5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『國文學』『解釈と鑑賞』追悼スレ

1 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 23:10:16.84
ぎょうせい(至文堂)から刊行されていた雑誌『国文学 解釈と鑑賞』が休刊になります。
2009年7月に休刊となった『國文學 解釈と教材の研究』に続き、日本文学専門誌がまた逝きました…。
このスレで、今は亡き二誌を忍ぶとともに、日本文学研究の未来についてしんみりと語り合うとしませう。

(参考)
『国文学 解釈と鑑賞』休刊のお知らせ
ttp://shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=50_5071_505071002&products_id=7168&previouslinkrank=

2 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 23:13:02.25
値段が1700円前後になってからは、私もあまり買わなくなりました

3 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 23:20:09.22
バックナンバーの掲載論文を、作家・作品・テーマ毎に再編集して出せば売れると思うんですがねー

4 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 23:20:56.11
物語の系譜

5 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 00:44:52.39
生存戦略しましょうか

6 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 14:36:43.79
千葉県市川市の駅前のツインタワー。
あれって、平野氏のノーベル文学賞のために山田Eと村上Rが殺人を依頼して
、殺したやつが数人入居しているそうだ。


7 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 17:59:46.95
執筆経験者、いませんか?

8 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 13:20:37.11
文学研究はオワコン

9 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 16:57:48.78
リカコか。

10 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 17:30:09.33
これから、文学研究はネコミミモードに突入します!

11 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 09:05:13.27
首切りされたわけか…「介錯」と鑑賞なだけに

12 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 14:02:00.74
怖くて解説入れないと我慢できない奴は何も言わないほうがいい

13 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 16:02:34.21
>>10
ほう・・・

14 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 16:17:22.41
文学板の住人は誰もこの2誌を読んでなかった、ってオチ?

15 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 16:26:56.16
外国文学好きなのでなんか近寄りがたかった
国文学のやつって外国語コンプ強いし

16 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 03:26:11.88
文学理論をさぁもっとやりゃあいいんじゃないの?
学部のときから理論を叩き込めばいいのよ
なんでやんないの?
理論捨てちゃったらただの感想文よ
下降の一途を辿るのは必至


17 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 05:18:14.74
昔気質の国文学徒には、
海外の理論で我が国の文学を論じるのは無理みたいなことを言う馬鹿がけっこういたし、今もいるから。

18 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 12:10:12.07
(-人-)ナムナム

19 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 13:26:43.48
外国文学系の雑誌だったユリイカがサブカル化して生き延びたのと対照的だ

20 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 17:11:13.07
学燈社の「国文学」はサブカルを取り込もうとして「萌え」特集とかやったんだが反って死期を早めた

21 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 18:25:00.85
俺に書かせればよかった

22 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 20:26:50.63
>>20
プハハ 迎合してもアカンもんはアカンかw
けどその萌え特集は気になるぞ!
教えてくれ、いつやったんだ?

23 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 21:49:53.80
>>22
2008年11月号「「萌え」の正体」
ttp://www.gakutousya.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=0182
ttp://kokudai50.blog14.fc2.com/blog-entry-501.html

24 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 21:50:27.93
一応ageとく

25 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 09:55:11.88
で、結局「萌え」の正体とはなんだったんだ?

26 :吾輩は名無しである:2011/09/10(土) 14:31:38.88
ユリイカとヤリイカの違いってなんだ?

27 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 23:32:27.95
なんなんだーぁぁぁぁぁ

28 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 10:00:01.85
ぬるぽ

29 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 16:19:50.51
そんなことより「国語と国文学」はあのままおしまい?

30 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 22:35:11.72
「国語と国文学」は東大の肝煎りだから、版元を変えて存続するらしい

31 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 17:34:16.26
ポストバブルなボクらには何にも関係のない雑誌なのれす。

32 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 17:58:46.34
いつまでも石原みたいなのをのさばらせとくからだろ。
仕方ないさ。

33 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 18:05:47.33
口先じゃ軽蔑するクセしやがって、最後は仕方ないから石原ってんだろ。

ぶち殺すぞコラ

34 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 20:24:12.85
『國文學』も『解釈と鑑賞』も石原慎太郎特集はしていない筈
そこに文学専門誌としての見識が示されていると言えよう!

35 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 11:23:48.38
なるほど、すると『国語と国文学』が石原慎太郎特集を組むのか…

36 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 22:52:46.57
クレヨンしんちゃんの特集でも組んだほうがマシじゃ、ボクェ

37 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 09:33:45.61
マジレスすれば最初のは千秋だろ

38 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 21:50:56.76
裕次郎>>>>>>慎太郎=良純>>>>>>真理子(真理絵)>>>>>越えられない壁>>>>>千秋

39 :吾輩は名無しである:2011/10/10(月) 00:32:23.84
『解釈と鑑賞』の最後の特集は紙芝居
つまり、文学研究も紙芝居のように時代遅れになって滅びるっていう皮肉だよ!

40 :吾輩は名無しである:2011/10/18(火) 13:28:54.46
文学研究誌が売れなくなったのは、大学が文学部を廃止したり、卒論を選択制(または廃止)してるせいだよね
ってことは、文学研究者もいらなくなるね


41 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 07:09:30.27
今まで両誌に書いてた人は一般の文芸雑誌に投稿すれば良いのではないか?
「群像」なども、加藤典洋や三浦雅士が大学の紀要に載せたら良いような
地味で細を穿ったような文章を書いてるから。


42 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 13:15:44.70
そういうのはネームバリューだね
しかも厳密には実証風の論文ではないし、
ああいうところの編集は「学者臭」を嫌う
日本文学によくある「先行研究全部読め」は読ませる文章にとってマイナス


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)