5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◆【自費出版】文藝社【原稿募集】◆◆◆

1 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 14:45:22
新人文学賞賞とるよりここで自費出版するってどう?
問題は、金が掛かりそうなことと、ホントに本屋に並べて貰えるか?ということ。

2 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 14:46:33
ちゃんと2chに広告費払えよ

3 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 14:49:22
暴利をむさぼる負担逃げ自称文芸芥の川w

4 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 14:50:21
100円で済めば自費出版もいいな

5 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 14:51:03
文藝社じゃなくて文芸社

6 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 14:52:42
文芸社ってベストセラー出したことあるの?

7 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 15:12:40
リアル鬼ごっこ
心霊探偵八雲

8 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 15:44:12
>>7
へえ、胡散臭い出版社なのかと思ったけどな。
そうでもないのか。

9 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/29(水) 15:12:21
オレの名作をここで自費出版するかな?
で、幾ら払ったらいいんだ?

10 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/29(水) 15:56:19
>>9
かなり勇気がいる金額

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1049937105

11 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 11:28:51
>>10
やめとく

12 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 12:07:51
『リアル鬼ごっこ』 はただで配ってたからな
文芸者に原稿を送ってくる応募者全員に本を贈るための
通信費は土地成金である山田の父親持ち
一説に2億以上使ったといわれている
和紙に金泥と墨文字の豪華な礼状もついてたらしい

13 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 12:10:34
>>9
詐欺会社に引っかかるなよ
まあB芸者の仕込みだろうけど
どうしても自費にしたいなら講談社あたりにしろ
ブックオフも取り込んでるから
とりあえず店頭に並ぶ可能性もなくはない

14 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 14:32:36
>>13
いや、とりあえず文芸社の自費出版本は店頭には並ぶらしい
HPにあった提携書店の中から大阪梅田の紀伊国屋書店で文芸社の書籍売り場を見たことあるよ。
移動式の50冊ほどの書籍がぎっしり詰まったラックが床に直置きしてあったw
だから、文芸社が自費出版書籍を店頭に配本しているのは事実。
ただし、床に直置きした本の背表紙を見ようとするとしゃがんで探さなきゃいけない。
手に取るのにちょうど良い高さの棚に並んだ本や、平積みされて目立つ本のなかから、
わざわざ文芸社のラックを見てるれる客が居るかどうかは疑問だけどね。

15 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 13:17:52
俺のリアルな知人の中に、文芸社から本を出した人が二人いる。
一人は中学の恩師で、これは小説ではない。
もうひとりはワナビー仲間で、何度も最終に残ったり佳作になったり
した経験があるが、結局は出版されなきゃ誰にも読んでもらえないと
ということで、私財をはたいて出版したらしい。

16 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 14:00:01
講談社に自費出版なんてあるの?

17 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 15:25:54
あるよ書店には並ばねえけど
社史とか作ってくれるよ

18 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 20:11:49
文芸社ジャ自費出版丸だしw
どっちも作者が儲かるわけじゃないから
講談社から出すほうがいいな
見栄え的に

19 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 22:12:57
しかも、単なる自費出版の方が名ばかりの「共同出版」より
安いケースが多いらしい。


20 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 03:17:10
多いどころか、ほとんどがそう。
マイナーな印刷屋なんかも自費出版やってるところがけっこうあって、
ちゃんとISBNナンバーも付けてくれる。
少し手慣れたところだと、本屋に並べてもくれる。
それでいて料金は文芸社の5〜8割。
いまや、識者の間では「文芸社」のネームバリューはマイナスでしか
ないから、価格差以上の開きがあると言って良いと思う。




21 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/04(火) 07:17:41
本にして記念にするか、知人に配る目的なら別だが、
他人に読んでもらうのが目的なら今はpuboo などの
無料で本にできる電子書店があるから厳しくなるん
じゃないか。

22 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 14:59:24
印刷屋さんに依頼して文芸フリマで売った方が健全だと思うよ。
俺はそのうち参加したいと思ってる。
お金かけられないから最小限の装丁になると思うけど。

23 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 23:16:03
コシーナ文庫というのもある。安いよ。


24 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 00:29:06
やすw 表紙とか決めうちなんだw
半角かな禁止とかあるけどw
むしろこれなら出版社名とか入れて欲しくないなぁ
そこもかってに名乗れればいいのに
俺様無双文庫とか村上春樹文庫とか

25 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 01:12:20
表紙はオリジナルデザインももちろん出来るよ。少し高いけど。
──コシーナブックス

あと、校正は依頼者の責任らしいね。


26 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 11:59:23
コシーナは大学の文芸サークルとか同人とか向け。
記念に自費出版したい人は高くても見栄えの良いハードカバーにこだわる。
ISBN番号はつくのかな?


27 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 12:21:05
つ「オプション」

28 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 15:59:04
http://www.comicmall.jp/wiki.cgi?page=PriceList
↑の方が安いじゃんとか思ってたけど
自費出版とただ本の体裁にするだけってのはまた別なんだな。


29 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 17:25:49
>>28
それは、あくまでもコミック用の製本なので、表紙も薄く、
背表紙が薄くくっついたタイプのようですね。


30 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 18:59:43
>>29
あ、やっぱそうなんだ…
でももし落選作を文学フリマとかに出すならそこのお世話になるかも。

31 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 19:43:16
A3とかB3くらいの大きな紙が印刷できるプリンタが
使えれば、自分らでDTPソフトで編集して印刷し、
製本することも可能な感じがする。
でも、やはりプロの仕上げには叶わないだろうな。
熟練度と使う道具が違うし。


32 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 20:05:41
自費で満足できるような人がここにいるのか?

33 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 20:38:00
それは分からない。でも、少しはいるだろ。ここは
そういうのを語るスレだし。

34 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 21:30:07
「マンガ規制条例」の裏に蠢く「警察利権」
竹花豊、青少年・治安対策本部、倉田潤、桜井美香
週刊朝日2010年12月24日号
http://megalodon.jp/2010-1217-1154-21/www.seospy.net/src/up2683.jpg
http://megalodon.jp/2010-1217-1151-29/www.seospy.net/src/up2682.jpg


石原慎太郎が画策するマンガ規制条例可決の愚
苦情は月2・5件 被害実態もない
戦前の言論規制は「エログロ」から

この条例案の陣頭指揮をとる、都青少年・治安対策本部についても、
「出版物の規制を、警察庁の出向者が加わった部署が担うのはおかしい。
かつて、青少年条例は生活文化局の所管でした。
少なくとも、治安組織から条例の所管を外し、別の部局に配置換えすべきです」(長岡氏)

ちなみに、現在、都青少年・治安対策本部長を務める倉田潤氏は、
06年に公職選挙法違反の架空調書をデッチあげた志布志事件(03年)が発覚した際に、
鹿児島県警本部長を務め「自白の強要はなかった」と県議会で答弁していた人物だ。
戦前、治安維持法下による言論規制は、漫画本などの「エログロ・ナンセンス」の取り締まりから始まった。
週刊朝日2010.12.17
http://megalodon.jp/2010-1207-0912-46/www.seospy.net/src/up2550.jpg
http://megalodon.jp/2010-1207-0907-10/www.seospy.net/src/up2548.jpg

35 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/07(金) 22:35:46
スレと関係ないこと書き込むなよ。

36 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/08(土) 16:08:57
近所の印刷屋でも印刷製本ISBN配本までできるところが
あるよ。価格は、年賀状とか社員総出のノルマがある
時期ならかなり勉強してくれると思う。
地方でも県庁所在地とか比較的人口の多いところならけっこうあるはず。


37 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 14:50:23
ISBN配本って何?

38 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 18:11:31
ISBNと配本は別。全部続けて書いただけ。それくらい分かれよ。


39 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 18:28:53
>>38
知らないものが分かるか

40 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 18:57:25
自分の無知を認めたな。
ISBN配本だけでなく、印刷製本も続けて書いてあるだろ。
常識人なら分かる。


41 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 19:16:07
無知を認めたなってw
最初から質問なんだから認めるも何もはなから無知じゃんw

なんでそんなに偉そうなんw

42 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/09(日) 19:28:39
事実を言っているだけでも「偉そうに言ってる」と思う人というのは、
被害妄想やコンプレックスのかたまりなんだよね。

43 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/10(月) 00:02:40
「自分の非を認めたな」は事実を言ってるだけではなく
偉そうに聞こえると思うけどなぁ

試しに目上の人や目下の人に言ってるところ想像してみて

いいや、まったくいばった感じなんかしないって言うなら
ま、日本語の語感のちがいだから
ああ、そうですかってしか言えないけどさ

これ読んでる他の人も想像してやってみてよ
するでしょ、偉そうな感じ

44 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/10(月) 00:16:15
まあ、偉そうな感じは受けないが、馬鹿丸出しの奢った感じは受けるな。

45 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/10(月) 01:56:53
「自分の非を認めたな」って誰が言ってるの?

46 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/10(月) 11:08:50
自分の非を認めたなの間違いだね
携帯で書いたから
入れ替えて読んでみて

47 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/10(月) 11:29:29
自分の非を認めたな、は
自分の無知を認めたなの間違いだね
携帯で書いたから
入れ替えて読んでみて

48 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/10(月) 17:59:37
お前ら自費出版って日本語でやるのか?
この流れ見てるとそれも疑わしくなってきた。

49 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/10(月) 20:03:45
>>48
お前の日本語が一番あやしい。何言っているのか分からない。


50 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/11(火) 01:38:18
2chでは唐突な日本語のミスへの言及は論破された方の負け惜しみと決まっておる

委員長に口げんかで勝てない男子が反論できなくなって
「うるせー、ブスのくせに」っていうあれだな

ゆるしてやれ


51 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 02:08:18
テスト

52 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 02:55:01
文芸社じゃないが、つぶれた新風社の書籍で
欲しいのがあるんだが、なんとか再版できないものか。


53 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 13:10:38
>>49
それはお前の頭が悪いか日本語ができてないからだろう。
わからないと偉そうに言ってるところもバカ丸出しだな。

54 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 13:12:55
>>53
 ↑
このひと、「あれ何て……」スレやポプラスレで叩かれた
んでこんなところに逃げてきたんですよね?


55 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 13:15:44
>>54
悔しそうだな。
どのスレで泣かされたんだ?

56 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 13:17:10
あーあ、また出てきたよ、このボク。
恥を掻かない内に退散しろよ。


57 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 13:20:06
56 名前:名無し物書き@推敲中? :2011/01/12(水) 13:17:10
あーあ、また出てきたよ、このボク。
恥を掻かない内に退散しろよ。



58 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 13:27:56
53はポプラスレで「バカ丸出し」と言われたものだから
こちらで言い返しているだけでしょう。
暦の上では春だから、こういうのが出てくるんですよ。


59 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 13:37:30
>>58
誰にいってるのか知らないけどお前の方がバカに見えるぞ?
早く装丁だけは立派な自費出版して笑いものになってくれ。

60 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 16:49:01
>お前の方がバカに見えるぞ?

どうやら主観的にしかものごとをとらえられないようだね。
わざわざレスするとは、よほど悔しがっているのだろう。
その証拠に、コメントの最後に不要な罵詈雑言が付加されている。
最後に自分が言って相手が出てこなければ、それで勝ったと
思える、そういう性格なんだろうな。
もっと厳密にプロファイリングしてみると面白そうだ。


61 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 17:10:00
>>60
がんばって6行も書いたんだろうけど
中身が無いままだったね。かわいそう。

62 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 17:15:45
名文でも書いたつもりで自分でうっとりしてそうだな

63 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/12(水) 18:58:33
び、美人すぎる作家

64 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/13(木) 17:49:38
わずか6行が長いと思う人がいるとは驚いた。
だってここは創作文芸板。
小学校の作文も書けない程度の人が言うなら分かるが。


65 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/13(木) 19:36:29
やっぱこのURLだろ。
ttp://d.hatena.ne.jp/kanose/20070116/fantasynovel
「同人誌で出せばそこそこの費用で収まるのに、
自費出版商法は100万レベルの費用を平然と要求されて、
形だけ流通させてポイ。
『入賞はしなかったが、惜しいので、
お金を出して出版しませんか?』これも常套句。
自称編集者が著者を持ち上げて出版させ、
有名な作家と同じ棚に自分の本が並ぶと夢を見させ、
共同出版費用としてたんまりと金を巻き上げる」

山田某とか心霊探偵八雲書いた人とかを
カモをひっかけるエサに使ってるらしいな。
「俺も山田雄介になるチャンスかも」と妄想させて
金を出させる策略だとかなんとか。

66 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 01:32:44
正直、印刷会社に見積もり出して、

200頁(四六判・上製本)×1000部=50マソを自腹、
出版社に営業経費を10マソも払えば書店に並ぶぞ。

並製本なら40マソ、新書(ノベルズ)なら25マソ。
印税なしなら、小さな出版社はどこでも乗ってくるはず。

やってみ。

67 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 04:38:24
俺の場合は文芸者にストーリだけでクオ・カードをもらえるというので
構想があったので書いて送った。すると、ある日電話があって枚数書いてみないかと
言われ130枚のショート・ショートのSFを書いて送った。そしたら240万のうち
150万を出せと言うので断った。

68 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 12:32:26
その240万円が信憑性があるのならまだマシだが……

実際には150万円の範囲だけで出来、しかも利益が出る
システムなんだよな。
そろそろ誰か詐欺罪を立証しないかな?
文芸社のやり方は完全に犯罪だ。


69 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 12:39:06
っていうか、そこじゃなくて67は
130枚のショートショート?
一枚あたり何文字ょそれ
ずいぶん字がでかいんだろうな、とか言って欲しいんじゃね

70 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 14:21:26
そこまで深読みするか?

130枚のショートショートというのは、

「SFのショートショート集」のことで、全部で130枚に

なったって意味じゃね?



71 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 18:51:45
ここの>>40が馬鹿すぎる件はもう終ったの?

72 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 22:46:28
出た! 粘着遅レスバカ

73 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 18:27:55
うん、よほど悔しかったんだろう。

74 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 20:56:01
みんな文芸社に送って感想文もらってなんて言われた?

俺はリアリティが乏しすぎるだとよ

75 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 22:06:30
へえ、文芸社もちゃんとした評価するんだ。
一度べた褒めして、
「惜しいですね。共同出版にしましょう。費用は……」
が常套手段だと思ったが。


76 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 22:36:05
74だけど

 ショートショート一本送ったら、二週間後に500円分の図書カードと、
A4用紙一枚分の感想文くれた。講評はいたって真面目、セールストークもほとんどなかった。

 月に1000本小説が来てるらしいのだが、そのすべてに感想文書いて送るって
ちょっと異常だよこの会社。いったいどうやったらそんな神業ができるのか是非知りたい。

 幻冬舎の編集はものスゴク冷たいのに

77 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 13:32:24
>いったいどうやったらそんな神業ができるのか是非知りたい。

体験的に種明かしをしてあげよう。
じつは私もそうだったが、出来高制のフリーランスを大量に登録しているのだよ。
もちろん共同出版に持ち込むのが目的だが、そのためにも売れる実例が本社としては
欲しい。完全自費ないしは共同企画で、しかも売れるもの。これを頑張らないと
計約社員(フリーの編集者)食っていけない。そこで、日に2〜3本は作品を
読むようになる。いや、しなければならなくなる。褒めることもあるが、適切な
批判や指示(感想文)でないと、作家志望者に対しては無意味な営業になるから、そのあたりは
けっこう真面目にやっていた。


78 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 17:48:05
うまくやれば、無料でそれなりの書評をしてもらえる…てのは、甘いですかね。

79 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 21:20:13
甘いどころか、普通にしてもらえるよ

自分なんか自費出版なんかするつもりは毛頭ないのに、もうかなりお世話になってる

金にもならんのに、よくやるよこの会社

80 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 21:42:06
褒め上げ商法

81 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 22:36:40
書評がもらえる? まあ、少し読書好きのその辺の友人に
読んでもらった方がマシだな。


82 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/17(月) 12:02:11
197 :無名草子さん :2009/09/03(木) 23:31:41

共同出版の講評書きの裏側を書いたブログが消されてたので
保存の意味もこめてキャッシュをコピペ。

「 『トゥルー・ストーリーズ』を読んでいたら、自分の日銭稼ぎの、
そのなかでも一番悪夢のような仕事を思い出してしまった。
 某自費出版社の小説コンクールで没になったものに、選評を書くのだ。
人称や視点が混乱している、人物設定が陳腐、
時系列が錯綜していて意味不明……という本当のことを書いてはいけない。
 出版社の要望は、「いいところを見つけて、褒める」「決してけなさない」。
つまるところ、どんな作品でもおだてて、コンクールには落選しましたが、
出版するだけの価値はある、我が社でいかがでしょう?と、
自費出版に上手くおびき寄せるための作戦。
いや、罠、といっていいだろう。私もその片棒を担ぐのである。
ギャラは、選評1本につき、1000円。 
400枚の原稿も10枚の原稿も、一律1000円である。
やり始めて、深い後悔にさいなまされた。
褒めようと思っても、褒めるべき部分がどの作品にもほとんどない。
という以前に、おもしろいとかおもしろくないという次元の前に、
日本語が成立していない作品も多かった」

83 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/17(月) 12:03:29
「とにかく、1作品に1時間以上かけては、
時給1000円にも満たなくなるのだからと、私はその選評書きに集中した。
(原稿を丁寧に全部読んでなどいられない(読む必要ない、
と出版社の担当者にはっきり言われていた)。
やがて、こなしていくうちに、要所要所を読んで、
選評を書くべきコツがわかってくる。
私はあまりいろいろなことを考えずに、そうやって書きまくった。
担当者から、「完璧な選評です!」という
お褒め(?)の言葉をもらったが、複雑な心境だった。
『今後ともぜひよろしく』と言われたが、選評書きは今後二度と受けまいと思った。
ウソを綴り続けていると、心が壊れそうな感じがしたからだ」

84 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/17(月) 13:06:54
上の記事はかなり昔の話
自費出版トラブルが社会問題化してきた最近は
ベタ褒めだけでなく批判も混ぜるとか
もっと巧妙化しているらしい

いずれにせよ大変なお仕事ですね
ゴミクズみたいな原稿にも
いちいち感想書くなんて脳みそ腐りそう

85 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/17(月) 15:24:27
そのバイト良いな。
俺、速読術ができるから、400枚の原稿でも20分もあれば読める。
選評は5〜10分で書ける。つまり、悪くても時給2000円にはなる
わけで、100枚くらいの短いのばかりなら、1時間に5作程度は処理できる。
時給1万円、悪くないと思う。


86 :85:2011/01/17(月) 17:09:32
あ、まちがえた。時給5000円か。短いのばかりなら1万円も
あり得るけど。

87 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 02:46:42
時給五千円なら俺もやりたい けどムリ

88 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 12:03:33
無料で出版して本屋にも並べてくれる出版社ってないでしょうか?

89 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 12:51:37
>>88
マトモな出版社はどこだって無料出版だよ
無料どころか原稿料もちゃんとくれるよ
書店にだって数千店舗単位で並ぶよう営業してくれるよ
もちろんそういう出版社は
書店に並べるに値するクオリティの本しか
出させてくれないけどな

90 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 12:54:42
いくらでもあるよ。というか、普通の出版社はほとんどがそれ。
しかもお金もくれる。
但し君がプロとしてやっていける実力を持っている必要がある。


91 :88:2011/01/18(火) 14:18:23
>>89 >>90
プロとしてやっていける実力とはどういう力ですか?
私の知る限り、ヘタクソな小説を書いていても文壇で大きな顔してる作家もいますが?

92 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 14:28:42
あなたが「ヘタクソな小説を書いていても
文壇で大きな顔してる作家」になりたいなら、
その方法は自分で探すしかない。
正直出版社の人間はそういう作家の育て方を知らない。
だから出版社がそういう作家を起用する時は、
山田☆介を拾った幻●舎みたいに
「なんかわからんがヘタクソな文章で勝手にヒットした後で
そのおこぼれに預かる」ようにしてるんだ。

あなたが「出版社に文章力を認められて
なおかつ読者にも認められた作家」になりたいなら、
出版社の審査眼を信じて新人賞に応募すること。

「出版社の審美眼なぞ信用できない」と思うなら、
審美眼を信じてもいない出版社に
出版費用を持ってもらおうなんて都合のいいことは考えず
自分でゼニ出して自分で出版して自分で売ること。

93 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 14:40:51
つーか「ヘタクソな文章だけど
文壇で大きな顔してる作家」なんて
うらやましくないでしょ。
普通に文章力を磨いて、出版社に認められて。
新人賞を取って。読者にも認められて。
そういう作家を目指せばいいんじゃないの。

そのほうが、ヘタクソな小説を見て
「こんなヘタクソでも作家先生として
大きな顔できるんだから、なんぞ文壇に上がる
ウラワザがあるはず。
私もそういうウラワザ知りたーい!」とか
考える人間よりずっと健全だよ。

94 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 14:50:02
>>91
「プロとしての実力」それは金を出す出版社が決める。
出版社が「原稿料支払う価値あり」と判断すればプロの実力あり。
出版社が「原稿料支払う価値なし」と判断すればプロの実力なし。
公募に原稿送れば判断してもらえるよ。

95 :88:2011/01/18(火) 15:10:44
どいつもこいつもいい加減な奴らばっかりだなw
いいか、新人賞なんか、他で1次落ちした作品を少し直せば受賞することがあるし
選考委員の気分や好みやそのほかに灰色の部分で決まる要素があるんだよ。

文学界のこないだの選考では何とかゲートを書いた意味が理解できない連中が選考してるんだ。
要するに運と、出版社や選考委員とのつながりとかが左右する部分が大きいんだ。

だから、無料で出版してくれるところはないかと言ってるんで
作品を評価した上でというのは当然の前提だ。

問題は作品を持ち込んで読んでくれるかどうかと
無料で出版してくれて配本までしてくれるかどうかだ。

お前たちのレスはまったく的外れ。

まあ、半分以上釣りだから、もうレスはいらないよw




96 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 15:13:38
「作品を評価した上でというのは当然の前提だ」
と、評価される原稿を書けないアホが申しておりますwww

97 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 15:19:44
選考委員の好みで決まるレベルにまで達している人間は
こんなとこで「問題は作品を持ち込んで
読んでくれるかどうか」とか聞かないよなww
そもそもレベル低い奴は選考委員のとこまで原稿行かないんだから。

そして評価されない88は延々とレスをするのであったww

98 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 15:27:49
執筆の実力がないのをなんとか他人のせいにしたくて
選考委員の気分しだいだとかなんだとか
知ったかぶりかます残念な人のオーラがありありと伝わってきます

こういう連中が一発逆転を狙って
自費出版商法に引っかかったりするんだろうな……

99 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 15:34:49
>>88=>>96=>>97
同一人物の自演。>>88以降、全て同一人物。
流れがあまりにも意図に沿って展開していくものだから、不自然極まりない。
こんなんでは、このひとが書く小説のレベルがしれる。薄っぺらい人情物なんでしょう。
頭の思考回路の単純さが垣間見えてくるというものです。
まあ、頑張って永遠に自演と成りすましを続けてください。
どうせやるからには、もっと練りに練った高等な技巧を凝らして自演してください。

100 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 17:17:57
>>95
君が一番いい加減だ。早く気づけよ。


101 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 17:21:53
>>99
一度精神科を受診してみることをお勧めする。

102 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 17:33:55
釣られた連中の悔しがりカキコが面白いw

103 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 19:21:01
全員スレタイ読めよ。

104 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 21:04:09
>>88はひどすぎるな……
どこに持ち込んでも評価する人間がいる限り文学賞の選考と変わらない。
自信作を投稿してどっかの一次にでも落ちたんだろう

105 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 21:10:38
>>102のレスが一番悔しそうに見えるなw

106 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 21:20:07
語尾に「w」をつけるやつってなぜか余裕が無さそうにみえるな

107 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 21:23:36
>>106
悔しいなら悔しいと言えよw
お前が>>88か?

108 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 21:24:05
関係妄想?

109 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 21:28:24
>>88が形勢不利とみて、その後の批判レスまでも自演ということでまとめようとして、
結局うまくいかないから釣りだったことにしようとしているが結局うまくいっていない
というのが今の状況です


110 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 00:15:16
もういい、わたしのところに原稿を送って来い
ちゃんと読んで、助言のうえ手直ししてもらい、かならず出版してやるよ

印刷費、20万円でいいよ


編集費、10万な!



111 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 08:38:40
>>95
>新人賞なんか、他で1次落ちした作品を少し直せば受賞することがあるし

先日、逆のケースを見つけた ww
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1353801313

tkgsknnさんっていう人の作品は、
本人が言うとおり、応募した小説の内容が出版社が求めるものとあわなかったんだろうか?
それとも、
もともと受賞できそうにもないテーマの原稿に手を加えてよけいにレベルが低下して一次すら通らなくなったって事かな?


112 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 10:03:56
スレの空気を読まずに文藝社ネタ。文藝社の裏側とか。
ttp://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/20041027000000.html

「要はどんな原稿を持ち込んでも、とにかく文芸社の担当者は
口を極めて絶賛してくれる。文芸社に原稿を持ち込んだ人々は、
多くの人が「協力出版」を選択し出版の運びとなる。
その費用、200万円を越えることが多いという(!)」

「結果、どんな人の、どんな原稿でも本にして
金になる仕組みが完成、まともに本を作って送り出して
世に問い、客側からの売上げを稼ぐより、
はるかに効率よく、うなるような利益を
この会社にもたらしている。
かくして文芸社はヒット作品が少ないのに、
年間出版点数は業界最大手の講談社に匹敵するという、
とてつもなく不気味な出版社になってしまった」

113 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 10:17:00
>111さんのアクセス先を見て思った。
最近は、紙の書籍の形を取らずに電子書籍として自費出版というケースも割るわけだね。
電子書籍だとお金がかからないから、そんなのが増えると、従来の自費出版者の経営は厳しくなりそうだね。

114 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 10:20:01
111さんのアドレス先を見て思った。
無料で電子出版できたら、紙の書籍で自費出版する人が減って、
従来の自費出版者の経営は苦しくなりますね。

115 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 10:27:53
そうとも限らんぜ。
ネット使えないジジババはいまだに紙信仰だからな。

したり顔で本を差し出して「実は私、最近本を出版しましてね…」
「ほう、それはすごい!作家先生ですね!!」
「いやははは、今後は文筆で世に物申していくつもりですよ」
「それは素晴らしい!最近は電子書籍などが流行っておりますが、
やはり紙媒体でしっかりした本を出される方は格が違いますなあ」
なーんてやりとりをしたいんだろうよ。

若者でも「今度、私出版するんだ。
ネットだけとかそういうちゃちいのじゃないよ!
出版社に認められて、ちゃんと編集者もつくんだ。
紙の本だから書店でもちゃんと販売されるよ!」
なーんて周囲に自慢したい世間知らずちゃんは多かろうて。

116 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 16:58:05
>>111
その作品ね、ネタは悪くないのに、使ってる言葉が悪い。
女子高生と少年の交流を描くのに、いきなり「存在」という言葉を使うのはまずい。
まるで学術論文みたいな言葉使いだ。
できるだけ大和言葉を使い平易な言葉使いで、
しかも、しっかりとした幼稚でない表現ができないと伝わらない。
五木寛之が翻訳した「カモメのジョナサン」みたいな文体を使えば、良くなると思う。

117 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 17:41:37
>111ですが、
>>116さん、鋭い、凄い!w
>まるで学術論文みたいな言葉使いだ。

その人がどんな人かなと思って他の回答を見ていると、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1054019580
関大工学部OBだってさ
ばりばりの理工系で学術論文で文章に親しんだ人みたいです。


118 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 18:18:08
>>111
そのひと、作品の雰囲気は悪くないけど言葉が拙くて、ちょっと本好きな人なら読むのが辛い。
「さきほど、おばあちゃんに絵本を散らかしてはいけないと注意された状況である。」
とか、言葉に自然さがなくて他の比喩もありきたりで展開を遅らせる効果しかなくてイライラする
学術論文的な言葉を突き詰めればそこに魅力も出てくるかもしれないけど、
根本的にセンスがないような気がする。

119 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 18:49:34
文芸社で出版するには金がないという人、俺の所に原稿送ってこい。
寒くてたまらん。たき火にする燃料が足りない。


120 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 18:50:43
幻冬舎の自費出版もこの会社と似たような感じ?

121 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 19:03:54
214 :無名草子さん :2009/09/10(木) 22:31:52
せっかくだからG冬ルネで出版した著者のコメントコピペ。

『1冊1200円で売られているが、いわゆる「印税」というのは
わずかに8%で、私の場合「96円」である。
つまり、1000冊全部売れても、年に一回の(これ、びっくり!)
印税収入は「96000円」なのである。どはははは!
製作契約料金を回収しようと思ったら、
1万冊以上売れないといけない』

【まともな自費出版会社の書店流通プランで1000冊完売した場合】
1冊1200円×60%(売上金)×1000冊=72万円キャッシュバック
本の所有権…著者のもの

【B芸社で1000冊完売した場合】
1冊1200円×3%(印税)×1000冊=3万6000円キャッシュバック
本の所有権…出版社のもの

【Gルネで1000冊完売した場合】
1冊1200円×8%(印税)×1000冊=9万6000円キャッシュバック
本の所有権…出版社のもの

122 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 20:36:28
まともな自費出版会社って具体的にどこですか?

123 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 20:51:40
上のコピペの企業がどこを指してるかはコピペだから知らん。
いくつか心当たりはあるが宣伝だと思われるしスレ違いなので書かない。

個人的には普通の書店流通なし自費出版(同人誌)がおすすめ。
売上金キャッシュバック100%。

124 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 11:53:32
文G社スレで
まともな書店流通自費出版会社なんて紹介したら
「自分もそこで出したらいけるかも」とか
勘違いするバカが増えるよな。

書店流通自費出版を使いこなせるのは
全国に教室やセミナー持ってる先生とかだけだもんな。
教室の近くの書店とか
セミナー会場の近くの書店とかに
限定配本してちゃんと数百部はける人じゃないと。

125 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 12:56:28
若武さんという関係者が、印税や自費出版について記述してますよ
http://p.booklog.jp/book/13721

126 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 13:00:07
なんか急激に活性化してきたな、このスレ。

127 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 12:59:09
126の書き込みで一気に誰も書かなくなったね。


128 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 00:54:31
みんな、みんな、完全負け組みだね。


129 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 12:55:25
負け組ではないよ
諦めきれないだけ



130 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 19:07:00
128だけは間違いなく負け組だな

131 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 18:03:10
584 :無名草子さん :2010/06/14(月) 01:02:54
これはすごい……すごすぎる……
http://www.amazon.co.jp/dp/4286086216/
なかみ検索で経歴を見たら
文G社で遊B堂で日本B学館……すごすぎる……

591 :無名草子さん :2010/06/14(月) 13:37:57
>>584
力不足だとか手抜きだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

132 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/31(月) 14:06:25
十万くらいで1000部くらい出版してくれるならなあ。

133 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 12:51:15
売れたら払うという契約で出版してくれるとこないかなあ。

134 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 15:53:35
>>133
だったら普通の自費出版にすりゃいいのでは。
手売りで1冊1000円で売れたらその場で1000円払われるよ。

135 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 22:05:18
>>134
えっ、自費出版って出版費用前払いじゃないの?

136 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 23:16:50
???……言ってることが良く分からなくなってきた。

普通の自費出版は費用前払いだよ。
例えば同人誌100冊刷って10万円のプランだったら
10万円前払いだよ。
コミケで1冊1000円で売れたら
その場でお客さんのサイフから1000円支払われるよ。
100冊完売したら1000円×100冊=10万円もどってくるよ。

137 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 23:25:14
ははあなるほど、「本が売れた後で
出版費用を払う契約」ってことか。

それだったらマイブックルみたいなヤツでいいんじゃないの。
本が売れた後で手数料がさっぴかれる仕組み。

138 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 01:47:53
電子出版すればいいよ
エロ系の同人誌だって確かにコミケでも売れるけど今はDLサイトでデータ販売でも売れているよ
ttp://maniax.dlsite.com/
とか

同人は儲かる→DLでも儲かる
コミケで売れたら儲かる→コミケで売れるなら電子出版でも売れる
小説は売れない→なにしても売れない

139 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 08:56:24
こことは別の出版社から自費出版を考えたことがあるけど、
問題は売れないことだよね。金をかけてせっかく作った本が
まったく売れなかったらむなしくなるだろうし。
全国の図書館に自分の本が並ぶのが夢だったけど、それも難しいみたいだし。


140 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 22:28:02
ワナビが金出しあって、出版することはできんかなあ。
日本ワナビ協会かなんか作って、そこでワナビ賞を選考して
受賞した者の作品を出版。

なんとかならんか?

141 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 00:25:51
流通せんし、アホみたいな装丁だが、知り合いなんで紹介しとく。

http://ande.yumenotaro.com/kobo_002.htm

ただで本にしてくれるらしい。

 俺が思うに、使い方として、ここで製本された本を
 出版社に送りつける(あんまり意味ないが・・・)
 もしくは、自分で売りまくる。ダメなら、本好きにプレゼントしまくる。
 その結果、誰かが「おもしろい」と吹聴してくれて、いつの日か評判に。 
 そして、炯眼な編集者が「これはすごい!」と、出版してくれる。
 洞察力のある書店員が気のきいたポップを書いてくれて、評判に。
 で、一躍ベストセラー。わぉ!! な感じにならんかな??


142 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/07(月) 22:25:16
コシーナ文庫で出した人いますか?
候補のひとつですが、いまいち情報が掴めない。

143 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 14:33:40
>>140
ワナビは基本的に「俺の作品最高!」であって
他人の作品に金出す気持ちないから無理。
絶対「なんで俺の作品が大賞じゃないんだ」ってモメるから。

>>141
そんなの同人かブログでやればいいじゃん。
アホみたいな装丁のところでやる必要ないよ。

>>142
たっけえけど流通せず10冊程度刷るんなら
いいんじゃないの。知らんけど。
刷り見本見せてもらって
自分で確かめたほうがいいんでないの。

144 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 16:07:58
コシーナは安いと思うよ。

145 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 23:10:59
>>143
>>144

情報ありがd。
金額面はそんなもんかなと。
でも刷り見本は重要だね。
電凸しときます。

146 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2011/02/09(水) 00:30:23
俺のベンゼン戦記も自費出版かw
読みたい人はいるかな?

147 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 14:16:11
「自費出版商法にひっかかるな!! 神保町の町おこし講座 
神保町『紙の本』プロジェクトが4月5日より開講」
ttp://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000028071

名指しはしてないけど
ここでいってる「自費出版商法」って
文芸社とかのことだよな。

こういう活動には頑張ってほしいけど
月謝2万円も取るようじゃ
「神保町『紙の本』プロジェクトが
悪徳出版商法を破壊していきます!」ってのはムリだと思うなー。

なんせ文芸社は無料でベタ褒め講評して図書カードまで贈って
いい気分にさせるとこからスタートしてるわけで。
そういう見え透いた手口にひっかかる人を商売のタネにしてるわけで。
2万円も払って厳しいアドバイス聞きに行くようなまじめな人は
最初ッから自費出版商法に引っかからない部類だと思うよ。

148 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 01:32:16
>>147

要は、
同じ財布狙ってるけどうちのほうが、まだましな泥棒ですよ、と
モリタクが下流ビジネス批判するのと一緒だな

149 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 22:08:59
日本文学館も文芸社と似たようなことやってるでござるの巻
ttp://plaza.rakuten.co.jp/hisokakiss/diary/201102140000/

文章を見る限りだと日本文学館のほうが
文芸社よりセールステク下手のようだ。
あざとい商法であることを客にあっさり見抜かれている。

150 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 14:02:15
とりあえず原稿おくってみた。
そしたら電話きたんだけど、みんなそう?

とりあえず、感想が欲しいんだけどな。

151 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 01:14:03
「文芸社から電話」でぐぐってみ。

152 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 14:40:17
>>150
>>82-84 こんな感想が欲しいか?

153 :150:2011/02/19(土) 23:16:26.05
ぐぐってみた。めちゃくちゃ評判悪いね…ろくに調べずに原稿送ったのをめちゃくちゃ後悔してる。


154 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 20:30:29.34
>>150
その後、何て連絡があったの?
そろそろ何か言ってくるんじゃないの?

155 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 15:50:00.15
文芸社の評判が悪いって言うのは、
・客に自費出版させて手数料を稼ぎたがる企業とノルマを果たしたがる担当者
・普通の出版社は見向きもしてくれない実力なのに、本さえ出せばベストセラー作家になれるような妄想を抱いたワナビ
この利益と妄想、2つの思惑の違いがぶつかってるんだと思うよ。

俺の時はそんなにしつこいとか、対応がおかしいとは思わなかったけどね
評価だけもらって、電話では「俺はプーで自費出版の費用はありません」って正直に断ったもん。
ビンボー人は相手にしない会社みたいw

156 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 16:39:55.66
金があったら自費出版する。
金が無いから出版社の金と営業力に頼る。
だから新人賞に応募する。
それが大多数のワナビだろうな。

157 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 16:48:17.40
>>156
おまえ、かなり勘違いしているな。
というか、創作文芸板に来る価値がないかも。


158 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 17:07:11.78
>>157
お前は創作文芸板に来る価値がないかもでなく
はっきり創作文芸板に来る価値がないといえる。く

159 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 17:15:23.59
>>158
なんだ、指摘されたのがそんなに悔しかったの?
156に同意できる人は10%もいないと思うよ。
ちょっと常識がなさすぎる。
金があったら自費出版したいなんて人はあまり
いないはずだよ。そんなことしても作家にはなれないなんだから。

160 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 21:59:40.88
A)目標:小説家の肩書
B)目標:満足のいく文体・文章

で割れますね、意見が。
みなさんの目標はどちらですか?

ここに書き込むみなさんの意見を聞きたいです。
タテマエ/ホンネ どちらでもオーケーです。

161 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:01:28.98
>>159
何人に聞いたんだ?

新人賞に応募して受賞する自信があったのに受賞しないワナビで
下読みや選考委員を信用しない奴の中には
それなら自費出版して世の読者の反応を見たいという奴は絶対多いはずだ。

まあ、お前は自分の作品に自信がないから、落ちて当たり前
自費出版しても売れないと始めから諦めなんだろうな。

162 :158:2011/02/24(木) 22:22:19.91
>>159
ほんとのこと言われて逆切れかw
まあそう真っ赤な顔して悔しがるな。

それから常識が無さ過ぎるのは自分だということに早く気づいたほうがいいぞ。
そんなんじゃ、社会の底辺から何時までも脱出できんぞ。

163 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:58:21.82
金があったら俺は自費出版するなあ。
それでベストセラーになったら、文春や群像の編集が後悔するかも。
ああ、金があったらなあ。

164 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:19:59.84
>>161 >>162 >>163
158がすごく非常識であるだけでなく、すごく粘着質だという
ことがこれではっきりしたな。よくやるよ、3人分も自演で書き込むとは。
自分こそ何人にに聞いたのかね。俺の数字の方が絶対に近い。
金があれば応募するより自費出版したいなんてワナビーは10%もいない。
156には
>それが大多数のワナビだろうな。
と君は明記している。だから俺が反論したんだよ。
なぜか分かるかい? ワナビーとは「作家になりたい人」
のことなんだよ。単に満足のいく文体や文章を書くことが
目的の人はワナビーとは呼ばないんだよ。
こんな基本的なことも知らないとは、
恥ずかしいヤツがいたもんだな。


165 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:26:27.78
あ、そうか。ここは「最初から自費出版を目標としている人」
のスレなのか。君はそれらの人の感覚が普通の感覚だと思っているのかもな。
そういう心理なのか、なるほどね。

まあ、そういう人たちなら、金を出してでも出版したいという人の割合も
少しは増えるかな。しかしそれらは「ワナビー」とは呼べない人たちなんだよ。


166 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:50:04.65
>>16
こんなスレに何回も来て反駁するところからいて君も十分粘着質じゃないのか?w

>ワナビーとは「作家になりたい人」のことなんだよ。?

作家になりたい人って何だ?
自分の作品を世に出したい人じゃないのか?
出版社の新人賞が欲しい人なのか

167 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:55:27.86
ワナビを知らないからって非常識ということもないと思うが・・・
狭い世界の言葉じゃないの?

168 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:05:31.76
>>166
>>167
「何回も来てって」、用事から帰宅したからもう一度見た。
そしたら反駁があったから書いただけ。
君たちが変な論理や間違ったことを書かなければ、できれば来たくないよ。

まあ、好きにやったんさい。


169 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:09:37.43
>>160
小説家の肩書が欲しい奴は当然金があれば自費出版するだろう。
それだけで肩書きは小説家だ。
売れればなおいい。

170 :158:2011/02/25(金) 00:14:18.31
>用事から帰宅したからもう一度見た。
>そしたら反駁があったから書いただけ。

もう一度みる。反駁があったから書く。
十分粘着質だろうw


171 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:16:25.98
自費出版で何冊出そうが彼が小説家と呼ばれることはない

172 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:59:45.21
>自分の作品を世に出したい人じゃないのか?

これなら、なりたいじゃなく、したいわけだから
「わなびー」じゃなく「ワナドゥー」
だな

173 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:08:19.93
>>170
勘違いしているね。
「反駁で、しかも内容が間違っているから」書いたんだよ。
反駁でも、論理的に正しいことを書いていれば別になにも
言い返さないさ。
おれが君を粘着質と書いたのは、明らかに自演と見られる
書き込みがあったからそう書いたんだよ。

「非常識」── 間違ったことを書いていること。
「粘着質」── 何度も他人の振りをして書いていること。

少なくとも俺はこの意味で書いた。その違いを理解していないようだね。




174 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 02:21:17.55
文芸車のやってることは別に悪いことじゃない。ただあの体質とか実体を
知らないで本を出している人が被害者みたいに見えるから批判されるんだろ。
俺から見れば、充分な市場調査もしないで文芸車に頼むやつは自分の過失も
あると思うね。


175 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:49:12.40
>>173
反駁されてよっぽど悔しいんだな。
それにしてもすごい粘着質だね。

176 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:53:29.98
たまたま即レスになってしまった。

>>175
君も往生際がわるいね。
基本的な常識を持つよう、もっと勉強したら?
ワナビーの意味も分からず、文章の解釈もいい加減
なまま反論しても誰からも賛同は得られないよ。


177 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:54:10.54
>>171
書いた小説を自費出版で何冊も出してる人は何と呼ばれるの?

178 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:58:37.31
>>174
俺もそう思う。でも、文芸社の宣伝が上手いのも確か。
宣伝を見てると次の山田祐介は俺だ!なんて勘違いするもん。

↓さぁ、キミも次の神永学を目指さないかいww
http://www.fit-connect.jp/bungeisha/shosetsu/2011/02/001/

179 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:59:08.67
>>176
自分が思ってることは正しい、あるいは大多数がそう思うなんて考えるのは傲慢というやつだよ。
日本の全人口のうち何人がそう思ってるかアンケートでもとって、検証してから
自分の思ってることが正しいかどうか判断すべきじゃないかい?

それとワナビーなんてそれこそワナビーと作家の世界で使う用語で
基本的な常識ではないよ。
君こそ基本的な常識をもっと弁えたほうが良いな。

180 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 12:30:09.15
>>179
ここは君の悔しさやうっぷんを晴らす場ではないんだよ。
アンケート? 君がとってみたら? 100%惨敗するよ。

「ワナビー」はこの板では作家志望者、プロ作家になりたい
人とほぼ同義。そのくらいのことは知っておいて欲しい。
まあ、百歩譲ってそれは知らなくても良いが、知らないので
あれば、156で知ったかぶりして書いたりしないことだね。


181 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 12:49:46.61
そんなことよりcookieの追跡が楽しくて
そんなこと言ってるあらば、もう遊んであげれないぞ!

182 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 12:59:01.74
ここって変な奴らばっか


183 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 13:05:52.93
>>180
100%惨敗するよとか、相変わらず検証データもなく自分の思い込みを言ってるだけだな。
言ってることが思い込みだということを解らしてやろうとアンケートでもやってみろといってるのに
理解が悪いな。

まあ言い負けてるのがわかるから悔しくて粘着するんだろうが。
ワナビーは一般常識ではないということはそれでも解ったようだな。

156では、「それが大多数のワナビだろうな。」と言ってるんで
「それが大多数のワナビだ」と君のように断定はしてないよ。
しったかぶりしてるなんていうのは、君のオツムが子供だからだろう。

184 :183:2011/02/25(金) 13:07:53.83
>>180
会社の昼休みが終わっちまったんで、あとは夜だな。
またね。

185 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 13:29:02.36
>>184
正直にニートだっていいなさいよ!

186 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 13:32:51.96
>>183
アンケートの件は理解した上で言っているのですよ。それでも
アンケート云々はお互い同じ立場。だったらあなたもやったら
どうですか、というのは妥当だと思いますがね。

>156では、「それが大多数のワナビだろうな。」と言ってるんで
>「それが大多数のワナビだ」と君のように断定はしてないよ。

断定と推定は似たようなものなのですよ。それを、断定ではないから
かまわないとかいうのはあなたの勝手な論理です。あなたはそういうのが
お好きなようですね。どうぞご自由に。
リーマンさんでしたか? てっきりニートかと思っていました。
私は自営業ですので時々のぞいてます。
間違ったことさえあなたが言わなければ、私は何も反論しませんよ。
ではでは。


187 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:05:20.38
>>177
>書いた小説を自費出版で何冊も出してる人は何と呼ばれるの?

そういう趣味の人じゃね?
釣り人が何十年魚釣っても、商業ベースに乗せていなければ漁師と呼ばれることはまず無いし
家庭菜園で大根作ってる人の中で農家と呼ばれるい人はすくないでしょ

もちろん、趣味が高じてかなりな量売ったりしてたら、農家、漁師、小説家
と呼ばれる人もいるだろうけど



188 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:30:46.25
自費で何冊も出している人なんているのかな?
まあいることはいるかもしれないが、極端に少ないだろうな。
「偉大なるセンズリ野郎」と呼ぶのが良いかもしれない。


189 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:50:01.46
プロが会社の負担で赤字を作るよりはマシなような気がするな。
どうせプロの本でも売れないのだから棚の三分の一くらいはこのシステムでもいいかもしれない。
親戚や友達たちが本屋に来るでしょう?

190 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 19:04:16.58
9 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 23:16:53
北方謙三、アエラのインタビューにて

昔の仲間で、今でも売れない原稿を書き続けてる人がいます。
そいつは会社経営してて金持ってるから自費出版してるんだよ。
毎回送られてくるから読むんだけど、もう40年も書いてるからうまいよ
でも、何かひとつ足りない。でも本人には足りないものが見えない
へたにうまくなってるから、袋小路にはいりこんじゃって抜け出せなくて
自分よりへたくそに見えるプロの作家を酒飲んでののしってる。
〜中略〜
そいつに、賞にコネなんかあるわけないだろ(才能ないやつデビューさせても出版社の首絞めるだけだから)
って言ったらそいつが、ぽろぽろ泣きながら
「才能より、コネって言ってくれ、それだったら俺は諦められる」って言うんだ。

191 :158:2011/02/25(金) 21:09:40.27
>>186
相変わらず往生際が悪い悔しがりやさんだなw
君ってワナビ?そうなら小説家になるのは諦めたほうがいいかもね。

「だ」と「だろうな」のニュアンスの微妙な違いがわからずに
似たようなものなのですよ、なんていってるようじゃね。


192 :158:2011/02/25(金) 21:11:52.49
小説家とは世間がそう認めている者をいうのか?
自分が小説家だと思って小説を書いている者をいうのか?


193 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:24:23.31
自分で思ってるだけだと
自分は民間人だけど心は軍人、みたいな感じで
ちょっと香ばしい人だよな

194 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:36:50.92
>>193
まさに三島由紀夫

195 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:39:31.05
まあ、百冊以上出してようが全部(黒字になっていない)自費出版なら
犯罪を犯したときにマスコミには「自称小説家の〜」って言われるだろうな

196 :158:2011/02/25(金) 22:42:27.84
「小説家」:小説を書く事を職業としている人。
「職業」:生活するためにする仕事。
(三省堂例解国語辞典)

生活のため借金して赤字の会社を経営している中小企業の社長は経営者、社長ではないのか?
生活のため稼ごうとして、小説を書いて自費出版して本を売ろうとする者は作家ではないのか?


197 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:43:33.60
>>196がそう思うならそれでいいじゃないか
世間がどう思おうと

198 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:49:37.20
>>158
がんばってるね。しかもなんか論旨が変わってる。
何が言いたいんだろう?



199 :158:2011/02/25(金) 22:50:12.70
仮に(仮にだよ)、芥川賞を獲って、書いた本がベストセラーになり巨万の富を得たが
その後書く作品を出版社がことごとく没にして出版してもらえない奴は
作家なんだろうか?

200 :158:2011/02/25(金) 22:51:13.05
>>198
論旨が、どうからどうへと変わってるって?

201 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:54:15.83
しばらくは作家だろう
10年以上たって名前を覚えてる人も少なくなったら、元作家だろう

根拠がある話ではなく、俺の社会的感覚上はそうなってる気がする
(でもそう間違ってないだろ)


202 :158:2011/02/25(金) 22:54:46.59
171 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2011/02/25(金) 00:16:25.98
>自費出版で何冊出そうが彼が小説家と呼ばれることはない


生活のため借金して赤字の会社を経営している中小企業の社長は経営者、社長ではないのか?
生活のため稼ごうとして、小説を書いて自費出版して本を売ろうとする者は作家ではないのか?

論旨が変わってる?


203 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:55:04.90
>>198
シーッ みんな静観してるんだから寝た子を起こすなよ。


204 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:58:32.69
>>196

赤字でも会社経営してるなら社長
会社登録もしてないなら、彼が社長と呼ばれるにはためらいがある

赤字でも商業出版してるなら小説家
自分でやってるなら趣味、親戚友人しか小説買わないなら
手作りアクセサリーを地域のフリーマーケットで売ってる人と同じ職業ではない


205 :158:2011/02/25(金) 23:05:03.97
>>201
では、本が出版されなくても、小説を書いていれば10年間は作家なわけだ。

206 :158:2011/02/25(金) 23:07:37.30
>>204
>自分でやってるなら趣味、親戚友人しか小説買わないなら

じゃ、大道で詩集売ってる人がいるが、親戚友人しか買ってないんだ。
俺は見かけた他人が買ってると思っていたよ。

207 :158:2011/02/25(金) 23:18:11.77
>>204
おっと

買わないならか、買わないからと読んじゃったよ。

208 :158:2011/02/25(金) 23:22:05.15
>>204

>赤字でも商業出版してるなら小説家

では、小説書いて自費出版してる奴は作家ということか。

209 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 23:58:44.26
>>206

道端で売れば、そりゃもの好きが買うかもね
それで何かが変わったりしないよ
(俺が出した例が、すべてを網羅してるわけじゃないから)
変な例を探し出してきても反論にはならないよ


自費出版は商業出版なのか? じゃ言い方がおかしかったね
とりけすよ
書店の自費出版コーナーではなくて通常の流通のことを言いたかったんだけど

上の2点は
本当は言いたいこと通じてるくせに、わざと誤読して言ってるよね
僕の文章のミスを利用したいいがかりでは反論にもならないし説得できないよ



210 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 02:22:20.38
藻前ら文芸社の話しろよ……。
小説でメシ食ってないならアマ作家、
小説でメシ食ってるならプロ作家でいいじゃんよ。

とりあえず昔の記事のコピペとか。
57 :無名草子さん:2008/12/03(水) 23:20:25
文芸社や新風舎で出した本が売れないことに腹を立て
政治家に脅迫状を送りつけ逮捕された人の本
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835566920
今もamazonで購入可能。
どんな痛々しい内容か試し読みできないのが残念。
ttp://www.stellaworks.info/blog/2006/05/post_60.html
『野田聖子氏ら衆院議員3人にカッターナイフの刃が
入った脅迫文を送ったとして、脅迫の疑いで中島光男
容疑者(47)を逮捕した。中島容疑者は「西崎次貴」
「百巨宇騎」のペンネームでエッセーを出版。「本を
世間に知ってもらうため、インパクトがあると思った
政治家に送った」と供述している。同様の脅迫文を総
務省や中国大使館、新聞社など約10カ所に送っていた』

211 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 02:51:04.47
>>205
依頼された仕事(執筆)を、依頼主が満足できる内容で提供できる者が作家。10年とか決まりはないんじゃね?

212 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 08:32:58.95
もともとは10年以上もたって忘れられたら
元作家って呼ばれるよなって話なんだよね
なんとなくだけど、そんぐらいじゃね? この辺は微妙に差が出るだろうけど
5年とか位ならまだ作家として覚えてる人もいるかなと


でもその人は、文章の感覚がない人なのか10年を杓子定規にとって

「じゃ10年間は作家だ」って言っちゃう

なんていうか文章書きに向いてない気がする

213 :158:2011/02/26(土) 09:02:14.07
209もコテつけろよ。
どれが159なのかわからん。




214 :158:2011/02/26(土) 09:06:13.24
誤読されるような書き方をして、誤読されると責任回避か。
自分の表現力の稚拙さを棚にあげて、まあよくいうわ。

215 :158:2011/02/26(土) 09:11:32.41
スタートはここだ。

156 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2011/02/24(木) 16:39:55.66
金があったら自費出版する。
金が無いから出版社の金と営業力に頼る。
だから新人賞に応募する。それが大多数のワナビだろうな。

157 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2011/02/24(木) 16:48:17.40
>>156 おまえ、かなり勘違いしているな。
というか、創作文芸板に来る価値がないかも。

158 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2011/02/24(木) 17:07:11.78
>>157
お前は創作文芸板に来る価値がないかもでなく
はっきり創作文芸板に来る価値がないといえる。

159 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2011/02/24(木) 17:15:23.59
>>158
なんだ、指摘されたのがそんなに悔しかったの?
156に同意できる人は10%もいないと思うよ。
ちょっと常識がなさすぎる。
金があったら自費出版したいなんて人はあまりいないはずだよ。
そんなことしても作家にはなれないなんだから。

216 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 09:14:52.32
この程度なら、わざわざ文句言うところを探してるあんた意外は
みんなわかってると思うけどw

自費出版は小説家とは言えないんじゃねえって話で
あなたは、それへの反論はしないで、
例えとしてあげたものへの特異な例をあげての文句や、
言葉の定義の違いを文句言ってるだけでしょ

っていうか書き方の稚拙さ批判って事は、真意は伝わったし内容に反論はもうない
って事だろう、まあそれでもいいよ

217 :158:2011/02/26(土) 09:15:08.13
データの裏づけもなく、自分の思い込みと決め付けでものをいう馬鹿。
井の中の蛙、自分が見えない奴、それが157。

218 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 09:20:23.73
それ俺じゃないよ俺の最初の頃の書き込みは

>ワナビーとは「作家になりたい人」のことなんだよ。?

>>作家になりたい人って何だ?
>>自分の作品を世に出したい人じゃないのか?


*これなら、なりたいじゃなく、したいわけだから
*「わなびー」じゃなく「ワナドゥー」
*だな


>書いた小説を自費出版で何冊も出してる人は何と呼ばれるの?

*そういう趣味の人じゃね?

の*のやつ

219 :158:2011/02/26(土) 09:22:22.90
>>216
わざわざ
156 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2011/02/24(木) 16:39:55.66
金があったら自費出版する。
金が無いから出版社の金と営業力に頼る。
だから新人賞に応募する。それが大多数のワナビだろうな。

上記カキコをコピペしてやったのに、まるで論点がわかってないなw
自分では立派に反駁してるつもりなんだろうがまったくピントが外れてる。



220 :158:2011/02/26(土) 09:23:03.67
そろそろ自演を始めたかw

221 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 09:30:37.17
うんとね
論点がわかってないじゃなくて、そんな事始からあんたと論じてないのね
そこにピントあわせてないからw 
上記でも言ってるように、俺が言ったのは
自費出版で出しても小説家じゃなくね?なのね
だから、この話何度もしてるんだけど


でもあえて言うなら

作家になりたいから新人賞に応募する
金があって自費出版は作家じゃないからやらない
それがワナビだと思うよ

>>220
自演じゃないよw 自演して>>157と自分を違う人に見せかけるメリットて無いじゃん
(あなたの相手は一人じゃないと思わせる以外に)
それに156に対する俺の意見も書いたしね

222 :158:2011/02/26(土) 09:45:02.65
作家になりたいから新人賞に応募する
金があって自費出版は作家じゃないからやらない
それがワナビだと思うよ

このレスがまずおれの意見への反論になってないということがわかってないところに
オツムの弱さが表れている。
まあ、議論の相手じゃないのかも知れんな。

223 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 09:55:24.83
そうそう議論の相手じゃないよ、俺の意見を述べただけ、
農家の話とかもそれの解説だね

つまり反論じゃなくて別意見だね 異論だよ


そもそも君の意見
「金あるやつはみんな自費出版、金無いから新人賞だす」

って馬鹿げてると思うけど、0人じゃないだろうから
完全否定できるような物はないよ

「自費出版しても小説家じゃないからしない」
のほうがより一般的だと俺は思うって話ね

俺のオツムが弱いのは置いておくとして
君ちょっとオツムが強すぎると思うんだけど…大丈夫?
周りの人とちゃんとやっていけてる?

224 :158:2011/02/26(土) 11:28:59.89
>>223

「大多数」といってるのに、「みんな」に摩り替えてる。
理解できてないのか、ごまかしてるのか。

最後は、いい負けた奴の常套的文句
「周りの人とちゃんとやっていけてる?」

まあ、悔しいのはわかるが、素直に自分の考えの浅さを認めろよ。



225 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 11:35:25.43
別に大多数でもいいよw

でも
「金あるやつの大多数は自費出版、金ない人が新人賞応募」
のほうがより馬鹿げて聞こえるけど、いいの?

ちょっと俺、悪口でなくリアルに怖くなったからもう書き込み止めるね
俺負けでいいから、完敗、あんたが勝ち

226 :無名草子さん:2011/02/26(土) 12:29:39.87
自費出版で、大金を使うぐらいなら、
プリンターで同人誌を作って、同人誌即売会で売った方がいい。
その方が、読者がつくよ。
自分でするなら、金もかからない。
自費出版より安くつく。

227 :157:2011/02/26(土) 12:57:15.92
>>158
ずいぶん一人でがんばっていたみたいだね。

>>217 = >>158
あのな、いまさらそれを持ち出すか? 俺が>>157であり>>159
最後に書いたのは>>198 それ以降は発言していない。勘違いして
人のことまで非難するな(>>213のことな)。
その間、俺以外の人も君には批判的だね。
つまり、誰一人として君には賛同なんかしてないんだよ。

俺は単に君の >>156の発言をとがめているだけだ。それが全面的に
間違った意見であるというだけの話。それ以外は興味がない。


228 :158:2011/02/26(土) 13:34:35.90
>>227
やっぱり思い込み決め付け厨だなw
100万人いて、999,999人あることに賛同したらそれが真理か?
ガリレオ裁判でガリレオを有罪にしたローマ教皇庁だなw

真理や真実は数で決まるんじゃないんだよ。

いってることわかるか?
まあ、そのおつむじゃ無理かもなあw





229 :158:2011/02/26(土) 13:49:19.65
>>227
209は159ではなさそうだから、混同しないようにコテつけろといってるのに
「勘違いして人のことまで非難するな」とは、小学生並みの奴には困ったもんだな。
勘違いしてたら、コテをつけろなんていうわけないだろうが、アホが。



230 :157:2011/02/26(土) 13:51:25.70
君、ちょっと論理がおかしいよ。今に始まったことじゃないが。
真理? 100万人? なんの話だ?
こういう人を相手にするときは、時々休むのが吉だね。

まあ、どの程度賛同を得られるか、がんばってみて。


231 :158:2011/02/26(土) 13:58:01.79
要するに159が自演してないとして、俺の意見に賛同しないワナビは
結局自分の作品に自信がないんだろうな。
だから何時までたっても芽が出ない。

俺はまだ1回しか落ちたことがないし、自分の作品に自信がある。
だから、新人賞に当選しなくても、本を出せれば売れる自信がある。
そこで金があれば手っ取り早く自費出版して自分の作品を世に問いたい。
しかし金がないから自費出版できない。
そこで、新人賞をとってデビューし、それをきっかけに本をだしたい。

まあ、そのへんの違いだな。

232 :158:2011/02/26(土) 14:04:43.53
>>230
やっぱりわからなかったかw
真理は例えだよ。
わかりやすく真実ともいってやってるのになあ。

>俺以外の人も君には批判的だね。
>つまり、誰一人として君には賛同なんかしてないんだよ。

俺以外の者が誰も俺に賛同してない。
つまり俺の意見は間違いだと言ってるわけだから
間違いか真実かは数で決まるんじゃないと
ここまで噛んで含めて言ってやらなきゃわからんとは。


おそらく低偏差値校出身だろう。


233 :157:2011/02/26(土) 14:34:15.65
>>232
158君っておもしろいね。
まあ、君がかんで含めて言ってくれたおかげで、数と真理に
ついての論理は少しわかったよ。いつもそれくらい丁寧に
書けばもっと理解してもらえるかもね。
でもね、君が書いた >>156を読んでみて。君は、

>それが大多数のワナビだろうな。

と書いている。つまり君は単純に「数が多いだろうな」と
言っているわけだよ。なのに今度は「数が多くても真理とは
かぎらないだろう」というのは、明らかな論理の矛盾でしょ?
君は偏差値高いらしいから、それくらい分かるでしょ。


234 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 14:55:23.46
物理の法則じゃないんだから、単純に多いほうが正しい場合もあるよな

でも「金あれば大多数は自費出版」
は恐ろしく少ない気がするけど

235 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 18:24:19.24
創作文芸とは関係ないけど 僕の恩師の英語教師が退官したんで
これまでに書き貯めた英語関係の情報を一冊の本にして出してみたい
らしい。こういうのはなかなか売れないからそういうケースなら
自費出版も良いかもね。今度その先生と相談することになっている。
簡単な話は既にしてあるんだけど、先生と僕の共著にしたいと言って
くれている。ただし僕は金は出さない。そのかわり、情報の整理や
編集などの手間でお手伝いしたいと思っている。
それでも、本当はちゃんとスポンサーが付いてくれて商業出版してもら
えるのが一番なんだけどね。まあ、これからの相談と方針しだいだな。
そうなっても、印税を半分もらうつもりはない。1割で充分だ。
チラ裏だったね、スマソ。


236 :158:2011/02/26(土) 18:27:30.55
やっぱり相当偏差値が低い学校出身のようだね。

「数が多い」と言い切れば断定になるが「数が多いだろうな」と
言っているわけだよ。
「だろうな」=[連語]《断定の助動詞「だ」の未然形+推量の助動詞「う」+終助詞「な」》不確かな断定、あるいは推定の意を表す。
「彼はきっと成功する―う」「むこうの山が南アルプス―うか」

「数が多いだろうな」と「数が多くても真理とはかぎらないだろう」とは
論理矛盾はないの。わかる?

その程度の国語力では作家になるのは無理「だろうな」。
無理「だ」とはいわないがねw
もう一回小学校の国語からやりなおしておいで。


237 :158:2011/02/26(土) 18:33:20.13
157クン相手にしてるのは時間の無駄だな。

今年中に日本文学500冊、世界文学30冊読んで
小学校から高校までの国語の参考書を勉強してからまたおいでよ。

それまで、もう君の相手はしないからね。

12月末にまた話しよう。じゃあね。

238 :157:2011/02/26(土) 18:37:18.71
>>236
>「数が多い」と言い切れば断定になるが「数が多いだろうな」と
>言っているわけだよ。

だから「それは違うよ」といっているだけなんだけど。
どこかおかしいですか? 


239 :157:2011/02/26(土) 19:04:43.89
>>237

>それまで、もう君の相手はしないからね。
>12月末にまた話しよう。じゃあね。

反論できないから敗北宣言ね。そうとしか解釈できない。
まあ、僕もその方が時間の無駄がなくて助かるけど。
(年齢はともかく精神的に)大人になったらまた来てね。


240 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 20:53:20.16
>>239
あまり追い打ちをかけるようなことは
言うなよかわいそうだろ。
158も引っこみがつかなくて潮時を
探っていたんだろうから。


241 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 20:57:03.01
158ェ・・・

242 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 00:20:05.35
今頃専ブラをアンインストールしてるかもな。しばらく2ちゃんねる見たくないとかいって。
あんなやつでもこの過疎気味のスレを賑わせるという意味では存在価値があったんだな。
しかし、視野の狭さと牽強付会の度合いではなかなか得難い存在だったのでは?
かくして、このスレには安寧が訪れたのであった。


243 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 12:45:10.99
おーい、158帰ってきてくれえ。
あんたがいないとこのスレ過疎るわ。
157も自分が間違ってた、もっと勉強しますって謝ってるからよ〜。

244 :157:2011/03/02(水) 13:08:35.19
>>243
へんな言いがかりはやめろ。俺は謝ってないし、
これからも謝るつもりはない。158が全面的に間違っていたのだから。

もしかして、君が158本認か?
戻ってきたいのなら戻ってきても良いよ。
素直に謝る覚悟があるならね。



245 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 14:37:50.29
なにこいつ→>>243
158のみえみえの自演じゃん
はずかしいやつ


246 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 21:58:43.91
>>245
俺はスレ立て人だ、バカ。
158のいうとおり思い込みと決め付けしかできないやつだな。
お前みたいなバカはこのスレに来ないでいいよ。
それだから何時まで立っても一次落ちなんだ。

247 :157:2011/03/02(水) 22:18:53.39
>>246
まず、245は私ではありません。
それから、私がいつ、
「自分が間違ってた、もっと勉強します」と謝りました?
それはタダのデマです。さらには、
「何時まで立っても一次落ち」とか、冷静さを
失った根拠のない誹謗中傷。しかも誤字。
そんな人はスレ立てであっても存在価値ゼロです。
単なる荒らし以下ですね。あなたこそここに来るべきでは
ありません。


248 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 22:29:51.83
>>247
単なる変換ミスをあげつらうような小さい人間にはこのスレに来て欲しくありません。
煽るばかりで、158さんが228で言ってることも理解できなかったような低レベルの人は
このスレに来るのをご遠慮ください。
以上、スレ立て人より。

249 :157:2011/03/02(水) 22:39:58.19
もしかして、スレ立てさん=158なの?
だって、論理展開のしかたがそっくりだから。
しかも、158にはほとんど賛同者がいなかったにもかかわらず、
彼を強く推している。これはスレ立て=158と推定するに
充分な材料だね。断定するつもりはないけど、いま、ふとそう思った。
それから君も、冷静で公平な立場を保っているつもりであれば、
少なくとも、私が247で書いた、

>私がいつ、「自分が間違ってた、もっと勉強します」と謝りました?

についてちゃんと回答してね。それすらできないようでは、すべての
意見は説得力を失うよ。


250 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 00:13:12.34
>もしかして、スレ立てさん=158なの?
それ正解かもな
158って156だよな?
たまたまスレ立てが156の擁護者
なんて確率的にありえんし
>>156
>金があったら自費出版する。
>金が無いから出版社の金と営業力に頼る。
>だから新人賞に応募する。
>それが大多数のワナビだろうな。


251 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 01:33:25.02
ここのスレ立てらしきヤツが
またほかの板で暴れているぞ
行き場がなくなったんだな


252 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 09:11:02.35
>>158
自演乙。
もう思い込みと決め付けはいいから、御託は他で並べてください。
このスレには来ないでね。

253 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 09:13:07.29
>>256
私がいつ156を擁護しましたかね?
擁護したレスを挙げてみて。

254 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 11:16:02.08
256ってなんだ? 
250の間違いだと思うから
レスしてやるよ

158=156として

>>228 と>>248 読んでみ

これが擁護でなくてなんなの
まあ158=スレ立てみたいだから
どうせ難癖付けて
否定するんだろうが


255 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 11:43:27.16
>>254
擁護じゃなくて事実の指摘でしょ。
ホントに157のいうとおり国語力がないね、粘着君は。

256 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 11:48:38.05
予想通りだな

>どうせ難癖付けて
>否定するんだろうが

君の理解者は一人もいないから
どっか行ったら?

あれ 157って158君の敵でしょ?
アタマ大丈夫?




257 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 12:21:24.22
>アタマ大丈夫?

聞くまでもないだろ。


258 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 13:18:27.71
統合失調症の患者がいると聞いてやってきました。


259 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 13:28:35.20
>>256
間違いを指摘されて難癖だとはねえ。
悔しがり屋もここまでくると病気だね。

早く病院に行った方がいいよ、君。

260 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 13:38:22.68
>>259
賛同者がひとりもおらず、四面楚歌の中、
ほえ続ける感想を聞かせてください。


261 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 14:25:51.01
>>260
アンカー間違ってるよ
>>256 >>257> >258としなきゃ。

262 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 14:55:02.72
さあみなさん、
スレ立て=156=158の悪あがきぶりをじっくりと堪能しましょう。



263 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 22:14:43.46

「リアル鬼ごっこ」 山田悠介
「心霊探偵八雲 」 神永学

自費出版で作家になったね。
一人で荒らしてる奴はそんなことも知らないんだな。

264 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 22:24:43.26
それってさ
飯島愛がAV出身なのにタレントになりました
みたいなもんでさ

それにすがってAV出ちゃう娘とかいるから
むしろ知らないほうが人生が不幸にならないのでは?

265 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 22:29:48.38
>>263
ちょっとプロファイリングのまねごとをしてみよう。
君はおそらく、156であり、自分を批判した人を
「一人で荒らしている奴」と表現して少しばかりの
心の安寧を得ようとしているのだろうね。
けれど、読んだ人の大半は
「一人で荒らしている奴? ああ、スレ立てね」
と思っているよ、きっと。


266 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 22:51:23.32
あんまり追い打ちかけるようなこと書くなよ。泣き出すぞ。
泣き出すだけなら良いけど、無差別殺人なんか起こされたらかなわない。

それと、スレ立てもまたバカだな。普通に自費出版で売れた作品だけ
さりげなく紹介すれば良いものを、荒らしがどうとか、ついつい余計なこと
まで言うから本人を特定されてしまう。


267 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 00:05:04.29
粘着君
お前、ひとりでがんばっちゃってるのが見え見えだぞw



268 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 00:12:02.83
相手が一人にしか見えないというのは不幸だね、スレ立てさん。
ところで、君が156で書いたことが正しいことを証明できる?
それか素直に間違ってましたと反省する?
どちらかしないといつまでたっても君の居場所はないよ。


269 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 01:26:54.24
156はこう言っています 156はスレを立てた本人だそうです
156 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 16:39:55.66
金があったら自費出版する。
金が無いから出版社の金と営業力に頼る。
だから新人賞に応募する。
それが大多数のワナビだろうな。


270 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 12:15:23.86
粘着君は朝から晩まで2ちゃんねる三昧かw
いいなあ親掛かりのどら息子は。


271 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 14:23:44.86
相手が一人だと思っている時点でイタイな。
誹謗中傷しかできないようだから、みんな、なま暖かく見守ってやってくれ。
>>1 >>156

272 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 15:11:32.01
227 名前:157[] 投稿日:2011/02/26(土) 12:57:15.92
>>158
>ずいぶん一人でがんばっていたみたいだね。

相手が一人だと思っている時点でイタイな。

273 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 15:35:06.02
>>263
>「リアル鬼ごっこ」 山田悠介
>「心霊探偵八雲 」 神永学

それ以外にも「ルテラ・サーガ」の三角隼人とか何人かいるね。
もっと言えば、夏目漱石だって最初は自費出版だったそうだ。
でも、彼らも結果的に売れたから良かったものの、自費出版を
勧める気にはなれないな。
本人達も最初から「金があれば自費出版したい」とは思ってい
なかったと思うよ。
俺の友人にやはり文芸社から本を出した人が複数いるが、賞レ
ースで疲れて最後の手段として自費出版を選んだとみな一様に
言っている。


274 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 15:37:52.23
273=157は「金があれば自費出版したい」の意味が解ってないな。
やっぱ頭悪い。

275 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 15:40:14.49
>>274
157は春休みの中学生だろ。
真面目に相手になるなよ。


276 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 16:11:38.46
>>270 >>272 >>274 >>275

今度はまた自演まで始めたの? すごくわかりやすい自演だね。
かっこわるいですね、158さん。
人のことを

>粘着君は朝から晩まで2ちゃんねる三昧かw
>いいなあ親掛かりのどら息子は。

と言いながら、実は自分がそれだったという落ちですね。


277 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 16:28:46.56
スレが荒れたときはスレ立てに
お願いして沈静化させるのが
ふつうだが スレ立て自身が
荒らしてんじゃ処置なしだな


278 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 16:29:08.62
>>274
ねえねえ、どういう意味なの? 156は他の意味に解釈できないでしょ。

279 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 22:34:37.30
>>278
君って新人賞に応募してるの?

280 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 17:59:31.83
文芸社から勧誘受けたらしき人のブログ
http://blog.livedoor.jp/smile__bluesky/archives/3519489.html
http://blog.livedoor.jp/smile__bluesky/archives/3531271.html
「広告や、もろもろが、自費になる。
印刷や製本、大手本屋への陳列など、
出版にかかるものは全部出版社から出してくれる」
「お金が、ん百万かかる」

おいおい、カモに"印刷製本費用を出す"ってウソ説明してるんなら
詐欺まがいじゃなくて本当に詐欺だぞ。

281 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/06(日) 16:38:39.66
「九月の空」で1978年に芥川賞を受賞した高橋三千綱 は
1975年に「退屈しのぎ」で 群像新人賞を受賞する前に
1971年に「シスコで語ろう」を栄光出版社から自費出版してるんだね。


282 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/06(日) 23:50:43.28
70年代の自費出版と今のとちょっと違う
特に文藝社の自費出版は大きく違う

明治の同人誌と今の漫画の同人誌くらい 同じ言葉なのに違うものになってる

以前は自費出版で出して書評家や出版社に送って
雑誌なんかで取り上げられたりとか普通にあったのだよ
(今でもゼロとは言わないけど)


283 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 08:47:07.25
>>282
>70年代の自費出版と今のとちょっと違う
>特に文藝社の自費出版は大きく違う

どこがどう違うの?

284 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 15:04:39.24


282の後半に書いてあるべ

285 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 15:41:04.04
>>283
ここのURLが分かりやすいよ。
ttp://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom/topics/2009-01-29_book.htm
「同人誌や普通の自費出版だったら、それなりに金はかかるけど、
できた本は自分の物になる。権利が手元に残る。
でも(B社のような)悪質事例では、権利を相手の会社に取られてしまう。
金を出したのに、物も権利も取られてしまう」

286 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 15:52:29.75
昔は自費出版でも「文壇」ってものがあってだね。
文章の腕前を認められた人だけが参加できるようなグループが存在したのだ。
商業としては成り立ちにくいけど文章芸術的にはすばらしい……
そう認められた人々の「文壇」は、出版業界の人々にも認められていて
商業化のめどが立てば出版社から声がかかることも普通にあった。

でも文藝社の出版商法は根本的に違って、
「文章のクオリティを誰にも認められてない人々をカモにする商売」なのだ。

287 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 15:55:28.04
文芸社の場合は自費出版とは呼ばないからね。


288 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 17:44:39.77
ここ、文芸社のスレなんだけど、いつのまにか自費出版の
スレになってるね。どっちみちたいした話題がないからそれでも
あまり害はないんだろうけど。


289 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 20:25:12.19
>>287
文芸社の場合は自費出版とは何と呼ぶ?

290 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 20:26:51.02
>>287
文芸社の場合は自費出版とは言わないで何と呼ぶ?

291 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 20:54:10.42
自費出版に見せかけてそうでない契約を結ばせるので
「自費出版」ではなく「自費出版商法」なのだ。
自費出版なら出版物の権利は著者のものだが
自費出版商法だと出版物の権利は出版社のものになる。

昔は共同出版商法とか協力出版商法とか
そのままズバリ文藝社商法とか新風舎商法とか言われたこともあった。

292 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/08(火) 00:40:17.94
だからぁ「文藝社」じゃなくて「文芸社」だって。
何度言ったらわかるんだろう。
純文学の「文藝」ファンが怒ってるぞ。

293 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/08(火) 13:46:12.15
ここのスレ立ては>>156 そのあたりのやりとりを読んでみて。
そういう人がスレ立てなんだから仕方ないだろ。
何度も文藝社と書いている人は、本人の可能性が高い。


294 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 09:05:39.55
>>156
お前、いい負けて悔しいのはわかるけど
また煽るようなこと書くな。

また荒れるだろが。
荒らしが目的か?

295 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 13:39:00.20
156の負け犬って最近書き込んでるか?

296 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 13:53:38.41
まるで書いて欲しがってるwww

「絶対押すなよ!!」みたい

297 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 14:12:58.82
>>295
279〜291の中のいくつかは書き込んでるんじゃね?
例の話題には触れないようにして。

298 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 15:35:56.95
295=296=297

299 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 15:37:25.57
>>293
お前、いい負けて悔しいのはわかるけど
また煽るようなこと書くな。

また荒れるだろが。
荒らしが目的か?

300 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 17:12:46.01
>>299 = 156 = 205 と確定しました。
言い負けてるのは明らかにスレ立て = 156 なのに、
それの逆を書くのは本人以外あり得ない。
>>294 だけは、本当は157に言いたかったのを間違えて自分の番号
である156を書いてしまったんだろうな。かわいそうなやつだ。 

>156 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 16:39:55.66
>金があったら自費出版する。
>金が無いから出版社の金と営業力に頼る。
>だから新人賞に応募する。
それが大多数のワナビだろうな。

301 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 17:26:21.86
>>300
傷口に砂糖を塗る
ttp://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1296640245/l50

302 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 17:26:36.32
>>300
いつまでも居座って粘着してるお前は痛い奴

303 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 17:31:54.95
スレ立てって打たれ強いんだな。いつも叩かれているから
耐性ができたんだろう。

304 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 17:35:08.95
>>303
単に恥知らずなだけでしょうな。

305 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 17:36:39.07
っていうかさ
認めたら、大金払った自分が否定されることになるじゃん
それって難しいと思うよ


306 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 20:40:36.55
てことはスレ立ては自費出版経験があるのか。
どこかに書いてあるんだろうな。まともにスレ読んでないから
知らなかった。


307 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 21:32:58.21
相変わらず粘着が一人でがんばってるな。
暇な奴だな。

308 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 01:18:47.00
>>307
一人なのは君だけだよ。残念ながら。
ちなみに俺は301と303。
よろしくね。


309 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 06:17:20.83
!ninja

310 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 09:08:49.59
>>308

何人307のアンチなんだ?
せいぜい3人だろ。
20人も20人もアンチみたいなこと言ってる308って馬鹿としか思えん。

311 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 12:57:26.40
>>310
3人でも一人より多いのは事実だな。

>20人も20人もアンチみたいなこと言ってる

誰が? スレ立てって日本語も読めなかったのか?

312 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 13:56:38.28
くだらん事実もあるもんだなw

313 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 13:59:55.08
一番くだらんのは君自身の存在だけどね

314 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 14:54:20.17
>>313
いや、一番くだらんのはお前の存在だよ
わかってないねw

315 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 14:56:10.90
馬鹿が三人と利口が一人
どっちの言うほうを信頼すべきか、普通のオツムならわかるよなw

316 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 14:56:31.64
よっ、おもしろくなってきたぞ。もっとやれ!
がんばれよ、スレ立て。156。応援してるぞ(笑)。。

317 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 23:09:50.45
日本文学館ってどうよ?車が買える
値段で本にできるとがほざくんだが

318 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 00:36:10.77
どの程度の車? 文芸社もそんなもんだけど。
コシーナだと軽自動車の中古も買えないくらいでもできるらしい。


319 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 01:52:02.98
文芸社ちゃんと配本してるか怪しい疑惑

ttp://ameblo.jp/hiro-5310/entry-10825786115.html
「配本先の一覧がupされていたのですが、
その一番最初にあったのが『いまじん戸田店』
そういえばこの店、“文芸社コーナー”が
あったよなぁ…その中に「放浪記」はあるのか?
確認しに行ってみました。
結果から言えば、この日はなかったのだが、
“3月より順次配本開始”ということを考えれば、
この先店頭に並ぶ可能性も…
また確認しに行きます。ちなみに…
“配本先一覧”にはもう一店
『いまじん弥富店』一応、確認しに行ってみたら…
“文芸社コーナー”がありませんでした!
ホントにここ“配本先”なんですか?(笑) 」

ま、「売れたんですよ」とか
いくらでも言い訳はできるけどな……。

320 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 01:56:27.22
≫317
スレ違いの話題だが……超大型書店に行って日本文学館の棚を探してみ。
(超大型書店でないと棚そのものが存在しない)
棚の数冊をめくるだけで「ああ、こりゃねえわ」って感じるから。

321 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 03:30:01.38
所詮自費出版。
数百部刷って自分で全部金払って、親戚や友達に配れば良いじゃん。


322 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 13:48:53.81
そうして自費出版する人は、大手の社長とかで
なければたいてい100〜300部くらいしか刷らないよ。
親戚や友人以外に、近隣の図書館に寄贈しまくる。

ところで、このスレで、自費出版や共同出版とか
じゃなくて出版経験ある人っているのかな?


323 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 21:04:43.95
いやそれ以前に200万とか…ふざけんのも
いい加減にしろよ馬鹿野郎
宮城に募金したほうがましだ畜生

324 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 21:08:22.68
不謹慎でした

325 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 00:03:49.14
今回の地震で自費出版商法の会社はかきいれ時が来るな

昔っから、家族が事故や病気で亡くなった人に
「その悲しみを本にしてたくさんの人に伝えませんか」と
勧誘するのが自費出版商法の常套テクだったからな。

326 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 00:08:11.34
会社によったらアレだな、「震災追悼出版」と銘打って
地震で家族を亡くした人たちの短編集を作るだろうな。無料掲載で。
タイトルは「天国のあなたに」とかソレ系で。

最初は無料掲載で客寄せとイメージ戦略を図って
あとで個別に「短編ではなく1冊の本をつくりませんか」と
数百万円の出版を薦める構図が目に見えるぜ……。

327 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 00:19:07.16
アマゾンで検索するとB社の震災関連書籍がボコボコ出てくる。
夢なかばにして亡くなった娘のイラスト集とか
家族を亡くした悲しみにつけこまれて出版したと思しき物がいっぱい。

その中で異彩を放っていたのがこのトンデモ本
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835503007/
「阪神大震災は小型核兵器・小型核地雷によってひき起こされた?!
日本を人工地震によって徹底的に破壊し、
ふたたび再建することによって、
思うままの支配を確立せんとする闇の権力の正体をあばく」

328 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 00:37:01.30
自費出版会社なんて津波で倒壊すればいいのさ

329 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 11:41:17.91
文芸者に頼まず、自分で会社作って
印刷会社に刷らせて製本会社に製本させて
本屋に売り込んだらどうなんだろ?
やっぱり文芸社に頼んだほうが安く

330 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 12:54:34.68
>>329
「やっぱり文芸社に頼んだほうが安く」ならねえよ。
文芸社に頼むと初期費用で数百万円とられた上
出版物の権利を取られちまうからな。
つまり売上金をぜんぶ持ってかれっちまうの。

331 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 14:18:11.54
>>328
時と場合を考えて書き込みをしましょう。


332 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 16:12:52.69
50歳超えたロートルですが、40歳以上は新人賞に応募しても、即ゴミ箱行きらしいですね。
どうしても自分の作品を世間の目に触れさせたいならやっぱり自費出版しかないか。

出版社立ち上げて、文春、新潮を向こうにまわし、本屋に自分の著書を売り込むかな。

333 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 16:52:31.34
>>332
「出版社立ち上げて、文春、新潮を向こうにまわし、
本屋に自分の著書を売り込むかな」
本気でやるつもりなら、下のURLが参考になるよ。
ttp://aruhenshu.exblog.jp/3749694/

『先日、ある書店の担当者を訪ねると先客がいた。
その先客は明らかに書店を訪問することに慣れていない様子で、
話も長くまどろっこしかった。用件は「自分は本を書いたので、
ここの書店にも置いてもらえないか。ついては1冊献本するので
読んでいただいて検討してほしい」ということのようだった。
担当者の様子から、早く会話を切り上げたがっているし、
その本を読む気も置く気もないことは明らかだったが、
自分の本の説明で頭がいっぱいの彼にはわからない。
僕はうしろで会話を聞きながら”こういう訪問者の相手も
しなければならないなんて担当者も大変だなあ”と
つくづく思ってしまった。大型書店の売場担当者は
日常業務だけでも大変な忙しさなのだ』
『個人的には、著者単独の営業はおすすめしないし、
やるなら根回しに根回しを重ねた上でやらないと、
出版社にも書店にも嫌われるから注意されたい』

本気でやるんなら、現役で汗水流して働いている
書店営業マンに弟子入りして
「なんで書店は出版社直ではなく
取り次ぎ経由で本を仕入れているのか」から
みっちり教えてもらったほうがよいかと。

334 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 17:57:52.01
50って言ったら後進を支える側に回る歳頃だろうに
まだ「当方ボーカル、メンバー募集」みたいなスタンスなのかよ……。
新潮や文春で働いてる人間だって50やそこらの人いっぱいいるのに
なんでその人らが「自分たちロートルの作品や主張」より
「若手の作品や主張」を大事に育ててるのか考えないのかよ……。

そんなんだから老害って(以下略

335 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:00:46.23
>>332
50越えた位でロートルとは……。
俺も五十代だけど年齢なんて全然気にしてないよ。
メジャーな受賞はないが、複数の入選者のひとりに選ばれたり
最終候補にのこったりはしている。
ただ、たしかに純文系では確かに若者中心に受賞しているかな。
しかし、それでもチャンスがないわけではない。
年齢で選んでいる訳ではないだろうから(年齢見て即ゴミ箱行き
はないと思う。選ばれない理由は、若々しい感性がないから?)。
その点、エンタメ系なら年齢なんて関係ないよ。
自費出版で売り歩くとか、あなたの提案している方法とか、
いろんな選択肢はあるだろうが、
それらは公募で賞を取るよりも逆に難しいかと。



336 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:01:41.16
>個人的には、著者単独の営業はおすすめしないし、
>やるなら根回しに根回しを重ねた上でやらないと、
>出版社にも書店にも嫌われるから注意されたい

いや、著者が出版社を介さないで単独営業するのではなく
著者が出版社を立ち上げてその会社の営業マンとして
自分の著書を売り込むというのであって
ちょっとそれとは違うと思うんですが?

337 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:08:45.92
>>334
君も年を取ればわかるだろうから、軽はずみなことは言わないように。
文藝の世界では、私のように年を取ってから始めた人もおおいですよ。
出版社のスタッフとどちらが年齢が上か下かとか関係ないことです。
お互いに役割が違うのですから。


338 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:09:54.60
>>336
上のURLの人が言いたいのは、
「書店営業のノウハウを持ってない人が
へたに営業かけると書店に嫌われるよ」ってこと。

著者が出版社を立ち上げて営業マンになったところで
書店営業のノウハウを心得ていないと書店に嫌われるのは同じ。
だから「本気でやるんなら、現役で汗水流して働いている
書店営業マンに弟子入りして……」とフォロー入れたわけよ。

339 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:16:23.31

へたに営業かけて書店に嫌われても、それを糧にして
書店に好かれる営業ノウハウを編み出せばいじゃん。

書店は回り切れないほどあるんだから
10店や20店に嫌われたってどうってことない。

それに営業担当も人間だからいろいろだよ。
生意気な奴もいれば、飛び込み営業に好意的な者もいるだろう。
なんでもやってみなけりゃわからんよ。



340 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:20:28.58
>>338
333の文章が拙いから、336のようにしか読めないよ。
333=338なんだろうけど、ワナビならもっと余計なことは省いた文章を書かないと、芽が出ないぞ。

341 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:20:45.49
>>339
だから「本気でやるんなら、現役で汗水流して働いている
書店営業マンに弟子入りして……」と提案してるんじゃんよ。

342 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:22:25.99
スレ違いだから文芸社の話に戻ろうぜ。
分別あるロートルならそうするべきだ。

343 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 18:55:07.45
文芸社は最近著者の単独営業を禁止にしたらしい。
昔は新風舎ともども結構来てた気がするけどね。
自費本の著者営業が来たら「ただいま担当者が
席を外しておりますので」って言って追い返せって店長に指示されてた。

「一人でも置いたら、あとから『同じ自費出版著者の○×さんは、
この店に置いてもらったって聞いたわよ。なんで私の自費出版本は
置いてくれないの』『私の本のほうがあの人のより下だっていうの』
『あんたのチェーン店でこれから一切本買わないわよ』って
厄介なクレーマーが来る。それにいちいち対応してたら、
店がアマチュアの本だらけになって一般客に申し訳ないことになるし
経営が成り立たない」だって。

344 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:47:39.17
>文芸社は最近著者の単独営業を禁止にしたらしい。
>自費本の著者営業が来たら「ただいま担当者が
>席を外しておりますので」って言って追い返せって店長に指示されてた。

もっと、まともな文章書けよ
店長に指示されてたのは誰なんだ?
文芸社がなんで最近著者の単独営業を禁止にできるんだ?
そんな法はないぞ。

345 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:48:19.22
>>343
「なんで私の自費出版本は置いてくれないの」
自費出版にしたんなら販路も自分で開拓すればいいのに
人のフンドシで相撲を取ろうとする寄生虫根性がイヤすぎる

346 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:52:02.45
>>343
文芸社は本屋みたいな書き方だなw
だいたい、何軒の本屋の話だ。
たった1軒の話を本屋すべてに敷衍してやがる。
バカじゃないのか?
お前、文芸社の社員だろw

347 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:53:57.09
>>345
お前もバカだな。
「なんで私の自費出版本は置いてくれないの」って、自分で販路を開拓してるんじゃねえかw

348 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:54:52.09
>>344
「店長に指示されてたのは誰なんだ?」
おっとごめん。指示されてたのはバイト当時の自分。

「文芸社がなんで最近著者の単独営業を禁止にできるんだ?
そんな法はないぞ」
最近見かけた文芸社著者のブログに
「ひとりで書店営業しようとしたら文芸社に止められた」
って書いてあった。なんで禁止できるのかは知らない。

349 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 19:57:50.12
>いちいちいちいち対応してたら、
店がアマチュアの本だらけになって一般客に申し訳ないことになるし
経営が成り立たない」だって。一般客に申し訳ないことになるし
>経営が成り立たない」だって。

何でいちいち対応してたら、何で店がアマチュアの本だらけになるんだ?
文春や新潮社なんかの大手出版社の本押しのけて並べなきゃならんなんてこったないだろがw
だいたい、俺は毎日本屋に寄るが、そんな著者の売り込みなんか見たことないわ。



350 :343:2011/03/14(月) 20:00:22.82
なんか混乱してるのは自分の書き方がまずかったからだね。ごめん。
自分は一般書店(チェーン店)の元バイト店員。
「自費出版の営業が来たら追い返せ」って店長に指示されてましたって話。
他のチェーン店の店長もそういう考えだったかどうかは知らない。

351 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 20:56:49.56
書店流通の実情をかなり丁寧に解説した記事
ttp://www.kojinshoten.com/ryutsu.html
ttp://www.kojinshoten.com/ryutsu2.html

「書店にお金を払えば(棚買いすれば)
自費出版の本でも陳列してもらえますが
こんな姑息な手段を使ってまで自分の本を世に問うことに
出版の喜びがあるでしょうか」のくだりが秀逸。
その姑息な手段をやってるのがまさしく文芸社だから。

352 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 12:27:42.88
公募では無理だと思ったのなら、こういうのもありだろうと思う。
金額は高いとは思うけど。

353 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 13:22:06.85
まあ、頑張ったんさい。


354 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 14:27:09.03
文芸社に金ヅルにされてるとうすうす気づいてる人のブログ
ttp://savant.sblo.jp/
インターネットで1〜3週間広告するだけで49万だと。
ボロい商売よのう……。

355 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 00:18:52.98
文芸社よ 死にたまへ いつのひか そうなるように生きてゆけ
僕は僕に君は君に 文芸社で金取られて 泣けばいい

356 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 00:25:17.64
山田祐介は釣りだったのか

357 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 00:31:19.93
ぶんげー ぶんげー ぶんげー ぶんげー者 あお〜ん、お金高すぎで、高級ジェんヌ?
いや...ただの道楽です。そして、新風舎を助けなかって、草思社を助けたから、死んだ、
いや、同士なのは新風舎のはずなのに、殺したから、新風亡霊が来て、もうすぐ倒産。

臭い異臭がするあの本棚 あのお? 棚買いはおたくの特典? 自費出版丸出しの芥子の花

358 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 00:57:43.11
才能あるなら新人賞で拾われてるだろ

自費出版したってダメなものはダメよ

359 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 01:17:15.05
言えてる。自費出版からブレークしたプロもいると
奴らは言うが、そういうのは極めて希有な例。
ニュースバリューになるのは、それだけ珍しいということ。
文芸社から小説を出すってのは、センズリかいて、ティッシュの
かわりに大量の一万円札で処理しているようなもんだよ。



360 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 01:42:57.52
>>359
1万円札でアレを拭くと痛いぞ。

361 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 04:24:34.97
自費出版やってる会社は多いが、文芸社みたいに
「共同出版」みたいな「事実上自費出版である『まがい物出版』」を
やっているのって、ほかにないの? 新風舎・碧天舎はつぶれたし。
HPを見ても、「共同出版」の文字はないな。「
今は健全な会社であることをアピールしようと必死なんだろうな。
wikipediaで見たが、あの草思社がここの子会社とは知らなかった。
草思社って好きだったから。
徳大寺有恒の間違いだらけの車選びは当時はけっこう読んだ(後年マンネリ化したが)。
それとか、「日本人はどのようにして建造物をつくってきたか」
シリーズなどの書籍は評価に値すると思う。

チラ裏だったね、スマソ




362 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 11:16:53.99
>>361
草思社がB芸社の子会社になった時は出版業界動向本で
「サラ金が銀行を傘下にした印象」と言われた。

>>361
文芸社みたいに 「共同出版」みたいな
「事実上自費出版である『まがい物出版』」を
やっているのって、ほかにないの?
>B芸社の共同出版は自費出版じゃない。
自費出版よりさらにひどい契約を結ばせる商法だ。
有名なところではG冬舎ルネサンスが同じ商売をやってる。

363 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 14:29:40.09
>>358
わかってないね。
才能あっても、年齢制限で落とされる高齢者は多いんだよ。

それに諏訪哲史なんか、某社の新人賞で落とされて
別の出版社の新人賞に出しなおしてそれが芥川賞受賞だぞ。

下読みもわかってないのが多いから、石ころ拾って
ダイヤモンドの原石は捨てるってことは絶対多いはず。


364 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 14:56:27.01
「下読みもわかってないのが多いから、石ころ拾って
ダイヤモンドの原石は捨てるってことは絶対多いはず」
それを考慮に入れてもダメなものはダメよ。
ダイヤモンドは磨いたら光るけど
ダメな石ころはどんなに磨いてもダメな石ころよ。

石ころの埋蔵量に比べたら
ダイヤモンドの埋蔵量は圧倒的に少ないんだから
もし誰かが「ダイヤモンドの原石が見逃された!」って叫んだら
誰もが笑って「ただの石ころをダイヤと見間違えたんじゃねーの」と言うよ。
もしくは「ダイヤの原石を見逃す事故もまれにあるさ、
でもたった一個のダイヤに執着するヒマがあったら
新しいダイヤを持って来いよ。
本当に間違いなくダイヤだったら今度こそ見逃さないからさ。
何度も見逃されるようならそいつがもって来た石はダイヤじゃない。
そいつだけがダイヤだと信じてるだけで実際は単なる石ころさ」と言うよ。

365 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:02:57.36
まあ何だ、「出版社の下読みの連中はヘボだから
俺のダイヤモンドが見逃される」って感じてる人は
出版社に頼らず自分で自費出版すりゃいいんじゃないの。
それで街中のアクセサリー売りみたいに売ってみりゃいいんじゃないの。

でもB芸社みたいなところと契約すると
売り上げ金をB芸社に取られちゃうから注意してねってことで。

366 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:10:08.51
>>364
>本当に間違いなくダイヤだったら今度こそ見逃さないからさ。

お前はホントにわかってないな。

きことわが世評では悪評嘖嘖なのは何故か考えろ。
下読みがダイヤモンドと評価する基準がまともと思っているアホ。

下読みの基準がおかしいから、新人賞受賞作にもたいしたのがないんだよ。


367 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:10:30.04
年齢制限にこだわってるのは、もしかして純文学にこだわっている人?
もしかして、地方文学スレや群像スレでぼこぼこにされてる人かな?


368 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:11:26.70
365の文章読むと、こいつが作家になれないことは確かなのはわかる

369 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:16:09.78
>>366
だから「下読みの基準がおかしいから、
新人賞受賞作にもたいしたのがないんだよ」そう思ってるなら
別に出版社に頼らず自費出版すれば、って言ってるんだけど。

370 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:27:21.04
そうだね。本当にそう思っているなら勝手に自費出版でもすれば良いかな。
しかし、本気でそう思っている時点でイタイね。
年齢制限って、実際はないと思うよ。応募書類の年齢の部分を見て
即ゴミ箱行きなんて絶対にあり得ない。被害妄想だな。本当にそんなことが
あるなら、応募要項に「年齢は40歳未満まで」とか書くでしょ。
若い人しか受賞してないというのは、単に感性が違うからじゃないかな。つまり、
年齢が高くなると、みずみずしい感性がないから受賞に値する作品が書けない、という意味。
今は寿命が長いから、40歳だろうが50歳だろうが、その後の活躍
期間はまだまだある。20歳で受賞させても10年持たない人が大半なんだから。

371 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:31:24.81
「きことわが世評では悪評嘖嘖なのは何故か考えろ」
出版社がダイヤの原石を見逃すことがあるように
出版社がビミョーな鉱石をダイヤと見間違えることもある。

きことわが世間で非難轟々なのは
それだけ芥川賞が過去に優れたダイヤモンドを
世に送り出してきたことの証なのだ。
優れたダイヤモンドを送り出してきた企業が
うっかりビミョーなダイヤを世に送り出したからこそ騒がれる。

B芸社や在野の自費出版作家がどんなゴミ本を世に送り出そうと騒がれないのとは対照的だあね。

372 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:49:47.55
>>370
本気でそう思ってる時点でとってもイタイのだけれど
さらに痛々しいのは
出版社を信じてないくせに
出版社の肩書きだけはほしい根性が透けて見えること

出版社を信用できないなら出版社に頼らず自費出版で売り歩けばいいのにね。
本当にダイヤモンドだったら自費出版でも売れるかもよー(棒)

373 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:51:24.34
>>371
何が言いたいのかよく分からない文章だな。
その程度の文章力だと、どの賞でも万年一次落ちだろうな。


374 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 15:59:17.49
>>373
あれ?あなた「下読みの基準はおかしい」って思ってるんじゃないんですか?プププ
だとしたら「万年一次落ち」って超ホメ言葉ですけど?

375 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:05:20.36
>>374
373だが、誰かさんと混同しているみたいだね。
下読み基準がおかしいなんて俺は思ってない。別人だろ。
こんな勘違いで人を叩いている人、最近ほかのスレでも見たな……。


376 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:09:14.66
>>375
それならあなたとは友達になれそう。
でも他人様に対していきなり「何が言いたいのか
よく分からない」とか言うと嫌われたり
カウンターで叩かれたりしやすいから気をつけてね。

377 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:13:15.96
>>366
>>375さんも「下読み基準がおかしいなんて俺は思ってない」だって。
それでも下読み基準がおかしいと思うなら
やっぱり自費出版したほうがいいと思うよ。出版社に頼らずに。

378 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:25:11.64
>>370
お前、文学界掲載の下読み座談会読んでないだろ?

379 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:27:40.84
>>377
どうも、このスレに、ばかな下読みが紛れ込んでる気がする

380 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:29:19.13
>>377
君は何回最終まで行ったの?

381 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:32:49.50
文学界の下読み座談会を都合よく受け取ると
いろいろマズイことになるな。特に「運」のくだり。
どんなにがんばってもゴミクズに運はやってこない。

つーか文芸社スレだぜ、ここ。
文学界読んでドヤ顔するヒマあったら文芸社の話しろよ。

382 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:34:41.54
>>377
バカなお前のアドヴァイスなんか誰も求めてないっつーのw

383 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 16:35:33.42
375=376

384 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 17:02:40.95
「文学界掲載の下読み座談会読んでないのか」
「君は何回最終まで行ったの」
やっぱり出版社の選考は信頼されてるなあとしみじみ。

385 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 19:57:30.31
>>383
私は375だが376とは明らかに別人。
ここ、思いこみが激しい人がいますね。
おそらくスレ立て本人だろうけど。
「余震の中で執筆している人のスレ」なんてバカなスレを立てたのも
君かも知れないですね。私は断定はしませんが。



386 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 20:29:14.73
思い込み激しい奴に言いがかりつけられるのが嫌なら
おめーも「おそらくスレ立て当人だろうけど」だとか
「バカスレ立てたのもお前だろうな」とか
思い込み激しすぎな上証拠ナッシングな発言するなよ。
断定する気がないなら心ん中にしまっとけ。

387 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 21:11:21.82
>>386
冷静さを失った発言は見苦しいよ。


388 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 04:26:19.08
>>359
>文芸社から小説を出すってのは、センズリかいて、ティッシュの
>かわりに大量の一万円札で処理しているようなもんだよ。

なるほど。


389 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 12:07:17.99
アマゾンで文芸社の本を検索すると
「○○奮闘記」というタイトルの本が腐るほど出てくる件。
「日本語教師奮闘記」
「デブ猫母さんの奮闘記」
「サトちゃんの介護奮闘記」
「オヤジ子育て奮闘記」etc……。
自分語りばっかりで他人語り本がほとんどないところに
著者の自己顕示欲むきだしっぷりを感じるよ……。

その中でも失笑モノタイトルが
「私は負けていない! 仲間たちとの選挙奮闘記」(著者は選挙落選者)
「小さなフミのパリ奮闘記 私頑張ったの!」(著者はパリ在住じゃない)

390 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 21:19:42.38
>>384
信頼されてるわけじゃないだろw
370が「年齢制限って、実際はないと思うよ」なんて
無知なレスをしてるから、真実をオセーテやってるだけだろ。

391 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 21:56:59.97
出版社を信頼していないくせに出版社の肩書きがほしい
または出版社に出版費用を出してもらいたい
そんな気持ちで出版社の新人賞に応募する人は多そうだ

「出版社の下読みはクソだ」
「俺の作品のよさに気づかないクソ出版社ばかりだ」
そう吠えていながら実は出版社に認めてほしくて
その「クソ出版社」とやらの雑誌を金出して買って
新人賞の応募要項をチェックしている人も多そうだ

392 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 22:04:31.28
出版社になかなか認めてもらえないのが悔しくて
「出版社の選考なんかクソだ」とネットで叫んで
うっぷんを晴らす人もいるだろうな

そういう人間が自費出版商法の会社に
「わが社だけはあなたの作品を評価します!」と
声かけられたら、まあ浮かれるだろうな……。
そしてあとで真実を知って地団太踏む、と。

393 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 23:25:27.97
>>392
出版社になかなか認めてもらえないのが悔しくてしょうがないけど
金がないから、自費出版商法の会社にひっかかることもないお前は
その点、ラッキーだなw

394 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 23:28:05.92
>>390
結果的に高齢者の授賞が少ないのを自分勝手に年齢制限と
感じるなんて、被害妄想も甚だしい。
自分が一番無知だということに気づかないとは。


395 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 23:53:52.71
>>390
年齢制限と感じるのは被害妄想とはいわない。
年齢制限と思うのが被害妄想。

まあ、お前のような無知な奴にはこの違いわからんかもなw
もっとお勉強しないと何時まで経っても一時落ち。

396 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 23:55:52.16
変換ミスをあげつらわれそうだから直しとく

>>390
年齢制限と感じるのは被害妄想とはいわない。
年齢制限と思うのが被害妄想。

まあ、お前のような無知な奴にはこの違いわからんかもなw
もっとお勉強しないと何時まで経っても一次落ち。

397 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 23:57:55.50
>>395
安価間違えてるよ。>>390は君自身。
まあ、自分が無知だと自分で言ってるからピッタリだね。

図星だったんでそれくらいしか反論できないんだろうな。
救われないね。


398 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 00:01:49.82
>>397
アンカーミスくらいで鬼の首とったようだなw
悔しさ丸出しw
小っちえ奴。

399 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 00:14:34.00
>>398
あれ、書き込みの真意は、
「図星を突かれて反論できないから、枝葉末節な言葉尻をとらえて反論してる」
ってことなんだが、それを理解できない?
いや、自分に不利だからわざと話そらしてるでしょ。
こまったちゃんね。


400 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 01:36:32.11
>>399
年齢制限にこだわっていることからして、>>398 はまず間違いなく
スレ立て= >>156

自分の主張がすべて正しいと信じていて、反論されると誹謗中傷
に逃げる変なヤツだから相手をしない方がいいよ。


401 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 01:56:30.69
>>392
即座に反応するところを見ると図星だったらしい

出版社に認めてもらえなくって悔しくって地団駄踏んで
自分の実力不足じゃなく出版社のせいにしたいのは
どうも君自身であるらしい

図星じゃない人は相手に食ってかかるような反応しないもんな
「いるよね、そういう人。同意」って言うはずだもんな。
図星を指摘されたからこそムカついて
「お前はラッキーだな」と噛みついてるわけだ。

402 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 01:57:32.98
おっとアンカー間違った。>>393な。

403 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 03:09:37.19
スレ立てって、おとなしくしておけばいいのにね。
それか、2ちゃんねるなんてやめてもっと有意義なことに使うとか。
時々舞い戻って変なこと言うから困る。
しかも、もう賞に応募することは諦めているのかとおもったら、
純文学系のスレに行って勝手なことを言ってはまた叩かれている。
見ていても哀れだよ。



404 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 01:06:32.31
なに喧嘩してんだ
ワナビ仲間だろ?

405 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 01:51:39.27
おい、子供が泣いてるから誰かあやしてやれよ

406 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 02:21:07.94
うんこだね

407 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 03:08:59.73
すれたてじゅんぶんうんこたれ

408 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 05:53:00.93
うるせーよ
訴えるぞ

409 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 08:14:42.87
喧嘩するなよ
ワナビ仲間じゃん

410 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 16:25:05.44
【社会】白血病の中国人少女を支援する
「付娜(ふな)ちゃんを救う会」が、新たな募金事業
ttp://blog.livedoor.jp/sharenews/archives/65502418.html
『白血病の中国人少女を支援する市民団体が、
新たな募金事業に乗り出した。
「みぽりん」こと岡田美穂さんの絵手紙などを
まとめた本168冊を、高知市内の小中学校など
84カ所に寄贈するため寄付を呼び掛けている。
寄贈を予定しているのは、「みぽりんのえくぼ」
と「みぽりんのえくぼ ポストカードBOOK」
ともに文芸社の2冊1セット』

皆様の善意の寄付金は文芸社の利益になります
本当にありがとうございました

411 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 17:09:57.45
どこかに10万円くらいで配本までしてくれる出版社ないかな?
絶対おれの小説は売れると思うんだが、下読みの馬鹿が上げない。

412 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 19:51:57.41
自費出版会社送って電話もこないようなら
どこいっても駄目だわ。マジで


413 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 21:21:43.67
>>411
絶対売れるんだったら、のちのち売上金が入るんだから
いますぐ借金して出版社に金積んで配本頼めばいいんじゃないの。

他スレにこんな書き込みがあった。
「結局ヤル気ある人は人気作家になっちゃって
最初払った数百万なんか何百倍にもなって帰ってくるんだから
ようはヤル気と考え方次第だと思うのよねえ……どうする?」

414 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/23(水) 22:02:36.25
山田真哉は最初自費出版だったらしい

200万円ぐらいかけて出版して
車一台買えるぐらいの金を出して新聞広告打ったらしい
全国津々浦々の書店を自分の足で営業して回ったらしい

「もしも高いゴールに到達したいのなら、
何らかのリスクを冒さなければならない」という格言を地で行くような人だ

415 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/25(金) 13:59:39.56
>>413
借金って、どこにするんだよ。
銀行は先ず貸さないし、サラ金や闇金は押し貸しがあるから
小説書いて儲けても、みんな吸い取られるのが落ち。

それともお前貸してくれる?

416 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/25(金) 21:23:41.29
借金するのがいやなら自分で稼いでから出版すればいいんでないの。
山田真哉もちゃんと自分で稼いだ金で自費出版したらしいよ。

417 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/25(金) 23:20:41.50
自費出版って自己満足の逃亡劇

418 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 12:21:20.16
「文芸社 詐欺」でグーグル検索すると
あからさまに詐欺疑惑を打ち消そうとする擁護ブログが
上位に2件も出てくる件

ttp://jihi-afi.jp/pege04.html
文芸社は大丈夫で英治はヤバイって書いてるけど
英治なんか恨まれてんのか?
ttp://bungeicafe.maniaccafe.ne.jp/04.html
「そのサービスも含めた価格に
納得した場合のみ契約しているはずなのに」
自費出版じゃない契約を巧妙に結ばされたから
訴訟問題になってるんだが。

アフィリブロガーとかに金払って擁護ブログ作らせてんのかな。

419 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 17:43:23.39
ノベルクラブとかやばそうだな
300部でどうしろと

420 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 16:56:38.37
周囲がとめるのも聞かず200万払ってノリノリで出した男が近所にいるが、今ごろ不安に襲われているようだ
編集者に「この原稿に運命を感じました!」と言われて真に受けて感激してる人もブログで見かけたことがある
事前に大金をもらった奴らがまともに営業してくれるわけがないのに
ここで本を出したところで、作家でもなんでもない

421 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 20:38:39.99
まあ、運命感じたなら会社が負担しろよ

422 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 01:25:44.49
金蔓ですね

423 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 01:36:05.84
>>420
消費者センターに行くよう勧めてあげたら。
うまくすればいくらか返金、
最低でも刷った本の権利だけでも取り戻せるかもよ。

424 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 19:54:14.54
自費出版ってすごいよな。ハイリスクすぎる。でも本当にプロ級なら売れるのかね


425 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 22:42:47.28
書店にまわる数とか、宣伝の量とかマスコミの取り上げかたから考えて
プロ級の腕があるなら新人賞とったほうが早いわな

プロの力があっても少ない書店数で短期間しか並ばず、宣伝も書評もなく
だったら売れ行きはぐっと下がるだろう、ましてや無名の素人

426 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/29(火) 23:35:09.08
だよなー。出版社なんて小金稼ぎのカモ
としかみてないんだろうな

427 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 02:29:13.67
ま ここのスレ立てがスレ立てですから

428 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 09:09:52.02
>>425
新人賞の選考って信頼できるのか?
あちこちのスレでコネがないと駄目とか、
年齢書かせるのは年齢制限があるからだとか
言われてるぞ。

実際、アサッテの人の例もあるし、自費出版で
世間の評価を見るのもアリだとオレは思う。

427は世間を知らないガキだろうな。

429 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 10:49:39.92
このスレで何度も
「出版社が信用できない人は自費出版すればいい」と言われている件

新人賞を信じてる人はそっちに応募すりゃいいし
信じてない人は自費出版すればいい。それでいいじゃないの。
考え方の違いなんだからさ。

しつこく「新人賞は信じられない」を繰り返してると
「新人賞に何度応募しても認めてもらえないもんだから
信用できないと言いまわることで自分を慰めてる人」と勘違いされるぞ。

430 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 10:53:13.49
このスレは新人賞スレでも自費出版専門スレでもなく
自費出版まがい商法の文芸社のスレなんだからそっち系の話もしてくれ。

431 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 11:21:33.56
>>428
君がここのスレ立てであことが判明したね。
実にわかりやすい。
純文学にしか興味がなくて、ちほぶんスレなどでとんちんかんな
論理を披露して総スカンを食い、実力がないから審査に問題があるのだと
被害妄想を抱き、結果、自費出版に逃げようとしているイタイご本人乙です!


432 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 20:11:38.68
とりあえず自費出版はあれとはいえ
新人賞はハードル高いよな

433 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 21:34:12.64
>>431
アホ、俺はちほぶんスレなんかに書き込んだことは一度もないよ。
自費出版を必死に否定するお前は、文学賞の下読みか、出版社のドアホな編集だろw
お前みたいなアホが文学に関わるから、本が売れないんだよ。
反省しろ。

434 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 21:55:43.73
2007年の新刊点数ランキング
1位 講談社 2,069点
2位 新風舎 2,039点
3位 文芸社 1,581点

文芸社から1年で1581人もの人が
自費出版(実際は共同出版だけど)して
世間の評価を待っているのか。すげーな。
にもかかわらず文芸社のヒット作は
ここ10年ほど「B型」「リア鬼」
「八雲」ぐらいしかない。

「俺の作品は市場価値がある」
「大手出版社は認めてくれなかったけど
一般の人は分かってくれるはず」と勘違いして出版して
結局一般人にも認めてもらえなかった人が
文芸社だけで年間1000人超えてるのか。すげーな。

435 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 22:25:29.53
なんとかして自費出版を食い止めようとする奴ってなんなんだろ?
やっぱ。大手出版の社員?
自分たちのシェアをとられるのが怖いのかな?

436 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 22:52:45.33
>>416に自費出版を勧めてくれてる人もいるじゃん。
なんか返事してあげたら。
「わかったよ、ぼく、がんばってお金ためて自費出版するよ!
何千人何万人が自費出版で失敗してようとぼくは成功するよ!」とかさ。

437 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/01(金) 23:35:49.42
本気の本気で自分の作品を信じてる人なら
>>434の数字を見たって
怖気づいて自費出版やめたりしないよね

友だち20人くらいに頭下げて
10万円ずつ貸してもらって資金作ったり
投資してくれる人を探したり
生活費を大幅に削ったり
いろんな努力して出版費用を稼ぐよね

>>415の人もさっさとそうやって自費出版して
「ほれ見ろ!俺の作品は自費出版でも売れたぜ!
全国に本を並べるには当然金かかるけど
俺は自分の作品を信じて数百万円積んだ!
そんな勇気を持った俺だからこそ売れたぜ!
これで出版社の下読みがクズだってことが
証明されたな!」って言えばいいのにね。

438 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/02(土) 01:36:54.25
>>733
ふーん。ではなぜスレ立て批判に反応する?
君がスレ立てではないのかい?


439 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/02(土) 12:51:11.86
なんか的はずれなレスしてる粘着がひとりいるな。
スレ立ては自費出版はこういう問題があるからやめろとか
自費出版で本出すならここがいいとかのレスを求めてるんだろうに
自費出版するのは実力がないから審査に問題があるのだと思ってる
被害妄想の逃げだとか、自費出版を考える奴を批判して煽ってる。
なんか自費出版で出した奴の本が売れたら困るように取れる。


440 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/02(土) 15:09:21.54
事実関係を知らない人は勝手な発言はしない方がいいよ。

おそらくは、スレ立て自信が失地回復のために必死になって
他人を装っているんだろうが。


441 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/02(土) 19:58:03.73
>>440
失地回復の意味わかってないんじゃないか?w

442 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/02(土) 23:36:58.49
このスレは文芸社スレなんだってばよ。
文芸社ってのは自費出版じゃなくて自費出版まがい商法なんだってばよ。
自費出版に関するアドバイスが欲しけりゃ他スレに行けっつーの。

443 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/02(土) 23:53:42.22
ダメ押しで>>1にアンサーしとくか。

「新人文学賞賞とるよりここで自費出版するってどう?」
文芸社は自費出版やってないよ。自費出版まがい商法だよ。
普通の自費出版は消費者契約なんだけど
自費出版まがい商法は自費出版に見せかけて
消費者保護が働きにくい事業者契約を結ばされちゃうよ。
自費出版のことが知りたかったら他のスレッドへどうぞ。

「問題は、金が掛かりそうなことと」
自費出版まがい商法は一般的な自費出版より高いお金を取られるよ。
なおかつ自費出版と違って売り上げ金を取られちゃうよ。

「ホントに本屋に並べて貰えるか?ということ」
書店に金積んでるから一応は並ぶよ。契約によるけど300店舗ほど。
日本には2万店くらいの書店があるから1.5%ってとこ。

444 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/04(月) 12:28:42.27
文芸社の「全国書店に並びますよ」の実態は
書店100件のうち1〜2件か。

445 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/04(月) 20:48:16.61
しかし短編送って本にしませんかって何
考えてんだろな

446 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/05(火) 01:58:44.52
営業ノルマ達成してない社員なんじゃね?
「あと何人契約に追い込まないとインセンティブ出ねえ」
「ダメもとで言うだけ言ってみるか」な感じなんじゃね?

447 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/05(火) 03:34:03.02
短編でも本にはできるけどな。
芥川賞なんか100枚程度でもハードカバーの一冊の本にするもんな。
ま、30枚くらいの短編じゃ無理だが。


448 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/05(火) 11:53:16.04
俺が送ったの十枚程度だぜ

449 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/05(火) 16:03:06.72
大金を積めばそれでも本にしてくれるはず。
1ページに1文字ずつ印刷すればかなり分厚い本になるぞ。
大活字本として出す手もある。


450 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/05(火) 16:55:56.08
こんな感じで出さすんじゃね? 写真で水増しして59P。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4862640834/

451 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/05(火) 21:14:26.53
快楽殺人鬼の話なのに

452 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/07(木) 01:50:36.68
どんな内容かは関係なく出版を薦めてくると思われ。

無差別殺人ネタの中二病本なんかいくらでもあるし、
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835579356/
こんなトンデモ本も出てるしな。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4887371535/

453 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/07(木) 20:00:29.96
上のタイトルはちょっと読んでみたくなるな

454 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/08(金) 14:21:08.81
アマゾンで文芸社の本を検索すると
大切な家族を亡くした悲しみを綴った本が山ほど出てくる件

ttp://www.amazon.co.jp/dp/4286041662/
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835568346/
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835575245/
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835537661/
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4286021076/

昔はこういう追悼出版は
地元で信頼されてる印刷所や小規模出版社が
遺族に無理のない金額で粛々と請け負ったもんだ
親しかった人々に配って
大事にしてもらえる冊数だけ刷ったもんだ

それが何だ、この出版社は人死にが起きたら
「その悲しみを立派な本にしましょう」
「立派な本ですからたくさん刷りましょう」
「文章だけでなく写真も印刷しましょう」
「全国流通プランも付けましょう」って勧誘して
必要以上のオプションをてんこ盛りにして
ここぞとばかりに金たかりまくってんのか
よくもそんな人の悲しみにつけこんだ商売ができるな。
今度の震災でも同じ商法をやるつもりなんだろうか。

これらの本を出した人は知っているんだろうか
出版社の金儲けのためだけに必要以上の冊数刷られた本は
断裁処分にされるということを。
大切な故人の顔を印刷した本の在庫が
古紙回収業者に回されて
ゴミ同然に切り刻まれることを……。

455 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/08(金) 19:42:13.31
乗るほうも悪い

456 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/08(金) 20:59:51.29
身内が死んだ時に冷静な判断ができる人間なんていない
全面的に乗せるほうが悪い

100歩譲って乗るほうが悪かったとしても
乗る人間がいるからといって
悪質な商売をしていいという理由にはならない

457 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/08(金) 21:21:39.29
こんな奴らクズじゃん?
断罪だな

458 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/10(日) 00:42:06.56
「『眼をみればすべてわかる』発売でーす。」
http://ameblo.jp/amachiyahiro/entry-10852824393.html

眼をみればすべてわかるのなら
なんで文芸社の人間がうさんくさい商売してることに気付かなかったんだ?
だっせえええええええwwwwwwwww超フシ穴wwwwwwwwwwwwww

459 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/10(日) 22:57:22.81
医者だぜ。俺らとは金の価値が違うよ

460 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/10(日) 23:34:42.21
金だけの問題じゃなく
「眼医者がカスみたいな出版社を見抜けなかった」ってとこがポイント。

金あるならせめて経済界から自費で出しときゃよかったのにな。
経済界も見る人が見りゃプゲラだが文芸社よりはマシだ。

461 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/11(月) 19:00:19.25
ただの罠でしかないとか存在価値あんのかよ

462 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/12(火) 14:30:37.94
2007年の新刊点数ランキング
1位 講談社 2,069点
2位 新風舎 2,039点
3位 文芸社 1,581点

2007年の書店売上ランキング(紀伊国屋書店データ)
1位 講談社
2位 小学館
3位 集英社



圏外(100位より下)文芸社

463 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 01:26:56.52
新風舎は倉庫代と税金対策のために
著者に無断で本を捨てていたそうだけど
文芸社も同じことやってるんだろうな。

アリバイ作りのためのわずかな冊数を残して
著者に無断で本を捨てていた新風舎でさえ
倉庫代と税金が月2000万円かかっていたという
もし文芸社がまったく本を捨てていなかったら
とんでもない倉庫管理費になるよな
税金も半端ないことになるよな。

464 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:44:08.59
悪徳企業

465 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 13:08:55.05
文芸社からゲラが上がってきた人
ttp://ameblo.jp/maimochizuki1021/entry-10863500301.html

……この超手抜きレイアウトでなぜ突っ込まない!?
詩を乗っけて余白に角版写真乗っけただけじゃないか
インデザ覚えたてのバイトだってもう少しましな仕事するぞ

466 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 01:22:17.71
アマゾンで「俺」を含む題名の文芸社本を検索すると
著者の自意識過剰ぶりが伺えるタイトルの本が山ほど出てくる件

「俺にしか書けない詞」その自意識過剰はどこから。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835558774/

「俺が代わりに言ってやる」だからその自意識過剰はどこから。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835564391/

「俺は俺が造った作品で最も素晴らしい創作物だ」だからその自意識過剰は(以下略
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835587049/

「爺婆への人生応援歌 俺の生きざまから学べ」応援歌なのに上から目線。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4286098575/

「俺にはさっぱりわからん!道民オヤジの怒りまくり日記」分かろうとする気ないだろ。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835539664/

「俺の人生に兎や角言うな」……。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835525817/

467 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 00:58:44.64
私家版にしとけば身内に笑われるだけで済んだのに

468 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 23:07:52.95
アホか

469 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 00:30:20.62
文芸社と同じ商法疑惑の幻冬舎ルネッサンスが
なんぞやらかしたらしい

ttp://ameblo.jp/ajishirabe/entry-10874475323.html

読んでもいない原稿を「素晴らしい」と持ち上げて
200万円以上出させたんだそうな

470 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 19:37:29.56

224 :無名草子さん:2011/04/28(木) 00:41:41.89
出版業なんぞ水商売に決まってるだろが!w
何のため作家が源氏名(ペンネ)付けてると思ってんだ?
お前等が水商売で食える玉かどうかよく考えろ!
食えなくなったらカマやれ!カマ!
得意だろ?w

471 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 23:05:31.87
>>469

速攻で消えとるやん…
一介の主婦だからブログでしか戦えないとほざいたわりに瞬殺されたな…
GJ 幻ルネ法務スタッフ!


472 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 00:05:46.46
>>471
かつて悪徳占いの疑惑を暴くライターやってた主婦らしいから
それなりに根性あるかと思ったら全然だったね
あっさり尻尾巻いて逃げたね それほど怖い脅迫されたのかな
せっかくだからネットに残ってるキャッシュ抜粋しとくか。

>>469のこれまでの経緯
幻冬舎ルネッサンスに原稿を送ったところ
スタッフに「素晴らしい作品だ」と褒められ
文芸社と同じ共同出版契約
(自費出版と違い出版物の権利を取られてしまう)の
問題点に気づかないまま契約してしまった下ユル子さん。
その後のやりとりによって、
実はスタッフが原稿を全然読んでいないのに
作品をほめちぎって契約に追い込んだことが判明。
ユル子さんが怒り心頭でそのことをブログに書いたところ……。

『幻冬舎総務部のSが、脅迫まがいの話術を用いて、
「即刻当社に関わる記事を削除せよ。
記事をすべて全部、一つ残らず削除せよ」と、私に迫った』
『4月28日木曜日、午後4時30分過ぎ頃、
幻冬舎・本社総務部の男性社員、Sという方に、
「即刻、幻冬舎と幻冬舎ルネッサンスに
関わる記事の一切を削除せよ。削除すれば弁護士を立てないで
許してやる」と、怖い顔と声、仁王立ちの威圧感ある姿勢で凄まれて、
私はとっても恐ろしく、思わず泣いてしまいました』
(酒井日香(下ユル子)の占い死ね死ねブログ溝鼠より抜粋)

473 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 10:23:17.88
これって、元法務の人ですよね?
徹底抗戦と見た。とりあえずがんがれ。

ttp://blog.goo.ne.jp/92freeedition44

474 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 15:50:25.28
文芸社ってgooブログに広告出稿してないのか?
gooブログに文芸社から連絡が行って消されないといいね。
消される前にWEB魚拓とっておこうぜ。

475 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 10:23:37.62
473
474
ttp://blog.goo.ne.jp/92freeedition44

いま、行ってきた。
 これはすごいな。釈迦ラッシュでいえば、「本気?」「超YES!」だな。
 編集の方へ行く予告もあるから、消されんように、つづけてもらいたいな。


476 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 20:31:51.00
ミスった。プロの講評ってのに惹かれて、若い時書いてた糞ポエムをネットでサクッと送ってしまった。
出版勧めてくるとか馬鹿じゃないかと思ってググったらこんな会社ですかww

ま、タダで万年筆貰えて良かったってことにしとこー

477 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 17:26:49.12
>>469
>読んでもいない原稿を「素晴らしい」と持ち上げて
>200万円以上出させたんだそうな

これは違うようだ
「素晴らしい」と持ち上げたのは出版後みたいだから、外交辞令の範疇だな

>>471,472
livedoor に引っ越ししてる
そっちにも抗議が来たらしいが、今の流れだと丸めこまれるのは時間の問題かも


478 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 15:51:25.94
http://tuttle.blog.so-net.ne.jp/

このサイト読み応えあるんですが、
本になりませんかね・・・



479 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 19:08:19.19
つまらないから無理

480 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 01:05:41.30
自費出版するヤツの殆どは利益稼ごうとか思ってないんじゃない?
だいたいが中高年以上の年齢の人間だろうし、思い出作りに出版とか結構いると思うよ。

481 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 09:10:04.68
利益稼ごうとか思ってない=出版社にボラれてもいい、と思ってる人は少ないだろうけど
本作って身内に配れればいいだけなら50万ですむのを、大きな本屋に並べたいとか思うから
100万、200万ボッタクられることになる

482 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 09:23:51.32
>>472
>悪徳占いの疑惑を暴くライターやってた主婦
・・ではなくて、昔占いライターやってて、最近占いテーマの小説を自費出版し
その宣伝もかねて占い撲滅のブログ始めたっていうのが正しいと思う

483 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/05/28(土) 19:08:07.22
こんなものするより、文学フリマでコピー本を出す方がいい。
そうしたら、自分の本が売れないことがわかる。
使う金も数万で済む。

484 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/28(土) 23:36:22.59
そんで、出版社から出さないから売れないんだと思って結局カモになる

485 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/29(日) 22:18:18.08
>>473
文芸社って、出した本でもちょっと文句が来るとひっこめちゃうんですね。
お金は返してくれるんですか。著者がもらった本は返すんですか。
なんか、そのブログでたいへんなことになってますね。



486 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 03:24:45.95
>>477
livedoorのほうも消えちゃたみたいだね
「好きな相手が自分のほうを見てくれないからブログで嫌がらせ書いてる」みたいな感じだったから
出版社側に「会ってやるからブログ消せ」とか言われて消しちゃったのか・・

487 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/11(土) 04:13:02.10
>>486
そもそも出す前にブログで「やめとけアホ、カモになるだけだ」と言いに来た連中をゴミのように言って追い払っていたからなあ
それで忠告通りの目にあって激怒とか、普通じゃ恥ずかしくてできないんではと思うけど

「すべて承知で出すんだからほっとけ」みたいなこと言ってたと思うが
承知じゃなかったんだな


488 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/12(日) 15:18:32.52
鬼蜘蛛おばさんの疑問箱「興信所を使って私のことを調べていた文芸社」
ttp://onigumo.kitaguni.tv/e1808229.html

489 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/12(日) 16:10:28.92
文学業界に提案!
http://www.youtube.com/watch?v=BPag7twgnYc

さかぐちあんご
http://www.youtube.com/watch?v=mTzICQqoBzU



490 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/12(日) 19:11:26.41
142です。なんだかんだで結果報告。
コシーナで出しました。
これでいいんだな、と思った。
手元の本を見てるだけで幸せです。
逆にこれで完結しそうで怖い部分もあるが。

491 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/12(日) 20:11:55.59
>>481
今は50万もかかんないよ
少部数なら10万未満で作れる

492 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/12(日) 23:05:49.19
自費出版は所詮自己満足の世界。
同じ満足できるなら、490氏は安価で済ませたから賢明だと思う。



493 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/12(日) 23:15:40.61
自費出版は止めろ。意味がない。mixiで小説発表してる方がずっと利口で安上がり。

494 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/12(日) 23:27:17.24
>>493
本として残しておきたい人もいるんだよ
ネットに発表して同時に自費出版で本を作ればいい

495 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/13(月) 11:22:20.55
情報としか存在していないネット小説より
本として編まれたものに愛着を感じる、というのは人の自由
というか感性の自由
私家本としてつくって、本の形で読みたいという読者やファンに配るならそれは自由だろう

496 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/13(月) 12:01:56.07
自分と親しい人だけが楽しむことを考えれば
安い費用で十分に自費出版を楽しめる

そこに「書店に並べてハクをつけたい」
「たくさん作ってたくさんの人に読んでもらいたい」
という欲がまざると、>>469のブログの人みたいに
ブンゲイシャーとかゲントーシャルネサンスーとかに騙される

497 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/13(月) 14:12:13.54
>>494
「たくさんの人に読んでもらいたい」という欲の実現はネットにまかして
「本にしたい」という欲のほうは安い自費出版にしとけばいい、ってことだね

498 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/13(月) 16:28:04.40
文芸社にやられちゃった人の例
ttp://ameblo.jp/maimochizuki1021/entry-10919282475.html
出版に当たってローンを組ませる会社は信用するなと
ネットでいくらでも注意が出ているだろうに……。

「一般の作者で無料の企画出版になるのは、ほぼない」
それが分かってんのになんで
「一般の作者が数百部も刷っちゃってもはける見込みはほぼない」
「だから小部数を安価に刷るべき」って事に気づかないかな。

499 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/14(火) 12:33:48.08
実力が認められたって喜んでる感じだから言いくるめられちゃったんだな

「三点リーダー使いすぎだろ
その……を言葉で埋めるのが、詩の楽しいとこなんじゃないの?」
って誰か言ってあげて



500 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/14(火) 14:33:24.06
認められてるのに金をせびられることの矛盾に気づかないあたりがなんとも。
「俺キャバ嬢に愛されちゃったみたいなんだよね」とのたまうオッサンレベル。

「本当に愛してるなら金なんか要求しないでしょ」と忠告しても
「彼女の職業はキャバ嬢なんだから仕方ないじゃないの、
そりゃ彼女は俺を愛してるから『また店に来てね』って何度も言うけど
いくら愛されてるからって俺だけタダで入店するわけに行かないでしょ」とのたまいそう。

501 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/14(火) 14:48:21.17
>>499
忠告したら「これが私の個性なんです」とか言いそう
「文芸社は私の個性を認めてくれました、
だからここを信頼しました」とか言いそう
「どんな大会社よりも、私のあるがままの個性を
受け止めてくれる出版社をこそ信じたかったのです」とか言いそう
「もちろん、私のあるがままの個性を出した詩集では
商業にはなりませんからお金がかかるのは当然です」
「たとえお金がかかっても、
私の個性を尊重して精一杯支えてくれるなら
私は十分満足です」とか言いそう

単に編集の手を抜いて大金とって儲けてるだけなのに
認められることに飢えた人間の脳内では
「個性を尊重するすばらしい出版社」になってしまう不思議
誠意をもってアドバイスする良心的出版社ほど
「私の個性を否定する出版社」扱いされてしまう不思議

502 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/15(水) 01:48:08.18
幻冬ルネサンスに騙された下ユル子とかいう元占い師っぽい人、
文芸社の元社員に相談してるっぽいね。
ttp://blog.goo.ne.jp/92freeedition44/e/2d43a202a14bce5aea72079ff2c94f18

503 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/15(水) 22:48:28.08
livedoorブログのほうも復活したみたいね

504 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/15(水) 23:34:07.59
騙されたというか、とんでもない契約だとよく知らず確かめずに後で激怒&ダダこね、だね。
あれほど周りが止めてたのに
すごい勢いでタンカ切って本出してたもんな。

結局大金出して痛い目に合わないと誰も分からんのだね。

505 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/15(水) 23:43:49.18
周りが止めてたのに云々については、
本人の中で
「ワシの小説(バイスだかなんだか)にはファンがついた!」
ってので論理抜きで補正されちゃってるみたいね

そのあたり己の内面を見つめることができてなさそうな人


506 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/16(木) 15:17:12.64
この人、最近まで「契約には納得してる」って言い張ってながら
ルネが残本引き取れって言ってきたら、
「私が制作費用負担した本だから私の本、それを買い取れっていうのはおかしい」とか言ったり、
どうも言ってる理屈がよう分からん。

まあ、「契約には納得してる」って書いてたのは、騙されたことを認めたくないという心理からかもしれんが

507 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/16(木) 15:21:18.50
自分のサイトは知り合いが見てるから
「騙された」なんて打ち明けたくないんじゃない?
他人のサイトだから「騙された悔しい」って言ってるんじゃない?

508 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/16(木) 17:54:00.08
最近おもったけど、ユキチカとエキチカを混同してる人がやたら多い。

509 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/16(木) 23:25:25.03
>>507
サイトなんてどこに移動しようと丸見えなんだけどね

まあこれがもし完全な他人事ならご本人は間違いなく
「当人の落ち度、自業自得。金を返してもらっても自分の馬鹿さ加減を顧みないと同じこと」
とか切って捨ててるだろうな。

510 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 01:36:47.93
その人の厚顔無恥っぷり、ハンパないッスね。
「一生に一度の晴れがましいイベントが、人生最大の侮辱に変わる。
わしは、そういう人を少しでも失くすお手伝いがしたいと
本当は何年も前から考えていた」

何が「本当は何年も前から考えていた」なんだか。
何年も前から考えてたら幻冬ルネみたいなザコに引っかからねえっつーの。

511 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 09:57:05.52
そういうエエ加減なとこが、ユルタソ萌えなところっすよ!

512 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 11:26:04.48
「大いなる欠落」ちゅうのは表現者として必須かもしれんし
エンタテイメントブロガーとしては面白いと思うな

513 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 13:00:02.23
240万円投げ出してピエロ的エンタメをやるとか胸熱ですな
裸の王様的エンタメとも言う

この人はもし共同出版商法に騙されてなくっても
アーティスト商法や歌手デビュー商法や
そのほか自尊心を刺激する商法に引っかかって
ブログ閲覧者を楽しませてくれたと思うな

もちろん台本は毎回「私今度アイドルになっちゃうんです☆」
忠告されても「納得して契約したの」「ひがみは見苦しくってよ」
やがて実態を知ると「契約したアタシは間違ってないけど
あっちの態度が最低だったから怒ってんのよ!」
そして最後には「実はアタシこの商法知ってたのよねー。
だけどあえて挑戦することで実態を知って皆さんに注意を促そうと……」


514 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 13:17:26.90
「べ、別に私、騙されたわけじゃないんだからねっ!
分かっててやったんだからねっ!
この私が悪徳契約を見抜けないなんて、
そんなことあるわけないじゃない!
そういう商法があるってことは何年も前から知ってたんだから!
知っててあえてやったんだからねっ!バカにしないでっ!」
おおうユルたん萌えだなww

ここで主人公に優しく肩に手を置かれて張り詰めた心の糸が切れ
堰を切ったようにわんわん泣き出したらもっと萌えなんだが。
主人公にすがりついて「分かってる!本当は分かってる!
アタシはあいつらにいいように踊らされたって!
だけどそんなの認められるわけないじゃない!
認められるわけないじゃない……!」と泣きじゃくれば
もっと萌えなんだが。※

515 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 13:35:32.82
萌えかどうかは見た目とおばはん度によるだろ……

516 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 13:41:50.80
>>515
「※」は2009年の流行語大賞だったか。古くて通じなかったようで済まない。
ttp://www.paradisearmy.com/doujin/pasok_tada_ike.htm

517 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/17(金) 14:07:28.50
>>516
せっかくだからいまさらなところもじっくり読んでみた。どーも。なかなか面白かったよw

518 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/18(土) 16:50:04.97
「自費出版で失敗し、ホームレスになった人の話」
なら、買って読んでもやるよ。

519 :tes:2011/06/18(土) 20:35:56.08
ユキチカとビールはけっこうあう。

520 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/19(日) 14:29:30.80
ノエルちゃん日記をテーマ別に分けたから経過が見やすくなったね

2ちゃんにこんなスレがあるって教えてあげたい気持ちと、このまま見守りたいっていう気持ちが戦ってるんだけど


どうしたらいい?


521 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/21(火) 16:27:27.58
原稿おくったら案内きた。お金ないゆーたら半額にしてくれた。もっと安くしてくれるかな?

522 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/21(火) 16:44:45.08
編集者の求人出てるよね。
退職者多いのかな。

523 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/21(火) 17:00:59.96
>>521
どんなに安くなっても出版するメリットなし。
だって出版した本は出版社のものになっちゃう契約だから。
普通の自費出版とは違う悪徳契約なのだ。

524 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/21(火) 19:16:50.47
>>522

>編集者の求人

こういうのは、やらせもあるよ。
募集していないのに、募集している、忙しいフリ。

525 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/21(火) 21:58:58.19
オレ、どうもよく分からんのだけど
出版社は本を売る気(売ってもうけようとする気)なんて、はなからないわけでしょ?
(契約部数刷ってるか怪しい疑惑・倉庫一杯で捨ててる疑惑なんてのもあるくらいだから)

だったら何で普通の自費出版と同じように本の所有権は著者側にあるようにしといて
保管費用・配本(流通?)費用とかの名目で、売り上げ半々というふうな契約にしないんだろ?
どうせ売れないんだったら、出版社の利益への影響なんて大したことないし
再版からは今までどおり、出版社が経費負担・印税方式にしとけば、万一売れたときの儲けも確保できる。

こういう契約にしとけば、「悪徳」という批判はかなりかわせると思うんけど・・・

526 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/21(火) 22:13:17.48
>>525
そんなのちょっと考えればわかること

>だったら何で普通の自費出版と同じように本の所有権は著者側にあるようにしといて
保管費用・配本(流通?)費用とかの名目で、売り上げ半々というふうな契約にしないんだろ?

売りたい姿勢を見せるためと、たまに売れそうなものもあって、
万が一売れた場合、利益を最大限に受け取り、骨の髄までしゃぶるため。
たまに売れる本を逃さないため。






527 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/21(火) 22:22:05.01
所有権を渡したら処分できないじゃねえか
売れ残りを500冊も1000冊も著者の家に送りつけたら
売れてねえことも販売努力してねえこともバレっちまうじゃねえか
著者が「販売努力するってのはウソだったのか!」と
怒鳴りこんでくるじゃねえか

本当は捨てられたことを知らない著者が
「在庫100冊ってことは私の本400冊も売れたのね!」
と勝手に幸せになってくれるところで詐欺は完成する

所有権を渡したら明確に消費者保護法の適用対象になっちまうしな

528 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/21(火) 22:35:55.75
ユル子さんもバッチリこの手にかかって妄想中。
http://blog.goo.ne.jp/92freeedition44/e/2d43a202a14bce5aea72079ff2c94f18

『ところが、出版のために始めたブログが、
始めて1ヵ月後にはアクセスが3500PVを超えてしまい、
書籍も順調に売れていったんです。
私の本はなんだかんだで、初版1150部を刷り
刊行から1年で自力で560冊売りました』

たった3500PVぽっちのブロガーの本が560冊も売れるわけないだろうに
「売れた」と妄想してんのよ。処分されたとも知らずにさ。
あんだけ騙されておきながらいまだに
幻ルネサンスの販売報告を信用してるってワケよ。

529 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 01:07:26.50
なるほろ
売ったことにして捨てちまうか印刷しなければええのか。
普通の出版も返品の山で捨てちまう言うし。
うまくできとるのお。

530 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 01:20:32.33
>>528
幻ルネの肩持つわけじゃないが、「残本買い取れ」って言ってきたことから考えると
例え560冊売れたということはウソだとしても、(1000−560)冊の残りは
あったと考えるべきじゃないか?

531 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 02:26:21.63
契約上の詳細は分からんけど、文芸社みたいに契約書店に陳列スペース借りてて、
そこに一定期間陳列することしてれば、契約上の「販売努力」は履行してることになると思うんだけど違うの?

532 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 10:19:47.62
最近出てる文芸社の本で時々、アマゾンの表示が
ランキングなし(たぶん一冊も売れてない)
おまけに在庫なし、入荷の時期未定で延々そのままってのがあるんだけど
あのやる気のなさは何なんだ?
どうせ売れない自社の本棚におくおかないより深刻じゃないか?

533 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 13:12:03.92
>>530
残りがあるってのはウソじゃないと思うよ。
半分は処分したんだろ。

金・プラチナ投資商法の悪徳会社が
客に「ちゃんと運用してるの?」と問われた時のために
ある程度の見せ金・見せプラチナを持ってるのと同じ。

534 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 16:17:06.43
>>531
「販売努力するってのはウソだったのか!」と怒鳴る著者に
「いやぁ300書店にきちんと並べましたから
法律上の販売努力は履行しましたよ(ニヤリ)」なんて言ってみろ
「今回の契約そのものにおかしいところはなかったか」とか
「この社で共同出版した人の年間人数を数えてみたけれど
本当に全員分300冊陳列してたら提携書店の棚が足りないはず」とか
いろいろまずいところを追求してくるに決まってる

逆に、著者に「数百冊売れた」と勘違いさせとけば
「次回作こそは1000冊売るぞ!」と
リピーターになってくれる可能性もあるわけだ

自宅が自著の売れ残りで埋め尽くされた人間は
間違っても次回作を同じ出版社で出そうなんて考えないけど
「売れた」と勘違いした人間はまた同じ罠にひっかかる

535 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 17:39:27.60
書店陳列はここはちゃんとやってるよ。
提携書店いってみな。とんでもない陳列のされかたしてるけど(爆)
平積みしたけりゃ金払えの世界。
かなりおかしい

536 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 18:28:24.05
松田さんはこう言ってるけどな
「さらに不思議に思ったのは提携書店の数です。
私には提携書店の数は500店との説明がありました。
500店舗で各店50冊の棚を確保しているとしたら、
500×50で25000冊の本しか置けません。
1ヵ月140点の本を300店に置くなら、
140×300で42000冊分の棚が必要になります。
これでは一点あたり178店舗にしか置けないのです! 
本当に300書店に置いていたのでしょうか? 
そして提携書店は本当に500店あったのでしょうか?」

537 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 18:54:06.89
>>535
金払ったらクソ本でも平積みしてもらえるものかどうかは知らんけど
金も払わんで平積みしろって要求するほうがもっとムチャだと思うぞ

538 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 19:26:50.63
幻ルネも文芸社と同じように契約書店に棚借りてるの?

539 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 20:10:31.55
棚なんかないよ
池袋ジュンク堂で幻ルネの本(たまたま中見たいのがあった)探してて店員にきいたら
「自費出版本はそこのコーナーです」ってなぜか時代小説の棚の一番下を指さされた
あるにはあったよ、あの出版社の本
都内最大の床面積の書店にして3冊だけだけどねw


540 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/22(水) 20:15:25.28
ど素人の書いた自費本、特に小説はとにかく売れない
友人知人義理で約束してる連中にはけたら終わり
書店においてもおかなくても意味がない
アマゾンで売れなきゃそこまでだ

どんなに口酸っぱくして言われても
書店に自分の本が並ぶという夢風景だけのためにドリーマーは金払うんだよなあ

541 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/23(木) 18:22:02.82
わざわざ本にしなくてもいい

542 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/23(木) 20:23:02.35
[作品ほめて掲載勧誘、出版社に業務改善指示 消費者庁]
ttp://001a.blog90.fc2.com/blog-entry-866.html

なんでこんな小物が捕まって大物が捕まらんのだ。

543 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 12:43:17.01
ユル子さんがまたブログでなんか吼えてるな。
まだ騙されてることに気づかないんだな。

1200円の本1000冊で印税8%なら
1000冊全部の印税を支払ったって9万6000円ぽっち。
そんなの240万円のうちに
キッチリ含まれてるとまだ分からないんだな。

500冊ぐらい書店に卸した

400冊ぐらい返本になったので幻冬ルネが買い上げた

ゴミとして捨てた

著者には売れたことにして404部と報告
(買い上げたのが幻冬だとしても売れたことには変わりないから)

404部の印税を支払った
(240万円ごっそり頂いてるので、404部といわず
1000部分支払っても幻冬は痛くもかゆくもない)

このカラクリ、まだわかんねえのな。

544 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 13:27:27.65
出版の前だか後だかタイミングは知らないけれど
とりあえずユル子って人がコメントで忠告してた人に
さんざん「納得して契約した」だとか
「うるせえしつこい」だとか暴言吐いてたのは知ってる

一方で、一度たりとも
「ごめんやっぱり私騙されてた」って謝る記事を見たことがない

545 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 14:49:56.59
自分でも薄々感づいてるんだろう。
そもそも著者と出版社の話であって第三者にとやかく言われる筋合いはないんだろうど。
なんかあわれだな

546 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 15:44:49.98
騙される人には2種類いる
ひとつは親族が亡くなったとかそういう悲しみで
冷静な判断力を失っている人
もうひとつは虚栄心を突かれて冷静な判断力を失った人

前者は文句なしの被害者で出版社が悪なんだけど
後者は同情できないもんでヲチ対象になる
「こういう人がいるせいで、出版商法ってのは
『騙される人が悪い』みたいな風潮になっちゃうんだよ」
「こういう人が出版社に貢いだお金をもとにして
出版社はどれだけの人を罠にかけてきたんだろうなあ」
「こういう、騙されたのを認めたくない人が
『契約には納得してる』だとか擁護するから
悪徳会社がのさばるんだよ」って感じ

騙されたからヲチされてるんじゃない。
単に騙されただけの人なら他にいくらでもいる。
ユル子って人は痛々しいからヲチされてるんだと気づかないかねえ。

547 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 19:14:57.25
>>545
最新の書き込みがよりいっそう哀れだよ。
すっぱいブドウの心理丸出しな文面に本人気づいてないもの。

240万円も出してハシゴ買うほどブドウ食べたかったくせに
失敗した後で「どうせすっぱいブドウに違いないさ、
私は最初から知ってた」って自分をなだめすかしてるのがなんとも哀れだ。

548 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 20:05:41.81
踊り子さんに気づかれちゃったし
ここ文芸社スレだからこのへんでこのネタ切り上げたほうが。

549 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 22:46:48.60
「出版業界の実際を周囲のトモダチの話で知りすぎちゃってて、
幻ルネの出版方式と他社の出版方式を
よくよく吟味しなかったところだと思う」
あーわかんね、この理屈わかんね。
実際を知ってるんだったら吟味するだろうに。
実際を知ってるのに吟味しないってどんなマヌケ?

550 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/24(金) 23:17:02.41
どのぶどうも酸っぱいと分かってはいたけれど
とりわけすっぱいぶどうを見分ける努力がちょっと足りなかっただけ。
べ、別にお腹がすいてたわけじゃないんだからね!

551 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/25(土) 01:21:56.53
下ユル子さん痛々しい… 
ていうかこの人、クンちゃんブログにまで本名晒して乗り込んでいってて、
結局のところ何がしたいの? 裁判抜きで幾ばくかのカネを返せと?
幻ルネの誰かか恫喝したという弁護士かが口頭で謝罪して手打ち?
彼女なりに善悪の一線を後引きしたいのかと思ったら、わからんと言ってる。
幻ルネの「わし」と文藝スレは別と言っといて、クンちゃん巻き込んでる。
「ほかの誰にもできない情報開示をした『わし』」だ?
その「行動」を評価しろだ? アホか。
考えれや下ユル子。 今考えないでいつ考えるんだ下ユル子。


552 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/25(土) 01:30:32.10
知り合いの誰それで出版の実際を知ってる知ってたは関係ねえんだよ
もだまんだか誰だかの言葉がありがたかったかどうかも知ったことかよ
240万払って自分にしかできない勉強したとか寝言いつまで垂れてんだよ
考えれや下ユル子、今考えんでいつ考えるんや
自分にしかできないことがそんくらいなら、
やらないほうがかえってみんな幸せですむじゃねえか
考えるのを人任せにすんなや下ユル子、知ってる知らないの問題じゃないんや


553 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/25(土) 02:00:51.54
このお人はタイムマシンで過去に行って
まず、誰の言葉にも耳を貸さず
しかも罵倒してまで本を出そうとしていた自分を止めるこったな
誰に何と言われればあの時の自分が止められたのか考えながらな


554 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/25(土) 13:16:42.59
>>550
一般人「単に自分だけ甘いブドウ食べようとして腐ったブドウ食わされただけじゃね?」
ユルたん「ぐぬぬ」

555 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/26(日) 13:50:20.28
ユルたんに「考えろ」なんてイジワル言う人キライです!
ユルたんは、(都合のいいことだけ)「信じる」人なんですから!

例えば、「血液型占い」とか「占いで地震を予知した」とかを非科学的と批判してる一方で、
柱上変圧器の近くの部屋で暮らしてたとき体の調子が悪かったとか、電気毛布の不快感とかを
「電磁波のせい」と決めつけて、何もおかしいとか思わないわけ。
(電磁波を感じる能力があったら、そりゃあんた一種の超能力ですってw)

多分、「電磁波の害」について書いたものを読んで、自分の感覚を「電磁波」に
結びつけたんだろうけど、そういう思考自体、(自分でも書いてた)「占い」を信じちゃう人の思考と
全く同じだということには気がつかない、愛すべきユルたんなんです〜っ(ハート)

556 :検索ちゃん:2011/06/26(日) 14:47:30.79
>>555
あなたのほうこそ無知ですよ。
『電磁波過敏症』で検索したら、「231,000 件」もヒットしますよ。
(もっとも、『血液型占いは正しい』で「7,660,000 件」ヒット
 『下ユル子は美人』で「241,000 件」ヒットですがね)

557 :何やかや言ってもみんなユルたんのファン:2011/06/26(日) 18:53:12.34
まあ、騙されてないって言い張る人に、騙されてたと認めさせるのは
客観的には結婚詐欺の被害者なのに結婚詐欺にあったって認めない人に
あなたは結婚詐欺の被害者だって言うようなもんでよけいなお世話なのかもしれないが
ユル子さんの場合は「じゃあアンタは何に文句があるんだ?」っていうところがどうもよく分からんのだよな

「あなた、あの時私と結婚してくれるって言ったじゃない。私、今でもその言葉信じてる。
 なのに、あなたどうして会ってくれないの?」・・・ っていうことなのか?

今でも幻ルネの商法自体には一定の理解を示してるように見えるし、
「契約内容には納得してる」という言い分を額面どおりに受け取るとして、
過去にあった「出版社は出版権をちゃんと行使しろ」みたいな書き込みとかを勘案したら、
結局のところ、
「ワシの小説は他のゴミみたいな小説とは違う」
「他のゴミ共のことは知らんが、ちゃんと販売努力すれば売れるはずのワシの小説を売らんのはケシカラン!」
と主張してるようにしか見えなかったんだが・・・

558 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/26(日) 19:29:27.25
>>557
「何やかや言ってもみんなユルたんのファン」
そりゃグラマラスおばさんやワクテカ以来久々の出版商法カモドルだもんな。

せっかくだから2ちゃんねるの歴代出版商法カモドルをご紹介。
●セリカさん……「育児はキライよ!文句ある!?」という本をS舎より出版。
本の中には、わざわざ「本の内容にイチャモンつける人がいたときのための
あらかじめ反論コーナー」が設けられており、著者の痛々しさを如実に感じさせてくれる。
2ch住人らの忠告を受けていたが華麗にスルー。
ベストセラーを目指し息巻いていたが売れるはずもなく、出版後沈黙。

●グラマラスおばさん…「外恋」という本をB芸社より出版。
家族に迷惑をかけることなくポジティブに不倫を楽しんじゃえ、という内容であるらしい。
2ch住人らの忠告を受けていたが痛々しくスルー。
ベストセラーを目指し息巻いていたが売れるはずもなく、
現在はブログでも出版については一切触れず。黒歴史として始末したいらしい。

●ワクテカ君(SHIN)…B社にて出版。忠告厨?の忠告を受けるも、聞く耳持たず。
さまざまな冒険にチャレンジすることに情熱を燃やしており、今回の出版もその一環だが
165万円積んで実力不足のまま出版するという愚行を
あたかもすばらしい大冒険であるかのように語っている様が痛々しい。もちろん売れなかった。

559 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/26(日) 19:53:20.37
>>557
「ユル子さんの場合はどうもよく分からんのだよな」
我らのカモドル・ユルたんの心は乙女のごとく揺れ動いてるんだよ。
「騙されただなんて絶対認めたくない!」っていう気持ちと
「騙した奴らを絶対許さない、金返せ!」っていう気持ちの間でな。

「契約そのものには満足してる」ってことにしとけば
自分自身のプライドは保たれる。自分の作品の価値も否定せずに済む。
でも金は戻ってこない。

「騙された、この野郎金返せ」って訴えを起こせば
もしかしたら金は返ってくるかもしれない。
でもそれは自分自身のプライドにかかわる。
「どんな作品でも褒めて金を出させる商法に
引っかかったあわれなユルたん」になってしまう。
それに、自分のプライドに傷をつけた忠告者たちの主張
(あんたの本評価されてないよ、売れてないよ)が
正しいと認めなくちゃならなくなる。

一般の人から見ればどっちもあわれなユルたんなんだが
当人はまだ「プライドを保つ術」を探して態度を決めかねてる。
それゆえに踊り続けてヲチャーを楽しませてくれるというわけだ。

560 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/26(日) 21:45:25.88
つまりほかのゴミクズ自費出版と違って自分の作品は名作だという
ゆるぎない自信が彼女にはあった。
自信は自信のままで、出版さえしなければずっと裸の王様でいられた。
しかしいざ出してみたら、山田や天野に起きた奇跡が自分には起きなかった。
自作が認められベストセラーになっていたなら、彼女はこんな切れ方はしなかっただろう、
実力があれば自費出版でも売れるのだ、文句がある奴は実力を磨いてから
自分のしょぼい姿を見なおせといえただろう。
だが売れなかった。
その現実を認めたくないから、売れた連中にはからくりや裏があり
自分をのせたルネが悪いと喚かなくては気が済まないんだよ。

561 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/26(日) 22:29:14.97
>>560
それでいて「騙された事実を認めたくない」っていう気持ちもあるんだよな、ユルたんは。
だから「私の出版業界の友だちだってこういう厳しい契約で……」とか言い出す。

本当は友だちのことも見下していて
「そんな没個性な文章書いて小銭稼ぐ仕事なんかよくやってるわね、
私はあんたたちみたいにすっぱいブドウで満足しないの。
ちゃんと私の個性を認めてくれるルネサンスと契約して、
240万円出して立派なハシゴ買って
甘いブドウ食べてやるんだから」って考えてたんだろうな。
そんなんだから甘いブドウどころか腐ったブドウを食わされるわけだよ。
友だちもユルたんに見下されてると知ってるから本気で忠告しないわけだよ。

業界トップレベルの腐りに腐りきったブドウを食わされた後で
「友だちだってこんなすっぱいブドウを食べてた」と連呼したところで
なんの名誉回復にもならないのにな。言わずにいられないんだろうな。

562 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 01:02:31.92
ユル子さんの言動、何が主旨なんだかぜーんぜんわかんない。
幻RなりBなりに、彼女はどう関わりたいつもりなの? 
言ってることやってることに、一貫性がないじゃん。
アゲたりサゲたり、自分が何に怒ってるのかもブーレブレ。
ただひとつ確実なのは、ユル子さんの小説がカネ取って売る品質じゃなかったってことでしょ。
知人の絵本作家さん、昔付き合ってた漫画家アシさんの話なんて、筋違いだし甚だ失礼。
クンちゃんとこで正体さらして契約書載っけて、この後彼にどうさせたいのよユル子さん。
突っ走るだけ突っ走っといて面倒になると他人事面するのは、本当にただの迷惑だよユル子さん。


563 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 01:30:39.91
なるほど、ユル子さんブログ更新してたんだな。
また痛々しいこと言ってるなあ……三流ホストに騙されたのどこのどいつよ。
三流ホストに240万円取られたのユル子さんじゃなくって?

本物の編集者はホストと違って厳しいもんだから
ユル子さんは三流ホストに逃げた。その結果騙されたんじゃないのかねえ?

564 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 01:58:59.68
ユル子さん見てると、商業出版と違って共同出版商法は
「カルト宗教の教祖と、それを盲信する信者」だってのがよく分かるな。

商業出版の編集者はダメな作品にはダメと言うけれど
共同出版商法の編集者は「ユル子さんの作品は素晴らしいですよ」とのたまう。
その言葉を信じたいユル子さんは240万支払ってしまった。カルトだねえ。

565 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 10:45:52.92
ユル子さんはもともと「自分教信者」だったからね。
才能ある自分の価値を認め、崇め奉ってくれる相手に縋っちゃったんだな。
そんなの凡百のなんちゃって作家が陥る甘い罠なのに、さんざんそう忠告されてたのに
自分だけは価値が違う、引っかかってない、わかってる、騙されてない
というプライドを崩されて暴れてるんだろう。

まあ、そこを諦めて認められるまで暴れるしかないんだろうね。

566 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 10:52:40.44
「あんなに愛してるっていってくれたのに、お金のためだったの?嘘だったの?
ひどい!貢いだぶんを返してよ!」
と三流ホストに食ってかかるおばさんと同等だなんてそりゃ当人は認めたくないだろう。

わかってて遊んでるのよ、ほっといて、と言っといて深みにハマる恥。
本来はこの人は笑う立場に立ちたかっただろうね。
今じゃ「世界中のホストクラブを潰せ!」と叫び続けるしかない状態に……
なぜ入店前に袖を引いて止めた相手に未だに謝罪しない?
後ろ足で蹴り倒して罵倒して入店したくせに。

567 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 21:51:18.15
まあ、男で風俗・キャバクラ・フィリピンクラブ嬢に、ン百万貢いだりするのは珍しくも何ともないと思うから、
男女同権社会になってきただけじゃ? と思うんだけど、違うの?
パイ(被害者)の大きさ考えると、協力出版ビジネスより風俗ビジネス(ホストクラブ含めて)
批判するほうが先ではないかと思うんだけど・・・

あと、協力出版の費用が100万ならいいの?
もし、100万ならいいのなら、それが200万だって契約自由の原則からいうと
「ボッタクリ」ではあっても「悪徳」とか「違法」じゃないよね?


568 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 22:03:58.08
金額はどーでもいいの。
どーしよーもない作文をすぐれた作品と著者に思いこませて金をむしり取る。
詐欺とは言わんが、、、あとはわかるよな。

569 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 22:15:15.03
>>567
今回のケースはちょっと違うのだ。
分かりやすくいうと
「ユル子さんが240万円出して注文したドンペリが
ユル子さんのものにならなかった」。

まともなホストクラブなら、ドンペリは注文したユル子さんのもの。
自分で飲もうが、お気に入りのホストにご馳走しようが自由。
ところが悪徳ホストクラブにつかまったユル子さんは、
ドンペリの所有権をまんまと悪徳ホストクラブに騙し取られてしまったのだ。

570 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 22:54:53.03
まんまとというが、最初にもらう資料だの説明だので分かることだと思うが……
それに最初からユル子さんは
「誰が何といおうと、自作が素晴らしいのは私自身がわかってることだからそれはいい」
「納得して払う金」と断言してたよな。

最近自費出版っは悪徳と評判が立ってるんで、
腹黒会社といえども「本の所有権はあなたにありますよ」と言いながら横取りという下手は打たないハズ。
そんなことも確認せずに「全て納得しての契約」と言ってるわけではあるまい?
ご当人も詳しいそうだから。

571 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 22:59:55.85
>>570
「まんまとというが、最初にもらう資料だの説明だので
分かることだと思うが……」
ユル子さんのサイト行って契約書見てみ。所有権に関する記述は一切ナシだ。
それでも、ちゃんと調べてる人間はヤバイ契約だと分かるんだけど
ユル子さんは「私何でも知ってます」な顔して実はなんにも知らん人なので騙された。

572 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 23:05:01.04
>>571
あー、自分も以前引っかかりかけたんで。
資料もらってしげしげ読んで、ちょっと質問して
すぐこりゃないなと気づいて回避した。
だいたいあの印税の設定とか聞けば根本的に変なのはわかる話なんだけどね……

573 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/27(月) 23:49:09.18
>>571
所有権に関する『直接的な』記述はナシだ、が
 【第14条】乙は、甲が本著作物を購入する場合は、定価の70%でこれを提供する。
という条項があるぞ。
だから、(抽象的な)所有権の所在について錯誤のもとに契約した、と主張したとしても、
この条項について承認したことについては否定できないだろ?

もちろん、この条項自体が公序良俗に反するということであれば、承認してたとかしてないとかには
関係なく、後から無効を主張できると思うけど、そういう主張してるようにもないし
弁護士とかクンちゃんとかいう人物がそういうアドバイスしてるようにもない。
・・・・つうことはヤバイ(違法な要素を含む)契約ではないのじゃないか?

574 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 01:29:56.54
「所有権の所在について錯誤のもとに契約したと主張したとしても、
この条項について承認したことについては否定できないだろ?」
>この条項について承認したのは錯誤によるもの、と近年は主張できんのよ。

数年前に新風舎問題あったろ?
あれも当初は「契約書に納得してハンコ押したんだから
契約者の自己責任」って言われてたんよ。つまり被害者は泣き寝入り。
ところが最近になって自費出版商法が社会問題化して
たとえ“その時は”契約書に納得してハンを押したとしても
業者が消費者の気分を高揚させて
冷静な判断を欠いた状態での契約は再考の余地ありになったわけ。
「たとえ納得してハンコ押していようと
消費者に著しく不利益を与える契約は無効」と主張できるようになったわけ。

575 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 01:39:14.50
で、今回のケースなんだけどね。
普通の出版請負契約だったら
「消費者に著しく不利益を与える契約」で完璧クロなのよ。
なにしろお金を出したのは著者なのに
商品が著者のものにならないんだからね。

でも悪徳業者はちゃんと脱法の抜け道を用意してるもんでさ。
“出版請負契約”ではない契約をユル子さんは結ばされてんのよ。
つまりユル子さんは消費者じゃなくて幻ルネの共同事業者。
消費者保護法では守られないって寸法なのよ。

だからあとは訴訟の場で「消費者じゃない契約を
結ばされてること自体を知らなかった」と訴えることが
肝心になってくるんだよね。
実際問題、近年ようやくその脱法手口が世に知られるようになって
訴訟を起こさなくても消費者として保護されて
解約返金を受けられるケースが増えてきたんだ。
今までこの脱法手口に引っかかった人は
“事業者同士のトラブル”と勘違いされて
消費者センターに相手にしてもらえなかったけど
今はちゃんと相手にしてもらえるようになったんだ。

576 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 01:54:35.16
要約すると、
「ヤバイ(違法な要素を含む)契約ではないのじゃないか?」

「ヤバイ契約なんだけど、巧妙な脱法手口によって
今までは法の目を免れていた。
しかし被害を訴えるたくさんの人々の声によって、
クロとして認定されつつある」。

577 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:08:35.36
おい、本人なら本人と名乗って書けよ。
独白が見たければあっちのサイトに行くし。

578 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:10:57.68
ユル子はユル子は、続きでほんとにここいいのかね。
ただのヲチスレになりすぎてる気もするが
もし本人が乗り込んで来てるなら別にいいのか。

579 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:12:38.88
>>577
本人こんな詳しくねえだろ。

580 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:21:03.72
>>579

「今は」詳しいだろうw 戦いの最中なんだから

しかしああいう連中にあって高揚するってどういう条件だとそうなるんだ……

寒い一対一(詳しくは一対二だけどさ)の対面で金の話ばかり聞かされて
どう聞いても胡散臭い料金体系で
ろくに目も通さずいきなり内容に口出してくるし
質問すればするほどガード固くして、本の制作費は常識じゃ説明つかないほど高いし
制作費全部出させといて本の所有があっちとか
冷水浴びせられた気分で帰って来たわ

酒でも出してサブリミナルテープでもBGMで流して
複数で追い込んでわけわからなくさせる方法でもとってるとこがあるのかね?

581 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:30:50.51
なるほど、あれほど物知りで冷静なユル子さんが
どんなに止められても出版に走り、しばらくは「騙されてんぞ目を覚ませ」と言われても
ガーガー罵倒するばかりで聞く耳もたなかったのは
何かものすごいパワーの怪しい術にはまってたんだな。
アフリカあたりの秘術か?

582 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:32:40.39
>>580
自分自身の名誉のために言わせてもらうが
>>576=>>579でユルたんじゃねえよ。書いたの俺よ。

新宿の立派なビル見てみろよ、あんなの立つぐらい
世の中にはこの商法に騙されっちまう人がいっぱいいるのよ。
虚栄心を突かれたユルたんには一切同情できないが
病気とか家族の死とかで心が弱ってるところを狙われた人とかいたたまれんよ。

583 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:39:04.39
ネットで俺って言われてもなw

お前らの作品はゴミ、自分は天才と主張して
他人の作品見下げて嘲笑してた作家さんが
今更騙された、被害者でいらっしゃると主張されてもそれはちょっとあれだw

あと、「家族が病気」ネタで作品売り込もうとしてる気の毒なみなさんも
ちょいと調べればそんな本糞ほど出てて
しかもアマゾンランキング調べればさっぱり売れてないのはひと目でわかると思うから
心神喪失状態でなけりゃ調べて身を守っていただきたい

もしここまで読んで冷静に考えて本を出すならそれはもう大人の自由だが

584 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:47:32.57
違うっつってんのに……ユルたんごときと一緒にしないでくれよ……。
まあ証明のしようもないし仕方ない。好きに思ってくれ。

585 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 02:58:11.05
この機会に文芸社スレとして軌道修正しとくか。
文芸社商法トラブルに巻き込まれた人はこちらの電話番号へ相談どうぞ。
幻冬舎ルネサンスや日本文学館でトラブルに巻き込まれた方もどうぞ。
ttp://nakusukai.exblog.jp/

お近くの消費者センターも相談無料ですよ。
ttp://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20071109_1.html

586 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/28(火) 17:59:17.74
過去に自費出版の本出してるのに文芸社にひっかかった人。
この人もアフリカ秘術にやられたかなあ。
ttp://ameblo.jp/tsujiken31/entry-10909046243.html

587 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/06/29(水) 18:54:24.51
こんなのに引っかかる前に、
同人誌を出して、本がどれだけ売れる(ない)かやってみろ。
そうしたら、高い金を支払うまでもないとわかる。
自費出版するより、安い授業料で済む。

588 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/29(水) 19:27:19.10
こういうのに引っかかる人は、同人誌「が」売れないなんてことは
多分、言われなくても知ってると思うぞ
だからこそ、同人誌(ほとんどの自費出版本)と違って一般の流通にのせられる
=売れるかもという幻想から、協力出版商法に引っかかるんじゃないの?

589 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/29(水) 23:32:40.37
日本文学館も鷺。
賞と偽って原稿募り、優秀作品だからと共同出版と称する自費出版さ
せて、本を並べたと偽る。配本も販促も、もちろんやらない。

590 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 00:48:02.97
実用書の自費出版を検討中。
逆にココなら安心というところがあったら教えて欲しい。

591 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 00:53:23.43
>>590
どんな方面の実用書か知らないけど、
肩書きの立派な人のゴーストとかやってみるのはどうなのかな?

592 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 01:14:07.70
自費出版だと売上げの50%バックが相場だよね。
素人考えだと、有名作家とかは資金もあるのに
どうして自費で出版しないのだろうって思う。

593 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 01:23:41.94
原稿できてればマグマグ自費出版でいいんじゃね?

文芸、幻冬はもちろん新聞社系、大手出版社系、書店系は高いだけだからやめとけ。

どうせ売れんし結果は大差ないから。

たくさん売りたきゃ・・・・・・自分で考えな

594 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 02:44:00.63
>>590
ピープレスは?
本の所有権は作者、売上げの50%バック、校正には何度でも付き合ってくれる。
小説の類でなきゃ、そこそこ売れてるのもある。仕上がりも料金もまずまず。
でも書店流通に強くはないから、通販中心にして、自分で売る努力をするのは基本。

595 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 03:38:23.20
>>590
お手軽出版ドットコムは?あと宅配プリントとか。

>>593
まぐまぐまだやってるの?HP何故か見れんかった。
ttp://cgi.mag2.com/cgi-bin/mitumori/mitumori.cgi

596 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 08:18:34.51
>>595
普通にみれたけど・・・・・・
しかし安いな。文芸はぼったくりすぎだろ。

597 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 10:23:31.91
出版社系も十分高い。
講談社出版文化センター、角川出版企画センターも
あまりメジャーでないからここでは槍玉に挙げられないが
正体不明のクソ高さの上、契約内容の理不尽さも似たようなもの。

どうしても自費で出して流通させたい連中は、今ここにいくつか挙げられた
「本が自分のものになり」「50パー以上バックが基本」
で、出すとしたら1000部が最低、みたいな非現実的なライン引いてないとこさがすんだな。
純粋な自費出版だと、あまり在庫を抱えてくれず、出来た本のほとんどを自宅に送ってくるから大変なことになる。


598 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 12:03:25.60
>>597
講談や角川は文芸社や幻冬と違って
出版物の所有権を取られないって聞いたが実際どうなんだ?

>>590
同人誌印刷所ならまず安心だよ。
自費出版で書店流通考えてるなら下でも見て目を覚ませ。
ttp://novelno.net/2006/04/11-093510.php

599 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 12:26:54.41
>>592
ここに分かりやすく書いてある。
ttp://d.hatena.ne.jp/gyogyo6/20070927
「編集者の千本ノック、
あるいは「原石を磨く作業」があってこそ「売り物」になるのだろう」

600 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 12:36:27.44
>>598
制作費を全部出させといて
すずめの涙みたいな印税しか寄越さないということ自体おかしいだろ
参考

http://savant.sblo.jp/archives/201010-1.html

印税だと文芸社の方がましかもw

601 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 12:53:49.44
>>600
げっぷう。マジで角川も印税契約だったのか……?
角川はやらんと信じていたのに。
しかしもう少し情報がほしいところだな。
角川の出版部門は角川学芸とかいくつかありそうだしな。

でもまさか講談社は違うよな?まともな契約だよな?
講談社フェーマスは悪徳だけど。

602 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 16:14:34.42
>>599
もしそうだとしたら、有名作家が担当編集者をスカウトして
自費出版っていうか、自分で作った出版社から出版する、みたいなのが
あってもいいと思うんだけど、そういうことすると業界から締め出し食うとかあるの?

603 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 19:22:47.58
>>602
「自分で作った出版社から出版する、
みたいなのがあってもいいと思うんだけど」

そういうことやる人もいる。
しかし有能なバッターが有能な球団経営者になれるかというと、……。

604 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 19:50:06.79
>>602
「編集者の千本ノックがあってこそ売り物になるのだろう」
売り物になったあとは実際に売る実動部隊が必要だからなあ。
作家をやりつつ実動部隊もできる人なんてそうそういないんだろう。

605 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 22:15:46.54
編集者の千本ノックがあるからとかw
ほんと傲慢な業界だよw

606 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 22:22:22.29
出版社の営業があってこその売り上げなんだな、プロ作家といえども
自サイトで宣伝したって、うさんくさくて買わない
商業誌で連載や宣伝があってこそ、みんな買うんだよ
ブランドはあくまで出版社やレーベルにあるのであって、有名な作家でも自費出版なんてしたら、急に格が下がったように見えてしまう
なんか、出版社に干されて必死なんですか? みたいな

607 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 22:24:30.20
たしかに、音楽の方だとレコード会社(今もこういうかしらんが)のぼったくりに気づいて
自分たちで会社つくるよね。
作家は以外と行動力ないのか、それとも出版界というのは何かあるのか。

608 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 22:27:30.74
>>605
ユル子さんみたいな「アテクシの作品は最高!」と勘違いしてる人が
「アテクシには千本ノックなんか必要ないワ」と
金に物言わせて書店に本を送り込むほうが傲慢だと思うね、俺は。


609 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 22:31:53.82
漫画だとさいとうたかお、がやってる
ブラックジャックによろしくの人もやってる
作家だと、昔の作家だと結構要いるけど現代だと村上龍がやってるくらいかな

幻冬社も最初は何人かの作家と編集者のコンパクトな出版社だったよ

610 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 22:36:54.22
>>607
中小零細出版社だったらいくらでもあると思うよ。
経営者が自分で原稿も書く会社。
有名どころだとハリーポッターの静山社。
あそこは社長さんが翻訳原稿書いたっしょ。

でもなんだかんだで零細が多いのは
経営者としても作家としても有能であり続けることが
とっても大変だからだと思うよ。

プロ野球だって自分で球団起こそうとする選手が少ないのは
経営よりもバッティングに専念したいからじゃないのかな。

611 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 22:54:26.00
>>596
見れなかった。周りの「あなたの原稿で本を作ってみませんか」とかの
説明のコンテンツの絵が出ない。スペックオーバーか・・・・。

612 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/30(木) 22:56:32.18
>プロ野球だって自分で球団起こそうとする選手が少ない

これは少し違う話だと思うな
プレーヤが自分だけじゃダメで複数(9人よりもかなり多く)必要でしょ?
出版のほうは小説に限れば、プレーヤにあたるのは多く見ても(作家+編集者)でしよ?

613 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 11:54:35.89
>>612
装丁もいるし校正校閲もいるし挿絵もいるしDTP要員もいるし
出版取次交渉要員も書店営業要員も宣伝広報要員も経理も必要。
それ全部自分で取り仕切れるような
経営者の資質を持った作家ってのはそんなにいない。

614 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 12:03:05.14
>>612
ここでグダグダ話を聞くより
自分の本棚を見るのが一番手っ取り早いと思うよ。
作家と編集者だけで作られてる本、何冊ぐらいある?ほとんどないでしょ。
せいぜい同人誌が数冊あるかないかでしょ?

作家と編集者でできるのはキャッチボールまで。
一冊の商業本を作るには9人どころじゃなくたくさんの人が必要なんだ。
零細出版社だったら少人数でやるとこもあるけど
そういう会社だって書店営業とかは外注の手を借りなくっちゃ回らないんだ。

615 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 13:40:26.69
以上の理由で、自分の本を(お金のためじゃなくても)
たくさん売ってたくさんの人に読んでもらいたい、と思う人は
同人誌・自費出版社とかじゃとうてい無理だから、文芸社とか幻冬舎ルネッサンス
みたいな組織の大きな所に頼みなさい、ってことになるわけですね

616 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 13:59:20.00
>>615
そういう勘違いを起こす人をカモる商売が
共同出版商法ってわけですね

617 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 14:01:11.74
マジレスすると
たくさん売ってたくさんの人に読んでもらいたい、と思う人は
同人誌・自費出版社とかじゃとうてい無理だから、
商業出版にしたほうがいいですよ、本当。

618 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 14:05:15.99
ならないならないw

あと文芸とルネは出版社としては大きくないw←重要

自費出版するんなら親孝行しろ、親が亡くなってる奴は新しい墓買ってやれという結論になりました

619 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 14:13:25.50
商業出版だろうがなんだろうが
作者が名を世間に知られてない限り
素人の小説本なんていきなり書店においても売れないよ。
特別扱いでガンガン宣伝でもしてもらわない限り同じ。

あと、通販の売上で比較するなら
文芸社・ルネVSほか大勢の弱小自費出版社で出した素人本の間に
ランキングの差なんてないことも
「売上順」で比較すれば一目瞭然。

この連中が売りにしている「新聞に出る一行広告」は
なんの効果もないってことも
ここから出したブロガーの証言でわかってる。
それ以上の広告がして欲しければあのプランこのプランとあと出しで100万以上を要求される。
でも印税率を考えたら元が取れないのは明らか。

620 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 14:17:06.23
>たくさん売ってたくさんの人に読んでもらいたい、と思う人は
同人誌・自費出版社とかじゃとうてい無理だから、文芸社とか幻冬舎ルネッサンス
みたいな組織の大きな所に頼みなさい、ってことになるわけですね


たくさんなんて売れないし売れたとしても投資した金考えたらすずめの涙。
より多くの人に読んで欲しければ「小説を読もう!」とかの巨大サイトに投稿すれば読んではもらえる。
本の中身は買った人しか読めないから売上数→読んだ人数になることを考えると
素人は小説サイトに出して読んでもらうのが一番元手もかかんなくていい。
文芸やルネに200万以上かけたが最後
全部売れたって元なんて取れないのを考えれば
一円も入ってこなくても損をしないだけはるかにまし。

621 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 17:59:54.70
文芸は自費出版じゃ売れないと思うけど、
「趣味」や「実用」は作家の名前は関係ないからね。
出版社がいう「儲け」と個人の「儲け」は桁が違うから、
価格設定でも個人の方がリーズナブルにできる分野があると思う。
たとえばブログに紹介した料理などを本にするとき、
出版社に声をかけられると嬉しくてホイホイ話に乗っちゃう。
そこで「自分で出したら」という発想になかなか行かない。
自費でやって損した話ばっかり聞かされるからね。
それはそれで既存の出版社の思うつぼかなあとも思う。



622 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 18:14:28.81
素人の文芸書はどこから出そうと売れない。
制作費をぼったくられるでかくて有名なところから出すほど損をするだけ。
多くの人の興味を引く実用書なら出版社にかかわらずまあそこそこ売れる。
50パー以上バックの良心的な自費出版社からだすのはこういうのがおすすめ。

623 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 18:29:11.07
>>621
『「趣味」や「実用」は作家の名前は関係ないからね』
そうかあ?あんた無名の人が描いた趣味本・実用本、何冊ぐらい持ってる?

624 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 18:35:53.47
そもそも250万かけたら、印税100円/冊だとしても2万5千冊売れないと「元」がとれない。
まさか、そんだけ売れると思ってる浮世離れした感覚の著者はいないと思うんだが。

625 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 19:22:00.48
>>623
621の言う『「趣味」や「実用」は作家の名前は関係ないからね』の意味は
本さがす時に、誰それの書いた本を読みたい、と思ってさがすことはない、
っていうことだと思うよ。
買ってきた本が、結果的にはその世界では有名な人の可能性が高いなんてことは別の話。

626 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 19:34:07.85
>>624
でも、いざ蓋を開けるまでは、奇跡の可能性がゼロではない。
万ではなくとも、せめて千はいくかもしれない。
だって現実に、リアル鬼ごっこが、そして氷の華が存在する。
その宝くじのようなわずかな夢に向けて、ワナビーはお金を払うんだよ。
お金を出さなきゃ夢も買えやしないからね。



627 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 19:34:56.77
『文芸は自費出版じゃ売れないと思うけど、
「趣味」や「実用」は作家の名前は関係ないからね』
って書いてんだから売れる売れないの話じゃないの?
621は文芸は売れないけど実用なら売れるって言ってんじゃないの?

オイラは実用書こそアマチュアが出してたら買わないけどね。
栄養の本とか医療の本とかプロの監修が付いてないと内容の真偽が心配。



628 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 19:45:10.46
物書きとしてのアマチュアってことだろ
聞いたこと無い医者やマーケティングの人の本が狂ったようにある理由だね

629 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 21:36:03.86
でも文藝の血液型本は売れたよね。お金出して出版して、元が取れるレベルじゃなく儲かった。
ただ例のブログで血液の著者の本名に何かの事情があるみたいな書かれ方してたのが気になる。
新宿社屋で現金見せられて腰を抜かしたとかフツ―のOLさんだとかのエピソードはあるんだが。
自費の分だけじゃなく2発目・3発目も売れたとなると、やっぱ夢見る人には魅力的な投資だわね。
社長引き連れてヨーロッパ周遊御大尽旅行、一度はやってみたいものですよ。
限りなく低いにせよ可能性はゼロではないとか言われたら、200万安いか高いか人それぞれじゃね?


630 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 21:44:34.11
リアル鬼ごっことかだいぶ、ただであちこち配ってるらしいぜ
血液型の人の事情もそんな感じじゃね

今ではだまされる本屋なんか無いけど
夜中に大量に買ってアマゾンのランキング一位にして
そのキャプチャを書店に配るとかさ
自作POP持って全国の書店周りとか
金使って汗かいて

200万ぽっちじゃだめだろ

631 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 22:11:32.28
>>629
文芸社の場合、売れても売り上げ金を出版社に取られる契約になっている。

まともな自費出版の会社だったら、1000円の本が1万冊売れたら
著者に1000万円キャッシュバック。
書店委託手数料を引いても600〜700万円はキャッシュバックされる。

ところが文芸社の場合、1万冊売れたとしても
印税6%〜10%、つまり60万円〜100万円しか戻ってこない。

うっかりあやしい宝くじ売り場で宝くじを買ってしまうと、
万が一当選してもあとで当選金を巻き上げられるという話でした。

632 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 22:21:22.91
ちなみに文芸社は出版点数だけなら講談社に並ぶ 
にもかかわらずヒット作品は「リア鬼」「血液型」ぐらい ほんのわずかしかない
つまり宝くじの中でもすさまじく当選確率の低い宝くじなわけだ
一方でべらぼうに高い金額の宝くじでもある

同じ宝くじなら商業出版の新人賞に応募したほうがいいと思うね、俺は。
何しろ宝くじの購入はタダで、当選したら賞金数百万円+無料出版だからな。

633 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 22:29:22.88
こいつらは

受賞者はコネばかりに違いない、とか
編集者は無能で才能を見つけられない
とか思ってんだって


634 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 22:36:02.95
そう、タダで配るにしても、協力出版だと定価の70%とかで買って配ることになる。
だったら、1000冊100万の自費出版で出して配りたいだけ配るほうがいいし、
差額の150万を汗をかくための費用に回したほうがいい。

635 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 22:55:22.25
>>629
限りなく低いにせよ可能性がゼロじゃないってことでいいんなら
元手ゼロの賞狙いにすりゃあばいい話じゃないか

636 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 23:05:10.41
てか文芸社でいまだに250万で契約するやついんの?
月末までねばれば半額位になるよw

半額でもやんねえけどw

637 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/01(金) 23:10:38.41
おいらも話持ちかけられて一週間目に半額にされた
かえって胡散臭くてやめたw

638 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 00:21:54.70
今が過渡期だと思う。
じきに出版社と書店がいらなくなりそう。
写真だって簡単に撮れるようになったし、編集も自分でできるしさ。
古典の現代語訳とか、有名作家より面白く訳せる人が出て来て
価格が安かったら買いたい。


639 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 01:43:40.48
>>638
ここ文芸社スレだからさ。
出版社に潰れてほしい願望垂れ流すのはいいけど
たまには文芸社の話もしてね。

640 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 02:19:37.75
素朴な疑問だけど、自費出版の場合出来上がった本は誰のものなの?

641 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 02:49:16.28
>>640
普通に著者


642 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 08:39:05.84
ユル子が自作を公開↓

ttp://blog.livedoor.jp/ajishirabe/

643 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 08:51:18.92
ここは晒しスレじゃないんで。
個人ヲチも大概に。

644 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 08:53:22.02
宣伝?w

645 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 09:40:40.46
つかこうへいって懐かしいな
昭和って気がする
まだ生きてたんだ

646 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 11:18:49.63
去年亡くなったよ

647 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 11:35:24.85
じゃ劇団だけ残ってるのか
そうだよな、生きてたら自費出版じゃなくてちゃんとした出版社紹介してもらえるよな
(紹介してもらえるほど才能なかったとしても、上層部に出版関係とつながりがあれば誰かが止めるよな)

あいかわらず同じ演目を俳優変えて繰り返しやってるのかな



648 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 12:05:37.81
半額にする時はちゃんと理由がある
ハードカバーをソフトカバーにする・装丁の質を落とすなどコストダウン
もちろんほかにもいろいろある
そのあたり抜きで情報流して胡散臭いと言うのはずるい


649 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 12:15:26.01
だめだよそんな反論
ハードカバーをソフトカバーとか、装丁の質とかで
原価や手間が半分になったりしないもの

装丁の質を下げるから、という一般の人が信じそうなこと言って
半額なら出せるかなと思わせる巧みなトークってことでしょ

本の紙質が金額に占める割合は低いのだから思いっきり紙質下げないと
半額まで行かないって
ジャンプくらいの紙質まで下げたら、半額くらいになるかも

650 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 12:42:24.98
ユル子さんの小説から主人公のセリフ抜粋。

「ハハハ!そうさっ!この俺が打ち砕いてやる。
この世の欺瞞という欺瞞をな……。神秘を語り、
神秘を期待する馬鹿どもの妄想をっ!ハーッハッハ……!!」

…………もうこの時点で読むのやめたorz
中学生がノートに書きなぐって「最高傑作!」と悦に入って
10年後ぐらいに押入れから引っ張り出して読んで
「俺こんなの書いてたんだ、ハズカシー!」と
ジタバタするレベルじゃねえか……

誰か……誰か出版を止めてやる奴はいなかったのか……

651 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 13:27:47.87
放置してたら条件抜きで
「明日の何時までに振り込むなら!」とガクッとタンピングしてきたってのはある
逆に聞くがこれのどこが胡散臭くないんだ?

652 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 13:43:16.20
>>650
もうほってといてやれよ
主人公様にはユル子様が憑依してんだからキャラが恥ずかしいのは仕方ないんだよ
文章力についてはブログ読んでりゃわかることだろ……w

653 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 14:19:25.72
>>650
そういう批評のしかたするんだったら、宝塚とか演劇、マンガ・アニメの
セリフとかそういうのがあふれてるような気がするんけど・・・
自分はそういうの嫌いなんで近づかないけど、抵抗なく受け入れる読者はいるでしょ?

654 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 14:26:09.21
>>653
そういう発言をすると「演劇や漫画は裏打ちがあった上で狂言回しが云々」とか
「それだったら文法的な間違いを指摘するとだな」とか
ユル子さんの文才のなさを徹底的に暴く人が出てくるから止めとこうぜ。

655 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 15:11:00.87
小説・詩集じゃなくて写真集なんかで協力出版ビジネスに引っかかる人もいるの?

656 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 15:44:08.92
ライトノベル作法研究所とかそういう場所では
ちゃんと「中二病のどこがまずいか」ってことが
熱心に議論されてる。
こういうところでちゃんと自分の作品を客観的に見た人は
ハズカシー作品を世に出さずに済むんだけど……
ユル子様はやっちゃったんだよなァ。
ttp://www.raitonoveru.jp/howto/h2/421a.html

657 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 17:05:10.77
>>655
いるよ。いくらでも。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4286090264/
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4286045889/
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835548922/
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4835516354/

658 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 18:01:57.50
>>657
ありがと。 何かマニアックなやつばっかですが、こういうの出す人も
売れると思って出すんですかね?
それとも、写真焼き増すより安いというような考えから?

659 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/02(土) 19:37:00.04
2011年7月1日発行
最初のカスタマーレビューが7月10日の1件のみ星5って
失笑すなぁ

660 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/03(日) 20:30:39.42
文芸社で本だしても恥かくだけ

661 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/04(月) 02:09:56.77
記念に作って友人や親戚に配るだけでしょ。
良い大人がやってる金のかかるマスターベーションですよ。


662 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/04(月) 03:36:59.29
>>428
アサッテの人の例って何?
あの人は群像賞取って自費出版の必要ないんじゃ?

663 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/04(月) 08:38:42.32
友達や親戚がへったくそな小説書いて
それをただだからって押し付けられて、読んでくれ感想待ってるとかやられたら
それはそれで大迷惑だがな

664 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 12:49:57.56
文芸社商法に引っかかった人がまた一人・・・
http://ameblo.jp/neverending-summer/entry-10933896638.html
おとなしくスクーター買っときゃよかったのに。

665 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 13:08:27.08
失笑w

666 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/07(木) 20:47:45.37
ここにも一人。
http://ameblo.jp/syakaika-dog/entry-10940921145.html
動物に関する社会問題には詳しそうなのに
出版商法という社会問題にはうといんだな。

667 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 09:12:45.66
>>664 の人って何してる人なんだろ?
詩集出したことは分かったんだけど、ブログ見ただけではよう分からんな
まだ間に合うかもしれんから、誰かこのスレ教えてやったら?

668 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 13:48:06.49
その人コメント欄閉じてるからムリ。
アメブロ会員の人ならメッセージ送れると思うけど。

こっちの人はコメント欄閉じてないから誰か忠告してやったら。
http://ameblo.jp/musicaclub/entry-10909688203.html

669 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 19:41:46.98
ちょっと吐き出させてくれ
もう数年前だが、俺は自費出版とかじゃないんだけど、
印刷屋に頼んで製本はしてもらった
100冊で20万ぐらいかかった
小説の同人誌活動みたいものになるのだろう

出版じゃないので、流通に乗らない本を置いてくれる本屋に
納品させて貰ったりした
30冊ぐらいさばいた頃、ふと
「うわ、俺めっちゃ恥ずかしいことしてるなぁ」と改めて気づいて、
そっからもう本屋に持っていくこともやめて、残りの分は引越しの時、
まとめて捨てた

自費出版みたいにアホのように大金かけたわけじゃないから、
金をかけたことに対する後悔はそれほどない
ただ、よくよく考えたら、自分の書いた余りにも荒削りで下手な小説が
今まさにこの瞬間も、そして自分が死んだ後も、どこかで形として
残り続けているのかも知れないという恥ずかしさがここ最近になって、
改めてどっと溢れてきた

毎日のようにそのことを思い出して「うわあああもう無かったことにしてくれええ」
ってウジウジ悩んでる
色んなことで悩んできたけど、これは本当にきつい

形にすることは確かに当時は嬉しいんだけど、後で冷静になってからは
本当に取り返しのつかない黒歴史になる

670 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 19:44:49.59
だけど俺、お前みたいな恥ずかしいやつ嫌いじゃないぜ

671 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 19:56:19.32
>>668
これから出す奴ならともかく
既に出版したやつにケチ付けに行っても仕方あるまい

672 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 21:08:40.91
668の人は、ピアノ教室やってるんだから店頭に並ぶような本を出すことには意味があるんじゃ?
どういう本なのか分からんけど、生徒とか生徒の家族が買うかもしれんし
「あの先生、本を出してる」というのも一つの広告になるかもしれん

まあ、もっと安く同じ効果をえられたはず、っていうのはあるだろうけど

673 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 21:13:43.54
>>672
本人のピアノ教室で使うテキストじゃないぜ。
娘さんの本だ。しかもピアノ教室と一切関係ない腐女子本だ。
下のURLみたいなパターンだな。
ttp://d.hatena.ne.jp/kanose/20070116/fantasynovel

674 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 21:35:07.54
>>671
出版した後でも解約返金は可能なんだよ。
ま、出版しちゃうまで目が覚めなかった人が
ちょっと忠告されたぐらいで目が覚めるとも思えないけどさ。

675 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/08(金) 22:17:13.03
解約返金なんて契約の穴に気付いた&戦う気概と根気があるやつの特権だろ。
そこまで親切なことしてやる義理はない。
出そうか出すまいか迷ってる連中にとりあえずここを教えるのはまあありだと思うけどね。

676 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/09(土) 23:56:58.60
ここにもまた一人文芸社商法の犠牲者が。しかも未成年。
http://ameblo.jp/yuu070715/entry-10947538061.html

コメント欄から察するに忠告されたっぽいな。
未成年だから判断力ないのは仕方がない。問題は親だな。

677 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 00:02:58.98
出そうか出すまいか迷って
このスレに来た人のために過去記事より抽出。

★出版商法に気を付けよう★
文芸社は自費出版やってないよ。自費出版まがい商法だよ。
普通の自費出版は消費者契約なんだけど
自費出版まがい商法は自費出版に見せかけて
消費者保護が働きにくい事業者契約を結ばされちゃうよ。
文芸社商法トラブルに巻き込まれた人は下記の電話番号へ相談どうぞ。
幻冬舎ルネサンスや日本文学館でトラブルに巻き込まれた方もどうぞ。
ttp://nakusukai.exblog.jp/
お近くの消費者センターも相談無料ですよ。

678 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 02:22:18.60
ど〜〜しても書籍化したい人へ、まともな自費出版の見分け方。
著書が「自分のもの」となることが明記されている。(最初に確かめましょう)
著者の取り分がはした金の印税でなく定額の半額以上のバックになっていること。
明細を請求した際「編集費」という実のない費用が30万以上設定されていないこと。
売れもしない素人本の初版が1,000冊以上という非常識な設定になっていないこと。

679 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 03:01:29.71
それでも自費出版系の「大手」から出したほうが宣伝もあるし売れると思っている人へ。
委託配本で送りつけた本のいくつかが短期間書店に置かれたところで
まず「素人の小説本は売れません」。
むしろアマゾンが参考になる。
文芸、幻ルネといった有名どころと
牧歌舎、日本図書出版、パレード等々、メジャーとは言えない会社の出版物を
「歴代の文芸作品」のくくりで「売れている順」でランキング検索かけてみ。
どこもさして違いはないのがわかるよ。

680 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 09:29:41.90
>>679
×日本図書出版
〇東京図書出版会

681 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 11:22:28.14
>>676
典型的なカモだな
未成年が狙われるわけだ……
親御さんがここ見てくれればいいんだが
誘導のしようがないしな

682 :検索ちゃん:2011/07/10(日) 13:51:33.30
>>676
「親にきちんと断って、会社とも契約し小説を書いています。」って書いてるから
すでに契約したってことだろうな
親ごと丸めこまれちゃってるわけだから現時点で気付かせるのはむつかしいような

683 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 14:25:21.85
親も契約内容見た上で、「その道のプロの人が認めてくれたんだから」と
耳に心地いい言葉だけ信じ込んじゃったんだろうなあ。
「お子さんの才能を開花させるなら今です!あとは親御さん次第です!あの山田センセイもうんたらかんたら」とかなんとか。

同じように、「何もかもに納得して結んだ契約から詐欺ではない」「才能があるのは誰よりも私が知っていることだから余計なお世話」
と啖呵切った挙句現実を知って激怒中のユル子タンに
このご家族へのお説教をお任せしたい気分でいっぱいだ

684 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/10(日) 22:45:39.98
おもいっきしフォトショで修正した写真を表紙に載せとけば
意外と売れんじゃね、とか思っちゃう俺が居る

685 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/11(月) 21:32:47.35
この会社にかかわると不幸になります

686 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/12(火) 22:16:48.76
素人(31歳男性)が写真集を文芸社から出版
全ページフルカラーのプリクラ写真らしい
http://ameblo.jp/hijiri-sougo/entry-10950806728.html

「値段は1200円と
高く感じるかもしれないが
全ページカラーと
毎日、俺と一緒にいられるという
感覚を得られることを考えれば
安いもんであろう」

……この人自身は過去に一度でも
素人男性の写真集を購入したことがあるのだろうかorz

687 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 00:23:49.43
>>686

うわあ……。
こんな人からカネ取って本出させたらいけないでしょう……。
いじるならまだしも、これはマズイ。


688 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 01:34:33.47
いや、むしろこういう人からカネ絞りとっても誰も問題にはしないでしょう?

689 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 03:27:45.94
フォトショで修正した写真が自分のことなら
>>684も近い匂いがするw

690 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 05:20:54.56
その上の16歳の子の話だよ
16歳の女なら加工した写真でものせておけば売れるんじゃね
って話
純文学とか内容じゃなくて個人のパーソナリティで売ってるんじゃね
っていう子が居るじゃん

691 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 08:03:55.48
今までに中身がブンガクで
表紙の作者の美しさで売れちゃった自費本ってあるんかよw

己の写真で売ろうとするあたり
気味悪い&勘違い&中身スカスカの証拠にしかならんだろ


692 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 10:04:52.28
16歳の激カワアイドルが表紙の本なら
中身スカスカでもまあギリギリ買うかもなあ
だけど16歳のアマチュア女子が表紙の本なんて
フォトショでいくら加工してあっても買わないなあ
フォトショの加工技術書見てる方がまだマシ


693 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 12:51:23.13
いくら激カワアイドル表紙でもよほどのファンでないとその一枚のために本なんか買わないだろ
アイドル表紙の雑誌も本も世間にあり溢れてるじゃねーか

694 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 18:19:00.27
べつにさ写真欲しさのために買うやつが居るとは言ってないよ
写真でも載せておけば、興味引くやついるんじゃね的なさ

写真欲しさに売るわけじゃないから
むしろあまりかわいくしすぎないで、清楚な文学少女風にしておけば
目に止める人も居るかも、手にとる人も少し増えるかも
ひいてそのまま出すよりきっと良い結果だと思うけどな
くらいの話さ

わかれよ

695 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 20:01:27.80
たしかにスポーツ新聞・週刊誌とか、ほとんど記事内容を反映してないような
センセーショナルなタイトルを表紙にのっけてるもんな

まあ、エッセイはともかく小説に著者近映(水着写真)とかのっけたら出版史上画期的かもw

696 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 21:59:34.42
プリクラに写る自分自身を「王子」とのたまい
自分の写真ばかりを並べた本を世に出してしまう31歳男性。
ニヒルなイケメン占い師に自分を投影させたあげく
イケメン占い師の小説まで出版してしまうユル子さん。
どちらも同じ社会病理を感じるよ……。

カメラマンの荷物持ちから初めてせっせと写真撮影の技能を磨けば
たくさんの人を喜ばす写真が撮れるようになったかもしれないのに。
そういう努力から逃げて自分だけの心地いい王子様写真を撮り続ける。
趣味だったら別にいいが、それを出版までしてしまったのは
メディアが勝手に「プリクラ界のカリスマ」として
取り上げてくれることに期待したんだろうな。

697 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/13(水) 22:21:39.55
文芸社のであったぞ
詩集の表紙が著者のポートレイトって勘違い本
確か若い女の子でそうブスでもなかったが
一言でいって
「痛い」

ありゃ鉄板のはずの親戚友人にも避けられたろうw
プリクラ王子ぐらい突き抜けるともう見せ物的な面白さもあるが
中途半端に真面目なんでなんともかんとも

もちろんまったく売れてなかったw

698 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 03:33:34.59
>>697
あったあった
「すっぴん」なw

699 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/14(木) 04:32:55.66
恩師の著書を義理で買ったよ。
そしたら、スピンっていうのか、しおりヒモがついてなかった。
少し安くなるからそうしたんだろうが、そんなところでケチケチ
すんなよ、って思った。
退職金の中からかなりつぎ込んだんだろうな、って心配になる。


700 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/15(金) 21:19:43.30
>>699
ケツの毛までむしられてますよきっと。

701 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 13:36:38.70
ネコがカーペットにできるほどある文芸社本の在庫
http://ameblo.jp/chara-maru/entry-10954649933.html

悲惨だ……おそらく著者取り分だけでこんなにあるんだろうな
アマチュアに数百冊も刷らせる業者にろくなところはないっていう
当たり前の事実がなぜ広がらないんだろう

702 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/16(土) 19:33:51.45
最初におのれの取り分はわかってるはずだし
ただでもらえて親戚友人に配れる分は
著作の所有権が出版社側にある「似非」自費出版としてはありがたいかもだが……
(在庫からもっとくれ"ならば買え"で契約の穴に気づいて訴訟沙汰になるノンビリさんも多いからね)

703 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/17(日) 09:28:06.37
>>702
「似非自費出版としてはありがたいかもだが」
裸の王様に「存在しない服」を売りつけた詐欺師が
パンツだけはサービスしてくれたので
せめてフルチンにはならずに済んだというアレか

704 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/20(水) 01:20:09.92
文芸社で出版した人の末路
大量の売れ残りを家に引き取るの図
http://ameblo.jp/playing-everything/entry-10958959559.html
1000部刷って400〜500冊勝手に捨てられて
契約終了とともに500冊弱帰ってきたってところかね。
契約前は図書カードプレゼントだのあの手この手しておきながら
契約後は在庫押し付けるにあたって配送料着払いってところが素敵すぎる。

705 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/20(水) 19:11:40.17
ここにも犠牲者が。
まだ出版時期未定らしいし、誰か忠告してあげたらいいんでないの。
http://domuz.blog137.fc2.com/

706 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/21(木) 02:41:34.54
>>676の子、理由は不明だがバイトをすることになったっぽい。
http://ameblo.jp/yuu070715/entry-10959440903.html
「そんなこんなでアルバイト探しのため、
部活は休み、親とも相談しまくりで・・・
バイトとか、羨ましいけどしたくなかったのに・・・
面倒な事になったなぁ〜」

ウヘァ
こういう感覚の子に接客されたくないなあ
しかし当初はバイトもせずに
数百万円の出版を親のすねかじりだけでするつもりだったのか
親のすねかじりの分際で「本気で作家目指してますぅ〜!」だったのか
ずいぶんといいご身分でござんすな
バイトを通して金のありがたみをよく学べばいいと思うよ

707 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/22(金) 22:56:33.17
>>705
どなたか親切な方が忠告したのに
この様子だと目が覚めてないっぽい。
http://domuz.blog137.fc2.com/blog-entry-75.html

708 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/24(日) 22:52:09.89
元文芸社社員クンちゃんのコメント。
やっぱり著者に無断で本を捨ててるだろうってさ。
ttp://blog.goo.ne.jp/92freeedition44/e/a6a7435dc0f7fc8d749dc42d2f53648d#comment-list
「断裁処分してるでしょうね!クンちゃんの在勤時の感触ですが、
契約期間内にも切っている(断裁している)と思います。
クンちゃんのところにはさまざまなクレーム案件が
たどり着いていたのですが、
600、700売れたように見えるものも来ます。
「おお、これは、結構売れてんじゃないか」などと
感想を述べることがありましたが、
そんなとき契約担当者は、「いや、これはゴニョゴニョで…」
などと言葉を濁すのが常でした」


文芸社商法を踏襲している幻冬ルネサンスもやってないはずがない。
ユル子さんの「560冊売れました」は夢物語であることがハッキリしたな。

709 :名無し物書き@推敲中?:2011/07/29(金) 17:16:46.63
文芸社だけはやめとけ。

710 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/01(月) 23:13:33.72
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=yuu070715

この子、2ちゃんに晒されてること知らないのか?
おれコメントできないから誰か教えたげて


711 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/01(月) 23:37:13.44
こないだここの編集から電話きたんだけど、
社内に「小説すばる」新人賞受賞者がいるそうな。
実名まで言ってたからまじ話だと思う。
で、そいつを引き合いに出して、
「だから作家で食ってくのって大変なんですよー笑」
みたいな文脈に持ってかれてイラっとしたなー、アレは。
食ってくのも大変だったら、売れる見込みのない出版社から
実費で本出すなんて、もっと選択しねーだろと思ったよ。
名刺送ってきたけど捨てたわ。
独白すまそ。

712 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/02(火) 12:59:05.30
イライラする会社だなー

713 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/02(火) 13:13:10.53
昨日、というか今日の0時過ぎに原稿送ったら午前中に電話がかかった。
本を出したい動機を聞かれた。
いろんな人に読んでもらいたいのか、儲けたいのか。
儲けたいって答えたので後ほど送られてくる書評は散々な予感。

714 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/02(火) 13:19:35.53
>>713
ベストセラー作家の山田裕介も自費出版からのスタートなんですよ
とかなんとか勧誘が来る予感

715 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/02(火) 13:21:48.95
>>714も応募したことあるの?
企画出版(ここの場合は無料出版?)にならなかったのならその程度のレベルしかないと思うわ。

716 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/02(火) 18:06:29.84
ワナビとしては、当初企画出版にしてもらえなかったレベルの氷の華とか八雲シリーズのヒットが希望の星だろな

717 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/02(火) 23:15:41.36
私もこの出版社から 速達で封書がきて、
有料で出さないかって 連絡もらったよ。
これから勧誘が始まるんだろうね。
でも、批評は詳しく評価されてて好感がもてたよ。

718 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/02(火) 23:18:55.56
このスレの>>82あたりを再コピペしておこう。

197 :無名草子さん :2009/09/03(木) 23:31:41
共同出版の講評書きの裏側を書いたブログが消されてたので
保存の意味もこめてキャッシュをコピペ。

「 『トゥルー・ストーリーズ』を読んでいたら、自分の日銭稼ぎの、
そのなかでも一番悪夢のような仕事を思い出してしまった。
 某自費出版社の小説コンクールで没になったものに、選評を書くのだ。
人称や視点が混乱している、人物設定が陳腐、
時系列が錯綜していて意味不明……という本当のことを書いてはいけない。
 出版社の要望は、「いいところを見つけて、褒める」「決してけなさない」。
つまるところ、どんな作品でもおだてて、コンクールには落選しましたが、
出版するだけの価値はある、我が社でいかがでしょう?と、
自費出版に上手くおびき寄せるための作戦。
いや、罠、といっていいだろう。私もその片棒を担ぐのである。
ギャラは、選評1本につき、1000円。 
400枚の原稿も10枚の原稿も、一律1000円である。
やり始めて、深い後悔にさいなまされた。
褒めようと思っても、褒めるべき部分がどの作品にもほとんどない。
という以前に、おもしろいとかおもしろくないという次元の前に、
日本語が成立していない作品も多かった」

719 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/02(火) 23:21:32.42
84 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/17(月) 13:06:54
上の記事はかなり昔の話
自費出版トラブルが社会問題化してきた最近は
ベタ褒めだけでなく批判も混ぜるとか
もっと巧妙化しているらしい

いずれにせよ大変なお仕事ですね
ゴミクズみたいな原稿にも
いちいち感想書くなんて脳みそ腐りそう

720 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/03(水) 01:10:43.32
シロウトをだまくらかす選評書きのバイトしてる人なんて
底辺の底辺の底辺の最底辺の物書きだよな
何が悲しゅうてたった1000円のゼニ欲しさに
シロウトのヨイショ作文を書かなくちゃいけないんだろうな
書くのに1時間以上かかったらコンビニのバイトにも劣る薄給だよ

そんな最底辺の物書きが書いた講評を
ありがたがってる人の姿を見ると泣けるを通り越して笑える
噂じゃ、講評を額縁に入れて飾ってるジジババもいるそうじゃねえの。滑稽だな

721 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/03(水) 03:39:51.76
すげー事実だな
コレ、ブログに書いちゃだめだろうな、本来は…。
著者がみたら泣いちゃうよ。
しかし、読む価値のない本ばかり出版してて
ぐあいがは悪くならんのかね、ここの連中は。

722 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/03(水) 08:24:39.55
トラブルが頻発しているところをみると超グレーゾーンな商売をしているんだろうね。
裁判になったら証拠として使えるのは契約書ぐらいなものなんだね。

723 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/03(水) 09:14:12.56
芸社見積りで250万の原稿が、幻ルネだと300万超だった。
50万あればそれなりの製本ができるページ数。
原価で出せとは言わないけれど、差額はどこに消えたのだろ?

724 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/03(水) 13:15:07.09
発売後1日経って「アマゾンで品切れしてる!どないなっとんじゃ」とキレてる鴨
http://ameblo.jp/tsujiken31/entry-10973908625.html
「今文芸社担当と話したけど・・・売り切れてた事すら知らんし・・・
無名新人作家に対して、所詮こんなもんか?」

悪徳出版社にとって著者は作家じゃなくて単なるカモですから
Amazonだって悪徳出版社のカモが出した本なんてそうそう入荷したくないから
そもそもの入荷量が圧倒的に少ないってこと……気づいてないんだろうなこの人。

725 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/03(水) 14:06:09.49
みんなよくブログを見つけてくるなwww

726 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/03(水) 15:14:51.41
そしてそのブログを見に行く時の
かるいドキドキ感っていうかワクワク感は
なんなんだろうな

727 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/03(水) 16:13:33.96
テレビ番組でよくある
「密着捜査24時!これが悪徳商法の手口だ」とか
そういうのを見るワクワク感に近いな

ブログつけてるカモはテレビ番組と違って
リアルタイムで騙されてるから臨場感パナイっす

728 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/04(木) 18:45:50.59
この人も出してる

http://blogs.yahoo.co.jp/paopaodaisuki1990/folder/1190786.html


729 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/04(木) 18:53:34.63
音がうるさいw

730 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/04(木) 19:29:50.10
15歳の子ブログに
明日、文芸社行く
って書いてるね

金がなくても未成年でも話は進んでいくんだな

731 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/04(木) 22:40:16.08
音楽入れる個人サイトって…

732 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/04(木) 23:23:01.53
>>730
親は何をしてるんだ……

ここにもまたひとり犠牲者が。
http://ameblo.jp/shun-goku/entry-10975735020.html
「とにかく、編集部では評判が高かったですから!自信持って下さい!」ウヘァ……

733 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 05:23:24.09
ブログのコメントずっとゼロだな
友達いないのかな

734 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 10:42:05.72
どうやって見つけるのか教えて
>>726の気持ちがすごくわかる

735 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 11:53:38.91
ちゃんと特別企画出版になるものもあるみたいだね。
元々は自費出版からみたいだけど。
http://blog.goo.ne.jp/haesawatari1128

736 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 13:24:29.41
撒き餌(特別企画書籍)を1冊50万で作ったとする
その撒き餌を見て「私もひょっとしたら……」という客が10人釣れたとする
1人150万で契約したら10人で1500万円のご契約 
一人あたま50万円で安く本を作れば1500万-500万=1000万円の粗利
ボロい商売だな……

737 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 13:41:46.97
>>736
なるほどね。
月に2人撒き餌しても100万円。
仮に月に1人しか釣れなくても150万円の契約だったらペイできると。
刊行ペースを見る限り相当ボロイ商売だな。

738 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 13:51:01.02
シロウトの売れない本を大量生産するだけで新宿にビルが建つ
本 が 売 れ て な い の に ビ ル が 建 つ

この事実を見るだけでいかにボロい商売かよく分かる

739 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 15:51:13.58
出版商法に引っかかっちゃった14歳 
http://www.townnews.co.jp/0604/2011/08/05/113934.html

Amazonなかみ検索で見てみたら
しょっぱな1ページ目から拝啓と敬具の使い方間違ってる
中学生だから仕方がないが問題は出版社と親だ

740 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 16:01:48.72
>>739
これもやっぱり自費なのかな
だとしたら怖いな

741 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 17:39:30.99
こいつも鴨予備軍か
検索して悪事を知っておきながら応募するとか何考えてるんだ

http://musukavipper.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

742 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 21:23:51.90
『筑後保育園園長の学歴コンプレックス』
こんなにいい大学でてるのになんでおれが保育園の園長なんかしてるんだよ畜生
日々悩む園長に迫る資格学校の魔の手! 保育園バスをのっとる悪の組織!

などという頭の悪そうな小説でも出版してもらえるでしょうか

743 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/05(金) 22:20:47.80
お金を積めばいくらでも出版できるだろ

744 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/07(日) 05:15:29.23
この出版社じゃないけど、自費出版を考えてる。
しかし……頭の中はこの繰り返しだ。

どうせ売れないんだろうな
   ↓
高い金払って売れない本なんか作ってもしょうがねえか
   ↓
そんなことに金使うなら美味しい物でも食べて酒飲んだほうがいいよな
   ↓
でも、作品を書いていて、一冊も本が出せないのは悲しいな
   ↓
やっぱり自費出版するか
   ↓
どうせ売れないんだろうな

745 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/07(日) 06:55:54.00
なぜ作品のクオリティを上げて、商業出版の賞に出すことを考えない?
明らかに売れないようなレベルの本を出すってなんだ?

>作品を書いていて、一冊も本が出せないのは悲しいな

金出して出版て出せない事より悲しいだろ

746 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/07(日) 08:52:17.20
辛気臭くなってきたな

747 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/07(日) 09:44:58.67
血液型のやつなんかだと該当する賞がないからじゃない?

でも小説を自費出版するのはホントに意味不明だよなw

748 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/07(日) 09:52:16.27
無料出版してぇぇ

749 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/07(日) 13:35:58.25
商業出版も自費出版も売れれば同じようなもん。
ただ文芸社だけはやめとけ

750 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/07(日) 18:04:25.03
特別企画出版(?)というか、著者になんのリスクもない契約だったらいいんだよね?
持ち込みしたいんだけど不安のほうが大きいな

751 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/07(日) 20:03:13.39
特別企画出版に選ばれるレベルなら他のまともな出版社に持ち込んだほうが条件が良さそう。

752 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 01:12:07.10
ベストセラーになってドラマ化もされた「氷の華」でさえ、小説の賞レースからは落ちて悪評サクサク、
自費出版会社で企画出版にさえしてもらえなかったんだから
あれ以上のモノがかけたと確信したならら挑戦してみてもいいかもね。

753 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 06:52:05.10
逆に特別企画書籍でそこそこ売れた本って何かあるの?

754 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 11:29:27.46
>>750
マトモな編集者がつくか怪しいし
マトモな宣伝営業してもらえるか怪しいし
普通の新人作家と比べて初版部数圧倒的に少ないし
文芸社ってだけで自費出版と勘違いされるし
文芸社ってだけで書店の人に色眼鏡で見られるし
いいことなにひとつないと思うよ

755 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 11:38:17.08
ここの企画本は自費原稿集めるだけの広告塔。それ以外の意味などないし、企画でだしたからといって売れる見込みがあるわけでない。著者を天狗にさせて人生狂わすかもしれない。

756 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 11:56:04.99
今出ている特別企画書籍が本当に出版されているのかも怪しいよな。

757 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 12:02:08.59
山田祐介のデビュー作(何だっけ?)ほど売れた本でも企画出版じゃないなら普通の作品では無理なんじゃないの?

758 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 12:18:53.28
カモに「この程度の作品でも特別企画書籍になるんなら、私だって……」と
夢を見させるために、カスみたいな作品でもテキトーに選んで
特別企画書籍にするという噂を聞いたことがある

「すっぴん」みたいな特別企画書籍を見るとうなずける
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4286053040/

759 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 12:31:29.31
>>758
盛大に噴いたwwwww
最初の星5つのレビューした奴は本人かなwww
選考基準は運ということかw

760 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 19:01:55.75
何かもう色々とひどいな

761 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 20:03:37.03
前にでてた東野圭吾に憧れる中学生作家の本って
東京で手に入る?(立ち読みできる?)

762 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 20:20:31.59
買ってやれよwww

763 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 20:44:24.89
amazonでちょっと立ち読みできる。
あとはここの記事の人らが特攻したっぽくて少し読めるよ。
ttp://plus.2chdays.net/read/newsplus/1312547282.html

764 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 20:52:21.76
丸善の在庫検索では
御茶ノ水店の文芸社コーナーに在庫ありになってる。
紀伊国屋は新宿本店1Fに在庫ありになってる。

765 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/08(月) 21:50:15.72
ケイタイだからAmazonの立ち読みもそのサイトも見れないわ

でも自費出版ていうわりにでかい本屋にあるなら探してみるわ

>>762
中学生の落書きに千円もだせないよw

766 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/09(火) 09:41:20.23
黒歴史になるんだね

767 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/10(水) 03:14:23.04
文芸社は紀伊国屋には棚を買ってるからどんなんでもおいてあるのは当たり前w

768 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/10(水) 07:01:13.07
問題はどういう置き方をしているかだな。

769 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 07:27:43.31
新しいカモまだ〜?

770 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 11:12:53.51
http://blog.livedoor.jp/qqdoc/archives/51747990.html
医者が出版する分には売れなくても権威が示せていいのかも。
でも実名じゃないから、意味ないかな。

771 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 12:12:41.55
重版たった300部www売る気ねえwwww

「実は売れても重版しないんじゃないか」
という疑惑を晴らすための微々たる重版ご苦労様です

772 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 12:39:59.17
重版でも金取るよ。まいどありー、

773 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 12:54:47.92
重版は著者負担なしってどこかで見たような気がするけど?
重版を小出しにすることで売れてる感を演出か。

774 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 13:20:07.37
重版でも金取るってことは、その時点で初版が売れてるから著者にも利益が出てるっこと?

775 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 13:33:05.03
初版が完売しても著者が最初に100万単位のお金払ってるんだから1000部売れても全然赤字

776 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 13:45:18.55
「かねてからのお約束どおり、初版が売り切れた場合は
無償での重版を“検討”させていただきますが
編集部での検討の結果、販売見込みは立たないという判断になり
無償での重版は見送らせていただくことになりました
しかし著者の方がどうしても重版にしたいとおっしゃる場合は
有償にて重版を承ります」ぐらい言いそうだな、この会社。

777 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 15:16:33.11
誰か契約書うp

778 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 16:06:17.42
>>775
そんな感じなの?w
よほどの奇跡が起こらない限り赤字って、知った上でみんな契約してるんだよな

779 :775:2011/08/11(木) 16:14:17.38
>>778
ざっくり計算してみたらわかるよ。
最初に100万円払う。
定価1,000円で1,000部発行。
印税を10%とする。
1,000円×1,000部×10%=10万円

実際は100万円以上を文芸社に払う契約になるだろうし、印税も初版だと10%もないだろうからさらに厳しい。
売上還元タイプってのがあるみたいだが、どうなんだろうね。

780 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 17:26:56.75
求! 援軍
ttp://blog.goo.ne.jp/92freeedition44/e/1853fba7ef4615f8b09e6fb47e36d9c9

781 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 17:48:20.22
香ばしいことになってきてるなwww

782 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 18:03:24.64
とりあえず消される前にWEB魚拓とっておこうぜ
俺はめんどいからやらないけど。

783 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/11(木) 22:27:01.10
>>779
どんなタイプの本でも文芸社なら最低200万は取るからな
儲けなんて本気で考えてる奴はいないだろう
印税って6か7パーだよね?

784 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/12(金) 08:57:40.44
ここで晒されてる人は儲けたいというより本を出したいという気持ちが強い人ばっかりだな。
だから外野が詐欺だのぼったくりだの言うのは野暮なんだろうね。

儲けるつもりで出版した人が訴えているんだろうな。

785 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/12(金) 10:35:46.56
ユル子さんは「儲けるつもりなんかなかったけど
契約した後で契約のヒドさに気付いた」ようだぜ。

786 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/12(金) 10:49:35.06
本を出したくて出版社に作品を応募した人は
「褒めてくれたしバックアップするとも言ってくれたんだから
それなりに誠実に書籍普及に努めてくれるだろう」と期待したんだろう

それが現実は「捨てられても文句言えない契約」じゃあなあ
目が覚めなければ幸せでいられるが
目が覚めたら文句垂れるのも当然というもの

787 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/13(土) 12:44:35.74
本出したあと編集と食事行ったり、どっかの出版社のパーティーに呼ばれたりするのかな?


788 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/13(土) 15:38:36.19
そんなもんあるかよwww

789 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/14(日) 22:47:32.35
文芸社の契約内容をUPしてるカモの図。
ツッコミどころだらけで笑える。
http://ameblo.jp/junnama3135tp/entry-10985418639.html

○著作権使用料:初版2% 2刷6% 3刷8%
初版たった2%かよwwwww

○増刷:費用負担なし
増刷に金かからないというのは本当らしい。
増刷するかどうかは出版社の胸先三寸だがwww

○テレビドラマ:選定対象
テレビドラマ化“決定”じゃなく“選定対象”ってとこがミソだな。
たった4文字で夢を見させて金を取る。悪徳商法の常套手段。

○宣伝:あり・文芸社オンライン、文芸社モバイル
○販売促進:あり・全国1000書店にDM送付
誰が見るんだよこんなもん。
カモを騙すための無意味なDM送信ご苦労様です。

790 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/15(月) 01:47:07.77
それでも契約してしまう……

それは何故か?




ワクワクは裏切らないからだ(キリッ!

791 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/15(月) 11:48:51.20
懐かしいなワクテカ君。
さんざん忠告されながら文芸社から出版して大コケした彼は
今も終わらない学芸会の真っ最中だ。
ttp://ameblo.jp/beblue0407/

792 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/16(火) 08:36:23.43
ワクテカ君にしろ他の人にしろ、心から喜んでいるようだな。
痛いと言えば痛いが楽しそうなところはうらやましい気もする。

793 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/16(火) 09:04:28.99
だって、喜んでないところを人に見せちゃったら
(いっぱい忠告があったのもかかわらず)だまされた人になっちゃうんだぜ
数百万だぜ

正しい選択をした、とってもうれしい人で居たいだろ


794 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/16(火) 09:14:00.46
その発想はなかったwww
結局は泣き寝入りか訴えるか本当に気が付いていないかのどれかか。

795 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/17(水) 22:38:10.39
応募してみたいと思ってるんですけど大丈夫ですか?

796 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/18(木) 00:58:04.62
>>795
なんでこんなところに応募したいんですか?


797 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/18(木) 07:15:19.07
マゾなんだろ

798 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/18(木) 10:58:40.07
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=shun-goku

担当の編集者がお気に入りだというイラストレータに依頼をして

また甘い言葉が…

10人に本をプレゼントって書いてたけど応募した人いる?
ていうかコメント0なんだけど読者いるのか?

799 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/18(木) 17:52:13.84
そこコメント受け付けしてなくね?

800 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/18(木) 19:40:08.92
ホントだ
じゃあ身内からの評判だけで出版に踏み切ったのか??
ブログにコメント受け付けないってかなり不利な感じするけど

801 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/18(木) 19:44:05.64
コメントとか関係なくね?
駄目なものは駄目だろ。

802 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/19(金) 01:34:01.12
他人からコメントあろうがなかろうが勘違いする奴はするからなあ。
ユル子たんだってたかだか数千プレビューの分際で
自分の本が500冊も600冊も売れたと思い込んでるんだぜ。

803 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/19(金) 21:07:24.64
ここに作品出したら、すぐ電話がかかってきて
書き慣れてるって言われた。
有料出版なら出せますって言われたけど、
有料出版にならない人っているのかな。

804 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/19(金) 21:25:33.77
いつ出していつ電話がなって有料出版なら出せるって言われたの?

805 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/20(土) 01:35:45.54
宮沢賢治や石川啄木も生前は無視され続けてなかった?

806 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/20(土) 01:48:50.37
宮沢賢治は生前は無視され続けたので自費出版だった。
死後にその価値を認められて今に至る。
もし宮沢賢治が自費出版じゃなく共同出版商法に引っかかってたら
最初の1冊を出した時点で財力が尽きて次の本が出せず
死後に有名になることはなかっただろうね。

807 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/20(土) 08:47:10.37
宮沢賢治と比較されるほど有名になったのかwww

808 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/20(土) 23:42:10.05
珍しい?職業の人が共同出版商法にひっかかりそうな予感。
http://ameblo.jp/ringolovers/entry-10991737431.html
おまたの稼ぎ何人分をふんだくられるんだろうな。

809 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/21(日) 07:20:34.48
コメ欄あるから教えてやるか?

810 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/21(日) 08:47:49.09
http://ameblo.jp/shun-goku/
ページは少ないのにハードカバーにしちゃってるwww
ケツの毛までむしり取られるとはまさにこのことか

811 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/21(日) 12:47:27.28
身内に読んでもらえればいいのかと思いきや、最新の記事で見方変わったわ

7/30の記事からメールして誰か無料で本もらって内容紹介してよ

812 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/21(日) 14:32:29.35
34にもなって世間知らずやなあ。

813 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/21(日) 14:59:03.09
>>811
ブログの書籍化だからここで読めるっぺよ。多少加筆修正あるらしいが。
http://shunchi.fc2web.com/shun_nikkiselection.htm

『更に更に一文追加して「本気でやれば夢が叶う」なんて言ってみたいよね!』
本気でやるんなら出版社ぐらい選べよ。安易に金積んで済ますなよ。
新人賞に何度も何度も応募する努力なり
ブログランキング上位取る努力なりしてから出版しろよ。
出版社選びすらろくにやってない人間が努力を語るなっつーの。

814 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/23(火) 08:21:03.27
次の鴨マダー?

815 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/23(火) 15:26:36.79
「LACHIC(旭屋書店サマ)こちらにも
置いて頂けることになりました!!ヾ(≧∇≦*)〃
それもなんと!!20冊!!!」
旭屋書店在庫検索で調べたら、ただいま在庫22冊。誰も買ってねえ。
http://ameblo.jp/180814-63/entry-10986794911.html

こういうのは小説と違って編集ラクチンだろうなあ
シロウトの描いた絵をおだてて契約させて
印刷所に持ってくだけで数十万の利益……。なんてボロい商売なんだ。

816 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/23(火) 16:07:12.31
第二弾てことは第一弾がある程度売れたんじゃない?

817 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/23(火) 16:30:47.16
出版社に捨てられたことも知らず
「在庫100冊ってことは
私の本900冊売れたのね!」と勘違いして第二弾出したとか?

818 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/23(火) 21:14:51.35
FC2でブログを更新したら更新完了画面に文芸社のデカい広告が出たwww

あなたの作品を出版しませんか?毎月4冊以上!無料で出版できるチャンス!

これは知らない奴はひっかかるなwww

819 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/24(水) 20:42:05.80
ブックオフの100円コーナーで文芸社の本を何冊か見かけたんだけど、詩集はまだしも小説でも「あとがき」書いてるやつが多いな
しかもその殆どに「文芸社様に心から感謝しております…」みたいな文が入ってて笑ってしまった


820 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/24(水) 21:48:47.47
>>819
ワロタww 完全に宗教だなソレ。
自分のことを認めてくれた人間は神様仏様なんだな。

821 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/24(水) 21:52:55.38
小説にあとがきはおかしいなwww
ブックオフに持ち込んだのは著者から無理やり買わされたか貰わされた人かなwww

822 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/24(水) 23:51:40.50
http://ameblo.jp/shun-goku/
ミンティアwwww

823 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 00:03:21.85
あちこち検索したら…

そのうち、このスレの存在も知ることになるのかな

824 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 01:55:56.29
こういう人間は、自分につごうの悪い情報を
シャットアウトする脳内フィルターの持ち主だろうから
なかなか気づかないと思うよ。

825 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 06:52:38.81
むしろ少しでも多くの人に見てもらうことで一冊でも売れるかも知れないと変換フィルターが作動するんじゃね?

826 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 09:35:20.16
作品講評全文晒し上げ
http://musukavipper.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

講評というよりあらすじ書いてるだけじゃないの?
あらすじ知らないけど。

827 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 12:56:11.56
文芸社の人、一応読んでるんだな
それすらしてないと思ってた

828 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 13:04:16.82
文芸社の人は読んでないかもよ。
1冊の作品講評を1,000円で書かせてるってどこかに書いてたような。

829 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 14:53:15.05
あらすじを書かないと本当に読んでるのかって思われるだろうし
出版したいバカはあの講評に騙されるね

一冊1000円ならやってみたいわ

ていうかネットで評判検索したなら確実にこのスレ見てるだろ


830 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 15:11:15.51
>>828

>>82>>83
このスレじゃねぇか

831 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 22:07:41.02
>>822
楽天のページ見たらこの本82ページしかないじゃん。
これでハードカバーで1,155円とか誰が買うんだ。

832 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/26(金) 20:58:48.51
>>831
ウヘァ……82ページの本でハードカバーとか薦められても
カモられてるって気付かないもんなんだ……

出版カルトの洗脳力すげえな

833 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/27(土) 22:25:34.79
「OLプチ小説家☆Rosecandle 書店先行予約開始☆」
http://ameblo.jp/kyrose/entry-10995128936.html
「理想への階段 留学、投資、各種体験レッスン、旅行に読書、
書籍出版、何でもチャレンジ!
すべての夢は叶う それを追い続ける勇気さえあれば」

……何をどこからつっこんでいいのか。典型的自分探し系カモだな。
追い続ける勇気がないからアレコレ手を付けて放置してんじゃないのか。

834 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/30(火) 13:29:30.74
あの子はまだバイト探しの段階か
期待してたんだけどな

835 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/02(金) 11:13:52.11
「これまでの日記を文芸社に送った。もっと邪険にされるかと思ったけど、
すぐ電話がかかってきて、ほめてもらって、丁寧に講評してもらって嬉しかった」
という日記をミクシイで見た。
それに対してのコメントが、
「ほめてもらってよかったですね〜。きっと●●さんの作品が良かったからですよ」
とかいうものばかり。

…金づるなんだから、邪険に対応する訳ないじゃん。
「認めてもらいたい」という鬱屈を抱えてる人って、
「ほめてもらった」というだけで、すごく嬉しくなるんだなあと思った。
結局、その人は金額が高くて出版は断ったようだけど。

836 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/05(月) 18:17:32.88
過疎ってんなぁ

837 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/07(水) 01:11:05.53
Twitterより

「ogawalaw 弁護士小川義龍
「文芸社」とかいう出版社が無礼な件。
要するに自費出版の勧誘なのに、
繰り返し営業電話をかけてきたり、
人の本を添削したいといって
持っていったまま返却しない、
クレームを言うと担当が違うので
持っていった人探して文句言ってくれと抜かす」

この出版社はあいかわらずだな。

838 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/08(木) 19:16:37.80
>>833の人って優遇されてるほう?

839 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/08(木) 20:18:36.30
無償で重版すると言っていたのに
文芸社に重版してもらえなかった人がいるようだ
http://shonanfujin.at.webry.info/201109/article_1.html
『7月に文芸社の在庫が無くなり増刷の話になりました。
販売契約は来年の2月なのでまだ半年以上ありました。
担当者 「それでは見積もりを送ります」
私   「エッ、無料じゃないのですか?」
担当者 「ですから見積もりを見てから・・・」
私    「・・・・」
早い話、「660冊買い取るならすぐ重版できますよ」の感じ』

840 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/08(木) 22:16:54.46
ここまで来ると無茶苦茶やなwww

841 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/08(木) 22:48:52.94
元文芸社社員の告発ブログも消されるっぽい

http://blog.goo.ne.jp/92freeedition44

842 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/08(木) 23:02:31.94
この告発ブログ、意味がわかりにくいんだよ。
文章力ある奴が書いて欲しい。

843 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/09(金) 13:26:28.80
それ俺も思ってたw
長々と書いてあるから読むのがきついんだよ


もしこのスレ見てたら別のとこにまとめてください

844 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/09(金) 15:14:37.47
しかしなあ、金かけて、さらに新人賞が獲れないから自費出版というレッテル貼られて作家生命に傷つけられて。
何一ついい事はないよね。

845 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/09(金) 16:57:23.01
文芸社元社員のブログは確かにわかりにくい。
専門用語に踊らされている文章だし、gooとのやりとりもかみ合っていない。
頭が悪いのか、馬鹿を演出しているのかよくわからん。

846 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/10(土) 22:41:10.85
好きなタレントのブログで偶然発見w
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=asakura-erika&articleId=11013646916&frm_src=article_articleList
コメント欄の『ビートン』さん
自分で自分の本を宣伝してるww


847 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/11(日) 19:45:03.00
>>846
でもちょっと面白そう

848 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/11(日) 21:41:13.17
設定は面白そうだけどね
アマゾンのレビューもおそらく本人だろう

849 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/11(日) 21:46:32.78
この人ツイッターでも頻繁に宣伝してて切ないのなんの

850 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/12(月) 22:17:26.39
http://ameblo.jp/shun-goku/
もうなんか色々とひどい

851 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/12(月) 22:36:53.83
まずブログが面白くないww

852 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/13(火) 00:17:27.91
B型自分の説明書とかは売れたパターンだけど
これはどういう契約なのかな?文芸社専用の棚以外で平積みされる
場合ってどういう流れなんだろ

853 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/13(火) 00:36:48.47
毎年何千冊もゴミ本出してりゃ、時にはまぐれ当たりもあるわけで
まぐれ当たりした本は書店の人に好意的に扱ってもらえる それだけだろ

854 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/13(火) 01:00:31.14
でもあのどこかで拾ってきたような棚で面陳したところで
同じ書店で数冊でも売れる気が全くしないんだよな

855 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/13(火) 08:45:22.49
逆になんであの並べ方で売れないの?

856 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/13(火) 08:49:13.24
並べ方は良くてもそもそも棚が置いてある場所が悪いんじゃないか?

857 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/13(火) 09:24:28.32
それとインディーズ臭。あとそもそも表紙やタイトルのレベルが劣ってる

858 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/14(水) 10:52:48.66
文芸社で出した本の新聞広告が載らなかったの巻
http://ameblo.jp/kyrose/entry-11016662794.html

載ろうが載るまいが売れないから安心すればいいのに。
当人は新聞で自費出版本の広告を見て1回でも本を買ったことはあるのかと。

859 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/14(水) 10:58:29.49
この人が見に行った書店での扱いがまたスゴイ。
http://ameblo.jp/kyrose/entry-11006850738.html
文芸社棚の前に他の出版社の宣伝ボードを置いてる。
「契約で仕方なく置いてるけど
文芸社の本なんかヘボいのばっかりだから
できるだけ売りたくない」という店主の気持ちがよく表れてるな。
そして写真をよくよく見ると「しゅんちの極楽日記」が埋もれてる。

860 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/14(水) 13:45:28.14
左から三冊目かw

右のほうの「ONIN」っていうのが気になるなぁと思って調べてみた
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4286108163/ref=mp_s_a_2?qid=1315975299&sr=8-2

設定はいいけど、たぶん内容が…

861 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/14(水) 16:21:18.25
アマゾンで立ち読みした。
文章はまあライトノベルと思えば読めないこともない。
でも月に左右される特殊能力とか中二病全開。
中二病もちゃんと収拾ついてれば侮蔑の対象にならないんだけど
アマゾンでは途中までしか読めないので収拾ついてるかは不明。

立ち読みレベルでの印象は「ユル子さんよりはマシ」という程度。

862 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/14(水) 16:27:15.90
ちなみに最近立ち読みした文芸社本で文章かなりヤバイのはこれ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4286101819/
著者60代でこの文章は……orz

863 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/15(木) 19:07:52.23
最後に「。」付けてるのはみんな同じ人?
結構熱心に書き込むところを見るとおまいも騙されたのか?

864 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/15(木) 19:09:22.88
しゅんちだろ、察してやれ

865 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/16(金) 02:21:46.26
新しいカモ入荷。
http://butasannoapplepie.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

文芸社の評判をネットで調べたにもかかわらず騙されるとか……。
商業出版を目指して何度でもチャレンジする根性もなければ
よりよい本作りができる自費出版業者を探す根性もないってことか。

866 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/16(金) 13:25:25.99
まあ主婦だから

867 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/16(金) 14:22:11.55
「一ヶ月くらい原稿のことは忘れててください」
って……

868 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/16(金) 21:15:40.51
主婦とはいえ甘えすぎ。

869 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/16(金) 22:32:20.61
主婦ってもっとシビアな金銭感覚の持ち主だと思ってた
自分の趣味に200万円もポンと払えてしまうもんなんだな

これで旦那さんの昼食代が500円未満だったら笑える

870 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/17(土) 08:30:29.54
全員がまともな金銭感覚とは限らないからな。
それかよっぽど旦那さんが稼いでるのかもしれない。

871 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/17(土) 10:52:45.36
マッカセテクダサイ
旦那は稼いでくれています
思い切って一冊だけ本にしたい
一万くらいなら出せます! 無理かなあ〜、一冊でいいの

872 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/17(土) 12:09:05.22
釧路市に住んでる中西良之って名の大阪弁の40ぐらいのオッサンがいるんだけど
自分は小説家で音楽評論もしてるとかですごく態度のでかい奴がいるんだけど
調べてもそんな小説家も音楽評論かもいなかった
こいつ詐欺師なのかな?
ただ自分を大きく見せたいだけ?



873 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/17(土) 12:59:54.94
主婦のはヘソクリだしょ

874 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/17(土) 21:05:51.17
ググると、自費出版の本は売れないっていうのがよく出てくるけど、
知り合いが買ってくれる数を除いたら、かなり厳しい数字になるのかな?



875 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/17(土) 21:10:31.14
書店に配本されても売れるわけじゃないしね
http://fukuchan526.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

876 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/18(日) 12:31:18.53
長いなあ
記事たくさんあるけどみんな違うこと書いてあるの?

877 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/18(日) 17:11:24.81
主婦の人はバカっぽいけど金はあるみたいね。
ブログは読みやすいし、このまま頑張ってほしい。

878 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/18(日) 19:49:05.13
871だけど、私も読んで見たい、その「ブタちゃんのアップルパイ」だけどさ
買え! これはキャンセルよ、主婦の財布の口は結構固いの


879 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/19(月) 08:09:03.26
日本語が不自由な奴が来たwww

880 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/19(月) 11:03:26.78
アイタタタ……。
http://butasannoapplepie.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
「ずぶの素人が、ISBNコードを‘買う’お値段です」
ISBNコードなんてズブの素人でも2〜3万円で手に入るのにな。
文芸社のしょっぱい装丁デザインと無意味な書店流通と手抜き宣伝営業つけて数百万円か。主婦はやることが違うな。
それよりなにより、当人が「出版物の権利を取られている」ことに気付いてないのがイタイ。

881 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/19(月) 20:30:43.76
大手出版社の○×新人賞受賞作(特に純文学の場合)でさえ、
ほとんど売れないって話を聞いたことがある。
しかし、そういう大手の本は全国の図書館が買い取ってくれるから
なんとかなるそうだ。

882 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/22(木) 09:05:01.00
次の生贄マダー

883 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/22(木) 19:37:44.53
もうちょっと待ってて
。の人が探してるから

884 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/23(金) 07:16:50.28
しゅんち、任せたぞwwww

885 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/26(月) 13:28:45.23
高校生の子、ファンタジア大賞ってのに参加するとか書いてるけど、投稿するってことだよね?


886 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 00:58:58.23
どうして>>865さんブログが
悪く言われてるのか
分からない
ここの人たちって
自分の目や足で確かめようとしないで
なんでも悪く言うんですね
人としてどうかと思います

887 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 01:00:17.74
は?何を決め付けてんだよキメぇw
何でも悪く言うんじゃなくて明らかに評判が悪いとこだからだろ

888 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 01:01:57.19
そっちの方がキモイ
別に怒ることじゃないと思う^^
ネットばかりやってる人って
短気な人が多いね
少しは自分の足で動いた方がいいよ

889 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 01:02:35.65
ど〜でもいいが無駄に改行すんな


890 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 01:03:28.88
会社の回し者か?w
投稿者本人か?いずれにせよろくなんじゃないな

891 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 01:13:11.68
まわし者なんかじゃないよ
感じ悪いね
だからつまらない人って嫌い
暗い惨めな人生を送ってそうだよね
だからこういういい会社を叩くんだ
ちゃんと選考して選ばれるんだからね
それもプロの審査員だよ
ここだけは動かない事実

892 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 01:14:22.89



くれぐれも生やさしくヲチしてあげてください






893 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 01:44:05.50
例えばこの本
内容が凄く良くて感激してしまった
普段は本はあまり読まない僕なんですが
言っとくけどこれは僕本人ではありませんから

小説「空に誓ったウエディング」
著者 稲垣雅志さん
http://myinaina.cocolog-nifty.com/myinaina/


894 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 02:01:07.36
ちゃんと選考はしていません。
プロの審査員でもありません。

http://blog.goo.ne.jp/92freeedition44/e/d1efc94fcaa78272e5aa63f194c6ec28
(コメント参照 超長いけれど真ん中あたりに元文芸社社員の回答あり)

895 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 02:51:59.53
根拠が無い書き込みをして
悪く言う人がいるのは知ってる
人のことを悪く言うのって簡単だよね
恥ずかしくないのかな
>>893さんの本は僕は一度だけ読んだけど涙が出た
僕は書いた人ではありませんが


896 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 02:53:19.04
こういう恥知らずの大馬鹿者からカネを巻き上げてるのか
自社ビルも建つ罠

897 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 02:54:39.29
どっかに晒して来いよwww
この恥知らずなアホさ加減はもはや罪

898 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 03:12:39.05
こういう馬鹿は社会に必ず一定割合いる。
だから自費出版は完全になくならない。

899 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 03:29:12.94
・・つうか絶対本人だろこれ

ブログの内容も童貞まるだしの純粋ちゃんみたいだし

900 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 03:30:00.35
地味な板で久しぶりに面白い流れを見たwww

901 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 03:32:37.82
みえみえの宣伝で2ちゃんを使うなよ>>893とマジレス

902 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 03:47:43.99
社名で検索すればすぐ騙される馬鹿だとわかってしまうのに
ブログで出版記念とかw
どうしようもないアホだな

903 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 06:58:20.55
本人じゃないとしたら晒された人かわいそう

904 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 07:06:58.44
夜中にスレ伸びててワロタwww本人じゃないなら熱心な信者か

905 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 09:29:00.80
ブログ読むと自慢げに「小説を出版しました」「文芸社」だからな・・・。かなり引いたよ。
他のブログもちょっと頭の弱い人みたいだし、2ちゃんに出てきちゃったとしても無理はなさそう。



906 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 09:32:30.18
sarasiage

907 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 09:42:13.46
あまりこういう人をいじめない方がいいよ

908 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 10:57:58.63
知り合いの方であれば直接購入できます

ってどういうこと?



909 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 12:02:19.29
推測だが

無知な女性に「僕が出版した本だよ」と手渡したいんじゃない?
自費出版の悪特会社だということはもちろん、ふせてw


910 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 12:03:34.80
ageの改行キモヲタ君は逃げたのか?
本人の自演だと指摘されて逃げたのかな

911 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 12:05:08.93
>>909
なるほど。ブログ記事を読むとアレな人みたいだしな。
童貞臭がしまくりというか・・・・・

912 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 12:08:56.14
童貞が金に物を言わせて女に見栄を張ろうってわけかw
おもしろい。応援していこうw
ところで内容はどんな何だろうな。ブログ記事見る限りかなり残念なんだろうがw



913 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 12:09:47.41
>>893

914 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 12:12:56.88
ブログのコメント欄くそわらた

915 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 13:27:00.57
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4286108813/ref=mp_s_a_1?qid=1317097527&sr=8-1
内容はこんなん

916 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 13:30:08.66
ブログの内容がモテないダメ童貞だろ。妄想で書いた本なのかな。

917 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 13:45:32.13
ミクシイで、夢が叶って小説を出版しました! って書いてる人間を見かけたから、
おおプロなのか! と思ってリンクを辿ってみたら文芸社だった……。

918 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 14:07:26.25
>>893のブログを読むと、こういう人が騙されちゃうんだぁって妙に納得しちゃう。
悪い人じゃなさそうなのにね。無知・おバカって罪だねw

919 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 16:06:36.38
917
晒して


920 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 16:29:27.46
>>919
嫌だよ。
悪い人ではないように見えるし。
文章好きのコミュに入ってる誰かだ。

でも、尼で中身をチラッと読んだけど、かなり酷いな。
時間の表記が数字で「50分」とか書いてあるし、
最初3人称だったのが2ページでいきなり1人称に変わってる。

あと高校のクラスメイトを「無能」って表現するJKに違和感。

921 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 16:38:37.86
新参さんも多いようなのでこのへんでまとめ。

<元文芸社社員が明かした悪質商売の実態>
文芸社を辞めた元社員の「クンちゃん」が内部告発ブログを開始。
文芸社内部の人間しか知りえない悪徳行為の告発や
証拠写真などをブログで公開した。
そこで明かされた文芸社の内情は下記の通り。

922 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 16:40:41.96
・どんなゴミみたいな原稿でも褒めて高額な契約を勧めている
・営業マンが生活保護世帯の人間を言葉巧みに勧誘して
高額なローンを組ませた
・震災で被害に遭った人に「あなたの体験記は絶対売れる」と
180万円の高額出版を勧誘した
・刷った本を著者に内緒で捨てていた(倉庫管理費の削減目的)
・著者は出版物を捨てられても文句の言えない契約を巧妙に結ばされている
・契約ノルマ達成のプレッシャーに耐えかねた社員が契約書を偽造した
・新宿本社で違法薬物の販売や怪しい医療行為を行った
・訴訟問題が何度も起きて現在も係争中

923 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 17:02:47.12
出す前に編集者のチェックが入るんだろ
半角数字と漢字混ぜたりとか、人称の混乱とかちゃんと校閲すべき


924 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 19:36:26.69
>>886
毎度思うけど、最低だわ、貴方
このスレ、火がくすぶって消えかけていたのよ。その前のバカバカしいレスを見てよ
炎上させたのよ、貴方のレスは。それと判ってやらかしたのかしらね、いるの、いつもそういう人
いかにもそれらしく殊勝ぶって。一番腹立たしいって貴方の事だわ

925 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 19:42:11.69
何で文芸社の本って尼に高評価がついてることが多いの?
中学生の書いた「午前零時の恐怖」って本の
メチャクチャ的を射てるレビューに対して、誰かが参考にならなかったって押してるし

926 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 19:56:42.30
>>925
一般の人はそもそも本の存在を知らない だから買わないし読まない
高評価のレビューは著者本人か著者の知り合いが書いたもの

たまにうっかり間違えて本を買った人や
出版商法ウオッチャーの人が低評価レビューを描くと
著者やその知り合いが必死になって「参考になりませんでした」を押す

927 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 20:23:29.94
>>924
まぁまぁそう怒りなさんな。>>886=>>893=自演宣伝本人=稲垣何某とやらでしょう。
ブログ記事を読む限りかなりかわいそうな(爆笑)男のようですし
生易しくヲチしてあげればよいかとw

928 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 21:48:57.86
>>893のブログの稲垣って言う人、ずいぶんとズルイことしてるね。
自費出版ってことを伏せて、読んだ人に誤解を与えて買わせたり
凄いと思わせたりしたいのかね?騙しじゃん、それじゃ。

929 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 22:40:37.90




どうか生暖かくヲチしてあげてください











930 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/27(火) 22:42:59.53
>>915
内容紹介読んでコーラ吹いたw
なんだよこの小学生の日記みたいな棒文はwwwww

931 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 07:20:33.07
しゅんちって方の本は面白いですね

932 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 07:24:58.82
>>931
しゅんちさんですか?

933 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 07:31:59.90
>>932
違います
しゅんちさんなんて知らないですよ

934 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 11:19:17.86
>>933
質問
しゅんちさんの本はどこで購入してるんですか
あと自費出版の本は毎月何冊ぐらい買いますか

935 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 11:25:12.77
稲垣雅志最高www
くそわらた

936 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 13:50:25.53
自演宣伝までした稲垣雅志。こいつのブログは要チェックだな。

937 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 16:29:25.16
本人だろって言われたら急に出てこなくなったもんなぁ
やっぱり稲垣か

938 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 18:06:43.96
宣伝する気もわかるがなー
何百万かかってるんだから売らないと(笑)
なー稲垣

939 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 18:12:51.54
>>934
Amazonです
自費出版の本はまったく買いません

940 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 19:37:07.75
>>939
まったく知らないしゅんちさんの本を購入したきっかけは何ですか?

941 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 21:04:49.93
風詠社って出版社、本当に最悪。
お金も掛るし、老人が一生に一度本を出したいという気持ちを食いものにしてる。
一生に一度しか本を出さない人は、クレームも出さないから、自費出版の出版社
って、本当にいい商売かもしれない。
ギョッとするようなことをメールで言って来て、びっくりして電話しても、
謝ったこと一度もないし。
自費出版の出版社って、どこも同じなのかな。
そうでないことを願いたい。


942 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 22:07:53.51
>>940
ブログが面白かったからです

943 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 22:26:22.67
>>942
その面白いブログを書いている人が、
普通の自費出版よりずっと高額なお金を取られてしまったことについて
どう思われますか

A:かわいそうだと思う。他の会社にしとけば続編も出せたろうに
B:なんでもっと念入りに出版社を選ばなかったんだろう。
ちゃんと選んでいれば、こんなところでさらされずに済んだのに。
C:どれだけお金取られようが別にいいと思う。

944 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 22:40:56.82
>>941
どんなこと言われたんスか?
とりあえず経済産業局か鬼蜘蛛さんにタレこんでみては。
http://nakusukai.exblog.jp/15839692/

945 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 23:03:42.23
空に誓ったウエディング 稲垣雅志 文芸社 恥さらし 悪徳自費出版会社
出検したらここに来るようにしよ

946 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/28(水) 23:05:03.33
空に誓ったウエディング 稲垣雅志 文芸社 恥さらし 悪徳自費出版会社

947 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 00:36:02.20
これも文芸社?
2010年8月12日分に出てくる、出版相談会って…
http://blog.livedoor.jp/yohukeno_usagi/search?q=%BD%D0%C8%C7

948 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 02:28:57.74
またカモが一人……。
http://ameblo.jp/sion109/entry-11025145064.html
アマゾンで立ち読みした
サラダ記念日やらゆずの歌やら
掃いて捨てるほどあるJPOPの安い歌詞やら何やら借り物臭がスゴイ。

949 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 02:44:17.17
コレ系のカモの詩の特徴は
「僕の気持ちがどうこう」「君の気持ちがどうこう」オンリーで
情景描写が全くといっていいほど欠如してることだな。
恋愛の詩のくせして、どんな僕とどんな君がどんな場所にいて
何をしてそして惹かれあったのか全然見えてこないんだ。

「ゆっくりゆっくり完成してく」のくだりはどう見てもゆずの影響だが
安っぽく見えるJPOPの歌詞だって「この長い長い下り坂を〜」とか
それなりにちゃんと情景描写してるから
「ああ、長い下り坂をゆっくり下るところに
彼女と一緒にいたい気持ちが表れてるんだ」って伝わるんだぜ。
JPOPのかっこよさげなとこだけ抜き出してツギハギしてもろくなもんにならんつーの。

950 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 07:03:26.19
ほれ


空に誓ったウエディング 稲垣雅志 文芸社 恥さらし
自費出版

951 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 07:16:05.16
(笑)

952 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 10:15:11.87
そーいう雑魚臭い奴を晒すのもいいけどもっと大物はいないのかよw

953 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 12:56:25.60
この詩集はきついな。
光る言葉がひとつもない。
ブログの内容もひどいが、次作も出版しそうな勢いがある。


954 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 14:40:36.67
ユル子さん級の大物はなかなか出てこないな

955 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 15:32:09.69
稲垣雅志 天に誓ったウエディング 文芸社 自費出版 わろす

956 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 17:46:37.32
本人じゃないけど、ここ文芸社のスレだろ?
文芸社の作家バカにしてもしょうがないだろ

957 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 18:16:42.71
創作文芸版で文芸社スレなんだから
文芸社そのものの話題もあれば
文芸社の作家先生(笑)の話題も当然あるだろ。

958 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 18:18:00.79
どうでもいいよ
僕も参加しますね

稲垣雅志 天に誓ったウエディング 文芸社 自費出版 わろす

959 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 18:30:14.01
カモがバカにされるのを見て「俺だけはこうなりたくない」と感じて
文芸社の勧誘を断る人間が増えればいいと思うよ
ひっかかる人間が減れば悪徳商売は衰退する

カモがバカにされてるのを見ても文芸社から出版するバカは
救いようがないのでどうでもいい

すでに文芸社に引っかかってカモられたうえ晒された人間は
「ご愁傷様です」「高い授業料でしたね」
「だけど貴方が犠牲になって率先して嘲笑されることで
今後被害者が減るかもしれませんよ、よかったですね」

960 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 19:28:08.80
でもB型〜みたいに売れる場合もあるだろ?
それって文芸からしか出版できない人の可能性も
消してない?

そもそもここ見るような敏感な人は自費出版社に警戒心
あるような気がするし

961 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 19:48:54.21
文芸社は講談社に匹敵するぐらいの何千冊もの本を毎年出版してるのに
「B型〜」みたいなヒットは数年に1回あればいいほう。

実力ある人が
「B型〜」みたいなマグレ当たりを狙うために数百万円はたくのと
まともな出版社に認められて費用負担ゼロで出版できるのとどっちがいい

962 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 19:51:05.37
「それって文芸からしか出版できない人の可能性も消してない?」
文芸社からしか出版できない人に可能性などない。

963 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 20:49:51.58
ただ出版できるだけでOKな人もいるからねえ

964 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 20:57:13.91
いやレベルと可能性の相関性はどうだろ。
山田ゆうすけのように強引に売っていって世に出るタイプや
書いてくうちに伸びるタイプもいる。

自分は企画出版が決まって編集者とやり取りするうちに
こましになっていった。



965 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:04:31.86
自費出版した阿呆がネタになりに来たよ。

ここで名前が出たこともない弱小出版社で自費出した。
おねだんは100万以下。でも自分にとってはそれなりの出費。
出した途端に(馬鹿なことをした)とすごい鬱状態になり、書店巡りどころか本屋に行くのがいやになった。
まともに置いてくれるわけもなし。

でも昨日画集探しに某紀伊国屋にいったら自分の本が普通に文芸コーナーの、自分の好きな作家さんの隣にあって
ちょっと驚いた。
でもどうせどこにあろうと売れないけどね。

966 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:07:22.31
素直にさ、ビビルよね、こうした自費出版社情報の氾濫でさ



967 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:26:12.63
こいつもうでてこないのかな?自演ばれたらでてこないとか片腹痛いwwww

稲垣雅志 天に誓ったウエディング 文芸社 自費出版 わろす




968 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:30:36.88
ぼくは本人じゃないけれどこの本は素晴らしいですね!

これ本気でやってたとしたら今時珍しい感性の持ち主だ

969 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:31:12.74
グーグル。

創作文芸@2ch掲示板
kamome.2ch.net/bun/ - キャッシュ類似ページ
一般公開で +1 しました 取り消す
空に誓ったウエディング 稲垣雅志 文芸社 恥さらし 自費出版

おまwwww

970 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:32:21.34
稲垣先生クラスの作家はそういないよな


971 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:34:07.01
や、でもいるところにはいるって。精神病一歩手前のこういう恥知らずって。

972 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:38:24.74
空に誓ったウエディング 稲垣雅志 文芸社 恥さらし 自費出版;

973 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:40:02.99
>>964
実力ある人が
「リアル鬼ごっこ」みたいなマグレ当たりを狙うために数百万円はたくのと
まともな出版社に認められて費用負担ゼロで出版できるのとどっちがいい

金積んで本出しただけじゃ伸びるものも伸びないよ。
その証拠に、金積んで本出して伸びた山田某みたいな作家が
日本にはごくわずかしかいない。

974 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:42:19.96
稲垣の人気に嫉妬wwwwwwwwwwwwwwwwww

975 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:44:14.88
「稲垣雅志 天に誓ったウエディング」 で検索したらここに来たんですケド・・・・

976 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:44:58.35
買って末代までの恥となれ

977 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:51:06.56
あの雑魚ブログだろ。アマゾンのお笑い紹介文だろ。貶されてもしょうがない。
同情はあまりできないよ。

978 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 21:51:50.98
>>967
出てくるまで晒し続けましょ。

979 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 22:01:28.62
>>973

ン?フツーの出版社で出せなかった人がだいたい自費にいくのでは?

980 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 22:07:47.79
稲垣何某とかみたいに、普通の出版社からは全く相手にされないから
初めから自費出版、というコースもあるがな

981 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 22:41:57.51
>>979
フツーの出版社に認められるまで
何度でも何度でも原稿を書き直す根性のないヤツが
文芸社みたいなところにひっかかる

フツーの出版社で出版できるようになるまで
へこたれず何度も書き直すヤツは伸びる

982 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 22:58:18.09
つか何度も書き直してる時点でだめでしょう
普通の出版社で出版できるやつは何回も書き直さないって

俺が何度100メートルを走りなおす根性があってもオリンピックには出れない

才能が絡む分野で根性とか努力とか逃げだよ
(才能あるどうしでも努力は必要なんだからさ)

983 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/29(木) 23:16:54.06
>>982
何度も書き直して成功してる人もいれば何度書き直してもダメな人もいる
何度書き直してもダメな人間が「自分の作品はダメだから
人に売るのはやめておこう」と自主規制すれば何の問題もない

問題は「ダメダメな事実を受け止められず、
金積んで出版さえすればなんとかなると勘違いしてしまう人」。

984 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 00:57:47.53
オリンピックは分かりやすくていいね
世界記録のタイムがはっきりしてるから、ダメ人間が勘違いすることもない
どんだけ金積んでも実力のない奴は出場できない

出版はヒットの法則が一定じゃないから
ダメ人間が「金積んで出版すればいけるかも」と勘違いするんだよな
ヒットの法則が一定でないとしても
商業出版の打率が高くて自費出版の打率が小数点以下なのはれっきとした事実なのにな

985 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 01:57:43.20
文芸社のもと社員のブログで
心霊探偵なんちゃらの作者は
自腹で一億かけて作家となったとあった
つまりこれ自分買いでヒット作り出したってこと?
でもそののち一応売れるようになったようだから
それなりに力はあったのかな

986 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 02:10:22.81
彼がやった戦略をすべてわかってるわけじゃないけど

当時は、
たとえば深夜に一気買いしてアマゾンランキングで1位とって
そのキャプチャと一緒に全国の書店に配ったりとかできた
書店もアマゾンランキングを信じたしね
今でも通用する手法は限られてると思う


いろんな人に献本とか、今でもできるだろうけど

987 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 02:20:50.17
心霊探偵八雲の文芸社版はいまだに読者に誤字脱字指摘されてるな

他のフツーの出版社の作家は賞金もらってデビューしてるのに
この人はヒットに1億円かかる作家か……。仮に1冊定価500円とすると
1億円償却するのに200万冊販売しなくちゃならない計算か……。哀れな。

988 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 11:58:34.30
稲垣さんみたいに趣味で出版するなら賛成です

989 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 12:02:05.01
その雑魚はもういいw

990 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 13:42:22.57
>>984
わかりやすいね。

どう見てもこの人は売れないだろ、っていう歌好きの中高年の
おっさんおばさんが、夢を追いかけて自主製作CDを作り、
飲み屋でキャンペーンをやる。本人はそういう活動ができれば満足。

田舎の金持ちが、どうしても飲食店をやりたくなり、どう考えても無理な
場所に店を開く。友達や親戚、知り合いとかを呼んで「ここは俺の店だから」
と自慢したい。赤字が続いて数年で閉店。

金に余裕がある人なら、自己満足でいいなら、ある程度の夢はかなうと思う。




991 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 19:22:35.51
>>990
文芸社の場合、店の権利を取られるオプションも漏れなくついてきますww

992 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 19:37:21.20
カモご新規さん入荷ー。小説や詩を書きながらモデル……典型的な。
http://lucia1211.jugem.jp/
下にスクロールしていくと著者の写真が見られる。

993 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 19:46:12.23
最初の写真見ておかまかと思って期待したのに……

994 :名無し物書き@推敲中?:2011/09/30(金) 23:39:28.66
稲垣雅志 天に誓ったウエディング 文芸社 自費出版 わろす



995 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/01(土) 00:34:55.80
名前が厨二すぎる

996 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/01(土) 00:51:34.82
個人攻撃どうなんだろ。記念に出してる人もいるから大きなお世話だと思うが

997 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/01(土) 01:01:02.57
世の中に本を出した以上は批判も覚悟しなくちゃならんだろ
批判が怖けりゃチラシの裏に書いてりゃいいんだよ
「世の中に本出した〜い、お金積んでも書店に並べた〜い、
でも批判はイヤ〜、気持ちいい言葉だけ聞いていたーい!」ってどんだけ都合いいんだよ。

といったところで次スレの季節

998 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/01(土) 01:12:39.74
立てました
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1317399097/

999 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/01(土) 07:28:55.73
>>997


批判の内容がしょうもなさすぎ。厨二すぎる


1000 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/01(土) 08:19:25.35
しゅんちマンセー!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

287 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)