5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本語版ハリー・ポッターの不思議 part20

1 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:22:23.84
ハリー・ポッター日本語版を読んでいて「なんだか読みにくいな」
「どうしてこんな訳になったのかな」と不思議に思うことはありませんか?
原書を先に読んだ人からは、日本語版は登場人物などのイメージが違う、
誤訳珍訳があるようだという話をよく聞きます。
このスレは原書読者と日本語版読者が情報交換して、疑問点を話し合い
日本語版を読んでいるだけでは味わえないハリー・ポッターシリーズの
深い魅力について語り合っていくのが目的です。

翻訳者や出版社を叩くのが目的ではないので、その点をしっかり留意し、
単なる叩き・煽りを目的とした非建設的書き込みはしないようにお願いします。
また万が一、そういった書き込みがあっても軽くスルーするようにしましょう。
ハリポタの翻訳と原書を肴にマターリ話し合いましょう。

不思議な邦訳の原文が知りたい人は、原書読者が調べやすいように
ページ数だけでなく、何巻何章のどのようなシーンかもなるべく書いてください。

前スレ、関連スレ、よくでる問題などは>>2-10あたり

2 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:22:49.97
前スレ:日本語版ハリー・ポッターの不思議 part19
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1310383466/

□関連スレ
ハリー・ポッター総合スレ part85
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1317422003/
ハリー・ポッター Harry Potter 第49章
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1316094235/

□まとめサイト
玄関サイト
http://www.geocities.jp/hendayo_hp/
新まとめサイト
http://wiz.gnk.cc/hpmystery/
絵で見るハリー・ポッター日本語版誤訳・珍訳
http://islaya.sarashi.com/haripota01.html
過去ログサイト
http://sunrisesunset77.web.fc2.com/haripota/hari_index.html

3 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:23:19.53
□関連サイト
J・K・ローリング・オフィシャルサイト(英語・日本語訳あり)
http://www.jkrowling.com/
Harry Potter books from Bloomsbury(英語・イギリス版元)
http://www.bloomsburymagazine.com/harrypotter/
Scholastic Harry Potter(英語・アメリカ版出版社)
http://www.scholastic.com/harrypotter/home.asp
静山社
http://www.sayzansha.com/jp/


□便利サイト
歴史魂(英語・the Harry Potter Lexicon)
http://www.hp-lexicon.info/index-2.html
利器鍋(英語・the Leaky Cauldron)
http://www.the-leaky-cauldron.org/
回転発言アーカイブ(英語・Accio Quote!)
http://www.accio-quote.org/
DictJuggler.net 文章に携わる人のための辞書・検索サイト
(翻訳訳語辞典・類語玉手箱などが便利)
http://www.dictjuggler.net/

4 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:23:55.12
以下、週刊文春2008年7月10日号より抜粋

>「『ハリー・ポッター』シリーズ日本語版は、第一巻発売当初から
誤訳珍訳が多く、我々翻訳家の間では物笑いの種になっていました」
>「この作品は二十世紀末の英国が舞台で主人公のハリーをはじめ、
ティーンエージャーが主人公なのに、『手水場』『下手人』『旅籠』など
まるで時代劇のような言葉が頻出するんです」(ベテラン翻訳家)

>日本語訳では、会話文と普通の文章がごっちゃになっていて読みにくい。
看過出来ないところがあります。
>原書では、魔法学校で飼育学を教えるハグリッドは"I'm on probation"
つまり『観察、猶予期間におかれた』と語っています。この言葉を語った後も
彼は学校で働き続けていますから『停職』は明らかに誤訳。」
(翻訳家の明治大学教授)

>その他、camp out (=転がり込んだ)を「キャンプした」(第五巻)
omniscient(=千里眼)を「博識」(第六巻)、misry eyes(=潤んだ瞳)を
「霧のような瞳」(第一巻)などなど、誤訳、珍訳の類は枚挙に暇がない。
>また、フクロウが「傍受」(第五巻)されたり「脅し文句」を「殺し文句」と
表現したり、日本語がおかしい表現も多数指摘されている。

5 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:24:10.56
7巻のよく出る問題

1. リリー&ペチュニア・姉妹関係問題
英語では通常姉妹はsisterと書き、多くの場合、姉と妹を区別しない。
区別する必要がある日本、中国、韓国などの翻訳者は作者に確認するのが常識。
静山社は最初に確認せず、1巻では独断でリリー妹、ペチュニア姉と書く。

→3巻でなぜか何の断りもなくリリーを姉に変更
→4巻ふくろう通信で「ペチュニアは意地悪なので姉にしたが
  作者が妹だと言ったので変えた」と言い訳。
→以下、5巻の記述も携帯版もすべてリリー姉に変更される
→7巻の原書でリリー妹(younger)、ペチュニアは姉(elder)だったことが判明!
→中国版を持ってる人に確認したら中国版ではずっとリリー妹であることが判明
  (中国の翻訳者も作者に確認しているはず。)
→ 韓国語版を確認したらこちらもずっとリリー妹であることが判明
 (作者が日本にだけ違うことを言ったとは思えない。あまりにも奇妙)
→7巻日本語版はリリー妹であることを表わす記述を省くという荒技で処理
 (しかしペチュニアが仕切っているのでどちらが年上かはあきらか)

FAは、ペチュニア=姉、リリー=妹

6 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:24:27.99
2. 名付け親問題
「男の子だ! ドーラの父親の名を取って、テッドと名付けたんだ!」(下巻p191)
「君が名付け親になってくれるか?」ハリーを離して、ルーピンが聞いた。(p192)

7巻に上のようなわけのわからない記述が出てくるのは
godfatherを安易に「名付け親」と訳したため。
ルーピンがハリーに頼んでいるのは「後見人」(まさかの時の保護者役)
godfather(parents)はもとは宗教関係の教育をする人という意味で
代父、教父、後見人、保護者代理、名付け親などの訳語がある。
「名付け親」というのは古い訳語。原則godfatherは名前をつける人ではない。

3巻でシリウスがハリーを引き取ろうとしていたり、保護者代理として
ホグズミード行き許可証にサインしたりしていたのは「後見人」だから。
ハリーに名前を付けたわけではないということは当時から言われていた。

7 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:24:48.97
3. ハーマイオニーの「マーリンの猿股!」(上p327)
魔法界では驚いたとき、Merlin's beard!(マーリンのヒゲ!)という。
これまでは「おどろき桃の木」「おやまあ」などと訳されてきた。

7巻でハーマイオニーは、Merlin's pants!(マーリンのパンツ!)と言って
驚いており、この訳がなぜか「マーリンの猿股!」になった。

先にロンがマーリンのパンツが出てくるふざけた言い回しをしている。
愛するロンの影響?で、慣れない魔法界の慣用句を口にしようとした
ハーが変なことを言ってしまったという感じで面白い場面だが
ロンの言い回しは「おっどろき、桃の木、山椒の木」と訳されたので
ハーのセリフは意味も事情もわからない唐突なものになった。

8 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:25:04.76
4. スネイプの「僕を……見て……くれ……」(下p404)
原文は" Look ... at ... me ..."
死ぬ前にリリー譲りの緑の目を見るため、ハリーを振り向かせようと言った。
あたりまえに訳せば「私を…見ろ」「こちらを…向け」のようになる。
次の文に「緑の目が黒い目をとらえた。」とあることからわかるように
この言葉でハリーは振り向き、最期に一瞬だけふたりの目が合っている。
スネイプが普段の意識で「僕」というのは考えられないため、邦訳の彼は
朦朧としてリリーの面影に語りかけたように感じられ、最期の最後に
緑の瞳をしっかり見て逝ったという原書の演出がぼやけてしまった。

もちろん解釈は読む側の自由なので、スネイプのキャラクターや
この言葉の真意について、あれこれ思い巡らすのは読者の勝手。
しかし邦訳は一人称を「僕」にすることで「少年時代の意識でリリーに懇願した」
という特殊な解釈のみ押しつける形になっており、問題がある。

※スネイプが直前に「記憶」を渡しているので、それを「見て欲しい」と
いう意味だと思った人もいるようだが、"Look at me."は原則としてその場で
相手の視線や意識を引く言い方なので、そういう意味にはならない。

9 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:25:27.89
5.冒頭のエピグラフ(引用)の訳が抜けている件
献辞(訳あり)の隣に原文のままで載せられている。
上はアイスキュロスのギリシャ悲劇オレステイア三部作の「供養する女達」から。
英雄アガメムノンの息子オレステスが父の敵討ちを決意する場面で
冥府の神に勝利を祈る合唱隊の歌の一節。
(物語に惨い戦いが出てくることを示唆? 心の準備を誘う)
下は民主主義の先駆者ウィリアム・ペンの格言集「孤独の果実」(1682年)から。
友は死すとも友情と団結は死せず…のような感じの文。
(これも登場人物の死を暗示するが、こちらはかなり救いになる)

どちらも作品の一部のようなもので、読めると読めないとでは
作品の印象も違う。訳さない、説明もないというのはずさんな手抜き。


テンプレ以上

10 :無名草子さん:2011/11/16(水) 10:27:16.18

最近は980越えると1日書き込みなしで落ちるんだな

11 :無名草子さん:2011/11/16(水) 12:49:03.02
>>1
スレ立て&テンプレ貼り乙!

12 :無名草子さん:2011/11/16(水) 18:22:41.91
>>1
3巻で気になったところがあったので

(最初の占い学の後のロンの台詞)
原文p122
'Grims Scare the living daylights out of most wizards!'
邦訳p146
「死神犬と聞けばたいがいの魔法使いは震え上がってお先真っ暗なんだぜ!」

辞書の用例に"scare the living daylights out of him"
で「彼を気を失うほど怯えさせる」というのが載っていたので
「グリムはたいていの魔法使いを気を失うほど怯えさせる」ぐらいの意味ですよね?
お先真っ暗に気絶の意味合いも無さそうですし・・・

13 :無名草子さん:2011/11/16(水) 21:40:35.19


14 :無名草子さん:2011/11/16(水) 22:22:58.91
乙!

15 :無名草子さん:2011/11/16(水) 22:37:32.56
>>1おつ

>>12
普通daylightは「昼の光」の意味だけど、その用例のイディオムの中では
「正気、意識」という意味になるようだね。
だから"the living daylights out of〜"で「〜が意識を失うほど」みたいな
意味になるのだろう。

なのに邦訳は、「光を失う」という意味で取って、
無理やり「お先真っ暗」というチグハグな日本語を持ってきたっぽいな。

16 :無名草子さん:2011/11/16(水) 23:57:57.54
>>5映画でもリリー=姉と吹き替えされてるようなorz

最初の契約か何かでギャラの安い翻訳家を頼んだのかな〜
とか勝手に想像している。
イギリスの方でも世に出される前は足元見られてたらしいからね…

17 :無名草子さん:2011/11/17(木) 12:39:47.95
1乙!
秘密の部屋でハリーが倒れたジニー見つけて「ジニー!死んでいちゃだめだ!お願いだから生きていて!」って台詞なんか変…。

「死んでいちゃ」ってもう死亡確定みたいな。原書だと何て書いてあるんだろ。

18 :無名草子さん:2011/11/17(木) 13:03:06.01
>>17
>>2のまとめサイトに載ってるよ

“Ginny! Don't be dead! Please don't be dead!"

携帯版では
「ジニー!死んじゃだめだ!頼むから生きていて!」
に訂正されてるそうだ

19 :無名草子さん:2011/11/17(木) 14:39:22.23
「死んでいちゃだめだ」って原文にbe動詞が使われているから
状態の否定で訳そうとしたんだろうけど、素人以下の判断だよね。
倒れている人の側で「生きていて!」ってのも地味におかしい。

20 :無名草子さん:2011/11/17(木) 14:43:56.72
>>16
ギャラの安いってのは静山社版のこと?
静山社は翻訳の松岡女史がほぼ一人でやってた会社で
旦那の保険金で版権買った後、金がないので
素人の寄せ集めで手探りで訳したということのようよ。

21 :無名草子さん:2011/11/17(木) 14:46:59.74
コリンの母国語は一体何語なんだ
酷すぎる

22 :無名草子さん:2011/11/17(木) 15:46:27.76
怖い話で「お先真っ暗」??、「死んでいちゃだめだ」(笑)
日本語に弱いとかってレベルじゃないね

23 :無名草子さん:2011/11/17(木) 16:56:41.86
きっと泥酔しながら書いたんだよ。
お酒枕だ。

24 :無名草子さん:2011/11/17(木) 18:06:37.00
これでジャンルが児童書だもんね。

25 :無名草子さん:2011/11/17(木) 18:49:53.84
回転さんは児童書として書いた訳じゃないのにね
11歳だったからって勝手に児童書扱いにしてたけど、途中からはもう青年だし

26 :無名草子さん:2011/11/18(金) 05:55:27.27
ヴォルデモートのAA保管庫 Wiki
http://wikiwiki.jp/voldemort-aa/

27 :無名草子さん:2011/11/18(金) 10:01:37.26

                           /_ノ  ヽ、_\
                         o゚((○)  ((○))゚o  ,. -- 、
                        /::::::⌒(__人__)⌒:::::: /    __,>─ 、
                        |     |r┬-|    /          ヽ
                        |     | |  |   {            |__
                        |     | |  |    }  \       ,丿 ヽ
  ___,.-------、      .     |     | |  |   /   、 `┬----‐1    }
(⌒    _,.--‐    `ヽ    .     |     | |  |  ./   `¬.|      l   ノヽ
 ` ー-ァ''"/ / r'⌒)     ̄ ̄`ー‐-- \      `ー'ォ /    、 !_/.l    l    /  }
     \\\_/   ノ___       `''ー     {       \     l   /  ,'
        ̄ `(_,r'"        ̄`ー-、    .   / \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
 初版400万部!!ワンピこそ最高!!糞ざまあああああああああああwwwwwwww













28 :無名草子さん:2011/11/18(金) 10:01:58.23

                           /_ノ  ヽ、_\
                         o゚((○)  ((○))゚o  ,. -- 、
                        /::::::⌒(__人__)⌒:::::: /    __,>─ 、
                        |     |r┬-|    /          ヽ
                        |     | |  |   {            |__
                        |     | |  |    }  \       ,丿 ヽ
  ___,.-------、      .     |     | |  |   /   、 `┬----‐1    }
(⌒    _,.--‐    `ヽ    .     |     | |  |  ./   `¬.|      l   ノヽ
 ` ー-ァ''"/ / r'⌒)     ̄ ̄`ー‐-- \      `ー'ォ /    、 !_/.l    l    /  }
     \\\_/   ノ___       `''ー     {       \     l   /  ,'
        ̄ `(_,r'"        ̄`ー-、    .   / \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
 初版400万部!!ワンピこそ最高!!糞ざまあああああああああああwwwwwwww













29 :無名草子さん:2011/11/18(金) 13:43:58.03
>>23
そのセンス…こりん筋の方ですか?


30 :無名草子さん:2011/11/18(金) 15:28:10.36
そうです、私が変なおじさんです!

31 :無名草子さん:2011/11/18(金) 15:30:33.44
でもコリン先生のセンスは、ナウなヤングにばかうけだよね。

32 :無名草子さん:2011/11/18(金) 15:38:15.54
子供に猿股って何って質問された

33 :無名草子さん:2011/11/18(金) 15:46:08.68
立ちくらみがしたら、「お先真っ暗」と叫ぶんですね。

34 :無名草子さん:2011/11/18(金) 16:10:29.13
驚いたら「驚き桃の木」「おったまげー」と言うんですね

35 :無名草子さん:2011/11/18(金) 16:29:24.35
俺は「驚き桃の木サンショの木、ブリキに狸に洗濯機!」かな

36 :無名草子さん:2011/11/18(金) 16:36:14.36
第4巻、US版、p.629
Next, tell me what's always the last thing to mend,
 The middle of middle and end of the end?

the last thing to mend最後に修正するもの
とはどういうことですか?
middleの真ん中…ddですよね。
endの最後…dですよね。
どちらのことを言っているのでしょうか?

37 :無名草子さん:2011/11/18(金) 16:40:24.46
第4巻US版、p.721
Pretended that he had never really gone over to Dumbledore, that he had been, like Voldemort himself, biding his time?
この文は、まず文頭は
(Had he) pretended that …ということでしょうか?
また、1つ目のthat節[that he had never really gone over to Dumbledore]はpretendedの目的語だと思いますが
2つ目のthat節[that he had been, like Voldemort himself, biding his time]何なのでしょうか?
よろしくお願いします。

38 :無名草子さん:2011/11/18(金) 17:18:40.17
>>36-37
悪いけどさすがに、英語オンリーの突っ込んだ質問を連投されるのは
板違いが目立ちすぎるし、翻訳についての話し合いの邪魔になります。

英語板で落ちていたハリポタスレを立てたのでそちらでもう一度聞いて下さい。
答えられるようなら答えに行きますから。

【原書に挑戦】ハリー・ポッターを英語で読むスレ3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/english/1321604042/

39 :無名草子さん:2011/11/18(金) 17:37:33.81
【原書に挑戦】ハリー・ポッターを英語で読むスレ3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/english/1321604042/
に質問しましたので、よろしくお願いします。
英検準、2級程度の出来ない生徒に、わからせる感じで教えていただけるとありがたいです。
文法的というか、構文的だとありがたいです。
帰国子女とか留学経験有りを想像される困るのですが。

40 :無名草子さん:2011/11/18(金) 17:39:02.93
英検準、2級程度

英検準2〜2級程度

41 :無名草子さん:2011/11/18(金) 18:54:09.45
それをここに書かれてもw
あっちでレスついて良かったね

>>38は住み分け上手なGJさん

42 :無名草子さん:2011/11/19(土) 00:04:19.06
猿股ってエッチな意味じゃないの?

43 :無名草子さん:2011/11/19(土) 05:19:13.17
>>42

さる‐また【猿股】
腰や股を覆う、男子用の短い下ばき。さるももひき。

44 :無名草子さん:2011/11/19(土) 10:16:17.27
猿のような股
始まったら止まらない

45 :無名草子さん:2011/11/19(土) 18:00:36.98
>>15
>「光を失う」という意味で取って、
無理やり「お先真っ暗」というチグハグな日本語を持ってきたっぽいな。

こりん先生のことだから、英語の慣用句には日本語の慣用句をあてようと
工夫したつもりで「お先真っ暗」という表現にしたのかもしれないけど、
原文の文意を曲げて、日本語としてもおかしくしてしまっては意味ないね

46 :無名草子さん:2011/11/19(土) 23:15:08.50
「目の前が真っ暗だよ」ならまだ許せるかな

47 :無名草子さん:2011/11/19(土) 23:31:00.29
お先真っ暗だと先行きが不安な程度というか・・・
グリムを見たときの絶望感とはまたニュアンスが違ってくるね

48 :無名草子さん:2011/11/20(日) 00:26:52.61
きっと「お先真っ暗」を思い付いた時は
上手いことしてやったり!
と思ったんだろうね
違和感よりそちらを優先した感じかな

49 :無名草子さん:2011/11/20(日) 10:17:10.27
お先真っ暗の「お先」は未来のことだもんね。
違和感程度しかおぼえなかったとしたら、翻訳なんてやめて欲しいレベルだ。

50 :無名草子さん:2011/11/20(日) 16:06:00.45
和訳者を変えてハリー・ポッター完全版シリーズ刊行決まりだな

51 :無名草子さん:2011/11/20(日) 16:33:54.39
違法だけどな

52 :無名草子さん:2011/11/20(日) 17:07:39.97
トンでも和訳を正確に英訳したものを女史に読ませてみたい

53 :無名草子さん:2011/11/20(日) 18:38:16.43
>>46
原文が「気を失うほど怖がる」という意味で光も闇も関係ない
慣用表現を入れて訳したいなら「怖さのあまり気が遠くなる」程度でいいと思う

54 :無名草子さん:2011/11/20(日) 19:23:53.41
「目の前が真っ暗闇」は気を失う時の状態を示すニュアンスが入る
「お先真っ暗」にはない、気がする

55 :無名草子さん:2011/11/20(日) 19:27:30.08
お先真っ暗

[形動]将来の見通しが全くつかないさま。「―な施策」


先行き・問題解決などについて五里霧中 不明 ・ 分からない
・ 暗中(模索) ・ (先行き)不透明 ・ 雲をつかむような ・ 先が見えない
・ (〜の)めどが立たない ・ 見通しが立たない ・ お先真っ暗 ・ 出口が見えない
・ (先行きが)定まらない
・ 混迷(状態) ・ 漂流(状態)

56 :無名草子さん:2011/11/21(月) 08:47:27.29
>>54
お先真っ暗は>>55さんの説明の通り。
「目の前が真っ暗」は今現在の状況。
生理的な「気絶する」時の説明にも使えるけど、現在の絶望的な感情に使うよね。

57 :無名草子さん:2011/11/21(月) 21:23:03.17
「目の前が真っ暗になる」というのは、慣用句的にはショックを受けたり
絶望したりしたときの表現だね。
文字通り「目の前が暗くなって倒れた」という感じで気を失うときに
使うこともあるけど、それは慣用表現じゃなくてただの体感描写だと思う。

58 :無名草子さん:2011/11/22(火) 15:29:45.55
もし daylights がキリスト教的な意味での光であれば、
神様の光、希望の光的な意味合いが消えるって意味になるのかな。
日中の光程度なら体感描写からできたイデオムって感じだけど。

59 :無名草子さん:2011/11/22(火) 20:22:28.35
>>58
daylightって単語にキリスト教的な意味があるわけ?
神がどうのとか キモいんだけど

60 :無名草子さん:2011/11/22(火) 21:22:20.34
>>59
神がどうとか っていうのはキリスト教が
普通に根付いてるイギリスでは別に
オカルトテイストじゃなくて普通の感覚なんじゃないかな
神をキモいと感じる感覚を何とかしないといけないんじゃないかなぁ。。。

61 :無名草子さん:2011/11/22(火) 22:45:58.56
>>59
俺も自信があるわけじゃないが、
living daylights out ofが気を失わせるみたいな意味合いがあったころには
民衆の隅から隅までキリスト教が入り込んでいたころだし、
太陽も光もキリスト教としては非常に重要な意味合いがあるし、
闇は光によって払われるべきものの印象があるらしいし(陰陽的はだめらしい)、
その神が人に理性を与えたわけだし。
語源としては、結構、あり得るんじゃないかなと思ってみたんだけど。
違うかなぁ。。。

62 :無名草子さん:2011/11/22(火) 22:56:24.77
>>60
多分、仏教・神道・儒教以外の視点で考えるのが、
異教徒の視点って感じでキモいんだと思う。
国際化しつつある日本には珍しい純粋な人なんだと理解したよ。

63 :無名草子さん:2011/11/22(火) 22:58:11.86
関係ないけど
“…”の替わりに“。。。”とか書く人が嫌いだ

64 :無名草子さん:2011/11/22(火) 23:25:56.74
>>58
上の体感描写というのは日本語の「目の前真っ暗」の用い方についての話題

英語のこのイディオムにおける(living)daylightは「意識、正気、分別」の意味でFA
発言者(ロン)の意図に神も希望も関係ないのはたしかだ

65 :無名草子さん:2011/11/22(火) 23:46:19.73
神を意識しているんじゃなくて、生活に入っているってことだよ。

例えば食べる前に手を合わせるのは、意識はしていないかもしれないけど、
もともと仏教から来ているでしょ?
だからロンが神を意識してるというより、
もともとそういう言葉なのかもなってこと。
「意識、正気、分別」っていうの、キリスト教的にもかなり重要な意味だし。
イギリスの日常生活をしている人は、無意識にキリスト教が入ってるし。

で、そうであれば、日本語訳より、
もう少し怖いニュアンスがあるんじゃないかと・・・。

66 :無名草子さん:2011/11/23(水) 00:18:49.98
>もともとそういう言葉なのかもな

かもな…ってそんな妄想空想で翻訳されたら
こりん先生よりわけのわからないことになる
やんわり荒らしなのかもしれないけど、悪意ないなら脱線レスはホドホドに

67 :無名草子さん:2011/11/23(水) 01:10:41.31
そう解釈されてしまうなら、やめます。

ただ、こちらとしては、
その部分のニュアンスが詳しく分かれば、
その訳が適切かどうかもっと分かるかと思って質問しただけなんだけどな。
こうも解釈できるかって質問に、
空想妄想の翻訳とか荒らしって言われても困るよ。
考えが違ってたらそれでいいだけなんだしさ〜。

あと、脱線とらえられたのも、ちょっとショックだなぁ。
確かに>>59があったからキリスト教と英語の話を丁寧にしたけどさ。
その部分の字面がそれっぽかったし、
もしそれであってれば解釈も変わるって思った聞くんだから、
そんなに脱線じゃないと思ってたけどなぁ・・・。

まぁぐちぐちいっても仕方がない、やめます。

68 :無名草子さん:2011/11/23(水) 01:27:14.34
>>60
神がキモいなんて書いてない
何でも神に結び付ける奴がキモいだけ

>>61
>living daylights out ofが気を失わせるみたいな意味合いがあったころには
the living daylights って言葉だけど
18世紀頃には daylights は“the eyes”の意味で使われていて
その後 living とつくようになったらしいね
〜 ― out of 〜 ってイディオムはまたその後のものなわけで
ならばキリスト教的意味合いなんてないのでは?

>>62
大ハズレ

69 :無名草子さん:2011/11/23(水) 01:31:55.39
>>65=>>67
>もう少し怖いニュアンスがあるんじゃないかと
だとしてもローリングさんがキリスト教的なニュアンスで使うわけがないのでは?
イベント化したもの以外、宗教色を出さないようにしてると思うのだが

70 :無名草子さん:2011/11/23(水) 02:16:24.08
豚切りすみません
スフィンクスのなぞなぞ全文を貼っときます

First think of the person who lives in disguise,
Who deals in secrets and tells naught but lies.
Next, tell me what's always the last thing to mend,
The middle of middle and end of the end?
And finally give me the sound often heard
During the search for a hard-to-find word.
Now string them together, and answer me this,
Which creature would you be unwilling to kiss?”

最初のヒント。変装して生きる人だれだ
秘密の取引、嘘ばかりつく人だれだ

二つ目のヒント。だれでもはじめに持っていて、
途中にまだまだ持っていて、なんだのさいごはなんだ?

最後のヒントはただの音。言葉探しに苦労して、
よく出す音はなんの音

つないでごらん。答えてごらん。
キスしたくない生き物はなんだ?

71 :無名草子さん:2011/11/23(水) 07:53:01.79
>>70
二つ目は日本語の「だ」を当てないといけないんだけど
「途中でまだまだ持っていて」が意味不明だね
「とだなの中に持っていて」とかならいいのに…
言葉遊びとか工夫してるといいながらいつもどっかおかしい

72 :無名草子さん:2011/11/23(水) 08:05:39.63
>>67
「翻訳」に対する勘違いがあると思う。
翻訳は物語の状況を考え、発話者の意図を考えて、自然な日本語にすることが大事。
いちいちイディオムの宗教的由来がどうとかって考えると、解釈が歪んでしまう。

日本語の小説で叱られた人が「くわばら、くわばら」といって逃げ出したら、
そこにはトラブルから逃げたいという以外の意味はないでしょ?

だのに「『くわばら』は憤死した菅原道真が雷神と化し復讐をした言い伝えからきている」
「雷神伝説への畏怖を入れて訳せばニュアンスが違う」なんて言う人がいたらアホやん?
そういうのは皆を疲れさせるからやめちくり。

73 :無名草子さん:2011/11/23(水) 08:25:57.42
くわばらの例えは、むしろ理解してくれてありがとうって感じです。
どちらも何となく、いわくありげなイディオムだろうなぁって感じる。
すると身体表現からきた言葉とは違うのかなと、目の前が暗くなるとかは別なのかなぁと。

まぁその程度の疑問だったんだけどね。
分かりにくくてごめんよ。

>>68
18世紀なら充分、民衆生活の隅から隅までキリスト教が入っていたと思ってました。

74 :無名草子さん:2011/11/23(水) 08:40:53.68
言葉の由来を掘り下げるのもたまには面白いかもしれないけど
ハリポタのシーンや人物の気持ちをイメージして適訳をさがすという
翻訳議論の主旨から離れすぎないでくれ

75 :無名草子さん:2011/11/23(水) 08:47:20.97
やじゃ。
気を付けます。

76 :無名草子さん:2011/11/23(水) 09:52:39.76
普通に考えて、人は昼の光の中では常識的にふるまうけど、
暗闇で物音がしたら、お化けじゃないか?なんてびくつくもの
(living)daylightがイディオムの中で正気や分別の意味を持つのは
そうした経験から来ていると思う

とにかく将来への絶望を表わす「お先真っ暗」という訳が変なのはたしか

77 :無名草子さん:2011/11/23(水) 10:41:33.46
なるほど、おかげさまでニュアンスが随分、分かってきました。
ピッタリの日本語慣用句はなかなか難しいかな。

78 :無名草子さん:2011/11/23(水) 12:02:45.10
>>72
皆が疲れたってのは想像だろ。自分は疲れたと言えばよろし

79 :無名草子さん:2011/11/23(水) 12:38:55.17
皆がって総じて言うと、上から目線っぽく聞こえるね。

80 :無名草子さん:2011/11/23(水) 13:33:14.98
別に上から目線に思えないのは
自分がその意見に同意しているからか

あ〜疲れた

81 :無名草子さん:2011/11/23(水) 13:43:46.55
カチンと来る人もいたかもね

82 :無名草子さん:2011/11/23(水) 13:59:26.30
>>78
72だけど「皆を疲れさせる」はイライラして絡む人が出てくる、
というのを遠回しに言ったつもりだったが訂正する。

人のことはわからないが、自分は疲れたであります。

83 :無名草子さん:2011/11/23(水) 14:02:53.89
http://www.terakoya.com/yougo/b_yougo.html
日本語にも仏教由来の言葉が相当あるみたいだけど
普段意識しないで使ってるし、宗教色もほとんど消えてるよね
語源のソースが無いんなら水掛け論になるよ

84 :無名草子さん:2011/11/23(水) 15:07:09.64
宗教色があるかどうかじゃなくって
昔からあるイデオムかどうかって話題だと思うよ

85 :無名草子さん:2011/11/23(水) 15:35:00.85
The living daylightsの語源について

ttp://forum.thewordnerds.org/viewtopic.php?t=254
ttp://www.english-for-students.com/The-Living-Daylights.html


86 :無名草子さん:2011/11/23(水) 15:56:20.57
イディオムの由来を探ったら、さらに細かいニュアンスが分かるんじゃないかって考えが
脱線だとは思えないな。

光って神様の光かもよって思いつきもそんなにキテレツなことじゃないだろう。

根拠は無いのかもしれないが、ここはソースのあること以外書いちゃいけないのか?と思ったよ。
そう決まってるなら、今度からテンプレにそう書いとけばいいんじゃないの。
ソースのない思いつきを書き込むと、妄想空想で翻訳を語る荒らしに認定されますってな。

87 :無名草子さん:2011/11/23(水) 16:39:45.40
ハリー・ポッターの文章に宗教的意味合いを見出だそうとするのって
自分には違和感ありまくりなんだけど

88 :無名草子さん:2011/11/23(水) 16:48:19.30
イースターやクリスマスは?

89 :無名草子さん:2011/11/23(水) 17:00:16.36
>>88
単なるイベント

90 :無名草子さん:2011/11/23(水) 17:05:48.43
いやいや、そういう疑問を投げかけるのは良い事だと思いますよ。
でも、論拠無しに議論を続けられると、今回みたいに荒れるだけですよねってことで。
>>12は私の質問だったので、この辺りで終了でお願いしますm(__)m
有難うございました

91 :無名草子さん:2011/11/23(水) 17:15:24.94
指で十字を作って祈ってたり
クルーシオもあるよね

イギリスからキリスト教を除くのは難しいんじゃないかな

92 :無名草子さん:2011/11/23(水) 17:19:15.80
>>58は「希望が閉ざされた」みたいな訳になるかもとか言いたかっただけなんじゃないの。
>>87はどんな風に宗教色に染められると思ったんだ?




93 :無名草子さん:2011/11/23(水) 17:21:55.52
キリスト教に限らず、イギリスで神を信じてる人の割合は
現在では6割を切ってるらしいけどね

94 :無名草子さん:2011/11/23(水) 17:24:46.54
>>90
> でも、論拠無しに議論を続けられると、今回みたいに荒れるだけですよねってことで。

そうそう
「こういう由来だから〜」と由来のソースがあればそれに対して
そこまで考えなくてもいいとか、参考になるとかいろいろ言えるけど
ただの想像でくどくど書かれても荒れるだけだね。

95 :無名草子さん:2011/11/23(水) 17:29:46.22
むしろソースがないことに過剰反応する連中のせいで荒れたんじゃないの。

>>58に最初にレスしたのは>>59の「神がどうのとかキモい」とのたまったアホだぜ。
それの相手をしてやった>>58が、くどくどとしゃべったことにされて気の毒だわ。

96 :無名草子さん:2011/11/23(水) 17:53:32.78
キモいとかいうのは一番ひどいが、突然キリスト教の光というのは
わかりにくくてナンセンスと思った気持ちはわかる
とにかくキリスト教の人が午前中の話し合いで納得して引いているのに
いつまでも蒸し返すのもどうかと思う

97 :無名草子さん:2011/11/23(水) 18:27:49.47
>>93
それは今の話に無関係の話って言うのを解っててやってる?

98 :無名草子さん:2011/11/23(水) 18:34:54.54
Yahoo!アンサーの回答で"living daylights"の起源についていくつか
答えが出ていて、ちょっとわかりにくいがおもしろいね
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20060901201544AAKQlRJ

daylightsは昔は目のことだったので、目→心の窓→活力みたいな連想
living daylights=liver and lights(kungs)=肝臓と肺臓、なんていう説
18世紀のボクシングのスラングだったとかいろいろだ
結局ネイティブにもハッキリしたことはわからないようだね
本来の意味とか、意識せずになんとなくいわれる慣用表現なのだろう

99 :無名草子さん:2011/11/23(水) 18:57:54.50
昔からある慣用句だから
身体感覚とは違うよ

これが話題であり結論
よって終了


昔からあるかどうかの考察で
キリスト教的な語源なら昔からあったかも知れないという話題であり
キリスト教を信仰するかや回転がキリスト教的に書いたかどうかなどは無関係

100 :無名草子さん:2011/11/24(木) 11:13:19.51
4巻、US版、p.732
Bagman was betting you’d win outright.
このwas bettingも「賭けた」と訳しているんだけど。この過去進行形はどんな用法ですか?
「賭けようとしていた」では駄目なんですか?

101 :無名草子さん:2011/11/24(木) 15:27:10.78
>>100
「賭けようとしていた」は駄目でしょ
「賭けていた」だと思うんだけどな

102 :無名草子さん:2011/11/24(木) 16:58:09.66
大西先生によると…ingは「わしゃわしゃ感」でしょう。「…した」と訳すと
「わしゃわしゃ」してないんだよなあ

103 :無名草子さん:2011/11/24(木) 17:48:43.12
>>100
その後の文

>So Bagman had to run for it.
>だから、バグマンは、逃げだすしかない。

には違和感を覚えなかったん?
コリンなりに文章を引き締めてみたのでは

104 :無名草子さん:2011/11/24(木) 17:50:07.91
緊迫感を出すっつーかね

105 :無名草子さん:2011/11/24(木) 19:04:33.99
>>103
どこのゲームのナレーションかと思ったw
こりんは決定的に日本語のセンスがない。

106 :無名草子さん:2011/11/24(木) 20:36:09.04
しかし回り込まれてしまった!

107 :無名草子さん:2011/11/24(木) 21:12:49.28
おったまげー!

108 :無名草子さん:2011/11/25(金) 01:18:51.81
わがはい は くちびる を めくりあげた!

109 :無名草子さん:2011/11/25(金) 07:38:29.24
どくしゃ は こんらんしている!

110 :無名草子さん:2011/11/25(金) 09:10:56.85
せいざんしゃ は ようすを うかがっている

111 :無名草子さん:2011/11/25(金) 09:17:02.17
ドラクエかw

112 :無名草子さん:2011/11/25(金) 10:39:24.31
adult editionとPBは英文が違うのですか?

113 :無名草子さん:2011/11/25(金) 14:31:06.33
既出だったらすいません
謎のプリンスP294でハーマイオニーが
「彼女自身かもね」
というのがよくわかりません…
その後「女性だったかもしれない。」と言うので言いたいことは解るのですが

114 :無名草子さん:2011/11/25(金) 16:40:42.23
>>113
そのセリフの前に、ハリーの考えてることが書いてあるっしょ?

>〜プリンスが彼自身で創作したらしい呪文の使い方もあちこちに書いてあった。

ハリーは自分の考えをロンハーに説明したんだろう
“彼女自身”ってのはこの“彼自身”って言葉に対しての言葉
ハーはプリンスの指示に従い続けるハリーも気に食わないし、
ハリーが プリンス=男性 だと決め付けてるのも気に食わない

115 :無名草子さん:2011/11/25(金) 16:48:32.92
>>112
adult editionはUK版PBの表紙が大人向けのシックなイラストになってるだけ
中身は キャラクターのイラストの描いてある通常版のUK版PBと一緒
因みにUS版PBにはadult editionの表紙はない

116 :無名草子さん:2011/11/25(金) 20:17:24.19
かの国の法則もなんのその、一体何ゆえの暗黒パワー?
皇室に暗い影を落とす「あの人」の存在、そのダークパワーの源を探る。
なお、最近は皇太子一人公務でもダークパワーを発揮してるのが気になるところ。

詳しくは
http://www.google.co.jp/search?q=%8Dc%91%BE%8Eq%95v%8D%C8%82%C9%82%DC%82%C2%82%ED%82%E9%95%7C%82%A2%98b
で検索!

117 :無名草子さん:2011/11/25(金) 22:05:10.38
>>114
サンクス

118 :無名草子さん:2011/11/26(土) 10:12:42.07
>>115
サンクス



119 :無名草子さん:2011/11/26(土) 10:38:08.07
>>115
へーUK版にはキャラのイラスト載ってるのか
ちょっと見てみたいな
日本版の挿し絵は画風が独特すぎて、キャラの容姿が全然わからんからなw

120 :無名草子さん:2011/11/26(土) 11:39:55.91
>>119
映画の方はキャラの容姿が凄く美化されてるからな。
映画だと超美少女のルーナが原作だと眼を常に見開いている平均的な風貌だったし
ルシウスが一番失望したかな?
映画の美男子と古道具屋で買い物してる不気味な中年男が同一キャラだと知った時かなりショックだった。
原作美形映画普通はジニーとナルシッサだけか。

121 :無名草子さん:2011/11/26(土) 11:41:24.13
美形描写なかったクラウチ息子も映画ではかなりの美形が演じてたからな・・・。


122 :無名草子さん:2011/11/26(土) 12:32:58.74
映画はハーが美形杉

123 :無名草子さん:2011/11/26(土) 13:19:28.89
映画のハーマイオニーはどうみても学園一の美女だよね
想いを寄せる男がクラム、コーマックマクラーゲン、ロンの3人だけなんてありえん
でもまぁ映画はまた別物だから
本を読んでる時は、自分の中ではハリもロンもハーもいまいち冴えないモッサリした3人組だよ

124 :無名草子さん:2011/11/26(土) 17:17:40.59
>>119
それは表紙の絵のことでしょう
UKの表紙の絵は微妙なイラストレーターが持ち回りで描いていてなんだかね
本の中にはキャラの絵とかないよ
USの表紙はずっと同じ人が描いているし、章ごとに小さいイラストもあってわかりやすい
ちなみに作者は人物の絵とかなしで、読者の想像に任せるのが希望だったらしい

125 :無名草子さん:2011/11/26(土) 17:42:51.69
US版の人物絵もだいたいは納得できる感じだったけど、
ロックハートだけは映画と違いすぎて笑ったな。

126 :無名草子さん:2011/11/26(土) 21:31:33.59
自分は作者の書いたままが良いかなと思ってUK版PBを買ったんだけど
ここ見るとUS版を読んでる人もけっこう多いね

US版PBにも挿絵は入ってるの?

127 :無名草子さん:2011/11/27(日) 00:40:36.41
俺、UKを、電車の中かどこかに無くしたらしく、
仕方なしにUSで買い直した。
でも比べると楽しかったよ。

値段だけの価値があるかと言われると微妙だけど…。

128 :無名草子さん:2011/11/28(月) 00:40:46.17
読み比べか
一冊くらいはしてみたいかも

129 :無名草子さん:2011/11/28(月) 21:05:11.02
イメージ英文法、休み中に一気に全部、見ました。
見た後、俺個人としても、
確かに原文のイメージも変わって驚いたよ。

ちなみにあれが好きなら、
とっても英文法みたいな本も、合うかも。
受験英語も捨てたものじゃないな、という話題がタップリです。

130 :無名草子さん:2011/11/29(火) 16:19:55.12
日本語版挿絵のルーナの衝撃は忘れられない

131 :無名草子さん:2011/11/29(火) 19:54:42.56
訳がコリン調なら
挿絵ものらくろやタンクタンクローみたいにすればいいのに

132 :無名草子さん:2011/11/29(火) 22:14:01.03
90年代の話なんだから
90年代に流行った漫画に似た挿絵が良いだろう
るろうに剣心風なら何だか妙に腑に落ちる

133 :無名草子さん:2011/11/29(火) 23:54:46.40
厠とか手水は90年代じゃないしなぁ

134 :無名草子さん:2011/11/30(水) 00:46:44.99
ドビーが靴下持って跳び上がってるイラストとか、ネタバレも甚だしいよね
新聞小説の挿し絵とかはネタバレ厳禁が徹底されてると聞いた
翻訳もドしろうとなら挿し絵もドしろうとなんだよなー
あの絵柄は嫌いじゃないけど、イメージが固定されるから挿し絵はあってほしくなかったわ

135 :無名草子さん:2011/11/30(水) 14:42:32.22
セクシー・コマンドーしているドビーよりは…

136 :無名草子さん:2011/11/30(水) 15:52:14.30
4巻、US、p.28
Who would be writing to Uncle Vernon about him?
例によってbe doingを、…した。と訳すコリン先生なのですが、どうして?これ普通に進行形だから
目下のところ進行している動作を表しているのですよね?
誰が書いているのだろう?
でいいのですよね?でも、なんか変なんだよなあ。コリン先生のように
誰が書いたのだろう? と訳した方が理にかなっている。もう終わったことだから?
なんでWho wrote…としないのか?


137 :無名草子さん:2011/11/30(水) 19:03:43.11
「誰が書こうものか」という感じではないの?

138 :無名草子さん:2011/12/01(木) 21:44:00.49
バーノンに手紙を書く人がいるなんてちょっと信じられない って感じだよね

139 :無名草子さん:2011/12/04(日) 09:25:26.27
4巻4章最初のページ
Dudley had emerged from his last encounter with a fully grown wizard
with a curly pig’s tail poking out of the seat of his trousers,
and Aunt Petunia and Uncle Vernon had had to pay for its removal at a private hospital in London.
It wasn’t altogether surprising, therefore, that Dudley kept running his hand nervously
over his backside, and walking sideways from room to room, so as not to present the same target to the enemy.

emerged from…「結果…」と訳しているけど、まあ、そうなんだろうね。そうしないと後に続かないですもんね。
辞書のこの用法ではないわなあ。
【6】(ある状態から)抜け出す,脱却する,離れる{from…}:
emerge from hibernation 冬眠から覚める
The land was emerging from a terrible war. その土地は恐しい戦争から抜け出しかけているところだった.

むしろ「後遺症が残っている。嫌な記憶が残っている」
くらいの意味ですよね。

140 :無名草子さん:2011/12/06(火) 23:40:32.33
>>136
日本語でも信じられないことが起こると、「誰が彼に手紙を書くっていうんだ?」
「誰が手紙なんか送ってるんだよ?」と未来形か進行形みたいな感じで言うことあるよね。
その方が「誰が手紙を書いたのか?」と過去形でいうより表現がイキイキする。
このwill(would) be writingはそんな感じかな。
こりん先生の単に過去形で訳す判断はたしかにちょっといい加減だね。

>>139
emergeには、何かの結果として起こるという意味もあるみたいだ。
http://ejje.weblio.jp/content/emerge

141 :無名草子さん:2011/12/09(金) 23:37:11.75
保守

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)