5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

OMASA-GASについて意見を聞きたい

1 :あるケミストさん:2010/10/07(木) 06:56:26
数日前、化学なんて知らん素人の俺がテレビの特集で見たんだけ
どOMASA-GASって酸素・水素混合ガスがあるらしい。
一般的には水を電気分解した酸水素ガスってのがあるらしいんだ
けど、酸素と水素が分離していてガスが安定しないんだってさ。
で、OMASA-GASってのは低周波の微振動を与えながら攪拌して
電気分解すると酸素と水素が分離したガスではなく
2つが結合したガスが出て、それがOMASA-GASっていうのらしい。
エネルギーも高いらしくてバーナーでOMASA-GAS使うとチタンや
タングステンも短時間で余裕で融点に持っていけるみたい。
またガスとしても安定していて長期保存しても安定しているし、
液体化させても良いらしい。
最近では東京海洋大学の教授がOMASA-GASで小型エンジンの稼動に
成功して、しかも元々混合ガスだから吸気口を塞いでも燃焼する
んだってさ。排気はもちろん水だけ。
でも、なぜ酸素と水素が結合して電気分解できるのか?結合の
理由とか分からないから役所も認可下ろさないらしい。
俺は化学に関してはド素人だから専門家のお前らの意見を聞かせ
てください。
過去のTV特集の映像
http://www.youtube.com/watch?v=SnK0qs9k_ic&feature=related

2 :あるケミストさん:2010/10/07(木) 07:03:04
九州朝日放送
http://www.kbc.co.jp/movie/004321.html

3 :あるケミストさん:2010/10/07(木) 11:59:30
>>1の内容からしてどこから突っ込めばいいか迷う程のものですが、
非常に簡単に言うと昔から酸素水素混合ガスビジネスって言うのがあって
(ブラウンガスとか)、その内容はいつもインチキ。化学に関してド素人の人を
騙してお金を集めるビジネスです。
そういう詐欺まがいのビジネスに報道が力を貸すのは非常によくないことですが、
昨日の鈴木カップリングの件でテレ朝がやらかしたように、彼らは科学を全く
理解していないし科学的正しさには1ミリも興味がないので仕方ありません。


4 :あるケミストさん:2010/10/07(木) 16:36:09
>>3
ブラウンガスのそれとは違うらしい。
国際特許もとられているみたい。
あとお恥ずかしながらスレタイの綴り間違えました。
OHMASA−GASでした。すいません。


5 :あるケミストさん:2010/10/07(木) 16:56:24
特許
http://www2.ipdl.inpit.go.jp/begin/BE_DETAIL_MAIN.cgi?sType=1&sMenu=1&sBpos=1&sPos=25&sFile=TimeDir_16/mainstr1286438010118.mst&sTime=1286438037

6 :あるケミストさん:2010/10/07(木) 20:31:04
なんか>>5はエラーが出て見れない。
特許庁の外国広報DBでWO-A1-03048424で検索したら、
公開されてるだけで特許は取られてないみたいね。
「ブラウンガス発生機とは構造が違う」とは書いてあるけど
「発生ガスが違う」とは書いてない。
水素と酸素が2:1の混合ガス、というのは実体として同じものじゃね?
酸水素炎の簡便な発生装置としては意味があるかもしれないけど、
それ以上のものではなさそうに思えるな。
事故が怖くて移動体燃料になんて使えないだろ。


7 :あるケミストさん:2010/10/08(金) 03:24:46
専門じゃないので知りませんがブラウンガスもオオマサガスも
ガス発生時は酸素・水素が結合状態で発生するんですか?
>>1-2にある動画ではガスの特性としても従来では見られない
もののようですが、どうなのでしょうか?

8 :あるケミストさん:2010/10/08(金) 15:08:41
>>7
従来にないどころか、酸水素ガス溶接というジャンルはとっくに確立しており、
その溶接機も普通にそこらへんで売っている。

9 :あるケミストさん:2010/10/12(火) 01:13:13
これですね。6000℃出るみたいです。
かなり安定性が高いな。

JTC日本テクノ株式会社
ttp://www.ktpc.or.jp/kp/101600/product-16.htm

原理・製法

 密閉の電解槽中に電解質を加えた水を陽極、陰極間を狭くして振動流動攪拌機
(商品名:超振動α−攪拌機)を備えて、電解液より泡を発生させることなく、水素、
酸素を多量に発生させて、高エネルギーの無公害ガスを発生させます。
膜分離して単独で、または安定貯蔵でき、使用可能な水素・酸素混合ガスを発生させます  

OHMASA−GASの特長

1.点火しても、安定的に静かに燃焼する。
2.火炎の中に水素原子及びOHラジカルが存在する。
3.生ガスには、分子状の水素、酸素以外に原子状の水素、酸素や重水素などが存在する。
4.混合ガスを圧縮しても安全である。
5.100−200気圧にしても、安全な「混合ガス」状態である。
6.長期保存しても、「成分やエネルギー」にほとんど変化が見られない。
7.多量の水(70%程度)を含んだ油とのエマルジョンでも、完全燃焼させることが可能。
8.タングステンの金属を僅か1秒程度で、気化させるエネルギーを持っている。
9.高エネルギーを発揮するため、「元素変換」の可能性があり、新しい産業の創生としての期待がもてる。
10.ナノテクノロジー分野の製造エネルギーとしても期待できる。
11.エネルギーの原料は「水」であり「無限」で、完全クリーンエネルギー。

10 :あるケミストさん:2010/10/13(水) 08:24:50
なるほどな。そりゃすげえ。


でも、俺はもっとすばらしいもの知ってるぞ。

それは、水素原子2つと酸素原子1つがくっついて分子を形成しているんだ。さらに、分子同士も弱い相互作用で結合している。
従って非常に安定していて、比較的融点・沸点が高い。常温では液体となっているが、容易にガスにすることもできる。
しかもこいつは、人体に対して無害でとてもつかいやすい。


コンビニで2L、200円くらいで売っているかもしれないが、ホームセンターだと2Lで70円くらいで売っててオススメだ。
しかし若干のミネラルイオンを含んでいるらしい。

11 :あるケミストさん:2010/10/13(水) 22:35:56
先進国は太陽電池で余った電気を電力会社が買い取る制度があるけど。
発展途上国は余った電気をこのガスの製造に使って、夜はガス発電機を回せばいいんじゃないかな?

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)