5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どんな質問でも誰かがマジレスするスレ 13

1 :ペンネーム:名無し:2010/12/29(水) 22:57:07

・応募関係のことが分からない
・執筆関係のことが分からない
・物体は分かるが正式な名前が分からない
・あれってどうやって使うのか分からない
・とにかく分からないことがあるから教えて欲しい
等々、
創作文芸に関係なさそうなどんな質問でもいいので、
聞けば誰かがマジレスしてくれるはずのスレです。


前スレ
どんな質問でも誰かがマジレスするスレ 12
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1288706416/


2 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/29(水) 23:37:20
いちおつ。助かった。

3 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 00:36:31
乙です。

4 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 02:55:29
前スレの流れ引きずって申し訳ないんだが
太宰と似た手法だからおkってのは違うと思うんだが変か?
昔の作品でおkだったことが現代じゃ駄目になってることなんかよくあるだろ。
おまけに投稿する作品で長文ダラダラなんてただ垢抜けない印象になるだけじゃないか?

5 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/30(木) 03:17:32
>>4
私はぜんぜん長文が垢抜けないなんて思わないわよ。
 むしろこれ以下の短文がだらだら続くなんて詩か幼稚な作文にしか見えないくらいよ。
 太宰が模倣の対象にならないのならどんな作家でもそうありえない。
 流行に流されるだけでは新しい時代の先頭には立てない。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1288706416/998
 『要点を絞れていない』ってことが解るってことはあなたには要点が見えてる
ってことよね? あなたの言ってることは矛盾してるわ。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1288706416/999
 センスのない人に解って貰う文章が高尚な文章ってもんよ。
 あなたセンスのある人にしか本を売らないつもり?
 自分の言ってることが解る人だけを回りに置くつもり?
 物書きとは人に意思を伝える職業よ。
 『結局センス無い人には、説明しても伝わらない』
 なんていい訳は物書きとして敗北を意味してるわ。

6 :イッヒムスシュターベン ◆/6V.PHILIA :2010/12/30(木) 03:21:38
>太宰と似た手法だからおkってのは違うと思うんだが変か?
もっと気ぬいて考えな
太宰は太宰だから認められたんじゃない。認められたから太宰なんだ。
あと太宰先生をディスってることに気づいてくれや。
>昔の作品でおkだったことが現代じゃ駄目になってることなんかよくあるだろ。
スマンよくわからん。わかりやすい例を。


7 :イッヒムスシュターベン ◆/6V.PHILIA :2010/12/30(木) 03:23:58
うーん、持論を並べられるととたんに面倒になるな
おれもいっしょか

8 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 03:36:04
>>6
ごめん、ディスってるとまでは思わなかった。

>スマンよくわからん。わかりやすい例を。
これは太宰を推してた場合の話なんだ。
一定の評価を受けてる作家の真似はすべきってことだと解釈したんだよ。
違ったみたいだから気にしないでくれ。

9 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 04:21:58
『それでも会場となってる体育館にはいつも数百人の出席者がいて、周りの方の話によるとこれでも他校に比べれば奇跡的な程多い人数で、このことだけでもこの地域の親御さんの教育に対する関心の深さを窺い知れるのだそうです』

長文か短文かは好みの問題だからどうでもいい
この文章で個人的に違和感があった部分は
「周りの方の話によるとこれでも他校に比べれば奇跡的な程多い人数で」の「これでも」っていう言葉

まず「それでも会場となってる体育館にはいつも数百人の出席者がいて」の「それでも」っていうのは、その前の文章の何かを受けて、「それでも」って書いてるんだと思う
何か否定的な意味合いのことが書いてあって、「それでも」人数が多い(数百人の出席者がいる)っていうことだよね?
「それでも」数百人もいるっていうのは、多くならないような要素があるのに「それでも」多いって意味だよね?多分

なのに次の文章では
「周りの方の話によるとこれでも他校に比べれば奇跡的な程多い人数で」って書かれてる
「これでも」っていうのは、この文章で例えたら
少ない人数だけど、「これでも」他校に比べれば多いっていうような使い方をするもんじゃないのか?普通は

要は「それでも」多いっていうのを前の文で示したのに、次に「これでも」っていう言葉がくるのがおかしいと思うんだけど

10 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/30(木) 04:39:16
>>9
『それでも』というのは一人称の主観であって、
 『これでも』っていうのは周りの方の主観なのよ。
 つまりは参加者の数の大小は見方によって違うって
 ことを表したかったんだけど解りづらかったかな?

 ちなみにこの文章の前にくる文はね…
『参加資格はその小学校に通う児童の保護者全て
にありましたが煩わしさからか半分以上の方がそれ
を放棄していました。』
                 って感じよ。

 

11 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 05:19:17
>>10
意味的には
半分以上の方が放棄してた「それでも」数百人は出席していた
半分以上の方が放棄してた「これでも」他校に比べれば多い

ってこと?「それでも」と「これでも」が両方とも、前の文章にかかってるってことだよね?
でもあの書き方だと「これでも」が前の文章ではなく、「それでも〜」の部分にかかってるように読めるから違和感があると思ったんだ
まぁ個人的な意見だから自分があってると思うならスルーしてくれ

12 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 10:26:55
こんなんでどうすか?
   ↓
それでも、会場となっている体育館には常に数百人もの出席者がいました。
周りの方の話によると、「他校と比べたら奇跡と思えるくらいに数が多い。この点だけでも、この地域の親御さんたちが教育に対して非常に高い関心を持っていることが分かる」とのことです。
……聖コスプレ学園、あなどれません。

13 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/30(木) 11:25:08
一人称で話を進めていて物事を事細かに描写するのは良いとして
 あまりに事細かに描写しすぎたらその人の記憶力が疑われないだろうか?

 例えば『Aさんは「〜(この間原稿用紙2枚分くらいの台詞)〜」といってました』

  ってなてな話の進め方おかしいかな?

14 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 12:15:57
>>13
おかしいだろ。
原稿用紙が仮に400字詰めでも2枚近く台詞があったらそれこそ
このキャラの記憶力すげぇってなりそう。
あとその話を黙って聞かなきゃいけなかったキャラ可哀想とも思う。
そういった長ゼリフがないわけじゃないが、あんまり見掛けないからな。

まぁ長文気味になるのは13の持ち味だとして、
話の進め方なんて正直その作品読んでみないと良いか悪いかわからんから
好きに書いたらいいと思うよ。

15 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 12:33:34
>>13
「」を外したうえで、語り手が、
このような内容のことをAさんから聞いた、
という形にすれば違和感はない。

16 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 13:34:32
>>13
ギャグとしてはありだな

17 :イッヒムスシュターベン ◆/6V.PHILIA :2010/12/30(木) 13:57:59
>>13
あのさ、たとえば1クール13話あるアニメの1カットを見せて
「このアニメっておもしろいと思いますか? 技法として成立してますか?」
って訊くのと一緒なわけですよ。1カットだけじゃわからん。
1シーンでも理解でけん。1話見てようやく口出せるかどうか。
13話見たら、ようやくマトモな意見が出せる。
あんたのその作品は、その文だけで把握できるもんでもないし、
たとえその文が悪くても、何行もあるうちの1文だ。
サッカーで誰かがファウルを取られてしまっても
試合で勝ったらイイんだよ。グリーンだよ!

完成させてから批判を求めろ。

18 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/30(木) 14:05:42
>>17
読むのか?すでに400枚いっててまだ未完成な私の作品を…

19 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/30(木) 14:11:28
>>15
似たようなことは考えた。
 一人称視点のなかに突如神の視点いれてみるとか…
 でもこれって繋ぎ目が難しいんんだよねー

20 :イッヒムスシュターベン ◆/6V.PHILIA :2010/12/30(木) 14:12:51
>>18
面白ければ読む。くだらなければ読まない。皆それだけ。
読破すらされない。それも評価のうち。

21 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 14:16:10
純文学とエンタメのどっちに投稿したらいいかわかりません。
書いている物語は、ホラーファンタジーで、
キャラの台詞は「〜……」「〜!」「〜?」「〜ッ」などが入ります。
かといって、ラノベ的な話であるかと言ったら、そうではなく、
派手に盛り上がらない思想小説です。
一応起承転結はあります。
それでも、ストーリーよりも思想や、哲学に力を入れています。
人の汚さを問いただして、答えを考え、探し続ける様な、そんな話です。
これはエンタメでしょうか?

22 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 14:34:59
ラノベ

23 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 15:08:10
>>21
ホラーファンタジーって小野不由美みたいなの?
エンタメでしょ。
ファンタジーノベル大賞をオススメします。

夢野久作とか京極夏彦のようなエンタメもあるし、
笠井潔みたいな人もいるので、思想・哲学に力を入れてるからといって、
純文学に分類されるなんてことはないよ。

24 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 20:30:45
説明と描写の違いを教えて下さい

25 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 20:32:14
というのは冗談です

26 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 20:32:39
なんだ冗談か

27 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 21:28:39
これまでの事情とかを語るのが説明でないかい?
で、描写は、視点の主による、いま見えている景色や匂いや手触りなんかの説明。

28 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 21:47:13
主人公の名前が「鈴木雄介」だったのだけど、気にしなくても平気かな?
送った賞の話です。

29 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 22:01:08
>>28
送っちゃったんなら今さらどうしようもないだろ
もし運良く受賞出来たらそん時名前変えればいいだけだよ

30 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 22:24:18
>>29
まぁそうだよね。雄介を祐介とかにしますわ。

31 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 22:33:41
「りんぼくおすかい」でおk

32 :21:2010/12/30(木) 23:59:26
>>21 >>23
回答ありがとうございます。
小野不由美は読んだ事がないのでわかりませんが、
ファンタジーノベル大賞へ送る事にします。

33 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 11:04:47
ちょっとゲームを考えたんだが・・
この板で文才を高めるために切磋琢磨してる子達にうってつけのゲームよ。

 まず一つ誰かがお題を出すの。
 誰もが知ってる話の題名をね。
 その話の内容をあらすじを正確に且短く書き表す能力を競うの。
 ただ短いだけでは限りなくふざけた物になってしまうわ。今北産業みたいにね。
 だから単語10こ以上使うってルールにする。

 どう?自信があるならやってみない?

34 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 12:28:45
>>33
やりたかったら自分でスレ立てて頑張って盛り上げてくれ
参加する気は皆無

35 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 12:41:54
面白いストーリーを考える能力と
既存のストーリーを正確に短くする能力は違う。
ここは作家志望が集まってるわけで、あらすじ屋志望が集まってるわけじゃないぞ。

36 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 12:55:48
質問しろよ

37 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 13:00:31
>>34
スレ立てようとしたけどスレ立て規制かかってんのよ。

>>35
どこが違うのよ?っていうかあらすじ屋が集まっちゃいけないってどこに書いてんのよ。

38 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 13:03:37
>>36
じゃぁいくわよ。
 1996年ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ主演の映画『ザ・ロック』

 

39 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 13:56:18
>>38
自分でやってみせろよ、あらすじ屋さん。

40 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 13:58:43
>>38
スレ違い。
規制が解除されたら自分でスレ立ててやれ。ここでやるな。

41 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 14:23:08
>>39 きみがやれば?w

42 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 14:40:53
コテをはずしてsageているのに、ここまでわかりやすい自演は滅多に見ないなw

43 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 15:01:26
>>42
アホか。勘ぐるなら動かぬ証拠用意してからにしろ。カス野郎

44 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 15:04:59
>>40
すれ違いで結構。私はチキン野郎に命じられるのが大嫌いなの。

 オマイの方こそ消えろやトサカチンポ

45 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 16:23:06
現実で見る若さは甘酸っぱいけど
掲示板で見る若さは酸っぱいだけだな

46 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 16:32:30
>>45
言ってる本人は辛口評価のつもりなんでしょうけど
 私にはぽたぽた焼き並に甘辛く感じるわ。

47 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 16:45:33
ここは私のスレだ占領した
とでも思ってんだろうな
しらじらしい
もっと勉強しろよ
おっさんwwww
わかいふりしてるつもりかよ?
りかいに困るねえ
だだっコのほうがずいぶんマシだ
ねてろ

48 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 16:47:00
>>46
多少甘くとも辛いのは辛いんだwww

49 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 17:14:24
>>47
こう言う馬鹿で
うだつの上がらないの
はどう叩いても
くじけないから
たたき甲斐があるっても
のだわ
しばらくは
みものになりそうね。

50 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 17:15:14
>>48
私は完全に甘い物が苦手なのよ。

51 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2010/12/31(金) 17:16:50
誰かバーチカルエディターを使ってる人いない?

     扱いに困ってるんだけど教えて。

52 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 17:22:40
バーチカルwwww
プラッチックwwww
そこのシーデー取ってwww

53 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 18:12:06
規 定が400字詰原稿用紙換算で10枚以内の短編小説。
純文学やSFなどジャンルは不問。の場合
10枚を一行たりとも超えたらダメですか?



54 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 18:44:52
〆切が今日で焦って質問しています。
応募規定が400字詰原稿用紙換算で10枚以内の短編小説の場合
10枚を一行たりとも超えたらダメですか?


55 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 19:06:03
だめだよ
(それが理由で落とされたりしないだろうけど)
誰かと競ってる時に相手が選ばれるとかはあるだろうけど

56 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 19:13:00
>>55 d♪

57 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 23:30:23
甘酒ってどんな味なの?
誰か詳しくお願いします

58 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 23:44:25
具なしのおかゆを甘くしたような? 味かな。

59 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 23:47:13
缶の甘酒は簡略製法のが多いから、酒粕を湯に溶かして砂糖を加えてる。
結果、甘くてどろどろしてて、酒粕のつんとくる日本酒というか清酒くささのようなものがある。
ショウガ入りは飲んだことないけど、生姜湯辺りを想像すればいいんじゃないかな。

しかしこればっかりはコンビニとかで買ってきた方が早いんではなかろうか……。

60 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 23:52:12
>>58
>>59
d♪d♪

61 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 00:13:31
あけおめー。
みんな2010年の創作活動で具体的にここが悪かったなってポイントある?
俺はラストのまとめになると作品と離れることになるのが寂しくて
プロットに書いてあるようなラストが書けなかったこと。
2011年は作品の鬼になることにする。

62 : 【末吉】 【1279円】 :2011/01/01(土) 00:14:37
>>58は麹の甘酒で
>>59は酒粕の甘酒だな

うちは麹の甘酒文化圏だったんで酒粕の甘酒をのんだときのショックはでかかったな
缶の甘酒すらこうじのやつだし

63 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 00:22:50
>>61

創作に限らずだが仕事にかかるのが遅い、ずるずる引き延ばす
A賞に出す予定が間に合わなくなりBに変更し、それにも間に合わずCになり…

2ch見すぎ

何か思いついてもメモも取らないからすぐ忘れる

見直しが甘い、いいかげんすぎ(出してから誤字脱字、もっと良い書き方にボコボコ気づく)

なんつうかダメ人間だな

64 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 00:51:24
おれなんか手書きなんで、締切ギリギリにパソコンで清書して、
「後悔」を「公開」と間違えるなんていうミスをやってるぜ。

出すのは消印有効の日の23時とかだから、まだ1時間弱はあるはずなのに、
っていうことじゃないよね。時間に余裕を持てってことで、今年は何とかやります。

65 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 07:58:06
さっき見た夢って初夢でいいの?

66 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 08:00:17
1月の1日から2日にかけて見る夢のことを初夢という。らしい。

67 : 【末吉】 【271円】 :2011/01/01(土) 10:33:29
人の顔を覚えにくいのってなんかの病気?

2、3年同じクラスでも、似たような背格好の人はまとめて同一人物だと認識してるような気がする。
数回しか会ってない人だと完全にわからない。
家族を含む身近な人の顔はさすがに判別できるけど、似顔絵とかモンタージュは無理。

まあ名前も覚えられないし単純に他人に興味がないだけかもしれんが、
もし病気だったら病名教えてください。
なんとなく気になるので。


68 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 10:54:33
詳しいことは知らんが、脳には人の顔を専門に扱う領域があるそうだ。
その領域が完全にいかれていると、視力自体には異常がなくても、すべての人の顔が同じに見えてしまうという。
だから、ここまで極端な例だと確かに病気といえる。
あとは程度の問題。
ちなみに自分も人の顔と名前を覚えるのがけっこう苦手。
「脳」「顔」「視覚」「認識」あたりでググると詳しいサイトが出てくるんじゃないかな。

69 :68:2011/01/01(土) 11:03:46
自分でググッてみたら出た。
「相貌失認」だ。
明けましておめでとう。

70 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 11:10:03
>>68
ありがとう!
後で調べてみるわ。

しかしすべての人の顔が同じって凄いな。



71 :67:2011/01/01(土) 11:13:44
ってのんびり書いてる間に病名まで!
改めてありがとう。
そして、明けましておめでとうございます。


72 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/01(土) 12:43:51
囲碁や将棋を知らない人に配慮してセオリーや定石って言葉を使わずこれらに代わる言葉を捜してるんだがなんかいいのない?

73 : 【大吉】 :2011/01/01(土) 12:57:43
セオリーも定石も通常の日本語じゃね?
「いろは」とかは?

74 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/01(土) 12:59:55
>>73
お!いいねー『いろは』か。それもらおう

75 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 17:47:36
ただの雑談スレになっている。
ほんと2ちゃんねらはどうしようもない。
脳みそが子供なんだろうなw

76 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 18:41:09
>>75
つ【鏡】

77 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 20:04:02
>>72
「セオリー」や「定石(定跡)」が一般的に使用されてるかどうかもわからないレヴェルで文章云々とかないわw

78 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 20:42:03
>>74
「ABC」や「A to Z」もあるでよ。

79 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 01:16:19
>>78
もう意味が変容してしまっとる。
「定番」とかでイイんじゃね?
ってかセオリーは囲碁将棋かんけーないしなw

80 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/02(日) 02:26:27
バクマンって漫画の中に高木秋人って登場人物がいて
 その個人設定に「全国でもトップクラスの成績」ってのがあるんだが
 中学生で全国規模のランキングが実際あったりすんの?
 その為には全国で一斉に同じテストをする必要があると思うんだがそういうのもあんの?
 やっぱ作品中ののなかだけに存在してること?
 現実にあるなら私もそれを作品に生かしたいんだけど。

 あと今の厨房って茶髪ってありなの?

81 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 02:54:58
塾の模試とかでは? 日能研とか。

髪は駄目なんじゃないの? 駄目でもやる奴はいるか。
あと、ハーフとか、もともと地毛が真っ黒じゃない人もいるし。
そもそもマンガだし。ヒカルの碁のヒカルの髪は何なんだよ。

82 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 03:03:53
久しぶりのこの板来ました。
三語スレって無くなってしまったのでしょうか?

83 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 06:25:04
>>68
>すべての人の顔が同じに見えてしまうという
美人もブスも同じに見えるのか。実に興味深い

84 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 10:35:21
>>82
「この三語で書け! 即興文ものスレ 第二十五ヶ条」
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1293931446/

とりあえず、本スレのみ立ててみました。

85 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 12:08:22
>>83
もしも自作にこのネタを取り込むつもりなら、どうぞご慎重に。
すでに世の中にそういう作品があったりする。
例えば、あかほりさとるの「かしまし」とか。

86 :82:2011/01/02(日) 12:54:13
>84さん
ありがとうございます!

87 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 14:13:20
「怖い」と「恐い」の違いを教えてください。

88 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 14:37:33
>>87
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&biw=939&bih=844&q=%E3%80%8C%E6%80%96%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E6%81%90%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84

89 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 14:43:39
ストレートな恐怖が「怖い」。
ほんの一瞬、読み方がわからず読者を不安にさせるのが「恐い」。
過剰演出が好きな人は「恐い」を使おう。


90 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 11:24:07
告白の湊かなえって専業作家?




91 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 14:16:50
結婚してるんだろ

92 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 15:53:01
あのーSSってどの板に投稿すればいいんでしょうか?

93 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 15:58:19
ポッポって誰?

94 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 16:03:16
>>93
鳩山由紀夫

95 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 17:14:29
えーっ鳩山由紀夫は小説家ではないから
絶対違うと思う。
鳩がつく小説家っていた?

96 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 17:18:29
この板で言うポッポとは、ふって湧いたワナビの捨てハンのことだよ。
その作品のすばらしさに誰もがあこがれて絶賛した。
そのかげで妬みの声もあがったようです。
ポッポはプロよりもすごいワナビです。

97 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 17:22:46

こういうふうに第三者を装って、
いろいろ宣伝している奴。

創作板では多くの人はNGワードにしている。

専ブラ使ってNG登録したほうがいいよ。

98 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 17:46:57
>>97
人に勧めてる割にお前はNGにしてないんだな

99 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 17:51:35
NGにしても
NGワードゴミBOXをチェックできる。
だから気にせずNG登録しておけばよい。

100 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 18:12:39
>>92
「あなたの文章真面目に酷評しますPart70」
スレが割と近いかな。

101 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 14:12:57
>>92
vipでおっけ

102 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 21:55:45
「田中君。チミには期待しとるよワッハハ!」
(ちっ。このタヌキおやじが……)
 彼は苦笑いしながら心で呟いた。

と、こんな感じの( )で囲まれるような部分を
”心で呟いた”以外の言い回しだと他に何がありますか?
”思った”が普通かもですが個人的にすごい違和感があるので(^^;

103 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 21:58:58
普通かもですが……
なんだこの日本語……

104 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 22:03:01
彼は内心感じながらも、苦笑いした。
彼は苦笑いしつつも、思いを喉に押しとどめた。
彼は苦笑いしながらも声にはしなかった。
最後のバリエーション 舌に上らせない、口から出さない等

などあるだろうけど、そもそも何度か()で表現した時点で、心の中で思ったというのが
読者との合意事項になるから、例えばその例なら

彼は苦笑いした。 だけで十分すぎる。
毎回書くのは「」の後に必ず 〜と言った。を書くようなもの

105 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 22:38:13
>>104

ありがとう。例文が酷すぎてスミマセン。
要は「心のつぶやき」を「心で呟いた」という言葉以外で
あえて説明するならってことです。

「田中君。チミには期待しとるよワッハハ!」
(ちっ。このタヌキおやじが……)
 彼は心で呟いた。

だったらどうでしょう?
「思った」以外で短くて的確なのないですかね・・・

106 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 22:50:15
胸の内に吐き捨てた。
口内でつぶやいた。
胸中でつぶやいた。
内心で罵った。

……とかかしらん?

107 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 23:00:51
うっとおしいけど、書かないと誰の発言か分からないからな
なるべく同じ表記が連続しないよう類語辞典で言い回しを考えるとか

108 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 23:02:34
どうもm( _ _ )mどれも使えそうですが、>>104さん仰せのように
書かなくて済むような流れにするのも手かもしれませんね(^^;(普通は書かない?)
参考にさせて頂きます。

109 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 23:15:32
「思った」という説明の代わりに、何か具体的な描写をするのも手だよ。
   ↓
ちっ、このタヌキおやじが。
彼は拳を握りしめた。

ちっ、このタヌキおやじが。
彼は眉間にしわを寄せた。

ちっ、このタヌキおやじが。
窓の外では相変わらず狐の嫁入りが続いている。傘なんか持ってきてねえっての!

110 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 23:27:47
ラノベはともかく、一般では()あまり使わんような
オサレじゃないし

111 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 23:37:38
内心「このタヌキ親父が!」と悪態をついていた。だが顔に出すわけにもいかず〜
とかどうだろうか。

112 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 02:01:27
>>110
そうでもない。司馬遼太郎とか?

113 :記憶喪失した男:2011/01/06(木) 14:17:25 ?2BP(791)
創作歴14年になるものだけど、
最近、超短編「吸血鬼マモネード」というのを書き上げたんだ。
でも、描写がたらないと読者に指摘され、試しにどう直したらいいのか、
添削してもらいたいんだけど。
超短編「吸血鬼マモネード」は超短編小説会にある作家名「へげぞ」の作品。
著作権放棄して、2ちゃんにのっけて直してくれていいので、
どこか、添削してくれるところ知らないかな?

114 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 14:40:34
流れ読まずにスイマセン

素人の者です。各社の新人賞の応募要領しか読まずに
三社の新人賞に送ってしまったのですが
(二重投稿原則禁止ルールを解っていませんでした・・・)

もうこの時点でアウトなんでしょうか?

115 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 14:45:34
>>114
アウトで、ブラックリスト入り。
作家志望は諦めな。おつかれ。

116 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 15:36:19
著名な作家の中には、創造したキャラクター・登場人物が
脳内で勝手に動き出す・喋りだす経験があるということを言う人が居ますが、
みなさんの中にもそういう経験がある人は居ますか?
もしいらっしゃるとしたらそれは具体的にはどういう感覚なんですか?
そして、どのようなことを行えばそういうことが起こるんですか?

117 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 15:43:09
何かで読んだが、それ必ずしもイイことじゃないらしいよ。

118 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 16:18:52
>>114
そこまで気に病むほどのことじゃないと思うけどな。
むこうだって無名初投稿のルール違反に目くじら立てたってしょうがないと思うだろう。
多分今後に差し支えたりはしないよ。いい作品なら受賞するさ。

ところでなんか気になったんだけどこのスレの皆は今まで何作ぐらい投稿した?
俺は春に投稿するつもりの長編で4作目なんだけど。書くのに九ヶ月掛かったよw
時間かけ過ぎかな?みんなどれぐらいの投稿ペースなんだ?



119 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 17:38:02
>>115
ありがとうございます。でも諦めきれん

>>118
ありがとうございます。また頑張って書きます。

120 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 17:58:57
>>116

作中人物への作り込みが大きければ
お話を作らなくても、この舞台で
あいつとあいつならこうする(こう言う)に違いない、みたいな感じで
話がすすんでいくんだと思う

だから、どのようにすればってのは
人物の作り込み(それも整合性がある、矛盾の少ない)をしっかりだと思うよ


121 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 19:14:13
>>114

数年前くらいに超売れてたラノベ書きがそれやっちまったつーて
インタビューで笑い話にしてたけどな。ただ、同時に二つの賞に入賞すると
2chのラノベ板やココで延々叩かれ続けるw

122 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 19:38:23
唐突ですみません。
一日2万字って現実的ですか?

123 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/06(木) 19:39:02
>>122
書くのが?

124 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 19:43:15
>>122
平均速度で?
瞬間最大で?

瞬間最大でならエンタメ系(一般、ラノベ)なら、ざらにいるレベル
平均速度でそれぐらい書いてる作家は殆どいない、が、少しはいる

125 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/06(木) 19:45:54
>>124
原稿用紙枚だよ。いねーよそんなの

126 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 19:50:20
言葉足らずですみませんm( _ _ )m
400字詰で50枚書くのが、です。
瞬間最大だといそうですね(^^;

127 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 19:50:28
>>124
>瞬間最大でならエンタメ系(一般、ラノベ)なら、ざらにいるレベル
>平均速度でそれぐらい書いてる作家は殆どいない、が、少しはいる

あいかわらず、知ったかぶるよな、おまえw
アホか。

128 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 19:56:27
一日で五十枚は可能なんじゃないか?
ただ色々な条件が揃った場合だけだけど

129 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 20:13:15
全盛期の半村良やな

130 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 20:18:32
自称なら一日100枚ですら結構居るんだが
栗本とか西尾は有名だが橋本紡とか宮部とかあの辺も
鏡貴也は昔の日記に最高80枚と書いていた

131 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 20:19:53
>>113
文芸サロンか創作発表で「感想」で探すとか。
あとは、ここで「酷評」で探すとか。

>>116
本気で掘り下げたキャラならわりとある。
キャラたちの、何のイベントもない日常を脳内で一人芝居気味に展開してるとなる。
誰かのアクションやアクシデントに対してキャラが思いがけないリアクションをするから、
ああ君はそこでそういう反応する人なのか、と驚く。

132 :記憶喪失した男:2011/01/06(木) 20:20:15 ?2BP(791)
おれの瞬間速度は、一日43枚だから、瞬間ならいるかもね。

133 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:04:54
普通に半日、昼12時から夜24時までで50枚は書けるが。
推敲無しでぶっ続けで、裏取り無し、勢いだけでな。
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20091024000053
これとか12時間で書いてるけど。54枚らしい。
プロットとかなんもなく、ネットカフェに飛び込んでひたすら書いた。

134 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:07:31
文字数カウントしたら、18515字しか無かったな。
終電までに書き上げようという気迫、そして締め切り。
そして閉鎖され、パソコンしかないネットカフェのひと区画。
そういう場所だからできたのかも?
まあ、30枚くらいなら、一日とかよくやるけど。
50枚くらい一挙に書くと脳みそが回り過ぎてなんか変な高揚感に襲われる。

135 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:12:24
つまり、毎日50枚はへとへとになるんで大変だけど、
一日区切りなら到達するのはそれほど難しくないレベルだってこと。
書きっぱなしになるけどな。早書きが良いとは思わないけど。

>一日2万字って現実的ですか?
書けるけど、続けるのは難しい。
実際書いた事ある俺はそう思う。
プロはもっと必死だから、そんな難しくなさそうだけど。

136 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:16:00
>>135
>プロはもっと必死だから、そんな難しくなさそうだけど。

だから、なんでおまえにそんなことがわかるんだよ?w

137 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:22:38
>>136
すまんね。知り合いに作家が何人もいるもんで。
ここはマジレスするとこだろ?

138 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:28:07
俺と誰かを混同しているやつがいるっぽい
124, 130は俺
後は違う人
ちなみに俺は30枚が最高記録、作家の自称は割り引かなきゃ……と
思いたいクチ……でも自称100枚で50枚も書けてないのは流石にいないと思うんだ……

139 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:29:38
>>137
>すまんね。知り合いに作家が何人もいるもんで。

はいはいw

>ここはマジレスするとこだろ?

マジな知ったかは勘弁してちょ。

140 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:31:42
>>139
なんか変な名無しがいるなあ。
なんで作家の知り合いがいるのが嘘なんだよw
お前交遊関係狭いなあ・・・。

141 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:31:51
こんなもん自慢にもならん
夏休みの宿題を八月三十一日に全部やったとか、テスト勉強を一夜漬けしたとか、そのノリだろ

毎日コツコツ書けるヤツが一番強い

142 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:32:43
まあ早書きでも自慢にはならんな。
一日五十枚くらいじゃ普通だし。
続ける方が価値があるのは同意。

143 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:34:19
141の言うとおりだと思う
締め切り守るなら安定性が大事

ラノベの作家で、誰か忘れたけど後書きに「体調崩しても二十枚は書かないと
心配で眠れない」とか書いてたのは流石にどうよと思ったが……

144 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:36:52
>>140
>なんで作家の知り合いがいるのが嘘なんだよw

嘘だよ。確実にw
なぜわかるかって?
教えないよw

145 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 21:46:51
水掛け論はよそでやれ

146 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 22:17:35
水掛け論だと思っているから、
おまえの知ったか癖は治らないんだよ。
バレバレなんだよ。アホが。

147 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 22:21:47
俺ともう一人以上に噛みついてるのは分かるんだが
相変わらずと言われても、知ったかと言われても困るんだ
何しろ他には甘酒しか答えてない

148 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 22:28:37
基本はおまえだよ。
なかにはおまえと同じようにわけのわからない奴がいる。
そういう奴がおまえの知ったかに騙される。
そこでおまえはまたいい気になる。

自分のわかっている範囲でレスしろ。
名無しのくせに知らないことを知ったかぶるな。
1を10にして語るな。

そんだけの話だ。

149 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 22:30:33
作家ってそんなに珍しい人種か?
探せば直ぐに見つかるんだが、SNSとかtwitterに一杯いるぞ?
コメント交換してたらすぐ知り合いになれるが……。

150 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 22:39:58
ちなみにマイミクに花村◎月いるが、
ヤツは一日の執筆量とか書いてるぜ。
これくらい直ぐに見つかると思うが。
まあ、煽り厨には何いっても無駄か。

151 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 22:53:33
1日3枚ずつ。
眉村卓先生が大阪芸術大学の講義でそうおっしゃってた。
これで年産1000枚ちょっとだから、数冊分になる。

152 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 22:54:33
アホが。問題の本質がわかってないだろ。
プロなら難しくないと知ったかぶったところに落ち度があるんだよ。
素人だろうがプロだろうが、同じなんだよ。
個人差で遅筆速筆があるだけ。

ああ、信頼を得ようとプロの知り合いがいるといったのも落ち度だな。
本当にいたら、嘘っぱちは書けないよ。

153 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 22:57:42
>>149
>コメント交換してたらすぐ知り合いになれるが……。

ワロタw
相手は知り合いだとは思ってないだろうな。

154 :122:2011/01/06(木) 23:16:04
>1日3枚ずつ。
>眉村卓先生が大阪芸術大学の講義でそうおっしゃってた。

ねらーはDPフォーマットが多いけど、そういう先生方は400字詰め換算を前提に
おっしゃってるんでしょうか?あるいは一般的な文庫本1頁分?

一日1200字ならなんとかなる……かな?

155 :151:2011/01/06(木) 23:28:13
>>154
400字詰。1200字。
これを毎日続ける。

156 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 23:28:54
>>152
締め切り直前に適当なスレみたら、ワナビで一日50枚で書いてるのいるよね?
ワナビでそれぐらい書ける人がいるのなんて、関連板住人なら大前提だよね?

エンタメ系ならざらにいる、というのは、「純文学は分からんが」という意味で
必ずしもプロを前提にしてないんだけどね?

水掛け論やめろと言ってくれたのは俺じゃないので、ここらでやめる。スマソ。

157 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 23:33:00
>>153
どうでもいいや。これで辞めるけど。
作家にも色んなレベルがあって、新人賞を受賞しただけとか
本を出しただけとかでマイナーな人らもいるのよ。
そういう人とならすぐに飲みにいけるよ。
君もがんばんな。
これで俺も終わりにしとく。

158 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 23:47:11
>>157
はいはい。もういいってw

知ったかもこれっきりにしてくれよな。

おまえの癖だから無理かもしれないが、
その癖が出るかぎり何度でも叩かれるし、叩いてやるよ。本当のプロがw

159 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 00:01:45
>>158
>本当のプロがw
編集に駄目出しされて書き直し中かい?よしよし、かわいそうにな。

160 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/07(金) 03:59:13
>>149
作家ってのはな…それだけで食ってけるヤシをいうのだ。

  そうでないのは皆バクチ打ち

161 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 04:00:49
>>160
お前、つまんないやつだな。

162 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 07:30:24
なんでバクマンのネタをそのまま書き込んじゃうんだろう
邪道だの王道だの、漫画に酔っ払ったような話を振ってくる奴が増えてて、正直うんざりしてる

163 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 08:49:27
最初っからそれだけで食える奴なんてそうそういないだろうに。
おれは兼業でもいいから、がんばって目指したいな。

164 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 13:05:58
物語にどんでん返しは必要?

165 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 13:28:27
「絶対に必要」とまでは言わんが、あると感動が増す。

166 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 15:45:59
強い光を受けたりして一度極端に視力が下がったけど、半年から一年かけて徐々に視力が戻ってくるって現実的にあり得る?

167 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 16:39:56
ライトノベル以外で、エンタメ作品の応募期日一覧がみられるサイトなどありませんでしょうか?

もしくは1月2月で〆切りのエンタメ系応募賞をご存じの方、教えてもらえんでしょうか

168 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 00:43:56
>>167
ttp://kobo-joho.jpn.org/kobo/

こんなんどうでしょうか。firefoxでは見れないようです。
IEでは見れます。

169 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 00:59:30
>>166
こっちの方が回答あるかもね。

○身体・健康板

スレ立てるまでもない質問スレ Part.106
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1292279249/

【携帯とか】 気軽に相談・質問スレ Part.10
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1285728895/l50


170 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 01:51:09
公募に送られてきた小説で、内容がもの凄く良いんだけど文章がたどたどしい、
例えば殆どの文末が「だった」でテンポが悪いっていう物があった場合、
下読みさんとかはどういう扱いをするのでしょうか。

171 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 01:59:59
その公募の選考基準に準拠して判断するでしょ

172 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 02:12:46
いや。下読みは関係ないよ。
自分の割り当ての中から、すべてを読みくらべて、
よかったものを1割から2割程度、拾うだけだから、難しい判断はしない。
文章がへたでも面白ければ拾うけど、
文章があまりにもへただったら面白さは半減するから、基本的に同じことだね。

173 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 02:57:42
>>171-172
どうもです。そうなんですね。
実際自分が送ったものが単調な文末で、内容は凄く良いというのは
現段階でのただの自己評価なのですが、万が一最終に残れば簡単な手直しが
できると聞いたのでそうなったらいいなぁと夢想してました。

174 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 03:14:30
じゃあ、安心しなよ。
たとえ賞をとれなくても、
本当に良い内容を書ける人は、目をつけた編集者が個人的に引き抜くんだ。
恩田なんかそうじゃなかったかな。
編集者の指導の下、書き直しさせられながら文章力をつけて、また賞に出す。で、受賞。
コネとかいわれることがあるかもしれないけど、そういうこともないこともない。

175 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 03:50:24
「ほうれんそう」ってなんでしたっけ?

176 :175:2011/01/08(土) 03:52:20
すみません。自決しました

177 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 05:28:20
>>169
ありがとうそっちで聞いてみます

178 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/08(土) 09:52:13
スマンがアリの穴の著作権についての定見について質問なんだが

 ・著作権は、著作者本人に帰属します。
 ・このサイト内での「同一性保持権」はあきらめといてください。
 ・「公表権」については、投稿・公開後は主張できないことをご理解ください。

とあり、一番上はわかるが二番目三番目が理解できん。
  どういう事態が起きたら何が不可能なのか詳しく教えて

179 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 15:31:02
2番目は文章いじられても文句言うなよ
(おそらくは苦情が来たら文言を変えられるとかある
サイトのデザインが変わって変なところに改行とかもあるかも)

3番目は投稿した物を(いつ、どんなかたちで)発表して良いかどうかおまえは決められない
(むろん出版して良いかとか映像化して良いかはそれぞれ個別にいろいろあるけど)
投稿しておいて発表する権利が主催者にないのは奇妙じゃん


180 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 15:32:40
>>174
そういうのもいいですね。
応募したからには期待する権利はありますよね。
安心して夢想しながら次のに取り掛かります。

181 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 16:41:04
>>178
>・このサイト内での「同一性保持権」はあきらめといてください。

2ちゃんねるには、ふざけて内容を書き換えたり、パロディーにして遊ぶ奴がいるけど、権利を主張するなよってこと。

>・「公表権」については、投稿・公開後は主張できないことをご理解ください。

アリの穴で公表しているから、書き直して公募に出しても、公表していないといえないかもしれないよってこと。

182 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/08(土) 17:12:36
>>181
>>179
  それってさーパクられても文句言うなってことだろ?

   全然著作権を著作者本人に帰属してねーじゃん。

   あと公募ってどこにも発表してないものでないと駄目ってのが常識なの?

183 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 17:23:53
>>182
>それってさーパクられても文句言うなってことだろ?
>全然著作権を著作者本人に帰属してねーじゃん。

もともと日本の文化は本歌取なんかに代表されるように、
みんなで協力し合いながら一つの文化を創り上げていくというのがあった。
文化は個人の財産じゃないんだ。
もちろん個人の権利を守るのは当然のことだ。そのうえで、
著作権で個人の権利ばかり主張していても、面白くないし、文化は発展しない。
世界的にもそれに気づいて、これからの著作権の有り様を考えようとしている。
YouTubeとかニコ動とか、著作権を侵害しているやつがあるだろ。

またたとえば、日本が世界誇る文化、漫画やアニメなどはパクリパクられで発展してきた。
同人誌などは目に余るものがある。が、文字通り目をつぶっている。

>あと公募ってどこにも発表してないものでないと駄目ってのが常識なの?

べつに常識ではない。
どこかに発表し出版権などの権利がほかにあるものは出してはいけないのは常識だが。

184 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 17:32:49
パクリとも反歌取りともちがう
2chでパクられることもかんけいない
第三者のスレへの書き込みの責任をありの穴がどうのこうのできないでしょ

そうじゃなくて内容の改変を事務局がする可能性があるってこったよ
(そうじゃないと個人情報だとか差別的だとかあって揉めても、勝手に消せないでしょ基本は誰かの著作なんだから)
改変されても権利はおまえの物だよ

公募で発表されてないものを要求は、ほとんどがそうだよ
そうでないところもあるだろうけど
(自分のブログや同人での発表はありとか個別に違う)
だいたいがそう=常識っていうならイエス


185 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 17:37:11
>>184
日本語でおk

>だいたいがそう=常識っていうならイエス

これだけは読めたが、間違い。
もし禁止しているところがあれば、なぜ禁止されているのか、
その理由をちゃんと考えてみればわかるはず。

186 :ニューロン ◆ULA5sA6RbU :2011/01/08(土) 18:01:39
新人賞公募って、同じところに投稿し続ける方が有利ですか?

187 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 18:37:52
日本語だよ
おまえ質問者じゃないだろ
多少わかりにくくても。良く考えればいいじゃん
そうすれば分かるよ

未発表の物に限ってる、大概がそうだよ
だいたいそうなら常識って呼ぶのはありだろ
なんだよ意味考えろってw 
社会通念としてどっちかを疑問に思ってるのであって
その是非とかはまた別問題だよ


188 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 18:43:59
>186

あなたの特性次第だと思います
特定のジャンルにこだわってるなら
特定の賞をターゲットに過去の作品や審査員を研究したりした方が有利ですが
バラエティに富む物を書き筆も早いなら年一回しかない物を狙うよりは
チャンスの数が増える方が断然有利です

189 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 19:03:15
マジレスするにはまだ早すぎるよ。
日本語がへたすぎて、見るからに信用できない。

190 :ニューロン ◆ULA5sA6RbU :2011/01/08(土) 19:08:41
>>188
ずっと迷ってました。
とても、とても、とても、クリアに分かりました。
もう、悩まない。
ありがとうございまーすっ。

191 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 19:38:00
リボンが消えているのか

192 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 21:04:57
ラノベってキャラとか話とか設定がひねくれてなきゃダメなの?
「いっちょ書いてみっか。その前に……、ラノベってどんなもの?」って、
売れてるやつ10冊ほど読んだが悉くひねくれてた。

193 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 21:11:07
>>192
「ラノベ板へ行け」って言われそうな書き込みだが……。
いや、おれは言わないよ。

何を読んだのか気になるんだけど、
まあ普通ではありえない設定とかは、確かに多いよね。
作品によって程度は様々だけど。
というか、ラノベ読者的に普通のキャラとか話とかって、つまんないんじゃない?

194 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 21:11:33
>>192
こっちで聞いた方が大勢の意見がもらえそうな気がする。

ライトノベル作家志望者が集うスレ25
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1293413825/

195 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 22:22:27
時刻表トリックってなにが面白いんですか?
パイオニアの松本清張は偉大だと思いますが、それに続いた人たちってなんなの?
他人のトリックってどこまで使っていいんですか?
時刻表トリックみたいな特異なものを真似るって、作家としてどうなんですか?
と疑問に思いました。

196 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 22:25:21
じゃあ叙述トリックとかって使っちゃいけないの?

197 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 22:28:17
時刻表トリックって、松本清張だったっけ?
西村京太郎だと思ってたよ。

198 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 22:34:46
叙述トリックって変化があるじゃないですか。
ただ、時刻表トリックってバリエーションがあまりない気がするんですよ。
人間模様で読ませるものを書けばいいだけであって、
わざわざ時刻表トリックを使う意味が分からないのです。
時刻表トリックを真似た人は、
自分は、松本清張様の足元にも及びませんと宣言しているように思えます。
そこまでして使いたいものなのかということです。

199 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 22:45:12
使いたいから使ってるんだよ。
それ以上は使ってる本人に聞かないとわからないよ。

200 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 01:12:08
>>198
おバカちゃんだな。時刻表は後からついてくるんだろ。
先に旅がある、地域を越えた広範囲の犯罪が起こるから
そこに時刻表トリックが発生する。
広範囲に犯罪をおかせば、ドラマも大きくなる。
地域性も出せるから、そっちを書くことができるわけだ。
そういう良い面もあるだろう。

201 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 01:18:07
>>198
みんなが真似をすればジャンルになる。

202 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 03:42:49
旅と鉄道が好きな人が読みたがる。
需要があれば供給が生まれるということでしょ。
旅情サスペンスのドラマ作りやすいし、
ドラマを見なれた人が、何か暇つぶしに本を読もうという時に、
慣れ親しんだ旅情サスペンスに手を伸ばすんだろう。

203 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 22:24:54
純文学の中でも派手な小説と地味な小説があると思うんだけど
そういう言い方でこのスレで通じるかな。静かな、といった方がいいのかな。
例えば地味というと稲葉真弓の家の話とかなんだけど、
ああいう特に大きな出来事の無い小説って新人賞向きじゃないかな。

204 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 00:16:04
>>203
稲葉真弓とやらは知らんが、純文学は純文学なりの選考基準があるのだろうし、
必ずしも山場は必要とされないのでは?

205 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 00:52:59
>>204
そうだね、ありがとう。
稲葉真弓は蜂飼耳が紹介してて読み漁ったら面白かったんだ。
作風は上に書いたとおりだけど…

206 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 13:47:58
ネットもやるPCで創作をする人も多いと思いますが
アイディアや創作中でまだ発表してない作品が漏洩して
パクられるという事件はまだ発生してないのでしょうか?

すごくPCに対して無知だったころ
最初から入ってたノートンの自動更新期限が切れても
そのまま使っていたことがあって、そのPCには自分の今まで
思いついたアイディアがすべて入っていて、パクられてないか
不安です

今でもavast!無料版ですし漏洩の危険がないとは言えません

アドバイスよろしくお願いします

207 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 14:10:01
アイディアだけならみんなすごいものをもっている。
君と同じように。
しかし、いざそれを小説にするとたいしたことないんだよ。
どうしてか不思議なことに。

208 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 16:03:04
>>206
漏洩したら複数の目に触れるはずだし、誰か一人がそれを
作品に仕立て上げるってことはないと思うよ。
漏洩でなくても他人のPCを覗くことは可能らしいが(俺には無理)
それも個人的には100%ないと思うよ。すぐ金になるのなら
そういう不正をする価値もあるんだろけど。
気になるならスタンドアロンのPCでやれば自衛になるね。

209 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 18:17:35
プロットの適正量が全く分かりません。
物語を書こうと思ったのも初めてで、別に小説家目指したいとかそういうのも全くないレベルです。
どこかに応募する予定も全くありません。発表するとしたら同人になると思います。

突如思いついたストーリーでメモ帳に大まかな設定とプロット(と呼べるか怪しい物)を書いてみた所、現在の時点で150行3500文字ぐらいに
細かい部分で思いついた事をどんどん書き入れているので、このまま行くと最終的に倍ぐらいにはなりそうな感じです。
主な登場人物も4人だけなので、どんなに長くなったとしても単行本2冊(おそらく実際は1冊)に収まる程度のストーリーだと思います。

実際に書く段階になった時、プロットにどれぐらいの長さと詳細さがあれば便利というか、楽なのでしょうか?
アドバイスを頂けると助かります。よろしくお願いします。

210 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 18:23:30
推敲中に書き込んでしまいました、5行目途中で切れてます・・・orz
〜150行3500文字ぐらいになり、一応全編が書けた状態です。

211 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 19:16:33
>>209
プロットの塩梅は個人差があるから数をこなして自分にあった量を自分で見極めるしかないよ。
現段階で全編のプロットが書けてるならそのまま本文を書く作業に突入すればいいと思う。
書き始めて他人が楽しめる文章って思うと考えてたら話をいれられないことが多々あるから
そこで話の削除をしていけばいい、プロットの量はあって困るものじゃないしな。
それよりもプロットにこだわり過ぎて話がまとまらないとか途中gdgdしてないかとか
そっちの方を心配した方がいいぞ。
創作スタイルが自分の中で確立してないなら手探りでやるほかないよ、とりあえず創作を楽しめー。

212 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 22:24:02
>>206

取り越し苦労もいいとこw
オマエのアイデアなんか誰も使わんwww

って釣りかorz

213 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 22:48:56
>>209
俺は今回の応募原稿一冊のプロットと設定で約3500字あったよ。
プロットにしては多すぎる自覚はあるけども。


>>211と反対の事を言う様だが、プロットは物語の設計図。
故に、「明確にそのストーリーを最初から最後までイメージできる程度」に描けていればいい。

逆に言えばプロットの段階で話をまとめられないならば、ソレは書くべきではない状態だという事。
いざ書いてみてからあれはダメだこれはダメだと改稿するとダメージが大きいしな。
所謂「キャラが勝手に動く」「場の雰囲気でプロットが変わる」という段階は、プロットを練ってイメージを膨らませていく
その段階で済ませておくべき。

214 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 22:50:52
>>213だけどごめん、35000字だ。
メモ帳に打ち込んだプロットが約50KBで設定が20KB少しくらいだったから、データサイズから考えて、多分そんなもんだと思う。

215 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 00:11:11
>>211 >>213-214
アドバイスありがとうございます、参考になります。

自分の場合、二度寝を楽しんでいた時にストーリーが丸ごと脳内進行していったのをプロットしているので、
プロットを作り始めるよりも前に最初から最後まで話が完結している感じです。
なので話がgdgdになったりする事は無さそうなのですが、どうにも物語を文章に起こすという事をした事が今までなかったので、
せめてプロットをしっかり作っておいて、文章の書き方を勉強しながら書こうと思っていました。
詳細すぎるプロットにはデメリットもあるのかと思ってなるべく簡潔に書いていましたが、35000字と聞いて安心しました。そもそも全然詳細ではなかったようです。

なるべく詳細なプロット、設定、本文で使えそうな表現、演出などを優先してまとめつつ、
とりあえず一番詳細に決まっている所だけ、後で投げ捨てる覚悟で少しだけ書き始めてみようかと思います。

また何か分からないことがあったら質問するかもしれません、ありがとうございました。

216 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 00:46:55
>二度寝を楽しんでいた時にストーリーが丸ごと脳内進行していったのをプロットしているので

キーボードの前で文章を起こす作業を甘く見すぎてないか。
その程度の練りこみでは、gdgdになるところがかならずあると思うぞ。
初心者のうちは、案外統合性とか文章のまとまりとか考えずに勢いで書けちゃうもんだから、
案外それでかけてしまうのかもしれないが。

217 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 00:59:22
発表の場が同人なんだしいいんじゃないかなぁ、最初はgdgdしてても。
二次創作と違ってオリジナルの方がレベルに格差すごいけど
発表の場なんていくつもあるし、そう最初っから気張らんでもいいだろ。

218 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 01:40:19
>>206
愉快犯がばらまくことはあるかもしれないけど、他人のアイディアメモなんて見ても、
作者と同レベルに理解できるとは思えない。

>>209
自分がその話を最後まで書くときに、道筋を忘れずに、ちゃんと書ききることが出来るのが適量。
プロでも、3行程度のメモの人もいれば、数キロバイト書く人もいる。

219 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 18:47:06
>>206
マジレスすると統合失調症の初期段階。
ちゃんとお医者さんに行ってお薬貰ってね。

220 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 20:22:17
>>206
アイデアをPCに入れてるくらいで「パクられる」なんて考えてたら、
自信を持って作品を書くことも出来ないし、
ネットで発表なんて事も怖くて出来ないだろうな。
おれもサイトで拙い自作を読んでもらったりしてるけどさあ。
友達に読んでもらいたくてアドレス教えたら、
「パクられたりしない? 心配じゃない?」って言われた。
まあその時は、
「自分が書いてる話は自分にしか書けないし、もし書けたとしても、おれが書いた方がきっとおもしろい」
って答えたよ。
まあ、根拠は何も無いんだけどね。

何を言いたいかって言うと、
自分から晒してもいないのに、そんな事考えても取り越し苦労でしかないよって事。

もしパクられても、それ以上のもの書けば良いじゃん。

221 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 22:09:16
だから釣りだっての。長レスとかアホか

222 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/13(木) 20:17:36
質問です。
講談社の青い鳥文庫は通常はないものなんですか?
講談社のページみてみたら、2010年2月締め切りのものが最後でした。
しかもそれは創刊30年の記念みたいなもので…
青い意鳥文庫でかきたいとおもってるんですが、やはり次の公募をまつしかないでしょうか。

223 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/13(木) 20:28:56
後ろのポケットにファスナー(ジッパー)が付いていることが
特徴的なズボン(の種類)があったら教えてください。
できれば高校生くらいの若い男子が好んで穿きそうなもので

224 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/13(木) 21:39:13
こんなみっともないのはどうでしょう。
http://www.hip-zip.com/shopdetail/007000000001/order/

225 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 02:14:28
ラノベってセックスシーンを入れてもいいものなの?

226 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 05:56:59
キマイラとかあったよ。

227 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 06:38:46
>>224
わざわざありがとうございます
ですが、普通にイケてる系統の男子高生の穿いているズボンの、後ろポッケにファスナーがついている、くらいでいいのでこれは少し違いますね
まあデニムでも後ろポッケにファスナーついてるものは普通にありますが、できれば説明無しにファスナーついてる種類のズボンがあれば望ましいのですが

228 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 07:14:34
>>226
あれが出たころって、ライトノベルなんて言葉なかったでしょう?
ちょっと違うと思うなあ。

>>225
書き方次第だとは思うけど、読む対象の事は考える必要があると思う。

229 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 14:00:51
今度の都条例にひっかかる。

230 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 15:18:27
じゃあ、具体的に挿入したとか書かなきゃ大丈夫ってことか?
ペッティングレベルはセーフ?

231 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 23:01:10
そんなもんレーベルに拠るだろ
具体的には編集部との話し合い次第
新人賞ならやめておいたほうが無難だけど挑戦する価値はあり、ってぐらいか

232 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 23:02:18
本当に出来がいい作品だったら、受賞させといて全面修正とかだろうな。

233 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 23:34:35
今ワードで小説書いてるんですが応募要項に「原稿用紙換算○枚」って書いてある純文学系新人賞に応募するとき
ワードで原稿用紙に印刷して送った方がいいんですか?
去年は200枚程度を70枚ぐらいにして送ったんですが。

234 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 23:42:08
原稿用紙換算は「換算」とわざわざ銘打っているわけで、
それはつまり、原稿用紙に印刷するなんてことは絶対にやめてくれ、
という強いメッセージなんだが。(手書きで原稿用紙なら許される)

原稿用紙換算枚数を忘れず明記して、去年と同じでいいよ。

235 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 23:43:34
その賞の応募規定読めばワープロ印刷の場合の行列指定が書いてあるだろ。
たいていの場合、原稿用紙に印刷はNGだ

http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/m03-06.htm

236 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 22:54:18
「たゆらせる」ってどういう意味


237 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 02:03:35
巨乳がふるえるように動かすこと

238 :嘉一朗 ◆mCH..drgJ2 :2011/01/16(日) 10:12:28
すみません。お願いします。

電撃スレで見かける、「DP]って何のことですか?

よろしくどうぞ。

239 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 10:31:58
なんかの小説
有名作家が若いころに書いた文章の一説が載せられてて
「文章が固かったなぁ」って回顧している巻末があったんだけど
何の本かわかる?内容はSF系だった
岡嶋二人かと思ったが違うようだ…

240 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 10:53:27
>>238
【長編】電撃小説大賞6【短編】(臨時)
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1284014451/68

241 :嘉一朗 ◆mCH..drgJ2 :2011/01/16(日) 11:14:47
>>240
誘導ありがとうございます。
よくわかりました。

242 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 12:02:18
主人公が異世界に召喚される→ヒロインと出会う→主人公が召喚先の世界を救う→主人公が元の世界に戻る
ってストーリー。

主人公が帰ってヒロインと離ればなれなると、なんかどうやっても微妙になりそうな気がするんだけど
なんかいいオチないかね?

243 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 12:03:13
二つの世界が融合する

244 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 12:29:06
映画のアバターは戻ってない。

245 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 12:31:28
>>242
エルハザード(OVA)を思い出したな
先人の知恵というのはいつも参考になる

246 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 23:53:51
>222の質問どなたかお願いします。
私は>222ではないけれどちょうど同じとこで躓いていたので。

247 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/17(月) 00:13:58
三語スレに書き込もうと思ったら文章が長すぎますって出たけど2048byte超えたら絶対に書き込めないのでしょうか?
削ったら文章の整合性なくなりそうで・・・・・・。


248 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/17(月) 20:24:11
>>247
掲示板(SETTING.htm) で1レスMax2048byte 32行までに
設定されているのは、どうにもならないとおもいます。

三語は一応、5行から15行までを目安にとなっているので、
通常は1レスで十分かと思いますが、
たまに、2レス分割の投稿もあったりします。
そこらへんの是非や程度は、込み具合や時々の住人の雰囲気をなんとなく
エスパーするとか話し合うとか独断専行するとかetc.
お題が適度に流れていたほうが楽しいですし、
まー過疎ですし、気軽にいきましょうよです。

感想スレの方、(自分のプロパでは現在スレ立て出来ないようなので)
依頼スレにスレ立てを依頼してきました。
スレが立ったら、三語本スレの感想・批評・雑談他、
本スレに投稿しそびれた作品などもよろしくですm(_ _)m

ではでは。質問スレのみなさまにはお邪魔いたしましたですm(_ _)m

249 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 14:54:39
たくさんの小説的技法が有機的に連関する形でぎっちぎっちに詰め込まれた、
そういう小説ってありませんか?

250 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 19:12:13
多少レトリックに偏りはあるが、清涼院流水とか。
俺はあの人の作品、嫌いだけどね。
有機的というより器質的に近い。

251 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 21:31:38
>248さん
ありがとうございます!
分割して投稿するって発想に全然思い至りませんでしたorz
情けない……。スレ立て依頼もありがとうございました!

252 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 02:47:10
http://www.poplar.co.jp/zukkoke-taishou/

この賞は文字数や行数の指定が無い様な気がするのですが、
自分の好きな文字数と行数で書けば良いのでしょうか?

253 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 06:34:15
ほとんどの賞ではそんなこと書いてないと思うが……
同じ会社の「ポプラ社小説新人賞」が40字×35行と指定しているから
それと近い数値に合わせていれば問題ないと思うよ。
好きにしていいと思うけど20×20なんてのは問題外なのは常識。

254 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 20:12:12
>>222,>>246
出版社に問い合わせるのがいいと思うんだけど…

255 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 00:21:54
スペースオペラを投稿したいのですが
小説投稿サイトでおすすめってありますか?

256 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 05:50:36
スペオペ。懐かしいなあ。

257 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 07:36:15
その単語自体に時代を感じるよね。悪い意味でなく。あのころは楽しかったなーっていう。

258 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 17:24:03
村上春樹が直木賞取った
作品名は?

259 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 17:41:05
植木等

260 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 21:21:31
>>255
ジャンル云々よりも、サイトの雰囲気や流儀にあなたが馴染めるかどうかが重要だと思う。

261 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 04:05:21
初めて小説を書いて見てるんですが、全然先に進みません。
少し見慣れない漢字を使ったら、「コレ、ひらがなのが良いかな?どっちが良いだろう?」
みたいな感じで辞書を引いて、その漢字がその文に正しいのかをしっかり見極めてから
話を進めるので、いつも、少し書いては辞書の繰り返しです。

速筆の方などは、どのように書いてるのかが聞きたくて質問してみました。
文庫本一冊文(原稿用紙なら300枚〜350ぐらい?)書くのにどのぐらいの日数を書けますか?

後、一番聞きたいのは、話を書く上で、とりあえず、漢字の意味などで使っていいのか迷ったら
その部分は『ひらがな』にしておいて、推敲の時にまとめて直す方が効率が良いのでしょうか?

小説を書くこと自体が初めてで、いろいろわからないことが多すぎて、ここの人の意見やアドバイスなどを
参考にできたらと思って、質問しました。

よろしくお願いします。

262 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 05:46:00
>>261
>後、一番聞きたいのは

先に進めて完成させることが一番大事だと思うので、どうせあとから見直すのだから
漢字でもひらがなでもどっちでもいいと思います。迷った部分はわかるように
色を変えるなりチェックをしておくなり、一目でわかるようにしたらいいと思います。

263 :261:2011/01/21(金) 06:31:44
>>262
おお、参考になります。レスありがとう。
VerticalEditor使っているので色は付けられませんが、
別のメモ帳にでもコピーしておけば、後で検索かけたらすぐわかりますね。

>先に進めて完成させることが一番大事だと思う
今までもたついてましたが、>262さんの意見などを参考にさせてもらって
はやく書く努力をしたいと思います。アドバイスありがとうございました。

264 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 11:10:06
>>201
漢字か仮名かについては、読者が読みやすいように。
それだけを心がければいい。常用漢字などを一つの基準に。
分かりやすさが一番。

300〜350枚の作品なら、今までの自分は1年かかってた。
今作はその倍の速度で書くのが目標。
プロなら3、4か月ってとこかな。

265 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 11:26:20
アンカ間違えた。↑は>>261へのレス。

266 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 13:03:03
週末作家ごっこ5年で1200枚だな。自分(遅
一向に終わる気配無し。

267 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 13:56:39
>>261
>文庫本一冊文(原稿用紙なら300枚〜350ぐらい?)書くのにどのぐらいの日数を書けますか?
俺は遅筆で辞書は毎回調べるようにしてるが、
執筆と最低限の生活(睡眠・食事・洗濯)のみで半月の15日かかったな。
もし文庫のボリュームを書こうとしてるなら、やめたほうがいい。
>>262の云うとおり「完成」させることが最重要。
書き始めで陥りやすいのは、「見切り発車」と「モチベーション低下」。
前者は「なにか書きたい」という初期衝動だけで始めて
途中でネタ切れにハマって「モチベーション低下」に繋がる。
後者は「こうすれば解決できる」という対処法のない病。
小説に限らず創作する者に、この厄介な敵を知らない者はいない。
しかも起こるタイミングが多く、頻発偶発する症候群。
モノづくりの風邪のようなものであり、致死率のもっとも高い疾病。
小説に関して云えば、ひとつの簡易的応急策として「掌編」の作成がある。
長編なんか書かずに星新一みたいな短編、
もしくはそれ以上に短い掌編を書くこと。単純な数的緩和策w
まずは自分がつくりたいのは本当に小説なのか、
自分に合っているのは小説なのか、それを確かめるのが吉か。
途中でなげうってしまうぐらいなら、別の表現法を探るほうが早いからな。


【気軽に】お題創作総合スレ【気楽に】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1281965871/

【三題使って】 三題噺その3 【なんでも創作】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1287933564/

創発板では、このスレあたりが1レスでの気軽な作品を投下できるかな。

268 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 23:53:49
エンターティメントの人を面白がらせるテクニックや手法を
学ぶにはどんな本を読んだらいいですか?


269 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 00:02:36
よくわからんが、古今東西のエンタメぽいやつを片っ端から読めばいいんでないの?
但しラノベ以外で。

270 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 00:27:29
>>261
初めてのときは中学生だったから、そこまでこだわってなかったなあ。
そんなに時間がかかるなら、最初は深く考えずに書いてみて、
推敲を重ねる方式にしてみたらどうだろう?
わからない・迷った言葉や漢字はとりあえずひらがなで、印を付けておくとかして。
辞書を引くことの積み重ねによって、徐々に辞書を引く回数や、文字の悩みは減っていくから、
最初は悩みまくるってのも手だけどね。

1冊、本気で速筆の作家だと3日とか。
自分の最高記録は草案から1稿完成までが2週間だけど、
普段は考えてから書き終わりまで2〜3ヶ月かかる。遅い方だから。


>>268
自分の好きなものを読む。
精読して、そして、どうして面白いと感じたのかを徹底的に分析する。

271 :261:2011/01/22(土) 02:22:29
>>262
>264
>266
>267
>270
みなさん、多くの回答ありがとうございました。
とても、参考になりました。
短編はいくつか書いていて、それを自身のブログなどで載せていたのですが
今回初めて、長編の作品をどこかの新人賞へ送ってみようと決心したのでレスさせて頂きました。
ブログで載せる分には、誤字脱字も関係ない?ので推敲も適当で、出来上がった分を見てもらう。
↑ような感じだったので、今回はプロの下読みの人が最初に読まれると調べて知った時に、妙に萎縮してしまい
レスを出させてもらいました。

だからこそ、漢字も常用外含めて、できるだけ多様した方が良いのかな?と思ったのですが、
やっぱり読みやすさ中心で、自分でも辞書を引いてしまうような漢字は素直に平仮名にした方が
良さそうですね。

このたびは真面目な沢山のご意見ありがとうございました。


272 :>>268:2011/01/22(土) 09:55:01
>>269
>>270
ありがとうございます

しかし自分の分析力、認識力には限界があります
それを研究した学者の本などがあれば助かるのですが・・・

273 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 10:13:10
>>272
学者が考えるような物語の分析は、面白さの研究ではなく、当時の文化背景における作者のナントカとか、そういう方面だ。
エンタメを研究するのは、エンタメを作る人間だけ。
そこまで他力本願なら、あとはもう小説の書き方系の本を漁って、自分に合うものを探すしかないだろうな。

274 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 10:24:22
>>272
「プロ作家養成塾」

275 :>>268:2011/01/22(土) 11:01:47
>>273
ハリウッドと提携してアメリカではエンタメの
研究をしている学者もいると聞きますが・・・

276 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 11:06:59
>>275
大塚英志の『ストーリーメーカー』がそういう学者らの研究を初心者向けによくまとめている。
ご丁寧にいくつかの質問の回答を記入するだけでプロットができるおまけ付きw

277 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 11:13:47
でもそういうの、買うだけ無駄だから。

278 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 11:14:14
結局読むばかりで自分でやらなきゃ身にならないんだよなw

279 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 11:14:58
本読んで作家になれたら、世の中作家で溢れてるとは思わないんだろうか…

280 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 11:15:14
とにかく売れない作家が書いているやつは絶対に買わないほうがいい。

281 :>>268:2011/01/22(土) 11:42:54
>>276
ありがとうございます
読んでみます

282 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 15:55:18
俺は本を読んで得る知識が無駄とは思わんね。
実践が欠けたら無意味だが。
学びて思わざれば即ち暗し。
思いて学ばざれば即ち危うし。

283 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 16:49:54
>>274
若桜木虔の入門書は2冊読んだけど、本当にこの人の言うこと正しいのかなあ?

>>275
以前、たけしの科学番組で、売れる楽曲の特徴や歌手の声質を科学的に分析して、
そのセオリーに従って作曲とオーディションをやってたけど、
結局売れたという噂は聞かなかったなあ。どうなったんだろう。

>>279
書く才能が無ければ、いくら読んでも作家にはなれない。
でも、書く才能が開花するための触媒としては、読むことは必要だろう。
つまり、読むということは、必要条件だが十分条件ではない。

284 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 16:59:13
実は「書くこと」が十分条件なんだよ。
いずれわかる。書いていれば作家になれる。
だがみな書けなくなって諦めていくんだ。
で、みな読み専に回る。読むことが好きだから。
そのとき本好きなのが裏目になるんだな。
作家がやがて小説を書かなくなり、
随筆家、評論家もどき、文学賞の選考委員になるのも同じ理由。

285 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 17:18:57
>>283
若桜木虔は怪しいなぁw

286 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 17:20:53
>>283
ジンギスカンも学者が理論で作ったユニットだが、世界的成功を収めたぞ。

287 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 17:26:27
義経という話だろ。

288 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 18:12:51
じゃあ、みんなのオススメの本は何よ?

俺はハリウッド脚本術がプロット作りや主人公作りでは一番勉強になった

289 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 18:28:39
どんな小さい名もない賞でもいいから
佳作以上に入選すれば、作家と名乗っていいですか?



290 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 18:32:42
>>286
へえ〜。そんな例があったんだ。
ジンギスカンって全然知らないんだけど、ちょっと教えてください。

>>288
最近のハリウッド映画が、みんな似たり寄ったりで面白くないのは、
そのハリウッド脚本術のせいなんじゃなかろうか。

291 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 19:53:04
>>286
ぐぐったら、かなりいーカンジのアルバムが出てきたw
めざせモスクワ!

292 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 20:05:41
確かに、この著者はダメじゃなく、どれがいいのか示せよ。だな。

293 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 20:31:58
>>284
>いずれわかる。書いていれば作家になれる。
「諦めなければ夢は叶う!」理論だな。
死ぬ前に本一冊さえ出せれば作家様w

>>289
どうぞご勝手に。
法的な効力はないだろうから、
訴えられたらどうなるかしらんけど。

>>290
ハリウッド映画は、分単位でシーンの役割が決まってるらしいな。

294 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 20:45:22
>>289
作家なんて自分が作家だと思えば作家だよ

>>290
ハリウッド映画って今も昔もあんまり変わらないだろ
邦画の方がTV局の影響で面白くなくなってきてると思う

295 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 20:53:37
>>293
>「諦めなければ夢は叶う!」理論だな。
>死ぬ前に本一冊さえ出せれば作家様w

おまえは何もわかってないよ。何もな。
いずれわかる。
その時になって今日の日のことを思い出せ。
孫子に語り、己の無能さを反省し悔いろ。

296 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 20:53:43
>>289
「私、作家です。」
「へえー、すごいですね。ちなみにご著書はどんな?」
「いえ、著書はございません。」
「えっ?」
「えっ?」
ってなるよ。世間的には、自費出版じゃない本が一冊はないと、作家とは言えないと思うよ。


>邦画の方がTV局の影響で面白くなくなってきてると思う

確かにハリウッド映画は変わらんけど、オレが飽きてきたのは事実。
邦画は、かつて昔、ハリウッド全盛だったころ、本当に面白くなかった。
それから、けっこう面白くなって、またちょっと落ちてるのかな。

297 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 20:59:36
>>296
>邦画は、かつて昔、ハリウッド全盛だったころ、本当に面白くなかった。
>それから、けっこう面白くなって、またちょっと落ちてるのかな。

まったく逆だな。
かつて日本映画は栄華を誇った。
ハリウッドの映画を面白くしたのは、
日本映画に影響を受けた若手の映画監督だった。
黒沢が今も神だといわれるのはそのためだ。

その後、日本映画が面白くなった時代は、ない。
その理由は、

298 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 21:20:30
ハリウッドはとにかくハッピーエンドにしちゃう傾向があるんだったかな。


299 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 21:25:36
ハリウッド映画の秘密はそれだけじゃないよ。
世界戦略だ。
アメリカが最高だということを世界中に広めた。

日本人がアメリカに憧れるのは映画でアメリカというものを知ってからだ。

ユダヤ人はまじで頭が良い。
わかっていると思うが、
ハリウッドを牛耳っているのはユダヤ人だからな。

300 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 21:28:47
映画が作りな盛んな国はほかにもある。インドがそうだ。
インドはハリウッドをしのぐほどだ。
だが戦略がなかった。
自分たちが楽しむ、歌って踊るだけの映画。

301 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 21:41:06
「アポロは月に行っていない説」を信じている人の目を覚まさせるには、
どうすれば良いでしょう?
ちなみにその人は、どんなに正しい資料や証拠や理論を示しても「そちらこそ捏造」などと言って受けつけてくれません。
そのくせ、自分が出す証拠はどんなに的確に否定されても頑なに信じ続けます。
そういう設定です。

302 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 21:42:52
>>300
スレ違いの雑談を続けるのもなんだけど、
ボリウッドは自国と在外インド人だけで何億人という視聴者抱えてるから
あえて海外に眼を向ける必要がないんだと思う

303 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 21:45:53
>>301
一緒に月に行って星条旗探してくる

304 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 21:58:25
>>301
>「アポロは月に行っていない説」を信じている人の目を覚まさせるには、
>どうすれば良いでしょう?

信仰の自由。
目を覚まさせる必要はない。
頭のいい人は、
今の日本人がマスコミに洗脳されているのをどうしようもないな、
と諦めている。
世の中、そういうもん。

>>302
ハリウッドも海外に目を向ける必要はなかった。
アメリカの市場だけで十分だった。

今、韓国はいろいろと世界進出をしているが、人口が少なく市場が小さいため。
日本も今のままの出生率だと市場が半減し、立ち行かなくなる。
子供手当てや高校無償化を反対しているバカはどうしようもない。

305 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 22:02:29
ハリウッド〜は、そんなの言われんでも当たり前じゃんという部分と
それ2時間の映画ならいいけど、小説は短編や長編いろいろあるしなぁって部分が気になる
すべてが映像的に書くと安っぽくなるよなって気もした

306 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 22:18:01
質問。
「無様な醜態」って二重表現かな?


307 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 22:19:46
>>297
>まったく逆だな。
>かつて日本映画は栄華を誇った。

いやいや、オレが言ってるのは、そこまで昔じゃない。そのあとの話。
記憶が曖昧だけど、多分80年代。
スタローンのロッキー・ランボーとか、シュワルツネガーのターミネーターがあって、
トムクルーズのトップガンがかっこよくて、
ハリウッド映画オモシレーってなってたとき、
そのころ邦画はどうにもならなかったような記憶がある。
その後、ハリウッド映画がマンネリ化して、邦画が結構面白いやんってなってきた。

308 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 22:43:20
>>307
>そのころ邦画はどうにもならなかったような記憶がある。

それはあんたが大人だったからだろう。
80年代は子供文化、オタク文化が花開いた時代だった。
マンガブームが訪れ、アニメがヒット。
あしたのジョー、ガンダム、うる星やつら、
ナウシカ、火垂るの墓をはじめとするスタジオジブリ作品。
AV界でも、くりぃむれもんというアニメが日本人の下半身を侵蝕していった。
またビデオアニメというものができ、映画館で鑑賞するのではなく、
自室にこもり始めたのもこの時期ではなかったか。
そして音楽シーンではアイドル全盛だ。
これもどこかアニメ、オタク文化に通じるものがある。
実写映画ではセーラー服と機関銃や戦国自衛隊など、
どこかマンガチックな角川映画が覇権を握る。
それからコミカルな不良映画ビー・バップ・ハイスクール、
ドラマでは北の国からという子供を主役としたものが流行る。
すべてが子供向け、精神的に幼い大人向けのものが乱造された。

309 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 23:26:03
90年代はアニメとマンガが氾濫。
マンガを原作としたドラマばかりが作られ、
アニメはアキラや攻殻機動隊など、
本格的というべきかマニアックというべきか、
画も質の高いものが作られるようになった。
コミックバンドもビジュアル系バンドとなり見た目は洗練されてきた。
またエヴァンゲリオンなどのやや難解なものも受け、
コナンのような推理ものが流行っていた。
ホラー映画のブームもあったが、これもオタの必須アイテム。
そして21世紀はロリオタのオープン化。
チャイルドが芸能界を牽引し、ミニモニダンスに、オハー。
あちこちで児ポなるワードが飛び交うなか、子供店長に、ポーニョポニョ。
今やマンガ、アニメ、ゲーム、フィギュア、これぞジャパンカルチャー。
文学もいずれラノベに駆逐されてしまうのか。あヽ嘆かわしいや。

310 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 00:04:43
>>306
質問はよそでやれ、というのは他意のないハリウッドばりの軽いジョーク。

うん、意味が二重に重複しとるね。良くない表現のあらわし方だ。
変えたほうがいい。

311 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 00:26:37
それはないな

312 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 01:10:08
>>310
回答サンクス。ありがたく感謝しとくよ

313 :301:2011/01/23(日) 01:45:17
>>303>>304
参考になりました。
今作に反映させます。


314 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 03:08:20
ラノベ大賞の応募規定の文章量が、
一般的なラノベ文庫本一冊にも満たないように思うのですが、
あれは賞を取ってから書き増しすることが前提なのでしょうか?

応募用に初めて書いている最中ですが、規定内に収めることに苦労しそうです。

315 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 03:13:46
見間違いだろ。

316 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 04:18:54
枚数については以下を参照してみて
多分一番分かりやすい
ttp://ga.sbcr.jp/bunko_blog/k/014233/

317 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 04:23:38
すみません、見間違いでした(ノд`)

318 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 04:53:56
一件落着

319 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 05:40:27
PCで書くとき、ネットにつないだままにしたりしてる?

320 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 06:13:35
iTunesのラジオ、ジャズを流しながらやってるからね。

321 :>>268:2011/01/23(日) 07:43:54
やっぱ日本でサブカルエンタメの研究の
第一人者といったら大塚英志しかいないんですかね
悪くない学者だけど・・・

ハリウッドのエンタメ研究、アメリカの学者のエンタメ研究、
大ヒット作家のエンタメ研究なんかも読んでみたい・・・
でも英語が読めないorz

322 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 08:29:16
大塚はスニーカー大賞の講評に噛み付いてるから面白い。

323 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 09:18:26
>>293 訴えられたらどうなるかしらんけど。

   作家詐称という罪名ですか?
   自称作家という職業なら通りますか?

324 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 12:37:58
マルチですみません。ここでもう一度詳しい人いたらと思って……。

小学館の「きらら文学賞」ってどういう傾向なん? サイトにある過去の受賞に関する編集部のコメントには「小説に必要な要素は、ドラマ、スタイル、フィロソフィーという3つに分けられると考えられます」
なんて書かれてるけど、過去の受賞作の読者レビュー読むと、とてもそんなご大層な感じじゃないんだけど。
書き手の人生観・死生観・世界観が小説に投影されそれが感動を生むらしいんだけど、そんな大上段に構えた割りにはヒット作ないじゃん。
本当ならこんなマイナーな文学賞なんか無視するべきなんだろうけど、八百枚もの長編を受け付けているとこってほとんどないんだよね。

325 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 12:56:10
>>324
言い方は違うが、普通に、小説の要素だな。当たり前のことをいっているだけだ。

・ドラマ……物語
・スタイル……文体、詩的要素
・フィロソフィー……哲学、批評

ドラマというのは、物語。面白くないといけない。まあ当然だな。
スタイルというのは、基本は読みやすさ。個性的な文体もありだがその場合は魅力がなければならない。要するに、物語が面白くても文章が下手なら論外、という意味だと思っておけばいい。
フィロソフィーは、読後、他人に勧めたくなる感じか。何か考えさせる実が残って、自分だけじゃなく他人にも読んでもらいたい気になるんだ。これがあると口コミで広がりヒット作となる。

結論。
小説を書くにあたって、ごく普通の心構えしかいっていない。
以上。

326 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 14:22:47
>>325
早速のご返答ありがとうございます。実際この賞の受賞者って、その後あんまり
活躍してないんですよね。受賞作一作で消えた作家もいるし。
で、要は応募する価値があるのか、ってことを訊きたいんだけどどうでしょう。
例のポプラ文学賞並みの胡散臭さ満開、って感じなのが気になります。

327 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 14:59:25
死ぬ気で快適多雨盛だけど、400字詰めで12枚にもなってなかった。死にたい。
どうやってここから30も40もふやせばいいんだ…

328 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 15:01:45
×快適多雨盛
○書いてきたつもり

329 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 15:12:47
>>327
その死ぬ気を継続する。それしかない。

330 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 15:35:58
>>290
ジンギスカン知らないとかありえるのか!?
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B3_(%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97)

331 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 15:42:58
野菜ないか? もったいない気がして……。麩! 葉!

332 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 16:12:20
今から本買いに行くんだけど
なんかオススメないか?

333 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 16:29:57
リアル鬼ごっこ/山田悠介

334 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 16:43:02
体脂肪が落ちるトレーニング 石井直方著

335 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:10:26
執筆欲が高まるテキストの書体ってありますか?
俺は顔眞階書だけど。

336 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:15:34
なにを聞きたいのか分からないから出直せ

337 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:16:50
↑ おまえが出直せ お呼びでない

338 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:18:53
>俺は顔眞階書だけど。

と、答えが出ているにもかかわらず質問をしているのはなぜだ?
だからなにを聞きたいのか分からないといっているんだ。
出直してこい。


339 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:20:21
というか顔眞階書ってなに?

340 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:25:07
質問をする上で大切なのは自分が何を知りたいのかをはっきりと書いて伝えることだ。
それができていないのだから出直して来いと言うことだよ。坊ちゃん。

341 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:28:43
>>338
>と、答えが出ているにもかかわらず質問をしているのはなぜだ?
>だからなにを聞きたいのか分からないといっているんだ。

それ以上のものがあるかどうか聞いているのだろう。
それくらいわかれ。

>>340
てかバカだろ?
おまえにこのスレで答える資格はねーよ!

342 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:31:37
>>341
バカはお前だよ。
質問の趣旨が伝わっていない時点でお前の日本語がおかしいんだよ。
それを指摘されたくらいで憤るなよ。

>このスレで答える資格はねーよ
回答者は質問者を選べるが質問者は回答者を選べない。
運が悪かったと思って諦めろ。
資格?どこが発行している資格なんだ?

343 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:35:24
釣れたw

344 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:36:02
詰まったら「釣れた」宣言か。
安っぽい脳みそをしているな。

345 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:42:33
デフォのゴチック、明朝体だと痩せていて張り合いがない。
太ゴチックはエヴァすぎてちょっと。
淡古印も独特のクセがなんだ。
顔眞階書は、年賀状ソフトについてくる宛名書き用だと思うが、微妙な手書き風味とボリュームが気にいってる。

で、これよりも原稿打っていて、ヤル気が出てくる書体はあるのかな?ってわけよ。

346 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:46:58
ずっとヒラギノ明朝で書いてる
Macユーザーだから元から使えるだけで買ったわけじゃない

最近のラノベ文庫ってリュウミンだらけだからリュウミン買おうかなと思う
本になったときのイメージで書けるのが最高じゃね?

347 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 17:54:00
やる気が出るというより
やる気がなくなったときにいろいろ変えてるよ。
推敲のときは字体だけではなく縦書きを横書きにしたりもする。

348 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 18:24:41
リュウミンて一太郎 創についてくるやつですね。
いえ、おれはジャストシステムの回し者じゃないです。

349 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 18:38:07
作家名をWIKIPEDIAで検索すると
本名が掲載されていない作家が
多く感じます。
ペンネームだけ公開して
本名を伏せる作家が多いですか?

350 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 18:39:55
リュウミンLは付いてくるようだがRは付いてこないらしい(ソースはJustsystemの公式サイト)
ラノベの書体はこの辺参考に
ttp://www.fukapon.com/showcase/misc/fontlightnovel.html

351 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 22:20:20
>>349
多いか少ないかは知らないけど、本名を公表するならペンネームつける意味があまりないのでは?

352 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 22:51:12
>>326
ポプラ文学賞が胡散臭いとありますが
悪いうわさがあるのですか?
大賞賞金が高額だけど大賞が出たことないだとか・・・

353 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 22:52:28
KAGEROU乙

354 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 22:52:32
今の時代、ペンネームのみを使い、本名を隠す方法はありますか?
別名の名義に印税は振り込んでもらうとしても
どこからかばれるんじゃ?

355 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 22:54:02
>>354
知ってどうする

356 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 23:31:58
とらぬ狸のなんとやら。

357 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 00:30:32
>>352
やくざ系列に買収されて取締役あたりの面子が軒並みそいつら

358 :>>354:2011/01/24(月) 00:40:02
そう言われますが、そう言われても仕方ないですが
真剣な悩みなのです
よろしくお願いします

359 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 00:46:11
桜井亜美も大場つぐみも正体がわからないが?

360 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 01:05:22
大場つぐみは散々あちこちで名前でてるじゃない

361 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 01:09:02
うそつけ!

362 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 01:26:28
>>360
本名なんて出てないんじゃね?

363 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 06:33:18
桜井亜美は正体出てるだろ

364 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 11:36:42
うそこけ!

365 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 12:16:30
なんで電撃大賞だけこっちの板にあって、他のラノベの賞はサロンにあるの?

366 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 13:54:38
禁書ってつまんないのに何で売れてるの?

367 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 14:08:51
ネットブックやタブレットPCとかを使って外出先や
家のPC以外の場所で執筆してる人いますか?
またはそういう執筆用の機器や端末について語るスレありますか?

使用してる人がいたら、何をどう使っているか聞いてみたい。

368 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 15:12:46
☆ネットブック in 創作文芸板☆
ttp://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292568466/

こんなのはあるぞ

369 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 16:15:41
>>368
おお!ありがとうございます!
そちらを覗かせていただきます。

370 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 18:33:11
出版社によって学閥があるという情報を知りました。
新人賞を主催する出版社の学閥は賞の受賞に関係あるのでしょうか?
また、大手出版社の有力な学閥はどういったものでしょうか?

例、角川文庫……国学院と早稲田の学閥が有力とされているそうです

371 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 18:45:45
魔法少女ってなんの脈絡もなく出てきても良いよね
そういうのが居るっていう事で納得してもらえるよね

372 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 19:34:25
>>371
そのまま出してもオリジナリティがないという事で片づけられる。
アレンジしろ。

373 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 21:00:13
>>365
どういう経緯だったか忘れたが、ラノベ総合とともに、この2スレだけ残ることになったから

>>366
面白いと感じる人が大勢いるから
すなわち、君の感性が、禁書とやらが対象としている読者の一般的センスからずれてるから

>>370
社員の話でしょ、それ

374 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 21:30:23
村上春樹は本名?ペンネーム?



375 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 21:35:18
>>373
たとえば、賞を選考する作家の場合でも慶応卒ならば慶応出身の人間が
書いた小説を贔屓するのではないでしょうか?
それを裏づけるように、出版社によって作家の出身大学が偏っているんですよね
小説家の学閥は確かに存在すると思います。

376 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 21:37:01
>>375
自分で結論出てるなら質問しても仕方がない。

377 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:19:25
ほとんどの作家ってそんな良い大学出てないよな
芥川賞作家が慶応大学院生ならニュースになるレベル
日大が一番多いんじゃなかったけ?人数多いからだろうけど

村上春樹は本名

378 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:21:27
私は二次創作をネットに投稿しているんですが、今書きはじめているのが
レイプものなんです。(ヒロインが悪人に犯られる)
それで悩んでいるのは、読んでもらってる人たちはカプ萌えしてる人たちなので、
ヒロインがレイプされるのを嫌う人もいるだろうなと思って、夢オチにしようかと
思ってるんですが、夢オチってのはやっぱ白けますか?
レイプではなく、寸止めにしようかとも考えたんですが、それじゃ中途半端になるし
つまらないかなと思うんです
自分自身も後味悪くないのがいいと思うんで、夢オチが一番いいかと思ってたんですけど、
じっさい夢オチって読む側からしたら腹たつものですか?

379 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:27:10
腹はたたんだろ
馬鹿にはされるだろうけど

あと、フランス書院文庫官能大賞とかレイプ物でも普通に可じゃね
2次創作はだめだけど

380 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:28:57
夢オチ作家というレッテルが貼られるとやばい。

381 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:29:23
カプ萌えなら夢落ちだろうが何だろうが読んだ時点で気持ち悪くなるんじゃないかな。
前書きで警告入れればいいんじゃない?
逆にレイプもの期待した人からすれば夢落ちは萎えるでしょ。
どちらにとってもいい方法には思えないな。

382 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:35:07
二次創作って自分が読みたい世界を書くもんだと思うが、ナゼに読者など気にするのだ?

383 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:40:00
二次創作は同じ趣味同士の骨肉の争いだから。

384 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:45:01
書きたい様に書くが吉。

ゆえにレイプだろうが夢落ちだろうが、おれは止めん。
それで読者がどう思うかも、作者の自己責任だからな。

385 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:46:10
>>378
夢オチ、だけど正夢になりそうな雰囲気、みたいなホラー終了ならあり
ついでに言うと、夢オチにしようが何だろうが、気分悪くなるのは変わらんと思われ

386 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 22:59:00
378ですがレスくれた方ありがとうございました 参考になりました

>>382
その言葉身に沁みました! ほんとそうですよねっ 私は読者を気にしすぎていると思います

387 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 23:39:38
レイプはないだろ
ラノベは中高生が読むもんだぞ
夢落ちもクソもそんなもんNGにきまってんだろ 
考えろカス

388 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 23:41:03
ラノベに応募したいんだけど…っていう人の質問じゃないだろ

389 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 23:47:22
このスレはラノベ限定ではないはず

390 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 23:52:02
小説を趣味で書いてる人でしょ。
ワナビじゃないよ。多分。

391 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/24(月) 23:53:58
2時創作っていうんだから
どっかに応募しようってのもないのかも

392 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 01:42:48
っていうか応募でも勝手にさせればいいじゃん。
採用する会社がほぼ0ってだけ。

393 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 05:22:12
偶然だか俺も二次ってる。
内容はフタなりセックス。

394 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 17:42:30
エンタメ&文学の新人賞でおすすめを教えてください
権威があって、有名で、売れるのにつながって、賞金が
大きいやつを
ポプラは賞金は大きいですが>>357との噂が・・・


395 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 19:00:14
「この部屋だと狭いので、彼等はA室とB室に別れた」

「この部屋だと狭いので、彼等はA室とB室に分かれた」

どちらが正解ですか?

396 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 19:05:17
こうだろ

この部屋だと狭いので、彼等はA室とB室に別れた。
この部屋だと狭いので、彼等はA室とB室に分けられた。

おk?

397 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 19:41:56
低次元のナゾナゾw

398 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 19:42:23
どちらも「分かれた」が正解じゃね?

399 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 19:53:32
>>394
あなたの作風に近い作家が数多く輩出されているところが一番向いてます。

>>395
小説書こうっていうのに、辞書も引かないの?
それとも、辞書の意味すら理解できないの?
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/237779/m0u/%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%82%8B/
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/237780/m0u/%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%82%8B/

400 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 19:55:45
>>399
>それとも、辞書の意味すら理解できないの?

おまえは理解できているんだろうな?
どっちだ? いってみろ。

401 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:09:53
>>397
>低次元のナゾナゾw

低次元と感じる奴は天然のバカ。
文才がねーよw

402 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:10:15
何をいきり立って煽ってるのか知らんが、もう398で答え出てんじゃん

403 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:13:39
じゃあ高次元の釣りw

404 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:14:54
>>402
>何をいきり立って煽ってるのか知らんが、もう398で答え出てんじゃん

もしそれが正解だと思うなら、話にならんよ。

405 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:19:09
もういいよw
サオ師のたわごとはw

406 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:20:05
諦めるな。
もう一度考えろ。

諦めたらそこで終わりです。

407 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:21:47
サオ師www

408 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:23:20
>>399
広辞苑では
わか・れる 【分れる・別れる】
となっていて区別してないよ。

409 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:27:31
さお〔さを〕【×竿/×棹】
[名]

1 枝・葉を取り払った竹や木の細長い棒。物干し竿・釣り竿・旗竿など。合成樹脂・金属製もある。

2 水底に突っぱって舟を進ませる長い棒。水棹(みさお)。「流れに―をさす」

3 竿秤(さおばかり)の棒の部分。

4 測量や建築に使う間竿(けんざお)。

5 三味線・胡弓などの胴から上の、糸を張る長い柄の部分。また、三味線のこと。「―が入る」「太―」

6 箪笥(たんす)・長持などを担ぐ棒。

7 石灯籠(いしどうろう)などの柱の部分。

8 ガンが1列になって飛んでいる状態。「―になれ、鉤(かぎ)になれ」

9 俗に陰茎のこと。




410 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:30:05
>>408
正解。
ニュアンスで使い分けることができたら文才があるといえる。

411 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:31:40
ニュアンス、なんとあやふやな言葉だろう

412 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:34:20
だから高次元なんだよ。

413 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:37:05
高知県じゃなくて?

414 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:39:06
ニュアンスの違いというと、分離と別離の違いに関係すると考えていいのかな。

415 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:40:01
?????

416 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:40:24
>>408
分けて書いてある辞書があっても、広辞苑が分けてなければそれが正しいというのなら、
広辞苑が1冊あればほかの辞書は存在する必要ないんじゃないの。

417 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:41:02
?????????????????????????????????

418 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:42:13
395の場合は「分かれた」が正解だろう。

419 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:42:42
>>418
それを理解できない人が暴れてるだけだから、もうほっといたらいいと思う

420 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:44:40
>>416
広辞苑が正しいというのではなく、複数の判断基準がある以上、
片方を挙げて、これが正しいと決めつけることはできないということだよ。

421 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:44:47
サオ師はだまれw

422 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:46:25
>>416
いや、いろんな意見があっていいだろう。
広辞苑では「別れる」は人が別れる場合に使う、とあるな。
主語によって使い分けている人間もいるだろうし、
状況に応じて使い分ける人間もいる。

読書量。

これが少ないと個人の狭い語感でしか語れない。
ニュアンスの違いも理解できない。

>>418-419

もっと本を読め。圧倒的に読書量が少なすぎる。

423 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:47:39
最低でも1万冊、読め。

話はそれからだ。

424 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:47:49
ま、どっちだっていいんじゃないの、どうせこのスレのマジレスなんぞ、ワナビの戯言なんだから

425 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:48:25
と読書量が多いと信じているパラノイアが宣っております

426 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:49:38
むしろ422の読書量が少なすぎる件

427 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:50:30
>>426
しっ、自分は読書だけは負けないと思ってるんだから、そっとしといてあげよう

428 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:52:01
>>426
職業柄もあっておれは1日20冊は読むぞ。
おまえは何冊読む? 答えろ。

429 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:52:34
20冊/dayでそのレベルじゃ、読書って役に立たないんだね…

430 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:54:01
いい加減、煽り合いはよそでやってくれないか。迷惑だ。

431 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:54:15
>>428
コボちゃんか?

432 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:54:48
>>429
おい、犬猫に人間のレベルが測れると思うか?
恥を知れよ。

433 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:55:58
>>432
2つ上のレスすら読めないのか?

434 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:57:54
>>433
おれがおまえに書いたレスじゃないか。
おまえが言われているんだよ。自覚しろ。

435 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:59:21
もうわかったから部落へ帰れ

436 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 20:59:30
おいおい、あんなしょーもないレスを書いた人間だと詐称して楽しいかww
>>430=433=俺だよw
まあ俺もいつまでも相手してたら同じ穴の狢だから、黙るがw

437 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 21:00:45
はいはい部落で寝てろ

438 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 21:02:11
>>435
さてはおまえ、部落民だろ?
父親か? 母親か?
部落を知るのは部落民だな。
しかし部落民は日本語に句読点をつけないからわかるよ。
おまえらの独特の文化だもんな。

439 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 21:03:20
>>438
もうそこまでにしておいてやれよw
あんたの勝ちだ。
やりすぎは禁物。

440 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 21:03:55
自演乙

441 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 21:03:59
スレの雰囲気を戻したい
というわけで聞くが、星海社FICTIONSの第一回応募総数どう思うよ
地方でもなく、公募の新人賞で64作とか……

442 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 21:07:45
はいはいマッチポンプ乙

443 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 21:13:14
>>441

はじめて見た、告知少なすぎだろう
知ってたら出したかも

444 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 21:37:01
422は395に対してどちらの漢字を使う?

445 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 22:00:48
>>435>>437>>438
人として恥を知れ。

446 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 22:08:17
>>441
宣伝のなさもありそうだが、1人1点ってのと、賞金の曖昧さと、その辺がネックで様子見って人もいたんじゃね?

447 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 22:10:24
>>441
知名度もあるだろうが、「受賞したら出版する」と書いてなかったせいじゃないか?

448 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 22:30:56
>>444

広辞苑に、人の場合は「別れる」とあるように、「別れる」は主体的な動作だ。
「彼等は別れた(離れた)」を強調したい場合、
またその場の彼等の行動、動きを伝えたい場合は「別れた」になる。
・彼等はA室とB室に別れて入っていった。
どうだ、こうするとわかりやすいだろう。
「別れる」という彼等(人間)の動作が見えるようだな。

「分かれた」は第三者が論理的にその状況を伝えている感じだな。
それに「分かれる」はその主体が人間でない場合が多い。
意見が分かれる、だとか、水路が分かれる。
だが「二手に分かれる」は主語がなくても人間だ。人間で使われないこともない。
だがしかしまた、
・彼等はA室とB室に別れ別れになる。
といっても「分かれ分かれになる」とはいわないよな。

さて結論だが、あの場合は「分かれた」に軍配が上がる。
だが、おれはあんな文章を書かない。理由はただ一つ。美しくないからだ。
「別れた」にしろ「分かれた」にしろ、ぴたっとその言葉がはまる一文がある。
その一文を血眼になってその脳内から探しだせ。見つけ出してこい。
本をちゃんと読んでいれば必ずや蓄積されている。
おぼえておけ。どちらの漢字を使おうが、下手糞な文章は下手糞な文章。変わりがない。

以上

449 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 22:34:45
>>448
同じ結論に辿り付いていた418と419をなぜ否定した?

450 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 22:35:07
>>448
カッコ良すぎるなw


自演乙

451 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 22:40:44
>>449

人生の結論は「死」だ。
だが人生にとって大事なのは死ではなく、経過だ。
文学とて同じこと。結論、答えが重要なのではない。

わかったな? わかったら、もう行け。
おまえが、知るべき、求めるべき、真実はここにはない。
文学のなかにのみある。

以上

452 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 22:54:14
>>441
三桁行かなかったのか
まぁ出版が確約されてない賞だとこんなものなのかなぁ

453 :>>394:2011/01/25(火) 23:23:27
条件に合いそうな賞をおすすめしてください
お願いします

454 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 23:30:31
422
「もっと本を読め。圧倒的に読書量が少なすぎる。」

と言っておいて答えは同じ「分かれた」になってるじゃん。
過程がどうって関係無い話じゃん。

455 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 23:40:01
>>394
ジャンルだけでも絞った方が……自分が思い浮かぶのはミステリだが
江戸川乱歩賞
このミステリーがすごい大賞

456 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 23:45:18
>>448
概ね同意。だが、傲慢な態度にちょっと物言いをしたくなってしまった。

「分かれる」――これは「分離」という単語があるように
ある1つであったものが2つに乖離することだ。
道しかり、意見しかり、袂しかり。
「別れる」――こちらは「別離」という単語があるように
主に人に対して使われる。
こういった意味とはまた別に、
「分」は一般的、「別」はある程度の期間、
複数の人間が離れることを意味しやすい。
A室とB室にわかれて「1年間」逢うことができないなら
「別」の字もおかしくはない。
が、やはりここは一般的な「分」が蓋然的に正しい。
そしてここで広辞苑を持ち出した者は
広辞苑に操作されている者であって、己を中心に置いていない。
考えていない、ということ。
これは>>420にあるな。

さて、それはさりとて「分かれる」と「別れる」
ひいては「わかれる」、どれも間違いではない。
間違いではない上に、正解ではない。
なぜなら言語学的に、こういう用法に正否がないから。
書きたいように書けばいい。それだけ。
航路に出たなら、縦に進ませればいい。
それで難破しようが遭難しようが、知るか。
民俗学をある程度進めれば、発音が意味を上回ることがある。

あとここってあんさんの遊説の場じゃないから。
己にもいえるけどねー^^

457 :>>394:2011/01/26(水) 00:08:54
>>455
すみません
ミステリではないのです
悲劇系恋愛エンタメ&文学(を目指した)かな?

458 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 01:54:34
>>457
日本ラブストーリー大賞は?
大賞は500万プラス映画化とか
締め切りは夏

459 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 03:55:38
「この部屋だと狭いので、彼等はA室とB室に別れた」

「この部屋だと狭いので、彼等はA室とB室に分かれた」

これはしたが正解、でファイナルアンサー?

460 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 06:42:59
自分のセンスと文体の流れで自由に決める程度のものです

461 :>>394:2011/01/26(水) 09:59:56
>>458
ありがとうございます
それも考えてみます
ジャンルの名のついた賞以外では
いい賞があるでしょうか?

恋愛でデビューすると恋愛を描く人だって
カテゴリー分けされてしまって
恋愛モノが嫌いな人にそれだけで拒絶
されてしまうのではと・・

462 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 12:47:38
>>461
ジャンル名がついた賞では
角川ホラー大賞
日本ファンタジー大賞がある

恋愛ものっていっても広いので、ファンタジー大賞にも送ることができr

463 :>>394:2011/01/26(水) 13:18:57
なるほど
舞台は現代なのです

ジャンル名のつかない賞で>>394の条件に
近い賞と言ったらなんでしょうか?

464 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 14:25:09
>>462
ファンタジーに恋愛ものを送れるわけないでしょう
あくまでファンタジーの恋愛ものでしょう

465 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 21:56:03
「あの人の態度、にべも無かったな」って台詞は正しいですか?

466 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 23:09:49
何年か前に芥川賞もらった作家で

デビューしたくて貯金してから仕事辞めて、1年無職のままデビュー→芥川賞
って作家がいたと思うんですけど、名前失念しまして
教えてくださいまし

467 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 23:37:51
>>465
間違ってはいないだろうけど
普通口語では使わない表現では?>にべもない

468 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 00:18:59
>>465
>>467も言ってるけど、そういう場合セリフにするなら、
「なんだよ。あの態度はちょっと無いよな」とか、
「あの態度、ちょっと冷たいよな」とか、そういう感じになるんじゃない?

469 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 02:31:18
「おっかなびっくりする」って使い方は日本語として正しいの?

470 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 03:00:41
>>469
正しくないよ。

471 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 03:01:43
あざっす!

472 :>>394 >>463:2011/01/27(木) 09:15:32
すみません・・・
ご回答お願いします

473 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 09:25:48
>>472
>>463の段階で誰も答えてない事は無いと思うが。
全ての条件に当てはまるものなんて無い。

ついでにいうとポプラも賞金2000万の小説賞は、去年で終わりだしね。

自分で一番妥協できる所選んで送りなさいよ。

474 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 10:16:50
>>472
てめえで調べろカス
そんな事すら人に聞かねえとできねえとかどんだけ無能なんだよ
おまえみたいなクソは毎年現われるけど、それすら調べようとしないゴミは作家なんてなれないから
ていうか、なんでも人に聞いて解決しようとしてんじゃねえよ、ゆとりの面汚しが

気色悪い
群像でも送ってろカス

475 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 10:24:47
>>474 その書き方はNG
気持ちはわかるけどね。

まあなんだ。
>>394読んでて思うのはだな、質問の前提が間違ってるだろ。
エンタメ&文学とあるが、エンタメと文学は別だと思うし、
有名で売れるのに繋がるかどうかは、レーベルも大きいが本人の技量の方が大事だ。
なにより、聞くまでも無く知ってるくらい有名じゃないと、売れたりしないんじゃない?
賞金もどの程度想定してるのか知らないが、どこも似たり寄ったりだろ。

そりゃ質問してもスルーされるわ。

476 :>>394 >>463:2011/01/27(木) 12:17:49
すみません・・・皆さんレスありがとうございます

>>474
確かに自分で調べないで人に聞くのは悪徳とされています

ですが反論させていただくと、人の興味の行き先や
情熱を注ぎ込める部分や、持ってる能力、知識の
種類や質に差異があります
私は賞のチェックなど興味がなく、まったく無頓着でした

作家になる才能と、賞を調べる情熱とはまったく別物で、それは
短絡ではないのですか

それから自分で調べた上で、人の知恵も借りたほうがいい
という考えの人もいます

>>475
エンタメと文学は完全に別物ではありません
面白い純文学も存在し、文学性のあるエンタメも存在します

ドストエフスキーやディケンズやデュマ
のように大衆文学者としてしか評価されてなかった人が
のちに文学的にも高く評価された例も数多くあります
文学であり、かつエンターティメントでもある小説も存在します
この国じゃ筒井康隆がそれに近いでしょうか

このように、私は他の認識力や知識ではお力になれるため、
このスレでときどき回答させていただいてます
ですが賞には無頓着なので知恵をお借りしようと思ったしだいです

477 :>>394 >>463:2011/01/27(木) 12:47:38
コテつけて質問したついでに質問にも答えます
質問するだけでもなんなんで・・・
まじめに答えるのでどうぞ

478 :>>394 >>463:2011/01/27(木) 12:52:14
連投になってしまいますが
質問の主旨をまとめます

>>394の条件に近い賞を探しており

・書いたのは現代が舞台の悲劇的な恋愛モノ
 エンタメであり文学

・日本ラブストーリー賞を取ると、ラブストーリー作家だと
誤認され、恋愛が嫌いな人に拒絶される恐れがあるため
「ジャンル名」がついていない賞を希望

以上です
よろしくお願いします

479 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 12:54:12
好きなところへ送れよ

480 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 14:52:04
新人賞一覧
ttp://kobo-joho.jpn.org/kobo/
ttp://mercator.ifdef.jp/entryindex.html
ttp://shinjinsho.seesaa.net/

481 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 15:47:11
送る先を考えるのも作家になるための一歩だと思うが
自分の作品を立たせる舞台を選ぶんだぞ?
賞を調べる気がないならネットで公開でもすればいい

482 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 16:34:12
12/31〆切超短編小説大賞へ応募した。
一次選考結果発表は
作品が到着し次第随時一次選考を行い、通過者に直接ご連絡いたします。
最終選考結果発表は
最終〆切後、すべての候補作のなかから1点を大賞として決定いたします。
2011年2月予定。当Webサイトにて。入賞者には直接ご連絡いたします。

これ、今の時期に一次通過の連絡が来ないということは
ダメってことですよね・・・。


483 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 17:25:18
キャラを立たせる必須条件みたいなものはあるのでしょうか。
みなさんのご意見をお聞かせください。

484 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 17:36:33
>>482
ずいぶん不親切な所に応募したんだな。
最近は評価シートとか返送してくれる所も多いってのに。
大晦日〆切で二月に最終発表予定って、かなり急ぎな感じがするけど、
本当に全部読んでくれてるのかなあ? って思わない?
なんにしろ、最終発表まで待ってみれば?

>>483
そんな必須条件あるなら、みんな知りたいだろうよ。
ただ、知ったところでみんながそれに従ったら、テンプレキャラが量産されちまうだろうけどな。

自分の書きたい話に合わせて設定しろよとしか言えない。

485 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 17:48:10
>>483
キャラが自分で動く
するとキャラ自体が生きてることになって自然と立つ

486 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 18:03:06
>>483
広い意味で変人であること。
長所と短所の両方があって、どちらも際立っていること。

487 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 18:04:30
長所と短所って、表裏一体だよなー。

488 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 18:08:12
>>484 レスありがとうございます。
    評価シートを返送してくれる所も多いんですか?
    落選してもそういう批評があると有難いのに・・・。

489 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 18:16:10
>>482
ひょっとしてtxtをアップローダみたいに投稿するタイプのヤツか?
賞名は忘れたが、なんたら文学賞で、原稿用紙10枚未満だったっけか。
もし俺が応募したのと同じなら、フェイクの可能性もあんだよね。
落選した後、向こうから連絡が来て、
センスがあるみたいなのでよかったら勉強しませんか?
みたいなメールが来たりすんだよ。
賞名でググると、不審に感じた応募者の声も多かったし。
ま、邪推だけどな。

490 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 18:55:17
>>489 それ見ましたw
    でも実際本になった方も中にはいるそうです。

491 :>>394 >>463:2011/01/27(木) 19:43:18
>>483
キャラを立たせるだけなら、漫画のノウハウでは
・強い特徴をつける(アラレちゃんのメガネ、孫悟空の髪型などの
見た目や服装から、口癖や癖などの内的なものまで様々)
・欠点を持たせる

ということがよく言われるが、それだけやっては表層的なキャラしか
生み出さない

映画の脚本の理論では「三次元の、立体的なな人物造詣」ということが言われていて
キャラの動作、行為、しぐさ、台詞、すべてを通してその人物独特の呼吸をしている
事件に出会ったときの反応、感情表現、すべてに一貫性を持っており
特徴1つとっても、それはその人物の人間性や環境から自然的に発生してきた
ものでなければならない
それを作るには、その人間が育ってきた環境、どんな人生を持ちどんな精神性や
思想を獲得したか、などあらゆる要素を考えつくすしかない
心理学や精神分析学も参考になる

多面性を持った、深みのある人物を作り出すにはどうすればいいか
>>484のいうようにマニュアルなどない。
作家の個性や経験、知識すべてを動員して知恵を絞り、考え、小説を読み、
書くしかない。

これが結論だ


492 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 19:47:22
応募原稿がばらけない様にする時、綴じ紐かダブルクリップか、どちらかの指定が無い場合は
どちらのまとめ方でも問題無いという事でしょうか?
指定されいてない場合は綴じ紐が基本だ、という様なルールはありますか?

493 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 19:51:18
482は日本文学館の賞だね。
近い内に連絡来るよ。意味はわかるよな?

494 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 19:51:25
教えてもらうまでは意地でも居座って
回答し続けてやるぜウヒヒ・・・
回答する手間のほうが、賞を調べる手間よりも
楽な気もするが

495 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 19:54:18
まちげった(←言語の脱構築 笑)
回答する手間のほうが、賞を調べる手間よりも
きつい気がするが

俺の回答にかなう奴ははっきり言ってここには
おらんので、俺が回答を受ける前に、今のうちに質問しておくといい

496 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 19:58:21
「情報ライブ ミヤネ屋」岸部シローの数万円の価値のある全集本を1冊40円でブック・オフに売り飛ばす
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1296114324/

497 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 20:47:16
>>492
どこでも同じという訳ではないので、一例として聞いてくれ。

ダブルクリップ指定だった某賞は、その指定の理由として、
「送られてきた原稿をコピーして配布するため」としていた。
となると、ダブルクリップと綴じ紐、どっちの方が向こうに負担がないか、わかるな?
ただでさえ何百何千と送られて来るんだ。
その辺を頭に入れて判断すればいい。

もちろん綴じ紐を指定してたら、考えるまでもない。

498 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 20:58:11
>>483
作者がそのキャラのことを質問されて、一瞬たりとも躊躇せずに答えられることだと思っている。
作者自身が理解していないキャラは描けないと思う。

>>492
年季の入った賞なら、紐にしておいた方が無難だと思う。
ダブルクリップ可なんていうのが出てきたのは最近の話だから、小説は縦書きレベルに考えてるかもしれない。

499 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 20:59:04
手書き原稿は、紐
ワープロ原稿は、クリップ

これ、常識だから

500 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:00:14
まあぶっちゃけ、規定に書いてでもない限り、紐かクリップかで落とすようなことはないから安心しろ

501 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 21:02:08
スルーすんなコノヤロー!

502 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:02:39
なぜ常識かという
手書きは原稿用紙に書くから紐を通す余白が多目にとってあるからめくりやすい
しかし、印字原稿は余白がそんなにないから紐を通すとめくりにくい
よってクリップで挟み、読むときはクリップを外して読む
だから散らばったときのためにノンブル(ページ番号)は必ず打っておくこと

以上

503 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:05:31
以上 の人はスルーした方がいいのはこのスレの常識だね

504 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:06:11
>>502
余白がないって…お前さんのページ設定が悪すぎるだけだろう、それはw

505 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 21:07:56
自慢じゃないが以上って書いてないのに
スルーされてるぞ俺は

506 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 21:11:45
一見荒らしに見えるかもしれないが

ほんのちょっと知ってることを教えてもらう代わりに
自分が読んできた膨大な量の本などから得た知識
書いてきた経験を惜しみなく教えようという誠意ある
質問者だぞ俺は

なぜなら基礎的な技術など教えても、結局いい小説を
生み出すのはその人の頭脳、才能だから
俺のライバルが増えるわけでもない
情報提供など惜しまない

教えてくれ

507 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:11:57
>>492
ちなみに紐綴じなら以下を参考にすべし
セル先の紐を使うのがオススメなのと、綴じ方が分かりやすく書いてある
ttp://homepage3.nifty.com/sou1ya/guide/b006_tojikata.htm

508 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:14:57
>>506
それだけ自己主張が激しい時点で荒らしだと思われても仕方ないんじゃないかな

509 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:16:22
構うなよ。


510 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 21:18:29
キャラが立ってるというのを身を以って
実践して教えておるのだ。

すまん。嘘だ。

酔っ払っているのだ

511 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:19:28
>>509
うん、そうだね、ごめん

512 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 21:23:03
日本は酔っ払いに優しい国じゃないのか!

ちなみに現代文学は社会通念を鵜呑みに
してはいけないことになっている

「酒が強いことは自慢にならない」という言葉を
贈ろう

たくさん酒を飲めればかっこいい、自慢だなんて
変な価値観があるのは日本だけ
酒なんて毒だし、そんなことを自慢してもプラスにならない
アル中になったり肝臓を壊したりするのが落ちだ

仕事ができるとかそういうことならともかく「酒をたくさん飲める」
こんなことがなんの自慢になるのか

こんな風に社会通念を鵜呑みにせず疑ってかかることだ

513 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 21:26:35
教えてもらえる気配がないので去る。
さらばだ

514 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 21:27:55
気が変わって戻ってきた。
教えてくれ
教えてくれたら去る

515 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:34:16
>>514
桜花賞 4月10日
皐月賞 4月17日
天皇賞 5月1日

516 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 22:11:10
普通はクリップ付けたまま読むよw

517 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 22:13:44
ノーベル賞も忘れちゃならん。
化学賞や平和賞だけじゃなく、
物理学賞や医学賞もあるぞ?














ちゃんと文学賞もあるしな。

518 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 22:13:56
既出かもしれんが質問。
常用漢字の一部が去年末に改定されたけど、みんなどのくらい意識しとる?
自分はまあ辞書くらいは買い換えておこうかな、と。
でも、それを反映した辞書ってたぶんまだ出てないんだよね。
以前に見たニュースでは2月ごろから出てくると出版社の人が言ってた。
ああ、あと「わたし」や「おれ」とかが堂々と漢字で書けるようになったんで嬉しかったわい。
常用漢字にきっちり従う必要はないってのは分かってるけど、読みやすいってのもすごく大事だと思うんで。

519 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 23:12:36
>>518
全然意識していない。
自分の場合は少なくとも、常用漢字だからって漢字にするわけじゃないし、
常用漢字から外れていても漢字にするものもある。

520 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 23:18:58
お前ら、まず吉村昭の『蚤と爆弾』に対して反論してみろ


















521 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 23:20:03
求めているのは新人賞であることを書き忘れていた
煽りじゃなくちゃんと教えてください

522 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 23:29:53
んなもん言われんでもわかっとるわい。
どんなもん書いたのかわからんのに明確に答えられるわけなかろうが。
知名度なら電撃。
賞金ならこのラノだ。
どっちもラノベだがな。




あ、ついさわっちまった。
みんなすまん。

523 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 23:36:32
>>521
>>399で答えが出てるのになあ。
聞き入れないで粘ったところで、これ以上答えは出ないだろうよ。

http://m1965742.com/?page_id=16
http://homepage3.nifty.com/sou1ya/guide/a003_sen.htm

524 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 23:38:15
>>522
レスありがとうございます

もしよければ>>394 >>478をお読みください
どういうものを書いたか、どういう賞を求めているか
書いてあります

525 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 23:43:31
>>523
どうやらあんたの意見は聞き入れるつもりないらしいぜ。

スルーするしかないな。

526 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 23:48:57
>>523
そう言われますが、どの賞がどういう作家を輩出しているか
知るには、すべての賞の輩出した作家をひととおり調べ、その賞1つ1つが
輩出したすべての作家の代表作複数を読み、作風をつかまなければなりません

軍隊並みのたいへんな重労働です

そんなたいへんな手間をかけるをくらいなら最初から質問しません。
だから自分の作品の特徴を書いて、求めている賞の特徴を書き、それに
近い新人賞を複数教えていただきたくて質問しているのです

私は楽してすべての賞の傾向を知りたいのです
努力なしに利を得たいから質問しているのです

527 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 23:51:01
>>525
あんたが正しかったw

528 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/27(木) 23:55:51
冗談くらいはわかってくれよw

529 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/28(金) 00:03:20
>>523さんは、>>399で答えが出ているといいますが
冗談交じりに反論したように

回答としては不適切で、もっとあけすけに言うなら
事実上なんの役にも立たないアドバイスなのです
まっとうな反論です

この間違った意見を受け入れられないのなら、スルーすべき
だというのも意味がわかりません。
ヒトラーはこんな風にユダヤ人を殺したのでしょう

530 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/28(金) 00:09:23
冗談の話が出たところで1つ技法の情報提供を
これくらいは知っているかもしれないが
「コメディレリフ」
緊張した場面に挿入する、緊張を和らげる役割を持つ
ユーモア

ドラゴンボールもワンピースもところどころに頻繁にユーモアが
入ってる
売れるには必須といって過言ではないテクニック

531 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 00:12:34
>>524 >>526
じゃあ本気でマジレスしちゃる。
どういうのを書いたのかってのは、バックリしたジャンルの話じゃなくて作品そのものの事だ。
エンタメ&文学って言うが、どっちもキッチリ半分ずつ含まれてる訳じゃあるまい。

でだ。
楽して何かを理解する方法なんて無い。
大抵のレーベルのスレは2chなら一通りあるはずだから、そこ片っ端から当れよ。
それと、作風云々というが、
作風を掴んで、自分の作品と一致するところに送ろうってんなら、
同じ様な作品を書く作家なんて、二人も要らないだろう?

作風が合うかどうかを気にするより、自分がここから出したいってレーベルを選べよ。
出す前から気にする事じゃない。

以後スルー。

532 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 00:13:42
今プロットを立ててるとこなんですが、もう一声捻りがほしいと感じます。
しかし、そのあと少しの捻りが、アイディアはいろいろ出してみてもいまいちぴんと来ません。
こんなとき、一旦保留して別のことをするか、悩み続けるか、みなさんどうしてます?

533 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 00:15:32
>>531
>>523のURLに同じようなことが書いてあるよ

534 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 00:16:55
>>532
2、3個ちょろちょろっと考えた程度ならまだしばらく悩むけど、50ほどアイディアを捨ててるなら保留にする

535 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 00:17:32
>>532
程度によるけど、まずはとりあえず飯でも食いにいくかー(気分転換)って感じかなぁ

536 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 00:18:04
>>532
どっちもありだよ。
違う事やってるうちに、「あ、これはあっちの方に使えるかも」と思ったりもするし、
悩み続けて苦しみながら生まれるもんもある。
悩みって引きずっちゃうから、結局頭から離れなかったりもするしね。

おれはそういう理由で詰まった時は、書くのをやめてインプットモードに入ったりする事が多いね。

537 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 00:24:16
やっぱりちょっと頭の中の空気を入れ換えるって人が多いんですね。
>>536の人の書くように、ちょっと休憩と思っても結局考えちゃうんで、
ジャンルの違うものでも読んで、頭切り替えてみます。
ありがとうございました。

538 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/28(金) 00:58:51
>>531
うむ・・・
それでひとまず納得します
ありがとうございます

539 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 01:23:11
腐れホモ

540 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/28(金) 01:24:42
>>539
非文学的な言葉は慎みたまえ


541 :518:2011/01/28(金) 01:26:25
>>519
参考になった。
レス、サンクス!

542 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 15:34:41
質問
大学のサークルの後輩の書いた小説を見せてもらったんだ。
そしたら、以外に面白くて、才能が俺よりもあると思ったんだが、
皆が自分より才能がある人が近くに現れたら、嫉妬するか?
それとも、憧れるのか?


543 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 16:04:43
嫉妬して嫉妬した自分がみじめになるかr、もっとがんばろうと思う

544 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 16:11:09
他人と比べているうちはホームランバッターにはなれないな。

545 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 17:04:11
>>542
世界で作家になれるのが一人だけなら、
自分より才能があるやつがいたら焦るし嫉妬するかもしれないけれど、
作家に定員はないから、別に自分より才能があってもかまわない。
自分より才能のあるやつは、面識がないだけで日本中大勢いると思えば、
身近な特定の一人に嫉妬しても仕方がないよ。
だから、別にあこがれもしないし嫉妬もしない。
へ〜凄いなあ。俺も頑張ろうと思うだけ。

546 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 17:28:54
いいなーすげーなーとか、なんでこれを先に思いつかなかった、とは思うよ
プロの作家に対しても日々思っている

547 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 17:29:24
うそつけ!

548 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/28(金) 17:41:36
>>523
うかつにURL踏まない癖がついてるため
リンクを見てなかった
ありがとう 参考になった

549 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 19:38:44
>>493 近い内に連絡来るよ。意味はわかるよな?

   落選でも当選でも全員に連絡が来るのですか?

550 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 21:35:47
落選した後、向こうから連絡が来て、
センスがあるみたいなのでよかったら勉強しませんか?
みたいなメールが来たりすんだよ。

落選連絡だけならまだ耐えるけど
勧誘はいらないなー。面倒だなー。

551 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 22:23:05
>>542
嫉妬する気にはならないな。
憧れはするけど、憧れてばかりでは自分が先に進まない。
むしろ仲良くなって技術交換とかするよ。
自分が書いたの読んでもらったり。

一応今そういう状態ではある。
というか、相手はプロ?
そういう存在が近くにいるってのは、ありがたいよ。

552 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 22:49:08
それでカネ取るんだよな
向こうもそれで少なからず食っているところがあるんだろ
現実の光と影ってやつか

553 :>>394 >>478 ◆Wmwuvpt0BE :2011/01/28(金) 23:04:15
そうだよねー

554 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 23:23:30
>>551
後輩はプロではないし、プロも目指してない
けど、小説家という夢をみてる俺には実力の差に
自信を失ってしまった


555 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 23:27:22
>>542
素直に面白いなあと思うだけだな。
どうせ自分が書くことのできないネタだし、自分にしか書けないネタを面白く出来ればいいのだし。

556 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 23:33:57
>>554
うーん。
まあ、その後輩の作品ってのを読んでないから何とも言えないけど、
君は君で良いんじゃないか?
>>555も書いてるけど、例えば自分が書いてる物、もし同じネタでその後輩も書いたとすれば、
自分よりも面白い物になるのか? ってのはあるだろうさ。
逆を言えば、後輩は自分に無い発想をしてくるだろう。
それを嫉妬するより、その発想法を盗むつもりで参考にするのは?

なんにしろ、そんな近くに刺激与えてもらえる相手がいるんだもん。
無駄にするのはもったいないよ。

557 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 23:40:47
>>554
後輩、プロ目指してない。そのうち書くのやめる。
おまえ、プロ目指してる。これからも書き続ける。
いつかおまえ、後輩、追い抜く。
おまえ喜ぶ。
おれたちも嬉しい。

558 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 23:42:15
おれさま おまえ まるかじり
みたいなレスだなw

559 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/28(金) 23:55:40
いきてる だけ で まるも うけ

560 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 14:58:23
すみません、小説家になりたい方が読む雑誌ってありませんか?
漫画家になりたい人がコミッカーズ読んだり
シナリオライターになりたい人が月刊シナリオ読んだりするみたいな
そういう専門雑誌で。

561 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 16:13:30
でも2ちゃんねらーは自分より才能ある奴には嫉妬して叩くよねw


562 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 18:04:44
>>561
2ちゃんねらーに限らず、人格の上等な者と下等な者がいる。

563 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 18:54:33
俺なら間違いなく嫉妬に狂う
山月記のりりょうさんみたいになっちゃう

564 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:19:30
映画アマデウスのサリエリみないなもんか。
オレは、身近な人には嫉妬しないけど、
自分より年下で既にデビューしてる人の
音楽や絵画の良い作品をみると才能に嫉妬を感じる。
小説では、年下に好きな作家がいないから、
嫉妬を感じたことはない。

565 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:29:58
あなたはどんな殺され方が一番恐ろしいですか?

566 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:43:47
あなたの住所と生年月日はなんですか?

567 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:44:53
映画キューティーハニーのサトエリみたいなもんか。

568 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:46:44
サリエリってビートたけしに似てる。

569 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:50:47
>>565
肉体的には焼け死ぬのがいちばん苦しいって、よく言われるのな。

570 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 19:56:31
一番恐ろしいのは、
真っ暗で、あまり身動きもとれない狭いところに閉じ込められたまま死ぬこと。
死ぬまでに時間がかかり、
体が動かせないから伸びができず気持ち悪くてしょうがない。

それに暗く、まったく外的刺激のないところに何日も閉じ込められると、
精神に異常をきたすともいうし、かなり恐い。

571 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:01:04
>>569
>>570

じゃあそんな殺し方をしてあげますね。

うふふ……

572 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:08:49
>>571
犯罪予告で通報すた
冗談でも脅迫罪で事情聴取を受けることになる

573 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:12:16
>>572
税金の無駄
警察も暇じゃないんでね

574 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:17:27
釣れたw

575 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:24:07
下らないなあ世の中

576 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:29:01
おまえの小説よりもか?

577 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:30:40
おまえの人生よりもだろ

578 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:37:54
釣れたw


579 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:39:23
うそつけ!

580 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 22:07:31
このスレはなぜサオ師がたくさんいるのですか?

581 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 22:08:12
>>573
あんたが無駄と思っていても、判断するのは警察だから、あんまり関係ないんじゃ?

582 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 22:16:29
本当に通報したかどうかも
その後、警察がどう動くかも
考えても無駄だから
スルーで^^

583 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 22:17:27
>>580
構う人が多いから

584 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 22:31:53
>>560
レーベル毎に出してる雑誌

585 :嘉一朗 ◆mCH..drgJ2 :2011/01/30(日) 10:36:06
質問お願いします。

スニーカー大賞の、過去三年分の応募者、一次通過者(ニ次もあればそれも)を
教えてください。

よろしくどうぞ。

586 :葦田春穂 ◆pMxEzE7OCs :2011/01/30(日) 17:19:27
オペラ鑑賞に使うハイソが入る部屋なんてんだっけ?

   高い場所にある特等席みたいな部屋。

587 :嘉一朗 ◆mCH..drgJ2 :2011/01/30(日) 17:22:40
>>586
「ボックス席」といいます。

高い場所には「天井桟敷」といって、手厳しい観客が陣取っています。

588 :嘉一朗 ◆mCH..drgJ2 :2011/01/30(日) 17:24:24
>>586
補足

歌劇場は高いところがいい場所とは限りません。
たとえばイタリアのスカラ座では、ニ階席(ボックス)が、
建設に投資した貴族の独占するスペースでした。

589 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/30(日) 17:25:09
>>586
ボックス席だと思います 劇場版コナンの受け売りだけどw

590 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/30(日) 18:25:38
漫画家を目指してましたが諸事情で辞めて、文章を書きたくなって数年書きまくっていました。
エロいほうが楽しいのでエロファンタジーです。
現代を舞台にした普通の官能小説も読み倒してますが自分で書く気にはなれません。
ファンタジーがいいです。

質問ですが、こういう官能ファンタジーはどの出版社に応募したら良いのでしょうか?
普通の現代か、せいぜい時代物の官能小説は沢山ありますが、
こういったものはどこに持ち込めばいいのか調べてもよくわかりません。

エロゲーのノベルを沢山発行しているフランス書院でしょうか?

591 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/30(日) 18:40:00
キルタイムコミュニケーションが貴方にとって安住の地となるでしょう
ttp://ktcom.jp/

592 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/30(日) 18:40:59
フランスの美少女文庫が新しいタイプのなんとかを募集してた。気がする。

593 :590:2011/01/30(日) 20:07:41
皆さんありがとうございました

594 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/30(日) 22:35:58
二次元ドリームマガジンってのもあるな。
ファンタジー度数は高いが、鬼畜やら触手やらが必須だ。

595 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/30(日) 22:39:54
日本の未来は明るい。

596 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 13:44:25
ワードでダッシュ2個がつながらんのだが
どうすりゃいい?

ワード捨てろは無しで

597 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 14:19:52
字間を0にしろ。

598 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 17:49:42
風呂で小説を書きたいのですがどうすれば良い
風呂蓋の上にタオル敷いて乾いた手で書くのは試してみたけれど
そのうち汗かいてきてノート湿気る
防水ケータイも試した 親指がつった
教えてください頼みます

599 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 17:54:47
自分は試してないから何とも言えないが
Bluetooth 防水キーボード + iPad / iPhone / iPod touch + 防水カバー
なんてのはどうかな
速くタイプすると表示が追いつかない感じになるんだろうけど

600 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 18:20:56
耐水ノートってのもあるよ
ノートがびちょびちょになった状態で書くには鉛筆か耐水性のあるペンが必要らしいけど

601 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 18:22:36
逆転の発想をすれば良し。
風呂に湯を入れるな。

602 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 18:26:40
>>601
oh……アナタ作家ノ才能アリマスネー。

603 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 18:30:57
風呂では濡れても書ける紙に手書きして、
後からPCに打てば良いじゃん。

604 :598:2011/01/31(月) 19:32:05
マジレスありがたや
>>599とか>>600とかかっこよくて魅力的だけど
金がないから今夜は>>603計画で行きます
ありがとう

605 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 01:33:51
>>596
別につながってなくても問題ないよ。それがダーシだと識別出来ればいいんだから。
何なら、そこだけ手書きにしたっていい。

606 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/02(水) 10:25:19
どーもマイペースに書こうとすると一向に執筆活動が進まない
モチベーションの問題なんだろうが

みなさんはあらかじめ賞を決めてから執筆しますか?それとも執筆完了してから賞探しますか?

607 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/02(水) 14:06:09
賞を決めてから。
でも人それぞれだと思う。

608 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/02(水) 16:38:21
一応賞を意識して書くけど、スケジュール自体は自分のペースを基準にノルマ的に決めている
じゃないとだらけちゃうから

609 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/02(水) 21:15:53
>>606
賞は決めてるけど、1カ所しか出さないからあんまり関係ないな。
書く習慣をつけてしまうと、わりとコンスタントに書けるんだけどね。

610 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 05:08:21
すげえ!

611 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 13:33:02
A「そんなもん食うのか?」「ああ、食べれるぜ」
B「彼女はどうしてる?」「今眠ってるよ」

Aは、ら抜き言葉は駄目のルールで、「食べれる」→×。「食べられる」→○。
Bは、「眠ってる」は問題なし→○。「眠っている」でも全然あり→○。

みたいな感じでしょうか?

612 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 14:08:10
AもBも直接話法だから文法の正誤を云々するほうがおかしいんじゃないかな

613 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 18:47:38
2chにどんな小説か書くと教えてくれるスレみたいなのありませんでしたっけ?

614 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 19:04:15
先日病院で、ただのインフルだったんですが
若い女医さんに手を握られて、「辛いでしょうけど、頑張って治しましょうね」
とか言われました。
最近はこういうキモオタ向け?サービス流行ってるんですか?

ちなみに私のタイプではなかったので全く嬉しくありませんでした。

615 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/02/03(木) 19:24:44
>>613
この本のタイトル(題名)教えて! その9
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1284113689/

616 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 15:42:10
>>596
>>597
ありがとう……。一年悩んだことが解決

617 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 15:47:38
>>611
ら抜き言葉にも論理性があるという意見もある。
ら抜き言葉は「可能」を表すときに限定され、「受け身」を表すときにはら抜き言葉にはならないルールがある。

618 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 16:57:04
DPで打とうとワードでやってたら、ルビ降るとき42X32が40X32に崩れてしまった。これでいいんだろうか・
あと、DPって縦書きでタテが32でいいんだろうか

619 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 17:01:33
>>614
普通日本語の表現するなら、縦×横だろ。
この場合縦っていうのは、一行あたりの文字数だと理解すれば良いと思う。
最近は印字した物ではなくて、テキストデータで受け付けているところもあるからね。
だから正確には、文字数×行数と考えるべきか。

不安なら電撃文庫どれでもいいから開いて、数えてみろよ。
その通りになってるはずだ。

620 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 17:02:17
すまん>>619>>618へのレスだ。

621 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 17:06:22
ごめん、実は電撃文庫持ってない…つまり行のほうが34でいいんですかいのう(よく見たら、42*34って書いてあった)

622 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 17:08:30
>>621
電撃持ってないけど、デビューできれば一番売れそうだから送るってか?
少し呆れたが、まあ自由だから。

>>619の書き込みが全て。

623 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 17:11:31
呆れないでおくれよ。ひどいな

624 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 17:12:54
ひどくねえ。
自分がそこに送りたいと思うなら、あらかじめ自分で予備調査くらいしろ。

625 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 19:36:29
>>489 489 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 18:16:10
ひょっとしてtxtをアップローダみたいに投稿するタイプのヤツか?
賞名は忘れたが、なんたら文学賞で、原稿用紙10枚未満だったっけか。
もし俺が応募したのと同じなら、フェイクの可能性もあんだよね。
落選した後、向こうから連絡が来て、
センスがあるみたいなのでよかったら勉強しませんか?
みたいなメールが来たりすんだよ。
賞名でググると、不審に感じた応募者の声も多かったし。
ま、邪推だけどな。

   本日、日本文学館からA4サイズ封筒が届きました。
   手触りではボールペンが入っているようですが
   参加賞でしょうか?大賞や佳作の方には
   電話やメール連絡ですか?封筒の中身は
   センスがあるのでよかったら勉強しませんか?
   という勧誘のパンフレットか何かですか?
   最近悪いこと続きで恐くて封筒が開けられませんw





626 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 21:24:56
ラノベを目指して書いてたら400字詰め原稿用紙閑散で500ページになってました
人生最初の作品で、分野はSFファンタジー文明崩壊歴史ミステリー系です

ラノベにしては多すぎるし、内容も古典的SFが好きだったため、重めのシーンが多いです
自分の評価だと、文章は単純で稚拙ですが、面白い気がします。何度も泣きました
古典的SF+ラノベキャラ(w
さてどうしたもんでしょうか?

出版社に送って見よと思うんですが、A4横で縦書き印刷がいいでしょうか。
オススメ書体と字数はありますか?
イラストや図解も入れた方がいいでしょうか?

ネット無料公開は無しでお願いします。

627 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 21:35:23
講談社BOXや星海社FICTIONS行きの気がします
(枚数制限が少なくてラノベ風でもなんとかなるということで)

応募要項にないもの(イラストや図解)は付けないようにしましょう、基本的に嫌がられます
印刷の仕様(字数)も普通応募要項に書いています

Windows使いならMS明朝で印刷すれば問題ないです
釣られてですます調で書いてしまいました

628 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 21:38:04
>>626
「下読みの鉄人」でググるとよろしい。

629 :625:2011/02/04(金) 21:42:06
思い切って封筒を開けましたw
第十二回超短編小説大賞、一次選考通過のお知らせ
多数のご応募作品中、厳正なる審査にてポイントを獲得し、一次選考
通過作品の選定基準を満たすと判断させていただきましたので、
ご報告申し上げます。
多数の応募作品というと何作品くらいかなー、一次選考通過
作品は何作品中の何作品かなー?嬉しいなー。

630 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 21:47:54
おめ!


631 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:03:03
>>630 d♪
    以下、作品評を差し上げます。
    全体的にしっかりとした文章で完成度の高い作品に
    仕上がっています。限られた字数の中できちんと物語を
    まとめあげる手腕はなかなかのものです。特に読者を惹き込んで
    いく力が強いのは細部をおろそかにせず物語にリアルな質感を
    与えているためでしょう。記名性の高い個性的な読後感のある
    作品でした。是非これからもこの感性を大事にしながら、
    たくさんの創作に取り組んでください。素晴しい作品を今後も
    期待いたします。
    嬉しい。賞に応募したのは初めてで一次予選通過できるとは
    思わなかったので素直に嬉しいですwwwww

632 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:08:23
※尚、最終選考は2011/2月末〜3月初旬発表予定。
なんだかわくわくしてきました↑テンション↑↑。

633 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:10:00
一次通過ってのは義務教育終了レベルの作文ができているって意味だよ。
でもおめでとう。

634 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:14:58
ボールペンは入ってたのか?

635 :626:2011/02/04(金) 22:18:39
>>627
有り難うございます!
調べたら、講談社BOXは1/31、星海社FICTIONSは12/12に締切りでしたorz
講談社BOXが3カ月毎募集ぽいので、まだアリそうです
どっちも分野的にぴったりですねー
良い情報アリです〜

636 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:29:19
>>634 手触りが完璧ボールペンしかありえなかったのですが
    開けてびっくり♪一次予選通過書類をファイルする背の
    プラスチック部分がちょうどボールペンの感触に
    そっくりだったのです。

637 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:31:26
>>633 これから二次三次をくぐり抜けての
    大賞ですもんね。一次通過は
     何作品中の何作品?  

638 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:34:55
なんにせよ第一歩を踏み出せたのはめでたいね。
おめでとう。

639 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:41:41
ウワァァァァァァァァン!
この板の全皆さんにも幸あれ!
おめでとうと祝ってもらって
ありがとうございます。
゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚

640 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:48:41
これが工作員だっていう可能性は消えないんだよなー
と思ってしまうとなるとこれはもう
末期だね♪

641 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 16:25:32
以下、作品評を差し上げます。
全体的にしっかりとした文章で完成度の高い作品に仕上がっています。
限られた字数の中できちんと物語をまとめ上げる手腕はなかなかのものです。
特に、読者を巻き込んでいく力が強いのは、細部をおろそかにせず、物語に
リアルな質感を与えている為でしょう。
 記名性の高い個性的な読後感のある作品でした。是非これからもこの感性を
大事にしながらたくさんの創作に取り組んでください。素晴しい作品を今後も
期待いたします。

作品評をこんなに丁寧に評価していただけると思わなかったので
いい意味で裏切られました。落選した後、向こうから連絡が来て、
センスがあるみたいなのでよかったら勉強しませんか?という
メールが来たりする。
賞名でググると、不審に感じた応募者の声も多かったそうですが
私に関してはまだ一次通過の段階ですが、良い印象しかありませんw

642 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 16:31:50
そろそろ落ち着け
最初甘い声で誘っておいて……ギリギリだけど選考落ちです
でも出版を目指して勉強しませんか? or 自費出版でも行けますよ?
なんて展開もありえる

643 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 16:38:41
>以下、作品評を差し上げます。
>全体的にしっかりとした文章で完成度の高い作品に仕上がっています。
>限られた字数の中できちんと物語をまとめ上げる手腕はなかなかのものです。
>特に、読者を巻き込んでいく力が強いのは、細部をおろそかにせず、物語に
>リアルな質感を与えている為でしょう。
> 記名性の高い個性的な読後感のある作品でした。是非これからもこの感性を
>大事にしながらたくさんの創作に取り組んでください。素晴しい作品を今後も
>期待いたします。
バーナム効果だけだなw
どの作品にでも送ることのできるテンプレみたいだ。
この作品評では、どんな物語か微塵もわからんw

とはいえ、俺らは周りでくだまくしかできんからな。
本人がどうこうするしかねーもんな。


644 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 16:45:13
>>641
おめ!

>>643
「バーナム効果」か……。
いい言葉を教わった。ありがとう。
いま書いてるやつのどこかで使えそうだ。

645 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 17:12:11
バーナム効果(バーナムこうか、英: Barnum effect)とは、誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象。



646 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 17:50:01
ひとつ、お利口になったぜ!

647 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 18:20:04
>>643 バーナム効果だけだなw
    どの作品にでも送ることのできるテンプレみたいだ。
    まさかこのテンプレ、予選通過者全員同じものを
    使いまわし?
 

648 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 18:23:45
>>647
どーでもいいんだけど、なんで左に空間開くの?

649 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 20:10:52
うわああ、俺のと全く同じ分面だ 。。。囧TL

650 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 21:52:21
649さんも一次通過したのですか

651 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 22:04:02
逆に考えるんだ
ここには一次通過した者しかいないと

652 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 22:21:34
ここは、素人が質問をし、プロがマジレスする場所だよ。

653 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 22:41:14
批評が通過者全員同じテンプレだと
ありがたみが全然ない

654 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 23:47:53
「文は人なり」って言うけど鴎外のように格調高い文章書くには私生活も変えなきゃならないんだろうか?

655 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 23:58:57
もちろんだ。

656 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 00:16:32
ってことはフリーターでナンパばっかりしてる俺が格調高い文章書くにはどうしたらええんやろ。。

657 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 00:26:37
フリーターの意地、ナンパ師の誇りを紙に刻みつければよい。

658 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 00:44:05
>>656
真似すればいいだろ。

659 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 00:50:24
>>656
無理に格調高い文章を書こうと思うのではなく、自分にしか書けないものを探した方がいいと思う

660 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 01:17:59
>>654
それは無いと思う
オレが尊敬する川端康成は、文学以外は全くだめだった
借金の塊だったし

文学の為に全てを捨てても、格調高い名文が出来るとは限らないとおもう
純文学なら有り得るが、付け焼き刃のマネで純文学は無いとおもう

661 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 01:36:19
昔とあるハゲが
「演じる人間には、憑依できる者とできない者がいる」と云ってたな。
できる者は、自分という人間性を消して役になりきることができる。
できない者は、自分でしか演じることができず役を自分に染める。
小日向文世や深津絵里は「できる」。
明石家さんまや浜田雅功は「できない」。
作家も同じようなもんで、憑依させて書く奴と考えて書く奴がいる。
憑依させるタイプであれば、私生活云々は関係なくなるんじゃね?
憑依させないタイプであれば、私生活云々は関係してくるかもせん。
俺の敬愛する太宰は人間の屑だが、屑だからこそ輝く文章を書いた。
憑依させないタイプだったんだろーなー、と思う。

662 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 01:42:47
キャラの話ならそれはわかるが、文体はあんまり関係ないと思われ

663 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 01:43:31
>>661
>明石家さんまや浜田雅功は「できない」。

できてるだろw
関西弁喋る奴はみな同じに見えるってやつか。

664 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 01:50:35
どの役をやっても同じに見えるってやつだ。

665 :661:2011/02/06(日) 01:53:47
要はどの役をやっても「本人」なんだよ。
さんまはどの役をやっても「明石家さんま」の役。
浜田もどの役をやっても「ダウンタウン浜田」としての演技。

>>663
ちなみに俺は関西圏の人間だ。
そういう言葉は全く意味がない。

666 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 01:56:17
>>662
三人称の場合はそうだな。

667 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 02:00:58
浜田雅功と深津絵里を同列に並べるのは酷なようなw

668 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 03:56:15
木村拓哉はなにやってもキムタクが演じてるってレポーターに言われてたな。

669 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 09:30:23
普通の自費出版なら200万円くらいかかりますか


670 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 10:10:04
>>643
    作品評は全員同じではないようです。
   超短編小説大賞  最終選考結果

『あなたの作品は、ご応募作品中、第一次・二次選考で高いポイントを獲得し、最終選考の11作品へと選出され、審査員特別賞作品に入選いたしましたので、ここにご報告申し上げます』
月間優秀賞1名、審査員特別賞2名、佳作3名、他5名

《書評》
鋭い着眼で捕らえた、読み応えのある作品です。
また、短文を組み立てる構成もお上手ですが、
何気ない言葉のリズムに読み手を惹き付ける独特の雰囲気があり、
これには光る執筆センスを感じます。
構成が上手なので、短編とはいえ確かな読み応えを感じます。
ロマンチックな話ですので、ぜひ長編に挑戦してみて下さい。
現状に安住することなく、創作に邁進していただきたく存じます



671 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 11:00:19
ラノベの賞の選評と同じでテンプレ組み立て風ではある

672 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 11:35:00
応募総数400だから一つ一つ違う選評を書く
時間的余裕がないと大変かもしれませんね

673 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 17:36:04
1/400って気分いいだろうな♪

674 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 17:38:34
たいしたことないよ。
プロになったら一億分の1にならなきゃだめなんだから。

675 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 17:40:35
おれは六十億分の1を目指しているけどね。

676 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 18:00:52
応募総数60億人?世界の文学賞?

677 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 18:03:35
文盲の人もいるのに

678 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 18:11:06
作家は自分と同じような人間がいたらお終いだ。
そのことがわからない奴は諦めろ。

679 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 18:14:36
ホラー作家の瀬名秀明のwikipediaに
2000年(平成12年)、宮城大学を離職。
2006年(平成18年)、東北大学工学研究科機械系の特任教授(SF機械工学企画担当)に就任。
2009年(平成21年)3月31日、同特任教授退任。とあり
瀬名秀明は今、専業作家でしょうか?


680 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 01:53:07
『……』は沈黙とか会話の間を表現するものでしょ。
それじゃあ、『――』って表現上はどういう効果があるの?




681 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 01:54:35
>>680
ニュアンス的なものだから正解というのはないけども、
「……」は口を噤んだ沈黙、「――」は口を開いているけど言葉が出てこない沈黙、というイメージかなあ。

682 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 02:00:24
>>681
両方とも、そういう間みたいなものを表現する記号ってことですか?

683 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 10:15:27
記号の本が本屋で売ってたから、立ち読みしてきてやるよ

684 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 10:52:53
>>680
前者は、単に発言者の歯切れが悪い感じ(責任は発言者に!)。
後者は、突然近くで爆発が起こったとかして、発言を中断させられた。
もしくは、作者がカメラの位置を変えたとかして、読者に声が届かなくなった(責任は周りの何かに!)。
そんな感じ。おらの考え!

でも本音を言うと、習うより……なれた……ほうが……。

685 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 17:38:43
■三点リーダー
(1) ためらいを表す
(2) 思考している、あるいは思考を途切れることを表す
(3) 沈黙表示
(4) 省略表示
(5) つなぎとして
■棒ダッシュ
(1) (棒ダッシュで文をくくって)挿入
(2) 文末の語句の分離、余韻や余情を表す
(3) 文末を切って、意図的な疑惑・考慮を表す
(4) 価格や書名、目録を示すのに使用
(5) 引用
(6) つなぎとして


686 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 18:09:54
「――」は「すなわち」と読む意味もあるよ

687 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 19:20:51
こういうのってさ、論理的に説明されなくても
こっちな気がしてしょうがない、みたいな感覚ってあるじゃん
「私は」なのか「私が」なのか
at なのか、to forなのか
人に訊かないとわからないって時点で、読書体験が少なすぎな気がする

688 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 19:30:47
自分の見解があるのは当然として、他はどう考えているのだろうという、疑問の先にこういう投げかけや論議が生まれるんじゃないのかな。
わからないから訊く、と決めつけるのは短絡的すぎる。

689 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 19:37:04
>>687
>人に訊かないとわからないって時点で、読書体験が少なすぎな気がする

老婆心ながら、おまえも同程度のアホだと感じるけどな。
みんなそんなことわかってレスしているんだよ。スレタイを見てな。

690 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 09:16:02
「だった」と「であった」の違いって何かある?

691 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 10:01:42
話が浮かんでプロットくんで妄想すんのは楽しんだけど
家かえってから執筆活動ができない…
やる気の問題なんだけど
どうすりゃ気を奮い立たせることができるのだろうか

692 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 11:14:05
才能がないんだと思う

693 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 11:17:41
書いてる自分や書き上がった事をイメージもいいな
フシギと半年〜1年後ぐらいに事実になってる


694 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 11:19:31
それは新手の宗教ですか?

695 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 11:37:29
イヤ、おれの例w
出来上がったら楽しいだろナ、って思うとやる気でる

696 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 11:58:48
>>690
自分の場合は「だ」と「である」の違いくらいにしか認識してないな。
あまり深く考えたことはなかったけど、実際どうなんだろうね。


697 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 12:05:14
あんまり細かいこと考えると、ゲシュタルト崩壊が起きるよ

698 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 18:24:20
まずテレビを消し、二ちゃんも見ない。
話はそれからだぞ。

699 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 18:30:53
ついでに命の灯火も消せば完璧。
話はあの世でな。

700 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 18:37:21
あ、そ。

おもんない。

701 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 18:50:23
あ、そ。

訊いてない。

702 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 19:46:30
小説家の一番の適性って何かな?俺は言葉に敏感であることだと思うけど

703 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 19:52:31
書くことだよ。
書かなきゃお話にならない。

704 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 19:53:02
ずうううっとワープロうってても飽きないこと

705 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 20:01:50
書きながら思考できることだよ。いや、ほんと。
いつまでも作家志望の人は、考えてから書こうとするからいつまでも成果が出ないんだ。

706 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 20:12:38
おれは全部作ってから書くよ
いつまでも考えたりしない、出来上がるまでしか考えない
ま、この板に居るくらいだから成果が出てないと、言われれば返す言葉はないが

707 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 20:28:00
>>691
宿題と思ってやるしかないな

>>702
最後まで、最初と同じだけの丁寧さで書き上げられるだけの根性

708 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 20:31:55
>>702
一つ書いて、次を書くときまでの休憩の取り方が安定していること?
完全に私感だけど

709 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 00:43:25
>>702
書くことだろうな。
ほとんどのワナビは考えるだけで満足しちゃうわけで。
センスや技巧は二の次だろ。

710 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 02:27:36
709 

という事はやはり小説っていう表現媒体は努力でカバー出来るっていう事だろうか?他の表現手法、音楽や演技、絵画等に比べて

711 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 02:40:05
>>710
好きな作家の文章をひたすら書き写すって勉強法が有るよ
やみくもに書いても文書は上達しない
音楽や絵画も最初は人マネが多いぞ
あとは人に批評してもらう事、一人だと限界が有る

712 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 02:46:18
小説の模写って実際の所どうなの?役に立つとか立たないとか色々な意見あるけど

713 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 02:49:55
>>710
いやそういうことじゃなくてさ、文学でも音楽でも絵画でも、完成させることがスタートラインだろって話。
完成しない、人目にさらされない作品にどんだけ凄いセンスやスキルが盛り込まれていても無意味。
だからまず、最後まで書けることが最大の才能。

714 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 07:43:02
>は努力でカバー出来るっていう事だろうか?

小説、音楽や演技、絵画等

これすべて、才能x努力ですよ
才能がゼロなら努力は無駄

ただ、才能があっても努力しないならやっぱりだめ
そういう意味での一番の適性は 
努力できること、努力し続けること、努力が苦にならないこと

715 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 07:48:11
努力すれば中卒でも総理大臣になれますよ

716 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 07:49:42
まっ、しょのー、小卒でも総理大臣になれるわでー
まっ、しょのー

717 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 09:19:26
努力「だけ」で小卒でも中卒でも総理大臣になれる国
そんなもん、あるわけねーじゃん

718 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/09(水) 09:42:14
すみません。
↓この作品を書いたのですが、自分ではラノベ用だと思ってるんですが、
晒しスレに出したところ、一般文芸向きだというご意見でした。
そこで、文学界新人賞へ出してみようと思っているんですが、
いかがでしょうか。
よろしくお願いします。

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0270.txt




719 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 09:42:45
今の法律の重要部分みてみると、法案提出者って田中角栄ばっかり。
どうやってあんなに大量の法制を整備出来たんだろう。天才か、と思う。

720 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 13:46:36
>>718
本当は長編であるもののシーンの一部分一部を集めたものに見える
(そうなの? 文学界はもっと長くないとだめだし)
尺はショートショートの長さだよね
でもSSと考えると書き込みは必要なことにだけ絞るべきで切れ味がわるい

父との思い出や、ヴェネツィアでの生活や出会いをちゃんと書き込まないと
こういう話は人物が生きてこないし、読み手に何もつたわらない
(知らないからしょうがないんだろうけど)名前をこっても見た目の描写だけだと
作り臭くなる
だからといってヴェネツィアの町とか道具や衣装をきちんと描くのは知識が要るけど

きつい事言うなら
一般文芸の何年応募しても落ち続ける人にありがちな文章だと思うよ


エンタメのように面白がらせるわけでもないし

かといって純文学雑誌が求めるような
私小説のような、どうしても伝えたいことがあるわけでもない
誰も見たことがない実験小説でもない
現代の風俗をするどく描写して見せてるわけでもない
文章の巧みさを競うわけでもない
(ライオンのようなとか、海を思わせる蒼く大きな眼とか
 純文学の雑誌なら比ゆが陳腐と思われると思う
 だからといってPさんのように戯言をごてごて付け加えると
 もっと勘違いどしろうとになって行くけどw)

どうしても文学界ってなら文章の修行をすべきでしょう、ってことだろうけど、
個人的には一般文芸誌の中でも、純文学ではなく
面白さ(主人公の成長や恋愛、魅力的な脇役、泣かせる話、笑わせる話とか)を
丁寧に作りこんでエンタメ系雑誌だとおもう

721 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/09(水) 13:55:59
>>720
実は本来は長編なんです。
ああ、そうですか。
なんとなく予想はしてましたが。

エンタメ系雑誌かあ、するとやっぱり電撃か…。

ていうかお読みいただいて恐縮です。
すみません。お手数おかけしちゃって。
ありがとうございます。

御意見、参考にさせていただきます。
どうも。

722 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 14:05:26
そのスレで言われてるのは小説すばるとか新潮エンタメとかじゃねーの?
電撃じゃなくね?
あるいはメフィストあたりじゃね?
世の中ラノベと純文だけじゃないでしょ

723 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/09(水) 14:07:16
>>722
なるほど。
意外でした。
そうですね。その二つだけじゃないですよね。

ご助言感謝します。

724 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 16:01:04
一郎さんはポッポって人の作品を読んでみればいいよ
かなり派手に書いてるのに陳腐な表現になってないっていう神作品
文学板のベテランが褒めるような表現があるから参考になる
ライトノベルと純文学の表現の違いがわかるよ
文学界スレの1にリンクされてるURLを見てみればいい

725 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 16:07:13
ちょいちょい読んだが、晒した人は他人の小説読んでる?
長編の一部らしいから何とも言えないけど、面白味がないというか
どこを売りにしてるのかわからない感じ
ストーリーがないとどこに応募しても難しい気がする
文学界はレベル高いよ

726 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 16:28:02
>>725
芥川賞受賞作と候補作を読んだ限りでは、そうレベル高いと思えん。

727 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 16:34:43
>>725
きみの考える文学界新人賞最新受賞作の長所を教えててくれますか?

728 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 16:47:25
一度スレ違いな書き込みをすると、そいつはもう荒らしにしか見えない。
残念ながらその刷り込みは末代まで続く。

おまえは荒らしだよ。失せろ。

729 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/09(水) 16:51:59
>>724
おお、そうですか。
これはアドバイスをどうも。

>>725
結構読んでるつもりなんですけどね。

730 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 17:39:34
>>728
アンカーくらいつけないか?

731 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 18:10:47
>>729
>>724は釣りだからww
作品についてだけど、文学界は完全にカテ違いなので出すのもったいない
ラノベ系雑誌のほうが良いよ

732 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 18:17:55
ポッポは芸術家気質っていうか、敏感に物事を捉える感じが凄い。
考えて書ける作品じゃないね。

733 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 18:47:02
模写って時間かかりすぎだよ。
それよりも、百回速読すりゃいい。
ま、ひとそれぞれだけんど。

734 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 18:50:59
模写はけんしょーえんになるww

735 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 19:10:46
模写手書きなの?

736 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 19:37:42
>>726が何を基準にレベルが高くないと言ってるのかは知らないが
仮にプロの小説を基準にレベルがさほど高くないとしても
このスレでさっき晒された小説が五大誌の新人賞で通用しないレベルなのは確実だろう?
>>725は晒された小説と比べての素人基準でレベル高いって言ってるのではないの?

737 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 19:40:36
一次落ちの荒らしって2ちゃんねるで人を貶す事しかできないみたい

738 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/09(水) 19:43:08
>>731
そうでしたか。
アドバイスどうも。

739 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 19:56:17
>>732
考えて書かれた作品しか理解できない凡才を馬鹿にする意味でポッポは公開してる作品を書いたんだろ

740 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:07:37
ポッポは最初から2ちゃんねる用に書いたわけか。


741 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:22:41
喜一朗さんの作品って、素晴らしいと思いました
頑張ってください ファンになりました!


742 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:23:25
ゼロの使い魔とかいう小説読んでみたら
三人称なのに主人公の心の声が()で一切閉じられてなかったけど
こういう書き方ってOKなんですか?
普通心の中で思ってることは(****)みたいな感じで()で閉じなければいけないと思ってた。

743 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:25:50
736は718みたいな良い作品書けないから悔しかったんだろ

744 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:27:56
>>742
三人称一元視点の自由直接話法もしくは自由間接話法
問題ないのですが、少し難しいと感じる人が多いスタイルかも

745 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:29:59
>>744
それは王道ではなくて邪道の書き方ってことでしょうか?
小説作法としてはグレーみたいな?

ゼロの使い魔って三人称小説なのに一人称小説読んでるような感覚になる……。

746 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:31:35
普段ラノベしか読まないやつは三人称の心の声は()で閉じるのが当たり前とか思い込んでるのか?
自分は心理描写を()で閉じてる小説なんてほとんど読んだことないんだが
そんなルールがあるのか?

747 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/09(水) 20:34:34
>>741
おせじでも嬉しく思います。
ありがとうございます。
頑張ります。

748 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:43:06
>>745
ゼロの使い魔ぐらい柔らかいのは少し珍しいかも
でも、色んな小説見てたら柔らかくないだけで
実際はけっこう使われていることに気づけるかと

749 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 21:44:14
>>744
>>748

参考になりました。
ありがとうございます。

750 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 23:03:35
括弧で心理描写って
たぶんラノベ意外に応募しようと思ったときは
避けたほうがいいと思う
(余計なおせっかいだし、そんな日は来ないのかもしれないけど)

751 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 23:53:53
新人賞に応募する原稿で章や節が変わった場合、前のページに余白があっても次のページから書き始めても大丈夫?

752 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 00:03:51
章なら大丈夫じゃね、節なら何でやってんだろ?って思うけど
前のページの余白があまりにも大きいとどうかなと思うが
実際販売されている本でもそういうことあるし

ただ、枚数計算では、その空白部分はを行数に含めないと思う
(単純に出来上がったページ数で文字数計算すると、その空白行も計算に入れちゃうでしょ)

753 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 01:00:52
ここ、誰かが質問をして、誰かが真面目に答えるスレだろ。
晒しに感想つけるスレじゃないんだから、そういうスレに誘導してやれよ。

>>751
好きなように。変わりましたってことがわかればどうでもいいみたいだよ。
逆に、変わったことがわからんと、読む側が混乱するかもね。

754 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 04:42:56
720は釣りなのか
718は82〜85枚あるから文学界の規定枚数だぞ
受賞されるのが怖くて嘘を書いたんだろ

755 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 09:35:20
>>752
>>753

分かりました!
ありがとうございます。


756 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 09:36:40
ちゃんと数えなかっただけだよ

757 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 13:31:26
粘着してるのは本人かね
みっともない

758 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 13:50:03
本人以外に怒る理由ないからなww

759 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 16:43:39
2ちゃんねるでは
「意外」とかくべきところを「以外」
「以外」とかくべきところを「意外」
と書く奴が多いのはどういうものか。

760 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 16:49:25
単に確認不足だろ。
出来るだけ早く書き込みたい奴が多いからさ。

761 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:07:03
読めば大体の枚数はわかるだろ
つまり720は718をまともに読まずに批判してたって事がわかった

762 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:18:45
わかったの今かよw
720読めば、熟読後の批評なのか
ざっと読んで気になる点を上げたのか位、そのときに気づけ
(それでも通読はしているし、気になった部分を読み返しもしている)

それと、俺がネットでの読書経験がすくないせかな、
俺が想像した大体の枚数は現実より少なめな予想で
それで「足りないな」と言ったんだよ

だいたい、ちゃんと読んでないやつなら、
「受賞されるのが怖くて嘘を書いた」
ってなんかお前の言ってることへんだろ

763 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:33:55
さっきこのスレに来たから今わかっただけだが 何を言ってるんだこのアホ

764 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:36:31
720 762
こいつは昔から2ちゃんねるに人の悪口を言うために来てる一次落ちの荒らしだから無視したらいい。

765 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:43:24
>>759
おまえ、ジャストシステムの回し者やろ?

766 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:46:07
>>763

>>743
>>754
>>761
安価もできてないし全部ageてるし
批判に対して受賞されるのが怖いから嘘ついてるだの悔しいだの
変な解釈してる思い込みの激しさが同一人物にしか見えないんだが
さっきこのスレに来たってホントかねえ

767 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:52:01
766が一次落ちなのはホント

768 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:53:55
まともに読んでない奴が批判か
こういう奴がいるから荒れるんだよな

769 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:54:37
>>767
残念ながらワナビじゃないから一次落ちすらしてません

770 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:01:14
創作文芸板で
ワナビじゃない人間が人の作品を読まずに批判
文学界の規定枚数も知っている 新人賞の原稿に対する知識もある

嘘を付けて良いね 一次落ち

771 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:07:07
>>770
>ワナビじゃない人間が人の作品を読まずに批判

枚数のこと書いて読まずに批判したやつは俺じゃないよ
別のやつ

>文学界の規定枚数も知っている 新人賞の原稿に対する知識もある

読書家なら知ってる人は結構いるだろ
それに規定枚数なんてネットで検索かけたらすぐにわかる程度の知識じゃん


レスしただけで一次落ちだの変なレッテル貼り乙

772 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:08:15
>>759
単なる変換ミス。

773 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:11:51
また一次落ちの嘘付きが荒らしてるのか。

774 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:13:19
文学界はおろかライトノベルの賞も一次落ちの例のアホか

775 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:17:13
何を根拠に一次落ちって言ってるの?
批判されたら発狂して粘着するくらいなら自分の作品晒すなよ

776 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:18:04
嘉一朗ってのは自演で有名なアホコテだから気にしないのが吉

リアルに2重人格ではないかという噂もある

777 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:19:08
一次落ちした奴は、頭に来て、スレ違いなところに宣伝しに来る。
これ、創作文芸板の常識。

778 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:21:11
嘉一朗は人に迷惑しかかけないな


779 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:34:49
暴れてるのは嘉一朗はなくてポッポとかいう真性の糖質じゃないか?

同じネット上の嫌われ者(+糖質)同士シンパシーを感じちゃったんだろうな

780 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:42:46
一次落ちと言われたら相手をポッポ認定
予想通りで笑った

781 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:46:04
ポッポは規制じゃないの?


782 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:49:33
スレ違いのレスでスレを浪費しないように。

783 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:49:34
読まずに批判してたのがアンチポッポなのがわかったな
やはりこいつがいなければこの板は平和だ

784 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 18:54:10
アンチと呼べる大層な存在がいるのかどうか
プッ)とか嘲笑の対象じゃなかったっけ


785 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 19:01:21
確かに文学板のコテにフルボッコにされた一次落ちがポッポを批判してただけだったな

786 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 19:09:08
このブログ見た感じ
ポッポは芥川賞作家よりセンスあるね

http://okuizumipoppo.blog98.fc2.com/blog-entry-1.html

文章表現力が違い過ぎて芥川賞作家が可哀想

787 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 19:28:10
文学板の知識人がポッポを褒めて勝負は付いただろ
もうアンチポッポがたまに負け惜しみ言ってるだけだから無視しろ

788 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 19:48:53
ちゃんとした世界では誰からも認められないから
こうやってネットでは自演してでも存在を誇示したいんだね

ポッポとかいう基地外良く知らないけどなんだか可哀想


789 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 19:53:23
質問。
さきほど別スレで何度か書き込もうとしたところ、
「修行が足りません」や「冒険の書を作成中です」
などのメッセージが出て書き込めませんでした。
これはいったい何なんでしょう?
運営の修行が足りないんでしょうか?

790 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 19:59:22
2ちゃんねるに貼り付けられたサイトに飛んだだろ?
ウィルスだな
ホッポとかいうやつには気をつけろ

791 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 20:06:54
グラタンにタバスコをかけようとしたら嫁さんに「それはおかしい」と言われました。
グラタンにタバスコをかけるのは変ですか?

792 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 20:14:50
タバスコはアントニオ猪木が日本に持ち込んだ。
猪木が好きなら何にでもかけるべし。

793 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 20:14:58
すきにしたらええがな
そもそもイタリア人はパスタにタバスコかけないよ
って言えばいい

タバスコは10円玉に落とすと10円が綺麗になって笑う

794 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 20:25:41
>>792->>793
ありがとうございます。

795 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 20:46:39
>>790
ウィルスでしたか。
ありがとうございます。

796 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 20:50:15
自演で話を反らす人

797 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 23:46:53
た、タバスコを10円玉にスゲーーーー!!
こわーーーー、こんななのに口に入れていいのかこれ

798 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 00:23:39
>>789

47 名前: 動け動けウゴウゴ2ちゃんねる [sage] 投稿日: 2011/02/09(水) 17:30:57 ID:ZOf7sNrq0
panda-world と e-mobile はどうやったら規制されなくなるかを考えてみる
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/sakhalin/1295982016/

251 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2011/02/09(水) 17:22:02 ID:113.197.138.177 0
【暫定仕様】 あってる?

・対象ISPは、e-mobile.ne.jp、panda-world.ne.jp、ocn.ne.jp、(cims.jpも?)
・書き込み時にCookieを持っていないとCookieが渡されてLv=1になる。このとき書き込みはできず3分待たされる
・●なしだとレベルは24時間で1つ上がる(?)
・●持ちだとレベルは20分で1つ上がる(?)
・レベルに応じて連投規制される
 Lv=5未満 180秒
 Lv=5〜9 120秒
 Lv=10〜14 60秒
 Lv=15〜19 30秒
 Lv=20〜24 15秒
 Lv=25以上 5秒
・レベルに応じてスレ立て規制される(現在有効?)
 Lv=5未満 スレ立て不可
・対象ISPから書くとき、本文に「!ninja」を含めるとレベルが表示される
・Cookieの有効期間は2年間(?)。Cookieを消すとLv=1からやりなおし

冒険の書(Lv=1,xxxP)


799 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 02:08:31
戯曲の原稿が載ってるサイトがあれば教えてください
シェイクスピアのハムレットやリア王等は持ってますが
どうやら戯曲募集の新人賞等に送る場合は
また書き方が違うようなので困ってます

800 :789,795:2011/02/11(金) 02:43:32
>>798
ウィルスじゃなかったのか。
安心した。
ありがとうございます!

801 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 13:59:39
400字詰め原稿用紙100枚の作品って、短編かな? 中編かな?
調べてみたらちょうど境目の枚数。
それでも、あえて分けるならどっちだろう?
どっちと判断する人が多いだろう?

802 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 14:57:47
>>801
自分なら、100なら短編。
100が中編の最下限って感じだろうから、100じゃ中編と言うには少ない印象。

803 :801:2011/02/11(金) 16:04:17
>>802
サンキュー!
1対0ということで、自分もそう判断することにします。

804 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 18:01:07
百枚以上は、まあ書けるという方に質問です。
書いていて面倒臭くなったりする事はありませんか?

805 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 18:20:42
>>804
長編を4作書いて全部落選した自分がマジレスすると、めんどい。同時に、おもろい。
歯ごたえがありまくるRPGだか何だかをプレイしている気分。

806 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 18:43:50
めんどくせーよ、途中で飽きる
でも、しばらくしたらまた書く

807 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 18:44:39
「めんどい」なんて言葉使ってる時点でダメだろうな……

808 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 18:55:01
マラソンみたいなもんだよなー
めんどくさいを突破すると面白くなってくるし、でもまた詰まると全部投げ捨てたい気分になるし

809 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 18:55:11
>>804
なることはあるよ。でもそのうちまた楽しくなる。
それを繰り返してるうちに書き終わって、にやにやする。

810 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 18:56:55
ナルホド、みなさん少なからず面倒くさく感じてるんですね。
でもそれを突き破ったところに、ゴールがある、と!

811 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 20:53:27
質問です。知っている範囲でいいので、回答お願いします。
@純文学系の新人賞でデビューした作家で覆面作家っていますか?
完全に覆面とまではいかなくても新人賞を受賞した際の雑誌掲載時に顔写真や経歴を非公開にした作家はいましたか?

A最近の作家で覆面作家といえば舞城王太郎が思い浮びます。
舞城さんはメフィスト賞でデビューですが、メフィスト賞を受賞した作家で舞城さん以外に覆面作家の人は今までいましたか?

812 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 22:50:03
799を助けて貰えると助かります

813 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 23:14:25
>>811

第0回メフィスト賞の京極夏彦は最初プロフィール非公開だったよ

814 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 23:18:38
>>812


webサイトじゃなきゃいけない理由は?
図書館に行くか月刊シナリオとかのバックナンバーあたったほうがよくね?
あるいはそのものずばり戯曲の書き方みたいな本を買うとか

英語で海外の映画なら知ってるけどそれとちがうよね
そもそも著作権違反のような気もするし

815 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 23:25:00
>>813
レスありがとうございます。
途中から公開したんですね。

816 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 08:05:36
ネット関連の質問です。

たとえば犯罪者が自分のパソコンを持ち去ったとき、警察はプロバイダにログを開示させると思いますが、
それはどの程度まで調べられるのでしょうか。
メールの送受信とかアクセスしたサイトがわかったとしても、掲示板とかチャットに書き込んだ内容までわかるのですか?
メッセなんかも、内容はわかってしまうものでしょうか。

ちなみに、使っていたパソコンさえ見つからなければ、どこの誰と通じていたか特定できない方法はありますか?

質問だらけですみなせん。
私はパソコンにうとくて、このあたりがよくわかりません。
よろしくお願いいたします。

817 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 10:54:27
小説に付けるタイトルで悩んでます。

「空の携帯電話」、「三月に降る雪」

パッと見の印象でいいので、
どちらがいいかお願いします。

818 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 11:29:14
「三月に降る雪」がいい。絵的に映えるしね。
ジブリにけんかを売るわけではないけど、「の」が付くタイトルは安直とも思えるし。

819 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 12:35:30
でも韓国ドラマで8月に降る雪みたいなのあったぜ

夢見月に降る雪、とか宇宙(ソラ)の携帯電話とかやると中2ぽいよね

820 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 13:56:04
>>816
ログ提出要請で当たる先はIPSだけじゃない。
たとえば2ちゃんねるにログの提出を求めることも出来る。
そうなれば、情報を
・該当するログを書いた時刻、IP、プロバイダ、内容を2ちゃんから
・該当するIPの契約者をプロバイダから
それぞれ取得することによって個人の特定が可能になる。
特定できない方法は、あるのかどうかはわからないけど、
それをここに書いたら犯罪を幇助することになるだろ、常識で考えてくれ。

>>817
携帯電話なんていう機械的な単語を使ったら、イメージが膨らまないよ。
ということで雪に1票。
携帯電話をもう少し夢のある言葉に置き換えられたら、それもいいと思うけどね。

821 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 14:01:55
IPSって何だよ…orz
ISPね。

822 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 17:09:27
>>817
どちらかと問われたら俺は「空の携帯電話」を推す。

だって雪が三月に降るのは当たり前じゃん?
「八月に降る雪」なら気になるけど、「三月に降る雪」ではタイトルを見て読む気は起こらない。
一方「空の携帯電話」はこなれてはいないけど、「おや、どういう意味だろう?」と気を惹くことはできる。

823 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 17:34:37
説明と描写の違いを教えて下さい

824 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 17:35:40
>>823
しつこいなあ、もういいって、それ…。
過去ログ嫁。

825 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 17:45:13
>>823
住人なんてそんなに簡単に変わらないから
「説明と描写の違い」荒らしのことを覚えている人がいなくなるには年単位かかると思った方がいいよ
こういう回転の速いスレは飽きないから、なかなか人が離れていかないんでね

826 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 10:22:43
小説の中の人物が現実に出てくる作品て、何かありますか?

827 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 10:22:54
文庫本、ハードカバー、雑誌、様々な幅の
本を支えられる書見台を探しています
ご存知でしたら教えてください
よろしくお願いします

amazonで探しても文庫をはさめるのが
なかなかなくて・・・

828 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 11:23:12
>>826
すまんが、せめて三行くらいで書いてくれないと意味が分からん。

829 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 12:25:11
>>826
もう一回。
作中の、小説の中の人物が、現実に飛び出てきて何かする、という設定の小説はありますか。

830 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 12:47:01
>>829
古いところだと『ドン・キホーテ』にすでに同じような構造が見られるな。

831 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 13:11:51
去年、書店の店頭に並んだ絵本?で
海の底から思い出を積み重ねるように
家を何重にも積み立てていくという
話の題名、わかる方いますか?

832 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/02/13(日) 13:39:23
「海の底 家を何重にも積み立て」でググッたけど。
つみきのいえ?どろんころんど?

833 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 13:41:45
>>831
同名のアニメ映画が原作の『つみきのいえ』ではないか?

834 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 14:04:23
つみきのいえです。皆様ありがとう♪

835 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 18:13:48
山崎豊子先生原作
沈まぬ太陽の三浦友和と松雪泰子の
キスシーンが脳内にこびりついて
離れない私は欲求不満?


836 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 18:21:08
>>835
欲求が満たされているかどうかはあまり関係ないと思います。

837 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 18:21:37
太田光のマボロシの鳥の
書き出しはどんな文章ですか?

838 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 18:52:15
友和:いつも今一歩のところで踏み込めない。
だらしない男だろ?
泰子:いいえ、私は行天副委員長の慎重さを支持します。
アクセルだけではだめ、時にはブレーキも必要・・・。
友和:君も恩地の事が好きなんだろ?
泰子:私は・・・・・・。
友和:(一気に煙草を揉み消し、一瞬口づけする)
泰子:(行天を見つめ行天の太ももをぎゅっと握る)
友和:(美樹の肩を引き寄せ濃厚キス)
飛行機の飛び立つ音が背景に流れる。

839 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/02/13(日) 19:17:08
魔人チカブーとの約束。それは不思議な契約書だった。
今回の演し物をするにあたり契約書が交わされていたのだが契約条項の最後の項目にはこう書いてあった。
「魔人チカブーの演し物の最中は劇場の全てのドアと窓をしめ鍵をかけ密室状態にしておくこと」
事件が起きたのはオリオン劇場。その夜劇場は超満員。
客席と周りの通路を隙間なく埋め尽くした立ち見の・・・

840 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/02/13(日) 19:27:34
幻の鳥なら奇跡の雪がよかった。砂漠にふりそそぐ真っ白な雪。アザミにスミレにアオイ。
カミサマもイノチの意味もしらない純粋な心。うしなわれなくてよいこども達の命がうしなわれてく。

841 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/02/13(日) 19:32:01
どの話にも鳥が絡むんだよね。幻の鳥自体がいろんな意味をもって。

842 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 19:46:11
マボロシの鳥の短編9作品は
原稿用紙に換算すると何枚?

843 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 20:20:53
春樹批判してる癖にタイトルがねじまき鳥に似てるのは光という名前の人間がみんなバカだからだよね

844 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 21:44:21
太田光のトリックスターから空へ。
上手いんだけど何かが足りない気がする。
何が足りないんだろう?

845 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 21:48:29
ゴーストに払う金額

846 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 00:49:15
>>827
こっちのほうが質問にはいい気がする。
スレを立てるほどではない疑問・質問@家具板6
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kagu/1242746174/

847 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 01:56:18
登場キャラが二ページぐらいに渡って物語の設定を長々と語るのはまずいですか?
長々と語るのは一回だけなのですが……。


848 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 02:26:08
>>847
2ページであるとか延々語っているとか、それ自体が問題なんじゃない。
それを読んでいる人間が楽しめるかどうかが問題だ。
面白いと感じるように書けるんなら、何も問題ない。
普通はそれが出来ないからやめろと言われているけど。

849 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 09:38:49
たとえば
ある文学賞に去年応募した作品をなおして、今年に別の文学賞に応募するのと同時に、
去年応募したところに新しく書いた作品を応募するのは、ありですか?


850 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 09:45:42
>>829
まんがだとふしぎ遊戯とかがあるんだけどな…
小説思いつかん、すまん。
ふし遊はアニメにもなったし楽しいよ。主人公が本から出てきて
「俺は本の中の人間だったのかorz」ってなるよ。

851 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 14:35:00
太田光のトリックスターから空へ。
文章も全体的雰囲気も上手いんだけど
何かが足りない気がする。
何が足りないんだろう?



852 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 14:36:51
あんたが脳足りん

853 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 14:40:37
>>829

ガルシアマルケスにあるよ
筒井康隆も書いてる

両方ともタイトル忘れたけどw

854 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 19:16:00
簡潔な文章にしたがるせいか、描写がスカスカになりがち。かといってだらだら書いててもしょうがないしバランスが難しい。描写力が上手くなる練習方法って何かないかな?

855 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 19:32:45
日常生活で辺りを見ながら脳内で描写していくとか
ドラマや映画見て文章に落とすとか
描写がうまいなーと思った小説を書き写すとか

856 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 20:05:20
829です。皆さんアリガトウ。
フィクションからキャラが飛び出す話は意外とマイナーなんですね。
おいらは小松左京のアレ(ネタバレになる)しか思いつかんかった。

857 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 21:22:29
>>849
余裕でアリです。

>>854
百のお題とかあるじゃん、あれの題を、感じさせるけどテーマにしないで掌編をずっと書いてたら、ちょっとずつ技術がついた。

858 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 21:38:41
857  

ありがとう。今小説書き始めて3ヶ月で掌編ばかり書いてる。というか掌編しか書けないわ、長編が書ける気しねえ泣

859 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 22:50:09
>>858
エピソードや人間関係を深めていくと、掌編じゃ文字数が足りなくなってくる。
書き終わるまではしんどいけど、書いちゃうと楽しいよ。
こっちがわへいらっしゃいw

860 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 23:01:53
>>858
3ヶ月ぐらいなら、技術をどうこう考えるより、書きたいものをリビドーのままに楽しんで書く方を優先した方がいい
ある程度までは数をこなすだけでも技術は上達するよ

861 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 00:00:21
ラテン語で「(強い)欲望」

862 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 00:21:32
860  

ありがとう。優しい泣 

実は今日マイミクの処女長編を読んだんだけど、描写力とかすっげえ上手いの。本当に初めてかよみたいな。才能の違いに凹んだwそういう事って皆ないですか?

863 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 00:39:12
全員ある。
それでも書けることこそ最大の才能。

864 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 00:42:18
>>862
自分にないものは輝いて見えるからねえ。
自分にあるものを磨いたらいいと思うけど。

865 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 08:24:13
>>820
遅くなりましたが、レスをありがとうございました!

866 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 12:13:24
ありうる限り、読みやすく、軽く読める文体で
しかも文章がうまいって作家さんを紹介してください

自分が読んだ限りでは赤川次郎さんや夢枕獏さんが
そうですが、ラノベなんかにもっと読みやすく、かつうまい
人がいるのでしょうか?
いたら紹介してください

よろしくお願いします

867 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 12:51:41
ポメラ、ネットブック、中古ノートパソコンなら
皆さんはどれを選びますか?
上記のツールは執筆に必要な機能を備えていますか?
何か弱点はありますか?
予算が少ないので万が一壊れても買い替え可能なものを探したのですが

868 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 13:04:51
>>867
腕と肩にかかる負担を考えるとノートかな

自分なら安いデスクトップPCにして、
キーボードだけは良いの買う
執筆だけなら性能なんか要らないので
割と安く済ませられるはず

あとノートPCの場合、メーカーによって
腕と肩にかかる負荷が全然違うからね
ひと昔前ならシンクパッドがお勧めだったけど
今はどうかわからん



869 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 13:43:15
PC持ってるならポメラ(縦書きとか印刷とかできないから)
もってないならノート
って言うかいまどきのネットブックとノートの境界はあいまいだよな
ネットブックかノートか良い野見つけたほうを買えば良いと思う

どっちにしろ俺もキーボードちゃんとしたやつ買うのはお勧め
ノートのキーボードが好きって人も居るだろうけどさ

870 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 14:23:13
ポメラを除外するかもう一度検討してみます
やはりPCに慣れているので、画面が小さかったり、キーボードはどうかとか
その他いろいろ不安が残りますので

以前PCが故障して文字がでないキーが出てしまったり
バックライトが壊れたりと修理代が高くつきました
でから今回、選ぶのに慎重になっていました

中古は不安なのでやはり新品のものでしょうか
予算的に中国や台湾メーカーになりそうですが
気をつけて使ってすぐに故障しないことを祈ります

ネットブックかノートパソコンをもう一度探してみますね
みなさんありがとうございます

871 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 14:34:31
デスクトップについては馴染みがなく、よく分かっていないのですが
調べてみて、安くもあれば検討してみようかと思います

やはり腕や肩の負担も出てきそうですね、机の高さも関係あるのでしょうか
ナカバヤシというメーカーの折りたたみの机を使う予定です

キーボードの使い勝手についても今後考慮してみたいと思います

ありがとうございます


872 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 16:34:25
むしろ値段だけならデスクトップでしょ。
おれはノート派だけど、デスクトップの拡張性はうらやましい。
ノートも随分安くなったが、中古のノート買うくらいなら新品のデスクトップだな。

873 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 18:47:55
デスクトップなら初期購入費も安いし
壊れたら壊れた部分だけ変えられるよな
(限界はあるけどさ)

874 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 18:57:24
>>866
うーん、
高千穂遙……

875 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 19:10:50
ラノベは、ラノベ方向に読みやすく上手い人になっちゃうから違うよね

876 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 21:42:43
MacBook Air で決まりだら。

877 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 23:49:59
>>866
夢枕獏と来たら菊地秀行?

>>867
予算と求めるものによる。
いつでもどこでも手軽にテキスト書き殴るぜ!っていうならポメラを推すけど、
それなりに推敲もしたいし…とかいうことならノートがいいと思う。
持ち運びがどうでもいいならデスクトップがいいんじゃないかな。

878 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 01:26:52
>>866
名前忘れたけど、涼宮ハルヒシリーズの作者は、
読みやすくて軽くて、面白いし上手いと思った。
あの人の成功から、ラノベで一人称独白の文体が流行ったとか聞いたことがある。
最近の他のラノベはわかりません。

誰が言ってたのか思い出せない。
読みやすい文章で、読者が一冊2時間程度で読める本を、
作家はどれだけ苦心して書いているかって
ぼやいてた作家は誰だったっけ?

879 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 03:01:31
>>866
田中ロミオはいかが?
PCゲームのシナリオライターが本業だそうだけど、
小学館のGAGAGA文庫で何作か出してる。
……ってこないだ「AURA」を読んだばっかりですが。


880 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 08:25:47
美少女の死体を見つけてそれを持ち去ったら、なんの罪に問われますか?
殺したのは別の人物なので、適用される罪がよくわからなくて。

881 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 08:45:52
説明と描写の違いを教えてください
答える意思のない人はレスしなくていいですw

882 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 09:02:17
>>880

死体等領得罪

883 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 09:13:34
>>876

MacBook Airの「電卓かお前は?」って言うあのキーボードはクソ過ぎる
クールなら利便性はどうでもいいのか?道具なのに


884 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 09:21:43
ラノベにうまいやつなんかいない。スカスカか、文学気取りの熟語使いまくりバカしかいない。

885 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 09:27:21
>>884

そういう方向性のものさしで測る上手さなんだよ
君がやっているのは
すし屋行って、生魚ばっかだなちゃんと料理がないって文句言っているようなもの

886 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 09:46:44
>>885
寿司屋は生のサカナばっかりでもない。酢で締めたり煮たり蒸したり焼いたりしている。
それを言うなら魚屋に行ってウオばっかりだと文句を言うようなもの。

887 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 10:46:23
俺も最初そう思ったけどさ、
ラノベいくら酷いって言ってもスカスカばっかじゃないって意味も含めて
ちょっと酢で締めたり煮たり蒸したり焼いたり程度はあるだろ

そう思ってすし屋の例えにしたよ

888 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 11:14:20
>>883
>クールなら利便性はどうでもいいのか?道具なのに

それは利便性の欠如ではなく、きわめて個人的な感想だよ。

889 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 11:29:05
そうじゃない感想があなたの中に生まれている
(ぺなぺなキーのほうが押しやすいとかね)
って点のほうがやばいと思うんだが
まんまとだまされてるっぷりがね

ま、コレも俺のたんなる感想


890 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 11:48:01
で、結局読みやすくて上手い文章の作家は誰だよ

891 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 12:06:26
>>890

ちょっと君の求めてるものと違うかも知れんけど
「日本語の作文技術」本田勝一
「作文教室」井上ひさし

が良かったよ
無名なだれかの推薦の文章が上手い作家をただ読むより
きちんと体系化されたものを一読してから小説読むと
自分の求めるレベル、ジャンルの、上手い文章の作家が見つかると思う

ある人にとって読みやすい上手い文章でも、国語能力の差によって他の人には読みづらい場合があるから

892 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 15:48:02
>>891
レスd

893 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 15:48:39
今の一般的な県立高等学校って

・土曜は全部休み
・土曜は全部授業
・第二第四土曜だけ休み

のどれですか?

894 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 17:06:30
公立は基本週休二日だから、土曜日も休み。
でも、一部進学校とかで、特別に授業やっているとか、
自主的に補習授業みたいなものをやっているなんて場合もわずかながらあると思う。
まあ、一般的には土曜日は休みだよ。
時代設定が現代ならそれでいいんじゃね?

895 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 17:34:33
創作技術、文章読本の類で良著を教えてください

896 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 17:50:55
文章読本???

897 :895:2011/02/16(水) 17:56:27
文章書くことそのものの技術などが載った
本です

898 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 18:02:53
高校生のための批評入門
高校生のための文章読本
高校生のための小説案内

の三冊はええよ。いろんな人のいろんな文章が載ってて解説もある。

899 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 18:04:03
>>897
書くことそのものの技術?
それは表現に関して? 小説の文章作法に関して?

表現に関してだったら、いろんな本いっぱい読んで、自分で会得するしかないよ。

900 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 18:08:47
>>897
すでに>>891に挙げられているが、本田勝一『日本語の作文技術』は作文技術の教科書の傑作として名高い。
例文がやけにサヨク的なことを除けば(笑)。

文芸の教科書ではないから味のある文章が書けるようになるわけではないが、読みやすい達意の文は書けるようになるよ。

901 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 20:37:21
>>894
ありがとうございます。

902 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 21:57:16
200枚ほどの中篇で3本。エンタメですがミステリじゃありません。
合計650枚ほど書いて小学館の文庫小説賞に応募しました。
もし、駄目だったらすこし直してほかに応募しようかと思うのですが
この枚数で非ミステリ、応募できるとこが他にあるでしょうか?


903 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 22:09:44
>>902


ttp://kobo-joho.jpn.org/kobo/syosetu-bosyuu2.html

それ3本バラで出していくの?
新潮エンタメとか小説すばる新人賞かな
その3本が続きの話ならまとめてメフィストもいけるかも

もっと後の締め切りなら自分で探すよろし
数字の2の所を適当にいじると、ほかの月のも見れるよ

904 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 02:02:33
>>903

ありがとうございました。

905 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 04:07:07
"四つ"って避けた方がいい?
四つ辻とか

906 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 08:08:50
>>905
四つ子とか四つ辻とかかけそば四つとかならおれは避けない

907 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 10:57:49
>>906
本当に差別とは無関係なら堂々と使えばいい。
万一クレームが来たときも誠実に説明すればいい。

908 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 10:58:53
アンカミス。↑のは>>905さんに。

909 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 12:07:02
>>906-908
ありがとう
堂々と使うことにします

910 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 22:30:53
四つってなにかまずいの?

911 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 22:32:18
小説ってもう持込み受け付けてないらしいけど、編集部に売り込むにはなんかの賞撮るしかないの?

912 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 22:36:42
四つ自己解決

913 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 03:25:04
>>911
基本はそうらしい。
ただ最終選考で惜しくも落選したような作品なら、他社で持ち込みに応じてくれることもある、らしい。

914 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 11:35:42
詩を書いてる人はどんな形で発表してる?

915 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 16:38:39
チラシの裏

916 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 22:14:03
>>914
自分でサイトやブログを立ち上げるのが一番お手軽なんじゃない?
まあ、詩のコンペもあるよ。中学生の女の子が盗作で大騒ぎになったでしょ。

917 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 02:36:20.97
エンタメを、こつこつ書いてます。
プロットが決まり、書き出すと普通のスピードで書けるのですが
いかんせんプロットづくりが遅くて困っています。
クーンツの「ベストセラーの書き方」は読みましたが
あまり具体的ではなく、役に立ちませんでした。
プロットづくりを解説した本やサイトが、
もしあれば助かるのですが、どなたかご存知ありませんか?
よろしく、お願いいたします。


918 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 04:32:11.78
>>917


プロット作りなんて、結局才能
文章の読みやすさなんかは訓練できてもストーリーつくりの上手さは練習では限界がある
たとえばカードに「対決」とか「裏切り」とか書いてそういうのいっぱい作って
裏返して1枚選んで、それに沿って物語の訓練するがよい
とか
辞書や聖書を適当に開いてそこの文字から連想して話を作れ
みたいなことをしたり顔に言う本もあるが
行き当たりばったりで、話をただ転がしていっても魅力あるものができるとは思えない
実際、それを言う人の本が格段ストーリーが優れてるということないし

919 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 05:12:06.67
>>917
ttp://runsinjirun.seesaa.net/article/141254446.html
ttp://runsinjirun.seesaa.net/article/143715437.html
ヒントとして


920 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 14:49:13.29
>>917
解説した本やサイトってわけではないんだけど、

1)自分の中で動かしてはいけない核となる部分を明確にする
2)それを一番効率よく表現出来る展開を1行程度で考える
3)2で考えたものを1行程度ずつの起承転結にする
4)3の起承転結に、それぞれ1行ずつ程度の起承転結をつける(16項目になる)
5)16項目の中で起きる具体的なイベントを考える

みたいな、細分化する方法は、わりとやりやすかった。
1と2が重要ね。これがぶれたら全部がぶれるから。

921 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 17:15:44.25
好きな小説を3つ教えてください

922 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 17:26:11.87
>>921
・アルジャーノンに花束を
・祈りの海(短編集)
・魍魎の匣

923 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 17:32:08.94
>>921
・月の光(星新一)
・プリズム(神林長平)
・自分の書いた小説のうちの一つww

924 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 17:45:45.74
>>921
・夏への扉
・戦闘妖精雪風
・M・G・H

925 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 21:16:35.71
>>921
スレ違い

926 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 21:27:24.23
>>917
プロット、エピソード、キャラの中ではプロットが一番簡単
プロット作っただけでスラスラ進むなら才能あるから心配するな
もっともエピソードがダメだとキャラが脚本に引っ張られることになるけど

まあ作家として一番大事なのはアイデアや設定だけど

927 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 19:49:17.81
応募の際の印刷ってどのソフトを使っていますか?
普通にwordとかですか?

928 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 20:45:40.28
うちは一太郎

929 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 20:48:01.97
俺も一太郎。だがバージョンは10のままだ。
完全64ビット化までは、まだ戦える。


930 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 21:09:39.95
こんなの書きたいなっていう考えがあって、枚数が決まれば、
プロットなんざごく自然に埋まるだろ。

作家として一番大切なのはアイデアや設定よりも演出力とか
客層を絞って抉る力だと思うな。

931 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 21:35:27.25
カスw

932 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 00:00:56.69
小説家になろってサイトに載ってる応募原稿の表紙サンプルには 題名 ペンネーム 枚数 新人賞名しか書かれてませんが
全ての新人賞は表紙に住所や電話番号や略歴も書けと指定してます
二枚目以降になれば表紙とは言いませんよね
みなさんは表紙はどうしてますか?

933 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 00:11:19.11
応募規定にあるはずなのでそれを参照

934 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 00:46:48.19
応募規定はほとんどの賞が表紙(一枚目)に全部書けと指定
しかし作家になろうっていう有名なサイトは違う表紙の書き方のサンプル画像だけがある
だから気になったんですよ

935 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 02:14:28.34
気にすんなよ
あたりまえだけど、絶対に絶対に応募規定に従うべき
未定な部分があるならそのサイトに従えばいいよ

936 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 02:26:31.76
>>934
有名人が何を言おうとも、クライアントの要望に応えるのが筋だろ。

937 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 02:55:40.70
ちょっと質問したいんだけど

「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」友三の目尻には涙が浮かんでいた。「〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
※〜〜〜〜〜は台詞。

って場合、「浮かんでいた。」の。は入れるべきなんだろうか。
省略するのが作法?

938 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 03:34:06.60
そこは地の文だから、入れるべき。省略など論外。
会話の最後の」の前に句点を入れるかどうかが問題になるだけで、
入れないのが一般的だが、入れる人もいる。車谷や綿矢等。
平野はどうだったかしらん。手元に一冊もないからわからん。

939 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 04:57:41.44
昔の教育では入れてたんだよな「〜〜。」
今の教育では入れない、村上龍はあたりだと最初は入れてたのに
途中から入れなくなってる
綿矢は入れるのか、なんでだろ? 
旧かな使いをあえて使ってみせるみたいなものかな

940 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 08:13:43.90
好きな作家が。入れてるから自分も入れてる

941 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 08:33:12.81
それだけで一次落とす賞もある

942 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 17:47:44.21
1900年前後、欧米ではシャワーや蛇口といったものはどの一般家庭にも備えられていたのでしょうか?

943 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 20:22:21.56
>>941
どこだよ

944 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 20:24:35.84
>>942
読むのが面倒くさい。自分で読んでみて。
http://www.clair.or.jp/j/forum/c_report/pdf/297.pdf

945 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 22:24:14.23
芥川賞受賞作が文春の今月号に全文掲載されてるけど印税はどうなるんだろ?
単行本と同じで、朝吹と西村に入るんだろうか?

朝吹に儲けさせたくないな。
入るなら単行本を、入らないなら文春を買って欲しい。


946 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 23:10:02.43
あるとすれば、印税ではなく原稿料だろうが、それもないんじゃないかな。
芥川賞の賞金が原稿料の代わりなんだろう。
いずれにせよ、文春がいくら売れようが、朝吹にも西村にも金は入らんから、
安心して、好きなようにしろ。文春の方がお得だと思うがな。

947 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 23:29:34.20
歴史をモチーフにした作品で、実際その立場にいた人物からキャラの名前の一部をもらうってアリだろうか?ほとんど端役だけど

948 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 00:49:07.07
>>947
それを明確に否定する資料がなければ何でもOK。

949 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 01:18:50.03
普通に原稿料払うだろ
なんで入らない事にしたいんかさっぱりわからんけど

950 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 08:08:55.65
>>932
遅レスだが小説すばる新人賞とかは違うぞ
全部の〜ってどこ情報だよ?
そもそも自分の出したい文芸誌ぐらいは読め
公式ホームページよりも応募規定が詳しく書いてあることがあるぜ

951 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 14:05:32.07
>>949
あんな中学生が書いたような小説で綿矢リサみたいに億も稼がれたんじゃ
一生懸命底辺で働いてる人たちがかわいそうじゃないか。

952 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 14:41:04.37
かつてのきららや集英社の読書プラスみたいな、気軽に投稿出来る賞ない?
出来ればウェブで

953 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 14:49:29.33
>>951

いくら雑誌が売れても原稿料の場合は固定だ
原稿用紙換算でページあたり数千円から数万円くらい
月刊誌だし文芸誌だから、たぶん数千円のほう

底辺で働いている人たちがかわいそうなのは
一生懸命努力しないで、一生懸命労働するから

954 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 14:55:17.11
>>952

俺は大概の賞には気軽に投稿している
気軽かどうか、そんなものは君側の問題だよ

955 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 18:22:32.99
>>953
それは違う。一生懸命労働する他に才能に恵まれなかったことが、かわいそうなのだよ。

956 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 18:36:19.33
SSが書けた
誰かに読んでもらって感想をもらいたいけど
どうすればいいかな?

957 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 18:51:09.40
SS?? シー・シェパード?

958 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 18:53:56.37
ゴミは「アリの穴」と決まってるだら。
ぶちこんどけ。永遠にお前の名は残る。

959 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 19:16:56.77
>>956
小説投稿サイトにでも投稿すればいいんじゃないか?

オレの知ってる主な投稿サイト
・Alcadia
・ライトノベル作法研究所
・小説家になろう

他にも検索すればたくさんあるから自分の好きなところにどうぞ

960 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 19:47:00.06
サンキュー
検討してみます

961 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 20:09:30.89
とっても優しいおまいらにすごくアレな質問をするよ
それでも答えてくれると俺は信じている

俺の作品、電撃に出そうと思ってるんだけど、作品にあまり萌え要素入ってないんだ・・・
萌え入れないと不利だったりする?

962 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 20:11:19.83
>>961
聞けば電撃にはMW賞とかいうものがあるそうじゃないか。

963 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 20:12:03.99
>>962
ふるいのしか知らないけど、奇蹟の表現は萌えはなかった気がする

964 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 20:12:44.37
アンカミス
>>962じゃなくて>>961

965 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 20:20:45.64
俺の作品はバトルやら謎解きばっかだから不安だったけど萌え無しの前例ってあったのね
ちょっと安心したお。だけどうわああ心配だああ

電撃のままでええんだろうか、送り先・・・

966 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 22:49:45.77
この板にテラネッツ関連のスレがあったようなのですが、なぜなくなってしまったのでしょうか?
テラネッツのライターの仕事が極端に減ったのでしょうか?

967 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 23:01:16.45
主人公が最初から最後まで弱いバトルやファンタジー系の小説ってありますか?
最弱の能力だけど、使い方によっては最強になるみたいなのを除いて。

968 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 23:03:31.40
>>961
萌えって用語もあるキャラクターが、可愛らしいとか愛くるしいという一方向に際立った物
と考えればキャラクターが立っているならば萌えは不要だよ

969 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 23:12:15.48
>>967
『指輪物語』とか『エルリック・サーガ』とか。

970 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 23:54:40.03
>>969
ありがとうです。調べてみます。

971 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 23:56:10.47
>>966
鯖が飛んだときに消えてそれきりなんじゃない?

>>967
強い弱いっていう概念じゃないけど、精霊がいっぱいは(一応)ファンタジーで(一応)強くはない一般人。
絶版な上に(一応)なのでお勧めは出来ない。
お師匠さまは魔物!シリーズも、最弱とは言えないけど、強くはない…と思う。仲間が強い。

>>969
エルリックは最弱だけどストームブリンガーが強いから反則じゃね?w

972 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 00:01:23.70
小説すばる新人賞って、下ネタは無理だって
話ですけど、マジですか?それ?

973 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 00:02:01.30
すばるの中の人じゃなきゃわからんだろ。

974 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 00:06:03.47
>>973レスありがとうございます。
そうですよね。要は腕次第ですしね。


975 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 04:16:44.65
文章を間違えず悪文を書かないようにするための
文章の基本や句読点の打ち方、悪文の例などが
載っているサイトや本を教えてください

976 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 07:59:17.02
自分でいっぱい本読んで、
自分で書いた文章はしっかり見直すしかないだろ。

977 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 09:12:28.47
>>975
>>900

978 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 11:15:32.81
漢字の使い方でよく迷うのですが、
「ない」を、「無い」と書く時と「ない」と書く時はどう使い分けるのでしょうか?

「そうではない」「そうでは無い」
「何ともない」「何とも無い」
そもそも文法として合っているのかもよくわかりません。

「なん」「何」・「もの」「物」・「こと」「事」も使い分けも知りたいです。

979 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 12:57:02.83
>>978
辞書引いたら、「無い」は形容詞で「ない」は否定の助動詞だそうです。
「ぬ」も否定の助動詞なので、「ぬ」に置き換えられたら否定の助動詞ということだと思います。
「動かない」→「動かぬ」「泣かない」→「泣かぬ」
このタイプの「ない」は助動詞だから「無い」とは書けません。
「そうではない」や「なんともない」は「そうではぬ」「なんともぬ」とは言えないので形容詞です。
形容詞は「無い」と書けますが、重くなるのが嫌な場合は「ない」で良いと思います。

僕は、「金が無い」みたいに、有るか無いかをはっきり意味する場合は「無い」で、
そうではない場合は「ない」と書くことが多いです。この、「そうではない」みたいに。
「そうでは無い」だと、否定の感じが強く出すぎるように思うのです。
後は、軽い人のセリフなら「問題ない」で、堅物のキャラなら「問題無い」とか。
漢字とひらがな・カタカナの持ってる雰囲気と、場面や人物の雰囲気が合うように心がけてます。

「なん」「何」・「もの」「物」・「こと」「事」は、どっちを使わなければならないとかは無いと思います。
漢字を使うかひらがなにするか、そういうことで雰囲気がうまれて文体になるのだと思います。

980 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 17:30:32.81
>>979
横からすまんが名回答。コテ付けてくれ。で、教えてくれ。

あんたのプロット作成手順および実際のプロット。

981 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 17:36:42.33
>>979
回答ありがとうございます。分かりやすかったです。

982 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 18:38:40.04
965だが、
やはりラノベ、の看板を背負ってる以上キャラの個性は必要なんだね
自分のやつはみんな少し個性薄めなんだけど、電撃に出すならどれくらいのキャラの個性が必要なのかな
変な質問ですまない

983 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 19:47:23.08
>>982
電撃スレで聞きなよ

984 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 19:55:01.42
>>980
次スレよろ

985 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 19:55:31.99
そうだね・・・・・・
ごめんね・・・・・・

吊ってくる

986 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:34:02.19
長編書ける人って、もう最初から書けるもんなの?
仮に長編書けるようになったとして、短編書けなくなるなんてことはあるんすかね。

987 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:45:46.27
>>986
たくさんの枚数を書き終わるという意味でなら、そういう人もいる。大概は途中で力尽きるけど。
長編としてそこそこ読めるものという意味でなら、練習せずに書ける人の方が稀だと思う。
そして、勘が鈍ることはあっても、短編を書けなくなるということはないと思う。
ただしこれも最初から、いろいろ詰め込みすぎで書けない人もいる。

988 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:46:53.03
よほどの天才なら話は別でしょうが、最初から長編を書こうとしても
話がまとまらないのではないでしょうか?

まずは思いついたストーリーを、筋道を立てて組み立ててみるわけで。

その作業が熟練していけば、複雑な筋道も上手に組み立てられるように。

ですから、短編からスタートして、徐々に長編が書けるようになるのでは?

少なくともわたしはそうでした。

ちなみに、初めて長編(200枚)を書くまでに、短編(30枚程度)を5〜6作品書きました。


長編が書けたら短編が書けなくなるなんてことはないです。

むしろ長編を書いて、改めて短編を書くと、短編を書く能力が上がってます。

989 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:49:50.47
>>987 >>988
詳しく丁寧なお返事ありがとうございました。
納得しました。

990 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:24:24.84
最初から長編書ける人もいるだろうけど
最初からフルマラソン走れる?みたいな事だから
10Kとかハーフとか何回かやってからのほうがスムーズだよな
最初からフルマラソンでくじけたりすると、もう一生マラソン嫌いになったりするし


991 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:40:55.88
昔から書きたかった文明崩壊ネタで空想小説書いたら
いきなり長編になった
テーマにもよるんでないかな

992 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:43:48.98
そうかな?
俺は長編より短編の方が難しいけどな。
(別に長編が簡単って意味じゃないよ)

だって短い文章、物語で読者を世界観に取り込まないといけないんだぜ。

993 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:44:59.83
そういうところまで考えられるようになる前の話でしょ、「最初から」書けたのかっていうんだから。

994 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:45:42.08
>>991

自信持って良い、テーマではなくお前の才能のせいだよ
(長編をいきなり書けるという才能であって、面白いかどうかは別だが)

995 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:46:56.68
ところで次スレを誰か立ててくれないか
俺はレベルが足りないんだな

996 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:47:12.65
たしかに書きたい事が有って、書いたら長編だからな
書きたい事が無いなら
それはそれで大変だと思うが、
創作だと、たぶんネタ探しが一番大変

997 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:12:27.57
たてますた
どんな質問でも誰かがマジレスするスレ 14
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1298560292/

998 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:27:49.54
>>997
お礼にどんな質問でもマジレスしてやろう。

999 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:37:30.21
印税生活で贅沢三昧をしたいのですが
どうすればいいでしょうか?

1000 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:42:07.44
天才になる

以上

1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

250 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)