5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人どこから来たんだ?19

1 :出土地不明:2010/09/28(火) 21:21:31 ID:0LA2VbhS
◆前スレ◆
18 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284044793/

◆過去スレ◆
17 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1283789712/
16 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1280239449/
15 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1277343386/
14 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1274609639/
13 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1269416167/
12 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1266584459/
11 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1261997999/
10 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1256552822/
09 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1252776454/
08 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1248834365/
07 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1244083090/
06 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1237219924/
05 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1225715306/
04 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1217864779/
03 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1209009011/
02 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1189633821/
01 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1165607012/


2 :テンプレ:2010/09/28(火) 21:22:16 ID:0LA2VbhS
◆本スレ関連リンク◆
まとめサイト : http://taatanniji.blog99.fc2.com/
黒潮圏の考古学 : http://ao.jpn.org/kuroshio/index.html
ISOGG(英語) : http://www.isogg.org/
TripAtlas(英語) : http://tripatlas.com/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroups
ナショナルジオグラフィック : http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/genographic/project.shtml
Atlas of the Human Journey : https://www3.nationalgeographic.com/genographic/atlas.html


3 :テンプレ:2010/09/28(火) 21:26:42 ID:0LA2VbhS
 1.35000年前±α D2南方旧石器人 スンダランド → フィリピン・台湾・琉球 → 日本列島 40%
   ※氷河期に渡来した最古の日本列島の現生人類。後の縄文人・日本人の中心。
 2.18000年前±α C1貝文人      スンダランド → (黒潮ルート) → 日本列島  05%
   ※縄文人の中でも南九州を中心に貝文土器を使用した海洋民。
 3.BC4000±α〜 O3越人        華南沿岸部 → (黒潮ルート) → 日本列島  15%
   ※華南沿岸部からボートで来た海洋民。
 4.BC1000±α〜 O2b長江系      湖南・江西 → 安徽・江蘇 → 日本列島     30%
   ※長江文明を築いた種族の子孫。水田稲作民。

Indonesians (Han-Jun Jin et al. 2003):
6/36 = 16.7% O2b*(xO2b1)
1/36 = 2.8% O2b1
7/36 = 19.4% O2b total

Indonesia, West (Hammer et al. 2005):
2/25 = 8.0% O2b*-P49(xO2b1-47z)
2/25 = 8.0% O2b1-47z
4/25 = 16.0% O2b total

Micronesia (Hammer et al. 2005):
1/17 = 5.9% O2b*-P49(xO2b1-47z)

Tai-Kadai:
Thais (Han-Jun Jin et al. 2003):
1/55 = 1.8% O2b*(xO2b1)
2/55 = 3.6% O2b1
3/55 = 5.5% O2b total


4 :テンプレ:2010/09/28(火) 21:31:00 ID:0LA2VbhS
◆関連スレ◆
 LUNAMASKスレ
 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/

◆このスレに頻繁に出没する朝鮮系コテハン達◆

 土器KID・・・Y染色体を火病を持って否定するコテハン。出土物を独自のねじ曲げた解釈で歴史をCreateする。
        ツンキーデとか沿海州が大好きで、強力なツングース水軍(笑)の概念の生みの親。
        台湾を異常に敵視し火病コピペを貼りまくる荒らし。京都に縁のチョン。
        どうも台湾・南方ネガキャン→日朝同祖論が正当化されると思い込んでいるらしい。

 白馬青牛・・・Y染色体や血液型、生物科学全般を否定するマジ○○。典型的な曲学阿世の徒。
         権威への懐疑をウリにするが、自分自身が一番事大主義で権威寄りかかり僻が強かったりする。
         モンゴル系遊牧民が特に好きで、遊牧民とYAP+種族を意図的に混同しようとする。このためチベットを冒涜する。
         最近は土器KIDの影響も受けてツンキーデ狩猟民好きにも磨きがかかる。略奪民大好きな下劣なエセ教養人。
         朝鮮半島に当てはまる事柄を日本に、日本に当てはまる事柄を朝鮮にこじつけて違いを曖昧にするのが常套手段。

 LUNAMASK(月光仮面)・・・科学的所見を独自に使って妄想の広がりを楽しまれている御仁。かなり残念なお方。
                  連投を荒らしのレベルでやりだすので、専用スレへ誘導するのが適切。

 他にドレミ、XYZ etc...

5 :出土地不明:2010/09/28(火) 22:02:28 ID:6IWeB2nq
新スレオメ,イケヌマくん

Kamomeがとんだ〜
18 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1284044793/
17 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1283789712/
16 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1280239449/
15 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1277343386/
14 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1274609639/
13 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1269416167/
12 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1266584459/
11 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1261997999/
10 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1256552822/
09 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1252776454/
08 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1248834365/
07 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1244083090/
06 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1237219924/
05 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1225715306/
04 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1217864779/
03 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1209009011/
02 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1189633821/
01 http://mimizun.com/log/2ch/archeology/1165607012/

6 :出土地不明:2010/09/28(火) 22:08:23 ID:jlCgR1tI
発生起源地をまとめてみよう

O3=東南アジア
O2=中国南部、東南アジア
O1=東南アジア
D1=チベット
D2=日本
D3=北方アジア
C1=日本
C2=オセアニア
C3=東南アジア

7 :出土地不明:2010/09/29(水) 00:09:44 ID:MSg8vk1F
>>6
D3とD1が、混線してる感じよ。

D3はチベット。ほかの地域にはゼロ。
D1は、東南アジア、海南島、モンゴル、朝鮮半島にチラホラ。

8 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/09/29(水) 01:15:26 ID:D5XN/fm0
前スレの
>>970
東が武士云うて、西も武士じゃに。しかも日本で東西戦争なんか、
戊辰戦争まで無かったよ。源平も西の熊野水軍や河野水軍も源氏側に
付いたし、南北朝期も両陣営に東西の兵がおったし、関ヶ原にしても。
ほいから日本で最初の馬の産地は河内じゃ。徐々に辺境に馬牧場を
設置し、隼人の地、日向が良馬の産地になって、次は東日本になって行く。
現地民を征服した地よのう。
>>4
また息をする度に嘘を吐くか。わしゃあ、モンゴル贔屓じゃ無いし、
チベットを冒涜したことなんか一度も無いど。モンゴル人を騙され易い
お人よし云うたら贔屓で、チベット人の盗人癖を指摘したら、冒涜に
なるんかいのう。馬鹿らしい。

9 :出土地不明:2010/09/29(水) 03:27:49 ID:fGD4IBWg
>>8
熊野水軍はもしかして、藤原方?
藤原方水軍
河野・阿波・少弐
源氏方水軍
渡辺・村上
平氏方水軍の松浦党は、渡辺氏諸流の水軍松浦氏で、壇ノ浦の戦いで源氏に返り咲いて、源氏勝利へと導いた。

10 :出土地不明:2010/09/29(水) 04:03:39 ID:SfHtEBDE
>>8
岩手の馬の産地も早いよ
http://www5.pref.iwate.jp/~aff/daichi_mori_umi/nougyou/right03.html
>岩手県では、5世紀の終わりごろのものとみられる馬形の埴輪が胆沢町・角塚古墳から、
>また、馬の歯の化石が水沢市・中半入遺跡から発見されています。

あと岩手では2〜3万年前の馬の化石が発見されている
これはいったん絶滅したと言われてるけど、はてさて

東国の馬はでかくて、莫大な金で買おうとしたんだよね、畿内の人達は

11 :出土地不明:2010/09/29(水) 07:00:28 ID:Ccjt53gl
>>8
usiのおっさんよ
俺が出しゃばってもいいのかい?
このスレ潰す気かよ


【平安期・駅馬価格】
陸奥467束
常陸・下野417束
信濃・出羽400束
近江250束
紀伊217束
河内・摂津・山城200束

12 :出土地不明:2010/09/29(水) 12:12:27 ID:5HKksb1p
4、楽楽福神社
 鳥取県山間部の日野郡には、孝霊天皇やその妻、細姫、娘の福姫を祭る楽楽福神社があり、孝霊天皇が米子市東部を流れる日野川を遡って、
日野郡の鬼を退治したと伝えています。その鬼の名は牛鬼といい、頭は馬で、胴体は牛、四つ足は猿のようであったといいます。
 楽楽福神社の祭神は、竹で目を突いて一眼を失ったため、その土地では竹を植えない。御神体が朴の木で出来ているので、
朴歯の下駄は履いてはならないというタブーがあるともされています。(「妖怪。鬼伝説の研究」若尾五雄、三一書房)
 牛鬼は、馬(←プ・マン。午=ゴ)、牛、猿トーテムの合成なので、呉(韓人)と呉系楚(秦人)の融合した勢力を表しているようです。
これを呉系楚と同盟した越(文・漢人)の孝霊天皇が退治したことになり、呉のトーテムの竹を忌むというのが理解できます。呉系楚人も一枚岩ではありません。
 神社名、楽楽福(ササフク)のササは酒や笹につながり呉系楚、フクは越を表す言葉です。《注…福(フク)/越系とした辰韓の王姓が朴で、これには瓢箪(フクベ)の意味があると三国史記は記します。》
 神体が朴の木というからには、越人は朴(ホホ)の木を尊んでいたと思われます。また、ホホは頬でもあり、大国主の手に弄ばれていた少彦名が、
飛び上がって大国主の頬に噛付いたという「紀」の記述の意味もようやく明らかになります。呉系楚人の狗奴国が卑弥呼に反旗を翻したのは既に記したとおりです。
 大黒(大国主)、恵比寿(→蝦夷、事代主)、お多福(福姫)、全て頬が大きく膨らんだ瓢箪(ふくべ)顔に描かれ、そして、これはホホホという笑みにも結び付きます。
また、朴は榎(えのき、ゑのき=越の木)の意味にも使われますから、全てが矛盾無くつながるのです。

弥生の興亡  三、帰化人の真実    塚田敬章
http://www.eonet.ne.jp/~temb/5/kika_4.htm

13 :素人です:2010/09/29(水) 12:28:00 ID:ND4+zPAg
素人です。お教え下さい。
アイヌの人々は、掘りが深く、毛が多いようですが、南方系ですか?
それともコーカソイドと関係があるのでしょうか?
また、九州南部と東北はアイヌのDNAが多少多いとかあるのでしょうか?
西郷さんの写真をみるとなんとなくそんな気がしました。
アイヌの方々を蔑視するのではなく、純粋に疑問です。アイヌの方々は
日本人であり、差別するという気持ちで書いてはいません。念のため。

14 :出土地不明:2010/09/29(水) 13:24:58 ID:SfHtEBDE
>>13
アイヌはかなり昔(2万年ぐらい前?)から日本人と別の集団として生活したようです

数万年前に最初に日本に来たと思われる集団は、南方から来て日本に定着し
そのときは南も本州も北も一緒だったと考えられます

最初の移住が北の端と南の端に残っていたと言う事でしょう
日本人と呼ばれる集団は歴史上かなり多くの移民を受け入れており
全国的に余り隔たりが有りません

アイヌも北方系とミックスしてますので、原日本人としては同じですが北方系と混ざってアイヌになり
南方系や中華と混ざって日本人になりました
あと沖縄は南九州にはポリネシア系も少し入っています

15 :出土地不明:2010/09/29(水) 15:09:08 ID:MSg8vk1F
>>13
とりあえず、このページいかが?
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn4/004_08_2Ysennsyokutai_karamita_sosenn..html

北海道アイヌ男系Y遺伝子:D2 88%, C3 12%
本土日本人のアイヌ率(D2遺伝子):全国平均 35%、東京40%
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA#Y.E6.9F.93.E8.89.B2.E4.BD.93.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E7.B3.BB.E7.B5.B1.E5.88.86.E6.9E.90

上記の様に日本人男子の基層はアイヌ遺伝子Y-D2です。アイヌは、
3万年〜4万年前、南方スンダランドから渡来したとする説を
ナショナルジオグラフィックの最新データを使って 遺伝学者の
Spencer Wells 氏が唱えています。それと相関するかの様に、
アイヌの歯は、スンダドントと呼ばれる南方系歯形です。
アイヌが渡来したスンダランドとは3万〜4万年前の氷河時代、
海水が南極北極に厚い大氷河として集結した為、地球の残りの海水面が
低下し海底が露出して陸地と成り、東南アジアとフィリピンと
インドネシアが露出海底でつながって、一つの陸地に成っていた所です。
そのスンダランド陸地から、Y-D2(アイヌ)は、漁をしながら北上、
沖縄、九州〜北海道へ拡散したと言うのが Spencer Wells 氏の説です。
スンダランドは、氷河期が終った1万年〜8,000年前頃、南極北極の
大氷河が溶解して地球の海水面が上昇した時、陸地の多くの海岸線が
水没して、現代の地図にある様な日本列島、インドシナ半島、
フィリピン、インドネシア等に分離したので大陸ではなくなりました。
アイヌのコーカソイド説は、男系Y遺伝子からも、女系ミトコンドリアの
遺伝子からも、両方をもって完全否定されています。
アイヌは、日本列島に於ける旧石器の分布から、3,5万年前頃、
日本列島に渡来し、2,5万年前頃、北海道へ北上したとする説が
有ります。そこへ、1,5〜2万年前の地球最寒冷期にシベリアから
サハリン氷床を歩いて、ブリアートモンゴル( Y-C3)が北海道へ渡来、
その後もY−C3系の極北人がサハリンから渡来して、北海道アイヌと
混血し、北海道アイヌに成りました。本州に残ったY-D2(アイヌ)は、
その後、東南アジア、中国長江、朝鮮半島などから次々に渡来した様々な
人々と混血して本土日本人に成りました。北海道アイヌも本土倭人も、
そして沖縄住民も遺伝子の基礎に、日本列島に最初に渡来したアイヌの
遺伝子Y-D2を大きく共有する日本人です。
アイヌの毛深さが何時頃から有るのか存じません。ただ、シベリアや
モンゴル、朝鮮半島、中国華北など、アジアの寒冷地の人々
(Y-C3系統やY-O3系統、Y-N系統の人々)は、アジア人でも色が
アイヌより白く、アイヌより目が細く一重瞼で、背が高く、男でも
毛が乏しく、顔面手足ツルツルの人が多い様です。ヨーロッパ人は
北欧でも毛が深く、二重瞼なので、アジアとヨーロッパでは、遺伝子が
違う方向に変化した様です。

16 :出土地不明:2010/09/29(水) 17:43:19 ID:4GJEDiJX
>>13
単独の遺伝子の変異タイプがすなわち民族を表すものではありません。

また、多様な遺伝子の交雑と生活環境・その文化体系が民族を作り出すのであって、現在ではコーカソイド・モンゴロイドといった人種の概念自体が崩れつつあるようです。

そう、人類の人種は一種類だけ、ホモ・サピエンスのみ、という考え方です(若干、旧人との交雑も確認されているようですが)。

というわけでアフリカからスタートした人類遺伝子がどう変異し、どう移動し、どう交雑して現代の民族が出来上がったのかを考えているわけですが……。

とっつき易いY-DNAでいうと、アフリカ居残りY-A・B型、出アフリカY-C型、YAP+のY-D・E型、アンダマン避寒?のY-F系、スンダランド避寒?のY-K系の五つの大まかなグループに分けられます。

そしてそのうち、YAP+という特徴的な遺伝子を持つY-D・E型は中東で分岐して大氷河期のなか、E型は地中海全域に、D型は東アジアへと広がって行きました。

Y-E型は、いわゆる白人の主要構成遺伝子ではありませんが、環地中海染色体と呼べるほど、南欧・中近東・北アフリカと広範囲に広がっている遺伝子です。

単独の遺伝子が民族を決定するのではない、そのとおりに南欧人、中東アジア人、アフリカ人の外見に潜んでいるのがY-E型染色体なのです。

そしてこの染色体に遺伝的に最も近く東アジアでは日本とチベットだけにまとまって残るのがY-D型染色体であり、このうち2万年前前後、日本で分岐したのがY-D2系です。

Y-D2系は縄文期を代表する染色体で、今でもアイヌから琉球まで日本中に残る日本人最優勢遺伝子なのです。

現代アイヌにおいてもその血統は強く、彼らの血統の9割がたはY-D2が占めています。

彼らはあまり弥生人と混血することなく、我ら日本人の祖先に近い特徴を現代に伝えているといえるでしょう。

そうしたわけで縄文系の血統が強い人の中には、最も遺伝的に近い環地中海染色体Y-E系の特徴を外観に持つ人(特にコーカソイドみたいなというわけでなく)も見られるというわけです。


17 :16:2010/09/29(水) 18:15:34 ID:4GJEDiJX
>>13補足

東北から北琉球まで(南琉球は別)そんなには日本人の遺伝子構成比率は変わりません。

が、九州は若干縄文系が少なく、弥生系が強いデータが出ているようです。

そしてアイヌは縄文系が強いと書きましたが、アイヌ=縄文人というわけではありません。

同じY-D2型でも北方ルート・南方ルート別々に日本に到達し異文化を育んだ勢力が何派かあることが分かってきています。

同じ縄文期に歴史の異なるY-C1、Y-C3といった違う一派と混血した部族があったことも文化的差異を生んでいるのでしょう。

そうしたいくつかの小文化も今では失われてしまっていますが、大きな括りである日本民族が内包する大和民族・アイヌ民族・琉球民族、その各文化はこれからも大切に未来へと伝えて行くべきと考えます。


18 :出土地不明:2010/09/29(水) 19:50:40 ID:qG9sgrId
アイヌやインディオみたいなのが大陸にも住んでたんだけどね。
大陸では混血もしないで消えてしまった。

19 :出土地不明:2010/09/29(水) 20:06:27 ID:qG9sgrId
>>14
>日本人と呼ばれる集団は歴史上かなり多くの移民を受け入れており

どうかな?半島や大陸や東南アジアに比べるとかなり少ないと思うけどね

20 :出土地不明:2010/09/29(水) 22:34:44 ID:kSyNQsSa
>>17
民族で民族を内包してどうすんだよw
だから東シナ海で米中の態度がでかいんだよ。まあ今更言ってもあれだが。

21 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/09/29(水) 22:53:22 ID:D5XN/fm0
>>9-10
熊野水軍は、源平の治承、寿永の乱じゃあ、結局源氏側に味方したんじゃが
のう。松浦党渡辺庶流じゃ云う根拠も無いし、渡辺氏自体も嵯峨源氏系か
どうかも疑わしいけんのう。家系偽装なんかやりたい放題じゃし。
まだ、>>11関東蛙君の、関東八平氏の金子の高句麗系は拒否するが、
清和源氏村上氏が高句麗系と考察しとる方がましじゃ。あんたら、
Y染色体カルトは偽家系系図信仰が強いけんのう。
岩手の馬産地は遅いわ。
http://sky.geocities.jp/sabutyan66/page017.html
まあ、284年は大和、百済さえ国家成立しとらん時代の電波じゃが、
初期の馬飼育は河内からで、百済系、高句麗系の多かった598年の
「甲斐の黒駒」隼人の地である「日向の駒」と、記紀を反映した8世紀は、
東北の馬はまだ注目度が乏しい。東北が注目されるんは、平安期じゃ
のう。
東国の馬の体格は、おそらく上代も、西国九州たぁ大きかったろう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9C%A8%E6%9D%A5%E9%A6%AC
在来8種でも、道産子、木曽馬より、野間馬や名高い「日向の駒」の
御崎馬もやや小型じゃ。まあ荷駄馬ならやや大型でもええが、
乗馬用にやや小型の馬でも劣っとらんし、蘇我氏の日向馬好みも、
間違うとらんよ。まあ同じ蒙古馬系統じゃし、北の方が体高が
多少高いだけの差しか無い。ほいじゃが、岩手の馬の化石じゃの
妄想しとるが、中世のもんじゃ無いんかい。

22 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/09/29(水) 23:36:35 ID:D5XN/fm0
>>11
関東蛙君、久しぶりじゃのう。
駅馬の荷駄挙げても意味があるまあに。まあ、各地の馬は河内へ送られて、
再飼育したけんのう。
見ての通り。このスレは最初からYカルトの妄想で潰れとるよ。(笑)
>>12
チベット羌系と関連が深い、西戎系の牧畜民秦さえ、呉越たぁ馬鹿タレ
じゃろうて。(笑)
>>13
アイヌは形質からは南方形質ですが、文化的、単一遺伝子じゃのうて、
総合的遺伝子からは北方系ですね。
九州南部は東北北部ほどでは無いにしても、縄文形質の残存度が
強いだけです。まあ、西郷さんの肖像画は、縄文形質ですが、
人斬り半次郎こと、桐野利秋さんは、北方渡来形質ですね。
じゃけぇ、顔立ちからして女にモテタんでしょうけど。
アイヌの方々や琉球の方々が日本人かどうかは、彼らがどう考えるかの
問題で、本土日本人が押し付けることじゃあ、ありませんね。
>>14
アイヌは本土縄文人とも形質の近い、縄文系。2万年前の連中なんか
縄文人に滅ぼされ、種はほとんど残っとらんよ。
琉球人も港川系は少数派で、九州から南下した、縄文、弥生、
古墳の連中が主流よ。
南方系なんかほとんど、日本人に少ないし、ポリネシアからの移住なんか
無いけんのう。あんた妄想電波マンじゃのう。
>>15
また、精度の低いY単一遺伝標識で、原住民に思い入れが強い、
スペンサー・ウェルズ氏じゃあのう。(笑)
原住民なんか、新移民のもたらす疫病で死に絶え、主流になれるわけ無い
じゃないか。(笑)
>>16-17
あんたの脳内妄想で崩れても、モンゴロイド・コーカソイドの違いは、
見た目で解ることよ。ABO血液型のA型が日本人とドイツ人が共に
多いゆえ、同種になる云う短絡の延長にY染色体カルトは、おるけんのう。
日本人は近隣の民族、北東アジアに近い種族なんが当たり前のことじゃ。
mtDNAじゃあ、宝来氏なんか、琉球人たぁ、朝鮮人の方が本土日本人に
近いとされとるし、容貌から当然のことをYカルトは、盲目な狂信性で
感情的否定したがるけんのう。
>>19
東南アジア系の容貌なんか、本土日本人、特に西日本人にゃあ、
少ないけんのう。残念じゃのう。(笑)

23 :出土地不明:2010/09/30(木) 00:29:06 ID:SwTiPwY2
>東南アジア系の容貌なんか、本土日本人、特に西日本人にゃあ、
>少ないけんのう。残念じゃのう。(笑)

半島や大陸や東南アジアの方が移民を受け入れてるってことだろ

24 :出土地不明:2010/09/30(木) 00:43:54 ID:nqVRfGtX
馬は戦国時代が終ると余り役に立たなくなり
エサを食わない小型の馬が好まれたんで
江戸時代に小型化してる
現存する在来種はまったく参考にならないよ
しかも農耕馬しか残ってないしw
つーか農耕馬として品種改良されたのが江戸時代以降の馬、小さくて当然

戦国時代以前の馬は主人と一緒に戦う馬だった
噛みついたり蹴ったり体当たりしたりと気の強さが好まれた
気が強くてデカイ=最高の馬

25 :出土地不明:2010/09/30(木) 01:08:45 ID:nqVRfGtX
平清盛の馬「望月」も東国産、名馬の誉れ高い「生食」も東国産だった

26 :出土地不明:2010/09/30(木) 01:43:49 ID:9oo3QLrR
鎌倉〜室町〜江戸時代と馬の質が悪くなっていったのは確かなようだ。
御崎馬は藩経営の牧で養育された乗用馬だったが、馬体は小さかった。
木曽馬は農耕運搬用だね。
古代畿内の近都牧なんつうのはお笑いの種くらいにしかならんだろう。

27 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/09/30(木) 02:20:57 ID:m9SF4f87
>>24-25及び>>26
江戸期に馬が小型化したかどうか、江戸期の地域別の馬の体高資料は
知らんよ。北へ行くほど体高が高い方が人間同様信憑性があるし、
蒙古馬でも韓国の済州馬のように、島で飼うと小型化するんかも
解明出来んよ。ほいから小型馬は高句麗にもおったよ。
「果下馬」よのう。乗馬目的じゃあ、困らんけんのう。
戦国時代でも騎馬戦闘なんか少ないよ。
http://www.spacelan.ne.jp/~daiman/rekishi/takeda04.htm
下馬戦闘がほとんどじゃ。まあ日本の馬は輸送力に使われた程度で
荷駄馬よのう。東日本の習俗は、特に荷駄用に使用するけぇ、
蝦夷軍の馬も実際はほとんど荷駄用じゃったろう。
日本や西洋は騎馬戦が行える地域じゃ無いけんのう。
大陸の広い平原で迂回殲滅出来る地域じゃ無いと無理じゃ。
ほいから東国の望月の馬じゃろうと、普通荷駄で河内の馬飼いが
飼育してこそ乗馬用になるんじゃ。
畿内が水辺で放牧するんが百済系で、東国の山麓で放牧するんが
高句麗系と森浩一氏は云われるけど、わしゃあ、河内の渡来系の
水辺放牧は、満州水辺の多い扶余や西の鮮卑の影響じゃないかと
思うのう。

28 :出土地不明:2010/09/30(木) 02:51:17 ID:gyFh7QAl
別に野原駆け回る訳じゃなくて、道を駆け抜けたんじゃないかな?
情報が伝わる前に馬を飛ばして抑えてしまえば戦いに勝利できたんじゃないのだろうか?

問題はそんな全国ハイウェイがいつ出来たかってことだけど。

29 :出土地不明:2010/09/30(木) 06:22:01 ID:SwTiPwY2
朝鮮半島の先住民なんて遺伝子にも残ってないわけだし、移民どころじゃないな。
そのまま大陸移民の国だわ。
一万年前に発生した遺伝子が多数を占める中国や東南アジアも同じ。

30 :出土地不明:2010/09/30(木) 06:25:49 ID:CreHkvJh
アイヌは目が緑色の人もいる


31 :出土地不明:2010/09/30(木) 06:56:28 ID:NF47zfdH
緑内障か?

32 :出土地不明:2010/09/30(木) 08:54:35 ID:+odMpwx9
>>29
蒙古人こそ大陸のヌシであるw

33 :出土地不明:2010/09/30(木) 09:28:16 ID:8Awe7/pA
>>32


34 :出土地不明:2010/09/30(木) 09:57:58 ID:nqVRfGtX
>>29
残っていないんでなくて元々居なかったと考えるべき
氷河期の半島はただの乾燥した山岳地帯
南部の海岸付近に少し人が住んでた可能性が有るぐらい

同じように東アジアの大陸(中国、モンゴル)も大河沿い以外は
人が住んでいた可能性は非常に少ない
それが温暖化後に生存に適した環境になった、そして衝突地帯になる
環境の変化が民族移動を起こし戦争の生み出す

日本はそれらと無関係だったけど、約2千年前に半島南部の領土を奪われた事で
戦争に巻き込まれ、国内にも多くの争いが起こったと考えられる
結局は半島を放棄してしまう
モンゴルや中国からの軍事圧力に対抗するのは半島の戦力だけでは無理で
日本は常に戦力や戦費をつぎ込まなければならず、負担が大きく国が疲弊してしまう
よってこれは正しい判断だったと思う

35 :台湾人って漢民族だよね?:2010/09/30(木) 17:51:37 ID:+Yt7vX/k
パイナップルの歴史

■沖縄に入った時期

14世紀から16世紀、琉球王国は大交易時代。地の利を生かし、西の明(中国)、東南アジアのルソン(フィリピン)、シャム(タイ)、マラッカ(マレーシア)
との貿易が盛んに行なわれていました。その頃伝わった代表的な物が泡盛です。
ただ、パイナップルは比較的遅く、1866年石垣島沖で座礁したオランダ船から、川平湾に漂着したパイナップルの苗が、沖縄に伝来した最初とされています。
沖縄本島では1888年に小笠原から輸入されたものが国頭郡に広がり、1927年には、現在の主力栽培品種である、スムースカイエン種が本部町伊豆味に導入されました。
石垣島では1930年に台湾からパイナップルの苗が運び込まれ、1935年には林発氏等を中心に、台湾から栽培農家53農家が移住して、本格的なパインの生産が始まりました。

http://www.nagopain.com/history/index.html

36 :出土地不明:2010/09/30(木) 17:59:41 ID:9oo3QLrR
望月の牧と河内の馬飼いなんて
相容れられない時代の壁があるわ
はいはいバロスバロス

37 :出土地不明:2010/09/30(木) 20:14:49 ID:U5i5wHXQ
>>14
アイヌが南方から来たんなら、なんでアイヌ語と南方の言語に
共通性が無いんだ?
むしろアイヌ語は北アジアやアメリカ大陸の言語に
共通性があるんじゃないの?
まあいわゆるマンモスハンターでしょw

38 :出土地不明:2010/09/30(木) 21:01:31 ID:DS3Fneff
日本語がD2系の言語、アイヌ語がC3系の言語の可能性が高い。
アイヌは父系ではD2が圧倒的だが、少数派ながら
日本人としては例外的に津軽海峡より北がホームランドのアイヌにのみC3が1割程度存在する。
だからアイヌはD2系の日本人の重要な部分だが、D2系の代表とは言えないだろう。
父系ではD2系が強く、母系ではC3系の血もそこそこ引いて言語的な影響を受けたと看做せる。

アイヌ以外の津軽海峡より南がルーツの日本人は、おおまかに
父系でD2半分弱、母系でD2に対応する血統3分の2程度ではないでしょうか。


39 :出土地不明:2010/09/30(木) 21:13:39 ID:Yx85JMHF
日本人はO脚が多いといわれますがアイヌはどうなんでしょうか?

40 :出土地不明:2010/09/30(木) 21:39:45 ID:JKIehTSd
遺伝子で言語を決めることはできないだろうなあ
中国人と韓国人とベトナム人に最多なのはO3だけど言語が違うし
アイヌ、本土、沖縄はどこも最多はD2だけどアイヌと本土は言語が違ってた

41 :出土地不明:2010/09/30(木) 21:46:59 ID:nqVRfGtX
>>37
じゃあ世界中の人類はアフリカから来てるが
なぜ世界中の言語にアフリカと共通性が無いんだw

時代と外部要因だよ
離れてから何万年も経ったり外部勢力の流入で変化する
南方はポリネシアと言う新勢力の拡散が5000年前頃から有った

42 :出土地不明:2010/09/30(木) 21:52:02 ID:DS3Fneff
言語の場合は母系の遺伝子と共に、被支配者系のものも結構残りやすいらしい。

朝鮮はツングース系(アルタイ系)のC3が基層で言語もそうだが、
父系のY染色体ではほとんど中国化された極端な例だね。
朝鮮と共に歴史的中華文明圏の一部のベトナムも、父系で結構中国の影響が大きい。


43 :出土地不明:2010/09/30(木) 21:52:25 ID:nqVRfGtX
>>36
古さ勝負なら岩手もイイセン行ってないか?
馬の質ならずっと東国でしょ
河内は名馬の産地だったのか?
東国の馬に負けてないか?

44 :出土地不明:2010/09/30(木) 21:58:36 ID:gyFh7QAl
>>38
むしろアイヌがDの言語で、日本語はCを基層にしてDとOの語彙で上書きされてるんじゃないかな?

45 :出土地不明:2010/09/30(木) 22:19:34 ID:DS3Fneff
>>44
それは極端だが、D2とC1のハイブリッドが基層で、D2が主軸・中心で、
O2b(この長江由来弥生系も母系は太陸沿岸部に残っていたD系に近い可能性が高いが)
の影響を強く受けた可能性はあるかと。

でも多分渡来順でD2が最古、その後にC1、O3、O2bあたりなので、
D2が基層でこれが中心として維持されながら、
C1(ポリネシア語系)、O3(母系や言語ではC1に近い?)、O2b(母系や言語ではD系全般に近い?)
が影響を与えてきた言語が大まかに日本語かと。
もちろん沖縄ではC1の影響がやや大きいとかバラエティはあるだろうけどね。


46 :出土地不明:2010/09/30(木) 22:24:13 ID:DS3Fneff
>>45一応補足
> O3(母系や言語ではC1に近い?)
これはあくまでも日本に暖流に乗って渡来したO3系のことで、
北上したアルタイ系混血のO3系やO3全般のことではないです。


47 :出土地不明:2010/09/30(木) 22:36:34 ID:gyFh7QAl
まあ言語は多分母系の影響が大きいんだろうな。
ミトコンドリア別に母語や方言を並べてみたらなんかわからないだろうか?

48 :出土地不明:2010/09/30(木) 22:52:21 ID:JKIehTSd
Y染色体を嫌がるねえw

49 :出土地不明:2010/09/30(木) 23:08:14 ID:gyFh7QAl
いや、幼児期に教えない発音は聞き取れなくなるらしいからね。

50 :出土地不明:2010/09/30(木) 23:15:07 ID:DS3Fneff
言語は大体、父系・母系の影響をどちらも大きく受けている事が多いようだ。
mtDNAは母系のDNAだが、Y染色体ほど明確な系統が出にくい難点はあるな。

どちらにしろ、D2系統の言語の日本語が孤立言語なのは
当然だし、兄弟言語が見つからないのは仕方が無いかもしれない。
あえて言うなら、チベット・ビルマ系言語かもしれないが、
あっちは一応O3系統中心の言語であるらしい。


51 :出土地不明:2010/09/30(木) 23:52:12 ID:gyFh7QAl
文字があるけど発音がわからない言語なんかを、遺伝子が共通の子孫の発音の共通項を探して復元出来たりすると面白いんだけどね。

52 :出土地不明:2010/10/01(金) 00:38:44 ID:3ODL2Kut
>>43
名馬どころが駄馬の産地ですらないよ
畿内産の上馬(乗用馬)よりも、東国産の下馬(駄馬)の方が評価が高かったくらいだし
河内は国牛十図に載るように良質牛の産地だからね

陸奥よりは4C後半の信濃や上野の方が古いよ
平安期以降一貫して評価が高いのは、陸奥産の大柄な馬>>11

ただ乗る人によっては、関東甲信や九州産の軽快な馬の方を好んだかもね
それぞれ好みも違ったろうから

53 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/01(金) 01:22:36 ID:Dlr9PYoS
>>23
特に、西日本人は北東アジア系容貌じゃけんのう。移民だらけよ。
>>28
馬は、情報力の早さをもたらすけんのう。七〜八世紀頃期から全国的
駅路たるハイウエイが出来とったとされとるよ。
>>34
日本の縄文期に移民が無かったわけあのまあに。(笑)
>>36
信濃・甲斐の山麓馬飼育と表現したらえかったのう。(笑)
>>43
全国的に馬飼育が急速に広まった時期じゃけぇ、岩手は早う無いよ。
河内は全国の馬を集めた場所で。>>21の612年の「馬ならば…日向の駒」と
南九州産東国の馬より評価が高いも云えよう。(笑)まあ、蘇我氏の好みかも
知れんけぇ、確実じゃないけどのう。

54 :出土地不明:2010/10/01(金) 01:27:57 ID:vYnj3U+u
>>53
答えになってねーんだよお前

>東南アジア系の容貌なんか、本土日本人、特に西日本人にゃあ、
>少ないけんのう。残念じゃのう。(笑)

半島や大陸や東南アジアの方が移民を受け入れてるってことだろ

55 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/01(金) 01:32:08 ID:Dlr9PYoS
>>52
平安期の陸奥の狄馬(蝦夷の馬)、浮奴(蝦夷の奴隷)買いを、
上代に遡らせての意味があるまあに。
日本で最初の馬飼育地は河内じゃし、河内の渡来系が
馬飼育技術が高かったろう。

56 :白馬鯖牛:2010/10/01(金) 01:34:31 ID:d8JuDHzi
日本の縄文期に移民が無かったじゃのの具体的例を出しとらんけぇ、
駄目じゃのう。(笑)



57 :出土地不明:2010/10/01(金) 03:04:31 ID:1SRB0l4n
>>55
河内馬で検索してもろくな物は出てこないな
現在の競馬ぐらいかw
退した産地だ

58 :出土地不明:2010/10/01(金) 03:13:48 ID:KOrTu6JA
>>41
お前バカだろw

しかもポリネシアンの起源ってどこだと思ってんだよカスww

59 :出土地不明:2010/10/01(金) 03:38:50 ID:1SRB0l4n
>>58
????
2度目の拡散は台湾が起源だが
どこだと思ってたの?

60 :出土地不明:2010/10/01(金) 11:44:51 ID:7pkMfNOh
>>59

>58はね、attention whore なのよ。
おーよちよち(棒。

61 :出土地不明:2010/10/01(金) 16:10:53 ID:CkKXjV1J
>>55
>日本で最初の馬飼育地は河内じゃし、河内の渡来系が
馬飼育技術が高かったろう。

権力の中心地がわざわざ馬を仕入れたんだから、当たり前だろう。
敢えて九州や北海道など、中央から離れた場所で飼育してどうする?

62 :出土地不明:2010/10/01(金) 18:07:00 ID:+AFknjgR
>馬は、情報力の早さをもたらすけんのう。七〜八世紀頃期から全国的
>駅路たるハイウエイが出来とったとされとるよ。
そんな時代の話は誰でも知っているわけで、それより前、例えば継体がやって来た頃にはどの程度あったのかということでしょう。
道なんて使わなければすぐ荒れ果てるから新たに整備させても何も不思議じゃないわけで、今だにあちらこちらでやってるでしょ?

63 :出土地不明:2010/10/01(金) 18:59:47 ID:CkKXjV1J
何故みんな、敢えて、倭王(例の五王の)の上表文を無視するのだろう?
あれはどう見ても、倭の歴代王が“日本列島”を歩き回って九州や東北の部族を
征服した話だろう。
それを大陸の皇帝に語っていると。
文面から察するに、半島の倭人の話ではないな。

64 :訂正:2010/10/01(金) 19:01:41 ID:CkKXjV1J
東北×
東や北の方○

65 :出土地不明:2010/10/01(金) 19:18:32 ID:+AFknjgR
コンキスタドールは騎馬民族と関係あるのかみたいな話じゃないか?

66 :出土地不明:2010/10/01(金) 21:53:08 ID:1SRB0l4n
>>63
倭王が中国の家臣になってしまうからでないかな
『宋書』倭国伝
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun7-sosho.htm
>詔を以て武を使持節、都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍、倭王に叙爵した。

中国の帝より倭王にたいし爵位を与え東国を平定しなさいと命令している。
こんな過去が仮に古代天皇にあったなら、記録を残したくないよねw
しかも百済も新羅も倭王の配下だしw
誰に取っても消したい過去だなー

67 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/01(金) 23:59:10 ID:Dlr9PYoS
>>54
答えになっとらんのは、われじゃろうに。
http://books.google.co.jp/books?id=szGT-dJcJRsC&pg=PA141&lpg=R#v=onepage&q&f=false
「公家を含めた近畿や山陽の人たち、日本海側の人たちは満州族に
近縁である。」と、日本人、特に西日本や公家の上流階級の
人たちは、北東アジア南ツングース系の容貌に近い。
>>56
先紅山文化の影響も、物質だけの受け入れ云う根拠もあるまあ。
縄文期も北東アジアの影響は無視出来ん問題ど。
>>57
河内 馬牧 で検索すりゃあええことよ。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4SUNC_jaJP368JP368&q=%E6%B2%B3%E5%86%85+%E9%A6%AC%E7%89%A7&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
>>61
九州や関東、後に東北じゃが、北海道は無いよ。中央から離れた
場所が牧草地になるんは、アメリカ開拓時代も同じで、
南部から西部の流れよのう。
>>62
継体朝は日本海、近江ルートで、後に渤海使節が使うた外交の道
じゃけぇ、荒らさず整備はされとったでしょう。
全国的に駅路が機能せず荒れるんは、平安中期ですからね。
>>63
倭の五王を表す文献は、日本の記紀にゃあ無いんに、
何で九州や東北何か?地名すら出とらんのに。
隋書に至っても九州で、飛鳥の記述なんか無いよ。
倭たぁ、伽耶の支配層北方木槨墓人のことじゃろうに。

68 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/02(土) 00:23:02 ID:OU6FyM18
>>66
どこに東国を平定せえ、何か書いてあるんなら。(笑)
安東たぁ、中国から見て東の第三品下の四安将軍のことでえ。
倭王が第三品下で、同時代の百済は、四鎮将軍で第三品上鎮東
大将軍じゃけぇ、倭王よりも一ランク高いけぇ、中国南朝から
拒否されたんが下の記述に百済を省く形よ。百済の方が
江南と交易関わりが強いけぇのう。ほいじゃが、北朝の影響
が強い高句麗でも、南朝も第ニ品の車騎将軍じゃけぇ、
百済やそれ以下の倭と比べ、強国であった高句麗の存在は、
大きかった云うべきか。
鎮ん

69 :出土地不明:2010/10/02(土) 00:31:34 ID:NBfAqQQ7
>>66
そんなこといったら室町幕府の立場はどうなるんだ?

70 :出土地不明:2010/10/02(土) 00:33:27 ID:0AthyEq8
ワロス

71 :出土地不明:2010/10/02(土) 00:55:52 ID:NBfAqQQ7
まあ階級なんて伝統の問題でしかないんじゃないの? 問題は権力に正統性が生まれるということであって。
そういえば、義経は朝廷から下っ端の位貰っただけで鎌倉政権から追われた事を合わせて考えると
なかなか興味深い話ではあるな。

72 :出土地不明:2010/10/02(土) 00:59:44 ID:6qkJarCI
>>67
>東南アジア系の容貌なんか、本土日本人、特に西日本人にゃあ、
>少ないけんのう。残念じゃのう。(笑)

半島や大陸や東南アジアの方が移民を受け入れてるってことだろ

73 :出土地不明:2010/10/02(土) 01:31:42 ID:NBfAqQQ7
先例やらなにやらその辺上手くやって只の百姓から上り詰めたのが太閤だよな。
それがあったからこそ明治維新もあれで収まったんだろうな。

そういえば秀吉がもし>>66に任じられていたら、その後一体どうなっていたんだろう?
彼はそれでは不満だっただろうか?

74 :白馬鯖牛:2010/10/02(土) 01:52:18 ID:WVRkSgjI
>>67
ほいじゃあ、あんた縄文文化から先紅山文化への影響について
具体的例をあげんさいや



75 :出土地不明:2010/10/02(土) 09:53:36 ID:3s84Zh52
>>68
>同時代の百済は、四鎮将軍で第三品上鎮東 大将軍じゃけぇ

そんな事どこにも書いてないと思うが、あるなら明示して見よ


76 :出土地不明:2010/10/02(土) 10:01:16 ID:3s84Zh52
>>73
卑弥呼が「親魏倭王」の称号を得て
その後に倭の五王で「安東大将軍」に任命されて
大和朝廷が出来て
遣唐使を止める

これらは繋がってるんでないかな
最初は倭国統一に「大義名分」が必要だったが統一して要らなくなったと考えられる
卑弥呼の時代の邪馬台国は倭の一国家に過ぎなかったのでは
倭国大乱も邪馬台国内部だけの話かもしれない

有力な武士も朝廷から征夷大将軍に任命してもらう事を目標に頑張る
任命されて落ち着いたら朝廷をないがしろにする様になる
秀吉は関白だったけど、彼の狙いは全アジア支配っぽいから
安東大将軍に任命されたら喜んだだろうか、さて

77 :出土地不明:2010/10/02(土) 10:01:50 ID:pUDssrVC
>>34
>(日本は)約2千年前に半島南部の領土を奪われた

ぶっちゃけていえば、半島から日本列島にやってきた渡来人勢力は
半島においては惨敗して追い出されたわけだ。

原住民にはまったく縁のない話。
本土から離れた沖縄にDがたくさんいても、
それよりはるかに近い朝鮮半島南部にもDはまずいない。

78 :出土地不明:2010/10/02(土) 11:07:50 ID:NBfAqQQ7
>>76
とりあえず、実質割譲を認めた勝利と同じだし、古の朝廷と同じ地位であれば子孫の為にも貰っといて損は無かったんじゃないかな?
朝廷と違って皇帝には実権があるわけだし、奪うとしても準備が必要だろうし。

79 :出土地不明:2010/10/02(土) 12:30:03 ID:TN29SsBG
>>73
秀吉は支那を征服するつもりだったんだよ、朝鮮は通り道ね。

80 :出土地不明:2010/10/02(土) 19:44:24 ID:NBfAqQQ7
>>79
そりゃ野望はあったんだろうけど、そのプランが伺い知れるものってなにか残されてるのかな?
それこそ家康じゃないけど一旦和睦して外堀から埋めていくべきじゃない?

81 :出土地不明:2010/10/02(土) 22:49:09 ID:3s84Zh52
>>77
地理的に釜山辺りに少し居る可能性が有ると思うが・・・

>>80
朝鮮は明の柵封国だったので、明と激突する覚悟は最初から有ったと思う
それなりの兵力を投入してる
漢城陥落までたった一ヶ月、平壌陥落まで三ヶ月ちょいしか掛かっていない
まさしく圧倒的な戦力差による電撃的侵攻だった

ただしそれ以降は兵站とゲリラと水軍に苦しむ、
兵站を日本から輸送するには困難が有ったし、現地で調達するのも無理が有った
大名の大半がやる気を失っていた(こんな土地イラネ状態だったのかも)
それでも明と互角に戦っている
結局誤算も有るが無理が有ったのは確かだろう

まあ日本から大陸を攻める場合は半島パッシングが正しいのかも
半島を経由すると無駄に消耗する

82 :出土地不明:2010/10/02(土) 23:09:54 ID:NBfAqQQ7
天津辺りに直接上陸とかって可能?

83 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/02(土) 23:30:29 ID:OU6FyM18
>>73
秀吉は被差別民出身の可能性が強いのう。
http://www.scs.kyushu-u.ac.jp/~hatt/sinanoisi.html
しかも妻の実家杉原氏も、当時差別された連雀商人じゃし。
>>74
先紅山文化から、縄文へ影響があったんで。へこさか(逆)云うなや。
はあ、ここの過去スレでも挙げたが、再度せえ云うんならそうしたろうよ。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00850/contents/010.htm
http://www.tscc.tohoku-gakuin.ac.jp/~orc/sympo/20040201-r-2.htm
蒙古東部、満州の先紅山文化(興隆窪文化)は、けつ状耳飾りじゃの、
縄文文化の起源じゃ。
>>75
どこにも書いてない?あんたぁ、南史百済伝すら読んどらんのんか。
>>76
全然繋がりが無いじゃろうに。軟弱な奴隷国の列島九州の倭である邪馬台国
と南朝鮮の倭の五王と大和朝廷云うか畿内政権なんか旧唐書に
ならんと出てこんよ。
倭国大乱は、中国の黄巾の乱と同時期で、気候寒冷化による飢饉と戦乱の
時代的現象で邪馬台国や九州だけの話じゃないど。
>>79-80
どっちにしても、朝鮮から日本軍は撤退して敗北したわい。
文禄の役で朝鮮中部まで押し戻されて、和睦後、慶長の役じゃあ、
朝鮮南部で膠着しただけじゃ。長期化するほど日本軍の不利になる。
撤退は時間の問題で、秀吉の死で、多くの日本将兵の命が救われたよ。

84 :白馬鯖牛:2010/10/02(土) 23:36:10 ID:3sONCtLj
>先紅山文化から、縄文へ影響があったんで。へこさか(逆)云うなや

印象工作しても意味アルマーニ。ほいじゃあ、大陸→列島と
考える具体的根拠をあげにゃあならんのう。
あんたタイムマシンにでも乗ってみてきたんか。(笑)



85 :出土地不明:2010/10/02(土) 23:43:59 ID:3s84Zh52
>>82
香港マカオ作戦だね
半島南西部に防御しやすい狭い拠点を作ればよい

>>83
まあ作戦ミスだね
長居しなかったのは良かったと思う

つまり半島で古代倭国を占領できるほどの兵力を育てられたかと言うと
それは無理でなかったのかと思う
古代半島戦線では中国も日本も、本国からの兵站が有ってやっと戦力を維持できてる状態だった
半島はギリギリで中原やモンゴルや倭にも出兵する余力は無かった

86 :出土地不明:2010/10/02(土) 23:56:35 ID:xtf16VVe
明=朝鮮王朝>>>秀吉

87 :出土地不明:2010/10/03(日) 00:08:42 ID:3LDtxsoV
>>83
>どこにも書いてない?あんたぁ、南史百済伝すら読んどらんのんか。

すまんかった、読んでなかったよ。

でも高句麗に負け続けた、と書いて有ったよ。どこも平定してないね
『南史』百済伝
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kudara-kanbun6-nansho.htm
面白いのはココ、参考になるね
>その国は倭に近く、身体に刺青を施す者がとても多い。
>言語、衣服、規約はほぼ高句麗と同じで、呼称では冠を帽子、複衫を襦、褌を○という。
>そこの言語は中華諸国が混じっており、また秦や韓の遺された風俗だという。

まあ中国の皇帝って、テキトウだって事になりそうw
『宋書』高句麗伝
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-kokuri-8sosho.htm
>少帝の景平二年(424年)、lは長史の馬婁らを遣わして王宮に詣でて方物を献上、遣使を慰労して曰く
>「皇帝問使持節、散騎常侍、都督営平二州諸軍事、征東大将軍、高句驪王、楽浪公、纂戎東服、庸績継軌、
>厥惠既彰、款誠亦著、踰遼越海、納貢本朝。朕以不コ、忝承鴻緒、永懐先蹤、思覃遺澤。
>今、謁者の朱邵伯、副謁者の王邵子らを遣わし、宣旨を以て慰労す。

なんか、倭や百済より遙かに上っぽいw

88 :白馬鯖牛:2010/10/03(日) 00:13:21 ID:yVRvuopA
>蒙古東部、満州の先紅山文化(興隆窪文化)は、けつ状耳飾りじゃの、
>縄文文化の起源じゃ。

またコソっと嘘吐いとるのう。
「縄文文化の起源」たあ、キズが広がらんうちに謝罪が必要じゃのう。(笑)

89 :出土地不明:2010/10/03(日) 00:13:51 ID:3LDtxsoV
こんなのもあったよ

>晋の安帝の義熙九年(413年)、高句麗王の高lは、長史の高翼を遣わして奉表して赭白馬を献上。
>以てlを使持節、都督営州諸軍事、征東将軍、高句驪王、楽浪公と為した。
>高祖が即位、詔に曰く「使持節、都督営州諸軍事、征東将軍、高句驪王、楽浪公の高l。使持節、
>督百済諸軍事、鎮東将軍、百済王の余映。一緒に海外で義を行い、遠く貢職を修める。惟新告始、
>宜荷国休、lを征東大将軍、映を鎮東大将軍にすべし。持節、都督、王、公については旧来の通りとする」。

つまり、高句麗が「征東大将軍」、百済が「鎮東大将軍」だったw

そして倭は「安東大将軍」

笑うしかないw

90 :出土地不明:2010/10/03(日) 00:21:48 ID:3LDtxsoV
>>89 は『宋書』高句麗伝
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-kokuri-8sosho.htm

91 :出土地不明:2010/10/03(日) 00:26:52 ID:3LDtxsoV
しかしこのサイトは神だな
おれでも読めるw
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-mokuji.htm

92 :白馬鯖牛:2010/10/03(日) 00:49:23 ID:yVRvuopA
>>83
はあ、ここの過去スレでも挙げたが、再度せえ云うんならそうしたろうよ。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00850/contents/010.htm
http://www.tscc.tohoku-gakuin.ac.jp/~orc/sympo/20040201-r-2.htm

ブログ事大なのう。(笑)
自分で根拠を出して説明せんと意味あるまあに。右倣え式教育のせいかのう。(笑)

93 :出土地不明:2010/10/03(日) 02:25:49 ID:H6TUk7mO
半島に高床式はないの?

94 :出土地不明:2010/10/03(日) 04:01:47 ID:Siv+4vUg
>>92
紛らわしいからウゼーよw

95 :出土地不明:2010/10/03(日) 11:37:55 ID:uJGgwRwI
日本人かどうか調べてくれる所はありますか?

96 :出土地不明:2010/10/03(日) 13:52:03 ID:I+Az0GH8
>95
http://www.nihongokentei.jp/


97 :出土地不明:2010/10/03(日) 23:07:03 ID:IU5lLFNY
>>95
つ 興信所

98 :出土地不明:2010/10/03(日) 23:25:32 ID:BpgIAgd6
日本弱すぎwww

今日の歴史(10月3日)

>1274年:高麗・元の連合軍が日本撃退

>1274年:高麗・元の連合軍が日本撃退

>1274年:高麗・元の連合軍が日本撃退


今日の歴史(10月3日)
1274年:高麗・元の連合軍が日本撃退
1953年:新刑法を公布・施行
1967年:浦項総合製鉄の起工式
1991年:北朝鮮の金日成(キム・イルソン)主席が中国訪問
2001年:国際民間航空機関(ICAO)理事国に選出
2005年:慶尚北道の尚州市民道場で圧死事故発生、11人死亡、96人が負傷
2006:北朝鮮外務省が「核実験をする」と公式宣言
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2010/09/14/0800000000AJP20100914003300882.HTML

99 :出土地不明:2010/10/03(日) 23:34:37 ID:BpgIAgd6

韓国を代表する通信社の聯合ニュースの歴史認識

聯合ニュース(れんごうニュース)は大韓民国を代表する通信社である。
1980年設立。本社をソウル特別市鍾路区に置く。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

100 :出土地不明:2010/10/03(日) 23:44:42 ID:3LDtxsoV
>>98
1274年て元寇だろ
高麗・元の連合軍がまともに上陸も出来ずに全滅した年だが
朝鮮人はそれさえ誇りなのか・・・
あわれだな

101 :出土地不明:2010/10/03(日) 23:56:34 ID:M3VbBHYM
元寇よりも1019年の刀伊の入寇のほうが」重大です。
刀伊の習性は、現代の朝鮮人の習性そのものです。

102 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/04(月) 01:29:14 ID:7Pqdr0be
>>87
第二品車騎将軍の高句麗>>第三品上四鎮の鎮東大将軍の百済>第三品下
四安の安東大将軍の倭。云う序列じゃ。笑うても意味が無いけど。
>>88-92
どこが嘘なんか、提示しんさいや。ブログが間違うとる思うんなら、
どこか指摘して、違う云う見解の根拠を書かにゃあ。
>>101
刀伊は女真人であって、朝鮮人じゃ無いど。刀伊の拉致で日本人の一部を
救うたんは女真と対立しとった高麗じゃに。(笑)
刀伊の拉致習性は、日本人が朝鮮の役で朝鮮人を拉致し南蛮人に売った
ことや、戦前同胞の日本人を売買した九州の「からゆきさん」(娘子軍)
拉致の習性は、どこが起源になるんかのう。(笑)

103 :出土地不明:2010/10/04(月) 02:29:14 ID:NcFoVItn
>蒙古東部、満州の先紅山文化(興隆窪文化)は、けつ状耳飾りじゃの、
>縄文文化の起源じゃ。

分からないのか?おまえは「先紅山文化(興隆窪文化)は縄文文化の起源」
という書き方をしているが、上の文章が書いてある通りの意味なら、確実
に嘘だろうが。それともこの文章は「先紅山文化(興隆窪文化)」は「縄文
文化の起源」という意味で書いたのではなくて、文章表現が拙くて読み取
りにくいだけなのか?釈明が必要だな。

104 :出土地不明:2010/10/04(月) 02:58:50 ID:g0N2lQYv
北海道→本土
中国南部→直接九州
まぁほとんどこのルートだよ

奈文研飛鳥 資料館で企画展 出土品語る、旧石器時代

細石核は「クサビ形」「角錐(かくすい)状」「舟形」に分類でき、
中国での最近の発掘成果などもまとめて分布を調べた結果、
クサビ形は中国東北部から当時は地続きの北海道を通じて東日本を中心に広がり、
角錐状や船形は中国南部から直接九州に伝わってきたらしいことが明らかになったという。
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/nara/100727/nar1007270256001-n1.htm

105 :出土地不明:2010/10/04(月) 07:57:23 ID:0y18uxFW
>>104
それらは石器の流行の分布だから人の交流の証拠だけど
人が移住してるとは限らないんだよね

あとはこれをどう理解するか
先走って日本に来た奴らがいたと言う事か、全部6万年前と言う事か
最古級の石器さらに70点 長崎・平戸の入り口遺跡
http://www.47news.jp/CN/200410/CN2004101201002722.html
金取は8万5000−5万年前 遺跡発掘調査委が結論
http://www.47news.jp/CN/200403/CN2004030401003048.html
旧石器は12万〜7万年前か 砂原遺跡、調査団が新見解
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052301000347.html

106 :出土地不明:2010/10/04(月) 11:34:56 ID:Lpl5rQ4p
12万年前とかそれはもう人類じゃないだろっていう

107 :出土地不明:2010/10/04(月) 15:22:42 ID:t9Wsf5w0
それは間違い人類をどう分類するかの話。
ゴリラ・チンパンジー・ボノボ・ヒトをまとめて人類と分類するんだよ。

108 :出土地不明:2010/10/04(月) 19:36:40 ID:pW0te2DV
渋谷で大規模なデモ行進
http://www.youtube.com/watch?v=N-JUoA8CMgc


109 :出土地不明:2010/10/04(月) 23:57:23 ID:rRg3jZ4l
>>107
人間の先祖ではないし

110 :出土地不明:2010/10/05(火) 04:47:32 ID:7oCjwXKf
誰も本当の事いわないけどさ、
人はチンパンジーと混血出来るよ。
犬や猫は遥かに遠い種とも混血出来るんだから。

現在ヨーロッパには猿がいないが昔はいた。
金色の毛と緑の目のオラウータンのような姿形で
人間よりやや小型だったらしい。
要するにあいつら、その猿との混血なんだよ。




111 :出土地不明:2010/10/05(火) 12:16:04 ID:2yzqW8cu
LUNAわぉ〜MASKがこないと思ってたら、
なんかとんでもないキチガイが沸いて出てるな。
「薄ら馬鹿牛」とでも命名するか?

112 :出土地不明:2010/10/05(火) 14:05:15 ID:7oCjwXKf
どのキチ外の事?

113 :出土地不明:2010/10/05(火) 14:19:02 ID:DIc1JbVv
髪の脱色と青目はアルビノだよ。
うち猫飼ってて黒猫が三つ子の黒猫産んだんだけどそのうち一匹がアルビノだった。
三匹とも体型全く同じなのに一匹だけ色が脱色して目が青い。
普通はアルビノとその中間てのはいないはずなんだけど環境によって白人はアルビノでいることの有利さによって
中間種が生まれたんじゃないかと思う。
ちなみに三つ子は親近相関で産まれた。

114 :出土地不明:2010/10/05(火) 14:39:47 ID:3e2LJWmc
ネアンデルタール人と混血したって説も有る
ネアンデルタール人は白い肌で赤毛
アフリカ人以外には全部ネアンデルタール人の遺伝子の影響が有るって説も有るぞ

>>113
アルピノの目の色は赤色になる
青い目はアルビノと呼ばない
白くなってもアルピノでない場合を白変種と呼ぶ

115 :出土地不明:2010/10/05(火) 14:42:18 ID:L4V+MHXj
>>114
アルビノで赤くなるのは普通は真っ黒の瞳孔。虹彩は普通に青とか灰とか緑とかになる。

116 :出土地不明:2010/10/05(火) 15:11:12 ID:z9BMI1Re
>>114
目の中心はやっぱり赤いですよ。その周辺が青い。

117 :出土地不明:2010/10/05(火) 15:33:21 ID:7oCjwXKf
まあ、マジレスすると
白人はさかのぼっていくとたった一人か、ほんの数人の人間に行き着くらしいな。
遺伝子だけじゃなく持っているウイルスやら染色体の偏倚差でもそれはほぼ証明されているらしい。
そいつが生まれた時期はウルム氷期の最寒期で、
ヨーロッパ大陸が1000メートルの氷河に覆われていた時らしい。
アイスランドの火山の地熱を利用し生活し、海獣をとっていたらしい事も解っている。
ほぼ完全な肉食だったために体が大きくなった。
白人の白人たる所以、白い肌と金髪碧眼は北にいくほど多いのはそのためだそうだ。
肌が白くなった理由はシロクマと同じ理由らしい。つまり氷原においては白い方が有利で、
黒い連中はみんな飢えて死んだが、たまたま白く生まれた奴が氷期をのりきった、と。

118 :出土地不明:2010/10/05(火) 15:42:08 ID:7oCjwXKf
まあ、時代的にはクロマニョンの頃だし
この辺に奴らが頑に認めようとしない
猿の子孫という事実の隠蔽工作があるとみてるがなっ

119 :出土地不明:2010/10/05(火) 17:38:08 ID:3e2LJWmc
>>116
アルビノにも程度があるのでは、アルビノ猫
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5a/Albinokatze.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2126674223638193901/2126674440938342602

>>117
金髪碧眼が発生したのは中央アジアという説が有る、突然変異ぽい
そこから北に移住し今は北欧に多い
金髪碧眼は実は寒冷地適応では無いのだ
北欧の人達は黒海周辺や中央アジアからの移住者

アイスランドに古代遺跡有ったかな、バイキングが最初のような気もするが
グリーンランドは古く約4000年前先住民はなんとモンゴロイドだった

120 :出土地不明:2010/10/05(火) 17:43:15 ID:3e2LJWmc
>>118
最近は逆に、ネアンデルタール人の脳容積はクロマニヨンより多い
よってネアンデルタール人の方が新人類だった
白人は優秀なのだ
という印象操作が始まりつつあるw

121 :出土地不明:2010/10/05(火) 18:07:00 ID:O4FFYqV3
八岐大蛇アルビノ人説ってあるのかな?

122 :出土地不明:2010/10/05(火) 18:56:02 ID:2yzqW8cu
このスレで
MTDNAもY-DNAも理解せず、
ヴュルム氷期終了後に誕生した白人のことさえ理解しない、
オカルトみたいな池沼が現れたのは初めてのことではあるまいか?


123 :出土地不明:2010/10/05(火) 19:12:57 ID:O4FFYqV3
っていうか、アルビノってマーカーにどう現れてるの?

124 :出土地不明:2010/10/05(火) 21:42:08 ID:3e2LJWmc
>>122
>ヴュルム氷期終了後に誕生した白人

これを詳しく説明してくれよwww

125 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/06(水) 02:18:56 ID:cvC9a1ve
>>103
おいおい、縄文のけつ状耳飾りは、先紅山文化たぁ、早かったんか?
早かった根拠があるんなら、あんたが提示してみんさいや。
>>104
一万年前の滅んだ先住民を強調させてどうするん。歴史時代の移住以外、
地理すら移動ルートも解らん時代に。
>>111
どの言が、うすら馬鹿なんか提示出来んもんがピイピイ鳴いてどう
すんなら。
>>117
ほんの数人が先祖なんか空想ファンタジーの世界じゃのう。
>>119
北欧にモンゴロイドDNAが多くあっても、容貌からもモンゴロイド人骨の
根拠が乏しいけぇ、ヴァイキングのモンゴロイド説は無理があり過ぎよ。

126 :出土地不明:2010/10/06(水) 02:59:22 ID:CIlWXiig
バイキングは一時期アメリカ大陸に移住していた時期がある。
その時に混ざった可能性もあるにはある。

127 :出土地不明:2010/10/06(水) 09:45:39 ID:idrDJAJ2
バイキングがモンゴロイドな訳ないだろ
グリーンランドの先住民が東アジア系モンゴロイドだったていうだけ

ヴァイキングは千年ぐらい前に入植するけどやがて放棄して
今いる人達はその後の移住者になる
まあ北欧には先住民と交わった白人が少数いたのだろう

128 :出土地不明:2010/10/06(水) 12:53:33 ID:wu7csal0
白馬青牛 ◆8mr41B7alChB
知識も無いが人間性も低劣なやつだ。自分の間違いを認めた
くないばかりに、別の話題(悪魔の証明)を展開しようとしてる。
>>83の発言をした時点で終わってるのに。救いようのねぇやつだ

129 :出土地不明:2010/10/06(水) 22:13:00 ID:Atslluiv
「最近の白馬青牛の下らない行いまとめ」

長文連投すまん。

>>53)白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/01(金) 01:22:36 ID:Dlr9PYoS
>>34 日本の縄文期に移民が無かったわけあのまあに。(笑)

>>34にアンカーを付けているが、おそらく>>34の内容を充分理解していないと
思われ、話がずれている。この後、詰んでしまったとき白馬青牛がよくやる
「悪魔の証明」)を用いて鹿牛がおちょくられる(白馬鹿牛の姑息なやり口
については「ほいじゃあ・白馬青牛(白馬鹿牛)」でググれば一目瞭然)。

>>56) :白馬鯖牛:2010/10/01(金) 01:34:31 ID:d8JuDHzi
日本の縄文期に移民が無かったじゃのの具体的例を出しとらんけぇ、
駄目じゃのう。(笑)

こういうのが「悪魔の証明」。一例でも事例があれば覆えってしまうので、
無かったことの証明は困難。相手が根負けして諦めることを待つ時間稼ぎ
の手段として利用されることも多い。従って、応える必要はない。

しかし、いつも「悪魔の証明」を利用している「ほいじゃあ主義」の
鹿牛が何故かこの嘲りに乗って来る。その理由は、どのような手段を
用いてでも話(議論)に負けたくないという気持ちが、白馬鹿牛は
病的に強いから。病的というのは、おそらく「答えないと居られない」
性格。本人は気付いていないかも知れないが、何らかのaddictionを
抱えているんだろう。


130 :出土地不明:2010/10/06(水) 22:14:07 ID:Atslluiv
>>67)白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/01(金) 23:59:10 ID:Dlr9PYoS
>>56
先紅山文化の影響も、物質だけの受け入れ云う根拠もあるまあ。
縄文期も北東アジアの影響は無視出来ん問題ど。

<白馬鹿牛さんの文物に関する見解>
「文物なんか個人の見解で、輸入品じゃ、外来者が齎した、と好きな解釈が
出来るけんのう。」「文物が一致しても来た確証にはならんよ。文物は交流
圏を表してとるに過ぎん。」

そのときどきで、自分に都合よく物質を解釈する馬牛先生。(笑)

>>74)白馬鯖牛:2010/10/02(土) 01:52:18 ID:WVRkSgjI
>>67 ほいじゃあ、あんた縄文文化から先紅山文化への影響について
具体的例をあげんさいや

ここで再び言動をパクられ、煽られる。ここで言っているのは
白馬鹿牛のような馬鹿がどのような方法で大陸の文物と列島の文物
の年代を同時代のものと見做すのか、ということ。つまり白馬鹿牛は
大陸からの渡来を前提しているが、それはどうしてなのか?ということ
(理解できないことを慮り>>84、92で再度分かりやすく記述)。

すると

>>83)白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/02(土) 23:30:29 ID:OU6FyM18
>>74
先紅山文化から、縄文へ影響があったんで。へこさか(逆)云うなや。
はあ、ここの過去スレでも挙げたが、再度せえ云うんならそうしたろうよ。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00850/contents/010.htm
http://www.tscc.tohoku-gakuin.ac.jp/~orc/sympo/20040201-r-2.htm
蒙古東部、満州の先紅山文化(興隆窪文化)は、けつ状耳飾りじゃの、
縄文文化の起源じゃ。

いつもお世話になっているサイトを直リン。さも自分が主張しているか
のよう。(笑)そして、お土産付き。「縄文文化の起源じゃ」
この時点で詰んでる(>>88で指摘)。

131 :出土地不明:2010/10/06(水) 22:19:09 ID:Atslluiv
詰むと、白馬鹿牛は短文になる。また、聞いてもいないくせに相手に
質問を浴びせるようになる。この多くが「反対の根拠を示せ」という
内容。結局こういう発言が出てきた時点で、白馬鹿牛は論破された
ものと見做してよいと思われる。それ以降は、内容の無い悪罵や
質問を繰り返しウダウダと逃げ続ける。相手にするだけムダ。

>>102)白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/04(月) 01:29:14 ID:7Pqdr0be
>>88-92
どこが嘘なんか、提示しんさいや。ブログが間違うとる思うんなら、
どこか指摘して、違う云う見解の根拠を書かにゃあ。

読解力の未熟さを露呈。哀れ

>>103で早めに釈明して謝った方がいいよ、とやさしく諭す。

すると

>>125)白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/06(水) 02:18:56 ID:cvC9a1ve
>>103
おいおい、縄文のけつ状耳飾りは、先紅山文化たぁ、早かったんか?
早かった根拠があるんなら、あんたが提示してみんさいや。

これまでの話をずらして、「逆の根拠を出せ」といい始める。(笑)
ちなみに、ここで白馬鹿牛の言っていることは、>>74 >>84 >>88 >92
などで白馬鹿牛に問うていた「白馬鹿牛は大陸からの渡来を
前提しているが、それはどうしてなのか?」文物を具体的例として
挙げて説明せよということと関わる問題。初めからいいようにミス
リードされてる牛さん。おまけに嘘吐きで潔さのカケラも無い。

132 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/06(水) 23:16:48 ID:cvC9a1ve
>>126
あのねえ、ヴァイキングのグリーンランド移住は、10世紀。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2
ゴットランド島の人骨DNAは、700年頃で年代が違うよ。
しかも、ゴットのんは、東方移住したスウェーデン・
ヴァイキングでグリーンなぁ、西方移住した
ノルウェー・ヴァイキングじゃ。
http://blog.goo.ne.jp/abc88abc/e/1d59238acd90bd61f351764bab479b69
ここの文中にあるよう、ヴァイキングは、アジア北方遊牧民の
征服王朝型に似た行動様式で、モンゴロイドの影響が
あったとしたら、エルベ川以東を征服したアバール(柔然)の
影響の可能性が強かろうね。
まあ、あんたも調べてから、レスしたらどうかいのう。
最近ここのスレは、調べずに書く新人さんが増えたんかのう。
>>128氏と連投追従するお花畑の仲間達みたぁに。

133 :出土地不明:2010/10/06(水) 23:31:13 ID:Atslluiv
白馬鹿牛さん、下記に集中して答えれば済む話なんでね。
早いとこ済ませちゃってください

103 :出土地不明:2010/10/04(月) 02:29:14 ID:NcFoVItn
>蒙古東部、満州の先紅山文化(興隆窪文化)は、けつ状耳飾りじゃの、
>縄文文化の起源じゃ。

分からないのか?おまえは「先紅山文化(興隆窪文化)は縄文文化の起源」
という書き方をしているが、上の文章が書いてある通りの意味なら、確実
に嘘だろうが。それともこの文章は「先紅山文化(興隆窪文化)」は「縄文
文化の起源」という意味で書いたのではなくて、文章表現が拙くて読み取
りにくいだけなのか?釈明が必要だな。

134 :出土地不明:2010/10/06(水) 23:35:16 ID:Atslluiv
いい忘れましたが、言い訳はきかんど(笑)でお願いしますね

135 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/06(水) 23:39:54 ID:cvC9a1ve
>>128-129及び>>130-131
先紅山文化の縄文文化への影響は、
http://homepage3.nifty.com/kamosikamiti/koutou/051119.htm
ここの、4、5にも出とろうに。ちいと前は江南起源説が
流行したが、今は、先紅山文化起源の方になりよる。
(4)にも、あるよう沿海州日本海経由の可能性の方が強いけんのう。
江南派の江南起源にゃあ無理があるよ。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=221318
こっちにも、満州から日本海経由でケツ状耳飾りの伝播よのう。
こんならろくに調べずっと、わしに反論したいばっかしに、
連投しよる。ほんま、馬鹿タレじゃわいや。(笑)

136 :出土地不明:2010/10/06(水) 23:44:21 ID:Atslluiv
>>135
問題はそういうことじゃないんですよ。
青牛さん>>133で言っている意味を理解できてますか?

早く気付いた方がいいと思うけれど

137 :出土地不明:2010/10/06(水) 23:49:44 ID:Atslluiv
これじゃ、>>129-131で言ってることも全く理解できないかな

困った人だ

138 :出土地不明:2010/10/07(木) 01:34:38 ID:NemhQFvh
>>124
BP50000前後インド・アンダマンからスンダランドまで広がっていたY-K型、そこからBP36000頃Y-P型が分岐した。
そしてそこからBP30000〜BP27000にY-Q型とY-R型が分岐、Y-Q型は大氷河の中をシベリアまで北上、東西に広がり西は北欧まで、東は新大陸の南端まで到達した。
Y−R1aとY-R1bの分岐はBP18500頃、徐々に暖かくなる氷河期の終りに合わせて北上、中央アジアに進出した。
BP4300頃ウラルからアンドロノヴォ文化がシベリアまで広がって行くわけだが、この馬車戦車を生み出した民族がアーリア人らしいのだ。
ここから南に進出したアーリア人、イラン人とインド人がY-R1a、北に進出したゲルマン人がY-R1bを今も保有する。
最終氷期の終りに前後してゲルマン人の基礎が築かれ、その後バルカン・ギリシャ・小アジアを拠点としたY-I系と混血することで現代の西欧人が成立したといえよう。


139 :出土地不明:2010/10/07(木) 03:57:38 ID:LNtb8AOK
白馬青牛さんは高句麗マンセー厨だから
とくに江南を敵視してるよね。

140 :出土地不明:2010/10/07(木) 08:58:58 ID:6NCz5r4v
東北工程の主唱者である孫進己瀋陽東アジア研究中心主任は、
「中国の土地で展開された高句麗は中国の歴史」「三国統一ではなく、新羅による百済統合に過ぎない」とし、
「高句麗の領土3分の2が現在の中国の領土であり、当時の高句麗住民の4分の3が中国に帰化した」とし、
「これは今日のアメリカ史を述べる際、アメリカインディアンの歴史まで包括する反面、
移民者の元の故郷のヨーロッパ史を言及しないことと同じ」と述べている[3]。

141 :LUNAMASK:2010/10/07(木) 11:10:11 ID:RneFvkPb
本日の仕分け
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/index.html

142 :出土地不明:2010/10/07(木) 20:42:29 ID:scPY2FLR
Y染色体の系譜

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━ A 
      ┃
━━━┫    ┏━━━━━━━━━━━━━━ B 
      ┃    ┃
      ┗━━┫    ┏━━━━━━━━━━━ C 
            ┃    ┃
            ┃    ┃            ┏━━━━ D 
            ┗━━╋━━━━━━┫
                  ┃            ┗━━━━ E 
                  ┃     
                  ┃      ┏━━━━━━━ G 
                  ┃      ┣━━━━━━━ H 
                  ┃      ┣━━━━━━━ I 
                  ┃      ┣━━━━━━━ J 
                  ┃    F┃   
                  ┗━━━┫    ┏━━━━ L 
                          ┃    ┣━━━━ M 
                          ┃  K┣━━┳━ N 
                          ┗━━┫    ┗━ O 
                                ┃  ┏━━ Q 
                                ┗━┻━━ R 
                                    P

      ・    ・     ・       ・    ・   ・  
      ・     ・     ・       ・    ・   ・  
      ・     ・     ・       ・    ・   ・  
   90420 82000 68500  53000 35600 29900 (年)

DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4812207533/

Y染色体の分布
http://freepages.genealogy.rootsweb.ancestry.com/~robert/Y-Haplogroups-1500AD-World-Map.png

143 :出土地不明:2010/10/07(木) 21:07:40 ID:kbnVuqmj
>>142
よくわかんないけど、8万年前の先祖が日本に居れば、日本で枝分かれした可能性もあるってことになるの?

144 :出土地不明:2010/10/07(木) 23:47:41 ID:2SiNksri
>>142
Dはスマトラに有って東南アジア全体に僅かだが有るから南方経由だろうな
Oも東南アジアに多いから南方起源ぽい
でもCとOはちょっと異常な分布だ、サモアとかにも有る

145 :出土地不明:2010/10/08(金) 00:57:19 ID:CEqdtL4C
>>142
しかしこのグラフの色分けは見づらいと感じるのは気のせいだろうか?

そういえばレインボーなんとかって外国製絵の具の通販CMあったけど、虹が内外あべこべに描かれててどうにも不気味だったのを思い出した。
なんでだろう?

146 :出土地不明:2010/10/08(金) 02:38:56 ID:wAEoFYRB

常連は規制にでもあったのか?
素人まみれになっちまったな。
まあアホ牛さえいればこのスレ的にはおkなんだがなwww


147 :出土地不明:2010/10/08(金) 07:28:05 ID:yxytvH3+
なんで日本語と韓国語は似てるんだ
2チャンでは日本と韓国は関係ないといわれているが
これだけ言葉が似ている国も他には無い
絶対関係あると思うんだが

148 :出土地不明:2010/10/08(金) 08:43:55 ID:4pnLbIfg
>>147
そりゃ併合時代に日本語の単語取り入れて戦後もそのまま使ってるからだろ
なに言ってんだ

149 :LUNAMASK:2010/10/08(金) 09:35:04 ID:yNeKsp9Q
2008年米中研究「最早期現生人類東アジア定住のY染色体証拠とチベット・日本人の複合的起源」
Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of
Tibetan and Japanese populations
http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45
つまりチベット・日本に共通するのは
D2-P37.1* 3.9%
D2a-M116.1 16.6%
D2a1-M125* 12.0%
D2a1a-P42 2.3%
D2   34.8%
日本の場合は↑D2であるYDNA Dと
日本の場合は
O2a-M95*   1.9% Yue  越人
O2b-SRY 7.7% Wo Okcho/Ye 出雲
O2b1-47z 22.0% Wo Yayoi   弥生初期渡来人
O3-M122* 6.6% Yan Hans   山戎・貊・高麗人
O3a4-LINE1 3.1% Wu Hans   甕棺文化人
O3a3c-M134 10.4% Lelang Hans 楽浪人
Total 51.7%
DとOの合計 86.5%・・・と言う風にマジョリティーであるということ。
↑しかし、D+Oの化学反応のためには触媒が不可欠であった。
↓これらの触媒抜きでは弥生文化が古墳文化に成長することはなかった。
Yayoi 1000 BCE to 200 AD
Baikal-Amur
C3c-M86 1.2% Shushen 粛慎
C3-M217* 1.9% Proto-Uryanhai 兀良哈
Total 3.1%
Siberia - Altai
N1c1-M178 0.4% Proto-Tsaatan 駁馬丁霊
Q-P36 0.4% Kets 羯(気多)
Total 0.8%
Central Asia
NO-M214* 2.3% Xirong 秦氏
N1-LLY22g* 1.2% Proto-Darkhad/Yemaek 穢狛
I-P19 0.4% Avars 滑
R-M207 0.4% Sakas 月氏
Total 4.3%
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/index.html

150 :出土地不明:2010/10/08(金) 09:53:33 ID:wt86bSrs
ttp://gall.dcinside.com/list.php?id=history&no=455118

なんとなく和本に出る漢字単語見れば顔なじみなことが多かったのに
こんな隠された秘密があったな

ところで韓国語漢字単語中に日本式漢字語が 70% だなんておびただしいね

>ハングルは発音記号のみ...中国語日本語のごった煮だとブァヤだ..

>私たちが使う文法的体系もすべて日本から取ったのです...せざるを得ない,無理です,
 これではないですか? 等々数もないでしょう

>エアコン, リモコンも日本語なの...どうして日本嫌いだと言いながら ...日本の人がチァック
 トングヤングオ使うと言いながらそれを真似る??

151 :LUNAMASK:2010/10/08(金) 10:48:39 ID:yNeKsp9Q
>>149
日本人についての↓この定義と、
「日本は最も久しく、其つ大なり。其の地は黒龍江の北に始まり、我が済州の南に至り、琉球と相接し、其の勢
甚だ長し。その初は、処処に衆を保ち、おのおの自ら国をつくる。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%9D%B1%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E7%B4%80
このはプログループ領域↓は一致している。
Haplogroup O2b is found mainly in the northernmost parts of East Asia, from the Uriankhai and Zakhchin peoples of western Mongolia[1] to the Japanese of Japan, though it also has been detected sporadically in
the Buryats[3] and Udegeys[17] of southern Siberia, populations of Southeast Asia (including Indonesia
[8][3] the Philippines,[3] Thailand,[3] and Vietnam[8][3]), and Micronesians.[8]

This haplogroup is found with its highest frequency and diversity values among modern populations of
Japan and Korea and is absent from most populations in China, but it has been detected in some
samples of Han Chinese from Beijing[3] and Jiangsu,[18] Daurs,[15] Hezhes,[15] Koreans in China,
[15][1] Manchus,[15][1][11] and Sibes.[15]
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2b_(Y-DNA)
つまり、出雲と言う風に規定したO2bこそ古墳時代の日本を形成した中核的民族であった可能性が強い。

152 :出土地不明:2010/10/08(金) 10:55:31 ID:Ku4WR6mA
半島の人は、昔からニダニダ言ってたんでしょうか?

153 :LUNAMASK:2010/10/08(金) 12:11:02 ID:yNeKsp9Q
>>151
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/menu126
「細型と広型の青銅武器の分布の違いから推測すると、細型の青銅武器を用いていた奴国が、南方に新しく
おきた新興の邪馬台国によって滅ぼされ、その際、奴国王の金印は、志賀島に隠匿されるに至ったのであろう。 」
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
「O2b-SRY 7.7% Wo Okcho/Ye出雲」は新参渡来人「O3-M122* 6.6% Yan Hans山戎・貊・高麗人」によって
委奴(オオナ)国を神やらいされ、出雲に入り、新参渡来人邪馬台(山戎)族は英彦山山麓に倭面土(山門人)
国を建国。旧オオナムチの率いる委奴国と卑弥呼1世・オシホミミを奉じる倭面土国は倭国(海幸山幸)乱と
言う国内動乱を展開した。魏志倭人伝の言うように国中が収まらなかったが、ついに淀川中流でイスケヨリヒメ
が近畿卑弥呼1世として共立される。神武と言うのはこの頃の話であろう。そして間もなく政権は大和に移り、
纒向で近畿卑弥呼2世の百襲姫が誕生する。

154 :出土地不明:2010/10/08(金) 12:11:21 ID:97aAcPzf
>>152
推測だけど、ニダニダはY-C3c的語尾じゃないかな。
日本の東北弁の「んだ、んだ」みたいな。アイヌ語にY-C3cが、
どう反映してるのか分からないけど。遺伝子に関する限り、
東北にY-C3cは残っていない。でも細石器を見る限り、
1,5万年〜1万年間、Y-D2を圧倒して、東北を席巻していた訳で、
言語上も母系を通じて語尾くらいには反映して残存していても
不思議じゃない。

155 :出土地不明:2010/10/08(金) 12:15:18 ID:97aAcPzf
>>154
訂正:1,5万年〜1万年間 → BP1,5万年~BP1万年


156 :出土地不明:2010/10/08(金) 12:43:14 ID:wAEoFYRB
アホ牛はいるが
LUNAわぉ〜MASKはいらん!
隔離スレでオナってろ!

157 :出土地不明:2010/10/08(金) 13:29:10 ID:wt86bSrs
東北人に粘着してんのか在チョンw

158 :出土地不明:2010/10/08(金) 13:36:56 ID:ioAEZZQa
韓国にC3cは無いよ

159 :出土地不明:2010/10/08(金) 14:17:02 ID:4tvwwvjk
>>152
チョンがニダニダ言い出したのは併合後からかな。

普通学校用諺文綴字法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E9%80%9A%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E7%94%A8%E8%AB%BA%E6%96%87%E7%B6%B4%E5%AD%97%E6%B3%95

160 :出土地不明:2010/10/08(金) 19:29:25 ID:JggFKv68
>>151

http://www.cjapan.net/en/content/imperial-family-descended-jomonainu-japan

F5クリック防備対策してるサイトなのでよろしければどうぞ。

161 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/08(金) 23:19:04 ID:LUKcxNyJ
>>136-137
ほいじゃあ、あんたの問題たぁ何か云いんさいや。
>>139
このスレの江南派の方が、反金国の南宋朱子学思想からツングース敵視
しよるんじゃいか。(笑)
>>140
現代じゃあ、満州は漢人が多数を占めるが、歴史的には高句麗の多くの
地域は、満州に他ならんよ。何かあんた、漢民族解釈に迎合する
朝貢根性じゃのう。(笑)
>>142
精度の低い単一遺伝標識じゃあ、起源なんかわかるわけが無いわ。(笑)
言語なんか遺伝子と関係無あんに。お花畑の埼谷氏の妄想じゃね。

162 :出土地不明:2010/10/09(土) 00:26:15 ID:BIVpYrCc
「ほいじゃあ」来ました

163 :出土地不明:2010/10/09(土) 00:46:00 ID:BRGSLZL/
>>148
お前馬鹿だろw
そんでもってすぐ「併合時代」とか言い出しやがって、どんだけwww

164 :出土地不明:2010/10/09(土) 01:25:01 ID:ylvVvR+Z
「ほいじゃあ」はいりましたぁ

165 :出土地不明:2010/10/09(土) 01:27:51 ID:ylvVvR+Z
問題は >>129-131 に書いてあるわけだが
知識と読解力の無い馬牛には理解できないということ

166 :出土地不明:2010/10/09(土) 04:11:21 ID:Ny3cUWya
>>161
おまえを胡散臭く見てるのは朱子学思想関係無いぞ。
勝手におまえが反対意見は全て朱子学に染まってると思い込んでるがな。
だいたい、中国朝鮮の朱子学は日本の朱子学とは別物だ。

167 :出土地不明:2010/10/09(土) 07:36:12 ID:+g5u9fiI
>>163
反論もできないのかカス

168 :出土地不明:2010/10/09(土) 10:33:44 ID:Geg5CGzu
>>149
月面君は論文が読めてないな。
チベットにはD2は皆無だよ。

極端にいえば
D2     蝦夷
O2b,O2b1  扶余
O3     漢
C3     トゥングース
C1     ?
N1     ?
Q1     ?

つまり日本人は
蝦夷が4割、扶余が3割、漢が2割、その他1割
ってこと。

169 :LUNAMASK:2010/10/09(土) 11:08:00 ID:HKhGjp+B
>>160 ありがとうございました。入会しました。

170 :LUNAMASK:2010/10/09(土) 11:09:30 ID:HKhGjp+B
>>168
そんなに立派な説明ができれば子供たちも納得でしょう。

171 :出土地不明:2010/10/09(土) 11:32:58 ID:3zq4F1EC
いくら極端と断わりを入れているとはいえ、史料に記載された「古民族」
と分子人類学の扱うY染色体の系統分析データを安易に等号で結ぶような
乱暴な議論が成立するはずがないだろう

172 :出土地不明:2010/10/09(土) 11:41:19 ID:6qGfm1/Y
江流域の古代人はこんな顔?6000年前の頭蓋骨から復元―中国
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=13043

今の中国に「純粋な漢族」など存在しない!DNA検査で明らかに―中国紙
http://www.excite.co.jp/News/china/20100208/Recordchina_20100208014.html
>現在、古代の漢族に最も近い文化を継承しているのは、少数民族の「客家(はっか)」だという。

173 :出土地不明:2010/10/09(土) 12:08:43 ID:BRGSLZL/
>>167
反論ww
お前真性の馬鹿ウヨだろwww

174 :LUNAMASK:2010/10/09(土) 13:10:39 ID:HKhGjp+B
>>172
----------------------------------------------------------------------------------------------
謝副教授によると、現在の陝西省西安市に都を置いた西周(紀元前1100年頃〜紀元前771年)は漢族の王朝
に間違いないが、春秋戦国時代(紀元前770年〜紀元前221年)になると、同じ陝西省の秦王朝は「戎(じゅう)」
と呼ばれ、野蛮な異民族として扱われた。そのため、漢族とは特定の定義を持たず、周辺地域と区別するため
に作られた概念に過ぎないと謝副教授は説明した。
http://www.excite.co.jp/News/china/20100208/Recordchina_20100208014.html
-----------------------------------------------------------------------
NO-M214* 2.3% Xirong 秦氏
O3a3c-M134 10.4% Lelang Hans 楽浪人<周
こういうことで日本にも来ているのでは。

175 :出土地不明:2010/10/09(土) 13:51:37 ID:75waflGH

おいおいまたキチガイがひとり増えたぞ

176 :出土地不明:2010/10/09(土) 13:55:45 ID:Geg5CGzu
>史料に記載された「古民族」と
>分子人類学の扱うY染色体の系統分析データを
>安易に等号で結ぶような乱暴な議論が
>成立するはずがないだろう

をひをひ、2chでそんな詰らない正論吐くなよw

177 :出土地不明:2010/10/09(土) 14:09:42 ID:ycE2f3bs
>>176
いや、だから最近このスレ読む気を無くしていたんだが・・・
久しぶりにまともなレスをみたぞ。

178 :出土地不明:2010/10/09(土) 14:50:36 ID:3zq4F1EC
ID:Geg5CGzu

179 :出土地不明:2010/10/09(土) 16:28:20 ID:IPyb8Z5n
ID:BRGSLZL/

反論できないんだな?

180 :出土地不明:2010/10/09(土) 16:35:59 ID:Geg5CGzu
もっとも詰らない正論
「日本人ってどこから来たんだ?」
「アフリカ!世界中の人はみなアフリカからやってきた!」

正しいが、求められている回答とは異なる。
知りたいのは、アフリカからいつ頃どういう経路でやってきたか。



181 :出土地不明:2010/10/09(土) 16:54:00 ID:6qGfm1/Y
>>180
このサイトでどうぞ
https://genographic.nationalgeographic.com/genographic/atlas.html

182 :出土地不明:2010/10/09(土) 17:17:48 ID:Geg5CGzu
>>181
よく知ってるよ。実際、調査もしたからな。

Dの経路がひん曲がってるのが気にいらんね。
実際、そんな風にはなりようがないことは分かる筈。
チベットのD1のほうが日本のD2より古いんだから。

183 :出土地不明:2010/10/09(土) 19:06:03 ID:0VvbLwaG
有明海・八代海にムツゴロウが住んでいて佐賀平野が米作地帯になっている、
ムツゴロウは海を泳いで渡って生息域を広げることは出来ない、
ムツゴロウは日本だけでなく台湾・大陸・半島にも生息している。
この事実の意味を理解してる人は少なそうだな。

米作に適した地域である低湿地が海に沈めばムツゴロウの生息域である汽水干潟になる。
佐賀平野は縄文海進時(今より約6m海水面が高かった)には海に沈んでた(http://flood.firetree.net/)。
最終氷河期以降極東アジアはずっと海にのみ込まれる歴史だった。

これらの事実から解ることは、
東シナ海が海に沈む前には、そこには稲の自生に適した低湿地があり、その海寄りにはそれに続く汽水干潟があった、
その低湿地には人類(おそらくY-O系統)が、その海寄りの汽水干潟にはムツゴロウが住んでいただろう、ということだ。

その土地が海に沈めば、汽水干潟は海に沈み、低湿地は汽水干潟になる。
ムツゴロウその新しく出来た汽水干潟に移動し、人類はその先の新たな低湿地に移動したことだろう。
ムツゴロウは前記したとおり、九州・台湾・大陸・半島に到達している。
ムツゴロウの先行者である人類がその先にある地域に到達してたであろうことは間違いない事実と考えていいのではなかろうか。

184 :出土地不明:2010/10/09(土) 19:29:22 ID:0VvbLwaG
>>183
逆に、このモデルでなければムツゴロウの分散は説明できない。

185 :出土地不明:2010/10/09(土) 20:39:35 ID:J92/bA4x
>>180
http://www.sciencemag.org/cgi/content/short/326/5959/1541
この調査が、いまのところ一番それっぽい。

186 :出土地不明:2010/10/09(土) 21:04:04 ID://L416Oi
■■■悪の王者『台湾人工作部隊』の卑怯で卑劣で悪辣な工作の手口■■■


@まず日本人のふりをしながら朝鮮煙幕を炊き付け、それを自ら叩いて
自家発電でもって正義の味方を装う。
(朝鮮人を叩く正義のおじちゃんだ!と、この時点でバカ落ちる)

Aバカがダマサれ切ったのを見計らって、何十年もかけて作り上げてきた
それはそれは高度な誘導用の捏造創作を使って勝手に自分たちの祖先、
長江江南人が渡来したと狂言しまくる。
(バカ、ダマサれ信じ込む)

Bバレかけたら、邪魔な日本人に対して朝鮮人呼ばわりをする卑劣な狂言を
働く事で防衛し、再び@に戻って、A、@、A、@・・・と無限に繰り返す。

Cハイ、直接的関係など何も無い台湾人祖先「江南土人」が日本人の祖先になりました。

187 :出土地不明:2010/10/09(土) 21:41:35 ID:0VvbLwaG
そこに気付くとはさすがだな
っていうかそれがばれたらマズい立場の人なのかw

188 :出土地不明:2010/10/09(土) 22:49:49 ID:8Om+IeZi
>>186
土器KIDは何で韓国(北朝鮮でもいいけど)に帰らないの?
俺が逆の立場だったら、是が非でも日本に戻ろうとするが。


189 :出土地不明:2010/10/09(土) 23:46:52 ID:tQmIovR4
さっきやってたNHKの番組で良いヒントが隠れていたね。
日本列島が何故この緯度で雨が多いのか、と言う点。
それによるとヒマヤラとチベットの天険に阻まれたインド洋の蒸気が偏西風にのって日本までやってくるからだそうだ。
逆に言えば、その偏西風の下は常に緑の森が広がっていたわけで、日本とチベットは緑の森で繋がっていたと考えられる。
採取民はその森を自由に移動していただろう。チベットと日本人が様々な類似点があるのはそのためではないか。

やがて農耕と牧畜による開拓と気候変化による民俗移動によって分断されたのだろう。

190 :出土地不明:2010/10/10(日) 00:03:00 ID:O3yTwm7L
なぜ日本女性はあんなに可愛いのでしょうか?
本国以外でこれほど妻として需要のある女性はいるのでしょうか?

191 :出土地不明:2010/10/10(日) 00:14:05 ID:oZ1ufgIF
日本人女性は世界中で人気があります
日本男は世界中でもてません、金持なら東南アジアではもてます

192 :出土地不明:2010/10/10(日) 00:34:14 ID:25ZacEYE
>>188
何が言いたいのかさっぱり分からねえけど、

俺は弥生開始時の渡来人の故郷を朝鮮半島に求めた事など一度たりとも無いが。

朝鮮半島なんか東岸を船で経由してきただけ。

とっとと死ねよハッカクくせえ褐色ツブレ広鼻の醜悪な中華ブタ土人はw

この世界トップクラスの汚物がw

193 :出土地不明:2010/10/10(日) 00:45:34 ID:25ZacEYE
ああ、そうそう、ハッカクくせえ褐色ツブレ広鼻の醜悪な中華ブタ土人とは、

台湾人とは言いませんけどね。

台湾人とはw

194 :出土地不明:2010/10/10(日) 00:46:31 ID:25ZacEYE
さて、とっとと俺はキチガイ板から消えるぜw

あばよ。

195 :189:2010/10/10(日) 01:11:18 ID:/kF10VKA
あと、補足として
何故この日本はガラパゴスを超える固有種の宝庫なのかと言う説明もされていた。
つまり大陸と接続と分断を繰り返した事によって、大陸から数度に渡って多種が訪れ
他地域では同化したり淘汰されたものが生き残れる環境だった。
そのまま日本人に当てはめても十分に成り立つ内容だな。


196 :出土地不明:2010/10/10(日) 01:25:49 ID:vnRD8QkN
じゃあ早速鎖国しなきゃダメじゃん

197 :出土地不明:2010/10/10(日) 01:36:00 ID:gxecaG+L
日本人は漢字を取り入れたけど
ひらがなカタカナを生み出し独自に発展させた
あらゆる文化がそうだ

今もファッションやオタク文化で、独自の発展を見せ欧米を揺るがしている
日本人はあらゆる文化を取り入れ影響される
しかしその根本には確固たる何かが有る
そして取り入れた文化を独自に発展させ、あたらしく発信する

このバックボーンこそ日本人の由来だと思う
これはいつ生まれたのだろうか

198 :出土地不明:2010/10/10(日) 01:40:52 ID:gxecaG+L
こう言っちゃ何だが
中国の文字文化なんて二千年前からが何も発展していない
多くの文化が中華では停滞しっぱなしである

ところが日本は柔軟に外来文化を取り入れ発展をしている
サムライ、ニンジャ、ゼン、マンガ
なぜか進歩し続けている
このバックポーンは何処から来たのだろうか?
だれか教えてください

199 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/10(日) 01:50:07 ID:a5rfD3xY
>>166
中国、朝鮮の朱子学と、日本の朱子学がどう違うんか説明無しか。
日本の朱子学も、廃仏毀釈と狂信的な処は、中国、朝鮮に優るとも
劣らん。
>>172
日本に百越の移住があれば、上のブログ容貌が増えたじゃろうね。(笑)
下の方の秦は西戎、つまりチベット羌系とトルコ系牧畜民はその通りで、
漢語の国は、秦語じゃあ邦と同一言語で無かった可能性すら強いね。
>>183
ムツゴロウを獲る為だけに人は移住せんよ。(笑)
>>189
チベット人は元来牧畜民で、羌系に農耕民を征服した連中がおるだけ。
>>195
その中南米でさえ、先住民は少数派じゃけんのう。(笑)
渡来者が移住したら、疫病で先住民が少数派になるんは、世界の普遍的
現象よ。

200 :出土地不明:2010/10/10(日) 01:52:47 ID:B+sj+Qgk
>>197
血統的には数万年前から中心がD系統でかなり独特だし、
気候風土もそれほど日本列島の外に似ている地域もない。

学術から離れれば、あと日本を護る神々がバックボーンの一つかもしれないが、
そういうの抜きにしても確固たる個性や文明的なアイデンティティがあって自然な条件ではある。


201 :出土地不明:2010/10/10(日) 01:58:59 ID:B+sj+Qgk
>>198
中国大陸(周辺を含む)の停滞の原因は、適度な大きさの国が分立しにくい地理的条件の他に、
血統的にはY-DNAではC3系統がルーツの新モンゴロイドの負の影響が大きい気がするな。
周りが海なのに小中華と呼ばれて中国以上の停滞や退廃に陥った朝鮮半島が
後者の条件により当てはまるので、これを見ると影響が無視できないんだなと。


202 :出土地不明:2010/10/10(日) 02:01:44 ID:gxecaG+L
>>201
理解できねーよw

203 :出土地不明:2010/10/10(日) 02:16:08 ID:/kF10VKA
>>199
>チベット人は元来牧畜民で、羌系に農耕民を征服した連中がおるだけ。

だからその農耕や牧畜に分断される前の話だっていってるでしょ。
本当に人の文章を読むのが下手ですね。
何か頭骨内に特殊なフィルターでも装着されてるのでしょうか。

204 :出土地不明:2010/10/10(日) 03:04:37 ID:ACjn2klu
>>199
廃仏毀釈が朱子学だって(ゲラゲラ)

205 :出土地不明:2010/10/10(日) 04:59:10 ID:fyHLmKji
白馬鹿牛=土器KID

是が非でも日本のルーツを朝鮮にしたいんだろうな

206 :出土地不明:2010/10/10(日) 05:07:14 ID:vnRD8QkN
なんでネトウヨって日本人のルーツをチベットにしたがるのかな

207 :出土地不明:2010/10/10(日) 06:32:11 ID:FNRQ4zED
昨日の平城遷都1300年記念で貴州省のミャオ族の男女が歌垣を披露していたが、
歌垣もさる事ながら、ミャオ族の神話では、人間が卵から生まれた事になっているんだな。
卵生神話だ・・・

「中国貴州省 苗族の村」
ttp://masakawai.suppa.jp/encartaAA/gaikoku/miyaozoku/miyaozoku.html


208 :出土地不明:2010/10/10(日) 06:58:38 ID:fyHLmKji
>>206
どこにチベットと書いてあんだ朝鮮人

209 :出土地不明:2010/10/10(日) 07:11:06 ID:YW6892V4
>203
これ見てごらん
牧畜はY-D,D1,D3だからYO!
ttp://wenku.baidu.com/view/d0a4e8717fd5360cba1adb03.html
狩猟がO2a1、畑作農耕がO3a3c、水田農耕がN1-LLY22g
>205-206
スレの流れで読む力がないな
ネトウヨは北方の牧畜民が嫌い
一種の日本独自論の論者は日本のY-D2は西北のY-D,D1,D3と一切関係ないとしたい
Y-D2を旧石器時代末期からの生き残りにしたがっている
 ID:6qGfm1/Y ID:Geg5CGzu
 ID:vtCqgx6R  ID:ZfZ49lDh ID:xs2apOx3
 ID:NN0TdkLY ID:L63+cGxI ID:J7iH/vyx
>206
LUNAわぉ〜MASKがそれに該当

210 :出土地不明:2010/10/10(日) 07:14:17 ID:LibVI9qi
>>199
ムツゴロウを獲る為だけに人が移住したってどこに書いてあんのよ?(笑)

211 :出土地不明:2010/10/10(日) 07:17:41 ID:fyHLmKji
在日は日本と朝鮮を同祖にしたいけど、それじゃ反発が多いから
ワンクッション置いて遊牧民を持ち出すよな。
白馬鹿牛がよくやる手

212 :出土地不明:2010/10/10(日) 07:46:35 ID:Jv0yZVaZ
>>191
アジア系では日本人が一番モテてます
アメリカで金持ちなのはダントツでインド人とフィリピン人ですが

アメリカ白人女性との結婚率が最も高いのは日本人男性
ttp://www.imdiversity.com/villages/asian/family_lifestyle_traditions/le_interracial_dating.asp

カナダ2006年度に全国で28万9420組の夫婦及び内縁関係の者が異なる人種に属していることが分かった。
そのうち85%は、白人と非白人の組み合わせであり、
異なる人種に属する相手と結婚する率が最も高いのは日本人/日系人で74.7%、
次いで南米系の47.0%、黒人の40.6%となっている。
http://www.jlgc.org/northamerica.ja.php?cid=564

日系カナダ人の3分の1は白人との混血 
>White and Japanese 20,890
http://www12.statcan.ca/census-recensement/2006/dp-pd/tbt/Rp-eng.cfm?LANG=E&APATH=3&DETAIL=0&DIM=0&FL=A&FREE=0&GC=0&GID=837928&GK=0&GRP=1&PID=92334&PRID=0&PTYPE=88971,97154&S=0&SHOWALL=0&SUB=0&Temporal=2006&THEME=80&VID=0&VNAMEE=&VNAMEF=

日系ブラジル人は4世でブラジル人と60%混血。現在6世が生まれており100%混血である
http://www.nd.edu/~kellogg/publications/workingpapers/WPS/173.pdf


213 :出土地不明:2010/10/10(日) 07:51:03 ID:bIUMyy+R
世界中の遺伝子学者はネトウヨ
http://www.vanityfair.com/images/culture/2007/07/cuar01_genographic0707.jpg

214 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:20:30 ID:AnNGu3eW
>>206
>なんでネトウヨって日本人のルーツをチベットにしたがるのかな

D系統の原住民が、O系統(チベットはO3,日本はO2b,O2b1&O3)に屈服した点で
同じ「負け犬」だと思ってるからじゃね?

O3の発祥地はインド、中国、ビルマの国境近くだがそこにはD系統はいない。
DはOが入る前からいた原住民と考えられるし、言語も別と思われる。

日本でも状況は同じだろう。

215 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:28:12 ID:AnNGu3eW
>>209
>牧畜はY-D,D1,D3だからYO!

縄文人、牧畜なんかしてたか?
あきらかに狩猟採集生活だろ。

>狩猟がO2a1、
>畑作農耕がO3a3c、
>水田農耕がN1-LLY22g

をひをひ、シベリアで水田農耕かwwwwwww

216 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:34:27 ID:nzYJ/mV7

【毎日経済社説】韓国にけちをつける外国の教科書、外交部は遊んでいるのか[10/08]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1286642830/

217 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:34:52 ID:AnNGu3eW
>>209
>ネトウヨは北方の牧畜民が嫌い

ネトウヨはな。オレはネトウヨではない。
縄文人は牧畜民ではなく狩猟採集民。
そんな生活ができたのは日本列島だから。
日本のD系統は幸運な民といってよい。

>一種の日本独自論の論者は
>日本のY-D2は西北のY-D,D1,D3と
>一切関係ないとしたい
>Y-D2を旧石器時代末期からの
>生き残りにしたがっている

「一切関係ない」と誤解したのはお前だけ。
単に分かれた年代が古すぎて、言語やらなんやらを
共有する機会がなかったといってるだけのこと。
D1とかD2とかSNPだけ見てるバカにはわからん。
年代測定はSTRを使うんだ。

218 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:37:48 ID:zlU3TqGm
>>215
だから鎖国史観の人達は縄文人とチベット系民族を一切無関係にしたいわけだ。
生業は雲南の話でシベリアではないでしょうなw
本当に読解力が無いな

219 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:38:34 ID:sUA0L8LF
>>217
大陸の先住民はどの系統だったの?Oではないよね?

220 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:43:58 ID:AnNGu3eW
ネトウヨは専ら「O2b1長江文明論」を主張する。
なぜか?

・D2は原始的な狩猟採集民だからヤだ。
 日本人は米作農耕民だ。なぜなら一番先進的だからだ!
・O3は中国、朝鮮にも多いからヤだ。
・O2b1は日本に多いからOK。きっと天皇もO2b1だ。
・O2b1が朝鮮から来た?をひをひ、オレらはウンコってことか?

というような「自己愛的態度、他者冒涜的態度」の持ち主だから。

221 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:49:17 ID:AnNGu3eW
>>219
>大陸の先住民はどの系統だったの?Oではないよね?
Cだろ。

旧石器時代のマンモスハンターは
主に北に行ってしまったので
南はがら空きだった。

農耕文化が生まれるまでは大陸の南部は
人が住むには適した土地ではなかった。

Oがユーラシア大陸の東南部で増殖したのか
農耕文化を有していたからだろう。

222 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:54:44 ID:MldKdVJH
ネトウヨって世界中にいるんだな

223 :出土地不明:2010/10/10(日) 08:55:47 ID:AnNGu3eW
「真の日本D2論」は小日本主義、日本モンロー主義である。
大日本主義は、日本の個性を薄め、雲散霧消させる。

1次元的な順序的、量的比較は馬鹿げている。
全ては個性である。それぞれの立ち位置そのものが意味をもつ。
それが分からないバカが、順序や量に固執する。

224 :出土地不明:2010/10/10(日) 09:04:19 ID:AnNGu3eW
>>218
>本当に読解力が無いな

読解力の無い奴は自分の読解の誤りに気づけないw

225 :(^o^)/:2010/10/10(日) 10:08:44 ID:MRQTUSlY
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
日本を建国した天孫族の正体はハニ(哈尼)族N1-LLY22gでつね!!!


226 :出土地不明:2010/10/10(日) 11:06:21 ID:8xUDnu0v

charlypandaはまだこのスレ見てるのかな?


227 :出土地不明:2010/10/10(日) 11:37:52 ID:B+sj+Qgk
インド人一般にはD系統は少ないが、ヒマラヤの南側の少数民族にはD系統が多い。
チベット民族自体がブータンとかヒマラヤの南側にも住んでいるのもある。
それにミャンマーにもD系統を持った少数民族が分布している。

現在の風土で言えば、チベット高原よりもヒマラヤ南麓やミャンマーの方が日本に近く、
興味深いことに、狩猟採集民がかなり最近まで暮らしていた地域でもある。
このあたりがD1、D3系統の中心的な胡地の可能性が高い。


228 :白馬KIDS:2010/10/10(日) 11:41:45 ID:7ltClF0v
歴史無知はこれだから困る
シェルパやレプチャは500年前に雲南北部から来たんだよwww


229 :出土地不明:2010/10/10(日) 12:05:55 ID:B+sj+Qgk
まあ雲南はタイ系も含む色々な系統の民族がいる十字路だが、
チベット・ビルマ系種族も多く、この要の地域なんで不思議ではない。
内陸にあること以外は日本と風土や食生活に共通点が多いとされるところだね。

D系統の沿海地域から内陸への主要な拡散ルートだが、
D3系統については分布などからおそらくガンジス川・チャオプラヤ川水系と
ミャンマーのエーヤワディー川水系とサルウィン川が綺麗に当てはまりそうだな。


230 :出土地不明:2010/10/10(日) 12:45:24 ID:gxecaG+L
>>228
レプチャ族が雲南北部から来たと言うソースたのむ

231 :出土地不明:2010/10/10(日) 13:13:14 ID:eBiKB9MJ
なんでY遺伝子のハプロタイプの話しかしないんだ?

232 :出土地不明:2010/10/10(日) 13:25:36 ID:AnNGu3eW
>ヒマラヤの南側の少数民族にはD系統が多い。

↓君、このデータははじめてかい?

O3
Nishi 94% (India(Arunachal Pradesh))
Tamang 87% (Nepal)
Apatani 82% (India(Arunachal Pradesh))
Naga 76% (India(Nagaland))

ttp://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O3_%28Y-DNA%29

233 :出土地不明:2010/10/10(日) 13:25:53 ID:95iFWhw9
頭悪いからでしょw

234 :出土地不明:2010/10/10(日) 13:34:35 ID:AnNGu3eW
>>229
>>232で示してやったように、
チベット・ビルマ系種族の源は
DではなくO3だな。
Dは先住民族だろう。

235 :出土地不明:2010/10/10(日) 13:35:44 ID:1qZUmWDs
>>231
ほかの曖昧で不確かな基準よりはるかに系統だった議論が出来るからじゃないのかな。

236 :LUNAMASK:2010/10/10(日) 13:38:03 ID:CKByvnU0
>>226
charlypanda = LUNAMASK なんだけど、何か?

237 :出土地不明:2010/10/10(日) 13:39:58 ID:GECmkaIR
【毎日経済社説】韓国にけちをつける外国の教科書、外交部は遊んでいるのか★2[10/08]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1286682924/

238 :出土地不明:2010/10/10(日) 13:43:56 ID:B+sj+Qgk
O3の元々のホームランドも雲南・アッサムあたりだから当然O3も多いよ。
これはチベット人も同じだね。DとO3という古い山地民の血統を濃く引いている。
O3頻度が最も高率になるのが、アッサム付近の一部と福建。

O3でしばしば取り上げられるのが華北の中国人で、確かにこのあたりは
O3の絶対人口が多く、古人骨の分析結果を信頼すれば黄河文明を担った連中とも判っている。
しかし上のデータを考えれば、北上したO3系統はC3系統に被さった(支配した)亜種ってことになる。

アッサム・チベット〜福建のO3比率が高く同時にD系統が分布するベルト地域では、
周辺と全く違ってA型またはO型が多いんだが、これはインド人一般や中国の北半分と著しく異なる。
新モンゴロイド化した華北・朝鮮などでは、B因子(B型・AB型比率)が極めて高くなる。
インドやバングラデシュのヒマラヤ南麓でも、カシ族などは日本人並にA型比率が高い。


239 :出土地不明:2010/10/10(日) 14:00:18 ID:AnNGu3eW
>>238
誤魔化すのに必死だなw

アッサムではチベットほど多くのDは見つからない。
逆にO3が高純度で見つかる。君の主張はこの時点で死んだ。

O3の発祥地は華北じゃない。いい加減アタマを冷やせ!

240 :出土地不明:2010/10/10(日) 14:20:33 ID:B+sj+Qgk
>>239
お前が良く読め。
> O3の元々のホームランドも雲南・アッサムあたりだから当然O3も多いよ。
このように>238でO3の発祥は南方(現在の常識)と明確に書いてるだろ。
アッサムや福建にO3最高頻度地域が存在する。
「北上して黄河流域を中心に膨張したO3系統」つまり後の漢民族の中心は人口は多いが、
基層の新モンゴロイドC3に被さった(支配した)亜流・移住者で、O3の典型ではない訳だ。

でも少し悲しいことに、ヒマラヤ周辺や中国南部も最も古い先住系のD系統を、
インド東部発祥のO3が被さってY-DNAでは少数派にしてしまった可能性が高い。
チベット人のD系統内部の分岐の多様性は、現在よりずっと大きな人口規模に見合うものだから。
(今では中国の研究者でもD系統がO3系統よりも古いことを認めだしている。)
日本人のO系統(渡来系)は、福建あたりから来たO3系統も、江蘇のあたりから来たO2b系統も、
どちらも母系ではD系統やC1orC2系統の血を少なからず引いていたことになる。
O系統と混血したとは言え、縄文人の片割れも遅れて日本列島に渡来したことになる。


241 :出土地不明:2010/10/10(日) 14:45:07 ID:eBiKB9MJ
>>235
SNPマーカー使った研究を見たほうがいいと思うんだが。
日本人が朝鮮由来になっちゃうからだめなのか?

242 :出土地不明:2010/10/10(日) 15:06:03 ID:gxecaG+L
>>241
その研究ソースを頼む

243 :出土地不明:2010/10/10(日) 15:14:13 ID:458rhkPw
OもDもC1も、細石核の各型の分布から南方起源だって、
これだけ情報が出てるのに、今だに日本人が朝鮮半島から南下したとか
固執してる。


244 :LUNAMASK:2010/10/10(日) 15:35:00 ID:SKYgYES4
>>243
南方起源なんだけど、海上直行ではなく、陸沿いに北上した後、半島経由南下したってこと。
もう一つは、大周りをしてシベリア・半島経由となったのもいる。ただDは、兄弟分のEが中央アジアに
近いから、中央アジア経由かなー。

245 :出土地不明:2010/10/10(日) 15:43:23 ID:eBiKB9MJ
>>242
http://dx.doi.org/10.1016/j.ygeno.2005.04.012

246 :LUNAMASK:2010/10/10(日) 16:02:38 ID:SKYgYES4
>>225
N1-LLY22gは多くの天孫神話を持っており、建国においても主導的役割を果たしたとは思うんですが、
出雲の勢力とか、山戎系の勢力とかもあります。また、建国当時は淀川・木津川水系の勢力もあり、
どういうのが突出していたかは謎ですね。

247 :出土地不明:2010/10/10(日) 16:04:18 ID:95iFWhw9
てゆうか今の朝鮮半島が形成されていない時代には、今の黄海から渤海湾あたりの地点から
九州方面へと人が移動していっただけでしょ。

その後のO系統の流入は、間違いなく半島経由で日本に流入だけどねw

248 :LUNAMASK:2010/10/10(日) 16:13:11 ID:SKYgYES4
↑そう、昔、渤海湾は大草原で、黄河の河口は沖縄の先辺りにあった。その頃はCの全盛時代。
その後、海が迫って来た。Dは北海道の方から入ってきたみたいだ。

249 :出土地不明:2010/10/10(日) 16:48:58 ID:GECmkaIR
5年前の得体の知れないサイトを張るだけでがっつり論文持ってこれる人がいないのはなんで?

250 :出土地不明:2010/10/10(日) 17:40:33 ID:eBiKB9MJ
>>249

>>185の論文は読んだ?


251 :出土地不明:2010/10/10(日) 17:51:07 ID:CKTTy1dM
>>249
チョンが出した研究結果だからw

日本人と韓国人の遺伝的違いは5.86%【東亜日報】
http://www.asyura2.com/0505/asia2/msg/529.html

人間の遺伝的差異を示す単一塩基多型(SNP・Single−Nucleotide Polymorphismp)分析結果、
韓国人は遺伝的に、中国人より日本人に似ているという結果が出た。
国立保健研究院生命医学部のチョ・インホ博士と生命工学ベンチャー企業である
DNAリンクの李宗殷(イ・ジョンウン)博士の研究チームは3日、
韓国人のSNPを国内最大規模で分析し、これを外国人と比較したSNP地図を完成したと発表した。

今回の研究では、米TSCが白人(ヨーロッパ系アメリカ人)、
アジア人(日本人・中国人)、黒人(アフリカ系アメリカ人)を対象に5万5018個のSNP(単一塩基多型)を測定、
チョ博士と生命工学ベンチャー会社であるDNAリンクのイ・ジョンウン博士チームが
韓国人を対象に8333個のSNPを測定し、その結果を総合した。
今回の研究結果は「高密度人間遺伝体の単一塩基多形地図」というタイトルで、
権威ある国際学術誌「ジェノミクス」8月号に掲載された。
2005.08.03 17:46:40

252 :出土地不明:2010/10/10(日) 17:53:53 ID:eE9bDbI5
今回のサイエンス誌上に掲載された論文は、日本などアジア10カ国の合同研究チームにより発表されたもので、
その内容は核DNAの膨大な数の塩基配列上に点突然変異で生じた一塩基多型(SNP)6万箇所を調べ、
アジア、太平洋地域、南北アメリカの約73民族・集団の1900人を対象に比較分析し、
得られた各集団内・集団間のハプロタイプの多様性を調べたものです。

今回発表された論文の中で作成された系統樹は、
約19934の一塩基多型から民族・集団間の近縁関係を最尤法(さいゆうほう)系統樹で示したものであり、
各民族や集団の構成員のハプロタイプに基づき集団の成り立ちを考察したものではないので、
上で議論したミトコンドリアDNAやY染色体DNAのハプロタイプに基づく日本人の成立といった詳細なシナリオは、
この方法からは得られません。

しかし、アフリカからアラビア半島、インドの海岸ルートを経て、
東南アジアに到達した東南アジア地域の集団がアジアのモンゴロイドの主要な基層集団であることは明らかにされました。
今回の研究成果は、これまでの研究で日本人の祖先である原日本人が南方起源であるという考えを支持するものであります。

しかしながら、日本人を含めたアジアのモンゴロイド集団の形成に関する詳細なシナリオはこの論文からは読み取れません。
ttp://www.cyber-u.ac.jp/column/wh/006/index.html

という論文です

253 :出土地不明:2010/10/10(日) 17:55:35 ID:eE9bDbI5
http://ime.nu/www.sciencemag.org/cgi/content/short/326/5959/1541

これがね

254 :出土地不明:2010/10/10(日) 19:33:08 ID:3RAERTsi
>>234
それだと先住民族のほうがやたらデカく、文明人になる。

背丈が男は185cm女は175cmぐらいある。
それに装束からみるとやたら文明人なのだ。
http://bbs.clzg.cn/viewthread.php?tid=19597
http://bbs.clzg.cn/viewthread.php?tid=19600

255 :出土地不明:2010/10/10(日) 21:09:55 ID:wSV/x+F8
関西弁のアクセントはどこからきたん?

256 :出土地不明:2010/10/10(日) 21:21:07 ID:AnNGu3eW
>>240
>チベット人のD系統内部の分岐の多様性は、
>現在よりずっと大きな人口規模に見合うものだから。

これ、全然嘘。分岐の多様性は人口ではなく時間で決まる。

257 :出土地不明:2010/10/10(日) 21:24:06 ID:AnNGu3eW
>分岐の多様性は人口ではなく時間で決まる。

例えば日本のO2b1人口は多いが多様性は少ない。
なぜか?時間が短いからだ。

258 :254:2010/10/10(日) 21:30:45 ID:3RAERTsi
これはスキタイ文明か何か?
http://img0.tplm123.com/2008/05/07/963/1964459375655.jpg
http://img0.tplm123.com/2008/04/25/963/13331141253569.jpg

259 :出土地不明:2010/10/10(日) 21:40:45 ID:wSV/x+F8
関西弁のアクセントは神武天皇とその人々のカクセント?

260 :出土地不明:2010/10/10(日) 21:45:23 ID:Ol8fKv6n
>>258
この服装は近年に作られたものだろ
満州っぽいし

261 :出土地不明:2010/10/10(日) 21:48:13 ID:B+sj+Qgk
>>256
厳密に言うと人口の時間ごとの累積の積が大きい。
人口と時間の長さが両方大きいのが多様性に繋がりやすい。
だから日本のD2の多様性は、相当長期に日本列島で繁栄してきたことを示す。


262 :出土地不明:2010/10/10(日) 22:02:59 ID:GvpD5nc5
問題は石器時代がどうだったのかではないだろうか?

263 :出土地不明:2010/10/10(日) 22:39:12 ID:gxecaG+L
>>245
それに日本人が朝鮮から来たと書いて有ったか?

264 :出土地不明:2010/10/10(日) 23:28:24 ID:NeItonP5
>>258
日本の丁髷の時代と似てるな

265 :出土地不明:2010/10/10(日) 23:35:40 ID:HX2Zgc9j
どこが

266 :出土地不明:2010/10/10(日) 23:48:21 ID:gxecaG+L
日本には和服と呉服は有るが、韓服は無い。
唐服はごく一時期に有ったらしい

267 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/10(日) 23:48:35 ID:a5rfD3xY
>>198
おいおい、6〜8世紀、国家形成期の日本は、停滞した中華文明を学んだ
かい。(笑)中国の江南が文明化しんも、五胡に圧迫された漢人が
江南移住してからじゃのう。それまで南の稲作野蛮人じゃったよ。
禅も中国制すら知らんたぁ、Y染色体論者の歴史音痴はあきれるのう。(笑)
>>203
牧畜民、農耕民に分断それる前は、原住民がおったが、北方から牧畜系の
新モンゴロイドであるチベット羌人に駆逐され、種はほとんど絶滅
しとろうに。
>>205-211
日本人が朝鮮人に人種的に近いこたぁ、否定しとらんよ。
形質や多様な遺伝子を総合的に見ても、明らかなことじゃ。(笑)
>>212
口下手な日本人たぁ、韓国人の方が非アジア人の女性にモテるよ。
日本人やイギリス人じゃの島国の人間はシャイなけん駄目じゃ
のう。韓国人はラテン系民族の乗りで女性に積極的じゃけぇ、
モテるわいや。あんた女にモテんようじゃが、外国人男性に手を付け、
これを利用して合コンから乱交すりゃあ手間が省けるど。
まあ、外国人に股を広げたがっとる日本女を釣ったら、あんまし
意味が無いけどのう。(笑)
>>213
世界の遺伝学者云うたぁ、机上の空論世界の生物学者云うた方がええよ。
歴史知らずで、妄想好きな処はネット右翼レベルじゃのう。
>>218
縄文人は古モンゴロイドでチベット人は北方新モンゴロイドじゃけぇ、
あんまし似とらんのう。
>>225
日本の国家形成期にハニ族なんか雲南に形成されとらんよ。
>>228
シェルパやレプチャはチベット高原から南下した連中で雲南たぁ
関連せんよ。

268 :出土地不明:2010/10/10(日) 23:54:31 ID:HX2Zgc9j
>>267
朝鮮男が非アジア人にモテてるソースだせよ
>>212みたいな統計でな

269 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/11(月) 00:16:35 ID:KDGOELpD
>>243
細石核はシベリアからよのう。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/2/2-08.html
アジア北部に分布しとる。
>>254
チベット東部や四川北部のカム地方(康巴)は、遊牧地域で、
チベット中央部や南部の農耕地帯たぁ違うんで。しかも原住民じゃ
無いわ。彜族の支配階層黒彜の女性の髪型もカムパに似とることから、
カムパと同族が南下して現地農耕民を支配したとも云えるけんのう。
しかも写真のカムパ顔は高顔北方新モンゴロイド系で、低顔南方系の
容貌が少ないじゃないか。どこが先住民なら?
>>266
呉服の呉は高句麗の句麗じゃろうに。古墳期の胡服の方が
満州の清朝の服に近く、近世の和服は明に近い云う逆転現象で、
日本は時代を遡るほど、韓服、胡服に近いわ。

270 :出土地不明:2010/10/11(月) 00:30:34 ID:oKCmJufb
>>243
短期間で北海道廻りの大移動って考えられないだろうか?

271 :出土地不明:2010/10/11(月) 00:39:57 ID:YVtgAyLl
>>267
突っ込みどころがあまりにも満載なので、どこから指摘したらよいのかw
チベットが馬牛の言うように北方新モンゴロイド化されていたら、
現在のチベット人はあれほど彫りが深く美人が多い民族では全くなかっただろう。
Y染色体でも日本人(縄文人)と共通のD系統を持ち容貌でも似ている。
対してこのどちらも、扁平・寸胴の新モンゴロイドには全く似ていない。

> 日本人が朝鮮人に人種的に近いこたぁ、否定しとらんよ。
> 形質や多様な遺伝子を総合的に見ても、明らかなことじゃ。(笑)

「総合的」というのは、事実を自分の願望にねじ曲げることでは無いんだぞ。
形質では明らかに全然違う。遺伝子も直線距離で近い国に反して極めて異なる。

> 口下手な日本人たぁ、韓国人の方が非アジア人の女性にモテるよ。
> 日本人やイギリス人じゃの島国の人間はシャイなけん駄目じゃ
> のう。韓国人はラテン系民族の乗りで女性に積極的じゃけぇ、
> モテるわいや。あんた女にモテんようじゃが、外国人男性に手を付け、
> これを利用して合コンから乱交すりゃあ手間が省けるど。
> まあ、外国人に股を広げたがっとる日本女を釣ったら、あんまし
> 意味が無いけどのう。(笑)

一番白馬青牛らしい下品な本音が満載なのがこの部分だが・・・。
しかしあなたがたは自分達を北方系を美化するために白人やバイキングになぞらえたり、
ある時は大陸系を美化するために、無理やりラテン系との共通性を誇示したり忙しい。
本当にこの通りであれば、アメリカで韓国人がモテないことに絶望して銃を乱射する悲劇もなかっただろう。

学術板らしく事実を指摘すれば、ノルウェーや英国に風土がアジアで唯一多少は似ているのは日本だけになる。
ラテン系民族だが現在では北方蛮族と混血しているとは言え、E系統が多い地中海人種の末裔で、
E系統の兄弟種族はD系統で日本人やチベット人が多く持つ。
気候風土でもE系統が多い地中海沿岸と、西日本・南中国中心の照葉樹林帯が同じ常緑温帯広葉樹林帯で対応する。
瀬戸内海沿岸は色々な意味で東の小さな地中海としての特徴を持つ。
まあ白馬青牛みたいな下品な人間が広島人を強調するのは、だから厳島神社の女神様への侮辱としか思われない。


272 :出土地不明:2010/10/11(月) 00:45:11 ID:bU2ARbie
『三国志魏書』高句麗伝
>高句麗は遼東の東千里に在り、南に朝鮮、?貊、東に沃沮、北に扶余と接する。
>丸都の麓に都を置く、方形は二千里、戸数は三万。

戸数は三万www
邪馬台国以下だな

>その族人の性質は凶暴で性急、金品を強奪することを喜びとする。

・・・・

273 :出土地不明:2010/10/11(月) 00:49:13 ID:yK3xEllc
方(方形

274 :出土地不明:2010/10/11(月) 00:52:42 ID:yK3xEllc
方(方形)って官の支配域(環濠集落の広さみたいな物)なんじゃないかと思ってたりする

275 :出土地不明:2010/10/11(月) 01:01:00 ID:pHz1lEt9
>>271
あなたが考える縄文人のイラストを貼らないと
誰もあなたの脳内を理解できませんのじゃ

276 :出土地不明:2010/10/11(月) 02:46:54 ID:LffBqMi7
>>267
どうしてあなたは二言目には「絶滅」なんでしょう?
実際に史実として絶滅が確認された人種は存在しますか?
南米では激減しましたが、実際にはちゃんと生き残っているでしょう?

その侵略民とやらはチベットの峻険で不毛の高地に逃げた人達まで
執拗に追いかけて殺し続けたとでも言うのですか?
そのメリットは一体なんでしょう?
あなたはこの手の話になると意図的に奴隷と女性の存在を無視しますね。
どの時代、どの地域でも奴隷と女性は貴重な戦利品です。
殺し尽くす事はありえません。


277 :出土地不明:2010/10/11(月) 04:06:00 ID:bbiUzsC+
>>271
>学術板らしく事実を指摘すれば、ノルウェーや英国に風土がアジアで唯一多少は似ているのは日本だけになる。

お前も相当馬鹿だよww

278 :出土地不明:2010/10/11(月) 04:12:38 ID:bbiUzsC+
>現在のチベット人はあれほど彫りが深く美人が多い民族では全くなかっただろう。

これもうんこだなw
少しは勉強しろよww

279 :出土地不明:2010/10/11(月) 08:01:01 ID:TL20vzAM
>日本のD2の多様性は、相当長期に日本列島で繁栄してきたことを示す。

繁栄といっても100万人も必要ない。
人数の計算ができない奴は困るw

280 :出土地不明:2010/10/11(月) 09:03:23 ID:gtvFh44/
ID:bbiUzsC+

また反論できない在チョンコか

281 :出土地不明:2010/10/11(月) 10:25:15 ID:bbiUzsC+
おまえ本当に馬鹿だなw

在チョンコとか、ネットで舐めた事言ってねーで
一回死んでこい糞ウヨがww

チベットが彫りが深い?
美人の宝庫?

頭おかしんじゃねーのwww

282 :出土地不明:2010/10/11(月) 10:28:58 ID:bbiUzsC+
あとな、北欧にでも住んで来いよガキがw

それで学問板らしくだと?

ふざけてんじゃねーよクソガキwww

283 :出土地不明:2010/10/11(月) 11:18:14 ID:1OUj2+9s
ID:bbiUzsC+

反論できない在チョンコ発狂

284 :出土地不明:2010/10/11(月) 11:56:41 ID:YVtgAyLl
これは白馬青牛も御執心のチベットの歌手。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/47/36471e7e8c5ff98b5e16997a1e33abbd.jpg

どう見ても日本人には結構似ているが、モンゴル人や朝鮮人には全く見えない。
ID:pHz1lEt9、ID:bbiUzsC+、白馬青牛 ◆8mr41B7alChB は、眼科に行かれることをおすすめする。

ちなみにノルウェー人などは高緯度に住みながら非常に彫りが深い訳だが、
西岸に世界最大の暖流が流れるので、その影響を受けて冬期もまあまあ温暖なので、寒地適応していない。
適応しているのは高緯度の日照不足に対してだけで、この為目が青く肌が白い。

朝鮮半島は世界で最も低緯度に位置する冷帯なので、住民がシベリア由来(ツングース族)なこともあり
住民は平坦な顔やずんぐりした体型、重い一重のまぶたなどの典型的な寒地適応による形質を持つ。
同時に緯度は中緯度で北海道よりも低いために、北欧人のような白い肌でも無くなっている。

アジアにはノルウェーのような極端な地域は無いわけだが、
太陸から離れた日本列島は例外的に、西岸に対馬海流という強い暖流がある程度高緯度まで流れ、
冬にも雪は非常に多いが極端に寒くならない気候を備えている。



285 :出土地不明:2010/10/11(月) 13:45:00 ID:wl59QuVs
縄文イケメン!
http://pub.ryukyu.net/article/images/minatogawajin1.jpg

286 :出土地不明:2010/10/11(月) 13:48:22 ID:K4dEq+5Q
>>284

これがチベット人?どうみても日本人ですね。むちゃ美人だし保存しましたw


287 :出土地不明:2010/10/11(月) 14:13:30 ID:TL20vzAM
>>284
日本女性の標準として佐々木希を持ち出すようなものだなw
まあ、多部未華子程度の標準を頼むw

288 :出土地不明:2010/10/11(月) 14:16:56 ID:TL20vzAM
>>287
誤解のないようにいうと、
私は中卒ヤンキーよりも
女子大生の才媛が好みだ。

289 :出土地不明:2010/10/11(月) 14:18:18 ID:ICxv1gP0
未華子みたいで キヤワいいYO!
ttp://misc.clzg.cn/bbs/day_070805/20070805_3b50318ac8c6dcf2b1fbfSa0MJAA2aXJ.jpg

290 :出土地不明:2010/10/11(月) 14:27:02 ID:xrCpmXt/
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>284>>286
四川・美人谷(女王谷)出身のチベット・ギャロン族で、avexからデビューしたアランちゃんですね!!(^-^)/

チベット・ギャロン族の出自はチベット・ボン教の聖地カイラス山を頂くシャンシュン王国にあり
三星堆文明人と同系と思われます〜(^-^)/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B3%E7%8E%8B%E5%9B%BD

291 :出土地不明:2010/10/11(月) 14:30:27 ID:bWoBx8WV
未華子ちゃんって二重なんだよね

292 :出土地不明:2010/10/11(月) 14:31:39 ID:xrCpmXt/
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>286
http://ameblo.jp/phoo-cha/entry-10463567276.html
『中国の史書に「東女国」という国の存在が記載されている。 
古代、紀元前から7世紀にかけて西チベットのカイラス山周辺(ンガリ地方)に
ボン教(黒教)を信仰するシャンシュン王国(チベット・ビルマ語族系)という女王が治める国が存在した。 
 
この国は後に吐蕃王国(チベット)に滅ぼされるのだが、そのシャンシュン王国の一部の人たちが
東に移動し定住したとされるのが現在の四川省アバ族・チャン族自治州と四川省カンゼ・チベット族自治州にまたがる
丹巴を中心に栄えたギャロン(ギェルモンド)と呼ばれている地域だ。 

ギャロン(ギェルモンド)とは「女王の谷」という意味で、18世紀に清朝が進攻して制圧されるまでは女王が治めていた女系の王国である。
定説として玄奘の大唐西域記に出てくる「東女国」はシャンシュン王国を指すが、唐書に記載されている「東女国」はギャロンを指している。』


この女王国が邪馬台国の原型ですね!!(^-^)/

293 :出土地不明:2010/10/11(月) 14:34:08 ID:udYafEDL
谷亮子ちゃんも浅田真央ちゃんも二重

>>289ちゃんとキムヨナちゃんは一重

294 :出土地不明:2010/10/11(月) 14:47:02 ID:LyPtGDrD
>>290
ギャロンって羌に近いんだね
タングートか

295 :出土地不明:2010/10/11(月) 15:17:12 ID:xrCpmXt/
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>292
ギャロン族の信望するボン教によると、宇宙は上界、中界、下界の三界に分けられ
聖地・カイラス山を三層の宇宙にみたてている。
つまり宇宙は天地人(天神、人、魔鬼三者)、三者の間の密接な相互依存関係で成立する。


邪馬台国の初代卑弥呼は「息長帯比売大目命」は聖地・三輪山を息津、中津、辺津の三界にみたて
三界を帯(タラシ)によってつなぐ女王(シャーマン)だったのでしょう!!(^-^)/

296 :出土地不明:2010/10/11(月) 15:31:57 ID:xrCpmXt/
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>295
この天地人三界の聖山・須弥山(弥山)を立体的に具現化・可視化したのが銅鐸の正体であり
上から眺めて具現化・可視化したのが銅鏡でしょう〜(^-^)/

南九州出土の銅鐸
http://4.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlg6r76hiI/AAAAAAAABM0/Tb99fpA_PrE/s1600/hayato.jpg

297 :出土地不明:2010/10/11(月) 17:40:44 ID:xrCpmXt/
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>295
ちなみに奈良県三輪山の大神神社社伝では「大三輪鎮座次第」(鎌倉時代)において

>「当社古来宝倉無く、唯三箇鳥居有るのみ。奥津磐座は大物主命、中津磐倉は大己貴命、
辺津磐倉は少彦名命」とあります。
>三輪山に鎮まる神御座すなわち神座は、三箇所と定まっています。

298 :出土地不明:2010/10/11(月) 17:45:50 ID:hNhPkFeh
>>287
なんだその言い草は?
おれはみかこチャンにひざまづいて手にキスして足の裏ベロベロ舐めて顔の匂い嗅いでベロベロ嘗め回したいぞ!?
ついでにみかこチャンの○○ッ○ゴクゴク飲みたい。

>>289
消えろドブス

299 :出土地不明:2010/10/11(月) 17:47:21 ID:+2Lllz8s
>>296
これは、朝鮮半島によくあるやつじゃないのか

300 :出土地不明:2010/10/11(月) 17:57:23 ID:4LIHGBRP
>>297

わぉ〜わぉ〜さん

月光氏は今はこっちだよ

http://www.cjapan.net/en/content/buryats-slab-grave-culture-built-tumuli-and-gave-birth-japan


301 :出土地不明:2010/10/11(月) 18:41:41 ID:77u5gvUv
白馬はなんで独身なの?

302 :出土地不明:2010/10/11(月) 18:53:47 ID:dL/6cVZA
LUNAわぉ〜MASKはいらん
巣に帰れ

303 :出土地不明:2010/10/11(月) 19:04:37 ID:4LIHGBRP
月光氏はこっちにいる
わぉ〜わぉ〜さんもどうかいな

http://www.cjapan.net/en/content/should-central-asian-countries-be-included-forum

304 :出土地不明:2010/10/11(月) 21:04:54 ID:LffBqMi7
>>月光さん
三輪山=銅鐸説は
銅鐸が破棄されたり、明らかに隠されていたと思われる部分と整合が難しいです。
三輪山は現代までつづく信仰の対象、神山であり、
銅鐸破棄の時点でその信仰の破壊や、土俗の破壊も行なわれたはず。
ならば、その母体である三輪山の神性のみが継続したことに根本的な矛盾が生じます。


305 :出土地不明:2010/10/11(月) 21:25:16 ID:LffBqMi7
日本の銅鐸は朝鮮半島のものとは別個に考えるべきではないでしょうか。
中国由来である事は確かですが、まず、時代、その用途から見ても
似て非なるものであることは間違いありません。
特に一度途絶した、極めて地方色の強い宗教の特殊進化した用具ですから、
よほどの発見が無い限り安易に既存の宗教、他宗教と結びつけるのは無意味だと思いますが。

306 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/10/11(月) 21:39:46 ID:NBP5/5EU
>>298
・・(笑)

>>294
四川省西部は、北朝・隋唐時代には、福よかな美女の産地だといわれてました。
眉毛が垂れ下がった子が多いから、震災復興のイベントでもなんか悲しげ
http://wenwen.soso.com/z/q134380238.htm

307 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/10/11(月) 21:44:24 ID:NBP5/5EU
>>292 知らな〜い 
男女双系の相続が可能だったから
丹巴の底土土司の当主は1/2の確率で女性があり得る。
双系相続を、女系相続とは言わないんでは?

308 :出土地不明:2010/10/11(月) 21:52:29 ID:xrCpmXt/
>>304
わぉ〜わぉ〜
だからおいらは月光たんじゃないんだよ〜(^-^)/

おいらの受け売りでは、大和地方には天地人三界でなく、あくまでオオモノヌシ信仰(地祇思想)に固執して
「太陽神の炎帝すなわち少彦名命」を祭ることに抵抗を持つ勢力がいたということではないでしょうか?

卑弥呼はそれを封じるために太陽神の思想を強化した銅鏡による革命を強行し、銅鐸の破棄を徹底させたが
オオモノヌシ勢力の崇神王朝よる反動にあって、欠史八代の鴨王朝が追放されかかった。

しかしその後、歴代最強の卑弥呼・神功皇后が国家を統一し、「太陽神の炎帝すなわち少彦名命」信仰を
復活させたのでしょう〜(^-^)/

神功皇后は誉田別皇子(後の応神天皇)を迎えるにあたり酒宴を行い、以下の歌を詠みました。
「此の御酒(みき)は 吾が御酒ならず 神酒(くし)の司(かみ)
常世に坐す いはたたす 少御神(すくなみかみ)の豊寿き(とよほき)〜」

309 :出土地不明:2010/10/11(月) 22:31:38 ID:LffBqMi7
>>308
なるほど、論旨の大きな構図は解りましたが
オオモノヌシ信仰と銅鐸の直截的な結びつきがよく解りません。
確かに出土地分布を見る限り、両者の関係性が濃い事は理解できますが。
あなたの膨大なレスに全て目を通しているわけではないですし、
(実際通してたら一日が終わってしまうので)
端的に要旨のみ説明してもらえないでしょうか。

310 :出土地不明:2010/10/11(月) 22:50:54 ID:xrCpmXt/
わぉ〜わぉ〜
>>309
こちらも受け売りで申し訳ないのだが、列島における地祇勢力と天孫勢力との闘いの中で、
利器としての細型銅剣文化と、より祭器として開花した琵琶型銅剣文化の対立があったとされます。

天孫勢力が拡大していく中で、銅鐸においても地祇勢力の利器としての聞く銅鐸は次第に破棄され
祭器としての見る銅鐸に変化していった。
そして最終的には天孫思想(太陽信仰)を強化した銅鏡に置き換わっていったのでしょう〜


311 :出土地不明:2010/10/11(月) 23:00:45 ID:5DnDXGWX
 韓国の法廷では、うそをつく偽証や、ありもしない容疑をでっち上げて他人を告訴、
告発する誣告(ぶこく)事件が、日本に比べてはるかに多い。
2007年に日本では偽証罪で9人が起訴されたのに対し、韓国では1544人が起訴された。
誣告罪の場合、日本では10人、韓国では2171人が起訴された。
起訴された数字だけを見ると、偽証罪は日本の171倍、誣告罪は217倍に当たる。
しかし、日本の人口が韓国の2.5倍だということを考慮すると、実際には偽証罪が427倍、誣告罪は542倍となる。

 韓国社会で詐欺や横領、偽証や誣告のような犯罪が多発しているのは、
それだけ他人をだましたり、うそをつく人、自分の任務に忠実ではない人が多いということで、
これは社会的信頼という面で、韓国が後進国のレベルから抜け出せていないという意味だ。

http://www.chosunonline.com/news/20101011000031

312 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/11(月) 23:14:33 ID:KDGOELpD
>>271
チベット人は彫りが深う無い新モンゴロイドよ。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-7b.htm
ここの【アジアの諸人種】第8図のチベト、華北、南満州、朝鮮の
ラインの容貌に似とるし、西日本人の容貌にも似てとるが、
縄文人たぁ似とらんよ。
総合的たあ、遺伝子だけですら、
http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/02041024
尾本氏の18の遺伝子座と、多くを総合的に見ると、日本人(アイヌ人、
和人、沖縄人)の中でも、「日本人(和人)に最も近縁なのは朝鮮人であり、
次いでダウル族およびモンゴル族がこれに続く。このことは、日本人(和人)
の形成に際し、朝鮮からの渡来人の影響が大であったかを物語る。」

313 :出土地不明:2010/10/11(月) 23:20:38 ID:xrCpmXt/
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>308
>炎帝つまり神農(少彦名命)は、羌水でうまれ「姜」を名乗る。
>それは「羌族」であるといわれる。

>羌族語では、主格の助詞「は」が存在しない。
>しかし、日本語も古代においては、主格の助詞が存在しなかった。
>そう考えると、助動詞「です」にあたる「denguei;デングェイ」の存在も含めて、
>羌族語の文法が 日本語とよく似ていることがわかる。

314 :出土地不明:2010/10/11(月) 23:22:09 ID:LffBqMi7
>>310
なるほど。
少し解ってきました。
それならば、銅鐸が聴覚の機能を失って何故視覚化されたのかも説明がつき易いですね。
斎器の本来の機能が消滅し、象徴性のみが強調されるのは多くの宗教でよくある事ですが
その場合、大抵において別の意味での利器としての機能が付随しますからね。
一番端的な例は十字架でしょう。本来の拘束具としての機能は消えたかわりに
携帯性と神の具象化を禁じた「教義の欠点」を補うという重要な機能が付随しましたから。

視覚化したのがいわゆる三位一体や山岳信仰の象徴であったとすると
単純に山の大きさ、雄大さの象徴であったと考えるのが自然ですから
巨大化した理由も説明できます。

ふむ、面白いですねえ。
生意気なことを言うようですが、月さん達の「会話」は解る人間にはとても興味深いのですが
あまりにも量が多いのと、わりと突き放した説明ですので
こうして噛み砕いて順を追って説明してくれないとこちらがついていけません。
もう少しスレの流れに配慮してもらえないですか。
せっかく面白い話をしているのにもったいないですよ。

315 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/11(月) 23:34:59 ID:KDGOELpD
>>271
あんたの>>212の結婚や今回の猟奇事件は、モテるモテんと関係無いわ。
韓国人男は女性に積極的でマメなラテン気質じゃけぇモテるよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/heavn882002/folder/317421.html
http://www.worldguys.jp/cgi-bin/bbs/mychan16/mychan.cgi?mode=view&no=74&p=new
上の方の留学生も、韓国は寒い国なのに、韓国の男性は情熱的で
日本人と比べラテン気質に近いと。
下の方の産経新聞の黒田氏は、「半島気質」がイタリア半島やイベリア
半島と気質が似とるとされるが、北欧の半島人は韓国人と
似とらんよ。(笑)半島云うたぁ、ラテン気質。島国でもケルト系の
アイルランド人は韓国人に似とるけど。(笑)
http://www.allempires.net/koreans--italians-of-asia_topic7935.html
http://londonkoreanlinks.net/2007/03/17/are-koreans-really-the-irish-of-the-orient/
http://www.antimoon.com/forum/t12663-45.htm
まあ、アフリカ系は兎も角、韓国人は、イタリア人、ポーランド人、
アイルランド人の気質に近い面は、西洋でも云われとる。
韓国人の兵士として勇猛な処や喧嘩が強い点は、アイルランド人に
似て、シシリア島等一部は別としてイタリア人に似てないが、
南欧、カトリック的気質云うべきじゃろうね。

316 :出土地不明:2010/10/11(月) 23:38:49 ID:xrCpmXt/
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>314
アドバイス大変ありがとうございます〜(^-^)/

月光たん達の高尚な御説をおいらのアホぶりで噛み砕いているつもりなんですが
これからも皆さんの議論が深まるように気をつけたいと思います〜(^-^)/

317 :出土地不明:2010/10/11(月) 23:51:32 ID:212/eOf9
>>315
モテてるんならなんで朝鮮男と非アジア人の結婚率が低いんだ?
くだらねえサイト貼ってないで朝鮮男が非アジア人にモテてるソースだせよ
>>212みたいな統計でな

318 :出土地不明:2010/10/11(月) 23:55:48 ID:2MFDxYtJ
>日系人の女性の90%はアメリカ人の白人か黒人と結婚していた。
>韓国系の70%以上はお互いの韓国系同士で結婚していた。
>最近の調査ではアメリカの社会では様々な民族の内、韓国系の男性が一番社会に溶け込めなく、
>そのストレスからトラブルになる事が多いと書かれていた。
>これは2007年の4月にアメリカ史上最悪の乱射事件が韓国人の青年が行なった後に書かれた事だった。
http://www.ayuo.net/novels.php?id=32


これが現実だぞ自称アジアのラテン系朝鮮人(笑)

319 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/12(火) 00:16:43 ID:37v0mh4C
>>272
中国史書で、方位、距離、戸数、人口は出鱈目じゃけぇ、根拠にならんで
残念じゃのう。(笑)逆に魏書の三万戸の高句麗が強国で、五万戸の邪馬台国
が漢の奴隷国で如何に軍事力が弱かったと自慢したいんか解らんが。
>>275
イラストは、>>285氏が挙げとられるよ。
>>276
殺し続けたたぁ云うとりません。渡来系新参者がもたらす疫病で
種族の主流たぁ成り得んかったんですよ。外来種が主流で現地民の
主流は絶滅ですからね。民族移動は歴史時代の産物で、生物学者は
歴史知らずな云うことですよ。
>>284
朝鮮人はモンゴル人たぁ長顔の満州人やチベット人に似とるよ。
わしに対する反対だけ載せる工作すなや。(笑)
347 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/08/12(木) 17:28:06 ID:nf7DaB9+
>>236
長江以南は、概ね古モンゴロイドじゃ。
>>239
アランさんのどこが古モンゴロイドかね。(笑)
http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=wNPXxK1Y_FY&feature=related
http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=fbV_FIzwIe8&feature=related
上の髪を上げた顔からしても高顔北方形質の新モンゴロイドじゃ。
前髪を垂らしたら、韓国の女優、韓孝珠(ハン・ヒョジュ)さんに似とるね。
http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=VXoA7OITiYQ&feature=related
まあ、チベット羌系と朝鮮人自体、容貌が似とるけんのう。
他に前髪を垂らした北方形質美女云うたら、岡田奈々さんよのう。
http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=PficR-LJO64&feature=related
http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=tyYwsmptovk&feature=related
さすが、岡田奈々さんは、日本屈指の美人の産地である美濃美人じゃ
わいや。美濃は新羅系渡来人が多いけぇ、新羅系美人と云うべきか。
まあ、北方形質の高顔のほうが、髪を前に垂らしても似合うわ。
南方低顔じゃったら、横はばちの広い蟹顔になるけんのう。

320 :出土地不明:2010/10/12(火) 00:40:51 ID:XHWidhl5
>>319
なんでかならず新参が生き残って現地民が死ぬんだ?
風土病で新参がやられるケースは無視?


321 :出土地不明:2010/10/12(火) 00:42:44 ID:UGSxuuYh
白馬青牛って本音じゃ朝鮮人を差別してるでしょ
日本人なんてどうしようもないと言いながら朝鮮人と日本人を関連付けてるもんな

322 :出土地不明:2010/10/12(火) 00:44:54 ID:F9yp5zXi
>>315
あんたみたいに英語読めない人って恥かくよね。w

323 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/12(火) 00:46:32 ID:37v0mh4C
>>290-292
チヘット羌系は、中国西北部で遊牧生活しとったけぇ三星堆じゃあ無いよ。
ほいで、あんた何でギャロン美女伝説が西夏王国との関連を省いとるんか?
タングート西夏人が遊牧国家なんが、都合が悪いんか?
>>299
いつぞや、トーテンポールが朝鮮やエヴェンキにあって、中国南部に無い
云う大嘘電波飛ばした馬鹿タレがおったような気がする。(笑)
銅鐸なんか、元来家畜の牛に着けるもんじゃけぇ、南方誘致しても意味が
無いんじゃけどねえ。朝鮮も遼寧式銅鐸文化圏じゃに。

324 :出土地不明:2010/10/12(火) 01:08:46 ID:1II0a+cY
トーテンポール(笑)
遼寧式銅鐸文化圏(笑)

( ´,_ゝ`)プッ

無知ってこわいよねぇ

325 :出土地不明:2010/10/12(火) 01:18:41 ID:nB9Ocp7K
>>324
知ったかぶりして、すぐボロを出すんだよね。

326 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/12(火) 01:21:35 ID:37v0mh4C
>>317-318
おいおい、結婚率とモテるんは別なんが、童貞君にゃあ
解らんらしい。口説いた女性にいちいち結婚を申し込む馬鹿が
どこにおるんない。統計なんか初期数値で変わるもんを
出した方が胡散臭いじゃろうに。後は猟奇事件で、
日本人が猟奇事件オランダ人女性の人肉を食うた事件の例から
日本人がモテんのんか。幼稚な言を繰り返すのう。(笑)
>>320
http://yumiki.cocolog-nifty.com/nautica/2009/04/post-50a2.html
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2007/07/post_081e.html
知識の深い明夜航記さんが云われるよう、採集狩猟民は、家畜の
疫病でやられ、種の主流とならんかったよ。ユカギル族もその一例。
歴史時代の民族移動を無視し先住民への投影で妄想するんは、
Y染色体論者のスペンサー・ウエルズ氏らよ。
>>321
わしゃあ、朝鮮人を差別しとらんでぇ。被害妄想よのう。
ほいじゃあ、朝鮮人が好きか云うたら、うん云うて答えられんのう。
朝鮮人は、権力欲と虚勢張り、事大主義が強うて、ネット右翼
みたぁな性格しとる人間がえっと(多く)おるけんのう。
こがぁな質問は、わしにこのスレに常駐しとるネット右翼が
好きか聞くんと同んなしじゃないか。
まあ、日本人のエリートは朱子学型人間じゃけぇ、朝鮮人に
似とるよ。日本人(特にエリート)と、朝鮮人の気質が似とる云うんは
そういう面からものう。

327 :出土地不明:2010/10/12(火) 01:32:46 ID:F9yp5zXi
>>326
口説かないと結婚できないんだよおじさん

328 :出土地不明:2010/10/12(火) 02:11:02 ID:XUVJnIWs
別に牛さんを擁護する気もないですが
現実に韓国人の方がモテますね。残念ながら。

ラテン気質かどうかはともかく、彼らは積極的ですし、女性に優しいですね。
優しいというのは草食系とかの話ではなく、気が利きます。
日本人男性はあまり女性に気を利かせられませんからね。
別に白人に限らず、どこの国でもそういう男性の方がモテるのは普遍ですから。

あと、日本でも中年の女性は韓国人が本当に大好きですね。
どの生物のどの種のメスも多様性の確保のために、
3%前後の比率で近縁多種に惹かれる本能があるそうです。
女性が出産後に浮気をするようになる理由はこのためだといわれていますし
彼女達が韓国人に惹かれる理由も同じシステムかも知れませんね。



329 :出土地不明:2010/10/12(火) 02:15:09 ID:XUVJnIWs
ですから嬉しい、嬉しくないはともかく、
現実として韓国女性は日本人の男が大好きですよ。

330 :出土地不明:2010/10/12(火) 02:18:11 ID:SupjVGEI
韓国イケメンのザーメンならいくらでも妻のマムコに流し込んでもいいですよ。

331 :出土地不明:2010/10/12(火) 02:42:00 ID:lGQAkpHF
まぁ在日男と日本人女性の結婚率は2割なんですけどね

332 :出土地不明:2010/10/12(火) 02:45:00 ID:lGQAkpHF
なので、在日女もそうですが、在日男もかなり余っていて、在日は出生の3倍の速度で死んでいます
在日は韓国に帰ったほうが相手が見つかるかもしれませんね…

333 :出土地不明:2010/10/12(火) 04:23:47 ID:SupjVGEI
在米日系人は何倍ですか?

334 :出土地不明:2010/10/12(火) 06:59:02 ID:OdE/9sdS
在日がどうのとか、本当お前らクズだな
そりゃ事実が見えないわ

335 :出土地不明:2010/10/12(火) 07:10:17 ID:lGQAkpHF
>>334
なんの事実かな?在日がモテない事実は見えてますか?

336 :出土地不明:2010/10/12(火) 07:21:17 ID:ja1Z+n+o
ID:XUVJnIWs
ID:SupjVGEI

何一つ統計も出せない在チョンの願望による妄想がキモイねえ
毎日毎日日本人で妄想してるのかなこの臭い朝鮮人は

337 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 09:41:33 ID:8jpNw4+k
>>308-310 >>313-314 >>316
T.D. Skrynnikova等のブリャート歴史考古学筋は前2千年紀モンゴリアにおけるコーカソイド・モンゴロイドの
文化的対立関係から円墳系と方墳系の対立を説明しています。私はブリテン島のストーン・ヘンジとエジプトの
ピラミッドの対立も同じようなものであるし、ナイル河西方の砂漠にストーンヘンジのような遺跡が存在するとさ
れることから、天円地方の考えは少なくとも旧大陸には普遍的なものと考えます。で、日本における前方
後円墳と四隅突出型墳丘墓・前方後方墳の対立はモンゴリア高原に起源があると考えます。これは
モンゴリアと日本列島間においては正→反→合という動きではなく、同時に共存する宗教思想体系が移動して
いると考えます。地祇の思想は日本では神道となり、天を目指す宗教は修験道となっています。また、地底・
冥界を対象とする宗教は十王経となっています。私はこの思想的バックボーンが現代の日本を生んだと考え
ています。

338 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 09:56:53 ID:8jpNw4+k
承前
三輪山は衣笠・モンゴリア高原のケレクスルの形状をしているものの、須弥山のイメージは全くありません。
つまり、国土神が宿るのにはこの上もないものですが、太陽神が宿るものとしては天香具山・金剛山に
及ぶものではありません。太陽神を祀った卑弥呼・百襲姫のお墓である箸墓は太陽線に平行に造られて
入るものの、三輪山には向いていません。

339 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 10:03:10 ID:8jpNw4+k
承前
ケレクスルには旭日旗のように放射状積石の有無で太陽を表現したものもあるが、秋田唐松神社
のようにそうでないものもある。

340 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 10:51:33 ID:8jpNw4+k
>>309
>オオモノヌシ信仰と銅鐸の直截的な結びつきがよく解りません。
オオモノヌシ信仰を持っていた出雲族は本来細型銅剣祭祀であった倭奴国が天孫族に追われ山陰に移住し、
更に東方の近畿朝鮮小銅鐸祭祀の稲作民族と接して聞く銅鐸と言う形の無文銅鐸から有文銅鐸への切り
替えを行ったということだと思います。暦博によると銅鐸と言うのは殷起源だそうで、おそらく近畿銅鐸圏は
古代の呉越・東冶会稽方面の稲作民との関係が強かったのではないでしょうか。

341 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 12:38:37 ID:8jpNw4+k
承前 大物主

大地、二次元平面は蛇をシンボルとする↓

また、崇神天皇に、自らを太田田根子に祀らせるようにと告げた。これが現在の大神神社である。
大物主は蛇神であり水神または雷神としての性格を持ち、稲作豊穣、疫病除け、酒造り(醸造)などの神と
して篤い信仰を集めている。また国の守護神である一方で、祟りなす強力な神ともされている。

しかし、↓これは鰐の裏ワザ

ミシマノミゾクヒの娘のセヤダタラヒメ(勢夜陀多良比売)が美人であるという噂を耳にした大物主は、彼女に
一目惚れした。セヤダタラヒメに何とか声をかけようと、大物主は赤い矢に姿を変え、セヤダタラヒメが用を
足しに来る頃を見計らって川の上流から流れて行き、彼女の下を流れていくときに、ほと(陰所)を突いた。
彼女がその矢を自分の部屋に持ち帰ると大物主は元の姿に戻り、二人は結ばれた。こうして生れた子が
ヒメタタライスズヒメ(イスケヨリヒメ)で、後に神武天皇の后となった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%89%A9%E4%B8%BB
殷の時代、黄河流域には鰐を捕る鄂氏という有力な氏族がおり、おそらく何らかの関係があるのであろう。

342 :出土地不明:2010/10/12(火) 13:07:41 ID:XUVJnIWs
>>月さん
銅鏡が銅鐸を駆逐したと考えた場合。

太陽神信仰は農耕と密接に関連してるので、農耕の発展にともない
太陽を映す=地上に移す「鏡」との関連生・象徴性は
宗教的構造面からも理解し易いのですが。

ならば数多くある斎器の中で、なぜそれ以前は銅鐸が選択されたのでしょう?
銅鐸は中華でも手にもって鳴らしていた斎器であることは確かですが
牛さんも上で言ってる通り、農耕牛の管理に使用されていたと考えるのが普通でしょう。
日本の場合、その機能は渡来直後失われるかあるいは使用頻度が極端に減ったとはいえ、
視覚化される以前、「聞く銅鐸」と、
オオモノヌシとの宗教的な結びつきの意味がそこにあったはずですね。
それは音そのものであると考えますか?
それとも牛でしょうか?
それおも遥か以前、中央アジアから原型としての宗教が日本に渡来した時点で
利器としての意味は既に失われていたのでしょうか?




343 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 13:41:57 ID:8jpNw4+k
>>342
>数ある祭器でなぜ銅鐸が先に選択されたか
これは銅鐸圏先住農耕民が北方の銅剣文化ではなく、呉越方面の文化を持っていたからだと思います。
------------------------------------------------------------------------------------
朝鮮小銅鐸時代・・・「それは音そのもの」でしょう。
(南シベリア山岳青銅器破片埋納慣習のある地方ではシャーマンが山頂に登りタンバリンの金属音で悪魔を
払うとされます)
------------------------------------------------------------------------------------
聴く銅鐸は曼荼羅的宇宙像が入りますが、流水紋は三途の川でしょう。牛は全く無関係でしょう。
---------------------------------------------------------------------------------
見る銅鐸は太陽信仰。これが漢の銅鏡と言う二次元メディアに変わりますが、これはあくまでもメディア
の変化でしょう。

344 :出土地不明:2010/10/12(火) 14:00:32 ID:XUVJnIWs
なるほど。
ありがとうございます。
理解しました。

ではもう一つ、素朴な疑問なのですが
メディアの変化は何故起ったのでしょう?
たんに民族の交流、異文化の融合でもたらされたものでしょうか?
政変でしょうか?
それともいわゆるメディアの拡散を意図した、計算にもとずく変更でしょうか?
それとももっと大きな社会の構造的変化が反映されたものでしょうか?

345 :出土地不明:2010/10/12(火) 14:12:27 ID:lcc1PzXq
わぉ〜わぉ〜わぉ〜、ご参考までに(^-^)/
>>342

青銅器時代の歴史
「領域A」に分布するもの (細型銅剣の前の時代)
甕棺から出土する前漢鏡、邪馬台国時代のものと思われる小形製鏡第U型の鏡、広形銅矛、広形銅戈、
近畿式・三遠式銅鐸など。弥生時代の国産青銅器はこの領域に入る。年代は200年〜300年ごろで、
華北産の鉛である。
-----------------------------------------------------------------------------------
「直線L」の上にほぼのるもの
細形銅剣、細形銅矛、細形銅戈、多鈕細文鏡、初期の銅鐸など、最も古い時期の青銅器のデータはこの
直線に乗る。BC100〜AD180年ごろか。
-------------------------------------------------------------------------------------
「領域B」に分布するもの
三角縁神獣鏡をはじめ、古墳から出土する青銅器の大部分はこの領域にはいる。300年〜400年ごろ築造
された前方後円墳から出土する。華中・華南産の鉛である。
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
-----------------------------------------------------------------------------------
「領域A」銅鐸銅剣時代 弥生中期 燕(戦国)倭(石板墓)
「直線L」地祇時代   弥生後期 漢(四郡)穢貊・原三国
「領域B」天孫時代   古墳前期 魏(三国)大和
----------------------------------------------------------------

346 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 14:21:23 ID:8jpNw4+k
>>344
>>344
>メディアの拡散を意図した、計算にもとずく変更
「また、特に汝に紺地句文錦三匹・細班華ケイ五張・白絹五十匹.金八両・五尺刀二口・銅鏡百牧・真珠・鉛丹
各々五十斤を賜い、皆装封して難升米・牛利に付す。還り到らば録受し、悉く以て汝が國中の人に示し、國家
汝を哀れむを知らしむべし。故に鄭重に汝に好物を賜うなり」倭人伝ではこう伝えていますが、「悉く以て汝が
國中の人に示し、國家汝を哀れむを知らしむべし」というのは魏の政策なのか、どうか。実はこれに先立ち
邪馬台国は魏の敵国呉が生産地である画文帯神獣鏡の国内配布を行っています。これは、畿内に入った
倭面土国系天孫は、甘木朝倉・伊都国・奴国で倭奴国時代から行われていた配布・統治システムを畿内に
適用しようとしたのではないかと思います。

347 :出土地不明:2010/10/12(火) 14:23:53 ID:lcc1PzXq
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>323

>近年注目を浴びている四川盆地の「超古代文明」、三星堆遺跡の主は古代羌族と血縁関係にあると思われるが
より具体的にはテイ族の一種、巴人ではなかろうか。
>テイ族は低地に住むようになり、遊牧から農耕へと生活をシフトしていった羌族とみられている。
>上述の青銅器時代の寺ワ文化(甘粛)は羌族からテイ族となった最初期の例である。

四川の三星堆文明になって、古代羌族の遊牧生活から農耕生活へのシフトが進んだということでしょう〜(^-^)/

348 :出土地不明:2010/10/12(火) 14:43:53 ID:XUVJnIWs
>>345
ありがとうございます。
解り易いサイトですね。
知りませんでした。

しかし、これは牛さんが見たら発狂しそうな・・・・w
黒潮は死の海じゃけえ、船に積んだ銅は東シナの海に沈んだじゃろの一言でしょうねえ。


349 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 14:57:53 ID:8jpNw4+k
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg
●琵琶型銅剣→「領域A」銅鐸銅剣時代 弥生中期 燕(戦国)倭(石板墓)
□細形銅剣→「直線L」地祇時代   弥生後期 漢(四郡)穢貊・原三国
そして、銅鏡は漢楽浪郡経由です。
「黒潮は死の海じゃけえ、船に積んだ銅は東シナの海に沈んだじゃろ」が、黄海はそれほどでもなく、
陸続きの燕のものはほとんど問題なかったってことでしょうね。

350 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 15:01:50 ID:8jpNw4+k
失礼、
公孫といいうのは魏と呉を手玉にとったりして、ついには魏に打たれています。公孫と呉は上の地図の
山東半島と仁川辺りを往来していたんでしょう。

351 :出土地不明:2010/10/12(火) 15:05:58 ID:XUVJnIWs
>>346
なるほど、
その理屈ですと・・・
邪馬台国は呉の同盟、もしくは衛星国であり
その政治・統治システムも呉の政策に則っておこなわれた、と言う事になりますね。

となると銅鏡が本来持つ意味そのものを丸ごと移植する必要があると思いますが
(でないといろんな面で論理破綻がおこるでしょう)
日本の銅鏡の意味はかなり地方色豊かにローカライズされているように思われます。
この部分が少し違和感がありますね。
それともこれは単なる私の解釈の違いと捉えるべきですかね。
もしくは呉は銅鏡の意味の変節を許容していた、
あるいはその強制力そのものが呉に存在しなかった、と考えるべきですか?
それとも単純に今のプロパガンタの販促グッズのようなもので、敵対国に対する牽制で
周辺国にばらまいていたと考えるべきでしょうか?

ところで、そろそろ仕事に戻ります。
すいません。


352 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 15:25:09 ID:8jpNw4+k
>>351
>邪馬台国は呉の同盟、もしくは衛星国でありその政治・統治システムも呉の政策に則って
>おこなわれた、と言う事になりますね。
倭奴国は後漢の朝貢国として金印を受けています。そして種々の漢鏡も得ているが大和邪馬台国のように
集中的な入荷はないようです。大和邪馬台国の場合、その政治・統治システムは倭奴国・倭面土国の
システムを採用したもので、自国国策に従い、魏を誘導してああした詔書を出さしたんでしょう。
>銅鏡が本来持つ意味そのものを丸ごと移植する必要があると思いますが
>(でないといろんな面で論理破綻がおこるでしょう)
そうじゃなく、図案を選択して入手したと見られます。女王御祝儀は神獣鏡。太陽神祭祀用には内行花文鏡
など。魏の詔書にある汝の好物と言うのはin compliance with your majesty's requestと言うことでしょう。
---------------------------
呉との関係は公孫が首をはね、魏に送っていますからさほどよくはなかったでしょう

353 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 16:10:20 ID:8jpNw4+k
本日の仕分け
Jomon
C1-M8 5.4%
D2 Total 34.8%
Sub Total 40.2%
Yayoi 1000 BCE to 200 AD
Baikal-Amur
C3c-M86 1.2% Shushen  粛慎
C3-M217* 1.9% Proto-Uryanhai 兀良哈
Total 3.1%
Siberia - Altai
N1c1-M178 0.4% Proto-Tsaatan 駁馬丁霊
Q-P36 0.4% Kets 羯(気多)
Total 0.8%
Central Asia
NO-M214* 2.3% Xirong  秦氏
N1-LLY22g* 1.2% Proto-Darkhad/Yemaek 穢貊
I-P19 0.4% Avars  滑
R-M207 0.4% Sakas  月氏
Total 4.3%
China
O2a-M95* 1.9% Yue  越人
O2b-SRY 7.7% Ye  出雲 ブリャート経由だろうな。
O2b1-47z 22.0% Wo Yayoi  ブリャート経由もあるかな?
O3-M122* 6.6% Yan Hans  山戎・貊・高麗
O3a4-LINE1 3.1% Wu Hans  甕棺文化人
O3a3c-M134 10.4% Lelang Hans 楽浪人

354 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 16:21:23 ID:8jpNw4+k
esults based on haplogroup frequencies by far relate mainland Japanese to Koreans followed by northern Chinese.
mtDNAハプログループ頻度で本土日本人は特に朝鮮人に似ており、次に華北人に似る。
Ryukyuans present the smallest distances to Buryats from South Siberia, followed in short by southern Chinese.
琉球人は南シベリ・アブリャート人との距離が最も近く、次に華南人に近い。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC524407/?tool=pubmed

355 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 16:28:13 ID:8jpNw4+k
YDNAとmtDNAの関係がいまいちしっくりしないが、沖縄女性にはブリャート系統が多く、本土には
朝鮮女性系統が多いということで、原住民女性の遺伝子が少ないということか。すると原住民は
渡来人女性と結婚しているっつうことになるが、ほんとかなー。

356 :出土地不明:2010/10/12(火) 16:41:56 ID:y54eCIbp
LUNAわぉ〜MASKは隔離スレでオナってろ!

357 :出土地不明:2010/10/12(火) 17:43:59 ID:ZADHssOm
LUNAMASKさん

関西弁のアクセントはどのあたりのDNAですか?

358 :出土地不明:2010/10/12(火) 18:02:14 ID:mQm4ck2t
月光仮面が現れると急につまらなくなるな。このスレ。

359 :出土地不明:2010/10/12(火) 19:03:54 ID:q+EMtZ36
中村彩名で検索

360 :出土地不明:2010/10/12(火) 19:43:14 ID:CQyWKUC7
ねぇねぇ 中国人(漢民族)はどこから来たんだ?

教えでください。

361 :出土地不明:2010/10/12(火) 20:48:44 ID:nB9Ocp7K
>>360
漢民族は漢字を使う民族って意味だから、
あちこちから来たとしか言いようが無い。

362 :出土地不明:2010/10/12(火) 21:07:31 ID:CQyWKUC7
>>360
日本人は漢字を使う民族?

363 :出土地不明:2010/10/12(火) 21:13:57 ID:CQyWKUC7
漢民族はチベット羌起源で これ本当ですか

364 :出土地不明:2010/10/12(火) 21:20:05 ID:8onIwvt6
>>352
公孫を燕王にしたのは呉じゃないの?

365 :出土地不明:2010/10/12(火) 21:40:50 ID:CQyWKUC7
シナ・チベット語族
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E8%AA%9E%E6%97%8F

漢?チベット?羌?ビルマ?ネワールは同源

これ おもしろいですね



366 :出土地不明:2010/10/12(火) 22:00:00 ID:CQyWKUC7
http://en.wikipedia.org/wiki/Sino-Tibetan_languages
↑ここ 漢族とキランチィ人(ネワール)同源

367 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/12(火) 22:48:09 ID:37v0mh4C
>>322
あんた流の訳し方じゃぁどうなるんなら。まぁ、韓国人は東洋の
アイルランド人じゃあ、イタリア人じゃあ、よう云われることじゃ。
>>327
結婚は、口説かんでも、人の紹介でも可能じゃけんのう。恋の冒険たぁ、
違うよ。(笑)
>>336
統計たぁ、初期数値をいじるレトリックじゃけぇ、最初から結論決めとる
レトリックでヤラセ猿芝居みたあなもんじゃけぇのう。統計にも正確性や
信憑性が無いね。養老孟司氏は、数字を見ると思考が止まってしまう
現代人とされとる。まあ、現代数字を云うたら一つの権威になっとるけえ、
思考停止の事大主義の連中は数字を信仰しとるようじゃ。(笑)
あんたも、相当な思考停止事大主義者よのう。(笑)
>>340
倭奴国が、出雲へ移住した云う根拠は無いと思いますが。銅鐸は遼寧文化の
影響でしょうに。

368 :出土地不明:2010/10/12(火) 22:51:55 ID:un2VvED1
難波先生、まだこんなところで遊んでるんですか?
いいかげん、まともな本を書いて欲しいんですが!

369 :出土地不明:2010/10/12(火) 22:52:11 ID:IwZMZ9o3
在日男は本当に独身で死んでるのが多い
毎年結婚した在日のうち、男は2割しかいないからな

2007年度 在鮮人
出生数は1,603人
死亡数は4,421人

370 :出土地不明:2010/10/12(火) 23:22:44 ID:y54eCIbp
アホ牛が難波先生なの?
んで三文文士なの?

371 :出土地不明:2010/10/12(火) 23:33:48 ID:mQm4ck2t
> 養老孟司氏は、数字を見ると思考が止まってしまう現代人とされとる。

人に頼んなよ。

372 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/12(火) 23:45:08 ID:37v0mh4C
>>345
江南ビルマ語なんか無いのに江南誘致電波を飛ばす、江南朱子学派の
安本美典氏が根拠じゃあねぇ。(笑)
https://kaken.nii.ac.jp/en/p/15300296/2005/6/ja
「これまでの鉛同位体比研究の結果に従えば、中国の華中〜華南産原料の
数値範囲内にあるため中国の鉱床の可能性が考えられるが、一方で、
慶尚北道の漆谷鉱山の数値がこれと近接していることや、その周辺の地質
状況などから、原料が朝鮮半島南部地域の鉱床からもたらされた可能性に
ついても考慮する必要がある。」と。
まあ、江南派は江南誘致に都合のええ数値を算出するけぇのう。
地質状況じゃのテータから省くご都合主義じゃわいや。総合的に範囲を
広げて見るんが学問じゃに。
>>347
テイ族はもっと後世に成立したもんを無理やり結びつけても意味は無いよ。
>>348
黒潮は死の海じゃし、黒潮や東シナ海から民族移住は無理なんは
事実じゃに、火病起こす馬鹿はおらんよ。(笑)
波が静かな黄海なら可能じゃけど。
>>350
黄海じゃったら、山東から渡るんは北朝鮮の黄海道が一番近いですけぇ、
もっと北ですね。
>>351-352
邪馬台国は、華北政権の属州で、呉と同盟出来る立場にも無いし、
軍事力もありません。
>>363
漢民族でも華北の方はチベットと同種で遊牧化したんがチベット、羌系で
定住農耕化したんが華北人と分化したとも云えます。

373 :出土地不明:2010/10/13(水) 00:01:56 ID:tSRlDsuj
>>351
夜中の2時からずっと仕事してるの?同じPCで・・・w

374 :出土地不明:2010/10/13(水) 00:16:01 ID:a6yiOxgh
>>372
黒潮は死の海?
死の海の定義とは?

375 :出土地不明:2010/10/13(水) 00:17:51 ID:/Zh1r3zR
>>372
今更ですが、本当にあなたは
意見を出し合うとか重ねあうという行為を一切しませんねえ。
不毛です。全て断定で、否定形から入りますしね。

>>373
世の中にはいろんな仕事があるのですよ。



376 :出土地不明:2010/10/13(水) 00:19:54 ID:2f6txyTH
一言主だと思っておけばいいんだよ、そういうのは。

377 :斉藤 昌宏:2010/10/13(水) 00:36:21 ID:cms1B83/
★*★8周年特恵活動:
◆◆ 大好評を得ている『ブランドセール激安市場yahoo-bag大注目』

◆当店の保証:
├【 信用の第1】
├【品質の第1】
├【出荷時間の第1】
├【サービス態度の第1】
├【送料無料】
◆S品 N品バッグ財布腕時計 10%OFF

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:○☆○o。
8周年特恵活動:
★注文金額20000以上:贈る送2500円の商品
★注文金額30000以上:贈る送5000円の商品
★注文金額50000以上:贈る送80000円の商品
★注文金額80000以上:贈る送12000円の商品
*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:○☆○o。

■HP:http://yahoo-bag.com(最大卸売り皮革市場)■ 連絡先:qianbing1986@gmail.com

友達店紹介:http://www.2006jp.com/



378 :出土地不明:2010/10/13(水) 00:38:34 ID:DzPzMC7l
馬牛おじいちゃんの日課

じこまんだろじこまん

379 :出土地不明:2010/10/13(水) 00:50:55 ID:luhVPZl0
 紛らわしいこと教えるな >>374 上古音の漢語はミャオヤオ語だ!

   VVVV'|                    /~~ \
    |_苗__|     .___〃☆ ☆ 〃.___ \ 瑶 /
  (  ・∀・)   .|    | /   \ .|    |   (´∀` )
  /   =◯◯==|    |  ドーン!!   |   | =◯◯==  ヽ
 (    、ノ    .|__| \   / |__|  ヽ    )
  し`ヽ_)         彡 ⌒ ミ        (_ノ J
               ( ´Д`)

380 :出土地不明:2010/10/13(水) 01:00:17 ID:gymsbRc/
     曰  
     | |   彡 ⌒ ミ  ウィー ヒック 
    ノ__丶(〃´Д`)_  
     ||ウ||/    .| ¢、
  _ ||ィ ||| |  .    ̄丶.)
  \ || ||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

381 :出土地不明:2010/10/13(水) 03:43:54 ID:Iv9wEKw2

いやシロートらしく無邪気に本質突く疑問呈しちゃうけど、
DNA云々ハプログループ云々はヒントにはなるが、完全な証明になるのは完全な同一人物性だけじゃね?
複数の人間の遺伝子配列が完全に一致する確率は、クローンでもなきゃ皆無だが
(それでも完全にゼロではない。真空中でビックバンが発生する確率よりは高そうだ)、
例えば2+7と3+6がともに9であるように、
全く違う出自でありながら、結果としての遺伝子配列が似かよる事はありえる。
ミトコンにせよY染にせよ、DNA配列の特定の部位にスポットを当てる限り、
過去あまり繋がりのない民族同士が、部分的に似た配列を偶然持ってても、大して不思議じゃない気すんだけど?
部分的に似た環境に住んでりゃ尚更だ
だからこれは遺伝子でなく形態から追う場合にも言える事で、適応しようとする環境が似てりゃ、
哺乳類のイルカと魚類のシャチが似ちまう事だってある。これはちょっと混乱を招く例えかも知れないがw

1+8も4+5も結果的には9だし、クラスに0点と100点しか居なくても平均は50点になる
このあたりの数列や統計のワナって、なんかトンデモ学説やヤバ系人種思想のネタにされそうでw



382 :出土地不明:2010/10/13(水) 04:29:29 ID:/Zh1r3zR
哺乳類のイルカと魚類のシャ・・・・

  !?

すいません
今喰らいつきかけたんですが、ちょっと私の口には大きすぎるようです。
 ↓ おまかせします。

383 :出土地不明:2010/10/13(水) 04:45:28 ID:Iv9wEKw2

そんで細けえ事は学者や評論家みてーな知の下っ端事務員に任せて、
シロートらしく神の宿るディテールだけ贅沢にツマミ食いしながら大局語っちゃうけど、
原産地東アフリカから世界の東の果て(極東)まで追いやられるほど負け続けながら、
それでも死ななかった「最強の負け犬」達が吹き溜まったのが日本列島で、
北はバイカル湖アムール川、西は大陸半島、南はスンダランドと多方面から多様なDNAが吹き溜まりやすく、
しかも適度に隔離され適度に狭く、南北に長いから狭いわりに環境も多様で、まさに雑種の培養に最適だ。
そんで男系のY染色体が世界的にも類を見ないほど多様なワリに、女系のミトコンドリアDNAが均質な処を見ると、
雑多な負け犬男たちが限られたアマテラスに群がる「人類最新型の輪姦ハイブリッド」とゆう側面も浮かんでくる

日本ほど外から影響を受けてきた国はない。つうか外からの影響だけで作られたような歴史難民国家だが、
影響を受けた相手が多彩であるほど「特定の誰にも似ていない」。拘りも選り好みもなくサルマネに徹したがゆえの、奇跡のオリジナリティ
思想的実体のない近姦白痴を仮想アイデンティティに、意味的実体のない情緒しか表現できない音楽言語を仮想プロトコルに、
いかなる主義主張思想信条とも心中せず、そん時トレンディでオンデマンドな思想や社会制度をご都合でとっかえひっかえしながら、
しなやかにしたたかに生き延びてきた、個の能力を超えた集団無意識
最強の負け犬にして、人類最新型の輪姦ハイブリッド。
そんな倭亜民族、日本人の真実に、誇りを持っていいんじゃないかな?真実じゃないモノに誇りを持つよりは

こうゆう切り口が、学問を薄めず媚びず一般化すんのに欠かせないんだが、
そうゆうセンスって評価する体系自体ねーよなw



384 :出土地不明:2010/10/13(水) 05:06:08 ID:Iv9wEKw2

いや生物学でゆう相似とか収斂進化を例えにしたかったんで、イルカとサメと魚竜とか、鳥とコウモリとかにすべきだったが、
それとは別に、たった今までシャチは魚類だとガチで思ってましたギャハハハハハ
だめだ我ながら大物すぎw



385 :出土地不明:2010/10/13(水) 06:09:31 ID:2f6txyTH
ところで、ここでは白血球型の話が出てこないのはなんで?
Yとかmt別でHLAの分布グラフを作ってみたらなにかわかることはないだろうか?

386 :出土地不明:2010/10/13(水) 06:17:55 ID:FkmsFW7s
君たち板違い
生物板に移動しな

387 :出土地不明:2010/10/13(水) 06:29:41 ID:FkmsFW7s
ああ、あとLUNAMASK程度ならまだ許容範囲だけど、
度が過ぎるならまた通報だよ

388 :出土地不明:2010/10/13(水) 06:45:52 ID:2f6txyTH
この人何言ってんの?
現在に残された古い痕跡から、過去を考えるのが考古学でしょ?
たまたま生物が保存していたり土壌が保存していたりするだけのこと。

まあ分類自体をあーだこーだ言うのは生物分類学だろうけど、
ここにそんな事出来る凄い人居るの?

389 :出土地不明:2010/10/13(水) 07:06:06 ID:zaNIcnIJ
>>383
あなたの言うようなシベリアから東南アジアまでの多種多様な雑種の混成で、
外からの影響だけで作られた歴史難民国家なら、現実と全く正反対のDNA構成になる。
しかし実際は地球上の主要大国で日本ほどオリジナリティの高いDNA構成を持つ国もない。

特に日本の最大グループのD2系統は日本人(本土、琉球、アイヌ)のみの系統で、
これの大きな括りであるYAP+挿入基は近隣諸国には何処にもなく、
チベットや地中海・北アフリカまで離れなければ、大きな集積は他にない。
そして日本に来たD系統の先祖は、初めに出アフリカを果たして東へ早期に移動した系統で、
後の時代に圧迫されて徐々に東へ追い詰められた種族でもない。
(ユーラシア南縁の海沿いに太陽の昇る方向へどんどん移動した人達の末裔。)


390 :LUNAMASK:2010/10/13(水) 09:55:06 ID:ZZVw8oTr
>>364 CF http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%AD%AB%E6%B0%8F_(%E9%81%BC%E6%9D%B1)

391 :LUNAMASK:2010/10/13(水) 10:28:57 ID:ZZVw8oTr
>>353-354
2004JapanmtDNA
琉球のmtDNA M7a, M7a1, M7b2及び本土のN9b、B5b2は夫々その場所が拡散中心で、そこから列島南北、
更には大陸に拡散した可能性がある。(沖縄M7a、M7b2は北上しブリャートに達した可能性がある)
------------------------------------------------------------------------------------
つまり、高句麗・夫与神話、ブリャート神話に出現する河伯の娘は沖縄海人族(島夷)北上の結果と
見ることもできる。

392 :LUNAMASK:2010/10/13(水) 10:34:06 ID:ZZVw8oTr
承前
韓国で検出される本土のmtDNA N9b、B5b2は日本から韓国に進出した女性の子孫と言える。

393 :LUNAMASK:2010/10/13(水) 10:41:29 ID:ZZVw8oTr
>>391
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/menu148-150
沖縄→琵琶湖→バイカル湖の順であったのかも。

394 :出土地不明:2010/10/13(水) 10:57:01 ID:FkmsFW7s
>>388
そうしたら古生物学やら古人類学、地質学・地球科学なども
全て考古学になるよねw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E6%9D%BF

>日本人のルーツを探るスレッドも見られるが、遺跡遺物を拠り所とする考古学に対して、
>遺伝子分析など人類学的アプローチを試みる傾向が強く、板違い感が強い。

こういう常識的な事くらいわからないの?

395 :出土地不明:2010/10/13(水) 11:46:03 ID:3g45Tc7s
>>388
は誤解してるな。考古学の意味範囲を拡張しすぎ。「〜の考古学」
「〜のアルケオロジー」とか、そういう題名の付けられた一般書
に責任の一端があるな。

このスレの発言9割以上が本来的には板違い。

396 :出土地不明:2010/10/13(水) 13:22:48 ID:ECG/dCUZ
>>394-395
その辺は同意だが、ローカルルールできっちり定義しないと駄目でないの
でも人類学板が無いみたいだぞw
というわけで現状では考古学は人類学の下の分野だから含めないと駄目だろうな
日本人の成り立ちが考古学的テーマでないと言い切るのなら別だが
移動したくとも出来ませんw

あとそういうこと言ってるから考古学部は縮小されるんだと思う
学部も消滅して人文学部で問題無いし
まあ将来は考古学研究は考古学者以外の人がヤリそうだけど
考古学とは遺跡発掘技術者(発掘ドカタ)を育成する学部になるのだろう

考古学の専門家の裏付けの少ない説なんて、そのうち誰も見向きもしなくなる
科学的に否定されても、そんなの考古学でないと拒否しそうだし

397 :出土地不明:2010/10/13(水) 14:50:31 ID:gjip5wZ1
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>393
日本列島から大陸進出説でた!!〜(^-^)/

398 :LUNAMASK:2010/10/13(水) 14:55:51 ID:ZZVw8oTr
>>391
JPN  沖縄     アイヌ    TUV    BUR     KOR TIB
D 0.08 - - - - 0.19 -
D4 18.9 2 7.84 13.9 17.5 18.4 12.3
D4a 7.39 - 1.96 - - 5.77 -
D4a1 0.53 4 - - - 2.42 1.54
D4b 2.36 6 - 2.78 2.5 0.93 18.5
D4d 2.67 - - 2.78 2.5 0.93 -
D4k 0.15 - - - - 0.19 3.08
D4n 0.61 - 3.92 - - 0.19 -
D5 3.73 2 - - 2.5 2.98 1.54
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_D_(mtDNA)
しかし、これがトゥーヴァ、ブリャート地域古墳文化を日本に伝え、日本を生んだmtDNAであることは
間違いないだろう。

399 :LUNAMASK:2010/10/13(水) 15:06:17 ID:ZZVw8oTr
>>397
BP4000-3000年、吉林鶯歌嶺下層ー上層文化に黒曜石が出現するんですが、私はこれがおそらく
九州乃至は山陰から縄文人が持ち込んだと見てるんですが。

400 :LUNAMASK:2010/10/13(水) 15:11:17 ID:ZZVw8oTr
承前
トゥーヴァ、ブリャート地方と列島の遺伝子の流れは直流と交流の両方があり得る・・・
直流&/or交流と言うことでしょうか。

401 :LUNAMASK:2010/10/13(水) 15:25:37 ID:ZZVw8oTr
>>367 >>340
>倭奴国が、出雲へ移住した云う根拠は無いと思いますが。
倭奴国=大野(オオナ)国ってのはどうでしょう。
>銅鐸は遼寧文化の影響でしょうに。
小銅鐸から聴く銅鐸に変えるのは綏遠で始まったのかもしれませんね。
>>372 >>350
>黄海じゃったら、山東から渡るんは北朝鮮の黄海道が一番近いですけぇ、
>もっと北ですね。
なるほど。
>>351-352
>邪馬台国は、華北政権の属州で、呉と同盟出来る立場にも無いし、軍事力もありません。
胡麻磨ってたんでしょうかね。

402 :出土地不明:2010/10/13(水) 15:29:12 ID:FkmsFW7s
>>396
お前それは暴論だろ
まあ学問舐めてるクソガキが2chには多いから仕方ないかw
あと考古学部なんて元からねーよww

403 :出土地不明:2010/10/13(水) 16:47:17 ID:gjip5wZ1
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>399-400
相互交流なら、「倭人は日本列島から半島・大陸に進出した縄文人」とすれば
ここの住人もあまり抵抗がない説になるんじゃないかな〜(^-^)/


404 :出土地不明:2010/10/13(水) 17:08:38 ID:3wAXyhQQ
>>396
考古学が文系なのが問題なんだよ。
理学部におけば良いだろ。

405 :出土地不明:2010/10/13(水) 17:29:41 ID:Iv9wEKw2

「日本人はどこから来たんだ」とゆうスレタイが既に言語矛盾気味だな
特定のどこかではなくアチコチから来てんのが日本人の最大の特徴だし、極論すれば「東アフリカから」の一言で終わってしまう
なんか日本人の雑種性や亜民族性を掘り下げるより、出自を特定したがる傾向あるよな
特定の誰かに似てるより、受けた影響があまりに多様で特定の誰にも似てない方が
真実だしカッコよくね?



406 :出土地不明:2010/10/13(水) 17:42:57 ID:f3Pt+PGa
氷河期に天皇家と日本人が日本列島に辿り着いた経緯

Origin of Imperial House of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/origin-imperial-house-japan

天皇家の先祖は縄文・アイヌだった

Imperial family descended from Jomon/Ainu of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/imperial-family-descended-jomonainu-japan

407 :出土地不明:2010/10/13(水) 17:47:28 ID:Iv9wEKw2

>>389
そりゃ同時に均等にシャッフルしたワケじゃねーから、多数派少数派はあるだろけど、
日本人の特に男系が、出アフリカ3系統コンプとか世界的にも類を見ない多様なDNA誇ってんのは事実じゃないの?
それに、主流だというD2系統だって、これだけ多方面からエレメント集まりゃ、
収斂進化に近い相似再構成があっても不思議じゃない。まあこの部分は声高に主張する気はなくて可能性シミュレートだが

なんにせよ「日本人は雑種じゃない!」とゆう主張には、それだけでバイアス掛かって見える
俺はむしろ人類最新型ハイブリッドの日本人カコイイと思うし、純血民族=単純バカみてーなイメージだけどw



408 :出土地不明:2010/10/13(水) 18:10:52 ID:Iv9wEKw2

そんで考古学って目的なの?俺は手段だと思ってたけど?
真実に迫るための、たくさんある手段の中のひとつに過ぎないモンじゃないの?
まあ代表して考古学って事でもいいけど、
だったら、肉眼で確認できる証拠しか扱えない従来の考古学の具体的メソッドに拘らず、「古い時代の事を考える学問」という本来の純粋な趣旨に立ち戻らないと、
こんだけ遺伝子学やら史学やら哲学やらとクロスオーバーせざるを得ない状況で、考古学自体の首絞める事になるわな
多様性を失った種は滅びるのみ

まあ現代の考古学って、多様な学術的各論アプローチの総論ターミナルだよね。
考古学自体に特有の具体的なメソッドはもう無いと思う。せいぜい発掘ドカタぐらいで

まあ上の文章の前半は、古臭い「考古学」の部分を、流行りの「遺伝子学」に起きかえても、実は通じるんだが、
ナニ学にせよ各論の精度を高めるのは、学者みたいな知の下っ端事務員にやらせておいて、
シロートはもっとセンスある総論を語りゃいんじゃないの?
ここは学会(笑)じゃなくて2チョンだしw



409 :出土地不明:2010/10/13(水) 18:29:39 ID:2GJ5hBki
>シロートはもっとセンスある総論を語りゃいんじゃないの?

シロウトの困った点は、事実より「センス」とかいう
詰らないものをありがたがる点だ。

つまるところオナニーでしかない。

410 :出土地不明:2010/10/13(水) 18:41:24 ID:2f6txyTH
>>394-395
いや、遺伝子等は文字通り遺物でしょうと言うこと。

411 :出土地不明:2010/10/13(水) 19:15:31 ID:2f6txyTH
道端の崖の石ころでも柱の傷一つでも、雄弁に昔を語っているとするのが考古学だと思うんだよなあ。

412 :出土地不明:2010/10/13(水) 19:45:32 ID:FkmsFW7s
それを言ったら全て歴史学だよ

413 :出土地不明:2010/10/13(水) 19:55:25 ID:2f6txyTH
いや、石ころは文献ではないので有史にはならない。

414 :出土地不明:2010/10/13(水) 20:23:59 ID:Iv9wEKw2

事実を知るだけでなく、それをもとに某かの真実を看破しなきゃ人間の知性とは言えないと思うんだが、
>>409はそこまで考えが至っていない様だ。恐らく「細分化の果てに真実がある」とでも思っているのだろう
むろん全ての真理は一面の真理に過ぎない事も弁えつつ、例えば

●日本はアフリカから遠い極東に位置している
●島国だが、多方面から民族が流入しやすい位置にあり、海峡も狭く陸続きの時代もあった
●実際に日本人の男系遺伝子は多様だ
●周縁文化圏に位置している
●強国大国ではないが世界最古の王家を維持してきた
●サルマネ民族と言われながらも、文化の独自性を評価されている。JAPAN COOL

諸説あるにせよ、これらはほぼ間違いなく事実で、
同時に、単なる事実の羅列であり、誰でも学べば知れる程度のことだが、
そこから各論を細分化して精度を上げていくのは、学者のような知の下っ端事務員の仕事。
これら単なる「事実」の羅列から、例えば>>383のような「真実」を見いだせるかが、人間のオツムの見せ処じゃないの?

まあそれは学習ではなく思考とゆう営みであり、関連付けや止揚のセンスを要するので、
その価値を意地でも認めるわけにいかない層が存在するのも、受け入れるしかない現実だがね



415 :出土地不明:2010/10/13(水) 20:47:57 ID:SvoFDN3e
>>408なんかを読んでいると、考古学ってのは一般にはほとんど理解されていない
ということがよく分かるな。インディアナ・ジョーンズに憧れてとか、化石を掘り
たいからとか、そういう理由で門戸を叩く人間が少なくないのも 肯ける
(別にいいんだがね)。それにメディアなどで流される情報、一般書籍などで
語られる内容はどうしてもセンセーショナルで興味を引くようなものが普通だから、
実際に考古学業界にいる人間が日々どのようなことをしているのかは伝わらな
いんだろうな。隣接学問に目を配るのは重要なことだが、分子生物学を主体的に
研究している考古学者なんてのはいない。それは存在矛盾。それから総合的学問
という話が美徳のように語られているが、それは理想であって、現実には学問
分野は細かく分かれ、ひとつ道をずれれば同じ学問であっても相手のやっている
ことが分からないという状況がある。しかし、これは考古学だけがそういう状態
であるということではなくて、人文・自然科学の多くの分野がそのような状態にある。
これは善し悪しの問題ではなくて現実。

416 :出土地不明:2010/10/13(水) 22:40:25 ID:Kj+CgQoY
>>415
つまり考古学とは学芸員みたいなもんであると
遺跡を発掘し手入れするのが本筋だ
こういう事ですね
人類学的仮説を発表する考古学者は邪道である!
なんてねw

古代の人類の「正しい仮説」を立てるには自然環境、農作物等の知識、産業工学の知識ぐらいは
最低限必要でしょうし
他の分野からの指摘は有りがたく受け取らないと先が無いですよ
最先端の技術は利用するもんです、使わないと損ですよ
古代の人類は遺物で追跡できないぐらい活発に動いていた可能性が有ります

417 :出土地不明:2010/10/13(水) 22:46:19 ID:/Zh1r3zR
現在では広く深く学門を修められる人間なんて、ほぼ皆無でしょう。
人間の能力を超えてしまいます。

現在、数学の分野では活躍できる年齢がどんどん後ろに下がっていて危機的状況を迎えつつあります。
覚える事が膨大すぎて、頭が柔らかい20代では第一線に出られない。

このまま進行すれば、後50年ほどで数学の進化は止まり、それにともなって近接学門の物理学が止まり
科学全体が停滞する「科学の冬」の到来が既に予言されていますからね。

418 :出土地不明:2010/10/13(水) 22:55:29 ID:a4ZEmy+T
>>383
>「最強の負け犬」達が吹き溜まったのが日本列島
違わねーか?

負け犬達の吹き溜まり

ペロポネソス半島       ギリシャ
イタリア半島           ローマ
スカンディナヴィア半島    ノルマン人
イベリア半島          スペインポルトガル
グレートブリテン島       イギリス
日本列島            日本

「最強の負け犬」達が吹き溜まったのは、アメリカ

419 :出土地不明:2010/10/13(水) 23:27:47 ID:zaNIcnIJ
>ID:Iv9wEKw2
こいつはデータに基づいて理にかなうからではなく、
歪んだ願望やイデオロギーで、「日本人は雑種でなければならない」ってなっている。
全ての人類は多かれ少なかれ雑種化もしれないが、

相対的な比較で言えば、日本人はオリジナリティの強さの方が実際の特徴として大きい。
上のレスの中の各半島のような地域が本当の吹き溜まりで、
先住民が主流として全く残っていない。

島であった日本列島とブリテン島は、先住系の血統が多数派であることが、
昔の力を持った誤った根拠のない仮説と違って、現在ではそのように判っている。
それでも太陸に近いブリテン島は言語的・文化的・政治的にはある程度アングロサクソン化したが、
日本人は3万年前から縄文人の血統・文化・言語が現在まで基盤となり多数派であり続けている。


420 :出土地不明:2010/10/13(水) 23:30:55 ID:SvoFDN3e
>>416
そういう極論的なことは言ってないが...
特に前半部分だが、あまり短絡的に考えない方がいいと思うな。

長文で失礼する

後半部分はその通りだが、考古学界隈の人たちは本職にはとても敵わないけれど
そこらへんもよく勉強している。型式学というのが考古学の主要な方法論として
るが、元々これは生物進化論から枝分かれしたもの。遺跡を発掘する際には、
土壌学・地質学の基礎的素養は欠かせないし、測量(学)もできないといけ
ない。遺物をみるときには図像学、骨貝や有機遺物をみるには生物学的な素
養が必要。人骨は形質人類学、もちろん有史(文献の記録がある時代)の遺
跡を発掘する際には文献記録が読めないといけない。絶対年代を考えるなら
理化学(C14・ルミネ・電子共鳴スピン・・・)的な最低限の知識が求めら
れる。あとは個別の研究者の目的意識に拠るが、社会を論じるため場合には
民俗・民族学・歴史学、文化(社会)人類学の記録を参照する。他にもいろ
いろあるからそういうことに興味があるなら調べてみたらいいんじゃないか。
考古学者はそういうことを全くやってない、無視しているような書きぶりだ
が、それでは自分の不勉強を棚に挙げてあまりに一方的な書き方ではないか
と思うね。ここの主流の分子生物学・遺伝子の話は、なんと言うかな、まともな
考古学の研究をしてる人はなかなか危なくて触れない問題だろう。ナショナリ
ズムと絡むということも一因だし、何と言っても話が大きすぎるというか、
検討の対象とするには問題がある。データの収集・情報・歴史性・分析その
ほかに問題があると思う。正直ずさんだと思う。もちろんまともな研究もある
ことを認めないわけではない。しかし、たとえばアイヌの遺伝子、これは
どこで、どうやって集めたんだ?インフォマントは何代前まで和人そのほかと
混血せずに辿れるんだ?他も「東京」で採取した資料があるが、そんなレベル
ではとても使えないと思う。

421 :出土地不明:2010/10/13(水) 23:43:26 ID:SvoFDN3e
>古代の人類は遺物で追跡できないぐらい活発に動いていた
>可能性が有ります

その通り。ただ、残念だが痕跡の残らないものは無かったということになる。
何も無いところに「ある」と言うのは嘘吐きだろう。少なくとも「ある」と
主張するのならば他人を納得させられるだけのものを提示する必要がある。
そのために人文科学系の学問をしている人たちは、努力している。真実では
なく蓋然性の高さを追求する。けれど、あなたの言うような「可能性」は学
問とは違ったところで活きる場合もある。想像や物語の世界ではそういう
ことは否定されないし、そのように考えることは個人の自由。それに可能性
が学問を駆動させ活性化させてきたというのは紛れも無い事実だからね

422 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/14(木) 00:28:36 ID:wtYy/VhJ
>>374
黒潮は漂流したら、流され死を待つしか無いけぇ死の海よ。
運良く陸地に流れついても、漂流じゃあ、種を残せん。ここの過去スレでも
度々云うたことじゃが、あんたここの新人さんか?
>>375
妄想を否定せずっと、肯定しても意味は無いよ。
>>378
自己満足はしとらんよ。わしゃあ文章力が欠如しとるけんのう。
>>386
Y論者が生物学板に移っらええ思うが、狂信カルトじゃけぇ、
向こうも迷惑するんじゃないか。
>>401
倭奴国が大野国も根拠に乏しいでしょう。
>>403
縄文人が大陸に進出じゃの何一つ根拠の無い、政治的アジア主義者の投影
でしょうに。
>>406
氷河期に移住した連中は、新しい渡来系に滅ぼされるよ。疫病にも
やられるけんのう。天皇家云うか貴族社会は世界的な貴族社会と同様、
現代で云う男女の不倫が多いけぇ、男系遺伝子の継続はほとんど不可能じゃ
わいや。
>>415-417
学問を専門化制度化させたけぇ、他分野の学問の見解を無視する自慰学問化
が起きたんが、ここ2世紀の現象じゃろう。多面的に見るんが学問の
本質で、それを否定したら井の中の蛙になってしまうど。
しかも学問たぁ、アマチュアのもんで、社会経験の無い、研究室オタクの
機械的人間の専門プロが事象を判断出来るもんじゃ無いし。

423 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/14(木) 00:50:50 ID:wtYy/VhJ
>>418
辺境地域、島国は確かに負け犬の移民の地じゃ。
>>419
日本も先住民が少数派とほぼ絶滅し、渡来系の国になったけぇ、
疫病の免疫も出来、新大陸のようにならんかったけぇ、
渡来系の先祖に感謝すべきじゃのう。(笑)
現在の国際化で日本人の混血種の多さも、そろそろ種を外来から
求めんと、古びてしまうけえ、免疫も付くよう日本は外来種の
血を入れたほうがええ。(笑)
オリジナルなユニークな国にしたら、国家、民族を滅ぼしかねん
けぇのう。外界との刺激がこの国に免疫(種族的にも文化的にも)を
付けるんじゃ。
日本もブリテンも先住民は少数派じゃわいや。
ブリテン島は一般に大陸側の東から西へ行くほど先住ケルト系
(金髪ケルト以前の先住民のこと)濃い髪色が増える。日本は、
逆に西から東よのう。縄文の末裔アイヌの包合語じゃのうて
日本は北方アジアのアルタイ系膠着語じゃし。

424 :出土地不明:2010/10/14(木) 01:26:14 ID:dENWuIg/
考古学の専門家=白馬青牛

だよね〜w

425 :出土地不明:2010/10/14(木) 02:12:30 ID:GsZ6jd2k
白馬青牛は浅学な在日だよ

426 :出土地不明:2010/10/14(木) 03:55:07 ID:yzUJdx6C

オリジナリティについての認識が>>415レベルだと、「受けた影響が多様であるほど特定の誰にも似ていない」とゆう自明の理にも考えが至らんようだが、
つまり日本はオリジナリティの構造までもオリジナリティ満点とゆう事だ
純血主義者が自らのバイアスをごまかす為に、開き直って雑種論者にバイアス持ちの役を押し付けようとするのは、よくある可愛い議論手管だが、
もっと主張より考察にエネルギーを割いた方がいいな。目的は自分の意見を通す事ではなく、真実を見つける事だろ?

むろん古い時代に興味はあっても、考古学とは何ぞや等に興味はない。>>419には悪いがね
それは古い時代を知る手段のひとつに過ぎず、探求すべきは古い時代そのものであって考古学とは何ぞやwではない
特化し専門化しエレメントが増えすぎた学問が、本来の目的である真実探求の足枷になってんのは今に始まった事じゃないが、
現状の総合学問は、そのエレメントの多さが一方的に集積アドオンされ、クロスオーバーの美名のもと増々ヒトの手に負えないモノになっている
まだNHKやらナショジオやらメディア畑の方が、一般化と大衆迎合を混同しつつも、親切なぶんマシな仕事をしている

必要なのは、どのディテールに神が宿ってんのか看破し、そこからシンプルな本質に切り込み、
神の宿るディテール同士を、ジャンルの壁を無遠慮に飛び越える飛距離で関連付け、シンプルに止揚すること
アドオンよりアウフヘーベン
付け足して複雑に難解にするのはバカでもできる事で、知性とはクリアに見通しシンプルに止揚することだ

これらは知識よりセンス、学習より思考が必要なので、学習に忙しい学者にはむしろ無理。
彼らには、細分化された各論の精度を上げる、知の下っ端事務員に徹してもらった方がいい。適材適所とゆうヤツだ
これは政治の世界ではとっくに常識な、リーダーとブレーンの分業化に少し似ている

なんにせよ、複雑な物にロクな物はないな。
「それ答えじゃなくて問いだからw」みたいな、問いより複雑な答えしか導けないのが、今の学問なのだろう
どんだけ学問のエレメントが増えようと、本質は常にシンプルなのだが



427 :薄弱:2010/10/14(木) 03:58:11 ID:yzUJdx6C

ごめん上の文章>>415>>419が逆だわw



428 :薄弱:2010/10/14(木) 04:08:40 ID:yzUJdx6C

逆にゆえば、シロートは大局的な総論だけ語ってた方がいい。それも適材適所w
細分化された各論の精度で、専門化し特化し単機能化した学者に勝てるワケねーし、勝つ必要もない



429 :出土地不明:2010/10/14(木) 06:59:01 ID:8yjDC4mv

Imperial family descended from Jomon/Ainu of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/imperial-family-descended-jomonainu-japan




430 :出土地不明:2010/10/14(木) 07:10:39 ID:oZ171Vk1
>>413
それもお前さん的に言えば「地球の歴史」になるんじゃね?w

>>414
>世界最古の王家を維持してきた

嘘はいけないなw
それは日本の皇族に歴史がある(ようにしている)からで、
世界最古の王家なわけないw 日本語日本語ww

>>419
総合的に言って、現在の日本人に先住系の血統が多数派であるという事は
怪しいところだけど、そのイギリスとの違いは、
大陸との地理的な距離云々の影響よりも、
むしろ西洋と東洋の文化的、または社会進化の過程的な違いから来ている
のではないかなと私は思う。
イギリスはケルト・ローマ・アングロサクソン・ノルマンなど、というか
ヨーロッパ全体が、東洋に比べればはるかに人の交流のある土地柄であった
のに対し、インドから東の東洋の国々は、都市国家形成の歴史が早く、
国としてあまり外へ進出してこなかったからね。

431 :出土地不明:2010/10/14(木) 07:17:43 ID:oZ171Vk1
>>430に補足だが、西洋はヨーロッパというよりも、
ヨーロッパからアラブ地方にかけての地域、といったほうがいいかもしれない。
要はいわゆる文化的に一神教が普及した地域と多神教が残り続けた地域、
とでも言うべきかな。

432 :出土地不明:2010/10/14(木) 07:50:04 ID:FaxydYdB
>それは日本の皇族に歴史がある(ようにしている)からで、
>世界最古の王家なわけないw 日本語日本語ww
じゃあ現存する世界最古の王家ってズバリどこ?


433 :LUNAMASK:2010/10/14(木) 09:18:19 ID:U+wyxafh
403 わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>399-400
>相互交流なら、「倭人は日本列島から半島・大陸に進出した縄文人」とすれば
>ここの住人もあまり抵抗がない説になるんじゃないかな〜(^-^)/
縄文人は独自の文化を持っていたが、大陸に輸出できるようなものではなく、
弥生文化は大陸から入ったもの。ただ、縄文人の人間性とか、気質なんかに現代日本人と
共通するところもある感じはしますね。それと、欧米では先住民族との融和がないが
日本の場合はありますね。日本原住民は弥生人に同化されたのではなく、相互に同化した
んじゃないでしょうか。

434 :LUNAMASK:2010/10/14(木) 09:19:10 ID:U+wyxafh
>>422
>>401
>倭奴国が大野国も根拠に乏しいでしょう。
残念。
>>403
>縄文人が大陸に進出じゃの何一つ根拠の無い、政治的アジア主義者の投影
>でしょうに。
進出なんて時代じゃないでしょうね。黒曜石交易は程度はあっただろうが。
が、前1000年頃の牡丹江流域で黒曜石族はかなり羽振りが良かったようです。

435 :薄弱:2010/10/14(木) 10:30:24 ID:yzUJdx6C

もしかして>>430は「日本のは王室じゃなくて皇室だからー」とか「ウル王朝や殷王朝のが古いからー」とか
そんな言葉尻の穴にツッコんでいるのだろうか?

いや悪かったw理解センスの発達してない子供も読んでいるのだから、
「そんぐれー前後の文脈考えりゃわかるだろ」じゃなくて、ちゃんと丁寧に書いてあげれば良かったね
「王家」ってのは皇室も含めた比喩表現で、「最古の」ってのはもちろん「現存する最古の」とゆうイミだよ

まあ重箱の隅で揚げ足を取り、しょーもない局地戦で勝ちを拾い、それで議論全体に勝ったかのように印象づける
とゆうのもよくある議論手管だが、
例えばシャチを魚類と間違えるとかwツッコんでる方がバカバカしくなるような
豪快なツッコミ処を満載してるつもりなんだけど、ずいぶん細けえ処にきたなw
そんな細けえ事しか、こちらの論旨を否定する根拠がなくて、他はオールOKお説ごもっともって事ねw



436 :雑魚:2010/10/14(木) 11:52:17 ID:yzUJdx6C

さかし「日本人の遺伝子は雑多ではなく均質だ」と主張してるヒトって、結局ナニが言いたいんだ?
日本人のDNA組成のオリジナリティ、独自性をアッピールしたいって事?
人類のオリジナルは東アフリカだが、その原産地からはるか遠い
世界の東の果てに吹き溜まった連中をつかまえて、人類のオリジナルに近いって言いたいのか?
それはオリジナリティの捉え方が違うだろ。こんだけ長く旅して何も進化してないって自慢してるようなモンだw
単に旅路(ぶっちゃけ逃避行だがw)の長さを言えば南米が最遠だが、
いくらアメリカ大陸が広くても、ベーリングやパナマの狭さに多様性を遮断されており、
「吹き溜まり」という多様性の温床を備えた最遠の地は、この日本列島だ
何せ北はバイカル湖アムール川、西は大陸半島、南はスンダランドから吹き溜(以下略

受けた影響があまりに多様で、結果、特定の誰にも似ていない。

それが人類最新型ハイブリッド、日本人のオリジナリティの在り方じゃないの?
「人類の原型に近い」のではなく、「最も進化した人類」という事
まあ原型に近い事と、独自性が高い事の区別もついて無いっぽいが、
まあ真実でないモンを信じたい人間なんてそんなモンだけどな

全人類のDNA系統をトーナメント表にすると、ABCブロックとDブロックの半分までは黒人に占められる。
人類のオリジナルである黒人との競合に破れ、故郷の楽園アフリカを追われた白人黄人のDNA多様性の貧困さは、
家畜か絶滅危惧種なみらしい。トバ噴火とか瓶首カタストロフも多かったし。
とはゆえ、生命のDNA配列など元は1〜2パターンから始まって、数十億年かけて後天的に多様化したのだし、
白人黄人の祖先の負け犬は、みんなネアンデルターレと獣姦してましたw
なんて新事実もDNAの痕跡から発覚している。おそらく黄人はホモ・エレクトスとも交雑してるだろうね
まあ他の生物と違い、人類はその形態の多様さほどDNAは多様ではないが、
それは逆に、わずかな遺伝情報の違いにセンシティブに反応できる種であり、それがアドバンテージとも言える
まあ「生命はDNAの方舟に過ぎない」みたいなメタ史観をさておけば、
DNAは目的ではなく形態を段階進化させる手段なので、結果オーライみたいな?w



437 :出土地不明:2010/10/14(木) 12:42:00 ID:DMZ9ZHYI
ID:yzUJdx6C

。。。。

438 :出土地不明:2010/10/14(木) 15:16:31 ID:5rYYvErR
白馬青牛は結婚相手が見つからない在日

439 :出土地不明:2010/10/14(木) 15:21:02 ID:fHgizS9B
わぉ〜わぉ〜

>>433
月光たん説と青牛たん説の違いは、奴国の安曇海人族に代表される倭人を
古墳文化の担い手の渡来民とみるか、渡来民に征服された在来民とみるかの大きな違いがありますね〜(^-^)/

どちらも古墳文化は高句麗と同祖のツングース海人によってもたらされたとするところに
このスレでは大きな抵抗を受けてしまうのでしょうが...(^-^;)
(おいらもそのうちの一人かな〜)

でもトヴァ地域などのバイカル湖周辺の種族と倭人が関連深いというのは、一理あるんじゃね!?

440 :出土地不明:2010/10/14(木) 15:44:53 ID:fHgizS9B
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>433
その上で、月光たん説では、燕経由の天孫族がツングース族とは異なる
南方モンゴロイドである可能性も指摘しているわけですね!!(^-^)/

LUNAMASK:2010/09/23(木) 15:41:11 ID:2xOVWbOO
>仰韶人が中国南部出自であることの、形質人類学的証拠としては、
仰韶人は他のモンゴロイド集団と比して現代の中国南部人及びインドシナ半島人に
最も近い身体的類似性をもっている。

>仰韶中国人は「モンゴロイド太平洋属」乃至は「南方モンゴロイド人種」に分類され、
「北方モンゴロイド」に分類される満州の原ツングースからは区別される。

441 :出土地不明:2010/10/14(木) 16:25:35 ID:fHgizS9B
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

このスレでも月光たん説をよく読み返してみれば、近畿銅鐸圏が呉越江南稲作民によるもの
としているわけでつね!!
>>340
>暦博によると銅鐸と言うのは殷起源だそうで、おそらく近畿銅鐸圏は
>古代の呉越・東冶会稽方面の稲作民との関係が強かったのではないでしょうか

これって
O3a*-LINE1 3.1% 呉太白之裔
O2a-M95*   1.9% 夏后少康之裔
ということかな!?

442 :出土地不明:2010/10/14(木) 16:44:00 ID:yzUJdx6C

日本での銅鐸の捨てられっぷりが酷い件
銅鉾文化圏に喰われた的な?



443 :出土地不明:2010/10/14(木) 17:35:41 ID:wMfQv6YQ
>>436
グレートジャーニー+北京原人単独発生説は?

グレートジャーニー説だと中国がぽっかり空白地域になっちゃうんだよ。
中国文明の異質さを考えても中国で独立した人種が発生したと考えるのが自然
だろう。もっとも現代漢民族は相当混血がすすんでるけどね。

444 :出土地不明:2010/10/14(木) 17:57:03 ID:FaxydYdB
銅鐸をなんで捨てるんだ? 当時にしたらレアメタルじゃなかったんだろうか?
そもそもあんなものどうやって鳴らしてたんだろうか? お堂でも建ててたの?

445 :出土地不明:2010/10/14(木) 18:23:14 ID:FaxydYdB
台湾と八重山の断絶を考えると、
南から渡ってくる前から日本人が住んでて受け入れる余裕もなかった。
渡ったあとで全滅しかけて免疫持ってて生き延びた連中だけが増えた。

どっち?

446 :出土地不明:2010/10/14(木) 18:28:51 ID:ZbuWRCjE
>>433
まあ力関係からいって一気に征服されたと思うけどね
しかも島国で狭いから逃げ場ないしね
これが中国とかだと山奥まで逃げてとかいうのがあるんだろうけど

447 :出土地不明:2010/10/14(木) 18:40:38 ID:iO58Tbat
>>444
棄てられた、と言うより本来的には隠された、表現するのが正しいのかもしれません。
例えるなら死海文書のようなものでしょうか。
ただ、明らかに打撃による破壊状態で見つかるものもあるので、
霊的な呪力やケガレを恐れて、埋葬、封印したとも考えられます。

なんにせよ、当時の銅は貴重品ですから、よほどの事情があった事は確かです。


448 :出土地不明:2010/10/14(木) 18:43:45 ID:dlJ1AmOg

【中国】日本人の姓はなぜこんなに多いのか? 居住地を姓とする単純な方法は古代中国でも流行っていた[10/14]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1287034278/

449 :出土地不明:2010/10/14(木) 19:42:55 ID:iO58Tbat
>>月さん
ホツマツタエをどう評価するかで全く変わりますが、
仮にあの書が真書であったとするなら、月さんの説を裏付ける事にもなる気がしますね。

古事記の天孫降臨を朝鮮渡来の征服民と捉える向きがありますが、
ホツマツタエでは奈良の王朝(高天原政権)の嫡流が九州に下向した事だとはっきり書かれています。
そのやや以前から、出雲政権の台頭と対立((銅戈勢力)が出雲を中心とする西日本全域に広がり
高天原政権(銅鐸勢力)を駆逐し始めている事が示唆されてます。

天孫降臨が3世紀頃であったと仮定すれば、東征による高天原政権(東魚是人)の再編は日本の近代化、
中華思想における文明化であったとも言えます。
つまり、人種が変わったのではなく、思想が変化した。
この時期を境に銅鐸文化圏の事と推察される東魚是人の記述が消えるのは、そのためかもしれないですね。

もし、そうなら天皇家朝鮮渡説のもついろんな矛盾や、遺伝的な説明も上手くできる気がするのですが。

450 :出土地不明:2010/10/14(木) 20:01:22 ID:k3s2Rwi0
>日本人は雑種じゃない!

そもそも純血なんて存在しないがw

451 :出土地不明:2010/10/14(木) 20:05:53 ID:k3s2Rwi0
>「日本人の遺伝子は雑多ではなく均質だ」と主張してるヒトって、
>結局ナニが言いたいんだ?
>日本人のDNA組成のオリジナリティ、
>独自性をアッピールしたいって事?

自分に関わるものはみなスバラシイといいたいんだろう。
長浜浩明なんて自己愛性人格障害そのものだと思うがな。
身近にいたら「うえっこいつ正真正銘の●違い」って思うぜ、絶対。

452 :出土地不明:2010/10/14(木) 20:08:34 ID:FaxydYdB
遺伝マーカーで、免疫系とそれ以外の分布傾向が異なるとしたら、疫病の影響があると考えていいのだろうか?
誰か詳しい人居ないかな?

453 :出土地不明:2010/10/14(木) 20:10:03 ID:2RrYJvsX
純血じゃない民族なんて存在しないね
でも「純血じゃない」というのはどこと比べてるのかな
まさか半島や大陸ではないよね?

454 :出土地不明:2010/10/14(木) 20:13:38 ID:NLU7fuWu
>>445
ヒント:マラリア

455 :出土地不明:2010/10/14(木) 20:19:54 ID:FaxydYdB
>>454
なにか証拠をみつけられないかという話ね。

456 :出土地不明:2010/10/14(木) 20:50:34 ID:4koHZN0b
そこらは朝鮮以上にまともな学術談義は無理だろ。

457 :出土地不明:2010/10/14(木) 20:53:04 ID:AR0u+bvR
>>449
中華思想における文明化が関西弁地域?

458 :出土地不明:2010/10/14(木) 21:02:36 ID:AR0u+bvR
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E
>古代の中国ではこの地域は中華文化圏とは認めず、東夷・北狄の侵入を防ぐために万里の長城を築いて遮断されたことにより「封禁の地」、
>明代に山海関と名付けられることになった長城最東端の関よりも外の土地という意味で「関外の地」、あるいは、関よりも東の土地という意味で「関東」とも呼ばれた。

日本の関東もこれと同じ?

459 :出土地不明:2010/10/14(木) 21:04:08 ID:FaxydYdB
文字通り血の話をするなら、血清のMマーカーだと人種が判断できるって話だけど、白血球型でそういう話を聞かないのは何故だろうか?
どちらも同じように両親から半分づつ遺伝するのではないのだろうか?

460 :出土地不明:2010/10/14(木) 21:07:23 ID:PwjSUSQC
銅鐸って亀甲占いみたいなかんじで使われてたんじゃないの?

461 :出土地不明:2010/10/14(木) 21:23:40 ID:sodZBGtP
90 :Gou ri de.:2010/10/12(火) 14:42:31 ID:TMUKmeuL0
■■中国に抗議するデモ■■
10月16日(土)。青山公園南地区(地下鉄 乃木坂駅5番出口)
14時00分 集会、 15時30分 デモ出発
詳細は「頑張れ日本 全国行動委員会」 で検索。合法デモです。

★他サイトへ転載して下さい。特にYahoo Japan ニュース欄の下のコメント欄に転載してください。
私のパソコンはYahoo Japan ニュースのコメント欄で某大国の駐日ネット監視員から妨害され、アクセス不能や書き込み削除を何回もされました。
他の人のパソコンで投稿する必要があります。

■中国に抗議するデモ予定■
10月23日 香川高松。詳細調整中
10月30日 大阪。午後。大阪市西区「新町北公園」
10月31日 名古屋。13:30。若宮大通公園ミニスポーツ広場

[ 尖閣 ● 日本領 ]
とパソコンで作図印字して、●の部分は赤色に塗り、透明フィルムで防水して、自分の車のケツに貼りました。
業者さん、シールを大量生産して下さい。




462 :LUNAMASK:2010/10/14(木) 21:36:14 ID:U+wyxafh
>>439 >>433
>>446
実際はこんなものでしょう↓
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2001a.html
>>440 >>441 米も、甕棺も、黄淮からの渡来人
O3a*-LINE1 3.1% 呉太白之裔
O2a-M95*  1.9% 夏后少康之裔
によって持ち込まれた可能性が大ですね。受益者は縄文人と畑作渡来人だったが

463 :LUNAMASK:2010/10/14(木) 21:37:54 ID:U+wyxafh
>>449 ホツマツタエ・・・なんだか渤海がらみかなって気がするんです。よくわからないんですが。

464 :LUNAMASK:2010/10/14(木) 21:47:04 ID:U+wyxafh
>>462
弥生後期の高地性集落、山城祭祀跡は宗教活動の痕跡であり、渡来系はシャーマン、山伏の
ような宗教活動によって地域住民にアクセスして行ったんじゃないかと思うんです。彼らの牙城は
鬼が島のようなところだったのかな。

465 :LUNAMASK:2010/10/14(木) 21:52:17 ID:U+wyxafh
>>462
もちろん、山東半島→遼東半島→楽浪→対馬経由ですが。

466 :出土地不明:2010/10/14(木) 22:07:04 ID:iO58Tbat
>>457
そうですね。

日本は昔から紀伊半島を中心に強い勢力が存在しますが
その中核となっていたのが彼ら関西弁の人間達でしょう。
そして関西弁の人達が日本にやってきたのは意外に古いかもしれません。

というのも、なぜ、紀伊なのか、ということです。
農耕が伝えれたあとは、平野に人口の中心が移動を始めますが
それ以前は平野はただの湿地であり、人間の活動は制限される場所でした。
そのため、人間を一番支えていたのは海の幸であり、クジラ類であったと思われます。

日本の北からは親潮が流れ込んでいて北陸沖で合流しています。
ここは世界的に見て非常に豊かな海で、あらゆる生き物が集まります。
3000年ほど前まで、シベリアがまだ今より寒かったためその合流地点は今よりももっと下、
つまり紀伊半島沖であったと考えられています。
そのため親潮におされた黒潮は九州の南岸で大きくカーブし、それより以北は比較的波が穏やかだったでしょう。
この事は伊豆諸島の珊瑚礁の分布と形成時期から推察できます。
ようするに、ほんの少し前の時期まで、黄海の穏やかな地域から紀伊半島まで
一直線にいける海の道が存在していた可能性があるのです。




467 :出土地不明:2010/10/14(木) 22:35:16 ID:fHgizS9B
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>462>>465
なるほど稲作も甕棺も、山東半島→遼東半島→楽浪経由で江南からやって来たんですね〜
この時期一緒にぐるぐる目玉の隼人(N1-LLY22g)の第二天孫族が渡来した可能性もありますね!!

この江南からの渡来民族が双胴船に乗る鳥装の銅鐸族の正体でつね!!
http://img.asiantown.net/members/37448/miyaozokuA-0031.jpg

468 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/14(木) 23:06:25 ID:wtYy/VhJ
>>424
わしゃあ、考古学者じゃ無いし、視野の狭い専門家扱いすなや。
>>425-438
わしゃあ、在日じゃないど。ネット右翼は在日認定が好きじゃのう。
>>433
欧米でも、それぞれ先住民の文化的、民族的影響は受けとると思いますよ。
例えば、イングランド人でも、理性より直観を重視したがる傾向は、
先住ケルト的性格と云われますけど、現実的なアングロ・サクソンや
ノルマンの北欧移民の中に、直観と論理への軽視が微妙に入ってますね。
最も、あくまでイングランド人は、北欧的気質の中にケルト的要素を
加味したもんで、ケルト気質が主流じゃ無いですけど。
日本の本土和人特に西日本人も、ツングース的気質に縄文気質を加味した
もので、縄文気質が主流じゃ無いでしょう。
縄文文明派の梅原猛氏は、評論家の関西、詩人の東北と、現実的な
渡来系の関西人と異なり夢想空想家の東北人に、縄文気質があるように
云われますね。中国でも、現実的な北方人と夢想家の南方人と云います
から、どこの地域でも先住民が多い地方は、夢想空想家が多い傾向に
あると思いますよ。

469 :出土地不明:2010/10/14(木) 23:30:29 ID:AR0u+bvR
>>466
神武天皇から関西方言になったのですか?
それともその地を支配する長髄彦達がすでにその方言を話す人達だったのですか?

470 :出土地不明:2010/10/14(木) 23:34:19 ID:ilgKcJAs
>>468,>>ID:yzUJdx6C
質問だけど、日本国籍は持ってるの?
持ってるならどの代で帰化?


471 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/14(木) 23:39:28 ID:wtYy/VhJ
>>449
ホツマツタエなんか、江戸期に書かれた空想物語。あんた偽書マニアか?
>>457-458
中華思想の小中華が西日本たぁ一概に云えんのう。東日本の方が
宗族制が発達しとるし。
日本の関東も関の東じゃけぇよ。朝鮮じゃあ、平安道、黄海道が関西で
江原道が関東じゃが同じ東側でも咸鏡道は関北じゃそうな。
>>466
紀州に敬語無し云う点じゃあ、日本語や朝鮮語と違うが、
近畿関西人は、古墳時代以前に遡れるもんじゃないわ。
また、黒潮妄想で遭難漂流で種を残せるわけでも無いんに、妄想が好き
じゃのう。

472 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/14(木) 23:48:17 ID:wtYy/VhJ
>>469
神武天皇云うて架空の人物で、関西方言云う妄想しても。(笑)
>>470
わしゃあ、日本国籍じゃし、近代の帰化人じゃ無いよ。(笑)
まあ、先祖は東国武士系が多く、東国武士は渡来帰化系じゃ
けえ、奈良期以前の帰化人は大いに有りうるよ。

473 :出土地不明:2010/10/14(木) 23:53:40 ID:ilgKcJAs
>>472
私の質問が丁寧ではなかったので、お訊ね直します。
あなたが拘ることを否定する父系一系だけの話ではなく
あなたの明治以降の代の先祖や親族の中に、何人程度朝鮮系の方々が含まれますか?


474 :出土地不明:2010/10/15(金) 00:01:18 ID:xmp60EBW
ホツマが空想だというなら、ここの書き込みなんてどれも空想だろう。
まあ由来がどうかという意味で偽書だとすれば、名前なんかはあやしいんだろうけど。

475 :出土地不明:2010/10/15(金) 00:01:49 ID:LuCVb2RG
>>471
八丈島に倉輪遺跡という縄文時代の遺跡がある。この遺跡からは近畿・中部地方
北半、南関東地方、東北地方で特徴的な縄文土器が出土する。しかもこれらは
一時期のものではない。縄文時代前期の末から中期の初め頃までの生活痕跡
が認められる。また、縄文時代の前期の遺物としてはケツ状耳飾も出ている。
これらの遺物から、縄文人が本土から黒潮を突っ切って八丈島に繰り返し
渡航していることは明らかなことである。さらに住居が9軒以上、人骨も
出ているから、短期間の居留ではない。「黒潮は死の海で漂流では種を
残せない」というが、この事実をどのように説明するのかね。

476 :出土地不明:2010/10/15(金) 00:03:06 ID:eNMUS5jp
>>471
最近牛さんテンション低いですねえ。

477 :出土地不明:2010/10/15(金) 01:15:44 ID:hro95FA/
>沖縄

>特に八重山諸島にはマラリア感染地域があることが知られ、
>琉球王朝の時代から強制移民と廃村が繰り返された歴史がある。
>また、第2次世界大戦中には戦争マラリアと呼ばれる大量感染の記録がある。
>これらも1960年頃までに根絶された。
>ただし、今の石垣市や西表東部、小浜にも、コガタハマダラカが高密度に生息している。
>なお、この地方のマラリアについては真の土着ではなく、より古い時代にオランダ船によりもたらされたとの説がある。

478 :LUNAMASK:2010/10/15(金) 09:25:50 ID:2rHhgPEu
>>467 N1-LLY22g
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_N_(Y-DNA)
四川彝族系統と突厥系統があり、日本には両方が入っているんでしょう

479 :LUNAMASK:2010/10/15(金) 09:26:47 ID:2rHhgPEu
>>468 >>433 コーカソイドどうしの場合はそうですが、コーカソイドとインディアンの場合は違うでしょう。日本
の場合、アジア人どうしということで、コーカソイドどうしの場合と似たところはありますが。

480 :LUNAMASK:2010/10/15(金) 11:56:14 ID:2rHhgPEu
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/menu153
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/menu150
われは海の子
我は海の子白浪の
さわぐいそべの松原に
煙たなびくとまやこそ
我がなつかしき住家なれ♪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%AF%E6%B5%B7%E3%81%AE%E5%AD%90

481 :LUNAMASK:2010/10/15(金) 12:55:58 ID:2rHhgPEu
海人族の旗印・巴の起源について
ヤクート木製馬乳酒杯チョロン 殷の鼎に相当
http://img-fotki.yandex.ru/get/13/cherry200.2/0_8863_9dd65070_XL
ヤクート発祥の地はウスチ・オルダ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88%E8%87%AA%E6%B2%BB%E7%AE%A1%E5%8C%BA
つまり、巴、三本脚の起源はO2b族が龍山文化圏から石板墓文化に持ち込んだ三足土器にあるのでは。

482 :出土地不明:2010/10/15(金) 13:08:23 ID:oxSWX4G+
>>471
神武が架空なんて根拠は何処にもないよ。
今までも騎馬民族説、王朝交代説、壬申の乱捏造説、山陰神話捏造説等々
とんでも説が多数出されては皆破綻してきたな(^o^)

483 :出土地不明:2010/10/15(金) 18:29:43 ID:/C7dDT5M
>>471
>ホツマツタエなんか、江戸期に書かれた空想物語。あんた偽書マニアか?
珍しくアンタに同意。
つーか江戸時代に生きてたこのスレ住民みたいな輩が記紀について独自解釈し想像でもって補完したのがホツマツタヱ。

484 :出土地不明:2010/10/15(金) 18:43:45 ID:xmp60EBW
では、ホツマの作者が読み込んだ記紀はどこの系統のものだと思う?

485 :薄弱:2010/10/15(金) 19:10:25 ID:xWn3TJh/

アフリカを出た最初の150人が、全白人黄人の祖先になったとゆう説もあるが、
150とゆうキャッチー(笑)な数字の根拠わともかく、レッドブック級の個体数だったアルビノ人類が、よくこんだけの多様性を獲得したものである
出アフリカ人類、つまり白人黄人のDNA多様性の貧困さわ、家畜か絶滅危惧種なみだとゆうが、
逆にゆえば、わずかなDNAの違いをセンシティブに体現でき、限られたDNAパターンから多様な形態を作り、多様な環境に適応できる種って事だ
そのうえ知能も高いので、人類の拡散の早さと分布の広さわ、全生物のなかでも異常
DNAの劇的な変化をのんびり待つ事もなく、必要最低限の形態変化でスピーディに適応&拡散

そんな中でも白人と黄人の違いわワリと明確で、
おそらく紅海湾奥でネアンデルターレと獣姦したアルビノが白人に、さらにインダス以東でエレクトゥスと獣姦した白人が黄人に、
ぐらいのストーリーわ妄想できるが、
それとわ別に、出アフリカ人類の男系3系統すべての痕跡が、世界の東の果ての吹き溜まり、日本列島でのみ確認されているのも興味ぶかい
これは出アフリカ人類の再結集の地が、この極東の弓状列島だったとゆう事だが、
そこに黒人も白人も居ないのは、3人種の中でも最も広く拡散した黄人が、白人黒人の要素をハナからインクルードしてるって事か

ヨーロッパの版図を決定づけた民族大移動が、フン族からの逃避行だったように、民族が移動する動機は敗北である。
逃げなきゃ殺されるとゆう圧倒的な強迫の前に、旅心(笑)やフロンティア精神(笑)などただのスイーツ(笑)
そして、世界の東の果てまで逃げるほど負け続けながら、それでも死ななかった最強の負け犬たちが、
北はバイカル湖アムール川、西は大陸半島、南はスンダランドから、
適度に隔離され適度に狭く、とはゆえ南北に長く多様な環境を備え、雑種の培養に適した島に吹き溜まり、
雑多な負け犬男たちが限られたアマテラスに群がって形成された輪姦ハイブリッド
それが、最強の負け犬にして人類最新型ハイブリッドである倭亜民族、日本人だ

まあ島諸化で若干チビなのわ残念だがw充分カコイイ出自だと思うけど
少なくとも、自分たちを敗北も知らない単一民族=単純バカだと思いたい連中よりは、
真実から目を逸らしてねー分マシ



486 :出土地不明:2010/10/15(金) 20:06:50 ID:I53Nlv6o
>>485
白人と黄人の差は色素の差しか無いよ。
非常に差が少ないというのが人類学的見解、
それよりも黄人内の北と南の差が大きいでしょ。

487 :出土地不明:2010/10/15(金) 20:14:47 ID:1a0g3qon
>468

少し英国史を勉強しなおしたほうが良かないですか。


488 :出土地不明:2010/10/15(金) 20:20:41 ID:xmp60EBW
北は生肉食わないと栄養失調になるし、南じゃ食べたら腹壊すって事か?
まあ日本人は刺身で食うからどっちなんだろうか?

489 :出土地不明:2010/10/15(金) 20:26:06 ID:IlJ5pwR1
地球上で一番でしょ獲得形質としての寒冷地適応人種は

490 :出土地不明:2010/10/15(金) 20:50:08 ID:6eZbkj+0
法螺吹き「白馬鹿青筋」よ、お前が東国武士の子孫だという、
具体的で客観的な証拠を出せ。

491 :出土地不明:2010/10/15(金) 22:13:53 ID:Mu0pL/Of

133 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2010/03/29(月) 15:14:04 ID:vlAQ0OH5
>>131
コリアンザサードの談話投稿コーナーでさんざん語られてるよ。

まず、在日の女が在日と結婚もつき合いもしたがらない。それも絶対にイヤだって感じで。
身内や在日の同年の男連中の低学歴、低収入、収監者の多さにウンザリしてる。

あと、在日の女も、所詮、自分達は北朝鮮でも韓国でもバカにされるだけ、
在日の男は日本で兵役免除の申請をするから、現地でも相手にされない・・・などなど
をよく知ってるから、子供のためにも、在日でいたくない。

在日の男は、日本女性とつきあいたいが、いざ、結婚となったら、
もう、国籍と親戚にろくな者がいないから絶望的・・・・

で、大阪、福岡、東京で、高齢男性の独居死の大半が在日朝鮮人、韓国人w
40代、50代でも殆どが独身。

492 :出土地不明:2010/10/15(金) 22:16:29 ID:naFO5yr+
>>490
そうであったらええのぅ、という希望的観測じゃよ。

493 :出土地不明:2010/10/15(金) 22:23:00 ID:n2Sofora
白馬青牛にしても薄弱にしても、どうしてチョンは100年前の誤っていた多人種進化論を
振りかざしながら、これまたDNAを無視して日本人は渡来系に塗り替えられた雑種扱いしたがるんだろう。

雑種、吹き溜まりが良いというならユーラシア大陸東部では朝鮮半島がこれ以上ない典型なので、
自分たちをマンセーすればお前らも誇り高いはずだろ。
朝鮮の結果を日本へ投影させて、自分たちが日本に居る正当化に利用するのは、
日本の歴史へのジェノサイドで、実はお前ら自身の本当の誇りも殺すものと判っているのだろうか。


494 :薄弱:2010/10/15(金) 23:17:38 ID:xWn3TJh/

多人種進化論(笑)に加担する気はねーし、ネアンデルターレやエレクトゥスとの交雑がなかったとしても
(とゆっても前者は最近の研究で証明され新聞沙汰にもなってんだけど、まあどっちでもいいやw)
日本人が人類最新型スーパーハイブリッドであり、そこに日本人のアドバンテージがあるのは単なる事実だ
チョン鮮半島ごときじゃスーパーハイブリッドの培養基として役不足だね。
俺が上げた雑種培養基の条件の中で「多方面からの流入を可能としつつ適度に隔離され、
適度に狭いなかでも南北に細長いとか環境に多様性がある」とゆう条件を満たして居ない
あんなハンパな立地じゃ、仮に流入がそれなりに多様でも、トコロテン式に根こそぎ入れ替わっちまうから、交雑もクソもねーんだよ
「世界の東の果ての吹き溜まり」日本列島でのみ、この奇跡は起こりえた
まあ単細胞ナショナリストには一生判んねーだろうし、語り手の能力のおかげで判らされても受け入れる器量もねーだろけどな



495 :出土地不明:2010/10/15(金) 23:31:19 ID:eqFWrzrJ
>>470
運転免許書の上桁言えとか
さうすチンクみたいなことを言ってるやつがおるのー

496 :出土地不明:2010/10/15(金) 23:34:22 ID:VmlMRIU1
わがはに変わってるなwww
IDは変わってないけど、書いてるやつは別なんじゃねえかな?
前のはどう読んでもキチガイの書く文章だったもんな。
少しは酔いが覚めたとか?

497 :薄弱:2010/10/15(金) 23:36:21 ID:xWn3TJh/

まあチョン鮮半島はただの「通過点」に過ぎねー立地なんだよな。場所とゆうより道。路上だよ
まあ道は道でも交差点ぐれーは言ってやってもいいが、日本のように多様な集団の「ゴール地点」になれる立地じゃない
ウリジナル(笑)に代表されるオリジナル性へのコンプレックスも、「路上生活者」民族の悲哀の裏返し

世界の東の果てまで追いやられるほど負け続けながら、それでも死ななかった「最強の負け犬」たちが、
北西南から吹き溜まった「人類最新型の輪姦ハイブリッド」
俺はそんな、世界的にも類を見ない日本人の奇跡の出自に、誇りを持っている
誇りとは真実に対して持つべき物だよ単細胞ナショナリスト諸君



498 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/16(土) 00:02:25 ID:dJMO90yz
>>473-490
明治以降の親族に、朝鮮系は入っておりませんよ。
>>474
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%84%E3%82%BF%E3%83%B1
ホツマツタエが、江戸期より前に遡ぼれんのは、ウイキ程度にも出とるよ。
まあ、ここはYカルトや偽書マニアじゃの、カルト集団の書き込み板に
なったのう。
>>475
アジア大陸南部から、ポリネシア、九州から琉球へ人の流れがあった
よう、島伝いの南下は可能じゃが、黒潮の潮に乗って流れそのままに、
南から北、西から東は無理じゃし遭難する可能性が強いよ。
>>476
以前に増して、歴史知識の無い、つまらん書き込みが増えましたね。
>>479
新大陸の沿岸部に比べ、内陸部は外の情報、外国に無関心の孤立主義
が目立ちます。それがしばしば圧迫から宗教の形で反発する
原住民型の外圧に対する形態を採りますからね。
>>481
ヤクート(サハ)の起源は、キルギス草原の説もあります。
ヤクート人の体質ニ型で長顔・狭鼻は西南シベリアのタタール型で、
広顔・低鼻のモンゴル型は、バイカルに到達し、ブリヤート地方で
モンゴル型と混血し体質と言語にモンゴル的要素を加えたこと、
ヤクートの有力氏族連合のKangalasと、キルギス草原の代表的
騎馬民族の氏族Kankali,Kangar(康曷利)と名称をほとんど同一にして
おることなどです。西突厥の弓月族は、カンクリ(康曷利)族の前身で
すね。まあ、日本の渡来系秦氏も弓月説はありますが、
新羅古墳の中央アジア黄金文化要素も含め中央アジアのトルコ系要素、
影響は考えられますね。

499 :薄弱:2010/10/16(土) 00:22:17 ID:gl19pdqa

知識(笑)しか芸のねえ、センスも自力思考力もねえ書き込みが増えるよかマシだと思うが?
俺ならあんたの百分の一の知識であんたに勝てるよw




いや実際は知識(笑)も俺が上だと思うけどね。知識(笑)を売りにするほど落ちぶれちゃいねーってダケで
まあ狭い考古学畑の知識はともかく、関連付けの飛距離と止揚センスが相手になんねーわ



500 :出土地不明:2010/10/16(土) 00:28:10 ID:ZgSarur5
いや、アホ牛の書き込みはネタとしておもろいけど、
科学からは最もかけ離れた存在だろwww

いわく、ひねくれ哲学的ガラパゴス妄想、といったところだろ。

501 :出土地不明:2010/10/16(土) 00:28:25 ID:/RMz7pzW
>>498
黒潮の流路にはいくつかありますが概ね大島と八丈島の間を流れて
いますから、八丈島にある倉輪遺跡に到達するためには、これを越
えていく必要があります。>>475にあるようにこれは繰り返し行って
いるわけです。また、人骨は成年の男女、さらに島にはもともと
生息していないイノシシが出ていますから、これをわざわざ本土から
持ち込んでいるわけです。漂流して遭難するにしては先々のことまで
準備を整えていますが、「黒潮は死の海」というあなたはこういう
ことも含めて>>475の疑問にどのような説明をされますか?
残念ながら>>498では説明になっていないように思います。

502 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/16(土) 00:44:38 ID:dJMO90yz
>>482
神武を含め初期天皇は、百歳以上の長生きが続き不思議に思わんのかね。
あんた神話カルトじゃのう。(笑)ほいから、騎馬民族説は、伽耶木槨墓が
発見され、騎馬民族説否定派の南朝鮮の「任那伽耶に騎馬民族は
来ていなかった」は、潰れてしもうて残念じゃったのう。(笑)
>>486
インド人は?色素は濃いが、広鼻のトラビィタ原住民と違い、インド・
アーリア人は狭鼻じゃろうに。
>>488
極北の地で、生肉食うたら壊血病にならんと経験上云われとるね。
http://blog.goo.ne.jp/coccolith/e/874e06cde55220ea98c678ec125dd204
イヌイット族(エスキモーは生肉を食う奴と云う差別用語とされる)は、
生肉を食うけんのう。生肉、生魚を食うんは、東南アジアの一部を除いて、
極北から北東アジアに分布しとるよ。日本人の刺身も北方アジア系の
食習慣。
>>490
過去スレでも云うたはずじゃが。わしの親族の婚姻関係、江戸期の庄屋文書
等の史料、鎌倉末期東国武士の移住が地頭受領で多かったことから、
可能性が極めて高い云うことよ。
>>490
わしゃあ、タンパク質のごく一部であるDNAも無視しとらんよ。
特にmtDNAはのう。それでも単一遺伝標識に過ぎず総合的なもんじゃ
無いわ。ほいから、わしを朝鮮人にしたり、朝鮮人に対する差別用語を
使うとるが、あんたが朝鮮人に恐喝されたんか、殴られたんじゃろうが、
あんたが軟弱じゃけぇ云うて逆恨みしても意味があるまあに。
まあ、ネット右翼になる連中は、弱いけぇネットの罵詈雑言で
復讐した気になるんじゃろうが、あんた自身みじめな思わんか?
>>494-497もお仲間で良かったね。(笑)

503 :出土地不明:2010/10/16(土) 02:08:35 ID:d6HZ2Muw
ところで。
八丈島ってみなさんどこにあるかちゃんと知ってます?
三宅や御蔵島は普通に本土から見えますし、
大島や三宅に渡れば八丈は漁の圏内。
下手すれば三宅から泳いで渡る猛者もいる位の距離ですよ。
だって見えてるんですから。そこに。
漂流とかそんなレベルの話じゃないです。
ここは西日本人が多いんですかね。

504 :薄弱:2010/10/16(土) 02:10:07 ID:gl19pdqa

なんだこの程度か



505 :出土地不明:2010/10/16(土) 02:23:02 ID:KeLXai6z
ところで、北方説は対馬経由と北海道経由のどっちが優勢なの?

506 :出土地不明:2010/10/16(土) 02:35:57 ID:aGd6D8RW
大昔には九州の南と北海道の北は大陸とつながってたんだろ
新潟辺りの全面は湖みたいになってたんじゃないのかな
だから南と北と両方から渡ってきたはず
それぞれ違う人種だね
だから関西人は酒を分解できないし東北人は酒飲みが多い
沖縄は近年まで大陸の影響が強かったから人も文化も中華的だね

507 :出土地不明:2010/10/16(土) 03:08:37 ID:ZgSarur5

ヴュルム氷期の最寒期でも日本が大陸と陸続きになったのは北海道からだけ
というのが最近の定説

508 :出土地不明:2010/10/16(土) 03:17:38 ID:i9Yaoj+R
O系統にに征服された大陸ってかわいそうね
Dよりも新しい染色体なのに勝ち組気取っても虚しいだけだよね^^

509 :薄弱:2010/10/16(土) 03:36:22 ID:gl19pdqa

古代とゆえど渡航技術はソレナリで、肉眼で見える程度の島に渡るぶんには大した不可能性はなかったろ。命も安いし当時w
渡航技術は海洋交易以前は、基本的に負け犬の逃避行技術で何しろ必死だし、
なにより「そこに見えている」とゆう事実は心理的にでかい

だが、人類発祥の東アフリカに隣接しながら、5世紀にもなってようやく
マレーシヤからヒトが渡ってきたマダガスカルのような遠回り例もある。文化圏的には東南アジアw
このマダガスカル島の経緯は、アフリカを出た男系DNAのほとんどが再結集した最遠の地、日本列島と実に対称的だ

まあそれでも、マレーからマダガスカルへの遠洋航海キメたバカが5世紀には居たワケで、
この長距離移動に対する古代人のスケール感は、ヒコーキやシンカンセンや発達した道路網を抱えながら
国境や市街や決められたルートに縛られ、北方領土ビザ無し渡航ぐれーで喜んでる現代人が、一方的に見下せるモノではない
よく言われる「縄文人はコスモポリタン」的な国境(笑)ブッチギリの黒曜石交易とか

いや書いてて思い出したが、世界最古の土器が縄文ってのは
証拠が残ってる範囲のハナシで、残ってねーか発見されてねーダケで黒龍江流域あたりが発祥と思うが
そもそも国境(笑)とゆう人工的な意識が古代人にあるハズもなく、
筑紫ー対馬ー釜山や蝦夷ーサハリンーアムールと、伊豆ー三宅島ー八丈島の距離感は、
むしろ後者の方が遠かったとも言える。国境(笑)意識とゆうバイアス掛かってねーし
倭人が住む南半島や済州島、あるいはウィルタやギリヤークが棲息する樺太や黒龍江河口に
国境意識もなければ「どちらが中心」とゆう意識も無く
一部の部族は、列島は任邦の出張機関ぐれーの意識だったろうしな。また単細胞ナショナリストのピーキーな反応を楽しめそうだがw
日本は確かに島だが、倭亜民族の領域は自我境界すらあやふやなグレーゾーンで
縄文の首都と言われる諏訪湖も「センター」であって、古代世界に点や線はあっても面とゆう領域はない
日本人の領域が日本列島というククリになったのは律令国家から、それも陸奥蝦夷は外国みてーな認識

いやまた書いてて思い出したが、日本にも陸続きの国境があったんだな。他者に直面し自己対象化を強制されるような



510 :薄弱:2010/10/16(土) 03:54:40 ID:gl19pdqa

故郷の楽園アフリカを追われた人類の最初の逃避行は、ユーラシア南岸インド洋ぞいにオーストラリアまで逃げたアボリジニあたりだが、
その旅程の痕跡は、海面上昇やトバ噴火であまり残っていない
かなり後、そっからマダガスカルまで海路戻った連中もいるわけだが、
このインド洋を巡る人類の旅路は、そうゆう視点で見ればソレナリに面白そうなんだがな

なんにせよ、東に逃げたほとんどの人類のゴールは日本なワケだが



511 :出土地不明:2010/10/16(土) 04:30:49 ID:d6HZ2Muw
>>牛さん

例えば紀伊半島から見ると四国は普通に対岸の山です。かなりでかい感じで。
間の淡路を使えば・・・一番狭いとこだと10キロ位あるかないか、でしょうか。
それこそ普通の人が泳いで渡れる距離です。
四国を下がっていって大分-四国は今では船で30分かかりませんし、
昔でも数時間の距離でしょう。ここも10キロ位でしょうか。

そして陸伝いに下がって鹿児島の南端指宿からは奄美諸島が見えますし、
屋久島なんてほんのすぐ目の前です。
そうやってずっと南に辿っていくと沖縄までずっと陸が視認し続ける事ができることが解ります。
沖縄に行くと台湾も見えます。台湾に行くと当然中国大陸が対岸一面に黒々と迫ってますよ。

牛さんは一度広島から出て旅行してはどうでしょう?
ご自分の黒潮死の海説が恥ずかしくなると思いますが。


512 :出土地不明:2010/10/16(土) 05:11:11 ID:d6HZ2Muw
一応,予防線はっときますね。
妄想扱いされるのがアホらしいので。

まず、昔は船の航行は陸伝いです。
いきなり黒潮の本流に乗り込む勇者はいませんね。
だって何の意味も無いですから。

そしていつものあなたの主張だと(流石に覚えてしまいました)
ついた島には必ず先住民がいて(その人はじゃあどこからきたの?死の海じゃなかったの?)
なぜか必ず食人の習慣があって()
必ず渡来側は襲われて(どうして出航しないの?)
何故か渡来側は捕らえられ(どうしてそんな島の採集食人種に、武装集団が負けるの?)
まあ負けたとしてなぜか捕虜にもならず、(意味不明)
その本来の渡来目的であろう移住や交易も一切許されず
皆殺しになって種を残せず()
そもそも目の前に見えている島(一番離れている所でも50キロ程度でしょうか)
につく前に必ず難破し海の藻くずと消える事が決まっており
なおかつ、潮には遅い日と早い日がるにもかかわらず(地球の運行によるものなので周期性がある)
冒険者達は最も海の荒れた嵐の中を突き進み死ぬか漂流者にしかなれない。
しかし、日本海側から渡った人間にはこの上記の法則が一切発動せず
何故か沿岸を征服し、支配する事が出来る(呆然)

どうです?
自分で読んでてこれ、正視できますか?
私なら無理です。

513 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 05:16:00 ID:/jaT1Ohh
>>498 ありがとうございました。

514 :出土地不明:2010/10/16(土) 06:00:45 ID:KeLXai6z
>>458
>ホツマツタエが、江戸期より前に遡ぼれんのは、ウイキ程度にも出とるよ。
江戸期で充分でしょ。記紀の解釈本だというのであれば古い学説として扱えばいいんじゃない。
むしろ偽書というのは、偽りたい事以外は嘘を書く意味はないから、作者が当時知りうる限りの知識である筈。
結局、宝の地図が本物かどうかなんて、掘り出してみればわかる話じゃないかな? 考古学的には。

515 :出土地不明:2010/10/16(土) 09:46:24 ID:jcJpgaeX
>(O系統って)Dよりも新しい染色体なのに

染色体に古いも新しいもない。
あくまでDNAの塩基の変化が新しいだけ。

しかも天皇はO系統w

516 :出土地不明:2010/10/16(土) 09:57:04 ID:jcJpgaeX
>>502
>タンパク質のごく一部であるDNA

DNAはタンパク質とはまったく別物です。

DNA情報からタンパク質が作られるだけのことです。

高校の生物の授業で習うはずです。

もっとも大半の高校生は授業なんか聞いちゃいませんがねw

517 :出土地不明:2010/10/16(土) 10:29:30 ID:zgMPA4YF
黒潮www

素人ばっかだなこのスレw

518 :出土地不明:2010/10/16(土) 11:08:29 ID:89+AGUKW
>>502

>>516さんが書いているが、同じ生体高分子ではあれ、核酸とタンパク質
は別物だろう。あんまり適当なこと書いて衆を惑わさんほうがいい。
こういうこと書いていると他の発言に関しても説得力がグンと落ちる

519 :出土地不明:2010/10/16(土) 14:21:43 ID:ZgSarur5

誰もアホ牛に科学的な書き込みなど期待していない。

ここが考古学板(仮)の看板スレであり続けているのは、みんながアホ牛の壊れっぷりを楽しんでいるため。

アホ牛の脊椎反射的な電波書き込みはホントに面白い、こんなキチガイどこでも見たことないからな。



520 :出土地不明:2010/10/16(土) 17:03:37 ID:jcJpgaeX
>日本人は渡来系に塗り替えられた雑種

そもそも
朝鮮人はトゥングース(C3)と華南人(O3a3c)華北人(O3*)と扶余人(O2b)の雑種
日本人はアイヌ(D2)と華南人(O3a3c)と扶余人(O2b)の雑種

521 :出土地不明:2010/10/16(土) 17:16:38 ID:vA+Hk9uX
いつからO2bが扶余人になったんだ。
それは日本に多い済州島系朝鮮人の願望だろ。


522 :出土地不明:2010/10/16(土) 18:07:08 ID:SHPuBtkD
ムツゴロウが生息してる沿岸、それはO2系統(東アジアにおいてはO2b)が到達した地域。

523 :出土地不明:2010/10/16(土) 18:22:33 ID:wbzeFoiy
>>512
整理してまとめるとスゲエなwww
キチガイぶりが一目で分かるwww

524 :出土地不明:2010/10/16(土) 18:41:09 ID:ZgSarur5
 
このスレで、これだけ偉そうにO2bは扶余族なんていう輩が多いのに誰ひとりとしてそのソースも説を唱える学者も提示できないのはなぜだろう?

それこそ、ただの妄想・ファンタジー、朝鮮学派のオナニーという証拠ではないか?


525 :出土地不明:2010/10/16(土) 18:51:50 ID:jcJpgaeX
>いつからO2bが扶余人になったんだ。
いつからO2bが長江人になったんだ。
それは朝鮮嫌いの●違い日本人の妄想だろ。
自己愛に満ちた変態どもがw



526 :出土地不明:2010/10/16(土) 18:54:06 ID:jcJpgaeX
>>524
日本にも朝鮮にもO2bは多い。
ソースなんてイイカゲンなもんじゃない。
現実だ。ゲ・ン・ジ・ツ

長江近辺にはO2bは影も形も無い。
何一つ証拠がない。
長江でオナニーかw

527 :出土地不明:2010/10/16(土) 19:07:55 ID:pOGNJ2vb
>>519
隔離スレ作ってふたりで仲良くやれや。


528 :出土地不明:2010/10/16(土) 19:11:59 ID:jcJpgaeX
O2b=長江文明人論のソースは崎谷満の妄想

「DNAでたどる日本人10万年の旅」p71
「…春秋戦国時代を通じて、黄河文明、中原勢力の膨張が続き、長江文明は崩壊に至った。
呉の滅亡や越の滅亡によって長江文明を担っていた人たちはホームランドを追われ四散していった。
その一部は北東へ向かい山東半島から朝鮮半島へ移動し、さらに朝鮮海峡を渡って、九州へ達した者もあった。
これが魏志倭人伝に記載されている倭人の流れであり、Y染色体亜型ではO2b系統であったと推定される。」

あくまで推定しているのは崎谷満個人。受身の文章で自分を消す卑怯ぶり!

キッコーマン醤油ならぬ、崎谷満ソースか?wwwwwww

529 :出土地不明:2010/10/16(土) 19:20:40 ID:ZgSarur5

アリゾナ大のMFハマーも崎谷と同説だ。
いいからお前らもソースだせ、糞チョンども!

530 :出土地不明:2010/10/16(土) 19:31:13 ID:jcJpgaeX
>>529
君が英語が読めないからって
平気でウソつくのはみっともないよw

Hammerがそう断言しきった論文とその文章を引用してみな。
できないだろwwwwwww

531 :出土地不明:2010/10/16(土) 19:45:21 ID:ZgSarur5

扶余がY-O2b1というソースだせ、糞チョンども!


532 :出土地不明:2010/10/16(土) 19:53:49 ID:jcJpgaeX
>>531
Hammerが崎谷と同意見ってウソだったんだなwwwwwww

そりゃそうだろ。"Dual Origins of the Japanese"には
"Haplogroup O-SRY465 fits basic criteria for a Yayoi founding lineage because it is widespread in (and almost entirely restricted to) both Japan and Korea."
って書いてあるぞ。読めないのか?wwwwwww

533 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:01:07 ID:jcJpgaeX
>>531
Hammerは"Dual Origins of the Japanese"でこうもいってる。
"Its higher Y-STR diversity in Korea is consistent with the hypothesis that O-SRY465 tracks male lineage that migrated to Japan from Korea."

534 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:07:27 ID:jcJpgaeX
>>532
「ハプログループO−SRY465(O2b)は弥生(文明)を興した人たちの系統の
 基本的な基準に合っている。なぜならそれらは日本と韓国の双方で
 (そしてそこにほぼ限定されるように)広がっているからである。」
>>533
「韓国でのより高いY-STR(ハプロタイプ)の多様性は、O-SRY465(O2b)が
 韓国から日本にわたった男性の系統を追跡する、とする仮説
 と一致している。」

535 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:08:14 ID:ZgSarur5

ID:jcJpgaeX
扶余がY-O2b1というソースだせ、糞チョンども!

ハマーはY-O2b1を弥生人と想定している。
http://www.genebase.com/tutorial/item.php?tuId=24
弥生人を長江文明人とするのは世界の定説
根拠も何もなくそれを否定するのは朝鮮学派のみ

ハマーも崎谷も関係ない、いいから自分のソース出せ!
そんなものは存在しないから出せないのだ!

出してみろ糞チョン!


536 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:18:47 ID:jcJpgaeX
>>535
>ハマーはY-O2b1を弥生人と想定している。
然り
>弥生人を長江文明人とするのは世界の定説


>>532で上げた文章がその証拠。
「日本と韓国に限定される」と書いている。
ハマーは、あくまで弥生人=「弥生時代に渡来した人」としている。
中国南方から稲作文明を持ってきた人、とはいっていない。

根拠もなにもなく弥生人=長江文明人というのは、
日本の狂人連中のみ。

>ハマーも崎谷も関係ない

そりゃ、どちらも、●違いの君とは関係あるまいw

崎谷は単に「魏志倭人伝」の記述を真に受けすぎただけ。
しかし、Y染色体の調査結果とは相容れない以上
記述については一切考慮すべきではなかった。

537 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:21:15 ID:jcJpgaeX
>>535
チョンは貴様だ。このO2b1野郎がw

538 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:24:57 ID:ZgSarur5

ID:jcJpgaeX

ここは学術板だ、お前の妄想を語るところじゃない。
Y-O2系が長江文明人じゃない、扶余がY-O2b1というソースだせ、それを主張する学者を特定しろ、糞チョンども!

そんなものは存在しないから出せないのだ!
出してみろ糞チョン!

崎谷は京大大学院出の医学博士で遺伝子学者、
おまえの学歴はさぞ凄いんだろうな?
おまえは何さまだ?
ただの糞チョンだろ?

お前が違う、なんていっても世界は動かない。
さあ、偉そうに語っているんだからソース出せ!


539 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:30:45 ID:jcJpgaeX
>>538
O2bが長江文明人だとするソースが
全くのガセであることは、ここで示した。

崎谷の学歴がどうあれ、崎谷が分子遺伝学で
全く論文一つ出していない「素人」であることは
誰の目からも明らかである。

ああ、そうそう。私はO2bでもO3でもない。そもそもOでない。
だから朝鮮人でも中国人でもない。

540 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:33:44 ID:KeLXai6z
そもそも言語もわからない扶余に長江文明人が居たとして、なんか問題あるのだろうか?
どちらにしろ日本に来るには船が必要だよな? もしかして樺太経由の大回りが可能ってこと?

そういえばホツマの船の記述って色々興味深い話があるけど、どこまでが伝説だろうか?

541 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:36:09 ID:jcJpgaeX
>>538
>偉そうに語っている

私は偉くない。君が勝手にひがんでいるだけ。

学歴で発●するなんて、中卒?

542 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:38:35 ID:jcJpgaeX
>>540
問題はないが、証拠もない。

そもそも、なぜ何の証拠もないことを信じたがるのか?

個人的にはO2b(O2b1)は稲ではなく鉄を持ち込んだのではないかと思う。

543 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:39:44 ID:ZgSarur5

ID:jcJpgaeX

こっちは>>524から一貫して、おまえら糞チョンどもにはソースがない、あるなら出してみろ!
と言っている。

なんか偉くファビョっているけど、なんで?
全然論にもなっていない、まったく説得力もない、ごたく並べてるけど、そんなの求めていない。
いいからソース出せよ、糞チョン!

こっちにアンカーつけるなら、ソースはありません、ごめんなさい、妄想でした、だろ。
他に用はない!



544 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:40:21 ID:zgMPA4YF
ID:ZgSarur5 の発狂ぶりが面白いなw
他人の事チョンとかしか言えてねーしww
火病か?www

まあコイツは関西のクソガキなのはよく知ってるけどねww

545 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:45:00 ID:jcJpgaeX
>>543
君の主張は>>532-534で完全に破壊した。

>>544
関西には半島&大陸から来た人が多い。
そして嫌韓嫌中の「近親憎悪」も激しい。

私は関東人なので、「アジア人」の身勝手ぶりにはこういうだけ。
「ああ、また●ったんですか。」

546 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 20:46:32 ID:/jaT1Ohh
O2b漁業 O3穀物農業 C狩猟 D通年採集 N牧畜 Qマンモスハンター・・・こうしたプロファイリングも
必要かと。

547 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:49:19 ID:ZgSarur5

結局チョンどもにソースがないことが確定したなwww




548 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:50:12 ID:jcJpgaeX
>>546
>O2b漁業
違うと思うがな。


549 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:51:20 ID:jcJpgaeX
>>547
チョンは君、O2b1なんだろ?w

550 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:54:35 ID:zgMPA4YF
>>545
うむ。

551 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:56:16 ID:zgMPA4YF
>>547
お前がチョンの子孫って事が確定したらしいよwww

552 :出土地不明:2010/10/16(土) 20:57:29 ID:LeHSzrpH
>>539
おめーか? いつもハニ族アカ族、鳥居ってわめいているやつは?

553 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 21:00:39 ID:/jaT1Ohh
>>548
O2b1が増殖したのは日韓稲作穀倉地帯、O2bが移動したのは森林草原の境界線沿い。彼らの
生きざまはDと非常に似たものであったのでは。

554 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:02:59 ID:6/z7k8yU
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>543-544
お二人のご意見がこのスレの最大の争点ですね〜(^-^)/

親韓派のID:jcJpgaeXさん→O2bは扶余で列島に渡来し古墳文明を創生した
嫌韓派のID:ZgSarur5さん→O2bは長江文明人で倭人の本流

でも月光たん説ではどちらも正しいようですよ〜(^-^)/
→O2bは長江文明人で倭人の本流であり、バイカル方面へ進出した後
扶余として列島の古墳文明を創生した


もっともおいらは列島の文明創生に貢献したのは雲南のハニ族(アカ族)のような
チベット・ビルマ語族だと思うよ!!

555 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 21:06:52 ID:/jaT1Ohh
>>554
O2b突然変異は淮河と黄河に挟まれた辺りで、長江の頃はO2*の状態だったのでは。

556 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:12:18 ID:KeLXai6z
>>542
信じなければ闇雲に探すしかないからじゃないか?
冥王星だってあやしげな予言を信じなければ見つからなかっただろうし、まあ信じただけのご利益はあるもんだよ(w

557 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:13:14 ID:ZgSarur5
ID:jcJpgaeX
俺にアンカーつけるなら、いいかげんソース出せ!

ID:zgMPA4YF
自演だろうが、お前もだ!

チョンは、日本2番目の遺伝子勢力Y-O2bをどうやっても朝鮮出自にしたくてしょうがない。
Y-O2bを扶余族にしてトンデモ「騎馬民族征服説」につなげようと躍起になっている。
世界中がY-O2系を長江文明人と想定しても、それを必死に否定しようとしている。
妄想は半島に帰ってやれ、日本に持ち込むな!

LUNAわぉ〜MASKこそ、ソース無し妄想の王さまだ。


558 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:20:25 ID:LeHSzrpH
>>554 >>478
あっ 丁度いいや
N1-LLY22gって南蛮の夜郎国があったあたりも多いみたいなんですが
徳島や青森にも多いってのが奇妙ですね

733 名前:LUNAMASK[] 投稿日:2010/09/21(火) 16:43:25 ID:vkSUtdwl
>>732 N1は南蛮に多い
北狄
Yakuts 0.8%
Forest Nenets 1.1%
Sibe 9.8%
Manchurian Evenk 2.4%
Manchu 5.7%
Koreans 8%
Tokushima 7.7%
Altaians 10.9%
Shorians8.7%
Khakas 2.8%
Tuvinians 1.6%
西戎
Uyghur 3.0%
Shaanxi Han 6.8%
Turks 0.2%
Tibetan 8.6%
南蛮
Yizu of Butuo 30%
Hani 11.8%
Nepal 1.3%
Taiwanese Han 3.6%
Han 3.0%
Guangdong Han 15.0%
Tujia 4.1%
Vietnamese 2.9%
Borneo 2.5%
Fiji 0.9%

559 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 21:22:44 ID:/jaT1Ohh
>>557 ソース
「中国東北部(満州)古民族の源は東夷だ」
東北古民族と東夷が同族関係にあることを立証する材料は非常に多い。
両地方の族称が顕著に対応している。
双方に始祖卵生神話がある。
鳥、犬、亀、竜崇拝。
左衽 上前の衽(おくみ)が左手のほうへくるように重ねて着ること。「さじん」。
造船航海技術等々。
(注:古来,中国漢民族の衣服は右衽,周辺の遊牧民族の衣服は左衽であった。
漢民族は左衽の服を胡服すなわち野蛮人の服として軽蔑したが,騎馬の習俗とともに胡服様式を採用
すると,これを左衽の袍(ほう)と称し,後には右衽に着る ようになった。
中国文明の影響下にあった周辺民族の服装も,しだいにこれに倣って左衽から右衽に変化していった。)
これは東夷が東北地区に大規模な民族移動を行った結果として東北地方の民族形成が行われたことを示
してい る。
石器土器の共通特徴
1.石器製作                     石器的製造
2.卵殻黒陶                     蛋殼K陶
3.鳥型器物                     器物造形‐擬鳥形
4.彩陶文様                     彩陶的風格
習俗の共通特徴
1.頭骨変形                     頭骨人工變形的習俗
2.礼 蹲居                      “禮”
3.樂器                        楽器
4.亀甲・骨占い                   龜卜、骨卜
5.弓矢                        弓箭
6.支石墓                      石棚墓
7.動物殉葬                     殉葬豬、狗、羊等家畜的習俗

560 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:23:38 ID:vA+Hk9uX
日本人はO系統自体が半分程度で、O2bのO3に対する比率も約2倍と大きい。

朝鮮人はO系統が圧倒的(C3系統の先住民を華北系が支配した歴史のため)で、
その中のO2bのO3に対する比率は全く異なり約3分の一程度しかない。

この朝鮮人のO3:O2b=3:1の比率(つまりO3が圧倒的に多い)は明らかに朝鮮半島に入った
華北人のそれとほぼ同様。北朝鮮を含めばもう少しO3が多い可能性が高いが。

Y染色体は支配種族のシェアが圧倒的に大きくなるために
(逆に半島では被支配層になった先住系C3/Nの比率が実際の血統よりかなり低くなっている。)、
見かけ上だけO2bによって長江文明の流れをくむ水田稲作民(弥生人)の血統も
そこそこ引いているように統計の罠で勘違いされやすい。
もちろん極小数稲作民も「比較的」温暖な半島南西部に渡来した可能性はあるが、
ほとんどは楽浪郡などから入った華北人(漢民族)の一部に、O2bが混血していただけと考えられる。


561 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:24:37 ID:6/z7k8yU
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>558
徳島のN1-LLY22gは月光たん説では吉備に入った北狄ルートだけど
おいら説では南蛮ルートなんです〜(^-^)/

理由は雲南のハニ族と同じ発酵茶が徳島で盛んなことです!!

562 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 21:28:16 ID:/jaT1Ohh
>>558
北海道・青森のは南下した柔然の後身、靺鞨の一部の突厥であり、済州島・徳島等は南周りでやってきた
同一民族でしょう。猿石とか済州島の石像は彼らが匈奴冒頓単于(山王)の子孫であることを物語っている
と思います。。

563 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:32:43 ID:LeHSzrpH
>>562
ハニ族やもと夜郎国って、南方形質が中国人のなかでも強いんじゃないのかな?
それが突厥つーのも腑におちない

564 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:33:04 ID:6/z7k8yU
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>562
では徳島から吉備へと入り、邪馬台国を建国した第2天孫族も
南回りの南蛮ルートの山王系でOk??


565 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 21:39:46 ID:/jaT1Ohh
靺鞨と言うのはMukriともいうんですが、蘇我氏が木羅満致だとされるから靺鞨になります。突厥と言うのは
柔然の鍛鉄奴隷とされますから蘇我氏の家来のようなもんでしょう。清王朝はC3cですから、靺鞨もC3c
だったと考えられます。

566 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 21:44:35 ID:/jaT1Ohh
>>564
中期ごろの銅鐸にある鳥の羽をさし、ボートを漕ぐ羽人は稲作に伴う江南系諸族の一員でしょう。
現在これはD1になってますね。

567 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:46:48 ID:LeHSzrpH
N3a1-M178とN1-LLY22gは分布している緯度がかなり違う
O2b1-47zとO2a-M95みたいに緯度違い

>>353のこれって、N1のN1c1-M178 でなくN3a1のほうが話が通じやすいよw

568 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 21:49:15 ID:/jaT1Ohh
>>566
D1じゃなくN1-LLY22gでした。失礼。

569 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:49:46 ID:LeHSzrpH
>>566
そういうことなら、ボートを漕ぐ羽人は
白馬青牛のいう>>269 =康巴黒彜かな?

570 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:50:17 ID:fR9H+OyP
遺伝子から話をしたい人は、英数字とパーセンテージだけ書くのではなくて、
地域別の試料数と、その試料提供者の由来(父方・母方の系統が何代前まで
辿れるのか、またそれはどのくらいの期間
地理的に他と隔絶していたのかなど)を各地域(大陸・半島・列島
からさらに下位の自治体レベルまで)ごとに調べて書いておいてくださいね。

571 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:52:28 ID:6/z7k8yU
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>562>>565
猿石とか済州島の石像が南回りルートなら
奈良・飛鳥文明の蘇我氏は南方系天孫族の南回りの可能性もあるんじゃね!?

572 :出土地不明:2010/10/16(土) 21:53:50 ID:LeHSzrpH
>>570
そうだな、>>520のこれ、雲南に「華南」のラベルを貼ると誤解を生むよね

573 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 22:00:07 ID:/jaT1Ohh
継体蘇我王朝を靺鞨系とすると
『日本書紀』の中に高句麗の王を「高麗の神子」と呼びかけ、同じ天孫族としての意識が見られること
『続日本紀』に、高句麗の後継である渤海の国王が、渤海と日本の関係を、建国以来の歴史を経て
「本枝百世」になったと表現していること。
『続日本紀』に、渤海の使者に与えた返書の中で、かつて高麗が日本に対し「族惟兄弟(族はこれ兄弟)」と
表現したことにふれていること。
こうしたことがよく説明できる。

574 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 22:04:12 ID:/jaT1Ohh
>>571
中国系サイトは日本人江南出自はあり得ない。それは日本にはO1がほとんどないからだということで
江南出自を真っ向から否定していますね。

575 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:05:08 ID:6/z7k8yU
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>569
列島に雲南から来たチベット・ビルマ語族は「白(山)信仰」を持ってきてるよ〜(^-^)/
「黒信仰」VS「白信仰」の対立で、四川・雲南では南部に行って農耕民化するほど
「白信仰」が強くなるよ〜

576 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 22:08:00 ID:/jaT1Ohh
おそらく、弥生初期から中期ごろまでに存在した江南稲作民・甕棺文化人は、その後の主として満蒙からの
遺伝子流入にかき消され、縄文文化よりは上層に位置するものの、下層基盤となったのでしょう。

577 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:09:56 ID:KeLXai6z
白といえば、鳥居は元々白いの?赤いの?

578 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:12:19 ID:LeHSzrpH
>>575
もと夜郎国はチベット・ビルマ語族だけでなく
ミャオ族やタイ系の言語もあるから
主流の言語が何なのかわからん地方でしょう。

ほれ、これ何民族よ? これ何語かいね?
 ↓
ttp://www.56.com/u42/v_NTUwOTIyNTU.html

579 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:22:19 ID:LeHSzrpH
>>574
江南ってどこを指してるの?
話が食い違ってしまうから自治体レベルまで書かないから
どこまでいっても話が平行線なんでは?
月さんが湖北省武漢のつもりでも、相手は浙江省杭州だったら
ぜんぜん話合いになってないよww

580 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 22:36:29 ID:/jaT1Ohh
>>579
(長)江南

581 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:37:56 ID:LeHSzrpH
>>580
アバウトすぎてダメじゃんwww

582 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:39:05 ID:KeLXai6z
揚子江?

583 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:50:36 ID:jcJpgaeX
>>554
>親韓派のID:jcJpgaeXさん

親韓派ではないな。強いて言えば嫌「嫌韓」派。

月面はZgSarur5と同類。
長江近辺にはO2bがいない。いないものをいるというのは●違い。

584 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:53:39 ID:vA+Hk9uX
調べてみるとテンプレで弥生人=O2bの渡来元になっている「江蘇」は江北になるのか。
日本人のO系統は多数派がここらへんで、少数派が江南〜福建あたりとすると、
O3やO1はO2bよりも比率が低いので大体のバランスが採れるな。

まあ上海・杭州付近(浙江省だったかな)のO1は内陸由来じゃなさそうなので、
弥生人の日本渡来より後の時代にフィリピン・台湾あたりから海側から入った可能性が高いとは思うけど。
なので古代の江南が重要な渡来元の可能性も普通にありそうかと。


585 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:55:55 ID:jcJpgaeX
>>557
>「騎馬民族征服説」

O2bが馬に乗ってたかどうかは知らんw

征服ねぇ。そりゃ天皇は一応いるけどな。
実際の政治は下々の者がやってるわけで。
D2も絶滅しなかったどころか沢山いるわけで。

586 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:57:17 ID:syOURH3o
長江文明=O1
扶余高句麗=O2b

587 :出土地不明:2010/10/16(土) 22:59:23 ID:jcJpgaeX
>>555
>長江の頃はO2*の状態だったのでは。

O2aはインドで生まれて東南アジアに入った。
Hammerの"Dual Origins of the Japanese"にも図が出てるだよ。
オマエらいったい何見てんの。目ン玉ガラスでできてんのか?w

588 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:03:31 ID:jcJpgaeX
>>570
>試料提供者の由来
>(父方・母方の系統が何代前まで 辿れるのか、
>またそれはどのくらいの期間 地理的に他と隔絶していたのかなど)

無理に決まってんだろw
バカじゃねえの?

589 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:10:05 ID:jcJpgaeX
>>574
>中国系サイトは日本人江南出自はあり得ない。
>それは日本にはO1がほとんどないからだということで
>江南出自を真っ向から否定していますね。

確かに今浙江省や福建省にいるO1の人は日本には少ない。(皆無ではないが)
日本や韓国のO3a3cは、中国奥地のチベット・ビルマ系に近い。



590 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:13:10 ID:syOURH3o
上海漢族にO2bはない.

上海漢族(Wenbo,2004)
C3=7%
D=4%
K*=16%
O1=25%
O3*=25%
O3a3b=2%
O3a3c=16%
Q=4%

591 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:19:05 ID:jcJpgaeX
>>579
>江南ってどこを指してるの?
そもそも中国東北部以外にO2bが顕著に見られるところがあるのか?ないだろ。
>>584
江蘇省だってそんなにいないだろ。
O1やO2aが江南に入ったのは、O3より遅かった可能性はある。

592 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 23:20:26 ID:/jaT1Ohh
>>587
O2*は東ユーラシア全域ということらしい。

593 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:21:33 ID:syOURH3o
>>589
日本や韓国のO3a3cは華北漢族ではないか


594 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:23:50 ID:jcJpgaeX
>>593
>日本や韓国のO3a3cは華北漢族ではないか

実際には、Y-STRで比較すると、華北の漢族とは近くない。

595 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:26:04 ID:LeHSzrpH
>>594
まさか雲南-カチン-アッサムのほうが近かったりするの?

596 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:26:54 ID:jcJpgaeX
パーセンテージなんかいくら見たって無駄だぞ。
Y-STRを比較してズレの多少で見ないと分からない。

597 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:32:54 ID:jcJpgaeX
>>545
>「アジア人」の身勝手ぶり

ここでいうアジア人とは、中国人、朝鮮人及び日本人(O系統)

だからといって、
「D系統がヨーロピアンだゲルマン系だ金髪碧眼だ」
というほどバカではない。

598 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:39:35 ID:fR9H+OyP
>>588
どういう意味で無理なのか、個人情報保護の観点から?それとも、データを取る
際に考慮の対象から外されているから、調べようが無いのか?

仮に上のような状態だとすると、遺伝子のサンプルデータとして記録された
、例えば東京の人間は、極端なことを言えば、半年前に地方から転入
してきた人間の遺伝子であっても構わないわけなのか?「●族」が●%
という感じで記載されているが、母方父方双方を辿って、地理的に隔絶
された状態で「族内」のモイエティなり、近隣での通婚が数百年担保され
て居なければ、得られたデータは極めてずさんなことになるだろう。

近代になればなるほどエグゾガミー、あるいは遠隔からの嫁入りが増える。
そこらへんの分節化が徹底できていなければ「●族」●%とかいう話は
できないはずだ。個人情報の保護という観念が希薄だった頃の事例だが、
形質人類学のデータを得る際に>>570に書いたようなことは当然考慮の対
象だったし、それを徹底してないものは批判されたとしても文句は言え
なかった。明治の東京に歩いている人間は既に様々の地方から集まって来た雑多
な集団だったのだから。ここでの話は英数字とパーセンテージの羅列
で、>>570に記したようなことはほとんど見かけないが、そこらへんは
どうなっているのか、分かる方に説明して欲しいと思う。

599 :LUNAMASK:2010/10/16(土) 23:43:39 ID:/jaT1Ohh
>>594 遼寧 山東は華北ではないが。

600 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:48:48 ID:l9QqBJKw
>>598
そんなデータは一つもない
●族というのは、●語を話しているか●教の信者だという
判断基準で識別しましたってやつしかない
北欧のサーミ族の方法論で全世界やっている

601 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:55:17 ID:jcJpgaeX
>>598
>どういう意味で無理なのか、

そもそも自分が直接会ったこともない
先祖のことなんか分かりようがない。

>遺伝子のサンプルデータとして記録された、
>例えば東京の人間は、極端なことを言えば、
>半年前に地方から転入してきた人間の遺伝子
>であっても構わないわけなのか?

構わない。構うといってもどうしようもない。

今の大都市でサンプルをとってもそれ自体では大した意味はない。

田舎でサンプルを取ることは大いに意味がある。
わざわざ全然無関係の土地に行くなんてことは
よほどの事情が無い限りないからだ。

物事は調べればわかる、という考えはバカ丸出しだ。
調べても分からないことなんかザラにある。
そういう場合には、確率論的にもっともらしいモデルを立てる。
実際の現象がそのモデルで説明できるならモデルは妥当ということだ。

まあ、数学がニガテな奴には逆立ちしても理解は無理だろうがなw

602 :出土地不明:2010/10/16(土) 23:58:29 ID:KeLXai6z
ただ、それならなおさら、Yとかmt単独じゃなくて、半分ずつ遺伝する他のマーカーも同時に調査してみるべきだなあ。

603 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:02:38 ID:p56C7O2u
Y染色体の場合
・父から子に遺伝する
・一定の割合で突然変異が起きる
という二点しかない。

SNPだけでは、ある突然変異を経たかどうかだけで
グループ分けをすることしかできない。
それじゃ分かることは限られる。

STRではY染色体の変化を追跡できる。
SNPが起きた年代を測定するとか、
ある二人の男の共通祖先を知るとか
そういうことはSTRによって分かる。

数学が分からん奴には到底手が出せんがな。

604 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:07:39 ID:p56C7O2u
>>602
常染色体の遺伝子では分散が激しすぎて手に負えない。

605 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/17(日) 00:11:45 ID:nwS4wtO2
>>501-503及び>>511-512
>>498で云うたよう、島伝いの南下は出来ます。ここの過去スレで
石井謙治氏の引用で云うたよう、夜間航海なんか古代には出来ません。
目的意識を持って往来できる地域じゃないと移住なんか出来ませんからね。
黒潮に流れに乗ったら早い云うんは近代の航海者の概念ですから、
近代の概念を古代に押し付けても全く意味が無いんですよ。
過去スレを読んでから反論するように。ほいから部分切り取り引用工作は
なさらんように。
>>505
当然対馬ですよ。対馬自体、半島の方が近いね。
>>506
南から渡った人間など、ほとんどおらんよ。日本の原住民が
南方形質じゃっただけ。
>>514
平家村の落人伝説もほとんど出鱈目でしょう。江戸後期の偽家系図師が
娘の肉体快楽の交換で、でっち上げ物語を作ったもんです。
ホツマツタエも、江戸期の架空小説物語ですからね。

606 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:14:26 ID:/ZzFNd/5
>そもそも自分が直接会ったこともない先祖のことなんか分かりよう
>がない。

言っていることは分かるが、たぶん人文社会科学系では理解を得られない
考え方だと思う。おそらく永久に交わらないと思うが、それはそれでいいだろう。

>今の大都市でサンプルをとってもそれ自体では大した意味はない。
田舎と都市の話を対照しているが、きみたちの提示しているサンプルは
どこから採られたもの?

>わざわざ全然無関係の土地に行くなんてことはよほどの事情が無い限り
>ないからだ。

列島内に限定しても、先史時代では文物によって遠隔地との交渉関係(物質だけの
移動から、集団そのものの移動まで様々なレベル)は跡付けられているし、
文献史料によって古代からかなりの集団が、強制あるいは自主的に方々に移動
したことが、知られている。近くは近世の北陸から北海道への移住などは有名
なことだ。列島に関する限り、集団は長い年月の間に「攪拌」されている。

>物事は調べればわかる、という考えはバカ丸出しだ。調べても分からない
>ことなんかザラにある。そういう場合には、確率論的にもっともらしいモデルを立てる。
>実際の現象がそのモデルで説明できるならモデルは妥当ということだ。

「バカ云々」はきみの個人的な考え方として理解したい。しかし、このようなところに
書き込みをする以上、きみもシニカルに、数学的に(?)徹しきれないところがある
ように思うが。作業仮説、理論構築など当たり前のことだ。なぜ、現実とのフィード
バックを繰り返し行おうとしないのかということだ。初めから小利口になって
与えられたデータに依拠しながら、そこから歴史性そのほかが排除されていることを
構わないという。数学がどうとか、そういうのは問題ではないだろう。そういう風に
物事を矮小化してみても詰まらない。問題はなぜ、不充分なところ、批判されている
ところを見ようとせず(そのように見える)、英数字と百分率で物事を語ろうとする
のかということだと思う。

607 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:14:59 ID:0cEMuhKg
数学もそうだが、スンダランドとか東シナ海の大陸棚とか
これもちゃんと考慮に入れてよ
今の地形で考察されるのはウンザリだ

2万年前は長江河口と九州はめちゃ近く歩いて移動できただろう
黄河河口は有るが氷河期なんで水量は少なかったと思われる

608 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:24:05 ID:p56C7O2u
>たぶん人文社会科学系では理解を得られない考え方だと思う。

人文科学と社会科学は水と油の関係だって知らんのかw

609 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:25:47 ID:p56C7O2u
>列島に関する限り、集団は長い年月の間に「攪拌」されている。

そういうことも科学で明らかになったのだよ。wwwwwww

610 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:25:47 ID:2iJewMyY
大体はわかるが日本人と似てるのは先ずモンゴル人
でも全てが似てるかって言うとそういうわけでもなくて、雰囲気が似ている
それと似ているのが中国北京系統、ここ一体は似ている
チベットが似ているという人が多いがオレはあまり似ているとは思わない
広東系も似ている人はいるが一部だけ
それとどうしても似ていると認めなければいけないのが朝鮮半島だ
結局はモンゴル北京朝鮮半島の割合で構成されてるのが日本なんだろうなと言うことは理解できる


611 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:28:29 ID:p56C7O2u
>このようなところに書き込みをする以上、
>きみもシニカルに、数学的に(?)徹しきれない
>ところがあるように思うが。

数学はハサミだ。ハサミを使うのは人間。

>なぜ、現実とのフィードバックを繰り返し行おうとしないのか
>ということだ。

フィードバックどころかそもそも現実を一度も見たことが無い
貴様が口にすべき言葉ではないがな。このウソつき野郎がw

612 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:32:35 ID:/ZzFNd/5
小刻みな煽りはみっともないな。

学際的な傾向が強まっている現今では人文・社会科学という
括りが一般的だと思うが。またそれらのなかの個別学問分野を
取り出して水と油というのもどうかと思う。
厳密な話をしたいのか?

>>609
何の科学で明らかになったのかは知ってるかな?

個別のチマチマしたことはいいから、反応するなら趣旨に反応して欲しい。

613 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/17(日) 00:34:00 ID:nwS4wtO2
>>516-518
実際、DNAは、タンパク質から脂質不純物から外して採るじゃないか。
DNA情報云う抽象的問題に還元したがるのう、生物学マニアは。
>>519
あんたもDNA信仰集団の一員か。ごく一部のDNAだけで人類の起源云々
云うたら科学じゃのうてカルト教団よのう。

また>>520以降、Yカルトらが連投で埋めよるのう。(笑)

614 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:35:33 ID:/ZzFNd/5
>>611
そう、でもハサミは使いよう。突き刺すために使っちゃいけない。

私が現実を見たことないなら、きみも知れたものだろう。下らない
話だ。急に話が低劣になってきた。数学の理論を美しくみなに説き
まわっていた方がいいんじゃないか?

615 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:35:46 ID:p56C7O2u
>初めから小利口になって与えられたデータに依拠しながら、
>そこから歴史性そのほかが排除されていることを構わないという。

得られもしない「歴史性」を直接得ようする貴様はただのバカ。

>数学がどうとか、そういうのは問題ではないだろう。
>そういう風に 物事を矮小化してみても詰まらない。

数学がどうとかいう問題なのだ。
数学が矮小とかいうのは数学が出来ない奴の言い草。

まあ、高校時代に指数対数が理解できんで
専ら昼寝してたバカなら仕方あるまい。

>問題はなぜ、英数字と百分率で物事を語ろうとするのか
>ということだと思う。

君が「百分率」という算数しか扱えないからといって
私もそうだと思われては困るなwwwwwww

616 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:38:12 ID:p56C7O2u
>小刻みな煽りはみっともないな。

みっともない君に合わせてあげたんだよw

>個別のチマチマしたことはいいから

そういう人に学問は無理。

大事なことは個別のチマチマしたこと。

それが分からないバカはセックスでもしてりゃいいw

617 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:39:05 ID:qxgoSfGl
>>604
臓器移植データとかって使えないものかな?

618 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:40:42 ID:p56C7O2u
>ハサミは使いよう。突き刺すために使っちゃいけない。

君が勝手に突っ込んできたんで、私に君を突く意図はない。

>急に話が低劣になってきた。

君に合わせてあげたんだ。リコウぶったバカの君にね。

619 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:42:42 ID:p56C7O2u
>>613
>実際、DNAは、タンパク質から脂質不純物から外して採るじゃないか。

ウソいうなよ。タンパク質から脂質もDNAも取れるわけないだろw


620 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:42:58 ID:/ZzFNd/5
>>615
バカかどうかの判断は君に任せるよ。しかし、きみの書き込みをみてると
きみも得られもしない何かを追っているような気がするね。

「数学が矮小とか」は言ってないし、数学をバカにしてもいない。
きみの書き込みについてはバカにしているかもしれない。
どうも、きみは数学で優越に浸ろうとする傾向がある。
そういうのはあまり褒められたもんじゃないと思うが。

いや実際に>>570とかの情報を出さないで数字と%で語ってる
じゃないかと思ったが、きみは100分率は使ってないか、
これは済まなかったね。


621 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:44:06 ID:p56C7O2u
>Yカルトらが連投で埋めよるのう。(笑)

Y嫌いか。もしかして♀?w

622 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:45:20 ID:5LLHmGxx
ID:p56C7O2u
そんなに数学が得意なら↓でやった方がいいんでないの?グーグル上位スレだしな。
こんなスレよかよっぽど影響あると思うんじゃが?それとも英語力と数学の知識をさらすのが怖いの?

氷河期に天皇家と日本人が日本列島に辿り着いた経緯
Origin of Imperial House of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/origin-imperial-house-japan
天皇家の先祖は縄文・アイヌだった
Imperial family descended from Jomon/Ainu of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/imperial-family-descended-jomonainu-japan

623 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:49:04 ID:/ZzFNd/5
>君が勝手に突っ込んできたんで、私に君を突く意図はない。

いや、それは違う。私が自分の意見を>>570で書いたところにきみが
勝手に突っ込んできた。>>588でね。「歴史性」というのはこういう
ところにも現れる。

>>急に話が低劣になってきた。
>君に合わせてあげたんだ。リコウぶったバカの君にね。

それはありがとう。途中からきみの言動がぶっきらぼうになってきたから
驚いたよ。大丈夫だったかい。私は誰か分かる人に説明して欲しいと言っ
ただけで、きみに特別何かどうこうという考えはもっていない。個人的
に異なる考え方を拝聴できてよかったと思うよ。

624 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:51:04 ID:p56C7O2u
>>620
>バカかどうかの判断は君に任せるよ。

じゃ、バカw

>きみも得られもしない何かを追っているような気がするね。

まあ、君ほど安直ではないがね。

>「数学が矮小とか」は言ってないし、数学をバカにしてもいない。

じゃ、数学が怖いのかw

>きみの書き込みについてはバカにしているかもしれない。

バカが他人をバカにするのには慣れているから安心したまえw

>どうも、きみは数学で優越に浸ろうとする傾向がある。

悪いが、指数対数くらいじゃ優越感なんか持てないな。
まあ、リーマン予想でも解いてフィールズ賞でもとれば
ちょっとは優越感に浸れるかもしれんがなw

>実際に>>570とかの情報を出さないで
>数字と%で語ってるじゃないかと思ったが

逆。むしろ数学的に君の求める情報を推測できると言っている。
そんなことは業界では常識。知らないのはモグリ。
だから君を心の底からバカにしてやった。
したり顔して直接調査なんてできもしないことをいう君をね。

ホンマモンの学者?なら今すぐやめたがいいね。アンタ向いてないよ。

625 :出土地不明:2010/10/17(日) 00:57:10 ID:p56C7O2u
>私が自分の意見を>>570で書いたところ

それがわけのわからないバカ丸出しのツッコミ。

>途中からきみの言動がぶっきらぼうになってきたから驚いたよ。

よかったね。自分のバカに気づけて。

>大丈夫だったかい。

バカがリコウぶるのにも、失敗して必死に取り繕うのにも慣れている。

でも、全部無駄だよ。諦めなよ。
「ボク、バカでぇす」っていっちゃえば皆笑って許してくれるよ。
今までやったことがない?君、処世術間違ってるよ。マジで

626 :出土地不明:2010/10/17(日) 01:02:32 ID:/ZzFNd/5
>>624
もういいかな。いやぁ〜、まいったなきみには。

きみも私になんて構ってないで数学の勉強を続けた方がいいんじゃない?
私の相手する時間なぞ惜しいでしょうに大先生。
大事な時間がムダになりますよ

ではヾ( ´ー`)ノ~ばーい

627 :出土地不明:2010/10/17(日) 01:05:23 ID:mTaK6u6E
日本人種の霊的考察(上)
http://www1.odn.ne.jp/~jyourei/nihonnkinnnoreitekikousatujyou.html
日本人種の霊的考察(中)
http://www1.odn.ne.jp/~jyourei/nihonnjinnnoreitekikousatutyuu.html
日本人種の霊的考察(下)
http://www1.odn.ne.jp/~jyourei/nihonnjinnsyunoreitekikousatuge.html

628 :出土地不明:2010/10/17(日) 01:09:33 ID:5LLHmGxx
>>626
102 :出土地不明:2010/09/28(火) 06:53:21 ID:xs2apOx3
ボールはそちらにある。
いっとくが先にイタイ発言をしたキミが中国、
それを指摘したワタシが日本。

ID:p56C7O2uは基地外だからきにすんな
Imperial family descended from Jomon/Ainu of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/imperial-family-descended-jomonainu-japan
にいって反論すればいいのに数学オンチが怖くていけないんじゃww

629 :出土地不明:2010/10/17(日) 01:23:45 ID:5BbU0Igx
>>605
>  >>498で云うたよう、島伝いの南下は出来ます。ここの過去スレで
>  石井謙治氏の引用で云うたよう、夜間航海なんか古代には出来ません。
 

いや、ですから、私はずっと島伝いで、華南から沖縄経由で紀伊半島まで来れるんだって言ってるんですよ?
島がある所は一部を除いて海が浅いですから潮も遅いですし・・・・・
言ってる意味がイマイチわかりません。
・・・・・それが解ってるならなんで黒潮死の海説を主張してるんでしょうか。
いきなり黒潮本流にのって紀伊半島に移り住んだとか
直接商取引があったなんて主張は誰もしてませんよ?



630 :出土地不明:2010/10/17(日) 02:35:38 ID:B8TbiFgO
>>629
バカ牛を相手にするなよ、生物学その物を理解してないんだからね。
科学は全然だめな奴と話が通じる訳無いでしょ。

631 :出土地不明:2010/10/17(日) 04:53:50 ID:uIcLIJRt
考古学者って科学を否定したがるよな
何故だ?

無知だからか?

632 :出土地不明:2010/10/17(日) 08:15:19 ID:p56C7O2u
>…にいって反論すればいいのに

ウイルスのスクツはゴメンだなw

633 :出土地不明:2010/10/17(日) 08:17:30 ID:p56C7O2u
>考古学者って科学を否定したがるよな
>何故だ?

日本の場合、数学も理科もダメな文系君がなるからな。

634 :出土地不明:2010/10/17(日) 09:52:24 ID:p56C7O2u
>日本の最大グループのD2系統は日本人(本土、琉球、アイヌ)のみの系統で、
>これの大きな括りであるYAP+挿入基は近隣諸国には何処にもなく、
>チベットや地中海・北アフリカまで離れなければ、大きな集積は他にない。
>そして日本に来たD系統の先祖は、初めに出アフリカを果たして
>東へ早期に移動した系統で、 後の時代に圧迫されて
>徐々に東へ追い詰められた種族でもない。

アフリカから出ざるを得なかった時点で立派な負け組。
日本まで来てしまったのは、途中にいい場所がなかったから。
日本は狩猟採集民にとってはいい場所だった。それだけ。

635 :出土地不明:2010/10/17(日) 10:00:31 ID:p56C7O2u
稲は日本の原産ではなく、大陸からヨソモノ(O3)が持ち込んだ。
鉄鉱石は日本にもあっただろうが、鉄の精錬技術は日本にはなく、
半島からヨソモノ(O2b)が持ち込んだ。なお、O2b1はO2bに含まれる。
鉄の精錬技術はオリエントが発祥だといわれている。
O2bは後からその技術を知っただけだろう。

636 :出土地不明:2010/10/17(日) 11:04:12 ID:5LLHmGxx
>>632
Imperial family descended from Jomon/Ainu of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/imperial-family-descended-jomonainu-japan
にいって反論すればいいのに数学オンチが怖くていけないんじゃww
>ID:p56C7O2u
>ウイルスのスクツはゴメンだなw

自分の無知がばれるのが怖いんだろ?勝てない相手から逃げる勇気はあるんだなww

637 :出土地不明:2010/10/17(日) 11:13:16 ID:mzlNO/El
>>636
そこって Living and Travel Guide To Japan

そんな超過疎で低レベルな掲示板に投稿して得意になってる低脳はだれ?
まさか投稿した本人かなwwww

638 :LUNAMASK:2010/10/17(日) 11:26:07 ID:8wWihuw0
>>635
半島からの持ち込みにO2bが関与したのだろうが、実際の中国における製鉄は呉越が起源。
http://www.staff.hum.ku.dk/dbwagner/EARFE/EARFE.html
製鉄民族として人口に膾炙されているのは「柔然の鍛鉄奴隷・突厥」。
これがN1-LLY22gであって、その分布は
北狄
Yakuts 0.8%
Forest Nenets 1.1%
Sibe 9.8%
Manchurian Evenk 2.4%
Manchu 5.7%
Koreans 8%
Tokushima 7.7%
Altaians 10.9%
Shorians8.7%
Khakas 2.8%
Tuvinians 1.6%
西戎
Uyghur 3.0%
Shaanxi Han 6.8%
Turks 0.2%
Tibetan 8.6%
南蛮
Yizu of Butuo 30%
Hani 11.8%
Nepal 1.3%
Taiwanese Han 3.6%
Han 3.0%
Guangdong Han 15.0%
Tujia 4.1%
Vietnamese 2.9%
Borneo 2.5%
Fiji 0.9%
しかし、呉越から河北経由燕、弁辰へと移動するのは南蛮系である可能性が強い。
他方、柔然に従属した突厥は粛慎時代からポリツェ文化地域において鍛鉄に携わっている。

639 :出土地不明:2010/10/17(日) 11:26:36 ID:5LLHmGxx
>>637
ググッテみたら。
origin imperial family
origin imperial house
origin japanese emperor

640 :LUNAMASK:2010/10/17(日) 11:28:37 ID:8wWihuw0
つまり、銑鉄は南蛮、鍛鉄は北狄・突厥の技術で、共にN1-LLY22gの民族と考えられる。

641 :LUNAMASK:2010/10/17(日) 11:40:31 ID:8wWihuw0
中国西北・華北の鹿石モチーフが鹿の頭・日輪から武装武人像に変化し、突厥の冒頓単于となる。
併行して華北には武器埋納文化が栄え、後に、弥生中期-後期にかけて日本列島に上陸する。
そして、三才宇宙像を描く、聴く銅鐸文化は、天孫である、中広銅剣文化から太陽神銅鏡文化に変化する
文化と融合し、古墳期邪馬台国王朝が生まれる。戎狄-土方の文化がオークネフ山戎・鬼方の文化と
合流するということかもしれない。

642 :LUNAMASK:2010/10/17(日) 11:43:34 ID:8wWihuw0
突厥の冒頓単于像と言うのは渡来したプロト突厥が彫刻する猿石、山王権現が、松尾大社の伝承から
冒頓単于と読み取れるからのこと。

643 :出土地不明:2010/10/17(日) 12:55:56 ID:4n94Ou8T
>>635
1.熱帯ジャポニカ(≒陸稲) ⇒ 華南沿岸O3が持ち込み
2.温帯ジャポニカ(≒水稲) ⇒ 技術と共に長江下流域O2bが持ち込み

鉄の精錬技術は外来であれば、時代的に2とともに持ち込まれたっぽい。


644 :出土地不明:2010/10/17(日) 13:51:08 ID:1Td2OF5R
>>635
日本で鉄鉱石を使った製鉄が始まったのは、なんと明治時代からw

最初は砂鉄を使い野焼き(のだたら)で鉄を生産し
次に砂鉄を使った固定炉を鉄を作った
原料も製法も違う事は単純な技術移転とは違うと思う

たしか半島南部も砂鉄の産地のはず、出雲と諏訪と鹿島は砂鉄の重要な産地と密接してる
九州には砂鉄の産地が無いから、この辺も考えて見よう

645 :出土地不明:2010/10/17(日) 14:50:49 ID:39bNAckn
「鉄てい」のことも一応考えてみてくださいね。
ただし、これは半島からの輸入品。時代は、4世紀末から5世紀。

646 :出土地不明:2010/10/17(日) 16:24:58 ID:p56C7O2u
>>644
>日本で鉄鉱石を使った製鉄が始まったのは、なんと明治時代からw

635で鉄鉱石といったのは不適切だったな。

>たしか半島南部も砂鉄の産地のはず
>九州には砂鉄の産地が無いから・・・

半島南部を押さえたO2bが、日本に侵略したわけだ。
し・ん・りゃ・く


647 :出土地不明:2010/10/17(日) 16:29:56 ID:p56C7O2u
>>643
武器としての鉄(刀)で侵略したのだから鍛鉄だな。

O2bは朝鮮半島から来た。鉄の刀で侵略してきたわけだ。

648 :出土地不明:2010/10/17(日) 16:33:25 ID:p56C7O2u
>>636
>自分の無知がばれるのが怖いんだろ?
英語がニガテなので面倒臭いw

>勝てない相手から逃げる勇気はあるんだなww
君、いかにもアフォそうだから、議論しても何も得られないだろw
何もない相手からモノを取ろうとするほど残酷じゃないよw

649 :出土地不明:2010/10/17(日) 16:53:39 ID:5LLHmGxx
>>648
俺も英語なんかできないが、君ほどえらそうなのが英語できないとは驚いた。
やはりColor Redを怖がってるんだねw

650 :出土地不明:2010/10/17(日) 16:55:34 ID:p56C7O2u
>>649
>君ほどえらそうなのが英語できないとは驚いた。
日本で生活するのに英語ができる必要はないよw

>やはりColor Redを怖がってるんだねw
赤が好きなのにロクな奴はいない。
ちなみに、ボクは緑色が好きw

651 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:00:15 ID:p56C7O2u
日本人のくせに英語を喋りたがるなんて
よっぽど日本人であることが屈辱なんだねw

652 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:00:37 ID:5LLHmGxx
てーか。こんなんで釣られてる時点で君は小心者まるだしなんだが。
レスすればするほど、Color Redに無知をさらされるのを恐れているのがわかる。

653 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:05:26 ID:p56C7O2u
>>652
てーか、暇なんで遊んであげてるんだが
赤色好きだって時点で、●違いだろ。
●違いは何するか分からんからな、そりゃ怖いさ。
白昼、包丁を振り回す奴が怖くない?アンタ首掻き切られて死ぬよw

654 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:06:51 ID:p56C7O2u
そういえば大胆な奴って大体早死にするよなw

655 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:07:48 ID:5LLHmGxx
ほんとに小心者なんだね。
ところでさ、このスレも君のせいで過疎化してきてる。
専用スレとコテお願い。

656 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:12:00 ID:p56C7O2u
>>655
ほんとヒマだわ。

>このスレも君のせいで過疎化してきてる。

いいんじゃね?
「O2bは長江文明人!」なんてヨタ話に簡単に引っ掛かる
シロウトなんか自分の無知を恥じて自刎して死ねばw

>専用スレとコテお願い。

興味ないな。こんな過疎板。滅びればw

657 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:16:25 ID:5LLHmGxx
>>656
自分の無知をさらされないでほっとしてるみたいだな。
今までの傲慢な雰囲気からがらりと変わったよ。

基地外のふりしてまで逃げたいかねw

658 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:21:00 ID:p56C7O2u
>>657
英語好きは劣等感によるものだろうが
赤色好きなんて、ただの変態趣味だろw

659 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:22:21 ID:p56C7O2u
○違いは自覚症状がないっていうのは本当らしい。

赤色クンも自分は全くの正常人だとおもってるんだろうなwwwwwww

660 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:26:32 ID:5LLHmGxx
>>659
また基地外が現れたw

661 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:30:43 ID:5LLHmGxx
無知をさらされることの抵抗感から基地外に変身するのかな?
逃げるための口実は英語嫌いでいい?

662 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:31:40 ID:p56C7O2u
>>660
ところで、君がその赤色●違いクンなんだろ?

なんで、ここで日本語で語らないの?
日本語嫌いなの?日本人なのに?

え、もしかして日本人であることが恥ずかしいの?
じゃ、なんて天皇なんかに興味もってるの
日本最後の不可触民、天皇なんかにw

663 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:35:09 ID:p56C7O2u
>>661
ところで、無知は恥ずかしくないよ。
無知を恥じることが、恥ずかしいんだよ。

日本語で語れる人に、英語でわざわざ語るのは
面倒くさいだけで無意味なのでやらない。

赤色●違いが、ここで日本語で語ればいいだけのことさ。
まあ、何を怖がってるのかは知らんけどね。
人間一度は死ぬほどの屈辱感で失神してみるのもいい。
ケッコウ快感らしいよw

664 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:35:43 ID:5LLHmGxx
>>662
なぜに俺がColor Redなのさww
逃げる口実その2は恐れている奴のでっちあげでいい?

665 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:40:58 ID:p56C7O2u
>>664
>なぜに俺がColor Redなのさww

ん?顔面蒼白だよ、君wwwwwww

アカの他人のために生きる馬鹿なんかいないよ。
みんな自分のために生きてるのさ。

666 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:41:04 ID:5LLHmGxx
ID:p56C7O2uはインテリキャラから急変したな。
自分から英語できないなんて告白する人じゃなかったのにね。

667 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:42:34 ID:p56C7O2u
>>664
本人が他人のフリをして居留守を使うって
トンデモ史家の常套手段らしいよwwwwwww

668 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:44:42 ID:5LLHmGxx
>>665
ずいぶんとColor Redにご執心みたいだね。
カスあいてに逃げてるっていわれても普通は即スルーだろ。

669 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:47:03 ID:5LLHmGxx
>>667
レスすればするほど無知をさらされるのが怖いのが見えてくるな。
小心者だね。

670 :出土地不明:2010/10/17(日) 17:48:07 ID:qxgoSfGl
そういえば色感覚の違いって獲得形質なんだろうか?
なんか色覚細胞自体が違うみたいな話もあるけど。

671 :出土地不明:2010/10/17(日) 18:29:01 ID:5LLHmGxx
そういえば数学ができる奴は英語が得意と聞いたことがある

672 :LUNAMASK:2010/10/17(日) 20:18:58 ID:8wWihuw0
>>561-576 N1-LLY22g
大陸では突厥、彝族の2系統があり、日本には北海道・青森、吉備・徳島の方向から来ているということだが、
日本に入るのが南北に二分される頃の時代背景としては、特に、高句麗長寿王の満州族(契丹)征討の頃、
北夷と百済・倭との合従連衡的連携が強化されたことも考えられる。
高句麗の目をくぐるには沿海州・樺太・北海道経由のルートが最適だからだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%91%E4%B8%B9
鷹匠・白馬青牛の契丹と百済・倭とは深い関係があったのかも。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/ae/MongolHuntersSong.jpg

673 :薄弱:2010/10/18(月) 00:54:03 ID:0WuqBYUZ

横から出てきて「フッ、オマイラどっちもどっちだぜ(キリッ」とか安易にメタ目線きどって賢者ぶる趣味ねーけど
それにしても酷いなオマイラ。いやこうゆうのは安易に喧嘩両成敗とかすべきじゃなくて、
低レベルなりにどちらかが正しく優れ、どちらかが間違え劣っているのだろうが、
もう直メでやって結果だけ報告してくんない?そのどーでもいい名誉が大事なら勝ち負けぐれー報告させてやるからw
礼儀論に用わねーし喧嘩腰なのわ全く問題ねーが、会話自体に全く意味がねえのは問題だ
ただの売り買い言葉で、お互い足つりそーに背伸びしながら上から目線競ってるだけじゃん
相手をイタタマレなくするイヤミな物言いを考える為だけに、無い知恵絞ってどーすんの?



674 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/18(月) 01:16:43 ID:g8ryLAr7
>>619
たんぱく質からDNAが採れん云う原理を説明してもらいたいのう。
http://www3.kmu.ac.jp/legalmed/DNA/DNA.html
ここのDNAkの抽出のどこが間違えで説明不足なんか。
>>621
単一遺伝標識だけで、起源が全て解る云うたら、科学じゃのうてカルトの
世界よ。DNA信仰云うやつか。
http://toshi-sawaguchi.life.coocan.jp/blog/2006/08/0817dna.html
ここの下の方の文中に「誰かが一見もっともらしいことを言えばすぐに
鵜呑みにし、自分では考えない。考えるとしても、非常に一面的、という
特徴がよく出ている言説である。」まあ、mtDNA、HLA、GM、SNPsと流行が
あって、今はY染色体じゃけんのう。「多面的、総合的な視点が不可欠で
ある」云うことを無視するはカルト信者同様じゃろうに。>>630も。(笑)
>>629
波の荒い東シナ海横断は無理じゃと過去スレでも云うとるはずじゃ。
波が静かな黄海は 民族移動ルートになるけどのう。
>>633
自然科学なんか、専門分化して他の学問と話がかみ合わんくらいじゃけぇ、
机上の空論妄想が増えるんじゃないかのう。
>>672
後の渤海の使節も北海道は経由しとりませんよ。オホーツク文化人のルート
ですからね。高句麗は、朝鮮半島を南下して山陰や北陸の方が近いで
しょう。

ほいから、このスレは長江文明と長江が文明じゃった云う前提で語り
よるが、長江が開発されたんは、五胡の圧力で南下した漢人が移住して
からじゃないんか。最近、縄文文明じゃの何でも文明をつけたがるんは、
朱子学派の華夷で華でありたい願望じゃろうて。(笑)

675 :出土地不明:2010/10/18(月) 01:39:22 ID:DFgUdeyi
>>674
>たんぱく質からDNAが採れん云う原理を説明してもらいたいのう。
http://www3.kmu.ac.jp/legalmed/DNA/DNA.html
>ここのDNAkの抽出のどこが間違えで説明不足なんか。

横からだけど、あまり無知をさらけ出して恥をかく前に自分でしっかりと
調べてみたほうがいいと思う。率直に言って、あなたはタンパク質
やDNAについて語ろうとしているが、その意味がよく分かってない。
だから誤解しているし、妙な質問をしている。これ煽りじゃないからね。
本当に自分でちゃんと調べて、理解してから書いたほうがいい。
そうじゃないと、発言全ての信頼性がどうしようもないほど落ちる
ばかりだよ。

676 :薄弱:2010/10/18(月) 01:53:11 ID:0WuqBYUZ

オマイはズレてるなりに「違う視点」からモノゴト見ようとゆう最低限のアティテュードはあるが些末すぎる
学問(笑)の専門化特化細分化をバカにしながら、自分自身が細分化地獄に陥ってんのは、
シロートが細けえ事ゆってくんのに同レベルで言い返そうとすっからだよ男の子w
シロートは神の宿るディテールだけ贅沢にツマミ食って、ボーダーぶっちぎりで無遠慮に関連付けて、センスにモノゆわせて止揚してりゃいいの
才覚センスにプロアマ差はねーし、細分化地獄から逃げられる立場じゃねー学者さんは
事実を処理すんのに精一杯で真実を追求する余裕もねー知の下っ端事務員だ

なにを語るべきか、なにを論点にすべきかの選択センス無さ杉。
知識に劣るシロートがセンスでも負けてたら、それは一方的に学者さんより劣ってるだけの存在意義ゼロ民なのに、
センスで語る事を恥じたがる自己否定のソフィスティケイト強迫症はいーかげん卒業したらオマイラ?



677 :出土地不明:2010/10/18(月) 01:54:48 ID:kXAOxIMC
>>674
セントラルドグマ、これでググってごらん

678 :薄弱:2010/10/18(月) 01:59:57 ID:0WuqBYUZ

ああ一言忘れてた
どんだけ学問(笑)や知識(笑)が膨大で些末でも
本質は常にシンプルだし、複雑なモンにロクなモンはねえ
複雑な事しか言えねーヤツ、問いより複雑な答えwしか返せねーヤツは、
肝心の本質が見えてねーってコト
意味のなさを複雑さ難解さで誤魔化すのはアホでもできるし、些末な事しか言えねーヤツは人間も些末なんだよw



679 :出土地不明:2010/10/18(月) 02:02:36 ID:DFgUdeyi
>>674
いちおう簡単に書いておきますね。以下、あなたのリンク先の文章

◎DNAの抽出

生物試料中のタンパク質を蛋白分解酵素で、脂質を界面活性剤で消化
→不純物をフェノール/クロロフォルム溶液などで除去
→精製したDNAをエタノールで結晶化して回収

生物試料、まぁ肉としておきましょうか、そこから@蛋白分解酵素でタンパク
質を除去A界面活性剤で脂質を消化。つまりこれらは分析に際してコンタミに
しかならないから除いちゃう。さらに、@Aの手順を経て残った試料から、不
純物を除去してDNAをあらわにすると言っているわけでしょう。「タンパク質から
DNAを採る」ということではないし、「タンパク質のごく一部であるDNA」
というのもおかしい。DNAつまり核酸とタンパク質は別々の生体高分子。

ここわりと簡単に書いてあるから読んでみるといいと思う
http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/pdf3/Chapt8.pdf

680 :出土地不明:2010/10/18(月) 02:08:05 ID:kXAOxIMC
>>679
>界面活性剤で消化
ってのは誤解を受けやすい表現だと思う。

界面活性剤はタンパク質=酵素の三次構造を解除するためにも使われる。

681 :出土地不明:2010/10/18(月) 02:38:57 ID:Bt60jakT
>>薄弱さん
あなたの言ってることは基本的に正しいと思います。
けれど正しいことが即ち良いことであるとは言い切れません。
あなたの望むような会話をすると、人の世の中でもっとも興味を引かない話題、
つまり答えも果てもない浅い知識をくどくどと垂れ流す、蘊蓄の応酬にしかなり得ないのですよ。
あなたがリアルでそれをやれば聞いてくれるのは母親位でしょう?

ここでも同じです。ここにはあなたの母親はいません。
あなたが望むような会話は誰も望んでないし、
聞いてる方は苦痛なだけだと早めに気付いた方が、この先少しは良い人生を歩めると思います。

682 :薄弱:2010/10/18(月) 03:10:23 ID:0WuqBYUZ

生物はDNAの方舟に過ぎない。みたいな無駄にキャッチーな中二メタ史観はさておきw
少なくとも生物側の目線でゆえば、
DNAは生物の設計図であり、複性生殖と個体寿命によりある程度定期的に変化し、
選択淘汰→進化→生き残りの前提となる生物の多様性を確保するとともに、
その副産物として、そのオーダーを地域や人種ごとにチェックする事で、昔の人の流れを推測するマーカーにもなる
しかもミトコンとかY染とか、どの塩基オーダーにフォーカスするかで、男系と女系の流れを別に推測したりもできる

ただしそれはマーカーとしては数列に過ぎず、偶然の一致の可能性も否定できない。
また移動先に類似の環境があった場合、イルカとシャチ(笑)もといサメとシャチのような
収斂進化による相似の可能性も否定できない。DNAは生物の形態と不可分なので尚更だ
さらに現状では技術コストの問題で、偶然残った断片的な古人骨のDNAはもちろん、現代人のDNAさえ、
統計としては例外的なほど母数が少ない
ましてや人間は他の生物より個体意識が強く、集団の傾向と個体の特性が必ずしも一致しないため、
たまたま酔狂な個体が痕跡を残した場合、それが全体の傾向に見えてしまうなど、
母数の少なさが致命的なミスリードを生む可能性もある

しかしその盲点を自覚して活用すれば、証明とは言わないまでも極めて有効なヒント、仮説を考える触媒になりえる

・・・とかそうゆう事なんじゃないの?シロートがセンスに任せて本質やら真実やら突くために
DNA(笑)について必要な知識つうか認識は
まあ後半は学者さんもあまり意識してねー問題点だが、それは目の前の膨大で些末な事実に目ぇ塞がれて考えが至ってねーだけ

なんにせよ、考古学(的な話題)は決して民の興味をひかねーテーマじゃねーのに、
なんでこの板が極端に過疎ってんのか良くわかるわ
あのさあ、オマイラは昔のことを考えたり知ったりしてーんだろ?
無駄に難解な学術知識は、目的じゃなくてその為の手段に過ぎねーんじゃねーの?



683 :薄弱:2010/10/18(月) 03:28:58 ID:0WuqBYUZ

面白いことに>>681は、俺に自慢できるほど自分たちの会話に一般性があると思っているらしい。この過疎板でw
しかも、なんの本質も真実も突かない蘊蓄の応酬(笑)を俺に批判されているのは自分の側だって事にも気付いていない
しかも「そんな一般性のないハナシはママにでも聞いてもらいなw」とかイヤミの言い方だけ妙に手慣れているのは、
反対者に精神ダメージを与える物言いに特化するほど、中身のない物に固執してるって事

まあオタ同士で、建設はおろか破壊もできない一般性ゼロの集団オナニーを楽しむ事を、別に否定はしないが、
オナニーをセックスだと勘違いして励んでいられる無自覚な童貞っぷりが眩しすぎてねw俺もそんぐらいバカに生まれたかったよ



684 :出土地不明:2010/10/18(月) 03:39:37 ID:Q5wBENor
>>674
やれやれ、蛋白質とデオキシリボ核酸の違いも判ってなかったか(苦笑)
これじゃ核染色体だミトコンドリアだって言ってもチンプンカンプンだったんだな、
中学校レベルにも達して無いじゃないか・・・

685 :出土地不明:2010/10/18(月) 03:42:28 ID:bhnEASwc
薄弱の文章が一番難解意味不明なんだが・・・。
日本語でOK?


686 :出土地不明:2010/10/18(月) 03:47:03 ID:Bt60jakT
>>683
一般性が無い世界だからこそ成り立つ世界と会話があり、
それ以外は不純物なのですよ。
そう、つまりオタク同士の会話に初めから一般性など要らないのです。
何の世界でも突き詰めれば見えてくる真実ががあり、
その真実は多く場合、共通利益や相互理解をもたらします。
どの入り口から入っても、最後までいけば行き着く所は変わらないのですよ。

例えばニュートンが一般性など持っていたでしょうか?
アインシュタインは?ピカソはどうでしょう?
誰も一般性など持っていません。
天才とは生粋のオタクで、それが世の中を変えるのですよ。

風俗に最初に入るのは誰しも緊張します。しかし入ってしまえばとても楽しい。
入った人間にしか解らない快楽がそこにはあるのです。
あなたのように入り口でうろうろしている人間が一番みっともないことを知るべきでしょう。



687 :薄弱:2010/10/18(月) 04:03:05 ID:0WuqBYUZ

そりゃ学術オナニーばっかしてりゃセックスのやり方なんか意味不明だろw
「皆と同じ事を言うのが一般性」と思うか、「誰も言えなかった事を言うインパクトと異化作用が一般性」と思うかは、
別にどちらが正しいとかじゃなくて、単純に自分にできる方を選択するしかないってダケの事でね。
前者しかできないんじゃ、そりゃ前者しか選択できないだろw
別にその事を責めはしないよ。それは才覚能力の問題だから仕方ない
確かに君らは一生空気読んでりゃいいと思うよwその方が君らにとって幸せな人生だと俺も思うし

ただ、君らもよくご存知のように、人間には個体差があってね
「皆と同じ事を言う」とか、誰でも反復学習だけでできるよーな事しかできない奴ばかりでも無いんだよね
そうゆうものを無理に否定しようとするのは、気持ちはとてもよく判るが
君らの幸せな人生wにとって逆効果だと思うぜ?



688 :出土地不明:2010/10/18(月) 04:21:26 ID:Bt60jakT
>>687
空気嫁なんて話しはしてないのですがね・・・

風俗に入ったらとことん楽しむのが礼儀で、そして一番かっこいいんですよ。
隣の客を笑うような人間が最もつまらないというだけの話です。
かくいう私も今、隣のそんな客に説教かますジジイのようで格好悪いことこの上無しです。
なのでもう私は消えますが、入ったからにはもっと楽しんだ方が良いですよ。
あなたのやってることは綺麗なばいんばいんがいっぱいいるのに
そっちは目もくれずセンズリしてるのとかわらないので。

689 :薄弱:2010/10/18(月) 04:41:31 ID:0WuqBYUZ

ニュートン君もアインシュタイン君も「誰も言えなかった事を言った」からこそ、小学生でも知ってるほどのインパクトと一般性を獲得したワケだが、
それを「皆が同じ事しか言わない一般性無視のオナニー部落」の正当化旗印に使うのは
さすがに無理ねえか?w
まあいいや、どのみちくだらねー議論手管の矛盾ぐれー見逃しとくけど、
世間一般とのズレなど気にせず、求める道を突き進む崇高なオタクのはずのオマイさんが、
自分たちよりさらにズレた人間を必死に否定すんのは、自己矛盾とゆうより遠回しな自己否定だな。秀吉の刀狩りみてーなw

一般性コンプレックスに囚われず、オタクだの空気嫁だの蔑まれようと、何かを突きつめるんだ!
全くおっしゃる通りでよく判りますが、何故それを君が俺に言うのかが判らない(笑)逆ならともかく(爆笑)

まあ自分の才覚じゃ敷居が高過ぎて、入り口でうろうろも何もw入りたくても入れない領域に遭遇した場合、
そんな物を積極的に肯定するのもバカバカしいだろうし、こっちもそんな器量や理解能力をいちいち他人に期待するほど無駄好きでもないが、
それを無理に否定しようとするのは、君自身が無駄に辛いだけだよ



690 :薄弱:2010/10/18(月) 05:04:45 ID:0WuqBYUZ

いや>>688のタトエは大変よく判るよw言う相手を間違えてるダケでww
君が致命的なのは、世間の目など気にせず楽しんだモン勝ちとばかりに、潔くソープでハッスルするのは良いものの、
さらに世間の目ブッチギリな隣のSMクラブで、よりアブノーマルなプレイも楽しめるセンスを備えたさらなる少数派を、
必死に否定してショボい自己正当化を図っちゃった処。
あえて自虐的なタトエで言えば、ホモセクシャルがバイセクシャルを笑って「僕らはこいつらよりはマトモなんだ!」と思いこもうとした処だよ。
楽しめる穴はバイの方が多いのになwいや俺の実際の性癖はヘテロだかww

自分の発言のショボさが判ったかい?
まあカンチガイは誰でもあるし、判ったんならもういいよ



691 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 05:09:44 ID:egNRiBmg
>>674 >>672
>後の渤海の使節も北海道は経由しとりませんよ。オホーツク文化人のルート
>ですからね。高句麗は、朝鮮半島を南下して山陰や北陸の方が近いで
>しょう。
渤海も帰路は北周りをしているし、黒水靺鞨は樺太にも立地している。
郡利部 - 黒竜江河口
窟説部 - 樺太北部
莫曳皆部 - 樺太東南部
この先駆的存在が蝦夷地に入ることはあり得るんじゃないですか。

692 :出土地不明:2010/10/18(月) 05:21:46 ID:lMNjiNDE
日本人がどこから来ようと日本人は1万年前から列島に住んでいて独自に形成された民族以外の何者でもない。


693 :薄弱:2010/10/18(月) 05:47:36 ID:0WuqBYUZ

独自の民族(笑)とゆう言葉の辞書的定義なんて知らんし興味もねえが、
倭亜民族は人類最新型スーパーハイブリッドな処がカコイイんじゃねーの?

>>485

とまあこうゆう楽しみ方、アタマの使い方もあるって事は、
やるやらない、できるできないは別にして、覚えておいて損はないぜ?
せっかく世間の目ブッチギリで潔く風俗で楽しんでるのに、やる事が世間と同じノーマルセックスじゃツマランだろ?w



694 :出土地不明:2010/10/18(月) 06:48:04 ID:Hnm8Y6/S
白痴馬鹿牛は相変わらず無知を曝け出してんな。
いつも通り、どれほど愚かな主張をしたことに気付いても自分の間違いは認めないだろうけど。

695 :出土地不明:2010/10/18(月) 12:27:54 ID:ljQPxr10
半島から来た高顔高貴な人種が日本原人と南洋の人食い人種を
支配下が基本だからなw

696 :出土地不明:2010/10/18(月) 12:34:15 ID:Q5wBENor
>>692
1万年じゃないよ、4万年以上前からだよ。
大体縄文土器ですら1万6千年前だのに・・・
どこからそんな変な数字を拾ってきたんだ?

697 :出土地不明:2010/10/18(月) 14:51:55 ID:nxjjt5lR
わぉ〜わぉ〜

>>638
日本列島へタタラ法による銑鉄をもたらしたのは南蛮系(チベット・ビルマ語族)の
N1-LLY22gの可能性があるのですね!!

製鉄産民が呉越→燕→弁辰→列島へと移動しているなら、燕が出自のA群第一天孫族(鴨族)
と合流し一緒に渡来したのかもしれませんね〜(^-^)/

>>641
とすると徳島・吉備へと南周りで列島に入り、邪馬台国王朝の成立に貢献したのは
タタラ一族N1-LLY22gであり、南蛮のN1-LLY22gが神武天皇の后となった初代卑弥呼
ヒメタタライスズヒメ(イスケヨリヒメ)を輩出したのではないでしょうか!!

媛蹈鞴五十鈴媛命(ヒメタタライスズヒメ)は伊勢の五十鈴川とも関係がありそうです〜(^-^)/

698 :出土地不明:2010/10/18(月) 15:14:54 ID:nxjjt5lR
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>697
ちなみに漫画ビックコミックで連載されていた『宗像教授異考録』が
今週で完結してしまいました。(T_T)
太古の日本の製鉄産民がどこからやって来たのか、解明されるのを期待していましたが
残念ながら最後の作品では、「ぐるぐる目玉文化」が大陸やヨーロッパにもつながっていることを
を匂わしただけで幕切れとなってしまいました。

しかし毎回の作品は様々な歴史上のインスピレーションを与え、多くの読者に考古学への関心を
高めてくれた秀作でした〜(^-^)/

宗像族といえば、鴨・山王系の天孫族の海軍であり、天存族が製鉄産民とともに渡来したとなれば
宗像教授が製鉄産民を追い続けた理由もよくわかります!!


699 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 15:16:17 ID:egNRiBmg
>>697
突厥は柔然の鍛鉄奴隷と言われるように、鍛鉄民族は柔然等、騎馬民族の兵站を担う機能です。阿波に
入ったN1-LLY22gも、北海道から青森に入り、斎明朝に飛鳥で猿石を彫るのも、鉄製器具を使用して
石工を行うところに特徴があり、阿波に入ったのは忌部氏の下部組織として吉野川流域の青石を加工
し古墳用石材として大和地方に供出する任務を帯びていたものではないかと見られます。斉明天皇の
彼らに対する思い入れは相当なもので、宮中でパーティーを開いたようではありますが、しかし、
彼らが軍の更に下部機構であることを考慮すると、彼らをして皇室の血筋とは断じがたいところが
あります。彼らが冒頓単于の血筋であるのか、それともそれに従属したものなのかを考えてみても、
また、彼らがあまりにもユーラシア・オセアニアに飛び飛びに分布しているところからしても、定住的
ではなく、交易を専らとしたのではないかと思われるのですが。

700 :出土地不明:2010/10/18(月) 15:22:29 ID:bPm0UuH0
LUNAは氏んでいいよ

南蛮の夜郎国の末裔だよ

世界で一番美しいといわれる棚田を作っているんだよ

鳥居を作っているんだよ

なんで交易専門なの

夜郎国の実態を見ろよ

おまえYカルトだよ

バーカバーカしい



701 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 15:32:52 ID:egNRiBmg
棚田ならO2a-M95* O3a4-LINE1 の方に分がある。

702 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 15:40:34 ID:egNRiBmg
承前 継体・蘇我王朝は満州族C3cであり、柔然と同じで、突厥はその鍛鉄奴隷であったので、朝廷と
腐れ縁があったと考えるのが最もすっきりする。

703 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 15:49:23 ID:egNRiBmg
承前
斎明の父、舒明(タムラ)等は名前からして突厥語の鉄人に通じ、ひょっとして、舒明・斎明は蘇我系
の中にあっては異例のN1-LLY22gであったということも考えられるが。どうでしょう。

704 :出土地不明:2010/10/18(月) 16:02:01 ID:nxjjt5lR
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>700

>>340
>暦博によると銅鐸と言うのは殷起源だそうで、おそらく近畿銅鐸圏は
>古代の呉越・東冶会稽方面の稲作民との関係が強かったのではないでしょうか

鴨・山王系天孫族と呉越出自の近畿銅鐸圏の媒介となった製鉄産民の媛蹈鞴五十鈴媛命
(ヒメタタライスズヒメ)を初代卑弥呼として共立したということではないでしょうか〜(^-^)/

>>575
四川・雲南では南部に行くほど農耕民化・定住化し、世界で一番美しい棚田を創ってますね〜

705 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 16:06:49 ID:egNRiBmg
>>698 製鉄産民
出雲→大和→近江→諏訪→日光→東北へと続いたようですね。
諏訪大社と日光二荒山神社では鉄鐸が明確に足跡を物語りますが、二荒山神社の鉄鐸の場合、
銅鐸宗教との習合が確認できます。巨石文化は諏訪神社が終着駅のようですね。

706 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 16:17:17 ID:egNRiBmg
>>704
>鴨・山王系天孫族と呉越出自の近畿銅鐸圏の媒介となった製鉄産民の媛蹈鞴五十鈴媛命
>(ヒメタタライスズヒメ)を初代卑弥呼として共立したということではないでしょうか〜(^-^)/
孝霊ファミリーが吉備(産鉄の金海伽耶人) を地盤としているようですから間違いないでしょう。神武の
イスケヨリヒメもそれなりに何か関係するんでしょうね。記紀は欠史八代でぼかしていますね。

707 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 16:21:47 ID:egNRiBmg
あ、失礼、媛蹈鞴五十鈴媛命は神武后でした。これが第一号でしょうね。

708 :出土地不明:2010/10/18(月) 16:28:49 ID:lA+eVm4u

LUNAわぉ〜MASKは隔離スレでひとりでオナってろ!

709 :出土地不明:2010/10/18(月) 17:00:25 ID:nxjjt5lR
わぉ〜わぉ〜わぉ〜、月光た〜ん!!

>38 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 12:47:13 ID:JwZW9qVo
天孫はオシホミミ系統、ニニギ・神武はオシホミミ降臨に割り込んできた第二天孫。
インドアーリア系サラスヴァーティーはどちらかと言えば第二天孫に近い遊牧民。
第二天孫の淵源は黒海北岸オーカー土壙墳にあります。これは伽耶から来るものでしょう。
白鳥族は山東省の高夷であり、おそらくは石積文化と同じ系統でしょう。

>78 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 16:03:28 ID:p83DfhP9
第二天孫と言うのはN1犬戎・原突厥・隼人を含み、最後の銅鐸文化人に
最後の隼人銅鐸を作らせたのじゃないかと。


>>702
ニニギ・神武を第二天孫と呼ぶなら、腐れ縁どころか直系中の直系だお〜
(鴨族オシホミミの第一天孫も直系だけど..)
犬戎・原突厥・隼人の南回りN1-LLY22gが第二天孫の正体ですね(^-^)/

710 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 17:15:30 ID:egNRiBmg
>>709
総選挙で天皇を決めるんならDで決まりでしょうがね。実際天皇がどういうDNAだったかなんて、
遺伝学的に決めるほうがおかしいんじゃないですかね。成吉思汗、愛新覚羅のように巨大なハーレム
があったわけじゃないし。日本の場合はできた時から象徴天皇だったんじゃないんでしょうか。

711 :出土地不明:2010/10/18(月) 17:54:05 ID:PH3LD8Z7
遺伝子的にはハーレムだけど、形態的には種馬に近かったのではないだろうか?

712 :LUNAMASK:2010/10/18(月) 20:30:50 ID:egNRiBmg
>>709
天孫N1-LLY22g系と関係する文化
http://en.wikipedia.org/wiki/Cucuteni-Trypillian_culture
http://en.wikipedia.org/wiki/Maykop_culture
http://en.wikipedia.org/wiki/Pit_Grave_culture
http://en.wikipedia.org/wiki/Catacomb_culture
http://en.wikipedia.org/wiki/Afanasevo_culture
http://en.wikipedia.org/wiki/Andronovo_culture
http://en.wikipedia.org/wiki/Okunev_Culture
http://en.wikipedia.org/wiki/Karasuk_culture
地祇O2b系と関係する文化
http://en.wikipedia.org/wiki/Glazkov_culture
http://en.wikipedia.org/wiki/Longshan_culture

713 :薄弱:2010/10/18(月) 21:58:21 ID:0WuqBYUZ

じつは天皇の血筋にそこまで大した意味ないんだけどねw
大量の男DNAを撒き散らした事が、現代蒙古人のDNAラインうpからも窺い知れるジンギスカンみてーなガチ豪傑と違って、
たまたまそのタイミングでそこに居たってダケの近姦白痴だから
テンノーケなんて日本人の塩基オーダーの傾向性を語る上で、皆が思ってるほど大したエレメントじゃないんだよ。
アテルイとかクシャマインとかヒイラギケwと同程度のブライオリティ。
少なくとも考古学的なサンプル価値は、諏訪や鹿児島あたりの地場名家と大差ねーってw



714 :出土地不明:2010/10/18(月) 22:24:45 ID:mqjesgCI
>>704
たたらと言えば出雲だろ
神武天皇は畿内に移住した後、九州時代から連れ添ってきた嫁を離縁しタタラヒメを貰う
しかも古い嫁との実子を殺しタタラヒメの子を跡継ぎにする
ここに古代の重要な謎解きが有る
この婚姻はそれほど戦略的に重要だったと言う事だ

朝鮮半島にも中国にもタタラは存在しない
ただし半島南端部に、倭の技術を導入したタタラが存在した可能性は否定できないが
このタタラ職人は倭が撤退すると一緒に帰国したのだろう

715 :出土地不明:2010/10/18(月) 23:31:52 ID:bhnEASwc
>>713
よーチョン。アイゴーって鳴けよ。


716 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/18(月) 23:35:02 ID:g8ryLAr7
>>675-679及び>>684-694
タンパク質とDNAなんか、スイカと中身の種がどうか云う問題に過ぎんど。
あんたらが中身の種が無いとスイカが出来ん云うとるが、種は種であって
スイカの形をしとらん。わしがスイカを割って種が出て来る云うたことに
因縁つけよるだけじゃのう。(笑)
生物学の論理で妄想しても、種はスイカの形をしとらんので。
http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/pdf3/Chapt8.pdf
ほいから、ここの3.DNAの構造 2)ワシソン・クリックのモデル の
ジェームズ・ワトソンは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%88%E3%82%BD%E3%83%B3
ウィキの議論と批判に、「黒人は人種的・遺伝的に劣等である」と、
生物学者らしい、妄想優生学を述べた人物。まあドーキンスの
ような生物決定論から過去のナチス優生学にしても、生物学者たぁ、
そういうもんじゃろうし、あんたらナチ・レイシストや嫌韓ネット右翼
Yカルトが信仰するだけのこたぁあるのう。(笑)
あんたらレイシストのワトソン氏らの説明を理解出来るんか?
http://www.sizen-kankyo.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=194317
前にも挙げたが、あんたら生物学の不可解な学説に洗脳されたか、
納得したかの前提条件で、わしに因縁付けよるんか?

717 :出土地不明:2010/10/18(月) 23:45:51 ID:FYejt4KQ
>>716
見苦しい。そういうことだから他人に相手にされなくなる。

718 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/10/19(火) 00:13:24 ID:TAFz37s2
ちょっと聴いてみたい。

お前らはどこから来たんだ?

719 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/19(火) 00:22:48 ID:SmOZtOtO
>>691
帰路の北周り説はこれでしょう。
http://homepage2.nifty.com/tsuruga/bokkaisi1.html
来る航路と帰る航路が違う云う根拠が今一つ乏しいので、わしは慎重派の
方ですね。
http://kondoh-k.at.webry.info/200512/article_2.html
この時代は、まだ昼間のみ航行する「地乗り航法」で、岸沿いに
進みますからね。遣唐使の南路は、黄海の制海権を新羅が握って
おった為、遭難の可能性が高いルートを採らざるが得んかった
だけです。下の(注)にも出とるよう、遣唐使が渤海経由で
入唐する方が安全ですからね。まあ、昔は潮流の変化が激しい瀬戸内海を
航行するんも時間がかかりますからね。
ほいから、明治期鎖国が解けて、今の大阪府の泉州漁師が、中国北部まで
漁師をしながら辿りついたルートも、朝鮮を黄海側に北上して、遼東経由
です。遼東経由か北朝鮮の黄海道から山東云う北路は航海の軸線ですね。
>>697
チベット・ビルマ系は元来西戎で。南下した連中蛮子と云われても。

720 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/19(火) 00:34:30 ID:SmOZtOtO
>>717
ほいじゃあ、>>716の下の方の、「偶然起った変異の積み重ねが、
自然によって選択されて起る」じゃの抽象的で何ら具体的説明も
無いじゃろうに。マルクス共産主義史観が科学的唯物論に
よって歴史の必然と抽象的回答するんと一緒で、科学的たぁ、
机上の空論、論理上の観念論で現実認識が無いけんのう。
研究室引き籠りの学者らが、勝手に前提条件を決め、
世間一般人はそれに従うべきじゃと云うとるようなもんで。(笑)

721 :出土地不明:2010/10/19(火) 00:55:32 ID:5OrsuDKK
他人にレッテルを貼って、直接関係のない方々に話を広げ、自らの無知を
言い訳してる暇があるなら、勉強したほうがいいと思いますね。

722 :薄弱:2010/10/19(火) 00:58:47 ID:29jT2BYO

<`∀'>アイゴーw

まあ俺の実際の血筋は近江尾張で俺自身は生来の江戸っ子だが
誇り高き天才階級サンカマタギエタ非人の血が流れていると希望的妄想はしている。証拠(笑)はないがね
テンノーケDNAなんざ倭亜民族の支配階級のほんの一端で、全日本人からすればほんの一例に過ぎない

しかしテンノーとゆうアイデンティティの在り方は実に便利だ
民主主義(笑)にせよ社会主義(笑)にせよ帝国主義(笑)にせよ封建制度(笑)にせよ律令制(笑)にせよ、
社会思想なんざ所詮は個人発のビジョンに過ぎねー。
マルキシズムが滅びたらソ連も滅びた。民主主義が滅びたらアメリカも滅びるだろうし、議会制が滅びたらイギリス、自由主義が滅びたらフランスも(略
だが日本は主義(笑)思想(笑)をアイデンティティとせず、ナニ主義ともカニ思想とも心中せず、
テンノーとゆう思想的実体のない近姦白痴を仮想アイデンティティに、日本語とゆう情緒しか表現しない無意味な音楽言語を仮想プロトコルに、
そん時もっともトレンディwでオンデマンドwな社会思想を、ご都合でトッカエヒッカエしながら、
しなやかに、したたかに生き延び、世界最古の王家を維持してきた
そこに天皇制のアドバンテージとゆうか便利さがあり、そうゆう意味で俺は天皇制支持者だ。なにせ便利wだから

だが、ここ1〜2世紀の間に、やれ尊皇攘夷だ鹿鳴館だ、国粋主義だ自虐史観だと、
テンノーケについて、賛成にせよ反対にせよ、ムキにならざるを得ない状況があった
そもそも愛国心(笑)なんてモン自体が、幕末明治の輸入文化なんだが、
アイデンティティ(自己同一性)や、その国家形であるナショナリズムなんてのは、
国境ひとつ隔てて他者と直面し自己対象化を強いられてきたヨーロッパの文化で、
四方を海に隔離された日本のオリジナリティには元々そぐわない思想でね
せっかくテンノーケとゆうフレキシブルで便利な仮想アイデンティティを持っていながら、
慣れねーナショナリズム(笑)なんて明治の輸入文化と習合しちまったせいで右往左往w
もう1世紀半にもなるんだから、いーかげん慣れろよw



723 :出土地不明:2010/10/19(火) 01:04:56 ID:5OrsuDKK
>「偶然起った変異の積み重ねが、自然によって選択されて起る」
>じゃの抽象的で何ら具体的説明も無いじゃろうに。

それはあなたが不勉強だからですよ。こういうのは色々なところに
具体的な説明とともに引用されています。基礎的なところを読んで
みてください。あなたは、生物学や進化論方面についてあまり
勉強して無いでしょう?何かを批判するにしても、それがどういう
ことを言っているのか理解するためには、たとえ自らの考え方とは
反対の意見を提示しているものでも学んでおいたほうがいいです。

724 :出土地不明:2010/10/19(火) 01:19:57 ID:xKImiVIX
>>720
それは既に自然観察と実験等によって明らかにされている。
君が知らないだけ(^o^)

725 :出土地不明:2010/10/19(火) 05:19:32 ID:f4TVL/6n
>>716
>タンパク質とDNAなんか、スイカと中身の種がどうか云う問題に過ぎんど。
>あんたらが中身の種が無いとスイカが出来ん云うとるが、種は種であって
>スイカの形をしとらん。わしがスイカを割って種が出て来る云うたことに
>因縁つけよるだけじゃのう。(笑)
>生物学の論理で妄想しても、種はスイカの形をしとらんので。

始めから分かってたみたいな言い訳すんなよ。それにお前まだわかってないだろw
お前が分かってなかったのは>>502
>わしゃあ、タンパク質のごく一部であるDNAも無視しとらんよ。
この書き込みでFAなんだから。
どう読んでもたんぱく質を構成する分子の一部分がDNAとお前は誤解していた。



726 :LUNAMASK:2010/10/19(火) 09:37:08 ID:GBmlIIlb
>719
>来る航路と帰る航路が違う云う根拠が今一つ乏しいので、わしは慎重派の
>方ですね。
利尻礼文→樺太→沿海州→渤海のルートは事前のフィージビリティー・スタディーと中継基地の構築が
ないことには航行不可能ですね。

727 :出土地不明:2010/10/19(火) 10:31:53 ID:i0rQ8VOn
>>716
性懲りもなくタンパク質=スイカ、DNA=種、とたとえてる時点で
何も理解してないに等しい。どうせ書くなら、スイカ=肉、タンパク
質=果肉、DNA=種ぐらいにしとくべき。それ以前に、意味不明な
たとえを持ち出して他人から解説されている時点で(ry

728 :LUNAMASK:2010/10/19(火) 13:35:59 ID:GBmlIIlb
>>709 わぉ〜さん >>712
金海伽耶が突厥N1-LLY22g*で、これが吉備(金海)となり、箸墓建設時に大和王朝に入ったもので、
始祖伝説にある神武は日向出身とされるが、神武妃アブラツ姫、これも犬戎habirの語素を持っており、
始祖オシホがOsip/Josephに通じることからも、エジプトに侵入した犬戎ヒクソスと関係しているのかも。

729 :LUNAMASK:2010/10/19(火) 13:40:01 ID:GBmlIIlb
承前
桜井茶臼山古墳出土の王笏はエジプトファラオのものでしたね。

730 :LUNAMASK:2010/10/19(火) 14:06:35 ID:GBmlIIlb
>>697
>とすると徳島・吉備へと南周りで列島に入り、邪馬台国王朝の成立に貢献したのは
>タタラ一族N1-LLY22gであり、南蛮のN1-LLY22gが神武天皇の后となった初代卑弥呼
>ヒメタタライスズヒメ(イスケヨリヒメ)を輩出したのではないでしょうか!!
夜郎国N1-LLY22gは西方から移住してきたもので、同様に長江下流域にも黄河上流域から移住したものや、
オルドス→ホロンバイル→黒竜江→洛東江へと移動したもの共々同族であったと考えられます。

731 :出土地不明:2010/10/19(火) 14:27:38 ID:xKImiVIX
>>725
遺伝子が操作概念(抽象的)と言うことも理解していないんだよ。
だから染色体とDNAの区別もつかない、ましてや突然変異って物をまるで判ってないし、
ミトコンドリアって何だ?の状態だし、
とにかく生物学の知識が小学生レベルなんだよな。

732 :出土地不明:2010/10/19(火) 15:31:49 ID:f4TVL/6n
>>725

>わしがスイカを割って種が出て来る云うたことに因縁つけよるだけじゃのう。(笑)

いや、例えにしてもおまえはそんなこと言っていなかった。むしろスイカの皮や果肉に含まれている果汁をさして
これは種だとほざいてた。

>生物学の論理で妄想しても、種はスイカの形をしとらんので。

誰もそんなこと言ってないし、意味不明のたとえだし。
分かっていないからわけの分からないたとえになる。

733 :出土地不明:2010/10/19(火) 18:17:05 ID:BvkvqwKA
>>716
その喩えだと、種子が遺伝子、スイカがタンパクに為るわけなんだ。
あんたにゃ永遠に理解出来ないだろうけど。

734 :出土地不明:2010/10/19(火) 19:39:16 ID:A/3q+mvH
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>728
金海伽耶・徳島・吉備(金海)を経由し、箸墓建設に関わったN1-LLY22g*をニニギ・神武一族とすると
なぜ彼らが記紀では太陽神アマテラスの直系で稲魂・穀神なのかが気になります〜

やはり>>700さんの言われるとおり、世界で一番美しい棚田を創るほど稲作民化して渡来したのではないでしょうか?


735 :出土地不明:2010/10/19(火) 20:06:23 ID:axdiP2bG
白馬青牛よ、お前の無知は酷すぎる。
醜男、無知かつ大嘘つき。
お前、生きる価値ないよ。


736 :薄弱:2010/10/19(火) 20:19:45 ID:29jT2BYO

DNAマーカーの信憑性なんかが論点になってること自体どうかと
「信憑性」なんざ学者(笑)の領分だろ
シロート知識でどうなるモンで無し、膨大な知識でオツムを占領された知の下っ端事務員どもに調べさせときゃいい
信憑性より真実を探求してはいかがでしょうかセンスねえな



737 :出土地不明:2010/10/19(火) 20:23:12 ID:+5OXBnWk
>>604
スーパーコンピュータでも使えばなんとかなる?

738 :LUNAMASK:2010/10/19(火) 21:12:48 ID:GBmlIIlb
>>734
確かに船に乗った稲魂・穀神を奉じる姿というのは伽耶古墳文化以前にありますね。そして、伽耶古墳
文化もある。つまり、両方あるんじゃないでしょうか。だが、国々が統一され、首長のトップに立つ大君
が誕生する頃はそれなりの政治的経験をもった部族が登場する。そうした意味で犬戎のキャリアを
もつ部族が主導権を握ることが考えられます。

739 :出土地不明:2010/10/19(火) 23:43:42 ID:xKImiVIX
>>736
お前DNAマーカーって何のことか判ってないだろ(^o^)

740 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/20(水) 00:21:23 ID:xpzzh18O
>>718
本土日本人の多くの先祖は、>>719の日本海側の渤海路か黄海側の北路で、
航海の軸線無しに民族移動は無いんに、ここのカルト教は信仰概念で
先祖を選びたがるけぇ、ファンタジー南方論で南方から来た云う
連中が多いんじゃないかね。
>>723-725
人を不勉強解っとらん云う前に、あんたら自身が具体的説明しとらんじゃ
ないか。カルト信者さんらは、下らんことを云うのう。
>>727
意味不明なんは、あんたら生物学信者の抽象的な言い訳よのう。
>>731-732及び>>733
抽象的文言を羅列しても意味が無いど。>>716のワトソン氏の説明は
まだかいのう。ほいからワトソン氏がレイシストであり、ドーキンスの
遺伝子決定論も含め、遺伝子決定論にどう思うかも書いとらんし。
つまり、生物学信者カルトの集いに、余計な口を挟んだわしを罵倒する
だけじゃあ、意味があるまあ。あんたらが、何故生物学遺伝子教に走り、
わしから見たらー洗脳された連中ーとしても、洗脳された動機が
小学生の時の生物学じゃあ話にならんど。ここはあんたら妄想遺伝子教の
信者の集いのスレじゃ無いし、そがぁな題名も付いとらんので。
妄想を信者同士で分かち合うてどうすんなら。
>>726
中継基地云うか、途中の中継地域にお金を落としてやれば、敵対国地域で
あっても無事航行出来るでしょうけど。根回ししとらんと、攻撃される
可能性が常にありますからね。陸地のように関所の場所が固定しとらん
ですし、通行料を獲る関(海賊)がやって来るんですよ。
彼らのシノギを無視出来ませんからねえ。通行料は、(用心棒代も含む。)
海の民と同様、遊牧の騎馬民も同様ですね。

741 :出土地不明:2010/10/20(水) 00:24:28 ID:0f9iMkBp
>>485
亀レスだけど
何度目かの氷河期のときに人類も絶滅しかけたんじゃなかったかな
途絶えた人類がどんなDNAを持っていたのか
出アフリカの人類は150人より多かったのでは

742 :出土地不明:2010/10/20(水) 00:27:58 ID:dzGk49I5
どっかの温泉にでも住んでたんだろうか?

743 :出土地不明:2010/10/20(水) 00:49:27 ID:8nwYZWYP
高校の教科書レベルの背景知識すら無いから、いくら具体的な説明をしても
なにを言ってるのか理解できないということでいいかな?

>抽象的文言を羅列しても意味が無いど。
自分の理解を超えている=抽象的というのが白馬青牛のいつもの言い草
だろう。極めてくだらないな。

>>716のワトソン氏の説明はまだかいのう。ほいからワトソン氏がレイ
>シストであり、ドーキンスの遺伝子決定論も含め、遺伝子決定論にど
>う思うかも書いとらんし。

答える理由などない。これは白馬青牛が勝手に言い出したことであり、
そのそもあなたの最初の話とレイシスト云々は直接的な関係はない。
レッテルを貼ってあいつは●●だ、と思い込み発言をするのが白馬青牛。

>つまり、生物学信者カルトの集いに、余計な口を挟んだわしを罵倒する
>だけじゃあ、意味があるまあ。

その話しぶりからすると、高校の教科書で生物学を学んで、DNAとタンパク質
の違いを正当に説明できる人間=生物学信者カルトということになるが。
冗談は程ほどにしたほうがいい。それから被害者ぶって哀れみを買おうと
するのも頂けない。あなただから批判するのではない。誤っていることを
指摘しているだけ。

>何故生物学遺伝子教に走り、わしから見たらー洗脳された連中ーとしても、
>洗脳された動機が小学生の時の生物学じゃあ話にならんど。

一般の小学生は習わないだろうな。高校だな。ついでに言っとくと、
白馬青牛は妙なカルト集団のサイトに入り浸って、自説を付会する引用を
繰返しているというが、それについての説明を求めたい。

744 :出土地不明:2010/10/20(水) 01:35:03 ID:uj9hlOx4
>>740
おやおや、中学生に教えるように生物学を教えろと言うのか・・・
厚かましいな(^o^)
以前は高卒を前提に現代生物学を講義してやろうかって提案したこともあるが、
これほど無知では流石に大変だ。

745 :出土地不明:2010/10/20(水) 01:56:30 ID:dzGk49I5
血液型で性格云々言っているのはまあカルトと言ってもいいだろうが、
構成割合の違いから推論する事を否定する必要はあるのだろうか?

746 :薄弱:2010/10/20(水) 03:26:53 ID:hidttAT5

いや150なんて数字はDNA技術論なみにどーでもいいがw
出アフリカ人類は元から少ない上、氷河期だトバ噴火だとボトルネックされまくりでDNA多様性が貧困なワリに、
なぜか形態は多様だ
人類は赤道直下の東アフリカに適応して発生した熱帯生物にも関わらず、一部のアルビノ人類の適応放散っぷりは異常

アルビノはメラニン薄いから、高緯度の日射量でもビタミンなんとかを生成できたなんて説もあるが
出アフリカ人類はまずユーラシア南岸インド洋沿いにオセアニアまで逃げた
これは東アフリカとなるべく同じ緯度、赤道近辺をキープした経路で
その一例であるアボリジニは黒人的で、わりと最近まで未分類人種でもあった

だがユーラシアの大部分は、東アフリカより緯度が高い
人類の歴史は寒冷適応の歴史とゆってもよい

ゆうまでもなく黒人の奇形が白人、白人の奇形が黄人だが、これは進化の歴史でもあり、
黄人の要素を再結集した日本人は、まさに人類最新型のマルチハイブリッドなのだが、
なにせ流入経路が南北にあり日本列島自体も南北に長いので、
最初にユーラシア南岸インド洋沿いに逃げた南方系にとっては棲息北限であり、逆に寒冷適応型にとっては南限だった

農耕化や工業化を文明のベンチマークにすんのも、一面的すぎるモノの見かたで、
それは世界最古級の農耕文明を持ちながら、土器すら辺境の倭人に先を越されてる黄河文明を見れば判る。
文明はともかく文化は、ノンキに狩猟採集してた倭亜民族が先んじた部分があっても不思議でもない
世界の東の果ての吹き溜まり。とゆう日本の立地を考えると、
ヒトが「通過」したのは、単純にアフリカに近いぶん中国の方が早かったにしても、「定着」した時期の古さはワリといい勝負かもな
なにせ日本の先には地球最大の海、当時の感覚では外宇宙しかないワケで、
「行き止まり」は通過点にはならず、逃避行のゴールとして腰を落ち着けるしかない
日本とゆう行き止まりからの跳ね返りは、草創期の中国エリアに影響を与えていてもおかしくはないな
古代中国が歴史を文字で残すことに世界一熱心だった一方、アイヌには文字自体が無く、酸性土で人骨も残りにくく、
中国を必要以上に古く、日本を実際以上に新しく見せているが
それでも縄文土器のようなオブジェクトは残る



747 :出土地不明:2010/10/20(水) 06:50:06 ID:TzdtjgC8
>ほいから

朝鮮語使った!斬首!!!

748 :LUNAMASK:2010/10/20(水) 12:49:23 ID:ehNo2R69
>>740 >>726
>中継基地云うか、途中の中継地域にお金を落としてやれば、敵対国地域で
>あっても無事航行出来るでしょうけど。根回ししとらんと、攻撃される
>可能性が常にありますからね。陸地のように関所の場所が固定しとらん
>ですし、通行料を獲る関(海賊)がやって来るんですよ。
>彼らのシノギを無視出来ませんからねえ。通行料は、(用心棒代も含む。)
>海の民と同様、遊牧の騎馬民も同様ですね。

塩釜神社御由緒・マガキというのは靺鞨に通じます。交易で塩を得て間宮海峡に持ち帰ったのかも。
「また、別の伝説として、塩竃様がこの島を訪れたとき、そこの人達が穴居生活で不潔な暮らしをしていた
ので、家を建てる術を教えた。人々は曲り木を組み合わせて住んだので「曲木神」の称号を授けたので
曲木島となったと書かれている。」
http://www.shiogamajinja.jp/lineage/05.shtml

749 :出土地不明:2010/10/20(水) 13:00:10 ID:6rwsUuVE
興味深く楽しいスレですが
このスレの中に出てくる
>夜間航海なんか古代には出来ません
とありますが、琉球時代の人が
北極星を見て航海したように
本土にもその術を知ってる集団?がいても可笑しくはないのでは?


750 :LUNAMASK:2010/10/20(水) 13:50:16 ID:ehNo2R69
>>749
古代人は個人で脳内GPSプラネタリウムを持っており、季節恒星・太陽系を観測し、航海・移動遊牧・交易を
行い、定住農民への長期予想情報提供サービスを行っていたようです。日本では観測条件が良くないが、
7世紀の新羅では立派な天文台があります。
http://www.pusannavi.com/miru/1070/

751 :LUNAMASK:2010/10/20(水) 13:53:52 ID:ehNo2R69
承前
夜になると流れ星が飛び交い、頭上の星が落ちてくるのを、まるでぶどう棚の下を歩くように気にして
いたようですね。

752 :出土地不明:2010/10/20(水) 16:55:28 ID:nUWqi+h7
脳内GPS・・・・・それはさすがにギャグですよね?
天体観測は暦の基本要素で、どの民族も一年が365日であることは変わりません。
そして暦は古くから支配者の道具でしたから、天文学は政治の一部であると考えるべきでしょう。
情報サービスという言い方は誤解を与えますよね。
あくまでも支配のための行為です。

753 :出土地不明:2010/10/20(水) 18:42:37 ID:6rwsUuVE
>>750
なるほど新羅という国は
ファンタジー国家だったのですね

754 :出土地不明:2010/10/20(水) 19:50:39 ID:36kI6SLO
>白馬青牛は妙なカルト集団のサイトに入り浸って、自説を付会する引用を
>繰返しているというが、それについての説明を求めたい。

マジ? こいつ浄土真宗を擁護してたから、日蓮系カルトに喧嘩売ってんのか??

755 :出土地不明:2010/10/20(水) 20:08:10 ID:lksGpgAX
>>740
>人を不勉強解っとらん云う前に、あんたら自身が具体的説明しとらんじゃ
>ないか。カルト信者さんらは、下らんことを云うのう。

ちょっと突っ込んだ質問すると途端に尻尾巻いてキャンキャンわめく癖にお前がいうな。

756 :出土地不明:2010/10/20(水) 20:29:36 ID:dzGk49I5
>>752
まあ鳥みたいなのは、脳内GPSを持っているとしか思えない事があるね。
ちゃんと毎年同じ所に渡ってくる奴とか、鳥頭なんて思えない。

757 :出土地不明:2010/10/20(水) 21:19:02 ID:QJX/NOCS
流れが理解できんスレだw

758 :出土地不明:2010/10/20(水) 21:30:11 ID:2WSQ8ZZ1
>>756
うちの燕一族も、俺が小さい頃から頑張ってるな。
嫁の実家では、燕の為に夜ねるときでさえ玄関を開けっ放し。
田舎は無用心だ。

759 :出土地不明:2010/10/20(水) 22:01:39 ID:6rwsUuVE
天皇家の先祖が朝鮮系てのはまゆつば?
神道が日本固有な点から考えるに
むこうと同じ民族には思えないのだけど

760 :出土地不明:2010/10/20(水) 22:22:56 ID:0f9iMkBp
まぁ古代の朝鮮半島南部は倭人が住んでたし
現在の朝鮮人とは、人種の連続性は途切れたといってもいい

761 :出土地不明:2010/10/20(水) 22:39:25 ID:6rwsUuVE
そう考えれば半島出身てのはありますね
自分は家系が神事をやってたものですから
民族のルーツを信仰などの観点から調べてるんですが

スレチですけどもう一つ分かる人がいたらお願いします
朝鮮の神様というか民族の信仰みたいなものは無いのだろうか
調べてもなかなか出てこないもので・・・

762 :出土地不明:2010/10/21(木) 00:17:27 ID:vqhAk+rB
神社は、朝鮮にはないのか?

763 :出土地不明:2010/10/21(木) 00:23:05 ID:PEvzExlg
シャーマンならある。

764 :出土地不明:2010/10/21(木) 00:23:31 ID:calY9P2H
仏教の寺はあったけど主流ではなかったようだし
先祖の霊を祀るのが主だなあ
土地神とか聞いたことない

765 :出土地不明:2010/10/21(木) 00:25:19 ID:vqhAk+rB
神社の遺跡もないみたいだな。

766 :出土地不明:2010/10/21(木) 00:29:28 ID:DodFm8Gn
>>762
三国史記だったかな。神宮の記述がある。


767 :出土地不明:2010/10/21(木) 00:55:41 ID:u3YW8d28
日本はいたる所に神社が有る
まさしく八百万の神

日本は形式上は仏教だけど
産まれて神社、七五三も神社、受験は就職も神社、結婚式も神式
初詣も神社
実は神社の国なんだよねえ

ただ残念なのはまともな継承者が居ない事かなあ
神道の教義なんて無いに等しい、でも無くとも日本人の心は神社なのだ
この辺は謎が多い

768 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/10/21(木) 01:03:08 ID:pstXFmV5
神社に継承者がいないという問題が起こっているのか。

769 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:17:35 ID:u3YW8d28
>>768
継承者はいるだろうけど
神社の本質を説明できる継承者が全く居ない
形式的に継続してるだけ、
神社の本質は、もう千年以上前に消滅した可能性が有る

770 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:21:52 ID:calY9P2H
>>769
多分天皇家に受け継がれてる
貴人の生活など分からんから多分だけど

771 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:26:35 ID:ewjaphFA
761です有難う御座います
シャーマンを調べてみたところ
沖縄のユタみたいなものですね
違う点?と言えばシャーマンは
祀るのが祖霊だけのようで

三国史記もちょいと調べてみましたが
神宮皇后のことのようで倭人の名前ですね



772 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:32:30 ID:yq6MC9ne
薄弱の下ネタを使った例が的確過ぎる件www

773 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:33:48 ID:ewjaphFA
日本の面白いところは山岳信仰や石信仰などの
自然崇拝が上手く神道に取り込まれてるとこで
どちらの信仰も世界各地にあるものですね

>>769>>770
古代神道は琉球神道に残ってますよ


774 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:34:53 ID:u3YW8d28
シャーマンと言えば卑弥呼だろ

775 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/10/21(木) 01:41:16 ID:pstXFmV5
んなもんに源流求められても。

776 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:44:55 ID:u3YW8d28
昔のシャーマンは政治を支配できた
今のシャーマンはタダのゴミ

本質を継承してない証拠だよ
山岳密教が言葉の知識だけで継承できると思ってんのかよw

777 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/10/21(木) 01:46:48 ID:pstXFmV5
結局は中国の記述頼みが残念。

778 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:48:26 ID:u3YW8d28
>>77
それってチベット起源だよな

日本とチベットって古代的には近いんだぞ

779 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:52:27 ID:u3YW8d28
まったく、文字で文化が伝わると思ってるんだから

文字は記録であって文化では無い
文化を理解するのは文字では無い体験だ

780 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/10/21(木) 01:53:42 ID:pstXFmV5
伝言ゲームかね。

781 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:56:44 ID:u3YW8d28
>>780
それ以上ですよ
ひゃくぶんはいっけんにしかず

782 :出土地不明:2010/10/21(木) 01:57:57 ID:Yl7QjgIP
結局、シャーマンは日本にいつ来たの?

783 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/21(木) 01:59:46 ID:hdNnMjVp
>>735
残念じゃが、わしゃあ普段他人から醜男じゃ云われたこたぁ無いし、
無知かつ大嘘つきのネット右翼でも無いよ。まあ、あんたらYカルト、
ネット右翼でさえ、生きる価値はあるよ。
Yカルトネット右翼は、>>716のワトソン氏のようなレイシストじゃけぇ、
人間の価値に優劣を付けたがる妄想に洗脳された部分は気の毒に思うよ。
>>743-744
あんたらが、抽象的云うんは、ダーウイニズム肯定前提条件で、
根拠が高校の教科書に載っとるじゃあ何の意味にもならん観念論じゃ
ないか。あんたらにとって、高校教科書は権威なんか。(笑)
>>748
マガキが靺鞨かどうか別として、佐渡あたりも粛慎(多分オホーツク文化人)
が来航した説もありますね。北周りのオホーツク文化人の活動が考古学的
に待たれます。
>>749
琉球の国家や文献は中世のもんですよ。ほいから夜間航海は、磁石が無いと
方角が解りませんでしょう。目標の見え航海なんかリスクが高過ぎますよ。
じゃけぇ、岸伝いの「地乗り航法」が一般的じゃったんです。
>>753
まあ、海洋国家新羅の方が当時の日本と比べ先進国じゃったよ。
>>754
広島は真宗王国じゃけんのう。
http://www.aki.or.jp/houmi/houmi0407.htm
http://www.jare.jp/project/doc/resume060721.pdf
浄土真宗は個人主義的宗教で、集団祈りの日蓮系と違うよ。しかも
浄土真宗は、神棚も置かんし、祈祷も信じんよ。赤子殺しの間引きもせん。
ほいで、間引きは漢の農耕民じゃあ盛んじゃが、遊牧民はせんけぇのう。
浄土真宗は遊牧民的人道主義があるわいや。

784 :出土地不明:2010/10/21(木) 02:03:08 ID:u3YW8d28
>>782
それが分かったら苦労しねーが
中華思想が生まれる前で、シャーマン思想は縄文土器に通じるから
1万年以上前だと思う

785 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/21(木) 02:12:32 ID:hdNnMjVp
>>759
神道は、シャーマニズムに道教を交え、近世江戸期には朱子学(水戸学)
概念も混じった混合物じゃよ。
>>760
倭人は朝鮮南部から南下して日本におったし、現代の朝鮮南部人も
倭人の末裔よのう。人種的に途切れとらんね。
エラの張った倭人顔も韓国にも多いし。(笑)

786 :出土地不明:2010/10/21(木) 02:18:22 ID:vqhAk+rB
金沙遺跡で日本の神社建築のルーツを発見=
祭祀用の高床式建物―四川省成都市モバイル版URL : http://rchina.jp/article/42245.html
2010年5月18日、四川省成都市郊外で01年に発見された約3000年前の
「金沙遺跡」で、日本の神社建築のルーツと見られる高床式の祭祀建物の跡が
見つかっていたことが分かった。中国新聞網が伝えた。

ttp://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42245


787 :出土地不明:2010/10/21(木) 02:18:52 ID:Gsr6+42L
いちいち南下しないと気がすまないのかよw
まれに見る万物創生の土地だな朝鮮は。

788 :出土地不明:2010/10/21(木) 02:20:42 ID:vqhAk+rB
上の記事、どうもね。中国は嫌いだから、白馬青牛さん、ご批判どうぞ


789 :出土地不明:2010/10/21(木) 06:41:25 ID:TKc+5ADQ
>>783
私はY染色体調査を重んじるが、ネット右翼ではない。

日本だけが特別だ、という発想は自己愛性人格障害だ。

タンパク質とDNAの区別も出来ん中卒の貴様は気の毒だ。

白青は広島もそうとう田舎の出身らしいな。比婆とかw

790 :出土地不明:2010/10/21(木) 06:46:43 ID:TKc+5ADQ
>倭人は朝鮮南部から南下して日本におったし、
>現代の朝鮮南部人も 倭人の末裔よのう。

その倭人はO2b。Y染色体で証明できる。
Y染色体どころかDNA=タンパク質とほざく
比婆のイナカモノには逆立ちしても証明できないwwwwwww

Y染色体はスバラシイ。ネットウヨクを全員抹殺!!!

791 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 08:59:55 ID:Ma7uDfD2
>>783 >>748
>マガキが靺鞨かどうか別として、佐渡あたりも粛慎(多分オホーツク文化人)
が来航した説もありますね。北周りのオホーツク文化人の活動が考古学的
に待たれます。マガキが靺鞨かどうか別として、佐渡あたりも粛慎(多分オホーツク文化人)
が来航した説もありますね。北周りのオホーツク文化人の活動が考古学的
>に待たれます。
わかりました。

792 :出土地不明:2010/10/21(木) 09:36:48 ID:u3YW8d28
火焔土器に強いシャーマン魂を感じるのだが
これのルーツはまだ出てないな
大陸起源を主張したいなら出せよw

793 :出土地不明:2010/10/21(木) 09:39:50 ID:u3YW8d28
あと水煙土器つう物も有るから
こっちも忘れずに

794 :出土地不明:2010/10/21(木) 10:05:12 ID:ewjaphFA
>>785
>神道は、シャーマニズムに道教を交え、近世江戸期には朱子学(水戸学)
概念も混じった混合物じゃよ。

神道と言っても仏教の宗派みたいに枝分かれしてるんで
↑はあくまで一部の例ですね

795 :出土地不明:2010/10/21(木) 11:28:23 ID:3nXHuctT
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>786
三星堆遺跡の姉妹遺跡と言われる四川・金沙遺跡ですね〜(^-^)/
あちらの古代建築物の専門家が、発見された高床式建造物を「日本の神社の原型」と明言しています!!
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42245

>中国の古代建築物の専門家、楊鴻[員力](ヤン・ホンシュン)教授はこの建物を
>「古蜀大社」と名付け、日本の神社の原型だと述べた。

四川・雲南から巴蜀文化人が、神社や神道文化を伴って列島にやってきた
強力な考古学的証拠になりますね〜(^-^)/
ちなみにこちらは三星堆遺跡から出土した銅鐸です!!
http://1.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlhBQ781TI/AAAAAAAABM8/ITAlvoVJHHY/s1600/sanseitai01.jpg


796 :出土地不明:2010/10/21(木) 11:49:26 ID:v8/W0ta3
>>795
銅鐸の鐘楼形と言い、左右のヒレと言い、凄く日本的。
朝鮮半島のミニ・カウベルとは似ても似つかない。


797 :出土地不明:2010/10/21(木) 12:07:59 ID:nN6Wsjxp
>>795
三星堆に後続する時代にも出土例があります。
誰の論文だったかな。吉開将人かな。


798 :出土地不明:2010/10/21(木) 12:08:51 ID:ewjaphFA
日本にも天妃神社とか中国の神様祀ってる
神社もあるし何かしら関係してるのか
これからの調査が楽しみですね

799 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 12:38:07 ID:Ma7uDfD2
>>795
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/menu154-155
「これに上記の船文における結論を加えると,本稿の範囲からは,銅鐸の装飾は,むしろ戦国から前漢の銅鼓
の分布地域,即ち長江上流域の雲南・四川南部や東南の広西などの地の青銅器文化と近い関係があり,
また越族の青銅器文化とも共有する部分があり,沿海の中国南方地域の世界とも無縁ではないということで
あろう。」

これにどんぴしゃりなのが→O2a-M95* 1.9% であり、この越族が近畿・三遠銅鐸圏に先住しており、またそれらを魏の使節団が呉の太白の子孫と称するものとしていたのではないでしょうか。

800 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 13:03:09 ID:Ma7uDfD2
承前
河内ではひれ付・三星堆型の発展した見る銅鐸が優勢であったが、出雲・大和では
↓この夏家店上層型の聴く銅鐸に固執しており、結局は大和が銅鏡に踏み切って天下を取った。
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/img/02photo42.jpg
「121-鐸、青銅、中国、赤峰市付近収集、前九−七世紀(西周-春秋時代)、長さ一・八cm、文学部考古学研究
室列品室
122-鐸、青銅、中国、赤峰市付近収集、前九−七世紀(西周-春秋時代)、長さ二・〇cm、文学部考古学研究
室列品室
赤峰市付近を中心として内蒙古東部に分布する夏家店上層文化の鐸である。夏家店上層文化は、初期遊牧
民文化のなかでも早い時期の文化で、スキトーシベリア動物意匠も既に見出される。」
つまり、神道は出雲・大和を中心に発展したものと考えるべきでしょう。三星堆型見る銅鐸は国土統一と共に、
そのムラ思想共々、歴史の下層に埋没したのでは。

801 :出土地不明:2010/10/21(木) 13:23:51 ID:3nXHuctT
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>800
このストーリーでは出雲が天孫になり、記紀が遺す史実と逆さまになってしまいます〜
近畿・三遠式の見る銅鐸は、以下に分類にあるようにL群地祇族・出雲の側ではなく
A群天孫族・邪馬台国の側にあります〜!!

>「領域A」に分布するもの (細型銅剣の前の時代)
甕棺から出土する前漢鏡、邪馬台国時代のものと思われる小形製鏡第U型の鏡、
広形銅矛、広形銅戈、近畿式・三遠式銅鐸など。年代は200年〜300年ごろで、華北産の鉛である。
-----------------------------------------------------------------------------------
>「直線L」の上にほぼのるもの
細形銅剣、細形銅矛、細形銅戈、多鈕細文鏡、初期の銅鐸など
-------------------------------------------------------------------------------------
>「領域B」に分布するもの
三角縁神獣鏡をはじめ、古墳から出土する青銅器の大部分はこの領域にはいる。300年〜400年ごろ築造
された前方後円墳から出土する。華中・華南産の鉛である。

802 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 13:27:29 ID:Ma7uDfD2
本日の日本人仕分け 皇室/武家を含む
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/menu156

803 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 13:34:42 ID:Ma7uDfD2
>>801
神道と皇室ということを考えると、たとえば、仏教全盛になると皇室は仏教徒になってみたり、時代に
よって対応が違うんですね。しかし、二大政党の対立のように修験道系と神道系という対立構造は
あった。しかし、皇室は、たとえば持統天皇は諏訪大社にも勅使を出し、自らは伊勢神宮に参っている。

804 :出土地不明:2010/10/21(木) 13:34:45 ID:v8/W0ta3
>>800
>神道は出雲・大和を中心に発展したものと考えるべきでしょう

あなたが勝手に考えてよね。
四川・金沙遺跡と違って、内蒙古から神社(風)が出た訳じゃなし。

805 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 13:40:10 ID:Ma7uDfD2
>>804
宗教はその容器ではなく、内容ですね。キリスト教教会も改造すればモスクに使える。

806 :出土地不明:2010/10/21(木) 13:46:39 ID:u3YW8d28
古事記によると神武東征において畿内で上陸を阻まれ、
熊野から上陸しようとしたんだけど、霧が出たり眠くなったり
(妖術のような物?)上陸できなかったとある

これが山岳密教だったのではないだろうか
鹿島神宮は茨城に有るのに神武より古いようだぞ
茨城は妖怪の宝庫でも有る

807 :出土地不明:2010/10/21(木) 13:48:45 ID:3nXHuctT
>>800
三星堆型の見る銅鐸文明を継承する金沙遺跡では、「太陽神鳥金箔飾」も発見され
太陽信仰への強い傾倒が見受けられます。
http://www.m-piece.com.cn/wp-content/uploads/499.jpg

邪馬台国神殿が地祇の信仰する大地神でなく、黄道を軸とした太陽神に向けて
造られていることにも大いに関連しているでしょう。


808 :出土地不明:2010/10/21(木) 14:10:45 ID:v8/W0ta3
>>805
「容器」は内容に先ずる。
日本では、お茶、お花、日舞、多くの「道」が、形から入ります。
「内容」や「理屈」は、後から貨車で来る。


809 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 15:00:51 ID:Ma7uDfD2
>>807
すばらしい三足烏ですね。日本には高句麗の三足烏が入ったようですがこんなに見事なものは
ありません。

810 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 15:21:21 ID:Ma7uDfD2
>>808 その通り。
ウクライナ・トリポリエ文化棟持ち柱
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/bc/Tripolye_hut.jpg
伊勢遺跡出土棟持ち柱
http://www.bell.jp/pancho/travel/oumi/images/ise%20iseki-80.jpg

811 :薄弱:2010/10/21(木) 15:23:57 ID:ZR3XxA1l

正し杉的確杉が俺の欠点だが、日本の文物をつい「どこから来たんだ?」とゆう目線だけで見ちまうのも一面的に杉る
トコロテン通過点に過ぎぬが故にウリジナル(笑)コンプレックスに囚われた半島人みたくなってはアホだが、
「それは日本で生まれた」という目線「も」なくては片手落ちだ
そもそも人類発祥が東アフリカである以上、全ての文物のルーツは東アフリカに求めざるを得ず、
しかも旧石器とかサピエンス以前に遡る文物もある
その日本の神社の元ネタだとゆう中国のナントカ遺跡にせよ、その元々ネタはまた別のどこかにあり、
他から何の影響も受けず、真空中に唐突に発生した文化文明などない

ここで日本のオリジナリティの在り方を再確認するが、
この世界の東の果ての吹き溜まりは、他からの影響だけで出来てるような文化圏で、オリジナリティにはほど遠いように見えるが、
北はバイカル湖アムール川、西は大陸半島、南はスンダランドと多方面から民族文物が流入し、
しかも東は惑星最大の外海宇宙なので、民族文物の通過点に杉ない朝鮮半島のように、トコロテン式に押し出され根こそぎ入れ替わってしまう事もなく、
多方面からの流入を可能としながら適度に隔離され、適度に狭いながらも南北に長く環境に多様性があるなか、稀有な雑種文明が醸成された

受けた影響があまりに多様で、結果、特定の何にも似ていない

それが、サルマネ民族とゆわれながら、世界的にも類を見ない文化を作りあげた日本のオリジナリティであり、
個人レベルの才覚アイデア独創を超えた集団営為である「文明」にとって、オリジナリティの理想形でもある

東洋と西洋、ハイテクと伝統文化を、ここまで見事に融合させた国は日本ぐらいの物だが、
日本は人類が生み出した全てが再結集されたマルチハイブリッド文化を誇るべきであり、
「何々の影響なんか受けてネーヨ!」なんて幼稚な強がりはウリジナル(笑)と同レベル



812 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 15:27:48 ID:Ma7uDfD2
多国籍料理にいいものがあるんじゃなくて、多様な文化の学習能力、習熟の速さでないかな。

813 :薄弱:2010/10/21(木) 15:38:08 ID:ZR3XxA1l

いや習熟とか消化とゆうレベルじゃなく、関連付けと止揚
アウフヘーベンとゆうのは、演繹とか帰納とか三段論法的な思考マニュアルではどうにもならない、才覚センスでやるしかない物で、
日本人にはそうゆう民族的センスとゆうか集団無意識があったって事



814 :出土地不明:2010/10/21(木) 15:44:16 ID:3nXHuctT
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>809
この太陽神鳥・三足烏が金沙遺跡博物館のシンボルになっているようですね〜(^-^)/
http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/lrg/10/23/66/lrg_10236643.jpg

ところで高句麗ではA群天孫の甕棺・支石墓文化人とL群地祇の石板墓文化人の融合が積極的に計れたようですが
日本列島では分裂行進の上、太陽崇拝本位の神義体系が形成されています。

高句麗では四方に神獣を配置する四方拝の大地崇拝が色濃く、扶余系の石板墓文化人の支配が鮮明なのですが
果たして太陽崇拝の列島・邪馬台国も、扶余系の石板墓文化人が建国した国といえるのでしょうか??

815 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 16:10:43 ID:Ma7uDfD2
>>814
日本建国の主導者は渡来天孫、渡来地祇、在来縄文、それらの混合、のいずれか?
これはたとえば箸墓を発掘することによって変わってくる問題であり、予断は許されない
と思います。競馬予想の感覚だと卑弥呼が吉備系天孫、崇神は地祇と縄文の半々程度でしょうか。
正直言ってこの問題には手が出せません。

816 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 16:23:13 ID:Ma7uDfD2
承前
しかし、誰が統治者であったのかは別として高地性集落は天孫・アルタイ/夏家店/高句麗系、古墳は
地祇・バイカル系であり、西日本青銅器埋納文化圏は完全にこれらの渡来系文化一色であったことに
変わりはないと思います。

817 :出土地不明:2010/10/21(木) 16:46:31 ID:+tt+tryK

LUNAわぉ〜MASKは隔離スレでオナってろ!

818 :出土地不明:2010/10/21(木) 18:16:57 ID:3nXHuctT
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>816
卑弥呼が吉備系天孫族で、>>638>>706のように呉越→燕→弁辰(金韓伽耶)→九州
→徳島・吉備→邪馬台国と移動しているなら高句麗との接点は薄いのでは??

819 :薄弱:2010/10/21(木) 20:20:39 ID:ZR3XxA1l

その文物は「どこから来たんだ?」とだけ考えてしまう件の他にも盲点はある

エリアの捉え方だ

例えばいま国や地域は面だが、古代の集団の分布は点と線で、面になるほど人間の存在が支配的ではなく「空き地」の方が多かった
その線も、境界線として面をアウトラインする物ではなく、点と点を結ぶ動線でしかない

また平野部が人の集まり処になるのは農耕文明以降で、縄文の首都と呼ばれるのは中部山岳地帯の諏訪だった
この山岳から平野へのシフトは、樹上からサバンナに降りたサルを少し彷彿させるな

あと、橋でゆえば両詰とゆうか「対岸同士」が、1つのエリアになるイメージは持ってた方がいい
例えばウィルタだかギリヤークだか忘れたが、アイヌの北に住んでた黄人は、
間宮海峡を挟んで、アムール河口と、対岸のカラフト北西部に棲息してた
これは対馬海峡を挟んで任邦と筑紫に倭人が住んでたようなモンで、この対岸両分布とゆうエリアの捉え方は
対馬海峡みたいのを「境界線」「アウトライン」と考えちまう現代人には、案外リアルにイメージしにくかろう。
そうだな、対馬海峡を「ちゃぶ台」。任邦や筑紫の倭人は同じ食卓を囲む一族。みたいなイメージ?
彼らにとって半島側/列島側なんて線引きよりも、対馬海峡沿岸か否か、の方がデカかったんじゃね?
これはイズモやらコシ、あるいはツガルあたりまで、環日本海文化圏みたいなエリアリングとも連動させやすいな



820 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 20:24:47 ID:Ma7uDfD2
>>818
吉備は突厥系中円双方墳丘墓の有力なところで、伽耶、突厥の鉄とも関係の深いところ。卑弥呼の箸墓にも
吉備系の積石とか、特殊器台が使用されている筈。呉越出自はO2aであり、既に河内、近江、三遠に勢力圏
を築いていたもの。どちらかと言うと卑弥呼に敵対した狗奴国系統ではないでしょうか。高句麗と倭国の接近
は奈良時代が中心であり、卑弥呼時代に天孫としては入ってくるのは別動の既に江原道に南下していた貊人
でないでしょうか。要するに、三星堆文化の影響のもとに見る銅鐸文化を築いていたのは狗奴国ではないか
と言うことですね。ただ、一部工人は九州から入ってくる天孫系鏡作りにジョインしていたかも。

821 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 20:28:52 ID:Ma7uDfD2
承前
呉越出自の見る銅鐸文化人は聴く銅鐸のデザインを巴蜀系統に書き換えるほど強力な影響力を
持った存在であり、狗奴国なんていうが、第一天孫的役割を果たしていたのかもしれません。
卑弥呼の方が押しかけ女房だったりして。

822 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 20:36:12 ID:Ma7uDfD2
承前
鳴門・纒向ホケノヤマはどちらかと言うと貊人のような感じですね。

823 :出土地不明:2010/10/21(木) 20:45:29 ID:DV7Q5T5/
このところ9割以上はチョンのレスで埋まっているとは・・・。
スレタイを考えれば、なかなかシュールなものがある。


824 :出土地不明:2010/10/21(木) 21:02:54 ID:Yl7QjgIP
>>819
対岸同士で、音や光で通信することは可能だろうか?

825 :出土地不明:2010/10/21(木) 22:07:41 ID:FJDqG5mu
怨霊退散、魑魅魍魎退散、白馬青牛退散!

826 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/21(木) 22:42:26 ID:hdNnMjVp
>>787
朝鮮が万物創生の地のあけあるまあ。朝鮮におる連中も南下して来たに、
決まっとろうに。
>>786-788
高床式じゃの南方じゃのうても、北方でもあるもんを、南方誘致する必要
は無いよ。これも過去スレで挙げたか。
http://www.d4.dion.ne.jp/~arai-n/test273.htm
http://www.d4.dion.ne.jp/~arai-n/pic1198.htm
高句麗を含めシベリアにもあるけんのう。
>>789-790
精度の低い、単一遺伝標識に過ぎんY染色体だけで証明なんか
出来るわけ無いわ。だいたい、証明云うてタイム・スリップして、
古代の倭人のY染色体を確かめたわけでも無いんに、全然証明出来ん
じゃないか。ほいから、倭人が単一な遺伝型を持つ種族じゃ
妄想しとりゃあがるのう。倭人の韓人も、沿岸部の漁撈色合いが倭人で
農耕中心が韓人云う区分程度の違いしか無いけぇ、同類みたぁな
もんじゃ。韓人と同様、倭人も同一言語集団である可能性は低い。
東部蒙古や遼東の倭人ものう。

827 :出土地不明:2010/10/21(木) 23:27:08 ID:mSDJ5Uk1
DNAとタンパク質の違いさえ分からない人が今更なに言おうが(ry

828 :出土地不明:2010/10/21(木) 23:44:44 ID:ewjaphFA
>>825
召還してるしw

829 :出土地不明:2010/10/21(木) 23:46:13 ID:PXqc9v1d
>>826
牛さんがカルトだと言う生物学は現在最も注目され隆盛を極めている現代社会の基幹学門ですよ。
医療や食料、最近話題の多様性の問題やエネルギーに至るまで、この学問無しでは現代社会は維持できません。

普通、その主流派を否定したり攻撃したりする牛さんのような人のことを、一般にカルトというと思うのですが。


830 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/22(金) 00:01:26 ID:Su9FxMJn
>>794
神道は、学者臭いほど朱子学の影響が強いし、修験道的なんは、仏教系の
密教、道教の影響で、神道独自云うもんは無いよ。
>>798
皇室は、朝鮮渡来の韓神、園神を守護神して祭る。
http://homepage2.nifty.com/mino-sigaku/page264.html
資料Iに、歴代天皇家が祭ってきた神は韓国神であると、明治期の学者、
久米邦武氏の「天孫民族である朝鮮民族が日本に渡り、古代日本を
治めた。」と、されるが朝鮮民族云うたぁ、南ツングース民族が、
朝鮮や日本に南下してこれらを治めた。と、する方がしっくりくるね。
陸軍中野学校で民族学を教えられた岡正雄氏は、朝鮮よりも、アルタイ系
騎馬民族云うニュアンスが強いよ。
http://www.lares.dti.ne.jp/~ttakagi/diary/diary/0102.htm
http://www.jin.ne.jp/smc/no7/no7.htm
上の方は異人その他で、岡氏が昭和天皇との会話の話も出とる。
下の方のここのスレの題名と同じようなのう。(笑)
(3)(5)の弥生、古墳の北方要素、満州、朝鮮説はその通りじゃが、
(1)(2)(4)の南方説は、いただけんわ。特(4)について、稲作民と漁撈民とは
違うし、年齢階梯的なものは、江南や南方に無いし、年齢階梯は
中央アジアの方に発達しとる。
http://www.fukuoka-pu.ac.jp/kiyou/kiyo13_2/1302_fujiyama.pdf
4.日本と講との比較 一番下の13ページに、西日本人とウイグル人の
社会組織、民俗の類似ヨコ社会で、末子相続等もでとるが、ウイグルの
マシュラップに年齢制限、年寄りだけ、男だけと、「ある種の
年齢階梯的なことを想像させる。年齢で社会を構成するのは平等的原理で
ある。これは日本の若者組、年寄り組などの年齢階梯制と似ているところも
ある。そして、年齢階梯制はまた、西南日本に多いのである。」と。
逆に東北日本のタテ社会の方は、朝鮮的じゃのう。

831 :出土地不明:2010/10/22(金) 00:05:57 ID:oPzXb4dl
あっそ

832 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/22(金) 00:35:00 ID:Su9FxMJn
>>801
はあ?大和は天孫でぇ。
>>820
突厥は、元来アルタイ地方で鍛冶屋をしとりましたからね。
まあ、>>830の一番下に挙げたよう、西日本と中央アジアのトルコ系の
社会構造は近い面があります。

833 :薄弱:2010/10/22(金) 01:45:35 ID:oAUNyIWC

なんか反朱子学とか反水戸コンドリア(誰がうまいことゆえとw)みたいな妙なバイアス掛かってんなこの一言居士
まあ2chだしバイアス雪合戦もいいが、
ユニークな関連付けを標榜してるワリに、断片同士が止揚もされず断片のまま羅列されてるダケで、ただの些末なハナシに留まってんのは、
断片の捉え方にセンスつうか、顕微鏡で全体を俯瞰するよーな眼力がねえからだな。神の宿るディテールはそこじゃないってw
朱子学史観とかDNA万能主義とか、批判すべきテキが明確なほーが喋りやすいのは判るが、
そうゆうシバリにすがって安住すんのは思考の手抜きだ

山岡士朗がダメなのは、電子レンジを使った究極のメニューにチャレンジしねー処だ
例えば中華料理四千年の歴史にも、食材の分子を直で振動させるなんて加熱法は無かったのだから、
炭火焼きでしか出せない味があるように、電子レンジにしか出せない味もあるハズで、それがまだ発見されてねーダケなんだよ
電子レンジでなきゃ作れねー究極のメニューを開発してこそ、
海馬雄山の至高のメニューに打ち勝ち、美味しんぼは感動のフィナーレを迎える事ができるだろう
それが出来なかったら、雁屋哲も所詮は、安易なノスタルジアにすがりDNAを毛嫌いする、発掘ドカタの形態考古学者に過ぎねーって事さ

さかしアメリカ中西部の農民(中卒の工員なみの差別用語w)には、進化論仮説を認めず天地創造をガチで信じてる奴がフツーに居る
むろんそれはただのアホだが、多様性とバランスを維持する上では、そうゆうキティ・ガイも存在だけはさせといたほーがいい
大部分の人間が地動説や進化論を無邪気に信じてるが、それらをほんとにリアルにイメージできてる奴なんて実はほとんどいねー
オマイラの実際のイメージでは、やはりお日様は不動の大地を東から昇って西に沈むモンだし、
生物の多様性も「神様もうまくお作りになるモンだなやー」てなモンだろw違うか?
初日の出おがみながら「うわー地球ぬるぬる回ってるよオエー」とか自転酔いwしてる基地外なんざ俺ぐらいだろ



834 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/22(金) 02:20:02 ID:Su9FxMJn
>>833
たまにゃあ、あんたにも返答しょうか。
ダーウイン進化論やネオ・ダーウィニストの生物学者らも、
進化論を否定する、アメリカ南部や中西部に多いキリスト教右派、
つまり、福音派聖書根本主義はコインの裏と表で似たようなもんじゃ
ないか。ファシズム国家と共産主義国家が全体主義で似とるような
もんじゃ。
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/40.html
まあ、保守右派は宗教観念で理論武装し、左派は科学的唯物論で
理論武装する。日本のマスコミでも進化論否定のID理論を
右派の産経新聞が宣伝したら、左派の朝日新聞は進化論肯定。
あんたは、進化論肯定派じゃけぇ、ここの上の生物学徒と
似た意見じゃろう。(笑)
http://www.news.janjan.jp/living/0510/0510063447/1.php
http://blogs.yahoo.co.jp/testamentofhope/40553952.html

835 :薄弱:2010/10/22(金) 02:21:57 ID:oAUNyIWC

厨獄で思い出したが、米中露みてーな無駄にでけー国は、
国家独占禁止法でいちど分割すべきだな、戦後の財閥解体みたく
厨獄は黄河エリアと長江エリアと満州と台湾と各自治区と、6つぐらいに分割したほーがいいね
ヨーロッパは異様に細分化された文化圏で、各々自我を確立した上で、たまにローマ帝国とかEUとか統合力学が作動する
厨獄は逆に、5胡16国みてーな状況がマレで、3国志や南北朝でさえ文化圏としては全土が統一されてる時のが多い
面積人口ではヨーロッパ全体に匹敵しながら、この多様性の貧困さは異常。厨獄とフランスの多様性が同じくらいじゃね?
これじゃ人の命も軽いハズだ

とはゆえ、周王朝はある意味バチカンやダライラマやテンノーケみてーな象徴システムの先取りともゆえ、
周王朝復活&国土6分割とか良くね?



836 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/22(金) 02:34:50 ID:Su9FxMJn
>>833
進化論否定のID派で、わりとましな意見も載せとこうかいのう。
http://www.dcsociety.org/id/information/080901.html
進化論と優生学の関係は、その通りで、相手の欠点は
さすがに観察されとるね。

837 :薄弱:2010/10/22(金) 02:52:26 ID:oAUNyIWC

俺は天地創造も進化論仮説も信じてねえよw何かを信じること自体が知の敗北だ
「君は天皇の為に戦いたいと思わないのか!」と「君は国粋主義を打倒したいと思わないのか!」が
モラルをカサにきたファシズムとして同根であることぐらい自明以前の理だし、
人類を滅ぼすのはモラルハザードではなくモラルファシズムであることを先覚する程度の才覚は標準装備してんよ
バカでなきゃ当然だろw
オマイがミイラ取りがミイラつうか、バカ叩きがバカになっちまってるメカニズムは手に取るように判るが
まあいいや好きに汁
アメリカ中西部の農民(笑)だって、対象化のアテ馬として存在意義はある
大気にゃ酸素と二酸化炭素だけありゃいいワケじゃない。
数が多いだけで毒にも薬にもならんくだらねえ窒素も、くせえメタンもあってこそ
多様性の尊重つうか、選択進化の尊い掛け捨て保険てヤツだギャハハハ



838 :薄弱:2010/10/22(金) 03:57:36 ID:oAUNyIWC

日本語は語彙どころか文字まで古代中国語に依存してんのに、文法が全く違うってのが逆に凄い
いやSOVとか文法どころでなく、ひらがな50音で全意味を表現できる仕組みは
アルファベット26音とか西洋文字にも通じる発想
ひらがな自体は中国漢字のアレンジだが、漢字みたく文字自体に意味を持たせず、音だけにする事で、
逆にわずか数十文字で全意味を表現できる処が味噌
母系文化とゆう側面もある縄文アイヌの言語は文字を持たないが、そんなセンスで平安女房どもが便利に魔改造しちゃったカンジ
かとゆって文字自体に意味を持つ漢字も備えていて、このハイブリッドっぷりは凄えな

日本語は言語とゆうより音楽で、意味とゆうより情緒を表現するものなのは、
「古池や蛙飛び込む水の音」を英文翻訳エンジンにかける滑稽さを想像すれば判る
まあ世界一ソフィスティケイトされた言語は、意味(笑)などとゆう不粋なモンの記号には収まらない音楽性すら獲得。
なので後天的に習得することが難しい
漢語は打楽器リズムだけ、西洋語はメロディだけ、漢字とひらがなの日本語には、その両方がハイブリッドされている
まあ膠着語とか孤立語とか辞書的定義論に囚われてるよーじゃ、日本語の本質など見えんだろうがなw



839 :薄弱:2010/10/22(金) 04:20:13 ID:oAUNyIWC

そんでひらがな50音はあ行以外は子音と母音がワンパケで、
そこが同じ純音文字でも、子音と母音が完全に分かれてるアルファベット26音と違うトコで、
母音単独のあ行もふくめ「一文字一音節」ってことだが、そうゆう言語って他にどうゆう分布なの?
いや俺はアタマいいだけで物知り(笑)じゃねーんで聞いてんだけど、
たぶんこれは語彙とか文法とか膠着とか孤立とかより、言語の根源的なセグメントになる気がしてね
文法なんてリクツだし語彙なんて借り物だが、文字てのは言語の細胞であり塩基みてーなモンだからな



840 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:03:26 ID:s2OLHrqb
>>819
>ウリジナル(笑)コンプレックスに囚われた半島人

そういう貴様は
オレジナル(嘲)コンプレックスの塊の島の土民


841 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:06:01 ID:s2OLHrqb
>>811
>「それは日本で生まれた」という目線「も」なくては片手落ちだ

「しか」ない貴様は全部落ち(嘲)

842 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:09:21 ID:s2OLHrqb
>>813
>止揚 アウフヘーベンとゆうのは、

こいつ、ヘーゲルとかいうトンデモを信じるヘーゲル狂徒かw

あのな、ヘーゲルってのは足蹴にして跳ぶための板でしかねえんだよ。
貴様みたいに「ヘーゲル大明神」なんていってる奴は2世紀遅れてるw

843 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:22:09 ID:s2OLHrqb
>>826
Y染色体は単一遺伝標識ではない。
実に多数の遺伝標識がある。精度も実に高い。
比婆の馬牛が知らないだけ。

そもそも、
>倭人が単一な遺伝型を持つ種族
なんていうことは、Y染色体によって
完全に否定されているwwwwwww

相手が何をいってるかも理解できん
比婆の馬牛に、学問なんぞ無理。
山でトマトでもつくってやがれwwwwwww

844 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:28:30 ID:s2OLHrqb
>何かを信じること自体が知の敗北だ
「全てを疑え」と信じることも知的敗北だw

全ては仮説。しかし仮説なしには何も語れない。
単純さを好むのは馬鹿。複雑さに耐えられるのが利口。

845 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:34:30 ID:s2OLHrqb
>>838
日本語の文字の使い方は安直の極致。
ひらがな、カタカナは、文字の音と意味を分ける点では進んでるが
子音と母音を分けなかった点では、全然分析が浅い。
当然のことながら、後発の韓国にハングルでブチ抜かれた。
「ハングルは韓国のオリジナルじゃない。契丹文字のパクリだ」
とかいうのは実にみっともない言い訳でしかない。

846 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:38:44 ID:s2OLHrqb
>>838
>漢語は打楽器リズムだけ、西洋語はメロディだけ、

オマエ、アタマだけでなく耳も悪いのか?
全然逆だろ。

漢語には声調がある。声調がうまくできないと通じないくらいだ。
逆に、ヨーロッパの言語は、アクセントしかない。
メロディもヘッタクレも無い。

日本語はどっちも中途半端。日本人同様ヌルいといわれる由縁。
まあ、どうせ日本語なんて扶余人の言語だけどな。
あれが縄文人の話してた言語だと思ってる奴はマジでオメデタイw

847 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:44:04 ID:s2OLHrqb
>>839
>俺はアタマいいだけで物知り(笑)じゃねーんで

オマエはモノもしらねえだけじゃなく
アタマもココロもわりぃ。

だいたい、日本が日本が日本が、といってる時点で自己愛性人格障害。
マトモな日本人はな、自分が日本人だなんて年がら年中意識しちゃいねえし
日本人だと思ったところで、全てを肯定せねばならないなんて、
アイデンティティクライシスに陥ったりしねぇんだよ。

メンヘル板でもいきやがれ。このアダルトチルドレンが!wwwwwww

848 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 08:49:09 ID:GuW+72K0
>>832 >>820 ありがとうございました。

849 :出土地不明:2010/10/22(金) 09:24:37 ID:ZNNo5hys
>>846
こころのそこからワラタw
で扶余人はどこからきたのかな
なぜ蝦夷だった東北が日本語を話して居るのかな?
しかも出雲そっくりの言葉で

縄文人は日本海沿岸全域が活動範囲だったんだが
まあその時代に縄文人と言う区切りは意味ないだろうな

850 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 09:45:33 ID:GuW+72K0
>>818 >>820-822
卑弥呼は修験道ではなく徐福のようですね。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/menu159-163

851 :出土地不明:2010/10/22(金) 09:48:07 ID:FNZaE8hT
>>834
内容を読むかぎり私宛っぽいので私が返答しますね。

進化論と創造論の対立はどうでもいいですよ。
あの問題の根源は宗教観であり、それをベースにした政治対立です。
というか、「宇宙人から直接きいたことだから正しい」と主張する本をまじめに紹介するサイトを見せられても
真意を測りかねますが・・・・

現在の生物学は物理や数学、地質学から化学まであらゆる学門が高度にからみあい
経済活動とも密接に関連し、民間企業まで含め研究者の数も動いてる金額も他分野とは比較にならない規模です。
それを否定するということは、現代の科学や自分がその恩恵をうけている生活のほとんどを否定するということですよ。
それがカルトでなくて、なんと言うのでしょうか。

852 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 10:17:49 ID:GuW+72K0
徐福仙薬ミッションYDNA
N1-LLY22g* 1.2% Proto-Turk-Yi/Yemaek -> Royal Clan Xufu Elixir Mission*
O2a-M95* 1.9% Yue Decorative Bronze Bell Casters Xufu Elixir Mission
O3a4-LINE1 3.1% Huadong Hans  Xufu Elixir Mission
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/index.html ← 本日のアップデート
*北狄系、南蛮系の2種ありと見た方が、鍛造鉄斧、鋳造鉄斧の2つの流れにフィットする。

853 :出土地不明:2010/10/22(金) 12:04:02 ID:UtdrlP1B
カルトと言ってそれを一概に否定するのもどうかと
アフリカの原住民(部族名は忘れた)には古くから伝わる
神話で星の話もあるようだし(高度な望遠鏡を使わないと確認できない
星の名前を知っていたらしい)考古学や人類学は神話を元に
科学的な検証をしていく人も居ますからね

854 :出土地不明:2010/10/22(金) 12:58:31 ID:EM0zQFcC
白馬鹿牛はカルト集団のサイトに入り浸って知識を得ているらしいけどね

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1284611490/740-741

855 :出土地不明:2010/10/22(金) 14:39:17 ID:o8YONVEI
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>852
>徐福仙薬ミッションYDNA
N1-LLY22g* 1.2%
O2a-M95* 1.9%
O3a4-LINE1 3.1%

これが呉越から来た双胴船に乗る鳥装の銅鐸族の正体でつね!!
http://img.asiantown.net/members/37448/miyaozokuA-0031.jpg

856 :出土地不明:2010/10/22(金) 15:18:41 ID:o8YONVEI
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

とすると>>852
南蛮出自のハニ族(アカ族)のようながN1-LLY22gが
卑弥呼とその後の皇統の正体なんですね〜(^-^)/
(但し、北狄も含む??)

N1-LLY22g* 1.2% Proto-Turk-Yi/Yemaek -> Royal Clan

南蛮
Yizu of Butuo 30%
Hani 11.8%
Nepal 1.3%
Taiwanese Han 3.6%
Han 3.0%
Guangdong Han 15.0%
Tujia 4.1%
Vietnamese 2.9%
Borneo 2.5%
Fiji 0.9%

857 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 15:31:00 ID:GuW+72K0
>>855
●秦始皇帝は徐福から不老不死の薬を得るために青年男女・百工・戦闘員等の請求を受け、当時制圧した
巴蜀方面の戦闘員と華東の人材等を与えた。
●船団は山東省を出航し、その直後に、皇帝は崩御したが、渤海湾を横断し、楽浪を南下、忠清道に
到着、ほとんどの乗組員はその地で上陸。永住するに到る。
●しかし、衛満の南下、漢四郡設置に伴い、徐福民は次第に新羅の方向に南下せざるを余儀なくされる。
●徐福民が忠清道に上陸する頃、既に満州から穢族の日本列島への移住が始まっていた。
●時代が秦・前漢へと移り変わり、更に、前漢が滅亡する頃、徐福民は穢人の後を追うように更に東方の倭国
への移住を開始。銅鐸圏に入り、見る銅鐸の鋳造に参画する。
●三世紀の初め、最後まで新羅に残っていた指導部も遂に日本に移住し、播磨を基盤に活躍し、これが
孝霊ファミリーとなって大和朝廷に入る。
江南の鳥装が日本にもたらされるのはこうした徐福民の移動によるものと考えます。

858 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 15:40:18 ID:GuW+72K0
>>856
皇統を全体的に考えるとN1-LLY22gですが、卑弥呼の場合相当な神仙思想(道教)の素養がないと
衆を惑わす革命家にはなれなかったはずです。当時の英雄としては曹操のような老獪な政治手腕
と博識が要求されたはずです。この点、箸墓の発掘をまたないと卑弥呼がどういう人だったのかの
断定はできません。

859 :薄弱:2010/10/22(金) 18:07:12 ID:oAUNyIWC

日本人最強の負け犬説とかマルチ輪姦ハイブリッド説を唱える俺を、
オノレの貧困なイメージでステロタイプ国粋主義者に単純化して叩きたいチョンが居るようだがw
まあバカに疎外感抱かせたり、生存競争本能レベルの殺意に至る嫉妬抱かれたりすんのは、慣れてっから別に笑っといてやるけど
利口なヤツってのは、
一見複雑なモノのシンプルな本質を見抜き、一見関係ないモン同士を関連付けてシンプルに止揚できる奴の事だよ
アドオンよりアウフヘーベン
付けたして複雑にするのはバカでもできる事で、知性とは単純明快さに向かうモノだ
余計バカに疎外感抱かせちゃったかな?w



860 :出土地不明:2010/10/22(金) 18:36:04 ID:z7YF9JBP
薄弱は言葉は乱暴で煽りを挟まずにはいられない奴のようだが
よく読むと奴のレスには一部なるほどと思わせるものがある。今のところは。
願わくば青牛と同類でないことを祈るばかりだ。

861 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:16:37 ID:s2OLHrqb
>>859
薄弱はただの見栄坊w
見栄坊は馬鹿なくせにリコウぶってクソ壷に落ちる。
いまどき、ヘーゲルをありがたがるところが最高の馬鹿wwwwwww
ヘーゲル左派が、へーゲルを抹殺し切った後では
アウフヘーベンもバウムクーヘンほどの価値も無いwwwwwww

862 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:22:21 ID:s2OLHrqb
>知性とはクリアに見通しシンプルに止揚することだ

馬鹿は複雑なことが理解できない。
どうにも止揚がないwwwwwww

863 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:28:02 ID:s2OLHrqb
>俺ならあんたの百分の一の知識であんたに勝てるよw

中卒ってイタイなw


864 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:30:16 ID:s2OLHrqb
>メタ目線

メタの意味知らずに勝手に憶測する中卒ってホントマジでイタイなwww

865 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:32:25 ID:s2OLHrqb
>アティテュード

英語の教科書にカタカナで振り仮名ふってる中卒って
イタタタタタタwwwwwww

866 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:33:54 ID:s2OLHrqb
>本質は常にシンプルだし、複雑なモンにロクなモンはねえ

物事に本質はねぇよ。本質は中卒馬鹿の戯言wwwwwww

867 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:36:20 ID:s2OLHrqb
>ニュートン君もアインシュタイン君も
>「誰も言えなかった事を言った」からこそ、
>小学生でも知ってるほどのインパクトと
>一般性を獲得したワケだが、

↑中卒馬鹿のイタタな見方wwwwwww

868 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:36:33 ID:EM0zQFcC










869 :出土地不明:2010/10/22(金) 20:39:08 ID:s2OLHrqb
>>868
中卒ウゼーwwwwwww

870 :出土地不明:2010/10/22(金) 21:26:17 ID:s2OLHrqb
そもそも止揚可能な矛盾は、真の矛盾ではない。

871 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/22(金) 23:30:35 ID:Su9FxMJn
>>849
山田秀三氏が指摘されるよう、縄文直系のアイヌ語にズーズー弁は無いよ。
ズーズー弁は、ツングース〜北朝鮮、日本海側の出雲、東北よのう。
http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_content&task=view&id=662&Itemid=81
http://outdoor.geocities.jp/esnosent/2.html
http://blog.goo.ne.jp/yokohama888/e/c201e1ae9b9d52ee1ff6b4b3e0679658
上の方で金達寿氏が、北朝鮮の『「平壌文化語」を、日本に例えると
仙台のズーズー弁だと言い、』
真ん中の「倭城と倭館」に、北朝鮮の咸鏡道を『咸鏡道のなまりはすこし
ズーズー弁で、』
下のほうも、司馬氏が『満州族の言語とズーズー弁の共通点』
詳しくは、女真人来り去るに、満州語を『出雲弁や東北弁の感じが
しないでもない。発音記号どおりに口ずさんでみると、ズーズー弁を
喋っているようでもあり、(思い出した。東北弁でキョウー今日ーを
チョウというあたり、満州語もそうである)』と。
東北日本海側の美人は昭和期からの概念で根拠は無いが、
東北の日本海側は、のっぺり顔が多く、東北の太平洋の縄文容貌と
違うね。椿宏二氏もそのことを指摘されとる。
http://books.google.co.jp/books?id=szGT-dJcJRsC&pg=PA141&lpg=R#v=onepage&q&f=false
『公家を含めた近畿、山陽の人たち、日本海側の人たちは満州族に
近縁である。』

872 :出土地不明:2010/10/22(金) 23:52:06 ID:JofC7bQm
中国紙、「沖縄は日本が不法占領」との論文掲載
2010.9.19 21:29

厳しい警備が敷かれる北京の日本大使館前=19日夜(共同)

 19日付の中国紙、環球時報は琉球(沖縄県)は明治政府が19世紀末に清国から奪い取ったもので、日本政府は
今も沖縄住民の独立要求を抑え込んでいるとの趣旨の署名入り論文を掲載した。
 中国大陸に近い尖閣諸島(中国名・釣魚島)については中国領であることは明白で「日本には中国と話し合う資格もない」と
結論付けている。

 筆者は在日中国大使館勤務経験がある商務省の研究者、唐淳風氏。
 論文ではかつての琉球王国住民の大部分は福建省、浙江省、台湾付近の出身で、言葉も制度も中国大陸と同じだったと断言。
(共同)



873 :薄弱:2010/10/23(土) 00:15:17 ID:1vCgNoDn

学術(笑)系の板だとここまでバカの琴線直撃するモンなのか。なかなか貴重な実験心理学的サンプルだな
真の矛盾wより真の止揚に意味があるんだが、それ以前に俺中卒wらしいからヘーゲルなんて素で知らんわ
思考にしか興味ねーんで学習に脳細胞割くシュミネーヨw

そんで俺の通ってた中学は都の西北で未だに革マル(爆笑)とかゆってるアホ学校で東洋文化専修なんだが
ゼミの教授に「天皇制はシャレである」とかゆったらマジギレされた事がある
賛成にせよ反対にせよ、天皇についてムキになるからいかんのよ
確かにナショナリズムなんざ幕末明治の輸入文化だが、
尊皇攘夷だ鹿鳴館だ、国粋主義だ自虐史観だと文字通り右往左往してねーで、
もう1世紀半にもなんだからイーカゲン慣れろよオマイラw日本人はもっとセンスある亜民族のハズだぜw



874 :出土地不明:2010/10/23(土) 00:30:03 ID:y37Syhjt
>>871
美人の件は渤海などからの移民のせいでは?
平安末の男衾三郎絵詞には金髪の異人が描かれていて、舞台は鎌倉だという。
青い眼をした東北人の話もそうかも。


875 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/23(土) 00:31:24 ID:145mnFw2
>>851
進化論者が唯物論を唱えても、DNAの起源説なんか一神教じゃし、
そがん違うたもんじゃ無いよ。科学万能信仰も度が深まると、狂信
カルト宗教となる。国家社会主義のナチスドイツも、ソ連科学的
社会主義国家も、科学的社会進化論を国家に反映しただけのこと。
我が日本帝国も上層部エリートに理論的妄想をする連中が占めた。
http://saiki.cocolog-nifty.com/shoka/2008/09/post-ba11.html
『授業はほとんど理科系の教科で占められ、数学の能力如何が席次を決める
重要な要素になった結果、「理論的」な人間ばかりが上位を独占するように
なった』『海軍の本家本元である英国では「理論的(セオレティカル)」と
いう言葉は、現実を知らぬ空論化という軽視の意味がこめられている 』
と、大体科学信仰の理科系連中は、空理空論で現実を知らんけぇのう。
あんたの現代の科学文明賛美も物質的問題に還元して、自己妄想する
だけよ。
http://www.d1.dion.ne.jp/~masehts/mahts/anzen9907.html
http://y-kyorochann.at.webry.info/200412/article_8.html
http://www.melma.com/backnumber_178647_4472694/
勝海舟氏の「世間は生きている 理屈は死んでいる」よ。
まあ、世間は生きたイカで、理屈、理論は死んだスルメじゃけぇのう。
理科系科学者なんか特に死んだスルメで理論妄想しよるだけじゃ。
社会科学系の経済学者も、人文科学の歴史家ですら文献妄想があるに
しても。民族学(民俗)が現実に生活する人間(イカ)を対称にするが、
生物学者は研究室に籠って、スルメの機能を分析し妄想するだけの
ように、理科系の方が狂信的妄想にとりつかれるわいのう。(笑)

876 :出土地不明:2010/10/23(土) 00:46:05 ID:LxRWDoz+
薄弱はなんで(ゆう)とか
(ゆった)って使うの?
これが中卒言われる原因と思うけど

877 :薄弱:2010/10/23(土) 00:46:42 ID:1vCgNoDn

危惧するトコロは判るがトラウマ的バイアスかかりすぎー
科学はアニミズム多神教の子であり、一神教の子は広告だよ
日本は広告代理店が実効支配する世界唯一の国と地域であり、それは日本最大の痴部wとゆってよい

おっといかんいかん。こいつにあまり判りやすいテキを与えては面白くないw
も少し右往左往wしてもらおうか



878 :薄弱:2010/10/23(土) 00:49:32 ID:1vCgNoDn

いや別に厨卒でいいよw
それでもオマイラに与えるハンデとしてわ足りな杉るくらいだ



879 :薄弱:2010/10/23(土) 00:57:42 ID:1vCgNoDn

ゆっといてナンだが学術系とゆうより思想系なんだよなこの板
やっぱ根源論て、ぜってー民族主義やナショナリズムやその反動や、可愛らしいバイアス掛かるからw



880 :出土地不明:2010/10/23(土) 00:59:35 ID:LxRWDoz+
いやね前にネトゲしてたんだけど
チャットでそれを使うのて中高生だったから

881 :出土地不明:2010/10/23(土) 01:09:32 ID:LxRWDoz+
あと牛さんに質問がある
鳥居のルーツは定説が無いようだけど
それについての見解はあるだろうか?

882 :薄弱:2010/10/23(土) 01:16:57 ID:1vCgNoDn

厨工生じゃオマイラの相手にわハイレベルすぎるな
できれば小学生や園児レベルの語彙でやりたいんだが、そこまでいくと逆に難しい。つか万度臭いw
まあ ゆ とか わ ぐらいの厨坊言葉でカンベンしてくれよ。これでもバカに疎外感抱かせないように気ぃ使ってんだからさw



883 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/23(土) 01:38:24 ID:145mnFw2
>>858
卑弥呼の「鬼道に事へて、能く衆を惑わす」は、陳寿の道教の影響が
見られますね。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/oldkino/Tao626.html
このブログは、面白いですよ。大林太良氏が「古代朝鮮半島の諸民族の
地理的」で、井上秀雄氏の近代領土国境概念じや無く、東南アジアの
諸民族の生態から倭や韓の部落単位の見識や、エーバーハルト説も
出ております。ただし、わしが南方越説に反対は云うまでもないこと
です。わしは、南方説を南方誘致する必要も無く、原アジア的と考えて
おりますからね。
まあ、神道の上代要素は、中華道教要素と、縄文的、原アジア的
シャーマニズムと、アストン氏も指摘される、朝鮮渡来、背後の北アジアの
シャーマニズム要素が重なったもんでしょう。
古墳期以降の天体太陽崇拝モチーフは、匈奴じゃの内陸アジアの
牧畜民要素ですから、日本人は天孫民族なんです。
>>874
『秋田美人の謎』の新野直吉氏は、昭和になるまで秋田に美人が多い云う
文献が無いけぇ、渤海に結びつけたり、更にコーカソイドも混じったかも
知れんと美人が渡って来たと書いておられるけど、秋田美人論に関しては
根拠が薄いね。
まあ、東北の太平洋側の縄文系の要素が強い顔から、東北日本海側へ
行くと朝鮮系の美人顔が増えたのう思うたけど。
東北日本海側も出雲と比べたら当然、美人は少ないね。
わしゃあ、青い眼をした東北人なんか見たことないよ。
金髪なら鮮卑系要素の強い渡来系東漢氏の坂上田村麻呂もそうじゃったね。
文献の表現が事実とは限らんけど。

884 :出土地不明:2010/10/23(土) 01:49:58 ID:Jk6ek/SK
朝鮮系の美人顔

ttp://blog-imgs-40.fc2.com/a/r/e/aresoku/20070225117235246938779800.jpg

ttp://blog-imgs-40.fc2.com/a/r/e/aresoku/20070225117239227186594000.jpg

ttp://blog-imgs-40.fc2.com/a/r/e/aresoku/20070221117204906510881600.jpg

ttp://blog-imgs-40.fc2.com/a/r/e/aresoku/20070509117870061377610400.jpg

ttp://blog-imgs-40.fc2.com/a/r/e/aresoku/20070509117870061322103200Y.jpg

ttp://blog-imgs-40.fc2.com/a/r/e/aresoku/200701271169825708274282001.jpg

ttp://blog-imgs-40.fc2.com/a/r/e/aresoku/20070127116982571636375900.jpg

ttp://blog-imgs-40.fc2.com/a/r/e/aresoku/20070127116982571958841300.jpg

885 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/23(土) 01:55:19 ID:145mnFw2
>>881
鳥居も北方から南方まであるけぇのう。
http://matmkanehara.blogspot.com/2010/01/blog-post_30.html
http://www.geocities.jp/ramopcommand/_geo_contents_/090718/Manchukuo00C.html
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20090304/torii
上のブログ文に北は満州、西はブータン、インドと写真は、
チベット・ビルマ系アカ族の鳥居。
真ん中のブログ、下の方の写真は、満州の鳥居。
下の方のブログに、殷の想像図映像が出とるけど、
これだけ広がりのある鳥居のルーツなんか一方的に決められる
もんじゃ無いね。

886 :出土地不明:2010/10/23(土) 02:28:26 ID:LxRWDoz+
>>885ありがとう
やはり難しいものですね
日本は古い文字でもフェニキア文字とか
その他にも別系統の文字も見つかってるようで
半島人だけじゃなく遠い異国人も渡来してた?
ということになるのか・・・

887 :薄弱:2010/10/23(土) 02:36:04 ID:1vCgNoDn

夏王朝の遺跡人骨のDNA漁ったらコーカソだったなんてdデモ説の真偽は、厨国のゆう事だしw知らんが
イベリヤ半島だかどこかの村には、むかし日本武士の集団が移住し種蒔いたせいで、
いまでも蒙古斑のある紅毛碧眼が産まれるとゆう
まあそれは中世近世のハナシだが、国境(笑)意識のない古代人は基本的にコスモポリタンで、
交通技術に差があるったって、ユーラシア横断すんのにヒコーキとウマで1年も違わんし、
黒髪黒目で完璧に日本人なんだけど、ロシヤのニュアンスを感じずには居られない秋田出身の長身美女がクラスに居たが、
日本人の形質に埋もれたニグロやコーカソのD・N・Aの断片ぐれーフツーにあんだろ。無い方が不思議

白だ黄だと適応放散した後に、再結集した処が日本人のマルチハイブリッドっぷりなのだが、
妖怪萌えとしか思えねー日本の民話とかもう「異形」の宝庫だし、世界の東の果ての吹き溜まりのスタッフ構成について
いや海路遭難漂着の確率スゲーだろここ。海岸線全長とか厨獄と大差なくね?
しかも外海にはりだした定置網みてーな立地で、赤道海流(黒潮)と北極海流(親潮)がモロ当たりだし

カンケーねーけど
野鯉>ニグロ
アルビノ鯉>コーカソ
錦鯉>モンゴロ
黄人は白人より新型なのに、白人より旧型の黒人のようにカラード扱いされてるが
ユニークなのは、黄人は「色素を再獲得した白人」とゆう位置付けも可能な点だ
黄人とゆうと寒冷適応のイメージだが、こいつらアリューシャンにも赤道直下にも居るわけで
そのゴキブリッシュな生命力は、最新型の人種であるとともに、
人類のオリジナルである黒人より古い形質も取り込んでねえか錦鯉?



888 :LUNAMASK:2010/10/23(土) 09:50:24 ID:tuhFtm+e
>>883
>古墳期以降の天体太陽崇拝モチーフは、匈奴じゃの内陸アジアの
>牧畜民要素ですから、日本人は天孫民族なんです。
渡来系の頂点に立つ天皇族・天孫族が天体太陽崇拝モチーフと言うことだと思います。

889 :出土地不明:2010/10/23(土) 10:01:04 ID:SM+nH80e
>>873
>真の矛盾wより真の止揚に意味があるんだが、
どう止揚もないなw

>俺の通ってた●学は都の西北で
>未だに革マル(爆笑)とかゆってるアホ学校で
>東洋文化専修
奇遇だな。オレの出身大学も都の西北だ。
ただ、全学ストに唯一参加しなかった悧巧学部だがな

たしかに文学部はトンデモのスクツだな。
バカ田にしても低脳義塾にしても大学の教授陣を
内部出身者で固めてる限り、バカばっかりだw
理工系なら到底考えられないゾw

890 :出土地不明:2010/10/23(土) 10:09:05 ID:SM+nH80e
>>877
>科学はアニミズム多神教の子
全くイミフ。
これだからポスモダ野郎は困るw

>学術系とゆうより思想系なんだよなこの板
確かにヘーゲル以降の哲学は学問ではなく
思想という名のカルト宗教だなw

大体、今の哲学ってのはフレーゲ以降、分析哲学なんだよ。
研究者は大抵、論理好きの数学ヲタクと相場が決まってる。

民族主義とかナショナリズムとかいうのは
自己愛性人格障害の症例であって、
精神医学の研究対象だなw

891 :出土地不明:2010/10/23(土) 10:29:33 ID:SM+nH80e
>>887
今時 ○□△※イドなんて古臭い言葉使ってんじゃねえよ。若爺ィがw

大体、アルファベットだってフェニキア人が作ったもんだし
数字だってインド人が作ったもんで、どっちもヨーロッパ発祥
じゃねえだろ。

「オリジナリティ」にコダワルのは
SEXしたくて♀にエエカッコしたがる
発情中の♂の習性。
全てはホルモンのせいってこったな。

892 :出土地不明:2010/10/23(土) 10:38:34 ID:SM+nH80e
>黒髪黒目で完璧に日本人なんだけど、
>ロシヤのニュアンスを感じずには居られない
>秋田出身の長身美女

実際には、ロシアじゃなくアイヌの影響

↓ロシアの影響
ttp://www.flickr.com/photos/rctravel/21855944/

金髪碧眼なのに顔は完全にモンゴル系。

ホトン(Khoton)という部族は、Y染色体の8割がR1a1、とロシア系。

ttp://www.sci.hokudai.ac.jp/~tkatoh/mongolian.html


893 :出土地不明:2010/10/23(土) 10:53:22 ID:SM+nH80e
>ムキになるからいかんのよ

こういう奴に「皮剥けてないだろ?」というと
なぜかマジでブチきれる。


894 :出土地不明:2010/10/23(土) 11:12:12 ID:SM+nH80e
>天皇制

というのは
・封建制度における将軍および諸大名から権力を奪う口実
に過ぎないんだなw

明治維新ってのは一種の事業仕分けな訳よ。

で、次の事業仕分けでは・・・ズバリ天皇制廃止w

895 :出土地不明:2010/10/23(土) 11:31:49 ID:tu4eB09x
大久保工科大学にいたんじゃ戸山の女子大さえ眩しくみえるわな

896 :出土地不明:2010/10/23(土) 13:35:20 ID:8H2kaZpR
アイヌは縄文直系じゃないだろ
こうだと思うが?

港川人+ロシア系→アイヌ人
港川人+ポリネシア系→琉球人
港川人+??系→縄文人

縄文人+弥生系→日本人

897 :出土地不明:2010/10/23(土) 13:47:35 ID:2wgoxzFk
縄文人(YAP+)7割 + 古アジア諸族(ニブヒなど)3割 ⇒ アイヌ(北海道・樺太・千島)
縄文人(YAP+)6割 + 南中国系3割 + 貝文縄文人1割 ⇒ 本土日本人(本州・九州・四国)
縄文人(YAP+)6割 + 貝文縄文人2割 + 南中国系2割 ⇒ 沖縄日本人(沖縄・先島)

港川人がD2かC1かは知らん。


898 :出土地不明:2010/10/23(土) 13:53:22 ID:2wgoxzFk
日本の場合に天皇家(神武天皇父系子孫)がD2、藤原氏系(藤原不比等父系子孫)がO2b
の可能性だけは非常に高いが、D2(縄文人のDNA)が目障りな連中は薄弱のように
天皇制も廃止したいのだろう。チョソらしいが。


899 :出土地不明:2010/10/23(土) 14:50:24 ID:qAPSZWwW
悔しいニダ、イルボン天皇制。
しゃくにさわって仕方ないニダ、日王と呼ぶニダ。
日王は朝鮮人ニダ、騎馬民族ニダ、ツングースニダ、扶餘ニダ、
突厥ニダ、煉鉄奴隷ニダ、Y-C3cニダ、Y-O2bニダ、Y-N1c1ニダ ぎぎぎ。

900 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:08:23 ID:2wgoxzFk
>>899
一応O2b(日本人が一番比率が高い。最も高率なのは先島諸島)は、
それらの中で別物なので、分けておいたほうが良いかと。


901 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:09:43 ID:LxRWDoz+
>>899
おちつけw

902 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:11:57 ID:SM+nH80e
>アイヌは縄文直系じゃないだろ

直系だろ。

   ┌アイヌ
縄文人┤
   └日本人

馬鹿か?

903 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:17:07 ID:SM+nH80e
>>897
>縄文人(YAP+)6割

残念だな。D2はYAP+だが、O2bはYAP-だ。つまり

 縄文人(YAP+) 3割
+半島系(O2b)  3割
+華南系(O3)  3割 
+貝文縄文人(C1)1割 
⇒本土日本人(本州・九州・四国)

904 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:21:20 ID:SM+nH80e
>>898
>天皇家(神武天皇父系子孫)がD2、
>藤原氏系(藤原不比等父系子孫)がO2b



天皇家がO2b1
藤原氏がD2

の可能性が高い。

>D2(縄文人のDNA)が目障りな連中は
>薄弱のように天皇制も廃止したいのだろう。



D2だから、半島系のO2b1を絶滅させたい。
天皇家の絶滅など、はじめの一歩にすぎない。

905 :薄弱:2010/10/23(土) 15:23:58 ID:1vCgNoDn

多数派っぽく見せかけたいのは判るが、迷惑だから1レスにまとめて書けよwただの形容詞ワルクチなんだから
しかし厨卒(笑)のチョン(笑)の俺相手にこの余裕のなさは凄いな。すべての言葉尻の穴にツッこんでくる律儀さには愛すら感じるよw
そんな後ろ向きな変態行為に、君の貴重な時間を割かせてしまった事に申し訳なさすら感じるわ
こっちはタダの飛沫武士で申し訳ない。君にそんな脅威を与えるほど大した事書いたつもりもねーんだけど
君の人生経験レベルでは斬新すぎたんだろうね

俺は「思想的実体のないフレキシブルで便利な仮想アイデンティティ」としての天皇制支持者だが、やらされる方はたまったモンじゃねーだろなw
ヨノナカには社会主義やイスラムなんかをアイデンティティにして心中しちまう、融通の効かねーバカ国家もあるワケだが、
日本人は、なんの宗教・主義・思想とも心中せず、
思想的実体のない近姦白痴を仮想アイデンティティに、情緒しか表現しねー無意味な音楽言語を仮想プロトコルに、
稲作から仏教から律令制から帝国主義から民主主義まで、そんとき最もトレンディ(笑)でオンデマンド(笑) な主義思想を、
ご都合でトッカエヒッカエし、しなやかにしたたかに生き延びてきた
しかも「神仏習合」なんて宗教的ムチャがあったり、「最も成功した社会主義国家」と揶揄されてみたり、2股3股はアタリマエw
まさに最強の負け犬にして人類最新型のマルチ輪姦ハイブリッド。倭亜民族の面目躍如である

しかしここ1〜2世紀ほどの間に、開国やら総力戦争やら、
テンノーケに対して、賛否とわず思想(笑)レベルでムキにならざるを得ない出来事が色々あってね
これはもう「思想的実体のないフレキシブルなご都合アイデンティティ」とゆう、便利な天皇の使い方を間違えてるとしかw
アイデンティティ(自己同一性)やその国家形であるナショナリズムなんてのは、地続きの国境で他者と直面し自己対象化を強いられてきたヨーロッパ人の発想で、
そんな幕末明治の輸入文化を、ハンパな自我を抱えた市民革命童貞のなんちゃって民主主義市民が真に受けて
やれ尊皇攘夷だ鹿鳴館だ、国粋主義だ自虐史観だと、文字通り右往左往(笑)してんのが近代日本史の萌え処w
でもま大多数の日本人は、そんなもん真に受けちゃいねんだけどな



906 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:29:55 ID:SM+nH80e
>>899
扶余人たる天皇家の支配に最も怒っているのは原住民たる縄文人。
縄文人は蝦夷だアイヌだ土蜘蛛だエタだと侮蔑されてきたのだ。




907 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:37:22 ID:SM+nH80e
>多数派っぽく見せかけたいのは判るが、
IDがあることに気づかぬほど馬鹿ではないよw

>厨卒(笑)のチョン(笑)の俺
文系は高校でやる生物学すらロクに知らんから中卒と同じw

>すべての言葉尻の穴にツッこんでくる律儀さ
理系は全ての穴を塞ぎたがる。
文系のように口先三寸で誤魔化すことはしないw

>タダの飛沫武士
武士にしては刀の管理が悪い。刃がボロボロだ。
ん?D-Joke?まだそんなDQNなことやってるのかw

908 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:40:39 ID:SM+nH80e
>「思想的実体のないフレキシブルで便利な仮想アイデンティティ」
無節操で一貫性無視の御都合主義者、か
もともと、論理なんて理解しちゃおるまいよ。
なんたってヘーゲルヲタなんだからwwwwwww

>天皇制支持者
なんだ権力が怖いチキンか。
ま、まっさきに国家が蒸し焼きにしてくれるだろうよ。
国家は忠実な民ほど先に食べたがるからなwwwwwww

909 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:44:26 ID:SM+nH80e
>社会主義やイスラムなんかを
>アイデンティティにして心中しちまう、
>融通の効かねーバカ国家

実は理由はどうでもいいんだ。
半分は自己陶酔のナルシシズム
半分は自己犠牲のマゾヒズム
両者が絡まりあう二重螺旋の紐で
快楽の中あの世に逝けるってわけだ。

変態は生が一番だと考えない。
どうせ死ぬなら快楽の中で死にたい
そういう連中なんだよwwwwwww

910 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:48:58 ID:LxRWDoz+
>「神仏習合」なんて宗教的ムチャがあったり

多神教国家民族だからこそじゃね?
九十九神の様に人工物にまで神がいるんだもの

911 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:49:37 ID:SM+nH80e
>日本人は、なんの宗教・主義・思想とも心中せず、
>思想的実体のない近姦白痴を仮想アイデンティティに、
>情緒しか表現しねー無意味な音楽言語を仮想プロトコルに、
>稲作から仏教から律令制から帝国主義から民主主義まで、
>そんとき最もトレンディ(笑)でオンデマンド(笑) な主義思想を、
>ご都合でトッカエヒッカエし、しなやかにしたたかに生き延びてきた

日本人の大半は一般大衆。(日本人を人類に置き換えてもいい)
そもそもアイデンティティなんてありゃしない。
言葉は通じりゃいい。音程もリズムもありゃしない。
トレンド(傾向)もデマンド(需要)もありゃしない。
そもそも人類は生まれて高々百万年。
地球の45億年の歴史に比べたら「生き残った」なんて
とてもとてもいえやしない。どうせ今世紀には滅びるし。

912 :出土地不明:2010/10/23(土) 15:53:06 ID:SM+nH80e
>「神仏習合」なんて宗教的ムチャがあったり、
汎神論においては仏も神、ということだw

>「最も成功した社会主義国家」と揶揄されてみたり
帝大法学部卒の官僚サマが支配するという点では
ソ連の社会主義体制と大した違いはないw

>倭亜民族
亜はアジアの意味か?
なら倭人はアジア人ではない。
倭はアジアではないのだよ。


913 :薄弱:2010/10/23(土) 15:57:50 ID:1vCgNoDn

この「イロイロ利用するがイチイチ真に受けない」とゆう列島人の叡智を、
半島人や大陸人が理解するにはあと半世紀ぐれー掛かりそうだが。まあ若いうちはムキになるのも悪くないがねw
世界の東の果ての吹き溜まりとして、世界一ソフィスティケイトされた雑種文化を醸成してる列島人からすると、
トコロテン通過点に過ぎぬが故にウリジナル(笑)コンプレックスに囚われた半島人や、
でけーマトとして欧米列強の草刈り場にされたトラウマを、されなかった日本にヤツアタリしてる大陸人は
正直ヤレヤレな感じで、少しは列島人の叡智に学べよって感じだが
そうゆう未成熟なメンタルのヤツってこのスレにも居るよな。まあ若いうちはムキになるのも悪くないがねw



914 :出土地不明:2010/10/23(土) 16:00:51 ID:SM+nH80e
>「思想的実体のないフレキシブルなご都合アイデンティティ」
>とゆう、便利な天皇の使い方

最後の使い方は
「日本に巣食うダニどもと一緒に天皇を葬り去る」
ってところだな。

島の中でマッタリ生きることが至上の幸せ。
半島や大陸の騒ぎは「ああ、昔この島でもあったよな」と
想いに耽ればいいだけのこと。

若者はSEXでもしてればいい。
文明は人間とSEX馬鹿にするためのもので、
SEX馬鹿になった順からみっともない死に方をする。
先に栄えれば先に滅びる。FIFOだな。
ん?知らない?First In, First Outだよ。
キューはFIFO、スタックはLIFO(あるいはFILO)

915 :出土地不明:2010/10/23(土) 16:07:46 ID:SM+nH80e
>「イロイロ利用するがイチイチ真に受けない」とゆう列島人の叡智
貴様がイチイチ真に受けないからといって、
この島の人間がみなそうだと思われると困るなw
戸山”女子”大ではどうだかしらんが
すくなくとも大久保工科大ではそういう奴はオチこぼれるw

>世界一ソフィスティケイトされた雑種文化
レンホーじゃないが、なんで「世界一」じゃないといかんのだ?
一番にコダワル時点で、既に人間としてヤヴァいってもんだ。

>ウリジナル(笑)コンプレックスに囚われた半島人
オマエ、韓国人の知り合いいないだろ?
ああ、文学部って留学生来ないのか?
まあ、理工学部にくる留学生で「世界に冠たる韓国!」
なんて真顔でいう奴はいないけどな。
でも、ソウルの一等地でマンション暮らし
だったりするらしいけどw

916 :出土地不明:2010/10/23(土) 16:10:18 ID:SM+nH80e
>ソウルの一等地でマンション暮らし

いっとくが、本人は実はそんな話はしてなかったんだが
ソウルに旅行にいった知り合いが、たまたまその留学生の
Pak氏の住まいを訪ねたら、そういうことだったって話。
まあ、もう会社員で所帯もちだったんだけどな。

917 :薄弱:2010/10/23(土) 16:21:27 ID:1vCgNoDn

俺の言葉尻の穴を愛してやまないガチホモが居るようだが、俺にそんな変態趣味は無いんでイチイチ付き合えず申し訳ないw
アタマのいい理系は、関連付け止揚センスの効いた単純明快な文章を書く名文家でもあるモノだが、
アタマの悪い理系て「どーせ生殖しねーなら穴なんてケツでいいだろ」みてーな理屈持ってそうだなw
自分には学習しか出来ない、思考が出来ない事が内心判ってて、
関連付けとか止揚とか、学習だけじゃできねー思考の産物を、つい否定したくなっちゃうんだろうね
「論旨そのもの」ではなく「言い方」つまり言葉尻の穴にツッこんでまでw
文面に滲みでる精神年齢からして、まだ若いとゆうか幼いだろうに、ずいぶん諦めるの早いなw
君だって今からでも頑張れば、憧れの俺みたいにできるさ!
まあいくら憧れの裏返しで嫉妬されても、ケツの穴貸す気はねーけどなギャハハハw



918 :出土地不明:2010/10/23(土) 16:21:50 ID:oJ+fjTIn
薄弱さんの考えは、まじめで、共感できるがなあ。
長い時間軸のさまざまな時代に 北や南や西や東から、
いろんな人たちが渡来して、日本人が形成された。
これらの、人ともにもたらされた文化が、滞留点である日本列島に
混入して、相互に影響を与えて、新しい独自の文化が生まれた(止揚)。
日本人が誇りにするのは、こういった文化であり、
他国に対しての人種的な優越を論ずるには、非ずということだ。



919 :薄弱:2010/10/23(土) 16:26:21 ID:1vCgNoDn

>>918が自分のタイミングの悪さを呪っている件w



920 :出土地不明:2010/10/23(土) 16:36:30 ID:SM+nH80e
理系は「止揚」という言葉を使わない。
そもそも使う場面がない。

科学においては一万の発想のうち九千九百九十九は無駄
という場面は日常茶飯事である。
文系のように、自分の発想を絶対の真実だとして
自慰行為に耽るなんてことは不可能である。

「論旨そのもの」は無いので否定しようがない。
もし薄弱が最強だとすれば、そもそも論旨がないからだろうw

>憧れの俺

女性の***にいれて三秒で発射する君にはあこがれないな。
大体、君、***にいれたって、亀頭とこすれてるのは
自分の皮だろ?それじゃオナニーと変わらんよw

921 :出土地不明:2010/10/23(土) 16:42:51 ID:SM+nH80e
ところで

>関連付けとか止揚とか

「関連付け」という言葉はいつから神格化されたんだ?w

googleで調べたら上位は貴様のザーメンカキコばっかりだった。


922 :出土地不明:2010/10/23(土) 16:56:27 ID:SM+nH80e
これ、読んだ瞬間、統合失調症の人が書いたのかと思ったが
よく読めば、正常な人がワケワカラン風に書いた文章と判る。
そこが、なんつーか、ホンマモンと違って詰らんw

未来の魚は】雑魚ハンター21世紀【軽量コンパクト

327:雑魚:2010/03/12(金) 05:37:20
思考とわ、ものすごいスピードで遠回りする事だ
脳内シナプス走行距離が長いほど、
関連付けの飛距離が伸びるが、
速度がなければ止揚に至らない
止揚が可能な速度でありながら、
恐ろしく時間が掛かる、ほどの脳作業量
とりやえず、贅沢で希少なエクスペリエンス、
とだけゆっておく

923 :出土地不明:2010/10/23(土) 16:58:05 ID:SM+nH80e
どうも「関連付け」の源は、半分は脳のシナプス
もう半分はリレーショナルデータベースらしいw
しかし、どっちもよく分かってないだろ。文系じゃなw

未来の魚は】雑魚ハンター21世紀【軽量コンパクト

489:雑魚:2010/04/29(木) 20:32:27
さかし豊かな教養も関連付けと止揚が出来ないのなら
脳細胞無駄遣いの不良債権にすぎねー事を
証明する程度にわアタマいいな折れ。
オマイラ人類が嫉妬と生存競争本能から
折れ様に殺意抱くのも判るわ
さかし本人わ、この演繹やら帰納やら三段論法やら
凡愚どもの于遠な思考マニュアルをブッチした
最短直線距離リレーショナルデータベース
関連付け止揚センスに満ちたジーニヤスな論理展開に
「オマイラよりマシ」程度の感慨しか抱いていない

494:雑魚:2010/04/30(金) 10:44:18
結局のところ脳内のイベントの全てわ渡り廊下で発生し、
関連付けと止揚わ路上でしか行えないストリートライブなのだが

924 :出土地不明:2010/10/23(土) 17:00:58 ID:SM+nH80e
そういえば、なんかこんなものもひっかかった。

【九州私学の雄】 西南学院大学 71号館 【リア充】
663: 学籍番号:774 氏名:_____ 2010/10/06(水) 05:44:14
如何にフレキシブルに脳味噌を動かせず、
リレーショナル関連付け止揚ができない
稚拙さであるかがよく分かるものだw

925 :出土地不明:2010/10/23(土) 17:05:37 ID:SM+nH80e
もしかしたら薄弱クンのいう「止揚」は
いまどきの理系の連中のいう「創発」のこと
かもしれんな。文系、言葉知らんからw

もっとも創発ってのはつまるところ
「単純かと思ったら実は想像以上に複雑でした!」
ってことで、まさにシンプルイズベストという発想の
全面否定なわけだが。わかってるか?Hack-Jack!
(を、この名前カッコええじゃん)

926 :出土地不明:2010/10/23(土) 17:09:32 ID:SM+nH80e
>この世界の大半のモノ・生物等は
>多層の階層構造を含んでいるものであり、
>その階層構造体においては、仮に
>決定論的かつ機械論的な世界観を許した
>としても、下層の要素とその振る舞いの記述
>をしただけでは、上層の挙動は実際上予測困難
>だということ。

ホフスタッターの「ゲーデル・エッシャー・バッハ」だな。
ま、文系の連中はまず読まない本の一つだな。
理系の連中でこれ読まないとモグリ・・・とはいわないが
すくなくとも情報系なら、これ読んで自己印刷プログラムを
一度でも書いてみるってのが”通過儀礼”だわな。

927 :出土地不明:2010/10/23(土) 17:19:22 ID:SM+nH80e
そういえば「ゲーデル・エッシャー・バッハ」に
DNAの3塩基配列(コドン)とタンパク質のアミノ酸
の対応関係の説明もあったな。

でも生物屋は「ゲーデル・エッシャー・バッハ」なんて
読まないんだよなあ。あいつら数学ニガテだから。

928 :出土地不明:2010/10/23(土) 17:20:11 ID:usseQl9R
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>885
リンクされているブログに興味深い毎日新聞の記事が載ってます〜(^-^)/
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20080612/chang

『震源は天孫族の隠れ里=金子秀敏』
これによると古代羌族である四川のチャン族は、日本語を聞くと半分ぐらい理解できるそうです!!
やはりチベット・ビルマ語族が天孫族の正体ですね〜(^-^)/

>この記事にもあるように、日本語とチャン語に、似たような発音の単語が多いということだろうか。
>例えば「タタミ」という単語は同じ床を表すという。
>羌族の宗教でも、日本に似ている要素がある。
>天孫降臨神話を持ち、天孫を自任していることや、太陽神、祖先神、山の神、樹木を崇拝すること。

929 :出土地不明:2010/10/23(土) 17:43:37 ID:LxRWDoz+
>アタマのいい理系は、関連付け止揚センスの効いた単純明快な文章を書く名文家でもあるモノだが

頭のいい薄弱さん、文章が無駄に多すぎて疲れます
単純明快でお願いします。

930 :出土地不明:2010/10/23(土) 17:58:17 ID:AMQhZi+3
古代河川の水運の状況が知りたいなあ。
なんかいいまとめは無いものだろうか?

931 :薄弱:2010/10/23(土) 18:14:18 ID:1vCgNoDn

すっかり私立文系ヤクタタズキャラにされた厨卒(笑)だが
神の宿らないディテールに興味が無く、ヘーゲル(笑)もよく知らんまま止揚とゆうオイシイ概念だけ贅沢にツマミ食いできる天才シロートとしては
すべてのディテールを各駅停車で地道になぞらねーと、思考はおろか学習(笑)もできねーオマイラを見て
「バカって大変だね」としかw頼んでもいねーのにナニ遠慮してんだ?
本質なんてモン自体が、遠慮なく最短直線距離で突くしかねーモンだし、最短直線ルートはそのつど自作するしかない
それは出来る奴には一番シンプルな方法だが、出来ない奴には困難ではなく不可能なので、
出来ない奴から全否定されるのは見飽きた風景だがな



932 :出土地不明:2010/10/23(土) 18:43:45 ID:SM+nH80e
>>931
オレは私立理系アスペルガーのナード(nard)かいw

「神」ってのは「不可解なもの」という意味でしかない。

ヘーゲルはどうせカントにいちゃもんつけたい一心で
弁証法だの止揚だの正反合だのとわめいてるんだろw

各駅停車の例えは愚劣きわまりない。
正しくは駅毎に二方向に分岐していく線路網で、
終点に「当たり」と書いてある線が1つしかない
というところか。行きつ戻りつは必然ってわけだ。

文系馬鹿は自分では考えもせず、答えが出たところで
カンニングしようって魂胆だから一番になりようがない。
一番になりたきゃ馬鹿になるしかないのがこの世の定めw

933 :出土地不明:2010/10/23(土) 18:50:45 ID:SM+nH80e
>>931
文系馬鹿はP/NP問題なんて知らないだろうなw

命題論理の論理式に対して、これを真とするような命題変数の真偽値
の組合せが存在するかどうかを調べる充足可能性問題というのがあるが
これがNP完全問題。

つまり、答え(充足可能な真偽値の組合せ)が判っていれば、
それが答えであることを確かめるのは多項式時間でできるが、
そもそも答えがあるかどうかを調べる多項式時間アルゴリズム
は存在しないだろう、というわけだ。

文系馬鹿は「オレは即座に答えが思い浮かぶぜ、フフン」と
いうんだろうが、口からデマカセの与太でしかないw


934 :出土地不明:2010/10/23(土) 19:01:55 ID:AMQhZi+3
いや、モンテカルロ法は与太ではないだろう。

935 :出土地不明:2010/10/23(土) 19:07:49 ID:SM+nH80e
>>934
>モンテカルロ法は与太ではないだろう。

モンテカルロ法は所詮確率だから
いつでも一発であたるとはいえない。

936 :出土地不明:2010/10/23(土) 21:20:20 ID:3OxC4RqW
>>932
nardじゃなくnerdな


937 :出土地不明:2010/10/23(土) 23:00:31 ID:SM+nH80e
>>936
確かに

938 :ルリア:2010/10/23(土) 23:47:06 ID:e8JVFisw
馬鹿じゃなかろか
>885 殷の想像図映像が出とるけど、
想像図が何の根拠になるの?

939 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/24(日) 01:28:51 ID:hFxPdRaW
>>886
古代文字とか、信憑性に薄いよ。まあ、渡来系は半島を経由しただけで、
半島人だけじゃ無いよ。その半島自体も渡来系が主流じゃし。
>>888
渡来系自体、北東アジア系が主流ですから、天皇族だけじゃのうても、
天孫族は多かったでしょうね。
>>896
アイヌ人は縄文系の形質特徴を一番残してとるよ。港川人なんか、ほとんど
絶滅した連中で、今の琉球人の主流でも無いよ。琉球人の主流は九州から
南下した連中じゃし。
>>906
縄文系の人たちは、天皇家の支配に怒っとらんよ。グルカ兵がイギリス人
は嫌いでも、女王は大好きで忠誠を誓うようなもんじゃね。(笑)
ほいから、歴史的に被差別民は天皇直属民じゃけぇ。
畿内を支配した人たちは、敵対する可能性がある西日本渡来系同族よりも
東国の異民族を利用する方法よ。異民族利用は、世界的に他の王朝でも
やりよること。
>>912
我が日本国は、記者クラブ云う大本営発表機関がいまだに残りよる。
倭人はアジア人じゃが、北東アジアから渡来したが、その後の島国の
歴史から和人はアジア人かどうかよのう。

940 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/24(日) 01:54:08 ID:hFxPdRaW
>>923
「演繹」云う前提条件を付け、仲間内で屁理屈垂れよる談合体質が
特に理系よのう。(笑)官僚の体質と似とるわい。
あんた連投しよるが、「世間は生きている 理屈は死んでいる」よのう。
スルメ連投はつまらんよ。(笑)
>>938
満州の写真は、根拠になろうが。

941 :出土地不明:2010/10/24(日) 02:07:38 ID:aloIJjAs
どう見ても中国の文化圏にある日本をアジアじゃないってw
自分お言葉に酔いしれるのもほどほどにw

942 :出土地不明:2010/10/24(日) 02:32:41 ID:ztEt9+JA
>古代文字とか、信憑性に薄いよ。まあ、渡来系は半島を経由しただけで、

沖縄県立博物館では、象形文字が描かれてる
石が保存してあり、それがインディアンの持ってる石版
の象形文字と酷似してるようですが
他にもビジュルという霊石にそれと同じ文字が描かれてるらしい

943 :出土地不明:2010/10/24(日) 04:00:57 ID:yXpLdZXS
じゃあやっぱり海岸沿いを北上が最も有力なのかな?

944 :薄弱:2010/10/24(日) 04:08:42 ID:U3wMCWhb

俺は厨卒(笑)らしいのでモンテカルロもP対NPも知らんが、
おまいらそんな無駄数学知識までフルコンプしねーと、考え事ひとつ出来んのかw
ほんま「バカって大変だね」としかww
演繹も帰納も、あるいはモンテカルロ法もラスベガス法も、各前者は演算ありき、各後者は解答ありきとゆう違いはあれ、
所詮は「思考マニュアル」なんだよ。思考センスのねー奴がマニュアル君になるしかねーダケw
で、そのナントカ問題やらカントカ法を駆使して、おまいらが至った「日本人どこから論」は?
ググりゃ知れるよーな客観知識や具体事実の羅列はいらんよ。
おまいらはその思考マニュアルwで、どんだけチカラのある主観に至ったつうの?
俺が飛沫武士にここにチャラチャラ書いてきた事の、足元にでも及べばいいが、まあ無理だろうな

ついでだから例として、量子力学における不確定性理論の核心を、何の「思考マニュアル」も使わず一行で看破しといてやろうか?

「この世で一番小さいモノは正確に観測できない。観測のために何アテてもズレちゃうからw」

ギャハハハいやまあ全ての真理は一面の真理に過ぎないのはジーニヤスの常識で、この真理にもB面がある

「この世で一番小さくなるまで他と切り離された孤独なモノは、対象化のアテもなく明確に自己規定できない」

と、まるで人格未分化なニート(笑)のパーソナリティを分析するような人文学センスを
自然科学フィールドに持ち込むぐれー楽勝だ
で、これら不確定性理論の核心AB面を止揚すると

「この世で一番小さいモノ自体が存在矛盾」

てワケさ。
他と何の関連もなく、完璧に単体で存在できるモノなど、モノポールのような想像上の概念に過ぎず、
かとゆって、他と関連しちまったら、それはもう「この世で一番小さいモノ」ではない
つまり量子なんてモン自体が便宜上の観念に過ぎねーのに、
量子や、日本人の民族構成について、「単独純血であるを良し」とする単細胞論法が後を断たないw
新しいオリジナル文化は、複数の既存文化の交差点に止揚されるモノだが、
オマイラのルーツ論は交差点じゃなくて一本道なんだよw

なんか必要以上にキレーに落ちちまったがw
まあ最後のは手管だけど、関連付けの飛距離がねーとムリな手管ではあるなw



945 :出土地不明:2010/10/24(日) 04:11:26 ID:yXpLdZXS
琉球人のほとんどは九州から南下組なのは間違いないけど、
Y-O2までは形質は原始優勢だったみたいだね
O3やNとかはバリバリだったみたいだけどw
日本のCは微妙…
まあ原始組だろうねw

946 :薄弱:2010/10/24(日) 05:53:11 ID:U3wMCWhb

ヒトは神には成れないが、神を作る事はできる。つか全ての神が人工物であり
生物が観念的知性を得て、最初にやったのは神を作る事だった
光あれば影あるように、可知の光あれば不可知の闇も深くなっていく
可知生物にとって、不可知ほど不安なモンはなく、不可知の恐怖にフタをする何か、つまり神が必要だった

森羅万象におよぶ不可知に、素直にフタをして回ったのがアニミズム多神教
不可知を対象化し可知不可知の二元論にしたゾロアスターは、一神教のルーツのひとつとはゆえ、着眼センスは哲学やブッダに近い
で、ゾロアスターの結果的に単純化された世界観と、純粋に政治的な理由で神を一元化したエジプトのアトン信仰を元ネタに、
不可知を一方的に集中管理しちまったのが、ユダヤ教に始まるセム系一神教
不可知を「神のしわざ」にしちまう事で、不可知不安にフタをするのは多神教も同じだが、
神の一元化は価値観や権力の一元化に都合がよく、ユダヤキリストイスラムのセム系一神教エリアが
世界史を駆動する生産性を発揮できたのはこのあたり
なので神には絶対的な説得力が求められ、全知全能とゆう属性が後付けされる事にー
これは扱いが厄介だw

一方で、地元の山河の精霊も、外来のテンノーブッダキリストも、
神仏習合やら正月神道盆仏教暮クリスマスやら、神まで八百万ハイブリッドしたのが日本
さらに、広告が一神教の代替として機能してる特異な側面もあるが、それはまた別の機会に

実は人が神を作った理由は、不可知不安にフタする以外に、もうひとつあって、それは
そこに居た人間が居なくなるとゆう違和感と喪失感の埋めあわせ、つまり「弔い」だ
神が絶対化された一神教世界で、人が神になるオプションはないが、日本では死人(祖霊)まで神にしちまってる
地場の精霊から外来の神仏から過去の祖霊まで、何とゆう神のマルチハイブリッドっぷりw
確かに神はまとめた方が何かと使いやすいが、まとめ方がセム系一神教とは対象的である

いや特にオチはない



947 :LUNAMASK:2010/10/24(日) 08:47:09 ID:6JyR2q3e
>>939 >>888
>渡来系自体、北東アジア系が主流ですから、天皇族だけじゃのうても、
>天孫族は多かったでしょうね。

神武天皇曰く「天神の子らはさわに(沢山)あり」

満州・牡丹江の鳥居、ロシア・科学アカデミーにより前4−3世紀、この地方から江原道に大規模な
民族移動が発生したことが立証されています。沿海州考古学者Vostretsov氏は、沿海州海人族文化
の寒冷化による消滅と、Krounovka文化人の韓国・日本への移住と韓国・日本稲作文化との関連を
説いています。

948 :LUNAMASK:2010/10/24(日) 08:58:40 ID:6JyR2q3e
承前
沿海州、楽浪、長江下流域海人族は前4−3世紀の海岸生態系破壊の結果日本への移住を余儀なくされ、
この海人族と共に内陸繋沃沮も移動を起こしたことが考えられます。ブリャート・ウスチ・オルダ地方と
志賀海神社をはじめとする沖縄・列島臨海部神社神紋が三つ巴である理由はここにあるのでしょう。

949 :LUNAMASK:2010/10/24(日) 09:03:49 ID:6JyR2q3e
参考 神紋に付いて
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284183984/menu147-150

950 :出土地不明:2010/10/24(日) 09:05:27 ID:VO9wbqPK
>>939
>グルカ兵がイギリス人は嫌いでも、
>女王は大好きで忠誠を誓うようなもんじゃね。(笑)

ババァなんか好きなわけねぇだろ。

>ほいから

比婆弁ウゼー。

951 :出土地不明:2010/10/24(日) 09:13:40 ID:VO9wbqPK
>>940
>「演繹」云う前提条件を付け、
>仲間内で屁理屈垂れよる談合体質が
>特に理系よのう。(笑)

中卒高卒文系学部卒は数学ができねぇからすぐ拗ねる。みっともねぇな。

>>941
>どう見ても中国の文化圏にある日本をアジアじゃないってw

縄文は、中国の文化圏外。縄文人はモンゴロイドじゃねぇよ。
アイヌみればわかるだろ。中国の影響はゼロとはいわんが実に小さい。
しかもモンゴロイドの特徴も実に薄い。これが真の姿なんだよ。
日本という名前、日本語という言葉を剥ぎ取った下に真実がある。

952 :LUNAMASK:2010/10/24(日) 09:22:14 ID:6JyR2q3e
>>947-949
本日の仕分け
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/index.html
海人族をマリナーズ、天孫をテングリアニズム、拝火教をズルヴァニズム等と訳して見た。

953 :出土地不明:2010/10/24(日) 09:24:59 ID:VO9wbqPK
>>944
>俺は…モンテカルロもP対NPも知らんが、
余弦定理も三角関数の加法公式も知らねぇだろw
>そんな無駄数学知識までフルコンプしねーと、考え事ひとつ出来んのかw
考えるだけなら、こんな知識はいらんよ。
しかし、思考の効率を論じるんなら、P/NPは常識。
答えの探索と答えの確認の手数は違う。
前者の手数を度外視するのはただの馬鹿。
>演繹も帰納も、あるいはモンテカルロ法もラスベガス法も、
>各前者は演算ありき、各後者は解答ありきとゆう違いはあれ、
>所詮は「思考マニュアル」なんだよ。
文系の「マニュアル」は、理系では「アルゴリズム」という。
文系はホント原始人なみの語彙しかないw
言っとくがミラクル・アルゴリズムなんてものは
この世には存在しない。顔洗って出直してこいw

思考センスのねー奴がマニュアル君になるしかねーダケw
で、そのナントカ問題やらカントカ法を駆使して、おまいらが至った「日本人どこから論」は?
ググりゃ知れるよーな客観知識や具体事実の羅列はいらんよ。
おまいらはその思考マニュアルwで、どんだけチカラのある主観に至ったつうの?
俺が飛沫武士にここにチャラチャラ書いてきた事の、足元にでも及べばいいが、まあ無理だろうな

954 :出土地不明:2010/10/24(日) 09:36:17 ID:VO9wbqPK
>>944
>で、そのナントカ問題やらカントカ法を駆使して、
>おまいらが至った「日本人どこから論」は?
いつから俺は複数になったんだw。
Y染色体から見れば日本人は
・旧石器時代に陸伝いに到達した縄文人(D2,C1)
・中国大陸から東シナ海を渡って到達した弥生人A(O3)
・朝鮮半島から対馬海峡を渡って到達した弥生人B(O2b)
の3種に分類できる。
>ググりゃ知れるよーな客観知識や具体事実の羅列はいらんよ。
誰かが調べたから貴様みたいな馬鹿が検索しても判るんだよw
何も出来ん思考障害者が検索だけして粋がってるんじゃないよw
>おまいらはその思考マニュアルwで、
>どんだけチカラのある主観に至ったつうの?
はぁ?チカラ?主観?
これだから「ボクちゃんが一番エライんだもん!」
といいたいだけの自己愛クンは困るんだよ。
事実こそが力。事実に主観もヘッタクレもない。
事実に最初に到達できた奴がエライという価値観も
宝くじに当選した奴がエライというのと同じ程度の
見当違いってもんだ。運がいいというならわかるがw
>俺が飛沫武士にここにチャラチャラ書いてきた事の、
>足元にでも及べばいいが、まあ無理だろうな
貴様の*ンポコから出てきた飛沫のようなカキコなんざ
臭いだけで迷惑だっつーの。

955 :出土地不明:2010/10/24(日) 09:42:06 ID:VO9wbqPK
>>944
>ついでだから例として、
>量子力学における不確定性理論の核心を、
>一行で看破しといてやろうか?

ザーメンはもういいよw

>「この世で一番小さいモノは正確に観測できない。
> 観測のために何アテてもズレちゃうからw」

全然ダメだな。
2つの量(例えば位置と運動量)を同時に正確に観測できない
くらいのことは言ってくれないと。

>ギャハハハいやまあ
>全ての真理は一面の真理に過ぎない
>のはジーニヤスの常識で、

ジャニーズの常識?
ああ、年上は「クン」づけで呼ぶってあれかw
もっとも、マッチは「さん」づけらしいぞ。
知らなかっただろw

956 :出土地不明:2010/10/24(日) 09:50:03 ID:xiwV2NX0
ほれ、頑張れ頑張れ
もっと論理的に

957 :出土地不明:2010/10/24(日) 09:51:24 ID:VO9wbqPK
>>944
>この真理にもB面がある

実は40過ぎの爺ィだろw
「電話する」ってジェスチャーで
うっかりダイヤル回す格好するだろw

>「この世で一番小さくなるまで他と切り離された孤独なモノは、
> 対象化のアテもなく明確に自己規定できない」

「一番」「孤独」「対象化」「自己規定」の意味が不明w
まず量子論に限界の小ささなんてものはない。
そして量子論は非局所的だから孤独でもない。
最後に量子論は素粒子の自己意識なんて論じちゃいない。

ま、量子論なんて高校じゃ教えないから知らなくてもムリないかw

>と、まるで人格未分化なニート(笑)のパーソナリティを
>分析するような人文学センスを
>自然科学フィールドに持ち込むぐれー楽勝だ

全然負けてる。
というか、貴様のその物言い自体がアダルトチルドレンそのもの。

958 :出土地不明:2010/10/24(日) 09:59:59 ID:VO9wbqPK
>>944
>で、これら不確定性理論の核心AB面を止揚すると

レコードのA面B面を止揚するとmp3ファイルになるw
つまり情報の媒体の形状による制約は、情報そのものとは無関係だ。
ヘーゲルもびっくりだw

>「この世で一番小さいモノ自体が存在矛盾」

あぁぁ、やっちゃったな。
最近、「もしドラ」なんて本を書いたオッちゃんが
その昔、ゲーデルの不完全性定理に関して
「世界は矛盾していることを証明している。」
なんて、うっかりブログに書いちまったために、
専門家から間違いを指摘されまくって悶死した
って話があったがな。

>他と何の関連もなく、完璧に単体で存在できるモノなど、
>モノポールのような想像上の概念に過ぎず、
>かとゆって、他と関連しちまったら、
>それはもう「この世で一番小さいモノ」ではない
>つまり量子なんてモン自体が便宜上の観念に過ぎねーのに、

量子以前にそもそもモノが便宜上の観念だがな。
なんか貴様のほうがモノに固執してるな。
物理学者はモノの存在なんかに全然固執しないぞw

959 :出土地不明:2010/10/24(日) 10:05:08 ID:VO9wbqPK
>>944
>量子や、日本人の民族構成について、
>「単独純血であるを良し」とする
>単細胞論法が後を断たないw

ネトウヨが求めるのは「単独純血」ではなくて
日本人が朝鮮人、中国人とは異なる点、つまり「違い」だろうよ。
O3は朝鮮にも中国にもあるから違いにはならない。
O2bだって朝鮮にあるから違いにはならない。
違いだけでいうならD2しかない。
もっとも、こういう発想は実に下らない。
その一点だけは貴様のいうとおりだな。

960 :出土地不明:2010/10/24(日) 10:14:21 ID:VO9wbqPK
>>944
>新しいオリジナル文化は、複数の既存文化の交差点に止揚されるモノだが、

「オリジナル」という言葉を除けばその通り。
そもそも、オリジナルという言葉には大した意味はない。

>オマイラのルーツ論は交差点じゃなくて一本道なんだよw

自己愛クンは、なんでもかんでも自己じゃないと愛せない

交差するのは自己の道と他者の道だから
他者の存在を認める必要がある。

しかし自己愛クンは他者が嫌いだから存在が認められない。
したがって、一本道になる。実に下らん。
こんなことで俺って天才と思える奴は白痴だ。

>なんか必要以上にキレーに落ちちまったがw
>まあ最後のは手管だけど、関連付けの飛距離がねーと
>ムリな手管ではあるなw

手管→手淫
関連づけ→ザーメン

961 :出土地不明:2010/10/24(日) 10:27:56 ID:VO9wbqPK
>>946
作ることができる神は、真の神に非ず。
なんか老子の台詞みたいだw

明治以降の国家神道は、いわば「日本版一神教」
西洋のキリスト教に対抗して、天皇の血筋を
唯一絶対の神の連続性としたわけだ。

もっとも、日本の海外侵略を後押ししたのは
国家神道なんぞではなく西洋文明の科学技術
の力だがな。

そういう意味ではネトウヨの妄想力なんてのは
ちっとも日本の力にはなっちゃいないw

962 :出土地不明:2010/10/24(日) 10:34:58 ID:SeRDbESM
薄弱さんは、すごく賢い。
”一番小さなものを単体で測ることはできない”で、
”なんでも溶かす薬を見つけたが、入れるビンがない”というのを思い出した。
ぜひ、ゲーデルについてでも語ってほしい。

963 :出土地不明:2010/10/24(日) 10:52:34 ID:VO9wbqPK
>薄弱さんは、すごく賢い。

世間の連中が賢いといってる奴は、
世間の連中と同程度に愚かしい。


964 :出土地不明:2010/10/24(日) 10:53:20 ID:CNDj3ik+
>オマイラのルーツ論は一本道なんだよ

大したこと語ってないのに偉そうにw
単に見下してるだけじゃんw
馬鹿?

965 :出土地不明:2010/10/24(日) 11:04:42 ID:J1W/gbES
実のところO系統というのはY染色体上のシェアの大きさほど
アジア人の血統を示していないよな。極論すれば表面の皮みたいなもので。
O系統ってC系統やD系統よりもヨーロッパ人のR系統とかにずっと近いんだぜ。

O系統のマーカーで示される中国人の血の大部分、朝鮮人の血の多く、東南アジア人の血の多く
、日本人の血の約半分の間の違いは、O系統が被さった基層の種族の違いが大きくなるだろう。

特にO系統の中の新モンゴロイドであるC3/Nの吸収度の違いが、人種や容貌の違いに
大きく影響している感じである。OのC3/Nの吸収度の大きさは
 朝鮮人 > 北部中国人 >> 南部中国人 > 東南アジア人 > 日本人
あたりになる。





966 :出土地不明:2010/10/24(日) 11:12:56 ID:ztEt9+JA
このスレで楽しいのは薄弱と
ID:VO9wbqPKの絡み

>>946では薄弱さんにしては珍しく
信仰や宗教を科学的に説明しましたね
きちんと的を得てるし


967 :出土地不明:2010/10/24(日) 11:26:50 ID:CLfrxWIV
>>966
どうみても科学とは縁遠い議論なんだが・・・
科学とは何か判ってない者の典型的な論だよ(トンデモ説という)

968 :出土地不明:2010/10/24(日) 11:57:41 ID:aloIJjAs
宗教的側面も間違ってますよ。
可知不可知の問題は概念であって宗教ではないです。
宗教とはその教義や信念のみでは存在し得ず、信徒と指導者の両方、
つまり政治があって初めて存在しえるもの。
故に初めてつくられた神は不可知のフタではなく、
畏怖と危機感をテコにした支配のための道具です。

969 :出土地不明:2010/10/24(日) 12:17:30 ID:ztEt9+JA
おいおい
オマイラ人の邪魔するんじゃないw

970 :出土地不明:2010/10/24(日) 14:04:38 ID:R1lArmJJ
このスレの半分はオカ板がふさわしいw

971 :LUNAMASK:2010/10/24(日) 14:39:21 ID:6JyR2q3e
>>947-949
下戸遺伝子地図は渡来人地域を表しています↓
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000176_discussion_001.gif
初期天皇の神武は宮崎県、綏靖はヌナカワ、富山・新潟県を示唆し、これは縄文系C1武人(狩猟文化人)が
天皇に選ばれたことを示唆している。三世紀古墳時代鼎立関係地図を照合した場合の「前方後円墳が卓越
する範囲」が天孫地域で、ここに仁川からフルの御霊を戴く物部族と
楽浪海人族が入りこんできた。これが伽耶から吉備に入る突厥系を持ち込んだのが、孝霊系か。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-kat/gisi/sannseikikofunn.gif
「四隅突出型墳丘墓の主分布域」が地祇地域で、これは次第に諏訪に移る。
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/index.html アップデートした。

972 :出土地不明:2010/10/24(日) 15:40:56 ID:sv0x4Oh5
てす

973 :出土地不明:2010/10/24(日) 15:43:06 ID:sv0x4Oh5
沼津の辻畑古墳なんかはどうなんですか?
日本 最古級らしいですけど。

974 :出土地不明:2010/10/24(日) 15:59:20 ID:VO9wbqPK
>>965
>O系統のマーカーで示される
>中国人の血の大部分、
>朝鮮人の血の多く、
>東南アジア人の血の多く 、
>日本人の血の約半分
>の間の違いは、
>O系統が被さった基層の種族
>の違いが大きくなるだろう。

何度読み返しても
「・・・の間の違いは、・・・の違いが大きくなる」
という文章の意味が取れない。

書いた奴もどうせ
「とっ、とにかく違うんだから」
としか思ってないんだろう。バカは困るw

975 :出土地不明:2010/10/24(日) 16:13:36 ID:VO9wbqPK
>>966 
ztEt9+JA>信仰や宗教を科学的に説明しましたね
>>967
CLfrxWIV>どうみても科学とは縁遠い議論なんだが・・・
>>968
aloIJjAs>宗教的側面も間違ってますよ。

>>946は所詮一つの説でしかない。
実証できないから確認のしようもない。
文系の連中が好む自慰主張の典型
「貴様が勝手にそう思ってるだけだろ」
といわれたら何も言い返せない。

976 :出土地不明:2010/10/24(日) 16:26:07 ID:VO9wbqPK
>>965
>C3/Nの吸収度の違いが、人種や容貌の違いに
>大きく影響している感じである。

目下の疑問は、C3やNよりもはるかに大きく違う
D2の割合が、容貌に与える影響である。
D2はアイヌ人と同じ血統とみられており、
30%以上もD2系統が占めるならもうすこし
アイヌ的特長がありそうにシロウトは思う筈
しかし実際にはシロウトが思うよりも
はるかに日本人の顔は平板でつまらない。

977 :出土地不明:2010/10/24(日) 17:18:36 ID:DZ+xpYv4
>>976
うちの兄貴がベトナム旅行で現地のマッサージを受けた時、
素足を晒したらその体毛の多さに驚かれたって言ってた。
因みに俺ら兄弟B型下戸の尾張人な。

序でに全く以って私的な雑感だけど、
日本人って全般的に中国朝鮮人と比べて睫毛が長いちゅーか濃くね?
(整形マスカラ中朝芸人は除く)

978 :出土地不明:2010/10/24(日) 17:46:47 ID:VO9wbqPK
>日本人って全般的に中国朝鮮人と比べて睫毛が長いちゅーか濃くね?

化粧の技術が進んだからね(w

979 :出土地不明:2010/10/24(日) 18:14:16 ID:J1W/gbES
ID:VO9wbqPK
薄弱のどういう仲間なんだ?
必死で日本人は北東アジアの連中と同じってやってるけど、
これまで会ったことのある朝鮮人は見た目だけでもどれも目茶苦茶異質さを感じたぜ。


980 :出土地不明:2010/10/24(日) 18:28:56 ID:VO9wbqPK
>必死で日本人は北東アジアの連中と同じってやってるけど、

全くの誤解。

「全く異なる」というのがウソだといってるだけで
「全く同じ」といっているわけではない。

これまであった事のあるヨーロッパ人とは
見た目だけでどれもどれも目茶苦茶異質である。
それにくらべれば、朝鮮人や中国人は共通性が高い。

981 :出土地不明:2010/10/24(日) 18:35:44 ID:CLfrxWIV
>>976
あほ、Y染色体にそんな形質に関連する遺伝子はのってない。

982 :出土地不明:2010/10/24(日) 19:39:24 ID:ecjLataT
確かに例えば白血球の血液型というのは両親から遺伝するわけだけど、
海外で適合して臓器移植出来るからといって、容姿が似ているわけではないよな?
しかし偶然一致したわけではなくて、同じ祖先をもつのは確率的に言って確実ではないだろうか?

983 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/10/24(日) 20:30:23 ID:xgFonRB/
>>855
向かって右の一番大きい銅鐸は何かあやしいですね。目玉ぐるぐる模様で約1800年前のもの
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin/001.html

向きを変えてみたら貝細工の副葬品も羊角? 約2300年前のもの
日本ではこれが最古でしょう。ここから農業遺跡は出ていないので稲作とは関係が証明できません。
http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/b9/e3/yama_chiro_wann/folder/486215/img_486215_16512635_3?1282666735

984 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/10/24(日) 20:33:37 ID:xgFonRB/
>>928
語族の共通語彙と違う固有語彙が、それぞれの言語にはあるので
語族全体が、近縁とはいえるわけではありません。
よって、同じ語族全体が日本語と近縁にはなりません。
北部の古羌族の古語は孤立語ではなく、膠着語的であり
声調もない可能性があります。
吐蕃王朝期のチベット文語などから、その様子が伺えます。

985 :出土地不明:2010/10/24(日) 22:05:47 ID:17JUp3uV
>>984
近畿方言アクセントを話す人達はどこから来たのですか?

986 :出土地不明:2010/10/24(日) 22:13:16 ID:EkBk+n/2
わぉ〜わぉ〜、ドレミたん〜(^-^)/

>>983
この国宝の銅鐸を播磨で製作したのは、ぐるぐる目玉の南蛮系天孫族N1-LLY22gの可能性がありますね〜

この銅鐸族が卑弥呼を生み出した孝霊ファミリーの正体ですね!!

>LUNAMASK:2010/10/22(金) 09:10:38 ID:GuW+72K0
弥生後期の「朱」採掘、生産開始、卑弥呼の神仙思想は徐福集団由来のもの。
卑弥呼は吉備と言うより播磨南部、黒田方面の出自であって、吉備の突厥人とは異なり、
むしろ、孝霊ファミリーは吉備を制圧した勢力であったのであろう。

987 :ドレミ ◆YeeMODUSQg :2010/10/24(日) 22:25:37 ID:xgFonRB/
>>986
「朱」の顔料を使った彩陶が、やはり>>983下段と同じ約2300年前の長門から出てますね。
おなじ酸化鉄と漆の彩陶が、約3500年前の東日本からも出ています。
縄文後期から「朱」があったことになるかもしれません。輸入品にしては出土数が多いです。

988 :出土地不明:2010/10/24(日) 22:52:34 ID:actfr9Rx
毒には毒をもって制すとは、よく言ったもんだ。
新鮮な毒、薄弱氏に期待する。

989 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/10/24(日) 23:30:37 ID:hFxPdRaW
>>947
前4-3世紀は、北朝鮮ぐらいまでの南下でしょうね。一部は南韓や日本列島
へ民族移動期の古墳期より前の尖兵として渡来したでしょうけど。
>>951
アイヌ人はどう見ても古モンゴロイドじゃ。形質人類学を無視する
Yカルト教団らしい妄想よのう。ほいからあんた学歴に劣等感でも
あるんかいのう。別に中卒がIQ秀才エリートほど馬鹿じゃ無いんに。
学歴蔑視のあんたが中卒じゃったら笑うよ。
>>961
国家神道は、西洋外来要素を含んだ朱子学。
>>967
科学も新興カルト宗教と同様トンデモじゃけどね。
>>971
神武は架空の人物で宮崎は渡来系に征服された隼人の地で、北陸の越の土雲
も、出雲・高句麗勢力に征服されましたね。

990 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/10/24(日) 23:43:01 ID:Ru21hQZs
古代の記録にある将帥は大王に祀り上げられているだろうね。

991 :出土地不明:2010/10/25(月) 01:31:50 ID:1/0gh5Sg
わおーわおわおわおー、ドレミ民が

992 :薄弱:2010/10/25(月) 03:43:17 ID:K+ZEpNby

なんか俺に痛々しい片想いをしてるガチホモストーカーが居るようだがw言葉尻の穴にしかツッこめねー各論フェチ君は好みじゃないんだゴメンネー
思考センスの無さを学習(笑)で誤魔化せる各論が居心地いいのは判るが、まあ来世でがんばれw

Y染ハプログループの解析によると(笑)多神教の子は科学、一神教の子は広告。ミトコンDNAによれば(笑)アニミズムの嫡子は多神教、メカケの子が一神教なワケだが、
そのサノバビッチが世界史を駆動したツボは権力と価値観の一元化で、一元化は多様な他者の扱い方の、それもかなり不粋なひとつに過ぎねー
神が死んでだいぶ経つのに、それでも一神教的な強迫にこんだけ需要あんのは
各論を総論にするナチュラルなセンスがねえと、強引な一元化に走るしかねーって事でもある
そうゆう奴らはたいていアタマ固くて意固地で男性原理だけ
母系文化とゆう側面もある縄文センスもバックボーンに持つ、日本人の本来的なメンタルとは真逆だな

世界の東の果てまで逃げるほど負け続けながら、それでも死ななかった最強の負け犬たちが
多方面から吹き溜まり再結集したマルチ輪姦ハイブリッド。
そんな倭亜民族、日本人の宗教観や価値観は、
多神教とゆうだけでなく、多神教のシステムに一神教の神々をも取り込むとゆうダケでもなく
一神教とゆうシステム自体も、極めてユニークな形で消化吸収している
一神教の子、広告だ

大本営とGHQの正統後継者は電通であり、日本は広告代理店が実効支配する世界唯一の国と地域だが、
それはビジョン無きフィクサーであり、その大衆意識管理は神なき消去法誘導であり、
なおかつ開国以来、
薩長閥大本営GHQ電通と、日本の実効支配政府は、日本人の平均寿命を超えない一代限りのワザに終わる予定

まあこのあたりはスレがガス欠寸前なんで股の機械



993 :薄弱:2010/10/25(月) 04:44:42 ID:K+ZEpNby

ゆうまでもなく日本人の優位性は、出アフリカ人類が再結集したかのような世界的にも類を見ないDNA多様性であり、
単一民族とかゆってる単細胞ナショナリストは、自分たちを敗北も知らない単純バカだと主張してるよーなモンだが
人類の面白い処は、ただでさえ出アフリカ人類は少ない上に、氷河期やトバ噴火で散々ボトルネック食らって、
家畜か絶滅危惧種なみに貧困なDNAバリエーションしかねーのに、その形態に笑える程度の多様性がある処だ
ぢっさい赤道直下から北極圏まで、こんだけ広範囲に適応してる哺乳類は他に居ねーんだから、形態つっても伊達ではない

だがちょっとマテ
別にエスキモーは全裸でw北極圏に適応してるワケじゃねーし、服着て暖房炊いていーならアフリカ出身の南極越冬隊員だって居るぞ【要出典】
まー元々ミトコンドリヤなんかも細胞内共生生物で、言ってみりゃ代々寄生してる譜代の細菌みてーなモンだが、
人間に常駐する細菌の数は、人間本体を構成する細胞の倍近く、百兆とかそんなオーダーらしい【数値テキトー】
生物の本体DNAは確かにコアではあるものの、その他属性の影響もバカにできねーつうか、
むしろ複合生命体として捉えた方が、少なくとも生物学的には妥当だ
脳なんて感覚器官のついでに出来たよーな後付けデバイスであり、自我とか自意識が生命体に占める割合など霊長類ですら大したシェアではなく、
本体DNAの多様性貧困など、その「複合生命体」にとって必ずしも致命的ではないとゆう事

無論これは詭弁だ。好意的に解釈してもセンスありすぎる比喩とゆった処か
赤道直下のアフリカ人が南極越冬隊員になれるのは、服とか暖房とか文明の利器のおかげであり、
本体DNAのおかげでも、複合生命体の外注業者たちのおかげでもない
文明の利器だって人類ならではの属性だが、巨視的に見たいなら別の視点、
例えば種全体を1個の生命体に見立てるよーなメタ目線(笑)の方が、この場合はふさわしい

たまにはこんな、バカを甘やかさない不確定性文章(笑)を書いてみるのも良いものである
何せ未消化な思考プロセスの垂れ流しなので、ヒントや触媒としてはむしろ使いやすい
使える才覚器量があればだがw



994 :出土地不明:2010/10/25(月) 06:57:39 ID:pTRcp4NG
>>989
>科学も新興カルト宗教と同様トンデモじゃけどね。
トンデモはみなそういう。自分に理解できないから。
自分がアホだとは思わない。比婆の馬牛もその一匹w

995 :LUNAMASK:2010/10/25(月) 07:01:56 ID:a7Mo+EJ+
>>989 >>947
>前4-3世紀は、北朝鮮ぐらいまでの南下でしょうね。一部は南韓や日本列島
>へ民族移動期の古墳期より前の尖兵として渡来したでしょうけど。
そうです。江原道春川市は38度線のすぐ南で、北朝鮮と言っていいほどの所。
そしてこの頃韓国南部には長江デルタ、楽浪と、朱等を持つ東シナ海海人族の
南下も始まっていたのでしょう。
>>971
>神武は架空の人物で宮崎は渡来系に征服された隼人の地で、北陸の越の土雲
>も、出雲・高句麗勢力に征服されましたね。
征服・同化されるか、以遠の土地に後退を余儀なくされることになるのでしょう。

996 :出土地不明:2010/10/25(月) 07:02:51 ID:pTRcp4NG
>>992
>Y染ハプログループの解析によると
>多神教の子は科学、一神教の子は広告。
>ミトコンDNAによれば
>アニミズムの嫡子は多神教、
>メカケの子が一神教なワケだが、

イミフ。
何が多神教、何が一神教?
何が科学、何が広告?
何が嫡子、何がメカケの子?

全てY染色体、ミトコンドリアDNA
では用いられない言葉。

Hack-Jackは肝心なときに発狂する。
おそらく、乏しい理性が切れたんだろうw

>倭亜民族

亜はいらない。倭人=縄文人は
モンゴロイドじゃない。アジア人じゃない。

997 :薄弱:2010/10/25(月) 07:04:15 ID:K+ZEpNby

人の上に神を作ったり、神に全知全能なんて萌え属性wを後付けしたのは、あくまで権力都合で
世界各地の神話とか見ても、ギブ&テイクな契約相手だったり、クソガキをあやすように扱ってる困ったチャンだったり、
とても主とか理想像とか呼べるシロモノではない
もともとが森羅万象の不可知にフタをしたり、仲間の死の喪失感を埋め合わせるためのツールが
人の知と心の弱さにツケこんだ権力装置に化けたダケだからな

いや権力(笑)を一方的にワルモノみたいな書き方してるが、それは元々下々からの需要でね
狩猟採集社会にもリーダーは居ただろうが、それは今でゆえば趣味でアウトドアレジャーやる時の言い出しっぺ幹事みてーな物で
例えばブッシュマンみたく今も狩猟採集やってるアフリカの部落では、仕事と余暇が未分化
つまりわざわざ余暇を別に用意する必要もないほどストレスのない社会で
それに比べりゃ農耕社会のリーダーなんて、面倒な学級委員長を押し付けられたよーなモン。そりゃ役得でもねー事にはやってられんわw
独裁権力も、利権も地位も名誉も、「面倒な学級委員長には役得が必要」とゆう目線で見るのも面白い

国家神道ナショナリズムなんて発想は完全に明治の輸入文化で、一神教を権力装置に使ってきたキリスト圏のサルマネだが、
この国家とゆうククリ自体が、ククらないと成立しない地続き大陸の発想で、元からククれてる島国にはそぐわない
この近代国家のイメージで倭朝廷とか見ちゃうと、相当ズレた認識が出来あがりそうだが、
古代人の分布は点と線であり、人の存在は面になるほど支配的ではなく、
その線も点を結ぶ動線に過ぎず、面をアウトラインする境界線でも、国家をアウトラインする国境線でもない
対馬海峡のような物を境界線、国境線と捉えてしまう現代人にはイメージしにくいが、
任邦や筑紫に対岸両分布してた倭人にとって、半島側か列島側かなんて線引きより、対馬海峡沿岸か否かの方がよっぽどリアルなグルーピングだったろし、
線はヨコでなくタテ、半島列島間の境界線ではなく動線として引かれてたハズだ
五畿七道の道とは、文字通り面ではなく線であり、むしろ線から外れた「まつろわぬ民」がフツー
なにせ中世でもパンピーはテンノーなんて存在自体シラネーし、そんなもん知ってる奴はエリートかオタク扱いだろw



998 :出土地不明:2010/10/25(月) 07:08:16 ID:pTRcp4NG
>>993
>日本人の優位性は、出アフリカ人類が再結集したかのような
>世界的にも類を見ないDNA多様性
Dが入った程度で発狂するな。バカw
多様性とはつまるところ
「日本人はアイヌ人であり朝鮮人であり中国人である」
ということw
もっとも、その意味では日本はヨーロッパ人足り得ないわけだがw
Rもない、Iもない、Jもない、Eもない、Gもない、ないないづくしだ。

>バカを甘やかさない不確定性文章
何一つ証拠のない憶測の垂れ流しかw
さすがザーメン飛ばしが自慢の文系だなw

999 :出土地不明:2010/10/25(月) 07:11:16 ID:pTRcp4NG
>任邦や筑紫に対岸両分布してた倭人

というが実際は夫余人。
本来の倭人は縄文人。非モンゴロイドかつ非農耕民。
オーストラリアのアボリジニのようなもの。
これから”ジャポリジニ”とでも呼ぶか

1000 :出土地不明:2010/10/25(月) 07:14:17 ID:pTRcp4NG
対馬海峡は半島から列島への一方通行
半島から来た奴は戻れるが、列島からはいけない。

だから半島でD2はほとんど見られない。
非モンゴロイドの”ジャポリジニ”縄文人は
半島にはいけなかったのだ!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

461 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)