5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【老人と海】ヘミングウェイ【武器よさらば】

1 :吾輩は名無しである:2010/10/08(金) 03:33:14
何でヘミングウェイのスレがないんだ!けしからん!

2 :吾輩は名無しである:2010/10/08(金) 12:44:12
ヘミングウェイは過大評価されてる作家だと思う
特に長編の退屈さ、男女の気取ったやり取り、マチョイズムにはうんざりさせられる
誰でもいいからヘミングウェイの良さや文学作家としての凄さを教えてほしい

3 :吾輩は名無しである:2010/10/08(金) 13:32:52
凄くはないです。
しかし、よいところ。美点はあります。
文章がシンプルで、読みやすいことです。
これは極東の島国に生まれた本好きには、ちょっと便利です。
英語の読書に慣れる教材にピタリだからです。

もっとも、最近はシドニーシェルダンや、ジェフリーアーチャーに
負けてるみたいです。通勤電車ではみなシェルダンかアーチャー。
それならまだ、アーネストのほうが面白いのにねえ。

4 :吾輩は名無しである:2010/10/08(金) 13:40:47
翻訳は高見訳でOK?
「移動祝祭日」が簡単に文庫で読める様になったのは良かった

5 :吾輩は名無しである:2010/10/08(金) 14:34:03
移動祝祭日の頃には調子よく飲んでたんだな。
ジンとか、うまそうに、しかし飲みどおし。
で、フィッツジェラルドのアル中ぶりを面白がって書いてたら、
なんのこたあない、ご当人もアル中になっちゃうわけだね。
自分はマッチョだから大丈夫なんて思ってたんだろうな。

6 :吾輩は名無しである:2010/10/14(木) 12:29:36
ヘミングウェイは、机上じゃない生の人間を描いてんだよ

7 :吾輩は名無しである:2010/10/14(木) 13:21:42
パリ時代は酒びたり、競馬遊び、スコットいびり
などで生の人間を体験したんだよねー

8 :吾輩は名無しである:2010/10/14(木) 22:25:19
>>2
読めばわから。
短編でも長編でも、一編読めば他の作品も読みたくなる。
翻訳で充分にその良さは伝わる。

そもそも翻訳でコアが霞んでしまうようじゃあ
文学ではない。文学は強靭なものだよ。
まじで読んでもわからんようなら、読者としての才能が欠如している。さっさ諦めて漫画でも読むこった。

9 :吾輩は名無しである:2010/10/14(木) 23:47:32
老人と海を読んだがさっぱり意味が分からなかった。何を伝えたいかとかも見えなかった。結局、読みきれず虚しい気持ちになっただけ…書き込みしてるおまいら一体なんなの

10 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 00:00:29
>>まじで読んでもわからんようなら、読者としての才能が欠如している。さっさ諦めて漫画でも読むこった。

ありゃあー、その返答は汚いねー。>>2 は良さや凄さを教えてくれっていってるのに(まあ特定の作品の良さを一口でいうことも難ではあるが)、「読めばわかる」、「まじで読んでもわからんようなら、読者としての才能が欠如している」はないだろう。
大好きなヘミングウェイを批判されて不愉快に感じてるのは分かるけども、も少し人様の気持ちも考えては如何だろうか?他人の気持ちも分からんようならさっさ諦めて漫画でも読むこった。

11 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 01:20:33
なに言ってんだか〜♪

孤独にスレ独り舞台演ってるからせっかく構ってやったのにw

正体見えた、ゴミ以下の奴だな くだらねw



12 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 01:34:11
茶化して逃避するとは…
マッチョなヘミングウェイの愛読者にしては女々しい行為w

13 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 01:38:06
コンプレックス抱えてたり、マッチョイズムに走ったり、文体にクセがあったりと、
三島に通じる点もあるな

14 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 15:19:19
文体にクセ?どういうクセ?
夜中に電話かけるクセ?
鍵をかけずに眠るクセ?

むしろクセのない文体だと思うがな。
鈴木君どう思う?
アーネストはアル中で猟銃自殺したわけだが、鈴木君もヤク中なんでしょ?
だから訊くんだけどどう思う?

15 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 15:35:41
ヘミングウェイはダントツで『日はまた昇る』が素晴らしい。
毎日が祭りのような享楽的な日々を生きる若者が、ふと一瞬
抱く虚無感がちりばめられていて、胸を刺す。

16 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 15:50:43
ちなみにヘミングウェイはアル中で自殺したんじゃないぞ

これだからウィキ脳はなw

17 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 16:00:09
その報道が出る前からオレは自殺だって見抜いていたよ(フフンッ)って石原が云ってたw

18 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 17:57:16
ヘミングウェイが好んでよく飲んでいたお
酒をいくつか挙げなさい。

19 :考える名無しさん:2010/10/15(金) 20:08:01
ヘミングウェイは読んだことないのですが、投稿させてもらいます。

みなさん、アウトサイダー文学って知ってますか? ヘミングウェイはそれに入るそうです。

「アウトサイダー」とは、Colin Wilsonが言い出した事ですが、何事も深く見通す人間のことです。カフカの主人公然り、
H.G.ウェルズ然り、ドストエフスキー然り、Hesse然り、Camus然り、ヘンリー・ジェイムス然り。ポー然り。

「アウトサイダー」を知ってますかね? 日本で、1957年紀伊国屋書店から出版です。

ところで、ここには関係のないことを言ってるのですが、「2ちゃんねる」はあまりに細分化されすぎていて、総合的に発言することが不可能であります。
特に、コリン・ウィルソンの「アウトサイダー」について発言するようなところはありません。

ここは、綜析という事に関して、まったく考えてないですねー! 甘い! それは教養のない専門集団に過ぎないって事ですよ!

哲学で、文学を言えば、「それは文学で」とか、哲学もプラトンも文学であることを知らない「間抜け」が幅を利かせているしだいです。

人間は、総合されねばならない! 

20 :考える名無しさん:2010/10/15(金) 20:29:44
続投。専門家なんて、総合から考えれば有り得ない! それは何も分かってない人の戯言だ! 
頭の中に存在するだろう観念も概念も、「女」の髪の毛一本すらの価値もないのだ!

21 :考える名無しさん:2010/10/15(金) 20:31:47
続投。

これが分かる人、答えて下い。

22 :考える名無しさん:2010/10/15(金) 20:36:20
もしも、誰も答えられなければ、「2ちゃんねる」は、莫迦の集団である。
間違いない!

23 :考える名無しさん:2010/10/15(金) 20:43:55
人間は、人間だけで生きられるわけがない! その有難さを知りなさい!

24 :考える名無しさん:2010/10/15(金) 20:50:28
自分の事しか考えない奴は、明らかに莫迦者である。フジテレビの「Liar Game」を見ましたか?

25 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 20:53:57
西部はそれ、『知識人の生態』つう本の中で「インテレクチュアル」と
「インテリジェント」つうモデルを使って説明していたな。

“愛知の構えを放擲する”“似非知識人”(インテリジェントが)、
――(オルテガ曰く)“知識人であるということは、人間の社会的自我に
かかわることではない。人は自分以外のもののために、つまり金を儲けるとか、
栄誉を得るとか、社会の風波のなかで自己を主張するとかいうような、
種々様々な目論見をもって知識人であるのではない。人は自分自身のために、
自分自身にもかかわらず、自分自身に反してどう拒みようもなく知識人なのだ”と。

26 :吾輩は名無しである:2010/10/15(金) 21:04:05
>>19
ウィルソンの主題というのは進歩主義の挫折に終わった
第一次大戦後のロスト・ジェネレーション的空間をいかに
して脱出するかってことだからな。

27 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 09:44:18
アウトサイダーを超えてまで本を持ってるけど
ウィルソンの著作がそれほど重要なものとは思えない

28 :考える名無しさん:2010/10/16(土) 12:33:18
27>>
しかし、アウトサイダー問題はいつの時代にも新しい問題では? 社会と言う壁にあいている知られざる壁穴というのは
真実ではなかろうか? 

重要ではないという事は、あなたにアウトサイダーの主体性が分からないというだけではないのか? そもそも、アウトサイダーと「なってしまう」理由があなたには分かってないのではないか?
それは、ある人間にとって必然であり、死活問題であることがあなたには理解できていないのではないか? つまりは、傍観者なのだ。

サルトルは、「自由とは恐怖」と言ったが、あなたにそのことがわかりますか?

29 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 12:35:57
>>28
ウィルソンは傍観者だよ
だからこそ書けた

30 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 15:11:21
そこで小林秀雄の「ヒント」に収録されている河上徹太郎の
「日本のアウトサイダー」についての評論の出番ですよ!

31 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 19:00:13
この章のタイトルは「歴史」、ダーウィニズムや近代主義的進歩思想に
ついて直接論じてはいないが、近代合理主義で人が失ったものについて
充分書かれてる。

曰わく、社会なら蟻でも持っている。歴史を持つのは人間だけ。

32 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 19:42:09
逆でしょう。
逆に考えなきゃならないのに、多くひとはそれが理解出来ずにいる。
――何故ならそこには、本質的な差というものが存在しないから。

ある種の(なんでもいい)観念なり思想を、「常に」相対化し得る、
解毒の出来る人間など限られているのに。「歴史」なぞむしろ、
断じてひとに与えてはならぬものだ。「社会」こそが彼らには必要だ。
共存の、せめては、その可能性こそが。

33 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 19:46:13
差異があるから共存が生じる。歴史を奪い根無し草の群集を
大量生産するのが理論社会への道だと?

34 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 19:48:29
うん。――でなければね。
俺はお前たちを皆殺しにでもしなけりゃならない、ことになるから。

35 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 19:50:02
理想社会だ。理論でなくて。

社会ならアメリカ人でも持ってるが、にしたら
更に分かりやすかろう。

36 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 19:51:35
その考え方はしかし、自身をも含む、なにがしかの「特別さ」の措定と
無縁ではありえないからね。したがって選ぶしかない。ひとが等しくあるということ。

37 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 19:52:50
>>34
貴様にだって歴史があろう。だから我々を憎むのだ。

38 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 19:59:28
…あれ? ここSF板だったっけ?(笑

云ったでしょ(直接にではなくとも露骨に仄めかしてはw いやらしく

いずれにせよ>>36に尽きるな。俺の考え、つうか、考えかたは。
サryには過ぎた道具だとwそれが如何なるものであれ、「絶対」なぞ。
お前たちになど決して使いこなせない。それこそ、そのことは、ひとの歴史が
証明しているこった。

39 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 20:06:32
この宇宙に同一人物が二人いたらSFだろ。

40 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 20:07:50
それを、正しく、引き受けるだけのちからを持たない者が手にする
(ないしは自身がその側にあると誤解をする)絶対、――他者への強制力、
即ち「暴力」ほど、怖ろしいものはない。
まただからこそ俺は口酸っぱくして「使うな!」と。人間を。
 
>>39
…かもしんねえ(笑

41 :吾輩は名無しである:2010/10/16(土) 22:48:53
「個人主義の時代は去ったと言う。そうかも知れない。個人主義の思想の
欠陥を突く考え方は、いくらでも出来よう。だが誰も実際生活の上で、
個人という或る統一体の形でしか生きようがないという基本の事実には
歯が立つわけがない」昭和三十四年

42 :吾輩は名無しである:2010/10/17(日) 22:52:56
内容としては面白くなくはないんだけど
なんか読んでてどうしても退屈なんだよなぁこの人の本てどれも

43 :吾輩は名無しである:2010/10/18(月) 04:34:20
ここってヘミングウェイのスレだよな?

44 :吾輩は名無しである:2010/10/18(月) 23:44:55
抑制のある文体だからかもよ?

45 :吾輩は名無しである:2010/10/18(月) 23:54:19
退屈さを我慢することの重要さが分からない奴は子供なのさ。
クリエーターだってそんな奴らは大した仕事はしない。

46 :吾輩は名無しである:2010/10/18(月) 23:59:21
わかりやすいな^^

47 :吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 00:01:00
ヘミングウェイの作品を読んで退屈だとか冗長とかいうやつは読解力に欠けてる
そんなおこちゃまはヘミングウェイどころか文学全般に向いてないよ
エンタメ小説でも読んどけ、文盲らよ

48 :吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 00:31:07
い、一体何と戦っているんだオマエは!!!

49 :吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 20:12:05
>>16
アメリカにウンザリしてキューバに亡命して、結果的にCIAに
謀殺されたなんて言われたらアメリカ人は発狂するからなw

50 :吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 20:21:00
…キューバじゃなくバハマか。俺、終了だな。

2006年、ヘミングウェイ博物館火災で消失だと。放火かな?

51 :吾輩は名無しである:2010/10/19(火) 20:27:53
あ、これもウィキ脳か。ゲバラとツーショットあるもんなw
ヘミングウェイはアカ。

52 :■激■震■ラ■ナ■ウ■ェ■イ■ボ■ー■イ■ズ■モ■コ■爆■誕■:2010/10/27(水) 14:07:42
そうです! モコが 変なオバちゃんなのです!*
生活力の無い中年処女のモコは 毎日 満喫で漫画ばかり読んでます☆
こんな モコの人生は ゴールのないマラソンですネ(笑)*
モコは 実は・・「対人恐怖症」なのです*
モコは 視野が狭いのです☆
そしてオツムが小さいなぁと思います*
そしてモコのオムツは 臭いなぁと思います*
そうなのです! モコは いつもオムツをはいているのです☆
ウンコや小便をしに便所に行くのがメンドくさいから
モコは いつもオムツをはいて ウンコや小便を垂れ流しにしているのです*
モコの対人恐怖症、被害妄想…これ、すべてイジメのせいなのです☆
すべての自分の落ち度は 他人のせいなのです*
モコは なんともラクな人生を過ごしてるんですね☆
そうやってすべて周りのせいにしてるから 友達もできないし、
他人の批判ばかりしか 指摘できないから みんなに叩かれるんですよネ*
生活力の無い中年処女が満喫で漫画を読むばかりの日々…☆
「職がないならハローワーク行けよ!」
と いつも近所のオバちゃんたちに言われております*
だけど そんな言葉は 正直、耳が痛いのです☆
「ミニにタコ」… いや、「耳にタコ」なのです*
モコは 何もせずにただ飯食うだけ…☆
ただ批判するだけ… *
そんなんだから どこに行っても イジメられるんですよネ☆
ってか 近所のオバちゃんたちに「働け!」言われるのも無理はないでしょ*
何もせずに飯だけ食っては いつも漫画なんか見て
何も働こうと動いてないんですからネ☆
情けないです* くやしいヨ!*
モコはホント、クズな人間ですよネ*

53 :吾輩は名無しである:2010/10/31(日) 00:03:43
日はまた昇る
すげーつまんね!

54 :■肛■門■ひ■ら■い■て■た■ホ■ッ■ト■な■浣■腸■モ■コ■:2010/11/02(火) 15:21:49
皆さん! ☆ いつも、本当に ありがとうございます*
モコは 心のそこから感謝します。
モコ マンセー、モコバンザ〜イ!
バンザイ モコ、マンセ〜モコ!
人間なんて 死んだら みんな いっしょヤ! ☆
逆に言うたら 競い合っても しょうがないってこと。
太陽の下では みんな平等!
みんな 確実に 死ぬんだから、みんな平等!*
こないだ、フジテレビ系列の『ホンマでっか!?TV』で
やってましたけど、
モコスレの攻略法って ある特殊な訓練によって
誰にでも できるんですよね☆
それなのに プ板の人たちは「うめ」とか「しね」
といった短文を書くしか 能が無い!*
だから、裁判でも 負けるんだ!☆
バカバカしい!*
ちょっと調べたら 分かることだ!☆
彼らは 就職できないことへの 怒りと不満を
モコスレに ぶつけてきているだけなんですよネ*
本当に 愚かです☆ ンムフフフフ・・・(笑)*
『ちょこっとブラ』、サイコー!☆
モコは まずは プッチモニの『ちょこっとラブ』を聴いてみようと思います! ☆
それから モコは お猪口に ちょこっとだけ チョコを入れて 食べてみます!*
そのチョコの銘柄は グリコのアーモンドチョコレートです☆
グリコ アーモンドチョコレートは 青春の甘い香りがしないから
逆に イイのです*
逆に 森田健作の精子のような ほろ苦い感じが かえってイイのです☆

55 :吾輩は名無しである:2010/11/02(火) 22:49:45
アメリカで赤狩りの始まった年にノーベル賞を貰って、しかも
二度も飛行機事故に遭ってるし。どう見てもCIA辺りの仕業。

56 :吾輩は名無しである:2010/11/02(火) 22:54:20
ソ連でタルコフスキーが映画学校の卒業製作で「殺し屋」を
題材にしたのも、ヘミングウェイは共産主義圏的にオッケー
だったからだなw

57 :吾輩は名無しである:2010/11/04(木) 22:32:34
http://syl-web1.code.ouj.ac.jp/ouj-f222/dt-4945.html

私は放送大学の学生なんだけど、今週末に上の授業を受けることになってて、
今ちょうどヘミングウェイの長編を読んでるんだけど、全然時間が足りないので
流し読みしかできない。「誰がために〜」はもう間に合わないのであきらめた。
なんでもっと早く読み始めなかったのかと後悔してる。
今のところ「坊さん、まいばん、一本対五本!」だけ印象に残っている。

58 :吾輩は名無しである:2010/11/09(火) 19:43:53
我らの時代の告白文学云々は多分、俺が教えてやったネタだ(笑

59 :吾輩は名無しである:2010/11/09(火) 20:57:42
へーそーなんだーすごいねー

60 :吾輩は名無しである:2010/11/09(火) 21:39:17
いや、普通。

61 :■愛■紫■魔■女■海■老■仁■青■飛■鳥■天■地■人■モ■コ■:2010/11/14(日) 10:04:08
ええぇーい!控え!控え!控えおろう!*
このモコ所が眼に入らぬか〜! ☆
こちらにおわすお方をどなたと心得る*
おそれおおくもさきのプ板将軍、モコ光圀公にあらせられるぞ!
一同、ご老公の御前である☆
頭が高い! 控えおろう!*
ウンコを食ってる人の口臭はトテモ臭いですよ!*
すっぱいというか、公衆便所のような臭い匂いがするんですね☆
アンチモコ派のどこが問題かというと
ほとんどのプ板住民が同じように考えていたんですよ*
最初は、変なこと書いているけどまぁまぁという感じでやっていると
突然その人に対して嫌がらせをしたり☆
モコは 最初はアンチモコ派のことを擁護していたんですが
途中から徹底的に対立するようになりましたね*
モコ一派とアンチモコ派とでは、構成員への姿勢が全然、違うんです☆
アンチモコ派の人は他人に冷たい*
気に入った人だけを大事にするんです*
ある人は昭和37年ごろ、アンチモコ派となったのですが
アンチモコ派ではずっとよそ者扱い″されました*
その人から挨拶しても「フン!」と知らん顔です☆
寄付をした時だけ、下にも置かない扱いになる(笑い)*
アンチモコ派では、とにかく みんながみんな「差別主義」だから、
アンチモコ派の手下どもも、そうなるんでしょう☆

62 :吾輩は名無しである:2010/11/14(日) 17:46:01
ソバのクレープを外で焼くシーンのやつは覚えてる

63 :■ダ■イ■ジ■ョ■ウ■ブ■イ■マ■イ■フ■レ■ン■ド■モ■コ■:2010/11/28(日) 09:32:14
アンチモコ派よ! もういいかげんにしろ!(*)((ο))
人が亡くなっているんだぞ!!(*)((ξ))
星野勘太郎さんが入院先にてお亡くなりになりました*
バカヤロウ! 早過ぎるヨ! 何でモコをおいて先に逝っちゃったんだヨ!!
心よりご冥福をお祈りいたします(*)((ο))
ビッシビシのおじさんが亡くなったのかぁ…(*)((φ))
あの時代はプロレスが輝いていたなぁ(*)((ο))
ご冥福をお祈りします(*)((ξ))
昭和がどんどん終わっていくなぁ…(*)((ο))
天国でもビッシビッシ行ってくれ (*)((Θ))
山本小鉄さんが待ってるぞ (*)((ο))
ご冥福をお祈りいたします (*)トテモ くやしいヨ!(*)((ο))
昔、愚乱浪花さんがデビューして間もない頃、
愚乱浪花さんのことをテレビで見た(*)((ο))
愚乱浪花さんのご両親のインタビューもあった(*)((Φ))
プロレス界入りについて 愚乱浪花さんのご両親は
「もう 村川社長(サスケ)に ぜんぶおまかせします」(*)((ο))
と 言ってた(*)((ξ)) トテモ くやしいヨ!(*)((ο))
愚乱浪花さんのご両親は愚乱浪花さんに
「村川社長は いい人だから 村川社長について行きなさい」((ο))
と 言っていた(*)((ω))
それなのに… あれから いろいろあって、あんなことになってしまって・・*
AV女優4人を騙した男! ついに逮捕!(*)((φ))
エキストラで汁男優のサモハン チンポー氏は(*)((ξ))
警察の取調べで 無罪を主張!!(*)((φ))
「ごめんね! ごめんね!」と ひたすらあやまるサモハン チンポー氏☆
警察も サモハン チンポー氏のことを「クズ」と断定(*)((Φ))
裁判で裁く値打ちもないと 無罪放免☆(*)((δ))
モコも「アク禁」にする値打ちもないと 無罪放免か!?(*)((φ))

64 :吾輩は名無しである:2010/11/28(日) 09:45:51
Omaenohanasiha tumaran

65 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 13:01:22
来年は没後50年

66 :吾輩は名無しである:2011/01/02(日) 21:05:02
商売準備ようし!

67 :吾輩は名無しである:2011/01/22(土) 11:32:43


あの子がいたらなあ・・・



68 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 06:48:36.41
日はまた昇ると老人と海を読んだ
前者はまだしも後者は退屈だった
何故老人と海がヘミングウェイの代表作のように言われてるのか、さっぱりわからない

69 :*モコ姫と魔法の島のモコ☆:2011/02/24(木) 13:32:09.27
モコは 自分で言うのもなんだけど けっこう美人なのです☆
モコは友人にプールに行こうと誘われ
迷った末に 行こうと決心しました*
モコは 本当はあまり外出したくなかっただけどネ…☆
モコがプールに入った瞬間!* なんと!☆
他の客が 「あいつが入った水に入りたくない!!」
と ドドドドドバアアァァァ〜〜〜ッ!*
と 全員プールから出ていき、
さらに、モコを誘った友人までもが
他人のふりをして そそくさと帰ってしまったのです☆
くやしいヨ!!*
モコは ウリボーの背中に乗って走るサルの赤ちゃん(美和ちゃん)に
嫉妬の炎を燃やしております☆
今から 33年くらい前…「嗚呼っ、花の応援団」という漫画が流行っていた。
南河内大学の応援団員3回生 青田赤道が主人公だった。
青田赤道はチンポの大きなパワフルキチガイだ! *
「わたしは 青田さんが欲しいチンポ!」という感じだ☆
そんな「みすず」は「モテる女子の服装」とは全く無縁の服装をしていた。
ある日、青田赤道は 凶悪最強キチガイと決闘することになった!
いかに強い青田赤道といえども この男との戦いは さすがにヤバかった*
青田赤道の危機だ!  と、その時!
みすずが「わたしが 青田さんを助けるチンポ!」と叫んで ひたむきに駆け出していった!
だが、その途中で自動車にはねられて「ボ〜ン!」と 飛んで行ったのだ!
みすずは コーモンからウンコをボトボトと垂らしながら 飛んで行った*
飛んで行った先には その最強凶悪キチガイがいたのだ!
凶悪最強キチガイは 飛んで来た みすずの怖すぎる顔面を見て 気絶して 倒れた!
こうして 青田赤道の危機は 救われたのだ!
モコが ついにキレた!!(*)((♂))
「10年後は どうなるんだヨ!? モコは 10年後が 心配だヨ!! (*)((♂))
 こんなんじゃダメだ!! (*)((ξ))
 こんなんじゃモコのプロレスができてない!! (*)((φ))
 モコのプロレスを ヤらせろヨ!! モコにGHQのベルトを巻かせろヨ!!!」 (*)((σ))

70 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 00:16:41.39
日はまた昇る
今日読み終えたけど…
上流階級の日々飲んでいて、遊んでいる物語www
誰がために鐘は鳴る
と正反対だな
ん〜名作なのか?

読んだ勢いで武器よさらば買ってしまったw


71 :吾輩は名無しである:2011/03/08(火) 11:33:15.87
上流階級いうか・・・
フィッツジェラルドは当時売れっ子作家で金を持っていたけど
ヘミングウェイはまだ新進売出し中の貧乏記者で、
「あいつは金持ちだし美人の女房もいるが、おれのほうが世間を知っているし女の扱いもうまい」と
意地悪く観察しているそれだからな

ただ第一次世界大戦後の20年代欧州は、アメリカドルが途方もなく強かったから
アメリカ人ボヘミアンが、本国からの仕送りで結構、楽しく暮らせた
資金100万円で、東南アジアで1年くらい暮らせるみたいな

72 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 04:53:26.66
エッセー「マレーネ・ディートリッヒ」、スルーしてたけど
「彼女はあの声しか持ってなくてもスターになった」「彼女はあなたの心をかき乱す。そしてそれを癒すのもマレーネ自身の声」とか書いてあったのが今よく理解できる。ここ1週間で、つべのディートリッヒの歌声にはまった。
彼女が本格的に歌手活動を開始する前にこれを書いたヘミングウェイ…自分は短編やエッセーの方がどっちかって言うと好きだ。

73 :吾輩は名無しである:2011/03/21(月) 07:12:47.82
俺も短編

74 :吾輩は名無しである:2011/04/03(日) 21:49:43.43
雑誌Penでヘミングウェイの特集やってるね
買っちゃった

75 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 01:51:43.12
福田恆存訳で老人と海読んだけど糞だった

76 :吾輩は名無しである:2011/04/27(水) 02:57:48.33
福田のじゃなくてもクソだから安心せえ

77 :吾輩は名無しである:2011/04/30(土) 22:07:40.69
老人と海はつまらなかったがヘミングウェイの短編小説は傑作だ

78 :吾輩は名無しである:2011/04/30(土) 22:10:02.49
俺は釣り好きだから好きだね、あの心境わかるんだよ

79 :吾輩は名無しである:2011/04/30(土) 23:36:51.69
ヘンリーミラーノホウガ文章ウマイ

80 :吾輩は名無しである:2011/05/01(日) 17:13:16.24
ヘミングウェイは原文を見るとリズミカルで簡潔な文章だけど?
逆にチャンドラーは翻訳に助けられた部分がある
ハードボイルドスタイルといっても色々だな

81 :吾輩は名無しである:2011/05/01(日) 21:26:41.90
ヘミングウェイは完結で読みやすいよね。
逆にメルヴィルとかは読みにくい。

82 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 13:02:20.28
ヘミングウェイはなんか暗い物語が多いんだよな。

読んでて鬱になりそう・・・

83 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 13:14:57.90
そうか?ヘミングウェイって厭世的な作品も多いけど、文体が簡潔で底流には
アメリカ人的な健全な正義感が宿っていると思う。そうでなければスペイン内戦や
第一次世界大戦に積極的に関わっていこうとはしなかったはず。
晩年には事故にも遭って体壊れちゃって、ノイローゼになって最期はライフル銃で
自殺しちゃったけどね。

84 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 13:25:00.79
作品を読むと、その健全な正義感と現実とのギャップにいつも悩まされてる気がする
どこかしらに失くした大切なものを追い求めているみたいな・・・。

ロストジェネレーションとはよく言ったものだけど

85 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 22:20:43.05
移動祝祭日読むと窓を開けたまま寝たみたいな描写があって気になる。
寒くね?

86 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 23:18:37.57
>>83
ゲバラとツーショットした赤作家で、アメリカの赤狩り時代に
ヨーロッパが政治的な意図でノーベル賞やったら、その年に二度も
飛行機事故に遭って、CIA辺りに身の周りをひっかき回された
挙げ句にノイローゼ気味になって、治療に電気ショック療法
やって後遺症に苦しんで自殺、という話は全くのタブーなのれす。

87 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 23:29:38.10
>>86
つまりCIAによって謀殺された、と。

88 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 23:40:47.57
FBIかな。検索すると出てくる。

90年代終わり頃は、雪解けムードの延長でそういう政治的な
史実に正面から向き合おうって雰囲気があったと思う。

今は問題外だが。

89 :吾輩は名無しである:2011/05/02(月) 23:53:05.39
ヘミングウェイ好きならジャック・ロンドンとかも良いんじゃ
ないかな? こいつも赤作家だ。

90 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 06:36:36.83
神話としてのアメリカを象徴する作家。

91 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 07:20:31.93
ストーンが『コマンダンテ』でカストロ議長に自殺したことを
絡めてヘミングウェイについての評価を尋ねて困らせてたが。

『コマンダンテ』はアメリカで上映禁止だったんだろ。
ヘミングウェイも禁書にしれ。

92 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 07:33:10.39
スペインの人民戦線なんてコミンテルンが後ろ盾だったんだろ。
フリーダム・ファイターのヒーローじゃないんだぞw

93 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 08:29:45.52
今年で没後半世紀、赤作家ヘミングウェイの評価は高まる
ばかりです!

94 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 22:01:52.88
ここ20年でヘミングウェイ神話はだいぶ崩れてきているみたいだけど?
で、ロストジェネレーション(失われた世代)といったら
格好良く聞こえるけど、
結局は適正な職能を身につける機会が失われた世代、
つまり現在で言うニートと同じ意味なんだよね。
そういう世代的屈託も読み込むべきだと思うよ。


95 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 22:59:04.36
ヘミングウェイの作品で現代に通じるものは
「邪神崇拝性」への批判だろう。
心から信じ、愛し、誇りに思い、心をゆだねていた「信仰」が、
ある日自分の「大切なものを奪う」存在=致命的な物事に
変貌するのだ。

ヘミングウェイの作品には通底して
もう何も信じることが出来ない、心が壊れた登場人物がよく出る。
彼らの物悲しく(というよりまさにぞっとするほど虚無的に)
完全に精神崩壊した様子と、救いがなくて閉塞する有様が、
悲鳴を上げ悶えのた打ち回るように、
描かれる瞬間が、ある。

ヘミングウェイはそのような不信→虚無という絶望をテーマにし、
人はその闇からの回復をどのように行えばいいのかという疑問に
答えを出そうとした作家である。

96 :吾輩は名無しである:2011/05/03(火) 23:15:38.73
なんだそりゃ?漠然としすぎだろw
もっとヘミングウェイ作品に沿って具体的に語れよw

97 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 03:50:57.58
たとえば心臓が二つある川という短編。
私はこの作品を読んで、どうしても主人公が
気が触れているようにしか感じられなかった。
川で釣をする、キャンプする、料理をする、という一つ一つ
この凄く凄くどうでもいいただの遊び・趣味行為が
この主人公は、まるでその
行為の手順一つを間違えたら時限爆弾が爆発する、
見たいな感じで緊張して、
趣味行為の手順が丹念に描かれている。

ヘミングウェイの作品にパターン的に見られる
このような「趣味行為の緻密な手順的描写」に
私は虚無に苦しみ悲鳴を上げる人間の溜息を強く感じる。
全てに強く硬直した印象を受ける。

自殺や、自虐・自己犠牲・無謀な挑戦を賞賛するかのような話は、
ヘミングウェイが呈示した答えだ。
ただただ信仰し、華々しく死になさい、と。

98 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 12:03:52.04
結局、神を信じることのできない多くの人間には
救いはない。

ハードボイルド→ノワールにいたる、現在のヤクザ・犯罪者小説の
その発祥の一端が「なぜか」ヘミングウェイになるのは、
ヘミが優れた、体験者・世界観察者であるからだ。
彼は『不神論』という普遍的なテーマの体験者・観察者なのだ。
邪神に心をゆだね、誇りに感じ、そして欺かれ、全てを失う人間。
彼らの心の傷はあまりにも深く、少しずつ、確実に発狂させていく。

現代の犯罪小説と、ヘミの精神崩壊文学の、
共通して登場する終世的な登場人物達は、
身辺状況をすり替えただけの同一人物でしかない。
彼らは『不神論』という地平に棲息する、半狂人・非人・ソシオパス=
モンスターなのだ。

99 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 12:32:08.10
それは笠井潔の探偵小説論と一緒だよ。
もっとも笠井の場合はポーを源流としているわけだけど…
あとはこの板でさんざん叩かれている坪内祐三の
両大戦期間のアメリカ文学批評もかな?
ただ、そう言った作家群の中で
何故ヘミングウェイが栄光の座を獲得したのか?というと
その文体とマチズモが際立っていたからじゃないの?
政治家でいうとムッソリーニが使った手だよ。
近代科学主義(モダニズム)と肉体の昇華とでもいうか…
でもまあ、息子はもちろん本人も女性的な部分があるんだけどね。

100 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 14:19:41.74
ヘミングウェイはおそらく救いを
原理化して呈示したから、評価されるんじゃないですか。
言われて見れば確かになんで王座なのかわからないですね。
私個人はヘミにはとても共感する部分があるし
村上春樹よりも大好きです。うん、つまり
きっとヘミが大好きな読者が一杯いるんだと思います。

101 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 14:47:59.06
例えば「インディアン・キャンプ」や「武器よさらば」で描いたのは
母(=自然)との決別だから「救い」は無いなあ
そういう意味ではホメロス的だとも言えるけど回帰への道は断たれている
そうなると破滅しか道は残されていない

102 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 19:08:34.20
捕らえ方はいろいろだけど
決して絶望や破滅を描こうとしたんじゃなく、その先にある崇高な精神を得ようと試みてると思う
暴力や破滅などはそのための手段にすぎないんじゃないか?
麻薬と一緒で目的と手段が入れ替わってしまったような悲哀さがある気がする
暴力や絶望、破滅が際立つほどその先にある逆の感情、崇高な自分を模索したんじゃないだろうか。
自身が自殺したように、そうした感情に取り付かれた先は悲惨な最期しかなかったのかと思うと悲しいけど

でも作品の中にも救いのあるものはいくつかあるよ

103 :吾輩は名無しである:2011/05/04(水) 20:59:43.34
ヘミングウェイの崇高性は過程にあるんだろう
予め退路を断たれた上で戦い続ける精神の有り様とでもいうか

104 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 19:35:30.52
バロウズでも読んでるほうがマシ。端的にいって、文章へたくそ。まあ、詩人の感性はないんで、下手でも仕方はない。

105 :吾輩は名無しである:2011/05/07(土) 00:08:46.21
サクソン語に限定して新聞記事の要領で組み立てたものだからなあ
例えばパブでビールジョッキを片手にだべっている労働者が読んでも
ピンと来るようなもの書いた訳だよ
だから、つとめてジョークを絡め、読者の関心を誘っている
日本で言ったら勝目梓とかあの辺を想起すればよい


106 :吾輩は名無しである:2011/05/09(月) 18:49:51.16
数年前にやった「ヘミングウェイの恋」っていうNHKの特番見たやついるかな?
彼の初恋をテーマにした番組だったんだけど・・・。
彼の虚無感は彼女との失恋にあったんじゃないかって。

ヘミングウェイって恋に焦がれる純朴な男性だったんだなって思わせるいい番組だったよ

107 :吾輩は名無しである:2011/05/09(月) 19:53:33.85
戦争のとき股のとこの筋肉をやられてチンコ立たなくなったからだよ

108 :吾輩は名無しである:2011/05/09(月) 20:18:05.37
小指くらいの大きさしかなかった、と読んだことがある

109 :吾輩は名無しである:2011/05/09(月) 21:23:10.95
ガートルード・スタインからは馬鹿にされまくっていたからね
通常的な意味での男性的魅力は無いよ
ヨーロッパ人はアメリカ人男性に対してそれを一番求めているのに

110 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 00:01:51.97
シュワルツェネッガーみたいなマッチョなタフガイをやるには
バカさ加減が足りなかったのさ。

111 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 00:07:30.96
というか自信のなさが文章ににじみ出ている

112 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 00:09:17.39
『陽はまたのぼる』を読めば分かる。
不能の男がどれだけ格好いいか。

113 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 00:18:41.76
いや、そうは思えなかった

114 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 00:35:45.25
ヘミングウェイ短編集は旧約を読めと何度言ったら

115 :Pure Shore ◆VF6Zrn5ba6 :2011/05/10(火) 11:05:32.98
なぜブレットは主人公・ジェイクにあんな酷い仕打ちをするんだろう?
子供心に不思議に思ったものさ。
「日はまた昇る」とは、再起を懸けた挑戦とかでは何でもない。
まったく逆で、変わらない空虚な日常が毎日続いていくことを示している。
今風に言えば、「終わらない日常」というキャッチフレーズの先取りなんじゃないのか。
この作品で「ロストジェネレーション」は、戦争のせいで不能になってしまった男のその後の
毎日の空疎な生活と、けっして成就することのない、淫蕩な女との不毛な恋愛関係によって
象徴的に描かれていると言える

116 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 23:13:08.32
「日はまた昇る」って聖書の言葉からとったやつだけど
日本の太宰治の「人間失格」の最後にも同じような言葉があるんだよね

ただいっさいは過ぎ去ってゆく?みたいな

太宰とヘミングウェイには共通する何かがあるのかもしれないね

117 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 23:48:45.31
だって太宰も日本のロストジェネレーションだから

118 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 00:16:12.64
「ロストジェネレーション」を“自堕落な世代”と訳すのはあまり賛成じゃないんだよね。
あれは飽くまで“失われた世代”なわけで。
しかし太宰にも同じ発想があるんだよね。
なんといっても HUMAN LOST な人だから。

119 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 21:06:03.39
>>118
太宰の世代は恐慌後の就職難で職にあぶれた“失われた世代”なの
あの退廃的生活(つまり自暴自棄)はそういう世代的屈託が背景なんだよ
就職活動で失敗したり、仲間とやけ酒を飲んで憂さを晴らしたり
勝ち組のサラリーマンを横目に悶々としたり、
ある意味、現代にも通じる物がある

120 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 23:30:55.15
つまり俺達だな

121 :吾輩は名無しである:2011/05/18(水) 20:45:37.25
俺たちもロストジェネレーションか・・・
なんかかっこいいな!w

122 :吾輩は名無しである:2011/06/10(金) 14:38:18.93
未来が失われた世代と考えている

123 :吾輩は名無しである:2011/06/22(水) 22:24:22.80
老人と海ってラストのライオンの夢の印象が強くて
途中に何が書いてあったかよく覚えてないんだよね
昔語りではないし、ほんとなんだったっけな
実はそういうベットリしてないところが好きなんだが

124 :吾輩は名無しである:2011/06/27(月) 14:17:02.02
らいおんの夢はヘミングウェイを象徴するものだが
その過程までがよいんじゃないか

もういっぺん老人と海を読み返すべし!

125 :吾輩は名無しである:2011/07/12(火) 22:22:29.41
やっぱモヒート流行ってるからそのつながりでヘミングウェイもブーム起こるよ
ドストエフスキーの次はヘミングウェイだ

126 :吾輩は名無しである:2011/08/23(火) 23:59:29.34
アメリカの成り立ち、開拓の道の先端にある作家だと思う。
大きすぎる自然と戦う生活を経てきたアメリカ人の持つヒーローの夢。


127 :吾輩は名無しである:2011/08/24(水) 05:43:29.07
老人と海を日本語で読んだらつまらなかったけど、英語で読んだら不思議と楽しめた

128 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 18:16:53.42
ヘミングウェイは原文で読まないとね

129 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 21:29:59.09
福田恒存のシェイクスピアは名訳だと思うけどヘミングウェイとは相性悪いよね


130 :吾輩は名無しである:2011/08/29(月) 00:11:57.08
原作者と翻訳者にも相性があるんだろきっと
龍口直太郎のカポーティは悲惨な出来だったし

131 :井戸魔神F ◆Tny1JrNujM :2011/09/07(水) 06:36:27.45
武器よさらば
今回は「格闘スキル」の縛りプレイさ

132 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 17:16:18.13
老人と海微妙だった、50pぐらいでいいわ

133 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 18:00:58.75
ヘミングウェイのスーツケースはどこに行ったの

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)