5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

積 緋露雪 総合スレ

1 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 17:14:28.04
頑なに旧仮名遣いに拘る作家、積 緋露雪について語るスレ

著者紹介
http://www.amazon.co.jp/%E7%A9%8D-%E7%B7%8B%E9%9C%B2%E9%9B%AA/e/B004AFS7BK/ref=ntt_athr_dp_pel_1
本人のブログ
http://crimson-fox.iza.ne.jp/blog/

2 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 17:30:37.51
本人がスレ建ててるよ

もう無名の物書きは売れないのか?
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1312311900/

3 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 20:33:27.62
wwww

4 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 20:35:06.88
こいつは宣伝がしたいだけのクズです。

5 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 22:12:57.96
私は純粋な一ファンです

6 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 01:08:08.14
何ですか、このスレは!
私は2chでスレが立つほどのものではありませんが。

これは光栄なことなのでせうか?

7 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 01:27:31.52
>>4さんへ

屑で結構。屑ぢゃなければ文学なんてしてゐません。

8 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 04:28:25.62
神聖かまってちゃんと同じ手法かよ

9 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 04:58:13.00
勘違ひしないでください。このスレを立てたのは私ではありませんが。。。

10 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 10:38:43.79
>>7
君には誠実さを感じない。切実なものを感じない。
むしろ、世俗的で純粋性がない。
もっと言えば、戦略的で、狡猾ささえ覚える。

11 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 12:40:10.79
>>10さんへ

それはどう致しまして。
もう五十近い男に純粋性を求めるのは、ちっちばかり酷ではありませんか?
また、誠実さや切実さは私の作品を読んで戴けば解かると思ひますが、読みませんよね?

私は自身では切実で誠実だと思ってゐます。

12 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 12:47:32.39
へんなカナ使いが不愉快。
徹底していないし、日本語文法について見識があってやってるのか
疑わしい。考えがあるなら、いや、なさそうだな。

日本語をいい加減に考えていて文学うんぬんは拙い。

13 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 15:02:44.69
>>11
君の作品なんて全く読む気がしない。
君は精神病患者のふりがしたいだけなんだろう。
そして、自分の書いた本を売りつけたいだけなんだろう。
そういうのを誠実であるとは言わないし、ましてや切実さなんて欠片もありはしない。
君は偽物だよ。

14 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 18:48:02.24
>>12さんへ

私の文体がをかしいのは翻訳に親しんだせいかもしれません。また、私に文才がないのは生来のもので、
貴方が仰る変な日本語文法が何なのか私には解かり兼ねます。

>>13さんへ

どうぞご勝手に。私の本を無理矢理読んでもらっても仕方ありませんので。
また、私が自分のびょきを公表してゐるのが気に障るのか、病気のふりをしてゐると断言するその根拠を語ってください。

また、私は本が売れることは嬉しいですが、他人に無理矢理売りつけなんてできません。そんな事は私が言ふ以前に貴方自身がお解かりの筈です。
そして、私を貴方はどうしても否定したいらしいのですが、それは貴方が、現在のご自分に不満があるといふ事の裏返しでしかありません。
八つ当たりは厳禁です。

15 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 18:56:35.81
>>13さんへ

私が偽物と言ふのは何を意味してゐるのですか。それ以前に貴方が言ふ本物とは何なのですか。
私はドストエフスキイを始めとする過去の大作家に恩返しするために本を書いてゐます。

もし仮に貴方が言ふ本物が過去の作品の事でしたなら、それはちゃんちゃらをかしな話ですが。。。

16 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 19:01:32.12
なんで旧かなに拘ってんの?なんか意味ある?どうせなら万葉かな使えば?

17 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 19:18:22.19
>>16さんへ

他の板を参考にしてください。何度も同じ質問をされますが、もう同じ質問にはもう答へたくありません。

他の板で私を揶揄してゐる中に私が何故旧仮名遣ひに拘ってゐるのか書いてゐます。
因みに私が旧仮名遣ひに拘るのは結論を言ひますと量子論と言語のanalogyからです。

18 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 19:45:20.44
>>17
読んで来たけど結論違うじゃん。量子論と言語のアナロジーじゃなくて、ただ使える文字数が多いからって言ってんじゃん
ねぇなんで嘘つくの?

19 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 19:48:00.08
>>18さんへ

量子論の話はしていますが。見落としたのではないですか?

20 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 20:13:30.99
量子論と言語のアナロジーから何故旧かなじゃなきゃダメかが導かれてないってレスに答えてない
そのかわりに、文字数が多いからってレスしてるけど?

21 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 20:20:48.66
量子論でも素粒子の数は観測精度が上がれば上がるほどこれまで見知らぬ素粒子が見つかります。
此処では、量子論と言語のanalogyに関しては言ひませんが、此の宇宙はあたらしい物質を有無やうに変容してゐます。
ならば、量子論と言語がanalogyで語れるならば、例へば「わゐうゑを」と使へる文字数が多い言葉を使ふのが此の世の摂理だと私は考へてゐます。

もう、この質問はよしてくれないか。いい加減うんざり。

22 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 20:51:38.84
嫌だと言っても必ず聞かれる質問ならばと開き直って、
テンプレートでも作って見られてはいかがですか。

23 :積 緋露雪:2011/09/02(金) 20:59:46.78
どうもアドバイス有難う。

24 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 23:07:16.12
関弘之の不愉快なところって
ポストモダン文章ジェネレーターで作ったような文を書いてる所でしょ
それで俺は深い思索をしてると威張ってる(笑)


25 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 23:39:34.18
>>21
なるほど。しかし、ならば日本語にこだわる必要もあるまい。
なぜ日本語で書く?ドストエフスキーを信奉しているならロシア語でいいじゃないか?

26 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 00:34:38.64
>>24さんへ

私はポストモダンをよく知りません。ずっと避けてきました。これからもポストモダンには深入りする気はありません。
それでもポストモダンのやうな文だといふのでしたなら、致し方ありません。

>>25さんへ

はい。私の作品を見て頂ければわかると思いますが、英語の長文が引用といふ形で書かれてゐます。しかし、私は英語よりも日本語に親しんでゐるので、日本語でこれからも書き続けるつもりです。

27 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 00:38:23.02
なんでロシア語の話してるのに英語の話が出てきたんや

28 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 02:01:41.31
>>27さんへ

日本語以外といふ事なので一例として英語を出しただけです。

29 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 02:09:04.87
お前ドストの話してたんとちゃうんかい

30 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 02:12:40.61
>>29さんへ

ドストエフスキイは英訳がありますが。。。
そして、私は日本語以外の外国語では英語しか出来ません。昔独逸語を勉強しましたが、もう大昔の事で忘れてしまひました。

ドストエフスキイだからロシア語で読めと言はれても、私はお手上げです。

31 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 02:17:09.36
ほなお前ドストの和訳を旧仮名で読んだんかいな
ちゃうやろがい

32 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 02:20:52.62
這い、米川訳で読みましたが。それで、私が旧仮名遣ひを使ふ事が気に入らないと?

33 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 02:37:36.77
ドストエフスキーを読むなら亀山訳以外なら何でもいい。
旧仮名遣いの訳が存在するか知らんが、亀山訳のどうしようもなさとは比べものにならない。

34 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 02:43:03.47
亀山さんは嫌ひなのですか?

私は亀山訳のカラマーゾフの兄弟を読む気にはなりませんが。

35 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 14:24:36.22
こいつのやっていることは全てが自分のための広告戦略です。
うつ病アピール、年齢アピール、旧仮名遣いの使用、生やしている長い髭、
2ちゃんねるへの書き込み・・・
全てが広告戦略。自分の本を宣伝したいがための演技。
要するにこいつはキャラクターで、どこかでしっかりとした評価をされたわけでもない自分の本を売ろうとしているクズ野郎です。
その証拠にこいつの2ちゃんねるへの書き込みは自分のキャラクターを守ることに終始している。
ちょっとした軽いツッコミにさえ攻撃的になって自分のキャラクターを守ることに必死になっている。

36 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 18:26:25.88
みんなそういうこと分かってレスしてるんじゃないか
俺は自費出版で賞も無しに売ってる行為自体に興味あるよ

37 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 20:26:21.88
>>35さんへ

どうも貴方は貴方の作った鋳型に私といふ存在を圧し込めたゐやうですが、私は御免蒙ります。

何故と言ふに、貴方の鋳型がくだらな過ぎるからです。もう少しましなものを拵へてください。

他人の誹謗中傷の本源は己語りがありますので、現時点で、貴方は私にとって下司な人間以外ではありません。悪しからず。

38 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 20:29:15.13
>>37
あなたうつ病なんでしょ?2chやめた方がいいんじゃない?心によくないよ。

39 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 20:38:16.14
>>38さんへ

鬱病だからネットにのめり込むのです。鬱病患者にとってネットは麻薬のやうなものです。
しかし、私は投薬して気分がましな時に2chに出没してゐます。

40 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 20:42:27.82
>>39
人から聞いた話だけど、うつで落ち込んでいる時は自殺に走らないそうだね。
むしろ、少し気分がましな時に自殺に走るって。余計なことだけど、薬はちゃんと飲んだ方がいいよ。

41 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 20:45:00.57
>>40さんへ

どうも有り難うございます。

42 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 21:51:49.39
こんなところで宣伝して、それで本が売れるか興味あるなあ。

その後売れ行きに変化あったら、積さん報告よろしくね。

43 :積 緋露雪:2011/09/03(土) 22:22:56.13
全く宣伝効果は今の処ありません。むしろ逆効果だと私は考へてゐますが、それはそれで私はいいのです。
単にダベリたいだけなので。本はそのダシに過ぎません。

44 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 22:32:32.24
積さん、本の話題じゃないんだけど、他に何か趣味ないの?例えば音楽だったらどういうのが好き?

45 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 23:32:50.39
>>37
いやあんた某スレでこの口調とか態度とかが全部釣りだってばれてたよね?


46 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 23:38:24.08
だべりたいのか。じゃあ何か話しよう
確か大学は理系の学部だったよね?何がきっかけで文学を志したの?

47 :積 緋露雪:2011/09/04(日) 03:00:53.39
>>45さんへ

釣りと判断したのは私を揶揄してゐた連中で、私は釣りなど出来る器ではありません。

>>46さんへ

確かに理系の大学でしたが、その時には既に物書きになる事を意識してゐました。
それは、何よりも本を読むのが好きだったからで、ドストエフスキイの『悪霊』に衝撃を受け、物書きは凄いと感嘆してゐました。

48 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 03:33:55.74
人生が詰んでる人で作家志望のスレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1312274574/


49 :積 緋露雪:2011/09/04(日) 03:59:33.71
>>48さんへ

私もまた人生が詰んでゐる作家志望の仲間といふ事ですか?
確かに本は売れてゐませんが、物書きになってまだ三年なのですが、もう詰んでゐますか?

50 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 06:39:10.51
自称作家というのはどこまでの範囲をいうのだろう
数千冊を売っても自費で売り続ける限りアマチュアの域を出ないのではないだろうか
文筆で暮らせたらプロだろうか
それより作家の質は誰が勘定するのだろう
現在文壇の魂は死んでいる
そんなモノがどこかに残っているとしたらとにかく文壇の外だ
ネット媒体を通しての販売が容易になった今
自費出版には文壇にない熱がある
だがそれらが公的に残るのだろうか
誰でも作家になれるがどこにも作家がいないというのが現在の図式だ
別方で死後の名誉のみを求めよという進言を見た
いつか自称の二文字が取れた作家がみたい
その頃そいつは墓の中だ……


51 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 06:43:43.51
ほんとに神聖かまってちゃんと同じ手法。

52 :積 緋露雪:2011/09/04(日) 06:45:03.77
>>50さんへ

しかし、作家であり続けたいと生前望んでゐて、そして、実際、作家を目指して生きられた事は僥倖ではないですか?

53 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 08:04:06.39
それは自発的に望めば得られる幸福に思えるが実際には難しい
今、幸福は向こうからやって来る
こっちは指を弾いてキーボードを打つだけでいい
それが現在で
たぶん未来はもっと酷い
なぜかと言えば孤独と貧困が作家を生むから
幸福に満足して終わるのは作家よりむしろ読者で
作家はだいたい読者から生まれるから大変だ
スポットの当たる事なく死んでいった芸術家たち
彼等は本当にそういう者だったのか
ただ売れなかっただけじゃないのか
殆どが後者だろう
彼等は幸福ですらなかった

54 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 12:34:10.05
早く新作書けよ。読んでるんだから

55 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 14:36:44.76
>>37
他人の誹謗中傷の本源は己語りがありますので、現時点で、貴方は私にとって下司な人間以外ではありません。悪しからず。

ずいぶんと自虐的なんですね。これも広告戦略ですか?
それとも図星をつかれて、論理的に文章が考えられなくなってしまいましたか?

56 :積 緋露雪:2011/09/04(日) 20:08:10.24
今は金がないので本は出せません。最低、一年は待ってゐてください。

>>55さんへ

あなたの言ってゐることが解かりません。私が自虐的といふ意味でせうか。
正直に言ひますと、鬱病に為る位なので、私は自虐的です。
そして、はっきり申しますが、私が自分の本を売る戦略など持ちやうがありません。

57 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 20:12:21.83
>>47
悪霊に衝撃受けたのか。俺は五大長編で悪霊だけはまだ読んでないけど
じゃあ悪霊が一番好きな作品なの?他の好きな作品教えて

58 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 20:26:11.08
>>56
広告戦略だけでなく誤魔化しにも使えるなんて、
うつ病という設定は本当に使い勝手がよさそうですね。


59 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 20:28:50.93
ヰリアム・ブレイクって言葉があったけど、ウィリアム・ブレイクのこと?神曲とかの挿絵を描いた人のこと?

60 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 21:28:06.81
だべりたいって言っておきながら放置かよ。失礼な人だな。

61 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 22:11:29.61
明朝四時

62 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 01:51:11.02
さうです。William Blakeです。

63 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 01:53:17.00
やっほー積さん。William Blakeの詩集って売ってるんですか?勿論、日本語訳でね。

64 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 01:54:33.71
>>58さんへ

人間をそんなに計算ずくの権謀術数の権化の如く人を語るといふ事は貴方の日常がさうなのです。
哀しい人ですね。お悔やみ申します。

65 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 01:56:21.13
名古屋大からもう十年以上前に全訳が出版されましたが、酷い訳です。私は英語でブレイクは読んでゐます。

66 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 01:57:34.19
じゃ入手は困難ってことでよろしい?もしそうなら残念だよ。せっかく知ったのに。

67 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 01:59:45.85
古本屋にあるかどうかですね。
私はここ十年ほど東京の古本屋街を歩いてゐないのでわかりませんが、多分ない確率が高いです。

68 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 02:00:06.67
ところで積さんは音楽はお好き?聴くとしたらどんな音楽?ひょっとしてアルビノーニの「アダージョ」とかで思索してるのかな?

69 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 02:03:51.41
私は現代音楽が好きです。しかし、大バッハもマーラーも、モーツアルト以外のクラシックならば何でも好きです。

また、生前何度か歓談した浅川マキ、そして、もう死んでしまった江戸アケミ率いるJAGATARA、高田渡、そして、ブライアン・イーノ辺りでせうか。

70 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 02:07:28.18
ブライアン・イーノ!オッケー!デヴィッド・ボウイの「アウトサイド」のプロドューサーだった人だね。むかしボウイのライヴにいったよ。

71 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 02:12:55.67
モーツァルトは苦手なんだ、へー。「アマデウス」って映画観た?面白かったんだ。積さんは敬遠すのかしら?

72 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 03:05:11.59
規制がかかった。

73 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 03:06:25.27
残念だね。もう少しおしゃべりしたかったのに。

74 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 03:08:01.20
話を続けます。私はブライアン・イーノを現代音楽家として評価してゐます。

また、モーツァルトですが、モーツァルトの作品にはモーツァルトが作曲するにあたって多分に何の苦悩もしてゐないやうにしかモーツァルトの音楽は聴こえないために余り好きではありません。

75 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 03:16:15.50
ロキシーミュージックにいたんだよね。アルバムを一枚持ってたよ。しかし僕にはちょっと高度な音楽性に思えたね。僕は「ロックンロールいえー」っていうノリが好きなんだ。でもクラシックもたまに聴いてたよ。
モーツァルトについて小林秀雄が文章を書いているそうだね。僕は読んだことないけど、それを読めば「苦脳してない男」っていうレッテルがはがれるかもしれないね。
とにかくカネに困っていたのは僕もしってる。積さんにもそういった意味で共通点があるね。



76 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 03:22:01.34
小林秀雄はモーツァルトの音楽を「疾走する哀しさ」と表現してゐましたが、私はそれには否です。
モーツァルトは溢れ出る音楽に溺れていただけのやうに思ひます。
モーツァルトの作曲時は、既に楽曲が頭蓋内に出来上がってゐて、それを楽譜に書いただけのものにしか思へず、モーツァルトは書き損じた楽譜は多分ないと思ひます。だから私はモーツァルトが苦手なのです。

77 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 03:27:42.26
あふれでる音楽っていうのは今のミュージシャンにとっちゃ垂涎の極みだろうね。
わざわざヤクに手をださいでもいいっていうのは彼らの経済的負担にならなくていいわけだからね。でも積さん、あなたはモーツァルトが死んだ年より生きてるわけだから、ある意味モーツァルトを越えてるね。

78 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 03:32:10.38
さうですね。だから、私にはモーツァルトの音楽は響かないのかもしれませんね。

79 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 04:41:07.42
規制されたのは
メアド書いてるからじゃないの

80 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 04:55:02.13
さうかな。一時的でしたが、私は規制リストに載ってゐて書き込めないと表示されました。

81 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 16:25:27.93
次に出す本はもう書いたのかよ

82 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 17:37:47.97
こう言っちゃなんだけど、少なくともクラシック音楽に関しては、作曲家で語ってる時点であまり深くは入り込んでいない人だと分かっちゃうね。
本当にクラシックが好きならば、個々の作品や演奏家で語らないと。

83 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 20:03:02.20
画家を志した年齢

ゴッホ→27

ゴーギャン→37

エミリー・ウングワレー→70

結局、創作活動てのは流れ作業じゃないから、人生のどこかのタイミングで、一時的にでも〈芸術〉ができたのなら、赤飯炊くべきなのかもな

84 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 20:18:47.33
そりゃそうでしょう。むしろ若いうちに大成しちゃうと、引き出しが少ないだけに同じ路線でしか勝負できなくなるし。

85 :積 緋露雪:2011/09/05(月) 22:12:52.99
>>82さんへ

私はある作家が好きになったら全集を買ふ性癖があります。それは、音楽家にも当て嵌まり、私が作曲家しか上げていないのは、どの作品も好きだからです。

また、それ故に曲名と曲が一致せずに記憶してゐて、大概CDのジャケ写で曲を覚えてゐます。

86 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 22:39:44.04
ブログにある文章の内容は本と同じなの?

87 :積 緋露雪:2011/09/06(火) 00:47:24.60
ほぼ同じです。

88 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 17:16:53.10
ウェブ上で文章公開するにしても、あのブログはものすごく読みづらい。せめて簡単なHPでも作ってくれれば見る人も増えると思う
少なくとも俺は見る

89 :積 緋露雪:2011/09/06(火) 18:39:57.27
>>88さんへ
有難うございます。しかし、私のブログは単なる備忘録で、作品は飽くまで本です。
また、ホームページを作る気力が現在ありません。色々とアドバイスしていただいたのですが済みません。

90 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 19:30:35.66
清少納言の、「香炉峰の雪は簾を撥げて看る」の原典が白居易であること
以外、俺は知らないんだが、ま、何の関係もないようだなw

91 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 20:01:01.70
旧仮名遣いはいいとしよう
原稿用紙50〜100枚程度の短編を何作か書いてみたら?
「一生かかって完成させる大長編」を何作も平行して書かれても、そんな進展のない作品は読む気がしないし、金銭的にも、そのやり方であなたの思想を伝えることが叶うとは思えない

92 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 21:02:27.15
まあ、正論だな。
積さんは埴谷雄高をリスペクトしていて、彼の顰みに倣いたいんだろう。
一生かけて「死霊」を書き継いだように。
ただ、埴谷も色々論文・雑文を書き散らし、短篇も幾つか書いていて、
谷崎賞を受賞したりもした。そしてそれでも「食って」はいけなかった。
亡くなったとき、親から相続した持ち家はすべて抵当に入っていたという。

93 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 21:46:08.34
審問官は悪くなかった

94 :積 緋露雪:2011/09/06(火) 22:18:48.11
色々とご心配有難うございます。
私も本を書いて食って行けるとは全く思ってゐませんので、その点では御心配無用です。

95 :積 緋露雪:2011/09/06(火) 22:20:00.67
>>93さんへ

どうも『審問官 第一章「喫茶店迄」』を読んでくださり有難うございます。

96 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 22:28:07.46
別にお前が食っていくための心配をしてるんじゃない。
お前も利益なんざ端から度外視しているのだろう。

問題は、何冊も際限なく本を出すだけの金があるとは思えないってことだ。
それよりは、自分の思想を凝縮させた短編集を出したほうが、コスパも読む側の負担も減るし、あるいはそこから発掘されるかもしれない。
長編を書いてドストエフスキーに「恩返し」したいってのは分かるが、一回でいいからためしに書いてみなよ、短編。

97 :積 緋露雪:2011/09/07(水) 01:49:52.83
>>96さんへ

短編は既に書いて出版してゐます。

98 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 02:52:17.41
なんであんまり売れなくてもいいってスタンスなのか理解出来ないなぁ
だって今の状態じゃトイレットペーパーに書いて流すのと大して違わないでしょ?
恩返ししたいなら、最低限売る努力しないと。しかも人生を賭してなら尚更。編集者の靴の裏舐めるくらいの気概がなきゃ、恩返しなんてとてもとても

99 :積 緋露雪:2011/09/07(水) 06:15:30.33
>>98さんへ

良書が売れるとは限らないと思ひます。
それに私の書いてゐる内容はどう見積もっても偏執的な極端な偏りがある内容なので、そんなに売れないと思ってゐます。
また、私は私の書くテーマを変へるつもりは微塵もありませんので、売れないのは当然と思ってゐます。
しかし、矛盾してゐますが、少しでも多くの人に私の本を読んでほしいといふ思ひもあるのは事実です。

この矛盾は物書きならば誰もが抱へる矛盾で、売れる方を選ぶか、己の信念を選ぶかは、人それぞれで違ふ筈で、私は売れるよりも私の書きたいものを書く方を選んでゐます。

100 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 07:07:52.40
>>98
君は編集者にケツを貸してるんだろ?すごい気概だね。感心するよ。トイレットペーパーがいくつあってもたりないだろ?急いで肛門科に行ったほうがいいと思うよ。このままじゃ手遅れになる。

101 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 07:56:17.21
↑このひとびょうきです

102 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 08:37:27.24
>>99
あ、いや、売れるテーマにしろとかって事じゃないんだ。作品自体に文句言ってるんじゃなくて、出来た作品を売る努力をしないのかって事なんだ

>>100
頭大丈夫?無理しないで一度検査してもらった方がいいよ?

103 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 08:40:12.88
>>102
いやね、君のことを心配してのアドバイスなんだよ。誤解してほしくないな。専門の医者に診てもらったほうが、僕がここであれこれ君に言うよりもいいと思ってね。

104 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 17:06:58.99
http://shousetuka.biz/
いいサイトだな

105 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 17:25:47.41
>>89
ホームページ、観たい!
気分のいいときにでも是非お願い

106 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 17:33:31.18
アマゾンにしか売ってないの?

107 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 20:23:34.51
この人のモーツァルトに対しての認識とか聞いてると、創作を支えてるのは苦悩だ、というようなドグマの殻から抜け出すことのできない偏狭さを感じる

108 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 20:38:52.29
偏った拘りは誰にもあるものさ。俺はドビュッシーやバルトークが
どうも受け付けない。
しかし、>>107みたいなことを言いたくなる気持ちもわかるんだな。
どうもムズムズするというか…。このもどかしさは何だろうな。

109 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 20:56:48.85
ペンネームの緋色の雪が積もるというイメージ。
それが怖ろしいような。もどかしいような。

110 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 21:07:12.04
ニコ動からだね。おもしろい

岡田斗司夫さんからフジテレビへ
http://www.youtube.com/watch?v=5Ppwcib-OOg

111 :積 緋露雪:2011/09/07(水) 21:37:01.90
>>107さんへ

私は創作には苦悩が必須などとは全く考へてゐません。
私のモーツァルト感を言ったまでです。
モーツァルトは多分楽曲を楽譜に書くときに書き損じはないと思ひますが、それが私には詰まらないのです。

112 :積 緋露雪:2011/09/07(水) 21:39:04.55
>>109さんへ

筆名は遊びで付けました。唯、私は自分を罪人の類だと看做してはゐますが。

113 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 21:43:19.32
>74
ほう〜、あんたも若い頃、イーノに嵌ったクチかい
私はもう音楽全般に興味なくなったが、イーノのアンビエントは好いなぁ

114 :積 緋露雪:2011/09/07(水) 23:28:45.12
ええ、イーノの環境音楽は画期的な音楽です。

115 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 23:47:19.61
積さん、早寝早起きだよ。でも積さんは健全な思考には興味なしかな?そういうことであれば、僕に付き合ってくださるかな?何せ暇なもんでね。

116 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 02:11:54.14
いいですよ。

117 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 05:23:15.83
やっぱりいいや。

118 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 17:40:47.27
間違いを犯さない天才という、素人のモーツァルト観丸出しじゃん。
もしかして、映画での演技がそのまま実像だと思ってない?
人生の三分の一を旅行に費やした、彼ならではの苦労は書籍を読まないとわからないよ。

119 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 19:35:24.23
>>118さんへ

それはモーツァルトでも人生では苦労の連続でしたでせう。しかし、それが彼の音楽には全く反映されてゐないので、私にはモーツァルトの音楽は琴線に触れないのです。
モーツァルトにとって音楽はイデアだったのかもしれませんが、それならば、私にはモーツァルトの音楽より数学の方がずっと心に響くのです。

120 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 19:41:55.54
>>118さんへ

素人のモーツァルト感の何処がいけないのですか。
唯、私はモーツァルトの音楽にほとんど興味がないのです。つまり、私にとって、モーツァルトはつまらない音楽なのです。

121 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 19:51:32.79
作品に人生の、あるいは人間の、どす黒い部分を必ずしも反映させる必要はないでしょ、ましてや音楽なんだから。人生は辛いんだから、せめて芸術の中にくらい、シミ一つないものをもとめたいけどね


122 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 19:51:56.51
実人生の苦悩が全く反映されない、純粋で天来の曲だからこそ
素晴らしいのだという考えもあるんだが、これはもう音楽観の
違いだから、他人がとやかく言ってもしょうがない。
ただ、モーツァルトもすべての曲をさらさらと書き上げたわけ
ではない。ハイドン・セットのように苦労して作曲したものもある。
多分、積さんは、理由は後付けで、とにかくモーツァルトが肌に合わない
んだろう。虫が好かないというか。ハイドンもダメなんじゃないかな。

123 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 19:52:39.82
仰る通り、ハイドンも駄目です。

124 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 20:22:42.54
典型的な19世紀的芸術観だな。
けれども、なぜかポピュラー音楽だけは、世代相応なことから目を逸らしてはいけない。
懐古趣味と実際の身体のズレは埋めがたいはずだ。

ドストエフスキーを読むなら、バフチン以後の地平で考えた方がいいと思うけどな。最終的に退けるにせよ、バフチンのドストエフスキー論に目を通してみてはいかがか。

単に重々しいだけがドストではなかろう。

125 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 20:29:27.47
さうですか。私の芸術観は古いですか。それはそれで構ひません。
バフチンはドストエフスキイに「祝祭」を唱へた人ですね。
私がドストエフスキイに感心するのは思惟のみです。
そして、私は私の思惟を容れる器として小説紛ひの文章を書いてゐます。ドストエフスキイを克服するためにです。

126 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 21:19:55.32
単に古いならいいんだが、ぶっちゃけあんたの趣味は世代相応の様々な経験とごっちゃになっているから、懐古趣味にしか見えないんだよね。というか、あなた自身の世代的経験をうまく折り込んだ文章にした方がいあんじゃない?

バフチンのポリフォニーというアイディアを加味すれば、埴谷雄高の限界などは明らかだ。短文しか読んでないけど、あんたの書き物も、悪い意味でモノローグ。

ドストエフスキーの作品が、哲学ではなく文学であるゆえんは、ちゃんと登場人物を造形することによって、著者の操り人形にとどまらない「複数の声」を響かせることができたから。
そのことによって、ドストエフスキー本人の抱えていた様々な偏見が気になる人にとっても、けっして無視できない作品になっている。

127 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 21:31:23.25
私の書いてゐるものがモノローグの域を脱してゐないのはその通りです。
しかし、私はモノローグにも多様性があり、モノローグ故に語り果せるものがある筈だと思ってゐます。

また、私の趣味が懐古趣味といふ事には一方ではその通りですが、一方では違ひます。

私はすでに芸術といふものをそもそも信じてゐません。
芸術はすでに終わったものです。そして、あなたに私の趣味がごちゃごちゃに見えるのは、その通りで、私は人間の創作物に差別はしてゐません。
自分の好悪で判断してゐます。

128 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 21:32:51.53
一方では違いますという論理を
作品の中で示せなかった御自身の敗北をお認めになるべきです。

129 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 21:34:07.37
>>128さんへ

私は示せてゐないとは全く思ってゐませんが。

130 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 21:43:53.60
また埴谷雄高に関してですが、私は『死霊』には惜しみない賛辞を送りますが、其処に描かれてゐる思惟に関しては全く納得してゐません。
私の『死霊』の感想は、「無邪気」で「稚拙」だといふものです。

131 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 21:44:00.19
モノローグを一方的に叩きたいわけではないんだ。

ドストエフスキーを嫌う人には、「全ての登場人物はドストの分身に、すぎない」とか、「女性の造形が都合良すぎ」といった批判がほぼ定番といってよい。

つまり、ドストエフスキーは通常モノローグの作家だと思われているわけ。バフチンはそこにポリフォニーを見つけたのがミソ。


「モノローグにも多様性が」なんてのは当たり前です。まさにそれが、バフチンによって読み替えられたドストエフスキーなのだから。




132 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 21:48:55.74
どうも私の考へをご理解していただき、有難うございます。私は《吾》の多様性を《異形の吾》どもとして物を書いてます。

133 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/09/08(木) 22:02:33.16
無邪気で稚拙て感想は俺もおなじ意見なんだけど、生きてくってそういうことなんだなって俺は納得できた。
そこが違いかな。

134 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/09/08(木) 22:04:35.40
それと自分でないものも自らに引き受けるって気概もつよく生きるには必要なんだとおもたよ。

135 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 22:10:49.63
いや、あんたバフチン読んでなくね?
バフチンは20世紀文学に何が起きていたかを知る上でも重要な人間。

136 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 23:06:38.09
あんたがたバフマン♪

137 :積 緋露雪:2011/09/08(木) 23:07:57.72
確かにバフチンは読んでゐませんが、今までそれで困ったことはありませんでした。

138 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 23:59:51.01
今まさにそれで困ってんじゃねえか

139 :吾輩は名無しである:2011/09/09(金) 00:04:51.52
あんたに足りない認識、かつ突破口になりそうなものとしてバフチンを紹介したのに…


140 :吾輩は名無しである:2011/09/09(金) 00:09:47.37
人の言葉を聞き入れる気がないなら、ここで馴れ合いを続けるより筆を進めて欲しいです。

141 :積 緋露雪:2011/09/09(金) 03:01:53.21
どんな点で私にバフチンが必要なのでせうか。

142 :積 緋露雪:2011/09/09(金) 03:47:34.53
バフチンのいふ事は私には自明のことのやうに思ひます。
私はバフチンの言ふポリフォニーやカーニバルをモノローグで試みているとの自覚がありますが、これは私の誤謬でせうか。。

143 :吾輩は名無しである:2011/09/09(金) 09:11:33.34
積さんは埴谷雄高の思惟を「無邪気」で「稚拙」だっていうけど、
積さんのもの読むと、たんなる埴谷の真似って気がするな。
文学の趣味にしてもそうだよね、ドストとかブレイクとか、
埴谷が好きだっていってるものばっかだし。

だからこそ、積さんの埴谷にたいする評価を聞きたいんだけど、埴谷と自分との差異
はどういうところにあると考えてるの?





144 :積 緋露雪:2011/09/09(金) 20:50:20.35
>>143さんへ

私と埴谷雄高とで一番違ふのは、科学に対する立ち位置化と思ひます。
私は埴谷雄高ほど科学に心が置けないのです。

そして、私が埴谷雄高と同じ好みといふのはその通りですが、私の好みは埴谷雄高を知る前にさうだったので、
埴谷雄高を知って「あ、同じ人がゐる」といふのが実際の処です。

145 :吾輩は名無しである:2011/09/09(金) 20:52:09.49
昔はかなり嵌ってたんだろ?

146 :積 緋露雪:2011/09/09(金) 20:54:22.88
はい。

147 :吾輩は名無しである:2011/09/09(金) 21:05:08.91
http://shousetuka.biz/
ブログやらなんやらより、これを張るだけでもっと理解を得やすかったと思うぞ。
胡散臭さが激減する

148 :積 緋露雪:2011/09/09(金) 21:06:58.50
それは私が書いた売文です。twitterで告知はしてゐます。

149 :積 緋露雪:2011/09/09(金) 21:09:46.74
小一時間ほど席を外します。

150 :積 緋露雪:2011/09/09(金) 22:03:43.06
さて、再開しませう。

151 :積 緋露雪:2011/09/09(金) 22:11:37.46
私が埴谷雄高に肩入れするのは、彼の言ふ「精神のRelay」こそ、「生者」が受け継ぐもので、「精神」のみが永劫に生きるやうな仮象に酔ふ事で「現存在」は生きて行けるのだと思ひます。

152 :吾輩は名無しである:2011/09/10(土) 02:26:03.64
芸術は既に死んでいるってどーゆー意味?

153 :積 緋露雪:2011/09/10(土) 02:31:31.81
芸術はアートになってしまったといふ意味です。

154 :吾輩は名無しである:2011/09/10(土) 02:50:36.37
難しお
商業主義とは意味が違うんだよね?

155 :積 緋露雪:2011/09/10(土) 02:52:36.87
勿論です。

156 :吾輩は名無しである:2011/09/10(土) 03:01:30.61
でも他人の為のものになってるってこと?

157 :積 緋露雪:2011/09/10(土) 03:11:38.57
人間が何かを創作する時、他を異常に意識する人と、他に全く無関心で只管己の信じたものを生み出す事に傾注し、己で閉ぢた「芸術」といふものが為り得た時代は終わったと私は考へてゐます。

しかし、私の場合、一人でも読者がゐればその人の為にも己の創作をします。

他人の為になるかどうかは作者ではなく、釈者以外の第三者が決めることです。

158 :吾輩は名無しである:2011/09/10(土) 03:19:36.81
なるほど。他人の評価が見えすぎる時代では無理なのかもね
個人性が強い作品には芸術の気が残ってそうだけど
そういう意味では精神病って武器になりそうだ
創作がんばつて

159 :積 緋露雪:2011/09/10(土) 03:20:14.87
有難う。

160 :吾輩は名無しである:2011/09/11(日) 14:08:23.08
>157
六章の「川面の神々」だな
今も時々そういう人が再発見されてるね、炭坑の人とか

稚拙かどうかはともかく、
埴谷的には遠い未来の読者に向けて放流していたんだろう


161 :積 緋露雪:2011/09/11(日) 18:43:40.94
>>160さんへ

埴谷雄高は百年後を念頭に物を書いてゐました。
つまり、今は理解されずとも百年後には理解されると。


162 :吾輩は名無しである:2011/09/11(日) 18:45:25.63
埴谷やらゴッホやらが死後評価されたからと言って
あなたが死後評価される事が約束されるわけではないのですよ

163 :積 緋露雪:2011/09/11(日) 18:53:57.74
勿論です。だが私は無謀にも千年後を念頭に置いています。

164 :吾輩は名無しである:2011/09/11(日) 19:35:33.25
↑ひろゆきの爆弾発言

165 :積 緋露雪:2011/09/11(日) 20:59:59.64
爆弾発言かね。うふふふふ。

166 :吾輩は名無しである:2011/09/11(日) 21:20:37.54
痛い

167 :積 緋露雪:2011/09/11(日) 21:28:56.59
痛くなければ物書きなんぞやってられません。

168 :吾輩は名無しである:2011/09/11(日) 21:55:32.47
現代の作家でひろゆきの認めている人はいないの?

169 :積 緋露雪:2011/09/11(日) 23:07:25.84
武田泰淳と埴谷雄高です。生きてゐる人では、古井由吉です。それ以外は私には何の才能も感じられません。

また、文学を原罪の状況に陥れた張本人の柄谷行人は全く評価してゐません。

170 :積 緋露雪:2011/09/11(日) 23:08:28.48
原罪→現在

171 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 02:06:52.80
村上春樹は?

172 :積 緋露雪:2011/09/12(月) 02:37:03.41
村上春樹は読んだ事がありませんし、読む気もありません。

173 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 08:50:40.76
4 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2011/08/28(日) 20:35:06.88
こいつは宣伝がしたいだけのクズです。



174 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 12:17:16.69
読んでもないのに何の才能も感じられませんて…

175 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 15:48:42.34
千年後に評価されるためには、最悪たった一人でも良いから、「今」評価してくれて、尚且つ後世にその評価を残してくれる人を確保しないといけないのでは。
千年後、何処かの古本屋に置いてある貴方の著書を偶然手に取ったその時代の文学界の大物が埋もれていた才能を突如発見して激賞する、なんてことがあったなら、というのもひとつのロマンだとは思うが。

176 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 18:07:34.04
ロマンがあるよね〜。1000年だからね。富士山と同じレベルだよね。

177 :積 緋露雪:2011/09/12(月) 19:25:41.96
>>174さんへ

村上春樹は摘み読みした限り私にはどうでもいい作品だといふ事です。

>>175さんへ

現在でも私を評価してくれる作家などはゐます。唯、私の希望として「千年」とぶち上げたのです。

さうした大ぼらを吹かなくて本など書けますか?

178 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 20:23:22.83
大ぼら、というのは何処か自分を卑下している気がする。
やっぱり、自信、だな、俺的には。
根拠がないという点ではどちらも同じだし。

179 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 20:30:24.80
> 現在でも私を評価してくれる作家などはゐます

誰?

180 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 20:38:33.05
>179

横から失礼。創作板に現れた自称作家の人のことかと
「作品はどうかと思うが、創作の姿勢は面白い。一緒に頑張ろう」みたいな内容だった

181 :積 緋露雪:2011/09/12(月) 20:58:55.51
2chなので名前は伏せておきます。

182 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 21:20:13.50
>>180
違うみたいだな

183 :積 緋露雪:2011/09/12(月) 21:30:45.70
這い、違ひます。

184 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 00:28:19.81
その作家さんは編集者を紹介してくれたり書評で積さんの本を取り上げてくれたりしないのですか?

185 :積 緋露雪:2011/09/14(水) 00:35:55.35
してくれていますが、私の書いたものに興味を持つ人は極端に少ないのが現状です。

186 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 00:39:18.90
残念ですね。

187 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 01:01:41.60
ブログ少々読ませてもらった。
こういう文章が好きな人は決して多くはないだろうけど、一定数はいるはずだから、頑張れば千年はともかく一千部はいけるような気がする。

188 :積 緋露雪:2011/09/14(水) 01:09:11.01
どうも有り難うございます。

189 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 06:53:10.71
こんな感じの小説は世にくさる程ある。
わざわざ自費出版にして本にする意味があるのか?
世ではお呼びでないだろう。

190 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 12:08:21.32
当たり前に一人で口先で必死に宣伝している事が間違っている。
そんなんで売れるわけない。
大手出版社をバックにつけるか、多額の金かけるか、
それが嫌なら、別の効率的宣伝を考え出すかしたら良い。
頭も使いよう。普通の考えじゃ勿論、売れないさ。
出版とは別だけど、従来の販売の考え方をひとつ壊しただけで何十億と儲けた人間もいるよ。
貴方にその才がないとも限らない。頑張りたまえ。

191 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 19:34:16.35
現代海外文学は何読んでんの?で、誰を評価してる?

192 :積 緋露雪:2011/09/14(水) 22:37:56.97
>>190さんへ

叱咤激励有難うございます。

>>191さんへ

現代海外文学は読んでゐません。どれがいいのか解からないので。

193 :積 緋露雪:2011/09/14(水) 22:47:28.67
>>189さんへ

具体的な本を上げてください。

194 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 00:42:15.41
>>192
現代海外文学読んでないの?勿体無いなぁ。面白いのいっぱいあるよ
文学板来てるんだから各スレから見繕って読んでみたら?あなたの創作に影響与えるのもあるかもよ?

195 :積 緋露雪:2011/09/15(木) 00:48:37.78
有難うございます。今は私の興味は古典に向かってゐまして、読むとしても現代文学はその後に為ります。

196 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 00:59:09.65
「赤毛のアン」とか面白いよ
こんなの読んでトキメク女の心境が理解できないけどね

197 :積 緋露雪:2011/09/15(木) 01:01:35.40
赤毛のアンは中学生の時、多分新潮文庫から出ていたと思ひますが、全巻読んでゐます。

198 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 01:04:51.22
なんだ結構読んでるんじゃない

199 :積 緋露雪:2011/09/15(木) 01:10:27.09
赤毛のアンが現代文学に入るんですか?
私は現役の作家の事だと思ひました。

それならば、私はヘルマン・ヘッセも文庫で出ているものはすべて読んでゐます。

また、サルトル、カミュ、リルケも好きです。

後は思想書や哲学関係の本です。

200 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 07:54:45.60
現代文学って結構曖昧だよね。俺も現役の作家って感じで書いたんだけど。赤毛のアンやサルトルカミュが現代に入るのかな
古典ってどんなの読んでんの?

201 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 16:48:21.19
この人、こんなこと言いながら、綿矢りさのサイン入り書籍とか持ってるんじゃないのか

202 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 16:58:40.47
>>201
そうだったら、粋な老人として見直す。

203 :積 緋露雪:2011/09/15(木) 21:40:35.11
>>201さんへ

御免なさい。私は綿矢リサに全く興味がありません。

>>200さんへ

まだこれからですが、本居宣長を読むつもりです。この間までは西行と芭蕉と蕪村を読んでゐました。

204 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 22:22:28.37
ほう、本居宣長ですか。
果たして純粋なる国粋主義者を理解出来ますかな?

205 :積 緋露雪:2011/09/15(木) 22:32:05.71
解かりません。唯、私に今欠けてゐるものが本居宣長にあるやうな気がするのです。

206 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 06:06:58.47
そうですか。

俺は戦後民主主義を主張する大江健三郎の気持を理解出来ない。
氏はただ、戦後民主主義者という権威が欲しいだけだろう。自分を主張している。それが民主主義だろうが、醜い。
醜い争いの元だ。

だけど、本居宣長の気持が良くわかる。権威に執着しないでがむしゃらに愛国を貫いているだけだ。
だから、国家の為に死んでも何とも思わない。純粋だ。美しい

207 :積 緋露雪:2011/09/16(金) 10:07:38.27
私も大江健三郎は評価してゐません。
ただ、私は民主主義は評価してゐます。どんなに煩わしくても民主主義は守られるべきものだと思ってゐます。

それでなければ、思想の自由は保障されないと考へています。


208 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 10:48:08.12
俺は天皇制を批判する大江健三郎は評価できない。
昭和天皇は裏切り者だ、と糾弾した三島由紀夫も全く評価できない。
大体にして昭和天皇時に制定された憲法9条を改正しようと企てるなど、不敬極まりない。
天皇の永久なる平和への願いをないがしろにする国賊だと思っている。

やっぱり、本居宣長は素晴らしい。


209 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 11:02:17.89
積はん、われわれを驚かす、世界を揺るがす小説を書いてくれ

210 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 19:13:36.70
すでに「小説観を変える」小説を3冊も出しています。

211 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 22:13:40.12
こんな駄作でも小説って言えるって事じゃ、確かに小説観変えたな

212 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 23:45:00.86
ただ、思惟を野放しにしているだけ、という印象がある。小説ではない

213 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 01:19:43.79
駄作で結構。解かる人には私の書いたものは解かるのです。

214 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 01:26:56.64
積さん、こんばんは!すぐ下にいるスレの男どう思う?

215 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 01:29:52.56
文学を知らない、とは言へます。私がどんな冒険をしてゐるのか、多分、全く解かってゐません。

216 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 01:31:51.82
ナイスだ!

217 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 01:33:02.01
どうも有り難う。

218 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 02:56:37.64
どうもこんばんは。

219 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 03:06:08.40
どうも今晩は。どうしましたか。

220 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 03:07:35.71
いや、まあ自費出版で本を出すと言うことの意義を話そうと思ったのだ。

221 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 03:08:19.96
高校の先輩で自費出版で詩集を出した女がいる。その後どうなったかはとんと聞かないが。

222 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 03:09:30.83
NHK=FMの「ラジオ深夜便」で高田渡がかかるらしい。楽しみ。

223 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 03:10:15.21
高田渡といえばリンゲルナッツだよな。読んだことないが。

224 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 03:11:10.74
詩集は厳しいです。それこそ霞を食べる覚悟が要ります。


225 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 03:12:26.40
私も読んだことはないが、彼が現代詩人の作品を敢へて取り上げてくれたおかげで、
大分、詩人は助かったのぢゃないかな。

226 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 03:17:42.22
だよなあ、結構現代詩手帖とかあの変で詩集だしてる奴がネットにもどんどん増えていっているのだが、食えてるのかと言えばぜんぜんそうではない。
小説だと文芸誌に載れば原稿料一枚につき5000円とか聞くぞ。生臭い話、例えば「塔の中の女」という450枚の小説があって、仮に一枚5000円とすれば、
225万円も入ってくることになる。一年二作小説書けば、とりあえず年収400万にはなる。

227 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 03:21:54.32
まあ、どちらにせよ、私には殆ど関係のない世界の話ですが。

228 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 03:26:04.38
漫画と比べても文芸誌のブルジョア化はすごいものがある。
ブログとかでは新人作家に限って、金とか生臭い話は全くしないんだが、それは充分な金が入ってきてるからだろうな。

229 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 03:43:36.18
しかし、それは少数の「作家先生」だけですよ。

230 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 03:45:05.45
うむ。「作家先生」だけだな。作家なんて基本そんなもんだ。無名の作家(志望)など一文も得られない。

231 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 03:49:08.35
一文も得られないどころか、殆どの作家は自腹を切って、つまり、自分の本を何百冊か買ってぢゃないと
本も出せない状況です。

232 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 03:54:45.73
それはある。自費出版の人たちがぜんぜん店頭に並ばせてもくれないと抗議したのニュースがあった。
なんといっても文学はインディー(自費出版、それすら出版社介入)<メジャーという構図は変わらない。
インディーから売れたものはそれこそリアル鬼ごっこなどだ。

233 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 03:55:44.11
マグナワナビも同じというわけだな。辛いな。
「一文も得られない」はまだいい方で、自費出版の詐欺商法に
引っかかって、大金を毟り取られたりするので、注意せんといかん。
ま、マグナは貧乏だから、その心配はないかw

ところで高田渡が終わったが、積殿の感想は如何?

234 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 03:58:08.18
やはり高田渡はいい。
それと、自費出版に百万もかかるのはぼったくりだと考へて差支へないので皆さんお気を付けてください。

235 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 04:52:30.66
>>234
ぼったくりって横行しているのでしょうか?
だったら、自費出版のイメージを貶めている行為です。
抗議して行くべきだと思います。



236 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 05:03:53.25
大手出版社なら、ぼったくりしなくても自費出版でも採算とれるんじゃないかな。
大手出版社でぼったくりはしてないだろうけどね。
掛かるのは宣伝費用だからね。
文藝春秋や講談社でも自費出版企画はやってるでしょう。

237 :積 緋露雪:2011/09/17(土) 05:14:02.66
大手出版社がやってゐる自費出版が意外かもしれませんが、殆どがぼったくりだと思って構はないです。
大手出版社の自費出版はとてもお金がかかります。四百万円になんてざらですから。

238 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 06:49:40.29
つまらない小説を宣伝して、出版してくれるんだからそれぐらい我慢しろよw

239 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 06:49:46.35
そうだったんですか。
文藝春秋から出ている自費出版著者って単なるぼったくり被害者なの?
むなしいですね。

240 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 06:51:54.54
>>239
そんな本、買わないけどな。
頼まれても読みたくない。

241 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 10:43:49.43
>>231>>234
自費出版的体質で、騒いでもどうにもならないでしょうな。
自費出版が忌み嫌われて行く理由は、そういう事をいい続ける人(貴方も含め)がいるからだろうな。

242 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 13:55:33.45
積先生が本を出した時は何百万円ぐらいとられたんだ?

243 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 15:24:36.67
ぼったくりは言い方悪いだろ。
商業的にはレートがとんでもなく高いうえ滅多な事じゃ当たらないギャンブルみたいなもんってだけで。
自費出版なんてもうけよう、もうけようと思いながらやるようなものでもないんだしさ。

244 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 15:57:04.51
自費出版を奨める出版社の方が、「もうけよう、もうけようと思いながら」やってるのさ。
先物取引やら、怪しげな投資話を持ちかけてくるのと同じ。

245 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 16:12:49.95
なんでもいいから自分の本を出版したいって人となんでもいいから儲けたいって企業が関わればそうなるのも当たり前だな。
たしか今って普通の商業書籍でも返品率って4割くらい、自費出版だと8割9割もざらにあるって感じだったっけ?
売れない本を売れるように企業努力するより売れなくても問題ない形にするほうが楽だし確実。

246 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 17:14:20.45
出版にかかる手間を惜しまなければもっとやすく自費出版できるのに、面倒くさがって金取られて、それで出版社に文句言うとかマジキチ

247 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/17(土) 21:04:58.84
鳥影社って結構翻訳文学の世界では有名というか株を上げてきている出版社だろ。
翻訳小説の持ち込み出版とかもしてくれるのだろうか。

248 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 21:24:46.55
電子書籍ならだいたい100万くらいで出来るらしいよ
村上龍の番組でおっさんがやってた

249 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 01:23:49.00
>>248
その半分もかからない

250 :積 緋露雪:2011/09/18(日) 03:46:38.53
鳥影社は良い出版社だよ。最高でも百万円位の自腹を切る(宣伝費も含めて)覚悟があるならば、鳥影社はお勧めです。
しかし、編集者が出版する事を認めるといふ事が前提ですが。

それだけ鳥影社は出版物の質を重視する出版社です。

251 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 12:10:34.30
もし全部売れたら採算とれるの?

252 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 12:23:21.09
まず自費出版でドストエフスキー名翻訳して名を売ってから、自作発表すればよい。

トルストイで北御門二郎がいるでしょう。トルストイ読んで、感動して、
徴兵拒否して、農業しながらトルストイ生涯翻訳して過ごした人。

253 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/18(日) 12:48:43.80
北御門路線だったら何とかなるかもしれない。あるいはドイツ語を学んで未訳の作家を発掘するとか。

254 :関 浩之:2011/09/19(月) 00:02:24.80
この残暑は何時迄続くのでせうか。

部数に拘らないといふのであれば、印刷所へ直接打診して本を作る方法もあります。

255 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 01:56:17.93
こら関 浩之君、私の筆名で遊ばないやうに。
自費出版は印刷所でも行ってゐます。
良心的な印刷所を探して自費出版するのも良い手です。

後、元手が取れるのかといへば、売れれば取れますが、
殆どの場合、どぶに金を捨てるやうなものです。

それでも本を出したい人が出せばいいのです。


256 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 02:06:57.82
文学板を舞台にした小説を書いたら売れるんじゃないだろうか。

257 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 02:07:38.69
あと、誰かは知りませんが、2chの私の書き込みを見てだと思ひますが、Amazonのタグを変へてくれた人、どうも有り難うございます。

258 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 02:08:43.11
それはオンラインで小説を投稿サイトで十分です。

259 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 02:11:16.82
御免、勘違ひ。例へば2chを舞台にした小説といふ意味だね。

それは私が書きたいものとは大きくかけ離れていますので、誰か他の人が書けばいいです。

260 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 03:33:21.41
自費なら勝手に他人の本を翻訳して売ってもいいの?
著作権料払えばいいってのともまた別な気がするんだが

261 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 03:39:52.53
自費出版と雖も著作権は普通の出版と同じです。
勝手に翻訳することは出来ない筈です。

262 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 03:57:22.36
>>260
全く未訳で1970年までに刊行された本ならば、十年留保が適用される。
さらにこれに1923年までの著作物、それからそれ以降順次著作権が切れた作家であれば翻訳可能。

263 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 04:00:16.14
例えばジョージ・オーウェルなら初期の作品は殆どパブリックドメイン。
アンジェラ・カーターの”Shadow Dance”は出版年が1966年で日本で翻訳は存在しないから、これを翻訳したら出版可能だと思われる。

264 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 04:02:33.38
出版可能なだけでなく、HPに無料で公開するのもOK。
実際十年留保を使って未訳のものを訳してるページもある。
実際1970年まではこの十年留保を利用して、バンバン翻訳本が出ていたらしい。

265 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 04:05:05.11
やけに詳しいですが、翻訳家ですか?

266 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 04:06:28.92
翻訳に関しては調べた過去があるからな。なんかを訳そうと企んだこともあった。
短篇をいくつか日本語に移しただけで実績は薄いが。

267 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 04:08:57.96
さうですか。頑張ってください。

268 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 04:09:06.64
実質問題として起こり得るのは、1970年までに出版された書物を翻訳しても読む人が出てくるのか、ということだ。
それほど翻訳小説(それも過去の小説)を読む層はニッチだからな。
まあアンジェラ・カーターは日本でもそこそこ人気だから、多分翻訳したら売れるだろう。

269 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 04:12:59.57
さうですね。確かに読者層は少ないです。

でも、内容が面白くて出版するに相応しいと考へるならば、出版してみるのも手です。

私がネットで知り合った人はボードレールの『悪の華』の翻訳本を文芸社から出版して、そこそこ売れてゐるやうです。

270 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 04:17:26.25
翻訳し小説も書く、というのはある種文学者の理想系だな。福永武彦は日本の文学者が翻訳ばかり読んで原文で海外文学を読まず、禊やら競馬の予想やらして小説を書けるつもりだったのだ、
と随分と先人に対して痛烈な罵倒を投げかけていたが、今の作家の殆どは他国言語操れないだろ。
積先生も一つロシア語作品を訳して見たら、新しい地平が開けるかもしれない。
>>269
平岡公彦かー、『悪の華』そこそこ売れてるみたいだな。
自分もブログはとりあえず読んでいた。

271 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 04:24:34.17
どうも。
私は現時点では英語で十分です。例へばランボーなど英訳したものを読んで感心しきりです。

272 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 04:27:36.87
春樹が俺の好きなあの本を訳してて、見事に悪訳だったんだけど
海外に住んでてもスラングを知らずにそのまま突拍子もない訳しちゃうらしい、学ぶっていうかちゃんと研究しなきゃダメなんだな
でも違う視点で楽しめるから俺には良かったんだよ
何度も楽しめるのは翻訳本のよさだね
多い分には歓迎だよ未読の人は逡巡するだろうけど

273 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 04:32:21.73
誤解から何か尋常ならざる傑作のヒントが隠れてゐる事って案外と多いかもしれませんね。

274 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 17:50:31.10
誤解はあるな、名作といわれる作品を読んでも結構みんな好き勝手に古典の曲解をやっている印象がある。西洋では、というか西洋だからこそそうなる。

275 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 20:47:18.01
誤解誤読深読みし過ぎでも、そこから有意義なものが得られたらいいんじゃない?
老人と海もその口なんじゃなかったっけ?

276 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 22:21:40.20
大袈裟に言へば、傑作は古典の誤読から始まるといっても過言ではないかもしれませんね。

277 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 22:37:11.56
それはやはりそうだ。積先生が影響を受けたと思われる古典三冊はなんだろう?

278 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 22:41:28.72
『悪霊』『ユリイカ』『奥の細道』かな。

279 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 22:45:08.80
悪霊は凄い本だな。あれほど真っ黒な小説はそう御目にかからない。

280 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 22:47:18.34
私は真っ黒とは思はなかったですが、その物語に何とも名状し難い魅力の虜になってしまったのです。


281 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 22:51:16.70
ある意味怒涛のような物語展開だからなあ。
後半キャラがバタバタ死んでいくあたりは凡百の作家ではかけないだろう。

282 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 22:55:33.04
さうです。それが元で埴谷雄高に出合ひました。
埴谷雄高もまた悩み多き文学青年を虜にしてしまったのです。

283 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/19(月) 23:08:05.25
ああ死霊全部は読んでないなあ。
今度通読しなおそう。

284 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 23:10:22.18
『死霊』は私の年代に為ると、どうも無邪気に見えてしまふ憾みがあります。
もっと科学に関して懐疑的であれば、『死霊』の世界観は変はってゐた筈です。

285 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/09/19(月) 23:12:09.29
俺も通読はしてないな。死霊をいちばんに挙げるくらいすきだけど。

286 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 23:14:41.75
さうですか。すると、貴方と私は気が合ひさうですね。
武田泰淳も面白いですよ。

287 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/09/19(月) 23:17:17.03
さうですか。俺はベスターのゴーレム100とかデリーロのコスモポリスがいいです。

288 :積 緋露雪:2011/09/19(月) 23:19:35.10
御免なさい。私はベスターもデリーロも読んだことがありません。
現代の海外文学は全く読んでゐないのです。

289 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/09/20(火) 00:06:49.62
じゃ、山田正紀の神狩りとかは?

290 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 00:12:42.09
いや、最近はこてこての古典ばかり読んでゐて現役の人のものは殆ど読んでゐないのです。
山田正紀の『神狩り』とはそのタイトルが気に入りましたが、其処で描かれている《神》はどのやうな《神》なのでせうか。

291 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2011/09/20(火) 00:17:12.52
読みたいものをよむのがいいよ。きっと。
やりたいことだけやればいい。

292 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 00:18:56.74
有難うございます。

293 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 00:33:26.46
績って読書スピード遅そうだね。精読して一冊に時間かけるタイプとみた

294 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 00:38:50.17
仰る通りです。私は味読しか出来ません。

295 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 00:43:03.64
本当に読むべき書物ってのは少ない。人生にとって価値ある書物っていうのは倉田百三の『出家とその弟子』みたいな本のことをいうんであって積さんは第一章だけの小説を同時進行してるけど着地点は見えてるのか


296 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 00:47:58.07
いや、見えてはゐませんが、私は此の二作品は一生かけて書き続けるつもりの超大作なのです。

297 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 01:05:44.27
じゃあ、あなたの中にあるイデアを小出しにしていくんじゃなくて、その都度湧き出てくる思惟を上乗せしていくんだね。

298 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 01:08:49.43
その通りです。それが現代小説の作法だと思ひます。

299 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 01:27:06.43
三島は最後の一行を考え付くまでは小説を書き出さなかったそうだけど、表現者は、ゴールに向かって長い前振りを考えるものだと思うけどなあ。まあいろんな人がいるもんだ。

300 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/20(火) 01:36:52.42
自分も物を書くときはそんな感じだな。結末が決まっている小説を書くのは面白くない。

301 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 02:00:14.47
私も結末が解かってゐるものは多分、書かないと思ひます。
とはいへ、私の長編作は多分、かうだといふ結末はぼんやりと思ひ描いています。

また、私は三島由紀夫のその人工的な世界観がどうしても苦手です。

302 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 02:23:59.23
今、ラジオ深夜便でベートーヴェンの「悲愴」が流れてて、
それでふと思ったんだが、積さんはモーツァルトは好きじゃ
ないそうだが、ベートーヴェンはどうなの?

303 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 02:35:01.68
ベートーヴェンは大好きです。

304 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/20(火) 02:42:04.41
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1316453727/

テーマ…読書と秋(に関することなら何でもOK)


会 場……「アリの穴」 (p)http://ana.vis.ne.jp/
枚 数……10枚以内(サイトの表示による)
日 程……投稿期間 10月3日〜10月8日23時59分まで。
感想期間 10月10日 23時59分まで。


◎備 考
・内容説明欄に「読書の秋祭り」とだけ入れる。作者名は厳禁。
・基本書下ろし。
・作者票はない。ただ作者には出来るだけ他人の書いた作品も読んでくれればありがたい。
・合評は11日午19時から、途中で幹事飯落ちだがすぐ戻る。
・マグナ賞あり。合評前後に講評するつもりだが、作品数が多すぎた場合遅れるかも知れぬ。

305 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 02:55:39.95
なるほど。ま、そうだろうとは思った。バッハは?
こんなことを訊くのは、バッハもベートーベンも
非常に人工的な音楽で、上の三島が苦手だというのと
矛盾するのではないかと思ったものでね。現代音楽も
人工的な音楽で、それが好きという積さんだから、
三島が苦手なのは「人工的」が理由じゃない気がするんだな。
あるいは「人工的」の意味合いというかニュアンスが違うのか。

306 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 02:59:34.77
バッハも大好きです。私が人工的と言及したのは、其処に神に似た何かが存在する世界観とは明らかに三島の世界観が違ふといふ事です。

307 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 03:08:18.69
ふーむ。ま、音楽やら「人工的」やら三島やらについて、
まだ話を続けたい気がするが、きりがないのでやめよう。
ちょっと話をずらすが、鴎外もダメそうだね。漱石は?

308 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 03:11:08.30
漱石は好きです。何故鴎外が駄目とお解かりなのかな?

309 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 03:18:46.40
鴎外には積さんの言う意味合いの「人工的」な要素があるから。
うむ、もっと話を続けたいが、寝酒が効いてきて、眠くなった。
これにて失礼する。後日また。では!

310 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 03:19:15.05
お休みなさい。どうも有り難うございます。

311 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/20(火) 03:20:00.52
人工性は鴎外にもあるな。三島由紀夫が鴎外の文章をかなり評価していた。

312 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 03:22:55.12
>>311さんへ

忍法帖何某さんがときどき飛び入りで参加されますが、同じ人ではないですよね。

313 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 03:24:35.01
第九のお披露目でベートーベンは難聴が酷くて自分の曲の演奏が終わったのも気づかなくて
友人に肩を叩かれて後ろを振り替えったら観客たちが狂ったように拍手しててそれ見て気絶したらしい
難聴で音楽からも親族からもないがしろにされても
ベートーベン神様に感謝した曲作ったんだよね
嘘っぽい言葉だけど精神より魂で作ってる感じ


314 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 03:26:59.27
>>313さんへ

同感です。

315 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/20(火) 03:30:19.32
>>312
同じではないな。
名前欄のところに!ninjaと入れるだけで忍法帖がでる仕組みだ。

316 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 03:32:41.65
さうでしたか。私は2chにデビューしてまだ浅いので解かりませんでした。どうも有り難うございます。

317 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 04:02:32.20
あなたが文学賞の類に反旗を翻しているのはわかったけど、上のあなたの意見はこのスレの主題に反旗を翻していますね。問題を提起したのは誰だっけ

318 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/20(火) 04:06:47.64
文学賞はもうちょっと削減してもいい気がすることは確かだな。

319 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 04:06:59.79
このスレを立てたのは私ではありません。私を揶揄したい誰かでせう。

320 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 04:07:41.68
文学賞の乱発は確実に文学の質を落としてゐます。

321 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 04:15:08.03
あんたの支持者という可能性は?

322 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 04:17:23.41
多分、それはないでせう。私の支持者が此の世に2chで私のスレを立てる程ゐるとは思へません。

323 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 04:22:15.78
積さんをオチるスレのときいたメンバーはまだいるのかな?



324 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 04:25:55.30
さあ、解かりません。唯、このスレでは私に優しい人が多いです。

325 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 04:41:38.97
罵詈雑言の中にも愛情は含まれている。一番愛がないのは無関心。たとえ揶揄されることはあっても、積さんはいろんな人に好かれてるよ。

326 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 04:47:57.85
どうも有り難うございます。

327 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 08:54:31.65
>>324
つまり、その人たちがお前の支持者だろう

328 :積 緋露雪:2011/09/20(火) 23:28:49.32
>>327そんへ

さう考へたことがなく、成程、と思ひました。どうも有り難うございます。

329 :吾輩は名無しである:2011/09/21(水) 06:58:59.80
数少ない例外を除いて自費出版ですぐれた作品はほとんど見かけない。
知り合いが中央の文学賞の佳作や最終止まりで、結局自費出版したが、
どんなに優れた作品でもそこで終了だなと感じた。
よっぽど金をかけない限り売れないし、自費出版作家で一生を終えるだけ。
つまり、一度自費出版でデビューしてしまったら創作が趣味の人間と見られて終了。

330 :積 緋露雪:2011/09/21(水) 08:41:54.98
その人はもう亡くなられたのですか?
まだ、その人が生きてゐるんでしたなら、まだ、結論は出ないと思ひます。
それに、自費出版もそんなに捨てたもんぢゃありません。

私が目指してゐるのは、ほんの一寸、売れる物書きです。
流行作家なんぞ端から眼中にありません。

自己満足かもしれませんが、自作に関しては私は誰にも負けない自負があります。

そして、私が書いたものは数は少ないですが、直に読者に届きます。
変な選考委員なんてゐないんです。

更に言へば、唯の創作の好事家に見られたとしても、何の不満があるのでせうか。私は別に構ひません。

331 :積 緋露雪:2011/09/21(水) 08:53:59.17
そんな事より今は台風の心配です。

332 :関 浩之:2011/09/21(水) 16:55:02.57
この雨は何時止むのでせうか。

降り注ぐ豪雨の中、濡れた前髪を手ではらふ女子高生の可愛さは、常軌を逸しています!

333 :関 浩之:2011/09/21(水) 17:16:14.93
この台風で人命に関わる事故が起きなければいいな‥

東京がすごいことになっている。

334 :積 緋露雪:2011/09/21(水) 20:34:41.08
関 浩之君、そのアカウントは止めてくれないかな。

335 :吾輩は名無しである:2011/09/21(水) 20:42:13.79
大きな木が倒れましたね。虫が鳴き出しだので雨は過ぎ去ったのでせう。

336 :吾輩は名無しである:2011/09/21(水) 20:51:02.28
>>330
>その人はもう亡くなられたのですか?

おそらく年金暮らしだが、まだ生きてる。
『瀝青緯度』 『喪服の町』


337 :吾輩は名無しである:2011/09/21(水) 21:59:54.01
趣味で自費出版しつづければいいよ。
三年もかけて何百万も使って三冊出版の実績作って、それでもたった200冊の文庫を売れないんだから小説で食べてくのは無理だよ。
趣味って割り切ってとことん自己満足できる本を自費で出し続けたらいいよ。
もしかしたら、千年後くらいには認めてもらえてるかもしれないし、さ。
がんばれ!

338 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/21(水) 22:30:40.57
あんまり売れそうにない感じだな。

339 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/21(水) 22:36:30.39
ところで愛をめぐる奇妙な告白のためのブログの琴音ってどうなったんだろう。

340 :積 緋露雪:2011/09/21(水) 23:40:44.14
>>337さんへ

どうもご心配有難うございます。
私は往生際が悪いのでまだまだ足掻き続けます。

341 :吾輩は名無しである:2011/09/21(水) 23:47:28.99
具体的には何するの?

342 :積 緋露雪:2011/09/21(水) 23:51:20.95
本を出し続けます。

343 :積 緋露雪:2011/09/21(水) 23:52:42.73
言葉足らずでした。出版社にも宣伝をお願いできる金額での出版です。

344 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 00:12:31.53
それで新聞にのったりするの?

345 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 00:14:35.14
其処までは結構です。そこそこ売れれば私は満足ですから。

346 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 00:14:59.64
借金だけはしないで、それと老後の蓄えとかちゃんと考えてね。

347 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 00:17:21.30
どうも有り難うございます。
まあ、働けるうちは本を出し続けます。

348 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/22(木) 00:25:02.67
積先生は小説で色恋関係を描いたことはあるか?

349 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 00:26:31.84
『審問官〜』で書いてゐるつもりですが。。。

350 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 00:37:49.51
タバコは吸ってるの?

351 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 00:39:12.69
ヘビースモーカーで、パイプ煙草を吸ってゐます。

352 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/22(木) 00:53:54.53
最近本の売れ行きはどうだ?

353 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 01:47:25.51
相変はらず売れません。

354 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/22(木) 01:51:33.64
売れないか、創作板で祭りをするので十枚以内の散文(エッセイ、小説なんでもいい)書く暇があったら是非。

テーマ…読書と秋(に関することなら何でもOK)


会 場……「アリの穴」 (p)http://ana.vis.ne.jp/
枚 数……10枚以内(サイトの表示による)
日 程……投稿期間 10月3日〜10月8日23時59分まで。
感想期間 10月10日 23時59分まで。


◎備 考
・内容説明欄に「読書の秋祭り」とだけ入れる。作者名は厳禁。
・基本書下ろし。
・作者票はない。ただ作者には出来るだけ他人の書いた作品も読んでくれればありがたい。
・合評は11日午19時から、途中で幹事飯落ちだがすぐ戻る。
・マグナ賞あり。合評前後に講評するつもりだが、作品数が多すぎた場合遅れるかも知れぬ。

★☆創作文芸板 読書の秋祭り☆★
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1316453727/l50

355 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 01:55:34.44
どうもお誘ひ有難うございます。しかし「読書と秋」では、私が書く内容ではありません。

356 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/22(木) 02:00:19.73
書くものとしては、もう少し広い対象を目指しておられるのか。

357 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 02:02:12.22
いえ、ひたすら、思惟する存在を描いてゐます。それが先人達の残した命題だと思ふからです。

358 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/22(木) 02:03:15.01
ひたすら思惟する存在か。分かりにくいが、例えばベケットの三部作のような?

359 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 02:06:30.41
済みません。私はベケットは読みたいのですが、読まないまま、今に至ったゐるので、何とも言へませんが、多分、さうなのでせう。私の念頭にあるのは埴谷雄高の『死霊』の更に思惟ばかり肥大した存在といふものです。

360 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/22(木) 03:07:04.00
ベケットはいいぞ。そんなに量もないし読めるものだ。

361 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 03:14:30.63
早速、手始めに『ゴトーを待ちながら』を買ひました。お金があれば、随時ベケットを買ふつもりです。どうも有り難うございます。

362 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 04:46:49.65
>>1>>336の作家の末路。
さやかなさ老後の年金を定期的に吸い上げられて、
結局、基本的に図書館にも置かれない自費出版本が
棺おけの中や自費出版社のゴミ箱へ。

363 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 04:51:04.43
>>361
有名な作品のタイトルくらい正しく書けよ。
ほんとに買ったかどうかも怪しいと思われるぞ。

364 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 04:59:22.53
>>362さんへ

それでも本人は幸せです。貴方はその幸せを妬んでゐるだけにしか見えません。可哀相な人ですね。

>>363さんへ

どうも失礼しました。『ゴドーを待ちながら』でしたね。入力ミスです。お許しを。

365 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 13:16:21.78
お前、精神病か?

366 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 14:35:17.59
情弱を食い物にする自費出版ビジネスの回し者→積

367 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 17:29:13.82
偏差値50の文化人(笑)積

368 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 18:26:06.95
誰かに貢いだり、宗教に入れ込んだりするやつは
金を注ぎ込むことで多幸感が得られたりするらしいからな。
そんな人間をさらに洗脳するために使われるのが下のようなセリフ。
周りの意見をシャットアウトするように仕向けてるところにこいつの正体が見えてる。

>それでも本人は幸せです。貴方はその幸せを妬んでゐるだけにしか見えません。


369 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 19:05:34.02
自分が買って得したと思う自費出版本
ヘーゲル エンツュクロペディー〈第1篇〉論理科学 [単行本]
ヘーゲル, Georg Wilhelm Friedrich Hegel, 大北 恭宏
767ページ
出版社: 文芸社 (2004/03)
大北 恭宏
1959年(昭和34年)徳島県に生まれる。1983年(昭和58年)徳島大学教育学部卒業。
以後、徳島県下の小学校で教える。その他、徳島県立山川少年自然の家専門員。
徳島県埋蔵文化財センター研究員などを歴任。現在、徳島県教育研修センター
研究員。日本論理学研究会員外会員。日本教育技術学会会員。日本言語技術教
育学会会員。一般科学研究所主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載
されていたものです)



370 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 19:07:24.72
この翻訳も優れた自費出版

万物の根源/世界の起源を求めて ルクレティウス、Titus Lucretius Carus、 塚谷 肇 (単行本 - 2006/11)
新品: ¥ 2,625


371 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 20:12:30.97
積、いるか?

372 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 20:31:19.29
ベケットならゴドーじゃなく、
モロイ&マロウンは死ぬ&名づけえぬものの三部作だろ
ゴドーは芝居
小説にこだわるなら三部作

373 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 21:21:35.28
>>365さんへ

はい。私はもう何十年も鬱病です。

>>366さんへ

私は自費出版したい人に語りかけてゐるだけで、私は大手出版社の新人賞への応募を進めていますが。

>>367さんへ

私は偏差値は当時72はありましたが。ただ、病気の為に東京理科大学第二理学部に入学を余儀なくされたのです。

>>368さんへ

貴方は何か「もの」を自分で創ったことは在りますか?
多分、ないでせう。私が言ってゐるのは金の問題ではありませんが、しかし、そのやうにしか受け取れない貴方の狭量な考へは、哀しいものだといふ事を知ってください。

>>372さん

どうも有り難うございます。

374 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 21:52:22.99
まあ、頭がいいんだろうとは思う
頭が固いのも事実だが。旧仮名を除けば悪くない文章

375 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 22:02:10.26
>>374さんへ

頑固は生来のものです。お許しを。

376 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 22:05:16.69
ある種の賢人かもしれないけど莫迦みたいに生き方が下手だ。



377 :積 緋露雪:2011/09/22(木) 22:07:27.87
>>376さんへ

仰る通りですが、病気持ちはこの程度しか出来ないのです。

378 :積 緋露雪:2011/09/23(金) 01:14:32.55
どなたかは解かりませんが、『審問官 第一章「喫茶店迄」』を買ってくださった方、有難うございます。

379 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 20:43:35.82
積さんよ、あんたの生き方は俺にはよく判る。

自分の生きた証がその作品なんだよな。金儲けや、売れる売れないはどうでもいいんだ。

和歌山はもう落ち着いているぞ。少なくとも街中はな。

380 :積 緋露雪:2011/09/23(金) 21:29:02.38
>>379さんへ

和歌山の方ですか。この度は大変でしたね。お見舞ひ申し上げます。

そして、あなたが仰る通り、本となった作品が売れる売れない関係なしに私の人生の象徴です。

381 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 22:04:53.15
埴谷雄高なんかじゃなくて普通にプラトンの対話編読むといいのでは

382 :積 緋露雪:2011/09/23(金) 22:31:47.49
>>381さんへ

プラトンはもう読みました。アドバイス有難うございます。

383 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:05:29.87
>>376
物書きってなそんなものだろう。世渡り上手ならこんな商売やってない。

384 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:09:22.46
読めてなさそうだから再読オススメ。ベケットと併せてよむべし

観念小説やるなら必須

385 :積 緋露雪:2011/09/24(土) 00:55:01.41
>>384さんへ

私は、現代のプラトンの対話篇のやうなものが書けないかと思ひ、『幽閉〜』を書き始めました。

まだ、読み込みが足りないといふ事ですので、もう一度読みたいと思ひます。どうも有り難うございます。

386 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 01:43:57.20
>>385
ベケットをプラトンの目線で読むといいんじゃないか

387 :積 緋露雪:2011/09/24(土) 01:50:16.62
有難うございます。ベケットはこれから読ます。

388 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 10:50:21.82
言葉についての対話―日本人と問う人とのあいだの (平凡社ライブラリー)
マルティン ハイデッガー、Martin Heidegger、 高田 珠樹 (単行本 - 2000/8)
内容(「BOOK」データベースより)
存在と言語をめぐるハイデッガーと日本人との対話。西洋形而上学の超
克を企てるハイデッガーと異なる「存在の家」に住む日本人との緊迫し
た対話が、「在る」ことの不可解さに肉薄する。
東洋思想を媒介として、西洋形而上学の超克を企てるハイデッガーと、
異なる「存在の家」に住む日本人との緊迫した対話が、「在る」ことの
不可解さに肉薄する。〈ソフトカバー〉
単行本: 228ページ
出版社: 平凡社 (2000/08)



389 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 10:52:02.39
エウパリノス・魂と舞踏・樹についての対話 (岩波文庫)
ポール ヴァレリー、Paul Val´ery、 清水 徹 (文庫 - 2008/6/17)
新品: ¥ 630
内容(「BOOK」データベースより)
ヴァレリー(1871‐1945)の最も美しいとされる三篇の対話。建築と音楽
を手がかりに哲学と芸術の岐路をソクラテスが弟子に語る「エウパリノ
ス」、詩人によるダンス評論の古典「魂と舞踏」、最晩年の「樹につい
ての対話」を収める一冊は、『カイエ』『ムッシュー・テスト』等、思
索と創造二つの道を歩んだ20世紀知性の内面を明かす。

文庫: 244ページ
出版社: 岩波書店 (2008/6/17)




390 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 10:55:07.51
最後の人/期待 忘却
モーリス・ブランショ、 豊崎 光一 (単行本 - 2004/9/23)
内容(「BOOK」データベースより)
期待忘却の言語空間を緊迫した儀式性にまで高めたブランショの驚くべ
き達成。ここに登場する男女の対話は一種抽象的な恋愛小説でもある。
最後の人、最後の作家ブランショ。期待 忘却の言語空間を緊迫した
儀式性にまで高めたブランショの驚くべき達成! ここに登場する男女の
対話は一種抽象的な恋愛小説でもある。
単行本: 300ページ
出版社: 白水社 (2004/9/23)




391 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 11:35:40.47
ハイデガーはすすめない
へんなジャルゴンを駆使した信者が多いから、
用語法ごと引きずられて思考が劣化すると思う
埴谷への解毒剤が必要なのだから
ブランショもあやういな
ぎりぎりヴァレリー

392 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 16:42:35.70
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2061467.jpg
本が硬いwww

393 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 17:23:04.17
まだ途中までしか読んでないけど、モニターで見るのと違って、活字だと旧仮名遣いもさほど違和感がないね。
≪≫←この括弧はしつこく感じる。
随所に斬新で面白いアプローチがある。
そして意外と軽い文章。内容は難しいけど。

こういうスレでの雑談で旧仮名使う必要はあるの?

394 :積 緋露雪:2011/09/24(土) 21:05:25.82
>>398>>390さんへ

いろいろと参考になる本の紹介有難うございます。私はハイデガー、ヴァレリー、そしてブランショの本は読んだことがあります。しかし、ご紹介の本はまだ味読なので是非読んでみます。

>>393さんへ

どうも有難うございます。《》は鍵となる言葉全てに使ってゐますので、五月蠅いかもしれませんね。まあ、しかし、それには目を瞑ってお読みください。


また、私は仕事で現代仮名遣ひを使う場合を除いて、あらゆる場面で、旧仮名遣ひを使うようにしてゐます。これは現代仮名遣ひの小説で戦前のものと肩を並べる作品が生まれたのかといふ問ひなのです。

395 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 21:35:11.83
古井は?

396 :積 緋露雪:2011/09/24(土) 21:42:49.16
さうでした。しかし、奇妙な事に古井由吉は私の中では読むときに旧仮名遣ひに変換されてゐるのです。

397 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 01:41:17.08
25年ほど前、本屋で『虚霊』という本を見た記憶がある。
あの作者はその後どうなったかなあ?

398 :積 緋露雪:2011/09/25(日) 01:48:35.75
それは本当ですか。初耳です。しかし、25年前ですと埴谷雄高がバリバリの時だと思ひますが。それで『虚霊』ですか。随分と勇気がある方がゐたんですね。

私にはできません。

399 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 01:54:20.01
確か埴谷がその本の帯に推薦文を書いていたな。

400 :積 緋露雪:2011/09/25(日) 01:59:37.02
般若さんは褒め殺しでしたから。。。

401 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 02:04:28.69
そうだね。大抵褒めまくっていたよね。
埴谷自身もそれを充分自覚しながらやっていた。
それを他人に批判されると、自分が褒めようが褒めまいが、
駄目な奴はどうせ駄目になると言い返していた。




402 :積 緋露雪:2011/09/25(日) 02:14:39.40
でも、実際、その通りになってゐます。
そして、現役で活躍してゐる作家の中で、死後も話題になる作家は育つのか、私は疑念を持ってゐます。

つまり、失礼ながら、現状で作家然としてゐる物書きは死後は話題にすらならないのが確実に思へるのです。

出版会はその危機感を持ってゐるのか怪しいです。それで、私は現在は、自費を投じて本を出版する道を敢へて選んでゐます。

しかし、或る人からすると目障りでまた、生き方が下手糞だとのことです。

403 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 02:21:32.51
俺はあなたより少し年上だけど、20代の頃埴谷の影響を受けて、
長編小説を書いていたことがある。200枚程度書いたところで
才能の限界を感じて、中絶した。今も押し入れにしまってあるが、
俺の死後、発見されるだろうな。

404 :積 緋露雪:2011/09/25(日) 02:30:11.14
それはそれで面白い事です。カフカもブレイクもゴッホも死後に評価された人達です。

でも、出来るのであれば、その作品を本といふ形にするのも在りかと思ひます。

405 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 16:56:37.65
積さんは酒飲まないの?
欝とアルコールは相性悪いんだっけ?

406 :積 緋露雪:2011/09/29(木) 21:18:11.91
薬を服用しているのでもう十年以上断酒です。酒は飲みたいのですが、今はあきらめています。

407 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 18:35:51.08
それはお気の毒。でもアルコールも脳細胞を破壊するというし、飲めない方がかえっていいのかもね。

408 :積 緋露雪:2011/10/01(土) 06:21:55.77
いや、正直なところ、武田泰淳ぢゃないけれども物書きは酒でも呷って羞恥心をとっぱとっ払はないと書けたものぢゃありません。

409 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 21:59:56.35
サブカル的というか世界系だね。

410 :積 緋露雪:2011/10/02(日) 07:32:29.54
サブカルかどうかは解かりませんが、哲学的な意味でも、文学的な意味にも、世界に関して、そして世界で通用する作品を書いてゐといふ自負はあります。

411 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 07:57:06.24
>>410
世界系というのは
現実には有り得ない設定のことを指すだろう。
武田泰淳のようなエリートだけが小説を書いてた時代から
見れば、現代はある意味で「世界系」かもしれんがw


412 :積 緋露雪:2011/10/02(日) 08:06:58.84
>>411さんへ

世界系とはさういふ意味ですか。
それならば、私の書くものは現実であるけれども現実とは違ふ、何とも曖昧な作品といふ事になります。

413 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 08:16:03.96
>>412
俺の発言は世界系の定義そのものではないが、属性については
たぶん言い当てていると思う。
俺はあなたの作品を読んでないけど、話を聞いてると
たぶん世界系ではないと思う。

414 :積 緋露雪:2011/10/02(日) 08:44:24.81
>>413さんへ

どうも親切に有難うございます。

415 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 11:13:46.21
mixiのドストエフスキーのコミュその他で宣伝してるみたいだけど
mixiは基本的にライト層ばっかりだし、旧仮名遣いに拘る貴方の作品を
あの書き込みを見て読もうと思う人はいないんじゃないかな?
変な人に見られるだけがオチだから、あそこで宣伝はしない方がいいと思うよ。

416 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 22:23:59.39
mixiでも宣伝してるのか……
売れたい気持ちはわかるけどあまり浅ましいことはするなよ。

417 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 23:26:42.10
その内YouTubeとかにも進出して「ショートコント。旧仮名遣い」とかやりだすんじゃないのか…。

418 :積 緋露雪:2011/10/04(火) 03:49:43.35
mixiデモといったアドバイスを戴いたのでmixiにも宣伝をかけてみましたが、mixiはあまりよくないみたいですね。

419 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 20:32:28.12
>出版社が王で作家が下僕といふ関係を打破したく、私は賞といふものを嫌悪してゐます。
>授与されそうになったことは何べんもありますが、その都度断ってきました。

いや貰えば良いと思うよ
ルサンチマンなんて自分の力で乗り越えた時点でどうでも良くなる物をいつ迄も気にしてる時点でまだまだ子供なんだよな
死後の再評価だって前衛的な作品やタブーにでも触れてない限り有り得ない物を今更古典や旧仮名遣い?可能性は低いだろうな

420 :積 緋露雪:2011/10/04(火) 23:28:25.15
此処にも現れましたか。吾輩は名無しであるさん。別に私が賞嫌ひはルサンチマンでもなんでもありません。
それに此処でも旧仮名遣ひについて批判していますが、何度も言ふやうに私の勝手でしょ。

私の批判をしてゐる暇があったなら、「売れる作家」を探しなさい。

421 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 23:42:07.76
>>420
ところで貴方についてまだあまり知識がないので、愚問かも知れないが一つさせてくれ。
印税だけだとカツカツだと思うけれど、何かほかに仕事はしているの?
参考までに教えてくれないかな? 俺も一応仕事はしているがカツカツだからねw

422 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 23:47:59.85
ああ悪い、雑誌の編集やプログラマか。
でもプログラミングが出来るって凄いね。
50近いんだよね。相当努力してるんだな。

423 :積 緋露雪:2011/10/05(水) 06:33:26.19
御免ね。私は独学でプログラミングを学んだのでね。
それよりもAmazonでのタグのおちょくりは已めてくれないか。
私は君等の玩具ぢゃないんでね。

424 :積 緋露雪:2011/10/05(水) 06:35:46.17
はっきり言って営業妨害だ!

425 :積 緋露雪:2011/10/05(水) 08:01:30.00
私の作品を茶化すのならば読んでからにしなさい。この陰険な馬鹿者が!

426 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 23:20:51.96
>>423
おいおい誰と勘違いしている?
俺は貴方を煽ったりAmazonいじくったりしてないぜ
まあ名無しから見分けがつかないけど

427 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 00:38:38.65
何が営業妨害だよ。顧客もいないくせに。

428 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 00:52:28.19
玩具にされる覚悟なしに物書きになれると思うなんて・・・

429 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 03:19:07.53
積氏の小説より積氏の
「小説家になるには〜物書き入門講座」のほうが断然おもしろい。

http://shousetuka.biz/

430 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 04:03:34.56
確かに「ーー物書き入門講座」はいいたいことが明確につたわってくるし、氏が狂人でないことがわかる。

431 :積 緋露雪:2011/10/06(木) 05:37:45.61
仕様もな!

私は他人の玩具に為りたくありませんし、物書きが他人の玩具に為る必然性が解かりません。私は売れない物書きで、全く無名の物書きなのですが、なぜこんな者が2chで玩具にされるのですか?

432 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 15:45:20.67
2chでしつこく自分を宣伝したりしなければ玩具にされることもなかろう

433 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 16:19:36.64
今は疑心暗鬼になってるみたいだから書き込まないほうがいい

434 :積 緋露雪:2011/10/06(木) 19:51:56.73
勝手に終了されてしまった次のスレは、結局、名無し共の言ひたい放題でしかない。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1314438852/l50

他人のことをうだうだ言ってゐないで、自分で本を出版してみろよ、と言ったのだが、誰もそんな根性はないみたいだ。

435 :積 緋露雪:2011/10/06(木) 20:11:06.39
>>432さんへ

2chに引き摺りこんだのは貴方方でせう。私は2chで玩具にされたので、その腹癒せに自分の宣伝をしてゐるだけです。

それがまた、貴方方、本も出せない人達には憤懣やるかたなしのやうで、私を罵倒しなければ気が済まないといふ醜態を見せてゐる事に気付かない馬鹿ぶりを存分に発揮してゐます。私からすれば、そんな輩は可哀相でしかないのです。

436 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 20:44:04.71
>>435
具体的にどう引きずり込まれたのかよろしく

437 :積 緋露雪:2011/10/06(木) 20:48:35.76
或る小説の投稿サイトで自作の宣伝をしたならば、其処ではそんな事はしちゃいけないと2chで思いっきり罵られたのです。
私はそのサイトの事はよく知りませんが、掲示板に書き込んだだけです。
2chの人にはそれが癪に障ったみたいです。

438 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:11:41.91
調べるのに時間がかかったよ
アルカディアか。

>私は貧乏な物書きです。また、私が読んだこともない作家に私の作品を評価されるのを嫌って賞といふもを忌避してゐます。
>私は現在、『夢幻空花なる思索の螺旋階段』『審問官 第一章「喫茶店迄」』『幽閉、若しくは彷徨〈第一部〉』を出版してゐます。
>文学賞を取った作品より幽玄な内容だとの自負があります。もし宜しければお読みください。

よく知りもしないサイトに宣伝したのか。トップページ最上部にに利用上の注意も載ってるのに。ルールに則ったことしてりゃ何もされねえんだよ

以下、アルカディアの「利用上の注意」より引用

>掲示板について

>掲示板は、それぞれに用途がありますので、用途を間違わずに使用してください。
>自分の望む用途の掲示板がない場合には、通常掲示板をご利用ください。
>また、すべての掲示板において、イベント、商品、企業の宣伝行為は禁止です。
>(サイトをたてました……等は除く。また、Arcadiaからプロ作家に転向された方の外伝投稿、Arcadiaへの投稿がまずくなるための、自サイトへの移管のお知らせ等も除く。)

439 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:18:00.78
469:積 緋露雪:2011/06/24(金) 02:50:57.92 ID:zUvOeDTX0
私は2chでも自作の告知が可能かどうかを知りたかっただけなのですが。。。

440 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:27:26.13
>私は貧乏な物書きです。また、私が読んだこともない作家に私の作品を評価されるのを嫌って賞といふもを忌避してゐます。
>私は現在、『夢幻空花なる思索の螺旋階段』『審問官 第一章「喫茶店迄」』『幽閉、若しくは彷徨〈第一部〉』を出版してゐます。
>文学賞を取った作品より幽玄な内容だとの自負があります。もし宜しければお読みください。

自分の作品は読まずに評するなといいつつ、文学賞をとった作品は
読まずに評してる。

441 :積 緋露雪:2011/10/06(木) 21:28:27.72
>>438さんへ

利用上の注意を読まなかったことは私のミスですが、それを人格攻撃する2chってなんなの? といふのが私の疑問で、「此の人達は何者?」と思ひ、その根拠が知りたくて2chに首を突っ込んだのです。

>>439さんへ

2chでも自作の宣伝は可能ですが、2chの住人に徹底的に愚弄されます。その覚悟があるならば、どんどん宣伝してみてください。

442 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:34:53.50
>>441
>2chでも自作の宣伝は可能ですが、2chの住人に徹底的に愚弄されます。その覚悟があるならば、どんどん宣伝してみてください。

いや、>>439はお前のレスを引用したんだよ。


443 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:35:41.05
>>434
自分が立てたスレを他人に終了されてしまう。
積さんって・・・

444 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:44:30.62
>>441
お前が規約違反の迷惑行為さえしなければ、お前の名前が検索されることもなかったし、お前がスレに凸したりしなければ、その後お前の話題が2chで出されることもなかったろう。
2chに来て初めてのレスは

390:積 緋露雪:2011/06/24(金) 01:59:16.94 ID:zUvOeDTX0
誰が何を言おうが恥を忍んで私は自作を宣伝します。勝手な妄想は私に対してしないで下さい。
私は社会にコミットしてプログラマとして働いています。また、私の本は全てが自費出版でなく、最初の一策のみが自費出版です。
まあ、自著の宣伝位お許しを。

しかも、2chにきた理由としての説明が「私は2chでも自作の告知が可能かどうかを知りたかっただけなのですが。。。」で、
「私は本を売るためならできることは何でもします。悪しからず。」など、自分本位なことばかり言う。
アルカディアでの行為が「恥」とかいうレベルでなく、「ルール違反」だったと認識しているのだろうか

445 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:48:07.27
積、こんな奴ら相手にしていても仕方がない
それより、もうそろそろ料金収集日だぞ。2ch初心者なら料金節約の仕方も知らないだろうし、今のうちに確認しといた方がいいんじゃないか? 確認の方法は知ってるか?

446 :【8400円@プラン】:2011/10/06(木) 22:07:36.34
>>445
名前欄にnanafusianasanixだっけ?

前に、積の本を買ったという奴がいたが、読破したのだろうか。純粋な批評が聞きたい

447 :【11240円】:2011/10/06(木) 22:17:45.32
2chがお前に絡む原因を作ったのもお前自身だろ。自覚しろ

448 :積 緋露雪:2011/10/06(木) 22:31:56.96
>>444さんへ

相当、私を侮蔑したいやうだが、私は規約違反と解かってすぐに削除しましたが、2chでは何時までもうじうじと私を愚弄し続けてたので、私は頭を突っ込んだのです。

>>447さんへ

2chの方がさう仕向けたのでせうが。何を責任転嫁しているのです? 2chは自分が都合悪くなるとすぐに逃げますが、これが2chの住人の殆どの生き方なのですか?


449 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 22:41:42.72
村上龍の掲示板が流行り始めた頃の体験談
初めは歓迎されていたが、次第にアンチの巣窟になり関わらないようになった

450 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 23:43:26.93
自費出版なんて金さえ払えばだれでも出来るのに、なんでそんなに威張ってんの?

451 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 04:03:39.03
積さんの気持ちは分かる。賞なんか取った後で、編集から次作を
せっつかれたりして浮かれるような気持ちになれないんだろ。
30代までの文学が好きでたまらない人なら、受賞で人生が変わる
というのがあるだろうけど、
「今さらそれでどうこうなるものじゃない!」という年齢も又ある。
自費出版で、のんびりとやりたい人がでかいことをやる可能性も
あって良い。


452 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 04:06:38.60
自費出版でよしとする立場じゃないだろ

453 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 05:57:40.25
>>452さんへ

私は自費出版を善しとはしてゐませんが。貴方はもしかして「自費出版からのさばるには」から流れてきた人ですか?

もしさうだったなら、あなたの連れの方々にくれぐれも「人を馬鹿にするのもいい加減にしろ!」と言っておいてください。

454 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 06:02:08.32
>>450さんへ

何をもって私がえばってゐると判断するのですか。その人を侮蔑したもの言ひの根拠は何なのですか?

455 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 06:15:03.62
>>454
「自費出版からのさばるには」の最後じゃ、受賞作品が
7000部売れたと称する「作家ごっこ」の奴もいたなw

456 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 06:36:52.37
>>455
受賞作品が7000部しか売れないなんて、その賞のネームバリューの低さを
自慢してどうするんだって話だなw

457 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 06:51:34.13
ちなみに積大先生の売り上げはたった500部w
それでも他者を「貴方方、本も出せない人達」と見下して悦に入っているw
出版を「買う」のがそんなにご立派なことなのか?

458 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 06:57:22.04
>>457さんへ

私は零から出発してゐます。そして、私を揶揄してゐる多くの人が「自分で本すら出せずに私を揶揄する事で溜飲名をおろしてゐる醜態」を晒してゐます。

貴方方はねそれすら気が付かないのですか。

私は少なくとも本は出して、他者の批評に私の作品を委ねてゐますがね。貴方方は、他人に批評されるのが怖くて仕様がない幼児でせう。

459 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 07:26:15.18
純粋な読者、という者もいるのだよ(笑)
べつに書く気はない、読むのだけ好きというひと。
世界中の人が君みたいに作家になりたくて顔真っ赤にしてあがいてると思った?

賞から逃げて、批判には逆ギレして、幼児は積さんのほうだね(笑)
一生趣味の自費出版やってなよ

460 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 07:32:53.69
>>459さんへ

読むだけでいいならば私を批判するにも私の作品を読んでからにしてくれない?
それすらせずに私を揶揄するのは「読者面」した愚人でしかないんだよ。

それに私はすでに自費出版から卒業しているがね。

461 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 07:36:30.86
へえ、原稿料もらって、出版費用を出さずに本出してるの?

462 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 07:42:59.35
>>461さんへ

いいえ、自腹は相変はらず切っていますが、現在の出版業界で、自腹を切らずに出版してゐるのは極極少数なのはご存知だと思ひますが。

そして、貴方はさうやって私を揶揄する事で己の馬鹿さ加減を存分に発揮してゐるのを自覚しなさい。

463 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 07:48:01.65
自腹きってるけど「もう自費出版からは卒業しました」???

464 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 07:50:56.20
>>463さんへ

現在、出版してゐるほとんどの人が何らかの形で自腹を切って出版してゐるのをご存じないのですか?

莫迦ぢゃない?

465 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 07:52:38.79
>>464さんへ

例へば秋山駿すら自腹を切ってゐるのですが。。。

466 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 16:06:11.21
2ch経由で本を買った人もいるし、その時点で積の思惑に乗せられてることに気づけ

467 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 17:02:35.00
>>466さんへ

現時点で2ch経由で私の本を買ってくれた人は多くて一人です。残念でした。

2chは評判が悪いので私の本の販促には全くなりません。

468 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 17:11:18.29
「2chでの私の言動は評判が悪いので」だろ?

469 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 19:39:43.71
>>468さんへ

いいえ、2chそのものが非常に評判が悪いのです。貴方にはその自覚がないなですか。全くお目出度い人だ。

470 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 19:52:00.36
2CHなんぞ誰でも見れるわけだから、
いろんな人が来るさ。
今始まった事じゃないさ。

471 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 19:57:57.12
でも、著作の宣伝は一番安上がりだろう。
それでいいじゃないか。
金かけたくないだろう。
だったら、嫌味言われながら世間の冷たい風に当たりながら宣伝するしかないよ。

新人賞は獲るまでが大変
自費出版は宣伝するのが大変

472 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 20:42:54.38
オッサンもう2chに来るなよw
宣伝しにきといて批判は本を読んでからしろってあんた馬鹿なの?

473 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 21:44:00.16
好きなように言わせておいた方が宣伝になるのにね。
我慢できずに顔出すから、顰蹙買うんだよ。
プロを見習いなさい、言わせておいてそこから知名度をあげる。
決して顔を出さない。我慢我慢。

474 :積 緋露雪:2011/10/07(金) 21:48:59.07
>>472さんへ

此のレスは私が立てたものではありません。そして、私の作品っを批判するならば読むのが当たり前でせう。

475 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 22:10:23.83
440 :吾輩は名無しである:2011/10/06(木) 21:27:26.13
>私は貧乏な物書きです。また、私が読んだこともない作家に私の作品を評価されるのを嫌って賞といふもを忌避してゐます。
>私は現在、『夢幻空花なる思索の螺旋階段』『審問官 第一章「喫茶店迄」』『幽閉、若しくは彷徨〈第一部〉』を出版してゐます。
>文学賞を取った作品より幽玄な内容だとの自負があります。もし宜しければお読みください。

自分の作品は読まずに評するなといいつつ、文学賞をとった作品は
読まずに評してる。



476 :吾輩は名無しである:2011/10/07(金) 23:23:28.57
俺最高、文学賞は汚らわしい、が積さんの思ですから、読むまでもないのです。

477 :積 緋露雪:2011/10/08(土) 00:21:25.03
>>475さんへ

摘み読みはしています。

>>476さんへ

私は自分が最高なんぞ微塵も思ってもゐません。人をあんまり馬鹿にしないでね。

478 :積 緋露雪:2011/10/08(土) 00:23:37.04
>>475さんへ

言ひ忘れましたが、私は文学賞を取った作品の内容には言及はしてゐませんが。唯、読む気がしないといってゐて、批評は一切していない筈ですがね。

479 :吾輩は名無しである:2011/10/08(土) 00:33:16.01
>文学賞を取った作品より幽玄な内容だとの自負があります。

480 :積 緋露雪:2011/10/08(土) 00:54:17.65
>>479さんへ

だから何なのですか。私は文学賞を取った作品の内容には言及していませんが。唯、私の作品は文学書を取った作品よりも有限だと自分で思ってゐると言明してゐるだけですが。

それにしても、2chの住人は小さなことをうじうじと何度も掘り繰り返して楽しみはそれしかないんですか。

481 :積 緋露雪:2011/10/08(土) 00:55:13.64
有限→幽玄

482 :積 緋露雪:2011/10/08(土) 00:58:20.45
それと「自費出版からのさばるには」が物足りなければ新たに自分らでスレを立てればいいでせう。

483 :吾輩は名無しである:2011/10/08(土) 01:22:38.90
屁理屈

484 :吾輩は名無しである:2011/10/08(土) 05:12:26.48
積 緋露雪さん、親切心から云うけどあんた全く才能ないよ。
もうよいご老体なのだし自称作家で食っていくの諦めなよ

まさか中途で筆を折って続編があれば完璧な作品……とかの心算じゃないのかな。

485 :吾輩は名無しである:2011/10/08(土) 06:37:17.10
>>484
>>もうよいご老体なのだし自称作家で食っていくの諦めなよ
>>まさか中途で筆を折って続編があれば完璧な作品……とかの心算じゃないのかな。

お前の文章は文章として変だw

486 :積 緋露雪:2011/10/08(土) 06:50:47.68
>>484さんへ

どうもご親切に有難うございます。しかし、私の作品をちゃんと評価して呉れる人も存在するので、私は書き続けます。

487 :吾輩は名無しである:2011/10/08(土) 11:04:20.55
がんばって!
でも代表作になる予定の長編の一巻が200部じゃ辛くないですか。
二巻目以降は一巻の半分も売れなくなるだろうし。

488 :積 緋露雪:2011/10/08(土) 11:16:58.95
>>487さんへ

良いんです。仮にですが、評価されればどこかの出版社が出版して呉れます。また、売れればの話ですが、現時点でも、鳥影社さんから単行本の形で再発する事を予定してゐます。

489 :吾輩は名無しである:2011/10/08(土) 15:06:53.32
>>488
共同出版って感じ?

490 :積 緋露雪:2011/10/08(土) 15:23:29.00
>>489さんへ

まあ、そんなものです。

491 :吾輩は名無しである:2011/10/08(土) 22:24:26.95
養分生活から抜け出せないな

492 :吾輩は名無しである:2011/10/09(日) 00:01:31.32
とりあえず、理由を書かずに「才能がないからやめろ」とだけ言う人は、本当はその才能に嫉妬しているから一刻も早く書くのを諦めさせたいんだよ。

俺は積さんの作品は読んでないので評価はしない。

493 :吾輩は名無しである:2011/10/09(日) 01:22:36.08
憶測でしかないけど、このひと、田村隆一とかあんまり好きじゃないんだろうな。

494 :積 緋露雪:2011/10/09(日) 07:19:37.83
>>493さんへ

私は荒地派の詩人の作品はみんな好きだよ。まあ、田村隆一より、私は鮎川信夫の方が好きだけれどもね。

495 :吾輩は名無しである:2011/10/09(日) 10:29:07.85
ブログ写真見たけど、
積さんって男前やわ。
顔立ちが若い女性に受けそう。
驚いたわ……。

496 :吾輩は名無しである:2011/10/09(日) 12:06:28.82
>>494鮎川はイデオロギーが強くてちょっと苦手だね。

497 :積 緋露雪:2011/10/09(日) 13:10:20.51
>>495さんへ

どうも有り難うございます。

>>496さんへ

私は鮎川信夫の詩にイデオロギーを感じた事はありません。
多分、イデオロギーが表立って現れるのは鮎川信夫が詩を書かなくなってからの文章だと思ふのですが、生憎私は詩を書かなくなってからの鮎川信夫の文章をあまり読んでゐませんので、何とも判断しかねます。

498 :吾輩は名無しである:2011/10/09(日) 23:50:23.45
>>495
>>ブログ写真見たけど、
積さんって男前やわ。
顔立ちが若い女性に受けそう。
驚いたわ……。

それは積が短身で口が臭くて短小包茎でインポで文無しどころか、
借金で首が回らないことを隠ぺいするためだW

499 :吾輩は名無しである:2011/10/10(月) 07:10:53.78
あのツィートは全然販促になっていない。本人の思惑とは違い際物感を
読んだ人に感じさせるだけ。あんな人を遠ざけるツィートするより、
ドスととか埴谷とか詩人でもなんでもいいけどそういうものについて鋭い指摘
をぽつぽつしてたまにちょろっと販促したほうがよっぽど文学好きに興味もっても
らえるのに。わざと人を遠ざけることをしているようにしか見えない。
売れるかもしれないのに自分で売れないようにしてる。迂回するしかないのに。


500 :吾輩は名無しである:2011/10/10(月) 14:03:23.79
Amazonに誰もレビュー書いてないし、あの商品の説明読んだ限りではとても手に取る気になれないな。
説明が重複してるのは何とかならんのか?

501 :積 緋露雪:2011/10/10(月) 19:00:01.07
>>499さんへ、>>500さんへ

どうぞご勝手に。私は読みたい人にだけ読んで貰ひたいので、今のままで構ひません。それが、売れない事を助長してゐようともです。

502 :吾輩は名無しである:2011/10/10(月) 22:47:32.04
じゃあでしゃばって宣伝してくるなタコ

503 :吾輩は名無しである:2011/10/10(月) 22:49:34.08
自分の器を認めたくない人なんだから、そっとしといて遣れよ

504 :吾輩は名無しである:2011/10/10(月) 22:53:41.17
前に、2ch経由でこいつの本買ったってやついたよな。感想が聞きたいんだが、どうだったんだろうか

505 :積 緋露雪:2011/10/11(火) 02:17:38.48
>>502さんへ

私は宣伝しますが、読んでくれと強要はしません。
そして、幾ら宣伝した処で読みたくない人は読みません。

>>503さんへ

私の器を貴方は解かるのですね。さすが2chの住人。
私は今迄他人の器を測りかねるばかりです。

506 :吾輩は名無しである:2011/10/11(火) 15:37:45.15
もう積緋露雪のことは相手にしないほうがいい。

507 :吾輩は名無しである:2011/10/11(火) 16:56:26.87
いや、ここは積と遊ぶスレだから

508 :吾輩は名無しである:2011/10/11(火) 19:12:20.62
なるほど〜。それでは502殿、タコではなく雪男ではありませんか。

509 :吾輩は名無しである:2011/10/11(火) 19:34:05.07
ブックオフで埴谷死霊Tを100円で手に入れた。
とりあえず一巻だけ読んで見よう。

510 :吾輩は名無しである:2011/10/11(火) 21:38:07.13
ぶっちゃけたいした作品じゃないと思うんだがなあ

511 :吾輩は名無しである:2011/10/11(火) 22:08:41.74
ちょろっと読んだ感じだと、ホラー小説的というか、おどろおどろしい
哲学探偵小説。癲狂院とか屋根裏部屋とか乱歩っぽいw
おもしろそう。純文な感じはあんましないけど。

512 :森ノ内さかな ◆ZnBI2EKkq. :2011/10/12(水) 03:59:56.86
>>511
その書評、ドグラマグラの間違いじゃね。www
実は、影響受けていたりして……。

513 :積 緋露雪:2011/10/12(水) 06:17:44.05
>>509さんへ

しっかりとお読みください。

>>510さんへ

私の作品は好悪がはっきりしてゐますので、評価は人それぞれ違って当たり前です。

>>511さんへ

どうも有り難うございます。

>>512さんへ

ドグラマグラは生憎読んでゐませんが、少なからずさう言はれる事があります。


今日は体調が悪く、これにて失礼。

514 :吾輩は名無しである:2011/10/12(水) 06:33:43.73
511でいってる本は死霊のことです。一応誤解がありそう。

515 :積 緋露雪:2011/10/12(水) 07:08:15.65
>>514さんへ

どうもご親切に有難うございます。私は死霊は評価してゐますが、しかし、ドストエフスキイにはかなり劣ると評価してゐます。

516 :吾輩は名無しである:2011/10/12(水) 07:16:44.17
ドストエフスキイはだいたい読んでます。埴谷は全くいままで興味が
なかったので興味を持つきっかけ感謝です。

517 :吾輩は名無しである:2011/10/12(水) 16:03:28.12
>>510も死霊への感想ね

518 :積 緋露雪:2011/10/12(水) 19:45:53.75
>>517さんへ

了解です。

519 :吾輩は名無しである:2011/10/14(金) 09:03:50.31
死霊一章読了。
この時代の作家はやはり漢文の素養があるのか、
難しい字が多く普段より辞書ひきまくる。
内容は普通におもしろい。やっぱり哲学探偵小説って感じ。
視線のやりとりが多い。視線の政治学w。
描写セリフひたすら劇画的。宝塚的ともいえるか。
日常性の排除、つーか衣食住に興味なさそう。埴谷本人もそうなのかな。
それとなくマルクスの引用かある。ほかにも引用らしいものちらほら。
いい表現だなぁと思ったのは「物体が眼を見開く過程」ってとこ。
調べた一部の漢字
懸河けんが、怱慌そうこう、羸弱るいじゃく、
蘚苔せんたい、顴骨かんこつ


520 :積 緋露雪:2011/10/14(金) 09:49:59.17
>>519さんへ

読むのが私の倍以上ですね。私はどんな作品も味読しないと気が済まない性質で、『死霊(しれい)』を全章読むのに一ヵ月位はかかります。

まあ、埴谷雄高は左翼運動で逮捕されて、未決囚として豊多摩刑務所にいれられ、探偵小説好きなのもよく知られてゐますし、埴谷自身、芝居にも関わってゐたので、あなたの読み方は多分、正解でせう。

しかし、埴谷雄高の方法は現在では既に使ひ古された物でしかありません。
現在を生きる人が物を書くには埴谷の方法とは違ふ者に為らないとその作品は嘘です。

521 :積 緋露雪:2011/10/31(月) 21:25:55.37
もうこの板に書き込む人はゐないのかな?

522 :吾輩は名無しである:2011/10/31(月) 21:55:18.06
競馬はお好きですか。

523 :吾輩は名無しである:2011/10/31(月) 22:21:24.26
ウヰスキーがお好きで書

524 :積 緋露雪:2011/11/01(火) 01:04:44.08
賭け事はしません。
また、薬を服用してゐますので酒は一切飲めません。

525 :吾輩は名無しである:2011/11/25(金) 16:10:23.72
積ももう諦めたか?

526 :吾輩は名無しである:2011/11/25(金) 18:06:21.23
積殿は諦めないでせう。

527 :積 緋露雪:2011/11/25(金) 18:30:43.90
久しぶりですが、日常に退屈したのですか。
私は相変はらずの日常を送ってゐます。

528 :吾輩は名無しである:2011/11/26(土) 01:48:42.40
ノ主  糸非 雨 雨
木貝     路 ヨ



あんたには正直売れてほしい、しかし存命中は無理かも知れない。
 まずは作品を書き上げるのが課題。
また、あらゆる意味を含むとして、パフォーマンスしてみては? 議員に立候補するとか、邪で歪な犯罪に手を出すとか、途轍もない程度の善行をするとか。
 読め!!見よ! 聞け! 驚け!

529 :吾輩は名無しである:2011/11/26(土) 01:57:48.24
躁うつ病よりも、実際は、統合失調症のひとなら見込みはあるんだが、抗うつ薬、安定剤、エビリファイやリスパダールの服薬を止めて、
ドーパミン、リミッター解除するとかね……。

530 :積 緋露雪:2011/11/26(土) 10:31:31.08
>>528さんへ

どうも有り難うございます。私はあなたの言ふ事はすでに覚悟してゐます。
それでも悪足掻きはします。

>>529さんへ

私は薬の効果が切れると癲癇のやうな発作に襲はれますので、薬はやめられないのです。

531 :吾輩は名無しである:2011/12/03(土) 03:22:54.56
律儀にブログ更新してるなあ

532 :積 緋露雪:2011/12/03(土) 04:41:17.36
>>531さんへ

どうも有り難うございます。


533 :鈴木某:2011/12/06(火) 03:48:32.58

986 名前:吾輩は名無しである :2011/12/06(火) 03:44:00.31

端的に言って、
日本の文芸誌は終っているというか、
一種のガラパゴ閉鎖系だとおもう。
そこで新種が出現することはない。

だから自分はこことかに参入せざるをえないのだが。
積さんにそのことを書こうとしたら村上春樹ゲスゴキがまた邪魔してきた。
ムラバルゲスはほんとうにたちがわるい。大阪人が神戸はたちが悪いと言ってたがそれは間違いない。

989 名前:吾輩は名無しである :2011/12/06(火) 03:46:58.81


「文章表現」ということを積さんに伝えようとしたのだ。自分はそのとき。
それしか文芸の意図はないのだから、
本質的に文芸誌は虚栄である、と伝えるつもりがあった。

ムラバルゲスは嫉妬込みで滅茶苦茶にちょっかいを出し、話し合いを不可能にさせ、
そのスレッドを駄目にしてしまった。なんなんだ、あの不良は。


534 :積 緋露雪:2011/12/06(火) 05:46:11.80
スレッドを新たに立ち上げました。

535 :吾輩は名無しである:2011/12/06(火) 18:23:24.14
会話多過ぎ。
思索を深めたいなら小説じゃなくてもいいんじゃないか、と感じた。
小説という媒体の必然を感じない。

536 :吾輩は名無しである:2011/12/06(火) 18:41:11.84
----お前は誰だ。----ふっ、お前だぜ。
----お前は誰だ。----ふっ、お前だぜ。----お前は誰だ。----ふっ、お前だぜ。----お前は誰だ。----ふっ、お前だぜ。

537 :吾輩は名無しである:2011/12/06(火) 19:01:11.22
>>536

アマゾンの処女作w

----お前は誰だ。----ふっ、お前だぜ。

538 :積 緋露雪:2011/12/06(火) 20:26:59.28
どうも----お前は誰だ。----ふっ、お前だぜ。 がお気に召したやうで。
私は小説はすでに終はってゐると彼方此方で喧伝してゐますが。

539 :吾輩は名無しである:2011/12/07(水) 00:07:16.30
作家が「小説は終わっている」と言うのは、数学者自らが数学が可能な領域を規定するのと同じ位愚かしい行為だと思いますよ。
私は小説が終わっているとは全然思いません。既存の作家連中は終わっていると思いますけどね。

540 :積 緋露雪:2011/12/07(水) 03:09:14.95
私は小説家ではありません。

541 :積 緋露雪:2011/12/07(水) 07:20:20.73
昨日、オナニーしました

542 :積 緋露雪:2011/12/07(水) 07:34:09.66
>>541さんへ
此処にも出没ですか。莫迦もいい加減にしてください。

543 :積 緋露雪:2011/12/07(水) 09:24:03.03
莫迦が!
私は学歴・容姿コンプ以外で2chに書き込みなどしたことはない!

544 :積 緋露雪:2011/12/07(水) 21:00:49.81
>>543さんへ

私を騙ってあなたのコンプレックスは満足しましたか?

私は容姿にも学歴にも全くコンプレックスは抱いてゐませんので、其処ん処宜しく。

545 :吾輩は名無しである:2011/12/08(木) 19:03:35.84
>>544
わたし積さんの雰囲気が麻原様に似ている気がしました

546 :積 緋露雪:2011/12/08(木) 20:39:29.73
>>545さんへ

麻原様?
君ってオウム信者?

547 :吾輩は名無しである:2011/12/08(木) 20:44:03.91
いかにも。
麻原様は、偉大なる文学を書かない文学者でした。
彼の人生が文学です。

548 :吾輩は名無しである:2011/12/08(木) 21:01:19.90
547=鈴木雄介の悪寒!

549 :積 緋露雪:2011/12/09(金) 00:07:59.37
村上春樹は現代日本作家のキリスト

550 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 00:11:55.06
なりすましは鈴木ゆうすけ

551 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 00:15:39.20
704:v(・x・)v村上春樹 ◆E8njHdjpng :2011/05/21(土) 15:31:58.28 downup
使用済タンポンにお湯を注ぎ、タンポンティー紅茶を生産者本人の前で飲んでみたいです。
http://blogs.reuters.com/japan/files/2009/06/murakami.jpg

534:v(・x・)v村上春樹 ◆JSPf4VvHXo::2011/12/04(日) 01:40:06.88
女とか売春以外の使い道ないだろw
http://26.media.tumblr.com/tumblr_lrifcjw2PG1qjd1kgo1_500.jpg

ーーーーーーーーーーーーーー超え得ない壁ーーーーーーーーーーーーー

http://img02.ti-da.net/usr/george/p1-monaco.jpg & http://cache.daylife.com/imageserve/01fZcO16VN1xM/x999.jpg

552 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 00:16:45.87
501 名前:(o`.´o)harukimurakami ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 13:49:09
自分在っての他人(笑) これがクンニ化すゴリラ恋愛感ですねぇ〜(笑) 藁貸し増すねぇ〜(笑)

361 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/11/18(木) 16:41:21
>>359
じゃああなたが客観的に見て村上春樹に比肩しうる作家を一人でいいから挙げてよ。世界的レベルで。

349 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/11/16(火) 17:57:35
プギャー

31 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 14:04:19
ノルウェイの森天才すぎ 手コキブームの走りだもんね。


553 :鈴木某:2011/12/09(金) 00:17:34.36
また村上春樹=成り済まし犯罪者、が積さんのスレッドを荒らしてるな。

554 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 00:18:37.21

関西勢
245 :まぐな:2011/12/06(火) 00:30:13.03
混乱してたのか。女といっても結構年上で、エロかったけどな。
身長は小さいので多分妄想癖は強いと思われる。
http://book.asahi.com/clip/images/TKY201008240092.jpg

352 名前:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2011/12/05(月) 19:50:02.67
止めちゃうぞって何?手マン?ローター?バイブ?挿入?AVを見ろw
http://29.media.tumblr.com/tumblr_lnrnrrLCnL1qjd1kgo1_500.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー超え得ない壁ーーーーーーーーーーー
関東勢
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/01/47/ac18ab14fe09ddce598393e4ea6f0259.jpg
http://livedoor.3.blogimg.jp/news4vip2/imgs/f/2/f2564e9e.jpg

555 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 00:18:38.22
>もう終わりだな文学板
>キチガイにのっとられてる

積のことか


556 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 00:25:34.72
やはり鈴木ゆうすけだった 笑

557 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 00:28:30.67
>>556なんだ、綿矢こと山田梨沙か。お前は浮気性だから死ねばいいと思うな。

558 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 00:32:02.93
また積スレッドで発情していた。お前はいつもそれ。お前は死んだ方がいい様な女だよ。真剣に。

559 :積 緋露雪:2011/12/09(金) 04:36:47.29
さうか!
オウムの信者で、村上春樹気狂ひが2chにゐるのか。
いまからでも遅くない。一刻も早くオウムから脱会せよ!

560 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 05:02:33.73
オウムって世間的にはネタ扱いだったよね。
あの頃からすでに日本人はタフネスだったねw

561 :積 緋露雪:2011/12/09(金) 05:52:55.06
オウムとは「子供」の「戦争ごっこ」を実践してしまひ、そして「神様」遊びを
今も続けてゐる「宗教ごっこ」の権化に過ぎぬ。
それ故に、己の罪について多分、オウムの信者どもは全く理解不全に陥ってゐる
「子供」なのだ。


562 :積 緋露雪:2011/12/09(金) 12:47:09.78

『夢幻空花なる思索の螺旋階段』『審問官 第一章「喫茶店迄」』『幽閉、若しくは彷徨〈第一部〉』

買って下さい

563 :積 緋露雪:2011/12/09(金) 21:21:56.51
>>562さんへ

私を騙るのをやめてくれませんか。気分が悪いので。

564 :積 緋露雪:2011/12/10(土) 04:40:40.19
>904 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/11/25(金) 20:17:43.83 ID:cWiqwM93 [13/14回発言]
>>>822 >>875-877 の続き

>積緋露× 単に物書きとして羨ましい。私の本など見向きもされません。
>42分前

=================

>めちゃくちゃ怪しい奴だなと思ってぐぐったらネットウォッチ板に個人スレが立ってた。

>売れない物書き 積 緋露雪
>http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1311867049/

>他にこんなスレもあった。

>積 緋露雪 総合スレ
>http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1314519268/

>もう無名の物書きは売れないのか?
>http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1312311900/

>905 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/11/25(金) 20:20:16.44 ID:w2GaFbNy [1/1回発言]
>未だにこのオッサンに粘着してる連中の方が異常に見えるんだけど

私は怪しいおっさんか。
落ち込む。

565 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2011/12/10(土) 08:57:18.95
藁貸し増すねぇ〜(笑)

566 :(o^-^)vゆう ◆Fns/Ve0CS2 :2011/12/10(土) 09:10:36.56
からわばんですねー

567 :盗作ストーカー犯罪のせいで311地震と三発目自業自得:2011/12/10(土) 09:45:21.36
こいつら「トゥト王は
まだ子供のまま死んだ」
というネタを、
イエローのオウム返しと混同させようとしてる
2chひろゆきから名前パクった悪霊だからな。
しねばいい朝日のゴミカス


130 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)