5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇はいったいどこから来たのか?

1 :出土地不明:2010/09/19(日) 12:45:25 ID:21UVm7sl
神武天皇は失われた10支族の「ミガド」

こんな説がありますが、実際はどうなんでしょうね?

こんな事言ってたら国学院大の大原教授とかに怒られそうですけども

283 :出土地不明:2010/11/07(日) 04:00:12 ID:QNb7aqZ4
>>277
「天孫」は Y-DNA O3a3*
現天皇家は Y-DNA N1*

だと思います、もちろん推測です。

284 :出土地不明:2010/11/07(日) 04:34:21 ID:QNb7aqZ4
もっと限定して
「天孫」 Y-DNA O3a3c1
現天皇家 Y-DNA N1c1

これらのタイプが近畿で多く見られるのではないかと思いますね、
O3a3c1が大阪で。
N1c1が滋賀で。
このため、都道府県ごとの分布は発表されないのでしょう・・・

285 :出土地不明:2010/11/07(日) 06:51:21 ID:Z5Xvl5JZ
Y-N1C1(突厥)は、北方大陸の水辺にて、馬ヒツジなど動物を殺して
生け贄にする儀式に取り入れていた生活習慣が、日本に於ける被差別民の
水辺住環境と、動物解体業、皮革産業従事の文化を彷彿させるます。
現代同和は混血が進んでいますが、起源は、おそらく日本に馬が
導入された古墳時代、倭国軍が何度も新羅侵攻した時の(広開土王碑文)
捕虜として、新羅から引っ張って来られた N1c1 の可能性が高い。

286 :出土地不明:2010/11/07(日) 07:30:51 ID:QNb7aqZ4
>>285
ただでさえ不便な船旅に、捕虜を同乗させる??

突厥というよりも「匈奴」がしっくり来ると思います、
彼らはかなり早い時期に日本に来たのでしょう。
弥生遺跡から長身・細顔の人骨が出土していますね。
また、北欧のサーミ人と共通のmtDNAが見つかるそうですね?
彼らこそ、古代ヤマトを作った人達なのでしょう。

のちに、(正当ではないやりかたで)実権を握った者達に
その力を恐れられ、嫌がらせを受けることになった。
その通りだと思います。

287 :出土地不明:2010/11/07(日) 10:01:44 ID:UwXvP+Ie
基地外スレw

288 :出土地不明:2010/11/07(日) 10:04:47 ID:UwXvP+Ie
>>285
>馬ヒツジなど動物を殺して
>生け贄にする儀式に取り入れていた生活習慣が、日本に於ける被差別民の
>水辺住環境と、動物解体業、皮革産業従事の文化を彷彿させるます。

無知。
こんなことが差別と関わってくるのは平安時代以降。
弥生だの縄文だの突厥だのとまともな時代感覚すらない。

289 :出土地不明:2010/11/07(日) 10:13:04 ID:UwXvP+Ie
>>285
>あと注意が必要なのは昔は階級によって使う言葉が異なっていた
>農民言葉と商人言葉ですら同じ地域で違う場合も多かった
>ヤマト族も庶民と神官では違う言葉を話していた可能性が高い

凄い独電波ですね。
農民と商人の言葉が違ってたそうですが、具体的にそれはどの時代ですか?
商人が確固たる階級として登場してくるのは戦国時代以降でしょう。
当時は農民と商人どころか、農民と武士でさえ明瞭な違いがなかった下克上の時代です。

290 :出土地不明:2010/11/07(日) 11:39:32 ID:Z5Xvl5JZ
>>286
古事記には、大和朝廷軍に引っ張られて来た新羅人の捕虜が、
「これからは(大和朝廷の)馬飼いになって仕えます」の条があります。
馬の様に神経質で大型の家畜は、権力者の強い意思と導入意欲が無いと、
連れて来るのは難しい。一介の貿易商人や、まして農民移民には。
馬やヒツジ用の草原が有る訳でもない、山だらけの朝鮮半島や
日本列島へ、突厥や匈奴が多くの支障を来たしながら、マゾ的に
征服と遊牧+畑作の生業移転の困難に魅力を感じて渡来したとは考え
にくい。
BC1,000年は東アジアの寒冷期。中国大陸各地で冷害が発祥した。
N系統は匈奴や突厥や騎馬民族と言うより、冷害に遭遇したN1c1の中の
畑作家畜農民が難民化して、耕作の可能な多少暖かい土地を求めて、
BC1,000年前後に、内モンゴルや東北から朝鮮半島へ南下したのでしょう。
次いで一部は、日本列島へも、しずく垂れ落ちした。彼等は、かつて
遼河流域で紅山文化に参加した遼河文化の一派の末裔でしょう。
彼らは、6,000年前から既に黄河畑作文化と交流していて、内モンゴルと
東北で畑作+家畜農の技術を身に付けていた。BC1,000年前後の
東アジア寒冷期に、家畜を飼う技術と畑作文化と作物貯蔵壷の技術を
持って、まず朝鮮半島へ流入し河川流域のわずかな耕地を見つけて定住
した。次いで日本列島に多少、渡来した。朝鮮半島ではN系統は10%程
有る様ですが、日本列島に於ける N 系統の割合は、半島に近い九州で
4%。一番多いのは、何と?の青森の8%。馬飼いには、東北の?の
土地の方が適合してたんじゃないですか。Nが最も多いにも係わらず、
青森(東北)には、被差別民は居ない。近畿、出雲、九州には、
被差別民が多く存在する。ここらでは、馬飼いN系統は、権力者クラスや
周囲の農耕民とは異質の文化を持つ存在だった事を示す。N系統は、
日本列島に多くの先進技術をもたらしたが、日本では到底、権力を
掴んだ層には成らなかった。

Y-N突厥発祥地と拡散路の中国側の研究、御覧になりますか?
以下、出たらファイルの6番目です。北ベトナムと広西チワン自治区
辺りで発祥した様です。そこから2手に別れてアジアに拡散。
海へ出てフィリピンへ出た南方海洋型と、内陸を北上した北方型。
南洋型は、Y-O1オーストロネシアンの拡張に伴う移動だった様です。
http://comonca.org.cn/PDF/2009/COMonCA03-003.pdf


291 :出土地不明:2010/11/07(日) 13:31:11 ID:Ji6Y+/LJ
>>284
大阪で天孫族O3a3c1が一番多く見られる地域はどこですか?
推測で結構です。

292 :出土地不明:2010/11/07(日) 13:49:46 ID:xkRQD2G/
ミャンマー人集落w

293 :出土地不明:2010/11/07(日) 16:12:41 ID:6Lqq9gj+
>>284
大阪渡来地名マップ
http://www.geocities.jp/ku_da_ra/ETC/osaka-timei.htm

参考に。


294 :出土地不明:2010/11/07(日) 17:04:31 ID:QNb7aqZ4
また創価のちちくりあいでスレが流されていく

295 :出土地不明:2010/11/07(日) 17:14:50 ID:QNb7aqZ4
>>290
青森の8%こそ、長臑彦・安日彦が津軽へ行った証だと思います。

>>291
それは、「河内」ではないでしょうか?
あまり詳しくはないですが、北部や東大阪ではなく

296 :出土地不明:2010/11/07(日) 19:28:16 ID:VHYDfmyi
>>295
津軽へ行った長臑彦・安日彦がN1c1だとして、それが滋賀のN1c1とどう関係するのですか?

297 :出土地不明:2010/11/07(日) 19:40:22 ID:QNb7aqZ4
こういうことです。
邪馬台国は滋賀-伊賀-奈良南部が中心だった。

〜 〜 〜 〜 ,ヘ、〜/              ┃           /ヘ   /
〜 〜 {ヽ_ /  {_/              ┃    「対馬国」 ▲/ /
〜 ヘ/      ★末盧国         ┃          ∠ノ / ニイガタ
/ヘ~                        ┃             /
                           ┃ 「一大国」      /
          _ |ヽ■伊都国       ┃      /▲フ   /
       /ヽ/ |/ |       伊吹山  ┃      | 「 /
      |      ヽ ★奴国       ┃      | |__/
       ヽ,  水行 ヽヘ  ★不弥国  ┃     /   トヤマ
       |      ↓ /           ┃ ↓  / カナザワ
     ┌ '        ノ          ┃ ↓ /
    /        ノ           ┃ ↓|フクイ
   丿      ノ ^’            ┗━━━━━━━━━━━
  |_ 水行↓,/
  /  _/ヘ/▲投馬国
  | |    \                   末盧国・・・敦賀市
 /  >   天 \                伊都国・・・旧伊香郡高月町
/  /     安 \               奴国  ・・・長浜市
\ |        川               不弥国・・・米原市
  ∨             ☆呼邑国    投馬国・・・野洲市・守山市
                          
      邪馬台国 ★ 天         邪馬台国・・・旧信楽町
               岩 ☆為吾国    
             戸             呼邑国・・・甲賀市
                           為吾国・・・伊賀市
            ☆巴利国        巴利国・・・名張市
      ☆烏奴国               烏奴国・・・宇陀市
  ☆奴国                    奴国 ・・・奈良盆地

298 :出土地不明:2010/11/07(日) 19:40:39 ID:ZOgnrZIV
ん?N1C1ってN1とC1の混在だとばかり思ってたけど、一つの遺伝型だったの?

299 :出土地不明:2010/11/07(日) 19:46:38 ID:ZOgnrZIV
>>290
シルクはどうなの?
馬はそのついでじゃないの?

300 :出土地不明:2010/11/07(日) 19:52:52 ID:VHYDfmyi
>>284
現天皇家 Y-DNA N1c1 てのはどのような根拠から?

301 :出土地不明:2010/11/07(日) 19:53:23 ID:QNb7aqZ4
>>298
N1から派生したものがN1c1です。
この場合は、N系統としてざっくり括ってもよいでしょうね

ただ、N1c1に限定すると、ロシア北部には見られず
むしろ、フィンランド・バルト三国に分布するようです。

302 :出土地不明:2010/11/07(日) 19:55:24 ID:QNb7aqZ4
>>300
継体天皇から、皇統が切り替わった・・・というよりも
元に戻った。と考えられるためです。

303 :出土地不明:2010/11/07(日) 19:58:48 ID:ZOgnrZIV
つまりサンタの末裔ってことか。

304 :出土地不明:2010/11/07(日) 20:18:22 ID:QNb7aqZ4
>>303
近江商人とサンタクロースは同祖だった!(驚)
聖・近江商人→http://pds.exblog.jp/pds/1/200903/21/05/b0153705_9212499.gif

フィンランド・バルトの人達は
フィンランドとスウェーデン、リトアニアとポーランドのように
異なる言葉を話す民族とも協力しあう気質があるようです。

また、音楽の素質ですね。
日本でN系統が多く分布すると思われる場所から、優れたミュージシャンが生まれます。
敦賀、滋賀、伊賀、奈良南部、大阪、佐渡、津軽、
東北から「佐伯部」が連れて来られた広島、「鬼ノ城」があった岡山、
防人として配置されたであろう九州北部、
蒲生氏郷の転封先であった、会津。

フィンランド〜バルトもまた、音楽の才に恵まれた国だそうです。

305 :出土地不明:2010/11/07(日) 20:32:45 ID:QNb7aqZ4
あと「毛野国」も、N系統の流れがあるような気がしてますが
気のせいかもしれません(^^; 行ったことはないので・・・

306 :出土地不明:2010/11/07(日) 21:09:15 ID:GRV+Jsqg
優れたミュージシャンて、例えば誰?

307 :出土地不明:2010/11/07(日) 21:32:35 ID:QNb7aqZ4
>>306 
http://www.youtube.com/watch?v=NdM2IJvoP8M
http://www.youtube.com/watch?v=4hQl2Jp-5HY
http://www.youtube.com/watch?v=BqFftJDXii0
http://www.youtube.com/watch?v=xnq0PLldu1s
http://www.youtube.com/watch?v=pZO47QxV-iY
佐渡の鼓童や、津軽三味線なんかは言わずとしれたところだと思う。
広島・福岡出身ミュージシャンの多さも。

308 :出土地不明:2010/11/07(日) 22:13:39 ID:GRV+Jsqg
>>307
・・・・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=Kv0j_jZ-7nQ

309 :出土地不明:2010/11/07(日) 22:19:55 ID:QNb7aqZ4
>>308
うん。
http://www.youtube.com/watch?v=qWJrMA3zJ5o

310 :出土地不明:2010/11/07(日) 22:28:04 ID:GRV+Jsqg
>>309
おっと。
http://www.youtube.com/watch?v=lN1ynBWfah0

311 :出土地不明:2010/11/07(日) 22:32:58 ID:QNb7aqZ4
>>310
そう。韓国の中でも、全羅道は百済の末裔の居住地で、
彼らは百済(ペクチェ)の奴=ペクチョンと呼ばれていた。
韓国では全羅道出身のミュージシャンが多いみたい。

312 :出土地不明:2010/11/07(日) 22:36:15 ID:QNb7aqZ4
百済もまた、N系統の民族の国だったのでしょう。

313 :出土地不明:2010/11/08(月) 00:05:32 ID:9dFpfQzW
>のちに、(正当ではないやりかたで)実権を握った者達に

どんなやり方だったのですか?

314 :出土地不明:2010/11/08(月) 01:44:08 ID:EtuhWKrE
>>295
河内って、河内源氏が居た所の意味だろ。
清和源氏流の源頼光とか有名。
場所は、兵庫県川西市で、川西辺りから奈良と大坂の県境泉州辺りまで・・。



315 :出土地不明:2010/11/08(月) 01:46:40 ID:EtuhWKrE
>>296
大彦とか長臑彦・安日彦って三宅・波多・安倍・那須の祖先だろ・・?

316 :出土地不明:2010/11/08(月) 01:50:16 ID:EtuhWKrE
>>297
末盧国って・・佐賀県だと聞いたけど・・その名残が、嵯峨源氏の渡邊氏流松浦党と聞いてるが・・?

317 :出土地不明:2010/11/08(月) 01:54:42 ID:EtuhWKrE
松浦・・末盧

318 :出土地不明:2010/11/08(月) 03:41:37 ID:rVYWhg01
>>313
蘇我馬子暗殺、歴史書の改ざん。おそらく密入国。
墾田永年私財法によって、土地を占領。なので彼らは全国にいる。
(現在、民主党が外国人参政権を通そうとしているのに似てます)
皇族の粛清の後の平安京遷都。

創価学会というのはその人達の流れなのではないでしょうか?
地租改正によって立場を失い、次は
歴史分野の情報を操作することによって優位に立つことに腐心した。
そのため、歴史上は「中国」は偉大な国だったという事になっている。

邪馬台国の「議論」は意図的に話をそらされ続ける・・・
そういうことなのだと思います。

319 :出土地不明:2010/11/08(月) 04:50:24 ID:AFsPmvJQ
>>318
ハワイのある島で不動産業を経営する日系人の方が、創価学会の池田大作氏と
同じ大田区の海辺の街で子供時代〜青年期まで過ごしたと仰っていました。
小さなノリ屋の息子だった、ちまたに言われる、池田氏が帰化在日朝鮮人だと
言う件について、自分はノリ屋の家族と懇意にしていた訳でなかったせいか、全く知らなかった。そういう噂の記憶もない。池田氏は、子供の頃は別に
目立つ子ではなかった。学業成績もフツーの範囲だった。ただ、青年期に
入って、周辺の他の若者とは突出した違いが在った。池田氏は、とにかく
性欲が強くて、年中、発情していた。女を見ると、手を出さずには
おれない様なアリサマだった。

320 :出土地不明:2010/11/08(月) 05:55:12 ID:PCpC3nB2
>>277
Y-N系統だと思う
日本の南部でしばらく停滞して安定し、変動が有り日本、チベットに行った
もちろん長江から黄河の河口にも行ったがこれらは滅んだ

321 :出土地不明:2010/11/08(月) 08:02:48 ID:knjP5k4i
>>301-304
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1288487602/47,53,56

N1c1ってマジで子孫が残りにくい特異な系統らしい
O2b*,DE*はそういう話が広く認められているわけではない

322 :出土地不明:2010/11/08(月) 11:14:34 ID:IWUFAKS8
西武・渡辺久信監督(45)が6日、ドラフト1位指名の早大・大石達也投手(22)を「スター候補生」として育成する考えを明かした。
秋季キャンプ地の宮崎から、東京・西東京市内の早大野球部合宿所に駆けつけ、指名あいさつに同席した指揮官は、
初対面の印象について「色男だね。顔もいいし、好青年。体もしっかりしている。将来は球団のスター? もちろん!」と満面の笑みで語った。

 今ドラフトでは最多の6球団が競合した右腕が、西武のイケメン軍団に仲間入りだ。チームには、
女性ファンからも圧倒的な人気を誇る中島を筆頭に、片岡、岸、涌井ら、人気と実力を併せ持った選手が多い。
渡辺監督は「将来の西武を背負って立つ、大きなピッチャーに育ってほしいと思っている」と、
球団として総力を挙げて、将来のスター育成に取り組んでいく考えだ。
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20101106-OHT1T00295.htm

323 :出土地不明:2010/11/08(月) 18:29:25 ID:Lmgfizhv
>>318
>皇族の粛清の後の平安京遷都。

桓武天皇は継体天皇とは別系統なんですか?



324 :出土地不明:2010/11/08(月) 18:45:24 ID:rVYWhg01
いえ?その断絶はないでしょう。
そこで途切れさせては民衆は黙っていなかった。
天皇家の権威を借りつつ、好きに振舞える状況を作ろうとした
・・・そういうことでしょうね。

桓武天皇の生母が百済の10代目の子孫というのもどうでしょうね、
10代隔てたら、1/512です。
ただ、当時「百済」という言葉は権威づけのタネになったのだろう
ということは推測できますが・・・

325 :出土地不明:2010/11/08(月) 20:12:52 ID:uztWd2eq
>>324
ネタつまらん。
百済が滅んだ時に日本に帰化した者のうち、百済の王家は百済王氏として五位の官位をもらったが、
その他は特定の技術を持ってる者だけが八位以下の官人となったのみ
所詮当時から属国であって、今の朝鮮人と同じく本来的に格下の立場

326 :出土地不明:2010/11/09(火) 00:26:04 ID:U3kYBqmi
>>325
あなたの希望や主観はどうあれ、
日本の史学の上でも、漢字など様々な文化が「百済」から伝わった事になってますね?

327 :出土地不明:2010/11/09(火) 12:39:18 ID:H9ipJmN9
>>326
むかし虎が大麻を吸ってた頃、世界の中心は、北朝鮮でした。
そこは、チュゴクの山東省と河北省からアメ降った先進文化人の
「楽浪王氏」と「楽浪韓氏」が、中国語を喋り、漢字で書き物を書き、
チュゴク語で物を考え、漢織りの衣装を身に着けて、ミニ中原の建物の
街をそぞろ歩いておりました。ある日、北方から臭っさ〜い蛮族が
どどど侵入、街は焼かれ、穀物蔵は略奪され、絹の衣服は追い剥ぎされ、
もうダメ。世界最高の文明人達は、南へ逃げました。
その時、王氏と韓氏は、漢字などの様々なチュゴク文化をイパーイ、
南方へ伝えました。しばらくすると海の向こうの大和朝廷から
「やっほ〜百済王、オマイとこのインテリ寄越せ〜!」と命令が来て、
百済王は、楽浪王氏の一族(その頃は百済王氏(ワン人、王仁)に転身)
を差し出す事に決めました。ワン人達は、きゃっほー!と倭国へ
頭脳流出して行きました。And they lived happily ever after.


328 :出土地不明:2010/11/09(火) 13:44:02 ID:VJDEqJzi
>>326
ワニは名前から見て百済にいた中国人だろう
百済は日本にいろんな物を貢いでいたという見方も出来る
その証拠に百済には入れ墨者が多く居た

最後は倭が百済再興を諦め百済は消えた
百済は倭の軍事的庇護の元で存在できていたのだ
これは間違いない

329 :出土地不明:2010/11/09(火) 14:32:31 ID:N2DmvY8x
まじ?

330 :出土地不明:2010/11/09(火) 14:32:43 ID:N2DmvY8x
まじ?

331 :出土地不明:2010/11/09(火) 21:53:26 ID:U3kYBqmi
>>328
>ワニは名前から見て百済にいた中国人だろう
「百済にいた」はどこから出てきた?

>その証拠に百済には入れ墨者が多く居た
入れ墨者が多く居た証拠は?

>百済は倭の軍事的庇護の元で存在できていた
庇護する動機があったということ

332 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/09(火) 22:32:16 ID:ongeyT4e
>>323
別系統も何も、皇室は貴族社会ですから、不倫が多いですから、
父系は断絶するんが当たり前です。今の天皇家も大正天皇の血を
受け継いでおる確証なんか無いんですよ。
>>324
桓武天皇も百済人の母系じゃが、父系はどの種か解らんけぇのう。
蘇我氏の代でも、皇后の不倫相手東漢氏が父系じゃったりして。
>>325
百済系田辺史のように、藤原氏の養父になったり、渡来系から皇室
と同族になったりした連中は、不倫で種をしこんどるじゃろう
のう。(笑)まあ、日本の貴族階級は、渡来系から籍を皇別に
移すだけの作業じゃし。歴史知らずのYカルトは、ここでも父系
妄想が激しいのう。(爆笑)

333 :出土地不明:2010/11/09(火) 23:53:27 ID:U3kYBqmi
創価が来た・・・

334 :出土地不明:2010/11/10(水) 02:36:56 ID:lrGA1SrK
>>331
ワニは王仁と書く、姓が王、ヨミもワ、どうみても中国
朝鮮は過去に中国風に名前を変更してるが
それでも王は少ない

>入れ墨者が多く居た証拠は?
やれやれ、こんなことも知らないとは・・・
『梁書』百済伝
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kudara-kanbun1-ryosho.htm
「其國近倭、頗有文身者。」
(その国は倭に近く、身体に刺青を施している者がとても多い。)

>庇護する動機があったということ
そりゃそうだ、以前は鉄を貢がせていたからな
あっさり捨てたりしないよ

335 :出土地不明:2010/11/10(水) 02:48:04 ID:lrGA1SrK
補足すると、百済は倭に取って中華文明を手に入れる中継地として
とても重要だったと言える

また『梁書』百済伝 の記述には
>人の姿形は身長があり、衣服は清潔に洗っている。
とあるから、朝鮮半島南部の人の特徴を良く見てると言え信頼性が有る
朝鮮半島は南部は背が高く北はしょぼいw

336 :出土地不明:2010/11/10(水) 02:51:59 ID:cRe9Zwjh
>>334
なんで百済に中国人がいるんだよ

337 :出土地不明:2010/11/10(水) 03:06:11 ID:lrGA1SrK
>>336
それは分からないが、『隋書』百済伝には
>そこの人は新羅、高句麗、倭などが混在しており、また中国人もいる。
とあるから中国人は居たのは確か

貿易立国だったのかも知れん
倭と中国が仲が悪くなり衰退したのかも

338 :出土地不明:2010/11/10(水) 03:16:26 ID:cRe9Zwjh
>>337
「中国人」が居たって書いてるんだ?
でもその書き方ならどう見ても少数だね。
ワニ氏は中国人だ、そして百済から来た。なんて強弁もいい所

あなたがムリにでも百済と中国をつなげたいのは分かったよ

339 :出土地不明:2010/11/10(水) 07:39:34 ID:3NBts5zs
楽浪郡の「楽浪王氏」は中国人。山東省が本拠地。
楽浪郡の「楽浪韓氏」は中国人。河北省発祥。河南省や朝鮮半島へ拡散。
   
百済の学識層は、上記中国人。
帯方郡時代より、楽浪郡から直接または馬韓〜辰韓〜弁韓を経て渡来。
朝鮮半島南部に先進文化を伝えた。

340 :出土地不明:2010/11/10(水) 07:59:59 ID:cRe9Zwjh
>>339
その「中国人」のY-DNAタイプは何だと推測されますか?

341 :出土地不明:2010/11/10(水) 10:11:44 ID:mh1Pii0w
>>324
チャウチャウ。
桓武の父親の光仁天皇には別の後継者がいたんだ。母が皇族のね。
呪詛の罪で始末された。
権威付けというより外戚に力がない方が便利だからだろ。

母親が百済系の帰化人だから皇太子になれたって他にいるのか?
一人どころか大勢居ないと成り立たないわな。


342 :出土地不明:2010/11/10(水) 10:12:55 ID:mh1Pii0w
>>335
パーキングエリアは重要だわな。

343 :出土地不明:2010/11/10(水) 15:58:17 ID:TW8Ny9Jm
1 神武天皇 じんむ
2 綏靖天皇 すいぜい
3 安寧天皇 あんねい
4 懿徳天皇 いとく
5 孝昭天皇 こうしょう
6 孝安天皇 こうあん
7 孝霊天皇 こうれい
8 孝元天皇 こうげん
9 開化天皇 かいか
10 崇神天皇 すじん
11 垂仁天皇 すいにん
12 景行天皇 けいこう
13 成務天皇 せいむ
14 仲哀天皇 ちゅうあい
15 応神天皇 おうじん
16 仁徳天皇 にんとく
17 履中天皇 りちゅう
18 反正天皇 はんぜい
19 允恭天皇 いんぎょう
20 安康天皇 あんこう
21 雄略天皇 ゆうりゃく
22 清寧天皇 せいねい
23 顯宗天皇 けんぞう
24 仁賢天皇 にんけん
25 武烈天皇 ぶれつ
26 継体天皇 けいたい

344 :出土地不明:2010/11/10(水) 17:27:08 ID:TW8Ny9Jm
継体天皇までのテンプレお願いします。

345 :出土地不明:2010/11/10(水) 18:39:51 ID:cRe9Zwjh
>>341
学歴詐称する人は、国内有名大学ではなく
多くは「海外留学していた」と言いますね?
国内の名門では、バレますからね。

いずれにしても、10代隔てても名乗る意味があった、
「百済」にネームバリューがあったという事です。

>>344
なぜですか?
コピペで埋めなくてはならない話題なのですか?

346 :出土地不明:2010/11/10(水) 19:50:27 ID:jx/7gAcC
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/03/03.htm
【百済帰化族】

347 :出土地不明:2010/11/10(水) 22:06:19 ID:L0zanrn5
ヒストリアage

348 :出土地不明:2010/11/10(水) 22:16:33 ID:jx/7gAcC
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%92%B0%E5%A7%93%E6%B0%8F%E9%8C%B2
新撰姓氏録


色々な氏族がいたのですね。

349 :出土地不明:2010/11/11(木) 00:56:06 ID:2bU5pTFJ
>>345
高麗の帰化人も今も歴史を守ってるよ
高麗神社もあり姓も残っている
高句麗の王族の子孫も今も残ってたはず

もちろん百済王族の子孫も名誉ある家系として今も日本に残っている
百済を滅ぼしたのは朝鮮人なw、日本は護ろうとした
新羅系は日本に恨まれてたのでほとんど来ていないとオモタ
あと変わり種として鬼の家系と言うのも日本に残っている
日本てけっこうスゴイと思う

350 :出土地不明:2010/11/11(木) 03:43:08 ID:sdqg5jt1
>>345
そういう血縁で選ばれた天皇が他にもたくさん居ないと無理があるだろ。
力無き外戚が求められただけ、始末された皇太子の母親が天武系。の方が分かりやすい。

学歴とのつながりも不明。
何代も前の先祖がハーバード出身。本人はそれだけが自慢だ。
プロフィールに他に書く事無し。
どんだけ身分が低いんだか。

351 :出土地不明:2010/11/11(木) 03:52:23 ID:TE7cs2ml
>>350
呪詛の罪で本来の皇太子が居なくなってお鉢が回ってきた桓武天皇。
母親が百済系とか関係無いな。

百済系とかを重視するために本来の皇太子が殺されたのか?
百年以上前に滅んだ百済をねぇ。

352 :出土地不明:2010/11/11(木) 03:57:48 ID:TE7cs2ml
>>351

どちらかと言えば>>345へのスレでした。


353 :出土地不明:2010/11/11(木) 06:58:48 ID:u9LtKoS7
>>351
>百済系とかを重視するために本来の皇太子が殺されたのか?
そうじゃありませんよね、もちろん。

それ以降実権を握ることになる一族が、本来の皇太子を殺し、
皇室に女性を送り込んで生ませた桓武天皇を担ぎ出した・・・
その女性の身分のハク付けのために「百済」を持ち出しただけでしょう。

354 :出土地不明:2010/11/11(木) 09:17:35 ID:sdqg5jt1
>>353
送り込んでじゃないだろ。ジジイの天皇即位なんだし。
落ちぶれて天皇なんかになれそうもない傍系の皇族にタマタマいた愛人とその息子。
当然出自を書かないといけない、そしたら何と10代前まで遡るほどの零落した家系。
ハクはつかないな。


355 :出土地不明:2010/11/11(木) 09:22:00 ID:sdqg5jt1
追加
>>それ以降実権を握ることになる一族が、

実験を握る連中にとって、後々外戚問題にならないような力のない家系だという安心感の喧伝だろ。
だいたい、百済系でハクがつくなら他にもたくさんの皇太子がそれで選ばれてるだろ。



356 :出土地不明:2010/11/11(木) 09:29:25 ID:u9LtKoS7
>>355
だから、その人達は、
自称「10代前まで遡ったら百済系」くらいしか
ハクの付けようがない出自だったってこと。

357 :出土地不明:2010/11/11(木) 09:46:47 ID:sdqg5jt1
それハクがつくというのか?
正統な皇太子じゃなかった。
無理矢理だったんだねという内部告発だろ。www

358 :出土地不明:2010/11/11(木) 10:04:29 ID:u9LtKoS7
内部?いえ私は皇室の人間ではありません(^^;

皇太子としては正当性はあるでしょう?
ただ、シナ勢力の足がかりにされてしまっただけで。

359 :出土地不明:2010/11/11(木) 10:32:29 ID:sdqg5jt1
>>358
訳わからん。
皇族の母を持つ皇太子殺して、こんな身分の低い女性の子供を皇太子にしたんです。
不当な行為があったと暗示してるよね。←これこっそり告発。そんな意味で書いたのに。
はぐらかそうと必死だな。

360 :出土地不明:2010/11/11(木) 10:45:37 ID:u9LtKoS7
そう、藤原氏の政権は、始まりからして不当だったのだと思うよ。

361 :出土地不明:2010/11/11(木) 10:56:01 ID:sdqg5jt1
じゃあハクじゃないよね。


362 :出土地不明:2010/11/11(木) 12:54:53 ID:2bU5pTFJ
百済はハクじゃないよね
新羅はマイナスだし
高句麗は関東に飛ばされた

天皇に取って朝鮮系は割とどうでもいい存在
百済王族も天皇一族と見なされていない
つまり
百済→天皇 ×
新羅→天皇 ×
高句麗→天皇 ×
なので、朝鮮半島→天皇は × 成り立たない

363 :出土地不明:2010/11/11(木) 13:40:19 ID:fiOyw4y/
http://homepage1.nifty.com/k-kitagawa/data/shoji03.html
新撰姓氏録にある出自は本物ですか?

364 :出土地不明:2010/11/11(木) 13:41:15 ID:fiOyw4y/
朝鮮人と韓人と百済人はどれも別種。

365 :出土地不明:2010/11/11(木) 20:47:52 ID:OwWhCJWo
ネット工作乙、あらゆるところから崩そうと・・・そんな日本がイヤか?
軍事百科事典( 間接侵略 )
ht●tp://ww●w003.upp.so-net.ne.jp/Zbv/sub31.htm



366 :出土地不明:2010/11/12(金) 04:01:20 ID:B5UPH8N2
民主党の正体は在日、創価の正体は帰化シナ人
敵が分からなくては国を守れない
相手の弱点を知らなければ戦えない
歴史のウソを正していくべき

367 :出土地不明:2010/11/12(金) 04:13:36 ID:B5UPH8N2
層化が作り出した言われない差別によって
日本という国自体に不信感を持っている人達もいる
彼らには韓国・百済に遠い同胞がいて、
そのために民主党へなびきやすくなってしまっている・・・

本当の事を明らかにすることが、日本を守ることになる

368 :出土地不明:2010/11/12(金) 05:53:17 ID:WgsffHx3
この手の話は全て胡散臭い。
イギリスとドイツの例を強引に当てはめてるだけに感じる。
英国王室では嫁がドイツ系である伝統があるから渡来説が成り立つけど、
日本の場合そんな伝統無いから無理やり同祖論を作っただけで妄想の域を出てない。

369 :出土地不明:2010/11/12(金) 06:44:06 ID:B5UPH8N2
そう、桓武天皇の生母が「百済系」はウソかもしれない
ただ「百済」から来たのは本当かもね、百済にも中国人がいたそうだから。

平安京はシナ人に侵された都だよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Emperor_Kammu_large.jpg
平安時代の文化が「国風」文化だなんて大ウソ。

370 :出土地不明:2010/11/12(金) 06:45:37 ID:B5UPH8N2
売国奴どもが捻じ曲げているのは、近代日本史だけではないんだよ

371 :出土地不明:2010/11/12(金) 07:40:25 ID:f71+38If
国風文化が始まるきっかけと年号知らんのね。

372 :出土地不明:2010/11/12(金) 07:50:00 ID:B5UPH8N2
スパイを遮断したら、急に独自の文化が育つの?w

373 :出土地不明:2010/11/12(金) 09:19:19 ID:f71+38If
見苦しい。カス野郎

374 :出土地不明:2010/11/12(金) 09:37:46 ID:B5UPH8N2
都合が悪くなったら罵詈雑言。
さすがですね

375 :出土地不明:2010/11/12(金) 10:07:17 ID:f71+38If
桓武天皇なんて国風文化と時代が違う。
スパイの意味不明。
中国にない文化の発達という現実を見ない。
見苦しいカス野郎以外どうしろと?


376 :出土地不明:2010/11/12(金) 10:14:04 ID:B5UPH8N2
>国風文化が始まるきっかけと年号
この解説をどうぞ。

377 :出土地不明:2010/11/12(金) 10:45:29 ID:PROaAreb
ここはそんな低レベル?

平安時代の文化が「国風」文化なんて大ウソのあたりを聞きたいな。
ソースらしきものは無関係だったし。

378 :出土地不明:2010/11/12(金) 10:49:10 ID:f71+38If
wikiでも読んどけ。

379 :出土地不明:2010/11/12(金) 10:55:48 ID:B5UPH8N2
見苦しいですね。

日本的な文化は、飛鳥・奈良時代から既にあった物です。
わざわざ「国風」などと名付ける意味がわかりませんね。
何故なんでしょうね?

380 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:05:17 ID:f71+38If
歴史用語のネーミングは命名者に聞けば?
考察があるなら書けばいい。
中身があるなら読んでやろう。

381 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:07:24 ID:B5UPH8N2
>>380
>命名者
だれですか??

382 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:12:29 ID:f71+38If
さあ。
いろいろ文句があるんだから調べたら。
此処で言ってても本人に伝わらないよ。
伝える義理もないし。
頑張れ。

383 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:14:07 ID:B5UPH8N2
>>382
文句言ってるのはあなたでしょ?w

384 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:20:30 ID:B5UPH8N2
面白いニュースがありました

平等院の絹織物 創建時の荘厳具か、染織史「空白の時代」に光 京都
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/kyoto/101112/kyt1011120135004-n1.htm
>平等院鳳凰堂(宇治市)の本尊・阿弥陀如来坐像(国宝)の台座から見つかった平安時代の絹織物。
>正倉院(奈良市)には奈良時代の絹織物が多く残るが、平安時代の資料はほとんどなく、
>染織史では「空白の時代」。

空白の時代・・・?
建築物にしても奈良時代の物の方が評価が高い。
国風文化って、本当に何なんでしょうね??

同じニュース、
あのアサヒ新聞は見出しで「平安貴族」などと書いてます

平安貴族彩る金の糸 平等院鳳凰堂で発見の織物片に
http://www.asahi.com/culture/update/1112/OSK201011110170.html

アサヒ新聞にアピールされてしまう「平安貴族」って、
一体何者でしょうね?

385 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:24:07 ID:f71+38If
>>383
えっ?
>>369

386 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:25:42 ID:Asxw9R4M
>>369
百済系っつっても在日10世だろ
血的にはだいぶ希釈されてんぞ
正確には途中で帰化したみたいだが

387 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:29:50 ID:B5UPH8N2
要するに、藤原氏っていうのはシナ人なんですよ。
平安貴族は栄養不足で貧相な顔だったとかなんとか言いますが、
元々しなびた顔のシナ人だったんです。

388 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:37:08 ID:f71+38If
>>387
興味があるから詳しく教えて欲しい。
できればWEBで見つかる資料も欲しい。
なんか面白そう。


389 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:39:38 ID:B5UPH8N2
>>388
自分でアサヒ新聞や創価について調べたらよいのでは?
中身のない絡むだけのレスはその辺にしてさ

390 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:51:42 ID:f71+38If
>>389
逆だろ、藤原氏の話なんだが。天皇と関連する。

在日とか創価学会はスレ違いだよ。だから無視してる。
スレに関係ない空虚な話で誤魔化すのやめたら。


391 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:52:52 ID:B5UPH8N2
>>390
>藤原氏の話なんだが。天皇と関連する。
ソースをどうぞ

392 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:56:41 ID:f71+38If
>>391
平安時代を持ち出したのはあんた。
平安時代に藤原氏は天皇家と深い関わりがある。
って知らん?

>>387
ここ詳しくね。

393 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:57:51 ID:B5UPH8N2
>>392
後から関わりに行ったんだわね。
虎の威を借るキツネのごとく。

394 :出土地不明:2010/11/12(金) 11:59:57 ID:f71+38If
>>393
>>387

395 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:01:32 ID:B5UPH8N2
そう、平安時代は、日本が寄生虫のような藤原氏にたかられた時代だった。

396 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:04:28 ID:f71+38If
>>395
それは否定しない。
>>387教えてくれ。

397 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:11:33 ID:T0WtWxaP
>369
国風文化と呼ばれるのは、平安の後期なんだけど。

398 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:13:28 ID:f71+38If
>>397
彼は歴史用語に挑戦している。らしい。
ベーコンは嫌いらしい。

399 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:14:46 ID:B5UPH8N2
>>396
そのまんまの意味ですが。
根拠?彼らの性質などからの推測でしかありませんよ。

日本書紀には乙巳の変の実行者について
〜皇子は「韓人(からひと)、鞍作(入鹿)を殺しつ」(「韓人殺鞍作臣 吾心痛矣」)と述べた
とあるそうです。

このクーデターを「大化の改新」と呼んでいたこととかね。


400 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:16:47 ID:B5UPH8N2
>>397
誰が呼び始めたのか教えてくださいw

401 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:21:06 ID:f71+38If
>>399
編纂した時の実力者・・・不比等。
切れ者だと思ってたけど、けっこうな粗忽者だな。


402 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:31:49 ID:B5UPH8N2
人を欺くことばかり考えている政治屋は、いつかボロが出るものらしい

403 :出土地不明:2010/11/12(金) 12:41:45 ID:f71+38If
他の根拠は?

かわにくスルーだし。

404 :出土地不明:2010/11/12(金) 13:00:58 ID:B5UPH8N2
京都の民度の低さとかね
ttp://www.youtube.com/watch?v=zIhYCjJTxds

405 :出土地不明:2010/11/12(金) 16:27:59 ID:HcBaK84H
>>386
むしろ桓武天皇の生母「高野新笠」の出自とされる百済の「武寧王」の方が、本当に半島人かどうかかなり怪しい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%AF%A7%E7%8E%8B
・百済王家の子を妊娠したとされる婦人が日本で出産して「日本から送り返されてきた赤ん坊」が武寧王。
・日本の島で生まれたから斯摩王(日本では嶋君)と呼ばれた。
・なぜか現百済王にク−デタ−を起こして百済王に即位した。
・武寧王没後、その子が旧王勢力に王位を奪還されると日本に亡命し日本に帰化するや、
天皇から「倭(やまと)」の氏(うじ)を拝命し、後に「和」氏と字を改め、さらに「高野」になった。
・武寧王陵の棺材が日本にしか自生しないコウヤマキで出来ていることが判明した。

どうみても「生まれながらに日本との関係が濃すぎる」と思います。


406 :出土地不明:2010/11/12(金) 16:59:58 ID:/zurD/Cs
百済は元々は倭人が住んでいたんだって
それが先に中国化し、倭も影響され中国のマネをして行く
中国系と倭系の王族の権力争いがあったかも知れないな

歴史上百済が倭の上に立った事は一度も無い
新羅は百済を滅ぼし半島統一した事で一時的に(中国から見て)倭の上に立ったようだ
たぶんこの辺りが半島の歴史で一番まともな時代かな
あとはずっと中国の傀儡政権だし
まあ新羅も元々は倭系(出雲)だと思われるが

407 :出土地不明:2010/11/12(金) 17:13:18 ID:B5UPH8N2
百済の支配者層は「倭人」ではないよ。「奴」、匈奴。
彼らは、邪馬台国を築いた人達でもある。

韓国とはつながりがないとかどっちが上とか、
そんな証明はひとまず置いて、

親日家だったという韓国大統領
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B4%E6%AD%A3%E7%85%95
似てませんか??
http://kokueki.cool-biz.net/img/mr_tamogami2.jpg

408 :出土地不明:2010/11/12(金) 17:52:34 ID:B5UPH8N2
>>406
新羅の時点で中国(鮮卑)の傀儡でしょう?

409 :出土地不明:2010/11/12(金) 17:59:31 ID:Asxw9R4M
>>405
その婦人って朝鮮人だからやっぱ朝鮮人じゃねーの
ぶねーおーはその婦人とは別の女が孕んだ子であると推察される記述がどこぞにあるとか?

410 :出土地不明:2010/11/12(金) 18:05:26 ID:Asxw9R4M
>>407
>彼らは、邪馬台国を築いた人達でもある。
嘘くせー
三国史記儒礼尼師今の部でも俺ら新羅は百済と一緒に日本を討伐したいんだけどっつー儒礼王に対して政府高官が俺ら海戦ヘボいから日本にゃ勝てねーっスよっつってるし

411 :出土地不明:2010/11/12(金) 18:50:03 ID:B5UPH8N2
うん、だって学校で教えてる歴史はウソばかりだから
本当の事の方が嘘くさく見えるのは仕方ない

この図と→http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000dna02.jpg
>>297を見比べて、
ついでに>>285も読むと、どういうことか飲み込めるんじゃないかな・・・

世界のY-DNA分布はこちら。
http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf

412 :出土地不明:2010/11/12(金) 18:56:22 ID:z8rWAwMB
>>405
韓vs日「偽史ワールド」(水野 俊平)でも述べてたなぁ。



413 :出土地不明:2010/11/12(金) 19:58:15 ID:/zurD/Cs
>>408
統一新羅は中国の援軍で出来たけど
中国の要求を拒否するようになり何度か中国軍を撃退している
中国に対しての独立性は一応有った

414 :出土地不明:2010/11/12(金) 20:38:55 ID:29nf4GU3
>天皇はいったいどこから来たのか?
マンコからやって来たに決まってるだろーが。
人間はマンコからやって来て
マンコへ帰るものだ.

415 :出土地不明:2010/11/13(土) 02:01:00 ID:+15sNWbS
帰れない人もいます

416 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/13(土) 02:02:32 ID:z+NnXz+8
 なんかこのスレも空理空論妄想でつまらんのう。
http://hori109.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/02/5226_813a.html
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/607178/53596/56515335
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%BC%A2%E6%B0%8F
一番上のように、今の天皇家が大正天皇の父系出自かどうかも
確証が無いんに。
真ん中の中世の「とはずがたり」のよう、皇室を含む公家階級は
「出生偽装が横行した実態」から、父系なんか解るわけ
あるまあに。
一番下の渡来系東漢氏も河上姫と不倫関係で、王侯貴族の
父親なんか解るわけも無い。
貴族階級の多くが渡来系北方容貌が多いことから、北方系渡来人の
血が多いたぁ云えるけどのう。
http://books.google.co.jp/books?id=szGT-dJcJRsC&pg=PA141&lpg=R#v=onepage&q&f=false
公家や近畿、山陽、日本海側の人間の容貌は、
満州の南ツングース系よ。

417 :出土地不明:2010/11/13(土) 02:19:43 ID:+15sNWbS
牛さんは誘導が下手ですねえ。
天皇に限らず、名家が存続のみを目的に養子を入れたり庶子で再興なんて当たり前の事ですよ。
わざわざさも特殊事情のように強調するからあなたがそこに含めたい意図と裏が透けちゃうんですよ。
不倫不倫って、何時の時代感覚ですか?
名家の当主が近くの女に手当たり次第手を出すのは、仕事であり人生そのものです。
むしろそれが出来ないのは当主として落伍者なんです。
ていうか現在の一般社会でも、
40も超えれば浮気の一つも出来ない男は周りから陰で馬鹿にされるでしょうに。

418 :出土地不明:2010/11/13(土) 09:09:51 ID:Ce9DVEDe
お好み焼屋のマスターが言ってた。
「人類発祥の地は日の本の国、日本!
ハングルと日本語と文法が似てるのは当然!
日本から伝播したもんだか・・・」
先週、行ったら潰れてた。



419 :出土地不明:2010/11/13(土) 15:04:37 ID:5XCQ4QZr
長州とか瀬戸内水軍のルーツは、嵯峨源氏や桓武平氏、奥州安倍氏、藤原北家の子孫ばかりで、むしろ、大陸側の蒙古と長々、何十世代と戦ってた長州、瀬戸内水軍は、先住民と共存してきた側で、
その、長州、瀬戸内水軍を海賊と言い後期倭寇扱いする関東人らは、朝廷囲ってきた清和源氏の公家衆と追随する関東の武家らの、そのルーツは帰化人ルーツの末裔な件。
だから、海賊王の藤原純友が反旗翻したんじゃね?

お前ら、崇拝する江戸の徳川のルーツも、大河内氏で河内氏なら帰化姓だろう
河内氏 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%86%85%E6%B0%8F
河内氏(かわちし)は日本の氏族の一つ。 河内氏には以下のものがある。記述は時代順に並べてある。
西漢氏支族 [編集]
河内氏は、西漢氏の支族で朝鮮半島の伽耶地方から河内国に渡来してきた氏族。『百済本紀』に安羅日本府の倭臣として「加不至費直」という人物を記している。
河内氏は5世紀末ごろに帰化/渡来し、ヤマト王権に軍事・外交面で仕えたと考えられている。
飛鳥時代後期(7世紀後半)には河内国に河内寺(現在の東大阪市)を建立。
伽藍(がらん)配置については北から南に一直線に講堂、金堂、塔、中門が並ぶ「四天王寺式」だったと推測されている。本拠地は河内国河内郡。


大河内氏長沢松平氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/o_kouti.html

奥州安倍氏のルーツ、孝元天皇なんて紀元前の天皇の子孫、大彦の子筋
嵯峨天皇も、清和天皇より前の天皇だしな。
桓武天皇の子孫。
桓武天皇と百済系の母から生まれたのが、桓武平氏。

どうして、この国は、後から帰化した在日の奴らほど、先住民より偉そうにし、差別するのかね・・高天原の神々の名代のフリだろ?

宇宙の皇子思い出したわ・・W

アイヌ<try<try<try<try<・・・・<童話<在日

まぁ、これで言うと、中国もなんだが・・
倭人<try<try<try<カナダdry<・・・・<清<中華人民共和国



420 :出土地不明:2010/11/13(土) 15:59:16 ID:tfdr6/5I
高野新笠が、百済系とかアホくさ。
天皇がひと言リップサービスしたら朝鮮人発狂。
日本生まれのブネオが百済へ行ってクーデター起こして
百済の勝手王に成って、一代で潰れて、また子孫は日本に帰って、
その子孫の日本での10代目。百済王っつても、どーせ大和朝廷子飼いの
カイライ王だろ。アメリカ人が10代前は、エジプト、シリア、トルコ、
ギリシャ、クロアチア、スペイン、アルメニア。。。10代前の
何処かの王族の血を根拠に、ウリは何国系王族の(たった一代でパーの)
子孫と言ったら、奇人変人バイポーラー変態ハイパーエスニックフェチ。
でもXX半島では、それがノーマルぴーぽー。

421 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/14(日) 01:58:54 ID:V+LYR6g3
>>417
わしゃあ、誘導しとらんですよ。あなたの方が下の方じゃあ、
男の不倫について云われても、女の方の不倫を云われとらん
じゃないですか。
お公家さんや、夫が参勤交代で江戸赴任に武家の女性が男に手を出す
んは人生そのものでもあるでしょうに。
>>419
源平藤橘なんか、家系偽造の典型で意味が無いよ。
しかも徳川氏は被差別民系で賀茂氏や藤原氏、源氏と何回も
姓を変えとったんで。
http://www.ai-trip.com/trip/ieyasu/P2Text.html
ここにゃあ、徳川氏の先祖が時宗の遊行層で賤民じゃった
ことが出とるのう。
>>420
ついに狂うたんか。百済人は日本でも貴族階級で、日本の土着民
たる土蜘蛛や隼人、蝦夷のような奴隷でも無いんに。(笑)

422 :出土地不明:2010/11/14(日) 02:47:43 ID:bMH8FxBF
>>421
隋書 倭国伝
新羅、百濟皆以倭為大國、多珍物、並敬仰之、恒通使往來。
狂ってるから永遠にゼロノーベル賞なんだろうね

423 :出土地不明:2010/11/14(日) 11:29:50 ID:nPi2XSj7
>>420
呪詛トラップで本来の皇太子を抹殺しないといけないほどの低い家系の嫁。
皇太子を殺すほどの無理しないと即位できないんだぜ。



424 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/14(日) 23:52:13 ID:V+LYR6g3
>>422
土地面積が広いと大国なだけじゃが、漢人が九州を倭国として、
百済人や新羅人が近畿地方まで含めて倭国と認識しとったんか、
明確じゃ無いけんのう。
>>423
高野新笠は、桓武朝の百済系政権の象徴に過ぎんよ。
東北利権グループに百済王氏や東漢系坂上氏がおるんものう。
本国で低い家系でも、渡来系が支配する日本じゃあ、上層階級に
なれるけんのう。(笑)

425 :出土地不明:2010/11/15(月) 01:13:40 ID:raUipp0p
日本で低い低い家系。
外戚の心配なし。


426 :出土地不明:2010/11/15(月) 12:08:07 ID:JzudsxTr
>>424
新羅、百濟皆以倭為大國、""""多珍物""""、並敬仰之、恒通使往來。

お前英語だけじゃなくて漢文もダメなんか

427 :出土地不明:2010/11/16(火) 06:56:28 ID:kSWv0mIG
>>419だが・・あちこち、コピペしてみたが
あんま、良い情報募れ無かったなぁ・・
もっと、期待してたんだが・・良く、物語の題材にされる源平合戦だが
元を辿ると、世界中の騎馬民族の挙兵が争いを撒き散らしてるけど、ロシア系ユダヤ=秦民族が東西に分かれて、あらゆる戦や工作活動員として、商人として、世界中に散っていったんだろ。
西は昔ユダヤ・今ロシア系ユダヤ商人、東は、昔秦民族・今華僑
大本ってねロシアなのかモンゴルなのか?




428 :出土地不明:2010/11/16(火) 07:12:15 ID:kSWv0mIG
ゴル・ボドルザー艦隊拠点は何処?
今は、アメリカと中国か・・?
ゼントラン(ゴル・ボドルザー)=ヤハウエ、メルトラン(ラプラミズ)=大日如来

429 :出土地不明:2010/11/16(火) 23:28:50 ID:Uys5AfV5
01武寧王(姓は扶餘氏。名は斯麻。倭国生まれ後に戻り第25代百済王に 461〜)
02純陀太子(淳陀。即位前に死去)
03斯我君(505年倭国に帰化)
04法師君
05雄蘇利紀君
06和史宇奈羅(和史(やまとのふびと)を賜る。史は帰化人系下級官僚のカバネ)
07和史粟勝
08和史浄足
09和史武助
10高野朝臣乙継(娘の入内により高野朝臣を賜る。朝臣は高級貴族のカバネ)
11高野朝臣新笠(桓武天皇の生母。)

430 :出土地不明:2010/11/16(火) 23:48:56 ID:PX7fiu0Q
武寧王はそれまでの百済王にクーデタを起こして百済王になった。
そして武寧王の死後、旧百済王の勢力が王位を取り戻し、武寧王の子孫は日本に逃れた。

天皇は武寧王の子孫に、なんと倭(ヤマト)の姓を授けた。

旧百済勢力の王家ではなく、それを倒して新百済王になった日本生まれの武寧王の子孫に
天皇がヤマトの名を与えたのは、間違いなく「武寧王が実は倭人の血筋だと知っていた」からだろう。


431 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/17(水) 23:59:30 ID:3tkrrLLJ
>>426
隋書に倭が強国じゃの一言も書いて無いんじゃに、大国を強国と勘違い
しよるんじゃないか。
>>430
倭人は朝鮮でも、韓人と同様被支配層で、支配層は南ツングース系よ。
ヤマト(大和、)は東で、カフチ(河内)は西の地域に過ぎんよ。

432 :出土地不明:2010/11/18(木) 02:20:47 ID:7+idlH1c
近年の調査で半島が開発されたのは北から南へではなく、九州対岸の半島南岸から北に向かってであることが分かっています。
また半島南岸には倭人が住んでいました。

朝鮮王家が初めて半島に来たのは漢代のことであり、未開地を朝鮮人が開拓したのではなく、すでに開拓されていた半島南部を頼って朝鮮王「箕準」や韓王「韓西」らが逃げ込んできたと考えられています。
「倭人」は船を巧みに操る「河川民族」であり、河川の後背湿地に高床式住居に住み裸足か草履・田下駄を履き、
稲作および稲魂神事を行う南方系文化であり、ツングース系ではありません。

ちなみに「河内」は本来「かだい」と読み、秦王朝のあった「中原」のことです。
(河内に対し河東、河西、河北、河南があります)

秦人の亡人は半島の東部の「秦韓」に暮らしたといい、「自分たち」のことを秦語で「阿意(わい)」や「阿意等」などと呼んでいました。
応神天皇代に秦人たちは半島を嫌って日本に渡来し帰化したといいます。

433 :出土地不明:2010/11/18(木) 07:40:25 ID:jqOHYehX
>>432
>「自分たち」のことを秦語で「阿意(わい)」
史記とかに書いてたか?


434 :出土地不明:2010/11/18(木) 12:28:14 ID:hZg0exJH
>>431
古来から朝鮮の方が強国だったのなら何故より半島に近い対馬は一度も朝鮮領土になったことが無いの?

435 :出土地不明:2010/11/18(木) 12:33:50 ID:eFujKz5K
>>433
うろ覚え御免。
×阿意等(わいら)
○我為阿(わいあ)
(「阿」が秦帝国を指すらしい)
「三国志魏書」辰韓伝

相呼為徒、有似秦語、故或名之為秦韓
互いを徒と呼び、秦語に相似している故に、これを秦韓とも呼んでいる
(「徒」も秦語の表現らしい)
「後漢書」辰韓伝

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/sankan-sinkan.htm

436 :出土地不明:2010/11/18(木) 12:47:28 ID:eFujKz5K
ちなみに秦の支配領域の外にある半島東部(後の新羅)に、
一部の秦人が秦帝国の苦役から逃亡して移り住んだのは、
当然「秦帝国が健在」の時代の話。

彼らは「秦からの逃亡者」でありながら、反面「秦人であること」をプライドの拠り所にしていた。
ところがやがて「その拠り所となる秦帝国」が滅亡してしまった。

一方、秦王朝の王侯貴族の末裔たちは、秦の領域からの逃亡を余儀なくされる。
(周代なら逃げる国はいっぱいあったが、皮肉な事に秦の始皇帝が全国制覇してしまったため、秦の領土に逃げ場がなくなった)

木を隠すには森の中。
秦文化を持ち秦語を話す彼らが「どこに身を隠したか(隠すべきか)」は簡単に分かる。



437 :出土地不明:2010/11/18(木) 13:03:38 ID:eFujKz5K
>>435
互いを徒と呼び
(「徒」も秦語の表現らしい)

「徒」は日本では古くから「つれ」(徒然草のように)と発音するが、
河内を含む関西では「つれ」とは「友達」のことを指す。
(ひょっとすると秦の始皇帝も河内弁で「いてこますど、われ!」とか叫んで全国制覇したかも)

山東半島の神仙「安期生」は「秦の始皇帝」に「蓬莱山(日本のこと)まで迎えに来い」と言い残したといい
また徐福に東の海を渡らせ蓬莱に派遣しようとした。
http://www.pandaemonium.net/rdb/menu/file/80.html秦の始皇帝陵の地下には、水銀で黄河・長江と山東半島周辺の海が作られており、

始皇帝の棺と兵馬俑の集団は山東半島の東に向かって並んでいる。
秦王家の末裔も、「蓬莱に至る」ことに特別な思いがあったはず。






438 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/19(金) 01:05:05 ID:BOj29XUV
>>432-435及び>>436-437
ほう、誰の妄想近年調査か、具体的研究者とやらを挙げたらどうか?
史記の時代じゃあ、今の山西省も山東になるわ。
朝鮮の倭人について刺青はあるが、下駄までは、話を飛躍し過ぎじゃ
のう。しかも高床式なんか高句麗やシベリアにもある。
どこが南方文化何か?江南儒教朱子学派の工作は幼稚過ぎゃあせんか?
秦人は、遊牧民系の西戎系じゃが、辰韓が楽浪を同胞とする処、
遼寧地域の人間の移住が多かったことを表しとるんじゃないか。
後の古新羅の非漢系北方遊牧民系の古墳文化は、西方的であるが。
秦(ハタ)氏は、古墳期以降の渡来系で、秦韓と関連があるかどうか
解明しとらんよ。
ほいで、最後は伝説の徐福伝説偽書マニアじゃあ、話になるまあ。
>>434
逆に済州島が韓国語じゃったことも、含めて云うとるたぁ、思えん
がのう。しかもあんたは、近代的領土概念で海洋世界を面の
領土農耕社会の概念で捉えとる前提がそもそも可笑しい。

439 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/19(金) 01:09:55 ID:BOj29XUV
>>432
忘れとった。河内は、渡来系西文氏ように西で、大和は西文氏と
同族の渡来系東の文氏(東漢氏)で、山の東で大和に過ぎんよ。

440 :出土地不明:2010/11/19(金) 10:09:21 ID:3eDnWRX2
>しかも高床式なんか高句麗やシベリアにもある。

「河で禊ぎ」をし「鳥居」や「稲作神事」を行い「高床式建築」を持つ種族がなんで北方系だと思うのか理解できない。もちろん南方系には「河池や湿地帯対応の高床式建築」が発展しているし、臍(ほぞ)組みの技術は河姆渡遺跡からも見つかっている。
「高句麗やシベリアにも高床式と呼べるものがある」ことが何か問題なのか分からない。
「下駄」ではなく「田下駄」(常識で考えて「下駄履いて田んぼに入る奴」はいない)


441 :出土地不明:2010/11/19(金) 10:16:33 ID:3eDnWRX2

ちなみに「墨子」も「罪人のように顔や体に入れ墨をし、髪は短く裸足である」
とあるが、まさに文身断髪で裸足という「倭人」スタイル。

442 :出土地不明:2010/11/19(金) 10:29:45 ID:3eDnWRX2
朝鮮史関係の考古学資料(特に初期遺跡分布地図)を見れば発展過程は一目瞭然。

ちなみにコロニーはいくつもの小さな同心円が重なりながら広がる。
そしてその弧は発展してゆく方向に凸になる。
半島開発の場合、南岸および南岸に面する河沿いに近づくほどコロニーが密集しており、
同心円状の弧も明らかに南→北に凸になっている。



443 :出土地不明:2010/11/19(金) 10:54:30 ID:3eDnWRX2
秦人は最初から西方にいたわけではなく、もともと?(えい)民であり黄河東北の有易氏の末裔
?姓は夏の始祖「禹」の臣であった益易の労苦に報い授けたもので、
禹は益に天下を禅譲しようとしたが、禹の子である啓に帝位を取られた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%8A_(%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E8%A9%B1)

444 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/19(金) 22:35:38 ID:BOj29XUV
>>440
「鳥居」も満州からインドまで分布しとるよ。稲作は暖かい地方じゃ
ないと無理じゃわいのう。北方渡来系である日本人が、
風土に合せて稲作を作った連中もおっただけのことよ。
>>441
刺青も北方アルタイ地方にもあるよ。倭人スタイルと違い古墳期の
美豆良の髪型、筒袖胡服は明らかに北方民族のスタイルじゃ。
倭人の方が暖かい風土に合せとるのう。
>>442
朝鮮は衛満や楽浪じゃの北方の方が文化成熟度が強い。
遼寧式青銅文化も西北から東南への流れじゃし。
>>443
始祖伝説なら騎馬民族の匈奴でも中原にしよるど。
始祖伝説なんか、源平藤橘の家系偽造と同様じゃに。
仮に、エイ氏が東夷の狩猟牧畜民から西部の牧畜地帯の西戎の地、
西周の地に移住したとしても、西方の牧畜民系の国家であること
にゃあ変わらんよ。
http://avantdoublier.blogspot.com/2009/03/blog-post_24.html
だいたい、中国の歴代王朝で漢、宋、明以外は概ね牧畜・騎馬民族系
の王朝じゃに。

445 :出土地不明:2010/11/19(金) 23:18:55 ID:3eDnWRX2
>「鳥居」も満州からインドまで分布しとるよ
北はせいぜい満州までということですね。

>北方渡来系である日本人が、風土に合せて稲作を作った連中もおっただけのことよ。
日本の最古の稲作遺跡は九州北部で、舟・鳥飾り・貝輪文化とも合わさった南方系で、北方系ではありませんね。

>倭人の方が暖かい風土に合せとるのう。
裸足文化の北方系など聞いたことがありませんし、貫頭衣も二枚の長い布を中央以外縫い合わせたもので南方系の貫頭衣です。
(前を縫わずに交差させて帯で止めると和服(呉服)の出来上がりです)







446 :出土地不明:2010/11/19(金) 23:40:57 ID:++BSCtHU
天皇記て残ってないのですか?

447 :出土地不明:2010/11/20(土) 03:53:49 ID:rf1xEJD0
それ、漏れが同人で描いてみようと今頑張ってるんだが

448 :出土地不明:2010/11/20(土) 10:54:47 ID:oKnunjy1
「河川(水生)民族で高床式建築が発展する」のは当然の成り行きだが
「北方系民族に高床式建築が生じる」というのはほとんど考えられない。

しかし「高句麗に高床式がある」のは別に不思議ではない。
伝説では高句麗の始祖とされる「朱蒙」は、解慕漱が河伯の女(娘)「柳花」を孕ませてできた子。
河伯は黄河の主に下流域を支配主であり、山東半島周辺の河川文化種族.
(ちなみに河伯(かはく)は河童、河神(河上)であり、「かっぱ」もここからきていると思われる。なぜ「あの姿の妖怪」にされたかは不明)

朱蒙は、王莽が前漢を倒し「新」を建てたとき
匈奴を攻撃するための出兵を要求されたのを拒否したため
王莽に高句麗を攻められ殺された。




449 :出土地不明:2010/11/20(土) 11:22:02 ID:oKnunjy1
また、高句麗には漢王朝と同じ「四神(青龍、朱雀、白虎、玄武)を守り神とする」文化があるが
これも北方系文化ではなく、三皇(天皇・地皇・人皇)の伏義・女禍などを祖先神とする、苗族などの「夷族系」文化。

ちなみに苗族は「シナ人にとっては異民族」であり、伏義・女禍や盤古なども夷族の祖先神。
ところが、漢を建てた「劉邦」は伏義・女禍や盤古などを「自分の種族の祖先神」として崇め、黄帝と戦った神農炎帝の臣「蚩尤(しゆう)」を祀ったという。
つまり劉王家はシナ人ではなく夷族系。
(「シナ人が漢民族」と言いだしたのは日清戦争に負けて日本に学びに来たシナの留学生が「大和民族」をパクッた創作)

450 :出土地不明:2010/11/20(土) 11:30:43 ID:oKnunjy1
「白虎」とは西方の夷城(重慶の周辺)に建国した巴族の伝説の族長「廩君(りんくん)」のこと。
巴族は弓が上手く舟(恐らくドラゴンボート)を巧みに操り、夷城を拠点とした。
(「夷」は本来「巴族」を指す)
廩君の始祖が伏義であるという。

重慶秦漢代にはこのあたりは「巴蜀」と呼ばれた黄河と長江の上流部であり
ここから黄河や長江を河口に下り東海岸部に住んだ種族は「東夷」と呼ばれ、やはり伏義の末裔。


451 :出土地不明:2010/11/20(土) 11:40:34 ID:oKnunjy1
朱雀は鳳凰のことであり、「鳳凰」と言えば鳥トーテム部族連合の伝説の族長「少昊(しょうこう)」のこと。
少昊自体のトーテムは玄鳥(燕)であり、様々な鳥部族のトーテムの特徴をあわせ持つシンボルが「鳳凰(朱雀)」

452 :出土地不明:2010/11/20(土) 11:56:17 ID:oKnunjy1
玄武は「亀の背にある二つ頭の蛇(下半身は繋がっている)」。
夷族神話で蛇と言えば伏義と女禍を指す。
伏義と女禍は、「蛇」をトーテムとする山東半島の泰山付近を根拠地とする族長で神仙。

山東半島は大洪水の際、海にぽっかり浮かぶ「大亀」に例えられ「亀山(亀の背)」とは山東半島のこと。
大洪水で人の世界が水没してたった二人生き残り、人類を再生したとされる。



453 :出土地不明:2010/11/20(土) 12:04:06 ID:oKnunjy1
「龍」といえば伏義と女禍のトーテムでもある。
伏義(女禍)自身のトーテムは蛇であるが、様々な周辺部族の連合体の族長でもあり
部族連合全体のシンボルとなるトーテムが龍。

「青」は「春」であり「木神」であり「再生」を意味する。
「玄武」が「滅亡寸前に追い込まれた末世」であるのに対し、龍(連合体)として再生した姿が青龍。

(また渤海北岸の河に舟を巧みに操る青龍族がいたともいう)

454 :出土地不明:2010/11/20(土) 14:39:08 ID:oKnunjy1
玄武については、亀は「長い足」を持っており、蛇は「一匹」で巻きついた姿で表される場合もある。

女禍神話では、
「共工が天下を争って負けた時、不周山に頭をぶつけて洪水を起こし、
女?は、大亀の足で四柱に代え、五色の石で天を補修し、黒竜の体で土地を修復し、芦草の灰で洪水を抑えたとある。
ことから、1匹の蛇であればそれは「女禍」を指すと考えられる。

ちなみに「洪水」という言葉も「共工の起こした大水」からきているという。


455 :出土地不明:2010/11/20(土) 15:17:31 ID:UfiSusjs
>>448-454
面白い話しを有り難う

456 :出土地不明:2010/11/20(土) 16:19:14 ID:pcLRV1lk
             _
          .、r'三っ彡彡彡    _
       _r'`r‘'・シァ彡彡彡__∠-‐"⌒ミー、_
   ,-、 ‘ー゙三"ニ=ミ彡 _/∠_て_  _r、    ̄ミ
  ,r',;へ.`y'"~   _∠/ _⊆ニ;;;`ヽ、  ̄_) ノ_    ミ
〃フ~'  ゙(   /~⊂ニ彡;;;;;;;ヾ.  ̄三    ̄\_ミ
. ̄  /二ニ(⊂二ニ~;:-:;;;;_L_   三 _ ,,
   } f~'  \ ̄ミ三ー'_|_|」⊥ゞ.⊆工__ 彡j ,r "
  〃フ     ̄`ー"~     _`フフ_二ニへ\_/彡_,-、
.   ̄          /,二下ャ─"      `ヽへ.__.ゞ-"
    K I R I N 〃フ   `゙ B E E R
              ̄

457 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/21(日) 00:23:43 ID:VHzTK/E7
>>445
残念じゃが、九州北部の甕棺被葬者の人骨は北方渡来形質で
南方系じゃ無いけんのう。(笑)
貫頭衣ポンチョが和服とどこが似とるんな。しかも呉服は後世の言葉じゃ
し、上代の呉服部は、呉≒高句麗か高句麗経由じゃろうに。
古墳期の胡服、筒袖は北方民族の服装じゃけぇ、南方系じゃ
無いわのう。
>>448-449及び>>450-451及び>>452-453
高床式が高句麗やシベリアにもあることは、他スレでも云うとろうに。
http://www.d4.dion.ne.jp/~arai-n/pic1198.htm
高句麗の伝説も扶余東明王が故国から追われる時、魚やスッポンが浮かび
上がって橋が出来て逃れる説話のコピーじゃし、川が多い満州の風土を
反映しとるだけのこと。
高句麗は北方民族と征服した楽浪の漢文化を交えて、胡漢文化じゃし、
高句麗人自体は南ツングース人じゃ。南方誘致しても意味が無あど。

458 :出土地不明:2010/11/21(日) 00:23:44 ID:lfIkIpZL
>>449
ミャオ族は漢民族じゃね?

YDNA O3
71% ミャオ 
66% 漢民族(華北)
63% シェ 
60% 漢民族(台湾)
53% トゥチャ
52% ヤオ 
40% 朝鮮
33% 漢民族(華南)

459 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/21(日) 00:30:04 ID:VHzTK/E7
>>449
忘れとったのう。東夷たぁ、ユウ婁じゃの北方沿海州まで含む、
漢から見て東におる民族のことよ。
華南〜東南アジアの畑作狩猟民の「苗」は、華北から南下したと
しても東夷じゃのうて、南蛮じゃろうに。
ほいから、漢民族自体、北狄、西戎、東夷、南蛮の混合民族で。
漢人種云うんは存在せんよ。

460 :出土地不明:2010/11/21(日) 04:01:16 ID:JQ2AQwDP
>>449
けけけ!
漢民族は、大和民族より新しい!


461 :出土地不明:2010/11/21(日) 10:55:48 ID:NRsgY46M
>貫頭衣ポンチョが和服とどこが似とるんな
ポンチョは横折り。貫頭衣は縦折りで二枚の帯を中央以外(前部と後ろ部)で縫い合わせたもの。
しかしそれでは髪飾りや兜をつけていると頭を通せないないので前部を縫わず、交差させて帯で留めるようになった。

>呉≒高句麗
ソースを示して。(九州北部の甕棺被葬者の人骨は北方渡来形質も)
(「百済の○○は元呉の人」とは新撰姓氏録などによく載っているが。)

ちなみに「夫余氏」なら、「呉の夫亥が楚に亡命し、その余子が夫余氏となった」ということで、南方(江南)系。






462 :出土地不明:2010/11/21(日) 11:18:02 ID:NRsgY46M
「呉の公子の夫概は楚に奔走した。その子に国があり、夫餘を氏とした。今の百済王夫餘氏である。」
(後漢代「風俗通義」)

呉王「闔閭」は将軍「伍子胥」や軍師「孫武(孫子)」とともに大国「楚」と対決しついにBC506に首都を陥落させた。
ところがその留守に弟の「夫概」が呉王を名乗り呉を乗っ取ろうとしたため、闔閭は楚王を討てないまま急ぎ戻ってこれを平定した。
夫概は子を呉に置き去りにして楚に奔走した。その子らが夫余と呼ばれ末裔が百済王となった。

463 :出土地不明:2010/11/21(日) 11:21:38 ID:NRsgY46M
もし高句麗が夫余氏なら、それは「江南の呉」から行っただけ。
「現地で北方系と混ざった」と考えるのが自然。

464 :出土地不明:2010/11/21(日) 11:48:40 ID:NRsgY46M
>>458
「漢民族をどう捉えるか」の問題で、漢を建てた「劉」王家は「ミャオ族」か広い意味でミャオ族と祖先が同じ「夷族系」。
しかしそれらは言わば東アジアの先住種族。

自分たちを漢民族と思いこませようとしても「現代シナ人の祖」はもともとは「それとは別種族」で、
「先住種族」はその後「シナの東西南北のへき地」に押し込められ現在「中国少数民族」と呼ばれている。
東海岸に追いやられた先住系は舟が得意で、戦乱の続く大陸から「ついに海を越えた」と考えられる。
(山東半島や江南から縄文土器や糸魚川産ヒスイが発見されており、「すでに縄文人が交易していた」とみられる)


今や混血化が進んでいて、先住系とシナ系は見かけは変わらないが「本質」はやはり異なる。

「先住系」が農工業中心で「品種改良」を重んじる、ある意味「自然科学系」であるのに対し

「シナ系」は遊牧・狩猟中心で「なんでも現地調達」すなわち「作るよりパクる」ことを重んじ、
「いかに狡猾に獲物を騙して罠に誘い込むか」に注力するある意味「人文科学系」。






465 :出土地不明:2010/11/21(日) 12:15:39 ID:NRsgY46M
>ほいから、漢民族自体、北狄、西戎、東夷、南蛮の混合民族で。

北狄、西戎、東夷、南蛮の区分けは、多彩な種族を方角でひっくるめた、かなり後世のもの。
もともとは夷や羌などの種族で呼ばれていた。
東夷や南蛮も「巴蜀や雲南の夷族」から分かれたもの。
(羌は別系統チベット系)


漢民族(シナ人)は「自分の利益になり大きく見せられるものなら他文化はなんでもパクった」だけで、
内面など不要でハリボテで十分だった。
(現在チベットのポタラ寺院も、チベット僧は入ることが出来ず、かわりに「チベット僧のコスプレをした中共軍人」が「読経のパフォーマンス」をして観光客から金を取ってる)

「大陸先住種族連合のシンボル」であった「天皇(てんこう)」のような存在が本当は必要になる。



466 :出土地不明:2010/11/21(日) 12:38:55 ID:NRsgY46M
>東明王が故国から追われる時、魚やスッポンが浮かび上がって橋が出来て逃れる説話のコピーじゃし

「語るに落ちる」とは、まさにこの事。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%98%8E%E8%81%96%E7%8E%8B

「北方の索離国」は「東明を殺そうと追いかけた側」で、魚や鼈は「河伯の子孫だから」東明を助けた。
(実際は「魚や鼈のトーテムを持つ河川系部族」が「橋を落とし舟で逃がす」などしたんでしょうけど)

それに「東明の父」の素性が秘されているのに、東明はなぜか百済と同じ「夫余族」と出自が明確。
「河伯系で(北方国の誰より)弓に優れている」というのも夷族そのもの。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AB%E4%BD%99
あくまで高句麗の王家が「夫余」であって、「高句麗地域にいたツングース系北方人」と「王家」は別種。
(「夫余王および夫余の老人たちは自らを「亡命者」と称しており、夫余がかつて?の地にやってきた外来者であることがわかる。」ともある)

467 :出土地不明:2010/11/21(日) 13:02:48 ID:NRsgY46M
>高句麗は北方民族と征服した楽浪の漢文化を交えて、胡漢文化じゃし、高句麗人自体は南ツングース人じゃ。南方誘致しても意味が無あど。

整理すると、高句麗は
1)現地人はツングース人
2)かつて東胡(西方のチュルク(トルコ)系あるいはペルシャ系と、それに支配されたツングース(北方人)の混血)の一部であった。
3)高句麗王家はツングースや東胡とは別種の「夫余(江南の呉の末裔)」
でOK?


468 :出土地不明:2010/11/21(日) 14:21:44 ID:NRsgY46M
高句麗における「四神(東西南北の守り神)」までが「北方系だ」というなら、本来「どういう背景」があるのか説明できるだろうか?

そもそも「変温動物の蛇や亀」が「北の守り神」というだけで、
「南方系だな(少なくとも北方系ではない)」ということは容易に察しがつくと思うのだが。


469 :出土地不明:2010/11/21(日) 16:20:51 ID:NRsgY46M
「天皇は神であって人ではないのか?」と言えば、本来の意味から言えば「それは正しい」。
しかし天皇はGod(西洋で言う神)とは無関係だし「生物学的に人間ではないのか」と問われれば「人間」。

どういうことかと言えば、

・三皇http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%9A%87%E4%BA%94%E5%B8%9D
というように「天皇(三皇)は神(神仙)」。

・というより、ここに「神という言葉(字)のおこり」があるので「天皇(三皇)が神でない」となると「神はない」。
(天皇は三皇の筆頭であり、広い意味で天皇には三皇が含まれる)

・もちろん日本でも八幡神宮の祭神「応神天皇」のように、神社(神を祀るやしろ)で祀られている正真正銘の神。

・三皇のひとり大地の女神「女禍」は、黄土をこねて、はじめて「人」というものを造ったという「神」であり、
これが「人という言葉(字)のおこり」とされており、つまり「神(三皇)」は「人」ではない。
(「最初に丁寧に造った」のが「貴人(貴重な人。貴族)」で「疲れてきたので、泥を縄に吸わせて振り回して飛び散らせて大量生産した」という。)


・西洋の「God」に「神」という訳語を当てたのは「幕末の日本人」であって、それまでは神=Godではなかった。
もちろんそれまで神が「全知全能」や「唯一無二の存在」などと書かれたことはない。


・天の神は本来「天帝」と呼ばれたが、やがて人が帝を名乗り出したので、「帝は人」として「神を皇」で表すようになったのが天皇。
すなわち天皇(天皇大帝)とは天帝のこと。

・「天皇(天帝)」は「天そのもの」ではなく「天意を天下の民に伝える仲介者」であり、「天命によって天下を治める」という「天子」を任命する立場。(いわば神の意を伝える「権威者」である教皇)

470 :出土地不明:2010/11/21(日) 17:12:00 ID:NRsgY46M
「天子」は、「天」が命じて「成るべくして成った権力者」
実際は「より多くの支持を勝ち取った実力者」に「天皇という権威者が任命」することで「事実を追認」するもの。

(通常は「天皇というゴール」が存在しないので「血で血を洗う権力闘争」が際限なく続く。特に共産思想の「同志」では「完全平等の立場の者」が権力を握り自分たちに命令するわけで、権力闘争は熾烈を極める)

471 :出土地不明:2010/11/21(日) 17:18:34 ID:NRsgY46M
「天子」とは日本でいう「天下人」であり、「天皇が任命」する。

「政府」でいえば「内閣」。(内閣総理大臣ではない)
議院内閣制は大統領制と違い「内閣」が「国家権力者」であり「内閣不一致」はあってはならない。
「総理大臣」は単に「内閣を総理する」役割の「大臣の一人」に過ぎず、「責任」は総理個人にはなく総辞職として「内閣全体で取る」。

基本的に多数派を勝ち取った政党の党首が、国会の指名を受けて総理大臣になりただちに組閣(内閣を組織)するが、
この時点では新内閣に国家権力は無く前内閣が持ったまま。新総理が「天皇の任命」を受けた瞬間に新内閣に権力が移る。

幕府でいえば将軍。
(海外の反応では皇帝と天皇の区別がつかず、「ショーグンと天皇が同時に存在する」のでかなり混乱しているが、これで正しい)


朝廷でいえば、大臣(おおおみ。臣を統括する)や左大臣、太政大臣、摂政・関白。
蘇我氏は大臣。聖徳太子は推古天皇の摂政。

天皇になる前の「皇太子」は天子(帝)になれるが、平安以降は摂関家がほぼ1年の隙間もなく代行を独占している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%91%82%E6%94%BF%E3%83%BB%E9%96%A2%E7%99%BD%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
「天皇位にあるもの」が天子になるためには、退位して「上皇」になる。

「天皇自身が天子になる」のは、基本的に「代わりがいない」「摂関家の専横が過ぎる」「戦の真っ最中」などの緊急避難措置であり「1代限り」。



472 :出土地不明:2010/11/21(日) 21:46:06 ID:NRsgY46M
特に江戸時代以降などでは、少なくとも庶民は天皇を天子様と呼んでいるし、
日本では天子≒天皇とも言える。

本来は「天下を実際に運用する者」が「天子」であって「それを任せ続ける天皇」は本来の意味では天子とは言えない。
しかし「天下人を任命する」ことこそが「天皇本来の仕事」であって
知ってか知らずかきちんと役目を果たしてきている。



473 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/21(日) 23:17:07 ID:VHzTK/E7
>>460
大和民族の成立は、律令期じゃけぇ、漢民族の方が早いよ。北朝の新漢民族
にしても隋唐にゃあ成立しとる。
>>461
被る貫頭衣と着る和服じゃあ形態が全く違うわいや。妄想すな。
呉は江南じゃのうて高句麗か近辺の可能性が強い。
http://yumiki.cocolog-nifty.com/nautica/2010/07/89-e471.html
◆呉と高句麗に、応神記の高句麗王の案内で呉に到着した云う呉も
滅んだ江南の呉なんか無いし、仮に高句麗から江南へ行くんが、
地乗り航法で山東半島に近いとしても、華北の方が近い。
まあ、日本の記紀はありもせん呉国や強国の高句麗が朝貢じゃの
嘘吐き物語じゃが、兎も角、高句麗がクレ(句麗)で呉となった可能性が
強いけんのう。広島県呉市の呉も、元来九嶺(クレ)からじゃけんのう。
甕棺の金隈や佐賀東部弥生人も、高顔の北方渡来系ど。
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/WAJIN/154.html
>>462
「風俗通義」じゃの電波書だけが根拠たぁ。(笑)
しかも、後漢の時代に百済なんか存在しとらんよ。(笑)
あんたも、ファンタジーが好きな妄想家じゃのう。

474 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/21(日) 23:50:34 ID:VHzTK/E7
>>463-464
高句麗も扶余も「江南の呉」とは、ほとんど関連が無い。
ミャオ(苗)族は、中原から見て南蛮であって、東夷じゃ無いよ。
http://www.geocities.jp/intelljp/miao/history.htm
中国の山地を西南沿いに南下したのに、沿岸や東夷のわけあるまあに。(笑)
とうとう、縄文人江南交易電波まで電波飛ばしよるんか。
狩猟遊牧民は嘘を吐かんし、農耕都市民の狡猾さに比べたらましじゃ。

475 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/22(月) 00:09:19 ID:v15lv2XZ
>>465-466
秦以前の周辺異民族定義のどこが後世なんか?
大陸先住種族なら中国南部や南部少数民族のことで、北アジア、
華北、朝鮮、日本たぁ関系が無いわ。
>>466-467
弓の優れた狩猟民を南方誘致してどうすんなら。
扶余は黒龍江から来た策離国伝説じゃが、確かに扶余はモンゴル
要素が強く、モンゴル文化とツングース文化との混合じゃった
ろう。
高句麗人は、現地被支配層の穢沃祖のツングースと、楽浪の漢人系と
漢化した秦人やトルコ・モンゴル・ツングース・チベット胡族。
支配層は貊系のトルコ・モンゴルを加味したツングース系。
ペルシャ人は直接関与しとらん。
高句麗王家は、支配層である北方貊系と他の胡族との混合。
>>468
四神は高句麗の胡漢文化の内の漢文化の影響に過ぎんよ。

476 :出土地不明:2010/11/22(月) 12:18:59 ID:z3K9IdWA
>大和民族の成立は、律令期じゃけぇ、漢民族の方が早いよ。北朝の新漢民族
にしても隋唐にゃあ成立しとる。

当時「漢民族」なんて言ってないし、ましてや「全土の民が漢民族」だなんて思ってもいない。
シナの「漢民族」は「大和民族」のパクリ。


>被る貫頭衣と着る和服じゃあ形態が全く違うわいや

それは「貫頭衣」を「布の中央に穴を空けたもの」と勘違いしているから。
http://lom-sam-nuea.ocnk.net/product/99
のように、南方式貫頭衣は「バスタオル大の2枚の布」で「身体の前部と後部と脇部を縫い合わせた」もの。
すると首が出せる。
ところが苗族のように大きな髪飾りをつけたり、兜などを被っていると頭が通せない。
そこで前部は縫わず開けたままで、
「羽織って左右の布を胸で交差させて帯で留める」という「和服(呉服)の前段階」の形式になる。
「南方だけなら袖なしで十分」だが「北上する」ほどいやでも「腕をカバーする袖」が必要になる。

また「北方系」は「基本が毛皮」なので皮を(背広のように)「身体に合わせて縫い合わせる」文化であるのに対し、
南方系は「反物(同じ幅の布)が基本」でほとんど切り抜かずにあちこち留めるだけで「着物」を形作る。



477 :出土地不明:2010/11/22(月) 12:29:35 ID:z3K9IdWA
>甕棺の金隈や佐賀東部弥生人も、高顔の北方渡来系ど。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn3/003_05toraijinn_no_kokyou_ha.html
山口の「土井ヶ浜人」の人骨研究から「山東半島付近からやってきた」可能性が高く、また人骨群は山東半島の方向を向いて埋設されていたとのこと。(「二重構造モデルの渡来人・北方アジア人説を否定した。」とある。)

>大陸先住種族なら中国南部や南部少数民族のことで、北アジア、華北、朝鮮、日本たぁ関系が無いわ。

全くその通り。
「秦と西戎の区別もつかない人」の割にはよくできました。
(若年にも分かるように言えば、「キングダム」というコミックに出てくる「山の民」が西戎なのに、「西方にあるから」と「政の秦国」を「西戎だ」とこの人は主張してるわけです)

問題は、後に北方から侵入し「東アジア先住文化」をパクリまくりながら拡大し、先住種族が「東西南北の山岳部や洪水の多い海辺」に追いやり中央に陣取った「シナ人の祖」にある。
(「周辺を異民族に囲まれてる」というより、中央を「全く異種の民族」が陣取っただけ)


>弓の優れた狩猟民を南方誘致してどうすんなら。

明らかに「高句麗伝説では、北方人より河川種族系の東明(朱蒙)が弓の腕前は上回って」いる。
「東明(朱蒙)」は「弓が上手い河川種族系」というだけで、「夷」と明示されているわけではないが、結局「高句麗王家」が「東夷」であるのは明らか。
「夷」とは「弓の(上手い)人」を表すといい、夷人は水生漁撈狩猟種族。
(ただし夷の弓は騎馬民族の獣用の「短弓」ではなく、倭弓と同じ「上部が長い長弓」で動きの速い鳥や魚を射る)


>四神は高句麗の胡漢文化の内の漢文化の影響に過ぎんよ。

「四神は北方系ではない」ということで了解。
(これは漢王家(劉家)による夷族神信仰)




478 :出土地不明:2010/11/22(月) 12:39:09 ID:z3K9IdWA
>高句麗がクレ(句麗)で呉となった可能性が強いけんのう。

強いどころか、そもそも「高句麗は東夷」であり、成立も江南の「呉」の方が半島の「高句麗」より明らかに早く、その可能性は無い。(確かに現地人は北方種族(ツングース)だが「王家は東夷文化」)

ごく自然に考えて、呉→高句麗、百済(半島)、呉→呉(日本海軍の基点)。

http://yumiki.cocolog-nifty.com/nautica/2010/07/89-e471.html
も、倭国が求めていたのはあくまで「呉の織女」。
それが
1)高句麗で得られる→呉から高句麗に織女(呉文化)が渡っていた
2)高句麗経由で得られる→高句麗は呉と通交がある
ということが分かり、むしろ「上記のモデルを補強」するもの。
(応神年代(便宜上270-310)が確定しないと、当時「呉(222-280)があったかなかったか」ははっきり言えないが、無かったなら1))

(シナの東方工作なんかに加担するつもりはないが、解釈上はこちらが正しい)


479 :出土地不明:2010/11/22(月) 16:58:14 ID:n0GqMa7X
>>1
神武天皇のYDNAは何だと思いますか?

480 :出土地不明:2010/11/22(月) 21:12:50 ID:n0GqMa7X
藤原不比等て青森系らしいですね。何で?

481 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/22(月) 23:58:55 ID:v15lv2XZ
>>476-477
漢民族の「民族」用語なら大和民族も近代になるじゃないか。
漢民族をいちいち華夏人と呼べ云う必要もあるまいし。
また、貫頭衣を和服と混同しとるんか。
寛衣な華夏から見ても、南蛮や日本の原住民系の服に過ぎん。
しかも、和服は、北方の胡服から、華夏式の影響で変化した
形態で、男子服は袴が後世まで残っとるけぇ違うんよ。
松下氏は、中華マンセーじゃけぇ、中国北部に結び
付けたいけぇ、北アジア云う表現に否定的じゃが、
山東人骨も牧畜地帯の青海人骨も、アジア北部の
集団の新モンゴロイドであることに変わり無いんで。
http://www.kao-foundation.or.jp/about/publish/face01/pdf/02_baba.pdf
ここの馬場氏の弥生人表現じゃの色々と問題はあるが、
下の方の17の図に、北アジア人のアジア拡大の図に
あるように、例の山東も北方系ど。まあ今も山東人もじゃが、
山東は畑作地域で戦前は、勇猛な山東馬賊で鳴らしたけんのう。
下の図の日本列島の北アジア人拡散は古墳期じゃけぇ、
早すぎるわいや。

482 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/23(火) 00:39:00 ID:5TOKb/tb
>>477-478
中国人、つまり華夏の漢民族の北部の集団は、北方民族や
日本人、チベット人、朝鮮人に近く、漢民族南部の集団は、
華南少数民族や台湾人、東南アジア人に近いに決まっとるわい。
高句麗のおった満州やユウ婁のおった沿海州も東夷伝に含まれとる
ように、北東アジアの集団は概ね東夷になるんど。
この板の日本人はどっから来た。過去スレでも云うたが、
モンゴルは元寇の時にも長弓を使うとるし、パルティアも
長弓を使うとるんで。騎馬民族は元来短弓と長弓の両方使う
んじゃ。
四神も中央黄色を合わせると五で陰陽五行で、五は北方民族の
組織形態から来た説もある。トルコ・モンゴル系匈奴も
四方に部隊を配置する四神役割があって、馬の色で編成し、
東が青ぶちの馬、南は赤みがかった栗毛馬、西は白馬、北は黒馬と、
東は青龍、南は朱雀、西は白虎、北は玄武で重なっとるよ。
春、夏、秋、冬や木、火、金、水の順番に書いたよ。
黒、冬、水を表す玄武の亀と蛇の合体物は、古代インド思想の
影響説もあるし、インド、パミール、中央アジア経由の可能性が
強いんじゃないか。
江南の呉云うて、春秋の呉か。記紀の書かれた時代は、
日本の国家形成期の奈良時代ど。春秋の呉や三国の呉なんか
じゃのうて、高句麗の句麗(クレ)の可能性が一番高いに
決まっとろうに。
中共の倭人工作に乗りよるんは、あんたら朱子学江南派じゃに。(笑)

483 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/23(火) 00:43:32 ID:5TOKb/tb
>>479
神武天皇なんか実在の人物じゃあ無いよ。韓国人が檀君を実在の
人物と信じるんと同様愚かじゃ。
>>480
藤原不比等は、渡来系田辺史が養育したけぇ、百済系や
鮮卑系の可能性はあるけど、当時蝦夷の地の青森は無いよ。

484 :出土地不明:2010/11/23(火) 01:01:43 ID:QeFN3Nhl
>>483
聖徳太子は何系だと思われます?

485 :出土地不明:2010/11/23(火) 01:04:18 ID:2IzvMKKy
わおーわおわおわおー

486 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/23(火) 01:16:21 ID:5TOKb/tb
>>484
聖徳太子も実在の人物かどうか、解りませんね。
仮に実在したとすれば、貴族階級ですから、北方渡来系の
可能性が強いでしょう。何系かまでは特定し難いですけど。

487 :出土地不明:2010/11/23(火) 02:04:26 ID:yaoR9EqE
厩戸ってなんでそんな名前なんだっけ?

488 :出土地不明:2010/11/23(火) 08:48:36 ID:30GYdrwc
>>481
漢民族の「民族」用語なら大和民族も近代になるじゃないか。

そうだけど?

日本は江戸時代まで「藩」という「多国連合国家」であって、「統一された国家」ではなかった。
当時は長州人や薩摩人(隼人)のように自分の地域以外は他国人であって、統一された日本人ではなかった。

明治時代になって統一国家「大日本帝国」となり猛烈な勢いで近代化を推進した。
統一された国家の国民として「大和民族」という考え方をもつようになった。

最初鼻で笑っていたシナも日清戦争で敗北すると、日本に大量の留学生を派遣し日本に学ぶようになった。
そして「大和民族」や「大日本帝国」をパクって、「漢民族」、「中華(中国)」という概念を急ごしらえした。


489 :出土地不明:2010/11/23(火) 08:59:56 ID:30GYdrwc
>また、貫頭衣を和服と混同しとるんか。
なんで「長い襟元を左右たがえる着物」が胡服だと思えるのかわからん。
北方で「襟元開ける」わけないだろに。

それに水生種族では濡れたり水に落ちた時、ただちに着物を脱げる必要がある。
「着物」は帯を解くだけで(あるいは濡れて締まって帯が解けなくても)ただちに褌一丁になることができる。
(褌さえもけがや遭難しても重宝な長布になってる)
胡服とは根本的に発想が異なり、南方系貫頭衣とは同じ方向性の機能。

>しかも、和服は、北方の胡服から、華夏式の影響で変化した
当然有用な異文化は取りこまれるし、様々な文化の影響はある。

490 :出土地不明:2010/11/23(火) 09:27:16 ID:30GYdrwc
>山東人骨も牧畜地帯の青海人骨も、アジア北部の集団の新モンゴロイドであることに変わり無いんで。

3万年前スンダランド(水位が100mほど低下していた時代に
フィリピン付近にあった大陸部。現在のフィリピン諸島はその山頂部)にいた種族が
水位上昇とともになぜかバイカル湖付近まで北上し、寒冷化の履歴を受け、
その後再び南下して渤海北岸(遼川周辺)から黄河南側(山東半島)まで分布したとされているから
別に不思議ではない。

それは、寒冷化の形成変形を受けているし、今議論している「北方の遊牧狩猟文化民族」とは別系統。
(バイカル湖でも舟を浮かべてチョウザメなどの漁猟狩猟を行っていた)

491 :出土地不明:2010/11/23(火) 09:36:41 ID:30GYdrwc
×北方で「襟元開ける」わけないだろに。
○北方で「襟元開ける」文化が生じるわけないだろに。

「襟元開ける文化種族が、北上する」ことは十分ありうる。

アイヌも、顔や骨格からも、「毛皮」をほとんどまとわず
「麻布(あさぬの)のバンテン風装束」と「わら靴」のスタイルをみても
元(それほど古くない)南方系なのは明らか。



492 :出土地不明:2010/11/23(火) 09:46:19 ID:30GYdrwc
「南方系貫頭衣」も「着物」も「フンドシ」も「サラシ」にも共通しているのは
「反物(幅が同じの長い布)でできている」ということ。
(鉢巻きや女性の頭巾も同じ)

北方の胡服などは、背広のように「身体に合わせて裁断し縫い合わせる」もので、
根本的な発想が異なる。

493 :出土地不明:2010/11/23(火) 09:59:20 ID:30GYdrwc
>騎馬民族は元来短弓と長弓の両方使うんじゃ。
>四神も中央黄色を合わせると五で陰陽五行で、五は北方民族の組織形態から来た説もある。トルコ・モンゴル系匈奴も
四方に部隊を配置する四神役割があって、馬の色で編成し東が青ぶちの馬、南は赤みがかった栗毛馬、西は白馬、北は黒馬と、
東は青龍、南は朱雀、西は白虎、北は玄武で重なっとるよ。春、夏、秋、冬や木、火、金、水の順番に書いたよ。

もちろん「北方種族が夷族などの他文化を取りいれた」とも考えられる。

というよりシナ人半島人の血に「パクっておいて最初からオレのものだったと主張する」DNAが多分に残っているのは明らかで、
すると当然「夷族文化をパクったものなのに、最初からオレ(北方?)の文化と主張する」だろうと考えるのが自然。

494 :出土地不明:2010/11/23(火) 10:47:43 ID:30GYdrwc
>春秋の呉や三国の呉なんかじゃのうて、高句麗の句麗(クレ)の可能性が一番高いに決まっとろうに。

句麗は九黎であり、蚩尤(しゆう)が黄帝に敗れた時、苗族と黎族に分かれたという。
(ちなみに「蚩尤は阪泉の野に埋められた」といい、「阪泉」は「黄帝泉」別名「黄泉」と呼ばれた「死者の地」)


それに大陸からは見えもしない「東の海の向こうの日の昇る島国にやってきた」のは、どうみても陸上騎馬民族がより水生民族だろうに。

それに三国の呉の記事では、最後の呉王(皇帝)孫皓のとき、晋との天下分け目の戦に敗れた将軍が建業に帰還し、王に「自分に1万隻の艦隊と物資を与えてくれれば打ち破れる」と上奏し受け入れられたが、出発の前日、1万隻の艦隊は物資とともに忽然と消えた。」とある。

ちなみに呉は、孫権の時代から倭(蓬莱)を探していて、艦隊を派遣していたが見つからなかった。
しかし魏が倭(邪馬台国)と通じたことで知られるようになった。

「魏」やその後継「晋」は「男王卑弥弓呼の狗奴國」と争う中邪馬台国の「卑弥呼」やその後継「台与」と通交し人を派遣して支援していたが、台与が使者を使わしたのを最後に、晋とだけでなく大陸の通交が100年もの間ぷっつりと途絶えた。

狗奴國が台与の邪馬台国打ち破ったのかもしれないが、いずれにせよ晋に支援された邪馬台国を打ち破れば晋を敵に回すことになる。
それがなぜできた(した)理由は何だろうか?

呉の艦隊が倭のどこより強くても補給も受けられないままいつまでも戦えない。
邪馬台国が「晋の敵国呉を受け入れる」はずもないが、狗奴國にとってはまさに渡りに船。
晋は使者を送るしかできないから、呉の艦隊には敵わないし、晋(魏)は陸上国で、はるばる日本に渡って呉と艦隊決戦することは考えられない。

495 :出土地不明:2010/11/23(火) 11:04:24 ID:30GYdrwc
>神武天皇なんか実在の人物じゃあ無いよ。

神武伝説は「三輪巻向に大和朝廷を開いた祟神天皇」の出自を示す祖先神話と考えられる。

「神話の通り」とは考えられないが、「九州(日向)から近畿までやってきた天皇の祖が、誰かいた」ということだろう。

神武伝説でも「東征」ではなく九州から近畿まで戦い続けてきたどころか、舟で瀬戸内海沿いに近畿に向かい
「道中の北九州や吉備などの地域地域に何年何カ月も暮らして知己を深めた」だけ。
しかしそれは「連合王権国家の基礎を築いた」と言える。

「神武らが初めて戦った」のは生駒(当時東大阪は海の底)に上陸して奇襲を受けた反撃であって、
兄をやられて仇を取るどころか舟で紀伊半島を熊野まで迂回している。
(日向の神武には近畿に知り合いは居ないが、熊野はスサノオが移り住んだといい、また徐福伝説の残る地でもあり、ここには「何らかの同系文化」があったと考えられる)

496 :出土地不明:2010/11/23(火) 14:21:26 ID:AePzmmj4
百済の男のアンダーパンツは
どんなもの? 

1。フンドシ
2。さるまた
3。ブリーフ
4。下着なし。ズボンを直接着用。
5。下着なし。ズボンも無し。ジャケツだけ

497 :出土地不明:2010/11/23(火) 16:49:35 ID:3Rz0SBdJ
富家の伝承

天皇家で、神武系と崇神系は血族的断絶はないが、内紛によって別の系統から天皇が出た。
渡来した天ノヒボコ族は吉備に移り、スサノオ系のスサ族と同化し始め、天孫族はヒボコ族と政略結婚を進めた。
神武系の天皇家は武烈天皇で血統が絶え、大伴氏・物部氏・ヒボコ族らは中立に近い出雲神族から、古志方面の主張だった継体天皇を立てた。継体系は続く安閑→宣化で王朝が絶えた。

498 :出土地不明:2010/11/23(火) 16:57:17 ID:3Rz0SBdJ
>>447 コピペ
天皇記における第一世は難波のミカドであり、俗に言われる仁徳天皇である。
したがって、その上にある天皇はこの世には存在しない。上にあるのは、讃王をはじめとする五王である。
454年、穴穂彦がはじめて諸国を統一し、日本天皇一世として即位する。日本史はこれを安康天皇とし、神武天皇の二十代とするが事実ではない。




499 :出土地不明:2010/11/23(火) 21:56:10 ID:MFziqZs+
2chで論理合戦に負けない方法 

・相手が寝落ちするまで屁理屈で粘る
・人格攻撃を織り交ぜる

500 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/23(火) 22:40:22 ID:5TOKb/tb
>>488-489及び>>490-491及び>>492-493
じゃけぇ、あんたの近代概念を上代に持ち込むんは無意味じゃ。
北方でも、匈奴は左前の襟元を開くスタイルで。だいたい北ユーラシアでも
夏があるんに、毛皮ばっかしの永久凍土地域じゃあるまあに。
3万年前の民族移動なんか、あったんかどうか解らんが、今から3千5百年前
と、紀元後4世紀は世界的な民族移動期じゃったよ。
わしが四神がインド文化の中央アジア経由とゆうたんじゃが、あんたあ、
妄想夷族概念の南方から中原、北方へに還元する処、中華隷属の朱子学
総本山江南崇拝らしい処よのう。(笑)

501 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/23(火) 23:25:55 ID:5TOKb/tb
>>493
ほいから、中国文明は西北から東南の流れじゃし、しかも江南は
華北の漢人が 五胡北方民族に征服され、南下して六朝期に
農業開発して文明化したんじゃ。パクったんは南方系よ。
あんたの儒教朱子学思想の解釈と歴史の事実は違うんで。
>>494
高句麗の句麗を何時の時代まで、妄想概念で遡らせよるんか。
全然違う時代を云うても、徳川家の家系偽装レベルになって
しまうど。朝鮮半島から島伝いに日本列島も徐々に見えて来るし、
古代の地乗り法じゃあ航海の軸線ど。
しかも、弥生期や世界的民族移動期の古墳期、日本へ渡来した連中は
広い意味で航海民に決まっとろう。その侵略航海民要素が強いんは、
北東アジアのツングース系じゃ。
http://twitter.com/tyausu/status/14864083989
http://www.pref.oita.jp/10400/neooita/vol46/taidan.html
ちなみに梅棹氏は、上の文の後世の渤海は書いておられん。
穢貊の「ツングース水軍」による日本列島征服説じゃ。
呉や華南の海辺民は、南欧的ポリス的発展はしたけど、
ー後世の華僑の出身地が呉越地方じゃったことからも解ろうがー、
侵略征服王朝的性格に乏しい。逆に、南ツングースは、
海賊から征服王朝性質じゃの北欧のヴァイキング型で、
梅棹氏のツングース≒極東のヴァイキングは、世界史的位置付け
よのう。
あんた、呉が邪馬台国の起源じゃ無いことを強調しよるじゃないか。
邪馬台国は、遠い江南なんか知らんし、華北の魏に隷属した小国に
過ぎんけぇのう。
ほいから呉の艦隊なんか、大型船で、日本の半構造船と違うけぇ、
ますます南方説は不利になりよるじゃないか。(笑)
じゃが、句奴国と呉の関係は、あんたの妄想に過ぎんけど。
ほいから呉の艦隊にしても、船の構造技術が、高句麗より上
じゃったかは、甚だ疑わしい。(笑)

502 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/23(火) 23:48:59 ID:5TOKb/tb
>>494
ほいから、下の対談で梅棹氏が「大陸に手を出したら、ろくなことに
なりません。それは歴史が証明しています。これからは、
海洋国家でいこうということです。」じゃが、あんたら江南派は、
南方誘致大陸派で、北方水軍渡来継続の海洋派と見識が違う
ようじゃ。朱子学派は江南稲作民の大陸思考が好きじゃけんのう。
>>495
祖先神話なんか後世のこじ付けで、どうにもなることじゃし、
九州の日向は渡来系大和民族が蔑視した隼人の地で、大和に征服
された連中じゃし、天孫系たぁ違うよ。日向隼人、大隅隼人、
阿多隼人ら原住民の地じゃ。天孫日向なら筑紫の日向じゃろうに。
瀬戸内海経由の侵攻も当時の記紀の時代概念に過ぎんよ。
渡来系は山陰の方から拡散しとるし。今の瀬戸内地方の住民が
北方渡来系になったんは、中世の交易時代を通じてじゃろうに。

503 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/24(水) 00:07:53 ID:Z6bTb44Y
>>496
高句麗古墳壁画にフンドシが見えることから、百済も1は、
あり得るよ。
>>497
渡来系西文氏の田辺史が皇別になったよう、吉備も天孫も出雲も、
渡来系からの転向で、偽家系図なんか造れるんに。
ここは、家系図信仰者のカルト集団が妄想しよるスレになりよるん
じゃないか。
>>498
倭の五王なんか、日本の記紀に一つも載っとらんじゃない。
伽耶時代の夢から南朝にハッタリぬかしよったに過ぎんよ。
しかも実在で無い伝説上の天皇は長寿云う構造になりよる。(笑)
>>499
そもそも、朱子学南方派の論理自体がスルメ妄想論じゃけぇ
屁理屈に過ぎんよ。わしゃあ人格攻撃喰らうたのう。(笑)
まあ、わしを罵倒する連中も顔の表情を見んけぇ、
好き勝手なことが云えるんじゃろうて。面と向かうて云うたら
わしゃあ、絶対許さんが、ネットじゃけぇ、ネット右翼は平気で
云えるんじゃろうし。

504 :出土地不明:2010/11/24(水) 00:36:07 ID:JXns7iV4
>>503
南朝と北朝の違いは何なのですか?何故あそこまで争ったのですか?

505 :出土地不明:2010/11/24(水) 11:04:27 ID:TmPLevqp
琉球神道によると、昔の琉球王は、天孫の長男の家系
西威王が、天孫系の最後の王と言われている。琉球の王は古来より
太陽の子(天照大神の子)の意味合いを持つ、テダコ(太陽の子)と呼ばれた
天皇家の家系は、天孫の弟(山幸彦)の家系である。

506 :出土地不明:2010/11/24(水) 18:08:38 ID:EDhdaI8S
>>437
秦の始皇帝は河内弁に近いアクセントで中国語だったのでは、もしそうなら。

507 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/25(木) 00:24:45 ID:75fNn4Fe
>>505
家系伝説は、後世の仮託。
>>506
西戎系の秦語は、中国語の可能性は低いよ。

508 :出土地不明:2010/11/25(木) 11:13:10 ID:kDXjf8TD
たしか百済から渡来して来た一族が
秦氏一族で始皇帝の子孫だとか名乗ってたとか
何かで見た覚えが・・・

509 :出土地不明:2010/11/25(木) 14:08:46 ID:KL5U+OMI
>わしが四神がインド文化の中央アジア経由とゆうたんじゃが
どこで?

>高句麗古墳壁画にフンドシが見えることから
まず「北方のふんどし文化」を示すべきで、これはむしろ「高句麗に江南(呉)の水生文化が渡った」と見るのが自然。(もちろん百済も)

>妄想夷族概念の南方から中原、北方へに還元する処、
「白虎族」とは「夷城の巴族」であるし、「蛇」や「亀山」も、「鳳凰」も、「龍」も明らかに「夷族のトーテム」であって、「北方文化」ではない。
「高句麗に四神がある」のは不思議ではないが「北方文化」では説明不能。

>九州の日向は渡来系大和民族が蔑視した隼人の地で
「現地の隼人」と「天皇家」が同じとは限らないが、隼人の祖は火照命(ホデリノミコト、ホデリ)であるとされ、ニニギとコノハナノサクヤビメはホデリ、ホスセリ、ホオリの三人の子があり、ホオリの子孫が神武天皇とされている。
天皇は都にわざわざ隼人を呼び寄せ大嘗祭で「隼人舞」が演じられる。

>じゃけぇ、あんたの近代概念を上代に持ち込むんは無意味じゃ。

苗族らが「夷」すなわち「中華の支配の及ばない異民族」と見られていたのは、近代からではなく古代からの話。

>妄想夷族概念の南方から中原、北方へに還元する処

「骨格」などを持ち出すと当然「数千年の話」ではなくなる。

>わしゃあ人格攻撃喰らうたのう。(笑)
「西にあるだけで秦国は西戎」と言いだすのは、さすがに・・・。
「高句麗が北にあるから北方文化」と思い込むのも、さすがに・・・。

510 :出土地不明:2010/11/25(木) 17:39:32 ID:a6AeWhru
天皇はいったい「どこから」来たのか?

五胡族の独孤伽羅(どこから)さんの子孫だったのだ(爆

511 :出土地不明:2010/11/25(木) 18:13:10 ID:ggozF+Op
>>432
日本語の方言アクセント・イントネーション
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/10958/1282825828/l50

512 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/25(木) 23:24:03 ID:75fNn4Fe
>>508
秦氏弓月氏は、百済から来た云うことじゃが、秦氏の秦始皇帝の子孫の
仮託は信憑性が無いね。
>>509
フンドシを南方起源に限定しても意味が無いし、白虎の白色信仰は、
アルタイ・チベットの遊牧民の方じゃし、四神もインド西域経由の
可能性が強い。蛇トーテムに関しては南方じゃが、「東夷」じゃのうて、
「南蛮」よ。「蛮」の「虫」は、蛇のことで。「龍」は皮肉なことに、
あんたらが事大する縄文文明派、長江文明派の安田喜憲氏が
満州内蒙古の紅山文化起源とされて残念じゃのう。(笑)
ほいから、高句麗は北朝の文化影響が強く、百済ほど江南の六朝の
文化影響を受けとらんよ。あんた、ちいたぁ歴史のお勉強でも
したらどうか?

513 :63:2010/11/25(木) 23:59:27 ID:kDXjf8TD
>琉球神道によると、昔の琉球王は、天孫の長男の家系
>九州の日向は渡来系大和民族が蔑視した隼人の地で

上の二つ見て思い出したんだが
隼人は台湾や琉球の先住民と刺青の紋様などが
酷似してたらしいですな

514 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/26(金) 00:01:34 ID:48b9a0Eq
>>509
ほいから、苗も東夷じゃのうて南蛮じゃ云うたはずじゃ。
隼人舞は異民族たるところで、隼人は、宮門で犬の吼えるまねをやっとった
奴隷に過ぎんよ。
骨格が変る以前に、日本へ渡来した連中は、ほとんど絶滅種で日本民族の
主流じゃ無いわ。
実際馬飼いの秦の興った地は、西戎の地じゃ。高句麗が南方文化云う方が
狂うとるし。
日向宮崎県人の明夜航記氏が書かれとる高千穂と風土記の考察を
挙げてとこう。
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/cat4943888/index.html
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2008/02/post_e7fb.html
ATLウイルスのように、宮崎県は本土では原住民隼人の残存度が
強いが、主流は支配層の渡来系。官製神話の「後づけ」虚構の面も
あるけど、隼人の地に新羅、秦系の支配層が入植したせいかも知れん。
http://samuraiworld.web.fc2.com/rediscover_karakuni.htm
大隅の秦氏移住や、薩摩の島津氏も元来惟宗氏(秦氏。後に藤原氏、次には
源氏と偽家系を造ったけど。)じゃけんのう。
ほいから下の方の風土記でも、【日向・逸文】のように、隼人原住民の
酷使と疫病による大量殺戮で、隼人も人口を減らしたろう。
まあ、今の日本人がインデオが如く民族として絶滅に近い打撃を
受けんかったんは、北方渡来系が日本民族の主流になったおかげよのう。

515 :出土地不明:2010/11/26(金) 00:11:35 ID:n8IAw0go
>琉球神道によると、昔の琉球王は、天孫の長男の家系
>九州の日向は渡来系大和民族が蔑視した隼人の地で
>「現地の隼人」と「天皇家」が同じとは限らないが、隼人の祖は火照命(ホデリノミコト、ホデリ)であるとされ、ニニギとコノハナノサクヤビメはホデリ、ホスセリ、ホオリの三人の子があり、ホオリの子孫が神武天皇とされている。
>天皇は都にわざわざ隼人を呼び寄せ大嘗祭で「隼人舞」が演じられる。

古事記と日本書紀も違うらしいし渡来系の王族と原住民の王族との間で
何かがあったのか勘繰ってしまいますなオカルト的ですまんですがw

516 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/26(金) 00:34:13 ID:48b9a0Eq
>>515
古事記や日本書記は、律令時代に書かれた権力者の編纂で
都合の悪いことは載せんし、日本書記の高句麗まで
属国じゃの大嘘話も、現代なら笑える話じゃが、
日本書記に限らず公文書はオカルト的たぁ云えるのう。
バレる嘘を平気で吐く。(笑)
風土記の方が、郷土の事柄で信憑性が強いけんのう。

517 :出土地不明:2010/11/26(金) 01:11:40 ID:xMH9e6Zf
>白虎の白色信仰はアルタイ・チベットの遊牧民の方じゃし

「白虎」は実在する「ホワイトタイガー」のことで白信仰とは無関係。
アルタイ・チベットの遊牧民に「白虎」信仰があるの?


>蛇トーテムに関しては南方じゃが、「東夷」じゃのうて、「南蛮」よ。
つまり「蛮夷」。

>満州内蒙古の紅山文化起源とされて残念じゃのう

「女神信仰」で、赤峰でとれる「朱丹」を多用し、「円形や方形の祭祀遺跡」の紅山文化のどこが、北方騎馬民族の文化?
北にあるから?
ブタ、トラ、鳥、龍がモチーフで、石耜・石犁・石鋤などのすき類などの「農具ばかり」でてくるんだけど。
どうみても「遼河を俎上した夷族の文化」じゃないの?

>実際馬飼いの秦の興った地は、西戎の地じゃ

「西戎の地だった」から「秦国は西戎」と?
インディアンの土地だったから白人はインディアンということ?


>日本書記に限らず公文書はオカルト的たぁ云えるのう。

神武伝説も神功皇后伝説も、このまま事実とは言えないが、それがないとつながらないのも事実。

応神天皇も仲哀天皇も海外遠征などしてないが、
半島には倭軍がやってきているし、
応神天皇代や仲哀天皇代(神功天皇代は認められていないので)に様々な渡来人が続々帰化し、
百済は七支刀を贈ってるし、この後倭の五王時代が記録されてるし。

神武なくして九州と近畿がつながらないし、吉備や筑紫、畿内王権の連合過程がつながらない。
(少なくとも九州北部は卑弥呼や台与の勢力下だったが、近畿まで拡大した話も形跡も見当たらないし)


518 :出土地不明:2010/11/26(金) 01:35:02 ID:3Aro+nuQ
わおーわおーわおー
チベッタン遊牧民には白山信仰があるよー
わおーわおーわおー

519 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/26(金) 02:26:55 ID:48b9a0Eq
>>517
白色信仰の中心は、アルタイ・チベット系じゃ。
http://www.searchnavi.com/~hp/chosenzoku/news3/060609.htm
http://nierika.web.infoseek.co.jp/blackandwhite.htm
農耕民族の中国人は白色を悲観的に捉える。
http://www.minpaku.ac.jp/staff/ibunka/79.html
紅山文化の方形は明らかに北方文化じゃし、「赤峰」のウラン・ハタ
も、地方の特産物にすぎんよ。まあ、遊牧民にも赤を力強い色
として、赤狄もおったし、忌み嫌う黒色をシンボルとした契丹の
カラ(黒)・キタイの例もあるが、一番上のチベット羌系の
黒色派概念に近い力強さで、元来は白色信仰が優先しとるよ。
中国文明は西北から東南へ流入しとるし、秦の兵馬俑の立体的
表現もギリシャ風西方文化の影響じゃし、戦車も西方文化から
よのう。人の移動も。そがん原則を無視して、南方から西北へ
文化が伝わったじゃの妄想しとるけぇ、ネィティブ・アメリカン
(差別語のインディアン)と勘違いしよるんじゃないか。

520 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/26(金) 02:34:03 ID:48b9a0Eq
>>517
倭の五王の記述なんか日本書記に無いど。(笑)
重要な外交事項なら記述に書かにゃあ可笑しかろうに。
倭は朝鮮南端の伽耶にあった方が辻褄が合おうに。
倭を日本とする自体、既に妄想。(笑)
>>518
>>519に、「白と黒の謎を追う」を挙げたよ。

521 :出土地不明:2010/11/26(金) 02:53:55 ID:n8IAw0go
沖縄人 九州人南下説

琉球開闢(かいびゃく)の神は、アマミキョです。奄美大島(アマミオオシマ)の人々も自分たちをアマミキョの子孫だと称しています。
アマミとは海部(アマベ)の変化形です。キョは人のことです。海人(海の人)をウミンチュといいますが、キョとチュは同根です。アマミキョは、「海部(アマベ)の人」のことです。
http://aoikuma.com/onstreetwatch01.htm#0022

日本本土に残るアマミキヨの名前?
阿麻美許曽神社 甘美鏡 その他
http://www.dai3gen.net/amami.htm

海部氏の始祖は彦火明命=火照命になるので
>琉球神道によると、昔の琉球王は、天孫の長男の家系
↑の裏づけ(こじつけ?)になるかと



522 :出土地不明:2010/11/26(金) 03:37:24 ID:n8IAw0go
琉球古字と神代文字

ここで、アッシリア学者にならって解読例の比較を行ってみよう。サンプルはいわゆる神代文字に関心ある者の間では有名なもの、
明治九年の大阪博覧会に出品されていたという石鏡の台座の字である。この石鏡は落合直澄の『日本古代文字考』
(1888)にスケッチが載せられているのだが、その実物がどうなったのか、追跡調査が行われたという話はついぞ聞かない。

さて、石鏡は表裏にそれぞれ不思議な図形があり、その台座には3列各4個、計12個の文字らしきものが刻まれているわけだが、
この文字?について、落合は「読法及ビ文意ハ詳ナラズ」「此器ハ琉球人ノ製ル所カ。字は琉球古体ノ字ナリ」とするのみで解読にはいたっていない。

さて、先に落合直澄がこの12個の文字の解読を避けたことを記したが、実は落合はこの文字とほぼ同様のものが僧・袋中の『琉球神道記』(1605年、刊行は1648年)
にみられることを指摘している。それは占いに用いるため、天人が琉球にもたらしたという十二支の文字である。落合が石鏡の作者を琉球人としたのは、この文字が琉球に伝わったことを知っていたからだった。
落合は『琉球神道記』の十二支文字について、「傍注ハ字形ノ十二支ニ似タルモノアルヲ以テ後世附会セシナルベシ」として、それが十二支であることを否定しようとしたが、そのためかえって、その正解はなにか示せなくなってしまったのである。

http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/text/yoake.htm

523 :出土地不明:2010/11/26(金) 05:31:09 ID:jgkVldrg
ペトログリフと神代文字
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history/1289693388/l50

524 :出土地不明:2010/11/26(金) 12:35:40 ID:Ad4peFio
西方の「白虎」族と「白文化」は直接的には関連は無いし、チベット系はそもそも姜族などの「羌」が基本種族。
「三苗」も苗族などの「夷」そのものではないが、羌から分かれ南方に送られたものとされ、
羌族の祖である「神農氏の炎帝」も羌系と有禍族(禍は「ネ」ではなく「女」編で「女禍」と同じ)との子で、三皇の「伏義・女禍の次の皇」に数えられている。

>忌み嫌う黒色をシンボルとした契丹のカラ(黒)・キタイの例もあるが

有名な帝「堯」は黒(と赤)が基調。

父系(女子供は従属物)文化である北方系がなぜ「女真」族という「女」を名に入れているのか?
夷族系はもともと「母系」であり、農業化が進むと「双系(父系母系)」になるが、基本は「女が集団の中心」で男親は誰だか分からない場合が多い。
姓も「姫」や「女兆」「姜」など、女禍以後三皇五帝から周代に至るまで、「王朝を開いたものの姓」には「女」が含まれる。(ちなみに「倭」にも女が含まれている。

(「家を守るのは女」であり「男は働き蟻・兵隊蟻のようなもの」で、日本でも江戸時代まで男は「通い婚」も珍しくなかった。)

また、西方(四川)の巴族などでは「太古から相撲文化」が始まっているが、女真(後の満州人も)や蒙古(モンゴル)などの相撲文化は比較的新しい。
太古の西方の夷族が東に至って後の東夷を形成した過程で、遼河付近に至った夷族が北上して現地の北方種族と交わったと見るのが自然。

安田喜憲氏の本を読んだなら、紅山文化が「祭殿としての機能があるのみで、生活圏の遺跡がほとんどない」ことに言及しているのに気付いたはず。
「北方から来た」なら「その生活圏がまるごと地上に残る」はずだが、太古にチャイナに海は無く「南方から来た」なら「高山の社」だけは残っても「その生活圏は今は海の底」。









525 :出土地不明:2010/11/26(金) 13:34:01 ID:WxCjTXU8
こんなに視野狭窄なやつ↑見たことないわ
匈奴-->突厥-->カザフ
http://www.56.com/u80/v_MTc5OTQwNDU.html
北方モンゴロイドには、古くから相撲があるぜ。しかも日本タイプの
2分10秒ごろ 見てミ?

巴族-->五渓蛮-->テイ族-->土家族
こいつらの先祖はカザフスタンと同根のものもあると思うぞ。

[東夷, 西戎, 北狄, 南蛮]
別に方角だけでは決めてないからw
文化や習俗でグルーピングしてあるので、河北省の「山戎」は
後の匈奴の一部族になるが、その性格から 西戎に分類されとる。

526 :出土地不明:2010/11/26(金) 15:28:16 ID:Ad4peFio
一応相撲の仲間と呼べるものは世界中にある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%9B%B8%E6%92%B2%E4%B8%80%E8%A6%A7

カザフスタンは知らないがウズベキスタンのムガール王朝時代(紀元前4世紀頃)の格闘技は、相撲というより柔道に近いスタイル。

レスリングのような「1対1の取っ組み合い」としては、世界中で自然発生してもおかしくないが、
力士や相撲となると違ってくる。

中国方面で力士といえば「五丁力士」がでてくるだろうし、
http://www.scsdaj.gov.cn/147002/4784.aspx
力士像といえば紀元前2000年前の長江文明とされる四川(巴蜀)の三星堆遺跡の「相撲を取る2人の力士像」で、力士かどうかは分からないが上半身裸、裸足で組み合っている。

それに相撲と夷族(南方)系の関係の深さを指摘するのは私だけではない。
http://www.kmt.co.th/jp/muaythaiplaza/MThistory.html


「四股踏み」は「地の邪気を払う儀式」だし、
少なくとも日本の相撲は「裸足でマワシ一丁の姿」で組み、「塩で清め」「円と方に囲まれた土俵」で行う神事で、明らかに夷族系。
http://www.bell.jp/pancho/travel/yamanobe/sumo_jinja.htm

日本の相撲の伝説では、野見宿禰(のみのすくね)と當麻蹶速(たいまのけはや)が穴師坐兵主(あなしにいますひょうず)神社の近く(現在鳥居がある)で、初めて天覧相撲を行ったことになっているが、穴師坐兵主神社に祀られる兵主神とは「蚩尤(しゆう)」のこと。

527 :出土地不明:2010/11/26(金) 21:36:25 ID:J9wwVL23
彝←夷、高夷は高彝と同音だとLUNAMASKが言ってたな。
彼がいつもやっている語呂あわせかな?

528 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/26(金) 23:01:51 ID:48b9a0Eq
>>521-522
沖縄人の形成は中世じゃけぇ、九州から南下した人間が
主流じゃったろう。
じゃが、神代文字云うたらオカルトの世界になろうて。
>>524
白は北方民族が神聖とする色じゃ。ほいから四神は方位で
あることも牧畜民的じゃわい。チベット羌族が姜姓を名乗った
者がおっても、姜族はあるまあに。
また家系偽装の中華主義か。チベット羌族は、新モンゴロイドの
北方民族で、苗は華北から南下したとしても、現代古モンゴイドの
南方民族で違うよ。
父系社会じゃったら女が抑圧されるじゃの、どっかのフェミニスト
の受け売りか?遊牧民やツングースも女性や子供を従属物に
しとらんよ。逆に南の河姆渡ような幼児を殺害して子供を食う
越人の習俗は従属物以上じゃのう。(笑)
http://kohkosai.web.infoseek.co.jp/kaisetu/12-kaboto.htm
「幼児を煮て食う」越社会云うか、水稲稲作社会は、土地に投資
しとる面が強いけぇ、逃げ場の無い人たちが我慢して堪える
悲劇があるけんのう。
逆に、遊牧民やツングースは、赤児殺しの間引きはせんよ。
農耕民が間引きをするんと違い。日本では、西日本の沿岸部
や浄土真宗地域は、赤児殺しの間引きをせんけど、
東日本は赤児殺しの間引きが盛んじゃったのう。

529 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/26(金) 23:44:52 ID:48b9a0Eq
>>524
通い婚は、高句麗や平安貴族に見えるし、実家出産じゃった。
じゃが、河内の渡来系は、田辺史の娘は同系の書首の婚家で
出産しとるし、神話の海神トヨタマビメも山幸彦の子を
夫の住む陸上で産んどるよ。近年まで日本は実家か婚家かで
出産したが、地域によって違うた。
実家出産地域は、九州、近畿東部から北陸、東海や関東や
南奥羽で、近畿西部、中国、四国は少数の例外を除くと
婚家出産地域であり、朝鮮半島では、婚家と実家の
両方があるが、満州族やモンゴル人は婚家出産が
ほとんどじゃ。
女真や蒙古の相撲が新しいじゃのまた電派か。(笑)
安田喜憲氏の民族学知識の乏しさをあんた受け売り
よるけぇ、移動性の強い焼畑狩猟民の苗族を稲作民族に
すり変えたりするんじゃろうのう。
まあ、安田氏の気候変動による民族移動はまともじゃけど。
http://blogs.yahoo.co.jp/binbonet/40661248.html
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2004/07/post.html
安田氏の牧畜文明と稲作文明、漁撈文明の分け方は民族学知識の
無い処じゃし、漁撈は狩猟と同様狩りじゃし、日本でも
漁撈地域は畑作とセットになっとる。漁撈民は魚群の動向や
大漁、不漁との差じゃの生活感情は、遊牧民に近い。
じゃが安田氏の古墳期に渡来系によってもたらされた疫病(安田氏は
ウシ型結核菌を主な原因とされるが)によって「半数の国民が死ぬ」
は、鋭い指摘をされとるのう。
中国でも黄巾の乱以降、人口減少傾向で、ましてや
中国人より家畜免疫の少ない縄文系はばたばたと死に絶えたろう。

530 :出土地不明:2010/11/27(土) 00:00:11 ID:lXohzCMP
過去スレで鷹狩りについての話題って出たことあった?
Y-N系統の軌跡と重なってるっぽいんだが、、、

531 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/27(土) 00:05:21 ID:TWlRwDMu
>>524
ほいから、日本の縄文期と同様採集狩猟にあった先紅山文化は、
華北より云うか、南方の河姆渡よりも文化度は低かったろう。
>>525
史記の西南夷列伝のように、チベット羌系でも、農耕狩猟民化
した連中は、「夷」じゃね。羌・テイのテイなんかは。
>>526
また、あんた飛躍電波か。
http://www4.airnet.ne.jp/sakura/meido/11_sumou.html
相撲の土俵なんか近世近くの中世にしか遡れんし、土俵なんか
元来無かったよ。土俵が出来ても四角い土俵すらあった処も
あるようじゃ。

532 :出土地不明:2010/11/27(土) 12:51:26 ID:0rz/xcJE
>白は北方民族が神聖とする色じゃ。

もう少し具体例が欲しい。特に「白虎を神聖視する北方種族」がいたのかいないのか。
(「白虎を神聖視する夷族」として有名なのは「巴族」)

>ほいから四神は方位であることも牧畜民的じゃわい

「方位」は「天体との関係」すなわち「季節」の把握に必要不可欠で、「夏の牧草地と冬の牧草地を往復する」だけの「牧畜」より、
季節にそって「穀物の成長を管理」する「農業」にとってこそ重要であり、より精密に知る必要がある。
(また海洋種族にとっても季節風や潮流の把握は遊牧民族と同じく重要)


>通い婚は、高句麗や平安貴族に見えるし、実家出産じゃった。

「北方文化」では「通い婚」が説明できないが、高句麗が倭と同様に「江南(呉)系文化を持つなら当然」

>神話の海神トヨタマビメも山幸彦の子を夫の住む陸上で産んどるよ

この海神は、どうみても「北方の遊牧騎馬民族文化」ではなく「南方の水生民族文化」。
(産屋を「烏の羽」で作り、しかも「わざと葺き終えない」文化も)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%92%E3%83%A1

それにトヨタマビメを持ち出すなら、まずその親のコノハナサクヤヒメとニニギを持ち出すべき。
コノハナサクヤヒメは土地の神「大山津見神」の娘であり、ニニギはそこにやってきた来訪者。

ニニギはヒメが「妻」の地で産んだ子らが自分の子ではないのではないかと疑い、ヒメは館に火を放って生んだとされる。北方的な「男性の従属物」とは程遠い行動であり、そもそもここには「姉妹婚」の風習も見られる。


>相撲の土俵なんか近世近くの中世にしか遡れんし、土俵なんか元来無かったよ。土俵が出来ても四角い土俵すらあった処もあるようじゃ。

相撲はもとより南方系文化が随所に見られる「奉納神事」であり、北方系文化には見えない。
そして相撲は「夷族では4000年前から」見られるが、北方系では紀元前2世紀程度までしか(今のところ)見られない。
一種の格闘技としては世界中にあっても、それだけでは「相撲文化のルーツ」とは言えず、どちらかが影響を与えたとすれば「より古い方」である。

また相撲は「角力」ともいうが、もともと「牛同士を角を突き合わせて試合わせたもの」すなわち「闘牛」であり、同様なものとして「闘犬」や「闘鶏」などがあるが、牛、犬、鶏は南方系(倭人)文化にとって「神の使い」であり、これらも本来「神事の一種」と見られる。

533 :出土地不明:2010/11/27(土) 13:34:00 ID:0rz/xcJE
http://www4.airnet.ne.jp/sakura/meido/11_sumou.html
この時点ですでに(天皇や貴族の前なのに)「裸足で褌一丁」の「水生種族スタイル」であることが一発で分かるね。

そもそも相撲の発祥が北方なら「相撲をとる場合だけ、わざわざ(上半身)裸」ということに全く違和感を覚えないのが不思議だ。

ギリシャやローマの古代レスリングも裸だが、
レスリングのルーツではないかと見られているものに古代エジプト時代のヌビア(エチオピアのヌバ族)の古代レスリングがあり、
これが後に古代ギリシャのレスリングの基になったともいう。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://wysinger.homestead.com/nubiansport.html

もちろん北方系ではなく南方系




534 :出土地不明:2010/11/27(土) 15:16:37 ID:0rz/xcJE
×相撲はもとより南方系文化が随所に見られる「奉納神事」であり、北方系文化には見えない。
○日本の相撲はもとより(南方系文化が随所に見られる)「奉納神事」であり、北方系文化には見えない。

×そして相撲は「夷族では4000年前から」見られるが
○そして相撲文化のルーツらしきものは「夷族では4000年前から」見られるが



535 :出土地不明:2010/11/27(土) 15:39:04 ID:0FfDnu/Z
>>530
カザフ,キルギスは、アルタイ,モンゴル,ツングースに近くて
タタール,バシコルトのようなサーミに近いものをもっていない
今のウズベクはむしろタジク,イランに近い

Falconry(鷹狩り)の古い記録は2700年前のアッシリアの
古セム語記録であり、現在のイラクであろう
それらはペルシャ地域を経由して、4世紀に東方のアジアにも伝播してきている

536 :出土地不明:2010/11/27(土) 17:04:09 ID:0rz/xcJE
>>522-523
神代文字と言えば、特に議論の的になるのが 対馬国卜部阿比留(うらべあびる)氏に伝わったという「阿比留文字」。
http://deliver.vector.co.jp/screenshot/425/425926_00.jpg

一見してハングルとそっくりであり、国語学者山田孝雄などが「ハングルを基本として日本語の音声にあわせ改良を加えられた文字」と主張しているが、特に根拠は見られない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E6%AF%94%E7%95%99%E6%96%87%E5%AD%97


ハングルが作られたのは1446年の李氏朝鮮第4代国王「世宗」の公布によるもの。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB

問題はなぜ世宗がこの時期に「ハングル文字を作る」ことを思い付いたか。

世宗は1418年に即位し、1419年6月17日に倭寇撃退を名目に「対馬を襲撃」した。
一般船舶129隻を焼き払い20隻を奪い、民家1939戸を焼き払い、また104(実録には首級114)の島民を殺害したが、反撃を受けて多大な損害を出し対馬側の和平提案を受け入れて7月3日に巨済島へ全面撤退した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%9C%E6%B0%B8%E3%81%AE%E5%A4%96%E5%AF%87

その後、世宗は「ハングルの創製」を思い立ち、集賢殿内の新進の学者らに命じて積極的に推し進め1446年に公布した。

ハングル公布は対馬侵略の27年後(それ以来対馬には侵攻していない)

「阿比留文字が先に対馬にあった」なら侵略軍がそれを王に伝え、日本やモンゴルのような固有文字を作りたいと考えていた王が「それを参考にした」可能性は極めて高い。

一方対馬がその後に阿比留文字を創作しなければならない動機は見あたらない。(隣接する敵性国家の言語「ハングル」そのものを知るならともかく)

日本語からみると、阿比留文字は「母音と子音の文字」を決めて、「漢字の偏(へん)と旁(つくり)」のように並べただけの「仮名(片仮名、平仮名)文字」でしかなく、その着想や過程は極めて自然で明快。
(ちなみに日本で仮名(片仮名)が誕生したのは9世紀のこと。)
対馬は「神道発祥の地」とされており「天円地方(地はさらに八方位)のパーツのみ」で文字を作るのも自然な発想。(「U」は半円か)

一方、ハングルは仮名と同様の「表音文字」だが、「偏や旁に相当する三つ以上のパーツ」で構成されており「一段と複雑な仕組み」で作られている。

「阿比留文字を真似てハングルを作った」と考えるのは「時系列からも動機の上からも簡単に説明がつく」が、「その反対」だとすると「根拠に乏しく説明が困難」。

537 :出土地不明:2010/11/27(土) 18:05:30 ID:0rz/xcJE
>女真や蒙古の相撲が新しいじゃのまた電派か。(笑)

1990年代ころまでは「高句麗というだけで北方文化」と思い込んで思考停止する人が多かったが、四神にしろ歌垣(やふんどしも?)つぶさに検証していくとむしろ北方ではない夷族文化が色濃いことが分かってきたということ。

河北省秦皇島市付近には青竜満族自治県があるが、この辺りは少なくとも漢代頃までは「東夷の地」であり、扶余伝説の「白狼川(遼河上流部)を越えた倭人の地」も近く(中華に反抗する海賊的な)舟を巧みに操る水生種族がいたという。
(日本刀(倭刀)と同じ「反りのある片刃」である柳葉刀(かなり後の青龍刀)の有力な発祥地ともいう)

女真族系のこの満族がいつ頃からこのあたりに居留していたかは分からないが、女真族にも「東夷に近い文化」が見られ、東夷族と女真族の融合体かもしれない。

>漁撈は狩猟と同様狩りじゃし、日本でも漁撈地域は畑作とセットになっとる。漁撈民は魚群の動向や大漁、不漁との差じゃの生活感情は、遊牧民に近い。

日本の場合は「マタギ」のような狩猟であって、「遊牧民」とは程遠い。(大漁、不漁との差じゃのは関係ない)



>まあ、安田氏の気候変動による民族移動はまともじゃけど。
http://blogs.yahoo.co.jp/binbonet/40661248.html

そもそも騎馬民族王朝説は江上波夫が1948年のシンポジウムで突然発表した説だが、
今ではこれを支持する学者はほとんどおらず、民主党の「小沢一郎」ぐらいなもの。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A8%8E%E9%A6%AC%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%BE%81%E6%9C%8D%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E8%AA%AC

なぜ発表したかはこの関係を見れば一目瞭然。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADBF_jaJP297JP297&q=%e6%b1%9f%e4%b8%8a%e6%b3%a2%e5%a4%ab%e3%80%80%e9%87%91%e6%97%a5%e6%88%90
ちなみに1948年は北朝鮮建国(つまり日本に対する工作が本格化)した年。

538 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/27(土) 23:51:43 ID:TWlRwDMu
>>532
ツングースは、熊と共に虎信仰も強いど。
米国のウォルター・シュミット氏の農耕民と牧畜民の性格で、
土地に投資しとる農耕民は、簡単に土地を捨て去り他所へ移る
ことが出来んゆえ、支配者に鬱々たる気持ちを持ちながら、
呪術で復讐する形と採るが、牧畜民は支配者が嫌なら他所へ移る
けえ、方位は、どちらの方角に向かうか云う概念は牧畜民に
発達すると大雑把はけど、性格的気質は当たっとるよ。
遊牧民の影響無しに、方位方角概念が発展するわけあるまあに。
通い婚は西方からおそらく中央アジア経由で婿入婚が伝えられる
以前の形態で北方と南方云う以前の問題じゃ。東アジアの文明は
西北から東南に流れるけぇ、古い形態が南方に残るだけのことよ。
高句麗に江南文化なんか乏しいのに、あんた思い込みが強い
処も安田喜憲氏の受け売りか?水辺民族を南方だけに規定する
ところも。(笑)おいおい、北方にゃあ海や河は無いんか?
実に幼稚なことよのう。しかもトヨタマビメの大山積の神も
百済から伝わったもんじゃが、あんたぁら中華江南朱子学派は、
江南誘致するだけじゃろうて。
http://www.genbu.net/data/iyo/ooyamadumi_title.htm
「百済の國から渡り来まして」よのう。
ほいから、あんた、北方的な「男性の従属物」を繰り返す
思い込み妄想しとるが、北方騎馬民族系は女性や実家の
地位が高いよ。
http://talkiyanhoninjai.wordpress.com/2007/10/28/%e5%b8%b8%e6%9e%97%e3%83%bb%e7%99%bd%e9%b6%b4%e7%be%a4%e3%80%8e%e5%8c%97%e4%ba%ac%e8%a5%bf%e5%b1%b1%e5%81%a5%e9%8b%ad%e5%96%b6%e3%80%8f/
http://www.jinruisi.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=137144
上の方の・婚姻 農耕民族である「漢族と比べ、家庭内での
女性の地位が高かった。妻の実家の影響力が強い(満族、
モンゴル族に見られる特色)。」
下の方に◆婚姻 も、兄嫁をめとる嫂婚制や姉妹婚も
北方騎馬民族の婚姻型でもある。
あんた、北ユーラシアに何ら知識ものう、偏見と思い込みで
中華主義の朱子学攘夷対象としても、何ら意味が無いんで。

539 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/11/28(日) 00:28:11 ID:lC2VCkgT
>>533-534
鳥信仰は北方騎馬民族に顕著じゃし、奉納相撲まで南方
誘致したがる処、やっぱし、>>536で朱子学派嫌韓ネット右翼で
あることを告白しよるわい。(笑い)あんたの思想背景は、
http://www.valdes.titech.ac.jp/~hashizm/text/titech/shukyo/resume/resume09.html
http://blog.goo.ne.jp/worldnote/e/98ac49754525b99b29f735f3e7b0b3dc
中華隷属の朱子学の慕夏主義、中朝論の大陸派じゃけぇ、
朱子学ライバルの朝鮮が憎いわけじゃ。(笑)
>>537
東夷自体も、北方民族が多いんに南方誘致も無理があろうに。
倭刀に反りは無いよ。そりゃあ蝦夷の蕨手刀からじゃ。
ほんま朱子学信徒は、知識が無い思い込みで書きよるのう。
騎馬民族支持者なら、米国のレッドヤード氏もAlong with the Horse
ridersはどうなるんかいのう。あんたのネット右翼式の小沢氏嫌いな
処も、既得権保持好きな官僚やマスコミの受け売りか。
ほいから、北朝鮮と江上氏も含め昭和通商人脈は軍部の戦前から
じゃ云うことは、この板や他スレでも云うとることじゃ。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/yama33622/comment/20090317/1237296618
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/07/post_0c1b.html
こういうことを云うたら、あんたらのネット右翼の扇動先と
関わってくるわいのう。
今回は、サービスであんたの思想背景まで云うてやったよ。
まあ、わしゃあ、明日から忙しゅうなって、しばし書けん
けぇのう。

540 :出土地不明:2010/11/28(日) 05:08:11 ID:CjcRzI8s
>>537
YEEEW, 小沢一郎 WWW
日韓併合以来、どんだけ日本人戸籍が売買されて来たんだろ。

>そもそも騎馬民族王朝説は江上波夫が1948年のシンポジウムで突然
>発表した説だが、今ではこれを支持する学者はほとんどおらず、民主党の
>「小沢一郎」ぐらいなもの。

ひゃっほい!江上波夫は、北チョ工作員WWW

541 :出土地不明:2010/11/28(日) 10:59:29 ID:N34wjM2M
>ツングースは、熊と共に虎信仰も強いど。

なら「白虎」信仰もありそうなものだけど、北方文化では見つかっているのか?

>方位は、どちらの方角に向かうか云う概念は牧畜民に発達すると大雑把はけど、性格的気質は当たっとるよ。 遊牧民の影響無しに、方位方角概念が発展するわけあるまあに。

「よそに移るだけ」の大雑把なものでいいなら、八卦や六四卦の風水や四神のような方位へのこだわりや発展などほとんど無いし、あんたもすでに認めている様に四神も北方文化とは言えない。

>高句麗に江南文化なんか乏しいのに、あんた思い込みが強い

高句麗に「呉の織女」まで求めたって言ったじゃないか?どこが乏しいの?
百済より北方文化との融合が強いだけで、百済同様江南(呉)文化は入っている(とくに王家に)

>北方騎馬民族系は女性や実家の地位が高いよ。

それで、女を中心に男が通う「通い婚」の風習が北方文化のどこに見られるのか?
それに北方系は「男尊女卑」がかなり(ある意味絶対的に)強いと思うが。

そもそも騎馬民族に有名な女首領が誰かいるのか?(神話伝説でもいいから)
夷族系なら「女禍」は「伏義」と対等だし、西方でも塩水の女王や西王母などもいるし。(キングダムの「山の民」まで女首領だったね)
もちろん日本でも天照大神や卑弥呼がいるし、神功皇后(天皇)や推古天皇などの女性天皇もいる。

基本的に、騎馬民族は家財道具ごと女子供を積んで移動し、男が行先や方針を決める父系文化。
水生狩猟民族は男が長期遠猟(漁)する間、村で女が家を守る母系文化。(もちろん男も残留する)
農業化するほど父系母系の「双系化」するが母系が消えるわけではない。

>あんたぁら中華江南朱子学派は、江南誘致するだけじゃろうて。
>今回は、サービスであんたの思想背景まで云うてやったよ。

自分が朱子学派とは知らなかった。(笑)
高句麗に江南(呉)の文化が入ってると指摘しただけなのに。
高句麗が100%の北方文化だと思う方がどうかしている。
(高句麗にフンドシ文化があるのは知らなかったが、フンドシまで北方文化だというのは無理があると思うが。)



542 :出土地不明:2010/11/28(日) 11:05:04 ID:N34wjM2M
>東夷自体も、北方民族が多いんに南方誘致も無理があろうに。
>おいおい、北方にゃあ海や河は無いんか?

東北の北方種族のエリアに南西から東夷が入って混ざっただけ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%B7
では東夷は夫餘国,高句麗,東沃沮,北沃沮,肅慎氏(?婁),?,韓(三韓),
倭人(倭国),百済国,加羅国,勿吉国(靺鞨),失韋国(室韋),豆莫婁国,
地豆于国,庫莫奚国(奚),契丹国,烏洛侯国,裨離国,養雲国,寇莫汗国,一群国,
新羅,琉求国(流求国),日本国,流鬼とあるが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Map_of_The_east_barbarian_0.png
の頃の地図でいえば黄緑色以北はまだ東夷のいない「北方種族の地」だったと思う。

この黄緑色エリアが「漢の勢力範囲」であり、このエリアにいてその支配から逃れようとすると押し出されるように自然に「東夷は北方に広がる」ことになる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Map_ofThe_east_barbarian_1.png
の頃には東夷は上記のエリアにまで拡大したと考えられる。

「東夷が高句麗を超えてさらに北方に伸びている状況」なのに「北方文化を誘致してくる」方がよほど無理がある。


>ほいから、北朝鮮と江上氏も含め昭和通商人脈は軍部の戦前からじゃ云うことは、この板や他スレでも云うとることじゃ。

いや江上波夫が騎馬民族王朝説を「北朝鮮建国の年に突然発表した」のは、戦前の軍部とも通商とも関係ないから。
(もっとも結果的に「あの頃の北朝鮮の軍人を鍛えたのが日本軍」だけど)

543 :出土地不明:2010/11/28(日) 11:08:54 ID:N34wjM2M
http://www.genbu.net/data/iyo/ooyamadumi_title.htm
「百済の國から渡り来まして」よのう。

「オオヤマツミは山?の末裔」といい、大陸では「山?(さんき、山神=神仙)は嵩岱(すうだい、嵩山・泰山)にあり、海若(かいじゃく、海神=海童(わだつみ))は滄溟(そうめい滄海・溟海)にある」とされる。
山東半島にある泰山(タイシャン)は岱山あるいは太山または大山ともいう。(秦(たい)=岱=太=大。ちなみに山陰の「大山」は「だいせん」と読む)

要するに「大山?神」とは「泰山の神仙」の後裔が山東半島から百済経由で日本に鎮座したもの。(高句麗経由ではない)
コノハナサクヤヒメはその後裔であり天皇の祖先。

シナの皇帝は、王朝を建てる時や節目の時、泰山に登って天帝(後に天皇大帝)を詣り、天命(天帝の命)により天下を治める「天子(天帝の子)」と認められる。
日本では、「天皇の任命」によって「朝廷・幕府・政府の実権者」(言わば「天下人」)となって国家権力を持つことが現在に至るまで行われている。
ちなみにケ小平によると、党内では現代でも国家主席を皇帝と見なしており、胡錦濤や習近平は次期国家主席と言われるようになると天皇との面会を強く求めた。

544 :出土地不明:2010/11/28(日) 11:12:12 ID:N34wjM2M
大山祗神は山祗の末裔 

545 :出土地不明:2010/11/28(日) 11:17:09 ID:N34wjM2M
>倭刀に反りは無いよ。

倭刀 http://www.gaopu.com/watao.HTML

546 :出土地不明:2010/11/28(日) 17:01:42 ID:f6VUsFyW
>>421
>百済人は日本でも貴族階級で、
>日本の土着民 たる土蜘蛛や隼人、蝦夷
>のような奴隷でも無いんに。

金髪碧眼のスキタイ人の末裔ならともかく
ションベン臭い穢人がキ族?笑わせるぜ。

547 :出土地不明:2010/11/28(日) 19:36:19 ID:VnqKqbae
満鉄調査部の学者

548 :出土地不明:2010/11/29(月) 20:30:42 ID:Gaq8FAxW
消えたシュメール人か?

549 :出土地不明:2010/11/29(月) 21:11:44 ID:LX2TulEG
「貴人(貴族)」とは、本来「位の高い人」のことではなく「(数が少なく)貴重な人」のこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E3%82%AB
夷族の祖先神「女禍」が、世界に誰もいないのが寂しくて、黄土(おうど)をこねて人を造った。
最初のうちは丹念に丁寧に造り続けていたが、やがてくたびれてきて、泥を縄に染み込ませて振り回すと、ぞんざいな人が大量に生まれた。
その最初の丁寧に作ったのが貴人と呼ばれた。
(雲南の近くに「貴州」があるが、これは夷の貴人が多くいたからという)




550 :出土地不明:2010/11/30(火) 13:46:14 ID:rl7KNP2n
>>546
おおっとスキタイ人が金髪碧眼?
本当にそうかな?

551 :出土地不明:2010/12/01(水) 15:57:53 ID:H/XHWy4x
>>549
面白い話、どうも有り難う。
九リー族の話しも御願い。
何で9なのか。8じゃダメなんですか(笑。

552 :出土地不明:2010/12/02(木) 01:08:51 ID:iLY9Y1ho
>>532
ウソこけっ!W
四神相応 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E7%A5%9E%E7%9B%B8%E5%BF%9C
中国を中心に風水の主観では・・
北に、玄武(蒙古)、南に、朱雀(タイ)、西に、白虎(チベッチ)、東に、青龍(日本)だよ。
方位の天使・四大エレメンツ
ユダヤ教・キリスト教の主観だと・・
北に、ガブリエル、南に、ウリエル、西に、ラファエル、東に、ミカエルと成る。

553 :出土地不明:2010/12/02(木) 01:36:35 ID:hwOLFFSj
>>552
ビミョウに気になったんで

・・・エルの"エル"って何ですか?

554 :出土地不明:2010/12/02(木) 02:08:31 ID:iLY9Y1ho
俺も、昔調べて、今思い出せなくて、ググった。

エヴァの使徒について疑問に思うのですが? | OKWave
http://okwave.jp/qa/q5038882.html
大天使メタトロン 〜人間として肉体を持った経験のある、子供たちをサポートする大天使〜 ヒプノセラピー:神奈川県葉山 スピリチュアルライフ
http://spiritualife2012.blog86.fc2.com/blog-entry-348.html

555 :出土地不明:2010/12/02(木) 02:15:40 ID:iLY9Y1ho
>>552の入力ミスした
>西に、白虎(チベッチ)×
チベットなw

556 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/04(土) 02:27:14 ID:r9nsog5S
>>540
小沢一郎氏は、日本独立論で左翼やネット右翼の両者から
嫌われて気の毒じゃ思うよ。まあ、日本の右と左も談合お仲間で既得権で
生きとる人間に過ぎんけど。右役と左役を演じよる猿芝居でも、
あんた好きなんか?
>>541
わしゃあ、行く先の方位は遊牧民に発達した概念じゃゆうたはずじゃし、
遊牧民に女性の地位が高いことは、>>538でも挙げたんじゃに、
あんた現実を無視して、思い込み妄想の意見を述べても意味があるまあに。
馬鹿らしい。
騎馬民族説は江上氏以前に陸軍中野学校教授じゃった岡正雄氏の天孫族の
北方騎馬民族起原や戦前の西村真次氏も指摘されとることじゃに。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~oguma/report/book/The_Myth_of_the_Homogeneous_Nation.html
騎馬民族説は戦前からの流れで、逆に左翼の方が日本内の段階説で
単一民族論じゃろうに。冷戦後左翼のネット右翼扇動からネット右翼に
左翼史観の単一民族論が高揚しただけのことよ。
戦前の軍部は、各地に工作員を送っとるし、日本国籍すら喪失せにゃあ
いけんかった特務機関の連中は日本に帰れまあ。小野田氏のように
余程要領が良い世渡り上手じゃないとのう。また現地に留まった連中も
おるんじゃに。公文書で証拠が無いじゃの詭弁はいらんよ。
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2006/08/post_953a.html
http://blog.goo.ne.jp/taraoaks624/e/06f29b82d4d5070b8bc3f809f9cdaab5
じゃが、下の方に出とるよう、北朝鮮は、中較ソ連と違い、旧日本軍と
如何にやり口が似とるもんか。阿片麻薬売買、偽札造りにしろ。
ここに書いてあるよう、日本人と朝鮮人の民族的類似性格もあろう。
満州におった大陸浪人や日本の2.26や5.15で粛清された連中が
大陸に残ったが、中共やソ連だけが受け入れ先じゃのうて、
北朝鮮も有力な候補地じゃったし、逆の受け入れが無かった
根拠の方が乏しいけんのう。

557 :出土地不明:2010/12/04(土) 11:48:23 ID:4XEHi7F8
「上の人」との調整は済んだようですな。

>右役と左役を演じよる猿芝居でも、あんた好きなんか?
それは関係ない。ここで関係あるのは、「今どき江上波夫の説(というより宣伝工作)を持ち出したのが小沢」という「事実」のみ。

>遊牧民に女性の地位が高いことは
違う。
満州やモンゴル(特に南部)は「かつての東夷文化地域」に含まれてる。
また(リンク先が想定してるとみられる)「漢人」はむしろ北方系文化が強いし、そもそも東夷ではない。

「漢人より東夷の方が、女性の地位が高い」のは当たり前。
「北方遊牧民文化」として主張したいなら、せめて「匈奴や鮮卑の子孫」と明らかに分かる種族・地域ででも示すべき。

>北方騎馬民族起原や戦前の西村真次氏も指摘されとることじゃに

日本人は多文化混成民族であって、当然北方文化も含まれているがおよそ主流とは言えない。
(「たとえ1%でもあれば拡大解釈して、それが大勢であるかのように触れまわる輩」がいるだけ)

>ここに書いてあるよう、日本人と朝鮮人の民族的類似性格もあろう

ちなみに朝鮮人と韓人と加羅人、百済人、新羅人、高句麗人はそれぞれ出自の違う別種族。
少なくとも朝鮮人と倭人は明らかに別種。
一方百済王家でも新羅王家でも「倭人が王となった」ことがあるのは記述されている。
また、もともと「未開の半島を南岸から北に向けて開発していた種族」も別種。(おそらく倭人)

もともと「倭人の開発地だったところ」に倭人文化や倭人の遺伝子があるのは当たり前。
「高句麗」には倭人文化そのものは希薄だが呉(江南)文化を通じて共通性がある。


ちなみに戦前戦中のシナは地方の有力者が王のように振る舞っていたし金には不自由せず、
日本を含む外国勢が対価を払ってもほとんど見向きもしなかった。
彼らが要求してくるのはなによりアヘンであり結果的に「アヘンのみが通貨」となっており各国はそれを用意する必要に迫られていた。
(「イギリスの貴族がお茶を楽しむように、日がなアヘンをくゆらせて過ごしたい」という彼らの願望が記録に残っている)

また当時シナ各地の拠点を襲撃して「最もアヘンを集めまくっていた」のが「毛沢東の中国共産党軍」だった。
(通州事件も「通州人が日本人を襲った」とされているが「通州はシナで最も親日的とされていた」だけでなく、
「半島人がアヘン生産をしていた場所」でもあり、事件後アヘンは消え去っていた)


558 :出土地不明:2010/12/04(土) 12:02:32 ID:4XEHi7F8
北朝鮮の地域は関東軍の守備地域であり、
日本人が築いてきた、「当時東洋一のダムや工業地帯」も半島北部に集中していた。
北朝鮮は日本の残した遺産を強奪すれば、この世の楽園が築けるはずと考えた。

しかし結果は、北朝鮮が運営したので「スクラップ同然の有り様」となり、
一方、焼け野原になり工業地帯がほぼ壊滅した日本は
またたく間に奇跡の経済復興を成し遂げて経済大国になった。

ちなみに現在の日本人に足りないのは危機感だが、目覚めさせるのは簡単で、
白村江でも元寇でも黒船でも「共通の危機」を認識したとたん、
「団結し生まれ変わる」ようにできてる。


559 :出土地不明:2010/12/04(土) 12:32:07 ID:58CF1jXs
それはもはや過去の話
いつまでもそれが続くなら滅びる国は過去一つもなかったろう

560 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/04(土) 23:44:50 ID:r9nsog5S
>>557
>「上の人」との調整たぁ何なら?江上氏の説は、米国でも
同じ学説を唱えられる人らもおるし、江南朱子学派の
ネット右翼じゃあるまいし、宣伝工作なんかされんし、
小沢氏もネット右翼に扇動させよる「日本会議」のような
押し付けがましい国民扇動もされとらんよ。
遊牧民に女性の地位が高いんは、満州・モンゴル南部だけじゃ
のうて内陸アジア・中央アジアに普遍的なもんじゃ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E7%89%A7%E6%B0%91
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=153023
上のウィキですら、6中央ユーラシア遊牧民の文化的特徴に、
農耕民に比べて女性の地位が高い ことが出とる。
下の方にもあるよう戦力にもなるけんのう。
漢人は農耕文明じゃし、中国北部は人種的に北方系でも
文化的にゃあ南方の農耕文明じゃ。しかも中国じゃあ、4世紀の
北方民族の南下民族移動期で征服王朝北朝、隋唐は女性の地位が
高かったが、宋代、特に江南に押し込められた南宋時代は
女性の地位が低い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8B_(%E7%8E%8B%E6%9C%9D)
3社会 3.2人々の生活 3.2.1家族 でも、「隋唐代では北方民族の
影響から女性の地位が強く」「宋代となり北方民族の影響が薄れ、
かつ新儒教・朱子学(江南風土化された儒教)の誕生から次第に
女性の地位が下がり」と、あんたら朱子学派が女性の地位云う
んも、自己矛盾しよるわいのう。(笑)

561 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/05(日) 00:23:52 ID:VI1TmPOw
>>557
日本人は現代北方新モンゴロイドが主流で縄文系や南方系こそ
少数派じゃに。高句麗にしても、高句麗壁画の人物像も、高顔の
北方形質じゃ。朝鮮人と縄文人は篠田氏の調査でmtDNAじゃあ、
現代日本人以上に近いし、倭人は朝鮮半島系じゃわい。
百済王家は扶余が王族じゃが、倭人が王家になった文献なんか無い
ど。あんた出典を提示してみんさい。新羅の昔氏は、倭の東北タナバ
国じゃし、倭が南朝鮮の加羅地方の東北なら新羅の朝鮮日本海沿い
からと矛盾があるまあに。しかも新羅の支配層は遊牧民的積石木槨墓
人で、金製黄金文化も非中国系の北方騎馬民族文化をダイレクトに
受けとるけぇ、被支配層の奴隷の倭人たぁ関係無あで。
阿片は、イギリスのジャーディン・マセソン商会の密輸〜阿片戦争、
旧日本軍の阿片売買と伝統のもんじゃ。
あんた、「日本軍アヘン」「東條英機アヘン」で検索したら
解ろうに。あんた、アヘンを他民族に擦りつけよるネット右翼
ブログに洗脳されとるんか?あんたぁ幼稚過ぎるど。
>>558
北朝鮮のような、旧日本戦時体制と同様な全体主義国家に
楽園なんか造れるわけあるまあ。戦後日本の経済復興は、
英米資本のおかげで、日本人自身だけの成果じゃ無いけんのう。
危機感云うて、また扇動工作か。国民扇動なんかいらん世話よ。
まあ、あんたらネット右翼を扇動する側の新興宗教右翼は、
共産主義国と同様プロパガンダが好きじゃのう。
元寇でも黒船でも近代国民概念の団結なんか無いんじゃけど、
ネット右翼の宣伝による押し付けがましさは、うんざりするわいや。

562 :出土地不明:2010/12/05(日) 04:12:59 ID:ZiZkkI1q
>>560
「学説」ぷげら!
日本の考古学の成果も日本の古代史も知らず、中国江南の発掘成果も
ナ〜んも知らない UCLA キャンパスCommieの Jared Diamond が、
唯一聞きかじったゴミプロパガンダ,江上波夫の「騎馬民族征服王朝説」
のカケラを使って書いた"Guns,Germs and Steel" の日本関連サワリだけ
が頼り。↓ 

「江上氏の説は、米国でも同じ学説を唱えられる人らもおるし、」

563 :出土地不明:2010/12/05(日) 17:13:19 ID:ykD4ynXh
ローマはカルタゴの富を奪って帝国建設の足がかりにした。
イギリスが世界帝国になったのは新大陸でスペイン人の銀を強奪し続けたから。
アメリカが世界最大帝国になったのは、現在の中国のような世界の工場となったから。
日本がr

どんな国も強くなる時は大量に外貨が入っている。
その外貨で自国産業を育てて、やがて固陋化して衰退する。
さて、翻って出雲が強国となった理由は?
大和が強国となった理由は?

必ず、その裏には経済基盤があったはずだ。
国内ではなく海外からもたらされた富が。それはなんだろう?




564 :出土地不明:2010/12/05(日) 17:13:28 ID:eKAQHp/f
>>550
>おおっとスキタイ人が金髪碧眼?
>本当にそうかな?

なんかロシア・アルタイ地方のクルガンの埋葬者の染色体を
解析したところ、碧眼の人がもつ遺伝子OCA2とかいうのが
みつかったらしいよ。

実際、あの近くのモンゴルのKhotonとかいう部族は
金髪碧眼が多いらしい。
Y染色体のハプログループも大半がR1aだとか。

565 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/05(日) 23:01:24 ID:scIe/LMd
>>562
>>539でも、米学者のレッドヤード氏を挙げたんじゃに無視すなや。
ネット右翼が好きな岡崎久彦氏もレッドヤード氏について書いとられるわ。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/bungsono/Okazaki2/cyousenshi6.html
http://www008.upp.so-net.ne.jp/bungsono/Okazaki2/cyousenshi25.html
コロンビア大学のレッドヤード氏教授に教えを乞うた処、高句麗、百済、
日本の建国神話の共通から扶余系統で、日本皇室の起源は扶余なりと、
云うことじゃ。ほいから米国の戦前のジャーナリストのエドガー・スノー
氏も日本のヤマトは高句麗から派生した、タタール系としとられるよ。
朝鮮半島だけが騎馬民族説じゃ電波は、ネット右翼のみの妄想電波に
過ぎんことすら解っとらんたぁのう。(笑)

566 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/05(日) 23:12:45 ID:scIe/LMd
>>563
鉄製工具なんか伽耶の輸出品じゃし、列島は買う立場じゃったね。
>>564
Y染色体と金髪碧眼遺伝子との関連なんか根拠があるんか?

567 :出土地不明:2010/12/05(日) 23:23:59 ID:aIpFNNbP
>>566
OCA2はchr15(15番染色体)
22ある常染色体の15番目だそうです。
性染色体ではありません。

568 :出土地不明:2010/12/05(日) 23:39:33 ID:QNidNtFm
とっくに否定された戦前の学説引っ張り出して何がしたいんだこの馬鹿は

569 :出土地不明:2010/12/06(月) 04:52:19 ID:GIKW8s6n
アメリカ人先生様の名前なんぞ、いくら出しても馬鹿に変わりなし。
騎馬民族征服王朝説なんぞ、「学説」に偽装したキャンパスコミーの
フジヤマゲイシャに他ならない。こいつら考古学にも日本古代史にも
無知なのに、恥の上塗りに、とっくに否定された騎馬民族王朝説なんぞを
「知識」として出すのは笑止。

570 :出土地不明:2010/12/06(月) 13:25:21 ID:9E8/sWpM
神武東征も舟
ヤマトタケルも歩きと舟

馬なんてどこにも出てこないなー

571 :出土地不明:2010/12/06(月) 23:14:53 ID:7v4tcjpo
>>559
いつまでも続くはずはない。
ただ、「戦後」というのは「戦争の決算」ということ。
戦争目的を果たせたのは日本のみ。おまけに建前だったアジアの開放を本当に成し遂げてしまった。

アメリカは大陸から日本を追い出して満州利権やシナ利権を独占するはずが
自分が大陸から追い出される寸前で、かろうじて日本と半島南部に残留した。
ソ連もシナの地域から追い出された。
シナは共産主義の甘い言葉に騙され「人民解放軍と言う名の共産党の私兵」に国を奪われ、数千万人が死んだ。
朝鮮もベトナムもビルマもカンボジアもモンゴルも、アジアの戦争の世紀は日本の戦後に始まり、日本のみが日米同盟の下平和と繁栄を謳歌した。

ちなみに天皇がおられなければ、日本はとっくに共産化され
朝鮮戦争やベトナム戦争、カンボジア、ビルマ、モンゴルそしてソ連と
東アジアのオセロは真っ赤に埋め尽くされるところだった。



572 :出土地不明:2010/12/07(火) 01:12:48 ID:4EhWie6Y
満州国が対米講和してたらどういう形になっていたんだろう?
マッカーサーは溥儀をどう扱ったんだろうか?

573 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/07(火) 01:21:58 ID:4SvMaUJP
>>568-569
とっくに否定された云うて、騎馬民族説を否定した学者の系譜でも
挙げたらどうか?
まさか、閉鎖的日本のアカデミズムの学界の権威でもって
否定しよるんか?(笑)
>>570
トルコ・モンゴル系の騎馬民族と云われる説話神話と比較して、
馬が少ない云う結論を出したんか、あんたの洗脳先のネット右翼
ブログに問い合わせしたらどうかいのう。
>>571
日本自体がいまだに米宗主国様の属国じゃに、アジアの解放云うて
具体的にどこない?
アメリカだけじゃのうて、中共も含め、日本を大陸から
追い出しただけじゃに。おいおい朝鮮も現在も軍事独裁国家の
ミャンマー(ビルマ)も、米宗主国様が冷戦時に陣営としただけで、
日本がやったことじゃ無いど。(笑)モンゴルはソ連圏じゃに。
ちなみに、ネット右翼の扇動先は、昭和天皇に戦争責任がある
とする児玉派じゃなかったんか?

574 :出土地不明:2010/12/07(火) 01:47:52 ID:1BjkyILT
>>573
オマエが騎馬民族の神話も
日本の記紀も読んでない事は
よく分かった

575 :出土地不明:2010/12/07(火) 15:48:13 ID:GV8MjQcC
歴代天皇の肖像画を見てみると
どうにも半島人の顔には見えないのだが
昔の半島人と今の半島人は違う?

576 :出土地不明:2010/12/07(火) 20:29:16 ID:B8vgbK/P
朝鮮日報、中国の共通の歴史認識「韓国の歴代王朝は中国の属邦だった」

>1895年の清日戦争(日清戦争)で韓国が独立国になるまで、韓国を訪れた中国の使臣たちは、主人であり、恐れの対象だった。
朝鮮は清日戦争以前は独立国ではなかった。=「韓国の歴代王朝は中国の属邦だった」

>中国の将来のエリートを育てる大学の歴史書には、「韓国の歴代王朝は中国の属邦だった」と記されている。
「韓国の歴代王朝は中国の属邦だった」




使臣の記憶

 北朝鮮による延坪島砲撃事件の渦中で、中国の戴秉国・国務委員の足取りを見ながら、改めて歴史書を開いてみた。
韓国に対する中国の役人の無礼な行動を、ほかでも見かけた覚えがあったからだ。
(中略)

 戴国務委員の高慢な行動は、わずか約100年前まで、韓国の民族史が中国との関係で強いられてきた悪夢を思い起こさせる。
1895年の清日戦争(日清戦争)で韓国が独立国になるまで、韓国を訪れた中国の使臣たちは、主人であり、恐れの対象だった。

 1641年にソウルを訪れた清の使臣は、宿泊先の太平館に朝鮮の領議政(議政府の最高官職)以下の大臣を集合させ、
反清分子を連れて来ると死刑に処した。朝鮮王朝第3代国王の太宗の時代には、
明の使臣が、宿泊先が狭く粗末だと文句を付け、行く先々に「迎接庁」を建てろと無理難題を突きつけた。
元の使臣と駐在官は高麗の国政を牛耳った。元の駐在官や兵士をもてなすため、庶民が木の皮で食いつなぐありさまにまで至ると、
高麗は「もう何もない。虫のような庶民を哀れみ、恩徳を賜りたい」と元の皇帝に求めた。

 朝鮮王朝末期の1884年、27歳の若さで韓国にやって来た袁世凱は、10年間にわたり朝鮮の政治、経済、外交に干渉した。
当時の外交使節で、袁世凱だけは座ったまま国王に謁見した。
国王は袁世凱の許可なく、外交官を任命することも、借款を確保することもできなかった。

 もちろん、戴国務委員が当時の中国の使臣と同じだというわけではない。現在の韓国はそれほど弱い国でもない。
しかし、戴国務委員が今回の訪韓で見せた態度は、韓国がいくら成長しても、
中国は韓国に対する優越意識、韓国を属国と見なす癖をDNAのように持ち合わせていることを改めて浮き彫りにした。
いわゆる「東北工程(高句麗・渤海の歴史を中国の歴史に編入しようとする企図)」は氷山の一角にすぎない。
中国の将来のエリートを育てる大学の歴史書には、「韓国の歴代王朝は中国の属邦だった」と記されている。
中国に食糧と燃料の半分以上を依存し、3代世襲を認めてもらう見返りに、犬のように尻尾を振る北朝鮮の態度は、
中国のこうした態度をあおったはずだ。

http://www.chosunonline.com/news/20101207000051
http://www.chosunonline.com/news/20101207000052

577 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/08(水) 00:10:39 ID:5ywVYmno
>>574
騎馬民族の神話云うても、トルコ系は狼と鳥の説話が多いよ。
鮮卑や扶余、新羅には馬の話が出てくるけどのう。
日本でも出雲神話は、馬が出てくるわいのう。
>>575
天皇家を含め公家階級は、高顔北方系で縄文系、南方系の
容貌は極めて少ない。

578 :出土地不明:2010/12/08(水) 02:13:00 ID:2hFvfTOT
昔の貴族は目が細く凹凸のない顔

579 :出土地不明:2010/12/08(水) 09:58:22 ID:G8s1Oq3J
>>577
北方には牛の神話もありましたっけ?

580 :出土地不明:2010/12/08(水) 13:55:14 ID:kNRA/4vU
女王卑弥呼の国はどこにあったのか?
日本神話・考古学など、あらゆる面から考えてみよう。

謎の女王卑弥呼は誰か?邪馬台国問題に終止符!51
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history/1290169246/

581 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/08(水) 23:40:22 ID:5ywVYmno
>>579
鮮卑、契丹等、牛神話は多いでしょう。

582 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/08(水) 23:43:53 ID:5ywVYmno
>>579
トルコ系遊牧民の部族のオグズも牛のことじゃけぇ。

583 :出土地不明:2010/12/09(木) 15:40:13 ID:w4nTES0d
>>581-582

センクス!

584 :出土地不明:2010/12/09(木) 19:39:25 ID:v4oXuipp
ということは、日本人はほとんどが韓国人と同胞で、
天皇は韓国人ってことなんですね。
なんて誇らしいんだろう。

585 :出土地不明:2010/12/09(木) 19:46:24 ID:cMFLENfK


586 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/09(木) 23:18:59 ID:AbUfqcks
>>584
日本人と韓国人は、人種的には同胞でも民族は別ですよ。
天皇も韓国人云うたぁ、南ツングースの日本化です。
別に誇ることも、卑下する必要も無いことも無いでしょう。

587 :出土地不明:2010/12/10(金) 01:53:21 ID:+vBze4fL
>>586
韓国人の説を信じてる事は
卑下して恥じた方がいいと思うぞ

588 :出土地不明:2010/12/10(金) 07:40:26 ID:0mvg0XOy

日王の起源に不敬な書き込みを止めなさい

_,, -ァこ/7z、
,rァ7´// / / / /7>、
.// / // / / / / /// 〉,
/7 / // / / / / /////},
《ミ フ='^⌒冖´ ̄三彡.// イ
∨´          ヌ彡/イi
|             彡/イ|、
r==.、   ,r===、   ≧/ ヘ |
|,ィ卑ェ }  ィ卑ュ_    斗己 | |
| ヽニラ   二ラ  じ /l ト、
|.  /   ヽ    r辷/| | | ト、
.八、__{ヽ __r- ^ヽ _, 1   ,「爪 | | | | |、
乂ヘ ヾェェrュァ} /   /| | | | | | | | | l
〉ト、{ ヽ二ニ′ /   / .| | | | | | | | | トミ=、
ノ./ 八 / / /ヾ | | | | | | | | トミ=、-、
.//≦/ 斗-ニ二´ '´ /   >、!|| | | トミヾ ))
-‐''"   /  |       /  /   ̄ ┴-、\\ ヾ
./   |   /    |        >、≧
/    .|      / |       /    \
く       |     /    _」      /       ヽ


589 :出土地不明:2010/12/10(金) 14:17:03 ID:CAAnnepz

日韓が人種的に同じとか
どんなキチガイだ?

この板は池沼の巣窟か?


590 :出土地不明:2010/12/10(金) 15:43:50 ID:ObMIFzgu
>>589 人種なら日本、シナ、モンゴル、朝鮮も東南アジアも同じだからな。

 日本にはポリネシアの血も入っているだろうし。大した意味は無い。

591 :出土地不明:2010/12/10(金) 19:20:14 ID:8DNzyagS
ということは、こういうことか

韓国=ドイツ
日本=オーストリア

ヒトラー:オーストリア生まれのドイツ人
武寧王:日本生まれの韓国人

天皇家=ハプスブルク家

592 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/10(金) 23:23:57 ID:eZMtdz+Y
>>587
ネット右翼脳内の韓国人の説じゃのうて、日本人でも、米国人でも
云われよる見識じゃ。
>>589
ナチ・レイシストのネット右翼以外は、日韓が人種的に近いと
思う人が多いんじゃないか。
>>591
日本と朝鮮、北中国は、北方新モンゴロイドじゃけど、
南中国、台湾、東南アジアは南方系古モンゴロイドで
人種が違うど。
しかも、日本にポリネシア人の多数の渡来は無いけんのう。
>>591
韓国がドイツなら日本はイギリスよ。王家とかじゃのうて、
人種的にはね。オーストリア人ならスイスや南ドイツ同様
アルプス人種に固まってしまうよ。

593 :出土地不明:2010/12/11(土) 01:45:43 ID:iXATbAqO

「モンゴロイド」などという概念は旧世紀の遺物です。

学界では誰も使用しません。


594 :出土地不明:2010/12/11(土) 02:43:27 ID:S2R1eB0N
ズバリ質問です。天智天皇は百済系、大海人皇子は高句麗系とみて宜しいでしょうか...

kekeketanさん

ズバリ質問です。天智天皇は百済系、大海人皇子は高句麗系とみて宜しいでしょうか? 自信の決断をお願いします。


ベストアンサーに選ばれた回答

sunrightconanさん

天智系は、百済系でいいと思います。ただ、大海人皇子は、高句麗ではなく新羅系と思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1127638066

595 :出土地不明:2010/12/11(土) 04:08:56 ID:mIrzHgI6
>>594
ウリ式歴史では、日本の歴史は これで有るべき、
よって これである。

596 :出土地不明:2010/12/11(土) 13:02:46 ID:iXATbAqO
>>595
まさにアホ牛や月光の思考法だwww


597 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/11(土) 16:20:21 ID:ytBFegkg
>>593
あんたの云う学界云うて、ネット右翼カルト学界か?
形質人類学を否定する学会があると妄想でもしよるんか?


598 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:42:22 ID:S2R1eB0N
日王、朝鮮半島との血縁関係を初めて言及
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/12/23/20011223000002.html

全日本が沈黙してきた‘ルーツ’を言及「意外」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/12/23/20011223000004.html

>全日本が沈黙してきた‘ルーツ’を言及「意外」 日王家に百済王室の血が
>混じっているという明仁日王の発言を、『朝日新聞』を除いた大部分の全国
>紙とテレビは一言も報道しなかった。日王自らが王室の「ルーツ」に触れた
>というニュース・バリューを考えると、異例なほどの沈黙だ。

599 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:43:02 ID:S2R1eB0N
>ある外交消息筋は「単一民族と万世一系の神話に浸っている日本国民
>には衝撃的だろう。韓日両国国民の情緒にどのような影響を与えるか注
>目される」と指摘する。もちろん、「家父長的天皇制」を支持する国粋主義
>グループは、今回の発言には不満が大きいだろう。

600 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:45:27 ID:S2R1eB0N
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/12/23/20011223000004.html

日王家に百済王室の血が混じっているという明仁日王の発言を、
『朝日新聞』を除いた大部分の全国紙とテレビは一言も報道しなかった。
日王自らが王室の「ルーツ」に触れたというニュース・バリューを考えると、
異例なほどの沈黙だ。

601 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:49:09 ID:S2R1eB0N
【社説】日本天皇の発言、歴史認識発展の契機に
http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=opi&cont=opi0&aid=20011224220305100

> 日本の天皇の発言を機に、共通の歴史認識を土台にした両国間の
> 協力増進は、真しな議論の出発によってなされるべきだ

602 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:49:55 ID:S2R1eB0N
【記者手帳】日本の「王家血統」報道のタブー
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/12/24/20011224000016.html

603 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:50:31 ID:S2R1eB0N
「日王は百済の末裔」韓国人学者の主張
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/12/24/20011224000021.html

604 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:53:42 ID:S2R1eB0N
天皇について議論するには天皇の正体について知る必要があります。
古事記を丹念に研究した結果、天皇家の真の皇祖は蘇我馬子、さらにその祖先は百済の貴族、木満致であるというが判明しました。すなわち天皇家は万世一系ではなく、飛鳥時代に蘇我氏に切り替わっていたのです。
この説はわたしのHPで「大国主伝」としてまとめました。

http://www.kojikiden.com

この説に対する批評、意見を広く求めます。

605 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:54:29 ID:S2R1eB0N
高句麗と対抗する扶余は、崇神が任那に拠を構え、北部九州に侵攻。
そのため、大和は、邪馬台国以来の半島経由大陸ルートを喪失し、中国への使者派遣は不可能に。
扶余系連合国は、任那の鉄資源の直接輸入が必要となった大和と交易するようになる。
扶余は応神時代に中国地方を回避して海上ルートで河内に侵攻して王朝を形成。
しかし騎馬戦術が通用しにくい内陸盆地の大和への侵攻は困難だった。
続いて大和と半島を繋ぐ交通の要衝である吉備も屈服させた。
勢力を増して、高句麗と大規模の交戦を企てる一方、扶余河内を警戒する大和とも対立。
半島情勢が緊迫する状況で、中国との連係を模索する外交を試みた結果が、
いわゆる倭の上表文である。
しかし思うように半島での苦戦を打開できず、高句麗に半島から駆逐されかねない情勢となった。
そのため扶余は外交革命と言うべき大和との連合を模索した。
その結果として生まれた扶倭連合王国の初代国王は扶余系大王・蘇我馬子だった。
そのお披露目も兼ねて、高句麗と対抗する中国へ使者が派遣されたが、
これが隋書倭国伝に記録されたところである。
当時の倭国王は女帝の推古天皇とされたが、記録には「多利思比孤」と言う名の男王である。
これは、本当の国王・蘇我馬子を指しているためである。
蘇我氏が自らを大王と称し、一族の邸宅を「上の宮門」「谷の宮門」と呼び、
「国記」「天皇記」を史書として残していたとされることからもそれは明らかである。
藤ノ木古墳などは蘇我稲目の墓である。以下、キトラ古墳、高松塚なども蘇我氏系であろう。
蘇我一族は、扶余系一族として、百済で普及してる外来仏教の普及にも努めたが、
こうした宗教文化上の対立もあり、倭人系豪族の激しい反発を招き、
倭人系・天智天皇がかつがれて、大化の改新という宮廷クーデターにより滅ぼされることとなった。
ここに、扶余王朝は、遂に倭人豪族によって簒奪される羽目となった。

606 :出土地不明:2010/12/11(土) 19:58:10 ID:S2R1eB0N
今日の天皇家の直接の祖先は天武(及び天智系の血統の)天皇であり、
彼に都合よく歴史(記紀)が記載されることとなったことは改めて言うまでもない。
魏志倭人伝や隋書倭国伝など中国の歴史書、そして蘇我氏の国記・天皇記や、
天智天皇系の帝紀など、あらゆる歴史書を矛盾なくつなぎ合わせようと図った結果、
邪馬台国・卑弥呼は天照大神となり、
自らの系図を、そこから続く一系の系譜であると天武天皇は主張したのである。
一方、歴史を粉飾する際には、その中での蘇我氏の業績は無視するにはあまりに巨大であり、
そこで蘇我氏を悪人と描く一方、その優れた業績は別人格に分離した架空の人物・聖徳太子に
仮託し、聖徳太子という存在を合理化する目的で、推古天皇を仮の“女帝”だと偽装して、
「摂政」を捏造したわけである。。女帝が初めて“誕生”したのはそのような事情からである。
また国記・天皇記に記された、応神天皇など、河内王朝の存在は、
その巨大古墳が存することからも無視し去ることは困難で、
やむなく扶余河内王朝も強引に飲み込んだが、さすがに吉備の大古墳はほぼ無視するより他なかった。
こうした結果として、記紀には、高句麗王伝説などの扶余系神話に類似するエピソードや修辞など
が含まれることとなったが、これは扶余系蘇我氏の国記・天皇記の影響である。
扶余族の任那から九州、河内への東遷の歴史は、
時系列上の都合から、邪馬台国(高天原)と大和とをつなぐ神話時代の記録として
切り離され、神武神話になったものと思われる。
いわゆる神武以前にニギハヤヒという天孫が何故か既に存在していたが、
これは壬申の乱で大友皇子と天武天皇が対立したことを描いたものであり、
天武が勝利して飛鳥浄御原宮で即位するまでの経緯は、
神武がナガスネヒコを降し橿原宮で即位するまでに相当しており、
ニギハヤが天智、ナガスネヒコが大友皇子にあたると考えられる。
すなわち、神武の神話は、崇神から応神、天智から天武に至るまでの歴史を
神話風に叙述したものと見ることが出来よう。

607 :出土地不明:2010/12/11(土) 20:30:44 ID:OAUrRKS7
広瀬君も斉明天皇・間人皇女陵、大田皇女墓が見つかったもんだから必死だな。

608 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/11(土) 23:29:49 ID:ytBFegkg
>>605-606
不倫姦通文化の王朝が何系なんか不毛なもんで、貴族社会を
構成する連中が渡来系云うことが後世に解るだけのこと。

609 :出土地不明:2010/12/12(日) 21:59:12 ID:lF1uJ/DB
源氏物語では貴族も皇族も夜這いし放題。
出産の事実から母親はわかっても父親なんてわからないだろうな。
電気のない時代の夜、建物の中はピッチブラック。

610 :出土地不明:2010/12/13(月) 00:46:54 ID:+mZ9cfYA
>>609
売春婦じゃ有るまいしw
夜ばいを勘違いしてない?

付き合いの範囲が狭いし長距離移動もムリなんで
大体分かる

611 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/13(月) 02:10:41 ID:beWd78zR
>>609
うん、父親なんか解らんねぇ。子は母親から生まれるけぇ、
母系の方が信憑性が強いね。母系でも確実な根拠は無いけど。
ほいから『とはずがたり』でも不倫皇族貴族社会が描いてある。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/607178/53596/56515335
ここに、書いてあるよう、「貴族や宮家では出生偽装が横行して
いた実態が伺えます。歴史のオモテに出ている「系図」は、
どうもなかなか怪しいものです…。」
まあ近代でも天皇家の父系は証明出来んし。
http://hori109.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/02/5226_813a.html
笠原和夫氏が『昭和の劇』で云われるよう、ニ・ニ六は昭和の
壬申の乱で、皇室のご兄弟とも父系が違うておられたかも
知れんね。明治天皇すら父系は誰か解らんし。
>>610
売春婦の方が結婚すると貞淑な妻になる可能性が強かろうに。
貴族社会は、不倫密通が文化じゃけぇのう。
何も日本だけじゃのうて、西洋の貴族の人たちもね。

612 :出土地不明:2010/12/13(月) 13:25:58 ID:H9qFL195
別に貴族だけじゃねえだろ
古今東西貴賎の別なくどこの家庭にも起こり得ること。
牛君だって嫁さんしか女を知らないわけじゃないだろ?
不義密通の子供なんて出来ちゃう時は出来ちゃう。
近代天皇家どころか現代だってそうだろ。
今上天皇は昭和天皇の子じゃないと言う映画監督もいれば、
悠仁親王は文仁親王の子かどうか分からんと言ってる鬼女もいる。

613 :出土地不明:2010/12/13(月) 13:58:50 ID:K9NOhaSM
牛君のところ失踪しちゃったらしいよ

614 :出土地不明:2010/12/13(月) 18:40:40 ID:yAoUToW4
日本人 - Wikipedia 「Y−DNA」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
日本人(にほんじん、にっぽんじん)とは一般に日本国の国籍を持つ者。もしくは日本国内で多数を占める大和民族や、日本列島にルーツ(起源・祖先・由来等)を持つ人々を指す。
日本人の多数を占める大和民族の例。 日本の先住民族の一つであるアイヌ。 ...
大和民族 - 日本人論 - 在外日本人
.......................................................C...............DE....................N....O
.......................................................C1...C3...D1...D2...D3...N...O1...O2a...O2b...O3
日本(野中、水口).東京........1.......2......1...40.......0....0......3.........1........26...14
日本(Hammer et al.).青森..8.......0......0...39.......0....8......0.........*........31...15
静岡.................................................5.......2......0...33.......0....2......0.........*........36...20
徳島..............................................10.......3......0...36.......0....7......0.........*........33...21
沖縄.................................................4.......0......0...56.......0....0......0.........*........22...16
日本(Tajima et al.)アイヌ.....0....13......0...88.......0....0......0.........*..........0.......0
九州.................................................4.......8......0...28.......0....0......2.........*........34...24
日本(Shinka et al.)北琉球..4.......0......0...39.......0....0......0.........0........30...16
南琉球............................................*.......0......0.....4.......0....0......*.........0........67......*

615 :出土地不明:2010/12/13(月) 18:43:07 ID:yAoUToW4

.........................................C...............DE....................N....O
.........................................C1...C3...D1...D2...D3...N...O1...O2a...O2b...O3
オロチョン.................... *....91......*.......*......*....*.......*.........0..........0......0
エヴェンキ.................... *....68......*.......*......*..17.......*.........*..........*......*
満州................................ *.....27.....*.......*......*.....*.......4.........0..........4....38
ブリヤート..................... *....84......*.......*......*..28.......*.........0..........2......2
ハルハ(モンゴル)... *....52......*.......*......1....*.......1.........0..........0....23
朝鮮................................. *....11......*.......4......*....*.......3.........0........36....38
漢民族(華北)............ *......5......*.......*......*....*.......*..........2..........0....66
チベット.......................... *......3.....16.......*...33....*.......*.........0...........0....33
ベトナム......................... *......4.......3.......*......*....*.......6.......36........14....41

616 :出土地不明:2010/12/13(月) 20:42:52 ID:Ph3zvsbt
誤爆?
天皇の話だろw

617 :出土地不明:2010/12/13(月) 23:08:07 ID:46mha0Qz
権力を握ろうと考えるなら自分の子を天皇にする事を考えつくだろうな。
天皇の后と密通して孕ます方法と、自分の種を仕込んだ女を天皇の后にする方法。
道長なんかはやってんだろうな。

618 :出土地不明:2010/12/13(月) 23:51:53 ID:IbVjNP97
一休はどこから来たのか?

619 :出土地不明:2010/12/14(火) 00:42:52 ID://N1AKUe
普通に大和川流域の一豪族だろ

620 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/14(火) 01:28:26 ID:C2ttDHXu
>>612
不義密通の可能性なら、どの民族でも階級に限らずじゃが、
文化形態として民族別でも階級別でも違うけんのう。
逆に、貴族不倫社会の中でも、昭和天皇は一穴主義で不倫は
してんなかったらしい。
ほいで、わしゃあ淫らな人間じゃけぇ、女性に貞操を誓うこたぁ
出来んのう。
>>614-615
また、精度の低い単一遺伝標識だけで妄想するYカルトの宣伝か。
>>617
そういう方法を採らんでも、操り人形はどこの種でも
ええと藤原政権は思うとったんじゃないかね。
>>618
日本の皇室貴族の起源は、南ツングースを中心とした北方民族の
複合。
>>619
大和土着原住民はおそらく土蜘蛛じゃろうに。

621 :出土地不明:2010/12/14(火) 18:18:01 ID:gV5igD94
学者は仕事しろ

622 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/15(水) 00:33:18 ID:nDqvTPp+
>>621
学者は、研究室で勉強し過ぎたら、机上の空論になるけぇ、
大いに遊べ!よのう。専門馬鹿にならん為にも。

623 :出土地不明:2010/12/15(水) 02:12:52 ID:5Pq5XOhQ
で、両方中途半端。

624 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/16(木) 01:34:53 ID:rVnMYmYV
>>623
見聞を広めるこたぁ、中途半端にならんよ。
学者は基本的に道楽者がやるもんじゃし、研究室で机上の空論を
する専門馬鹿の勉強熱心は視野を狭めるけぇのう。

625 :出土地不明:2010/12/16(木) 01:58:06 ID:yNpk7fLF
判ったつもりなだけ。
中途半端に変りなし。
気が付かないだけ。

626 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/17(金) 00:00:17 ID:klC15PR2
>>625
判ったつもりになるんは、研究室引き籠りの視野の狭い学者じゃ。
見聞してさえ判らんもんは、判らんのにね。

627 :出土地不明:2010/12/17(金) 04:01:16 ID:1i58FlZo
見聞を広めるなんてつもりで取り組んでもなぁ。
一流になる気でやって少し判るんじゃね。

628 :出土地不明:2010/12/17(金) 18:24:31 ID:orldSqgc
鹿児島大学の大塚教授を少しは見習いなさい

629 :出土地不明:2010/12/17(金) 23:11:41 ID:ATlRtSt5
角髪なんて完全に北方の風習じゃないの

630 :出土地不明:2010/12/18(土) 13:54:08 ID:C6WcrSxq
他の分野の人間が自分の専門分野について、
いい加減なことを言ってるのを聞いたことがあるだろうに・・・。
ひきこもりの声なら聞こえてくるまい。

631 :出土地不明:2010/12/18(土) 15:15:27 ID:AzitEMx+
騎馬民族征服説を唱えたのはどの分野の人だっけ?
今でも信じてる自称考古学関係者が居るよね

632 :出土地不明:2010/12/18(土) 22:58:20 ID:pQJrW7ex
俺は天孫降臨なんて馬鹿馬鹿しい妄想を唱えるのが最悪だと思う。

633 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/18(土) 23:15:07 ID:fiKI8MUl
>>629
ミズラは、北方民族じゃね。
>>627-630及び>>631
騎馬民族征服王朝説でも知られる江上波夫氏は、「日本の学者って
いうのは、働くかわりに勉強する。勉強というのは働きだと思って
いるんだから。遊びで勉強するっていうと、今の人は不真面目と
思うものね。刻苦勉励するんだから。もっぱら研究室に通ってさ。
だからわざわざ狭くしちゃうんわけです。
 それで、わかるものがわからないことになるんです。少し見聞を
広くしておいたら、読んだらすぐにわかるものはわかる。文字面だけ
解釈するから、えらい難しいものになっちゃうんですよ。
だからやっぱり日本の学者は非常に狭い。これは歴史家に向きません
よ。広い情報とか余裕だとかいうことがないということは、
学問に来た場合に、特に人文科学が弱くなっちゃうんですね。
人文科学というのはサンプルじゃダメなんだ。
 セースは濱田先生に、お前は何時間勉強するんだ、と尋ねられた。
自分はわりあいほかのことに興味を持つものだから、毎日二時間
ぐらいしかしないって言ったら、そんなに勉強していたら、四十
過ぎたらボケるか、勉強がいやになっちゃうかだ、一週間に
二時間ぐらいでたくさんだ。あとは他のことで広く経験したり
見聞しろって言われた。実際にそうですね。英国人は悠々と勉強して
いる。セースは毎日島へ行って、朝から晩まで魚釣って、お茶ばかり
飲んでいたって言われる。貧乏根性というのは、農耕民の特徴だと
思うんです。遊牧民みたいに、忙しいときは、戦争のときはやるけれ
ども、あとはのうのうとして、することなくお茶ばかり飲んで、
お喋りばかりしているという、あの連中のほうがやっぱし贅沢を
知っているんです。ゆっぱし自分でものを考えるというやり方を
知ってるわけです。だからやっぱり農耕民から歴史家は出ないん
ですよ。歴史をつくったということ自体がすでに水稲農耕みたいな、
ああいう農耕の人じゃないということだと思うのです。」

634 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/18(土) 23:39:35 ID:fiKI8MUl
>>627-630及び>>631
>>633の続きの対談集からの引用。
松田壽男氏「結局、歴史家というのは、みんな中国とイスラム世界と
ヨーロッパで、そういうところから出ないもの、それは、インドは
歴史始まって以来…。」
江上「歴史はいらないんですよ。ああいう連中は。だいたい外界に
対して興味がないんだもの。いまの中国もそうです。南が中心と
なったらもう駄目なんだ。中国はもう江南を中心とする文明圏に
なっちゃってからは駄目ですね。」
松田「中国人ていうのは縮まっちゃったね。」
江上「ほんとうに縮まっちゃった。やっぱし満州族のほうが
偉いわ。中国人をアゴで使って、あれだけの立派な本「四庫全書」を
つくらして。現代の中共は南方人だからだよ。南方人は駄目
なんだよ。」

635 :出土地不明:2010/12/19(日) 05:11:17 ID:lAqcgiUH
勉強することがない分野だもんな。
文献資料も限られてる。
後はいかに自然科学の力を借りるか。
いかに妄想するか。
それが見聞を広めるね。

出てきたのが騎馬民族妄想。


そういう事だね。
何回も引用しみたいだけど、勤勉な奴の足をひっぱるときに使う場合もあるよね。

636 :出土地不明:2010/12/19(日) 05:31:01 ID:lAqcgiUH
17世紀に日本で磁器の生産が広がる。


陶工民族征服論できました。www

637 :出土地不明:2010/12/19(日) 05:34:21 ID:lAqcgiUH
16世紀に鉄砲が全国で使用されて主要兵器になる。

鉄砲民族征服論できました。

638 :出土地不明:2010/12/19(日) 11:25:01 ID:SJuplTJs
>日本の皇室貴族の起源は、南ツングースを中心とした北方民族の複合。

高句麗は東夷文化がツングースのいる北方に広がり、さらにそこに江南の呉族が王家を建てたもの

>江上「ほんとうに縮まっちゃった。やっぱし満州族のほうが
偉いわ。中国人をアゴで使って、あれだけの立派な本「四庫全書」を
つくらして。現代の中共は南方人だからだよ。南方人は駄目なんだよ。」

学者じゃなくてただの北方原理主義者(というより北の工作員)



639 :出土地不明:2010/12/19(日) 22:59:54 ID:QX0oTCnk
で、どこから来たんでしょうか? 先生方


640 :出土地不明:2010/12/19(日) 23:10:39 ID:WvAP0zZ5
初代天皇とされる人物は西暦いつ頃の人だったんでしょうか?
記紀が書かれた奈良時代の天皇のせいぜい二十数代前の人が
1400年も昔の紀元前660年頃の人で百歳を超える長生きだったとは思えません。
途中に皇統の断絶か系図の省略でもあるのでしょうか?


641 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/20(月) 00:39:44 ID:uHCUm1+R
>>636-637
文物は移住の根拠にならんけんのう。墓製がどうじゃ云う騎馬民族説
否定者向けの皮肉か?
>>638
江南隷属のあんたぁ、呉人の江沢民氏を支持する中共の工作員に
なろうに。(笑)
司馬遼太郎氏が、江上氏が北朝鮮から帰ってきた時に大阪で
会うたことを、対談『時代の風音』で云うておられるが、
「古代、ピラミッドでも万里の長城でもたいへんな人の手作業
ですが、どのくらい日数がかかったという計算がいまの学問ではで
きない。
 それが北朝鮮へ行けばわかると思って行ったそうです。
こういうレベルの観察者にはかないません(笑)。体制がどうだとか
関係ない。江上先生はお酒をお飲みにならないんですけれども、
バーでお酒飲んだんだそうです。あまり「すばらしい、すばらしい」
と言ったら、やっぱり周りにいるホステスはスパイなんですな、
金日成さんのところへ言いつけに行ったわけです。「あの日本の
大学者は、この国をすばらしい、すばらしいと言っている。」と。
そうしたら、金日成さんが会いたい、と。あの"首領さま"が。
金日成に会った数少ない一人ですから、「首領さま見てどうでした」
と言ったら、「え、会社員みたいな人でしたよ」(爆笑)。
よくわからないけど、人類学的な規模をもった観察者が日本にはいる
ということで、ちょっと心強い。いい話でしょう。」
まあ、江上氏が司馬氏とどこまで踏み込んだ話をしたか、解らんけど
北朝鮮なら旧日本軍、昭和通商ルートの人脈もあったかも知れんね。
人脈を持つんは、北の工作員たぁ違うよ。
しかも、江上氏は、共産主義は農耕民族体質で、民主主義は遊牧民系
体質とされとるよ。
>>640
偽装系図じゃけぇ、百歳以上の長寿者が連続する事態になる。
省略云うたぁ、日本の記紀の編纂者の智慧と云うべきもの。
そういう方式で上代から現代の歴史も捏造され続けとるわけじゃし。

642 :出土地不明:2010/12/20(月) 01:48:25 ID:73WrXXkO
>>641
>>文物は移住の根拠にならんけんのう。墓製がどうじゃ云う騎馬民族説
>>否定者向けの皮肉か?

逆だ。騎馬民族が来た記述がない。

643 :出土地不明:2010/12/20(月) 06:28:02 ID:PTj7ErZ8
ヤハウェの民が住むミズホラでハルマゲドンが起きる

石油を作る藻が発見された。ハルマゲドンだ。
アニメ漫画とか二次元文化が世界で隆盛を極めつつある。ハルマゲドンだ。

鶴と亀が統べたというのは日本そのものを表してる。
色んな文化を合体させることができる、不思議パワーを持った土地だ。

ミズホラのパワーを最初に発見したのはイスラエルの十支族で間違いない。

644 :出土地不明:2010/12/20(月) 16:38:42 ID:PTj7ErZ8
筑波大のシンボルマークは五三の桐
日本始まったな

645 :出土地不明:2010/12/20(月) 18:19:25 ID:XhX62UxR
住所を天王台にしたくらい

646 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/20(月) 22:29:40 ID:uHCUm1+R
>>642
日本人の主流が、騎馬民族系つまり北方渡来系なんは、
形質人類学や日本神話の構造から明らかじゃないか。(笑)
逆ら唐王朝が鮮卑系出自をカミングアウトしたんか?
まあ、東アジアは騎馬民族系が征服支配した地域で、日本だけ
例外云う鎖国史観は通用せんよう。

647 :出土地不明:2010/12/20(月) 22:51:40 ID:73WrXXkO
馬で行けるところはな。
で台湾、沖縄。フィリピン。


648 :出土地不明:2010/12/20(月) 23:22:05 ID:qBoWoxH1
もし北方騎馬民族が大和を征服したのなら、なぜ北方騎馬民族の誇り高き武器、
彎弓(中国・朝鮮の弓はみなこの形式である)、短弓が広がらず日本古来の和弓、
長弓のままなのかね?
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-1.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-2.jpg

日本では弥生から現代まで長弓を下3/1(唯一倭人だけ)の所で射るやり方だよ。
騎馬戦法でも短弓の方が便利なのに、無理して長弓を使うどうしてかな?倭人の誇りだから。
『魏志倭人伝』に「木弓は下が短く、上が長い」と記されているのも、この弓のこと。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-9.gif

それに、誇り高き北方騎馬民族が、征服者なのに名前が倭人系の名になるはずが無いだろ。
先祖や神の名も倭人系なのを消すはずだろ。朱蒙や檀君の神話は一切無いね。!!!!


649 :出土地不明:2010/12/21(火) 00:14:44 ID:sA5yDbGJ
天皇家は、長江下中域で水耕稲作を始め、
後に渡来して弥生人と呼ばれた種族のうちの一部族。
しかも、渡来した弥生人のうちのほぼ最後に来た集団。
時期は紀元100〜200年頃。
北九州へは先着の種族で埋められてしまっていたから、
南九州南端の日向に上陸した。
日向を捨て、大和で建国。明治に入って宮は東京に遷す。
そして今にいたる。



650 :出土地不明:2010/12/21(火) 01:08:29 ID:52jY3TWP
大化の改新辺りでなんかあったんじゃないの?
律令制って要するに立憲君主制だろ?民主化とどう違うんだ?

651 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/21(火) 01:15:11 ID:3WsVnkzi
>>648
過去スレでも、モンゴルやパルチアら騎馬民族にも長弓が
ある云うたろうに。(笑)
http://d.hatena.ne.jp/j-m/20071213
ここの、「244:モンゴル騎兵もしばしば下馬戦闘をした。:騎馬用の
短弓と徒歩用長弓の2種を用意していた。
ほいから、日本の正倉院なぁ短弓じゃのう。
http://2.bp.blogspot.com/_71OM9lkGuVg/SvCZ8rmBQuI/AAAAAAAAUdM/mGFryYdtdCM/s1600-h/V10-292.jpg
>>649
天皇家が、長江流域じゃの朱子学総本山江南中華隷属が好き
じゃのう。江南呉人の江沢民氏の反日政策を支持して、
「愛国無罪」運動でもしとれや。(笑)
大和民族から異民族蔑視された日向隼人の地に渡来したら、
被征服民になろうに。(笑)筑紫の日向なら辻褄が合うが、
隼人の日向じゃあ話にならん空想云うなや。
中華人民共和国の宣伝マンさんよ。

652 :出土地不明:2010/12/21(火) 01:41:47 ID:oIxzfgIf
>>651
長弓だけじゃ駄目だろ。
>>『魏志倭人伝』に「木弓は下が短く、上が長い」
>>http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-9.gif
あえて無視。

http://2.bp.blogspot.com/_71OM9lkGuVg/SvCZ8rmBQuI/AAAAAAAAUdM/mGFryYdtdCM/s1600-h/V10-292.jpg
虎みたいのがいますが?異国情緒溢れてますね。

653 :出土地不明:2010/12/21(火) 02:01:55 ID:xPQlWzXv
騎馬軍団は蝦夷の誇り
東国の誉れ

654 :出土地不明:2010/12/21(火) 05:16:55 ID:ge7unKTG
天皇がどこから来たといわれても、
もしかしたら縄文時代や弥生時代からいた人の子孫が日本で自生し成長したのかもしれない。
もしかしたら紀元前10世紀から紀元後3世紀の間にすでに有力な族長としてあった人が海外から渡ってきたのかもしれない。

纏向遺跡が2・3世紀あたりだろ?それ以前なんて判らねぇとしか。

655 :出土地不明:2010/12/21(火) 05:22:15 ID:ge7unKTG
ああ一応中国の歴史書に倭人が、
自分らの祖先は呉のエライさんで呉から渡って来ました語っているのがあるか。
紀元前6・7世紀ごろになるのかね?

656 :出土地不明:2010/12/21(火) 17:51:10 ID:Iv4M3T/i
天皇が晩期の渡来人だとすると日本語は何なのかな?
渡来人が先住民に自分たちの言葉を押し付けた?様々な種族の共通語としてできた?
渡来人が今の在日、帰化人のように何世代も日本で生活しているうちに故郷の言語を忘れていったのか?


657 :出土地不明:2010/12/21(火) 17:53:27 ID:oIxzfgIf
神武天皇は船で移動してるしな。

658 :出土地不明:2010/12/21(火) 18:34:56 ID:A0hAmHEe
>>この関連性はなんだ?

歴代君主―(春秋.呉クレ、句麗に音が近い)司馬遷の史記「呉太伯世家」

1,寿夢――(第19代、寿夢じゅぼう王、扶余系、高句麗、始祖,朱蒙に音が近い)
2,諸樊
3,余祭――(百済の王姓余と関連か?王子.余豊璋)
4,余昧――(百済の王姓余と関連か?)
5,僚
6,闔閭――(コウリョ、高麗、句麗、に音が近い)

闔閭の弟、夫概の後裔夫余を氏の説有り
風俗通に[呉公子夫概奔楚、余子在呉者、因以為氏焉]

7,夫差――(夫概、夫余氏と関連か?)


659 :出土地不明:2010/12/21(火) 18:40:52 ID:mRiloqYF

司馬遷の史記「呉太伯世家」(紀元前585年頃 − 紀元前473年)【天皇紀2600年に近い?】
[魏略]の逸文注1)の【その旧語を聞くに、自ら太伯のすえという】
晋朝注2)の史書[晋書][梁書]の倭人伝中の【自ら太伯の後と謂う】

呉は西暦前473年に滅亡。越は呉の後を追い都を山東半島の根本の琅邪(徐福の出地)
に移します。しかしこの越も西暦前334年に楚に滅ぼされます。

◎ この頃より九州北部「吉武高木遺跡」に三種の神器を持った王が現る。

* 始皇帝本紀には「楚国、越国を滅ぼす」、始皇帝の『越絶書』には
「外越と内越がある」と書いてある。内越とは中国大陸にいる越で、
外越は会稽の東海の彼方にいる越で、交流を絶つべしと命ずる。

660 :出土地不明:2010/12/21(火) 20:59:33 ID:7vqc0Wze
>>651
残念ながら日本に騎馬軍ができるのは実質6世紀だ。
5世紀初めには馬とともに乗馬習慣は入ってる。
にもかかわらず、騎馬軍創設までに1世紀近いスパンがあること事体、
日本の首長層が騎馬民族ではなかった証拠だ。

661 :出土地不明:2010/12/21(火) 21:05:04 ID:7vqc0Wze
>>651
>筑紫の日向なら辻褄が合うが、
>隼人の日向じゃあ話にならん空想云うなや。

日向の西都原になぜ日本最大級の古墳群があるのか説明しろ。

662 :出土地不明:2010/12/21(火) 21:30:45 ID:DfSp4bov
宮崎県には串間市の 穀璧 がある


■宮崎県教育委員会の発掘調査

 明治二十八年(一九五三)一月二三日より二九日まで、瀬ノ口伝九郎・石川恒太郎・鏡山武・日高正晴・吉野忠行の諸氏をして
佐吉の発掘場所といわれる今の「王子谷」を調査したが、確証は獲られなかった。

穀璧は誰が持っていたか

○ 奴(な)の国王節
○ 狗奴国の国王説
○ 朝鮮半島各郡太守亡命説 薬浪郡・帯方郡
○ 卑弥呼からの戦利品説
○ 中国春秋時代「呉の国王夫差」と「越の国王勾践」とが戦ったが、「呉王夫差」が破れた。
呉王夫差はこの時子爵の位であったから当然穀璧を持っていた。また、呉の国は戦には敗れたが水軍は健在であった。
「この呉の国王夫差か、その子孫が穀璧を持って海流を利用し島伝いに串間に亡命したという説」もある。

いずれにせよ、この穀璧を持つ子爵の位の人が串間にいたことには間違いはない。
かって、銭亀塚(今の中央公民館付近)を発掘したとき「トンボ玉」と呼ばれる「ガラス製」で
表面に青白赤三色の筋が斜めにめぐらされている高さ三ミリメートル、直径四ミリメートルの丸形の玉が見つかったが、
これは台湾の高砂族が部族の祭りに使う神聖な宝物で、これがやはり海を渡って串間に来たのであった。
すなわち海流や島を利用し中国から「呉王夫差」か、その子孫が串間に亡命してもおかしくはないのである。
http://www.city.kushima.miyazaki.jp/modules/contents03/index.php?content_id=21

663 :出土地不明:2010/12/21(火) 23:09:51 ID:MwqKIqu2
>>651
>筑紫の日向なら辻褄が合うが、
隼人の日向じゃあ話にならん空想云うなや。

あんたの貧相な脳内で辻褄が合っても仕方がない。
「記紀」の記述とどう辻褄を合わせる?
都合のいい脳内解釈なら聞く気もないが。


664 :出土地不明:2010/12/22(水) 01:01:28 ID:QY+diwyw
渡来してからは冠かぶるのはやめちゃったのかね。

665 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/22(水) 01:38:55 ID:ctOf8Df2
>>652
重複させるのう。こっちに書いたわいや。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1290588138/
日本の射法は蒙古式で、長弓の下部を持つんは、左右を射つ騎射から来た
北方騎馬重装騎兵の影響。
>>653
「京畿の輩」に騎射を習う東国人は騎馬下手。
>>654
弥生期に国家なんか無いんじゃに、そがん古う天皇氏族なんか無いよ。
>>655
晋書四夷伝じゃあ、卑弥呼は公孫氏の繋が類じゃろうに。
公孫氏や、呉じゃの系譜詐欺したがるんは、倭人のハッタリに過ぎんよ。
>>656
現代の日本語は、縄文直系のアイヌ語たぁ、北アジアのアルタイ系文法を
使うとるよ。様々な渡来系が主流じゃけぇ、渡来系が共通語を
造った可能性が強いね。
>>657
神武天皇は架空の人物じゃし、記紀を編纂した奈良期の船による
交通移動の実質が書いてあるに過ぎんし、船による征服自体、
南ツングース系であることを示しとるのう。
南方の漁撈民のようなポリス的港市農商民たぁ、南ツングースの海賊じゃ。
>>658
後世、扶余が興ってからの漢語名扶余を、語呂合わせしてもつまらんよ。

666 :出土地不明:2010/12/22(水) 01:58:21 ID:BWdkAb1c
>>665
蒙古式と呼んでるが古代ペルシャから始まってるんだろ。
呉とかを経由して南方から伝わっても問題ないな。


667 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/22(水) 02:08:59 ID:ctOf8Df2
>>659
越は南越じゃの南へ発展し、東へ行った痕跡が無いよ。
>>660
日本に騎馬軍が出来るんが6世紀云う根拠は?
あんたの、5世紀の騎馬習俗と矛盾させ、故意にずらしよって、
自分の言に辻褄が合わんこと云うなや。
>>661-663
西都原古墳群は、隼人を圧迫する為の駐屯軍の墓に過ぎんよ。
http://www.geocities.jp/nekobusudou/saitobaru.htm
ここの文中にある朝鮮からの渡来民を天皇云う権威に
結びつけんでもええし、九州豊国へ渡来した連中が隼人の日向まで
手を伸ばしただけよ。
ほいから、記紀の編纂は奈良期じゃに。現代人が、
史料も無い口伝の2,3百年前の事象を書いてみんさい。云うんと
同じで。あんたこそ、脳内妄想が激しいんじゃ。

668 :出土地不明:2010/12/22(水) 02:15:52 ID:BWdkAb1c
>>665
神武東征のとき馬でてこないよな。


669 :出土地不明:2010/12/22(水) 03:18:20 ID:mh76q31v
>>667
始皇帝は南海郡を設置してるので、東海と南海の違いは認識できてる
そこでじゃ外越は東海の外に居ると書いてあり南海に居るとは書いて無い
如何して青牛さんは(南の南越じゃ)と結論ずけ出来るのかな?

下のサイトを良く見て勉強してくださいね!
http://home.hiroshima-u.ac.jp/bungaku/ronshu68/ri.pdf
http://home.hiroshima-u.ac.jp/bungaku/ronshu66/ri.pdf

670 :出土地不明:2010/12/22(水) 07:24:07 ID:5A6m/ljR
http://zh.wikipedia.org/zh/%E8%B6%8A%E7%BB%9D%E4%B9%A6
『越絶書』は黄老思想の宣伝本であって、史書ではない。
それしか出典が無いというのは、一般的な概念であったといえるか疑問だ。

671 :出土地不明:2010/12/22(水) 07:25:12 ID:p9ItAo0D
「舞い降りた天皇」読んで、ぐぐってるうちに、こんなスレに来ました。

この本、なかなか面白かったです。この板の方で、読んだ方いますか?

672 :出土地不明:2010/12/22(水) 07:49:26 ID:QPLaYfve
今日中に平成天皇が死んだら明日は「祝日」ではないよね?

673 :出土地不明:2010/12/22(水) 08:35:32 ID:zB9TYV9F
>>667
>日本に騎馬軍が出来るんが6世紀云う根拠は?
>あんたの、5世紀の騎馬習俗と矛盾させ、故意にずらしよって、
>自分の言に辻褄が合わんこと云うなや。

5世紀の大和軍の軍装(甲冑)は帯金と言われる短甲。
騎馬用甲冑である桂甲が本格化するのは継体天皇の頃。
実際の発掘品でもそうだし埴輪の習俗でも分かる。

おまえも乗馬習慣と騎馬軍を結びつける江上と同じ間違いをしてる。


674 :出土地不明:2010/12/22(水) 08:50:27 ID:zB9TYV9F
>西都原古墳群は、隼人を圧迫する為の駐屯軍の墓に過ぎんよ。
リンク先の
>「西都原の古墳を発掘するとね、朝鮮との関係、被葬者が朝鮮からの渡来民であるとしか
>考えられないような物が出てくる。

何のことだ?
まさか伽耶地域と同じ短甲のことか?
それなら日韓でルーツ論争があったが日本がルーツで決着してるぞ。
日本の場合は短甲の変遷を、
例えば「1 2 3 4 5 6 7」と綺麗に説明できるのに対し、
韓国側では「2 4 5 7」と歯抜けのようにしか説明できない。
これは短甲が日本製である傍証だ。

しかもその短甲が百済地域にまで波及してるのは日本の実力を示してる。

おまえは古臭い水野のクソ説を支持してるようだが、そんなもの今や誰も相手にしていない。
残念だったな。





675 :出土地不明:2010/12/22(水) 09:27:51 ID:zB9TYV9F
>天皇はいったいどこから来たのか?


日向で間違いないだろう。
記紀にそう書かれてるし、日向には3世紀半ば(または前半)〜7世紀の古墳まである。
畿内と同系の国宝の鞍まで出土し、ずっと畿内と連動しており、
まさに皇室の祖先の地にふさわしい地域だ。
反対する者が「そうでない根拠」を言わねばならない。

その日向にはどこからきたのかと言われても分からない。
大昔に来てから土着し、祖先の地をすっかり忘れてるから高天原なんて出てくるのだろう。


676 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/22(水) 23:41:44 ID:ctOf8Df2
>>669
さすが、中華人民共和国の倭人江南工作宣伝マンですのう。
残念じゃが、日本の「古志(越)」を、百の解釈があれば
百通りになる言語妄想されよるブログを挙げても、
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/114.htm
ここの、渡来系出雲に征服された古志は土蜘蛛(土雲)であって、
呉越の越人じゃないよ。北陸の古志稲作民族の越じゃ無いことに
言い訳しても李氏は空虚な文になるだけじゃのう。
しかも形質人類学的根拠は一つも提示されとらんし、黒潮を渡った
実例も皆無じゃ。当時の航海が、目的地が対岸から見える「地乗り
航海」じゃった知識すら無いじゃないか。
航海ロマンと現実は違うんじゃに。まあ学者なんか日本でも、
専門だけやりよるけぇ、地乗り航海なんか云う知識すら
持ち合わせとらんのが専門馬鹿たる所以じゃが。
まだ、江南派でも、伊藤清司氏の方がましじゃ。
航海の軸線から江南からでも朝鮮経由じゃないと、日本へ到達せん
現実を重んじられたけんのう。

677 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/23(木) 00:17:44 ID:49ZhI+7O
>>673
短甲なんか、原住民の物を利用したんが墓に納めたんに
過ぎんよ。埴輪云うて埴輪の服装は、筒袖、胡服の北方民族で
あることを公言しとるようなもんじゃないか。(笑)
6世紀に騎馬軍団を構成した記述は無いんじゃに、
河内〜全国に牧が広がったことから推定する以外無い現状に、
あんた、こじつけ屁理屈云うても意味が無いど。
乗馬習慣から推定する以外無いんじゃに。

678 :出土地不明:2010/12/23(木) 00:27:11 ID:4SrgewQM
要するに言語は極めて明瞭なのだが、意味が全く不明なのである。

679 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/23(木) 00:36:40 ID:49ZhI+7O
>>674-675
わしゃあ、水野祐氏の日本の支配層は南ツングース云う点じゃあ
賛成するが、世界的民族移動期の古墳期より遡らせる点は、
感心せんよ。世界的視野が欠けておられる。
ほいから、日向は大和民族じゃのうて、征服された日向隼人の地
じゃ。
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/cat4943888/index.html
明夜航記氏が、高千穂は畑作地域で、ATLでも先住民率が高いと、
云われるよう、畿内の渡来系が圧倒的な地域じゃ無いんに、
妄想膨らませてどうすんなら。世界的民族移動期から
推定して何世紀か?(笑)曖昧な大昔に土着なんか、空想物語まで
展開しよるのう。(笑)

680 :出土地不明:2010/12/23(木) 05:24:09 ID:11PZVVkq
>677
>短甲なんか、原住民の物を利用したんが墓に納めたんに
過ぎんよ。

アホか。
じゃなんで6世紀になって桂甲を採用しはじめるのだよ。
馬具が出始める5世紀から採用してればいいじゃないか。

>埴輪云うて埴輪の服装は、筒袖、胡服の北方民族で
あることを公言しとるようなもんじゃないか。(笑

アホか。
それは6世紀以降の埴輪。
乗馬に適した服が一般化しただけ。

江上と同じで都合の悪いことは「現地のものを採用」で逃げるな卑怯者。

681 :出土地不明:2010/12/23(木) 05:34:09 ID:11PZVVkq
>>679
>ほいから、日向は大和民族じゃのうて、征服された日向隼人の地じゃ。

時代を限定せず渡来系というなら熊襲も蝦夷もみんな渡来系だ。

西都原古墳の初期に渡来系の根拠なんてあるのか馬鹿が。
妄想膨らませてどうすんなら。
空想物語まで展開しよるのう。(笑)


682 :出土地不明:2010/12/23(木) 16:45:21 ID:Wt+s5HRc

>>>朝鮮南部は元もと縄文,倭人文化圏<<<

「東アジアのゴホウラやイモガイ,オオツタノハ製品,その他の南海産貝製品出土圏」
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_06/kai448.jpg
日本と韓国の結合式釣針の分布
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn1/11nihonnkaibunnkakenn/nihontokankokunoketugousikituribari_Rnobunpu.jpg
「朝鮮半島南部の勾玉文化圏」
http://yamatai.cside.com/katudou/image/241-5.gif
南式支石墓文化圏,前方後円墳分布図
http://tokyo.cool.ne.jp/woodsorrel/data/shisekibo_hantou.png
韓国全羅南道の前方後円墳分布図
http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/img_1583928_39577794_21.jpg
半島南西部の甕棺文化圏
http://pds.exblog.jp/pds/1/200710/01/74/b0017474_20213019.jpg
1七岩里古墳2月桂1号墳3古城里古墳4月桂洞2号墳5月里古墳6月桂洞1号墳7明花洞古墳8新徳1号墳9咸平長鼓山古墳10杓山古墳11チャランポン古墳12龍頭里古墳13海南長鼓山古墳

縄文,弥生「土器,石匙(携行ナイフ)」文化圏

683 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:03:38 ID:5N0UrQGr
*新羅の王は朝鮮人ではありません、日本人でした。
  金氏王統の始祖瓠公は日本人
 (瓠公は新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要人物)
 『三国史記』新羅本紀
「瓠公者、未詳其族姓。本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。」
   (瓠公は、その族と姓は未詳。本は倭人。
  初めは腰に瓢箪をぶらさげて海を渡って来たことから、瓠公と称される。)
昔氏初代の昔脱解(第4代脱解尼師今タケニシキ武錦?)は日本人
 『三国史記』新羅本紀 
 「脱解本多婆那國所生也。其國在倭國東北一千里。」
 (脱解、本来は多婆那国で生まれた。その国は倭国の東北一千里に在る。)

684 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:07:00 ID:5N0UrQGr
*それもそのはず古代において半島南部は日本の属国でした
 『隋書倭人伝』
 新羅 百濟皆以倭為大國 多珎物 並敬仰之 恒通使往來
 (新羅と百済は倭国を大国で珍しい物が多い国だとしており、ともに倭国を大国として
 敬い仰ぎ、つねに使いを送り、往来している。)
広開土王碑文
 百殘新羅舊是屬民由来朝貢而倭以耒卯年来渡海破百殘■■新羅以爲臣民
 そもそも新羅・百残は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。
しかし、倭が辛卯の年(391年)に海を渡り、百残・■■新羅を破り、臣民となしてしまった。

*倭国=日本国である
 『三国史記』「新羅本紀」文武王十年十二月
  670年 十二月
 「倭國更號日本 自言近日所出以爲名」
 (倭国が国号を日本と改めた。自ら言うところでは、
 日の出る所に近いから、これをもって名としたとの事である)


685 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:16:02 ID:NF9NYOcw
421年 讃が 宋に朝献し、除綬を賜うべしとありますから、後の王のことから推察する  
と安東将軍倭国王を得たと思われます。

425年 讃が、司馬の曹達を遣わし、宋の文帝に貢物を献ずる。

438年 珍が、宋に朝献し、自ら「使持節都督・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍  
事安東太将軍倭国王」と称し、正式の任命を求める。宋文帝によって、、珍安東将軍倭国王とすることを認められる。

443年  済が、宋に朝献して、安東将軍倭国王とされる。(自称不明) 後には、使持節都督・  
新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事  

462年 興(?)が、3月、宋孝武帝、済の世子の興を安東将軍倭国王とする。

478年 武が、「使持節都督倭・百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓七国諸軍事鎮東太将軍倭国王」と自称したが、百済を削られて除綬した。



686 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:34:19 ID:YEzcRLEn
<倭王武の上表文原文>

「封國偏遠 作藩于外 自昔祖禰 躬[*環]甲冑 跋渉山川 不遑寧處 東征毛人 五十五國 西服衆夷 六十六國 渡平海北 九十五國 
王道融泰 廓土遐畿 累葉朝宗 不愆于歳 臣雖下愚 忝胤先緒 驅率所統 歸崇天極 道遥百濟 裝治船舫 而句驪無道 圖欲見呑 
掠抄邊隷 虔劉不已 毎致稽滯 以失良風 雖曰進路 或通或不 臣亡考濟 實忿寇讎 壅塞天路 控弦百萬 義聲感激 方欲大擧 
奄喪父兄 使垂成之功 不獲一簣 居在諒闇 不動兵甲 是以偃息未捷 至今欲練甲治兵 申父兄之志 義士虎賁 文武效功 白刃交前 
亦所不顧 若以帝徳覆載 摧此彊敵 克靖方難 無替前功 竊自假開府義同三司 其餘咸假授 以勸忠節」



687 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:37:27 ID:YEzcRLEn
<倭王武の上表文原文>

「皇帝の冊封をうけたわが国は、中国からは遠く偏って、外臣としてその藩屏となっている国であります。
昔からわが祖先は、みずから甲冑をつらぬき、山川を跋渉し、安んじる日もなく、東は毛人を征すること五十五国、西は衆夷を服すること六十六国、北のかた海を渡って、平らげること九十五国に及び、強大な一国家を作りあげました。
王道はのびのびとゆきわたり、領土は広くひろがり、中国の威ははるか遠くにも及ぶようになりました。

わが国は代々中国に使えて、朝貢の歳をあやまることがなかったのであります。
自分は愚かな者でありますが、かたじけなくも先代の志をつぎ、統率する国民を駈りひきい、天下の中心である中国に帰一し、道を百済にとって朝貢すべく船をととのえました。

ところが、高句麗は無道にも百済の征服をはかり、辺境をかすめおかし、殺戮をやめません。
そのために朝貢はとどこおって良風に船を進めることができず、使者は道を進めても、かならずしも目的を達しないのであります。

688 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:41:06 ID:YEzcRLEn
わが亡父の済王は、かたきの高句麗が倭の中国に通じる道を閉じふさぐのを憤り、百万の兵士はこの正義に感激して、まさに大挙して海を渡ろうとしたのであります。
しかるにちょうどその時、にわかに父兄を失い、せっかくの好機をむだにしてしまいました。
そして喪のために軍を動かすことができず、けっきょく、しばらくのあいだ休息して、高句麗の勢いをくじかないままであります。
いまとなっては、武備をととのえ父兄の遺志を果たそうと思います。
正義の勇士としていさをたてるべく、眼前に白刃をうけるとも、ひるむところではありません。

もし皇帝のめぐみをもって、この強敵高句麗の勢いをくじき、よく困難をのりきることができましたならば、父祖の功労への報いをお替えになることはないでしょう。
みずから開府儀同三司の官をなのり、わが諸将にもそれぞれ称号をたまわって、忠誠をはげみたいと思います」

689 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:47:16 ID:i5/q9NWi
しかし、改めて読むと上洛する大名みたいな話だな。

690 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:53:46 ID:i5/q9NWi
しかし、東に毛人、西に衆夷、北に海で、その向こうに100近くのクニって、この場所は一体何処なんだろう?


691 :出土地不明:2010/12/23(木) 17:59:47 ID:i5/q9NWi
四国になんか遺跡とかないのかなあ?

692 :出土地不明:2010/12/23(木) 20:20:15 ID:L4+jfDfO
>>680
在来土着民からの戦利品。
埴輪は、ミズラすら騎馬民族の髪型。

693 :出土地不明:2010/12/23(木) 21:19:56 ID:11PZVVkq
>>692
>在来土着民からの戦利品

おまえも白馬と同じ思考回路のようだな。
じゃ自分たちがもともと持ってた甲冑(桂甲)はどこにあるのだ?

>埴輪は、ミズラすら騎馬民族の髪型。

だから6世紀の埴輪の習俗は5世紀に来た渡来人の影響だろ。
そうでなくともミズラは吉野ヶ里でも出てるけどね。


694 :663:2010/12/23(木) 21:35:29 ID:IiVFN3ee
白馬青牛氏か白馬鹿氏か知らないが、
騎馬民族説(めいた)史観なんて絶滅種に近い妄論を
得意げに振り回してみても馬鹿さかげんを露呈するだけ。
たとえば、
>神武天皇は架空の人物じゃし、記紀を編纂した奈良期の船による
交通移動の実質が書いてあるに過ぎんし、船による征服自体、
南ツングース系であることを示しとるのう。
意味不明。
>神武天皇は架空
というのは今でもそういう論者が結構いるから、
置いとくとして、
>船による征服自体、 南ツングース系であることを示しとるのう。
自分で言ってることがわかってるのか?
船による征服って何だ?南ツングース系何それ?
脳内でわかったつもりの典型だな、まさに。



695 :出土地不明:2010/12/23(木) 21:37:34 ID:5l/fX3BQ
http://gocco.jp/pc/topic.do?topic_id=60734&ts=1293107813847&hash=bd338d

696 :出土地不明:2010/12/23(木) 22:43:23 ID:lC+083Bv
>>681
古墳期の渡来のことを、遡らせてもねえ。
>>682
倭人は、朝鮮の住民で、日本人と勘違い?

697 :出土地不明:2010/12/23(木) 23:05:23 ID:lC+083Bv
>>685
倭は、百済より身分がひくかったことを、書いてないね。
わざとらしい隠蔽。

698 :出土地不明:2010/12/23(木) 23:15:41 ID:4eEHImTo
>>696
『三国史記』「新羅本紀」文武王十年十二月
  670年 十二月
 「倭國更號日本 自言近日所出以爲名」
 (倭国が国号を日本と改めた。自ら言うところでは、
 日の出る所に近いから、これをもって名としたとの事である)

>>697
 『隋書倭人伝』
 新羅 百濟皆以倭為大國 多珎物 並敬仰之 恒通使往來
 (新羅と百済は倭国を大国で珍しい物が多い国だとしており、ともに倭国を大国として
 敬い仰ぎ、つねに使いを送り、往来している。)


699 :出土地不明:2010/12/23(木) 23:30:37 ID:11PZVVkq
>>696
>古墳期の渡来のことを、遡らせてもねえ。

意味不明だが3世紀の日向に大陸の民族が渡来したというどういう証拠があるのだ?
韓式土器が大量に出てるとでも言うのならその証拠を示してくれ。

700 :出土地不明:2010/12/24(金) 03:08:35 ID:DE/cvUbe
>>697
その身分
誰が決めたの?

701 :出土地不明:2010/12/24(金) 21:42:39 ID:+5jCqFLu
もし北方騎馬民族が大和を征服したのなら、なぜ北方騎馬民族の誇り高き武器、
彎弓(中国・朝鮮の弓はみなこの形式である)、短弓が広がらず日本古来の和弓、
長弓のままなのかね?
http://www.zenplan.co.jp/public_html/topics/img/14-1.jpg
http://www.fieldnote.info/wp-content/uploads/2009/08/emaki.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-1.jpg
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-2.jpg

日本では弥生から現代まで長弓を下3/1(唯一倭人だけ)の握り位置の所で射るやり方だよ。
騎馬戦法でも短弓の方が便利なのに、無理して長弓を使うどうしてかな?倭人の誇りだから。
『魏志倭人伝』に「木弓は下が短く、上が長い」と記されているのも、この弓のこと。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/265-9.gif (この銅鐸絵、弓の握り位置注意)

それに、誇り高き北方騎馬民族が、征服者なのに名前が倭人系の名になるはずが無いだろ。
先祖や神の名も倭人系なのを消すはずだろ。朱蒙や檀君の神話は一切無いね。!!!!



702 :出土地不明:2010/12/24(金) 22:11:15 ID:VseWQQwz
だいたい牛乳を初めて飲んだのが7世紀の孝徳天皇だってよ。
北方民族が天皇家になったなんてウソをいつまでほざいてるのだよ。

そういえば江上は佐原真のこの質問に答えずじまいだったな。

703 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/24(金) 22:31:43 ID:Py39enwI
>>680-681
モンゴル人が、大砲投石機を使うたら、モンゴル人じゃのうなるんか。
くだらん。
列島の原住民は、中華隷属しとったが、急に野蛮人の北方民族の服装
せにゃあいけんのか説明せえや。
江上氏は、モンゴルや満州族が現地民の墓制等出土品に現地のものを採用
しとる性質について云われたんが、どこが逃げられとるんか?
ここで、わしの云う渡来系は、古墳期に決まっとろうに。
ほいじゃあ西都原古墳が渡来系じゃのうて、差別された隼人系云う
根拠は何か?

704 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/24(金) 23:11:12 ID:Py39enwI
>>682-683及び>>684-685
韓人は元来縄文形質じゃ。勾玉なんかケツ状耳飾りからじゃし、起源は
内蒙古、遼寧の先紅山文化にある。支石墓も満州から朝鮮、そこから日本の
順で、日本から云うネット右翼の夜郎自大は通用せんよ。
前方後円墳も満州・北朝鮮に原型があろうに。
甕棺も朝鮮伽耶地方と九州北部の北方民族が支配する前の伽耶文化圏。
新羅の支配層は積石木槨墓人じゃし、倭人は伽耶地方ゆえ、倭の東北
云うたら、辰韓か穢の地の可能性が強いのう。
だいたい、奈良期の記紀以前に日本人なんか成立しとらんけぇ、
存在しとらんのじゃ。
旧唐書じゃあ、日本が倭国を併合したと出とろうに。日本と倭国は別の国の
可能性もあるんに「幸せ回路」よのう。まあ、倭国は南朝鮮から九州で、
新羅に圧迫され、九州に押し込められ、畿内政権の日本に圧迫され崩壊
したとも考えられように。
古代に半島南部が日本の属国じゃった史料すら無いんに。
倭は伽耶じゃし、大国たぁ土地の大きい国云うことで日本の高句麗まで
属国とするはったり記紀文書以外に百済や新羅が朝貢した記録も無い。
江南南朝の格序列は、高句麗王第ニ品の車騎将軍、>>百済王第三品の
四鎮将軍>倭王(伽耶)第三品下位の四安(安東)将軍。倭もやっと479年に
鎮東将軍(四鎮)になれた程度で格下じゃったけんのう。

705 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/24(金) 23:44:47 ID:Py39enwI
>>690
朝鮮の伽耶地方。
>>694-702
騎馬民族説が絶滅種云うた学者は誰なら?
ほうか、共産党員でネット右翼が嫌う辛淑玉女史とお友達の佐原眞氏たぁ、
笑えるのう。あんたのバイト先から、あんたにクレームが来うに。(笑)
http://www.itatsu.net/diary/bn2007_01.html
て2007.01.15/映画『硫黄島からの手紙』に、辛淑玉女史の引用が
出とるよ。佐原氏が戦争をコミュネケーションの不足云われとったが、
江上氏は人類の武器の発展は戦争の歴史とする見識の方が現実感覚が
あるのう。佐原氏は他にも渡来系と土着系の共存云うたり、左翼的な
見識が「幸せ回路」な処は、日本式夜郎自大を唱えるネット右翼の
「幸せ回路」と似とるけぇ、佐原氏に思想を越えて共感するんか?

706 :出土地不明:2010/12/25(土) 00:38:48 ID:jcoevkjp
>>705
半島じゃ北に海が無いよ。

出雲位しか当てはまらないんだよな。それか>>691

707 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/25(土) 01:16:01 ID:H4ZA6Ab0
>>701
パルチア、モンゴルにも長弓を使うたし、日本の弓は蒙古式射法。
ナチスの繰り返し洗脳工作をネット右翼の扇動先は、
採用しとるようじゃのう。(笑)
>>702
ほいから、北ツングースのエヴェキ族は、トナカイの乳を利用
するが、南ツングースの満州族は乳を利用せんよ。
>>705
日本海を北の海云うても何ら不思議は無いね。現代人の方向感覚じゃ
あるまいし。ほいから出雲も高句麗・新羅系の渡来系じや。

708 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:27:04 ID:sD0sA0FN
「天皇はどこから来たか?」というテーマで、これから長い連載がはじまる。

結論めいたことを最初に書いておくと、私は、天皇は中央アジアか、さらに西からやって来たという渡来人説をとる。
私の考えでは、渡来人といっても天皇は朝鮮半島を通過しただけであり、天皇は朝鮮人だったということではない。
むしろ数百年は中央アジアに存在した。そして、中央アジアに来る以前は、メソポタミア周辺にいたのだろう。
しかしこれは神武天皇以前にあたる時代で、いわばメソポタミア神話が日本神話の原型になっているのである。
須佐之男命や月読命はそのあたりの王族であったかもしれない。



709 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:29:33 ID:sD0sA0FN
まあ、日本が5世紀頃から外国人(ペルシャ人?)に支配されていたというのは不愉快なことかもしれない。
しかし、当時の原日本人の人口が増えずに、天皇とともにやって来た大量の渡来人がどんどん増えていったとするならば、
現代日本人のほとんどはかつての外国人の子孫(または彼らとの混血)ということなのかもしれない。
そもそも弥生時代の原日本人が朝鮮半島経由や南方の海からやって来たらしいのだから、歴史の非常に大きな流れからいうと日本人だ外国人だと言うほどのことではないのかもしれない。
我々がときどき引越をするように、民族も引越をするのである。そして、我々の引越のごとく、民族の引越も必ずしもそれが他民族制圧を伴うとはかぎらない。



710 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:32:08 ID:sD0sA0FN
 天皇家のルーツは、やはり日本人のルーツとは区別して考える必要があるのではないかという気もする。
天皇家は、たんに一族としてやって来たはずはなく、何らかの部族連合集団としてやって来たはずである。
それがすべて同じ民族だったのか違う民族の連合だったのかはわからない。また、その当時の支配階級が現代日本人の何%を占めているのかもわからない。
したがって、日本人の祖先を遺伝統計学的に調べようとしても、それがそのまま天皇家の民族が何であったかを明らかにすることにはつながらない。
大まかいって日本人は北方系渡来人と南方系渡来人が混在しているが、天皇家は“そのうちのどれか”である。遺伝統計学は、天皇家の遺伝子調査でもしないかぎり、ピンポイントではどの民族であるかは 特定できない。

711 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:33:40 ID:jcoevkjp
半島南部からみて北の海が日本海なのか?
それはいいとしても、東西に50国以上という条件は満たせるのか?

712 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:34:14 ID:sD0sA0FN
もう一つ重要なことは、天皇が藤原氏の血を通してだんだんと一般の日本人と混血していった可能性がある。
古事記では、天照大神の岩戸隠れの際に重要な働きをした天兒屋根尊(あまのこやねのみこと)の22世の孫が中臣鎌足だというから、
藤原氏ももともとは外国人のはずなのだが、一族内での結婚を繰り返してきた天皇家よりは一般の日本人と混血が激しかったと思われる。
かくして2千年ちかくかけて徐々に血が混ざっていくにつれて、天皇の風貌も日本人と変わらなくなってきたのではなかろうか。
ひょっとしたら、古代天皇家の人々は、一般の日本人とは明らかに区別できるような身体的特徴をもっていたかもしれない。



713 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:35:47 ID:r93wrQOh
ほらほら、中央アジアのカザフ,キルギスで止めておけよw
そっから西へ行くと人種が違うだろ。
ソグドやペルシャは日本人と同祖じゃねーよ!
白人願望か何かなの?
酔っ払って書いている人ばっかりなの?

714 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:37:31 ID:sT3WIq+l
 天皇家と日本人のルーツさがしは、一筋縄ではいかないと思われる。天皇がメソポタミア出身でも、一般の日本人は別の地域の出身である可能性があるからである。
とりあえず天皇家とその連合部族を原始ヤマト民族と呼んで、縄文時代や弥生時代の原日本人とは区別しようと思う。
私自身のなかでもまだ結論は出ていないので話はますますややこしくなるだろうが、お付き合い願いたい。

715 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:40:28 ID:sT3WIq+l
今回は、遺伝学の観点から日本人の由来を考えてみたい。
まず、《DNA分析による日本人形成》は、1万年以上前の原始日本人の来歴を考えるのに役立つ。
日本全土に内陸系(北方系)のユーラシアンがまずありき、これが日本人の第1基層。これにBC12000頃からオーシャノイドの文化と人々が入って縄文が誕生、これが日本人の第2基層。
だが我々が問題にしている原始ヤマト民族は、このあとに入ってきた弥生時代以降の人々と言ってよかろう。ただし、一般に言われている弥生時代よりも早く、紀元前600年くらいまでは遡っていいかもしれない

716 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:44:39 ID:VulxzSL6
もともとモンゴル西部にいた原始ヤマト民族が、分離して日本に到達したのだろう。天皇はこのルートをとって日本にやって来たと思われる。
しかし、その移動の後に朝鮮人が華北や朝鮮半島に進出してきたという可能性は低い。むしろ原始ヤマト民族は、朝鮮人が住む半島を単に通過しただけだろう。
そして、後ろのほうでのろのろしていた一部の原始ヤマト民族が朝鮮人や華北の中国人と混血したか、あるいは、日本に到着してから朝鮮人を受け容れたので多少似てきたという面があるのだろう。



717 :出土地不明:2010/12/25(土) 01:47:08 ID:VulxzSL6
 もし天照大神の宗教が中央アジア――もっと限定すれば、アラル海に流れ込むアム川の上流――で成立したのなら、そこからインドを経由して中国南部に進み、
さらに海を渡って日本にやって来た原始ヤマト民族の分派がいた可能性がある。リーダーは同じ種族でも、途中で混血していくから遺伝的には北方系日本人と南方系日本人に分かれるが、
同じ太陽神を信仰していたとすれば、両者の統合は比較的簡単だったはずである。

 あまりにも壮大な話になってくるので、まあ、ファンタジーとしてお付き合い願えればと思う。



718 :出土地不明:2010/12/25(土) 02:05:45 ID:jcoevkjp
インド通らずに北回りってなんか問題有るの? むしろ途中で合流するとか。

719 :出土地不明:2010/12/25(土) 08:32:42 ID:R6HlXtF3
>>703
>列島の原住民は、中華隷属しとったが、急に野蛮人の北方民族の服装
>せにゃあいけんのか説明せえや。

馬とともに乗馬服も来たのは当たり前だろうが。
おまえはポロシャツ着てる人をイギリス人だと思うのか。

>江上氏は、モンゴルや満州族が現地民の墓制等出土品に現地のものを採用
>しとる性質について云われたんが、どこが逃げられとるんか

古墳から出土する馬具は騎馬民族のもの、しかし短甲は在地のものを採用した、
というのじゃ典型的なWスタンダードだ。
5世紀前半〜中頃の馬具と桂甲が共伴して出土する古墳の具体的を言ってくれればいい。
言ってくれればその古墳は騎馬民族のものかもと認めてやってもいい。

【逃げず】に具体名を言え。

>ほいじゃあ西都原古墳が渡来系じゃのうて、差別された隼人系云う
根拠は何か?

また卑怯な逃げ論理。
西都原古墳が渡来系だと言う根拠を、
例えば韓式土器がこんなに出てるとかの例を出して、
おまえが証明するのが先。

720 :出土地不明:2010/12/25(土) 08:50:40 ID:vT1a/kkY
秦氏ってY−Q系統じゃね?

721 :出土地不明:2010/12/25(土) 09:45:25 ID:eR/+QmfW
カルト系の説の典型に、ユーラシア内陸(中央アジア)経由で、
数千年前の新しい時期に天皇家などが朝鮮半島を通過してやって来たというものがある。

DNAにそのような痕跡もなくありえない。
日本人の最大ハプログループはD2で、歴代天皇のY染色体もこれの可能性が非常にに高い。
このD2の移動時期・ルートは数万年前に、

 アラビア半島 → ユーラシア南縁 → スンダランド →琉球弧・日本列島

なのですね。
D系統とは別のハプログループですが、DとともにDE*(YAP+変異が起こった唯一の父系共通先祖)の
父系子孫になるE系統は、現在でも北アフリカを中心に分布しています。

だから日本人は6万年前以上遡れば、現生人類で初めに出アフリカに成功した種族(YAP+共通先祖)の
普通に子孫であるし、DNA的に現在の地中海人種のある意味唯一の兄弟種族でもあるが、
一部の宗教的願望や、極少数の渡来系、あるいは北方渡来を強調したい朝鮮人が捏造する、
紀元後のオアシスまたは草原のシルクロード経由の渡来はありえないことがDNAで明確になっている。


722 :出土地不明:2010/12/25(土) 09:52:14 ID:eR/+QmfW
はっきりしているのは、日本人で地中海系とDNAの大グループで古い兄弟種族なのは縄文人で、
それより後に来たグループではない。もっとも長江流域由来の弥生人は、
父系ではO2b系統だがD系統が最古の東南アジアの先住民なのと、
日本列島とチベットに挟まれた地域が現況なので、母系では同じような血が入っている可能性ならある。


723 :出土地不明:2010/12/25(土) 09:55:34 ID:eR/+QmfW
>>708
日本人の先祖は数万年前まで遡ればアラビア半島に居たのだから、
DE*の子孫のメソポタミア人と日本人が古い共通の神話の影響を残していても不思議はない。


724 :出土地不明:2010/12/25(土) 09:58:39 ID:5y4TPhue
チベット民族と縄文人は全く似ていない

むしろ渡来人とそっくりである。

よって論理矛盾することになるのだが

それでも妄想を撒き散らすことに

突き進むおまいらは情報弱者だ!


725 :出土地不明:2010/12/25(土) 10:08:06 ID:R6HlXtF3
>>724
外見なんて関係ない。
南米の外見が典型的なインディオたちも、
たいていが白人と同じY染色体だそうだ。
かつてインディオの女性たちがスペイン人にどういうことをされたかが分かるね。

726 :出土地不明:2010/12/25(土) 10:24:55 ID:jcoevkjp
むしろ普通にモテたんじゃないの?
協力者が居なかったらやられちゃって歴史にも残らなかったんじゃない?
まあ遺跡は残るか。

727 :出土地不明:2010/12/25(土) 10:37:24 ID:vT1a/kkY
>>725
それはメスティソって言うのよ
インディアンの方が厳しい目に合ってるよね

もともと縄文人が住んでる島で、天皇も縄文人だったら
もっと縄文人率高いはず

728 :出土地不明:2010/12/25(土) 11:06:52 ID:vT1a/kkY
それよか秦氏よ
http://kuntur-music.com/kuntur/menbers.html
高校の文化祭でフォルクローレバンド呼んだんだけど、
秦氏の居住地って言われてるとこ在住の先輩が、南米人にそっくりだった
混じっても違和感ないくらい

729 :出土地不明:2010/12/25(土) 11:29:36 ID:vT1a/kkY
んで、秦氏と言えば京都太秦だよなーと思って出身有名人探したら
いた。釜本さん。
http://kamamotokikaku.jp/
あれ?ここにも?
http://toy.belmo.com/item/8431926090103.html

秦の始皇帝は西から来た民族だったというけど
Y−Q系統が主体だったんじゃないのこれ

とか言ったら中国人が怒るかな

730 :出土地不明:2010/12/25(土) 12:56:34 ID:R6HlXtF3
>>727
>もともと縄文人が住んでる島で、天皇も縄文人だったら
>もっと縄文人率高いはず

天皇はO2bである可能性が高いと思うがな。
O2bを縄文と呼んでいいのか分からないが。

731 :出土地不明:2010/12/25(土) 14:41:46 ID:ShqSbTdD
>>707
蒙古式射法は古代ペルシャだろ。
指のかけ方なら、留学生が持ち帰ったと考えるほうが自然だな。

732 :出土地不明:2010/12/25(土) 14:58:06 ID:x5Mu2v8q
これから展開する話は、天皇は中央アジアからやって来たとする私のファンタジーである。
 そもそもここでの養蚕の話は、高天原で養蚕をしていたという日本神話から発展・展開させているものである。
だが、その高天原の織女は皇室に連なる神であろうか? 定かではないが、おそらくは使用人の下女だったと思われる。
すなわち、高天原も王族と家来の家系があったに違いないのである。そこで、高天原の神々がすべてワハン回廊あたりにいた人間であると仮定して、
天照大神の一族と織女などの一族とは民族的に異なっていると考えてみたい。

 あらかじめ結論めいたことを書いておくと、天孫とされる民族は不明だが、その家来は中国西域周辺の遊牧民族ないし騎馬民族だったと考えておきたい。
養蚕の起源を追っていっても、直接に皇室の起源には至らないと思うが、皇室の周辺に仕えていた民族が明らかになってくるのではないかと思うのである。



733 :出土地不明:2010/12/25(土) 15:01:15 ID:x5Mu2v8q
これまでの話では、ホータン(和田)やピーシャン(皮山)などのタリム盆地南部のオアシスで養蚕をしていた民族がいるのではないか、
そして、彼らと接触したであろう遊牧・騎馬民族(具体的には月氏)が絹製品を運んでいたのではないか、という見解が提示された。
日本において養蚕や機織りで天皇家を助けていた有名な一族は、秦氏である。この秦氏の起源を追っていくと、やはり中国西域やその北部に至るのではないかと思われる。

734 :出土地不明:2010/12/25(土) 15:05:19 ID:Ew78l9EM
天皇家はあくまでも日本に最初から住んでいて、秦氏その他の渡来人が応神朝以降に盛んにやって来て天皇家を助けたのだというのが、
一般的な歴史観である。しかし、そんなにたくさんの“外国人”を安易に受け容れられるだろうか? これは古代史におけるひとつの謎ではないかと思われる。
少なくとも日本人というアイデンティティがあれば、それは非常に困難であろう。
むしろ、ずっと以前からの天皇の家来の親戚や同族だったから、その家来を通して多くの渡来人を受け容れることができたのではないかと思う。



735 :出土地不明:2010/12/25(土) 15:08:14 ID:Ew78l9EM
 歴史的事実かどうか疑わしいが、秦氏は秦の始皇帝の末裔だとされている。だが、その秦は、中国(中原)の西部に興った国であり、
おそらくは中国西域から移動してきた民族の末裔だったのではないかと思われる。
王族の末裔かどうかは別としても、秦氏が中国西域からやって来た民族の末裔であった可能性は大いにあろう。



736 :出土地不明:2010/12/25(土) 15:29:10 ID:jcoevkjp
ところで、蚕は食えるらしいけど、アゲハの幼虫って食えるのかな?

737 :出土地不明:2010/12/25(土) 16:00:21 ID:vT1a/kkY
葦原中国を高天原勢に譲った出雲人は、その後どこにいったのか。
それが太秦の秦氏だと思うわけですよ。

そして彼らがY−Q系統ならば、
出雲地方と東北とで方言が似ていることの説明もつくのでは。

738 :出土地不明:2010/12/25(土) 17:50:11 ID:TkYYYnM0
>アゲハの幼虫って食えるのかな?

食えるよ名前はしらんが臭い木の中にカイコほどの白い虫が居る
これを砂糖醤油で焼くとこれがオイシイんだ。よく食べたな。

739 :出土地不明:2010/12/25(土) 18:34:26 ID:UPD6gz2T
えっ虫なんか食えるか
おまえ何人?

740 :出土地不明:2010/12/25(土) 19:38:18 ID:vT1a/kkY
http://www.kokusaibunka.com/09_materialspalace/2005/0604_09/agehachou.jpg
ついでに平家の家紋がインディアンジュエリーっぽい

741 :出土地不明:2010/12/25(土) 21:01:51 ID:Pps30mlJ
>>739
関西では余り食べないが関東ではイナゴ食べる話良く聞くよ
それと蜂の子なんかも

742 :出土地不明:2010/12/25(土) 21:47:09 ID:vT1a/kkY
http://ec2.images-amazon.com/images/I/51TOYbwAC7L.jpg
そしてこのみづらスタイルである

743 :出土地不明:2010/12/25(土) 22:13:55 ID:5SuSExFj
私達がさげミズラのユダヤ人?
http://karamatsu.cocolog-nifty.com/./photos/uncategorized/hakkutsuten_edohaku_010.jpg
http://chikatsu.mediajoy.com/2007_winter/images/07winter_2.jpg
まっ次いでに見てください
http://karamatsu.cocolog-nifty.com/blog/images/haniwa1_23.jpg
http://www.geocities.jp/wind_of_hometown/image/hakkutu/haniwa_oinezuka1.jpg
http://www12.wind.ne.jp/tomohm/img_2/a.jpg
http://www.gunmaibun.org/osoretoinori/kohun/img/228.jpg
http://www.tnm.jp/gallery/search/images/500/C0010468.jpg
さげミズラ姿,現在のユダヤ人
http://www.holidayinisrael.com/UserFiles/Wall,%20Western%20Wall3B.gif

744 :出土地不明:2010/12/25(土) 22:15:52 ID:eHvIF5jk
Y-Q, Y-C3, Y-C3b
mt-A(N系), mt-B(R系)
ネイティブアメリカンってアイヌぐらいしか接点かないのだが。
北海道東北の縄文人もmt-N系ばっかりだがな。

745 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/26(日) 00:03:17 ID:VIMJ6rMK
>>708-709及び>>710
朝鮮人なんか、新羅時代以前に成立しとらんよ。ただ現代の日本人と
朝鮮人が同一人種なだけで、イギリス人とドイツ人が違うようなもんよ。
メソポトミアが、アジアニック系の言葉を使おうと、中東と東アジア
じゃあ人種が違い過ぎるし、ペルシャはアーリア人で、アジアニック語
じゃ無いよ。原日本人じゃの渡来系に圧迫された少数派じゃけぇ、
大して日本人の起源に関係無いよ。南方の海なんか死の海の黒潮じゃけぇ、
民族移動なんか出来んし。
ほいからに日本人の遺伝子に南方系なんかほとんどおらんよ。
近代ですら、系譜が解らん天皇家の遺伝子調べてもじゃが、
総合的に多様な遺伝子型から調べたらええね。
>>712
藤原氏の方が天皇家の父系の可能性も強いけど、藤原氏自体の父系も
上代から渡来系から皇別に偽装した百済系か鮮卑系か解らんが、
田辺史の血が入っておるかも知れんし。
公家階級の系譜なんか途中で切れとる可能性が強い。
まあ、それでも人種的には南ツングース系云うことだけは解っとるけど。

746 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/26(日) 00:15:31 ID:VIMJ6rMK
>>715
世界的に弥生期に民族移動なんか無いんに、日本で渡来系が増えるわけ
あるまあ。古墳期なら世界的民族移動期に相当する。
日本的夜郎自大なんか、通用せんよ。
>>716
日本へは、モンゴル東部〜満州の方の渡来系が多かったろう。
ほいから原始ヤマト民族なんか存在せんよ。
朝鮮人も新羅時代以前に成立しとらんし。
>>717
じゃけぇ南方系日本人じゃの少数派で民族の主流でも無いんじゃに、
何で強調するんか?あんたの新興宗教側の見識なんか?

747 :出土地不明:2010/12/26(日) 00:24:05 ID:LjPEA5gR
天岩戸とは民族大移動を引き起こしたという世界的な天候不順のことだったんや!

748 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/26(日) 00:53:56 ID:VIMJ6rMK
>>718
西方と海東方の文化交流でインド経由は主に南回路で、オアシスの
シルクロードや遊牧民のステップルートは直接インドを経由しとらんよ。
>>719
弥生期中華隷属しとった奴隷民の列島倭人が北方民族の服装を真似るんか
説明出来んらしいのう。(笑)
ほいから、西都原。
http://inoues.net/korea/fuyo_museum.html
図の朝鮮土器の広がりでも参考にしたらどうか。九州南部の日向も、
松菊里土器の産地じゃに。(笑)
http://www.kyukoku.or.jp/road/detail.php?id=00000272
日向と百済の関係は、南郷村の伝説は兎も角、北九州に新羅系土器が
多く、南九州に百済系土器の影響から後世の渡来系の尖兵が
行っとった云うだけのことじゃが、日向は百済系としても、
大隅は、豊後の秦氏の隼人鎮圧移民、後世の薩摩は、秦氏系の
島津氏が治めたけんのう。秦氏の新羅系から、鹿児島は新羅系、
宮崎は百済系云うことよ。
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2010/07/7-091b.html

749 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/26(日) 01:31:37 ID:VIMJ6rMK
>>720-729
秦氏の子孫とされる狩野養信氏は、mtDNAなら朝鮮系のA5ならしいのう。
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/44294512.html
>>724
確かにチベット人は、北方系の容貌で新モンゴロイドで、
YのD型アイヌ人より本土日本人や朝鮮人に似とる。
YのDE型も、中東やアフリカ黒人で、アイヌ人とも似とらん。
遺伝子や血液型じゃの、そもそも人種判別なんか出来んよ。
>>729
秦氏なんか藤原氏改姓した、僧ちょう然や武将、土木業、芸能被差別民
まで、様々じゃ。
http://www.overcube.com/blog/archives/2007/09/20_1.php
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/0c8ec7d0a1e9271c9d5e3c1e1c659474
秦より秦氏の親元の古墳期の古新羅の方が非中国文化で西方文化の
影響が強いよ。高句麗、百済、日本以上に新羅の方がね。
http://park11.wakwak.com/~siori/sinwa.html
http://avantdoublier.blogspot.com/2009/03/blog-post_10.html
http://avantdoublier.blogspot.com/2009/02/blog-post_24.html


750 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/26(日) 01:41:09 ID:VIMJ6rMK
>>729
>>749の被差別民の弾左衛門まで、何でか秦氏は藤原氏に改姓する
もんが多いね。(笑)
 そう云うたら、薩摩の島津氏も秦氏(惟宗氏)→藤原氏→源氏と
改姓して、家系偽装しとるね。(笑)

751 :出土地不明:2010/12/26(日) 08:20:15 ID:T3+YQXZQ
>>748
>弥生期中華隷属しとった奴隷民の列島倭人が北方民族の服装を真似るんか
>説明出来んらしいのう。(笑

5世紀の馬と共に渡来した服装であると答えてるのだが、
反論できずまた逃げてるようじゃのう(笑)


>図の朝鮮土器の広がりでも参考にしたらどうか。九州南部の日向も、
>松菊里土器の産地じゃに。(笑)

西都原の3世紀の話と言ってるのに稲作の次元に持っていって
また逃げたようじゃのう(笑)

で、>719で言った、
「5世紀前半〜中頃の馬具と桂甲が共伴して出土する古墳の具体的を言ってくれればいい。
言ってくれればその古墳は騎馬民族のものかもと認めてやってもいい。

【逃げず】に具体名を言え。 」

を答えず予想通り逃げたようじゃのう。(大笑い)


752 :出土地不明:2010/12/26(日) 09:25:38 ID:T3+YQXZQ
そして
>>748
>ほいから、西都原。
>http://inoues.net/korea/fuyo_museum.html
>図の朝鮮土器の広がりでも参考にしたらどうか。九州南部の日向も、
>松菊里土器の産地じゃに。(笑)

そのHPのおっさんが間違えてるだけ。
図の分布土器の色をよく見れ、さらに古い孔列土器だろが。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:1xBXHLX2cv8J:www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2000a_1.html+%E5%AD%94%E5%88%97%E5%9C%9F%E5%99%A8%E3%80%80%E7%A8%B2%E4%BD%9C&cd=8&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

これまで、日本列島でははっきり舶載といえる孔列土器は知られておらず、
南九州のいわゆる孔列土器も、“他人の空似”とみる意見がある。
(略)
これらは互いに初現地の系統を異にするとも想定されているが、
いずれも舶載品とはいえず、在地の縄文晩期土器に孔列が加えられたとみなされるものである〔片岡1998b:190-193〕。

(大笑い)

753 :663:2010/12/26(日) 14:13:52 ID:xi5aSzSe
繰り返すが、騎馬民族説はほぼ死に絶えつつある妄論。
古墳の副葬品に馬具や金冠など騎馬民族を象徴する事物が出土する
四世紀後半から五世紀にかけては、
日本(倭)が朝鮮半島に進出して騎馬民族国家の高句麗と戦った時期。
その戦いから日本も騎馬を取り入れるようになったので、
騎馬民族に征服されたのではない。
なぜなら、もしそうならその時代の古墳は一気にそうした副葬品に埋め尽くされる
はずだが、それらが徐々にそして飛び飛びに現れるということは、
一部の有力豪族(天皇家含む)が取り入れだしたから、
というのが今日の通説。
牧畜民の騎馬民族ならそれなくしてはなりたたない「去勢」が
日本には入ってこないこと。
そしてまた、支配者(天皇家)の重要な祭祀は新嘗祭などの稲作儀礼。
騎馬民族が征服したならば、騎馬民族の宗教儀礼が中心になったのに、
それが皆無であること。
面白いことに、というか皮肉なことにというか、
従来実在がほとんど否定されていた崇神天皇は、
騎馬民族説によって始祖とされ実在を肯定されたのが、
最近の巻向遺跡の発掘によって、崇神天皇実在論が認められるあることだ。
といっても、依然として認めないという左派系の歴史学者まで
応神天皇までは認めざるを得ない、というところまで来ている。
四世紀後半から五世紀の倭により朝鮮進出というのは、
朝鮮の歴史書はもとより、同時代に広開土王碑によって傍証されるから、
否定しようもないからだ。
そもそも、もし天皇家が騎馬民族征服王朝であるならば、
そのことは明記されるはずのもの。
世界各国どの王朝でも自らの出自を隠したりはしない。
日本の天皇家は外からやってきて、建国した。
高天が原という外の世界から天つ神がやってきて国つ神を服従させる(国譲り)
という神話的世界に投影された。


754 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/27(月) 01:41:06 ID:X3iP5ikY
>>751-752
西都原が3世紀じゃの、また、捏造実績がある歴博の編年か。
ほいから、あんたにとって都合がええ、国粋思考の片岡氏の解釈だけ
云うてどうすんなら。曽畑式土器以来、朝鮮土器のオンパレード
の状況じゃに。(笑)
あんたの逃げ口上は、誤魔化しばっかしじゃが、
歴博か、ネット右翼ブログで学んだんか?
「ネット右翼、息を吐く度に嘘を吐く」云うけぇのう。(笑)
>>753
四世紀頃の倭は、朝鮮南部の伽耶で、倭を日本人と解釈するんは
韓国人の妄想よ。邪馬台国や奴国じゃの奴隷献上する
列島の倭に軍事力なんか期待する方が無理じゃ。
あんたの云う通説たぁ、左翼単一民族論の主張そのものじゃのう。
風土から稲作儀礼してなんで現地民になるんか?
韓神を祀った自体、皇室の伝統は渡来系よ。
鮮卑系の李氏は先祖を漢人に家系偽装したし、日本の中世、近世の
大名武士も家系偽装しよるんに、先祖を明確に書いとるわけ
あるまあ。
ほいから去勢も、北アジアの牧畜民で古代どれだけ浸透しとった
んか?後にヨーロッパまで侵攻したと云われる柔然ですら、
魏志蠕蠕伝に、初期の頃は、「牛に乗って掠奪に行く時、牝牛に
乗って逃げ、去勢牛をあとに従わせ牝牛は坐りこんで動かんかった
失態を、他部族から去勢牛に変えるようにとアドバイスされた
程度じゃけぇ、モンゴル高原ですら、去勢の意味を知らんかった
柔然のような部族もおったんで。
だいたい、北アジアの知識すら無い連中の騎馬民族説否定論ほど
みじめなもんは無いね。(笑)

755 :出土地不明:2010/12/27(月) 08:09:21 ID:Lj8nXeZE
>>754
>西都原が3世紀じゃの、また、捏造実績がある歴博の編年か

宮崎大の柳沢教授も3世紀と言う見解だ。

>国粋思考の片岡氏

アカデミストだ。都合が悪くなったら右翼扱いするな卑怯者。
おまえが土器の研究をして片岡氏に反論できる資料を持ってるのか卑怯者。

>曽畑式土器以来、朝鮮土器のオンパレード
の状況じゃに。(笑)

おまえが示した図がおまえの言い分の間違いを証明してるのがよほどショックだったようだな(大笑い)
曽畑式土器は西南九州を中心として北限が釜山、南限が沖縄と言う縄文人の土器だ。そして日向には出ていない。
ごまかすな卑怯者。

「卑怯者、息を吐く度に嘘を吐く」云うけぇのう。(大笑い)

で、5世紀前半〜中頃の馬具と桂甲が共伴して出土する古墳の具体的はまだかな?逃げるな卑怯者。


756 :出土地不明:2010/12/27(月) 08:15:17 ID:bLYfat7Z
>韓神を祀った自体、皇室の伝統は渡来系よ。

韓神=守護神として宮内省に祀られていた神。
大己貴(おおむなち)・少彦名(すくなぴこな)二神をさすという。

上記の大己貴は国つくりの神様で少彦名は海から来て国作りを手伝うマレビトである
少彦名は国作りを手伝った後に熊野の御碕より常世の国に帰って行った

常世郷は海の彼方にあるとされる祖霊神や神が住まう理想郷で
海神の宮も常世の国にあり浦島太郎の寓話が有名である

また海より来るマレビトは海洋民族型の神話であり海の彼方の理想郷も同様
琉球のニライカナイ神話も東の海の彼方にある理想郷をさし常世の国と同一である
琉球神道において最高神とされるキンマモンも来訪神のマレビト信仰

また琉球では古来より民間の巫女による海神祭りが行われている

757 :出土地不明:2010/12/27(月) 11:04:17 ID:TwxP4xcl
少彦名って渡来系と言うより
もはや宇宙人に近いw

758 :663:2010/12/27(月) 23:04:12 ID:KKJ/P54m
白馬鹿氏レベルの説というのは、
きまって時系列を無視するというか、都合のいいように使うだけだから、
すぐボロがでる。
園韓神社なんて平安京の時代のものを持ち出して、
何でもありの妄説だから、相手にするのは時間の無駄。
>>753
の続き。
では天皇家はどこから来たのか。
かつては一部ではとなえられていたことではあるけれども、
現在のようにさほど認められつつあるものではなかった、
江南起源説が最有力だろう。
水耕稲作の発生とか米の遺伝子研究などその傍証となる研究も発展してきた。
水耕稲作は長江下、中域で始められ伝播したというが最近の説だが、
かつて雲南省あたりが稲作起源といわれたのは、
長江下、中域の人間が北方からの漢民族の南下によって逃れた民の末裔だからだ。
そして一部は海の外に出て行った。
その種族が日本に渡ってきた。それが倭人で主に北九州と朝鮮半島南部に住み着いた。
そして、後の時代になって、天皇家の始祖はすでに占拠されている
それらの地域を避けて南九州、日向の地に上陸(天下った)した。
時移り、自分たちの始祖がもはやどこから来たのか記憶が薄れ、
渡来してきたという事実は遠い神話の中のできごととして、
高天が原から大八嶋の日向に天下った、と記録されることになった。
なぜなら重要なことはヤマトに建国したことなのだから。



759 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/28(火) 01:11:36 ID:/gf8n3jR
>>755-756
宮崎大学の地元マンセー空想日向天孫物語をベースに
作文しよるもんが、国粋主義じゃのうて何んら。
曽畑土器は、櫛目文土器の一形態で朝鮮からに
決まっとろうに、往生際が悪いのう。(笑)
しかも、日本人にとって最大侮辱語の「卑怯」を連呼するたぁ、
日本人としての誇りを躾られとらん家庭に育ったようじゃ。(笑)
東アジアの海洋民族云うたら、南ツングースか朝鮮じゃが、
海から渡来する概念なんか新羅にもあるんじゃに、
また南方誘致か。あんた中華奴隷じゃけぇ、
「卑怯」連呼の罵倒が好きなんかのう。(笑)
>>663
あんたのストーリーは水戸学じゃけんのう。
他スレからのコピーじゃ。
ほいから神道なんか道教の影響は強いし、近世、近代は、
江南の朱子学の影響が強いけぇ、江南誘致する宗教右翼信者が
ここの板にゃあ、多いんじゃろうのう。
あんたの文は、江南誘致の江南慕夏主義から、日本こそが
中華文明人の継続者とよる中朝論そのものじゃけぇ笑えるよ。
http://www.valdes.titech.ac.jp/~hashizm/text/titech/shukyo/resume/resume09.html
http://blog.goo.ne.jp/worldnote/e/98ac49754525b99b29f735f3e7b0b3dc
http://45ryouma.jugem.jp/?eid=24
「内なる中華」を近代日本はめざす国粋攘夷主義で、
一番下に女真人を野蛮視する北方民族嫌いじゃけぇ。

760 :出土地不明:2010/12/28(火) 08:36:07 ID:esRPEGQy
>>759
>宮崎大学の地元マンセー空想日向天孫物語をベースに
>作文しよるもんが、国粋主義じゃのうて何んら。
>曽畑土器は、櫛目文土器の一形態で朝鮮からに
>決まっとろうに、往生際が悪いのう。(笑)

櫛目文土器の影響受けてるだけで縄文人の土器だ。
大体、話の発端は西都原の古墳創世期に渡来人の持ってきた
韓式土器があるのかという俺の質問に対して、
答えに窮したおまえが稲作時期の土器を持ち出して、
しかも自分が出した図を間違えてやんのw

おまえが西都原の古墳創世期を4世紀だと思うなら
4世紀の日向における韓式(三韓系)土器を示してみろ。

http://inoues.net/korea/chosen_doki.jpg

おまえが示した図ではないのだがな(大笑い)

あと、5世紀前半〜中頃の馬具と桂甲が共伴して出土する古墳の
具体的はまだかな?逃げるの3回目だね、【卑怯者】。


761 :出土地不明:2010/12/28(火) 09:22:36 ID:J12AnQgO
>東アジアの海洋民族云うたら、南ツングースか朝鮮じゃが、
>海から渡来する概念なんか新羅にもあるんじゃに

あんたの言うツングース系民族に海の彼方の理想郷って概念があったのか?
徐福伝説はまんま東の海の彼方の理想郷の話で常世の国やニライカナイに通じるけど
ツングース系民族にそれ系の神話ってあったか?

762 :出土地不明:2010/12/28(火) 10:01:20 ID:32UR5UNl
太陽信仰って
農業の象徴だと思うが

あと新羅は出雲の仲間

763 :出土地不明:2010/12/28(火) 11:48:34 ID:J12AnQgO
>東アジアの海洋民族云うたら、南ツングースか朝鮮じゃが、
>海から渡来する概念なんか新羅にもあるんじゃに、

南ツングースが海洋民族ってのググっても出てこないんだけど
新羅の建国神話には倭人がかかわってるな=瓠公
脱解王も倭人であるし

764 :出土地不明:2010/12/28(火) 17:22:45 ID:esRPEGQy
>>760
×具体的はまだかな?
○具体名はまだかな?

765 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/28(火) 23:26:44 ID:/gf8n3jR
>>760
櫛目文土器の影響を受けたじゃの、外来のもんを影響に
還元して、さしくるなや。
古墳期の韓式は須恵器に決まっとろうに。
桂甲なんか、重装騎兵に必要で、初期に渡来した連中が
重装騎兵じゃないといけんじゃことの、あんたの勝手に前提条件
付けな。ほいから伽耶の古墳でも桂甲たぁ短甲の方が多いんで。
>>761
海の彼方の理想郷が、何で海洋民族になるんなら?
>>762
太陽信仰でも、天上、天孫概念は内陸アジアの牧畜民じゃ。

766 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/28(火) 23:32:35 ID:/gf8n3jR
>>763
>>501に梅棹忠夫氏の「ツングース水軍日本征服説」を挙げとろううに。
しかも新羅の倭人は朝鮮半島におった倭人じゃけぇ、列島の倭人たぁ、
関係無いわ。

767 :出土地不明:2010/12/29(水) 00:17:25 ID:08dqs3Cf
>海の彼方の理想郷が、何で海洋民族になるんなら?

海上他界観は沖縄だけでなく、東南アジアではマレー半島、
インドネシアでは西部のメンタウェイ諸島、ニコバル諸島、
東部インドネシア、オーストラリア南東部、 メラネシア、
ポリネシアなど、広く分布している。(「葬制の起源」大林太良著)



768 :出土地不明:2010/12/29(水) 00:36:50 ID:08dqs3Cf
>梅棹忠夫氏の「ツングース水軍日本征服説」
そんな考古学会で結論すら出てないネタを信じろとでも?
しかもツングース水軍とは笑わす話だよな
たとえば韓国に祭られてる海神は日本のそれとは
まったくの別物である男根だよなどこに海洋民俗の要素や神話がある?

>しかも新羅の倭人は朝鮮半島におった倭人じゃけぇ、列島の倭人たぁ、
>関係無いわ。

倭国の東北一千里のタバナ国で、王妃が卵を産み落とした。
王は不詳であるとして、卵を宝の箱に詰めて海に流した。
箱は伽耶を経て辰韓に流れ着いた。おばあさんが箱を拾って赤子を見つけた。
これが昔王祖の脱解である。

倭人が腰にヒョウタンをつけて海を渡り、新羅に来て、瓠公(ホコ)と呼ばれた。
彼は、初代王の赫居世(朴氏祖)〜四代王の昔脱解(昔氏)まで、建国の重臣として活躍した。





769 :出土地不明:2010/12/29(水) 00:42:59 ID:08dqs3Cf
>太陽信仰でも、天上、天孫概念は内陸アジアの牧畜民じゃ。

インドネシアにもあるわいw

770 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/29(水) 01:34:36 ID:4OIhLWh1
>>767-768
海上他界観と海洋民族の定義を何で一緒にするんか?
ほいから、大林氏の海上他界にゃあ、アメリカ大陸さえあるんに。
梅棹氏は大林氏と同様文化人類学、民族学で、考古学会の
お墨付きでもいるんかいのう?
じゃけぇ、倭人云うてモンゴルの倭人か朝鮮の倭人か?
>>769
インドネシアの天孫たぁ、具体的書いてみんさい。

771 :出土地不明:2010/12/29(水) 01:49:48 ID:08dqs3Cf
お墨付き?ツングース水軍日本征服説が考古学会でお墨付きだというのか?
倭国と海を渡りってとこだけ見えない魔法にでもかかったか?
インドネシアのものはhttp://gadogado.exblog.jp/2812501/

768の質問に答えてな
中国から来た竜神信仰以外にツングースの海神神話がどこにある?
日本のそれと繋がるものなんてないだろそれをどう説明するん?


772 :出土地不明:2010/12/29(水) 05:00:31 ID:KzS0cCNY
うはw

江南説こそトンデモでしょww

773 :出土地不明:2010/12/29(水) 06:16:38 ID:+amVIH3C
>>765
>古墳期の韓式は須恵器に決まっとろうに。

須恵器は実質5世紀だ。
西都原は5世紀から始まったのか?
大笑いだ。おまえほどさわやかな馬鹿も珍しいな。

>桂甲なんか、重装騎兵に必要で、初期に渡来した連中が
>重装騎兵じゃないといけんじゃことの、あんたの勝手に前提条件
>付けな。ほいから伽耶の古墳でも桂甲たぁ短甲の方が多いんで。

だから日本に来た騎馬民族があるとしたら、
その伽耶の桂甲の重装騎兵だろうが、
何で日本で馬具は埋葬してるのに桂甲は埋葬してないのだと聞いてるのだ。
騎馬戦術に必要な最新の甲冑を知ってる彼らがなんで前段階の短甲に戻してるのだときいてるのだ。
答えれねぇだろ。
つまり騎馬民族とやらは日本に来てないのだ。
来たとしても地方豪族にさえなってやしないのだ。

分かったか、さわやか馬鹿。


774 :出土地不明:2010/12/29(水) 07:41:59 ID:mXv1ndcB
バカ牛は相変わらずウリナラ理論を展開してるのか
しかも調子こきまくって騎馬民族水軍とは呆れたものだなおい
ウリナラファンタジーを披露したあげく説明出来ずに逃亡?
都合が悪くなると話逸らして逃げる姿が朝鮮人みたい(笑)

775 :出土地不明:2010/12/29(水) 07:56:56 ID:mXv1ndcB
都合悪くなった時のバカ牛のパターン


@質問に質問で返して違う方向に話逸らそうと工作する

A南方説を主張してる学者の名前だしたりしてネトウヨ連呼し批判する

B何処の誰かも知らない人のツイッターやブログを載せ発狂する



776 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/30(木) 02:02:50 ID:4CAtM8JV
>>771
じゃけぇ、捏造体質の考古学会のお墨付きは貰うたら、逆に胡散臭う
なろうに云うとるんで。
インドネシアはイスラム圏で神話はイスラムの影響を受けとろうに。
大林太良氏はそのことを指摘されとらんかったか?
海神なんか環境で、内陸部にあった扶余や高句麗は河神よのう。
ほいから、梅棹氏はツングース水軍説で、「世界的にみて、
水軍というものは、日本のような島国ではなく、むしろ大陸で
形成されるという傾向がある。船が次第に大型化して軍事勢力として
編成されていくまでの初期技術段階では、静かな水域が必要なんです。
大陸の、平野部における大河や湖が、そのためかっこうの場を提供する。
 歴史上有名なヴァイキングにしても、あのフィヨルドという静かな水域が
なかったら育たなかったでしょう。しかもそのヴァイキングが各地に
拡がっていくときも、大洋をおし渡るというよりは、海岸づたいに行って、
セーヌ川とかテムズ川のような大河川を遡っていく。あるいは、バルト海
という内海経由でロシア内陸部まで大陸河川を伝っていくわけです。
 極東北部での水軍育成水域はどこかと言うと、私は遼河、松花江、
鴨緑江などを考えています。」
確かに、満州はユウ婁がアジア最古の海賊で、渤海が山東半島の登州を
海路で襲うたり水軍要素が強い。

777 :出土地不明:2010/12/30(木) 11:24:13 ID:e3CuA0+o
太陽に対する信仰と宗儀およびそれにつらなる日の御子の神話は、
北方大陸の満蒙諸民族の間にも、また南方海洋系諸民族の間にも、
ともに栄えているが、それぞれの系統と型とが見られ、
わが日の御子の伝承は日光感精型でなく、むしろ降臨型の南方系に系統しているのである。



778 :出土地不明:2010/12/30(木) 11:42:14 ID:e3CuA0+o
>>776

?婁は古の粛慎の国なり。扶余の東北に千余里、東は大海(日本海)に沿い、
南は北沃沮に接し、その北は極まる所を知らない。土地には多くの険しい山がある。
姿形は扶余に似ているが言語は各々に異なる。気の向くままに船に乗り、
巧みに強盗を働くので、鄰國は畏れ、患うが、兵をもってしても服させることはできない。
東夷の夫餘は飲食には皆、俎豆(まないた)を用いるが、ただ?婁だけは使用しない。
法俗は最も綱紀(規律)が無い者(最悪の無法者)たちである。

?婁=粛慎は生活習慣風習などから間違いなくツングース系の満州族の祖である
夫餘は生活習慣風習や言語も異なるとある事からツングースでは無いことが見られる

779 :出土地不明:2010/12/30(木) 13:33:55 ID:PG0uNstj
>>776
>>768−771の質問の答えになっていない
あんた人に妄想やらネトウヨやら言っときながら
よくそんな妄想言えたもんだな?
あんたが言ってるツングース水軍に日本の海の神話に繋がる神話が
存在するのかと聞いているんだが

780 :出土地不明:2010/12/30(木) 16:58:09 ID:EJkoJHNE
ツングース水軍でなく、パイレーツオブ渤海湾なら、あったんじゃあないか?
海賊が日本近辺でも出没したことと、
国家が組織した水軍が列島を征服したことは、だいぶ距離があると思うがなあ。
それで、白馬青牛さんには、
ツングース水軍を組織した国家の名前、その年代、ルートなど、
自分自身の仮説でよいから示してほしい。
(悪意はありません。)


781 :出土地不明:2010/12/30(木) 17:06:57 ID:EJkoJHNE
◆◆◆ 『三国史記』 ◆◆◆

 朝鮮最古の史書『三国史記』(1145年成立)の新羅本紀には、第四代の王について、つぎのように書かれています。

「脱解尼師今、立。(一云吐解。)時年六十二。姓昔。妃阿孝夫人。脱解本多婆那國所生。其國在倭國東北一千里。・・・」

「脱解尼師今が即位した。(または吐解ともいう。)王はこの時、年が六十二歳であったが、姓は昔氏で、妃は阿孝夫人である。脱解はもと、多婆那国の生れで、その国は倭国の東北千(百)里の所にある。・・・(林英樹訳)」

「脱解尼師今が即位した〈吐解ともいう〉。王はこの時(A・D五七)、年が六十二歳で姓は昔氏、妃は阿孝夫人である。脱解王はもと多婆那国の出身で、その国は倭国の東北一千里のところにある。・・・(金思Y訳)」

(注1:このあと、朝鮮によくある伝説として、多婆那国の王の妃が卵を産んで海に流されて生まれ、海岸に漂着した――という話があります)

(注2:脱解尼師今は(トヘニサコム)で、尼師今(ニサコム)は王様といった意味だそうです。箱(船)から出てきたので脱解という名がついたという話も書かれています。多婆那国は(タバナ国)と読めます)


◆◆◆ 《籠神社》に残る伝説 ◆◆◆

 天橋立を参道にしている丹後の《籠神社》には、古代にこの地から一人の日本人が新羅に渡って王様になった――という伝説が残されているそうです。




782 :出土地不明:2010/12/30(木) 17:23:18 ID:0KBW4p7k
鳥羽奈良国?

783 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/30(木) 22:59:43 ID:4CAtM8JV
>>773
あんた、ほんま馬鹿タレじゃのう。弥生期から韓式土器の延長に
過ぎん。四世紀に来た連中が職人まで連れて来るんか。土器なんか
現地の奴隷民に作らせりゃあええだけよ。しかも土器なんか、
民族移動を示すもんじゃない。
ほいで、重装騎兵はお金がかかるけぇ、軽装騎兵から始まるんが
当然じゃろうに。
伽耶に軽装騎兵が無かったじゃの、妄想前提条件を付けなや。
ほいで、最後は自分の妄想前提条件に合わんけぇ、騎馬民族説を
勝手に否定しよる、幼稚なのう。(笑)
>>774-775
嫌韓ネット右翼こそ、朱子学攘夷ウリナラ・ファンタジーじゃ
ろうが。(笑)あんたら、妄想を否定した相手にゃあ、朝鮮人認定
や、印象工作しよるが、あんたら自身を幼稚な思わんや?
>>777
南方に天孫降臨神話なんかあるんか?
キリスト教やイスラム教の影響を受けとらんもんで、どがあなんが
あるん?

784 :出土地不明:2010/12/30(木) 23:45:14 ID:8EMxAxuZ
>>781
蓬莱山の伝説も有るから
それはいい感じかも知れない

倭国の東の遙か海の彼方に国が有ると言うのは
魏志倭人伝にも有る

785 :出土地不明:2010/12/30(木) 23:54:37 ID:e3CuA0+o
湖南省広西チワン族ヤオ族の神話
中国南方長江流域の少数民族の神話
これらに天孫降臨がある

786 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/31(金) 00:02:49 ID:S7bAS/hk
>>778
あんた、ユウ婁伝の扶余とユウ婁の姿形、(原書「人形」)つまり
容貌体つきが扶余に似て同人種じゃ写しとるじゃないか。(笑)
言語が違うた扶余は豆莫婁と同様モンゴル語とすると、
ユウ婁はツングース語か古アジア語か解らんし、
後世の女真とも同系の言語かどうかも解らんが、
女真は、扶余・高句麗やユウ婁の南ツングースの文化の
後裔たぁ云えるけんのう。
ユウ婁は古アジアのニブフ族の毒矢、人尿使用、地下竪穴式の習俗
の影響を受けてとる違い程度よ。
高句麗のオンドルは、女真に継続されとるし、あんた、地理環境が
気候が習俗を決めることすら知らんようじゃのう。(笑)
>>779
沃祖伝に、東の島の伝説なんかも、神話伝承類型の一つじゃろうに。
>>780-781
渤海湾はツングース水軍が主役じゃったよ。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kudara-kanbun7-zuisho.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kudara-kanbun11-tsuden.htm
隋書や通典の百済伝も、百家が海を渡って国家を造ってとるし、
遼西にも拠点支配しとったけぇ、高句麗や百済は海洋国家の
始まりと云えよう。漢人のような内陸的でも無い、
越のように交易以外は引き籠りの閉鎖的な性質でも無い。
ツングース水軍が直接日本へ来るたぁ、朝鮮半島を経由して
じゃけぇ。組織した国家云うたぁ、扶余や高句麗の残党勢力が
百済、伽耶、日本を造ったとした方がええよ。
ほいから、他スレで書いたけど、脱解王御一行は、
七宝と奴婢を満載して新羅に来たけぇ、奴隷献上じゃね。
まあ、昔氏説話の倭は日本のことじゃ無い可能性が強い。
倭の東北云うて、伽耶の倭の可能性が強いけんのう。
もしや、モンゴルの倭人じゃったかも知れんし。
しかも、日本人が成立したんは、少なく遡って記紀の時代で、
古新羅の頃にゃあ、日本人は世の中に存在しとらんよ。(笑)
どうも、あんたも「近代概念」を古代、中世に押し付ける
ネット右翼の連中と思考法は変わっとらん思うけどのう。
神話類型のように、ネット右翼ら類型すると、「朱子学神話」に
結び付くけぇ。(笑)

787 :出土地不明:2010/12/31(金) 00:04:35 ID:9qPFdExr
「我が女(むすめ)二たり並べて立奉りし由は、石長比売(いはながひめ)を使はしては、
天つ神の御子の命は、雪零(ふ)り風吹くとも、恒に石の如くして、常石に堅石に動がず坐せ。
亦木花佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)を使はしては、木の花の栄ゆるが如栄え坐せと、
うけひて貢進りき。此くて石長比売を返さしめて、独り木花之佐久夜毘売を留めたまひき。
故、天つ神の御子の御寿は、木の花のあまひのみ坐さむ」



788 :出土地不明:2010/12/31(金) 00:08:44 ID:9qPFdExr
バナナ型神話(バナナがたしんわ)とは、
東南アジアやニューギニアを中心に各地に見られる、
死や短命にまつわる起源神話である。

神が人間に対して石とバナナを示し、
どちらかを一つを選ぶように命ずる。
人間は食べられない石よりも、食べることのできるバナナを選ぶ。
変質しない石は不老不死の象徴であり、
ここで石を選んでいれば人間は不死(または長命)になることができたが、
バナナを選んでしまったために、バナナが子ができると
親が枯れて(死んで)しまうように、またはバナナのように腐りやすく脆い体になって、
人間は死ぬように(または短命に)なったのである。





789 :出土地不明:2010/12/31(金) 00:16:59 ID:WHkPHbYr
三国志魏書

國之耆老自説古之亡人 国の古老は昔の亡命者だと自称する。

これは他所から来てるということだろう
言語が違い生活風習においても女真の祖である粛慎ユウ婁とは違いすぎる

790 :出土地不明:2010/12/31(金) 00:22:22 ID:/kfKRiWG
都合の悪い事をすべてスルーするバカ牛
さっさと779に答えろや


791 :出土地不明:2010/12/31(金) 00:27:19 ID:WHkPHbYr
其國近倭、故頗有文身者 その国は倭に近い故に全身に刺青を施している者も少しいる

倭人に近いとしてるがきちんと区別している

792 :出土地不明:2010/12/31(金) 00:35:55 ID:WHkPHbYr
高句麗伝

其人性凶急、善寇鈔。
その族人の性質は凶暴で性急、金品を強奪することを喜びとする。

東夷舊語以為夫餘別種、言語諸事、多與夫餘同、其性氣衣服有異
東夷の古い話では夫餘の別種だとするが、言語、諸事ともに多くが夫餘と同じだか、気質や衣服に違いがある。

793 :出土地不明:2010/12/31(金) 00:44:57 ID:WHkPHbYr
粛慎伝

無文墨 刺青はない

ユウ婁伝
其人形似夫餘、言語不與夫餘、句麗同
姿形は扶余に似ているが、言葉は扶余や高句麗と同じではない

自漢已來、臣屬夫餘、夫餘責其租賦重、以?初中叛之。夫餘數伐之、其人衆雖少
漢代以来、扶余に臣従していたが、扶余が責めたてる賦課が重いので、黄初年間(220−226年)にはこれに叛いた


中国の史書にユウ婁が刺青してるという文は出てこない

794 :出土地不明:2010/12/31(金) 00:54:25 ID:WHkPHbYr
>倭の東北云うて、伽耶の倭の可能性が強いけんのう。
>もしや、モンゴルの倭人じゃったかも知れんし。

倭国って部分だけ見えないのか?

795 :出土地不明:2010/12/31(金) 01:05:26 ID:PHA/u6aK
>>791
「少し」は何処から出たのか解説して

796 :出土地不明:2010/12/31(金) 01:06:06 ID:WHkPHbYr
『新羅本紀』脱解尼師今

脱解尼師今立、一云吐解。時年六十二、姓昔。妃阿孝夫人。脱解本多婆那國所生也。
其國在倭國東北一千里。初其國王娶女國王女為妻。有娠七年、乃生大卵。
王曰「人而生卵不祥也。宜棄之」。其女不忍、以帛卵裏寶物置於?中、浮於海、任其所往。


797 :出土地不明:2010/12/31(金) 01:09:15 ID:WHkPHbYr
>>795
すまん下の弁辰伝からだけど中国では倭人とそれ以外を区別してるのがわかる
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-mokuji.htm

798 :出土地不明:2010/12/31(金) 01:10:51 ID:PHA/u6aK
>>791
ああ、それ「弁韓」か
其國近倭、故頗有文身者

『梁書』百済伝はこれだな
其國近倭、頗有文身者

違いが分かるよな?

799 :出土地不明:2010/12/31(金) 01:19:41 ID:WHkPHbYr
>>798
イエス
791で勘違いさせてしまったようですまん

800 :出土地不明:2010/12/31(金) 06:03:23 ID:Ause5vo4
結局>>687に適合する地勢ってどこなんだ?

801 :出土地不明:2010/12/31(金) 13:11:31 ID:PHA/u6aK
>>800
西日本だろうな、ヤマトだろう
高句麗に邪魔されて船が進めないと言ってる

だから記紀から消えたのだろう

802 :出土地不明:2010/12/31(金) 13:24:32 ID:KeDPf9K7
>>783
>土器なんか 現地の奴隷民に作らせりゃあええだけよ

「そうした」と証明できるものが何もないのを妄想というのだ。

>しかも土器なんか、 民族移動を示すもんじゃない。

それは土器の出土状況にもよるが、おまえも縄文土器まで持ち出して示そうとしてたではないか、卑怯者。

>重装騎兵はお金がかかるけぇ、軽装騎兵から始まるんが
当然じゃろうに。

お金がかかるけぇ
お金がかかるけぇ
お金がかかるけぇ
お金がかかるけぇ

こんな逃げも珍しいのう(大笑い)
http://www.city.fujiidera.osaka.jp/9,1034,96,139.html
写真右が日本の初期桂甲だ。
大王陵が多い場所柄、かなりの高位の人物だったと思われる。
これがおまえの言うどこの北方民族なんだよ。
これは衝角付冑という弥生時代から存在するとも言われる日本固有の冑だ。
伽耶の騎馬民族とやらは蒙古鉢形冑だ。自分たちが持ってた蒙古鉢形冑はどうしたんだよ。
日本で蒙古鉢形冑と桂甲のセットなんて見つかってないのだが?(大笑い)


803 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2010/12/31(金) 23:49:58 ID:S7bAS/hk
>>789>>797
あんた、発狂したように連投しよるのう。(笑)
http://www.geocities.jp/taru638/page036.html
ここに出とるよう、古墳期以降は、刺青は身分の低い連中がするか、
罪人がさせられるもんじゃったよ。
ほいから半島の倭人にゃあ文身はあっても、黥面がのうて、
九州島の倭人は文身と黥面が共にあった云うべきじゃろう。
まあ、刺青は文中のアルタイの刺青や古代キルギス(堅昆)にもあったが、
モンゴル高原や満州なんか早うから廃れたんじゃろう。
中国の呉越ですら、北方漢文化の影響で、身分の低い者や罪人以外は
しとらんかったろう。
>>802
縄文土器云うたあ、櫛目文土器の影響を云うたら、あんた都合が悪い
らしいのう。(笑)躾の悪い親に育てられた人間は「卑怯」用語が
好きじゃのう。他者に「逃げる」じゃの虚勢を張る処も、
如何にもネット右翼らしい。
http://webkoukai-server.kumamoto-kmm.ed.jp/web/mugiamnews/12minoguti.pdf
楢埼山5号古墳なんか、桂甲、蒙古鉢形冑がセットで出とるど。(大笑い)

804 :出土地不明:2010/12/31(金) 23:58:47 ID:fiG6FP1J
>>803
アメリカ人も身分が低いんだな。
身体に入れてるからな。

805 :出土地不明:2011/01/01(土) 05:22:41 ID:MwR4xcc9
>>803
>縄文土器云うたあ、櫛目文土器の影響を云うたら、あんた都合が悪い
らしいのう。(笑

自分の示した図が孔列土器の間違いであり、
しかも在地の縄文土器に穴をつけただけとの学者の見解に反論できず
『国粋者』呼ばわりしたみっともない男は誰だったかいのう(大笑)

>楢埼山5号古墳なんか、桂甲、蒙古鉢形冑がセットで出とるど。(大笑い)

調べるのが面倒くさいので「かまかけたら」やっぱりむきになって調べたようじゃのう(笑)

時期は桂甲導入時の5世紀中頃なんで別に問題ないし、
5世紀中頃は相変わらず帯金短甲の隆盛時に変わりない。
この古墳から出た蒙古鉢形冑については詳細がないので保留だ。
猫塚のように眉庇付という日本流にアレンジしたものである可能性もあるからな。
で、もし渡来品であってもだ、熊本にも立派な前方後円墳があるのに
こんな小さな円墳にしか出ないのをみるとその地位が分かる。

他に「桂甲と蒙古鉢形冑のセット」は他にないのか? 
おまえはたった一例で一つの仮説を立証できるとでも思ってるのか?
立証義務は説を唱えてる側にあるのだからな。
お得意の「そうでない根拠を言え」という悪魔の証明で逃げるなよ。
ほれ調べてみいや。(大笑い)

806 :出土地不明:2011/01/01(土) 09:52:11 ID:Fi0uLKDt
>>805 小さな円墳にしか出ない.
馬の生産者を移住させたのだろうな。

807 :出土地不明:2011/01/01(土) 10:53:33 ID:MwR4xcc9
>>806
馬の生産者ではなく、一応、古墳に埋葬されてるのだからそれなりの地位はあっただろう。
ただこの出土品を元に被葬者を渡来系だと断定するのならば、
この時期(5世紀)の河内王朝には渡来系の古墳はないと言うことになり、
白馬のような騎馬民族説支持者にとっては逆に苦しいことになる。w


808 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/02(日) 01:09:12 ID:Pz4Jt6U5
>>805-807
曽畑式を縄文土器に穴をつけた云う鎖国史観を唱える学者の方が
余りにも日本人的云うか「夜郎自大」よのう。
櫛目文土器は、北ユーラシアに広範囲にあるが、それらも縄文土器
の影響云いたいんか?(笑)
世界の普遍の中で日本列島を捉える視野すら無い者が多過ぎる
けんのう。
「かまかけ」じゃの相変わらず虚勢張りよる。古墳の大きさじゃの、
日本のたぁ小さい古墳の高句麗は日本より地位が低かったこと
なんかあったか?
立証じゃの悪魔の証明じゃの、ネット右翼用語でお茶を濁しするが、
歴史に立証なんか出来るじゃの本気で思うとるんか?
 世界史の新視点から。
松田壽男氏「歴史学者や考古学者っていうものは、みんな視野が
狭いんじゃないか。記録とか出土品の扱い方を知らないんじゃ
ないか。出土品や記録なんかは、残り方が、われわれの書く
手紙と同じことなんだ。特殊なものしか残らない。」
江上波夫氏「そうなんだ。特殊なものしか残らない。
手紙って面白いもはね、芸術家の手紙を見ると、ほとんどが借金の
申し込みとか、貸してくれとかいう手紙なんだ。それだから残った
んだ。それが残ったからって、それで判断したって…。」
松田「伝記を書くと、みんな借金したとか、貧乏していたやつに
なっちゃうんですね。」
まあ、現代でも、車を50キロ時速制限の処を車の流れで70キロで
運転するんを、後世の人間が罰金や裁判記録で違法無法者以外の
市民は皆時速制限を守った云うたら笑い話になるんと一緒で、
記録や出土品を扱う者は、広い視野と現実感覚が必要じゃに、
あんたぁ、裁判記録が証拠じゃ云うとるようなもんで、
歴史は裁判の立証じゃのうて認識なんど。
じゃけぇ、古墳期の特に西日本じゃあ渡来形質の人骨が多く、
現代日本人も北方渡来形質云う現実をふまえて云わにゃあ、
出土品スルメ理論になって、生きたイカの現実を無視するように
なるんど。(笑)

809 :出土地不明:2011/01/02(日) 01:25:14 ID:lyRz61PW
そろそろ中国と韓国がうざいんで
日本が台頭して叩くから覚悟しててねw

まあ韓国も中国も日本なんか気にしてないよね
韓国は世界最強の国だしねw

810 :出土地不明:2011/01/02(日) 07:49:47 ID:ErFj2cdp
>>808
>曽畑式を縄文土器に穴をつけた云う

ドアホ。そりゃ孔列土器。曽畑式の担い手は縄文人。

それより甲冑の件はおまえの【逃げ】で終了でいいな。
楢埼山5号古墳被葬者を渡来系だと断定するのならば、
この時期(5世紀)の河内王朝には渡来系の古墳はないと言うことになる。

終了だな?

811 :出土地不明:2011/01/02(日) 14:27:10 ID:5JD5v8Pk
よく天皇が後から侵略してきたって必死になってるアホ左翼がいるけど
日本という国自体が天皇を起源として誕生した国家だから
仮に侵略だとしても侵略された民族は日本人とは言えない単なるこの土地の先住民族で
どうほざいても日本国、日本人と天皇は切り離せないだがな

まだ誕生して百年にも満たない中華人民共和国を
四千年なんてデタラメ言ってる内に
土地と国家の違いも分からないくらい思考が崩壊してしまったんだろうか?

812 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/03(月) 01:58:56 ID:Pu2MhccQ
>>809
「日本が台頭して叩く」云う朱子学攘夷スローガンを妄想
してもねえ。(笑)日本の上層部は、戦前からの伝統で
低脳じゃし、そがんこたぁ難しいし、失策する可能性が強いん
じゃないか。
越智春海元陸軍大尉が、日本上層軍人の「支那蔑視」「敵情軽視」
「夜郎自大症」云う精神構造から、「「日本軍に不可能は無い」と
思い込んでいる反面「敵軍には、これは不可能だ」と、
ろくに検討せずして、いち早く判断してしまうクセがある
(現在形!)のだ。」
あんたも、ネット右翼ブログばっかし見よるけぇ、妄想出来るん
じゃろうのう。(笑)
>>810
「夜郎自大」の縄文教徒の妄想は激しいのう。(笑)
縄文土器が世界的に分布しとるんか考えりゃあ解ろう。
島国から大陸半島へ影響を与える力なんか古代に無いよ。
河内が王朝かどうかは兎も角、河内は北方渡来形質が多い地域で
あることを無視して妄想しても意味が無いど。
>>811
おいおい、戦後左翼の方が日本人単一民族説を唱えよったんど。
へこさか(逆)云うなや。
別に日本は、天皇を起源とした国でも無いし、記紀の天皇思想に
過ぎん。実際は天皇家も違う王朝を繋ぎ合わせとる程度じゃ
ろうて。
あんた異常な天皇擁護云う処、左翼かのう?右翼の児玉誉士夫氏は、
昭和天皇の責任に言及したんじゃに。
まあ、天皇家の血流は繋がって無いにしても、家として続いとるん
じゃけぇ、天皇制はこれからも存続した方がええと思うけど、
神聖視するほど、わしゃあ天皇家崇拝じゃ無いのう。
幕末勤皇派じゃった身内を持つ、わしが云うんもなんじゃが。
ほいから、中華人民共和国から歴史を数えるんなら、日本も米国
進駐軍統治の戦後から日本の歴史が始まる云う解釈なんか?
ほいなら、日本の歴史は60余年になるのう。

813 :出土地不明:2011/01/03(月) 04:27:32 ID:zpps39QK
>>811
ははは。ウリミンジョクは天皇の始祖ニダ。
ウリは生粋の日本人ニダ。



814 :出土地不明:2011/01/03(月) 05:33:45 ID:VEzwqL2g
>>811
日本は天皇中心かも知れないけど
倭はちがうね、天皇はヤマト

天皇支配が長い西日本と土着勢力が強かった東日本で国の成り立ちが違う
鎌倉時代以降は東国の武士が日本列島を支配してる

天皇は何処から来たのかと言うと1万5千年前に南米から来た

815 :出土地不明:2011/01/03(月) 08:47:13 ID:qfp+I3pJ
>>812
>縄文土器が世界的に分布しとるんか考えりゃあ解ろう。

誰がそんな事言ってるんだ、話をそらせるな。
ただ縄文土器は半島南部までは出てる。
バヌアツにもそっくりな物が出てるらしいが断定はできない。

>河内が王朝かどうかは兎も角、河内は北方渡来形質が多い地域で
>あることを無視して妄想しても意味が無いど。

はいはい、逃げたね。

楢崎山5号墳の例を自分で出しながら、
それ以上出せないとなると騎馬民族説が成立しなくなるのが分かり、惨めに逃亡(大笑い)

816 :出土地不明:2011/01/03(月) 12:40:35 ID:/4bkz+ep


817 :出土地不明:2011/01/03(月) 17:49:04 ID:FZN9AzQS
とにかく否定するような事を言い返して相殺するというのがあちらの人達のやり方なんです。
内容が無くても構いません、言い返しできたら、本人は相手の言を否定できたと思いこめるのですから。



818 :出土地不明:2011/01/03(月) 20:37:04 ID:PYrfWKku
【話題】グルーポンで購入したおせち料理が見本と全然違う! それを受けてバードカフェの社長が辞任を発表 ★58

1 :依頼614-533@残業主夫φ ★:2011/01/03(月) 19:43:52 ID:???0

共同購入サイト『グルーポン』で注文すると21000円のおせち料理が10500円になると話題になり500件の注文を
受けた『バードカフェ』。しかしその注文の多さに対応出来ず送られてきたおせち料理は見本とは全然違う物に
なっているとネット上で騒がれている。騒ぎはまだ収拾が付かず、現在もネットを中心に炎上気味だ。

そんなおせち料理を販売したのは株式会社外食文化研究所の『バードカフェ』。代表は水口憲治氏で既に
自身のブログや『Twitter』でも謝罪がおこなわれている。そんな水口憲治氏のブログを見てみると気になる
一文が書かれていた。

「この責任は2011年1月1日をもちまして株式会社外食文化研究所の代表取締役を辞任することと相成り、
引き続きこの件でご迷惑をおかけしたお客さまへの対応を行って参ります」(原文ママ)

今回の騒動を受けて水口憲治氏は社長を辞任するということらしい。そして今後も返金、謝罪を含め対応を
していくとのことだ。

問題のおせち料理について少し説明しておこう。見本はかなり豪華な内容の4人前おせち料理がサンプル写真
として掲載されていた。しかし実際購入者に送られてきたものは中身スカスカのおせち料理だったという。
品数も33品との説明に対して数えてみると25品程しかないとのこと。また、クール便で送られてくるはずが
普通便で送られてきたとの話も。中には腐っていたという報告も挙がってきている。

この件に関して、グルーポン側でも謝罪文を出しており全額返金、そして「お客様にお選び頂ける商品カタログ」が
掲載されている。

今後バードカフェの対応がどうなっていくのか、見守っていきたいと思う。
http://getnews.jp/archives/91986
http://getnews.jp/archives/91904


819 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/04(火) 00:48:34 ID:0737U9++
>>814
倭は朝鮮半島〜九州地方の方で畿内はヤマト。東北は蝦夷、
関東は東夷じゃけんのう。東日本でも支配階級は渡来系じゃったよ。
庶民は蝦夷系じゃが。
http://www.geocities.jp/npowaro/raku-102.htm
ここの群馬上野の多胡郡でも、支配層は新羅系浮囚の蝦夷は支配
される立場じゃったよ。
東国の武士は東西対決じゃあるまいし、河野氏ら瀬戸内水軍を
味方に付けて源氏方が膨れあがっただけじゃし、
社会制度も東国武士が地頭になっても西日本は変わっとらんよ。
あんたぁ、左翼石母田史観の東国武士が西日本の堕落した
貴族社会から解放したじゃの日本史のマルクス史観発展段階説を
信じとるようじゃのう。
ほいから、南米から人の流れは無いよ。
>>815
バヌアツじゃの、後世の人間が埋めた可能性が強いもんを挙げても
のう。(笑)考古学者は、旧石器捏造事件じゃの、捏造が好きな
方々がおられる云うか、日本は捏造社会じゃけんのう。
日本捏造社会構造は、中国や韓国にも負けとらんよ。(笑)
現実的に河内に在来縄文系が多かった根拠をあんた提示しとらん
じゃろうに。あんたの騎馬民族説批判が破綻しとるんで。

820 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:22:20 ID:Z9zVvdUd
ミトラのテーマは、いつかは取り上げなければと思いつつ、なかなか着手できずにいたものだ。それは、分量もあったが、一番のネックは「景教」のミトラ教化を、どう扱うべきかという点であった。
景教に関しては、文中でも述べたが、日ユ同祖論を掲げるプロテスタント信者の間では肯定的に受け止められている。なぜならもし景教が純粋なキリスト教信仰であれば、
その文化的影響を受けている日本の宗教を誇ることができるからだ。また景教ことネストリウス派は、宗祖ネストリウスがマリアを「神の母」と呼ぶことを否定したためにカトリック教会から追放された教派だからである。
聖母崇敬を偶像礼拝として否定するプロテスタントにとってみればネストリウスは偉大な先駆者ということになる。(マリアを目の敵にしている私も、ネストリウスを「預言者」として尊敬していた。)
このため、手束正昭師などは景教を「古代のカリスマ運動」と呼んでいるし、自らもアッシリアの景教徒の末裔であるケン・ジョセフ師は景教を最大限評価して、古代日本はキリスト教国だったとしている。



821 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:25:09 ID:Z9zVvdUd
しかし、調べていくとどうもそれでは済まない話になってきた。日本仏教が景教の影響を受けているというけれど、明らかにミトラ教の影響も見られる。
飛鳥の都だとか法隆寺だとかは、ペルシア様式で造られており、そこにはゾロアスター教の影響や、ミトラ教の「聖方位」の思想が見られるという。
そもそも、日本の「景教徒」たちは仏像を作って拝んでいる。景教を「聖母崇敬という偶像礼拝をしないから」という理由で支持するプロテスタントにとって、
景教徒たちの仏像崇拝を認めるわけにはいかないだろう。それこそ、文字通りの偶像礼拝なのだから。



822 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:31:20 ID:0BxyxZlK
更に、「原始キリスト教」と「景教」の違いである。俗に、「秦氏はキリスト教徒だった」と言う時、「秦氏は景教徒だった」と理解される。
だが、景教ことネストリウス派がローマから追放されたのは5世紀。しかし、5世紀には既に秦氏は日本に渡来してきていた。秦氏が景教徒であるはずはない。
しかしその文化の特徴から、秦氏は「ユダヤ人キリスト教徒」であると考えられる。この矛盾に着目し、秦氏の正体を1世紀末にエルサレムを脱出した、
「ユダヤ人原始キリスト教徒」と論じたのが飛鳥昭雄・三神たける共著『失われた原始キリスト教徒「秦氏」の謎』(学研)である。
私は基本的にこの説を支持している。ある人々は、原始キリスト教徒もネストリウス派も次第に融合して、共に景教になったとしている。
確かにそういう事実もあったと思う。だが、原始キリスト教とネストリウス派景教とには、決定的な違いがある。



823 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:36:05 ID:nHAVX72N
それは、4世紀の、ローマ帝国によるキリスト教公認、ついで国教化を経ているかどうかだ。これは大きな意味を持つ。なぜかと言うと、ローマ帝国の公認・国教化は聞こえはいいが、実はキリスト教に大いなる堕落を引き起こしたからだ。
国教化によって、他の宗教はすべて禁止された。ローマ帝国臣民はすべて、強制的にキリスト教に改宗させられた。心でイエスを信じていなくても、新生の体験がなくても、イエスのことを全く知らなくても、みな無理矢理クリスチャンにされた。
その結果、教会の中は、イエスを信じていない「名ばかりクリスチャン」でいっぱいになったのだ。当然そこには堕落が起こり、偶像礼拝が横行した。「名ばかりクリスチャン」たちが、古い信仰を捨てないまま、
形だけ「キリスト教式」に変えて偶像の神々を教会に持ち込んだからだ。その最たる例が、イシュタル、キュベレイ、イシスなどの女神信仰に由来するマリア崇敬であり、またミトラ教に由来するクリスマスであった。

824 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:39:33 ID:nHAVX72N
実のところ、ダニエル書や黙示録の預言を見ると、聖書ではローマは「悪の帝国」「反キリストの国」と見なされている。そのローマと契約を結び、ローマに魂を売った。
その時点でキリスト教は「反キリスト」となった。しかしこの反キリスト化した「ローマ公認教会」が「正統派の教会」「聖なる公同(カトリック)の教会」とされてしまった。
その直系がローマ・カトリック教会である。だから組織としてのカトリック教会は反キリストであり、終末にその本性を顕す。この堕落したカトリック教会から分離して、
原点である原始キリスト教に帰ろうという動きからプロテスタントが出てくるわけだが、流れとしては「ローマ公認→カトリック→プロテスタント」となっており、
純粋な原始キリスト教ではない。ネストリウス派にしても、追放されたのはキリスト教がローマに公認された後なので、やはり「ローマ公認→カトリック→ネストリウス派(景教)」という流れは変えられない。



825 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:43:20 ID:nHAVX72N
ところが、4〜5世紀日本に渡来した秦氏は、ローマ帝国の穢れを受けていない純粋な「原始キリスト教徒」であった。なぜなら彼らは、キリスト教がローマに公認されるはるか以前、
まだ紀元1世紀の内にローマを脱出した人々だからだ。その秦氏のもたらした純粋な原始キリスト教が、日本の「神道」の元になったわけである。
つまり「原始キリスト教→神道」であり、そこには「ローマ公認」という穢れは入っていない。しかし、その後を地の果てまで追ってきたのが、既に「ローマの穢れ」を受けてしまった景教だったというわけだ。
景教は異端とされたことで「ローマ公認教会」の資格は失ったが、その代わり「ミトラ」という穢れを受けてしまった。
(そもそも、キリスト教を公認したコンスタンティヌス帝がミトラ教徒であった。)そして、仏教の仮面を被って日本に入り込み、神道を穢してしまったのである。



826 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:46:50 ID:cayDQHZf
さて、秦氏の信仰である稲荷神についてはイエスの罪状書き「ユダヤ人の王ナザレのイエス」のラテン語表記
「Iesvs Nazarenvs Rex Ieudaeorvm」の頭文字「INRI」に由来するという説を紹介してきた。
今まで、秦氏自体は原始キリスト教徒である、との理解から、稲荷信仰も原始キリスト教由来の信仰であると理解していた。
だが改めて調べてみると、稲荷信仰の総本社・伏見稲荷大社の創建は紀元711年である。来年でちょうど創建1300年だ。

827 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:49:16 ID:cayDQHZf
稲荷信仰自体はもっと古くからあったのではと思うのだが、公式に祀られたのは意外に新しい。
この頃には既に「景教」が唐にまで伝来しており、日本人も触れる機会があったはずだ。
そこで、稲荷信仰は「原始キリスト教」ではなく「景教」に由来するものではないかとの疑念が出てくるのである。
というのも、「INRI」はラテン語。ユダヤ人である原始キリスト教徒が用いるにはいささか不自然だ。
だが景教ならば、ラテン語を用いたであろうローマ人系の景教徒が用いても不思議ではない。



828 :出土地不明:2011/01/04(火) 01:55:42 ID:cayDQHZf
いつも稲荷神社では「いなり」の語源とされる「INRI」に因み、「Yeshua Haーnotzri Weーmelech Haーyehudeem(ヘブライ語、YHWH)」「(ギリシア語綴り不明)」
「Iesvs Nazarenvs Rex Ieudaeorvm(ラテン語、INRI)」と、「ユダヤ人の王ナザレのイエス」を三言語で唱えることにしているのだが、頭が真っ白になって出てこない。
残念な思いでそそくさとそこを後にした。

別の神社も回ることにした。有人の大きめの神社はやはり混んでいるため、無人の小さなところに行くことにした。それで次に赴いたのは八幡神社。
稲荷社と八幡社は共に原始キリスト教徒秦氏の信仰でヤハウェやイエスに比定できるので、ストレートに参拝できる。

829 :出土地不明:2011/01/04(火) 02:08:59 ID:5mIcXwu0
博士たちの「見方」とはどういったものであろうか。それは、彼らが「東方」から預言を見たということだ。「正統派」は常に「西方」から預言を見る。
当時、ユダヤはローマの傀儡政権であるヘロデ王の支配化にあった。ベツレヘムの預言を解いたのは、このヘロデ王おかかえのラビたちだった。
聖書を「西方のローマ」からの見方しかできなかった彼らは、真理をつかみ損ねた。しかし博士たちは「東方」から預言を見た。
そこは、ローマ支配の及ばないパルティア王国の領域だった。預言を「東方の非ローマ」から見た博士たちは、真理を手に入れることができたのだ。

今日、「正統派」とされるキリスト教(カトリック、正教、プロテスタント)はみな、「西方のローマ」からの見方である。
それは、ローマ帝国の公認や、ローマ主催の公会議で「人が決めた教え」に過ぎない二ケア・コンスタンティノポリス信条を基盤とし、
西洋人(白人、欧米人)の思考でのみ聖書を理解しようとする教えだ。そこにはどうしても限界がある。



830 :出土地不明:2011/01/04(火) 08:54:34 ID:t40ccH5T
>>819
>バヌアツじゃの、後世の人間が埋めた可能性が強いもんを挙げても
のう。(笑)

そんな所から出ても誰も嬉しくないのに何で埋めるんだ?(笑)

>現実的に河内に在来縄文系が多かった根拠をあんた提示しとらん
>じゃろうに。あんたの騎馬民族説批判が破綻しとるんで。

日本人は女系のミトコンドリアでは北方系なのは当たり前だが?
それと騎馬民族説は全然関係ないし、
論理が破綻したのは楢崎山5号の例しか出せないおまえだ。
おまえこそどこかに桂甲と蒙古鉢型冑を埋めてこい(大侮笑)

831 :出土地不明:2011/01/04(火) 14:45:56 ID:AUiO1+cY
新羅からローマ系遺物が出るのは秦氏の秦韓時代の置き土産だろね
ローマは「大秦」と漢字表記するからね。

832 :出土地不明:2011/01/04(火) 16:12:17 ID:yU/fgDP+
秦氏=ハタ氏
「新約聖書」の原典は、ギリシャ語(=コイネー・ギリシャ語)という言語で記されている。ユダヤ人だからといって「ヘブライ語」で記されてはいないのである。
ギリシャ語でなければ、キリスト教の神髄はわからないというのが、「ギリシャ正教」である。

ギリシャ語で、教会の司教のことを「パトリアーク(パトリアケス/Patriaches)」という。もともと、「族長」という意味から派生した言葉であった。

中国の景教では、これを漢訳し、「波多力」と記載する。この波多力が、ギリシャ語でいう司教「パトリアーク」である。

「新撰姓氏録」において、秦=ハタ氏である由来を記載した部分に、仁徳天皇から秦氏が姓を賜る記述がなされている。

そこで賜ったハタという姓は「波多」という字であった。「秦」とい字ではなかったのである。


つまり、「秦氏」= 波多(はた)または波多力 = ハタ = 教会の司教(族長)

が読み方の秘密であったのだ。




833 :出土地不明:2011/01/04(火) 16:17:08 ID:yU/fgDP+
太秦=ウズマサ

秦氏がユダヤ人景教徒であるならば、ヘブライ語を知っていたに違いない。
秦一族の首長に対して、民族の言語であるヘブライ語の称号を贈ったとする解釈が、納得のいく解釈となるのではないか。

「ウズマサ」を・・・「ウズ」と「マサ」に分解し、ヘブライ語の意味を見てみると

「ウズ」=ヘブライ語で「光、東、文化、開花」である。

「マサ」=ヘブライ語で「貢物、賜物」である。

古代ローマ帝国を意味した大秦寺の「大秦〜太秦」に、「光の賜物」を意味する「ウズマサ」という意味を当てたのが、
秦一族の首長の読み方の秘密であったのだ。



834 :出土地不明:2011/01/04(火) 16:45:44 ID:TK9C8WPj
勾玉の秘密 「,」

皇室の先祖は古代イスラエル人です。「八」(ヤ)はイスラエルの神(聖書の神)「ヤハウェ」の短縮形です。
(例えば「ハレル・ヤ」の「ヤ」です。)ほかにも 八坂(やさか)神社、社(やしろ)、八尋(やひろ)殿、など。
勾玉の形は、ヘブライ文字(イスラエルの文字)で「ヤ」を表す文字「,ヨッド」の形をしています。

835 :出土地不明:2011/01/04(火) 17:00:37 ID:ibILxnuz
(大侮笑) ってあたらしいな

836 :出土地不明:2011/01/04(火) 17:08:12 ID:t40ccH5T
日ユ同祖論は面白いと思うし、むげに否定できないと思う。
例えばヘブライ文字とかな文字の類似。
あるいは山伏にそっくりなユダヤの風俗。

しかしだ、勾玉は縄文時代のの三内丸山遺跡からも出てる。
これをイスラエルと結びつけるのは無理だ。

837 :出土地不明:2011/01/04(火) 18:26:12 ID:zPFImqKS
>>824
なにが堕落なんだかよくわからん、神仏混淆も廃仏毀釈も世を治める方便じゃないの?

伝わっているものを歪める話に良いも悪いも無い。

838 :出土地不明:2011/01/04(火) 18:51:25 ID:cb82bl2q
まあ勾玉の形は植物の葉やオタマジャクシなど形としては自然界には
良く在る物だから偶然じゃないの

839 :出土地不明:2011/01/04(火) 19:09:13 ID:p1doAuao
>>837
プロテスタントから見てカトリックの連中は

堕落してるって思ってるんじゃ無いの

840 :出土地不明:2011/01/04(火) 22:12:49 ID:JTFIwfIy
へえ〜そうなんだ ふ〜ん

841 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/04(火) 23:41:07 ID:0737U9++
>>831-832
新羅から西方的、ローマ的遺物が出るんは、北方積石木槨墓の
古墳期からで、それ以前の被支配民の秦韓からは出とらんよ。
つまり新羅の支配層が非中国的、西方的遊牧民文化の被葬者
じゃったんよ。
日本の渡来系秦氏は新羅系の文化色が強いが、秦韓たぁ関連が
薄かろうに。
>>837-838
勾玉の起源は、モンゴル東部、遼寧の先紅山文化のケツ状耳飾りよ。
廃仏毀釈は、朱子学攘夷主義の連中がやったんで。朱子学攘夷主義
のネット右翼もやりかねんのう。(笑)

842 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/04(火) 23:51:45 ID:0737U9++
>>830
あんた、本気でバヌアツを信じとるんか?
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=94872
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/zenki/vanuatu.htm
バヌアツの土器表面に付着した上粒子が日本の土じゃけぇのう。(笑)
女系ミトコンドリアだけじゃのう、HLAでも形質でも北方系じゃし、
その北方系の連中が騎馬民族と無関係云うほうがファンタジーに
なろうが。(笑)

843 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:14:05 ID:fb8nGqhS
秦氏  秦氏・日本とユダヤ文化
謎の多い秦氏ですが、今まで読んできた本を総合的に考えて、なるべく矛盾が少なくなるようにまとめた自説を紹介したいと思います。

西暦30年に、イエスキリストは十字架にかけられ、死、復活、昇天があったとされ、イエス・キリストは神格化され、その後キリスト教教会ができる。
その2年後、キリストの12使徒の一人の弟子であるトマスは、現在のイランやイラクあたりで既に伝道を行っていた。 また、使徒ナタナエルなども西アジア一帯に早くから伝道をしていた。



844 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:16:39 ID:fb8nGqhS
キリスト教は急速に西アジアに広まり、歴史家バール・ダイサン(154〜222)の記録によれば、トルコ人やタタール人も西暦140年頃には既にキリスト教化されていた。 
彼らは遊牧民族であった為、ユーラシア大陸の広い範囲にわたり移動し、キリスト教の波は中央アジアにも早くから押し寄せた。

845 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:20:35 ID:AfX+jcd3
秦氏の故郷は、中央アジアの弓月(中国読みクンユエ)という国で、この国の存在は中国の古代史書「資治通鑑(しじつがん)」にも記されている。
弓月国は、シルクロードの北方ルート上に属しており、絹ビジネスで栄えていた。 いうまでもなく、シルクロードのシルクビジネスはディアスポラで
世界に散ったユダヤ人がシンジケートをつくっていた。

その後、中国の皇帝たちは周囲の征服した多くの民族を使役し、次々と万里の長城の建設に当たらせた。
中央アジアの人々も、例外ではなく万里の長城建設に駆り出された。 その苦役に耐えかねた多くの人達が、朝鮮半島や日本に逃げたことは、
好太王の碑文や「後漢書の東夷伝」に記されている。



846 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:23:15 ID:AfX+jcd3
弓月国の人々も、万里の長城の苦役に耐え切れず、満州を経て朝鮮半島に逃れた。
「三国志」の中の「魏志韓伝」によれば、秦の役を避けて、秦人が大量に朝鮮半島に流入、
地元の馬韓人は、仕方なく半島の東半分を秦人に分け与えて、
その国は「秦韓しんかん(辰韓)」、「弁韓べんかん(弁辰)」と呼ばれた。 



847 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:27:10 ID:UU7tq2Ap
朝鮮半島でも彼らは苦境に追い込まれ、日本にやってきたのが秦氏。 首長の弓月の君は、120県(1県=100人?)近い大集団を率いて日本に大移住を行う。
この時、日本の権力者である天皇と取引をしたが、天皇にとっては、秦氏の技術・資金力や高度な文明の導入は魅力的なものであった。
一方、秦氏は天皇に使えることと引きかえに、東の果ての、島国日本に安住の地を見出し、秦氏は天皇に感謝し、よく仕えた。

「新撰姓氏録」で、秦氏が秦の始皇帝の末裔を主張しているが、これは怪しく、秦人は中国語で柵外の民という意味があり、
中国の西域から東北満州あたりに住んでいる非中国人系の遊牧民を意味し、前述の如く弓月国から来た物と思われる。
弓月王国には、多くの景教(ネトリウス派キリスト教)の信者が多く居たことから、秦氏もネトリウス派キリスト教徒であったと考えると、
聖徳太子の馬小屋、大工伝説のようにキリスト伝説と重ね合わされている事が説明可能となる。



848 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:30:04 ID:UU7tq2Ap
ちなみに、馬韓は百済、秦韓は新羅、弁韓からは伽耶諸国が生まれ、4〜5世紀には朝鮮半島の三国時代を迎える。 
西暦390〜410年頃、朝鮮半島では倭と百済、高句麗と新羅が連合し、戦が続いていた。 さらに追い打ちをかけるように新羅、百済ともに干ばつが続き、
稲は枯れてしまい、イナゴが大発生。 飢えた人々は海を渡って倭国に向かった。

応神天皇の頃、秦氏が日本に移住してから、彼らの優れた土木工事技術で、古墳は巨大化し、応神天皇の息子の仁徳天皇の墳墓の大きさは知れたとおり。
記紀には、応神天皇の時代に弓月君に率いられて、秦氏が日本に集団で渡来してきたとあり、応神天皇が全国の八幡神社の主祭神であることから見ても、納得がいくものである。



849 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:33:17 ID:ztoML2xT
さらに、平安京建設では、如何なくその実力を発揮し、山背地方はいくつもの河が蛇行する湿地帯であったが、
秦氏は中央を流れていた鴨川の流れを変え、アルカリ性の土地を撒き土地を改良し、建設も手がけ、
最大の資金スポンサーともなり、平安京遷都を遂行した。
この時の治水工事の一つが、葛野の大堰として知られ、今日でもそれを記念する石碑や神社が残っている。



850 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:36:03 ID:ztoML2xT
以前は、秦氏は百済から来たという説もあったが、秦氏の建立した広隆寺の弥勒菩薩半跏像や、秦氏の住んでいた土地はことごとく新羅文化のものである事から、
新羅(秦韓)を通って渡来してきたと考える方が自然で、百済からきたというのは仏教派の蘇我氏が、神道派の物部氏を破った以降に、仏教中心(百済中心)に記録を改ざんした可能性があると見るべきである。



851 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:38:23 ID:U8OKrwvn
秦氏が日本の神社を建立したが、民俗学者の柳田國男氏の指摘にもあるように、
八幡神社(やはた:はたがいっぱい)と聖書や古代キリスト教と深い関係があるというのも、
上記仮説を立ててみると納得がゆくものである。



852 :出土地不明:2011/01/05(水) 00:47:04 ID:XbHxggrF
としたならば、日本固有と考えられていた文明・文化は、
古代ユダヤ(イスラエル)や古代キリスト教の文明・文化がベースになっているとも言える。



853 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/05(水) 00:58:15 ID:ZCfEtgY6
>>850
その新羅文化は古墳期のもので、秦韓たぁ関係が無いよ。

854 :出土地不明:2011/01/05(水) 04:17:22 ID:QGNE4KiL
クソ長い妄想乙。
嘘付き。古墳は江蘇省の土敦墓が起源、新羅なんぞ関係ないわ。
デッチ上げんな、長城奴隷が日本へ逃亡した記録など中国古文書に皆無。

855 :出土地不明:2011/01/05(水) 08:24:50 ID:LACHK+sR
>>842
>あんた、本気でバヌアツを信じとるんか?


よく読めボケ。
>815で「バヌアツにもそっくりな物が出てるらしいが断定はできない。」と言ってるだろうが。
日本語も読めないのか。

>女系ミトコンドリアだけじゃのう、HLAでも形質でも北方系じゃし、
>その北方系の連中が騎馬民族と無関係云うほうがファンタジーに
>なろうが。(笑)

都合の悪いY染色体は無視なんだね卑怯者(笑)

さて高句麗あたりで騎馬戦術採用が4世紀頃と言われてるのだから、
その他周辺民族は順次遡るだけだろう。
だから5世紀に日本に北方民族が来たと言うなら(おまえは証明できず可愛そうなほど逃げたのだがw)、
その北方民族は具体的に何なのか答えて見ろ。
おまえはいつも「北方民族」と言うだけで何なのか答えてないだろうが卑怯者。

なぜ答えれないか言おうか?

言ったとたん、日本にそんな風習はないと論破されるから逃げてるのだろうが(大笑い)

856 :出土地不明:2011/01/05(水) 15:08:06 ID:I+IMsiZh
ご意見所今からpeercastでゲーム実況配信part2439
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/net/1294113408/827

827 名前:天倫眼のジェダイ ◆tIHPTM8Vrs [sage] 投稿日:2011/01/05(水) 14:53:59 ID:t+WdoznQ0
P持ちは疲れるくらい必死だよな
わざわざ来なきゃいいのに俺のスレにさ



857 :出土地不明:2011/01/05(水) 18:00:24 ID:kqql8wX8
北方系のつまみ食いで都合よく起源を創造。

858 :出土地不明:2011/01/06(木) 00:42:05 ID:n6BoPRid

最近のアホ牛はどうもあれほど嫌っていたY-DNAの勉強もし始めたみたいで、
今までの主張とだいぶ変わってきているみたいだな。
唯一一ヶ所だけ除いてY-DNA分布も考慮した論法になってきている。
ただ一ヶ所捏造しているのは、月光からの指示か、Y-O2b系=扶余族すなわち騎馬民族としているところだ。

寝言は寝て言え! どこにもそんな学説ねえよ! 朝鮮妄想乙 !!


859 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/06(木) 01:31:07 ID:yXxZZdsV
>>854
また江南朱子学派の妄想か。江南奴隷の慕夏主義よのう。
>>855
日本の土で土器を作るじゃの、あんた本気で縄文土器の影響じゃ
思い込んどるんか?
ジャンク遺伝子のY染色体のどこが精度が高いんか?
遺伝子でも総合的にゃあ日本人は北方渡来系じゃに。
ここで云う北方民族たぁ、北方形質を持った渡来集団に決まっと
ろう。現代日本人が北方渡来系じゃ無い云う根拠が複合的、
総合的見解から見つかった例は無いよ。
風習なんか環境が左右するもんじゃけぇ、根拠にならんが、
日本に南方的風習なんか強いんかねえ?
確かに東日本の方は、旅行者の殺害じゃの中国南部に近いけど、
中国は文化が西北から東南に流れ、日本も外来文化は西から東へ
流れるし、口側と糞の穴側かの問題じゃ。疫病も西から東へ
じゃけぇ、守る側の東日本や、中国の江南、華南じゃあ、
病原菌をもたらす旅行者を殺し神に供えることで、
疫病をブラックマジックで撃退するつもりでおっただけじゃろう。
風習なんか、その程度のもんじゃ。
>>857
朱子学派南方説の方がつまみ食いどころか、妄想飛躍が激しい
けんのう。(笑)
>>858
わしゃあ、Y染色体論者じゃ無いし、血液型でドイツ人にA型が
多かったら日本人もゲルマン系じゃないかと馬鹿にしよるんで。
勝手にわしの意見を作るなや。Y染色体でDE系が日本人に多いんなら
日本人は中東のコーカソイドか?アフリカの黒人か?馬鹿らしいのう。

860 :出土地不明:2011/01/06(木) 02:44:17 ID:77gWNPUv
アホ牛のレスはオームの麻原と同じ部屋で、シンナーでも吸いながら討論し合うレベルじゃね。

少しでも科学的学問に関心の有るレベルじゃないね。

性遺伝子と形質遺伝子の違いが理解出来ないんじゃ、相手しても馬鹿牛らしいの。



861 :出土地不明:2011/01/06(木) 04:24:54 ID:FG9TEMB4
みんなで村を作ってそこに住んじゃいなよ7
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1230295067/

862 :出土地不明:2011/01/06(木) 08:03:09 ID:YPNo/TO0
>>859
また戯れ事で逃げた。
古墳期に北方民族が来て日本の支配層になったというなら、
それは何と言う民族なのか、その具体名を言え。

>ジャンク遺伝子のY染色体のどこが精度が高いんか?

たった1例でいいから男系遺伝しなかった例を出せ。
おまえごときジャンクにはできないだろうが(大笑い)


863 :出土地不明:2011/01/06(木) 08:21:28 ID:vDsjP/V2
>>859
>>また江南朱子学派の妄想か。江南奴隷の慕夏主義よのう。

自分しかわからない用語の使用。w

864 :出土地不明:2011/01/06(木) 17:48:40 ID:TgAu92rJ
白馬先生の名言集

白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/06(木) 01:05:17 ID:yXxZZdsV
>沖縄人たぁ、朝鮮人に近い。耳垢や腋臭率や容貌でもね。
白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/06(木) 01:31:07 ID:yXxZZdsV
>Y染色体でDE系が日本人に多いんなら 日本人は中東のコーカソイドか?アフリカの黒人か?馬鹿らしいのう。
>また江南朱子学派の妄想か。江南奴隷の慕夏主義よのう。
白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw 2010/03/07(日) 00:44:23 s55usWFw
>遠地と日本人が遺伝的に近い云う系統妄想はABO血液型同様の疑似科学ですよ。と云いつつ血液型の話題が大好き。
白馬青牛 ◆cjIySZ2iYw :2010/03/03(水) 23:56:05 ID:ashoN/m4
>「現在科学的とされている認識なるものが、いかに固定観念や価値観念に支配されているか」私権統合なんか優生学の
  ご都合主義じゃけぇ、前提認識すら可笑しい。
>科学者たぁ机上の空論を弄ぶ、国家や企業の使用人が多数を占める、制度内の集団じゃけんのう。
白馬青牛 :2009/10/29(木) 01:26:47 ID:zgICuiBa
>形質人類学や耳垢の分布やmtDNAの遺伝子でも日本人は北方系じゃ。耳垢の話題大好き。
 あんた結局精度の低い単一遺伝標識のY染色体しか見とらんのじゃけぇ、つまらんよ。
白馬青牛 :2009/11/02(月) 15:09:32 ID:f/9PPTdA
>文明化した江南と野蛮な日本では食文化も違う。おまけにDNAでも江南と日本は似とらん。
白馬青牛 ◆8mr41B7alChB 2010/12/22(水) 00:35:28 ctOf8Df2
>貧弱な奴隷民の倭なんか吹けば飛ぶような存在ですよ。(笑)


865 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/07(金) 00:21:29 ID:fnZkmXEe
>>860
新興宗教カルトなら、Y染色体カルトに云うたらどうかいのう。(笑)
>>862
何民族云う民族集団だけで移住した思うとる時点で駄目じゃのう。
大陸の負け組が朝鮮へ行ってそこでも負けた連中が日本に新天地を求め
よったんじゃ。それら中世の倭寇同様のエスニック集団が日本を支配した
可能性が強い云うとるんで。
ほいから、Y染色体学者で古代まで系統を遡ったーネット右翼の好きな
用語でー「証拠」を見つけた人間なんかおらんよ。
古人骨からY染色体抽出は出来んし、古代や中世からの父系が遺伝子に
ずっと継続されることをーネット右翼が好きな用語でー「証明」した人間も
おらんのに。父系遺伝子が十代継続しとるかどうかも解らんのに、
何であんたが信じるんか?
それとも、タイム・スリップして過去の世界から確かめたんか?(笑)
わしが、男系遺伝が継続した例を挙げて見るんさい云うんは、あんたに酷
過ぎよう。(笑)あんたが過去を見てきた云うたらファンタジーな話で
オカルト板の話題になろうにのう。(爆笑)
>>863
>>539に書いとるよう、朱子学派の発想法は変わらんけぇのう。
朱子学「慕夏主義」「中朝論」神話類型パターンに、ネット右翼が
所属しとるんは、明らかじゃないか。(笑)

866 :白馬青牛 ◇8mr41B7alChB :2011/01/07(金) 01:19:37 ID:hTQZDow3
>>632-635及び>>636-637
ほう、誰の妄想近年調査か、具体的研究者とやらを挙げたらどうか?
史記の時代じゃあ、今の山西省も山東になるわ。
朝鮮の倭人について刺青はあるが、下駄までは、話を飛躍し過ぎじゃ
のう。しかも高床式なんか高句麗やシベリアにもある。
どこが南方文化何か?江南儒教朱子学派の工作は幼稚過ぎゃあせんか?
秦人は、遊牧民系の西戎系じゃが、辰韓が楽浪を同胞とする処、
遼寧地域の人間の移住が多かったことを表しとるんじゃないか。
後の古新羅の非漢系北方遊牧民系の古墳文化は、西方的であるが。
秦(ハタ)氏は、古墳期以降の渡来系で、秦韓と関連があるかどうか
解明しとらんよ。
ほいで、最後は伝説の徐福伝説偽書マニアじゃあ、話になるまあ。
>>634
逆に済州島が韓国語じゃったことも、含めて云うとるたぁ、思えん
がのう。しかもあんたは、近代的領土概念で海洋世界を面の
領土農耕社会の概念で捉えとる前提がそもそも可笑しい。

867 :白馬青牛 ◇8mr41B7alChB :2011/01/07(金) 01:26:00 ID:hTQZDow3
>>640
「鳥居」も満州からインドまで分布しとるよ。稲作は暖かい地方じゃ
ないと無理じゃわいのう。北方渡来系である日本人が、
風土に合せて稲作を作った連中もおっただけのことよ。
>>641
刺青も北方アルタイ地方にもあるよ。倭人スタイルと違い古墳期の
美豆良の髪型、筒袖胡服は明らかに北方民族のスタイルじゃ。
倭人の方が暖かい風土に合せとるのう。
>>642
朝鮮は衛満や楽浪じゃの北方の方が文化成熟度が強い。
遼寧式青銅文化も西北から東南への流れじゃし。
>>643
始祖伝説なら騎馬民族の匈奴でも中原にしよるど。
始祖伝説なんか、源平藤橘の家系偽造と同様じゃに。
仮に、エイ氏が東夷の狩猟牧畜民から西部の牧畜地帯の西戎の地、
西周の地に移住したとしても、西方の牧畜民系の国家であること
にゃあ変わらんよ。
http://avantdoublier.blogspot.com/2009/03/blog-post_24.html
だいたい、中国の歴代王朝で漢、宋、明以外は概ね牧畜・騎馬民族系
の王朝じゃに。

868 :出土地不明:2011/01/07(金) 02:56:55 ID:GZF4OPBU
十部族が消えたのは、今から2700年前だっけ?
天皇の起源が2600年前だから、年代的には符合するよね。

869 :出土地不明:2011/01/07(金) 08:56:25 ID:k/ZtrGwZ
>>865
>大陸の負け組が朝鮮へ行ってそこでも負けた連中が日本に新天地を求め
>よったんじゃ。それら中世の倭寇同様のエスニック集団が日本を支配した
>可能性が強い云うとるんで。

そういえばうまく逃げ切る事ができるから特定の民族名を言えない卑怯者w
じゃ聞くが、古墳時代が始まる纏向遺跡にどんな大陸のエスニック集団の遺物があるのだ?
何でもいい言ってくれ。

>ほいから、Y染色体学者で古代まで系統を遡ったーネット右翼の好きな
>用語でー「証拠」を見つけた人間なんかおらんよ。
>古人骨からY染色体抽出は出来んし、古代や中世からの父系が遺伝子に
>ずっと継続されることをーネット右翼が好きな用語でー「証明」した人間も
>おらんのに。父系遺伝子が十代継続しとるかどうかも解らんのに、

古人骨からY染色体抽出はむつかしいらしいが、
現在の父、子、孫、ひ孫で充分だろ。
それが昔は継続しなかったとでも思ってるのか?(大笑い)
とにかく否定したいならおまえが父子で遺伝しない例を見つけることだ、さぁやれ。


870 :出土地不明:2011/01/07(金) 15:59:16 ID:te2duS0+
ネアンデルタール人のY染色体も分析できるようになったんだね〜

PNAS電子版

北スペインのEl Sidron遺跡で出た12体のネアンデルタル遺骨の
mtDNAとY染色体を分析し、どうやらこの12人が幼児を含む家族集団で
且つ、♂成人3人は皆系統が同じmtDNAをもち、♀3成人はそれが別々な事から
父方婚をする父系家族集団の可能性を示唆。
更に、母親が同じ子供2人の年齢差から、出産間隔が現代の狩猟民同様、
3年間隔ではないかと論じている。
http://www.pnas.org/content/early/2010/12/14/1011553108.full.pdf+html

871 :出土地不明:2011/01/07(金) 22:08:36 ID:oE4hlSbo
A2-M49ってネアンデルタール人の人骨の出土地に全くいないんだな
二万年前の人骨って、世界中どこ掘ってもA*とかありうるんじゃね?

872 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/08(土) 00:24:13 ID:qJk+Pga5
>>866-867
あんた、わしのコピーを転送しとるのう、御苦労様じゃ。
>>868
天皇の起源が2600年前じゃと、本気で妄想しよるんならオカルト板へ
書いた方がええど。
>>869
わしが、真っ当な意見を云うたら逃げるじゃのわしの印象宣伝工作
に還元しよるわい。特定の民族云うて、あんたの特定民族云う定義
をまず云いんさい。遺物で特定の民族じゃ云う根拠ものう。
ほいから、>>870にもじゃ。Y染色体で先祖を調べることなんか
出来るわけも無いんに近い世代だけで誤魔化すなや。
http://pyan-gakuyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/dna-5123.html
篠田謙一氏は、Y染色体の増え方は、比較的歴史時代の経緯に
よってかなり違ってくる可能性がある。
「私の持っている(遺伝子の)組合せなんて、20世代もしたら影も
形もなくなってしまう。私たちは、婚姻関係を継続している
集団の中で、ある時代に集まった遺伝子の1つの束に過ぎません。
しかし一般の人には、自分の本質的なものが一子相伝にずっと
つながっているというイメージが強すぎて、なかなか理解して
いただけないところがありますね。10世代たったら、子孫に
残っているものはなんて何もないという話は、ちょっと夢が
ないと。」
まあ、この板は夢を求め、妄想するファンタジア物語が好きな
人間が多いけんのう。(笑)
じゃが遺伝学、生物学者が、一般読者に夢を売るにしても、
ナチスのように政治利用されるん剣呑さを生物学者は持っとる
けんのう。

873 :出土地不明:2011/01/08(土) 01:37:20 ID:0tshDOKX
>>872
篠田謙一氏がそんなこと言ってるのか?

だったら正真正銘のバカだね、バカ牛がw
科学的な文章を理解出来る知能無し

個人の遺伝子の話と集団の遺伝子の話と
起源を探る為に限定された遺伝子の話が区別出来ていないようだ
まあ何いってるかも分からないだろうなw

874 :出土地不明:2011/01/08(土) 07:13:34 ID:ktO62d3y
技術が発達して、近い将来に縄文人骨からY-A2がでまくるような気がしてきたよ

875 :出土地不明:2011/01/08(土) 07:46:54 ID:oEfDBDZN
>>872
>わしが、真っ当な意見を云うたら逃げるじゃのわしの印象宣伝工作
>に還元しよるわい。特定の民族云うて、あんたの特定民族云う定義
>をまず云いんさい。遺物で特定の民族じゃ云う根拠ものう。

逃げ芸炸裂!(笑)
おまえが鮮卑だ扶余だの特定の民族を言えず、
エスニック集団が日本を支配したなどと言ってるのだから、
当然、古墳時代創世期の纏向遺跡にそのエスニック集団の痕石はあるのかと聞いたら、
「あんたの特定民族云う定義をまず云いんさい」と聞き返して逃げる卑怯者(笑)

おまえねぇ、柔道に技の「掛け逃げ」ってあるの知ってるか?
掛ける振りして逃げるんだよ。
あれって減点になるんだよ。
情けない男だなぁ(侮笑)



876 :出土地不明:2011/01/08(土) 13:38:30 ID:fwmc4QI+
牛は今、必死でY遺伝子と常遺伝子とミトコンドリアを勉強中
朝鮮中学にはマトモな生物教科書も生物化学を教えられる教師も居ない
それでも牛は、ウリミンジョクの学校が世界最高の教育機関と信じてたの


877 :出土地不明:2011/01/08(土) 15:24:19 ID:WRUs/rBG
牛には山葡萄原人の遺伝子が入ってるんで
>>876
勉強しても理解するの無理じゃないか!
絶望的じゃろカニミソと入れ替えた方がいいかも。

878 :出土地不明:2011/01/08(土) 21:54:55 ID:oEfDBDZN
>>872
今、篠田謙一が日本テレビ「世界一受けたい授業!!」に出てたぞ。
Y染色体が男系遺伝するという当たり前のことを言ってたが。

アハハハハハ!

879 :出土地不明:2011/01/08(土) 22:01:24 ID:I30YiVgM
>>878
Y染色体、mtDNAの分布から縄文時代以降に民族浄化や虐殺はなかったとも言ってたな

880 :出土地不明:2011/01/08(土) 22:06:39 ID:b1R1pRXK
考古学じゃイタチだろ
人類学板の洗礼を浴びてこいや!

881 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/08(土) 23:08:46 ID:qJk+Pga5
>>873-878及び>>879
わしが>>872の最後に生物学者の剣呑さを云うたんじゃに、
篠田氏はチンギス・ハーンのY染色体なんぞ確かめた人間すら
おらんのに、電波飛ばしておられたのう。しかも個人の生殖力が
反映すると誤解を招く表現すらものう。(笑)
いくらテレビでも、電波芸者ぶりは憐れなもんよ。
民族浄化は風土記や疫病からも根拠があるし、逆に日本独特云う
鎖国解釈の方が可笑しい。しかも篠田氏は何回も弥生人云う誤解を
招く言語も連発しよったのう。
まあ、学者なんかその程度でテレビ芸者になる見本よ。
視聴者一般人を嘗めて適当なことを云うてお茶を濁すが、
>>872のような相手が学者の場合は、慎重なものの云い方される
けんのう。あんたら一般視聴者が鵜呑みにする受動人間の無知な
大衆扱いされよって喜びよるお馬鹿さんらじゃのう。(笑)

882 :出土地不明:2011/01/08(土) 23:10:56 ID:IxeUvk6O
>>878
堺正章はY−C3でジンギスカンの仲間ってヨイショしてたな
Y−D2は意図的にスルーかカットしてたな

883 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/08(土) 23:17:40 ID:qJk+Pga5
>>875
扶余も鮮卑もモンゴル係にツングース系やトルコ系を交えた
エスニック集団ど。日本も渡来系の連合したエスニック集団が
支配階級じゃ云うとるんに理解力が足りん低脳じゃわい。(笑)
>>876-877
わしゃあ、日本人じゃけぇ、朝鮮学校で学んどらんのに嫌韓厨
レイシストは印象工作活動が好きじゃのう。(笑)
ほいで朝鮮半島に原人じゃの、あんた妄想が強いのう。

884 :出土地不明:2011/01/08(土) 23:31:10 ID:I30YiVgM
芸能人のY染色体

細川茂樹 D2 俳優
上田晋也 O2 芸人
有田哲平 O3 芸人
堺  正章 C3 タレント

885 :出土地不明:2011/01/08(土) 23:38:09 ID:WCHk7p8D
>>882
いや C3bのほうがC3よりも多いけど
ネイティブアメリカンかもしれんぞ
べつにハルハモンゴル固有じゃない

886 :出土地不明:2011/01/08(土) 23:45:50 ID:qtt3aOge
>>884
http://www.digisbs.com/radio/program/sg/

http://blog-imgs-29.fc2.com/o/w/a/owaraizukan/creamstew.jpg

http://www.flickr.com/photos/7299093@N06/2520810021/

O2とC3が在来系なのかな?
細川と有田はすごく渡来系の顔つきだな

887 :出土地不明:2011/01/08(土) 23:48:08 ID:oEfDBDZN
>>881
そんなに篠田の悪口言うのなら
>872で、てめぇの言った事は何なんだよ。
ころころ態度変えるなボケ。
篠田はY染色体が男系遺伝するという当たり前のことを言ってたが?



888 :出土地不明:2011/01/08(土) 23:57:29 ID:40vro76v
>>881
疫病で民族浄化。
バイオテロとは最先端だな。

889 :出土地不明:2011/01/09(日) 00:08:10 ID:RM+AnQTB
>>883
>扶余も鮮卑もモンゴル係にツングース系やトルコ系を交えた
>エスニック集団ど。日本も渡来系の連合したエスニック集団が
>支配階級じゃ云うとるんに理解力が足りん低脳じゃわい。(笑)

だから纏向遺跡にあるエスニック集団の痕跡を言えと何回言えば分かるのだ。
理解力が足りん卑怯な低脳じゃわい。(大笑い)


890 :出土地不明:2011/01/09(日) 00:20:19 ID:pAXllbeO
言語や文化、「われわれ意識」を共有する人間の集団は、
エスニック集団、民族、部族などと呼ばれます。
また、個々の集団を超えた抽象的な概念として、
エスニシティという言葉も使われます。
こうした集団の性格はきわめて多様です。
日本人のように固有の国家を持つもの、
アラブ人のように複数の国家に分かれるもの、
マサイ人のように他の集団とともに国民を構成するもの、
ボスニア・ヘルツェゴビナの「3民族」のように
言語や宗教が同じでも別の集団と認識されるもの
――などです

891 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/10(月) 00:24:53 ID:YoLRJNoC
>>887
わしゃあ、>>872の締めくくりに遺伝学、生物学者の剣呑さについて
述べとろうに。わしのどこが意見変えとるんなら?
ほいで篠田氏は著書でY染色体の過大評価をされとらんよ。
http://gontango.exblog.jp/7104431/
Y染色体が遺伝子全体の0.2%に満たないこと。日本人が北東アジア系で
あることは云うとられるが、テレビじゃと電波を発信されるけんのう。
まあ、篠田氏は近代の人口増加を弥生期に捏造する中橋氏のお仲間じゃけぇ
電波飛ばすじゃろうことは考慮して>>472の最後に付け加えて良かった
わいや。わしが生物学者を信用したように誤解されるけんのう。
ほいで、篠田氏のテレビでの、日本においてのみ渡来系と在来系が
共存なんか「夜郎自大」の鎖国自民族優越主義で、篠田氏もナチ・
レイシストの生物学者のレベルが変らんよ。
歴史も知らん癖に、余計な私観云うか中橋氏か、左翼史観の佐原氏の
影響じゃろうけど、甘いロマンで歴史に自己投影されよる。
20世紀中盤まで、人類は飢えを克服する為の困苦や、歴史的に日本人同士の
人身売買の歴史も知らずに平和共存も糞もあるかいや。

892 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/10(月) 00:42:39 ID:YoLRJNoC
>>888
疫病については、前にも云うたが、縄文文明派、長江文明派の
朱子学派でネット右翼にも人気が高い安田善憲氏も古墳期渡来者の
もたらした疫病で国民の半数が死んだとされとるじゃないか。
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2004/07/post.html
ほいから、わしが感心する明夜航記も渡来人による在来民への
虐殺や疫病についても書いておられる。
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2008/02/post_e7fb.html
http://yumiki.cocolog-nifty.com/station/2007/07/post_081e.html
ほいから、近世のアイヌ人も例外じゃ無い。
http://www5.ocn.ne.jp/~vorges/sub6.html
アイヌ人が、「わしらは飢える。飢えて死ぬ。和人は病気を持って
くる。わしらは病んで死ぬ」と、云うよう。
渡来者は疫病をもたらすけぇ、平和共存云う空虚な妄想が如き
甘い世界なんか無いんで。現実は食うか食われるかの生存競争じゃ。

893 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/10(月) 00:50:43 ID:YoLRJNoC
>>889
エスニック集団の部族構成が解るわけあるまあに。土器は交流圏じゃけん
のう。まあ、百済系の遺物が見られたら百済系が多いんじゃないか、
「出」型の冠なら新羅系が多かったろうと推測するだけのことよ。

894 :出土地不明:2011/01/10(月) 01:42:30 ID:JWkDxAQT
「新羅百済皆以倭為大国多珍物並敬仰之恒通使往来」
「新羅と百済は日本を大国で 珍しい物が多い国だとしており、
ともに日本を敬い仰ぎ、つねに使いを送り、往来して いる 」

895 :出土地不明:2011/01/10(月) 02:20:36 ID:JWkDxAQT
『日本書紀』の雄略紀によれば、
高句麗に漢城を攻め落とされた時に百済は一度滅び(475年)、
その後(477年)に雄略天皇が百済王に熊津の地を賜って
国を再興させたとある。



896 :出土地不明:2011/01/10(月) 03:22:35 ID:gWm5HiHC
>>892
じゃあ疫病で浄化は出来ないな。

897 :出土地不明:2011/01/10(月) 08:25:40 ID:4bGEyZp1
>>891
>ほいで篠田氏は著書でY染色体の過大評価をされとらんよ。

過大評価をしてるしてない以前に、男系遺伝するという当たり前のことを言ってたのだが。
お前はそれさえ認めないのだから論外。

逃げるな。

898 :出土地不明:2011/01/10(月) 08:29:05 ID:4bGEyZp1
>>893
>エスニック集団の部族構成が解るわけあるまあに。土器は交流圏じゃけん
>のう。まあ、百済系の遺物が見られたら百済系が多いんじゃないか、
>「出」型の冠なら新羅系が多かったろうと推測するだけのことよ。

纏向遺跡創生時期に渡来系遺物は何にも出てません。
何もない所からどうやってエスニック集団の渡来を想定できるのだ?どアホ。

899 :出土地不明:2011/01/10(月) 09:36:43 ID:JWkDxAQT
纏向遺跡
http://www.youtube.com/watch?v=rkKY5LgdfKk&feature=youtube_gdata_player
http://player.video.search.yahoo.co.jp/video/d4cf0ddeb39ea33605df273a298a953d?p=%E7%BA%8F%E5%90%91%E9%81%BA%E8%B7%A1&b=1&of=&dr=&st=&s=&pd=&ma=&rkf=1&from=srp

900 :出土地不明:2011/01/10(月) 09:40:54 ID:JWkDxAQT
纏向遺跡は古墳時代初期から後期にかけての150年続いた大集落で、
3万平方米の集落内には、最古の前方後円墳箸墓古墳初め12の古墳が点在し,
一直線に配列された宮殿建設、矢板護岸の運河建設、集水・排水施設インフラ等
計画的都市建設が伺える。
しかも弥生時代は何もなかったところに突如出現した集落で、
出土土器の分析から東海地方中心に本州各地から労働力集めて建設された都市で、
邪馬台国の有力首都候補である。
何故この地が首都になったかは議論のまとだが、当時全国的に文化度が高かった証拠であり、
縄文の子孫がベースになったことの証明になりうる。


901 :出土地不明:2011/01/10(月) 22:49:57 ID:Y6ZUVSWQ

アホ牛はいつもわけの分からないウリナラ理論や関係ない御託を並べてけむにまくだけ。

人とのコミュニケーションがとれない障害者、会話がかみ合ったレスなど見たことが無い!

あ、お仲間の月光だけは別か、そういや月光も自作自演の「わ〜お」とアホ牛としかかみ合わなかったっけ。

902 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/11(火) 00:20:14 ID:Dj3YSSOH
>>894-895
隋書倭国伝の大国云うても九州じゃけぇ、実際はそがん大国でも
無あわ。新羅人や百済人が九州へ移民した連中に聞いたにしても
誇大表現よのう。逆に小国ならほんま村単位が住める島になるわい。
だいたい記述の土地、人口、距離、方位なんか出鱈目で、
大きいか小さいか、人が多いか少ないか、距離が遠いか近いかを
抽象的に云うとるだけに過ぎん。邪馬台国を記述通り距離方向を
測ったら日本列島にならんのに、理屈をこねて辻褄合わせようとする
邪馬台国オタクの妄想解釈が笑えるんと一緒のレベルじゃのう。
日本書紀の、対外記録があてになるんなら高句麗も属国に
なるんか?(笑)
>>896
浄化の定義の問題じゃ。新大陸でアメリカ大陸先住民とヨーロッパ系
移民の場合でも、北米よりも、中南米に先住民形質が残ってとる
よう、日本でも西日本よりも東日本に縄文系形質が残っとるよう
地域差もあるけんのう。
まあ、日本だけ例外云う夜郎自大主義は通用せんよ。世界的に
先住民を完全浄化絶滅させた民族も無いが、先住民は渡来系に
戦闘、疫病で駆逐されるんも、また事実じゃし。
>>897
男系が例えば10代経て必ず継続されるとネット右翼が好きな用語で
「証明」した人間もおらんよ。推定時計云うスルメ妄想概念の
屁理屈しか付けられんのが現実じゃ。

903 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/11(火) 00:34:00 ID:Dj3YSSOH
>>898-899及び>>900-901
纏向遺跡から人骨が出とらんのに、縄文系と断言する根拠が
あったんか?仮に縄文形質の人骨が出たとしても日本在来か
朝鮮南部の縄文形質の韓人か倭人が渡来系かも解らんど。
ほいで古墳期は全国的、特に西日本は北方新モンゴロイド渡来系化
しとるし、現代近畿人もほとんど北方渡来形質じゃけぇ、
纏向遺跡人が仮に縄文系形質じゃったら、古墳期後期にゃあ
少なくとも北方渡来系に征服され、現代近畿人の中でマイノリティの
少数派に没落したことになろうが。現実の生きたイカの姿を見て
物を云わにゃあ、ファンタジー物語よ。

904 :出土地不明:2011/01/11(火) 01:39:57 ID:ize5DT5n
武寧王って日本人だよな。
そうでないと、棺桶の材料をわざわざ日本から
取り寄せたりしないだろ。

905 :出土地不明:2011/01/11(火) 08:27:55 ID:OfvolE2M
>>902
>男系が例えば10代経て必ず継続されるとネット右翼が好きな用語で
>「証明」した人間もおらんよ

そんな恥ずかしいこと言ってるのはおまえだけ。
人間でなく猿でも親子は遺伝するよ。


906 :出土地不明:2011/01/11(火) 08:30:55 ID:OfvolE2M
>>903
>纏向遺跡から人骨が出とらんのに、縄文系と断言する根拠が
>あったんか?

論点摩り替えるなボケ。
遺物が何もないゼロからどうしてエスニック集団とやらの渡来が証明で霧のだと聞いてるのだ。

逃げるな。

907 :出土地不明:2011/01/11(火) 10:07:59 ID:GclNRXyf
>>901
ウリナラ理論とか、お前さんのそういう発言のほうがよっぽどアホだよww

908 :出土地不明:2011/01/11(火) 13:03:48 ID:qW5qVTWB
>>902
先住民が疾病で大量死したという証拠がないと妄言だわな。
大航海時代以降で東アジアでは起こってないじゃね。

起こるときもあれば起こらない時もある。これがFA。

都合が良い数例をもって、必ず起こるなんていう考えは
株を守る的発想だな。

909 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/12(水) 00:18:24 ID:mHUbIHj3
>>904
武寧王が日本人?日本人自体記紀の時代以前に成立しとらんよ。
朝鮮人ものう。(笑)近代の民族概念を上代に投影すなや。
しかも日本書紀が根拠じゃあ信憑性すら無いんじゃに。
>>905
実際にあんたタイムマシンでも造って、タイム・スリップして
確かめとらんのに、ネット右翼が好む用語の「証明」すら
出来んじゃないか。人間でも猿でも十代遺伝子が継続しとると
「証明」した人物なんかおるまあ。遺伝子が全て継続されると
妄想しよるカルトはオカルト板で書いたらどうか?
>>906
現実的にどうか云うとるんに、論点じゃの屁理屈なんか無意味
じゃ。人骨が出とらんのに、あんたの縄文系と断定する根拠は
何か?云うて聞いたんじゃに、あんたこそ、あんたが身を招いた
論点を都合が悪いけぇ、省いてどうすんない。(笑)
>>907
嫌韓ネット右翼の方が、韓国人たぁウリナラ理論よのう。(笑)
日本だけが特殊云う「夜郎自大」ウリナラ理論の幸せ回路の
お花畑よ。(笑)日本人の恥をさらさんとってつかいや。
>>908
現実に新大陸でもネィテイブ先住民は少数派になっとる事実を
隠すなや。大航海時代の東アジアでも人の移動があったことを
隠蔽しても意味があるまあ。台湾の漢民族(ビン越民族)化、
華僑の東南アジア進出、鎖国以前の日本人の東南アジアの奴隷
移民じゃのあったこたぁ無視すなや。
世界的現象はパラレルに起っとるよ。ご都合主義は夜郎自大の
日本人の幸せ回路に過ぎんので。
何しろ日本の上層部は、戦時中でも「夜郎自大」の体質を持って、
日本国を自滅させかけたんじゃに、その「夜郎自大」を継続
しても何ら意味が無いど。

910 :出土地不明:2011/01/12(水) 00:57:56 ID:FFgx8Sqa
>>909 じゃそんなに大勢の移民が有りながら、基礎身体語など余りに違い過ぎないか
    アメリカなどは英語が広まってるぜ!日本人は韓国語使ってないね。

【沖縄語】 【日本語】 【韓国語】
 ティン・・.空(そら)→ ハヌル
 ンニィ・・.稲(いね)→ ビョ
 コミ・・・・米(こめ)→ サル
 ィヤー・・家(いえ)→ チプ
 シルー・・白(しろ) → ヒンセク
 シルサン白い(シロい)→ ヒダ
 ワン・・・・私(わたし)→ ナ(またはネ)
 ヤー・・・.貴方(あなた)→ タンシン
 チブル・・頭(あたま)→ モリ
 ミィ・・・・・目(め)――→ ヌン
 ティ・・・・.手(て)――→ ソン(またはパル)

911 :出土地不明:2011/01/12(水) 00:59:39 ID:FFgx8Sqa

 ヒサ・・・・足(あし)―→ ダリ
 イン・・・・犬(いぬ)―→ ゲ
 マヤー・・猫(ねこ)―→ ゴヤンイ
 トゥラー・・虎(とら)―→ ホランイ(またはボム)
 サルゥ・・・猿(さる)―→ ウォーン(またはウォーンサンイ)
 刀(かたな)→ カル
 弓(ゆみ)―→ ファル
 槍(やり)―→ チャン


912 :出土地不明:2011/01/12(水) 01:31:49 ID:j223b5hs
>>新大陸でもネィテイブ先住民は少数派になっとる事実

だからネィテイブ先住民は征服者の言語、英語やスペイン語使ってるよ
しかし日本人は朝鮮語使ってるか?少数マニアは使うが!



913 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/12(水) 01:44:00 ID:mHUbIHj3
>>910-911及び>>912
重複宣伝工作すなや。(笑)
>>524-526及び>>527
ゲルマン系で無い英国西北部ケルト系が英語を使うけぇ、英国東南部の
アングロ・サクソンはゲルマン系じゃ無い云う屁理屈に近いのう。
人種としては、イギリス西部の濃い髪の人種が多いアルプス、地中海
人種の多い地域と違い、イギリス東部は、ドイツ北部や、
スカンジナビア半島と同様北欧人種じゃ。言語と人種が違うことを
まだ、認識拒否妄想感情論しよるのう。(笑)

914 :出土地不明:2011/01/12(水) 02:34:11 ID:Uw4Gynp3
>>909
少数の例をもって全体を語るなと言ってる。
理解出来ないのは仕方がないがな。
ヨーロッパ人が日本到達した後に日本がヨーロッパ系になったか?
アフリカは白人系か?
朝鮮半島は併合によって日本人系だけになったか?

必ずそうなるなどとは言えまい。
チャンピオンデーターは参考値に過ぎない。

915 :出土地不明:2011/01/12(水) 03:47:27 ID:4SZEdDOE
>>909
>しかも日本書紀が根拠じゃあ信憑性すら無いんじゃに。

日本書紀って結構信憑性があるぞ。
たとえば、武寧王の名前だけど、『三国史記』(1145年成立)では「斯摩王」となっているけど、
日本書紀(720年成立)では、「斯麻王」ってなってる。
で、1971年に発見された武寧王の墓誌には、「斯麻王」って書かれてた。
これは、三国史記より日本書紀の方が正しかった、てことを証明してるよね?

916 :出土地不明:2011/01/12(水) 09:15:14 ID:R5jxHXM+
>>909
>人間でも猿でも十代遺伝子が継続しとると
>「証明」した人物なんかおるまあ。遺伝子が全て継続されると
>妄想しよるカルトはオカルト板で書いたらどうか?

父子孫と遺伝するなら当然その先、さらにずっと先まで遺伝してきたことは当たり前だろ。
おまえは千年前に引力があったと証明できるのか?と同じアホなこと言ってるだけ。
もういい加減恥ずかしいから引っ込め。

917 :出土地不明:2011/01/12(水) 09:20:54 ID:R5jxHXM+
>>909
>現実的にどうか云うとるんに、論点じゃの屁理屈なんか無意味
>じゃ。人骨が出とらんのに、あんたの縄文系と断定する根拠は
>何か?云うて聞いたんじゃに、あんたこそ、あんたが身を招いた
>論点を都合が悪いけぇ、省いてどうすんない。(笑)

はいはい得意の悪魔の証明。
おまえがエスニック集団の渡来を言ったのだからおまえが証明するのが先。
ま、どうせできないで逃げ回るのだろうけど。
言っとくけど纏向遺跡で人骨はなかったはず。
さぁ渡来形集団の移住を証明してみろ。

あんたこそ、あんたが身を招いた論点を都合が悪いけぇ、省いてどうすんない。(大笑い


918 :出土地不明:2011/01/12(水) 13:26:18 ID:PbgQRh0m
>>910
その基本語比較、なんど見ても面白い、どうも有り難うございます。
日本語と沖縄語の類戚関係は明らかよね。
問題は朝鮮語。何処から来たの、ウリ語の人達。
安本美典によれば朝鮮語は、日本語よりアイヌ語に近いらしい。
朝鮮語のルーツは、きっと2万年前の原人C3語か、原人D1語だわよ。
後の時代、突厥内モンゴル山戎華北江南人とマジェマジェしまくり、
半島ビビンパピジン語に成った。

919 :出土地不明:2011/01/12(水) 13:29:38 ID:162TD1e8
222 名前:娜々志娑无 ◆NcNEDmUA:2003/05/21(水) 18:37 ID:JB/z.ddo

 『三国志』魏書東夷伝には、高句麗・東沃沮・[シ歳]の言語についてそれぞれ
以下のように記しています。

◎高句麗
 東夷ハ旧語ニ、以テ為ス/2夫餘ノ別種ト/1。言語諸事、多ク与/2夫餘/1同ジ。其ノ
 性気衣服有リ/v異ナル。
◎東沃沮
 其ノ言語ハ与/2句麗/1大同ス。時時小異ス。
◎[シ歳]
 其ノ耆老旧ク自ラ謂フ、与/2句麗/1同種ナリト。(中略)言語法俗大抵与/2句麗/1
 同ジ。衣服有リ/v異ナル。

 この記述をもとに夫餘・高句麗・(東)沃沮・[シ歳]の各言語の系統図を作成
すれば以下のようになります。

         ┌─夫餘語
         ├─高句麗語
.夫餘系祖語─┤
         ├─(東)沃沮語
         └─[シ歳]語

920 :出土地不明:2011/01/12(水) 13:32:25 ID:162TD1e8
224 名前:娜々志娑无 ◆NcNEDmUA:2003/05/21(水) 20:25 ID:JB/z.ddo

 次に、韓の地域の言語ですが、こちらは夫餘系諸語に比べてかなり情報が
錯綜しています。

『三国志』魏書東夷伝より
◎弁韓
 弁辰ハ与/2辰韓/1雑居ス。亦(ま)タ有リ/2城郭/1。衣服居処与/2辰韓/1同ジ。
 言語法俗ハ相似ル。
◎辰韓
 其ノ耆老伝フルニ/v世ニ、自ラ言フ古之亡人ナリト。避ケテ/2秦ノ役ヲ/1来リテ適(ゆ)ク
/2韓国ニ/1。馬韓割キテ/2其ノ東界ノ地ヲ/1与フ/v之ニ。有リ/2城柵/1。其ノ言語ハ
不/G与/2馬韓/1同ジカラ/J。

『後漢書』東夷伝より
◎弁韓
 弁辰ハ与/2辰韓/1雑居ス。城郭衣服皆ナ同ジ。言語風俗有リ/v異ナル。
◎辰韓
 辰韓ノ耆老自ラ言フ、秦之亡人ナリト。避ケテ/2苦役ヲ/1、適ク/2韓国ニ/1。馬韓
 割キテ/2東界ノ地ヲ/1与フ/v之ニ。其レ名ヅケテ/v国ヲ為シ/v邦ト、弓ヲ為シ/v弧ト、
 賊ヲ為/v寇ト、行酒ヲ為シ/2行觴ト/1、相呼ビテ為ス/v徒ト。有リ/v似タル/2秦ノ
 語ニ/1。故ニ或イハ名ヅケテ/v之レヲ為ス/2秦韓ト/1。

225 名前:娜々志娑无 ◆NcNEDmUA:2003/05/21(水) 20:25 ID:JB/z.ddo

『南斉書』東南夷伝加羅条より
  加羅国ハ三韓ノ種也。

『梁書』東夷伝新羅条より
 新羅者其ノ先本辰韓ノ種也。辰韓亦タ曰フ/2秦韓ト/1.相去ルコト万里。伝ニ言フ
 秦ノ世ノ亡人避ケテ/v役ヲ来リテ適ク/2馬韓ニ/1。馬韓亦タ割キテ/2其ノ東界ヲ/1
 居セシム/v之レニ。以テ/2秦人ナルヲ/1、故ニ名ヅケテ/v之レヲ曰フ/2秦韓ト/1。其ノ
 言語名物有リ/v似タル/2中国人ニ/1。名ヅケテ/v国ヲ為シ/v邦ト、弓ヲ為/v弧ト、賊ヲ
 為シ/v 寇ト、行酒ヲ為シ/v行觴ト/1、相呼ビテ皆ナ為ス/v徒ト。不/v与/2馬韓/1
 同ジカラ。又タ辰韓ノ王ハ常ニ用ヰテ/2馬韓ノ人ヲ作シ/v之レニ、世ニ相係ハル。辰韓ハ
 不/v得/2自ラ立チテ為ルヲ/1v王。明ラカニ其レ流移之人故也。恒ニ為ル/2馬韓ノ
 所ト/1v制スル。

『北史』新羅伝より
 其ノ人雑/2-有ス華夏ヲ/1。(中略)其ノ王ハ本百済人。自(よ)リ/v 海逃ゲ/2-入リテ
 新羅ニ/1、遂ニ王タリ/2其ノ国ニ/1。

『旧唐書』新羅伝より
 新羅国ハ本弁韓之苗裔也。

921 :出土地不明:2011/01/12(水) 13:33:56 ID:162TD1e8
223 名前:娜々志娑无 ◆NcNEDmUA:2003/05/21(水) 18:38 ID:JB/z.ddo

 更に、『梁書』百済伝によれば、「今言語服章、略(ほ)ボ/2句驪/1同ジ。」
とありますので、上記の夫餘系諸語の中に百済語を含めることが可能です。
ただし、『周書』異域伝百済条には「王姓ハ夫餘氏。号ス/2於羅瑕ト/1。民
呼ビテ為ス/2[革建]吉支ト/1。夏言ノ王也。」とあり、支配層(王)と被支配層
(民)とで言語が違っていたことが窺えます。百済の前身は馬韓の伯済国
ですから、馬韓の住民はもともと韓系の言語を話していた可能性が高く、
そこを外来の夫餘系言語を話す部族(高句麗の一支族か)が征服・支配
していたという構図が透けて見えます。そもそも百済は王の姓も夫餘氏
ですし、建国神話も高句麗のそれに直接繋がるものですから、この推定
はまず確実なものと思われます。

 てなわけで、夫餘系諸語の系統図は最終的に以下のようなものになります。

         ┌─夫餘語
         ├─高句麗語
.夫餘系祖語─┼─百済語(支配層)
         ├─(東)沃沮語
         └─[シ歳]語

922 :出土地不明:2011/01/12(水) 13:35:45 ID:162TD1e8
226 名前:娜々志娑无 ◆NcNEDmUA:2003/05/21(水) 21:18 ID:JB/z.ddo

 弁韓と辰韓の言語について、『三国志』はよく似ているとしているのに対し、
『後漢書』はそれぞれの言語には違いがあると述べています。この点について
李基文は「この両言語が相当な違いを有していたと見るのが穏当であろう」と
述べています。まぁ「有異」という言い方ですから、似ている点の方が多いが
多少の違いもあるという程度なのではないでしょうか。

 辰韓、またその後進の新羅に関して興味深いのは、『三国志』を始めとする
複数の史書において中国との関連が述べられている点です。『三国志』の
「避秦役」云々はいかにも辰韓の「辰」と「秦」の発音が似ていることに基づく
付会の説といった感じですが、その根拠として『後漢書』が挙げている例は
いずれも中国語の方言の違いを示しているように見えますし、『北史』の「雑有
華夏」は新羅人の中に一定の中国人が雑じっていることをはっきりと指摘する
記述です。以上を鑑みるに、辰韓語(新羅語)は三韓諸言語の中でも特に強く
中国語の影響を受けている言語であると見なしてよさそうです。

 最後に馬韓の言語ですが、辰韓とはかなり言語が異なっていたようです。
問題はともに「韓」と称する国の言語どうしがかくも異なるに至ったかですが、
一応理由としては二つほど考えられます。一つ目は馬韓の地に既に夫餘系
言語を話す部族が侵入していて、馬韓の言語に影響を与えていたからという
もの。二つ目は辰韓の方が中国語の影響により大きく変質してしまっていた
というものです。もし前者なら馬韓の言語と夫餘の言語を比較した記述があり
そうなものですが、『三国志』『後漢書』ともにそのような記述はありません。
よって、私としては後者の方を取りたいところであります。

227 名前:娜々志娑无 ◆NcNEDmUA:2003/05/21(水) 21:38 ID:JB/z.ddo

 以上の考察に基づいて韓系諸語の系統関係をまとめれば、大略以下のように
なります。
                  中国語
                   ↓
                 . ┌─辰韓語──新羅語
        ┌─弁辰祖語─┤
.韓系祖語─┤        . └─弁韓語
        |
        └────────馬韓語──百済語(被支配層)

 一応こんな感じになりましたけど、夫餘系諸語に比べて韓系諸語は問題が
多いので、系統図としての信頼性は数段落ちるものと思われます。また、弁韓
の扱いも難しいですね。弁韓はもともと辰韓系住民が混在していた地域ですし、
結局統一国家を作れず小部族連合国家の段階にとどまった上、三国に先駆け
て6世紀に滅んでしまったため、中国の史書の記述にも乏しいと来ていますから。
実際には弁韓には弁韓語と言えるだけの統一的な言語が存在しなかった可能
性の方が高そうです。それに、弁韓地域には夫餘系の地名がいくつか存すると
いう指摘もなされており、また同地域は倭(日本)との交流が活発であったこと
も知られています。即ち、弁韓の言語を考える場合には、倭語や夫餘系言語の
影響も考慮する必要があるというわけです罠。まったくやれやれです。

923 :出土地不明:2011/01/12(水) 13:41:20 ID:vsKJWxCn
朝鮮半島が古代に
各地から蹂躙されまくった様子が言語から分かるな

924 :出土地不明:2011/01/12(水) 14:14:54 ID:PbgQRh0m
>>922
丁寧に御説明して下さって、どうも有り難うございます。
でも「韓系」って言葉が凄くイカガワシー!原住民の事か、それとも
楽浪漢人の韓氏の流れ者の事か、アイマイすぐる。
河北河南の韓氏が楽浪郡へ流れ込んで楽浪韓氏と成り、彼等の一部が
半島南部へもアブレ出て先進文明を伝え、偉大なるオレ様「韓」の字を
半島南半分へ持ち込んだんでしょ。だから、南部で韓宗族の顕示欲とパワーを
示す馬韓だの辰韓だの、そんな国名に成ったんでしょ。「韓系」の彼等は
しょせん華北中国語を話す渡世人。原住民は別に居た筈。
図表に現れた言語における「韓系」とは、果たしてドチラ側の何者ぞや。

925 :出土地不明:2011/01/12(水) 14:43:44 ID:SLTrcOBj
>>910
ヤー・・・.貴方(あなた)→ タンシン

上記の部分が気になったので少し手直し
前に琉球語調べてみたところ

ヤー=お前 ウンジュ=貴方 ウンジュナー貴方様

といったように年下に使う言葉と目上に使う言葉と更にその上の敬称語があり
初対面の人と会話する時にはまず相手の年を聞いてから喋らないと失礼にあたるとされてたらしい

926 :出土地不明:2011/01/12(水) 14:54:51 ID:SLTrcOBj
>>925 訂正
ウンジュが貴方様でウンジュナーは貴方方だった

927 :出土地不明:2011/01/12(水) 17:53:33 ID:A/VDUoOc
>>925-926 ご指摘有難う御座います、ネットで調べた処(ヤー・・貴方(あなた,お前)→ タンシン)みたいな感じで訂正しときます、ウンジュ=貴方ほどの丁寧語じゃ無い様です。

日本語の「あなた」という言葉を思い出してみてください。どんなときに使いますか? 奥さんが旦那さんに向かって「あなた」(誰でも使うわけではありませんね)。
または、歌謡曲の歌詞で、「あなたが忘れられない」など。それから、よく知らない人などを怒るようなとき、「あなたね、いったいどういうつもり?」などでしょうか。

実は、韓国語の「??(タンシン/あなた)」も、日本語の「あなた」とほぼ同じ感覚で使われます。夫婦間で「あなた」。日本語では奥さんから旦那さんを呼ぶときだけに使いますが、
韓国では夫が妻に、妻が夫に、両方に用います。しかし、どの夫婦でも使うようなポピュラーな呼び方ではありません。そして、歌謡曲でも用いられていますね。K-POPが好きな方は、
よくご存じかもしれません。そして! ケンカで相手を呼ぶときにも使われます。その場合は、「お前」という感覚ですね。



928 :出土地不明:2011/01/12(水) 20:30:25 ID:SLTrcOBj
>>927
琉球語はちとむずいですね・・・
今の日本語じゃなく古語が多いし

【琉球語】 【日本語】 【日本古語】 【韓国語】
 トゥジ・・・  妻・・・ 刀自(とじ)・・・ヨボ
 アーケーヂュー・・ 蜻蛉・・(アキヅ・アキツ)・ジャムジャリ 
 イユ・・・・  魚・・・(イヲ・ウヲ)・・・?

929 :出土地不明:2011/01/12(水) 21:01:43 ID:SLTrcOBj
言語のそれで面白そうなの見つけたので

日本書紀 渟中倉太珠敷天皇

俄ありて、家の裏より来る韓婦有り〜韓語は「からさひづり」と訓が付けられているが
「さひづり」とは外国や辺境の言葉で意味が通じないこととある

日本書紀 天武天皇下
乙未に、新羅、沙@金若弼・大奈末金原升を遣して、調進る。則ち習言者三人、若弼に従ひて至り。
新羅から日本語を習いに来てたらしい

930 :出土地不明:2011/01/12(水) 21:10:43 ID:SLTrcOBj
百済語も新羅語も大和語とまったく違ってたってことだが
あれ?天皇家は何人だっけ?


931 :出土地不明:2011/01/12(水) 22:00:56 ID:jk4ujoiB
>>918
原人ではあるめぃ
D1はチベット遊牧民系秦人の末裔であろぅ

932 :出土地不明:2011/01/12(水) 22:47:06 ID:Mea4U+Ti
側室制度だよ

日本の歴史と伝統
オトコのロマンw律令制度にあったセックススレイブを復活させようぜw



大宝律令の後宮職員令によって制度化される。その内容は以下の通りである。

中務省が発する牒により、諸国に定員を割り振って募集されるが、名目は「献上」という形を取った。
募集条件は

13歳以上30歳以下であること。
(采女献上が一旦廃止された後に復活した嵯峨天皇の代の規定では16歳以上20歳以下)
出身は郡少領以上の姉妹か娘であること。
★容姿を厳選すること。


主に天皇の食事の際の配膳が主な業務とされているが、天皇の側に仕える事や諸国から容姿に優れた者が献上されていたため、
妻妾としての役割を果たす事も多く、その子供を産む者もいたが、当時は母親の身分も重視する時代であったため、地方豪族で
ある郡司層出身の采女出生の子供は中央豪族や皇族出生の子供に比べて低い立場に置かれることがほとんどであった。

933 :出土地不明:2011/01/13(木) 01:02:22 ID:4+1K9qQa
>>927
朝鮮語の語彙の70%もが日本語由来

■朝鮮語の語彙の70%もが日本語由来だってんだから。

「漢字でわかる韓国語入門 日本語の知識で7割まではすぐ征服」
(水谷嘉之/著、祥伝社)
http://www.amazon.co.jp/漢字でわかる韓国語入門―日本語の知識で、7割まではすぐ征服-ノン・ブック-水谷-嘉之/dp/4396102712

韓国語の8割は漢字でできています。ただ、漢字を韓国語で読んで ハングルで書き表しています。
 例えば、運動はウンドン、注意はジュゥイ。これを ローマ字式の書き方で ハングルで書いて
いるだけです。 そして漢字語の大半は日本語由来です。 併合時代に日本人の指導で始まった
漢字・ハングル混じり文で使われた漢字語は 日本語からの借用だったから。とくに学術用語や
法律用語は殆ど日本語由来です。

934 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/13(木) 01:13:17 ID:3zjS8+l1
>>914
近代の帝国主義時代の殖民地統治を例に挙げて、民族移動期と混同させても
意味が無あど。
>>915
「麻」も「摩」も同音の同じじゃないか。日本書紀や三国史記、どっちも
権力者の編纂じゃけぇ、記述内容は正しゅうは無いよ。斯麻王云う人物が
おっただけのこと。
>>916
遺伝子が変異すせんことを「証明」した人物もおらんじゃないか。
埴原和郎氏が、対談で、GM遺伝子で日本人とブリアート人の類似について、
「遺伝子も、昨日尾本(恵市)さんが言われたようにいろんな標識によって
少しずつ分布の仕方が違うわけです。
比較的単純な遺伝をする標識遺伝子などを一つだけとると、ブリアートの
中でも変っている可能性があるのです。ブリアートの遺伝子だけ変わらない
という証明は何もないのです。日本人の遺伝子も変化し、ブリアートの
遺伝子も変化するのであれば、系統関係はわからないということにな
ります。そのために尾本さんは、たくさんの遺伝子を検査して説を立てて
おられるわけで、」
と、多様な遺伝子を複合的、総合的に調べて見識を述べるんが学問で、
単一遺伝標識だけで妄想するんはカルトじゃ。(笑)
>>917
また「悪魔の証明」云うネット右翼活用語でさしくり(誤魔化し)よるのう。
現代日本人の形質が北方渡来系で、それが畿内が比率が一番高い現実を
認識せにゃぁ。(笑)
>>918
江南ビルマ語じゃ、電波を飛ばす江南朱子学派の安本美典氏が言語が
解ってとるわけあるまあに。(笑)

935 :出土地不明:2011/01/13(木) 01:30:37 ID:icNpdwAZ
>>934
大航海時代でも変わらんよ。
南アフリカ以外のアフリカ大陸が白人化してないだろ。
繰り返す、少数の例をもって全体を語るな。

936 :出土地不明:2011/01/13(木) 01:33:13 ID:icNpdwAZ
>>934
>>近代の帝国主義時代の殖民地統治を例に挙げて、民族移動期と混同させても
>>意味が無あど。

>>現実に新大陸でもネィテイブ先住民は少数派になっとる事実を
>>隠すなや。大航海時代の東アジアでも人の移動があったことを
>>隠蔽しても意味があるまあ。台湾の漢民族(ビン越民族)化、
>>華僑の東南アジア進出、鎖国以前の日本人の東南アジアの奴隷
>>移民じゃのあったこたぁ無視すなや。

おマイさんが持ち出したんだぜ。自分で自分を論破。

937 :出土地不明:2011/01/13(木) 08:09:58 ID:nz8fLLJT
>>934
>埴原和郎氏が、対談で、GM遺伝子…

だからハプロタイプが出来るのだろうが。
馬鹿だらおまえ(笑)

>多様な遺伝子を複合的、総合的に調べて見識を述べるんが学問で、
>単一遺伝標識だけで妄想するんはカルトじゃ。(笑)

だから男系はY染色体で分かるわけなのに必死で否定してるのはおまえだろうが。
そのくせ「多様な遺伝子を複合的、総合的に調べて」とは大笑いだ。
恥ずかしいから消えろ。

938 :出土地不明:2011/01/13(木) 08:14:52 ID:nz8fLLJT
>>934
>現代日本人の形質が北方渡来系で、それが畿内が比率が一番高い現実を
>認識せにゃぁ。(笑)

女系ではね。

自分から言い出した、纏向遺跡のエスニック系渡来集団を証明できないのですね。
はい残念でした、消えてください。


939 :出土地不明:2011/01/13(木) 21:39:44 ID:zw1OqAck
>百済系の遺物が見られたら百済系が多いんじゃないか、
>「出」型の冠なら新羅系が多かったろうと
発掘したものの出自により、その建設者を決めるんだね。
その結果、発掘した土器に朝鮮はおろか北九州のものも稀で、
地元の土器や東海北陸地方のものが中心であるから、
縄文人の子孫が纏向遺跡の建設者であったというのは、
別に間違っていないじゃないの?


940 :出土地不明:2011/01/13(木) 21:47:49 ID:zw1OqAck
逆に、エスニック集団(笑)が、建設者である根拠は何かね?
(938さんに迷惑をおかけした。すまん。)

941 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/14(金) 00:57:56 ID:A7vomWnL
>>935-936
大航海時代を近代と勘違いしよる馬鹿タレよのう。16世紀は4世紀
ほどじゃ無いか、プチ民族移動期じゃし、しかも、西洋人は
新大陸移住が主じゃったんど。東アジアでは、日本人の南方諸国
奴隷移民や華僑の南下、台湾も福建人らの移住、大陸中国は満州族の
南下と世界的現象と捕えるもんじゃ。
>>937-938
あんたが、Y染色体カルトで念仏唱えて分る云うて抽象的妄言、
繰り返しても意味があるまあ。オカルト板にお似合いじゃのう。
畿内の女系?形質容貌に男女の違いなんかあるかい。
いつまで妄想しとるんなら。しかも古人骨からDNAを抽出出来んし、
考古学データにもならんもんをあんたが持ち揚げる理由は何なら?

942 :出土地不明:2011/01/14(金) 14:14:54 ID:ZVsZ7+YT
>>941
>しかも古人骨からDNAを抽出出来んし、
>考古学データにもならんもんをあんたが持ち揚げる理由は何なら?

出来てるそうですが?

870 :出土地不明:2011/01/07(金) 15:59:16 ID:te2duS0+
ネアンデルタール人のY染色体も分析できるようになったんだね〜

PNAS電子版

北スペインのEl Sidron遺跡で出た12体のネアンデルタル遺骨の
mtDNAとY染色体を分析し、どうやらこの12人が幼児を含む家族集団で
且つ、♂成人3人は皆系統が同じmtDNAをもち、♀3成人はそれが別々な事から
父方婚をする父系家族集団の可能性を示唆。
更に、母親が同じ子供2人の年齢差から、出産間隔が現代の狩猟民同様、
3年間隔ではないかと論じている。
http://www.pnas.org/content/early/2010/12/14/1011553108.full.pdf+html


あんたが、形質人類学カルトで念仏唱えて分る云うて抽象的妄言、
繰り返しても意味があるまあ。オカルト板にお似合いじゃのう。



943 :出土地不明:2011/01/14(金) 18:19:48 ID:OgPggSSg
>>941
プチ民族移動期とか新語を作ってるし。
アフリカはどうなった?都合が悪いことをスルーか?

伝染病による民族浄化の話なんだぜ。
民族移動期に限定したら駄目じゃん。

944 :出土地不明:2011/01/14(金) 22:29:21 ID:DdXVPOMp
例えばどんな国でもそうだと思いますが、他国の集団が、移動してきた先の 国に来た場合、
やはり争いは起きるでしょうね。で、その先頭に立つのは必ず 男のはず。武力の中心だからね。

しかし、現在の日本のy染色体は縄文系が主体になっている。現在、ラテンアメリカの
y染色体は、16世紀以降スペインやポルトガルに征服された経緯から、 白人系の割合が多い。
しかし、母親からしか受け継がれないミトコンドリアは 先住民の系列のものが出てくる。

つまり、白人男性が先住民女性との間に 子供を生ませ続けた征服の歴史が色濃く出ている。
スペインの征服に遭った マリアナ諸島は大虐殺に見舞われ、大人の男性はほぼ残らなかったという。
女性は犯されていき、その結果、y染色体はスペイン系、ミトコンドリアは ミクロネシア系になったという。

遺伝子により支配された側、支配した側 の歴史が良くわかってくるのである。

日本ではどうか、上記の例でゆくと、征服側が、先住民より武力的に強くなければ 征服は出来ない。
武力的に圧倒し、当時、縄文人は渡来人より数が圧倒的に少なかったと 言われているので
制圧し上記のような征服をしたとすると、2000年経った今の日本人のy染色体にはD2遺伝子は
皆無か、数パーセントか、持っている人、持っていない人がいる程度に なっているはず。

母系遺伝のミトコンドリアが、韓国人と日本人はほぼ共通するものを持っている。

弥生人が縄文人よりかなり数が多かった事を示している。
y染色体は百年位の支配では広がらないのでかなり長い間支配をしていないと
国家的・全体的な変化を遂げる事は出来ないので、現在日本人のD2遺伝子の 割合から見ると、
弥生人、縄文人の支配具合を推測する事ができる。

(考察:大量渡来説では圧倒的多数の渡来系を、在来の縄文人が支配したことになってしまう。)


945 :出土地不明:2011/01/15(土) 00:15:23 ID:Ku31Vx7o
日本本土人の常染色体やミトコンドリアでは朝鮮南部とほとんど差がなく、
アイヌ人や沖縄人との差のほうがずっと大きいことは、
母系の大多数が渡来人の系列であることを意味している。
しかし、Y染色体の約半分がアイヌ人と共通であり、沖縄人とも似ていることから、
父系の約半分は縄文人由来なのである。
つまり、父系と母系の頻度が異なっている。
日経サイエンス2007年6月号「対談 DNAで探る日本人の起源」の中で、
人類学者の篠田謙一博士の言葉を借りると、
「すると「渡来人は全員女だった」と言う話になるんです。
これは絶対あり得ない」というほどである。



946 :出土地不明:2011/01/15(土) 03:07:43 ID:f2ML5I/2
日本人は皆、バイカル湖の東からやって来ました

947 :出土地不明:2011/01/15(土) 03:49:02 ID:wVCNaQTP
>>945
そそ。日本のミトコンを征服したのは元祖韓国クラブのオネエ方。
朝鮮半島女性は、古墳時代〜現代まで一貫して倭国出稼ぎ定住チャンピオン。
少なくとも広開土王の時代から1,600年の伝統は有る。
半島オネエは倭国軍を追って半島を南から北へ転戦。倭軍が半島から
引き上げた後は、ビジネスチャンスおめおめ逃すものかは!我も我も小舟に乗って行くぞ倭国の都。見よ追軍慰安婦ウリ女のド根性。西に古墳造成あると聞けば、古墳ドカタのイチモツ目がけてGO!南の小国に円墳造成あると
聞けばGO!半島女性は遺伝子レベルで韓日友好に貢献した。

948 :出土地不明:2011/01/15(土) 04:53:19 ID:Z/DKUUSu
韓国は売春婦輸出大国 

人口 4800万人 
女性 2400万人
20歳〜40歳の女性の人口 600万人
韓国国外で売春を行っている韓国人女性は10万人以上
60人に1人が国外で売春している国


>韓国ハンナラ党の議員がこのほど、韓国国外で売春を行っている韓国人女性は10万人以上に達し、そのうち5万人が
>日本で売春を行っていると発表した。環球時報が伝えた。

>韓国メディア「Newsis」は28日、日本では全体の半分にあたる5万人もの韓国人女性が売春に従事しているほか、
>オーストラリアで2500人、グアムで250人、さらにシンガポールや中国、香港、米国などを合わせると10万人以上の
>韓国人女性が売春に従事していると伝えた。

>統計によれば、韓国国内で買春容疑で逮捕された容疑者は2005年の1.8万人から09年は7.3万人まで増加したという。
>ハンナラ党の議員は10万人以上の韓国人女性が国外で売春を行っている現実に対して危機感を示したうえで、
>「韓国政府はすぐに適切な対策を立てなければならない」と訴えた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1028&f=national_1028_168.shtml

949 :出土地不明:2011/01/15(土) 04:54:09 ID:Z/DKUUSu
>韓国国内の売春人口は推定約70〜100万人

>弊誌第6号(2003年11月30日)で筆者は、韓国の売春人口は推定約70〜100万人、
>20〜30代女性人口の8人に1人が売春産業に従事している現状を紹介し、
>「欲望とストレスを飲み込みながら売春共和国はますます肥大していくのか」という言葉で結んだ。
http://www.geocities.jp/lucky0374jp/vol06.html

950 :出土地不明:2011/01/15(土) 09:20:45 ID:Ku31Vx7o
>>947
大量渡来の痕跡は、ミトコンドリアだったのか!
エスニック集団の正体、おそるべし。

951 :出土地不明:2011/01/15(土) 17:28:43 ID:WE0PgB2E
わけわからん

アマテラスおおみの神の

子孫とか

えたいのしれん子孫だろ


オカルトか

952 :出土地不明:2011/01/15(土) 19:24:41 ID:Wm3gsRHt
オランダ


953 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/15(土) 23:43:49 ID:UNgI+vbd
>>942
ネアンデルタール人から、どうやってY染色体からDNAを抽出出来るんか。
タイム・スリップして精液でも採取したんか?(笑)Y染色体なんか分析出来る
わけ無いんに愚かよのう。
>>943
16世紀は四世紀ほどじゃないが、民族移動期じゃけんのう。
あんたの近代例工作なんか話にならんよ。
ほいで、大量移民による疫病こそ深刻じゃし、在来民の大量減少になるんも
一般的じゃ。
>>944
日本人のABO血液型のA型が多いゆえ、A型民族のゲルマン人が日本を支配し
B型の多い東北蝦夷を征服した云う出鱈目解釈と似たようなことを云う。
一つの血液型じゃの遺伝標識だけじゃあ妄想になるわいや。多くの遺伝型
から複合的に考察せん限り、学問じゃのうてカルトじゃけんのう。(笑)
>>945
この板の過去スレでも云うたが、その文は朱子学攘夷でネット右翼を煽る
ナチ・レイシスト優生学論の蔵琢也氏のじゃないか。(笑)
まあ、Y染色体カルトの身元を扇動先をバラしよるたぁまぬけよのう。(笑)
>>947
当時の倭は、伽耶の北方木槨墓人で、倭が日本じゃ云う根拠が無いよ。
しかも、漢に生口を献上しよった奴国ら列島の倭は、奴隷民で軍事力なんか
あるわけ無いけんのう。
>>948-949
近代の日本の「からゆきさん」「娘子軍」あたりを調べたらどうか。
売春婦輸出国の日本に、隣国のことを云える立場にあるんかね。(笑)

954 :出土地不明:2011/01/16(日) 01:40:01 ID:mpihoJtF
>>953
だいたい、伝染病で民族浄化というのは意図的に伝染病を広めることを意味するんだぞ。

16世紀の日本で起きていない時点であんたの意見は終わってる。
ヨーロッパと接触して民族浄化されたか?
アフリカも起こっていないわな。
4世紀のヨーロッパで疾病による民族浄化ってあったか?
誤魔化すのはやめたらどうだ。

大量移民による疾病が一般的?
因果関係を見なおしたほうがいいよ。

955 :出土地不明:2011/01/16(日) 07:49:28 ID:mKibBv+0
>>953
>ネアンデルタール人から、どうやってY染色体からDNAを抽出出来るんか。
>タイム・スリップして精液でも採取したんか?(笑)

確か凍土の中から見つかった人体だったと思うが。

論文読めん無能で悔しいのう(大笑い)

956 :出土地不明:2011/01/16(日) 07:55:00 ID:mKibBv+0
>>953
>当時の倭は、伽耶の北方木槨墓人で、倭が日本じゃ云う根拠が無いよ。

その伽耶地域から日本系文物が多数出土してる。

>しかも、漢に生口を献上しよった奴国ら列島の倭は、奴隷民で軍事力なんか
>あるわけ無いけんのう。

4世紀から鉄製の短甲は出るしその前から充分ある。
おまえが現代社会の奴隷民だろ(大笑い)

957 :出土地不明:2011/01/16(日) 07:58:42 ID:mKibBv+0
>>653
>どうやってY染色体からDNAを抽出出来るんか

Y染色体からDNAを抽出なんてできるわけない。
普通、逆だろうから。

アハハハハハ



958 :出土地不明:2011/01/16(日) 08:56:50 ID:d+Zao9f1
@母系遺伝のミトコンドリアが、韓国人と日本人はほぼ共通するものを持っている。
このことは、弥生人が縄文人よりかなり数が多かった事を示している。

A日本の男系y染色体は縄文系が半数に近い。

∴圧倒的多数の渡来系を、在来の縄文人が支配したことになってしまう。

959 :出土地不明:2011/01/16(日) 10:41:04 ID:TVMV4RUd
DNAを糸だとすると、染色体は糸の束
染色体をほぐすと、DNAの糸がほどけてくる。
Y染色体をほぐし、特定箇所のDNAを比較する

mtとYの矛盾は、
mtの分布が古くから変動が少なく、
Dとペアで渡来したmtと
O2とペアでトライしたmtの間で、
大きな違いはなかった
と考えることで一応解決できる

960 :出土地不明:2011/01/16(日) 11:42:06 ID:mKibBv+0
>>958
土井が浜もそうだし青谷上寺地などでもそうなんだが、
いわゆる弥生系が惨殺された人骨が見つかってるんだよね。

やってきた渡来人が少数の集団であったなら当然そういうことになるだろう。
その少数の集団が幾重にも渡来してきても結果は同じだろう。

961 :出土地不明:2011/01/16(日) 13:00:32 ID:ThUWcIfl
>>958
ウリも知ってる倭国の秘密:
倭国の男女比率は女子が圧倒。この不自然さは自然出生率では説明不能。
 
魏志倭人伝:
 リッチは嫁を4,5人、庶民でも2,3人(ry↓
 其人壽考或百年或八九十年其俗國大人皆四五婦下戸或二三婦

後漢書:
 酒好き、長生き、国は女子の人数が凄ぉ〜
 リッチは嫁4,5人、その他も嫁2,3人(ry ↓
 人性嗜酒多壽考至百餘歳者甚衆國多女子大人皆有四五妻其餘或兩或三

最も合理的な説明
弥生時代〜古墳時代、朝鮮半島から音にも聞く勇猛果敢な娘子軍が
継続的に倭国に侵入した。娘子軍の肉弾砲の前に、倭国大王の赤子らは
バタバタ身を投じた。半島娘子軍は列島中心部で連戦連勝、近畿地方の
倭人骨形態学を完全制覇した。
おー見よ勝利の赤い旗!誇り高きミトコン旗よ永遠なれ!

962 :出土地不明:2011/01/16(日) 14:01:48 ID:d+Zao9f1
(ありそうな話)
農耕技術を持った渡来人は、平地部分に小規模集落を築いた。
これらの人が大きな豊かな集団になったとき、
山地に住む人たちとの物々交換による交易が生まれた。
このような交易の中で、血縁が生まれて、混血していった。
(渡来人でも乱暴な輩は、淘汰されたんだろうね。)

963 :出土地不明:2011/01/16(日) 14:19:32 ID:d+Zao9f1
少数渡来の自然増加した集団と縄文人の、対等合併じゃあないかと思う。
そうでなかったら、アバターみたいに縄文人が侵入者を殺したか、
あるいはアマゾネスーエスニック集団が大挙渡来したんだろうね(魅力ある説ですねw)。

964 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/16(日) 23:42:03 ID:XxyixM1O
>>954
日本は古墳時代の渡来人が多数派で疫病の免疫がついとるけんのう。
むしろ日本の時代区分では近世のアイヌ人への殺戮じゃろう。
アイヌ人は採集狩猟文化要素が強かったけぇ疫病にもろいけんのう。
>>955-956及び>>957
翻訳がエラーになるけぇ読めるわけあるまあ。あんたのパソコンは
エラーにならんのか?
どっちにしても、Y染色体じゃあ古人骨から抽出出来んよ。
当時の伽耶の支配層は、明らかに騎馬文化を持った北方木槨墓人
じゃけぇ、あんたの妄想は通用せんよ。

965 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/17(月) 00:01:26 ID:PhnLlFPK
>>958
また、>>945のネット右翼の朱子学攘夷運動を煽る蔵琢也氏の
トンデモ論か。ネタはこれじゃろ。
http://waterracoon.iza.ne.jp/blog/entry/1091141/
蔵琢也氏は都合が悪いせいか自身のHPを消しよったのう。ほいで蔵琢也氏
のトンデモ論。
http://www.interq.or.jp/red/kota/bunka/bunka4.html
優生学ナチ・レイシストの権力者追従論じゃ。(笑)
http://waqoo.blog16.fc2.com/blog-entry-91.html
http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/20060218/1140269033
http://blogs.yahoo.co.jp/bigbangbaystars/18890408.html
http://blog.goo.ne.jp/worldnote/e/e871400e363094ae7d5012dbfa88d060/?ymd=200512&st=1
まあ、蔵琢也や竹内久美子らトンデモ系受け売りがこの板のネット右翼
じゃけんのう。(笑)

966 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/17(月) 00:25:34 ID:PhnLlFPK
>>960
青谷上寺が縄文系に惨殺されたじゃのトンデモ論の根拠は何なら?
弥生後期は渡来系弥生人同士の戦乱の可能性の方が強かろうに。
縄文系の人骨の出た処に、武器が優れとった根拠すら無いんに。
しかも古墳期から現代日本人は、北方渡来系の直系子孫で
縄文系の直系子孫じゃ無いことは、容貌、形質、体質から明らかなことよ。
>>961
あのねえ、史書の記述を額面通りに受けたら、邪馬台国も列島に無いよ。
距離、人口、方位なんか出鱈目じゃし。
>>962
物々交換じゃあ、港市の経済力が山に住む連中より優位に立つよ。
ほいで山に住む連中は奴隷を提供せにゃあいけんようになる。
東南アジアの港市と山地の崑崙奴との関係からもね。
倭の奴国や邪馬台国が奴隷を楽浪、漢に献上したんじゃが、
山地の民から取って来た奴隷の可能性が強いのう。
>>963
弥生期に自然増加は無うて、中国の黄巾の乱と同時期の倭国大乱で
人口を減らしたと考えるべきじゃ。古墳期の渡来系によって人口増加と
なったと見るべきであろう。

967 :出土地不明:2011/01/17(月) 01:37:54 ID:YKmUf6lj
>>964
古墳時代より前から渡来人来てるし。

弥生時代には病気の渡来人は来ず、
古墳時代に民族浄化の為に渡来人が来たんだね。

968 :出土地不明:2011/01/17(月) 03:10:58 ID:QR1aN1Xg
古来異民族との混住地域であり、北魏時代には六鎮がおかれた地方(陝西省北部の延安・銅川・楡林、山西省北部の大同市)の漢族
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/201007/2010070915063259.jpg
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/201007/2010070914222382.jpg
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/201007/2010070915045229.jpg
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/201007/2010070915525790.jpg
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/201007/2010070915021417.jpg
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/201007/2010070915391022.jpg
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/201007/2010070916032464.jpg
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/201007/2010070912233113.jpg
http://www.ylrb.com/uploadfile/edu/uploadfile/200806/20080617030457850.jpg
http://www.sjtjy.cn/yanjiu/uploadfiles_5709/200607/20060724101725250.jpg
http://shaanxi.cnwest.com/images/2007-06/16/xin_430604160902828169315.jpg
http://www.ylsz.org/xueshengleyuan/UploadFiles_7364/200904/2009041013524241.jpg
http://www.ylsyxx.com/Article/UploadFiles/200806/2008060220494917.jpg
http://www.sn.xinhuanet.com/2010-12/22/xin_0031207221603406406524.jpg
http://cc.ksea.cc/UpFiles/Article/2010/12/11/2010121156131345.jpg
http://bbs.ssfeng.com/bbs/attachments/month_0811/20081129_6c6d53bb166445831704bityUJz7LX3n.jpg
http://img1.cache.netease.com/catchpic/6/68/68F2DDFCE3860E8242F62C40159DCD9D.jpg
http://www.ylbz.net/Article/ShowArticle.asp?ArticleID=56
やはり華北の現在の漢族の多くが五胡・鮮卑系王朝の隋唐以来
さまざまな異民族と混血を繰り返した結果形成されたことがわかる
ちなみに陝北(陝西省北部)は呂布・貂蝉(伝説上)・李自成の故郷でもある

969 :出土地不明:2011/01/17(月) 07:39:25 ID:5lOVy7WW
>>966
>しかも古墳期から現代日本人は、北方渡来系の直系子孫で
>縄文系の直系子孫じゃ無いことは、容貌、形質、体質から明らかなことよ。

お題目しつこい。
Y染色体は積み木のように祖先から引き継がれたもの。
「古い人骨から抽出」できなくてもその人の祖先が分かる。
何十年前に読んだのか知らないが古臭い形質人類学なんて現代では意味はない。

恥を知れ。


970 :出土地不明:2011/01/17(月) 08:12:06 ID:5lOVy7WW
>>965
それとなぁ、おまえ。
反論に他人のブログを持ち出しても意味がないのだ。
反論してる奴のブログなんだから。

ほんと頭悪いやつだな。

971 :出土地不明:2011/01/17(月) 21:51:37 ID:N61f958+
縄文時代の生活においては、程度の差こそあれ交易によって
遠隔地から手に入れられるものが、
各地のムラ・産地間でよく使われています。

例えば関東の縄文時代の遺跡であれば
○黒曜石:矢じりや石匙の素材として使われている。
産地は長野県和田峠周辺・栃木県高原山・東京都神津島
○ヒスイ:大珠や装飾品として。
産地は新潟県糸魚川(姫川・小滝川)
○アスファルト:矢じりを柄につけるときの接着剤として。
東北一円で発見されているが、
産地は秋田県・新潟県の油田地帯。
○塩:製塩土器の破片が海から遠い内陸の遺跡からも出土しているので、
塩とともに運ばれたと考えられる。
○貝加工品:縄文中期等に見られる大規模貝塚は、
共同で貝の加工した場所であり、生産された加工品は
内陸のムラとの交易品として使われたと考えられている。
(縄文晩期から出現する製塩土器は、交易品が貝から塩に代わったものともいわれる)


972 :出土地不明:2011/01/17(月) 21:59:34 ID:N61f958+
日本列島の場合、岩塩がありませんから塩は海水からつくらなくてはなりません。
縄文後期になると土器を使って製塩が行われるようになります。
霞ヶ浦の沿岸などに大きな製塩土器発掘されていますが、
土器で塩をつくりますと相当量の塩が一挙にとれますから
これは交易を前提とした製塩であるといって間違いないと思います。
塩がとれると魚貝の塩蔵も可能になり、塩の交易、それに伴う魚介類の交易は、
日本社会の中で最も早く現れる商業で、
塩商人、魚貝商人はもっとも古い商人ではないかと思えてきます。

 


973 :出土地不明:2011/01/17(月) 23:44:58 ID:ArVO8fwt
>>970
いや、そいつは「考古学者は皆バカばっかり、頭のいいのはウリだけニダ」と本気で思っているんだよ。
実際そういうレスを何度もあげてる。

974 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/18(火) 00:38:18 ID:GY+5R3sc
>>969-967
お題目は、「古い人骨から抽出」できなくても、その人の先祖が
解ると具体性が無い、思い込み妄想するYカルトらよ。
古臭い形質人類学?学問の基礎に古いも新しいも無いが、
新しいたぁ妄想することなんか?(笑)
>>965は、わりあい蔵氏親派の意見じゃろう。まあ内容は天皇家が
近代ですら男系が遡れん可能性もあるのに、妄想されよるし、
神武天皇じゃの架空人物の男系じゃの科学じゃのうてファンタジー、
オカルトの世界よのう。ほいで蔵琢也氏が江南思想である朱子学の
ネット「尊皇攘夷」運動を煽りよることをバラしよるのう。(笑)
この板やここのスレももしかしてご本人が書き込んだんか知らんが。
ほいから上から二番目の『美人を愛した遺伝子たち』なんか、
蔵琢也氏が、生物決定論のトンデモ社会進化論者であると
思わんや?競争原理を勝ち抜いた昭和のエリート秀才軍人は、
大東亜戦争で愚策にして国家を破滅させかけたけぇ優秀なんかのう?
うん、蔵琢也氏は幕末からの攘夷決行を大東亜戦争で世界相手に
実行出来たけぇ、日本が負けようが火病を起こして攘夷実行する
人間こそ美人にもてるじゃの煽りよるんかね。(笑)
あんた、蔵琢也氏は日本滅亡を望む反日勢力じゃ思わんや?

975 :出土地不明:2011/01/18(火) 01:55:55 ID:nSYgpW9q
>>974
弥生時代には病気の渡来人は来ず、
古墳時代に民族浄化の為に渡来人が来たんだね。

976 :出土地不明:2011/01/18(火) 08:05:49 ID:HYYjN3/O
戦闘軍団の襲来が新たな集団発生の契機となったような場合、
mtDNAには何の痕跡も残さない。
軍団が一般的には男性だけの集団であるからだ。

@母系遺伝のミトコンドリアが、韓国人と日本人はほぼ共通するものを持っている。
アイヌ人や沖縄人との差のほうがずっと大きい
このことは、弥生人が縄文人よりかなり数が多かった事を示している。

A血清に関わる血液型に関する限り日本全国(含む沖縄)
 各地でほぼ有意の差が認められません。
 北方型で且つab3st遺伝子を高い頻度を持つ。

B日本の男系y染色体は縄文系が半数に近い。

以上の理由で、大量渡来があったとしたなら、
(A)縄文系の男子が、日本を長期に渡って支配したことになります。

これが、おかしい事だとしたら、もともと
”戦闘集団の大量渡来”という前提が間違っている
ということです。


977 :出土地不明:2011/01/18(火) 08:33:40 ID:sRgJ3gpm
>>974
>お題目は、「古い人骨から抽出」できなくても、その人の先祖が
>解ると具体性が無い、思い込み妄想するYカルトらよ。

こんなとこで毎日駄文書いてる暇があるなら、
たった一組でもいいから父子で遺伝しない例をお前が見つけてくることだ。

さぁやれ。
できないでほざくな下郎。


978 :出土地不明:2011/01/18(火) 20:02:25 ID:sRgJ3gpm
東北の縄文人、北部九州に関与? 弥生文化の起源に新説
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200705240131.html


979 :出土地不明:2011/01/18(火) 20:46:45 ID:OqWW8hX3
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn2/002_04_01kannreika_gamotarasita_jyoumonnhoukai.html

http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/seigyo/jomon.html#1

980 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/18(火) 23:23:14 ID:GY+5R3sc
>>975
弥生期の、鳥取の青谷の人骨でも結核菌に罹っとったんがおったよ。
まあ、本格的な結核菌感染や疫病は古墳期からじゃね。
在来縄文人にとっては絶滅に近い種の絶滅とも云える。
現代日本人の容貌や体質に縄文系が薄いのもそうした理由よのう。
>>976
土井ヶ浜も、女性の渡来系人骨があり、男系も女系も渡来系が
多く、奴隷にされた縄文人が種を残す可能性は低いのう。
また、Yカルト宗教の妄想か。あんたの云う縄文系のYにおける
DE型たぁ、中東のコーカソイドやアフリカのネグロイドに見られる
けえ、中東の白人は西洋人たぁアフリカ黒人の男系を持ち、
アフリカ黒人や中東の白人の男系がチベット(チベット人の容貌は
新モンゴロイドで縄文系のアイヌ人や渡来系の混じった縄文系の
沖縄人より、本土日本人や朝鮮人に似た容貌形質)や縄文人の
男系先祖云うたらおとぎ話の世界よ。
あんたら、ネット右翼はナチ・レイシスト優生学妄想の蔵琢也氏に
洗脳された可哀想な人間じゃわい。オカルト板の方が似合うで。(笑)
>>977
古人骨から抽出出来んのに、推定時計が何で出来るんか、
あんた説明しんさいや。父子と矮小化して、矮小した産物から
古代まで飛躍する方がファンタジーじゃ思わんか?
ほいから、あんた、>>965の蔵琢也氏の社会進化論について回答が
無いど。社会進化論を唱える蔵琢也氏は左翼マルクス史観に似て
左翼の反日社会主義者じゃ思わんや?(笑)

981 :出土地不明:2011/01/18(火) 23:45:38 ID:HYYjN3/O
4世紀以降朝鮮半島に進出し、新羅や百済を臣従させ、
高句麗と激しく戦ったことが広開土王碑文などから知られる。
5世紀には倭の五王が中国に使者を遣わした。倭
が朝鮮半島で得た鉄は、甲冑、武器、農具に用いられた。
中国と朝鮮から、文字(漢字)と仏教・儒教がもたらされた。
この時代の人々は土師器と須恵器を用いた。
また、『隋書』などにおいても、倭国は珍物が多く、
高句麗や新羅を従えていたとの記述が存在する。



982 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/19(水) 00:13:42 ID:ALrqTDAH
>>981
また念仏妄想唱えよるんか。歴史の真実は変わらんのに。
倭は、日本列島を意味しとらんし、伽耶木槨墓人が伽耶の支配層じゃったん
は明らかじゃし、奴隷献上の列島に軍事力なんか無いのう。
おいおい東アジアの強国の高句麗まで、どうやって従えさせれるんなら?
ファンタジー全かいのう。(笑)しかも『隋書』倭国伝に高句麗を
従わせた記述なんか無いし、もちもん新羅も。
やっぱし、「ネットウヨ息を吐く度に嘘を吐く」じゃわい。
日本人の恥をあんましさらさんとってつかいや。

983 :出土地不明:2011/01/19(水) 01:20:53 ID:COUw3P0W
「大陸から対馬海峡を渡っての大移動による征服」という大きなイベントにもかかわらず、
中国・朝鮮・日本の史書に揃って、その記載はなく、それどころか中国の史書では、
日本の国家を、紀元前1世紀から7世紀に至るまで一貫して「倭」を用いており、連続性が見られる.


984 :出土地不明:2011/01/19(水) 01:28:45 ID:COUw3P0W
日本独自の古墳形式である前方後円墳は、
2世紀後半から3世紀前半にかけての畿内で発生している。


985 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/19(水) 02:11:08 ID:ALrqTDAH
>>983
中国史書でも、倭の位置が変っとるよ。『後漢書』じゃあ、
奴国が倭の最南界云うことは、北九州の島嶼部あたりが倭の一番南なら倭は
ほとんど朝鮮におったことになるのう。(笑)まあ、記述の方位、人口、
距離は出鱈目じゃけぇ信憑性が無いにしても、朝鮮南部〜九州北部が
倭と云う認識よ。ほいから『隋書』には、九州の記述しか出とらんけぇ、
畿内王権と何ら関わりが無い。旧唐書じゃあ、倭と日本を別としとる。
旧唐書日本伝では、日本が倭を併合したじゃの云うてのう。
連続性なんかどこにあるんか?
>>984
前方後円墳の原型は高句麗じゃろう。方墳部分を造るプランも高句麗。
左翼歴博の古墳年代起源を早める工作して、弥生期を古墳期にする工作
しよるんか。つまらん。

986 :出土地不明:2011/01/19(水) 03:11:31 ID:Yd4kNCqD
>>985
ヤマト王権が「日本」という呼称を使い始めたのな
それ以前は「倭」
「大倭」と書いてヤマトと読ませたりもしてた
もうちっと勉強しろよな

987 :出土地不明:2011/01/19(水) 04:47:31 ID:PHMD7+hl
>>980
>父子と矮小化して、矮小した産物から
>古代まで飛躍する方がファンタジーじゃ思わんか?

父子で確実に遺伝するなら古代まで遡れるのは当然ではないか。
馬鹿だろおまえ。
あと蔵某とY染色体は関係ない。質問返しでごまかすな。

>>982
>列島に軍事力なんか無いのう。

世界最大級の墳墓を作れたのはなぜが答えろや下人。

>>985
>前方後円墳の原型は高句麗じゃろう

一度でいいからちゃんとした報告書を示したらどうだ。
他人のブログはダメだぞ。

988 :出土地不明:2011/01/19(水) 07:05:48 ID:FDgkYza9
>>980
途中から妄想になってますよ。
妄想部分がいつも根拠なし。

免疫のない、最初の感染時の影響より、後代の移民の影響が大である根拠って何?
それと、民族浄化のためにわざと持ち込んだ証拠も出せよ。

989 :出土地不明:2011/01/19(水) 16:51:00 ID:p6SAuuHj
アホ牛のお仕事は妄想をコリエートすること。
学術ソースなどそもそも本国にすら存在しない。

月光も同様、同じ穴の穢貉。

990 :出土地不明:2011/01/19(水) 21:18:32 ID:COUw3P0W
仁徳陵の建設−季刊大林から
昭和60年(1985年)に発行された季刊大林20号「王陵」に、
仁徳天皇陵の建設についての見積もり内容が掲載されています。
大林組プロジェクトとして知られており、
多くの考古学関係資料でも取り上げられていますが、
大半が部分的な参照に留まっていることが多いので
あらためて全体の概要をまとめてみました。

最初に施工条件として次の設定がおこなわれました。
イ、建設用工具は鉄製または木製のスキ、モッコ、コロを使用する。
ロ、労働者はピーク時で1日2000人とし、牛馬は使用しない。
ハ、作業時間は、1日8時間、1月25日とする。
ニ、建設事務所は陵の敷地内、労務宿舎は近くの客土採取場の中に置く。

古代の工事は動員できる労働者の数によって
工期は大きく左右されますが、検討の結果
およそ10〜20年の工期であったという想定を置いて設定されたそうです。
現在の仁徳陵は3重の濠がありますが、明治時代になんらかの理由で
追加濠工事がおこなわれたと考えられており、
建設の見積もりでは2重濠としています。

以下は全体の工事の工程表ですが、季刊大林に掲載されている表を
主旨を変えないように描き写したものです。
見積もり総動員数は延べ6,807,000人
(ただし、1日あたりピーク時で2000人)、工期は15年8ヵ月となっています。



991 :出土地不明:2011/01/19(水) 22:00:01 ID:COUw3P0W
食糧生産が十分でないと、こんな大規模工事は無理だろうなあ。
どう思うよ?


992 :出土地不明:2011/01/19(水) 23:57:45 ID:FDgkYza9
ひとつだけならまだしも、真東に誉田御廟山古墳とか日本中に古墳があるからな。

993 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/20(木) 00:18:01 ID:u0Lpyyol
>>986
ヤマト王権を倭云うても旧唐書じゃあ別の国にしとるんに。
しかも『隋書』にゃあ難波や飛鳥の記述は一言も無いよ。
>>987
父子に確実に遺伝しても歴史時代に遺伝子が変異せんかった云う
根拠の方が無いけんのう。ネット右翼が蔵琢也氏の影響で
扇動され、嫌韓ブログにY染色体の図を載せるようになったんは
明らかじゃないか。(笑)
墓が大きかったら、日本は高句麗や中国より大国じゃったと
本気で信じとるんか?
前方後円墳の高句麗起源はブログを見た方が解ろうに。
報告書なんか肯定、否定両方とも屁理屈じゃけぇ、どがん屁理屈
文書の構成を作成しとるかの問題じゃ。
>>988
途中から妄想云うて、具体的指摘がのうて上の方の疫病のことか。
弥生期、今の処青谷以外の例が無いけんのう。しかも古墳期に
全国的に北方新モンゴロイド化しとるし、弥生期に牛飼育がほとんど
無かったことから、古墳期に蔓延した可能性が強い。
民族浄化の為、人為的にじゃあわしゃあ一言も云うとらんで。
結果として、現地民を大量殺戮することになる云うだけよ。
現代でも、南米の先住民が暮らす地域へ行く前は、疫病をもたらさん
ように、検査が必要じゃけんのう。
>>989
学術ソースたぁ、具体的に何を指して云うとるんか?

994 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/20(木) 01:00:34 ID:u0Lpyyol
>>990-981及び>>982
古墳期〜律令期の人口が、500万〜700万としても、子供まで総動員する
シナリオはファンタジーよのう。(笑)しかも古墳増設の為国家総動員したら
食糧生産もままならんわ。(笑)

995 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/01/20(木) 01:14:38 ID:u0Lpyyol
>>981
ほいから、>>982の補足。伽耶の支配層は、北方木槨墓人よ。
伽耶の騎馬文化、軍事力たぁ、当時の列島が上回るわけ無い
けんのう。
http://www.financial-j.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=192870
http://rickchan04.exblog.jp/10408537/
しかも、殉葬された伽耶少女の人骨は、低顔の南方及び縄文形質で
韓人か倭人の奴隷じゃった可能性が強いのう。
http://blog.livedoor.jp/hangyoreh/archives/888107.html
つまり、世界的北方民族の南下で、伽耶〜日本も北方民族が
支配した云うことよ。

996 :出土地不明:2011/01/20(木) 01:24:47 ID:6Nj8wTl9
確かに日本へ百済等から「牛、馬、虎、山羊」など珍しい動物を連れて来たと日本書記に書いてある
しかし初めて見る動物だから名前は何て云うんだと聞いたはず、

そしたら百済人は「牛ウシ、馬ウマ、虎トラ、山羊ヤギ」と云ったんで、日本人はあっそうかと記録した
しかし現在韓国人は「牛ソ、馬マル、虎ホランイ、山羊ヨンソ」と発音する、この違いって何?

百済人、新羅人はほんとに現在韓国人の先祖の一派か?かなり疑わしい!

997 :出土地不明:2011/01/20(木) 01:26:27 ID:nsRyNw69
>>993
病気のことがわかってないならそう言え。
具体的な指摘が出来るような内容があなたたの書き込みにないんですよ。
論理が飛躍してるからね。
気が付かないところがあなたらしい。


>>しかも古墳期に全国的に北方新モンゴロイド化しとるし、
>>弥生期に牛飼育がほとんど無かったことから、古墳期に蔓延した可能性が強い。

無関係で薄い状況証拠を都合よく解釈して真実のように主張。


殺戮の意味もわからず、現代を持ち出すバカ。

998 :出土地不明:2011/01/20(木) 02:27:54 ID:3YViQgFv
>>989
>アホ牛のお仕事は妄想をコリエートすること。
>学術ソースなどそもそも本国にすら存在しない。
>月光も同様、同じ穴の穢貉。

禿ワロタ↓
>月光も同様、同じ穴の穢貉<

牛と月光とウリナラわお〜 で穢貉貊





999 :出土地不明:2011/01/20(木) 05:43:19 ID:Qbp6ZquF
”むじな”ですね。


1000 :出土地不明:2011/01/20(木) 05:44:00 ID:Qbp6ZquF
1000 ゲット 終了

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

496 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)