5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【冬】群像文学新人賞46【霜柱】

1 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/12(日) 23:10:19
前スレ http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1288311355

2 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/12(日) 23:13:31
NGワード:ポッポ

3 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/12(日) 23:14:23
ポッポの話するやつはアンチだろうが肯定派だろうがうざい。

以下スルー。

4 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/12(日) 23:15:59
スレ立てどうもです。

ちなみに最近知ったネット用語



↑この意味知ってた?

5 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/12(日) 23:18:02
>>4
二着にくるかもしれない馬のこと?

6 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/12(日) 23:29:34
>>5
ぶ。笑った。
ちがいまーす。
ヒント:人名のあとに付けて使います。

7 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/12(日) 23:31:01
ちょw
前スレの1000とった奴、
絶対自分の書き込み見るなよ。

8 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/12(日) 23:37:19
>>4
ググって初めて知った
なるほどね

9 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 00:06:26
古くね? もはや本田くらいにしか使わないよな

10 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 00:16:09
>>8
推理しよう。
君は「散文」もぐぐったね?
>>9
確かに「本田△」て見たことあるわ。
当時は顔文字の一種かと思ってた。

11 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 00:52:17
おまえらって執筆する部屋きれいにしてる?
身の回りきれいにできないやつが美しい芸術生み出せるか?的なこと言ってたやついた、テレビで。
おれめちゃくちゃ汚い。掃除する時間ないっていう言い訳が常に自分にある。

12 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 00:57:05
漢字表記かひらがな表記か、ってその作中で統一させる?
それとも文脈によって変更する?
いつも迷うのが、「言う」「気付く」「〜の為」「筈」。
こういうのって全部漢字だと自分で読み返して間抜けな気がしてくるのだが、
たまに、ここは漢字だな、って思うときもある。

13 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:02:23
文脈で変えてばっちりキマってたらいい小説だね
でも、キマってないと単に文章意識が足りないやつと思われそう
そういう冒険はしないほうが無難ではあるかな
わざと文法無視とかしても、わざとと思われない場合があるしね

14 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:10:37
漢字じゃないが、さようならギャングたちとか、あの文章はどれだけ狙ったのか狙ってないの
か、かなり意見が分かれたっていうよな。
風の歌を聴けなんかもそうだけど。

15 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:13:46
長音符っていうのかな、伸ばす棒「ー」。
おれは古い世代だからか、パーティー、アイスティー、ソファーって書いてしまう。
おまえらどう? 町田康とか個性的だよな。
スレチだけどおれ2chここにしか書き込まない。
ろむって楽しみたいから、なんか書き込まないとな、って思ったので。

16 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:19:15
>>11


ttp://book-dvd.blog.ocn.ne.jp/photos/uncategorized/2008/10/30/photo_11.jpg

17 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:28:28
>>16おかんにこれ見せる。

18 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:38:02
>>14
この頃は手書きだったから、
表記の不統一も手書き独特の勢いでよし、
って感じだな。
夏目漱石あたりでも主述のおかしな表記いっぱいあるし。

PC書きは妙に整理されたおとなしい文になってしまうから、
表記や主述がおかしいと目立ってしまう。

PCでさよならギャングは生みだされないと思う。
名作だよな〜。
作者本人でさえもう到達できない感。
春樹とは逆だなと思う。
風の歌は粗削りだけど気持ちが伝わってくる。
ギャング〜とジョンレノンVS火星人はもう天才的な完成された孤高の作品。


19 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:39:03
部屋は汚いが、
たまに掃除すると非常によい気分にはなる。

20 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:52:57
そういや、綿谷の芥川賞に、登場人物名ひらがな表記あったな。
難しい漢字だとか言って。うまいと思ったが、若いやつにしかできない。
さびしさは鳴る、とか思いついても、おっさんになると推敲で消してしまう。

21 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 01:55:50
>>15町田でワロタのは、テースト・オブ・苦虫w

22 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 02:01:43
漱石の頃みたく、今敢えて、繰り返し表記をひらがなの「く」細長くしたみたいなやつにしたら、
目立てるかな? あれPCで出せるのかな?

23 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 02:15:08
>>22
「くのじてん」でぐぐってみそ。
PCの出し方わからん〜。

24 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 02:17:11


出るかな


25 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 02:21:20
まなまよ愈ふせ
すつしつ〱ぢん
〱てたと発ゃか
お参が貴表あ。
寒ゐ、方とり
うりち、云ま






26 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 02:22:24
ああああああああ失敗した。

27 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 02:40:05
おまえらステキすぎます。

28 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 08:46:56
ポッポについて誰もまったく話をしなければアンチにとって幸いなんだけどなw
れつだんや佐原の話はOK なぜならアンチポッポはそいつらを認めていないが、
ポッポの場合は才能を認めているから悔しいんだw

29 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 10:42:32
受賞作等がポッポみたいな表現も入れていれば文学的な価値が高くなるのは事実だな

30 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 12:38:48
〃で照れているのを表したいんだぜ

31 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 16:01:36
>>30
ケータイ小説かよw

32 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 16:27:11
>>16

誰の写真?

33 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 16:36:06
>>32
坂口安吾
わりと有名な写真

34 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/13(月) 16:50:04
>>33
サンクス

35 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/15(水) 00:56:51

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1290144844/
964 名前:名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日:2010/12/14(火) 22:21:05    
文三→講談社→講談社主催の他の賞の下読み→下読みの掛け持ち

こんな感じで情報が回っていくんだと思う
ソースはメフィストに落ちたのをタイトルとPN変えてこのミスに送ったのにバレた俺

965 名前:名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日:2010/12/14(火) 22:27:24    
>>964
なぜばれたとわかった?

967 名前:名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日:2010/12/14(火) 22:39:55    
>>965
このミスは書評がネットに乗るんだよ
そこで、これは使い回しですね、関心しませんみたいなコメントがされてた

36 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/15(水) 19:04:02
http://beebee2see.appspot.com/i/azuYma6UAww.jpg

これが水嶋ヒロの文章らしいけど 結構上手いじゃん
ここ数年の純文学新人賞受賞者より価値あるだろ


37 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/15(水) 19:59:23
自分もさっき立ち読みしてみた
意外とイケた

編集者の指図とかゴーストライターとかは考えない方が気が楽だ
本出した奴の勝ちだ

38 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/15(水) 20:59:27
これだけじゃなんとも言えないと、ふと思いました。

俺も立ち読みしてくるかなあ。

39 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/16(木) 11:51:16
でも思ったより文章力あるな 水嶋

40 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/16(木) 21:18:44
アマゾンのレビュー見てみてよ
結構面白い線ついてるのがあるよ

41 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/16(木) 21:29:14
ブラックリストは実在した

42 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/16(木) 21:48:03
>>39
ハードル低すぎだろw


でも
「これで大賞二千万取れるんなら俺にも書ける」
と勘違いした層はでてくるかもな

43 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/16(木) 21:50:07
水嶋嫌いだがアマゾンレビューは何となく不快だった
批判するならちゃんと読んだうえでどこがどう悪いのか指摘しろよと
レビューのほうに才能を感じるとか言ってる奴はアホかと思った

44 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/16(木) 22:39:38
ポッポが水嶋のゴーストライターになればいいんじゃない?

45 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/16(木) 22:51:11
アレは
あらすじ書くだけで的確な批判をしたことになるレベルだと思うが

46 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 03:00:30
でも誰も「埴谷雄高」なんて読まないだろう。
悩ましい。

47 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 03:50:16
ヘヴンとか、作者は埴輪が好きなのだろうなって思ったけど。

48 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 12:59:27
>>41
どこに根拠が?

49 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 13:03:38
川上より水嶋の方が文章が上手かったからわろたw

50 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 13:06:49
それは、よく考えないと、おまえ自身があちこちで笑われることになると思う

51 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 14:10:59
http://www.mainichi.co.jp/event/culture/odasaku/2009/000526.html
これ織田賞のかさくみたいだ 結構面白いな
大賞も読めるよ れつだんが2次まで行った賞ね

52 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 15:20:56
>>48
>>35じゃね?
ブラックリストってか横漏れか

53 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 17:30:20
そうかー でも一部の賞を除けば使いまわしはOKだよね
群像は駄目みたいだけど

54 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/17(金) 21:58:57
埴谷≠埴輪

55 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 06:18:56
「二人を乗せたクルマは、温めたフライパンの上を滑るバターのように静かにゆっくりと走り出した。」
「娘はセロファン紙の上に水彩で描かれた肖像画のように儚げで、なにより美しかった。」

お前等はこういう文章書ける?
水嶋の文章みたいだけど、凄いじゃん
これで叩かれるならすばるの受賞者なんて・・・w

56 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 06:21:30
セロファン紙の上に水彩で描いたら、儚げどころか、絵具はじいてボケボケ滲みまくりだろが
語感だけで言葉選ぶなよw

57 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 06:41:37
個々の比喩の評価は別として、直喩の連発には違和感を覚える。

58 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 06:48:03
中学生くらいの文学少年が書きそうな比喩ではある。
しかし地の文がそれで、台詞は↓か

「イギリスならジンでイギリスジン。なんちゃって」
「タバコ吸いません、すいません」
「バカボンはバカなボンボンなんかじゃないぞ」「そうなんですか」
「彼の怒りはそれこそ海底に碇を突きたるほどのものだろう」
「今日び犬も食わんぜそんなもの」「そんなことない、大喜びだワンワン、ワンダフルってな」
「命の火を灯せ、轟々と燃やせ。そうすれば今日があなたの命の日になる」「命の……日」
「よく見なよ、全てはカゲロウ。しょせん儚い眉唾さ。お前だって蜻蛉と蟷螂を
並べられたらぱっと見分けつかないだろ?」

59 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 07:18:31
「彼の怒りはそれこそ海底に碇を突きたるほどのものだろう」

これは普通に上手いと思った
少なくともお前等には書けない

60 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 07:23:43
「イギリスならジンでイギリスジン。なんちゃって」
ってどういう文脈で出てくるの?

61 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 07:30:27
>>59

おめえがやべえよ「怒り」と「碇」かけてんだろ

怒ってる状態を描写しなくちゃいけないのに
比喩の意味や映像考え出したりするだろ、読み手がそこで止まる
こういうの書いちゃダメって 書評家がラジオで言ってた部分だろ

62 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 07:31:33
>>61
スルーしろってば。

63 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 07:54:10
「海底に碇を突きたるほどのもの」
これは「怒り」を重くする描写だろう

怒り と 碇 をかけた上に、さらに怒りを重くする描写までしているじゃないか。
お前等アホじゃね?

64 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 07:59:19
突き立てるほどの だな

65 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 08:16:18
怒りと碇も、他の駄洒落と同じで、笑うところだったんじゃないのか?

66 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 08:21:26
でも、それだとドカンと怒って
そして深海の静寂がやってきたみたいに感じる

駄じゃれ優先だからそういうことになるんだよ
駄じゃれ好きが登場人物で会話に出てくるのは良いけど描写でも使っちゃうのはどうだろう

描写に駄じゃれ入れてくのって昔の子供向けの童話じゃないんだからさ
ってよく考えたらポプラって児童書の出版社だな、
意外と彼らには違和感無かったのかもな ゾロリでもそういうのあるしな

67 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 09:17:24
お前等には書けないって事はわかった

68 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 09:21:50
おまえ「お前らには書けない」ってコテにしろ
毎回煽り文句が同じでパターン芸人みたいだ

69 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 09:32:49
そいつは妙案だ。

70 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 09:49:23
ヒロと同じで笑わせたいんだろ

いつものひと:「お前等書けない」

みなさん:またコイツだプギャーwwww

みたいな

71 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 10:38:22
だとしたらサービス精神旺盛さには頭が下がるな

72 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 14:08:56
やたら他の作家を持ち上げて「お前らには書けない」みたいなことを言う奴は前からいたが
そういう自分はどうなのと思う

73 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 14:56:22
ヒロ氏の話題も荒れるな…
マターリいこうマターリ

74 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 16:46:43
実際こいつ等は水嶋に負けてるから可哀想


75 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 16:59:33
「突きたる」
の「たる」って完了の助動詞「たり」の連体形だよな?

海底に碇をおろすのは、
その場にとどまるためだよな。
碇=怒りのだじゃれは置いておいて、
かような表現から怒りの激しさは連想するのに難く。

76 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 20:19:01
ゴミを無理矢理褒めてるやつはスルーしとけ

77 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 20:58:25
>>74
ピース又吉にも負けてる

78 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/18(土) 21:39:55
>>77ワロタ

79 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/19(日) 08:43:42
水嶋以下の奴等が必死なスレッド

80 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/19(日) 09:24:31
本当分かりやすいなw

81 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/19(日) 11:34:15
ピース又吉って誰?
ハニロウ赤羽みたいなもん?

82 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/19(日) 13:52:13
昨日テレビで文豪肖像クイズ全問正解してたよ
正岡子規、尾崎紅葉、島崎藤村とか

樗牛、嶺雲、緑雨あたりひとり混ぜとけよと思うたが

83 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/19(日) 14:57:03
>>80
お前の頭より分かりやすいものなんてあるのか?

84 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/19(日) 19:00:28
>>81
水嶋ヒロ<お前たち<ハニロウ赤羽<ポッポ<<<<<<<<<<ピース又吉

85 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/19(日) 19:28:35
>>84
ピース又吉って何者?
そんなにすごいの?
本とかも出してるの?

86 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/19(日) 20:23:19
唯一ネ申?

87 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 00:57:21 ?2BP(1055)
いい加減僕のアンチはアホみたいなレスするのやめろ。
こっちゃ迷惑してんだ。
てめえらのせいでアリから作品削除しただろうが。ボケ。
ようやく書き込めたぜ。規制うぜえ。じゃあな。


88 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 13:14:47
>>85
本出してるよ。『カキフライが無いなら来なかった』っていうやつ。
独特の言語的センスを持ってるよね又吉は。
間違いなく水嶋よりは上。

89 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 13:54:15
むしろ水嶋より下をあげてくれ
ワナビでも一次通過できるなら実力は水嶋より上だろう

90 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 14:19:57
>>89
ポッポ

91 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 14:28:14
僕、大きくなったら水嶋先生みたいな作家になるんだ!

92 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 14:29:38
>>89
一次通過するかどうかは下読みの好みに合ったかどうかにもよるんじゃね?
まあ、大半は箸棒だろうが、アサッテの人の例もあるし。

一次通過してない奴の中に天才がいるかも。
 
まあ、こういうとお前一次通過してないんだろうといわれそうだがw

93 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 18:01:13
奥泉光がポッポの作品を盗用した疑惑だって
奥泉の「シューマンの指」って講談社から出てるから 群像編集部も関係してるんじゃないのか?

ブログまであるんだけど、ポッポ本人が書いたのか?

94 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 19:15:13
ポッポが奥泉をぱくったのではなくて 奥泉がポッポをぱくった疑惑?
ブログどこにあるの?

95 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 19:35:53
れつだんは一次通過してるな。

96 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 19:40:23
奥泉って群像の審査員になった芥川賞作家だな
こいつがポッポの作品を利用したのか?

97 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 20:39:14
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1284477255/l50

奥泉スレの48を見れば良い
奥泉の作品とポッポの作品の共通点
もうこれでポッポが日本文学でトップまで行ける事が証明されたな

98 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 20:51:26
>奥泉光『シューマンの指』は発売日が2010/7/23(書き下ろし作品)
>ポッポ『大蛇と影を重ねて』の最初の公開日は不明だが、2010/3/4に公開

4ヶ月じゃ書いてゲラ直して出版してに間に合わないと思う
悪魔に魂を売った芸術家って、ファウストあたりからのインスピレーションじゃない?


99 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 20:58:20
>>98
形がある程度できていて足りない所を補う感じなら間に合うんじゃない?

ポッポが実はそれ以前に公開している可能性もあるが
4か月以上もあれば十分盗用できる期間ではあると思う

100 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 21:00:43
おいまじで奥泉危ないぞw

101 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 21:05:32
書下ろしって半年以上かかるよ 自分ちでプリントアウトしてるわけじゃないんだからさ
水嶋さんだって、すでに原稿があって超急いで3ヶ月?
作家が「これパクリだから突貫工事で(他の人後回しにしてでも)早めに印刷してよ」とか有り得ないでしょw
表紙のイラストも、広告もあるし

ポッポが、それ以前に公開してたのでないなら無理

102 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 21:22:07
>>101
水嶋の場合は本を出すタイミングを考えた可能性もああるが、
それ以前に、水嶋は編集とのやりとりに時間がかかっている事を自分で言っていた。
奥泉が作品をある程度仕上げてて、そこに付け足すという方法なら4カ月もあれば出版までいけるのではないか?

103 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 21:25:06
奥泉がポッポの作品を盗用したかどうかはわからんが、奥泉がポッポに負けてる事はわかったw


104 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 21:52:08
奥泉に才能が無いのか、それともポッポに才能がありすぎるのか。
ブログ見て驚いた。

105 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 22:13:39
>奥泉が作品をある程度仕上げてて、そこに付け足すという方法

文芸雑誌の出版社だし、ノベルってわけでもないし、それでも無理だと思うけど、
(実は今は劇的に早いのかも知れんから絶対無理とは言わないけど)

そもそもそういうパクられ方じゃないじゃん
プロットに似たところがあるのと、結末が似てる

それとポッポのほうが上手いという意見も、俺は同意しかねるが、
まあ主観の問題だし証拠挙げて納得させれる話しじゃないしね


106 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 22:20:38
>>105
>それとポッポのほうが上手いという意見も、俺は同意しかねるが、

おいおいw 大人と子供っていうくらいのレベルでポッポの方が上だぞw
奥泉の描写は素人じゃないのか?w 


107 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 22:23:01
べつに奥泉の擁護をしたいわけじゃないから
そんなことを言われても俺に反論はないから
掲示板での議論ごっこがしたいなら他をあたってくれ

108 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 22:28:02
詩的表現の勝負ならポッポに勝てる作家は現役だといないだろう

こういう表現は奥泉が得意な分野のはずだったが 何か比べると奥泉が可哀想になってきたな


109 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 22:36:59
才能の桁が違い過ぎるwwwwwwww

しかし何でブログのアドレス書き込もうとしたら書き込み反映されないんだ?

110 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 22:52:15
スレ違い。出てけ。

111 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/20(月) 23:02:14
群像の審査員の奥泉に関係してるから良いだろう


112 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 00:31:12
ポッポスレ立ててそこでやってろ

113 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 03:45:34
奥泉に教えてやれよw
これだけ才能の違いを見せられたら泣くぞw


114 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 04:31:15
ヒロの件はこんなもんだろう↓的確に言い当てているわ。
豊崎さんが、上手く酷評しているわ。

http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/mekiki20101216.mp3


115 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 06:09:15
両方とも、読んだけれど、
ポッポの世界は、詩の世界。
奥泉さんのは、ポッポより小説的だ。
ジャンルが違うから、どっちが上手い下手とかいうのは、馬鹿げている。
すくなくとも、奥泉さんは、プロだということだ。

真似をしたというのは、つまらない言いがかりだと思う。
芸術家を目指すなら、チンピラやくざみたいな言いがかりはみっともない。
そういうやり方でしか、目立つことのできない、小心者としか考えられない。
だいたい、2ちゃんのあちこちの掲示板で、普段から酔っぱらいみたいに管を巻いているのは、
いったい何なんだ。よほど暇なのか。投稿はほとんど自作自演としか思われない。

まあ、私は、奥泉さんの小説は読んだこともないから、擁護するわけでもないが…



116 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 06:13:21
ポッポ=基地外

だれも嫉妬してねーよ

117 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 06:17:39
こっち行って

奥泉光がポッポの真似をしたかもしれない
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292873031/

118 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 06:19:31
ポッポって、売名行為に必死な馬鹿
人の小説を非難するんだってら、本名名乗れ、ばーか

119 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 06:26:44
奥泉光がポッポの真似をしたかもしれない
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292873031/

専用スレあるぞ
ポッポのレベルが高すぎて奥泉が可哀想だw

120 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 06:31:12
>>115
お前はアホ
ポッポと奥泉の作品の全体性についてはそのブログは語って無い
だからブログでは「奥泉のはミステリーとしておもしろく読める」と書いてる
これは小説として奥泉の方が長文であり、形が出来上がっているという意味だろう。

問題は登場人物の演奏中の描写レベルだ。
奥泉のは稚拙というか在り来たりだが、ポッポの場合は演奏している人間の鋭い感覚が表現されている



121 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 06:33:29
だから専用スレあるんだからそっちいけよ。
日本語読めねえのか?

122 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 07:44:52
ポッポに負けてる作家が群像の選考委員wwwwwwwwwww


123 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 08:24:03
自作自演、いい加減にしろよ

124 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 08:32:27
自作自演なら奥泉の勝ちになるのか?w
現役で純文学の代表の一人の奥泉がポッポに負けてる事実は変わらないww

125 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 08:32:32
今回の件で判明したのは、
むしろポッポなる人物が、人を陥れて這い上がろうとするほどの
卑しい心の人間であったことだ。

あー卑しい人間の書いたものは読みたくないわ。



126 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 08:36:21
>>125
勝手にポッポの責任にしてる時点でお前はクズなんだよ^^
卑しいお前の作品は賞に送るなよ^^

127 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 08:39:18
害基地に刃物とは、ポッポ、お前のことだw

128 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 08:44:07
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292873031/

これが奥泉とポッポについて書かれたブログか。
奥泉ってセンス無いんだな。

129 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 08:56:21
ポッポよ、お前、人の表現をさらし、
比較して、自己満足にひたる
小説家志望の男の小説を書いてみろや。

自分のことを書けばいいだけだから、簡単だろう。

それとも、頭の中がぐじゃぐしゃなお前は、
リアリティのあるストーリーを考えるのは無理かもしれんな。
お前の最大の欠点は、たぶん、小説らしいストーリーを描けないことだ。


130 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 09:02:47
ポッポはストーリーを作るのが得意だから、最初にどれだけ感覚的な事を描写できるか
どれだけ閉鎖的な世界を書けるか試してみた、と言ってたなw
>>129みたいな奴はポッポの公開されてる作品が「しょせんポッポの中ではゴミ」だって認めたくないんだろうw
そしてそのポッポの中ではゴミの作品に奥泉が負けているwwww

131 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 09:08:17
>>130
表現力があれば、ストーリーに深みが出るって事かな。
確かに奥泉の「シューマンの指」の感覚描写の時にポッポみたいな文章を書いていれば、
奥泉の文壇での評価は一気に上がったと思う。




132 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 09:11:02
ポッポ、お前みたいな常識のカケラもない人間は、
狂人を主人公にした小説しか書けない。図星だろう。

あれこれ屁理屈だけは、頑固で堅物な老人みたいに、
醜さがにじみ出ているな。

生き方に、若さや清新さが微塵も感じられない。

133 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 09:14:44
ポッポの凄い所は狂人を客観的に見てる所なんだがなw
「語り」みたいな文章を挿し込んで客観性を出してる事もわからんのかw
読解力が無いとは哀れだなw
これができる人間は幅広い小説を書けるよw

134 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 09:24:06
狂人と言われてそんなに嬉しかったか。
ただ永遠に狂人にとどまる狂人だな。

たとえ狂人の心は読めても、世間一般人の心は理解しがたいだろう。
君の最大の欠点は、そこにもある。

135 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 09:32:21
ポッポの才能に対する嫉妬が続いてるね^^

136 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 09:45:32
つうかNG入れろよカスども

137 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 10:06:54
奥泉が選考委員を務める賞に送るお前等w

もう完全にお前等の負けだわw

138 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 10:21:50
わざわざこのためにブログひとつ作るなんて、
ポッポは暇なの? ニート状態なの?

139 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 10:27:45
ポッポは、どこかの小説の新人賞で、一次も通らず落とされて、
恨んでるんだよ。プライドを傷つけられることに対しては、
恨みがましく、しつこく、せいしんぶんれつ的で、
ストーカー的な性格だから。

たとえ本人が否定しても、そう思われても仕方ない。

そうすると、彼の言動がたやすく理解できる。

140 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 10:32:47
あれで一次でも通ると思うのが間違いなのに。
病気だと思うがしつこさだけは評価できる。
たとえばこの2ちゃんでやっていることをそのまま小説に書いたら割と
面白いんじゃないかって思うけど、できないだろうなw


141 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 10:36:13
ポッポがゴミの様に公開した作品が奥泉を遥に越えているという現実は
お前等には厳しすぎたw

書けば書くほどレベルが上がっていると言っていたポッポww

142 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:01:37
>>141
越えていると思っているのはお前だけじゃないのか?
レベルが上がっているって、それも自己申告だからなww

143 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:03:12
ヒント

公開している作品だけでもセンスは証明されている^^

例のブログ参照^^

144 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:09:10
勝手に本人が書いたブログを証拠にするなよww
頭わいてるのかよwwwwww

145 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:10:18
ポッポ擁護の書き込みは、99%自作自演です。
信者なんているわけねーよ〜
妄想ばかりで生きていて幸せですか〜

146 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:13:25
>>145
100%じゃないの?
てか、奥泉との主観的な比較のためだけに自分でブログ作るってどんだけ馬鹿なんだ?
しかも記事もそのひとつだけ。
せめて普通のブログの一記事として書かれたぐらいの体裁にはしろよ。


147 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:16:45
ブログに書かれている奥泉の引用が重要だね^^

あのブログはポッポの作品をただ褒めているのではなく、
奥泉がポッポと同じ事をして陳腐な文章を晒してるって指摘が効果的だね^^


148 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:19:56
ポッポ、君の評価を下す

文学の天才>>>>>>>>>>絶対越えられない壁>>>>>>>ポッポ>>>馬鹿狂人君

149 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:22:20
>>147
自分で書いた記事の解説するなよww
しかも効果的だとww
自画自賛するのやめてもらえないですか?
あの記事はまったく重要ではない、恣意的すぎてまったく客観性を欠いているよww
それが書いた本人にだけわからないんだよ。
恥ずかしいから消したら??www
このためだけにがんばって書いたんだろうけどねww

150 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:25:35
いつに無くアンチが必死になってるなw
無理も無いか、これだけ奥泉がポッポに負けてる事を指摘されてしまったらw

151 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:27:26
>>150
ちがうよww
お前が滑稽すぎておもしろいからからかってるだけだよww
俺が必死に見えたのなら、お前が必死なんだww
もっとがんばれよ!!

152 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:29:45
いつも孤独なポッポの幸せ

◎2ちゃん掲示板で狂人と言われること
◎あれこれかまってくれることww

すべて自分の都合の良い方に解釈する思考回路が身についている。
目立つためなら手段を選ばない。

だめだこりゃww

153 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 11:32:01
同じこと言い合うだけならおまえらまとめてこっち池

奥泉光がポッポの真似をしたかもしれない
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292873031/

154 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 13:24:48
>>148
ピース又吉>>>>>>>>>>絶対越えられない壁>>>>>>>>>>ポッポ

155 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 16:20:15
だからピース又吉って誰よ?

156 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 16:48:51
レス飛びすぎで訳分かんね

157 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 19:23:41
>>156
お前の一次落ち作品は小学生でもわかるよw
それが駄文だってw

158 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 19:33:18
>>157
へえ

159 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 20:14:52
>>157は一次落ちどころか
一作書き上げたことさえなさそう

160 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 20:36:45
↑アリの穴ですら認められないアホ

161 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 20:38:49
>>153が言ったことが分からんのか。
いつまでもイタチごっこしてんじゃねえよ。


162 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 20:41:11
奥泉の最近の作風からすると、
群像よりもむしろ小説現代の選考委員のほうが
相応しいような気がする。
あの賞こそ選考委員をそろそろ
入れ替えたほうがいいと思うんだが。

163 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 20:53:23
一次通過のれつだん>>>>>>>>>>お前ら

164 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 21:43:58
>>163
ピース又吉>>>>>>>>>>ポッポ>れつだん>お前ら>水嶋ヒロ

165 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 22:02:25
ここの一次通過っていつだっけ
それまではスレも乗っ取られたままかよ

166 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 22:03:11
その前に編集部からの電話祭りがあるはず

167 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 22:53:31
二月頃に、
なぜ俺のところに電話連絡が来ない祭りを開催します。

それまでは自由行動とします。
どうぞお使いなさい。

168 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 23:23:52
分かった、ではよいお年を。また来年〜

169 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/21(火) 23:32:39
はいまた来年〜

170 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 00:41:19
一次通過のれつだん>>>>>>>>>>お前ら
同人誌で儲けたれつだん>>>>>>>>>>お前ら

171 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 03:01:17
叫べば叫ぶほど言葉は届かない、ということと、
広告へ資本を投入するリスク、及びその真摯性について、考えましたね。

172 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 03:16:42
ほう。

俺は荒れているこのスレを悠然と眺めつつ
「ごめん、それでもやっぱ受賞するのは俺なんだわ…」
と悦に入っている

173 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 03:22:52
じゃおれ優秀作でいいやw
おれのやつたぶん評価分かれる。

174 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 04:25:14
キムタクのヤマトの映画見て、軍隊において命令系統の無視云々とかってマジギレするセンスのやつ、
今年も下読みか? 何年か前の評論部門受賞者。
なんかちょっとテンション下がったわ。感覚の距離ある。
近い感覚のやつ、おめでとな。

175 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 13:04:43
>>170
ピース又吉>>>>>>>>>>れつだん

176 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 14:39:24
群像のHPに書かれている。

奥泉 光
「小説はただの物語ではない。さまざまな企みに満ちた言葉の構築物である。
だから真に力のある小説は、一見小説らしからぬ姿をとるかもしれない。
世間に流通する小説らしさを破壊してしまうほどの、あふれるばかりの小説性を備えた作品に出会いたい。」

○小説はただの物語ではない
○さまざまな企み満ちた構築物である
○真に力のある小説は、一見小説らしからぬ姿をとるかもしれない
○世間に流通する小説らしさを破壊してしまうほどの

よりによって奥泉が言ってる事ってポッポの作品に完璧に当て嵌まる。
そしてポッポの文章と奥泉の文章のレベルの差は奥泉スレの48にリンクされているブログに書かれている。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1284477255/48
奥泉がポッポに憧れるのはこういう理由があったのか。

177 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 14:52:24
だから他所でやれって言ってるだろうが。

奥泉光がポッポの真似をしたかもしれない
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1292873031/

178 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 15:11:23
奥泉はポッポの小説を読んで憧れてその感想を述べてる感じだな

179 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 15:49:42
スルー検定実施中

180 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 15:51:32
ポッポ=れつだん=自演厨なのか?

181 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 16:07:05
>>179
そのレスがすでに負けてると思うw

182 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 16:45:25
http://twitter.com/okuizm

183 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 16:54:03
一次通過のれつだん>>>>>>>>>>お前ら
同人誌で儲けたれつだん>>>>>>>>>>お前ら

れつだんのブログ
http://retsudansensei.blog47.fc2.com/
れつだんのツイッター
http://twitter.com/retsudan1986

184 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 17:01:37
>>181
うん、ごめんなたい//(←恥じらっている)

185 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/22(水) 20:18:15
>>183
ピース又吉>>>>>>>>>>れつだん

ピース又吉のブログ
http://matayoshi.laff.jp/

186 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/23(木) 17:55:05
奥泉とポッポの文章に対する評価は、奥泉スレでマグナがアンチポッポを知識で抑え込んだ。
知識で負けたアンチが何を言っても言い訳。少なくともマグナの方が説得力がある。

そして盗用疑惑に関しては、
○両作品とも主人公が特別な感覚を持ったピアニスト 
○能力が身につく条件が同じ 
○身に付いた能力の感覚を描写した内容の意味が似すぎている(表現力は奥泉の負け)
○どちらの作品も女子高生が被害者
○締め括りの文章の問いかけ方が似すぎ

「盗用したと思う人がいても不思議ではない」という結論。


187 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/23(木) 21:01:35
こんな誰も読まないようなレスしてなにが楽しいの?

188 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/23(木) 22:27:14
奥泉とポッポの共通性を書いたブログの記事が大幅に更新

記事の途中に新たな共通性を三つ程付けたし

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1284477255/48

このスレにも関係している記事になっている

189 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/24(金) 20:17:25
関係してねーよ
死ねキチガイ

190 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/25(土) 10:38:40
とりあえずクリスマス

191 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/25(土) 19:06:34
今は創作文芸板のイベント中

http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi

ここでは創作文芸板の常連の作品が並んでいる。
つまりポッポを中傷しているのはこういうレベルの作品を書いている奴という事。

芥川賞作家の奥泉光がポッポの作品を盗用したと思われても不思議ではない。

ブログの類似箇所指摘を追加(記事の途中に追加分が書かれている)

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1284477255/48

作品の類似点だけではなく、
ポッポが奥泉よりもセンスがある事も説明されている。

ちなみに、ポッポを批判しているワナビの文章はアリの穴で見れる。

ブログの記事が更に長くなっている。


192 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/25(土) 20:12:55
キチガイはクリスマスもキチガイ

193 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/25(土) 23:31:17
おっとそこまでだメリークリスマス。
作業用でにこにこ聴きたいのに混雑してる……。

194 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/26(日) 13:19:15
ところで群像の電子版について、誰か感想はないのか?
プレ創刊号が出てるはずだが、おれはiPodしかないので見れないや。

195 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/26(日) 21:28:35
iPhoneもiPadも持ってないから俺も見られないや。

196 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/27(月) 00:08:40
今このスレ見て存在を知ったレベル

197 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/27(月) 01:56:17
電子書籍って目に悪そうって思ってるレベル

布団の中で、
電車の中で、
トイレの中で、
ときに指を切りながら読みたい。

背の高い棚にある本を取れない少女の背後に現れ、
「これですか?」
「あ、ありがとうございます」
「この作家さん、好きなんですか?」
「友達に勧められたから、読んでみようと思って」
「いい本ですよ」
「読んだことあるんですか?正直難しそうだなって思ってたんですけど、
 私でも読めますか?」
「大丈夫ですよ。
 布団の中で、
 電車の中で、
 トイレの中で、
 たまに紙で指を切ったりしながら読めますよ」
「けっこう危険なんですね」
「それだけの価値はありますよ。見てごらんなさい」
 僕は指を彼女に向けて広げてみせた。

(続く)

198 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/27(月) 01:57:09
(続き)

「うわ……凄い傷ですね」
「この傷の数だけ僕は本を読んでます」
「よろしかったら、今度、絆創膏を使ってもらえませんか?」
「え?」
「私、趣味で絆創膏を作ってるんです。あ!」
「どうしました?」
「手作りの絆創膏なんて、嫌ですよね?」
「とんでもありません、ありがたくいただきます」
「じゃぁ、これ、私のメルアドです……」

こうして彼女と僕は出会ったのであった。



199 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/27(月) 04:42:09
残念ながら一次落ちです。

200 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/27(月) 09:22:15
(´;ω;`)

201 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/27(月) 10:16:16
>>200
泣くなw
自分だけかもしれないが「絆創膏職人w」
て少し吹いたぞ

202 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/27(月) 11:44:33
「うわ……凄い傷ですね」
「この傷の数だけ僕は本を読んでます」
「よろしかったら、今度舐めてあげましょうか?」
「え?」
「私、趣味で切り傷を舐めているんです。あ!」
「どうしました?」
「見ず知らずの人間の唾液なんて、嫌ですよね?」
「とんでもありません、ありがたくいただきます」
「じゃぁ、これ、私のメルアドです……」

こうして彼女と僕は出会ったのであった。

203 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/28(火) 23:17:36
おいおまいら

もう許してやれ

204 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/29(水) 22:55:36
年賀状……がめんどうだ(´;ω;`)



205 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/29(水) 23:00:07
慣れ合おうとすんなよ、顔文字うぜえ

206 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/29(水) 23:55:33
争うなよ

年賀状なんて一枚しか送ってないよ><

207 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 00:30:03
ここで話す話題じゃないだろ、板違い

【話題】年賀状、もう出しましたか? 仕分け作業追い込み
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1293504644/

208 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/30(木) 01:37:56
>>206
その一枚を誰に送ったのか。

209 :名無し物書き@推敲中?:2010/12/31(金) 23:32:13
>>208
去年の年賀状のお返しで小栗旬に送った

210 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 00:09:54
この賞が欲しい。だが文学の美とはなんだ?

211 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 01:14:26
人が生きることとか?

212 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 11:40:53
うーむそれも美の一つだな。

213 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 15:20:03
素で、人々の生活を描くってのが、近代小説の基本かなと思うのだけど、
もはやバルザックのような古典的なリアリズムでは、今の時代は描けないと思った。
逆にリアルじゃなくなるみたいな。

前の受賞作の「朝が止まる」に対して、
「とらえがたい21世紀の世界のリアリティを少しでもとらえようという現代文学としての意欲を感じた。」
って田中和生が書いてるけど、「二重目覚まし時計」とかどうやったら思いつくんだか。

214 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 16:30:41
そうなのか。でもそう言うときは普遍的な物を書けばいいんじゃね?
21世紀にこだわるから21世紀が見えなくなる

215 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 17:55:37
普遍的な物って何さ? 親子の愛情? 青年期の苦悩?

たとえば、今こうやって匿名掲示板で、見ず知らずの相手と議論するのが、
現代という環境だろ。ある意味、簡単につながれるわけだよ、同じ趣味の相手と。

技術の進歩で、コミュニケーションのあり方が変わったってこと。それで人々の意識も
変わったはずで、でも、もちろん変わらない「普遍的」な物もあるのだろうけど、
何をどう書けばいいんだ。まとまりなくてごめん。おっしゃる通りだと思うけど、
なかなか書けないのだよ。

216 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 18:20:31
たとえば食欲、たとえば性欲、たとえば睡眠欲。

ンでもってたとえば食欲でも今の食欲と昔の食欲と明らかに違うなってわかったら

それが今を描くヒントになるんじゃね?

217 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 18:41:55
普遍的おちんちんを描くのだ。

218 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 19:12:17
三田誠広は「女だったら初体験、男だったら初インポ体験を書けば文学になる」
なんて創作講座で言ってるけどね。
そもそも最近は、30歳童貞なんてのも多いわけで、つまり、読者の側も変わってきていて、
共感のポイントも変わってきてるんじゃないか、と。早い人は早いって言うし。

あー、だから、普遍的おちんちん問題って何だ? 妊娠小説なのか。

まぁ、とりあえずヒントにはなった。ありがとう。

219 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 19:14:27
この賞は現代を書かねばならないのか?

220 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 19:48:16
そうとも限らないけど、現代社会に対する批評性のようなものは求められるんじゃないかな。

選考委員の松浦寿輝は、
「頭を掠めたことがそのまま外に「だだ漏れ」になってしまうこの恐るべき「言文一致」の時代に、
真に個性的な styleはいかにして可能となるのか。」
と募集要項に書いてるけど、要はtwitterみたいなツールのある現代で、
どんなものが書けるのか、っていう問題意識なんだと思う。

だから、「現代を書かないといけない」ってことではないにしろ、
現代を相手にしていないものは、駄目なんじゃないかな、と思う。

221 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 20:05:17
なるほど参考になるよ。有り難う。

222 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 21:50:12
敢えて他の時代を書いて現代を描くとかね

223 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 22:55:47
個人的なことを書いているのに、
聴き手によって様々な解釈で受け入れられる。

という音楽のような文学が書けたらよいなと思ふ。

尾崎豊の「I LOVE YOU」
は本来高校生の恋愛を描いているが、
ラブソングとして普遍的な意味を持つ。

224 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/01(土) 23:02:58
まあ尾崎は普遍かどうかはちょっと俺は微妙だが雰囲気はあるよね

225 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 00:09:05
>>218
あの人、広東包茎っぽい顔してるよな

226 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 00:14:09
微妙だな

227 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 03:33:42
もう下読みさんから通過作品が上がってきただろう。
53回と同程度応募数なら80〜90編ってとこかな。


228 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 12:40:11
今年はダメだな。自分でも手応えがない。

229 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 15:38:33
誰か手応えのある奴はいるかい?

230 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 16:24:39
>>229
手応えはないこともないけれども、何せ文学賞に応募したのも小説を書いたのも初めてなので、なんとも言えないです。
250枚書きあげて、何人かに読んで貰って(気遣いもそりゃあるだろうけど)一定の評価はしてもらえた。

231 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 17:04:05
>>230
ほお、現代を書けたかい?

232 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 17:06:15
>>231
2000年代前半を舞台にしました。

233 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 17:22:29
いやいやいやそう言う意味じゃなく、時代精神を捉えた感触はあったかッてこと

234 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 17:35:58
うーん。時代精神ねぇ。
現代的な人物交流は書けたと思う(具体的にどう書いたかは控えたい)。
人物造型と、構成は、読んで貰った人に褒めてもらえました。


235 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 18:30:29
いーなあ自分は完全にフルボッコだった!

236 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/02(日) 20:04:35
そうかー俺は読んでもらえなかったorz


237 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 04:45:40
松浦寿輝の書くstyleはバルト的な文体の意味で使ってると思うんだけどなぁ。
文章を書くときにラングとスタイルという2つの制約があって、唯一選択的に使用できるのがエクリチュールだけど
現代は、言葉を使用するときに、選択など考えずに、言葉を使うことにたいする畏怖も躊躇も危惧もない。
そんな現代において、書き手はどのような言語世界を創造してくれるのだろ、くらいのことを書いているんじゃないかな、と私は思います。

238 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 05:47:52
ガラケの予測変換に先回りされて組立てられた文体、の失敗作のようなものが最近素人小説に多い気がする
あとネット現代詩畑の連中とか、朝吹も山本浩貴もなんかそんな感じがしする

自分自身の入力パタンに意識的に呑まれにいってる感じの
顕著な症例としてはかなりの長さの複数文節が繰り返しでてくるのと、似たような構文パタンの連ちゃん
入力デバイスがケータイってやつ最近多いの?

239 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 05:55:24
文章修業で筆写とか、最近は流行らないかもしれないが、
現代詩とか美術ひょろんとか写真評論をケータイでにちにち指写(?)して
あるていどストックできたら任意の単語から変換予測機能の補助を受けながら文章作るとかしてみw

シュレレアエズム詩っぽいのの簡易自動生成マシンーみたいになっからw
だんだんワンパターンに陥ってくが、面白いのができウけんね



240 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 06:48:03
>>237-239 6個くらいレスつけたいが1個でやめとく。
バルト的はともかくとして松浦がなんで「style」って書いたか今更気づいたわ。ありがと。

241 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 06:57:22
あとこれも今更なんだが群像って
「最先端にして極北を恐れず!日本語の最高表現を追及する月刊文芸誌!」
なんだな。こんないいヒント、サイトの頭にあったなんて!

242 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 07:40:22
>>234初めて書いた奴はある意味脅威。
こっちが何年もかけて戦略練って少しずつ成長している所へ、ツァーリボンバ落としやがる。

243 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 11:51:04
>>241
編集部はそう思ってるかもしれんが
そういう文章は下読みに落とされると思う


244 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 12:12:28
>>231-232
笑った。落語かよおまえらは。

245 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 14:04:38
>>244
全然おもしろくないぞ

246 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 19:51:18
あの、みなさんは時系列順に書いてありますか?
ある新人賞に応募して、回想などを謎解きのように書いたんですが、書き直そうかなあと思っています。


247 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 20:13:08
>>246
それどこに出したの?

248 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 20:22:04
246です。文學界新人賞です。でも、時系列に直すと、十年も
遡らなきゃいけなんですよ、始めに事件的要素を入れてるのでそうするのが自然だと
思ってました。

249 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 20:24:29
十年さかのぼっても結局分量は一緒になるんじゃないの?
結末を最初にするか最後にするかの違いだけで。

250 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 20:31:43
分量は時系列にすると、もっと長くなるかなあと思ってます。
十年前のことをもうちょっと詳しく書こうかなと。
249さんは時系列とかこだわって書いてますか?

251 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 20:35:33
>>250
俺はあほなんで大体順番に書いてますね、自分で混乱するからw
たまに回想系の話も書くけど、頭に現在を持ってきて、そのあとは時系列。
うまくいってるかはわかりませんw

252 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 20:45:36
250さん
いや、カフカも順番で書いてますけど、まああの人は特殊でしょうけど、
時系列に書きすすめてくのってむずいとこあると思いますよ。だからアホなんて。
たまにって回想系っていうのは、頭に現在を持ってきてこうだった。みたいに
時間が現在に進んでいくってことですよね。単純に言ったら、タイタニック系ですかね。


253 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 21:26:06
>>252
そうです、確かにタイタニック系ですねw
ただ、普段フツーに書いてると大体は時系列になります。
何が良いのかはわからないですね、
視点の変更なんかもやり方によっては大失敗につながるし。
まあそんなのプロでも迷うとこだろうし、自分はとにかく書きまくるだけです。

254 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/03(月) 21:37:33
253さん
そうですよね。プロでも迷うことでしょうし、失敗しても書き進めることが大事ですよね。
俺も今年は何作か新人賞に応募してみようと思っています。
視点の変更むずいですw
でも書かないと仕方ないですものね。

255 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/04(火) 19:15:02
とぼけた遣り取りすんなよう〜
文学が時系列で展開するなんてありえないだろう。
そもそも文字を使って表現してんだぞ、なんで文字で表記しなければならないのか、
もっと、原点にかえって考えろよ。
当たり前の結論:文字言語での表記を試行していく限り、時間の概念は存在しない。
(次元が違うのよ〜)

256 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/04(火) 19:25:49
>>255
文字でも当然、時間の概念は存在するよ。
その言い方だとストーリー、構成という概念を一切否定することになる。
あなたの考えは机上の空論で、実作には何の役にも立たないものだよ。

257 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/04(火) 19:53:53
音楽と踊り以外の芸術に時間の概念は存在しないと思う。
そもそも議論の土台があやふや過ぎてこれじゃあまともな結論が出ないでしょ。
時間の概念というのがどういうものなのかって各人で揺らいでいるのではどうしようもない。


258 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/04(火) 20:01:50
>>257
ここでの「時間の概念」があなた以外には共有されているからこそ、
上では会話が成立しているんですよ。勝手に揺らいでることにしないでください。
語っている次元があなた一人だけ違ってるんです。

259 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/04(火) 20:03:23
>>257
でも興味深い話だから、もし暇なら
時間が音楽にあって文学にないと考える理由を教えてほしい。

260 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/04(火) 21:29:57
1Q84でもあったけど、時間の概念は必ずしも、存在しないと書いてた。
人間の時間の概念は直線的ではないと

261 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/04(火) 23:45:08
>>259
なんだそりゃ。それは当然でしょう。
寝てるときに時間を感じますか?
「現在」以外の時間があると言い切れますか?
そんなのは認識の問題だしいくらでも遊べる。
ここでは「時間」自体の存在の有無まで戻るんじゃなくて、
「時間」が音楽にあって文学にないと言った理由を聞きたいんだけど

262 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 00:29:55
単純に考えようよ。観る側、聞く側はそれがつまらなかったら、陳腐かもしれないけど
それが永遠に感じられたとかあるでしょ。やってる方も演奏者とかも、そうだと思うよ。場面とかに
よって。それは当たり前でしょ。
さあどうして文学にはないんでしょうか


263 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 01:01:07
>>262
文字でも、読む側が長く感じたり短く感じたりするのとどう違うんですか?
書く側もそうでしょう、一気にいけるところといけないところがある。
あなたの指摘する点は音楽と文学に共通ではないですか?

違いがわからないのならわからないと言って下さい。


264 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 01:13:41
だから
さあどうして文学にはないんでしょうか
って言ってるじゃん

265 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 01:29:07
259さん
言いたかったのは、時間が人間の認識だけで進んでるってこと。わかってると思うけど、
かもだからいつまででも遊べる。そういう可能性は孕んでる。でもそれを遊びで使いこなせる
のなら、文学を簡単に使いこなせるんじゃないかなあと思う。
ってことは皮肉なしに、最終選考とか残ったりするんじゃないかなあと思う。

266 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 01:30:28
255だけど・・・
ここまでの経緯、論点じゃなくて観点が違うのよ。
時間は非可逆性なの。
文字列は行ったり来たりが自由でしょうが。
だから、文学は作品としての形態を保持できてるんでしょ。

267 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 01:47:59
255さん
行ったり来たりもできるのは音楽も一緒ですよ。ライブは一発限りだけど。
形態を保持してても、小説全体のフォルムが整っていたり、壊れてても、魅力的な形じゃないと、やっぱいけない
と思う訳。だから文字列を行ったりきたりする読み方もあるにはあるけど、やっぱ自然な読み方は
読み返すことはあっても進んでいくっていうのが基本だから、時系列にこだわった。

268 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 12:20:48
音楽は時間芸術という常識的な定義の話をしてる人と
それと関係なく日常の話をしている人がいるな。

269 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/05(水) 15:40:23
交通整理すると、254までプロットの話で、255(238の人?)が意図的にずらして、
256(文体研究の人?)が噛み付いて、257(237の人?)もずれたほうに参戦して、
260も加わった、ってとこかな。

270 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 02:12:06
>>246
David Lynch監督マルホランドドライブ見るべし。
時系列めちゃくちゃ。おれはこれ小説に採り入れた。
成功しているかわからん。

けっきょく、すぐれた立体物の造形が往々にして
どこからみてもすぐれているように、
まあ意図的にバランス崩しているのは別だが
時系列でも、時系列が倒置していても
そんなすぐれた立体物と同じであればよいのではないかと思う次第。

271 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 03:40:44
正攻法で行きましょうぜ。

回想形(回想系?)ってのは、言ってみればRPGで最初レベル99の場面を見せられて、
その後レベル1からやらされるような、徒労感があるんだよね。
RPGってのは、もちろんビルドゥングスロマンだけどね。

つまり変化のプロセスを描いていく、ってのをやりたいが、なかなか進まないや。

272 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 03:48:57
文学なんて平行世界から現在が過去に影響を及ぼすような作品まであるんだし、時間が
どうとか一概に言えないでしょ
ハイパーテキストもあればゲームブックみたいに読者が結末を選んでいく小説だってある
んだし自分の書きたいものに応じた時間軸や時系列や時空間が適切に選ばれてるかどう
かじゃないかな
仏教なんかじゃ時間があるんじゃなくて時間を観測してると思えてる自分がいるだけだし
読書があるんじゃなく、そもそも読書してると思えてる自分があるんだかどうなんだか

273 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 04:51:41
いや、だからRPGの例えを出したのは、読者にとって時間が前へ進んでない感じは、
退屈だし一般的じゃないってこと。

一般的なミステリーだと、事件があって、謎が提示されて、それが解かれていくって形式で、
つまり読者が、誰が何のためにそんな事件が起こしたのか、っていうのをページが進むごとに知っていくわけじゃない。
それは倒置だけど、読者にとっては、作品世界が広がっていく(謎が解明されていく)という意味で、
プロットは前に進んでいる。言い換えれば、作品世界の時空間が広がっているよね。
だから、「誰が何のために殺したか」が最初から明かされていたら、誰も読まない。死体だけ出る。
(古畑任三郎とかコロンボみたいに、心理プロセスを楽しむっていう例外はあるにしろ。)

そういうのと同じで、回想形は、時空間が広がっていく楽しみがない、という欠点があるって言いたいわけ。
>自分の書きたいものに応じた時間軸や時系列や時空間が適切に選ばれてるかどうかじゃないかな
というのはそうかもしれないが、話を広げすぎ。

274 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 12:44:15
>>273
お前が回想が嫌いだからそれに理由を付けてるだけだろ
一次落ちのレベルで自分が正しいと思い込むってのは病気だぞ

275 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 12:46:17
回想シーンのない小説なんて皆無だと思うが
書いてる本人がそう区分してないだけで

276 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/06(木) 13:36:23
古畑任三郎とかコロンボは例外じゃなくて、
王道の手法と思うぜ。
最初にやった人は偉いが。
待てよトルストイでもそんな作品なかったっけ?

277 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 22:08:07
青木淳悟「私のいない高校」群像二月号p.82に
「キャナルシティから太宰府までは一般道でも十五分
程度で到着した。」とあるが、実際は三十分以上かかる。

278 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/14(金) 23:20:50
編集部から電話来るとしたら三月か?
長いなぁ……

279 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 02:28:00
青木淳悟、年末のツイッターで、二、三年前に下読みした作品をコピーしたことを懺悔してる。
250枚だそうだが、まさか群像じゃないよね?
描写が気に入って読み返すらしい。
落選しても多少の励みにはならね? 交通事故で友人を亡くした話らしいから、おれではないんだけど。

280 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 02:31:27
あ交通事故じゃない。どっから出てきたんだ交通事故w
友人を悼む青春小説。

281 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 02:40:24
>>273
少しコンサバすぎねえか?起承転結のかっちりしたものがすきで安心するって嗜好を万人が持ってる
のが前提にないか?
机の上の書類がななめになっているのえ気になるんじゃ?
ぶち破れ!突き崩せ!そして消えてなくなった・・・あ 漏れの作品・・・(涙)

282 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 03:19:51
>>273
三月って長いよね

283 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 03:33:13
回想してもいいじゃん。がちがちより。
時間の転移があった小説なんてかなりあると思うよ。


284 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 08:52:02
>>278
2月下旬じゃなかったっけ?

285 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 17:30:10
>>284
その時、連絡来るってこと?

俺もう次書いてるよ。

286 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 17:31:08
>>284
中旬という話もある。

287 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/15(土) 17:44:09
純文系のって
三月に集中してるよね。っていってもすばるはちょっと違うか。

だから、ここは結構準備して書いてる人多いのかな。

>>286
中旬か。
もう少しだね。

288 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/16(日) 07:31:39
(かの有名な)横ちゃんは2月24日の夜に
講談社から、通知の電話をもらっているな。

289 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/17(月) 23:33:53
横ちゃんというと
横溝正史か

290 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/18(火) 03:30:35
違うよ。ぐぐった。
横山剣(クレイジーケンバンド)がベストアルバム発売した日。

291 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 16:37:46
今回の芥川賞どう思う
自分はどっちも面白そうだと思った

292 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 18:36:31
掲載されたら読むけどもまだわかんないな
両方かなり違う楽しみ方ができそうだけど

293 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 19:23:44
お前等一次落ちの作品が掲載されるの?w

294 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 19:45:51
日本語の分からない子が来ちゃったのか

295 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 21:43:29
重症だな…… 冥福を祈る

296 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 21:48:33
まあいろんなやつがいるからな

297 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 22:03:31
大腸菌みたいな野郎だな

298 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/19(水) 22:32:13
重症というか、手遅れだろw

299 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 19:47:53
文学界を立ち読みしたら、最後のページにKAGEROUへの痛烈な文句が書いてあった

300 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/20(木) 22:34:43
>>299 なんて書いてあったん? おれも立ち読みしてくるよ

301 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 00:49:02
>>300
あれは「タレント本」だとばっさり
あれで大賞とかあり得ない、文学なめんな
ポプラ社には優れた編集者が多数いるのに、今回は利益に目がくらんだ上の人間に
従わざるを得なかったんだろう、それは本当に気の毒だ
これに便乗する出版社が出ないことを祈る

うろ覚えだけどこんな内容
いやー頼もしいっすねえ

とか言いながらも自分はKAGEROUを立ち読みして、醜い嫉妬心を抱きたくないばかりに
「へえ、思ったよりはマトモな文章じゃないか」と懸命に肯定して自分を納得させようとしてたw
これで心のしこりが取れた!文学界サンキュー

302 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 01:41:04
>>301
それは醜い嫉妬心なんかではなくて、
あなたが正しい批評精神をもっている証拠です。

303 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 01:57:35
文学界やるじゃん
群像でも一発ガツンとやって欲しいもんだ

304 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 11:25:34
KAGEROU売れてるの?

305 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 13:28:55
最後のページって匿名の人のコラムのことかな。

306 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/21(金) 23:22:25
>>304
70万部とか売れてるんだから10万部でヒットの文学界では大ヒットです

307 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/22(土) 22:35:01
KAGEROUに嫉妬するより芥川賞受賞作とかに嫉妬しないのか?
そのへんの意識の弱さがわからん。よくへらへらして読めるよな
どっかでまだ他人事じゃないのか?自分が書く、自分がやるっていう意識ないの?


308 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 00:47:19
>>307
KAGEROUに嫉妬するというのは語弊があったな
嫉妬するのがイヤだったというよりは醜い偏見を持って見たくなかったということだ
疑念はもちろんあった、今でもある、けど一作品としてどんなものかは興味あったからね
ただへらへらして読んだつもりはない

というか芥川賞受賞作に嫉妬してどうする?それこそ醜い嫉妬だろうが
今回の芥川賞は両方とも純粋に面白そうだと思ったし、
審査を勝ち抜いてきた作品は敬意を持って読ませてもらうよ
もちろん自分なりの評価はさせてもらうがな

309 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 12:11:29
スポーツでもそうだけど、どっかで感性至上主義というか、楽しんでる人間が一番強い
みたいな信仰がはびこってるよな
別に>>308個人がどうこう言うつもりはないけど、殆どのヤツまだまだ本気じゃないだろ?
つーか、一度でも小説に本気になったことないんじゃなかろうか
作品はおろかニュース見るのも嫌になったりすらしない、そんな他人事のヤツが
書いた小説なんか何にも心に迫ってくるものがないと断言できるわ
技術論とか他作品云々語る前に、書かずにはいられないモノを一つでも見つけろって話
水嶋ヒロに嫉妬しそうという時点で「作家」という肩書きに甘い夢見てるだけだとわかる

310 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 13:16:44
ほう、まあわかった
ここで議論する気はない

とりあえず書くしかないって話だ
てことで執筆に戻るよ
コメントくれた皆ありがと

311 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 14:20:00
もっと非難されるかと思ったのに
まあつべこべ言わずに書くしかない。その通りそれだけ
百年千年先の人間の心を打つようなもんを目指せよってこと
たかだか志望者のくせに小手先芸や内輪の話ばかり。つまらん。だからどんどん矮小になってゆく
何か語るなら、どうせ志望者なら、もっと大それた話ぐらいしてみせろってことだよ


312 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/23(日) 16:23:30
>>301
しかしポプラもコネ疑惑と外国人枠持ってる文学界に言われたくないわな

313 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/25(火) 01:32:49
水嶋の作品は普通に面白いよ
エンタメとして読むには問題無い

314 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/26(水) 23:36:07
本が出せたという一点で
市橋すらうらやましくなってしまう自分が嫌

315 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 00:43:50
えっあいつまじで出すの?
ずうずうしいなあおい

316 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 00:50:37
出たら間違いなく買うわ。

317 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 02:45:03
amazonで堂々の一位だなw
まあこれだけの有名人で、衝撃的事件で、TVで宣伝しまくれば当たり前っちゃ当たり前だが
さようなら、きことわw

318 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 06:24:30
ここ一次はいつ発表?


319 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 06:36:45
そんなことも知らないのに応募したのかよ

320 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 13:04:42
最終候補者への連絡は、二月の中旬、週末辺り?


321 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 13:52:34
群像5月号(4月7日発売)に、一次通過、二次通過、最終候補が全部載る。
もっとも、その頃には選考会も終わり、受賞作が決まっている。

最終候補の連絡は2月の中旬から下旬。21日の週が本命で、14日の週が対抗かな。
2月23日が大本命と予想。
ここは評論もまだやってんだっけか。評論の最終候補連絡は1月中との話もあるから、
評論で応募した人は今から心の準備をしておくべし。

322 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/27(木) 21:27:03
>>321 親切な回答ありがとう
あなたにいいことがありますように

323 :名無し物書き@推敲中?:2011/01/29(土) 20:25:30
最終の連絡は、中旬の木曜、二月十七日と予想。
唯一のソースの二月二十四日は木曜じゃなかった?
曜日は関係ないものかな?

自分は、中旬から二十四日くらいまでドキドキ
していようと思う。

324 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 12:52:53
あれからもう3ヶ月か。早いなあ。

325 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 22:50:18
このスレのおまえらは周りの人間に小説書いてるって言ってるの?それとも隠してる?

326 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 23:02:51
オレ実は小説書いてるんだけど誰にも言わないでね、って言ってる。

327 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/01(火) 23:57:28
書いてることは5人くらい知ってるけれど、
残念ながら、今まで一度も
「読ませて」
と言われたことがない。
興味がないのさ。俺に。あるいは小説に。

328 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/02(水) 08:17:32
>>327
「読ませて」

329 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/02(水) 08:53:28
>>328
(/_;)

330 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/02(水) 11:34:42
多分誰にも知られていないと思われる。

331 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 20:11:53
電話来なかったらどうしようといまから不安に慄いている
アレが通らなければ何かいても通らない気がしてならない

332 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 20:30:02
大丈夫、それをあと5回繰り返せれば必ずなにかに引っかかる
プロデビューしたら、それをあと50回繰り返すんだ

333 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/03(木) 22:34:19
最終候補作が決まるのはいつなんだろう。
連絡がいく直前?

334 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 04:10:21
おれはもうオッサンだから到達地点決めて書く気持ちが薄まったな。
受賞っていう突発事故って、歩き続けるやつにだけ、向こうから勝手にやってくる。
勿論、趣味レベルに下がらずに続けなきゃならん。

335 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 05:45:02
>>325基本的に隠したいんだが、会社の上の人から、
昇進の契約断る理由を問い詰められて、恥ずかしかったけど、話しちゃった。
で、こないだそのお偉いさんと久々に会って、今度読んでみたいな、って笑われながら言われて、
愛想笑いで応じたけど、
お前が想像する以上のことにこっちは取り組んでるんだよ、っていう鼻息荒い部分と、
果たして本当にそうか?っていう自己客観視がしばらく交錯したな。

336 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 10:24:38
>で、こないだそのお偉いさんと久々に会って、今度読んでみたいな、って笑われながら言われて、

そのうち書店に並んだら連絡しますよ。
と俺なら笑い返す。

337 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 11:27:11
いざ読ませてと言われると、
自信がないな。

338 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 14:46:13
>>335
>昇進の契約断る理由

小説書いてたらなんで昇進断るの?

339 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 19:53:35
そりゃ時間なくなるからだろう

340 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/04(金) 23:52:27
昇進つうか・・・、バイト君達をまとめる契約社員みたいなとこから→正社員、
ってこと(このご時勢に非難されそうだが)。
ただ、ブラックとまでは言わないが、お偉いさんの理不尽振りがパない、らしい。
代わりなんかいくらでもいる、ってタイプ。何人も辞めていったのを見た。
ここの皆もそのくらいの苦労はしてるだろうけどね。
書く時間なくなる。下っ端のおれでさえ33時間働いた経験ある。
労働法的にヤバイから出勤記録を翌月に回されたこともある。
でも、  ごめんちょと続けたい。

341 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 00:11:52
でも、おれが信頼してるやつから、それ甘え、って言われたこともある。
時給じゃなく社員の責任負って働いてみなよ、絶対に書くって意志あるなら、
どんなに時間奪われても書き続ける筈だぜ、って。
それはそうかもしれない、って思った。
でもだ(二回目)。
長くなるからかいつまんで言うが、
安定した給料の世界での安住、に傍目に映る場合だってあるだろ?
ま、いいやここで伝わらなくても。すまん。思い出して熱くなった。
信頼してるやつとの信頼は続いているが、そいつ、最近書いてない、
って言ってて、なんか少し寂しかったな。

342 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 03:46:10
チラ裏鬱陶しい

343 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 15:50:15
今更だけど、ここって過去、100枚前後の受賞作ってないかな??
文学界用に書いてたやつ、こっちに応募しちゃったんだ。
作戦変更で120枚。群像からだって芥川賞候補を出したいと思ってさ。

344 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 17:05:28
それくらい自分で調べろよと思う

345 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/05(土) 19:49:10
シルエットは100枚くらいだった気が
でもあれは優秀賞だったかな

346 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/06(日) 03:51:43
>>343
作戦失敗だろそれ

347 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 22:41:34
今頃はすでに一次はもちろん、二次も絞られ、最終選考中ってことか?
一次二次のみ通過は連絡なく誌面発表、最終選考の1作品もしくは2作品の作者にのみ
連絡がくるってことか?

348 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 23:06:50
一次二次も終了で、最終選考1から2作に絞り込み中、その1−2作品の作者にのみ
今月中に連絡がいき、残りのひとは五月の誌面で自分の名を見つける、そういうこと?

349 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 23:07:49
ごめん347/348間違えて2度同じカキコしちゃった・・・

350 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/08(火) 23:11:50
まじでか?

351 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 07:31:42
最終候補はもっと多いんじゃないの?

352 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 07:41:17
>>348
お前紙面見たこと無いだろ

353 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 15:38:01
五作品くらいじゃなかった?

予想では来週か再来週中なんだよな。


354 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 15:39:07
最終候補というか1、2作ならもう決定じゃないか

355 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 17:53:12
何か今からそわそわするんだよね。
いや、自分に連絡くるわけないとは思うんだけど。

356 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 17:54:51
俺もこの時期はそわそわする。
今回は間に合わなかったけど。

357 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 20:16:47
今回以上のものは書けない自信があるので
いまからドキドキです

358 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/09(水) 22:23:45
>>356
いや、おまえはそわそわしなくていいだろう

359 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 15:06:41
二次通過って、何作品くらいだった?


360 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 15:21:45
>>359
二次通過は30くらい
三次通過は10くらい

361 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 16:00:45
360さん、ありがと。
今頃は、十作品残ってるのか。


362 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 17:49:33
多分 バレンタインデイに連絡くるよ
どうせ小説かくやつは素人童貞だから喜ばせようと嫌味な演出を編集部は考えてる。
その日なかったらもうあきらめる
また来年

363 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 19:44:53
>>362
> どうせ小説かくやつは素人童貞

なんという偏見w

364 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 20:13:47
女性だっているでしょう。
この間の文学界新人賞だって最終選考に残った男性は一人しかいなかったのだから。

365 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/10(木) 21:42:44
だから、公募通る命なんかい?
プロになりたいんかい?


366 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 10:55:50
>>365
??

367 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 12:11:26
この三連休で、群像編集部は残った原稿を持ち帰って、読み込んでくるのかな。
自分のが含まれていてほしいが。

368 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 12:42:26
10作品から5作品にということになるのかな?
中旬なら、連休に読み込むかもな。

369 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 23:36:07
最終候補者に電話連絡→書き直し→最終選考という流れで大丈夫?

370 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 23:44:01
大丈夫だから早く寝なさい。

371 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/11(金) 23:49:20
書き直しが必要なのは最終に残らんだろ

372 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 17:32:53
月曜からドキドキだな。
今年はメールアドレスも記入したから、
着信とメールが楽しみだ。

373 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/12(土) 23:54:23
>>372
自信あるんですね。

374 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 00:25:16
>>372じゃないけど本気でドキドキしてる
遺書のつもりで書いた。これ以上のものは俺には書けない
これが落ちたら純文学は諦めざるを得ない

375 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 00:44:44
いよいよだな、
これで駄目だったら次の純文のネタはあるけどラノベにチャレンジするよ。

376 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 10:17:36
俺はむしろ落ち着いてきちゃったな
次別な賞に出すのも書いたしその次出すのもだいたい構成できたし
来年ここに送るのも骨組みあるし

377 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 10:36:18
>>376
俺も同じ状況だ
三月末に出すのももう半年以上前にできてたやつだし
文学界に出すやつもあと推敲ぐらい。
もっとたくさん純文の賞があればな〜


378 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 14:03:43
アンチポッポはライトノベルに行っても一次落ち

379 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 14:19:58
生きてたのか

380 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 14:27:22
>>379
スルースルー

381 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 14:46:08
自分にスルーを勧める一次落ちわろた

382 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 14:50:15
アンチポッポがライトノベルの新人賞スレ荒らしてて
すぐにバレてたから笑った

383 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 14:58:28
そういう事か。
375はやっぱり落選が悔しくて2ちゃんねるで人の悪口を言ってたわけだね。

384 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 17:11:08
実際電話がかかってきたら、後は最終選考の結果を待つだけになるの? 多少の手直しの期間があったりするんだろうか?

385 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 19:38:54
あると言えばあるだろ。テキストデータ送らないといかんし

386 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 23:44:00
みんなには悪いんだが、先週、ついに電話が・・・!


と思ったら、プロバイダーのうりこみだった・・・・

ああもうおれの人生表現の場はないのだな

さまよえる魂は、いったいどこいけばいいんだろ・・・






387 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/13(日) 23:52:08
>>386
いや、諦めるのはまだ早いよ?
明日からが勝負じゃないか。

388 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 08:30:33
>>386
俺にも来たぜ!
しかも散々話した後「すいません。あなたの地域は対象外でした」だとさw

389 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 13:52:47
鳴らない電話・・・・

390 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 14:00:11
鳴るおなか

391 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 14:52:30
連休で読み込んで
今日編集部で話し合って
明日あたりにくるかもな

きてくれ たのむ

392 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 16:20:12
受賞作の掲載は何月号だっけ?

393 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 20:38:04
387 388 ありがとうな、話のってくれて。
そんなことないよ って言ってほしかったんだよおれ、きっと。
その気持ちだけでジーンさ。(/_;)

394 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/14(月) 21:36:37
ミーン

395 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 13:06:17
>>392
たしか4月号だと思った。

396 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 15:40:17
受賞作と選評が載るのは、5月7日発売の6月号。

397 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 22:28:03
今日も電話なかった
死にたい

398 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 22:29:16
だからまだ早いって。今週末まで待てよ

399 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 22:37:27
来週もある。

400 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 22:50:41
実際、電話があっても当事者は書き込まないでしょ

401 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 23:06:55
俺は報告すると約束する

402 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 23:25:12
俺も連絡きた次の日ぐらいにアクション起こす

403 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 23:38:19
俺は電話こないから寝てる
ついでに5月7日の誌面にも名前はないだろう
みんなよくはんばったよな・・・

404 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/15(火) 23:55:18
俺は日頃の行いが良いから残る

405 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 05:59:44
電話来たら報告する。
今回ので、駄目だったら当分書けない・・・・・・。

406 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 06:28:27
おれも電話過敏になったこんな時に、車の保険期間更新やら会社から連絡事項やら、普段ない電話ばかりが (笑)(^ω^)

407 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 09:27:47
今年は横田創の2000年と曜日配列が同じ。これ以上わかりやすい目安はない。

408 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 10:59:22
>>407
曜日ってやっぱり重要?

409 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 12:28:17
横ちゃんの2000年はうるう年。今年は違う。目安にはならんと思うぞ。
土日はないという以外に、曜日の意味はなかろう。

410 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 13:51:15
お前ら、軽いよ。
今回、落ちたって、昨日と同じように、食ったり寝たりできるんだろ。
俺なんて・・・

411 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 15:00:11
すまん。最終候補の絞り込みを間違えて書いてしまった。
10→5じゃなくて
27→5だ。

まあ、今は10以下に絞られてそうだけど

412 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 20:52:40
>>410
俺だって似たようなもんだ
もとから鬱病だし
これでだめなら自殺も視野に入れなきゃいけない

413 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 22:31:06
おいおいおまえらいい加減元気だせよ

414 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 23:44:03
なんすかその本日の営業は終了いたしました的な感じは。
もう蛍の光流れたの?完全に?

415 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/16(水) 23:47:59
明日の予定は
電話待ち&ロト6抽選という
終わってるオレ(無職・鬱病・貯金残りわずか)

416 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 12:33:53
俺は、今週と来週、待つ。

417 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 13:26:50
横田の日って、もう最近じゃ効力ないのか?
まだ全然終わってないと思ってたんだが。

418 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 14:01:44
応募してない第三者から言わせてもらうが、横ちゃんは10年も前だから
確かに古いとしても、まだ全然終わってないと思うぞ。
今週来る可能性は大いにある。最大の山場は来週の半ばだと思うがな。
早とちりはいけませぬ。
来週いっぱい(金曜夜)待って来なかったら、すっぱり諦めるがよろし。

419 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 16:11:12
来週はない。今週いっぱいまで待って来なかったら諦めれ
つーか電話来ても来なくても書き続けるべき。不安に駆られるヒマがあったら構想練れ
立ち止まってる場合じゃない

420 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 16:38:16
俺たちに明日はない
いや、おれは明日がほすぃ

421 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 16:42:38
ここ数年、選考会は4月の第1金曜日に開かれている。
横田氏の2000年については確認できていないが
この年の4月第1金曜日は4月7日。
横田氏の場合、2月24日(木)に最終候補決定。
金〜日曜日の25〜27日にテキストデータを集め
28日(月)〜3月3日(金)に微修正等を行い
土日曜日を挟んで3月6日(月)か7日(火)に
選考委員の手元に届けられた……と推測できる。
ちなみに、横田氏は28日に修正の確認電話があったし、
選考委員に届くのが、ちょうど選考会1ヶ月前になる。

今年は、2000年と曜日配列が同じだが、
2000年はうるう年だったために、
今年の4月第1金曜日は、4月1日になる。

同じスケジュールで作業が進むとすれば……今日だ。
エイプリルフールに選考会を開くのも、なんて考え
今年に限って第2金曜日にするなら……24日だろう。

422 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 17:18:07
今日なのか。こいつは知らんかった。超絶だんぼ

423 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 18:27:14
私としては、来週ではないとしか言えません。
午後1時より、確認の会議。
17時に一旦、退社。
(休憩、食事等)
19時に再度、出社。
21時までに、該当者に連絡。




424 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 18:31:08
とニートが書き込み

425 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 18:33:00
つまり今日、午後七時から午後九時の間に! ぷぷっ(´ψ`)
引っ張っても来週金曜日までか。
すごいよ まさるさん

426 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 18:59:02
なぜ、そんな情報がわかるんだ?
私は今回初応募(文学賞自体も)なんだが、多分そんなはずはないだろうとは思いつつ、そわそわしている。

427 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 20:07:00
まあ、あれだよ。
毎年違った日程だろうし、読み具合もあろうし、
今年がすでに終わっていようが、まだ最中だろうが、
なにひとつ
過去のデータなんて参考にならん。

428 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/17(木) 22:02:13
メール来たよ♪










講談社からじゃないけど

429 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 12:42:58
連絡、来なかった・・・
これからハローワークにいく。
マジ、健保と年金に加入できるところに就職したい。
小説家になる夢。経済的、精神的に放棄するしかない。
ここのみんなは、がんばってくれ!

430 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 12:53:05
働きながらでも書いてる奴だっているんだ
自分のペースで目指せばいいじゃないか

431 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 13:46:17
つうか、来週ぐらいだろ。なぜ真剣に今週だと思うんだ?

432 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 18:51:41
電話キタ




照れ屋なのかワン切りしやがった
まったく編集ちゃんったら♥

433 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 19:54:14
今日は芥川賞の授賞式だから、ない。
明日、会議。

434 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 23:04:12
別のとこの賞で一次発表があってそこは通ってた!
こっちも通って電話が来ますように……

435 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 23:11:11
来週の半ばぐらいだろ。

436 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 23:11:37
>>434
太宰?

437 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/18(金) 23:47:30
>>434
おめでとう。

438 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 00:02:03
土日って完全にないの?
社会人にも連絡とったりするんだから、
土日の方が良さそうなものなのにね。

439 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 00:06:49
そりゃ連絡はつながりやすいだろうけど、
向こうも社会人だから土日は基本休みだろう。


440 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 00:07:12
向こうだって土日出社したくないだろ

441 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 00:11:29
太宰はここの後だろ!

442 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 01:13:06
>>441
そうとも限らない!

443 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 13:14:51
火曜まで待つ。根拠なし。ただ何となく。

444 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 19:42:47
443は、俺は火曜まで待つ、ということね。

皆さんは、どう?

445 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 19:45:15
待とうと待つまいと同じだと思うが
何のアクションを起こせるわけでもなし

446 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 20:35:24.37
そんなことはない
電話を受けたときのシミュレーションとかいろいろある

447 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 21:21:57.38
せめて来週いっぱい待ちましょうよ

448 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/19(土) 23:19:38.17
俺の作品のタイトルは「単純な暴走の逆行」だ。
憶えておいてくれ!

449 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 00:10:23.97
ラノベみたいなタイトルだね

450 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 01:01:03.16
>>448
あんまりそういう情報を書かない方がいいと思うよ

451 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 14:07:24.41
個人的にリミットは25日。
でも山場は23・24日だと思ってる。
根拠はないけど。

452 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 15:40:46.35
>>450
どうせ落選だろうから問題ないよ。
それよか、448さん。
そのタイトル、選考員に読んでもらう気あるの?
なんか息が詰まりそうだよ。
因みに、俺の応募作のタイトルは「お喋りな陰唇」だ。



453 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 17:24:00.55
マジかよ。ずいぶん思いきったな。
おれの応募作のタイトルはこう。
『尻毛をむしって書いた遺書:勇気さえあれば受け入れられる仮説だ』

454 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 17:31:16.22
おれは「むらまん−白い鯛の悲劇−」
けいおん!とだむかんを参考にした

455 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 18:31:11.27
「濡れ濡れの穴」

どうかな?だめ?

456 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 18:33:40.32
「絶倫婆、抱きしめて寿命まで(糖尿)」
俺の渾身の一作だ
糖尿になりかけた実体験が反映されている

457 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 18:35:21.74
ネタと言ってくれ。

458 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 18:41:34.81
それじゃ おれが書いた 「人妻のにぎりっぺ」 が、霞んでしまうぜ

459 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 18:56:30.52
>>454
拙著「びん☆かん!」っとちょっとかぶるな。。。
ペニスが敏感な老人の話なんだが

460 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 19:30:55.62
よし、おまいら
そんだけ元気があれば大丈夫だ
今年も応募しような

461 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/20(日) 23:06:30.41
明日から地獄の一週間か……

462 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 01:01:51.67
help me

463 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 04:36:08.93
早起きしたぞ。おはようさん!

464 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 18:36:13.99
電話がない……

465 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 20:21:17.78
電話機がないのか電話連絡がないのか

466 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 20:52:08.31
もしもし、あなたは2000作品の中から選ばれました
つきましては出版に際しての保証金を……

467 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 22:09:39.19
校了日はいつなんだぁ!?

468 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 22:12:18.99
>>467
http://ad.kodansha.net/schedule.php?id=48

469 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 22:36:35.88
どうやら今日はもう電話はないようだ……

470 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 22:40:18.99
まさかメールか!と思いソフトを立ち上げる
「高画質無修正DVDを格安販売」……死んでしまえ……

471 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 22:53:44.16
連絡あったヤツって、あんがい、つ言ったーで喜んでるもんだよ。
えへへ

472 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 23:13:15.03
頼む、最終選考に残ったとの電話来てくれ
オレに生きていていいと言ってくれ……

473 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/21(月) 23:45:31.07
>>471
確かに、ツイッターで検索かけると、出版社から電話あったってのちらほらあるな。まあ、バイトとか入社試験の可能性も高いけど。



474 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 11:14:57.12
だれか、編集部に電話して訊いてみてくれ。
「電話もらったものですけど、作品のUSBで送ればいいんですね?」って、
「しばらくお待ち下さい。今、担当に代わります」って言われたら、電話を切れ、
既に、電話連絡はオワタってことだ。

475 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 11:32:57.38
おまいがやれ

476 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 11:34:40.15
たしかにそれなら確認できるかも、しかし、そこまで悪知恵が働くなんて、君、小説かけちゃうかもよ

477 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 13:35:59.24
>>467
いまいち見方わからないけど校了日2月14日てこと?
そうだとしたら電話もう済んでるっぽいよね

478 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 14:13:39.55
>>477
予選通過発表は5月号だよ

479 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 14:57:43.65
>>478
そっかありがとう!
校了日の翌日電話って噂がどっかであったけど、
それなら三月になっちゃうし、違うっぽいね。
とりあえず今週でだめなら次いきます。

480 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 20:58:09.65
電話あったと思ったら
若者自律支援センターからだった

編集部様お願いします電話ください……

481 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/22(火) 21:21:10.04
横ちゃんの日は明後日だよ。

482 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 01:47:59.58
大丈夫、ここで心配しているやつの99%以上が電話がこない。


483 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 03:04:22.05
白黒はっきりさせてもらいたいわ。パンダみたいに。

484 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 03:27:09.04
黒です

485 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 07:19:26.48
電話がくる夢見たわw
もはや病気だな……

486 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 10:21:10.02
423です。
待ちながらでもいいですが、今日、一日を無駄にしないことです。

487 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 11:37:20.14
講談社社長交代するね。
選考には関係ないだろうけど。

488 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 11:40:16.33
>>486
そんな……先週でもう終わっていたなんてズバリ言うなよ……

489 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 13:22:13.37
残念だけど、日程的に考えて連絡は先週だっただろうなぁ。
これから連絡するとなると、いくら何でも時間がないと思う。

490 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 15:40:11.47
四人中、最後の一人が、今夜らしいぞ。

491 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 15:45:58.76
先週に連絡済だとすると
19か20に担当と面会できるやつは面会
今週中に直し
28日には提出
3月上旬には各選考委員へ。

無理のない流れだと思うが。

492 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 16:24:52.51
選考会が4月1日(金)なら先週だろうな。
けど4月8日(金)なら、今週の可能性も残ってる。
選考会が4月第一金曜の法則が、絶対かどうかだ。

493 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 16:40:16.87
デスノートのきまりの検証みたいになってきたな。

494 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 17:55:37.48
選考会は4月7日直前の月。2008年は3月中だったし

495 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 18:01:57.90
つまり遅くても明日あさってまでだな
ニタニタ(・∀・)

496 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 18:08:50.19
2008年の電話連絡日は、藤田某氏のブログによると21日らしいから、
先週ってことはないんじゃ?だから明日1日諦めんな

497 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 18:56:16.14
496さん
あんた、連絡もらったね♪

498 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 19:04:52.46
>>497
なんでわかったんだ??

499 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 19:30:00.79
そうか、そういうことか。

500 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 20:06:30.30
500げと

501 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 20:31:38.53
今年もだめだったか……はあ

502 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 21:16:23.80
この浮いた駄作をどうしてくれるかねぇ

503 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 21:52:33.78
それをほんとうに駄作と思うのなら綺麗に捨てればいい
まだ何か未練があるようなテーマなら内容を吟味して鍛え直せばいいだけの話だろ
つーか、最終に残った程度じゃ喜べんよ

504 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 21:55:43.13
結果がすべてだよな、相手にされなきゃいくらきれいごと言ってもはじまんないよ。
でもみんなは、なにかを表現すること、あきらめきれるもんかい?

505 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 22:02:24.86
あきらめられたらもっとまともな人生になってるよ
ちくしょう

506 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 22:25:53.52
今日も電話はなかった
そしていつの間にかスレはお通夜モード

死のう。あの作品で通らないなら俺に出来ることはもう何もない

507 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 22:27:41.67
また明日会おうぜ。

508 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 22:29:01.07
もう落選作はどんどん晒していこうと思う。
五月頃に晒すので感想くれ。

509 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 22:32:26.51
男なら使い回せよ!

510 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 23:31:01.79
どこに?

511 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/23(水) 23:32:43.24
女だから使いまわさん!
アリの穴に晒す(°皿°;
もう怒った!
感想頼む。

512 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 00:24:30.05
今日で完全に終了?

513 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 00:34:42.87
終了。成り上がり作戦失敗!!

514 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 02:16:01.00
講談社は野間ぼっちゃんの社長就任けてーで
今日前後2週間は
機能停止 機能不全 突然死 脳波停止 状態らしいよ。


515 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 04:06:01.37
駄目だった。次は文学界スレで会おう。

516 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 04:17:20.61
今週末まで待てって言ってたくせに

517 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 07:46:27.60
待つのは自由だよ

518 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 08:22:25.15
私まーつーわいつまでもまーつーわ♪

519 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 12:00:31.41
今年の選考会の日程だれか分かる?

520 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 20:19:38.67
今日も電話がなかった。おかしい

521 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 20:56:45.17
睡眠薬とアルコールの準備はできた。これから二週間ぐらい飛ぼう。

522 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 21:08:45.64
これからまた作家になれなかった一年が始まると思うと
胃がキリキリする

523 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:06:44.54
終わった

524 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:17:57.36
こねえ

525 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 22:26:45.83
今年も駄目だった。

526 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:03:26.46
絶望

527 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:05:59.22
何もする気が起きねえ。

528 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:07:48.40
社内の人事でごたごたしているみたいだし、編集長なんかは会議に引っ張りだされて、例年より決定が遅れている可能性だってあるじゃないか。今月いっぱい。せめて明日まで信じよう。俺はそうする。そう思える作品を送った。

529 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:09:51.09
凪より時化より花粉

もう終わった。

530 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:13:07.70
もうしんどくて生きてく気力がねえ。

531 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:16:47.13
魅力のない人間だった

532 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:20:56.87
困難な状況。受け入れられない。激しく取り乱す。

533 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:29:41.72
ないないないない電話がもうないんだ、永久にないんだ

534 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:30:38.05
苦しみだけ。苦しむだけ。

535 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:31:19.76
途方もない。能力ある人はあっさりと。悲しい。

536 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:32:14.19


537 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/24(木) 23:41:38.02
いっそ浣
やけくそで姦
もうおわたおわたで棺
さいきょうさいあくのはなしとして菅

538 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:02:15.77
体のどこにも力が入らなくてさ。
もうどうにもならない。

539 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:08:22.17
予定も用もない毎日だ みんな笑顔でも死にたい

540 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:12:26.81
芽が出ない

541 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:13:08.79
自信がなにもない

542 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:13:50.74
最初から無理なだけwww

543 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:14:43.49
さあ、今日だぞ。
朝よ来い!

544 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:19:31.08
今日は心療内科に行くんだ
夕方には編集部からの電話があると良いな

545 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:22:34.21
オレにとっては遺書そのものといえるものだったんだ
最終候補にすら残らないなんて信じられない信じたくない

546 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:23:44.20
オレの人生に意味がなかったと言われるのは嫌だ
嫌なんだ

547 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:26:14.96
情けないものだ

548 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:27:05.42
みのほどなんだ

549 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:29:26.82
つらいもんだ

550 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:30:08.76
苦しい

551 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:33:08.02
みのもんたなんだ

552 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:45:57.65
周りから見ればどうでもいいこと
当人にとっては残酷な事件

553 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:50:08.30
応募者の大半が皆そんなふうに思ってるんだからしょーがない。
人生に意味がないなんて言ってないって。
そう狭苦しく考えるのは良くないよ。


554 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:50:27.49
立ち直れそうもない

555 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 00:59:58.17
みんなそのぐらいの意気で書いてるんだよ
自分だけが特別だと思わないほうがいい。


556 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:02:23.22
世間から見たら些細なことでも
本人にとっちゃ生死のかかった勝負。

557 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:03:05.00
負けて負けて負けた。
とてつもないショックだ。

558 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:03:54.19
無能

559 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:06:07.83
希望を捨てたわけじゃないけど、とにかく書き続けなきゃ。
俺は今回初めて応募した。というか小説自体初めて書いた。250枚書けたこと自体びっくりしている。そのあと習作の60枚の短編を2つ書いた。小説も月に10冊は読んでいる。
止まっている暇なんてないんだよ。


560 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:07:01.58
体が重い
どこにも動けそうにない

561 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:22:39.34
なんぞこの祭りw

通らないから死のうとか言う人いるけど
そういう考え方してる限り通るのは難しいと思う
喧嘩を売ってるわけではない
自分自身を含めもう少し色んな事を俯瞰的に見てみてはどうだろう
と思うんだ

そう言う自分も精神科にかかっている、けどそんなことを売りにしたくない
ていうのはかなり強くある
だからこそくじけちゃいられないんだよ
最終選考残ってわーい、じゃなくて受賞したぜ当たり前だろ!
てくらいになれるまで頑張ろうな

562 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:43:10.17
地獄

563 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:46:13.08
苦しくて仕方ない 眠ることもできない

564 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:47:20.25
あたまが働かず胸が重苦しい

565 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:48:31.37
水が胸にたまっていく感じ。

566 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:53:23.85
日々頑固になり劣り続ける

567 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 01:53:45.89
11月から一行も書いてない。
でも応募作書いてたときから次書きたいこと浮かんでいたので、
3月からまた書こうと思う。
またあのプラトーなゾーンから抽出された一文に、おれの中にこんなのあった? 
って驚けるかと思うとワクワクする。
あとおれの好きな言葉は、「明日できることは今日しない」。

568 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 05:58:37.75
「俺にとってはベストな作品だった」
「人生をかけた遺書のようなものだった」

こんなこと考えてるから電話来ないんだよ

569 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 10:22:48.61
新作書いてたが、ぐらついてストップだ。
やっぱ影響受けてる。
しんどい。

570 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 10:24:00.85
しばらく入院するわ。退院する頃には群像の〆切も近づいてるから、せっせとやらにゃ。

571 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 10:26:05.50
本日夕方完全終了のお知らせです。 午後五時すぎに是非鬱憤を書き込んでください。


572 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 10:26:24.33
おまいら、その苦しい思いを小説にしろよ
リアリティのある小説が書けるから

573 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 10:26:46.99
本当具合悪い。投稿したツケだ。予選発表されれば、すっきりして次行けるはず。
執筆中のものが手付かずになってしまう。
自信がないと書けないし、この打たれ捲くりな状況が早く過ぎるように。

574 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 10:28:54.30
虚栄心であれ自惚れであれ、自信を原動力に書いてるから、
それが失われる今の時期は
執筆中の新作がぽきっと折れて、書き続けられなくなる。

自信ないとこで書けはしない。

575 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 10:46:24.38
自信とプライドだけが唯一の原動力だからな。
そこがくじけると、書いてる途中の作品まで書けなくなってくる。
これが面倒なものだ。

576 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 10:48:05.25
まだ人生は長い。どう盛り返していけるかだが、今の重く沈んだ体と脳を引き上げるのは一苦労だ。
書き続けの小説が放置されたまま。

577 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:07:20.63
調子が悪い。自信がなくて書き続けられない。なにもかもが駄文に見える。
意味がない。
書き途中のものに手をつけられない。
何を書いても無駄に思える。

578 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:08:47.89
世の中には凄い人がいて、凄く書いて
俺がどれだけ日数費やしても、到底何も人に伝えられないまま。
その現実が今だろ。

579 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:10:09.90
生きてくことは苦しい。

580 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:10:56.03
むなしい

581 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:25:10.36
群像新人賞とっても芥川賞候補作はまれ、受賞はもっとまれ、
それで作家として生き残ることはさらにまれ。

難解な純文学の極北みたいな群像新人賞なんか相手にしなさんな。

582 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 11:43:49.81
苦しい思いしてるのが自分ひとりじゃないとわかって
少し気が楽になった。
みんな、次も頑張ろう!

583 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 14:50:51.98
書き途中の新作がまったく手がつけられなくなった。
創造の原動力がゼロ。
どうしてしまったのか、自分で一番よくわからん。

584 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 14:52:00.85
悔しさより呆然とする。いま書いてるやつの続きを書こうとしても書けない。

585 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 15:17:36.28
すっきりしないつらさが延々と蔓延する。

586 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:03:44.23
食事も喉を通らん。三月〆切のが半分ぐらいできてたが、もう書き続けられん。

587 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:13:02.71
今晩 仕事終わったら、また確認するぜ それまで 心の嘆きをいっぱい書いておいてくれ


588 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:13:16.64
苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい

589 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:16:52.10
とりあえず手作りの弁当をもって植物園に行ってくる。
そして欅にもたれながら枯れた花々を見てくることにする。
家にいるのはつらい。

590 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:25:55.80
暗い部屋で一人きり悶々と

591 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:27:36.55
どうにもらなない

592 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:28:29.01
重たいな。書き途中のものも手がつかん。重い。
ぐっとくる。
頭が真っ白だ。

593 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:29:12.07
尾張藩

594 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:45:21.68
脳がにぶくだるい

595 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 16:54:31.60
ここで約1995人の葬式を行うと聞いてやってきました


596 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 17:24:22.08
やるしかねえな。いま書いてるやつが、どうにも停滞しちまうから。

597 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 17:25:08.27
葬式挙げるのは、これからのために良いことだ。

598 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 17:27:02.99
気持ち悪い

599 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 17:28:15.12
やる気ゼロ

600 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 17:32:39.08
植物園やってなかった。orz

601 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 17:51:38.17
ファミレスでコーヒー啜りながら執筆
自分は負けねえぞ

602 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:16:10.75
なんも手につかない

603 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:20:19.77
しばらくぐったりしてたい

604 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:28:44.64
もう無理だ。アレ以上のものなんか書けない
死のう

605 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:35:26.94
終戦記念日・・・

606 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:38:16.09
オレの遺書には何の価値もなかった
オレの人生には何の価値もなかった
全身全霊をかけた原稿を否定されてやっとそれが分かったよ

さようなら

607 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:41:13.05
たかが小説。

608 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:41:30.90
受賞したにせよしなかったにせよ、
今後応募作以上の作品を書かなければならないわけだ。

609 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:43:13.26
力が入らん

610 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:43:40.90
まだだ、まだ土曜日に電話が来るという可能性も

611 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:44:10.09
ゆっくりしか歩けん よくぶつかる 頭が重い

612 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:45:33.19
頭が割れそうだ

613 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:46:37.37
頭が痛い ふらつく 血が滾る

614 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 18:49:23.92
きもちわるい

615 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 19:25:02.39
酒は嬉しいことがあったときに呑むもんだ
つらいときは他にやることがあるはずだ

616 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 19:25:08.87
やばい
オレの人生この先なんにもないのに気付いてしまった
自殺が一番前向きなことにも気付いてしまった
くだらない一生だったなぁ…:…

617 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 19:37:41.80
さて、それでは、皆様お集まりでしょうか?
ただいまより、沈没した1995人の落選死亡者とその原稿の合同供養を始めたいと思います。
進行はあっかんBEI蔵が進めさせていただきます。
 
では、ありがたいお経を読みます。

ざまあああああああああべろべろべろばばばったあああああああ

以上を持ちまして、ありがたいお経はおしまいとなります。
心よりご冥福をお祈りいたいます。
それで、順次、このスレをのぞいた方よりお焼香をお願いいます。

 チーン 合掌


 

618 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 19:48:31.66
いえーいvv見てるうううう?

619 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 19:53:01.85
おい!勝手に殺すな!

620 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 19:53:36.15
>お願いいます

こんなやつに負けたのか

621 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:11:23.26
もうどいつもこいつも糞だ
この人生自体がとんでもない糞桶だってことに気づいた

622 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:14:50.63
煽ってる奴は応募してない奴だろう。気にするな。

623 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:15:01.46
なにもかもおわった

624 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:16:11.43
群像新人文学賞だろ。スレタイが間違ってる。

625 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:17:44.78
そもそも全部駄目じゃないか

626 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:22:03.73
どうにもならない人生

627 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:22:15.06
スレタイは、実はずっと気になってた……。
社長人事が選考日程に何か影響与えてる可能性はないの?

628 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:22:28.17
思えば群像も、罪作りだな
若者の夢と希望を容赦なく打ち砕くわけだから



629 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:24:19.51
>>627
群像編集長ならともかく社長人事のごたごたがまわってくるとは思えない

630 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:26:23.81
左がダメなら右があるだろう? 不死鳥になるんだ!
ラッキーパンチなんかねぇんだよぉ、、。
贅沢言うな、どあほーーーーーーーーーーーっっっ、、、。。

631 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:29:22.72
>>627
可能性はあると思う。
だめなら、だめで書き直して、「すばる」か「文藝」に出したいんだよな。群像には認められなかったけど、応募前に読んでくれた人が気に入ってくれてて、「駄目なら書き直して応募し直した方が絶対いい」って言ってくれてるもんで。

632 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:31:10.36
>>629
編集長抜きで、最終候補は選ばないだろう。
「俺忙しいから、決めておいてくれ」はないはず。

633 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:32:36.78
>>632
そんなこと言ってねええええええ

634 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:37:51.50
選考会の日程はずらせないだろうね。受賞作掲載号はゴールデンウイーク中に販売だから、原稿の締め切りも、引っ張れないだろう。


635 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:46:55.41
おいおい俺の才能を他社に取られちゃっていいのかい?

636 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:48:57.59
>>634
たとえば、一週間ぐらいずれ込むとかも、
日程的に無理なんだろうか?

637 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:51:37.11
一週間ずれこんで今だろ。

638 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:54:10.26
どっかで、見た校了日を見たら4月8日になってた。一日二日ずれ込んだとしても一週間ずらすのは無理だろう。
編集部が選考委員に頭下げて、最終選考作品を2週間とかで読んで貰う、なんてことをすれば3月に連絡が来るなんてこともあるかもしれないけど。
俺は2月28日まで待つ。
並行して書き直し作業にも入る。

639 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:54:25.30
白黒はっきりしねえから、いつまで経ってもくだくだ。

640 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:57:15.34
7日発売で8日校了日ってのは意味不明だが、そのぐらいみんな頭がいかれてきてるってことよ。

641 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 20:59:15.78
>>640ゴールデンウイークの関係で4月は早い。他の月は18日になってた気が。

642 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:00:06.98
オレのところに電話がないとか明らかにおかしい
神事前

643 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:00:14.54
>>640
>>641
http://ad.kodansha.net/schedule.php?id=48

644 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:01:19.64
審査の途中経過発表しねえからこうなるんだ糞が

645 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:08:23.99
連絡をもらってる人の口がかたいだけさ。毎年のことだよ。
諦めたい人は諦めればいいし、儚い夢を持ち続けたい人は持ち続ければいい。ただそれだけだ。。。


646 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:14:33.49
>>643
これはあくまで広告の締め切りなのでは?
その他の原稿も同じかな。

647 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:15:16.95
>>646
さああああ?
目安としてどうぞ。

648 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:18:07.33
広告の〆切なんてどうでもいいだろ。

大江先生の批判書いたときなど
すでに刷り上っていた8000部を全部廃棄。

発売四日前に全部刷りなおして、7日の発売日には問題なく新バージョンが店頭に並んでた。

649 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:26:55.28
もうどうでもええわい。

650 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:27:36.18
大きな落胆 ひもじい

651 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:28:57.44
へいへいほー

652 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:31:55.61
去年の淺川も、一昨年の丸岡も、面白かったからな。
負けたとも思ってないけど、絶対自分のほうがすごいとは、言えない。

653 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 21:49:29.78
群像ってば、他社落選作を書き直して応募するのはダメになったん?

654 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:13:53.39
村上春樹は処女作でデビュー。
最近どっかで読んだが石田イラは3作目でデビュー。
俺にそこまでの才能がないことはよ〜くわかった。
こうなったら長期戦を覚悟してちまちま書いてこっと。

655 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:26:33.43
横田さんは何時ごろ電話貰ったんだっけ?

656 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:37:18.43
群像新人賞とっても芥川賞候補作はまれ、受賞はもっとまれ、
それで作家として生き残ることはさらにまれ。

難解な純文学の極北みたいな群像新人賞なんか相手にしなさんな。

657 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 22:39:12.72
電話なんかこないからあきらめて他の有意義なことしてろよ。
そんなだからつまんないものしか書けないんだよ。

658 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 23:12:20.61
村上春樹は運があったんだと思うよ。「風の歌を聴け」は、下読みによっては上げないと思う。

659 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 23:37:30.21
また来年♪
〆切は10月末日♪

660 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 23:37:52.34
「風の歌」は選考会でも故・吉行じゅんのすけが
強硬に推してやっと選ばれた作品だって話だよね。


661 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 23:42:08.32
村上春樹って作家になれなかったら、ひねくれた気難しいオッサンになってただろうな

662 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 23:45:47.18
>>535
能力の問題じゃない。
真の価値がわからない下読みに気に入られなかっただけ。
次を目指せ。

663 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/25(金) 23:53:03.57
>>661
作家なんて大抵そうだろう

664 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 00:05:44.91
作家になったけど、ひねくれた気難しいおっさんじゃね?

665 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 00:27:42.29

ピーターキャットをひっそりと経営し、英語の原文で小説を読みながら、
クラシックやジャズを聴いていただろうね。企業や社会とはコミットせず、
マイペースに生きているイメージ。

人付き合いは苦手なんだろうけど、
ひねくれているというのとは少し違う様な•••気がする。
文壇の泥沼みたいな人間関係を避けた結果、
そう見られてしまったという要素もあるんじゃないかな?



666 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 00:31:52.80
伝えたいことと
伝えたい人がある限り
小説は終わらない

667 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 00:32:31.60
村上春樹の営業してた店なんで、
出版社の編集部員がたくさん入り浸ってたとこだぞ。

だから小説書こうってことになったわけで。

大勢のバイトを雇って、人付き合いも何もてんてこ舞いだったそうだし。

ただ、群像編集者からはそのまま掲載OKを言われたものの
あえて
新人賞に投稿するあたりが、春樹らしさなのだろう。

668 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 00:43:42.12
へー、初耳だ。編集者が出入りしてたんか。
んじゃ、コネみたいなのもあったのかねぇ?
書いてみた一作目がつまらなかったので、
英語で書いて翻訳したのを応募したらしいけど、
その時点で編集に批評してもらってた可能性もありそうだな。

関係無いけど、村上龍も武蔵美の学生時代に行った事があるらしいね。



669 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 01:00:34.28
群像からデビューしたかったな。春樹が好きだから、受賞者一覧に自分の名前を春樹と共に並べたかった。


670 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 01:33:03.83
なんか村上春樹が一発で受賞作書いたとかガセガセの香ばしい話が盛り上がっているが、
奴は本当は「上村春樹」で何度も落ちてるんだよ。


671 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 01:44:57.01
「涼宮ハルヒ」の雑誌「ザ・スニーカー」休刊
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110225-OYT1T00826.htm

スニーカーは2万部
文芸誌は1万切るところもざらにあるけど休刊とかないよね…

672 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 01:56:17.09
文芸誌は元々、部数とか利益は度外視でそ。
黒字になるのは賞がらみの号くらいなものだよ。

673 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 02:07:57.63
雑誌が赤でも出さないと出版社としての面子があるしな
カネボウがぎりまで化粧品部門の黒字で紡績部門を穴埋めしてたみたいな感じだろうな

それに文芸誌は7千くらいは確実に図書館が買ってくれるし

674 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 02:11:02.13
>>670
その話の方が信憑性ないよ。ソースは?

675 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 02:32:54.77
>>674
馬鹿発見。ネットで晒せるソースが無いと事実じゃないのか?

素晴らしい惚れ惚れする無垢なピカピカ白く光る凄まじい馬鹿だなお前。


676 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 02:44:36.31
オイオイ、その前に「上村春樹」自体ガセだべ。デビュー前に奴が使ってた筆名は
「村上ハルヒ」だぞ。

677 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 02:46:52.70
なんか村上春樹は本当は「上村春樹」で何度も落ちたとかガセガセの香ばしい話が盛り上がっているが、
奴は本当は一発で受賞作書いたんだよ。

674じゃないけど
こういってんのと本質的に大差ないわなw

678 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 03:19:36.27
>>676
そこまで言い切る確信犯バカはむしろ許す。

>>677
お前は頭が悪すぎる中卒なので許しがたいことおびただしく寛容の限度を超えている。

679 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 03:29:07.41
じゃあ>>670>>677が本質的に異なる事由を説明してみろよ。

どうせ「言うまでもなく自明だろ」とか「自分で考えろ」とか
「そんなこともわからないのか、中卒は」とか言うんだろw

680 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 03:30:59.89
>>679
相手にすんな。電話が来なくて荒んでいるんだよ。

681 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 03:32:53.70
つまらんネタだろ。相手にすんな。
上村春樹は柔道家。

682 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 03:37:49.91
頭の良い人はどんなに憎い人でも他人を中卒だなんて言わない。
これ豆な。

683 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 03:44:00.36
村上春樹は俺の嫁

684 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 03:58:37.83
村上春樹の嫁は俺の嫁

685 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 04:33:41.45
いざ終わったとなると、レスの内容もどうでもいい感じになるな。

686 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 04:56:19.08
祭も終わって、あとは互いに慰みよ。

687 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 05:02:32.76
オタスケオタスケオタスケヨ オネガイダカラタスケテヨ

688 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 05:52:37.24
今はこんなに哀しくて
涙も涸れ果てて も二度と笑顔には戻れそうもないけど
あんな時代もあったねと♪

689 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 06:19:26.22
同情するなら賞をくれ!

690 :689:2011/02/26(土) 06:20:42.48
ごめん、間違えた。ごめんなさい。

691 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 08:02:10.11
男には男のふるさとがある、女には女のふるさとある。。、、。。
な〜にも持〜たな〜いのが、わなびwww。。
哀れな一次落ちわなびは。。。世の役立たず。。。、、。。ちょっちょっちょっwww。。

692 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 09:25:48.60
予約した3DSでも買いに行くか

693 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 17:29:44.68
一次落ち=養豚場の餌以下=うんこ

694 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 20:43:43.46
新しい作品の推敲しようとしたが朝から逃げ続けて結局この時間になってしまった
やはりテンションが上がらんね

695 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 21:44:36.28
自分がとても落ち込んでいることに気がついた。

696 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/26(土) 22:18:31.30
お前らな〜
じゃ、おれが浪曲でも歌ってやるから元気出せよ

へーい

697 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 00:32:04.31
生きていたかったなぁ

698 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 11:06:37.31
俺はもう次のを書いてる。

699 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 13:12:29.45
3月末には、文藝、新潮、すばるがある。
6月末は文學界。
止まってる暇なんてないさ。

700 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 13:52:42.05
もう公募やめたくなってる俺ガイル
投稿サイトで感想もらって自己満でいい
疲れたよパトラッシュ

701 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 14:19:28.92
小説の新人賞の主な目的は、
作家になれるやつを探すだけじゃなくて
作家になりたいけどなれない人にあきらめさせる事
って北方謙三も言ってたしな

702 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 14:32:43.25
作家になれるやつを探すっていうけど
作家って、一発屋だとか
打ち上げ花火みたいに一瞬に消えてしまう者のことじゃないよね
だとしたら目的を果たしていないことになってしまう
よって小説の新人賞の目的は
主催している新人賞が存在することを世間に知らしめることにあるんではないのですか
新人賞は、新人賞のためだけにある

703 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 14:41:59.74
新人賞は雑誌の広告のひとつだろ
新人作家の発掘なんて体裁を整えてるだけだよ
たまたま当たればいいだけ
新人なんてコネでいくらでも探し出せるんだから
ましてや作家になることを諦めさせるためにあるなんて屁理屈もいいところ

704 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 15:14:20.58
作家になれるかなれないかは、勿論才能が関係しているが、
それよりも、運不運の要素が極めて大きい。いわば宝くじを
当てるようなもの。今でかい顔をしている作家達も同じで、
奇跡的に運が良かっただけ。そこを勘違いしているから、
北方のような生意気な発言が出る。結果論ではないか。
宝くじで2億円当たった人は、自分が当てたとは考えないし、
外れた人を、外れるべくして外れたなどとは考えない。
もっと謙虚になってほしいもんだ。ま、それくらい尊大、かつ、
夜郎自大でないと、作家にはなれないのかもしれんがなw

705 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 15:42:19.87
>ましてや作家になることを諦めさせるためにあるなんて屁理屈もいいところ


屁理屈って言うか、そういう機能を果たすものになってるって話だよ

706 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 16:02:26.89
運不運の要素が極めて大きいていってるやつは自分の能力に自身がないの?
運が大きいと思いこんでるということは他人の才能を判断する能力すらないって事だよね
同じくらいの才能がぶつかった時とかは別にして能力が一番大事に決まってるよ

かわいそうに「運が大きいといいなぁ」って思ってるんだろうな



707 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 16:11:02.46
うん。

708 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 16:42:18.23
はい。

709 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 16:44:18.36
>>705
他人が良いことを言ったと思って鵜呑みにするのはやめた方がいいよ

710 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 16:46:10.47
作家になるには、目に見えるものから目に見えないものまでいろいろな要素がうまくかみ合わなくちゃならんのだよ。
尊大な奴は目に見えるものだけ過大評価し、謙虚すぎる奴は目に見えないものをむやみに過大評価する……。
けれど尊大で作家になった奴も、大抵あとで自分の傲慢さに気づき冷や汗をかいてることが多いはずだ
そんなに意志や才能だけで思い通りになるほど世の中は甘かない。
よっぽどのアホじゃなきゃ、ふつうそのことに気づくだろう?
なんとか意識の上でごまかせても心の底ではそううまくごまかせるもんじゃない。
作家になるためには目に見えるもの、見えないもの二つがどうしても必要だ。
それが何を指すかはそれぞれ自分の頭で考えてくれ。

711 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 16:51:18.16
北方謙三の発言は現実に即していない
現実の小説の新人賞から生まれた作品には
「作家になりたいけどなれない人にあきらめさせる」力がないんだ。
圧倒的な作品と才能を目の当りにしたときに、本当の意味での諦めができる。
しかし、現実の新人賞の作品からはそんなことは感じられない。
自分と大して変わらない。むしろ俺の方が上だ。これなら俺にだって作家になれる。
そう思えるほどの作品でしかないからだ。これじゃあ、とても諦め切れない。
真剣に読書をした経験もなく、安易に作家を目指す人達がこれほど多いのにも肯ける。
携帯小説は生まれるべくして生まれたのだよ。
陸上競技などの記録には、もう永遠に破られることはないというものがある。
しかし、一人がその記録を破ると他に追随してくるものが出てくる。
永遠に破られることはないという記録の前には、諦める者が続出する。
それでもその記録に挑み続けるものたちこそが、次代を担うものたちなのだ。
文学界の動向は全く逆だ。どんどんと質を低下させている。
何故なんだろう。そんな素朴な疑問さえもが白々しくなるほど腐り切っているのだろうか。

712 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 16:56:53.90
もう作家になるか死ぬしかない。

713 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 17:03:24.64
圧倒的な才能でもないかぎり運の要素が必要だと思うな。
そういう一握りの連中なんてのはさ、さっさと賞もらって
つるっとデビューしちゃうわけで、案外、歴然としてんだよ。
そうじゃない大多数は、運がまわってくるまで粘る必要がある。

714 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 17:04:38.44
>「作家になりたいけどなれない人にあきらめさせる」力がないんだ。

>>700がいるやん

つかおめーなげえよ

715 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 17:05:13.46
>>706
揚げ足をとってすまんが、「自身」はないw
そもそもワナビに自信がある方がおかしい。
「他人の才能を判断する能力<すら>ない」なんて、しれっと言うということは、
君は才能を見抜く能力が自分にはあると思っているわけだな。
俺に言わせれば、とんでもない話で、それこそ、夜郎自大、誇大妄想だ。
才能を見抜くなんて至難の業。そもそも才能とは何ぞや、という大問題も控えている。
私見では、才能云々は結果論でしかない。
(仮に才能があったとしても)自分に才能があるかどうか分からないままに、埋もれて、
諦めて、死んでゆく人間が大多数だということを肝に銘じるがよろしかろう。
努力も才能も報われないことが殆どなのだ。きれいごとではすまされんのだよ。

716 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 17:11:14.53
べつに見抜いてなんかいない

自分のレベルがどの位かわかるって話な
やってりゃわかるじゃん、自分が足りない点とか、努力すべき方向とか

そういうのさっぱり、わからないやつが、
>自分と大して変わらない。むしろ俺の方が上だ。これなら俺にだって作家になれる。

あとは運だ、そう思って石と岩ばかりの地面に畑を作ろうとしてるのさ
どんなに運がよくてもそこに作物は育たない
その努力は報われなくて当たり前

717 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 21:16:43.19
明日は電話くるかなぁ

718 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 21:51:16.81
もう来ないでしょ

719 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 22:16:15.34
自分はもう諦めたけど、明日まで待つっていうひと、
どれくらいいるの?

720 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 22:46:33.16
群像新人賞取ったって生きていけない。
あれは難解前衛すぎる狂人日記ばかりのやさぐれた番外地賞。
やめとけやめとけ、あんなアホみたいのにのめりこむのは。


721 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 22:59:26.56
生きていくのに必要なのは誇りなんだよ
受賞して作家になれれば
最底辺のバイトしながらでも何とか生きていける
なにもなければ生きていけない

722 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 22:59:59.12
とにかく何でもいい。権威がある賞貰って、作家デビュー。それから、出版して、少しずつ自分のファンを増やしていくしかない。

723 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 23:17:16.83
>>721
誇りなんてなくても生きていける
第一、群像信心小をとっても人生曲がってゆくだけだ

もっとまともな審査眼を持った読者を感動させる偽物でない
自分にも読者にも嘘をつかない公平公正な後世に恥じない自分に恥じない
きちんとした文学の線を狙うべきだ

724 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 23:20:10.09
たとえば?

725 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 23:22:45.94
>>721
あんたの言う通りや。

726 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 23:38:44.41
>>725
自己レスはだめ、ぜったい

727 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/27(日) 23:46:59.38
>>724
ないよねー

728 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 00:11:32.84
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/bungei/gunzo/literary.html#box3

主な歴代受賞者みてもW村上以外はぱっとしない。今はもう食えてない感じばかり
選考委員は4人くらい芥川賞受賞者だと思うがパッとしない。
群像新人賞取ったのはそのうち1人くらいだろ? パッとしない奴。


729 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 00:53:34.30
囧rz

730 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 01:17:45.80
ぱっとした作家が出てないのは、群像だけではなく、他の文芸誌も同じだろう。応募者の問題なのか、選者の問題なのかわからんが、今回、俺に電話がこないのは、俺の実力不足。
受賞するのが、最優先なんだろうけど、大きな世界観と野心を持ってやってかないと作家として生きていけない。


731 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 02:25:01.55
それこそ自分がノーベル賞とれるだろうという自信でもあったら群像でもいいけど、
普通になんとか頑張りたいならやはり中間小説(死語かしら)の方がいいよ。

純文学=キチガイ文学・前衛文学。
いまはこういう感じが強いもの。


732 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 02:38:35.58
キチガイと世間から後ろ指さされても、これが俺の私の文学だ。
って魂があれば目指せばいいと思うよ。純文学。

最悪命取られても構わん。くらいの気概がないとね。
金儲け、そんなもの忌み嫌う精神の世界だとおもうよ。
みんな頑張って。

733 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 02:53:15.63
キチガイで結構
それでも受賞できるなら魂なんぞくれてやる

だから明日(今日)電話よこせ

734 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 04:45:16.38
>主な歴代受賞者みてもW村上以外はぱっとしない。今はもう食えてない感じばかり

っていうか選考委員そのものが…

735 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 05:19:54.30
>>706
そうは言っても宝島の編集が一次は運だって堂々放ってるわけだが

736 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 05:35:02.74
それは、あれだ
一次に受かるか落ちるかのボーダー上の人がどっちになるかはどう考えても運だ
だから1次で「受かったから、落ちたから」に意味はあまりない

2次以降なら、ああ少しは良いのかなって思えるだろうけど

737 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 05:59:11.02
絲山秋子のイッツオンリートーク読んだけど
あんなのが純文学とか言われて賞取ったんだよな
くだらねえ
ああいうのが現代の純文学だと思うとマジで吐き気がするわ

738 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 09:49:34.76
別にどんな形でもかまわんだろ。文学ってそんなに懐の狭いもんでもない
自分がこれだと思った形を世に出せばいい
そりゃ実力もあるけど、ある程度まで行くと往々にして巡り合わせだし、獲れれば運
獲れなかったら力不足。そう思う以外に何があるよ

それに、仮に獲れたとしても、一発ですんなり獲ったヤツが自惚れて消えるケースは
ごまんとあるんだから、今回落ちたってことはもう一回自分の地力を見直すいい機会じゃね?
運よく獲ってしまったヤツよりも、落ちたけど磨けば長く輝き続けるヤツのほうが求められる
おまえらは今試されてんだよ。ぐだぐだ言ってないで書きやがれ

739 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 14:44:20.09
俺の考えでは、
朝吹真理子の芥川賞受賞作は、大叔母の威光が無ければ、
新人賞一次予選を突破できない退屈陳腐な駄作。


740 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 14:50:31.35
>>737
絲山秋子ねえ。
純文学というには軽いよね。
あれで群像かなんかの選考委員だもんなあ。
文学の世界がなんかおかしい。

741 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 15:13:10.05
>>739
退屈な内容だがさすがに1次は突破するレベル

742 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 15:14:18.85
>>739
俺も死ぬほどつまらないと思ったがこういうのが好きな人にはありはありなのかなと
凄く屈折しながら受け入れた

743 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 16:03:30.54
>>741
一次は突破するレベルだろうが、このレベルで一次を突破しないのが山のようにあるのではないか?
それが問題。

744 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 17:32:11.60
この世界で認められるのに、一番大切なのはコネです
一にコネ、二に学歴、三にコネ、45がなくて、六にコネです
実力はあまり関係ないです



745 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 17:39:52.22
まあ、きことわの受賞とか過去の受賞作を読むと、実力とは関係ない何かが働いているような気はするな。
今の文壇の感覚がおかしいのかも知れんし、出版社の計算が作用するのかも知れんし。

746 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 17:48:42.06
>現実の小説の新人賞から生まれた作品には
>「作家になりたいけどなれない人にあきらめさせる」力がないんだ。

昔の石原の「太陽の季節」や大江の「死者の奢り」にはそういう力があったっぽいね。
新旧交代劇がここで起こって、これを読んで作家を諦めた人は多かった。
一方村上龍の登場は希望を与えて、島田雅彦や松浦理恵子は刺戟されたことをエッセイに書いてる。

747 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 17:58:34.05
新人賞から生まれた作品関係なくね?
新人賞っていうシステムそのものがが、
あきらめさせ機能を持つようになってるって話だろ

つまり何回か落ちたなら、お前ら気づけよって話し
自分の限界に気づいて普通に暮らしてる人いっぱいいるでしょ


748 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 19:50:07.07
普通の暮らしってみんなしてるでしょ。
普通に暮らしてる上でみんな書いてるんじゃないの?
まさか1/2000を目指して仕事をやめて執筆作業に取りかかってるアホはいないでしょうに。

749 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 19:57:00.01
おお、なんか急にやさしいひとが出てきたな。
見ず知らずの他人を幸せな人生に導いてくださるとは。
感動したよ。ほだされた。おれ、小説書くの、やめちゃう!

750 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 20:00:46.15
>>748
俺がいる。

751 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 20:01:17.47
>>750
そうか。悪かった。

752 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 20:03:34.03
>>751
謝ることではない。
俺には他にできることがない。
来年落ちたら普通に自殺して終わる。
それだけだ。

753 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 20:14:23.91
>>748

普通の暮らしっておかしいね
あきらめて書かなくなって、って読み替えてよ

754 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 21:34:23.96
文学賞に落ちて死ぬやつが毎年何人かいるんだろうか?
俺は絶対死なないけど。

755 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 21:39:43.99
普通にいるだろ
人生詰んでてこれが最後の希望だったってやつは死ぬだろ
オレも来年には自殺すると思うし

756 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 22:07:03.67
いろんなやつがいろんな思いやら人生やらを背負って書いてるわけで
そういう想像力もなしに無神経な発言してるやつの書いた小説なんか
札束ポッケにねじ込まれてやっとこさ読んでやるって感じだよ。
まあ、文学は無神経なやつのほうが向いてるような気もするけど。

757 :名無し物書き@推敲中?:2011/02/28(月) 23:07:29.93
>>746
ムツゴロウさんは東大新聞だかなんかで大江健三郎の小説を読んで
同級生にこんな才能がいるんだから自分は小説家になれないとあきらめたそうだ
その後本書いたけど

758 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 01:27:16.83
「きことわ」は新人賞一次予選突破できないレベルだと思う。
読み切れないほど詰まらないもの。
一次予選担当の下読みだって、読み切れないほど詰まらないものを通読しないだろう。


759 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 08:20:56.77
お前の側の問題じゃね?

文章の組み立てを使って記憶のような経験をさせよう的な意図はある程度成功してると思うよ
それで詰まらんて言うのは、陶芸家の焼いた変な形の茶碗見て
「あれでは茶が飲めない」って言うようなものかと


760 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 09:27:01.83
さ、次は……すばるか?
みんな、
そろそろ立ち直れたか?

俺は高橋の初期三冊トイレで読んで、
やっぱ自分にはまだ文学なんて域に達してないと痛感。

立ち直れない奴は、
愛読書読みこんで納得しろ。

761 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 10:15:24.13
しかし、高橋の受賞や初期作も、当時激しく賛否両論あったという事実
おれはすごく好きだけどね

762 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 13:28:34.66
>>759
何言ってるのか分からない。
実際、どんなものにも頭のおかしい賛同者はいるという珍例だな。


763 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 13:46:01.22
面白い<ー>詰まらない

っていう軸で評価されてるわけじゃないから詰まらないって批判は無意味だって事だよ
ピカソの絵を見て「似てねー」って言うようなもの


それと反論されて文句のために書いてるならいいけど
マジで何言ってるかわからななら、
(向こうのモノサシを把握していないわけだから)
ちょっと致命的だと思う

君がどんなに現代文学が意味も理由もわからないクソだと思っていても
流れは所詮彼らが作ってるものだから、珍例は君のほうだよ

764 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 13:58:43.62
面白くもないし、詰まらないのだよ。

だからそういうものを持ち上げる珍例なんだよ。

>君がどんなに現代文学が意味も理由もわからないクソだと思っていても
>流れは所詮彼らが作ってるものだから

だが世間から相手にされず「受賞第一作」以降が1万部行かないのだよ。
それでいいとでも?
所詮はエセトップとヒキコモリとリアルアホウが大新聞などを巻き込んでペテンをしているだけ。
まともなインテリまともなエリートを含む(←ここわりと重要)大衆に全然相手にされないまがい物だよ。


765 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 14:16:28.46
だーかーらー これで良いかどうかって言うのは
僕らが決めることじゃなくて、中堅や大御所の作家たち
が判断することなんだよ

もちろんおれ自身がが作家になったら変えたいと思うだろうけど
(しかも強烈にね)
自分が小説家になって、かつ賞を選ぶ立場になってはじめてやればいいこと
そうでないならワナビの遠吠えでしょ

現段階では競技のルールに文句つけても始まらない。
今現実には俺たちは部外者でしかないしね
とりあえず評価基準の把握くらいしましょうよ。気に食わなくてもね
(新体操で美しさが点数になるのに体重100Kgが出て行ってパワーをアピールしても駄目でしょ)
美しさが見えないなら、それを珍例と呼んで馬鹿にするんじゃなくて
自分もそういう目を持つことが大事でしょ


長文すまんね

766 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 14:44:57.91
>>765
いちいちごもっともで、正論なんだが、一つだけ疑問を呈するとすれば、
「競技のルール」のところ。ルールと言えるほどはっきりしているだろうか?
中堅作家や大御所の意見がルールだとしても、その意見は誰も同じとは
限らない。むしろ、てんでばらばらの有様だ。
もともと小説の客観的評価なんてのはあり得ず、そんなものだと言って
しまえばその通りだが、ワナビにとってはそこがどうも釈然としないのだ。
その挙げ句出て来るのが、何冊売れたかで評価するという、不毛な
売り上げ至上主義なんだな。数字だから客観的だろうと。やれやれw

767 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 14:50:39.87
「きことわ」が、面白いだか、詰まらなくないだか、感動しただか、良かっただかいう、
奇矯な感性の持ち主では、なにをやっても上手くいかないと思うよ。悪いけど。


768 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 14:53:59.90
というなにをやっても上手くいかないの経験に基づくありがたい教訓

769 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 14:55:06.49
学歴とコネと容姿ですね、わかります…

770 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 15:03:15.47
ルールっていうのがきつすぎるなら傾向とか趣向、流れ、とかでもいいよ

>>767

そもそも俺は、きことわ、おもしれーとも感動したとも言ってないよ
詰まらなくない、とも言ってない
そういう価値基準のモノサシとちがくね?って話だよ
(仮にも文学賞スレなんだから他人の文ちゃんと読もうぜ)

でもさ
すごい面白かったら群像では、きっとそのほうがカテゴリーエラーだぜ
面白いものが書きたい読みたいならスレが違うと思う

そもそもすべての小説に面白さとか売れることを志向しなきゃいけないとしたら
ある種の実験小説とか誰もできないでしょ
それと純文学が売れないのはさ娯楽が多様化して大概の娯楽は勢いが無いってのもあるからさ
いろんな娯楽の中で1万人しか評価しない娯楽だっていいじゃん、その火を消すことない
何冊売れたかで評価するのと俺は対極に居るつもりだけど

771 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 15:09:23.75
だめだよ
何言ってもだめ
何万部売れようが関係ない
どの方向を向いてるかも関係ない
面白いも詰まらないも関係ない
努力も才能もほぼ関係ない
ただ学歴とコネと容姿だけが必要なんだ

772 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 15:11:54.95
まあ群像に出してる人であれが面白かったって人は稀だろうしいいじゃない
苦役列車はまったくまた違うんだし懐は深いよ
どんなの書いたら良いかもうよくわかんないけどw

773 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 19:04:40.00
なんかよくわかんないんだけど、今の時点で連絡がない人が落選確定なの?

774 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 19:19:24.34
つまり777をとったやつが 大賞受賞するから これガチね(^.^)b

775 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/01(火) 19:27:11.29
まさか前スレと前々スレの>>1000で書いたことが事実になるとは……。

776 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 00:26:37.44
群像新人賞みたいなキチガイ新人賞をとっても
キチガイ文学でしかない純文学の深みにのめりこんで、10年後
40才になってあらためてハロワ訪問コースにはまるだけ。
10年むなしく空回りさせられるだけ。

777 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 01:17:38.70
きつねとぶどうみたいな話だな

778 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 02:28:55.20
>>776
だから純文は、金儲けの為に書くんじゃないんだって。

ついで金が手に入ったらラッキーくらいのもん。
芸術家なんだよ、純文作家は。
絵画で例えたらゴッホとかピカソみたいの。
生前はキチガイのどん底人生。でも後世では評価される。
ここを目指すのは
そんな人達の仲間になろうとしているタマゴの殻みたいのyo。
ガンバレみんな。

779 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 02:50:04.32
ほほう、「後世に評価される」なる
まやかしの妄言で誤魔化して、
今のキチガイじみた群像新人賞のアホ馬鹿受賞作を
完全正当化するんですか。

死ねよ、マジで死ねよ、ペテン師の足をなめる、馬鹿な奴隷がっ!



て隣町の猫のミーちゃんが猫の集会で言ってたよ!


780 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 02:58:55.11
群像新人賞 → 地獄への一本道・意味は無い。

781 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 03:20:50.16
受賞してもタマゴに昇格。きれいな白鳥にはなれんかもしれんがな。
人類のためにガンバレ。

782 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 03:34:52.59
釣りなのかもしれんが。。。
あんたがどう思おうと勝手だが、それを人に押しつけるなよ。
それだけならまだしも、死ねとか罵声を浴びせる。基地害はどっちだ。
地獄への一本道だろうが、意味は無かろうが、人生棒に振ろうが、
それでも構わん、受賞したいと言ってるんだから、あんたがあれこれ
文句をつける筋合いではなかろう。なんでそう粘着するのか、理解不能。
群像に何かよほどの恨みでもあるのかな。
それと、>>778のレスだけでは、今の新人賞のあり方を「完全正当化」
してるかどうか、わからんだろうよ。

783 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 05:40:26.97
建前 おいおい喧嘩するなよ 罵倒や否定しないとやってられないんだろ 落選は誰だってショックなんだ。 お互い頑張ろうよ (´∇`)

本音 いいぞ、もっとやり合えよ (^皿^)

784 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 07:18:21.20
ピカソやゴッホになぞらえて文学を語ってるやつ笑える

785 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 08:23:26.94
面白いからもっとやれ
ポストモダンが云々とか作家志望のくせに批評家やってる連中よりよっぽど内容があるわ

786 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 11:22:58.17
あっ…ぁ、ポ…ポストぉ、も、だあぁ…んん…

787 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 12:05:56.12
例えば、『ライ麦畑』は純文学だろうか? イシグロの『わたしを離さないで』は純文学?

788 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 14:20:17.36
アメ人に純文学という概念は無い
現行のもので格調高いものと大衆的読み物という区別はある
大衆的読み物であっても歴史的に価値があれば文学的に評価される
(これは日本でもそうだな源氏物語とか、里美八犬伝とか)

だからミステリーだがチャンドラーとかハメットとかの研究もありだ
(当時たくさんいた彼らの物まねたちが評価されたりはしないけど)
恋愛小説家のフィッツジェラルドだって研究が盛んだ

アメに限らずシェイクスピアだって芝居用のおもろストーリーを
バンバン書いた人だ

789 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 20:43:33.05
で、電話は?

790 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 20:46:30.48
戸田恵子なわけ

791 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 22:10:14.22
いや、さすがにとっくに連絡は済んでると思うよ……。

792 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/02(水) 23:02:24.11
芥川賞、直木賞が、日本文学衰退の原因

793 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 02:39:24.88
なんかも思い出して久々に酒飲んでみた。幸せ感出てきた。でも泣きたい。

794 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 03:07:36.86
もう講談社はコミック屋さんで、ステイタス維持のための完全アクセサリーくらいにしか
群像の事考えてないから。 超長期政権だった籠島さんがその流れを固めた。

795 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 04:35:18.35
みんな何年も書いているのか?
私は執筆歴が今日でちょうど一年だ。

796 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 04:48:51.90
2年くらいかな。いつから書き出したかはっきりしない。

797 :友人の死を:2011/03/03(木) 08:02:14.53
数年に一度自分の中で書きたい欲求が盛り上がる
書く
出す
熱が冷める
先頭に戻る

798 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 13:32:49.44
>>792
おっと直木賞を 糞ゴミ川賞と一緒にしたらダメだ。

799 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 17:05:46.27
さすがにみんなもう諦めたか

800 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 17:21:23.93
落選で結果オーライですよ。
10年のたうって40才ハロワコースを避けられてよかったじゃん。
今の純文学はキチガイ文学。
群像なんかはその最右翼に近い。やめとけやめとけ。

801 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 18:33:55.44
同じ場面の繰り返し。
典型的なナイトフォース

802 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 19:19:25.12
俺を受賞させれば「イケメン作家」で売れるのに・・・・

803 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 19:23:56.89
イケメンなら作家じゃなくてもやっていけるだろう…

804 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 19:25:45.59
俺もイケメンだけど童貞なんだ・・・

805 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 20:10:53.84
俺も童貞だけどブサメンなんだ・・・

806 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 20:15:16.29
俺もブサメンだけどヤリチンなんだ……

807 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 21:53:39.41
俺も童貞だけど電話が来ないんだ・・・

808 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/03(木) 22:21:01.61
電話何時来るのかな?
まだこない。

809 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 03:31:11.91
電話来たよ! 友達から!

810 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 03:35:09.23
電話がない。

811 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 03:54:37.94
電話が北。
母ちゃんからだった。

812 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 15:25:16.62
最終に残るとかは考えてないんだけど、一次くらいは通過したいんだよなぁ。
だから5月号を楽しみにしてるんだが、これで名前がなかったら凹む・・・
毎年、2000くらいの応募なんだよな?
一次はどのくらいの数にしぼりこまれるんだろう。

813 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 17:03:11.49
わたしは28歳女なので文藝賞に出そうとおもう。
28歳は年増だが、童顔なら大丈夫だと聞いた。
みんなは来年がんばってほしい。
健闘を祈ってる。

814 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 20:03:49.19
>>812
最終に残らなければみんな同じだよ

815 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 22:04:04.20
812はなぜ群像新人賞を獲れないのだろうか?まじめで文学の知識があってやさしいのに。
813もだめだったのか? 不思議だ。常連組が壊滅だとつまんねえな。まあ、気を落とすな。
陰ながら応援してるぜ、あばよ、また来年会おう!
 

816 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/04(金) 23:23:29.79
せめて一次とか二次に通らないと
前に進む力がなくなるよな

817 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 01:26:08.79
落選で結果オーライですよ。
10年のたうって40才ハロワコースを避けられてよかったじゃん。
今の純文学はキチガイ文学。
群像なんかはその最右翼に近い。やめとけやめとけ。


818 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 10:58:57.26
>>817
大抵は仕事しながら書いてるだろ?

819 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 11:04:21.70
>>818
失業中の俺がいる

820 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 12:02:41.47
就活してる?

821 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 12:05:13.81
うん

822 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 12:13:12.49
がんばれ!
その就活も小説のネタになるよ

823 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 12:32:42.98
>>511らしき作品がアリにないんだけど、結局うpしてないの?
うpするならちゃんと読んで感想書くよ。

824 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/05(土) 15:21:30.88
>>823
五月号出てから晒すよん。
感想頼みます。


825 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/07(月) 04:10:17.63
今の純文学はキチガイ文学。
群像なんかはその最右翼に近い。やめとけやめとけ。


826 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 04:38:33.25
くだらないですが真剣に悩んでます。マジレスお願いします。
昨日、独り暮らしの知り合いのアパートで晩ごはん食べたのですが、炊いたごはんを茶碗に入れる時、とても怪しかったんです。
台所で知り合いが炊いたごはんを茶碗に入れてる時、僕がいる部屋とつながるドアをバタンと閉めました。何か見せられないような事をしてるのでは?と思いました。
そして知り合いが茶碗に盛ったごはんを持ってきました。別の知り合いが持ってきた唐揚げをおかずにしました。その問題のごはんなんですが、食べ進んでいくと
中に赤っぽくなってる部分がありました。これはもしや独り暮らしの知り合いはエイズで茶碗に入れる時僕に感染させるためにごはんに血を混ぜたのでは?と思いました。
ですが、ごはんをご馳走してもらってるのにそんな事を言ったらものすごく失礼なので何も言わず残さず食べましたがやはり心配です。

知り合いはそんな悪い奴には見えませんが僕を殺そうとしてるのでしょうか?

827 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 06:41:06.50
なんのコピペ? 告白読めよ そんな簡単に感染しないよ

828 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 22:02:24.14
群像一次落ちは作家になるのを諦めたほうがいい

受賞者は落選経験があっても一次二次は通過しているからだ 

一次落ちは小説にすらなっていない屑だ

自分では小説を書いているつもりだが、小説になっていない

何も分かっていないのだ 

ゆえに一次落ちか一次二次通過かは天と地ほどの差がある

そのことを理解したうえで5月号の結果を見ろ

純文は最初の数回の応募で受賞しないとチャンスはないと思え

それも落選は一次二次通過以上だ 

そのことを肝に銘じておけ わかったな おまえら? 以上

829 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 22:05:03.02
無駄に行間をあける人の意見は脳が自動的にスルーしていく

830 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 22:11:47.23
828 つまんね

831 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 22:33:28.16
>>828
よしんばそうであっても、俺は例外。

例外のない規則はない。

832 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 22:39:05.24
>>831
お前のレスもスルーされていく・・

833 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 23:19:47.40
またキチガイきたよ

834 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/09(水) 23:45:56.06
まあ、一次落選は当人が言わない限り記録に残らないからなあw
落選経験あっても一次落ちはない、って断言できんわな


835 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 10:36:18.76
今の純文学はキチガイ文学。
群像なんかはその最右翼に近い。やめとけやめとけ。



836 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 13:27:23.88
民主党が8日に発表した、統一地方選に向けて製作されたポスターが酷いと話題になっている。
なんとポスターの中に日の丸ではなく韓国の国旗である大極旗があるというのだ。

民主党の発表した新しいポスターは4種類。そのすべてに前回の衆議院選挙の際に使用した
「国民の生活が第一」という文字は使われず、その代わり民主党のロゴマークの下側を
なぜか青く塗ったものが採用された。

これがその地方選ポスターだ。
http://popup777.net/wordpress/wp-content/uploads/2011/03/minsyutouposter.jpg

上が赤の丸で下が青色の丸、そして、その二つが重なり合っている。このマークをどこかで見かけたことはないだろうか。
そう、韓国が国旗としている大極旗の真ん中に描かれているマークそっくりなのである。
http://popup777.net/wordpress/wp-content/uploads/2011/03/taikyokuki.jpg

このどこの国の党なのか分からないポスターにはネットでも当然のように話題になり、
「売国」「韓国民の生活が第1」「もろに韓国の国旗」「本格的に朝鮮政党丸出しに」など
やはり民主党は韓国の手先だったと非難の声が上がっている。

確かに今回のマークはまったく意味が分からない。そもそも民主党の採用しているマークは
赤丸が二つ重なっているようなもの。それなのに、今回のポスターには民主党のマークが一切使われておらず、
代わりに下の赤丸を青色に変えた大極旗のマークそっくりのものが使われている。

これは不思議としか言いようがない。考えすぎという意見もあるだろうが、
民主党のマークをなぜか使わずに大極旗に似せたものに変えたことがおかしいと思わない方がおかしいだろう。

ついに民主党が本性を現したということなのだろうか。これは今まで以上に民主党を監視したほうがいいかもしれない。
http://popup777.net/archives/17498/


837 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 15:09:12.81
今日も電話が来ない
おかしいな

838 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 20:35:30.69
手直しして新潮へだすわ

839 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 22:23:01.12
新潮は他に出したものはだめじゃなかった?

840 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 22:38:17.64
二重応募がダメなだけなように読めたけど……

841 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 22:39:28.37
題名変えて、登場人物の名前も変えて、地の文もあちこち変えてもだめかな?

842 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/10(木) 23:55:30.83
小説できたので群像に送りたいんですが、10月末締め切りですよね?皆はいつ頃送ってるの?

843 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 00:03:37.70
ギリまで推敲して

844 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/11(金) 00:15:41.60
こだわりがないなら
新潮は今月末日締め切りだよ

845 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 02:37:45.95
今の純文学はキチガイ文学。
群像なんかはその最右翼に近い。やめとけやめとけ。



846 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 10:09:41.93
使いまわし→ブラックリスト入り→シュレッダーが読者

847 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 11:10:13.86
30以上のおじんおばんイラネ。てかいい年こいて小説なんか書いてんじゃねーよ(笑)群像も文学界、文芸のように若者を優先すべき。。

848 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 11:22:03.74
ガキの書いた物なんか読んでんじゃねえよ(笑)

849 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 12:12:35.61
人非人

850 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 12:28:51.67
認否認

851 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 12:41:07.69
純文の作家志望≒純文の読者→出版社は年齢制限を30歳未満にしたいができない→小説・雑誌を買ってくれる人間が減るから→「30以上のうんこは本だけ買ってりゃいんだよー」が出版社の本音(笑)

852 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 14:18:09.36
それはまるで
年齢制限を30歳未満にしたくない理由に見える

853 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 15:01:41.15
フラれてストーカーはじめるやつって、こういうやつなんだろうなw


854 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 16:19:56.53
群像一次落ちはw努力しても時間の無駄wwせめて一次二次通過しないとwww∴五月号の結果は重要です(笑)w


855 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 18:17:17.47
30才以上に授賞させる気はさらさらない。
レコード会社にデモテープ送ると写真のルックスだけ見て聞かずにゴミ箱行き。
群像に原稿送っても年齢だけ見て読まずにゴミ箱行き。
これ本当の事だぜ。
だって応募の圧倒的中心はおじんおばん、全然かすりもしないだろ。

大作家を探したいから20代を受賞させる。はずれでも20代受賞させとけばいい仕事をした形になる。

納得できない奴は上の文章の30代を40代、20代を30代に読み替えて読めや。


856 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 19:36:49.70
発表前はこういうのが増えるのか

857 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/12(土) 19:42:42.51
純文学は20代で卒業しましょう(笑)w

858 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 03:08:09.43
30過ぎて純文学やってるのは時間の無駄ねw

859 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 08:59:44.58
落選作の使い回しはブラックリスト入りね、、、社会で規則を守らない奴に情け容赦は不要。。。判明次第それ相応の処置を取らせてもらいます

860 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 09:03:49.01
何を根拠にそこまで言うんだかw

861 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 10:01:15.54
またお前かwww

862 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 11:49:52.05
群像新人賞の絶対足切りラインは39才
それ以上の時事馬場は天地がひっくり返っても絶対に授賞されない。
読まれないのだから。


863 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 13:31:02.82
そいつの問題は使い回しではなく
「、」や「。」を3つ並べても何も感じない日本語感覚だと思う

864 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 14:01:39.80
>群像新人賞の絶対足切りラインは39才
違うよ。。。20代が足切りラインw30以上のおじさんおばさんは噛ませ犬です(笑)ww出版社は若い才能が欲しいのw文章はそこそこ書ければ、あとは宣伝でどうにでもなる。。。30以上は引き立て役です(笑)。。。


865 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 14:03:53.86
評論のほうは50代でも受賞していると付記しておく。

866 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 14:09:43.95
もし20代で足きり、なーんて物は妄想、存在しないってなったら
864は才能が無くて落ちた事になるだろ

ぜひとも足きりが事実であって欲しいのよ
39歳以上では困るのよ

867 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 14:18:37.98
小説のほうは40代以上の受賞は無い。
30代受賞なら芥川賞受賞者をはじめ受賞者の主流だろ。何言ってんだって感じだよ。
小説部門39歳足切りは事実だろう。

868 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 15:05:19.75
30以上が噛ませ犬だとバレないように、たまに受賞させてるだけ。。。基本20代が足切りです(笑)wwそのときは別に30代でなくて40代、50代、60代、70代、80代…もおk。。。貴方たちは何も知らないw踊らされてるだけです(笑)。。。

869 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 15:11:38.23
868 ツマンネ

870 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 16:03:35.74
ちゃんと応募要領で「足切りします」と書いとけばいいのにな。
もう本当に絶対に授賞はないんだから。

871 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 18:14:35.73
何言ってんだか。足切りを設けたら、噛ませ犬が踊らないっしょ(笑)w

872 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 18:20:25.91
で、でも、純粋な心を持った、

40代50代のおじちゃんたちが、

可哀相だお!


873 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 19:06:38.82
870の問題は足切りではなく「で」と「に」の日本語感覚がおかしいことだと思う
>ちゃんと応募要領で「足切りします」と書いとけばいいのにな
×ちゃんと応募要項「で」
◎ちゃんと応募要項「に」



874 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 21:19:54.43
特におかしいとは感じないが???

書面で説明する。

みたいな感じだと思うが???

自分が使う日本語に神経質だが、融通が利かないな。

875 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 21:28:39.20
30で足切りとか言ってる人は、自分が30になったときどうするつもりなんだろう
自殺するか筆を折るのかな


876 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 21:34:10.98
もう30だから言ってんだよ
俺が選ばれないのはおかしい→きっと年齢のせいだ
ってね

年齢が若い人を使うことによる宣伝効果はわかるが
(しかしそれもやりつくしちゃったようには見える)
年齢が高いからと言って切る理由は無い

877 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/13(日) 21:38:47.26
いずれにしても群像新人賞、40才以上に授賞することはない。
これはあと10年やっても100%確実にない。
最初から読まないのだから。

878 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 04:00:59.19
何バカみたいな議論してんだか。
そんな暇あったら被災地に募金でもしろよ。

879 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 05:11:08.38
30以上のおじんおばんは噛ませ犬w純文学の応募は30代40代が圧倒的に多い(笑)w。。。
だが最終の5枠の内、3人は10代20代wそのうち10代が2人ということもざら、、
噛ませ犬の枠は2匹w飾りだ(笑)w純文学は10代20代が主人公ww30以上のおじんおばんイラネ(笑)。。。

880 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 05:21:34.57
群像一次落ちは努力しても時間の無駄w才能ゼロです(笑)w
最低でも一次二次通過しないと本当に絶対に作家になれないww
∴五月号の結果は重要です(笑)w


881 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 06:54:59.78
どんだけおんなじこと言えば気が済むんだよ。
壊れたラジオか。

882 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 07:43:55.78
30過ぎてんだろw そこは

壊れたレディオ
って言ってあげるべき

883 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 10:16:59.30
群像一次落ちしたの使い回しで小すば最終残ったことある三十代だけど

884 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 11:45:01.71
40代で最終選考はここ10年でゼロくらいだろ?
読まれてないよ、最初から。

885 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 11:51:26.42
思うんだけどさ40代って、そもそも群像に出してないんじゃね?
読まれてないとかじゃなくてさ

乱歩賞とかさ時代小説の賞とか40代いるし、
そっちなんじゃね

886 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 11:56:24.18
>>885
たしか文學界が、二次選考に選ばれた応募作に寸評をし始めた時、
応募の多く、読者の多くは、40代以降だとか、書いてあったよ。


887 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 12:19:12.06
おっさんは群像やめて文學界読んでるって事?

888 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 14:15:25.78
>>885
いやむしろ40台より上の方が多いらしいよ。
聞いた話だが、20代で書き始めて60代の爺さんもいるってよ。

889 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 15:58:18.55
でも。40以上は即ゴミ箱。

890 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 17:03:40.05
粘着パワー凄いな。

891 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 20:04:10.75
まあ、最近の新受賞者が30代以下ばかりなところからして
40以上はOUTってのはかなり信憑性高いな。

892 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 20:23:56.77
いらないのは今の40代だよ
つまり60年代生まれの志望者

すでにプロで優れた作家が大勢いるから、居場所がない

893 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/14(月) 20:36:53.87
孤独死すんなよw

894 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 02:16:47.86
39才足切りはあります。
それ以上の高齢者は、下読みは3分だけ読んでポイです。

895 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 05:44:13.78
まあ、電話が来なかったやつらはそう思わなきゃやってられんわなw

896 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 10:35:29.41
相手にするなよ。そいつは地方文スレでも叩かれていた基地外だから。

897 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 13:28:47.73
>>896
どのスレにレスしてるかは分からないが、お前はキチガイな。

898 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 13:41:02.34
36歳で足切りが本当らしい。

899 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 13:47:58.41
選考委員も地震と原発がきがかりで志望者どもの駄文なんか読みたくもないだろうな

900 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 14:07:30.66
普段このスレしか見ていないが、地方文スレ見てみた。
……わかりやすすぎて吹いたw

901 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 16:25:40.49
>>900
この世のものとも思えない嘘つき。必ず地獄に行くな。
>>900 = >>896
自分が言い負けた話で虚勢を張っているw

902 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 19:21:49.37
マジキチ顔真っ赤www

903 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 19:24:00.54
五月号の発売まであと3週間(笑)w
群像一次落ち→中学生の作文以下ww才能ゼロです。。。以後どんなにあがいても作家になれませんw作家志望不許可w
一次二次通過→商品価値はゼロだが、一応小説w作家志望許可w
両者の間には黒くて深い河が横たわってますwお忘れなく(笑)w

904 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 19:29:20.52
898 足切りは29歳までw30以上は噛ませ犬です(笑)w

905 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 23:04:29.45
連騰w粘着wわかりやすー

906 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/15(火) 23:20:31.70
つーかここって
一次二次最終
なの?

907 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 00:58:11.98
40才すぎは完全無視ゴミ箱
35才過ぎは3分だけ嫁と編集部から下読みにお達し
30才過ぎはハンデ20%

908 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 08:11:17.18
次作があまり振るわないみたいだけど、
諏訪哲史は三十代で受賞してたろう。


まあ、出版社も商売だから、なるべく若い伸びしろのある才能を求めている傾向はあるかもしれない。
文学で食っていくのは難しいし、四十代ともなれば、大きな子供もいるだろう。
社会的にもそれなりの地位にいる可能性が高いと考えられる。
せっかく受賞させても仕事に縛られてしまっては、次作や将来性が不安。
じゃあ、若ければ良いかと言えば、金原や綿矢みたいなケースもある•••。
人生経験や読書量がそれなりに蓄積されているであろう、二十代後半から三十代後半くらいが一番良いのではないだろうか?

しかし、今以上にこれから高齢化が進むことを考えると、四十代以上のデビューも商業的に有りかも?

909 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 12:36:56.79
小説ってやっぱり自分と同じような境遇の主人公のものだと
特に興味深く読めるって面があると思うんだよ。
908さんの言うように高齢化が進めば40代50代の作家が望まれるケースも増えるんじゃないかな。
20代が40代を主人公にしても、どうしても説得力に欠けると思うんだよな。
まだそこを経てないわけだから。

910 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/16(水) 14:22:48.51
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=5&ag=sp&board=1835006&tid=bf7bfmbedea4n0lbca1aaa9ma4rdl2aa47a4bfbfma47a4ja4a4bfma4x&sid=1835006&mid=1

911 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 00:03:43.82
>>908
いやいや。純文学は飾り物だから。
なんとなく20代くらいにやっておこう、どうせ売れない、売れなくてもいい
評論家がほめて、新聞に取り上げられたその人が、今でいえばなんか斜に構えたクールな目をした茶髪
とかなら「いい仕事をした」で完結するのよ。

売れなくてもいいんだよ。なんとなくそれらしく形になった選考が終わればいいんだよ。
だから群像新人賞とか20代、OLDでも30代前半。

912 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 00:07:37.28
出版社だって利益追求してるし、慈善事業じゃないんだから
それはないな

913 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 00:17:50.61
>>912
コミック屋さんのK談社が
会社のステイタスを保つために群像なり純文学部門を運営している。
と常に言われていることは周知の事実だよ。

914 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 00:26:07.24
周知ww

915 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 00:36:03.40
>>913

それは利益を追求しないことを意味するのではないし
20代と30代前半に絞ることで得られるステイタスってないだろ

916 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 01:03:50.78
ここで叩かれたヤツが新スレを立てたようだ。
なんでこんなひどいことするんだろう。困ったヤツだ。

余震の中で執筆してる人のスレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1300254333/


917 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 13:43:00.27
>>911
自分自信が斜に構えてるから、対象も同じ様に見えるのでは?


918 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 14:03:50.74
おまえらそんなに純文学って意識して書いてんの?
だからつまんねーんじゃねーの?

919 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 18:50:27.58
コミック屋さんのK談社が
会社のステイタスを保つために群像なり純文学部門を運営している。
と常に言われていることは周知の事実だよ。
何も知らないんだね。

920 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 20:04:00.62
知ってるけど、40代を切ることと儲けを追求しないことは
ステイタスを保つこととは関係なくね?
って話じゃね

儲けの追及くらいするでしょ、(現在赤字だとしてもさ)

921 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/17(木) 22:57:22.93
純文学は変わり者の変態だけ集まってくれ。
普通のひとと同じ感性じゃ普通だから。。。

元犯罪者でもいいよ。



922 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 01:01:56.75
流れぶったぎるけど、一生懸命書いた作品の評価を待つのって楽しいな。
一年に一回こういう機会があるのも悪くない。
連絡ないから今回はダメだったようだけど、またどっかに出そうと思う。
あと、苦役列車面白く読んだ。きことわは投げ出したけど。

923 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 04:59:43.98
>>920
話を低次元レベル(40代を切ることと儲けを追求しないことは
ステイタスを保つこととは関係なくね? )に落として誤魔化している。

どうせ売れない純文学だから、若者(30代で若者ってのも違うが)に
授賞する。そのほうがイメージがいい。マスコミも取り上げる。

この全体を見て 

40代を切ることと・儲けを追求しないこと・ステイタスを保つこと 

全部一体だと思わないのは池沼レベル。
また応募の過半は中高年だが、当選作は十年一日で20代もしくは30代。
この事実の方から考えても、40代以降は完全に、読まずゴミ箱で間違いない。


924 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 09:33:46.33
おとしてねえよw
もともと

40代以上は切ってる
  ↓
40代の読者もいるだろ(彼らが積極的に20代の読むのか?)
儲からんだろ
  ↓
ステイタスだから、儲けは度外視なんだよ
  ↓
度外視でも、儲けを目指すことを禁止はされてないし
そもそもステイタスと40代を切ることはつながりなくね?

って話じゃん
っていうかそもそも40代は小説書いて応募してるのか?
読者数の割合=応募者数の割合ってのがちがうんじゃね?

925 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 12:02:56.66
>>924
物分り と あきらめ の両方が悪い爺さんだな。
改めて(改めてだ)言っておく。

儲けを目指すことを禁止しているなどと金輪際言っていない。
ただ儲け度外視でステイタスを取ろうとしている。
禁止はしてなくても普通にやれば必ず儲けられない。
その事実を踏まえてその上で今あるように純文学誌を運営している。
あたまのわるい爺にはこれは分からん理屈だろうか? 心配だ。

そのさい40代以降を切るのはジジババでは作品も古臭くファッション性話題性に欠けるから。
と言っている。
40代以上は切っている。
この事実は動かない。
お前の負け。

一番下の三行はこのスレの上の方を見ろ。

926 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 12:15:05.09
それだとさ
ジジババでは作品も古臭いから残れないってのはわかるが
切ってる根拠にはならんわな

そもそも群像の新人賞がファッション性話題性に富んでるようにも見えないし
ようは具体的に40代切ってるなんて事実は断言できねえって事だろ

実際に40代の受賞者がいないということは40代を切ってる根拠になりえないし
(袋を叩いてニャーと音がしたからといって犬が中にいない証拠にはならない)

927 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 12:48:16.35
俺は二十代後半の人間だけど、年齢に関係なく純粋に作品で評価してほしいな。
四十代デビューがあっても良いだろうし、受賞作がどんなものか読んでみたい。
現在の日本では人口比の高い、四十代から五十代の受賞があれば
商業的な話題性もある気がするんだけどねぇ。

ただ、社会経験から人物造形やリアリティの厚みみたいなのが作品に反映されていればいいんだけど
中年にありがちな、人生訓を垂れるような説教臭いのとか
バブルの思い出を垂れ流したようなのとか
俺様の人生哲学みたいなのとかはノーサンキューだな。
「小僧、男ってのはなぁ」的なやつは北方謙三だけでええわ。

若ければ感性と勢いだけで書かれた作品でも、その若さゆえに評価されるかもしれないけど
中年以降は文学的に熟成された作品が求められるように思う。


928 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 13:48:08.78
今の40代50代は、気持が若い人は、かなり気持が若いよね。
「どうよ?」とか「いぇーい」とか平気で言う。

そういう事実はあるが、群像や文學界や新潮の編集部が、
40代50代を切っている事実はあると思う。

でも証拠がないね。

その一方で>>926みたいな袋の中の犬猫の話もおかしい希ガス。
何誌も何十年も受賞者が30代までということは、
何百回袋をたたいても「ニャー」「ニャー」「ニャー」「ニャー」なわけだから、
そこに犬がいないだろうと思う方が自然だね。

証拠と言えば証拠かな。

929 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/18(金) 19:18:01.56





930 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 00:29:50.97
>>929
?

931 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 00:54:19.02
イカれたファッキンじじい

932 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 01:33:22.85
略してIFJ

933 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 18:10:07.79
今の純文学はキチガイ文学。
群像なんかはその最右翼に近い。やめとけやめとけ。



934 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 22:31:43.55
tesuto

935 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 22:42:15.37
40歳すぎの方のご応募はご遠慮ください、
というのが各社編集の本音だよ。

出すだけ無駄

936 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/19(土) 23:24:25.13
言っていることを肯定も否定もするつもりはないが、
そんなに何度も同じこと言う必要ないだろ。

937 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 00:09:04.13
40すぎの応募者が嫌われるのは、

◎話題性に欠ける
◎いままで何をしていたの?
 その年でデビューって、虫がよすぎない
◎若い編集にとっておそらく偏屈で扱いづらい人が多い。
◎内容が古く時代遅れのことが多い。
 実際につまらない内容がほとんど。
◎毎回応募者が多すぎて、どこかで線引きしたいのが本音なのよ。
 だから40以上の人は…

938 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 00:47:44.38
足切り。

939 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 00:52:30.07
46才以上の人は絶対にゴミ箱直行だから応募の意味がない

35才以下の人で純文学で食った生きたい人はキチガイ小説しか選ばれないので応募の意味がない。

35才以下でキチガイ文学で一瞬世間の注目を浴びてそのあと野垂れ死にたい人だけが応募すればいい。


940 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 01:00:14.24
間違えたよ。俺が悪かったよ。

36才以上の人は絶対にゴミ箱直行だから応募の意味がない

35才以下の人で純文学で食った生きたい人はキチガイ小説しか選ばれないので応募の意味がない。

35才以下でキチガイ文学で一瞬世間の注目を浴びてそのあと野垂れ死にたい人だけが応募すればいい。


941 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 02:31:47.09
才能無い奴は年齢関係無く駄目だ

942 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 11:56:26.56
地方文も駄目、中央純文も一次落ち、エンタメやラノベの才能もない粘着基地害は、賞取り諦めて文藝社から自費出版すれば?

943 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 12:50:57.28
選考会あったみたいね。
こんな世情だけど。

結果は5月号発売のあと。

944 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 13:37:19.65
純文学で食った生きたいw

純文学で食った生きたいw

純文学で食った生きたいw




945 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 16:42:30.04
ここ10年ぐらいで言うと、村田さやかとポンパ男ぐらいか、食えてるのは。

946 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 17:06:11.37
食えてるって言ってもどうせ失速するよ、
群像新人賞なんて頭のおかしい小説を書く人のためのもの、いまはもう。

947 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 20:34:57.51
30以上のおじんおばんは普通にいらないっしょw正直便所の紙にもなりません(笑)w
未来のある若い子たちに席を譲ってあげなよ。。。。。。(笑)w
純文学を担っていくのは10代20代だよ(笑)w

948 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/20(日) 21:31:48.44
そうそう。群像新人賞や芥川賞の選考委員のおじいおばあなんてもっと不要だわな。


949 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 11:59:26.68
社会に出てみれば、三十代前半でも若い方だけどなぁ。
新卒で就職してから一年。自分がいかに若僧か痛感したわ。
十代や、大学生なんて井の中のかえるくんだよ。

それはそうと、ファンタジーノベル大賞は年齢関係ないみたいだな。
五十代の受賞者が出たそうな。

950 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/22(火) 23:51:16.81
講談社はもう赤字体質が固まった。
でも群像はやる気のない落ちこぼれスタッフのたまり場。
なんにもやる気なし。

951 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/25(金) 01:29:38.10
文学界も、若い作者がもてはやされるようになったのか。漫画界に似てきたな。
漫画界で若い者が優先されるのは、作品の質が重視されず、稼働年数が重視されるからだろう。
だから、漫画の質が年々落ちて、つまらなくなっている。20代や30代で、絵と物語の両方できるなんて、有り得ない。
片方で一人前になるのでも、何十年とかかるのに。
何の分野でも、天才でもないのに、40前に成果を出すなんてまず無理。
それとも、文学界って、チンケな世界?

952 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/25(金) 03:02:13.60
>稼働年数

いやいやそれは関係ないよ。
どうせ1回限りの使い捨て。
ただ、20代に授賞すれば「仕事がスタイリッシュ」「感覚が若い」編集者になれる。
だから何の意味もなく20代に授賞する。
それだけの話。

953 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 00:42:36.12
群像で世に出ても、
新潮社にガブリ。
幻冬舎にガブリ。
W村上は去ったのであった。

954 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 02:11:27.01
>>953
俺はそこに、ものすごい疑問感じるんだよね。
別にプロだから他の出版社で作品書くのは構わないし、
それだけ人気でてんだから、
自分の待遇をより良い条件にしていけばいいとおもうけど。
賞でデビューしたんなら、少しは出版社に義理立てしないとだめとおもうよ。

例えば優先的にその出版社に作品下ろすとかね。
じゃないと、公募賞やっても金と労力かかるだけじゃん。
そしたら、出版社だって新人見つけるのテキトウになっちゃうよ。

マナーみたいなものとして、作家は頭にいれとかないと。と思うよ。
もしも俺が賞とってプロになれたら。
相手が使ってやる言ってくれるあいだは、賞の出版社を優先しようと思ってる。
じゃないと、どんどん公募する意味がなくなるよ。

955 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 06:19:19.56
龍は知らんが、村上春樹は講談社への義理は果たしたと思うがな。
ノルウェイの森もダンスダンスダンスも講談社だし。

956 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 17:06:46.43
春樹はエッセイで、講談社と吉行淳之介に一応の恩義を感じているって書いてるからな。

957 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 17:12:04.78
>>956
どのエッセイか教えて。

958 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 17:28:46.21
春樹はツンデレだからなぁ
講談社がビルの表面覆うような馬鹿でかい看板をあげたときも

「ちょ、ま、か、かんべんしてくれよw あんなでかい看板、ホンマ恥ずかしいやめて欲しいわぁ(^_^;)」

みたいな事言ってた

959 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 17:52:00.26
>>957
朝日堂の中に収められた一編。くわしくは忘れた。

960 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 18:29:10.38
>>959
ありがとう。

961 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/26(土) 23:59:21.81
村上春樹って編集者を入水自殺に追い込んだことあるよね。
中央公論だっけ? 違ったっけ?
新しい文学全集を出す時、そこに村上春樹を入れると承諾なしに広告を出した。
村上春樹がへそまげて拒絶した。
あらゆる手立てで作品を全集に入れようとして最後には「恩師」吉行淳之介にも仲介を頼んだ。
村上春樹は拒絶した。
編集者は入水自殺した。


962 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 00:23:38.72
嫌われてるのに気が付かないのだろうか

963 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 03:34:32.44
余談だが。
龍はカンブリアで、いっしょに仕事をしたけれど、育ててもらったという気持ちはない、と
講談社のことバッサリいってるな。
あと、これは文春だけど、以前龍のトークショーみたいなのに行ったことあるけど、ブルーの芥川受賞後、
原稿依頼の連絡があって、でもその態度があまりに横柄だったから、書いてやらなかった、
だから受賞後第一作はプレイボーイという商業誌だった、と暴露してた。
「人にものを頼むときはいいかたってものがあるでしょ」と未だ根に持っている感じだった。

964 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 05:45:57.88
森雅裕の事もあるし、講談社は問題あるかもね。
まぁ、森氏の場合は本人の性格にも・・・・・・・・

965 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 19:43:41.25
ってことは文春も講談社の編集者も横柄ってことなんですね…

966 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 20:09:56.03
作家なんて詐欺師みたいな連中に仕事くれてやるんだから偉そうになるのも仕方ないと思うよ


967 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 20:21:24.18
今の出版不況の理由は殆どが出版社が腑甲斐無いから。
村上龍が昔の北原武夫みたいに、作家自ら出版社を起こすのは
良いことだと思うよ。

968 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/27(日) 21:11:43.05
村上春樹と龍がノーベル賞取るかか何かしらの事件というか事を起こせば面白いな。


若い作家も出版社も両方不甲斐ないよ。
小手先だけの金儲けに走るポプラとか他の出版社に言えるがな。
作家と出版社両方に責任があるんだよ

969 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 00:29:39.89
そういえば、森雅裕って今何やってんだ?
自費出版のパトロンと致命的なトラブルを起こしたみたいだけど••。


970 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 00:32:19.72
筒井康孝も文句言ってるよな>編集者
東野圭吾もどっかの編集者とけんかしてた
森博嗣もどうかと思うやついる的な事言ってた

漫画家だって編集者の文句言って喧嘩した人いたよなあ

まあそんなもんなんだろうな


971 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 00:52:42.33
長嶋有も新潮と喧嘩したから、もう二度と新潮では書かないって
公言してたよね。新潮は大江もだったんじゃない?
講談社は笙野頼子のこともずっと干してたな。
どっちも割りと権威はある歴史ある出版社だから
編集者にエリート意識があるんじゃないの。

972 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 05:11:01.45
>>970
漫画家といえば大ベテランの梅津かずおに
当時新入社員の担当が「お前は手の書き方がなってない」って文句行って
それに腹を立てて梅津断筆したんだよな

973 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 05:24:28.56
>>968
龍に脳減る賞の話はない。断じてない。

974 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 14:33:26.17
長島はほかの版元とも実は喧嘩してる。けっこう難しい人だという噂。

975 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 15:09:07.28
長嶋は才能があるというほどではない。
芥川賞の平均水準よりは上だがね。

976 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 19:06:40.34
長嶋有は難しいというより幼稚なんだよ

大人ぶってかっこつけてる筒井康隆なんかと一緒

977 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 21:47:03.56
だが、作家には役に立つ特性

978 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/28(月) 23:23:10.83
長嶋、藤野、青来あたりは、好きだったがなぁ。


979 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 16:28:51.57
講談社社長、野間佐和子さん死去
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1301470031/

980 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 16:39:01.33
逝ったか。ナムナム。

981 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 16:40:28.25
真面目になってあれだけど、50年先も読み継がれていくようなさ、
そういう作品が評価されるべきだと思うんだよ

982 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 17:30:44.15
例えばなんで夏目漱石や太宰の本が未だに売れて、読まれ続けているかよく考えることだな

983 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/30(水) 18:32:34.15
ま、そんな下らんこと考えても答えを見つけたやつはいないけどな

984 :名無し物書き@推敲中?:2011/03/31(木) 14:24:43.42
新社長の父方の祖父。
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/21033896.html

その後、阿南陸相は総理官邸に立ち寄り鈴木総理に会います。
同様に会議での非礼を詫びたあとに、小脇に抱えていた葉巻の箱を取り出して渡し、
「これは南方第一線からの届け物であります。
私は不調法なもので、このようなものは嗜みません。ぜひ総理が召し上がって下さい」
さすがに鈴木総理は阿南陸相の覚悟が手に取るようにわかったのであろう。
阿南陸相を送って戻ってきた迫水書記長官に向かってこう呟いたという。
「阿南君は、暇乞いに来たんだね」

この有名な話は好きだ。

192 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)