5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

有機化学の教科書について語ろう

1 :あるケミストさん:2011/03/07(月) 21:10:12.08
無機化学、物理化学の教科書スレはあるのに、
有機化学のスレがないみたいなので建てました。
みなさんのイチオシの1冊を書いていってください。

2 :あるケミストさん:2011/03/07(月) 22:06:44.22
      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ
       \  、(U)ノ ノ
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ
      ⊂⌒__)__)

3 :あるケミストさん:2011/03/07(月) 23:06:53.76
ブルース
マクマリー
最高

4 :あるケミストさん:2011/03/07(月) 23:19:52.53
どうせ有機化学屋なんて溶媒で脳みそ溶けたヤクザもんばっかりだから
オレ様教科書でいいんじゃないか

5 :あるケミストさん:2011/03/08(火) 02:58:51.44
誘導。以下のスレで

【炭素】有機化学を極めるスレ【上等】−2−
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bake/1284705222/

6 :あるケミストさん:2011/03/08(火) 11:27:11.98
誰が何と言おうとボルハルトショアーだろ

7 :あるケミストさん:2011/03/08(火) 19:57:44.53
モリソン・ボイドだろ常識的に考えて。
早く改訂版だせよ>東京化学同人

8 :あるケミストさん:2011/03/10(木) 01:17:35.69
有機化学教科書ネタは、し尽くされたからなかっただけの話。
「有機化学 教科書」でググれよ

9 :あるケミストさん:2011/03/10(木) 06:54:46.19
有機化学教科書
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/951755717/
有機化学の教科書スレ
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/bake/1107335885/
有機化学の教科書スレA
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bake/1253414806/

10 :あるケミストさん:2011/03/10(木) 07:43:59.30
新しいものも出てるししつくされたって訳ではないが、どれ使っても最終的に大差ないので議論されてないだけじゃないのか?

11 :あるケミストさん:2011/03/10(木) 09:33:49.96
まあまあ、マターリいこうよ。教科書スレはあっても困らないし、
新しいの出るかもしれないじゃん。

合成とか、院生や研究者向けの本を紹介してもいいわけだし。

12 :あるケミストさん:2011/03/10(木) 10:21:21.89
ところで、マーチ有機化学(丸善)が出版されたのはご存じですか?

13 :あるケミストさん:2011/03/11(金) 01:35:44.45
前スレからテンプレっぽいのを転載するか

209 名前:合成系の人間[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 14:58:07 [昼]
いくつか追加.レベルに関しては独断なので気にしないでください.

【有機化学の一般的な教科書】
―――――――――――――――――――――――――――― 理系院生レベル
★マーチ ★ケアリー ★大学院講義有機化学 ★Oxford Chemistry Primersシリーズ ★ウォーレン
―――――――――――――――――――――――――――― 化学系学部生標準レベル(院試8-9割を狙う)
★ボルハルトショアー ★ジョーンズ ★パイン ★モリソンボイド
☆ソロモン ★ブルース ★マクマリー ☆ソレル
―――――――――――――――――――――――――――― 一般理系大学生レベル(院試5-6割を狙う)
★奥山 ★マクマリー概説 ★ハート基礎有機化学 ☆ウーレット有機化学
☆ ブルース有機化学概論 ☆ベーシック薬学教科書シリーズ
―――――――――――――――――――――――――――― 有機化学入門(院試3-4割を狙う)
★有機反応のしくみと考え方&有機人名反応 そのしくみとポイント (両方やれば一つ上のランクへ)
☆工学のための有機化学 ★キーノート有機化学
★ビギナーズ有機化学 ★ベーシック有機化学
――――――――――――――――――――――――――――

【問題集】
――――――――――――――――――――――――――――
★演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで(これが解ければこんなスレに用はない)
☆大学院講義 有機化学 演習編
★有機化学演習―基本から大学院入試まで(院試対策オススメ)
★有機化学演習(院試対策オススメ)
★プログラム学習有機合成問題の解き方(院試対策オススメ)
――――――――――――――――――――――――――――

★:読んだことある本 ☆:世間の評判などから補完



14 :あるケミストさん:2011/03/11(金) 01:36:27.93
210 名前:合成系の人間[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 15:38:35 [昼]
【万人に有用と思われる副読書】
――――――――――――――――――――――――――――
★人名反応に学ぶ有機合成戦略(人命反応まで網羅したいならこれ.院試レベルでは必要ない.)
★電子の動きでみる有機反応のしくみ(反応機構の説明が充実していてコンパクト.オススメ.)
★有機化合物のスペクトルによる同定法(同定に関して勉強したい人へ.)
★有機化学のためのスペクトル解析法 (上との二択)
★知っておきたい有機反応100(電車やトイレで読むには良いかもしれない.院試前の総復習とか.)
――――――――――――――――――――――――――――

【合成初心者必読の書】
――――――――――――――――――――――――――――
★研究室で役立つ有機実験のナビゲーター(実験操作一つ一つが詳しく説明されている.必読.)
★有機化学実験のてびき(何かとお世話になる.必読.)
★フィーザー/ウィリアムソン有機化学実験(実験操作のグローバルスタンダード.)
★実験を安全に行うために(安いし,買っておいて損はない.)
★入門クロマトグラフィー(クロマトグラフィーの入門書として.一通り記載されている.)
★研究室ですぐに使える有機合成の定番レシピ(よく使う反応の具体的な手順が記載されている.)
★有機合成のナビゲーター(上と似た趣旨の本.個人的には↑がおススメ.)
★有機合成の戦略―逆合成のノウハウ(合成経路設計の入門として.)
――――――――――――――――――――――――――――

【合成を専門でやってる人向け】
――――――――――――――――――――――――――――
★天然物全合成の最新動向(解説が丁寧なので,類書と比べて読みやすい.)
★最新有機合成法 設計と戦略(同上.)
☆Classics in Total Synthesis(パラパラと見た程度で何とも言えないが,評判は良い.)
☆天然物の全合成(解説少なめ,情報量多め.)
☆天然物の全合成―華麗な戦略と方法(同上)
☆Greene's Protective Groups in Organic Synthesis(保護基に関するバイブル.)
――――――――――――――――――――――――――――

15 :あるケミストさん :2011/03/11(金) 10:22:02.40
個人的には
「有機化学の理論 学生の質問に答えるノート」
を勧めたい。

16 :あるケミストさん:2011/03/15(火) 01:34:23.07
関靖俊が被差別部落民だから起きたことだろ?
部落のこの男が教員をやったら、街が穢れるがなw

実父は被差別部落で、関靖俊の実母は朝鮮人!
府営住宅の穢多で、関靖俊は被差別部落で間違いなし!
関靖俊は被差別部落でありながら、在日朝鮮人の権利を主張している。
関靖俊に対し「被差別部落!被差別部落!被差別部落!」の大合唱が
絶えないが、事実そのものだろ。
被差別部落の関靖俊が下着泥棒を繰り返しているそうじゃないか。

実父は被差別部落で、関靖俊の実母は朝鮮人!
府営住宅の穢多で、関靖俊は被差別部落で間違いなし!
関靖俊は被差別部落でありながら、在日朝鮮人の権利を主張している。
関靖俊に対し「被差別部落!被差別部落!被差別部落!」の大合唱が
絶えないが、事実そのものだろ。
被差別部落の関靖俊が下着泥棒を繰り返しているそうじゃないか。

実父は被差別部落で、関靖俊の実母は朝鮮人!
府営住宅の穢多で、関靖俊は被差別部落で間違いなし!
関靖俊は被差別部落でありながら、在日朝鮮人の権利を主張している。
関靖俊に対し「被差別部落!被差別部落!被差別部落!」の大合唱が
絶えないが、事実そのものだろ。
被差別部落の関靖俊が下着泥棒を繰り返しているそうじゃないか。

vdsavs

17 :あるケミストさん:2011/03/17(木) 07:54:23.79
関靖俊が被差別部落民だから起きたことだろ?
部落のこの男が教員をやったら、街が穢れるがなw

実父は被差別部落で、関靖俊の実母は朝鮮人!
府営住宅の穢多で、関靖俊は被差別部落で間違いなし!
関靖俊は被差別部落でありながら、在日朝鮮人の権利を主張している。
関靖俊に対し「被差別部落!被差別部落!被差別部落!」の大合唱が
絶えないが、事実そのものだろ。
被差別部落の関靖俊が下着泥棒を繰り返しているそうじゃないか。

実父は被差別部落で、関靖俊の実母は朝鮮人!
府営住宅の穢多で、関靖俊は被差別部落で間違いなし!
関靖俊は被差別部落でありながら、在日朝鮮人の権利を主張している。
関靖俊に対し「被差別部落!被差別部落!被差別部落!」の大合唱が
絶えないが、事実そのものだろ。
被差別部落の関靖俊が下着泥棒を繰り返しているそうじゃないか。

実父は被差別部落で、関靖俊の実母は朝鮮人!
府営住宅の穢多で、関靖俊は被差別部落で間違いなし!
関靖俊は被差別部落でありながら、在日朝鮮人の権利を主張している。
関靖俊に対し「被差別部落!被差別部落!被差別部落!」の大合唱が
絶えないが、事実そのものだろ。
被差別部落の関靖俊が下着泥棒を繰り返しているそうじゃないか。

yb45ty45

18 :あるケミストさん:2011/03/17(木) 08:52:23.72
>>16-17
お前の言いたいことはわかったから落ち着け

19 :あるケミストさん:2011/03/18(金) 12:26:35.50
国や地域によって人の素質や才能が本気で変わってくると思ってる人が本当にいるようで驚いた
例えば>>17のような書き込みもそうだが、まったく関係のない立場から見ると、そこそこ頭の良い人間から見ると
浅ましく滑稽だぞ。言いたいことを論理立てて言うだけじゃなくて、もう少し根拠というものを考えた方がいい。
おそらく第三者の立場からこんなこと言われても理解する前に感情に則って心の中で反論するんだろうが
まぁ別にそれでもいいよ。それがお前の限界ってことだろうし、俺はそれ以上は何も言わない。

20 :あるケミストさん:2011/03/21(月) 23:57:42.36
あげ

21 :あるケミストさん:2011/04/12(火) 09:48:24.22
あげるよ。

22 :あるケミストさん:2011/04/12(火) 23:28:01.00
有機の教科書の話題は出尽くしたかねえ。
最近は新しい本も出ないし。

合成は
http://www.tkd-pbl.com/book/b82530.html
なのが出ましたが、いかが?

23 :あるケミストさん:2011/04/13(水) 00:10:40.04
Modern Physical Organic Chemistry は良書

24 :あるケミストさん:2011/04/25(月) 08:05:45.94
ビギナーズ有機化学
http://www.kagakudojin.co.jp/book/b50392.html


25 :あるケミストさん:2011/04/26(火) 20:53:09.54
実験有機化学
http://gfo.wikiwiki.jp/?plugin=attach&pcmd=open&file=%C2%E8%B0%EC%B7%B3%BB%F6%B6%B5%CB%DC.txt&refer=FrontPage


26 :あるケミストさん:2011/04/30(土) 23:16:50.68
>>25
ブラクラ

27 :あるケミストさん:2011/04/30(土) 23:40:28.31
ソレルとパインの構成は似ていない?パインのように例外が多く載ってるか
はわからないけれど。

28 :あるケミストさん:2011/04/30(土) 23:58:12.73
パイン兄さんの本は読んだことねえや。古そうだけど、いい本なのかしら。

29 :あるケミストさん:2011/05/01(日) 22:48:57.77
ここまでストライトウィーザーなし

30 :あるケミストさん:2011/05/01(日) 23:39:58.01

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E5%8C%96%E5%AD%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC-1-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC/dp/4567233638
これか。あまり本屋では見かけないな。今度探してみようかな。

ソレルって薬学・医療系向けなのかな。最近出たやつだっけ。

31 :あるケミストさん:2011/05/02(月) 19:28:22.23
教授から薦められた「有機反応機構の書き方」なんてどうですか?
値段的にはお手頃ぽいから買おうと思ってますが

32 :あるケミストさん:2011/05/02(月) 21:28:52.91
>>31
その本うちの有機合成の先生もプッシュしてた

33 :あるケミストさん:2011/05/02(月) 21:57:54.05
有機化学の教科書(あくまでも学部レベル)は、どれ位最新の情報が載って
いるべきなんだろうか?有機化学の基本的な考え方はここ20年位それほど
変わっていないような気がするんだけれど。
鈴木カップリングなどの各論に関しては確かに進んでいるんだが、必ず合成
に使うほどのものではないし。

34 :あるケミストさん:2011/05/02(月) 22:13:23.12
最新の情報はトピックス程度でいいんじゃない
そういう世界もあるんだヨ的な

35 :あるケミストさん:2011/05/02(月) 22:22:09.39
>>31
矢印でいろいろ勉強できるし問題も答えもついているので、マジお勧め。
反応についての大体のイメージがもてるようになるよ。

>>33
教科書なんだから最新のことはさておき、基礎的なことは充実してほしいよね。
最新のことなんて論文で適宜、補充すればいいだけだしね。
なんだかんだでウォーレンも大学院講義も10年たっているしね、、、。
大学院講義は出た当初は割りと最新のことを書いていたんだと思うけど、
今じゃ加齢臭のする本になっているよね。
つーか、大学院講義の第2版まだかよ、買い控えてて、気づいたら卒業しちまったじゃねーか。

36 :あるケミストさん:2011/05/02(月) 22:48:47.68
>>31
訳本が出る前は原書を読んだ方がいいと言われていたよ。
Amazon.comで原書のカスタマーレビューを見てみればいいと思います。

あなたが何学年かわからんが2-3年なら
難しくてもじっくりやった方がいいと思う。
有機系に進まなくても、将来その手のことを議論する際に役立つから。

37 :あるケミストさん:2011/05/02(月) 23:36:47.07
>>35
大学院講義の第2版は期待しない方がいいんじゃないの。大抵の第2版は初版
に比べて細かい知識だけが増えて説明が減ることが多いから。作者の情熱がこ
もった初版が一番役に立つことが多いような気がする。

38 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 00:17:37.37
大学院講義は物理化学もなんだかぱっとしなくなったから、
有機も買うなら初版を今のうちに買っておいたほうがいいんじゃないの。

それよりもウォーレンとモリソン・ボイドを改訂してほすいです。

39 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 00:28:14.57
あと、化学の教科書でB5版はやめてほしい。ウォーレンとかアトキンスとか
ボルハルトとか・・・。邪魔なんだっつーの。本棚には横倒しで入らないし
カバンのなかでもかさばるし。

でもなぜかハードカバーは好きなので、A5ハードカバーにしてほしい。

40 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 00:33:48.00
アトキンスとかはまだ許せるけど、マクマリー解答は許せない
アトキンスの解答くらいの大きさにできるだろ

41 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 00:50:42.81
39>>
いつの頃からか訳書がB5サイズになりだしたのは?有機化学では廣川クラム・
ハモンド(現パイン)の時代、東京化学同人や化学同人はシルバーシュタイン
が例外だったが頑なにA5のハードカバーを守っていたのに、1995年位が境
なのか?
ハードカバーは重いというクレームでソフトカバーになっていったという表の
理由と製本技術が発達して太いソフトカバーの本が安価に作れるようになった
という理由があるが、大型本が増えてきた理由がいまいちわからない。薄くし
たいというクレームでもあったのか?
以前大型本(B5版)は余白が多すぎるというクレームがあったのを覚えている
しかし、教科書に書き込みスペースを作って欲しいという要求があったとも聞
いている。


42 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 02:33:48.77
単純に、反応式や構造式が大きく書けるからじゃね?

43 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 06:48:53.42
>>39
邪魔だと思うんなら、先ず真っ先にハードカバーを嫌いになれよ
厚みが増して本棚に一杯の本棚に入りきらないし、カバンの中でも嵩張るぞ

44 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 08:50:35.21
例えばアトキンスなんて、ツルツルして書き込みしにくい紙質じゃん。
書き込みしやすいが理由とは思えない。コストの問題なのかねえ。

ハードカバーはたしかに分厚く重いけど、本が傷まないのがいい。
俺はソフトカバーの本は、読み込んだものは角がてろんてろんに曲がってるからな。
5000円以上払うんなら、ハードじゃなきゃ嫌だな。

45 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 18:18:41.61
ツルツルしてるのは単にフルカラー印刷にするためだろ
むしろコストが掛かってると思う
あとハードカバーだってページが剥がれたりで痛むぞ

46 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 18:30:09.07
Oxford大学のOCPシリーズのような各論に特化した日本発の教科書があると嬉しいと思います
どうも網羅系の教科書はやはり海外のと比べてかなり見劣りするというか

47 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 22:27:34.24
>>46
確かに日本発の有機化学の教科書は皆無だね。入門書か、非常にマニアックな
内容の参考書しかないよね。

その分、訳書の種類が最も多いのが有機化学。無機化学や分析化学は訳書も含
めて教科書的な本がない。

48 :あるケミストさん:2011/05/03(火) 23:46:59.32
たしかに分析化学の教科書で良書と呼べるのは、ほとんど皆無だね。
今発売されてるなかだと、クリスチャン(丸善)くらいかな。

でも無機はけっこうあるんじゃない?

49 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 07:54:34.73
>>48
無機の教科書はあるのはあるんだが古過ぎるんだよ。有名な教科書でも発行
年が20世紀のものがほとんど。それ以降のコンピュータの進歩で錯体など
の分子軌道論的な解釈が現在ではかなり変わっている。古い教科書を使うと
間違った理解に繋がる。例えば第三周期以降の典型元素(硫黄など)の結合
でのd軌道の関与など(d軌道の混成などを考えなくてもよい)。

50 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 11:02:45.18
>>47
無機はアトキンスシュライヴァーとリーとヒューイとミースラー・タール、分析はクリスチャンとケルナーがあるじゃないか

51 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 11:15:36.62
ケルナーは高すぎ。しかも絶版。
東京化学同人と化学同人も分析化学のまともな本だしてないし。
(ロバート・ペクソクがあるけど古い・・・)

消去法でクリスチャンしかない。

52 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 12:05:36.42
ヒューイって大学の無機の先生も絶賛してたけど、
ほんとに名著なのあれ?
この前生協で読んでみたけどなんか全体的に古い・・・
シュライヴァーアトキンスのほうがいいと思うけど

53 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 12:20:33.19
スレチなのでこれで無機系の話は最後で。

ヒューイは名著だと思うよ。固体論の記述とか詳しいし。
本の良し悪しに古さはあまり関係ないと思う。基本的な内容は
古い本からでも十分学べる。ただヒューイ難しい・・・。学部生が
読む本じゃない気がする。

あとここは有機スレなので、無機関係の話題は別スレにて。

54 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 12:57:25.93
自分で散々話しておいて何様だよおい

55 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 18:58:04.67
有機化学の教科書に話を戻すが
>>38 モリソン・ボイドもウォーレンも外書自体の改訂がないから、日本語版
も最新版じゃないの。外書の改訂をお願いするなら、日本語で書くんじゃなく
英語でリクエストすれば。

56 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 19:25:26.48
>>49
>例えば第三周期以降の典型元素(硫黄など)の結合でのd軌道の関与など(d軌道の混成などを考えなくてもよい)。
それって例えば六フッ化硫黄が実はsp^3d^2混成軌道じゃないとか
下のURLにあるように硫酸の構造式には二重結合があるけど、
実は単結合(配位結合)だったとかでしょうか?
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8b/Sulfuric-acid-2D-dimensions.svg

57 :>>49:2011/05/04(水) 20:19:43.39
>>56
分子軌道法で考えるとd軌道を含めた混成軌道を考えなくてよいということ。
ベンゼンでも同じで2重結合と単結合が交互にあるのでなく、どの結合もほぼ
1.5重結合になっているのと同じ。
硫黄の3Sと3Pまでの原子軌道と酸素やフッ素の2Sと2Pまでの原子軌道で硫酸や
六フッ化硫黄の結合が表現できるということ。
混成軌道の考え方はポーリングの結合論(1960年代)の考え方です。

58 :あるケミストさん:2011/05/04(水) 23:49:29.69
いや、モリソンボイドは2006年に原著が改訂されてるよ。>>55
日本語訳は1994年の6thだから、7thの訳が出てもおかしくないのだが。
これだけの名著が放置かよ・・・と。

ウォーレンは原著がまだ改訂されてないんだっけ・・・?

59 :あるケミストさん:2011/05/05(木) 00:29:12.01
>>58
確かにモリソンボイドは原著7版に改訂されていた。調査不足。
でもAmazonでも入手が出来ない状況。これでは翻訳が出ないのでは。

60 :あるケミストさん:2011/05/05(木) 22:23:23.89
>>57
どうやら最近の教科書に書かれてるという内容は
自分が質問した疑問の事ではないようですね
失礼しました


61 :あるケミストさん:2011/05/08(日) 08:33:24.04
>>51
http://www.kagaku.co.jp/1-14-01_kellner.htm
普通に売ってますがな
上下巻セットで買わないとダメなだけ

スレチなのにすまんね

62 :あるケミストさん:2011/05/08(日) 11:04:26.65
>>61
たしか、ここのサイトの在庫や発売予定のマークは、更新がいい加減で
当てにならなかった気がする。アマゾンでは買えないみたいよ。


63 :あるケミストさん:2011/05/08(日) 19:24:16.02
>>62
楽天とか買える場所はあるっぽいけどどうか解らないな
ためしに買おうにも高すぎて手が出せないわ…

64 :あるケミストさん:2011/05/08(日) 23:22:21.22
スレチで申し訳ないが、ケルナーはとても読みきれない分量だから
分析ならクリスチャンがちょうどいいんじゃないかな。機器分析も
載ってるし。

65 :あるケミストさん:2011/05/14(土) 23:56:59.81
モリソン・ボイド有機化学の著者ロバート・モリソン先生は2009年に
亡くなってたんだね。91歳だとさ。あ〜。早く7版でないかな〜。

66 :あるケミストさん:2011/05/15(日) 18:01:25.94
>>66
7版の発行は無理だろう。
いまどきモリソン・ボイドを教科書に使っている大学はないもの。

67 :あるケミストさん:2011/05/15(日) 18:34:33.93
モリソン・ボイドは反応機構の取り扱いがあまい。
初版を膨らませてきたタイプのテキストだなぁ。

68 :あるケミストさん:2011/05/15(日) 23:39:39.01
モリソンは自習にも適した理想的なテキストのひとつだと思うんだがなあ。
ボルハルトも持ってるけど、何度読んでもモリソンのほうが解説が丁寧。
学生に、化学の見方と考え方を教えてくれる。

でも、これも時代の流れなのかな。残念だよ。

69 :あるケミストさん:2011/05/16(月) 13:30:48.90
ここまでフェッセンデンが出てない件について。


70 :あるケミストさん:2011/05/16(月) 23:50:43.77
フェッセンデンどうなの? 名前は知ってるけど読んだことねーや。
東京化学同人のサイトからは消えてるみたいだけど。
(新宿紀伊国屋には在庫あった)

71 :あるケミストさん:2011/05/17(火) 13:02:11.09
俺はフェッセンデンで勉強したんだけどな。
モリソンボイドは読んだ事ないから知らんけど、マクマリーよりはまとまってる気がしたんだが。
でも大学なんかではマクマリーがよく使われてるから、俺の感覚がちょっとずれてるのかも
知れんけど。


72 :あるケミストさん:2011/05/17(火) 16:56:49.92
教科書に凝るのは、地方帝大の特徴。
一冊読んでしまえば、どれもみな同じ。

73 :あるケミストさん:2011/05/17(火) 18:12:34.38
ブルース

74 :あるケミストさん:2011/05/17(火) 20:17:44.41
いやいや、最初に読む教科書って大事だと思うよ。

75 :あるケミストさん:2011/05/17(火) 22:33:55.44
教科書よりも指導教官や先輩。
有機は体育会系基地外が多いから先輩にメンタルで潰されることも多いし、
堂々と間違ったテクニックを伝統的に受け継いでいることも珍しくない。

76 :あるケミストさん:2011/05/17(火) 23:44:39.68
『有機化学〜ブラック研究室の見分け方を中心に〜』(東京化学同人)

って本が必要だよな。

77 :あるケミストさん:2011/05/21(土) 08:33:31.07
>>75
長期政権が続く名門大学ならどの研究分野も同じだろう。

78 :あるケミストさん:2011/05/21(土) 08:35:13.34
体育会系マジ基地はやっぱり有機には多いと思うが

79 :あるケミストさん:2011/05/21(土) 12:06:06.13
「理屈より腕の良さ」とか言ってる時点で科学としては外れ者だよ

80 :あるケミストさん:2011/05/21(土) 12:30:48.68
確かにそうだ。しかし、器用なやつと不器用なやつがいることは仕方がない。
同じ実験を並んでやってもうまくいくやつとどうしてもうまく反応がいかない
やつがいる。この場合は「腕のよさ」だけは認めてやりたいな。テクニシャン
として。

81 :あるケミストさん:2011/05/22(日) 16:21:57.56
有機化学の教科書の話題に戻るが、「ブルース」はどうなんだい。
生物有機化学に関する項目は充実していると聞くが、それ以外の特徴はなにか
あるの。

82 :あるケミストさん:2011/05/22(日) 19:08:01.37
ブルース=見やすい

83 :あるケミストさん:2011/05/25(水) 15:13:13.03
>>81
ない

84 :あるケミストさん:2011/05/31(火) 00:14:42.43
マクマリー、やっぱりいい本だよね。生協で見たけどまとまりが素晴らしいわ、やっぱ。
次の改訂ではA4・上下巻の2冊組みにしてほしいな。

今はボルハルト&モリソンのダブル攻撃で勉強中。

85 :あるケミストさん:2011/05/31(火) 12:37:50.69
感心する程、よくはねえよ。
教科書の比較ばっかりしてないで、一冊通しで読めよ。読み終わった頃には、
どれがいいとか絶対に言わないと思うぜ。

86 :あるケミストさん:2011/05/31(火) 15:02:35.29
でもここ教科書スレだし

87 :あるケミストさん:2011/06/01(水) 09:54:44.41
分かる人が語ればいい。用途や進路によっても違うんだし。

88 :あるケミストさん:2011/06/02(木) 02:56:19.20
じゃあ新刊について

89 :あるケミストさん:2011/06/02(木) 19:38:15.31
新刊なんかなかなかでないから続かないよ。確かに学部なら授業で使う教科書
1種類を読み通すことが最重要課題。その後余裕があれば(他の大学の大学院
に行くなら)別の教科書も読んでみる価値がある。そんなときに面白そうな本
や特徴のある本がないかをレビューしあえばよい。

90 :あるケミストさん:2011/06/02(木) 23:04:36.24
確かに「いい・悪い」とかいう話はあるけど、「どこがいい」とはあまり聞かないな。
どの教科書もカラー化が進んで、量は多いが内容は薄くなったのは否めないところだ。

91 :あるケミストさん:2011/06/04(土) 19:34:32.21
「ホルハルト」の原書は新しくなっているが、翻訳はいつでるか判る?
新しい翻訳版が出たら買って読んでみようと思うのだが。


92 :あるケミストさん:2011/06/05(日) 00:10:48.95
ボルハルトの原著が改訂されてるの知らなかった。

93 :あるケミストさん:2011/06/05(日) 05:07:05.37
うちの教科書は、ブルースの第六版の洋書。
英語苦手...orz

94 :あるケミストさん:2011/06/05(日) 05:12:28.22
苦手も何も辞書引くだけじゃないか

95 :あるケミストさん:2011/06/05(日) 05:18:23.92
>>94
日本語の倍は時間がかかる。 そして教科書レベルの文法で詰まるw
うん、自分でもあほだと思うけど、今まで英語は知らない文法・単語を感覚で読んでたから正確に読み取らないといけないとなるとなかなか厳しい。

96 :あるケミストさん:2011/06/05(日) 07:42:11.25
最初の1年間位苦労すれば、英語も日本語も変わらなくなってくるよ。
日本語の場合と同じく、哲学書などでないのだから使われる単語の種類は
少ないし、文法レベルもそれ程高くない。慣れだけだよ。化学式や反応式
が増えて文章も減ってくるから、大丈夫だよ。

97 :あるケミストさん:2011/06/05(日) 08:55:36.67
EU統合でヨーロッパでは大学院の授業は英語の教科書でやっている。
さすがに講義そのものは英語でやってると思うが。
だから英語の教科書でがんばって下さい。

98 :あるケミストさん:2011/06/05(日) 09:01:52.15
z

99 :あるケミストさん:2011/06/06(月) 17:03:41.82
歴史あるKöln Universität でも英語でかぁ。何だかなぁ

100 :あるケミストさん:2011/06/10(金) 21:57:22.26
授業が日本語だと英語の教科書を使うとつらいときがある。日本語の専門用語
と英語の専門用語が時々つながらないときがある。
簡単な有機化学の例だと「functional group」と「官能基」、物理化学の数学
用語の「functional」は「汎関数」と表現される。英語しか知らないと日本語
で言われたとき何を言っているか判らなくなる。

101 :あるケミストさん:2011/06/11(土) 16:13:54.17
用語なんて教科書で解説されてるだろうに

102 :あるケミストさん:2011/06/11(土) 17:45:19.03
ネタだろw

103 :あるケミストさん:2011/06/11(土) 22:09:28.96
重要な単語には注釈とかで英訳が書いてあるじゃん
あれ、学生の時は「メンドクセーw」と思いながら記憶してたけど
ペーパー読むようになったら、その必要性が分かるよな

専門用語英単語が分かるだけでも、センテンスの理解が早くなるってゆーか

104 :あるケミストさん:2011/06/11(土) 22:34:19.11
個人的には、単語の英訳ごときでいちいち下の注釈まで目線飛ばすのはめんどうだから
マクマリーみたいに水素化(hydrogenation)てふうに()で書いてほしい
アトキンスみたいに†でコメント入れるなら注釈使ってほしいけど

105 :あるケミストさん:2011/06/11(土) 22:36:39.96
まあ実際論文読むようになると
自然に身につくと思うんだけど…

106 :あるケミストさん:2011/06/11(土) 22:45:03.27
>>105
だから日常的に論文読むようになる前の話だろ
B4で急に専門用語を覚えるの大変じゃん

107 :あるケミストさん:2011/06/12(日) 09:24:47.07
教科書練習問題の別冊回答を原書で読むのが結構オススメ。
文章は少なめで文法も平易だし、重要で基礎的な化学用語も覚えられるよ。

108 :あるケミストさん:2011/06/12(日) 14:07:43.26
大学生のための有機反応問題集(\2,100)というのが出版されたけどどうだろう

109 :あるケミストさん:2011/06/12(日) 20:29:55.20
>>108
版元と著者の経歴だけ見る限り、特に必要のない本。

110 :あるケミストさん:2011/06/12(日) 22:32:09.07
中身見ろよw

111 :あるケミストさん:2011/06/12(日) 23:24:41.78
アルケンへBrを付加させる問題でCCl4雰囲気下で反応を進めてた


112 :あるケミストさん:2011/06/16(木) 19:52:03.52
>>13にある有機化学演習って三共出版のか東京化学同人のかどっち?

113 :あるケミストさん:2011/06/18(土) 12:57:00.23
2000〜2002年の初代有機スレ見たが、ボルハルトショアーはあんま勧められてないんだな
今と違う


昔のボルハルトショアー(第2版あたりかな)は全然ダメだったの?

114 :あるケミストさん:2011/06/18(土) 18:04:51.51
ボルハルの良さを最近知って買おうと思ってるが、そろそろ新版が出そうなので買い控え中

115 :あるケミストさん:2011/06/18(土) 18:19:41.70
解体と思った時が買い時

116 :あるケミストさん:2011/06/18(土) 21:46:03.50
版がかわって、良さが失われる場合もあるからね。

117 :あるケミストさん:2011/06/18(土) 22:10:24.10
ボルハルトは、ことあるごとに合成ネタが差し込まれているような。
でも、図が多く見やすくていい本だと思う。興味をそそるコラムも多くていいね。
版が変わるのを気にするなら原著を調べてみれば? 原著がまだなら買いでしょ。

ちなみに、マクマリーは原著が来年改訂されるみたい。

118 :あるケミストさん:2011/06/18(土) 22:39:47.97
ボルハルトショアーを学部1年から使用してる大学多いよね

119 :あるケミストさん:2011/06/18(土) 23:13:12.28
いま、俺も10年くらい前の過去スレみて懐かしんできた。
そいや当時はモリソン・ボイドが主流だったな〜と。俺が現役学生時代
(90年代後半)は、マクマリーorモリソン……って感じだったが
最近はまったく使う人がいなくなったな〜。

120 :あるケミストさん:2011/06/19(日) 00:56:50.77
マクマリーは普通に使ってると思う
最近見ないのはソロモンじゃね?
モリソン・ボイドも見ないけど

121 :あるケミストさん:2011/06/19(日) 01:28:51.39
そもそも、レス主の使用体験がない教科書を薦めることはあまりないだろう。

122 :あるケミストさん:2011/06/19(日) 08:48:17.83
モリソンは外人にありがちな、無駄に回りくどい言い回しだから好みがあるよね。

……これはこーであーで__つまり、それは、こういう事実に伴うということの証明でもあるが___こーだ

みたいな。もっと簡潔に言えよとw
でも、ただの知識だけじゃなくて、科学的な検証の仕方とか考え方とか、そういうのを学べるいい本。
ボルハルトなんかでは端折られているウッドワードホフマン則も、比較的しっかり書いてあるし。


123 :あるケミストさん:2011/06/19(日) 12:36:11.80
W-H則は、執筆当時「そういう時代だった」としかいえんだろ。
いま、どのぐらい必要かは議論の分かれるところだ。

有機化学は、何より体系的な理解が大切だと思う。
厚すぎる教科書、詳細すぎる記述、興味を持続させるためのコラム、いずれも
ろくな結果を生まない。
辞書的な使い方をする本だし教科書と言うより参考書だけど、マーチはその点を
よく考えられている。厚いけど。

124 :あるケミストさん:2011/06/22(水) 21:58:41.63
全て独断と偏見ですが
マクマリー:b5なので通学時に勉強できる。持ち運びがしやすい。平易な表現でわかりやすく描いてある。しかし説明はやや薄味。人命反応があまり乗ってないのが玉に瑕。入門に適しているかも
ジョーンズ:上・下巻なので幕マリーよりは大きく重く、ポータビリティが良くない。しかし懇切丁寧で反応手順がわかりやすく書かれている。諸反応を熱力学的見地から解説る部分もある。良書

あと俺も>>107には賛成です。量の割には難しい分で無いし、タームを効率良く覚えられる

125 :あるケミストさん:2011/06/22(水) 22:10:30.84
けっこう勘違いしてる人多いけど、マクマリーはA5サイズな。
ジョーンズやボルハルトがB5。

126 :あるケミストさん:2011/06/22(水) 22:22:27.48
通学で読むなら電子の動きで見る有機反応のしくみとかのほうがいいと思うが
まあ俺は電車の中で教科書読むなんて芸当はできないからなんとも言えない

127 :あるケミストさん:2011/06/22(水) 23:41:19.62
電車で読むなら、マンガでわかる有機化学。きっと教科書以上に
まわりの視線が痛そう。

128 :あるケミストさん:2011/06/23(木) 00:06:15.20
あの糞本量産機が書いた本か

129 :あるケミストさん:2011/06/23(木) 09:15:35.71
今のご時世、いい年こいたおっさんがジャンプ読んだり、PSPなどをいじって愉しんでるんだから
学術書読んでも問題ないだろ。堅苦しいだけで生理的にムリとかないだろう

130 :あるケミストさん:2011/06/23(木) 13:41:01.48
電車の中で本を読むと目が悪くなるから止めなさいとママンに言われた
バスの中で読むと目が悪くなる以前に酔う

131 :あるケミストさん:2011/06/23(木) 20:28:17.47
電車って何気に集中して読める。家に帰って読むと、PC付けちゃって
気づいたらネットサーフィンしてる。電車は最高の読書部屋。

132 :あるケミストさん:2011/06/25(土) 00:09:52.41
岩波の現代化学への入門シリーズを全巻大人買いしようと思ったら
一部が品切れになってたw やーめた。

133 :あるケミストさん:2011/06/25(土) 00:54:38.76
検索語:オリーリー
検索結果:0件

おや?

134 :あるケミストさん:2011/06/25(土) 07:15:28.56
オリーリー、良い教科書だよね。
反応機構の矢印の書き方で、初心者が間違えやすいところが着実に説明してある。
ただし情報量は極端に少ないが、それはそれでいい。

135 :あるケミストさん:2011/06/25(土) 08:34:34.90
バーゴイン、ケンプ、フェッセンデンなんかはどう?
ちょっと古いかな?

136 :あるケミストさん:2011/06/25(土) 11:31:14.73


137 :あるケミストさん:2011/06/25(土) 12:05:21.90
俺はフェッセンデンで勉強したよ。
凄く分かりやすくてマクマリーより好きだったわ。

138 :あるケミストさん:2011/06/26(日) 23:25:44.37
化学入門コースの有機化学はシリーズで一番完成度が高くてよいね。
化学専攻なら大学入学前の春休みに読むのにちょうどよい。
でも物理化学は著者の主観が強くてクセがあるし、無機もいまいち
わかりにくい……。とくに物理化学は説明少なすぎて最初かなりきつい。

139 :あるケミストさん:2011/07/01(金) 00:09:37.12
基礎高分子科学の演習書が出るみたい。一応参考までに。あんまり
院試で高分子出るとこ少ないだろうから、院生のステップアップ向けかな。
http://www.tkd-pbl.com/book/b92529.html

140 :あるケミストさん:2011/07/01(金) 00:14:32.36
あと、ボルハルトの改訂来たー!!!
でも、6版……? 5版は翻訳されなかったってこと?
http://www.kagakudojin.co.jp/book/b92545.html

141 :114:2011/07/01(金) 22:42:10.24
>>140
5版は4版の日本語版出てから1年ちょいしか間がなかったので、多分出ない気がしてた
翻訳に1年半はかかるし、ペース的に

買わなくて良かったw

142 :あるケミストさん:2011/07/01(金) 22:51:34.83
どうしよ
4版の解答本書おうかな……

いま2年なんだけど

143 :あるケミストさん:2011/07/01(金) 23:27:02.03
学校が4版使ってるなら、さらに新しいのわざわざ買う必要なくない?
目次見たけどそこまでマイナーチェンジしてないはず。

144 :あるケミストさん:2011/07/01(金) 23:34:27.23
てことはメジャーチェンジしたのか!

145 :あるケミストさん:2011/07/01(金) 23:44:48.90
>>144
ちょっと読んでみたが
「求核攻撃で1ランク上のあの娘を落とすための電子状態計算」
って項目が追加されてたぞ

146 :あるケミストさん:2011/07/02(土) 08:40:43.19
マクマリーは2012年改訂かな。日本訳は2013年……
実験化学講座は2013、2014年頃。

過去の有名な教科書は著者がだいぶ老いたり亡くなったりで、
どんどん廃れていくのかなと思うと切ないな。最近でた本って
あんまり良いのがないので。

147 :あるケミストさん:2011/07/04(月) 11:00:23.14
>>145
求核攻撃は背後から蹴りって覚えてる

148 :あるケミストさん:2011/07/04(月) 15:15:51.61
なんで?

149 :あるケミストさん:2011/07/04(月) 20:31:56.42
それSN2じゃね
女は陰なのにそれに求核とか無理だろ

150 :あるケミストさん:2011/07/04(月) 21:24:46.79
バカス

151 :あるケミストさん:2011/07/04(月) 21:30:58.11
嗅覚はπ*への電子供与だろ
理にかなっている

152 :あるケミストさん:2011/07/04(月) 22:21:59.27
SN2は寝取られ反応

153 :あるケミストさん:2011/07/05(火) 01:37:24.38
人間が化学を似せてるのか
化学が人間を似せてるのか

154 :あるケミストさん:2011/07/05(火) 01:41:33.00
遷移金属の配位はマジ糞ビッチ

155 :あるケミストさん:2011/07/05(火) 03:02:58.94
性化学スレ池

156 :あるケミストさん:2011/07/05(火) 03:05:20.71
有機化学の本や教科書の話ないの?

157 :あるケミストさん:2011/07/07(木) 23:31:57.14
丸善の実験化学講座の13〜21巻
参考書としてやったことある人いる?

158 :あるケミストさん:2011/07/08(金) 07:12:23.34
>>157
何やるんだよ?

159 :あるケミストさん:2011/07/08(金) 22:37:23.18
13-21の参考書とヤったかどうか聞いてるんだ

160 :あるケミストさん:2011/07/08(金) 23:14:22.81
1-4巻とならヤったことあるよ。手取り足取り教わったが。

161 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 00:12:36.25
幕鞠で十分

162 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 02:00:25.85
マクマリーは人命反応などが、章末問題で申し訳程度にしか出てないのが難点。
網羅的かつ噛み砕いてあるとしたらjonesかな?まさにアメリカ的だが

163 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 12:07:21.73
マクマリーは反応機構があまりにも物足りなさ過ぎる
あれじゃあ高校有機化学が大学有機化学レベルの範囲になって申し訳程度の反応機構の説明がついただけじゃん
なんであれを教科書に指定してる学校が多いんだろう

164 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 18:34:42.99
1-ペンテンから1-プロパノールを
作るにはどんな方法ありますか

165 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 19:20:11.71
マクマリーは見やすくて初学者がとっつきやすいからじゃない?
文字だらけのモリソンとか、いろんなこと書いてるジョーンズは
いきなりだと重いのは。

166 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 19:51:30.84
ボルハルトが一番とっつきやすいかと

167 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 21:09:49.71
化学掲示板群 http://jp.alpha-lab.info/forum-3.html
−−@巨大学術掲示板群 http://jp.alpha-lab.info

168 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 21:21:44.02
>>164
ヒドロボレーションじゃね?

169 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 23:36:16.49
洗練度で言えばボルハルトだね。あらゆる点でスマートかつ親切。
ウェブサイトでいろいろ見られたり。日本人著者では絶対まねできない
親切さ。やっぱり雨工の本はなんだかんだですばらしい。

170 :あるケミストさん:2011/07/09(土) 23:49:57.98
ドイツの時代→アメリカの時代→???

171 :あるケミストさん:2011/07/10(日) 00:18:11.12
→北朝鮮の時代

172 :あるケミストさん:2011/07/10(日) 01:01:47.31
>>168
ペンタノールではなくプロパノール
中学からやり直してね

173 :あるケミストさん:2011/07/10(日) 01:14:43.91
TCI
1-pentene 5ml \10500
1-propanol 500ml \1900

1-penteneを売って1-propanolを買うのが一番いいな

174 :あるケミストさん:2011/07/10(日) 15:58:25.03
モリソンボイドの有機化学の演習問題の
解説ってどうすれば手に入りますか

175 :あるケミストさん:2011/07/10(日) 23:24:38.13
少なくとも6版の日本語版解説は出てないよね。<モリソン

176 :あるケミストさん:2011/07/11(月) 19:41:54.94
命名法の勉強によい本あります?

177 :あるケミストさん:2011/07/11(月) 21:10:04.50
教科書で十分

178 :あるケミストさん:2011/07/14(木) 12:14:18.82
>>164
脱水→水付加→脱水→オゾン分解→還元とか?

179 :あるケミストさん:2011/07/14(木) 12:21:59.60
>>178
最初の脱水いらんかった

180 :あるケミストさん:2011/07/15(金) 14:56:33.39
173が正解

181 :あるケミストさん:2011/07/17(日) 00:28:19.98
マクマリーって、なんで版を重ねるごとにどんどん薄くなってくの?
俺が使ったとき(4か5版)は、もっと分厚かったんだけど、何が
削られてるんだろう。もはや3巻に分ける必要がないのでわ。

182 :あるケミストさん:2011/07/17(日) 05:39:16.67
コンパクトで良い
ただ値段は半額に

183 :あるケミストさん:2011/07/19(火) 03:46:31.30
紙の質が変わって薄くなったのだよ

184 :あるケミストさん:2011/07/19(火) 18:00:12.70
いまさらの質問なのかもだが、
ボルハルトの章末問題の番号がどれも20番くらいからなのはなんで?

185 :あるケミストさん:2011/07/19(火) 20:03:42.73
たまたまじゃないか?
練習問題が10問くらいだったら10番台からになっただろうけど

186 :あるケミストさん:2011/07/19(火) 20:14:09.84
ああ、なるほど。練習問題と続き番号になってるのね・・・。

187 :あるケミストさん:2011/07/19(火) 23:24:01.05
触媒の反応機構を勉強したいのですが、どんな教科書がありますか?

188 :あるケミストさん:2011/07/19(火) 23:35:33.23
人名反応に学ぶ有機合成戦略
とかでいいの?

189 :あるケミストさん:2011/07/23(土) 22:17:00.84
いいと思う

190 :あるケミストさん:2011/07/24(日) 09:59:05.08
http://www.amazon.co.jp/Organic-Chemistry-Jonathan-Clayden/dp/0199270295/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1311468919&sr=1-1
これってウォーレンの改訂版? この際だから原著で読んでみようと
思うんだけど、詳しい人教えて。

あの赤い文字が直ってるとよいのだが。

191 :あるケミストさん:2011/07/24(日) 18:56:55.87
来年の三月まで待つの?

192 :あるケミストさん:2011/07/24(日) 20:27:49.65
ウォーレンの赤字?は俺は好きだけどな
マクマリーのときは骨格だったり、短縮だったり、問題によってごちゃまぜでうんざりだったよ

193 :あるケミストさん:2011/07/24(日) 23:48:30.87
ひと昔前までは有機に限らず海外の訳本が日本でもたくさん
販売されていたけど、最近はかなり少なくなってきている。
なぜなんだろう。化学教育のあり方が変わってきているのか?

194 :あるケミストさん:2011/07/25(月) 06:36:23.41
教科書が売れなくなって来てるのでは?

195 :あるケミストさん:2011/07/25(月) 12:44:31.30
アメリカの教科書は日本のカリキュラムには分量が多すぎる
翻訳が下手で誤解を招くところがある
大学の教員から見ると翻訳は労多くして益少なしの儲からないアルバイト
洋書の値段が相対的に安くなった
日本で良い教科書が作られるようになった

196 :あるケミストさん:2011/07/25(月) 13:06:23.05
なんで、自分の見解メモをここに書いたの?

197 :あるケミストさん:2011/07/25(月) 14:32:16.42
>>196
195は193へ回答したのだろう

198 :あるケミストさん:2011/07/25(月) 20:41:43.74
日本人が書いた化学のよい教科書ってなんだろ?
物理化学、無機化学、有機化学のそれぞれで、コレっていうの
あるかな〜。自分の大学も知人もところも、化学科はやっぱり
翻訳本を教科書にしてる・・・。非専門向けのはいろいろありそうだけどね。

199 :あるケミストさん:2011/07/25(月) 21:01:44.17
奥山の有機化学は?
がっつり専攻したいなら全然物足りないけど、訳本の概説くらいのレベル。

200 :あるケミストさん:2011/07/26(火) 04:59:50.23
坪内新物理化学はよかったとかどうとか聞いたな
もう改訂はありえないけど

201 :あるケミストさん:2011/07/26(火) 11:21:43.86
>>198
一通り勉強してから使う参考書だろうけど、丸善から出版されてる
「シリーズ有機化学の探検」はかなりレベル高いよ。
マクマリーとかウォーレンなんかで勉強して、その後これで専門分野を固めれば間違いないと思う。

202 :あるケミストさん:2011/07/26(火) 19:50:18.00
>>201
ぐぐったけど面白そうな本だな。でも、新書じゃ買えないみたいなので
図書館で探してみるか……

203 :あるケミストさん:2011/07/26(火) 19:59:42.43
アマゾンじゃ買えないけど、書店に行けば置いてある所も多いし、
学会に行ったら普通に売ってたりするよ。

204 :あるケミストさん:2011/07/28(木) 13:17:02.10
高分子化学の良書ってなんかありますか。
なんか、さっぱりわかんねぇ・・・

205 :あるケミストさん:2011/08/02(火) 02:17:53.87
物理とか数学みたいに、公理というかルールみたいなのをまず最初に仮定してから議論を展開するような有機化学の本って無いのかな・・・
勉強すればするほどあれこれ出てきて嫌になってくるんだが・・・

206 :あるケミストさん:2011/08/02(火) 03:30:41.84
公理は物理化学と量子化学の教科書で有機化学は定理かと

207 :あるケミストさん:2011/08/02(火) 03:50:12.10
定理は公理が無いと生まれませんぞ

208 :あるケミストさん:2011/08/02(火) 18:29:33.54
だからシュレディンガー方程式とか熱化学とか反応速度論が公理なんだろ

209 :あるケミストさん:2011/08/02(火) 18:44:00.38
有機化学は実験科学であるということを思い出そう。

210 :あるケミストさん:2011/08/02(火) 20:12:05.50
化学は演繹的じゃなくて経験的だからルートが基本的に逆

211 :あるケミストさん:2011/08/02(火) 21:04:21.47
化学はダイナミックレンジが広いから
理論の適用範囲というのをしっかり理解しないといけない
化学に限らずだけど

212 :あるケミストさん:2011/08/02(火) 23:59:06.53
化合物名を文章中に記述する際の書式について、解説のある教科書があれば教えて頂けませんか
命名法ではなく書式です

具体的には「ノルマルヘキサン」を「n-ヘキサン」と略して記述する際、n- はイタリックにするのが正しいと思うのですが
それを証明できる資料が見つけられないため上司に認められず困っています
その辺りの取り決め自体はもちろん、「どんな権威によって取り決められているのか」についても説明があれば最高です

213 :あるケミストさん:2011/08/03(水) 00:45:36.18
IUPACが定めてるはず
どこに書いてあるかは知らん

214 :あるケミストさん:2011/08/03(水) 00:45:37.18
化学と工業に、たまに投稿者向けの書き方みたいなののってなかったっけ?

215 :あるケミストさん:2011/08/03(水) 00:49:15.52
あんま俺も詳しくないが
イタリックにするかどうかってのも命名法に含まれてんじゃないの?
IUPAC勧告の。

216 :あるケミストさん:2011/08/03(水) 00:56:17.82
http://www.acdlabs.com/iupac/nomenclature/
どっかに書いてあるだろうから探してくれ。

217 :あるケミストさん:2011/08/03(水) 01:21:31.08
おお、意外なくらい早いレスありがとうございます
IUPACの原文あたって、イタリックを使うべき場合の記述は見つけたんですが
肝心の「ノルマル」は含まれてませんでしたorz

そこ読んでから思ったんですが、「ノルマル」って慣用名にしき出てきませんよね確か
IUPACに裏打ちされてれば色々と便利だっただけに残念です

とりあえず気長に探します
皆様色々ありがとう

218 :あるケミストさん:2011/08/04(木) 23:15:27.05
有機化学って結局覚えるだけの分野だな
レベルの高い教科書とか読んでも結局反応が他よりいっぱい載ってるっていうだけだし
誰か有機化学をまとめてくれよ

219 :あるケミストさん:2011/08/04(木) 23:18:54.56
覚えなきゃ何も始まらないだろ
ひょっとして馬鹿なのか?

220 :あるケミストさん:2011/08/05(金) 11:26:39.84
暗記ではないとまでは言わないが、図として暗記しようとするのはムリ。
手を抜こうとするからめんどいんだよ

221 :あるケミストさん:2011/08/05(金) 19:38:57.31
そもそも科学/サイエンスを、暗記がどうとかで済ますこと自体がナンセンス。
生物だろうと地学だろうとそれは同じ。受験生じゃあるまいし。

222 :あるケミストさん:2011/08/05(金) 19:50:52.91
複雑だから面白いとおもうけどな。
テストで試されるから面白くないのでしょう。
職場ならテストもないし、実験主体で結構楽しい時もあるよ。
納期の面ではつらい事も多いけどね。

223 :あるケミストさん:2011/08/05(金) 22:54:46.85
理屈を暗記すれば見たこと無い反応が理解できるようになるのが楽しいんだよな

224 :あるケミストさん:2011/08/06(土) 17:06:21.81
ところでみんな
矢印書いて電子が攻撃とかいって反応式かいてんの?

225 :あるケミストさん:2011/08/06(土) 17:23:54.99
それ反応機構だし、矢印じゃなくて曲がった矢印だろ
って突っ込めばいいのか?

226 :あるケミストさん:2011/08/06(土) 21:17:29.12
直訳すると"曲がった矢"だけどね

227 :あるケミストさん:2011/08/06(土) 21:31:40.84
ただの矢印は転移を表します

228 :あるケミストさん:2011/08/08(月) 19:10:54.33
一度時代遅れの学術用語とか整理・再定義してみるべきだと思うの

229 :あるケミストさん:2011/08/08(月) 19:15:48.29
ボルハルトの最新の版を本屋で見てきた。
内容以前に紙質が安っぽくなってた。拍子もペラペラで
洋書の安いペーパーバックみたい。図書館に置いたらすぐ
ボロボロになる感じ。もっと丈夫に作って欲しいな〜

230 :あるケミストさん:2011/08/08(月) 22:37:13.46
え? もう売ってるの?

231 :あるケミストさん:2011/08/08(月) 22:58:18.69
売ってるよ。新宿ジュンク堂で見た。きっと大学生協にもあるだろう。

でも、家に帰って4版のボルハルト見たら、おんなじくらい髪質ペラペラだった。
気のせいだったようだ。6版は書き込みしやすそうな髪質だけどね。

232 :あるケミストさん:2011/08/08(月) 23:16:15.34
20日だと思ってたわ

                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- ちょっと明文堂行ってくる
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////

233 :あるケミストさん:2011/08/08(月) 23:25:11.41
http://www.kagakudojin.co.jp/book/b92545.html
あれ、公式では20日だね。ジュンク堂のフライングなのかね……。

まあ4版持ってるなら新しく買うようなものでもないけど、
微妙にいろんなところが追加されたり書き直されたりしてた。

234 :あるケミストさん:2011/08/08(月) 23:32:09.47
表紙の化合物はなんだ。マイトトキシン?

235 :あるケミストさん:2011/08/09(火) 00:12:42.06
>>233
> あれ、公式では20日だね。ジュンク堂のフライングなのかね……。

20日ってのは奥付きに印刷する「公式」の発行日だろうが、実際にはそれより数週間は早く販売する出版社が殆ど
週刊誌の表紙の日付と実際の発売日が違うようなもんだ
そのリンクしてくれてる出版元の化学同人のその本のページでも既に「在庫あり」=販売中という表示に既になってるじゃないか

236 :あるケミストさん:2011/08/15(月) 09:20:31.56
ウォーレンの上巻は問題含めて消化したとして、
どうしても時間がないとき下巻で必読な章を絞ったらどこかおしえてください;;

237 :あるケミストさん:2011/08/15(月) 10:54:42.52
おンれが通っていたところでは、有機化学の教授が
学生のことなどお構いなしに教科書を決めていた。
「モリソンボイド」を使っていた。
あとから書籍部で「ボルハルトショアー」を見つけてからは、
電子の移動とか色入り分かるようになり、勉強になった。

全く粗大ごみの教授には参るぜ。

238 :あるケミストさん:2011/08/15(月) 13:16:27.19
もう一度モリソンボイドを読んでみるんだ

239 :あるケミストさん:2011/08/16(火) 08:24:38.31
モリソンボイドは名著だろ。反応機構はあんまり詳しくないけど
化学の考え方をしっかり学べる。

240 :あるケミストさん:2011/08/16(火) 08:27:29.48
電子がどう作用するのかを知りたかったわけよ。
有機化学の講義もそういうのが中心だったし。

241 :279:2011/08/16(火) 08:47:34.37
だったら、その有機化学で使った教科書を見たら良いんじゃないの?


242 :あるケミストさん:2011/08/16(火) 09:38:44.95
よし、モリソンボイドを含めて教科書を読みなおそう!

243 :あるケミストさん:2011/08/16(火) 18:55:28.67
ウォーレンて索引とか目次使いにくくないですか?


244 :あるケミストさん:2011/08/17(水) 10:40:26.90
ウォーレンはいよいよ来年春に原著が改訂ですよ。10年以上のスパンだから
長かったねぇ。

245 :あるケミストさん:2011/08/17(水) 12:59:04.19
そしたら和訳は4年後くらいかなぁ…

246 :あるケミストさん:2011/08/17(水) 23:02:33.57 ?PLT(12347)
>>244
激熱やな
出たらそっこー買う

247 :あるケミストさん:2011/08/17(水) 23:56:25.58
俺も絶対買うぜ。ウォーレン。

248 :あるケミストさん:2011/08/18(木) 07:01:32.24
俺も絶対買う

249 :あるケミストさん:2011/08/18(木) 15:08:45.35
二冊はいらない

250 :あるケミストさん:2011/08/19(金) 22:22:42.34
布教用と観賞用がいるだろ

251 :あるケミストさん:2011/08/20(土) 08:56:29.63
物理板の中毒患者かよw

でも俺も原著と訳本は両方買うと思うけどね。訳本も早くでないかな。

252 :あるケミストさん:2011/08/23(火) 19:29:25.48
ボルハルトが重いよぉ。

253 :あるケミストさん:2011/08/24(水) 09:08:18.95
非力どんだけ

254 :あるケミストさん:2011/08/24(水) 13:44:26.09
だって女の子だもん

255 :あるケミストさん:2011/08/24(水) 15:20:15.13
涙がでちゃう

256 :あるケミストさん:2011/08/24(水) 20:03:30.72
カウパー液もでちゃう

257 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/08/27(土) 17:38:50.64
ボリソンモイドは演習問題の「ある愚かな学生」シリーズが好きだったな
ちゃんと肩書きがレベルアップしていくのに最後は全てを処分して去る
モデルはロナルドウィッティヒってほんとかね

258 :あるケミストさん:2011/08/28(日) 19:26:11.27
ボルハルトとかマクマリーみたいなカラフルな教科書に慣れると
モリソンボイドがなんか素っ気無くて物足りない感じがする。

259 :あるケミストさん:2011/08/29(月) 18:57:51.18 ?PLT(12347)
ボハルトの新版が大学生協で平積みされてた
表紙光ってるのねw

260 :あるケミストさん:2011/08/29(月) 20:20:33.33
前版も光ってたけど

261 :あるケミストさん:2011/08/29(月) 20:48:13.64
光がより強調されてる。ビックリマンのヘッドシールみたい。
やりすぎじゃないかと思った。

262 :あるケミストさん:2011/08/29(月) 22:20:19.26
やっぱりボルハルトは第4版が最高だった
というわけですな

263 :あるケミストさん:2011/08/29(月) 23:05:36.43
んなこたぁない

264 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 21:01:30.84
ハート:とにかくダメならこれ。これでダメならあきらめれ。
マクマリー:基本レベル。これから次へ繋ぐのが一般的だがヌルく感じることも。ちょっと暗記頼りとの意見も。以前の定番。
ソロモン:薬学系特化。問題の質が良くない。薬学系ではコレ指定が多いとか。
ボルハルトショアー:有機合成寄り。値段が高すぎるとの意見も。最近では定番になってきたか。
ウォーレン:一冊目には不向き、二冊目に。発展的内容が多め。
マーチ:詳しいが、読みづらいという意見が多い。二冊目、もしくは辞書として。
Carey:英語版しかないが、最難関クラス。最後はコレか?後はそれぞれに特化したものを利用すべし。
大学院講義:ウォーレンかこちらかで二冊目の二択?マーチを加えて三択との説も。どちらにせよ、一冊目には不向きか。

ジョーンズかブルースが反応機構寄りだったという書き込みがあった記憶があるけど覚えがない…
モリソンボイドとパインは名前しか出てなかった記憶もあるけどどうだかイマイチ解らない。


265 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 21:01:54.10
ジョーンズ:反応機構がかなり詳しく(しつこいぐらい)書かれている(特に上巻)のが特徴。

ブルース:生化学よりの教科書でこれも薬学系に結構使われる書。
     一通り有機化学の基礎を下巻の最初まででまとめ上げて、最後の何章かを生体化合物を例に挙げて締めくくっている。

モリソンボイド:昔から有名な本の一つ。上、中、下巻の3巻で構成される。
        特にこの本はWoodward-Hoffmann則についてかなり詳しく書かれている秀逸な書。
        辞書的に使われるということをよく耳にする。
        
パイン:これも昔からの名著である。ここ20年ほど改訂されていない。
    >>32が書いているように、ボルハルトがここ最近の定番書になっているが、この教科書はボルハルトや他の本には詳しく載っていない
    もしくは章末問題に少ししか取り挙げられていない人名反応などが詳しく書かれている。
    その他の特徴としては、最近の教科書としては現在も白黒印刷な点。


266 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 21:02:19.27
他サイトからの転載

有機化学の参考書について

マクマリー:基礎克服のマクマリーと呼ばれる。
      基礎を作るのにはいい本だが、内容が薄いのが欠点。

ボルハルト・ショアー:合成のボルハルトと呼ばれる。
           合成の基礎はこれで身に付く。熱力学と速度論の記述もよい。

ウォーレン:高度合成のウォーレンと呼ばれる。
      合成を極めたい人は、ボルハルトを終えたらやるとよい。
      レベルは高いがこの分野では神。

ジョーンズ:置換・脱離反応のジョーンズと呼ばれる。
      反応機構がくどいくらい詳しく書かれており、この分野では神。

モリソン・ボイド:Woodward-Hoffmann則のモリソン・ボイドと呼ばれる。
         この分野では、極めてわかりやすく内容も濃い。

パイン:例外のパインと呼ばれる。
    その名の通り、例外と呼ばれる反応が豊富に乗っている。
    また、物質ごと(アミン、ベンゼンなど)ではなく、反応ごと(SN2反応、逆合成など)
    でまとめられているのが特徴。

ブルース:生体のブルースと呼ばれる。
     その名の通り、生化学分野では群を抜いて素晴らしい。

267 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 21:18:17.48
化学マスター講座って評価どう?

装丁が高校の参考書みたいで、なんか微妙な感じだけど。

268 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 21:23:06.72
無機化学はよくまとまってると思ったけど、たしか誤字とか誤植が酷かった覚えがある
有機化学は読んでない
ハートみたいな位置づけなのかな。それより多少レベルは高そう

269 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 21:44:21.78
鯖陥落前に書かれてたヤツか
そのスレの>>32=このスレの>>264

270 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 23:05:26.07
入門用の教科書なら、岩波の化学入門コースの有機はもっと評価されても
いいと思った。反応機構は詳しくないけど。

271 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 23:07:41.55
岩波のやつよみにくくね?

272 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 23:09:35.20
製本的な意味で?

273 :あるケミストさん:2011/09/01(木) 23:32:04.81
岩波の本はフォントの大きさが半端で読みにくいかも。でも
内容はそこそこ良い。マクマリー概説よりも薄いから、1、2週間で
基礎が学べる。

274 :あるケミストさん:2011/09/02(金) 08:51:12.83
個人的なオススメ有機教科書
1)マクマリー
 →とにかく独習でも読みやすく反応機構も分かりやすい。意外と
 細かいところも載ってて万人にオススメ。問題の質も◎。

2) モリソン・ボイド
 →マクマリーの雰囲気とは一転してお堅い内容。ただ、分子の挙動や
 実験の考察の進め方、キラリティについての記述や上述のWH則など、
 有機だけに留まらない化学への礎を養える古典的名著。有機やるなら
 ぜひ書棚に置いておきたい。ただし欠点は古いことと、反応機構が
 そっけないところ。

3) ウォーレン
 反応の種類の細かさには圧倒される。機構も詳しい。ただ、通読していないので
 詳しいことは他人にまかせる。(通読するのに時間かかりすぎて一度断念)

4)ボルハルト・ショアー
 ごく標準的な本。マクマリーに雰囲気が似ているが、実際の研究テーマに
 なりそうな生体物質や薬の構造式が多く登場して、学習初期段階から触れられる。
 反応機構も詳しく、ウェブではアニメーションも見られる。こちらも有機専攻する
 学生にオススメ。マクマリー同様、版が頻繁に改訂しているのもいい。
 ボルハルト先生のお孫さん(?)の女の子も拝めるのも◎w

275 :まぎれもの:2011/09/02(金) 16:00:25.58
■死にたくなければ、このレスをコピーして他のスレに □
□10回貼り付けて下さい。1時間以内にです!もし無視■
■した場合は、今日寝ている間に富子さんがやってきて□
□貴方の首を絞めに来ます。富子さんは太平洋戦争の■
■時に16歳という若さで亡くなった女の子で、未だに成 □
□仏していないそうです。信じる信じないは貴方次第。 ■
■今年になってからこのレスを無視した人で、“呪われ □
□ て死亡した人”が続出しています。これは富子さんの ■
■呪い。呪われて死んでもいいのならこれを無視するこ□
□とでしょうね。

ごめんこんな書き込みして

276 :あるケミストさん:2011/09/02(金) 19:06:06.78
科学を志す者が集うこの板に、そんなアホな書き込みすなや……
情けない……

277 :あるケミストさん:2011/09/03(土) 13:14:11.68
それにレスしてるお前も同レベ。
と思ったが、それを書き込めば俺も同レベなので書き込まない。

278 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/09/07(水) 00:27:25.43
例の誤植まとめサイト消えたのか?

279 :あるケミストさん:2011/09/07(水) 16:04:53.33

化学の教科書って洋書の翻訳本がやたら多いよね
日本人の書いたまともな本はないんでしょうか?

280 :あるケミストさん:2011/09/07(水) 17:52:54.15
そりゃあ定番本が出来上がってる中で書いても売れないもん

281 :あるケミストさん:2011/09/07(水) 21:02:21.59
>>266
うちはパインだった。

反応メカニズムで分類していたので、有機化学を理解するには適しているような
気がする。単に愛着があるだけかもしれないけど。w


282 :あるケミストさん:2011/09/08(木) 02:16:30.96
日本の化学者は物理学者崩れが多いってのも原因かもなー<翻訳が多い

283 :あるケミストさん:2011/09/10(土) 02:05:33.23
そんなに多いかな?

284 :あるケミストさん:2011/09/10(土) 02:56:22.82
物理学者崩れが世界でこれだけ健闘してるなんてすごいじゃん

285 :あるケミストさん:2011/09/10(土) 15:22:53.39
有機化学者に物理崩れが多いなんて聞いたことないぞ

286 :あるケミストさん:2011/09/13(火) 21:55:23.83
それにしても1000ページを優に超える本をよく翻訳するよな。
あれはその辺の学生にアルバイト料払って手伝わせてるだろ。

287 :あるケミストさん:2011/09/13(火) 22:23:54.99
学生にもかかせるとしたら相当な大所帯になるだろうなあ
校正する人は死にそうになりながら表現とか日本語の統一したりするんだろう
原著を書くほうの根性もすごい。ああいうの書いてる先生は他にもクソ分厚い本を何冊か執筆してたりするし
雑用とかやるひとは全部雇って、マネージメントと教育に専念できる環境を整えられるのかな

288 :あるケミストさん:2011/09/14(水) 15:58:55.97
文系の先生のは明らかに学生が訳したようなレベルの低い訳本あるよ
その先生自身の英語力が高校生並みなのかもしれないけど
これじゃあ国立大は入れないと思われるほどの誤訳が多々

289 :あるケミストさん:2011/09/16(金) 02:44:21.29
ウォーレンは反応機構の多様さと詳しさは良いと思うんだけど、
いかんせん奴等は編集するということを知らないよなぁ・・・
書きたいことを語り口調でgdgd書いて放置

ブルースの編集が羨ましいと思いながら自分でまとめノートをせっせと作る日々・・・(´;ω;`)

290 :あるケミストさん:2011/09/16(金) 04:36:47.03
教科書というより読み物だからな

291 :あるケミストさん:2011/09/19(月) 11:11:54.55
ウォーレンは内容も勿論すばらしいのだが寄り道的なコラムが面白い
あれのおかげで先が読みたいと思わせてくれる
のよタンの大学院講義は読んでいて頭痛くなってくる
何というか・・・日本らしいクソ真面目な教科書って感じw

292 :あるケミストさん:2011/09/19(月) 11:57:59.33
確かに読んでて楽しいのは大学院よりウォーレンだなw

293 :あるケミストさん:2011/09/19(月) 12:03:10.70
あれと比べるには内容のレベルが違うだろ

ウォーレンは所詮学部向け

294 :あるケミストさん:2011/09/19(月) 12:39:23.32
>>293
読ませ方のテクニックの話ではないのか?
レベルも大して変わらんでしょ
どっちも学生に読んでほしい二冊目ってところか

ウォーレンは基礎復習にも触れていてるので思い出しながら読める
大学院講義はその辺りを省略して出来るだけ多くの先端内容を伝えようとしている印象がある
これをレベルの差というならそれはあるのかもね

295 :あるケミストさん:2011/09/19(月) 13:07:18.46
しかし、大学院講義の方もそろそろ改定して欲しいな。
初版が出てから何年経つんだ??


296 :あるケミストさん:2011/09/19(月) 18:23:02.12
そろそろ改訂するって話聞いたけど。

297 :あるケミストさん:2011/09/19(月) 18:48:33.81
あ、そうなんだ!!
そりゃ楽しみだな!!


298 :あるケミストさん:2011/09/19(月) 23:06:13.60
ウォーレンみたいに一冊のなかでどこを復習すればいいか、今やってる内容がどう繋がるのかわかる教科書は貴重だよね


299 :あるケミストさん:2011/09/20(火) 16:24:38.59
うちの大学(化学科)の指定教科書がマクマリー概説なんですが
これをメインに据えて大丈夫ですか?
たぶん将来は物理化学希望ですが、化学科としての並の知識はつけときたい…

300 :あるケミストさん:2011/09/20(火) 18:54:58.64
物理化学スレで聞いたら

301 :あるケミストさん:2011/09/21(水) 01:48:41.94
ブルースいいよブルース

302 :あるケミストさん:2011/09/25(日) 17:35:21.34
>>298
そうそう
章の頭に必要な知識と得られる知識がまとめてあるのが(・∀・)イイ



ところで有機金属化学の入門編でオススメありませんか?
最近カップリングをよくやるので知識が必要になりますた

303 :あるケミストさん:2011/09/25(日) 18:20:59.31
>>302
遷移金属触媒関係だったら辻先生の
「有機合成のための遷移金属触媒反応」
あたりはおすすめ。厚すぎないし。
がっつりやるならHartwigの
「Organotransition Metal Chemistry: From Bonding to Catalysis」

304 :あるケミストさん:2011/09/25(日) 18:42:43.60
>>303
おお!ありがとう
ちょいamazon見てくる

305 :あるケミストさん:2011/10/09(日) 11:55:50.39
ボルハルトの新版なんかやだ

306 :あるケミストさん:2011/10/11(火) 02:50:16.32


307 :あるケミストさん:2011/10/11(火) 22:17:31.83


308 :あるケミストさん:2011/10/11(火) 23:28:00.79
ブラウン有機化学(上・下) B5変 東京化学同人 2012年2月・6月発売

だってさ。

309 :あるケミストさん:2011/10/13(木) 22:32:02.12
奥山の有機化学ってどうですか?
学部1年でこれ指定なんですが(2年までで通読するらしい)
マクマリーとか有名どころじゃないので心配です。

310 :あるケミストさん:2011/10/14(金) 08:25:48.60
有機専門じゃなければそれでいいんじゃね。
専門なら、個人的にさっさと1年で通読してウォーレンやれ。
奥山の本読んで、次がマクマリーだとあんまり意味ないきがする。

それか次はモリソンボイドを読むのも意外とおすすめ。下巻の対称性の話とか
すげーいい本です。

311 :あるケミストさん:2011/10/14(金) 22:24:58.11
ありがとうございます。まだ一年で、専門は4年になるまで決まりません。
とりあえずこれでいいですかね。

312 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 01:46:21.11
有機化学のどこがおもしろいのかと。
物理学、生物学、経済学、電気工学、と世の中いろんな学問あるけど
そのなかではいちばんつまらんよね。

313 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 01:47:35.50
バカでもできる
それだけ

314 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 08:45:50.83
有機化学自体はバカでも学部の教科書レベルならマスターできる。
でも優れた論文を書くのはバカじゃ無理なのが有機化学。

315 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 09:04:17.61
バカでも理解から有機系研究室は人気がある

316 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 09:11:40.39
スレチなんだけど・・・


学生の間は有機が一番つまらんかもな
他の教科と違って法則性が見えにくいし
基本的に暗記暗記で気分が暗くなるわ

でも有機合成に応用しだすと途端に面白くなるよね
逆合成してる時とかワクワクするよ
それで金も貰えるんだから最高だねえ

>>311
一年ならどれ使っても同じだよ
まずはきっちり読破して広範囲に網を広げておくこと
網を沈めるのはB3からでいい

317 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 10:57:50.16
逆合成(笑)

318 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 11:57:52.13
>>316
売ってそうなフラグメントにバラしても製造中止ってときが悲しすぎるよなw
もしくはムチャクチャ値段が高いときとかw
昨日は500mgで$700の原料を買うべきか迷ってたwww

319 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 12:44:10.32
>>315
理解はしてないだろ。
教えているほうすら理解してない(w
一種の技能だから理解不要。
バカに人気の理由。

320 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 13:04:25.49
あああほらし。工業的には意味はあるけどさ。
有機化学など職人の世界。

有機電子論などまじめな物理学や物理化学から見れば理論とも法則とも言えない茶番。
もっといえば生物学の方が生理学や遺伝学など話が面白いぶんまだましだな。

321 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 13:13:04.24
生理学や遺伝学なんて面白くも何ともないわ。

322 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 13:20:59.79
商売としては有機は面白いよ。

科学としては低レベルなのは間違いないけどな。
分子生物学、遺伝関係とかちゃんと理屈があるからうらやましい。

323 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 13:26:18.85
有機化学にも理屈はあるだろ。
特に機能性材料みたいな分野だと、理屈が分かってなきゃ
ターゲットすら決められないから。

324 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 13:34:24.05
理屈というより経験知だろ。
それが理屈に落とし込めていない。

325 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 13:58:12.21
理論がまだないとかそれが本当なら素晴らしいじゃないか
まだまだ研究する余地が大量にあるってことなんだから
馬鹿にするくらい頭が良いなら有機理論で一発当てようぜ

326 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 14:09:44.57
馬鹿だが、何が馬鹿なのかは分かることがある。
どうすればいいかまでは馬鹿だから分からん。
いまの研究手法ではたどり着くことはなさそう。
多分、物理とか数学のあたりから天才が降りてくるだろう。

327 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 14:37:21.82
>>324
理論って、既にある事象を定式化したものだからな。
有機化学の場合、未知化合物をどんどん作り出すんだから、
定式化のしようがないんだよ。

でもまぁ、新しい反応を発見して、それを使って有用な物を作り出すって
素晴らしいじゃないか。
俺は嫌いじゃないし卑下もしてないよ。

328 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 14:42:19.87
いくら屁理屈を捏ねたところでモノが作れなきゃ始まらんからなぁ。

329 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 14:56:30.96
理屈がなんだってんだ!
ジーク・有機!!

330 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 16:00:53.88
多粒子系の事象を扱ってる有機化学に対して物理学物理化学、ましてや数学が理論的な基礎を立てるなんて
今の物理学の状況を少しでも齧ってる人なら鼻で笑っちゃう話でしかないわ
理論で新反応の一つでも予測してみろよ
楽になって助かるから

331 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 16:12:52.20
ダメだよ。合成屋のメシの食い上げだぞ。

って心配することもなさそうだな(藁

332 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 18:32:41.88
W-H則は理論が実験よりも先だった。

333 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 19:03:28.15
>>330
そりゃ物理専門・応用数学専門じゃなくてもわかるわ。
バシッと厳密な方程式を書き下すのも困難、解くのはもっと困難だろ。
天才理論物理学者呼んだところでできない。
生命現象や気象などはもっとそうだろ。
複雑系とかなんとかの動向は知らんが・・。

ただ、遺伝学や生理学などは物理化学の保証のもとに独自の体系つくってるぶん
うらやましい。集団遺伝学とか電気生理学とか。
身近な素直な関心にもとても近いし。
有機化合物の反応はなんか遠い・・。

334 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 20:04:56.20
>>332
Diels Alder反応→1928年発見 1950年ノーベル賞
Woodward Hoffman則→1965年提唱 1982年ノーベル賞

>>333
興味の問題だから人それぞれだけど、確かに生物、特に分子生物学分野は
最近派手で羨ましく思う気持ちは少し分かるわ
タンパク質の構造決定とか機能解析で毎週のようにscience、natureに論文出てるしな
彼らは彼らで研究のスパンが長くて大変とか苦労話をチラホラ聞くから
隣の芝生が青く見えてるということなのかも知れないけどね

335 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 20:14:02.53
物理化学者どもはさっさとディラック方程式を現実的な時間内で解く方法考えろ

336 :334:2011/10/15(土) 20:14:23.90
うろ覚えで年号とか書いたら間違ってた
正しくは
フロンティア軌道理論→1952年提唱 1981年ノーベル賞
Woodward Hoffmann則→1965年提唱

334も含めスレチすまん

337 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 20:17:48.42
ノーベル化学賞の内容変遷をみると、有機化学の立ち枯れ感は
否めないだろうな。

いくつかの該当を見ても、発見年代で見たら大分かび臭い。

338 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 20:32:21.94
んで
「有機化学者はバカだ」とか「有機化学は枯れてる」とか言う奴は何がしたいんだ?
自分の立ち位置を嘆いているのか、他専門を見下したいのか

339 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 20:37:06.53
>>334 >>337
ノーベル化学賞も生命科学関連多くなってるよな・・

340 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 20:41:42.45
>>339

そうそう。何かこう、科学的にわくわくしないんだよ、有機は。

341 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 20:57:57.30
>>339
90年代から見てみると
90年、94年、96年、00年、01年、05年、10年が有機
93年、97年、03年、04年、06年、08年、09年が生化学だな
まあ増えてるといえば増えてるかもな

>>340
それはお前さんの知識が無いからだと断言してもいいが、
興味がわかないなら向いてないんだろうから物理でも生物でも好きな分野に行けばよろしい

342 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 22:08:58.16
ここで有機わくわくしない人は
化学自体にわくわくしないってこと?
有機だけ?

343 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 22:09:31.57
いや、ワクワクするし。
勉強が足らないんじゃないかな、>>340は。

344 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 22:19:47.21
なんか化学が低級な学問だって言われることが多い気がするな。
物理学に近いからかな。
高い山でも富士山の近くじゃ小さく見えるのと同じかな。

345 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 22:25:41.21
有機系のスレでいうのは失礼だが、有機以外の化学は
結構ワクワク感というか、体系の発展が感じられる。

有機は体系がほぼ完成済み。落穂ひろい的な雰囲気。

346 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 22:29:12.11
どこが感性してんだよ


347 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 22:36:36.51
有機合成は面白いけど閉じた系って感じ
広がりがあまり感じられない

348 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 22:53:23.29
そりゃまあ大抵の理系学問はモノを作るためにあるわけだからな
つまり有機合成や高分子合成に応用してこそ学問として生きるわけだし
だから広がりを感じないってのはある意味当たり前なんじゃね

349 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 23:05:44.48
物理化学はなんか寄せ集め見える
無機はとにかく影が薄い。
有機こそ化学の花形に感じる。

350 :あるケミストさん:2011/10/15(土) 23:13:39.68
六地蔵のコスパがオススメ

351 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 01:55:45.11
多様性がメインの化学で広がり見えんって…
統一を重視する物理でいうならそれまだ解るんだけどな

352 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 09:15:18.02
いい加減教科書の話しろや

353 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 10:18:10.69
>>345
同じことが100年前にも言われてたんだよな。


354 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 15:44:53.74
http://www.amazon.co.jp/Organic-Chemistry-Jonathan-Clayden/dp/0199270295/ref=dp_ob_title_bk

ところでみんなは↑買うの?

355 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 17:15:41.66
院生になってから教科書の類をほとんど買ってないんだけど
院生向けの教科書で個人で買っても良かった本とかある?
基本的なのは研究室にあるし、必要な情報はscifinderとかで得られるしで
教科書を使って体系的に勉強するのがほとんどなくなってしまった

あと有機系の人間が買って重宝した他分野の教科書のオススメとかも知りたい
x線結晶構造解析とか量子化学計算とか

356 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 18:15:44.23
>>354
来年原著の新版でるのか
ウォーレン買うのもう少し待つかなぁ

357 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 20:15:14.18
むしろ有機化学こそ化学の定番だろう
物化や無機ははっきり言って理論面じゃあ物性物理の下位互換でしかない
物理や数学じゃあ解析できないカオスな分子を扱うことにこそ化学の価値があると思うんだが、
たとえそれが泥臭い経験則に基づいていようともね 

そしてなんといっても圧倒的な「生産性」が化学にはある
物質現象の真理探究みたいなことに興味があるのなら物性物理を専攻すりゃいいだけの話
生み出してナンボだと思うよ、化学は

358 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 20:26:24.37
>>355
とりあえず入門編としては
 化学・薬学のためのX線解析入門
 入門分子軌道法
オススメ
どっちかというと専門外の人向けに書いてある
あくまで道具としての基礎知識が欲しくて、深く追求する必要ない人用かな

359 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 20:30:38.04
もの作りとして面白いことはそうだろうね。

ただ、メソドロジーの側面で進歩が遅い。結局、今のやり方でも
汎用性が十分あるから、方法の観点からの革新がおろそかになるんだろう。
つまり工学としては前途洋洋としてるが、科学としては閉塞感あり。

分析機械とか電子工学に比べてみると特に際立つ。
新たなコンセプトを伴うブレークスルーが鈍ってきている。

360 :355:2011/10/16(日) 20:36:18.68
>>358
>あくまで道具としての基礎知識が欲しくて、深く追求する必要ない人用
そうそう、そんな感じのものが良かった
基礎を知らずに使うのは怖い面もあるけど、とりあえずひと通り体系的に勉強して使えるようになりたいんだよね
基本が通じないような問題なら専門家に投げるという手もあるし

ありがとう、参考にしてみる

361 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 20:54:35.31
高分子計算用で入門編ないですか?
AmberとかproteinDFをインストールから解説してあるやつ
Linux使ったことないから付属の説明書じゃ躓いてしまうよ(;ω;)
のよタンの大学院講義にちらっとHFは書いてあったけど高分子のMDについては皆無だ

362 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 21:07:33.60
>>359
>新たなコンセプトを伴うブレークスルーが鈍ってきている。
お前さんがどういう立場の人間かしらないけど、
もし有機を専門でやっててそう感じてるとしたらさすがに勉強不足かセンスなさすぎ

有機は銅鉄主義的な研究がしやすいから新規性のない研究もたくさん報告されてしまうのは確かだが、
新しいコンセプトに基づいて分子設計、反応設計する基礎研究はまだまだ世界中で活発に行われてる
ちゃんとした目があればJACS、ACIEあたりを何冊か流し読みすれば新規性の高い良い研究がたくさん報告されてるのがわかるはず

363 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 21:50:22.53
で、ちなみにどういうのがこの頃面白いのさ?

364 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 22:12:10.54
お前ら教科書の話しろよ・・・
>>361
すぐできる分子シミュレーションってのが分かりやすかった希ガス

>>363
俺的に熱いのはmofかな

365 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 22:33:28.76
酵素並みの立体制御が出来るようなるのは何時のことやら
有機触媒はもうちょっと頑張って欲しい

366 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 22:52:43.65
すでにオワコン気味ですが

367 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 23:09:42.88
>>365
立体選択触媒はバンバンNCに出てるからな
けっこう日本勢が頑張っているぜ!

368 :あるケミストさん:2011/10/16(日) 23:28:34.67
スレタイも読めないやつがえらそうに化学を語るなやアホが

369 :あるケミストさん:2011/10/17(月) 01:12:22.29
じゃーおれっちの気に入った本を書いてったるか

教科書は
ジョーンズ→ウォーレン(原著重すぎィ)→マーチ(原著)

立体化学→炭素化合物の立体化学 (Ernest.)
分子軌道、量子化学→マッカーリ物理化学(入門)、分子軌道法(藤永茂)
全合成→Nicolaouの奴(1〜3)
分光法→Silversteinの奴
遷移金属→辻先生の薄い奴(入門)、有機金属化学(山本明夫)
実験関係→精密有機合成(鉄板)、新実験化学講座(有機の分全部、緑の奴が古いけどオススメ)、Organic Synthesesのサイト
生化学→ヴォート
反応機構→FUKUYAMA(やっとけ)


糞だと思った本→ボルハルト
あんまり好きじゃない本→人名反応のデカイ奴(便利やけど内容がつまらない)

高分子、コンビケムはよく知りません。なんか良い本ないですかね?














370 :あるケミストさん:2011/10/17(月) 07:38:42.82
>>368
おいおい小魚くえよ
いきなりキレすぎw

>>369
福やんの反応機構問題集はB問題が解けなくて焦ったwサーセンw
基礎高分子化学(たしか共立)ってのが読みやすかったよ

371 :あるケミストさん:2011/10/17(月) 08:21:59.95
>>369
ボルハルトなんで糞だと思ったの?

372 :あるケミストさん:2011/10/17(月) 11:54:16.05
>>369でないが問題が難しいというかやらしいからじゃない?
まあ合成いったら押さえなきゃいけないところなのかもしらんが

373 :あるケミストさん:2011/10/17(月) 23:29:45.39
有機の本も一長一短だけど、ボルハルトはよくまとまってて俺は好き。
サイズがデカい以外は短所はないのでは。

ところでモリソン・ボイドの章末問題って良問かな?
院試対策にやろうと思うんだけど、どう?

374 :あるケミストさん:2011/10/17(月) 23:57:26.22
>>373
院試の時につまみ食いした程度の感想だけどさ
どうもモリソンボイドの問題は一癖あるのが多かった印象がある
何年も前の記憶だから曖昧だがな

てか、今から因子対策かよ
やるなあ
外部?

375 :あるケミストさん:2011/10/18(火) 00:00:44.68
因子は四回になってからで十分

376 :あるケミストさん:2011/10/18(火) 08:32:32.39
>>374
さんくす。たしかにクセがある。本文も、なにもかも。。
でも教授薦めるんだよな。外部じゃないよ。解答が貧困なのが
引っかかってる。練習問題の解答は存在すらしないし。

377 :あるケミストさん:2011/10/18(火) 13:32:29.36
このスレで言うのもなんだけど、学部専門レベルの教科書なんて基本的な部分はどれも一緒だから
深く読み込んでるのは1冊だけって人がほとんどなんじゃない?
で、教授はそれで成功してきた人だから自分が深く読んだ本を薦めておけば間違い無いと

解答の有無は結構重視したほうがいいと思う
解答なんて邪道とか言う人もいるけど、有機は特に手を動かして問題をひたすら解くことで見えてくるものが大きい
学部専門だと反応機構の書き方を覚える段階だから、例がたくさんないと分からないことも多いしね
俺が使ってたのはブルース日本語版と英語解答集だけど、俺自身たくさん解いて覚えるタイプだから勉強しやすかった

378 :あるケミストさん:2011/10/18(火) 14:14:51.49
マクマリーはガッチリした解答集が別冊で売られてるよね。


379 :あるケミストさん:2011/10/18(火) 20:31:01.67
易しい問題を落とさない。
それだけだから、まず一回マクマリーの章末問題をやり、
そのあとは反応関連は廣川かどっかから出てる薄い本を10回
その他の部分はマクマリーを3回くらいやった。

ちなみに、周りで落ちたのはもともと有機がよくわかってないのに
1回くらいしかやらない奴等だった。

成績悪いから的を絞って勉強する!という奴の方が受かってた。

380 :あるケミストさん:2011/10/18(火) 21:26:22.60
>>379
なんだか受験みたいw
そんなに落ちた奴が多かったの?

381 :あるケミストさん:2011/10/19(水) 00:18:23.46
教授の機嫌が悪かった

382 :あるケミストさん:2011/10/19(水) 22:03:12.73
量子化学的な内容も豊富な有機の参考書を教えてほしい

383 :あるケミストさん:2011/10/19(水) 22:21:42.90
>>382
ウォーレンは「量子化学的に考えたら経験則()とか自明だろwwwプゲラwww」的なコラムが多く載ってて面白い
大学院講義の巻末にはHFのことがそれなりに書いてあった
でもやっぱり専門書には敵わないよね

384 :あるケミストさん:2011/10/19(水) 22:26:15.40
>>383
ありがとうございます。
読んでみます。

385 :あるケミストさん:2011/10/20(木) 01:46:37.06
学部生のときにほとんど勉強しなかったので、勉強し直したいのですがそんな私にちょうどよい本はあるでしょうか?

386 :あるケミストさん:2011/10/20(木) 07:53:53.78
今どこに所属してるのとか書かないとオススメできないよ。
物化系の院生なのか、他分野の会社で、必要に迫られて化学勉強したいのか

387 :あるケミストさん:2011/10/22(土) 00:55:23.42
メタノールを溶出溶媒として、逆相系の液体クロマトフラフィーで安息香酸と安息香酸メチルを分析した。
溶出時間はどちらが長いか。
また、溶出溶媒に5%の水を加えると、安息香酸の溶出時間は長くなるか短くなるか。

388 :あるケミストさん:2011/10/22(土) 20:39:18.18
有機化学の魅力は知識がなくても理解できるところ
その気になれば中学生にだって理解できる

389 :あるケミストさん:2011/10/23(日) 18:45:18.02
その気になればって・・・w

390 :あるケミストさん:2011/10/23(日) 18:58:19.85
ニートの煽りなので気にしないようにw

ところで「演習でも学ぶ有機反応機構」って本を解いてるんだけど
AはまだしもBが半分も解けないデス・・・
今M1なんですがまだまだ勉強が足りないのでしょうか
目安どんなもんなんスかねえ

391 :あるケミストさん:2011/10/23(日) 20:35:22.66
>>390
ちなみにどこの大学ですか?

392 :あるケミストさん:2011/10/23(日) 21:10:11.81
精密合成やってるところじゃないけど気になるな
まえがき見る限りは院を修了したならC問題はそこそこ説明できるでしょって感じか

393 :あるケミストさん:2011/10/23(日) 23:43:20.53
院試終わってから演習問題を解くような勉強してないな
必要性もあまり感じない

394 :あるケミストさん:2011/10/24(月) 15:39:21.93
>>390
Bまでは全部覚える。
そうすりゃ大抵の論文の反応はメカ書けるようになるし、
その頃にはCも解けるようになっているという。

395 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 00:08:51.59
マクマリー概説の後につなげるとして
ウォーレンとモリソンボイドはどっちがイイと思いますか?
周りのみんなはモリソンはふるい、ウォーレンがいいと進めてくるんですが、個人的にはふとモリソンボイド立ち読みしてわかりやすいと
思った記憶があって踏ん切りがつきません。

396 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 00:17:26.76
モリソンはWoodward-Hoffmann則に詳しいテキスト
決して悪くないよ
マクマリー概説がどの程度まで書いてるか解らないからどっちがいいかはちょっと勧めづらい
マクマリー(not概説)ならウォーレンでいいんじゃないかと思うんだけど
図書館で実際見てみてから決めたらどうよ?

397 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 01:39:13.72
385マクマリとYahoo!知恵袋

398 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 01:39:35.73
ネット

399 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 08:32:41.29
ウオーレンとモリソンはそもそもかなり方向性が違う。
院誌なら、モリソンをじっくりとやるほうが良い。
ウオーレンは合成に行きたい人が読む本だと思う。

400 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 17:05:07.31
マクマリー概説の後マクマリーやるのは効率悪いかも。
到達点も低いし、ここはモリソンかヲーレンだな

401 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 17:17:42.05
概説ってどの程度まで書いてあるん?
マクマリーなら持ってるけど概説は持ってないから解らんのよね

402 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 22:13:24.39
中途半端に概説読むくらいなら最初から本編やったほうが絶対いいよね。
教科書指定されちゃってるなら仕方ないけど。概説は化学科じゃなくて
物理や生物系向けなのかしら……

403 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 22:17:35.32
農学部とかじゃないかな
化学を専門にする学科なら概説じゃないほうが吉だと思う

404 :あるケミストさん:2011/11/10(木) 23:11:25.64
モリソン素晴らしい本なんだけど、反応機構がね……
初学者向けの詳しい解説なんだけど、一通り有機やってからじゃないと
メカニズムが詳しくないので頭に入りにくい。

405 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 00:58:08.73
逆にメカニズムが詳しいというか初心者向けなのを教えてほしい

406 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 01:45:32.27
ハートか岩波の初心者コースの有機編
これ読んで解らなかったら諦めた方がいいレベル

407 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 08:07:29.72
ハートは、内容は簡単なんだけど、
章末問題がそこそこ難しい。
だから何だって話だけど。

408 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 17:45:06.23
ちょと質問
たぶん、化学を舐めるな の一言ですまされそうだけど(それは無しでお願いします)

ある程度基礎的的な化学(有機化学)の知識(学部レベル)を本などで習得した後
実験へと進んでいきたいとすると(さすがに、設備とか試薬の点で独学は無理だよね)
どんな道があるのかなぁ?

やっぱり学士編入とか、院試受験→院ぐらいしかないのかな?
(有機化学の危険性は、都市伝説レベルで恐怖を感じているし、廃液処理なんかの
技術も相当必要なのは理解しているつもりだけど)
それでも、フラスコの中で目には見えないけど分子同士が相互作用して別のものに変わっていく
神秘を自分の目の前でやってみたなぁ〜なんて、昔から思ってたりする。

本職の人からはなめるな、の一言だろうけど、そういう実験を体験させてくれる
チャンスって異なるのフィールドの社会人にははまったくの無縁?
(まぁそもそもニーズがないし)。どっかの二部かなんかで単科で実験を履修したりとか
ぐらいかな?





409 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 17:56:40.70
たしか理科大は、科目履修生でも場合によっては実験の履修が可能だと
思った。でも費用がバカ高い(ン10万)から、化学やりたいなら
院に進学するのが一番いい。趣味で複雑な有機合成は個人ではまず無理。
(試薬すらまともに手に入らない)

今日、東急ハンズ行ったらルミノール試薬とかPH指示薬とかは置いてた。
スライム作ったり、中学レベルの化学実験なら個人でできるんじゃないだろうか。

410 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 18:00:06.39
あと、科目履修生だと実験やらせてくれるところは、上の理科大以外は
皆無だと思うから、単科で履修は不可能だと思うよ。理科大もなんか
条件あって、今やってるかどうかも怪しいが。。。お金貯めて院に行こうよ。院にさ。

411 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 18:03:02.81
一応放送大学はやらせてもらえる
あんま開講されない上に不定期だし、全国飛び回らんといかんけど

412 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 20:30:11.43
院受けるにしても大卒資格くらいは必要だろ
やっぱり大学なり行くしかないが、本格的に実験やらせてもらえるのは4年後・・・
今の学歴にもよるが、院受験資格があるなら迷わず院に行くべき

413 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 21:14:20.61
制度上、もし学士編入出来てもきついんじゃね?
なめるなまでは言わんよ。でも化学科の連中ってのは1年の時から必死こいて文献調べて徹夜でレポート書いて
友達とデータ議論して、廃液間違えそうになって先生に怒鳴られてって修羅場ってほどでもないけど
困難をくぐって3年になったわけなんだから
そこに入っていってノウハウもなしに実験に参加されたら周りも自分も先生も困ると思う。
おそらく本で知識はあるだろう。でも俺も高校の時ずっと本読んだりして実験楽勝wwwとか思ってたけど
いざやってみるとうまくいかなくてよく怒られたよ。4年になってもね。

理想は1年からやり直すのが良いけど、まあそれは社会人には無理だからな。
本気でやりたきゃ、退職してからとかがいいんじゃね。

414 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 21:30:10.80
3年の学生実験は全然知識無い奴とか、想像もしなかったような間違いするやつは普通にいるよ
試薬ビンの蓋をしなかったり、劇薬を素手で触っちゃうようなやつはザラにいる
1,2年の蓄積なんてあってないようなもん
基礎的な学力とやる気次第で3年から十分挽回可能だと個人的には思う


415 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 23:14:17.92
それどんな動物園大学?
最初の実験ですら劇薬素手で触る奴なんていなかったぞ。
まあ指示薬のビンに自分のピペット突っ込んで全部だめにした馬鹿はいたがw

416 :あるケミストさん:2011/11/12(土) 23:39:46.10
すでに仕事持ってるなら、まあ趣味とか生涯教育になるけど
そういうので院行くっていいことだと思うよ。俺も社会人だけど、
他の分野の院に行きたいなって思うことある。時間が許せば
絶対行くんだが・・・。

417 :あるケミストさん:2011/11/13(日) 18:21:33.24
趣味でやるんだったらでんじろう先生がオススメだけどな

418 :あるケミストさん:2011/11/13(日) 19:19:10.91
お話の途中スミマセンが
マクマリー(3冊)とジョーンズって到達点の違いってどのくらい差がありますか?
学校指定の本が奥山って人の本だったのですが、なんかこれだけじゃ不安を感じます
まだ有機を専門にするとは考えてませんが、どこに行っても有機化学の知識は大事だと思うので
有名参考書を1冊やり込んでおきたいです。

419 :あるケミストさん:2011/11/13(日) 20:20:03.68
ジョーンズのほうが上だとは思うけど、それほど大きな違いはない。
有名なマクマリーのほうがオススメ。さっさと読めるし
持ち運びも楽なので電車でも読める。

420 :あるケミストさん:2011/11/13(日) 20:28:24.48
>>418
二冊目は>>13-14を参考に本屋で立ち読みして好きなのを選べばいいですよ
同レベルの本なら各分野の分かりやすさに違いがあるという感じで到達点は団栗だと思います
教科書はあくまで基礎知識の習得のためと割り切って深く悩むことはないかと
(どうせ仕事で使う知識は専門書やペーパーから得ることになるので)

むしろ物理化学・量子化学・分析化学をきっちりやっておく事が教科書選びより重要だと個人的に感じます

421 :あるケミストさん:2011/11/13(日) 21:11:26.54
>>419
>>420
ありがとうございます。じゃあ自分が気に入った方を直感で選んで購入することにします。
ちなみに分析化学のスレってないみたいですが、どこで聞けばいいですか?
分析とかってあんまり本ないみたいですね…

422 :あるケミストさん:2011/11/13(日) 21:22:39.85
クリスチャンかなあ〜
本があんまないような

423 :あるケミストさん:2011/11/14(月) 07:23:57.14
クリスチャンかケルナーで大抵決まっちまうな
他にもあるけど、あまり話題に上がらない
有名大学の大学院入試とかで紹介されてる分析化学のテキストを立ち読みするのを勧める

424 :あるケミストさん:2011/11/14(月) 08:48:54.50
東京化学同人から出てるヒグソン分析化学はどうかな。勉強は
しやすいと思うけど。

425 :あるケミストさん:2011/11/16(水) 23:31:04.50
分析化学の本、クリスチャンにしました
他の日本人の本も見ましたが、やっぱクリスチャンが一番充でした
マクマリーとセットで3万近く飛びましたが(泣)
お金かけた分がんばろうと思います
アドバイスありがとうございました

426 :あるケミストさん:2011/11/18(金) 13:08:47.63
電波テロ装置の戦争(始)
エンジニアと参加願います公安はサリンオウム信者の子供を40歳まで社会から隔離している
オウム信者が地方で現在も潜伏している
それは新興宗教を配下としている公安の仕事だ
発案で盗聴器を開発したら霊魂が寄って呼ぶ来た
<電波憑依>
スピリチャル全否定なら江原三輪氏、高橋佳子大川隆法氏は、幻聴で強制入院矛盾する日本宗教と精神科
<コードレス盗聴>
2004既に国民20%被害250〜700台数中国工作員3〜7000万円2005ソウルコピー2010ソウルイン医者アカギ絡む<盗聴証拠>
今年5月に日本の警視庁防課は被害者SDカード15分を保持した有る国民に出せ!!<創価幹部>
キタオカ1962年東北生は二十代で2人の女性をレイプ殺害して入信した創価本尊はこれだけで潰せる<<<韓国工作員鸛<<<創価公明党 <テロ装置>>東芝部品)>>ヤクザ<宗教<同和<<公安<<魂複<<官憲>日本終Googl検索

427 :あるケミストさん:2011/11/26(土) 23:52:10.77
ボルハルトの章末問題むずい。。
まだ2年生だからかなあ?

428 :あるケミストさん:2011/11/28(月) 06:52:04.33
そうなんか

429 :あるケミストさん:2011/11/28(月) 09:46:25.11
合成合成で押してくるからね……<ボルハルト
でも早めにこなしたほうがいい。

430 :あるケミストさん:2011/11/28(月) 16:32:54.25
>>427
逆合成のあたりは結構鬼だよね
けどかなり前の章の復習になるからイイ!

431 :あるケミストさん:2011/12/03(土) 11:36:52.14
さすが、合成のボルハルト

432 :あるケミストさん:2011/12/03(土) 17:09:56.83
再結晶の良本キボン

433 :あるケミストさん:2011/12/04(日) 00:32:55.73
巻き矢印ならよくわかるんですが
先生がちょっとフロンティア軌道の話をするととたんにわけわからなくなります。
ものすごく基礎から書いている本があったら教えて下さい。

434 :あるケミストさん:2011/12/04(日) 15:33:48.22
フロンティア軌道論について基礎から書いてある有機化学の教科書ってこと??

それより量子化学勉強しなよ。

435 :あるケミストさん:2011/12/05(月) 11:17:35.31
ジョーンズ新しいのでないかな

98 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)