5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■ 2011年ノーベル文学賞を語ろう ■■

1 :吾輩は名無しである:2010/11/01(月) 01:27:05
2011年は誰が受賞するのか!?

2 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2010/11/01(月) 01:33:15

         ______/.::::;;;:::ヽ__  __
          | |┌─l.::::;;;;;;;:::.l─┐|/:|===l|
          | |│ ノ.::;;;;;;;;;;;::.i,  |│ |===l|
          | | j/.:ヾ、:;;::;;ノン':.ヽ|│ |   :l|
          |_|/ヽ:.:.:.:┌ロ┐:.:.:.:ハ_| |   :l|
      _   / ..:.゙i:.::::::|無 |:::::.i':.. ヘ :| _:l|
      _(|;;__|__{ . :.::|:::::::|職 |:::::.|:::.:.. } |l__l|_
    |三l三| ̄`ー''゙}ヽ└-┘、::{ー‐'゙ ̄|三l三|
    |三l三|-─‐-く、;;:::::::::::::::::z!、____ |三l三|
    |三ll/ . : : : :  ̄: ̄: : : :  )==l三|
     ̄ `丶、:_ : : : :..:j:.. : : .;. -'"


3 :吾輩は名無しである:2010/11/01(月) 01:43:05
アップダイ君、どうぞ

4 :吾輩は名無しである:2010/11/01(月) 02:09:46
「終焉」読み終わる前に宇宙が終わりそう。

5 :吾輩は名無しである:2010/11/01(月) 02:22:06
おちんちん

6 :吾輩は名無しである:2010/11/01(月) 05:12:24


7 :吾輩は名無しである:2010/11/01(月) 12:31:00
アップダイク以外なら誰でもいいよ

8 :吾輩は名無しである:2010/11/02(火) 01:26:08
綿矢りさ
芥川賞につづきまたも最年少記録を樹立。

9 :吾輩は名無しである:2010/11/02(火) 10:04:52
来年こそはボブディラン大先生に

10 :吾輩は名無しである:2010/11/03(水) 21:53:10
次スレって来年の話かと思ってた・・・

11 :吾輩は名無しである:2010/11/03(水) 23:37:04
ノーベル文学賞候補のハリー・ムリシュ亡くなったね。(合掌)
これでハルキのノーベル文学賞がまた一歩現実味を帯びてきた。

12 :吾輩は名無しである:2010/11/04(木) 07:13:37
だから春樹はまだ若いから無理だって

13 :吾輩は名無しである:2010/11/04(木) 09:32:25
つまんねーやつ

14 :吾輩は名無しである:2010/11/04(木) 12:46:05
小説を読めない馬鹿は面白いなw

15 :吾輩は名無しである:2010/11/05(金) 00:51:06
そうだな、14のことだな。
裸の王様だな。

16 :吾輩は名無しである:2010/11/05(金) 00:55:14
>>15

まだ馬鹿が荒らしてるのか?

17 :吾輩は名無しである:2010/11/05(金) 01:50:57
14は馬鹿の荒らしだ。

18 :吾輩は名無しである:2010/11/06(土) 14:06:14
スレ違いの質問だとは思いますが、
どなたか答えてくださればうれしいです。

2006年にノーベル賞を受賞したパムクの
『雪』の主人公「Ka」をみなさんはどう発音しますか?
ケーエー、ですか? それとも、カ、ですか?
私は最初、ケーエーと発音していたのですが、
訳者あとがきを読んでびっくり。
というのも、以下の文章を目にしたからです。
(ちなみに、カルスとは都市の名前です)

雪はトルコ語でカルという。従ってトルコ語では
「Kaはカルス(kars)で雪(kar)の中で」と韻を踏むことになる

韻を踏むということは、「Ka」は「カ」と読むべきなんでしょうか。
でもそうだとすると、とても読みづらいですよね。
読んでいるときにリズムにのれない気がします。
みなさんの意見を聞かせていただけますか?

19 :吾輩は名無しである:2010/11/06(土) 19:39:45
>>18
トルコ語は基本ローマ字読みなので「カ」でいいんじゃない?
カフカのK(ドイツ語読みでカー)が元ネタみたいだし。

20 :吾輩は名無しである:2010/11/07(日) 06:15:58
なるほど。
わざわざ答えてくださって
ありがとうございます。
助かりました。

21 :吾輩は名無しである:2010/11/10(水) 13:38:36
無垢の博物館(上)(下) 各2,415円
オルハン・パムク(著)

刊行日: 2010/12/25

男は誰もが振り向くような美しい娘との情事に溺れ、人生のすべてを彼女に捧げた。
近代化するトルコを背景に、自分の愛にただ忠実に生きた男の姿を描き上げる渾身の長篇。ノーベル賞受賞後第一作
ttp://www.hayakawa-online.co.jp/product/issue_schedules/book/list.html

22 :吾輩は名無しである:2010/11/13(土) 02:47:50
>>21
情報ありがと。
翻訳者が誰かが気になるね。
雪も白い城も翻訳文が拙くて
めちゃくちゃ読みづらかった記憶がある。
特に雪の文章は……
まあ、原文に忠実なのかもしれないけどさ。

23 :■ス■カ■ト■ロ■S■C■A■N■D■A■L■く■そ■モ■コ■:2010/11/18(木) 12:31:23
モコとイケメンの二人が乗ったゴンドラが
波もたてずに すべってゆきます*
朝の気配が 東の空を ほんのりと
ワインこぼした 色に 染めてゆく☆
そんな夢を モコは見ました*
モコは シャワーのあとの 髪の しずくを
乾いたタオルで拭き取りながら オナラをこいたわ…*
臭い屁の匂いを嗅いだ男が モコに向かって 窓辺で話しかけるわ☆
「流れる屁や 流れないウンコでさえ 季節の色だね」と・・*
モコには恋愛をする勇気が無いんです☆  モコは いくぢなしなんです*
だから いつまでたっても 処女なんです☆
くやしいですけど それが 現実だから しょうがないんです*
モコは口下手だから ポエムを書きます☆
だけど 男性にポエムを書いて贈ったら モコは「ストーカー」と言われたの*
若い男を見ているだけで「セクハラ」と言われたの☆
「モコは飛べない鳥だ」 「モコなんか 飛べるわけない」と… *
「モコのようなケースは 初めてです。前例が無いのです」☆
しかし 前例が無いからこそ やってみる価値があるんだ! *
前例が無いからこそ やってみよう!* ヤンバルクイナは 絶滅危惧種だ*
モコのような45歳 無職 処女も 絶滅危惧種なのかもしれない*
でも、やるんだヨ!*
だから もう一度だけ 大きな打ち上げ花火をあげて
パッ!と輝いて 消えていきたいのヨ!*
モコは 悪い子でした…* これから モコは いい子になります☆
モコを 許してくださいネ…* モコ一人だけを 助けてくださいネ…*
モコはステージで イケメンのウンコを食べれなくて すねていたの*
でも どうしても 食いたかったというじゃないか(笑い)☆
そんなにウンコが欲しいなら、最初に言ったらいいじゃないか(笑い)☆
いいかげん、モコのオナラのガスも サウナ室に充満しているの*
モコ派内では モコへの不満が そうとう 充満しているのヨ!*

24 :吾輩は名無しである:2010/11/30(火) 19:52:43
来年は誰?

25 :吾輩は名無しである:2010/11/30(火) 20:40:09
>>22
いや、あれは明らかに訳がひどすぎ。原文に忠実とかじゃないw
トルコ語をまともに読める訳者じゃないってことだな。
まあ仕方ないわ。大学にもトルコ語科とかないだろ。

26 :吾輩は名無しである:2010/11/30(火) 21:14:22
高3の時に東京外語大のトルコ語受けて落ちたよ

27 :吾輩は名無しである:2010/11/30(火) 22:49:41
無垢の博物館 上
オルハン・パムク/著 宮下 遼/訳
ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-15-209180-2&Sza_id=MM

28 :吾輩は名無しである:2010/12/08(水) 01:01:42
村上より先に、石黒が受賞しそう

29 :吾輩は名無しである:2010/12/09(木) 01:16:24
石黒ってエンタメ作家のカズオ・イシグロ?

30 :吾輩は名無しである:2010/12/09(木) 01:43:05
バルガス・リョサ受賞講演。動画と五ヶ国語(英独仏西スウェ)のテキスト。
http://nobelprize.org/nobel_prizes/literature/laureates/2010/vargas_llosa-lecture.html

31 :吾輩は名無しである:2011/01/02(日) 22:12:28
アゲ

32 :吾輩は名無しである:2011/01/03(月) 03:00:16
他のスレ、村上春樹スレにあったこれ、マジ?
ノーベル賞もプレゼンみたいのが必要け??


>224 :吾輩は名無しである:2010/12/25(土) 17:19:08
今年のノーベル化学賞日本人2名受賞の背景には

数年前から北海道大学現役教授陣が推進してきた世界各地でのシンポジウム、
すなわち受賞に相応しい日本人の業績を、
具体的に、世界へ向けてアピールするという地道な努力が存在した。

文学賞にも、同様のことが言える。
いま日本人でノーベル文学賞候補に推挙できるとすれば
村上春樹をおいて他に無い。
第一に、村上春樹は「1Q84]の始末をつけること。あのままでは駄目だ。
第二に、それを待って、日本文学界&出版界は総力をあげ受賞を勝ち取ること。

大きな節目だから、読者もまた心して
文学と出版の歩みに目を光らせ、参加すべきである。



33 :吾輩は名無しである:2011/01/03(月) 16:47:16
ところで今年はだれが貰ったんだ?

34 :吾輩は名無しである:2011/01/07(金) 09:27:17
候補をリストアップしてくれ。

35 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 21:28:58
村上春樹はとらないだろ
村上春樹が取るんなら西加奈子にあげてほしい。
通天閣は取ってもいいくらいの作品だとこないだ読んで感じた。
村上春樹がとったら選考委員会見る目ないよ。

残雪とか取るべき作家。というかノーベル賞以上の作品書いてるけど
取らないんだろう。

36 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 21:31:58
ボブディランはノーベル音楽賞があったら間違いなく取ってるだろうけど。
ボブディランとか取ったら、あの賞訳分からなくなって
映画監督とかにもあげる賞になってしまう。

37 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 22:17:51
喜劇俳優のダリオ・フォが取ってることも忘れないで

38 :吾輩は名無しである:2011/02/19(土) 20:45:31.25
オンダーチェ
アトウッド
マンロー

39 :吾輩は名無しである:2011/02/20(日) 17:46:04.12
カダレ

40 :吾輩は名無しである:2011/02/20(日) 21:31:50.60
ヘルタ・ミュラーはまだ二作しか翻訳されてない

好きなのに


41 :吾輩は名無しである:2011/02/22(火) 17:12:48.59
デリーロ

42 :吾輩は名無しである:2011/02/22(火) 17:35:00.66
>好きなのに

おまえのために世界が動いてるわけじゃない。


43 :吾輩は名無しである:2011/02/22(火) 22:04:58.53
ドイツ文学は翻訳者自体少ないんじゃない?

44 :粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/02/22(火) 22:50:53.96
現存のドイツ文学の翻訳者と言えばどんなところだろうか。
マイナーなレベルでは結構いるが、存命でそこそこ名がある人物は、
岩淵達治、藤川芳朗、西川賢一、池田(福井)信雄、池田香代子、松永美穂、初見基、鈴木芳子、鈴木杏子、山本浩司が今思いつくな。

45 :吾輩は名無しである:2011/02/22(火) 23:43:34.85
狙われたキツネは山本さんだね。
澱みも去年出たし地道に他作品も翻訳出てほしい

46 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 22:51:54.58
W・トレヴァー

47 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 23:03:49.20
Sキング

48 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 23:06:18.72
マッカーシー

49 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 14:29:01.81
タブッキ

50 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 15:08:23.37
サルマン・ラシュディ

51 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 23:15:34.62
シャモワゾー

52 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 01:22:11.41
西村賢太

53 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 01:28:57.49
ミラン・クンデラ 期待をこめて。

54 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 02:56:16.22
世界の地域割りでは今年はどこの地域の枠なの?
受賞するのは?
教えて偉い人。

55 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 03:18:55.75
地域枠なんてないよ。
受賞者の国は世界中に散らばっているが、その使用言語は
やはり圧倒的にヨーロッパ語が多い。
スワヒリ語の作家が受賞したことなんて無いもんな。
その点、日本語で2人選ばれているのは大健闘といえる。

56 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 11:29:30.84
最近はヨーロッパ偏重だけど地域枠はあるんじゃないかね。
受賞するのは相変わらずヨーロッパの言語ばかりだがw

57 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 12:12:35.72
>>55
「アジア枠は7年(だったか8年)に一度で次は2012年(来年)」とかなんとか聞いたけどな。。。


58 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 17:03:04.10
Umberto Eco

59 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 23:42:40.02
>57
いい加減なことを言っちゃあいけない。
アジアの受賞者は、1913年タゴール(インド)、1968年川端康成、
1994年大江健三郎、2000年高行健(中国)しかいないのだから。

60 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 23:49:03.16
アジア方面とかアジアが含まれる文化圏という意味だよ、
俺も無知だ。だがお前も無知っぽい。
ちゃんと分析している人からすると暗黙の了解的に、
かなりかっちり出来ているらしいぞ、枠。

61 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 23:51:17.28
持ち回りがあるのは周知の事実だと思ってた

62 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 23:51:41.37
トルコをどう扱うかが問題

63 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:00:06.22
「分析している人」「らしい」胡散臭いww
1990年から1994年まで非ヨーロッパから選ばれ、
1995年から1999年までヨーロッパから選ばれた。
よって、持ち回りにはなっていない。

64 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:14:09.91
>>63
お前は黙ってろ。何度も何度も事情通つか
その方面に詳しい人の書き込み見たことあるぞ。

お前韓国人並みに人の話を聞かない奴だな。
毎年ウンコが今年こそ取るとか ほざいてる口か?

65 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:15:52.22
このage君はさっきから哀れだな。

66 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:19:33.43
ホント、哀れな奴。
他人の書き込み信じてるだけとは…
アジアが含まれる文化圏って、どこのこと?

67 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:25:21.00
トルコを含むアジアと南米くらい? 6年に一度くらい?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E

>>65 = >>66
相手の事を「哀れ」とかいうのは、万全な自信があるときだけ、の方がいいよ。


68 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:32:10.33
どうしたらアジアと南米を同じ文化圏に含められるんだ?
滅茶苦茶な論理だな。

69 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:36:53.60
>>68
多分高卒だよねキミ。頭悪いな。もうすこしいろいろ「そうかな? そうだとしたらなぜ?」と検証して考えるのが大卒だ。
キミ高卒だろ?
ノーベル文学賞は欧米中心、言葉の問題(翻訳)があるから。
だから「その他」からも出さないといけないという配慮が働くと言われている、
その理屈、ある程度の理が通っているとは思えない?


70 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:45:11.81
南米はスペイン語というヨーロッパ語圏ということも知らんのか?
無知にも程がある。アジアとはまるで違う。

71 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:53:39.62
あー面倒くさい高卒だな、言い張る 言い張る

少し自分で考えたら、人種なども含めて考えて、だよ。
2010年受賞者はもちろん白人カウントだべなや。


72 :71:2011/02/28(月) 00:58:22.61
言い忘れたけど

>南米はスペイン語というヨーロッパ語圏ということも知らんのか?

こういう文章を書く感覚が高卒無知。Brazilを忘れるな。

73 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 00:59:58.68
トルコ語と日本語は似てるらしい

74 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 01:02:47.72
ブラジルはやはりポルトガル語というヨーロッパ語圏だ。
言語の話をしているのに、人種の話にすりかえる。
中卒か、お前ww

75 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 01:08:10.30
>>74
どこまでも言い張るねキミwww

>>71 はスルー???www
笑えるウケルwww

>>74
こっちは「南米はスペイン語というヨーロッパ語圏」というトンチキな言い方を笑ったのだが、誤魔化す???www
笑えるウケルwww

言い張るねキミ
徹底的に自分の非は認めないwwwかなり下衆い性格だねwwwクズってみんなに言われるでしょwww
笑えるウケルwww

76 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 01:11:47.26
なので盲目的に言い張る馬鹿な高卒の相手は止めてと。

ノーベル文学賞には欧米偏重を是正するための、地域割りの持ち回りがある。
これは地域・言語・人種などをざっくり配慮したもので、アジアを含む枠はざっくり6年周期。
村上春樹がかなり取れる確率が高まるのは来年、2012年。
ということね。


77 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 01:13:22.30
西村以外の中卒は文学に関心持たんでいい(笑)

78 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 01:21:23.21
もし人種を基準に考えると、1992年ウォルコット、93年モリスン、
94年大江と有色人種が3年連続受賞している。6年周期なんて虚妄。
村上春樹が最近ヨーロッパでバカにされているのも知らんらしい。
おめでたい中卒やな。

79 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 01:32:21.76
>>77
そうやってどこまでも言い張るなよ訳の分からない話を高卒ww

>>78
アメリカ枠に入ってる黒人。
それから「父方はイギリス系、母方はオランダ系・アフリカ黒人の血を引いている。」
そこはゼンッゼン関係ーねーってばよ!
お前極限まで頭悪いな! あーイライラする! ここまで頭悪い奴久しぶり!
言い張るなよこのボケ!
アジア南米ゆーとろーが!
自分の主張を前から研究していたわけでもなく高卒的にどこまでも言い張るだけ言い張るより、ちったー熟慮して謙虚に考えろ!
捏造しないでな! 全体を見てな! ボケ!
落ちる。

80 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 01:39:39.01
じゃあ、お前がこだわる6年周期でいつ南米の作家が受賞したのか、
言ってみろ。クソ中卒め!

81 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 01:52:21.05
ははは、必死に受賞者調べても見当たらないな。
他人の受け売りはやめようぜ、中卒くん。

82 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 02:06:52.77
仮にもスウェーデンアカデミーともあろうものが、アジアと南米を
同じ文化圏と捉えて、周期的に賞を与えるはずがない。
文化というものをどう捉えれば、そんな出鱈目な見方ができるんだ?
それができるのは中卒だけさ。文化の意味が分からないからな。

83 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 02:18:11.31
落ちると言ったけど博物館に言ってもらいたいような嘘つき誤魔化しの
頭は悪い高卒のことが気になってもう一度だけ来てみた。
>6年周期でいつ南米の作家が受賞したのか
自分で調べたら?

で、ここからだ。
>他人の受け売りはやめようぜ、中卒くん。

あらあら。いつのまにか無知無教養の高卒から一流大卒のこっちが中卒呼ばわりされた。
言い張るね、何度も言い負けても、どこまでも言い張るね。キミ間違いなく高卒だよね、答えてみな。

それで、「他人の受け売り」と言ったのは、自分でネットで調べてそういう説があることを確認したんだろ。
そこで勝負がついてることに、なんで気づかないか。というのが高卒の「真底頭の悪いところ」。

そういう説があることを確認してまで、自分が思いつきで「説はない」という論陣を張ったことに気付かない。
目の前の相手を誤魔化して言い張りぬいて、勢いと手数でやり込めぬけばいいという

「心底頭の悪い」高卒ならではの下衆思考。

自分でネットで調べてそういう説があると知ったらそこで「自分の完全な負け」を認めろよ、
言い張りぬくな、よく考えろ、久しぶりにここまで馬鹿な言い張る人間にであったわ。

>>81 = >>82
根拠がない。というかネット上でよく研究しなさい。
なんにしても

「南米はスペイン語というヨーロッパ語圏」というトンチキな言い方を笑ったのだが、あそこを誤魔化したとこが凄かったね。
あまり腐った誤魔化しばかりしてるんじゃないよ。劣等在日認定されちゃうよ、高卒君(高卒だよね? 答えてね)

落ちる。



84 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 02:26:23.68
ああ、ダメだ、こりゃ。
完全に狂ってる。中卒以下だね。
一流大卒だって(笑)ありえない。
武蔵野学院大のこと?

85 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 07:47:55.85
お前ら高卒同士仲良くしろ

86 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 00:25:29.45
東南アジアから初受賞が出ればいい。

87 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 22:31:17.84
今年はドン・デリーロだよ。間違いないよ

88 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 13:25:35.42
マッカーシーかもよ。

89 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 16:40:04.72
ピンチョンだったりして…

90 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 16:56:20.79
ピンチョンだったら新潮大勝利だな。

91 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 17:23:37.79
ピンチョンはない。ポストモダンは一度も授賞なし。

92 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 20:07:24.63
そろそろ“詩人”くる?
去年、北欧あたりの詩人が有力視されてなかったっけ

93 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 21:39:42.20
詩人はないね。
いまはもうたいした詩人がいない。

94 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 17:46:47.24
ノーベル文学賞最有力候補のフィリップ・ロスって
映画の宣伝でやってた。

95 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 19:32:50.79
本当の候補は50年たたないと発表されないから
言ったもの勝ちだな

96 :吾輩は名無しである:2011/03/08(火) 17:41:31.27
タブッキに一票を投じたいですな。 

97 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 02:31:57.44
グレアム・スウィフト

98 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 16:14:43.63
ウォーターランドは面白かったけど結末があざといように思ったな
スウィフトって他の作品もあれぐらい面白いの?

99 :吾輩は名無しである:2011/03/11(金) 01:05:39.65
『ラスト・オーダー』最高!

100 :吾輩は名無しである:2011/03/11(金) 13:53:16.39
100ゲット

101 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 20:47:11.82
俺を別に感動もさせない村上春樹がノーベル文学賞もらったら嫌だな。

「やっぱり俺たちが正しかった。おまえの文学を見る目なんか」
とか村上春樹好きなやつらに言われてるみたいで。

日本人なら西加奈子とか親指Pの人が取るといい。


102 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 21:11:56.35
それをいうなら俺を別に感動もさせない大江健三郎が獲ってる件

103 :吾輩は名無しである:2011/03/17(木) 17:53:09.54
ここであえて村上春樹と

104 :吾輩は名無しである:2011/03/18(金) 23:57:51.20
最近までエーコあたりかもと思っていたが
今年は村上春樹かも。

105 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 08:22:10.17
この震災でその可能性は上がってきたな

106 :吾輩は名無しである:2011/04/01(金) 10:39:42.59
これで今年の日本人の受賞はなくなった。
もしこれで日本人に受賞させれば、純粋な文学的価値ではなく何か政治的な力が働いたと疑われる。
そうなれば賞の権威は失墜し、今後受賞する作家の作品など見向きもされなくなる。

107 :吾輩は名無しである:2011/04/02(土) 01:58:10.06
エーコと予想する。

108 :吾輩は名無しである:2011/04/02(土) 12:48:40.19
たしかに村上春樹の「神の子どもたちはみな踊る」は「After the Quake」という題で親しまれてるからな

109 :吾輩は名無しである:2011/04/02(土) 12:49:44.08
てかエーコってそんなにたいした作家か?
その二人なら断然春樹だな

110 :吾輩は名無しである:2011/04/02(土) 20:33:32.33
春樹は嫌いじゃないし、ものによっては好きな作品もあるが
彼に『薔薇の名前』のような記号論と情報論を組み込んだ小説が書けるとは思えないな

111 :吾輩は名無しである:2011/04/02(土) 20:44:26.12
どっちもねえよ。

112 :吾輩は名無しである:2011/04/02(土) 22:12:28.00
村上春樹は好きだが、ノーベル賞とるような器とは思わない。
それに能力もない。
そろそろ本当にピンチョン来ないかな。
んでもって、授賞式来ないとかまた話題作ってくれないかな。

113 :吾輩は名無しである:2011/04/03(日) 00:59:40.57
ピンチョンは顔出しをしないことで神秘性を上げてるだけ

114 :吾輩は名無しである:2011/04/03(日) 18:38:29.72
俺が見た感じの受賞基準は

@平和に貢献した文学(チャーチル等)
A人生の苦悩を書いた文学(大江、カミュ等)
B単なる美文もしくはストーリーが面白い文学(川端、ヘミングウエイ等)

この順番で受賞しているんじゃない(@がなければA、AがなければBという順番)。
Bの時に政治力が入りやすい。
だから、大震災のあった日本はBで今回とりやすいので、もし春樹が取れるとしたら今年だろうね。
でも、チュニジア、エジプト、リビアあたりでいい作品があれば、@でそっちに行くだろうね。

俺の予想としては、今回は意表ついて中東民主化のきっかけになったチュニジアのフェイスブックの
投稿動画が受賞すると見る。

115 :吾輩は名無しである:2011/04/06(水) 10:50:12.27
つまんね。

116 :粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/04/06(水) 16:48:20.83
ほほう。

117 :吾輩は名無しである:2011/04/14(木) 12:00:27.19
馬鹿定義晒しアゲ

118 :吾輩は名無しである:2011/04/14(木) 18:51:03.66
うすっぺらな人ですね。

119 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/17(日) 16:00:09.82
>>114
なるほどねえ。

120 :吾輩は名無しである:2011/04/18(月) 04:55:18.82
赤くすればいいの?
>>114

121 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/04/19(火) 09:31:36.85
>>114

122 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 21:13:12.12
カズオ・イシグロは? まだ早いかな?

123 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 21:29:38.19
イシグロやマキューアンは対象外でしょう。

124 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 21:43:26.76
やっぱし若いから?

125 :吾輩は名無しである:2011/04/29(金) 10:24:04.39
震災ということで村上春樹かと思ったが
原子力事故問題で今度は不利になったかも…

ドン・デリーロ、ピンチョン?あたりはどうでしょう

126 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/30(土) 00:02:20.41
ピンチョンそもそも授賞式に来るの?

127 :吾輩は名無しである:2011/04/30(土) 08:44:46.46
気が向いたら来るだろ

128 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/05/02(月) 22:21:53.78
それ、面白いなあw

129 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 23:16:52.27
いや、ミュラーとかル・クレジオとか「へ?」という意外な人が今回も受賞するんだろ

130 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 08:10:06.33
ル・クレジオはないよな


131 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 08:59:36.52
>>106
オバマに平和賞あげちゃうような団体なのに、文学賞だけは文学的価値で純粋に判断すると?

132 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 09:52:39.82
マキューアンは読んだことないから俺には何も言えないんだけど
イシグロはない。まだまだ実力が足りないよ歴代ノーベル作家に比べて

133 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 10:24:13.95
今年はビンラディン殺害の影響がありそうだな。

134 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 10:32:45.15
イシグロもマキューアンも純文じゃなく、直木賞系だろ。
あれはエンタメだろ?
エーコもだが。記号論とかw通俗もいいとこ。
春樹は純文の中の底辺。高尚な顔した通俗。一番たちが悪い。

ピンチョン、デリーロも無理くさい。
今やるぐらいなら過去にやってる。
アメリカそろそろありだがポストモダンじゃないだろ。

お前らの好きそうなのを外して考えればいいw
ていうか、それだけはないという奴ばかし上がるのは何でだ?

135 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 10:37:33.38
小谷野先生乙

136 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 10:53:43.64
日本でも石牟礼道子あたりが取るという観測もある

137 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 12:54:47.82
>>133
何の冗談だよw
イスラム文学と強引に結び付けようとしてんの?

138 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 13:39:48.23
誰が受賞してもいいけど、受賞したら翻訳が出回る、という点で言えば
主要作が翻訳されていなかったり、あっても品切れ状態の作家がいいな。
実際、ミュラーとか、バルガス=リョサの復刊は嬉しかった。

139 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 01:14:14.74
個人的にフィリップ・ロスとか。復刊してほしい作品が何冊かある。あとはハントケとかはもっと翻訳されてほしいから取ってくれるとありがたい。

140 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 01:52:51.97
ハントケかあ。『反復』はいま一つの印象だったかな。
ちょうど先ごろ出たぜーバルトの評論集で『カスパー』が絶賛されていたので
読んでみようかと思ったんだが、大分ふざけた値段がつけれられていて断念。
ハントケで今入手可能なのは『反復』くらいで、あとはみな絶版なのかな。

141 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 02:37:35.65
たぶん、オレ。

授賞理由 : 賞金をあげたいもっとも困窮している天才文学者

で、オートマチックで文化勲章がオマケになるから、年金が貰える。嬉しい・・・

142 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 02:43:09.01
記者会見の質疑応答ももう考えてあるんだ。

記者「賞金は何に使いますか?(必ずこのくだんないことは聞くね)」
オレ「生活費ですっっっ!」

143 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 13:54:23.75
妄想だなw

144 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 17:16:49.69
2007年の予想ね。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2296223/2230852

米作家フィリップ・ロス(Philip Roth)
村上春樹(Haruki Murakami)
イスラエル人作家アモス・オズ(Amos Oz)

シリア人詩人Ali Ahmad Said Asbar
仏詩人イヴ・ボンヌフォワ(Yves Bonnefoy)
メキシコのカルロス・フェンテス(Carlos Fuentes)
米国のジョイス・キャロル・オーツ(Joyce Carol Oates)
韓国の高銀(Ko Un)
イタリアのアントニオ・タブッキ(Antonio Tabucchi)
クラウディオ・マグリス(Claudio Magris)
米国のトマス・ピンチョン(Thomas Pynchon)
アルジェリアのアッシア・ジェバール(Assia Djebar)
ハンガリーのPeter Nadas
フランスのマリーズ・コンデ(Maryse Conde)

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2295058/2222841
オーストラリアの詩人レズ・マリー(Les Murray)
エストニアの作家で詩人のヤーン・カプリンスキ(Jaan Kaplinski)

他、
ケニア人の作家グギ・ワ・ジオンゴ氏
レバノンの詩人アドニス

145 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 17:19:37.03
    ・ ・
いや、切実な願望だwww

146 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 17:25:40.39
個人的には
筒井康隆か石牟礼道子の受賞を望む。

147 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 18:54:49.25
石牟礼道子は候補に上ってはいるらしいよ
もう病床にいるので、やるなら今しかない
筒井康隆はノーベル賞の価値はあると思うけど、翻訳が少ないし、候補に上がったとは聞いたことがないな

148 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 19:52:53.09
>筒井康隆
ハリウッドのSF映画脚本家がみんなノーベル賞をもらって、
宮崎なんとかももらって、
その後その後。あっ、ばかばかしい。w

149 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 19:59:25.62
日本だったら村上春樹じゃない?やっぱり

「ポルノ小説」と一部の批評家に酷評されたイェリネクも採ったんだし
春樹が採ってもおかしくないよ

150 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 20:03:01.54
>「ポルノ小説」と一部の批評家に酷評されたイェリネクも採ったんだし
では渡辺淳一でも。瀬戸内寂聴だってもw。

151 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 20:13:30.19
まあね、大江健三郎でさえ貰えた賞なんだからね、
小説みたいなものを書いたことがあります、って人なら、
誰が貰ったってそりゃ不思議じゃないよ。w

152 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 20:21:16.21
762 :発狂饅頭(自演中) ◆42euzUlXSM :2011/01/15(土) 06:34:00
オッス! オラ、吹雪饅頭!
ただいま鋭意発狂中でゲソ!

35 :村上春樹:2011/01/10(月) 04:11:52
>>34汚たねえ赤ら顔だな
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\   そりゃスゲエ今度産むとこ見せてよ
|  ^  ^  |  ノルウェイの森天才すぎ http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=sb-snvtyp&p=yoko+murakami
|   ⊃  |    手コキブームの走りだもんね。
 \ O  /    セクースは汚いものじゃない う、うるさいぞ!おまんこおまんこ! おまんこおまんこ!
          た、たいした人間様が来たぞおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーー

153 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 21:07:19.82
Un Ko

154 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 21:12:02.47
>>147
>石牟礼道子は候補に上ってはいるらしいよ

どこの情報?

155 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 21:25:29.73
>>154
研究者から聞いた情報。有名な話らしい
英語への翻訳数とか、いくつかの要件があるらしいが全部満たしたらしい
基本的にはノーベル賞候補というのは非公開だから信じたくなければ信じなくても結構だが

156 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 02:16:48.76
翻訳数が要件なら、極端な寡作作家は候補入りできないのか?

157 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 02:38:52.94
そういうことになるね
もっとも、5作品も書いてないのにノーベル賞がもらえるわけもないが

158 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 08:50:13.56
>>141
何か作品書いてんの?書いてるんなら是非発表して貰いたいもんだが

159 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 11:19:53.32
春樹よりはありそうだなあ>石牟礼道子

160 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 12:38:13.84
>>144
シリア人詩人Ali Ahmad Said Asbar
レバノンの詩人アドニス

同一人物なんだが

161 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 13:36:44.63
これでもし他の日本人にノーベルがきたら
春樹はカンヌでの戦場のメリークリスマスみたいな感じになるな

162 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 13:48:36.66
しかし石牟礼道子の方に死にそうだから先にやったらブーイングが来るだろうな
日本人もほとんど読んだことないだろうし

163 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 13:49:06.16
微妙に被ったw

164 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 14:05:28.46
春樹なんて絶対ないから

165 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 17:49:23.20
>>157
チャーチルは1作。
カミュも小説は数えるほどしか書いてないぞ。

166 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 18:10:53.30
>>165
チャーチルがいたかw
まああれは例外ってことで

167 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 21:19:23.07
その研究者の質にもよるけど
結局、ノーベル賞については何を言っても噂話の域をでないということか

168 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 21:44:22.42
ええええ、てかこの一連の流れで知ったんだけど
あのチャーチルってノーベル賞とってたんだ

169 :だーうぃんがきた!:2011/05/05(木) 22:00:01.91
倭さるのしまは、ちいさいので、きがよわくて、いっつもたにんにたよっています。
おおきな白い人がきたとき、倭さるは穢土で遊廓で穢多とこうびをしてくらしていました。倭てんのう穢多はそこからかねをもらってくらしていました。

倭さるはいまもそうしています。姦災からの、ふうしゅうなのです。なにがなんだかわからず、人身売買をしょうばいにしています。
 そこに、ダイナマイトを発明した悪いおかねもちが、罪滅ぼしにつくった賞をあげるといってくる白い人がいました。倭さるはもう、それはおおよろこび!
まいにちまいにち、どうやったらあの悪いおかねもちからほめられるか、ひっしになってかんがえて、あしのひっぱりあい! 
倭さるは穢多どうし、ひっしうわさしあっています。「あいつがあしをひっぱったんだ。あいつがあいつが」。そうして、どうるいをだしぬき、えらいんだぞうといいたいのです。

170 :だーうぃんがきた!:2011/05/05(木) 22:12:13.68
「おれが、おれが、おれがえらいんだぞう!」と応援原発ろうがいいます。「おれが、おっれが・・・はっは、おっれが! おれが」

その穢多は、しこくのやまおくでくらしていたただのしがない農みんでしたが、きゅうにとかいにでてきたのでした。
都かいでは、たくさん倭さるがいます。だから、できるだけ肩書きをつけようとおもいました。そうすれば、農みんでもだいじょうぶです。
「おれが、おっれが、」そのしがない農みんがいいはじめます。「おっれが、おれが、おれが・・・えらいんだぞう!」

田んぼは涸れはて、原発でくらしをたてます。「おっれが、おれが・・・えらいんんだぞう!」その農みんは、黒ぶちめがねでいいます

171 :吾輩は名無しである:2011/05/06(金) 00:06:39.63
応援原発ろうw

172 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 21:36:07.63
筒井康隆

まあ確かに可能性は無いんだろうけど、和のテイスト以外で日本人がノーベル受賞、という願望ね。



173 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 21:47:46.13
水俣を描いた「苦海浄土」。
福島原発事故で揺れる日本と世界。

石牟礼道子受賞で世界的に地球と環境と人類との共生の機運が高まる、というか目が向けられる。
環境と人類に正面から取り組んだ作家に2011年度ノーベル文学賞を授与する意義は大きいよ。

174 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 23:21:18.43
白人優越主義寡占政治賞に飽く迄こだわる黄色い猿、応援原発ろう。
凶も2chで誤った無抵抗被侵略主義へ必死の煽りです。
中華人民共和国と朝鮮民主主義人民共和国の佞官とは国賊盟友の契を結んだ「無二の」親友です

175 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 23:39:16.33
>>174
君の使う文体嫌いじゃないよ

176 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 09:03:14.89
>>173
あー、それあるかもな
マジで

177 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 18:22:11.19
日本人なら個人的には筒井康隆か大西巨人に取って貰いたい
外国人なら邦訳の少ない人なら誰でもいい

178 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 19:03:19.57
なんで邦訳の少ない人であってほしいんだ?

179 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 19:18:24.67
>>138の理由っしょ

180 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 23:30:37.23
みんながみんな数カ国語操れる訳じゃないんだから
まぁ英訳されたのなら読めない事もないが、それも翻訳、結局原文の雰囲気はそこなわれてる
それなら一番得意な日本語で読みたいよ

181 :吾輩は名無しである:2011/05/12(木) 20:50:56.33
英訳されて原文の良さが失われるならそもそもノーベル賞の対象外な訳だが。

182 :吾輩は名無しである:2011/05/13(金) 22:47:41.97
オースターはどうよ?

183 :吾輩は名無しである:2011/05/13(金) 23:06:35.64
ロス、デリーロを差し置いての受賞はありえない

184 :吾輩は名無しである:2011/05/14(土) 07:31:26.98
そろそろいい加減、アメリカが来るかもな

本命はやっぱフィリップロスか

185 :吾輩は名無しである:2011/05/14(土) 11:07:16.29
だから石牟礼道子だって

186 :吾輩は名無しである:2011/05/14(土) 13:18:41.37
苦界浄土だし
女性だし
英語以外だし
白人じゃないし

石牟礼道子さんに一票

187 :吾輩は名無しである:2011/05/14(土) 13:26:39.21
苦界 ×
苦海 ○

アメリカだったらドン・デリーロ
もしくはカナダ勢の中の誰か
ヨーロッパだったらエーコ

188 :吾輩は名無しである:2011/05/14(土) 17:13:06.79
ジョイス・キャロル・オーツ
アモス・オズ
ペーター・ハントケ

誰かだろう

189 :吾輩は名無しである:2011/05/15(日) 21:48:29.14
agee

190 :吾輩は名無しである:2011/05/16(月) 02:00:44.70
ハビエル マリアスは可能性あるだろ

191 :吾輩は名無しである:2011/05/16(月) 03:18:14.94
アミン・マルーフ

192 :吾輩は名無しである:2011/05/16(月) 08:09:47.44
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。

193 :吾輩は名無しである:2011/05/17(火) 08:37:20.19
国際ブッカー賞が明日発表らしい

194 :吾輩は名無しである:2011/05/17(火) 08:47:22.05
老人の賞めてアピールと、権威主義ばかりの腐った日本

195 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/05/17(火) 15:34:20.38
あげ

196 :吾輩は名無しである:2011/05/17(火) 15:53:57.79
例えば日本なら誰に与えれば認めるの?
ツハラ?w

197 :吾輩は名無しである:2011/05/17(火) 18:21:33.88
なんでそこでそいつをチョイスするんだよw

198 :吾輩は名無しである:2011/05/18(水) 22:45:12.16
アーヴィングは?

199 :吾輩は名無しである:2011/05/19(木) 09:03:01.75
ブッカー国際賞にロス氏 「ポートノイの不満」の米作家
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011051801001263.html

200 :吾輩は名無しである:2011/05/22(日) 14:00:51.89
200げっと。

201 :吾輩は名無しである:2011/05/27(金) 02:22:14.42
ジョン・バンヴィルにカフカ賞
http://www.irishtimes.com/newspaper/ireland/2011/0526/1224297787153.html

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 17:32:08.11
agee

203 :吾輩は名無しである:2011/05/29(日) 00:44:42.54
ノーベル持ち回り政治力賞



204 :吾輩は名無しである:2011/05/31(火) 20:58:56.98
そろそろエーコあたりでいいだろ。

205 :吾輩は名無しである:2011/05/31(火) 23:35:41.68
いい加減クンデラで。

206 :吾輩は名無しである:2011/06/01(水) 11:08:35.38
クンデラだのエーコだのの小説って何も評価するところないと思うんだけど
ゴミだろ

207 :吾輩は名無しである:2011/06/01(水) 12:26:04.67
知名度と質はほとんど関係ないよな

208 :吾輩は名無しである:2011/06/01(水) 12:43:20.80
知名度も関係あるだろ
クンデラは文学の世界での貢献度大きいよ
クンデラでいいと思う

209 :吾輩は名無しである:2011/06/01(水) 13:41:08.13
知名度が関係あるならシドニィ・シェルダンがノーベル賞をもらうべきだな
ま、もう死んだが

210 :吾輩は名無しである:2011/06/01(水) 13:56:49.49
シドニー・シェルダンがノーベル賞って…
受賞候補にもならないだろw

211 :吾輩は名無しである:2011/06/01(水) 18:14:55.32
知名度はそれ程関係ないんじゃない
ルクレジオやリョサはそれなりに有名だったが、
ひとつ前のドイツの女流作家なんて少なくとも日本じゃ無名だったろ

ノーベル賞好みの進歩派的な活動と作風をしてればOKで、あとは持ち回りとロビーイングで決まるんだろ

212 :吾輩は名無しである:2011/06/02(木) 20:39:58.86
アカデミーはロビー活動の効果は全くないとはっきり言っておりますよ。

213 :吾輩は名無しである:2011/06/03(金) 19:55:14.85
そのドイツ女流作家の記事を見たんだけど凄かったな
数ヶ国語に挟まれた生活を送り、言語に意識的であるがゆえの「単語内の文字の亀裂」という概念は新鮮だった
国際化の波もあってか言葉に対して多角的な視点で捉えることができる人は評価されやすい、というか注目されている気がするな

214 :吾輩は名無しである:2011/06/07(火) 09:13:37.55
アリス・ウォーカー
ジャメイカ・キンケイド
マリーズ・コンデ
コ・ウン

215 :吾輩は名無しである:2011/06/08(水) 09:08:32.26
日本人作家に取って欲しいという願望は分かるが、現実問題として
石牟礼さんや大西さんは候補になりようがない。
西脇順三郎が「翻訳(つまり英・独・仏・典)された資料に乏しい」の一言
で候補から外されたのと同じ。

今回の震災と原発事故で選考委員会も予定外で日本に注目する可能性があるが、
その対象は村上春樹だと思う。日本人からすればまるで見当違いだが、世界では
圧倒的に「日本の作家=村上春樹」である。


216 :吾輩は名無しである:2011/06/08(水) 12:24:09.63
春樹は知名度は問題ないが作品の質がノーベル賞の好みじゃない


217 :吾輩は名無しである:2011/06/08(水) 12:28:36.04
なによりカフカ賞の講演がまずかった気がする
あれを西洋の左翼インテリは批判的に捉える


218 :吾輩は名無しである:2011/06/08(水) 13:27:13.42
>日本人からすればまるで見当違いだが

どうしてそう思うのかな?理由をきいてみたい。

219 :吾輩は名無しである:2011/06/08(水) 14:09:36.24
文壇の仲間だと思われてないからじゃない?

220 :吾輩は名無しである:2011/06/08(水) 16:56:14.01
ただの流行作家だからでしょう。

221 :吾輩は名無しである:2011/06/08(水) 17:37:39.69
それを言ったら大江健三郎が取れたことにも説明がつかない

222 :吾輩は名無しである:2011/06/08(水) 22:40:20.24
後世への影響という点で、西脇順三郎より堀口大學の方が遥かに
偉大な文学者であったぞ

223 :吾輩は名無しである:2011/06/09(木) 09:06:23.75
いずれにしても、来年あたりは東洋の作家の可能性はあるね。
なんだかんだ言われても、コ・ウンが最有力だろう。
亡くなれば、北島。



224 :吾輩は名無しである:2011/06/09(木) 09:13:11.23
西脇順三郎は、誰も追随出来ないほど独創的だった。
こういう人を偉大な詩人という。

堀口大學と比べるのは完全に的外れ。レベルが違いすぎる。

225 :吾輩は名無しである:2011/06/09(木) 10:44:35.71
ノーベル賞:発表日時決定
http://mainichi.jp/select/science/news/20110608k0000e040013000c.html

>医学生理学賞が10月3日
>物理学賞は4日
>化学賞は5日
>平和賞は7日
>経済学賞は10日
>文学賞は後日設定される

文学賞は木曜日だっけ?

226 :吾輩は名無しである:2011/06/09(木) 10:51:32.94
>後世への影響という点で、西脇順三郎より堀口大學の方が遥かに
偉大な文学者であったぞ

影響という点でいえば、この言は正しい。
独創的という点でもかな、堀口は新しかったな。

227 :吾輩は名無しである:2011/06/09(木) 11:20:37.95
ぜんぜん同意できない
俺は詩だけを論ずるなら影響力も独創性も西脇のほうが上と見る
でも研究者、海外文学の翻訳紹介者としてなら、同じくらいに見る


228 :吾輩は名無しである:2011/06/09(木) 11:23:25.30
いや、やっぱり研究者としても質が違いすぎて比較できない
堀口が継承者なら西脇は単独出発者だ


229 :吾輩は名無しである:2011/06/09(木) 17:38:18.59
とりあえず西脇と堀口の代表作品を一つずつ挙げて簡単に比較してみてよ。
詩を読まない人間には全然分からない。

230 :吾輩は名無しである:2011/06/09(木) 19:16:57.78
堀口大学の詩はほとんど読んだことないけど、西脇順三郎がノーベル賞に相応しいことは言える

231 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 00:44:09.41
死人なんてどうでもいいよ。

232 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 07:42:00.00
だよな
お前なんか、死んだら誰にも思い出してもらうこともないだろうな

233 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 17:51:01.44
死に意味を見出すことのできない人間は
生にも意味を見出すことができない

234 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 18:01:40.94
堀口大學の方が断然偉いし、現代に通ずるところ多々あり。
礎を築いてくれたというのか。

235 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 19:22:27.64
詩でノーベル賞が獲れるなんて本気で思ってるのか?
選考委員が何て言ってるか少しは調べた方がいいぞ。

236 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 19:30:51.55
さすがにそれは信じ難い

237 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 19:38:32.36
西脇について引用してみた
<引用>
20世紀はジョイスでもエリオットでもなく、まさに「パウンドの世紀」であると、ヒュー・ケナーは喝破した。
そのパウンドはかつて西脇の詩を称揚して、この『あむばるわりあ』の詩人をノーベル賞に推した。
これら二人のモダニズムの巨人に精通する著者は、それぞれの生涯と詩的発展を詳細かつ具体的に辿り、
そのグローバルな詩的照応と魅力を明らかにする。
ホメロスと老子、ダンテと芭蕪、ペイターとジョイスなど、世界文学の中で自らの詩的世界を構築した二人の大詩人を中心に展開する詩的饗宴にして現代詩入門。



238 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 19:57:45.84
某新聞に翻訳されてたコウンの文章を読んでみて、確かに詩人の文章ではあるなと思ったけど
古来より体制に対してはるかにリベラルであった詩人までもが国家を称揚するってのは
韓国という国は随分ナショナリスティックな国なんだなと思った

239 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 20:52:12.42
人間じゃなくて国家を詩いあげている時点で資格なし。
万年候補止まりの典型。

240 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 21:19:27.98
韓国は芸術関係は本当にダメだなぁ。あらゆるジャンルで底が浅すぎる。
自分の不幸を呪って、それで終わり。
小学生じゃないんだから。

241 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 21:37:40.68
在日文壇もいつまでたっても自分の生い立ち語り止まり
そこでは悪=日本、抗いきれない自分の運命を呪って終わり
トンデモマニアのおもちゃになってる某在日作家は見てられない

242 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 22:46:15.30
「韓国を代表する作家」はいるけど「国民作家」がいない、
「韓国でとりわけ有名な作家たちによる作品群」はあるけど
それが「国民文学」を形成していない、という感じがする
そしてそれはただちにかの国の国民国家Nation Stateとしての
成熟度ということに関わってくる問題ではなかろうかと思う

243 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 02:33:23.48
不躾なお願いなのですが、現代韓国文学の、具体的な作品名を聞きたい。
出来れば翻訳のある作品で、自分の不幸を呪って終わり、でも全然かまわないので、純文学に分類されそうな作品で。
韓国文学って翻訳も少ないし全然知らないので。


244 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 08:33:48.89
今年のノーベル賞は村上春樹かも。

http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html

http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040019000c.html

245 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 08:45:31.18
>>244
なんでこんなのを得意げに貼って「ノーベル賞は村上春樹かも」と書けるのか
もうちょっときちんとした理屈を聞きたいね

246 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 08:59:07.57
>>245
人に教えを乞う態度じゃないな。3年ROMってなさい。

247 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 09:00:59.63
また春樹ヲタか…

248 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 10:15:53.51
春樹信者の特徴=
誰も反論できないような当たり前のことを柔らかい語り口で話す春樹の講演に心酔し、
自慢気にリンクを張って「ノーベル賞間違いなし」と言う
自分の言葉で話し、説明することができないから、リンクを張ることしかできない

249 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 10:23:19.37
質問や反論をしても>>246みたいに詭弁や論点のすり替えでかわすからタチが悪いよな
それが春樹流の卑怯なロジックだということに早く気がついたほうがいい

250 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 10:59:30.19
カタルーニャ国際賞?知らんなあ。
アストゥリウス皇太子賞なら騒ぐ気もわかるんだが。

251 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 11:22:41.73
村上春樹って、賞をもらえるだけもらっておきながら絶対に選考委員とかやらないよな
選考委員をやらないのは勝手だが、ならばすべての賞も辞退すべきだよな
一見かっこよさげな春樹の行動のインチキさに信者は早く気づくべき

252 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 11:40:24.87
春樹は健三郎みたいに反日の安売りしてノーベル賞を取る手段に徹したようだな。
ノーベル文学賞と平和賞くらい反体制の胡散臭いものはないからな。 www

253 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 12:08:21.24
壁と卵にしても、「壁の側に立つ」と言ったら支持は得られないし、
原発にしても、「原発が必要なこともある」と言ったら叩かれる。
結局、安全なことしか言わないんだよな。
ま、俺も原発は全廃すべきという立場だけど。

254 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 13:17:51.45
村上春樹はそれなりに存在価値があると思うが、今のままじゃノーベル賞なんて無理。
受賞の最重要必要条件「独創性」を満たしてないので、まずは一つでいいから「自分以外の誰にも書けない」という作品を書くこと。
それが出来て初めて他の候補者と肩を並べられる。

255 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 16:12:20.92
ポルノ作家が国民代表とか、本気で関西人だけ別の国に行ってくれ。トンキン連れてな

おまえらのせいで外国をしらふで歩けなくなる。最悪だよ、コイツ

256 :吾輩は名無しである:2011/06/11(土) 19:46:45.04
そうか。フィリップ・ロスが取れないのは「ポルノ」だからか。

257 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 09:00:16.20
震災効果で春樹さん今年取るかもね
カタルーニャの賞金寄付してたし、被災地のことを考えたらノーベル賞選考委員も、春樹さんに上げないわけにはいかない

他にノーベル賞取れる日本人作家がいれば別だけど

258 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 11:50:36.81
ノーベル文学賞を「本屋大賞」なんかと混同してるやつは来なくていいよ

259 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 11:54:00.37
そんな奴いねえだろw

260 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 11:57:28.77
本屋大賞wあれひどいよなww

261 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 17:19:26.05
たかが震災ごときであげなくちゃいけないなんて思うわけないだろ

世界中に福島より悲惨な現実があってそれに抵抗してる作家なんかごまんといるわ

262 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 17:40:56.14
>>261
たとえば?

263 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 17:43:30.17
悲惨な現実に抵抗してる作家しか受賞してないわけじゃないと思うけど
それに震災復興は金である程度解決するけど、他の問題はそうでもないから、そうした問題に取り組んでる作家に賞金あげてもどうにもならないと思う

264 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 17:49:19.19
震災を理由に春樹さんが受賞するという意味じゃないよ
選考委員に対する心象の問題

265 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 19:32:44.01
何日か前の朝日新聞の記事で選考委員が、日本からの受賞はしばらく無いだろうと言ってたよ

266 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 19:39:42.52
>>265
サプライズを狙ってるな

267 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 20:33:18.66
朝日新聞の記者が選考委員に対して失礼な物言いをして、選考委員を怒らせたからだろ?
そんな韓国みたいなことやってれば、リストから外されて当然だ。
朝日新聞は全日本人作家に対して廃刊して詫びろ。

268 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 21:47:02.16
>>263
震災復興も賞金じゃどうにもなりませんよ。

269 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 22:34:18.06
>>268
いや、それでも無いよりましだろ

金で解決しないなら誰も寄付なんかしない

270 :吾輩は名無しである:2011/06/12(日) 23:40:56.45
寄付金がちゃんと被災者に届いてるかどうか考えたことがないのか。
義援金なんて所詮焼け石に水じゃないのか。
江頭のように物資を届けた方が被災者にとっては有り難いのじゃないのか。
実は今一番力を持っているのは、動くべきなのは日銀じゃないのか。
政府の対応、良かった点悪かった点、東電の問題、実は日本では必要なかった原発などなど…

そういった被災地の現実をうまくまとめた作品を書くことができれば、受賞に繋がるかもね。

271 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 00:16:29.31
歴史ねつ造すると永遠にノーベル文学賞なんてもらえなくなるような気がする

272 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 00:19:14.79
>>270
将来的に春樹さんがノーベル賞取るなら少しでも復興の役にたつかもしれないから今賞金あげとこかなーって選考委員も考えるかも知れないねって話だろ

突っ込みたいなら、将来的にも春樹さんはノーベル賞など取らないし、他に日本人作家でノーベル賞受賞に値する作家はいないと、話を転がしてけばいいんじゃないの?

寄付がどうとか、トンチンカンな方向に話広げるなよ
頭悪すぎ

273 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 01:09:06.06
>突っ込みたいなら、将来的にも春樹さんはノーベル賞など取らないし、他に日本人作家でノーベル賞受賞に値する作家はいないと、
>話を転がしてけばいいんじゃないの?

だから春樹厨が沸いては逐一論破されるって流れが延々ループしててみんな飽き飽きしてんの

頭悪いのはおまえ

274 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 01:18:57.00
>>273
ループって単純に同じ話題が同じ結論に達するわけじゃないよ
螺旋を描いて発展させていくべきもの
それができないお前らの方が頭が悪い

275 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 01:34:43.20
ランキング2位って、韓国の自演だから
ほんとアホ

276 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 02:14:21.65
村上春樹はちゃんと奥さんの作った借金を払い終わったから偉いやつなんだよ。

てか「さん」づけしている時点でワキガだわな。


>>270
>実は今一番力を持っているのは、動くべきなのは日銀じゃないのか。
日銀の実力にワラタw


きみ、白痴?

277 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 07:39:55.46
>>271
捏造文学の大江さんはもらいました

278 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 09:10:10.09

英語版Wikipediaの日本史まで韓国人に
捏造 、書き換えられているのを発見
探せばもっとあるのかも(´Д` )

279 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 09:13:45.93
今年は春樹だな。

280 :吾輩は名無しである:2011/06/13(月) 10:30:34.76
>>279
http://blog.archiphoto.info/?eid=1170598
ノーベル文学賞は政治的な賞だから十分ありうるね

281 :吾輩は名無しである:2011/06/14(火) 18:47:53.96
村上春樹さんには是非今年受賞してもらって、受賞式でノーベル賞自体を完全に否定するスピーチをしてもらいたいと思います。
その時初めてアカデミーは自分たちの愚かさに気づき、文学賞を廃止することでしょう。

282 :吾輩は名無しである:2011/06/15(水) 23:24:29.09
俺はノーベル賞と政治を絡めるのがいささか信じられないんだけど
逆にル・クレジオやバルガス=リョサが受賞するに到った政治的文脈は何よ?

283 :吾輩は名無しである:2011/06/16(木) 00:09:01.61
>>282
二人とも政治問題を作品で扱ってるんじゃない?「雪」とか「チボの饗宴」とか。
むしろ村上春樹の作品は政治からは離れてると思うが。発言は政治的なことに触れてはいるけど

284 :吾輩は名無しである:2011/06/16(木) 00:12:45.83
>>282
ル・クレジオは支配的文明(ヨーロッパ文明)に対する批判、
バルガス=リョサは権力構造との戦い。
どちらもノーベル賞好み。

285 :吾輩は名無しである:2011/06/16(木) 00:14:32.39
春樹は普遍的な悪を幻想的な筆致で云々

286 :吾輩は名無しである:2011/06/16(木) 07:39:25.13
春樹が受賞したらアンチが発狂しそうで面白い。

287 :吾輩は名無しである:2011/06/16(木) 09:26:58.15
私は福島県在住(原発から60キロくらいの小さな市)だが、
放射能に関してはみんな苦々しく思いつつも無視して日常生活を送っている。
地元の野菜も食べるし、マスクをせずに外出する。
現実問題としてここで仕事をしないと生活していけないし、放射能を気に
して毎日ビクビクしながら過ごしていたら、それこそ参ってしまう。

震災後の、ライフラインが寸断されたままの時期に早々と
ジュンク堂郡山店が時間限定営業に踏み切ったのは本当に有難かった。
コーマック・マッカーシーの「ザ・ロード」、大江健三郎の「治療塔惑星」
村上春樹の「神々の子供たちはみな踊る」、シンボルスカの「終わりと始まり」
石牟礼「苦海浄土」、あの状況で読むと涙が出るほど感動した。

被災者の目から見て、この人にノーベル賞が与えられれば納得するという作家は
確実にいる。東京で生活している頃は、こんな気持ちになったことはなかった。

288 :吾輩は名無しである:2011/06/16(木) 10:44:35.92
雪はパムクよん

289 :吾輩は名無しである:2011/06/16(木) 19:12:42.24
>>287
わかる

290 :吾輩は名無しである:2011/06/16(木) 23:55:07.54
>>287
こんな気持になった私は特別か、阿呆くさ

291 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 00:38:27.85
>>287
あなたが日本人に一人ノーベル賞をあげるための選考委員になったら、誰に与えたい?

292 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 07:24:53.02
>>291
トマス・ピンチョン

293 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 07:25:52.41
>>290
被災したなら特別だろ
そういう時にしか感じれない読書があったと書くことのどこが阿呆くさいのか

294 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 21:03:03.17
特別か?日本限定の話だろ?
世界中に国まで亡くした奴がわんさかいる時代に
むしろ平和に読書なんかして暮らしてる奴のほうが特別じゃないの?

あなたが挙げた作品もそういうこと伝えてると思うけど

295 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 21:41:55.66
>>294
世界がうんちゃら言って被災者に同情ひとつできないあんたこそ阿呆そのものだろ

296 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 21:59:49.77
>>294
お前みたいな奴は結局自分ひとりしか愛してないんだよ
ドストエフスキーが言ってた

297 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 23:34:51.78
頭が悪いんでしょ。

298 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 23:40:04.68
春樹かどうかはともかく、今年は日本から出るかもしれんね。

299 :吾輩は名無しである:2011/06/17(金) 23:55:37.38
つまり石牟礼道子が今年は来る・・・と
まあ苦海浄土はいま読まれるべき作品だとは思うし、
死ぬ前に賞を与えておくのは悪くない
春樹よりは納得感強いな

300 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 02:40:46.26
今年も予想は当たらなそうだねぇ

301 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 10:28:02.35
リョサは直前の下馬評で上位に居たろ。

302 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 13:39:59.02
今年は英語圏でしょ

303 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 17:59:14.88
>296
どこでドストエフスキーがそんなこと言ってたかソースをしめせよ。
どうせ読んでないんだろ?


304 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2011/06/18(土) 18:38:42.00
294
戦時中に昭和天皇謎は皇居地下のシェルターの文庫で読書三昧に耽っておったといい増す殻ねぇ〜(笑)

305 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 19:25:42.34
こんなところでまで他人の同情ひきたがるやつこそ
自己愛性人格障害の権化に他ならないだろ


306 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 19:33:15.94
ドストが自分以外の人間を愛していたなどにわかに信じがたい

307 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 21:00:44.58
『白痴』に「全人類を愛するのは、自分一人を愛するのと同じだ」と言ったような意味のセリフが、誰のだったかは忘れたけど、出てきたよ
読み返すのめんどくさいから、興味があるなら自分で読んでみな

>>306
まあ、ドストが、自分の分身である登場人物に向けて言ったセリフだから、ドスト自身のことも言ってたんだろうね


308 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 21:10:17.09
今ざっと読み返して見つけた

『抽象的に人類を愛するということは、ほとんど例外なく自分ひとりを愛することになるのでございます』(『白痴(下)』 木村 浩訳 新潮文庫 P252)


309 :吾輩は名無しである:2011/06/18(土) 21:18:07.79
>>303
もうすこし長く引用した方がわかりやすいかな

『いったいすべての人間を、すべての同胞を愛することができるものでございましょうか? 
わたしはこうした問をよく自分の心に問うてみたものでございます。もちろん、それはできない相談ですが、むしろ不自然と言ってもよいくらいでございましょう。
抽象的に人類を愛するということは、ほとんど例外なく自分ひとりを愛することになるのでございます。』

でもこれは一般論を述べただけで、誰かについて言ってるわけではなかったみたい。
そのあとに『あなたさまは違います』と出てくる。

310 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 08:42:31.42
「同情」なんて一語も書いてないじゃん
「愛」と「同情」はまったく別物だと思うけど


311 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 09:04:26.51
>>310
まったく別物ではないだろ
ここでドストエフスキーが言っている「愛」とはキリストの言う「隣人愛」のことなんだけど、
それは「自分のように隣人も愛する」ことだろ
同情と言い換えても差し支えないし、むしろお前の言う「同情」は、ただ「同情」するだけで「隣人愛」ほどにも行動を伴わない、上っ面だけ「情けをかける」程度のことなのか?

312 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 14:46:56.00
そりゃ同情するような状況は必ずしも行動を必要としないからな。

313 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 16:00:05.75
何もしないなら偉そうなこというな

314 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 16:03:27.14
>>312
それこそ、同情だけしてなにもしない「自分ひとりを愛する」人間だよ
ドストの批判は、やっぱりお前にぴったりだよ

315 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 16:54:49.75
そもそもお前みたいな自己中に同情すらしてないよ

同情の無価値と薄気味悪さをニーチェが言ってたしw

316 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 17:03:27.23
だいたいドストが言ってただの、ドストの批判だのといって、
ドストエフスキーの小説の作中人物の一人が口にしたことだけを取り上げて
さもドストエフスキー本人の思想かのように語るのは
多性的小説と言われるドストの小説の読みとしちゃあまりに御粗末
テクストと作者の区別もつけられないのが「被災者の目」ってんならかわいそうすぎて同情するわw

317 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 17:06:39.47
被災者なんてどうでもいいよ。
今年のノーベル賞について語れ。

318 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 17:34:41.51
だから人類全体の中から一名に与えられるはずの今年のノーベル賞を語ってたのに
「被災者の目から見て」とか「被災したなら特別だろ」とか
「そういう時にしか感じれない読書」の視点を特権化する馬鹿が出てきて
そういう目で大層な選別を始めたのが最初だろ

それを指摘すれば今度は人を同情ひとつできない阿呆呼ばわり
ドストの登場人物のせりふを都合のいいように引用した挙句
愛することを同情と言い違えても差し支えないとか馬鹿なことを言い出す

いいか、ここにwikipediaにも載ってるような同情についての記述を抜き出すよ
ぐぐればすぐ出る。そこにはこう書いてある

「英語におけるSympathy(同情)の語源としては、ギリシア語より由来し、
共に苦しむこと、感情が同一になることを指している。
これより転じて、同情とは他者の苦しみに応答して、自らも苦しむような感情を持つ。」

これのどこが愛なんだよ?

これを読んでもお前の言う「隣人愛」と「同情」の区別もつかねえなら
ついでにお前のやり方に倣ってニーチェの「同情」批判も引用して教えてやろうか?


319 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 17:37:00.01
>>315
登場人物の言葉に託して自分の思想の一部を語ってるわけだろ
ドストの思想が多面的だから、複数の人物に複数の思想を語らせてんだよ

そうすることで、「抽象的に人類を愛する」ことを否定して、一人一人の具体的な人物を浮き彫りにしてるんだろ
読めてないのはお前の方だよ

320 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 17:41:08.44
>>318
ウィキで引用しなけりゃ説明できないほど、お前は「同情」の言葉を適当に使ってただけだろ

それにそのウィキの説明による同情だって、隣人愛をもつための前提になる感情で、ただ感情だけでなく、なんらかの行為を伴うなら、それは「愛」となるだろ
おまえはただ同情すればそれで事足りると思ってるから、そういうことがわからないんだよ

321 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 17:44:59.85
>>318
「自分が被災したら金に困るだろうな」と同情をもつ
「自分がして欲しいことを相手にもしよう」と隣人愛をもつ
→「募金をする」

お前は「困るだろうな」と同情するだけで終わってるんだよ

322 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 17:48:23.66
>>318
まあ、同情するだけなら誰でも出来る
具体的な行動を考えないから「抽象的に人類を愛すること」になる

ドストがここで批判しているのは、お前みたいな、ただ同情するだけで具体的にはなにもできない無能のことだろう

323 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 17:58:16.45
>ドストの思想が多面的だから、複数の人物に複数の思想を語らせてんだよ
その多面性の一部を抜き出して、ドスト自身の言説のように語る意図が暴力的だってこともわからないのか?
その作中人物の思想に対してドスト自身はどう考えていたか明らかではないのに?

それとさっきも言ったけどこっちは一切同情なんかしてないよ
>「同情」の言葉を適当に使ってた
のも
>同情すればそれで事足りる
ような言い方を最初にしたのもあなただろう

こっちはむしろ適当に使っているあんたを正したくてwikiを引用したんだよ

証拠は>>295
であなたが最初に「同情ひとつできない」と軽率に述べている
「同情」という語が最初に登場するのはこのレス。

別人物だったら申し訳ないが


324 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 18:01:34.59
>>323
別人物だよ
というか、他人のレス自体大して読んでない

325 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 18:03:21.92
そうか、ずっと同一人物だと思って戦ってたよ
じゃあ「同情」を軽率に使うなという点ではこの話は見解を一致してるよ

326 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 18:10:20.77
テクストと作者を区別せよ、という指摘については
まったくひっこめる気ないけど!

327 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 18:41:08.57
>>ドストの思想が多面的だから、複数の人物に複数の思想を語らせてんだよ
>その多面性の一部を抜き出して、ドスト自身の言説のように語る意図が暴力的だってこともわからないのか?
>その作中人物の思想に対してドスト自身はどう考えていたか明らかではないのに?

これには答えろよ。

328 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 19:18:09.20
ドストエフスキーなんてノーベル賞とれない人間の話なんてどうでもいいよ。
生きてる作家の話をしろ。

329 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 19:27:38.64
すでに取ったやつにお墨付きを貰ってるやつは強い
リョサやパムクなんかは世界中の作家からいつか取るだろうと言われていた

なんで、日本人なら、実はル・クレジオと親しい津島祐子とか推薦貰ってたりしそうな気が…


330 :吾輩は名無しである:2011/06/19(日) 19:48:44.85
津島が取ったら太宰の方がとかどうのこうの言われるんだろうな
まあ津島の受賞とかないけど

331 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 01:41:50.69
日本の女流に限定してなら誰が賞に近いだろう?


332 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 01:55:23.80
石牟礼道子
小川洋子

333 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 02:50:11.15
えー、話題になったときに博士のなんちゃらだけ読んだけど
小川はそういう賞とはまったく無縁なように感じたよ

334 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 05:30:33.66
多和田のがまだありそうだわ

335 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 07:47:43.38
>>333
なんで1作品しか読まずに判断できるわけ?

336 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 10:17:00.66
世界のムラカミだろうな。

337 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 10:17:08.15
えっ!?
俺は一作丸々読まなくても、だいたい判断できるよ!?

むしろあなたはできないの!?
そのほうが驚きです!


338 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 10:53:18.80
荒らしはスルー

339 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 10:57:07.59
オレも一作すら丸々読んでない状態では作家の判断はしないな
個人的には声に出すことすらはばかりたい状態だが
そういう薄い判断を大声で喧伝する人間がいるのは知ってる

340 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 11:26:15.61
博士の愛した数式なんて異色作じゃん

341 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 12:51:56.67
一生に読める量は限られてるんだから、数ページ読んでクソだと思った作家の別の作品まで付き合う必要ないだろ。


342 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 13:01:03.50
俺も博士の数式が売れてるときに読んで、たいした作家じゃないと思ったんだけど
他の小川作品を読んでるファンから見ても、やっぱり数式は評価低いの?



343 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 13:08:18.77
↑議論のすり替えキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

344 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 13:09:54.63
>>342
俺は博士の愛した数式は傑作だと思うけど、それまでのファンで幻滅した人はいるだろう

あと>>343>>341のことね

345 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 13:16:43.64
ふーん…
あれが傑作…
俺はちょっと無理だった…
他にノーベルクラスと思う作家いる?海外も有りで

346 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 14:41:14.40
http://book.asahi.com/clip/TKY201106090234.html

>日本の文学者が今後、受賞する可能性については「多くの国がある中、既に2人
(川端康成、大江健三郎)の受賞者がいる。韓国にも優れた文学者がいるが、
まだ受賞者はいない。日本の作家が全受賞者の約2%を占めることは、誇るべき状態。
比率や地域性を勘案するわけではないが、比率からすれば多すぎるぐらいだ」と言う。

これ読む限り春樹は長生きしても取れなそう。この人は否定しているけど、
こういう発言してるってことは、やっぱり受賞者の地域のバランスとか
勘案してるんだね。

347 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 16:18:27.28
じゃあ、小川洋子の最高傑作を教えてくれや
それ読んで判断するから

348 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 16:57:48.79
選考委員会も今年は空気を読んで春樹にするでしょ。

349 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 17:22:36.47
>>347
ブラフマンの埋葬
薬指の標本
やさしい訴え

これらを読んでから議論するなら聞いてやるよw
一作品しか読まずに語るんじゃねーよw

350 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 21:02:07.69
小川洋子を推すなら推すで、受賞に相応しいと思う理由を一言で説明できんのか?
どの世界でもニューフェイスで認めて貰うにはそれなりの努力が必要だ。

351 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 21:15:49.05
ノーベル賞作家「フクシマ以後、原発への考え変えた」
http://www.asahi.com/culture/update/0620/TKY201106200450.html

352 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 21:30:06.15
リョサ恰幅いいな

353 :吾輩は名無しである:2011/06/20(月) 21:35:55.16
エーコとかいつかとる可能性ある?

354 :吾輩は名無しである:2011/06/21(火) 08:01:31.73
タブッキはあるかもしれんがエーコはない。

355 :吾輩は名無しである:2011/06/21(火) 09:53:55.14
エーコの小説はどう見ても多作な凡人
池澤夏樹レベル

356 :吾輩は名無しである:2011/06/21(火) 10:04:50.88
私の代わりにピンチョンと答えた人がいるが、
私ならコーマック・マッカーシーか村上春樹に受賞してほしい。
シンボルスカが仮に未受賞だったなら、シンボルスカも挙げたいところ。

あの状況下でザ・ロードを読んでマッカーシーに対する見方が変わった。
ノー・カントリーやブラッド・メリデイアンを平時に読んだ時には何と
悪趣味でイヤな作家かと思っていた。

しかし、何度も来る震度5級の余震、停電、断水、道路の陥没、近所の建物が何十棟も全半壊、
湖の決壊、そして原発が爆発したらしいという噂、物不足。
得に、原発の噂の時には気持ち悪くなって吐き気がした。周りに同じ人が多い。
停電でテレビが見れず、近所の人がラジオで聞いたものに尾びれが付くのである。

その中でザ・ロードを読んでみると、本当に文学の力を感じた。
ノー・カントリー他でなぜ彼が執拗に暴力を描くのか、身体で理解出来た。
どうしようもない状況なら本なんか買いに行く暇ないだろうという外部の人が
いるが、間違い。そういう事でもしないと、気持ち悪くてたまらないのである。

ノーベルは、彼のような作家に文学賞をあげたかったのだと思う。





357 :吾輩は名無しである:2011/06/21(火) 16:10:14.11
ブラッドメリディアンは平時に読んでも非常時に読んでも素晴しい作品だと思う

358 :吾輩は名無しである:2011/06/21(火) 20:00:24.21
福島県民だけど、震災以降
南米文学に対する見方が変わったな

359 :吾輩は名無しである:2011/06/21(火) 23:27:28.51
それはいい方にか悪い方にか

360 :吾輩は名無しである:2011/06/21(火) 23:28:23.10
はいはい
震災も君の手に掛かるとセンズリのおかずだね

361 :吾輩は名無しである:2011/06/21(火) 23:42:39.85
チリ人だけど、震災以降
東北文学に対する見方が変わったな

362 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 01:07:10.93
作品を誉めているようで、実はそれを読む主体の見る目が鍛えられましたって話しかしてない。
作品より自分が好きなんだ。
良かったね、被災者になれて。
これで堂々と自己規定したポジションから、特権化された言説を垂れ流せるね。



363 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 01:25:44.03
横だけど
鍛えられた、っていうか今までの人生から文脈の逸れた経験をしたゆえに
ものの見方が変わったというほうが語弊がないだろう
まあ、確かに>>356なんかは自身の特異性を見せ付けるために書いてるところがないとはいえんなあ

364 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 01:42:31.07
お前しつこいよ。

365 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 01:45:58.62
参考に何がしつこいのか教えてくれよ

366 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 02:00:14.52
俺に絡まれたくないなら書かないほうがいいよ
実際、ただの名無しだと思って書いた相手に変な難癖つけられたら迷惑だし

367 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 07:04:18.78
こんな時だからこそ井伏の黒い雨に励まされました

368 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 11:39:54.93
ビンラディン殺害記念で
ラシュディにこんどこそ一票

369 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 12:08:00.67
今年はラシュディと春樹の対決か。

370 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 14:59:33.46
そういや今年邦訳のあったムーア人の最後のため息ってどうだったんだ

371 :吾輩は名無しである:2011/06/25(土) 19:38:44.25
ノーベル賞作家・リョサ氏 スペイン語テーマに京都外大で講演
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20110624000126



372 :吾輩は名無しである:2011/06/25(土) 19:44:49.96
アモス・オズ
フィリップ・ロス
高銀

今年はこの中の誰かが受賞

373 :吾輩は名無しである:2011/06/29(水) 01:59:41.78
バルガスリョサが次は高銀って南米の新聞のインタビューでいったらしい
今年来るかもよ

374 :吾輩は名無しである:2011/06/29(水) 12:27:01.07
タモリのテレホン・ショッキングじゃあるまいしw

375 :吾輩は名無しである:2011/06/29(水) 17:22:47.62
世界遺産

376 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 00:21:54.41
ドン・デリーロは?

377 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 04:27:53.31
俺だよ俺

378 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 12:31:19.27
ウィリアム・トレヴァー

379 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 12:48:41.19
ナイポールがちょっと前にフェミニストたちに攻撃されてた。あの人女流作家の作品が好きじゃないみたいだね。ノーベル賞作家ではそんなこと堂々と言うなんて悪い意味で珍しいんじゃないか。

380 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 14:26:52.81
女性蔑視は評価しないが、ノーベル賞作家と言う肩書きにしがみついてまともに物を言えない
作家たちよりは好感が持てる

381 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 14:41:44.10
未来における大戦のさなか、イギリスから疎開する少年たちの乗っていた飛行機が攻撃をうけ、南太平洋の孤島に不時着した。
大人のいない世界で、彼らは隊長を選び、平和な秩序だった生活を送るが、しだいに、心に巣食う獣性にめざめ、激しい内部対立から殺伐で陰惨な闘争へと駆りたてられてゆく…。
少年漂流物語の形式をとりながら、人間のあり方を鋭く追究した問題作。

382 :吾輩は名無しである:2011/07/01(金) 20:54:54.11
道子ーー道子ーーー

383 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 00:04:02.99
オズ、ロス、クンデラ、高銀は万年候補

384 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 02:06:27.81
早くもいくつかの賭屋が今年のオッズを出している。

Paddy Power
http://www.paddypower.com/bet/novelty-betting/current-affairs/nobel-literature-prize/Nobel-Literature-Prize-2011-2510105.html
BetUS
http://www.betus.com.pa/sportsbook/awards-entertainment_futures-nobel_literature_prize_2011.aspx
Victor Chandler
http://www.victorchandler.com/vcbet/en-gb/coupon/show/22889/32649910/86/230/6140443/1

こちらで主な候補者のオッズを比較している。私が賭けるとすればカダレの23倍だな。
http://www.nicerodds.co.uk/nobel-prize-in-literature

385 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 12:00:58.79
JKローリングまで名前があがってるw

386 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 12:29:31.59
ボブ・ディランはもういいって

387 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 12:50:09.03
コーマック・マッカーシー
ノーベル文学賞のイメージじゃない

388 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 14:31:10.46
マッカーシーは去年、Ladbrokesのオッズ1位だった

まあないだろうな

389 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 14:34:53.73
>>384
そこで10倍のアッシア・ジェバールってのはいい線いってると思う

390 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 17:45:22.42
去年、結果発表まぎわ
マッカーシーのオッズ急上昇してたもんね。

何人かが予想した
南米から出る説は当たったけど

391 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 18:28:06.03
毎回ボブディランで吹くw

392 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 19:04:19.19
ボブデュランと同じオッズのJohn Banvilleの立場は

393 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 20:14:15.09
高銀はじつは候補にすらなってないってさ

394 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 21:15:10.36
去年は、でしょ

直前のヨーロッパの報道では毎年名前出てくるし、
なんらかの根拠はあるんだろう。

395 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 21:58:50.47
本屋の韓国文学のコーナーに高銀置いてなかったけど、詩のエリア探せばあるのかな?

396 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 23:09:10.91
韓国作品は生き様を切り売るするものばかり

397 :吾輩は名無しである:2011/07/02(土) 23:35:38.92
いつから候補になった?
ES細胞の人 駄目になってからなら、やっぱり怪しいよ

398 :吾輩は名無しである:2011/07/03(日) 00:37:10.23

ヒント: 買収

399 :吾輩は名無しである:2011/07/03(日) 00:45:03.62
まあ50年たてば分かるさ

400 :吾輩は名無しである:2011/07/03(日) 00:51:49.63
マッカーシーは一般に人気があるけど、まあないだろうな。

401 :吾輩は名無しである:2011/07/03(日) 16:25:27.41
小川洋子がガルシアマルケスと肩を並べる日がくるとは誰が想像しただろう

402 :吾輩は名無しである:2011/07/03(日) 19:17:29.51
石牟礼さんは、海外でのオッズには入っていないよね。

403 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 04:37:19.14
日本だったら春樹

404 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 07:54:06.18
コウンさんの詩の良さがわからない。
海外で評価されているんだから、何か魅力があるはずなんだけど

405 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 12:45:39.72
>>403
絶対ないから

巣に帰れ

406 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 13:08:40.92
震災のドサクサであったりして>はるき

407 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 17:21:38.83
アメリカのニューヨーカーに載ったのは日本人では村上春樹と大江健三郎と小川洋子だけ

408 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 19:17:36.35
>>404
>コウンさんの詩の良さがわからない

世界で評価されてないから



409 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 20:22:59.42
頭脳とか感性働かせたもので、狙ってほしいな

410 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 20:29:31.45
>>404
ヒント : 黒を白とは言えない

411 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 21:11:09.33
韓国語で読むと凄いのかもしれないし

412 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 21:30:20.70
>>411
選考過程知らないの?

413 :吾輩は名無しである:2011/07/04(月) 23:01:37.11
オッズなんかでのCormac McCarthy高評価の要因って何んなんだ?

414 :吾輩は名無しである:2011/07/05(火) 11:51:36.24
春樹は『アンダーグラウンド』を書いたのが大きいな。
社会性をアピールしている。

415 :吾輩は名無しである:2011/07/05(火) 12:21:07.11
大きくないよ。
でっちあげ感をアピールしててウザいだけ。


416 :吾輩は名無しである:2011/07/05(火) 16:18:52.23
超マニアックでなくて、トレヴァーとかタブッキとかマッカーシーとか話も面白くてって人にとって欲しいな〜
願望。

417 :吾輩は名無しである:2011/07/05(火) 16:47:04.49
盛り下がるがら詩人は嫌だ。

418 :吾輩は名無しである:2011/07/06(水) 10:56:42.94
春樹が良いね

419 :吾輩は名無しである:2011/07/06(水) 16:10:43.04
アリス・マンローとかよく候補の予想に名前あがるけど
地味じゃね?

420 :吾輩は名無しである:2011/07/06(水) 18:23:27.13
日本人で真に優れた作家は、

津原


421 :吾輩は名無しである:2011/07/06(水) 19:59:38.49
カダレだとかっこいい

422 :吾輩は名無しである:2011/07/07(木) 16:50:55.05
マンローはノーベル好みじゃないでしょ。

423 :吾輩は名無しである:2011/07/09(土) 02:07:45.63
タブッキは好きだが、もうひととおり翻訳はでちゃってるから受賞の価値があんまりない。
近年の作品は、どうも政治がかった幻想味に乏しい作風だから、ちょっと残念。 ダマセーノモンテイロはがっかりした。

424 :吾輩は名無しである:2011/07/09(土) 02:49:31.49
世界遺産とかが露骨に日本の応援になってるから(もちろん日本政府の要請だろうけど)、ノーベル賞ももし化学分野なんかで日本人に業績がなければ文学賞あたり日本人組み込んできたり…しないか。

425 :吾輩は名無しである:2011/07/09(土) 14:48:44.76
そこで春樹

426 :吾輩は名無しである:2011/07/09(土) 17:38:59.72
エーコはオッズにあがらないんだね
アメリカ勢はのっているけど

427 :吾輩は名無しである:2011/07/09(土) 21:15:32.06
選考委員の脳みそが膿んでるとエーコ

428 :吾輩は名無しである:2011/07/09(土) 21:53:11.65
選考委員の大雑把なアジア感により→ウン●コさん

429 :吾輩は名無しである:2011/07/10(日) 12:01:41.89
ピョンチャン

430 :吾輩は名無しである:2011/07/10(日) 17:02:35.33
デン・ドリーロ

431 :吾輩は名無しである:2011/07/11(月) 13:03:11.50
選考委員会は今年、日本の復興を後押しする意味もあり、村上春樹へと英断を下すかも。

432 :吾輩は名無しである:2011/07/11(月) 16:16:45.67
たぶん来ないけど、まだ石牟礼道子を期待してる俺がいる

433 :吾輩は名無しである:2011/07/12(火) 09:51:18.02
20年もずっと候補でいるくらいなら
震災のドサクサで貰っちゃった方がいいかも…村上春樹
「震災への同情」でそんなに表だって文句言われなさそうだし

来年からが、本番ということで
来年は「カダレ」

434 :吾輩は名無しである:2011/07/12(火) 13:16:12.35
× 20年もずっと候補でいる
○ 20年もずっと候補だと思い込まれている

435 :吾輩は名無しである:2011/07/12(火) 20:18:32.85
今年は日本人は来ないって何度言ったら解るのかねぇ。
日本語読めない人?それとも単純にバカ?どっち?

436 :吾輩は名無しである:2011/07/13(水) 02:41:45.43
今頃は最終候補の作品の検討中か

437 :吾輩は名無しである:2011/07/13(水) 12:29:11.24
>>435
何度も言ったというレス番教えて。
全部探すのめんどくさい。

438 :吾輩は名無しである:2011/07/13(水) 17:45:38.66
John Banvilleが別名義で書いたミステリが
ランダムハウスの文庫で出るね。

読んだことないけど

439 :吾輩は名無しである:2011/07/17(日) 17:12:26.64
詩人とかエスニック小説家なんかじゃなくって
大物がいいな

440 :吾輩は名無しである:2011/07/18(月) 01:18:08.28
鴻農映二
ノーベル文学賞の獲れない構造――なんだか、まだ李朝時代にいるような気がする

441 :吾輩は名無しである:2011/07/24(日) 20:06:35.56
>>433
カダレはナショナリズム臭が前面に出すぎてるのがね。
『死者の軍隊の将軍』は面白かったが
『誰がドルンチナを連れ戻したか』はいま一つだった。
まあ受賞して全作品が翻訳されるなら有難いが。

442 :吾輩は名無しである:2011/07/24(日) 21:22:19.27
砕かれた四月?みたいなかんじの題名の本はすごくよかった記憶がある

443 :吾輩は名無しである:2011/07/25(月) 07:59:37.32
ドルンチナの伝承の再構築・再解釈も良かったと思うけどね

444 :吾輩は名無しである:2011/07/30(土) 23:52:21.29
ドルンチナってダレンチナ
キリ番取れてラッキ〜

445 :吾輩は名無しである:2011/08/06(土) 15:32:53.40
タブッキ

446 :吾輩は名無しである:2011/08/07(日) 02:12:39.55
スティーブ・エリクソンはどうだろう

447 :吾輩は名無しである:2011/08/07(日) 22:48:25.87
まだまだ先だな。

448 :吾輩は名無しである:2011/08/08(月) 19:19:04.96
ミルハウザーは?

449 :吾輩は名無しである:2011/08/08(月) 20:00:18.49
ないな。

450 :吾輩は名無しである:2011/08/10(水) 19:57:56.56
石牟礼さん来い

451 :吾輩は名無しである:2011/08/11(木) 09:09:52.32
今年の候補

ノーテボーム
コ・ウン
ジェバール
アドニス
ペーテル・ナーダス

452 :吾輩は名無しである:2011/08/11(木) 10:01:22.39
>>451
コウンしか知らない・・・

453 :吾輩は名無しである:2011/08/11(木) 16:42:06.73
ノーテボームしか読んだことないけど、よくわからなかった
自分の中ではエリクソンと同じ系統

454 :吾輩は名無しである:2011/08/11(木) 18:46:23.85
>>451 今年こそ詩人枠かもしれんな。

アシア・ジェバールはありえる。



455 :吾輩は名無しである:2011/08/19(金) 21:49:05.10
小説家の方がいいな

456 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2011/08/19(金) 22:00:04.14
小説だったら民族問題とか哲学的なこと平和についてたくさん
盛り込めるけど、詩はどういう基準で選ばれるの?

単なる美文?

457 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 :2011/08/20(土) 19:30:31.27
韓国の詩人は?

458 :吾輩は名無しである:2011/08/20(土) 21:37:49.85
>>457
アウト・オブ・眼中

459 :吾輩は名無しである:2011/08/22(月) 15:10:26.60
http://www.nicerodds.co.uk/nobel-prize-in-literature

Mccarthty, Cormac 1.00 1.00
Cormac Mccarthy 8.00
Vijaydan Detha 8.00
Haruki Murakami 9.00
Gerald Murname 9.00
Ko Un 9.00 9.00 ←
Ngugi Wa Thiongo
Tahar Ben Jelloun
Assia Djebar 10.00
Chang-Rae Lee 10.50 ←

高銀だけじゃなく、チャンネ・リー(李昌来)も候補にあがってる

460 :吾輩は名無しである:2011/08/22(月) 19:50:46.76
候補にあがっている中で一番若い?

韓国系の人って日本のこと書かずにはいられないのかな

461 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 :2011/08/22(月) 20:31:36.44
去年スペイン語圏だったし今年はないでしょ

462 :吾輩は名無しである:2011/08/22(月) 23:13:36.15
オーストラリアが穴です

463 :吾輩は名無しである:2011/08/22(月) 23:21:37.39
オーストラリアってピーター・ケアリーぐらいしか知らないな

464 :吾輩は名無しである:2011/08/23(火) 00:29:26.75
今年はインド・アフリカ・中東圏だべ
なかでも中東のノーベル賞初受賞国にいきそうだな


465 :吾輩は名無しである:2011/08/23(火) 17:41:06.66
OZはPeter Carey, Gerald Murnaneが有力候補

466 :吾輩は名無しである:2011/08/23(火) 20:31:29.76
>>464
トルコも中東だろ?
EUがどうこうあるけど、宗教や文化的にヨーロッパではない

467 :吾輩は名無しである:2011/08/24(水) 12:23:09.05
韓国は国際的な視野を持った作品が作れるようになるまで受賞はないのでは?
あまりにも偏狭で国粋主義的なコンプレックスを感じる作品が多い
残念だがまだ衰退した現代の日本文学にすら届いてない

468 :吾輩は名無しである:2011/08/24(水) 17:43:38.83
もうマッカーシーでいい。

469 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 :2011/08/24(水) 18:07:51.88
英語圏かな

470 :吾輩は名無しである:2011/08/24(水) 18:50:32.18
そろそろアメリカ作家かもな
ノーベル委員会がアメリカ文学嫌いがいるみたいだ
フィリップス・ロスにやらんともう少しで仏様だ
あるいは「村上春樹」がくるかもな

471 :名無し物書き@推敲中?:2011/08/25(木) 05:41:08.64
ないけど、マッカーシー!! 

472 :吾輩は名無しである:2011/08/25(木) 17:28:18.07
ドン・デリーロもそこそこ年齢高そうなイメージ

473 :吾輩は名無しである:2011/08/25(木) 17:35:01.41
1933年生まれはジェームズ・ブラウンとか天皇陛下とか
藤田まこととか…あたり

474 :吾輩は名無しである:2011/08/25(木) 21:41:47.27
北欧に久しぶりにいくぞ。


475 :吾輩は名無しである:2011/08/25(木) 21:51:23.92
候補
米国のフィリップ・ロス
アルジェリアのアシア・ジェバール
カナダのアリス・マンロー
米国のジョイス・キャロル・オーツ
メキシコのカルロス・フエンテス
ベトナムのズオン・トゥー・フオン
カナダのマーガレット・アトウッド
米国のコーマック・マッカーシー
韓国の高銀
シリア出身のアドニス
スペインのルイス・ゴイティソーロ
イスラエルのアモス・オズ

極秘情報
ベトナムのズオン・トゥー・フオンに内定したようだ


476 :吾輩は名無しである:2011/08/25(木) 22:12:08.79
石牟礼さん、やっぱ無理かなー

477 :吾輩は名無しである:2011/08/25(木) 23:35:32.33
476 >石牟礼さん、やっぱ無理かなー

100%無理。
翻訳され世界で広く読まれてない。
文章は文学的でない。
どこだかの国内の世界文学全集に選ばれたから錯覚している輩が多い。



478 :吾輩は名無しである:2011/08/26(金) 00:13:43.05
>>477
バーカ、翻訳は出てるよ
このスレ最初から読み直したら?

479 :吾輩は名無しである:2011/08/26(金) 17:43:29.63
>>478
世界で広く読まれてるの?

480 :吾輩は名無しである:2011/08/26(金) 23:42:30.04
ノーベル図書館(ストックホルム市)に、村上春樹氏の本が18冊。
現役作家では大江氏の45冊に次ぐ多さだという。
ちなみに小川洋子氏が10冊、よしもとばなな氏が9冊、村上龍氏7冊と続く。
アカデミーの認知度は、日本の作家では春樹氏がトップなのは間違いない。

小川洋子のノーベル文学賞受賞は2033年と予想する。
http://www.videor.co.jp/data/member/pdf/dmedia/2009/11.pdf


481 :吾輩は名無しである:2011/08/27(土) 00:56:17.03
石牟礼という「糞ババァ」は、代表作『苦海浄土 わが水俣病』で第1回大宅壮一ノンフィクション賞を与えられたが、受賞を辞退。
週刊金曜日の創刊に参画し編集委員を務めたが「手伝いをしただけ」である事を理由に2年で辞任するなど「変人」という噂だ。
ノーベル文学賞で要求される表現力は皆無である。



482 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 04:10:15.24
>>475
フランスAFPの受け売りだろ?
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2650740/4729912


個人的には高銀とマッカーシーは今年の最終選考の5人に入ってると思う

483 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 04:36:29.53
ベトナム? おバ韓国?
アジア枠は2012年発動だが?
ここでウンコが賄賂で取ったら、春樹の取る取る詐欺がまた7年続いて困るのだが?


484 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 04:58:01.22
今年は政治的にもアフリカが注目されてるから、
アチェべが受賞するんじゃないかと思うんだけど。

485 : 忍法帖【Lv=32,xxxPT】 :2011/08/28(日) 11:47:37.15
高銀って本当に入ってるの?
去年は一次候補の30人にすら入ってなかった

486 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 18:45:46.51
マッカシーだとファンも多いけど
批判も多いんじゃね?

487 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 20:07:31.39
―ノーベル文学賞の審査手続きはどうなりますか。

文学賞は毎年1月31日まで申請を受けます。

一次に30人を候補で選定します。
一週間書類審査を経て15人に圧縮します。
3次で10人、4次で5人、5次審査を経て2人を最終候補に選定しますね。
最終選定では審査委員90%が1人に票の集中を与えます。

http://2chnull.info/r/news4plus/1298422008/
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/02/18/2011021801401.html


488 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 21:32:32.13
安部公房から横取り
村上春樹 みっともない
貧乏くさいわ
50年後残らないよ。ムスリム抑えつけられれば 別かもしれないけど
そんなうまくいくはずないし、

489 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 21:41:00.84
莫言さんは?

490 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 21:47:17.16
吉本ばななが最終選考5人に残っているようだ。
スゥエーデンの大型書店に特設コーナーが設けられ、外国作家の出版数で国内
最大ということは。
何かあるみたいだな。
今年は伊太利亜の文学賞受賞しているからな。
1ヶ月後に何かあるというメッセージかもしれん。
吉本ばななの特集でスゥエーデン放送局が先月に半月位取材しているのも気になる。
震災お情けでノーベル文学賞受賞かい。

491 :吾輩は名無しである:2011/08/29(月) 17:58:08.88
>>488
村上春樹読んできた世代に安部公房とか言われても何一つピンとこない…

492 :吾輩は名無しである:2011/08/29(月) 22:39:19.25
ばななは嫌だな
フィリップ・ロスとかドン・デリーロとかで

493 :吾輩は名無しである:2011/08/31(水) 22:05:05.54
>>490
震災お情けはさもありなんだが
いくらなんでもばかなはやめてくれ。

494 :吾輩は名無しである:2011/08/31(水) 22:33:18.67
まとめると、今年の最終選考5人の内、

ベトナムのズオン・トゥー・フオン
韓国の高銀
日本の吉本ばなな

3人は入ってるんだな。

これにもしかしたら村上春樹、っておい。



495 :吾輩は名無しである:2011/08/31(水) 22:39:55.67
だからどこ情報なんだよそれ

496 :吾輩は名無しである:2011/08/31(水) 22:46:57.21
リョサとレッシングを当てたオレからすると
次はジョイス・キャロル・オーツ

497 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 00:50:25.30
村上春樹はともかくばななはやめてくれ…
あんなホメオパシーにアカシックレコードの人は…

498 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 00:53:18.38
ばななといえばレストランにワインを持ち込んで逆ギレしたイメージしかない
てか、いくらなんでもありえんでしょ

499 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 11:28:49.74
高銀とばななは最終選考に残ってないよ
高銀は評価がよくない
ばななは論外
この二人ならまだ春樹の方が可能性高い

500 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/09/01(木) 11:37:39.70
高銀は去年1次選考の30人すら残ってなかった。
というより最終選考自体が2人だけだから。5人も残るわけない。

501 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 12:16:27.40
なんか、被災地に一億円寄付してくれる人なら誰でもいいや



502 :吾輩は名無しである:2011/09/01(木) 17:36:53.50
じゃあ春樹だな。

503 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 00:28:48.72
早稲田の貧乏くささ、阿保さがもうヤダ
くだらないから、もうさっさと全部種明かしして、しらける準備しよう。
誰か喜んでる奴いたら、馬鹿にした方が良い。もう死んで欲しいわ
最悪

504 :非公開@個人情報保護のため:2011/09/02(金) 01:27:03.71
ノーベル賞委員会、漏洩か!!

今年のノーベル文学賞に「吉本ばなな」が内定したようだ。
「現代社会の諸様相を鋭敏に詩的情緒で表現し、普遍的な事象を反映した創作活動」が受賞理由らしい。
世界中に広く読まれた作品「キッチン」がきめてのようだ。

505 :非公開@個人情報保護のため:2011/09/02(金) 01:34:11.71
すでにスゥーエデンの某出版社、吉本ばななの翻訳本を数十万部製本中
との情報あり。


506 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 02:02:48.25
スウェーデンの日刊紙の記者は内情知ってるよな。

507 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 19:03:58.43
さあ怪情報が飛び交う時期になってまいりました。

508 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 00:15:05.30
今年はうんこだよ
買収はすんでる


509 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 14:18:38.80
うんこばなな?

510 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 18:35:57.26
積 緋露雪

511 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 22:57:10.04
フィリップ・ロスは無理でしょう。国際ブッカー賞の時もかなり揉めたし。

512 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 23:30:46.33
フィリップ・ロスは100%無理
スゥーエデンノーベル委員会のアメリカ文学嫌いは有名で
ここ15年間最終5人枠にアメリカ作家は皆無らしい
アップダイクなどが被害者だろう
半世紀また数百年後読み継がれる作家が、ここ20年間の
受賞者にはいないと思う
大陸枠の順番の現在の選考では小粒な作家がほとんどだ

513 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 00:25:47.25
コウン

514 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 02:51:49.42
三年に一度のゲーテ賞の受賞者に今年は詩人のアドニスが選ばれた。
対象は文学者ばかりではなく、フロイト、シュバイツァー、マックス・プランク、ヤスパース、
グロピウス、ルカーチ、ベルイマン、ピナ・バウシュなど多彩な受賞者が名を連ねている。
見落としがなければノーベル文学賞受賞者はハウプトマン、ヘッセ、トーマス・マン、
シンボルスカの四人。
受賞者のほとんどがドイツかその周辺の出身者だが、05年にはアモス・オズも受賞して
いるので今後はもっと国際的な賞になっていくのかもしれない。
http://en.wikipedia.org/wiki/Goethe_Prize

515 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 03:17:36.32
オズは数年以内の本命候補なのかダミーなのか

516 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 11:50:33.19
震災効果で村上春樹

517 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 16:09:06.73
毎年オッズが急上昇している人が受賞している所を見ると、やっぱり情報は漏れているんだろうな。

518 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 :2011/09/04(日) 18:00:06.20
じゃあ今年はマッカーシーってこと?

519 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 18:59:43.90
ばななだろう。
そんなばなな〜〜!
なんつって。寒くてすまん。。。

520 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 20:21:22.38
>>464
アシア・ジェバール(アルジェリア)
チヌア・アチェベ(ナイジェリア)
グギ・ワ・ジオンゴ(ケニア)
アドニス(シリア)
アモス・オズ(イスラエル)

このあたりか

521 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 20:24:43.09
>>487
選考方法は毎年同じ。まず、数百通の推薦依頼を世界のペンクラブ、作家協会、大学、受賞者などに送り、
推薦された200〜300人のリストを年初にまとめる。事務局の手を借りて4月までには15人に減らす。
5月には5人の候補者に絞りアカデミーの春の最終会合に提出する。アカデミーは独自の判断で名前を入れ替える権限もある。

夏の3カ月間、委員会のメンバーは5人の作品を読み、それぞれにリポートを作る。
「5人の候補者はいずれも賞に値する作家ばかり」。会員全員が読めない言語の作家のときは、英独仏語訳で読み比べる。
場合によってはわざわざ翻訳してもらい、極秘に専門家に論文を求める。9月に委員会のリポートをもとにアカデミー全体で決める。

「最後は会員の投票で決める。1票差で受賞した人もいる。そして10月のある木曜日に発表する」
http://book.asahi.com/clip/TKY200610050215.html

どっちがほんとなんだ?

522 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2011/09/04(日) 23:55:48.99
最終審査で5人もいないと思うけどな。投票しても1人も過半数超えないだろうし。
5人を2人にして、最終投票だと思う。

523 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 03:38:02.23
ノーベル賞公式の説明
http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/literature/nomination/

April -- Preliminary candidates. After further studies, the Committee selects
15--20 names for consideration as preliminary candidates by the Academy.

May -- Final candidates. The Committee whittles down the list to five priority
candidates to be considered by the Academy.

October -- Nobel Laureates are chosen. In early October, the Academy chooses
the Nobel Laureate in Literature. A candidate must receive more than half of the
votes cast. The Nobel Laureates names are then announced.

四月に15から20名が選ばれ、、五月に五名の最終候補に絞られる。選定では過半数
の票を得なければならないとあるので、最終的に二人になっている場合もあるだろうが、
五人のうちの誰かが最初の投票で過半数を獲得することもあるだろうから、必ずしも
最終候補が二人ということではない。

524 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 21:31:49.47
50年後の日本人ノーベル文学賞有力候補
14歳にしてすでに自分の詩の「宇宙」がある
楽しみだ

白秋献詩 文部科学大臣賞
 題  「葡萄」秋田県秋田市立飯島中学校2年 梅津奏子

一粒の葡萄が私の喉を通過してゆく
嗚呼、季節の間の匂いだ
滲んでいく夏と浮かび上がる秋の匂いだ
艶やかな甘酸っぱさに
わたしは秋の切なさを感じた気がした

そしてわたしは透き通る緑に
つるりとした夏を見た気がした                               

(甘いだけの果実じゃないのです)

そう、

甘いだけの感傷はないのだ

私は葡萄の甘酸っぱさを
壊さぬようにするりと飲み込んだ



525 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 11:17:56.50
中二病以上の詩人は生まれない

526 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 16:45:18.00
甘いだけの感傷はないのだ、と踏み込む部分は確かに上手いけど
「嗚呼」の使い方や文体の妙な生硬さはやっぱり若さだな

527 :吾輩は名無しである:2011/09/06(火) 18:18:20.78
梅津奏子→盗作常習犯

http://www.google.co.jp/search?q=%E6%A2%85%E6%B4%A5%E5%A5%8F%E5%AD%90%20%E7%9B%97%E4%BD%9C&hl=ja&num=10&lr=&ft=i&cr=&safe=images&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=iw


528 :井戸魔神F ◆Tny1JrNujM :2011/09/07(水) 06:34:46.38
1000まで届くのか?

529 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 09:07:06.52
可能性のあまりないのは

トランストロメル
ギッタ・セレニー
シオニル・ホセ
エルネスト・カルデナル
ザガエフスキ
アナトーリ・キム

530 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 12:34:55.47
>>528
10月初旬になれば一気ににわかが沸くから

やれやれ信者が特に酷い

531 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 12:50:30.80
去年のスレでは詩人有力といわれて、
トランストロメル、高銀、アドニスの三つ巴の戦いと見られていたんだが


532 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 15:08:09.10
>>531
ウンコキムチ工作員が湧いてたからね

533 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 15:34:41.09
タブッキ、カダレ、エーコあたりだといいな

534 :吾輩は名無しである:2011/09/07(水) 15:44:22.97
↑だったらクンデラで。

535 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 00:00:01.80
そろそろボヌフォワに……

536 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 00:01:42.34
「吉本ばなな」にほぼ確定!!

537 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 01:40:19.54
高銀ってノーベル賞のときだけ名前出てくるけど国際的評価高いの?

538 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 02:04:39.32
>>537
本気で聞いてる?

539 :吾輩は名無しである:2011/09/08(木) 02:12:59.19
Griffin Poetry Prizeを受賞してるらしいので
まあそれなりに

こいつよりはアドニスだと思うがなあ


540 :吾輩は名無しである:2011/09/11(日) 17:58:07.59
あと1ヶ月後かい

Cormac Mccarthy + 700 + 700
Gerald Murname + 800 + 800
Haruki Murakami + 800 + 800
Ko Un + 800 + 800
Ngugi Wa Thiongo + 800 + 800
Tahar Ben Jelloun + 800 + 800
Assia Djebar + 900 + 900
Adonis + 1 000 + 1 000
Joyce Carol Oates + 1 000 + 1 000
Tomas Tranströmer + 1 000 + 1 000
Don Delillo + 1 200 + 1 200
Philip Roth + 1 200 + 1 200
Amos Oz + 1 400 + 1 400
Thomas Pynchon + 1 400 + 1 400
Peter Carey + 2 000 + 2 000
Ismail Kadare + 2 200 + 2 200
Bob Dylan + 3 300 + 3 300
John Banville + 3 300 + 3 300
John Le Carre + 3 300 + 3 300


541 :吾輩は名無しである:2011/09/11(日) 20:24:57.53
MurnameじゃなくてMurnane マーナンなんだけどな

542 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 10:13:06.15
このオッズ表の見方を教えてくれ。
数字が大きい方が本命ということなのか?

543 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 10:31:06.18
競馬のオッズと同じ
数字が大きいのが大穴

544 :吾輩は名無しである:2011/09/12(月) 23:58:03.83
http://www.nicerodds.co.uk/nobel-prize-in-literature#
Javier Marias 1.00
Mccarthty, Cormac 1.00
Vijaydan Detha 7.50

マリアスはありえるかもな

545 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/13(火) 13:05:10.70
age

546 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 20:54:20.65
バオニンきてくれーーー!

547 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 23:02:19.69
Tahar Ben Jelloun 現代版アラビアンナイトみたいな話だけ
呼んだことあるけど、評価されているポイントが
よくわからなかった

548 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 23:22:14.69
今年は震災がらみ
ガンバロー日本で春樹受賞だよ
これは決定事項


549 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 23:47:33.71
村上春樹と吉本ばななのダブル受賞内定のようだ
俺の知り合いのノーベル文学賞推薦委員の某大学教授から聞いた話だ
日本ペンクラブに二人の最近のカラー写真を送ってくれとスゥエーデンのノーベル委員会から
連絡があったそうだ。
受賞理由は「現代文明の複層的な構造を新しい表現方法で解析し、人間の根源的な存在理由を
普遍的次元に高めた業績に対して。」
現代日本文学を世界に定着させた最前線に位置する作家としての功績がポイントのようだ。


550 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 00:00:26.52
好き、嫌いは別としてコーマック・マッカーシーは
ノーベル文学賞のイメージじゃないけど、なんでいつもオッズの評価高いんだ?

551 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 13:28:58.00
日本ではマッカーシーの評価が何故か低い。少なくともアメリカ本国での評価は高い。トニ・モリソンやドン・デリーロと並ぶくらいに。
そういえば、デリーロはマッカーシーの『ブラッド・メリディアン』を絶賛していたなー。

552 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 13:31:13.14
今調べたら、モリソンは八十歳。マッカーシーは七十八歳。

553 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 13:33:33.56
連投すまん。
デリーロは七十四歳。ロスは七十八歳。ピンチョンは七十四歳。
アメリカ文学の大御所たちはもうかなりの歳をくってるんだな。
だったら、今年はマッカーシーでいいんじゃない?

554 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 17:29:49.69
マッカーシーは絶対受賞してもいい作家だよね
ブラッドメリディアンで2回は獲れる

555 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 18:37:43.36
越境での、狼と少年の遣り取りなんかすごく巧いと思った

556 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 02:04:36.45
いま読んでいるが、どこがいいのか分からんww

557 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 05:16:20.68
アメリカ文学は完全に黙殺されているので無理だ。
ノーベル委員会はアメリカ文学嫌いが多い。
村上春樹&ばななのダブル授賞内定済。

558 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 07:57:36.40
マッカーシーの描写と冷徹な世界観には圧倒されるな

559 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 12:35:56.03
とっくに忘れ去られた、読まれない間違いだらけのノーベル文学賞受賞者の歴史

サルヴァトーレ・クァジモド シュムエル・アグノン ミゲル・アンヘル・アストゥリアス
ビセンテ・アレイクサンドレ  イヴォ・アンドリッチ
エルフリーデ・イェリネク   ヨハネス・ヴィルヘルム・イェンセン
シグリ・ウンセット   ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレ
オデッセアス・エリティス   ルドルフ・クリストフ・オイケン
大江健三郎    ジョズエ・カルドゥッチ
エリク・アクセル・カールフェルト    カール・ギェレルプ
ケルテース・イムレ 高行健
ヤロスラフ・サイフェルト   ネリー・ザックス
ヘンリク・シェンキェヴィチ カール・シュピッテラー
ウォーレ・ショインカ   フランス・エーミル・シランペー
アイザック・バシェヴィス・シンガー   ヴィスワヴァ・シンボルスカ
イオルゴス・セフェリス    カミーロ・ホセ・セラ
ダリオ・フォ ウィンストン・チャーチル  ロジェ・マルタン・デュ・ガール
グラツィア・デレッダ   パブロ・ネルーダ
パウル・フォン・ハイゼ   ヴェルネル・フォン・ハイデンスタム
ゲアハルト・ハウプトマン   ボリス・パステルナーク
クヌート・ハムスン   シェイマス・ヒーニー
フアン・ラモン・ヒメネス
ビョルンスティエルネ・ビョルンソン
イヴァン・ブーニン    アナトール・フランス
シュリ・プリュドム   ヨシフ・ブロツキー
ハシント・ベナベンテ   ハインリヒ・ベル  サン=ジョン・ペルス
パトリック・ホワイト ヘンリク・ポントピダン
ハリー・マーティンソン ナギーブ・マフフーズ
チェスワフ・ミウォシュ  ガブリエラ・ミストラル  フレデリック・ミストラル
テオドール・モムゼン  エウジェーニオ・モンターレ
エイヴィンド・ユーンソン  ペール・ラーゲルクヴィスト
ハルドル・ラクスネス   セルマ・ラーゲルレーヴ   シンクレア・ルイス
ヴワディスワフ・レイモント

560 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 12:45:25.58
>>559
文学を読んだことのない奴だな。

561 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 13:28:52.63
>>559
いやいや、読まれているだろ!
少なくとも大江健三郎は読まれているよ

562 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 15:50:47.12
>>553
そこらへんはもういっぺんに渡したいなノーベル賞。みんなじいさんだし。
マッカーシー、デリーロ、ピンチョン、ロスの四人受賞とかでいい。

563 :吾輩は名無しである:2011/09/15(木) 16:53:34.51
科学系の賞みたいにまとめてポンと方式

オンダーチェ、マンロー、アトウット
カナダ勢に

564 :名無しさん@恐縮です:2011/09/16(金) 00:52:18.87
今年はアフリカまたは中東枠かもな
大陸輪番制でノーベル文学賞を広めるのも悪くはないが
結局世界文学として定着しない
その間に著名な作家がもらい損ねている
そうした意味でも村上春樹や吉本ばななという世界文学史上に定着した
作家を優先して授賞させるべきだろう
そうすればノーベル文学賞の価値が高まると思う

565 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 01:47:53.70
>>564
くだらんこと言ってんじゃねえ。
春樹やばなな、恥ずかしいだろ?
お前が文学読めないことはよーく分かった。

566 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 07:36:13.42
>>565
お前の発言もかなり・・・

567 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 13:47:04.75
>>566
文句があるならはっきり言え。

568 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 15:28:33.23
春樹なら被災地に賞金一億円を寄付するだろうから春樹でもいい。

でも、ばななは寄付とかしなさそうだ

569 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 18:07:16.84
>>559
今見るとなんでこいつらがノーベル賞取れたんだろってメンツだなw

570 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 18:59:59.10
>>568
>春樹なら被災地に賞金一億円を寄付するだろうから春樹でもいい。

ほぼ間違いなくしないよ
震災前だが、「ノーベル賞取ったらたくさんLPが買える」とか言ってる男だよ?
よくも悪くも個人主義

571 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 19:10:13.01
別にいいんじゃね
賞金を何に使おうが。福祉家じゃないんだし

572 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 21:27:24.04
>>570
いついったんだよwww

573 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 22:10:14.05
>>572
なんか読者とメールをやりとりする本があるじゃん、あのへんだったような

>>571
ダメと言ってる人はこのスレにはいないよ?

574 :吾輩は名無しである:2011/09/16(金) 23:53:08.52
>>547

ターハル・ベン・ジェルーンは有力候補であることは間違いないと思う。
純粋にフィクションの素晴らしさで言ってもゴンクール賞やIMPAC文学賞を
受賞していることからもわかるように受賞者として問題ないはずだし、
いろいろな意味でのマイナー性からも非常にノーベル賞に近い位置にいると思う。


575 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 00:56:43.98
>>569
選考委員5人が選ぶ賞にすぎず、世界的評価とは別だよ。
ジョイス、プルースト、ムージル、ナボコフを選べなかった賞なんて、
太宰を選べなかった芥川賞よりしょうもないな。

576 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 01:11:57.19
>>575
後からならなんとでも言えるよ

577 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 03:05:01.42
目利きなら先読みしろ。

578 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 04:53:47.78
アドニスのインタビュー
http://en.qantara.de/Im-One-Hundred-Percent-on-the-Side-of-the-Syrian-Revolution/17234c17737i1p169/index.html

アザド政権に対する反対を表明しているが、反体制派から手ぬるいと批判されてもいるようだ。
シリア情勢が流動的な間はちょっと賞をあげにくいかも。

579 : 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 :2011/09/17(土) 13:13:11.97
平和賞と文学賞の違いなんて、机上の空論を講演で語るか文章で書くかの違いでしょ。
実際に慈善活動している分、平和賞の方がまともな人が多い。クズも多いが。

580 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 13:53:56.93
>>575
偉そうに
そんなもんタイミングってのがあるんだからしょうがないだろ
完全無欠の賞なんてあり得ない

581 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 17:15:46.64
そろそろ北米に

582 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 18:39:08.05
アモス・オズって作家っていうより、小説も書く政治評論家ってイメージなんだが


583 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 21:46:54.54
今年は林京子だよ

584 :吾輩は名無しである:2011/09/17(土) 22:59:44.11
前衛文学には冷たい賞だな。

585 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 00:18:25.95
今年のノーベル文学賞は韓国詩の巨匠「コ・ウン」に内定

コ・ウン
「哲学的な夜」
夜食時
キムチを皿に
酒はマッコリ
匂いに誘われハエがキムチに
箸で追い返しても
また戻ってくる
いいよ
キムチはお前のものだ
私はマッコリをゆっくり飲みほす
ハエと私のひとときの時間
何という哲学的な夜だろう

誰もが見過ごす日常的な風景をコ・ウン氏は
美しいハングル語で表現する
すばらしい


586 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 00:40:27.13
まさか本当にこんな小学生みたいな詩しか書けない訳じゃないだろう。
代表作はどんな感じなのかね。
大江健三郎が推してる時点で期待はしていないが。

587 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 00:46:25.40
Javier Marias 1.00 1.00
Mccarthty, Cormac 1.00 1.00
Vijaydan Detha 7.50 7.50
Cormac Mccarthy 8.00 8.00
Haruki Murakami 9.00 6.50
Gerald Murname 9.00 9.00
Ko Un 9.00 9.00
Ngugi Wa Thiongo 9.00 9.00
Tahar Ben Jelloun 9.00 9.00
Assia Djebar 10.00 10.00
Chang-Rae Lee 10.50 10.50
Adonis 11.00 11.00
Joyce Carol Oates 11.00 11.00
Tomas Tranströmer 11.00 11.00
Mo Yan 12.50 12.50
Don Delillo 13.00 13.00
Philip Roth 13.00 13.00


588 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 00:47:07.29
続き

Amos Oz 15.00 15.00
Gerald Murnane 15.00 15.00
Thomas Pynchon 15.00 15.00
Jonathan Franzen 17.50 17.50
Banana Yoshimoto 21.00 15.00
Néstor Amarilla 22.00 22.00
Ismail Kadare 23.00 23.00
Hanan Al-Shaykh 25.00 25.00
J.K. Rowling 30.00 30.00
Paulo Coelho 30.00 30.00
Bob Dylan 34.00 34.00
John Banville 34.00 34.00
John Le Carre 34.00 34.00
Andrea Camilleri 35.00 35.00
Umberto Eco 35.00 35.00
Leonardo Boff 40.00 40.00
Javier Marías 50.00 50.00
Karistu Abela 75.00 75.00
Andrei Pleşu 80.00 80.00
Hans Küng 80.00 80.00
Edward De Bono 85.00 85.00
Khaled Hosseini 90.00 90.00
Sir Ken Robinson 100.00 100.00
Roberto Saviano 110.00 110.00
Mircea Cărtărescu 125.00 125.00
Leila Aboulela 150.00 150.00
Jens Lapidus 175.00 175.00
José Luis Sampedro 200.00 200.00
Liza Marklund 350.00 350.00


589 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 02:35:02.40
ラドブロークスのオッズまだー

590 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 20:02:28.80
韓国の大学生の愛読書、「1Q84」が1位
聯合ニュース 9月18日(日)11時52分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の大学図書館で今年上半期(1〜6月)に最も貸出数が多かったのは、村上春樹の小説「1Q84」だったことが18日までに分かった。ベルナール・ウエルベルの「神」、J・K・ローリングの「ハリー・ポッター」シリーズが続いた。
 教育科学技術部による345大学図書館の上半期貸出現況によると、「1Q84」は52大学で貸出数1位となった。
 「神」は50大学、「ハリー・ポッター」シリーズは24大学、東野圭吾の「白夜行」は15大学でそれぞれ最も人気が高く、外国小説が上位を占めた。
 大学別の貸出数トップは、ソウル大学が奥田英朗の「空中ブランコ」、延世大学がマイケル・サンデルの「これからの『正義』の話をしよう」、西江大学が塩野七生の「ローマ人の物語」などだった。
 総合大学の中で1人当たりの貸出数が最も多かったのはソウル大学と延世大学の22冊だった。


591 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 22:27:36.89
「ある老いたるイメージの草」 アドニス(アリ・アフメド・サイード・アスバール)

  一つの時が 終りに近づく。
  曙の馬たちは、手綱をゆるませ
  砂漠の果ての砂に
  ぼくの不安な恋人たちの
  老いたるイメージを描いている。

  おお ぼくの古代の形式よ!
  外国人はなぜふたたびそれをとりあげるのか?
  そしてどの言語で
  ぼくはユーフラテス河にあいさつしたらよいのだろう
  ぼくの揺りかご
  ぼくの乳に?

592 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 22:29:50.89
  そしていま ぼくは平野をとりかこむ
  ぼくはあばら家と畑の不寝番だ
  ぼくは冬の手のなかで 夏の手をつかむ。
  ぼくは砂ぼこりの上に 夢をひろげる
  出発と不在に決着をつけて
  ぼくは長くつづく洪水を解き放つ。

  ぼくはぼくの岸辺から
  出発の水夫たちを追いはらう
  ぼくはぼくの木の根のなかを
  ぼくの青い深みのなかへ降りていく
  どこで ぼくは別の者になるのか?
  外国人たちの出て行く門は どこにあるのか?
  ぼくはバグダッドへやって来た
  なつめやしの枝のなか、大河の水のなか
  鳥の胸のなかへ。

593 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 22:33:07.34
  灰色の雲が話したことを、ぼくは聴く
  縄のようにもつれた
  みじめな流民の群れをぼくは見た。

  僕たちは草と出合い、草に耳を傾けた
  それは砂ぼこりからほとばしり出た
  たなごころを立てた魔女
  純粋な言葉だ

  時は目ざめた。時は立ち上がった。
  日は枝々と根にむかって叫ぶ
  「詩がやってきた!」
  別のところから到着した
  みどり色で 人間らしい
  埃だらけの天国だ。

594 :吾輩は名無しである:2011/09/18(日) 23:13:53.88
今年のノーベル文学賞は韓国詩の巨匠「コ・ウン」に内定

コ・ウン
「びっくり鏡」

犬がそわそわ
鏡にうつる自分の姿に
何度も何度も
おそるおそる
ながめている

誰もが見過ごす日常的な風景をコ・ウン氏は
美しいハングル語で表現する
すばらしい

上の詩は韓国小学校教科書に掲載されるなど
親しまれている




595 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 00:37:43.17
谷崎潤一郎
三島由紀夫
大江健三郎
安部公房

こんなかんじでしょ 普通だったら

596 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 01:12:02.66
真の世界文学賞ならスウェーデン人だけで選ぶべきではない。

597 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 01:19:04.33
村上春樹のノーベル賞って、コウンがもらうのと同じくらい くだらないものだよ

598 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 10:05:40.60
>>594
本当に相応しい詩だ。小学生には。

こんなんじゃなくて、もっとノーベル賞に相応しいって感じの詩はないの?

599 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 10:41:18.97
大江程度でももらえるレベルだから春樹がもらっても不思議じゃない

600 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 10:57:52.99
>>599
春樹と大江が同レベル?
お前、バカなの、死ぬの?

601 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 11:18:15.92
いやいやまさかwいくらなんでもそこまで過大評価してないよ。
春樹の方がはるかに上だよね

602 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 11:34:36.68
>>594
まど・みちお賞なら十分狙えるぞw

603 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 14:15:04.41
やれやれおじさんはデビュー当時から(つまり大江の受賞前から)
大江に媚売りまくりなんですが

604 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 14:22:47.16
村上春樹「大江健三郎は僕らに何も与えてはくれない」
その通りだな、その時その時で人の作品ぱくって食いつないでる大江さんは
人の作品パロッてる春樹さんの悪質な劣化版だよな

605 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 16:08:41.49
川端康成って何?

606 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 16:48:38.59
川端もあまりパッとしないな。
日本的な美を追求した文章が当時のヨーロッパ文壇からみて新鮮だったんだろう。

大江の受賞よりは適切な判断だったと思うが。

607 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 18:10:43.78
コウンさんの詩
ハングルでの表現だとさ

イヌガソワソワ
カガミニウツルジブンノスガタニ…

みたいなかんじなのかな?漢字とかないわけだし
前衛的なかんじなの?

608 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 19:00:17.37
少し詩を知っている人なら、これがどの程度の作品かすぐに判る。
はっきりしているのは、韓国国内ですらこれより遥かにレベルの高い詩を書ける人がいるという事だ。
そういう素晴らしい詩人に見向きもせず、高銀氏ばかりを推薦する人達はあまりに文学を見る目がなさすぎる。

609 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 19:39:39.54
韓国作品って詩も小説も被害妄想を溌剌とさせてるから国外からは評価されないと思うよ
誰か出さなきゃならんとなって消去法でコウンになったんだろう

610 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 19:55:47.92
狭量な民族主義者がもらえる賞じゃないのでは?

611 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 19:59:38.32
「日本への礼儀」 高銀

どうして あの空前絶後の災難に
口をあけ
空言を吐けようか
どうして あの目の前のまっ暗な破局に
口をつぐみ
顔をそむけられようか
なすすべもなく ただただ画面を見つめる
何千とも
何万ともわからぬ 日常の善良な生命(いのち)のむれ
もはや生きられぬ
母さんも
赤ちゃんも
じいちゃんも 押し流された
父さんも
姉さんも 友だちも 汚泥の山のどこかに埋もれた
あんなにも大事にしていた あたな方の家
みな流れていった
船が陸(おか)にあがってひっくり返り
車がおもちゃのように流れていった ミルクも水もない

人間の安楽とは いかに不運であることか
人間の文明とは いかに無明であることか
人間の場とは いかに虚妄であることか

612 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 20:02:09.44
あの唐山 あのインドネシア
あのハイチ あのニュージーランド
今日ふたたび 日本の事変で
人類は 人類の不幸で 自らを悟る

しかしながら 日本の今更にうつくしい
決してこの不幸の極限に沈没せず
犯罪も
買占めも
混乱もなく
相手のことを自分のことと
自分のことを相手のことと思い
この極限を耐え抜いて ついにうち克つ

今日の日本は
ふたたび明日の日本だ

わが隣人 日本の苦痛よ その苦痛の次よ
いまの日本をもって
のちの日本 必ずや立ち上がらん

613 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 21:00:49.96
川端康成は雪国で
鏡表現したからか

614 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 21:09:19.01
これ、本当に高銀の詩なの?
失礼ながら、産経新聞の「朝の詩」かと思った(分からない人スマソ)

615 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 21:10:54.69
わざわざ上げてくれることには礼を言おう。成る程、震災を題材にしつつ人間の精神を歌う作品だな。
しかし、あえて言わせて貰うと、やはりこの作品では韓国最高の詩人とは言えない。
もっと良い作品を残している人が他にいる。

616 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 21:14:17.61
俺詩は分からないや・・・どういったとこを楽しむものなの?

617 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/09/19(月) 21:34:44.50
谷川俊太郎は好き
だけど、詩はどういう基準でノーベル賞候補となるのか全く分からない

618 :吾輩は名無しである:2011/09/19(月) 23:00:20.19
詩でも小説でも基本は同じ。
詩の場合は比較的短い文で表現しなければならない。ノーベル賞を狙うとなると、そこに独創性、政治性が加わるため大変難しい。
ただし、ノーベル賞にこだわらなければ様々な形式のものがあるし、先の小学生向けのものだって、これはこれで立派な詩だ。

619 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 00:16:53.60
>>575
プルーストは早死にしたからこれは選考委員の責任じゃないよ。

620 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 02:15:07.69
>>619
そういう問題じゃねえんだよ。
眼力の有無だって言ってるんだ。
所詮世界の片田舎の人間が選ぶ賞にすぎず、
たいした作家も選べてないのに大騒ぎしすぎなんだよ。

621 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 03:11:42.44
ノーベル文学賞のダークホース「谷川俊太郎」

現代詩の革新性と風刺精神により現代文明を鋭敏に表現した業績により
2011年のノーベル文学賞を授与する。
彼の詩はT・S エリオットの「荒地」に比類する詩的宇宙である。
日本語の美しい韻律を素朴な感情と融合し普遍的価値を創造している。

「なんでもおまんこ」 谷川俊太郎
なんでもおまんこなんだよ
あっちに見えてるうぶ毛の生えた丘だってそうだよ
やれたらやりてえんだよ
おれ空に背がとどくほどでっかくなれねえかな
すっぱだかの巨人だよ
でもそうなったら空とやっちゃうかもしれねえな
(中略)
ああもう毛が立っちゃう
どうしてくれるんだよお
おれのからだ
おれの気持ち
溶けてなくなっちゃいそうだよ
おれ地面掘るよ
土の匂いだよ
水もじゅくじゅく湧いてくるよ
おれに土かけてくれよお
草も葉っぱも虫もいっしょくたによお
でもこれじゃまるで死んだみたいだなあ
笑っちゃうよ
おれ死にてえのかなあ



622 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 08:06:22.97
漢詩みたいなのは
詩が分からない自分でも、なんか凄みを感じるし
俳句なんかも、そうだけど

現代の詩はよくわからない。

教科書掲載されているような詩は親しみを感じるけど
それだけだし

623 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 14:40:59.79
>>591
どういう状況なのかいまいちわからない。
まずは状況説明から入らないとまずいと思う。
ノーベル賞に相応しい作品ではないことは確実。

624 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 14:54:09.16
>>584
現代的・前衛的なものは多分に実験的な意味合いが大きいから選から漏れて当たり前。
芸術的に完成されていないものにこの賞をくれてやる訳にはいかん。

625 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 18:37:25.04
いまは詩人はノーベル賞選考時点で除外されているので受賞は100%
無理。
かっては無名の詩人を選ぶ時代もあったが、受賞させても出版界は冷や
やかでその詩人が世界文学史上に定着したことはなかった。
詩人でなくとも小説家でも1900年以来、90%はその後世界文学全
集にもとりあげられていない。
所詮北欧の片田舎のローカルな賞でしかない。

626 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 20:15:30.27
スウェーデンにもトマス・トランストロンメルという詩人候補がいるんだが

627 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 22:05:32.49
頭の悪い奴に一々かまってやらなくてもいいよ。

628 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 22:17:38.44
10月か…

629 :あるケミストさん:2011/09/20(火) 22:24:32.01
スウェーデンのトマス・トランストロンメルはありえない。
かって1970年代、自国の詩人2人受賞させ非難を浴びた苦い経験がある。
昨年はトマス・トランストロンメルがオッズで上位にいた。
この程度の詩人は全世界に沢山いる。
詩人はもうノーベル文学賞は難しいだろう。

630 :吾輩は名無しである:2011/09/21(水) 17:04:41.71
スウェーデン人は2000年の生理学医学賞を最後に受賞してない。
ストルガで金冠賞とってる実績があれば非難は起きないだろ

631 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 01:21:19.02
ノーベル文学賞受賞作家
最初の10年間
1901 シュリ・プリュドム(1839〜1907)
Prudhomme.Slly フランス
1902 テオドール・モムゼン (1817〜1903) Mommsen.ChristianMatthias.Theodor ドイツ
1903 ビョルンスチアーネ・ビョルンソン (1832〜1910)
Bjornson.Bjornstjerne Martinus ノルウェイ
1904 フレデリック・ミストラル (1830〜1914)
Mstral.Frederic フランス
ホセ・エチェガライ・エイサギレ (1832〜1916)
Echegaray y Eizaguirre.Jose スペイン
1905 ヘンリク・シェンキェヴィッチ (1846〜1916)
Sienkiewicz.Henryk ポーランド
1906 ジョズエ・カルドゥッチ (1835〜1907)
Carducci.Giosue イタリア
1907 ラドヤード・キップリング (1865〜1936)
Kipling.Rudyard イギリス
1908 ルドルフ・オイケン (1846〜1926)
Eucken.Rudolfo.Ohistohf ドイツ
1909 セルマ・ラーゲルレーブ (1858ー1940)
Lagerlof.Selma.Ottilia.Lovisa スウェーデン
1910 パウル・ハイゼ (1830〜1914)
Heyse.Paul.Johann.Ludwig ドイツ

もう母国でも読まれていない作家
まして他の外国で、世界文学全集的なものに入れることができない


632 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 01:26:38.74
ノーベル文学賞受賞作家
20世紀最後の10年間

1991 ナディン・ゴーディマ (1923- )
Gordimer, Nadine 南アフリカ
1992 デレク・ウォルコット (1930- )
Walcott,Derek トリニダートトバゴ
1993 トニ・モリソン (1931- )
Morrison,Toni アメリカ
1994 大江健三郎 (1935- )
Oe,Kenzaburo 日本
1995 シェイマス・ヒーニー (1939- )
Heaney,Seamus アイルランド
1996 ビスワバ・シンボルスカ (1923- )
Szymborska, Wislawa ポーランド
1997 ダリオ・フォー (1936- ) 
Fo,Dario
劇作家、演出、俳優、舞台美術家 イタリア
1998 ジョゼ・サラマーゴ (1922- )
Szymborska, Wislawa ポルトガル
1999 ギュンター・グラス (1927- )
Grass,Gunter ドイツ
2000 高行健(カオ・シンジェン) (1940- )
Gao Xingjian フランス

小粒な作家がめじろおし
この中で国際的にも知られているのはギュンター・グラス位か

633 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 01:32:53.41
ノーベル文学賞受賞作家
21世紀にはいってから

2001 V・S・ナイボール (1932- )
Naipaul, Vidiadhar Surajprasad イギリス
2002 ケルテース・イムレ (1920- )
Kertesz, Imre ハンガリー
2003 ジョン・マックスウェル・クッツェー (1940- )
Coetzee, John Maxwell 南アフリカ
2004 エルフリーデ・イェリネク (1946- )
Jelinek, Elfriede オーストリア
2005 ハロルド・ピンター (1930- )
Pinter, Harold イギリス
2006 オルハン・パムク (1952- )
Pamuk, Orhan トルコ
2007 ドリス・レッシング (1919- )
Lessing, Doris イギリス
2008 ジャン・マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ(1940-)
Jean-Marie Gustave Le Clezio フランス
2009 ヘルタ・ミュラー(1953-    )
Herta Muller ドイツ
2010 マリオ・バルガス・リョサ(1936-)
Jorge Mario Pedro Vargas Llosa ペルー

やはり小粒な作家でもの足りない
この間、いくらでも世界的作家を選考できる機会はあった
所詮片田舎の北欧ローカル文学賞に過ぎない


634 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 01:53:17.63
なにを必死になっとるんだ君は

635 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 03:26:20.35
ここ10年では
バルガスリョサは別格として、クッツェー、ルクレジオ、パムクは死後も読まれるだろう

636 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 04:37:39.62
この時期になると無知蒙昧な俄かが湧くな

637 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 07:17:00.23
いや、むしろ、1990年以降はなかなかの選出だろ。例えば、ピンターなんかはベケット以降の演劇界でかなり重要な作家だぞ。
単にまだ時間が浅いからだろ。

638 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 07:38:47.63
そうそう
バカは自分の知らない読んだことない作家のことを「小粒」と言いたくなるらしい

639 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 08:12:01.68
これからの十年は大物在庫一掃処分的なかんじでお願いしたい。

死なないうちに…
そろそろ微妙な人ばかり

640 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 11:21:44.25
こうやってみると21世紀に入ってからはまともなのが割と多いな

641 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 11:23:52.28
てか、90年以降の受賞作家って全員存命なんだな

642 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 11:35:21.85
90年代は不作だな、グラスくらいか

643 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 11:36:24.15
今春樹の次にノーベル賞に近い日本人て長嶋有なの?

644 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 11:47:24.24
今年こそ北米で

アトウッドのカナダ人初受賞に期待。

645 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 12:07:48.52
小川洋子に悪印象は全くないけど、ノーベル賞とか全然別次元としか思えない。
チャーミングで幻想的な物語作家でしかないのでは?(悪い意味ではない)

それならまだ、ばななか川上弘美の方が格上ではあるまいか。

646 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 12:25:16.78
海外文学通を気どる人が「これが世界(というか欧米w)文学主流」みたいなことはたまにやるけど、
それがノーベル賞に裏切られてるのを見るとただの勘違いなんだろうなw

647 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 12:48:09.94
「文学主流」に与えられる賞だという勘違いよりマシじゃね?

648 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 15:19:00.23
日本国際賞とか日本人に授与したとき なんか恥ずかしくなるんだよなぁ・・

スウェーデンもそういう感覚はあると思う

649 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 16:37:39.74
政治的な賞だし

650 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 22:41:47.54
で、結局、いつ発表なんだ?
他の各賞の発表日程は今年から確定したというのに。

651 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 23:15:00.93
もう内定しているはずだ
10月初旬には漏れてオッズが急激に上昇するのがノーベル賞受賞
去年のマリオ・バルガス・リョサは9月下旬迄30位の低位置


652 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 23:26:40.83
原発事故に対する反核発言と言う事で
村上春樹が受賞だったら嫌だなあ。

653 :吾輩は名無しである:2011/09/22(木) 23:50:28.56
>>650
10月6日か13日

654 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 00:44:11.28
◆選考実務は、スウェーデンアカデミー会員5人でつくる
「ノーベル委員会」が行う。
◆委員長は、国際ペン会長もつとめた
作家のペール・ベストベリイ氏(76)。
97年にアカデミー会員になり、
翌98年から文学賞の選考にかかわっている。
◆ノーベル財団の公式サイトによると、
委員会メンバーは次の5人。
全員がスウェーデンの詩人・作家。

Per Wästberg (Chairman) FD, Writer
Horace Engdahl (Secretary) Professor, Writer
Kjell Espmark (Member) FD, Emeritus Professor, Writer
Katarina Frostenson (Member) Writer
Kristina Lugn (Member) Writer

http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/literature/prize_awarder/committee.html

655 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 00:50:16.66
ノーベル賞、毎年うわさされる「受賞者名のリーク」
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2651866/4751057

前年にフランスの作家ジャン・マリ・ギュスターブ・ ル・クレジオ(Jean-Marie Gustave Le Clezio)氏受賞を的中させた
スウェーデンの日刊紙ダーゲンス・ニュヘテル(Dagens Nyheter)は、発表前日の7日、
文化面の一面にルーマニア出身のドイツ人作家ヘルタ・ミュラー(Herta Mueller)氏の特集を組んでいた。
文化面担当の編集者は、「名前はリークされたものではない」と話し、
文学賞を授与するスウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)側もリークの事実はないとしている。

同アカデミーのOdd Zschiedrich氏はAFPに対し、
「(同紙の予想は)知識に基づいた推測だ。しかも同紙は長年、ミュラー氏を有力候補と目してきた」と話した。
同紙の記事のあと、英ブックメーカーのラドブロークス(Ladbrokes)では、
ミュラー氏のオッズがイスラエルのアモス・オズ(Amos Oz)氏に次ぐ2位に跳ね上がった。


656 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 00:51:21.45
スウェーデンの出版社Bonniersの編集者、Stephen Farran-Lee氏も、ミュラー氏の受賞を予想していた。
同氏いわく、スウェーデン・アカデミーの行動をつぶさに観察するだけで予想は楽になるという。

ミュラー氏の名前は、前年、あるブックフェアでミュラー作品に関するセミナーに
ノーベル賞委員会のメンバーが参加しているのを目撃されたあとで取りざたされるようになった。
過去に受賞したハンガリーのイムレ・ケルテース(Imre Kertesz)氏、
オーストリアのエルフリーデ・イェリネク(Elfriede Jelinek)氏の場合にも、同様のことが起こっていたという。


657 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 01:55:53.28
今後ずっとポストモダン系を無視するよりは代表格のピンチョンにあげた方がいいよ

658 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 09:19:17.00
何を無名とするか、何を「読まれなくなった」とするのか、よく考えるべき。

過去の受賞者も、毎年候補に挙がる人たちも、
日本で「無名」扱いでも、それぞれ何らかの形で読まれ、影響を与え続けている。

659 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 09:37:12.64
志茂田景樹のノーベル文学賞受賞まぁだー?

660 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 13:15:21.37
ばななが取るフラグ。

661 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 13:47:09.69
大江は安部公房の代替授賞 ノーベル文は国別地域別で授賞させてるのかねえ

正直いって伝統ある日本文学がスウェーデン人に真に理解できるとは思わない
なんで日本文学がスウェーデン人から賞をもらって喜ばなくてはならんのだ? バッカみたい

日本料理を格付けするミシュランみたいなもんだろ
片腹痛いわ

662 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 14:24:48.99
大江は確かに不適切。人のいいとこ取りで後世へ残したものがないのも時間がたった今だからよくわかる

663 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 16:13:21.88
>>661
普遍性のないローカルなものであることを
誇るようになったらお終いだ

664 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 16:19:55.66
大江健三郎基地外伝説

新潮社が全集を企画した。
200部だ。
すると大江が激高し
「ノーベル賞作家である俺の全集がたった200部だと。
ふざけんなよ。」
新潮社担当者の胸ぐらをつかみ暴力沙汰一歩手前。
最近の作品「水死」においては実販売部数290部らしい。
(初版千部のうち)


665 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 18:17:36.75
その数字ホントなの?怒るの無理ないと思うが。


それにしても新作が初版一万部もいかないとは。。。

666 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 18:35:58.02
文学興味ない人は大江なんて知らないし文学興味ある人はほとんど大江嫌いだし
でもゆうすけちゃんは水死買ったって

667 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 18:45:57.57
この若手詩人なんか将来的に有望なのかな
http://www.ama-hashi.com/0_0_0_0_260_210_csupload_31105948_large.png?u=3167541025

あと、何気にアドニスがノーベル賞候補って書いてある

668 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 18:56:49.92
大江は現代世界においては不要
大江に限らずノーベル文学賞受賞後の外国人作家の翻訳出版物は千部も売れない
ほとんどは大学や公共施設の図書館で死蔵されていく
しょせん北欧の田舎小国の5人の選考委員で選ぶ賞だ
大江が韓国に媚をうり読んだこともない韓国の三文作家を毎年推薦しているらしい
フランスのレジォンドヌール勲章をほくほく顔でもらう「間抜け顔」は気持ち悪い
我国の天皇陛下からの文化勲章を拒否した時点で、大江を廃刊処分すればよかったのだ


669 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 19:01:13.48
>読んだこともない韓国の三文作家を毎年推薦しているらしい

大江の読書量は凄いぞ。
ファン・ソギョンのことだろうけどあれくらいなら全作読んでるだろ

>フランスのレジォンドヌール勲章をほくほく顔でもらう「間抜け顔」

ありゃ乱発されすぎだ。ドイツのフンボルト賞もな

670 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 19:10:01.87
>>665
> その数字ホントなの?怒るの無理ないと思うが。

ウソに決まってるだろww

671 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 19:24:50.24
こんな与太話、信じるなよw

672 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 21:18:36.16
高銀はもう、経歴が凄すぎ。

・日本統治時代に生まれる。母国語を奪われ、日本人教師に反抗
・朝鮮戦争での大量虐殺に衝撃を受け、出家
・軍事政権時代に文学者・金芝河の触法を要求し、投獄
・80年代の民主化運動に参加、平和賞の金大中とともに逮捕
・初の南北首脳会談に参加、金大中・金正日の前で詩を朗読

いかに弾圧されたか、いかに民主化運動に貢献したかで賞をあげちゃう
ノーベル賞選考委員が興奮してオシッコじょぼじょぼ漏らしちゃうレベルの完璧な経歴。
実際の詩の方は、一番短な外国である日本でさえ読まれてないレベルの代物だけどね。
受賞しても5年で忘れ去られるレベルの作家。

673 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 21:19:36.37
>>672

お前、惨めな奴だな

674 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 21:44:26.69
ノーベル賞とは経歴で貰う賞なのか?
それとも純粋に作品を評価されて貰う賞なのか?
答えなさい。

675 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 21:48:18.51
「答えてくださいお願いします」だろ

676 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 22:13:12.16
国際的に村上春樹の今年の受賞の可能性が議論されている。

http://www.worldliteratureforum.com/forum/showthread.php/43634-Nobel-Prize-in-Literature-2011-Speculation

677 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 22:25:07.59
ノーベル文学賞よりも、読売文学賞とか野間文芸賞といった一流文学賞のことを語りたい。
日本の賞の方が信用できるような気がすます。

678 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:00:26.34
>>672
高銀が仏門に入った理由は自殺未遂して助けられたから

http://japanese.seoul.go.kr/gtk/news/reports_view.php?idx=13275


679 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:04:13.52
>>676
いや、欧米の議論では911テロ十年忌でコーマック・マッカーシーかドン・デリーロだろ

680 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:22:05.91
>>646
JTolle wrote

>Authors Who I Don't Think Will Win

受賞はありえない人たち = アメリカ(マッカーシー除く)と日本

村上、ロス、デリーロ、ボブディラン、オーツ、オースター、ウィリアム・ギャス

681 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:23:51.56
어떻게 저 무지막지한 재앙에
입 벌려
빈 소리를 낸단 말인가
어떻게 저 고개 돌린단눈앞 캄캄한 파국에
입 다물고
・・・・・・・(略)・・・・・・・・・・・・
오늘의 일본은
다시 내일의 일본이다
내 이웃 일본의 고통이여 고통 그 다음이여
오늘의 일본으로
이후의 일본 반드시 세워지이다

<시인 고은>
<詩人 高銀>

どうだ読売文学賞に推薦していいかい


682 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:25:52.66
Daniel del Real wrote

1. POETS/(15 years)
2. USA writers/(18 years)
3. Africa & Far-off Asia
4. "Obscure" writers

1.と3.が重なればアドニスか高銀なんだよなぁ

683 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:35:28.83
権威ある読売文学賞にはあと一歩というところだね

684 :680:2011/09/23(金) 23:38:04.11
>>646>>676

anchor訂正

685 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 00:01:53.51
ノーベル文学賞より吉川英治文学新人賞のほうがハズレがない

686 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 00:13:22.04
1900年以降のノーベル文学賞受賞者で著作権料一番稼いだのは
詩人のT・Sエリオットだろう(彼の死後)
ミュージカル「キャット」のお陰で

それにひきかえ「大江健三郎」は全集200部発刊したもののあと
50部在庫あるんだとよ
裁断処分でダンボール箱にリサイクルかい
最近の小説「水死」は全く売れないとよ
俺も立ち読みしたが観念的なストリーで現実性を全く感じられなかった
出版界もあいそつかしたようだ
何年か前、講演会の日時を忘れてドタキュンしたことがある
社会人として失格の烙印を押されている
外国の勲章をもらうことが晩年の大江にとって楽しみのようだ
今年は「孔子平和賞」を秘かに狙っている

687 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 00:38:53.40
ノーベル文学賞ははずれが大杉だべ
大江がその代表格だろう
スウェーデンでは大物文化人らしい
文学賞のトップ頁は彼のアホ面が一際めだつ作りになっている
http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/literature/laureates/
ハリーポッターの女作家とか吉本ばななでも受賞させて権威を保てよ
(笑)

688 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 00:46:02.09
全集200部とかまだ言ってんのか
だれも信じないからせめて2000部くらいにしとけよ

っていうかお前自身が本気で信じてたらゴメンな
純真な白痴を傷つけるつもりはないんで

689 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 00:49:18.36
そろそろ研究者にも開放するべきじゃね?

690 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 01:06:52.93
>>689
クラウディオ・マグリスとか?

691 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 01:12:30.51
アメリカの土着性を表現するマッカーシーで今年は決まりだろう。
今読んでいるが、正直あまり好みではない。

692 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 01:14:38.98
>>689
わりと初期にローマ史学者のモムゼンがもらっているし
哲学者のベルクソンももらっている。

693 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 01:17:08.83
エーコがもらったら小説のほかに文学研究への貢献も授賞理由に挙げられるだろうなあ。
つーか後者がメインになりそう。

694 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 01:21:44.11
>690
最初の一歩としては妥当な線だね

>692
今はLiteral Fictionに限ることになってる

695 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 01:25:38.59
>>694
じゃあチャーチルは今の基準だとアウトか。


696 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 02:11:24.59
哲学者・歴史家・研究家・随筆家・詩人・戯曲はもう無理だべ
それでいったらトインビーやフロイトが何故もらえなかったんだ
と昔のノーベル委員会の無知への蒸し返しになるにきまっとる
2年前のノーベル委員長は公然とアメリカ文学を馬鹿にこいて
おった
そういえばアメリカ文学といえば黒ン坊の女がもらったきりも
らっていない
また前委員長は紀行等の随筆とかも対象に加わるとか朝日新聞
の女記者に答えておった
朝日新聞の馬鹿記者のせいで日本が煙がれ文学賞選考から外さ
れたそうだ
選考委員長お怒りの様子だったそうな
朝日の馬鹿記者が「今年のカフカ賞は村上春樹ですよ」と委員
長に言ったところ「それは知らなかった」と答えたそうな
この時点で「村上春樹」を選外にするよう不文律で引継ぎした
ようだ
今年はNHKのマスゴミがノーベル委員会に開示を求めた等もあり
今後、半世紀は日本には文学賞こないよ
谷崎が選考対象だとか西脇が推薦されたことは昭和50年代に
は我々文学知識人は既知のことであるよ
それをNHKがスクープしたかの如く報道した
あんまりマスゴミは騒がない方がええよ

俺の考えとしては瀬戸内・吉本・小川洋子
あたりの女流作家でええと思うがね


697 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 02:40:15.30
韓国からスゥーエデンの小中高&大学図書館に韓国現代作家の翻訳本を大量に
贈呈しているようだ。
ノーベル文学賞委員会にもだ。
あんまり効果的とは思えない活動だ。
国内で言えば創価学会がよく公共図書館に寄贈していたことがあった。
感謝状は出すが置き場に困っていると司書が嘆いていた。
あとBOOK−OFFにいけば池田大作の著作本が大量に並べてある。
学界の信者がノルマで「人間革命」全集を10セット購入させられているという話を聞いたことがある。
スゥーエデンに送ったの韓国現代作家の大量の翻訳本は今後どうなるのか。

698 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 06:00:09.15
図書館って意外とポンポン本を捨ててるよ

699 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 10:12:05.37
村上春樹のノーベル賞って、コウンがもらうのと同じくらい くだらないものだよ

700 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 11:38:43.72
ノーベル賞自体くだらないからな。

701 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 11:53:49.28
村上春樹さんが取れば私学初のノーベル賞は早稲田になる!

702 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 12:50:54.76
春樹は野間新、谷崎、読売と日本の権威ある文学賞を総なめにし、世界各国でベストセラーとなり、カフカ賞まで貰っている。
ノーベル賞がとれるかはともかく、現代日本作家の中ではぶっちぎりのトップランナー。

703 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 13:26:53.37
春樹はまだ野間文芸賞を貰ってないんだよな。
講談社からデビューしたにもかかわらず。

704 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 14:07:11.43
春樹は力作は新潮社から出すからね

705 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 14:40:01.99
Awards : Nobel Literature Prize 2011
1401 Cormac McCarthy +650
1402 Ngugi wa Thiongo +700
1403 Don DeLillo +1000
1404 Haruki Murakami +700
1405 Assia Djebar +800
1406 Amos Oz +1200
1407 Ismail Kadare +1800
1408 Adonis +900
1409 Thomas Pynchon +1200
1410 Tomas Transtromes +900
1411 Ko Un +700
1412 Joyce Carol Oates +900
1413 Philip Roth +1000
1415 Peter Carey +1700
1416 Bob Dylan +2800
1417 John Banville +2800
1419 Nestor Amarilla +1200


706 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 15:04:08.97
今年もオッズ下位の下記作家からノーベル文学賞現るか!!

Peter Carey 21.00 15.00
Néstor Amarilla 22.00 13.00
Ismail Kadare 23.00 19.00
J.K. Rowling 30.00 30.00
Margaret Atwood 30.00 30.00
Paulo Coelho 30.00 30.00
Bob Dylan 34.00 29.00
John Banville 34.00 29.00
John Le Carre 34.00 34.00
Andrea Camilleri 35.00 35.00
Umberto Eco 35.00 35.00
Leonardo Boff 40.00 40.00
Javier Marías 50.00 50.00
Karistu Abela 75.00 75.00
Mircea Cărtărescu 75.00 75.00
Andrei Pleşu 80.00 80.00
Hans Küng 80.00 80.00
Edward De Bono 85.00 85.00
Khaled Hosseini 90.00 90.00
Sir Ken Robinson 100.00 100.00
Roberto Saviano 110.00 110.00
Leila Aboulela 150.00 150.00
Jens Lapidus 175.00 175.00
José Luis Sampedro 200.00 200.00
Liza Marklund 350.00 350.00


707 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 15:08:54.27
星新一ってまだ生きてるか?
俺はショートショートの星にやってもエエと思うんだが

708 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/09/24(土) 15:21:15.72
>>707
名前通り、1001作のショートショートを書き終えてすぐ星になったよ

709 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 15:21:30.95
芥川・直木もらってない春樹がもらったら文春恥の極み

710 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 16:38:35.03
2011ノーベル文学賞オッズ
Cormac McCarthy 7/1
(略)
※↓過去5ヶ年は9月24日現在で下記の下位オッズの作家が受賞している
Claudio Magris 25/1
William Gass 33/1
David Grossman 33/1
Yves Bonnefoy 33/1
Brian Castro 33/1
AS Byatt 33/1
Paul Auster 33/1
John Le Carre 33/1
Bob Dylan 33/1
Witi Ilhimaera 33/1
Tim Winton 33/1
Kate Grenville 33/1
Shirley Hazzard 33/1
John Banville 33/1



711 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 17:22:54.64
村上春樹のノーベル賞って、コウンがもらうのと同じくらい くだらないものだよ

712 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 17:27:13.97
何度も書くなバカ

713 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 20:32:06.01
マグリス、バイアットはありかな

714 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 22:53:42.25
李文烈氏の短編「ニューよーカー」に掲載、「匿名の島」…韓国小説初
SEPTEMBER 03, 2011 07:42 (東亜日報)

小説家、李文烈(イ・ムンヨル)氏(63・写真)の短編小説『匿名の島』が、今月12日付発行の米時事教養週刊誌「ニューヨーカー」に掲載される。
06年は、詩人の高銀(コ・ウン)の詩4本が、同誌に掲載され、韓国人作家の小説が紹介されるのは初めてのことだ。
今回掲載される「匿名の島」は、1982年、「世界文学」春号に発表された。
田舎の町を背景に、村の女性らと「ケチリ」という男性との隠密な関係と描いた作品だ。
翻訳は、韓国文学を英語圏に紹介する文芸誌「チンダルレ(カラムラサキツツジ=AZALEA)」の編集委員であるハインズ・インス・ペンクル・ニューヨーク州立大学教授が引き受けた。
「ニューヨーカー」は販売部数が140万部にのぼり、大江健三郎氏やオルハン・パムク、村上春樹氏ら同誌に掲載された後、世界的な作家へと成長した経緯がある。





715 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 23:26:10.88
文学板って大江健三郎を過小評価し過ぎじゃね?

716 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 23:47:04.79
実際、文学賞を獲ったにしては驚くほど影響力がない。

717 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 00:38:53.05
春樹も大江の影響受けてるぞ。
お前らが無知なだけ。

718 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 01:19:04.75
「1973年のピンボール」なんてタイトルからして「万延元年のフットボール」のパロディだしな

719 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 01:52:31.01
『風の歌を聴け』が芥川賞候補になった時、選考委員だった大江は酷評した。
次に自作の影響丸出しタイトルの『1973年のピンボール』が候補になった時は
まあまあの評価を下したんだよ。大江はその程度の人間だ。
人間的に大いに問題あるが、『万延元年のフットボール』は高く評価する。

720 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 02:22:55.99
万延元年〜もいいが、新しい人よ〜も素晴らしい出来だと思う。あと古義人シリーズも。

721 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 02:43:27.60
大江は人格障害者というのが文壇界の定説だ。
阿川弘之と口論となってウイスキー瓶でなぐりかかつたり
全集200部発刊というと
「ノーベル賞もらった俺の全集がたった200部とは何事
か」と新潮社担当者に怒鳴ったりと基地外らしい。
芥川賞選定の際は才能のある作家を落選させるなど悪事を
働いている。
そのことが現代日本文学停滞の一因となっている。
大江はすでに過去の遺物となり読まれない・売れない三文
小説家である。
天皇陛下に背を向け「文化勲章」をボイコットするなど、
「国賊」である。


722 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 03:22:59.57
大江の場合、デビューから起算してどの時点で見切りをつけるべき?

俺は『洪水は〜』で終わりにした


723 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 03:35:09.21
素直に一人予想するとしたら?
おれはマッカーシー

724 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 03:38:01.09
ピンチョン、予想というより希望だけど

725 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 03:44:52.32
アシア・ジェバールだろう

726 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 07:49:46.40
今までアメリカ作家の有力候補って、フィリップロス、ピンチョン、ドンデリって感じだったのに、
ここ2〜3年でいきなりマッカーシーが出てきたな。
何か違和感があるな。


727 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 09:05:57.67
希望は春樹だな。

728 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 09:10:31.97
>>718

「万延元年のフットボール」のパロディを書いたのは筒井康隆じゃないの?

729 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 11:21:21.14
>>728
筒井がパロディを書いたら春樹が書いちゃいけないのか?

730 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 11:39:42.12
むしろ春樹はタイトルだけで全然パロディてないのは言うまでもないだろ。1984もそうだしね。
タイトルもじった春樹ですら「大江は何も残さない」と評価。筒井ですらも大江のパロディで大江の思想を批判するという趣向。
新しい人よとかがいいと感じてる人は宗教の勧誘とかに気をつけろよ。あれは誰もが吐き気を覚えた本として有名

731 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 12:24:31.68
マッカーシーがオッズで人気なのは、著者が映画化されて一般人気を博しているからじゃないの。アメリカだけでも新刊はミリオンらしいし

732 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 13:04:05.13
オッズと文学性(ノーベル委員会の考える)は相関関係はない
ウンコの常連上位は韓国アホ民族の組織的賭けが原因であると言われている。
マッカーシーは日本で言えば「吉川栄治」のような大河小説家である。
到底ノーベル委員会の選考対象ではない。
この時点でオッズ1位は永遠にノーベル文学賞無縁。
例年20位以下が受賞している。

733 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 13:10:27.46
大江の場合、デビューから起算してどの時点で見切りをつけるべき?

芥川賞作品「個人的な体験」でピリオドを打つべきだろう。
「ノーベル賞もらった俺の全集がたった200部とは何事 か」と新潮社担当者に
恫喝した時点で佐渡島に流罪とするべきだっただろう。





734 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 14:01:49.43
なあ、今こそアモス・オズだろ?

735 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 14:07:41.24
「個人的な体験」は芥川賞作品じゃないよ。「飼育」だろ。
40歳位までの作品は確かに凄いよ。今、日本で40位までの作家で質、量ともに
あのレベルで書ける人は一人も思い浮かばない。それ以降の作品は大概
クソだけどね。政治的、社会的スタンスも気に食わないが、ノーベル財団には、
ドンピシャだろう、ああいうタイプは。



736 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 14:13:46.58
大江は運がいい。ごろごろいた大文学作家が早死にしたおかげで
偉そうな顔ができている。ひいき目に見ても中の上の作家だろうなぁ

737 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 14:14:11.34
芽むしり仔撃ちは素晴らしい。素晴らしい。

738 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 14:28:11.18
>>735
俺も同意だなあ
まあ、やっぱり立派な作家だと思うよ

739 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 14:43:54.96
取り立てるほどの人物ではないが一部に大江が好きな人もいるってことだね、お前ら本買ってやれよw

740 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:04:01.90
コウン氏は海外で何か賞をもらったことがあるのですか。

741 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:10:12.17
大江の「性的人間」はよかった
主人公がゲイで痴漢だなんて



742 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:26:20.02
>>735
だね。評価できるのは『同時代ゲーム』の前までかな。
ていうか自分の中の大江はそれで完結している。

『個人的な体験』が『自由への道』第1部の変奏曲であるように
読めるのはサルトルの影響下にあるものかな。


743 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:30:54.51
結局
大江がいいよと
言う野郎は
大江がノーベル作家だからだ
必ずしも自分の財布から本屋に
行って大江の文庫など買っては
いない輩だ
新潮文庫コーナーにいっても
大江の所は寂しいぞ
読者は正直だ
大江は過去の作家である
樋口一葉・山本有三(※「路傍の石」)・野口雨情(童話詩人)
等と比較して日本人の魂を普遍的に問いかける文学とはなりえ
ない
あとは障害馬鹿の「光」の糞始末で余生を過ごすのみ






744 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:36:31.48
大江作品はたいてい同時代の大物作家を見てぱくってるからすぐわかるよね
オリジナリティがないから後世には読まれないのは仕方ないこと
どこで見切りをつけたかはいつ気づくかだから自然とその人がどれだけ本を読んでるかに反比例するな

745 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:46:46.69
Javier Marías 1.00 1.00
Vijaydan Detha 7.50 7.50
Cormac Mccarthy 8.00 1.00
Les Murray 8.50 8.50
Haruki Murakami 9.00 6.50
Ko Un 9.00 8.00
Ngugi Wa Thiongo 9.00 8.00
Tahar Ben Jelloun 9.00 9.00
Assia Djebar 10.00 9.00
Chang-Rae Lee 10.50 10.50
Adonis 11.00 10.00
Joyce Carol Oates 11.00 10.00
Tomas Tranströmer 11.00 10.0

http://www.nicerodds.co.uk/nobel-prize-in-literature

ハビエル・マリアスか?

まだ早すぎね?

746 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:49:07.61
>>744
死んだら読まれないであろうどっかの流行作家とは違うけどね。


747 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:55:02.73
ピンチョンが受賞して「いらない」って拒否するのが理想

748 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 15:56:08.93
大江は死ぬ前から読まれないというから憐れw

749 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 16:05:26.40
猿トルの「嘔吐」とかの実存主義にかぶれすぎで大江の文学は型輪である。
彼が東大仏蘭西文科に在籍していた頃、サリドマイドというペンギンのでき
そこないの子供が全国で生まれた。
大江の自閉&ダウン症併発まれにみる精神障害児「光」の発生は、遺伝子の
みならず外国製睡眠薬&悪阻(妻が大量に服用)したのが原因とされている。
大江の文学を支配する変態性癖による特殊性交体位(USA仕込)も一因と想定
される。
外国のものを批判精神を持たず導入した「天罰」として私は把握しておる。
長くなったが先に述べたように大江は猿トルのモノマネより派生した文学的
サリマイドである。
彼の表現する翻訳調の悪文は、我国国有の美しい「日本語」を破壊した。
また芥川賞選考委員として地方の才能ある作家を選考より除外した。
自分より才能が上と思うものは文壇から追放した。(例:村上春樹)
所謂大江は小説という鎧を装い、彼の性的欲望を破壊したストーリーと
分裂症気味の語彙で詰めた腐乱した「コンドーム」でしかありえない。
日本語を防衛し、天皇制国家を継承する声なき日本民族にとって大江は
滑稽な眼鏡をかけた「乞食」でしかありえない。
(注)「乞食」=外国の賞をありがたく受け取る馬鹿者
    

750 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 16:24:21.10
大江の創作歴
初期 高評価されていた谷崎はじめ当時の悪魔主義作家にかぶれ模倣する
中期 流行した実存主義作家群にかぶれ海外作品を模倣し日本で出版を繰り返す
後期 マジックリアリズムにかぶれ海外作品を模倣し日本で出版を繰り返す
死期 自分の言動に整合性が取れなくなっている

751 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 17:13:06.61
>>743みたいなこと書いてるヤツってなんのために生きてるんだろう
生活の憂さをこういう書き込みでしか晴らせないんだろうな

752 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 17:43:49.73
「国賊」大江健三郎〜土下座中国講演

大江氏は中国で講演した際、「われわれは未来に向かって、たゆまず贖罪するとともに、そのためにたえず努力しなければならず、これこそ中国およびアジア諸国に対する日本人の基本的態度である」と述べていた。
 大江氏は、「日本国民は戦争行為を反省するべきである」と主張。
日本国民は「未来に向かって贖罪を続けるべき」と発言した。
 
 (大辞林)
【贖罪】 金品を出したり、善行を積んだりして、犯した罪をつぐなうこと。
 大江氏は、全ての日本人を犯罪者扱いしていることになる。
日本人は犯罪を犯したのだから罪を償えと言っているわけである。

今年の「孔子平和賞」狙えるかもな。


753 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 18:28:07.10
>>745

Chang-Rae Lee って誰だよって思ったら、3〜4冊しか小説書いてない変な若い朝鮮人じゃねえか。
なんでこんな奴が上位にいるんだよ。ほんとチョンの工作はキモイな。
若いうちにこういうリストに顔売っといて、何十年後かに有力候補にしようっていう魂胆だろ。

754 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 18:48:38.36
順番的に韓国がもらいやすい環境なのに
韓国の創作態度がそんなだからもらえない。課題は大きく2つだな
もっと国際的に受け入れやすい作品作りをすること
自分たちがもらえないのは世界がおかしいからだという考えを改めること

755 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 18:54:18.94
Ko Un
Chang-Rae Lee
朝鮮人の組織的賭け投資だろうが
youtube のk-popが何百万回閲覧疑惑も最近話題になった
youtube管理者が対策に乗り出したようだ
オッズなんぞ文学的価値と関係ねぇ
チョンのインターネット工作と強姦は世界一というのが定説だ
在日チョンの強姦事件は何故か日本のマスゴミは黙殺している
大江健三郎が毎年ノーベル委員会にチョンを推薦しているそうな


756 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 19:44:23.67
Googleが運営する動画共有サービス「YouTube」が韓国からのアクセスを遮断したと発表。
「韓国」と設定されているユーザーは動画をアップロードすることができなくなり、また再生にも規制が掛けられ、再生数も反映されなくなるという。
 何故このような処置が執られたのだろうか? 
実は韓国は国家ぐるみで自国K-POP推しをするために「YouTube」を使い、再生数を何百万回と再生数を上げているのだ。
通常「YouTube」では1ユーザーにつき1日回までしか同動画でカウントされないが、韓国ではツールを使い複数のアカウントを切り替え再生数を捏造している。
そのため世界的トップアーティストよりも、少女時代の再生数の方が上になってしまっている。こういったアタック行為に対して処置が執られたという。
韓国は「ブランド委員会」というものがあり、このようにYouTubeの再生数を伸ばす仕事が実在する。もちろん韓国側は表だって認めていない。
木村太郎氏がこの件を発言したところ、「フジテレビ」から干されてしまったことは記憶に新しいだろう。
この発言により韓国の「ブランド委員会」からクレームが入り、圧力が掛かったと言われている。

ノーベル文学賞オッズの民間賭屋では韓国から賭けの度に金がはいるので防ぎようがない。
世界的に無名の
Ko Un
Chang-Rae Lee が上位に位置するのは一種の捏造行為である。
恥知らずのチョンならでわの行為で国際的な笑い種である。
毎年、チョンの3文作家をノーベル委員会へ推薦状を送る大江もいたな。


757 :吾輩は名無しである:2011/09/25(日) 19:47:13.91
>>755-756
うるせーからハン板逝け

758 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 00:23:55.74
大江作品がパクリだから駄目という奴がいるが、現代文学はみな先行文学の
パクリじゃないか。パクリかどうかより、文学的リアリティを読み手に
感じさせるかどうかが評価基準だろう。『飼育』『万延元年のフットボール』
は傑作だと思う。村上春樹は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
が秀作だろう。ノーベル賞にはちと弱いのではないか。

759 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 01:37:06.41
確かに村上春樹はノーベル文学賞選考の範疇には外れている。
表現力・構成力・普遍性いずれも落ちる。
但し震災に見舞われた日本へのおなさけとして受賞する可能性もある。
(伊太利亜の文学賞受賞した吉本ばななの例も有)
カフカ賞受賞の年度に朝日新聞記者がノーベル選考委員長に無礼を働いた。
村上春樹が今年のカフカ賞ですよといったら委員長が「それは知らなかった」
といったらしい。
この事が日本文学を選考対象から遠ざける原因となった。
さらに朝日記者はノーベル委員会の図書館にある蔵書をデジカメで撮影しは
じめた。(ここはノーベル選考対象の各国の翻訳本が陳列)
図書館職員が機密性の理由でデジカメをとりあげようとしたところ女記者は
稚拙な英語で「セクハラで訴える」と叫びはじめた。
この経緯は日本のマスゴミは黙殺しているが、現地のノーベル選考委員のし
るところとなった。
カフカ賞受賞者が2年連続ノーベル文学賞受賞ということもあり、村上春樹
ももしやということで朝日記者が取材したわけである。
我々は冷静に20−21世紀の世界文学の潮流を分析し、次の世代に読み継
がれる作家を予想していかねばならない。


760 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 07:38:19.29
大江はパクリだからだめじゃなく劣化だから駄目なの

761 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 09:58:46.10
>>760
お前の観賞眼が劣化

762 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 10:00:23.94
でも大江の勉強量はすごいよ。
おとなしく仏文学者になればよかったのに

763 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 10:08:41.04
手塚治虫は石ノ森章太郎を攻撃し冷遇した 
理由は簡単  石ノ森が手塚の個性とかぶりしかもその次元が高かったからだ
つまり石ノ森が出世すればおのれが埋没しかねない そして石ノ森の才能を妬んだ
手塚は弟子が師である自分を凌駕するのではないかという恐怖とジレンマに悩まされたが
彼はそれを告白し同一化することで昇華することに成功した  だから手塚は偉大なのだ

しかし・・・・
大江は文壇でかぶる危険性を帯びた個性をもった驚異の新人をまず芽の段階で潰そうとした
芸能芸術スポーツの世界ではよくあることだが 彼もその例外ではなかったわけだ
村上は手塚が認めて高評価した石ノ森のごとく 出るべくして世に出ていった・・・そのあふれる才能の翼によって

そして・・・大江は今また立ちはだかっているようだ・・・
村上は必ずその壁を乗り越えていくだろう

764 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 10:19:28.06
世界文学全集に収録される作家イコールノーベル文学賞にふさわしい作家ではない。
大衆からは真価が理解されなくても、書物が売れなくても、大作家の名にふさわしい人がいる。
そういう人を委員会は選んでいる。さすがだとおもう。

765 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 11:20:38.45
大江は確かに頭はいいだろうね、海外の作品もよく読んでる
なかったのは才能と世の中を見る目あと品格かな、売名のためなら何でもやるという態度が反感を買う

766 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 11:38:26.84
>>765
でも、おまえはその全部。頭も才能も見る目も、とくに品格は影さえないわけだね。
かわいそうだね。

767 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 11:43:20.35
大江の文章は日本語としてはお世辞にもうまいとは言えない
翻訳者には裁量がきいて楽だろね  日本語国語としてはダメダメ

768 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 12:12:03.64
大江に才能がないなら、世の中のほとんどの作家に才能はないだろ

769 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 13:22:18.93
大江信者の脳内では文学の頂点に大江がいいるのか、本買ってやれよ
よほど読書をしないのだな

770 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 13:33:58.48
大江叩きの流れを断ち切って悪いが、
マッカーシーのスレってある?

771 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 13:36:26.11
これからノーベル文学賞もらう人間の予想をしようぜ。
もう大江は不要。

772 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 13:38:55.58
意表をついてジェラルド・マーナンとかだったり

つか、ラドブロークスのオッズがまだ出てこないんだが

773 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 13:42:21.99
>>767
うまいへたで考えてる時点で文学には縁無き衆生ってわけw
ピントはずれなんだよ、君の意見は。

774 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 13:58:33.24
大江信者はスレの流れすら読解できない…
※このレスは無視で

775 : [―{}@{}@{}-] 吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 14:28:25.39
ノーベル文学賞元選考委員が激白「大江に授与したことが最大の悔い。日本の左翼の愚劣さをちゃんと認識できていなかった」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news2/1291898789

776 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 15:44:51.13
オッズの低い人が低いままもらったことってあるの?

777 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 16:24:13.93
アンチ大江がいてもいいが、なんというか、「豚に真珠」という言葉が頭に浮かぶな

778 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 17:56:52.36
>>770
ないようだ

779 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 18:01:47.63
>>777
たぶん使い方間違ってるよ

780 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 18:22:48.69
村上春樹のノーベル賞って、コウンがもらうのと同じくらい くだらないものだよ

781 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 18:35:42.87
>>780
約一名の粘着アスペ以外、文学板住民ならわかってる

>>775
いろんなとこにコピペしてるけどつまんないよ
アク禁くらえばいいのに

782 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 18:37:47.37
パレスチナ国連加盟成功

アモスオズに文学賞
潘基文事務総長に平和賞

ってパターンはないかな

783 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 19:00:38.71
ラドブロークス来た。 首位はなんとアドニス
http://sports.ladbrokes.com/en-gb/Awards/Nobel-Literature-PrizeAwards/Nobel-Literature-Prize-t210003519

Adonis 4/1
Tomas Transtromer 9/2
Thomas Pynchon 10/1
Peter Nadas 12/1
Assia Djebar 12/1
Ko Un 14/1
Les Murray 16/1
Haruki Murakami 16/1
Rajendra Bhandari 20/1
K. Satchidanandan 20/1
Mircea Cartarescu 20/1
Philip Roth 25/1
Cormac McCarthy 25/1
John Banville 25/1
Colm Toibin 25/1
Christa Wolf 25/1
Joyce Carol Oates 25/1

784 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 19:02:40.24

Adam Zagajewski 33/1
Antonio Tabucchi 33/1
Yves Bonnefoy 33/1
Alice Munro 33/1
A.S. Byatt 33/1
Michel Tournier 33/1
Milan Kundera 33/1
Maya Angelou 33/1
E.L Doctorow 33/1
Cees Nooteboom 33/1


785 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 19:05:07.97

以下、気になるところだけ抜粋

Ismail Kadare 40/1
Ian McEwan 40/1
Salman Rushdie 40/1
Margaret Atwood 40/1
Peter Handke 40/1
Ngugi wa Thiong'o 50/1
Carlos Fuentes 50/1
Umberto Eco 50/1
Chinua Achebe 50/1

786 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 19:07:11.97
>>451
ノーテボームだけ下位だが、いいとこついてる

787 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 19:11:16.63
>>783-784 抜けてた

Don DeLillo 25/1
Claudio Magris 33/1
Amos Oz 33/1

788 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 20:00:02.73
大江「セブンティーン」の性表現はすごいとおもった

小説はサリンジャーのぱくりだけど


789 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 20:06:09.47
政治少年死す
(セブンティーン第二部)
http://azure2004.sakura.ne.jp/k_oe/seijishonen.htm

790 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 20:08:16.51
↑のどこがサリンジャーだよ

791 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 21:29:32.05
大江ファン?はしつこいな大江スレでやってこいよ、終わった人間に興味はない

792 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 22:08:03.36
ファンとかじゃなくてさ、公平にみて初期作品のレベルは高いだろ。
彼の諸々の姿勢には反感も覚えるけど、文学的な才能は否定出来ないよ。
読んでない奴が褒めてるっていうレスがあるけど、まるっきり逆。
一定量読書している奴で、大江が嫌いでも無能だと思ってる奴はいないんじゃない。
読んでない奴、読めない奴が、大江のスタンスだけみて貶してるんだろ。
純文学の現役で張り合えるのは、春樹と古井由吉くらいだと思うが。


793 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 22:29:05.17
でもさ、今年の文学賞の予想スレなんだから大江の話題はなくてもいいんだよ

794 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 22:54:26.05
>>792
まあ、まったく同感だな
大江を批判するのも結構
だけど、現存する作家の中であれだけの存在感のある作家はやはりなかなかいない

795 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 22:55:03.00
>>793
それは同感
へんに大江アンチが暴れてことあるごとに当てこすりを書くからおかしなことになる

796 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 22:59:40.52
どうでもいいから大江信者はよそのスレ行けよ、大江なんてどうでもいいからさ
好きな奴は好きな奴でスレ建てて勝手に持ち上げてろ

797 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 23:04:49.33
くだらん大江の話でスレ消化しそうだ2011年を新しく建てるのか、老害だな

798 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 01:08:56.19
ヒント 代表作

日韓ワールドカップ
南アフリカワールドカップ

スーパーマーケットの天皇 孫正義とか

799 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 01:36:58.13
代表作にスーパーマーケットの天皇が出てくるのは大江だが。。。

800 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 04:01:36.70
2011ノーベル文学賞内定!!
オランダ女流作家
オランダからは初受賞

http://en.wikipedia.org/wiki/Dubravka_Ugre%C5%A1i%C4%87

801 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 04:48:48.70
クロアチアって書いてあるだろ

ノーテボームが取ればオランダ初受賞か

802 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 14:40:02.17
ヨーロッパの未受賞国

アルバニア、アンドラ、ウクライナ、エストニア、オランダ、キプロス
クロアチア、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、セルビア、バチカン、ブルガリア
ベラルーシ、マケドニア、マルタ、モナコ、モルドバ、モンテネグロ、
ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ルーマニア

803 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 15:23:05.32
Bird's Nest

804 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 17:05:08.54
大江信者は大江スレかなんかで話せよ。
邪魔。

805 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 18:09:21.14
大江信者も大江アンチも揃って消えろ、が正解

806 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 18:33:35.66
よしもとばななが有力視されてるらしいが。

807 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 19:07:23.38
大江アンチが大江を賞賛するカキコにいちいち苛ついてんのが笑えるw

808 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 19:29:25.56
Bird's Nest って何?

809 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 20:20:36.27
Countdown to the Nobel Prize in Literature
http://www.complete-review.com/saloon/

その他海外掲示板
http://www.worldliteratureforum.com/forum/showthread.php/43634-Nobel-Prize-in-Literature-2011-Speculation
http://s11.zetaboards.com/thefictionalwoods/topic/7422209/1/
http://noblit.ru/forum/index.php/topic,750.0.html

810 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 20:27:42.57
日韓チャットで突然韓国人から、「日本人がノーベル賞を取りました」と言われました。
「ああ、そうなの?」と軽く受け流すと、韓国人は「はい、今テレビのニュースでやっていました。
おめでとうございます」と言います。
「おめでとうございます」と言われても、別に私がノーベル賞を取ったわけでもないし、多分受賞者は私の親戚でもないだろうし(その時は誰が受賞したか知りませんでした)、と困惑していると、韓国人は「謙遜ですね。自制的です!」と褒めてくれました。
中央日報では【「日本人がノーベル物理学賞を席巻」日本列島興奮】などという見出しを打っておりますが、実際のところは、日本より韓国の方がよほど興奮していたと思います。
この時期、毎年のように韓国では「何故韓国人がノーベル賞を取れないニダ?」と大騒ぎしているようです。



811 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 22:20:45.89
世界的な韓国文学ブーム到来!!

「何の予備知識もなく読み始め、一気に心を持っていかれてしまった」(松永美穂早稲田大学教授・朝日新聞7月24日付)
6月中旬、日本語版で出版された韓江氏の小説『菜食主義者』(クオン出版社)の書評だ。
この小説が、初版1刷5000部が完売し、まもなく2刷に入る。
米国と欧州でブームを起こした申京淑(シン・ギョンスク)氏の『ママをお願い』も、9月末に集英社から出版される予定であり、日本国内の韓国文学ブームに関心が集まっている。
このため、クオン出版社は「K‐POP」のように「K文学」を掲げてこの本を広報している。
西欧で評価が良かったので、日本でも人気を呼ぶだろう」と予想した。
クオン出版社は韓国文学翻訳院から海外出版支援金4000ドルを受けたことが、広報マーケティングに役立った。韓国政府の海外出版に対する支援を増やしてほしい」と話した。
(東亜日報)

おらしらなんだ
みんなしってたか
韓国文学ブームだとよ

812 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 22:33:53.55
オーストリア・ヨーロッパ文学賞
歴代受賞者(最近25年間)

今年のノーベル文学賞予想重要資料
1987年 - ミラン・クンデラ
1988年 - Andrzej Szczypiorski
1989年 - マルグリット・デュラス
1990年 - Helmut Heissenbüttel
1991年 - Péter Nádas
1992年 - サルマン・ラシュディ
1993年 - チンギス・アイトマートフ
1994年 - Inger Christensen
1995年 - イルゼ・アイヒンガー
1996年 - Aleksandar Tišma
1997年 - Jürg Laederach
1998年 - アントニオ・タブッキ
1999年 - Dubravka Ugrešić
2000年 - António Lobo Antunes
2001年 - ウンベルト・エーコ
2002年 - クリストフ・ハイン
2003年 - セース・ノーテボーム
2004年 - ジュリアン・バーンズ
2005年 - クラウディオ・マグリス
2006年 - Jorge Semprún
2007年 - A. L. Kennedy
2008年 - アゴタ・クリストフ
2009年 - Per Olov Enquist
2010年 - Paul Nizon
2011年 - ハビエル・マリアス

813 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 23:00:15.97
アストゥリアス皇太子賞

歴代受賞者 ◎ノーベル文学賞受賞者

今年のノーベル文学賞予想重要資料

文学部門
1986 - ◎マリオ・バルガス・リョサ Mario Vargas Llosa(ペルー)
(略)
1999 - ◎ギュンター・グラス Günter Grass(ドイツ)
2000 - アウグスト・モンテローソ Augusto Monterroso(グアテマラ)
2001 - ◎ドリス・レッシング Doris Lessing(イギリス)
2002 - アーサー・ミラー Arthur Miller(アメリカ)
2003 -
ファティマ・メルニーシ Fátima Mernissi(モロッコ)
スーザン・ソンタグ Susan Sontag(アメリカ)
2004 - クラウディオ・マグリス Claudio Magris(イタリア)
2005 - ネリダ・ピニョン Nélida Piñón(ブラジル)
2006 - ポール・オースター Paul Auster(アメリカ)
2007 - アモス・オズ Amos Oz(イスラエル)
2008 - マーガレット・アトウッド Margaret Atwood(カナダ)
2009 - イスマイル・カダレ Ismail Kadare(アルバニア)
2010 - アミン・マアルーフ Amin Maalouf(フランス)
2011 - レナード・コーエン Leonard Cohen(カナダ)


814 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 23:19:04.85
いくらなんでも韓国文学を日本に広めるのは無理だろぉ
日本を叩いてる作家しかいないイメージだからなぁ音楽のようにはいかんぞ

815 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 00:47:32.96
ハングル表記って何かマズいの?深みがないの?
韓国語って何が日本語と違うのかなー。
考え方全体変だよあの民族。おかしなことばっかり
日本語が表現が豊かで、深く思考できるような言語だってことはよくわかるけど、
同じアルタイ系のトルコからノーベル賞でてるし
国家が分断されてるんだから、書くべきことはたくさん溢れてるはずなのに。 詩とかやめてー笑

816 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 00:48:05.30
李文烈は結構好き
アジア枠で高銀に授賞するくらいならこっちにくれてやれ
一番受賞してほしいのは中国の莫言だけど無理っぽいか

817 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 01:18:12.78
中国人だと残雪がそのうち受賞すると思う

818 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 01:49:27.00
残雪は絶対無理だろ

819 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 02:50:05.58
http://s11.zetaboards.com/thefictionalwoods/topic/7422209
ここだとちょくちょくBei Dao(北島)の名前が挙がってる


http://s11.zetaboards.com/thefictionalwoods/topic/7422209/4/
alliknowis Aug 3 2011, 07:27 PM

>I think Hwang Sok-yong has a better shot actually and that he'll get it rather than Ko Un.
これには同意

この人の予想
In the next 6 years they will give it to:
Ngugi wa Thiong'o (Kenyan novelist)
Bei Dao (Chinese poet)
Margaret Atwood (Canadian novelist)
either Assia Djebar or Helene Cixous (French-language female prose writer)
either Adonis or Elias Khoury (Arabic-language writer)
and either Amos Oz or Vaclav Havel (elder statesman/icon)

In the future, but not within the next 6 years, they will give it to:
David Grossman
Javier Marias
Mikhail Shishkin
Hwang Sok-yong
Peter Nadas, Laszlo Krasznahorkai, or Mircea Cartarescu, at least one
Olga Tokarczuk

820 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 10:10:34.72
不勉強で恥ずかしいのだが、その北島って有名なのか教えてくれ。

821 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 10:22:06.55
祭とか与作とかが有名だよね

822 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 10:25:37.86
いや、函館の女だろう

823 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 12:12:42.81
http://en.wikipedia.org/wiki/Bei_Dao
北京生まれの詩人
本名・趙振開

824 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 14:49:20.62
Adonis declared Nobel prize for literature favourite
http://www.guardian.co.uk/books/2011/sep/27/adonis-nobel-prize-literature-favourite?newsfeed=true
After winning Germany's major award the Goethe prize earlier this year,
Syrian poet Adonis has emerged as the frontrunner to be crowned Nobel literature laureate next month.

Ladbrokes has made the 81-year-old, described as "the most important Arab poet of our time" by the Goethe jury,
its 4/1 favourite to win this year's Nobel prize for literature,
ahead of another octogenarian poet, the 80-year-old Swede Tomas Tranströmer, at 9/2.

"Adonis has been a permanent fixture on the shortlist in the past and the odds suggest this could be his year,"
said spokesman Alex Donohue.

Last year the betting firm backed Tranströmer to win the Nobel,
but the 18-member Nobel Academy plumped for Peruvian Mario Vargas Llosa instead.

"After hitting the woodwork last year we think Tranströmer has a superb chance of atoning for defeat," said Donohue.




825 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 15:00:01.12
誰にくれてもいいけど、
自分の存命中に自分の名を冠した文学賞を作り自分が審査委員になる、
なんて云う白痴にだけはくれないで欲しいね。

その国の国辱にしかならないから。


あっ、白痴だとは言ったけど、

  蛙 の 親 は 蛙 、

だなんて言ってないよ、誤解しないでね、念のため。

826 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 15:29:23.11
仕込んだ小耳情報だけど2011平和賞はアラブの春を演出した運動家のようだね

827 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 15:33:08.49
ノーベル賞主催者は天邪鬼だから今年日本人にノーベルやると震災同情授与との陰口がささやかれるかもしれない
委員会はそんなリスクはおかさない  欧米人はその認識で一致してるぞ 

828 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 15:40:34.90
もう日本にnovel prize for literature は来ないだろ  大江のせいで
なんで三島 安部にやらなかったんだ???

829 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 15:42:39.45
>>827
それ以前に文学賞はとれる実力ある人いないじゃん。

830 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 16:59:01.22
三島って今にして思うとそんなに良くないような

831 :名無しさん@恐縮です:2011/09/28(水) 20:42:25.30
三島はたとえ生きてても
ノーベル文学賞は不可能と思われる
戯曲「わが友ヒットラー」の作品履歴だけで選考対象外といわれている

832 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 20:54:24.12
>今年日本人にノーベルやると
>震災同情授与との陰口がささやかれる

そんなに日本って重要視されてないから。

833 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 00:04:36.20
残雪がとってほしいな

834 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 00:51:41.58
99%マッカーシーだな。

835 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 02:17:10.31
あべが死んだから大江に回ったというのは有名な話。おこぼれ受賞だな、大江は才能ある実力者がみんな死滅したから文学者を名乗れる。
一部では才能ある文学者が若くして死ぬのは大江が暗躍したからだとも言われている


836 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 02:24:11.51
俺もマッカーシー希望だが、
>>654 このメンツが退陣しない限りアメリカ回避は変わらないだろう

文学の中心はヨーロッパと発言してアメリカの反発を招いたのは
Horace Engdah

http://blog.ohtan.net/archives/51296142.html
http://blog.ohtan.net/archives/51296536.html


837 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 02:26:31.74
日本国内の一部にアンチがいたところで
スウェーデンアカデミーの知ったことかよ

とにかく「18人」は大江を認めた。

838 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 02:35:59.74
コ・ウン
「哲学的な夜」
夜食時
キムチを皿に
酒はマッコリ
匂いに誘われハエがキムチに
箸で追い返しても
また戻ってくる
いいよ
キムチはお前のものだ
私はマッコリをゆっくり飲みほす
ハエと私のひとときの時間
何という哲学的な夜だろう

839 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 03:22:51.59
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201106090234.html
>教授は、アルフレッド・ノーベルが遺言で五つの授賞条件を残したことを紹介。
>「時勢に適合したもの」をその一つとして挙げた。「
>選考は流行の影響を受ける。
>スウェーデンでは今、俳句がはやっている」と話した。

これはトランストロンメルの布石か

840 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 03:54:26.57
韓国なら金芝河がよかったけど、もうないだろうな

841 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 12:42:49.49
9月25日の編集手帳で紹介された柴田トヨはどうだ。
その時掲載された作品は凡作そのものだったが。

842 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 13:55:22.06
あの福島の詩人とかいうのにあげれば良いのでは

843 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 17:05:23.93
新人賞じゃねえーんだぞ。莫迦云うな!

844 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 22:23:20.15
>>839
金子兜太が挙がってたこともあったな、そういえば。

845 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/09/29(木) 22:38:45.29
日本が100年かけても失敗したマツタケ人工繁殖、韓国で成功
-ノーベル賞がみえてきた-
[中央日報/中央日報]

マツタケの価格が少し安くなりそうだ。
不可能と考えられてきたマツタケの人工繁殖に成功したからだ。
山林庁傘下の国立山林科学院微生物研究チームは、江原道洪川(カンウォンド・ホンチョン)の国有林で人工栽培したマツタケの採取に成功したと18日、明らかにした。
ここに人工的に菌株を移してから7年ぶりだ。
マツタケが生えたところに幼いマツを植え、このマツの根に菌を感染させた後、これを大きなマツがある山に移して植えるという「マツタケ感染苗」方法。
日本は100年以上の研究の末、1980年代に感染苗方式の人工栽培技術を獲得した。
しかしキノコ1個を生産しただけで、持続的な生産には失敗した。
今回の研究が注目されるのは、マツタケ菌が生き残った比率(活着率)が20%を超え、持続的な生産が可能だと考えられるからだ。
ひとまずマツタケ菌がマツ林に定着しさえすれば、30年以上採取が可能だと、山林庁は明らかにした。


846 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 23:16:59.70
で、マツタケでどういう小説を書くつもり?
俺だったらそんなピント外れの小説なんか絶対書かないけど。
マツタケ小説でノーベル賞かぁ、凄いなあその発想は。自分の人生を無駄にするつもりでないと書けないね。
頑張って世の中を驚かせてくれよ。

847 :吾輩は名無しである:2011/09/29(木) 23:28:06.36
マツタケ小説面白そうじゃん、何言ってんの?

848 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 03:55:32.44
>>845
http://japanese.joins.com/article/002/134002.html

中央日報の原典には、
「-ノーベル賞がみえてきた- 」
などという見出しは無いっ!

文学とは、嘘をつく事ではないのだがね(苦笑)


849 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 11:36:50.60
1994年に安部公房が受賞していたら、今頃の最有力候補は大江健三郎だったと思う。
安部が亡くなったので大江の受賞が早くなったというのはあるかもしれないが、
大江は遅かれ早かれ受賞したと思う。


850 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 12:24:14.83
君が大江が好きなのはわかったから、結局今年は誰が受賞するか、君なりの予想とその理由を書いて貰おうか。

851 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 17:14:30.75
大江信者すげえなw新興宗教で騙される人がいるのもうなずける

852 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 19:30:43.65
>>849は客観的に見た自分の意見を言ってるだけなのに、アンチには信者としか見えないんだな
かわいそうな頭だ

853 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 19:31:46.35
>>849は客観的に見た自分の意見を言ってるだけなのに、アンチには信者としか見えないんだな
かわいそうな頭だ

君が大江が嫌いなのはわかったから、結局今年は誰が受賞するか、君なりの予想とその理由を書いて貰おうか

854 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 19:33:46.67
うおお重複した

855 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 19:47:17.48
>>852から>>854までの時間がわずか3分の自演連投厨が大江信者の姿である

856 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 19:52:39.95
うおお重複した

857 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 20:31:30.04
客観的ワロタ、思うとか主観だろw

858 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 21:04:35.43
いやいや客観的に見たら大江は世界レベルの作家
安部公房の方がたいした作家には見えないんだよな〜

859 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 21:29:40.84
作品読んでも大江スレ見てもとてもそうは思えないけど・・・「お前は馬鹿だから」とか言って反対を認めないんだろうけど
とりあえず好きな奴は本くらい買ってやれよ・・・



860 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 21:46:10.68
>>857
その批判は、君の方が間違っているな。
「客観的」という言葉は、主観にしか使わない。主観からできるだけ客観に近づけるべく
努力した主観のことだ。
本当に第3者の視点なら「客観」そのものになる。「的」はいらない。
なぜ、わざわざ「的」が入っているのか、考えないとダメだよ。

861 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 21:51:37.83
大江って海外で評価されてたか?

862 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 22:15:48.16
>>860
客観は主観が向き合う対象(object)そのもの。
客観的(objective)は主観を交えないの意。
そもそもの位相が異なる。

863 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 22:20:54.41
いや、全く。
海外で日本文学の話題が出るときは決まって古典。
一人でいいから大江を評価する人の話を聞きたいものだ。

864 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 22:20:59.78
文学賞は何日なの?

865 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 22:43:09.36
大江さんが安部さんの代替だったのは、まぎれもない事実だけどね。
安部さんは9年間も最終候補に残ってて死んじゃった。そもそも日本枠は一回
飛ばしにされてたから、財団が慌てて大江さんにしたんだろうが、彼自身、
安部さん存命中から候補者の一人だったから妥当といえば妥当。
そういうのはどうしてもあるよ。代替という意味では、08年の物理学賞ラッシュだって、素粒子、日本で、
戸塚洋二さんが内定してたのに死んじゃったからっていうのもあるしね。

866 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/09/30(金) 22:52:38.52
大江は目が死んでいる
オーラがない
老人ホーム1軒にに20人くらいいそうな顔

867 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 22:56:35.84
>>864
来週か再来週の木曜

868 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 23:04:28.26
大江信者は主観も信じれば客観になると思ってるということだけわかった

869 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 23:37:56.19
そろそろアジアかアメリカから出るような気もするんだけどな

870 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 23:41:31.09
大江が史上初の2回受賞だろ
お前らの発狂する顔が見たいw

871 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 23:42:14.74
>>865
そこまでわかっているなら、当然今年の最終候補者ぐらいわかるよね?
さあ言ってもらおうか。アカデミーに近い人しかわからない機密事項を知っているんだから、わからないとは言わせない。

872 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 23:42:19.04
安部公房は大好きなんだけど、本当にノーベル賞クラスなの?
あまりにも面白くて、ノーベル賞には面白すぎるような気がするんだけど。

873 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 23:42:23.83
今はアジアよりアメリカの方がふさわしい人多い・・・

874 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 23:46:14.78
>>871
あんまり追い詰めるなよw
半可通が知ったように出まかせを語ってるだけなんだから

875 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 23:48:14.15
文学が売れないもの面白くないものなんてレッテルを張ったのは文盲の石原だから
大江はじめ自分が売れないのを正当化しようとする作家はクズ、努力しろ

876 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 02:51:44.31
そういや過去すれで去年のマリオ・バルガス・リョサを的中させた人いたんだっけ
去年は簡単だったんだっけ

877 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 03:38:56.90
2011年 ノーベル賞 発表日程

生理学・医学  10月3日 月曜日 日本時間18:30
物理学     10月4日 火曜日 日本時間18:45
化学      10月5日 水曜日 日本時間18:45
平和      10月7日 金曜日 日本時間18:00
経済学     10月10日月曜日 日本時間20:00

文学      未定


878 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 03:54:32.67
今年はアドニス。

かのマリア・ショテニウス記者も同意見だろう。


879 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 04:11:22.93
そんなこたあ文学と全く関係なし
ノーベル賞?
ありがたがるのはバカだけ

880 :あるケミストさん:2011/10/01(土) 06:56:45.46
ソウル大工学部の教授が海外学術誌に掲載した論文が虚偽資料を根拠に書いたことが明らかになり、該当論文が取り消される見込みだ。
ソウル大研究真実性委員会は12日、「化学生命工学部のシン・ギュスン教授が学術誌『ネーチャーマテリアルズ』に発表した『孤立構造で高分子運動性増加』と題した論文が、虚偽のデータをもとに作成されたことが確認された」と明らかにした。
ソウル大はこの事実を該当ジャーナルに通知する。




881 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 12:02:46.18
2010年07月13日08時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/108/131108.html

なぜいまさら?
なぜこのスレ?

882 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 12:09:10.65
去年当てた奴はいなかった。

883 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 12:40:41.57
すっかりマッカーシー熱が醒めたな

意表を突いて
ジェラルド・マーナンとかペーテル・ナーダシュが来たらおもしろいが


884 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 12:53:50.70
ギュンター・グラスの予想
http://newsticker.sueddeutsche.de/list/id/1212449

Amos Oz hätte Nobelpreis verdient

Amos Oz would have earned the Nobel prize

885 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 14:52:11.78
マッカーシー熱冷め過ぎだろー。
贔屓としてはちょっと悲しいわ。

886 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 15:50:20.05
デリーロがいいな

887 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 16:31:51.27
>>27
>ノーベル賞主催者は天邪鬼だから今年日本人にノーベルやると震災同情授与との陰口が
>ささやかれるかもしれない
>委員会はそんなリスクはおかさない  欧米人はその認識で一致してるぞ 

であれば”アラブの春”でアラブ系の受賞も、無しか。

888 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 16:33:05.88
70年代まで2人同時受賞有ったのね。
復活させたら良いのに。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ノーベル文学賞

889 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 18:33:51.95
9.11からちょうど10年ってことでドン・デリーロだな
それで「米国最大作家の予言的大著!!ノーベル賞受賞記念復刊」
って惹句が帯について復刊の流れ

890 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 19:46:02.88
デリーロは高い古本集めまくったからもういいわ。
マッカーシーいってみよう。

891 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 21:23:48.35
ホワイトノイズってどうなん?

892 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 04:08:12.25
ボブ・ディランは無理?

893 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 07:24:29.91
ディランに関しては完全にファンたちの妄想妄言。

894 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 10:57:54.83
マジックリアリズムはすぐ評価したのにポストモダンを評価しないのはおかしい
だからピンチョンを希望、授賞式に出席するかどうかも気になるし

895 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 14:43:32.00
ここ数日のオッズ急上昇のハンガリー作家が本命に浮上!!

歴代カフカ賞受賞作家
◎すでにノーベル文学賞受賞作家
2011 ohn Banville Ireland
2010 Václav Havel Czech Republic
2009 Peter Handke Austria
2008 Arnošt Lustig Czech Republic
2007 Yves Bonnefoy France
2006 Haruki Murakami Japan
2005 ◎Harold Pinter United Kingdom
2004 ◎Elfriede Jelinek Austria
2003 Péter Nádas Hungary ←☆2011年ノーベル文学賞受賞か!!
2002 Ivan Klíma Czech Republic
2001 Philip Roth United States


896 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 15:22:31.13
APF通信
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2832013/7857995


【10月2日 AFP】2011年のノーベル文学賞(Nobel Literature Prize)受賞者は誰になるのか。

スウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)は候補者を明らかにしていないものの、
昨今の中東情勢から判断するとシリアの詩人アドニス(Adonis)氏や
イスラエルの作家アモス・オズ(Amos Oz)氏が受賞する可能性は高い。

英大手ブックメーカー(賭け屋)、ラドブロークス(Ladbrokes)のサイトでは9月30日現在、アドニス氏が最有力候補となっている。
続いて僅差でスウェーデンの詩人トーマス・トランストロンメル(Tomas Transtroemer)氏。
2位に大きく離されて米作家トマス・ピンチョン(Thomas Pynchon)氏が3位となっている。また米歌手ボブ・ディラン(Bob Dylan)も候補に入っている。

ほかにはソマリアの作家ヌルディン・ファラー(Nuruddin Farah)氏や、
日本の村上春樹(Haruki Murakami)氏、ハンガリーの作家ナーダシュ・ペーテル(Peter Nadas)氏の名前も挙がっている。


897 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 15:34:53.62
>>783-
↑ Peter Nadas 10/1
↑ Haruki Murakami 12/1 
↓ Thomas Pynchon 16/1
↓ K. Satchidanandan 25/1
↓ Mircea Cartarescu 25/1
↑ Antonio Lobo Antunes 25/1
↑ Nuruddin Farah 25/1
↑ Ismail Kadare 33/1
↑ Patrick Modiano 33/1
↑ Ngugi wa Thiong'o 33/1

898 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 17:42:52.52
主役は遅れてやって来る。
どうやらナダシュで決まりだな
コングラチュレーション!

899 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 18:29:02.92
ナーダシュは69歳。

今年である必要はないだろう

900 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 19:05:14.41
エーコは?

901 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 19:14:27.36
エーコの小説は話としてはちゃちいからなー

902 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 19:18:59.24
ハンガリーの作家なら02年にケルテース・イムレが貰ってからそんなに時間がたってないし
またハンガリーの作家って早過ぎないか? ナダーシュってウィキペディアの英語版
にはハンガリーの作家、劇作家、エッセイストって書いてある、どんな経歴の人なのか英語苦手だからよく分からん。


903 :吾輩は名無しである:2011/10/02(日) 19:44:16.27
ヒント:エッセイスト

904 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 03:03:40.06
4/1
Adonis

11/2
Tomas Transtromer

10/1
Peter Nadas, Haruki Murakami

12/1
Assia Djebar

14/1
Ko Un

16/1
Thomas Pynchon, Les Murray

20/1
Nuruddin Farah

25/1
K. Satchidanandan, Mircea Cartarescu, Philip Roth, Cormac McCarthy, John Banville
Joyce Carol Oates, Don DeLillo, Antonio Lobo Antunes

33/1
Colm Toibin, Christa Wolf, Claudio Magris, Amos Oz, Adam Zagajewski
Antonio Tabucchi, Alice Munro, A.S. Byatt, Milan Kundera, Maya Angelou
Cees Nooteboom, Ismail Kadare, Patrick Modiano, Ngugi wa Thiong'o

905 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 11:56:07.41
今年はやけに詩人推しなんだな

906 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 16:02:25.51
ウンコは今年もスウェーデンツアーやるのか?

907 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 16:21:44.87
なんとなくだけど今年はアドニスだと思う。

908 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 17:50:22.38
ノルウェイの森は30ページで脱落したヨ
京極夏彦は楽しく読めるのにーーーーーーーーーー

909 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 19:06:03.80
なんで文学賞だけ未定なの?
木曜日があいているけど・・・

910 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 19:12:06.01
>>891
震災後に読みたい本だよ

911 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 19:46:52.02
詩人は嫌だな

912 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 20:37:39.47
Announcement of the Nobel Prize in Literature
The prize will be announced on Thursday 6 October, 1:00 p.m. CET.

http://www.nobelprize.org

>>909 毎年10月第一週か第二週の木曜日が定位置だから

913 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 21:14:06.75
村上春樹だと

・被災地の人が喜ぶ
・村上春樹ファンが喜ぶ
・村上アンチも震災の同情票と馬鹿にできる

914 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 21:17:19.50
マッカーシー、ピンチョン、ロス、デリーロ
高齢アメリカ人作家の中で一番確立が高いのは?

915 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 21:31:37.07
個人的には谷川俊太郎にあげたい

916 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 21:37:20.81
ウン●コさんだったらビックリだな

917 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 22:01:24.70
とりあえず今日の結果で、震災で日本人が有利になる説は否定されたな

918 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 00:16:20.55
オッズにこれといった変動なし

このままアドニスに逃げ切り勝ちしてほしいな

919 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 01:49:01.52
>>914
マッカーシーが賭け率的には一番近いんじゃないかな。
でも、高齢アメリカ人作家なら、俺はジョイス・キャロル・オーツを期待する…


920 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 02:56:25.54
詩人以外なら最有力はAssia Djebarかな

921 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 03:24:08.51
委員会の好みとか傾向とかは完全に抜きにして、
おまえらが賞をあげるとするなら、誰?
俺はフエンテスかな

922 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 06:17:16.79
僕は、莫言ちゃん!

923 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 08:00:36.93
桐野夏生

924 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 08:11:10.68
詩人が有力なら銀色夏生

925 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 09:39:04.38
塩野七生

926 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 09:52:56.22
普通に考えりゃピンチョンが受賞

927 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 10:42:03.59
ウィリアム・ギブスン

928 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 11:08:52.15
Amos Oz faces Syrian front

Israeli author nominated once again for Nobel Prize in Literature,
but this time his main rival is Syria's greatest poet

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4129732,00.html

アドニスかアモス・オズか

929 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 11:24:11.77
なでしこジャパンが今年の女子サッカーW杯準決勝でスウェーデンに快勝したため
スウェーデン人は痛く傷ついております そして内心忸怩たるものがあるようです

したがって 今年から3年くらいは日本人へのノーベル賞授与はないかもしれません
しかしスウェーデン地元メディアなどには日本人授与をほのめかし 日本メディアをかく乱し
日本国民の心をやきもきさせたいと考えているようです
やられたからやり返すってことですかね
W杯で空気読んで負けてたら そういうことにはならなかったかも・・ですよ たぶん

930 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 11:29:52.63
去年のスレみたらリョサは直前のオッズでもトップ10にすら入ってなかったんだな
去年の発表90分前のオッズはこうだったし
Cormac McCarthy 3/1
Tomas Transtromer 7/2
Ngugi wa Thiong'o 9/2
Ko Un 6/1
Haruki Murakami 8/1
Philip Roth 8/1
Adonis 11/1
Les Murray 12/1

931 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 13:55:05.16
山崎ナオコーラに決定

932 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 14:54:21.68
ナオコーラって、自分がノーベル文学賞を取るという小説書いてるよな
読んでて大笑いしてしまった

933 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 14:57:11.23
ナオコラはエッセイ読むと物凄い信念で芸術としての文学を志しているぞ。
女性作家ではぶっちぎりの野心だ。
ふしぎ。

934 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 16:27:07.13
石牟礼道子説ってどうなったの?

935 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 16:48:02.97
それ書いたの俺だけど、まあ基本的にはないでしょ
だけど0.1%くらいの確率ではあると思う

936 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 16:54:04.12
主要作品の多くが最低でも英訳、出来れば他の言語にも訳されてないと論外でしょ
例えば受賞した大江の翻訳版はノーベル図書館に50冊以上あるって先日のNHKで言ってたよ

937 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 16:56:36.93
村上春樹って、自分がノーベル文学賞を取るという小説書いてるよな
読んでて大笑いしてしまった

938 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 16:59:13.31
いや、英訳最低5冊とかそういうノーベル文学賞の要件があって、それは満たしているらしいよ
>>155参照

もちろん、たくさん翻訳されてる作家の方がより活躍して人目にも触れてるわけだから、
そっちの方が受賞しやすいのは当然だが

石牟礼は全18巻の全集も出ている立派な作家だよ

939 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 17:01:15.28
>>933
なんか文学かぶれ気取りで気持ち悪い
なぜかしらんが鳥肌が立ったわ
あおるつもりなく端的にそう思った
ごめんね

940 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 17:03:41.32
石牟礼が悪いとは言わないが、自国で全集出てる作家ならどこの国にでも結構いると思うよ

941 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 17:08:41.90
うん、だから可能性は大江とか春樹に比べたら100分の1以下だろう
だけど、ゼロではないと言いたいだけ
別に石牟礼シンパというわけでもないし

942 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 17:13:21.00
村上春樹はない。

943 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 18:36:03.32
アドニスとかAssia Djebar とかだと
つまらないような

944 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 18:51:09.82
春樹か高銀が受賞したら面白いですか

945 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 19:04:40.03
ピンチョンが受賞したのに拒否or授賞式の出なかったら面白い

946 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 19:51:11.79
>>944
ミーハーバカはお祭り騒ぎだろうが、文学板住民はほぼ全員醒めるわ

947 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 20:02:51.28
Adonis 4/1
Tomas Transtromer 7/1
Haruki Murakami 8/1
Bob Dylan 10/1   ←おいwwww
Assia Djebar 12/1
Peter Nadas 12/1
Ko Un 14/1
Les Murray 16/1
Thomas Pynchon 20/1
Philip Roth 20/1
Nuruddin Farah 20/1


948 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 20:34:24.83
ボブディランとかはないよ、ファン?が勝手に騒いでるだけ、多分アドニスかアモス・オズのどちらかだと思う。
でも個人的にはカダレに貰ってほしい。

949 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 20:57:33.81
今年は流れが早いな
発表前に1000行くなんて前代未聞だ

950 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 21:00:29.33
>>947
その中で読む価値があるのはピンチョンだけだな


951 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 21:14:14.04
石牟礼受賞はないだろーなあとは思うけど
もし受賞したらノーベル賞委員会すげーと思うだろうな

952 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 21:20:27.92
春樹にあげるぐらいなら、ピンチョンにあげる
ピンチョンにあげると、マッカシーとか翌年以降、他の米作家の選択肢がなくなる
どうせピンチョン顔ださないし、
トランストロンメルもスウェーデンだし

だから、Adonis

953 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 21:32:50.64
アメリカからは20年近く受賞者が出てないからそろそろ来てもいいと思う
シリアとかイスラエルの人が取ると政治的な事を勘ぐられそうな気もするし

954 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 21:46:55.64
http://www.worldliteratureforum.com/forum/showthread.php/43634-Nobel-Prize-in-Literature-2011-Speculation/page32

Rumpelstilzchen wrote
>Murakami's odds showed exactly the same behaviour last year (and also the years before?).
>I don't think he will get it.
>The mass wants him (or at least the gamblers do),
>but it is not them that select the winner (thanks god).

やっぱ大衆人気のただの流行作家でしかないことを見抜かれているね。


955 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 22:59:59.15
村上春樹の本がベケットやヘミングウェイのように何十年後も先に残ってるとは思えない、
根拠はないけど今年はアドニスだと思う、長年候補と言われてるけど
アドニスはもう81歳、早く賞を渡さないとそろそろ危ない、今年の医学賞の人みたいになりかねない。

956 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 23:02:18.31
>>949
ヒント:このスレは去年できた

957 :吾輩は名無しである:2011/10/04(火) 23:52:08.28
フランスのトゥルニエがいい

958 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 01:25:01.59
ニューヨークタイムズから
http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2011/10/03/nobel-for-literature-to-be-awarded-thursday/

>Mr. Roth is 78, and The Millions, a literary Web site, posted an open letter to the Swedish Academy last week
>asking it to “stop the nonsense and give Philip Roth a Nobel Prize for Literature before he dies.”

ロス…。

959 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 02:18:24.34
国民的詩人「高銀」氏逝去!!

ノーベル文学賞最有力候補「高銀」氏が詩の創作中自宅書斎で倒れているのを
妻が発見、救急車で運ばれる途中心筋梗塞で帰らぬ人となった。
政府は国民葬として葬儀を行うことを閣議決定した。
右手に万年筆を握りしめている状態であったという。
最期迄詩の創作にうちこんでいたことがうかがえられる。
日本のノーベル文学賞作家大江健三郎氏から哀悼の意を表するメッセージが
送られてきた。
「美しいハングル語で根源的な人間の生存の意義を鋭い歴史的感覚で表現す
る高銀氏の詩的宇宙はダンテの「神曲」並である。世界文学のひとつの歴史
が終わったという印象だ。彼の詩は永遠に我々の魂に語りかけてくることだ
ろう。」
2011年ノーベル文学賞最有力候補の突然の死は韓国全土に衝撃を与えた。
(東亜日報)



960 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 02:31:06.86
『休戦線』 高銀

過去五十五年間に感謝する
韓半島の休戦線六百里
その非武装地帯
昔の持ち主たち
寝て起きては地団駄踏んでやきもきした土地
誰も管理しない草
草虫たち

木々
動物たち 小さい生き物 細菌たち
君たちのためにどうか永遠なれ
休戦線

こちら側もあちら側も広げて行きなさい
休戦線
東北アジアの亡霊のような希望よ ここに来い
広げて行きなさい
広げて行きなさい

        ーーーーーー『南と北』(2000年)所収


961 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 02:47:01.33
これから毎年10月になるたびに、村上春樹氏は受賞を逃しました、って言われるのか。
可哀想だな。

962 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/05(水) 05:14:57.83
死ぬまでね。

963 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 07:32:09.04
>>960
言いたいことはわかるけど、これでノーベル賞は取れんわなあ。
他の候補者と呼ばれる人たちに比べて数段見劣りする。

964 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 07:33:30.29
>>959
上手な死に方だな。

これで「生きてたら取れたのに」と永遠に言い続けられる。


965 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 09:06:21.63
後世に残る作家=ノーベル賞にふさわしい作家とは限らない。

ピンチョン、村上、マッカーシー、ボブ・ディラン、キャロル・オーツなどは
放っておいてもいろんな人から読まれている優れた人たちだが、
それよりもマグリス、ナーダシュ、ハベル、アドニス、北島などに注目する
のがスウェーデンの知識人の見識だろう。

過去10年を見ても、イェリネックとヘルタ・ミュラーに与えた事がこの賞
の特徴を最も良く現している。


966 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 09:54:01.98
ピンチョンって衰退した左翼のさらに一部が熱狂的に持ちあげてる印象しかないな

967 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 10:11:39.76
文学史上の重要性は疑いようないのだから、もっと早くやれば良かったのに。

968 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 11:06:47.77
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011100501000163.html
6日発表のノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーの会員で事務局長も務めるペーテル・エングルンド氏
(54)が4日、受賞者が欧米に偏重しているとの指摘について「問題であると認識している」と述べた上で、長期的には
そうした偏重は是正され、日本を含むアジアからの受賞者が今後、増加するとの見通しを明らかにした。共同通信の
インタビューに答えた。

同アカデミー会員が、地域別の受賞者見通しに言及するのは極めて異例。


969 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 11:26:02.86
というか、アメリカ作家をないがしろにしすぎだろ

970 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 11:51:08.99
5年くらい前、沼野充義が、当時のノーベル文学賞の傾向として、
・辺境の作家であること
・政治的な発言
・売れ過ぎていないこと
を挙げていた。村上春樹やクンデラは売れ過ぎてて難しい。
辺境のマイノリティの政治的言説を中央たるヨーロッパに
紹介することを意識しているのではないか、というような
解説だった。

俺も石牟礼道子いいんじゃないか(むしろ上の要件を満た
してるし春樹がダメならこの人しかいないんじゃないか)
と思ってたんだが、選考の過程で実際にちらとでも名前が
出たんだね。それだけでもちょっと嬉しい。
実際に授与されたらマジで見直す。

971 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 11:53:03.86
水俣病
原発

う〜ん、なんか来そうな予感

972 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 11:59:15.26
>>968
×欧米偏重
○欧州偏重

アメリカだけじゃなくカナダもスルーされてるよなあ

アトウッド、マンローも取れないし

973 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 12:09:47.88
ノーベル文学賞云々は別としても、石牟礼道子の『苦海浄土』は
なかなか素晴らしい作品だよ。井伏鱒二『黒い雨』と比べても
見劣りしないと思う。

974 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 12:32:36.88
そういえば池澤の世界文学全集で唯一取り上げた日本作家だっけ

975 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 12:53:28.61
うん。
厳密には、短編コレクションに目取真俊が入ってるけど。

976 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 12:54:09.64
>>969>>972
ノーベル賞には文学賞だけじゃなくて、

物理学賞、化学賞、医学・生理学賞、経済学賞、平和賞

とあるんだぜ。
他の分野で北米人ももらいまくってるよ

977 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 12:56:23.21
だから? 他の分野で貰ってる事がアメリカ作家を受賞させない理由にはならないけど

978 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 12:56:33.62
まあ実際には石牟礼は難しいと思うけど、全集の版元の藤原書店はがんばってるらしいよ
ノーベル文学賞は、こういう出版社のロビー活動の助けも必要らしい
大江の本の翻訳がやたらに多いのも、もちろん作品が優れているというのはあるけれど、
多分に、日本の出版社がノーベル文学賞を取らせようとしたからという説がある

979 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:02:11.51
>>977
他分野でたくさんのアメリカ人が受賞していたら、わざわざ文学賞までやる必要がない。
常識的に考えれば自明のこと。

980 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:04:54.77
てめーの常識なんか知るか

やっぱ北欧人のコンプだろ

981 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:09:56.52
文学賞を選考してるのは他の賞とは違う機関だから国別の調整なんて無いと思うけど

982 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:12:46.64
>>977
ものわかりの悪いやつだな。
ノーベル賞において米国がないがしろにされているわけではない。
その証拠に他の分野でもらいまくっている。
文学賞が米国作家にあまり与えられないとすれば、値する作家が少ないということ。


983 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:21:13.08
>>982
>文学賞が米国作家にあまり与えられないとすれば、値する作家が少ないということ。

無知もほどほどにしとけ

984 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:25:11.75
アメリカ文学が評価に値しないって昔なら普通の感覚だったんだけどな。
日本に米文学通みたいな奴が増えただけで、
世界ではまだそれが主流なんじゃねーの。

985 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:29:44.54
フォークナーとかヘミングウェイとか
それこそ昔だったら妥当な人物に授与してたろ

986 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:43:38.49
じゃ、だれにくれてやりゃいいってんだ。
ん?言ってみ。
おめえでもいいぞ、ぼくちゃん>>983

987 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:44:24.14
ヘミングウェイw

988 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:48:42.41
今年は中東〜マグレブとして
来年から3年連続で北米でも文句ないわ

989 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:49:16.95
横レスだけど、現存の作家なら、ピンチョンだろうな。
すごく筆力あると思う。
アーヴィングとかは別にいい。

990 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:49:34.18
ところで詩のことは良く知らないんだけど、アドニスってそんなに重要な詩人なの?

991 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:50:49.13
近代アラビア詩の重鎮らしいよ

992 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:51:21.32
マッカーシー来い

993 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 13:54:27.00
>>986
お前はまずカロリンスカ医科大学とスウェーデンアカデミーの識別が出来るようになってから
出直して来い

994 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 14:01:48.16
なんでボブ・ディランがこんな上になってんだよw

Adonis 4/1
Bob Dylan 8/1
Tomas Transtromer 8/1
Haruki Murakami 8/1
Assia Djebar 12/1
Peter Nadas 14/1
Ko Un 14/1
Les Murray 16/1
Thomas Pynchon 20/1
Philip Roth 20/1
Nuruddin Farah 20/1
Cormac McCarthy 25/1
Joyce Carol Oates 25/1
Amos Oz 25/1

995 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 14:02:13.91
マヤ・アンゲロー

996 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 14:12:26.59
>>994
ラドブロークス「トランストロンメルはムラカミやディラン並みにありえない」



詩人レースを制するのはアドニス


997 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 14:38:28.92
ロシアってソルジェニーツィン以降40年も出てないんだな

998 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 14:42:33.58
今後期待できそうなのはペレーヴィンかな

999 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 14:48:18.33
今のロシア人に抑圧とか苦悩とかあるのかな

1000 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 14:48:51.95
1000なら村上春樹は永遠に無理

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

222 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)