自分を!」
A「ぐう…痛い。何なんだ、おまえは」
B「ほら、見える?あんたの頭」
A「なんだ、この赤いのは。なんだ?」
B「コブでもないし、大きすぎる…あっ」
A「なんだってんだ…うぅ」
B「いま…動いたよ、赤いの」
A「……」
B「その、皮膚…の下で、なにか…あっ」
 Aは床に倒れた。その拍子に頭の赤いコブらしきものが破れ、中からトカゲが這い出した。ずるずると、赤いを尾を床に引いて、トカゲは去っていった。Bはトカゲのあとを追って行き、床にはAだけが残り、そこから動くことはなかった。

257 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/10(火) 06:38:43.23
>>252
弟と私が鬼ごっこをしているように見える!
クローゼットの中にいた男は本物の赤鬼に見える!
因果関係はわからない! 先に隠れていた意味もわからない!
私と普通に会話しているので面識はあるのか!
赤鬼の出現で状況がわからない話になった!

鬼ごっこに集中した方がよい59点!(`・ω・´)

258 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/10(火) 06:42:59.23
>>256
>ずるずると、赤いを尾を床に引いて
(打ちミス!)

コブから出てきたトカゲが本体でAは抜け殻なのか!
AとBは会話をしているように見えるが人間ではないのか!
残念なことにBは服を着ていた! BはAの発する言葉を理解していた!

不条理な話は不条理な謎を置き去りにして終わった51点!(`・ω・´)

259 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 08:09:34.89
下手糞ばっかやんなあ

260 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 08:20:41.11
>>259
それじゃ、最高得点とれるものの投下をどうぞ。はい。

261 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 08:56:03.86
>>254
>>257
ありがとうございます
無理やりオチをつけたのが仇ですね
最近ワイスレはオチがないとダメな気がして

262 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/05/10(火) 09:18:38.01
だな

263 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 17:54:32.06
あの子が来なくてさびしゅうございます

264 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 23:38:25.68
よろしくお願いします。

隣に越してきたおっちゃんは、大阪弁の気さくな人だった。
「かまへん、かまへん」が口癖のおおらかな人だった。
僕はおっちゃんと話すのが楽しくて、よくおっちゃんの家に上がらせてもらう。
おっちゃんはお菓子とジュースでもてなしてくれて、色々な大阪弁を教えてくれる。
「まいど」とか「おおきに」とかは、学校の友達に挨拶するときに使ってみたりする。
おっちゃんは、僕のお母さんが「息子がいつもお世話になっています」なんて挨拶しにいくと、やっぱり「かまへん、かまへん」って返事する。
おっちゃんと会うのは、だいたいおっちゃんの家だけどたまに外でばったり出会うときもある。
この前は、家の近くの河原で会ったんだけど、僕はおっちゃんを見てびっくりした。
「おっちゃん、大変なことなってるやん」
「かまへん、かまへん」
おっちゃん、震えとった。
「ほんま、大丈夫なん?」
「かまへん、かまへん」
「おっちゃん、野良犬に足かまれとるやん」
「かまへん、かまへん」
めっちゃ噛まれとるがな。

265 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 23:54:56.32
日記帳

266 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/11(水) 00:03:35.65
>>264
隣に越してきたおっちゃんは大阪弁を話す!
主人公は標準語なので東京の人間に見える!
>おっちゃん、震えとった。
>めっちゃ噛まれとるがな。
(その設定が崩れて主人公は素で関西の方言を使っていた!)

設定を忘れないようにメモ等を使うのもよい52点!(`・ω・´)

267 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 00:07:52.35
ヘッタクソばっかやんなあ

268 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 00:53:08.21
>>266
さっそくの感想ありがとう。
一応設定的には、大阪弁を覚えつつあるってことだったんだけど、そういう設定ならば最初から大阪弁も混在させとかなければ駄目だったか。
日記調の作品であったことは確かである。

269 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/11(水) 07:33:52.40
>「おっちゃん、大変なことなってるやん」
>「おっちゃん、野良犬に足かまれとるやん」
(口語体は意識して大阪弁を話していると取れないこともない!
 心の中の声まで大阪弁なのは違和感がある! ほとんどが標準語なので統一感もない!)

>「かまへん、かまへん」
(犬に噛まれていながら『かまへん』を使う!
 この駄洒落から話を膨らませたように見える!)

主人公とおっちゃんが出会った日数は書かれていない!
大阪弁に慣れ親しむにはそれなりの時間が掛かると思われる!

ワイの考え!(`・ω・´)

270 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 07:48:37.98
ここを荒らしている人間は電撃スレでアスペと呼ばれ忌み嫌われているw


271 :メタ小説:2011/05/11(水) 15:22:41.72
 しとしとしと。雨が降っていた。それで僕は外出もできずに、暇を持て余していた。
 友人の勧めで買った三十パック入りのプロテインは今朝飲み切った。殺し切った。だが
置き換えダイエットをしても僕の体重は落ちず、七十キロあたりで停滞していた。
 暇である。ニートである自分に、外出まで封じられたら、もうやれることなどあるわけ
がない。ネット巡回という業務はとっくに終わってしまっている。
「何か書かねばならん」とエディタは言った。黒い画面に、白い文字が輝く。
「はあ……」僕は生返事をした。
 このエディタは、作者が毎日小説が書けると思っているらしい。そんなわきゃない。
 だいたい僕の作者としての能力は、明らかに枯渇し始めているようである。まさにアル
ジャーノン状態。例の黒歴史の旧ザクの異名、ボルジャーノンではない。アルジャーノン
状態である。これが明白な符牒として通じない人は読書家ではないので僕の作品を読む資
格が無い。去れ。失せろ。しっしっ。ぺっ。
「何かアイデアがあるだろう」とエディタは言った。
 分かると思うが、いや分からない人向けに説明するのだが、僕のエディタは擬人化され
ている。キーバインドを別のOSっぽくカスタマイズされたサクラエディタ。自称サクラた
んである。しかしあまり言うと、C.C.さくら信者に怒られるかもしれない。
 というか、作者をメタるにも程があるだろう、と僕は思う。

272 :メタ小説:2011/05/11(水) 15:23:00.23
 特に作品を書けないときの作者ほど、面白くないものはない。作者と編集者との間で丁
々発止のやり取りがあるバクマンとは訳が違うのだ。小説家などという生物は、特にデビ
ューもしていないワナビなどという生物は、観察したところで何も面白いことはない。せ
いぜい鼻毛が伸びているとか、服がダサイだとか、そのくらいしか話題がない。
 一般的に小説家は哲学者でもあるという誤解が罷り通っているが、あれは誤解だ。いま
同語反復っぽくなった。まあいいか。とにかく、小説家は哲学者ではない。ヘタをすると
、読書家ですらない。小説家とは勝手気ままに筆を踊らせる存在であって、書をひたすら
写経したりする生物ではないのだ。そういうのはブッディストに任せて置けばよい。
 そう言うとカントやフロイト、ラカンなんかを真剣に読んでいる哲学者気取りの小説家
が一斉にブーイングをしてくるのであるが、耳栓をしている僕には何の効果も無い。かく
の如く、小説家とは恥知らずでなければつとまらないのだ。
「早く何か書け」サクラたんがまた催促してくる。ここまでくると萌えキャラを通り越し
てうっとおしい。エクセルのイルカのような運命を辿らせたくなる。
 しょうがない。締めに何かいいことを書いて終わらせよう。それが無難な終わらせ方と
いうものである。そうだな、えーと、何も思いつかないな。適当に引用しよう。
「孤独な人間は、自信を失ってしまうものだ。しかし、ワナビたるもの、時に自分の小説
力を信じ、自信たっぷりに振る舞わなくてはならない」
 これでよし。Ctrl+S。僕はエディタに入力したデータを日付を付けて保存し、改行付き
でコピーして2chに投下した。

273 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 15:25:10.31
ワイが可哀想だ><

274 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 15:43:27.55
>>273
あまり私を怒らせないほうがいい。

275 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 15:46:19.49
ぷぅぎゃああああああへの拷問行為だろこれ


276 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 15:52:54.17
>>275の次回作にご期待ください。

277 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 16:04:15.24
>>275
奴はどMなのでこのスレを続けられるんだよ

278 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 16:05:13.70
これはひどい。

279 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 16:13:04.64
>>271-272

君の今までの作品群のなかで一番面白いと思う
自分がよく書けてるよ
背伸びしないでこういう書き方で書いたら?

280 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 16:39:04.41
保守

281 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 17:09:44.67
触ったらダメな人っぽい

282 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 17:15:17.20
50点くらいと予想

283 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 17:18:02.01
そうだねえ
色々と酷いから60点台はいかなさそうだもんね

284 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 17:19:48.87
52点

285 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 17:21:23.06
俺も内性的な小説を書くほうだけど、これはなんかただのオタクの独り言にしかすぎんなw
でも「プロテインは今朝飲み切った。殺し切った。」この表現は個人的に好き

286 :285:2011/05/11(水) 17:24:15.88
プロテインは生きる事の象徴、しかも機械的にただ漠然と生きているというイメージかな
それを殺すと表現するのはとても良く考えられた表現だとオモ

作者がそこまで考えていなかったらどうしようw

287 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 17:25:14.43
20点〜、日本語の意味がわかる!<これ

288 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 17:28:50.82
ワイはなんだかんだ言って事実上の低得点作品には点数をつけないことで甘やかしちゃうよな

289 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 17:33:16.13
「才能なし!」くらいのぶったぎりをやってもらいたいぜ

290 :285:2011/05/11(水) 17:36:45.87
俺の中では>>223-227よりは面白いわ、借り物で無い設定だしな
しかもこの作品は壊れた主人公の内面を描く為にあえて壊れた演出をしていると思う
なぜなら文章のつなぎが手慣れている分、読みづらくなっていることも無い
「エクセルのイルカんの様な運命」とかちょっと笑えるやん
意外に力ある人だと思う

291 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 19:56:23.97
 学校から帰ってくると、すぐに2階の私の部屋へと向かった。
今日は一日中考えていた。あのゲームのことを、シリーズ第1
0弾――ド ラ ゴ ニ ア ク エ ス ト 1 0――未知
なる遭遇――のことを。

 プレイ時間はすでに100時間を超えた。にも拘らず隣町へ
行くことができないのだ。画面上は20マスほどの場所にある
町、まさに目と鼻の先にある町。ところがその道のりが険しく
長い。未だかつてない試練というべきだろうか。とにかくこの
ゲームをやたら難しくしている原因は、フィールド上のモンス
ターが異常に強い。経験値稼ぎを気軽にできないほど強い。つ
まりいつになってもレベルが上がらない。 よって現在、私の
パーティは城下町のとある道場で稽古に明け暮れている。

 さすがに100時間を超すと怒り以上の何かが芽生えるもの
だ。もはや糞ゲーの一言で片付けることなどできなかった。
手を伸ばせば届きそうな隣町なのにいけない。パーティは10
0回以上全滅した。そして思い出した。『急がば回れ』。
その格言は微かな光の糸を引いていた。希望の光だった。
 まずは稽古をつけてもらって、そして実践ではないのか。
現代社会だって同じ。義務教育を出て社会に羽ばたくもの。
つまり当たり前の常識を忘れていたことに気がついたのだ。

 城下町で剣術の稽古をしてくれる道場をみつけることには、
かなり苦労をした。しかもタダでは教えないという厄介な道
場主には、手を焼き、やっとこさ石田一刀流を取得した頃に
はさんざんイベントをこなして仲間も7人ほどになり、大所
帯になっていた。

 勇者、魔法使い、格闘家、戦士、竜騎士、召喚師、小説家
もっとも皆レベル1だが、なんとかなる気がした。

292 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 20:03:58.78
>>291
小説家いらねーw

293 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 20:57:06.70
村上春樹レベル1なら今後パーティの最重要資金源に化けるぞ
装備は金次第だからな

294 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:13:30.97
 勇気を振るたたせて恐る恐るフィールドに出た。2,3歩とあるくと、
戦闘サウンドが始まるのがいつものパターンだが、それが完璧にト
ラウマになっていた。
 1歩進んだ。そして2歩、さらに3歩。心臓のあたりに手をあて
ながら、4歩と進んだ時、戦闘サウンドと共にモンスターが出現し
た。ビビった。それは全滅の映像が脳裏を遮ったこともあったが、
それよりかはモンスターに驚いたのだ。バラモーンじゃないか、
と思った。

 こいつはシリーズ第1弾のボスだった。勝てるはずがないと思
った。バラモーンのベビラマという魔法は絶大だったはず、1撃
で全滅じゃないかとも思った。
 だがここであきらめていいのか。いやいい訳がない。道場で稽古
したんだと言い聞かせて、我々の先制攻撃は始まった。

 格闘家ミス! 戦士ミス! 竜騎士1ポイントのダメージをあた
えた! 勇者1ポイントのダメージをあたえた!

 終わったと思った。ここまで理不尽なゲームやってやれるかと叫
んだ。コントローラーを投げると、ふて腐れてしばらく仰向けで天
井を見上げる。現実の厳しさを果たしてゲームの中に反映させる必
要があるのかと考える。



295 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:13:59.72

 時間を置いて再び、画面に目をやる。そこには、こちらの攻撃が
召喚士と小説家のみだという現実があった。
 はぁ、と溜息をついて小説家のコマンドを見た。『戦う』がなかっ
た。替わりに『本を読む』があった。コマンドを選ぶと小説家は、
戦闘中にも拘らず、本を読み始めた。『……』なので黙読でもして
いるのだろう。レアな職業ということで淡い期待をしたが、何もな
く、ただの役立たずだった。

 最後の攻撃は召喚士だった。もはや期待などしてはいない。レベ
ル1で呼べる召喚獣など『チョコボ』くらいだろう。攻撃する意味
もなかった。が、試しに召喚魔法を選択した。戦慄が走った。雷鳴
が頭上にとどろいた。『バハムート』と文字が煌々としていた。仲間
の1人を犠牲にして呼ぶことのできるこのシリーズ最強召喚獣だった。

 震えながら『バハムート』を選択した。すると勇者の頭の上に矢
印が現れた。どうしたものかと考える。矢印は動かせた。パーティの
1人を選択できるらしい。

 私は問答無用で小説家を指名した。すると、空が割れて『バハム
ート』が登場した。と同時に小説家は天使になって空の彼方に消えてい
った。

296 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/11(水) 21:18:38.33
>>271-272
>殺し切った。
(よくわからない表現!)

>アルジャーノン状態。
(能力が落ちているだけに使われた表現!)

興味のあるものを引用して作り上げたエッセイのような文章!
全文が口語体なので日本語として指摘しても意味は無い!

愚痴を書いてもしょうがない56点!(`・ω・´)

297 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:23:46.85
俺が用意しておいたの↓と違ったw


>明らかに枯渇し始めているようである。
(明らかなのに伝聞!)

>例の黒歴史の旧ザクの異名
(〜のは3回繰り返さないほうが良い!)

ワイの考え(仮)!(`・ω・´)

298 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:25:10.49
>>296
285
だから読めないと言われる
少しは理解する努力が必要

299 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/11(水) 21:28:10.38
>>291
ゲームのプレイ時間が100時間を超えている!
『急がば回れ』を実行しているように見える!

>つまり当たり前の常識を忘れていたことに気がついたのだ。
(本作の常識がすでに非常識なので説得力に欠ける!)

この話は全てに無理があるのでワイは潮時だと思う37点!(`・ω・´)

>>294-295
>勇気を振るたたせて〜
(脱字がある!)

>2,3歩とあるくと、
(打ちミス!)

>〜しばらく仰向けで天井を見上げる。
(仰向けなので見上げなくてもよい!)

話に起伏があって息を吹き返した54点!(`・ω・´)

300 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:28:28.09
>>298
うんこ文章製造機乙

301 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:30:08.05
はーい質問
プギャーは村上春樹とか読んで理解できましたか?
おそらく出来ないと思います

302 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:39:42.51
プロテインは生きる事の象徴、しかも機械的にただ漠然と生きているというイメージかな
それを殺すと表現するのはとても良く考えられた表現だとオモ

なるほろ

303 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/11(水) 21:40:04.20
>>301
対等の立場にない者を比べることはできない!

ワイの考え!(`・ω・´)

304 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:41:30.90
> >殺し切った。
> (よくわからない表現!)

ワロタw
一刀両断www

305 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:45:44.66
全然読む努力しない人間が一刀両断してもなあ

ぱっとみ理解できない表現は全て意味不明で片付けるだけなんだもんな
プロの文章なら少しは反芻するとか言うならマジで糞だな、此処で批評家ぶっている意味が無い

306 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:47:51.42
>>305
下手糞が顔真っ赤にしながらキボード叩いてる図わろたwwww

307 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:49:08.50
>>306
いや、俺作者じゃ無いしw
単純にプギャーに意見しているだけだ

308 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:51:16.48
>>307
ここワイスレだからワイに不満あるなら見なきゃいいのに
作者だってそこまで承知した上で投稿してるんだからお前一人が完全に勇み足だわ

309 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/11(水) 21:56:24.39
>>305
意味を噛み砕いて説明する!

>プギャーは村上春樹とか読んで理解できましたか?
>おそらく出来ないと思います
(村上春樹氏の文章を理解できないと
 『殺し切った』や他の表現が読めないと指摘しているように見える!
 これは同氏と自作の文章が同等を意味している!)

比べる対象にはならない!(`・ω・´)

310 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:00:35.27
>>307
しとしとしとwwwwwwwww雨が降っていたwwwwwwカコイイ表現ですねwwww

311 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:00:42.80
理解しようとしているのか、していないのか、そこを問題提起している。文章のレベルがどうこうとかは全く関係ない事

312 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:02:30.12
age始めました

313 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:07:08.41
ぷぎゃーの言い草はプロなら難解な言い回しにも意味が在るだろうから少しは考えるみたいにしか聞こえない
逆に素人なら大した意味合いなど無いと決め付けて意味が分からない、文章的に可笑しいと木を見て森を見る努力すらしていないんじゃねーの

314 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:07:24.59
なに、殺し切ったがアウト判定なの?

>20 (動詞の連用形に付いて)
>完全に、また、最後までその行為をする。…し終える。…し尽くす。「力を出し―・る」「売り―・る」


おまえら辞書も持ってない雑魚に文章読ませてなにが面白いんだ?

315 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:10:41.19
殺し切ったはアウト

316 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:10:47.31
今話したいのは辞書とかそういう次元の話しじゃねーの

急に上げたのは所要で外出した先で携帯から投稿しているからだ

317 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:12:27.66
辞書厨はスルーの方向で
どこにでもわいてくる痛い奴だから

318 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:13:28.93
創作文芸板が「辞書厨」って、言うか普通w

どんだけレベル低いのここの住人wwwww

319 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:15:27.93
(の住人)が「〜文芸板」と「が〜」の間に挿入されているものと
みなしてくれ
おまえがあまりにアホなこと抜かしてるんで勢いで書き込んじゃったよw

320 :浮遊ROM-X:2011/05/11(水) 22:16:15.00
ワイスレ人気の陰に沈んだ
「あなたの文章真面目に酷評しますPart69」
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1284198787/

真面目で読める評価人募集中みたいですよ? おじゃまさま。

321 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:16:23.45
ああ、辞書がどいつか分かったw
こいつ触ったら負けだ

322 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:16:51.58
辞書厨とは、辞書を正しく読めないで辞書辞書とわめく馬鹿をいう

以上

323 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:17:27.73
> 創作文芸板が「辞書厨」って、言うか普通w

この日本語すげえなw

324 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:18:09.74
>>322
まんまおまえのことじゃんw

325 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:18:46.41
>>318
>創作文芸板が「辞書厨」って、言うか普通w

この名文を、辞書を参考にして、校正するとどうなるものか
行けばわかるさ

326 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:20:18.55
辞書厨、袋叩きにあって涙目
ワロスw

327 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:21:09.28
馬鹿ばっかだなこのスレw

つか、ワイみたいな雑魚に読ませて点数貰ってなんの意味があるのか
よーく考えたほうがいいと思うよ

じゃあな文盲どもw

328 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:21:46.56
>>325
そいつに構ったらお前も荒らしだぞ

329 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:25:12.24
煽り入れているのは電撃でアスペって呼ばれている奴だろ

330 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:27:36.57
辞書厨アスペw

331 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:27:44.36
残念串ちゃんでした

332 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/11(水) 22:28:09.68
まだ続いていた!

読む努力を強いる文章は総じて拙い!
意図があって拙い書き方をしているのであればよい!
ただし、意味を理解しても拙い内容はある!
そのことから作者は目を逸らしてはいけない!

ワイの考え!(`・ω・´)

333 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:29:43.09
>>332
おまえがまともに辞書も引けない事実を直視しろよバカ

334 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:31:30.53
> じゃあな文盲どもw

wwwwwwwwwwwwwwww

335 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:37:33.77
>>332
つまり全ての人間に理解を示そうと評論している訳ではないということだよな
はっきり言って語るに落ちたわ
前から疑問に思っていたんだ、プギャーは読めないのか読む努力をしていないのかってね
省エネ運転で批評するくらいなら止めろ、作者が可哀想だ

336 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:38:53.71
どれどれ、俺が判定してやろう。

うむ。「殺し切った」はないな。辞書にもないだろう。
なぜなら殺す行為は、殺すか殺さないかの二者択一だから、
程度をあらわす「〜しきる」をつけることには違和感がある。

この違和感をあえて表現しているのならOKだが、
まあ、これは辞書を調べても理解はできないものだから、
このことで辞書を引けないという誹謗はあたらないな。

337 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:39:29.37
ちゃんと丁寧に読み込んでくれるような奴ならいいけどさ、
ろくすっぽ読みもできない、ひとに点数つけて悦に入ってるような傲慢な
やつがなんで個性を主張してんのよ? いらねえだろこんな雑魚

338 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:40:36.26
>>335
作者は納得ずくで投稿してるんだって
代弁してくれなくて結構

339 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:42:16.18

なんか荒らしが湧いてんな

340 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:43:04.54
プギャーは真剣には読みませんが感想と点数はつけますよって事、簡単な話だ


341 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:44:45.33
>>340
評価してほしくないならなんで晒すの? ドMなの?

342 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:45:00.89
>>337
代弁とかではない、プギャーの考え方を知りたかったから質問したまで
ひいては美学の問題だ

343 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:46:24.34
馬鹿がひとりで暴れてるだけw
飽きたら勝手に消えるだろうからワイさんは休んでていいですよ
コイツこっちから絡むと喜ぶタイプのコミュ障だと思うんで

344 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:47:06.09
真剣に評価するのかしないのかの問題だと何度も言っているだろ

まあ誰かが言っていたが所詮、糞だな糞
君の糞にはコーンが入っているから消化不良だねとかやってろw

345 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:50:12.18
暴れている人間を論理的に諭せもしない矛盾ばかりのコテが主だもんな
都合が悪いのか俺の質問にも答えないしwどうせ少し場が落ち着いて俺がいなくなったら
又的外れの回答をするんだろうな

346 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:52:03.29
>>336
殺しにかかる、抵抗される、ようやく息の根を止めた
で「僕はあいつを殺し切った」、充分アリだろ

「しきる」は程度を表すんじゃねーだろ?
完了を示す、あるいは強調するもんだろ?

だから辞書ひけっつってんだよ

347 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:52:26.94
荒らしが2人いるのか

348 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:55:37.46
荒らしてる奴は点数が低かった奴だろ。
有名文芸誌2次落ちの俺はそれなりに点数高かったから
見る目はあるんじゃね。

349 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:56:00.22
>>346
>で「僕はあいつを殺し切った」、充分アリだろ

ないな。
息を止める前はまだ死んでいないから。

完了を示す動詞が「殺す」にあたるんだよ。

わからないことがあったらなんでも教えてやるよ。

350 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:56:30.36
ワイは感想のおかしいところを批判されると、
「わかりやすく書かないほうが悪い! ワイの考え!」
で済ましてるけどよ、間違いを認めるという選択肢は
ないのかね?

おまえら考えてみろって
この感覚おかしいと思わない?

酷評スレで相互批評していたほうがまだ為になると思うよ

351 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:58:29.48
>>349
おまえの理屈で言うと、死に切れないという言い方も駄目になるし、
というか省ける強調は一切省けという理屈になるが、それは正しいの?
いろいろ小説を読んで、よーく考えたほうがいいと思うよ

352 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:59:32.85
殺し切ったの文法とかどーでもいいんだ
作者が狙ったかどうかはおいておいて問題は286で言っているようなメタファー上の対比を理解しようと少しは努力したかなんだよ
もちろん、このメタファーが上手いか下手かってのもどうでも良い問題だ

353 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:02:19.15
余計なお世話だな
うんこはうんこ同士仲良くやってろよ
じゃあな

よそまで話が飛んできたらまた荒らしにくるけど^^

354 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:03:13.54
>>351
>おまえの理屈で言うと、死に切れないという言い方も駄目になるし、

ならないよ。

>というか省ける強調は一切省けという理屈になるが、それは正しいの?

文法的におかしいんだよ。
「殺し切る」という表現は。

>いろいろ小説を読んで、よーく考えたほうがいいと思うよ

おまえ自身があまり小説を読んでないだろう?

まだほかにわからないことはあるか?

355 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:15:56.82
作者が挨拶に来ないね。

356 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:19:26.79
なんだ荒れてるなオイ
「殺し切った」は作品に合ってるか合ってないかで判断したんだろう
ネタが浮かばないダメ作家の殺那的な瞬間を描いているのに、こねくり回したような表現が出てくるのは不自然
仮にそういうキャラを描いたというのなら全体にもっと詩的比喩表現が沢山出てこないとおかしい
ポツンと一個だけ出てくるのは中途半端

357 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:19:45.94
はたして作者に>>286に言っているような意図があったかも見者だねw

358 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:23:23.69
>>352
意味わからん。
何故努力せにゃならんのだ。

359 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:24:41.01
比喩というのは強調という側面もある
そこで読者の足を止め、考えさせ、ヒキを作り有効に時間を操る

360 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:24:50.23
>>357
仮に意図があったとして、
読み手としちゃどうでもいいな。

361 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:26:49.37
意味が分からない文章は飛ばす、それが今のゆとりの考え方
脳みそが固まった年配者はプギャーのように最初からこの表現は間違っていると決めつけたらいい

362 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:27:53.50
読むのに努力を強いるような文章は
哲学書とかで十分です。

363 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:29:34.06
努力しても哲学書ひとつ読めないくせに
なに言ってるんだおまえは

364 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:31:13.59
じゃあなって何度も言っといて居着くとかwwww

365 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:31:34.66
>>360
普通の人間にはどうでも良い。だけど気づく人間だけが分かる感覚
これが小説の深みの本質なんだよ
なぞるだけで当たり障りの無い解釈だけに囚われるのはどうなんだろうね
衒学って言葉もここでは意味も成さないみたいだ

366 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:31:48.39
>>361
わからない、とは言っていたが
間違っている、とは一度も言っていないようだが。


367 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:32:53.98
それがプロテインのくだりなのだと言われると説得力ねえわなw

368 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:35:31.41
基本的に、作者の意図にあろうとなかろうと、読者が何を見出すかは自由だ。

作者はまず、読者にしかるべきものを見せることのできない己の腕を恥じるべきだ。
努力を強いるのもいいが、それなら努力の方向性のヒントやきっかけぐらいは
しっかりと打ち出して表現しておくべきだ。

369 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:35:36.28
努力を強いられていると感じるかどうかはその人の技量や知識量に左右されるんじゃね?

370 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:35:58.02
>>367
あくまでも本質的な可能性の話だ
比喩の上手さは関係ないと前にも言っている


371 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:36:04.10
ん?つまり作者お気に入りのプロテインの箇所が評価されなかったから
作者とは別人の設定でスレに粘着してスレ主批判してるってこと?

372 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:36:12.95
>>365
普通の人間か。どこにいるのかな。
ところで読書家は逆説的に特別な人間になるわけか。
知らなかったよ。

373 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:37:47.03
普通の人間にわからないもの書いて何になるのかね。


374 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:38:10.57
>>371
そう
スレ主が気に入らなきゃ出てけばいいだけのスレで粘着荒らししてる

375 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:38:50.19
>>371
わすれもの
つ(ドヤッ

376 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:39:36.88
>>371
どうやらそうっぽい気配はする。

377 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:39:57.82
普通の人間とは、文脈の流れで言うと普通の読解力の人間てことだ
そして此処で言う普通の読解力の人間でも何度も同じ小説を読むことにより新たな気づきがある
そういうのが小説を面白いと感じさせる一つの要素だと個人的には思っている訳だ

378 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:40:54.51
作者の憂さ晴らしにしたラプギャーの顔も立つしなw
論理的展開で負けているけどw

379 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:42:08.34
理論的展開とかゆう人に理論のことは分からないんじゃないかな?

380 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:42:55.01
>>365
まずは作者が意図したことを読者に正確に伝えることができてからのことだろうよ。
スレ主からはそう読めなかった(その技量があるとは判断できなかった)ってだけのことだ。


381 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:45:25.89
>>380
つまりは全て決め付け
答えはこれ>>335

382 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:46:03.14
代弁してないとは言うものの「作者が可哀想だ」とは発言してるのか
点数出るの待ち望んでる作者本人が出てこないのも不自然だし難癖つけてるの本人臭いな
もし他人だとしたら作者にとって迷惑この上ない人物だな

383 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:47:24.90
>>377
そんな文脈この場にあったのか。
よく分からないな。


384 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:47:36.88
批評してください!と晒しておいて
いざ批評してもらったら「理解する努力が足りない!(キリッ」

いやーここまで馬鹿になれるって素晴らしいね!

385 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:48:44.01
>>381
本当だ
全てが決め付け屁理屈な>>335には閉口してしまうなこりゃ・・・

386 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:49:31.47
ワイの自演が凄いな

387 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:50:03.47
そしてスレ主は今までこのスレで晒されたメタファーに対して何度も文章間違いと言い切りスルーばかりしている

結果的に、わいは今まで暗喩をちゃんと読めて無いことが多い

388 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:51:05.77
>>387
なるほど
具体的に例示してみようか

389 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:51:12.28
そんなに作者に叩かれるのが嫌だったらIDの出るサロンでやればいいのに

390 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:52:06.28
ワイも悔しいから嵐と認定したいんだろう
自分の努力不足なんて認めたら数少ない己の尊厳を保つ場が崩壊してしまうからな

391 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:52:11.01
つか何度も指摘されてるけど出てけばいいじゃん

392 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:52:29.87
>>332がそもそもよく分からない。
がそれを承けてどうして>>335の解釈に飛躍するのかも
輪を掛けて理解し難い。
予断の上都合のいい結論に繋げてるだけじゃん。


393 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:53:31.39
予断w

394 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:54:30.74
>>388
面倒くさいわ
その例の一つが285だろ

逆におあめがプギャーのメタファーが読めている部分探してきてよ
プギャーが読めたメタファーってすでに形骸化したありきたりな表現だけでしょ

395 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:54:59.09
どのスレで暇つぶししようと俺の勝手だろ
おまえが2chやめればあ?

396 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:55:44.53
プギャーはすべて読めている。
読めた上での評価だ。

文句言う奴は恥を知れ。

397 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:56:00.76
>>387
暗喩の解釈なんてそもそも読み手に委ねるべきものでしょ。


398 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:58:39.89
そしてこのスレはプギャーがすべて読めていると思って
崇拝してるひとだらけなのですね

いいスレだな(暗黒微笑

399 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:02:08.61
メタファーなんて入っていたら意味が分からん。だから総じて拙い(ワイの考え

400 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:03:08.59
おあめって?

401 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:03:50.38
>>394
例示できないんだ

402 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:04:31.98
意味がわからん暗喩がある。
つまり拙い、という解釈もある。

403 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:05:34.14
>>285

404 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:05:51.70
面倒くさい事をやらせようとして逃げるよくあるテクニックです

まずはおまえがプギャーのメタファーが読めている部分探してきてよ
プギャーが読めたメタファーってすでに形骸化したありきたりな表現だけでしょ

はいループ

405 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:07:13.25
どの荒らしかだんだん特定できつつある

406 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:08:01.51
分かるかもw

407 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:08:43.01

拙いものは拙い

言い訳しても無駄無駄

悔しかったら次の作品で見返せ



408 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:10:41.63
>>398
他人がどう読むのか(自分の文章のみならず)、純粋に興味がある。
読み手を常に意識したいから当然の欲求なんだと思う。
スレ主以外の感想だけでなく、名無しの批評、感想もまた面白いし参考になる。

きみみたいのがいると新しい文章は投下されないだろうし、もちろん批評もされない。
迷惑なので大人しくしてほしい。それだけです。

409 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:11:18.41
>>285のどの辺りが
「わいは今まで暗喩をちゃんと読めて無いことが多い」
の一例なのか理解出来ん。
誰か説明してくれ。

410 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:11:59.87
>>408
それが一番の目的かと

411 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:16:17.59
俺には>>285
「暗喩的(に見えるらしい)文章を暗喩として解釈した人の一意見」
だとしか読めん。
それの何がぷぎゃあが暗喩を読めない事の証明になるのだ?


412 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:20:59.03
どうでもいい議論でスレ消費すんなよマジで……

413 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:21:06.53
>>404
形骸化したありきたりなメタファーとはどんなものだ?
つまりぷぎゃあが示さなかった>>285のような解釈は
形骸化していない新しいメタファーということか?


414 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:28:55.34
いつまで続けるんだよ
もう「殺し切ったは素晴らしい表現!(`・ω・´)」ってことでいいよ
あんなクソみたいなメタ小説が唯一の心のよりどころみたいなんだし
そういうことにしてあげようぜ

415 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:31:04.53
七分も書き込みがなかったのにいきなり煽り・・・
よっぽど悔しかったんだねワイは(暗黒微笑

416 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:34:20.18
七分も? お前はどこで生きてんだよ
このスレ荒らしが来るまで30分毎の会話キャッチボールやってたんだぞ

417 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:34:38.61
荒らしは電撃スレに帰れ

418 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:36:25.31
>>415
えっ?

419 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:37:26.66
そもそも新しい暗喩ってなんだ?
件の殺し切るの一文に対して>>285のような解釈がある。
その正誤は誰が決める?
書き手か?
読み手か?
読み手間で意見が割れたなら?
多数決で決まるのか?
それとも文壇のお偉いだれかが決めるのか?


420 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:38:34.73
釣れすぎてやめらんねーwwwwww

421 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:43:20.91
>>419
>それとも文壇のお偉いだれかが決めるのか?

ワイのスレではワイが決める。

422 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:44:29.22
後釣り宣言…こりゃ末期だな
壊れたオモチャに用はないわ

423 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:51:05.29
最終結論

ワイの評価に文句のある奴は、
「辞書厨が文章をちょっと評価するスレ」を立てて、
ワイスレを過疎にし倒してみせよ。

以上

424 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:52:38.52

至極真っ当な意見だな

これにて終了

通常モードに戻ってくれ

425 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:54:22.70
ばかじゃねえの?
2chでワイのスレ!とか抜かすくらいなんだから
煽られるの覚悟のうえでやってんじゃねーの?

お山の大将がしたいんだったらレンタル鯖でも借りて
ホームページつくって、気に入らない奴はアク金にでもしてれば
いいんじゃね???

悪いけどこれからお前のこと見かけるたびに煽るから
よろしくねー^^

426 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 00:55:56.08
しかし残念ながらこんなに構ってもらえるのは最初の一回だけ

427 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 01:03:51.12
ぷぅぎゃあが読める読めないの話は別にして、ぷぅぎゃあは真摯に対応していると思うけどな
問題はぷぅぎゃあ以外のスレ住人の態度が悪いことかな
まあ投稿者も野次は覚悟の上だろうけど、スレ住人ももうちょっと温厚にいこうよ

428 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 01:11:37.52
>>425
残飯さん、こんばんわw

429 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 02:11:42.26
 観中町という地は曲がり角に沿うようにして沢山の小さな社が置かれている。
 この地を踏んで一時間程にしかならない佐伯の目も既に十を越える社を映していた。
 佐伯は小説の取材――と称した観光で、パンフレットで紹介されている店を順に回っているのだが、
手に下げる土産袋が増えるごとに社と擦れ違った回数も増えていく。五店目に行くとき何気なく
数えたが、その道のりだけでも五つの社があった。
 正直気味が悪い。滞在二時間目にして佐伯は思う。
 都会暮らしの佐伯にとって社は少し街を外れた場所にある「日常から隔離された物」という認
識がある。よって、観中町に存在する社の群れは異常な光景だった。
 油断すると日常でない場所に立っている錯覚に襲われる。
 そのつど観光で高揚した気分が戻ってしまうので難儀していた。

 意識しないよう心がけること数時間。
 すっかり観光に挿げ変わった取材が終わった。佐伯は旅館に帰ろうと荷物を抱え直す。
 まだ日は高いが色は濃い橙、既に夕方に分類される時間だ。
 佐伯は近道である細い曲がり角を前にして立ち止まり、逡巡してから首を振り、中央通りに出た。
 人影が無く怖かったのだ。それに社もあった。後者が主な退却の理由だ。
 中央通りにも社はあったが買い物帰りの主婦、学生、観光客と人は多い。
 佐伯は曲がり角にて社を目に入れないよう心がけて通り過ぎようとしたが、一つ先の角で熱心
に社を拝む老夫婦を見て足を止める。

430 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 02:15:09.99
 もしや――拝まなければいけない何かがあるのでは。
 佐伯に得体の知れない物に対する不安が湧きおこる。
 挙動不審に目を左右させるが他に手を合わせる人間はいない。あの老夫婦は単に信心深いだけ
だろうと思い直すも、生来の臆病な性格が足を地面に縫い付け固定している。
 もし――呪われたら。
 そんな考えが頭を占める。
 見計らったように薄墨色の雲が夕日を遮り、暗くなった道の真ん中で佐伯は慄いた。
 結局恐怖心に押されるように佐伯は社と向かい合う。そこで初めて細かい部分まで見ることに
なった。
 小さな神社と言う佇まいだ。木は白く霞んだ茶色で随分と古い。同じ色をした目の大きい格子
戸の奥に石像が見える。怖いもの見たさに佐伯は目を凝らした。
 暗くてよく見えないがどうやら顔の部分は――猿だ。
 猿の神様、と考えて佐伯は首を傾げる。猿と聞いて思い付くのは孫悟空くらいでそれもおよそ
道端に、それも複数祀るような神ではないだろう。そう考えていると気が紛れて恐怖心は消え、
代わりに自分の小心に対する呆れが湧いた。
 そんな折、急に風が冷たくなり空を見上げる。何やら怪しげな空模様だ。それに加えて風が強
くなってきている。
 とにかく、と佐伯は社の高さに合わせてしゃがみ、軽い気持ちで手を合わせた。更に強さを増
した風が耳元で鳴いている。

431 :271:2011/05/12(木) 02:27:02.64
なんか俺が寝ている間にスレが伸びている……。

>>296
ワイ様感想ありがとうございました。

432 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 02:27:59.22
 頬に冷たいものが当たる。人差し指の腹で拭い見ると水のようだった。雨が降るのだろう。
 佐伯は一段と強く吹いた風に背中を押され、同時に前方で微かな水音がした。
 視線を移すと石像の目の部分が水滴を受けて濃く――猿が目を剥いたように見えて佐伯は弾か
れたように立ち上がる。
 次の瞬間、肩に何か乗って間髪入れずに振り返った。
「おい、アンタ」
 作業服を着た中年の男だった。振り返った時に男は険しい顔をしていたが、震えというよりもは
や振動する佐伯を見て申し訳なさそうに眉を寄せる。それを見た佐伯は安全だと感じて肩の力を
抜いた。
「何かご用ですか?」
「いや、無いんだが……その、知らんみたいだったからな。この町の人間なら、雨が降ったら社
に近付かん」
「それは、どういった……」
 佐伯が訝しむと男は苦笑する。
「良くない、と言われている。迷信かも知らんが、ガキの頃から言われてたんで、つい……すま
んかったな姉さん。観光か?その社以外はいい町だから楽しんで行ってくれな」
 男は礼を言う間もなく去って行った。
 佐伯は苦虫を噛み潰した顔をして社から離れる。本当に良くないのなら声を掛けてくれたのは
有り難い。だが、迷信ならば余計な事をしてくれた。
 さっきまで空に疎らだった暗雲が面積を増している。もしかすると旅館に帰り着く前に雨が来
るかもしれない。
 それは気軽に社の目の前を通れなくなることを意味しているのだ。迷信でも聞いてしまえば怖ろしい。
 各所にある社を避けながら旅館を目指すには相当な苦労を要する、ということは佐伯の想像に難くなかった。


433 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/12(木) 05:45:18.91
>>429-430>>432
>すっかり観光に挿げ変わった取材が終わった。
(『挿げ変わった』は珍しい表現! 挿げ替えるが一般的!)

>頬に冷たいものが当たる〜雨が降るのだろう。
(雨粒は雨ではないのか! 雨の言葉を避けて『本降りになるかもしれない』等の工夫が必要!)

>すまんかったな姉さん。
(佐伯は女性だった!)

>この町の人間なら、雨が降ったら社に近付かん
(雨は小降りかもしれないが降っていた!)
>もしかすると旅館に帰り着く前に雨が来るかもしれない。
(その後のくだりでは、雨が降っていないことになっていた!)

>本当に良くないのなら声を掛けてくれたのは有り難い。だが、迷信ならば余計な事をしてくれた。
(相手は迷信かも知れないと断わっている!)

身勝手な考えの佐伯が酷い目に遭って読者が溜飲を下げる話なのか!
社と雨は密接な関係にあるので状況をわかるように書いた方がよい!

人物と空模様をはっきりさせた方がよい66点!(`・ω・´)

434 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 16:22:28.04
>>431
soredakeka?


435 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 16:48:43.73
>>431
自演乙

436 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 17:29:37.19
>>434-435
やだなあお兄さん達。>>271が自演なんてゲスな真似するわけがないじゃあないですか。
勝手に外野の皆さんが騒いでいただけですよ。それを自演だなんて、ちょっと発想の飛躍が過ぎますYO!
あ、物書きさんに想像力は大事ですけどね。でも想像力と妄想力を混同しちゃだめですよ。
まあ、お兄さんたちも騒ぐだけじゃなく何か書いてこのスレに貢献しましょうNEッ☆

437 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 17:42:13.94
>>436
それももっともだな

438 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 18:53:09.49
>>436-437
自演乙。

439 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 21:21:08.34
最高点らしい79の文章読みたいんだが何スレ目に

440 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 21:31:52.58
過去ログ開いて「79点!(`・ω・´)」で検索するか
Googleで同じキーワードでサイト検索すればいいと思うよ
俺はその方法で見つかったし

以上アドバイスでした

441 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 21:58:44.32
 この坂を登れば町が見えると彼は歩いた。ヨタヨタと右へ
左へと体を傾けながら――。曇り空の隙間から這い出る陽光
を払いのけながら――、ただ、彼は歩いた。が、町の入り口
が見えるか見えないかの場所で、力なく崩れるように倒れて
しまった。

 曇りから晴天へと変わっていく空は、明るい未来を空想さ
せたが、一方で丘の高い場所で倒れた彼は、とうとう終焉を
迎えたかのようにうつ伏せのまま動くことはなかった。そん
な対極を描く明と暗のコントラストは美しくあった。

 溶かすのではないかと錯覚さえしてしまう熱い日差しは、
倒れた彼を照らし続ける。もはや彼は息絶えたのではと、
そんな絶望的可能性がちらりと見えた頃、「お兄さん大丈
夫ですか?」と天使の声は、優しく彼の耳に風の音と共に
駆け抜けた。が、返答する気力も体力もないのはいうまで
もなく、もっとも意識があったかどうかは微妙なところで、
だとすると、すぐにでも救命処置する必要はあるだった。
 ところが彼を助けた女は、救命処置の知識などなく、そ
れどころか、あろうことか緊急病院ではなく、町の交番に
連れていった。
 が、結論からいうと助かった。命をとりとめたのだった。
彼が気がつくと、交番の牢獄で寝ていた。腰にさしていた
最強の剣はなかった。いや勇者の装備そのものがなかった。
身ぐるみ剥がされていた。だが一つ言えることある。

 次のステージに進んだという達成感だった。ドラゴニア
クエスト10が真のベールを脱ぐ瞬間は、刻一刻と訪れよ
うとしていた。

442 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 22:40:19.28
 エジムンドの町。彼、いや勇者が目指していた場所だった。
20マス向こうの町が遥か遠くに感じると勇者は思った。もう
後戻りはできないとも思った。それはひとえに、モンスターが
強すぎるのが理由である。

 ところで勇者は、めざましい召喚士の活躍によって、もっと
も大切な仲間を犠牲にして血みどろの戦いを繰り広げながらや
ってきた。敵と遭遇すること6度、そのたびに『バハムート』
を召喚したのだが、結果6人も仲間を殺してしまったのである。
傍から見ると酷い勇者だが、冷酷非情な主人公というのもなか
なか奥深くて良いものである。

 ところで勇者が交番に入れられた訳。それは風貌だった。ギ
リシャ神話の傭兵のスタイルは、エジムンドの町では明らかに
不審者そのものであったからだ。

 というのもエジムンドの町は近代国家の町だった。夜警国家
、資本主義国家、社会主義政策、男女平等普通選挙権など、大
人の国家という側面を備えていたのだ。もはやファンタジーじ
ゃなかった。いやこれこそファンタジーというべきなのかも知
れないが。
 またこの町には電気もガスも水道も存在した。立ち並ぶビル
は、300メートルを優に超していた。車にはタイヤなどつい
ていない。宙に浮いている。町のネオンは、現代の東京を遥か
に超える文明を主張していた。清掃ロボットが路上を徘徊し、
介護ロボットが車イスを押している。

 「おい。犯罪するなよ!」と警官の男がいった。それに対して
勇者は頷いた。すぐに振り向くと大きくあくびしながら、首を振
りだるそうに交番を出ていった。――未知なる遭遇は今始まった
のだった。

443 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/12(木) 22:49:39.80
あれ?もうケンカは終わりなの?もっと醜く言い争えよおまいらw
カスみたいなラノベより余程楽しいわ

444 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/12(木) 22:56:30.86
さてそろそろ新しいのでも書くか

445 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 23:21:47.92
>>433
評価ありがとうございます。
途中で寝てしまい全部じゃなかったので長いですが
よろしければ残りのヤツもお願いします。

 道を急いだが案の定降りだしてしまった。
 大きな雨粒が瞬く間に地面の色を濃く変えていく。
 佐伯は土産屋で買ったビニル傘を差す。水たまりと社に気を付けながら歩きふと顔を上げる。
 人が減っていた。観中町の何処に行っても常に人の気配は賑やかだったが今は見える限りの距離で一人しかいない。
 そしてその一人も自宅と思われる平屋に引っ込んでしまった。無人の道が続く。
 人がいないのは視界を白く煙らせるこの雨のせいか、それとも――社か。
 佐伯は恐々と足を進めた。
 角を避ける様に直進するが直ぐに左右に別れた曲がり角に行き合う。
 地図を広げて確認すると、左に抜ければ観中商店街通りに出る。しかし――左には待ち伏せるかのように社が。
 佐伯は右を覗く。平坦な道が伸びている。社はない。
 旅館まで大回りするルートではあったが佐伯は迷わず右に足を向けた。
 雨足は遠ざかる気すら見せず観中町の頭上で足踏みを繰り返している。
 それから数度。佐伯は社を避けて進みながら地図で現在地を確認しつつ、最後の左に曲がる角に辿り着く。
 体力にはまだ余裕があったが気疲れは極限まで達していた。もしそこに社があっても目を瞑って通り抜けようと佐伯は固く誓う。
 一歩踏み出す。左に社は――無い。
 佐伯は快哉を上げようと口を開き、そのままの表情で灰色の塀に挟まれた道に立ち尽くした。
 旅館も――無い。
 佐伯は地図を開き道と交互に見やってきつく眉を寄せる。
 道を間違えた覚えはない。位置を知るため目印になる物を捜すが、ここいら一帯で目印になるようなものは旅館しかなく、その旅館自体がないのだ。
 佐伯は仕方なく後ろに伸びた道を引き返す。
 そして右に曲がろうとして慌てて左の細道に曲がった。格子戸が開いた社があったのだ。
 生憎、中身の有無を確認できる勇気を佐伯は持ち合わせていない。

446 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 23:26:59.21
 入った細道は水はけが悪く大きな水たまりが点在している。
 佐伯は構わず走り抜けた。水を踏む音の間隔は最初は速く、次第に不揃いなテンポに変じる。
 肩で息をしてよろめきながらも佐伯は立ち止まらず細道を抜けた。
 先には更に真っ直ぐ道が続いている。舗装されていない広い道だ。
 雨のせいで先に何があるのか見えない。
両側には今まであったコンクリートの壁とは違い白い漆喰の塀が屹立している。
時代劇でよく見かける武家屋敷の様子と似ていた。
 これは目印になるだろう。佐伯は思い付いて携帯を取り出した。
 旅館に電話すれば案内してくれる筈だ。
「お電話ありがとうございます。観中旅館でございます」
 女性の柔らかい声を聞いて安堵の息を吐く。
「あ、もしもし。予約している佐伯ですが」
「お電話ありがとうございます。観中旅館でございます。お電話ありがとうございます。
観中旅館でございます。お電話ありがとうございます。観中」
 佐伯は携帯を投げ捨てる。
水たまりの上を滑っていった携帯は壊れもせず通話中の画面のまま狂ったように言葉を繰り返している。
 呆然としていた佐伯は、次の瞬間恐怖が湧いて全力で走った。
 足が縺れる。泥水が跳ねて服を汚していく。傘を取り落とす。手首に引っ掛けていた荷物が二個外れて飛んでいく。
 佐伯はそれらを置き去りにした。
 永遠に続くかと思われた道は石段の出現によって唐突に途切れる。上にあるのは何だろう。人がいれば何でもいい。
 佐伯は恐慌状態のまま急ぎ石段を上り、半ばまで到達したとき上に複数の人影を認め――その場に膝をついた。
 助かった――よく考えれば別に危機でもなかったのだが。佐伯は張り付いた前髪を払い息を整える。
 いつの間にか雨も弱まっていた。
 冷静になってみると佐伯は自分が酷い格好をしていることに気付いて再び上を見る。
 小雨の向こう側で影が動いている。観光客の一団だろうか。
 一人なら兎も角、複数人に今の姿を見られるのは恥ずかしい。

447 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 23:34:34.08
 佐伯は立ち上がって残っていた荷物を握り直し、帰ろうと石段を下りはじめる。
 傘と荷物、それに携帯も回収しよう。どの辺りに置いて来てしまったのか確認するため目を凝らす。
 目で道をなぞっていくと携帯は見つからなかったが傘と荷物は中央付近に等間隔に並んで落ちていた。
 右から開いたままの傘、荷物らしき影が三つ。
 佐伯は目に入りかけた雨水を俯いて払う。
 次に顔を上げた時だった。道の真ん中に黒い点が現れたのは。
 三つあった荷物が二つに減っている。そう言えば落としたのは二個だった、ような。
 瞬きをするとラインが鮮明になった。――近付いている。
 もう一度瞬く。近づく。雨が確認の邪魔をする。
 良く見えない。瞬き。
 更に大きくなる。
 目を擦る。近づく。
 十メートルほど先に――目を剥いた猿の石像があった。
 格子戸から抜け出た石像は全貌がよく見て取れた。
 目玉が落ちそうなくらい開かれた瞼、半開きの口内には牙が隙間なくびっしりと生えている。
 身体は顔と違い細かく彫られておらず辛うじて鱗のような物があるとだけ分かる。
 非現実感に思考が追いつかなくなった。呆けた刹那に石像は消えていた。
 今のは――全身からどっと冷や汗が噴き出す。


448 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 23:35:30.12
 佐伯は眼球だけを動かして捜す。右、左、上――足元に何かいる。
「ひっ……」
 悲鳴を漏らした佐伯は身体を反転させ石段を上ろうと足掻いた。
 恐怖で覚束ない足。荷物を全て投げ出し動きの悪い足を補助するため両手も石段を這わせる。
しがみ付くようにして上る。
 背後で重たい物を置く音がした。例えば――石像を置いたような重厚感のある硬質な音。
 佐伯は息を飲み身体を硬直させる。だが振り返らず無理やり右手を石段に伸ばした。
 瞬間、右真横で音がする。今度は微かに振動も感じた。
 つまりはそれくらい至近距離にあるということだ。佐伯の目の端に黒い物が映っている。
 否、雨を被って黒に見えるだけで本当は灰色の像だ。
 首の筋肉が強張り、勝手に動きを始める。
 ぎりぎりと軋みながら右にゆっくりと、しかし抗えない力で動いて行く。
 見るな。見るな。見。
「ああああああああああ!」
 佐伯は絶叫して石段を何回も踏み外しながら駆け上がる。
 ただ人を求めて手足に血を滲ませながら進む。そして頂上についた。
 そこにあったのは、無数の社だった。
 コピーしたように全く同じ形の社が並んでいる。
 ぎい、と格子戸の開く音がして出所を捜すがこう無数にあっては特定のしようがない。開く音が続く。
 ぎい、ぎい、ぎいと断続的に続く音が猿の鳴き声に聞こえ始めたとき佐伯は恐怖は限界を突破し
――感情が壊れて平静に戻る。
 迷信などではなかったのだ。
 そしてきっとこれは水滴で猿が目を剥いた瞬間から始まっていた。
 猿が何故雨によってこうなるのか、どういう物なのか佐伯は知らない。
 そしてこれからも知ることはないだろう。
 麻痺してぼやける感覚で背後に重たい音を聞いた。きっと振り返ればあの石像がいる筈だ。
 社の群れから湧くように黒い物が現れ次第に数を増やしていく。
 佐伯が見たと思った人影はこれだ。佐伯はまんまと引っ掛かって油断してしまった。
 考える間に石像達は佐伯に向かって不揃いな行進を始めている。
 佐伯は膝を付いて思考を放棄し、やがて石像の作る黒い波に飲み込まれていった。


449 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 00:02:33.25
もうこうなると単なる排泄物だな
糞の役にも立たん

450 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 01:11:39.13
よしじゃあ、去年作った映画シナリオ(ボツネタ)のあらすじを披露したるわ
【ボツ理由】人肉を食べるってのは使い古された感があるから

451 :450:2011/05/13(金) 01:15:37.37
光線(線グラフのような)で描かれた人間が関節のないかのように激しく踊っている
徐々に人間の細部が描かれていき、舞台が都会の夜であることが分かる
男の後頭部が画面中央に映され、揺れる身体とその周りの情景が変わることで男が歩いていることが分かる

452 :450:2011/05/13(金) 01:18:49.39
深夜の都会
男が路上を歩いている
周りには誰もいない
コンビニに入る(ここから防犯カメラの視点に切り替わる)
中には女店員が一人
ブサイクデブ
徐に近寄る
陳列棚整理をする女を近くからしばらく見つめる
男が話しかける(内容は聞こえない)
誘いを断られる(女の声は聞こえる)
その後、執拗に話しかける
強引に抱きつく
男、逃げ去る

453 :450:2011/05/13(金) 01:23:24.06
図書館
本棚の間に男(同一人物)
男の横から映す(前後の本棚が見えるように)
分厚い本を読んでいる
中国の民話(架空)
画面に、民話の内容が日本語で書かれる
気狂いした百姓が、村人を殺し食したという話
男は本を棚に戻す
無言で立ち去る

454 :450:2011/05/13(金) 01:26:40.06
自宅(アパート)
小さいテーブルの脇に座る男
テーブル前面から映す
膝から上が見えている
薄笑いを浮かべる男
物を書き何気ない動作
心の声が聞こえる
人肉ってどんな味がするんだろうな
食人族の知識を述べる
粘着質で気持ち悪い声
薄笑い
男立ち上がる
カメラそのままテーブルを映している
画面のところから立ち去る

455 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 01:27:26.28
あらすじ?

456 :450:2011/05/13(金) 01:30:43.99
深夜の路上
男の背面を映す
独り言をつぶやいて歩いている
状景が変わることで男が歩いていると分かる
前方から自転車がくる
男、無視
前方から老いた男が歩いてくる
男、無視
突然男が右に動く
女の驚きの表情がアップで映る
次に上半身が映り、画面外にいた女を突き刺していることが分かる
男に倒れこむ
男、側の茂みに死体をやり、バッグにそれを詰め込む

457 :450:2011/05/13(金) 01:45:48.17
アパート
新聞の上の死体
血に染まっている
包丁を持って男現れる
薄笑いを浮かべる
包丁を刺そうとして、場面転換

458 :450:2011/05/13(金) 01:49:23.24
翌日、夜
電車、10人の人間が映る
男バッグを持ち、電車に揺れている
座席の端の鉄柱にもたれている

しばらく画面静止

男少し震えだす
動揺
慌てふためく
心の声(息がつまってるみたいに)
「人肉が見える、人肉が見える」
奇声を抑えようとし、直後に慌てて出る

459 :450:2011/05/13(金) 01:51:25.69
人の少ない夜道
男の背面
バッグを持っていない
しばらく歩く
コンビニが見えてくる
コンビニに入る
防犯カメラの視点に
トイレに行く
店員はその様を注意深く見守る
しばらく静止

460 :450:2011/05/13(金) 02:00:43.87
カメラは便器に座る男の全身を前面から映す
しばらく静止
頭を両手で抱える
絶叫
あああああああああああああ

終了

全編極力セリフは用いない
映像でストーリーを展開
静止を有効活用すること
自主制作用にとか思って去年作ったけど、まあボツ

461 :450:2011/05/13(金) 02:01:26.46
>>460はなしで
トイレ
カメラは便器に座る男の全身を前面から映す
しばらく静止
頭を両手で抱える
絶叫
あああああああああああああ

終了

全編極力セリフは用いない
映像でストーリーを展開
静止を有効活用すること
自主制作用にとか思って去年作ったけど、まあボツ


462 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/13(金) 06:37:05.21
>>441-442
>〜すぐにでも救命処置する必要はあるだった。
(『必要がある』でよい!)

>だが一つ言えることある。
(『ことがある』、『ことはある』の方が自然に思える!)

>もはやファンタジーじゃなかった。
(三人称の地の文が口語体になっていた!)

救命処置を強調していた中で勇者は牢獄に入れられて勝手に回復していた!
奪われた装備品は回収できたのか! 書かれていないのでわからない!

成り行き任せの展開ながらも物語にはなっていた58点!(`・ω・´)

463 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/13(金) 06:38:02.54
>>445-448
旅館に帰る為に地図を見ながら左に曲がると社はなかった!
道を引き返して右に曲がろうと目を向ければ社があった!
社が忽然と現れたのか! 最初の時に見落としたのか! 判断が付かない!

>佐伯は恐怖は限界を突破し――
(最初の『は』を『の』に変えた方が見栄えはよい!)

社は突然に現れた! 最後まで読むと理解ができる!
>そして右に曲がろうとして慌てて左の細道に曲がった。格子戸が開いた社があったのだ。
(しかし、この書き方では社は突然に現れたことを示しているように見えない!)
ワイの場合!
 そして右に曲がろうとして慌てて左の細道に曲がった。あるはずのない社が格子戸を開いた状態であったのだ。

雨が降る度に佐伯と同じ目に遭うのか!
その後はわからないが変死体で見つかれば大事件に発展する!
特定の条件下に雨が降ることで起こる、等の設定が必要に思う!
格子戸が開く音を猿の声に例えたのはよかった!
社が一箇所に集まるのはいいとしても石像の猿が瞬間移動するのはいただけない!
助かる見込みがなくなると逃げ惑う描写の意味が薄れる!

文章はこなれていたが設定の作りに荒さが目立った70点!(`・ω・´)

464 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/13(金) 06:39:24.61
>>451-454>>456-459>>461
骨組みだけの線が激しく踊っている! それを元に肉付けして歩く人間になるとは考え難い!

>突然男が右に動く
>女の驚きの表情がアップで映る
>次に上半身が映り、画面外にいた女を突き刺していることが分かる
(この流れがおかしい! 女は目撃者なのか! 被害者なのか!
 『画面外にいた女』のせいで判断が付かない!)

バッグはどこで無くしたのか! バッグの中に人肉が詰め込まれていたのか!
男の絶叫は何に対してなのか!
犯行の露見を恐れたのか! 人肉を味わう前に無くしたことによるのか! 呵責の念によるものなのか!
文中に細かい指示はあるものの、以前よりも悪くなったような気がする!

主人公の行動原理がわからないト書きだった47点!(`・ω・´)

465 :よろしくお願いします。:2011/05/13(金) 07:44:22.60
お世話になっています。一番上の「ナウマン象」という作品です。よろしくお願いします。
http://abcd9070.blog10.fc2.com/

466 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 11:02:26.19
 騒がしい怒声と共に目が覚めると、バス停の待ち合い椅子で寝て
いた勇者は、ゆっくりと体を起してあくびをした。そして辺りを見
渡す。エジムンドの町は夜だった。
 夜のネオンは激しく勇者を照らす。赤や青、緑、だいだい色など、
さまざまな光色のネオンが、勇者の顔色だけでなく街を彩り変化さ
せた。レザーを駆使した造形アートはみごとで、宣伝看板の中で人
が躍っている。

 「姉ちゃん。可愛いね」とチンピラ集団だろうか。女を取り囲ん
でいた。勇者は目を擦りながら、相変わらず眠そうにだが、事の次
第を把握しようとしていた。美少女が危険な状況に置かれていると
したら、勇者としての使命に果たす必要があった。ことによっては、
助けた恩でお金を獲得にすることさえできる。いわば千載一遇の大
チャンスである。

 「おい! なんだよその目は!」と、まったく冷静な女にイラだ
ったチンピラの1人が怒鳴った。そして彼女の制服の胸元を掴んだ。
その瞬間だった。「ぷぎゃあああ!」という喚きと同時に、大地が揺
れた。ビルのガラスが一斉に割れて飛び散る。建物の高い場所にあ
る宣伝看板も落ちてくる。車道の車はぶつかり合って炎と煙を上げ
た。勇者は椅子から転げ落ちて開いた口を塞ぐことなく茫然として
いた。

467 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 11:03:17.91
 舞い落ちるガラスは桜吹雪のようだった。その中で女、いや美少女
は、腰を抜かして椅子から落ちた勇者を見ながら笑っていた。チンピ
ラ達は跡形もなく肉片となって飛び散り、路面は赤く染まっていた。
 彼女は勇者に微笑みながら近づいてきた。勇者は危険を感じて逃げ
ようとしたが、腰を抜かしているためか、立ち上がることができない。

「君。変な鎧きてるね」と微笑んで彼女はいった。
「あ、あ、命だけ……」と勇者は必死で返答するが、もはら言語は微
塵に分解されており、焦りだけが手に取るようにわかる。
「ごめんね。びっくりさせちゃった。怒ると超能力が発動しちゃうん
だよね。あたしの名前、プギャア。秋吉プギャア」と名乗った。だが
もはや聞く耳などない。死に直面した勇者は、悶え震えて恐怖し便漏れ
していた。

468 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 12:21:29.34
主って「檸檬」とか理解できてるか?

469 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 13:06:58.94
>>468
仮に出来て無くてもいいじゃんか
君にとって此処のレベルが低いものあると感じられても、
わざわざスレを荒らす必要はないんじゃないか?

470 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 16:44:53.09
 プギャアと名乗る少女に深夜の公園に連れて来られた頃には
、公園にある時計台は0時を指していた。夜空に散らばる星星
を眺めながら、半身全裸の状態で噴水のベンチに腰掛ける勇者
は、変質者以外には何者にも見えない。本人も分かっているら
しく、空を見上げながらも時に周りを気にしてキョロキョロと
何かに対して警戒しているようだが、無論それが巡回中の警官、
あるいはそれに準ずる人影であろうことはいうまでもなく察す
ることができる。

 汚物でよごれてしまった身体を噴水で洗い流した直後らし
く、勇者の太ももは、ときよりキラリと輝くことがあった。
月明かりは、勇者の強靭な筋肉としなやかな身体を噴水の水
面が微かに映し出していた。

 「ごめーん! 待った!」と陽気な声と共に、美少女が現
れた。片手には袋を抱えており、『ジーンズメイト』と書か
れていた。深夜営業をしている洋服屋の名前だろうか。勇者
に袋を渡すとすぐさま勇者は乱雑な開封行為でひらいた。

 中には『リーバイス501』『プーマのスニーカー』『三
足1000円の靴下』とブリーフなど、下着類などが入って
いる。そしてなぜか、レモンが1つ入っていた。勇者は顔を
ややほころばせながら、パンツ履き、ジーンズを取り出すと
転びそうになりながらもピョンピョン跳ねて強引に履いた。

 「あ、ありがとう」と勇者は言葉を詰まらせながら感謝を
伝えた。

 まともな一般人の服装になった勇者に、勇者だという面影
はなかった。そこらの代ゼミや駿台、河合塾などに通う予備
校生と変わらない外見は、威厳もへったくれもないうだつの
上がらない浪人生のようだった。

471 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 16:46:32.46
 「はい!」と彼女、いや秋吉は勇者にレモンを渡した。勇
者はその行為の意味をさぐることもなく素直に受け取ると、
レモンを頬にあてた。未だに震えの止まらない身体と激しい
興奮で生じた体温上昇が、沈静化していく感覚を感じている
のだろうか。勇者に冷静さが戻り始めたように見受けられた。

 レモンのほどよい冷たさは、勇者のラジエーターとなって
オーバーヒート気味の体温を冷却していき、はたや夏のベラ
ンダに垂れさがる風鈴のように、心を和ませくれた。

 しかしこの超能力少女に心を許すことはなく、警戒を怠る
ことはない。

 「あの〜、その秋吉さんは――」
 「プギャアでいいよ」とプギャアは話始めの冒頭でつっこ
んだ。
 「そのプギャアさんは――」
 「さん付けなんてやめてよ」とまたも話を折る。笑顔だっ
た。純粋な笑顔だった。が、数時間前に町を破壊し、罪のな
い人を巻き添えにしてチンピラ達を瞬殺した事実が変わるこ
とはない。むしろその笑顔が勇者の見た映像を再び呼び戻す
のであった。

472 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 16:47:17.82
 「ねぇ君。とりあえず逃げないと」とプギャアはいった。
だが腰が抜けて立てない。いや勇者は死に怯えて彼女が差し
出す手に触れることさえできない。町はサイレンが鳴り響き、
人々の悲鳴は荒らしとなって飛び交っている。プギャアが起
した衝撃波なのか、水素爆発なのか、はたまた地震なのか、
いやなんなのか分かるはずもないのだが、そこは惨いもので
ある。

 勇者の顔は、チンピラ達の血で染まったのか不明だが、赤
かった。血の匂いは鼻を塞ごうとも侵入してくる。車道を走
っていたはずのトラックが向かいのビルにペンキで書かれた
アートのように立体感を失って食い込んでいる、というより、
貼りついていた。

 勇者は目の前の美少女が怪物であると断定した。勇者の使
命。それは今まさに目の前にいる秋吉プギャアと名乗る少女
を倒すことではないかと思考する。が、たとえ今ここで刃を
向けても意味はない。いや賢くない。もっとも銃刀法所持違
反で最強の剣は、現在交番にある。よって攻撃手段を持たな
い勇者は美少女に従うことにしたのだった。

 レモンをかじると、やたら酸っぱくて勇者の顔は現状と同
じようにしわくちゃになっていった。

473 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/13(金) 22:44:59.32
>>465
ナウマン象は実際に存在していて主人公が家に持ち帰ったように思える!
洗濯物と一緒に象をバルコニーに干していたが学校から帰るといなくなっていた!
そのいなくなった説明の箇所が、まるで理解できない!
知らないものは存在しないことに等しいのはわかる!
僕らがナウマン象の復元モデルに等しいことはわからない!
ナウマン象がいなくなったことを『そういうことだ』で片付けた意味がわからない!

主人公がナウマン象の実物を目にしていない状態で第三者から自宅のバルコニーに干してあることを耳にする!
急いで裏庭に回ると象はいなかった! 確固たる情報ではないので存在しないに等しいという理屈が通り、
そういうことだ、で纏めてもおかしくは思わない!

天文部の部長が自分の所属するクラブに誘うことはおかしくない!
反対に陸上部でもいいと考える主人公の方がおかしいと感じる!

日本語の意味が読み取れないので作品の評価はできない!(`・ω・´)

474 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/13(金) 22:45:40.22
>>466-467>>470-472
>勇者としての使命に〜
(『に』は『を』の方がよい!)

>もはら言語は微塵に分解されており
(もはや!)

>便漏れしていた。
(脱糞でもよい!)

>とまたも話を折る。
(話の腰を折る!)

推敲されていないのか、文章がぎこちない!
レモンで熱を冷ますくだりはオマージュにも見える!

助詞の使い方に気を配った方がよい54点!(`・ω・´)

475 :ありがとうございました。:2011/05/13(金) 23:04:32.31
>ぷぅぎゃああああさん
ありがとうございます。
まさか点数がもらえないレベルとは。少なからずショックでしたが、まあまた出直してくるのでそのときはよろしくお願いします。

476 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/13(金) 23:12:21.88
だははははは
点すら付かない奴やら50点台とかw
自分より点が低いのを見るのは愉快痛快

477 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 00:18:35.04
>>463
評価ありがとうございます!
言われてみるまで気付かなかった穴が沢山ありました。
今後の作品の参考にさせていただきます。

478 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 01:39:17.35
評価されなかった>>465を俺が代わりに評価。
村上春樹の象の喪失のパクりか。
オリジナリティがない劣化コピー。60点くらい。

479 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 01:43:04.17
>>478
自演乙

480 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 02:07:31.32
これは流石に自演乙

481 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/05/14(土) 02:30:16.08
まったくだ

482 :465:2011/05/14(土) 06:18:36.50
>>478
オリジナリティがないのに60点をもらってもいいのかわかりませんが笑、ありがとうございます。
仰るとおり最近村上春樹を読み漁っていてかなりインスパイアされています。
だけどこの文体、けっこう苦痛なんですよね。いろいろと試行錯誤してまずは自分に合った文体見つけます。

483 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 13:40:40.50
>>482
村上インスパイアは吐いて捨てるほどいるし、
下読みはどういう文体を読むのに君以上に苦痛を感じている。
頑張れ!

484 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 17:45:57.73
>>483
そういうお前はそんな日本語で大丈夫なのか?w

485 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 19:14:39.30
村上インスパはゲロだと言いたいんだろ

486 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 19:26:37.55
インスパイアの意味も分からんウンコ共が

487 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 20:14:55.61
>>484
煽りだと思うが
×どういう
○そういう

くらいわかれw

488 :484:2011/05/14(土) 20:17:03.14
>>487
え……そこ?
いや、もういいわ

頑張ってくれ……

489 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 20:50:29.60
>>488
煽った以上具体的に添削してやれよ

490 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 20:52:44.44
>>489
才能無し! 永劫ワナビ決定!!

491 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 21:00:48.46
指摘も何もただいちゃもんつけただけだから
具体的に言えるはずもない

492 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 21:01:29.70
>>489>>491

493 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 21:01:45.63
早く謝れよ

494 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 21:04:43.09
辞書厨は聞きたがり屋

495 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 21:07:11.77
辞書廚がすっかり定着しつつあるwwww

496 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 21:09:28.63
>>484

497 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 21:10:52.25
辞書廚ってなに?

498 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/14(土) 21:29:47.05
もっと罵りあえよ

499 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 21:34:32.76
でた
ストーカーオヤジ

500 :484:2011/05/14(土) 21:51:17.64
具体的も何も>>485が答え書いてるだろwwwwwww

あまり笑わせんなwwwwwww

釣り宣言してもいいぞwwwwwwww

501 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 22:24:47.64
釣りですた^^

502 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 22:41:35.05
最近荒れてるね
ワイさん避難所でも作れば?

503 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/14(土) 23:31:45.56
余計なお世話だって、ワイさんが言ってる。
今?
俺のマンションで、ホットワインにバター溶かしたやつ飲んでるよ。

504 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 23:57:36.88
オヤジのネタ古っ

505 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/15(日) 00:23:37.53
腐った寿司ネタ食って下痢で1センチになれ
>>504
お前だよお前。

506 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 00:45:56.46
カマはごはんに帰れ

プッ
うまいこといったw

507 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/15(日) 00:48:03.73
ちょっと笑っちゃったw

つーかそんなことはどうでもいいから、誰か投稿しろよな

508 :465:2011/05/15(日) 07:33:57.85
>>483
ありがとうございます。精進します。

509 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 18:44:47.84
それは立派なスレだったと思う。
よく評価のレスが書きこまれていたし、正義感に溢れていた。でもトレンディーではなかった。
僕はワイスレのURLをブックマークに突っ込み、コーヒーをもう一杯飲んだ。
僕はワイスレのことを考えた。生まれながらにdat落ちの影に覆われたあの不幸な
ワイスレのことを。ワイスレにこの時代を乗り切れるわけがなかったのだ。
「保守」と僕は声に出して言ってみた。無意味で馬鹿馬鹿しい。どうかしてる。

510 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 18:49:55.78
トレンディーw
おまえ、ネカマオジサン?

511 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 19:11:51.12
http://ncode.syosetu.com/n2984t/
こんにちは。まだ序盤だけなんですけど、見てもらっていいですか…。
よろしくお願いします。

512 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 19:29:45.32
>>510
村上春樹も知らない馬鹿が居ることに驚いた。

513 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/15(日) 20:13:59.26
>>511
慟哭の評価!

>夕刻の街闇
(夕闇ではいけないのか!)

>服は一人じゃどうにもならない。
(地の文が口語体になっていた!)

>心の表情
(微妙な言い回し!)

最後は言葉の装飾が過多に見えた!

静かな流れでいつまでも止まらない悲しさもある70点!(`・ω・´)

514 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 21:58:11.59
>>512
池沼乙

515 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 22:11:55.73
>>513
ありがとうございます!

>(夕闇ではいけないのか!)
夕闇がよさそうです。読み易いですw
ここはなんとなく下手なままで残しておきます。

>(地の文が口語体になっていた!)
ありがとうございます。直しました。
勉強になりました。

>>心の表情
>(微妙な言い回し!)
あああ……w
マジで「心の表情」以外思い浮かばない、そんなセンスでした…

>最後は言葉の装飾が過多に見えた!
過多って恥ずかしくなりますね……
あっさりでも良いと心得ました!

>静かな流れでいつまでも止まらない悲しさもある70点!(`・ω・´)
そんな感じのも書けたら嬉しいです。ありがとうございました。

あの、すいません。わいさん
あとの二話もご評価お願いしたいです…
序盤とか言ってわかり辛くてすいません。

516 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 22:17:13.68
>>513
やっぱり夕闇の方がかっこいい……

夕闇に直しましたw

517 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 22:27:57.54
三人称はいいよなw括弧いいって響きだけで言葉回し選ぶんだから
まあ本当三人称でもそんな選び方ではダメだと思うけどね

一人称の場合はキャラによって言葉回しを気をつけないといけないからなあ
格好良いとか綺麗な言い回しではただただ陳腐になりそうで怖い

518 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 22:36:40.98
音楽や演技と同じだよな
例えばV系バンドや宝塚みたいなのを見て単純に美しいと思う人間がいる反面
過剰な美だと毛嫌いする人間もいる

519 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 22:48:17.05
>>517
陳腐になりそうわかるw
一人でかっこいい言い方で実況してる人になってそうで……

>>518
ぎこちない言い回しの方がひょっとして好感触な人もいるんでしょうか……

520 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/15(日) 22:51:52.97
グズグズ言ってねーでとにかく書けや
プラクティスあるのみやでー

521 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 22:56:08.79
ROMるわノシ

522 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 23:00:10.40
俺は詩あがりだからかもしれないけど
単語自体で世界観が決まるってのはかなり陳腐だと思うんだよ
単語一つが強すぎるって言うのかな、素人の詩をやビジュアル系バンド見てよく使われる言葉は
大半そうなんだけどね
むしろ平坦な言葉の組み合わせほうが今は素晴らしい表現になりえると思っている

523 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 00:04:44.61
>>520
嘘w
ぜったい極端な方に誘導しようとしてるw

>>522
わかります。自分も最近そういう考えです。
やっぱ歌詞とかでそれを強く感じる気がしますね。小説もそのノリでいっていいものかわかんないけど、なんか好きな歌詞の真似をして書いちゃう傾向になってきてます。

524 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 00:14:05.66
なんかきめえ全レスが沸いてるな
雑談は控えた方が良さそうだ

525 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 00:17:04.29
すいませ……

526 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 00:21:16.23
>>519
ぎこちなさを旨く使えば作者の呼吸を伝えることができるぜ!
ところが推敲すればするほどそれが失われて行くのだよ
完璧にしようとすればするほどありきたりな面白みのない文になる
ジレンマだな
俺くらいのプロになると推敲されてない原文ほど重要で大切に保管する
推敲しながら物語を書く奴は素人!全部書いた後、推敲して完成した作品と荒削りな原文を比べると面白い発見をする

∵ 勢いというのは、なぜだが推敲した作品の方が落ちる

∵ 飾りすぎてしまうのもよくあること、しかも作者が感覚麻痺を起して気付かない

プロの意見としてとにかくその平坦な言葉で書いちゃえと言いたいなぁ

527 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 01:01:09.25
>>526
それすっごくわかります!
どうしても自分では荒削りな方に魅力を感じてしまって……
小さい矛盾とか奇妙な文法とか読み辛さとか全部その時の流れという感じがして、大事にしたい気がするんですよね
ほんとジレンマです
長文でありがとうございます。やっぱり平坦な表現でいきます!w

528 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/16(月) 17:48:08.20
間宮の夜の評価!

>「はっ!」
(このあとに説明文が挟まってゆっくりとした展開になっていた!
 圧縮した空気が押し出されて前方の物体を巻き込んで緩やかに破壊していったのか!)

慟哭と何の関連性もない上に一人称! 短編集かと思った!

主人公の身の上に起こっている事象がわからないので内容はいいとする68点!(`・ω・´)

529 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/16(月) 17:50:31.97
オレンジデイの評価!

人称や視点の切り替えに意味があるのか!
最初から間宮の視点の一人称で始めてもいいかもしれない!
時間を戻して水島雫の体験したことを自分に起きているかのように追体験させてもよい!

神に等しい力の顕現で物語性が薄まってきた66点!(`・ω・´)

530 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 17:51:08.37
ワイさん、いま評価してくれるのかい?

531 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 21:32:34.00
どうしてスレッドを保守するの?と彼女は訊いた。
「さあ、よくわからないな。でも保守は日課みたいなものだから」
日課みたいなもの、と、彼女は僕の言葉を反復した。
世の中には、よくわからない日課というものも確実に存在するのだ。
それは丸まったまま眠る魚のようでもあるし、ツバメの如く空を飛ぶ魚のようでもある。
けれども、そういう存在を、頭から存在しないと決めつけてしまうのは間違いだ。
たとえばハイギョという魚は、その名の通り肺で呼吸をすることができる。
レピドシレンとプロトプテルスは乾期なって水が無くなっても、次の雨期まで地中に
もぐって夏眠することができる。熊の冬眠のようなものだ。
だから結論から言えば、丸まったまま眠る魚は、実際にいるということになる。
そんなふうに、世の中には想像を超えた出来事があるのであって、
たまたま僕がワイスレの保守を担当することになったとしても、そんなことは
ほんとうに些細な偶然に過ぎないのだ。
あるいは、ツバメの如く空を飛ぶ魚も、実際にいるのかもしれない。
「保守」
僕は専用ブラウザの送信ボタンをクリックし、スレに書きこんだ。

532 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 21:49:13.37
「保守するんだよ」と男は言った。
「なぜ保守するのかなんて考えちゃいけない。とにかく保守し続けるんだ。
それがスレッドをdat落ちから守る唯一の方法なんだ」
「でも、僕の前にも保守してくれている人がいるようだけれど」僕は反論した。
「それは、信頼という甘い罠だよ。たとえば君がそいつを信頼するとするだろう?
そうすると君は保守をしなくなる。スレッドがそのまま存在し続けるような錯覚に
陥るんだ。でも、ある日、そいつはスレッドのことなんてどうでもよくなって、
保守を止めてしまうかもしれない。それは来年かもしれないし、明日かもしれない。
君は裏切られたと思うだろう。でもそうじゃあない。信頼すること自体が間違い
なんだ。全て、最初から最後まで、自分の手で行わなくちゃあいけないんだよ」
「オーケー。分かった。僕は何も考えずに保守をする。それでいいんだね?」
僕は訊ねた。そうだ、と男は言った。
「保守」僕は意味なんか考えずにスレッドをageた。でも、ワイスレ住人はどう
思うだろう。彼らは僕を許してくれるのだろうか。僕には分からなかった。

533 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 22:01:08.64
ぽっぽの師匠れつだん先生の最新作!
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20110516000024

534 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 22:07:24.31
「保守をするということは」車椅子の老人はそこで一端言葉を切った。
「崇高な行為なんだ」僕の目には、老人の眼は狂気に染まっているように見えた。
「誰もが過疎板だからと次のレスを首を長くして待って過ごしていたら、
そのスレッドは確実にdat落ちしてしまう。過疎板の問題はそれだ。見えないところで
走っているスレッド圧縮処理は、僕らのスレッドの重要度なんかおかまいなしに
スレッドをdat落ちさせる。僕らは保守をすることで、その摂理に反逆しているんだ」
男の言っていることは尤もに思えた。保守するとい行為が崇高かどうかはさておき、
書き込みの無いスレッドはdat落ちする。価値のあると思ったスレッドには、しかるべき
保守が必要とされるのだ。車椅子の男は、僕の瞳をじっと見ていた。あるいは
僕の保守人としての資質を、見透かしていたのかもしれない。
残念ながら僕は保守することができない、と老人は言った。あまりにくたびれていたし、
キーボードをうまく操作する技術も持ち合わせていないようだった。
だから僕は老人の代わりに、「保守」と書きこんだ。老人は感極まって泣きだした。
それで、僕は老人が、いくつものお気に入りのスレッドをdat落ちで無くしてきたことを悟った。

535 :秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/16(月) 22:08:01.09
誰だよ、ぼっぼってw

536 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 23:24:34.02
新参乙

537 :秋吉凉 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/16(月) 23:29:45.43
まもなく新作を投稿するからワイさんよろしくね!
他の雑魚どもとは格が違うってことを見せつけてやるぜ

538 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 06:03:16.07
>>528
ありがとうございます(涙)いつもいつもすいません。

> 圧縮した空気が押し出されて前方の物体を巻き込んで緩やかに破壊していったのか!)
詳細に書いたらやっぱりゆっくりに見えるんですね。
ありがとうございます。凄くわかりました。

>>529
>人称や視点の切り替えに意味があるのか!
やっぱ混乱するんですね…短編集かと思われるとは…

最初から間宮の一人称、水島の体験を追体験、なんか、そんな風に自由に書くものなんですね。楽しそうです。
頭を柔らかくしてもらった気がします。
またとてもお世話になりました。ありがとうございました。

うわああああ!!!
また80点取れなかった!
発狂寸然です!

539 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/17(火) 06:20:37.37
>>531
よくわからない日課の例えがしっくりこない!
実在する珍しい魚の生態! それに比べればスレッドの保守は珍しいことではない!
その部分を強調する目的で用例として使われていた!
行為の比喩ではあった! よくわからない日課の比喩ではなかった!

蘊蓄が活かし切れていなかった62点!(`・ω・´)

540 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/17(火) 06:22:38.47
>>532
僕と男の関係はわからない!
どのような場所で話し合っているのかも不明!
考え方は面白い! 普通の話の切り口ではなかった!

よく考えられた話なのかもしれない67点!(`・ω・´)

541 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/17(火) 06:23:54.51
>>534
>保守するとい行為
(脱字がある!)

老人の言葉が若々しい!
そのせいで僕の言葉と混ざる!
使い分けが不十分と言える!

柳の下のドジョウにも限度がある58点!(`・ω・´)

542 :1/2:2011/05/17(火) 08:42:45.48
「マジか」
 タチバナは信じられないといった表情で呟いた。
 私も同様な顔をしていたことだろう。まさかと思った。
 中学卒業から約十年ぶりに再会したタケシタは、全身をサイボーグ化していた。
「ビックリシタダロ」
 機械的な音声を放ち、鉄色の表情をぎこちなく動かして笑顔を作ると、タケシタはテーブル
につく。
 私たちは居酒屋にいる。呼び出したのはタケシタだった。
「でも、どうして?」
 お品書きに目を落として注文を選びながら、私はたずねた。
「飛行機ノ墜落事故ニアッテナ……」
「そうかあ。大変だったんだな」
 命を存続させる為には仕方ないものな、と私は腑に落とした。落とそうとした。
 だが──
「俺は認めないぞ」
 タチバナは厳しい口調で首を振った。
「サイボーグは認められない」
 とたんにタケシタの目が青色になる。
「タチバナ、お前もしかして」
 タチバナは俺に視線を返した。
「ああ、そうさ。反機械活動家だよ」

543 :2/2:2011/05/17(火) 08:43:52.87
 反機械活動家──日々この世界に増長する機械たちに懸念を抱く者たち。
 思えばタチバナの父親も熱心な活動家だった。
「おじさんの遺志を継いだのか?」
「親父は関係ない。俺は俺の意志でこの道を選んだんだ」
 気まずい空気が三人のあいだに流れる。
 なんとかしなくては、と私は考えた。せっかく仲間が十年ぶりに再会したのだ。笑って過ご
したい。
「そうだ」
 私の中にアイデアが浮かんだ。
「これから浜に行かないか?」 時計を確認しながら提案する。十七時半。少し遅いが、昔は夜遅くまで遊んだものだ。
 日が暮れてあたりが暗くなっても、かき集めてきた木の枝やゴミでたき火なんかしたりして。
あの砂浜が私たちの最高の遊び場だった。
「ああ、良いな」
 タチバナも同意してくれる。昔の気持ちを思い出してくれたのだろうか。
「ゴメン」
 タケシタが拒否した。
「錆ビルカラ無理ダ」
 アルバイトの店員が注文を取りに来た。

544 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 08:45:26.85
準備体操のつもりで、いま即興で適当に書いたものです
よろしければ評価お願いします

545 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 12:40:11.46
>>532みたいな作文が67点はどう考えてもおかしいだろ。
ワイさんもっとしっかり評価w

546 ::2011/05/17(火) 18:11:40.55
 私の前で彼が倒れた時、私は湧き上がってくる興奮が声となって駆け巡るのを止められなかった。
 私の手にはミネベアM82、通称ネオナンブが少し暖かくなって握られていた。
 この銃はWW6の時に軍国化した日本の象徴とも言われており、特にその先祖帰りしたフォルムと飛躍的向上を遂げ、WW6中最高の精度を誇る拳銃とまで呼ばれ、
かの侮蔑すべき米国の卑劣なるスーパーマン精神にとどめをさし、旧世代では後進国と言われた国々の誇りと自治を取り戻した英雄と言われる位に評価されていたのである。
 彼の死体を前にするととりとめのない事が頭を駆け巡る、雲につつまれたように心地いい、かのWW5の英雄ジークフリートの自伝にも
「我々を蹂躙していたポーランドの鼻っ面をへし折り、勝利を確信した。その時私には至福という感情が空から降り注いで来たかの様に感じられた。
 我々を包囲しつつある敗残兵は気にもならなかった」とあった、これが至福という感情なのだろう。使命を達した私にはわかる。
 偏屈なヘンシェルは最後まで私を止めていた、それが何になると言って私が旅立つその時も叫んでいた。私は彼を高く評価し友人としても親愛の情を持っていたが故にそれが不愉快だった、だが今はそんな事も許してやりたくなる。
この快感の中では、誰もが踏みにじられた神、キリストになれるだろう。
 よく磨かれた革靴、上等の生地で作られたらしく爽やかな青のズボンと、スーツ、彼がこれから永劫自慢する市松模様の紫ネクタイ。
 それらにインパクトを加えた、額から流れ出るなだらかな赤い川、私の父は今正にここで死んでいる。
 彼はこれから世界を揺るがす第二次亜欧大戦において双方に無為な死者を増やした大罪人だ。いや、だったと言うべきか。

547 ::2011/05/17(火) 18:12:37.60
 彼のもたらした武器は、同じく彼のもたらした兵器によって打ち砕かれ、それも彼が薄利多売の精神で放出された兵器で乗り越えられる。彼一人の利益のおかげで数万とも数億とも言われる人間の命は星となっていったのだ。
 そして彼は母にも辛く当たっていた、今思えば良心の呵責から逃れるための逃避行動だったのだと分析は出来る、だが彼はもう死んでいる。
 時間移動のパラドクスを解消するため、そして悲劇を少しでも減らすため、そしてなにより私の恨みつらみによって彼は死んだのだ。
 ある哲学者は言った「時間遡行して親を殺そうとしても、因果律の働きによってそれは阻止されるだろう」
 ある哲学者はこう唱えた「矛盾が発生する様な装置は存在すら許されないだろうし、完成もしないだろう」
 私の上司はこう謗る「お前らの夢物語に付き合ってるこの会社がどうかしてるね、一番どうかしてるのは乞食みたいなお前らだけどな」
 ところがどうだ、私は今ここで確実に父の息の根を止めた、歴史は変えられるのだと立証された。歴史の捏造も思うがまま、負けた戦は勝ち戦に、腐敗する政治家はその前に暗殺され、大工の息子は大工が死ぬ事で厩で産まれる事を妨げる事が出来る、どんな事でも出来る。
 全能感に支配された私は、視界が揺らぐのを感じた、淡く儚い黄緑色の光が未来の父の死体を覆っていく、目をこらそうとしても、力が入らない、これはなんだ、そう考えようとしても頭が働かない、ぼんやりと靄がかかった様に思考が散在していく、
偏屈なヘンシェル、不埒な和田、卑劣な新藤、尊敬すべきミヒャエル、私の人生の重要人物が浮かんでは消える、これは走馬灯なのか? なんだか眠くなってきた、意識が遠のく、まぶたはこの重大局面で私に反旗を翻す、このまま開いていろ、閉じるな、開け……

548 ::2011/05/17(火) 18:14:15.41
 目が覚めるとさっきまでの多幸感はどこにやら、私はすっかり落ち着いていた。あまり時間は経ってないように思えた
 ふと見ると倒れていたはずの死体はどこにもなくなっている、あの光に包まれて消えてしまったのだろうか。
 背後からノックの音が響く、恐れる事はない、事前に雇っていた掃除屋だろう。とんだ無駄足を踏ませてしまった、まさか因果律が掃除をしたとは言えまい、金だけ渡して帰らせてやろう。
 「入れ」
 短く返事をしてドアを開けてやる、ドアの向こうにいた者の姿を見て私は驚いた。
 ドアの向こうにいたのは私の母だった、写真でしか見た事のなかった若かりし頃の母がそこにいた、幼い頃社内結婚という言葉が理解できなかった私だが、今彼女がここにいるという事でようやく実感と共に理解できた。
 「……どうしました? 私の顔に何かついてますか?」
 何か違和感を感じる、彼女の笑顔が親しい者に向ける愛嬌のあるそれだからだ。
 まさか親子の絆というものでもあるまいに、何故初対面であるはずの私にこんな親しい笑顔を向けるのか、そして掃除屋はどこにいったのか、先程の光は何か、様々な憶測が頭の中を駆け巡る。
 が、ここは場をつないで落ち着いて考えられる場所を確保すべきだ、適当な事を言ってごまかそう。
 「あ、失礼、社長にアポを取った坂崎と申しますが、社長がいらっしゃらない様なのでこちらで待たせて頂いてたのですが、急用が出来たとの事なのでお暇させて頂きます」
 急場凌ぎでちぐはぐな所もあるがもう二度と来ない場所だ、知った事ではない。



549 :4、終了:2011/05/17(火) 18:15:04.76
 「あら、何を言ってるんですか社長」
 ……彼女は何を言っているのだろう。
 「相変わらず突拍子も無い事を言うんですね、さあさハンコを押してもらう仕事はまだあるんですから、お席について下さい」
 私が社長? 社長は死んだ父のはずだ、私の代ではすでに潰れているはず。
 だがそんな些細な疑問も、すぐに解決した。
 私の足元、よく磨かれた革靴、爽やかな青色のスーツ、市松模様の紫ネクタイ!
  「……そうか、それもそうだな」
 私の喉から勝手に声が出て行く、足が勝手に動いていく、尻が椅子の上に乗っかり椅子にわずかな悲鳴をあげさせる、手が印鑑を握る、脳が書類の内容を理解する、自由なのは私の思考だけ。
 「さて、そろそろあのテロリストの顔も見飽きたな、次は白人どもに売りつけてやろう」
 私はそれが成功する事を知っている、だがどうする事も出来ない。
 私は理解した、タイムマシンのパラドクスの正答を、だがもう遅い、この答えは私にしか理解されず、また私が理解する頃には手遅れなのだ。

550 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 21:15:32.58
>>546-549

せっかくですがつまらないですね
最初の銃の解説まるでいらないじゃないですか

551 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 21:16:33.13
ウンコれべる

552 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 21:17:04.44
長々書いただけの骸骨

553 :よろしくお願いします。:2011/05/17(火) 21:18:13.95
一つの物語を書き終わらせずに次々と鞍替えしてしまうのは本当はだめなのかもしれませんが(むしろここで意見をもらって次はこういう物語を書いてみようと思うので悪いとは思っていませんが)、よろしくお願いします。
一番上の「森」という作品の掴みです。
http://abcd9070.blog10.fc2.com/

554 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 21:20:47.98
>>553
うわー……
本当にこういう奴いるんだ

555 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 21:58:34.30
人に読んでほしいって気持ちがあるなら、せめてもうちょっと読みやすいように改行しようか……

556 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/17(火) 22:15:49.82
ワイさんも苦労が絶えないな。
荒行としか思えんわ。
>>553こういうドカスのブサイク小説も読まされるんだからな。

557 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 22:23:50.46
いやこれブログだから改行コードがアップの時に落ちるんだろ
shift-jisで作っててさ
許してやれよ


558 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 22:27:14.18
自演キッタァ――――――――!!!

559 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 22:27:53.28
>>556
ゴミコテにしてはまともなこというじゃねえか

560 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/17(火) 22:31:57.51
ああん?ゴミコテだあ〜?
クソコテのがいいな、ぼくは。

561 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 22:45:31.14
>>557
何言ってんのお前

562 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 23:06:57.45
どうみても自演ですがなにか

563 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 00:18:11.83
http://book.geocities.jp/maki_takazyou/DAN.html

原稿用紙35枚の長い作品ですが、
ワイさんの気が向いたら一読お願いします。

長文を読む気力がなく面倒なら無視してもらって構いません。
よろしくお願いします。

564 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/18(水) 00:24:49.78
アリのURL貼ればいいのに。

565 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 00:37:48.07
これからアリ以外はスルーにするか

566 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 00:40:04.30
おk

567 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/18(水) 07:08:54.81
>>542-543
タケシタが居酒屋に呼び出していながら最後に席に着いたように見える!
目が青色に変わった! 反機械活動家との因果関係はわからない!
海で錆びる程度のサイボーグが居酒屋で飲食が可能なのか!

ギャグ要素を秘めたままで話は終わった62点!(`・ω・´)

568 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/18(水) 07:10:23.58
>>546-549
厩は小屋のことなのか! 大工と馬小屋の関連性がわからない!

>何か違和感を感じる
(見栄えはよくない!)

丁寧に書かれていた!
過去の父親を撃ち殺すことで自分がその人物に成り代わる!
更には近親相姦の果てに産まれた子供が大人になって自分の命を狙いにくる!
その輪の中にいる主人公は何人目に当たるのか!

落ちの説明に文章を多く割いた為に面白味のある裏の設定が目立たなくなった69点!(`・ω・´)

569 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/18(水) 07:12:01.17
>>563
今日中には読破する!

570 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/18(水) 07:33:32.81
>>553
>〜這い出しているの見かけても
(『を』が抜けているように見える!)

>前兆はあったのだ、とナオキは思った。
(冒頭の一文は不要に思える! どれ程の事態に巻き込まれても主人公は生き延びる! 緊張感が薄れた!)

『ナオキ』と『思う、思った』が文中に多い!
前半は三人称一元視点! 途中から一人称の度合いが強くなった!
最初から一人称で物語を展開させた方がよかったように思う!

書き急いでいるように見える63点!(`・ω・´)

571 :やっちゃん ◆.7pMAIcjuM :2011/05/18(水) 08:24:34.00
>>560
秋吉秋華 クソだ!コテ に 捧げる

ンペポコ海の合理

自分に対して、自信がなくって困ってて、


そこで二つゴミコテージュ

572 :553:2011/05/18(水) 09:36:30.88
>>570
ありがとうございます。早速の批評、感謝します。

『ナオキ』の部分はたしかにくどいかもしれません。
適度に代名詞に置き換えるなどして添削します。

「思う」「思った」もたしかに。「〜た」で終わる文が多く、そこを注意して読み返してみると全体的にリズムが悪く感じました。
指摘に沿って修正させてもらいます。

書き急いでいるように思われるのはひとえに自分の力不足ですね笑
これが今のおれの文章力だと思うので。落ち着いて一つ一つの文を書いてみます。

573 :やっちゃん ◆.7pMAIcjuM :2011/05/18(水) 09:44:43.22
批評に感謝してはアカン!

書いてないんだから。

愚痴だ!ただの。

批評という言葉を抹殺だ!家畜コロス前に!!!!

よし、おはよう

574 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 18:23:21.55
>>563
・スクールカーストについて、もっと勉強した方がいい。
・高校生(特に生徒会)の喋り方が気持ち悪い。そんな喋り方の学生はいない。
以上、素人が読んだ感想でした。

575 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 18:30:57.56
素人が生意気だな
うせろ

576 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 19:00:03.06
某有名文学賞三次落ちの素人でした、失せます。

577 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 19:07:56.70
恥知らずなド素人さんね

578 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 19:35:50.58
ワイ様に謝罪すべきだな。

579 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 20:38:52.85
素人はカスなりに賛美だけしてろよw

580 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 21:05:54.10
「某有名文学賞三次落ちの素人でした」
「某有名文学賞三次落ちの素人でした」
「某有名文学賞三次落ちの素人でした」
「某有名文学賞三次落ちの素人でした」
「某有名文学賞三次落ちの素人でした」

581 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 21:12:45.27
『某有名文学賞三次落ち』とってもカッコイイ肩書きですね(笑)

582 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/18(水) 21:14:20.44
>>563
>街角の白い街灯がとても優しかった。
(次に街灯の描写があるので省いてもよい!)

>僕はクラスメートからのネガティブな視線から逃避するために机から立ち上がり
(『から』の連続で見た目が悪い!)

>「だからキミにトモダチとしておねがいがあるだよねぇ」
(脱字がある!)

>「あなたの、人を支配していることを見せびらかすで〜
(脱字があるように見える!)

>違和感を感じます。
(口語体なので不問とする!)

>同時に痛覚を感じた。
(痛覚は痛みでよい!)

>僕を手のひらで殴ったのだ。
(手のひらは叩いた方がよい!)

583 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/18(水) 21:15:26.82
主人公が副会長を愛していた! 愛情を深める話はなかったので面食らった!
高校生同士が結婚しているように見える! 翌日、三人は教室で昼食を取っていた!

>〜もとの静寂を取り戻したに見えた。
(脱字があるように見える!)

>「ひとりだと日光浴さえ出来ないでしょ」
(日光浴に人数は関係ないと思う!)

現在と過去を行き来する構造は非常に読み辛い!
最後の川の場面は何時の話なのか! 副会長に好きな人を尋ねているので過去の話に見える!
会話文で行動の説明が長々と続く! 高校生らしくない言葉遣いには違和感がある!
三人の仲が均等に深まるようには思えない! 恩寵の漢字は大仰が過ぎる!
文中にかなりの数の重複を目にした! 指摘はしないが気を付けた方がよい!

現在と過去が入り混じって内容までおかしく見えた54点!(`・ω・´)

584 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 21:34:33.75
はいはい

585 :563:2011/05/18(水) 22:22:26.87
>>574さん、ワイさん
ご拝読ありがとうございました。
駄文に目を通して頂いて恐縮です。
細かい指摘ありがとうございます。
53点取れるとは思ってもいませんでした。
スクールカーストや喋り方、誤字脱字や構造を良く考えて改稿してみます。

586 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 22:31:27.96
拝読は謙譲語!

587 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 22:34:09.90
>>585
バカスwwwwwwwwwwwwwwwwwwただの素人かよ

588 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 23:08:57.82
才能を伸ばすことより、才能がないことに気づくほうがむずかしい。

589 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 23:29:37.24
デビューする前は誰でも素人という事実

590 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 00:13:35.02
素人乙^^

591 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 00:37:11.85
気にすんな。
世の中には素人好きのオヤジもいる。

592 :1/3:2011/05/19(木) 09:17:11.22
物語のプロローグみたいな形で書いてみたものなんですが、よろしければ、評価おねがいします。
段落下げのところが改行です。

 日陰に咲いた桜は寂しい。
 低音を響かせながらゆったりと走るバスの座席に背中を預け、ふとそんなことを思う。
大きな図書館の北側に植えられた不運な彼女の姿は、僕の知らない悲しい人生を誰へともなく語っているかのように見える。
音もなく散る花弁に乗せて、偶然に賭けてメッセージを送る。
受け取ったこちらの胸が痛むほどの、悲哀に満ちた物語――彼らの運命を変えて欲しいなんて思いません。でも、知っていてください。

593 :2/3:2011/05/19(木) 09:21:01.10
 風が吹く。
彼女がやっとしたためた、淡い色をした手紙がバラバラになって空を舞う。
何にひっかかることもなく地に落ちる。
非情な靴底に踏まれる。
彼女の思いはどこに届くこともなく、散り散りになって、文節以下に引き裂かれて、暗号以上に読めなくなってしまう。
なのにどうして。
僕は彼女から目を逸らすことができない。
まだ冷たい風に引き千切られた花弁の一枚一枚までを無意識に追おうとしている。
その感覚は共感と言うにはいささか語弊があろうが、同情というにもちょっぴりズレがある。
しいて表現するなら――そう、感動という言葉が最も近いかもしれない。
物事に対する自己の感銘を文字にするありきたりな言葉は、彼女の伝言に対する率直な感想をうまく表せている気がする。
というのも実は僕自身、そのストーリーをどう解釈していいものか、いまだに見当がついていないのだ。

594 :3/3:2011/05/19(木) 09:24:41.07
 悲しい物語には間違いない。
夕暮れの寂とした風景の中、彼女を見送りながら僕は託されたイメージを回想する。
図書館で本を借りた少年。
その本に挟まった一枚の栞。
それから日陰にひっそりと立つ桜の木。
伝わらない意思。
何層にも積み重なった誤解の網。
濾過された末に零れ落ちた純水は、彼にとって何だったのか。
 バスが速度を上げると、彼女は視界の端から流れて見えなくなった。

595 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 10:49:56.18
詩ですね
ちょっとわかりにくいけど
おそらく60点台

596 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 12:25:49.34
よくわからない。50点台と予想

597 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/19(木) 13:25:17.21
何層にも積み重なった ? うーん。

俺はバスが今何キロかきになったような。 


図形された末に、ダジャレにとって隅から目指したその一枚の周知の質問j。

回想するタイトルは、うんこいや 

舐めたいそれからを借りた辰あげる

あげてけ純粋にとって長編とは質問

本音は 見え見え

一言彼女は短編からしたためゴメンよ

598 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 13:42:56.14
>>592
こんな文章でも絵師がイラストつけたりすると、
それなりに感情移入ができてしまうから不思議だよね。
逆に文章だけだと歯牙にもかけられないっていうか・・30点

599 :3/3:2011/05/19(木) 13:50:49.55
>>592ですが、設定としては、桜から聞いた(インスピレーションを受けた)物語を"僕"が書いていく、みたいな形で話を展開させる予定でした。
そこを踏まえると、詩的に書いたので意味深な感じが出ているのではないかと自分では思っています。
ちょいとキザなのは承知ですが(笑)

600 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 14:07:15.45
>>599
才能ないと思うよ。

601 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 14:19:16.38
>>599
酷なこと言うけど、本文載せてもらえる?
一応あたしなりの感想は書かせてもらうけど。

602 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 15:43:21.62
>>599
いや、意味深なところしかないじゃん
実のある個所なんてどこにもない
自己陶酔して書いた、という典型的な悪文

603 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 15:53:51.36
まあいいんじゃない。

散り散りになって、文節以下に引き裂かれて、暗号以上に読めなくなってしまう
上記の文章くどい。
↓この部分不要。
散り散りになって、文節以下に
暗号以上に

暗号というのがこれからの伏線になっていればオーケーだが、これだけでは過剰すぎる。
32点。全文読まなきゃわからんけどね。

604 :592:2011/05/19(木) 16:25:05.99
>>601
すいません、ここだけしか書いてないんです……。赤の他人の目からはどう見られるのかを知りたくて……
>>602
まったくその通りだと思います。
薄々自覚してた悪い癖なんで、これから直していきたいです。
>>603
そうですね……。
確かに長ったらしいかもしれません。

考えてみれば、本文がないんですから中身がないのも道理なんですよね……。自分に甘かったです。

良くも悪くもこんなにレスもらえるなんて正直思ってませんでした。
ありがたいです。



605 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:29:18.54
ただのひやかしかよ
悪質だな

606 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:33:27.47
ちょっと適当に書いてみたとか最近多くね
晒すレベルじゃないって理解してんなら晒すなよ

607 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:38:32.73
叩かれた後の定型句だろ。

608 :592:2011/05/19(木) 17:14:05.07
>>605>>606
そこまで力がこもってないように見られるのは心外です。
現時点で十分酷評されてますけど、やはりそれなりに表現に自信があったので晒してみたのであって。

609 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:36:54.53
>>608
叩かれるのが創作者の宿命なの。
みんな、いままでに散々叩かれてきてるワケ。
だから厳しいことも言ってるのよ。
その覚悟がないなら創作なんてやめちゃいなさい。

610 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:45:11.72
プロでも叩かれるんだから、当たり前と思わなくちゃ。
それで、上達していくのさ。

611 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:52:17.19
叩かれるのは決しておかしいことじゃない。
我慢してあげるのが創作者ってものよ。

612 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:52:48.64
自演乙

613 :592:2011/05/19(木) 17:57:13.87
>>609>>610
いえ、叩かれるのは覚悟してました。
むしろ叩かれるために晒したみたいなもん――というとまたテキトーなもんを晒すなといわれそうですが……。
さっきは言葉が足りませんでしたけど、そこは重々承知しています。
ご忠告ありがとうございます。


614 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:58:35.49
まさか本当に自演だったとは……

615 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 18:00:39.45
創作の道に入って、全力投球した作品がみごとに一次落ちするよりいいんじゃね。
選評が返ってくるだけ。

616 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 18:04:53.23
まあ、あれだ。大事なのは「事実(らしさ)」だ。「根も葉もある嘘」だ。

617 :592:2011/05/19(木) 18:11:04.92
>>614
こんなに自演できれば俺はもっと中身のある話が書けるぜ

>>615
うーん、そうですよね……。
いろんな意見がもらえて嬉しいです。

618 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 18:12:16.17
選評!?


619 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/19(木) 18:12:23.95
評価してくれ!丸か×か。。。。。

620 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 18:17:58.67
これが句読点同士のみの会話風景だ

621 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/19(木) 19:33:17.59
>>592-594
>彼らの運命を変えて欲しいなんて思いません。でも、知っていてください。
(桜の考えに見える! 僕の考えにも見える! 一人称の文章の中で浮いて見える!)

>彼女を見送りながら僕は託されたイメージを回想する。
(バスに乗っている人間が桜の木の彼女を見送っている!)

彼ら、彼、少年、彼女のことを主人公の僕が勝手に想像している内容!
それらしい雰囲気を並べ立てて何も結果が出ないままに終わる!

読み辛い散文だった50点!(`・ω・´)

622 :592:2011/05/19(木) 20:05:00.95
こんな文章も評価してくださって、ワイさんありがとうございます!
それらしい雰囲気を〜のところがすごく的を射てるような気がしました……

これを糧にして精進していきたいと思います。
みなさんありがとうございました。

623 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 20:30:20.87
ぷぎゃさんて割と空気読める人だよね

624 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 22:21:24.05
空気読むというか確実に他人がつけた評価も参考にしてるよね

625 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 22:22:45.57
低評価だったからって言いがかり付けるなよ性格悪いな

626 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/19(木) 22:52:25.27
どうでもいいけど、俺よりも点数低いという事実は受け入れとけ。
愉快愉快。

627 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 22:55:28.90
>>626
いくつだったのさ。

628 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:07:17.82
 とある午後のことと思うのだが定かではなく、いやだから
といってその時間が午前だったはずがないのは、そのとき
の太陽の位置から考えても万人が午後だろうと見当にす
るに違いないからだった。いや勿論、それをやみくもに否
定するのはいささか偏屈な人間と思われかねないと考え
たのもある。だからこそ彼は午後といったのだが、彼女は
否定した。

 11時32分新宿発電車は12時27分に高尾山口へ到着した
。電車がゆっくりと高尾山口のホームに入ると先頭車両か
らかぞえて三つ目の車両では、ただならぬ悲鳴と、罵声と、
号泣とが混じり合って、騒然とした空間を創造していた。

 おびただしい濃くドロドロした血は、車両の天井からひた
たり落ちる。車窓は赤く、車窓の景色は赤く染まって町を不
気味に映していた。床も人の血で染めあげられて、無論、
乗客も赤く染まっていた。そして血の匂いで充満した車両
に点々と足や手、内臓やら、骨やら、あらゆる人の部位
が落ちており、もっとも眼球の飛び出した顔面と脳みそが
ドロリと漏れる頭で構成された顔の部位というべきだろう
が、それが人だったと断定することもあやしい状態である。



629 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:07:38.93
★☆ 創作とはあまり関係ない雑談スレ49 ☆★

111: 秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk 2011/05/04(水) 21:06:52.38
よーし作品で勝負だー!
ワイさんのスレで点数高い方が勝ちー!
誰かやらない?タイマン勝負?

630 :592:2011/05/19(木) 23:07:47.25
>>625
まだ自演だとか勘繰ってんのか……
もう好きに言っておくれ。

ちなみに評価に不満はないよ。
今の力なんてそんなもんさ。これから高めていけばいい。


631 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:07:51.22
 「その女性はいつ破裂したの?」と女刑事が質問した。
 「間もなく到着という頃です」と彼は答えた。
 「なるほどね。前代未聞だよ。列車の中で人が破裂する
とか。世も末というか、最近の自殺も凝っているね」と女
刑事は苦笑いをして右手の人差指でおでこを掻いた。
 「おそらく自爆スイッチを終点に着く頃押したと思われま
す。ほんと酷い話です」と彼はぼやいた。
 「知り合いなんでしょ。動機に心辺りないの?」
 「さぁ、ただ今日の午前中には死ぬと宣言していました」
 「君に失恋したとか?」
 「それはないです。ただ自殺サイトで知り合いまして…
…、今日自殺する予定だったのです。で、少し変なやり取
りで口論になりまして、いや口論というよりただの書き込
みなんですけど……」と彼は頭を掻きながら答えた。
 「どんな口論?」
 「午前なのか午後なのかという……12時ちょうどって午
前ですか?」
 「まぁ普通は正午だろうね。ただ時間ってのは、物理学
者の都合上で作られたものだからね。日常で使う時間で
は不便な時もある。だから光の速度に置き換えることもあ
るだろう。24進法が当たり前じゃないよ」と刑事は答えた。

 警察署を出ると、彼は上着のポケットからペン型の発火
スイッチを取り出して太陽に掲げた。キラキラと眩しく、そ
して美しかった。太陽が一番高い位置にある午前中に殺
してくれといった彼女は、新しい人生を天国で歩み出すこ
とが果たしてできたのであろうかと思い、一方で自殺より
自殺幇助はむずかしいと思った。

632 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:19:18.08
自演だけど、>>628,631を書いた。
長編の書いている時、ふと思いついた。
長編に挿入しようと思ったけど……、
ショートショートみたくしてみた。書いたことないんでこんな感じでいいかw

633 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/19(木) 23:44:37.40
>>624
前スレ見れないから忘れたけど、50点台後半は行ってただろ。

634 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:46:54.45
自演君といい50点台でよくそんな偉そうにできるな

635 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/19(木) 23:46:54.59
>>627
の間違えだったようだ。酔っぱらった。

636 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/19(木) 23:47:48.25
そういうお前は何点とれるのか、というマジレス。
ごめん傷つけちゃって。

637 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:49:20.72
>>633
どんぐりの背比べじゃねえか。

638 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:50:26.01
50点とか取っちゃう時点で才能がない
最低限の国語力があれば初めてでも60以上は取れるスレだよここは

639 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/19(木) 23:51:13.25
ここでは点数が全てだ。
1点違えば、階級が一つ違うのだ。

640 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:53:15.12
475 名前:秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk [] 投稿日:2011/04/28(木) 22:16:06.51
4限目の体育が終わって、私は授業で使ったハードルを倉庫に片付けていた。
5月。新学期が始まってひと月たって、クラスの雰囲気も和んできたころだった。
何往復かして、ようやく全部のハードルを倉庫に仕舞い終えた。もうすぐ次の授業が始まってしまう。
私は急ぎ足で倉庫から出ようとした。
入り口で突然、抱きしめられた。
うわっ、え? 何?
体育の、高梨先生だった。
「ごめん」先生はいきなり謝った。「はじめから、こうしたかった」
は? なんだか分からないけど、先生のジャージはカスタードクリームの匂いがした。
「分かるでしょ? ハードル片付けるようにってあなたに言ったのは、二人きりになりたかったから」
先生は体操着の上から私の乳房を掴んだ。

実話なんですが、続けた方がいいでしょうか?


494 名前:ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs [] 投稿日:2011/04/28(木) 22:44:51.83
>>475
>4限目の体育が終わって、私は授業で使ったハードルを倉庫に片付けていた。
>5月。新学期が始まってひと月たって、クラスの雰囲気も和んできたころだった。
(季節の説明を経て現在の状態を語った方が自然に思える!)

>先生のジャージはカスタードクリームの匂いがした。
(理由がわからない!)

>「分かるでしょ? ハードル片付けるようにってあなたに言ったのは、二人きりになりたかったから」
(同性を思わせる会話文! 異性とすれば違和感がある!)

>実話なんですが、続けた方がいいでしょうか?
(ワイの判断するところではない! 本人の気持ち次第!)

学校が舞台と思わせるだけで何もわからないに等しい43点!(`・ω・´)

641 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:53:40.19
ワイさんに評価されに来てるから格付けとかどうでもいい

642 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:53:47.32
うわあ……

643 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:53:52.93
>>639
ぷぎゃあの評価の言が全てであって、
得点は飽くまでそれに含まれる一要素だろ。


644 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:54:11.90
ちょw

645 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:54:49.80
VIPのおっさんの方がまだ色気あるレベル

646 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/19(木) 23:55:15.99
>>640
こら!
その次のがあるだろうが!

647 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:56:21.50
>>646
はいはい。黙れおっさんw

648 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:56:24.10
まあ正直ワナビ5ヶ月の俺もはじめちゃんレベルの実力しかないから
あながち笑えないんだけどな

649 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:56:44.90
書ける奴こそが偉いという創文の暗黙の掟と
このスレの盛況ぶりを考えれば、
一つの尺度かもしんないけどな。

650 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 23:59:22.77
>>640
冒頭部のタイムワープは何か高度なSF的表現なのか?

651 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/20(金) 00:00:54.97
いいから、その次の奴貼ってくれよ。
たしか60点近くとったよ。

652 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:01:58.54
いいからとっとと次作書いて投稿してろよ

653 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:02:07.02
>>648
一色はじめちゃんの事か。
ろくな努力もせずあんくらい書けるのならあんた才能あるよ。

654 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:02:46.26
4限終わったらたいてい昼食だからどんだけハードルあるんだって話

655 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:09:54.33
483 名前:秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk [] 投稿日:2011/04/28(木) 22:28:25.07
あたしのうんこなら、よろこんでくれる人いると思うなー
てゆうか、あんたよりあたしの方が小説上手だよね。

484 名前:秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk [] 投稿日:2011/04/28(木) 22:29:10.34
>>482
女神板で見たことないの? 腐れ童貞君?

487 名前:秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk [] 投稿日:2011/04/28(木) 22:34:15.56
いやまぢで人気あるんだよー
てか文学青年?のあんたらって、ほんと暗いね。
すなおにおぱいみせてって言う女神板のひとたちのがかわいいよ。

489 名前:秋吉凉香 ◆2itMTGf8Qk [] 投稿日:2011/04/28(木) 22:36:50.39
>>486
だからー小説の一部を投稿したじゃん。
あんたのがいい文章書けるっての? じゃあ勝負しようよ。
あんたも投稿してさ、どっちが点数高いかやろうよ。
まー無理だろーけどねーばーかー
あたしより点数上だったら、しゃぶってやんよw

656 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/20(金) 00:10:30.94
「学校が舞台と思わせるだけで何もわからないに等しい」って
今更ながら痛快だなw

657 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:10:39.01
おっさんw

658 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:11:23.78
こいつ創文板発祥だからな

659 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:12:23.58
>>656
過去に何点とったのか知らないけどさ
そんな栄光にしゃぶりついてないで新作投稿しろよ

660 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/20(金) 00:13:04.21
>>655
今となっては懐かしい。
つーかおまえ、悪意に満ち満ちてんな。
下らないレスをあつめてねーで、俺が60点近くとった作品を頼む。

661 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:14:18.16
>>656
ぷきゃあは的確な事を言う。
ところでオッパイ見せてくれ。

662 :655:2011/05/20(金) 00:14:36.10
以上です

663 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/20(金) 00:16:01.08
>>661
風呂上がりに鏡みてみろ。それと同じだ。

>>662
こら!

664 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:17:43.30
>>663
さっき見た。
ハンサムボーイが映ってた。


665 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:22:22.54
お前の胸随分毛深いんだな

666 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:27:20.32
>>659
ところでしゃぶりつくのはちと具合が悪いと思うが。

667 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:28:30.42
せめて70とってから偉そうにしろよwwwww

668 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:31:00.16
はるまちゃんがきた

669 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/20(金) 00:37:09.65
はあ。

670 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 00:42:43.35
>>668
三浦春馬ならさっき鏡に映ってたが。

671 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/20(金) 00:46:23.36
「ネカマとは、高度に知的なRPGの一種である」モンテスQ
「ネカマとは暴くものではない。いじるものだ」一Q宗純
「ネット社会が生み出した今世紀最大のファンタジー。それがネカマだ」オバQ

672 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 01:03:57.85
ワイさん よろしくお願いします

http://ncode.syosetu.com/n3734t/


673 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/20(金) 06:00:20.28
>>628>>631
文中の言葉が大げさに思える!
彼女は爆死した! その時、彼はどこにいたのか! 無事でいられた理由がわからない!
他の乗客を巻き込めば無差別大量殺人になる!
自殺幇助ではなくて殺人ではないのか! ペン型の発火スイッチは率先して行われたように見える!

話の作りに無理がある53点!(`・ω・´)

674 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/20(金) 06:12:41.10
>>672
不思議な複写機はコピーしたものを本物にする!
過去に存在しないものを混ぜ込めば、複写した時点で過去が書き換えられて未来に反映するのではないのか!
漫画の主人公を入れたせいで主人公の過去は変化して未来にまで影響を及ぼす!

主人公は一ヶ月前の日本を複写して、その中に自分の姿を見つけた!
プチ島田の行動を追うことで主人公の身に起きることが明かされていく!
諸々の理由から主人公を見下ろす者はいない! 複写した本人の未来を暗示させるだけでよい!
主人公がさらに大きな存在に見られていると感じるのは自由!

最後のくだりでもたついて読後が悪くなった71点!(`・ω・´)

675 :評価お願いします:2011/05/20(金) 12:27:09.26
「た・・・隊長」
「な、なんだ!ど、どうした!」
「隊長は、本当の僕の隊長でありますか・・・!?」
「・・・」
「隊長、答えてくださいー!」


676 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 14:46:10.92
三点リーダーぐらいちゃんと書こうよ。

677 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 16:06:47.90
「さ・・・三点隊長」
「な、なんだ!ど、どうした!」
「隊長は、本当の僕の隊長でありますか・・・!?」
「・・・」
「三点隊長、答えてくださいー!」
「実は俺は隊長ではない。ただのリ・・・リーダーだ・・・」
「・・・」

678 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 16:40:05.02
「三点リーダーくん」
「何でありますか、隊長」
「参天のどあめ持ってるかね」
「隊長、あんまりであります。私はトローチ派だと知ってるじゃないですか」
「あはは、どんまいだ。三点くん」

679 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/20(金) 19:34:57.46
>>678
ボヤケテ寝起きで評価が。。。できません

680 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 19:35:12.13
3点……
それは未知の領域……

10点〜、日本語が書ける!
を下回る……

天道ならぬ鬼道!!

ざわ……
        ざわ……

681 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 20:03:58.19
つまり新言語

682 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 21:04:41.04
>>674
ワイさん、ありがとうございました。

島田が死神入りの日本を作り、その中の島田がまた死神入りの日本を作り、その中の島田がまた〜、
という感じで延々と話がループしていくという設定で書きました。

ただ、考えれば考えるほど矛盾点が出てきて、ちょっと作りが甘かったですね。
次はそのあたりを意識して書いていきたいと思います。

683 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 23:06:44.54
はじめまして。よろしくお願いします。
http://minamidaminami.bokunenjin.com/novel3.html

684 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/21(土) 01:57:09.27
>>683
ラ研でイチャイチャしてた方が幸せになれるかもな。

685 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 02:00:15.29
プッ

686 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/21(土) 07:42:35.80
>>675
評価しない優しさもある!(`・ω・´)

687 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/21(土) 07:43:42.24
>>683
>「いいよ。ちゃんと待ってるから。」
(ここ限定で末尾に句点がある!)

>女の子ほっとしたような吐息が聞こえて〜
(脱字があるように見える!)

>テスタは、危機感を感じました。
(地の文の重複なので目に付いた!)

>僕がそれを無理矢理ねじまけたせいで
(打ちミス!)

過酷な運命を背負わされたテスタを優しく包むような『ですます調』の文体が合っていた!
テスタはどの部分を機械化したのか! 主人公の容姿は仄めかした方がよい!
落ちは予想できるものの、揺らぎの少ない話と文体で最後まで難なく読める!

内容、文体、落ちが見事に調和した王道の話はとてもよい76点!(`・ω・´)

688 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 07:54:09.55
76点w ぷぎゃーwwwwwwwww

じゃあこれ小説で売られていて買うのかよって話wちり紙にもならんわ

689 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 07:58:05.02
ワイさんは最近ポイント高めにつける傾向があるな。
いいんだよ。ボロクソに叩いても。
変に褒められるよりはよっぽどいい。

690 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/21(土) 08:49:45.86
ぶひょーー!!!
驚異の高得点・・・南田さん天才なの?
バカにしてすんませんでした。

691 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 13:35:05.30
>>690
wwwwww

692 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 13:46:44.61
>>690
雑魚は二度とこのスレに顔を出すな

693 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/21(土) 15:39:05.32
σ(゚∀゚ )呼んだ?

悪いけど、すぐに南田超えるから。

694 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 15:45:26.07
43点ww

695 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 17:32:18.83
>>683です。

誤字脱字の類はいくら確認してもし足りないということはないんですね…
主人公の容姿に関しては、途中で「あ、書いてないな…」と気付きましたが放置してしまいました。
以後気をつけます。

ありがとうございました。

696 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 18:06:15.67
調和とれた作品か。そういうの書けるかな。
できたら投下する。

697 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 19:27:59.12
http://ncode.syosetu.com/n1266t/
ワイさんと名無しの皆さん、お時間あったらまたお力お借りしたいです。変なところとか御教授してください。
二話と三話です。

698 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/05/21(土) 19:31:35.16
読んでないけど多分カス

699 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 19:58:51.56
>>697
最初にいきなり筆者なるものが出てくる
これを作為的と読んで何か落ちがつくのだろうと判断した

うpされた文章を最後まで読んで思った、ただの糞だった

700 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 20:14:15.82
>>699
素早い評価ありがとうございます。
糞……根本から考え直してみます。
ご指摘受けなければわからなくて、お手を煩わせてしまってすみません。
ありがとうございました。

701 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 20:15:13.32
>>700

待て待て待て待て、肝心のあの人からもらってないだろう批評を

702 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 20:26:04.11
>>701
失せろよ荒らし
無駄な雑談すんなっつってんだろ

703 :699:2011/05/21(土) 20:36:00.98
>>700
お前は素直だな
俺が思うに筆者ではなく第三者が見ている形で書けば自然だろうな
せっかくの多重人格設定なんだから傍観者なる人格でもいいし
んで最後に種明しでそれをさらりとしたらいい
それとも、もともとそういう構成にするつもりだったのかな?
そうだとしても筆者という言葉は少し読者としてはなえるかもな

704 :699:2011/05/21(土) 20:44:07.13
俺なら登場人物全員、つまり平山も先輩も筆者も弥永すらも自分の人格としたほうが面白いと思うけど
後、多重人格探偵サイコとかに影響はされていないよな?ああいうのは少しコテコテすぎるから前人格の
心理描写で物語りによって落ち着けるほうが小説らしいと思う
まあ頑張ってくれ

705 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 21:07:59.73
3レスも感想書いてくれるなんていい人すぐる

706 :1:2011/05/21(土) 23:39:32.32
 吾輩はオーガスタ四天王、風のウェルチ。
 いわゆる中ボスという立場だ、付け加えるなら四天王の内二番目に強い、装備や魔法の関係でプレイヤーの体感的には一番強いんじゃないだろうか、いやそうだろう。
 「ふふふ‥…」
 この事を考えると優越感から笑みがこぼれてしまう。よく考えたら一番強い四天王は属性の関係で負けてるだけであってVSでなく一つの戦力としてみれば吾輩の方が強いと思う、速いし。
 というか素早さなら四天王の上に立つ魔王様の更に上の大魔王とタメはれるし、吾輩実は魔王様より強いんじゃね?
 「ウェルチ様? まだ勇者も冒険者も来ておりません故、【なんか奥の手持ってます笑い】はまだしなくてよろしいかと」
 「うん? あ、ああ、そうだな……」
 隣の鎧から声が反響しつつ響いてくる、吾輩の副官であるリビングアーマーの声だ。
 こいつは能力もあるし吾輩に忠誠を誓ってくれているのだが、いつもいい時に水を差すのが悪いところの一つだ。
 「ところでウェルチ様、この【風の塔】のすぐそば、ワールド単位で言うと八マス、の所にあるヤバガスガ村はいつになったら襲撃するのですか?」
 そしてもう一つの悪いところ、妙に生真面目な所も大体セットでついてくるのも惜しい。
 肘掛けに偉そうに肘を置き、顎を引いて顔に影を落とす。これで威厳たっぷりで狡猾な風に見える、吾輩の研究の成果から編み出され魔王軍ではちょっとしたムーブメントになっている。
 「……今はまだまて、愚かな人間も使いようによっては……」
 言葉を途中で聞こえなくして能ある鷹は爪を隠すという言葉を体現する。これをすると部下が勝手にいい方向に解釈してくれるのだ。
 「……ハッ! 差し出がましい事を言って申し訳有りません」

707 :2:2011/05/21(土) 23:40:16.29
 「……いや、よいのだ、貴君のいいたい事もわかる」
 大方、勇者パーティーの装備新調やアイテム補充を妨げておこうという考えだろう。こういった所で真剣に勇者退治を考えてる所が憎めない。
 「あ、今斥候からの報告が来ました。何々……[勇者パーティは現在状態異常防止リングを買うために金稼ぎ中]……今日はここに来そうもありませんね」
 「そうか、ならば今日は事務を片付けるとしよう、裏ルートで借りた蘇生魔法専用神官の費用も危うくなってきた所だしな」
 「了解、では時間もいいので昼食を取ってからにしましょうか、自分は食べられませんが」
 まったく、今度の勇者はやけに早く進むと思ったら急にのんびりしたりとわけがわからん。そんな気持ちも昼食のヤバガスガ二を食べてる間に消え失せていった。
 数日後、ようやく勇者が吾輩の塔に侵入してきたらしい。
 「ウェルチ様、あいつらウェルチ様が徹夜して考えた倉庫番警護システムを一瞬で解いて登ってきます!」
 そりゃそうだ、一見難しく見えてやれば簡単に、というのをモットーに考えたのだから。
 「そうか、ではそろそろ静かにしておけ、好機を見て助太刀せよ」
 「ハッ」
 吾輩の部屋の前に全快魔方陣もひいてやったし、ついでに捕まえた行商人も置いておいた、パパっと来てくれるだろう。
 「この先に四天王の一人が待ち構えています!お気をつけて!」
 お、行商人からの合図も来た。肘よし、顔角度よし、急に窓が開く仕掛けよし、勇者を迎え入れる準備は万端だ。
 口上も練習していたしこれで印象に残るボスになること間違いなしだろう。
 吾輩の目の前の鉄扉が開かれ、そこに四人の勇者パーティが現れた、後ろで行商人にガッツポーズしている、あいつはどっちの味方だ。

708 :3:2011/05/21(土) 23:41:39.97
 「くっくっく……貴様等人間がよくぞここまで辿り着いたな……褒めてやろう、しかし貴様等が倒した四天王は格下、所詮は雑魚同然……この風のウェルチ様に刃向かった罪、その身で償うがいい!」
 立ち上がってマントを翻す、いい感じに音が鳴った。これはキマッた、吾輩がそう確信しているのに、勇者共は全然緊張感がない。
 むしろ余裕の笑みまでかましている、何故だ?
 「……ハッ!」
 吾輩気付いた、奴等全員【風耐性】装備を整えてここに来ている!その上あいつら全員既に属性付き武器を装備している!
 「ま、まさか……」
 奴等がたらたら旅をしていたのは、このため、吾輩との戦いを一方的に済ませるための、策……!卑劣……!勇者パーティ卑劣なり……!
 吾輩が必死こいて勇者とフェアーな戦いをしようと努力していたのに、こいつらは吾輩を蹂躙するためにこんな手を……!
 この時吾輩は怒りと悲しみを同時に味わうという初めての経験をした。拳に力が入る。
 「お、お前ら!」
 口が勝手に動き出す、怒りのままに
 「そこに直れ!勇者がそんな事していいと思っているのか!?」
 「えー?だって攻略本にそう書いて」
 「黙れ黙れ!吾輩どれだけこの日を楽しみにしてたと思ったんだ、戦闘中の会話だって他の四天王より心持ち多めに準備してたのに!」
 「だって楽に終わらせたいし、こういうの」
 「……!」
 絶望が吾輩の胸を貫いた、吾輩の努力は全て無駄だったというのか?
 「俺MP0で精神力もかなり低めだから全体魔法で即死するし」
 「私この後の職業選択イベで雷系魔法覚えたいし」
 「全体回復魔法を撃ち続ける仕事はもう嫌だお……たまにはウェポンブレスとかしたいお……」
 「ぶっちゃけ俺その辺の木の棒しか送んないような王様からの仕事なんて義務感も糞もねーし」
 勇者共がどんどんやる気のない事を言っていく、吾輩の頭から血が抜けて代わりに怒りが入っていくのが分かる。

709 ::2011/05/21(土) 23:43:05.38
 「……もおいい!わかったよお前らイベントアイテムが欲しいだけだろ!ほら風のオーブ!後水門の鍵!おらこれで満足かこらあ!」
 怒りに任せアイテムを勇者達に投げつける。
 「あ、できたらドロップアイテムも」
 投げつける。
 「アザっす!そんじゃ俺達これで」
 魔剣シルゲイトを抱えて勇者達は去っていく。
 「チョロいな今回の四天王」
 「なんかキモくなかったー?最後涙目だったしイミフな事ばっか言ってて」
 「回復魔法すら撃たせてもらえないお……」
 去り際に奴等が言っていた話が、どこか悲しかった。
 「……ウェルチ様」
 「……」
 「自分は、ウェルチ様のやろうとした事、嫌いじゃないです」
 「……リビングアーマー……」
 「きっと、次に来る冒険者達はウェルチ様の思ってる様な世界を救う熱意に溢れ、強い敵に堂々と立ち向かう、そんな奴等ですよ」
 「……」
 生真面目な部下のフォローが、嬉しかった
 
 吾輩はオーガスタ四天王、風のウェルチ。
 いわゆる中ボスという奴で、明日も賞金狙いの冒険者達を待ち続けるだろう。



710 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 00:03:03.89
ウンコレベルktkr

711 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 00:07:31.03
> 怒りに任せアイテムを勇者達に投げつける。
> 投げつける。
ここシュールでなんか笑った

712 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 00:10:53.70
これは久々に荒れる悪寒

713 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/22(日) 00:30:13.68
ワイさんはこういうラノベ風味がお好みだからな。
あなどれんぞ。60点台いく可能性はある。

714 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 00:45:19.21
いやそれはラノベに失礼だろ
これゲームのシナリオ以下じゃん

715 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 00:50:06.05
うんこぉー! うーんーこぉー!!

716 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 05:17:58.32
>>699さん、ありがとうございます。
筆者の部分、検討してみて直せたら直します。
自分なりの多重人格観を書くつもりだったのですが、いい加減だし、きっとつまらないです。
色々難しいけど、がんばってみます。
ありがとうございました。

ワイさんが評価くださったら、もう一度レスさせてください。

717 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/22(日) 06:05:45.11
>>697
地の文に対して平山が声を出して答えている!

>平山栄の波。
(奇妙な言い回しは多重人格の中心人物を意味しているのか!)

>今の平山栄は愉快犯であった。
(部屋での独りの行動には不適当! 誰にも騒がれてはいない!)

体言止めの多用に意味があるのか!
主人公の現代の流れに沿って物語は進行する!
その過程で未来に触れることまで地の文によって書かれていた!
神視点で展開していく中で『だろう』の部分が引っ掛かった!
少林寺拳法は日本少林寺拳法のことなのか!
組み手のない武道なので好戦的な弥永の蛮行に違和感がある!

地の文の設定が不安定なので所々で引っ掛かった60点!(`・ω・´)

718 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/22(日) 06:11:02.85
>>706-709
>一見難しく見えてやれば簡単に
(読点が欲しい部分! または『一見難しく見えて簡単』と簡潔に書いてもよい!)

>後ろで行商人にガッツポーズしている
(意味合いで考えると『行商人が』のような気がする!)

ウェルチが勇者一行の緊張感のない態度から風耐性の装備類に思い至る!
そのことに対して怒りを露わにした文章が続く! その部分が決定的におかしい!
『状態異常防止リング』の購入の為に勇者一行は金稼ぎに精を出す! 斥候から事前に報告を受けていた!

積み上げてきた設定が途中で壊れていた54点!(`・ω・´)

719 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 06:36:14.00
>>717
ありがとうございます。
奇妙な言い回し、主人公とのやりとりなど、地の文が意思を持ってしまっているようです。自分も変に思えてきたので、注意します。
体言止めの多用も地の文の自己主張のせいかもしれません。
自分で今冷静に読んだ印象は、常に地の文が暴れてて、その上で人物が動いてて、人じゃないものがありませんでした。読み辛い気がしました。

少林寺拳法、ろくに調べもせず書いてしまいました。違和感があったのですが、それだったのですね。

何回もありがとうございました。助かりました。これからもがんばってください。

720 : ◆AEtUiJGFRU :2011/05/22(日) 07:54:20.83
>>706-709

● キャラの書き分けが上手く出来てない。個性が足りない
口調を特徴的にするなどしたり、考え方を少し常識的なものから外すとかして、中ボスや副官の個性をだされればと。
中ボス一人称なので、文章を固めにするか、もっと粗暴な感じにしたり、語尾にグハハハとの笑いを多用するとか。
今のままだと普通過ぎるかも。普通にするなら、副官か、別の主要キャラをもっと個性的にされた方が良いかも。
勇者一行に関しては、そもそも手抜きで個性が足りない以前の問題のように思う。

● 意味不明な固有名詞が頻発するがその殆どに説明がない
全て説明を入れる必要はないと思うけど、頭にイメージできるものがあった方が個人的には嬉しかったかも。
>昼食のヤバガスガ二を食べてる間に消え失せていった。
こういうところ。昼食に我輩の大好物のヤバガスガ二の塩茹でを〜みたいな感じに少しでいいので。

● 文章が頭に入り難い
軽い文章の筈なのに流れがスムーズでなく読み難い。ストーリーが分かり難い。
上に書いた固有名詞を一般的なものにしていみるとか、あとはメリハリを付けられた方がいいかも。
簡潔に書けるところは書いて、省けるところは省いて、書きたいところはもっと詳しく書いて。
何故このセリフや思考に至るのかその流れが書かれてないようにも思う。突然出てきた違和感がある。


● その他
>「あ、今斥候からの報告が来ました。何々……[勇者パーティは現在状態異常防止リングを買うために金稼ぎ中]……今日はここに来そうもありませんね」
斥候を場に出して報告させて、その報告にコメントを入れて策を進言する副官と分けた方が流れが自然か。緊迫感や臨場感も増すかも。

>能ある鷹は爪を隠すという言葉を体現する
折角の異世界ファンタジーなので普通に鷹とか爪としないで、こういうところで捻りを入れて笑いにしてみるとか。

>吾輩が必死こいて勇者とフェアーな戦いをしようと努力していた
何故そうしようと思ったかが全く理解できなかった。これがこの作品の鍵のように思うが。その重要性を認識されてるかどうか。

721 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 08:23:55.51
きんもー

722 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 08:30:09.81
すげー気持ち悪いな

723 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 08:48:22.39
しかも的外れと言い掛かりのオンパレード

724 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/22(日) 09:21:13.34
>>720
ラ研のきめえ糞感想欄を見ているようだな。
しかし、他人のカス作に対してこれほど長文感想を付けられるというのは、
ある意味すげえ。何がそうさせるのだろうか。

725 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 09:23:36.74
優越感だろう
日頃誰かを下に見るという機会がないんだろうな

726 : ◆AEtUiJGFRU :2011/05/22(日) 09:46:58.97
日曜の朝からそんなに顔真っ赤にして噛み付かなくてもw
こんなのまだ感想文として短い方だろ。糞とかキモイは感想じゃなく中傷。

727 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 10:08:06.47
>>726
顔真っ赤ですよ

728 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 10:19:29.54
>>720>>726

熟れすぎたトマトでも食いすぎたか?

729 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/22(日) 10:21:29.07
>>726
赤黒い顔して必死に書き込むキモデブの姿がモニターの向こうに見えるぞw

730 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/22(日) 10:21:59.37
>>729
それはお前だ!

一応つっこんどいた。

731 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/22(日) 10:23:09.28
ここは朝からヒマジンが集っているようだな。

732 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 10:23:39.15
残念!自演は失敗した!

733 :秋吉秋華 ◆2itMTGf8Qk :2011/05/22(日) 10:25:45.54
感想書いた人にイチャモンつけてはいけませんな。
>>726
ごめんなさい。

734 : ◆AEtUiJGFRU :2011/05/22(日) 10:59:35.85
暇だから他にも感想文書いてやるか。

>>592

>日陰に咲いた桜は寂しい。
この冒頭はイマイチ。日陰の桜のイメージが明確に掴めない。時間によって日向になるときもあるだろうし、夜桜もある。
日陰の桜=寂しいというのは如何にも安直。この一文で作者の実力が分かるので、公募で即撥ねられる恐れがあると思う。

>低音を響かせながらゆったりと走るバス
どこを走るのか書いた方がいいかも

>ふとそんなことを思う。
どうして、ふと思うことに繋がるのか?

>大きな図書館の北側に植えられた不運な彼女の姿は、
>僕の知らない悲しい人生を誰へともなく語っているかのように見える。
主人公、バスに乗ってるのに、何故いきなり図書館?

>音もなく散る花弁に乗せて、偶然に賭けてメッセージを送る。
この文章の視点は誰? 主人公の一人称視点として読むと違和感が残る。

>受け取ったこちらの胸が痛むほどの、悲哀に満ちた物語
>――彼らの運命を変えて欲しいなんて思いません。でも、知っていてください。
上に書いた視点の違和感に加えて、意味も掴めない

ここでギブアップ。表面上の綺麗な文章を書くことを意識し過ぎて本質を見失ってる。

735 : ◆AEtUiJGFRU :2011/05/22(日) 12:09:03.84
>>271-272

これは中々面白い。物を中途半端に擬人化させて、現実と空想、狂気の狭間の様子を上手く書いている。
斬新な切り口の小説だと思う。文章も筋がいい。ただ後半がモッサリしてる印象。

>例の黒歴史の旧ザクの異名、ボルジャーノンではない。アルジャーノン状態である。
さりげなくターンAという中途半端な作品のマイナーなネタを持って来ることで、作品に中途半端な統一感を出せ引き締めている。素晴らしい。

>失せろ。しっしっ。ぺっ。
唾を吐く極端な行為で終わっているのが、なかなか良い。

>そう言うとカントやフロイト、ラカンなんかを真剣に読んでいる哲学者気取りの小説家
>が一斉にブーイングをしてくるのであるが、耳栓をしている僕には何の効果も無い。かく
>の如く、小説家とは恥知らずでなければつとまらないのだ。
他に比べて面白味のない文章。退屈だし、流れも悪い。全然駄目。

>エクセルのイルカのような運命を辿らせたくなる。
この後、もう一捻りある言葉を続けて欲しいかも。惜しい。

>僕はエディタに入力したデータを日付を付けて保存し、改行付き
>でコピーして2chに投下した。
オチに面白味や意外性がない。

736 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 13:08:37.96
>>735
暇なら感想ばかりじゃなく、ひとつ作品を投下してみないか?

737 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 13:11:37.19
ただの長文荒らしだろこりゃ

738 : ◆AEtUiJGFRU :2011/05/22(日) 15:09:19.01
>>736
ごめん暇潰しに晒すような作品を書いたことなんて一度もないわ。

739 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 15:12:58.67
暇ならこういうのブログとか自分のサイトとかでやって
溜まった鬱憤をここで発露しないで欲しい

740 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 15:23:17.24
>>738
暇つぶしに適当な感想されるほうの気持ちも考えたらどうかね。
自分勝手も甚だしい。

741 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 15:42:01.59
まともな感想だと思うけど、なんで叩かれてんの?

742 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 15:47:58.71
酉付けろ

743 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 15:48:14.83
はいはい善意の第三者ですね

744 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 15:57:26.57
>>710
>>714
>>715
昔のこのスレにはこんな酷い感想はなかったよ?

>>720
こっちの方が真面目に感想を入れてるのにどうして叩かれてるのかなと思ったんだけど?
そういう意見もいっちゃ駄目なの?

745 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 15:59:32.30
>>744
コテ付けて言えないの?

746 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:00:17.76
コテ→酉だった

747 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:02:15.86
そもそもIDでない批評スレなんて定期的に荒れるのが普通なんだからこんぐらいでいちいち騒ぐなよ

748 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:06:37.59
>>744
そうなの?
ひどい感想はなかったの?
けれど何をもって「ひどい」と言ってるのか分からないよ?
まさか昔は一行感想は全くなかったの?
一言で感想いうのは駄目なの?

749 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:10:32.59
>>745
自分が名無しでトリも付けてなのに
相手には求めるのかw

>>747
このスレはそれでも荒れずに好きだったのに…
競作あってから作者に汚い言葉を平気で使う人が居ついてスレの空気変わっちゃた
真面目に感想入れる人が殆どだったのに、今では真面目に入れた人を叩くようなスレになっちゃった
読点も句点もないから殆ど同一の人が成りすましでやってるって分かる
このスレを潰したいんだろうか、細々とやってる良スレだったのに…

750 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:17:29.65
>>748
ウンコレベルのいい訳ktkr

751 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:19:08.70
>>749
外した理由は?

752 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:21:01.40
ワイさんがIDの出る避難所を作ってくれればすべて解決する

753 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:23:47.66
>>751
外すって何?

754 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:24:33.16
>>749
そんな良スレも>>720みたいな奴のせいで荒れ放題って話か?
それには同意する。

755 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:31:24.11
>>749
向こうでも言われてたけど、この荒らしって文芸書籍サロンの自作を晒すスレの関係者だよw
向こうのスレが引用荒らしに合ったとき、引用荒らしがこっちのスレを薦めてた。
だから晒すスレのアプロダの管理人か晒すスレの信者かが根に持ってんだよ。
この荒らしが居ついた時期と引用荒らしが猛威を振るった時期は一致するもの。

756 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:43:27.44
>>749
この人の記憶は都合よく改変されてるな

757 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:55:42.39
>>755
その可能性高いと思う
両方のスレにいる筈なのに向こうではウンコレベルとか、うんこぉー! うーんーこぉー!!って酷い感想はしないし
串の転載を無視して作品晒せと連呼してた奴に口調も似てる、句読点もなかった
ID頻繁に変えて自分の意見を多数の意見に偽装してた
向こうのスレに強い思い入れがある人なんだろうと気付かない振りしてたけど
他のスレに迷惑掛けちゃイカんな

758 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:12:00.68
イカ娘たん懐かしい……。

759 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:13:19.66
そもそもワイさんが専有してるスレなんだからなんで外野のお前らがいちいち文句並べてるわけ?w

760 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:16:02.93
誰かが口汚く書き込んでもスルーすればいいだけなのにね
おまえらが書きこむことで荒らしがいなくなるとでも思ってるの?

761 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:17:55.51
>>757
向こうのスレがあやしい……あやしいぞ!
って根拠もなく言う行為自体、他のスレに迷惑かける原因になるのにな

762 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:20:02.65
>>749
>>755
>>757

これも同一人物の書き込みだろ?w

763 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:20:56.12
俺はこのスレ荒らしてるやつ応援するぞ
頑張れ

764 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:21:13.95
俺が書こうとしたことは既に>>761で書かれてた

765 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:22:38.51
326 この名無しがすごい!mail:sage 2011/05/22(日) 09:03:43.90 ID:lJgUUnna
ワイスレ荒らしてるのここの住人って情報が出てたけどマジ?

328 この名無しがすごい!mail:sage 2011/05/22(日) 09:56:01.27 ID:lJgUUnna
特定ならここだけど……。
IDの表示は特定に関係ないよ。
ttp://2ch.to/3VaOZWuaRiUIC4Oycw8SEi

766 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:22:57.72
そしてさらに次に書こうとしたことが>>762にあったorz

767 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:25:34.72
確かに口調が似てるね……。
連続でレスするところも同じだ。

こちらのスレに迷惑掛けてすみません。
コイツひとりがやってることなんで向こうのスレやロダを荒らすのは勘弁して下さい。

768 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:26:02.56
ぶっちゃけID出ないこういうスレって一種のキチガイ隔離スレみたいなもんだからな
キチガイが安心して書き込めるスレは必要悪だよ
存分に荒れてください

769 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:28:29.65
ほらどうした!?
この際だから飽きるまで荒らしてこいよ!
日頃のうっぷんを2chで晴らすなんて最高に楽しいじゃないか!
ホラがんばれがんばれ

770 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:28:50.71
ごめんもうあきた

771 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:29:20.60
以下平常運転に戻ります

772 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:32:44.26
正直、晒しとワイさんの評価しか見たくない
他の雑談もあんまり見たくないから控えてくれたら嬉しい

773 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:33:55.29
>>772
>>772


774 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:38:09.70
まあワイさんのスレだからな

775 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/22(日) 17:47:58.22
2ちゃんねるには「プロギャラリー」という言葉がある。論理を駆使して叩く人物を揶揄する意味で使われていた。
長い単語は「プギャ」と縮められ、小馬鹿にした顔文字で「プギャー」と相手を指差した。
その頃、「ぷぅぎゃああああああ」は掲示板に存在していなかった。

時代は進んで「ぷぅぎゃああああああ」は個性を持って出現した。小さな「ぅ」が愛らしさを表現していたが出だしは煽りから始まった。
評価は点数ではなく、なんとなくの感覚でスレ主が主導で行った。ほぼ同じ頃に固定ではない名無しが顔文字を使い出し、
ひとりの「ぷぅぎゃああああああ」と複数の顔文字が混在する形でスレッドが進行していく。
その中に名無しのワイも含まれていた。晒された文章に横から口を出す形で参加していて個性はあまり発揮していなかった。
(続く)

776 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/22(日) 17:48:55.71

時間は更に進み、文章を晒す者が増えてきた。比例しておざなりに見える評価に不満が出るようになった。
煽りと違って不満は解消するのが難しい。ワイの評価の出番が増えると、スレ主が評価をしなくなる。乗っ取るような形は望ましくない。
そこでワイは思い切って個性を持った。名無しの「ぷぅぎゃああああああ」からトリップ付きのワイに生まれ変わった。
気分一新でスレッドを立ち上げた。「ワイが文章をちょっと詳しく評価する!」とタイトルを改め、100点満点の形式を採用した。
その際、元祖と名乗る者が本スレを移動してきた。のちに「作家でごはん」の著者だと目にした。
以前とあまり変わらないメンバーで順調に評価を下していった。しかし、それは元スレの衰退を意味していた。

そして今がある。出入りする人間は変わったかもしれない。その中でワイだけは残っている。
ワイが型枠としている限り、中が激しく揺れ動いたとしても大きく変わることはない。文章に関わる者達が交わる場所として在り続ける。
長い間、スレにいるワイには書き文字が波のように見える。荒れていたり、凪いでいたり、自然と同じで変化を楽しむ余裕はあった方がいい。
この意見はワイのもの。スレ主として掻い摘んで語ってみた。たまには昔のように自分の主張を書き込むのも悪くない。

今後もよろしく!(`・ω・´)ノ

777 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:52:55.47
スターウォーズの冒頭に出て来る文章みたいだね。

778 :一色はじめ ◆sExHaJiMeA :2011/05/22(日) 18:01:49.12
ワイさんお疲れ様です!陰ながら応援してます。

ところで「作家でごはん!」に初投稿した習作↓ですが、評価をお願いします!

http://sakka.org/training/?mode=view&novno=7097

779 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 18:02:24.50
>>777
    / ̄ ̄ヽ  ┏┓
   / (●) ..(● ┏┛
   |   'ー=‐' i  ・
    >     く
 _/ ,/⌒)、,ヽ_
   ヽ、_/~ヽ、__)  \

780 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 18:38:59.76
ワイの世界観と言語表現能力はたいへんによい。

781 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 18:55:26.61
感動しました!ワイさんがんばってください!自分も微弱ながら一つの周波を発する波としてがんばります!

782 :老兵は笑う:2011/05/22(日) 19:02:27.13

 父が死んだ。一週間前のことだ。米寿目前。大往生だった。縁台の陽だまりで眠るように
逝った。いくつもシミの浮いた皺だらけの手には、前の日に私が贈った真新しい携帯電話が
きつく握りしめられていた。

 従軍、戦後の混乱、高度成長。父は文字どおり激動の時代を生き抜いた。不徳にも、父た
ちの流した汗や涙の重さを計測する秤を、私はいまだみつけられずにいる。「言多きは退く
なり」「語りつくせぬことについては沈黙せよ」「沈黙は金。饒舌は銀」が父の口癖だった。
母の気質を受け継いで口数の多い私を、父はことあるごとにたしなめた。バブル経済が臨界
寸前まで膨らみ、浮かれはしゃいでいる私に父は言ったものだ。

「眼差しは高く、手は低く。」

 志を高く持ち、目先の利害に惑わされるなと父は言いたかったのだろうが、当時の私に父
の言葉の本当の意味が理解できようはずもなかった。父の危惧どおりバブル経済はもののみ
ごとに崩壊し、私は完膚なきまでに叩きのめされた。

「朝のこない夜はない。すべては過程にすぎない。世界中が敵にまわっても、おれはおまえ
の味方だ。」

 困憊消沈する私にそう言って、父は銀行通帳と印鑑と不動産の権利書と保有する有価証券
類の目録を差し出した。父の虎の子だった。私は危機をなんとか脱した。

783 :老兵は笑う:2011/05/22(日) 19:04:08.23

 慌ただしい1週間だった。初七日の雑事をなんとか終え、家族総出で父の形見分けをし
ていると、懐かしい写真が何枚も出てきた。古色蒼然としたそれらの写真の中の一枚。我
が家に電話がやってきた日のすこぶる上機嫌な父をとらえた写真だ。受話器を持つ父は得
意満面である。めったに笑うことのない父が一瞬垣間見せたとびきりの笑顔だった。

 我が家に電話が開通したのは遅く、私が中学1年の春である。現在からは想像もできな
いが、当時は電話局に申し込んでから電話が開通するまで何週間も待たされた。電話が開
通した夜、父は親類や知人友人に電話をかけまくり、電話をかけるように頼みこんだ。電
話番号を伝えるとき、父はいかにも誇らしげだった。呼び出しのベルが鳴ると同時に、
「電話だ。電話だ。」と家中に響き渡る雄叫びを上げながら電話のある玄関まで一目散、
脱兎のごとく走る父の姿はいまも鮮やかだ。

 携帯電話をプレゼントすることを告げたとき、はじめ父は頑なに拒んだ。「携帯電話は
不在の権利を行使できないから」というのが理由だった。いかにも父らしい。それでも、
携帯電話ならいつでも孫たちとメールのやりとりができることを含めて携帯電話の利点を
説明すると、渋々、承知した。

「味気ないメールとやらより、手紙や葉書のほうがうれしいんだがね。本当は。」

 そのように言いながらも父はうれしそうだった。私は操作が簡単で、番号ボタンも画面
表示も大きくて見やすい機種を選び、父に贈った。父は操作マニュアルと首っ引きで生ま
れて初めての携帯電話と格闘していた。その晩、うれしかったのか好奇心からか、父は夜
がふけても携帯電話を手放さなかった。


784 :老兵は笑う:2011/05/22(日) 19:06:13.32

 父が長年使っていた和室は妻や娘たちによって徹底的に片づけられ、いまや父が生きていた
痕跡は文机と文箱と硯と筆と数冊の哲学書と漢籍、そして、床の間の壁にかかる奥村土牛の掛
軸に残っているだけだ。

 主を失った六畳間はやけに広く感じられた。父が若かりし頃から愛読しつづけていたニーチ
ェの『善悪の彼岸』をぱらぱらとめくり、文机の縁を撫で、筆を手に取り、奥村土牛の掛け軸
を眺めていると、父の気配を強く感じた。それは気配というよりも、手ざわりのごときもので
さえあった。父との思い出のいくつかが去来した。

 真冬の天体観測、逗子海岸での蟹獲り、丹沢山系縦走。高度成長期のまっただ中を企業戦士
として生きた父は家族とすごす時間をほとんど持てなかったが、数少なく宝石のような思い出
を残してくれた。思い出がおぼろげに見え隠れする。かなしくも、面影は日々、うすれゆく。

 私の二十歳の誕生日の朝、父は私を書斎に呼び、正面に正座させ、自分も正座して居ずまい
を正し、おごそかに宣言した。

785 :老兵は笑う:2011/05/22(日) 19:07:48.30

「君は1958年の春の盛り、夜ふけの10時22分に生まれた。私も君の母さんもたいそうよろこん
だ。私に限って言えば、君のその後の経緯については判断留保だがね。私は地方出張中で君の誕
生には立ち会えなかった。君の誕生の知らせは電報で届いた。さて、君は本日をもって成人する。
以後、自主自律で生きてもらう。この家からも出ていただく。寝倉はすでに用意してある。先々
代の時代から懇意にしていただいている本郷の下宿屋さんだ。大昔、私がお世話になった下宿で
もある。今日までの私と君とのあいだに存する貸借関係はいったん御破算とする。引っ越し費用
と当面の生活費です。受け取りなさい。これについてはいずれ少しずつ返済しなさい。」

 父は言い、茶封筒を私に手渡すと、脇目もふらずに書斎を出ていった。青天の霹靂だったが、
父の意志は固く、懇願する母にとりつく島をいっさい与えなかった。その日の夕方には運送会社
のトラックが家に横付けされた。あの朝から32年が経つ。当初は父をうらんだ。憎みさえした。
冷酷な仕打ちとも思った。だが、いまは感謝の気持ちのほうが強い。文机の前に正座し、眼をと
じる。言葉にならない思いが次から次へと去来する。午後10時22分。52年前の今日、まさに私
がこの世に生をうけた時刻。メールの着信を知らせる電子音が鳴った。メールは父の携帯電話か
らだった。わが眼を疑った。父がメールの送信予約をしていたのだということに気づくのにしば
らくかかった。やるじゃないか。親父殿。

786 :老兵は笑う:2011/05/22(日) 19:09:02.71

「わがむすこよ、たんぜうびおめでたふ。けひたひでんわをありがたふ。かういんやのごとし
なれども、らうへいはしなず。ただきへさるのみ。じんせひ、かかたいせう。ひびこれかうじ
つ。こんぱひのときにもおおらかたれ。」

(わが息子よ、誕生日おめでとう。携帯電話をありがとう。光陰矢の如しなれども、老兵は死
なず。ただ消え去るのみ。人生、呵々大笑。日々是好日。困憊のときにもおおらかたれ。)

 父の最初で最後のメールは、私への「応援歌」でもあった。私は曇る目頭をこすりながら、
万感の思いをこめて返信文を打った。

「わが親父殿よ、ありがとう。あなたの息子として生まれて幸せだった。老兵よ、ただ静かに
眠れ。人生、呵々大笑。日々是好日。我、おおらかに委細承知。」

 静まり返った夜ふけの部屋に着信音が鳴り響く。部屋の隅の文箱の中からだった。それは父
の笑い声とも聴こえた。 

787 :サクラ大戦7:2011/05/22(日) 19:15:52.62
 大正3年。昨日まで春爛漫。しかし今日は雨。松永クニは部屋で
ゴロゴロとしていた。彼女は長野県松本市の大地主の娘であるが
、幼い頃から甘やかされて育てられたせいか、気立てのよい娘と
は正反対である。末っ子ということもあって、とにかく甘やかされた
。よってわがままな人間である。

 クニの家にはお手伝いロボ、ミスズちゃんがいた。天才科学者の
祖父が制作した。日本でも指折りの天才科学者は、幾度となく常人
の理解を超えた発明をしてきたのだが、隠居した祖父がふと思い
立って制作してみたのが、ミスズちゃんなのであった。

 「ねぇ、ミスズ! 宿題やっといて」とクニはミスズに命令をした。
 「クニさん。たまには自分でやってみてはどうですか? このまま
じゃダメ人間の典型になりますよ。お嫁にも行けなくなるだろうし、
いつまでも私が面倒見れるかわかりません。カラクリ人形といえど、
形あるものはいずれは壊れてしまうものです」とミスズはいった。
 「うるさい! 口ごたえするな! 人形のくせに! あんたはあた
しのいった通りにやればいいの!」と怒鳴った。

 ところでミスズの外見は人そのものであって、これがロボット、い
やカラクリ人形だとはこの時代の人間では想像のひとかけらさえ拾
い上げることはできないであろうと思う。

 そんなある日こと、クニが学校から帰ってくると、ミスズの隣にミス
ズに似た人が部屋にいた。クニは驚いてミスズに尋ねると、彼女は
スミレといい、同じくカラクリ人形で祖父が作った2号機であった。

788 :サクラ大戦7:2011/05/22(日) 19:16:53.82
 「なんだかしないけど、春ちゃんちにいくから、ミスズ! 宿題やっと
いてよ」とクニはいつものように命令をした。すると間髪入れずにス
ミレは怒鳴った。
 「あんたさ。自分のことくらい自分でやりなよ! 何さまだと思ってん
のよ! ブスで性格悪いとか最悪だよ!」
 「人形のくせに口ごたえするな! あんたなんか今ここでバラバラに
してもいいんだよ!」というとすぐさまスミレに掴みかかった。しかしス
ミレはクニの腕を掴むとひねりあげる。

 「イタたたたた――、ミスズ助けなさいよ! こいつなんなの!」と助
けを求める。すると、ミスズはスミレに胴タックルをした。そしてミスズと
スミレは縺れ合いながら、障子を突き破り、中庭へと転がって、桜の
木にぶつかった。桜の花びらが舞う中で二体の人型ロボットは馬乗り
で殴り合う。

 馬乗り状態の上を取ったスミレのパンチでミスズの頭が飛んだ。クニ
はその光景を見るや「やめてぇ〜!」と叫ぶ。しかしミスズは、劣勢の
中でも必死にスミレに食い下がっていた。
 ミスズは涙を流しながら、声援、いやミスズの為に命乞いをした。
 「お願いミスズを殺さないで! なんでもいうこと聞くから!」
 だが終止符を打つことはなく、しかし次の瞬間、ミスズがスミレの両腕
を掴むと、捻りあげた。ボッギッギギギ――、と腕がきしむ音が響き渡る。
 スミレは両腕を折られると、止まってしまった。 大正サクラが舞う中で、
ミスズが勝利したのだ。

789 :サクラ大戦7:2011/05/22(日) 19:17:26.35
 しかし痛々しかった。ミスズには頭がなかった。転がるミスズの顔が微
笑みながら、くしゃくしゃになって泣き続けるクニにいった。
 「心配しないでも大丈夫です。お爺さんに直して貰いますから」というと、
ミスズは自分の頭を持ち、スミレを抱えると泣き崩れるクニから歩き去っ
ていった。

 「クニっていやな奴だね」と抱えられたスミレが突如いった。
 「そうなんだよね。あんなバカ娘の子守だとストレス溜まるんだよね。
  これで少しはやさしくなってくれたらいいんだけどね」と手に乗っかるミ
スズの顔が笑っていった。

790 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 19:59:51.40
長い
ロダに上げろ

791 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:27:11.17
>>790
うっせーよ
さっきまでのくだらないやりとりよりよっぽど有益だわ
お前みたいな自治厨がいるからスレが荒れるんだよ

792 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:30:12.72
>>791
あなたも煽り口調控えなさい

793 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:37:18.43
どんな形であれ、晒しとワイさんの評価がメインならかまわんよ


794 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:42:45.33
カス垂れ流してる本人が自分は有益だとw

795 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:43:48.63
自分で言っちゃってるのか
救いようがないなw

796 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:44:55.86
とりあえず>>800以降は作品の晒しとワイさん以外の書き込みは控えようよ

797 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:47:20.74
>>794-795
また分身の術かよw
ハットリ君は里に帰れよw

798 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:49:12.84
ここで騒いでやる奴は電撃のラノベ「書きなんだろ
帰れ、巣に帰れ

799 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:49:23.34
>>797
妄想乙

800 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:50:08.59
>>798
日本語を頼む

801 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:50:52.33
>>796
そんなルール今まであったっけ?

802 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:52:04.20
>>796
おまえがぷうぎゃああなら分かるけどなに勝手に仕切ってんの?

803 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:52:07.78
アスペが又騒いでいるのか

804 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:53:15.63
>>798
いやハットリ君の里は、文書サロンの自作晒しスレだからw
里が荒らされて復讐に来たでござるの巻き
ニンニンw

805 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:55:55.14
マジで妄想狂がいて怖いんだが

806 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:56:09.66
なんでここが荒れてるの?

807 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:58:43.09
> いやハットリ君の里は、文書サロンの自作晒しスレだからw
> 里が荒らされて復讐に来たでござるの巻き
> ニンニンw

そもそもこれ何なの?鳥肌立ってきた

808 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:00:58.96
>>806
少し前に文書サロンの自作晒しスレが串に荒らされたときに、串がここのスレを薦めたからハットリ君が粘着を始めた。
今日のこのスレの荒らしにムカつい何人かが自晒しスレを報復で荒らし始めたようで
その報復の報復にハットリ君がまたやって来て、泥沼化しそうな勢いw

809 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:03:33.15
ワイスレにまつわる雑談スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1306065763/

810 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:07:01.73
ここは文章を晒して評価してもらうためのスレなんだから、どんな人でも文章表現には気を使うべきだと思うんだ、一応。

811 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:08:27.80
気持ち悪い人が紛れ込んでる

812 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:09:27.32
>>806
どのスレのこと?

813 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:12:05.00
雑談は>>809いってやりましょ
荒らしが1人で複数の役をして荒らしてる
ここに書き込み続けるってことは荒らしたいからでしょ?


814 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:12:49.19
だからハットリ君て誰だよ? こえーよ

815 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:14:24.42
よくわからんけど自治厨が荒らしてる、と予想

816 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:14:55.55
忍者だろw

817 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:15:59.62
>>814-816
1人でご苦労様


818 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:19:16.77
こいつマジでやべえな

819 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:23:10.80
もう荒らしを追い出したいのか自分が正しいと信じたくて必死なのか

目的を失い、多分に利己的になった正義はもはや悪である――by昔の偉い誰か

820 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:23:47.23
ハットリ厨は荒らす気まんまんだな

821 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:24:16.32
>>808
あそこって気軽に晒せるようにしてくれないか?
ロダに上げろと昔言われたことがあるが
今も腑に落ちないw

822 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:26:28.97
ハットリ厨が晒しスレに帰れば平和になるってことは分かった

っていうとまた自演認定されるんだろうな
やれやれだぜ

823 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:27:10.31
俺は興味ないやりとりは読まないから、荒れていても別に…
ワイさんもやめろとは言ってない
誰のために戦っているのです?

824 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:28:12.09
>>821
あのスレはロダ使わないと烈火の如くハットリ君が怒る怒るw

825 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:28:23.53
だから、あそこってどこだよ
教えろ
それともそういう引っ張りも荒しのやり方か?

826 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:28:37.77
>>823
おれも晒しとワイ評価だけ見に来てる
なんか雑談スレ立ったからスッキリするんじゃない?
しかしワイスレは人気だな

827 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:28:40.71
平和のために戦っているのです。

828 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:29:46.33
なんなのさ?ハットリ君が!とか言いながら自演で自分叩いて荒らしてるのか?
こっちいけ!
ワイスレにまつわる雑談スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1306065763/

829 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:33:17.32
ハットリとか自演とか何が何だか……
こう言っては何だけど2chのやりすぎなんじゃないかと

830 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/05/22(日) 21:39:16.45
きみたち

831 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/05/22(日) 21:40:03.81
なんだよ

832 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:41:46.27
レベル40初めて見た!

833 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:42:24.19
2ちゃんのやり過ぎだなw

834 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/05/22(日) 21:47:21.58
きめえ

835 : 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 :2011/05/22(日) 21:48:23.01
レベルチェック

836 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:51:21.17
>>776
ワイ様のこういうまっすぐなところ、ご立派です。
ワイ様が仰られている通り、ワイ様が固い型枠となってこのスレをゆがまないように維持なされているのですね。
ご立派です。
だけど私はワイ様を荒野に映える一本の大木とみてます。
ワイ様は、葉を茂らせもするし、散らせもします。
嵐にも揺るがぬ大木の意思を持つワイ様へ。
もう一度言わせてください。
ご立派です。

837 :忍法帖:2011/05/22(日) 21:52:56.78
才能は無いけどな、プギャーは

838 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:53:46.87
ちょっとこのスレを好きになれる良い話

839 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:56:12.11
一句詠んでみました。

『嵐去り、清き流れに、鮎泳ぐ』

解説します。
ブラックバス(大口を叩く)やブルーギル(何でも喰いつく)がいなくなり、
僕(鮎)やワイ(へら鮒)や出品者(どじょう)や感想者(たなご)が悠々と泳ぐさまを的確に捉えた一句です。

840 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:00:24.04
トップクラス!

841 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:01:35.56
でハットリ君って誰?

842 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:03:07.90
>>821
あそこってどこか知らないけど、長文晒しならロダにあげるのが一般的だぞ

843 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:05:45.90
>>841
冨山じゃね?

844 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:06:33.82
言われても分からん

845 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:07:56.03
>>821
まぁ、長文を何レスにも渡って投下されるのは結構面倒だしな
気軽に短文晒すならこのスレでいいじゃん

846 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:09:04.89
その気軽な短文晒しが素人の糞文ばかりという現実

847 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:13:32.59
このスレには鬼が棲む。
鬼はその名を疑心暗鬼と云う。鬼は何でもケチをつけ喚きたてる。
自分が人間なのか鬼なのか悩んでいるそこのあなた。
鏡に映してごらん。そこに映っているのは人の顔ですか?
罵りあうだけのコミュニケーション、そんなんじゃ何も生まれないよ。
鬼は必ずや桃太郎(ワイ様)に成敗される運命なんだから。
ワイ様の犬である私が警告をはっします。

848 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:15:44.82
ホラもっと荒らせ!

849 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:17:54.93
じゃあ俺はプギャーの雉になる
倦倦(ケンケン)

850 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:23:36.63
>>846
素人なのは問題ないだろ

851 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:26:32.12
いいこと言った

852 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:26:44.81
ワイ様、あの日以来随分と成長されましたね。
こんなにも無邪気に書き込むワイ様の姿が見られて、私、心の底から喜んでおります。
だけど、よちよち歩きだったワイ様も懐かしかったりしますなんて書いたら矛盾してますよね。
ワイ様これからもっともっと高みを目指してくださいね。
陰ながら応援してます。

853 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:35:01.53
結局、こっちとあっちを荒らしてるやつが今度はそのスレの住民のせいにしてるんだろ?

854 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:38:01.66
ハットリ厨がそいつってことか
納得

855 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:47:43.11
ほらほらどうした?
もっと盛りあげようぜ!
どんどん荒らしちゃってくれ!

あ、俺はもうねるから頑張って^^

856 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:48:32.21
コウさん おやしみ〜

857 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:57:07.54
見せてくれ、文章!
作品募集中で〜す!

858 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:59:53.19
この速度でスレ消費してくとそのうちワイさんがスレ立て規制喰らいそうだな

859 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:01:26.45
なったらなったとき

860 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:04:47.56
しかし作品とワイの感想しかないってのもどうなんだろうな

861 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:07:24.82
>>860
名無しの感想も欲しいです

862 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:10:59.11
自分には感想を書く資格がないって思ってるやつばっかりだから名無し感想なんてこねぇよw

863 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:11:18.59
いやいらないけどw

864 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:15:58.42
そこまで卑屈にならんでもええのに

865 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:18:02.66
ぶっちゃけ俺は自分で晒した時はワイさんの意見しか見てないよ
名無しは糞みたいな煽りばっかだし
たまにコテとか酉付けてる奴いるけどそれも見当違いで役に立たないし

866 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:20:12.69
それは報告しなくてもいいです

867 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:20:17.31
名無しの煽りの方がまだマシだよな。
ワイスレで酉コテ付けて批評する奴の意見なんか内容がないようだからw

868 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:22:01.57
内容がないよう
内容がないよう
内容がないよう

今時……

869 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:22:24.92
「無職ですが弁護士目指して毎日勉強してます」
こういう人は、真面目なんだなあって思うよな
だけど、
「無職ですがプロ目指して毎日小説書いてます」
うわあ、こいついつか事件起こしそうだよって思うよな。
こういう偏見が小説書く者の心を捻じ曲げていくのかもしらんな

870 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:22:38.10
この大荒れのスレでワイさん以外の意見参考にしてる奴なんているのか?
そもそもまともな意見探す作業が砂漠で米粒探すレベルで無駄無駄無駄なんだが

871 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:24:35.61
はいはい雑談スレでやろうか

872 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:24:37.50
つーか存在しないからな

873 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:24:54.84
なんで内容がないようとか言う奴がいるんだろな

874 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:25:32.92
本人登場っすかw?

875 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:25:52.91
なかなかアグレッシブな駄洒落だと思ったのだが

876 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:27:03.83
いやほんとに
こないだ酉ないコテつけて批評してた奴がいたけどマジで意味不明だったからね

877 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:28:37.82
あそこらへんの自称評価人は何故だか自分至上主義に罹患しておられるからな

878 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:35:43.92
感想なんて自分至上主義でいいんだよ
役に立つか立たないかは作者が決めればよくて、気持ちよく書けばよろし
排除する流れのほうがよくない

879 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:40:53.31
>>878
俺はそうかも
感想一つでも多いのは嬉しい

880 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:45:36.28
俺もそうだな

881 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:51:55.55
人間誰しも穴があります。
そんな人間が書く小説というものにも当然穴があります。
ご存知の通り、穴を見せることは恥ずかしい行為です。
でも一度、穴を見せてしまえば羞恥はすぐにでも快感へと変わります。
その味を知ってしまった者は、好き者などと呼ばれる存在へと変わってしまいます。
ワイさんは穴を見逃しません。細かく穴を観察してくれます。
ワイさんだけではなく僕たちもまた、あなたの穴をじっくり観察します。
「あーなるほどよい」って作品待ってます。
このスレを訪れる者たちよ、おそるるなかれ。

882 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:53:06.33
俺も感想は多い方がいい。
参考にならない感想かどうかは後で自分で考えて決めたい。

883 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:54:44.99
保守。僕はスレッドをageた。
俺らは極悪非道のageブラザーズだ。
今日も用も無いのにスレを上げてやるぜ。

884 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:59:02.45
ワイが晒し以外の書き込み嫌がってないから気にせず書き込めばいいんだよ

885 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:02:46.63
なんか突然コナミのワイワイワールド思い出した

886 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:07:20.24
虚しいねえ

887 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:09:55.63
ワイさんがどんだけ偉いか知らんし荒れてようがなんとも思わないけど

>>735
>例の黒歴史の旧ザクの異名、ボルジャーノンではない。アルジャーノン状態である。
さりげなくターンAという中途半端な作品のマイナーなネタを持って来ることで、作品に中途半端な統一感を出せ引き締めている。素晴らしい。

お前のそのコテはよく覚えておくよ。
今度偉そうに批評してんの見かけたらその批評ぼこぼこに批評してやるから。

888 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:10:36.64
批評の批評でもしてればいいんじゃね?
相互研磨の観点から

889 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:11:34.62
あれ被ってるw
これだから携帯は

890 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:13:13.62
そうだな
俺も馬鹿が批評してたらぶっ潰してやることにするわ

891 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:14:45.05
遺恨勃発の予感……
次回をお楽しみに
おやすみ〜

892 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:17:34.76
>>889
ハットリは黙っとけw

893 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:20:24.15
まだいたのか認定厨

894 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:21:47.58
正直ハットリとか言ってる人はマジで頭がおかしいんじゃないかと思うの

895 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:24:41.03
触るな

896 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:32:48.36
雑談スレってワイが作ったの?
ここに書き込んだらいかんの?

897 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:40:06.40
いや、ルールはお前が決めるんだ。
この先、辛いこと悲しいこと、誰かにルールを強制されることも沢山あると思う。
でも、負けちゃいけない。自分のルールは自分にしか決めれない。
わかったら行け! 早く! 俺を置いて行け!

898 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:41:32.88
荒らしと化した自治厨は俺達が別スレで抑えてるから好きに書き込んでいいよ

899 :896:2011/05/23(月) 00:43:04.59
>>898
分かった

900 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:43:57.63
自治も何も、他人に何かを要求したのってロダ使えって言った人だけだよね?

901 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:45:19.63
だってこっち書き込んだら雑談スレで基地外とか言われるんだもん

902 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:48:17.00
基地の外から言われても気にすんな、在日米軍は守ってくれます

903 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:52:21.36
ちょいちょい寒いな

904 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:55:00.83
そんなこんなで900も通り過ぎ

905 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 00:56:28.49
「お前を置いてなんていけない。だってそうだろ」
「行くんだ。俺はお前の一番でいられたか?」
「俺はお前なんだ。だから唯一無二の存在だ。俺はここを離れるけどお前のこと忘れないから」

906 :905:2011/05/23(月) 01:12:27.95
投稿です。
ワイさまよろしくお願いします。


907 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:13:12.57
>>905
やるな。これは高得点が期待できる。

908 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:16:37.72
僕の自信作です。お褒めいただきありがとうございます。

909 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:28:57.16
>>905-908
お前らマジで言ってんの?
ワイさんってどんだけ人格者なんだよ

910 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:30:53.44
ワイさんだからね

911 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:39:12.92
 私はその日もいつもと同じく昼過ぎに起床した。布団から這い出るとすぐにパソコンのスイッチを入れる。OSが起動し、デスクトップが表示されるとすぐにひとつのアイコンを選択し、アプリケーションを起動させる。
手慣れたものだ。ここまでの動作もいつもと同じである。
 しかし、その日は違った。私が常駐しているスレッドが荒らされていたのである。それもみるからに頭の悪そうな書き込みが目に付く。このスレッドが荒れるのはそれほど珍しいことではない。だが。
 私はふつふつと怒りが込み上げてくるのを感じていた。しかし何故、何がこんなにも気に障るのだろう。今回に限って――。
 そして、私は思い出した。この荒らしの書き込みは、以前、私がとあるスレッドで試作小説を晒した時に難癖を付けてきた奴と似ているのである。
私は直感で確信した。あいつだ。あの時私を馬鹿にした奴がここにまで来たに違いない。
 我知らず口角が上がっていることに気付いた。しかし、私はそれを直さず、さらに吊り上げる。
この荒らしの正体を知っているのは私だけだ。ならば真実を知る私がこいつを懲らしめてやらなければならない。正義はこちらにある。
 両手が軽やかにキーボード上を走る。私は意気揚々と真実を書き込み、奴を追い込んでいく。何度も書き込んでいくと、奴も焦って来たのか反論してくる。
複数を装うとは。却って動揺が丸分かりだ。私は尚も書き込みを続け、荒らしを追い込む。
 しかし、ふと私はキーボードを叩く手を止めた。このままいけば荒らしを追い出せるに違いない。だが、そのためにスレッドを消費してしまうのはうまくない。
そこに、名案が思い浮かんだ。別に雑談用のスレッドを立ててしまえばいい。
 そして、新しく立てたスレッドを元のスレッドで宣伝する。すぐに書き込みが増えていく。しかし、元のスレッドでも未だ荒らしの書き込みが続いていることに、私は気が付いた。しかし、新しいスレッドでも荒らしと思しき書き込みは増えていく。
 両方に書き込んで複数だと思わせる気か。私は元のスレッドに再び書き込み、荒らしを追い詰める。すると、そちらの書き込みは止まり、新しいスレッドの書き込みが増えていく。
 私を批判する書き込みが続いていくが、すべてひとりで書き込んでいるであろうことは分かっている。私は荒らしを追い詰める真実を紡ぐ。すべては正義を執行するためである。

912 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:40:45.61
ハットリの野郎がワイスレにとって害悪でしかないことと、ハットリと戦う戦士の崇高さを広めるために書いてみました!

みんなでハットリを晒しスレに追い返しましょう!!

913 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:46:05.31
しかし、の重複が目に付くなぁ
接続詞の使い方を工夫してみるといいかもね

文章自体は悪くないから頑張って

914 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:51:29.45
>>911
すげえ執念を感じる。
よっぽど腹に据えかねたんだな。

915 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:51:34.01
はい! 注意してみます!
批評ありがとうございます!!

916 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:53:26.28
このモチーフって何十回目だっけ?

917 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:54:30.15
>>911
たかが2ちゃんねるのことで、ここまで熱くなれるってお目出度いねw
気楽な人生を生きてるんだなって思った。
その分、文章も軽いわ。

918 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:55:49.28
>>912
勇者はワイスレ界でただ一人だと相場は決まっている。
だからこれからも頑張ってハットリと戦ってね。
ワイスレ界の命運は君に懸かってるよ。

919 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:59:42.95
酷い自演を見た

920 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:00:51.07
批評ありがとうございます!
またハットリが中傷書いてるみたいですがどうせひとりでしょう
僕には皆さんがいるから負けません! 大丈夫です!

921 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:06:19.55
軽いっていうか、復讐ってのは自分も傷つく覚悟がないと相手を追い込めないのに
自分にその覚悟が全然ないのが致命的に駄目なんじゃないの?
鬼気迫るってところまでは行かないな。
へタレの戯言、負け犬の遠吠えといったところか。
才能というか人間としての生き様が無様だから
共感を得られないんだ

922 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:06:41.12
ポッポって奴じゃね?

923 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:08:25.72
あちこち荒れてんな

924 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:09:14.61
>>911
一応マジレスよい?
回想と決意文で終ってる。で、どうなったの? を期待したんだけど。

925 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:12:01.48
中傷はハットリの仕業だから気にすんなよ、晒し人

926 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:14:50.19
日記調ってやつじゃね?

927 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:15:51.33
>>924
脳内で思ってることだけ書いて、終える奴いるよね
てめえの脳内でのことなんてどうでもいいんだ
小説ってのはどう行動したかを書くのもだよな
こんなど素人小説だとそりゃ難癖も付けられるわ

928 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:16:22.49
あんだけ叩いたのにこの期に及んで悪口か
ハットリって奴には学習能力ってもんがねーのなw

929 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:18:26.19
だからこっちで議論すんじゃねーよ荒らし共

930 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:20:11.64
スレ主に断りもなく立てた雑談議論スレなんかに誘導する方こそ荒らし行為だろ

931 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:24:26.77
何調でもいいけど、中身がないのはいかがなものかと。

932 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:25:01.55
928、929……。興奮しすぎw ネコ放り込んだ鶏舎みたいだぞ

933 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:27:18.80
 ハットリは分身の術を使い、大勢のスレ住人達を華麗に翻弄した。二人に増えたハットリはスレッド内空間の灰色の壁を横向きに疾走し、スレッド中央に固まるスレ住人に左右から迫る。
「ギャア!」
 ネカマのコテハンが悲鳴を上げた。その額には、スレッド右側からハットリが放った十字手裏剣が突き刺さっていた。
 もう一方の、スレッド左側のハットリは壁を蹴り、身体を捻らせながら、見上げるスレ住人達の視線すらも振り切り、全員の背後に着地する。
 そして火遁の術が放たれた。スレ住人の八割が火だるまとなって、スレッド床をのたうちまわった。
 ウンゲロと呼ばれるコテハンはその猛攻の中を運良く切り抜け、調子に乗っていた。
「今こそ僕の出番だな!」
 だが、彼の身体は即時に火遁で焼かれ、無数の手裏剣を浴びた。
「ネカマもウンゲロもやられた!」
「このスレはもう終わりだ!」
 残ったスレ住人達は恐怖に慄き、次々に脱糞や失禁をしていった。
「「雑魚共、憐れなり」」
 横に並んだ二人のハットリが声を重ねて言う。その時。
「待たせたな! ワイスレ住人達よ!」
 スレッド天井を突き破り、ハットリの前に一人のコテハンが華麗な着地を決めた。
「あ、あんたは!」
 端正な顔立ちに笑みを浮かべる彼こそが、ワイスレの救世主、一色はじめだった。
「来い、ハットリ!」
 その頃、スレ主のぷぅぎゃああああああは、別のスレッドを荒らしていた。

934 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:29:12.29
>>988
ああ、こっちのが良いわ。最後の一文、結構キタw

935 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:33:08.46
>>933
うん、こっちの方がいいな。オチもあって面白い。

936 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 07:02:08.15
どんだけ発狂してんだよ

937 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 07:30:02.46
身の毛もよだつ狂いっぷりだ

938 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 07:39:02.09
日曜深夜によくこんな人数居たなw
どうせやるなら時間帯考えてやれよ

939 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/23(月) 07:49:31.46
>>778
>針か何かで心臓を突かれたような感触を胸の奥に感じた。
(感触では無くて痛みの方がよい! 『感じた』の重複表現を避けることもできる!)

>火を点すのを忘れていた。
(その場にいなかった主人公が言い切ることはできない! 灯っていた火が風で消えたのかもしれない!
 この一文は人称がぶれて三人称に見える!)

胸を突く表現が二箇所ある! 感触と痛みで表されていた!
感じ方が違うとは言え、同じように見える! 悲しさの度合いによって表現に工夫を入れた方がよい!
沈黙の表現は二箇所で同様に降り積もるとあった! やはり、同じことが言える!

SFの要素を言葉だけに留めた学園物!
文章に派手さはなく、自制の効いた状態が最後の悲しさを演出していた!
ペンダントの小物の原理はわからないが、悪くはない!
彼女の心の隠し方に作者の意図が透けて見える! 愛情を育む過程がないので唐突に思える!

素直な文章が純粋な二人の表現に合っていた75点!(`・ω・´)

940 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/23(月) 07:50:33.58
>>782-786
父親の身なりはわからないが細かい言動で脳裏に浮かぶ!
文章は硬いが朴訥とした父親の表現として捉えた!
脱兎の使い方は少し引っ掛かった!
メールの部分はあざとい! 平仮名である必要はない!
説明書と真摯に向き合う父親の場面が全く活かされていなかった!

最後の締め方は悪くなかった70点!(`・ω・´)

941 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2011/05/23(月) 07:51:19.91
>>787-789
>そんなある日こと
(脱字がある!)

>クニが学校から帰ってくると、ミスズの隣にミスズに似た人が部屋にいた。
(部屋の出方が遅い!)
ワイの場合!
 クニが学校から帰って部屋にいくと、ミスズの隣にミスズに似た人がいた。

>「なんだかしないけど〜
(脱字がある!)

二人のロボットの自作自演!
そのロボットを作った祖父の意図はわからない!
どこまでが仕組まれた話なのか! 詳細によって話の内容が変わるかもしれない!

ロボットの必要性があまり感じられない話だった60点!(`・ω・´)

942 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 07:53:59.15
ワイさんお疲れ様です

943 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 11:01:51.21
>>933
コテの名前言われてもさっぱり分からん

944 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/23(月) 13:57:52.04
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50894903

945 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 16:24:05.14
通報した

946 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 16:31:38.72
70点突破続出すると逝きそうになる

947 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 16:45:32.34
>>778
お前酷評スレでも評価依頼してんじゃねえか
しかもSF以外の部分褒められるとか評価も一緒w

948 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 16:48:32.37
同じ作品ならあれだけど違う奴ならいいだろ?

949 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 16:50:16.60
んだ、多くの人に見てもらおうという気概やよし

950 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 16:51:42.25
俺のフォルダも潤うし

951 :一色はじめ ◆sExHaJiMeA :2011/05/23(月) 20:56:42.44
>>939
ワイさん、詳細にありがとうございました。
文章には注意を払ったつもりでしたが、まだ粗いところがあったようです。
内容面も、足りない所が分かりました。
とても参考になりました。
ありがとうございます。

952 :一色はじめ ◆sExHaJiMeA :2011/05/23(月) 21:01:37.58
>>947
SFとかライトノベルを甘く見ていたようです。
知識不足経験不足です。

掲載先の「ごはん」では完全に無視されてますので(寂しい)、
他の人の作品に感想つけて一つでも感想を貰えるように頑張ろうとおもいます。

953 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:04:02.82
だってつまらないもん、仕方ない
でも面白いの書いてもごはんではきっと無視だと思う
馴れ合い至上主義だからね、あそこ

954 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:05:14.72
また分身かw

955 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:08:11.34
ハットリ乙wニンニンww

956 :一色はじめ ◆sExHaJiMeA :2011/05/23(月) 21:38:02.72
つまらないと言われるのも傷つくが、シカトはもっと辛いからね。
感想もらえるまで感想つけるのだっ

957 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:41:46.85
ちょっと何言ってるか分からない

958 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:43:55.41
感想ついてるぞ
よかったな

959 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:48:27.77
はじめちゃんはアリの住民だと思われているから簡素少ないんだろ?
でも、プロ目指しているなら、まだまだと言うか、ぜんぜん足りないだろう。
ご飯に投稿している連中もぜんぜん足りないんだけど。
はじめちゃんを初めの頃から知っているから、いろいろ自分なりにアドバイス
めいたものを伝えたい気持ちもあるんだが、いかんせんそれは自分自身の方法論を
明かすことにもなるので、公の席ではまず難しいんです。
ただ、一ついえるのはこのスレ主のアドバイスが有用だとは自分思えませんな。
小手先の文章の先っちょだけしか見る目がない。それ以上はまず期待できないでしょう。
学生の文章添削レベルのアドバイスです。プロし様ではまるでない。

960 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:56:37.39
仮に学生の文章添削だとしても素人にはどれだけ助かる事か

961 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:58:14.84
ごめんね。余計なこと言い過ぎました。続けてください。

962 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:13:08.87
>>959
プロか編集者か知らないが、名無しで書き込む内容ではないな。
ワナビだったら恥ずかしいね。

963 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:13:10.47
>>953
ハットリ、一色のレスから3分で即煽りレスかよw
どんだけ暇なんだ?w
つーか今回は分身なしか。

あのさ、面白くないって書くなら、どこがどう面白くないか具体的に書かないと全然意味ないよ。
ただの中傷文。誰の何の役にも立たない。相手のモチベーション落としてるだけ。

君、頭悪くて感想書けないなら褒めてみたら?
面白いといえばそれだけで相手は喜ぶだろ?

頭悪いって自覚出来たら馬鹿でも人の役に立てるんだよ。
無駄なプライドは捨てなよ。君の出来る範囲で誰かに貢献すればいい。

964 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:14:09.46
そもそもはじめちゃんが誰だか分からない

965 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:15:19.80
プロし様

966 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:16:17.51
>>963
ハットリ乙ww
顔真っ赤で長文書くとかどんだけ暇人なんですかァ?w

967 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:16:34.07
プロしさま


968 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:17:12.60
ハットリは自演がばれるとすぐに長文書き込むからすぐわかる
これ豆知識な

969 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:17:25.99
>>964
>>959←こいつ


970 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:18:59.25
ハットリは句読点がないから直ぐ分かるわw
馬鹿だから学習できない。
分身に影がないってところだなw

971 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:22:05.06
>>966
>>968
これが噂のハットリの影分身?
糞ワロタwwwww

972 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:22:34.12
>>962
プロでも編集者でもワナビでもない。でも、それくらいはわかるだろ?
これがわからなければ、文章を書いている事の括りに、プロなんて言葉をにおわすだけでも恥かしい。
と、思っただけです。
お遊びなら、それはそれでいいんです。邪魔するつもりはありません。
ごめんなさい。

973 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:24:00.64
ハットリ発狂し過ぎwwww
顔洗って出直して来いよwwwテンパり過ぎてて何書いてんのか自分で分かってないんじゃね?wwwwwww

974 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:24:37.02
>>970
>>971
これが噂のハットリの影分身?
糞ワロタwwwww

975 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:25:31.40
>>972
でもプロし様とかぬかすんだね。
中傷にしかなってません。
二度と書き込むな。ボケが。

976 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:25:44.32
>>972
ん?おまえがはじめちゃんなの?
つかこのスレの住民誰も知らないんだけど

977 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:27:22.72
ちなみにこいつ>>975がぷぅぎゃああああああああ

978 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:28:04.55
>>974
ハットリの新忍術、山彦返しwww
腹痛いwwwww

979 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:29:05.39
>>977
ちなみにこいつハットリw

980 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:32:36.12
まあ名無しでワイが書き込むこともあるだろうな

981 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:33:19.08
ハットリ完全論破されててクソワロタwwww
最早意味不明な創作忍術名乱発するしか能がないwwww

982 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:33:40.27
>>980
ちなみにこいつハットリw

983 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:34:45.71
あらら、とうとうワイ叩きまで始めちゃったよw
全く何の根拠も無しに、思い込みだけでw

984 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:36:31.13
俺がハットリだ!

985 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:37:27.14
そりゃああるだろ

986 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:39:04.18
雑談は↓でどうぞ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1306065763/

987 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:42:25.78
それワイさんが立てたの?
ワイさんがそういうルールに変えたの?

988 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:43:56.61
ハットリ乙!

989 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:57:12.85
お前が、お前達がハットリだ!

990 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:58:14.96
で、はじめってどこのどいつなの?

991 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:58:49.22
詩板から逃げてきた自称ますらお

992 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:03:59.53
自称ますらおって…

993 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:05:31.14
奴が書き込むと何故か寸刻も待たず温かい擁護のレスが頻発する神に愛された男

994 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:12:53.78
つまりメシア?

995 :992:2011/05/23(月) 23:15:50.49
えらいナイーブな益荒男だなぁ

996 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:20:07.54
それがぼくらの

997 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:21:31.27
次スレはきちんと計画的に

998 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:24:21.65
点数表の改定も考えろよ

999 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:27:46.66
じゃあやっぱり>>959もはじめの自演なのか


1000 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:28:05.12
ここまで荒れてまだ次スレ立てるかどうかはワイさん次第

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

285 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)