5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【超硬派】新潮新人賞12【純文学を舐めるなよ】

1 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 13:47:36
公式
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/shinjinsho/

前スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1284045431/

過去スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1062936261/
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1088495618/
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1112675560/
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1136736164/
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1172676709/
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1190511839/
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1207048863/
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1216089485/
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1223638447/
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1270739451/


2 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 16:44:15
なんかむかし、平成の梶井基次郎をさがすみたいなコンセプトを打ち出してたみたいだが、まだ見つかってないみたいね。
西村賢太は新潮てはあまり縁がないのかな? てか西村は平成の梶井基次郎ではないけど

3 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 22:39:02
【純文学を舐めるなよ】
ぺろっぺろっぺろっ

4 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 22:39:36
きゃー!

5 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 14:32:28
ぺろっ……!?これは純文学!!

6 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 14:56:45
いや〜ん

7 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:38:31
西村みたいな犯罪者の書いた文章を金を払ってまで読む奴の気が知れない。
犯罪者の遺伝子は駆逐されるべき何だよ。
こんなやつは作家として認めてなんかやらずに、のたれ死にさせるべき何だ。
犯罪者は犯罪者を生むことを示した好例として世に知らしめるにとどめるべきだね。
文壇で西村をリンチすることを望む。

殺せ!

8 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:48:00
殺せ!

9 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:58:20
殺せ!

10 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/30(日) 15:01:19
が、しかし時には生かせ!

11 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/30(日) 18:02:01
ここは紐で綴じるのかダブルクリップかどっちが良いだろう?
古い感じだから紐でないと駄目なのかな?

12 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 08:59:34
>>11
どっちでもいいよ。
読む側の立場に立って、読みやすいようにしてやればいい。
右以外を綴じたり、極端にばらしにくかったりするのは論外だけどな。

13 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 08:55:15
ついったーやってるワナビさんは矢野編集長だけじゃなく中島さんもフォローしてるかい?

14 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 03:57:16
新潮アカウントにリツイートされてフォローしてくるやつって変人ばっかり
おまえらだと思うけど

15 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 16:31:37
>>14は有名人なの?

16 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 16:52:59
っていうか、誰の視点かさっぱり分からん文章だなw

17 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 00:37:36
14の視点だろ。14が新潮にリツイートされてたくさんフォロワーが増えたっていう自慢だろ。

18 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 17:26:56
  ◇       ミ ◇
   ◇◇   / ̄|  ◇◇
 ◇◇ \  |__| ◇◇
    彡 O(,,゚Д゚) /
       (  P `O
      /彡#_|ミ\
      
【ラッキーAA】
このAAを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

19 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 00:49:46
殺すまえにとりあえず新作を読ませろ。
話はそれからだ。

20 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 01:42:15
いやいや一回リツイートされてみ
電波ネトウヨとかサブカルキモオタがごそっと寄ってくるお
ワナビェ…ってげんなりするよ

21 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 09:13:30
人気者になった気がして嬉しくてしょうがないんだね
ツイッターにでもつぶやいてろカス

22 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 00:45:22
新潮新人賞って60枚くらいの短編が受賞したことってありますか?
ググれカスとか言わないで、誰か教えて下さい。

23 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 11:16:10
>>22
ないお

>>21
ぷっツイッターで変人にフォローされて人気者もくそもあるかよカス


24 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 20:59:02.97
>他の新人賞に応募済みの作品は対象外です。

これって二重応募がダメってこと?
使い回しがダメってこと?

25 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:49:34.09
今どのくらい進んでます?俺は百五十枚くらいです。二百枚とかでもありなんでしょうか?

26 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:03:02.78
>>24
わかりにくい文章でもO.K.な会社ということはわかる

27 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:04:24.55
しかし盗作作家の川上未映子を新人賞に使うとか新潮社は終わってるな。矢野は犯罪を見て見ぬふりだし。

28 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:26:48.74
うわーまだ言ってるこの人w

29 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 01:10:40.32
そろそろ締め切り一月前だというのにこの過疎り具合。
ここに応募する人は2chを見ない世代なんでしょうかね。

30 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 02:46:36.30
一ヶ月前だからこそ過疎るんじゃないかな

31 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 18:10:33.17
kaso

32 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 11:43:07.06
エンタメっぽいのはアリかな?
純文学は書いたことがない

33 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 13:42:07.28
神キチ読んでみろよ。まあ受賞作の研究を怠る人間が書いたエンタメが評価されるとは思えないが…

34 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 20:20:32.88
中村文則
愛知県立東海南高等学校、福島大学行政社会学部卒業。2002年、「銃」で第34回新潮新人賞を受賞しデビュー。

福島大学
ふくしまだいがく
国立/共学/平均偏差値: 46.5


35 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 20:54:03.31
>>34
見よ! 電子戦隊デンジマン!

36 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 20:55:11.00
34だけに「見よ」か

37 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 20:55:38.22
見よ! 電子戦隊デンジマン!

38 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 23:37:10.57
今年34歳だしな

39 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/08(火) 20:42:38.01
週刊新潮、週刊文春は昨年から他誌で盛んに取り上げられていた警察の裏金問題や東京都の青少年健全育成条例や
マスコミ電波利権や記者クラブ問題をまったく報道せず無視してきた。
週刊、文春は右翼を偽装した既得権益のための雑誌だと断言できる。
新潮、文春にパチンコ広告を出しても意味がないのに毎週、パチンコ広告が掲載されている。

週刊新潮、週刊文春は毎週同じ内容のパチンコ広告を掲載
白黒1ページ(連載)
http://megalodon.jp/2011-0308-1932-27/www.seospy.net/src/up3182.jpg
http://megalodon.jp/2011-0308-1933-02/www.seospy.net/src/up3183.jpg

週刊新潮、週刊文春、新年特大号に同じ内容のパチンコ広告
カラー2ページ
【週刊新潮2010年12月30日・2011年1月6日新年特大号(2010年12月22日発売)】
【週刊文春2010年12月30日・2011年1月6日新年特大号(2010年12月22日発売)】
http://megalodon.jp/2011-0308-1931-13/www.seospy.net/src/up3180.jpg
http://megalodon.jp/2011-0308-1931-54/www.seospy.net/src/up3181.jpg

新潮
カラー2ページ→330万 
白黒1ページ(連載)→60万×42回=2520万円
年間2850万円=パチンコ広告収入

文春
カラー2ページ→370万円
白黒1ページ(連載)→65万×42回=2730万円
年間3100万円=パチンコ広告収入

40 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 13:59:29.89
ほほぅ

41 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 14:21:59.60
ボケ防止に老人ホームにパチンコを導入して〜
ってのが嘘なんだろうけど
光景を思い浮かべるとシュールでいいよな、
退廃的な近未来て感じ

42 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 20:49:50.49
「ドル箱もってこい!」と怒鳴るボケ老人とかシュールだな

43 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 21:46:32.95
>他の新人賞に応募済みの作品は対象外です。

これって二重応募がダメってこと?
一度でもほかに応募して落選したものは手直ししてもダメってこと?

44 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 22:04:40.97
ダメだと思うなら送らなければいい。
そう思わないなら送ればいい。
ここで聞いてる時点で結果は同じだろうが……。

45 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 00:27:56.88
わからないなら無理して答えるなよw

46 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 01:35:58.94
>ここで聞いてる時点で結果は同じだろうが……。
意味不明
アホなやつほどこういうもったいぶった答え方したがるよね

47 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 01:52:48.19
送っても、送らなくても落選するから結果は同じということだろう。
意味不明には見えないが。

48 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 02:18:46.72
本人以外にはそんな解釈は出来ないよw
普通に意味不明

49 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 02:30:21.60
>>47
つーかどうして結果は同じなんだ?
規約違反だから、というなら普通にそうこたえればいいだけ
そもそもそれを聞いてるんだし
どう考えても>>44は格好つけた結果意味不明になった
馬鹿丸出しな答えとしか言いようがない

50 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 02:37:17.85
出版社に電話しないでこんなところで聞いてる根性なしが書いた小説なんて
応募したところでカスりもしない。
しかも>>43は他の賞に送って落ちた過去があるんだろ?
根性も才能も無いから無駄だよ。
ここまで言わないと池沼にはわからないかな?

51 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 02:48:05.31
うん、本人以外には>>44からそんな解釈は出来ないね
それで通じると思ってるおまえが池沼
早く自殺した方がイイヨ

52 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 02:49:59.51
>>50
結局質問に答えてねーで煽っただけってことじゃんw
アホ丸出しwww

53 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 02:51:33.62
結局>>44
質問にあおりで返しただけだったと犯人が自白したわけか



アホ草


54 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 13:40:43.57
ここって何枚くらいの作品が受賞してるのかわかるとこない?
もしくはわかる人いない?
俺200枚ちょいなんだけど大丈夫かなあ?

55 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 14:47:14.75
図書館行って過去作品読めばいいだろ。
その程度の労力を惜しむ人間が受賞できるとは思わないが。

56 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 15:59:18.04
>>55
そこまで受かると思って出す訳じゃないのさ。書いてたらこの200枚ちょいでちょうど今の時期に
なってたんだよね。
だから、ただどうなんだろうって疑問に思っただけなんだ。


57 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:10:11.56
記念受験のつもりで出すなら200枚で出せばいいじゃない。
本気で入賞したいなら本気で調べなさい。

58 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:58:41.43
>>55
>>57
どうせおまえら調べても毎回一次落ちだろ。本気でやってるのかもしれないけどさあ。
受験じゃないんだからそこまで過去作品読み込まないって。色んな名作あるのに…いい作品を作ればいいんだよ。
多少、賞の傾向は大切だけどね。でもそれはある程度でお受験じゃないの文学は。
偉そうに言ってる奴に限って大した作品書いてないんだよな。

59 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:14:33.39
>>58
偉そうに言ってる君は一次落ちじゃないんかい?w
最終候補まで残ったんかい?www

60 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:28:03.92
>>58
二次までだ。
てか、そういうお前は?w
さては残ってないから絡んできたのかな??ww

61 :60:2011/03/14(月) 19:31:17.65
まあ俺も偉そうなこと言ったから人のこと言えないんだけどね。
もう少しで締め切りだし追い込みなど頑張りましょう!
とほんとは言いたかった。

62 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:35:40.71
先にレス番出して(絡んで)きたのはそっちだろ。
その書き方だと一次通過か二次通過かわからないぞ。
まあどっちにしろ本気で入賞を目指す人間はこんなところで油売ってないと思うが。

63 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 23:33:38.46
期日延期とかにならないのかな?
月末までに郵便は完璧に復旧するのか?

64 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 04:41:42.22
>>63
消印が末であればいいんだよね.
応募者減るかもね。

65 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 06:03:43.08
この速さなら言える
今回は150枚前後の俺の作品が受賞

66 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 12:56:18.55
というか延期したほうが良さそう

67 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 22:49:59.64
プロフィールってどうやって書くの?いちいち項目立てて 筆名 桜庭麗華 本名 山田花子みたいに書くの?プロフィール書いて2〜3行開けて本文書き始めていいの?誰かおせーて

68 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 23:26:32.48
>>67
要項さえ見ずに応募しようっていう根性だけは買う。
でもまずは要項に目を通したほうがいい。ネットで調べられる。

69 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 23:52:47.11
プロフィールの書き方はあってると思うけど
普通は原稿と別紙だよな
絶対ではなく、個々の応募要項にしたがうべきだけど

70 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/21(月) 08:15:44.15
ありがとう。要項読んだよ。もう何十回も。でも理解できなかったwww原稿の冒頭にプロフィール書いて、別紙にも同じ内容を書けばいいの?フォーマット欲しい…

71 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/21(月) 11:35:00.50
そうだよ、そのとおりじゃんw

表題、枚数(四〇〇字換算)、筆名、本名、住所、電話番号、年齢、職業、略歴

の後、改行してすぐ本文にするか、改ページするかとか

表題 :人間失格
筆名 :太宰治
本名 :津島修治
  ・
  ・
みたいに書くか

タイトルは大きい字で書いて
横に 太宰治(本名 津島修治)みたいに書くとか

そんなフォーマットは好きにすればいいがな
決まっていないし、それが理由で落とされたりしない

不安なら「文学賞 書き方」とかでググっていろいろ見るがよろし

72 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/21(月) 11:49:23.00
本当にありがとうございます。助かりました。あなたのおかげで新人賞とれそうです!

73 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/21(月) 11:51:25.76
1枚目は「表紙」にして、タイトル、400字換算の枚数、
それから項目立てるなどして筆名、本名、住所などを書く。
「表紙」も含めて右上にパンチで穴をあけ、ひもで綴じる。
ページ数をふるのはもちろん本文から。
で、「表紙」と同じものをもう1枚用意し、綴じずに添付する。
略歴は出身地と最終学歴程度で。綴じ方はネットで調べられる。

74 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/21(月) 19:39:44.12
編集者の方いますか?

75 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/21(月) 20:17:10.79
編集者ですが新潮ではありません。

76 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/21(月) 22:03:33.80
>>75
kwsk。
学歴とかどこの出版社か教えて

77 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 01:49:19.80
>>76
早慶、マイナーどころ。
知ってどうする!?

78 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 02:14:14.27
>>77
どうしてこのスレを見てるんですか?スパイ?

79 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 06:50:49.81
編集者がここ見ちゃいけないという決まりでもあるのか?

80 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 07:33:45.38
見て得することはあるのか?
宣言して得るものはあるのか?

81 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 08:51:45.01
そして>>80の質問になんの意味があるのか?


82 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 10:37:23.54
>>77
ラノベでは大手?

83 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 10:38:33.41
みんな何で送ってるの?書留?

84 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 11:30:21.20
レターパック350

85 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 13:12:53.32
ラノベじゃないよ。サブカル系。
編集者が新潮に送ったらいかんのかよ。

86 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 13:38:18.89
サブカル系雑誌ってまだあったのかよw
ナウなヤングが読むやつだろ

87 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 13:48:40.16
ロッキンオン系(笑)とかクイックジャパン(笑)とか宝島(笑)とか?

88 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 14:03:11.43
新潮エンターテイメント大賞は純文学なの?
私的にはこの賞ってもうそろそろ終わるんじゃないかと思ってる

89 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 14:07:04.30
ナウもヤングもサブカルチャーも英語だし
外人は未だに日常で使うんだろうけど
なんでカタカナのそれは色あせて見えるんだろう

2年後くらいに上司が「君は草食系男子だな」とか言うと
「え?」って感じなんだろうな

90 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 14:16:21.66
もう22日か……チョベリヤバいな
今晩から書き始めるぞ!

91 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 14:17:11.10
>>88
>純文学なの?

新潮"エンターテイメント"大賞


92 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 14:56:30.44
>>77
まずなんで新潮編集者じゃないのにここにいるのか言え。
学歴とかどうでもいいから。
所属する出版社を言いなさい

マイナーの具体例を言ってくれ

93 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 15:00:39.91
粘着はスルーでいいよ

94 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 15:48:58.87
新潮文学賞受賞作で一番枚数が少ないのって何だろうな。
250枚以下とはいえ、50枚でとるやつなんてないだろうね。

95 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 16:02:18.01
あのさあ。ここって本格的な純文なのやっぱ。俺傾向立てて書いてなくて、ちょっと違うんだけどさ。
文体とかも。違う賞に送った方がいいかな?

96 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 16:02:58.14
ちなみにストリートっぽい感覚で書いた。

97 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 16:09:14.75
>>95
>>94
新潮出版の本読めば傾向が分かる。
「短編可」なんだから3〜5枚でも送る奴は送るだろ
それで受賞したらそいつは天才だ

98 :95 96:2011/03/22(火) 16:22:24.24
>>97
時間がないんだ。
教えてくれ。頼む。勉強不足なのは承知だ。でも村上春樹も出してるぞ〜
混乱してきた。車谷もだ〜

99 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 16:41:58.77
いいものはいい。
傾向なんか吹き飛ばすズコいものを書けばよい。

100 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 16:50:39.04
村上春樹が受賞したのは群像な。
そんな>>96は小説宝石新人賞がいいと思うぞ。

101 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 18:50:42.50
村上春樹が芥川賞か新潮新人賞の選考委員に入っていたら・・・
凄い人間が出るだろうな。
作品や人間はどこに埋もっているか分からない
または村上が群像ではなく新潮だったらまた展開は変わっていたと思う。
群像は凄い人間を発掘したし、落とした芥川賞選考委員はアホだな。
太宰治もそうだけど。

102 :95 96:2011/03/22(火) 19:07:15.53
>>100
受賞したのは知ってる
出版したのを言っただけ。

車谷は短編で最終候補まで行ったよね。

みんな純粋な純文学で勝負してるの?

103 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 20:18:49.75
wikiによると

ただし、海外においては積極的にインタビューに応じ、自身の文学観、作品の意図、日本社会の集団性の強さについての言及、
日本の文壇における否定的評価への不満などを、率直に述べており、それらの中には従来の日本における村上春樹像を覆す内容も少なくない[50]。

らしい



104 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 21:27:08.28
だってプリンストンで自分のファン集めて馴れ合いしてるもん藁

105 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 21:55:38.89
インタビューでさ
「はやおきっすね、早朝から何やってるんすか?」
「走ってるんですよ、下着泥棒してるわけじゃない」
みたいに答えたら、

雑誌には
「はやおきっすね、早朝から何やってるんすか?」
「走ってるんですよ、下着泥棒みたいなもんです、ははは」
って書かれたって文句言ってた



106 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 02:05:51.58
応募した

107 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 02:34:31.41
早く届く作品はぎりぎりまでの努力を怠ったと見なされ即ゴミ箱行き、プゲラ

108 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 03:36:50.02
>>105
マスコミ屑過ぎワロタ。
NHKなんかで生放送か編集なしの取材すれでもいいんだよな

民放は全部糞だから

109 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 09:59:45.75
>>105
日本のマスコミ?

本当なら最悪だな。
日本が嫌いになるはずだ

110 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 10:25:46.57
日本のインタビュアーが勝手に文章を変える、作るのは良くあることだよ
あと
「**さんとは、よいお友達と言うことですか?」みたいなYES・NOの質問に
「はい」とか答えるときっと雑誌では
「**さんとは、よいお友達です」と言った事になってる

イチローも中田も信頼できる(って言うか発売前にチェックできる)媒体でしか
インタビュー受けない
インタビューも自分の作品だから面白くしてもOKみたいな心理があるんだろうな



111 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 11:24:57.75
>>105

安西水丸のイラストの村上春樹が雑誌見ながらしょんぼりしてるところが
脳内に浮かんでクソワロた

112 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 12:33:24.59
群像と言うと大江と村上を発掘した所か?
2人ともまだ生きてるんだよね

113 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 13:06:45.39
春樹の話題は春樹スレでお願いします。

114 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 13:51:03.34
大江さんの話はしていいの?

115 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 13:59:02.01
大江さんの「従兄」ってのは伊丹十三でいいの?

116 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 16:02:02.53
村上さんと話してみたいな。
インターネット上でもいいから

117 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 17:39:12.88
村上です。何を話したいんだい?>>116

118 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 18:58:08.95
>>117
村上さんである証拠を言って下さい

119 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 20:02:34.53
君が村上だと思いたければ思えばいい。
そうじゃないなら信じなければいい。
村上ってそういうもんだろう?

120 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 21:11:25.39
村上さんは大学何年間行ってたんですか?
あと卒業する時は何歳でしたか?
あとHPやブログ、twitterを再開して下さい。もっと頻繁に

121 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/24(木) 00:12:03.92
7年間通い、26で卒業しました。
ツイッターはやりませんが
馴れ合いたくなったらHPを再開します。

122 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/24(木) 00:21:26.16
マスコミや日本が嫌いでも村上さんが好きな人間は日本人で沢山います。
なので再びHP再開を希望します
交流をしましょう

123 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/24(木) 00:37:18.94
ありがとうございます。
ただアンチも多いようなので、
もう少しスルー能力を鍛えてからにします。


124 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/24(木) 17:55:19.92
>>121
一浪してなかったか?26で卒業?

125 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/24(木) 19:17:39.77
>>123
アンチが多いのは分かります。太宰治にも多くのアンチがいました
アンチがいるということはそれだけ人気者ということです。
アンチがいない作品や作家と言うのは所詮その程度の作品、作家と言うことです。


126 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/24(木) 21:17:08.13
∩___∩
     | ノ      ヽ
     /  ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ    スポッ
   (⌒ヽ;"''i'"i'''i"'i''"∩⌒)
   .i  |  ! ! ! !  |  |
   |  |∩___∩  | プハー
   |  i| ノ    U ヽ i
   |  /  ─   ─ | !  あーしんどい・・・
   !  | U  ( _●_) ミ   もう村上のふりは辞めた
   ヽ 彡、   |∪|  ノ
    \    ヽノ  /

127 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/24(木) 22:09:23.86
倉本美津留です。
被災地の方に向けて少しでも心の支援ができたらとYouTubeに動画をアップしました
http://www.youtube.com/watch?v=FA5t7Fevl74 拡散して頂けたら幸いです。

http://twitter.com/#!/kuramotomitsuru

128 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 05:22:20.44
ただいま八十六ページまで来たところです。
土日で百二十ページまでもっていきます。
推敲に残された時間が少ないのが難点。
でも何とか出します。

129 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 05:28:03.20
たばこすいたいよう

130 :128:2011/03/26(土) 07:14:37.50
九十三枚まで来た。調子が出てきた。
ゴールも見えた。今日中に最後まいけそう。

最初は文藝にだすつもりだったけど、
向こうは年齢制限ありそうなので、こっちにします。

131 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 15:07:38.66
新潮か文萼どちらに出すか迷ってる。


両方にまったく同じものを出したら流石にブラックリストに載るだろうし。やめとく。


あとは選考委員や傾向で決めるか

132 :128:2011/03/26(土) 23:47:26.07
百二十枚越えて終了。これからぎりぎりまで推敲を繰り返す。
たぶん、最終的には百三十から百四十枚くらいになると予測。

133 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 08:09:20.50
川上未英子と中村文則が気持ち悪いのでここには出さない

何故気持ち悪いかというと大した実績もないのに選考委員なんて仕事を引き受けるところ

134 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 13:11:24.73
あの、すばると新潮迷ってるんですけど、どっちがどう違うとかありますか?

135 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 13:52:36.15
すばるはエンタメ寄り。
新潮はごりごりの純文学。

136 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 13:54:32.86
「エンタメ」と「ごりごりの純文学」の定義を教えてください
あと文芸賞の傾向はどんなもんですか?

137 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 13:58:24.59
>>136
めんどくせー奴だな。ちっとは自分で調べろよ。
ttp://shinjinsho.seesaa.net/

138 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 14:13:32.22
出したい作品がもう5つぐらい溜まってるんだけど
一気出ししたらそれだけで落ちます?

139 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 14:29:46.42
>>138
片っぱしから5つとも5つの賞に出してみれば?一気に。
でもいいし、一年おきごとでもいいし。
できてるなら出した方がいいよ。
5つ出せば一つくらい最終候補か、新人賞取れるかもよ。可能性としてははある
保証はしないけど

140 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 14:31:34.17
落ちても落ちたやつを違う賞に送る手もあり

141 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 14:56:09.45
>>140
下読みが被ってたら読まずに捨てられる。
改作しても新作に比べたら評価にはどうしてもハンデがつく。
落選作を書き直す労力があるなら新しい作品を書いた方がいい。

142 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 15:16:23.66
下読みに他の出版社の人間も来てるっ本当かね。
本当なら二重投稿はバレるはず。
例えば新潮の下読み段階ですばるや文藝の下読みの人間も来ているとか。
そのあたり真相はどうなのか。
誰一人来ていないなら二重投稿してもバレないはずなんだがね。

143 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 15:28:32.33
でもさあ。文藝とかって二重投稿ダメとか書いてないよね。新潮は群像だ文學界はダメって書いてある
けども。

144 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 15:52:11.05
>>143
そのあたりは古い体質を表してるのかもしれない。いい意味でも悪い意味でも。新潮新人賞って金儲けの賞ではないだろ。金儲けは二の次って考えだと思う。
金儲けの賞ってのはポプラ賞だの色々あるが。
新しい賞は比較的二重投稿は認めてる所が多い。

145 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 17:02:31.03
二重投稿禁止と書いてないからといって赦されるものでもない。
つい最近、他からの借り物が発覚して、受賞取り消しになった人が出ただろう。
でもそんなルールは規定になかったわけだし。
一般常識的に不味い行為は、規定に記されてないけど失格にされる恐れあり。

146 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 19:45:39.54
借り物って文藝賞だろ。該当者なしになったじゃん。
ただどこまで借り物とかいうのは線引きは難しいと思う。
丸々本やインターネットから借り物だとアウトだが、部分的に利用したり借り物はセーフだろ。

完全な独創物とかあり得ないし。
何かしらに影響とかはしてるでしょ。
現存の作家も昔の作家も。
要は程度というか限度次第でしょ。

147 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 17:16:45.34
>>146
文藝賞の場合は本人からパクりました申告があったんだから程度問題は抜きにしてNG。

148 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 18:51:23.99
145は新潮職員か編集者
大江はサルトル
三島もかなりの人物に影響されたと言っている

149 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 19:05:45.35
ま、二重投稿はやめとけ。
ばれれば間違いなく傷がつく。

150 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 19:20:05.41
                             , -、
.         , --、       , -、   _      (  j
        (   j     /   ⌒´  \    / /´
          \ \.  ∠   ハ M ,   ',  / /
           \ \ / ヽ ト、l !/ |  ハ / /   推敲オワタ!
            \ ヽ! l八⌒_⌒ル トリ/ /
             \∧{l リ  V_ノ イ j∧′/
               // .ヽ { >‐< j/ \ヽ
              \  メ/^<>^',ヽ  /
                `{  〉 f::l .〈o Y
                 } / l::::l V .}
                くム. ∨  }!人

151 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 19:21:08.23
まあ基本的にはNGってのはみんな分かってるはずだと思うが
タイトルを変えるとか、推敲し直すってのはありだと思うけどね>個人的に
まったく同じものはさすがにNGでしょ
そこらあたりは個々人の判断

152 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 19:52:45.55
>>150
kwsk
最終日に出すの?

153 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 20:47:01.75
>>152
                      /   )
           , ─‐ 、  _     j  ァ'´
  /⌒{ヽ     / ,.-、―シ´  \  / /
  ゞ _  ヘ     ,'/   ィv、、   ∨ /
.    ヽ \.  〃  l /{ {""}_}ヽ}  lド/
     \ \ハ   lレ >` <リl /!l/   明日出すー!
       \ 杁  ハ. r― ┐ノイ 八   スレ違いだけど文藝にー!
          A. ∧{ヽ l、ヽ ノ,.ィ /ヽ>   473枚だぜー!
        / V /  リ`マア7 ル'/
.       /  \ V" ∨{}V ヽ′
      /    /`¨{  ∨/  }

154 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 20:55:46.58
>>153
473枚・・・
凄いな・・・
400枚とか俺には絶対無理だわ・・・
俺長編に向いてないかも・・・

155 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 21:02:37.51
>>154
 ′   /     {  /^{   、    }  /
. {   ′    ハ 斗‐弋 ∧  /  /      |
 ',   {     { ∧{   ヽ{ }  ハ /l|  }    l |
           ∨ _..二、  レ' jノ リ /     ハ|
.  ヽ  ヽ   \ <´        =ミ//     / リ
   ヽ  ヽ \ \      '   / . イ  /
     \ \ `T `   )‐-  `ア´ /}/   そんなことないです!やればできます!
      \{ 乂、> .._       イ  /   お互いあきらめずに書き続けていきましょう
         _/ ̄\   厂///}/   一次選考通過したらここでお知らせしたいと思います
    /⌒ヽ \  ヽ j /^'く
.   /     }   \/ ヽ{ へ、 ヽ.
  /   ==ァ'⌒つ..__ 〈    ヽ  l
  /   ==/ ´二ユ二ニ=   |  |
 /      {   ィ´     }    } ヽニ二二二二フ)
./     ∧  丿    /   / ヽ>(^(^ーァ'´

156 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 22:13:35.33
私小説が復興した今、新潮はまだまだ大丈夫だろ

157 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 22:44:03.36
>>155
文芸でも新潮でもどちらでもいいから報告頼む!
通過してもしなくても互いに燃えよう!
究極的に言えば自分じゃなくても文学が復活、復興すればそれでいいんですから!

158 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 22:45:28.31
>>153
文藝って400枚までだろ・・・

159 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 22:45:45.41
>>156
新潮職員又は編集者乙。

160 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 23:23:16.37
>>157
文学は死んでるの?
復活ってなに?

161 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 23:39:32.23
分からない奴はいい

162 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 23:44:20.47
1Q84でお金じゃぶじゃぶ。
スーパー企業神楽坂バンザイ!

163 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 00:08:52.77
なんかアツい奴がいるな。
心はアツく筆は冷静にって言うだろ。
舞い上がった小説送らないようにな。

164 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 01:09:26.35
心は熱く筆は冷静(笑)

筆が冷静じゃないならいい作品は書けないし、人を震撼させる文章も書けないんじゃない!?

冷めてる奴が多いから最近の作品は腐ってると言われるんじゃないのかねえ。
新潮に限らず誰も最近の作品を読んでないことに気づいてない奴がいるな

読者を感動や興奮させるのが作家の使命だろうが。

155に完全同意だわあ。
一緒に頑張ろう!
W村上以降ロクな作家いないじゃんかよ

165 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 01:17:53.57
>>164
横からすまんが、お前言ってる事矛盾してるぞ
読み手からしたら何言いたいか分からん
筆を冷静にした方がいいという悪い意味での見本になってる

166 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 02:16:16.42
>>165
言いたいことなんか分からなくていいんじゃないか?
何かしら伝われば。矛盾でもいいし、何言いたいのか分からないということがお前に伝わった。これで十分じゃん。

まあついでに言うと所詮便所の落書きの2ちゃんに適当に書いてるだけだがな。そこに何を求めてるのかは知らんが。俺は31日に投函してくる。ギリギリまで推敲するよ

167 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 08:16:43.29
応募規定に、冒頭に表題、枚数、筆名、……を明記とありますが、
一枚目が以上の情報と小説が混在して妙な感じになりますが、良いんですよね?

168 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 10:33:25.21
本文は2枚目からだろ

169 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 11:05:51.75
>>168
えっマジですか?
冒頭にって書いてあるし、別紙にも上記を明記し添付って書いてあるんで、繋げちゃった。
ということはIDのみを記した紙が二枚になるんですか?

170 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 11:06:06.73
>>162
新潮職員、編集者乙
最近定期的に湧くな

171 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 11:14:03.55
要項に沿ってればあとは好きなようにすればいいよ。
おいらは冒頭=一枚目と解釈してる。
そんな細かい体裁が理由で落とされることはないからあまりナーバスにならんでもいい。
大切なのは読む方の立場になって読みやすく扱いやすい原稿にすること。

172 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 11:53:34.01
>>169
そこまで細かく見ないだろ。
そんなことで落とすようならその程度の出版社だと思えばいいよ
「明らかな規定違反」以外は平気だと思うが
特に枚数超えだがね

173 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 16:31:55.99
規定の話しついでに聞いてみる。
応募者の情報記載の別紙は添付って書いてあるけど、一緒に綴り紐で綴じずにクリップかなんかで留めた方が良いのかな?

174 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 16:40:27.82
というかなんで別紙にするか不明だよな・・・
別紙にする理由はあるんだろうか
一応従って投函したほうがいいのか

175 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 20:49:37.69
良い作家の基準がW村上って辺りが、ちょっと恥ずかしい。
好みはそれぞれだけど。

176 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 23:26:52.29
〆切近づいて来たねい
がんばりんしゃいよ

177 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 23:31:49.81
編集者か職員の方いますか?
「新潮の天皇」について教えて下さいよ

178 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 23:55:17.93
新潮の天皇なんて新潮に対して最も権力を持つ外部の人間に決まってるだろ。
それ以上言わなくてもわかるな。

179 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 01:21:36.80
だれ?

180 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 01:46:25.10
>>178
怖い
もっと詳しく教えろよ

181 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 01:47:46.34
斎藤十一

182 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 05:55:43.10
>>174
他誌の編集部に回覧して二重投稿をチェックするため


183 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 12:32:59.54
>>182
他誌の下読みや編集者が来ているって本当?

184 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 18:53:43.11
デマが飛び交うスレだな

185 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/31(木) 19:18:15.84
812 :名無し物書き@推敲中? :2010/01/21(木) 21:02:22

>>806
2006年の場合
http://www.shinchosha.co.jp/_shincho/200609/editor.html
応募数一九六一篇

編集部によるプレ選考

約一一○○篇

外部の一次選考委員八名

百数十篇

各篇につき二名の編集部員で二次選考

二十数篇

四人の編集部員全員で三次選考(七月中旬)

最終候補作決定、候補者に連絡(七月下旬)

選考会(例年九月上旬)

861/1961が落ちるのだから、もうちっと基準は厳しそう。
アリの穴レベルはプレで落ちる。

過去スレにあった

186 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 12:10:28.43
みんな出した?

187 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 15:29:07.63
出したよ

188 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 16:20:42.44
一次通ればもうけもの

189 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 16:54:38.87
ここ最近の応募数知ってる人いたら教えてください
内部の人でもいいんで
東北地方からはやはり減るんですかねえ・・・
あと福島とか・・・
不謹慎ですが

190 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 16:56:59.29
いくら減るかわからん。
だけど、確実に減ってるよ。

191 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 17:10:24.93
>>190
マジですか!?
それは悲しいやら嬉しいやらで複雑です。
自分のことだけを考えれば嬉しいですが
本当にいい作品、作家が投稿しないのであれば残念ですね

192 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/02(土) 02:01:28.15
川上大先生の前で全裸を公開するのだから気を引き締めてください

193 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/02(土) 04:32:26.96
うわあ嫌だなあ。
まあ最終選考までどうせ残ってないだろうが。
川上ミエコってどういう人間なんだろうか…
見るのは最終候補だけしょ

194 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 01:27:47.95
川上大先生は菩薩の様なお方です

195 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 03:15:04.12
菩薩wって

196 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 03:26:16.20
川上未映子さんは神様だよ。

197 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 03:55:33.25
神様wって

198 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 11:43:07.71
>>191が素直すぎて面白いw

199 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 12:18:20.50
実際の所応募者数はどうなんだろうか〜
去年の応募者数知っている人いる?
今年は減っているのか、増えているのか、変わらないのか教えてほしい。

200 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 12:23:00.29
すばる文学賞16冊目
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1286363250/609

609 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2011/04/01(金) 23:31:10.39
>>590
新潮 第41回:2078編 第40回:2077編 第39回:1910編 第38回:1885編
文藝 第46回:1974編 第45回:2031篇 第44回:2128篇 第43回:2317篇

文藝はけっこう芥川賞出してるんだよね。新潮は受賞者のその後はさっぱりだけど。



201 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 17:16:07.91
三島賞・川端賞の田中慎弥さんがいるじゃないですか。
まあ、その後の方は受賞後さっぱりみたいですが。

202 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 17:56:14.00
純文色が強い人は伸び悩んで消えることが多いな

203 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/03(日) 22:31:06.13
ここって新潮社が主催してる三島賞受賞作みたいな作風でも受賞できるの?

中原昌也とか舞城みたいなの書いても落とされそう

204 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/04(月) 00:47:19.40
落ちたら書き直して違う賞に出せばいいよ。
出版社に拘るなよ。落とされてもここは見る目がないと思えばいい


205 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/04(月) 07:37:49.86
>>204
そういう事言ってる訳じゃないだろ

206 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/04(月) 13:25:27.04
誰か群像スレ立ててよ。
もうすぐ受賞作発表だっていうのにスレ落ちたまま。
自分は立てようとしたけどまだ無理だった。

207 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/04(月) 13:38:12.59
俺もできない。
落ちたの?群像スレ?
代行に頼んで立ててもらえばいいよ

208 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/04(月) 13:52:58.14
●って購入すると(インストールして年3000円くらい払うクレジット契約すると?)

スレって立て放題になるの? 教えてエロいエロい人

209 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/04(月) 15:19:33.85
それ本当だよ。
ただ2ちゃんに金まで払うか?って話しだが
あとレスしたい放題

210 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/07(木) 21:50:20.91
HP行ったらもう来年の仕様になっててワロタ

211 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 10:05:31.74
解らなくなる。
果たして自分の書いている小説が、純文学という枠組みに収まっているものなのか。
もっと言うと、その純文学という枠組みがどういうものなのか。



212 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 11:36:39.38
純文学っつーのは今じゃ新潮と群像くらいだな。
両方とも通らないなら地方賞か中小出版社に持ち込めばいい。
純文学度
新潮≧群像>文学界>>>文芸>>>>すばる

213 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 13:02:08.58
新潮は「1Q84」で儲かったことを考えて
もうすこし神経症キチガイ文学から抜け出すべき。


214 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 13:27:02.87
>>211
解らないものを書いてみればいいじゃないか?
その「純文学という枠組みがどういうものなのか」っていうのを考えるのがとても大切だと思う。
最近ではKAGEROUとかいう薄っぺらいポプラ賞が出回ってるみたいだが
決してあんなのが本とは言えないし純文学とは言えんのだよ
「果たして自分の書いている小説が、純文学という枠組みに収まっているものなのか。」
収まらなくていいんじゃない?と俺は思う。収まっている小説や文学なんてつまらんよ



215 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 15:38:45.64
>>214
文意がまとまらない

216 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 15:41:14.78
>>214
純文学ってのは前衛芸術だからな。むしろ従来の枠組みを破るのが目的といっても差し支えない。
もちろん破るったってそんなに簡単なもんじゃないから、>>211みたいにみんな悩んでるわけだ。

217 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:21:29.07
これだけ聞かせてくれ。
お前たちは三島由紀夫と太宰治のどちらを好む?

私は三島由紀夫に耽溺していたのだが、
先日ふとした契機から太宰の短編を読むに至ったのだが、
これが悪くなかった。いや、かなり心にグッと来た。

三島は太宰を腹の底から毛嫌いしている旨の評論を数多く残し、
実際に文体も正反対の両者であるが、
お前ら作家志望者がどちらをどう読み、
より好んでいるかを率直に聞かせてもらいたい。

218 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:26:38.47
純文学は前衛ではないよ。前衛は前衛、純文は純文。

純文は素材に寄りかからない感動を求める文学だ。

219 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:31:24.34
どちらも物凄く巧い。
どうしても比べろ、というのなら、
三島は部分的に少し難解な所がある。
全体的には太宰の方が読み易い。
私の理解力に問題があるんだけどね。

220 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:32:27.73
>>217

ラーメンとカレーどっちが好きよ?
って聞かれてるみたい、わからない、
どっちかに好みが偏ってる人がほとんどだろうけど
おれはその日の気分で違う

そしてカレーラーメンが思いのほかおいしくないように
(カレーうどんやカレーソバほど一般的ではない事からもわかる)
三島が太宰を嫌うのは仕方がないと思う

221 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:35:06.58
芸術性は三島、
文学性は太宰、
に求められる。

222 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:36:18.91
どちらかといえば、
三島のような死に方はしたくない!

223 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:37:34.29
どちらの文学も狂気の沙汰!

224 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:53:42.83
太宰のような死に方だって嫌だろ

俺、見に行った事あるけど意外と川が小さいのな
もしかしたら昔は大きかったのかもしれんけど

225 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 16:59:38.91
ふたりとも人に迷惑をかけるみっともない死に方っていう共通点はあったけどな

226 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 17:02:32.96
>>217
それは、水が好きか油が好きか?
と聞いてくるようなものだ。
どちらが水で油かは知らんが。
それは人による
ただ三島の場合文体が非常に綺麗だな。論理性が高い。
芸術的と言うか、風景描写もうまい。
ただ読みにく。読者からすると。意味不明な事は書かれていないがね
でもなんかエキゾチックというか、なんか「俺頭いいだろー」ってのが人物からも作品からも伺えられる。
そういうのが好きな人もいるし、嫌いな人もいる。
彼は東大法学部ということもあり、かなり頭が良かったんだろうなと推測できる。
太宰はというと東大文学部だがこちらは落第者。中退してる。
碌に出席もしていなかった。なんというか素晴らしい人生、人格ではなかったと思う。麻薬にも手を出していた。女にも溺れていた。
そういう人間だ。それが作品にも垣間見ることができる。
それで文体はというと三島のように綺麗というかカッコつけてはいない。
結構平易な文章を書いている。これもまた好きな人嫌い人が出てくる。
古い文壇体質の人も堅苦しい言葉を好む


227 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 17:07:56.88
>太宰のような死に方だって嫌だろ
俺、見に行った事あるけど意外と川が小さいのな
もしかしたら昔は大きかったのかもしれんけど

割腹して首落とされる方が絶対にいやだ!



228 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 17:08:27.75
>>215
>文意がまとまらない

ってのは具体的に。
例えばどういうこと?
今、君は書くべき時期ではないのかもしれない。


229 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 17:25:23.65
川に身を投げるのも度胸がいるぞ。
太宰は、簡単に死ねなかったようだから、きっと、もがき苦しんでいた筈だ。
むしろ日本刀一振りで首落とされた方が苦しまないで死ねる。

太宰は一度に死ねなかったのだよ。息が止められてかなり苦しんでいたんだよ。

230 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 17:28:54.14
どちらかといえば、
三島の死に方の方が芸術になっていたかもしれない。
三島は『憂国』のラストシーン憧れていたのでは……。

俺は悩んだ末に、三島の死に方に一票だ。

231 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 17:43:00.91
>>230
結局三島はああいう行為というか死に方をしたかっただけなんだよ。
「普通に死にたくない」と言っていたろ
たしかにあれは芸術的な死に方だ。
三島は天皇と自分を同一化して死んだ
太宰は神と自分を同一化して死んだ
これが真相だろ

232 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 18:06:01.81
芸術的な死に方か……
確かに、三島の方がインパクト強いね。
太宰を超えていた、という気がする。

233 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 18:49:10.90
でも晩年三島は私は太宰氏のようなのかもしれないというような文章を残してるよ


234 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 18:56:03.75
三島は太宰がタイプだったんじゃねえの?
女好きで自分に振り向きそうにないからムカついてただけで

235 :214:2011/04/11(月) 19:59:05.46
>>228
前半部には、発言者が純文学が何かを理解しカゲロウはそれに値しない詰まらぬものだと言っている。
なのに、後半部では純文学なんて詰まらない。そんなものにこだわる必要など無いと言っている。
文意がまとまらない。

そもそもあなたの言う純文学って何なの? 詰まらないの?

236 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 20:03:30.96
>>217
三島のどこに耽溺しているの?
「だが」という接続詞を重ねて良しとするあなたのどこに三島に耽溺するところがあるんでしょうか?
ちなみに私には三島に耽溺するような所は全くありません。

237 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 20:20:52.31
>>235
お前俺のナンバーを勝手に借りるな!
俺は235ではない。
あと「今の純文学」は詰まらない
ただ「本来の純文学」は興味深いものだと思っている
「今の純文学」に拘る必要はないと言ってるだけ
今の純文学なんて偽純文学だ。
だから「本物の純文学」を理解しろ

238 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 20:21:26.88
>>235
215だった。
214に聞きたかったのね。

239 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 20:33:43.88
>>237
ゴメンね。
本来の純文学ってのが判らない。
定義を少し教えて欲しい。

240 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 21:00:59.96
なんか黙っちゃったね……。
そんな事であなた達は小説を書けるのかな?

241 :粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/04/11(月) 21:16:06.73
新潮新人賞スレの諸君。某選考委員に敵意を燃やす性賎士を知っているかい?!
その中の一人は、その選考委員が努める新潮新人賞に応募するやつはおしなべてクズとみなすということだ。
諸君、これは黙っていていいのか?

242 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 21:16:09.31
三島きゅんはジャーナリスト気質
太宰きゅんはコピーライター気質
漏れはオダサキュンが好き

243 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 23:01:53.38
>>240
定義ねえ…
そういうのは自分で考えれば?
教えてもらうものなんだろうか。
勉強と同じだろ。
君はさは学校でも勉強を教えてもらう受け身だったろ?
能動的に勉強してなかったろ?
小説もだが、教えてもらうもんじゃないよ。自分で勉強するもんだ

244 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 23:04:35.32
三島も太宰も凄い奴。
両方天才だよ

245 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 23:27:06.59
>>243
逃げ口上。

私は一度も純文学という認識で小説を読んだことないもんで。
アメリカのポストモダンもフランスのヌーヴォーロマンも日本の戦後文学もSFも読みますし楽しみますが、純文学が何かなんて全く判りません。

246 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 23:29:59.24
凄い奴、天才。
中学生みたいな言葉だよね。
そんな曖昧な認識で小説とか書けんのかって言ってんの。

247 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 23:37:16.03
>>243
端的に問います。
あなたにとって本来の純文学を書いている(あるいは書いた)作家は誰ですか?
作品名でも構いません。教えてください。

248 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 23:38:22.77
批評家になるわけじゃあるまいし
関係ないんじゃないの?

249 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 23:44:20.37
>>248
思考や認識に真摯に向き合う姿勢なくして言葉に真摯に向き合うことは出来ないと思う。

250 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 23:55:29.74
川端康成の自殺は誰も褒めてくれない

夏目は自殺だっけ?

芥川は有名だけどね。

251 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 00:19:31.78
>>243>>247に答えないと

252 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 00:47:01.08
>>245
分からんのなら新潮や群像はやめておけ。向いてない。
すばるとかあとエンタメ系でも書いてろ。
純文学っつーのは生易しいもんじゃない。本来的には

253 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 00:50:03.93
>>247
お前は誰だよ。
そんなの人それぞれだろ。
なんでここで暴露しないかんのだ

254 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 00:52:03.22
>>247
一人あげるなら夏目漱石だな。
今は回帰すべきだと思っている

255 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 00:53:37.76
>>250
あれは自殺かどうか怪しいじゃん

256 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 00:54:53.15
漏れは古井由吉翁だな

257 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 10:52:56.66
川上さんがどんな評を下すのかたのすみだお

258 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 14:08:22.81
でも川上さんが見るのは最終候補だけだろ?
違うの?

259 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 14:13:35.89
>>216
前衛芸術って何?分かりやすく

260 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 15:32:01.55
>>259
とってもわかりやすく言うと、「今までにやってないことをやる」こと。

261 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 15:44:20.54
>>252
大して読んでもないのに純文学とか言っちゃうのは馬鹿だな
本来的にはw

262 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 16:20:12.44
>>260
ほー。色々な意味でってことで?

263 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 16:37:28.86
>>253
言わなきゃ話しにならないから

264 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 17:14:36.44
>>252
多分、その人は「これくらいは最低限読んでから印象批評しようね」
ってアンタの事をからかってんだよ。

265 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 17:54:37.01
前回の「ののの」はエンタメだったよな
面白けりゃ良いんでないの
純文書いたお!って出しても
つまらんものは落ちるし

266 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 18:03:24.98
その前の「神キチ」もエンタメだったね

267 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 20:24:06.04
>>236
耽溺三連発のお前が言うな。

268 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 20:38:03.75
>>267
引用して馬鹿にしてんだよw
一方、接続詞「だが」の重複は明らかな誤用。
文盲が小説書くな

269 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 21:07:04.24
236=268?
目敏いな。一日中ネットに貼り付いてるのか?
推敲も何もないであろうこんなネット掲示板での駄文に、
細かいところをつついてガミガミ言いなさんな。
あと、「w」とか使っている人の方がよっぽど文盲ね。

270 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 21:22:59.02
まあまあ喧嘩はやめなさい。
どっちもどっちね。
でも、仮にも創作文芸板なのだから「w」は確かにないね。

271 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 21:32:46.99
俺なんかは太宰を真似て毎晩浴びるように酒を飲んでいる。

272 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 21:50:30.02
創作文芸板でwを使うのはおかしいとかどこで習ったの?
俺高卒だからかそんなこと知らないよ。お前らジョイスとかピンチョンとか読んでないの?
なんなの? 中学生なの?

273 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 22:05:20.79
ジョイスは読んだがピンチョンは読んでいない。
少なくともジョイスの中にwは無かった。
因みに、当方大卒。

274 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 22:16:14.56
>>272
wって(笑)みたいなことだから、
小説書く奴がそんなもの使うなってことじゃねえの。
ま、どうでもいいけど。

275 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 00:43:13.34
w って日本人独特の発明だよな〜
(笑)をはじめに使った奴は、
きっとDAZAIみたような含羞の人だったんだろうな

276 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 00:45:29.35
ヨッパライでわけわかんねえこと
書いちった
まいいか
明日は誰かの命日

277 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 01:36:18.69
最近の文学は低学歴が多いからな
特に早稲田が増えた。馬鹿が増えた。
昔は東大出身の作家ばかりだったのに。
だからこそ素晴らしい栄光がある。今も続いている。
今は東大ところか高卒や中卒、ろくでもない大卒が小説書いてる。
知性もあったもんじゃない。
これじゃ全体的に質が落ちるわけよ

278 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 02:59:52.20
> w って日本人独特の発明だよな〜

笑うの省略なら日本人以外には思いつくわけないだろ。



279 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 03:19:45.11
>>277
学歴と文学は関係ないがなw
そもそも戦前の大学って今でいう大学院相当なんだけど
旧制中学(≒中高一貫)→旧制高校(四年制・現教養部)→旧制大学

280 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 03:46:46.50
>>279
そう、だから今だと修士程度じゃないと駄目。
今の時代大卒はレベルが低い。
大衆社会に入ってるからそういうのと区別というか意図的にしないと。
大衆社会ってやっぱ程度が低いんだよ。
世界基準(グローバルスタンダード)だと大学院が今ではインテリ層と言われているな
時代に合わせるなら大学院くらい出ないと。
あと関係なくはないよ。俺はそう見てる

281 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 04:10:11.89
と院卒ニートが熱弁

282 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 08:11:34.39
>>273
ジョイスのフィネガンズウェイク読んだ人間が「小説書く人間はwを使ってはいけない」
とか中学生みたいなこと言うんだ。ふうーん。

283 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 08:24:07.48
いや、違うんだよ。
そりゃー、修士過程を終わった人は優秀に決まっている。
家庭の事情で大学行けなかった人の中に、稀に東大級の才能が潜んでいる事がある。
素質があって物凄く勉強出来るのに中学高校時代に遊んで過ごした奴もいる。
そんな見えない要素があって、高卒から突然優秀な人材が生まれているんだよ。
人騙しであるが、ある意味学歴に関係なくなる。

高卒が作家になったというよりも、
実は大学院まで進んでも可笑しくない人が、理由があて大学に進まなかっただけ。
出来る奴だけが作家になれる、という事実に変わりがない。

284 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 08:27:50.07
東大級の才能があっても、意味がないと考えて大学に進まなかった奴もいるしね。
高卒という肩書きだけじゃ、才能を判断できないよ。

285 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 08:34:50.55
サラリーマン、公務員を目指さない人にとって、
大学は無用。
自分で必要な事を学んでいた方が時間の使い方が効率的。

将来サラリーマン、公務員になっても平凡でつまらない。
と僕は思うけど……。
みんななりたくてなったのかな…、
それとも、いやいや自分に嘘ついて人生送っているのかな?


286 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 09:56:00.71
>>278
いや、そういう短絡的な意味じゃないでしょ
>>275も言葉足らずだけど

ここの住人って揚げ足取りか喧嘩腰ばっかだなw
基準値以上のストレスが体内から検出でもされてんのか?

287 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 11:06:02.48
田中角栄だって中卒で総理大臣にまで登り詰め、今太閤と持て囃されていたけど、
実際は、東大級の知識をもっていたんだよね。世が世なら東大卒だろうね。
確かに中卒という学歴に騙されちゃいかんね。


288 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 11:27:28.43
作家になってしまえば、学歴は無意味。
寧ろ、大卒でない方が目立って持て囃されてしまうので、一寸だけ有利。

289 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 11:30:15.23
>>283
そんでも歴史に残る作家ってみんな東大出身じゃん。
今いる作家で50年後も生きている作家なんて皆無に等しいぜ。
そういう意味で基本的に高卒の本は読まないし、昔のような教養がある人間が少ないし。ただ例外的に高校が学習院とか名門高校出身なら高卒でも見るかな
知り合いにもそういう奴いるし。

290 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 11:32:19.29
田中角栄は逮捕されたぞ。これが中卒の実態

291 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 11:41:27.18
まぁごのぉー、ピーナツについては記憶にございません

292 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 12:00:41.02
当時の大学……先着順


293 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 12:17:09.09
だったら、なんで西村賢太ごときが持て囃されるんだ?売れてなんぼの世界。
やっぱり、悔しいけど作家になってしまえば大卒でない方が有利だよ。

294 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 12:19:39.37
中卒自慢はその辺で止めとけ。
成功するのはごく僅かだよ。現実には。
確かに芥川賞とかで当てれば大きいけど、中卒の貴方にその才能がある?
いきがるなよ。

295 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 12:24:17.44
良くいるんだよね。
大卒を馬鹿にして見下す人って。
人間平等だろう、学歴なんて関係ないよ、中卒を自慢するな!大卒を見下すな!

296 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 12:31:32.58
学費に金かけないで、独学にて成功してしまって何が悪い?


297 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 12:57:12.97
まぁ、東大か中卒かという所だろう。
そんな履歴書書ける奴はなかなかいないからね。

逆に、日東駒専レベルなら余るほどいる。だから何のインパクトもない。

298 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 13:02:54.13
西村賢太も作家になれてなかったら、単なる中卒。
芥川賞をとったからこそ、中卒が生きてきた。
大卒で作家になれない人がいる一方、中卒で芥川賞をとったと自慢の種になった。

299 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 13:23:34.26
>>293
作家になれなかった中卒ほど惨めなものはないぞ。その後の人生を考えれば。
現代ではレベルの違いはあれど圧倒的多数はあれど大卒以上
所詮中卒は中卒、高卒は高卒。これ事実。これは一生消えない経歴
西村はたしかに凄いがあれは稀な例だ。田中角栄も稀な例。あれを一般化してはいけない。
正当化してはいけない
>悔しいけど作家になってしまえば大卒でない方が有利だよ。
さすがにこれはないよ。美化し過ぎ。

300 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 13:23:40.72
>逆に、日東駒専レベルなら余るほどいる。だから何のインパクトもない。

西村賢太の影響で、本当は日東駒専卒なのに、ごまかして中卒と書いてくる応募者もいるかも知れん。
こういうのは学歴詐称になるのか?

301 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 13:29:24.41
299のいう通り、
西村賢太は例外中の例外。
普通ではありえない話。
これと一般人を同じ土俵に乗せてはいけない。

302 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 13:32:35.00
てか西村が受賞したんだから似たような経歴の奴はしばらくの間は需要無さそう

303 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 15:17:41.16
>>287
あなた角栄がどうして名宰相になれたか知らない人でしょ?
彼の特技は、何と言っても相手の顔と名前を一度覚えたら忘れない事なんだよ
一度挨拶した相手なら、絶対に覚えていて、会えば○○さんと愛想を振りまく
それをされた相手は、俺の事を覚えていてくれたんだと、彼の事を好きになる
そうして類まれなる人望を築いて、強い支持基盤を作ったんだよ
また角栄は人を使う天才でもあった
東大出の高級官僚が頭が良いのは当然なんだから、彼は一歩引いた
その上で、官僚達が仕事しやすいように、あなた達、頼むと一任した
もちろん本当に必要な時には口も挟むが、それ以外は官僚を信頼して一任したんだよ
彼が出世できたの学校でのお勉強ができるのとは別次元の話

>>290
あれはアメリカの虎の尾を踏んだからだよ

304 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 15:19:37.37
>>289
そういう馬鹿な事は書かない方が良い
大学は出てないが名前を残した文学者は日本でも普通にいるし
また東大以外の文学者だって腐るほどいるだろう
例えば詩人で作家でもあった島崎藤村とかさ

305 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 15:24:04.49
>>299
学歴でしかものを語れなくなったら人間おしまいだぞ
そもそもこの国は学歴より大企業に入れたかどうかで年収は決まるから
年収的には中小企業勤務の大卒<大企業勤務の高卒
子供の代になれば、大企業勤務の高卒の子供は大卒になる可能性が高いし
逆に中小企業勤務の大卒の子供は高卒Fラン大になる可能性が高い
論じるだけ意味がない

306 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 15:27:03.59
>>301
中卒の作家なんて前から定期的に出てるがなw
名前忘れたが薬物でとっ捕まったおっさん
そして今では大御所になりつつある花村萬月
中上健次にしたって中卒でこそないが高卒だぞw
いる人をいない事にしたいだけ
そもそもそれを言うなら作家という存在自体が例外中の例外

307 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 15:28:34.72
でも頭いいのに、高い金かけて大学行くの馬鹿馬鹿しいんだよね。
あの程度の講義で学生から授業料とるのは詐欺だよ。
参考書があれば、独りでも学べるだろう。
役に立つ資格だって取れるだろう。

308 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 15:53:14.93
>>305
パーセンテージの問題だ。そういう例はたしかにあるが
統計論として高学歴、大卒のほうがあらゆる面で有利。
たとえば高学歴100人いるとしたら90人は成功する
たとえば低学歴100人いるとしたら10人しか成功しない
確率の問題であって両方絶対的なものではない。
ただ現実論を言うとやっぱり大学、レベルの高い大学に行くべきと言う結論になる
付け加えるがそれが絶対ではないが。確率的にそういう選択をしたほうが成功しやすい


309 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 15:56:41.37
>>304
>大学は出てないが名前を残した文学者は日本でも普通にいるし
また東大以外の文学者だって腐るほどいるだろう

そりゃいるよ。ただ「歴史に名を残した」「伝説的な」作家、文学者はほとんど東大出身だよ
これは紛れもない事実。
一例を出そうか?川端、三島、太宰、大江。全員東大出身だ。内2人はノーベル賞受賞者。


310 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 16:01:59.03
でも学歴のことにちょっとでも触れると、なぜかいきり立つ人も多いよ。
あと「自分の出自に関することに言及されている」と勘違いした途端に猛然と反論いちゃもんへ理屈を
つけてくるのは2ちゃんねるに限らずネット世界の特徴。
結構、笑えるんだよ。

311 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 16:23:02.46
>>308
話のピントがずれてる事くらいは理解できるよな?

>>309
そんな事実ねえしw
ノーベル文学賞とか笑いものにされたいのか?
いよいよ馬鹿が際立ってきたな

>>310
自分が相手を馬鹿にしてるつもりで
実は大勢から馬鹿だと思われてるって事を認識しないとな

312 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 16:25:19.31
つうか

>いちゃもんへ理屈

ってのは突っ込むべきところだったのかw
高学歴を鼻にかけながら、いちゃもんと認識してしまうとはね

>結構、笑えるんだよ。

低学歴に撲殺されて死ねば?
度胸があるなら低学歴の集まる居酒屋に行って同じ事を言って来いよ
死んでもお前の発言が裁判で全部出てくるから誰もお前に同情しねえぞ

313 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 16:28:42.38
才能で飯食う世界なのになんでそんなので争ってんだ?

314 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 16:34:31.85
>>313
ぼくちんは東大出なのに作家になれまちぇん
高卒中卒が作家になれてるのはおかちいでちゅ
ぼくっちんは東大出なので優れてるんでちゅ
いちゅかは大物になるんでちゅ

と言ってる馬鹿が暴れてるだけ
むしろ東大に入れるような優れた頭脳があって
それで物語を組み立てられないなら致命的な欠陥があるとしか思えない

315 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 17:54:44.15
>>313
俺がちらっと話を出したら色々食いついてきたw
世の中にはそういう奴らが沢山いることがよーく分かった
大学出といてよかーた
底辺でもいいから大学は出といたほうがいいことが分かった

316 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:00:58.07
年取ってから大学行けば良かったと思った。正直、教養レベルは大卒程度あるんだが、普通に文学部で学んだり、工学部で専門分野を学ぶべきだったと。

317 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:07:49.91
早速東大出てるのに作家になれなかった致命傷が現れたわw
分析脳があって書けない東大出には文才が全くない
作家にはなれんから諦めて編集者になれ

318 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:13:50.33
大学でただけでは作家にはなれないよ。
てか、新人賞受賞はそんなに甘くない。
このスレでは現実が見えない馬鹿もいるもんだ。

中卒にせよ、高卒にせよ、大卒にせよ、
何か光るものがないとね。
土俵は同じだ。相手が強かったらに大卒だろうが負ける。
相手が強かったらに中卒だろうが負ける。
どれが有利という事も絶対ない。




319 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:15:56.46
>年取ってから大学行けば良かったと思った。正直、教養レベルは大卒程度あるんだが、普通に文学部で学んだり、工学部で専門分野を学ぶべきだったと。

そんなもん、参考書で独学できるじゃないの。
通学時間が勿体無い。



320 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:20:51.99
確率いったって意味ないんじゃないの。
出来る人集めて合格率上げてる学校と同じ理屈だから。
つーか、中卒で作家になりたい人と大卒で作家になりたい人
を同数集めて統計をとらなければ意味ない。
恐らく50%50%だよ。

321 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:48:34.89
>>319
出来ないことも多い。
理系の専門分野は特にそうでしょ。実験とか個人でやれない。
文系も、たいていの大作を読んだが、大学で専門を決めてじっくりと腰を据えてやるべきだった。

海外の大作家に有りがちなタフな作品は大学で専門分野を学んだ人間にしか書けないんじゃないか……と思ってね。
優秀な作家は大卒だから。
ただ、ここまで書いて日本の作家を思い浮かべたら……現代日本では適用できないみたいだね。

322 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:57:53.80
>>321
学歴厨(東大連呼厨)が馬鹿だというのはよくわかりましたw
正直きみが何をしにここに来ているのかがわからない

323 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 19:16:04.48
>>321
作家志望?
かわいそうにな。

とか書くと「低学歴乙」書かれるんだろうな。
2ちゃんだから本当の学歴とかどうでもいいけど。

324 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 19:38:17.76
金原ひとみってろくに学校へは行ってなかったよね。
登校拒否して一日中小説書く時間作ってたら、人の倍書けるし、人の倍読書できるよ。
そりゃー、作家になれるわ。
学歴よりは、要領だと思うが……。
時間の作り方とね。
若くして作家になりたかったら、時間に追われる理工系の大学に行く事はあまり進められない。
わりかし時間が作れる文系の方が良いだろう。

金原ひとみの登校拒否に勝るものはない!

325 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 19:43:38.74
学歴厨はもっと気の効いた事をいえよ。
どこかで聞いたような話をしたって退屈するだけだ。
人は当たり前の話を聞かされる事が一番つかれるんだよね。
国会答弁じゃないんだから。

326 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 19:56:32.09
それは小説にも言える。
人は痛快な話を好む。

327 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 20:06:10.94
>>322
勘違いしてるが東大連呼してるのは俺じゃないよ。俺は高卒だけど大学行っても良かったって言っただけ。
あと、金原とかどうでもいいわ。結局、デリーロとかピンチョンとかの大作家しか興味ない。

328 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 21:06:03.40
履歴に「東大卒」って書けば、下読みも目を光らせて読む。
東大卒ってどういう事書いて来るんだろう?って色眼鏡で見る。
100本に1本あるかないかだろうから。1本もない場合が多いけど。
その点は有利かと。
だけど、日東駒専レベル、中卒じゃなくて高卒は圧倒的に多数だから、学歴で目に止まる事はない。

329 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 21:07:37.41
要は日東駒専も高卒も一緒って事か……。

330 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 22:31:59.84
周りは高卒だらけじゃん。

市場に出回る量によって、価格が違ってくるからね。
東大なんてめったにいないから。
今時中卒も珍しい。
必然的に両者共に持て囃されてしまう。
特に芥川賞の例外西村賢太の影響も大きい。

331 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 22:41:48.89
デフレで円高になるのと一緒だね。


332 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 22:52:26.32
いま選考中で待ちきれないね

333 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 23:44:26.28
>>328
そう高卒とか圧倒的多数でつまらん。ありきたり過ぎる。誰が読みたい?
中卒や小卒のほうが面白いだろ。
あともし俺が出版社にいたら海外の大学出身とかなら面白いな

334 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 23:46:35.06
>>327
お前結局高卒なのかよ。
すげーつまんないな。平凡過ぎるよ。
どこ高校?開成とか灘なら面白いし大学行っても良かったと言えることが凄いけど


335 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 23:47:08.85
経歴に東大卒って嘘書けばいいだけじゃん

336 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 23:50:33.48
それは問題あるんじゃ・・・
仮にその人間が最終まで残ったら色々問題になるんじゃないか?

337 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 23:56:21.32
人格に問題のある病人キャラで売ればいい

まあ俺はやらんが

338 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 23:57:49.52
おいこれ書いたの誰だ
730 名前:吾輩は名無しである :2011/04/13(水) 23:30:36.30
東京都における石原慎太郎の人気・支持・評価というのは
東京および関東圏の外側の人間にはわかりかねると思う
このわかりがたさは、たとえば、島田紳助のような
吉本のベテラン芸人をめぐる東日本と西日本の評価の分かれ方とも
おなじ問題
もちろん東京・関東圏の若い世代のなかでも「わかりかねる」派は大勢いると思う

けれどもさ

群像や新潮や東浩紀、読売グループが日本の言説空間の中心だと思いこんているうちは
何もわからないよ



339 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 00:14:52.16
まあお前らみたいに作家のプロフィールに囚われる馬鹿を量産したのも社会、ひいては出版社の責任だな。

340 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 03:05:12.92
>>217あたりからずっとスレ違いの流れだな
だがそうでもないとこのスレは伸びない

341 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 03:42:24.25
正直、どんな文学やるかにもよるんだよね
色んな職を経験し、色んな立場を経験し、実体験を豊富に身に着けた上で
作家としての観察眼、洞察眼を生かした小説を書くのか

教養を手当たり次第に詰みまくって、頭を使って物事を考えまくって
我流の観念論で世の中をぶった切る形式で文学とするのか

後者のタイプなら宗教やら哲学やら色んな学問を相当深く突っ込んでやらないと駄目で
自分でその学問をものしたと思える程度にまで修めた上で、初めて勝負になる

はっきり言って、たとえ東大出であったとしても、ここまでの教養を身に着けてる奴なんて皆無だよ
また東大進学は学問への向き不向きを問う試験を通過してきているわけではないので
ペーパーテストには強いが学問には不向きだという人間が腐るほどいる
(その逆だって当然ある)
学者くらいのもんだろ、ここまで徹底的に広範囲な学問を修めてるような奴は
昔の欧州の作家に神父が多いのは偶然でも何でもない
社会を斬るのに必要な基礎教養を非常に高水準で修めてるのが彼らだったというだけ

結局、純文学っていうのは、本来は金があって、その為に暇でやる事のない教養人が
暇つぶしに頭を捻りまくって吐き出したものって事さ
エンタメ作品は全く違うけどね

342 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 05:11:12.78
>>341
無駄に長い。
5行くらいにまとめろ。

343 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 05:18:30.86
>>342
きちんと書けば因縁をつけるだけなのかよw

344 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 07:13:34.66
せっかくいいことを書いても読まれなければ意味がないってこと。
因縁をつけてるんじゃなくて助言してるだけ。
余計なお世話と言われればそれまでだが、あくまで親切心から言ってるんだ。

345 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 07:33:51.34
学歴コンプレックスは見ていて不愉快
才能のある中卒や高卒は学歴なんていちいち気にしないよ

346 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 08:12:42.54
だから、気にしてるのは基本的に読者でしょ。
そもそも一回新人賞取るだけの作家を目指してるなら関係ないでしょ。
あんたたちみたいに。

347 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 10:15:03.48
ほらほら。
なんだかんだ言って、学歴で盛り上がっちゃってるじゃない。
食いつきよすぎで、やっぱり笑っちゃう。


でも親が文筆業っていいよね。

348 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 10:19:58.76
へ理屈と弁解と詭弁はしょせん相手にする必要もないよ。
その必死さは滑稽だけど、中身のチグハグサは相当笑えるよ。
にもかかわらず、それをかばうヤツが出てくるから、面白いんだよね。






349 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 11:43:16.03
お前ら、せめてアンカーをつけて具体的に反論しろよ。
お前らの頭の中と他者の頭の中は違うんだよ。

350 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 11:47:18.05
>>341
その通りよく分かっているね。
夏目漱石の言うとおり文学(純文学)ってのは高等遊民がやるもんなんだよ。
だから貧乏人や学がない奴がやるべきではない。
これは哲学や芸術にも言えることだが。文学なんて贅沢な奴がやったり読むもの

351 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 11:55:03.32
東大出身のエンタメ系作家って誰かいる?

352 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 13:16:32.70
とりあえずこのスレにはKYな学歴コンプが多いことがわかった。
早稲田程度でも卒業しといてよかったw

353 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 13:18:23.29
>>349
ああ、ごめんごめん。ちょっと別板の話だったんだ。
なに、95年に6.9%しかない業種で、ふいてる輩がいたんでね。
ちょっとつついたら、まあへ理屈と詭弁がずらずら出てきたんで、笑っちまうな、と。
それを思い出したんで、つい書いちまったのさ。

金原はオヤジが児童文学研究家で翻訳家だろ。環境が良いから作家として育つやもしれぬという
可能性に芥川賞を出たんじゃないか?
一応、芥川賞は新人賞だから。

東大も色々いるからな、本郷駒場じゃなくて観音崎なんだろ?って奴も確かにいる。
でもそういうのは大抵、数ヶ月もすると講義に出てこなくなるんだな。


354 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 13:28:59.18
それにしてもそいつの話を聞いてると司法書士は商売上がったりになりそうな勢いなんだから、
マジふいたぜ。

355 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 15:56:36.45
『蛇にピアス』は最高だったと思うが……、
文体にてせつなさを表現できるんだから才能だよ。

356 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:17:29.76
>>355
読んでないからその小説についてはなんとも言えないが、孫と痴呆の婆さんのケータイをモチーフにした掌編を読んだ時には、
なかなか上手いなと思ったよ。
タイトルは忘れてしまったが、金原作だったと思う。

他には彼女のコラムを読んだとき、眼の付け所に作家の片鱗があると思った。
その皮膚感覚で終わるか、「文学」と呼べる思想に昇華されるかは、まだ未知数なんだろうけど。
でもこれからだろう、結婚して子供も産んだし、人生の辛酸も味わってからが正念場なんじゃね?
本当に花開くかどうかは、さ。




357 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:31:06.43
>>347
つまり学歴ネタを書き込む低能=お前は無視したらいいわけか
了解

358 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:51:01.34
金原の作品の受賞はわかるけど、綿矢の作品の受賞は謎。

359 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:58:58.67
それを言い出すとあの回は本来なら島本理生が取るべきだったわけで

360 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 17:26:32.13
島本理生と柴崎友香
俺にはどこがいいのか?理解できない。

361 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 17:29:29.09
その二人は何回候補作に上がろうとも、芥川賞を貰えないと思う。

362 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 10:55:04.37
>>358
別に謎でもないだろ。
話題性で文芸春秋を売りたい文春の画策じゃないの?

363 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 00:43:08.75
>>362
綿矢の件なら映画の宣伝をする為だった筈だよ
それで低評価の作品だったのに龍ちゃんがゴリ押しした

364 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 01:30:14.53
綿矢りさは「女」「19才」「可愛い」

これだけだよ。正直芥川賞の価値を貶めただけ。

365 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 01:52:31.83
読む力があると言われている人は、
「綿矢と金の小娘二人が取った芥川賞は、正しい選考だった。
 確率変動が起きたっぽく、あの二作は優れた作品だった」
ゆうてるよ。

366 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 09:08:28.82
>>365
いわれてるだけだろ。
そんな奴らに読む力がないのは、すでに証明されている。

367 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 09:23:16.72
>>366
ん、証明してみてよ

368 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 16:20:58.27
下読み、または外部の一次選考はそろそろ終わりましたかね?
どういう作品ありましたか?

369 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 17:01:39.70
んなもん下読みが答えるかよw

370 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 18:36:31.16
金原と綿矢とでは全然出来が違うだろう。
綿矢の小説読んで何か伝わる?

371 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 18:37:57.11
蛇にピアスは
伝わるなぁ……。

372 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 18:39:34.76
まあ好き好きだろ。主観の問題。

373 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 18:50:58.91
>>368
印刷業界にいるけど、いま紙の供給不足でてんてこ舞。
大手出版社はどうかわからんが、
中堅もやはり大変らしい。
だからスケジュールは例年に比べるとズレ込むのではないかな。
回答になってなくてごめん。
参考までに。

374 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 18:52:32.49
あ、書きかた悪くて、新潮が中堅みたいに読めるな。
「中堅出版社も大変だから、大手ももしかして」
てことです。

375 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 19:04:38.37
綿矢には文章を紡ぐ巧さがある、という事だと思うよ。
ただ、それだけだけど。
はい、お上手、お上手、良く書けました、満点です、といった感じ。
かといって、伝わるものは、というと承知の通り何もない。

376 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 19:08:40.30
「私」と名前忘れたけど登場人物の男との微妙な距離感が伝わるじゃん。
堪能しろよ。大人になれよ。

377 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 19:14:56.11
少女の背中を蹴りたくなるようで微妙な距離感?
うーん、おじさんにはその気持ち分かんねーなぁ……。

378 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 19:16:26.28
訂正

少女が男の子の背中を蹴りたくなるような微妙な距離感?
うーん、おじさんにはその気持ち分かんねーなぁ……。




379 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 01:07:46.19
>>375
「綺麗さ」「上辺」「小手先」はもういらないんだよ。何か伝えるものを書いてほしい、出て来て欲しい。
こういう世の中だからこそ。
衝撃を与えるような作品を。
カラマーゾフの兄弟や地下室の手記並みの

380 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 01:28:47.08
純文学って、伝えるものはいらない、文章の芸術を目指せ、みたいな風潮あるよね
どうかと思うんだが・・

381 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 01:49:46.71
新潮だって三島とか太宰とか輩出してるんだからまともな出版社と思いたいが
最近純文学とはなんぞや?という人間が増えてきたと思う
なんか間違った考えがあるような。
だからラノベが出てきたり、薄ーい薄ーい作品や作家が増えたんだと思う
死んだ作家、偉大な作家は泣いてるぞ、今の日本文学に


382 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 05:03:04.33
>>377-378
おじさんにわかるのは女子高生のオマンコに
チンポを突っ込みたくてたまらない男子高校生の
気持ちだけじゃろうてw

383 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 06:54:15.36
男を拒否したくなる女の心が、女性上位の世情にマッチしていし、新しさもあった、
という事でしょう。

女が強い世、男に頼らずとも自立できる女、結婚したがらない女、それに伴う晩婚化。
世の流れですね。

綿矢に傾倒する、結局は彼女に馬鹿にされてる男達、がこっけいでならない。

384 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 06:57:34.69
金原はその逆。
本人もすぐに結婚する。
形はどうであれ、男に対する愛の姿が読み取れる。
男に対する敬意が読み取れる。

385 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 07:01:09.57
女性上位の世情じゃないだろ
社会的に評価の低い
ガキと女をだませば儲かるから持ち上げてるだけの
男尊女卑社会だよ

世の中の本質がまったく見えていないよ

386 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 07:07:16.99
まともな文学を作るためにはまともな書評・批評誌が増えないと駄目だな
そして一次的な書評・批評に対して誌面で二次的な反応が出来るような
感じになると尚良いと思うんだが、そんな懐のある出版社はないな
ネットである程度名のある有志が集って盛り上げてくれねえもんかね

387 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 07:43:37.36
つーか、振られているのは大概は男だろう。
離婚を突きつけているのも殆どは女の方。
今は女の方が断然に強い。

結婚したとして、結局は女のいいなりになって別居。
掃除選択おむつの取替えも半分は男の仕事に。
女は社会に出て活躍。

明治からすれば考えられない風情だ。

388 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 07:48:28.70
>結婚したとして、結局は女のいいなりになって別居。

結婚したとして、結局は女のいいなりになって男親との別居。
将来はというと、男親の面倒は見ない。施設に預けるつもり。


389 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 07:52:14.99
>>381
純文学ってなんですか?
説明も出来ないのに「私は判っている」とか言う中学生ですか?

390 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 08:02:26.68
>>383
蹴りたい背中にそんな意味あんの?
そういうの我田引水とか牽強付会って言うんだよ。
馬鹿らしっw

391 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 08:17:54.66
蹴りたい背中
「私」が身近に存在している男にいらいらしているという事でしょう。
作者自体が、ストーカー被害にあっているようだし。

実は最近はそういう主題が多くなって来ている。
三田文学新人賞の西本綾花氏も男を拒否したくなる心情私小説を書いていた。

392 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 08:26:28.59
とにかく、その男にいらいらしてその男の背中を蹴りたくなったんだよ。
主人公は。

393 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 08:27:45.98
綿矢のストーカー被害って?

394 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 10:46:46.74
>>381
新潮も潰れるわけにはいかないんだろ。
会社は株主の為にあるのかもしれないが、法人格である限りは、
社員の人生も背負っているからね。
純文学に殉じて倒産するわけにはいかんのよ。

395 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 10:50:43.94
文章教室の体験に行ったら、
16人中12名ミステリ志望でびっくらこいたw
あと3名もエンタメと童話。
残り1名は不明。
教室にもよるだろうけど。
もっと純文学読みたいけど実際なかなか出てこないしな。
ぽまいらに期待。


396 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 11:00:37.57
>>394
ここのところの新潮社は某1Q84小説のせいでお金ジャブジャブだよ。
数十億円の儲けがあったってーからお天道様もびっくりだ。
トイレのチリ紙の代わりにお札が置いてあるってーからこりゃ大変だ。


397 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 11:46:27.38
>>396
売上が純利益になるわけではないからなあ。

398 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 11:57:29.23
>>395
教室の生徒たちをよくよく観察し、友人になり、心のうちを語らせるようにしたらいい。
彼らは目の前の生きたキャラ、そのものだ。

399 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 12:35:00.99
>>389
死ね。お前みたいな奴は死ねばいい。
色んな古典勉強し直してこい。

400 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 12:43:29.31
>>395
村上春樹や阿部和重を輩出した群像もなかなかいいよね。
群像も純文学の血を引いている。
あとその話が本当ならマジで終わってるな。凄い悲しいわ。やっぱ最近のは駄目だな。そりゃ活字離れや本離れになるわ。
どうしてこうなった?
どうしてこーなった!?

401 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 14:02:34.97
>>399
お前より読んでるから「純文学」が何か判らないんだよ

402 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 14:46:11.22
芥川賞受賞作品の中でひとつの文が長くて難しい漢字を使ってるのが純文学だよ木瓜

403 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 15:51:05.21
>>401
じゃあ分からなくいいよ。分かろうとするんじゃなくて感じるんだよ。学校のお勉強とは違うんだよ。心を揺さぶるとか興奮するとか鬱状態になるとか。それが文学、芸術じゃないの?
「感じる」ものだと思うが

404 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 15:57:15.49
そもそも純文学は大衆小説と分岐したときに生まれた呼称であるわけだから
明確な定義がないのもしかたがない
それは本来的には「大衆小説ではない」という程度の認識を与える
ものでしかないのかもしれない
多くの場合その作品のジャンルがなにであるかは
レーベルや消去法で選ばれていると思うが、これはつまり
ジャンルによって核のようなものがありそこに近いものを
そのジャンルに加えるのではなく、作品が完成させる度に、
人為的にジャンルの輪郭を浮かび上がらせていっているのだろ
うということになる

蹴りたい背中を素直に読めないやつがいるようだが
模範的な読みをすれば、蹴りたい背中=クラスで浮いている
と思えた男子に親近感を持って話しかけたら部屋に呼ばれて
少し期待しながら着いていったら放置されて、背を向けて
アイドルのラジオを聞いているそいつの背中を蹴りたくなったという解釈になるだろう
そこで語り手が女であるということに大した意味はない

405 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 16:37:25.78
>>387-388
まあそこまで来ると女尊男卑だよなw

406 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 16:43:26.08
>>395
だってミステリ以外金にならんもん
推定年収1億越えの大多数はミステリ作家だし
すそ野でも専業で食える可能性があるのはミステリだけだから
だから貧しさから抜け出す為の一攫千金狙いの人達が集まって来る

407 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 17:02:11.72
>模範的な読みをすれば、蹴りたい背中=クラスで浮いている
と思えた男子に親近感を持って話しかけたら部屋に呼ばれて
少し期待しながら着いていったら放置されて、背を向けて
アイドルのラジオを聞いているそいつの背中を蹴りたくなったという解釈になるだろう

よくわからんな、作者の心理が、おもろーない話だな。
どこが芥川賞なのか、という事だな。



408 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 17:06:13.48
>まあそこまで来ると女尊男卑だよなw

情けなく見えるが、おもつ取替えてるのが男で、それを見ているのが女、
という風景は今や普通でしょ。そういう世の中になってしまったんだよ、既に。



409 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 17:15:31.22
つーか、男が軟弱になって来ている、という事かもしれん。
結婚拒否の女は確かに多い。
いっその事、徴兵制を導入してみたらどうだろう。
世が平和すぎるんだよ、きっと。
女は闘う男に惚れるし、尽くしたくなるのかもな……。

410 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 17:21:58.37
右翼、石原都知事を支えてるのは、強さに惹かれる女です。
女は平和を愛せないんです。

411 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 18:20:11.90
うるせえばか

412 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 18:57:20.76
>>397
>売上が純利益になるわけではないからなあ。

出版社の場合は一冊の、編集が終わった書籍が、バンバンましずりされた場合、
もうそれは、
お札を刷っているのと変わらないんだよ。なんにも知らないんだねカワイソ。


413 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 19:02:06.31
そんな餌で俺様が釣られクマー

414 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 19:50:27.74
どっちかというと、男が料理作ってるだろう。

415 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 23:39:10.81
>>403
何だそれw
今だにこういう奴がいるんだな
構造主義が流行って何年経つんだよ

416 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 23:44:59.74
>>404
今までで一番まともな読み方だわ
あと、道徳観とは全く関係のない、弱者に対する攻撃衝動に言及すればもっと良かった。

417 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 23:55:06.01
蹴りたい背中は
大したことはないが、芥川賞の平均水準は超えていると思う。
ピアスもそんなところ。


418 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 00:09:02.89
>>415
構造主義(笑)
俄かが。
そんな安いものに踊らせられているのか。
>流行って
流行に弱い人間なんだな。所詮その程度。まあ大半の人間がそうなんだろうが

419 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 01:15:57.97
>>418
ニワカだとなんで思うの?あなたみたいに戦前の神秘主義みたいに芸術を捉えている人間に何が判るの?
今時中学生でももっと含羞と自省があるよ

420 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 01:25:53.68
>>419
今の中学生なんて屑しかいないだろうが。
甘えんな。歴史、古典勉強してこい
どう考えても戦後より戦前のほうが素晴らしい文学、芸術が多いんだが


421 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 03:11:52.29
>>417
あの、蹴りたい背中は芥川賞の選考委員の採点評価がずたぼろだったんだけどw

芥川賞は本会議(受賞作決定の最終選考)前に
各選考委員が全最終候補を事前に○、△、×で採点しておき
その上で本会議に臨むシステムを採ってるんだが
蹴りたい背中はその中でも低得点だった

確か(記憶違いでなければ)過去の芥川賞受賞作の最低点を下回る酷い有様で
本来ならあんな低得点なんだから最終候補の俎上に乗る事自体が大失態なんだが
村上龍と誰かもう一人が強烈プッシュして、押し切る形で受賞させたんだよ

ネットをググっても事前最低の低得点についての書き込みが
一切ヒットしないけど(この問題は芥川賞の過去最大の汚点だからな)
受賞当時の騒動があった時には凄く問題になった

422 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 03:17:56.45
実際、あの綿矢騒動で怒って筆を折ると言い出す人が続出して
30オーバーの書き手がごっそりと純文を卒業し、作家志望の空洞化を招いた
実力のある志望者ほどあの騒動で純文学の世界に失望舌みたいだしね

筆を折るなら折ればいいと関係者らしき人が当時は筆を折った作家志望を冷笑し
あるいは嘲笑し、馬鹿にした態度を取っていたが、その結果は言うまでもない

この板でも今の純文の書き手は低レベルだという批判をよく目にするけど
あんな出鱈目な選考をやって若手にしか受賞させない作家にしないと
暗に言ったわけだからそうなって当たり前

今頃になって各出版社は失敗に気づいて歳のいった人に賞を与えて
有力な中高年の作家志望を呼び戻そうとしてるみたいだけど
筆を折った人達がこの世界に戻ってくる可能性は限りなく低い
ま、今の20代の書き手が30過ぎても止めず純文を書き続けて
中高年層が厚くなる以外に回復の可能性はないだろうから
本格的な回復には20年は掛かるんじゃないの

423 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 04:00:48.01
>>420
君はグリエやピンチョンはどのように読むの?
日本限定の人?
そもそも戦後派(一次から第三の男まで)や内向の世代はあなたの大好きな純文学じゃないの?

424 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 09:11:10.45
蹴りたい背中が芥川賞の水準を超えてる?
なわけねーから、ここでわけわからん、といわれてるんだろう。
絶対的な大江の作品とかと違うのだよ。

425 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 09:12:21.34
三並夏とレベルは大して変わらないだろう。

426 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 09:40:09.51
それにしても、やさしいだけじゃ物足りない、
そんな里佳子の情欲を満たして頂ける弦様の熟年の強さ、やさしさのすばらしさ。
さらに、40代の熟れた身体をもてあます、
里佳子の真面目で平凡な日々の中に隠された欲求、
里佳子の密かに抱えたあふれ出んばかりの熟年女の
みだらな欲求を弦様だけが癒せるんです。
本当の姿を欺いてきた里佳子を許して頂き、
真の里佳子の姿を弦様の前にさらけ出し肌と肌をぴったりと合わせ、
心身ともに融け合い交わる事は人生の喜びです。
もしも世界が明日終わり迎えても 弦様と交わっていれば怖くない
弦様と交わる時は昨日までの偽りを捨てて新しい里佳子になるんです
このひとときの為にすべてを失うことさえいとわないほどの
数々体験した熟年夫婦だからこそ可能な、創意工夫し苦心して作り出す営みの快楽
いつからか、里佳子の心の中にあたためてきた
この熟年夫婦としての愛の交歓こそ 、深みがある濃厚な絆、
隠せはしない熟成された理想的な愛の形なんです

427 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 12:20:57.15
>>423
もういいよ

428 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 13:33:26.99
>>427
ハハハw

429 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 13:38:55.70
>>423
それいじょう田舎の高卒の相手したらお前もアラシ認定だからな

430 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 15:40:22.22
>>428
死ね。純文学もわからない奴がいると思うだけで

431 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 15:47:11.62
>>430
さすが純文学、倒置法。

432 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:10:03.70
>>420 >>421
お前が何と言おうと「綿谷・金原の回は妥当な選考」という声は根強い。
最初の採点評価がずたぼろとかは聞かないなぁ。作り話だろ。すたぼろならそこで切られる。
最終投票段階で票が伸びたとしたならそれだけの力があったということ。
俺は別に綿谷のその後の作品は評価していないが、
「インストール」「蹴りたいお前」は評価出来ると信じている。

433 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:34:34.17
チャットを文学にしてしまったインストールには確かに新しさがあった。
だけど、1回きりしか使えないネタでもあった。

蹴りたい背中には、ご指摘の通り文章の巧さにて光るものがあるので、
新人賞受賞レベルはあったと思う。
だけど、もう一つ何か心を揺さぶってくれる何かがあればなぁ……、という感じだな。
あのような微妙な感覚を売りにしても文学は成立しない。
他にもっと凄い作品がたくさんあるし。
採点は確かに甘かったと思うけど……。

434 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:37:14.97
というよるも、蹴りたい背中には内容が全くないじゃんかよ。

435 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:39:06.94
>>432
全然根強くないんだが

>最初の採点評価がずたぼろとかは聞かないなぁ。作り話だろ。すたぼろならそこで切られる。

そんな作り話をして他人を貶める趣味も力もないよ
あまりに酷い話だったから覚えてるだけの話で
ネットでも当時話題になったこの話の書き込みが検索してもヒットしない
まあ古い書き込みだから消えただけなのか、誰かがキャッシュの削除に動いたのかは知らないが

>最終投票段階で票が伸びたとしたならそれだけの力があったということ。

だからゴリ押しがあったんだってばw

436 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:45:52.05
蹴りたい背中はいいとして、
蛇にピアスの方はどうだったんだろう?

審査員の山田詠美は、彼女にはせつなさを描く才能がある、といっていたけど読んでみてどうよ?

437 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:52:57.60
>>435
根強いよ。根強いんだよ。

438 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:55:47.61
東電の新入社員がお前らのことバカにしてるぞ

東電の女性新入社員mixiで「文句あるなら電気使うな」
http://matome.naver.jp/odai/2130332404986001501

>ж当てはまる人ゎ絶対に絡まないで下さいж

>いい歳して夢ばっか追っかけてる奴


439 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 17:02:41.53
話題だけなら「きことわ」くらいしか売れない。
ミリオンを甘く見てはいけない。ミリオン作品は持ってる。
自分の主観で「蹴りたいお前のちんこ」をけなし続けるのは愚かだ。


440 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 17:50:59.37
近年の受賞作やっと読み終えた。
面白かったのは
「掏摸」と「クロスフェーダー」と「神キチ」だった。


441 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 18:07:39.38
てす

442 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 18:09:12.25
話題性も最初は有効に機能した
しかし、それも色褪せてきた、当たり前のことだ中身がないんだから
それでも話題性と広告が全てだと信じている
特にネットで目立っている書評家
自分が広告となって話題性を作り出していると錯覚している
話題性と広告だけで売れる時代は終わったということだけは言える

443 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 19:11:44.99
>>440
神キチはたしかに神

444 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 19:51:21.79
ロンリーは鳴る。

445 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 20:41:40.77
「神キチ」というタイトルがいいなまず

446 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 21:17:51.87
>>436
両方女だから読む気にならない。
女と言う時点で読まない
両方なんか・・・軽いんだよ。
なんか結局一過性だったな

447 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 21:53:15.03
読まなきゃ何も言えないだろう。
女だから、というのもな……。

俺は読んでから綿矢を一過性なものと批判している。

448 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 22:27:44.10
「神キチ」は書籍化されてるのか?
ってか彼は物書きを続けているのだろうか?

449 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 22:41:55.76
>>447
読んだけど基本的には読まないとうこと。
その方針は間違っていなかった
「女と子供は相手にするな!」これが正しいんだよ

450 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 23:09:05.37
>>448
書籍化されてないよ。あの長さじゃ単発で単行本は無理。
続編は今書いてるんじゃないかな。
ぐぐると市議会議員が出てきたけどまさか本人!?

451 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 23:59:14.52
wikiによると高卒らしいから市議会議員は無理だろ
タイトルセンスいいからまた書いてほしいね

452 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 00:17:50.68
勤めてた会社潰れちゃって小説かいたんだよな

453 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 00:42:27.11
高専卒だぞ。高卒とはぜんぜん違う

454 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 00:54:50.07
ごめん。高専卒か。じゃあそこらへんの高卒が書いたものとは違うわけか。
高専って割と知的な奴多いしなあ

455 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 01:14:43.83
文学界と新潮どっちが強い?
名前的に

456 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 02:24:33.16
>>451
高卒でも普通に市議くらいまでならなれるけど
都道府県会議員クラスまでなら何とかなれる
国会が難しいだけだわ

457 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:14:57.58
そもそも高卒も、進学校とそれ以外で全然違う。
馬鹿大学卒業とかよりも高卒でも進学校卒業の方が頭いい。

458 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:21:50.87
なんでこんなに学歴中が湧いてるんだろ
まあ普通に考えたら同一人物が各スレを荒らしてると見るべきだろうけど

459 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 09:02:48.49
>>458
お前らがまともに読書してないから小説の話は続かないからね。学校の話なら馬鹿でも出来るし。
俺も本当は純文学とは何かとか話したいけど、盲信者の馬鹿しかいないから無理だし。

460 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 11:40:57.93
神キチは純文学ではないな。
のののは純文学だと感じた。
あくまで俺の主観。

461 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 11:41:55.23
ちなみに昔島田雅彦が「純文学とは世の中を良くしようとして書かれた小説」と言っていたが、
まあマシな言い方だと思ったね。

462 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 12:29:24.58
抽象的すぎんだろw
てか島田雅彦が純文学書けてると思わないし

463 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 13:29:52.39
最近のは駄目らしい>学者曰わく
なんつーか甘いって。なんかこうエグいもの、なんじゃこりゃーってのがほとんどないんだって

464 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 15:42:41.70
>>461
金原の小説が世の中をよくするか?
悪くするんじゃないか?
島田が正しければ芥川賞選考委員の大半は駄目委員だったんだな。

465 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 16:00:26.27
太宰とかは
文学は、作家は、悪を撒き散らすって言ってるけどな
小鳥を飼い、舞踊を習う的なもんではないって

466 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 16:16:46.97
悪・・・罪・・・罪と罰・・・ドスト・・・

467 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 16:25:48.64
太宰は文学は女子供がやるもんだといっているしな
大の大人である男があの作品を読んで袖をただしたなんつうのは
冗談としては面白いといっているくらいだ
しかしあいつの書いてるものが大したことないからな、
その程度のやつだったんだろう

468 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 16:37:29.85
分かる奴には分かるし分からん奴には分からん
それでいいんだ

469 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 17:56:35.44
太宰はテレ屋だから

470 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 19:12:05.98
学者ってのはゼミの先生ね。今の文学は終わってるって。息してないって

471 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 19:23:16.34
学者www
書けない奴の戯言かよwww

472 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 20:52:11.51
年収2000万だぞ
聞いたが。それを30年貰える。本も書いていると聞いた

473 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 20:58:52.04
>>470
で、その先生はまだ文学が必要と考えているんですか?
柄谷さんみたいに文学はその働きを終えたと考えてはいませんでしたか?

474 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 21:32:27.43
文学がその働きを終えたと思う人にはひとことも言葉を用いて欲しくない
言葉が使用される場には常に文学があると思うよ
言葉による情報の伝達がいかに困難か、いやほとんど不可能だとわかっているからこそ、それを理解しようとする態度が重要になってくる
その態度こそが文学だと思うけどね

475 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 21:38:12.46
>>472
だから何だよ。本を書いてるって小説じゃないだろ。
教授が言ったら信用するってゆとりかよw

476 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 21:42:12.94
>>474
柄谷知らないの?
言ってることなんか軽いな……

477 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 21:46:09.96
>>476
名前は知ってるけど読んだことないよ
軽いというのはどういう意味?


478 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:01:46.43
>>477
あなたが言っていることのことごとくが浅薄な印象(主観)でしかないように感じる。
印象批評ってのは誰よりも教養がある人間がやるから聴衆は耳を貸すんだよ。
柄谷さんがどれだけ文学を擁護してきたのか知らず、どうして文学が終焉したと発言したのかも知らないくせに何言ってるんだ
コイツ軽いなあ……

479 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:10:09.78
>>478
そうでしたか

柄谷って人が文学が終わったと発言する以前に彼の読んだ文学が文学の全てなら彼が言うとおり文学は終わったのでしょう

480 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:22:53.02
訂正しとけば文学→近代文学ね。
あとね、18世紀から20世紀までの有名な小説を読んだら、まだ書かれていないものがあるなんて思えないよ。

481 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:24:23.35
終焉したなら復興すればいいじゃないか。
嘆いてばかりいないで。

482 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:31:54.12
>>473
「終えた」とは言っていなかったが、「終えつつある」ようなことは言っていた。それは時代的なことも要因だと言っていた。
必要か必要ないかと言われれば必要だが、もう文学が万能的な時代は終わったとおっしゃていた。
万人には必要ないと。時代的に必要ないし、国民レベルも下がってるからだと。ただみんなが必要としていた時代はもう終わったと、昔みたいにね。

483 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:33:14.68
>>475
宛名のない小説は書いてるらしい

484 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:33:28.11
>>480
抽象化して読んでしまえばそうかもね

485 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:40:03.06
>>480
そう。もうほとんど書かれてるわけよ。現代のくだらない軽薄なことは書けるけどね。
えー昔の小説(それこそ500年前のから)、海外作品も含め日本の小説も読めば大体もう限界というかやり尽くした感は否めないんだよね。

486 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:41:45.10
文学が社会に必要であると共同体の成員の多くが考えていて機能していた時代があったわけで、
現代のようにメディアが多様化した世界で文学が20世紀のように機能することはありえない。
普通に考えればそうなる。
ただ、エンタメではなくて純文学にしか出来ないことはあるとは思う。
絶対に受賞はしないだろうし、一般に流通することもないだろうけど。

487 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:47:55.63
柄谷ってのは天才だから間違いない。今文学を積極的に援護する奴ってのは金儲けや目先のことしか考えていない愚か者。
教養がある人間ほど、哲学や経済を深く学んだ人間ほど全て分かっているんだよ。わからない奴は学がない奴かアホな奴だよ。上辺だけしか知らない奴。

488 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:51:18.43
>>481
なら安売りするなと言っていた。芥川賞とか。今なんか芥川賞のバーゲンセールだろうが。アホか。あと気安く女や子供を取り込むなと。
レベルを下げるんじゃないということ

489 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:57:33.89
>>488
じゃなくて、そんなに心配ならお前が書けよ。
劇的に復活するような文学。
書けねーなら、文句言うな。
と言いたかった。

490 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 23:06:49.61
思うんだが、劇的に復活なんてありえないよ。
あと、新人賞に送るのがすでに違うのかもね。
ネットで同人やるほうがマシかも。

491 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 23:10:46.49
>>490
たしかに劇的は言い過ぎだったかな。
でも、少しくらい貢献してから嘆いてくれ。

492 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 23:31:28.52
>>491
私は490だけど、学生とは別人。柄谷引用してメディアの変化をレスした方です。
教授は誰かしらんが2000万も稼いでるんだから羨ましいわ。

493 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 23:40:19.57
心配じゃなくて汚さんでくれというだけ。人間、日本人の精神が退化してるからさ。
腐りかけてるからさ。
芸能人(名前忘れた)のポプラ賞とか綿矢とか金原とかいい加減にしろ。品位を下げるな!
というか村上春樹が芥川賞逃した頃から狂い始めていたな。

494 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 23:49:00.00
文学を品位なんて言葉ではかっちゃお終いじゃない?

495 : [―{}@{}@{}-] 名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 00:33:44.00
2ちゃんねるで人を煽って一日を過ごしてる病気の人がいるんだけど、
その人が「自分の小説はお前等のより凄い」なんて言ってるんですよ。

最初はみんなそいつの事をアホだと思いますよね。
でも公開された作品を見れば考えが変わったんですよ。

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0560.txt

これなんですけどね。ショートショートだと星新一レベルではないかと思います。
文章力も高い。
2ちゃんねるって結構才能ある人いるんですね。
本人は今は堂々と2ちゃんねるで人を煽ってますよ。これだけ凄いんだから才能ありますよね。

非時香菓 ◆xSSPdzVTUo
この人です。

496 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 00:37:11.99
受け手の教養が下がっていると言うのはあるだろう
言うに及ばないが、書き手の教養も下がっている
書き尽くされてしまったと感じているやつも多いだろう
で、それがどうかしたのか? それと文学の終わりになんの関係がある?
柄谷がなんていってんのか何て知らないし知りたくもないが、文学は終わってない
終わってんのは柄谷の頭だろうが
てめえの好みに合わねえもんで溢れかえってるからって終わってることにはなんねえんだよ
俺が保証してやる、文学は終わってないが、そんなふざけた物言いも、
それを信じるようなやつも、終わってる
せいぜい残りの消化試合みてえな後生を楽しめよ

497 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 00:48:14.87
なにが終わりだよ
お前が終わったと思いたいだけだろうが

498 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 00:51:16.13
本当に馬鹿じゃねえのか
だいたい文学の終わりってなんだよ

499 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 00:57:34.25
それはね文学が何かと問えば自ずと判るよ。
とにかくさ、柄谷くらい読んでからもの言おうね、坊や。

500 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:00:50.32
強いて言うなら純文学くらいかな。生き残る可能性があるのは。エンタメ系とかそもそも文学というには範疇に入らないし

501 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:01:10.17
>>499
お前は読んだのかよ
バカミラ

コテ外して知ったかこいてんじゃねえよ

502 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:05:47.88
>>499
じゃあ訊くが、文学ってなんだよ
お前の思う定義でいいからいってみろ
そのあと文学の終わりってのがなんなのかも言ってみろよ
つうか、柄谷がいくら読んでるか知らねえが、本を読んだ数で
ものを計ろうとするやつは馬鹿だ。大雑把な指標程度にしかならん
そういうやつらって、信仰のためになにを犠牲にしたかを自慢しあってる
宗教信者と変わらねえんだよ
アホだ。あまりにも、アホだ

503 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:07:24.64
>>501
なんか君すごいな。誰だそいつ?
俺は柄谷は全集持ってるし、そもそも高校時代には批評空間三期をリアルタイムで読んでいた。

504 :496:2011/04/24(日) 01:10:40.43
いっとくが俺は501じゃないからな

505 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:26:08.13
だからだな。自分で書けよ。
自分の思い描く文学とやらをだな。
書こうとするだけでもいいわ。
その間は生きてるからな文学。

本当に終わるかどうかは、自分が死んだあとでもいいだろが。



506 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:31:22.26
なんだそりゃ。答えになってないぞ
俺は書くに決まってんだろうが
ただふざけたこといってるやつがどんな認識でそんなこといってんのか訊いただけだ
柄谷の全集を持ってるだか高校の時から批評空間読んでただか知らねえがそんなもんかよ
落ちる

507 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:39:05.63
>>505は、>>503に対してだな。
すまん。
そこまで心配(憂いているか)してんなら自分が命かけて文学してみろ。
と言いたかったんだな。

508 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 08:22:45.16
>>502
誤読かもしれんが、近代文学の終わりについては上にレスしてんじゃん。
つかさ、本買って読めよ。近代文学の終わりとかそんな題名の本だよ。
文学は現代に過去のような機能をしないって事。
あなたが言う文学が、時代とは関係のない個人の主観や行為というようなものなら、そもそも関係ない話です。
最後に、過去の人間達が残してきた思考や試行の軌跡である書籍すらあたらないで、独りよがりの思い込みではあんまりです。
本気なら時間を惜しまずに読書してください。

509 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 12:33:25.88
今このスレ見て面白い流れだと思うけど
柄谷が「文学がしんだ」っていった理由ってなに?

510 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 13:55:19.74
そうパクリになってしまうわけだよ。これ以上何を書くの?って。過去の詩人、作家や思想家、哲学者を知れば露骨に分かってしまう。現代でやっていることがいかに軽薄かということか

511 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 14:50:33.23
いずこに目を向けようと
すべてが異なり、なのにすべてが新しくない
もとよりの果てしない労苦
誤てり果てしない労苦
――サミュエル・ジョンソン

512 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 15:30:25.31
文学の終わりって
フランシス・フクヤマの「歴史の終わり」と同じ匂いがする
東西冷戦の終わりを資本主義の勝利とみて、歴史の終わりを告げた
が、そこからが新たな混沌とした歴史の始まりだった
歴史が終わったのではない
進歩主義者の歴史観こそが終わったのだった
それをフランシス・フクヤマ自らが言ったに過ぎない
文学が終わったとは、そうした意味だろう

513 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 15:39:37.68
512
それなら、理解できる。

514 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 15:44:16.02
ようは柄谷とかのエライさんの考え方が終わった、でおk?

515 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 16:21:33.68
>>512
全然違う。買わなくていいから図書館で借りて読んでみて。
何度も書くけど、現代(あるいはこれから未来)はメディアが多様化してるから普通文学と呼ばれているものは成立しようがない。
というような内容。
併せて『グーテンベンクの〜』も読んで、技術革新が世の中に与える影響を考えてみては。

っつーか高卒理系の俺に教えてもらうとか……

516 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 16:25:30.50
だから、それはただのモードの移行であって、終わりじゃないだろ

517 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 16:45:22.37
柄谷が沢山本読んでるからその発言には説得力があるというなら、柄谷を本当に理解するには柄谷と同じだけ本を読まなきゃいけないんじゃないの?

それをせずに柄谷えらいとか言ってるなら柄谷に騙されてる可能性も考えないといけない

大体沢山本読んだやつがえらいなら福田和也とかなんなの?
作家の値打ちとかいうトンデモ本信じるのか?

518 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 16:58:16.26
>>515
まあ、世の中の変化という意味ならわかるよ。
文学を読むのは結構読み手に力がいると思うんだよね。
同じもので映画と小説出されたら、普通は映画観るほうが楽だからな。
ま、文学も映像・情報に引っ張られてる。と言う意味での終わりを観察してるんだろうね。たぶん
(間違ってたらごめん。読んでないから)

だけどまあ、それでも敢えて抵抗してみようと思ってるのが俺なんだよね。
言葉でしか、文字でしか表せない世界を書こうと挑戦してるのよ。
だから、文学が終わった。なんて悲しいこと言わないでくれ。

519 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 16:59:52.48
文学が終わったとかアホのほざき。


520 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 17:09:40.44
正しくは『グーテンベルグの銀河系』です。
>>518
小説空間の特異性は魅力的ではあるよね。頑張ってくださいね。

521 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 17:16:07.88
そうそう、>>518にもう一つ加えると
文学は死なないと思うよ。というか、死なせちゃいかんと思う。
どう言ったらいいかわかんないけど。
人間の内面の機微とか、激情だとかそうした感覚的な感情のようなもんは
映像だとかだと、逆に表現が難しくなると思うのよ。
だから、文学が終わったら。人類の精神の終わりにも繋がる思う。

ま、柄谷とか言う人のお陰で、自分の考えを再認識できてよかったわ。
ありがと。

522 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 17:47:36.78
>>521
とりあえず原著読もうぜ

523 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:02:33.57
おう。
図書館で借りてみる。

524 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:09:57.43
柄谷←みんなこれ読めるの? なんて読んでる?


525 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:20:51.30
そうだ。図書館はカタカナ検索だ。
カタカナで名前よろしく。

526 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:28:28.76
和んだw
カラタニコウジンだよ。
『日本近代文学の起源』は全ての学生必読だよ。

527 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:35:46.24
サンクス。
読んでみるよ。
終わったら、今度感想書くよ

528 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:38:40.50
訊かれりゃ答えられるけど
心の中では
「えたにゆきひと」ってよんでるな実際
蓮實重彦も「はすみの」って読んでる(呼んでる?)

529 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:51:44.31
>>528
ハスミだよ。柄谷と蓮實は文学好きな人なら必読だった。
高卒30歳の俺でもほとんど全部読んでる。

530 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 19:53:09.66
確かにギリギリ教養主義が生きていたのがそのくらいかもね

531 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 20:11:17.63
150 考える名無しさん sage 2011/04/22(金) 20:32:41.02 0
>>146
高卒が、俺は周りのDQNと違って思想書なんか読むんだ、と思うためだけの雑誌だから。


532 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 20:15:07.28
どれもこれもくそつまんねよな
一緒のグループじゃないのかも知れんけど
小林秀雄とか吉本バナナの親父とか

そんなの読まないでちゃんと作品を読めよって思う

533 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 20:32:05.76
>>531
普通にマトモな大卒も読んでたよ。
つかこんなもんコピペしてきて嬉しいか?

534 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 20:33:12.84
>>532
当然小説も読んでる。

535 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 20:37:20.67
村上春樹(と彼のアホな読者たち)を自分だけはわかった気になって
上から目線で小ばかにしてたら
あれよあれよと村上が世界でうけちゃって
変な言い訳したり無かったことにしようとしたり
ってのがちょっとかっこ悪いよな

536 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 20:45:21.11
まあ自分で小説書かないんだから
水嶋ヒロや品川にも劣るわな

537 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 21:43:00.14
俺は村上春樹を最初から読んでいたから彼が素晴らしい人物ということは分かっていた。
俺は常々言っている、村上春樹がノーベル賞を取ったら批判していた奴らは土下座してほしいと。それ即ち村上春樹以降の日本文学の否定であり死であると。
一度膿を出したほうがいいな。日本文学の否定から始めないと日本文学の復活なんて有り得ないんだよ。古い文壇と癒着していたらそのまま腐るだけ。

538 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 21:48:23.33
>>531
たとえ高卒でも読書好きで哲学書やその他の学問書、小説を乱読してて
その上で自分でものを考える癖がついているなら立派な教養人だけどな
そうして出来上がった怪物が中上健次なわけだから
中上を捕まえて、まさかお前は高卒だから馬鹿だと言う人もいないでしょう
また、作家になる事というのはそうした知の怪物になる事だよ

539 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 22:07:36.53
>>538
中上も全集読んだけどそれは美化しすぎ。デリダやドゥルーズの理解すら怪しい。
浅田に嫉妬したりカワイイ一面もある。

540 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 22:08:40.86
>>537
失礼ですがおいくつですかね?

541 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 23:00:18.27
>>538
そういうことになると、やはり22才以下だとあまりそういうことはできんな。18や19だとまだまともな教育受けてないし教養もないだろうし。やはり22以上じゃないと最低限の教養があるという条件すら満たさないな。

542 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 23:18:53.53
>>541
いや、高校サボって濫読するやつがいるんだよ。当然大学は落ちるけどねw
東大受かってもドストエフスキー知らない奴いるらしいから色々だよ。

543 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 10:51:08.39
やっぱ既存の文芸誌に送っても駄目かな。新しい潮なんて皆無だからね。
ネット同人しかないか。

544 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 12:36:43.98
>>543
既存の文芸誌に期待するのが間違い
既存の文学新人賞もまたしかり
文学が終わったというのは
既存の枠のなかでは妥当する

545 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 12:40:28.68
>>544
そうだよな
ってここ新人賞スレだよ

546 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 12:46:36.30
>>545
もう2chの文芸板を見るのはやめようと思っても
ときどき覗きにきてしまう
意志薄弱なもので……
でも投稿生活は完全に終了させた
意味がないし、無駄だとわかったから
それについてはどうしたわけか意思が強固だ(笑)

547 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 12:56:44.24
終わったって言うならとっくの昔に終わってるし
こういう形でも生きてるって呼んでいいっていうなら
全然終わってないと思う

いまさら終わったって言い出すやつが終わってると思う

でかい恐竜は死に絶えても哺乳類は生きてる、
既存の文芸誌とか既存の新人賞とか幻想、そんなもの無いから
文芸誌や新人賞の変化を終わったとしか思えない
遅れて生まれてきたTレックスのような知の怪物君たちは死ねばいいと思う




548 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 20:10:01.38
近くの本屋で村上春樹の「雑文集」読んだ。凄い面白かったな。「風の歌〜」から口調が相変わらず変わっていなかった。
安心した。いや〜やっぱこいつ面白いな。春樹村上は面白い。最近の作家にありがちな安売りでないし軽くないんだよ、とは言っても重くもないんだがね。
村上春樹の思考、思想が垣間見えた。為になったな。昔インターネットでなんかやっていたらしいがまた復活してほしいね。俺も相談というか質問してみたい。1Q84は長すぎてやめた。

549 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 20:17:45.16
>>546
投稿はやめてもいいから物書きは続けてみてもいいんじゃないか?宛名のない詞、小説。
書くことに意義があると思うんだが。例えば落ちた作品をネットで公開してみるとか。何が目的なのか?
賞に当たるか当たらないかという問題だけで物書きをすることは同じだと思うが。賞を取ることが目的化してしまったらいい作品は作れないと思う。自分が退化してしまう

550 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 21:20:19.34
>>548
最後の一行笑った。

551 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 21:46:34.93
675:吾輩は名無しである :2011/04/24(日) 23:10:04.53 [sage]
先月号の日経エンタテイメント見てたらロバート・キャンベルって教授が
村上春樹の小説とかと並べて「苦役列車」を褒めてたわ。


この2人は本物だわ

552 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 10:44:03.66
なんで春樹みたいな作家にそれほど思い入れるか判らないね。
あんたが必死にならなくてもファンは沢山いるからいいじゃない。
それに際どさつーか代入不可能な魅力は全くないんだよなアイツ。
正に小説界の福山雅治だな。ファン層も似てるだろ。

553 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 10:55:28.21
前提;人類の九割五分は馬鹿
村上春樹の小説は大勢の支持を得ている
証明終了

554 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 11:33:18.48
小学生の時やった日本文学史の中に村上春樹の名前がああったから思いいれがある。その後の「ねじまき鳥〜」は意味深だったが「世界の終わり〜」は震撼したね。

555 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 13:10:39.55
>>554
そのあとに海外の長編小説読んだだろ?
評価変わらないの?

556 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 13:41:48.05
>>555
そりゃ海外の作品と比べると…だが。日本人で村上春樹以外に録な作家はいないし。ノーベル賞にも一番近いわけだし。村上春樹以外にいないし。村上春樹を支持するしかないよね。まあそれに比べるとちょいと格落ち感は否めないが。それでも俺の中では評価高いよ。

557 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 14:31:16.14
カズオ・イシグロのが好きだけど、春樹より。そりゃ国籍はイギリスだけど・・・。

558 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 14:49:57.30
>>557
カズオの作品でオススメ教えて!
未読なんだよ俺

559 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 15:39:41.75
「日の名残り」、「わたしを離さないで」、「充たされざる者」でしょうか。

「日の名残」主人公、ある意味、侍入ってると思います。
「わたしを離さないで」。彼らにはある秘密があります。それが分かった時、人生って…と胸に迫るものがあります。
「充たされざる者」。何者でもないということ、そこに共感できるのではないでしょうか。
「夜想曲」。歳を取るという事について、しんみりとさせられます。

560 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 16:05:12.64
>>559
サンクス読んでみます

561 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 19:13:05.03
とりあえず、日の名残りだけでも読んどけ
そして読み終わったら報告するんだ
ここで読書会するからな

562 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 19:17:35.13
>>561
先生判りました。明後日借りて明後日の夜にレポート出します。

563 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 19:18:58.40
うむうむ
感心、感心

564 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 11:38:25.55
>>555
あと物書きとして、又は教養人としてドストエフスキー、トルストイ、トーマスマン、ゲーテ、カフカ、ニーチェ、カント、ヘーゲル、ルソー辺りは最低限読んでおかないと人間として駄目だと思うな。22才くらいまでには。
堀江貴文も言っていただろ「これからはしばらく本を読みたい。そして獄中に入ることでいい本が書けると思う」と。
彼は東大中退だな。太宰も東大中退だったが。

565 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 12:21:20.66
収支報告書ねつ造しても、ねつ造作家って言われないのかね、堀江は。

566 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 12:35:57.17
>>565
あれは検察、特捜部が見せしめ、国罪として吊し上げただけ。俺は内部事情を知っている。あんなのどこの企業でもやってるし、ベンチャーや中小では当たり前のこと。
今の日本では堀江や東浩紀みたいのが潰される社会なんだよ。事実堀江が逮捕されてからリーマンショックも起きたし、経済も不安定になった。
だからこの国は終わったとよく言われるわけ。行き過ぎた島国根性、日本の国民性は批判されてるだろ。

567 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 13:15:11.10
で、2年後また痩せて出てきてみんな失笑いなんだろうな

568 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 13:49:15.82
豚ロースまで読んだ

569 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 14:09:32.02
>>561
おー、「日の名残り」読書会やる時は教えて教えて。
必ず参加する。


570 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 15:30:18.47
このスレはレベルが高いな。
高尚なスレだ。
どこぞのエンタメ系やらとは違う

571 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 16:13:53.79
よくスレがあがってるんで見たが、小すば投稿者が最底辺だな

572 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 16:37:41.45
>>341
は物事を分かっている。インテリだな

573 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 18:39:07.18
>>566
お前2ちゃんねる情報しか知らないじゃん

574 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 18:40:48.07
>>564
フローベール、ジョイス、セルバンテスの方が重要。

575 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 00:14:54.19
>>570>>571
それはいやみ?
ちょっとさかのぼったら、、、
いや、いいや。

576 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 00:37:27.09
>>566
リーマンショックは国内事件に非ず

577 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 14:00:23.72
>>573
お前検察や法曹のこと知らないお子ちゃまなんだろうな。
どういう組織か知らんのか。
まずはお前が法学部出身か司法試験に詳しいか、リアル実務家に知り合いがいるかいないで分かることだよ。
俺はリアルタイムで当時法曹と接触していたからね。
堀江は頭がいいから検察の内部や組織事情、やり方を知っていたからあれだけ検察批判していたんだろうな。
大学病院(医者)の世界も凄いが法曹の世界もドロドロだぜ

578 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 14:16:57.53
でも、その辺うまくやった三木谷や藤田晋のほうが利口だよな

579 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 14:40:45.04
そう。彼らはうまい。
堀江はちょいと強引過ぎたというか荒っぽいところがあったな。まだまだ荒削りな人間だ。でもカリスマ性あるだろ

580 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 15:15:58.82
>>577
司法試験に詳しい(爆)
自慢にもならんわ。俺は理系だから数学には詳しいよ。同級生には弁護士も会計士も掃いて捨てるほどいるが。
問題はホリデーが数多いるグレイの中でどうしてスケープゴートにされたかではない。
毎日ホリデーや西浩紀が潰されてるから日本は云々がバカらしいっつーの。2ちゃんねる脳だっつーの。
ハーバードの学生みたいな集団だったらこんなことでグジグジしないわ。

581 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 15:31:54.44
>>580
理系なら余計そういう話に突っ込まないほうがいいぞw
理系なら当然医師の免許持ってるよな?お前の同級生に弁護士や会計士がいても大したことない。俺は裁判官や検察官、または司法試験の世界で影響力のある奴がある。
あと言っとくが理系出身の法曹は今ゴミ扱いだから。そのあたり理解しとけ。弁護士なんて大したことない、裁判官や検察官のほうがはるかに上だ。
最後に言っとく司法の世界で足手まといの理系が司法云々、弁護士云々ほざくな。お前が医学部出身なら別だがな

582 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 15:39:11.39
俺は理系だから数学に詳しい(キリ

そんな屑が関係のない文学や司法(法学)の話に突っ込んでるかと思うと虫酸が走るわw
理系っても医学部以外の理系なら完全に負けというか落ち目だ。理系の負け組。エリートの官僚や裁判官、検察官、学者が身近にいない時点で「で?」って感じ。今の弁護士や会計士なんて誰でもなれるんだよ
ハーバード(笑)アメリカに追従する奴隷精神丸出しじゃねーか。

583 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 15:46:58.33
>>577
>堀江は頭がいいから

言っとくけど彼は冤罪じゃないぞw
小沢や鈴木宗男の件とは性質が全く違う

584 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 15:52:45.86
>>581
あのさあ。お前が友達自慢したからパスティーシュしてんの判らないの?
文系は馬鹿だなあw
っつーかお前自身は何やってる人?
司法試験を優秀な成績で合格したお友達がいるのが自慢の文盲2ちゃんねらーか?

585 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 15:55:17.13
>>582
お前の好きなベンチャーが花開く土壌があったのがハーバードだろ?
何を目指してんだよ?

586 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 16:01:32.13
やめようよこんなの不毛だほら仲直りの証に僕の顔をお食べ

587 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 16:05:03.82
ちなみに僕はパスティーシュをカタカナ語辞典引いて調べました

588 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 16:20:52.55
あ、やっぱり医学部出身じゃないんだなw
理系(笑)理系はシコシコ研究でもやってろや。
医学部なら見直したんだが。
>>584
なんで俺にそんな突っかかてくんの?好きなの?
人にものを聞くときまず己から名乗れ。2ちゃんなんて最近ちょいとやり始めてるだけだ。毎日忙しいんでねw

589 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 16:27:10.44
豚ロースにカリスマ性?

冗談だろw

590 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 16:52:45.64
>>585
ハッタリ野郎を真に受けちゃって。相手したら負けだよ。

591 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 16:54:35.55
>>561
図書館行ったが借りられてた。人気あるんだね。

592 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 19:44:13.98
>>561
今日買ってきたぞ、いつやるんだ。あさってには体勢ととのう。

593 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 20:18:53.38
>>592
いいな。お金あるなあ。
明日違う図書館行くからもうちょっと待って。

594 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 20:43:45.76
>>793
金なんかないよ。エコポイントの百貨店利用券だよ。週末ぐらいには予定決めてね。

595 :793:2011/04/28(木) 21:33:17.90
>>594
了解した

596 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 津島修治:2011/04/28(木) 21:56:23.06
>>585
ハーバードはオワコン。
これからは欧州の時代

597 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 22:51:48.26
>>596
いややっぱりハーバードは層が厚いよ。

598 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 津島修治:2011/04/29(金) 00:02:33.90
>>597
ある程度評価するがそこまで凄くはない。
アメリカ被れはよくない

599 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 00:38:38.19
>>598
お前何様だよ。

600 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 11:20:42.49
ホリデーと西浩紀wワロタw

601 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 16:54:31.42
西浩紀はよく聞くけど、ホリデーは初めて聞いたわ。もうすぐ毎日休みかつ堀の中だからまさに堀Dayだな。

602 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 津島修治:2011/04/29(金) 18:38:30.99
矢野優とかいう若造。どんな人間だ?大分若いだろ。
どこでもいいからやり手の編集者の名前教えてくれ

603 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 13:51:46.20
>>594
近隣図書館全て回ったが、全ての作品が貸出中だった。そうとう人気あるんだな。
ということで読めません。すいませんです。

604 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 19:02:06.72
>>603
しょうがないか。俺なんか、本読み終わって今日は、「日の名残り」のDVD借りて来た。
アンソニー・ホプキンス主演。今夜見る。

本は良かったよ。かなりいいね。気長に待ってます。最初に言い出した人は来てるのかねえ。

605 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 23:40:07.06
最初に言い出した俺登場
読んだのは三年前だが大筋は覚えているからいいかと思ったが
お前らがまだ時間かかるなら読み返す時間もとれそうだな
そこまで広い読まれ方をする作品ではないと思うが、
お前らの読みを圧倒してやるから覚悟しておけ

606 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 23:47:07.31
しかしアンソニーホプキンスか
羊たちの沈黙のイメージが強すぎる俺にはあまり楽しめなさそうだ
はまり役なんだろうが

607 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 01:50:11.52
5月か…

608 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 05:52:07.03
このスレ、案外まともなのが集っているようだな。
日の名残りはよかった。
あれ、何だろ、資料でも取材でもなさそうだし、想像オンリーだとしたらカズオ、まじですごい。
素晴らしい。文学ベストテンに確実に入る。


609 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 06:02:22.71
追伸、映画は観てないけど、アンソニーホプキンスは明らかにミスキャストだと思う。
誰かな・・・すぐには思い浮かばないや。
デニーロあたりだったら役作りで何とかなりそうだけど・・・

610 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 06:23:06.87
一見ミスキャストに思えるような配役でも何とかするのが名優の名優たるゆえん。

611 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 06:23:42.73
>>605
最初に言い出したって、、、
文芸スレでは、昔からカズオの評価は高かった。
みっともないよ、お前。

612 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 06:27:53.42
>>610
はあ?
主役級の俳優が演じるような役柄じゃないんだけど。
だからすぐには思い浮かばない。
お前みたいな馬鹿が、気安く意見述べるなや。

613 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 06:36:09.05
日の名残りの主人公の的確なキャスティングを言い当てられる奴は必ず成功するだろう。

614 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 07:21:43.92
>>611
そういう意味じゃないだろ。過去レス追えよ。

615 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 08:15:10.30
日本人にはわからないけど
彼らにとってはイギリス人の喋りができて
イギリス人っぽい動きもできる風格のある中年って
アンソニーホプキンスくらいしかいないんだよ

デニーロにやらせれば日本人には違和感無いかも知れんけど
やつらにとっては 寅さんに関西弁の役やらせるみたいな
演技上手いからきっとできるだろうけど「なんだそれ」感がでるんだよ 

616 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 14:28:04.33
>>608
参考までにベスト10に入る作品を他に幾つか教えて下さい。

617 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 15:33:47.84
>>608
わたしを離さないで とどっちがいいですか

日の名残り はまだ読んでないので

618 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 19:58:03.65
>スレタイ
はい!ごめんなさい、もう舐めません!

619 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 22:00:21.67
今選考中なのか
発表楽しみだのう

620 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 22:39:19.66
新しいこと考えてる。もう次のステージに行っている。
今はそれに夢中。
僕の中で結果はどうでもよく文章を書いているという過程(プロセス)が大事。
じゃあなんでお前は送ったんだという話になるが、それはなしで。

621 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 22:49:27.57
>>620
そういう期間は幸せだよ

622 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 00:51:36.68
新潮に応募したことないけど、イシグロの話題が持ち上がっていて嬉しいな。「日の名残り」「わたしを離さないで」「夜想曲集」「わたしたちが孤児だったころ」の4作読んだことがあるけど、すごく勉強になるよ。

623 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 01:22:15.54
>>621
文章を書いたりしてると新しい世界が見えてくるんだよね。それが分かってきた。他人の評価はどうでもよくて。
何か研究することはとても面白い

624 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 06:21:41.37
ここって正統派なんだ。
(近年で)初めて読んだ受賞作が「クロスフェーダー〜」だったから、
しょうもないもんばっかりだと思ってたよ。改めて「工場」「ののの」
読んだらまあ確かにそんな感じだね。話題性に偏ってなくて。

625 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 12:34:31.59
みんなあ!! 一週間ぶりにドッサリとうんちが出たよ!!
ありがとうありがとう(v^-゚)

626 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 13:20:59.14
今日からこの賞目指すことにします。
明日から書きます。

627 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 14:22:06.07
>>626
なら今日から書けよ

628 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 津島修治:2011/05/02(月) 14:58:24.09
>>624
ポプラ賞やラノべやエンタメよりマシだろ
まあ凡人というかアホはエンタメ系読んでればいいんだがね

629 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 津島修治:2011/05/02(月) 15:02:33.47
最近ではマトモなのが減っている。
それは人々の多様性と言うべきか、人間が劣化してると言うべきか。
文化、技術は発展しているが人間、人間の精神が退化している。
個人的に「大衆化」が最大の根源悪だと思っている

630 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 16:53:52.74
そういうこと思うようになったらおっさん
ソースはパピルス

国会図書館へ行けば明治大正昭和のくそくだらないのが読めるよ
精神が退化しすぎて誰も無くそうとしてないのに歴史上なかったことになっちゃったやつ

631 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 21:01:23.53
>>625
メタファやな。
腹のなかに溜まっていた渦巻く言葉が一気呵成に迸しり一遍の小説になったんだね。

632 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 23:30:39.77
皆さん、手書きとワープロどちらにしていますか?
原始的ですが手書きのほうがいいと思うんです。
ワープロだとパソコンにずーと座るのでよくないなーと思いまして

633 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 00:51:49.04
どんな質問でも誰かがマジレスするスレってのがあるからそこで訊いてこい

634 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 08:29:04.04
>>632
パソや。もう紙なんて使えない。推考の手間が違いすぎる。

635 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 津島修治:2011/05/04(水) 18:37:43.32
>>634
なるほど。年1の応募じゃ時間が勿体ないので他にも応募したいんですが
どういうのがありますかね?
できれば短編、50枚くらいでも見る人には理解できる人にはできるものを書きたいんですが・・・
調べたら100枚以上ってとこが多くて
短編可のとこって少ないですよね

636 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 18:52:11.54
オール読物 太宰、新潮くらいか

637 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 19:26:55.95
地方文学賞とかだと結構あるよ
(理解できる人にはできるものをってのがあれだけど)

50枚以内でも可一覧
ttp://kobo-joho.jpn.org/kobo/syosetu-tanpen.html


俺は手書きで書いてPCで清書だよ

638 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 津島修治:2011/05/04(水) 19:38:31.96
>>637
サンクス。
なんか某有名出版社に聞いたら100枚以上300枚以内とかにしないと読むのが大変らしんだって。
>>636
今太宰賞も考えていますね。あと新潮もそうですね。
散文詩、短編小説書こうと思って。自分のタイプを考えて。
あと今度の文学界も100枚程度なんで80枚、90枚程度でもいいというのは聞きました
「以上」ではなかったんで
個人的な見解ですけど良作ほど、読みやすいor短編なんですよ

639 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 21:47:08.51
>>637
二度手間じゃね?メリットは?

640 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 23:19:25.84
>>638
でも芥川賞の大半は読みにくいんだよね。

641 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 23:47:52.16
>>637
>>639
俺は(1)手書き→(2)PC入力→(3)出力して推敲→(2)に戻る。
理由は考えて手で書くというプロセスを重視したいから。
二度手間にはなるが、清書作業をPC化するメリットは受けられる。

642 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/07(土) 00:41:03.39
>>617
ジャンルがまるで違うから比較しようがない。
とにかく読めばSF作品よりも新鮮な感動があるだろう。

>>616

「砂の女」イアン「贖罪」開高健「裸の王様」「罪と罰」「楡家の人々」「宴のあと」
「族長の秋」「百年の孤独」坂口「白痴」

順不同。今のところこんなところかな。もっと読んでいけば変わるでしょう。

643 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 02:11:01.17
新潮はがんばれ
文藝春秋はどうでもいい
両社には大差がある

644 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 21:26:24.51
ここってちゃんと選考委員が受賞作決めてるの?
編集長の意見なんかが裏で圧力かけてる感じ?
川上、中村はまだ新人みたいなもんだし、才能ありそうなやつを潰しにかかりそうで怖いんだよな
それがなければここに送りたいんだけどなあ……

645 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 22:09:15.83
潰すってどうやって潰すんだよw
すごい妄想だなw
単に落選したら書き直して他の賞に送ればいいだろ。
まあどうせ選外だろうけどさw

646 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 02:07:08.36
新潮だけだよ。
文学の勇士は。
矢野、がんばってけれ。

647 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 01:12:55.83
新潮しかないんで新潮に送りました。
新潮か群像くらいしかまともなのがないので。

648 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 13:20:17.91
潰すってことはしないと思う。

ただ新人賞公募だと一次落ち物件に関しては、その時の下読みがアイデアだけパクり、
後々下読みの作品として雑誌掲載なあんてことはあるかもしれない。

649 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 14:58:55.22
>後々下読みの作品として雑誌掲載

それも豊富過ぎる妄想力だなw
過去に下読み作品として文芸誌が掲載したことなんてあるのかよw

650 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 15:24:20.99
>>649
下読み作品って言い方が分からなかった?
下読みには作家さんたちも混じってます。

651 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 20:30:20.88
>>649
それを予防するために、投稿後、すぐに自分のWEBサイトに応募作品を掲載したいんだけど、大丈夫かな?

652 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 20:33:58.86
投稿後はダメだろ
ボツ確定後はいいけど

653 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:29:42.07
なんでここにはデビューしてないのに盗作とか自信過剰な奴が多いの?w
新潮の読者ってみんなそうなの?新潮ナメられてんの?

654 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:50:19.92
>>653
新潮が舐められてるとか、おまえにはどうでもいいことだよ。
新潮の投稿者だからって、新潮がまるで自分の親か会社みたいなつもりなんだろうけど、
どうせ「新潮」も毎月購読しているわけでもないのだろう。
おまえは投稿先の新潮というブランドで自分が特別な存在になったつもりだろう。
自信過剰なのはおまえの方だよ。

「新潮ナメられてんの?」だって(笑)
おまえは新潮のなんなんだよ(笑)
ただの投稿者だろう(笑)
今月号でも先月号でもいいから「新潮」の何を読んだかおしえてよ(笑)

655 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:58:38.09
俺はのののと工場は読んだよ。
あと投稿したことはないな。
でもここにいる人たちが受賞作の足元にも及ばないのは想像に難くないw

656 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 15:11:43.06
>>651

652の言うとおり、落選してからUPしなよ。
純文の場合には関係ないと思うけど、娯楽物を書いているなら落選作でもWEB公開しておくと良いと思う。
特にミステリとかのトリックとか。そのネタだけ盗られないようにしておくためにもUPすると良いかもね。

657 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 00:41:06.61
>>654
お前何様だ?
いつまで殿様商売やってるつもり?お宅。
だからロクな作家もいないし作品も生まれないんじゃない?投稿者は出版社にとって神様だろうが。投稿者がいなけりゃ出版社は成り立たない。スポーツでも見にくるお客様がいなけゃ成立しない。
デパートだってコンビニだってそうだ。時代錯誤も甚だしい。今の文壇関係者全員に言えるんだがな。
勘違いしてんのはお前だよ。マスコミもそうだけど出版社、本はもう安泰な地位ではないんだよ。

658 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 00:51:41.10
落選したか否か関係なくUPしてもいいんじゃないかね。
みんなも分かってると思うが選ぶ側に確かな見る目はないんだよ。だって作家に大物がいないじゃん。編集者にも大物がいない。新潮に限らずね。だからどうしようもない作品が当選したり、埋もれてる作品や作家が山ほどいる。
そういった中で今、文学は停滞している。または「文学は死んだ」(柄谷)や「文学は生き返るのか」(石原)と言う人間さえいる。それだけもう文学は行き詰まってる。

659 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 01:44:07.22
大物にしか見る目無かったら
大物にしか売れない本しか出版できないじゃん

いいんだよ 小物でもわかる良さでさ

じゃあなんでどうしようもない作品が当選するのか?

お前ら(俺もだ)がどうしようもない作品しか作れない、送れないからじゃん
埋もれてる才能なんか無い
俺らが駄目なだけ、応募総数が数百数千あろうともクソばっかなだけ
クソの中から比較的きれいなところ探しても、やっぱりクソ

半分自戒

660 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 09:33:21.36
文学は死んだ。って柄谷が初出じゃないんだよね。
ヘルダーリンがとっくの昔に言ってるんだよね。

661 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 11:02:50.86
そうか、おめでとう。

662 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 12:29:34.95
見た感じ柄谷も文学そのものの死亡宣告をしているわけではない感じがするけど
その言葉が独り歩きしてしまっている印象を受ける

663 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 12:36:19.87
↑は>>660宛ね

664 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 13:31:17.27
っていうか、何を今更な感じがした。
丁度、何時の時代も「今の若者は」って言ってるような。
殊更強調して言う事じゃないよな、柄谷さんって気になる。
だってヘルダーリンの時代から、いやもしかしたら初出はもっと前の時代の人が
言ってた台詞かもしれないなって思ってしまうからさ。「文学は死んだ」なんて。
ある意味、手垢まみれってことだよね。

665 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 16:17:09.94
専修大学が「BL(ボーイズラブ)小説研究」の授業を開講中、音読や各自の意見を口頭で発表する機会も
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1305269996/1-100

666 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/05/14(土) 03:44:41.62
「文学は死んだ」ってロックイズデッドみたいだな

667 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 03:26:21.58
でもさ、改めて感じるけど、>>642とかの作品と新人賞受賞作とでは桁違いというか、
新人賞受賞作品なんてカスでしかないのがよくわかる。
存在していてもいなくても何も変わらない。
いいかげん文学ごっこはやめてほしい。
ずっと、受賞作なしでいいよ。
朝吹は別格だけど。

668 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 23:16:28.26
安吾の「堕落論」とゲーテ「ファースト」「若きウェテルの悩み」、ドストエフスキー「罪と罰」「地下室の手記」とまあ読んどいて損はない。

むしろ日本だけだど限界だから海外の読んだほうがいいよ。まあ今はグローバル化ってもあるし。
このまま日本だけの作品読んでると駄目になる。ロクな作家や作品がないから
(但し過去の日本人作家、作品は除く)

669 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 23:17:39.78
それって懐古主義だと思わない?
音楽とかでも良くいるタイプだよね

670 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 23:31:50.42
ファーストじゃなくてファウスト

Faustな

671 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 01:57:47.63
いや、昔のはマジで凄いよ。今のがいかに軽薄が思い知らされる。
だって今でも残ってるわけだし

672 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 04:13:50.84
俺も昔の作品でも素直に面白いと感じる作品はなんだかんだ結構あると思うな。
確かに>>668は懐古主義だと思うが。

673 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 06:23:08.59
昔の作品だから優れてるんじゃなくて、優れた作品だから今の時代まで残ったんだよ

昔もくだらない作品はあったろうけど、そんなものは後世まで残れない

それだけのこと

674 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 12:31:54.08
それだけのことじゃないよ

今の作品はほんとつまらない・くだらない・感動しない・分からない

愚作ばかりだよ

675 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 13:09:23.94
>>674
同意。結局、出版社が志を捨てて営利目的に走ったからだろ。
っていうかポピュリズムのせいだともいえる。
いっそ人気タレントやアイドルに「感動しました」ってオビ書いてもらえばいいんだよ。

676 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 13:15:06.10
ははは、お前らあれだ

世の中はいつも変わっているから頑固者たちだけが悲しい思いをする
そのたび崩れちゃそいつのせいにする

677 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 13:52:54.72
昔は優れてて今はくだらないって言う奴はさ、
具体的な判断基準を示せよ。
相手を納得させれる批評が書けないなら個人の主観や趣向の範疇だぞ。

678 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 13:57:32.29
具体的な判断基準よりも具体的な作品名を挙げる方がいいだろう

679 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 14:02:54.95
つーか出版社からしたら売れたらいいんだから素人がどうこう言っても仕方ないだろ
売れるような本を書いて、その中に作者の思いをいかに入れるかが肝だろ
そこが表現者のジレンマなんだから仕方ないと言えば仕方ないと割り切るべき
時代がどうとか、出版社がどうとか、俺たちが言っても仕方ないじゃん
村上春樹位になったら言ってやれ


680 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 14:07:09.98
どうせ
あれはクソ?
どこが?クソだか具体的に言えよ
いいって思うならどこがいいか「具体的」に言えよ

みたいなさ 不毛な議論になるだけだろ


681 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 14:46:51.25
クソかどうかは置いておくとして、例えば「罪と罰」であれ、「レ・ミゼラブル」であれ、その時代のことがよく分かるように書いてあるよな。
生活費の事とかもよく書いてある。物価から職業のことまで。
日本の現代小説だと主人公の人達、何して食ってんの? って感じがする。例えるなら月9ドラマみたいな。
去年、遂に国税庁のサラリーマンの平均給与が年収420万をきったってのに、生活感無さ過ぎ。

682 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 14:55:05.21
それは、年代経って今との差が目立つからじゃね

100年後に食事とかががらっと変わってれば
今の小説の
「缶コーヒーを飲むと僕は…」とか「携帯を開いて彼女の番号を…」
なーんて(一見生活感をあらわしてはいない)何気ないシーンでも

未来人は
「おお、昔の人は缶に入ったコーヒって言うの飲んでるぞ」とか
「携帯を開くってなんだろ?、携帯って会話を通信する機械なんだって」
みたいに感じるかもしれない

683 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:01:02.35
そもそも少子化や収入源で本が売れないんだから

売れていないとかを根拠に
現代作家や出版者が面白くないもの作ってるって言い出すのは
現代小説を理解できない古臭い奴の言い訳
ケミカルウォッシュのジーパンに
紫のチョッキ着て歩いてるようなもの

684 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:01:45.46
違うって。読んでごらん、パン1つでいくら、スープいくら、下宿代、いくら、事細かに書いてあるから。

日本の現代小説の主人公の生活費、ちっとも見えないんだよね。で、こじゃれた台詞話しているけど、そんな奴まわりでみたことねー。
フジテレビのドラマですかーな純文学は大衆文学と名乗ってもらいたい(笑)。

685 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:05:33.95
ま、大江先生がかつて「日本では50年先まで残るような小説はもう出てこない」と嘆いたというけど、それは当ったなってことでしょう。

大体、純文学だ、と力むから、いちゃもんがつくんで、娯楽小説でーす♪って言えばいいんだよ。

686 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:16:13.06
>>681
国税庁の「統計資料」ですね。抜けてます。

687 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:17:59.54
罪と罰も、ああ無情も金に細かいのは貧乏話だからだろ
白夜とかそうでもない

それと当時と違って現代は紙幣価値が数年単位で結構変わるから
むずいのもあるかもね
200円でユッケ食えるしw


688 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:33:30.04
>>682
そういうのには脚注がつくようになる。
実際、古い作品には脚注がないと理解できない部分もあるしね。

689 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:36:09.32
>>685
さすがノーベル賞受賞者の大江だな。

690 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:39:21.45
芥川賞作家の三田先生も書いてたけど、時代が分かる描写は必ず入れた方がいいんだそうだよ。
200円でユッケが食えるならそのことを書く。
要は五十年後といわず、百年後の読者が読んで「へえ、2011年ってこんなだったんだあ」って分かるようになってれば、
それだけでも残す価値はある小説ってことになるんじゃね?

691 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:40:11.40
昔の小説は良かった、今の小説がダメ、の事実の確からしさについては、

@昔の小説は昔の人を熱狂させたという記録が残っている
A今の時代「今の小説は詰まらない」という声に溢れている。そして「昔の小説は良かった」の声も溢れている。


692 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:41:16.37
なお、

B昔の時代、「2011年の小説はいい」「2011年の小説は詰まらない」という声はどちらもない。


693 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:48:26.36
っていうか、今の小説が良いっていう人も、何処が素晴らしいのかってことを書かないと。

とりあえず今んところ、昔の小説はその時代背景がよく分かるという歴史性に価値があるらしいって意見は出たわけだから。


694 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 15:58:47.94
三田って三田誠広?

やつの若い頃の小説には、輝きみたいなのを感じるけど
その後、年取ってそれが消えちゃって、かといって話作りがうまくなるわけでもなく
なんかそれでも(著作権とか)声は大きくて、小説教える先生みたいなことやって暮らしてるイメージ

奴の小説は、若い頃は無意識に時代の空気を描写することができたのに
今もやってても単に値段写すだけしかできないなら歴史的資料としての価値しかないよね

早稲田なのに三田(文学)ってのがおかしいなとは思った

695 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 16:01:15.75
昔の小説が生活観が明示されているからいいと言うが、それはどこまで記述するのがその時代においてスタンダードかによるだろ。
たとえば昔は小説にパンの価格を記述するのが芸術とみなされたかもしれないが、今はそういうのが「野暮」という感覚があり、
逆に生活観をぼかし抽象的な辻褄の合わない表現を多用するのが芸術と見なされる傾向にあると思う。
その点では現代の価値観にあった芸術の最高峰が現代文学なのではないだろうか。
数百年立てば2011年の作品のレベルが最高潮だったという意見も当然出るだろうし。

696 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 16:01:52.53
>>690
>>693
それは必要条件であって十分条件ではないだろう。
普遍性がないと文学とは呼べないと思う。


697 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 16:09:32.69
今の小説ってだけでなんか価値があるわけじゃないよね
昔の小説ってだけで価値があるわけでないとも思う

昔の小説で、かつ価値があったから今まで残ってるわけだからさ
昔の小説全般に言える良い所なんてないでしょ

今の小説全般に言える良い所、そんなものは無くて
今の小説のアレはココが良いと思う、あれはここが良いと思う
って感じじゃないと

698 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 16:28:22.32
>>昔の小説はその時代背景がよく分かるという歴史性に価値があるらしいって意見は出たわけだから。

そういうのは比較対象論にしか過ぎないから未来にならないと分からない分が多いだろ
それこそ車は将来空を飛んでいて、今に時代みたいに道路を走っているというごく当たり前の描写が
ここでいう歴史性を示すのかもしれないし

699 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 16:38:16.72
小節なんて人の感情を描くものなんだから普遍性なんて求めなくても、どの小説にも当然のように存在するわ

700 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 16:41:53.19
昔の小説を読んで、あーこれは今の時代も変わらないな、さすが名作は違うなんて思う感情も
過去の作品と現状を照らし合わせることが出来てこそだろ

これからどんな時代になるか分からないんだからどういう感情が普遍性を感じる物なのか
どれが後世にも通じる中身なのか分からないのが当たり前の事なんだよ

701 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 17:26:06.37
世の中の描写はそうだけど
人間の心理とか行動とかは普遍的なものを書けるんじゃね

うわー昔からかわんねえな、実際にやったことは違うけど
やった行動の意味は普遍的だよなみたいな感じでさ

702 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 17:58:20.31
普遍性ってのは今も100年前も変わらないことね。
例えば愛だとか、青春とか、社会とか等。
だから携帯やらインターネットやらは当てはまらない。
パソコンはもしかして100年後も残ってるかもしれんが

703 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 01:34:24.84
>数百年立てば2011年の作品のレベルが最高潮だったという意見も当然出るだろうし。

出てくるわけ無いじゃん、馬ッ鹿じゃねーの?


704 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 03:03:47.25
>例えば愛だとか、青春とか、社会とか等。

それを語るツールとして携帯やインターネットはありえるんじゃないの?

705 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 04:51:37.07
資料的価値なんて作品が優れてこそ意味があるわけで
むしろそんなもんを小説に求めてる必要がどこにある?
昔は小説以外に語られるツールが少なかったから小説が
資料的価値を担う意味もあったかもしれないが
現代にはインターネットがあるんだぞ?

706 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 14:23:35.50
そう。確かにTVやネットがない時代には「白鯨」なんかのこと細かな描写は意味があった。
今はTVでもネットでも何でも見られるからね。
だけどおそらく実際の鯨以上に鯨を感じさせるんじゃないかな、メルヴィルの描写は。
そしてそれこそが小説の心臓なんじゃないか?


707 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 18:28:32.33
アメリカのハイスクールでは、白鯨の白は何を意味するかが必ず授業で語られるってね。
金を取れる小説には、この角度からモノを見る、っていう視点というか観点というかが必ずある。
インタネットや携帯はツールではあるけど、たとえばブログなんかは感情や情報の垂れ流しなんだよね。

708 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 01:33:28.40
今の小説は今の人に支持されてないよ。
支持されているというのはこういう感じだ(1分で思いつく範囲で)

単純な話、100万部とか売れる。
映画化されてまたヒット。
街で歩いていると「あの小説は良かった」という会話が聞こえる。
ラジオのDJとかが「あの小説は良かった」とか言う。
たとえば日刊ゲンダイとかの街のかわいこちゃん写真についてるコメントで「最近、あの本を読んで感動しました」とか出ている。
街角で出あった犬同士も「あの小説いいよね」とか噂している。

「東京タワー」とかそんな感じだった。
世間で評判になる、社会にインパクトを与えるとかって、そういう感じだよな。


709 :やっちゃん ◆.7pMAIcjuM :2011/05/18(水) 06:19:16.92
星野智幸

 小説は言葉でできています。小説は常に、物語と言葉の格闘です。私は物語よりも言葉を重視します。読む人の価値観を無意識のレベルで変えてしまうような、なにものかの取り憑いた言葉をお待ちしています。

福田和也

 文芸の世界は、死屍累々。才能を伸ばす場所ではなく、滅ぼす場所。私はそれを残念だとは思わない。死に、滅亡に、宿命に抗して、一瞬でも星辰を掻き消す文章を、一行でも。


他は、死ね!だが、なんで、顔写真と、説教垂れた、純文学?とやらに価値があるんだ?

超硬派 純文学を舐めるなよ 

250枚か!

ネットで公開してから、送る。なんでもったいない紙に印刷したり、書かなきゃいけない?

無駄な言葉を吐くな!9流の糞以下ども!

710 :やっちゃん ◆.7pMAIcjuM :2011/05/18(水) 08:07:53.38
>>703
万葉集もマドンナ古文もわからんな!

だが、糞な、煽りはすぐ消えるぞ=〜〜〜〜〜!〜〜〜!〜!〜!

残ろうが、消えようが、うんこをしろ!

711 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 15:53:00.66
カズオ・イシグロの読書会はどうなったのかしら?

712 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/18(水) 15:55:28.50
カズオ・イシグロの読書会はどうなったのかしら?

713 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 15:42:00.04
>>704
いや、まだ分からない。
インターネットは100年後あるか分からない。だから今生きている人間に評価できない。
インターネットなんてたかがここ15年くらいだろ。
愛(エロース)とか正義とか社会、青年期(青春)なんかはアリストテレスの時代からある普遍的な話題だ。
だから価値があるというのは時代に左右されない30年後も50年後も変わらないようなこと。まあ
例えば「男女」という「性差」の話題は50年後も今と同じ議論してると思うな。まあ自分がその時生きているかどうか分からないけど
要は50年、100年続いている議論や話題はこれからも残るよ。なぜかって言うとそれが古今東西人間の中核にあるものだから。

714 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 15:53:36.52
>>708
東京タワーなんかは複雑怪奇な話ではないんだよな。リリーフランキーの自伝書だったかな。レトリックや特別な技法なんかは使ってないはず。誰しもが持ってる心の最深部に抱えてるような悩みや幸福を話題にしてた。
現代の薄っぺらい内容ではなく。
そんな複雑ではなかったな。読みやすいしただ内容が物凄く濃かった。

715 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:04:11.16
そっちの東京タワーじゃなくね?
それなら十分、今の小説に入ると思うんだが

716 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:14:29.70
リリーの東京タワーでも
中高生くらいなら現代の作品じゃないんじゃね
アリストテレスの頃からとか言ってるし
青春なんか、アリストテレスよりもっと前アウストラロピテクス
のころだってすでにあったと思うけどな

717 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:09:40.12
あと名作には名作家がいるな。
名作家っては色々解釈がある。
表現やメタファーとか難しい漢字を使う奴、長編を書ける人等。
しかし俺は双方違うと思う。夏目漱石、三島由紀夫や太宰治を見れば分かるけど名作には異常な性質、性格を持った人間が多いんだよ。
人間的に魅力があるから作品を書けたと思う。
三島とかちょっと技法や表現に拘り過ぎてる感があるなと思うけど。三島の文章は読みにくいっつーの。
要は普通の奴が書いた作品なんてつまらんってこと。
普通の奴ってのは例えばしっかり大学を出ているとか、仕事を持っているとか、結婚してるとか、常識的な人間(常識が通用する)とか…
破滅作家が見たいんだよ。

718 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:17:41.16
インターネットを題材にした作品をよく見るがそういうのの評価はまた別でしょ。
一過性である可能性もある。
最近流行のフェイスブックだっていつまで持つか。
ビルゲイツが天才かどうかはあと40年したら分かるよ。
それまでに廃れてなかったら歴史に名を残す天才だったてことだ。
原発問題もあるし、そういうのは廃れてほしいと思うけどね。今こそ原点に戻るべき。
ネット、インターネット、パソコンなんて不健康だし、不誠実だし、なんか本来人間が持っているものとは程遠い気がする

719 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/19(木) 18:22:43.69
知らん。

推敲中?

40年後にわかるほどとおいです。

不誠実だ。

本来人間が持っているもの。

原稿用紙に書いて送ればイイのか?

廃れてほしいな。

720 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 18:33:38.96
さすがに一次の下読みは終わったよね

721 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 18:36:17.99
リリーの東京タワーは母親が癌死する話だけど、
「もうボロッボロ泣いた」ていう人多かったよな。
福田和也なんかも文学の極北とか言ってなかったっけ(←この行への突っ込みは禁止)。

すこし(いやだいぶかな)感動の力という部分は落ちるけど、
「佐賀のがばいばあちゃん」「ホームレス中学生」なんかも
楽しく読めながらも心に響いたちょっとした部分はあった。


722 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 19:04:51.46
>>721
そうなんだよ。「心」なんだよ。
大事なのはハ―ト。技術的なものは後からでもついてくる
人間、日本人の精神(心)が退化しているというのはなんか分かる気がするよ
なんか希薄化してるんだよね。日本人の精神が。だからこう心に響かないというか。

柴田トヨっていう100歳くらいの書いた詩があるけどあの本ちょっと本屋で読んでみたんだよ
そしたらとてもの難解な文章を書いているわけでもないし、技法もないし、漢字もないし、ストーリーがあるわけでもない。
でも読むと心に残るんだよ。
心に響いたり、感動したり、衝撃を受けるのが「本」だと思うんだがね〜
レトリック云々、言葉遊び云々はさあ読者にとってどうでもいいわけよ、正直。
小学生の時走れメロスを読んで感動したよ。国語の時間だったけど。
短い話(50P?くらい)だし難しい言葉もそれほどない。超難解な話でもない。
なのに人を感動させてしまう。素晴らしいね。今もその感動は覚えてるね。


723 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/19(木) 19:30:31.19
プリンターで、印刷して、250枚以内でここに送ります。

プロがいます。

2ちゃんねるに。

プロに判段してもらいます。

ニコニコ生放送で書いたりしようと思います。

僕は詩が嫌いです。

入院したくないので、結果を残したい。

724 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 19:35:24.11
そんなに自信があるならネットで公開すれば?
話題になるよ


725 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 19:35:47.06
>>723
薬飲んでるだろ、文がめちゃくちゃすぎる
そんなんで結果残せるかよ、新人賞馬鹿にするなよ

726 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 19:49:46.65
文章書いてるとテンションが上がったり、下がったりするから(俺だけかもしれんが)
怖いよ。支離滅裂なこと書くパターンがある。
1日で20P書けることもあるが3日間なにも書けないことがあった。


727 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/19(木) 20:52:50.31
>>725
文章はめちゃくちゃすぎていない。当たり前すぎの言葉の連続の退屈な文です。
新人賞は馬鹿にします。
結果を残すことにします。 残せないですけど文章に結果は。
>726
書いてばかりですか?読んだり、音楽を聴いたり、なにも書けないことがあったことを書けば。20Pも書く必要がなくなると僕は思います。
支離滅裂なことを書くパターンはないです。
僕は、支離滅裂は怖くない。
書いている時に、テンションはボヤけていてよくわからかったです。
自信がないから、ネットなんかに投稿してしまった。
自信がある文章ができたら、話題になるかまったくわからないけど。
結果を残した文章を、僕は読んだことがない。
僕が好きなウィリアム・S・バロウズも、すべての本を読んだわけではありませんが、結果を残したとは思いません。
ただし、賞は馬鹿にしてたでしょう。
今のところ、僕はAh pook is here が一番優れたバロウズの作品だと思っています。
賞は無かったと思います。
お金はほしかったでしょう。
いきるのに、新人賞はいらないです。お金をもらうために、頑張って、結果は残せないでしょう。絶対に。
でも、お金はもらえるかもしれません。
よく読んだ批評家の方が一人います。
頑張って僕なりに、書きます。
薬は主治医が与えてくれたものを飲みます。
>>725 さんは、大麻を吸って、まともに書いて結果を残せるかどうか。
この新潮新人賞の賞はいらないけど、お金と、投稿者や、選考するプロの人に、勝ちたいです。

728 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 20:56:33.54
病気か


729 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:00:08.88
>>727
音楽は聞くなあ。書くときは衝動的というか堰を切ったふうに書き出すんだよね。
書きたいという書からざるを得ないから書くパターン。
必要がない時は書いてない。必要がある時に書いてるなあ

730 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/19(木) 21:05:34.92
書かざるを得ない、衝動的に、堰を切った書くパターンも読みたいような。

>>729
必要がない時は書いた方がいいですよ。僕なんかのアドバイスですが。

必要があるときの書いた文章を書からざるを得ない文章を、読んでみたいです。

本屋さんで買えますか?

amazon で、売っていますか?

衝動的で堰を切った書きだしが読みたいです。

40000円未満くらいあるので、解説や、レビューを読んでかいたいです。

参考にものすごくなりそうなので。

ありがとうございます。

731 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:10:28.61
>>730
お舞は長文も書いてるし釣りではないんだよな?正直、頭の中がとろけているのが文章で分かるぞ

732 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/19(木) 21:23:04.15
>>731
釣りではなく、あなたの文章を読みたいです。

という要望です。

文章でわかりません。

頭の中は。

amazon なのか webで読めるのか 本屋か

インターネットで読ませてもらえませんか?

他に手に入れたい本がたくさんあるので。

それで>>731 さんは、今回、この新潮新人賞に送ります?

733 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:31:11.01
>>732
俺はすばる文学賞に送るつもり

つうか本気で文学賞を取りたいならせめて薬を抜いて書いたほうが良い
文脈が繋がっていない所が多すぎる
狙ってやっているなら、それはそれでありだが、どうも違うみたいだし

734 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:32:20.49
狙ってやっているというのはあえてキチガイを演じていると言う意味な

735 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:35:07.08
NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?は生主?
俺もやってるからコミュ名教えて!

736 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/19(木) 21:48:23.66
はあ。キチガイは、演じていません。

失敗をしたんです通常な、凡才の作家が。
リトライです。
すばる文学賞ですか。健闘を祈ってます!
>>735
はい。
http://com.nicovideo.jp/community/co270881

狙ってやっているので、どうも違う放送をやっています。

アリの穴に、ミラさんの作品が、見つからなかったので、放送します

737 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 02:57:52.07
>>722
そういうことだよね。同意するよ。「心」だよ。

738 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/20(金) 03:06:20.80
文学の極北!

突っ込むよ

んなもんねーよ

739 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 03:44:44.81
>>738
誰かが突っ込むなと言ってるところに突っ込むのって、「人間のクズ」だから覚えておけよ。
お前は今呪われた。

740 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/20(金) 04:13:47.82
「人間のクズ」で、呪われても、

イイ、WIliam Burroughs の A pook is here とか GHOST OF CHANCE はかけないって

ことを覚えておかなくていいです。

741 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 04:17:17.92
>>740
クズは死ねよ。

742 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 11:22:29.89
二つ質問があります。
作品の持ち込みは取り扱っていませんか?
もし新潮編集部宛に手紙を出すなら、編集長宛に出せば、読んでもらえるでしょうか?


743 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 11:45:37.17
>>742
まずは新潮に電話してみよう。
多分持ち込みはどこもやっていない。
持ち込みという「卑怯な手」は使いたくないだろ?
一生言われ続けられるし、後ろ指さされるんだぞ。わかってるか?
卑怯な手、汚い手段を使ってまで応募したり、受賞しようとは思わんなー

軽蔑するだろ?持ち込みなんてカンニングと同じだよ。

744 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 11:49:00.49
あと手紙だけど知り合いというか伝があるなら出してもいいと思うが。
基本的にどこも持ち込みも手紙もタブーだと思う。特に持ち込みは。
正々堂々勝負しようぜ

745 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 12:38:22.79
卑怯でもカンニングでもなんでもないが読んでももらえない
編集長宛ならなおさら

あなたに受賞歴があって名刺交換くらいしてる編集者なら読んでくれるかも
(受賞の賞によると思うが)

ちなみに、そういう手紙(と作品は)今でも毎月いくつか来るから
あなたの作品もルーティンワークのように捨てられるだけ
(編集者に時間とやさしさがあれば、電話の一本もくれて賞に応募にまわしてしてくれるかも知れんが)

746 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 12:53:16.86
公募か同人誌が一番手っ取り早いと思う。
ゼミの先生も同人に書いてみるのもいいと言っていたし

747 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 17:38:56.17
本を読んだり書いたりしてる君たちは文学少年きどりなんだろうな!
いつまでも関わっているとそのうち神経衰弱で気が狂うぞ!
そういう血統なんだからな!

748 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 17:51:46.84
気が狂ってるように思われたい人種は多いと思う

749 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 17:58:02.36
>>748
そりゃそうだ。キチガイ風文学が今の純文学の主流だからな。
でも>>736の放送見てみろよ。ガチで糖質の障害者だぞ。

750 :747:2011/05/20(金) 18:12:42.39
ちなみに747の文章はある作家のある本の一部を改変したものです
一瞬で分かったら君たちは凄いしかなりの読書量だ
このフレーズ好きなんです

751 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 18:23:17.88
芥川かな?わからん

752 :NOVAPOLICELEE KILL NAGAGUBCHJI? WHAT?:2011/05/20(金) 19:02:46.95
ジプレキサを飲みます。

753 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 20:39:18.51
みんな原稿用紙設定20×20で書いてる?
20×20じゃスカスカすぎるから、30×30くらいでやりたいんだけど、ワードじゃ設定できないみたいだ。
そもそもワードで書くのは少数派なのだろうか。

754 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 20:49:26.16
できねくねーよ
印刷設定だったかでできるよ
あとワードは少数派じゃないけど
大声でワード派を表明するのははばかれるのは確かだな

人に聞かれりゃメモ帳ですとかエディタ使ってますって答えとけばいいんだよ
(一太郎は一太郎でかたくなな独居老人っぽい)

755 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 21:05:30.86
>>754
印刷段階で変えられるというわけか?
じゃあ書いてる時点では20×20ということか。
ありがとう、パソコンに疎くてはどうも具合が悪いことばかりだ。勉強せねば

756 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 21:12:53.45
あ、ページ設定かも
いやページ設定だ
ファイル→ページ設定から

ごめんないま電車の中なんだ
それから編集段階から設定した数字になる

757 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 21:13:47.41
編集部への電話は個人的な事情によってできません。
それからなぜ持ち込みが卑怯な手なのかわかりません。

1000字程度の手紙を読んでもらえれば、作品を読んでもらえる自信はあるのですが、
編集部宛の手紙は読まれることなく、捨てられてしまうのでしょうか?


758 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 21:24:26.74
卑劣じゃないよ
卑劣とはその手段で誰かが他者より得をする場合を指すから
持込とか送りつけても読まれないなのだから卑劣ではない
卑怯という人たちは、それでも読んでもらえるかもと思うから卑怯っていうんだろ
そんな心配ない

手紙は読まれるかもね、でも最初の数行読んで売り込みとわかれば
もう読まないと思うよ
1000字読んだら必ず小説も読ませる手紙なんかないと思うけど
「東野圭吾作品入ってます」とか書くなら別だけどw

試してみればいい、きっと何の返事もない
迷惑なごみを増やす行為

759 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 22:15:08.81
俺は今の新潮文庫が1頁37字×15行だからその2頁分の37×30にしてる

760 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 22:16:12.32
>>757
そんなのスレで訊くなよ
持ち込みたければ持ち込めばいいんだから
こんなとこで訊いてどうなるの
そんな覚悟だったら持込なんかするなよ
なんか逆を狙ってるように受取れるぞ
持ち込みは絶対に無理だって宣伝したいのを
回りくどく自演してるようにも見られてしまうよ
やりたけりゃやる、それだけのことでしょ

761 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 23:20:12.59
俺はいくら時代が変わろうが手書きの原稿用紙(20×20)にこだわりがあるのでパソコンでも20×20の縦書きだよ。
正直に言うと小学生の頃のように鉛筆で原稿用紙に書きたい。
それが本来あるべき姿だと思う。

762 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 23:26:43.19
そういうなんか悪の行為はしたくないな。
そういうことを思いつくこと自体がその人間の中に悪というか邪悪な心が潜んでる。
俺はそういう人間になりたくない。
まあ人間自体が悪の根源なんだがな。

763 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 23:38:46.53
>>761
すごくいいこと教えてあげるよ。
それで書いたらいいよ。

764 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 23:46:55.99
>>761
原稿用紙に書けばいいだけだろw

メモやプロットは手書きで書くが、
原稿はパソコンて人が多そう。
書き直しとかコピペが楽だし……

765 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 09:55:27.62
群像では、
今時の手書き原稿が受けたのか、20歳だったかの女が新人賞を獲ったね。
内容を見ると、さほど良いとは思わなかったが……。
でも手書き原稿がインパクトが強い事は確か。
その原稿用紙が印象に残るし、なかなか忘れられない。
達筆だとさらにインパクトが強い。
何かの才を秘めていると薄々に感じられる。
パソコンが普及したせいか、最近は若者の字がへたくそだから。

766 :761:2011/05/21(土) 11:39:24.16
でも原稿用紙に書くと何か文学少年、作家気取りなんだろうなと思われるんじゃないかという不安がある。
自分の中では超一流作家、物書きが筆で原稿用紙に書くことを許されてると思っている。
パソコンのワードでやっている間はただの三流素人が書いているに過ぎないと。
そして自分はまだその資格がないから原稿用紙ではなくパソコンで書いている。手書きになった時、それは自分が覚醒した時だと思う。

767 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 12:48:54.55
考えすぎだろう。
手書きだろうが、ワープロだろうが、プロも素人もない。
好きな手法を選択すれば良い。
許されないとか作家気取りとか感覚がよーわからん?

768 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 13:23:42.95
あと手書きだと手が疲れるというのがありますよね。
パソコンと手書き両方使うってやり方ありますかね。
それか手書き、パソコン以外に方法があったら教えてほしいです
新手のやり方あるような気がします

769 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 21:32:52.60
応募作を朗読して録音したCDなんかを同封すればいいよ

声優の卵みたいな人に一文字いくらで読んでもらえばいい


770 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 22:38:26.94
え?

771 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 00:58:20.96
それよか映画化したDVDを同封した方がよくね?

772 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:05:04.89
>>771
新人賞経由しないで、持ち込みでデビューできるかもね

773 :LEE:2011/05/22(日) 01:11:07.83
んが?はぐらかすのが近道なのか?

774 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 03:32:19.67
何をはぐらかしているというのですか、
ええ、そうですとも、
お話くだすって、王子様

775 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 07:38:19.12
147枚に仕上がりました。
歴代受賞作と比して少なすぎでしょうか?

776 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 12:10:18.86
なんだって受賞者にしろ小説家志望者にしろ、そんなに長く書けるんだ……
8年ぐらい書き続けてるが、最大で150枚しか書けねぇよ
普段書いてる小説だって、多くて三十枚前後だし

777 :やっちゃん ◆.7pMAIcjuM :2011/05/22(日) 12:12:49.04
>>776
あなたを見習う。

その筈だ。

簡単に書けるもんじゃない

778 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 12:18:32.91
ここだと板違いかもしらんが
日本文学館に投稿すると、毎回「受賞ではないのですが良い作品なので・・・」とか「審査員の方が凄く興味を持って」っとか電話がかかるんだが
これって、必ず受賞者に電話してるのかなぁ
個人出版は金もなければ、受賞できない技量でryって思ってるからする気はないが、なぜ毎回来るのか気になる

779 :やっちゃん ◆.7pMAIcjuM :2011/05/22(日) 12:25:50.15
>>747
yo la tengo というバンドが穏やかで、少しも狂わないです。聴いてます

780 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:02:20.96
3月に出したんだけど結果っていつ分かるの?
落ちてても受かっててもどっちでもいいんだが、時期が知りたくて。過去スレにあるかな?
次の作品書きたくて(別の賞に出すけど)っつーかもしかして内部ではもう決まってたりするか?

781 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:15:33.64
>>776
考え出された、空想の、フィクションの話ってつまんないのよ。共感できないし、読んだあと「でもこれはフィクションなんだ。実話ではないんだ。嘘なんだ。」と思うと虚しくなる。リアリティがないんだよ。リアリティが大事。こう口の中がガクガクするような。
そうすれば楽に100枚はいくはずだ。しかも短期間で書ける。石原慎太郎は5日で200枚以上書いたしね。
名作ほど短期間で書かれてる。荒削りだったり、誤字脱字、差別表現、意味不明な文章が多々あるが。これは歴代の偉人が証明してる。

782 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 20:19:15.24
>>769
思いついたんだが太宰治ってやっぱ天才だったんだな。
声を出すと文字になる機械とかないかなあ

783 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 19:55:27.55
そろそろ二次通過決まったころでしょうか?

784 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 20:13:06.77
最終に残ったかどうかはいつ頃分かるの?

785 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 20:15:16.70
俺はもう諦めた!改めて自分の作品を振り返ると糞!日記レベル

786 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 09:26:05.93
>>784
定説によると7月下旬に連絡

787 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 15:44:22.74
>>786
マジか。まだ2ヶ月も先なんだ。
暇だから文学界に向けてなんか書くかな〜。
>>785
お前凄いな。俺なんか怖くて読み返せない。
でも敢えて「過去」は振り返らない

788 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 12:39:19.43
>>782
文章はイマイチ意味不明だが
最後のところについて
音声認識ソフトはいろいろ昔からあるよ。
たとえば
http://getnews.jp/archives/67849

789 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 14:21:52.94
初心者の私に誰か教えてください。
・新潮新人賞受賞作は単行本化され印税も入るのか
・賞金も比較的低いのになぜこんなに人気なのか
やはり新潮というブランドが強いのでしょうか。
恥ずかしながらこの業界について無知で調べている段階です。
よろしくお願いします。

790 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 14:45:58.10
微妙にツボを押す人名のみを書いて立ち去るスレ↓

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/stadium/1284945746/l50

791 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 14:51:42.87
・新潮新人賞受賞作は単行本化され印税も入るのか
作品の出来とか評判次第だろ。

・賞金も比較的低いのになぜこんなに人気なのか
そりゃおめぇ日本文学のKING会社だからだよぉ、おめぇのゆうとおりブランドだからだよぉ。

792 :789:2011/05/25(水) 19:09:33.84
>>791さんありがとうございます!
評判次第で単行本化もあるのですね。
本当に作家になりたい人が目指す賞だということが分かりました!

793 :ヤシーアオッキー ◆3BozeU/11E :2011/05/27(金) 15:29:15.37
おりゃあコレだ!SFはムズイ!コレしかない。ライバルに負けないぞ。。。。

794 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/28(土) 11:30:49.29
応募総数は

電撃>>>新潮、群像>>>一般エンタメ

これで合ってるかな


795 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/29(日) 05:46:32.42
ここか群像って考えてたけどやめた

自費出版にして国会図書館に献本した方がいいや

いつ死ぬかわからないし、確実に本として残しておきたい

796 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/29(日) 05:55:33.41
考えてみたら俺を守ってくれていたのは法治国家っていう存在だったんだよ

死ぬ前に残すべきものを、この国家に頼ったとしても、俺の人生には何の矛盾もない

797 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/29(日) 07:43:42.73
何を言い出したwww

798 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/29(日) 11:40:58.39
>>795
残したいだけならネットでいいじゃん
どうせ本にしても埋もれて誰の目にもとまんないんだから

799 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 20:13:00.05
編集長、今年の選考はいかがですか?

800 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 22:40:03.45
>>794
文学界のが上だろ

801 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/02(木) 02:50:44.28
俺の受賞 祈念 上げ

802 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 02:02:38.37
同情するより金をくれ!
同情するより金をくれ!
同情するより金をくれ!
同情するより金をくれ!
同情するより金をくれ!

803 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 13:50:14.98
不況だからか、かなりありきたりなのばかり選ばれるね

804 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 14:15:56.63
もともと新潮は無難なのが多くない?
アウレリャーノだけはちょっと突然変異っぽかったが。

805 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 15:04:32.88
今時、ジュンブンガクなんて流行らないよ

806 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 15:07:15.31
流行るからいいって訳でもないだろう
流行を追いかけたいならAKBでも見てろと

807 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 15:09:40.57
無知だなぁ

808 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 15:25:51.52
>>806
こういう「わかる人にだけわかればいい」って勘違いしてるやつがゴマンといるんだよな…

809 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 15:38:53.75
純文学に限らず、世の中そんなもんじゃないですか

810 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 15:42:28.72
逆に俺は「わかる人にだけわかればいい」という考えに、なぜ「勘違い」という語が使えてしまうのか、
説明願いたいね。
信条の違いや理解の深度でもなく、「勘違い」なのはなんでなんだ?

811 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 15:58:12.45
>>810
流行に流されない普遍のもの、というのは文学の条件ではないよ。
むしろ文学というのは時代を映す鏡のようなものだから、世の中の流れにとても敏感。
そのあたりを「勘違い」と言われてるんじゃないかな。

812 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 16:01:48.29
>>811
それだと“「わかる人にだけわかればいい」って勘違い”
の述語にはならないな
是非とも本人の弁が聞きたいところだ

813 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 16:22:49.28
ハイ水掛け論はじまた

814 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 16:50:05.23
わかってくれない人=わからない人
と思っているとしたら勘違いだとは言える

言いたいことの意味は解っても、それを良しとするかどうかは別問題だから
わからないわけじゃなくてもわかってあげないことはある

815 :ヤシーアオッキー ◆3BozeU/11E :2011/06/07(火) 20:21:02.81
おお!

816 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 21:07:20.79
雑誌も】BL業界全般スレ116冊目【漫画も小説も】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1307115420/
BL作家は書店員を何様だと叩きが加熱して、その話が書店組合に上がって
書店業界が作家がそういうなら頑張って売る必要がないってことで、下火になり始めたBLの棚を一斉に減らすのが加速した裏がある
BL作家の高尚気質が自分らの首締めた事件
作家にも業界があるように
書店にも業界がある

低学歴・労働系にしかつけないけれど、 上から目線でいたい人がなる職業だからな 腰痛めて一生を無駄にするw
低学歴・労働系にしかつけないけれど、 上から目線でいたい人がなる職業だからな 腰痛めて一生を無駄にするw
低学歴・労働系にしかつけないけれど、 上から目線でいたい人がなる職業だからな 腰痛めて一生を無駄にするw
低学歴・労働系にしかつけないけれど、 上から目線でいたい人がなる職業だからな 腰痛めて一生を無駄にするw

817 :ヤシーアオッキー ◆3BozeU/11E :2011/06/07(火) 21:14:46.32
なるほど!

818 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 21:17:07.90
>>24
面白さがわからないのは読み手がアホだからだよなあ
面白さがわからないのは読み手がアホだからだよなあ
【雑誌も】BL業界全般スレ116冊目【漫画も小説も】

819 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 21:18:14.95
2ちゃん脳の糞女なんか読者に来られても迷惑なだけだっつーのwww
2ちゃん脳の糞女なんか読者に来られても迷惑なだけだっつーのwww
2ちゃん脳の糞女なんか読者に来られても迷惑なだけだっつーのwww
2ちゃん脳の糞女なんか読者に来られても迷惑なだけだっつーのwww
2ちゃん脳の糞女なんか読者に来られても迷惑なだけだっつーのwww

820 :ヤシーアオッキー ◆3BozeU/11E :2011/06/07(火) 21:19:19.47
ん?新潮に送ろうと思ってたんだけどな。ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

821 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/07(火) 21:50:09.43
>>820
どこに送ったって一次落ち
即ゴミ箱行き
資源の無駄だからいい加減死んでください

822 :やっちゃん:2011/06/08(水) 06:37:24.33
はあ。

823 :やっちゃん:2011/06/08(水) 07:47:33.58
ごめんな。全く最初から興味無いからな。ごめんな!(爆笑)

824 :やっちゃん:2011/06/08(水) 08:14:45.08
なーんて、ほんとはちびっちゃったんよ!はずかしーなーもう!

825 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/08(水) 12:01:45.76
テスト

826 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/08(水) 12:35:26.58
やっぱ勘違いさんしかいないなw

827 :やっちゃん:2011/06/08(水) 18:09:40.91
チンポ

828 :やっちゃん:2011/06/08(水) 18:18:33.98
縦書きだし、枚数制限あるな。障害年金あるから、アリの穴で頑張ろう

829 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/08(水) 20:17:28.84
硬派とは何ぞや?
第一に、それは紺絣であり、高下駄であり、青春であり、暴力であり、単純素朴であり、反社会性であり、
小集団のヒエラルヒーであり、民族主義である。
さらに詳しく見てゆくと、そこではエモーショナルなものを、恋愛の代りに、政治が代表してゐると考へられる。
その東洋的な政治概念では、男性的な理想および男性的な人間関係のお手本として政治があり、その理想と
人間関係をつなぐ糸は、エモーショナリズムである。侠客が男なるとは、侠客道のエモーショナルな政治概念を、
わが身に体現することである。これらがあくまで恋愛とちがふ点は、恋愛のロマンチックな個性的主張とはちがつて、
政治におけるエモーションは、自分を既成の理想型に従はせる情動だ、といふ点である。従つて硬派は、あやまつて
軟派的堕落に陥らぬかぎり、決して自己崩壊の憂目を見ることがない。

三島由紀夫「文学における硬派――日本文学の男性的原理」より

830 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/08(水) 20:19:14.36
又、硬派では男性的表象が誇張されるが、この男性的原理の中心は、エモーションと力による政治であつて、
理論的知的政治概念はいはば無性のものとして、異性愛的情念は女性的なものとして斥けられる。
(中略)
私はごく大ざつぱに、右のやうな特色を列挙してみたのであるが、これらの諸要素の文学への類推を試みると、
思ひもかけない展望がひろがる。
硬派が持つてゐたやうな政治概念は、かつてのプロレタリア文学にも潜在してゐたし、その理論的知的なものの
排斥はまた、私小説の基盤であつた。硯友社を経、自然主義を過ぎて、われわれの近代小説の大勢を決した
「軟派的なもの」については、今日われわれは反吐が出るほど堪能してゐる有様だが、近代文学史に見えかくれして
流れてゐる「硬派的なもの」については、ほとんど気づかれてゐない。むしろその点で、尾崎(士郎)氏や
林(房雄)氏は、近代日本人として稀な意識的な作家と云ひ得るのである。

三島由紀夫「文学における硬派――日本文学の男性的原理」より

831 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/08(水) 20:22:20.14
恋愛の代りに政治を以て、文学のエモーショナルなものを代表させる遣口は、戦後文学の作家の或る者、たとへば
堀田善衞氏などに顕著であるが、氏がもつと硬派的に、知的理論的修飾を捨てたら、もつと純度の高い文学を
生むであらう。太宰治氏は硬派的エモーションを軟派的に誤用した結果、自己崩壊の憂目を見た。
かういふ例は、現代文学において実に枚挙にいとまがない。田中英光氏は自らのデスペレエトな力の弁護に、
民族的基底の助けを借りることができなかつた。石原慎太郎氏は自ら信じた男性的原理を、性愛の領域へ
誤用するとき一貫性を失ふ。阿部知二氏は理論的知的政治概念に縋(すが)つて、文学的に性を喪失する。
……これらの幾多の「硬派的なもの」の誤用の失敗(その最大の悲劇が横光利一氏であるが)を見ると、
谷崎潤一郎氏、川端康成氏の軟派の二大宗の、赫々たる成功が、今さらながら、日本文学伝統の女性的優雅の
強靭さを思はれるのである。

三島由紀夫「文学における硬派――日本文学の男性的原理」より

832 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/08(水) 20:24:25.96
しかしここに面白いのは、硬派と軟派のただ一つの共通点があることで、それは理論的知的なものへの、日本人の
終始渝(かは)らぬ不信の念である。志賀直哉氏の文学が、一見硬派的に見えるのは、(実は氏の文学ほど
硬派から遠いものはないが)、この伝来の反理智主義の徹底性のためである。
近代文学の行き詰りの打破のためには、自らの中の硬派的要素の反省と発掘も、一つの必要な手続であると思ふ。
しかし硬派は硬派で、(少くとも一つの作品の中で)、首尾一貫してゐなければならない。硬派的一要素の
切り離した誤用、殊にその無意識の誤用ほど危険なものはないことは、右にあげた諸例からも明らかであらう。

三島由紀夫「文学における硬派――日本文学の男性的原理」より

833 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/08(水) 21:59:19.51
ウンチンコ

834 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/09(木) 17:57:16.98
不毛な議論はいいから、早く予選通過者晒して!

835 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/09(木) 20:27:41.49
>>832
うるせえよチビ
自殺したやつが人に説教してんじゃねえよ

836 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/12(日) 16:14:57.58
文学業界に提案!
http://www.youtube.com/watch?v=BPag7twgnYc



837 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/13(月) 12:32:22.54
           芥川賞のタブー

芥川賞、新人賞、各種文学賞には、次の様なタブーがあるので新人作家をめざす人は十分注意しなければならない。
このタブーは、演劇、シナリオ、エッセイ方面においても全く同様である。

@ フェミニズム運動、女性を批判してはならない。
A 反戦平和運動を批判してはならない。
B マスコミを批判してはならない。
C 左翼を批判してはならない、特に極左テロ集団を批判してはならない。
このうち、初心者が踏んでしまう地雷は@が一番多い。文学作品は男と女の話が圧倒的に多いからである。
例=
A 離婚の話は女が被害者の形で書かなければいけない。女の身勝手などという内容で絶対に書いてはいけない。
B 同棲の話も、女が被害者という形に限定。
C 農村の嫁不足というテーマは書いてはいけない。
D 中小企業労働者の男性が低賃金のために結婚で苦労する話は書いてはいけない。
F 風俗関係、接客業関係の女性を描くときは、必ず、女性は被害者、客の男は加害者という形で書かなければならない。
東京銀座のホステス、大阪北新地のホステスのように、客の横に座って話しをするだけで、サラリーマンよりも5倍も10倍も高い給料をとれるのは日本だけだという事実を書いてはいけない。
その他、女性批判となるような文言は直接、間接を問わず、一切書いてはいけない。どれだけ真面目な文章であっても絶対に書いてはいけない。
言葉のはしばしにいたるまで左翼マスコミの徹底した言論統制の目がひかっている。
今のマスコミ・出版社は、極左集団によって完全支配されているので、その点を、よくよく考えて制作にはげんでもらいたい。
この話を信じられない人は、現在出版されている小説、上演されているドラマで、この話を否定するようなものがあるかどうか考えてもらえればよろしいかと思う。

保守的な思想、愛国的な思想、男性が男性らしく頑張るという体育会系マッチョな思想が、主人公の内面に描かれていたり、地の文にあらわされていた場合、「通俗的」などのレッテルが貼られ、作品は抹殺される。


838 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/13(月) 12:33:03.44
芥川賞のタブー(続)

簡略に記すと、「弱い労働者の立場・女性の立場」以外から書いては絶対に日の目を見ない。
社民党の主張立場とそっくりだ。福島瑞穂に気に入られそうな作品でなければならない。
石原慎太郎的な反発は噛ませ犬に抑えこまれている。

政党支持率1%の社民党だが、かつての二大政党であり、マスゴミへの浸透は過去の遺産で分厚い。
1%支持の社民党的価値観から外れるものは「極左の根城」である文藝春秋社の実質主催する芥川賞から徹底的に排除され、
純文学は息吹を失った。

「弱い労働者・女性」の目線からしか描けなくなり、作品のバラエティーは失われ、表現は一律化し、 痩せ細り、大衆の共感は
得られない支持層1%芸術と成り下がった。

人間関係の回復などは是とされるが、例えばビジネスの伸展やスポーツの勝利など、社会的状況下の極小の成功なども、主筋と
絡んだ場合には「通俗的」として致命的減点となる。中盤はひたすら状況の停滞もしくは悪化でなければならない。

クライマックスは狂人じみた叫びの強さが歓迎される。95%(20人の内19人)の芥川賞受賞者は24才〜39才と見てよく、
差別は非常に強い。差別は左翼の本性を現すものである。

「私の廃太子論」でおなじみの文藝春秋社が、極左の牙城であることは業界内外に広く知れ渡った、絶対事実である。
現在同社は社内で本誌と呼ばれる「月刊文藝春秋」誌まで赤字が常態化、某印刷会社の傘下に入る日も近いと噂されている。

★ともかくの絶対的タブー事項 主人公が「日本が好き・日本人が好き・日本神道を信じている・友と助け合い、勤勉実直に
生きていきたい」という保守的なものは弾かれる。主人公や作者が社民党を支持しそうな、日本社会に対して斜に構えた
スタンスの人間でなければ、絶対に受賞しない。

839 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/13(月) 13:58:13.86
気が滅入るようなことを……

840 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/13(月) 19:12:14.84
初めて聞いたんだけどこれマジかよ。何となあくホントにありそうだけど

まあ何かしらの思想を持って小説を書いたことなんて無いけどさ

841 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/15(水) 22:48:23.44
なんで、いつも書き込みがはじめて聞いた人とセットなんだよw

842 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 19:26:02.39
そんなタブーあるわけねーだろwww
あったとしたら
その出版社ががクズなんだろう。

文学業界に緊急提言!
http://www.youtube.com/watch?v=BPag7twgnYc&feature=related

出版社はそろそろ本気で取り組まんとやばいよ!!!!!



843 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 01:08:24.90
挑戦進駐軍について書きたいんですが

844 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/23(木) 14:35:33.47
新潮とゆかりの深い平野啓一郎の『滴り落ちる時計たちの波紋』
そのなかに「最後の変身」という作品があって、
主人公の語り手がテレビと学生運動をボロクソに言ってるけど。
あれは芥川賞をとったあとだから良かったわけか。

845 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 01:18:56.51
終戦直後の朝鮮進駐軍の事を知っているか?

4000人以上のの日本人市民が虐殺されたんだよ、それでも今だに被害者面って

これは、在日朝鮮人の間ではタブーになっている事だ。
日本がポツダム宣言を受け入れると日本各地で、婦女暴行、窃盗、暴行、殺人、略奪、警察署の襲撃、公的機関への襲撃、土地建物の不法占拠、鉄道や飲食店での不法行為等様ざまな朝鮮人による犯罪が多発した。
自称「戦勝国民」(正しくは戦勝国民ではない)であると主張し、自らを「朝鮮進駐軍」と名乗り各地で徒党組んで暴れ事件を起こした。
GHQの資料にあるだけでも最低4000人の日本人市民が朝鮮進駐軍の犠牲となり殺害されたとされている。
多い説では1万人以上であったとも言われている。

ソース http://anond.hatelabo.jp/20100131154721
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html



846 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 08:34:25.34
新潮から出た、西村の「苦役列車」を読んでも、
そう思うのか?


847 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 21:29:39.10
>>846
はい。
西村や花村を引き合いに出すロジックは、コピペ厨への対処法として有効だったので最早お約束化していますね。
貴方等の主張はこうですね?
こんな型通りの女性蔑視的作品だって、実際に「純文学」の括りで流通しているんですよ。妄言もいい加減にしなさい、って。

ですが一言いわせて貰えば、そうした女性蔑視、直情型の作品・主張が許されているのは、
それを発する連中のパーソナリティーによっているに過ぎないのです

当然ですが、西村も花村も中卒です。その上に低能で、文学に寄生するゴミのような存在です。ok?
彼らが無頼を気取って駄文を排泄すればするほど、あなた方は喜ぶはずです。
というのは、それは女性蔑視的、直情型=中卒・低能の主張、と言う結び付きを徒らに強化しているのに他ならないからです

西村、花村の作品は見せかけこそ女性蔑視、直情型ですがその実態は、フェミナチへ荷担しているようなもの

ただそう考え始めると、彼らを総括する他なくなるので目をつぶっているのにすぎません

848 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 21:40:50.29
タブーはあるんですよ、きっとあるんですって
まあ実を言うと例外はあるんですけどね
例外なんです、あれとこれは理由があるんです
でもタブーはあるんですってば 本当ですよ 信じてくださいよ


ってことかw

849 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 22:12:45.54
てんで読めてないなw

それとも図星疲れて知障のふりするしかなくなっちゃったかなw

850 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 23:01:19.00
平野啓一郎は京大だよな
きっとなにか西村、花村とは違う
パーソナリティー(w)によってるんだろうけど




851 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 23:35:55.62
だからひきこもりに言わせてるんじゃん
読んだことないの?

852 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 23:46:54.97

だめだめ
こいつ、どんな場合でもそれはOKな理由考えるんだからさ

タブーですー>作者が特別な場合OK→登場人物が特別な場合OK

もうこうなったらどんな場合でもOKなタブーだろw

853 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/29(水) 10:21:31.33
つまりタブーはない。OK?

854 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/29(水) 10:31:05.27
パーソナリティって何が言いたいんだろうね
出自の意味かな
ZまたはB出身だと、女性差別もマスコミ批判も大丈夫とか

855 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/04(月) 05:51:19.90
芥川賞候補、新潮だらけじゃねーか

856 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/04(月) 12:10:41.35
やる気ですから! 今回も取りますよ! 
と編集部では鼻息を荒くしていると思われ。
新潮の三作品では円城が取りそうだけど、石田千を応援。

857 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/06(水) 14:33:04.28
新潮社はイイ。

858 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/06(水) 14:46:47.00
新潮新人賞最終候補作に残る予定ですが
いつごろ連絡来るんですか?
7月下旬?
早く教えてよエロイ人、さあ早く

859 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 00:26:42.70
尾木ママ抱きたい。無性に抱きたい。

860 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 01:15:04.63
http://www.youtube.com/watch?v=XnBbjc5hmho&feature=feedf

この踊りと歌、よくありませんか? 1965年のインド映画。

861 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 02:03:11.38
性的欲求丸出しの作品は不利かな?
リビドーと名前を変えればオッケーなのか?


862 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 02:11:12.00
不利も何も性的妄想の小説モドキは、どこの新人賞も毎回一定量は来るよ
そして1次落ちだよ

863 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 17:34:42.83
そうかな…?


864 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 21:57:19.39
芥川賞のタブーか…
これチョンがねつ造しただけじゃない?
自分たち都合の悪いことが書かれた作品に日の目を見てほしくないから

865 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 01:20:45.31
>>864
文章の全体から判断すると

×ねつ造しただけじゃない?
○強行・横暴にも実践しているだけじゃない?

かと思う。聞かれて答えるとすればそうじゃない。答えはNOだ。

糞左翼のペットがチョンなのであって、本質はあくまでも社民党勢力(今は首相も隠れ社民だが)の横暴だと思う。


866 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 02:05:19.31
>>858

>>185

867 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 02:19:45.86
http://bbs78.meiwasuisan.com/bbs/bin/img/nationalism/13100356270006.gif

この岐阜おもろいね。

868 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 03:27:12.69
>F 風俗関係、接客業関係の女性を描くときは、必ず、女性は被害者、客の男は加害者という形で書かなければならない。
東京銀座のホステス、大阪北新地のホステスのように、客の横に座って話しをするだけで、サラリーマンよりも5倍も10倍も高い給料をとれるのは日本だけだという事実を書いてはいけない。

おいおいまじかよ、俺はそのへんをよくネタにするんだが、どうりで一次も通らないわけだ。

869 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 03:58:50.17
ほんと情けない限りだよな、今の文壇は。
マスコミと一緒、広告主の顔色うかがうだけだよ。
骨のある小説はすべてゴミ箱行きだ。

870 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 04:21:26.35
マスコミなんて911テロがアメリカの自作自演であることも伝えませんよ。
共産党も社民党も本当はアメリカの犬です。

小沢一郎さんを強制起訴に追い込んだ検察審査会の11人の市民の平均年齢も34歳だそうです。
「20歳以上の市民を11人集めて平均年齢が34歳だった」というのは、
絶対にありえない数字らしいですよ。
有権者の平均年齢は56歳だそうです。

つまり反米の要素のある小沢さんはマスゴミから撤退的なダークイメージを
塗りたくられているってことです。
世の中恐いですね。

871 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 04:29:02.37
そうしたカラーがどうしても出てしまうんだよな。
君も俺と同類か。
ほんと文壇には失望するよ。
民衆が求めているのは、坂口安吾的なものなのにな。

872 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 04:39:01.67
しかし、小沢がつぶされる世の中だ。
たとえ世の中を変える力がその小説にあるのだとしても、ワナビの小説なんぞ屁でもないわな。

873 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 04:46:06.37
小沢は、脱米路線の田中角栄(真の政治家)を踏襲する現在、唯一たる政治家だった。
政治なんてものは結局は金に尽きる。そんな物事の道理もわからぬ馬鹿が、
倫理審査何とかにあおられ騒ぎ立てる。
まったく馬鹿げている。
小泉は自らの目的、すなわちそれは米国の要望であったところの目的を果たしてさっさと引退した。
そんな売国奴がいまだにもてはやされているこの国は・・・。馬鹿も大概にしてほしい。
もう、どうでもいいんだけど、こんな白痴国家のことはさ


874 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 04:52:40.65
911テロがアメリカ謀略だったは認める。
すると世界全体がアメリカ(イギリス・ユダヤ)に翻弄されてるって話になるがね。

白痴世界
白痴地球。

素敵やん。泣けるやん。

アハハハハハハハハハハハハハハハ。

875 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 07:18:00.18
田中も小沢も犯罪者じゃね?
脱米ってロッキードは米国企業じゃん

876 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 09:08:00.80
オチがつきましたな

877 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 10:30:12.27
今月の新潮の
「アトム/高橋源一郎」読んだ人いる?

878 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/07/08(金) 19:47:02.15
>>788
ありがとう。ミスチルの桜井がなんかそんなようなことやってたんだよね。
頭に浮かんだこと、声に出したことを記録するって言う作業。
あと平野なんとかって最近知ったわ。この前の読売新聞で。
たしか学習院で三島由紀夫のについてなんたらかんたら言ってた
俺の中では村上春樹で止まってるんだよな

879 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 23:02:27.66
シドニー・シェルダンは全部口述筆記らしいな。

880 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 23:05:28.97
>>877
読んだ。意味不明
あんなの駄文だ

881 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 23:24:31.71
小沢に数億円賄賂が来たって、
そんなもん子分にポイポイ配るだけで、大して私服を肥やしていないんだよ。
それよりも姫戦略イケメン戦略で、イメージだけで中身の無い国会議員が増えたからこそ

今のこの国政の抱いていたい、いえ大停滞がある。
イメージ先行はダメ。
純文学と同じやないかいー。

882 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/07/08(金) 23:54:48.09
純文学は死んだよ。そう解釈しないと。
ロックンロールが死んだように。AKB?ジャニーズ?流行ってる?終わってんな。それを受け入れる層が増えたのも悪いし作ってる方も悪い。両方悪い。
尾崎豊 ハイスクールRocknRoll
http://www.youtube.com/watch?v=aJhYGBIt62c

883 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/09(土) 03:06:07.09
>>875
上辺だけしか知らんともの言うな

884 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/09(土) 03:09:42.14
俺、かなり自作にタブーを盛り込んでいたんだが、
ブラックリストにのってるのかもしれないな。
はあ・・・

885 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/09(土) 03:12:24.70
伊集院がさ小沢に向かって
「小沢さんの秘書、悪い人多すぎ」って言ったのはちょっと笑った

886 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/09(土) 04:57:44.50
政治がきれいごとでできるわけない。
人を動かそうと思えば金がいる、そんなの常識。
あの、政治倫理審査会というのは、ごっつい悪意を感じるね。
バックにアメリカがいるのはありありとわかる。

887 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/09(土) 08:43:20.52
警察がやくざの取り締まりを強化したのもアメリカ主導。
日本のマフィアはなぜこれほど幅を利かしているのか?
ということで、アメリカが要望した。それまではずぶずぶの関係。
この点に関してだけはアメリカに感謝すべきだが。

そんなことも、何も知らない白痴国民。編集もまた白痴。

888 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/09(土) 10:08:16.95
アメリカがバックに居る
世の中は汚い、金で動く
みんな馬鹿ばっかの世の中だ。俺様にはわかる

おまえオーソドックスすぎる中二病の症状が出てるぞ 
個性すらない

889 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/09(土) 16:19:34.49
郵政民営化も規制緩和もみんなアメリカ主導
そんなことも知らない真の馬鹿登場


890 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 00:13:59.96
911テロの自作自演
もうみんな知ってるよね。

891 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 00:42:07.49
マスコミが絶対伝えない、米国政府も必死で隠す
ものすごいトップシークレットなのにな

みんな知ってるよな、その話

892 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 01:04:36.16
しかもその件をよくかんがえると
日本共産党も社民党も
アメリカの犬だということ。

アメリカ(イギリスとユダヤの連合体)のやり口は、
自分の敵まで自分で作り、運営すること。


893 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 09:01:37.83
日本共産党は戦後、連合軍に解放してもらった恩があるからね

894 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 12:09:48.98
確かな野党
笑っちゃうよね。
数ヶ月前にその看板は引っ込めたっけ。

今や菅政権を問責決議案から守っている隠れ与党だ。


895 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 12:47:22.86
>>890
いまだに知らないやつがほとんとだよ。
情弱なんてそんなもん。


896 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 14:43:03.73
>>895
その説も強いが真相は闇の中
情弱よりも自分で調べないで人の情報を鵜呑みにして結論付けてる奴らの方がバカっぽいけどね
バカは考える頭がないからすぐに結論を出すんだよな

897 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 00:08:09.22
>>896
つまり911テロはアメリカの自作自演と「すぐに結論を出す」のがバカと?
あんたバカだな。。。。。。。。

898 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 00:31:24.89
アメリカのテロ自作自演は都市伝説に近いよな。NASAの月面着陸みたいな。
自作自演だとテロリストの反応が不自然すぎる。

899 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 01:02:33.07
>>898
アポロと一緒にするなよ爺さん、そっちには手が出ないことを知ってて誤魔化すのか?
あのなぁ、ツインビル崩落の時、離れた場所にある第七ビルまで崩壊したの知ってるか爺さん。

>自作自演だとテロリストの反応が不自然すぎる。
爺さんは頭が悪いから分からないのだろうが、自作自演ラインを誤魔化すために
当然、テロリストが犯行のストーリーがあり、それが世界の表のラインを走ってるんだけど?
頭悪い? 分からない?


900 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 01:09:44.68
爺さんとゆとりの争いかw

901 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 01:11:18.28
>>900
言い負けた爺さんの逃げ口上だなwww
ばれてるよ爺さんwww

「911テロはアメリカの自作自演」認めてすぐに死ね、バーカwww

902 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 03:17:47.85
新潮社はよくやっている。
新潮社とアザーズだ。

903 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 03:18:23.49
情弱「911は米の自演、知らないやつは情弱、ソースはインタネッツ、俺様はググって調べて知ってる(ニヤリ)」
おせっかい「んなわけねーだろw あのな、そんなの不自然だろだってな……」
情弱「まったく馬鹿は困るね、それは誤魔化すための米の戦略だろ、踊らされてるお前は頭悪い」
見物人「ゆとりと爺さんの戦いかw」
情弱「論破されて逃げ口上キターww 俺の勝ちぃ」

904 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 03:42:24.94
>>903
自分が負けたことが悔しくて悔しくてたまらない「情弱」爺さんが
練られなくて涙目で反抗してきたなww

ほんとに情け無い「情弱」だわ。まだ911テロが自作自演で無いと「本当に」信じてるのか???
あまりにも脳が腐ってるぜ爺さん
哀れ極まれり。

>>901 でも書いたが、今すぐ死ねよくたばりぞこないのカースwww
第七ビルは航空機当たって無いのに自然崩落並みのスピードで自壊したんだよ
ボーケwww

905 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 05:22:43.66
そろそろつまんねーからやめろ。

906 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 06:52:01.80
ニートは9.11が自作自演かよりも仕事を見つけるのが先ですよね
まずは身近な現実を見なきゃ

907 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 08:53:35.72
>>904
典型的なニート文章に爆笑
アメリカ自作自演説を論破する情報ならネット中に転がってるよ
それよりそろそろ働かなきゃ親が泣いてるぞ
情弱より低レベルな無能君w

908 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 10:51:45.58
>>907
通りすがりだが

>アメリカ自作自演説を論破する情報ならネット中に転がってるよ

そうでもないよ
911は情報機関の言をホワイトハウスが容れて本腰入れてれば防げた可能性が高い
高いどころか、99%防げていたものだと思う
政府が意図的に911を防がずテロ組織に決行させたなら
実質的に、自作自演で911を引き起こしたと言っても間違いではないだろう

つまり真珠湾攻撃と同じ
アメリカは真珠湾攻撃前の時点で日本軍の暗号文を解読していて
攻撃があるのを知っていたのに、故意に伏せて、日本軍に攻撃させたんだよね
当時のアメリカが厭戦ムードが強く、戦争できないので、開戦の起爆剤にする為に

アメリカという国は昔からそういう国民を殺す事を平気でやる恐ろしい国だから
対イスラム戦の戦意鼓舞を狙って911を引き起こすくらいの事は平気でやるよ

>典型的なニート文章に爆笑
>それよりそろそろ働かなきゃ親が泣いてるぞ
>情弱より低レベルな無能君w

普通の議論内容なら「煽り屋乙」で終わりだが
アメリカ絡みの議論だとそうじゃないケースが目立つんだよね
レスの内容を貶める目的で、ニート、情弱、無能と書くネット工作屋がいるから

アメリカ国務省にネット工作をするセクションがある事を記事にしたのは日経だっけ
政府がネット工作部門を持っているとマスコミが普通に報道してるし
アメリカ絡みの陰謀論だと、そういう系統の末端が出張って工作してるみたいだよね

909 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 11:14:37.22
>>908
中国も世界規模でアメリカを陥れる嘘情報を流してるらしいからますます真実はわからないって結論に達するな
決めつける奴は低脳でファイナルアンサーですね

910 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 01:57:35.76
ペンタゴンに旅客機なんて飛び込んでないんだよ。
飛行機の残骸の跡形も無い。


911 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 06:05:17.79
■誰かが事前に知っていた同時多発テロ

同時多発テロの発生からさかのぼる二ヶ月前、7月18日夕方の
ロンドン市場から原因不明のドル売りがはじまったことはあまり
知られていないし、報じるマスコミもない。
当時、相場を動かす材料は皆無。
そんななか、米ドルとカナダドルだけが突然売られ始め、スイス
フランが大幅に買われ始めたのだ
その売りと買いはしずかに二ヶ月つづいた
そして、 9月11日をむかえる…

↑同時多発テロが自作自演かどうかはわからないが↑は事実よ

912 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 06:34:47.96
それテロリストがやったのかもしれなくね?
自作自演の説明になってねえよ

つか新学期迎えるからそういう動きは良くあるし、つまり材料が皆無とかうそじゃん

それとそういう例だと911前にプットオプションが大量に買われてるよ
こっちのほうが話し早いだろ為替相場よりさw

為替は動かすほどなら大量に資金が要るし数ヶ月維持とか
日本政府や米国政府でも単独じゃ無理じゃないかな(国際協調が必要と思う)
じっさいチャート見たら、911後もしばらく同じ動きだったし
つまり、為替で儲けようとしたやつが居たとしたら損してることになる
(もっと長持ちして最終的にプラスにしたのかも知れんけど)


913 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 22:09:35.77
「今からテロリストがいるコックピットに突入するよ」
と夫の携帯から妻に掛かってきて、そのごピッツバーグで墜落したという話になっている一機。

でも飛行機の高度から地上の基地局に電波が届くことは、120%無いんだって。
悪いけど。

あれは間違って撃ち落されたって、石原都知事が最初言ってたな。



914 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 22:14:37.75
石原バカス 

ちなみに日本だとソフトバンクがサービスを行ってます
ttp://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/area_price/in-flight/

915 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 23:21:31.78
>>914
そんなの関係ねえ そんなの関係ねえ

916 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 23:35:19.69
なにげに芥川賞選考会が近づいてきた。
14日。
あと2日だべ。
また新潮がとるのかな。6候補作中3作じゃろ。

917 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 23:42:28.62
情報弱者をだますのは簡単

1 飛行機に乗ってる人の携帯の電波は地上の基地局までは届かないという
  (これは、まあ事実)

2 でも飛行機が中継してくれるサービスがある事は言わない
  衛星通信をつかった携帯電話があることもいわない

なんとコレだけで情弱は信じる。
信じたいことを否定するような不都合なことはあるかどうか調べもしない

918 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 23:43:58.83
>>917
今から何年前の国内ローカル機の中の出来事だと思ってるんだ、アホ!
悔しかったら第七ビルの崩壊のこと説明しろドアホ!


919 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 23:52:31.96
イリジウム携帯でぐぐれよ

第七ビルとか知らんがな
爆弾仕掛けたんじゃねw 24時間いろんな人が出入りするんで
見つからないように音も立てないように
各階の多くの柱に穴あけて爆弾入れてコード繋いでさw

920 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 23:57:52.98
>>919
第七ビルでググレカス!!!
自分が負けるポイントからは逃げるんじゃ「人間のクズ」だぞボケカス!

>爆弾仕掛けたんじゃねw 24時間いろんな人が出入りするんで
>見つからないように音も立てないように
>各階の多くの柱に穴あけて爆弾入れてコード繋いでさw

調べれば分かるだろボケカス! 工事してたんやボケカス!


921 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 00:06:37.84
ここはコネだっけ? だから出しても無駄では?

922 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 00:14:58.38
コネじゃないよ
むしろ自社の賞取った新人すら優しくない、便宜を図ったりしない
2作目が悲惨だと相手にしてくれない


923 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 00:18:17.25
>>920

じゃあ工事してたんだろw
現場の作業員に爆弾だとまったく気がつかれないように彼らに設置させてさ

924 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 00:25:43.54
>>923
第七ビルでググレカス!!!
自分が負けるポイントからは逃げるんじゃ「人間のクズ」だぞボケカス!

同じ事何度も言わせんじゃないぞボケカス!!!

925 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 00:44:41.66
情弱 → 「第七ビル 911」でググる → 信じる
普通の人 → 「第七ビル 911 トンデモ」でぐぐる→情弱を笑う

926 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 00:54:36.17
>>925
お前ははっきり言って「自分の負けを認められない人間のクズ」だな。
「トンデモ」入れてぐぐっても出てくるのは陰謀認定ばっかりだろう
人間のクズが! ボケナス! 恥知らずwwwww!!!

927 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 00:59:37.40
ん? おまえんち、グーグルでそういうのばっかググってるから
順番が俺んちと違うんだろ

普通に、爆弾で爆破なら専門家が設置してコードとかもいっぱいあるし
無理じゃね
つか中国の、爆破でもなんでもないビルの倒壊とかも数秒で落ちてるし
秒数とか言い出してるのばかじゃね
みたいな事書いてあるぞ

熟読しろ、お前のかーちゃんのためにも真人間になれ
俺は寝る

928 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 01:23:15.71
>>927
逃げたか負け犬www

>普通に、爆弾で爆破なら専門家が設置してコードとかもいっぱいあるし
>無理じゃね

国家陰謀をそんな話で片付けるのかボケww

>つか中国の、爆破でもなんでもないビルの倒壊とかも数秒で落ちてるし
>秒数とか言い出してるのばかじゃね
>みたいな事書いてあるぞ

中国の話を一緒にして誤魔化すなボケww

動画でも見てみろボケww

929 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 01:42:25.76
中国だって物体の落下スピードは地球上ではほぼ同じですよ

930 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 07:28:26.67
お前らアメリカの自演を信じるような情弱なんか相手にしてんなよ
ただ陰謀説好きな厨二病にとり憑かれてるだけなんだから
文を読めばガキだってわかんじゃん
今後スルーな

931 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 13:28:07.46
>>930
どうでもいいけど「911テロはアメリカの自作自演」はもう常識だよ。
もうすこしキチンといろいろなこと勉強しとけよ。

それはともかく今日は芥川賞の発表だ。
どうせまた新潮勢が取るんだろ。


932 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 14:25:22.28
>>931
くだらん話題を蒸し返すなカス

933 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 14:29:06.97
>>932
くだらん話題ということ事態が、お前のアホさだ、ドカス。
911テロはアメリカの陰謀は事実だ、覚えておけ、ドカス。

934 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 14:52:27.71
おまえここ2chだから良いけど
会社や学校では言わないほうが良いぞ
その「事実」

これお前のために言ってんだからな
ニートならどうでも良いけどさ

935 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 16:28:14.30
9.11はアメリカの自演(キリッ)
子供の楽しい妄想に微笑ましさを感じました。
いいんですよ。お兄さんもノストラダムスを信じていた時期がありましたから。

936 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 16:51:22.60
どっちでもいい
マジでその話題やめろ


937 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 17:04:04.63
7末の一次連絡祭りまでは殺伐とした雰囲気が続くんだろうな

938 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 17:04:23.57
あ、間違えた最終連絡祭りか

939 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 03:35:15.16
http://www.youtube.com/watch?v=XnBbjc5hmho&feature=feedf_more
この歌と踊りはイイ。1965年のインド映画。

940 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 14:35:36.44
>>936
いろいろ調べて「911テロはアメリカの自作自演なんだな」と分かったからこその
撤退宣言か。惨めよのう、悔しいのうww

941 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 14:48:18.06
自作自演であんな酷いことする訳ないだろ
ブッシュにそこまでの知能があるかよ

942 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:21:25.63
>>940-941
お前らが氏ねばなんの問題もなかったのにね
世の中はまったくもって理不尽だよ

943 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:23:28.67
>>942
お前こそ地震で死ねばよかったのに
いつまで叶わない夢見てるんだよゴキブリ

944 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:26:39.83
911について語るスレなのに
何で新潮新人賞の話してんだよ!!!!!

945 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:29:59.66
はいはい
熱くなるなよ
汚物は汚物らしくしてなきゃダメよ
君は地球上で最下層の存在なんだからさ

946 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:31:07.84
>>945
何という自己紹介乙wwwwwwwww

947 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:32:24.76
>>946
そう思いたいよな
でも現実をみなよ汚物君(爆)

948 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:33:59.60
>>947は頭おかしいから関わったらダメ!!!!!
万引きと下着ドロの前科があるから!!!!!

949 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:35:09.81
>>948
落ち着けって
汚物が騒ぐとみんな迷惑するよ

950 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:36:39.91
マジかよ
死ねよ下着ドロ

951 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:37:49.63
>>949
自殺しろ下着ドロ

952 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:39:40.07
汚物「死ねよ下着ドロ、自殺しろ下着ドロ」

953 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:40:41.86
自演だと思いこむ汚物の巻

954 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:42:14.53
この勝負、汚物の負け!

955 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 15:45:54.85
下着ドロが交通事故にあって
なるべく苦しんでから死にますように

956 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/17(日) 12:16:45.57
911はアメリカの自演

957 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/17(日) 12:43:54.45
なんかお前ら余裕なのな、911の話ばっかしてて。
「最終電話来た?来ない?」の馬鹿騒ぎやらないの?

958 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/17(日) 13:11:49.93
スレ違いだぞ
ここは911について語るスレだ

959 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/17(日) 13:17:31.57
あ、本当だ!
スレチですいません。退散します。

960 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/17(日) 14:23:02.43
         ________
       /             \
      /                \
    /   /・\     /・\   \    >>1>>959
   /   /    \   /    \   \
  |      ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄     |
  |         (__人__)        |
  |            \    |         | ご冥福をお祈りします!!
   \          \   |       /
    \          \_|     /

961 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/17(日) 14:43:43.62
■■■■□■■■■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■□□■■■■■□■■■■■■■□□□□□□□□□□□□■■
■■□□■■■■■□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□■■
■□□■■□■■■□■■■■□■■■■■■■■■■■■□□■■■
■■□■□□■■□□□■■□□■■■■■■■■■■■□□■■■■
■■■□□■■□□■□□□□■■■■■■■■■■■□□■■■■■
■■□□■■■■■■■□□■■■■■■■■■■■□□■■■■■■
■■□■■■□■■■□□□□■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■□□□□□□■■□□■■□□■■■■■■■■■□■■■■■■■
■■■■□■■■□□■■■■□□■■■■■■■■□■■■■■■■
■■□■□■□■■■■□□■■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■■□■□■□■■■■■□□■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■□□■□■□■■■■■■■■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■□■■□■■■■□□□■■■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■■■■□■■■■■■□□□■■■■■■■■■■□■■■■■■■
■■■■□■■■■■■■■□□■■■■■■□□□□■■■■■■■

962 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 :2011/07/17(日) 21:30:43.90
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1039154435

963 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/17(日) 23:31:44.41
>>962
凄く役に立った。ありがとう。

964 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/19(火) 01:13:32.53
電話

965 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/19(火) 02:02:20.41
誰もでんわ

966 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/19(火) 11:48:49.66
電話急げ

967 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/19(火) 15:46:07.36
黒電話だと掛かってくる確率が高まるらしいよ。

968 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/19(火) 17:05:42.75
波乗りかき氷♪あなたが好きなもの♪

969 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/19(火) 19:38:31.03
電話って最終の連絡のこと? 
それなら、昨日きたよ。

タイトル名とかはさすがに、今は言えないから、信憑性ゼロなのはわかるけどね・・・

そうか、だから、連絡来ても、誰も来たって言わないのか。言っても信じてもらう手段ないから。

970 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/19(火) 19:41:16.20
いや、信じるお。

971 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/20(水) 01:52:35.73
 ねえ 村上春樹って どう思う?

972 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/20(水) 05:20:00.67
ブサイク。はい、次。

973 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/20(水) 05:55:30.00
IQ84。はい、次。

974 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/20(水) 08:26:12.21
ヤギ座でワンピース作家と同じで大衆受けする作家。
はい次。

975 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/20(水) 22:20:51.47
波乗りかき氷♪あなたが好きなもの♪

976 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 01:07:09.49
やれやれ。はい次。

977 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 01:50:46.65
今晩(というか昨晩)、うちの文学校の奴が新潮からメール来たって。
電話じゃなくてメールだから、びびったそうな。
生意気にも最終に残りやがったんで、ここに晒してやろう。
嫉妬だけだ。

978 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 02:00:45.80
文学校って何だ?

979 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 02:35:50.09
大学校みたいなもんだろ

980 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 02:40:47.76
 なんで日本の文学は純文学とエンタメに分裂しちゃったの? 
外国にはこういう分類ないってほんと?

981 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 03:13:32.13
>>977
>今晩(というか昨晩)、うちの文学校の奴が新潮からメール来たって。
>電話じゃなくてメールだから、びびったそうな。
>生意気にも最終に残りやがったんで、ここに晒してやろう。
>嫉妬だけだ。

これはガセネタだな。最終の連絡にメールは使わない。
それしか連絡先を書かなかったのならともかく。

982 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 03:43:24.84
>>980
菊池寛と芥川賞直木賞と文藝春秋社(経営危機深刻)を恨みなさい、ええそうです、それは許されます、恨みなさい。


983 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 04:42:23.06
同じ出版社で両方扱っているのは日本ぐらい。

世界的にどこでも、純文学の出版社は純文学しか扱わないし、
エンタメはエンタメだけ。

アメリカが顕著。

984 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 04:43:21.73
昔は電話が通じないとFAXだったけどね。
まあどのみち電話となる。

985 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/21(木) 07:30:30.37
みんなは応募する時メルアドも併記しとるの?

986 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 07:36:09.36
あたぼうよ

987 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/21(木) 07:38:56.78
そうか、勉強になった!

988 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2011/07/21(木) 21:56:37.81
波乗りかき氷♪あなたが好きなもの♪

989 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 00:07:56.99
他の文芸誌の編集長がみんな女になっちまったから
若い女が出して得なのは、もうここだけ。

990 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 05:07:11.98
綿矢の二番煎じを平気な顔して最終に残す。

991 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:14:27.04
野性からの作品を

992 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:15:39.77
新潮だけに慎重に

993 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:16:24.36
中村文則のどこが凄かったのか。
最終候補選定のおいて。
それは面白みよりも、唯一小説足りえていたという事実。

994 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:17:33.22
女性の時代となった文芸誌。
唯一の男性主義となった新潮は、
十代少女の大人になりきれない誠実な欲求を受け付ける場所となった。

995 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:18:16.93
台風去って、せっかくのチャンスだから、夢の続き

996 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:25:47.72
強い小説

997 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:26:55.66
甘い仕草でグッドジョブ

998 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:28:29.21
新潮が責任持って若い女の子達の小説を受付にゃ。
他の文芸誌がまったく残さなくなってきてるから。

999 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 07:30:27.45
くるまたにちょうきつさんも新潮やな。

1000 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 08:18:53.07
台風去って涼しい夏や

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

246 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)