5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文学って地震の前では無力だよなあ・・

1 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 02:13:25.91
何のためにあるのか分からなくなった・・

2 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 02:56:42.01
地震のためだと思ってたの!?

3 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 03:33:58.10
地震とか災害を題材にした面白い小説ある?

4 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 03:36:20.86
デニーロの落ちて来た男とかカミュのペストとか
てか終末観やばいなぁ



5 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 04:26:00.96
棚から本落ちてくるしな
ちょっと大変だった

6 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 08:32:29.99
「日本沈没」(小松左京)ぐらいだろう。

大災害の前では文学がいかに無力か、よくわかる。
ヒロシマ、長崎の被爆も、関東大震災も阪神淡路大地震も、東京大空襲も、文学として
評価できる作品は全く生まれてなかった。

7 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 10:01:42.46
>>6
それは逆に文学にとって災害が無力だってことにならんか?

8 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 10:41:04.17
避難所で暇つぶしに本読む奴もいるだろ

9 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 10:53:33.40
そういや大正の関東大震災で亡くなった有名作家っていないよな
ほとんどが東京に住んでただろうに
津波で亡くなった厨川 白村くらいか?
そのあとの戦争の空襲で亡くなったという作家も聞いたことないし

10 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 11:12:02.20
自然に対して働きかけるものではなくて、
あくまでも人に対して働きかけるものかと

と、改めて少し考えてたら
人間の自然に対する無力というのは
前提ですらあるんじゃないかなと思えてきた
意識的にせよ、無意識的にせよ

11 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 11:20:54.36
そりゃそうだろ。
絵画も彫刻もお笑いも映画も役に立たないよ。
平時に後から考えるのにはいいけど
それはしかたがない

12 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 11:53:42.72
お笑いだけは役に立ちそうだがw

13 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 13:45:12.81
TMR15 西川貴教
こういった有事の際に、自分の無力さを痛感します... 音楽じゃ世界を変えられない... 命を救えない... もちろんあくまで直接といった部分でです...
元より自分の存在価値を皆さんに委ねているのですから、僕の存在意義は皆さんです!だから皆さんの励みになります!それが僕の仕事です
1時間前

14 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 13:54:31.76
YoshikiOfficial 15:50
Thank you, everybody is ok! I see some shattered glass and fire. But it's comfortably shaking. I started drinking wine! It's not the end..

みんなありがと!僕の周りはみんな大丈夫!ちょっとガラスが割れちゃってどっか燃えてるみたい。けど、揺れてて気持ちいいね。ワイン飲み始めたし。まだまだ終わんないよ〜!

http://www.tweetply.com/topic/46100170311610368


http://twitter.com/#!/YoshikiOfficial/status/46100170311610368

削除済み

15 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 14:49:48.51
文学には世界を救う力がある(笑)

とかほざいてるユートピアお花畑野郎の存在価値って(笑)(笑)

16 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 14:59:25.90
こういうときに芸術が何の役にも立たなくてもまったく問題ないしそれで芸術の価値が下がるわけでもない

17 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 15:34:11.86
>>16が良い事言った

18 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 16:07:59.27
確か佐伯一麦が仙台在住だったな。
無事なら、いずれこの体験を小説化するだろう。

19 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 17:13:07.76
東京電力は今後首都圏を中心に停電が起きるおそれがあるとして企業などの大口の利用者のほか
家庭でも電気の利用をできるだけ控えるよう呼びかけています。

20 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 17:22:33.72
>>1と同じことを菊池寛が言ってたよ、関東大震災の時

21 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 18:46:16.37
>>16
もともと芸術にこういった価値があると考えている方がおかしい。

22 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 18:55:44.70
井上雄彦が被災者を励まそうとtwitterで笑顔を描きつづけている
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1299921817/

こんなアホもいる

23 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 18:57:26.58
まぁ、文学者なんて傍観者じゃな。
実際に体験して書ける奴なんかほとんどいない。
三島が痩せたひ弱な身体でボクシングをやったり、自衛隊に体験入隊するのも
わかるね。

24 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 18:58:16.27
虚勢をはるだけの石原のことですね?

25 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 19:34:12.85
>>23
文学が無力だということは体験してようがしてなかろうがどちらでも同じだという皮肉にもなるはずだ

26 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 19:54:14.69
創価学会が石原に対して一番強いことを言えるよなw
第三者から見れば、石原都政の癌が創価学会であることは
明らか過ぎるんだがw

27 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/12(土) 20:11:18.43
>>19
東京電力の幹部は全員腹を切るべき。

28 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 20:14:19.82
言葉自体が無力なんだよ
とくに何の技術もなく、学問と言えるものも何一つもたない無力な文系の

29 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 20:35:50.20
芸術にできるとしたら鎮魂

30 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 20:36:48.58
文系なんて遊んでても8年まで行けるからね。理系のFランク程度の知識も無いよ
理系の場合、1年時に必修科目があってなおかつ1年在籍期間(たいてい3年)ていうのがあるから
期間中に必修科目の単位が取れないと2年時以降に進めない=退学。

31 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 20:38:30.96
>>30
理系のFランク乙

32 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 20:50:52.62
理系ってなんでやたら文系理系に分けたがんの

33 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/12(土) 20:53:28.95
俺は理系の人の方が真面目にものを考えてる割合が多いと思う。たぶん理系の人は文系の馬鹿さ加減に怒りを覚えているのでは?

34 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 20:55:12.03
高校生いる?
同じ学生時代送るなら勉強もできて遊びも文系以上に遊べて人間関係も保てて
いいことづくめの理系を進めるよ

35 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/12(土) 20:58:12.45
俺は文系だったけど、ずっと遊んでたけど、理系の大変さってのは本当に色々聞いてる。本気で勉強したいなら理系を勧めるよ俺は。

36 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:00:20.91
たとえば医歯薬系のみでなく、理系の勉強(実験、実習)などは大学じゃなければできないが
文系の勉強は卒業してから独学でできる

文学部なんてのは社会に不要人養成所だから絶対行かないように

37 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:04:20.99
無力じゃないよ
人の心を救うんだよ
誰が嘆こうが俺は物語の力を信じてるよ

38 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:11:53.52
帰宅したらベッドに本棚が倒れてて散乱した本で埋まってた。
寝てる時だったら死んでたかもなぁ

39 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:14:13.43
>>3

「死都日本」
霧島の破局噴火から一気に日本が落ちぶれていく。首相の神の手作戦とは?

40 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:19:44.01
言葉って無力だよね。洋の東西を問わず時代を問わず言葉によってなにかが解決したことはただの一度もないもんね。

41 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:22:33.19
本棚は地震が来ても倒れない措置をとっておかないと危ない。
天井にぴったりくっつけられる仕様のものがよい。

42 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:38:15.93
ポモ評論家はこういうときにこそ「地震の<言説>(ディスクール)」な事を言うべき。
セカイ系セカイ系脳内嫁脳内嫁言っているくせに、
いざとなるとニュースのコメンテーター並みのことしか言えないなんて。

43 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:42:10.70
文学は地震をどう解決するかを扱わない。そんなの始めから
分かり切ったことだ。文学はただ地震と共に生きるひとを描く。
安吾を読め。ペストを読め。そうしてもういっかい地震報道に接しろ。
違うものが見えてくるはずだ。

44 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 21:48:52.23
田山花袋の東京震災記

45 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/12(土) 21:50:04.24
>>41
それは基本だよね。俺は壁につけてるよ。

46 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 22:04:16.83
>>3
花輪莞爾 「海が呑む」新潮文庫

今回、津波の映像をニュースでみて思い出した。
昔読んだもんで、内容はうろ覚えだけど、確か
1983年の日本海中部地震の際の津波を題材とした
怪奇談だったはず。
ごく短い短編なんだけど、とにかく津波の物理的
な怖さではなく、生理的な禍々しさをえがいた
秀作だったと記憶している。


47 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 22:22:43.65
今時のメジャーなら
桜庭一樹「私の男」、三浦しをん「光」も津波モノ

48 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 22:32:59.75
地震が怖くて、読む気がしない、読んでも頭に入らない

49 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 00:12:05.41
>>42
作家も同じだろ

50 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 00:50:14.68
首都圏の帰宅支援センター一覧。 
http://www.9tokenshi-bousai.jp/comehome/station.html
地震による帰宅難民ととっては、文学よりこちらの方がよっぽど役立つ!

51 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 00:52:32.34
文学に限らず、難解な数学もまったく役に立たないと思うのだが。

52 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 01:49:47.73
理系コンプレックス乙

53 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 01:51:37.62
最後、役に立つのは5時間も歩いた自分の脚だけ。

54 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 01:52:05.10
事前に行動できない学問はクソ

55 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 02:56:13.92
理系の作った原子炉の二次災害が酷いがな
こんなものない方がいい

56 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/13(日) 03:10:07.08
ホヤ、ホタテ、ウニってしばらく食えなくなるのかな?
いい加減にしろ俺の好物を!襲うならなにも採れない東京湾襲えよ!

57 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 03:48:14.89
>>56 コラッ

58 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 04:00:03.72
アートは社会にとって必要ではありません、余計なものなんです。
だから、社会に必要とされるアーティストになろうなんて愚の骨頂です。
社会がどう必要としているかなんてまったく関係ない。
アートを、エコのためにとか、貧困を救うために……なんて使っているけど、そんな馬鹿げた話はない。
そういうのは、アートや音楽を使った洗脳だし、プロパガンダとしてアートを使うものではないと僕は思っている。

・・・・・坂本龍一

なんか逆に勇気出た。

59 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 04:19:36.32
「余計」って言葉は
大衆には理解出来ないレベルのものって意味かいな

60 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 04:46:13.86
>>59
単純に「余計」=「役立たず」って意味かと

坂本教授レベルの人に言われると説得力ありすぎ

61 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/13(日) 10:03:57.00
>>56
うるせえよお前。コテを変えろ佃煮マニア。

62 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 19:42:02.58
>>51
パソコンのファイヤーウォールとかに使われるって言うけど?

63 :吾輩は名無しである:2011/03/13(日) 22:10:33.91
http://t-job.vis.ne.jp/base/maruyama.html
-----------
災害が起きれば社会は流動化する.

災害は悲惨だ。
しかし、その悲惨さは「持つ者が何かを失う」から悲惨なのであって、
「何も持っていない」私からすれば、災害は悲惨でも何でもなく、むしろチャンスとなる。
もちろん、死と隣り合わせではあるものの、それは国民のほぼすべてが同様である。

国民全体に降り注ぐ生と死のギャンブルである災害状態と、一部の弱者だけが屈辱を味わう平和。
そのどちらが弱者にとって望ましいかなど、考えるまでもない。

持つ者は災害によってそれを失うことにおびえを抱くが、持たざる者は災害によって何かを得ることを望む。
持つ者と持たざる者がハッキリと分かれ、そこに流動性が存在しない格差社会においては、
もはや災害はタブーではない。それどころか、反戦平和というスローガンこそが、
我々を一生貧困の中に押しとどめる「持つ者」の傲慢であると受け止められるのである。
----
(赤木智弘)朝日新聞社 「論座」

64 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 12:34:43.33
難解な数学がなければロケットも飛ばず天気予報さえ出来ないと思うのですが

65 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 14:13:54.12
停電したら文学しかないだろ

66 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 14:58:27.90
文学で何とかしてくれ
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d6ec82c41c.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d67f1e8fe9.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d6596c6909.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d6ed26d147.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d6521bcef1.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d651ec11e5.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d6ec426f19.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d6ecd9b472.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d6ed8593c9.jpg
http://res.news.ifeng.com/af0a411b01107b98/2011/0314/rdn_4d7d6be57fc46.jpg

67 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 15:06:10.91
石原のレイプ小説でも読んでろ。

68 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 16:57:42.95
村上春樹 神の子どもたちはみな踊る

69 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 21:17:56.82
http://www.youtube.com/watch?v=2zeroCZSrjo

70 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 23:20:26.92
テレビ東京大好き
http://2chart.fc2web.com/2chart/welovetereto0a.html
http://2chart.fc2web.com/2chart/welovetereto0c.html
http://2chart.fc2web.com/2chart/welovetereto0b.html
http://2chart.fc2web.com/2chart/welovetsc.html
http://2chart.fc2web.com/tereto.html

71 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 00:22:49.37
亀の子たわしはみなオナドル

72 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 12:22:08.22
1万5000人が死んだ大地震の現実を前にして、石原慎太郎さんは
『天罰だ』と言った。
文学は何もできないことを白状してしまった。
地方知事も無力だろう。

73 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 12:39:01.69
そりゃ、有事の真っ最中に活躍はできんだろ
基本紙だから火事で燃えるだけだw

文学の役目は、事前に危険性を訴えたり事後に人心を癒したりすることだ
できないことを嘆く前に、できることを考えるべき

74 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 13:39:56.85
>>8
避難所に本が置いてあるのか?
避難者が被災時に持ってたのか?

75 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 13:48:20.40
いや、だから……
この数日だけを基準に文学の価値を議論するなって・・・

76 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 13:57:23.95
>>72
渋沢栄一も同じ事言ってたよ、関東大震災の時

77 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 15:32:59.44
サンド伊達「子供のためにアニメを流してほしい」

78 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 15:35:14.99
自分の子供のために?

79 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 15:40:26.19
そこで流されたアニメが「東京マグニチュード8.0」だったら洒落にならないね…(´・ω・`)

80 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/15(火) 16:54:49.29
そんなのあるのか。とにかく石原慎太郎みたいな最悪の何の価値もない人間を見た事がない。
あんな人間の醜さを体現して政治にまでその悪徳を生かすようなクズは殺したほうがいいね。

81 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 19:54:45.34
文学は常に後手だが、無力ではないだろ
戦後に数多くの人気作家が生まれたように、被災した経験が傑作を書かせるはず
苦しい状況だからこそ、文学というのは生まれるんだよ

82 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/15(火) 20:28:07.53
もうそんな言葉が空しく響くよ!!

83 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 20:54:16.36
飢えた子供の前で文学は何が出来るか、ってサルトルも問うてたな

84 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 20:56:33.69
鈴木雄介ってかわいいな。

85 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 21:04:08.22
 高濃度の放射性物質の放出が続く福島第一原発。

 放射能汚染の恐怖と闘いながら、決死の作業が続く。
 15日朝に大きな爆発が起きた2号機。東電や協力企業の作業員ら800人が水の注入作業を行っていたが、
爆発に伴い、「必要最小限」という50人を残し、750人が一時、現場から離れた。
被曝を避けるため、放射線量が高くなると作業を中断しなければならない。
 15日午前、隣接する3号機付近で観測された400ミリ・シーベルトの環境下で
作業できる時間は15分が限度。津波による被害で、停電も続く。
照明がつかないため真っ暗な建屋内で、作業効率はあがらない。
余震が続く中、津波警報で作業の中断を余儀なくされることもある。
400ミリ・シーベルトを記録したのは、作業員が携帯する放射線監視装置だった。

 12日午後、高圧になった1号機の格納容器内の蒸気を逃すための弁が開放された。
格納容器に亀裂が入る最悪の事態はまぬがれた。その弁を開ける作業にあたった男性は、
100ミリ・シーベルト以上の放射線を浴び、吐き気やだるさを訴えて病院へ搬送された。

86 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 21:04:51.41
 もともと、この作業では、大量の放射線を浴びる危険があった。
このため、1号機の構造に詳しいベテラン社員である当直長が作業を担当。
「タイベック」と呼ばれる特殊な全身つなぎ服とマスクを身につけ、手早く弁を開けたが、
10分超で一般人が1年に浴びてもいい放射線量の100倍にあたる放射線を浴びた。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、同原発で注水作業に当たる東電職員らは約70人。
緊急時対策室でポンプなどを制御しつつ交代しながら格納容器付近の現場で活動している。

 中央制御室で監視できる計器も、被災後、故障し計測不能なものがある。
遠隔制御も不能で、原子炉冷却のために弁を開く作業も手作業するしかない。
福島第一原発は1971年に1号機が稼働した古い原発で、通路などが狭く作業しにくいことも足を引っ張る。

 注水が進めば原子炉内の圧力が上昇し、炉の崩壊の危険性が高まるため、
弁を開いてガスを外部に放出しながら進めなければならない。
ガスは放射性物質を含むため、放出自体は最小限に抑えなければならない。
東電の担当者は「バランスをみながらぎりぎりの選択の連続だ」とため息をつく。

87 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/15(火) 22:55:01.00
もう文学には本気の眼しかないよ。阿部和重を注視していておくれ。

88 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 23:31:53.61
>>83
すでに飢えた子供の前では無力でも、
飢えていく子供を減らすことならできる

89 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/16(水) 00:03:28.29
出来ないよw

90 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 00:30:34.78
とりあえず暇潰しと気分転換にはなる

91 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 01:58:13.34
>>89
出来ないと思うなら筆なんか折ってしまえ

92 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 02:10:24.67
直接的、本質的には役立たないけど間接的には役立つ、そういう観点で考えれば様々なことが考えられる。

93 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/16(水) 12:52:56.40
書いてねえし

94 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 22:12:31.92
文学ってむしろごちそうの前に
餓えた子供のまなざしを出現させるものなんじゃね

95 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/16(水) 22:14:14.29
それはどういう意味ですか?

96 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 22:30:10.46
文字通りの意味ですが。

97 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/16(水) 22:34:17.66
他の言葉に言い換えると?

98 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 22:56:45.30
言い換えは利かないなw ぶっちゃけ思いつきだしね。
ふっと思い至ったもので、熟慮の末に得たわけじゃない。

ごちそうを前に子供が餓えているという事態は矛盾をはらむ。子供の食事を阻む何かの存在を予測させる。
と同時に、「ごちそうの前の餓えた子供」に対して、ある種の精神のうちにはそれを矛盾と認識させ、
その原因たる「食事を阻む何か」が消滅した瞬間を一瞬でも想像させうる機構が備わっている事実を示す。
ところで言うまでもなく子供は架空。なぜなら「餓えた子供のまなざし」はそれだけで存在できないから。
架空の子供とその苦痛を「出現」させ、さらにそれを満たす瞬間を呼び起こさせるという操作を行い得る、
実際に子供にごちそうを与えるという行動の契機(のそのまたきっかけ)になり得る、それが文学というもののもつ能力。
とか、無理矢理解釈するならこんな感じなんじゃないの。知らんけど。

Holy Shit!
また揺れた!

99 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/16(水) 23:01:52.58
熟慮の末の発言じゃないのか。軽く頭使って損したよ。

100 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 23:14:33.31
熟慮の末でないからどうだっていうんだ? 軽視されるなんて心外だ。
サルトルの例の台詞を初めて聞いた時からずっとあった違和感がたまたまコロリとかたちを得た、
できたてほやほやだからこれから意味をじっくり考えるところだってだけだ。

っていうか、ちょっとその頭がくみ上げたものをぶちまけて見せてよ。

101 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/16(水) 23:18:41.84
いや、いいわ。あなたみたいな人は好きじゃない。なにか深い意味があるのかと思ったよ。

102 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 23:30:37.84
見出せばいいじゃないか。深い意味を。

言い出しっぺ的には餓えた子供とごちそうとの間に横たわる深淵のような何かの暗い暗い深さしか見出せない。
「何でこの子は食べられないんだ」という叫びのこだまも残らない。
ただ、その子は食べられない。暗がりから湯気の立つスープ皿をじっと見ている。そんなものしか見えない。

103 :吾輩は名無しである:2011/03/18(金) 00:03:54.59
>>83私もそう思います
文学は他人の視野を通して、問題や事柄を認識するのに役に立つのだと
飢えた子供が主人公の文学を読むことで、
一時的に読者は飢えた子供の視点になり、飢えに関する恐怖を認識する、
というようなものだと思います。

104 :吾輩は名無しである:2011/03/18(金) 00:33:19.02
>>103
サルトルの時代には文化人の政治や社会運動へのコミットメントが流行していたそうですね(そこらへんの文学史は詳しく知りません。)。

とすると文学は、文学者の持つ問題意識を読者に伝えるための道具のようなものと思うのですか?

105 :吾輩は名無しである:2011/03/18(金) 01:23:53.70
まともな知性がある人間なら「200km以上も離れてる人口密集地域の人間が、
デマで脱出パニック起こしたら放射能漏れよりも大きな被害が出るよね」って
すぐに分かると思うんですが。
京大事件のネット怖いと似たような無知による心理なのかなぁ。

106 :吾輩は名無しである:2011/03/18(金) 01:24:55.91
何を言われたって信じてくれへんかっても構わへん


みんなに見て貰って気付いて欲しい、、


お願いします 広げてくれ、、。


MC SHO - 東北地方太平洋沖地震 A.K.A. 最後の希望

http://www.youtube.com/watch?v=unG7-_yuum4&hd=1

107 :危ない!日本から出ろ:2011/03/18(金) 15:30:38.76
★ロシア外務省はロシア大使館の外交官の家族に対して、日本からの退避を決めた。

★フランス政府は自国民が日本から退避するように求め、軍用機を用意した。
★ベルギー政府は自国民が日本から出国するために軍用機を用意した。
★イタリア政府はイタリア人が日本から出国を勧告、飛行機の増便を検討。
★ポルトガル政府は自国民が東京から退避するように求めた。
★オーストリア政府は特に子供は東京、横浜から退避するように勧告。
★オランダ政府は首都圏から一時的に退避するように勧告。
★スイス政府は首都圏から一時的に退避するように勧告。
★オーストラリア政府は被災地を含む一都八県から退避するように求めた。
★台湾は高齢者、子供、女性の日本からの出国を勧めた。
★パングラデシュ政府は放射線汚染の影響のない地への退避を勧告した。

108 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 09:52:32.92
3月11日、巨大地震発生の翌日の韓国各新聞・紙面のタイトル。

★『日本沈没』(中央日報)
★『日本最悪の日』(朝鮮日報)

また福島第一原発事故に対しては、
★『ドミノ爆発』

韓国では日本から放射線物質が飛んでくるという噂が広がって、多数の市民が
心配をしている。
韓国政府は、風向きから朝鮮半島へ日本から飛来する可能性は少ないと説明して
いるのだが・・・

109 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/19(土) 10:11:43.31
韓国も道連れニダ

110 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 11:44:11.18
hayano ryugo hayano
迅速安心希望.@SugitaKei: Stöcker, Eickhoff 両氏に連絡したところ、早
速返事が来て、来週にも所内で、どんなことが可能か検討するミーティング
をとりあえず加速器側で僕がオーガナイズすることになりました。物理の方
も巻き込んで行きたいと思います。
 ↑
給料を払う価値のある理系の大学教授。





(ここに言葉を入れよう)文系の(略)教授
 ↓
hazuma hiroki azuma
伊藤くん、ありがとう。ただ今回ぼくは疎開しても騒動を起こしている
し、おまけに仕事もできてないよ……アホでした……

111 :さっさと退散した:2011/03/19(土) 12:27:44.46
● フランスの救援隊が仙台から避難
http://ninja.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1300313849/

あっという間に帰国してしまった。
地震の被害に対して救援しに来たので、放射線を浴びに来たのではない
ということだろう。

112 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 17:04:04.65
東北地方・太平洋沖巨大地震・・

石原都知事。『これは「天罰」だな。」

113 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 19:40:09.78
その発言には少し考えさせられたな
たしかに不謹慎で片付けてしまえば簡単なんだけど

114 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/19(土) 19:41:43.34
不謹慎ていうかただのバカだよな。何を考えるんだよ?言ってみろ。

115 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 20:03:58.52
この震災で偉い評論家様がたは何かやったの?w

116 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 22:17:31.81
>>114
勿論、彼の立場等考えるに擁護されたりするべきものではない
ただ、そういうのを抜きにして
天罰という発言自体は本当に不謹慎に値するかということ
むしろ一般的ですらあった時代もあったわけでしょ
要するに、そういった時代に比べて人間は
どれだけ自然に対する畏敬の念というのを失ってしまったのかなと

117 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/19(土) 22:48:06.56
あのさ、天罰を受けるべき政治家だろう。官僚だろう。東京電力だろう。死ぬのは弱い一般市民だぞ。ふざけんなって。

118 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 22:54:28.40
>>117
君ってよく見かけるけどもしかして女?

119 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/19(土) 23:10:13.67
特に原発は天罰じゃないよ。人災だよ。俺は怒ってるぜ。

>>118
もちろんそうよ。

120 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 00:13:07.45
こいつらは「人間」なんていう言葉で物事をまとめて語ることで責任逃れをするつもりだぜ。

121 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/20(日) 00:15:27.40
てめえは人間じゃねえって面と向かって教えてあげたいよね。泣くまで。

122 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 00:39:48.03
お前、個々の人間がそんなにすごい存在だとか思っちゃいけない。
人間なんて「人間」と十把一からげにしてなんぼだ。
そこからでもはみだしてくる存在が本当に「人間」を越えた存在。

123 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 01:15:15.44
実利や実装のない思想は、もう教育によって量産されて零落した
インテリだらけのセカイでは、発想のたたき台としてもいただけない。
だってソレが芸術性しかなくて、心を満たすだけで
腹を満たせないことをみんな知っているから

インテリがありがたがられたのは、ぶっちゃけ昔は希少だったから。
あと民度が低かったから、インテリの言葉を理解出来なかったから、というのもある
多世界解釈だのシュレ猫を誤解釈して魔法といいかえただけの単語を
ありがたがって小説を読むような読者と同じだった。

意味はわからないが高度なことをやってるな、というのを知れただけでよかった。
今は、内容のわかる人間が量産され、じゃあその思想の分析に
実利あるの?って問題まで行きつく

124 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 01:17:36.75
人間がすごい存在だなんて少しも思っちゃいないぜ。
俺が言いたいのは石原のもっともらしいレトリックに騙されるなということ。
こいつは逃げ道を探しているだけだ。
「俺たち」ということで「俺」の責任を回避しようとしてるだけなんだ。

125 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 01:24:39.26
>>123
ひどい文章w

126 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 01:30:07.65
鈴木、こっちのスレでも語って
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1300254333/

127 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 04:09:57.04
今、月が一番近づいてる

128 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 06:47:06.15
思想を欠いた事象は量の概念のもとでの変化しかもたらさないぞ。
文学などを経た心が地震を経験して何かへと変わるのだ。
無力なんてとんでもない

129 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/20(日) 08:34:12.53
>>126
俺は執筆してないよ

130 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 09:41:21.42
文学には後世に地震の悲惨さを伝える役割が残ってるだろ

131 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 11:55:52.09
果して人間とはそこまでのものなのか
それを問うのも文学であるようなないような

132 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 12:17:16.15
今回の西行関連の一連のツイートを見ていると
あずまんが、自己正当化のために、どんどん言っていることが変わる過程が良く分かって面白い。

多分、彼の過去の記憶が、毎回すべて彼に都合の良い様に書き換わる過程って
あれなんだろうね。

133 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 13:56:26.43
フィリップ・ロスの最新作「ネメシス」ってポリオ流行地域のパニックを描いてるんだけど
驚くほど今回の原発の騒動にそっくり。
そういや俺の近くの外国人、英文ニュースに踊らされてか、みんな日本脱出しちゃってる。
でもこんなニュースがあったらそうもなる罠。
Doctor group may quit Japan if nuclear threat rises
http://uk.news.yahoo.com/22/20110317/tot-uk-japan-nuclear-msf-4b7b872.html
※The Medecins Sans Frontieres (MSF)=国境なき医師団

134 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 14:15:21.27
「非常時に思想は役に立たない。所詮平時の道楽です」
てのを体現した人が危機と思想の力?
それも体をはったギャグですか?

135 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 15:15:04.96
>>130
そんなのは画像も映像も無かった時代の話し

136 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/20(日) 15:17:34.49
津波で人が流されてる映像とかたくさんあるけどテレビ局が放送自粛してるらしいね。

137 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 15:20:41.88
MBAとロースクール以外の文系大学院の社会的価値が確立してないのも
今回露呈した日本社会の大きな問題。

例えば「サイエンス・リテラシー」の貧困が、パニック陽動まがいの煽り紙面を生んだ。

事態が収まった後、誰がどう責任とるのか誤魔化すのか。

138 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/20(日) 15:28:08.75
東京電力は間違いなく責任問題を誤魔化すだろうね。

139 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 16:37:04.05
インテリの社会的役割というのを最近考えるのだが、
専門知識がないテレビコメンテータのように、
センセーショナルに事象を取り上げ軽薄で刺激的な
言葉で表現する傾向が強まっているのが非常に気になる。

自分が知らないことや理解できないことにはあえて黙る態度、
という事もそろそろ考えた方がいいのではないか。

140 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/20(日) 16:56:13.02
そういう態度が電力会社を付け上がらせてきたんだろ。遺伝子組み換えだって同じだよ。

141 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 17:06:59.00
みの・もんたが、やたらに現政権の対応を非難しているな。
彼は自民党とか公明党だったら、もっとマシな対応しただろうと思っている
のかもしれない。
この騒ぎが終われば交代するって、安心しな!

142 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/20(日) 17:59:11.72
どうせ官房機密費貰えなかったから怒ってるんだろ。

143 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 20:10:07.84
>>135
人間の心理や、地震が起こった瞬間、生活の不便さ、等々、写真や映像では表現仕切れないことは沢山あるよ
津波で必死で男子児童の手を引いて山へ避難して走る男性教諭の話ははネットの記事で読んだ
多分映像には残ってないだろう
時間や因果関係を追って事実を伝えるのも映像だけでは足りない
一人の人間の目線に立って地震の体験を伝えるのに常にカメラを回しているわけにはいかない
文学にしかできないことは多い

144 :吾輩は名無しである:2011/03/20(日) 20:53:16.63
現場に居なかった作家が書いてもな(w

145 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 01:02:01.82
死者2万1000人超えって

146 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/21(月) 01:08:47.24
マジで?

147 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 02:21:58.48
あの時点でも東大早野氏や東大病院チームらが出す
信頼すべきデータを理解できず
フランスがどうした
アメリカがどうしたと騒ぎたて
果ては天皇だ出てきた
政府の情報統制だと
そのリテラシーの無さに呆れた

そして極め付けの好機発言
モラルもなかった

「これは好機だ」を読みつつ死んでいった被災者がいないことを祈る

148 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 10:52:06.80
>>137
朝日新聞やNHKは自分のところのリテラシーは最高だと思っている人の集団
とか。

149 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 11:56:26.79
ここから、復興していく上で我々の精神的支柱になるのが
文学である

150 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/21(月) 11:58:13.89
そういう事を言うからバカにされるんだよ

151 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 12:13:52.87
文学ってこういうときに無力だからこそ格好いいわけね
たとえば、東京消防庁のハイパーレスキュー隊のこと格好いいと思う?
おれはむしろ格好悪いと思うのよね
文学はやっぱり格好いいわ! どんなことにも超然だわ!

152 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/21(月) 12:21:39.03
ハイパーレスキュー隊は立派だし偉いと思うよ。

153 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 13:16:33.60
行方不明者は警察に届があった人のみ。
本当の数字は誰も掴んでいないからメディアは伝えない。
日本のメディアは予測を述べることを極端に嫌うから。
宮城県警は宮城だけで1.5万人以上死亡の見込みと発表しているが、
これを元にすると死者の合計はかなーり控えめに見て3万人超?
各地の被災状況から推計した数値では10万人から15万人というのもある。
これだと東京大空襲を超えて広島に迫ることになる。

漏れが生きてるうちにこんな大災害が起こるとは考えたこともなかったわ・・・

154 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/21(月) 13:34:15.86
そして10年以内に相当数の人が癌で死にますよ。

155 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 13:43:01.50
自民党って人間天皇に似てるな。
ほんとうに必要とされるときはスッと逃げる。

156 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/21(月) 13:48:53.73
てめー平成天皇がどれだけ国民のために頑張ってきたと思ってんだよ?

157 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 13:54:28.97
>>155
逃げるも何もこんな人事振る方がおかしいだろ。
最もクリティカルな震災担当と原発担当は現与党が責任持って当然

(民主党)
レンホー‥節電担当大臣
辻本‥‥‥ボランティア担当大臣
仙谷‥‥‥復興担当大臣
松本龍‥‥防災担当大臣

(自民党)*拒否
大島‥‥‥震災担当大臣
谷垣‥‥‥原発担当大臣

158 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 16:06:16.11
即位の礼の5日後に普賢岳噴火だよ。
国土にダメ出しされてるんだよ。さっさと退位した方が良いと思う。


159 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 16:10:10.28
「理系出身者は文系出身者よりも給料が高く、正社員や会社の役職者になる割合も高い」――。
そんな内容のレポートが話題を呼んでいる。

2011年3月1日に経済産業研究所(RIETI)が発表した「理系出身者と文系出身者の年収比較」。
http://www.rieti.go.jp/jp/publications/summary/11030010.html

全国の成人男女を対象とした調査結果を分析したものだ。

分析対象とした1632人(平均46歳)の平均年収は、文系学部出身者が559万円、
理系学部出身者が601万円で、理系が42万円上回った。

学部出身者で比較すると、国立大卒の理系男子の年収は、30歳では文系男子とほぼ同じだが、
40歳では100万円、50歳では150万円近く上回る。

国立大以外の理系男子は、30歳では文系男子より100万円ほど低いが、
50歳以降は50万円を超える差をつけて逆転している。

正規社員の割合は文系60.1%に比べて理系82.4%、正規社員における役職者比率は文系20.3%に比べて
理系35.0%と、いずれも上回っている。

この結果について、レポートは
「理系出身者の方が、文系出身者よりも生産している付加価値額が高いことを示唆している」
と評価し、今後は教育課程の中で理系的能力の養成を重点化して進めていく必要があると結論付けている。
http://www.j-cast.com/kaisha/2011/03/21090925.html

160 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 16:19:06.92
これは民間企業では当たり前に思える。
だが公務員はそれが違うのではないのか?

161 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 16:21:25.48
文学とか哲学とか美学とか、そんなのが経営や儲けに役立つはずがない。
これからますますそうなるね。
文系はせめて語学でも強ければいいがね。

162 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 17:15:26.47
最近、原子力の専門家先生が大挙してTV出ているが
殆どが典型的な理系バカにしか見えない。

163 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 17:15:30.05
文学一つでなんでも解決するわけないだろ馬鹿。十徳ナイフみたいにはいかねえんだよ。
医学だって、自衛隊だってできないことがあんだろカス。なんのために本読んでんだ馬鹿共。

164 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/21(月) 17:26:16.22
元エンジニアの田中さんはガチ

165 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 17:53:23.99
天皇はんお願いします。助けてやー

166 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 18:42:49.74
http://cruel.org/other/rumors2011_1.html#item2011031502
山形浩夫は2345678万円寄付
 http://farm6.static.flickr.com/5212/5527958409_e2bafd0f1f_m.jpg


一方、西は…
----
http://twitter.com/#!/hazuma/status/49007960097169408
創業1年経っていない小さな会社なので体力がありません。
ですからそこで50万100万振り込んで終わりにするよりも、
災害特集号を発刊することでこの事件の意味を刻み、
同時に義援金を膨らますほうが社の使命に合致していると考えました。

167 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 20:04:40.42
文化が天災の前で無力かという話なら、全然そんなことはない。
芸能人はしたたかにチャリティーで売名をしてるし、震災写真は審美的に評価されるし、マスコミは感動のストーリーを見出だすし震災を自らの中に巧みに組み込んでいる
しかし文学はリアクションが遅いから、事象を後から批評的に総括するくらいしかできない
文学だけが、人間は無力だ・・・なんて絶望していた頃と姿を変えていない

168 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/21(月) 20:14:21.72
文化は無力だろ。ヒアアフターが上映禁止になったりしてるしさ。何が芸能人だよ?マスコミのどこに文化があるよ?

169 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 20:27:33.15
文学が無力ってより無力な作品しか表に出てないんじゃないかね
朝吹は内容のない言葉遊び、西村はダメ人間の戯言
そんなのばかり有難がって持ち上げる出版社が阿呆

170 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 20:48:16.95
本を燃やせば暖がとれる。


171 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/21(月) 20:54:18.50
でも川上未映子と比べたらだいぶマシになったじゃん。これは大きな進歩だよ。

172 :吾輩は名無しである:2011/03/22(火) 00:51:05.31
そもそも文学は大衆のものではないんじゃないかって思うよ。

純文学なんて今も昔もたいてい1万部も売れてないよ(漱石の作品も初刷は3000部くらいだったらしいし)。
そんなもん、資本主義社会じゃ無力に決まってる。社会的に役に立つかなんて問いは良くない。

社会的に無力であるのはしょうがないよ。だいたい文学の対象となる読者のほとんどが未来にいるんだもん。
もちろん大衆社会のなかで話題になったり時代のポイントになったりはするけど、そんなのは本質ではないしね。

173 :吾輩は名無しである:2011/03/22(火) 01:02:59.39
「なんで日本では災害時に略奪が起こらないんだ?」と海外の人が言ってるが
ブローティガンファン的には「虎がほとんどいなくなってるからに違いない」と思う。

だのにどっかの政治家はさらに「我欲を抑えろ」とか言い出す始末……
穏やかで静かな世界もそれはそれで嫌いじゃないが
よその国は虎ばかりだってのに本当にいいんだろうか。

174 :吾輩は名無しである:2011/03/22(火) 07:32:29.15
>>165
天皇は国難に対して、毎日が祈願の御生活だ。
天皇陛下の御仕事なのだ。

175 :吾輩は名無しである:2011/03/22(火) 08:30:05.18
Wikipediaの量子力学とかの項目じっくり見てみ?
こんなことに没頭してたらバカになるなってのがよくわかるから
熟読してると次第に自分が現実から遠ざかって行くのが体感出来る

で、文学なんだけどこっちも似たようなもんよ?
文字にされた話を読み漁ってるとだんだん現実と感覚や価値観がずれてくる。しょせん文字なんだよ、いくらお花畑みたいなところに帰結させまいと努力してもなんか書こうとすると自然にそうならざるを得ない
価値のある話は当たり前過ぎて受けないからな

読書家だとか自認してる人はたぶんこの話を理解すら出来んだろうね
理系バカと同じ状態にハマってるよ

176 :151:2011/03/22(火) 11:15:11.12
笑顔の鈴木雄介、おまえがハイパーレスキュー隊をカッコいいと思うんなら、
それはおまえが文学的人間ではない最有力な証拠となるじょ!

177 :151:2011/03/22(火) 11:16:22.86
ほんとうに文学的な人間ってのはなあ
こんなときウエルベックの素粒子を仰向いて
だらだらと
読んでるもんだじょ

178 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/22(火) 11:19:04.46
誰かやらなきゃいけない事をやってる人を批判しても仕方ねえじゃん。

179 :吾輩は名無しである:2011/03/22(火) 19:09:48.09
文学者が火病って風評被害を広げているその頃、
理系の大学教授達は、原発でのボランティア活動を行っていた。

@jiromurata 村田次郎 / Jiro Murata
原子核物理学者は、作業従事されている方の線量サーベイを福島で行う
ボランティア活動を始める事になりました。自分で個人線量管理が出来
る人で。私も短期間でも参加するつもりです。
3月20日 webから

180 :吾輩は名無しである:2011/03/22(火) 19:41:54.05
所得税・住民税払ってないくそコテがなにか言ってるな

181 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/22(火) 19:49:50.75
都税なんてバカらしくて払えるか!!

182 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/22(火) 20:26:01.54
自分のチンケな自我を世間から保護しつつ傍観者を気取る、
というのが「文学的」な態度っていうのはどうかねえ。
夏目とか読んでる?

183 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/22(火) 22:30:12.22
「文学的」な態度ってなに?人生経験を売って生活するって事?

184 :151:2011/03/22(火) 23:08:15.80
おれのかいてることをよく読め
ハイパーを批判なんか何もしてねえよ
ただ、基準は、格好いいか格好よくないかだ
そこんとこ、アホの鈴木雄介には理解されん

185 :151:2011/03/22(火) 23:12:47.42
「誰かやらなきゃいけない事をやってる人を批判しても仕方ねえじゃん。」

おめえってほんと、おつむが悪いんだね
そんなことはおれはひとつも問題にしてねえじょ
でも、おめえみたいなおつむにめぐまれねえひとに何いっても
まあ、無意味ねえ・・・・・・

186 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/23(水) 00:15:06.83
>>183
俺への質問?
俺べつに文学者でも何でもないけど、
今までの乏しい読書から結論すれば、
ごく単純に、今自分の目の前にあるもの(美しかろうがなかろうが)に
直で向き合うのが
文学的な態度じゃなかろうかと。
いや別に「現場に行け」とか「体験せよ」とかいう意味じゃないよw
例えば漱石に「坑夫」を書かせたのはどういう欲望によるものなのか。
これを書くのに漱石自身が炭坑で働く必要はなかったわけだ。


187 :吾輩は名無しである:2011/03/23(水) 01:09:54.96
>>186
抽象的だなぁ。

「例えば漱石に「坑夫」を書かせたのはどういう欲望によるものなのか。」
どういうものが短くていいから教えてよ。

188 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/23(水) 01:16:55.62
自分で考えろ!

189 :吾輩は名無しである:2011/03/23(水) 01:28:21.31
>>188
何となくいわんとしていることは分かるんだけど、
「例えば漱石に「坑夫」を書かせたのはどういう欲望によるものなのか。」
こういう書き方する人ってあんまり考えずに、実際には感覚で書いてるんじゃないかって思って。

190 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/23(水) 01:49:39.95
そう思ったらなおさら自分で考えるんだ!

191 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/23(水) 09:31:10.83
ハイパーレスキューがかっこ悪いってのが批判じゃないの?まあ、よくわかんないからどうでもいいやw

192 :吾輩は名無しである:2011/03/23(水) 10:17:47.89
とにかく
ハイパーレスキューはカッコわりんだよ
これが定説なんだ!

193 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/23(水) 10:19:40.74
高橋グル?

194 :吾輩は名無しである:2011/03/23(水) 10:31:51.14
定説なんだ!(憫笑


195 :吾輩は名無しである:2011/03/23(水) 11:58:51.54
ハイパーレスキューがどっちかはさて置き、ただちに美化しないのが文学だな

196 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/23(水) 12:03:03.92
俺はかっこいいとは言ってないよ。偉いって言ったんだよ。

197 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/23(水) 23:08:09.09
俺は馬鹿だから、桶屋が儲かるみたいな空中戦は苦手だ。サッパリわからん。単語の意味を定義しながら、地道に順番に話を進めてくれないか。文学板くらいはそういう親切してくれてもいいだろう?俺は被災者だぞ。

198 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/23(水) 23:09:52.99
どこに住んでいるの?

199 :吾輩は名無しである:2011/03/23(水) 23:29:06.21
おい、そんなことよりもリズ・テイラーが亡くなったらしいな。

200 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/23(水) 23:39:13.04
「そんなこと」って失礼だろ三浦さんに。
あと死んだ人になんだけど、エリザベステイラーって
大味な大作に出てた大味な女優って印象しかないなw

201 :吾輩は名無しである:2011/03/23(水) 23:44:15.00
福島茨城産の野菜と中国産の野菜
どっちが危険?

202 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/23(水) 23:54:18.70
さん付けとかやめてくれ。低い立場に居たいんだ。新参だし。


家は宮城だ。震度6強の揺れはハンパじゃなかった。チャリンコで10分のところに津波に流された死体が2〜300体転がってたよ。

203 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/24(木) 00:01:34.46
うわあ。それは大変だな。
岩手住んでる俺の友達も奥さんと連絡取れないって言ってたけど…
ご家族は無事なの?

204 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/24(木) 00:02:45.13
死体の映像ってテレビじゃ流れないけどやっぱり自粛してるの?

205 :吾輩は名無しである:2011/03/24(木) 00:22:12.37
>>202
なんで写メとってアップしねえんだよ。その絵すごい見たいのにどこも公開しねえんだもん

206 :吾輩は名無しである:2011/03/24(木) 00:28:32.85
文学に溶け込む中で、いつどんなことで死ぬかもしれない大したことない己と向き合えるし
そんな小さな存在にすぎない己を抱えながら生きるスタンスを文学の中で見出せれたのなら
実際に地震で死んでしまっても文学は無力じゃなかったと言えるんじゃないかな

207 :吾輩は名無しである:2011/03/24(木) 00:38:39.52
死体は瓦礫の下とか、倒壊した建物の下敷きになって埋もれているんじゃないのか?
まさか死体がゴロゴロと露出して転がっているわけはないだろう

208 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/24(木) 00:50:02.38
家族は無事。宮城は地震による建物の倒壊がほとんどない。酷くても壁がはがれたとか、ガラス割れたとか。道路もほとんど大丈夫。あってもヒビ割れとか、ちょっとへこむ程度。

酷いのは津波被害だ。海沿いの建物は全部津波にやられた。全部。

死体はゴロゴロ見たわけじゃないが普通にあったよ。白かった。日本のメディアは規制してるが、海外メディアはバシバシ写真撮ってるな。インターネット漁れば見られるんじゃないか?

209 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/24(木) 01:04:56.21
俺は携帯だから見れないけど、ニューヨークタイムズのHPに
その手の写真がガンガンアップされてるらしいよ。
まあ俺は見たくないし、見てどうなるということもないと思うけど。

210 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/24(木) 01:06:34.75
とりあえず家族が無事でよかったね

211 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/24(木) 01:32:17.36
あとあんたが文句言ってた文学談議の続きだけど、
被災したあんたの前で何なんだが、
ある種の作品には、読んでおくと、こういう極限状態に直面した時に、少しはパニックらずに済む効能があるように思うんだ(ほんの少しはだけどね)。
誰かが、芸術は真実にであった時、びっくりして死なないように備えるためのものだと言っていたけど、
その意味で、例えば坂口安吾の東京大空襲前後の体験を題材にした一連の作品とか、
これは文学じゃなくて映画だけどスピルバーグの「宇宙戦争」とか見ておくと(いやマジで)、
ある程度は気持ちの備えはできると思う。
ほんとにある程度はだけど、見てるのと見てないのとでは何かが違うと思う。
以上。
これで精一杯具体的な表現をしたつもりだけどね。
これでも何言ってるかわかんなかったら縁がなかったものと考えてあきらめてくださいませw

212 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/24(木) 08:07:07.30
要するに、物語には擬似体験効果があって、それは実生活に役立つってことか?それは、その通りかもしれないな。

利害を真っ先に見る、現代人的な見方だが、費用に対して、そういう利率が高い文学作品が、今、望まれてるのかもしれないな。

213 :吾輩は名無しである:2011/03/24(木) 09:26:47.43
疑似体験で完結しちゃってるバカな引きこもり(→閉鎖病棟逝き)とか身近にいたなぁ

214 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/24(木) 14:11:29.40
>>209
全部見たよ。泣いたわ。

>>211
それも読んだし見たわ

215 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/24(木) 21:14:57.04
>>212
うーん、宇宙戦争を見てもアンゴを読んでも
「実生活」にはまるで役立たないような気がするんだけどまあいいや。そういうことで。

>>214
ういっす。
でもどうしたもんだかねー。

216 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/24(木) 23:17:13.38
みんな東京に住み続けるの?ミネラルウォーター飲んで。

217 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/03/25(金) 02:03:33.16
いまさら関西弁覚えるのもなあ。

218 :吾輩は名無しである:2011/03/25(金) 15:52:02.04
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1299906083/346


219 :吾輩は名無しである:2011/03/25(金) 16:00:54.85
コテハン(匿名掲示板で自己顕示する奴)の馴れ合いが始まるとスレが白ける


220 :吾輩は名無しである:2011/03/25(金) 22:36:54.31
「日本人はこんな状況でも規律正しい」ってマスコミの美談と
あの状況で定員を律儀に守って「私が車から降りる」は同じじゃないか。
盲目で誰かの声通り動くのが日本人ってことか?


221 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/26(土) 14:45:01.80
まったくムカつくよな。ここ3年来取引してやってた気仙沼の海産物やに電話してもメールしても出やがらねえ。
ウニが切れてるんだよとっとと送ってよこせよクズ店長。

222 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/26(土) 15:21:47.11
>>221
これが「震災をネタにしてる」んじゃなくてなんなの?ほんとクズだな佃煮マニア。

223 :吾輩は名無しである:2011/03/26(土) 22:56:46.03
最近の原発騒動で、どのような学問をやっている人間が
信頼できるかが明確に見えた気がする。

それは、けっして文系理系などというチャチな区別ではない。
自らがどこまでを分かっているか、分かっていないかを
きちんと認識しているのが信頼できる学者であり

それが学問の格を生んでいる。

224 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/26(土) 22:59:38.41
広瀬隆はガチだってわかったよね。

225 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 01:04:04.95
2万7000人

226 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 03:29:15.58
正直言って阪神越えると思わなかった。

227 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/27(日) 10:51:05.17
被害よりも復旧の早さにびびったな。阪神大震災はライフラインの復旧に10日かかったって聞いてたから、覚悟して、食料の他にも、ロウソクやら水やらウエットティッシュやら買い込んだのに、うちの地域は電気、ガス、水道が全て三日以内に復旧してしまった。

228 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 13:59:00.81
犠牲者は3万人の大台に載るだろう。
復旧が遅い。速いところもあるだろうが、総じて遅い。
自宅に非難している人は取り残されている。

ヘリでどうして食糧を送れないのか? あれを使ったら、どんどん補給
できるだろう。法律なんか臨機応変だろう?


229 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 15:08:38.91
ウニン プルトニウニ

震災をネタにする

230 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 20:23:14.41
2010年3月25日に、1971年3月26日に運転を開始した福島第一原発1号機に
ついて、40年を迎えるというのに、東京電力は超老朽化原発の運転続行を発表、
60年運転も可能と表明した。原子力安全・保安院がそれを認めた。

これは福井県の敦賀原発・美浜原発に続く、きわめて危険な判断であった。
さらに2010年10月26日、営業運転開始から34年が経過した老朽化原発・福島
第一原発3号機でプルトニウム燃料を使った危険なプルサーマル営業運転に入った。

231 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/27(日) 20:27:52.95
>>230
涙なしには語れない文章ですね。

232 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 20:39:00.69
>>230
これは広瀬隆の文章だ。彼は、的確に日本の原発の危険性を指摘した。
原爆の被害国がったく原子力に無知だった。そう無恥だよ。

233 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 21:14:27.64
このあいだの科捜研の女スペシャルは
神戸舞台で爆弾がどうたらってやってた。
きっと福島第一も小型核爆弾で爆発させられたと思う。

234 :吾輩は名無しである:2011/03/28(月) 00:05:09.92
プルトニウムって何?

235 :(^u^)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/28(月) 09:20:57.37
ウランより重い放射性元素だよ。広島はウラン型原爆、長崎にはプルトニウム型原爆が落とされた。

236 :吾輩は名無しである:2011/04/04(月) 23:02:42.13
鬱だ。
鬱過ぎる。
地震被害の報道番組よりもフィクション作品に打ちのめされた。
実際に血族友人亡くした人々よりも架空のお話の登場人物の境遇に胸が詰まる。
いや触れた瞬間はどっちみち胸が詰まるんだけど、前者よりも後者の方が圧倒的に長く尾を引く。
前者では涙が出る、悔しさか憤りか知らないが神よわたしはあんたを許さない的な意味不明な怒りのような祈りのようなものが沸々と煮えて行き場がなくて目から出る、
しかし後者では何かがずっと脳みそと胸のなかをスピンして回りながら「まだ遅くない! まだ遅くない!」と叫んで思考とか試行とかを強いている。
これってどーなの?
文学が地震に対して無力とか言うけどこいつが人類と一緒に地震と戦うってスタンスじゃなくて地震と競う方針で襲ってきたら
ひょっとして地震より効率よく人殺せるんじゃないの? TSUNAMI級ではないにしても。
これってどーなの?
これが文学の力なの?
こういうものだったのかこれは? これが? こんなものが?
架空的に損なわれる人間について記述した文章を最近読んだ、納得半分不思議半分それにしても美しい文章だった、
しかし架空によって損なわれた人間がいたとして、欠けた部分は一体なんなの実体なの架空なの?
人間のっつーか自分の本体ってのはぶっちゃけ本当に実体なの架空の割合があまりにも多く占めてい過ぎやしませんか?
それが自意識肥大症という奴ですか。つーかそれならやっぱ死んだ方がいいんじゃないのこれは。

237 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/04/08(金) 09:27:39.19
鬱の種はむしろ実生活の方にあるだろ…また部屋の片付けしなきゃなんないんだぜ…

238 :吾輩は名無しである:2011/04/10(日) 00:10:02.76
文学ばっかりだとやっぱり駄目だと思う。
馬鹿になっちゃうよ。
感性だけでは生きられない。

239 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/04/11(月) 08:12:19.77
!ninja

240 :吾輩は名無しである:2011/04/12(火) 01:01:39.79
鬱の種なんてどこにだってあんだよ馬鹿野郎めィ、その発芽ぶり成長のスクスクぶりが憂鬱なんでィ。
実生活は取り返しがつかない、物語は取り返しがつく、なあ本当にそうかそうだったのか?
本当は物語にこそ取り返しがつかないんじゃあないのか。
取り返せるものがあるとしたらそれは実生活でしかなされないんじゃあないのか?
部屋は片付くさ、片付くとも。片付かなかったとしてそれなら片付かないなりに何らかの往き筋をなぞるだろうよ。
震災のあとだって善かれ悪しかれいつか必ず片付く日が来るよ。
片付かなかったとして片付かないなりにツタがはびこるとか砂漠化するとか何かになる日が来ると思うよ。
こうしてほろほろ紙縒りのように縒れてしまうこれが物語ってもので、いっぺん縒れちまったらもうこんなものどう取り返しようもなくなるものだよ。
でも、でも、でも。ああ、それが現実ってことじゃあないのか?
辞書の不具合があまりにひどい。いくつかの単語の意味がまるっきり入れ替わってやがる。左右上下も逆になろうとしてやがる!
チョコレートの食べ過ぎだ。おれは一体どこにいるんだ? 行間か? モニタの前か?
何を見ている?
畜生め。家鳴りめ。

241 :吾輩は名無しである:2011/04/15(金) 13:51:52.73
【  緊急のお知らせ  大学名変更について  】

福島原発事故を受けて,本学の福澤諭吉先生は,罪を償うために,
名前を福澤諭吉から「福島諭吉」に改名されました。
また,大学名も「福島義塾大学」に改めることに賛同されましたのでお知らせします。

清水正孝(東京電力社長) 慶應義塾大学 経済学部 卒
チェルノブイリ事故と同等,レベル7で日本を完全に壊滅!!
原子炉の廃炉を渋り,安全無視,金儲け優先主義で,
世界中に放射能をばら撒き,きちんと謝罪もしない人間のクズ。
第2次世界大戦の東条英機以上に,日本に悪影響を及ぼした。
東大閥の東電で,会長の娘と結婚し,私学KOの分際で社長に成り上がった。
その奥さんは,35歳も年下で,現在,シンガポールに避難させてる。

福島県民の皆様に,大変なご迷惑をお掛けしたことをお詫びします。
福島諭吉 :「天は原発の上に安全を作らず,懐に金を作る」

242 :吾輩は名無しである:2011/04/15(金) 16:54:38.07
>>236
「地震」じゃなくてあくまで「報道」より作品のが打ちのめされたにすぎないんでしょ。
報道の伝える力と、作家のそれに違いがあるわけじゃないのかね。いや知らんけど。

スレタイはもっと本質的なものを言いたがってる気がす。

243 :吾輩は名無しである:2011/04/15(金) 19:31:16.09
まったく無力ってわけじゃないと思うんだよね
津波警報が出たときに「何をおいても逃げる」という個人の行動を促すのは
子供のころに聞いた民話とか絵本での記憶だよ。
歴史や民俗から得たものを現代人になじみやすいような話にして読ませるのが文学の仕事じゃないの?

244 :吾輩は名無しである:2011/04/15(金) 21:45:59.41
>>242
正直スレタイの「本質」って何なのかよくわからないぜベイベー。
地震に対して有力な文学ってそれナニよ? 相手は物理現象よ。
物理現象としての文学って本という一個の物質として在るか人間の行動にでも現れ出るかの両極端でしかないのは当然じゃん。
後者になれない文学とはかくも脱力を誘ふものなり、みたいな話なのか? それは文学だけのせいなのか?
あと報道の伝える力と作家のそれの違いがどうこうとかいう問題ではないと思う。
「報道」というのも
違うのは伝わったその後なんだ。それぞれどうアプローチするかがあまりにも割れてて鬱なんだ。
割れてるっていうか逆じゃないのかって感じで、でも真逆だったりしたはずがよく考えると似通い過ぎててもう気が狂いそうなんだ。
「まだ遅くない!」って叫ぶべきなのは、物語に対してではなく現実相手のときじゃあないのか?
しかし現実相手のときほど取り返しのつかなさといったことが身に沁みて分かることはない。
へこむ。

>>243
津波警報が出たときに何をおいても逃げるという行動を促すのは民話や絵本の記憶ばかりじゃあるまい。
つうか普通に考えて、避難訓練だとか親戚のうちがやられたっていう身近な情報とかあとは映画とかのが影響でかくね?
風の噂だが、被害を受けた地域は昔から津波に苦しめられていて、あちこちに「これより下に家を建てるな」って旨の碑文が残ってるそうだね。
文学は比べるとまどろっこしすぎて現地で役に立てるかはちょいと疑問だ。
じゃあ誰に役立つかって直に被害を喰らったわけじゃない人間にだ。では、彼らに何が必要なのか? 文学はどう役立てるのか?
その辺はまだまだ考える余地があるよね。

245 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/15(金) 22:33:50.00
やっぱり吉村昭の三陸海岸大津波が重要なんじゃマイカ

246 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 00:09:31.70
>>244
駄文長文であること自覚しろ、読む気にならん

247 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 00:15:29.36
大きな地震は必ず時代性を変える、創作するものも主流は必ず変わる

248 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/16(土) 00:30:36.96
やっぱり地震の話を誰か書くべきですよね。未来の人類のために。つーか原発をやめないか?人類は?おかしいぞ。

249 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 00:34:11.23
>>246
文学の無力さとは何か。一切の破壊をもたらす地震や津波のような物理現象に対して、文学が持てる態度とは、
本という一個の物質として在るか、人間の行動を通して在るかの静動の両端にしかない。
前者に留まる場合は文学は確かに無力であるが、それは文学だけの責任であることか。

個人の行動を促すことが文学の仕事であるとしても、実際に津波に直面したときのために文学ができることは少なく、
また習慣や訓練、環境、他の情報媒体の影響が多大であり、効果も高い。
文学にできることとして、直接に被害を受けてはいない人間に対して何らかのかたちで寄与する余地はあると思われる。

残りはいいや。
頑張ったけどあんまり縮まなかったな…

250 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 00:52:39.35
一瞬死について語る良質な文学があれば、急に地震や津波なんかに襲われても
安らかにそれを受け入れられたりできんじゃね。そういう意味では有力になりうるとも。

251 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 01:11:14.72
天災を前にして人間は無力だみたいな言説自体、文学だろ
そういう絶望が神へと思いをはせる契機だったわけだし
そういう古い文学をなかなか殺せない、刷新できないという意味でなら現代文学の無力を感じはするがな

252 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 01:20:04.68
死は死ぬまでに時間がないほど死ぬ当人は受け入れやすい。拒む暇がない故に相対的に、だが。
地震や津波で死ぬ当人が死を受け入れるのには文学はあんまり要らなさそう。遺される方だよね、いつも。

253 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 01:39:20.13
一瞬で死ぬ、にも色々ある。考える間もなく「あ、」で終わる場合もあるし。
けど津波とかなら数秒くらいは死と向き合える時間はあるかもしれない。
その「かもしれない」がある以上、一瞬の死というものについて考える機会を文学が担えば
その数秒間をパニックのまま過ごして終わる人ってのは減るかもしれない。
そういう意味では同じ死でも文学が救える余地はある。知らんけど。

254 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 01:52:06.51
>>252
んー、なんだろね。
(確実に死へと導く)自然現象それ自体を受け入れるってのと、死を受け入れるってのは一緒なのかなぁと。
「受け入れる」とはどういうことかについて書く余地はあると考えたらいいのかな。
まぁわからんけども。

255 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 01:58:51.40
なんでパニックにならないことがいいことって前提なんだよ


256 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 02:22:34.75
>>255
たしかに。それについても考えるべきですね。

257 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 05:10:46.12
ドナルド・キーンは帰化するぞ。
行動を起こす人もいるみたいだぞ。

258 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/16(土) 18:52:32.50
>>255
いいこと言うねえ。顔色を変えるべきだよね。でもね、みんな慣れちゃうんだよ。
どんどん状況は悪くなってるにも関わらず、東京でもマスクの人が少なくなってきた。俺もマスクやめちゃったw

259 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 21:29:44.16
作家・東浩紀氏、震災前の著書は「黒歴史みたいなもの」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw52838?marquee
------------------
http://togetter.com/li/123256
東「ぼくのキャラクターについての問題意識は、何故、虚構の存在が人間的な喚起力を持っているのかという問題。
人間の固有性とか、あなたのあなた性みたいな哲学的な議論が対になってセットになっている。」#niconama_talk
jsato_FLEET
2011-04-12 21:41:33

返信するRTするふぁぼる
東「けど、そういうあなたがあなたであるとはどういうことか、みたいなのって痛いですよね。厨二病ですよ。
昔はそういうことも考えてましたよ。311前は。」#niconama_talk
jsato_FLEET
2011-04-12 21:42:44

返信するRTするふぁぼる
東「なんかそういう人間とは何かみたいな昔の哲学的な仕事は恥ずかしいんですよw。もう黒歴史ですよ。」#niconama_tal
jsato_FLEET
2011-04-12 21:45:10

260 :吾輩は名無しである:2011/04/16(土) 21:45:01.16
東氏の黒歴史って
放射能怖さに東京から逃げた→逃げた先で地震喰らった
っていうコントのような一連のバカ騒ぎのことじゃないのかw

261 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 00:08:48.60
あいつの黒歴史はもっと根深いものだよ

262 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 01:02:47.61
「『以前以後論』 5年周期説」
  宮崎勤(89)
〜オウム阪神(95)
〜911(01)
〜(2005年前後はなかったのでゼロ年代説流行)
〜東北地方太平洋沖地震(11)

263 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 09:02:28.42
誰か◆m0yPyqc5MQ この馬鹿殺してこい

264 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/17(日) 11:49:27.45
いつでも来いや!待ってるぜ!

265 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 12:06:59.33
鈴木がスレに現れるとやっぱりつまらなくなる

266 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 22:38:37.94
石原の天罰発言みたいに地震を積極的に意味づけるような文学は陳腐だと思う
地震も津波も原発にも揺るがない超然とした系や論理が芸術には必要なはず
震災の話題が覇権を握ってしまったせいで多くの些細な情緒が失われていきそうなのが残念


267 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 22:45:49.80
地震で改めて感じさせられることに目を向けることには素直になろうや。

268 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 23:18:28.92
鈍い人間が目を開かれてありがたがってるようなものを、一緒に敬う気にはなれないな

269 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 23:29:27.02
そういう達観してる奴に限って自身は時代性に影響を受けていないと叫ぶんだよね、馬鹿だよ

270 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 00:08:54.77
時代から影響を受けてるのは当為で、そこからどこまで乖離できるかで資質が問われるのだと思うが

271 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/18(月) 05:59:10.69
原発の恐ろしさに目覚めるのはいい事だよ。実際に起こってしまったのに、自分には関係ないって耳を塞いでる奴は単なるバカ。

272 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 09:22:50.29
>>46
花輪莞爾ってやっぱり凄いんだな
出版社は忘れたけど「悪夢小劇場」に入ってた「もの言わぬ海」も
昭和33年の三陸大津波を描いた優れた作品だったな

273 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 12:48:10.60
アンテナ高ければ、原発の危険性に関する議論や放射能の拡散の仕方など既知だったはずだろ
蒙い凡人と同レベルにたってわめくのは滑稽

274 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 12:51:30.87
社会的連帯を叫ぶマスコミや日本への支援や称賛に感謝はしつつも拙速に大きな物語を紡ごうとする圧力に文学は批判的でなければならない
自衛隊の活躍を誉め過ぎるのは軍国主義につながると言った太田は意外と文学してる

275 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/04/18(月) 13:02:18.66
みんなとりあえず高村薫の『神の火』読もうぜ。金に余裕あるなら『新リア王』も。今が旬だし面白いから。

276 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/18(月) 13:31:34.01
神の火は読んだけど、別に今読むべきだとは思わないなあ。むしろ「危険な話」の方が重要だろ。

277 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 14:14:45.07
>>273 ←めちゃヌルいこと言ってる人発見

278 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/04/18(月) 14:29:19.22
>>276広瀬隆のやつ?それ読んだことないんだけど面白い?

279 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 14:45:40.86
その分野の最先端の国へ行き製品を購入し分解し成分分析あらゆる分野の最先端技術を把握する。関連性があれば他に転用できる。
http://www.google.co.jp/webhp?rls=ig#rls=ig&hl=ja&source=hp&biw=&bih=&q=%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0&rlz=1R2GGHP_jaJP415&aq=f&aqi=g7g-m3&aql=&oq=&fp=1
長年の科学的な実験結果の積み重ねの差だろう・・・? 日本は科学に取組み始めたのが遅い・・・?
過去の偉大な科学者の論述。日本は歴史的な科学者が少ない?理論の発展、それを受け継ぐ者が必要だ・・・。
恐らく日本国内には偉大な科学者の理論、論述が少ない・・・。資源がないのにどう科学を発展させろというのだ・・・?
資源の特性性質さえも把握できないのにどうして科学を発展できようか・・・?資源のあることが科学発展の鉄則だでは・・・。
最先端技術把握用途思考 最先端のことに携わっている人物企業、新たな大学学科、新素材 必要性が高く便利な物で需要が高く消耗品であるもので勝負だ
情報を把握するものがビジネスを制するのだ発展の余地があるかが問題だ・・・。ニッチなとこ。ナイスアイデア。ニーズ。
未開の分野、製品に活路を見出すのだ発展性の高い分野、製品で勝負。様々なアイデアの組み合わせで相乗効果を狙いたい
市場規模拡大余地発展性ニッチ多用途多種バラエティ多他産業関連多商法多未開改良余地将来性画期的興味を惹けるような製品を考える
http://www.google.co.jp/webhp?rls=ig#rls=ig&hl=ja&source=hp&biw=1012&bih=666&q=%E7%94%9F%E6%B6%AF%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0&aq=f&aqi=g1&aql=&oq=&pbx=1&rlz=1R2GGHP_jaJP415&fp=77b4589b4791c2b2
http://finance.yahoo.co.jp/
talk like a machine gun


280 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/18(月) 18:07:27.63
>>278
メチャクチャ面白いよ。よくブクオフで百円で売ってたけど、原発事故が起こってどこも売り切れだね。新品で買う価値がありますよ。

281 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 18:19:52.21
表現者さんにとってはいい題材になりそうですね

282 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/18(月) 18:34:29.21
危険な話は80年代の著作だけど、21世紀日本をサバイブするためのマストアイテムだと思う!!

283 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 20:24:35.59

地震の前に有力なものて、あるのかね!



284 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/18(月) 20:28:36.41
地震を止めるようなものはないでしょうけど、原発を止めるのは人ですよ。とりあえず浜岡を止めないと大変な事になる。東海道地震の活断層の上に建ってるんだよ。

285 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 23:30:34.15
大変なことになったらなったで、文学的においしいじゃん
教訓になるような文学は浅い

286 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/18(月) 23:33:42.43
あのねえ。地球人類の問題なんだよ。おいしいとかそういう次元の話じゃねえよ。

287 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 23:35:30.86
>>277は一般人を過大評価しすぎじゃない?
それとも、情報が実際に錯綜してる感じを楽しめってことか?

288 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/18(月) 23:38:48.70
危険な話、Amazonで高騰しててワロタwそれでも1700円くらいだけど。新潮社は文庫を再版すべきだと思う。

289 :吾輩は名無しである:2011/04/19(火) 00:14:12.68
>>287
お前が自身のことを過大評価してんだと思う

290 :吾輩は名無しである:2011/04/19(火) 00:52:45.23
>>286
現実にどう対処するかみたいなのは政治や実務家の仕事で
芸術サイドの人間は瓦礫の様を美的に鑑賞したり、放射線量を可視化してグラフィックアートにしたり、爆発したらしたでその仕方や被害の及び方に美的な意味を与えたり
浮世離れした視点で文化に災厄を淡々と取り込んでゆくべきだろ
実用とは異なる視点で意味を紡いでゆくのが芸術でしょう


291 :吾輩は名無しである:2011/04/19(火) 01:11:53.93
>>289
あーわかった。革命志士のノリなんだろ今こそ原発廃絶!世界を変える!みたいな
そういうアジテは文学の仕事じゃねえっつうの
震災は経済への影響に換算されて不況として議論されるし、脱原発はエコに負ける程度のトレンド
それを見越してはやめにそういうバカの墓標を準備しておいてやる方がいいんじゃない

292 :吾輩は名無しである:2011/04/19(火) 01:14:23.57
>>273
アンテナ高そうなあなたは、今後の日本についてどんなことが起こりえると考えてるの?

293 :吾輩は名無しである:2011/04/19(火) 01:25:00.29
俗人が俺は俗人じゃないと言い張るスタンス
革命志士なんていねー

294 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/19(火) 07:19:58.77
>>291
まあね。でも私小説だって内面の真実を描くものだろ。そんなの書けないけどさ。反原発だって主観的なものなんだよ。どれだけ本気かっていうさ。

295 :吾輩は名無しである:2011/04/26(火) 07:30:04.91
大災害を儲けるネタにしないではいられないのが、日本の文学。
地震の前では無力だよなあ・・・・
とかの感傷など微塵もないw
生き残りで必死だからw

296 :吾輩は名無しである:2011/04/26(火) 19:32:00.01
もまた地震の前では無力だよなあ・・・・

297 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 00:16:14.06
川上弘美の「椰子・椰子」のような奇想あふれる作品を、乙一程度の凡才では、書くことはできない。

298 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 00:37:22.96
川上弘美とか、ビミョーな・・・

299 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 01:41:55.59
>>297
椰子椰子は傑作

300 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 06:02:47.26
50年に一度の震災程度なら死ぬまでにもう一度見られそうだな

301 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 08:24:01.32
>>3
クライスト 『チリの地震』
種村季弘訳で河出文庫から出ていた。

302 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 19:00:09.75
自然の前では、人間は無力だよ

文学も科学も、知れたものだ

303 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 19:17:24.76
風評被害は東京電力のせいでは無いってことは誰かちゃんと書いたり言って欲しい。


304 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/27(水) 19:18:52.01
は?どう考えても東京電力のせいじゃん。頭おかしいんじゃないの?

305 :303:2011/04/27(水) 19:34:25.84
>>304
存在しない原因・結果による噂被害のこと。
災害、事故による直接の被害や顧客の危機回避のための判断や安全確認のための出荷停止は風評被害には該当しない。

ウィキの風評被害の項目のコピペだけど、上の定義については異論無い?
もし無かった場合は何で頭おかしい奴扱いされたのか本当に分からないので教えて欲しいです。


306 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/27(水) 19:39:04.13
それが風評被害でないとして、なんでそれが東京電力のせいじゃないという結論になるんだよ?

307 :303:2011/04/27(水) 19:51:24.53
>>306
>それが風評被害でないとして、なんでそれが

「それ」って何を指してるのかいまいち分からない。
>>305であげた風評被害についてなら、原因が存在しない被害の責任を東電に負わすのがおかしいというのは当たり前のことだと思う。


308 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/27(水) 20:00:21.36
「それ」は直接の被害や、顧客の危機回避のための判断や、安全確認のための出荷停止、を指していた。

>>307
東海村の事故の時の賠償の8割は風評被害だったそうだけど、原因が存在しないわけないじゃん。
基準値以下でも放射性物質が検出されてる以上、それは原因なんだよ。と言えると思うな。俺は。

309 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 20:04:02.99
鈴木は関東か?

310 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/27(水) 20:04:33.88
関東で被曝してんだよ!ふざけんなよ!

311 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 20:17:27.48
なんだ被爆乞食か

312 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/27(水) 20:19:18.50
俺に賠償しろ!!

313 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 20:36:01.92
>>308
どこまでが原因か判断は難しいけど、原発にかこつけたデマみたいな風評を流して被害を拡大させたような人が取るべき責任まで含めて、色んな要因が全部東電のせいにされてるのはやはり納得いかない。
福島県民いじめとか、デマ流してる奴にも責任はあると思う。


314 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/27(水) 20:41:16.81
俺が風邪を引きやすくなったのは絶対に福島原発のせいだ!金払えコラァ!!

315 :303:2011/04/27(水) 21:43:11.34
家は計画停電食らった。
暗いと本読めないんだよね。


316 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/27(水) 21:58:57.36
ぶっ殺せ!!

317 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/04/30(土) 01:52:34.50
こうか?

318 :吾輩は名無しである:2011/05/01(日) 23:23:08.20
支援物資で書籍を送っても迷惑だろうしねw

319 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/02(月) 08:46:49.46
せめて木炭にしろよって思われるだろうな。

320 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/05/02(月) 11:18:19.50
なんだ、こいつ。


321 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/05/15(日) 11:30:20.61
最近、日本人の関心が、地震とか、原発とかからどんどん離れている気がする。

地震が残した爪痕ってこんなもんなのか?

322 :吾輩は名無しである:2011/05/15(日) 11:50:24.16
関心はあるが、何て言うの・・・どうしようもないというか、実害がありすぎるというか
他人の不幸ならもっと熱中できるんだろうけど・・・。



323 :吾輩は名無しである:2011/05/15(日) 15:24:40.89
被爆しまくって関西人からバカにされていまっすwww

324 :吾輩は名無しである:2011/05/15(日) 16:16:49.39
平成の開国じゃなくて平成の明治化だな。

325 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/16(月) 16:47:52.61
○○○○○が浄水場に化学兵器を撒いたとかなんとか

326 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/05/16(月) 22:44:36.71
>>323それってほんとにあるのか?関西行かないし、全然実感ない。

>>325ちょっと気になりますね…

327 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/16(月) 22:46:46.97
俺も○に入る文字はわからないんだけど、なんとなく石原慎太郎じゃないかと思ってます。

328 :吾輩は名無しである:2011/05/23(月) 02:21:35.76
阪神淡路大震災の時も、筒井康隆が
「地震で見方が変わった、文学なんてどうでも良くなった」
と言っていた。
現実の前には無力なのが文学、というのは昔から変わっていない。

その筒井はなにかの書評だったかで、
「アフリカの飢餓に文学は有効なのか」
という問いに
「もちろん有効だ。文学書で飢餓児を殴り殺せば問題は無くなる」
とも言っていた(他の作家だったかも知れない)。



329 :吾輩は名無しである:2011/05/23(月) 02:24:51.61
花輪莞爾の作品には津波を扱った物がある。
花輪は作中で
「津波の犠牲となった霊に突き動かされて書いたようなものだ」
と述している。

文学は無力か。そんな問題は文学とか小説とか物語とか詩歌の本質とはほぼ無関係である。
書きたいから書くのだし、書かざるを得ないから書くのだ。


330 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/24(火) 15:05:37.79
ナッちゃんって生きてるの?

331 :吾輩は名無しである:2011/05/25(水) 10:59:44.95
いま、被災者には心のケアが必要とされています。
人と話をしたような、そんな気持ちにさせてくれる本。求められているのではないだようか。まぁ、主に一方的に体験したことを話したいから聞いておくれって言う人が多数だけどね。

332 : 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 ('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/20(月) 00:05:18.20
ダメだね。wifiとケータイ二回線あるといくらでも書き込めてしまうw

333 :吾輩は名無しである:2011/06/24(金) 22:58:57.67
身辺雑記というのは一番原始的な続き物、連載小説のような


ものだが、筒井康隆によると小説というのは何をどう書いてもいいというジャンルなのでこれも小説と主張すれば小説ということになる。実際、過去の人間の日記を順番に読んでいくときに覚える面白さというのは、

よくできた小説を読んでいるときの面白さと本質的にはあまり変わらない気がする。リアルな現実を生

334 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 ('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/24(金) 23:03:51.82
毎日ハイになってた頃に日記つけてたけど、読めたもんじゃないな。つーか読んだ事がないw

335 :吾輩は名無しである:2011/06/25(土) 09:09:58.93
そこが、日記型小説とただの日記の違いだ。

336 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 ('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/25(土) 09:14:40.33
自分の日記って普通は読み返すもの?

337 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/06/25(土) 11:39:55.05


338 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 00:14:14.88
長嶋有スペシャルインタビュー ジャージではじまる小説の書き方(
だから、最近の作品がどんどん私(わたくし)小説みたいになってきてるのは、自分にしか書けないものを書こうとしているから media.excite.co.jp/../p04.html

339 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 08:34:39.85
また村上春樹のなりすまし犯罪だ! はやく逮捕しろ! ふざけるな!

ポルノ販売で生活してるわいせつ物陳列罪人をさっさと獄刑にしろ! なに公害を放置してるんだ! はやく逮捕しろ!

340 : 忍法帖【Lv=32,xxxPT】 ('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/01(金) 09:53:58.76
>>339
お前が殺しに来いよ。

341 :吾輩は名無しである:2011/07/03(日) 15:00:44.57
『マルサの女』とか見ると、80年代の終わりくらいまでは、
「被搾取者を搾取する悪いヤツら」のイメージって存在してたと思う。
低所得者の居住区を映したり、信者を食いものにする宗教法人を描いたり。

ところが、情報公開が進んですべての人が何らかの点で加害者で
純粋な被害者なんかいない、ってことが明らかになってくると、
「被搾取者を搾取する悪いヤツら」のイメージが描けなくなる。

東電の幹部は「悪い加害者」なのかもしれないけど、その「悪さ」っぷりも
せいぜい、銀座のキャバクラに連日通ってたとかそんな程度で、
「庶民の生き血を吸って私腹を肥やした悪魔」みたいなイメージにはならない。

たぶん、非正規労働問題も、原発公害問題も、「本当の加害者」は、
「普通の人」なんだろうなあ、と思う。
ただ、そういう状況は居心地が悪いから、糾弾の対象になり得る
「巨大な悪い奴」を求めたくなる。

342 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2011/07/03(日) 17:47:01.08
話としてはちょっと面白い。
でも例がちょっぴり的外れ。
東電幹部の「悪い奴ら」っぷりは高笑いとともに現れるようなものじゃなくて、
「無能なくせに高いポストにしがみついていざというときに適切な対応が取れない」っていうイメージになってると思う。
わざと害したわけではないけど、目は背けつづけたんだよね? 的な。

これまんま「普通の人」のスタンスでもあるんだけどね。
「フリーターや非正規雇用者は気の毒だけど、正社員の俺が心配すべきなのは彼らの身の上行く先ではなくて、
いかにしてこの俺が彼らのところまで落ちずに生き延びるか」的なね。

343 :吾輩は名無しである:2011/07/03(日) 21:24:07.64
★イギリスの犯罪性
放射性物質による最悪の海洋汚染をやったのは英国だった。
英国の中西部にあるセラフィールド核燃料再処理工場が1971年から15年
にわたった、放射性セシウムを含む廃液を海底の排水管から海に棄てていた。

344 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 ('A`)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/07/03(日) 21:45:40.56
それでも福島よりはマシだろう。

345 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 10:44:44.07
そうだな、
けど、イギリスの報道陣も自国の犯罪に口をつぐんで、日本を批判することは
できないな。
そういう報道があったら、反論しましょう!

346 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 21:43:56.68
揺れてると読めないからね

347 :吾輩は名無しである:2011/07/19(火) 18:19:52.95
本棚ぶっ壊れて全てが崩れ落ちた時の気持ちは例えようも無かった

348 :吾輩は名無しである:2011/07/20(水) 15:53:44.26
BSフジで中村文則が語ってたな

349 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/07/24(日) 01:45:35.65
テス

350 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/08/03(水) 00:03:03.45
てST

351 ::2011/08/03(水) 15:07:15.45
「宝島」(月刊、9月号)
●放射能被曝、体だけでなく、心も壊す!、気力を奪うぶらぶら病、内部被曝の
 症状と対策。 (世界一わかりやすい対策)
 肥田舜太郎 (廣島、長崎の被爆者6000人を診察)
●大手7社の牛乳の放射線量を測った!
●全国に拡散したセシウム牛の恐怖!
●原発作業員が語った被曝のリアル!

●次にM8級の大地震が来たら原発はどうなるのか? (そこが知りたい)
●大震災に「置き去り」の8大疑問、
・・・電力、行方不明者、液状化、原子力の安全、保安院、汚染水、選挙、義捐金、

352 :楽しい”放言”:2011/09/09(金) 10:15:46.59
★ビート・たけしのオ気軽・ホイホイ放言  『新潮45』の2010年6月号、
////// 原子力委員会の近藤駿介(東大教授)と対談して言いたい放題。

『おいらは大学も工学部ですから、原子力関係の話は大好きなんですよ。
今日は新潟県の柏崎刈羽原発の中を見学したけど、面白くて仕方がなかった』

『原子力発電を批判する人たちは、すぐに【地震が起きて原子炉が壊れたら
どうなるんだ】とか言うじゃないですか。
ということは、逆に原子力発電所は、地震が起きても大丈夫なように気を
使っているはず。 地震が起きたら、ここへ逃げるのが一番安全(笑)。
でも、新しい技術に対しては『危険だ』と叫ぶ、狼少年のほうがマスコミ的
にはウケがいい 』

353 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo :2011/09/09(金) 12:25:36.19
おれのぶらぶら病は放射能のせいだったのか…東京電力ふざけやがって!!

354 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 09:38:53.85
>>353
女の子がおれだなんて。。(笑)
あ、そうか、おれとか僕とか書きたくてわざわざ男名HNなんだね、、

ひきこもって何年なの? 親に相談して早く治療した方がいいよ、
2chでマスタベーションするのが一生の仕事じゃないでしょ?

355 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 09:40:05.65
>>1
吉村昭「三陸海岸大津波」文春文庫 読みなさい

356 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 13:52:55.29
昔の三陸沿岸の大津波をテーマにしたものだね。 
最近、急に売れ出した。

今回も、あれだけの大津波に遭って家を流され、家族などを失っても、また
同じ場所に住むために家を建て始める人がいる。 
懲りないんだ。 無知なのか、それとも・・・

357 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo :2011/09/13(火) 15:52:09.21
>>354
あたし男の子よ。バカにしないで頂戴!!

358 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 22:50:10.61
大震災も原発事故も関係ないよ。俺は俺のやりたいことをやるだけだ・・・というような作家や思想家が。
今こそ、そういう作家や思想家の声を聞きたい。かつて,大東亞戦争の最中、谷崎潤一郎は「細雪」を延々と発表する当てもなく書きつずけていたし、小林秀雄は、日本の古典論を書き続けていた。
近くは、吉本隆明が、激しい政治の季節に、一見、政治と無縁な、「言語にとって美とはなにか」という言語論を書き続けていた例もある。

359 :v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo :2011/09/20(火) 23:09:00.76
なるほどなあ。それはいいまとめですね!

360 :吾輩は名無しである:2011/10/30(日) 02:55:09.93
>>1
そうですね。

361 :吾輩は名無しである:2011/11/23(水) 09:41:06.20
しょうもない自意識とかホントに震災以降邪魔でムダなものに成り下がりましたね。

362 :吾輩は名無しである:2011/11/24(木) 21:54:41.27
書生みたいな制度が崩壊して、売れる物を小出しにする小粒な作家ばっかりになった
まぁ喰っていけないからしょうがないと言えばしょうがないけど


88 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)