5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ラノベ】あらすじ.プロットを晒し感想を貰うスレ3

1 :この名無しがすごい!:2011/02/07(月) 23:30:40 ID:taKVV1u5
プロットやあらすじ晒して意見を貰うスレです。投稿用の800字あらすじ等でも
プロット……物語を作るときの設計図・構想のこと。物語のあらすじ、登場人物の設定や相関図、事件、小道具、世界観など
テンプレ
【アドレス】 どこかに投稿する場合はアプロダにUPして後で消す方がいいかも
【ジャンル】
【タイトル】
【評価基準】
【専用ロダ】
(p)http://wannabee.mine.nu/uploader/
関連スレ
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.33
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1296895308/
議論スレvol.18
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1297081237/
前スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1284466239/



2 :この名無しがすごい!:2011/02/07(月) 23:34:37 ID:taKVV1u5
前スレの容量なくなったのでスレ立てしました

3 :この名無しがすごい!:2011/02/08(火) 01:18:55 ID:DAhrrl2i
>>1おつ
ロダ訂正
【専用ロダ】
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/upload.html

4 :この名無しがすごい!:2011/02/08(火) 20:22:25 ID:Ug61Wd+S
>>1乙、そして保守

5 :534:2011/02/08(火) 21:05:20 ID:iM8rA5aC
>>1乙です
前スレ534です
レスが遅れて申し訳ありません;

>>852
プロットの書き方は今後気をつけようと思います;
ご指摘ありがとうございました

>1
王子については考え直そうと思います;
やっぱり実力で勝つというほうがいいですよね……

>2
花讃祭は国内でも有名な祭りで、
花姫の歌を聞きに来る有力貴族の子息に目をかけてもらうという事がたびたびあります
(貴族の中では花姫を娶る、もしくは妾にするというのは一種のステータスのようなもの)
その為、ヘンリエッタの父には娘をどうしても花姫にしたかったという思惑がありました
また、ヘンリエッタとフィリアは両名とも18歳で次はないという設定でした
加えて、花姫は一般人に対しては最終日に初めて発表されるものなので、
上手く工作すれば事件にまでは発展しないのでは……?と考えていました;

>3
>なぜ花姫を選ぶのか
花讃祭の開かれる町では特殊な気候の関係で、
様々な種類の花が一斉に開く期間(祭りの開かれる時期)があり、
その由来として「歌の上手な絶世の美女が昔居て、精霊たちが彼女の為に花を贈った」
という伝説があるからという設定です

>何のための祭りなのか
上記のような時期があり、その花々を讃える目的で開かれています
現在では商業的な意図もあります

>花姫になれると一般的には〜
・花姫の最後のステージには多くの有力貴族が招待されるので、そこで目をかけてもらうことが出来る
・賞品として豪華な装飾品を贈られる
・花姫として他の都市の祭りに招待されることがある
などを想定していました

>優勝者を選ぶ方法
王子関連と合わせて練り直す予定です

対象読者についてはそんなに深くは考えていませんでした;
細かいアドバイス、本当にありがとうございました!



6 :この名無しがすごい!:2011/02/10(木) 22:12:03 ID:ETk5oCCm
【ジャンル】SF+コメディ
【タイトル】遊びじゃない、これは戦争ごっこなんだ
【評価基準】あらすじとして魅力を感じるかどうか


「上の連中の卓上ゲームにはマジ付き合いきれないぜ」
 将棋の駒の如く兵たちを使い捨てにする上層部に対して漏らした小さな不満。
それを華麗に告げ口され、僻地から一転前線に駆り出されてしまったアセックス大尉は
敵国の友人、マグワール少佐に「一時休戦しないか」と持ちかける。
 お互いに支給された軍事物資を全て廃墟に掻き集め、少しずつ兵たちに振り分ける。
空に向けて銃を撃ち、崖下に手溜弾を放り投げて爆音を轟かせ、戦っているように見せかける。
 戦いに疲れていた前線の兵士たちはその提案に魅力を感じ、期間限定でなら試してみる、と乗ってきた。


「アセックス大尉。前線の状況は?」
「敵軍も手強いですが我が軍の士気は高く、拮抗しています(キリッ」

「マグワール少佐。最近良く持ち堪えているではないか」
「はっ、給料は据え置きでいいのでセクロスさせてください!」


 そんな報告を続けている内に二年の歳月が流れ――
 両国が財政難に陥り、軍事物資が枯渇する中、二人の始めたごっこ集団は
第三の勢力と呼べるほどに力を蓄えていた。

7 :この名無しがすごい!:2011/02/10(木) 23:59:16 ID:5NRmpt4u
>>6
オチてないものをあらすじと呼ばれても、その、何だ。困る。
煽りとあらすじの違いを調べてから出直しておいで。

8 :この名無しがすごい!:2011/02/11(金) 11:12:34 ID:lqqpqYbu
>>6
あらすじになってないのでちょっとだけ。
バレたら銃殺刑もんの所業を、敵国の『友人』とおててつないでやるのに
どう説得力を持たせるかってのが序盤から大変そう。
それに一部隊(なのか?)が二年蓄えた程度で第三勢力になるってどんだけ
両国は小さいのかと。それ以前に間抜けなのかと。戦死者や怪我人が出ない
前線って在り得るの? 虚偽の報告で切り抜ける? 二年も?
この辺り、世界観の説明箇所でうまいこと書かないと読者は乗ってこないと
思うです。

9 :この名無しがすごい!:2011/02/12(土) 02:53:55 ID:HJF/IE5B
>>6
疑問しか感じない。
敵国とそんな妙な状態に、こんなにお手軽に、どうやって持っていくんだとか。
僻地じゃなく前線だってのに、ほかの部隊にばれないようにやるのはどうしてるんだとか。
ばれない規模の部隊なら、第三勢力になんぞなりようがないと思うのに、いったい何が起きたのかとか。
こんな巨大な設定矛盾、解決できるのか?

10 :この名無しがすごい!:2011/02/12(土) 10:13:21 ID:5ZVKugIQ
まあ、アセックスとかマグワールとか言ってる時点でふざけてるとしか
思えんよな。
からかってんじゃね?


11 :この名無しがすごい!:2011/02/12(土) 19:22:33 ID:UY2l5tiU
続きが気になるw

12 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/13(日) 00:57:35 ID:LRMO4PGg
よろしくお願いします。

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0293.txt
【ジャンル】能力バトル
【タイトル】バトルティータイム
【評価基準】 純粋に娯楽として楽しめるかどうか。主人公たちにはらはら出来るか。
      世界観は魅力的可。その他ねんでもどうぞ。



13 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 01:30:24 ID:80Ekd4Fz

【ジャンル】 SFコメディ
【タイトル】 未定
【評価基準】
設定・展開に違和感はないか
小説として読んでみたいか

人類文明と異星文明が数十年に及ぶ慢性的な戦争を繰り広げている世界。
異星人は基本的に人類と同じような外見で、意思疎通可能だが、彼らの中の政治的・経済的都合により戦争は継続している。
人類文明は劣勢で、異星文明の遠征軍を撃退しつつ、たまに反攻。停戦講和を模索していた。
主人公は人類文明にいくつかある宇宙艦隊の提督。
年齢は三十〜四十代のおじさん。妻子持ち。有能で野心家だが基本的に善人。

異星艦隊が辺境の人類惑星を無差別爆撃しようとしているという情報を得て、主人公の艦隊が急遽出動。
長距離を苦労して救援にやってきて、惑星の宇宙港で補給を受けていると、少年が密航していることが発覚。
この少年はコソ泥で、宇宙港のみならず戦闘艦の中の物資まで手を出そうとしたのだ。
提督は長引く戦いで兵の規律も落ちていることを嘆きつつ、少年を倉庫に放り込んでおく。
宇宙戦闘は最初劣勢だが、提督の指揮統率の下で挽回し、異星艦隊は敗走する。逃げ切れずに投降した敵艦の中には、視察に訪れていた異星文明の皇族のお嬢さんがおり、これを捕虜に。
次期指導者候補でもある重要人物を得た提督はすぐさま本国と通信し、大統領と「これで講和の糸口が得られるかもしれない」と喜び合う。
しかしそれもつかの間、あの少年が皇女を連れ、非常脱出艇で脱走したと報告がある。
提督は悪態をつきつつ追っ手を差し向けたり、大統領を誤魔化したりする。
少年の悪運と皇女の超能力により追っ手は撃退されてしまう。
捕虜からの情報によるとこの宙域のどこかには異星文明の古代の超兵器が存在し、皇女はその起動キーであるらしい。
そんなものが異星文明、あるいはあの少年の手に渡ったら一大事であると、提督は艦隊の総力を挙げて追跡に移る。

14 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 01:36:24 ID:fb6AxbGe
>>12

>その時、飛鳥は自分が英国人の地を引くハーフであると思いだし、幼い頃から仕込まれた紅茶の味の飲み分けに天才的な
能力を持っていることを本人はまだ気づいていない

数世代前なら分かるけど、流石に親が英国の人間かどうかを忘れてるのは頭がおかしいと思う。
あと利き茶ってどっちの紅茶が優れているとかじゃなくて品種とか当てるものだよね。
なら飲み分け能力に気づいていないってことは、味覚が優れているってだけだろうから知識がなくて勝てないと思う。
そして知識は残ってたけど、飲み分け能力だけ気づいてなかったんですとかだとしたら流石にあれだと思う。

>それは東インド会社が発見したばかりの、誰も味を知らない未知の紅茶だった。
>だが「こんなものはクズ。味わいも、香りも、奥行きもあったもんじゃないわ」というヴィクトリア女王に対し、
>飛鳥は「これは百年に一度の奇跡の紅茶。この味がわからない者は、英国人を、ましてやヴィクトリア女王を名乗る資格はないと断言。

ヴィクトリア女王も最後の一杯までは飲み分け勝負で勝ち残ってきたレベルなのに
主人公とここまで感想が正反対っていうのはおかしい

>果たして紅茶は遠い南の島から運ばれてきた新種の紅茶だった。
>負けを認めたヴィクトリア女王。

そもそも、なんで自分がまずいと思った紅茶が新種のものだったら負けになるの?


首謀者のアレキサンダー・ジンガ―ザーク伯爵はなんだったの?ってこと。
ヴィクトリア女王の偽物をなんとかして元の世界に帰ってきて終了?
秘密結社とかどうしたの?世界征服の手段としてアトラクションをクラッキングするってわけがわかんない。
バーチャル世界の英国はどのへんが危機だったの?
最後の女王陛下のお茶ってなに?


世界観は、けっこうあるタイプだよねとかしか言いようがない。
あと、あらすじではらはらできるはずがない。

15 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 02:39:23 ID:JKeEMt8w
>>13
設定や展開の矛盾なんてのは、オチまで書いてくれなきゃわかるわけがなかろう…。
あらすじと煽りの違いを勉強してから出直してきて。
とりあえず書いてある範囲だと、少年とやらの扱いが適当すぎる。ご都合主義と感じられる。
補給中なら普通にその場で官憲に引き渡すだろ。

小説として読みたいかって言われると微妙。
上記ご都合主義のため。

16 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 02:53:04 ID:zGnsXmZ7
>>12
>時は地球歴2051年。
地球暦

「新種の紅茶=うまい=この味分からない者は女王名乗る資格なし=女王負け」
この図式が全く理解できない。
というか利き茶のシステムが理解できない。
新種ならありがたいのか? 新種を褒めないと勝てないのか?
これただ味が好みじゃなかっただけなんじゃね?
判定基準が分からない。
ここがタイトルからいっても一番肝要な箇所だと思う一切説明がないのはどうしてか。
後ハーフであることを忘れてた、って、ずいぶんなうっかりさんですね。
記憶障害があるなら最初から提示しては。
後秘密結社とやらはどこに行ったんだ?
お遊びで作られた疑似世界に干渉することがどうして世界平和を脅かすのか?
無理にでかい話にしようとしてるっぽいけど、ちっちぇー。

これだけの短いプロットなのにこれだけ突っ込みどころ満載なのも珍しい。
以前から何度もこのネタ晒しているが、闘茶のシステムをはっきり提示したことは一度もない。
作者本人にも漠然としたネタしかないからでは?
このネタを諦められないのならもう一度話をばらして、根本から丁寧に1つ1つ
作り上げた方がいいと思う。
後、未来設定の疑似世界でいくなら、もうちょっとネーミング変えた方がいいと思う。
ジオなんちゃらはねーわ。

17 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 02:54:16 ID:7oA/p7KC
>>13
どこがコメディなのかさっぱり。
あとオチまで書いて。うpろだ使用推奨。

現状のまま小説にしようとすると確実に枚数オーバーする。無理に詰めて真っ黒な読みにくいものになるか
必要な描写省いてようわからん薄っぺらいものになるかの二択だな。

つか、コソ泥の少年を主人公にしたほうがよっぽど面白いぞこれ。
2国間の戦争の中で皇女を守ってスケールの大きな活躍できるし、ラブロマンスできるし
キーとなる皇女か古代兵器かの二択迫られてクライマックスの葛藤もばっちりw

18 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 03:00:56 ID:fb6AxbGe
俺もこそ泥のほうが主人公っぽいなと思った。
こそ泥と皇女はラピュタのパズーとシータで、提督がムスカっぽい。

19 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 04:02:23 ID:IxvQ8geS
>>12
最終勝負の判定に物言いがついてるけど、それはいいんじゃないの、どうでも
漫画の料理勝負だってこんなもん
体験型アトラクションとしたことで、ツッコミどころは「こういうアトラクションだから」で押し切れる
あなたのことだから、紅茶が元々「クズ。味わいも、香りも、奥行きもあったもんじゃない」傷んだ中国茶だった史実が元ネタなんでしょ

アトラクションの中の仮想世界はそれでいいとして、アトラクションの外の現実世界はどうなってるのか
アトラクションを侵略して世界制服(ママ)とか全く意味が分からない
ハッキングによる介入があった時点でシステム止めるなり、プレイヤー側でログアウトすればいいだけじゃね?
ちっとも考えてないように思える

20 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 08:35:17 ID:1przKeo5
>>12
指摘されてる細かな整合性については、全部勢いで押し切れる範囲に思う。
サマーウォーズとかだって「数十人の数学者が本気出したぐらいで解けるパスワードってなんなの」ってなるし。

ただ問題は、クライマックスになるはずの効き茶シーン。
効き茶なんて絵的に地味なものを「才能があったから」で飲み分けられても盛り上がれない。
この題材で盛り上げようと思ったら、誰もがへーと言いたくなるような、お茶関係の雑学を巧みに配置しつつ、
効き茶の技量をあげるためのトレーニングを面白おかしく描いたりしないと駄目だと思う。

>>13
違和感っていうか、「過去に百万回はくり返されたファンタジーの出だしですね」としか。
最後まで書けしー。

21 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 09:26:45 ID:1przKeo5
ちなみに、「突如現れた才能」で戦っていく展開をほかのジャンルで言うと、こんな感じになる。

野球。
「ふと父がメジャーリーガーであったことを思い出し、百五十五キロのストレートで三振の山を築いていく」

異能バトル。
「実は先祖がなんか凄くて、主人公も気合一発でヴァンパイア殺せる」

ラブコメ。
「ヒロインが主人公と恋人だった前世を思い出し、晴れて両想いに!」
(前触れや伏線はない)

どれもストーリー序盤の掴みとしてやるのならアリだけど、ラスボス倒すギミックとしては最低。

あと言い忘れたけど、効き茶は「凄さ」を伝えるのがとても大変。
野球ならストレートの球速やホームラン出せばいいし、異能バトルなら物を壊せばいい。
でも効き茶はそれを当てたところで「ふーん」で終わってしまう。
そして凄さを伝えておかないと、女王を倒すことがどう大変なのかさっぱりわからないから、ハラハラもしない。

凄くない女王が「この茶は駄目だな」と言ったところで「ヤバイ! ピンチだ!」とは思わないでしょ?

エンターテイメントには必須である「最低限のわかりやすさ」がまるで欠落している感じがするね。言っちゃなんだけど。

22 :この名無しがすごい!:2011/02/13(日) 09:36:50 ID:6fSUXwlk
>>12

ヴィクトリア女王の偽物疑惑なんてウワサ流したら誹謗中傷で死刑になるんじゃね、と思った

あと、黒幕らしきアレキサンダー・ジンガ―ザーク伯爵(?)の邪魔が入ったりはしなかったのか、気になった


23 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/13(日) 09:49:50 ID:LRMO4PGg
>>14
早速のご評価ありがとうございます。
確かにハーフだったというのを忘れていたのは著しく不自然ですね。
ヴィクトリア女王の負けの理由も練りこみ不足でした。
さらに回収していない伏線、お恥ずかしい限りです。

>>16
ああ、つっこみどころばかりだなあ…。
根本的にヤバいですね。
おっしゃる通り、一度ばらして、再度組みなおしてみます。

>>19
おっしゃる通りです。
もう一度話を作りこんでみます。

>>20
なるほど。
そういう方法もありますか。
参考になります。

>>21
納得です。
確かに利き茶は描写難しいですね。
いろいろ工夫してみます。

皆さま、お読みいただきありがとうございます。
いただいたご意見をもとに、作品を作らせていただきます。
お忙しい中、拙文をお読みいただき、感謝に堪えません。
ありがとうございました。

24 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/13(日) 09:53:48 ID:LRMO4PGg
>>22
結構ノッてきて、わりと勢いあまって作った設定なので、
脇役の動かし方が不十分でした。
再考してみます。
お読みいただきありがとうございます。

25 :ゾンビ:2011/02/13(日) 10:18:42 ID:Zmo4P6RK
>>13
俺も少年を主人公にすべきだと思うわ。じゃないと誰が主役なんだという話。
王女も少年もインパクト(行動・能力を含めて)あり過ぎて総督が希薄化してる。
このままだと、少年たちに大人が振り回されて、しかたなく解決しにいく話に思える。
今のプロットのままだったら、読む気がしません。

26 :ゾンビ:2011/02/13(日) 11:00:25 ID:Zmo4P6RK
>>12
凄く娯楽として要素は楽しい。ただ設定の綻びが多いなぁ。
アレキサンダー・ジンガ―ザーク伯爵ってロンドンの人?それとも現代の人なの?理解できなかった。
英国の人なら、19世紀の伯爵が秘密組織を操ってるのか?よく分からないな。
現代の伯爵と19世紀の女王が結託して、世界を牛耳ろうというなら理解できるし面白い。

後、飛鳥頼みの展開なら、頼朝はサポートとかしないと、空気になちゃうよ。
そんで、個人的に一番楽しみにしてる利き茶だけど、カイジみたいに間違えたら、飛鳥か頼朝の指が
切り落とされるみたいなヤバイ状況を作った方が、はらはらするよね。

利き茶を盛り上げるには品種だけじゃなくて、栽培された園・何の香りなのか・この茶葉に最適な陶器は
何か?(例えばウッジウッドとか)にしたら、盛り上がるかも。それで、ウンチクをエンタメにすると。

「この味がわからない者は、英国人を、ましてやヴィクトリア女王を名乗る資格はない」
そのことが最も説得力をもって、女王のお茶につなげる最大の方法は
茶葉は「プリンス・オブ・ウェールズ」だった。これ間違えたら女王じゃないよw

27 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/13(日) 11:13:14 ID:LRMO4PGg
>>26
アドバイスありがとうございます。

ご指摘いただいた点に留意し、さらに練りこんでみます。
「プリンス・オブ・ウェールズ」は存じませんでした。
お恥ずかしい。
これをヒントにさせていただきます。
ありがとうございました。

28 :この名無しがすごい!:2011/02/16(水) 06:58:15 ID:OJHWTlZ7
ここ、2次創作のプロットは大丈夫ですか?
変に破綻してるところがないか見てもらいたいんですが。

29 :この名無しがすごい!:2011/02/16(水) 08:19:19 ID:ev+Xo5aQ
俺はこのスレの管理人ってわけじゃないけど、たぶんアウト。
ここは作品を投稿する人用の場所で、二次創作はその時点で選外になるから。

30 :この名無しがすごい!:2011/02/16(水) 19:34:39 ID:atyWnjlo
>>28
新人賞向けスレの派生スレだから、ちょっと無理かな。
それに、二次創作ってことは元ネタがわからないと判断しようがないし。

31 :この名無しがすごい!:2011/02/17(木) 19:58:08 ID:e03HiAUw
◆警告◆

このスレであらすじ・プロットを晒すのは暫くお控え下さい。

あらすじくらいならパクっていいだろう
何が悪いという方が
議論スレに現れました。

あらすじを晒すスレのあらすじを
実際にパクった疑いのある方も現れており
それは仮にパクリでも問題ないと
擁護する方が複数人いるようです。

【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレ・議論スレ18
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1297081237/

32 :この名無しがすごい!:2011/02/17(木) 21:25:18 ID:HjcJFsoH
ネットに晒しておいて、パクられる可能性を全然考慮してない馬鹿なんていないだろ、常識的に…

33 :この名無しがすごい!:2011/02/17(木) 22:41:35 ID:iCvFxWM2
他人のアイデアをパクッたところでそんな無能に面白い作品が書けるわけないと思うがw
それにここで晒される粗筋にパクッてでも書きたいほどの魅力的なものなんてまずないし

34 :この名無しがすごい!:2011/02/18(金) 08:47:38 ID:X/DO/oXg
「パクられる可能性はある」
「パクるほどのアイデアは投下されていない」
「アイデアをパクッたところで法的に問題はない」
「パクってもろくなものは書けない」
ってのは
「晒した人が改稿したから元のアイデアを自分はもらって賞に出して何も問題ないと宣言する奴が出た」
ことへの反論には何もなってないね

そろそろ議論スレに
「賞に出す宣言自体が晒しスレアンチの工作」
「晒しスレを荒らして機能不全に追い込むのが目的」
と言い出す奴が現れて盗作問題はなかったことになるよ
まあ見ててみ

35 :この名無しがすごい!:2011/02/18(金) 14:03:58 ID:FlFTlERM
アホらし

36 :この名無しがすごい!:2011/02/18(金) 15:57:36 ID:pE27i02j
>>34
つ【チラシの裏】

37 :この名無しがすごい!:2011/02/18(金) 16:38:26 ID:VR3VU1JJ
>>34
もしそんなのが議論スレに出てきたら君はその教唆犯だね

38 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 18:02:01 ID:lIIQeaX0
age

39 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 19:18:04 ID:pNusjY9n
>>37
馬鹿じゃネーの?
お前、読解力ゼロだろ。

40 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 19:31:03 ID:pNusjY9n
カッとなってついコピペ貼っちゃった。

41 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 19:32:03 ID:pNusjY9n
警告コピペな。

42 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 19:58:56.57 ID:tFhY6sbk
お馬鹿さん!

43 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 20:08:05.34 ID:7OoxjwDh
>>40
頭がおかしいことを証明してきたんですね、わかります

44 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/19(土) 20:47:24.32 ID:Pq2KquLV
よろしくお願いします。

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0318.txt
【ジャンル】能力バトルもの
【タイトル】バトルティータイム
【評価基準】前回と比べてマシになっているか。面白いか。展開は意外か。
      


45 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 23:37:02.17 ID:HC5NmCEi
>>44
ヤケクソになってないか?

46 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 23:50:00.39 ID:jAnExJfs
>>44
闘茶ってどこかで見た気がするけど、前回は知らないけど詳しくあらすじ見させてもらいました

2250年とかCPUってでてる時点でSFの印象を受けました
そのうえで体験型アトラクションをタイムマシンとかにしてみたほうが整合性はあうのかなぁ
あと能力バトルってどこらへんが能力バトルなのでしょうか?


47 :この名無しがすごい!:2011/02/19(土) 23:55:30.86 ID:kEoLYkU3
闘茶ネタをやるために無理やり話を作っている感じだな
一番最初の頃からどんどん劣化していっている
もう最初に立ち返って借金返済のために賞金目当てで闘茶大会に出るとか単純な設定にしたほうがいいんじゃね?

48 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 00:00:14.27 ID:zE4cPSBs
>>44
前回は見ていないけれど、ジオ・マーレの設定は個人的にワクワクする設定でした
けど、闘茶というので一国の運命を決めるっていうのは、普通に考えて首を傾げたかなw
この世界では、紅茶の味を飲み分けてこそ正義であり、誇りなのかな。
 
ただ最後の突然展開にはちょっと納得もいかなかった。
いや、これは個人的な感想だけどねw
百万人の記念というなら、後から言われても納得するような特別な世界がいいと思う……というのは難しいか。
飛鳥の力がなければ、他の人にはどうにもできない世界なんだよね。
個人の設定に合わせて世界は変わるのかな。

49 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 00:02:45.62 ID:9QOa5grP
ごめん、最後の文章はおかしいな。
今回はバグだかで選んだ世界にいけなかったんだった。

50 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 00:30:36.61 ID:hNL483Gd
最初はラノベらしくないとか叩かれたからSF設定追加したんだろ。
でも今度は闘茶の設定が浮くという本末転倒……
鼻が利く犬の化身と旅をして闘茶する架空中世期ラノベにすればよかったのにw

51 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 01:02:19.51 ID:/PjInaR8
>>44
紅茶バトル以外は半世紀前の児童向けSFかって感じ
古いしそういう児童書臭さをラノベっぽさだと誤解してるんじゃないかと心配になる

毎度のことだが要素を選択して並べた時点で満足してるのか
ネタが広がらないし要素間の絡み合いも弱いというか無頓着と言ってもいいし
こだわりがあったはずの部分も使いさえすればなんでもいいって感じで扱いが粗末

関心のある部分だけ表面的なインプットはするけど
必要な部分に関して最低限必要な仕込みをするとかそういう意識は薄い、そんな風に見える

今までの晒しを含めてそういう感想を持ちました

52 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 01:13:07.06 ID:g7aTvNaR
>>44
明かに改悪。闘茶のためのご都合主義が散見する。

具体的には、まず仮想惑星空間ジオ・マ―レ。仮想惑星空間なのだから19世紀のイギリスに影響を及ぼすはずがない。
だって現実世界と仮想惑星では空間が別モノじゃない。仮想なら時間軸が同じであるはずがない。
タイムマシンなら別だけど。

執事とメイド。メイドと執事は対等な存在ではない。執事はメイドを管理する存在。もし同等のもの同士による
代理戦争のつもりならおかしいと思われる。恐らく編集は読者より時代考証に厳しいのでミスと受け取られる可能性がある。
因みに飛鳥はなんで闘茶に参加しなかったの?覚悟決めたんじゃないの?

極めつけはヴィクトリア女王の退位。大英帝国発展のために海外領土を目指して何が悪い?当然の判断だろう。
それなのに闘茶で負けたくらいの理由で女王が退位するのは変。反戦運動か女王追放のデモが無い限り女王が退位
は国民の納得を得られないだろう。植民地が多ければ多いほど帝国民は潤うのだから。
さらに、女王が退位すれば息子のエドワードが継ぐだけの話。さらに英国は王が変わったところで何の問題もない。
何故なら実務は政治家の仕事だからだ。王は君臨するだけである。

また、退位して護国卿というのも世界史を全く理解していない。この時代にそんな制度はない。
議会制民主主義で政党政治が行われているのに、どうして独裁権が確率できるのか?
そもそも女王に代わって王族でも無い人間が、どうしてそんな位につけるんだ?クロムウェルだって
国王を処刑したピューリタン革命の上で就任出来たわけで、王が退いたから護国卿になれる
わけではないだろう。

時代考証が滅茶苦茶で、編集から白い目で見られそう。どこまで史実と同じでどこが違うのか
まず設定しないとダメ。そうなると異能バトルじゃなくて歴史ものか何かになるんじゃないの?

歴史ものなのか、SFなのか、異能バトルなのか不明で適当に混ぜた感じで色々と破綻している。

前回と比べてマシになっているか。面白いか。展開は意外か。
>明かに改悪でつまらなくなってて、意外と言うか無茶。
完全な推敲ミス。


53 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 07:05:52.71 ID:tTx051HB
>>44
ミクロな改稿は重ねているけど、肝心のところがまるで駄目な印象。
なにが駄目かっていうと、エンタメの基本を満たしていない。
エンタメの基本っていうのは「主人公が障害に出会い、努力や根性でそれを乗り越えていくこと」
逆境にも対してめげずにがんばったり、時にはめげても仲間からの励ましその他でまた立ち向かっていく……。
それが基本であって、ラッキーで片付けてしまうのは最低の形。
ラッキーを使っていいのは人事を尽くした上での最後の一押しか、踏み出すための最初の一歩目ぐらいまで。
その観点からこれをみるとさ

ヒロインと離れ離れになる苦難。
→偶然というラッキーで解決。

女王を倒すための策。
→単なる血筋というラッキーで解決。

ご都合主義にもほどがあるでしょ。
序盤の山場と終盤の山場をラッキーで片付けられたらどこで楽しめばいいのかわからない。

54 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/20(日) 08:02:34.89 ID:LJsbBNtu
>>45
いえ、きわめて普通です。

>>46
紅茶の味を飲み分けるというあたりが能力系です。

>>47
そうですかあ。結構作り込んだ気でいたんですが。

>>48
おお、ジオ・マーレはよかったですか。これは嬉しい。
肝心の闘茶がアレですか…。むう、もう一度考えてみます。

>>49
そうです。

>>50
なるほど。開き直りですね。

>>51
なるほど。まだまだですね。児童文学というと、ミヒャエル・エンデのような
感じでしょうか。

>>52
いえ、飛鳥は闘茶を受けて立つ当人です。書き方が悪かったかな。
ああ、歴史事項を知らないとはお恥ずかしい。
史実ですか。確かに甘いかも。考証不足ですね。
うーん、改悪ですか…。もう一度練り直してみます。

>>53
なるほど。ご都合主義は確かに。
もう一度練り直してみます。

皆さま、お忙しい中、お読みいただき、ありがとうございます。
貴重なご意見をもとに、さらに改稿を行おうと思います。
本当にありがとうございました。
恐縮です。

55 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 09:05:46.52 ID:hNL483Gd
>>54
映画の闘茶は見たの?

56 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/20(日) 09:26:38.26 ID:LJsbBNtu
>>55
いえ、存在はしっていますが、見たことはないです。

変に印象に残って影響受けた作品になっても困るので、
見ないようにと思っています。

でも一度は観たほうがいいのかな…。

57 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 10:58:29.93 ID:tTx051HB
見たほうがいいよ。
手塚治虫や赤塚不二夫だってクラシック聞いたり映画みたりであれこれ吸収してたんだ。
彼らよりも明らかに凡才であるはずの一般人が、彼らより怠けてどうすんのよ。
特にあなたさんの場合、闘茶以外の映画もあれこれと見て、面白い作品に共通する要素だとか空気だとかを分析したほうがいい。

58 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/20(日) 11:21:04.39 ID:LJsbBNtu
>>57
了解しました。
ツタヤで借りてみます。

59 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 17:02:36.62 ID:9B2RQQP4
>>44
全然読んでないけどぱっと見の印象は電撃金賞レベル

60 :この名無しがすごい!:2011/02/20(日) 17:10:27.79 ID:9B2RQQP4
>>44
晒してもいいけどここでの意見は参考程度にしといた方がいい


61 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/20(日) 20:00:23.79 ID:LJsbBNtu
>>59
これは恐縮です。

>>60
なるほど。
結構いろいろと真に受けるタイプでして。

62 :避難所から転載:2011/02/21(月) 13:46:13.70 ID:yd6JzSF2
規制のため、転載をお願いしました。

【タイトル&アドレス】
人形モノ1:ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0327.txt
人形モノ2:ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0328.txt
人形モノ3:ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0329.txt
【ジャンル】異世界ファンタジー、人形、バトル、恋愛
【評価基準】

・辛口批評を希望です。
・基準:キャラ設定約200文字、世界観約400文字、
あらすじ約800文字で作りました。ただ人形モノ3に
ついては、あらすじが1200程度です。
・『人形1』はしっとりとした恋愛ものを、『人形2』は
エンタメ的な面白さと勢いを、『人形3』は1と2を足して
2で割ったような感じを、それぞれ意識して作ったつもり
です。

・世界観でどういった設定を記すべきか悩んでいます。ここ
は欲しい、これはいらない等、何かご意見をいただければ。
・似てる版権作品ってありますか?
・ラノベっぽい印象はありますか?
・個人的に面白そうですか?
・お話の流れ的に、意味不明な箇所などありそうですか? 
・その他、ダメだし、改善案等なんでもお願いします。糧に
したいと思います。

(ちなみに、txtそのままだと読みづらいかと考え、意図的
に改行してみたのですが……逆に読みづらいでしょうか?)

63 :この名無しがすごい!:2011/02/21(月) 14:19:32.34 ID:xr+cBr3h
粗筋みた限りだと、1と2がいいんじゃないかと思う。
3は神ってなんやねん。みたいな感じでちとアレだった。
「マナ」も手垢の臭いがするし。

1と2のどちらがよいかと言えば、両方書いて両方送れば? って感じ。
複数作品投稿してるけど受賞とか、ひとりで三作品以上送ってall一次突破とかは普通にある現象だし。

俺の目からみた場合だと、もう書き始めていいんじゃないかと思った。
設定を練るのは大切だけど、ガチガチにし過ぎると逆に身動きが取れなくなる。

64 :この名無しがすごい!:2011/02/21(月) 16:36:40.34 ID:frN8Ab1o
>>62
1と2の世界観を見て「なんで弱肉強食の荒廃した世界になってるの」と感じた。
3はそう思わなかった。「弱者を資源として利用する」と解ったから。
但し、EN源が他にもありそれが襲う行為より楽に手に入るEN源であるなら、解らなくなる。
弱肉強食の世界で弱肉強食の根源が何かを1と2も示した方がいいと思った。
生物なら字の通り肉を食べ生きながらえる為だけど人形は?となる。
おそらくENとなるだろうけどその採掘方法や生産方法、得易さや消費量そういうENの社会的仕組みの説明がもう少し欲しかった。
人間なら野菜栽培したり家畜飼育したりして食べ物を作り、弱肉強食(共食い)をしないようするでしょ。道徳的にも。

話は1.2.3全部面白そうだよ。

65 :この名無しがすごい!:2011/02/22(火) 02:20:03.62 ID:geZi+n59
>>62
・世界観でどういった設定を記すべきか悩んでいます。〜
3だと、全員が人形である理由がよくわからない。主人公は人間にしておいた方がよさそうに思う。
1は主人公にENを渡す必要があるから、仕方がないのかなと思うけど。
ただ、供給すると本人に影響が出るっていうエネルギーは、ちょっと微妙な気がする。
何しろ、自分たちで作り出せないから。いつか枯渇するでしょ。
全体的に、エネルギーや資源の枯渇問題はどうするんだろうってのが気になった。

・似てる版権作品ってありますか?
思い当たるものは特にない。

・ラノベっぽい印象はありますか?
3はちょっと厳しいね。全員が鬱々しっぱなしで楽しめる気がしない。

・個人的に面白そうですか?
話は、好みの問題もあるけども、1>2>>>3 て感じ。
3は上記の通りで鬱すぎると思う。
2はずば抜けてどうっていう印象はない。捻りも特になく人間ドラマも特になく、という感じ。
1あたりがエンタメにしやすそう。ただ、少年向けかどうかがわからないけど…。

・お話の流れ的に、意味不明な箇所などありそうですか?
登場人物の心情の流れが、説明されれば納得できるけど、あまり自然には感じられなかった。
3のライバルが戻ってくるところとか特に。
2も破壊小僧の行動原理は、いまいちよくわからない。作者の都合って印象。
そこを文章にしたときにどうフォローするかが重要かもね。

・その他、ダメだし、改善案等なんでもお願いします。糧にしたいと思います。
コンプレックスを持った登場人物たちっていうのは悪くないと思うけど、
全員がどんよりな属性持ちだと、それで読ませるのはだいぶ腕がいるんじゃないだろうか。
やれるなら別にいいんだけどね。エンタメに昇華するのは結構大変そうだと思うよ。

(ちなみに、txtそのままだと読みづらいかと考え、意図的に改行してみたのですが……逆に読みづらいでしょうか?)
個人的には、ない方が自分のフォーマットで読めるから読みやすい。

66 :この名無しがすごい!:2011/02/23(水) 00:29:01.12 ID:+6aKHo06
規制中につき、転載をお願いしました。

知人に見せた場合でも、3はちょっと暗いよね、という
意見は確かにありました。少し自己満足を入れすぎてし
まっているやもしれませんね。もうちょっとエンタメぽ
く改良できればとも思います。
神については、そうした存在として描くのはちょっと微
妙な感じのようですね。少し在り方を変えるため、練り
なおそうと思います。

1については、キャラが弱いけれど雰囲気はいい、との
声もあったりしました。こちらでもわりと反応が良いよ
うでしたので、ある意味では想定どおりで少しだけ安心
しております。
2はちょっと、今思えば駄作かなぁと思います。

マナをはじめとした各種設定の単語が、微妙な感じなの
はわざとです。本当は別にきちんとしたものを練ってい
ます。今回はあくまで、もっと別の場所を見てくだされ
ばと思っていましたので。

弱肉強食の根源、EN資源の仕組みと問題等のツッコミ
はすごく参考になりました。逆に、世界が成り立つ仕組
みから新しくネタを絞り出せそうです。ありがとうござ
います!

コンプレックスを与えることで、物語の流れにに波を与え
てみようとしたのが3だったのですが…逆にやりすぎて、
展開が鬱っぽいように捉えられてしまった感じでしょうか。
シリアスに進めていくつもりではありましたので……もう
ちょっと光成分といいますか、エンタメぽくできればと。

ご意見、ありがとうございます。これを糧に、少し改良を
加えてみたいと思います。またお世話になる際は、よしな
にお願いします。

67 :この名無しがすごい!:2011/02/23(水) 09:51:33.49 ID:4GY/tCHz
>>62
俺は物語中心に。

・似てる版権作品ってありますか?
>とりあえずない。

・ラノベっぽい印象はありますか?
>許容範囲。

・個人的に面白そうですか?
>1がまとまってると思われる。
2と3はちょっと話しがイミフ。
3は読めない。

・その他、ダメだし、改善案等なんでもお願いします。
したいと思います。
>個人的には2が一番伸びる。
シリーズものにしても構図がいいし、
不幸な主人公が悲劇的な目にあう話は一定の需要がある。
君は王道と反対狙っていくといい、
ヒロイン守ろうとして死なせるとか。
ただ、キャラの性格と物語は変えた方がいいかも知れないね。
不幸な目にあって絵になる主人公じゃないとダメ。

あとこれ基本だけど、序盤に鬱シーンとか、
ヒロインは強力な兵器だったとかバラさない方がいい。
伏線で匂わせてって、中盤以降の大事なシーンで発覚するとかのが
盛り上がる。

1はまとまってるけど一話完結だから、これじゃなくてもいいが別のも用意しておくべき。

68 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 07:51:24.50 ID:JJYttVaN
【ジャンル】SF異星人との遭遇モノ
【タイトル】ミカサの戦い(仮称)
【評価基準】粗筋を読んで面白いと思うか?
時は23世紀の地球。人類は木星の4大衛星にまで居住権を広げ、文明を謳歌していた。
月面宇宙基地の「アンダンテ」で、16歳のミカサ・ケイはエウロパ行き宇宙飛行士の訓練を受けていた。彼女の役職は船外作業。人型ロボットのサイ・ノリスを使い、エウノパ鉱山のメタンを集める作業だ。
サイ・ノリスは脳から出る精神波にバイオ・コンピューターを同調(シンクロ)させるシステムで、人類全体の2%という素質が無いと出来ない仕組みになっている。
ミカサは幼馴染のケンドウ・リュウタと共に、理知的な女教官のハセベ・イズミの許で、サイ・ノリスの操縦だけではなく、機動宇宙輸送船のパイロットとしての訓練も受けていた。
彼女はメカの扱いに関しては天才的な才能を発揮し、それを周囲の人間も認めているのだ。
ただ、彼女自身は謙虚な性格で、元々引っ込み思案である。その才能をいち早く見抜いたのが、ケンドウなわけだ。
ちょうど、宇宙機動軍の全面的な軍事演習が木星軌道上で行なわれた時である。その時、ミカサらは月面基地で卒業式を行なっている時だった。異空間から一筋の光線が放たれ、宇宙機動軍は一瞬にして、消滅した。
そして、木星軌道上から次々と生物的なフォルムの宇宙船団が現れ、地球に向けて進軍を始めた。ミカサの父親が宇宙機動軍には居た。
経験豊富な軍人を失った地球軍はミカサらを残存艦隊の船長に任命し、異星人との戦いに備えるように命令した。父親の仇と思い、ミカサは戦うことを決意する。
異星人との先遣隊にミカサは志願する。ミカサはケンドウと共に、それぞれ高速移動艦「サザナミ」「アカツキ」で、異星人との最初の戦闘を図る。それは火星軌道上で実現する。
サイ・ノリスに搭乗したミカサは敵船団への接近を試みるが、その時、異星人の艦砲射撃でサザナミ、アカツキらは撃沈する。
残ったのはサイ・ノリスに乗ったミカサとケンドウの2人だった。敵船に付着することに成功したミカサらだったが、その時、ミカサらを精神波が襲う。
その時、初めて、ミカサらは異星人が精神体(アストラル体)であることを知る。異星人にとってもこれが人類との初めてのコンタクトだった。
異星人はミカサらに自分らが精神体であり、肉体という器を求めて、この太陽系に来たことを知らせる。
この時、異星人の雌のアストラル体の「ユウマ」とミカサの精神体が融合し、ミカサ本人は「ユウマ」の記憶と性格を共有することになる。
「ユウマ」は本来のミカサとは違い、活発で明るい性格だった。異星人の船団は火星軌道上で進軍を止め、融合体のミカサに特使を依頼する。
しかし、ミカサを乗せた異星人の宇宙船は、地球軍の攻撃を受け、撃沈する。この時、ケンドウも死んでしまう。
しかし、ミカサは奇跡的に生き残り、地球軍司令部のある、ニューヨークで最後の異星人と地球軍の交渉に臨む。
ユウマの気持ちを伝えるミカサだったが、地球軍の扱いは冷たいものだった。
それどころか、ミカサは政治犯収容所に入れられてしまう。地球軍と異星人の決戦は迫っていた――


69 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 09:23:38.71 ID:KpwhhGWg
半分ぐらいが荒筋じゃなくって設定語りになっとるがな。
それと、賞に応募する時は最後まで書かなあかんで。
このスレに晒す時も最後まで書けとは言わんけど、起承転結の承が始まったぐらいで切られるのはキツイ。
それでもあえて言うなら
・肉体を欲しがってるのに消滅させてどうすんの?
・「対応が冷たい」って、同胞をガンガン殺されまくった地球人がはいそうですかと和平を結ぶわけないだろう。
ってことぐらいかな。
そのあたりのロジックをしっかりしておかないと、ユウマにミカサがワケワカメな人に見えるだろうな。

70 :上級読者 ◆xQmVoY6/HA :2011/02/24(木) 09:39:54.87 ID:yP22P9rz
>>68
面白いと思えるかと聞かれれば、そりゃ、面白いよ。
よくある感じのSFアニメだ。王道だといえる。

過去にプロが書いた市販作品に似ているのだから
詰まらないということはないだろう。

ただ、この粗筋の独創性は皆無に近いから
作品としての面白さは作品を書く人の技量による所が大きくなるだろう。
そういう意味合いで考えれば、この粗筋は面白くないとも言えるよね。

この粗筋を面白い作品に仕上げるのは可能だろうけど、そこまで技量あるなら
もっと独創的な作品を仕上げられた方がと思うし
王道であるが故に、先の展開を簡単に読まれてしまうので
出来るなら、この作品ならではの設定や捻りがもっとあった方がいいかなと思いますけど。

71 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/24(木) 09:44:35.94 ID:+/01Dpbh
よろしくお願いします。

テンプレ
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0339.txt
【ジャンル】ドタバタコメディ
【タイトル】鍋島さん家の猫騒動
【評価基準】設定は真新しいか。主人公及び脇役に魅力はあるか。
      純粋に面白いか。ドタバタ感があるか。コメディになっているか。



72 :68:2011/02/24(木) 09:48:09.33 ID:JJYttVaN
>>69
早々のレスありがと。言われたことを聞いて、なるほどと思った。
実はエンディングを書きあぐねていて、どういう風にするか、迷っているところなんです。
ロジックの部分は指摘されて、やはり俺はダメなんだな、と思った。
もっと異星人の戦う理由と、地球側の対応の仕方にナチュラルさを出そうと思っているところです。
また全面的にプロットの段階から改稿するよ。

73 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 09:55:23.82 ID:oHur8RYv
>68
普通の人間ではなくなった主人公の葛藤を傍で見る人が誰も居なくなるのはもったいないし
精神体の異星人という設定も、主人公と異星人を同化させるためだけで
見る限りでは普通にお互い物理干渉してるようなイメージがあるけど、実際どうなんだろう?
実体を持たないという事は、何者にも物理的に干渉されない、干渉できないって事じゃないの?
そこを捻じ曲げるルールがあるならちゃんと提示しないと
出現時に軍が消滅した事やユウマが最後の一体になる事なんかも含めて
異星人の存在自体が都合よすぎる設定になってしまう
そもそも実体を持たない存在が乗り物を作るとかわけがわからない
それを作れる時点で、肉体もしくはそれに代わるものを持ってるって事のはずなんだけど

また、オチがないのでなんとも言えないけど
>68見る限りは地球人の肉体を乗っ取りに来た侵略者にしか見えない
特使を依頼という以上は、肉体、記憶を共有してるだけの意識としては分離してる設定で
それなら無条件でユウマに協力、とはいかないはず
異星人たちの目的、具体的なビジョンを示す事と、主人公がそれを支持する理由が必要
家族の仇にする必要あったのか知らないけどまあそうなってるわけだし
「くっついたから仕方ないな」じゃ誰も納得しない
映画の『アバター』なんかの主人公も大雑把な立ち位置は近いけど
あれみたいに一緒に生活させたりするわけではないので
主人公がユウマとお互いの知識経験を共有するとは言っても、感覚は読者には伝わらないはず
過程や結果を受け入れさせるという意味でも物語に必要な要素がいくらか欠けている

展開上における意味とリアリティを上手く噛み合わせるアイデアはなかなか出ないかもしれないけど
サイエンスとフィクションの融合が醍醐味であるから
そこを適当にやるくらいなら、シチュエーションを構成する要素だけ抜き取って
ファンタジーとかにでもしちゃえばいい──って事にもなり兼ねないので頑張ってほしい

74 :68:2011/02/24(木) 09:56:03.01 ID:JJYttVaN
>>70
独創性が無いか……。やはりね。
今まで、このプロットを元に本文を書く作業をしていたけど、
>>69さんの指摘の通り、プロットを改稿する必要性を痛感したからまた練り直す。
劇場版ガンダム00を観て、パクったようなものだから、独創性というものも考えてみる。
鋭い指摘サンクス!

75 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 09:56:18.31 ID:osdLNEj9
>>71
「にゃんこい」とか「笑わない猫」とかとほとんど同じ

76 :68:2011/02/24(木) 10:08:00.25 ID:JJYttVaN
>>73
内容に立ち入ったご指摘ありがとう。
確かに、設定の矛盾点がご指摘のようにワンサカあると思った。
実写版ヤマトのガミラス星人の設定にならないようにアストラル体という設定を持ってきたつもりだったが、
何故、宇宙船に乗っているのかとか、矛盾する設定になっていたように思う。
異星人と同化するヒロインにしても、ご都合主義というのが見えてきたように思う。
もっとも書いていた俺は分からなかったけどね(汗)
また>>69-70さんへのレスで書いたように、ご指摘を受けた矛盾点を改稿して、公募に応募しようと思う。

77 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 10:38:42.50 ID:oHur8RYv
>71
>真新しいか
新しいとは思えない
猫関係は、もう猫というだけで「またか」と思われても仕方ない
猫抜きにしても、全体的な筋は似たような話も多いし
新しさを切り開こうと思って出る話ではないはず

>魅力
キャラクターを判断できるほどの情報がない
むしろ、主人公とか普通の青年じゃないし役に立つものも持ってなさそうだし
それなら妹を主人公にして自力で解決を図るために頑張らせた方がいいような

>面白いか。ドタバタ感〜
正直、何を描きたいのか判断しづらい
序盤の猫憑き、古い因縁と隠された謎、アルバイト、現れる敵との戦い
まるで週刊漫画の紆余曲折みたいで……
核となるテーマを決めたら、それ以外の演出を独立できる形で大きく扱わない方がいいと思う
例えば猫になって敵と戦うのがメインならバイトの顛末は要らないはず
メイドカフェで働く本物の猫耳少女が描きたいならそういう話にしたらいいし
それはそれとして、エッセンスとしてそういうシーンを盛り込みたいなら
変に理由をつけずに元々バイトしてる設定にすればいい
イベントだけでなく、脇のキャラもその場限りでそれっぽく配置しただけに見える
そこでの同僚なんかも一緒に行動させたり、実は因縁があったとかあるといいけど
現状では必要性がほぼ見えない
キャラの魅力〜の所でも触れたけど
主人公って具体的にこれといった事してないように見える
主役なら主役としての能動的な活躍を見せるシーンがほしい

78 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 11:53:27.10 ID:KpwhhGWg
>>71
まず人に見せる前は推敲するクセつけようぜ。
プロットの段階で首をかしげたくなる文章がいくつもあるとかは酷いよ。

設定は真新しいか。
微妙。即座に弾かれるほどじゃないけど、評価点にはならないと思う。

主人公及び脇役に魅力はあるか。
バトル茶の時もそうだったけど、主人公なにもしてないよね。
謎解きは鹿島や真琴で資金はガラシャ。保健所の追い返しも妖術頼み。

純粋に面白いか。
三丁目のタマとかにありそうなワン・エピソードには思ったけど、これ単体で賞に出すには弱い。
っていうかこのプロットで書いたら字数が足りなくなるような気がする。

ドタバタ感があるか。コメディになっているか。
ドタバタ感はプロットで聞くものじゃない。
コメディにはなってると思う。

79 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 12:31:58.77 ID:adW8iCRN
>>71
なんかさー、既存の逸話を織り込んで書いたんだぜどうだ知識人だろう、という衒学趣味あるでしょ?
いや、衒学趣味のひけらかし自体は悪いと思わんのよ?
でもそれって、「兄の知らない神社なんかありません(中禅寺敦子)」ばりの知識の裏付けか、せめてぼろを出さないリサーチあってのことじゃない?
鍋島化け猫騒動の猫は龍造寺家側の飼い猫。国を乗っ取り、碁に負けたからって龍造寺氏の首まで刎ねた鍋島家を守るのが「良い化け猫」?
鹿島・維康と明らかに鹿島信仰から名前を借りておきながら、八雲神社では祇園信仰でしょ?
名前を適当に借りて凄そうに見せただけです、その名前に反応した読者が見たら底の浅さが露呈しますじゃダメでしょう。

そして、オタクなんてこの手の属性突っ込んどけば萌えるんだろ、という萌え要素(ネコミミ・巫女)の付加が、
その衒学趣味と全くマージされることなく最悪の食い合せ。

評価基準に対しては
「どこが新しいつもりだったのか?」「キャラのどこに魅力を載せたつもりなのか?」「どこが面白い予定だったのか?」
これを逆に問い返したい。
まさか「萌え属性であるネコミミを呪いと合わせたのが新しい!」なんて思ってないよね?
怪談をコメディに仕立てようとした努力の跡は認める。小説化次第でありきたりのコメディにまではなれると思う。
が、ウェブ掲載したりプロが短編書き飛ばしたりならそれでいいが、賞狙いならウリになる点がないのでは?

80 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 17:19:15.24 ID:LXEQh4/Y
>>71
ヒロインにネコ耳というのはよくある設定で、真新しさは見受けられない。
特に、ネコ耳と神社セットはありふれた形式。
主人公にも脇役にも魅力はなく、内容も面白くない。
コメディー感があるとすれば、秋葉原で働くところだと思われるが
そこだけ良くても、他の無駄な設定は不要などと言う批判が来るのは必至。

81 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/02/24(木) 18:16:30.35 ID:+/01Dpbh
>>75
なるほど。既存の作品に似ていると。

>>77
うーん、結構新しいと思いましたが、そうでもないですか。
ヒロインの活躍度が足りないとのことですか。

>>78
これは失礼しました。
なるほど。主要キャラが動いていないと。
うーん、そうですか。

>>79
うーん、結構良いと思いましたが。
アラが目立ちますか。

>>80
そうですかあ…。
良いと思ったんですけどね。

お読みいただきありがとうございます。
今後の指針にさせていただきます。

82 :この名無しがすごい!:2011/02/24(木) 18:46:38.84 ID:TI3Mb84j
いいと思ったと言うが、つまらないと思って書く奴なんて普通いないだろw
読者が面白いと思わないのならその作品が既存の作品の模倣か独りよがりな内容だったというだけ

83 :この名無しがすごい!:2011/02/25(金) 02:00:19.33 ID:+Or4rRfp
学園コメディ物はあらすじにし辛いなぁ。今文にしようとして書き方に困ってる

84 :避難所から転載:2011/02/25(金) 14:49:55.05 ID:iSC4yl60
規制中につき、転載をお願いしました。

>>67
王道の反対狙いを、というアドバイスは初めてでした。
悲劇的な話の中で、何とかカタルシスを見出せるように
すると良いのでしょうか……。
ともあれ、少し考えてみます。

2が一番伸びる、との意見はちょっぴり嬉しかったです。


85 :この名無しがすごい!:2011/02/27(日) 14:57:06.28 ID:HRiQs8pj
規制

86 :この名無しがすごい!:2011/02/27(日) 15:08:13.19 ID:HRiQs8pj
>>68
精神体w

87 :この名無しがすごい!:2011/02/27(日) 15:18:45.91 ID:HRiQs8pj
>>79
必死になるなよw
ラノベなんてそんなもんだろw
中身のあるなしなんて関係ない
ソレっぽく見せられりゃいいんだよ
テンプレキャラや難解な用語を使うこと自体は何の問題もない
ただ使い方が重要なだけ
どうせ読むのはアホの中高生だしな

そこんとこわからないくせにえらそうなこと言わないでくれる?
まさにおまえの存在が衒学趣味じゃんw

88 :この名無しがすごい!:2011/02/27(日) 15:30:01.30 ID:HRiQs8pj
というか>>71あらすじだけじゃん
斬新さがないってのはわかるけどキャラに文句付けてるのは
個人的な趣味か、少ない情報から拡大解釈して難癖付けてるようにしか思えんわ
あらすじだけ読んだらそこらに転がってる三文ラノベとかわらんのにな

89 :この名無しがすごい!:2011/02/27(日) 16:57:27.36 ID:SGYRFPwF
常にマンセーだけしてほしいんだろ。>>87


90 :この名無しがすごい!:2011/02/27(日) 23:10:27.81 ID:4XwweNvX
ここで喧嘩するような奴は「自由な発想が出来ません」と公言してるようなもの

91 :この名無しがすごい!:2011/02/28(月) 16:12:00.78 ID:KjcPnmjy
>>71
読み切りの少年漫画ならこれでいいと思うけど、小説ではちょっと微妙。
王道なストーリーなんだけど、これで一冊分書くには王道すぎて地力が求められる作品になると思う。
ただ、いろいろ言われてるけど、簡潔な「起承転結」が備わってて、展開としては充分だと思うよ。

で、現段階ではキャラ小説として売るしかないけど、キャラの魅力を出すにはそれなりのプラスアルファが必要。
姿かたちじゃなくて、性格とか人間味とかを丁寧に作りこんだ萌えキャラと、その魅力を引き出すためのエピソードを考えて、どこかに挿入するべきだと思う。
書いてる本人が「良い」と思えるくらいキャラクター性に自信がないと、このストーリーではちょっと辛い。
それについてはまあ、がんばって。

目に見える問題としては、最終的なオチが「暴力で解決」であることと、それを向ける先が「公的機関」だってこと。
保健所の人間に猫が襲い掛かるようでは、むしろ処分の必要性を強く感じさせてしまう。
どちらかを変えたほうが良い。

たとえば「猫嫌いの権力を持った人物」という要素が重要であるなら、敵はヤクザとかの方がいいんじゃないか?
それと、ヒーローは遅れてやってくるのが定番だし、妹は早く元に戻りたいと思ってるなら、敵が猫駆除を目論むまでの流れは同じとして、そこから
・化け猫として大きな力を使えば妹は元に戻れなくなる(または戻りにくくなる)
・主人公は妹に助力を請うが、上の理由で断られてしまう。ただし、猫と少しだけ意思疎通できる程度の能力をもらう
・主人公は周辺の猫を集め、ヤクザとの戦いを呼びかけ、決戦に臨む
・途中まではうまくいっていたが、相手がマタタビを焼いて猫を骨抜きにする
・孤立してしまったが勇気を奮って戦う主人公。しかし、やられる
・そこへ妹が登場し、妖術を使って主人公を助けて、勝利する
という感じで、最初の計画が一度頓挫するような戦いが見たいかもしれん。

俺にできる感想はこのくらい。
シンプルなストーリーは爽快感さえあればそれを好む人もいるし、何番煎じでもキャラ小説っていうのは安定して売れるから出版社も安心して出せるジャンルだ。
これでも充分なあらすじが出来上がってると思うよ。
あとは本人しだいだと思うので、応援してる。

92 :この名無しがすごい!:2011/03/01(火) 22:53:28.35 ID:hVq9GTxQ
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0355.txt
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】 未定
【評価基準】
・面白そうか、そうでないか。
・設定は斬新か。
・読んでみたいと思うか。

この三点です。よろしくお願いします。

93 :この名無しがすごい!:2011/03/01(火) 23:11:17.86 ID:8OJFcDrr
・面白そうか、そうでないか。 ラノベならつまらなそう
・設定は斬新か。        間違った方向で斬新。
・読んでみたいと思うか。   読まない(一般なら読む可能性ある)

ラノベは十代向け。ラノベでまでお勉強したくないよ。

94 :この名無しがすごい!:2011/03/01(火) 23:18:24.62 ID:ZSPcSiX5
>92
若者向けのエンターテイメント作品がラノベの主流だと考えるけど
主人公に据える少女が、話の流れに関わる能動的な行動をほとんどしていないので
ラノベで支持されるような物語にはなっていないと思う

95 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 01:05:03.07 ID:qJYRdMfz
>>92
あのさー、この話で何が描きたいの?
職へのプライド?信念を貫くことの大切さ?法の秩序の重要性?報復の連鎖を断ち切る呼びかけ?
何もないよね?
何かの娯楽性を演出する意図も、何らかのメッセージ性(か、判断を読者に委ねるテーゼ)を提示する意欲も感じられない

「フランス革命をラノベ風にアレンジ。フヒヒ、博識に瞠目せよ!」以外に言いたいことないだろ、これ

96 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 01:17:03.46 ID:xVd4Hd70
>>92
> ・面白そうか、そうでないか。
西洋史好きだけど興味が湧かない
ラノベとしては小難しい感じで紅茶の人と似たような雰囲気が
(主人公が動かず誰かに助けてもらうところとか)

> ・設定は斬新か。
話のベースとなっているのが歴史上の事件なのでこれだけでは「私の考えた面白い歴史のifストーリー」止まり。何かしら工夫しないと読者の興味を引けないですよ。動物の仲間を追加してもまだ足りない

> ・読んでみたいと思うか。
一般でなければ粗筋読んでスルーかも

97 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 01:23:36.52 ID:yTAXw9eq
>>92
・面白そうか、そうでないか。
そうでない
・設定は斬新か。
フランス革命をアレンジしたと言うわりに全然別物になってる
そういう意味じゃ斬新
・読んでみたいと思うか。
思わない
フランス革命知ってる人から見たら
「なんだこのうすっぺらな革命の骨格だけ借りたような話」
知らない人から見たら「なんだこの説教臭い話」

つか主人公がなんのために存在してるのかよく分からなかった

98 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 02:04:26.46 ID:erF1Y6Cn
>>92
作者の思想がどうたらこうたらみたいな勘繰りは別として、純粋に微妙だと思う。
主人公の行動を簡単にまとめるとこんなん。

仕事で青年を処刑しようとしたら襲撃くらってさらわれる。
→過去編。
→仕事で軍人の首を切る。
→革命は起こったけど混乱してなにもできない。
→そうこうしているうちに青年突入。青年の力で無事に解決。

主人公がなんもしてないってのは、ラノベだろうと一般だろうと問題あるよ。
なんで主人公が主人公なのかと言えば、物語を動かすからにほかならない。
それをしないんだったら主人公やめちまえーって感じ。

99 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 02:08:05.92 ID:xDb/WkEV
>>92
・面白そうか、そうでないか。
つまらなそう。

・設定は斬新か。
斬新なだけで面白さは生まれません。

・読んでみたいと思うか。
思えません。

「読んだ人にどう思わせたいか」という根本的なところから考え直した方がいいと思います。
フランス革命の勉強をしたとき、あなたはどう思ったんですか? 「この数十年の中を傍観者として生きてみたいぜ」とでも思ったんですか?
そうでなければマリー・アントワネットの有名なあの言葉を知って「処刑直前に俺がさっそうと助け出してやりたい」くらい萌えたドMですか?

ドMであればまだ間に合います。ドSな女性に虐げられるドM向けの小説を考えましょう。そっちの方が面白くなるでしょう。

100 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 02:18:37.13 ID:jhEx8/8p
これは。
たぶん山川の詳細世界史研究や歴史書や歴史学者の論文、研究書
の方が面白いと思う。
斬新か否かは4次元殺法コンビに聞いてください。
人間一人の力ではどうにもあがなえず 主人公が壊れていくホラーなら買うと思う。

101 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 12:31:19.27 ID:EdG87TmS
はい、皆さん感想ありがとうございました。
主人公が動いていないというのは確かにそうですね。
テーマは死刑制度の是非のつもりだったのですがうまく伝わっていないようですね。

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0364.txt

一応、少しだけ書きなおしたものをあげておきます。
これで主人公は少しは動いたでしょうか

102 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 12:34:26.06 ID:0Mex3sXC
ラノベで死刑制度の是非をテーマにしてどうすんの・・・
一般でやれっていわれるよ

103 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 13:13:09.86 ID:xVd4Hd70
>>101
主人公が動いてるように見えるかもしれないけど、メインで行動しているのはバッカス一味だけなのは変わらない
主人公が王と逃げただけじゃ大差なし
ついでに他の箇所にも突っ込み入れときますよ
1:カレンがバッカスを逃がす
→死刑執行人が死刑囚を取り逃がしたら何かしら罰を受けるんじゃないの?執行人って国の仕事なんでしょ?
2:リーダー格の人
→バッカス奪還した人とラストで民衆に真実を伝える人が同一人物なら名前をつけた方がいい
3:給与滞納
→給与支払い滞納が理由で王に謁見できるなんて発想は安易すぎ。素人目からしても大臣以下の人が対応すると思うし。ちゃんときっかけを作るべし
4:身代わり
→個人的に身代わり役はバッカス以外がいいと思う。ラストでバッカスが民衆に真実を伝えてカレンを救う恩返し展開の方が現状よりは物語的になる

あと、全体的に文章が纏まってない感じがする。文章中に「それ」が頻出したり、誤字が少しあったりするので
たかがプロット、されどプロット。晒す前に推敲して読みやすさを追求するのも大切!

104 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 13:32:03.96 ID:Ke299HzS
>101
事態の解決のための意思と行動、そして結果が
簡単に言うと活躍が必要
カレンが何をしてどういう結果に導いてる?
カレンの活躍が民衆への訴えだというなら
忌み嫌われてるはずの執行人のカレンが、民衆から支持を得る段階が欲しいし
大きな流れとしては、国王とカレンが逃げ延びた上で
民衆を纏め上げて革命を潰すくらいの事はしてほしい

今のあらすじを大きく変えられないというのなら
カレンの直訴で国王から罪を許されたバッカスを主人公にして
革命において国王とカレンを救い王国をいい方向へ導く
という話の方が多少なりとも様にはなるかもしれない
少なくともエンターテイメント作品としてはね

105 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 22:58:41.71 ID:Zq317fMi
【ジャンル】魔法少女もの。現代日本舞台のファンタジー
【タイトル】 私の魔法は踏み抜く力
【評価基準】若干ドタバタな魔法少女ものにしたい。成立するやいなや
ヒロインは主人公の隣の娘。中3、にぎやかでがさつだが、心に寂しいものを抱えている。主人公は高校2年
それを知っているから、彼女の保護者を自認。ところが、ある日、彼女は彼を自室に呼び込み、魔法少女に
なるので、手伝えと言い出す。ごっこ遊びかと承諾すると、彼女は本当に変身、しかも、主人公はイタチの姿に
され、使い魔役に。
しかも、どんな魔法が使えるかと色々試すと、何と、魔法は足のかかとからしか出ないことが判明。
彼女は、自らの「踏み抜く力」で、町の平和を守るべく、活動を始めるのだった。しかし、その頃、実は、
この町に、犯罪を仕事とする結社が存在し、彼女の活動がその邪魔となり始め
ここまで考えた。
多分、1巻ではこのあたりで区切り。

106 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 23:00:17.65 ID:rVheDYwJ
>>105
1巻てどういう意味?

107 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 23:03:38.66 ID:xDb/WkEV
>>105
プロローグぐらいしかできてないよ

108 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 23:03:46.93 ID:Zq317fMi
いくらでも続きがありそうなので、そこらで止めないと、止めどもなくなるから。


109 :この名無しがすごい!:2011/03/02(水) 23:29:42.86 ID:sVTWgTGy
あらすじにしてから晒して欲しいな

110 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 00:10:06.88 ID:od0vrXae
>>108
止めどめがなくなる部分をしっかり止めて、きっちりまとめたものを「プロット」って言うんだぜ?

111 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 00:18:49.58 ID:fdeBBtd3
>>108,110
日本語ちゃんと使えるようになってから
プロット書いてくれ&ツッコミ入れてくれ

112 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/03/03(木) 09:00:40.00 ID:yzJcMgcn
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0375.txt
【ジャンル】 ファンタジー
【タイトル】失われた旋律をもとめて
【評価基準】設定は斬新か。話として面白いか。謎めいた雰囲気があるか。
      作品の根底に流れるムードは魅力的か。


113 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 12:04:37.78 ID:e9rjhe+z
>>112
えーと…
まず固有名詞が多過ぎて何が何を指しているのか全く分からない
カタカナ連発は勘弁してください
ファンタジー色はかなり出ていると思うけど斬新かどうかは
楽器関連の話には詳しくないので分かりません
後、航って演奏しないの?
輸入盤をこれからも漁り続けようっておかしくいか
ジャンの曲集めようとしないの?


114 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 12:04:49.06 ID:48QGzgZU
>>112

・設定は斬新か。
→斬新と言うより、ラノベではなく別レーベル向けかと勘違いする内容

・話として面白いか。
→面白い以前に、魅力に欠ける。
ジャクリーヌを連れて行く所では
「一曲歌ってくれるだけでいい。歌い終わったら、すぐに帰っていいから」
異教徒である人物を、こんな言葉で連れて行けるだろうか?
ラストでは
輸入盤をこれからも漁り続けようと決意する。
これは一瞬日記かなんかと勘違いするレベル

・謎めいた雰囲気があるか。
→無い(少なくても私は感じない)

・作品の根底に流れるムードは魅力的か。
→個人的には魅力的。しかしラノベの読者層向けではない。


115 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 13:12:39.75 ID:A9wzUsuT
>>112
過去編はおもしろいと思うし、それなりに魅力はあると思う
「王の『風邪』を直すために放浪の旅に〜」っていうくだりは、ちょっとガックリきたけど
風邪じゃなくて、もっと重病とか、おとぎ話っぽい奇病にした方がいいんじゃなかろうか

問題は現在編
これ、必要ある?
語り部である主人公はストーリーに何も絡まず、なにもせず、同姓同名の歌い手を見つけても
それがなんの意味があるわけでもない
妙にいろいろとディテールを掘り下げてるけど、それが何一つ役に立ってません
完全に空振り情報の塊
この程度の関連性なら、現代の音楽研究家が資料を掘り出してそれを読んでいる、程度でいいやん
ただの語り部レベルでいいやん
ぶっちゃけ、わけがわかりません

・設定は斬新か
斬新ではないけど、掘り下げ次第で魅力はありそう
・話としておもしろいか
今の時点では現在編が物語として成り立っていません
・謎めいた雰囲気はあるか
謎めいてはいないけど、雰囲気はある
謎めかせたいなら、現在編と過去編のなにかしらのつながりをもう少し前面に出して欲しい
・ムードは魅力的か
前述の通り、魅力的になれる要素はあると思う

116 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 13:44:01.90 ID:/U4/GrIx
>>112

設定:過去と現代の関連性とか描き方とかは、正直けっこうある手法です。
話として面白いか:現代編がなんのためにあるのかわからないぐらい空気です。
謎めいた雰囲気:無いです
ムードは魅力的か:このあらすじだけじゃよくわかりません。ただ、ラノベ向きじゃないと思います。

117 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 13:44:41.93 ID:od0vrXae
>>112
・設定は斬新か
うまくやらないとロープレでの王道イベント、「薬草探し」と同じになっちゃうけれど、新しい部類には入るんじゃないかと思う。

・話としておもしろいか
過去編は書き方次第で魅力的に成りえそうだけど、現代編がなんなのかさっぱりわからなかった。なにを魅せるつもりでそのパートがあるのか説明してくれ。マジで。
最初→「CD漁り楽しいお!」
中盤→「CD漁りで忙しいお」
ラスト→「これからもCDを漁るお!」
CD漁ってばっかやん。変化らしい変化がないに等しい。変化は物語の基本やでー。

・謎めいた雰囲気やムード。
特にない。
っいうかそれは、プロットじゃなくって本文で出すものだろうよ。

118 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 13:50:55.72 ID:eCM1+uJj
νから来ました

すげえなここw
全く同じレベルの人間が他人を貶し合ってるとかw



119 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/03/03(木) 13:54:05.79 ID:yzJcMgcn
>>113
ああ、カタカナ語ですね。どうしても欧州を舞台にするとそうなってしまいます。
読者との間合いを考えて配置するようにしてみます。
航はまだ設定がぐらついているもので。最後はまた考え直してみます。

>>114
確かに異教徒であるノワイエをつれてゆく理由はあっけないかもです。
もっと深刻であるはずですね。
ラノベ層向きではないですか。まあなんとなく自分でもそう思いましたが。

>>115
王の病気は「肺炎」ぐらいにした方がいいかもしれませんね。
潜在的に魅力になりうる要素はあるみたいですね。良かったです。

>>116
やはり現代編が甘いですね。
もう少し掘り下げてみます。

>>117
なるほど。
納得です。
現代編がどうやら問題ありそうですね。

皆さま、お読みいただき、ありがとうございます。
いただいた貴重なご意見をもとに、練りこんでみようと思います。
ありがとうございました。

120 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 18:22:34.17 ID:NI1z9VgE
よろしくお願いします。

【アドレス】 http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0376.txt
【ジャンル】 こりゅうと少年の冒険ファンタジー
【タイトル】 こりゅうのお願い
【評価基準】
・本編を読みたいと思うか
・流れとしてスムーズに読めそうか。
・その他

121 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 19:57:40.98 ID:IAFTHF5q
嘉一郎さんは才能ありますね。完成された作品が読みたい。

122 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 21:17:54.04 ID:VeuYbReb
>>120
・本編を読みたいと思うか
「エルマーのぼうけん」的なほのぼのしたファンタジーっぽさを感じたので読んでみたい

・流れとしてスムーズに読めそうか。
話の流れは悪くないと思います

・その他
設定上、コリュートの人喰いは有りみたいだけど、児童書的な雰囲気を目指すなら
親分と宝石を飲み込むシーンは飲み込んだ後、まずいと言って親分だけ吐き出して、気絶した親分を放って主人公たちが逃げる方がいいかな
昔は人を食べていたけど、主人公と出会ってからは人喰いはしないようになる等、物語を通して何らかの変化や成長があるとキャラの魅力も増すかと
とりあえずはこのまま書いてみてください

123 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 21:25:15.36 ID:W5rFtTSI
>120
>本編
客観的な視点で言うなら、特別目を引く要素はないと思う
ただファンタジーとして良くも悪くも普通なので
そういうのを求めてる人なら気が向けば──といったところ

>流れ
各話を単一のお話として連作形式で描くのか
一つの大きな話の中での章割りなのかわからないけど
前者であるなら、色々やろうと思わずに一番面白いと思うエピソードに絞り込む方がいい
後者であるなら、もう少し大きな流れを意識して軸に据えた展開にした方がいい
正直、よくわからない部分もいくらかあって
そちらのイメージが十二分に伝わっていないと思う

>その他
プロットとして書かれたものみたいだけど、語りと説明どっちつかずになっていて
本来、プロットで伝えたい事、伝えるべき事が絞り込めてないように見える
それは本文でないプロットでも同じ文章を書くという意味では大事だと思う
その部分で伝える事、表現すべき事を常に念頭において書いてますか?

124 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 22:05:27.22 ID:3EZGf3s9
>>112
現代編が酷評されてるが、この話は、現代編があるから意味があるんだよな?
これだからレコード漁りはやめられない!っ的な
エロ漫画探索をやってる俺にはわかる

わかるが、ラノベだし、やっぱり最後までまともに交わらないのは肩すかしだな
ありきたりでも、読者は有馬航がフランスに召喚される方を期待するし、読みたいんだよ
稚拙なフランス語やチートな現代知識で冒険して欲しいわけ

俺なら↓のように話を組み立てるね

@リュリが旅にでる
A有馬航が一枚のCDを見つけ、聞いてるうちにでも寝てしまう
B快癒させる音楽のアイディアや弾き手がおらず、途方に暮れるリュリの前に有馬航が現れる
C有馬航から現代音楽の話を聞いたり、アルテュールのことを聞いたりする(謎の予言者は削除)
D二人で旅をする。有馬航の問題はリュリが、リュリの問題は有馬航が、それぞれの知識を補って解決していく感じに
Eなんだかんだで歌完成、と聞いてみると、それは最初のCDと同じ歌で…、という所で目が覚める
Fあれは夢だったのか? と悩みつつ、これからも漁り続けようと決意する。
G最後に歌詞の全編。彼が過去の出来事に関わったと暗示できる一文があると良い

こんな感じか
ラノベ的には、リュリは女の子の方がいいんだろうな、時代考証的に無理があるが
女の子だけど名曲を作曲したリュリが、自分の変わりに有馬航にジャン=バティスト=リュリを名乗らせて〜って展開もいいかも知れない
2枚目のCDを発見すれば続編もいける

125 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 22:39:09.07 ID:7i7wQqW6
細かい設定は後程色々煮詰める予定だがまずは骨組み。

【ジャンル】異世界ボーイミーツガール的ファンタジー
【タイトル】未定
【評価基準】・物語全体の流れに問題はないか
・読者を引き付けるか
・その他


魔法使い見習いの少年はふとしたきっかけで王国の王女と出会う。
王女は謀反の疑いをかけられて失踪した兄(第二王子)の疑いを晴らすために
城から抜け出してきたのだった。
王女に協力することにした少年とその仲間たちは、第二王子が向かったらしき
王家の神殿へと向かうことに。
その途中で少年と王女の間に仄かな恋心が芽生えたり、
少年と第二王子との魔法バトルが繰り広げられたりする。
王家の神殿についた少年と王女は、一連の事件の黒幕が国家転覆を目論む第一王子であること、
第二王子はそれを阻止するために密かに動いてたことを知る。
最後に少年とその仲間、第二王子、王女で
悪魔に魂を売り渡し自らも暗黒に堕ちた第一王子を倒し大団円。

126 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 23:17:47.44 ID:W5rFtTSI
>125
>流れに問題はないか
現段階での大雑把な情報では問題ない
細かいところは後々という事らしいけど
現状ではダメだしの出しようもないと思うので
今後詰めていく際の注意点を

・一見しただけでは主人公が主人公としての特別な見せ場がなさそうだけど
第二王子以上に読者が魅せられるような立場や能力、因縁が設定できるか
・それぞれの行動、及びその結果にそれなりの意味を持たせて
共感や納得を得られるための工夫が出せるか

王子王女の行動理由や主人公が王女に肩入れする建て前なんかも
あんまり適当に仕立て上げちゃわないように
メインのキャラクターに違和感覚えるとストーリーに入り込めないと思うから

127 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 23:31:42.01 ID:A9wzUsuT
>>125
骨組みとしては文句をつける部分はないと思う
とてつもなくオーソドックスで、同じ筋書きのプロ作品をいくつも挙げられたりするし
本当に重要なのはこの先の肉付けで、いかにこの作品独自の部分を出していくかだろうから
ここで考え込まずにさくさくと進むことをお勧めします

128 :この名無しがすごい!:2011/03/03(木) 23:48:42.11 ID:YnjHD7/x
何度も申し訳ありません、92です。
只今晒した作品を執筆中なのですが、主人公が全く動いていないという感想が多く寄せられたので
少し、悩んでいました。
四章の所から少しだけ書きなおしてみたのですがどうでしょうか。

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0379.txt

なんか、最後逆転裁判みたいな感じになってしまいましたが…
これしかハッピーエンドに導く方法が思いつかなかったのです。
主人公を動かして、というのは難しくて。
これならば自然でしょうか?
何かアイディアがあれば教えてください、お願いします。

129 :この名無しがすごい!:2011/03/04(金) 00:17:42.90 ID:EoZ9QAX/
>128
処刑人という家業に誇りを持ちながらも言われるままに執行する事に疑問を持つ主人公が
国王があらぬ疑いで処刑される事に及んで間違いを正そうと行動する
共和制の黒幕の不正の証拠を突き詰めるのは一つの要素としてあっていいけど
カレンがカレンの立場で見て思ったことを民衆に訴えかけて
そしてそれが受け入れられることこそが大事に思う
>128の場合、カレンの訴えで好転しかけた所を敵は強引に押さえ込ませようとする
敵からすれば意図しない展開ではあっても対処する手段があったわけで
それを蹴散らすのが不正の証拠──と見せかけたフェイクによる誘導尋問って
テーマからすればどうでもいい方向での決着に見えなくもない
エンターテイメントとしてはテーマに沿った会心の止めで締められた方が気持ちいいはず

130 :この名無しがすごい!:2011/03/04(金) 03:27:10.34 ID:zNNqUSzj
>122
人喰いいかんで変化を表すのいいですね!
主人公キャラも作り込むとき、成長要素を盛り込んでいきたいと思います。
エルマーの名作に追いつけるように頑張りたいです。
読んで頂いた上に評価&アドバイス有難うございました!!

>123
差別化の必要性を意識させられるコメント有難うございます。
あと章割のつもりですが、確かに大きな流れを意識してなかったです。
言われて気づいたので有難いです。
プロットについても思いついたままの状態になってしまったので、
もう少し整理して、分かりやすくしたいと思います。
有難うございました!!

131 :この名無しがすごい!:2011/03/04(金) 09:51:34.34 ID:WacQGJn1
>>128
証拠にならない手紙と誘導尋問ってネタは王道なんだけど、それがどういうところで使われているのか考えてみるといい。

脇役や準レギュラーがドヤ顔で持ってくる→でもそれは証拠にならないと言われる→主人公が誘導尋問で!

このパターンがもっとも多いと思わんか? 少なくとも俺はそうだったと記憶している。
つまりはそういうことなんですよ。

132 :この名無しがすごい!:2011/03/04(金) 10:24:29.38 ID:IO3enszX
>>131
……すいません。
どういうことでしょうか?

133 :この名無しがすごい!:2011/03/04(金) 10:31:36.79 ID:WacQGJn1
>>132
証拠にならない証拠を持ってくるのは脇役の役目で、それをうまく活用するのが主人公ってこと。
主人公以外が誘導尋問をするのは、小ネタやミニイベントの延長のような場合のみだろう。

134 :この名無しがすごい!:2011/03/04(金) 11:36:15.83 ID:IO3enszX
>>133
つまり、この展開だと上手く主人公を活躍させることができない、ということでしょうか。
となると、やはり、証拠をバッカスに渡さず、カレン自らが誘導尋問をするべきだ、ということですかね。


135 :この名無しがすごい!:2011/03/04(金) 14:21:41.26 ID:WacQGJn1
>>134
そうとも言い切れないのが難しい。
>>131では表面的なことしか言わなかったけど、実際はそうじゃないんだよね。
物語にはテーマや目的があって、それによってはやることが同じでも読み味が変わってくる。
カレンの目的が「死刑制度の廃止」にあるなら、カレンの行動によって死刑制度が失くなるぐらいではないとアウト。
王の助命はアクセント程度に抑える必要がある。

逆に、カレンと王が懇意な感じで、王との関係を大切にしたいのであれば、王の助命がメインで革命や死刑制度の廃止がアクセントになる。
この場合、手紙の入手や誘導尋問をうまくやればカレンは充分に行動したと言える。

なにをメインに魅せるかによって是非は変わってしまうわけですよ。

136 :この名無しがすごい!:2011/03/04(金) 17:56:20.25 ID:F2Gb1qNU
>>112
設定は斬新か
>斬新ではないが、過去と現在が混じるのは珍しい。
話として面白いか
>要素はある。
謎めいた雰囲気があるか
>過去と現在の関連が薄いから感じない。
作品の根底に流れるムードは魅力的か
>魅力的。

現代と過去がもっと関連してくれば面白くなる。
124の方向にいけば異世界ファンタジーだし、今のを掘り下げれば歴史小説っぽくなりそう。

137 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2011/03/05(土) 11:44:45.70 ID:9qQouQMY
なんと、まだお読みいただいた方々がいらっしゃったとは。

>>121
これは恐縮です。

>>124
これは面白そう!
大いに参考にさせていただきます!
わざわざ書いていただいてすみません。

>>136
そうですか。
ありがとうございます。


お読みいただいた皆さま、本当にありがとうございます。
懇篤なご指導、まことに感謝に堪えません。
執筆は孤独な作業ですが、皆さまのお言葉を羅針盤として、
創作の海を渡ってまいります。

本当にどうも。

138 :かずゆき:2011/03/07(月) 19:40:14.46 ID:8p7yVIpn
こんばんはっす!
拙いプロっともどきでござりますが、
ちょろっと読んで頂けると幸いでございます。
どうぞ宜しくお願い致しまする。

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0400.txt
【ジャンル】現代ファンタジー
【タイトル】We another world!(仮)
【評価基準】
・読みやすいか否か
・分かりづらいところはないか
・キャラに好感は持てるか
・etc...


139 :この名無しがすごい!:2011/03/07(月) 21:39:37.32 ID:MmbaMi9+
・読みやすいか否か
読みにくい。文章はちゃんと推敲してくれ。

・分かりづらいところはないか
「実際の世界をゲームのプログラムに書き換える」がイミフだった。その情景を想像できない。
ヒロインにバグを消すためのワクチン的な働きを要求してるのに、できなければボロボロにするとかも意味ワカラン。
ヒロインが消滅したら一番困るのは会社側じゃないの? 国が警察をボロボロにするようなもんじゃないの?

・キャラに好感は持てるか
それなりに持てる。

140 :この名無しがすごい!:2011/03/07(月) 21:53:46.29 ID:jObYsiI8
>>138
トップクラス!

・読みやすい
・中盤のヒロインの窮地をもう少しわかりやすく書いて欲しい
・キャラに好感を持てる

141 :かずゆき:2011/03/07(月) 22:02:20.35 ID:8p7yVIpn
>>139
読んで頂きありがとうございます!

誤字脱字のオンパレードです すんません

>わかりづらいところ
なるほど……。ふむふむ、了解です
そちらのほうをもっとよく考えて描いてみます。
漠然とし過ぎているモノだったので……申し訳ないです

>キャラ
ありがとうございます!
更によくなるよう、もっと詳しく描写してみます

>>140
読んでいただき感謝感激です

恐れ多きお言葉の数々、ありがとうございます
なるほど、やはりそこですか……了解です

改良版を後ほどUPさせていただきます、
評価・感想ありがとうございました!

142 :この名無しがすごい!:2011/03/07(月) 22:34:23.45 ID:BodyGWpE
>138
>読み易いか
あらすじ、プロットでこれを聞く人はあまりいないと思うけど
情報の整理やスマートな表現とは思わない

>わかりづらいところ
まず、物語に関わる人物以外の概念が纏められていない
以下、展開的な疑問点
バグ処理の失敗時にペナルティとしてモンスターとの戦闘を求められる点
会社側のメリットやそれがペナルティになる理由がわからない
主人公がヒロインやゲームと異世界の実態を知る経緯も不明
それと、終盤でヒロインがバグを纏め上げる点
ヒロインは異世界の者であるバグを倒し続けていた存在で
恨みこそあれ、従うべき対象とは思えない

>キャラに好感
物語が終始ヒロインとゲームに関連した出来事のみで回るので
現実世界と異世界それぞれの住人という違いが上手く出て来てない気がする
ヒロインが人間の女の子の姿をしている理由も
説明がない以上、作者の都合を適当に合わせるために見えるし
少なくともプロットから見えるキャラクターからは
特別魅力的にみえる要素は見当たらなかった
とはいえ、実際の話の中で活きるキャラもあるので
この段階では否定するほどの要素も特にない

最後に
これが言いたくて読んだと言っても過言じゃないんだけど
タイトル、もう少しどうにかならないかな?
こっちの言語に不慣れなヒロインか英語の苦手な主人公が適当に言った台詞とかでないなら
せめてWeはOurにすべき
そうしたとしても、直訳すれば「私たちの異世界」になって
主人公そっちのけのタイトルに見える
ゲーム内を主人公とヒロインにとっての自分たちの世界というなら
展開として、そのゲームを破壊する事がアンチテーゼになってしまう気がするし

タイトルなんて後でどうとでもなると言えば確かにそうだけど
現段階とはいえ、タイトルにしている言葉が物語を上手く表せていないというのは
書いているあなた自身がこの物語で描きたい事をちゃんと把握出来ていないように見える

143 :かずゆき:2011/03/07(月) 23:11:51.08 ID:8p7yVIpn
>>142
読んで下さりありがとうござります!

……あ……なるほど、
プロットで読みやすい否って確かにおかしいですよね……アハ……
すみません、ご指摘ありがとうございます
>わかりづらし
漠然としすぎでしたな……申し訳ないです
もっと描写をまんべんなく……むむ
>キャラに好感
なるほどです……了解しました

>etc
タイトルこそが、その物語を示す全てといっても過言ではないですしね…

タイトルの大切さを改めて思い知りました、ありがとうございます
(だいたい自分の英語力のなさのせい)
あくまで(仮)なので、改めて考え直しますです

たくさんのご指摘ありがとうございました!
今必死に改良版を執筆中です。
完成の際は再び目を通して頂けるととても嬉しいです。
ありがとうございました。

144 :かずゆき:2011/03/08(火) 06:02:11.22 ID:gVUhh9Ji
>>138 のものを改良いたしました。
読んで頂けると幸いでございまする。

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0401.txt
【タイトル】Ancient knowledge
【ジャンル】現在ファンタジー
【評価基準】
・引きこまれるストーリーか
・分かりづらいところはないか
・キャラに好感は持てるか
・本編を読んでみたいと思えるか
・etc...

宜しくお願い致します。

145 :かずゆき:2011/03/08(火) 09:28:38.21 ID:gVUhh9Ji
>>144 の補足説明です

(1)の枷について〜 の部分、(3)←不要です、すみません。
また、リューナが龍尋を探し続けていた理由は
丁度五年前、この世界にやってきた際に捕えられそうになって必死に逃げていたところ、
龍尋が逃亡の手助けをしてくれたため。
リューナの中で龍尋の存在は「唯一頼ることの出来る人間」。
探す手段は【エンシェントノウレッジ】データベースから。
(【エンシェントノウレッジ】は登録の際に本名や住所などの個人情報が必要となる。
また普通はデータベースの使用は不可能だが、役割などから特例としてそれが認められていた)

146 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 10:14:31.21 ID:oK25A6+E
>>145
とりあえず補足説明の方に関して
リューナが誰かに助けを求めるケースを会社が考えないはずはないので少なくとも会社がリューナに利用者情報に関わるデータベースへのアクセス権を与えるのは不自然
どうせならリューナがデータベースに侵入、リュウジンの住む地域が〇〇市だとわかったところでハッキング強制終了ってことにすればリューナが探し回ってたという雰囲気も出しやすいかと

147 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 11:30:26.76 ID:L2zgtJJT
>>144
「テレポートは人を粒子化させる技術だが」って簡単に書いてるけど、それが滅茶苦茶なオーバーテクノロジーなのはわかるよね?
裏を返せば、そんな技術が一般で認知されている世界は少なくとも近未来SFになっていないとダメ。
まったくの現代でそんなオーバーテクノロジーを出すということは、江戸時代にマシンガン出すようなものだからね。
まぁわかってるなら構わないけど。

あと設定部分だと、異世界やモンスターの存在は一般的にも認知されているように見える。
すると今度は「自分は異世界からきたどうのこうので」と語るリューナを電波扱いする龍尋が変な子に見えるかも。

148 :かずゆき:2011/03/08(火) 11:50:18.77 ID:gVUhh9Ji
>>146
ご意見ありがとうございます!
おおっ、なるほど……確かにその方がずっと自然ですね
でもリューナ氏にはハッキングの技術はないので(というよりハッキング何それ美味しいの?って感じなので)
紙面化された資料を盗み読み(途中で見つかりそうになって慌てて作業中断)してた、ってことにしまする

>>147
指摘ありがとうございます!

補足・説明不足でした……。
テレポートの技術が開発されたのは、話中で5〜6年前。
それは日常生活で使えるように改善改良中だけれどまだ普及はしていない。
多分マウスなどでの実験段階中。が、近年中に普及しそうな技術レベルまでには達している。
そのため情報などは公開されているのでその存在は一般的に認知されている。
……という感じです。

ええと、こちらも説明不足でした。
異世界・モンスターに関しては一般認知されてません。
設定で書いたものは、全て異世界やモンスターの存在を公にせずに処理するための方法なので。
(エンシェントノウレッジを造り出したのもそれの一環に過ぎない)


149 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 12:25:05.15 ID:xOLGvwaa
リューナは活動期間を一ヶ月として考えていたんですよね?
という事は、【異世界の扉】が開いてから一ヶ月以内に、
・UMAの目撃情報が集まりだす
・UMAの存在を明確に認識
・UMAの調査
・UMAの確保

が行われたことに。でなければリューナは十分に帰れたわけですから。ちょっと対応早すぎませんか。第一段階だけで一ヶ月は余裕でかかりそうな。

150 :かずゆき:2011/03/08(火) 12:33:30.98 ID:gVUhh9Ji
>>149
ご指摘ありがとうございます!

ハッ 確かに……それもそうですね
それに異世界から多くのモンスが人間界への観光を希望したので、
一ヶ月じゃどうにもならないですな……
三ヶ月くらいが妥当でしょうか。早速改良致します

151 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 12:40:52.55 ID:xOLGvwaa
>モンスターを粒子化させてPCへ送ることは容易
粒子化とデジタルデータ化は別ですよね?質量が消失する訳じゃないでしょうし。

どうでもいいけどknowledgeをノウレッジと読むのに違和感が……
一般的にカタカナ表記はナレッジ(ナリッジ)になると思います。

152 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 12:54:55.81 ID:xOLGvwaa
UMAに対処するのは恐らく自衛隊になると思いますが、プログラマーが確保したUMAを使って会社を立ち上げる事を認められる理由が不明。
普通に考えればUMA問題に対処するために集められた下請けの一人ですよね?彼はそんな特別な人なんでしょうか。

153 :かずゆき:2011/03/08(火) 13:00:20.80 ID:gVUhh9Ji
>>151
お読み頂きありがとうございます!
ええと、うーん……もうそこは深く考えてません……すみません。
もういっそ粒子化の部分は飛ばしてただの「プログラム化」でもいいかもしれないです。
あくまでただの設定に過ぎないので。

エンシェントナレッジだと妙に語呂が悪いような…(気がしただけ)
あと日本製のゲームなので、カタカナ英語的な意味もあったりします。


154 :かずゆき:2011/03/08(火) 13:23:52.72 ID:gVUhh9Ji
>>152
指摘ありがとうございます!

【異世界】のプログラムを管理することに成功する=
【異世界】の【モンスター】を従えることに成功する
半ば脅しのような感じで会社立ち上げを要求した、ということになりますな。
幾ら自衛隊と言えども、強力なモンスターが何十体もいたらどうにもならないと思われますので。

155 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 16:02:34.65 ID:xOLGvwaa
まず、モンスターが取り押さえられないような強さであれば捕獲すらできないと思いますよ。
捕獲できたから研究できたんですよね?

そこは後付の設定ではもうどうにもなんないような。舞台設定からちょっと考え直したほうがいいと思います。
(一応腹案がないこともないですが)

156 :かずゆき:2011/03/08(火) 17:13:05.52 ID:gVUhh9Ji
155>>
再びの指摘ありがとうございます!
これも説明不足ですね……。すみません。

異世界のモンスターの強さは、生誕時は全て一緒です。
成長の過程でどれだけ自分の潜在能力を引き出せるかが重要になります。
それによって姿が変わったり能力が変わったりします。

例えが悪いかもしれませんが、
モンスターに【ドラゴン】と【エンシェントドラゴン】がいるのは、
人間に【凡人】と【天才】がいるのと同等ってことです。

157 :かずゆき:2011/03/08(火) 17:18:47.36 ID:gVUhh9Ji
今更ではございますが、
>>144 の、
【評価基準】にそって指摘などを加えて頂けると大変助かります。
全てとはいいません、どれか一つだけで構いませんので。
個人的に【本編が読みたいか、否か】が一番気になります。
どうぞ宜しくお願いします。

あと、出来ればでいいので設定だけでなくストーリーの方、
何かありましたらご指摘願います……申し訳ございません。

158 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 17:35:13.77 ID:L2zgtJJT
ストーリーについては特に言うことないんだよ。
導入から結末までが「よく言えば王道、悪く言えばありきたり」ってものだから。
つまりこのストーリーで見せたいのなら、設定やキャラクター同士の兼ね合いをよっぽど煮詰めないといけない。

あくまで俺個人の考えだけどね。


159 :かずゆき:2011/03/08(火) 17:42:30.83 ID:gVUhh9Ji
>>158
なるほど。やはり、ですか……。
自分の作品はどうしても【王道】パターンになることが多いようです。
分かりました。ありがとうございました。

160 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 18:01:17.20 ID:xaNlhTem
【ジャンル】家族愛がテーマの何度も同じ時間を繰り返す物語
【タイトル】幸せ日記
【評価基準】設定に魅力はあるか、読んでみたいかどうか

娘が不注意で赤信号を渡ろうとしてそれを助けるために死にいたる母
それを知った父は、娘(五歳)を愛せなくなる。そして憎むようになる。
父と娘の生活を描く。健気に父を元気付けようとする娘と愛さなければいけないのに
愛せず憎んでしまう気持ちにもがき苦しむ父。

後に娘は病で亡くなる。そのとき親父は娘の死の直前まで
愛する事が出来ずに、娘が死んだ時に初めて後悔する。で、チープなんだけど
タイムスリップ(笑)して、妻が死んだ日からやり直す事になる。
娘の病はどうにもならず、必死にいい思い出を作ってやろうとがんばる親父の姿を描く。

「パパー、えへへ。パパの似顔絵だよ」
 娘が無邪気な笑顔でクレヨンで描いた俺の似顔絵を差し出した。
なんで、そんな笑顔を出せる? お前のせいで、幸恵が死んだんだぞ? なんで、なんでっ!
「……あ」
 娘が小さく言葉を漏らす。俺は似顔絵の描かれた画用紙を破り捨てていた。どうしようもない
憎しみが湧き上がってくる。俺を恨め、そうすれば俺は楽になれる。なのに……。
「もう一回描くね」
 娘は再び笑顔を作って似顔絵を描き始めた。

 母の友人が病で倒れている娘を放っておいて会社の同僚と酒を飲んでいたのを
責めるシーンにて。(描写省きます)
「あんたは父親失格よ! 幸恵がこんなこと望んでいるとでも思っているの!?」
「お前に何かわかる……俺がどんだけ苦しんでいるのかお前にわかるのかっ!」
「苦しんでいるのはあんただけじゃないわ! 私だって辛いし、それに幸菜ちゃん(娘)は
もっと辛いわよ!」

 病で倒れていた娘を友人は父親に任せておけないと、連れて行こうとするシーンにて
「やだ……、私はここにいる」
「どうして? ここにいたら幸菜ちゃんはずっと辛い思いを−−」
「だって私のパパだもん!」
「……っ!」
「私がパパをひとりぼっちにしちゃったんだもん、私がいっしょにいてあげないとだめなんだもん!」

161 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 18:02:32.66 ID:xOLGvwaa
>>144
敵対者もオチもいまいち。テーマがよくわからない。一番書きたいのはどこなのか。
正直、このままだったらあまり読みたいとは思わないかな。

162 :かずゆき:2011/03/08(火) 18:13:09.07 ID:gVUhh9Ji
>>161
読んで頂きありがとうございます。
おそらく一番描きたいのは、
「ネットに没頭し現実から逃げていた少年が、
ある少女との出会いによって現実に向き合うまでの成長」
です。
改めてそれを再確認致しましたので、改良を加えようと思います。
ご意見ありがとうございました!

163 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 18:16:56.18 ID:xOLGvwaa
>>160
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1292302843/
こっちのスレの方が適当だと思いますが。

これだけでは何とも言えません。
繰り返しの中でどういう風に父の心情が移り変わっていくか、じゃないですか?


>>162
頑張って! 待ってますよ!

164 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 18:27:29.62 ID:oK25A6+E
>>157
・引きこまれるストーリーか
良くも悪くも王道。故に話の流れが不自然だと評価が下がる可能性あり。個人的には人助け話は好きですよ
・分かりづらいところはないか
設定を読んで理解できるレベル。ただし設定が多めな分、本編が説明文だらけにならないよう注意を
・キャラに好感は持てるか
プロットではこんなもんでしょう
・本編を読んでみたいと思えるか
下手な王道にならなければ
・etc...
伊達眼鏡設定って必要なのかな……話にしっかり絡むレベルじゃないならカットしてもいいかなと思った(目つきの悪さを気にするように→人付き合いが苦手に→ネットの仲間を求めてゲームを始める、とか切っ掛けに関わるなら良いと思う)

165 :かずゆき:2011/03/08(火) 18:49:02.08 ID:gVUhh9Ji
さっきまで「アリキタリー アリキタリー」と歩きながら唸ってました
他の人に変な目で見られました どうもこんばんは変人です

>>163
うわわわありがとうございます!
が、頑張ります! 超頑張ります!

>>164
ですよね……アリキタリー アリキタリー
設定まみれの文章=駄目なパターン←熟知しているつもりでございまする
必死にそうならないよう努力しながら本文を書き進めていきます

へ、下手な王道……アリキタリー アリキタリー

etcのダテメガネ設定についてはそんな感じの物があります。

読んで頂き、ありがとうございました!

166 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 19:24:32.01 ID:xaNlhTem
1033028



167 :希美香:2011/03/08(火) 22:37:15.04 ID:bYzcWTJ9
【ジャンル】ファンタジー(?)
【タイトル】Bad apple−ロクデナシ−
【評価基準】既存の物語と似てはいないか
とりあずよろしくおねがいします:-)


三つの大国と小さな自治区や隠れ里で構成された世界エリュス。
そのうちの一国、アルフェイムはかつて権力を持った貴族や領主たちが半独立し別々の形をとった連邦のようなものだった。
しかし今から二十五年前、一人の貧民が一代で国家を統一。貴族や領主たちの権限は成り上がりである彼に吸収された。
十年前、彼は貧民であったため同じような境遇であったノアを引き取り優秀な部下もとい実子の遊び相手とさせた。他にも他家からエルメスとジューダスを養子に迎える。
そして現在。国王となった彼は急死し後釜を狙う有力な貴族エターニャとそれを阻止し、国王の実子に王位を継がせようとするノアの国家を二分した戦いが始まった。

どんな感じで書けばいいのかよくわからず結構省きましたが、他にも幼馴染の青年二人に殺されかけたり、ジューダスが裏切ったり、親友が決死で敵を食い止めてくれたりなど
かなり有りがちな王道になりそうです。

最終的にはエターニャ側が勝利をおさめ、ノアと協力者の商人は処刑されます。(他の有力な協力者はほぼ戦死)
そしてそのさらに十年後再び戦いが起こるのですが、小説中に直接の描写は書かないようにしようと思っています。



日本語変だったらすみません;-<

168 :この名無しがすごい!:2011/03/08(火) 22:54:08.59 ID:qyAVxS5e
>167
特に主人公を指示する様な箇所が無いので群像劇かと思いきや
主人公を核に据えた展開を想定しているようでもあって
確かに構想を上手く纏められていない感じはする

現段階のエターニャ勝利で終幕という構想は
悲劇的なものを表現したいという思惑がないなら
きっちりノアに代わる主人公を定めた上で
更に十年後の戦いを主軸に据えたハッピーエンドを目指した方が
一般的な読者には受けると思う
現状のままでは、後に続く物語の外伝のようだし

>後釜を狙う有力な貴族エターニャとそれを阻止し、国王の実子に王位を継がせようとするノアの国家を
この行、読点の位置がおかしい
貴族エターニャと、それを阻止し国王の〜だよね

自分で王道というだけあって、既存のものに似たものがあるというのは
あまり気にする所ではないと思う
大事なのは、自分が描きたいものをしっかりと固めて
自分なりの表現をしていく事だと思う

それと、ラノベである以上はイメージに反しない程度には
意識して女性、特に若い女の子を絡ませた方がいい

169 :希美香:2011/03/09(水) 13:50:50.62 ID:USyFik/m
>>168
ありがとうございます!
やっぱり間違えてましたね……

設定上では一応主人公であるノアは男装の女性にしようかと思っていますが
ここはあくまでプロットを見てもらうところですし
もう少し練ってみようかと思います



170 :この名無しがすごい!:2011/03/09(水) 14:17:02.37 ID:sEP3znPN
>>167
タイトル見て東方PVを連想したw

171 :この名無しがすごい!:2011/03/09(水) 20:26:13.79 ID:kAPUyntu
>>167
>既存の物語と似てはいないか
ラノベとしてはあまりないタイプに思えます
ハッピーエンドでないところから、王道と呼べるのかどうか……

あと、あらすじ(プロット)ですが、
世界や国の関係よりも、登場人物や人間関係、戦いでの話の運び方とかを
もっと分かり易く書いた方がいいような気がします


172 :希美香:2011/03/09(水) 21:16:11.60 ID:USyFik/m
>>171
なるほど!勉強になります
バッドエンドだけれどハッピーエンド…とまではいかずともトゥルーエンド
になったり…は自分の技量では無理か

参考にさせていただきます^^


173 :希美香:2011/03/09(水) 22:01:21.29 ID:USyFik/m
とりあえず大体一話分のプロットです

・葬儀前、ノアとエターニャが非公式の場で会う(葬儀前の国王の棺の前。ノアはエターニャが気に入らない)
・葬儀当日、何者かにより狙撃される(狙撃したのは幼馴染であるが、数年間会っていない。ノアは優秀ではあるが融通が利かず他の部下からは結構嫌われている)
・葬儀場にて小規模な爆発が発生これにより民間人が軽傷(不慮の事故として扱われたが、エターニャ側革命軍の仕業)
・親友の妹である治癒士の治療によりなんとか一命を取り留める(親友もこの場にいる。弱視)
・とりあえず王子の無事を確かめるため城へと急ぐが、騎士に追われ友人の屋敷へ(騎士は狙撃した幼馴染の配下。この時、屋敷にて変装し追手を一時的に撒く)
・エターニャの息のかかったものだと考えたノアはあえてエターニャ邸へと匿ってもらいに訪れる(上司の上司がいる前で騎士は手出しができない【事情を知らない者もいるため】
・↑が原因で、原因作ったんお前だからと謹慎喰らうノア


ここまでで気付いたこと。ラノベってよりもなんか違うもの?
プロットてこんな感じでしょうか

174 :上級読者 ◆xQmVoY6/HA :2011/03/10(木) 09:12:39.27 ID:xrb5GX38
しかしこの程度の話で、あらすじを晒して評価を貰うことに何の意味があるのか疑問に思うわ。
何を伝えたいのかサッパリ分からないというか、どこかで読んだような、ありがちな話を小手先で捻ってるだけの話でしょ。
騎士とか王子とか国王とか幼馴染とか、定型パーツの組み合わせを、単に組み替えてるだけ。
貴方なりの何がこのあらすじに込められているのかと。

奇抜にしろって言ってる訳ではなく、なにもかも上辺ばかりで、カッコばかりつけてる。
貴方が生み出したものは皆無であるし、作品に込められるべき思いも感じられない。
創作ではなく創作ゴッコがしたいだけじゃないの?

前のあらすじの方もそうだけど、上手く小説に出来て初めて価値が見出せるであろう出る話を、あらすじの段階で晒して、どうしろと。
頑張って書き上げて下さいとしか、言いようが無い。

175 :希美香:2011/03/10(木) 13:08:22.02 ID:JLQjcBFS
>>174
ありがとうございました。それにすみません。
勉強をもっとして出直してきます

176 :上級読者 ◆xQmVoY6/HA :2011/03/10(木) 17:22:38.10 ID:+e4FbFyf
いや、勉強するとかしないとかの話でなく、どういう心構えで創作するのかって話だよ。
何を一番の目的に創作をするのか、それは人それぞれだろう。

そのあらすじの話が出来が悪いって問題でもない。
上手く小説に出来れば人気になると思うよ。人を寄せ付ける作品にはなると思う。
そういうことを望み、それで貴方が満足するなら、やられればいいと思う。

ただ、読者に何かを伝えるという点と、新しいものを創作するという点においては疑問符がつく。
僕はそういう点を重視して、人気とかは興味ないので、どうなんだろうなって感じたからそう言ったまでのことだ。

貴方が大衆ウケする作品を最重視するなら
このあらすじで問題ないし、あやまることもないし、僕の意見なんて無視すればいいだけの話だ。

ただ、それでも、何かを伝える為に創作する姿勢はあった方がいいし
出来れば自分なりの何かを入れられるように色んなことを経験して、そんな人生経験を作品にいかされればと思うが。

177 :この名無しがすごい!:2011/03/14(月) 05:08:55.77 ID:NBE/S1YN
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0421.txt
【ジャンル】現代ファンタジー
【タイトル】未定
【評価基準】読んでみたいと思うか。既存の作品と被ってはいないか。

よろしくお願いします。

178 :この名無しがすごい!:2011/03/14(月) 06:51:52.04 ID:IO122gP9
>177
内容的にも突っ込み所は多々あるけど
とりあえず
プロットとはいえ人に見せるものであるなら
自分がわかればいいというような表現は避けよう
詳しく説明しようと()で補足しているのが
逆に文章を呑み込み辛くしている
正直、このプロットを書いた人の本はちょっと……と思ってしまう

・主人公
就学時間に煙草吸うような、それでも勝ち組に入りたい普通への願望はある女の子
ちょっと危険です

・展開
周辺人物の麻薬汚染が半端ない
かなり危険です

・設定
タイムリープさせるために魔法少女?
一日一善逃すと全裸?
これは危険とは思わないけど温いです

>読んでみたいと
興味はあるけど、商品価値は認めないだろうなぁと思う

>被ってはいないか
知る限りは被ってないけど
寄せ集めの継ぎ接ぎといったシュールさだけが先立ってギャグの領域に入ってると思う
こういう先鋭的な作品は新人では叩かれ易いだろうか

179 :この名無しがすごい!:2011/03/14(月) 08:51:10.85 ID:g7votaTw
>>177
うーん、読み難い……伏線を詳しく書いてあるのは良いけど
この作品の売り(読者を喜ばせるポイント)は何でしょうか?
個人的には麻薬といじめが蔓延する嫌な物語は余程人気でなければ読もうとは思わない(書籍だったら買わない)
あと唯一魔法少女らしい要素・魔女との戦いに関する説明がないせいで、この作品が魔法少女モノである必要性がわからなくなりました(というかここまでの流れで主人公が魔法を使ってないので魔女と戦うと言われても想像できない)
既存作品との被りは恐らくないですが、あらすじを読んだ限り、どこかちぐはぐなのでタイムリープか魔法少女かどちらか片方に絞った方が良いかもしれない

180 :この名無しがすごい!:2011/03/15(火) 11:08:58.86 ID:gYGPSIkU
>>177
ええと、妖精=匠 ってことですか?
彼は一体どこからやってきて、どうして奈々に今魔法少女になってほしいと頼んだのでしょうか
あと変身についてですが、イヤリングだけ変化したということに何か意味はあるのでしょうか
(例えば、イヤリングを武器に変化させて戦うとかあるのだとしたら話は別ですが)
それとこのことをあっさり信じてしまう奈々さんって……
あと奈々さんはかすみ兄を殴り倒したり、魔女を倒してしまったりと相当の戦闘力をお持ちなのでしょうか
それとも敵が弱すぎるだけ?

魔法少女なのに地味な人助けしかしないというのは……
話のテンポが悪くなってしまうような気がします。
それに、実質的には人助けをした回数は多くないワケですし

奈々とかすみの関係がいまいちよくわからないです
なぜ奈々はそこまでして彼女のことを助けたいのでしょうか
そこは大切だと思います

あと麻薬にする必要はないと思います 怖いです
ここまで学校中に麻薬が出回ってるとすると、
多分他の生徒も飛び降り自殺とか禁断症状とか…色々な騒動が起きてしまうのでは

世界が望む意思?? かすみの生死は世界を変化させてしまうほど重要なのですか?
だとするならば、その理由を記述した方がいいようなきが・・・
突然魔女が現れても混乱するだけのような…

作品との被り>
魔法少女×ループ…強いてあげるとすれば、「魔法少女まどか★マギカ」。
……魔女やら自殺やらループやら、どう考えても(ry
また、ループ物&運命を変えたい 関係ならば「ひぐらしのなく頃に」「時をかける少女」でしょうか。
全てが全てというわけではありませんが、一部被ってませぬか…?

読んでみたいか>
すみません、話が暗すぎるしオチも「倒したぜ! やった!」で終わりで
その後二人がどうなったのかも分からないし、このままでは読みたくないです……

でも改善すれば化ける可能性は十分ありえます。
執筆頑張って下さい! 長文失礼いたしました

181 :この名無しがすごい!:2011/03/24(木) 13:52:41.69 ID:m6XZxUTD
ひさびさに来た。まだあったんだねこのスレ。

>>177
あらすじとして明らかに冗長。1/3に削り込もう。暗いから自分なら買わないし、劣化まどマギにも見える。
ダークなラノベはボーイミーツガールを内包していないと評価を得るのは厳しいんじゃないかな。
その相手に見えた匠って最初だけの存在ならいらないんじゃないかな。そもそもこれなら魔法いらないよね。
ラスト三行こそまともに書こうよ。そこにどんでん返しなり驚きなりその後の何たらを仕込むんじゃない?
それと>>180がいうとおりかすみの魅力描写は必須。主人公の行動原理が現状では足りてないから。

これだけこだわってるなら麻薬について取材してるだろうから折角ならガチで描写してみるといいかも。
あと、麻薬って「打つ・吸う・なめる」だと思ってた。最近は「飲む」のか。
あらすじの質を度外視して仮に傑作だった場合も、正直これだとラノベに送るのはカテゴリーエラーだと思う。

182 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 15:39:55.17 ID:VgoB3P/S
王様に召集かけられた冒険者たちが、魔法もしくは薬で眠らされて地下迷宮にバラバラに放り込まれ、
生き残った最後の一人だけ将軍として採用→一人になるまで迷宮からは出れないよとかって話を聞いて始まる、
強制バトルロイヤルというか蠱毒的なお話を書こうと思うんだがどうだろう。

主人公の設定次第で、召喚転生俺強勘違い成り上がり復讐なんでもありだし、表に出てからはさらに自由度高くて大変なことになりそうだけど。

183 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 18:55:16.42 ID:dDQzqPHp
>>182 王様に仕掛けを入れたい。

184 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 19:28:07.88 ID:iCK4SEC2
>>182
それ10年以上前に電撃王か何かのゲーム企画ネタコラムであった内容だな

185 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 21:46:15.21 ID:VgoB3P/S
>>184

マジっすかー。なら没かなあ。
10年以上前とは言え、そんな雑誌に載ってるようなもんと同じネタ書いたら盗作云々でエラいことになりそう。orz

186 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 21:54:41.35 ID:+m29QpRp
議論気味になりそうでレスするか迷ったけど、しちゃおう

まるっきり展開まで同じだとダメだろうけど
シチュエーションは被ってもいいと思う
そのシチュエーションで何をどう描くかが大事

187 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 22:00:03.99 ID:yib6+XWP
>>182あずみ、ハイランダー、龍騎とかある

188 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 22:30:17.17 ID:VgoB3P/S
>>186
それも一つの考え方ですが……どうなんでしょうね。
とりあえずその10年以上前の電撃王に何がどこまでどう書かれてたのかが分からないと、どうするにも手をつけられませんね。
ていうか電撃大王とごっちゃにしてましたがググったら違ってました。orz

>>184
もし良かったら、だいたいで構いませんので、展開覚えてたら教えて戴けませんか?

189 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 22:53:56.58 ID:iCK4SEC2
>>188
王様が冒険者集めて最強の兵士だか勇者を作るために地下迷宮に放り込んで蠱毒みたいなことをするって話だったはず
違いは拉致方法が薬や魔法じゃなくて夏の日差しの中で王様の長話と浮浪者まがいの冒険者たちの体臭によって気絶したとかだった

190 :この名無しがすごい!:2011/03/26(土) 23:51:52.09 ID:VgoB3P/S
>>189
ありがとうございます!助かります!
ところで、その先は無かったんでしょうか?コラムだったらスペース的にはそれほどなかったのかな。
もしその先が無ければ、ある意味ストーリーは自由に組めそうですね。


191 :この名無しがすごい!:2011/03/27(日) 07:30:41.35 ID:esv89N0z
はなげ

192 :この名無しがすごい!:2011/03/27(日) 07:38:26.71 ID:3Zh4UhpL
絶望的な存在の捕食者相手に戦う進撃の巨人系の話を考えてるんだが、今のラノベじゃウケんかな?
能力モノでもないし、女キャラは出るけど萌えじゃない。

193 :この名無しがすごい!:2011/03/27(日) 11:17:38.65 ID:lyITPXuR
>>192
大概のバトル物は最終的に「主人公より圧倒的に強い敵」をどうにか倒す話なので問題ないと思う。
バッドエンドな敗北を描くにしても、「自分の命で誰かを救えた」とかなんらかのプラス感情を抱かせるドラマがあるならオーケーかと。
商業作品をざっとみるとバッドエンドの方は圧倒的に少数勢力し、グッドエンドよりも否定的な感想を聞くからお勧めしないが。

「グロとか悲劇だけで目を引きたい」みたいのは、受賞作をみても出版作を見ても受けないと思う。
本人にその気がなくてもそういう作品になってしまってる事がよくあるので注意。
「萌えがない」とか自己申告する人に特に多い傾向だから一応。

萌えはあるに越した事はない。読者が魅力的に感じればそれは萌えの発生する要素。
どんな硬派な話でも、キャラが魅力的なら「○○萌え」って言い出すのは商業作品みてれば分かるはず。
味気のない、「現実味のある人間」を気取ったものを書いて「萌えがない」と開き直ってるならまずいと思う。

ぐだぐだ書いたけど、ジャンル自体はいかにも人間ドラマが作れそうな話なのでアリだと思う。
とりあえずこのスレにおおまかなプロットを晒してみては?


194 :この名無しがすごい!:2011/03/27(日) 19:45:10.17 ID:ARNJUvP+
>>190
そこから先はゲームシステムの話だったから具体的な物語はそれくらいだったよ
あとは迷宮内でひたすら殺し合うもよし、手を組んだふりして寝首をかくもよし、
同士を募ってパーティーを組んで王様に報復するもよしって感じでバトロワ物の王道展開を好きにプレイできるゲームって感じだった

195 :この名無しがすごい!:2011/03/29(火) 09:30:51.11 ID:qtGe64YJ
>>193
遅くなりましたが、貴重な意見をありがとうございます。

キャラ自体は魅力のあるキャラを、と考えているので、あとはオナニーに走らないように気をつけないといけませんね。

まあ、まだプロットすら練り上がってないんですがw

196 :この名無しがすごい!:2011/03/29(火) 21:47:52.05 ID:wGeF2E59
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0451.txt
【ジャンル】青春もの
【タイトル】未定
【評価基準】読んでみたいような話になっているか、どこかで見たような話になっていないか
      その他改善点があれば
なんだかまとまりのないあらすじですが……、よろしくお願いします。


197 :この名無しがすごい!:2011/03/29(火) 22:56:23.81 ID:a/5MT58F
>>196

何で田辺さんのことが見えるのが主人公なのかが気になりました。
そこまで協力する理由も。
あと、主人公が部誌を購入していたこと。
なんとなくでは手にしようとは思えないですよね。
オタクの妹がいて所持していた、実は隠れオタだった、とか何か理由があるのでしょうか。
小説の中で明らかにされるのでしたらごめんなさい。

個人的には読みたいです。
根暗女子萌えなので。
知ってる中では似たようなのはないと思います。

頑張ってください。

198 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 02:15:08.66 ID:LwjyQBcc
>>434  こちらが良いです
【ラノベ】あらすじ.プロットを晒し感想を貰うスレ3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1297089040/


199 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 02:39:10.41 ID:jIx1Sc35
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0487.txt
【ジャンル】SF
【タイトル】未定
【評価基準】 ・ラノベとして成立しているか
       ・粗筋ではなく本文が読みたくなるか
       ・etc...
書きたい物の設定を考え、一章の粗筋を書きました。
短いですが、よろしくお願いします。

>>198 thx.

200 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 02:54:32.55 ID:LwjyQBcc
個人的には読みたいです。

がいろいろ下調べが足りてないと思います。
・アンドロイドに生殖機能は無いため、少子化が心配されている。
 基本的にアンドロイドはロボットなので繁殖の必要はない。
 作れば良いだけだから。
 それともアンドロイドをダッチワイフセクサロイド的につかうから人間側の問題ということでしょうか。
・アンドロイドは人間と同じで脳にメインメモリがあるため、そこを破壊されると死亡扱いとなる
 バックアップ取ればいいじゃんと言われればそれまで。

あらすじから
 もしアンドロイドが人間並みの大きさなら、対戦はめちゃくちゃ広い場所いるよね。
 それとも仮想空間? 仮想空間ならアンドロイドつかわないでデーターを持ち運べる機械、カードで十分だよ。

あらすじだから全部ねたばらししなくても良いし、設定次第で越えられるハードルだけど、もう少し考えてもよいと思う。
 
 

201 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 03:03:06.03 ID:LwjyQBcc
ボーダーブレイクをか?

202 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 03:27:40.79 ID:jIx1Sc35
>>200
>基本的にアンドロイドはロボットなので繁殖の必要はない。
すみません、言葉が足りませんでした。
アンドロイドはマスターの理想として生まれてくるため、
アンドロイドに恋をする人間が大勢いる。
結果、家庭が築けず少子化に、といった感じです。

>バックアップ取ればいいじゃんと言われればそれまで。
そこはあまり深く考えていませんでした。
企業による技術の独占により……みたいな感じで曖昧に考えていたので
プロットに付け加えます。ご指摘感謝です。

>もしアンドロイドが人間並みの大きさなら……
最初は仮定空間の予定でしたが、ご指摘通り人間サイズじゃなくてよくなります。
そうなるとプロットが破綻するため、現在思案中です。
恐らく、SFジャンルを利用したもので行きます。
例えば、四次元ポケットみたいな技術を応用して空間を擬似的に作り
そこで戦うみたいな。

>>201
ボーダーブレイクよりアバターに近いかも。

203 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 08:32:43.78 ID:gFlUdKeV
>>199
ラノベとして成立しているか
→恐らく
粗筋ではなく本文が読みたくなるか
→晒しが一章だけ+まだ話の方向性がわからないため、これ以降の展開がどうなるかって意味では少し気になる。紛争参加の設定をどう使うの?

204 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 11:14:18.54 ID:jIx1Sc35
>>203
これ以降は奇を狙うのではなく王道パターンで行く予定です。
紛争参加の設定は、周囲に戦闘力を疑われる→実はあの時の紛争の参加者なんだ
→なるほど、だからそんなに……
だが、実は一般じゃなくてアンドロイドを用いた特攻隊にいた、みたいな感じ。
読者にも仄めかすが真実は語らずにそこまで書く予定。

205 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 11:16:05.04 ID:9GQDy64C
>>199
何に似てるからどうこうとはあまり言いたくないが
設定を読んでアクセルワールドが思い浮かんだ。

で、>>200の突込みにもあるように、アクセルのような仮想空間ではなく、アンドロイドを持ち出すが故のオカシサを覚える。
具体的には

>>202
>アンドロイドはマスターの理想として生まれてくるため、
>アンドロイドに恋をする人間が大勢いる。
>結果、家庭が築けず少子化に、といった感じです。
そんな理想の存在。しかも頭を打たれれば死ぬ存在を、わざわざ「ゲーム」に投入? 
・何らかの禁止行為でマスターの権利を永久に剥奪された場合、名の通り二度とマスターにはなれない
場合によっては(卑怯な相手もいるだろう、こちらを禁止行為に追い込む罠に嵌めるような)一生マスターの権利を剥奪される恐れもあるゲームに。

ありえないね。普通なら理想の恋人を作って満足する。しかも基本料金は国の補助とやらで無料だ。至れり尽くせり。
こんな駄目人間製造装置を無料で与えて、少子化を心配する国家。お笑い種だ。
その上アンドロイドとやらは過去には紛争鎮圧の兵器とさえなった存在らしい。馬鹿に刃物ならぬ馬鹿にアンドロイドってか。


206 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 12:00:12.93 ID:jIx1Sc35
>>205
今本文を書いてますが、メインは軍事目的であってゲームではないです。
国家は新たな人材と言う事でアンドロイドを保有を推奨している設定です。
死と言う概念を導入する事で兵器の存在を希薄にしています。
あと、現実には自分に従順であり理想的な人間等はいないと思ったのでこういう設定にしました。


207 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 12:02:28.61 ID:jIx1Sc35
途中送信失礼。

アクセルワールドは未読。
粗筋から推測すると大分違う話だと思っていました。
参考に今度読んでみようと思います。

208 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 12:42:49.00 ID:9GQDy64C
>>206
>今本文を書いてますが、メインは軍事目的であってゲームではないです。

・人間とアンドロイド(?)の感覚を繋げて戦うゲーム
>後日、親友と戦うために市内のゲームセンターに向かう。
>そこで主人公は、アンドロイドを殺されて泣き崩れる子供を見かける。
>犯人は最近有名なアンドロイド殺しのプレイヤーで、激怒した主人公は犯人に試合を挑む。
国家にとっては軍事目的だとしても、あらすじや第一章にあるように子供でも持てる存在で、ゲームセンターで遊べるようなゲームであることも確かなんだよな。
プレイヤーという言葉やら戦争系のゲームが得意なんだ、で納得する友人といい、晒された内容からは「ゲーム」に相応しい軽さが感じられる。
>>205にも書いたが、アンドロイドの役割があやふやだな。(作者にとって)便利に使いすぎている印象だ。

正直、あなた自身も掴みきれてない、あるいは改めて作りつつあるように見受けられるが、頑張ってくださいな。

209 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 13:23:19.53 ID:gFlUdKeV
>>204
> これ以降は奇を狙うのではなく王道パターンで行く予定です。
いや、話の方向性が見えないんだよ。新アンドロイドを手に入れた主人公が何を目的にどう動くのか。晒し部分は戦闘の紹介に過ぎないし

> 紛争参加の設定は、周囲に戦闘力を疑われる→実はあの時の紛争の参加者なんだ
> →なるほど、だからそんなに……
主人公は何歳くらい?あと、仲間が「だからそんなに」と言うからには一般人離れした動きができるってことでいい?

210 :205:2011/04/04(月) 13:56:41.84 ID:9GQDy64C
ちょっと補足。
>>205への返答としては>>206がズレているように思えて、>>208を書いたんだが
もしかすると俺の書き方が悪くて勘違いさせたのかもしれない。

>>205の具体的以下の主語は国家ではなく「一般のプレイヤー」、な。
つまり国家から自分の理想の恋人たるアンドロイドを与えられて
プレイヤーがそれをゲームにしろ、実際の戦場にしろ投入するのか、ということだ。

なんせただのデータとは違って、恋する相手だぜ、しかも二次元じゃない三次元だ。子を成す事以外は完璧なワイフといってもいい。
俺なら恋人、家族よろしく絶対大事にするね。設定を見る限り、遊びにしてはリスクがデカすぎる。
町のゲーセンで悪意のあるプレイヤーに殺されるようなヤワな存在なら尚更だ。ペットの犬だってもっと大事に扱うだろうさ。

211 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 14:23:46.70 ID:Zu24V+l8
>>199
武装神姫とかエンジェリックレイヤーとか、ちょびっツと似たような設定だな


212 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 14:45:34.15 ID:jIx1Sc35
>>208 >>210
仰る通り、大部分がまだ曖昧です。
軍事目的→その認識を誤魔化すために一般人に保有の許可
→その一環としてゲームに
よって元々は軍事目的でありゲームは最近出来たものみたいな設定です。
ゲームに相応しい軽さはこの話の前半部分を全てゲームに費やすからです。
ある意味仕様でしょうか。
戦争系のゲームがと言う発言は、何故いきなり銃器を扱えるかとの質問の答えを大雑把に書いたためです。
実際にはもう少し詳しく書きます。分かりにくくてすみません。
戦場に投入のくだりは自分でもかなり曖昧に考えていました。ありがとうございます。
そこの部分は心理描写に力を入れたいと思います。
具体的にはアンドロイドに対して半信半疑な主人公。
しかし次第に情が移って……みたいな感じで書こうと思います。
考えが纏まりました。ご指摘感謝します。


213 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 14:54:06.93 ID:jIx1Sc35
>>209
起:アンドロイドを手に入れてから最初の戦闘まで
承:友人に言われて大会上位を目指す。奇抜な武器での勝ち抜き
転:アンドロイドの暴走。アンドロイドの使用は禁止に?
結:ラスボス的な人との対戦。勝利してハッピーエンド

主人公の年齢は読者層を考え、17‐18くらいで構想してます。
「だからそんなに」発言は初心者が戸惑う事なく銃器を扱った事に対する反応です。

214 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 14:59:42.00 ID:jIx1Sc35
>>211
検索してみたけど、確かにそんな感じ。

武装神姫が気になる。2(?)のレビューによっては買ってみる

215 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 15:50:14.14 ID:gFlUdKeV
>>213
なるほど確かに王道。これならアンドロイド関連の設定を練り直せば形になるね

216 :この名無しがすごい!:2011/04/04(月) 19:16:34.78 ID:jIx1Sc35
>>215
はい。物語は王道だから良くはないけど良いとして、仰る通りアンドロイド関連の設定を大事にしたいです。
SFだけどアンドロイドとの恋愛要素もあるため、より重要になります。

ただ、ここに晒したおかげで曖昧だった設定が固まりました。
まだ完全ではないけど、取り敢えず形にしてみようと思います。ありがとうございました。

217 :この名無しがすごい!:2011/04/07(木) 07:43:56.37 ID:z3nUOQOe
【アドレス】 http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0501.txt
【ジャンル】 ファンタジー
【タイトル】 未定
【評価基準】
・既存の作品と被っていないか。
・まだ魔王物はありなのか。
・この落ちはありかなしか。
・本筋を読んでみたいか。
です。よろしくお願いします。

218 :この名無しがすごい!:2011/04/07(木) 07:48:01.99 ID:z3nUOQOe
あ、すいません。
上の三文は関係ないので無視してください。

219 :この名無しがすごい!:2011/04/07(木) 13:18:51.13 ID:DbsVkr+M
>>217
> ・既存の作品と被っていないか。
こういったジャンルには疎いですが、女の子を落とすファンタジーなので似てるとすればサンデーの神のみくらい?電撃だとギャルゲーマスターとかいうのもあった気が
> ・まだ魔王物はありなのか。
何だかんだでまだまだ市場に出回ってますから需要はあると思います。ただし、従来の王道魔王モノが増え続けた影響で現在は変化球が増加。今度は変化球が飽和している印象
> ・この落ちはありかなしか。
良いと思いますが、クライマックスの共有魔法発動が唐突に思えた。事前に三本刀の力を使う(ショボめ)→クライマックスで魔王を助けたいという強い想いが魔王との契約を強め、三本刀の力が強化&無双状態!の方が盛り上がるんじゃないかと
> ・本筋を読んでみたいか。
少し読んでみたい

220 :この名無しがすごい!:2011/04/07(木) 13:55:21.29 ID:XPIoqYHk
>>217
・既存の作品と被っていないか。
被って無いと思う。
・まだ魔王物はありなのか。
いいんじゃない? そういう事いっててもキリがない。
・この落ちはありかなしか。
「実はゲームの魔王だった」はちゃんとフラグ立てていればありだと思う。
「三本刀の力が〜」の事を聞いてるなら唐突。
・本筋を読んでみたいか。
設定を活かせば面白そう。読んでみたい。

設定に無理がないかな? 本文に起こすとちょっと無茶が出そうかな? と思う点。
・魔王との契約で魔族的なものに変化していた主人公だが、魔王がすでに主人公に惚れていた件。
主人公を「異世界人=人間でない」という扱いにすれば召喚の表向きの理由も示せて一石二鳥になるかも。

・勇者と主人公が仲良くなる、が必要なのかどうか分からない。二人が知り合う事がプロットではまったく活かされていない。
主人公が偵察して勇者の人となりを知るだけでいいんじゃない? あるいは勇者と共闘するイベントを作るとか。
おそらく物語終了時点で魔王と勇者の闘争状態をとめるためのフラグなんだろうけど、不明瞭。

・そもそもメインの「魔族を篭絡する」部分がテーマと相性悪い。
魔王は主人公に惚れてるのに、「部下を篭絡しろ」っていうのは不自然。
三本刀も最後の便利能力のためにしか出番がない感じだし。
中心に据えるなら大きくプロットをいじった方が良さそう。

中心に据えないなら、別の理由で「異世界からの協力者」が必要な状況にしたてる形になるけど、
魔王との恋物語および黒幕の判明と撃破はそれでも十分可能なはず。
ハーレムっぽいのを望むなら、普通のイベントで三本刀とか勇者の妹とかのフラグを立てたほうがよさそう。
勇者パーティー関連と仲良くなれば、魔王VS勇者の構図を止める理由にもなるし。

221 :この名無しがすごい!:2011/04/07(木) 14:40:29.07 ID:z3nUOQOe
>>219
ありがとうございます。助かりました。
そのキスが契約の証しだというのは事前に魔王が主人公に言っているので
それで十分な伏線になるかなと思ったのですが、唐突だったでしょうか。

>>220
「異世界人=人間でない」というのはすごくいいアイディアです。ありがとうございます。
確かにテーマと相性が悪いんですよね。
当初は一級フラグ建築士とのガチバトルを想像して書いていたのですが、
それのテーマとなるとやっぱり魔王との恋愛しかないかな、となってしまって。
では、こういうのはどうでしょう。
魔王は、主人公が少し冴えないやつで三本刀の連中もとても落ちるとは思っていなかった。
魔王は主人公と一緒にいる時間を過ごしたいがために召喚したのに、当てが外れて主人公はその一人を落としてしまう。
というのはどうでしょう。
まあ、三本刀の一人は今の時点では男の娘にしようと思っているので…

222 :この名無しがすごい!:2011/04/07(木) 14:53:29.17 ID:DbsVkr+M
>>221
口づけ=契約は粗筋全体を読めばわかるんですが、契約後の変化(この場合は契約相手の魔法を使えるようになる)は粗筋のクライマックスまで伏せてあったので突っ込みました
晒されたのは粗筋であって本文でないので少し気になっただけです

223 :ゾンビ:2011/04/08(金) 23:03:42.41 ID:eaVqGWBc
>>217
【評価基準】
・既存の作品と被っていないか。
設定(魔王と勇者とその他)だけ被っている。逆に言えばその程度なので、新しい設定というか惹きつける要素を混ぜたら化ける余地あり。
・まだ魔王物はありなのか。
魔王の設定を掘り下げて、さらに心理描写を細かくやらないと強みが発揮できないだろう。魔王との恋愛・新密度を上げるのがメインならね。
・この落ちはありかなしか。
個人的には凄くいいと思った。――お主が、我を生かすことを選んだからじゃ。恥ずかしそうに言うならツンデレのデレになるだろうな。
・本筋を読んでみたいか。
現時点では、かなり読みたい。ただし晒されて文章等が微妙なら読むかは分からない。プロット段階では読みたい。

その他
魔王への思慕が主人公と三本刀(男の娘)に共通で、それが力を増幅させたあるいは魔力は魔王への思いの強さを反映する
というのはどうか?あるいは、男の娘・魔王・主人公の三角関係とか魔王の嫉妬を細かくやれば読者の感情移入が進む気がするのだが。
また勇者と親しくなりすぎると、勇者を叩きにくくなるので欠点(女好きとか)を付けて主人公より魅力的になりすぎないのは必要かなと。

魔王が言うには自分は平和主義者で、というよりラスボスがいきなり現れたらつまらないなどと訳の分からないことを言う。
>この設定嫌い。規視感が強い。自分が魔王という立場に悩んでるとか、同族を守るために魔王をやってるとか一歩踏み込んだものか、細かく掘り下げないことには
差別化がしにくい設定だと思う。魔王・勇者は。
それと召喚後の構成を頑張らないと、プロットを読む段階ではダレそう。
途中に盛り上がるイベントを盛り込んで、飽きない工夫がほしい。
後は人間関係が中心になりそうだから、その変化を伏線レベルに落とし込んだら、話が締まるかな。

まぁプロット読んだところそんな感じ。因みに個人的なことだけど、男の娘にしたい理由って何なの?


224 :この名無しがすごい!:2011/04/08(金) 23:30:05.73 ID:+ya3YBS3
【ジャンル】ファンタジー ボーイミーツガールアンドオッサン
【概要】
中世後期と蒸気機関が出来始めた時代をゴッチャにしたヨーロッパのような、剣と魔法の世界。
その世界では異界の神を宿す異神鎧と呼ばれる装着者に強力な力をもたらす鎧が存在する
長い戦乱が数年前に終わる。
主人公は元暗殺者集団出身の少年十六才。暗殺者として働いていたが弟に似たターゲットの子供を殺せなかったため集団を抜ける。
以後、旅の行商人として生きている。
ある日、山奥で集団の追っ手に襲われ、交戦。
行き倒れた所を一人暮らしの少女に救われる。
しかし、目覚めた少年に少女は冷たく当たり、早く出ていけと攻め立てる。
少年が少女の行動を不思議に思いながらも傷を直していると、近くの領主の傭兵達が少女をさらっていく。
少年が近くの住民に話を聞くと、領主は住民に辛く当たり、傭兵達は住民の女性をさらうという。
自分の柄ではないと懊悩しつつ少女を助けるために領主邸に忍びこむ。

少女は捕らわれた領主邸で領主と話す。
領主は彼女が予知能力を持っている情報を手にいれ、彼女をさらった。
しかし彼女は協力を拒み、自分に予知は出来ないという。
彼女は地下倉庫に閉じ込められ、そこである古ぼけた全身甲冑と出会う。
甲冑は意志を持ち少女に語りかけてきた。甲冑いわく自分はかつての装着者である騎士の亡霊、つまりリヴィングメイルだという。
甲冑は少女の身を案じつつ、暴虐を成す傭兵に怒りを抱いていた。
少女は装着者はすぐに現れると悲しそうに告げる。

少年は領主邸に忍び込むが、少女のいる地下倉庫で捕まる。
少女の目の前で傭兵達にボコラれる少年。
必死に止めようとする少女を領主は脅迫する。

少女は自分に見えるのは予知ではなく「事前にやっておくことで未来の自分の危機を回避できる行動が見える」ビジョンであるという。
つまり未来は見えず、未来の危機を回避することしか出来ない。
しかもその能力のせいで少女の両親は死亡。
それが原因で彼女は自らの能力を忌み嫌い山奥に済んでいた。
すいません続きます。

225 :この名無しがすごい!:2011/04/08(金) 23:44:33.89 ID:+ya3YBS3
ある日、少年を助けるビジョンが見える。行き倒れた少年を助ければ、彼が少女の犠牲になるかもしれない。しかし今助けなければ、確実に少年は死ぬ。
悩んだ末に少女は少年を助け、早く出ていけと促したのだ。

少年の中で、かつての仲間を倒して生き延びてきた自分と、少女が重なる。
ボロボロの少年がもたれかかったのはあの甲冑。甲冑は少年に少女を助けたいのなら契約しろと語り掛ける
少年は躊躇なく契約し、必ず少女を助けろと約束させる。

少年を飲み込み、本来の異神鎧の姿と力を取り戻す甲冑。
凄まじい力で傭兵達を壊滅させ、領主邸を根こそぎ破壊する。
領主邸から逃げ出した後で野宿をする二人と甲冑。
甲冑は左手甲の形となり少年に強制的に取り付く。
(甲冑の亡霊は騎士道精神溢れる暑苦しい熱血オヤジ)
少女と少年の身の上を詳しく聴いた甲冑オヤジは彼女を狙う教会や国の追っ手から彼女を守ることを宣言。
自分のせいで人が死ぬことを心配する少女に「すでに死んでいるから心配は無用」と甲冑オヤジは返す。
嫌がる少年を引きずり、彼らの旅が始まる

漫画の読み切り感覚でオープニングを考えた話です。
評価して欲しいポイントは
・引きつけられる物はあるか?
・矛盾点はあるか?
・その他思ったことをなんでも
バッサリ遠慮なくお願いします。

226 :この名無しがすごい!:2011/04/09(土) 01:44:56.67 ID:6w//jlfx
>>225
・引きつけられる物はあるか?
一昔前のボーイミーツガールのテンプレ的な展開で特に惹かれるものはなし

・矛盾点はあるか?
矛盾とは言わないけど領主の屋敷に都合良くすごい鎧があるっていうのはご都合主義しか感じない

・その他思ったことをなんでも
手垢の付きまくった設定で手垢の付きまくった展開をやられてもねえ
ここから先で面白くなるのかもしれないけど晒された部分に魅力は感じないな

227 :この名無しがすごい!:2011/04/09(土) 01:58:09.77 ID:i5zfQcEr
>>223
ありがとうございます。
そうですね、今魔王のキャラ設定に悩んでいるところです。
差別化がしにくいというのは確かにそうです。悩みの種ですね。
勇者を魅力的にしすぎるべきではない、と書かれてありますが、そうでしょうか。
悪役が、いや、ライバルキャラは魅力的なほうがよいと私は考えるのですが。
魔力は魔王の思いを反映するですか、いいですね。参考にさせてもらいます。

えっと書き方がまずかったのだと思いますが、男の娘は三本刀の一人で他は女の子です。

文章については競技スレで冒頭を晒させていただいておりますのでよろしかったらご覧ください。
つたない文章ですが。

228 :ゾンビ:2011/04/09(土) 07:51:47.55 ID:q6F90gvW
>>225
・引きつけられる物はあるか?
中世後期と蒸気機関が出来始めた時代をゴッチャにしたヨーロッパのような世界設定。左手甲。
前者はうまく作品に活かせれば面白そう。ムズイけど。後者は単純にカッコイイ。
・矛盾点はあるか?
中世後期と蒸気機関が出来始めた剣と魔法の世界。史実的には物凄い差があるんだが?社会の中枢も違うし封建領主も経済的に没落しているわけで。中世後期と産業革命期は。
それで剣と魔法が全く活かされていない。それも矛盾と言えば矛盾。異神鎧はあくまでもそれ単体で剣と魔法が登場してなくない?明らかな間違いは傭兵。領主なら近衛兵団とか従者が屋敷を警備してるはずなんだが。

・その他思ったことをなんでも バッサリ遠慮なくお願いします。
・鎧である必然性がない。これがドラゴンでも悪魔でも魔法使いでも置き換え可能。だから個性が出ない。もっと鎧だから盛り上がる仕掛けがほしいな。
・伝説の鎧が領主宅にあった理由。いきなり有ったからでは唐突。
・彼女を狙う教会が意味不明。狙われてるならもう襲撃されてもいいような。明らかに続編を意識してる気がする。今回の事件が教会黒幕だとしても、王候と教会では勢力が違うんじゃないかと。
町の神父が襲ってくるならまぁ繋がり感じるけど。
・最後の終わり方が、完結してない書き方で選好で嫌われそう。漫画読みきりならこの展開でもいいけど、もう少し投稿作なら変えた方がいいかな。
・異界の神を宿す異神鎧が、ただの元装備者のリビングメイルにしか見えない。暑苦しい異界の神って、どうよ?何か魅力がないような。設定を混同してないか?

229 :この名無しがすごい!:2011/04/09(土) 14:21:29.76 ID:whiPDeoA
>>225
・引きつけられる物はあるか?
ない。

・矛盾点はあるか?
言うほどのものはない。

・その他思ったことをなんでも
伝説の鎧が領主の家にあるのは一向に構わないと思う。
だって領主だもん。いろいろ貯め込んでるに決まってるじゃん。
そもそも、「一見すればただのゴミにしか見えない○○が実は……」だなんて、ファンタジーの王道。
今さら突っ込むところじゃない。そんなことよりはもっと別の場所に拘れよ、と思う。

そしてその別のところがどこかと言えば、オリジナリティのなさ。
「鎧をまとうと強くなる」って言うと、セイントセイヤとかベルセルクとかのメジャーな漫画があるし、
中身のない鎧っていうと、ハガレンやデゥラハン辺りが思いつく。
少女の悩みや主人公の設定も、百万ワナビが一度は書いた設定だと思う。

オープニングということは一章目ぐらいなものだと仮定するけど、俺が下読みでこのオープニングをみたら、
筆力が異様に高くない限りはポイしてしまうと思う。

230 :この名無しがすごい!:2011/04/09(土) 22:25:26.58 ID:2EJTWfe8
>225です感想ありがとうございます。
>226
やはり都合よく鎧に出会い過ぎですかね……
序盤の当たりの話のつもりなのでわかりやすい鬱クラッシュをやって見たかったんですが、やっぱりだめか
>228
ゴッチャの世界観は後々、「異神鎧VSアーム着き怪物武装機関車」とか「蒸気機関で動く簡易量産異神鎧」とかムチャな展開をやりたくて考えた世界観です。
やはり時代的に違いすぎますか。
傭兵は「荒くれ」=傭兵という勉強不足の思い込みです。
書いてなかったんですが主人公の異神鎧は、主人公の扱いは完全に鎧の素体だけの存在です。
鎧自体の操作は亡霊のオッサンがやってます。
後の展開で他の異神鎧が出てくるんですが、人格があるのは主人公の異神鎧だけという設定です。
>229
やはりどっかで見たことがありそうな話ですか……
オリジナリティって難しい……
鎧のオッサンはひたすら勝手に自分の正義で動くので、
それに引っ張られたり逆に引っ張ったりする主人公を書きたいんですが、難しいですか。

231 :この名無しがすごい!:2011/04/09(土) 23:33:05.72 ID:whiPDeoA
>>230
リアルさを売りにする小説でなければ、時代考証なんてオマケ程度でいいと思うよ。
「ひぐらしの鳴く頃に」とかデタラメもいいとこだけどあの大ヒットじゃん。
そもそも舞台はファンタジー世界なんでしょ? だったら「この世界ではこうなんです」でいい。

傭兵についても、別に間違いってわけじゃない。
「領主」は紀元前2000年より昔から今に至るまで、あらゆる国や時代に存在していたし、している概念。
その中には自費で傭兵を雇っていた領主だって当然いるだろう。
日本の武士だって、「領主が雇った武芸自慢=傭兵」を起源とする説があるぐらいだ。
中世後期に限定したって、200年近い歴史に数え切れない国がある。
そして、そういった国々で「領主が傭兵を雇うことを禁ずる」みたいな法律があったかと言うとない。
となれば、その領主が個人の趣味で傭兵を雇うことだってあり得るお話。
それを「明らかな間違い」と言い切ってしまうのは、そっちのほうが間違ってる。

そんな細かいことを気にするよりは、武装機関車との戦いを迫力満点の文章で魅せることを考えるべき。

あと、
>鎧のオッサンはひたすら勝手に自分の正義で動くので、
>それに引っ張られたり逆に引っ張ったりする主人公を書きたいんですが、難しいですか。

簡単か難しいかで言えば難しいと思う。
トラブルメーカーなオッサンは、やっぱりテンプレの範囲に入る。
脱却するにはオッサンと少年を濃密に描かないとダメだけど、しすぎると、肝心のヒロインが空気に変わる。
つまり、それをうまくやろうと思ったら、秀逸なおっさんを書きつつも、ヒロインにはそれを上回る魅力を持たせないといけない。
よっぽどうまくやらねばテンプレorヒロインの空気化は免れない。
ただ、うまくやれれば既存作にはない個性となり得るので、「難しい」とは言うけど「やめるべき」とは言わない。

232 :ゾンビ:2011/04/10(日) 01:53:21.36 ID:MCrJiRPP
>>230
良く考えてるなと思って俄然興味がわいたよ。
「異神鎧VSアーム着き怪物武装機関車」とか「蒸気機関で動く簡易量産異神鎧」とかムチャな展開をやりたくて
考えた世界観です。
>それならゴッチャでかまわないし、その展開の方を推した話が読みたい。 魔法+蒸気機関とか魔法VS蒸気機関は面白そうだ。
傭兵は「荒くれ」=傭兵という勉強不足の思い込みです。
>つまり悪徳領主というガジェットなんだよね?ならゴロツキとか不良を私兵として雇っている=傭兵で問題ないと思う。

書いてなかったんですが主人公の異神鎧は、主人公の扱いは完全に鎧の素体だけの存在です。 鎧自体の操作は亡霊のオッサンがやってます。
>他の異神鎧との違いや、暴走気味のオッサンをうまく動かせば設定とキャラが活きるんじゃないか。当然、振り回される主人公とオッサンの関係も
ドラマになるだろうし。

ちょっと気にし過ぎのようだから言っておくけど、欠点が多少あってもそれを上回る個性があれば問題ない。
あと、常識人の主人公・熱血バカのオッサン亡霊・無力的な予知者のヒロインのかき分けが出来れば、惹きつけるものになりそう。いいパーティーじゃやないか。
ここ最近のプロットでは一番、設定が面白いと感じた期待してる。 

233 :この名無しがすごい!:2011/04/10(日) 02:38:07.50 ID:zyQczSdd
読みづらい引用の仕方だな

234 :この名無しがすごい!:2011/04/10(日) 14:46:34.05 ID:DQC7o6NT
>>230
自分も上のコテハン氏と同じく、蒸気機関黎明期+魔法という設定には興味をそそられるな。
スクウェアのSFC時代末期の名作、『ファイナルファンタジー6』や『ルドラの秘宝』みたいな?
ライトノベルの既存作品では鷹見の『ガンズ・ハート』あたりが近いか。

ストーリー展開は陳腐、あるいは王道でもかまわないので、設定をうまく調理した作品が読みたい。

啓蒙主義や科学理論(理性主義)と魔法や信仰をどう共生させるかということ、
さらに、産業革命の勃興で発生した貧富の格差や資本家の台頭というドロドロした問題を、
どのようにしてファンタジー的に表現するかということ……を見たい。

上で挙げた三作品は、それぞれ派手なバトルや勧善懲悪の王道ストーリーでありながら、
そうした問題についてきちんと答えを出していたからこそ、陳腐さを感じない作りになってるのだと思う。

是非、産業革命とファンタジーを正面から見据えた、いい意味での王道を書ききってほしい。

235 :この名無しがすごい!:2011/04/10(日) 19:37:11.74 ID:9PVZRNpo
>>230
蒸気機関と魔法という世界観でTRPGのギアアンティークという作品を思い出しました
初出が20年くらい前なので知ってる人は結構いいトシだと思いますが
TRPG故に世界観等はかなり細かく設定されていますので手に入るようであればルールブックを読んでみる事をお勧めします




236 :この名無しがすごい!:2011/04/10(日) 21:31:10.93 ID:cvqK73Wv
>230です。
>231
下手にリアリティ詰めるよりは少しでも面白くかけよっつー話なんですよね。
なんというかキャラクターの対比を出したいんですよ。
生きているけどなんか諦め気味な少女、死んでるくせにやたら生き生きしてる甲冑オヤジ、色々ひねて世の中斜め読みの癖がついた少年
こいつらが色々もみ合って変わっていくようなキャラクター関係にしたいんです。
>232
なんか気に入ってもらえたようで光栄です。
なんか脳内イメージでは異神鎧は鎧というよりはパワードスーツみたいなデザインです。
装甲悪鬼村正とかああいうやつです。
ああいうのが蒸気吹き出すゲテモノマシンとデタラメな殴り合いしているのが最初の思いついたイメージなんです。
>234
自分もそういう雰囲気の話好きなんです。
ただ、娯楽趣味優先でそういうテーマをうまく練りこめるかは正直自信がないです。
まずは書かねば……
あと考えている展開は
異神鎧は異界の神(つまりこちら側の神)を鎧に降ろしているので異常な力を持つ。
→じゃあ新型炉芯に異界の火神を降ろして、蒸気機関にしたら永久機関完成じゃね?
→実験したらクトゥルフ神話のクァトグァを降ろしてしまい、案の定暴走。
→暴走を止めるため少年とオッサンが奔走する。
とかいう展開です。

237 :この名無しがすごい!:2011/04/10(日) 22:20:31.10 ID:cvqK73Wv
>230です
>235ギアアンティークですか。
なかなか参考になりそうなのでちょっと探してみます。

238 :この名無しがすごい!:2011/04/10(日) 22:22:32.49 ID:Ug2VrJEz
まあ構想段階で語っていても仕方が無いからまずは書くしかないと思うが
ここで評価されても実際書いてみたらパクリだらけだったなんてこともあったし

239 :この名無しがすごい!:2011/04/10(日) 23:14:09.78 ID:qwRliOjn
話も考えずに書き始めた訳のわからん物を本文スレに晒されてるよりはマシだろう

240 :この名無しがすごい!:2011/04/11(月) 12:25:04.55 ID:rwR1R45x
>>236
そこまで明確な構想があるならさっさと書けよとしか
机上で考えてるだけじゃ、魅力あるキャラも迫力のあるバトルもできないぞ

241 :この名無しがすごい!:2011/04/11(月) 20:41:25.73 ID:yFn4dIMK
>230です。
>240
そのとおりですね。
グダグダ言わずに書いてみることにします。
皆さんありがとうございました。

242 :この名無しがすごい!:2011/04/13(水) 15:31:09.40 ID:Qkl87o4o
晒し期待age

243 :この名無しがすごい!:2011/04/14(木) 11:51:40.23 ID:/Q441IJw
wktk

244 :この名無しがすごい!:2011/04/14(木) 17:18:36.35 ID:xslgxBJ9
そんな餌に…そんな餌に釣られクマーーー!

今書いてるからちょっと待っててね

245 :この名無しがすごい!:2011/04/14(木) 21:02:26.02 ID:xslgxBJ9
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0521.txt
【ジャンル】ラブコメ
【タイトル】魔女の召使(仮)
【評価基準】・本文にした場合、面白くなりそうか? ・キャラクターに魅力はあるか? ・思った事はなんでも。
ちょっとシンプルにしすぎたかもしれません、申し訳ないです。

246 :この名無しがすごい!:2011/04/14(木) 21:18:19.55 ID:/Q441IJw
>>245
あまりにも短い。が、ちょっと面白そう。
もうちょっと書いて。

247 :この名無しがすごい!:2011/04/14(木) 21:31:58.79 ID:xslgxBJ9
了解、書き直してきます。申し訳ない

248 :この名無しがすごい!:2011/04/14(木) 22:43:31.18 ID:xslgxBJ9
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0522.txt
【ジャンル】ラブコメ
【タイトル】魔女の召使(仮)
【評価基準】・本文にした場合、面白くなりそうか? ・キャラクターに魅力はあるか? ・思った事はなんでも。
書き直しました、無駄にレスを使って申し訳ないです。

249 :この名無しがすごい!:2011/04/14(木) 23:09:00.76 ID:/Q441IJw
>>248
設定は結構いいと思うけど、どういう層がターゲットなのかが怪しいね。

250 :この名無しがすごい!:2011/04/16(土) 02:14:21.07 ID:neSjmoHz
>>248
面白そうだとは思うけどあらすじ自体がなんか読みにくいのは自分だけ?
話としては面白そうなので読んでみたい。

251 :この名無しがすごい!:2011/04/16(土) 12:40:27.87 ID:KfxljsEI
>>249
>>250
ありがとうございます!
文体はなんというか、勢いのままに書いた節があるので分かりづらい所が出来たように思います。申し訳ない


252 :この名無しがすごい!:2011/04/16(土) 21:23:04.21 ID:mN4kjOzK
>>248
ラブコメ……なのか?
ジャンルは演出次第なんだろうけど、あらすじだけ見るに、現代ファンタジーみたいなイメージ。
コメディが「おかしい、面白い」だとすると、こっちはなんか「滑稽な」て感じ。(主観なんで伝わらないと思うごめん)

「ローディアの「悪魔の祭壇」の話からルゥが彼女の召使になるまで」と、
「現代にやって来たルゥがローディアの手の平の上でトラブルに巻き込まれる話」
の二つの話で出来ているようなイメージ。どうしてもひとつながりのお話に見えない。

いっその事、二つのエピソードの間に女学園でのエピソードを増やして、四、五話くらいの連作短編にした方がいいんじゃないかな?
ヒロインにカラリスを、トラブルを振りまく黒幕にローディアを据える感じにすればキャラ立ちもさせやすいと思う。
ラブコメらしくサブヒロインなんかも出したりして。

話としては面白そう。ちゃんと合った文章と演出があるなら読んでみたい。


253 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 01:13:18.40 ID:LtiEJ6FY
>>252
ありがとうございます!
確かに言われてみれば「ラブ?コメ?」ですね。
女学園でのエピソードはそれなりにスペースを取る予定です。
「でもあらすじには……うーん関係なくね?」とか思って超はしょりました。申し訳ない
お話としては今言って頂いた物にかなり近いですね

254 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 18:09:10.21 ID:U8TcvG0O
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0530.txt
【ジャンル】異能バトル
【タイトル】平行世界戦線(仮)
【評価基準】
一章の終わりまでの流れをまとめたものです。
思いついてから勢いで書き上げたので全体の流れや詳細はまだ詰めていません。
テンプレ展開でありながらいかに読者を楽しませることが可能かを念頭に書き上げる予定です。
なので、
・晒した部分の展開に不自然な点や疑問点はないか
・設定に面白みはあるか
・どのような内容を期待するか
この三点の評価をお願いします。

255 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 18:35:08.33 ID:bH1vMMt+
>>254
小説の形になれば作者の腕次第で面白くなる可能性は否定しないけど
晒された部分を見ただけでは苦笑いしか出来ない

256 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 18:37:21.30 ID:9vui0Kqn
>>254
平行世界モノってよく見るけど、まぁ読んでみたい部類に入った
おもしろさは文章力に因るんで何とも言えない。って訳で設定の弱さについて

・鎖しの王の目的→可能性からエネルギーに変換できるんだったら
一つの世界閉ざしたエネルギーで他の世界も閉ざせるんじゃね?永久機関あらわる
一章だから書かれてないだけかもしれんが、何かもっと大きな目的のために「常に」「莫大な」エネルギーが必要ってことにしないと
だって大きなエネルギーが必要なら、平行世界で技術者つれて渡り歩けば核融合炉くらいは作れそうじゃん?
平行世界モノにSFチックな突っ込みはありがちだから、そこら辺強化した方が良い

・幼馴染みの「異能」→異能で出てくるのが銃と弾丸なら、もとから銃持ち歩けばよくね?そして摘み取る者弱すぎで異能の価値が不明
「制御できる」って部分の方がよっぽど使い勝手良いと思う。たとえば熱の塊を持ち歩いてて投げつけて灼熱とか、
相手の攻撃から急激に熱を奪うことで脆性破壊を引き起こすとか。

・鎖しの王の強さ→弱すぎ さっさと殺せよ というか眷属ぐらい伴って来るだろうに

・陰陽とか錬成とか→この設定なんか意味あんの?異能一本槍でええやん どうせ主人公の世界が主戦場なんだろ?
というかそんな技術が確立されてる世界って「近い」って言えるのか?

・平行世界→移動先に自分がいちゃいけないんだったら、行けそうな平行世界の自分を仲間に殺害して回って貰うとかすればいいんでね?
世界の危機がどうこうって時に考えが甘すぎ

・初めにやってきた三人→こいつらも主人公の知り合いにしちゃいかんのか?

とまあ色々書いたが、全体としては楽しめるストーリーだと思うよ。駄作になったとしたら文章力の問題だね

257 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 18:39:48.15 ID:czP7zj15
いいですか。
・主人公の暮らす世界は錬成術と陰陽魔道が両方存在しない
 →なら代わりに何があるのか?

・平行世界があるなら烏賊のような世界もあるはず。
 移動技術が確立されてない世界。
 平行世界間を移動できない平行世界もあるはず

・よく数十年間も侵略したりされされたりしなかった。

です
 

258 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 18:45:26.35 ID:ThZjxFAf
一章でこれだけ説明を入れたらヒロインの口がカラカラになっちゃうよぉ
この設定を上手いこと小説にできたらプロになれるよ
プロット読んでも理解できなかった僕には小説読んでもチンカンプンだろうけど

259 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 18:45:59.60 ID:a+ZLj9Va
>>254
設定を詰め込みすぎに見える
あらすじのほとんどが設定説明になってるけど、おそらくこれは実際に書いたとしても一緒
幼なじみが出現後、ひたすら設定説明→一段落付いたと思ったら、また新たな設定の塊が登場→終わったと思ったらまた次の設定の塊が……
あらすじというより、キャラが登場して、自分の設定を説明しているだけという流れなんだよね、これ

登場キャラ毎に新たな設定をまとわせるのはやめたほうがいい
第一章となってるけど、すでに普通の応募作の最低半分くらいの文章量を費やさないと、読者が置いてきぼりになる設定量
設定そのものを楽しませるような強引さ(川上稔みたいな感じかな?)を作風として持たない限り、失敗する可能性大だと思う

260 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 18:49:36.63 ID:4FEHEvid
>>254
ぜんぜんわかんなかったけど、うまく煮こめば面白そう
うまくやらないとザ・ワンみたいなことになりそうだが

261 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 18:50:41.30 ID:8zUQhOdZ
>>254
突っ込みどころが色々あるけど、一章の内容にしては設定が多すぎかな。
こんなことをやったら一次で落ちちゃうよ。
というか、この設定に物凄い既視感が…。

物語にしても、少女が出てきて、次に敵が出てくる。
そしたらそこに敵の大ボスが登場し、さらには三人組……。
ちょいと都合がいいお話ですね。ワンパターンを繰り返しすぎです。

需要があるのか不明ですが、ぜひ頑張ってください。

262 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 20:15:07.96 ID:U8TcvG0O
皆様感想ありがとうございます
>>255
苦笑いが爆笑になるよう頑張ります。
>>256
確かに永久機関は問題ですね……。
・一つの世界をエネルギーに変換するにはその世界で相当な可能性を閉ざさなければならない
・他のエネルギーでは代替不可
等の縛りを加えて修正してみます。
閉ざしの王が世界を喰らう事を直接的に表現したかったのでもう少しこの方向で練ってみます。

幼なじみの戦い方ですが、錬成術による銃と異能の弾丸という合わせ技をやりたかっただけで、
あまり深くは考えていませんでした。
異能はよくよく考えたら、
・触れただけで敵を氷結させると同時に灼熱の結晶で貫ける
・敵の攻撃の運動エネルギーを結晶にして相手にぶつける
・生体電気を結晶化して動きを止める
等いろいろとやばすぎるので、使い勝手の悪い異能を錬成銃でサポートに変更します。

陰陽と錬成については、一つ隣の世界で未知の技術が発達していたという展開を、
歴史IF系にやろうとして魔術やら陰陽師やら錬金術やらを混ぜ込んだ結果です。
世界が近い理屈は数百年前のささいな分岐によって双方の存亡が決まった感じにしようかと。

平行世界の自分を殺すのは盲点でした。それが出来ない理由を付け足す必要がありそうです。
キャラも敵もまだまだ掘り下げていないので考えるべき事は沢山ありそうですが頑張ります。
>>257
→なら代わりに何があるのか?
・主人公の世界はどちらも存在しない特異点であるが故に両方の世界から移動できる
作中ではこのように説明しようかと思います。
・平行世界があるなら烏賊のような世界もあるはず。
あるにはあっても観測できないので作中で登場させる予定は今のところはありません。
平行世界移動技術が確立された世界間のみで移動ができる設定にしようかと。
・よく数十年間も侵略したりされされたりしなかった。
そこはまだ考えていませんが作中で過去話に利用できないかやってみます。
ただ移動は一度に人一人が限界で莫大なコストがかかるものと考えています。

263 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 20:26:29.68 ID:U8TcvG0O
>>258
設定説明はその場その場で必要最低限に済ませるよう心がけます。
設定自体は悪くないみたいなので腕の見せ所です。
>>259
設定を楽しませるですか……シリーズ前提の商業作品でないときつそうですね。
言葉で説明するだけではなく行動や描写にも設定をちりばめて、
なるべく読者の負担にならないように努力します。
>>260
煮詰めつつもちゃんと灰汁をとって読者に出せるようにします。
>>261
需要があるからこそのテンプレですが、ワンパはいけませんね。
ワンパと思わせておいて裏切る展開を各所に仕込んでみます。


264 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 22:48:55.45 ID:3inUZ1Ke
【ジャンル】わからん
【タイトル】未定
【評価基準】ジャンルが何になるか。興味があるか。

三流大学生の義男はバイトをクビになりピンチ!
東京のワンルームマンションで困っていた。
そんな折、インターネットの高額バイトに目が留まる。
「荷物を2週間預かってください。支払20万円。」
いかにも怪しげだが、とりあえずメールでコンタクトを取ってみる。
秘密厳守。荷物はダンボール箱程度の箱。2週間が経てば口座へ振込。
荷物の回収は2週間後に直接取りに行くというもの。
メールの文面を見る限り、おかしな風もない。住所と口座を教える。
翌日発砲スチロールの箱が届く。重くもなく、軽くもなく。蓋はガムテープで
ぐるぐる巻きにしてある。
ワンルームで奇妙な箱と義男の生活が始まるが、箱の中身が気になって仕方がない。
『犯罪に加担するようなものなのか、危険なものなのか、誰かの遺体の一部が
入っているなんてことはないのだろうか・・・』
不安と妄想の中、約束の2週間が過ぎる。
『やっとだ、やっと解放される…』
口座を確認すると確かに20万円が振り込まれていた。
しかし、肝心の依頼主が現れない。
そんな時、1通のメールが届く。
「申し訳ありませんが、すぐに取りに行くことができません。
もうしばらく預かってください。」
メールを返しても宛先不明で戻ってきてしまう。
警察に届けることもできず、捨てることもできず、何かわからないものを
知り合いに預けることすらできない。
義男は絶望的な気持ちになるが、ふと思い立つ。
義男はインターネットの高額バイトの掲示板に書き込んでいた。
「荷物を2週間預かってください。支払20万円。」

265 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 22:51:19.56 ID:3inUZ1Ke
>>264
うわぁああ今見たらラノベのプロットだったwwwwwww

264は無視してくれwww

266 :この名無しがすごい!:2011/04/17(日) 23:13:09.41 ID:w1HMM6XF
そもそも「今の自分」を主人公にしたような作品だとラノベでは普通に落ちると思う。

267 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 01:03:08.38 ID:6IBkoW26
星新一風SS?
と、いうかそのレスで既にひとつの作品になっとるwww
これ以上書くのは水増しになるんじゃ

268 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 04:43:58.62 ID:YrOSc75n
本当だ。落ちがついてるね

269 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 06:40:14.59 ID:ratYccqn
面白いぞww
ここ最近で一番面白い
結構テンプレな話ではあるが

270 :義男:2011/04/18(月) 08:30:08.81 ID:Xx9KpHSK
すまん。本当にすまんかった・・・
正直>>265のオチは偶然の産物だ
インターネットの掲示板でしか使えないオチだがな・・・

ちなみに>>264はあくまでプロットであって、主人公の妄想をもっと掘り下げ、
本来は未知への恐怖と不安をテーマにした小説にするつもりでいます。

本当に本当に申し訳なかった。

271 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 20:17:38.72 ID:M41SFoMX
【ジャンル】能力バトル+学園モノ
【タイトル】ラビットライン
【評価基準】
面白そうかどうか、設定に無理はないか
実際にこれで小説を書いてみたい。



「異能力」。それは常人には扱う事が出来ないものであるはずだった。

第三次世界大戦も世界の滅亡も起こることは無く、当然、宇宙に人類が進出する事もなかった。
いつしか国同士の争いも無くなり、国境はあって無きが如し。主要言語までもが世界共通になっていた。
西暦2480年―――初代世界総統が死去。初代は、その時点では唯一の「異能力者」であった。
その能力は、「願いを叶える力」。
任期を終えると同時に亡くなった初代総統は、自らの命が尽きるその時に一つだけ願いを叶えた。
それは、「全人類を異能力者に」という内容の願いであった。

そして時は流れ、西暦2511年。
人々は「アビリティ」と呼ばれる異能力のある生活にも慣れ、まるでそれが日常であるかのようになっていた。
能力は遺伝子レベルでランダムに振り分けられ、95億人存在すれば95億通りの能力が存在する。
人は、自分の能力に思い思いの名を付け、それを自らの称号とした。

椛谷高校一年生の尾住恵一の能力は「ラビットライン」。
恵一は「プレスパワー」立宮華奈、「エレキテル」高沖一樹の3人で、
異能力同好会を設立した。
そしてある日――教室で補修を受けていた恵一の前に突然一人の少女が現れる。
少女の名は、「エンジェルフォール」如月勇希。
日常の3人に非日常の1人を加え、恵一達は自ら騒動に首を突っ込んでいく。

―――これは、そんな少年少女の非日常を描いた物語。


構想としては、
勇希と出会う→恵一、同居することになる で一章
一度目の騒動が起こる→解決→その裏に潜む組織 で二章
と考えています。

272 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 20:28:33.89 ID:qNqvPwYr
>>271
ただの煽り文句だから設定の評価をしづらいな…。
で、面白そうかと問われると良くあるな、としか言えん。

>>6-10あたりのやりとりを参考に。

273 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 20:30:34.98 ID:t7D8RZRx
無理はないし、書きたいのなら書けばいいと思う。
キャラクターやバトルパートが抜群にすばらしければ、受賞も夢じゃないだろう。

でも今のそれを見た限りでは、数千から数万はいるワナビが一度は考えた設定を、ストレートで出しているようにしか見えない。

274 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 20:38:54.34 ID:B55q4KRC
>>271
本の帯じゃないんだから
ラビットラインやらプレスパワーやらエンジェル何とかを、他人に分かるように説明してくれ。
それが設定だ。

275 :271:2011/04/18(月) 21:24:43.71 ID:M41SFoMX
読み返してみると確かに、ただの煽り文句だった・・・。
少し書き足したりしてみる。あと能力の説明も。
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0535.txt

276 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 22:05:07.58 ID:qNqvPwYr
>>275
良くも悪くも、冒頭はラノベでは普通の展開だな。
ゆえによくある話、という感想は変わらない。

一方で能力設定は、かなり魅力に欠ける。
特に物語のタイトルでもある主人公の能力「ラビットライン」はちょっとなあ。
格ゲーなら全キャラ初期装備してるような能力だろこれ。

まあ、他の能力も含めて、本文で相当頑張らないと彼らの力を魅せられる展開にはできないと思う。主人公と勇希の能力も毛色はかなり被ってるよな。
初代が持つ「願いを叶える力」との落差が激しすぎるし、このままじゃ敵の能力もそうとうショッパイものになりそう。

277 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 22:13:40.11 ID:Xx9KpHSK
【ジャンル】わからん
【タイトル】未定
【評価基準】一般書籍と間違えて誤爆したので、ラノベジャンルを
よく知らないが、なんとなく考えてみただけ。

<序>
リサイクルショップでバイトする僕は、ある日2組のサングラスを買い取った。
1つは男性物で1つは女性物。
僕はそれを気に入り、男性物のサングラスを買い取った。
女性物のサングラスはそのまま店頭にならび、すぐに買われていった。
それから3日後の休日、僕は異変に気付いた。
---サングラスを掛けると見えないはずの何かが見えている---
僕は好奇心と不安が入り混じった複雑な心情で、サングラスの謎を解くことを決意する。
『もう1対のサングラス!!!』
僕はそう思い立った。いや、実のところ、そのサングラスを買って行った女子高生と
お近づきになりたいという気持ちもあったのだ。
もう1対のサングラスを買ったのは、僕の憧れ『聖アフロディテ女子高等学校』の学生。
僕は物語の主人公になった気持ちと女子高生とお近づきになれるかもしれないという
ちょっとやましい気持ちで『聖アフロティテ女子高等学校』へと向かうのだった。
<序 完>

ラノベってこんな感じ?正直まったくわからんw
ジョン・カーペンターのゼイリブを元ネタにして作ってみたw
以上、スレ汚しならごめんなさい。

278 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 22:14:58.86 ID:dBwNAXEM
>>275
設定もストーリーもありがちな上に中途半端に切られているせいで面白そうとかいう以前に興味がそそられない

279 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 22:16:49.09 ID:B55q4KRC
>>275
読んだ。
全体的な感想は他の人と一緒かな。

こーいう固有の能力系は誰もが一度は考えて挫折する道だと思う。
>>276も言ってるけど、実際に書き始めると難しいだろうね。

280 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 22:33:43.48 ID:6IBkoW26
>>277
さすがに冒頭3ページのあらすじ(プロット?)を見せられても何が何だかさっぱりわからんw

281 :277:2011/04/18(月) 23:40:48.58 ID:Xx9KpHSK
>>280
ごめんwあまりにも適当すぎたw
この後の展開を考えてみた

<第一章>
なんだかんだで探し当てた持ち主は『聖アフロディテ女子高』の将棋部の仲良し5人組。
僕は小学校の時おじいちゃんに将棋の駒の動かし方くらいは教わったことがあるが・・・・・・
5人組はサングラスの不思議に気づいていた。
僕と5人組はとりあえずその謎を調査してみることにした。
その結果わかったことは、
「人間の姿をしているけれど、人間じゃない」ということだけだった。

<第二章>
結局謎はわからないまま、高校女子将棋選手権 福島県大会が始まる。
僕は事の成り行き上、将棋部の応援に駆け付ける。
『聖アフロディテ女子高』は5人勝ち抜きの団体戦順調に勝ち進んでいき、
文字通り決勝戦に駒を進める。
そこで待ち受けていた相手は長年のライバル『福島女子第一高等学校』 通称ふくいち。
そして、何気なく僕が掛けたサングラスでとんでもない事実が!
なんと『ふくいち』のライバル達は「人間じゃなかった!」のだ。

<第三章>
なんとか決勝戦で『ふくいち』に勝つ『聖アフロ』
そして人間じゃない何者かの陰謀を知る。
彼ら・彼女らの目的は「地球人の乗っ取り計画」
「人間」対「彼ら・彼女ら」の世界的な戦いが始まろうかというその時、
僕のとっさの一言で状況が変わってしまう。
「僕ら人間と将棋で勝負だ!」
こうして、「人間」と「彼ら・彼女ら」の最終決戦が幕を開ける。

<第四章>
最終決戦は1ヶ月後の「高校女子将棋選手権 全国大会」となった。
1か月間の間、僕たちはあれやこれや、将棋の上達を目指し努力を始めた。
ハブ名人まで仲間に加えて。

<第四章>
いよいよ最終決戦「高校女子将棋選手権 全国大会」の当日がやってきた。
表向きは全国NO1をかけた女子高生たちの頭脳の青春!
しかし実際には人間の存亡がかかっていた。
『聖アフロ』はハブ名人の性転換手術によるドーピングなども駆使して、
なんだかんだで決勝戦まで駒を進めた。
5人の勝ち抜き戦、いよいよ最後の戦いが始まる。
「7六歩」
ビシッという駒音が響き渡った。


<とりあえずここまで>
ごめん、本当にごめんw ラノベなんか知らんのだw

282 :この名無しがすごい!:2011/04/18(月) 23:43:59.93 ID:t7D8RZRx
>>275
読んだけど感想は>>273で書いたのと変わらん。
てかこの分量じゃ煽り文句と大差ないってばよ。
文章量で言えば5DPかそこらだろ。
これでなにを評価してほしいんだ?
「ヒロインが冒頭から同居するなんて斬新! ステキ!」とでも言ってほしいのか?

ただ、能力がショボイのはむしろ長所だと思う。
ショボイってことは工夫や助け合いが必須になる分、話を広げやすい。
でもまずは「粗筋」や「プロット」がなんなのかを理解してから書き込もうな。
今の段階では「ぼくの かんがえた ちょーのーりょく」を垂れ流しているようにしか見えん。

283 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 00:30:42.84 ID:iv37V4pt
>>281
あらすじは「起承転結」全部書こうぜ。予告編に毛の生えた程度を評価すんのはむり

284 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 00:30:44.99 ID:MQRKyGnl
>275
能力がショボいのはたしかに展開として武器になると思う。
電撃文庫の「放課後のストレンジ」ではショボい能力を仲間と協力して使うことで強力な物に変わる設定だった。
・女の子と同居するのは百歩譲ってとりあえず流す。しかし「怪しいやつをストーキングして敵と会う」という展開はどうにかするべきだ。
あからさまに怪しい悪役ってギャグでしょ。
・世界観の練り込みが足りない。異能が当たり前の世界なら、安全はどう保証しているのか?
もしかしたら社会形態自体が崩壊しかねない異変なのに、主人公達は現代の学生とあまり変わらない。
世界が変わるのなら、その後の世代の価値観や生活の変化があるのでは?
・そもそも、主人公達の紹介ぐらいで何と戦うのさえわからない。

285 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 00:43:51.71 ID:1WrROjUk
>>281
うーん、オチまでわからないので判断し難いですが『鹿男あをによし』に近い話になりそう

286 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 07:21:34.32 ID:7rNX5a/A
>>277
体の異変や特殊なアイテムで異世界・怪異が見えるようになると言う展開はありがち。
「見えないはずの何か」にもう少し掘り下げが欲しい。

また、主人公の心理もやや不自然。ヒロインと仲良くなりたいというだけでは昨今のラノベ主人公は動かない。
好奇心というのも弱すぎるし、不安というのも、単にサングラスを捨てれば異変から逃れられる以上、説明力を欠く。
異変の中身を掘り下げ、主人公とヒロインの関係をもっと動的なものにすれば、
より魅力的な滑り出しになると思われる。

287 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 07:25:08.22 ID:HsR4h3Cg
>>283 >>285
すまんすまん、とりあえずオチまでは書く。<第四章>が2つもあったけど勘弁w

<第六章>
決勝戦に僕たちは勝った。
これで人間は救われるはずだった……
しかし、そもそも将棋の勝敗で決着がつくなど、見通しが甘すぎたのだ。
彼ら・彼女らが暴力により戦いを起こしてきた。
人間に擬態する彼ら・彼女らと戦うには圧倒的に不利、そう思えた。
サングラスがなければ敵味方の区別するつかないのだから・・・・・・
僕たちは決勝戦の会場から逃げ出し、将棋部で落ち合った。

<第七章>
事態は深刻だった。テレビのニュースでは全世界規模で未知との彼ら・彼女らとの
武力戦争が始まったことが伝えられていた。
将棋部の部室も安全ではなかった。事実、敵が攻撃をはじめてきたのだ。
僕たちは防戦一方で死を覚悟した。
その時、サングラスを掛けた兵士たちが、彼ら・彼女らを鎮圧する。

<第八章>
兵士たちは日本の陸上自衛隊だった。
---話のいきさつはこうだった---
つい1ヶ月前、とある国で彼ら・彼女らの存在が確認された。
彼らの狙いもわかり、世界各国の首脳会談が秘密裏に行われた。
彼ら・彼女らが静かに侵略をはじめだす中、世界各国の技術を結晶し、
敵を見抜くことのできるサングラスを開発、量産体制に入っていたのだ。
量産は秘密裏に行われていたが、人間が行うこと、いずれ情報が漏れる。
僕たちが手にしたサングラスは、おそらく生産工場の誰かがくすねて、
金に換えるためにリサイクルショップへ持ち込んだのだろうこと。
そしてちょうど僕たちの決勝戦があった今日、いずれ敵にこちらの動きを
悟られると判断し、世界が決断したのだ。
『地球を守るため、世界中で敵に対して一斉攻撃を始める』と。

<第九章>
軍隊による敵の殲滅と合わせて、量産されたサングラスが十分とはいえないまでも
各家庭に配布され始めた。
彼ら・彼女らは能力的には日本人と変わりはなかった。
僕たちは彼ら・彼女らと接触を持ち、思考の一部を知る人間として、
自衛隊の対彼ら・彼女ら戦の参謀として自衛隊に迎え入れられた。
僕たちは敵の将棋のクセから、敵の行動を読み解き、次第に勝利を拡大させていった。

<第十章>
1ヶ月後、世界中の人間が老若男女問わず、サングラスを掛けていた。
彼ら・彼女らは最初の一斉攻撃のおかげで、籠城している一部を除いては
ほとんど壊滅させたと言って過言はなかった。
戦況が落ち着き、僕らも自衛隊から解放され、日常を取り戻そうとしていた。
僕はリサイクルショップのバイトに戻っていた。
あれだけのことがあったのに、世間はなんとなく間抜けなほど平和だった。
久々にバイトは休み。僕は将棋部の5人組とのランチのお誘いを断った。
何故なら今日は僕のデートの日。
自衛隊で知り合った自衛官の女の子とのデートなのだ。
僕は思う。
---サングラス越しの青空だけど、僕には久々の青空だ---
<完>

とりあえず、こんな感じで終わらせてみた。
本当は最後の女の子は性転換したハブさんにしたかったが、
なんとなくラノベって(イメージだけだが)そういうのじゃない気がしたから辞めたw
以上、駄文、本当に申し訳なかった。

288 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 07:34:22.33 ID:HsR4h3Cg
>>286
レスさんくす。
自分でも酔っぱらった勢いでその場の思いつきで書いたから、
いろいろ後付けが多いw
ヒロインに関しては、最初は将棋部の誰かと…と思わせておいて
最後に全然別の誰かを当ててみたw
ラノベって読んだことないから、そういうのアリかどうかもわからんw
本当に「なんとなくラノベってこういうのかな?」くらいの勢いでしか
書いてないから、人物掘り下げまでは考えてないw
とりあえず今から仕事に行ってきますわ。

289 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 08:10:16.40 ID:Lja1ao6S
>>288
VIPにSSスレ立てて書いてみれば誰かが褒めてくれるかも。っていう感じ。

290 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 12:50:27.85 ID:1WrROjUk
>>287
最後まで読むと……うん、鹿男と空の中を足したような話。どちらも一般文芸だからラノベっぽくないかもね
あと、ラストの自衛官(彼女)の登場が唐突に見えるので少し伏線入れるか、最初から同級生のヒロインを作った方が早いかも

291 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 17:24:30.94 ID:HsR4h3Cg
>>289
VIPに書くならもっと練らないとなw
書く予定は全くないけどw

>>290
鹿男はドラマだけ見た。空の中はシラネw
まあ純文学書いてるのの息抜きに、気まぐれに書いただけだから、
ラストの自衛官の後付けは勘弁でw
まぁ本気でラストの自衛官登場させるなら、伏線はいるわなw

ではでは、お粗末様でした。読んでくれてありがとう。

292 :271:2011/04/19(火) 20:14:33.27 ID:iIIVnLNd
プロットと設定追加。とりあえず書いてみることにします。
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0538.txt

293 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 20:38:59.13 ID:sPXIw8oY
>>292
すっごくつまんなさそうだ……これで面白くできるってんならそれはもう天才の域だよ
というか天才の域にある人間がこんなクソみたいな設定で書くこともないし、
天才じゃないんだったらおとなしく趣味の領域に留めておく方が幸せになれると思う

正直完成したとしてもボッコボコに批判されて黒歴史化しそうだ……
ぼくの考えたカッコイイ能力者!(小学六年生ばーじょん!)的な臭いがきついわ……ま、がんばってくれよな

294 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 21:21:20.51 ID:A6xcivX2
>>292
能力に魅力は無いけど世界観に魅力がある
魅力的なキャラ作り、魅力的な戦闘シーン、これが出来ればおもしろくなる
でも能力の応用部分を見る限り期待出来そうにないね

295 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 21:24:38.79 ID:1WrROjUk
>>291
頑張ってくださいね

>>292
待った。ここでもらったアドバイスからプロットを煮詰めるのは良いけど設定メインで晒し直されるとお腹いっぱいになるんですが……
とにかく書いてみるのが一番だと思います

296 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 21:32:54.06 ID:7VKtq7Fi
>>292

>異能力(アビリティ)が芽生えただけで基本的に現代と同じ世界。
>安全面は、全員が異能力に芽生えたので心配は無い(やり返されたら死ぬ可能性もあるから)
> →警察には、逃亡者を探知する能力を持つ人もいる。

これだけ見て、なーんも考えてないってことが分かる。
異能力とやらが全員に芽生えたら、テロや犯罪はあり得ないくらい複雑化する。逃亡者を
探知する能力を持ってれば警察の捜査方法が劇的に変わるし、多種多様な影響があると
素人でも考えるよ。
>だが能力の組み合わせによっては凄く強くなる。
ってことらしいから、それこそ、
>リニアレールガンっぽいのを撃つ。
ってのをどうやって防ぐワケ? 異能の組み合わせで防げるんだろうけど、テロリストが
予告状飛ばして襲うなんてことはないよね? なら、現代と同じテロ対策を講じても無意味。

細かいとこで言えば、スポーツはどうなるのか? 肉体系のアビリティを持ってたらそれで
オリンピックとかの出場資格が剥奪されるの?

>ウェポンカスタム
これと似たようなアビリティで製品の耐久性やら消費期限とか変化させられるなら、物作り
現場も農業すら変わるね。サービス業に特化したアビリティやら、株式操作を上手いことでき
たりとか、経済のシステムなんてものも根本が覆されるんじゃないかと想像できる。
 
社会構造が大きく変わらないか? アビリティの特性で選民思想が蔓延しそうだなーって
パッと見て思ったけど。
むしろそういった世界になっちゃったって話の方が面白そうに感じた。
てか、上のレスを見返してたら、>>284 氏がその辺を指摘してるじゃん。それなのに
上に引用した三行で済ますって……。

世界観に説得力を持たせられないならストーリーやらで引き込むしかないけど、それが
できるとも、見た感じ思えなかった。(コメディやギャグ小説だってもう少し丁寧に世界観
を作り込まないと呆れられちゃわないか?)

せっかくだから設定を可能な限り掘り下げて、どういった世界になるか構築しちゃってみては?
そうすれば単なる異能バトルではなく、頭脳戦やその世界で面白おかしく過ごすラブコメ
など、「異能世界だけどバトルしません!」ってストーリーを作れるんじゃないかと思う。
スティール・ボール・ランっぽいレース(でも互いに邪魔をしてはいけない、戦ってはいけ
ない)をやるのも楽しそう。



297 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 23:02:51.74 ID:YUdOa8FN
自分の今書いてる話が、ラノベなのかどうかの線引きがよく分からないんだが、
超能力と超常現象は一切なく非萌え系で「殺し屋の女子高生」が主人公なのはラノベなのだろうか?

298 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 23:07:42.99 ID:hritjXGe
と、いうかそれラノベのレーベルで出したいんか

299 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 23:28:07.57 ID:4bHZutox
>>298
ブギーポップだな。
まあ、あれは能力物になっちまったが。
萌えは露骨なのはともかく本当に一切無いってのは辛いのう。

300 :この名無しがすごい!:2011/04/19(火) 23:31:51.82 ID:nN9Ge3fe
>>297
ルー=ガルーだな

301 :この名無しがすごい!:2011/04/20(水) 17:08:25.71 ID:YRAQZtCg
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0548.txt
【ジャンル】現代ファンタジー
【タイトル】ニーアが叶える願い事
【評価基準】
・既存の作品と被ってはいないか。いえ、被り過ぎていないか。
・面白そうか、本筋を読んでみたいか。
この二点です。上の三行は関係ありません。
ではお願いします。

302 :この名無しがすごい!:2011/04/20(水) 17:47:09.57 ID:H5Fo7mY0
>>301
過去作にもあんまりそういうのはないしいいんじゃない。
親方、空から女の子が!のラノベ風としてはいい滑り出しだとおもう。
幼馴染に握られてる秘密が話の面白さの割合をある程度占めそうだね。
ただドッペルゲンガーとか背伸びさせる単語を使うなら、ある程度作者が賢くないと全体との釣り合いが取れなくなりそう。
読んでみたいかどうかは、ネタ全体の質に依るから分からない。
あともうちょっと書いてくれれば。

303 :この名無しがすごい!:2011/04/20(水) 18:07:50.88 ID:YRAQZtCg
>>302
あともうちょっととは具体的に何を書けばよいのでしょうか。
幼馴染が持つ秘密でしょうか。

304 :この名無しがすごい!:2011/04/20(水) 18:14:38.12 ID:M/jgrRGw
>>301
人外少女を拾うとか警察が分身と犯罪者を入れ替えるとか他でもよく見る設定
ストーリーの流れはとりあえず書きたいシチュエーションを並べてみましたって感じで支離滅裂
プロットを読んだ限りじゃ面白そうとも読みたいとも思わないな

305 :この名無しがすごい!:2011/04/20(水) 18:34:27.70 ID:9mTdXWhd
>>301
ちょっと詰め込み過ぎな印象
とりあえず警察は出さなくてもいいんじゃないかな
それよりまずメインのヒロインをはっきりさせるために幼なじみは最初に出すべきかな、と
あまり被った作品は思いつかない

306 :この名無しがすごい!:2011/04/20(水) 19:22:09.06 ID:QF6JJ9Gh
>>301
犯罪者削減策だと刑事が語る=警察公認という事は決闘には刑事も立ち会いますよね?
今の状態だと色々と曖昧なのでいっそのこと警察の関与はなしにした方がいいような気が
というか決闘で主人公が殺されてもお咎めなしなのか言及されていないから。うん

307 :この名無しがすごい!:2011/04/20(水) 19:48:49.28 ID:bAnnFq5O
>>301

・既存の作品と被ってはいないか。いえ、被り過ぎていないか。
 ぱっと思いつくものはなかった。
 
・面白そうか、本筋を読んでみたいか。
 いろいろ問題があるけど、それでもどう書くのか見たい気がする。
 
 警察関連は自分も違和感。なくてもいい。と言うか、あると変。
 
 それ以外を眺めていてとても気になったのは、ヒロインが誰か? ということ。最終的に幼馴染み
 だとしても、ニーアだけならまだしも、終盤まで恋心を抱いている対象がもう一人いるってのは
 読者から見ると騙された感が生まれる危険があり、相当上手く書かないとダメだろうと思う。
 恋愛対象がいて、でも幼馴染みが本当は好きでしたって話なら、パートナーは幼馴染みにしないと
 中々付いて来られないんじゃないか? ニーアがその位置に入ると幼馴染みとの絡みが必然薄くなる
 し、そうすると読者の共感(幼馴染みとくっついて欲しいという感情)を得るのにハードルがかなり
 上がるのではなかろうか?

 あと、オチがなあ……。
 デウスなんちゃらってヤツじゃない? これって。
 微妙に違うかもだけど、でも結局はニーアの手のひらの上で踊らされていただけだから、現代ファン
 タジーというジャンルだとちょっとなあ、とこれだけ読むと思ってしまう。まあ、これも書き方なん
 だろうけど。



308 :この名無しがすごい!:2011/04/20(水) 21:08:12.58 ID:4fnpLXkA
>>301

つまらなそう
面白そうな部分がどこにもない
妖精と現代社会という要素があまりにもかけ離れてて、よほど構成力がないと現実味を感じない

似てる作品
自分の分身との対決という作品は腐るほどある

309 :この名無しがすごい!:2011/04/22(金) 14:11:11.81 ID:98xUD8/1
なんか過疎っているのか?

310 :この名無しがすごい!:2011/04/22(金) 21:49:03.40 ID:Eot2JteL
同じプロットで書き比べ大会とかやりたいな。
誰か元になるプロットを出してくれる天使はいないか。

311 :この名無しがすごい!:2011/04/22(金) 21:52:47.30 ID:goQEsEgt
元になるプロットってなんだw

312 :この名無しがすごい!:2011/04/22(金) 23:56:02.35 ID:e/FcWvgK
>>301
既存の作品〜→ゲド戦記っぽいね。映画は駄作扱いされてるが、
原作は宮崎駿もおおいに影響を受けた名作である。
あと、バンシーを題材にしたラノベって一応あったな。
そっちと比べると、若干シリアスな展開だが

面白そうか→面白いかどうか以前に説明下手だと思った。
面白いってのは、内容が上手く伝わって初めて湧き上がる感情。
バンシーとドッペルゲンガー、どっちか一つに統一しる。片方は蛇足。
あと碌な人物がおらん。
幼馴染は嫌なやつでも「仕方ないから」で助けちゃう。
もっと良い女捜そうぜ、主人公君。


313 :この名無しがすごい!:2011/04/23(土) 00:00:44.12 ID:k1i+/7r8
>>301です。
沢山の意見、ありがとうございました。
参考にして一応書いてみようかなと思います。ありがとうございました。

314 :この名無しがすごい!:2011/04/24(日) 20:56:54.58 ID:5jKTLpn4
>>313
面白そう
完全に出来上がったものが読みたい


315 :この名無しがすごい!:2011/04/25(月) 21:20:58.70 ID:/BG91jQh
金持ちの息子のラノベ作家が、パパの温かい支援を受けながら300万部のベストセラー作家に成長していく話は?
タイトルは『韓国で発売禁止』
このタイトルだけで売れると思うがw

316 :この名無しがすごい!:2011/04/25(月) 22:59:56.78 ID:OWbOibVO
予知能力もので最初はiPodのランダム再生で次に何が来るか当てられて、それからどんどん力が強くなっていく話を考えたけどこれ以上広がらない

317 :この名無しがすごい!:2011/04/25(月) 23:24:53.92 ID:aXxLwTac
>>316
大震災を予知して皆を避難させる、しかし取り残されたヒロインを助けに行こうとする主人公。
が、その瞬間、ヒロインを助けた自分が死ぬ予知が見える。葛藤しつつもヒロインを助けに行くが……

ベタだけどさっき思いついた

318 :この名無しがすごい!:2011/04/25(月) 23:31:21.54 ID:OWbOibVO
>>317
未来を変えられるのか変えられないのかどーしよ

319 :この名無しがすごい!:2011/04/25(月) 23:32:19.87 ID:sJ9hRP4S
津波を予知しヒロインを公民館の屋上に避難させるが
津波は屋上もろとも公民館を飲みこんでしまう…

320 :この名無しがすごい!:2011/04/26(火) 02:50:45.71 ID:ymlYjUM+
iPadのランダム再生なら100%の確率で当てられるのに、普通の生活で直に耳にする音楽を当てることはできない
なぜだろうとPC好きの友人に相談したところ、コンピュータが関わるランダム値を当てられるのだと判明する
試しに暗号通信の暗号鍵を手入力してみたところ、一発で的中
彼の不思議な能力の前に、ネットのセキュリティは事実上崩壊しているも同然だった
彼らは手を組み、「世直し」と称した情報テロを計画する

……続きは頼んだ

321 :この名無しがすごい!:2011/04/26(火) 08:03:03.87 ID:oEosfaD9
よし、書き終わった。

322 :この名無しがすごい!:2011/04/27(水) 10:02:43.28 ID:wGWsYAGG
>>320
A案
 主人公らの情報テロに対して体制側のカウンターパートが始動、
バトルが始まる。当初優位にバトルを進めていく主人公たちだが、
ある局面から打つ手打つ手がすべて読まれ、窮地に。じつは、
カウンターパートにひとり、主人公と同じ力をもった人物が
いたのだ。
A案のa その人物は誰だ?と謎解き 実は物語の最初から登場している
主人公に近い人物で、普段はさえない女の子で…
A案のb 手詰まりになった状況で主人公は玉砕突撃をかけるが、それが
想定外の情報カタストロフを起こし…

B案
 主人公らのグループは当初快進撃を進めるが、やがて「世直し」の路線を
めぐって対立、そうした主人公らの動きを察知したメディア王らが金と権力を
エサに、主人公たちを分断しようとするが…

C案
 主人公らの最初の情報テロがとんでもない結果をもたらし、彼は自身の力に
恐れおののく。グループから脱走した主人公は一人、追手となったかつての
友人たちとバトルすることになるが…

この程度ならいくらでも出てくるな

323 :この名無しがすごい!:2011/04/28(木) 11:34:22.54 ID:Qtv553aM
昨日の夜やたらテンション上がってプロットひとつ仕上げたが、今朝起きてみたら酷い出来だった……

324 :この名無しがすごい!:2011/04/28(木) 17:00:26.19 ID:aZLeOeTm
うpればいいとおもうよ

325 :この名無しがすごい!:2011/04/29(金) 00:20:58.72 ID:aKqYiWl+
こえだけ聞くと良いキャラに居鳴ってしまう

326 :この名無しがすごい!:2011/04/29(金) 23:44:16.51 ID:e0dvYvIH
ここであらすじを書き込んで、もし本編を作るならどこにその物語を置くんですか?

本編を書いて完成して公開するなりどこかに投稿するなりしたら出所バレちゃうじゃん。
評価してもらいたい気持ちも解るけどさ。

327 :この名無しがすごい!:2011/04/29(金) 23:48:06.01 ID:ESWWgQHy
何を言いたいのかよくわからない
あとsageろ

328 :この名無しがすごい!:2011/04/30(土) 00:42:37.72 ID:JMVB2cN1
なにが言いたいのか分からんでもない
あとsageろ

329 :この名無しがすごい!:2011/04/30(土) 01:25:55.28 ID:9wuayooY
何を言いたいのかよくわからない
あとsageろ

330 :この名無しがすごい!:2011/04/30(土) 02:14:55.38 ID:Q/9yCiQA
なんだかわからんがとにかくsageろ!

331 :この名無しがすごい!:2011/04/30(土) 17:26:00.69 ID:jHeMnXP1
お前らのせいでhageたじゃないか!!!11

332 :この名無しがすごい!:2011/04/30(土) 20:32:33.42 ID:JMVB2cN1
お前らの肺にkageがあります…

333 :この名無しがすごい!:2011/05/04(水) 11:35:27.87 ID:q98Qjz7q
【アドレス】ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0578.txt
【タイトル】ホムンクルスもの(仮)
【ジャンル】異世界ファンタジー、ホムンクルス、バトル、恋愛
【評価基準】
・長いけれど、面白さは感じるか?
・何か流れ的に矛盾している点などは?

「限られた文字数で物語をまとめる」から「執筆に向けて役立ちそうな詳細なプロットを考えてみる」
という段階にシフトしてみて、物語の流れを細かく書いてみたものです。

 プロットにしてはとても長いと思います。3万文字くらいあります(汗)
 あまりにも長く「こうした詳細を記したプロットで、作品の面白さは伝わるのかな?」という
疑問と不安があったため、何か光明を見出すためにご意見をいただければ、と思っている次第です。
 よろしくお願いいたします。

334 :この名無しがすごい!:2011/05/04(水) 13:07:34.17 ID:T773yBuf
【アドレス】ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0579.txt
【ジャンル】ラブコメ? 妹もの
【タイトル】雨打たれ、一人のうさぎが思うこと
【評価基準】
・面白そうか。
・既存の作品と被ってはいないか。です。よろしくお願いします。

335 :この名無しがすごい!:2011/05/04(水) 16:48:06.99 ID:8QdOa+9J
>>333
もう書いちゃえよ。

336 :この名無しがすごい!:2011/05/04(水) 17:32:32.49 ID:1f4N4fyj
>>333
そこまで行ったならもう書けば?
プロット読んだ限りじゃ好みの話じゃないけど

>>334
丸被りは知らないけど特に斬新さもないから探せば似た話はいくらでもありそう
この分量のあらすじから面白そうかどうかなんて判断はできない
ギャグメインの話なら読みたいとは思うが普通のラブコメでこれなら読むことはないかな

337 :この名無しがすごい!:2011/05/04(水) 22:32:45.00 ID:EoQ2AjHb
>>333
不要なエピソードが多すぎて、面白いとは思えなかった。
俺だったらチャプター1〜4、12、13は全部カットする。
コンセプトから考えたら、姉やバレッドはストーリー上不要だし。

矛盾に関しては、細かく見ていけば色々あるんだろうけど、
それよりもシガラの心情変化に難がある。
元々優しかったシガラが高慢になって、そこにヒロインが現れて、
結局元通り優しい性格に戻るだけでしょ?
わざわざ遠回りの過程を見せられただけで、主人公は何も成長して
ないのかよ、みたいな。

あとは、世界観が全くストーリーに生きてないのが気になった。
主人公がホムンクルスである必要がないし、人形がストーリーに絡んで
こないし、最終的に真理干渉同士のただの能力バトルになってるし。
ビジュアルイメージのためだけに世界観設定してない?


338 :この名無しがすごい!:2011/05/04(水) 22:47:51.71 ID:EoQ2AjHb
>>334
正直、どこが面白いのかさっぱりわからん。
面白ポイントの解説が欲しいくらい。

被ってる作品は知らないけど、よくあるラブコメアニメの
第1話だけ抜き出したようなストーリーだな、と。

全体的に、読んでて「あれ? もう終わり?」って印象。
>>336も言ってるように、分量少なすぎて判定不可能です。



339 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 00:10:20.47 ID:3IK/ktVT
>>334
桜沢エリカって実在の漫画家がいるので、その名前はやめた方がいい

兄が重度のシスコンの理由が分からないけど、
そこは明らかになるの?


340 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 20:52:44.00 ID:Gl9Kxroa
賞に応募する1200字のあらすじです
専用ロダにうp出来ませんでした。すみません。
【ジャンル】駅馬車モノ
【タイトル】小競り合い
【評価基準】
・話の流れが伝わるか
・面白そうか
・他に何か意見があれば書いてください。

341 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 20:55:43.90 ID:Gl9Kxroa
人間の動きを観察する神『私』視点で進む物語。
 1981年 マンハッタン。
 発端は富豪メレンデス家の当主が逝去したこと。
 遺産は太平洋上の孤島で遺族に配当される。メレンデス家の人間と、
 彼らの親族であるナヴァーラファミリーの人間は客船グランドシェイ
 ド号で孤島に向かう。
 その航行は孤島に着いた後ニューヨーク港で乗せた乗客をイギリスに
 運ぶビジネスも兼ねている。
 その船をナヴァーラと敵対関係にあるリッジョファミリーと、メレン
 デス家が運営するJJ社の発明品を狙うラッセル社に雇われた犯罪者崩
 れの集団が襲った。

342 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 20:58:11.44 ID:Gl9Kxroa
 セイレーンとは船を沈める女の精霊のこと。
 歌声に操られた乗客達は甲板に引き寄せられた。
 操られた船長は倉庫に行って爆薬で船に穴をあけた。潜伏場所にやっ
 てきた船長を見て旅行中毒者達はその場を逃亡。
 乗客達に意識が戻ると老人がセイレーンの仕業だと騒ぎ乗客全員にセ
 イレーン騒ぎが広がる。海に浮かんだ岩礁に一人の少女――エミリア
 が立っている。それを救出しに行くクリストファーメレンデス。リッ
 ジョ達と犯罪者達はその場から逃亡。少女を救出したクリスは彼女か
 ら聞いた話で、彼女は犯罪者達の一員であり自分の乗っていた船をセ
 イレーンに沈められたこと、彼女達は会社に弱みを握られて無理やり
 雇われているという事を知った。そこでクリスは彼女がこの船で死ん
 だことにして会社から救い出すことを考えた。

343 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 21:00:35.94 ID:Gl9Kxroa
 ナヴァーラの幹部兄弟は爆発があった倉庫へ向かう。
 父子家族の父親も船からの脱出手段を探して倉庫へ向かう。
 幼少の頃からあらゆる知識を吸収していた船長は私の存在を知ってい
 た。不可視の何かと話す彼を見て父親と幹部兄弟はその場から逃亡。
 船内では人間が蒸発するように死ぬ事件が多発していた。犯罪者達が
 持ち込んだ特殊な銃が原因だった。
 その銃を巡って争いが起こる。リッジョのボスは父子家庭の娘を人質
 に取るが彼の飼い犬が咥えて運んできた特殊な銃で幹部兄弟に返り討
 ちにされた。

344 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 21:02:55.04 ID:Gl9Kxroa
 クリスは犯罪者達の上司に殺された。そのことに怒ったエミリアは上
 司と戦う。特殊な銃を手にした上司に追い詰められるが上司は駆けつ
 けたクリスに倒された。彼にセイレーンが憑依していたためダメージ
 が無かった模様。
 船は沈んだが孤島が近かったので乗客は泳いで避難した。
 船長は船から脱出できず死亡。
 父子家庭は母親と再開。母親は四人いた。
 旅行中毒者達は密航を成功させた。
 エミリアに一目惚れしていたクリスは彼女を引き取った。

 終わりです。よろしくお願いします。

345 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 21:28:45.02 ID:mMwZeE0t
>>340
流れを理解するのに苦労した
いきなりセイレーンが出てきたり(野生なのか敵対者が用意したのか不明)、
唐突に船長が『私』と会話を始めたり、脈絡がなさ過ぎて混乱する

面白くなさそう
バトル描写に自信があるなら、それなりの仕上がりにはなるかもしれない

ていうか『私』必要なくね?

346 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 21:36:11.55 ID:Gl9Kxroa
『私』は色々と話に関わってくるのですが1200字では描写し切れませんでした。
他の所も字数が足りずに描写できなかったりしています。

今回始めて賞に応募するのですが、展開をきっちり細かく書かないとあらすじとして認められないんですか?

347 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 21:43:27.61 ID:Gl9Kxroa
書き込みミスでした
書きそこなった文章です。
 
 グランドシェイド号には知識を得る為なら乗客の命を簡単
に切り捨てる船長、常に旅行をし続けていないと精神的に参
ってしまう旅行中毒者、そして別れた妻とヨリを戻すために
イギリスへ向かう父子家族が乗っていた。
 旅行中毒者はイギリスへ行きたいが金が無いので密航。
 リッジョの全員と犯罪者達の内幾人かが船内のバーで争い
始める。リッジョのボスの飼い犬が怯えてどこかへ逃げる。
他の乗客にも被害が及ぼうかという時にある歌声が響いてき
た。それは怪物(セイレーン)の歌声。

「ラッセル社に雇われた犯罪者崩れの集団が襲った」と、
「セイレーンとは船を沈める女の精霊のこと。」
の間に挟まります。

348 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 21:53:16.80 ID:8r2ZxLfj
>>346
>『私』は色々と話に関わってくるのですが1200字では描写し切れませんでした。
いや、そこは何を置いても書くべきところなんじゃないか?
あと展開をきっちり細かく書く必要はないよ。要約しておk
文字通り、「粗」筋だしな

349 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 21:58:12.51 ID:Gl9Kxroa
分かりました。
どうにか工夫して書いて見ます

350 :この名無しがすごい!:2011/05/05(木) 23:20:54.46 ID:FKY5JZGL
>>>333です。

不要な箇所、が自分では把握できなかったので、不要部分についての助言は
参考になりました。ありがとうございます。

主人公の心情については、「素の自分を出せるようになった」というのを成長
として表してみたかったのですが、それが伝わっていないのでしたら私の力不足
ですね。精進します。

世界観との絡みについては、ああした幻想世界の枠組みに翻弄されている、という
意味ではきちんと絡ませたつもりではいたのですが……こちらも表現の仕方が悪かった
のだと思います。

その他、目を通して一言くださっただけでもありがたい助言でした。
なんとか改良を重ねたいと思います。ありがとうございました。

351 :この名無しがすごい!:2011/05/06(金) 19:35:25.59 ID:RqdcxTlT
【アドレス】 http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0586.txt
【ジャンル】ちょっと非現実、人間ドラマ
【タイトル】リコール
【評価基準】
短編として面白そうかどうか
設定に無理が無いか
このまま一話完結の本を書けそうかどうか




352 :この名無しがすごい!:2011/05/06(金) 21:30:43.29 ID:R8VRYDiS
>>351
これはちょっと物語として成り立っていないような……
最後の解決方法が偶然に写真入れを落としたから、ってのはご都合主義すぎて感動もクソもないよ
この部分にどれだけドラマを盛り込むかが、この手のジャンルの勝負所なんじゃないのかな

過去を覗くことと両親の行方を追うことにもっと深い因果関係を持たせて、ドラマを濃密にして欲しい
こまのままだと設定倒れぎみだと思う

353 :この名無しがすごい!:2011/05/06(金) 22:14:33.84 ID:1jthbkAm
>>351
自分も設定倒れな話だなという印象を受けました
もう少し現在の状況と過去の出来事に
伏線やドラマを持たせて膨らませてほしいです
それと矛盾というか首を傾げる点が多いかと

・椅子の設定では過去に干渉できないのにどうやって事情を聞いた
・祖父母に育てられたのに何故「本当の」両親?
 まるで祖父母が血の繋がらない偽者みたい
・この手の報酬に金を支払うのは即物すぎて嫌。しかも高すぎ

全体的に練りが足りないと感じました

354 :この名無しがすごい!:2011/05/06(金) 22:19:21.67 ID:RqdcxTlT
>>352
ご都合主義すぎるかぁ・・・じゃあ両親は娘だと気づいてないとかはありがちだけどどうだろう?

>>353
>過去に干渉できない
 生まれたばかりの自分の前でしてた会話を聞いただけということで
あと「本当の」は余計でした。両親。


店はそこに存在するものじゃなくて、必要な人の前に現れるとかいう設定にすれば
報酬云々は必要なくなると思います。


練が足りないのはおそらく今日の仕事中にふと思いついたものだからだと思います。
というか設定考えたのは帰宅中っていう

355 :この名無しがすごい!:2011/05/07(土) 16:40:14.68 ID:No8yrUvc
>>354
じゃあもっと練りこんでからこいっばよ。
ここはプロット晒して感想もらうスレであって、設定晒して感想もらうスレじゃないぞ。

356 :この名無しがすごい!:2011/05/07(土) 18:11:05.65 ID:V+ChDyYD
ノリで晒しちゃった、みたいな言い訳する奴多いけどさぁ
結局そういう奴らって自分を否定されたくないオナニー野郎の気があるよな

いや、>>354だけを非難するつもりはなく、全体としての印象で

思いつき晒しただけだから否定されても仕方ない、自分の実力はもっと高いんだ、みたいな
そういう後ろ向きの予防線、マイナス思考の自己弁護、やめた方が良いと思う
自分の作品、自分の設定なんだから、もうちょっと愛情をかけてあげても良いんじゃないかな


357 :この名無しがすごい!:2011/05/07(土) 20:25:31.50 ID:efaCbeUp
そして誰も晒さなくなった

             あらすじ.プロットを晒し感想を貰うスレ 完

358 :この名無しがすごい!:2011/05/07(土) 21:01:48.57 ID:aaCq7YlC
思いつきでもいい、たくましく育ってほしい

359 :この名無しがすごい!:2011/05/07(土) 21:23:07.06 ID:zS4uXex+
広島のおとっつぁんも言っていた。
「Mになれ。踏まれても踏まれてもまっすぐに育つMになれ」と

360 :この名無しがすごい!:2011/05/08(日) 04:00:20.45 ID:zFdorGZJ
xxxholic

361 :この名無しがすごい!:2011/05/14(土) 19:05:32.26 ID:AD595jqk
>>359
ゲンの父ちゃんって名前出てたっけ?記憶にないわww

362 :この名無しがすごい!:2011/05/14(土) 19:08:52.55 ID:mH+RS1kV
よろしくお願いします。

【ジャンル】空の境界みたいな伝奇
【タイトル】まだできてない
【評価基準】面白そうかどうか

主人公は昔親に捨てられ、そのショックからそれまでの記憶を全て失った。
孤児院で育った主人公は、表面では親を憎んでいるが、奥底では孤独を感じている。
そんなある日のこと、主人公は夢で何者かが化け物と戦っている夢を見る。
これは幼いころから何度も見ている夢である。その夜、道で謎の化け物に襲われて死にかける主人公だが、
一人の少女に助けられる。少女は「お兄ちゃん」と主人公を慕い、寄り添ってくる。
だが、少女の姿は主人公以外には見えない。主人公を襲った怪物さえも、誰にも
見えていないのだ。





363 :362:2011/05/14(土) 19:10:24.59 ID:mH+RS1kV
続きはちょっと待ってください

364 :362:2011/05/14(土) 19:19:43.78 ID:mH+RS1kV
少女はこれを「呪い」と言い、これを解くには主人公が化け物を倒して、化け物が持っている記憶を
取り戻す必要があるというその為に自分と来てほしいと。
だが主人公はそれを拒絶する。自分を捨てた親との記憶などいらないと、
むしろ「呪い」お前ではないかと。少女は傷つき、その場を去っていく。
そして、主人公は病院のベッドで目覚める。夜道で倒れているところを発見されたらしい。
全ては夢だったのだ。自分は気が狂ったと思った主人公は、病院に精密検査を告げられる。
これで全てが終わったと思う主人公。だが、夢の中で出会った少女が化け物と戦っている
所を病院で目撃する。少女は劣勢だったが、主人公は幻覚だと言い聞かせて無視する。
相変わらず、主人公以外には見えていないのだから。その後、医者に呼び出された
主人公は意外な検査結果を告げるられる。

365 :362:2011/05/14(土) 19:26:02.26 ID:mH+RS1kV
医者は告げる。ミッシング・ツイン。主人公の肉体の中にもう一つの肉体が眠っていると。
それは、主人公が母親のお腹の中にいた時、主人公と同化したもう一人の双子の兄弟だと
少女の姿が主人公の脳裏をよぎった。主人公は少女のもとに駆けつけることにした。
少女は今にも怪物にやられそうになっていた。少年はこの光景に見覚えがあることを思い出した。
それは長年見ている夢であった。少女は何年も主人公を守っていたのだ。
主人公は少女と共に、化け物と戦う決心をする。


366 :362:2011/05/14(土) 19:33:14.49 ID:mH+RS1kV
そして苦戦しながらも、化け物を打ち破る。こうして「呪い」は解け、化け物は
主人公の記憶を解放する。そして主人公は思い出した。子供の頃、精神世界で少女と遊んでいたこと、
親に虐待されて捨てられたこと、その時の苦痛の記憶を全て「呪い」にして、少女に押しつけたこと。
そして自分は全てを忘れたこと。主人公は少女に謝罪する。少女もそれに応え、
家族になる契約をする。誰にも見えない、二人だけの家族。そして少女はおもむろに
指さす。その方向には、数え切れないほどの「呪い」がいた。主人公の
戦いはまだまだ続きそうだった(終)

367 :362:2011/05/14(土) 19:36:38.22 ID:mH+RS1kV
とりあえず晒し終わりました。人物の名前、戦い方とか細かい所はまだ決まってません。
「呪い」(笑)とかも恥ずかしいので、なんか良いのに変える予定です。
あと、主人公とヒロインが出会ったあと、親睦を深めるイベントとかも挿入していきたいと思います。

368 :この名無しがすごい!:2011/05/14(土) 20:04:51.23 ID:5qwp9r8A
>>362
物語の分類の仕方は数多くあるけど、ちょっとこの分類をあなたのプロットに当てはめて欲しい

・主人公の行動が物語中の社会に影響があるかどうか(Y/N)
・主人公の行動が物語中の小規模なコミュニティに影響があるかどうか(Y/N)

この話は、どちらもNoだと思う
主人公の内面世界で完結してしまう、広がりの少ない物語
主人公の頭の中だけでドッタンバッタンとやるのが果たして面白いかどうか

要するに登場人物少ねえよってこと

369 :この名無しがすごい!:2011/05/14(土) 21:03:23.37 ID:w7CZcAJS
>>362
面白そうかどうか、かあ。何とも言えないなあ…。
技量次第では面白くなる可能性はないとは言い切れない。
でも、基本的に頑張ってるのは妹で、主人公は何もしてないに等しいから、
相当な技術がないと面白くならないだろうと予測する。

370 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 01:11:39.92 ID:GwqBR/Zq
これは近親姦的になるね。
それをどう処理するか。

らんま1/2みたいに 性別が入れ替える要素を入れてみたら?

371 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 02:11:10.31 ID:KsNjsl7+
ジャンル[冒険SFロボット?]
題名[未定]

近未来、太平洋アメリカ領の小島で様々な種類の最先端兵器群のデモンストレーション兼展示が行われる。
しかし空中より大量散布されたナノマシンと、同時感染したメモリを書き換えるコンピューターウイルスによるテロにより状況は一変する。
兵器達はウイルスによるメモリの書き換えとナノマシンにより内部又は外部に作られた「新部」により疑似的な生物性を会得する。
疑似生物と化した兵器群の暴走により島は封鎖。
島周囲の空気中のナノマシンにより精密機器は全て疑似生物になる恐れがありミサイル攻撃さえままならない。
結果的に島は封鎖され、十五年の間放置される。
その後、一度だけ調査団が派遣されるも、一人の行方不明を出し撤退。
すいません続きます。

372 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 02:21:51.77 ID:KsNjsl7+
更に十年後、再び調査団が訪れた。
主人公はその内の一人で行方不明者は彼の父親。
島はジャングルとなり、疑似生物化した兵器達が互いを食い合いキメラ的に進化していく弱肉強食の場となっていた。
そこで兵器に追い詰められた主人公が出会ったのは大型ロボットをベースにした疑似生物化兵器。
シヴァと名乗るそれは何故か人間とまともに対話できる知性を備えていた。(野生的だけど)
今までは火気管制にロックがかかっていたため、機体能力と格闘のみで戦ってきたシヴァだが、
主人公を乗せることでロックが外れ、真の力を発揮する。
主人公は父親の行方を探しながら、二十五年前のテロの真意に近づいていくことになる。
すいませんまだ続きます。


373 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 02:37:15.94 ID:KsNjsl7+
多脚歩行で陸上を走る戦艦、戦車砲を持つ戦闘ヘリなど多数の歪なキメラ兵器を倒しながら島の中心部へ。
島の中心では成長したキメラ兵器同士が融合する巨大な塔が造られつつあった。
やがてシヴァと同じ知性能力をもつキメラ兵器、ヴィシュヌによりテロの真意が語られる。
二十五年前、当時進んでいた大気圏外へとどく「軌道エレベーター計画」が国同士の軋轢により中止される。
ある科学者の一団が人類進歩のためにはエレベーターが不可欠であるとし、テロを計画する。
内容は「疑似生物化した兵器を素材として使い、超長期的な時間をかけた、疑似生物知性による軌道エレベーターの建設」
さらにはエレベーター自体に疑似生物をベースとした独立知性を持たせ、人類との交渉者兼パートナーとなるあらゆる国の軋轢に左右されない人格を持つエレベーターの製造が目的だった。
弱肉強食も知性の統合と学習のためである。
そしてヴィシュヌはその統合者として最後に融合する疑似生物であり、
シヴァは失敗の際のセーフティーとして破壊信号をもつ疑似生物だった。

すいませんまだ続きます

374 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 02:42:02.28 ID:1kocFPRQ
なるべくまとめてから書きこむことをオススメするぞ
10分ごとにポツンポツンと投下されたら他の人が書き込みにくいじゃないか

375 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 02:44:06.65 ID:KsNjsl7+
しかしヴィシュヌは人類に反目、支配しようと考える。
ぶつかり合うヴィシュヌと主人公・シヴァ。
激闘の末、主人公とシヴァは勝利する。
完成直前だった軌道エレベーターは自らの判断でブラフマンを名乗り、現在の人類をパートナーとして未熟と判断する。
しかし未来への希望を込め、エレベーターを宇宙船に作り替え、彼方で待つと宇宙へ旅立っていく。

判断して欲しいポイントは
・単純に面白いか否か?
・話に矛盾はないか?
・そのほか思ったことを何でも
ではお願いします

376 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 03:50:32.51 ID:G+cVIt0k
【ジャンル】ミステリっぽい?
【タイトル】リアリズム -欠落天才と夢追う凡人-
【評価基準】かぶった作品、似た作品が無いか(あるなら読んでみたいのでタイトルを教えてください)
      カテエラが発生しそうなので、どのレーベルに出すべきか


ある町で、連続誘拐事件が発生した。
1番目の被害者は女子高生、2番目は男子小学生、3番目は女子中学生。
高校生以下の若者という点を除いては、犯行時刻や発生場所にすら3人に共通した点が無い(ただし2番目と3番目は兄妹)ことに加え、身代金の要求も無い謎の誘拐事件だった。
日々が退屈、何か面白いことが起きればいいのにと常日頃思っていた【主人公】は探偵ごっこと称してこの事件を追うことにした。
容疑者としてピックアップされたのは3人の女子高生。
あらゆる分野の天才である【先輩】。頭はいいが性格に難のある【変人】。ネットに精通し情報収集に長ける【妹】。
3人にはそれぞれ誘拐事件以外の秘密を所持しているようで、【主人公】は【妹】からの情報提供を頼りにその秘密を明かして行きながら、本筋である誘拐事件を解決していく。



377 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 03:52:48.88 ID:G+cVIt0k
種明かしとしては、【主人公】=【男装していた最初の被害者女子高生】で、2番目と3番目の兄妹は【主人公】にそそのかされて祖母の家に家出していただけだった。
(祖母や兄妹は【主人公】が誘拐されたという自演をしていることを知らないので、大した騒ぎにならないだろうと思っていたが、連続誘拐事件として大事になってしまった)
主人公は探偵でありながら被害者兼犯人。動機は面白いことがしたかったから。誘拐にしたのは誰一人死なすことなく傷つけることもないがしかし大事になるであろうから。
【妹】は当然【主人公】の本当の妹では無く、頼んでフリをしてもらっていた(その方が3人が通う高校に忍びこみやすいから。ただし【妹】には男装のことや1番目の被害者であることは隠してある)
最終的に【主人公】の企みは3人に看破されるが、それはそれで面白かったと納得。何事も無かったかのように普段の生活へ戻る。

大雑把に書けばこんな感じです。キャラは個性的にして萌えも取り入れるつもりです。面白く出来そうですかね……?意見ください。


378 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 04:40:36.61 ID:hlQsiV7L
>>371
面白いかとか矛盾はないかとかは本編で評価はいくらでも変わってくるだろうけど
あらすじだけ読んで答えろというのならかなり酷いよ

主人公がどんな奴かも不明で
唐突に出てきた相方と一緒に戦って敵のボスに会ったらそいつがベラべラ真相をしゃべると話は平坦で糞つまらない

ナノマシンとかキメラ兵器なんてEMP攻撃で一掃できるんじゃね?
おあつらえ向きに孤島なんかにいるのだし本気で排除するならなんとでもなるでしょ
というよりも自国領内で最新兵器がテロで暴走しているなんて危険過ぎる状況なら意地でも排除するだろうし

軌道エレベーターが人類の進歩にどう関わっているのかも不明
そもそも人類の進歩に軌道エレベーターが必要なのに軌道エレベーターさん本人が人類は未熟だっつって宇宙に行っちゃうって致命的な矛盾だよね
未熟だから進歩に軌道エレベーターがいるんでしょ?

それにスパイ衛星から島の様子なんて丸見えなのに調査団を送る意味って何とか
完成直前の軌道エレベーターなんてデカブツは島の外からでも丸見えでしょとか
軌道エレベーターなんてシロモノを作れるだけの大量の資源がその島にあった兵器だけで足りるのとか矛盾だらけ

なによりヒロイン無しはキツイね

379 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 05:06:47.76 ID:JTyhBxD/
>>371-375
ターミネーター+トランスフォーマーみたいな……
だから面白いかどうかといえば面白くなると思うよ。近未来SFとしてはよくある設定だし。
これをマイケル・ベイとかキャメロンが映画化したらワクワクして見ると思う。
大筋に真新しさは感じないけど……
王道だから敵キャラとかバトルをうまく描ければそりゃ面白くなるでしょう。
多脚歩行で陸上を走る戦艦はちょっと大げさでステキと思ったかな。

あえて矛盾を出すとしたら……
・兵器を素材にこれを計画した科学者は最初から頭がおかしいと思う
・エレベータに人格があったら国の軋轢に左右されずに使えるという理屈がよくわかんない。
・エレベータに25年かかったのに急に宇宙船になれてびっくり
・そもそもこんなナノマシンと軌道エレベータではどっちが先進テクノロジーなんだろう
でもまあラノベだからいいか、っていうレベルの話

それより何より、ラノベとして致命的、いやハリウッド映画としても致命的だと思うのは、登場人物が主人公だけってことかな。
あ、調査「団」だから他にもいるのか……
でもね、人間対人間で利害関係があったり葛藤がないと人やキャラが描けないし、そういう人間ドラマをプロットに盛り込んだ方がいいんじゃないか、と思った。

380 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 05:15:08.97 ID:hN6IHyyW
>>371
軌道エレベータを地球側から建造していくのは至難の業(つか、強度的に不可能)なので、舞台は地球の衛星軌道あたりにしないと
いろいろと突っ込まれるんじゃないかな
つうか、機械を疑似生物化してエレベータを自己建造させる超技術を持ってる時点で、テロをする意味がわかりません
小惑星か何かにナノマシンをばらまいて衛星軌道まで移動、自己防衛しながら軌道エレベータに育つのを待つ、でいいんじゃね?
やろうとしていることは面白いと思うので、もうちょっと細部を煮詰めた方がいいかなあ、と

381 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 05:44:36.46 ID:JTyhBxD/
>>376
はんにんはヤス……
これ、読者に対しては叙述トリックを仕掛けてるわけ?
それ自体はもう真新しくも何ともないと思うんだけど……
こういうのは、種明かしの段階で読者を納得させるのに技量が必要。

人がいなくなったのに犯人から家族に何もコンタクトがなければ誘拐じゃなくて失踪。第三者から見れば家出かも知れないでしょ。
自演のために主人公が電話なりしてるのだとしたら、誘拐された兄弟がそれを分かっていない以上、本当に誘拐。主人公は逮捕されます。

でまあ、ミステリとしては、単に「原因不明だけど3人が誘拐された」だけでは成立しないでしょ。
現場が密室になってたとか、大衆の面前で突如消えたとか、何かトリックがないと読者をひっぱれない。
あと3人の女子高生なんてものが誘拐事件の容疑者たりえるには余程の理由が必要。天才だから容疑者、ってことはないし。
そういうのが描かれてない限りプロットとしては読めないかな。

とか思ったけど、そのへん誤摩化してもギャグとして面白ければラノベだから成立するんじゃないですかね。
キャラがすっごい個性的になって、すっごい萌えも入るんであれば。

かぶった作品?ポートピア連続殺人事件……

382 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 06:08:08.19 ID:Sk+CeWhw
>>371
00を思い出した。ゲームでありそうな設定ではある。
プロットとしては悪くないと思う。

383 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 13:57:47.16 ID:awNMxte9
>>376
>かぶった作品、似た作品が無いか

「犯人 主人公」でぐぐればいいよ。

面白そうかどうかについては、ミステリー風ギャグコメディならギリで許されるレベル。
失踪にしても誘拐にしても、事件となるからには警察がでてきているはずで、兄妹の父母が祖母に連絡を取ったりもしてるはず。
その状態で「祖母の家にいただけ」は、はっきり言って成り立たない。

384 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 16:44:54.41 ID:G+cVIt0k
376です

>>381
ご意見ありがとうございます。
一応補足しておくと、兄妹が誘拐されたと警察に連絡したのは祖母で、兄妹の親は育児放棄にも似た状態だったので無関心、祖母はそれを見かねて一芝居うった、という設定です。
【主人公】の誘拐は、両親が海外旅行に行っていたため被害届も出てなく、【弟】が失踪してから『調べてみると昨日から行方の知れない女子高生が一人、これは連続誘拐事件では?』と警察が当たりをつける。
【主人公】は【弟】に話を聞いて、「そんな酷い親なら家出してお祖母ちゃんの家にでも行きなよ」とそそのかしただけ……
(その際、【妹】の制服を着て女子高生姿だったため、目撃情報から警察が【3人】の通う高校に来て調査、アリバイなどから【3人】が容疑者としてピックアップ)

こじつけのような設定ですが一応筋は通って…………もう少し練ってみます。
あとポートピア殺人事件読んでみます。教えて頂き感謝です。

385 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 16:48:14.81 ID:G+cVIt0k
376です

>>383
ご意見ありがとうございます。
ぐぐりました。いっぱい出てきました。ぼくの発想などすでにやりつくされていることが分かりました。南無…

なるほど、コメディ風にするんですね。もっと会話増やしてテンポよくしてみます。

386 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 18:57:12.90 ID:KsNjsl7+
>371です
>378指摘ありがとうございます。
やはり勢いでプロット組んだので、アラ出まくりですね。
冷静に考えると指摘の点全てごもっともです。どー考えても質量足りません。
論理的に破綻しているSFとか最低だW
ストーリーもボスキャラがグダグタ語るのはやめにしてもう少し散らすなりで曲げてみようと思います。

387 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 20:38:39.33 ID:KsNjsl7+
>371です
>379指摘ありがとうございます。
最初考えてたのが「ジャングルの孤島で獣化したキメラ兵器がど突き合い」で
バラバラの個がまとまって巨大な個になる末期のゲッターロボな展開にしたい
→でも宇宙船とかありがち
→そうだ、軌道エレベーターを造らそう
と考えて後から話を継ぎ足して考えました。
・兵器を素材にこれを計画した科学者は最初から頭がおかしいと思う
はい、どう考えてもおかしいです。
・エレベータに人格があったら国の軋轢に左右されずに使えるという理屈がよくわかんない。
考えていたのは、「人類全体と対等かつギブアンドテイクな付き合いをする人工知能をつくり、対する人類も国の枠組みを超えて結束して交渉させるように促す」でした。
・エレベータに25年かかったのに急に宇宙船になれてびっくり
変化早すぎですね。二次策で作ってたというほうがいいでしょうか
・そもそもこんなナノマシンと軌道エレベータではどっちが先進テクノロジーなんだろう
どう考えてもナノテクがオーバーテクノロジーですW
主人公以外の調査団は主人公のバックアップ役と考えていたのですが、やはりいろいろ対立する人間を考えてみます。

388 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 20:50:35.36 ID:KsNjsl7+
>371です
>380指摘ありがとうございます。
あとから調べてみたら地上から建設はかなり無茶だそうです。やはり大気圏外でつくる方式ではないと駄目か…… いっそ島自体を大気圏外に浮く人工島にするとか……
>小惑星か何かにナノマシンをばらまいて衛星軌道まで移動、自己防衛しながら軌道エレベータに育つのを待つ、でいいんじゃね?
たしかにそれが一番手堅い作り方ですね。
疑似生物でバトロワとか冷静に考えると無駄すぎるな。
もうちょっと設定を詰め直して、考え直してきます。
いっそほんわかコメディにまで内容変えてみるか……

389 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 21:36:19.08 ID:hN6IHyyW
>>388
ネタ自体は面白いと思うので、あまり変えちゃうのももったいないんだよね
いっそ、ナノマシンをばらまいたのを、「人類以外の超存在」にしちゃったほうがいいんじゃないかな
それくらいやっちゃえば、いきなり小惑星が大量に飛んできてにょきにょきとエレベータに成長して地上で建造されてた基底部とドッキング、
って無茶でもアリだと思うし
で、最後は超存在に不合格にされて、エレベータになりかけていたものが宇宙船になって、島の疑似生物を全部回収して飛んでっちゃう、とか
シヴァとかヴィシュヌに意志があるのも、その辺にからめれば説得力あるんじゃないかな
……ノリが60年代SFだけどw

島の映像的な面白さは捨てるにはもったいないと思うから頑張って

390 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 21:44:51.18 ID:WnBqXD2K
>>389
古くさくて懐かしいSFだなーと思ったらまんま60sかよw

俺はこの作品の肝は、
「絶対に人類同士の争いの元になる『軌道エレベータ』に、もし『心』があったらどうなるか」
だと思う。ちょっと前には見たことないSFだし、テーマとしてもキャッチーだ
というかこのテーマの前なら他の設定なんて霞んで見えるし、
盗んで書く気すら浮かんでくるほどの良い発想だと思うよ
そういう意味では超越者の存在はちょっと頂けないかな まぁ私見だけどねw

391 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 21:56:21.27 ID:hN6IHyyW
ああ、そこに主軸を求めるなら、たしかに変えちゃマズいな
あと本気で古くさいしw
あくまで、極端に変えなくてもなんとかなるんじゃね? という一例なんで、その程度に考えてください

392 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 22:21:49.75 ID:Fuw/9LHZ
ハードSF的な主題にまじめに取り組む姿勢は好感だが、ラノベの主購買層を考えると、
やっぱり美少女ヒロインなり厨二病要素なりを入れ込む必要はありそう。

393 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 23:33:26.78 ID:KsNjsl7+
>371です
>381
あれも軌道エレベーターが序盤は主軸でしたね。
>389
「超存在」ですか。
人間じゃないから人間には理解できない理由で動く、しかも人間以上のテクノロジーで。
とかはた迷惑で面白そうですね。
実は似た設定でコメディを作る話なんですが、
・人類が軌道エレベーターにより宇宙へ旅立ち地球を去り数百年後
・残された機械達は自己進化し、それなりに愉快な自我を会得するも、やることが得にないのでプログラム通り軌道エレベーターの整備などを延々やってる。
・主人公のロボット、シヴァは地中からカプセルを掘り出す。中には少女が。
・少女は精巧なアンドロイドだが、自らを人間と主張し人類を追いかけようと無理やり宇宙を目指そうとする。
・繰り返しに飽きてきていた周りのロボットや軌道エレベーターのAIは彼女に優しく気を使いつつ、その夢に付き合ってやろうとする
なんてのも考えてはいたんですけどね。

394 :この名無しがすごい!:2011/05/15(日) 23:34:15.10 ID:KsNjsl7+
間違えました。
>382です

395 :この名無しがすごい!:2011/05/16(月) 02:12:49.42 ID:iRN3C8zW
>371です
>392
ほとんど勢いなんで真正面とか言われると恐縮ですW
冷静に考えるとラノベ的に受けそうな美少女とか皆無ですね。
シヴァをツンデレなAIにしてホログラフィーでケモノ少女を出せるとか……だめだ
とりあえず調査団にヒロインを入れてみます

396 :記憶喪失した男:2011/05/17(火) 15:16:35.88 ID:3jeeB0z1 ?2BP(791)
ねえ、159ポイントって、なろうで何位ぐらいになるの?
ランキングの見方がわからない。

397 :記憶喪失した男:2011/05/17(火) 15:32:01.35 ID:3jeeB0z1 ?2BP(791)
すいません、誤爆しました><

398 :この名無しがすごい!:2011/05/17(火) 21:55:33.01 ID:ivrEjT9L
おまえらせめてコンぐらい面白いあらすじ書けよ

世にも奇妙な物語っぽいタイトルを書くと誰かが粗筋を書いてくれる
http://chaos2ch.com/archives/2710784.html

399 :この名無しがすごい!:2011/05/17(火) 21:55:44.53 ID:ivrEjT9L
すいません、誤爆しました><

400 :この名無しがすごい!:2011/05/17(火) 23:49:02.28 ID:+pa858UL
たった2レスと三行、一つのリンクで自分がどれぐらい馬鹿なのか分かりやすく表現するとは

401 :この名無しがすごい!:2011/05/18(水) 10:20:20.86 ID:1dv1ELoY
>>398

いがいにも面白かった。

402 :この名無しがすごい!:2011/05/24(火) 01:25:06.39 ID:Qa6Yq14X
【アドレス】 ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0631.txt
【ジャンル】 青春もの?
【タイトル】 Fantastic War
【評価基準】
・面白そうか
・既存の作品とかぶりはないか
・設定に無理はないか

この三点でお願いします。

403 :この名無しがすごい!:2011/05/24(火) 02:12:46.27 ID:0tOl4GUb
・面白そうか
あらすじの段階で引き込まれる部分はない

・既存の作品とかぶりはないか
舞台設定は違うけどあえて挙げるとソリッドファイターか
漫画なら格ゲーマーものは山ほどあるわな
それに格ゲーに置き換えてこそいるけどノリはありがちなスポコンだし

・設定に無理はないか
絶対音感のくだりとかドーピングとか無理がありすぎ
リアリティを無視してギャグや超展開にするならありだけどそれならもっと無茶をした方がいい

404 :この名無しがすごい!:2011/05/24(火) 05:07:58.56 ID:4uD102Gx
>>402
・小柄でふくよかな主人公
・言い捨てて去っていくヒロイン
・家庭教師として復帰を支援するヒロイン 咲

キャラ設定がどっかで見たようなものばっかりだな
目新しい要素ひとつくらい無いのか?
そもそも「オタク文化が高尚な文化として認められている世界」なんて設定必要あるのか?
都合よく話を進ませるための設定なのだろうけど、そういう世界観をちゃんと書けないなら駄作もいいところだぞ
それに、後半の展開がつまらん
ドーピング? 誰かの横槍で相手の集中力切れ?
ガチでやって勝たせろよ

405 :この名無しがすごい!:2011/05/24(火) 06:48:15.73 ID:/pJ1p04X
>>402
・面白そうか
起承転結や、主人公の壁とそれを破壊する流れを作ろうとしてるのは見える。
ちゃんと書けばそれなりに見られるものにはなるのではないかと思う。
ただ、ラストのどんでん返しを含めて目を引くような部分が一つもないから、「面白そう」とは思えない。
キャラの感情の動きや動機も強引な部分が目立つので、そこのマイナスが大きい。

・既存の作品とかぶりはないか
なんらかのゲーム・スポーツが舞台の青春モノは沢山ある。すでにジャンルとして確立しているものだから、被りまくり。
もちろんそれが悪いって話じゃない。むしろ大安定のジャンルだからいいんじゃない?

・設定に無理はないか
オタク文化が市民権を得ているってのは気にならない。
しかし舞台である格闘ゲーム周りのディテールがかなり怪しい。

・レギュレーションが大きく変化する『格闘ゲーム全般』てジャンルだと、必要な技術が違いすぎてプロが安定できない。
FWを公式格闘ゲーム(野球やサッカーのようにどこで誰がやっても同じルールの中で戦う)にでもしないと違和感。
・聴力で判断するより画面見たほうが早くない? ボタンを押してから画面のキャラがモーションに移るまで、大概のゲームは1フレームだよね?
向かい側の台から雑音混じりの音が届くのを待つより、モーションに反応した方が手っ取り早いと思うんだが……。
この設定は無茶すぎるなぁ、と感じた。
・ドーピングで視力を高めるのはまあ理に適ってるかな、と思ったが、主人公の壁である所の反応速度がこっちには適用されずにガン萎え。
通常の人ですら、「見えてるのに中段くらう」とか良く聞く話なのに。どうせならドーピングで反応速度を上げろよと。

正直設定は穴だらけ。物語が重要でリアリティは二の次派の俺ですらこう思うんだから、設定を気にする人にはかなり酷く見えると思う。

406 :この名無しがすごい!:2011/05/24(火) 21:51:03.70 ID:oYGkGeo8
>>402


>>402
そもそも絶対音感とはどんな音でもドレミに変換できる能力だよね?
それでゲームのボタンを区別するのにはムリがあるような……
せめて能力の名称を変えて欲しい。

音楽やスポーツでの活躍に価値がなくなるほどオタク文化を重視する世界なのに、弟が幻滅するのは理不尽。
てか弟の存在に意味が見いだせない。
せめて妹なら、超萌える書き方ができるならばラノベ的にあり。

あと何より致命的なのがゲームに勝たなきゃいけない理由が希薄ってこと。ていうかわけわかんない。
紅璃に勝って恋を成就させることかと思ったら
弟にいいとこ見せたいになり
咲の兄である快人のドーピングをやめさせるため
その全部なんだよ、っていうことかも知れないけど、1つ1つが弱い。
負けたらヒロインが殺されるとか、地球が滅ぶぐらいでないと。


407 :402:2011/05/25(水) 21:05:47.62 ID:c8FOHO6y
【アドレス】 http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0634.txt
【ジャンル】 現代ファンタジー 恋愛
【タイトル】 未定
【評価基準】
・面白そうか。
・既存の作品と被りはないか。

すいません、前に晒した物に対して批判が多かったので新しく書き直してみました。
かなり変化してますがお願いします。

408 :この名無しがすごい!:2011/05/25(水) 21:19:04.85 ID:b5Tp6mu2
>>407
>アニメ、ゲームなどのオタク文化が現在より社会進出を果たした結果

まず、最大のハードルは、ここをリアルに描き切れるかですね。
次に、

>自称妖精を名乗るニーア

このポジションは極めて類型的なので、コエムシやQBのように、突き抜けた点が無いと
評価されづらいと思います。

>一度、サッカーの大事な試合でpkを外し、もうサッカーなんてしたくないと願ったのだ。

まあ動機は動機だが、動機が弱い。
足を怪我してもうサッカー出来ない身体に!サッカーなんか消えちゃえ!くらいの強い動機が欲しい。

>自分の今の環境が昔に戻ってしまう

どのように戻って行くのか。ゆるやかなのか。一瞬なのか。この描写が第二のハードル。

>春はそれすらも了承し、世界は元に戻る。

だが、その後、春と紅璃はふとした切っ掛けで出会い、一目ぼれしてハッピーエンド〜。
……というような流れが王道のような気がする。

409 :この名無しがすごい!:2011/05/25(水) 21:19:38.81 ID:8Z+gJcio
>>407
1行目から日本語なんかおかしいという

ぶっちゃけ「妖精の力で世界が変わって……」って話にはそれほど魅力感じないな
なんでそういう都合の良い存在を登場させたがるの?
記憶を削除して終わりってのもなんだかなぁ

というか、この話の見どころはなんなの?

410 :この名無しがすごい!:2011/05/25(水) 21:41:20.98 ID:veJpYfpB
>>409
見どころは恋愛の過程ですが、いけなかったでしょうか
都合のいい存在と言いますが、これは個人的にハッピーエンドへ持ち込むための苦肉の策です
世にも奇妙な的な感じで上手い話はない、という終わりかたでもいいのかもしれませんが、それではラノベにならないかと
ですが妖精の存在が安易だと言うのなら考え直します

記憶をなくして終わりというのはそこまで批判されるべき点だったでしょうか
そもそも自分はこの物語をラノベとして昇華させようと考えています
全ての設定にリアリティを求めていたらラノベ的ファンタジーなど書けないかと

411 :この名無しがすごい!:2011/05/25(水) 22:11:54.93 ID:b5Tp6mu2
コエムシやキュウベイを超える妖精キャラが描けるなら、まあラノベにはなるかもな。

412 :この名無しがすごい!:2011/05/25(水) 22:18:34.39 ID:44x8AhZh
>>411
漫画とアニメだよねそれ

413 :この名無しがすごい!:2011/05/25(水) 22:59:51.29 ID:MUHlYAN/
>>407
実際に書く上でいろいろ補完されるんだろうから、プロットとしてはこれでいいかも知れない。
だけど、そもそも妖精とは何者で、なんで紅璃の願いを(それも世界の価値観をそっくり変えるほどの)叶えることになったのか、
「サッカーを貶めたい=オタク文化の発展」ではないので、何でオタク文化の発展が付加することになったのか、
何で固有の記憶が対価になるのか?
いずれにせよ、それらを書く時点で補完しないと成立しなくなると思うよ。

最後の対価って紅璃が持ってる春に関する記憶?春が持ってる紅璃に関する記憶?ちょっとはっきりしないけど、今のプロットだとどっちも変。
どうせなら、春がオタク世界を望んだからそうなった、でもそのせいで紅璃が活躍できない世界になった、春の恋は実りかけたけど、もとの世界に戻すことを選んだ、という方が自然な流れ。
対価が必要なシーンなら何か違うことを考えた方がいい。どうせ世界が戻れば紅璃の記憶は消える、それでいい。



414 :この名無しがすごい!:2011/05/26(木) 06:04:23.51 ID:UbzaYpz4
これは私の主観なのですが
妖精の行動、人の願いを叶えるということについて
これはつまり、妖精自身の生体エネルギーを確保するための過程に過ぎないと私は考えます

と言うことはつまり、この場合ニーアは食糧として記憶を求めたと、言うわけですね
そしてなおかつ、記憶の味はその価値が高いほどよくなると
ヒロインはただバスケをやりたくないと願っただけ、オタク社会を構成したのはニーアの意図
それは主人公とヒロインをつがいにすることにより自らが求める物の価値を高めるためだった

これなら問題ないですか?

415 :この名無しがすごい!:2011/05/26(木) 06:07:32.53 ID:UbzaYpz4
バスケじゃねぇや
サッカーでした

416 :この名無しがすごい!:2011/05/27(金) 00:26:50.86 ID:C06jO/YA
>>407
>オタク文化が発展を見せた社会。そこではスポーツは社会的に価値を大きく失い
本文で補完されるのかもしれないけど、やっぱりここに違和感あり

>この世界は紅璃がニーアに願って作り出した世界
人々は当然のようにオタクをマンセーしているのに
>何故なのかと考え込む春
どうして春だけこの世界に疑問を持てるのかがわからない

やりたいことは何となくわかるんだけど、苦労してるなあという印象
直すと別の箇所で問題が生まれそうな気がするので
行き詰まったらやりたいテーマだけ残してキャラも含めて全直ししてもいいかも、きついけど


417 :この名無しがすごい!:2011/05/27(金) 06:54:03.22 ID:TkK5R8LL
【アドレス】 http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0637.txt
【ジャンル】 ゆるゆるコメディアクション
【タイトル】 「ショックだよ! 即死くん」
【評価基準】
・面白くなりそうか
・主人公の特殊能力設定は成立してるか
・主人公の設定を生かせるプロットになっているか
・ライバル(黒威)の登場が遅過ぎないか
・既存の作品と被りはないか。

プロットを書くのも晒すのも初めてです。
勢いで書きましたが、推敲はしたので読める文章にはなってるはず。
・これを仕上げれば何DPぐらいになるのでしょうか。

418 :この名無しがすごい!:2011/05/27(金) 08:44:38.21 ID:fgwr/BON
・面白くなりそうか
微妙かな。
コロコロにある読みきり漫画をみている印象。
ヒロインは空気で主人公はクズにしかみえないし、設定も展開もよくある話。

・主人公の特殊能力設定について。
成立はしてるんだけど、生かせてはいないと思う。
これ、主人公の気絶設定が生きているのはオチの部分だけだよね。
それ以外の部分では自由意志で幽体離脱ができることにしても大差ない。

・ライバル(黒威)の登場が遅過ぎないか
遅すぎるってことはないけど、そもそもライバルとして機能していないような。
黒威がやっていることってヤクザ軍団と大差ないじゃん。

・既存の作品と被りはないか。
ぱっと浮かんだので三つぐらいあった。
っていうか「入れ替わり&時間制限で戻れなくなる」って王道ネタにもほどがある。

・これを仕上げれば何DPぐらいになるか。
文体や書き込み具合によっても変わるけど、20〜30DPぐらいかな。
連作短編の一話目。もしくは一章目ぐらいの長さしかないと思うよ。

419 :この名無しがすごい!:2011/05/27(金) 21:00:33.63 ID:Ur/hnbJi
>>417
・面白くなりそうか
ギャグがどれだけ冴えるかによるかもな。そこが滑ると全滅の可能性も。

・主人公の特殊能力設定は成立してるか
先祖代々なら父さんも出来るのかね?
父親も出来るなら戻り方とかも教えてもらえるだろうし、出来ないなら主人公が出来るようになるのはどういうわけか。
心停止しやすいからとかいうのなら、まあ納得しなくもないが…。

・主人公の設定を生かせるプロットになっているか
いいと思う。

・ライバル(黒威)の登場が遅過ぎないか
遅い。真っ先にそれを思った。
やりたい放題やってるときに顔を出せばいいじゃん。そこから逃げて(偶然)絢香に会えば。

・既存の作品と被りはないか。
優待離脱で別の体に入るなんてのは、もはや被りというよりジャンルと呼ぶべきものになってるし、
特殊な設定が被ってるわけじゃないし、別にいいんじゃないかと。

・これを仕上げれば何DPぐらいになるのでしょうか。
どのぐらい描写をするかによるし、省略されているイベントをどのぐらい書き込むかにもよるけど、
組事務所のこととかバトルとかを面白いイベントに仕上げれば、短めの長編には出来るんじゃないかな。

420 :この名無しがすごい!:2011/05/28(土) 02:14:26.36 ID:CiWxM1ny
>>418
感想ありがとうございます
> コロコロにある読みきり漫画をみている印象。
誉められた気がした

>「入れ替わり&時間制限で戻れなくなる」って王道ネタにもほどがある。
そうか……
大筋を制限時間で戻れなくなる、に持っていったのはありがちすぎたみたいですね
他の展開を考えてみます

全体的には可もなく不可もなくと解釈しました。
プロットなんで、肉付け次第といったところでしょうか。
がんばってみます

421 :この名無しがすごい!:2011/05/28(土) 02:15:03.13 ID:CiWxM1ny
>>419
感想ありがとうございます。
小説のギャグって難しいので、そこがキーになると旗色が悪い気がしますね。
主人公の父は能力使えません。プロットにいれそびれましたが、隔世遺伝の設定なので。
やっぱり黒威が遅過ぎますか。
あまり早く出すと、「勝ち方」のハードルが上がる気がして今の位置にしてみました。
>>419さんのおっしゃる位置も考えていたので、そうしてみます。

>>418さんのと>>419さんの感想を両方みて、やはり可もなく不可もなくなんだろうな、と思いました。
ぱっと設定を思いついてすぐにかけたので、おそらく小さくまとまってしまったんでしょうね。
新人賞で勝つためにはもっと尖らないと……精進します。


422 :417:2011/05/28(土) 13:14:57.46 ID:pOdw8g7x
【アドレス】 http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0638.txt
【ジャンル】 ゆるゆるコメディアクション
【タイトル】 「ショックだよ! 即死くん」
【評価基準】
・面白くなりそうか
・主人公の特殊能力設定は成立してるか
・主人公の設定を生かせるプロットになっているか
・既存の作品と被りはないか。
>>417から、あからさまな時間制限の設定は消滅させませたが……緊張感はそがれたような
>>417もまだ残しているので、よかったらそれとの比較の感想もお願いします。

>>417から感想を受けて改稿しました。
大きい変更点
・基本的にはあからさまな時間制限を無くした
・ライバルキャラ黒威を早く登場させ、そのバトルをメインに据えた
・序盤で「ヒーローになりたいが気の弱い主人公」という設定を加えた

あと、こまごまと変えています。

423 :この名無しがすごい!:2011/05/28(土) 18:53:15.29 ID:q4wM+Iac
>>422
改悪の一言しかない。

424 :この名無しがすごい!:2011/05/28(土) 19:05:39.70 ID:/YTCqSYn
プロが改稿という言葉を使う時、それは作品の
七割を書きなおすことを意味する。

425 :この名無しがすごい!:2011/05/28(土) 20:14:49.62 ID:nZavnRF2
>>422
文章で後々説明するんだと思うけど、途中から何で出たり入ったりが、自由に出来るようになってるの?
修行してなければ難しい事なのに、この短時間で出来るようになってるのはおかしい、と思う。
まさか、逃げ惑っているうちに、あら不思議、自由に出入りできるコツつかんじゃったわ、ってなるわけじゃないよね?
それをうまく説明出来ないと、話し自体が破綻しそう。
あと、前のプロットの時も言われてたことだけど、どう見ても主人公がクズすぎるし、ヒロインが空気。
それに、主人公のあとついて回って、挙げ句、巻き込まれ人質になる。しかも何度も見捨てて逃げようとした上、一回は死ぬんだよ?
そんな主人公に、あなたの優しさは世界一ね、って感じで惚れるヒロインは頭がおかしい、としか言えない。
これも相当うまく書かないと、キツいんじゃないかな。普通なら、ビンタ一発もらった挙げ句、ありとあらゆる罵詈雑言を浴びせかけられると思うし。
他にも色々と突っ込みどころあるけど、俺が気になったところは、これくらいかな。
あとは、プロットだけじゃなく一度文章にしてみるといいと思う。
長々とごめん。頑張ってくれ。


426 :この名無しがすごい!:2011/06/06(月) 12:33:34.97 ID:6PUfVmpJ
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0672.txt
【ジャンル】学園もの
【タイトル】都落ち永田町
【評価基準】
・おもしろいか
・文章力
その他アドバイスなど多めにお願いします。


427 :この名無しがすごい!:2011/06/06(月) 12:44:46.94 ID:cv++nYuK
>>426
冒頭『なんだこれ……?』
って思わせてくれたのは良いけど、途中から『なんだつまらん』になった
主人公が主人公らしい行動をせず傍観者に徹し、特性も十分に活かされていない
幼くして完成されたという主人公の話術がストーリーの軸になるんじゃないの?
魅力的なヒロインも不在で展開するのは学歴コンプみたいな話
読もうという気が起きない
エンターテイメント?

428 :この名無しがすごい!:2011/06/06(月) 13:12:17.80 ID:s5RmlQFt
>>426
ここ、あらすじ・プロットスレなんだけど?
文章力って、スレの意味わかって言ってんの?

429 :この名無しがすごい!:2011/06/06(月) 13:14:44.42 ID:cgLsgrkl
>>426
>強みはトークスキル。話題は尽きない。相手は飽きない。5分話せば人に好かれた。
こういうキャラを書きたいなら、作者がそうでないと難しい
主人公の語りを見ていて、話題は豊富じゃないし好きにもなれなかった

ラノベっぽくないしおもしろくもない
もっとバイオレンスなら、メフィストっぽいんだけど…

430 :この名無しがすごい!:2011/06/06(月) 13:54:26.02 ID:KFZBgn/3
なんか文字化けしてて読めないんだが>>426

431 :この名無しがすごい!:2011/06/06(月) 14:21:12.52 ID:cgLsgrkl
>>430
エンコードをUTF-8にしたら読めた

432 :この名無しがすごい!:2011/06/06(月) 18:28:14.99 ID:lYPd9PdD
>>426
ここはあらすじ&プロット晒だぜボーヤ
こりゃ小説の冒頭だろ?

・おもしろいか
あまり見ないジャンルなので期待させるし、語り口も悪くないけど中身が全く面白くない
・文章力
支離滅裂。ところどころ意味がわからないレベル

433 :この名無しがすごい!:2011/06/06(月) 20:22:29.38 ID:Kp3YsGMv
>>426
つまらない、というか、読みたいとは思えない。
文章力についてはプロットだけで判断するのは難しいが、これを見た限りあまりあるようには思えない。
句読点の打ち方がおかしい。それのせいで、読みづらい上にヒップホップの歌詞を見てる感じがする。
あとは小学生から飲酒するとか、あり得ない。現実感が無さすぎる。
ファンタジー以外ならこれも重要な要素じゃないかな。


434 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 00:28:02.89 ID:DOGyQBUl
【アドレス】ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0676.txt【ジャンル】
【タイトル】十七歳のサンタクロース
【評価基準】
・面白そうか。
・本筋を読んでみたいと思うか。
・ストーリーラインに無理はないか。
・設定に無理はないか。

よろしくお願いします。

435 :434:2011/06/10(金) 00:29:51.41 ID:DOGyQBUl
すいません、ミスってました。
ジャンルは現代ファンタジーかつラブコメです。

436 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 01:09:10.01 ID:kHsH7rlv
これラノベか?
どちらにせよ興味の対象外だな

437 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 01:11:09.68 ID:ybWRYBqB
>>434
ジャンルは全然違うけど今書いてる話がサンタの話だったので軽くビビったw
やっぱそういう設定になりますよねーってところがあって、ますますビビったwww

・面白そうか。
・本筋を読んでみたいと思うか。
あんまり思わなかった。
1 主人公が台風の目に入ってしまっている。主人公の存在価値が、概ねキスしかない。まあヒロイン助けに行ってはいるけど…。
 ドラマを繰り広げてるのは周囲だけじゃん。むしろ父さんの恋物語の方が面白そうなんですけどね?
2 物語の終着点が明確になっていないので読んでて疲れそう。
 ヒロインを一人前にするなり、ある程度大きな目標を設定した方がいい。
 途中でそれが上書きされても構わないけど、行き先がわからんままは疲れる。

・ストーリーラインに無理はないか。
1 父親の恋物語を入れる必要性をあまり感じなかった。むしろ無駄にごたつくだけじゃないか?
 もっと主人公の本質的なことで喧嘩しなよ。義憤は見た目は綺麗だけど傷つかない分浅い。
2 あらすじだけじゃ実際はどう書くかわからないけど、怪しいと目星をつけていた犯人をフリーにしておく警察って…。
3 これは単に自分が知らないだけなんだけど、デパートって金庫あるの? 売り上げは警備会社に渡すのかと思ってた。

・設定に無理はないか。
1 通常サンタと規格違いだから愛を得られないなんて、そんなわけない。
 どこかにボランティアに行けば、きっとすぐわかるよ。
2 岡本くんに名前が存在する理由がよくわからんけど、文章中には出てこないのかな。
3 文字媒体で基本的に絵のない小説で登場人物の顔とも呼べる名前に、渾名とはいえ野グソはどうかと。
 そこまで主人公を毛嫌いする理由も、このあらすじからでは推察できないから、余計に。
4 サンタクロースが存在するか否かって、自分の子供の夢をぶちこわして現実を教えるほど重大なことなのだろうか…。
 自分の元カレとサンタクロースの違いぐらい、普通の大人ならわかるだろ?

438 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 05:18:40.36 ID:7Wz/uHiP
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0679.txt
【ジャンル】ラブコメ
【タイトル】人魚姫(仮)
【評価基準】
・面白そうか
・キャラに魅力はありそうか
・既出の人魚モノと設定かぶりはないか
・文章力
・その他気になる点などあれば何でも

あらすじ書くのすら初めてですがよろしくお願いします


439 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 05:56:08.80 ID:07ye9Xmc
>>434

プロット読むのって難しい……
てか良くわからん記述が多いんだけど。
まあいいや。書き方がマズいというのもあり得るけど、意味わかる範囲で感想かく。

・面白そうか。 NO
・本筋を読んでみたいと思うか。 NO
・ストーリーラインに無理はないか。 わかりにくいから……
・設定に無理はないか。 アリアリアリアリアリーヴェデルチ

最大の問題は、何を描くストーリーなのかよくわからんことでしょう。
それ故に面白そうとも本筋読みたいとも思えない。
主題はなに?主人公とサンタのラブ?お父さんの捕り物?お父さんのラブ?
それともニコルのサンタとしてのお仕事?
別に主人公もニコルもお互い何とも思ってないんだよね?
じゃあ恋愛は、読者もどうでもいいと思っています。
このストーリーで一番苦しんでいるのは誰でしょう。救われて欲しい、と読者が思うべきは誰でしょう。
クリスマスストーリーには愛が奇跡を起こす美しいファンタジーが欲しいものです。
その奇跡がサンタのルールによるものだなんて強引、単純、ど直球。もうちょっと考えて。

ニコルはサンタになりたいばっかりに愛が必要なんだよね?
そんなラブストーリーあり得ないよ。
主人公側から見るとニコルへの印象はマイナスばかりと読み取れた。
少なくとも、主人公がニコルを応援したいと思えるきっかけがないと……
愛情を持つにもきっかけが必要でしょう。

ヒロインとの出会いが道路でぶつかるのって古典的すぎる。
メガネを割ったから恋人になれって意味不明。コメットもテキトーすぎるよ。
おもちゃを自在に出す能力があるのに、春はなんで買い物してんの?

愛がないとサンタになれない、しかも恋愛が強いってのがもう無理ありすぎ。
普通、サンタとか聖人って与える側でしょ?愛「される」ことより愛「する」ことの方が重要でしょう。
しかも子供に夢を与える存在なのに、恋愛における愛が強いってのがうまくつながってない。
普遍的に子供たちを愛していればそれでいいじゃん、って思ってしまう。
この話、サンタじゃなくてキューピット的な存在の方がまだしっくり来るんじゃないの?

440 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 06:26:16.02 ID:07ye9Xmc
>>438
・面白そうか
そうだなあ……
面白くなりそうなのは、人魚が陸知らず←(丘じゃなくて陸<<おか>>のほうがいいよな)って部分かな
海の常識と陸の常識のチグハグ感から起きる騒動みたいのが上手く描けたら面白くなる可能性はある。
いわばフルメタみたいな方向性ね。
よくわかんないけど、寝るときにイカリが無いと流されるから危ないって思ってるとか……
で、主人公が寝てたら体中にイカリが巻き付いてるとか……
タコやイカは意外と獰猛な害獣だとか……
なんか上手いの思いつかんw がんばれw
具体例はないけど、何でもない瞬間に、ヒロインが「あぶなーーーーい!」とか言って主人公を突き飛ばして欲しい感じがしたw

双子という意味で起きるハプニングは、プロットからは特に期待できない。
わざとややこしい展開にして騒動を起こすっていう手はありそうだけど、
双子で勘違いしてどうのってのはありふれてるしねぇ。

・キャラに魅力はありそうか
プロットではわかんないよ。
人魚については天然ぽくて良さげ。がんばってテンプレを超えるものを。

・既出の人魚モノと設定かぶりはないか
そもそも古典童話からのインスパイアなんだから、人魚と現代人の恋愛ってのはありふれてると思うけど。
双子の女の子と男の子と人魚の三角関係ってのは自分は見たこと無いかな。
ただ、主人公が双子であることとヒロインが人魚であることに、さほど化学反応があると思えないんだよねー
最初に愛したのはどっちだったか、という仕掛けはわかるんだけども……
主人公はもう1つ、何かしらのメイン属性が必要になるのでは。
これも具体例が思いつかないけど、単純に言えば魚介類嫌いみたいなこと。

・文章力
プロットだし、まあ普通。わかりやすく書けてるから大丈夫なんじゃないのかな。

・その他気になる点などあれば何でも
人化の魔法はキスで解除→愛が成就しなかったことを意味する不純な行為っていう意味だよね?
それなら意味は通るかな。
元の人魚姫の契約が王子との愛の成就だから。

恋愛に障害が無さ過ぎるのがちょっと気になるっちゃ気になる。
何かしら一つ、超えるべきハードルが欲しい。

441 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 06:32:55.57 ID:07ye9Xmc
思いついたので追記

ヒロイン人魚ももっと肉付けすること。
なんか凶暴な必殺技があるとか(うる星におけるラムの電撃)
陸上でもメールシュトロームを起こせるとか。

双子でいくなら、お姉ちゃんも効果的にプロットに絡めてあげてね。
お姉ちゃんがさかなくん並の魚マニアとか、人魚に憧れてたとか、解剖好きとか。

あと、元の童話の人魚はデスペナルティを背負ってるわけで、生かせるなら生かした方がいいけど、それだと最初のキスで泡になっちゃうから無理か。

442 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 06:42:29.44 ID:MyY1cABO
人魚物のラブコメだと漫画だけど瀬戸の花嫁があるからな
あれを素人が超えるのは難しい

443 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 07:59:47.67 ID:ybWRYBqB
>>438
・面白そうか
・キャラに魅力はありそうか
書き方次第かと。どれだけコメディタッチで描けるか。
姉がウザくなりそうなのが気がかり。

・既出の人魚モノと設定かぶりはないか
あんまり人魚モノを知らないから、わからない。

・文章力
こんな項目作ってるけど、これ読んで何答えりゃいいの。まさかこの文章そのままで小説書く気?

・その他気になる点などあれば何でも
これ短編だよね?
長編にしたら絶対にイベント少なすぎて盛り上がらないまま終わるよ。もしくは、前半がものすごくつまらなくなるか。
長編にするつもりなら、このあとにもう一山大きいのを持ってこないと無理じゃないかと。
たとえば、この二人結ばれたらしいけど、ヒロインは海に戻るんだよね。今後どうするの? …とかね。

444 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 09:14:04.73 ID:7Wz/uHiP
ご意見ありがとうございます

やっぱ後半が安直すぎますよね

>>440 >>441
キャラの肉付けはあらすじ書いてる途中で割りと出来上がって来た感があるので、あとでまとめようと思います
人魚姫はタコ嫌いで、たこ焼きのタコを主人公に食べてもらうとか可愛いかもしれませんね
あとは料理番組で魚の調理がホラー映画ばりの恐怖だったりとかもいけそうかも

山場ですがデスペナルティのかわりに「好きな人」にキスすると人魚姫の記憶がみんなから消えちゃうって設定ならいけそうかな
これなら最初のキスで消滅は回避できますし、後の展開にも期待が持てそうな気がしました
主人公がそのまま忘れる/忘れないor思い出すで選択の幅もでそうですし

>>442
ここ最近で人魚ものといえばやっぱり瀬戸嫁ですよね
当然意識もしましたし、被らないようにも心がけようと思います
あっちは割りとギャグ方向に走ってる漫画だと思うので、別方向で差別化がんばるです

>>443
人魚モノって調べてみると最近は案外少ないですよね

文章力の項目ははとりあえず日本語として通じているか
話の大まかな流れは理解できる程度の文章かなー程度のつもりで書きました
言葉足らずで申し訳ないです

前の方も仰っているように、後半の話流れ方が安直すぎるので何か山場を作ってみます



うんうん唸りながらプロット続行してきます

445 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 18:17:07.34 ID:dsVwi0dR
>>434
とりあえず、誰が誰なのか全くわからないんだけど……。俺だけ?
いきなり桜井さんだの博だの出されても誰が誰なのやら……。
まずはその辺を整理してから書いてもらいたい。

446 :この名無しがすごい!:2011/06/10(金) 18:31:55.87 ID:qd3F8kPQ
>>445
俺もそう思ったけど、下の方に解説がある。まあ、あらすじだしそれでいいんじゃない

447 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 12:47:50.41 ID:oQW4JD+w

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0688.txt
【ジャンル】学園もの
【タイトル】道を踏み外して
【評価基準】おもしろいかどうかと総合的に


448 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 14:42:19.21 ID:+sS0SHTb
>>447
もうちょっと内容詰めてから晒してほしかった
・カウンセラーは何をしたのか。年齢差があったら恋愛は許されないとでも?
・てんしが起こす事件とは何なのか
あと所々意味がわからない
・人の名前を覚えるのが苦手、そのため名前を忘れたふりをする……どっちなの?
日本語ちゃんと使える人なのか不安

それからキャラクターが致命的に弱い
キャラクターは無個性でも斬新なストーリーで見せるとか考えてるのかもしれないけど、このストーリーもありきたりですよ
みーまーに雰囲気すら似せることもできていないから気にしなくていいよ


449 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 15:11:19.36 ID:JaNXgnT1
ラノベだとありきたりのストーリーでもキャラの個性が強烈というのはありでも
逆はダメだと思うが

450 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 15:20:39.71 ID:wfN7VIgc
>>447
本スレの晒しと全く同じく作者の自己満足にしか見えない。
病んでる主人公と依存系のヒロインはありがちながらも王道だからアリ。
しかしそれを書くには依存するだけのエピソードや魅力を描写しないといけない。
この晒しにはそれがない。
モブを含めた全てのキャラが、作者とカズの都合で動いてるだけ。
物語の主な動きもほとんど噂によってだし。
二転三転していく噂を端から信じていくとか、生徒全員危ないクスリで頭が狂ったようにしか見えん。

451 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 16:14:45.22 ID:+6EXG68v
>>447

せめて、人に見せる前に、意味がわかる文章かどうか推敲して欲しかったです。
主語がない文が多くてわけがわかりません。
>>448さんと>>450さんが適確な評価をしてますが、ここまで理解できただけでも尊敬に値する感想人です。

それはさておき。
まずはこれ、明るくコメディタッチで描くのか、シリアスに描くのかどちらでしょうか。
「みーまー」は読んだことないけど、もしコメディで書くなら、ヒロインが本当に精神を病んでて投薬治療中だという設定はあり得ません。
それは、目が不自由な人に視力検査をさせたり、癌で死期が迫ってて体力が衰えている人にウェイトトレーニングをさせて、笑いにしようというのと同じ発想だからです。
最近のラノベは病んでるキャラも多いらしいけど、ほとんどは当人の主義として変わりものになってるだけで、病気とは違うはず。
もし自分が知らない作品で統合失調症とかのキャラがいたとしたら、それはよほど特殊、且つ上手い方法で小説に織り込んでいるんでしょう。
鳥居みゆきがモデルとのことだけど、それならあのキャラが何でテレビ上セーフなのかよく分析する必要がある。

もしシリアスなら?
まずラノベにならないし、一般作だとするなら、もっと練り込まないとダメでしょう。
描かれている人の想いが軽すぎる。
人ってそう簡単に人のこと嫌いになったり、逆に許せたり、壊れたりするもの?
登場する3人ともバカにしか見えない。

あと、本当にこれで終わりなの? なんて救いのないストーリー。
悲劇なのだとしても、カズの行動が無軌道で無責任すぎて感動できない。
読者は誰に感情移入すればいいの。

そういう世の中の理不尽さを描きたいなら、事実を綿密な取材のもとに描くか、エッセイでも書くべき。

ていうか、ところどころ変にリアルで怖いんだけど。実体験を元にしてるなら、なおさら小説向けじゃないような。

452 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 16:56:58.91 ID:oQW4JD+w
>>448
カウンセラーが(不適切にも)相談相手に手を出したということです。
一般的には陽性転移自体は認められているけれど、それにかこつけるのは禁じられてるからです。

事件については奇行ということでまだ未定です。
どの程度の変わった事件なら自然な不自然を演出できるかわからなくて困ってます。

・名前について
そもそも人付き合いが苦手だから人の名前を覚えるのが苦手だし、さらに本人に覚える気もないということです。不得意かつやる気が無いということを表現したかったのですが、文章力全然無いみたいです。
努力します。
・典型的
その通りだと思います。みーまーと並べるのが失礼でした。
>>449
キャラかストーリーかどっちかを個性的にすべきだと思いました。
>>450
・エピソードと魅力がない
キャラに感情移入させられてない、ということですか?
・作者の都合が目立つ
・キャラの動きが人工的すぎる。
書いていて思ってました。
自然に動かそうとすると筆が止まってしまうので意識的に書いたらこうなってしまいました。
キャラが生きてるかのように、その行動に理由をつけられるようにするにはどういった練習をすれば良いか教えてください。

>>451
ブラックジョークを目指してました。深刻な笑いを軽く書こうとしました。
・ストーリー未完結
すみません。勢いで書いたら収まらなくなってしまって。始めと終わりを先に決めて展開させるべきでした
・主体不在
それぞれのキャラが合理的に判断して行動させるべきですよね。自分にはそれがなかなかできなくて、それができるようになるよう努力します。
・綿密な取材
昔彼女が拒食症になったので気持ちは少しでもわかったつもりでしたが、書いてみるとぜんぜん生きてきません。
同類の小説を参考にするかもっと患者さんの手記を読んでみるべきだったと思います。

皆さん感想ありがとうございます。
自分は努力して今まで小説を併せて原稿用紙400枚(たったそれだけと思われるかもしれませんが)は頑張って書きました。
やはり有名作品をそのまま書き写すなどお手本を参考にした方が良いのでしょうか

453 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 17:17:34.68 ID:wfN7VIgc
>>452
>キャラが生きてるかのようにするには。

まんまだよ。
生きてる人の気持ちを考えるみたいに、キャラの気持ちを考えればいい。
それで話が動かないならプロットを壊す。
「自然に動かそうとすると筆が止まってしまう」と書いてるけど、それはプロットに無理がある証拠。
無理のありすぎるプロットだから、真っ当な人間はついていかない。

後はそれ以前の問題として、小説のウリは明確にすること。
この小説のウリってなにさ。

454 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 17:21:13.44 ID:+6EXG68v
>>452
この調子で16万文字も書いたの?
電撃の長編一本分ぐらいはあるんじゃね?
それなら完結した自作を書き写しでもいいからアップしてみたらいいのに。

455 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 17:26:24.33 ID:oQW4JD+w
>>453
プロットは壊します。
ウリは、弱者とその弱者にたかる悪い人
あと変だと思われたくなくてはじめは無視するけど、無責任に同情したり、また周囲が同情する空気になったら何食わぬ顔で一番の保護者になってたりするところです

>>454
全部捨てました。大学進学して上京するときにもうやめようと思ったので。けれどもまた書いてしまいます。べつに現実に不満があるわけじゃないのですが、楽しくて。
楽しかったら別に人に見せなくても良いじゃないかと思うんですけど、でもこうやって酷評されるとまた頑張って書く気がするし、生意気なことをいうといろんな人に読んでほしいし、もし打ちのめされて書くのをやめたらそっちの方が私生活にプラスだと思います。

456 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 18:36:43.77 ID:+6EXG68v
>>455
少なくとも最後まで書かないとプロットとして意味をなさないよ。
「弱者とその弱者にたかる悪い人 」をそのまま書いても気分悪くなるだけじゃん。
殺人事件とか凶悪犯罪のプロセスだけ見ても気分悪いだけでしょ?
そういった悪い人を懲らしめてスカっとするのがエンタメだし、或は悔い改めて成長する姿を感動的に描かなきゃ小説にならんわなー

あとこっちのプロットスレには明記されてないけど、「自作を晒して感想を貰うスレ」の方は新人賞を目指すことが前提のスレ。
つまり曲がりなりにもプロを目指す人たちのスレ。
ただ趣味で書きたくて人に読んでもらいたいだけの人はスレ違い。
その気概でやってるなら少なくとも段落落ちとか最低限の小説作法は2回めの晒しで身に付いてないとおかしい。


457 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 19:16:35.63 ID:oQW4JD+w
>>456
カウンセラを撃退するとこでイライラを解消させる予定です。

自分も新人賞欲しいです。段落とかそれ以前のことでした。反省します。

458 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 19:26:56.80 ID:ymvs11MM
とにかく、長く書くことよりも、完成品を何本も書くことを優先するといいってウチの猫が言ってた

459 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 20:06:31.74 ID:mf8sv/rG
にゃー

460 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 20:08:10.58 ID:OeXbKMBz
>>458
冷蔵庫に足が挟まってたうちの猫とはえらい違いだ。

461 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 20:49:09.53 ID:Io/fTiAW
>>460
かわいすぎる

462 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 20:57:00.73 ID:OeXbKMBz
>>461
助けてやったのに「ビャーーー!」って睨んできた。
恩知らずな猫なのに。

463 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 22:55:13.36 ID:PGD+1qo7
>>462
ていうか、どういう経緯で冷蔵庫に挟まったのかが気になる。

464 :この名無しがすごい!:2011/06/13(月) 22:57:58.94 ID:OeXbKMBz
多分消しゴムを追いかけてだと思うけど。

465 :この名無しがすごい!:2011/06/14(火) 15:46:01.37 ID:j2m99ugo
後の大賞作品、「消しゴムを追いかけて」の原型である。

466 :この名無しがすごい!:2011/06/14(火) 17:05:33.27 ID:CKWNUTpQ
>>464
想像したら鼻血出そうになったww
可愛すぎるだろww

467 :この名無しがすごい!:2011/06/14(火) 21:22:28.82 ID:vHR19YEw
あの猫は本当駄目な猫……。
自分が部屋に入ると凄い速度で逃げ出したと思ったら布団におしっこしてた駄目な猫。
そしてその後何食わぬ顔で戻ってくるんだから。

468 :この名無しがすごい!:2011/06/14(火) 21:39:48.56 ID:wGQlBGWo
猫好きが皆お前らみたいだと思われるの嫌だから黙ってろ

469 :この名無しがすごい!:2011/06/16(木) 21:33:15.52 ID:0YXPJ97w
ション染み付けて澄まし顔w

470 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 12:46:22.78 ID:Xw/MtSFC
短気な薬師ではありがとうございました。これはこれで改訂中なのですが、
最後が良くないと毎回のように言われるので、構想からアドバイスを貰っての練習もしてみたいと想い、
こちらに伺わせてもらいました。よろしくお願いします。
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0715.txt
【ジャンル】異世界トリップファンタジーデスゲーム物
【タイトル】そのゲーム、魔法よりもファンタジック(拙作の二次が原点の為)
【評価基準】 面白そうか、最後の締めが出来ているか。その他総合的に。

471 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 13:11:43.19 ID:lgUqMVAT
なんか意味わかんない。
書いておくべき情報が抜け過ぎている。
もっぺん推敲してから晒してください。

472 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 13:16:50.44 ID:zbHH0GCr
>>470
自分用ならそれでいいだろうけど、人に見せるならそれなりの加工をしよう。
専門用語に解説がないと他人にはわからんよ。

473 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 13:37:03.88 ID:LOKZIwx/
>>470
説明が足りなさ過ぎ。想像して読んだ感想を書くよ

〇面白そうか
申し訳ないけど面白くない。勢いで書いてない?

〇最後の締めが出来ているか
仲間に名前がバレたらどうなるのか。このプロットには魔王たちが見つかりたくない理由が書かれてないのであってもなくても変わらないシーンになるよ

〇その他総合的に
そもそも冒頭から現実的じゃない。主人公が死刑になる理由がデスゲームを作ったからってのは短絡的
あと、今のプロットだと主人公は脇役レベルだしこの流れで書くと単調的だから最初から魔王パーティを主役にした方がいいかも
主人公を出すのは中盤以降、ゲームの成り立ちを知る中で魔王たちに絡むキャラ(主人公操作キャラ)を出すのが無難じゃないかな

474 :470:2011/06/21(火) 19:48:28.25 ID:Xw/MtSFC
前の方を参考に、修正してみました。
>>471様、>>472様 ありがとうございます。修正してみました。
>>473様 ありがとうございます。見つかりたくない理由がこれで表現出来ていたらいいのですが。
主人公については、VRMMOを作る過程も出したいですし、世界観を飲みこませるのに時間を掛けたいので、
何か方法を考えたいです。
こんな感じで良いですか? 多分プロットの作り方とか粗筋の書き方も良くわかっていないので、
どういった風にすればいいのか教えて頂ければ有難いです。
人によって違うのは理解していますが、私は多分論外のレベルなので……。
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0716.txt
【ジャンル】異世界トリップファンタジーデスゲーム物
【タイトル】そのゲーム、魔法よりもファンタジック(拙作の二次が原点の為)
【評価基準】 面白そうか、最後の締めが出来ているか。プロットはちゃんと書けているか。その他総合的に。
それと、書きたいシーンに関係ないプレイヤーが聖女と勘違いされ、聖女として成長して行くシーンも追加でお願いします。

475 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 20:10:00.45 ID:J3Pfmb8I
>>474
>危険な状態だが、戦争状態ではない。
>どちらが優れているか示す為、定期的に戦争が行われる。
おいwwww

>魔法が現代世界の科学と同レベルに発達している。
科学と同レベルに発達ってどんな感じ? 魔法がどう発達したら科学と同レベルなのかよく分かんない

>ダークエルフやエルフ、竜族などが強すぎて、端末程度では殺せなかったのだ!
>そのゲームに驚きあきれながらも、徐々に惹かれて行く。
なんで惹かれるんだよ……クソゲーじゃん

>聖女パーティはひょんなことから、ゲームの仕組みを理解し、主人公は遊びたいだけなのだと誤解する。
ひょんなことが何か書こうぜ

>後日。VRMMOには恐るべき機能が搭載されていた。
>死亡キャラは、生きている者には見えない幽霊プレイヤーとして参加していたのだ!
え? ちょ、え?

なんかさ、物凄く似た作品なかったっけ?

476 :470:2011/06/21(火) 20:15:49.99 ID:Xw/MtSFC
>>475様 感想、ありがとうございます。ええと、定期的に戦争が行われているが、今は時期ではないという事にします。
また、クソゲ―にならないよう、頑張ります。
まだ構想の段階なので、ひょんなことは考えていません。
ここは粗筋・プロットスレだから、プロット段階でも出していいんですよね?
元ネタの元ネタはソードアートオンラインですが、大分掛け離したつもりです。
物凄く似た作品があるなら、教えて頂きたいです。

477 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 20:45:33.05 ID:lgUqMVAT
感想つける気も起きないぐらいに駄作の空気しかしない。
最大の山場が本名バレ阻止とか、どうやって盛り上がればいいんだ。

478 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 20:53:11.06 ID:X/peOy2e
>474
少しは内容が分かりそうなプロットになっていたので、読んだ。

一応、「仮想現実モノ」として有名なのは岡嶋二人の「クラインの壺」。
あと、ラノベで言えば高畑京一郎の「クリス・クロス」は知っておいた方がいいと思う。
「ソードアート・オンライン」は「クリス・クロス」にかなり近い。何なら読み比べてもいいかも。
あと、最近だと橙乃ままれって人が書いてた「ログ・ホライズン」というネット小説が
出版されてるよ。
他にもあるかは浅学にして知らないけども、この辺は一度目を通しておくといいかも。
特に「クラインの壺」「クリス・クロス」はこれ系の話だとちょくちょく話題に上がる知名度だと思う。
「ログ・ホライズン」は知らない。あんまり有名じゃないと思う。

で、ざっくり読んだ感じの感想。
これ、新人賞用のプロット? 盛り込むネタが多すぎて、尺が足りなくなると思うんだけど。
薬師の時にも思ったんだけど、各シーンの描写があっさりしてるのは
要素を盛り込み過ぎてるからじゃないかなぁ……。

長くなるので次に続く。

479 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 21:00:53.07 ID:X/peOy2e
続き。

あと、薬師の時にも言ったけど、「ファンタジー」とか「剣と魔法の世界」で一纏めにするのは
あらすじでは別にいいけど、作品中ではアウトだと思った方がいい。
ファンタジーって言われてどんなのを想像するかは人それぞれ。
指輪物語とゲド戦記とロードス島戦記とドラゴンクエストとファイナルファンタジーは全部別物。
その上で、こんなに要素を沢山盛り込んで書く、というリスクは考えた方がいいんじゃないかな。
下手すれば説明だけで20DPくらい吹き飛ぶよ。

あと、「自力でログアウトできないゲーム」に「段々と惹かれていく」意味が分からないんだけど。
普通、ログインしたプレイヤーが誰もログアウトして来なかったらドン引きだよね……。
「ソードアートオンライン」でも「クリス・クロス」でも「ログ・ホライズン」でもそうなんだけど、
この手の「ゲームから出られない」ギミックが入ってる話は普通、どっかのタイミングで
一気にログアウトが出来なくなる。ゴキブリホイホイじゃないんだから、マトモな神経してる人は
ログアウトできないゲームにあとから突入したりしないよ。
ついでにこの手の設定は、「ゲームの外の状況を作中で描かずに済む」からってのもある。
現実とゲーム、どっちも同時に進行するのは描写が単純に二倍になって大変。
読み手とページ数制限のことも考えよう。

まだある気がするけど、既に長いので取り敢えずこの辺で。

480 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 21:13:51.33 ID:A67xUEry
>>474
>面白そうか
この話の場合、いかにコメディを面白く書くか次第だと思うので、その腕前によるかと。
ただ、主人公が完全に傍観者に徹してしまうので、厳しそうだという気はする。

>最後の締めが出来ているか
おお、何というデウス・エクス・マキナ…。
落とそうとしてるのはわかるんだけど、やり方が強引だ。

>プロットはちゃんと書けているか
自分が見るだけっていうのを大前提に、注意深く読めばまあ何とかわかるかな。
デビューするまでは基本的に人に見せるものでもないし、この程度でもいいのかもしれない。
でも、デビューしたら編集の人に見せることになるから、今のうちにわかりやすく書く練習をするのもいいかもね。
「様々な苦労を乗り越え」とか、他の人が指摘してるようなところ。ここはさすがに、どう読んでもわからん。

>その他総合的に
君の場合は、話を考えるときに、2点注意しておくといいと思う。
・この話を30文字にするとどういう話になるかを明確にする
・話の始まりと終わりで、1点目のステータスを真逆にする
上の点、今回の話でクリアできる? 少なくともこのあらすじを読んでいる限り、見えてこない。
この話は、中心は何だろうか。
話の中心がダークネスとライトモアの争いにあり、それを終結させるという話だったら、この終わりでいい。
でも、そうじゃなさそうだね。あらすじは、主人公の作ったゲームに終始してる。
それなら、ゲームに関するオチをつけなくてはいけない。
こないだの話なら、主人公の転生と研究を開示するか否かが話の焦点だった。
後者についてはオチがついたけど、前者が開きっぱなしでオチてなかった。だから微妙って話が出たんだと思う。

>書きたいシーンに関係ないプレイヤーが聖女と勘違いされ、聖女として成長して行くシーンも追加でお願いします
ごめん、これまったく意味がわからない。
プロットに入れてくれないと、どこでどう絡むのかもわからなきゃ、話への影響もわからんでしょ。

481 :この名無しがすごい!:2011/06/21(火) 21:28:23.04 ID:LOKZIwx/
>>474
書き方はこんな感じで問題ないです(設定→内容の順で書かれていると読みやすい

〇世界観
宗教対立なら「両派が緊張状態にある」で十分。というか定期的に戦争ってシュールだ

〇次第に惹かれていくファンタジー世界の住人
定期的に戦争してるのに好戦的なゲームに夢中になるのかな……
それならセレインが長く続く戦争の代替案としてゲームを提供するって展開の方がゲームの開発協力者も募れて便利だと思うけど

〇デスゲーム
セレインが嘘をついて周囲が騒いでるだけとは……

〇聖女と勘違いされ、聖女として成長して行くシーン
例えば、聖女の部下が他人を聖女と間違える程度なら良いけど成長を描くのは文量的に無理
特に新人賞に応募する場合、要素を盛り込み過ぎると削るのが大変なので優先順位を考えて組み立てた方が楽

〇その他書きたいシーン
大して文量を食わないと思うのでお好きに


とりあえず構成を紙に書いて練り直した方が良いかな
最初の感想に書いたようにセレインメインよりも三人メインの方がやりやすいし文量的にも余裕が出ると思う

482 :470:2011/06/22(水) 00:21:16.19 ID:MXD2sjV6
皆さん、感想ありがとうございます。何度もお聞きして申し訳ないですが、
物語の終わりの悪さに関しては本当に悩んでいるので、オーケーを貰うまで書きなおしたいです。
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0719.txt
>>477様、魔物と戦うシーンを山場として入れてみました。
>>478様、ネタはばっさり切り落としました。三人の描写も、戦闘描写を除いては、
ネタ程度に抑えたいと思います。
休日に書店に行ってクリス・クロスとクラインの壺、探してきます。
>>480様、オチはマシになったでしょうか。話の肝は、VRMMOを作る方に持っていきたいと思っていますので、
ゲームの方のオチをつけてみたつもりです。
>>481様、デスゲームと聖女勘違いネタ、切り落としてみました。
三人メインの方がいいのでしょうが、それだとこの話の肝の部分が変わってしまいます。
既存の話と掛け離したい(VRMMOを作って行く過程の話はないはず……)ので、
出来ればセレイン主人公にしたいです。申し訳ありません。

483 :この名無しがすごい!:2011/06/22(水) 00:53:22.46 ID:lrN++pli
>>482
481です
作者さんの意図はわかってましたが、主人公のはずのセレインの出番がかなり少なく見えたので三人メインと意見した次第です
でも今度のはセレインがちゃんと動いてるみたいで納得しました

484 :この名無しがすごい!:2011/06/22(水) 01:09:41.82 ID:5MrbDDkn
>>482
遊太の属性がだいぶ変わってるんだけど、それはいいの?w
あと、それで逮捕されちゃうって、かなりヤバイ世界なんだけど、ディストピアか何かなんだろうか。
現実世界とするなら、これはちょっと無理がある。

ゲームに入ったあとの部下たちの行動が意味がわからない。
MMOに馴染みがないからこういう行動に出るというなら、部下に限った話じゃないでしょ。
全員がそんなことをし出すなら、ゲームがゲームじゃなくなるし。
即座に改変して出してくるのはいいんだけど、こういう小手先の行き当たりばったりじゃなく、ちゃんと練ってくれ。
それと神様。こういうふうに出してくるなら、その前からずっと登場してないと無理。ご都合主義過ぎる。
君、描写は不足してるとはいえメインキャラを書くのは上手いんだけど、サブキャラの扱いが適当だよね。
サブキャラも、モブみたいな名無しじゃないのなら、もう少し厚みを持たせておいた方がいいと思う。
オチはまあ…自分としては、スタートで出したステータスは、可能な限り全部にオチをつけてほしいんだよね。
逆も同じで、戦争を終わらせました(終わってはいないけど)っていうオチをつけるなら、
戦争の首謀者たちにもそれなりのステータス変化を。変化といっても赤が黄色になるようなんじゃなくて、反転するようなね。
いがみ合っていた→仲良くなった というのが途中で入るのに、それをご破算にする意味がよくわからない。
コメディっぽく落としたい気持ちはわかるんだけど、それをするならここじゃないと思うな。

これはまあ別にいいんだけど、プロットは、企んでやがった。とかいうんじゃなく、もっと淡々と書いていいよ。

485 :470:2011/06/22(水) 06:46:46.52 ID:MXD2sjV6
皆さん、感想ありがとうございます。
世間一般の人は、新たに何か書く時、凄く練って書くんですね……。
見切り発車しかした事無いので、勉強になります。
>>483様、ありがとうございます。
>>484様、でしたら、部下がもっとやらかした感じにして、逮捕されてもおかしくないよう描写します。
サブキャラに厚みを持たせられるかはわかりませんが、神様は出来るだけ早く出すようにします。
ええと、オチについてが凄く難しいです。可ではないが不可ではない、と言った所なのでしょうか?
なら、皆様の仰った事を参考にしつつ、とりあえずこれで書いてみます。
重ね重ね、ありがとうございました。

486 :この名無しがすごい!:2011/06/22(水) 06:52:07.25 ID:j3PGLoh0
主人公の役割が裏方なせいで存在感が今ひとつだな
ゲームのシーンだと運営の立場になるから傍観者だし、
特に山場のはずの魔物との戦いは他人任せなのは致命的

それとベタな異世界召喚ではなく、死んで生まれ変わったら異世界でしたって展開は流行りなのか?

487 :470:2011/06/22(水) 07:01:58.01 ID:MXD2sjV6
>>486様、ううーん、元ネタの方では、主人公がラスボスをやったのですが、
良く考えたら今回そうすると呑気なネタプレイが出来なくなりますからね……。
難しい所です。山場でのエレインの活躍、何とか考えてみます。
ありがとうございます。
私の趣味ですが、世間様でも人気はある方だと思います>転生物。

488 :この名無しがすごい!:2011/06/22(水) 14:56:40.42 ID:RvYkpnfU
>>485
部下がもっとやっていて、どうして警察は普通に誤認逮捕してるの?
部下は何ものなの?

489 :快晴ラッコ:2011/06/22(水) 15:15:39.91 ID:v0X5QxE1
>>482
【ステータス変化】ファンタジー世界で、VRMMOはきちんと完成出来るのか!?
→完成する

こうありますが、序盤の頭で完成しとるやないですか。
ステータス変化云々というのは、起承転結の結、もしくはそれの一歩手前で完成させるのが基本ですよ。
ステータスの変化を「ゲームの完成」とするならば、ゲームを作る上でのトラブルや困難をメインにしないといかんわけです。
三行で済まされている「がんばり」こそが、もっとも分量を割くべきポイントなのです。
ゲーム完成後にどこの誰がどういうプレーをするのか〜みたいなお話は、丸ごと削除でも構いません。
ゲームの作成と首領三人のプレイスタイルを同時に書くのは不可能です。断言しますが不可能です。
セレインが脇役あつかいされているのがその証明です。
両方を書いてみた結果、セレインパートがおざなりになっているのが現状ですよ。

「人が死ぬのは構わへんけど、資源の浪費は困るわー」
実にドライな神により、体感式デスゲームの作成を命じられた主人公。
様々なトラブルを乗り越えつつ〜。

ぐらいに簡略化しないと難しいのではないでしょうかね。
展開や落ちも激変しますが、それは仕方のないことです。
「ゲームの作成を主題とする」と言っているのに、エピソードの大半が完成後のお話なんですもの。

三行で終わっている苦労とがんばりをふくらませ、そこで物語を作ってください。
これは難しいことです。
絶対数が少ない分、お手本がありません。
トラブルや解決手段、実際に解決するまでのプロセスをすべて自分で考えなくてはいけません。
これが野球物ですと、簡単に作れます。
近くの強豪と対戦→負ける→足りないものを自覚→努力→ライバルと対戦→勝つ→ライバルと対戦→勝つ→ライバ(略)

ライバルのタイプに、彼らへの勝ち方も作れます。
タイプ・データを活用する連中。
勝ち方・人は成長する!

タイプ・七色の変化球を持つピッチャー。
勝ち方・○○を投げる時にはこんなクセが……。

使いすぎると陳腐になりますが、執筆を助けるのは事実です。
「既存作と離した作品」とは、こういった小道具が使えない作品とも言えるのです。
ありがちなお話がありがちなのは、手本が多くて書きやすいからでもあるのです。
「既存の話と掛け離す」とは、そういうことを言うわけなのですよ。

それでもやるなら止めはしませんが、相当に苦労することだけは頭に入れておいてください。

490 :この名無しがすごい!:2011/06/22(水) 19:43:02.85 ID:5MrbDDkn
>>485
ステータス変化って書いてあった項目意識しないで本文だけ見てたわ。
言いたかったことはラッコさんが綺麗に纏めてくれたのでそちらを参照していただくとして。

テーマが「ファンタジー世界の中で、ゲームはどういったふうに受け止められていくのか。」であるなら、
「○○として受け止められていたゲームが××と受け止められるようになる話」でなくてはならない。
ステータスが変化すべきは、ゲームの受け止められ方。○○だったものが、最後××になって終わるはず。
それなのにこの話は、ゲームで遊んでいる○○だった人たちが××になる話、という具合になってる。
もしくは、○○だったファンタジー世界が××になる話。それだと当然、テーマが変わってくる。
そしてこの話、その××になった人たちが最後の最後で全部なかったことにされてしまっている。だから駄目。

前の話から言われているとおり、君の話は、話としては俺は読んでて面白いしちゃんと流れているんだけど、
話の全体を見たときに、…で?と言いたくなる状態になってるのは、このため。
本当に話の中心に来ているもののステータス変化がおかしいから。
テーマ、というか書きたいものかな、それをちゃんと決めてあるんなら、展開をそれに沿ったものにしないと、
多分この、終わりがいまいちなのは抜け出せないと思う。

491 :この名無しがすごい!:2011/06/25(土) 14:23:36.55 ID:X990nDtf
趣味で色々書いてるものです。客観的な意見が欲しいです。よろしくお願いします。
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0732.txt
【ジャンル】ファンタジー色濃いめのSF(?)
【タイトル】 Project:The Chaos EPT 紅蓮の想い
【評価基準】 ぶっちゃけ読みたくなるか ストーリーやキャラクターに問題はあるか テーマとの食い違いはないか

書き忘れましたが、テーマは『意思』のです。
能力は魔法とセットでついてくるものと考えてください。

492 :この名無しがすごい!:2011/06/25(土) 14:25:36.83 ID:X990nDtf
>>491
超恥ずかしいミス訂正。「意思」⇒「意志」です。

493 :この名無しがすごい!:2011/06/25(土) 14:53:28.34 ID:PoIyKvFH
>>492
前提となってる世界観とか用語の意味がわからないので、何が書いてあるのかさっぱり理解できない。
力ってのは誰でもあるものなの?
意思って何?
テクノロジーレベルは?
賢者って?
戦争中なの?平和なの?

それ以前に、投稿作なの?練習?どっかのサイトに掲載するの?

494 :この名無しがすごい!:2011/06/25(土) 14:58:37.64 ID:5vlztIAL
>>491
俺も試しに見てみたが舞台の設定がよくわからない
そしてキャラの能力は書かれてあるけど
あらすじ的なの奴には能力をどう使い攻略するか
書いたらわかりやすいと思うよ
そのあらすじとキャラ設定見ても読みたくはならないな
あとは493と同じ意見
後は頑張れ

495 :この名無しがすごい!:2011/06/25(土) 15:14:51.58 ID:stUtg6wA
>>491
これはあらすじでもプロットでもなくただのあんたの創作メモ
人に読ますのなら最低限の意味が通じるように書いて
本編もこの調子で書く気なら絶対に読みたくない

ストーリーも設定も説明不足過ぎて意味不明
唐突に主人公が人質とかわけわからんわ
守護賢者の設立者にして隊長なんて肩書きのキャラが19歳なのに主人公は35とかどうなんだ?
テーマも抽象的すぎて食い違いとか言われてもわかるかよって感じだ

496 :この名無しがすごい!:2011/06/25(土) 17:40:54.55 ID:wJSvQOGD
>>491
よくある中2ファンタジーを中2的な単語で修飾しただけのオリジナリティの欠片もない話
ぶっちゃけ読みたくならない

497 :この名無しがすごい!:2011/06/25(土) 18:44:49.05 ID:A7Nozdsl
>>491
粗筋の時点で興味がわかなかった……
解説は人物設定だけで世界観と用語解説がないから読みにくいんだと思う
できれば設定→粗筋の順に書いてもらえると少しは読みやすくなる

それと設定の「EP1では語られない」みたいなのは要らない
あくまでこの作品一本での設定を書けば十分

498 :470:2011/06/25(土) 19:47:17.80 ID:ClrqpBlL
返事が大変遅れて申し訳ありません。
勉強になるアドバイス、心より感謝します。
>>488様 考えていません。デスゲームに憧れて策動していた部下が、主人公に濡れ衣着せたとしか設定していません。
これは重要ではないと思ったので……。

>>快晴ラッコ様>今現在、凄く苦労してます。一応某所で投稿していますが、多分、賞には出せないでしょう。
仰る通り、難しいです。ステータスと、一つにこだわって書く事がこれほど難しいとは思いませんでした。
私は脇道にそれてばかりなので……。次の話を考えるときは、そこを考慮したいと思います。

>>490様。終わりを上手く書く筋道を提示して下さってとてもありがたいです。
すぐに考えが脇道にそれてしまう私としては、凄く難しい課題ですが、
同時に何が悪かったのかわかって霧が晴れる思いです。
今回の物に反映させるのはとても無理ですが、次に話を作る時は考えたいと思います。

何日か考えてこの返事とは、自分の馬鹿さ加減に辟易する思いですが、
アドバイスは無駄にしたくないと思います。
賞用に話を作る時は、新しく教えて頂いた概念、ステータスに気をつけて書くようにします。
ありがとうございました。

499 :この名無しがすごい!:2011/07/04(月) 11:33:54.36 ID:s5bw0oEP
【タイトル】 ふるとまっ!

【あらすじ】

やばいっ!toto6億円があたっちまったぁ〜〜〜!!!

しがない男子高校生の俺は人生自暴自棄になっていた。
女の子と付き合ったことも手を繋いだことも会話した記憶すらここ数年まったくない。
目に見えるところじゃリア充どもがいちゃいちゃしてるってのに女は俺を避けていく。
人生には三度モテ期があるっていうけど、俺にはそんなの一度も来たことがねぇ。

そういう訳で唯一の童貞オタク友達に相談したら
「バカだなぁ。モテ期は"最大で”三度なんだよ。つまり恵まれてる奴はそのうちの
一度が永久に続くこともあるしない奴には一度も来ないことだってありうるのさ」
ま、ま、マジかよぉおおおおおおぉぉぉ!リア充しねしねっ!!!!!
くっそぉおおおぉぉ最悪だ〜〜、もうどうにでもなっちまえ!!

そんな勢いで絶望していた俺はお年玉小使い全部貯め込んだ全財産でtotoを買ってしまう。
「これが外れたら自殺しよう・・・・・残りの人生に運が残っているかどうかの賭けだ」
し、し、しかし・・・払い戻し日にどうせダメだろうと思いながら銀行に行ってみると
「なんじゃこりゃああああああ、口座の桁がとんでもねぇことになったんぞおおおお!!!」

口の軽い俺はトーゼン自慢しまくった。だって嬉しいんだもん。
これでもかというくらい言い触らしたら、その日から俺を見る女子共の目つきが大変化。瞳の中にハートマークが見えまくり!
両親にも車くらいならいいかと高級車を買ってやったさ。
それまで誰からも相手にされなかった俺がいきなりモテモテの王様扱い!!!
いやぁ最高だぜぇ〜〜!

――――って、調子にのってりゃ反動もあるもんで、
同級生の女子が美人局やりやがって、出てきた不良からフルボッコにされ財布奪われたり
いきなり両親が行方不明になったりオタ友がいなくなったと思ったらヤクザから脅迫電話が!!
あああああっ、もう!別の意味でふるえがとまんねぇええええ!!

   っつーことで、今夏発売予定のライトノベル「ふるとまっ!」(民明書房発行)  みんな買ってくれよな!

500 :この名無しがすごい!:2011/07/04(月) 12:28:24.09 ID:wyAzX3IQ
あらすじでもプロットでもないものを見せられた時って、
どういう顔をすればいいんだろう。

501 :この名無しがすごい!:2011/07/04(月) 12:39:21.33 ID:MuImVn9o
嗤えばいいと思うよ

502 :この名無しがすごい!:2011/07/04(月) 12:47:50.24 ID:VL5Us6xu
>449
>1

それはあらすじじゃなくてアオリ。

503 :この名無しがすごい!:2011/07/04(月) 16:45:28.47 ID:VF7EXApQ
>>499
っていう内容のラノベを書こうとしている男の物語なら評価する

504 :この名無しがすごい!:2011/07/04(月) 22:31:34.60 ID:iITBfSwv
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0759.txt
【ジャンル】 最初はラブコメから一気にシリアスに持っていく予定。
       異能中2バトル物
【タイトル】 未定
【評価基準】 用語その他で中2っぽさは出てるか。
      ぶっちゃけ、キャラクターがはがないの小鳩ちゃんと
      ブラックラグーンの双子だが、捻りを加えたほうが良いか。
      その他、なんでもオッケーです。



用語説明
登場人物
あらすじ
の順になってます。

505 :この名無しがすごい!:2011/07/04(月) 23:24:09.00 ID:/K/JuokK
>>504
一言、エグすぎて無理だったとだけ…

506 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 00:25:14.89 ID:ktX0Gudi
ここまで不愉快な設定を考えるのはある種の才能だが、誰得なんだよこれ。

507 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 00:58:58.20 ID:VnLBw1fr
なんで能力者の組織に腕っ節が強いだけの小娘が居るのか理解不能なのだが
キチガイばっかだと読者が感情移入できなくなるのも問題
主人公まで元闇の世界の住民だと読者が置いてけぼりになるんじゃね?

508 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 01:27:33.82 ID:VnLBw1fr
あ、それとエグイのは俺は大好きなんでその辺ちゃんと描写できていたらポイント高いよ

509 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 08:00:20.81 ID:KB0WN4hg
>裏切り者には過去の前例から、逃れられぬ死が待っているのだった。

>山田信子は自分が双子に殺されて、彼等の殺人衝動を一時でも抑える為に犠牲になることを選択する

自己犠牲しても結局、解決になってない気がする

510 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 09:00:43.50 ID:92Fp3cUL
>>499
これニュー速でも見たぞ
コピペか?

511 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 09:31:10.54 ID:0No1/YiB
なんか厨二異能バトルがやりたいつてのが先にあって、
闘う動機を後から取り繕った感じ。

512 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 10:35:27.55 ID:UqqpeEdN
>>504
俺もグロいの好きなので評価できるが、それが万人受けするとは限らない。中には嫌いな人もいるので。
だから、万人受けするようにやんわりとした表現にするか、俺みたいなグロ好きのためにずば抜けて生々しく表現すらかのどちらかしか選択肢がなくなるので難しいと思うよ。
こういうのはマンガの方があってる。どうしても文字だけでやりたいならそれなりに表現力を身に付けないと、きついんじゃないかな?
あとキャラだけじゃなくて雰囲気もブラックラグーンに似てる。
用語の中二臭さはちゃんとでてるかな。
それとラブコメ要素は必要ない気がする……。
共同生活の描写でコメディいれて、バトルはシリアスぐらいで十分じゃないかな?
とりあえず俺が感じたのはこれくらいかな。

513 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 11:53:06.93 ID:nzCM68Pw
>>504
豊富な知識の裏付けが見えない
プロット段階で既にピンぼけしてる
近代兵器っぽい武装って何さ?
広義の魔術って何よ?
もっと緻密な科学的根拠に基づいた設定を書いてくれ
書けないなら諦めろ
このままだと『劣化禁書』

あとパワー型のバトルはラノベでは厳しいぞ
動きで魅せられないし飽きる

514 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 21:44:55.02 ID:iV31g1Pw
>>505
>一言、エグすぎて無理だったとだけ…
本編、中盤からもっとエグい予定です。

>>506
誰得なんでしょうか?中2にはソフトグロって付き物だと考えていたので……

>>507
異能者には能力制限の時間帯が存在するので、その時は無防備になってしまいます。
そこで通常戦力に対抗する為に山田信子さんが必要であると。
一応、主人公の能力や背景はギリギリまで引っ張って一般人ポジで行く予定です。
そのために勾玉と言うフェイクアイテムを設定しています。
それに、彼だけは一応キチガイでは無い予定なので……

>>508
双子が内臓で満たされたバスルームでキャッキャウフフとかするので乞うご期待。
(悪ノリが過ぎるのでこの描写はやめようかとも思ってるんですけどね)

>>509
そこが話の肝なんですね。一時的な先送りのためだけに死を選ぶという
アホな選択で切なさを炸裂させるわけです。

>>511
ご指摘の通りです。戦う理由をひねり出すのに苦労しました。

>>512
元々は異能力者のフルメタルパニックをやろうと思ってたんですけど、
色々あってこの形になりました。ノリとしては戯言シリーズの感じで
進んでいく予定です。ラブコメ要素否定ですか……どうしようかな。

>>513
>近代兵器っぽい武装って何さ?
SATが前身の部隊なので、サブマシンガン武装程度と考えてもらえれば。
信子の設定対策に対物ライフルとかも出てくるかもです。

>広義の魔術って何よ?
欠席裁判の戦闘方法については詳しく考えてません。とりあえず無茶苦茶な
感じで詳細説明不要でぶっとばす予定です。
特に理由のない最強ってカッコよくないですかw?

>あとパワー型のバトルはラノベでは厳しいぞ
>動きで魅せられないし飽きる

この物語は習作的な要素が強いので、この形で行きます。
バトルメインで行くなら、ジョジョのスタンドバトルっぽい戦い方が
一番小説には向いてるんでしょうけど。

一番の難関は、人殺しをやめさせるという目的と結果ではカタルシスが
非常に発生させにくいということなんですよね。どう演出しましょうか……orz
主題は擬似的家族愛なので。

515 :この名無しがすごい!:2011/07/05(火) 22:22:31.37 ID:x533HYv3
設定厨としては根拠のない最強はゴミである

516 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 10:02:48.02 ID:M+dZS5He
最近読んだ中ではよかったと思います。
異能系で劣化禁書から脱するにはどうしたらよいものか。
自分も異能系のネタを考えてるけど、どうしても禁書から抜け出せない。

しかしMacな人なんだね。

517 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 10:25:44.89 ID:1clz2daT
たぶん禁書を読まないことだな
読んでしまったら最後、その重力下から向こう数年間は抜け出せなくなる

ワンピースが幅を利かせているあいだは海賊漫画は厳しいってこと
ラノベは読者層が狭いだけにそれと同じことがジャンルで起きている
禁書が幅を利かせているあいだは異能バトルは厳しい、と
現に出版される異能バトルものは売れていないだろ
健闘してるのはギャグをメインにしたり恋愛や萌えをメインにして上手く目先を変えてるもの
ガチ熱血異能バトルは「禁書があるからいーわ」状態なんだよね
マーケット全体がそうだし新人賞の選考でもそう
禁書の独り勝ち

518 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 13:10:50.10 ID:HHimXqVV
>>517
んなことない
海賊マンガだって「異能バトル海賊マンガ」が難しいだけで、海賊自体をテーマにできないわけじゃないと思う。
そりゃワンピースみたいなヒットは難しいだろうけど、それはどんなジャンルだってそう。
禁書並みのヒットはどんなジャンルでも難しいだけで、ガチバトル自体がダメなわけじゃないはず。
上手く目先を変えなければいけないのは当たり前。
問題は、どんな切り口でガチ熱血異能バトルにするか。


519 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 13:33:03.22 ID:C0R0qMd6
アフタヌーンの『ヴィンランド・サガ』とかあるしな
最近は海賊から遠ざかっているが

520 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 14:19:16.66 ID:0QiHaiI5
>>519
最近は農民やってるからなw

521 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 14:55:10.88 ID:ItOkC4nx
ファームランドサガ

522 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 14:56:24.30 ID:yhfesWh+
佐賀県の果物狩り施設みたいなタイトルだな

523 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 20:42:10.00 ID:i5l0TM9d
思うんだけど、次は農民物語が当たる

524 :この名無しがすごい!:2011/07/06(水) 22:35:30.14 ID:GmaRyE5n
>>514
いや、別にラブコメを否定するわけではない。特にいれる必要もなくね?って感じ。
生活の描写をいれてるからコメディは必要かもだけど個人的にグロにラブは合わない気がする。しかも口上まで決めてるぐらいだからメインはバトルっぽいし。
それならラブ要素は逆に邪魔じゃないかな?って思っただけ。
自分で絶対いれたい。必要だ。ってことなら入れればいいんじゃない?その辺は自分次第だし。

525 :この名無しがすごい!:2011/07/07(木) 17:21:42.76 ID:igDL2HWT
>>523
のうりん!ってラノベが発売予定にあるな
三浦しおんの林業のやつがヒットしたけど、ラノベ書きの人生経験・取材濃度で書ける奴いねえだろ?
だから薄い人生経験と取材なしで学園物が流行ってると思うんだが

で、それはある意味健全だと思うんだがなあ
医者の書いた医療物ばっか流行るミステリーとかよりいいじゃん
SEの書いた同業者向けラノベなんかいらねえよホント

526 :この名無しがすごい!:2011/07/11(月) 01:03:24.01 ID:9uhD9HFM
初歩的な質問で申し訳ないのですが、プロフィールシートは印刷した物に手書きで書き込むでいいのでしょうか?

527 :この名無しがすごい!:2011/07/11(月) 11:16:12.91 ID:teW9B2aQ
農業って既に、もやしもんと銀の匙が扱ってるからなぁ。
銀の匙なんて作者は牧場出身だし学校も農業系出てる。
付け焼刃じゃ勝てねーよ。
創作では、自分の好きな物や人生経験を題材に取ると厚みが増すのは確かだ。
だから、そういったものがマンガやアニメだったりすると中々難しい。
SFやミステリ好きなら、まだ応用が利くかもしれないけど。

528 :この名無しがすごい!:2011/07/11(月) 11:18:09.67 ID:je4wrTK9
専攻でなくても池上彰なみの知識があれば

529 :この名無しがすごい!:2011/07/12(火) 14:44:06.16 ID:FmpfiJ6t
農学部にいる俺は多少そういうの書こうかなと思ってたが、でもむずい

530 :この名無しがすごい!:2011/07/12(火) 16:45:24.27 ID:HxFRGhh3
>>527
別に勝つ必要はない
劣化コピーであってはいけないだけだ

>>529
森見登美彦

531 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 14:37:31.87 ID:jOU7lh50
学園もので農学部題材にしてもキャラが速攻で卒業して話にならなそう
農業って結果出るのに年単位かかるんだろ?

532 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 15:32:03.72 ID:GVJorGRQ
もやしもんは何年も連載してるのに、作中では一年すら経ってない。
単に作り方の問題じゃねぇ?
そういやジョジョの5部とか、めっちゃ短期間の話なんだよな。
どんだけ濃いのかと。

533 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 16:15:52.94 ID:fY5PBwH8
コナンて始まった頃年上だったのに・・・

534 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 17:01:44.70 ID:55lCK8bk
スラムダンクとかな
あとダイ大

535 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 17:19:18.24 ID:RzdBmhd6
筋肉マンとか一試合するのに一年かかったりするから連載マンガと比べるのはちょっと

536 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 17:34:32.26 ID:NjatURgF
でもコミックスで読んだら展開サクサクなんだよな

537 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 17:56:22.33 ID:tByDixG9
アカギは一晩を十年以上やってますが

538 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 21:19:47.89 ID:cKTzNZ6e
DIO様は五秒間でマシンガントーク全開です。

539 :この名無しがすごい!:2011/07/13(水) 21:39:13.72 ID:GVJorGRQ
ジョジョは時の流れが適当だからな。
設定上はスタンドでの会話は水中でも可能だったり、一瞬で複雑な内容まで伝えられる、とかになってたような。

540 :この名無しがすごい!:2011/07/16(土) 08:22:49.63 ID:63lw9SAU
連続殺人犯が次々殺人を犯すも一向にニュースにならず、警察も捜査しているようにも見えない。
次に殺人を犯した際に人通りが多い通りに放置するも変わらない。
段々と恐怖を振り撒く筈の犯人が逆に恐怖に取り付かれて行く。
そして、犯人はこの街に秘められた謎に挑み出す!
殺人が起きない街のミステリーがここに開幕する。

541 :この名無しがすごい!:2011/07/16(土) 13:20:49.99 ID:0tk7lEag
>>540
>>1

542 :この名無しがすごい!:2011/07/16(土) 13:57:17.94 ID:TAtLdO+h
テンプレいじるべきじゃないかな
「投稿用のあらすじ」は編集が考えた宣伝の売り文句とは違いますとか
勘違いする人が多過ぎる

543 :この名無しがすごい!:2011/07/16(土) 14:03:45.24 ID:0tk7lEag
こんな感じ?
--------------------------------------------------------------------------------------
プロットやあらすじを晒して意見を貰うスレです。投稿用の800字あらすじ等でも。

あらすじ……オチまできちんと書いてあるもの
プロット……物語を作るときの設計図・構想のこと。物語のあらすじ、登場人物の設定や相関図、事件、小道具、世界観など

○テンプレ
【アドレス】 どこかに投稿する場合はアプロダにUPして後で消す方がいいかも
【ジャンル】
【タイトル】
【評価基準】

○専用ロダ】
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/upload.html

○関連スレ
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.33
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1296895308/
議論スレvol.18
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1297081237/
前スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1284466239/

544 :この名無しがすごい!:2011/07/16(土) 23:30:53.39 ID:TAtLdO+h
うん、いい感じだと思う

545 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 05:56:22.37 ID:Eud0oX0O
>>543
俺もいいと思う。

546 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 06:08:29.00 ID:H2+vRF6M
>>543
「新人賞に応募するための」みたいなのはいらない?

547 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 06:54:15.28 ID:VvpYlXCh
>>546
アドレスの欄がああいう説明だし、本文ほどの労力が必要ないからいいんじゃない?
習作ってこともあるしね。

548 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 11:15:30.71 ID:8LYViVl4
○あらすじ晒しです

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/upload.html
【ジャンル】 レジスタンスモノ・ロボットモノ
【タイトル】  ソウルノイド
【評価基準】  主に改善点・疑問点を中心に

549 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 12:17:15.42 ID:fI+8DKvs
>>548
URL間違ってるよ

550 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 12:24:53.82 ID:8LYViVl4
548だけど、アップロード出来ないんだけど・・・

551 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 12:26:51.35 ID:fI+8DKvs
>>550
自分が書き込んだURLをクリックしてちゃんと確認してみなよ、君、すげー数アップしてるから
不要な分は削除して、正しいURLをここに書いてね
リンクの上で右クリックすれば見えるから


552 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 22:05:17.87 ID:8LYViVl4
失敬。改めてURLを
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0832.txt
【ジャンル】 レジスタンスモノ・ロボットモノ
【タイトル】  ソウルノイド
【評価基準】  主に改善点・疑問点を中心に

553 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 22:35:05.87 ID:fI+8DKvs
>>552
いらないファイルは削除しときなよ。

で、これ何? あらすじ?
あらすじなら、あらすじの書き方にしてきて。こんな具体的な記述は不要。
変に描写を入れて書いているから、情報量が少なすぎて、何がわからないかもわからない状態。

554 :この名無しがすごい!:2011/07/17(日) 22:35:21.48 ID:F0vvnD52
>>552
長い
あらすじにまとめられてないよ

555 :この名無しがすごい!:2011/07/18(月) 01:39:17.05 ID:FZWw0iMC
>>552
あらすじってより、設定って感じの書き方だね、これ。
あらすじは長い本文を短くしたもの。起承転結を要所要所だけでまとめたものをいうんだよ。
あと誤字はちゃんと確認してからの方がいいよ。幾つかあったから。

556 :この名無しがすごい!:2011/07/18(月) 12:38:36.22 ID:0z2+9mhH
>>552
これは粗筋じゃなくてプロットだね
粗筋晒しをするなら大まかな流れを800〜2000字くらいで纏めないと(ちなみに新人賞は約800字の粗筋を書く必要がある)

一応プロット晒しとして一章の終わりまで読んだけどソウルノイドって普通に手に入る設定?
プロローグを読んだ限りでは敵側専用に思えた

557 :この名無しがすごい!:2011/07/22(金) 11:35:39.80 ID:LWbS+mbY
重箱の隅つつくような事ばっかほざいてんじゃねーよ
どこからどう見てもあらすじだろーが
死ねよゴキブリどもが

558 :この名無しがすごい!:2011/07/22(金) 11:49:29.60 ID:9XbXT449
あらすじってのはストーリーの流れ(すじ)をわかりやすく書いたものだからなぁ
小説としてのカタチよりもそっちを重視して書いてくれってことじゃないの?

というか、余分なファイル消せって言われたのに無視か
予想外の部分で叩かれたからってへそ曲げるなんて子供だなぁ……

559 :この名無しがすごい!:2011/07/22(金) 12:30:41.63 ID:bMk0ao3/
夏休み恒例の頭のおかしい子なのでお触りなしで

560 :この名無しがすごい!:2011/07/22(金) 12:35:34.71 ID:+jjA56UO
>>559
マルチ イグナイ

561 :この名無しがすごい!:2011/07/23(土) 12:39:41.65 ID:mUiR2EGo
>>557が正論を言ってるのに
耳を傾けないクズども

562 :この名無しがすごい!:2011/07/23(土) 13:26:14.62 ID:f0nnFtCq
>>561
お前素直だな。

563 :この名無しがすごい!:2011/07/24(日) 07:45:58.07 ID:6Bje/VRS
俺ファミレスで働いてるんだけど。
昼になると50代くらいのおばはんグループがくるんだが。
そんときは3人組で、野菜スープx3を注文された。

この野菜スープ とにかく量が多くて縁ギリギリまで注がれてるんだ。
んで、それをテーブルまで運んで、戻ろうとしたところで、後ろから
「ちょっと!」って呼び止められたわけだ。

見ると一人の野菜スープが縁から滴ってた。
「なにこれ!?ちゃんと運びなさいよ!!店員でしょ!?」
とヒステリックに怒鳴られた。
俺が頭を下げてると、他2人も参戦。

器が小さいなぁ、と思った。

564 :この名無しがすごい!:2011/07/24(日) 10:34:30.15 ID:py3FE4xi
>>563
掌編スレでやれwww


565 :この名無しがすごい!:2011/07/24(日) 10:58:46.47 ID:yp8ae/Qz
器だけに

566 :この名無しがすごい!:2011/07/24(日) 11:06:08.67 ID:Jf4Jn+8r
>>563
うめえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
えええええええええええええええええええええええええええええ

567 :この名無しがすごい!:2011/07/24(日) 11:21:31.45 ID:py3FE4xi
料理だけに

568 :この名無しがすごい!:2011/07/24(日) 13:29:22.15 ID:YOt/CWsK
コピペに反応してんなよ

569 :この名無しがすごい!:2011/07/25(月) 01:47:58.67 ID:gsW4qFA1
うめえええええええええええ

570 :この名無しがすごい!:2011/07/25(月) 10:49:59.87 ID:J2v0NGv7
>>568
こんな素晴らしい作品がコピペなわけないだろ
謝れ

571 :この名無しがすごい!:2011/07/25(月) 22:10:37.58 ID:kkrO7fyz
すし詰めの人民バスを乗り継ぎ、中国語の飛び交う露天の雑踏を縫うように歩き、荻窪店へ到着。
地下への階段を降りると、先客が三人ばかり装甲シャッターの前に並んでいる…ファーストに間に合ったようだ。
俺が階段を下る足音に一瞬びくりとした表情を見せた彼らだが、同胞だと解るとほっとした様子を見せた。
程なく分厚い鋼鉄のシャッターが開きはじめる。軽く会釈をして店内に入った。
背負ったリュックを下ろし、ドサドサと10億日本元の札束を大量にカウンターの上にぶちまけ食券を買う。
「大豚W、麺カタメ。」そう告げると店主は無言で頷いた。
「ニンニク入れますか?」に、野菜マシ、ニンニクカラメコール。
「お待ちどお。」目の前に置かれた二郎。さっそく豚にむしゃぶりつき、俺は愕然とした。
いつもの合成肉ではない…これは、本物の、豚肉だ!
第二次食統法の施行で、我々日本人の口に入るのは不気味な合成肉と遺伝子組み替え野菜ばかりの時世だというのに。
天然のアミノ酸の旨さに他の三人も目を潤ませている。
「…おまえさんたちは、この日本自治区…いや、日本の明日のために戦ってるんだから、精をつけてもらわなきゃな。
民族浄化なんて蛮行を許しちゃいけねえよ。」
四人が力強く頷いた、その時である。

ガンガン!とシャッターが乱雑に叩かれた。続いて中国語の罵声が厚い鉄扉越しに響く。
『人民警察だ!ここを開けろ!』『逃げられると思うな、反乱分子ども!』『薄汚いテロティストどもめ、観念しろ!』
ジリジリという音とともに、異臭がたちこめる。やつらはシャッターを焼き切って突入してくる気だ!
「おまえら、裏口から逃げるんだ!」店主がカウンターの下に隠してあったショットガンに素早く弾を装填する。
「店主はどうするんです!?」
「俺の店は俺が守るさ。さあ行け!おまえたちロティストは日本の最後の希望だ!…カネシと共にあらんことを!」
涙で喉を詰まらせつつ俺たちは軽く会釈し、裏口から逃げ出した。
パラパラと、SMGを掃射する音…そして、店主の絶叫。
俺たちは泣きながらどこまでも走った。
2012年冬。俺たちはまたひとつ、二郎を失ったのだ。

572 :この名無しがすごい!:2011/07/25(月) 23:43:20.47 ID:Z2I40X2c
テロティスト???

573 :この名無しがすごい!:2011/07/25(月) 23:50:57.31 ID:TdcjqbMR
ラーメン二郎のコピペ持ってくんなwww

プロット晒し来ないね最近

574 :この名無しがすごい!:2011/07/25(月) 23:54:56.73 ID:WCayO4Xf
電撃とガガガと講談社が結果が出た頃で、富士見はもう締め切りが近いっていう狭間の時期なのもありそう

575 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 01:12:55.31 ID:6uwyLYKh
コピペスレになってるな
おもしろいとおもってるの?
死んでほしいんだけど

576 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 11:26:00.11 ID:VypBqjsK
おまえがしね

577 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 12:45:08.52 ID:gerwxYXW
本気で執筆してるから詳しくは書けないけど今書いてる作品の概要だけw

主人公は大学で民俗学を専攻してる青年
フィールドワークで訪れた某県にて事件は起こる
世羅悲夢(セラフィム)と呼ばれる異形の魔者達の襲来
またそれを操る謎の巫女
アナザーワールドと現世を繋ぐとされる社の秘宝

もう少しで100P書き終えるw

578 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 12:50:19.63 ID:dDXWafLM
>>577
星海用?

579 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 15:01:35.85 ID:ERWorI5f
本気で執筆してるだろうから詳しくは書けないけどオマイラが今書いてる作品の概要だけw

主人公はニートでバイアグラを使用してる変態
フィールドワークで訪れた児童公園にて事件は起こる
炉利混(ロリコン)と呼ばれる異形の変態達の襲来
またそれを操る謎のワナビ
リアルと妄想の区別がつかないオマエラ的迷作

きっとオマイラそんなのばっか100Pとか書いちゃってるw


580 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 15:07:03.46 ID:/CRDI2Jb
牧野修っていう作家さんがいてね

581 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 15:40:07.35 ID:uM59FVHz
>>577
悪いがこれだけじゃ全く惹かれないな……
何か設定やストーリーにかくし球があるんだろうか
「ヒロイン」に言及していないところも引っ掛かる

582 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 16:35:58.28 ID:M99Swhvt
>>581
他のスレにも貼ってあったから悪戯だと思う

583 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 17:15:23.96 ID:+xMXwGct
夏休みのせいかどこも荒らしが増えたな
しかも低レベルでつまらないからたちが悪い

584 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 17:28:21.73 ID:uM59FVHz
ほっときゃ消える

585 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 17:44:01.43 ID:6uwyLYKh
>>583
高レベルで面白い荒らしなんて見たこと無いぞ


586 :この名無しがすごい!:2011/07/26(火) 21:36:14.75 ID:1YiQmhYP
それは荒らしって呼ばないだろうからなw

587 :この名無しがすごい!:2011/07/27(水) 00:45:26.75 ID:i6c88zCn
なんで荒らしに構うんだろうな
完全無視してればいいだけなのに

588 :この名無しがすごい!:2011/07/27(水) 01:16:57.13 ID:90A5+Zoq
>>587
そりゃお前ぇ、なんで台風来てるのに川の様子見に行くんだ、って聞いてるようなもんだ。
分かっててもついつい、なんだよ。
アラシだけに。

589 :この名無しがすごい!:2011/07/27(水) 13:18:31.75 ID:P9kMqqJF
偉そうな評論はプロになってからしろよ

590 :この名無しがすごい!:2011/07/28(木) 00:05:47.58 ID:Ga4uskrP
意外とそれも醍醐味だったりする

591 :この名無しがすごい!:2011/08/02(火) 22:26:37.42 ID:bfMo3i2J
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0901.txt
【ジャンル】異能コメディ予定
【タイトル】未定
【評価基準】導入部のみです。
興味を引くか(続きを読みたくなるか)
文章力がラノベ水準に達しているか
テンポはいいか
悪いところ細かく教えていただきたいですお願いします


592 :この名無しがすごい!:2011/08/03(水) 08:39:11.45 ID:Az/eKCC3
【アドレス】ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0905.txt
【ジャンル】戦隊モノ、異能バトル
【タイトル】モノクロの騎士(仮)
【評価基準】
・面白そうか。
・本筋を読んでみたいと思うか。
・既存のものと被ってはいないか。
・設定に無理はないか。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、よろしくお願いします。

593 :この名無しがすごい!:2011/08/03(水) 08:58:33.82 ID:7qFJvo+c
>592
ざっくり読んだので、気になった点を幾つか。

・正義の味方、悪の秘密結社の社会的な立ち位置
警察や国家権力、或いは学校の先生などに対してどうなのか。
悪の秘密結社がどんな「悪事」を働いているかにもよるよね。
警察ガン無視で話が進んだら、流石に気になると思う。

・超能力の認知度と所有率
要するに、主人公がどれだけ特別なのか。これも上と同様で、
そんなに特別だったら外部の人間が放っておかないよね。
五人に一人は持ってる、とかなら目立たないかもだけど。

・主人公の性格
上2つは設定的な気になる部分だけど、これはストーリー的な気になる部分。
騙してハーレムなんて良くない、とか言うような主人公なら
そもそもどっちつかずの二足のわらじはしないだろうし、
罪悪感を覚えないなら綺麗事も言わない。
一度否定しておいてやっぱりやります、はかなり共感が難しいから、
書き手の演出と文章力が試されちゃうと思う。ハードルは高い。

取り敢えずデカいと思った地雷を3つ。これが綺麗にクリアできてるなら
面白いかも知れない。少なくとも俺は読んでみたい。

人に正体を隠して二足のわらじを履く話はそれこそウルトラマンとか
超有名なモノにもある、一つのパターン。なので被りは気にしなくていいと思う。
問題はこのドラマをどう演出して、どう解決するかに掛かってるんじゃないかな。
ここには具体的にどうするのか、さっぱり書いてないけども。
優柔不断な主人公だけど凄い超能力で何とかなりました!ハッピー!
ってオチだったら投げ捨てる。

594 :この名無しがすごい!:2011/08/04(木) 15:49:18.92 ID:UddV81y+
>>592
・面白そうか。
入れ替わり生活を中心としてコミカルなタッチで描かれるなら面白いのかもしれない。

・本筋を読んでみたいと思うか。
今の筋書きだと本文を読み進めるのはとても辛そうだ。
コメディなのかシリアスなのか、そこだけでもはっきりさせてほしい。

・設定に無理はないか。
黒羽、べつに倒さなくても良くね? 誰か困る?

595 :592:2011/08/04(木) 21:08:31.95 ID:XFoBaePF
>>593
そうですね。そこが自分でも悩みどころでした。
・案としては、虎兎みたいにヒーローショーにしてしまう、と。
ただそうなると、悪の秘密結社の行動意義がなくなるような気がするのです。
・上に関連して、主人公の能力についても悩みます。できれば一方さんのように圧倒的な強さを持たせたいのですが、
となると、ヒーローショーが地味になるかもしれないのです。身体能力を高めるだけでは上手くいかないかな、と。
いっそのこと黒の騎士団みたいな感じでレジスタンスにすれば主人公の力が生きると思うのですが、
そうなると外部の人間が放っておかないと、悩みどころです。

オチも悩みどころです。この作品はコメディとして考えているので、オチもコメディ風にしたいんですよね。
問題は黒羽の人格を幼馴染みから追い出すことですから……色々と考えてみます。
何かアイディアがあれば教えてくれると助かります。

>>594
これはコメディとして考えていたのですが、すいません。伝わりませんでしたか。
とても辛そう、というのはよく分からないのですが、できればレスをお願いします。
黒羽は倒さないといけないんですよね。主人公は結局いつかは黒羽に倒されてしまいますし、幼馴染みの体を乗っ取られています。
ただただ見過ごすというわけにはいかないでしょう。

596 :この名無しがすごい!:2011/08/04(木) 21:42:51.45 ID:3wwhWEKk
>>595
黒羽に体を乗っ取られた男が(恐らくは大切な)幼馴染みだということは誰から聞いた情報なのかな。
自覚しているとしたらすでに記憶が戻っていることになるし、人格が分裂することもないはずだよね。
どちらかの陣営に与して闘うというのも、かつての習慣に従ってそうしているというだけで、
けっして必然ではないと思う。コメディ調なら深刻な出来事は起こらないはずだから放っておいてもいいよね。
あるべきラストシーンを迎えるための、心境の変化をもたらすような重要なプロセスが欠けているんじゃないかな。

> 主人公は結局いつかは黒羽に倒されてしまいますし
そうなの? ハーレム形成が本願なら主人公のことなんてどうでも良さそうだけど。

ラストにむけて次第にシリアス展開に傾いていくようなイメージなのかなあ。
今のままだとブレが大きすぎて、そういう意味で「辛い」です。

597 :この名無しがすごい!:2011/08/05(金) 00:33:43.66 ID:3LOFj8eN
>>592
・面白そうか。
コメディがどれだけ面白いかによるかな。
シリアスにやられたら、多分面白くない。コメディが滑っても面白くないと思う。
筋書きで見せるタイプじゃなさそうな話だし。

・本筋を読んでみたいと思うか。
今ひとつ。ラストが無理矢理な展開になりそう。ソードマスター的な意味で。

・設定に無理はないか。
ヒーローとかがいる時点ですでにトンデモ世界だから、別にいいんじゃないかとは思うけど、
ただ、黒羽の存在は気に入らない。主人公も乗り移られてたってんならともかく。

598 :この名無しがすごい!:2011/08/05(金) 06:19:34.75 ID:ad+lnsk0
>>592
・面白そうか。
二重生活を、正義側、悪側、日常側、三面ともしっかり書く。白騎士も黒騎士もかっこよく。ヒロインはみんな可愛く。
悪側も「もう一つの正義」っぽくして肩入れしても読者に不快感を与えないように気をつける。
終盤以外は重い話にしない。二重生活ならではのトラブルに巻き込まれながらのちょっとバカっぽいハーレム乗りな位でいい。
な感じで本編が進むなら面白そう。

終盤が上手くまとまっていないような気がして最後が乗り切れなかった。
黒羽がラスボスなのはいいと思うんだけど、しばらく主人公と共存していた辺り、非常に違和感が。
それまでの流れを見るに、主人公は「流されやすいが倫理観はしっかりしている」というイメージだったから、
私欲に生きる黒羽との同居はストレスになるのでは?
黒羽出てくる→会話の末考えが完全に対立し、精神戦→白葵勝利して黒羽を身体から追い出す→友人に取り憑いた黒羽とバトル
とかにしてもいいかも。黒羽の人格がちゃんと伝われば、何も長々と黒羽と同居する必要はない気が。


・本筋を読んでみたいと思うか。
読んでみたいと思う。


・既存のものと被ってはいないか。
二重生活をコメディ仕立てで描くのはありそうな設定。でも被りを気にするようなものでも無いと思う。


・設定に無理はないか。
常識で考えたら両方の組織が近すぎたり、色々と無理があるように見える。
しかし正義も悪も「お約束」にのっとって存在している感。その辺りをどう料理するかによると思う。
コメディ調ならお約束にのっかれるが、シリアス調で話が進むならその辺りの説明を上手くやらないと苦しそう。


599 :快晴ラッコ:2011/08/05(金) 07:23:53.79 ID:rJR4VMQ1
>>592
動機が不明瞭。

気になった点はいろいろとありますが、この一点が大きすぎる印象です。
あまりにも大きすぎて、ほかの部分がかすんでしまいました。

まず題材としては、
「最強の不良と恐れられている主人公。だけど実は気弱なヘタレで……」
なお話に近いと思うのですが、この不良系のお話と違って動機が不明瞭になっています。

というのも、不良系のお話は「主人公は平和に過ごしたいのにトラブルのほうがやってくる」な構図を取ります。
しかしこのお話ですと、主人公がなにしたいのかわからんのですよね。
「二足のわらじ生活が始まった」と書かれましても……。

始めんなよ(´・ω・`)

で終わります。
主人公が絶大な力を持っているこの話では、決定権は主人公にあります。
悪を滅ぼす。正義を滅ぼす。両成敗で両方滅ぼす。
色んな選択肢が選びたい放題なんですよ。
それなのに選ばない。
よくわからないまま惰性で過ごし、その生活に「嫌気が差した」と言いだす。
虫カゴの蓋があいているのに跳ぼうとしないノミをみているかのよう印象です。
「黒羽の懇願」も理由にはなりません。
この行動を意訳しますと、「主人公は最低男な黒羽をマドンナたちより上に置いた」ってことですからね。

「読み手側に、わらじを履くのも仕方ないと思わせる仕掛けを入れること」

これこそが、なによりも真っ先に優先すべき課題ではないのかなー、と思いました。
このプロットで本文を読んだら、主人公にイラつける自信があります。

600 :592:2011/08/05(金) 13:20:17.20 ID:INg+5P+/
>>599
そうですね。
当初主人公はプロットでは気づいたと書いてありますが、自分の能力に日記で気づかなかったということにしようと思います。
そうして、どっちの組織にも所属することになるのですが、そこで気づくのです。
何故こんな生活を当初続けたかというと、自分のことを頼りにしているヒロイン二人を裏切れない、というのが一番強い理由です。
しばらくして、やっぱりよくないと思った、と。

……これなら大丈夫でしょうか。やはりダメでしょうか。

601 :快晴ラッコ:2011/08/06(土) 19:05:58.57 ID:i8t523/k
>>600
いや、そこだけ書かれても困ります。
「重要な設定」はですね、そこを弄ると作品全体が玉突き的に変わるものなんですよ。
そもそもプロット自体がですね、
「50DPまで書いたけど、玉突き変化で全部パー!」
なんてことにならないよう、事前に練っておくことを目的としたものなんですから。
この作品で、軽く考えてみます。

「頼りにされているから」で重労働をこなす主人公。
ヒロインふたりのことをそれなりに想っているのだろう。
であれば、正体を明かす云々より先に、正義と悪の対立をなんとかしようと考えるのではないか?
「頼られるのはうれしかったけど、騙すのは嫌だからイチ抜けします。あとは勝手にやってください」
これではいかにも無責任すぎるものな。
いや、待て。主人公が重要な戦力である以上、抜ければ戦いは納まるかもしれない。
だけどそれなら、そもそもなんで戦って……?
どちらにしても、理由は必要だ。
理由を提示した以上、解決しなきゃいかんよな。
黒羽なんか倒している暇はなくなるかもしれない。
しかし黒羽は消したくない。
対立のきっかけは、黒羽の行動が原因ということにしようか?
そうすれば、黒羽の撃破で万事解決だ。
だけど思いつかね、うーん、どうしよ。

要するにこういうことなんですよ。
性格を変えれば動きが変わり、動きが変われば物語も変わります。
物語が変わったのなら、それに応じた事件やエピソードも入れてやる必要があるのです。
変化の中身と同じくらいに、「変化に伴って追加されたもの」が重要となるわけですね。
というわけで、「ここをこう直します!」とだけ言われても困るんです。

602 :この名無しがすごい!:2011/08/07(日) 08:39:03.48 ID:cl5EzHAL
>>592
・面白そうか。
いまいち。
他のコメントでコメディを目指すというのがあったけど、主人公の行動が現在の有り様とどうズレてるのかわからない。
・本筋を読んでみたいと思うか。
あんまり。
読みたいと思う燃え/萌えがなさそうなので。
・既存のものと被ってはいないか。
別に被ってるかどうかは気にしなくていい気がする。それを最初から気にしだしたら、まず面白くならない。
正義と悪との二足のわらじという意味では、ファンタジーに写像すれば勇者と魔王って『まおゆう』の構造と一緒といえば一緒だし。
・設定に無理はないか。
ある。

感想:
あらすじでも、読者は意識した方がいいと思う。そこが読んでて残念だったし、このまま書いても面白くならなそうな予感がした。
読者が提示された情報をもとに何を読みたがっているか常に意識しないと、途中で投げ出されると思う。
例えば、記憶喪失になった主人公がいたら、読者には記憶について知りたい欲求が生まれる。
これが最初の謎なのに、日記が出されて解決してしまう。これで最初の物語は終了するし、これが物語の根幹じゃないのかとがっかりする部分でもある。この後どうすんのよ?と。

この主人公の主観で見た物語全体の目的ってのが、第一章に書かれているべき。
これは大抵の物語がそういった構造を提示してると思う。
とらドラであれば、大河が祐作にアプローチするのを竜児が手助けする。
俺妹なら、桐乃からの相談を受ける羽目になった京介があれこれ世話焼く。
こういった構造をもつ理由は、読者が展開の腰を折られたくないから。
一方で作者にとって、展開パターンが決まることで意外性が作りやすいメリットもある。

この話で正義をやっつける展開になるのはどこか? そこでようやく読者は展開に腰を据えて読めるようになる。
いっそ、それ以前はバッサリ切れないか検討した方がいい。

現状は、作者の都合で話が作られすぎているから、結果として設定に無理がでてる。
喪失した記憶が自分なら、喪失してない部分も自分であるべき。全くの別人なんて有り得ない。
あり得るとしたら、初めっから多重人格。それならそれで、記憶を失う必要なんてないわけで。

読者のために、読者が納得できるクオリティの設定をお願いします。

603 :この名無しがすごい!:2011/08/10(水) 02:54:30.10 ID:h3u0nwo+
>>601
そうですね。確かに仰るとおりです。
ヒロインのことを思うのなら、悪と正義の対立を解消させるべきですね。
ただ、そこで考えてみてほしいのは、結局悪のサイドはどう足掻いても犯罪者である、ということです。
和解するとしても片方のヒロインは捕まらざるをえません。何でもかんでもご都合主義で捕まらなかった、などとするのはあり得ません。
かといって、ヒロインを自首させてまで対立を解消するのが正しいのか、それも微妙です。
そもそも主人公はヒロインを助けるために行動しているからです。
いくら理に適っているからといって後者の判断を選ぶのはよほどの人格者でなくてはできないのではないのかと思います。
考えられるのは、悪のサイドにこれ以上何もさせないように説得する、ということでしょうか。
それならヒロインとの対立も抱けていいですね。その後、正義サイドに止めることを進言する、と。

理由は、例えば考えてみて欲しいのですが、自分は記憶喪失の中目覚めました。
目覚めた自分は不思議な力を持っていて二人の美少女から必要とされています。断ることができるでしょうか。
自分にはいとも簡単に双方に被害を出さず、上手く切り抜ける力があります。
自分ならばちょっと苦しいかな、と思います。
小説においては全ての物事に理由が必要というのは分からなくはないですが、
そういう異性に対する恋愛的な感情にそこまで理由を求められても困ります。
別に主人公は不良でもなくへたれでもありません。
主人公は能力がある以外は普通の人間です。特別周りからなにか思われているわけではないのです。
多分黒羽の存在はなかったことにするかもしれません。存外に反感が多かったので。
ちょっと自分でも黒羽の懇願というのは微妙でした。

604 :592:2011/08/10(水) 03:08:36.12 ID:h3u0nwo+
すいません、上も自分です。
>>602
ちょっとプロットでは分かりにくかったと思いますが、主人公は黒羽とは全く別の人格なのです。
記憶の共有はありません。何故ならば、病院で意識が戻った瞬間に生まれた人格が主人公だったからです。
あなたが言うように記憶喪失の物語は元の記憶がいかなるものだったか。それを探る行動が物語の肝になる、という話ですが、
それも確かにある話です。ですが今回の場合、主人公が探すべき記憶は黒羽という存在も知らない別人格の状況です。元の記憶は全くないので、それを物語の中に存在する謎として構築することは困難です。

この後どうすんのよ? と書かれていますが、この物語は基本的にコメディで二つの組織の間を動くことが物語の根幹です。それは揺るがないことです。
分かりやすく言えば、主人公はある日黒羽という別の人間になっていた、という感じでしょうか。
>>喪失した記憶が自分なら、喪失してない部分も自分であるべき。全くの別人なんて有り得ない。
あり得るとしたら、初めっから多重人格。それならそれで、記憶を失う必要なんてないわけで。
まあ実際に存在するかは分かりませんが事故によって全くの別人格が生まれた、と。その間本来の人格は眠ったままなのです。
記憶を失う、というよりは元々あるはずがないのです。生まれたばかりなのですから。

全ての物語において、主人公が明確な目的意識を持っているわけではありません。どちらかというとこれは巻き込まれ系ですから。
有名どころで言えば、シャナとかでしょうか。第一章でゆうじは明確な目的を示していたでしょうか。示していません。
確かに私もそれが理想的であるとは思いますが、必ずしもそうはならないのではないでしょうか。

605 :この名無しがすごい!:2011/08/10(水) 03:28:11.28 ID:06NyypEq
どんな方向性がいいか相談しておいて出されたアイデア拒否って言い訳するくらいならさっさと自分の思う方向で書き上げて晒せばいいじゃんw
それでフルボッコされてから改変するかネタを捨てるか考えればいい


606 :快晴ラッコ ◆UB.teRFiBXaX :2011/08/10(水) 07:22:48.97 ID:sSsL8c0h
>>603
>結局悪のサイドはどう足掻いても犯罪者である。

すいません。
そういうコメディなら読む気しませんや。
「コメディの」悪の組織はその大半が単なる自称。
もしくは、「悪は悪なんだけど、笑って許せる悪しかやらない集団」なイメージでしたから。
ガチで逮捕しなくちゃいけないような犯罪者集団でしたら、コメディとしてなんて読めません。
それに味方する主人公にも引きます。

無論、これはあなたに「だからやめろ」と言うものではありません。
引かない人もいると思いますし、楽しめる人は楽しめるんだろうと思います。

ただ一応、長文でレスをしてそれに答えが返ってきたなら、最低限のリアクションは取るのが礼儀と思ったので書いたに過ぎません。
(実際、なんの反応もなかったら、あなたはしばらくこのスレを覗いて首をかしげると思うので)

607 :この名無しがすごい!:2011/08/10(水) 08:56:52.66 ID:3gT4Sfw/
>>592
賛同者だけがほしいなら2ちゃんはむかないよ、よそ当たりな

608 :この名無しがすごい!:2011/08/10(水) 17:39:30.52 ID:jwdB3WRY
こいつあれだろ自作晒しに来てフルボッコにされて変な噛みつき方してきたやつ

609 :この名無しがすごい!:2011/08/10(水) 20:54:34.44 ID:Cl/Dzn7Z
そんなやつ多すぎて誰だかわからないw

610 :この名無しがすごい!:2011/08/10(水) 20:58:41.97 ID:r1G3M2AK
批判がないと思えるほとの自信作なら、さっさと応募すればいいのにね。

611 :この名無しがすごい!:2011/08/11(木) 00:38:01.96 ID:qg6X1woR
AngelBeats!に対する西田亜沙子の批評文をいちど読んでみるといいよ
問題点が概ね共通していてわかりやすいから

612 :この名無しがすごい!:2011/08/11(木) 19:25:36.12 ID:8mtByJq6
本気で執筆してるから詳しくは書けないけど今書いてる作品の概要だけw

主人公は明野陸軍飛行学校で甲種課程を専攻した中隊長
原隊復帰で訪れたビルマにて事件は起こる
P-51(マスタング)と呼ばれる異形のカツオブシの襲来
またそれを操る謎のUSAAF
低高度と中高度を繋ぐとされるハ115-IIの水メタノール

もう少しで100P書き終えるw

613 :この名無しがすごい!:2011/08/11(木) 19:29:53.99 ID:1Ro22j8w
で?

614 :この名無しがすごい!:2011/08/12(金) 16:33:38.25 ID:xqSDGyu7
もう来ないかもだけど一応。
>>604
記憶ってどうやって作られるかイメージしたことあります?
多重人格は? 記憶喪失は?

記憶喪失や幼児回帰などは、過度なストレスにつながる直近の記憶から退避する制御。
多重人格は、存在を仮定することで現実から受けるストレスから回避する制御。
WindowsOSで言うなれば、前者がセーフモードやログを巻き戻したデータ、後者がデュアルブート。
いずれにせよ、HDDの中にはデータが既に入っています。言い換えれば、記憶は既にあるものが使われるわけです。
仮に、OSがAIをもつようになり別プログラムを組む……みたいな感じで、眠っている間に別人格を構築したとしても、それは制作者の人格が反映されたコピーであるはずです。2の倍数から唐突に奇数は作れません。
有り得るとしたら、元々そういった理想とする人格を持っていた場合です。

ここは、対立構造をもつ中でいずれの主役も張るという設定のための根幹部分なのに、練られてないのが勿体無い。
『何のために別人格が現れたのか?』が考えられてないのでは?
それでは、読者からみれば単なる『作者の都合』でしかないです。

>>この物語は基本的にコメディで二つの組織の間を動くことが物語の根幹です。

それは方針であって、根幹じゃないです。読者はそんな方針に共感したりするんでしょうか?
なぜ二つの組織を渡る必要があるか。その行動原理こそが根幹です。
そこに対して難関や解決を持たせる。それをシリアスにするかコミカルにするかは後々でもできます。
しかし、行動原理に筋が通っていなければ、展開の唐突さでついていけなくなるでしょう。

>>第一章でゆうじは明確な目的を示していたでしょうか。示していません。

それは、物語構造が違うからです。しかし、同様に第一章で明確に示されているのは同様です。
とらドラの場合も俺妹の場合も、あくまで主人公視点を切り取って展開させています。これは、課題が主人公にある物語において、こういった形になります。今回の話も、読む限りではこちらの演出に属するのでしょう。
シャナの場合、映画のように各シーンを切り取る描写がされています。これはバッカーノなどでも同様です。
こういったタイプのものは主人公視点の目的ではなく、読者に目的を渡しています。
シャナの場合はなぜ悠二が死ななかったか。バッカーノの場合は、なぜこんな話をしたのか、そして語り手は何者なのか。

615 :この名無しがすごい!:2011/08/13(土) 23:21:44.55 ID:r8XE0Nkn
仲良しですね

616 :この名無しがすごい!:2011/08/14(日) 20:17:52.55 ID:0lNH5bGy
小説「魔窟の四性獣鬼」
一人目 童話のyasuto
少女が洋童話の話を聞き、気を許したとたん大型トランクにたたき込み
富士の樹海に運び、「暗黒体」なるものに変身する儀式の生贄として少女を凌辱惨殺。
ついには歓喜のあまり死肉を食らう。すでに犠牲者は30人以上。
世紀の極悪変質カニバリストである。(*_*)はその手にかかるも KINDLE神により
奇跡的に救出されたが、凌辱のトラウマにより精神に変調をきたしている。
以降彼女は洋童話に固執し、英語が出来るという妄想に囚われている。
二人目 動物虐待小生
クマのプーを愛読する動物にゆがんだ愛情を持つリストラ技術者。
幼小期、愛犬にひどくかまれた経験により動物に屈折した愛情を持つようになる。
現在北海道日高山脈奥の自宅にメスヒグマをプーと呼び監禁凌辱虐待。
生計はワシントン条約違反動物輸入販売により立てている。日本の動物姦王。
生計は豊かである。




617 :この名無しがすごい!:2011/08/14(日) 20:18:55.77 ID:0lNH5bGy
三人目 (*_*)
幼児期yasutoの手にかかり成人男子に嫌悪感を覚えて以来ショタコンとなる。
故に少年の好む冒険小説を愛読する。彼女の住む自宅床下には埋められた
少年が白骨化し、その死霊は彼女の主食となっている。
四人目 にほひ
横浜中華街で中国人夫婦に拾われた元捨て子。養父母に虐待されて成長し、漢字に生理的嫌悪感を持つ。
それゆえ文字はひらがなのみを旧かな使いで使用。また中国拳法の達人であり変態行為を好むホモセクシャル。
男子を拳法で気絶させ凌辱し下腹部に「にほひ」と刺青を入れる異常者である。





618 :616 617:2011/08/14(日) 20:22:35.74 ID:0lNH5bGy
講評お願いします。ワイの考え!(`・ω・´) さんにここを勧められました。




619 :この名無しがすごい!:2011/08/14(日) 20:27:39.94 ID:WTK72Tjp
>>618
スレタイどおり、ここで来るのは講評ではなく感想だけどね。
とりあえず、人に見せるためには情報が少なすぎる。これ自分用のメモをそのままコピペしただろう。
人に感想を求めるときは、人に伝えることを前提にそれなりに情報を補完しないと駄目。

で、これをどう評価してほしいの?
話として成立していないから設定として出してきたんだろうけど、どう活用するかが重要なんじゃないのかと。
設定なんてのは物語が付随して意味をなすものなので。
まあこれだけ変なのを集めて、まともに他人が楽しめる話を書けるとは思えないとだけ。

620 :この名無しがすごい!:2011/08/15(月) 03:14:23.21 ID:8KITxGg/
>>618
なんね、それは。
おいしゃんはようっと、分からんたい。

621 :この名無しがすごい!:2011/08/15(月) 13:50:07.72 ID:EZgnILV6
>618
日本語でOK?

622 :この名無しがすごい!:2011/08/15(月) 19:00:57.61 ID:jtaVRSeF
>>618
設定にすらなってないじゃん
どう評価しろと?

623 :この名無しがすごい!:2011/08/16(火) 01:51:20.86 ID:VkOaGsAu
【アドレス】 http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0967.txt
【ジャンル】 ある意味セカイ系
【タイトル】 このセカイが終わるとき(仮)
【評価基準】 ・こういう設定の作品ならこんな書き方すればいいんじゃない?的な感想
      ・これは○○に似ているな〜という感想
      ・こういう作品があったとして最もアピールすべき点はここじゃね?という感想
      以上三点の他にもこうしたら良い作品になるよ的なアドバイスがございましたら、どうぞ遠慮無くお書き下さい。
たくさんの感想をお待ちしています。よろしくお願いします。

624 :この名無しがすごい!:2011/08/16(火) 02:13:58.24 ID:cT3gyAkl
>>623
設定や物語の目的をもう少し分かりやすく説明してもらえると……。
これがゲームのシナリオだとして、どうやったら無事「ゲームクリア」となるのかが文面からは見えてこない。
「時間軸がなんたら」というのは「人生の節目となる重要なイベント」的な意味に解釈したので良かったのかな。
映画「マグノリア」や「ショートカッツ」のように、最終的にパズルのピースが符号するオムニバスドラマ様の
ストーリーを想像したんだけど、正直その読みが正しいのかどうかもよくわからない。
とにかく薄ぼんやりと曖昧な印象を持ちました。

625 :この名無しがすごい!:2011/08/16(火) 08:57:09.04 ID:VkOaGsAu
>>624
説明不足ですいません。
物語の目的はあくまで主人公の生還です。だけどそれを簡単にさせないように天使がちょくちょく主人公を惑わすことを言うんですね(アドバイスという形式で)
>「時間軸がなんたら」というのは「人生の節目となる重要なイベント」的な意味に解釈したので良かったのかな
はい、そう解釈してもらえるとありがたいです。言ってみればその精神世界って死に直面した人間の人生のハイライトな感じです。
あなたにも過去に償いたいな〜とか後悔している過去ってありますよね?その時期に関わりのある人物の精神が呼び寄せられる感じです。(精神って言っても人型ですが)

>最終的にパズルのピースが符号する
正解です。姪→男友達→元恋人→主人公の順に精神の解放・生還がなされる訳ですが、そのためには登場人物達が抱える問題(姪ならば主人公へのどうしようもない想い)を解決するしなければならない。
していくことにより記憶(ヒント)を手に入れ、次のキャラの攻略に向かう。そして最終的に主人公の命が許される。

他にご質問があればお答えいたします。

626 :この名無しがすごい!:2011/08/16(火) 10:22:15.39 ID:Zbsdtxsu
>>623
まず、ありがちですね
本編晒しスレ>>5が自殺未遂した主人公が精神世界をさ迷い、やがて現実に生還する内容で、作り物くさい登場人物などいかにもそっくりなんですが
こういう夢と現の狭間、生と死の狭間の世界をゆらゆら揺れるようなお話って投稿サイト等でもけっこう多いです
内容なんですが
主人公と天使以外みんなゲームのNPC、つまり人形ですよね
押し強い姪とかヒロインとか書いても、この精神世界設定で生きた人間の魅力を打ち出すのはどだい無理です
しかも夢オチなのが酷いですね
主人公が病院のベッドで目覚めて、この精神世界の経験で何か変化はあったんですかね?
精神世界で行われたことに意味を持たせられるんですかね?
意味などないというなら、この話を読む意味も書く意味もない気がします
なんらかの変化を書くのが小説なんじゃないですか

627 :この名無しがすごい!:2011/08/16(火) 11:18:24.54 ID:jSGVGUWx
あえて言おう


もろエンジェルビーツやん


628 :この名無しがすごい!:2011/08/16(火) 13:55:36.87 ID:O4hQQE3t
同じABの作者の作ったリトルバスターズも、セカイのなりたちがかなり近いね
というかまんま

そして、良く考えるとABってリトバスと似てる
まああだち充が書いた野球漫画がどことなく似てるようなものか

629 :この名無しがすごい!:2011/08/17(水) 01:06:16.34 ID:uHvTrcIy
実際ゲームだったら精神世界も夢オチもありだと思うけど。
マルチ、グランドエンディングという手法が通用するし、成功例もある。
ラノベでこの設定は通用するのかなあ。
別ジャンルでの成功例があるんだったら、ラノベでもなんとか成功させる方法論はあるのかってところには興味はあるけど。

630 :この名無しがすごい!:2011/08/17(水) 01:43:40.92 ID:UpZesBUW
主人公の精神世界で完結しちゃうからだめなんだよな。
ありきたりでも臨死状態の主人公にそれまで死に別れていた人たちが次々と語りかけてくるそんなシーンがあったほうがいい。
精神世界で完結すると「つまり気の持ちようですね」でどうとでもなるという結論になりそうでいや

631 :この名無しがすごい!:2011/08/17(水) 02:28:16.56 ID:s3T/UO+F
実質自己完結だったとしても面白ければいいんじゃないの?
まあ中にはそのオチでしらける人もいるだろうけど

632 :この名無しがすごい!:2011/08/17(水) 02:44:18.06 ID:WsfvIRJx
晒し人です。
皆さんのご感想・ご意見はありがたく受け止めてます。
軽く返レスしたいと思います。
>この精神世界の経験で何か変化はあったんですかね
死生の別れ道から生を得ることが出来たということが一番の変化ですね。
>精神世界で行われたことに意味を持たせられるんですかね?
意味は上記のものですね(ポジティブな意味として)。閻魔大王だかが生前の罪を調べて天国or地獄行きを宣告するって話があるじゃないですか。
あれのライトノベル版を意識しました。
>もろエンジェルビーツやん
自分も設定を書き上げて気付きましたW
>ラノベでもなんとか成功させる方法論はあるのかってところには興味はあるけど
自分はギャルゲーの手法ならこの手の作品は面白がられるんじゃないかなと考えました。
パズル感覚というか、話が進むごとに完成されていくというか。
>主人公の精神世界で完結しちゃうからだめなんだよな
なるほど。じゃあ第四章とかでそれまで解放されていた精神たちを復活させて、主人公の行動について言及させてみようかなと思います。
>実質自己完結だったとしても面白ければいいんじゃないの?
個人的にこの形式・世界観で書くことに面白さを感じているので、仮に今作がつまらなくともキャラとかをもっとコミカルにしてコメディタッチな作品にしようと思ってます。
例)戦国武将を天使に断罪させる

たくさんの感想をどうもありがとうございました。

633 :この名無しがすごい!:2011/08/17(水) 02:59:30.60 ID:s3T/UO+F
いや、俺の言ったのは主人公が自分の精神世界で完結するという意味での自己完結
物語が主人公の自己完結で終わっちゃうのを630が問題視したけど、その内容が面白ければ問題なかろうと
作者のオナニーならチラシの裏に書いてろという考えだがな
読者を楽しませる工夫がなければ人に読ませる意味なんてないよ

634 :この名無しがすごい!:2011/08/17(水) 03:05:16.81 ID:WsfvIRJx
>>633
上二行に関して理解しました。

下二行に関しては創作に対する姿勢の違いということで良いですか?
自分は自分が楽しんで書くことを前提に書いているので。
もし>今作がつまらなくとも
の部分で工夫が無いと思われたのであれば誤解です。今作に対してベストを尽くして選考落ちするなら、アプローチを変えた作品を作っていこうと考えてます。って意味なのですが。

635 :この名無しがすごい!:2011/08/17(水) 09:11:16.23 ID:P9wgAJiu
「○○だからダメ」って意見は参考にしないほうがいい
「俺が面白く書けないんだから当然お前も書けねえよ。な?」
って言われてるようなものだ。



636 :この名無しがすごい!:2011/08/18(木) 00:49:52.74 ID:13mVVcu8
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si0974.txt
【ジャンル】ラブコメ+微シリアス?
【タイトル】未定
【評価基準】 ・シナリオが破綻していないか
        ・設定・展開がありきたりすぎないか
        ・その他意見なんでも
初めて創作に挑戦します
現時点での自分の「物語」作りの技量を知りたいです
プロットやあらすじの書き方をよく知らないので間違ってるかもしれませんがよろしくお願いします

637 :この名無しがすごい!:2011/08/18(木) 01:33:50.46 ID:TH2KElcU
ラノベじゃないな

638 :この名無しがすごい!:2011/08/18(木) 02:54:09.40 ID:iFC1KzdC
>>636
・物語のテンションが前半と後半で著しく異なっている。
・ちょっと訳ありの人間関係を描いた小品を、人格破綻者の登場で味付けする意味がちょっとよくわからない。
・ヤマ場をつくるために拉致監禁シチュエーションを持ってくるというのは、ありがちを通り越して意味不明。
・物語を通して何を訴えたいのかがまったく伝わらない。
・人間関係の機微を描きたいのであれば、人間を描くことでストーリーの起伏をつくるべき。

639 :この名無しがすごい!:2011/08/18(木) 11:13:21.37 ID:JQW2ff2N
>>636
これはラブコメじゃない
ラブストーリー+シリアスだ


640 :636:2011/08/18(木) 18:39:20.97 ID:13mVVcu8
扱き下ろされて涙目……ですが感想ありがとうございます
>>637
一般でやれ? というかそれ以前の問題、ですか?

>>636
当初は兄弟たちで存命中の父親を追い詰めるクライム・コメディか探偵モノをやるつもりでしたが、
どうしても展開が思いつかなくて、設定と序文を残して恋愛モノにした結果、方向性がワケワカランことに
正直、自分でもこれは超展開の駄作になるんじゃないかと思っていたのではっきり言ってもらえて良かったです
人格破綻者と拉致監禁は、たまたまロバート・ヘアのサイコパスに関する本を読んでいたため、当初のクライム・コメディ、
探偵モノの設定に引きずられてネタに使ってしまいました。唐突すぎる上に、必要ないですね。気を付けます

>>639
たしかにコメディ要素皆無ですね。自分でも作品のカテゴリを理解できていませんでした

もっと研究して練り直すか、新しいプロットを考えます。ありがとうございました

641 :640:2011/08/18(木) 18:42:27.77 ID:13mVVcu8
安価ミス
>>636>>638です
失礼しました

642 :この名無しがすごい!:2011/08/19(金) 00:37:24.90 ID:uOofPA+y
>>636
ラノベのラブコメなんてのは、ストーリーを引っ張る濃ゆいキャラと面白い語り口があれば成立するもの
あらすじなんかで語られたって何もわかんない
とにかく書き上げるんだ

643 :この名無しがすごい!:2011/08/19(金) 01:58:14.89 ID:niAGjBVr
>>636
・シナリオが破綻していないか
破綻っていうか、どうしてこうなったって踊り出す感じ。

・設定・展開がありきたりすぎないか
設定に目新しさは感じない。
展開は悪い意味で破天荒。無茶しすぎ。

・その他意見なんでも
> 初めて創作に挑戦します
ということなので、今の段階では技術とか考えないで、
まずは書きたいものを書きたいように書くところから始めた方がいいんじゃない?
無理して話を作ろうとしてこういう変な展開にしてしまうぐらいなら、
たとえ展開が地味でも書きたいものをちゃんと書いて、一つ作品を完成させた方が、
プロットをあれこれ弄り倒すより、ずっとスキルアップすると思う。
それと、初期衝動は、今を逃したら二度と戻ってこない。

644 :この名無しがすごい!:2011/08/19(金) 04:17:14.66 ID:7U265YAN
>>636
個人的には嫌いじゃないです。
余程うまく書かないとあらすじ以上にならないと思いますが、一度書き上げてみたらどうでしょう?

たぶんその間にプロットをいじりたくなると思います。ちなみにプロットカードとか使って、作ってませんか?

645 :この名無しがすごい!:2011/08/22(月) 01:25:02.20 ID:cOlicL18
>>636
バカにした意味ではなく、ケータイ小説に投稿しろ
多分イイ線いくぞ
或いは男女を反転させても可

646 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 02:30:44.62 ID:Asf3kHvC
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1002.txt
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】スラム街物語(仮)
【評価基準】
・シナリオの面白さ
・何か問題点は無いか
・これはラノベ一冊として丁度いい分量か
・その他、ここはダメとか、ここはこうした方がいいとか、プロットとしてはこれが足りないとか、何でもいいのでお願いしたいです


ラノベ書いてみようと思い始めてから2ヶ月。ちまちま書き溜めてきた設定やらあらすじやら本文を、ようやくいったん形にする事が出来た
このままこれを処女作として書いていく前に、ぜひ誰かの感想、評価、批判、アドバイスなんかが聞いてみたくて書き込みさせてもらいました。

テキストファイルの最初に、物語の舞台となる世界や時代についての軽い設定集が、ファイルの最後に、今自分が考えているこの話についての課題や改善案が書いてあります。
それについても良かったらコメントしてくれると有り難いです

まだプロットとしても下書きの下書きみたいな段階なので、本文とプロットが入り混じってたり、人称が統一されてなかったり、キャラ名も決まってなかったりして、正直人に見せるにはかなり問題ある感じです。そして4章に本文が混じってるせいで長いです。
そこには目を瞑って読んでもらえる優しい方を募集してます…

よろしくお願いします

647 :646:2011/08/27(土) 03:46:10.27 ID:Asf3kHvC
今気づいたんですが、これ自動改行にならないから、ちゃんと改行しとかないとめっちゃ読みにくいんですね…

改行して、一部改稿したものを上げなおしておきました
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1003.txt

改めてよろしくお願いします

648 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 04:12:18.38 ID:ZUxtgtkb
>>646
改稿後のものは読んでません。

・シナリオの面白さ
平均的なストーリーだと思います。
襲撃、拉致、追撃、拉致、追撃、と、字面だけを追っていくと単調とさえ言えるのかも。

・何か問題点は無いか
前半提示した魔法に関する複雑な設定が本編にほとんど活かされていないこと、
全編を通してストーリーが完結していないこと。
あと、身内を襲った小悪党に誘われ大学へ入学、というくだりもいまいち腑に落ちません。

・これはラノベ一冊として丁度いい分量か
長大なストーリーのプロローグ部分を切り取っただけのもので、仮に一冊にまとめられるとしても
物語的な解決をみないまま未消化で終わると思います。

・その他
魔法大学の話が本題だと思われるので、寧ろそこから書いてみてはどうでしょう。
他人に自分の考えを伝える能力は十分にあると思います。斬新なエピソードで盛り上げて下さい。

649 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 05:43:51.50 ID:Asf3kHvC
>>648
わざわざ読んでくださり、本当にありがとうございます。改稿は改行のためにいくつかの文を若干書き換え、3行ほど新ヒロインの能力の説明を足しただけなので大丈夫です。

>シナリオ
平均ですかー。一応面白いものにしようと自分なりに工夫はしてみたつもりだったんですが、やはり客観的に見るとそんな感じですかね。
「糞つまらない」とか言われなかっただけよかったと思って、もう少し色々考えて面白い作品にしていきたいと思います。

やっぱり拉致→追撃を2回やってるのは痛いですよね。これは自分でも気づいてはいたんですが、これでもまあありかな、などと甘えた事を考えていました。他の展開を考えてみます。

>問題点
魔法の設定、言われてみるとあんま使われてないですね…
よくある感じの魔法世界そのまんまは避けたいと思い、頑張って話が広げやすそうでちょっとはひねられた設定を考えたんですが、上手く活用し切れなかったみたいです。

これだとストーリーが完結してない、っていう事になってしまいますか…これは正直自分ではそう思ってなかったです…
自分のイメージとしては、まず序盤でスラム民は都市どころかスラムからも出られないという設定の説明や、その閉塞感の描写、スラム生活や仕事の描写などをたくさんする。
そしてその上で、強くなっていく主人公達が理不尽にも負けず懸命に互いを守りながら生き抜き、最後に意外な人物から急に都市を出るチャンスを貰い、見事にそれを掴む。
エピローグで4人は楽しく世界を旅し、最後に魔法大学という新天地の景色の雄大さで、非常に鮮烈な解放感と感慨、未来への希望を感じる。
こんな感じで、綺麗に終わらせたつもりでした…

小悪党は確かにそう思えてしまうかもしれないですね…
小悪党が弟子の事を大切にしている描写や、最終的に領主を見捨て弟子のことを取った描写、3人の命を奪おうとはしなかったという描写、何か善い目的のために金が欲しかった描写あたりをいれるなどして、悪党度を下げる工夫を考えたいと思います。

650 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 05:47:09.30 ID:Asf3kHvC
続きです。

>分量
やはり最初に魔法大学の設定ばかり書いてしまって、スラムの設定をまだちゃんと作って無いせいもあって、魔法大学中心のこれから始まる物語に見えてしまうんでしょうか。
確かに事実この話を考え始めた際、スラムという設定はかなり後になって(というか今日から2週間前ぐらい)から出てきたもので、最初はまず魔法大学の設定から始まった学園物語でした。
ですが一応自分としては、1巻はスラムを舞台に4人の子供達が懸命に生きた上で、最後で偶然そこから解放される物語として、小さくまとまったものとしても読めるようにしたいと思っています。
魔法大学は実際の1巻では、小悪党の正体が明らかになるまでは、眉唾物の噂として流れているのを主人公達も聞いた事がある程度の存在にして、小悪党の正体が分かる所でサプライズとしてその実在が分かるイメージです。

仮に一冊にまとめるとしても、という事は、分量としてはきびしめなのでしょうか…

>その他
そうですね、素直にそうしてもいいのかもしれません。上でも書いたとおり、最初はまさにそういう話でした。そして実はこっちのあらすじも結末まで考えて一通り記し終わってはあります。こっちは「魔法大学物語」という仮タイトルがついています。
ただ、それを書いたはいいもの、ちょっとハリーポッターやらゼロ魔やらに似すぎているかなと思っていたところに、
応募しようと思っていた電撃で「魔法科高校の劣等生」なるラノベが売れてると今月初頭に知り、絶望して違う路線を模索する事にした結果がこれです。

この主人公達4人は、元々「魔法大学物語」の方では主人公達のライバルとして立ちふさがる、主人公達より遥かに強く善悪の価値観が歪んだ同期の4人組でした。
その過去設定として用意していた、入学の遥か昔から治安の最悪なスラムで4人一緒に暮らし、共に生き抜いてきたという設定を膨らませて、主人公にするために価値観が歪んでるって設定を消したのがこの話だったりします。



最後に改めて、アドバイスありがとうございました。斬新なエピソード、頑張って考えたいです。

651 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 06:27:13.17 ID:2dm3E5hQ
よく晒される草案レベルのあらすじとは違って割と細部まで書いてあったのはわかりやすくてよかった
上でも言われているけどストーリーは平坦で平凡に感じる
異能バトルや魔法バトルものとしてはバトルの派手さに欠けるのも問題
シリーズ物に繋げられる構成を考えるのはいいけど、それを前提に考えてストーリーが完結してないのは基本的に二次以降行けないと思ったほうがいい

提案としては育ての親の爺さん殺害の犯人と理由が不明のままなのでそっちを主軸に話を作ってはどうか?
あとこれ内容が暗いからレーベルによってはカテエラ扱いで一次落ちになるから注意

652 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 07:35:31.72 ID:Asf3kHvC
>>651

やはりストーリーはこのままだと微妙ですかー。
少しは自信を持ってたんですが、正直設定にばかり時間をかけてストーリー自体は老人の死と結末部分以外は思いついたままに駆け足で作ってしまった所もあったので、当然の結果という気もしてきました。
本稿に入る前に、もう一度しっかりと練り直してみる事にします。

戦闘に関しては、大学以降できちんと格の違うレベルの魔法や主人公達の成長が書ける様、能力バトルとしてはデフレ気味にしようと思ってこうなってる所もあったんですが、やっぱこれだとラノベとしては地味すぎかもしれませんね。

戦闘が地味な分、人間ドラマみたいなのをメインに据えてみたりして、戦闘以外で盛り上がりを作るのもいいかもしれないなぁとか思いました。

なんにせよ、シリーズ化を見越す前に、まずはシリーズ化のためにも、1巻だけで読んだ人にとても面白いと感じさせるようにするべき、という事ですかね

爺さん殺害の解決を1巻でメインにするのは、なるほど確かにありかもしれませんね。
ただ爺さん殺害の犯人は爺さんが倒せる程度の強さを持ってる事になりますから、それを主人公達に1巻で倒させてしまっていいものかという気もするんですよね…
今の所の続編妄想だと、爺さん殺害の犯人は、主人公達が大学に入学してしばらくたっても到底太刀打ちできないぐらいの強さを持ってる事になってます。

爺さんの魔法があまり戦闘向きではなかったという設定にするとかでしょうか。

カテエラはそうですね、MFとか天地がひっくり返っても受からないだろうな、というのは重々承知しております。

アドバイス色々ありがとうございました、参考にさせていただきます。


653 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 09:55:39.07 ID:jP9MY+z7
>>646

>遥か太古から
「遥か太古の昔から」。あるいは「遥か太古の時代から」。「太古」は程度を示さないので
>移動先の国に志願の知らせを送り、
「知らせ」は送らないような気が……
全体的に過修飾、我流的な解釈が目立つけど、それなり書ける雰囲気はある

魔法が世に現れてからある程度時代が経ち、魔具等の流通設定や、魔法学校スカウトのシステムもあり、科学もある程度発達してるっぽい世界なのにいまだ田舎では魔法は夢話ってのは相当無理がある

主人公とヒロインだけのとこに兄妹をメイン級キャラとして突っ込むのはちょっと設定として重たい
描き切れるのか?
兄妹いなくても十分話は機能すると思うが
主人公と兄が既に登場時から能力的にかぶってるし大丈夫?

章刻みで時代が飛んでいくのに嫌な予感しつつ読み進めていって、3章でギブ
まさかの新ヒロイン登場展開に
「えええええ!?」
ってなった
2章までの話はなんだったん
暗くなりすぎたから明るい成分投入ってか
6年たってもまだスラムのトップ3って、主人公たちの天才設定はどこ行ったん
とっくに魔法学校にスカウトされてると思うんだけど、スカウトは何やってたん
この世界における魔法能力の特異性考えたら人殺しなんてしなくても済む程度には働き口あると思うんだけど、この主人公たちアホなん?
じーちゃん殺されたから暗くなっていくってのもおかしいな
じーちゃんが説いていたであろう道徳心みたいなの全部忘れちゃったん?
兄妹がスレていくけど、主人公とヒロインはじーちゃんの教え守って前向きに生きている、ってくらいの陰影がちょうどいいんじゃない
てか田舎町のスラムなのにやたら規模でけー

「主題(=テーマ)」意識が希薄で、内容が散漫になってしまってる印象。
あれもやりたい、これもやりたい、で結局何がやりたいのかよくわからないぞ、と
友情なら友情で友情絡みのイベントを序盤から大量に設置していくのが常道
そういう、物語が「一点に向かって突き進んでいる」感じがないのが、作り慣れていないなあと感じた
ありがちだけど設定は悪くないので、もう少し焦点を絞って書いたら良いんじゃないの

654 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 10:22:42.34 ID:Lh07JxPh
>>646
・シナリオの面白さ
海外ファンタジーを読むときの退屈さを味わいそうだなと思った。
向こうはラノベのファンタジーと違って、サーガみたいな形式になっているから、そんな具合。
少なくとも今まで私の読んだシリアスな海外ファンタジーは、内容は濃くても盛り上がらない。
軽めのは別ね。マジカルランドシリーズとかグラマリエの魔法家族とか面白かったし。
で、自分としても3章から斜め読みになった。面白くないので。
起きたことを時系列に書くだけで、見せるポイントを心得ていない。
どうやってみせるかをかなり意識して技術でカバーしないと、これだけ普通の話じゃどうにもならない気がする。

・何か問題点は無いか
老人プラス子供4人を扱うのは実際書いてみるとものすごく大変だけど、やれるの?
能力だけで役割分担しても、キャラ立たないと意味ないよ。

・これはラノベ一冊として丁度いい分量か
斜め読みだったところの濃度までは把握してないけど、分量としては収めることが出来ると思う。
丁度いいのかどうかはわからんけど。

・その他、ここはダメとか、ここはこうした方がいいとか、プロットとしてはこれが足りないとか、何でもいいのでお願いしたいです
回想シーンがものすごく不要感漂うねえ。
1章の終わりのとこだけプロローグで書いて2章から本編でいいんじゃないの、これ。
1章って要は、キャラクター設定をお勉強してねってパートでしょ。
そんな感じで、作者が書きやすいようにプロットを作っているようだから、3章で急に大人になったりする。
ライトノベルを書こうと思ったとき、何を読んだ?
普通にチョイスして読めば、こういう構成になってないと思うんだけど。

655 :この名無しがすごい!:2011/08/27(土) 10:29:51.46 ID:jP9MY+z7
見せ方が下手っていうより、見せるものが定まっていないまま書き散らかしたっぽい印象
だから話の軸がその場その場で好き勝手あちこちふらふらする

656 :646です:2011/08/28(日) 02:01:39.22 ID:xyDNaNej
>>653>>655

>文章について
太古と知らせ、どちらも気づいていませんでした。両方明らかにおかしいですね、指摘ありがとうございます。
過修飾と我流的な解釈、ですか。我流的な解釈、というのがどういう物なのか恥ずかしながらピンと来ないのですが、意識してみようと思います。

>田舎だと魔法の存在が噂話レベルというのは無理がある
これは正直その通りですね。
魔具の流通は魔法大学の同盟国で止まってるとするとか、魔法が世に現れてからまだそこまで時代が経ってない(2、30年?)という設定に変更してしまうとか、今のままにするとしたらその辺でしょうか。

>最初二人でいてそこから兄妹を出すのは重たい、描き切るのが難しい
正直どんな感じで書くかはまだイメージとして掴みきれてないのですが、確かに描けるとしても序章だけで結構な長さに成長してしまう予感はしますね。
4人組という設定に結構愛着はあるんですが、思い切って兄妹の片方か両方をばっさり切ったり、4人が最初からじいさんの保護下になったりしてる形も検討してみたいと思います。

>3章以降、テーマ
新ヒロインはダメですかー
個人的に、物語の区切りで時間がどんどん飛んでく話とか、中盤以降に印象的な人物が増える話とかが結構好みなので、それに無意識で影響されてこんな感じになったんだと思います。
ただやっぱりこれだと正直ぶつ切りな感じも否めないですね。
「一点に向かって突き進んでいる」感じが無い、主題意識が希薄、というのはまさにその通りだと思います。

おっしゃるとおり、設定と、キャラ、展開の一部だけ残して、ストーリー構成はテーマを良く意識した上で一から考え直してしまった方がいいかもしれないですね。
見せるものをしっかり定める、というのを正直全く意識しないまま書いてしまっていたと思います。


非常に参考になりました、ありがとうございました

657 :646:2011/08/28(日) 02:52:40.08 ID:xyDNaNej
>>654
>シナリオ
どこまでを海外ファンタジーと呼ぶのか微妙ですが、自分はそういう作品だと、ハリーポッター、指輪物語、魔法の国ザンス、ダレンシャン、ネシャンサーガ辺りを中学1、2年ぐらいまでの頃に読んだ程度ですね…
シリアスなサーガは内容が濃くても盛り上がらない、というのは意見として大切にしたいと思います。

話が面白くない、というのは、受け入れるにはなかなか辛い意見ですが良く分かりました…
見せ方でカバー出来ればいいですが、それも難しそうですね。時系列で書くだけではない、上手い見せ方というのについては良く考えてみたいです。
確かに面白い小説でもラノベでもアニメでも、時系列に沿って出来事を書くだけって作品は無いですね。

>問題点
大変かもしれないなぁ、と漠然と思っている程度で、そこまでの危機感は持っていませんでした。別の人への返信でも書いたのですが、キャラの人数も含め、もう一度話を再考してしまおうかと考えています。
キャラをきちんと立てないといけないというのは分かってはいましたが、結局とりあえず話から作った感じになってしまいましたね。
よくよく考えると、まずはキャラをしっかり練ってキャラありきで物語を作ったほうが面白いものが出来たかもしれません。

>分量
とりあえず、絶対収まらない、という感じではないんですかね。とはいえ、そんな事この段階ではあまりわからないですよね。

>幼少時代は終わりだけプロローグにすればいい
認めるのが恥ずかしい話なんですが、正直それでいいですね、これw

>書きやすいようにプロットを作っている、急に大人になる
読者の目線というのを全然意識できていなかったというのは痛感しております。これではダメな部分が多すぎるというのははっきり分かりました。精進したいです。

>ラノベ
ラノベは中高時代に一時期やたらと嵌って、主要作品中心に買ったり立ち読みしたりで合計3百冊近くは読んでいたのですが、最近は実はあまり読んでいません…
今年入ってからだと、ゴールデンタイム、はがない、変態王子、衰退、生贄のジレンマぐらいですね。かといってラノベ以外の小説も、カラマーゾフの兄弟、ノルウェイの森、砂漠、痴人の愛ぐらいしか読んでないんですが。

なので、ラノベを書こうと思って読んだのは、ネットのラノベを初めて書く人向けみたいなサイトいくつかと、目について買った冲方丁さんの「ライトノベル教室」ぐらいかもしれません。
今は、もう一冊ぐらい創作についての本を読もうと、「クリエイティブ脚本術」という本を買って読んでます。

一度過去読んで好きだった作品達を振り返って、色々と学んでみたりもしたいと思います

658 :この名無しがすごい!:2011/08/28(日) 03:38:40.32 ID:ag9zc0fi
>>657
クリエイティブ脚本術は超いい本だが、創作にはさほど役に立たんぞ。批評には神ツールになることを保証する。

659 :この名無しがすごい!:2011/08/28(日) 05:45:02.20 ID:u67mW+Sd
>>646

>>646
これだけ見て、「うわ!気になる!読みてえ!」って思うストーリーではないね。
言っちゃなんだけど、このストーリーならプロットいらないから、もう書いちゃいなよ、って感じ。
キャラの面白さ、会話の面白さ、戦闘シーンの駆け引きの面白さで押すことになるわけだから。
プロット重視なら、何でもってストーリーを引っ張るのか、テーマは何なのか、そのへんが重要だと思うんだけど。

例えば、この小説に広告用の煽り文つけるなら何とつけるか?それを考えると何が重要か自ずと見えるのでは。

復讐劇としては、昔のカンフー映画みたいなプロットという印象。
でも本当は、タイトルとこれまでのレスのやりとりから察するに、スラムからの脱出がメインテーマなんだよね?
ならば、早めの段階でそのテーマを打ち出さないといけないし、じーちゃんの復讐劇とかどうでもいいかも。
今は、桃太郎を書いた人が「この童話は宝を手に入れて幸せに暮らすまでを描くサクセスストーリーだ」って言ってるみたいだ。
でも、実際の桃太郎は鬼退治がメインテーマであって、お宝はただの結果だ。
もし、領主退治がメインテーマなら、やっぱりプロットで面白さを計る小説ではなさそう。

スラムからの脱出がメインテーマであるなら、2章まではいらない。ヒロインのレイプ未遂のシーンも必要性が全くわかんない。
おじいちゃんとの生活とか、途中で回想シーンとして語るだけでいい。
たとえば、新ヒロインと出会ったシーンで身の上話を語り合うとか。

そして主人公が領主を倒す理由は、スラムから脱出したいからだ。それで充分。これで課題は一つ消える。
妹の誘拐はきっかけにすぎない。
領主を殺す必要はない。追い出すか失脚させればいいだけの話。
まあ武力でこれをやるとテロってことになるわけだけど。
むしろ、武力じゃなく、知略があった方がストーリーとしては面白くなりそう。
この場合、序盤で描くべきは、領主の圧政と、それに苦しむ人々、民衆の怨嗟の声。
そして魔法の才能がありながら、スラムで暮らさなくてはいけない理由が必要。
今のプロットだと、主人公たちは自分で選んでスラムで暮らしてるみたい。
きっと、厳しい身分制度のせいだ。
きっと近未来SFでよくある、貧富の差が拡大した二層化社会みたいになってるはず。

あと気になるのは、何で能力が一人に二つあるのか、ってこと。
普通は、あくまで「普通は」だけど、一人に一つの能力で、それをどう工夫して戦うかが面白いんだよね。
もし、二つの能力の組み合わせの妙で闘うところに独自の面白さを求めるなら、そこを押し出すプロットにした方がよくないか。
それでも、主人公側に4人いることを思えば、一人一つの能力をチームワークで組み合わせる方がいい方向のストーリーになりそうだけど。


>>652
>ただ爺さん殺害の犯人は爺さんが倒せる程度の強さを持ってる事になりますから、それを主人公達に1巻で倒させてしまっていいものかという気もするんですよね…
そんなこたーない。強大な敵を、個々の力で劣る4人組がどう工夫して倒すかを描くから小説になるわけで。
強くなってから倒したらRPGかドラゴンボールでしょ。

660 :この名無しがすごい!:2011/08/28(日) 12:52:32.35 ID:R6MkR0qN
中身のない長文だな

661 :この名無しがすごい!:2011/08/28(日) 14:17:17.86 ID:e94MpbwK
>>657
>>654です。
これまで、シリアスなファンタジーでも面白いんだけど盛り上がりに欠ける場合が多いと感じた。
もちろん、ただの読者としての印象だけどね。エルリックサーガとかドラゴンランス戦記とかでそう思った。
翻訳物だからというのもあるかもしれないけど。

今のままだとあなたの場合、プロットにそってそのまま書いてしまいそうだからつまらないと言ったけども、
シンプルな話が常に問題になるわけじゃない。
演出次第な部分もある。話がシンプルである分、人間を濃密に描くことが出来ればドラマに没頭できるし。
まあ人間を描くっての自体が難しいんだけどね。
また、情報は隠すことで魅力的になる。モロ見えよりチラリズム的な何か。ううん、知らないけど絶対そう。
それが1章全部見せなくていいんじゃないのということにも繋がってくるのだけど。
気に入ったキャラの伏せられた過去設定って、読者としてはものすごく魅力的に見えるものだよ。
ここぞってときに明かした方がいいと思うんだけど。まあ内容次第ではがっかり砲にもなりかねないけど。

この話がどうしても捨てがたいとのであれば、構成やキャラについてもう一度よく考えてみたらどうだろう。

662 :646:2011/09/05(月) 04:18:23.71 ID:9QCI6nNt
ここ数日、スレでもらった意見も参考にしながら、設定は維持しつつストーリーやキャラ、テーマはほぼ一新して、新しくあらすじやキャラを考えています。
今度は序盤で魔法大学に行っちゃう形で、キャラクターやキャラクター間のドラマをしっかり描き本筋に絡める事を意識して作ってみてます。
まだキャラやプロットのアイデアを出していきながら色々組み合わせてみてる段階ですが、おかげさまで前よりは面白い話になりそうな手ごたえを感じられています。

今度の作品はもしかしたらここではあらすじは晒さず、いったん自力で完成させてから晒すなり投稿するなりするかもしれません。
見るに耐えない文章もたくさん混ざっている中、未熟すぎる作品をわざわざ読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

>>658
そうですねー、クリエイティブ脚本術は読み物としては面白かったんですが、話が抽象的すぎたり理解不能な所も多々あったりで個人的な実用性には疑問が残る感じでしたw
とはいえ、この手の本を読んだ事がない自分には参考になった話も結構ありました。

今は「アカデミー賞を取る脚本術」というのを読んでいて、これが終わったら「小説の技法」も読んでみたいと思っています。
何かお勧めとかあれば誰かに教えて欲しいですね。

>>659
確かに話は平凡でもキャラや会話、細かい描写が優れていれば読めるものになるとは思います。
とはいえ現時点ではまだ、プロットとキャラ、世界観にその他描写や会話など、どれもが面白くいい雰囲気な作品を目指して考えていきたいですね。

本筋にもテーマにもほぼ関係ないエピソードは、やはり基本的には削るべきですよね。

もしこれを改良するなら、もう少し基本をポップな雰囲気にして登場人物を減らしつつ、
キャラクターとスラム生活の光陰、領主の悪政、それに絡めてスラムに囚われている理由をしっかり描いた上で、
スラムを脱出する話という本筋に集中して作るのがいいと考えています。
後は、老人エピソードはプロローグか序盤途中に挟んでの回想にする。
キャラは主人公ヒロイン領主護衛+α程度に絞り、その分濃密にそれぞれのドラマを考え、ちゃんと意表を突くようにして話に絡める。
ちゃんとエピソードや各キャラのドラマ、設定などを連鎖させる。みたいな感じでしょうか。

知略の方が面白いというのは完全にその通りな気がしますねw
まず知略を使った上で、相手の護衛の強さが主人公達の意表を突いてしまい、その後再び主人公側がうまく意表をつく形で勝利、とかいいかもしれません。

能力については、一人一能力の形の異能バトルは確かに王道で面白いと思うんですが、正直それで何番煎じの陳腐な戦闘にしないようにするのは難しすぎると思ってやめました。
魔法の中でも基礎である数十種類については、各魔法に要求される先天的後天的要素がある程度揃いさえすれば、努力次第でいくつでも身につける事が出来る、という設定で行くつもりです。
最初の方はそれらの内どれが使えるのかや、それぞれの魔法のレベルで個性付けしつつ、それらの使い方で魅せる。
その上で「無意識魔法」や「封印魔法」、「レア魔具」などといった形で、主要キャラには固有の魔法を一つ二つと後から発現させたいと思っていました。
新しい話では、この辺の設定は全部1巻からしっかり生かしていきたいと思っています。

663 :646:2011/09/05(月) 04:33:24.60 ID:9QCI6nNt
>>661
自分も個人的には、ラノベラノベした感じの奴よりも、人間を鋭く描いた本、心に残る演出や文章が書ける作者の方が好きなので、
そういう要素を取り入れるように挑戦していきたいとは思っています。

情報を隠す事で魅力的になる、というのは本当にそう思います。色々と隠し設定も考えてみようと思います。

664 :この名無しがすごい!:2011/09/07(水) 23:51:07.08 ID:Ioo+gUiA

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1055.txt
【ジャンル】戦記もの
【タイトル】未定
【評価基準】@あらすじの体をなしているか
      A興味を持ったか、面白そうか
      Bライトノベルとしてカテゴリーエラーになりそうかどうか
      
来年の某大賞に送ろうと思っている小説のあらすじです。
戦記ものなのでカテゴリーエラーを危惧していますが、それ以前にこれが「あらすじ」と
呼べるのかどうか、皆様の意見をいただければ幸いです。
内容などに対して忌憚のない意見を、よろしくお願いします。

665 :この名無しがすごい!:2011/09/08(木) 01:02:15.58 ID:fzaYxofx
>>664
あらすじの体をなしているか
ちゃんとあらすじになってると思う。文字数に余裕があるならもう少し足してもいいのかもしれない。

興味を持ったか、面白そうか
軍関係の専門用語に酔いしれてそうで、俺にはちょっとハードルが高い。
本文の描写がキモなんだろうけど、どこに焦点を合わせた物語なのかがちとわかりにくい。
宇宙戦艦ヤマト的な、戦死にナルシズムを見いだすようなストーリーだとすると、なんかもう無理。

ライトノベルとしてカテゴリーエラーになりそうかどうか
即アウトではないと思うけれど、登場人物の年齢や性別をマーケットに合うように再配置しただけならキツそう。

666 :この名無しがすごい!:2011/09/10(土) 12:03:57.68 ID:f03r7W33
男は街中を散歩していた。
町の様子を観察しながら歩いていると、通りの向こうに博物館を見つけた。
「博物館か。時々歩いていた道なのに、どうして今まで気付かなかったのだろう」
近づいてみると、古く薄汚れた博物館の入り口にはポスターが貼ってある。
ポスターには『  の歴史展』。
長年置き去りにされたのか、一部は破れ、黄ばんで変色している。
チケットを買って中に入る。
いくつかの部屋を回ってみるが、男の他には一人の姿も見えない。
展示物は、石器から、民族衣装、工芸品、絵画、武器兵器、雑誌・本、各種家電、etc……。
順路に沿って年代順になってはいるが、
ありとあらゆる時代・国のものが乱雑にガラスケースに収められている。
「テーマが広すぎるんだ。何でも置けばいいってもんじゃない」
ぶつぶつと文句を言いながらも、男は1つの部屋にやってきた。
この部屋に置かれている物は男が見覚えがある物ばかりあった。
「俺が子供のころ、こんなおもちゃがあったなあ。あ、これも、これもだ、もってたなあこれ。」
男が懐かしさに浸っていると、一番奥のケースの中の壊れた腕時計が目に付いた。
カレンダーつきの時計で、日付は今日を示している。
時計は、熱か衝撃かわからないが、ぐにゃりと歪み、風雨に晒されたかのように錆ついている。
男はそれが、今、自分が着けている腕時計と同じものだと気がついた。
男はケースと自分の腕時計を見比べる。
限定品の時計で、側面に刻まれたシリアルナンバーも同じだ。
この部屋は行き止まりで、どこにも出口は見当たらない。ここで終わりのようだ。
男が戻ろうとしたとき窓の外でが何かが光った。
時計を見ると、もうすぐあの時計と同じ時間だった。


667 :この名無しがすごい!:2011/09/10(土) 14:21:14.97 ID:o6asuWK1
で?

668 :この名無しがすごい!:2011/09/10(土) 14:32:31.07 ID:7yCg/gEx
>>665
さっそくのご返答、ありがとうございます。


>ちゃんとあらすじになってると思う。文字数に余裕があるならもう少し足してもいいのかもしれない。
安心しました。文字数には少し余裕がありますので、改稿してみたいと思います。


>関係の専門用語に酔いしれてそうで、俺にはちょっとハードルが高い。
>本文の描写がキモなんだろうけど、どこに焦点を合わせた物語なのかがちとわかりにくい。
>宇宙戦艦ヤマト的な、戦死にナルシズムを見いだすようなストーリーだとすると、なんかもう無理。
宇宙戦艦ヤマトはアニメ版しか見たことがありませんが、ご指摘の通り、拙作はそういうストーリーになりそうです。
もう一度、内容を改めたいと思います。


>即アウトではないと思うけれど、登場人物の年齢や性別をマーケットに合うように再配置しただけならキツそう。
なるほど。そうなんですか。
まだいろいろと改める余地がありそうです。

読んで下さって、ありがとうございました。

669 :この名無しがすごい!:2011/09/10(土) 15:14:28.24 ID:ogeBFaFH
>>666
核ミサイルかなんかが爆発したって落ちかな?
男は不思議時空に入り込んでしまい未来の博物館で自分の「遺品」を見た、と

残念だけどショートショートで星新一が既に歩いてるわー

670 :この名無しがすごい!:2011/09/10(土) 15:37:22.14 ID:3CzgZJRl
>>668
> もう一度、内容を改めたいと思います
あくまで個人の感想であり嗜好だから、そこはあまり気にしないで。

671 :この名無しがすごい!:2011/09/10(土) 22:21:01.02 ID:f03r7W33
 「本能寺が変!」
 その時、京都・本能寺に宿泊していた信長がそう言った。
 見るとなんだか傾いているような、いないような。
 調査を命じられた明智光秀は、その原因がシロアリ被害によることをつきとめた。
 「敵は本能寺のアリ!」
 光秀はそう言うと、さっそく駆除に取りかかった。
 当時、シロアリ駆除の薬なんて便利なものは無いもんだから、被害にあった柱を
 片っ端から松明であぶって、シロアリを追い出すという地道な作業を行った。
 ところが、そのうち柱に火がついて燃え出してしまった。
 「やべっ、信長様ぁ〜!」
 本能寺は信長ごと燃えてしまった。
 事情を知らない豊臣秀吉が信長様の仇と明智光秀を討ち、天下を取るきっかけと
 なったのは言うまでもない。

672 :この名無しがすごい!:2011/09/10(土) 22:28:20.39 ID:ypgT2OJr

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1071.txt
【ジャンル】能力バトル
【タイトル】未定
【評価基準】
1.独りよがりな物語になっていないか
2.大枠の話として興味を惹かれる物語か否か
3.既読感があるか

趣味で書いていますが賞も応募しようと思っています。
基本的に色んな物を詰め込んでいるので、やりすぎた気がして客観的な意見を求めよう
と書き込んでます。
最近ラノベがあまり読めないのでずれていたら辛口で指摘していただけたらありがたいです。
特に劣化禁書になっていないかなどを。

登場人物だけは数があるのでこのような中篇を沢山作っています・・・。

673 :この名無しがすごい!:2011/09/10(土) 23:27:21.52 ID:aOIrAfLv
>>672
独りよがりな感じがするね

>銃火器などの量産武器の方が破壊力、
普遍性がある為暫くは能力は日用の便利なものという位置づけになった。

とあるのに、一章と二章でものすごい能力者が登場してるんだがw
不死とか時を操るとか、希少とはいえ、そんな能力者が確認されたら
その時点で世界は大変なことになるよね

「戦争ごっこ」ってドッグデイズみたいなノリなのかな?
斬新でも何でもないし、緊張感もなさそうだね

既読感はすごいよね ってか、投稿用ならまず大学を高校にするべきだね
あと、全体を通して一つの物語になってそうな感じがまったくしないのが気になるね
能力も、魔術とか超能力とかの類の(作者にとって)便利なものって感じだし
ずいぶん昔から存在が確認されてるなら、それなりに世界にリアリティが必要だけど
そういう配慮はあまり感じられないね

674 :この名無しがすごい!:2011/09/11(日) 00:07:46.35 ID:QYp4sOLw
>>672
1.特に理由がないなら高校や中学のほうが読者層に近いのでは?
世界観として超能力の普及による歴史の分岐が設定の土台なのに魔法を絡める意味がわからない
元々魔法や怪物が実在する世界なら人類が超能力に目覚めなくても歴史は変わってくるし舞台も魔法学校とかで成立するよね
少なくともこれでは劣化禁書以外のものに見ることはできないので、
うまく別物になるよう設定が作れないならオカルトごった煮ではなく超能力か魔術かの明確な線引きを入れたほうがいい

話が3つあるがこれはストーリーに繋がりのない短編をオムニバス形式で書くというのならやめたほうがいい
土台になる世界観がいい加減で作りこまれていないのでバラバラの話が継ぎ接ぎされているだけになっている
3つの話が絡んで最後1つになるようにするか、どれかひとつ選んで長編に直すかが無難かと

あと能力者が戦争の道具にされた歴史があるのに戦争ごっこが容認されたりと矛盾点が気になった

2.話自体はありがちなので好みによりけり
まあ王道ものなのでキャラが良ければ

3.登場人物が多くて超能力と魔術が存在し、吸血鬼だっている世界の学園を舞台とした物語ときいて禁書を連想しない人間は居ないだろう
あと結界と戦争ごっこでバカテスを連想した

趣味で書くなら問題ないが、受賞を目指すなら色々と手直ししないと難しいかもしれない

675 :この名無しがすごい!:2011/09/11(日) 00:09:03.81 ID:nMUUKKDd
>>672
1.独りよがりな物語になっていないか
ご都合主義かという意味で独りよがりかと言えば、どうにか都合をつけようとしてる部分から、その辺りは心配ないと思う。
問題はその都合のつけ方が荒いこと。
世界観にある戦争から発現した能力と吸血鬼や霊魂系は相関がないから、仮に戦争がなくても後者が存在してしまう。
戦争が全ての元凶であるなら世界観として妥当だけど、そうでないならこの設定は無くていい。
レールガンとの差別化をするぐらいなら、もっと別軸で工夫した方がいい。
例えば、超能力ではなく全てを西洋魔術で説明したり、または妖怪を錬金術で云々したら拡張能力に開眼したとかプロトコールゴッドしたとかみたいな感じで説明材料にしたり。

一方、客を見ているかという意味で独りよがりかと言えば、全くもって客を見ている気配すらない独りよがりな話になっている。
誰に読ませてどう楽しんでほしいか、意識されてないという印象。
で、俺はどのキャラに感情移入して、どんな爽快感やら達成感やら安堵感やらを抱けばいいの?と。もっと客を意識すべき。
一章二章で世界観の一例を出していって客がある程度の展開を読めるようになったところに、仕掛けをしてミスリードさせるなり何なりで窮地に立たせ、それを既知ながら逆転の発想で解決する。
こういった『誰が読んでもわかりやすい面白さ』の構造があった方が、客はもとより『担当編集者』に理解してもらいやすい。

2.大枠の話として興味を惹かれる物語か否か
上記により、まだ面白いというところより前の話。
パクって書きたいとは思わない。
また、パクったところで自分の力量じゃ書けない話かといえば、そこまで難しいものでもない。

3.既読感があるか
特殊能力専門学園は学園アリスやら護くんに女神の祝福をやらと、ファンタジー分野ではいくつか思いつく。
設定がこの辺りに力を入れているように見受けられたものの、ここでは勝負にならない。
逆に言えば、ここで勝負できるものではないと割り切って、別の軸を立てた方がいい。

『カブのイサキ』とかは、ファンタジーありきで日常を描いている。
『フォーチュンクエスト』も、ファンタジーありきで世界を救うような大それたことは決してないだろうパーティーが、世界の片隅で町や仲間を救っている。
例えばこういった感じの『非日常の中の日常の中の非日常』を描くのも一手。
現代学園異能モノでも、さらに裏の裏はできるかも。

676 :この名無しがすごい!:2011/09/11(日) 00:40:50.28 ID:dhY8Vyv9
>>670
とんでもないです。ご意見、ありがとうございました。

もしかしたら、他作品をここに書き込むことがあるかもしれませんが、お世話になれたら幸いです。

677 :この名無しがすごい!:2011/09/11(日) 08:10:03.59 ID:FvHoMP69
 「本能寺が変!」
 その時、京都・本能寺に宿泊していた信長がそう言った。
 見るとなんだか傾いているような、いないような。
 調査を命じられた明智光秀は、その原因がシロアリ被害によることをつきとめた。
 「敵は本能寺のアリ!」
 光秀はそう言うと、さっそく駆除に取りかかった。
 当時、シロアリ駆除の薬なんて便利なものは無いもんだから、被害にあった柱を
 片っ端から松明であぶって、シロアリを追い出すという地道な作業を行った。
 ところが、そのうち柱に火がついて燃え出してしまった。
 「やべっ、信長様ぁ〜!」
 本能寺は信長ごと燃えてしまった。
 事情を知らない豊臣秀吉が信長様の仇と明智光秀を討ち、天下を取るきっかけと
 なったのは言うまでもない。

678 :この名無しがすごい!:2011/09/11(日) 16:27:22.04 ID:eOjUppv/
>>672
1.独りよがりな物語になっていないか
とりあえず固有名詞が読みにくくて仕方がない…。
能力が出てくるっていう設定はわかったけど、どうしてそこに吸血鬼が出てくるの。
あれこれ詰め込んであるのは悪いことじゃないと思うけど、それはすべてが有機的に作用する場合限定。
入れただけってのは、お互いの良さを殺し合うだけだ。
それと、能力より銃火器の方が有効ってのは納得がいかない。
ザ・ワールドは最強だろうし、一人いるってことは、それに比肩する力を持った人間はもっといるはずだし、
そっちを作り出す方にシフトするんじゃないの。
また、戦争ごっこが教育に有効と判断する大人の頭の中も理解しがたい。
あれこれ入れてあるからやりすぎとかじゃなくて、話を作るために寄せ集めただけにしか見えない。
そこをすべて、読者が納得がいくように融合してあるのだとしたら、別にこれでいいんじゃない?

2.大枠の話として興味を惹かれる物語か否か
これだけ壮大な設定を作って、やってることはごっこ遊びじゃ、ちょっと…。

3.既読感があるか
自分もあまりラノベを読む方じゃないからわからないけど、この設定でこんな話にしちゃう人はあまり見ない。

679 :672:2011/09/11(日) 19:16:24.47 ID:by9qwslE
ご指摘ありがとうございます。このような駄文を読んでいただき、大変恐縮です。

>>673
やはり独善的でしたか。
一応設定としては能力は各国の不可侵領域のようなもので、シリアスな展開は無いので強すぎる、
緊張感が無いなどはその通りだと思います。
書き忘れていましたが、3つの話は全く関係ない話で、投稿はどれか一つにしようと思っていました。
基本設定はより練り込んでいきたいと思います。

>>674
禁書には少なからず影響を受けているのでもっと差別化を図っていきたいと思います。
魔法、怪物については
能力が普及→思想に能力が依存するため文化が注目される→その中で伝説の者も復活
という流れがあります。現代においては能力が強いのでそれ程脅威にはなりえないという設定です。

>>675
まだまだ全体的に荒削りで、ピントがぼけているので、精進していきたいと思います
テーマとしては異文化、異思想との共存を目指した作品なので一元化は難しそうです。
やはり軸としては陳腐なものなのですね。

>>678
詰め込みすぎ、ご都合主義を改めて再認識しました。
銃火器云々の所は能力の発現が幼児期なので不安定で量産しにくいので、
均質的に育成できる銃火器の扱いの指導の方が管理する側が楽だろう、と考えた設定です。

やはり大学、煩雑、ありがちというのは大分障壁なのですね。
賞への応募は別の作品を考えます。
このシリーズは趣味としてより多思想を洗練できるよう努力したいと思います。ありがとうございました。


680 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 01:22:10.31 ID:DtvXnfPZ
1=特に独り善がりとは感じない。まず設定が整理しきれてなく、説明が不十分。
2=魅力はあるが、それは魅力のある言葉・要素を並べ立てただけで、単にあらすじとしては要素が多すぎるし、おもしろくはない。
3=2で言ったように魅力のある言葉・要素を羅列しているので、様々な既存作品と重複してる感がある。
ただ色々な要素を混ぜるだけならいいが、バランスが悪く、これでは「自動車のシャーシにセスナ機のボディを乗せ、タンカーの主機で走る」ようなもの。
つまり走れない!読めない!

最後に、「第一次大戦後に人類に能力が芽生えた」とあるけど、物凄く似た小説を見たことがある。
名前は忘れたけど一回検索して見てみるといい。

681 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 02:38:26.42 ID:+ZEH8SL4
個人的には人類に能力が目覚めるなら第二次世界大戦後のほうがいいと思うんだ
ナチスやら日本軍やら色々とオカルトネタがあるから
まあ原爆が原因でミュータント化でもいいんだけどそれやったら絶対どこも受賞できなくなるw

682 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 02:40:56.82 ID:DtvXnfPZ
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】火
【評価基準】まだ設定だけに近いですが、おもしろそうか、またこうしたらおもしろくなるかも、等の意見を頂きたい

中世北欧+ファンタジー。
今でいう熊くらいの頻度で人家程の大きさのドラゴンが出没(夜だけ)し、殺したりなんかはしないが家々の火種を奪って(消して)行く。
(この世界は人類発生からずっと厳しい寒冷期で、火種は先祖代々絶対絶やしてはならない大事なもの)
主人公は「あるのは誇りと火種のみ」というような貧乏貴族の三男で、王国の組織するドラゴン狩り組合に二束三文でこき使われている。
主人公は安酒に溺れる同僚達を尻目に真面目に夜回り(家の火種から分けた松明を持つ)をする。
まだドラゴンを狩ったことはなく、直に見たこともなかったが、一人での夜回りの際に遭遇。
百年抜かれなかった伝家の名剣を引き抜くも、剣は腐った木に入れ替わって(借金の形に盗られたと判明)しまっている。
真面目な主人公もぶちぎれ、やけくそになってドラゴンを松明で叩きまくる。
しかしドラゴンはこれを喜び、主人公の行動が人とドラゴンとの契約の儀式であると力説。
主人公はドラゴンにこき使われるようになる。

683 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 02:41:45.76 ID:DtvXnfPZ
続き

訳もわからず連れ去られ、古代ギリシャ建築によく似た建物が並ぶドラゴンの都市で、主人公はドラゴンの召し使い・使い魔として雑務をこなす。
そのうち自分のような人間が多く居ること、皆望んできたことを知る。
またドラゴンは普通に人に近い姿に変化できるので、実は人間社会に溶け込んでいるものも居り、そしてドラゴンが火種を盗むのは何百年と受け継がれた火種が万能薬となるからだと知る。

以上です。先はまだ考えてません

684 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 04:59:35.93 ID:RDhSoits
面白そうな気配
ドラゴンが火種を盗む理由をもっと捻ってみたら良いかも

685 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 06:47:54.40 ID:C9Ku7piw
ドラゴンがかわいい女の子に変身するならいいと思う

686 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 06:52:11.85 ID:rPgIN1pT
>>685
それってもう……
というかこれだけじゃわからんわな
タイトルの『火』っていうのもちょっと……


687 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 15:38:26.70 ID:DtvXnfPZ
>>684-686

不完全なもので判断を仰いでしまってすいません。
主人公と契約したドラゴンは美少女にしようと思っていました。
火種についてはまた考えます。
課題はストーリーですが、おもしろそうと言われ少し自信が出ました。頑張ります。

688 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 16:42:33.23 ID:DtvXnfPZ
(1/2)
【ジャンル】戦記ファンタジー
【タイトル】塹壕のラ・ピュセ
【評価基準】
1.色々と混ぜ込みすぎて難解になっていないか
2.少女をそのまま主人公とするか、それとも青年兵士の主人公を入れ、ラブコメや人間ドラマをテコ入れする必要があるか
3.興味をもてるか

第一次大戦下、史実と違ってベルギーがドイツ軍の通過を許し、マルヌ会戦以前にパリ陥落。
フランスは南仏ボルドーに首都を移転し、国土を二分して抗戦する。
フランスは危機的状況に立たされ、国運は風前の灯火となる。
ある時、疲労困憊のフランス軍塹壕に一人の少女(16〜7)が現れる。
なんだなんだと集まってきた兵士に、彼女は「フランスを救うつもりだ」と告げ、「その為には皇太子に会わなければ」と力説する。
兵士達は「すわキチ〇イか」とため息をつき、少女に「もう大分前に王党は絶え、共和制になったのだ」と伝えねばならなかった。
少女はショックを受け、何処かへ帰ろうとするが、そこへドイツ軍の夜襲が始まる。
兵士達は少女を掩兵壕に避難させるが、突然掩兵壕の入り口から白い閃光がほとばしり、白銀の甲冑に身を包んだ少女が現れる。
砲撃でぼろぼろになった三色旗を拾い上げた彼女は「起て!フランスを救いたまえ!」と叫び、暗闇の中で光を帯びてドイツ兵を切り捨てていく。

689 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 16:45:02.70 ID:DtvXnfPZ
(2/2)

ドイツ軍は恐れおののいて退却し、帰ってきた少女を見つめる兵士達の顔からは闇が消えた。
少女は「あれはイングランド人じゃなかった。傭兵か?」と聞く。
兵士達はまた「あれは傭兵ではなくドイツ人だ。それにイングランドは味方だ」と教えなければならなかった。
その後、少女は隣の戦線のイギリス軍に殴り込みをかけたりしながら現状を学び、食べ物の旨さに狂喜したり、馬の代わりに装甲車を貰ったりと、段々現代化していく。
少女は何時しかフランス陸軍少佐の称号を与えられ、フランス軍の大反抗を助け、パリを奪還。泣いて喜んだが、勝手に動いて使い辛いので、中東へ送られる。
そこでオスマントルコ帝国に対するアラブ反乱を煽動することになるが、勝手にエルサレム入城を果たしたり滅茶苦茶やって軍の頭痛の種となり、支援が滞るようになる。
最期、少女はダマスカス解放の最中に捕虜となり、処刑を待つ身となる。

以上です。
ラストはジャンヌダルクの通り殉教させて「時代間違えたな」と言わせるか、飛行機で助けさせて「便利な時代になった」と言わせるか悩みます。
タイトルも「アラビアのロレンス」をオマージュして「アラビアン・ラ・ピュセ」にしようかとも…

690 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 16:50:28.88 ID:DtvXnfPZ
一気に二つ上げましたが、正直今はどちらを書き、賞に送るか悩んでいます。

691 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 19:36:15.89 ID:pTSpatwC
>690
>688-689 私見で悪いが、これはラノベ枠でやるべきではないと思う。
フランスとかドイツとかではなく、新しい世界観を作ってやってほしい。
別に魔法とかファンタジーする必要もなくて、既存の世界から全部持
って行ったものでもいいと思う。
知っている人には、これドイツだろwみたいに思われちゃうのはありで。
てゆーか、むしろ、そう思わせた方がマニアは喜ぶかもね。
ただ、その場合、これ全部を書ききるのは到底無理じゃないかな。
焦点をある程度絞って書かないと難しいんじゃないかな。
内容的には面白いとは思う。

692 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 19:51:13.82 ID:yf5LVSJT
>>682
火を盗む理由が面白くないなーもったいないなあ。
そこ、もう一ひねりした方がいいと思う。それがメインに絡むと、なおいいかもね。
人間が竜に使われる設定は、評価しづらい。今後の展開次第だろうから。
ただ、現状はいまいち、これいいねとは思わなかった。

>>688
1.色々と混ぜ込みすぎて難解になっていないか
難解っていうか、不協和。いい方向には、化学変化を起こしていない。

2.少女をそのまま主人公とするか、それとも青年兵士の主人公を入れ、ラブコメや人間ドラマをテコ入れする必要があるか
少女が主人公だと、この時代に彼女がいる違和感を活用できなくなると思うんだが。
ラブコメ云々じゃなくて設定を活かしきれいないんじゃね。

3.興味をもてるか
まあ、ジャンヌダルク自身は剣を握っていないという話を聞いたことがある気がするが。
とりあえず自分は面白くないと思う。皇太子に〜ってとこ見た時点で、ああジャンヌダルクねってわかっちゃったし。

693 :この名無しがすごい!:2011/09/13(火) 22:44:44.02 ID:DtvXnfPZ
>>691
なるほど!
自分も史実に似た異世界の物語としてやる方がよいと考えていました。
ただ、自分で魅力的な、骨太な世界観を用意出来ていないと考え、「事実」に基づいた現実を使う方向へ逃げてしまいました。
でもそうすると、何故史実である必要があるのか、何故この時代でなければならないのかと、何時までも背景に縛られてしまう。
必然性のジレンマというやつでしょうか。

>>692
おもしろいとは思いませんでしたか!
冷静に批評されていて思わず笑ってしまいました。
ジャンヌダルクものに関しては要再考、ドラゴンに関してはそれ以前ですね…。
少しは「今後次第でおもろくなるかもね」と皆さんから感触を頂けたので、精進します。

694 :この名無しがすごい!:2011/09/14(水) 05:00:48.51 ID:KTwEXWR4
>>682
>>688
ドラゴンよりはジャンヌダルクの方が面白くなりそう。
リサーチは大変だろうけどね。
ただ、これをラノベ枠でやろうと思ったら、ジャンヌダルクや1次大戦を全く知らない人でも楽しめるように、且つ「萌えるように」書く必要がある。
過去から過去へのタイムスリップ(転生?)ってことは、両方の時代背景を説明する必要があるから、応募規定の枚数では収まらなくなるし、
納めると説明過多になりそうなのが最大の危惧。
だから普通は現代にタイムスリップするのが定番なわけだけど。現代なら説明が省けるし。
ラノベなら現代の学園に転生じゃないかなあ。不良の抗争劇ってもう流行らないのかな?
今のあらすじでやるなら、パリ奪還か、もっと前の戦闘で終わるようにその中でドラマを描ききることを考えた方がいい。
でもそれをちゃんと描けるならあえてラノベにしなくてもいいんじゃないだろうか。
オチは後者、助かる方が絶対にいい。

ドラゴンの方は……キモは何だろう?
はっきり言って、現状の内容では火とかはどうでもいい。ただストーリーの味付けにすぎない。
実際に小説を書くと、火の設定はいろいろと齟齬が発生すると思う。
それより、ドラゴンに使役される状況ってのをどう描くか。
それを面白く描けるかどうかで左右されるだろう。
となると、いわゆるラノベの定石だとドラゴンが人の姿になったときに女の姿をとり、そのキャラでストーリーを引っ張ることになるんだけど、そうなると今の粗筋はまだ粗筋にもなってない。
または他のドラゴンに攫われた美少女と知り合いになり、お互いに感化し合いながら何らかの事件を解決するのか
そんなストーリーになると思うんだけど。
いずれにせよ、ドラゴンに使役されるようになった人はドラゴンブレスが吐けるなどの能力を与えられるんだろうね。

今のところ、ジャンヌの方が粗筋としては先が見えてるので面白くなりそうに見える。
繰り返すけどドラゴンの方はまだ何が面白いのかキモが書けてないから判断できない。
時間があるなら両方書き進めるという手もある。そのうち、自分がどっちを書きたいのかわかるようになると思うよ。

695 :この名無しがすごい!:2011/09/14(水) 23:14:33.43 ID:jZ/TbMGl
>>682>>688
嗜好がFTよりってのもあってドラゴンのが面白そうに感じた。
火=万能薬ってことはドラゴン社会で病気が大流行してて、それで盗んでるのかなと思ったけど、
そこまでまだ設定固めてないようなので……化ける可能性をとってこっち。

ジャンヌは出落ちっぽいというか。ただ戦闘場所を変えただけで、やることが史実とかわらないなら
読まなくてもいいかなあと思ってしまう。
史実を裏切ってくるか行動の規模を変えるか、かなあ。
よっぽどキャラが可愛いとかならアリかと思う。

書きやすい方を書くのがいいと思うよー。

696 :この名無しがすごい!:2011/09/14(水) 23:18:25.17 ID:Zxbhr9br
同じ印象だなー
同じ展開ならミラ・ジョヴォヴィッチ見とくわっていう

697 :この名無しがすごい!:2011/09/16(金) 01:04:34.63 ID:7AGzKSwr
ジャンヌダルクのせいで歴史がめちゃめちゃになっていく方が面白いんじゃない?
フランスが破竹の勢いで世界征服しちゃって、そこからさらに色々ある、とか。1冊じゃ無理そうだけど。

火はそれだけだとパッとしない印象。そこからどういうドラマを書くのか考えるのが大事なんじゃないかね。

698 :この名無しがすごい!:2011/09/16(金) 16:24:15.37 ID:1XuldBXp
おながいいたします。

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1085.txt
【ジャンル】コメディ
【タイトル】車音痴の私にそんなこと言われても(仮題)
【評価基準】・こんな内容のお話を読んでみたいか?(興味を引く?)
      ・興味をひかれた場合、どういった展開を期待されるか?
      ・視点は主人公目線予定だが、やはり3人称にすべきか?
      ・メカニック話などがチョイチョイ入るが、それは退屈か?
      ・その他ご意見・ご感想モロモロ…

プロットの体をなしていない場合は申し訳ありません(参考:ラノベ鍛錬サイト)。
ジャンルとしてはかなり難しい世界な為、まだ色々考えなければならない面々が
多々あるのですが、まずはこの大枠でどんな印象を持たれたかを伺いたく存じます。
(´・ω・`)

699 :この名無しがすごい!:2011/09/16(金) 18:34:26.40 ID:LYAXjr9M
>>698
書き方フォーマットの問題ではなく、結局何を描きたいのかわからない。
これを自分の好きな作家が書くといったら読みたいと思えるけど、知らない人なら「わからない」としか答えられない。
つまらないというのではなく、何を面白く描いてくれるのか不明だから。
「6.思わぬ方向に展開」って……「6.面白い展開」って書いてあるのとほぼ同じ。その通りに書ければ面白くなるよ、そりゃ。

例えば、主人公はレースの世界にどんな係り方するのか?
レーサー?メカニック?レースクイーン?
レースクイーンなら専門知識もいらないし、普通に女性の職場でしょ。挫折なんて無いでしょ。

この設定なら、男社会にいることより、百合であることの方が違和感とかギクシャク感が産まれると思う。

盛り込みたい内容がいろいろ書かれてるけど、まずは1つに絞って、それをどう面白く見せるかをプロットにした方がいいと思うんだけど……


700 :698:2011/09/16(金) 18:47:18.65 ID:ZFYQtkzY
>>699
なるほど、言われてみれば確かに(´・ω・`;,)チト書き直します。

701 :この名無しがすごい!:2011/09/16(金) 19:05:19.88 ID:c91hbn4m
>>698
ポルシェの人だよな?
とりあえずプロットにはなっていない
ネタのメモレベルで話の内容がさっぱりわからないからもっと詳しく書いて

702 :この名無しがすごい!:2011/09/16(金) 19:16:11.10 ID:ZcSqcK5a
>>698
基本的に箇条書になっているのでまとめた方がいいです。今のままだとキーワードが散らかってる感じ
まずは、あらすじ/設定/書きたいシーンをまとめるとわかりやすいかと

703 :698:2011/09/16(金) 19:32:51.31 ID:ZFYQtkzY
了解しました(´・ω・`)ゞ 

>>701ご明察です。
てか誰が見てもバレバレですね……。

704 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/09/16(金) 19:53:10.80 ID:m6U3BBGb
>>698
無責任に書きたいこと書いた。
先に謝っとくわ。ゴメン。

【評価基準】
・こんな内容のお話を読んでみたいか?
こういった内容と言われたら興味外れる。
というのも、このタイトルからイメージしたのが、穂村は極度の車オタクor車以外はジャガイモにしか見えない感じで、三奈木のLove補正がなければギリアウトにすらならない、
というか三奈木が何で好きなのか理解できないレベルのオタぶりに引く、ぐらいに圧倒されるシーン。
じゃないと、この二人の関係で『車音痴の私にそんな事言われても』という台詞はない。
穂村側で言えば、単に優しいなら車でなんて例えないし、また理解してもらえないから面に出さない。
カップリングをけなされた腐女子レベルで口角泡飛ばす、車専用ツンデレぐらいのレベルじゃないと。
一方で、腐女子晒して炎上したアイドルがいたように、レズなんて秘めたるものが当然の世界なわけで。
ちょっとレズ設定が邪魔になりそう。

・興味をひかれた場合、どういった展開を期待されるか?
↑こんなの。レズバカが分からないなりにLove補正で理解しようとして、車に嫉妬しながらも車を理解する展開。

何か長いらしいので続く

705 :704:2011/09/16(金) 19:54:59.75 ID:m6U3BBGb
>>698
続きで。

・視点は主人公目線予定だが、やはり3人称にすべきか?
少なくとも、三奈木目線の一人称だと男向けにも女向けにもならないと思う。ニッチ。
女は女でレズに清純で秘めたるものを求めてるだろうからテーマから外れるし、
男は男でビッチ主人公しかもレズなんて感情移入レベル高すぎ。
これなら、三人称でキャラを傍観させた方がいい。

・メカニック話などがチョイチョイ入るが、それは退屈か?
魔法の詠唱レベルなら。
理論や理屈なら、小学生に理解できるぐらいのたとえ話とか抽象化とかが必要。エンタメなんだから頭使わせるのはNG。
オタクに頭使わせるなら、ちょっとした玄人判断に裏付けを入れた方がいい。それならニヤリとできる。

・その他ご意見・ご感想モロモロ…
レズってコアな展開をヒキの第1章の出会いでなぜ活かさないのよ、と。

・やっぱりレズって世間的にはナシなのかなー……⇒頑張って男と付き合ってみようか⇒やっぱ無理⇒あれっ?男なのに心がときめく?!⇒じつは女でしたー
・車とは別の理由で友達に⇒彼女があまりに可愛いから友達でいたい⇒何かをきっかけにやっぱり抑えきれない本音

みたいな、出会いから主人公の感情の揺さぶりを、読者に共感しやすい形で是非ともお願いしたい。

706 :698:2011/09/16(金) 20:36:53.51 ID:ZFYQtkzY
>>704、705
細かい指摘、ありがとうございます。
前のポルシェの件から重大な勘違いしていたことに気づきました。
いじくるポイントみたいなのが解ったような気がするので、
各位のご指摘を参考に、それにならって立てなおしてみようと思います。

出だしくらい少し書いてみたほうがいいのかな。
平行して考えてみます。

707 :この名無しがすごい!:2011/09/18(日) 18:46:44.39 ID:Z3LO2vyb
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1098.txt
【タイトル】車音痴の私にそんなこと言われても(仮)
【評価基準】おもしろそうかどうか

とりあえず修正し、おおまかな内容と流れを書いて見ました。
登場人物(名前は仮)のキャラも先に立てて、それにならいつつ展開を
考えて行きました。よろしくお願いいたします。

708 :この名無しがすごい!:2011/09/18(日) 19:09:42.11 ID:KLXW7TOI
なんというか迷走してないか?
もう一度初心に帰って自分が何を書きたいのか思い出したほうがいいぞ

709 :この名無しがすごい!:2011/09/18(日) 19:24:33.40 ID:aATMn6gt
>>707
面白い・面白くない以前にすごい読みにくいよ。初見の人のことを全く考えていないんじゃないの。
いくらキャラ設定が付属しているとはいえ、2段落目まで読まないと穂村の性別、職業がわからないのはマズい。
話の筋書きはひと昔前の月9ドラマ風? 相手役を同性にしただけにみえました。
穂村が主人公に対し無条件に優しくしてくれる点など、ところどころ意味不明な部分も。

710 :この名無しがすごい!:2011/09/18(日) 20:48:31.93 ID:ypLX6471
>>708、709
早速のご感想ありがとうございました。内容の中に実は取って付けの内容が
ちょこっとあって、最後までどうしようか考えたんですが入れて出してしま
いました。もっとも骨は最初と何ら変わってはいないんですが肉の盛り方が
微妙だったのか。もっとよく考えてみます。
明日から諸般の事情で2週間ネットに繋げないので、その間を利用して考え
てみるつもりであります。

711 :ゾンビ:2011/09/18(日) 23:31:59.97 ID:6XoYu+bA
>>707
スゲー評判がいいポルシェの人が、こっちにいたなんて!テーマ的にずっと興味あったよー
でもフルボッコでw 車ネタは面白いけど、話の筋は酷いな。迷作のドリブンだってもう少しマシだよ。
というか、粗筋の書き方が雑。
ある日三奈木は桐野を伴って
>モデル仲間の桐野を伴ってくらい書こうよ。唐突すぎ。
それはさておき
>紙芝居かよ!「だが」、「けれど」でいいんじゃないか?
あの時と同じ様に途方に暮れる
>いつの事か、こっちは分からん。

・こんな内容のお話を読んでみたいか?(興味を引く?)
>内容的には修正すれば読んでみたい。現状、筋がつまらないからレースシーンだけ読みたい。
・視点は主人公目線予定だが、やはり3人称にすべきか?うざドジ主人公だけにより一層。
>絶対に三人称が無難。
・メカニック話などがチョイチョイ入るが、それは退屈か?
>穂村が嬉々として、パーツとかいじる楽しそうに書いて、主人公が読者と同じ素人立場で
聞いてるシーンなら面白い。地の文で過剰に書くと退屈。見せ方の工夫が必要だ。敢えて厨二的なカッコよさに走る手も有る。(続)


712 :ゾンビ:2011/09/18(日) 23:51:41.47 ID:6XoYu+bA
・その他ご意見・ご感想モロモロ… ・興味をひかれた場合、どういった展開を期待されるか?
>改善案として聞いてくれ。流石に百合はハードルが高いから、穂村がヤンキーに絡まれた三奈木を助けるとかの出会いがいいと思う。
それで車で送ってくれるか何かする。その段階では男だと勘違いしてる。サーキットで再開して女だと初めて知る。
あるいは、加賀美に言わせる。だけど腐女子だから男っぽい穂村に恋してしまう。これで百合だけど男っぽいから男子読者にも受け入れやすくなる。
穂村の重傷は、やり過ぎだから1シーズン棒にふるくらいが良くないか?

他に面白くする方法は、穂村をクール系の超人キャラとしてメインに据えて、主人公のドジと対比させる。だけど愛すべきバカで穂村好きで、頑張るキャラとして序盤は動かす。
そんで単独事故〜穂村の事故辺りから主人公覚醒。正直ドジキャラ故にスポンサー取りとレーサー練習の頑張りが読者を引き寄せる鍵だと思う。後は穂村のカッコよさ。

人称は三人称で視点を主人公に固定化したら大丈夫。台詞を一人称の代わりに使って、地の文でアクションに力を入れたらバランス良くない?
取り敢えず完成版が読みたいとは思う。頑張れ。

713 :この名無しがすごい!:2011/09/19(月) 00:13:33.63 ID:1WhdoqEv
>>711、712
詳しいカキコありがとうございます。

皆様のレスをテキストにコピーしてiPhoneに飛ばして、じっくり読ませ
ていただきつつ、いない間によりいっそう練り進めていこうと思います。
という訳で皆様ありがとうございました。

714 :この名無しがすごい!:2011/09/25(日) 20:30:55.59 ID:VCFrzVDS
【ジャンル】どうぶつ社会風刺モノ
【タイトル】 我輩はネコであるぞゴラァ!
【評価基準】 話をどう膨らませて行ったらいいか
【専用ロダ】 短いプロットなので、ココへ直接カキコします。


主人公は、ギコ猫。
カメラの前で、かわいいポーズをとったり、人間をまねたしぐさをしたり、
普段食べないものをたべたりして、動画を収録。

ユーチューブとかニコニコにうp。

「かわいー!」
「こんな子ほしい!」
「萌えました!」
そんな感想を、ブランデー片手に、ディスプレイを観ながら、
「クックックッ。愚かな人間どもめ」
と呟くギコ猫。

715 :この名無しがすごい!:2011/09/25(日) 20:49:42.52 ID:Wzt1Q41z
評価じゃなくて丸投げじゃねーか

716 :この名無しがすごい!:2011/09/25(日) 20:55:05.74 ID:ItZwpnKg
【ジャンル】異能力バトルロイヤル
【タイトル】未定
【評価基準】まだほとんど設定で大まかなストーリーもどきしか書けてないが
      設定が分かりやすいかを聞きたい。

どこにでもある地方都市に住む内気で大人しい女子高生が主人公。主人公は
交通事故で半身不随になった幼馴染に思いを寄せているが中々告白出来ない。
 他の登場人物は計六人。白血病で余命幾許もない娘を持つシングルマザー、
人を殺す事が好きな連続殺人鬼、新婚でもうすぐ出産予定日の妻がいるが
自分が不治の病であることを言い出せずにいる会社員、膨大な借金を抱えてる
元工場の社長、いじめによるノイローゼが原因で自殺を図り意識不明の重体と
なった妹を持つ兄、事故で意識不明となった恋人が目を覚ますのを待つ若い女性。

そんな時、彼ら七人の前に見ず知らずの青年が現れる。青年曰く何でも願いを一つ
だけ叶えてあげるという。しかし、それは自分と契約して異能力を手にし三週間の
期間中、この街で最後の一人になるまで殺し合い生き残った一人だけ。

七人はその申し出を受け入れ異能力を手にする。しかし、異能力を使用するには
自傷行為で出血をする、爪を剥ぐなど苦痛を伴う条件があった。

過酷なバトルロイヤル、苦痛を伴う発動条件の中で傷つき苦しんでいく能力者達。
果たして最後まで生き残り、願いをかなえるのは誰なのか?

以上。キャラの名前も決まって無くて申し訳ない。一応、キャラの末路も
考えてるがひとまず省略。



717 :この名無しがすごい!:2011/09/25(日) 21:01:22.44 ID:4XkN3yFf
龍騎みたいだね

718 :この名無しがすごい!:2011/09/25(日) 21:02:28.31 ID:ItZwpnKg
>>717
あーそうかも。変身しないだけで大して変わらんかもしれんな。

719 :この名無しがすごい!:2011/09/25(日) 21:38:37.14 ID:ItZwpnKg
てか、ZEROの主人公は何故コンテンダーで戦おうと思ったのだろうか。
あれ単発式で、一発撃ったらまた銃弾装填せねばならんのだぞ。

720 :この名無しがすごい!:2011/09/25(日) 21:39:14.61 ID:ItZwpnKg
誤爆スマン

721 :この名無しがすごい!:2011/09/25(日) 23:57:03.97 ID:z/YdB9rq
>>716
完全にFate
もしくは龍騎
既視感ぱねえ

722 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 00:08:07.82 ID:bblUgOqq
>>721
一応、読者がすんなりイメージ出来て分かりやすい、オーソドックス
な設定やストーリーにしたつもりなんだが…。あまりにもベタすぎる?

723 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 00:52:51.15 ID:Sp4Kx8Gn
>>716
設定はわかりやすい。願いが叶う条件が龍騎と同じだし。あっちは子供でも理解できたんだから大丈夫
ただ、契約の青年と主人公の状況がまどマギっぽい
他の人に似ていると言われたfateはよく知らないけど秋からZeroって派生アニメもやるし新人賞に応募するなら劣化〇〇として見られる可能性あり
身を削っての能力使用は良いと思う

ちなみにこの作品の売りは何?

724 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 08:46:28.02 ID:pKabJNQR
>>716
設定は分かりやすい。
というかありがちなバトルロイヤルもの過ぎて既視感が酷いから理解しやすいのは当然というか。

参加者ののっぴきならなさっぷりとダークな雰囲気がFateってよりFateZeroっぽい。

晒しの最初から最後まで売りになりそうな部分が感じない。
能力ものとはセットになる事がほぼ必須の「能力制限」の一種としての、能力発動に苦痛を伴うって設定がちょっとオリジナリティーっぽいがそれだけ。
むしろ展開でいかに独自性にテコ入れするかが大事だと思う。

725 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 11:44:10.74 ID:mSiu5cq/
>>723
売りっていうかテーマは代償とか等価かな。何かを得れば何か失うし
自分が望みをかなえるために他人を蹴落とすっていうのはどういう事
か、みたいな。あとは厨二病テンプレ踏襲しまくりの王道展開くらい。

>>724
ありがとう。独自性のテコ入れかぁ…。今のところありがちなストーリー
展開と参加者の悲惨な末路くらいしか考え付いてない。

726 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 13:04:21.42 ID:Sp4Kx8Gn
>>725
テーマと売りは別物だよ。テーマ=題材、売り≒独自性ってこと
現段階ではテーマが「願いを叶えるバトルロイヤル(代償+中二+王道」ということはわかるけど売りの要素がわからない
こういう作品である以上、登場人物の心情描写と願いに繋がるドラマを描いていくのだろうけど、それだけでは既存のバトルロイヤル物とは戦っていけないと思う
練習作なら好きに書いてしまえばいいんだけどね
ここは勉強がてら様々な作品(バトルロイヤル物を含む)に触れて、何か別の追加要素を考えた方が良さそう

727 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 18:19:09.37 ID:bblUgOqq
>>726
そうか…。完全に王道展開とベタ設定と人間ドラマで押し切ろうとしてたわ。

728 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 19:03:32.52 ID:bblUgOqq
あと、綺麗に風呂敷を畳むって言うのを目標にしててそれと代償って言う
テーマと絡めるとちょっと登場人物の末路やラストがダークな感じにな
ってしまうっぽい。それと、人間同士のぶつかり合いって言うのを強調
したいから描写がグロくなると思うけどこれってラノベとしてOK?
スレ違いならスマン。

729 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 19:25:27.20 ID:fsRpscgp
>>722
これだけだと既視感が強過ぎるね。
これに、全然違う新たな柱を一本立てるっていうのなら、このよう素自体を否定するものではないよ。

730 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 20:14:46.65 ID:ZvtI+YNz
新人賞が取れそうなラノベを考えてみた

1.主人公(男)は厭世感漂う無気力草食系
 人生に楽しみなど無いと思っている所へヒロインが突飛な方法で表れる(ここで知恵を絞る)
2.ヒロインは勝気でツンデレ。主人公を蹴り飛ばしたり見下したり奴隷のように扱う
 なぜか逆らえない主人公
3.ヒロインは遂に「自分は××から来た皇女だ」とキチガイめいた事を言い出す
 (この辺の設定は何でもいい。ファンタジー異世界からの、別の惑星の、別の国の…。ただし、なるべく今風の、今流行の設定にする事)
4.最初は全く信じない主人公だが、身の回りに次々と不可解な、科学では説明のつかない現象がおき信じ始める。
5.そしてついに、ヒロインを追ってきた、ヒロインのいた異世界からの追跡者が現れる
 (これも何でもいい。ヒロインと対立する皇女、ぬいぐるみみたいな淫獣、クールで冷酷なイケメン、寡黙でおとなしいシャギーの炉利少女…)
6.主人公と二人で逃げ惑ううちに、ヒロインの意外な一面、人間的な弱さを見せ付けられる
 それを受け止め、「俺が守ってやらなきゃ」と思う主人公
7.二人の愛の力(ここ照れちゃダメ!)で追跡者を撃退
8.カップルになったと思ったら張り倒される主人公 (終わり)


731 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 20:20:48.28 ID:bblUgOqq
>>729
そうか…。一応、神様ドォルズや舞姫みたいな感じでオブジェクトを
操って相手を殺すみたいなのも考えたんだが。もちろんオブジェクト
も個々で能力が違う。で、オブジェクトが傷つくと操作者も同じように
傷つくって言う設定。でもこれだと完全にエヴァだし、ガチンコ感が
少ないかなって思って>>722にした。

732 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 20:26:41.67 ID:fsRpscgp
>>731
設定がオーソドックスならストーリーを、ストーリーがオーソドックスなら設定を、新奇にしないと駄目だと思うよ
どっちもベタじゃあ、どこかで見たような…にしかならんさ
どこかには、あなたのオリジナルを入れないとね

733 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 20:40:05.33 ID:Sp4Kx8Gn
>>728
無駄にグロなのは微妙だけど自傷行為で能力使用の設定があるから、過剰自傷などの描写を使って段階的にグロを増やすのはバトルロイヤルの演出的にありだと思う
あくまで段階を踏むことが重要。唐突なグロは失敗すると無駄グロになるから気をつけて欲しいと冒頭無駄グロ経験者が言ってみる

734 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 20:44:30.59 ID:bblUgOqq
>>732
難しいな。オリジナルって言っても中々思いつかん。この間は登場人物は
みんな死んだ人間で抽選に当選して天使と契約して>>722みたいな異能力を
手に入れて現世に舞い戻って戦い、生き残った一人が完全にこの世に蘇る
事が出来るっていう設定考えたけどコレじゃガンツだしなぁ。

735 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 20:48:38.89 ID:bblUgOqq
分かった。設定として、苦痛の度合いとかが大きいほど能力が強くなる
っていうのがある。主人公の能力は、身体能力と感覚器の強化で発動条件
は自傷行為による出血で、出血量が多いほど強化量が多くなるみたいな
感じ。

736 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 21:11:38.03 ID:fsRpscgp
>>735
うん、それはオリジナリティの部分だと思う。
でもそれって、サブだよね。もっとメインの場所でないと埋没してしまう気がする。
さもなくば、本文中でそこを全面に押し出して楽しませるかだけど、相当エグくなっちゃうんじゃないかな…

737 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 21:20:52.07 ID:bblUgOqq
>>736
エグイの好きな読者いるし、何でか分からないけどプロットねってると
描写がエグイ方向に自然と行っちゃうから俺としてはありがたい。
とりあえず、この能力発動条件が己の身を削るもので苦痛を伴う。
っていうのを前面に押し出そうと思う。

738 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 21:23:39.90 ID:fsRpscgp
その決意なら、その方向でぜひ頑張って。くれぐれもエンタメになるようにw

739 :この名無しがすごい!:2011/09/26(月) 22:01:20.09 ID:bblUgOqq
>>738
ありがとうwやはりグロダークはエンタメにし辛いのね。

740 :この名無しがすごい!:2011/09/27(火) 12:00:22.60 ID:CRdZN7bU
ここで晒したプロットの作品が受賞した、という過去ってあるのかな。
つきツキ!の作者のあとがきを読んでみると、投稿した時と市販された内容の後半が大幅に変わっているみたい。
受賞→ストーリーを半分近くを書き直し→市販される
って言う流れっぽいから、ここで晒したプロット作品が受賞しても、別物みたいになって市販されるから誰も気づかない?

741 :この名無しがすごい!:2011/09/27(火) 17:33:06.90 ID:4wYkuge7
このスレに該当するのかわかりませんが……。
やる夫が主人公のラブコメみたいの書きたいなあ。

「なんでもやるお!」
が口癖のやる夫。やるやる言う癖に何もしないニート。
親友の「やらないけど、実際はやる」やらない夫が盲腸で
入院して、お見舞いに行くんだけど、そこに入院している難病
の少女に恋しちゃう。
少女は、病気が原因で、心を閉ざしているんだけど、この子の
ためになにかしてあげたいと思うやる夫は、少女の前で
「なんでもやるお!」
と宣言するの。
最初はウゼーと思ってた少女。
でも、自分の言ったことをなんでもやってくれるやる夫に心を
少しずつ開いていくっていう……。

すみません、半分の月がのぼる空のパクリです。

742 :この名無しがすごい!:2011/09/27(火) 17:39:31.33 ID:BXAryyfK
とりあえずNGしといたほうがよさそうだな

743 :この名無しがすごい!:2011/09/27(火) 19:03:11.02 ID:aamx4xqO
>>740
そもそも、ここで晒された作品で文章になったものを読んだことが数えるほどしかないのでねえ
どれだけのプロットが完成まで辿りついているのか…

744 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 13:06:35.97 ID:KnKzhoCo
 この前、異能力バトルロイヤル晒したものだけど新しい柱としてSF要素を
入れることにした。で、実は登場人物は全員パラレルワールドの「街」の
住民で、負けるとそいつがいたパラレルワールド自体が消滅する。参加者
と契約し能力を与えた青年の正体は無数に存在する並行世界の全てを観測・
観察している外宇宙生命体。
 バトルロイヤルをけしかけた目的はこのまま新しい並行世界が誕生し続けると
全ての並行世界を包み込んでいる「次元」そのもののエネルギーが尽きてしまう。
それを防ぐために人の負の感情をエネルギーに変換し、負けた奴の世界を消滅
させて「次元」の安定化を図るため。要するに宇宙の枝切り。
 こんな感じで考えたけどどうかな?突っ込みどころ満載だし、まんまぼくらの
っぽいけれど…。


745 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 13:15:47.29 ID:mRs6DMZi
ぼくらの あたりで聞いた設定だな

746 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 13:26:09.33 ID:KnKzhoCo
>>745
俺も考えた瞬間ぼくらのじゃん…って思った。でもSF要素でバトルロイヤル
に余り手垢のついてない奴でかつ、SFのポピュラーな物って考えたら並行世界
になってしまった。

747 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 13:49:21.33 ID:NHjOxDoX
楽して既存作から設定借りてくる癖やめたら?

748 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 13:52:35.19 ID:N/V5ZhJ6
なんでもいいから一作最後まで書くといいよ
最初は類似品でも何でも好きな世界を書くといい
だけど「平行世界」ってのが現実の物理学でどのように考えられてるのかは研究した方がいいと思うよ
そしたら>>744の設定がSFというにはトンデモすぎるってわかるから。
だからと言ってダメというわけではなく、そこから説得力のある設定を組み立てるという作業が必要になるということ

749 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 13:56:32.67 ID:KnKzhoCo
>>747
ていうか、考えて調べたらもうあるじゃん…。って言うケースが多い。

>>748
一応、物理学の本とか読んでる。元々SF好きだし。

750 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 14:35:59.50 ID:VvdyGUuV
SFはやめとけ
(と言うか、受けないし売れないし賞も取れない)

まどか☆マギカでエントロピーの設定が出てきた時、
みんなぞわっと引いてたのが印象的

SFは売れないどころか、はっきり嫌われてる

751 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 14:37:12.90 ID:Uag4N4oy
平行世界だの次元だののすべてを観測してるのに、そのへんの外宇宙から来ました、
というのではあまりにもスケールが小さいよな

752 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 14:49:27.72 ID:NHjOxDoX
別世界との繋がり自体があんまり受けよくないからな

753 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 15:41:51.63 ID:0vZmAOsz
>>750
つ妖精作戦
つハルヒ
つイリヤ

あとは図書館戦争なんかもsfだろう。
なにしろネタの下敷きが、sfの大家たるブラッドベリの華氏451なんだから。

754 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 15:43:24.69 ID:eseOWR7A
>>749
気持ちは解ります。
例えば私は、第二次大戦の戦車に足つけたロボットが戦ってる(恥)って世界設定の漫画を高校の頃書いてました。
飛んで昨年頃、類似したゲーム(ROR)を見つけてやってみた処、デザインはもちろん足の付け方、砲や砲塔のポジションが似かよっていて笑いました。
これは何にでも言えることだと思うのですが、要は生物学でいう収斂(しゅうれん)進化なんですね。
同じような考えの人間は近いものを作るってことです。
ですから、ここから抜け出すには考え方から変えなければなりません。
そこで冒険としてラノベでは人気のない(?)SFをやってみては。

755 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 15:44:33.14 ID:Qd8H9gOG
>>744
ぼくらの知らないから設定には言及しないけど、今回のプロットは終盤で皆が協力して契約青年を倒す展開になるってことで良い?

756 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 17:03:11.64 ID:KrChji/o
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1179.txt
【ジャンル】SF、ディストピアもの
【タイトル】天魔チャンネル
【評価基準】
1、自分で書いといてなんだけどつまらない気がする どこがつまらないのか?
2、設定はまだ練り込んでなく、あらすじに合わせて変更するつもり
3、そもそもディストピアと天使悪魔って組み合わせがまずい気がするけど、どうなのか

直近でSFは売れないといわれて冷汗
このままではダメなことはなんとなく分かるので、スパッとダメ出し頼む

757 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:00:14.82 ID:35EC0pJa
まずプロットの書き方からしてセンスがない。読む側のことを考えろ。
同じことになるが固有名詞はもう少し自重しろ。どう考えても既存の言葉で十分説明できるのがちらほらとある。
あとこれはSFじゃない。

総じて一切面白くない。

758 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:16:36.50 ID:KrChji/o
>>757
言われたいことをスッパリ言ってもらえた
ありがとなー、出直してくる

759 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:20:47.98 ID:KnKzhoCo
>>751
最初はもう訳の分からない超次元の世界から来た異世界人見たいな感じにだったけど
それだと何のこっちゃ分からないので外宇宙人にした。俺たちの宇宙とは外の世界から
やってきたっていう事。

>>775
いや、みんなで協力とかラスボス倒すとかそういうストーリーは考えてない

760 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:33:40.25 ID:Ak/bgsb5
あらすじではなく、現段階では書き上げたばかりのプロットどす。大まかなストーリーの流れやキャラ設定・役割を記述しました。
まだ小説の形にできる段階ではないと考えているので、感想をいただきたく投稿させていただきました。

【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1180.txt
【ジャンル】ありがちな舞台設定のファンタジー
【タイトル】 未定
【評価基準】
・不完全な部分や課題はたくさんあると思うので、首をかしげた部分や矛盾点の指摘などお願いします。
・他にも「こうしたほうが面白くなる」「ここが面白くない」などの意見も聞かせていただきたいです。

761 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:33:45.57 ID:Qd8H9gOG
>>756
粗筋の文章を読んだ限り、はっきり言って読み難くて推敲不足だと思う。もう少し人に読ませることを念頭に纏めることを薦めます。
以下、感想

ロゼルサンスは誤字それとも故意?故意にやってるならあえてクリスマスがクリスマスのままな理由を聞きたい
一番重要な設定・チャンネルが曖昧。意味は読めばわかるけど仰信の説明時に合わせて解説が欲しい
あとこれはファンタジー寄りだわ

>>759
えっ。じゃあ主人公たちが契約青年を倒さず願いを叶えてもらうだけ?それだと大したカタルシスを得られないと思うよ?

762 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:36:42.73 ID:Uag4N4oy
>>759
俺たちのいる宇宙の外だと、それは平行した世界のひとつということにならないか
一段階上から俯瞰する必要があるから、もうあとひと捻り必要な気が

763 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:43:50.42 ID:62g/Smrg
>>756
ノムリッシュ翻訳で書いたの?終始自分に酔ってる印象なので読みづらい
理解不能だけど多分ファンタジー小説に分類されるのではないかと?

764 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:51:24.46 ID:KnKzhoCo
>>761
俺が言う権利ないし、言える事じゃないけどみんなで協力したよ!
ラスボス倒せた!やったー!問題解決!っていう終わり方は昔から
苦手だし。

>>762
うーむ。ってことはもうかなり概念的な言い方だがこの世界よりも
「上位の世界」の住人にするか…。SFじゃねーな。

765 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 18:59:48.51 ID:Qd8H9gOG
>>764
結局どういうオチにするのこれ

766 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 19:21:04.79 ID:N/V5ZhJ6
>>760
>キャラクター同士の掛け合い、激しい戦闘描写などをウリにしたい。
この時点でプロットで語る作品では無いわけだから、書けば、としか言えなくなるな
自覚されてる通り、設定の中で見るべきものはないわけだし、FFみたいな王道だし。
主人公の仲間は悪い立ち位置じゃないから、あとはセンス勝負。

弟が裏切った理由はしょうもなすぎて北斗の拳で言うアミバレベル。
僅かなすれ違いが……という演出にしたいのだろうけど、仲が良い姉弟という割にまともにコミニュケーションとってなかったとしか思えない。
姉が真意を伝えない理由があったとしても、弟にコンプレックスがあったとしても、こんなことで決別する関係って元々薄っぺらかったんだと思う。
弟は最初から邪悪なキャラになりそうだな。まあ書きようでどうにでもなるっちゃなるんだけどね。

せめてスターウォーズで言うアナキンが暗黒に落ちてダースベイダーになるぐらいの転換や失意が欲しい。
つまり、弟が裏切った影には、最初から裏で糸を引き、計算づくで行動していた真のラスボスがいた方がいい。
その黒幕は弟に隠された姉以上の素質を見抜き、且つ、王国最強の兵である姉と父の排除が目的だった、みたいな。
うまく心の弱さとか脆さを演出して欲しいところ。

あれ?てか、この作品のモチーフはSW?


767 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 19:26:46.79 ID:KnKzhoCo
>>765
 今考えてるのは生き残るのは主人公。幼馴染の半身不随を治したけど
自分の願いのために他人や他世界を殺した事に深い罪悪感を覚え、両親
や幼馴染の前から姿を消す。途中で主人公の世界の参加者たちとすれ違う
けどお互いに気付かない。でも、ある一人からは君とはどこかで会ったか?
と聞かれる。で、最後に自分のやって来た事は何だったのか?と自問してEND
 契約野郎は次元のエネルギーが安定したから俺は元いた所に帰る。だから
この世界にはしばらくは手を出さないと言い残して去った。


768 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 20:01:45.63 ID:VvdyGUuV
誰が美樹さやかの自伝を書けと

769 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 20:09:41.92 ID:62g/Smrg
>>760
世界観とかは練りこまれていて作者の腕次第で1にも10にもなるかなって印象
気になったのは戦闘描写が「灼眼のシャナ」の大戦レベルだと読者がおいてけぼり食らうなという点と
結局スケールのでかい姉弟喧嘩って点を作者がどう上手く調理出来るかで評価が分かれるかなと思う。


770 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 20:12:06.14 ID:bFdJiPWk
>>760
・不完全な部分や課題はたくさんあると思うので、首をかしげた部分や矛盾点の指摘などお願いします。
・他にも「こうしたほうが面白くなる」「ここが面白くない」などの意見も聞かせていただきたいです。

遺産と魔法のバランスが分からない。世界に対する影響力が強いのはどっち?
そしてそれが両方必要な理由は? 現在のシナリオだとどっちかで事足りる。(魔法はシナリオ本体に活かされていない)

少年は本当に必要? 「狂わなかった弟の可能性」とか書かれてるけど、本編のあらすじに一切関わっていない。
もっとちゃんと物語事態に絡ませないと必要性が見えないと思う。主人公と一緒にいて、勝手に成長してるだけじゃ駄目だ。
依頼が重なるのも話の展開のスムーズさが損なわれてが不恰好になりそうだし、俺としてはもういっそ消しちゃった方がいいと思う。

それに伴って、相棒は男に。主な対象である男性読者が感情移入できる先が欲しいから。
ちなみに少年だと幼すぎて感情移入が難しそうだと思ったのも理由の一つ。相手が全部強制的にお姉さんキャラになるのはちょっと。
主人公の過去を語らせる相手が欲しいのなら、初対面にすればいい。主人公に情を持っているように窺える女王からの保険として、腕利きの騎士が付いてくる、とか。
ギャグ担当の明るい性格にしたいのなら、規律を守れなず組織に馴染めないちゃらんぽらんな奴にして特殊な任務に派遣される理由にするとか。

父親との再開が唐突。確執を描きたいのなら、依頼を聞く前に女王の城とかで合わせておけば?
(二人に和解して欲しい女王の意図で案内役として父が充てられる。両方それをしらずにばったり。しかし女王の意図は実らず却って険悪に。とか)

弟に会うまでがストレートすぎる。敵国の将官に会おうって言うんだから、もうちょっと苦労しろw
メインとして描きたくない部分なのは分かるが、最低限読者が不自然に思わない程度には書いておかないと。
シナリオでは弱い所ばかりな主人公の強さを示したいなら、ここで見せる事も出来るんだしさ。バトルが売りなんでしょ?

弟との確執を気にしての女王の采配なのだろうけど、さすがに情に流されすぎ。
自国の存亡が見えるレベルの脅威を相手に、多少腕利きとはいえ外部の人間に任せるのはどうなのよ?
俺TUEE!系でない以上、彼女より出来る人間は軍や官の中にいくらでもいるんでしょ?

親父が何かと描かれている所から、「親父越え」を見せたいと予想。しかし大筋に乗って二人で何かを為したり競ったりしている訳ではないので、あまり上手くいっていない。
どうせなら要塞突入メンバーに親父を加え、最後の最後で弟の代わりに死ねば美味しいんじゃないかと思った。
もちろん弟は姉がしっかりと説教くらわせて改心させた上でね。

弟の反逆の理由はちょっとよく分かりません。作者さんが心配してる通り『勘違い乙』としか見えない。
俺なら弟を兄にして(過去、現在双方ともで、主人公を憧れ追う側にする方がドラマが盛り上がると思うので)反逆の理由も同情できる仕方のないものにするかなぁ。
「天才剣士な主人公よりすこぶる優秀」なキャラであれば、帝国にスカウトされた理由づけにもなるし。
反逆の理由は、元から帝国に目を付けられていて、家族(やっぱここは主人公が一番かねぇ)の命を見逃してもらうために寝返ったとか。
そうすると承の部分の主人公に対する拷問は変わるだろうけど。逆にどうにか主人公を国に送り返したい、生かしておきたいと考えた動きをするはず。
その上で帝国は裏切れない、主人公には自分に関わって欲しくない、という理由から表向きは主人公にきつく当たる形になるだろう。

目を引く要素が欲しいなら、世界観(遺産の技術体系か魔術体系)にちょっと変わった仕組みを加えるといいと思う。
その上でシナリオに大きくかませる事が必須。
(例:国ごとに技術の行き来が無い設定を利用。
王国の技術は帝国の技術に相性がいい。数には劣るも戦争は基本王国有利。(王国側は飛行機械を用いて平地では一方的に帝国を叩ける等)
しかし裏切りの際司令官が持ち込んだ王国の遺産を用いた新兵器・浮遊要塞により、戦況が逆転する。
帝国側の対抗手段は再生産不可な浮遊要塞が全て担っているので、王国はそれを落とす必要が出る。
少数精鋭の特殊部隊に侵入させるのは、正面から向かっても相性も良くなく数でも負けるため)

感じた違和感と自分なりの修正案はこんな感じ。まあ参考までに。

771 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 20:13:05.47 ID:bFdJiPWk
>>756
言いたい事は他の人と大体同じ。読む人の事を考えて、用語とか設定を説明してあげて。
>>760は結構丁寧かつ読者に分かりやすく書いてるから、参考になると思う。


772 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 20:16:48.39 ID:bFdJiPWk
あ、>>770の「弟との確執を気にしての〜」は要塞潜入の話ね。
司令官の身元確認は別に主人公に任せてもなんの不自然さも無いと思う。


773 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 20:23:14.29 ID:KrChji/o
>>761
普段あまり人にプロットやあらすじを読ませることないのでそのへん失念してた、すまぬ
ロゼルサンスはもじった命名の地名ってだけ、クリスマスはそのままだけど開拓惑星の文化だから元の意義とズレてる扱い
あらすじには書ききれなかったけど13月(違う天体なので年が13ヶ月計算)というネタに使って差異を出すのに使う
どもでした

>>763
ひとえに推敲不足 ごめんよー
設定的には一見ファンタジーにみえるSFにしたかったけど結局ファンタジーかもしれない

774 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 21:00:46.41 ID:Qd8H9gOG
>>767
それさ、一周して龍騎に戻ってる

>>773
それでジャンルがSFだったのか。何も説明ないから開拓惑星の話だなんてわかるわけないよ。あれだけじゃファンタジーだし
ともかくプロット推敲はアイディアを煮詰める良い機会なので頑張ってくださいな

775 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 21:26:05.17 ID:KrChji/o
>>771
なるほど読みやすい
プロットってこうやって書くのか… いや、プロットというよりは人に見せるようの奴かな?
ともかく参考にさせてもらいやす どもでした

776 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 22:30:48.06 ID:bFdJiPWk
>>775
まあプロットなんて人それぞれだから、自分が分かるなら>>756みたいのでもいいけど。
でも他人に見て貰おうって言うんだから、ある程度は整理しなおさないと読者は分からない。
読み手は作者が脳内で補完している基礎設定も知らないんだから。

ちなみに俺は>>760のプロットの
・キャラの細かい設定説明を減らし(プロット本体である程度書くし、物語の根幹に密接した部分なので忘れる心配がないため)
・容姿や一人称、二人称、相手ごとの呼び方などを加え(逆にプロット本体で書かない部分。あとで「どんな容姿だったっけ?」となる事のないように)
・「◆主人公が弟を死んだと確信した理由」以降を削った(これらは評価基準的な書き足しの質問部分ぽい)
感じの物を自分用のプロットとして書き残してる。

777 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 22:56:33.40 ID:NHjOxDoX
まあごちゃごちゃしてても面白かったらいいけどな

778 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 23:06:18.89 ID:i4cAApg2
>744
前回は一瞬で龍騎って思ったし、今回は一瞬でぼくらのって思った。
複数が即座にそう言うからには、似すぎているよ。

779 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 23:21:13.15 ID:KnKzhoCo
>>774
記憶失ってる訳じゃないけどそれだけだな

>>778
だよなぁ。頭の中で無意識に残っているのか…

780 :この名無しがすごい!:2011/09/28(水) 23:42:37.74 ID:i4cAApg2
語るスレにレスした
長引く気がするし、あっち今動いてないし、ここも晒しスレだからいいと信じる

781 :760:2011/09/29(木) 00:05:39.45 ID:a+LG+ZWw
レス有難うございます。やはり客観的な意見がもらえるのはすごくタメになりますね。
>>766
残念ながらスターウォーズは一作も見たことがありません。クレしんのアニメとマンガで「こういう話なの?」とは思ったことがありますが、多分本物は違うでしょうなぁ。
黒幕は、最初の案で出ていました。しかし、そこを削り弟をラスボスに置いて、(図々しいですが)続編でも使えるように黒幕はカットにしました。
うーん、モデルになったのはアークトゥルス(英雄伝説とか扱っている会社と同じところが販売)でしょうか。あっちは兄とガチキチ弟との確執でした。

>>769
シャナは高校生の頃に読んでいましたが、教授?とかいうのが出てきた巻から読んでいませんでした。そんなすごい内容の大戦があったんですか……。
もしかしてて最初から最後まで戦争シーンの連続だったのでしょうか。確かにそれだと危惧している通り読者を置いていくかもしれません。

>>770
おお、こんなにもたくさんのご意見をいただけるとは。
女王についての設定は、まだ固まっていなかったので助かります。読んでいて女王が取るべき行動と動機が浮かんできました。
父親については、最初の案で死ぬことが決定していました。彼の後を主人公が継ぐ、みたいな。
弟の反逆の理由がわかりにくかったというのはちょっとショックですな……。自分の書き方が甘かった故に混乱させてしまったみたいです。申し訳ない。
最後の案は助かります。帝国の高く豊富な技術力に対し、王国は遺跡の数が少ないため技術で劣る。今まで互角に戦えていたのは騎士団長が優秀だったから、と考えていたので。
女王は帝国を滅ぼすつもりがないので、そちらの案とも相性がいいかもしれません。

貴重なご意見、本当に助かります。有難うございます!


782 :760:2011/09/29(木) 00:12:14.03 ID:a+LG+ZWw
書き忘れがあったので追記。

>>766
黒幕案はきえたわけではなく、「主戦派」として残っています。宰相あたりを黒幕にしてみるのも面白そうです。

783 :760:2011/09/29(木) 21:01:09.13 ID:a+LG+ZWw
拙作のプロットを拝見して、意見がありましたらよろしくお願いします。
特になければ明日あたりに削除したいと思います。
まだまだ考えて練らなければならない部分もたくさん残っているので……。

784 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 02:13:27.05 ID:TbDGdcd2
拝見……?
俺らに拝見しろってか? 死ね

785 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 02:28:56.54 ID:chncSz+2
>>784
ええい、ひかえい!
ラノベの副将軍、760公がつつしんで見るがよいとおっしゃってるんだぞ

786 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 04:14:08.51 ID:29wUeyUK
こういうとき何て言えばいいんだっけ? ご覧になる、でいいのかな

787 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 06:06:46.70 ID:RfIvo2aI
普通に見て、見てもらって、見ていただいて、でいいじゃん
てか>>760には「アイデアをもらおう」という姿勢が伺えるのがなんかアレだな

788 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 13:56:47.49 ID:H96c3X55
 昨日、ぼくらのとそっくりの設定晒した大バカ者だけど、反省して
新しい設定を捻ってみた。
 契約青年の正体は遠い未来から来た未来人。参加者は決まった時間に
決まった時間だけ鉛色の空あたりを覆い、赤黒く地面が変色し、訳の分
からない奇怪華美に様な物に覆われた廃墟が点在する異空間に飛ばされ
そこで戦いを繰り広げる。
 でも、実はその世界は人類がほとんど絶滅した未来の地球だった。青年
の目的は人の負の感情エネルギーを採集し、それを起爆剤として「どう贖って
も固定されている破滅という未来」を捻じ曲げるためだった。
 参加者をわざわざ未来へ飛ばし戦わせたのも異能力やタイムトラベルといった
「この時空ではありえない事」が他の存在に認識される事によって未来の固定化が
進むのを防ぐため。
 なお、別に、飛ばされる前に現代で戦う事も可能であるが、その際は絶対に
能力を現代の人間に使ったり使っている所を見られてはならない。

 こんな感じ。相変わらず突っ込みどころ満載でごめん。何とななく
見た事もある要素もあるだろうけど前よりはマシだと思う。みんなの
意見を聞きたい。しつこくて貼ってごめんなさい。
 

789 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 14:07:51.12 ID:NV/++JMR
起承転結をどうするのかわからんので、なんとも

790 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 14:15:56.07 ID:KfN4zbP3
>>788
直書きじゃなくてテキストに、登場人物なんかも含めて話のオチまで纏めてから持ってきなよ
そんな設定部分だけ出されてもわからんわ

791 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 14:23:11.13 ID:w49Zw5DU
>>788
破滅した未来から来た人が歴史を変えるためにーーー
という設定は「ぼくらの」よりももっとよくある、古典的ですらある設定。
既に1つのジャンルと言えるほどなので、使うことは許されるけど、アドバンテージにはならない、といったものだと思う。

で独自設定といえる部分は

>人の負の感情エネルギーを採集し、それを起爆剤として「どう贖っても固定されている破滅という未来」を捻じ曲げるため
というとこなんだけど、
歴史を変えるために人の負の感情エネルギーが必要となるというロジックをちゃんと説明すること。
本来エネルギーとして抽出されないものでどうやって歴史をねじ曲げるの?
「人の負のエネルギー」を集めるために「戦い」を選んだ理由は?

>参加者をわざわざ未来へ飛ばし戦わせたのも異能力やタイムトラベルといった
>「この時空ではありえない事」が他の存在に認識される事によって未来の固定化が 進むのを防ぐため。
それなら、一般人を戦いに巻き込まず、何か別の方法で影から負のエネルギーを集めた方が良いような…


792 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 14:39:00.88 ID:H96c3X55
>>790
ごめん。テキストに上げてリンクさせるやり方が分からん。パソコン音痴なもので。

>>791
 そこを突かれると厳しいな…。で、一応未来人どもが感情エネルギー
に目を向けた理由は既存のエネルギーでは未来を捻じ曲げるほどの
量も強さもない。だから、知的生命体がいる限りほぼ無限量の感情
に白羽の矢を立てた。

 わざわざ戦いを選んだのは、自傷行為にやる苦痛やバトルロイヤル
での過酷さ、まどかじゃないけど力と代償の天秤比べ見たいな感じ
で人間を追いこみ、強大な感情エネルギーを効率良く回収するため。

 もちろん、ルールでは現代での能力の使用や見られる事は厳禁にして
ペナルティーもあるから参加者はわざわざ現代ではあまり能力を使用
しない。戦いの場はほとんど遠い未来。未来人体は未来の固定化と
感情エネルギー採集を天秤に賭けて、一か八か後者を選ぶ賭けに出た。

793 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 14:54:28.59 ID:MUXXu0EO
>>781
>続編でも使えるように黒幕はカットにしました。
取らぬ狸の皮算用しても仕方が無いだろ
中途半端な作品として落とされるより、デビューできたら出版するときに書き直すなりすればいいじゃない


794 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 15:07:15.89 ID:H96c3X55
あ、能力の使用を厳禁してるって言うのは非参加者に対して。現代でも
参加者同士ならば能力の使用、戦闘を行っても良い。

795 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 15:08:59.27 ID:29wUeyUK
>>792
だらだらとレスの応酬されても困るからテンプレに沿った形でやり直してくれ

796 :この名無しがすごい!:2011/09/30(金) 15:14:39.02 ID:H96c3X55
>>795
分かった。すまなかったな。

797 :760:2011/09/30(金) 20:47:58.25 ID:6frYCH82
うわあああごめんなさいごめんなさい!
拝見とか間違った単語使ってしまいました!これは見る側が使う言葉でした、申し訳ありません!
意見は充分にいただいたのでプロットのほうは削除させていただきました。
感想は本当に助かりました。ここに晒してよかったと思います。


798 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 20:38:13.96 ID:ZOC+GPOy
ここって設定だけ語るってのはスレチになるのか?


799 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 20:41:14.05 ID:SLfZPYMw
創作発表板に該当スレがいくつかありますが
どうしてもここで語りたいのなら勝手にしてください

800 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 20:41:20.12 ID:mdg02pgF
>>798
過去にそういう人もいたから、別にスレチではないと思う。小説になる手前のもの晒しって感じみたい。
ただ、設定を生かすも殺すも話次第だから、設定だけだとアラがあるかどうかって見方になるのは否めない。

801 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 20:54:15.82 ID:ZOC+GPOy
まぁ人も少なそうだしちょっと身勝手させてくれ

図書館街っていうところに、この世の全ての書物が存在している。
ただしあまりにも本が多すぎて、誰もその全貌を知っては居ない。
大抵は無価値な本ばっかりなんだけど、その中には本当の『魔法書』も含まれていて
書架から運良く魔法書を抜き出せた人間は『司書』として認められ、魔法を使ってより効率的に本を探せる。

各々の司書が求める本は人それぞれだけど、ほとんどの司書は『究極の書』の発見を目的にしている
「ありとあらゆる本があるのなら、この図書館街の全てを記述した本もあるはずだ」って考えから想像されたのが究極の書。
全ての本を記述する究極の本があれば、すなわちこの世界の全てを知ったのと同じだからね。
もちろん誰も発見してないけど、司書や一般人たちはこの究極の書が存在すると頑なに信じている。

んで主人公やヒロインたちにそれぞれ求める本と理由を設定して、魔法使いバトルにすれば面白いかなーと

一応言っておくとベースは「バベルの図書館」。1944だから著作権切れてるけど、ちょっと問題はあるかも知れない

802 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 20:54:52.77 ID:mdg02pgF
>>801
とはいえ、テンプレは守れよ

803 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 21:02:00.76 ID:ZOC+GPOy
>>802 悪かった

【アドレス】 http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/279845.txt
【ジャンル】魔法バトル ボルヘス「バベルの図書館」のラノベ的焼き直し?
【タイトル】未定
【評価基準】
・設定を煮詰めてプロット書くときに引っかかりそうな点
・ここだけはきっちり決めとけってポイント
・ぶっちゃけ面白くなりそうか

804 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 21:21:07.08 ID:Rq0xJPOX
3行目まですげえワクワクした
4行目からゴミ設定だと思った
あとバトルねじ込まない方がいいかも

あくまで個人的な感想

805 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 21:30:56.93 ID:mdg02pgF
>>803
別にロダは無理して使わなくてもいいのだぜ?

>・設定を煮詰めてプロット書くときに引っかかりそうな点
>・ここだけはきっちり決めとけってポイント
これは感想の範疇にないと思うのでパス。それ以前の感想でもあるし。

・ぶっちゃけ面白くなりそうか
>>804とまったく同感。
3行目までは面白そうなのに、4行目で一気にしぼむ。
まあそれでも、という設定前提条件でこの話の設定は〜と行くのならまあいいかと思って読んだけど、
「すごいひと」であるはずの司書たちが中心の話じゃ、全然すごく見えないだろうね。
オリンピックに出場できた時点ですごいけど、メダルとれないとあんまりすごく見えない、みたいな。
何か引いて別の何かを足した方がよさそう。

806 :この名無しがすごい!:2011/10/01(土) 23:04:04.60 ID:wlM7NZ2x
>>803
面白くなりそうな設定なだけに、元ネタをどこまで使ってるのか、元ネタはどんな話なのか気になる所。

・設定を煮詰めてプロット書くときに引っかかりそうな点
世界観はちゃんとした方がよさそうだね。「本」がちゃんと世界(図書館街)の中心に見えないと雰囲気が伝わらないだろうし。

あと>>805も言ってるけど、司書にばっかりスポットを当てると浅くなりそう。
一つくらい「ただの人間がとある理由で究極の書あるいは特定の書を求め、その過程で司書になるあるいはならない話」が欲しいかも。


・ここだけはきっちり決めとけってポイント
元ネタをどこまで使うかはちゃんと線引きしとかないと、最悪ただのパクリ小説になりかねないと思う。


・ぶっちゃけ面白くなりそうか
上手く使えば面白そう。しかしバトルをメインに据えるのは下手な予感。
せっかく好き放題な「魔法」をジョジョのスタンド的に持たせられるんだから、バトル以外の方向性にも話を伸ばした方がいいと思う。



807 :この名無しがすごい!:2011/10/02(日) 00:27:06.39 ID:V9wsVbtc
>>803
>>804だけど、ウィキペディアレベルでバベルの図書館を調べてみた。
いや、あれを活かすのにそうしちゃうのはどうかなっていうか…。
もちろん調理法なんて人それぞれだし、切り方は好きにしたらいいんだけど、
そういう話にしたいなら、この設定をパクらなくてもいいんじゃないかと思う。

あと、根幹設定を丸ごとパクるのはヤバイよ。
著作権がどうのこうのじゃなくて、パクリ作家とばれたら、よほど売れていた人でもなければ多分仕事をなくす。
これじゃ換骨奪胎じゃなくて丸パクだ…。仮に知ってる人が読んでバレるようじゃ駄目なんだよ。

808 :この名無しがすごい!:2011/10/02(日) 00:27:28.51 ID:V9wsVbtc
ああ嘘だ、嘘名乗った。>>805でした。失礼!

809 :この名無しがすごい!:2011/10/02(日) 00:41:43.55 ID:rELiGGh2
パクリとは違うと思うけど

810 :この名無しがすごい!:2011/10/02(日) 00:54:50.63 ID:TeGtOwBZ
実際は低レベルのオマージュが一番最悪なんだけどね
パクリはそもそも論外だから

811 :この名無しがすごい!:2011/10/02(日) 01:15:45.24 ID:NP/n57uP
なんかパクりという言葉に過剰反応しすぎな気がするが、
wikipediaのバベルの図書館の記述みて、>>803と比較して「丸パク」と感じるようだと
別に元ネタがそれじゃなくても設定に類似性のある過去の作品のパクリだとか誰かが言い出した時、
それを真に受けて「丸パクだ!]って言いだしちゃいそうな人に思えてくる
シナリオラインが丸パクならともかく設定のベースにしたぐらいでそれはなくね

812 :この名無しがすごい!:2011/10/02(日) 01:32:23.88 ID:V9wsVbtc
パクるって言葉は強すぎるな、正直すまんかった。
もちろんストーリー次第なのはわかってる。
ただ、元ネタを明かされてしまうと、ちょっとなあと思うんだよな…。

これが世界中央演算室に集まるデータが何やらかんやらとかなってたら、気にならなかったと思う。

813 :この名無しがすごい!:2011/10/02(日) 01:43:43.39 ID:koLoLpeh
俺もおおまかでないストーリーを見るまではパクリと断定すべきではないよなとは思う
ただ、おもしろい設定だけに作者がどこまで土台に負けないオリジナリティを発揮して
素晴らしい作品が作れるかだな、少なくとも今のままでは駄目だと思う
究極の書に関しても土台とは全く違う独自性を発揮して全く土台とは方向性へ変える様心掛けば
誰もパクリだと文句は言わないと思う。


814 :この名無しがすごい!:2011/10/02(日) 15:16:24.03 ID:5wu4JPxg
結構いい意見貰えて嬉しいぜ
ボルヘスの着想そのものが美しいから、下手な改造はそれこそパクリ以下になりそうだな

>>805-806が言ってくれてるけれど
・主人公を司書にするなら
見習い司書の主人公がヒロインの求める本を探す
・主人公を一般人にするなら
主人公が本を求めてるところに司書のヒロイン登場
王道展開とすればこんな感じか とても設定を生かし切れてるとは思えんが

魔法って言うより完全に「知識」に振り切った方がいいのかな?
バトル向きな「魔法大系論I」「カンフーの全て」とか 本の捜索に向く「観光ガイド図書館街2011」「ライブラリアンのためのライブラリー」とか
キャラクターと本を一対一で関連づけて配置すると「本」っていう設定が生きる気もするがどうだろう
そうすれば>>806の言うように、バトル以外の方向にも手が伸ばせるかも? それとも>>812の言うように「データでもええやん」ってなるか?

とまぁ考えては見たんだが、いかんせん書く暇が無いんだよなー
まだこれを書く実力がある気もしないし、誰か書いてくんねーかな

815 :この名無しがすごい!:2011/10/06(木) 21:58:14.33 ID:iTUU91C4
体育館に着くとそこは地獄だった。
舞台に立っている彩は観客から罵声を浴び泣いていた。
彩「き・・・今日のライブの予定は・・・」
観客「うるせーぞ!!ひっこめ!!はやくバンドやれや!!」
彩「今日の・・・ライブは中止に・・・」
待ってましたと言わんばかりに暴れる観客。
もうどうにもならない。文化祭実行委員、そして彩があきらめかけた時
彩の後ろの緞帳が静かに上がった。
ヒロシ「二年ぶりだな!」
ノボル「まさかまた俺達でバンドやるとはな!」
ヨシオ「○○!!ちゃんと歌えんのか?」
俺「聴いてからのお楽しみだ・・・」
なおも騒ぐ観客、いや、暴徒達。
しかしそのうちの一人が俺達を見て慌てふためいた。
観客「おい・・・あれは・・・『レザ・ボア・ナイフズ』の○○じゃないか!?」
観客「いや、○○だけじゃないぜ!!ギターのヒロシ、ベースのノボル、ドラムのヨシオも全員いる!!」
観客「嘘だろ!?あいつら2年前に解散したんじゃないのかよ!!」
観客「ちくしょう!!ビデオカメラ持って来りゃよかったぜ!!」
俺「よし・・・静かになったな・・・今日はお前達が楽しみにしてたバンドは中止になった。
代わりに俺達がバンドやることになっが・・・これで勘弁してくれ・・・」
観客「あんな糞バンドどうでもいい!!早く聴かせてくれ!!」
観客「おい・・・このライブどんなサプライズだよ・・・早く聴かせてくれ!!『レザ・ボア・ナイフズ』のいかれた音を!」
俺「それじゃ・・・歌わしてもらうぜ・・・『クローズドアイズ』」

816 :この名無しがすごい!:2011/10/11(火) 06:17:50.83 ID:vfrkwxQk
俺もバベルの図書館を調べてみた。
偶々別件で調べてたから思いついたけど
DNAとか遺伝子のモチーフを絡ませてみるとかどうよ?

全蔵書(DNA)のうちの3%だけが魔法書(遺伝子)で、
たまたま意味のある文章が記述されている。
(本のフォーマットは原作と同じね。
遺伝子の割合は人間とものと同じ)

この発想で行くなら

・実はバベルの図書館自体が魔神バベルのDNAそのものでしたとか
・魔道書を改ざんできるウイルスに相当する司書?がいるとか
(この能力は主人公向きではあるなw
もしくはヒロインにして図書館の『免疫作用』に命を狙われているとか)
・べつの魔神のDNAを記述した図書館が有るとか
・実は図書館は数十億有る「細胞」のたった一つでしかなかったとか
・魔法の発現を敢えて生物学と同じく「翻訳」と言ってみるとか
・魔法体系を「セントラルドグマ」と呼ぶとか

いくらでもネタ出てきそうな気はした。
誰か書いて。

817 :この名無しがすごい!:2011/10/13(木) 21:54:26.00 ID:FDxjbOUL
【ジャンル】レトロファンタジー
【タイトル】後席の少女
【評価基準】サン・テグ・ジュペリに強い影響を受けています。やりすぎでしょうか。

舞台:20世紀初頭をモデルにした架空世界。
飛行機が飛び始めてまだよちよち歩きの頃であり、冒険・記録飛行が盛ん。

主人公:16の少年アスール
郵便飛行士をしながら、アスールは記録飛行への挑戦を夢見ている。
こじき:応急飛行場のある森の精霊。元の姿は蝿。主人公の飛行見聞録に感銘を受け、夢を助ける。
コンビーフを貰ったからでもある。
猫:こじきの弟子。元の姿は人型の妖精。

プロット
A:アスール、悪天候の中、森の中の応急飛行場に着陸。こじきと会い、身の上話をする。こじき、空の話と古いコンビーフに感銘を受ける。二人別れる。

B:三ヶ月後、アスール、区間速度記録に挑戦する準備費用が中々貯まらない、期限は迫り、夜間も飛んで稼いでいる。

郵便を下ろし、熟睡していると、先程の郵便の中に自分宛のものがあると知らされる。
郵便を開けるとボロボロの地図。応急飛行場に印とメッセージ「夢を叶えられたし」。アスール、忘れていて首を傾げる。

C:アスール、短い睡眠の後飛び立つ。すぐ悪天候、暴風雨、計らずも応急飛行場へ。そのまま寝入る。
夜、蝿がうるさく目覚める。空は快晴。
飛び立つもコンパスが狂い、山の上空でまた悪天候、機位を失う。

D:アスール、猛烈な眠気に襲われる。蝿が絡みついても払う気力もない。突如後席から黒猫が飛び出し、頬を引っ掻く。朦朧としつつも飛行を続ける。

E:明け方、アスール、雲海の上で目覚める。前が見えずらく、体が重い、朦朧とする。顔がこそばゆく、何かぱらぱらと細いものが当たる。掴むと女の短い悲鳴。
驚き覚醒すると膝の上に黒猫がいて、操縦桿に前足を当てアスールを睨んでいる。
何がなんだかわからずも、平地を探し、とりあえず着陸する。

この後仕事すっぽかして区間記録に挑戦し、蝿と猫に助けられながら記録更新。
原住民に襲われたり、凄まじい暴風雨に会ったり…蝿は空気ですが黒猫は本気出す時人化するので、時たま裸で降臨します。アスールは惚れる。

818 :この名無しがすごい!:2011/10/13(木) 23:23:00.43 ID:22UGOFzb
話が完結してないんですが。
とりあえず寝過ぎ。

819 :この名無しがすごい!:2011/10/14(金) 07:53:17.20 ID:k2H1Pg/6
>>817
サン・テグ・ジュペリは殆ど読んだ事がないけど、
Wikiにある南方郵便機って作品に影響を受けてそうな事はわかった

>>818さんの言うように睡眠描写が多過ぎだし、
オチが書かれていないので何をする話なのかいまいち伝わらない

820 :この名無しがすごい!:2011/10/14(金) 15:26:34.49 ID:SIDAFur7
>>817を一旦取り下げます

821 :この名無しがすごい!:2011/10/14(金) 21:16:18.41 ID:Tz4PViPf
【アドレス】http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si1259.txt
【ジャンル】人生再生学園コメディ
【タイトル】人生のやり直し方
【評価基準】・文章に違和感があるか
      ・話として面白くなりそうか

この後は主人公の成長物語にしようと思っています。
評価の程宜しくお願いします。



822 :この名無しがすごい!:2011/10/14(金) 21:24:31.71 ID:eY8et+ox
プロットの意味わかる?

823 :この名無しがすごい!:2011/10/14(金) 21:27:09.23 ID:bX5vQL32
本スレの誤爆か?

824 :821:2011/10/14(金) 23:44:00.47 ID:Tz4PViPf
すいません、完全に誤爆ですスレ汚し申し訳ありませんでした。

825 :この名無しがすごい!:2011/10/17(月) 00:31:06.88 ID:bk1oEyTp
うむ

826 :プロトー:2011/10/17(月) 01:50:56.59 ID:Ew30hJ6q
直く生きようと決めた私。

とりあえず道を、決して曲がることなく、真っ直ぐ歩き続ける事からしようとしてみた。

どこまでも、どこまでも。

その先に待っていた物とは・・?!

こんな感じ。
評価よろしくお願いです。

827 :この名無しがすごい!:2011/10/17(月) 01:58:48.23 ID:cUlvtyyM
ジブリっぽい

828 :この名無しがすごい!:2011/10/17(月) 11:35:26.50 ID:hwiZIrxf
釣り?
プロットスレなんだから、せめてあらすじくらいにしてくれないと

829 :この名無しがすごい!:2011/10/18(火) 18:43:50.44 ID:ocVghSCB
何をやっても裏目に出てしまい、失敗ばかりの営業マン、佐伯克哉。
リストラを目前にして、半ばあきらめていた彼の前に現れたとある人物。

  「これを身につけた瞬間から、あなたの人生は大きく変わります」

そういって手渡された、なんの変哲もない眼鏡。
それをかけた瞬間から、彼の人生は180°変わり始めた――。

その眼鏡をかけている間は、人が変わったように有能に仕事がこなせるようになったのだ。
これで俺は今までの駄目な自分を捨て、変わることができる。

しかし、断片的によみがえる眼鏡をかけているときの自分の行動。 
これは本当に俺なのか? 一体俺は何をしているんだ?
そう、その眼鏡は、なんとかけた者を鬼畜に変える禁断のアイテムだったのだ…。

眼鏡の着脱によって、弱気な主人公から鬼畜な主人公へと変身できる、アダルトリーマンラブストーリー。


830 :この名無しがすごい!:2011/10/18(火) 20:29:46.76 ID:bQUGBnaB
週刊ストーリーランドですね

831 :この名無しがすごい!:2011/10/22(土) 21:49:14.32 ID:xwMqOJvj
【タイトル】コンタクト!
【ジャンル】学園SF
【評価基準】
主に設定
設定

近未来、太陽系の外から続々と地球外生命体の船団が地球へ接近するのが確認される。
それから数十年、この内最初に到着した船団から現れたのは、人間に酷似した赤ん坊から老人までの、数千人の女達。
彼女達の文明では既に男が滅んでおり、変異によって女だけで繁殖可能になっている。
彼女達は高度な文明により人間との意思疏通が可能であり、すぐさま自分達は亡命を希望するものであり、また後に続く船団が、自分達の文明を征服した侵略者達だと伝える。
追っ手の船団が到着するまで後およそ四年、人類は初めて遭遇した宇宙の隣人を助け、また自分達の破滅も防ぐべく、彼女達のノウハウを生かす為の研究・開発・教育を兼ねた機関を創設する。
そこには、新たな知識を取り込み易い12〜18の少年少女が選抜して集められ、彼女達から教育を受ける。

832 :この名無しがすごい!:2011/10/22(土) 21:50:02.19 ID:xwMqOJvj
概要

物語自体は主人公が機関に入って二年半の頃に始まり、それまでの技術習得・訓練から転じての情操教育期間の一年半を描く。情操教育とは彼女達の技術を使うに必須な愛を育む期間で、要は彼女達と人間が入り乱れての学園恋愛期間となる。
男と女、女と女、とにかく愛を育むことが出来れば合格のこの期間に、人見知りな主人公が挑む。
序盤中盤にかけてこの一年半をやり、後半は機関満了後の戦いをやります。

以上です

833 :この名無しがすごい!:2011/10/22(土) 22:05:40.02 ID:0qWug10e
葉桜が来た夏を思い出した

834 :この名無しがすごい!:2011/10/23(日) 04:30:15.65 ID:SjxuG+UW
どう考えても地球に勝ち目は無いんだが、愛の力全開で勝つつもりならGガンダムもビックリの展開でないと苦しいのでは
それで、オチは?

どうでもいいが俺はヴァンドレッドを思い出した

835 :831:2011/10/23(日) 10:07:32.61 ID:mg3XDurJ
>>832-833

てっきりギャラクシークエストとの類似点を指摘されるかと思ったんですが、そんなものがあるんですね。おもしろい。
どちらも調べてみましたが、そんなに似てないのでまま安心しました。(二つを合わせるとかなりの点で似てますね!(゛ロ゛)ウヒー)
あんまり被ってるとショックですし!
ただ、助けを求めにくる宇宙人や、女性だけの種族なんかは、やはり前例が山ほどあるんですね・・・

あと指摘のあったオチですが、主人公は好きな子(B子)ができるものの、結局B子は他の男(C男)と出来てしまう。主人公は恋愛出来ず、留年。
侵略者との緒戦を機関で悶々として過ごす。
負傷した同級生(女)が帰還し、駆け寄る主人公に〈実は主人公が好きだったが、無理矢理犯されC男の言いなりにさせられた〉と告白し絶命します。
主人公は激昂して予備機材で出撃し、敵を落としまくるものの反撃で負傷。意識不明となります。
なんとか救出されたものの、戦果は全てC男に横取りされてしまう。失意の主人公を事情を知った「彼女達」の少女が献身的に看護し、この子と恋仲になったことにして卒業。出世したC男への復讐を胸に戦いへ身を投じる。
こんな終わり方です。

836 :この名無しがすごい!:2011/10/23(日) 15:47:11.98 ID:7XfM2ebf
ここのあらすじって設定だけは考えて結局書かないだろうやつが多い気がする。


837 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 15:36:39.96 ID:BVhVqtFY
【タイトル】STRANGE BABEL
【ジャンル】超能力バトル
【評価基準】
・プロットっていうかまだ設定段階なのでその批評を
過去に事故で家族を失った主人公(ありがち)。ある日、友人に勧められてとある携帯アプリをダウンロードすると、何故か超能力(治癒能力)
を手に入れる。それはダウンロードすると超能力者になれるって噂のアプリだったのさ!意味が判らないが、それでも特に自分の日常は変わらな
いと思っていたが、復讐代行サイトに名前を挙げられた友人が死体で発見されたことで、事件に巻き込まれることに。お約束だが相手も超能力者
だからどーやって戦う?さらに、人数制限のあるアプリを新たにダウンロードするために主人公を排除しようとする能力者狩りに追われることに!
主人公の明日はどっちだ!
あ、治癒能力は広義的な時間逆行能力とかそのへんです。

838 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 17:24:33.37 ID:6YOvwBfZ
てすと

839 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 17:54:51.70 ID:C/wZwV9Z
>>837

アプリで能力を得られる、という設定としてはオリジナルといえるものだから使えるとは思う。
だけどまだそれだけのこと。
弓と矢に射られて能力を得るか、修行して能力を得るか。
能力のソース自体に物語をドライブする力はないし、それがオリジナルだから面白くなるわけじゃない。
結局はそこから先がただの能力バトルになるんじゃないかと危惧する。

この設定で物語を作るとしたら
●復讐代行サイトに友人の名前が上がったのは何故か(いわれのない理由、濡れ衣や言いがかりである方が良い)
●その友人と行動を共にしていて、同様に狙われる可能性のある美少女がヒロイン
●主人公はその美少女を守ろうとする(自分を守るために闘うのではない)
●復讐代行サイト、能力ダウンロードアプリのサイト、能力者狩りは意外な形で結びついてるとか、物語に深みを与える仕組みがある
●最終的になんでそんなアプリがあるのか明かされる

この設定で能力バトルを面白くするためには
●能力ダウンロードサイトは物語スタート後も主人公や敵が利用できる環境にある
●一つ能力をダウンロードすると今までの能力は一つ消える
●敵の能力に合わせて有利な能力をダウンロードすることで勝つのが定石だと気づく
●だが強力な能力は人数制限がキツいので中々手に入らない
●しょうもない能力なら人数制限が緩いのですぐ手に入る
●しょうもない能力はギャグになるレベルでしょうもない。舌打ちがものすごくキレイに出来るとか、山の手線の駅が全部言えるとかそんなレベル
●不可抗力でしょうもない系能力をダウンロードするハメに「ええい!治癒じゃ役に立たない!何でもいいからダウンロードだ!」みたいな
●だけどそれを意外な方法で利用して危機を脱する
●途中、ダウンロードには時間がかかる、大事なときにケータイがつながらない、などで焦る
●人数制限が空いた能力を得ようとするので、さっきまで敵が使ってた能力と完全に入れ替わる展開もある
●さっきまで自分の能力だったものを敵の方がうまく使いこなす。だけど主人公も敵が使ってた能力を意外な使い方で驚かせる
●欲しい能力はなかなか手に入らない。逆にさっきまで使ってた能力なら今の危機を脱することができたのに!みたいな展開も
●不適切な能力をダウンロードしてヒロインに責められる主人公「バカじゃないの!?」みたいな
●ラスボスはあらゆる能力に精通し、自在にダウンロードする強敵
●主人公は機転を効かせて勝つ、意外な形で最強の能力が空いてダウンロードできる、などで勝利

うわあ、展開考えたら意外と面白くなりそうだぞ。これ自分で書きたいぐらいだわwww
面白くなる要素もあるからがんばれwww


840 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 22:29:35.05 ID:aXBEqTFy
タイトル【英雄同盟】
ジャンル【現代逆トリップ】

主人公は、異世界で魔王という強大な化け物を倒した勇者の少年。
能力は魂を武器に変える能力。但し、強い恐怖や苦痛を感じたまま死んだ者を武器に変えると精神にダメージを負うデメリットがある。大切な仲間を犠牲にしながらも、魔王と相打ちになる。
しかし自爆に巻き込まれた瞬間、現代世界にトリップする。

現代では先にこちら側へ来ていた他次元世界の六人の英雄たちと国家機関に迎えられる。
彼ら英雄もそれぞれの別々の多元世界で魔王のような怪物を倒し、自爆に巻き込まれこちら側へきた。
そして、賢者と呼ばれる者が彼らをこちら側へ呼んだこと、魔神と言われる侵略者がこの世界に迫っていること、
魔神を倒せば元の世界に帰れることを伝える。
主人公は仲間との「平和な世界を見届ける」約束を守るため、戦いに加わる。
多次元世界の英雄は、それぞれ特殊な変化をした平行世界の人間。(サイボーグ、忍者、ケイ素生物細胞融合人類など)
平時は学生、裏では刃獣と呼ばれる魔王の手先である金属質なモンスターと戦う。
他の英雄との友情が出来始めた頃、とうとう魔神が出現する。
次々と志し半ばで倒れる英雄たちを武器に変え、その思いを引き受けながら戦う主人公。しかし最終決戦で賢者は真実を主人公に告げる。
すいません続きます。

841 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 22:53:58.48 ID:aXBEqTFy
賢者は未来の多次元世界の人間であり、能力は次元と時間移動。
そして魔神は未来の主人公である事。
賢者は魔神によって自分の世界を滅ぼされる。しかし彼女は魔神を過去の平行世界に送るしかできなかった。
本来は、主人公がたった一人こちら側へトリップ→放浪の末、人を殺し魂を次元移動能力のある武器に変え、元の世界に帰還する。(この時点で精神限界)
しかし帰還した世界は魔王の自爆により滅びていた。
世界を守れず、発狂した主人公は全ての死者の魂を武器に変換、狂気のまま次元を渡り破壊を繰り返す魔神と化す。刃獣は武器を獣化させた物。

そして事実を知った賢者は計画を立てる。
魔神の大型刃獣を捉え、内部に次元移動魔術を設置、六人の英雄の世界に解き放った。(強者を見極め、つれてくるため。主人公のみが偶然のトリップで、他は賢者による意図的トリップ)
そしてこちら側に魔神を連れてこさせ、主人公を殺させて魔神消滅を狙う。
(英雄は魔神が主人公を狙わなかった場合や魔神の暴走を抑えるため)
英雄は賢者を含めた七人、主人公はその中に含まれていないのだ。
事実を知り、打ちひしがれる主人公。しかし英雄たちとの絆と、こちら側で見つけた守りたい者たちにより踏みとどまる。
この時点で世界軸は「主人公が魔神にならなかった世界」になり、主人公を倒しても魔神は消滅しなくなってしまう。
英雄の魂の武器を使い、賢者の援護を受け、魔神を打ち勝つ主人公。
賢者は戦闘で死亡。死の間際、罪を悔いながら主人公により時間と次元移動能力を武器へと魂を変える。

エンディング
賢者との約束により、全ての平行世界にいる全ての魔神=あり得た未来の自分を倒し尽くすため、終わらない戦いへ向かう。
すいません続きます。

842 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 22:56:34.66 ID:aXBEqTFy
見てもらいたい点。
・読んでみて理解出来るか
・矛盾、ツッコミ点があるか
・単純に面白そうか
・似た話はあるか
・そのほか思ったことなんでも

それではよろしくお願いします。

843 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 23:41:56.72 ID:BVhVqtFY
>>839
あざーッス!
自分今まで細かい点とか考えないまま見切り発車で書いてたから、次回作はちゃんとしたいと
考えてたんで、ありがたいッス!
設定はオリジナリティを出したいと考えてたんで、こんなんになったけど、それ以降は能力を
成長させるのか、それともアドバイスにあった能力付け替え方式にするのかも決まってなかっ
たのでありがたい限り。

844 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 23:48:55.80 ID:gc3gEEzD
>>837
俺も携帯アプリで能力物考えたことあるけど
デビルサバイバー、未来日記、王様ゲーム
と結構似たようなのあるから新鮮味ないよ

845 :この名無しがすごい!:2011/10/27(木) 23:58:41.76 ID:wCkgxHgt
>>840
読みにくかったから熟読はしてない。

・読んでみて理解出来るか
まあ概ね。

・矛盾、ツッコミ点があるか
ツッコミ入れられるほど詰め切ってない印象。
まあとりあえず、本人に真実を告げる意味がわからん。
魔神が主人公を殺せばそれで事足りたんじゃね。

・単純に面白そうか
あまり面白そうとは思えない。
人が多すぎてドラマが薄そうであり、爽快なバトルものにするには事情が複雑すぎる。

・似た話はあるか
最近友達と話したせいもあるけど、比較的すぐにライブ・ア・ライブを思い出した。あとクロノ・トリガーとか。
正義の味方が未来で悪になるのはダース・ベーダーも一応そうだね。
既存作は咄嗟に思いつかないけど、半年か1年ぐらい前に晒しスレで晒してた人が、
魔王と戦うために過去に送り込まれた人が、実は将来魔王になってました、みたいな話を書いてたから、
時空がねじれてるような話だと、わりとよくある発想かもしれない。

・そのほか思ったことなんでも
話に本当に必要なものを中心に、一度練り直して整理した方がよくなりそう。

846 :この名無しがすごい!:2011/10/28(金) 00:03:27.77 ID:yhkzf3t0
>>842
・読んでみて理解出来るか
理解はできる

・矛盾、ツッコミ点があるか
少なくとも現代世界を舞台にする必要性は全くないよね

・単純に面白そうか
設定読んだ限りじゃありふれた内容なので本編読まない限りはなんとも言えない

・似た話はあるか
100%同じは知らないが、ラスボスがパラレル主人公とかいろんな異世界から英雄集めてバトルとかならいくらでもある

・そのほか思ったことなんでも
勇者とか魔王とかもう飽きた
このガジェットを使うなら逆説的に用いたギャグとかひねったものじゃないともう読む気にはならない

847 :この名無しがすごい!:2011/10/28(金) 00:14:40.40 ID:eaACI3qb
>>840-842
・読んでみて理解出来るか →ごめん、理解できなかった。たぶん文章力に難あり。

・矛盾、ツッコミ点があるか
>「主人公が魔神にならなかった世界」になり、主人公を倒しても魔神は消滅しなくなってしまう。
よくわかんないけど、主人公が魔神にならなかった世界なら魔神は消滅すると思う
あと他人の魂を武器に変える能力って最初から悪者だと思う。

・単純に面白そうか
どうかなー
主人公の能力が万能すぎってのはマイナス点かな。
まあ敵も同じ能力なわけだからそれほどでもないけど、同じ能力者同士の戦いってよくあるしね。
それより、中盤をどう見せるか。登場キャラ次第で盛り上げることはできるだろうけど、このままだと中盤は凡庸な作品になりそう。
中盤は普通の能力バトルになるわけでしょ?
「主人公=魔神という大どんでん」を面白さの主軸に考えてるのだとしたら、それ自体はさして盛り上げにならない、というのは理解しておくべき。
大どんでんをメインにした作品の場合、重要なことは、「大どんでんの要因が如何にストーリーの軸に影響を与えていて、ミステリアスな雰囲気を醸し出すか」。

この作品の場合は
●「主人公とラスボスが同じ能力」というのを適確なタイミングで匂わせ、そして明かし、読者をうまくミスリードしつつ伏線化する
●最終決戦前にいくつバトルがあるのかわからないけど、毎回、何かミステリアスな伏線をバラまくべき。
●その上で、「魔神とは何ものなのか」という疑問を読者に抱かせなくてはならない。それで読む気をひっぱる。
●そのために、主人公にはわかり易いクセがあると効果的かも
●例えば能力を使って何かしたときに何らかの痕跡が残るとか。で、魔神が悪さをしたときの痕跡が自分のやり口と同じなので、主人公は魔神が自分を挑発してると思いこむとか。(大どんでん前)
●そしてラストバトルでは自分と自分との戦いってのを面白く見せる。例えば、戦闘に入るときの口癖が同じだとか……
●向こうの方が年月を経てるだけ狡猾で、主人公の心理を適確に読んで攻撃してくるとか……
●主人公の心理を読んだ罠を仕掛けてくるとか……それがまた、主人公の友情とか愛情を利用する方向で。
みたいな、設定を生かした展開をいくつか考えるといい。

感情を描く上では、「自分対自分」は「自分対親友」や「自分対父親」よりは盛り上がらないかと思う。
何しろ、結局主人公が全部悪かったわけで、それを読者にどう納得させて主人公を応援させるか、そのために充分物語を練る必要があるだろう。
事実を知った主人公の葛藤を描くんだろうけど、それがひとりよがりに見えないようにするにはいろいろ仕掛けが必要。
普通に書くと「知らんがな」で終わる。
あと賢者が時空系能力者だってわかった時点で読者は真相に察しがつく、という可能性も高いね。

いろいろハードルが高そうだけど、がんばって書いてください。




848 :この名無しがすごい!:2011/10/28(金) 02:48:46.12 ID:cu5JNf8/
>840です。感想ありがとうございます。
やはり理解させにくかったようです。もう少しまとめれば良かった……
>845
>本人に真実を告げる意味がわからん。 魔神が主人公を殺せばそれで事足りたんじゃね。
一気にネタばらししようしたのがまずかったですね。もっと小出しにしないとだめだ……
魔神の人格はほとんど狂ってますが、もし主人公を過去の自分だと気づいた場合、戦闘を回避する可能姓があると賢者は考えてます。
主人公が死ねば自分が消えますから、避けるか別の次元へ逃げるか、それを防ぐのと、主人公を隠すための森であり、最悪主人公を殺すための保険ですね。
>人が多すぎてドラマが薄そうであり、爽快なバトルものにするには事情が複雑すぎる。
英雄たちはよくある「キャラが立つと死亡フラグ」なやつらですね。死ぬことで武器になって主人公の戦力増強になる役です。
戦力的には個性的な七人VS圧倒的物量の刃獣+無数の武器と特殊能力を持つ魔神
という構図になります。
それぞれのキャラにドラマをもたせてみたいです。家族のため、金のため、闘争欲のため、それぞれの理由で元の世界に戻るために必死に戦う人間が書きたい。
戦闘はあまり爽快な感じにはならなそうです。味方が死ぬことが前提ですから。

やはりもっと内容を削ぐ必要があるみたいです。現代であることも生きてませんし。

849 :この名無しがすごい!:2011/10/28(金) 03:03:21.72 ID:cu5JNf8/
感想ありがとうございます
>846
>設定読んだ限りじゃありふれた内容なので本編読まない限りはなんとも言えない
やはりどこかで見たことある臭がしますか……

・似た話はあるか 100%同じは知らないが、ラスボスがパラレル主人公とかいろんな異世界から英雄集めてバトルとかならいくらでもある

正直「ラスボス=未来の主人公」という展開は自分もよく見てます。クロノアイズとか。
でも大別すると大体は
「平行世界のあり得た未来の自分なので赤の他人と割り切る」
「『お前のように俺はならない』と否定して倒す」
「過去の自分の姿に胸を打たれたラスボスが改心」
の三種かその合わせ技です。
ならばいっそ「平行世界のラスボスの自分を残らず倒しつくす」という修羅道まっしぐらなエンドにしてみたんです。
あとフェイトとかまさに英雄集めて……な話の有名なやつですね。
やはり魔王とか勇者は使い古されてますなぁ。

850 :この名無しがすごい!:2011/10/28(金) 04:45:24.96 ID:cu5JNf8/
感想ありがとうございます。
>847
>「主人公が魔神にならなかった世界」になり、主人公を倒しても魔神は消滅しなくなってしまう。 よくわかんないけど、主人公が魔神にならなかった世界なら魔神は消滅すると思う

魔神は主人公の直線的未来の存在ですが、全てを知った主人公が「絶対に絶望しない」という選択をしたことにより、
脇道の「魔神にならない」時間軸に逸れる。→魔神と主人公の関係が「未来の自分と過去の自分」から「未来の平行世界の自分と過去の平行世界の自分」になり、関係性が限りなく薄くなる
→主人公を殺しても魔王は消えなくなる。
「絶望しない」と決める前なら魔神と関係性があるので、主人公になにかあると魔神に影響があるということで。……なんか自分でも自信が無くなってきた。

>主人公の能力が万能すぎってのはマイナス点かな。

武器の特殊能力とデザインは魂の持ち主によって決まります。
主人公には自由に能力を決められません。
本来の時間軸では、元の世界へ戻るための「次元移動能力」を持つ武器を見つけるまで、人を殺し続けたんです。

やはり中盤の能力バトル化と、どういうふうに魔神の正体を明かしていくか、にかかっていますね。
いろいろ魔神の性格を考えて読者を驚かせられるパターンを練ってみます。

851 :この名無しがすごい!:2011/10/28(金) 06:23:51.67 ID:yPGUZVVE
>>840-842
・読んでみて理解出来るか
理解は出来た。

・矛盾、ツッコミ点があるか
展開的な矛盾はぱっと見特になし。
賢者の他の英雄を呼んだ理由とか、魔神をどうこうするための計画や動機がちょっとご都合すぎる気が。
魔神の正体が分かっていて、わざわざ遠回りな方法をとるくらいなら単純に主人公暗殺でいいじゃん。
魔神である人間主人公を憎んでいて、復讐のためにさんざん苦しめて殺す、とかの動機なら可能かも知れないけど、それならもっと安全な方法をとりそうだし。

主人公の能力だけが悪者ってのは感じなかった。
「力は悪ではない、どんな心で力を振るうかだ」的な話は理解しやすい王道な概念だし。
逆に↑の話はちょっとしたドラマとかで使えそうだし。メインテーマじゃないしありがちで目立つ訳じゃないから自分だったら入れないけど。


・単純に面白そうか
他の英雄と仲良くなっての部分の作り次第。ここで大きく山谷作らないとかなりつまらなくなりそう。
あと、エンディングがあまりに「俺達の戦いがこれからだ」なんですっきりしなそう。
魔神絡みの話はそれなりの形で終わらせて欲しい。


・似た話はあるか
ないかなぁ。
要素を言えばいくらでも出てきそうだけど、そんなん重箱の隅だから気にしない方がいい事だし。


・そのほか思ったことなんでも
特にないです


852 :この名無しがすごい!:2011/11/01(火) 09:53:18.18 ID:lRml4cz4
なんか、fateとギルティクラウンとガンダムAGEを思い出した

853 :この名無しがすごい!:2011/11/01(火) 19:06:01.53 ID:eVL7/1KI
>>837
自分が知ってるところだろ携帯DL系とかアプリってグリーゾパケット∞っていう漫画にもそっくりな感じになるで。

854 :この名無しがすごい!:2011/11/01(火) 22:05:05.17 ID:u69fgWvn
>>852
つまり、ありふれた話だというわけだな

855 :この名無しがすごい!:2011/11/01(火) 23:11:08.60 ID:lRml4cz4
>>854
いや、今期の秋アニメを混ぜただけじゃ?と思っただけ
ていうか、他人の魂を武器に変換するというのがギルティクラウンしか知らないけど、ほかにある?

856 :この名無しがすごい!:2011/11/01(火) 23:16:04.25 ID:nlfZ+sMR
ソウルイーター

857 :この名無しがすごい!:2011/11/01(火) 23:51:34.97 ID:l9GjQNHY
すいません返信遅れました。
>851
>魔神の正体が分かっていて、わざわざ遠回りな方法をとるくらいなら単純に主人公暗殺でいいじゃん。
冷静に考えてみるとそうなんですよね……
賢者単体では主人公が倒せない、または復讐として苦しませるために……とかあたりが妥当ですかね。
>あと、エンディングがあまりに「俺達の戦いがこれからだ」なんですっきりしなそう。
「結局、終わらない戦いを挑む」というラストだとやはりすっきりしないですか。
でもこの主人公がまともに幸せになる図が思い浮かばない……
もっと別のラストパターンを考えてみます。

>852
フェイトは知ってますが、ギルティクラウンとAgeガンダムはまともに見たことないです。

858 :この名無しがすごい!:2011/11/02(水) 09:50:39.71 ID:fqwDfQ4G
なるほどソウルイーターか。でもあれは武器の家系は決まってたような。
無差別に魂から武器を取り出せるのはギルティクラウンしかないような。

859 :この名無しがすごい!:2011/11/06(日) 18:50:04.94 ID:sq7HF4Kx
シャイニング・ウィンドウ? の心剣もそれっぽい。
魂と聞かれれば疑問だが。

860 :この名無しがすごい!:2011/11/07(月) 04:23:51.90 ID:9b1W78GT
王道バトルファンタジー物って需要ないかな?
ぼっち状態から仲間を増やしていき、最終的に大魔王を倒してめでたしめでたし、みたいな。
凝った設定や展開を思いつける人が羨ましい。

861 :この名無しがすごい!:2011/11/07(月) 05:32:48.37 ID:9b1W78GT
>>860
マルチしてしまったので反応しなくていいです。
すいませんでした。

862 :この名無しがすごい!:2011/11/10(木) 09:41:23.73 ID:PupG4TQt
勿論常に需要はある。でも王道は難しい。

863 :この名無しがすごい!:2011/11/12(土) 05:49:32.56 ID:sDP5ryVv
 春は始まりの季節。
 大学生になった初日から、誠人は寝坊で遅刻しそうになっていた。
 慌てて駅の階段を駆け下りる誠人の上を、フッと黒い影が覆った。振り返った誠人の目に映ったのは、ぱんつだった。
 ブラックアウト。

 誠人は意識を取り戻す中、なんだか胸の上に重いものが載っていることに気づいた。
 目を開けると、倒れた誠人の胸の中には、なんと小柄な女の子が横たわっていた。
 唖然としている誠人をよそに、女の子はひとりでに目を覚まし立ち上がると、誠人の顔を見た。
 無表情に誠人の顔を見つめてから、何も言わずに立ち去ってしまう女の子。
 一瞬、女の子の髪のひと房が、ゆらゆらっと動いた。気がした。
 取り残された誠人、足元には女の子が落としていった物とおもわれる、学生証があった。
 女の子の名前は佐藤こまきという。

 初日からアクシデントに見舞われた誠人が一日を終え、大学を出ようと歩いていると、出入り口の門の近くに大きな人だかりが出来ていた。
 何事かと誠人が見に行ってみると、人垣の中心には今朝の少女、佐藤さんがいた。
 彼女の手には二本の巨大なダウジングが握られていた。ダウジングにまかせてふらふらと動く佐藤さん、それに合わせて割れる人垣。
 佐藤さんはだんだんと誠人のほうへと近寄ってくる、そしてついに誠人の目の前で立ち止まった。
 激しく動くダウジングを見ながら、顔を上げて誠人の顔を見る佐藤さん。
 再びダウジングに目を落としてから、ぐるぐると誠人の周りを何周かしてから、ふたたび誠人の目の前へ。
「……これか?」
 と誠人が学生証を見せると、佐藤さんは何も言わずに。ぱっ、とそれを取ろうとする。
 寸前のところで学生証を高く上げる誠人。
「……せめてありがとうくらい言えってば」
 誠人の不平も気にせずに、佐藤さんは一歩後ずさると、勢いをつけて誠人に飛びついた。
 誠人の体を、まるで木登りをするようにぐいぐいとよじ登っていく佐藤さん。
 あまりのことに硬直している誠人の手から学生証を取る。
 佐藤さんは学生証と誠人のほうを交互に見てから、ふいっと顔をそむけて小走りで立ち去っていく。それを見ながら。
「……何なんだアイツは」
 取り残された誠人の周りには人垣、人垣、人垣。

 それから数日たった日のことだった。
 同じ講義を取っている、浪館というやたらうるさい友人と学食に向かう途中、再びあのダウジング少女に出会う誠人。
 なぜか、誠人と浪館の後ろを付いてくる佐藤さん。動くダウジング。
「なあ。あの後ろついてくる娘、知り合い?」
 聞いてくる浪館、否定する誠人。
「まさか、たまたま道が一緒なだけさ」
 学食へとたどり着く二人と佐藤さん。
 二人は食券を買って、カウンターに出す。受け取り、食事をしようと席に着く。
 何気なく誠人は学食の中を見回して、佐藤さんの姿を探す。
 すると学食の入り口にいた。いや正確には、食券機の目の前で立っていた。
 一瞥して、食事をする誠人たち。
 食べているラーメンが半分くらいになったところで、ふと気がつくと佐藤さんはまだ食券機の前にいた。
 よっぽど、悩んでいるんだな。その時はまだ、誠人はそう思っていた。
 ラーメンは汁まで残さず空になった。そして、まだ食券機の前に立っている佐藤さん。
「ああもう……何やってんだか」
 居ても立ってもいられなくなり、佐藤さんに声を掛けてしまう誠人。
 やがて誠人は気づいた。
「もしかして、学食の使い方がわからないのか?」
 こっくりと頷く佐藤さん。
 仕方なく、佐藤さんに手順を教える誠人。
 ようやく佐藤さんが席に着いたところで、食器を片付けた浪館に言われる。
「何だ、やっぱり知り合いなんじゃん」
「そんなんじゃねーよ」
「ま、がんばれよっ」
 反論する誠人に、浪館は茶化して立ち去る。
 残された誠人は結局、佐藤さんに学食の片付け方まで教えてしまうのだった。

864 :この名無しがすごい!:2011/11/12(土) 05:50:28.43 ID:sDP5ryVv
 学食の一件から、いつの間にか誠人の近くには佐藤さんがいるようになってしまった。
 カレーサークルの朝練を横目にしつつ、そういえば最近、カレーを食べてないな、と思う誠人。
「カレーか。いいな」
 ぽつりと呟いた誠人、佐藤さんの目がきらりと光った……気がした。
 早速、昼に学食でカレーを食べに行こうとする誠人。
 すると、カレーは本日はやってないという。なぜかカレールウが無くなってしまったとか。
 カレーに焦がれながら帰宅する誠人。
 近所ではカレーのいい匂いがする。
 ああいいなあ、カレー。俺もカレーが食いたい。しかし俺の家にはまだ自炊道具なんてそろっちゃいないんだ。
 ああ、今日の晩飯……どうしよう。
 と、誠人が落胆とともにアパートのドアをあけると。
「あんでお前がいるんだよっ!」
 佐藤さんがカレーを煮ていた。
「この前のお礼に……」
「いや、じゃなくて。どうやってここに入ったんだよ?」
 と尋ねると、佐藤さんはL字型の小さな金属棒を取り出して、ドアの鍵穴にそれを突っ込んだ。
「ダウジングで……」
「違う! それはダウジングじゃなくてピッキングだ!!」
「……そうとも言う」
 突っ込む誠人を軽く流して、佐藤さんが誠人に聞いた。
「ご飯は、普通?」
 ぐるぐる、腹が鳴って情けなさそうに応える誠人。
「……いや、大盛りで頼む」
 カレーに舌鼓を打ち、佐藤さんが帰った後に誠人は麦茶を作るために戸棚を開けた。
 そこから雪崩のように溢れて来るカレールウの箱。
「何でこんな量のカレールウが……」
 それがまさか、今日の昼に学食で使われるはずのカレールウだとは夢にも思わない誠人だった。

 変なのに好かれてしまった。
 そう思いながらも誠人は状況に流されている。
 そういえば、と誠人はその変なの――佐藤さんに質問した。
「なあ、そのでかいの。いつも持ち歩いてるのか?」
 佐藤さんは巨大ダウジングを大事そうにぎゅっと抱きしめて頷いた。
「重くないのか?」
「慣れた」
 答える佐藤さんに、片方貸してもらう誠人。
「んげっ」
 それを持った瞬間、思い切り重量で下に引っ張られる誠人。
 ずんっ。と地面に突き立ったダウジング、アスファルトにはヒビが入っていた。
 それをあっさりと持ち上げて歩き出す佐藤さん。
 ……見なかったことにしよう。と誠人は思った。

865 :この名無しがすごい!:2011/11/12(土) 05:50:46.08 ID:sDP5ryVv

 ※ここからざっと流れだけ

 大事にしていたダウジングを無くしてしまう佐藤さん。
 佐藤さんのことが(というよりは自分自身の気持ちが)わからずに、佐藤さんを避けるようにしてしまう誠人。
 ダウジング探しにも動かない。
 ダウジングがなくなって、落ち込む佐藤さん。それを目にして知らずのうちに、心を痛める誠人。
 同級生の浪館に言われて、自分の気持ちに正直になる。
 そして誠人はダウジングを見つけて佐藤さんへと渡す。

「捜し物があるんだ」
 佐藤さんはぺたりと座ったまま俯いている。
 誠人は佐藤さんの横に座った。
「俺の知り合いに女の子がいるんだ。
 すげームチャクチャなことばっかしてる。そんな奴なんだ。
 だけど、なんでか放っとけないんだよなぁ」
「……」
 誠人は手に持っていた布の包みから、ダウジングを取り出した。
「……本当に重いな。これ」
 それを見て佐藤さんは驚いた。
 照れくさそうに頭を掻いて言う誠人。
「その女の子が辛い顔してるのは見たくねーんだ。だから佐藤」
「俺と、その子の笑顔を捜しに行かないか?」

 ダウジングを無事に見つけてハッピーエンド。

866 :この名無しがすごい!:2011/11/12(土) 07:47:01.57 ID:r5HnRJhb
>863-865
>1

867 :この名無しがすごい!:2011/11/14(月) 05:48:27.51 ID:Yq1AZVfs
今日、ついに二郎デビューしたんでレポっす!

川崎店に行ったらすごい行列でまずびっくり!すっげえな!と思って店の中を見て、
みんなが食ってるラーメンのボリュームを見てまたびっくり!これが二郎・・・と、思わずヨダレが出る。
待つ事20分、やっと席につくことができた。
「ヤサイマシマシ、ニンニクチョモランマ!」並んで待っている間に、他の客から呪文はラーニングしていた。
聞き返されることなく店主にコールが伝わり、ただそれだけの事が嬉しい・・・!
イカンイカン、食う前から俺、既に二郎にハマっとるw
すると、俺より1分遅れて左側の席に着いたやつが、トントンと俺の肩を叩く。
「キミ、大豚頼んだでしょ。バトルしようよ。」と、大豚はおまえだろ、と突っ込みたくなるような
デブが話しかけてきた。・・・バトル?何いきなり言ってきてるんだこいつ。
「ここ、ラーメン屋ですよね?バトルってどういうことですか?」と聞き返すとその大豚は呆れ顔で
「へぁ?二郎って言ったらバトルは常識っしょ。あ、キミのホームではデュエルって言うのかなw」
とブヒブヒ笑っている。
そこでハッと、俺はいつか見た二郎コピペを思い出した。
そうだ・・・あそこにも確か、バトルがどうのこうの書いてあったな・・・。
ここでバトルを断ったら、ロット乱し(?)と思われてしまうかもしれない・・・!
「OK、そのバトル受けよう。開始の合図は?」
「ブヒヒ。合図もなにも、目の前に二郎が出てきたらバトルスタートだよ。」
なるほどそういうものか。そのとき、ドンッ!と目の前に野菜山盛りの二郎が置かれた。
バトルスタートだ!
すかさず俺は、左ひじを大豚の顔面に思い切り叩き込む。飛び散る血しぶき。
大豚の脂ぎった髪の毛をつかみ、何度もみぞおち目掛けヒザをブチ込む。
よろける大豚の軸足を正面から蹴りつけると、ボクッ!っといい音がして脚の骨が砕けた。
大豚が床に突っ伏し、ぴくりとも動かなくなるまでわき腹を蹴り続けた後、
俺はゆうゆうと激ウマ二郎を二人分たいらげ、店主に軽く会釈して店を出た。
初二郎でしかもバトル勝利のおまけつき!二郎最高ー!

以上、チラ裏っす。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)