5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

YDNAで追う銅剣・銅鏡文化による古日本建国史

1 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 14:46:24 ID:+YMx5EwN
ユーラシアと日本列島を結ぶ古代史。

2 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 14:53:09 ID:+YMx5EwN
内バイカル、外バイカル、モンゴル東部、中国内モンゴルにはカラスク・夏家店上層文化に併行して
石板墓文化というのがあった。

「埋葬遺跡は伝統的文化においてあの世への旅立ちに関係する場所だけでなく、そこは再生の場所
(大地のへそ)であり、毎年儀式を行う場所でもあり(正月から始まる生活サイクルの一切の儀式、つまり、
共同体全員の誕生日、婚礼、共同葬儀と法要などが含まれ)、それらが方形あるいは矩形の形をとることは、
「石板墓」を残した民族が大地崇拝儀式を行うものの、天の崇拝は行っていなかったと思われる。

この関係で、「戎」とは「野において贄の供養を行う」民族であるとされてきたことが想起される。

これは石板墓文化人による先住民の鹿石(鹿ステラ)の頭頂部に籠められた聖なる太陽/火の属性破壊を
象徴するように、鹿石(鹿ステラ)を上部からさかさまに地中に埋めることによって、鹿石(鹿ステラ)を再利用
するということにも現れている。アルタイ語族が生まれる地域におおいてはこのように西部と東部に文化慣習
が分かれてゆくことは 突厥可汗諸国においても見られる。」

モンゴル語族文化慣習の類型 T.D.Skrynnikova (Ulan-Ude, IMBiT)より

3 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 16:07:39 ID:+YMx5EwN
>「石板墓」を残した民族が大地崇拝儀式を行うものの、天の崇拝は行っていなかったと思われる。
>この関係で、「戎」とは「野において贄の供養を行う」民族であるとされてきたことが想起される。

日本においては出雲族が地祇とされるが、石板墓文化人は大地崇拝すなわち、地祇であるとされる。
また、戎であるということから山戎と同じと考えてよい。

一方、鹿石文化人は太陽崇拝とされており、石板墓文化人と対立している。しかし、ケレクスル(旭日
型神籬)もその円形が太陽崇拝とされる。更に又、カラスク文化人の刀子の柄頭には日輪があり、
太陽崇拝習慣があることになる。

逆に、石板墓文化であっても内バイカルは四隅突出型墳丘墓であり、円形と方形を統合した形に
なっている。外バイカルは前方後方墳、方形石板石籬墓地であり、これは漢残な大地崇拝。

4 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 16:11:07 ID:+YMx5EwN
>逆に、石板墓文化であっても内バイカルは四隅突出型墳丘墓であり、円形と方形を統合した形に
>なっている。外バイカルは前方後方墳、方形石板石籬墓地であり、これは漢残な大地崇拝。
逆に、石板墓文化であっても内バイカルは四隅突出型墳丘墓であり、円形と方形を統合した形に
なっている。外バイカルは前方後方墳、方形石板石籬墓地であり、これは完全に大地崇拝。

5 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 16:21:33 ID:+YMx5EwN
>これは石板墓文化人による先住民の鹿石(鹿ステラ)の頭頂部に籠められた聖なる太陽/火の属性破壊を
>象徴するように、鹿石(鹿ステラ)を上部からさかさまに地中に埋めることによって、鹿石(鹿ステラ)を再利用
>するということにも現れている。
日本での例は
@男鹿半島伝承で、石段建設を請け負い、最後の1段の石を隠された鬼が怒り、木を抜きさかさまに立てる。
A神籬。
B国譲りの談判の際に圏をさかさまに立てる。
等に事例がある、百襲姫が崩御の際、陵の上にさかさまに立てた剣に尻を突いて崩御したといいうのは
「死して後その御陵に剣を逆さに立てた」と言うことでなくては意味をなさない。これは被葬者が大地の主権者
であることを知らす葬礼と見られる。国譲りの場合は国土を譲渡する意思表示-無条件降伏か。

6 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 16:27:51 ID:+YMx5EwN
>アルタイ語族が生まれる地域におおいてはこのように西部と東部に文化慣習
>が分かれてゆくことは 突厥可汗諸国においても見られる。
日本の場合↓こうなっており、
http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-kat/gisi/sannseikikofunn.gif
西方が前方後円墳(太陽神の象徴である銅鏡を伴う)、東方が尾張地方の前方後方墳となる。

7 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 17:01:15 ID:+YMx5EwN
>>5
山戎は女陰、手形を崇拝するというのは、事実日本の山岳、海浜では女陰を表す岩石を弁財天として
敬って御賽銭を備えたり、また天狗の扇とか、団扇とかも崇拝する。弁天様には女陰が描かれていたり、
岩の割れ目に硬貨を差し込む風習がある。皆、山が金を生むという願いからであろう。しかし、
大神神社に祀られるホトタタラ、ヒメタタラ斎依り姫というのは違う。ホト=フツ=剣霊(軍神)、タタラ>
タタリ>霊、ヒメ=日輪(玉、鏡)と解釈しないとはなはだおかしい。

8 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 17:07:10 ID:+YMx5EwN
同様に、神武がうちてしやまむという軍神の権化であったり、旭日旗が戦争のためにあると考えるのも
おかしい。五円玉の先祖が刀銭であり、その柄頭部分は太陽を意味するが、この場合は通貨の
普遍的流通性を象徴する意味であろう。

9 :LUNAMASK:2010/09/11(土) 21:38:05 ID:+YMx5EwN
http://homepage.kokushikan.ac.jp/kaonuma/tokuteiryouiki/news/newsletter03/image/5-2.jpg
http://homepage.kokushikan.ac.jp/kaonuma/tokuteiryouiki/news/newsletter03/image/5-3.jpg
鹿石 頭頂部に日輪(フルの御霊)が彫られている。石神(いそのかみ)とは鹿石のことだろう。
http://homepage.kokushikan.ac.jp/kaonuma/tokuteiryouiki/news/newsletter03/news03_05.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Glazkov_culture
そしてフツの御霊というのは
http://history.novosibdom.ru/files/u7/sibir_58.jpg
このカラスク刀子のような剣霊のこもる刀剣を指すのであろう。

10 :LUNAMASK:2010/09/12(日) 15:14:58 ID:U95d+QyX
石板墓文化に先行してグラスコフ文化があり、併行して
→夏家店下層 もある
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E5%AE%B6%E5%BA%97%E4%B8%8B%E5%B1%A4%E6%96%87%E5%8C%96
ここに三足土器が登場する。三足土器は石板墓文化にも登場する。
黒衣灰陶長胴鬲(夏家店下層文化系、BC2500〜1000)
http://www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery/gallery-573.html
http://abc0120.net/m/words01/abc2008121001.php
http://www.aa.alles.or.jp/~tora/07kaisetu-china.html
日本人どこから来たんだ?18
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284044793/menu128
でも述べたが、ヤクートは内バイカル、すなわちグラスコフ地方、出自であるが、その木彫り
容器Choronには三足土器と同時に突帯文の特徴がある。突帯文と言うよりも環形装飾と呼んだ
方がいいかも。こうした概念は特殊器台にも見られる。しかし、併行する夏家店下層の三足土器には
こうした環形装飾は見られない。つまり、これは同時に突帯文が盛行するスキタイ、カザフスタン
地方からバイカルに伝わり、遼河方面にはさほど強くは現れていないと考えるべきであろうか。

11 :LUNAMASK:2010/09/12(日) 15:44:12 ID:U95d+QyX
承前
しかし、遼河地方も石板墓時代には夏家店上層文化となる。その頃には三足土器も変化し、
ひょっとしてヤクート人が木彫りチョロンに残すようなものが存在していたのかもしれない。
しかし、時代は匈奴の時代に入るようだ。

12 :出土地不明:2010/09/15(水) 20:47:35 ID:ZQMO+TA9
袞衣
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%9E%E8%A1%A3

天皇の袞衣に登場する図柄は、実際、全て中国のパクリである。
これを悪用して(妄想をはたらかして)、日本人の源流は中国南部、と起源を主張しようと思えば
簡単にできるのだ。
しかし、それは乱暴というものだ。

13 :LUNAMASK:2010/09/16(木) 15:49:50 ID:+2Xybxgd
倭の五王と南朝
西暦 中国王朝 中国元号 倭王
413年 東晋 義熙9 讃
421年 宋 永初2 讃
425年 宋 元嘉2 讃
430年 宋 元嘉7 讃?
438年 宋 元嘉15 珍


443年 宋 元嘉20 済
451年 宋 元嘉28 済


460年 宋 大明4 済?
462年 宋 大明6 興
477年 宋 昇明1 興(武)

478年 宋 昇明2 武
479年 南斉 建元1 武
502年 梁 天監1 武

14 :LUNAMASK:2010/09/16(木) 16:04:57 ID:+2Xybxgd
>5
@男鹿半島伝承で、石段建設を請け負い、最後の1段の石を隠された鬼が怒り、木を抜きさかさまに立てる。

(逆木伝説)
 五社堂の境内に杉の古木が柵の中に横たわっており、これを逆木の神木として保存している。昔、本山に
渡って来た漢の武帝が、五匹の鬼に里に自由に出ることを条件に、門前から五社堂までの坂道に、翌朝
一番鶏が鳴くまでに千の石段を積みあげることを命じた。九九九段積みあげ、あと一段という時に一番鶏が
鳴いてしまったので、あまりの悔しさに、五匹の鬼は杉の大木を根こそぎ引き抜き、逆さにその大木を差し
込んだ。怒った鬼たちは男鹿の村の鶏を全部食い殺すと言ったので、仕返しを恐れた村人は、それから鶏
を飼わないことにしたという。また、本山の鬼たちが、村人の食べ物や女たちを略奪するなど荒らしまわった
ので、村人が千の石段を積みあげることを約束させ、一番鶏の鳴き真似をして、鬼たちを追い払ったのだ
とも言われている。
五角形住居
http://www2.city.moriyama.shiga.jp/iseiseki/ise8.htm
五社堂伝説
http://www.akita-c.ed.jp/e-furusato/densetu/gosya.html
前漢の武帝(孝武帝、劉徹、在位紀元前141年 - 紀元前87年)
http://www3.ocn.ne.jp/~kmitoh/gensou/gosyado1.html
---------------------------------------------------
(姿見の井戸)  五社堂の下に姿見の井戸と呼ばれた古井戸が残っている。お山がけ詣りの人達が必ず
自分の身を写して試したと言われる。はっきり写ればその年の生命が保証され、はっきりしない者は災難
不幸に遭う。全く写らない者はその年のうちに死ぬこともある。などと信じられていたと言う。
これは伽耶伝説にあるが↓神武のイヒカとか、真奈井として全国にある
正見母主 天空神 いひか まない
--------------------------------------------------------------
五元之神 風、火、金、水、土
http://www.geocities.jp/sizen_junnosuke/gogenokamiogamu_norito.html
五行思想
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%A1%8C%E6%80%9D%E6%83%B3
思想との関係が深いと見られるのは
五角形住居
http://www2.city.moriyama.shiga.jp/iseiseki/ise8.htm
------------------------------------------------------------------
↓男鹿半島伝説と同じ内容の石積・石板墓文化人渡来伝説と見られるものとしては
求菩提山
http://yamaoba.web.infoseek.co.jp/kubote/kubote.htm
西都原鬼のいわや
http://www.pmiyazaki.com/saitobaru_on/
等あるが、なまはげ(男鹿半島)、トシドン(甑島)等もこの時代に入った風習と見られる。

15 :ハゲちゃびん池田:2010/09/19(日) 05:19:54 ID:4Wd6LiP3
かながわ考古学財団廃止絶対反対!反対!

16 :LUNAMASK:2010/09/20(月) 15:24:39 ID:ogAmhDrH
EUホームページHaplogroup I (Y-DNA)
I(アイ)は欧州最古のハプログループで、欧州原産としては唯一のものであろう(他のハプログループの深い
下部クレードを持つものとは別である)。約3.5万年前にハプログループIJとして中東から入って来て、
約2.5万年前にIに進化した。つまり、クロマニオン人と言うものはおそらく(完全にかもしれないが)IJ 又は Iに
属していたはずなのである。現在欧州全域でのIの比率は10-45%。4つの下部クレードに分かれている。
前5000-1200年の欧州巨石文化を築いたのはI民族である。

17 :LUNAMASK:2010/09/20(月) 15:32:15 ID:ogAmhDrH
ユダヤ人と言うのは特定遺伝子に固定されるものではなく宗教的概念に過ぎないというのが現代の常識です。
ですから、Iはユダヤ人の中でも非常に多いということですね。

18 :LUNAMASK:2010/09/20(月) 15:36:04 ID:ogAmhDrH
話は変わるが小河墓遺跡のミイラはクロマニヨン系でした。おそらくIでしょう。そうすると黄淮・遼寧・錦江
の支石墓は時代的に小河墓遺跡のI族が欧州から持ち込んだ可能性が強くなる。

19 :LUNAMASK:2010/09/20(月) 15:41:23 ID:ogAmhDrH
I族が残したと考えられる新疆ウルムチ・カンチャシメンチ岩絵の生殖祭典は後にアジア諸国に歌垣として
拡散したものと考えられます。

20 :LUNAMASK:2010/09/20(月) 16:35:15 ID:ogAmhDrH
東夷・東明族ホライゾン(北夫与→高句麗→百済→倭)、東蒙古・石板墓文化→高句麗・積石墓文化→
百済・前方後円墳→倭・四隅突出型墳丘墓・・・こうしたことを背景に・・・
モンゴリア青銅器・鉄器民族配置図と遺伝子の関連付け案:
@西蒙古、アルタイ山地、南シベリア、朝鮮日本(弥生)  O2b 倭 水辺漁労を含む生業
A内蒙古、中国西北華北除東北                N1 C3 山戎・貊 高地性集落
Bアルタイ(アファナセヴォ文化)、北カザフスタン(烏孫文化)、南シベリア(ミヌシンスク文化)                                                 R I Q  塞 滑 羯
C東蒙古石板墓文化、トゥーヴァ中央部カラスク文化   O3-M122 箱式石棺墓
D内バイカル(石板墓文化、ミヌシンスク(オクネフ文化)、西蒙古(埋葬物のない墳墓文化)                                                    N1c 四隅突出型墳丘墓

21 :LUNAMASK:2010/09/24(金) 17:16:18 ID:Lkk9MDLG
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284044793/menu823-824
「更に之をその内容より觀察するに、堯典には帝が羲・和二氏に命じて天文を觀測せしめ民に暦を頒ちしを
いひ、羲仲を嵎夷に居らしめ、星鳥の中するを以て春分を定め、羲叔を南交にやりて星火の中するを以て夏至
を定め、和仲を昧谷におきて星虚の中するを以て秋分とし、和叔を朔方にをらしめて星昴の中するを以て冬至
を定めしめしとあり。この觀測につきては夙に西人が種々の科學的研究あり、又近く橋本〔増吉〕文學士の研究
もあれど、卑見を以てするに、嵎夷、暘谷は東方日出の個所を指し、南交は南方、昧谷は西方日沒の處、
朔方は北方を意味し、何れもある格段なる地理的地點を指したるものなりとは認むる能はざる也。」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000603/files/4729_17130.html
烏孫のあったタジキスタンにおいては「ひげクルガン」という天文観測遺跡が発見されている。
http://2003.vernadsky.info/works/e1/03156.html
http://nisan-bekbasar.narod2.ru/opisanie_kurganov_s_usami/atasu_2/
http://www.detectorland.ru/page_7.html
http://www.rusklad.ru/klad/kurgan/001.php
ホホデミと言うのはこの施設における観測者を言い、吉備の盾築墳丘墓はこうした天文観測集団によって
造営されたものと見られる。

22 :出土地不明:2010/09/25(土) 20:51:32 ID:aeKx4V9A
>YDNAで追う・・・

なら古代史よりも弥生時代史
弥生時代史よりも縄文時代史
だろうよ。

>>16 >>17
クロマニヨン人はR1bだろうというのが
ヨーロッパ人の見方だがな。
あとユダヤ人に多いといわれてるのはIじゃなくてJ
Iは北欧とかクロアチア・セルビアとかサルディニア島とかに多い。

23 :LUNAMASK:2010/09/26(日) 09:12:44 ID:WJ7iPH3s
嵎夷、暘谷は東方日出の個所を指し、南交は南方、昧谷は西方日沒の處、
朔方は北方を意味し、何れもある格段なる地理的地點を指したるものなりとは認むる能はざる也
-----------------------------------------------------------------------------------
発掘された天文観測遺跡の研究から考えられることは、日月星辰、恒星惑星の時間季節的変化を
観測、記録し、分析、予測を行うためには観測される天体ごとに専門職を配置する必要が生じたで
あろうと言うこと。日官、月官といったものが存在したことが考えられる。

24 :LUNAMASK:2010/09/28(火) 15:21:22 ID:jJ/+BWH2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1284044793/menu994-996
N.V. Leontyev オークニェフ文化美術遺跡における「世界山像」
掲題の研究を可能としたのは、既に1980に、Ya.A.Sher がこの時代の石像が3部構造であることを十分な
説得性をもって立証したことによる。
彼の考えは、石像の三部分が宇宙の三部分に相当するものとする、L.R.Kyzlasov、M.L.Podolskiy、
I.L.Kyzlasovの著作によって継承され、発展された。

25 :LUNAMASK:2010/09/28(火) 17:23:47 ID:jJ/+BWH2
曼荼羅とは↓
Any of various ritualistic geometric designs symbolic of the universe,
used in Hinduism and Buddhism as an aid to meditation.
ヒンドゥー教、仏教で瞑想の具とされる、宇宙を表象するなんらかの儀式的幾何学模様。
即ち、三足烏が熊野三山・宇宙三構造を表象する曼荼羅。

26 :LUNAMASK:2010/09/28(火) 17:29:25 ID:jJ/+BWH2
http://www.iria-art.com/images/Literatura/Okunevskaya/Antologiya/11.jpg
このオークネフ文化(BC1800-1500年ミヌシンスク盆地)石柱(ステラ)頭頂部の羊がタケツヌミ、ケツミコ
であり、太陽神を表象するもの。

27 :出土地不明:2010/09/28(火) 18:28:24 ID:X4qjJKeE
わぉ〜わぉ〜、専用スレ失礼いたします(^-^)/

>>26
>Part18の986で
>地蔵菩薩信仰はオクネフ文化において誕生した

のはわかりましたが

>石積・石板墓文化として日本に南下した古墳文化人は地蔵菩薩信仰を持っていたものの
ヴェーダ信仰はさほど徹底しておらず

とすれば、誰が日本列島に太陽信仰を含む熊野三山・天地人三才を持ち込んだことになるのでしょう??
この石積・石板墓文化人ではないということでつよね!!


太陽信仰はオクネフ密教のゾロアスター化(インド・イラン化)によってもたらされたんじゃないかな〜(^-^)/

28 :出土地不明:2010/09/28(火) 18:35:04 ID:X4qjJKeE
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>26
ミヌシンスク盆地のあるハカス共和国の国旗には、地蔵信仰の四隅突出型墳丘墓が載っているが
日章は見あたらないんだお〜(^-^)/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AB%E3%82%B9%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD

29 :もんごるマニア:2010/09/28(火) 21:35:31 ID:9aQeWjRy
はいはい ハカス ハカス
http://www.youtube.com/watch?v=NS_WSpWraDc
ロバ
http://www.youtube.com/watch?v=pZK4NQ2C50w
オウンク?
http://v.youku.com/v_show/id_XNTExNjUzODA=.html

30 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 08:43:24 ID:JwZW9qVo
>>27
>太陽信仰を含む熊野三山・天地人三才
アルタイ・内バイカル・夏家店  四隅突出型墳丘墓 青銅器埋納 地蔵・山岳信仰*
>石積・石板墓文化人
外バイカル 石積・前方後方墳 白山信仰
---------------------------------------------------
オクネフ文化→鹿石/ヘレクスル 太陽信仰 (インド・イラン化)*
----------------------------------------------------
*このインドイラン化はスキタイ時代の開始を反映しているのでしょう。

31 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 09:20:19 ID:JwZW9qVo
>28 >>26
ミヌシンスク盆地のあるハカス共和国の国旗には、地蔵信仰の四隅突出型墳丘墓が載っているが
日章は見あたらないんだお〜(^-^)/
--------------------------------------
日章旗の白地は太陽の恵み、天の恵みである白雪で、それが水となる。白山信仰、伊勢瀬織津姫信仰の
原理でしょう。川原に関係する石積・石板墓文化に特徴的なもの。これと地蔵は違う。地蔵は青銅器の破片
を元の金に還元し、山の頂上から生み直してくれる大地の力、山の力に対する信仰で、金山の意味を持つ
アルタイから夏家店、遼寧へと広がり、遼寧銅剣文化、日本銅剣銅矛銅鐸文化となるのでしょう。

32 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 09:43:22 ID:JwZW9qVo
山幸vs海幸=天孫vs地祇= O-M122 vs O2b= 遼河文明vs山東龍山文化 こうした深い民族・文化対立が
あるんでしょうね。

33 :出土地不明:2010/09/29(水) 10:33:13 ID:kSyNQsSa
まあ、羊と貝でしょ今の何とか国の基地外ぶりもw

34 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 11:09:57 ID:JwZW9qVo
「『高夷』

 貊、貉ともに高句麗の呼称だと判明したが、高句麗を高夷の後裔だとする説がある。
『逸周書』王會弟五十九成周之會
(省略)北方臺正東,高夷兼羊,兼羊者,羊而四角。獨鹿チョンチョン,チョンチョン善走者也。
孤竹距虚。不令支玄豹。不屠何青熊。東胡黄羆。山戎戎菽,其西般吾白虎K文。

 これは西周初年(紀元前1046年頃)、周の成王が洛邑(洛陽)を創建後、諸侯を招いて大会を催したときの
記事の抜粋だが、ここに高夷の名が見える。 高夷は周の諸侯

 孔潁達(唐代の学者、隋書を編纂)は、王會篇の注釈に次のように記している。
「逸周書に記された会議に参加した北方台地の東の高夷とは、高句麗族の源流である」
 高夷氏は山東省に登場する最古の部族。大地に鵠(おおはくちょう)のトーテムを祀り、東夷族が中原に進入
するのに従い、商代には河南省北部に進入。やがて中原から東北地方に移住し、後に高句麗と名乗ったと
考察(あるいは調査の結果)したようだ。」
高夷兼羊,兼羊者,羊而四角。獨鹿チョンチョン,チョンチョン善走者也。
高夷兼羊=高夷兼陽、羊而四角=四本の角の生えた陽=四隅突出型墳丘墓平面図

35 :出土地不明:2010/09/29(水) 12:02:18 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>31
この説では、天孫族の出自が四隅突出型墳丘墓文化の出雲族であるという
記紀の記述から見ても大いに矛盾した説になってしまいます〜

>Part18の836
>九鬼氏は白鳥族、出雲も白鳥族。しかし、熊野は山戎の聖地。
>尾張が支配していた伊勢瀬織津姫信仰を崩す

これはL群・白鳥族すなわち石積・石板墓文化人が伊勢瀬織津姫信仰と
対立している関係を表しています。この説とも矛盾する話になります〜

すなわち地蔵文化とも石積・石板墓文化とも違う伊勢瀬織津姫信仰の
第三の天孫文化があったということでしょう!!


36 :出土地不明:2010/09/29(水) 12:14:11 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>30
>オクネフ文化→鹿石/ヘレクスル 太陽信仰(インド・イラン化)

>Part18の986
>地蔵菩薩信仰(=閻魔=牛頭天王=素盞嗚命)
>他方、石積・石板墓文化として日本に南下した古墳文化人は地蔵菩薩信仰を持っていたものの
ヴェーダ信仰はさほど徹底しておらず

すなわち太陽信仰や瀬織津姫信仰(インド・イラン化)から最も遠い石積・石板墓文化人が
なんで日章旗を掲げる必要があるのでしょう!?

37 :出土地不明:2010/09/29(水) 12:45:52 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

記紀の記述との矛盾について

>Part18の316
>日本書紀の神代の最大のエベントは九州への出雲族の到着と、その馬を解体し、
毛皮をとる慣習の否定と出雲族の山陰への封じ込めである。
>それは四隅突出型墳丘墓、前方後方墳の祖形を含む石板墓文化だ。

>Part18の317
>九州へは細型銅剣→銅鏡→広型武器の順序で入る。これは出雲・地祇(石板墓)(細型銅剣)が
天孫(銅鏡(楽浪)/広型(燕))によって駆逐され、出雲に追放される姿を示す。

38 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 12:47:13 ID:JwZW9qVo
>>35 記紀は出雲を天孫族ではない、地祇としています。天孫はオシホミミ系統、ニニギ・神武はオシホミミ
降臨に割り込んできた第二天孫。インドアーリア系サラスヴァーティーはどちらかと言えば第二天孫に近い
遊牧民。第二天孫の淵源は黒海北岸オーカー土壙墳にあます。これは伽耶から来るものでしょう。白鳥族は
山東省の高夷であり、おそらくは石積文化と同じ系統でしょう。


>>36 石積・石板墓文化人は河伯・竜宮信仰を持つ海人族系統。日章旗を掲げる必要は全くありませんね。
しかし、熊野那智にもある太陽と水は共に扱われます。遊牧民系は犬を雪、シリウスに結びつけるようです。

39 :出土地不明:2010/09/29(水) 12:56:35 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜

四隅突出型墳丘墓文化人について

>Part18の786
>「石板墓文化に最も特徴的なことは、それには大地のシンボル乃至しるしである矩形或いは方形が特徴的であるが、
これとは違い、鹿柱、ケレクスル(御霊の輿)文化には太陽を内有するものという基本的意味があるといえる。」

>この対立構造が日本古墳時代の四隅突出型墳丘墓文化圏と前方後円墳文化圏の対立構造となり神話上国譲りとなった。
>四隅突出型墳丘墓を出雲に持ち込んだのはO2bであったと見られる。

◎ここでは四隅突出型墳丘墓文化人はカラスク文化に対立する地祇O2bであったと記されています。


40 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 13:03:18 ID:JwZW9qVo
>>39
モンゴリアにおいては◎ケレクスル=コーカソイドvs■石板墓=モンゴロイド こういう対立構造。
日本では◎前方後円墳=天孫、■四隅突出型墳丘墓・前方後方墳=地祇

41 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 13:15:38 ID:JwZW9qVo
四隅突出型墳丘墓曼荼羅の起源は玉jか?「玉jは良渚文化で製作されてから大文口文化に持ち込まれ、
その後、大文口文化の人々によって自分たちの文化を象徴する符号として彫られたのであろう。」
http://www.minpo.jp/pub/former/special/sisen/sisen09.html

42 :出土地不明:2010/09/29(水) 13:23:05 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜

>>40
>Part18の794
日本では◎前方後円墳=天孫と■四隅突出型墳丘墓・前方後方墳=地祇の対立は
◎南方モンゴロイドと■北方モンゴロイドとの対立関係〜(^-^)/

43 :出土地不明:2010/09/29(水) 13:48:06 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>40
>Part18の787
天孫族である鴨のペンダントを垂らしてるカラスク文化人と>>40の太陽信仰のコーカソイドとは
どこで接点が生まれたのだろう?

そこが太陽信仰を持つ天孫族の出自の正体でつね!!

44 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 13:55:05 ID:JwZW9qVo
>>42
下戸遺伝子地図は渡来人地域を表していますが、これと
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000176_discussion_001.gif
三世紀古墳時代鼎立関係地図を照合した場合の「前方後円墳が卓越する範囲」が天孫地域で
http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-kat/gisi/sannseikikofunn.gif
「四隅突出型墳丘墓の主分布域」が地祇地域で、この対立はO-M122 vs O2bだと思います。

45 :出土地不明:2010/09/29(水) 13:56:14 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>43
◎天孫族・カラスク文化人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AF%E6%96%87%E5%8C%96
>中国北部、バイカル湖方面からウラル山脈、黒海方面まで活発に交易し、文化的一体性を保っていた。

黒海方面が瀬織津姫すなわちインドアーリア系サラスヴァーティーの故地ですね〜(^-^)/

46 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 14:00:24 ID:JwZW9qVo
>>43
その通りです。接点は http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0c/Andronovo_culture.png
ピンクの部分、Sintashtaであろうと思われます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%83%B4%E3%82%A9%E6%96%87%E5%8C%96

47 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 14:02:49 ID:JwZW9qVo
>>45
同上

48 :出土地不明:2010/09/29(水) 14:23:52 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>46
なるほどこの解説でいくと、A群の鴨族・山王族すなわち天孫族の故地は
インド・イラン語族の発祥の地と大巾に重なるわけですね〜(^-^)/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%83%B4%E3%82%A9%E6%96%87%E5%8C%96
>アンドロノヴォ文化の分布地域はインド・イラン語派の発祥地と目される地域に重なり

49 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 14:32:03 ID:JwZW9qVo
>>43 天孫遺伝子は仰韶・遼河系O-M122
三才思想は発祥の地はシュメール・アッシリア
「もしこの臆説を眞とせば、次に考ふべきはこの思想は支那本來のものなりや、はた外來のものなりやの
問題なり。思ふに陰陽及び天地人三才の思想はカルデアにもアッシリアにも存し、イラン民族に起りしゾロア
スターの教は、陰神陽神を設けてその世界觀を説きたり。印度にては三才の思想は梨倶吠陀(リグヴェーダ)
に存し、佛教の眞如と無明とは陰陽思想の變形なり。この思想はアリアン及びセミチック種に著きが如し。
而して二十八宿は印度にては二十七宿( 初めは二十八宿なりし也、ナクシヤトラといふ )にして、アラビアに
ては二十八宿なり。この類似は三者偶發的とするよりも、同一起源に基けるものと考ふるを至當とす。
その起源に就きては、從來之れが研究に從へる西人の間に考説の區々なるありと雖、とまれセミチック族に
起りしものならん。支那より西方に移り行きしものとは考ふる能はず。而してラッセンによれば二十八宿の印度
に入りしは、西紀前一一五〇年頃ならんと。その眞僞は明ならざれども、支那に入れるもその前後なるべきか。
白鳥庫吉 明治四十五年二月二十二日、漢學研究會の講演 」
ニニギの「朱」の起源はピットグレーヴのオーカーですが。

50 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 14:37:40 ID:JwZW9qVo
http://en.wikipedia.org/wiki/Pit_Grave_culture
ピットグレーヴ文化
ドラキュラのように土壙底面に赤いオーカーを散布します。

51 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 14:46:14 ID:JwZW9qVo
天孫の正統宗教「修験道」
「金峯山寺および大峯山寺の本尊であり、中心的な信仰対象となっているのは、蔵王権現という、仏教の仏と
も神道の神ともつかない、独特の尊格である。金峯山寺の本尊は3体の蔵王権現で、その像容は、火焔を
背負い、頭髪は逆立ち、目を吊り上げ、口を大きく開いて忿怒の相を表わし、片足を高く上げて虚空を踏むもの
である。インドや中国起源ではない」・・・オークネフ蔵王
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%B3%AF%E5%B1%B1%E5%AF%BA

52 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 14:52:45 ID:JwZW9qVo
http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/jyuou.htm
地祇は本来河伯信仰・水天宮・竜宮信仰のようなものであったが、天孫の影響を受け、最終的には十王
信仰になったものと見られる。

53 :出土地不明:2010/09/29(水) 15:02:56 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>49
天地人三才思想の発祥の地はシュメール・アッシリアなんですね〜(^-^)/
天孫族=セミチック族(セム族)という説から日ユ同祖論が出てくるわけですか〜



54 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 15:16:18 ID:JwZW9qVo
>>53
オークネフ文化は拝火教的要素があるようです。しかし、全体として見るとシュメール世界から
北方草原文化に拡散した地底世界神話の影響を強く受けているようで、やはり、白鳥説の通りだと
思われます。日ユ同祖論は秦氏に関して言えることでしょう。これは時代と地域が全く違います。

55 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 15:19:10 ID:JwZW9qVo
ニニギ・神武等は伽耶から吉備に入る中円双方墳丘墓文化及び犬戎と関係するのではないかと思います。

56 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 15:33:19 ID:JwZW9qVo
秦氏が活動していたであろう範囲 BMAC 黄土色
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b8/Indo-Iranian_origins.png
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%83%8A%E8%A4%87%E5%90%88

57 :LUNAMASK:2010/09/29(水) 15:39:42 ID:JwZW9qVo
>>55
九州における天孫降臨の地は、記紀の高千穂はさりながら、やはり英彦山で、そこが倭面土国の
聖域だったんでしょう。

58 :出土地不明:2010/09/29(水) 17:17:09 ID:1H265E65
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>51
天孫の正統宗教は「修験道」ですね!!
金峯山寺の3体の蔵王権現は天地人3才を表しているんでしょうか!?

白鳥説からするとシュメール→オクネフ→吉野・熊野の流れですね〜(^-^)/

59 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 09:16:36 ID:pf8ATO1L
>>58
まさに、その通りです。

60 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 09:35:23 ID:pf8ATO1L
承前
シュメールは民族的にセム系ですから、その知識を基に修験道(オークネフ蔵王)を創造したのは
モンゴロイドであったはず。それはカラスク人とは別の「夏」王朝とか、グラスコフ文化人(エヴェンキ)
とかであった筈。しかし、、O-M122は雲南とか、中国南部にも多く、華北人にも多い。やはり、O-M122
としておくべきでしょうか。

61 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 09:42:15 ID:pf8ATO1L
承前
夏と併行する二里頭文化は陰山山脈の南、オルドス朱開溝文化まで伸びています。その次の殷・
カラスク時代にもシベリア・カラスクとオルドス文化には交流があり、遡って夏の時代にも朱開溝-
オークネフ間に関係があったと見てもおかしsくはない。

62 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 09:52:09 ID:pf8ATO1L
参考
「而してラッセンによれば二十八宿の印度に入りしは、西紀前一一五〇年頃ならんと。その眞僞は明ならざれ
ども、支那に入れるもその前後なるべきか。」・・・カラスク時代

63 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 10:00:05 ID:pf8ATO1L
承前
周克殷の起こった陝西省からオルドスにかけて、カラスク時代のオークネフ石柱文化は鹿石文化に変貌する。
この鹿石文化と共にオークネフ文化の遺産も西周に流れ、同時に西方から西戎・秦氏等の持ち込む文化とも
ども中原に入るのではないだろうか。

64 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 10:05:56 ID:pf8ATO1L
承前
陝西省の鹿石文化は河北・白浮・西遼河にも広がるが、周克殷のころ遼東・北満へのシフトが起こる。
これが箕子朝鮮の動きと連動するものであろう。高句麗における高夷の台頭もこの際の動きであろう。

65 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 13:28:26 ID:pf8ATO1L
修験道はインドに輸出され、真言密教と名を変え再輸入される。しかし、その原像はオークネフ文化↓
Zoom in 400%
http://petroglif.narod.ru/images/Petroglif-12.JPG
通常、石像前面は三才を表す三層に分かれる。側面稜線上には太陽円運動を表す太陽シンボルが配置され
ている。 「太陽運動が頂点に達する」頭頂部に上部世界の太陽神が置かれる。石像中央部には人間世界・
現世を表す神像が置かれる。下部には地底世界、冥界、下界の獣の姿をする存在が置かれる。新形態の
経済・牧畜を生業とする、BP4000年頃ハカス・ステップに到来した民族の信仰が旧来の形象に新規要素が
出現する原因となった。ウサギの耳のように大きな牛の角、「観自在」の三つ目、オークネフ石柱のその他の
表象は到来した民族の世界観を表している。

66 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 13:37:54 ID:pf8ATO1L
承前
那智の夏至の火祭、これこそ「太陽運動が頂点に達する」頭頂部に上部世界の太陽神祭祀以外の
何物でもなく、オークネフ修験道そのもの。

67 :出土地不明:2010/09/30(木) 13:45:50 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜

>>65
室町時代に描かれた『吉野大曼荼羅』の蔵王権現は三つ目だったんですよ〜
http://www.nyoirinji.com/image/mandara185_245.jpg

吉野・金峯山寺の蔵王権現も再建前は天地人の三つ目だったかもしれませんね〜(^-^)/


68 :出土地不明:2010/09/30(木) 14:00:52 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>65
三つ目神像といえばやはりコレ!!四川・三星堆遺跡の神像です〜(^-^)/
http://www.ne.jp/asahi/overland/japan/P4110049_1.jpg


そして、こちらが三星堆遺跡から出土の銅鐸だお〜
隼人紋(流水紋?)らしきものもありますね!!
http://1.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlhBQ781TI/AAAAAAAABM8/ITAlvoVJHHY/s1600/sanseitai01.jpg

これに非常に似ている鹿児島県出土の銅鐸は隼人紋バリバリです!!
http://4.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlg6r76hiI/AAAAAAAABM0/Tb99fpA_PrE/s1600/hayato.jpg


69 :出土地不明:2010/09/30(木) 14:21:21 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>58
というわけで、A群の鴨族・山王族の列島帰還ルートのおさらい

(列島発)→仰韶文化人として大陸進出→セム人のシュメール文明にカラスク人(オクネフ密教)を媒介として接触
→殷(西周)→オルドス→箕子朝鮮→伽耶→九州(倭面国土)→大和・紀伊→吉野・熊野

70 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 14:44:24 ID:p83DfhP9
>>68
日本の銅鐸は朝鮮小銅鐸の後、オルドス型↓
121-鐸、青銅、中国、赤峰市付近収集、前九−七世紀(西周-春秋時代)、長さ一・八cm、
文学部考古学研究室列品室
122-鐸、青銅、中国、赤峰市付近収集、前九−七世紀(西周-春秋時代)、長さ二・〇cm、
文学部考古学研究室列品室
赤峰市付近を中心として内蒙古東部に分布する夏家店上層文化の鐸である。夏家店上層文化は、
初期遊牧民文化のなかでも早い時期の文化で、スキトーシベリア動物意匠も既に見出される。(高浜)
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/img/02photo42.jpg
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/020400.html
その後に「ひれ」のついた、三星堆(西周巴蜀)
http://1.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlhBQ781TI/AAAAAAAABM8/ITAlvoVJHHY/s1600/sanseitai01.jpg
へと変化します。三星堆型は徐福、隼人↓
http://1.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlhBQ781TI/AAAAAAAABM8/ITAlvoVJHHY/s1600/sanseitai01.jpg
これは銅鐸文化圏から隼人が技術導入したものか、特注したものでしょうかね。

71 :出土地不明:2010/09/30(木) 14:59:41 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>69
しかしこのルートでは三輪王朝・邪馬台国に魏志倭人伝で記された東冶会稽の匂いがぜんぜんしないです〜

>Part18の820
>三輪王朝・・・本格的江南起源高熱窯業文化のはしりが、鏡作りとして到来
>応神王朝・・・本格的江南高熱窯業須恵器集団と隼人系火把節慣習民族が渡来
>しかし、記紀編集当局は隼人系を三輪王朝以前に渡来と認識している。


とすると
セム人のシュメール文明を接収したカラスク人(オクネフ密教)→インダス上流部に南下し天地人曼荼羅文化を醸成
→四川・三星堆文明→雲南→東冶会稽で呉越難民と合流→伽耶→南九州→吉備→大和・紀伊→吉野・熊野
という流れで>>68の第二天孫族が列島に降臨というのはどうかな〜(^-^)/


72 :出土地不明:2010/09/30(木) 15:20:05 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜

>LUNAMASK:2010/03/24(水) 10:53:47 ID:1tHWGidB
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif
九州の古代邪馬台国に侵入してきたスサノオ、細型利器族、左、の当初勢力範囲。
右は勝利した天孫族の最終布陣。スサノオは四隅突出型墳丘墓として出雲に
神やらいされ、天孫は吉備へと進む。

銅緑山(直線L) □細型銅剣
大井子(領域A)カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)
         ●琵琶型銅剣
         ▲支石墓 中広銅剣

73 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 15:26:22 ID:p83DfhP9
>>69
●列島人が仰韶人として北上と言うのは、多少の真実があるにせよ、あまりにも飛躍しすぎですね。
興隆窪文化が中国南部出自であるということすら実証されていない。推測です。
●シュメール文明の北辺BMACにおいて草原民族による文明破壊があり、シュメール文明は滅び、アッカド・
アッシリア時代に入る。その混乱時代にメソポタミア・ナイルと草原民族の間にユダヤ人のような隊商が行き来
する。秦氏等もその一例。
●オークネフ文化はコーカソイド・アファナシエヴォ文化とモンゴロイド・グラスコフ文化の融合したもの。
●アファナシエヴォ文化の次のコーカソイド文化はアンドローノヴォ文化で、殷に併行。この時代のオークネフ
文化地域はカラスク文化で、イラン系と華北系の連合。
●白鳥説から考えるとカラスク時代にヴェーダ思想を持つアーリア人とオークネフ宗教を持つアジア人が
インドに南下する。
●周克殷の時代にオークネフ文化は鹿石を伴って夏家店に移動。山戎・燕文化を形成。
●秦・匈奴・漢の時代に山戎・燕文化と積石・石板墓文化は半島経由列島に移動、夫々、山陽、山陰を東進。
邪馬台国時代に統一される。
こういうことでしょう。

74 :出土地不明:2010/09/30(木) 15:40:14 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>70
おいらには三星堆遺跡から出土した銅鐸にある隼人紋の「ひれ」が
国立民族学博物館に展示してあった熊野・那智の火祭りの「削り」にそっくりに見えるよ〜(^-^)/
http://1.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlhBQ781TI/AAAAAAAABM8/ITAlvoVJHHY/s1600/sanseitai01.jpg

http://ameblo.jp/baycityblue/entry-10460590908.html#main
>扇みこしは滝を形どったものと伝えられ、十二支にちなんで12基作られる。
>そこには水しぶきを連想させる削りかけの縁松が取り付けられる。
>扇形の打ち松も滝の水を象徴した削りかけである。

75 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 15:47:47 ID:p83DfhP9
>>71-72 呉太白末裔とはO3a4-LINE1 3.1% 甕棺族でないでしょうか。第二天孫族とはハイラル方面にいた
犬戎・原突厥でしょう。半島と違い漢帝国領土内は簡単に民族移動できる時代ではなかったと思うんですが。

76 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 15:54:39 ID:p83DfhP9
>>74
http://stat001.ameba.jp/user_images/20100216/20/baycityblue/9c/bd/j/o0800106710417085897.jpg
ここで歳徳御大神・出雲と書かれたものこそオークネフ石像と同じ構想。

77 :出土地不明:2010/09/30(木) 15:57:33 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>75
とするとやはり徐福使節団のような作為が働いたのでしょうか!?
紀伊・熊野は徐福伝説であふれていますね!!

>呉太白末裔とはO3a4-LINE1 3.1% 甕棺族
だとすると第二天孫族も古墳期よりもかなり早い時期に渡来していることになりますね〜(^-^)/

78 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 16:03:28 ID:p83DfhP9
>>77
来たとすれば天孫移民の一部で、天孫が英彦山・遠賀川、徐福系統は豊前・宇佐方面。
甕棺族は天孫ではなく、何らかの海人族でしょう。第二天孫と言うのはN1犬戎・原突厥・隼人
を含み、最後の銅鐸文化人に最後の隼人銅鐸を作らせたのじゃないかと。

79 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 16:11:58 ID:p83DfhP9
>>77
>徐福使節団のような作為が働いた
影の力が、潜在的な力が、作用した・・・ってことですね。

80 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 16:38:11 ID:p83DfhP9
>>78
宗像三女神
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E5%83%8F%E4%B8%89%E5%A5%B3%E7%A5%9E
これはオークネフ三才思想を展開したもの。
宗像海人族が天孫海軍ということになり、安曇海人族は出雲系となる。

81 :LUNAMASK:2010/09/30(木) 16:40:40 ID:p83DfhP9
承前
陸軍の海兵隊と言うこともあるわけで、九鬼水軍を安曇海人族と決めつけることもできない。

82 :出土地不明:2010/09/30(木) 17:03:33 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>80
宗像三女神=弁財天=サラスヴァティ=瀬織津姫ですね〜!!

日本三大弁才天が祭られている江ノ島を階段で登頂すると、
辺津宮・中津宮・奥津宮の天地人三才の曼荼羅を実体験できます〜(^-^)/


三輪山の3つの芽の輪も天地人三才を表してるのでしょうか?

LUNAMASK:2010/06/10(木) 15:50:29 ID:onRraa+B
>ヘレクスルと言うのは三輪山、ミモロ山というか、三重丸の石積塚で、おそらく
>息津、中津、辺津という三つの宇宙の結界を示すものです。

ただ高鴨神社の御由緒に崇神朝に滅ぼされたとあるように
崇神はオオタタネコに命じて天孫独裁を排除し、地祇優先に切り替えたんでしたっけ!?
http://www5.kcn.ne.jp/~takakamo/yuisho.html


83 :出土地不明:2010/09/30(木) 17:48:46 ID:fdyfxaUs
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>82
そして地祇優先に傾いた崇神王朝を歴代最強の卑弥呼・息長垂らし族の神功皇后が転向させて
その後の応神朝・継体朝による天孫の時代へと復興したわけですね〜(^-^)/

84 :LUNAMASK:2010/10/01(金) 09:01:15 ID:abGcnHT9
>>82-83
神武 第二天孫/第一天孫
綏靖 越 出雲
孝霊 第二天孫
崇神 出雲
応神 第一天孫
こんな形かなー。

85 :LUNAMASK:2010/10/01(金) 09:15:35 ID:abGcnHT9
承前
第一天孫 周防・玄海灘北岸諸国
第二天孫 播磨灘北岸諸国

86 :LUNAMASK:2010/10/01(金) 13:29:20 ID:abGcnHT9
>>76
オークネフ宗教の一般的特徴としては明らかに星辰宗教であり、ズルワーン教に近く、至高神を時を具現するMagna Materとするもの(女神の姿をした歳徳大御神)であった。
V.E.Larichev "Magna Mater i Vremya"
Institut arheologii i etnografii SO RAN, g. Novosibirsk
つまり、修験道の最高神は歳徳大御神であったということになる。そして、修験道は拝火教と共通する
部分があることになる。

87 :LUNAMASK:2010/10/01(金) 13:40:51 ID:abGcnHT9
http://4.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlg6r76hiI/AAAAAAAABM0/Tb99fpA_PrE/s1600/hayato.jpg
↑隼人銅鐸は最上位に炎を置く。これは拝火教に近く、修験道とは異なる。つまり、隼人族の祖は修験道
よりも南方、イランに近い方面にいたことになる。つまり、西戎・秦氏と非常に近かったことになる。
隼人の太陽を表すS字スパイラルはポーランドのCorded Ware文化で指輪に使われている。

88 :LUNAMASK:2010/10/01(金) 13:55:52 ID:abGcnHT9
>>86 Magna Mater の淵源は↓キュべレー
http://www.vroma.org/images/raia_images/cybele3a.jpg 狛犬を連れている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%BC

89 :LUNAMASK:2010/10/01(金) 14:09:10 ID:abGcnHT9
おそらく小アジアのMagna Materをオークネフ文化に運んだのはアファナシエヴォ文化↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B4%E3%82%A9%E6%96%87%E5%8C%96
ウルムチカンチャシメンチ岩絵はククテニ・トリポリエ文化との共通点があるとされる。
つまり、小アジア→バルカン→ボルガ河→イェニセイ河の経路を辿ってのであろう。
しかし、歳徳大御神という修験道の神が生まれるのはオークネフ文化であろう。

90 :LUNAMASK:2010/10/01(金) 14:12:20 ID:abGcnHT9
秦氏・大避神社神宝は小河墓ミイラの蘭陵王型のお面だが、これは秦氏もアファナシエヴォ文化と
関係を持っていた証拠であろう。

91 :LUNAMASK:2010/10/01(金) 14:21:40 ID:abGcnHT9
ズルワーン (Zurv?n) は、後期ゾロアスター教 の一派ズルワーン教に於ける創造神。その名は時間を意味
する。中世ゾロアスター教文献の神話 によれば、世界の始まりの時にはズルワーンのみが存在していた。
彼は長い時間をかけて、全善なる存在を生み出して世界を治めさせようとしたが、ある時それが可能なのかと
疑念を抱いた。この心の迷いによって、ズルワーンの子は善なる存在と悪しき存在とに分裂してしまった。
それが全善の神オフルマズド(アフラ・マズダー )と全悪の神アフリマン(アンラ・マンユ )である。かくして
世界はこの双子の神々によって創造され、善と悪とが戦う戦場となったという。
http://ameblo.jp/renshi/entry-10383861442.html
フルマズド(アフラ・マズダー )>ホムタ(モンゴル語Khormusta) 応神天皇、善光寺ホンダはこれに由来する
と見られる。

92 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 08:52:54 ID:EKQ0o0W/
極北人の国、夏至の太陽は天空に輪を描くが、冬、その輪は地平線に沈み、春分に復活を始める。
太陽は獣を従えて黄道帯・獣帯を回る。帯はタラシと呼ばれ、太陽は帯を垂らす、天垂らす存在。
http://toxa.cocolog-nifty.com/phonetika/2007/05/zoidiakos_defd.html
卑弥呼に神獣鏡が、婦好に神獣をあしらった青銅器が捧げられるのはここから来る。
アマテラスは当初、歳徳大御神であったが、伊勢においてはタラシの属性を五十鈴川に残して太陽神となり、
瀬織津姫は単体として東北にも祀られることになる。

93 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 08:59:48 ID:EKQ0o0W/
神武の203号地、天香具山が左右に小山を従える太陽神の神であったと言うことは、神武以前から
天香具山信仰が存在しており、神武はその神の霊力を得たことになる。

94 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 09:05:02 ID:EKQ0o0W/
>>91
善の神オフルマズド(アフラ・マズダー )と全悪の神アフリマン(アンラ・マンユ )の戦いは赤神・黒神
伝説として今に残る。
赤神・黒神
http://home.netyou.jp/cc/hua/red_black_god.html
沖縄のアカマタ・クロマタもこの類。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%BF

95 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 09:10:54 ID:EKQ0o0W/
>>82
弁財天には女陰が金運に結びつくと言う金山関係の信仰が残りますが、山戎は女陰、手形を崇拝する
という漢籍からして、山戎との関係が窺えますし、中国の山戎文化のサイトでは山戎文化に鳥居が
描かれているようです。

96 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 09:25:22 ID:EKQ0o0W/
>>83
オキ 天 ナカ 地 をめぐる姫、オキナガタラシヒメ と言うのは銅鐸の構造そのものですね。
上の握り部分が黄道で、下は地蔵界です。銅鐸文明は復活したんでしょう。

97 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 09:49:03 ID:EKQ0o0W/
To Amaterasu - Magna Mater
http://www.youtube.com/watch?v=DBqQOOaT4io

98 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 11:21:07 ID:EKQ0o0W/
日本人はどこから来たかの問いに対し、弥生・古墳時代の日本人はここから来たという場所を明示すると:
銅鐸等青銅器埋納文化の原郷・山戎/燕 ●琵琶型銅剣 □細形銅剣(楽毅)▲支石墓
ハカス共和国を中心とするアルタイ山地の青銅破片埋納慣習が起源と見られる。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg
バイカル湖を琵琶湖とした場合、和邇川・比叡山の方にアンガラ川・イルクーツク(グラスコフ)
があり、そこが出雲・玉造・四隅突出型墳丘墓の原郷で、右下の2つの山塊が(鮮卑・烏桓等東胡)・
石積石板墓文化
http://jupiters.narod.ru/expedit5/b-0.jpg

99 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 12:18:12 ID:EKQ0o0W/
>>98
>銅鐸等青銅器埋納文化の原郷・山戎/燕 ●琵琶型銅剣 □細形銅剣(楽毅)▲支石墓
>ハカス共和国を中心とするアルタイ山地の青銅破片埋納慣習が起源と見られる。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg
□細形銅剣(楽毅)・・・楽器が斉から強奪した殷の青銅器をリサイクルしたのではないかとされるが
この細形銅剣文化が、「右下の2つの山塊が(鮮卑・烏桓等東胡)・ 石積石板墓文化」・・・出雲族と同系統。
http://jupiters.narod.ru/expedit5/b-0.jpg

100 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 13:05:16 ID:EKQ0o0W/
下戸遺伝子地図は渡来人地域を表すが、
http://www.athome-academy.jp/archive/images/0000000176_discussion_001.gif
三世紀古墳時代鼎立関係地図を照合した場合の「前方後円墳が卓越する範囲」が山戎・燕・天孫地域で
http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-kat/gisi/sannseikikofunn.gif
「四隅突出型墳丘墓の主分布域」が地祇地域で、「前方後方墳が卓越する範囲」が東胡・狗奴国。

101 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 13:29:32 ID:EKQ0o0W/
弥生中期→古墳期渡来人をYDNAで仕分けてみると
北夷 地祇・出雲 東夷・倭 O2b
高夷 天孫・大和 貊・山戎 O-M122
東胡 尾張 穢 C3
穢貊 吉備 N1

102 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 15:12:36 ID:EKQ0o0W/
>>86 >>89 >>92 Magna Mater 天照大神 と同一と見られるもの。
「神大市比売(かむおおいちひめ)は、日本神話に登場する神である。神社の祭神としては大歳御祖神
(おおとしみおやのかみ)の神名で祀られることが多い。
日本神話では、『古事記』の須佐之男命の系図に登場する。大山祇神の子で、櫛名田比売の次に
須佐之男命の妻となり、宇迦之御魂神(稲荷神)と大年神を産んだ。
2柱の御子神はどちらも農耕に関係のある神であり、神大市姫命もまた農耕神・食料神として信仰される。
神名の「大市」は大和・伊勢・備中などにある地名に由来するものとみられるが、「神大市」を「神々しい
立派な市」と解釈し、市場の守護神としても信仰される。
神大市姫命を祀る神社として、静岡浅間神社内の大歳御祖神社(静岡県静岡市葵区)、市比売神社
(京都市下京区)、大内神社(岡山県備前市)などがある。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%A4%A7%E5%B8%82%E6%AF%94%E5%A3%B2

103 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 15:17:31 ID:EKQ0o0W/
卑弥呼は天照大神だった!!!
「倭迹迹日百襲媛命は、神大市比売ともいわれています。それで、このカムオオイチヒメが本当の名前の
可能性があるのでは?この箸墓も大市墓といわれています。」
http://blog.goo.ne.jp/nagusa777/e/c383ede5c051fcfe97b165847fef1a8c

104 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 15:21:34 ID:EKQ0o0W/
承前
卑弥呼の御霊、神鏡を宮殿から放出した崇神という天皇はとんでもない出雲派だったということになる。
三輪王朝は狗奴国王朝か???

105 :LUNAMASK:2010/10/02(土) 15:25:33 ID:EKQ0o0W/
吉村先生なら、崇神天皇と言うのは全くツタンカーメンの後の反動神官ですなー・・・とおっしゃるかもしれない。
一神教太陽神を捨てるとは!!!

106 :出土地不明:2010/10/02(土) 19:42:06 ID:dAH1Tk+j
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>98
月光たん、お疲れさまです〜(^-^)/日本人がどこから来たのかだいぶスッキリしてきましたね〜

ただ三輪王朝・邪馬台国について魏志倭人伝で記された東冶会稽の匂いが
以上の渡来経路ではぜんぜんしないのが少し気になります〜

>Part18の820
>三輪王朝・・・本格的江南起源高熱窯業文化のはしりが、鏡作りとして到来
>応神王朝・・・本格的江南高熱窯業須恵器集団と隼人系火把節慣習民族が渡来
>しかし、記紀編集当局は隼人系を三輪王朝以前に渡来と認識している。


107 :出土地不明:2010/10/02(土) 19:59:07 ID:dAH1Tk+j
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>84
>神武 第二天孫/第一天孫
>綏靖 越 出雲
>孝霊 第二天孫
>崇神 出雲
>応神 第一天孫

この第二天孫が江南+隼人系ということかな〜

108 :出土地不明:2010/10/02(土) 22:22:01 ID:dAH1Tk+j
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

すると
継体 第二天孫ということでつかね!!

継体朝に火の国(肥前・肥後)と豊の国(豊前・豊後)で磐井の乱が起きているということは
かつて同じ釜の飯を食べた同族同士の争いになるのかな(^-^)/

109 :出土地不明:2010/10/03(日) 09:27:29 ID:A2IWYC6N
>わぉ〜わぉ〜わぉ〜

吠え方が違う!!!。

狼少年ケンは「わ〜ぉわ〜ぉわぉ〜」だw

動画で勉強しとけw
ttp://www.youtube.com/watch?v=oLUJ0OgrpQI

P.S.
↓こっちはパクリ
ttp://www.youtube.com/watch?v=x_z1Icyu5gI

110 :LUNAMASK:2010/10/03(日) 11:30:44 ID:36V/X5Ed
>>106-108
天照大神のルーツは第41代持統天皇(大化元年(645年) - 大宝2年12月22日(703年1月13日)に行き着き、
それ以前、卑弥呼(百襲姫)、神功皇后時代には天照大神の呼称は使用されておらず、歳御大御神(
Magnamater)と言う神格で理解されていた。持統天皇諡号「高天原廣野姫天皇」においてはMagna Materに
ついての解釈から永遠の時の守護神・歳神というアスペクトが抜けて入るものの、天と地を支配する最高神、
そこからこれが具現化された女帝という位置づけは明確。伊勢の天照大神はこの女帝の諡号から来るもの
でしょう。熊野に高句麗と同じ三足烏が残ることは、この時代に高句麗が持っていたパンテオンをも織り込み
ながら国史編纂が行われた結果でしょう。Magna Materは小アジア→オークネフ・カラスク→夏家店/燕→
句麗と言う道を経たものと見られます。
東冶会稽遺伝子とはO3a4-LINE1 3.1% であり、半島南部・九州支石墓・甕棺と関連するのかなと言う気が
します。須恵器・鋳鉄技術の移動については呉越方面から燕に入り、更に朝鮮半島に入るルートがあると
思われます。

111 :LUNAMASK:2010/10/03(日) 14:12:01 ID:36V/X5Ed
>>104
銅鐸を@小銅鐸A聴く銅鐸B見る銅鐸の3世代に大別すると、出雲・大和は第二世代を固守した地域。
隼人銅鐸
http://4.bp.blogspot.com/_eADIlkTl05g/TFlg6r76hiI/AAAAAAAABM0/Tb99fpA_PrE/s1600/hayato.jpg
が示すように銅鐸の外周部分は太陽を表す黄道の装飾であり、見る銅鐸とは太陽・黄道にアクセントを
置いた3D曼荼羅である。
見る銅鐸にこだわる出雲・大和は太陽神宗教に対し、大国主(オオナムチ)を最優先した。
銅鐸をやめ銅鏡でコンセンサスをとろうとした卑弥呼等に対して、銅鏡までは譲るが大国主までは
譲れないとする抵抗を見せたのが崇神であったと考えられる。
しかし、太陽神派としてもまだ天照大神・日本版のアテン信仰までには至っていなかったようだ。

112 :LUNAMASK:2010/10/03(日) 15:24:43 ID:36V/X5Ed
>>106-108
弥生時代以降の江南方面からの渡来の可能性については考古学的には否定的発見ばかり目立ち、説得性の
ある情報がないので、もし何かあれば御教示ください。
特に薩摩半島指宿方面の土壙墳について何か情報はないでしょうか。
南九州の地下式横穴墓等は中央アジア系ですね。筑紫の磐井等もウイグル方面ではないでしょうか。中世に
朝鮮に侵入してくる兀良哈と突厥系クモシ族との関係が言われていますから、熊襲・隼人は突厥系でないかと
も思われます。

113 :LUNAMASK:2010/10/03(日) 15:33:51 ID:36V/X5Ed
http://www.geocities.jp/kusimayoshibo/rekishi001.html
これなんか、志布志湾沿岸平原で出土したものですが、時代的に始皇帝から徐福に下賜された
以外に考えられないですね。

114 :LUNAMASK:2010/10/03(日) 16:18:54 ID:36V/X5Ed
>>111
弥生中期、出雲/大和と九州/山陽はローマン・カソリックとギリシャ正教のような大国主・スクナヒコナ
の対立構造が成立し、これが後世の神道と修験道になり、更には神道と仏教の対立に入ると見られる。

115 :LUNAMASK:2010/10/03(日) 16:34:00 ID:36V/X5Ed
>>111
>見る銅鐸にこだわる出雲・大和は
・・・聞く銅鐸にこだわる出雲・大和は
に訂正。
聴く銅鐸と言うのは荒野とか死後の世界の猛獣・魔物から身を守る(塞の神)という鐸の一義的
考えを保守する立場。見る銅鐸は真言仏教の曼荼羅同様、世界山立体模型を仏像のごとく礼拝
するオークネフ密教思想。オークネフでは石像を礼拝した。

116 :出土地不明:2010/10/05(火) 12:28:17 ID:Lpr8hhfO
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>111
どこぞの官房長官が「桃太郎の物語は中国起源」とか言ったそうですが
わが日本の史実をぜんぜんわかっていない発言ですね〜(^-^)/

117 :LUNAMASK:2010/10/05(火) 14:40:29 ID:zuuaHX+c
>>116
神仙思想以前、つうか、殷に卑弥呼のような司母、司母鼎の制度を持ち込んだものと同様の文化が
殷と同時代のバイカル湖・石板墓文化に存在し、現在も同地方に伝承として残っており、卑弥呼時代
の邪馬台国にも残っていたということですね。西王母・マグナ・マーテルは同じものでしょう。

118 :LUNAMASK:2010/10/05(火) 14:53:40 ID:zuuaHX+c
承前
しかし、卑弥呼は魏、その前身である漢(遼東の公孫→楽浪郡)と緊密な通商関係を維持しながら、
銅鏡の解釈において神仙思想にも通暁し、その知識でもって大女王になったものだと見られます。
後の持統天皇のような多才なところがあったのではないでしょうか。

119 :LUNAMASK:2010/10/05(火) 16:22:34 ID:zuuaHX+c
>>117
三才思想を堅持するモンゴル・ダルハルド族
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ad/Map_mn_khuvsgul_aimag.png
石板墓・四隅突出型墳丘墓発祥の地に近い。
http://maps.yahoo.com/broadband/#mvt=m&lat=51.166667&lon=99.5&mag=6&zoom=6&q1=51.166667%2C99.5
ダルハルドモンゴルのシャーマンは世界を生命樹樹冠のある上層・人間動物の住む中層・悪魔の住む下層の
三才に分割認識する。西ブリャート叙事詩は母系社会であり、ブヘ・ベリグテは習合神ホルムスタの息子と言う
ことからではなく、大地を創造した女神の子孫である天照大神ナラン・ゴーホンの息子であるということか
ら重要視されるが、これが日本のオシホミミに相当。ブリャート叙事詩では河伯の娘・アルマ・メルゲンが殷の
司母・マグナ・マーテル、日本の瀬織津姫に相当。ジャニーン・デイヴィス・キンボール
オークネフのマグナマーテルはライオンの狛犬を連れ、バクトリア→エラム→小アジアと、その故郷に逆流し
ます。

120 :LUNAMASK:2010/10/05(火) 16:31:40 ID:zuuaHX+c
魏帝、詔書して倭の女王に報じていわく、
「また、特に汝に紺地句文錦三匹・細班華ケイ五張・白絹五十匹.金八両・五尺刀二口・銅鏡百牧・真珠・
鉛丹各々五十斤を賜い、皆装封して難升米・牛利に付す。還り到らば録受し、悉く以て汝が國中の人に示し、
國家汝を哀れむを知らしむべし。故に鄭重に汝に好物を賜うなり。」
神獣鏡は殷婦好鼎にある饕餮紋同様司母に捧げるものと言う認識が魏にもあったものと窺えます。

121 :LUNAMASK:2010/10/06(水) 09:29:52 ID:vFKVdIH1
>>119
ダルハルドではなく、正しくは、ダルハド族。
「ダルハドの窪み」には3つの集団が居住している。ダルハド、ウリヤンハイ、ツァータンの3集団である。
そして、これら3集団が森林地域から草原地域にかけて、大まかではあるが、居住地域を住み分けているのが
観察される。」
http://www.shagaa.com/modules/wordpress1/index.php?p=2
ダルハド・・・オシホミミ→神武に至る鍛冶系天孫
ウリヤンハイ・・・高地性集落・修験道等の文化を持つ集団
ツァータン・・・鹿飼い/鹿猟集団・春日系
こうした対応が考えられる。

122 :LUNAMASK:2010/10/06(水) 09:41:11 ID:vFKVdIH1
もう一つの考え方
http://www.wako.ac.jp/souken/touzai03/nm/nm02.png
[卑弥呼の世界と同じ→]「モンゴル北部  ダルハド盆地のシャマニズム」
http://www.wako.ac.jp/souken/touzai03/tz0312.html

123 :LUNAMASK:2010/10/06(水) 11:35:48 ID:vFKVdIH1
>>120
>還り到らば録受し、悉く以て汝が國中の人に示し、
>國家汝を哀れむを知らしむべし。故に鄭重に汝に好物を賜うなり
卑弥呼は帝の言葉通りイミテーションを作成↓国中に示した。
http://www7.ocn.ne.jp/~sui-yama/first/dokyo/bunpu2.gif
しかし、それはその時が初めてではなく、既に公孫経由輸入していた画文帯神獣鏡のイミテーション配布
の実績に基づいていたようだ。
http://www7.ocn.ne.jp/~sui-yama/dokyo.htm

124 :LUNAMASK:2010/10/06(水) 11:45:56 ID:vFKVdIH1
承前
方格規矩四神鏡はどちらかと言えば安曇海人族/四隅突出型墳丘墓と同じ思想で、オオナムチ思想。
これが後漢光武帝から金印を授与される委奴国時代までは入手ルートが確保されていたものの、
宗像系の台頭・銅鐸圏の銅鏡指向と共に入手は閉ざされたものと考えられる。

125 :LUNAMASK:2010/10/06(水) 14:07:11 ID:vFKVdIH1

「平原(ひらばる)周溝墓の謎 仮に、方格規矩四神鏡が卑弥呼の鏡だとすれば、それを31面も出土した福岡県
前原市の平原遺跡はどのように考えたらよいのだろうか。平原周溝墓の1号墳に葬られた人物は、副葬品の
内容から女性であるという意見が大勢を占めている。つまり、女王であった可能性が非常に高い。」
http://www7.ocn.ne.jp/~sui-yama/dokyo.htm
方格規矩四神鏡には出雲・四隅突出型墳丘墓で展開される地祇思想と共に下記英文説明にあるとおり
西王母・神仙思想も包含されており、卑弥呼の鏡と見て差し支ええない。
http://en.wikipedia.org/wiki/TLV_mirror
この場合、平原女王はさしずめ卑弥呼1世ということになろうが、考えられる候補者は辛国息長帯比売大目命
である。記紀では天照大神になっているのであろう。

126 :LUNAMASK:2010/10/06(水) 14:36:30 ID:vFKVdIH1
「細型と広型の青銅武器の分布の違いから推測すると、細型の青銅武器を用いていた奴国が、南方に新しく
おきた新興の邪馬台国によって滅ぼされ、その際、奴国王の金印は、志賀島に隠匿されるに至ったのであ
ろう。 」
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
卑弥呼1世はこの「新興の邪馬台国」の女王であり、その国は委奴国に対して倭面土国と呼ばれ、その中心
は英彦山・宗像神社にあったが、倭国乱で消滅し、新たに卑弥呼2世を共立する邪馬台国が大和に誕生し、
楽浪に遣使し、公孫を倒す魏と出会うという展開であろう。

127 :LUNAMASK:2010/10/06(水) 14:44:57 ID:vFKVdIH1
おそらく、倭面土国を構成していたのはモンゴルのダルハド集団のような鍛鉄・冶金テクノクラートで、その
神話体系が、ハードウェアの内行花文鏡・八咫鏡共々新たに発足する大和朝廷に取り込まれるのであろう。
鏡作り、天日矛等も同じようなものと見られる。

128 :LUNAMASK:2010/10/06(水) 15:37:35 ID:vFKVdIH1
>>126
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif
この細型vs広型戦争を記紀は海幸vs山幸戦争としている。スサノオが出雲に神やらいされ、出雲・吉備におい
ても新勢力が生まれようとするが制圧され、卑弥呼2世が誕生する。この辺が倭国乱に相当するのだろう。

129 :出土地不明:2010/10/07(木) 11:26:02 ID:66WzdgyJ
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>128
海幸:安曇海人族
山幸:鴨・山王族
に対応しているとしたら、記紀は本当によくできた歴史書ですね!!

>>128
吉備を舞台にした倭国大乱が「桃太郎伝説」の正体でつね!!

桃太郎、猿、犬、木地は誰でしょう〜(^-^)/

130 :LUNAMASK:2010/10/07(木) 11:32:15 ID:RneFvkPb
>記紀は本当によくできた歴史書
本当に大した先輩達・御先祖様達ですね。世界中どこにもないですね。

131 :LUNAMASK:2010/10/07(木) 11:37:36 ID:RneFvkPb
>桃太郎、猿、犬、木地は誰でしょう〜(^-^)/
これは記紀にはなく、考古学的に吉備と伽耶の交易関係の緊密化・盾築墳丘墓と関連するものでしょう。

132 :LUNAMASK:2010/10/07(木) 11:45:45 ID:RneFvkPb
承前
出雲・安曇海人族にとって「桃太郎」はおそらく「夏の陣」、最終戦争だったんじゃないでしょうか。

133 :LUNAMASK:2010/10/09(土) 11:50:36 ID:HKhGjp+B
神武天皇は高千穂に降臨した天孫族の子孫とされるが、神武の母・トヨタマヒメは宇佐・宗像・周防・安芸方面
の海人族女王と見られる。他方、淀川・木津川水系にも海人族は存在した。こうした海人族は遠賀川土器を伴
う弥生文化と共に九州→近畿→中部→関東へと拡散したものであって、おそらくはYDNA O2b1であろうと見ら
れる。
しかし、高千穂方面は弥生初期から東日本縄文人による山幸・海幸交易システムが存在していた。それは
YDNA C1/D2であったであろう。
だが、倭面土国という英彦山周辺国家は渡来人冶金・鍛造集団の文化の強いものであり、南九州に南下する
ニニギ集団もそうした渡来系文化の持ち主であった。この倭面土国が神武と共に大和に入り、邪馬台国を建国
する。

134 :出土地不明:2010/10/10(日) 00:50:51 ID:25ZacEYE
おっ、キチガイ、まだ生きてたのかw

とっとと死ねよw

スレ汚しなだけの読む価値ゼロの妄想キチガイwwww

135 :LUNAMASK:2010/10/10(日) 11:02:12 ID:vUMR++n/
天孫地祇推定移住経路
地祇:
O2b-SRY 7.7% 山東岳石文化(東夷穢)->外バイカル石板墓文化->吉林団結文化->江原道春川・中島文化->金印委奴国->出雲
天孫/山戎:
O3-M122* 6.6% 燕カラスク->夏家店上層文化(燕/山戎)->貊/高句麗->九州倭面土国->邪馬台国/大和

136 :LUNAMASK:2010/10/10(日) 13:56:49 ID:CKByvnU0
承前
江原道中島文化では貊と穢の融合が起こるが、日本では天孫・地祇に分列行進するようだ。

137 :LUNAMASK:2010/10/11(月) 08:50:34 ID:ALWaVo9+
「日本書紀、推古20年5月の後」
この年、百済から日本を慕ってやってくるものが多かった。そのものたちの顔や体に、白斑(まだら)や白癩
(しろはた)があり、その異様なことを憎んで、海中の島に置き去りにしようとした。しかしその人が、「もし私の
斑皮を嫌われるのならば、白斑(まだら)の牛馬を国の中に飼えないではないか。また私にはいささかな才能
があります。築山を作るのが得意です。私を留めて使ってくだされば、国のためにも利益があるでしょう。
海の島に捨てたりして無駄にしなさるな」といった。それでその言葉をきいて捨てないで、須弥山の形と呉風
の橋を御所の庭に築くことを命じた。時の人はその人を名づけて路子工(みちこのたくみ)といった。またの名
を芝耆麻呂(しきまろ)といった。
「日本書紀、斎明3年秋7月3日」
トカラ国の男2人、女4人が筑紫に漂着した。「私どもははじめ奄美の島に漂着しました」といった。駅馬を
使って都に召された。15日に須弥山を像どったものを、飛鳥寺の西に作った。また、盂蘭盆会を行われた。
夕べにトカラ人に饗を賜った。
「日本書紀、斎明5年3月10日」
トカラの人が妻の舎衛の婦人と共にやってきた。甘橿丘の東の河原に須弥山を作って、陸奥と越の蝦夷を
饗応された。・・・渡来人研究会資料から
猿石に酷似するクマン石像
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E4%BA%BA
猿石・山王権現
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E7%9F%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E3%81%AE%E7%9F%B3%E9%80%A0%E7%89%A9
これはスイスのナマハゲ、ポーランドの春駒等と共に飛鳥渡来文化が突厥文化であることを物語る。

138 :出土地不明:2010/10/11(月) 18:12:58 ID:4LIHGBRP
LUNAMASK発見

http://www.cjapan.net/en/content/should-central-asian-countries-be-included-forum

139 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 10:23:15 ID:8jpNw4+k
>>138
ブリャート人が日本を生んだというスレを立ち上げていたんだが、アクセスできなくなった。
中途半端ではおかしいので説明しておくと:
●O2bと言うのは山東省にいた東夷・穢だが、これがブリャートに入り石板墓文化を作る。
●前漢初期の匈奴・冒頓単于の拡大に伴い、石板墓文化人は夏家店上層文化・燕人O3-M122と共に半島、
列島に南下する。列島における細型銅剣(聴く銅鐸)・中広型銅剣(見る銅鐸)がこれを反映している。
●出雲と言うのは石板墓文化人で神道の起源はここ。天孫と言うのは英彦山から大和金剛山・吉野に
入るもので、修験道の起源はこれ。日本はこれら天孫と地祇によって建国された。
というもの。ブリャートの渡来はmtDNA研究によって立証されており、動かし難い。

140 :出土地不明:2010/10/12(火) 12:33:36 ID:y07CvOJS
>>139
おい、じいさん。
倭人は穢であるとか、高句麗であるとか、扶余であるとか、そう書かれた
中国や半島の書物ってあったけ?
「漢書」や「三国志」は?
「宋書」には、倭の五王が山戎出身だと書かれていたか?

141 :出土地不明:2010/10/12(火) 12:37:53 ID:lcc1PzXq
わぉ〜わぉ〜
>>139
天孫族の主体がブリャート人だったのかはさておき、●部分の解説は
非常に解りやすいでつね!!(^-^)/

この流れに>>137の飛鳥渡来文化を形成した須弥山を信仰する山王族の突厥文化は
どうかかわるのかな?これが第二天孫族の正体でつね!!


142 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 12:44:24 ID:8jpNw4+k
>>140
東夷伝等は分析的であり、共時的な地理書となっているため、民族移動についてはプロファイリング
して類推するしかない。

143 :出土地不明:2010/10/12(火) 12:51:02 ID:y07CvOJS
>>141
ブリヤート自体がそれ程古い民族ではないのではないか?
トルコ語化したり、モンゴル語化したり、遊牧民の常として、混血を
繰り返したり。
遊牧民や狩猟民は、移動するし、混血も激しいんだよ。
何で、倭人の祖先はブリヤート、となるのか説明して。

144 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 12:54:40 ID:8jpNw4+k
>>141
>天孫族の主体がブリャート人だったのかはさておき、
天孫は修験道・山伏だとすればO3-M122だが、よくわかりません。

>この流れに>>137の飛鳥渡来文化を形成した須弥山を信仰する山王族の突厥文化は
>どうかかわるのかな?これが第二天孫族の正体でつね!!
これは匈奴の子孫で突厥N1-LLY22g* 1.2% Proto-Darkhad/Yemaek 穢貊を含むコーカソイド
集団・フンでしょう。第二天孫ですね。

145 :出土地不明:2010/10/12(火) 12:56:17 ID:y07CvOJS
ブリヤート人は、最初から朝青龍みたいな顔して、モンゴル語の方言みたいなブリヤート語を
はなしていたわけではないぞ、たぶん。

ブリヤート
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BA%BA

>古来からメルキト族と同様に元来はウラル語派(諸語)に属する南サモイェード諸族であり、
シベリアから南下してテュルク化し、最終的にはモンゴル化したという。そういう意味では
現在もテュルク諸族に属するヤクート(サハ)人に近いといえる種族といえる。

146 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 12:59:37 ID:8jpNw4+k
>>142
現代ブリャート人はN1cとか、C3とかのYDNAが多いのであろうが、それは古代ブリャートが移住した後の
こと。O2bはほとんどないのでは?

147 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 13:01:42 ID:8jpNw4+k
>>145
現在サハ共和国でヤクート人と共存しているブリャート人は見た目日本人そっくりとされる。

148 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 13:11:05 ID:8jpNw4+k
>>145
琉球王国はブリャート国旗 http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8f/Flag_of_Ryukyu.svg
つまり、琉球はブリャート国なんだ。

149 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 13:17:20 ID:8jpNw4+k
沖縄はウスチオルダ・ブリャートの国だ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88%E8%87%AA%E6%B2%BB%E7%AE%A1%E5%8C%BA

150 :LUNAMASK:2010/10/12(火) 14:33:11 ID:8jpNw4+k
承前
本土で巴を使用する神社は相当な数にのぼる。 http://www.genbu.net/sinmon/tomoe.htm
やはりブリャートの影響は大きい。

151 :出土地不明:2010/10/12(火) 15:16:56 ID:yA3M8nbH
海系でしょうがよ月光さん。まんまな神社名もあるし。
ハヤト紋風味のなw

152 :出土地不明:2010/10/13(水) 19:41:51 ID:f3Pt+PGa
氷河期に天皇家と日本人が日本列島に辿り着いた経緯

Origin of Imperial House of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/origin-imperial-house-japan

天皇家の先祖は縄文・アイヌだった

Imperial family descended from Jomon/Ainu of Japan
http://www.cjapan.net/en/content/imperial-family-descended-jomonainu-japan


153 :LUNAMASK:2010/10/14(木) 11:48:22 ID:U+wyxafh
>>151
夏の時代、バイカル湖南西に南方から入り、ツングースとされているグラスコフ文化は玉造海人族
で鰐が玉を咥える岩絵を残し、夏の時代の中国へも玉を輸出している。これが殷の時代に古墳文化
に入るが、四隅突出型墳丘墓と本殿・拝殿型古墳づくりを開始している。これは現在のブリャート地域。
日本・朝鮮とブリャート・トゥーヴァ地域にはmtDNA D4が極めて多い。この遺伝子は米州に入る南シベリア
のもので、日本が発生源ではない。すなわち、mtDNAと古墳・神道・修験道は海人族によってブリャート
地域から日本に移住したと考えられる。

154 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 12:21:46 ID:Ma7uDfD2
「銅鐸と中国南方青銅器との装飾法や文様の意匠におけるこうした親近性の発生は,具体的にはどのようにし
たら可能であろうか。類似した文様を有する小型の青銅器の伝来,鋳造工人の渡来などが考えられる。弥生
時代の青銅器鋳造現場の性格を詳細に研究した結果によると,弥生中期前半までは日本での青銅器の鋳造
は朝鮮半島からの渡来人によって行われていたことが指摘されている。それは工人の生活跡から出土した
土器から導き出されている。そうすると南からの工人達は,朝鮮半島で土着化し,その後渡来したことも考えら
れる。その場合は朝鮮半島にも痕跡がある筈である。ここで朝鮮無文土器時代の有名な防牌形銅器に触れて
おきたい。
この器物は,その文様から農耕祭祀にかかわる儀器であると推測されているが,人物の特有の表現(図27
)は,石寨山型銅鼓等に施されている人物表現(図28・29・ 30)と酷似している。
この防牌形銅器は,朝鮮では異形青銅器と分類される一連の器物の一つである。これらの異形青銅器は,
紀元前4世紀から紀元前3世紀頃,忠清道に分布し,突然現れて短期間で消えていったとされている。これら
の諸点は,これらの青銅器が朝鮮半島本来のものではなく,外 から入ってきた要素であること,またその製作
にはそうした要素の関与があったことを暗示しているように思える。」
論文弥生時代の銅鐸の文様の源流について 東海大学紀要文学部 末房由美子

155 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 12:25:19 ID:Ma7uDfD2
「銅鐸の装飾は,銅鼓と縦横の幾何学文帯による構成である点では共通するがそれは他の器種にも見られた
こと,また幾何学文は銅鼓にはない文様も使用されているがそれらの文様は他の器種には見られたこと,など
から銅鼓とだけ深い関係があるのではない様子が浮かび上がってきた。ここで,これまでに挙げた各種の
青銅器の出土地を見てみると(地図参照),殆どは万家型銅鼓及び石寨山型石寨山系銅鼓の分布地域と
重なり,また少数のものが越族青銅器の分布地域と重なっていることが分かる。これに上記の船文における
結論を加えると,本稿の範囲からは,銅鐸の装飾は,むしろ戦国から前漢の銅鼓の分布地域,即ち長江
上流域の雲南・四川南部や東南の広西などの地の青銅器文化と近い関係があり,また越族の青銅器文化
とも共有する部分があり,沿海の中国南方地域の世界とも無縁ではないということであろう。」
前後したが上記に先行するもの。

156 :LUNAMASK:2010/10/21(木) 13:24:33 ID:Ma7uDfD2
YDNA WHO'S WHO Today's update
Paleolithic Age Migration Down to circa 14,000 BCE
C1-M8 5.4% Hunters -> Kyushu/Northern Samurai
Neolithic Age/Cordmark/Jomon Pottery Era Migration Circa 14,000-1,000 BCE (Northern Kyushu)
D2-P37.1* 3.9% Farmers adapted to grain agriculture
D2a-M116.1 16.6% Ditto
D2a1-M125* 12.0% Ditto
D2a1a-P42 2.3% Ditto
D2 Total 34.8%
Sub Total 40.2%
Yayoi 1000 BCE to 200 AD
Baikal-Amur
C3c-M86 1.2% Shushen Manchu Soga Clan -> Minamoto Clan (Sagami Bay Samurai)
C3-M217* 1.9% Proto-Uryanhai -> Bo (Maek) -> Central Highland Samurai
Total 3.1%
Siberia - Altai
N1c1-M178 0.4% Proto-Dinglings Rongdi -> Bronze Casters
Q-P36 0.4% Kets Proto-Darkhad -> Architects/Sculptors
Total 0.8%
Central Asia
NO-M214* 2.3% Xirong Qin Clan -> Hata Clan
N1-LLY22g* 1.2% Proto-Turk-Yi/Yemaek -> Royal Clan
I-P19 0.4% Avar Samurai
R-M207 0.4% Yuezhi Samurai
Total 4.3%
China
O2a-M95* 1.9% Yue Dedorative Bronze Bell Casters
O2b-SRY 7.7% Dongyi/Ye Alligator Totem Izumo Tribe
O2b1-47z 22.0% Okcho/Wo Yayoi-Onga River Farmers
O3-M122* 6.6% Huabei Hans
O3a4-LINE1 3.1% Huadong Hans Jar Burial
O3a3c-M134 10.4% Huazhong Hans
Total 51.7%
Total 59.9%

157 :出土地不明:2010/10/21(木) 23:21:23 ID:LmP/Swzj
>>156
O2b1から天皇家が出たと思ってたけど、D2a1ってのも相当な勢力だな。
皇室(及び源平)、藤原、そして近年に覇権を握った徳川。
どれがどの型だか訳分からん。
D2a1aやO2b1aとかの祖型からの派生年代とか分からんもんなんかな〜。

158 :出土地不明:2010/10/22(金) 08:53:50 ID:s2OLHrqb
>>157
>皇室(及び源平)、藤原、そして近年に覇権を握った徳川。
>どれがどの型だか訳分からん。

男系子孫がY染色体調査すればわかる。

ロシアのリューリクとか、リトアニアのゲディミナスとかの
Y染色体は、そうやって推定されてる。

日本でなぜやらないのか不思議。
自分が実は子孫じゃなかったとバレるのがヤなのかな?

159 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 09:05:58 ID:GuW+72K0
>>153-154 徐福集団は忠清道に定住後、弥生後期見る銅鐸時代に銅鐸圏に入った。
「即ち長江上流域の雲南・四川南部や東南の広西などの地の青銅器文化と近い関係があり,また越族の
青銅器文化とも共有する部分があり,沿海の中国南方地域の世界」←秦始皇帝が征服した地域
「そうすると南からの工人達は,朝鮮半島で土着化し,その後渡来したことも考えられる。」
「異形青銅器は紀元前4世紀から紀元前3世紀頃,忠清道に分布し,突然現れて短期間で消えていったとさ
れている。これらの諸点は,これらの青銅器が朝鮮半島本来のものではなく,外 から入ってきた要素であ
ること,またその製作にはそうした要素の関与があったことを暗示しているように思える」←徐福集団

160 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 09:10:38 ID:GuW+72K0
承前
弥生後期の「朱」採掘、生産開始、卑弥呼の神仙思想は徐福集団由来のもの。卑弥呼は吉備と言うより
播磨南部、黒田方面の出自であって、吉備の突厥人とは異なり、むしろ、孝霊ファミリーは吉備を制圧した
勢力であったのであろう。

161 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 09:24:07 ID:GuW+72K0
承前
卑弥呼を徐福集団と断じると卑弥呼は自らの身うちの三遠式見る銅鐸文化を銅鏡文化に切り替えた挙句、
東三河の狗奴国と対立する結果となったのだろうか。
徐福と東三河 http://homepage2.nifty.com/kodaishinto/page006.html

162 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 09:26:52 ID:GuW+72K0
あるいは、卑弥呼没後、邪馬台国は出雲の支配下に置かれ、卑弥呼を影で支えてきた徐福勢力は
東三河に落ち延びたのであろうか。

163 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 09:36:33 ID:GuW+72K0
>>161
狗奴国と言うのは名古屋・朝日遺跡を中心とする勢力で、東三河徐福勢力・大和卑弥呼勢力とは対立して
いたという構図も考えられる。

164 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 13:58:11 ID:GuW+72K0
>>157
おおよそのところ
伊豆、三浦、房総等に嵎夷的に立地したは源氏は松花江・黒竜江に立地したC3c
中部山岳周辺に立地した徳川・武田・上杉等風林火山的武士集団はアルタイ・内モンゴル・遼東山地に
立地した山戎C3
鹿を追って東北から日立・房総に入る武士集団はC1/C3c
薩長土肥の武士集団はC1
皇族・隼人等はN1

165 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 14:06:50 ID:GuW+72K0
承前
D2 上流・中流域農民
O2/O3 下流・氾濫原農民
でないかな。

166 :出土地不明:2010/10/22(金) 15:51:26 ID:o8YONVEI
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>160-163
吉備と邪馬台国と狗奴国の複雑な対立関係がひも解かれてきた気がします〜(^-^)/

167 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 16:08:48 ID:GuW+72K0
>>166
mtDNA B これって女性ですが、日本は愛知県に集中してるんですが、マダガスカルから南米にまで
広がっていて、他方O2aもマダガスカルから東南アジアへと広がっています。どうも、これが徐福と
関係があるという感じが強いですね。

168 :出土地不明:2010/10/22(金) 16:15:11 ID:o8YONVEI
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>162
>邪馬台国は出雲の支配下に置かれ

この頃が扶余系の崇神朝が台頭する時期でしょうか!?
そして最強の卑弥呼・神功皇后による巻き返しが起こる〜

こちらの卑弥呼は月光たん説では北狄系かな?

169 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 16:37:47 ID:GuW+72K0
>>168
そうです。崇神が出雲系乃至は出雲シンパであったということです。で、オオタタネコ等は出雲派ですね。
神功の巻き返し。神功は琵琶湖系ですね。オキナガなんて地名もある。バイカル湖の東胡でしょう。
この人は後妻で、密室で夫が突然死、先妻の嫡子が天誅に来る。十月十日を過ぎて身ごもった子供が
胎内にいながら、夫の敵、熊襲から攻められ、高句麗が南下してくる。という問題を解決し、秋田に飛んでは
高句麗の北辺からの来襲に備えたり、身重でありながら玄界灘をわたり三韓を平定している。まさに神の
ような功績を持つ人ですね。

170 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 16:44:31 ID:GuW+72K0
しかし、百済からスキト-シベリア文化では女王の属品である七支刀を贈呈されているから、神功皇后が
存在したことは証明されています。

171 :出土地不明:2010/10/22(金) 17:23:54 ID:o8YONVEI
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>169

>>91-92
神功皇后の身ごもった子供がホムタワケの応神天皇すなわちアフラ・マズダーであるならば
タラシ一族はバイカルの地祇・東胡ではなく、天孫族の信仰を強く持つことになりませんか?

172 :出土地不明:2010/10/22(金) 17:32:35 ID:o8YONVEI
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>169

>>84
>>82-83
神武 第二天孫/第一天孫
綏靖 越 出雲
孝霊 第二天孫
崇神 出雲
応神すなわち神功皇后 第一天孫!!

>>85
承前
第一天孫 周防・玄海灘北岸諸国 すなわちズルワーン系O3-M122
第二天孫 播磨灘北岸諸国 すなわち南蛮系N1-LLY22g


173 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 17:37:33 ID:GuW+72K0
>>171
それよりも、この女王、実は世論・情報操作がプロの謀略の女王だったんじゃないかって気がするんですね。
アフラ・マツダもそうですが、当時、ローマ帝国で流行し始めた聖母マリアの話等を先取りしていた可能性も
あるのでは。しかし、一般民衆にはこの時代を境に三才の宇宙観が普及するようで得す。しかし、それは
銅鐸時代にもバックボーンにあったはずですね。

174 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 17:44:54 ID:GuW+72K0
>>172
徐福集団はアングラ・カルト集団になって行き、最終的には神道の神社の神主のような形に落ち着き
各地に徐福伝説をばらまいたんではないでしょうか。彼らは武士になったり、政治家になったりする
様な社会層にはなかったのでは。しかし、同じYDNAでありながら、北方系は天皇家となったという
ことじゃないかと思うんですが。

175 :LUNAMASK:2010/10/22(金) 18:05:18 ID:GuW+72K0
>>171
ホムダワケは仲哀の実子であったが、その事実が世間に知られると全ては神功と応神の敵になった。
唯一の救いはそれをアフラマツダであるとすることで、そのことによって皇統と息長の断絶が救へ、
更に、三韓を平定することができた。このことに気付いた時、彼女は神功皇后となったというのが
ことの真相でしょうね。

176 :出土地不明:2010/10/24(日) 17:30:51 ID:FZc6Ful9
沼津の辻畑古墳なんかはどうなんですか?
日本 最古級らしいですけど。

177 :出土地不明:2010/10/24(日) 20:34:10 ID:SwhGWDDk
銅鏡じゃないけど、青銅器はどうですか?

青銅器展でググッたら中国の青銅器展をまとめた?らしいページを見つけたのですが。
http://tomatojuice.sakura.ne.jp/bekkan/
http://tomatojuice.sakura.ne.jp/bekkan/shanghai_museum_7.html

商の時代から秦の前、戦国時代辺りに青銅器の造り方がガラッと変わってるので、
私は中東辺りから流れてきた人々が古代中国、日本に深く関わったのではと思っているのですが。


178 :出土地不明:2010/10/24(日) 20:43:57 ID:SwhGWDDk
>177
張り間違えてますが、ページは1から7までありました。


179 :LUNAMASK:2010/10/25(月) 07:26:46 ID:a7Mo+EJ+
http://www.hum.u-tokai.ac.jp/journal/no76/BUNGA76Y-02_15162.pdf
弥生時代の銅鐸の文様の源流について'←参照↑

180 :出土地不明:2010/10/28(木) 11:18:52 ID:bjdLTSex
初めまして、拝見させて頂きましたがこのスレ面白いですね。
恐れ多くも一発妄想をかまさせていただきます。

>>148-151
隼人って海人、沖縄のカイダじゃないですか?
で、カイダって「雄馬」って意味なんですけどそれが沖縄に
伝わるのは不自然です。
それに沖縄のカイダ文字は突厥やソグド人などが使用していた
家紋の様な絵文字とも似ている気がします。
つまり海から渡来してくる騎馬民族系の渡来人で古代朝鮮の
伽耶の人々ではなかったのでしょうか?(つまりカヤト)
で、これを中国人が「キャマト」と読んだことでヤマトに転化して
実はそれが球磨人国であり、熊襲であり古代朝鮮南部の熊津
であり・・・・・・・なーんて思っちゃったりしてますw


181 :LUNAMASK:2010/10/28(木) 11:56:59 ID:D2aRqutw
>>180 なにか銅鐸の紋様に似たところもありますね。今後の研究が待たれます。

182 :LUNAMASK:2010/10/28(木) 12:14:51 ID:D2aRqutw
>>172 再考して見たんですが、
http://www.yu-ji.com/douken1.gif
↑この図における
平形銅剣→吉備→出雲・・・東胡系
銅戈↓・・・信州で出土のものは呉越系が裏日本に入ったことを示すのかも。
大阪湾型銅戈→見る銅鐸・・・呉越
銅矛→天日矛・・・呉越
こうした形での呉越系の近畿到来が考えられます。そして、この勢力が銅鏡文化に切り替わる。

183 :LUNAMASK:2010/10/28(木) 12:25:18 ID:D2aRqutw
承前
赤実線・銅剣が出雲勢力で、これは見ての通り倭奴国から出雲方向に拡大しています。このプロセスが
倭国乱であったんでしょう。倭奴国は初めて国際社会から認められた倭国統治権(金印)を持っており、
後発の倭面土国の下剋上に対しても統治者(大国主)の立場から処遇しています。倭面土国の下剋上
は海幸・山幸内乱の引き金だったんでしょう。

184 :LUNAMASK:2010/10/28(木) 13:10:57 ID:D2aRqutw
承前
しかし、銅鐸圏には海幸・山幸大乱、倭奴国等よりも更に前、渡来人が朝鮮小銅鐸、綏遠型聴く銅鐸を持ち込
んでいます。天孫族が下剋上であったにせよ、出雲族とて、銅鐸族から見れば新参者であり、この点、天孫族
は銅鐸族と血縁関係(政略結婚であったにせよ)を結ぶことで出雲族の上手に出ることができたのではないでし
ょうか。

185 :出土地不明:2010/10/29(金) 00:26:57 ID:ZenFyOdt
早く自殺しろよこのバカw

186 :出土地不明:2010/10/31(日) 00:25:34 ID:5EFbupGn
>>137
どうやら大昔から海洋民族がきていたらしいな。
そして彼等は満州や朝鮮などの方面にも住み着いてる。

その恩恵が古墳や金の制作・加工技術。
また彼等は太陽信仰などを伝えている。

187 :出土地不明:2010/11/01(月) 18:24:32 ID:r1x2nE4g
銅鐸族はどのような言語を話していたのでしょうか?

188 :LUNAMASK:2010/11/02(火) 10:26:21 ID:sfJ0hQoS
>>187 推定されるのは
上層 Altaic O2b/O2b1 Hmon-Khmer O2a-M95* Sino-Tibetan O3a3c-M134
中層 Proto-Sinitic O-M122
下層 Paleoasiatic D2
基層 Austronesian C1
こんな構造でしょうか。

189 :出土地不明:2010/11/03(水) 00:43:58 ID:G82KpJ0D
>>188
×Austronesian C1
○Austronesian O1

O1a-M119 Austronesian
O2a-M95 Austro-Asiatic, Kradai
O2b Japanese,Korean
C3 Altaic
O3a3b Hmong-Mien
O3a3c Sino-Tibetan

http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O_(Y-DNA)

190 :LUNAMASK:2010/11/03(水) 16:42:58 ID:LIHiq52Z
>>189
C1 is older than O1 who might have inherited the language of predecessors.

191 :出土地不明:2010/11/07(日) 03:52:40 ID:YB9C1GgA
>>189
Haplogroup O2b-M176: Found frequently among Koreans, with a moderate distribution among Buryats,
Daurs, Chinese, Evenks, Hezhe, Indonesians, Japanese, Manchus, Micronesians, Ryukyuans, Sibe, Thais,
Udegeys, and Vietnamese.

Haplogroup O2b1-47z: Found frequently among Japanese and Ryukyuans,
with a moderate distribution among Indonesians, Koreans, Manchus, Thais, and Vietnamese.

192 :LUNAMASK:2010/11/07(日) 10:51:55 ID:COkTRBkD
Haplogroup O2b-M176: Possible migration route: Chinese-> Sibe,->Daurs,->Buryats, -> Evenks,->Hezhe,->Udegeys, -> Manchus,->Japanese,-> Ryukyuans,
Medieaval Japanese Compatriots from Japan. Typically Yamada Nagamasa:
Thais, Vietnamese. Indonesians, Micronesians,

Haplogroup O2b1-47z: Possible migration route: Manchus,-> Koreans, ->Japanese ->Ryukyuans.
Medieaval Japanese Compatriots from Japan. Typically Yamada Nagamasa:
Thais, Vietnamese. Indonesians,

193 :LUNAMASK:2010/11/07(日) 11:50:58 ID:COkTRBkD
Yamada Nagamasa is well documented person in Japanese History.
http://en.wikipedia.org/wiki/Yamada_Nagamasa

194 :出土地不明:2010/11/07(日) 12:46:04 ID:dcAJnDvy
O2b: 満州←朝鮮→日本→琉球

O2b1:朝鮮→日本→琉球

Buryatsは90%のN1c,O2bはない。

195 :LUNAMASK:2010/11/07(日) 16:19:22 ID:COkTRBkD
>>194
O2aとのTMRCA沿考慮したり、BP4000年の山東半島からの岳石稲作・畑作文化遼東入植を考慮すると
山東省起源と考えてみたい。ブリャートのmtDNAは沖縄、日本で極めて多い。YDNAはブリャート現地で
その後消滅したのだろう。

196 :LUNAMASK:2010/11/09(火) 11:21:29 ID:7F9qY96d
Japanese YDNA Who When Where From

C1   M8 5.4%  旧石器
D2 34,8%  縄文
40.2%

O2b SRY 7.7%  大陸倭人
O2b1 47z 22.0%  安曇倭人
29.7%

C3 M217* 1.9%  アイヌ・韓人
C3c M86 1.2%  中央アジア
3.1%

NO M214* 2.3%  回(秦氏)
N1 LLY22g* 1.2%  突厥
N1c1 M178 0.4%  ヤクート
Q P36   0.4%  ケト
R M207 0.4%  胡
I   P19 0.4%  タシュトィク
5.1%

O2a M95* 1.9%  越
O3 M122* 6.6%  燕
O3a3 LINE1 3.1%  呉/苗
O3a3c M134 10.4%  秦
22.0%

59.5%

197 :LUNAMASK:2010/11/19(金) 09:12:51 ID:NdtJVB9G
日本人どこから来たんだ?20
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1287959222/
>>946
>>927
>越人が渡来した云う形質人類学根拠すらありませんよ。
YDNA O2aを越人と見てます。形質人類学データにも限界はあるでしょう。
>>935
>その徐福自体が、伝説ですから、根拠がありませんよ。
伝説と断定するに足る根拠はないのでは。
>>937-943
>地域的環境でデザインなんか変わるもんで、安本美典氏ら江南儒教朱子学派
>の屁理屈に過ぎませんよ。
この間の銅鐸デザインは末房論文のこと。安本氏とは無関係。

198 :LUNAMASK:2010/11/19(金) 10:42:32 ID:NdtJVB9G
日本人どこから来たんだ?20
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1287959222/nenu937
■ 細型の青銅武器と広型の青銅武器

甕棺からの出土状況を見ると、細形銅剣、細形銅矛、細形銅戈は、前漢鏡を副葬する
甕棺よりも、古い型式の甕棺から出土する。従って細型の青銅武器は前漢鏡よりもま
えの時代のものである。

いっぽう、広形銅矛、広形銅戈は、前漢鏡よりも後の時代のものである。

細形銅剣、細形銅矛、細形銅戈と広形銅矛、広形銅戈は時代的に連続しておらず、そ
の間に前漢鏡が副葬される期間がある。鉛の同位対比をみても異なるグループのもの
である。

細形銅剣、細形銅矛、細形銅戈は北部九州の海岸に近い地域に分布する。広型銅矛
、広形銅戈は少し南側の内陸部に分布する。
  第267回 中国古伝承のなかの倭 金印奴国の滅亡 邪馬台国の会
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif

199 :LUNAMASK:2010/11/19(金) 11:24:02 ID:NdtJVB9G
承前
広型青銅武器が天孫(含物部)、細型青銅武器が地祇(出雲)で、天孫第1波は
http://www.yu-ji.com/douken1.gif 鴫沢遊児の古代史推理 考古資料
銅戈と共に東進、これが見る銅鐸に関与したのではなかろうか。

200 :LUNAMASK:2010/11/19(金) 12:58:44 ID:NdtJVB9G
>>198-199 これを裏付ける神話:
葦原中国平定(あしはらのなかつくにへいてい)は、天津神が国津神から葦原中国の
国譲りを受ける日本神話の説話である。国譲り(くにゆずり)ともいう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%A6%E5%8E%9F%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%B9%B3%E5%AE%9A
ヤマト王権は後の大和国から始まり、交渉や武力によって次第に周りの原始国家を
併合統一し、服属した首長は各地の国造となった。その過程を一括して神話とした
もので、その際最後の焦点となったのが西の辺境に属しかつ古い政治的・宗教的勢力
が存在した出雲であった。出雲の降伏によって日本国土の統一がまとまったと考え
られ、その時代は崇神・垂仁天皇の時代とも言われている。[1]この神話と密接に結び
ついた儀礼として出雲国造の神賀詞奏上が考えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E8%AD%B2%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1

201 :LUNAMASK:2010/11/19(金) 16:50:58 ID:NdtJVB9G
「「直線L」の上にほぼのるもの 細形銅剣、細形銅矛、細形銅戈、多鈕細文鏡、初期の
銅鐸など、最も古い時期の青銅器のデータはこの直線に乗る。BC100〜AD180年ご
ろか。
従来、「直線L」に乗る鉛を、朝鮮半島産としていたが、韓国慶尚大学招聘教授の新井
宏氏の研究によって、商(殷)周時代の鉛であることが次第に明らかになってきた。」
「『史記』の「楽毅列伝」によると、BC284年に燕の昭王が、楚と三晋(趙、魏、韓)と秦と
連携して、斉の都の臨澑(りんし)を陥落させた時に、燕の将軍の楽毅が斉の宝物類を
根こそぎ奪って昭王のもとに送り届けたとされる。斉は、その前々年に宋を滅ぼして併合
しているので、その時の戦利品も楽毅が奪った宝物の中に含まれていたと思われる。
この結果、中国の中原地方の宝物として伝世された青銅器が、燕に大量に集められ、
ここで青銅器の原料として再溶解されたのではないか。商周期の鉛が、500年以上を
経て、突如として燕や朝鮮半島そして日本列島に大量に現れ、しかも、短期間で使用が
終わってしまったのは、このような想定以外にストーリーが考えられない。」
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku267.htm
燕から衛氏朝鮮に青銅器資源を搬入したのは盧綰東胡族であり、これが倭奴国・出雲
に細形銅剣を持ち込んだのだろう。
春秋燕
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/4/41/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E6%99%82%E4%BB%A3%28%E7%B4%80%E5%85%83%E5%89%8D350%E5%B9%B4%E9%A0%83%29%E5%8C%97%E6%96%B9%E5%9C%B0%E5%9B%B3.PNG
盧綰
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E7%B6%B0
東胡
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%83%A1
衛氏朝鮮
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E6%B0%8F%E6%9C%9D%E9%AE%AE

202 :出土地不明:2010/11/19(金) 20:42:09 ID:3BUwXyI6
>D2 34,8%  縄文

これが割合的に一番多いのですね、
倭人の原型と言えるのでしょうか、
いろいろ、雑種もいるようですね。



203 :出土地不明:2010/11/20(土) 03:17:22 ID:q6UH8BM4
古人骨のYハプログループは不明である

204 :LUNAMASK:2010/11/20(土) 10:26:48 ID:0A4MHJYS
>>202
D2の圧倒的頻度はそれが弥生水稲農耕の主体であることを物語るものと解釈できます。
水稲農耕と突帯文土器 暦博 藤尾慎一郎
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/suitonoko/noko.html

205 :LUNAMASK:2010/11/20(土) 10:36:46 ID:0A4MHJYS
承前
このことは次に多いO2b/O2b1aを弥生早期と後期の九州・裏日本・南西諸島と、
沿岸部に沿って拡大する渡来人と限定することができると思います。・・・
こうした大きな流れを背景に華夏系O3/O3は弥生後期に近畿を中心に渡来してきた
ものと考えられます。

206 :LUNAMASK:2010/11/20(土) 10:41:57 ID:0A4MHJYS
承前
南西諸島に見られる明刀銭は燕人O3 M122* 6.60% が東胡系O2b/O2b1aと共に
弥生後期にに渡来したものと考えられます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/index.html

207 :LUNAMASK:2010/11/20(土) 12:40:23 ID:0A4MHJYS
>>205
>華夏系O3/O3は弥生後期に近畿を中心に
-> 華夏系O3/O2aは弥生後期に近畿を中心に

208 :出土地不明:2010/12/21(火) 09:57:42 ID:PJ3DBXdw
O2b系統
26% 東京
30% 沖縄(北琉球)
67% 八重山(南琉球)

(Hammer et al. 2005)

O2b*
沖縄  11.1%
徳島   5.7%
青森   3.8%
九州   3.8%
全国平均 7.4%


O2b*:中国南部→琉球→日本
O2b1:中国南部→日本→朝鮮

209 :LUNAMASK:2010/12/22(水) 13:18:00 ID:OhQyo3SF
The phylogeography of Haplogroup O2b suggests an ancient origin in Manchuria
or a nearby part of northern East Asia, followed by a long period of isolated
evolution and population increase in the vicinity of the Korean Peninsula. Only
branches of this haplogroup that are labeled as Haplogroup O2b*, i.e. those that
do not exhibit the 47z mutation, have been detected among the indigenous
populations of Inner Mongolia
and northern Manchuria, and even then they are found only at very low
frequencies.
However, Haplogroup O2b* Y-chromosomes have been detected with high
frequency in Korea, where they account for approximately 14%[3][4][14] to 33%[8]
of the Korean male population.
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O2b_(Y-DNA)

210 :LUNAMASK:2010/12/22(水) 13:32:21 ID:OhQyo3SF
>>208
出土品の中に弥生時代前期の遠賀川式土器が発見され、九州地方とのかかわりを
物語るもので、箱式石棺墓との関連でも注目されている。
http://www.hi-ho.ne.jp/mizuno/isekivisit/okinawaiseki.html
箱式石棺墓が九州北部に広がるのは弥生後期。前期遠賀川土器との混在は
層の厚みを物語るのかも。O2b系統が遠賀川土器・弥生前期から拡大を開始した
ものとすると本土におけるO2b1の高頻度は遠賀川拡大と連関づけられる。

211 :LUNAMASK:2011/01/10(月) 16:30:40 ID:r8zWpcDd
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/index.html
http://www.youtube.com/watch?v=DBqQOOaT4io

212 :出土地不明:2011/01/18(火) 20:01:10 ID:sRgJ3gpm
東北の縄文人、北部九州に関与? 弥生文化の起源に新説
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200705240131.html

213 :出土地不明:2011/01/27(木) 14:36:10 ID:BzgkkmoJ
縄文の火炎式土器
http://www17.plala.or.jp/tozanji/bungei/joumon.html

214 :出土地不明:2011/02/03(木) 01:20:35 ID:DpG81Y7m
関連スレ

軍事板古代・中世総合スレ 
【軍馬】古代・中世の戦闘技術【弓矢】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1293253477/


215 :出土地不明:2011/02/16(水) 18:47:44 ID:sVToX1oc
日本人 - Wikipedia 「Y−DNA」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
日本人(にほんじん、にっぽんじん)とは一般に日本国の国籍を持つ者。もしくは日本国内で多数を占める大和民族や、日本列島にルーツ(起源・祖先・由来等)を持つ人々を指す。
日本人の多数を占める大和民族の例。 日本の先住民族の一つであるアイヌ。 ...
大和民族 - 日本人論 - 在外日本人
.......................................................C...............DE....................N....O
.......................................................C1...C3...D1...D2...D3...N...O1...O2a...O2b...O3
日本(野中、水口).東京........1.......2......1...40.......0....0......3.........1........26...14
日本(Hammer et al.).青森..8.......0......0...39.......0....8......0.........*........31...15
静岡.................................................5.......2......0...33.......0....2......0.........*........36...20
徳島..............................................10.......3......0...36.......0....7......0.........*........33...21
沖縄.................................................4.......0......0...56.......0....0......0.........*........22...16
日本(Tajima et al.)アイヌ.....0....13......0...88.......0....0......0.........*..........0.......0
九州.................................................4.......8......0...28.......0....0......2.........*........34...24
日本(Shinka et al.)北琉球..4.......0......0...39.......0....0......0.........0........30...16
南琉球............................................*.......0......0.....4.......0....0......*.........0........67......*

216 :出土地不明:2011/02/16(水) 18:50:09 ID:sVToX1oc

.........................................C...............DE....................N....O
.........................................C1...C3...D1...D2...D3...N...O1...O2a...O2b...O3
オロチョン.................... *....91......*.......*......*....*.......*.........0..........0......0
エヴェンキ.................... *....68......*.......*......*..17.......*.........*..........*......*
満州................................ *.....27.....*.......*......*.....*.......4.........0..........4....38
ブリヤート..................... *....84......*.......*......*..28.......*.........0..........2......2
ハルハ(モンゴル)... *....52......*.......*......1....*.......1.........0..........0....23
朝鮮................................. *....11......*.......4......*....*.......3.........0........36....38
漢民族(華北)............ *......5......*.......*......*....*.......*..........2..........0....66
チベット.......................... *......3.....16.......*...33....*.......*.........0...........0....33
ベトナム......................... *......4.......3.......*......*....*.......6.......36........14....41

217 :出土地不明:2011/02/16(水) 21:44:17 ID:yHTOkPtf

**これは縄文なのか弥生なのか分から無く成ってきたぞ。

桜町遺跡と河姆渡遺跡・・「高床の道は米の道、河姆渡遺跡と桜町遺跡はつながっている」

縄文中期末葉から後期初頭(約4.000年前)の「高床建物」の柱材が100本以上も出てきた。
貫穴(ぬきあな)や桟穴(えつりあい)、ほぞ穴などといつた二つの部材を組み合わせる
加工技術があり、「渡腮(わたりあご)仕口」(木材を凹凸に削って組み合わせる)といった
高度な技法も見られた。渡腮仕口は、法隆寺の金堂(7世紀後半)に使われていたのが最古と
されていた。その加工技術が約4.000年前の桜町で既に存在していることが明らかとなった。
http://siyasin.ninja-x.jp/sisou-2/kodaisi/hokuriku/sakurahukugen/hukugen.html

218 :出土地不明:2011/02/17(木) 00:19:57 ID:MNRJ4sn7
LUNAMASK最近すがた見せんな!

219 :出土地不明:2011/02/17(木) 04:38:35 ID:GwizC4bc
なんと英文サイトを立ち上げて、
しこしこ侮日書き込みを続けているみたい。

本物の反日工作員だよ。

220 :出土地不明:2011/02/17(木) 23:18:39 ID:RG6aQ4Rw
へ〜工作員って儲かるんだ、あお牛さんも可なり設けてるんだろな。

221 :LUNAMASK:2011/02/18(金) 14:42:56 ID:KdWfugjL
日本人と朝鮮人には相互に不信と軽蔑があるが、これには歴史的に十分な根拠が
あり、彼らに緊密な関係があるのだと言う説は両民族共に人気がない。アラブ人、
ユダヤ人同様、朝鮮人と日本人は同じ血を引く兄弟なのに、長年、敵同士で凝り固
まっているのだ。が、敵意は、東アジアにおいてにせよ、中東においてにせよ、相互
破壊的だ。日本人も、朝鮮人も認めようとはしないものの、彼らは人格形成の歳月を
共有する双子の兄弟同然だ。東アジアの政治的な将来は、彼らが、彼らの間の
こうした太古からの紐帯を、再発見できろかどうかに大きくかかっている。
ジャレド・ダイアモンド 日本人のルーツ

222 :LUNAMASK:2011/02/18(金) 15:41:35 ID:KdWfugjL
>>215-216
とはいえ、日本と朝鮮のYDNA内容は日本におけるD2の存在と言う点で大きく異なり、
日朝に共通するO2bと言う部分においてのみ非常に似ている。ダイアモンド氏の
説はO2bというハプログループが日本に上陸する辺りからと解釈すると理解できる。
>>216 においてO2bの日朝以外の分布はベトナムが2桁、ブリャートとハルハ・
モンゴルが一桁なんだが、ベトナムは山田長政、カラユキさん時代の日僑の海外
活動で十分に説明できる。ブリャートとハルハ・モンゴルの地域はBC1300−1000年
頃の石板墓文化地帯であるが、日本の古墳文化はこの石板墓文化だ。
最高位に男女2神を置き、三貴神、太陽女神等の神話構成においてブリャート・モン
ゴルと日本は重なる。逆に朝鮮は高句麗の積石墳が石板墓文化だが、韓国の
支石墓は九州の支石墓とは共通するものの全般的に日本ほど石板墓の影響が
もろに出ていない。こうしたことから私はO2bは石板墓文化圏から半島経由日本に
渡来したものと考える。

223 :LUNAMASK:2011/02/18(金) 15:51:11 ID:KdWfugjL
連投になるが、ここで天孫地祇を考えるとブリャート・モンゴルは墓制が地祇だ。
大地を表す四角の墳墓が主体。で、天孫はと言うと西モンゴル、南シベリアの
円形墳・ケレクスル(Kereksur/Khirigsuur神籬)文化。地祇のトーテムは鹿・爬虫類、
天孫のトーテムは鳥、太陽だ。ここでO2b/O2b1の分布を調べると、前者は西モンゴル
にもあるが、後者は主として半島・日本だ。つまり、彼らは天孫と地祇でなかったかと
考えられる。

224 :出土地不明:2011/02/18(金) 16:45:47 ID:mbJLp8H9
日本には新羅人の寺院建設技術やその他の半島由来の技術継承があり
百済の王族士族や高句麗の王族もが日本に帰化してることから(新羅人も帰化してる
半島との繋がりは否定できないが李氏朝鮮に技術継承が行われていない
それどころか断絶してると言っていいほどの差異があるのは朝鮮には
上記の国々の主要の位置にいなかった足軽レベルのやつ等しか居なかったんじゃないか?
つまりは非支配層であり日本人と関わりのある支配層とは別の民族とも考えられる

225 :出土地不明:2011/02/18(金) 16:58:54 ID:J/VViLyc
朝鮮はモンゴルや明に事大しすぎて
独自の文化も発達しなかったのが伺える
人種で朝鮮人と兄弟というなら中国もモンゴルも
ブリアートも兄弟になってしまう

226 :出土地不明:2011/02/18(金) 22:18:27 ID:tQ8sL4yU
>>222 山田長政はタイ王室の傭兵隊長だが。

227 :出土地不明:2011/02/19(土) 03:19:36 ID:38zPATek
他スレに月光の別コテわ〜おわ〜おがいたから見にきたらやっぱりいたwww

228 :LUNAMASK:2011/02/19(土) 11:25:28 ID:FzbwyLgT
ありゃー別人よ(w・・ けど、北方論に偏ることなく、常に南方論も併記しないことには
正しい日本人起源論にはならないということを常に喚起して下さる、神の声のような
もんだね。銅鐸を忘れてしまう記紀的な発想はよくないということだな。

229 :出土地不明:2011/02/19(土) 12:59:33 ID:JtNprSUk
>>222
>ベトナムは山田長政、カラユキさん時代の日僑の海外
活動で十分に説明できる。

できない。
なんで、O2bだけが突出しているのだ?
D系が無いのだ。

230 :229:2011/02/19(土) 13:08:19 ID:JtNprSUk
×D系が無いのだ。
○D2が無いのだ。

231 :LUNAMASK:2011/02/19(土) 13:11:13 ID:FzbwyLgT
>>229
O2b1は安曇海人族であり、航海能力をもつ。D2も沿岸航行には長けていたが、
日本列島の環境に特化してしまっていた。この辺だろうね。

232 :LUNAMASK:2011/02/20(日) 17:03:17.54 ID:A7Qzy/QM
邪馬台国銅鐸民は徐福の末裔、東冶会稽人:HPアップデート済
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/index.html

233 :出土地不明:2011/03/02(水) 23:12:55.75 ID:myZWFRTU
邪馬台国の倭国大乱は

大国主の銅鐸教団と卑弥呼の鬼道教団との宗教戦争だったんじゃろ
そして同盟者には「東王父,西王母」の銅鏡を与えた。

234 :LUNAMASK:2011/03/03(木) 09:16:06.34 ID:dYrW5hlB
↑環濠集落経済のクニ経済へのリストラという垂直次元の話だったのでは。
ヒミコのカリスマとして特定の鏡へのこだわりがあったという程度のことは受注者
であった魏帝が汝の好物を進呈すると言っていることから想像がつくが。
狗奴国との争乱も局地的のようであり、おそらく、タケハニヤスの乱程度であったの
だろう。

235 :出土地不明:2011/03/03(木) 09:33:58.12 ID:ofmcjGA3
>231
山田長政の時代には
O2とDは混合していたはず。

現在のベトナムで10%もいる、つまり1千万人以上ということは
いったいどれだけの日本人が渡る必要があったのやら

あなたのような主張は、牽牛付会というものではないのかな

236 :出土地不明:2011/03/04(金) 00:09:15.67 ID:OtHT8UOk
LUNAわぉ〜MASKは朝鮮工作員だから何をいっても無駄

237 :LUNAMASK:2011/03/05(土) 16:02:30.50 ID:gmSeYxR1
ニニギというのはグラスコフ玄室火葬墓・オーカー葬に由来する
http://mooncool7617.wordpress.com/

238 :出土地不明:2011/03/12(土) 00:44:29.55 ID:GvGhjzFA
今回の大地震は皇室の御先祖様の陵墓を暴いた天罰。

239 :出土地不明:2011/03/12(土) 16:05:24.47 ID:1JpLtKqJ

■倭人は5種類いた。

 古代に『倭人』と呼ばれた民族は、日本人だけではなかった。
 倭人とは、まず第一に、シナ大陸南部に住んでいた漁労=農耕民族のことであり、さらに黄海に突き出た山東半島、
同じく黄海に面するカラ半島西海岸地方および南部地方、そして古代日本列島に住んでいた漁労=農耕民族のことである。
 これらの『倭人』は、人種的にも、民族的にも同族であった。
 倭人は、同じ言語を話していた。それが古代の黄海沿岸地方および日本列島の公用語であった『倭語』であり、
我々日本人が話している『日本語』は、この『倭語』が発展した言語である。
 古代日本人は倭語を話していた。新羅人も久多良人(馬韓人)も、百済人(楽浪人)も倭語を話していた。
だから、10世紀以前の時代は、日本人、新羅人、百済人は、通訳なしでも会話が可能だったのだ。

 古代の倭人は、大別すると次の5種類であった。シナ大陸南部の呉系倭人。山東半島の山東系倭人。
楽浪地方(現在の平安道および黄海道)の楽浪系倭人。カラ半島南部の加羅系倭人(新羅人および久多良人)。
そして、日本列島の日本系倭人。
 彼らは同族であり、同じ言語を話し、同じ文化を共有していたのである。

 しかし大陸の倭人は、6世紀以降、漢人に吸収されて消滅してしまった。倭語も完全に滅びた。
カラ半島(朝鮮半島)の倭人も、10世紀に王氏高麗の建国により、滅びた。
 新羅人、久多良人、百済人、耽羅人が話していた言語は『倭語』であったが、韓国人が話す韓国語は
『倭語』ではない。
 韓国語は、ケリン人(ワイ族=キム族)が話していたシベリア系言語=ワイ語が発展したものである。
したがって、日本語やカラ語、楽浪語とは、何の関係もないし、共通点はない。
                              


240 :出土地不明:2011/03/13(日) 22:34:16.91 ID:UxkRr+tm
旧石器とイシコロの判定は本当に可能か?

241 :出土地不明:2011/03/22(火) 16:33:26.33 ID:4PywuhgZ
可能

242 :出土地不明:2011/03/25(金) 11:01:02.56 ID:4Dl/wf8f
人骨やたき火跡が出て初めて旧石器時代の遺跡と判る。
頭蓋骨や背骨とかは酸性土壌で溶けやすいが、歯は意外と残っているものだ。
古墳の人骨もだいたいは溶けているが歯だけが残っている例は沢山ある。
それで年齢などが推測されている。
焚火跡の炭も虫に食われることなく残っている。
外国の旧石器はそう言う物で判定されているが、日本の物は石だけで、本当に石器だったのか判定は難しい。
希望的観測がかなり入っているだろう。
1万5千年前位の細石なら縄文に繋がる物もあるから確実に旧石器なのだろう。

243 :出土地不明:2011/03/27(日) 12:01:49.96 ID:RBOfzXeu
この御酒(みき)は 我(わ)が御酒(みき)ならず 酒(くし)の司(かみ) 常世(とこよ)にい
ます 石(いは)立たす 少名御神(すくなみかみ)の 神祷(かむほ)ぎ 寿(ほ)ぎ狂ほ
し 豊寿(とよほ)ぎ 寿ぎ廻(もとほ)し 献(まつ)り来(こ)し 御酒(みき)ぞ 乾(あ)さず
をせ ささ 神功皇后
http://www.anthroglobe.info/docs/Sergei/scy_sar4_fig4.gif
豪族磐井の筑紫国の守護神社であったと思われる高良玉垂宮
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/koga26.html
江上波夫の内蒙古における調査とオルドス青銅器研究
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/020400.html
「角杯が出土している遺跡は、兵庫県では、ここのすぐ近くの魚住の窯跡から出土し
たのが1つ、それから姫路で出土したのが1つありますが、どちらも角杯型土製品で
す。わりと多いのが日本海沿岸の福井県と石川県です。若狭の獅子塚古墳とか石川
県の2、3例ぐらいですかね。
 角杯は本来日本列島で生まれたものではなくて、大陸の馬に乗って生活している
人達の文化が日本に入って来たと考える証のひとつかと思います。」
http://www.hyogo-koukohaku.jp/topics/p6krdf000000020r.html
BP2400 西安
http://en.huanqiu.com/china/society/2010-12/601139.html
韓国
http://blog.daum.net/_blog/BlogTypeView.do?blogid=09KZ7&articleno=16876780#ajax_history_home
「大成洞29号墳,47号墳,良洞里235号墳からは,北方式の銅フクが山土している
(図2).銅フクの起源が北方にあるとしても,顧志界氏が論じたように銅フクそのもの
は中国内部の四川省,湖北省にまで伝播,普及している。また江上氏は銅フクは天神
を祀る神聖な祭器としているが,出土状態を検討すると日常用の煮炊土器と伴出し,
移動や使用に際して堅牢な実用の煮炊具であったと判定できる.伽耶,高句麗,新羅
をつうじて,金属製(銅製,鉄製)の容器は土器と共に出土している.
 申敬漱氏は,大成洞の木榔墓,騎馬用甲冑と馬具,陶質土器,人と馬の殉葬,折り
曲げた武器の副葬習俗などから,4世紀中葉を上限とし5世紀前葉までに海路を通じ
ての騎馬軍団の到来
があったと想定している。」
http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/8609/1/80384_40.pdf
http://www.geocities.co.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroad/shishido_seinan_2/2-051.jpg
鐙の先にぶら下げる首級は月氏にあってはモンゴロイド匈奴の首級となるのは冒頓
単于による匈奴駆逐以後の現象とされる。
http://www.geocities.co.jp/silkroad_tanken/katsudou_tp16/others/shishido_seinan_silkroad/shishido_seinan_2/shishido_seinan_silkroad_2_.html
http://abc0120.net/words/abc2007032004.html

244 :LUNAMASK:2011/04/04(月) 16:02:40.60 ID:TqGPaEFi
アファナシエヴォ文化→オークネフ文化→
カラスク文化→オルドス文化→朝鮮前期青銅器:
遼寧銅剣文化・朝鮮小銅鐸/後期青銅器:細形銅剣
--------------------------------------
ウラル滑石混和土器・タシュブラート文化
http://annals.xlegio.ru/sibir/ural/bers.htm
アファナシエヴォ文化とタシュブラート文化は同族関係
"The people that left Afanasiev monuments,
akin to the population inhabiting the southern
Russian steppes and Priuralsky in the Neolithic
and Chalcolithic (tashbulatovskaya, pribelskaya,
surtandinskaya, agidelskaya culture). "
http://www.runitsa.ru/publications/publication_121.php
オークネフ文化の滑石こけし(アルタイでは人間のことを
キジと呼ぶ)。造形技術に極めて長けている。
http://www.nhkm.ru/imgs/ancient/okunev_cult_3_sm.jpg
http://www.nhkm.ru/ancientculture/17.html
Okunev Culture Russian
http://ru.wikipedia.org/wiki/%CE%EA%F3%ED%E5%E2%F1%EA%E0%FF_%EA%F3%EB%FC%F2%F3%F0%E0
In the 500 meters to the north-east of the burial
mound was found smeared Okunev culture (Razliv X),
where only excavated three graves. This rectangular
stone boxes of carefully selected thin plates with
a stone finish. Two tombs robbed, one of them found
a flint arrowhead. The third grave - negrablenaya:
in a box (1x0, 5h0, 7 m) at the bottom was lined
with plates of the skeleton of an adult person
in a sitting position. Under him - two bony plates
and an anthropomorphic female figure made of
soft yellowish steatite with the head and face,
executed in typical Okunev stone figurines of style,
but with an unusually modeled neck, shoulders and torso.
http://kronk.narod.ru/library/ao-1973-1974-180-235.htm
沖縄出土の滑石混和土器を西北朝鮮の古朝鮮土器
沖縄の滑石混和土器は南部九州の弥生前期中葉から中期前半
にかけての弥生土器とともに出土しており,楽浪建郡以前に
さかのぼる。そのため,筆者は沖縄出土の滑石混和土器を
西北朝鮮の古朝鮮土器と考えている [細形銅剣以前の遼寧式
銅剣文化、遼寧式銅剣文化はアルタイ系か]
滑石混和土器を出土する沖縄の遺跡では青銅器片などを出土
する場合があり,弥生前期末〜中期初頭の北部九州に朝鮮産
青銅器が流入することと一連の物資の流れが沖縄まで及んだと
考えられるが,古朝鮮の人びとが南方に移動するような情勢が
その背景にあったと考えられる。
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2001a.html
滑石混和
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2000a_1.html
木地師
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E5%9C%B0%E5%B8%AB

245 :LUNAMASK:2011/04/05(火) 09:45:11.88 ID:6nSvpLlh
日本人どこから来たんだ?23
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1298991310/
より緊急避難
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1298991310/menu928
石寨山文化人は中央アジアから南下してきたんでしょう。八咫烏は高句麗にもある。
伝説的にはブリャートにもよく似たものがある。
---------------------------------------
始皇帝・徐福の命により日本に向かった石寨山文化人・テン王国人、越人、楚人
等は韓国忠清道→五島列島→吉野ヶ里、そして高良玉垂宮近辺で鬼夜慣習を
のこし、その後山陰沿岸経由丹波→若狭→琵琶湖(西北→南東)→美濃→尾張
→三河と言う風に進む。琵琶湖で先着の外バイカル五角住宅・前方後方墳文化と
交叉していますね。外バイカル系は更に東方・関東平野へと進んでいるようです。

246 :LUNAMASK:2011/04/05(火) 10:32:18.41 ID:6nSvpLlh
承前
烏桓
「その習俗は兵の死を尊び、屍を棺に納め、これを哀しんで慟哭し、埋葬では歌舞で
送る。よく肥えた一匹の犬に彩色の縄を結びつけ、死者が所有した馬や衣物ととも
に、すべて焼却して使者に送る。屬累犬といい、死者が神霊の赤山に帰るのを護ら
せる(太古より中国では犬を黄泉の世界への案内役とする風習がある)。赤山は遼東
の西北数千里、中国人の死者の魂神が岱山に帰る如くなり。」
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/kanbun-ugan.htm
犬山市の地名由来 http://www.city.inuyama.aichi.jp/profile/sugata/index.html
狗奴国と合わせて考えると琵琶湖南部・京都に入った烏桓族が尾張に入ったと見た
方がはっきりする。これは伏見稲荷→豊川稲荷の本尊を犬と考えるとさらにすっきり
する。

247 :LUNAMASK:2011/04/05(火) 10:35:57.95 ID:6nSvpLlh
承前
烏桓山・鮮卑山とは外バイカル・ダウーリアのこの2つの山地のいずれかであろう。
http://jupiters.narod.ru/expedit5/b-0.jpg

248 :LUNAMASK:2011/04/05(火) 13:25:16.99 ID:6nSvpLlh
本日の仮説
C1 D2        日本
O2b1 C3c N1c   外バイカル・中国東北
O2a O3a+      江南
O2b C3 N1 Q   内バイカル・トゥーヴァ・東モンゴル
O3a3 NO R    甘粛・陝西→雲南・華南
O3 I         新疆・山西・華北

249 :LUNAMASK:2011/04/05(火) 15:52:54.23 ID:6nSvpLlh
2006年野中他
http://ychrom.invint.net/upload/iblock/737/Nonaka%202007%20Y-chromosomal%20binary%20haplogroups%20in%20the%20Japanese%20population.pdf
Hgroup D2b1 O2b1 O2b* Total O2b Total O3
A-kawa 17.6 7.2 5.6 12.8 11.7
Kanto 25.5 24.1 6.6 30.7 14.5
Nagoya 19.6 20.8 11.4 32.2 21.8
WJapan 13.4 26.8 9.3 36.1 23.9
Okinawa 20.1 19.5 3.4 22.9 20.6
Korea 0.9 12 17.2 29.2 44.5
Taiwan 0 1.1 1.1 2.2 58.2
●O2b1 O3は遠賀川土器直前に渡来し、D2b1と共に均質な集団として東方に拡大し
たが、D2b1は西日本において、渡来系集団に大きく差をつけられた。
●O2b*集団は弥生中期以降に渡来し、特に名古屋に多い。名古屋は烏桓が入ったと
見らるので、この際に渡来したものか、或いは、飛鳥時代に高麗人として入ったのかも
しれない。

250 :LUNAMASK:2011/04/05(火) 15:54:46.13 ID:6nSvpLlh
↑これは徐福渡来を全く考えていない。

251 :LUNAMASK:2011/04/05(火) 16:05:14.64 ID:6nSvpLlh
>>249
●O2b1 O3は遠賀川土器直前に渡来し、D2b1と共に均質な集団として東方に拡大し
たが、D2b1は西日本において、渡来系集団に大きく差をつけられた。
-----------------------------------------------------------
これは水辺農耕民としてO2b1の方がD2b1よりもより優れた適応能力を発揮した
からであろう。その他の地域では互角の実力であったのでは。

252 :LUNAMASK:2011/04/06(水) 09:55:25.96 ID:yhfeMYjH
本日の仕分け
◎縄文 C1[西日本] D2[東日本] O3[東日本]
○天孫 O2b[貊] C3[烏桓] N1[伽耶] NO[彝族・隼人] R[月氏] I[トカラ]
□地祇 O2b1[穢・安曇] C3c[粛慎] N1c[鏡作り] Q [駁馬丁霊・木地師]
●秦氏/徐福 O3a3[秦] O2a[テン・越] O3a+[三苗]

253 :LUNAMASK:2011/04/06(水) 10:25:52.45 ID:yhfeMYjH
承前
初期天皇は天孫ニニギ派、尾張・海部・河内物部・長髄彦等は天孫饒速日派、
これは遠賀川ニニギvs筑後川饒速日の対立を畿内に持ち込んだものであろう。
ついでだが、卑弥呼は大奥の武装女官によって厳重に警護されており、暗殺は
不可能と見られていたが、出雲側は「天探女」をして、女官にナリスマさせ、殺害後、
陰部に銅剣を突きたて、冒涜された三輪山の神の神罰と言うことにしたのだろう。

254 :出土地不明:2011/04/06(水) 17:06:53.19 ID:KBqBMbU1
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>252
遠賀川ニニギvs筑後川饒速日の対立からすると

天孫ニニギ派がO2b[貊] C3[烏桓]
天孫饒速日派がN1[伽耶] NO[彝族・隼人] R[月氏] I[トカラ]

の2つに天孫が分かれるのかな?

これだと前にもご指摘したとおり、邪馬台国・卑弥呼と狗奴国の対立関係と
矛盾してしまうような気がするのですが..


255 :LUNAMASK:2011/04/06(水) 18:32:12.21 ID:yhfeMYjH
>>254
狗奴国は烏桓C3ですね。和邇氏がこれか。尾張・海部はO2bかな。

256 :出土地不明:2011/04/07(木) 02:14:46.24 ID:pV/832o7
山幸彦 D2
海幸彦 O2b

257 :LUNAMASK:2011/04/07(木) 09:28:15.72 ID:4FzsDgqI
>>255
mtDNA Bは愛知県に異常集中することと、雲南省にも多く、
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC524407/?tool=pubmed
YDNAでこの条件を満たすのはO2aであることから、尾張海部等越人系もこれと見る
のが妥当。
岐阜市手力雄神社手力の火祭は玉垂宮鬼夜、鞍馬火祭同様彝族火把節であり、
氏子にはNOが多いのだろう。
狗奴国とは犬信仰→狐信仰の伏見→豊川に広がるもので、東胡の前方後方墳地域。
するとこれと並行する尾張の前方後円墳を尾張海部勢力とし、これを徐福系卑弥呼
(兵主-蚩尤、神農-スクナヒコナ)の邪馬台国勢力と見ることができる。
徐福渡来説は極めて有力になってくる。
http://www.asukanet.gr.jp/tobira/jofuku/jofuku.htm
狗奴国内乱の余波は日光・赤城山合戦、おおびこ・ヤマトタケルの会津遠征、弥彦
神社への鏡奉納伝承(邪馬台国掖邪狗)とも関連してくる。

258 :LUNAMASK:2011/04/07(木) 09:43:52.31 ID:4FzsDgqI
しかし、神農を奉じる古羌は犬戎であり、満州の東胡もまた犬を信仰しており、
NOは雲南と満州にスプリットしている。つまりこれは伏見と鳥羽乃至は豊川
のような骨肉の戦いで、ゴッドファーザー秦大津父が欽明に鈴鹿山中の狼
の戦いとして語ったようなことであったのかも。

259 :LUNAMASK:2011/04/07(木) 10:12:36.92 ID:4FzsDgqI
承前
赤塚次郎氏の資料「狗奴国論への基本図面」に見る尾張における前方後円墳・
前方後方墳の推定編年
http://higashinomiya.com/kuna/index.php?plugin=attach&refer=%B4%F0%CB%DC%BF%DE%CC%CC&openfile=hennen200710.jpg
土器デザイン共鳴論
http://higashinomiya.com/kuna/index.php?%C5%DA%B4%EF%A5%C7%A5%B6%A5%A4%A5%F3%B6%A6%CC%C4%CF%C0
多孔銅鏃 S字甕A類 ・・・伊勢津彦勢力か
http://higashinomiya.com/kuna/index.php?plugin=attach&refer=%B4%F0%CB%DC%BF%DE%CC%CC&openfile=esujiA.jpg

260 :LUNAMASK:2011/04/07(木) 13:22:38.74 ID:4FzsDgqI
犬戎の遺産
セイマトゥルビノ青銅器文化/馬
http://en.wikipedia.org/wiki/Seima-Turbino_Phenomenon

斉家文化
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%89%E5%AE%B6%E6%96%87%E5%8C%96

夏王朝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F_(%E4%B8%89%E4%BB%A3)

殷王朝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B7

徐福・巴蜀呉越照葉樹林文化
長良川鵜飼
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%89%AF%E5%B7%9D%E9%B5%9C%E9%A3%BC
八丁味噌
http://www.kakuq.jp/home/build.htm
常滑焼
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%BB%91%E7%84%BC
クルマ
http://toyota.jp/
陶磁器
http://www.ngk.co.jp/
--------------------------------------------------------------------
セイマトゥルビノ青銅器/馬

ヒクソス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B9

エジプト第18王朝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E7%AC%AC18%E7%8E%8B%E6%9C%9D
-----------------------------------------------
東胡(石板墓文化)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%83%A1

烏桓→和邇→狗奴国(伏見稲荷・豊川稲荷)
    ↓
   大和王朝

261 :LUNAMASK:2011/04/07(木) 15:08:08.03 ID:4FzsDgqI
犬戎の遺産(続き)
セイマトゥルビノ青銅器文化/馬
槍先
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_23.jpg
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_24.jpg
銅斧
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_25.jpg
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_26.jpg

http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_28.jpg
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_29.jpg
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_32.jpg
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_34.jpg
装備
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_30.jpg
完全装備
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_52.jpg
銅剣
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_33.jpg
射撃
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_35.jpg
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_36.jpg
短剣
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_37.jpg
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_38.jpg
戦棍
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_39.jpg

http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_40.jpg
軍神≒蔵王権現
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_43.jpg
戦車
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_46.jpg
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_49.jpg
青銅アックス
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_50.jpg
アックス鋳造用青銅製フォールド鋳型
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_51.jpg
犬戎サイト●
http://history.novosibdom.ru/files/u5/sibir_52.jpg
犬戎・犬食遺跡
http://users.hartwick.edu/anthonyd/ritual.html

262 :LUNAMASK:2011/04/07(木) 15:13:20.39 ID:4FzsDgqI
犬戎サイト●
http://users.hartwick.edu/anthonyd/images/figure%201%201900.jpg
南下してエジプト、西進してミケーネ。

263 :LUNAMASK:2011/04/07(木) 15:19:22.46 ID:4FzsDgqI
伏見稲荷狛犬
http://www.y-morimoto.com/jinja22/fushimi03.jpg
アヌピス/インプ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1f/Tutanhkamun_jackal.jpg
これも犬戎の遺産。

264 :出土地不明:2011/04/08(金) 11:08:58.30 ID:9POY30D5
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>257
なるほど前方後円墳を造った尾張海部勢力が、雲南にも多い徐福系卑弥呼
(兵主-蚩尤、神農-スクナヒコナ)の邪馬台国勢力なんですね〜

これが南方系天孫族の正体ですね!!

すると物部(もののべ)と海部(あまべ)はやはり同族ということかな!?

265 :出土地不明:2011/04/08(金) 13:13:12.22 ID:9POY30D5
>>253
すると鏡王朝の卑弥呼を暗殺した崇神には、剣の地祇勢力が加担しており
その裏では東胡の狗奴国がバックアップしていたということかな?

その後、王統はまた前方後円墳勢力である応神朝(鏡王朝)に奪還されるわけですが..
 

266 :出土地不明:2011/04/08(金) 13:20:29.74 ID:9POY30D5
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

鏡 大和 (照葉樹文化近畿銅鐸圏 →前方後円墳文化圏):すなわち邪馬台国
剣 尾張 (前方後方墳(匈奴系)→前方後方墳文化圏):すなわち狗奴国
玉 出雲 (グラスコフ・玉造文化圏 →四隅突出型墳丘墓文化圏):すなわち出雲玉造

ということですね!!
 

267 :出土地不明:2011/04/08(金) 15:54:09.02 ID:9POY30D5
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>259
のちの壬申の乱で、吉野に隠遁した大海人皇子(天武)が頼ったのが
この伊勢や尾張海部の勢力です〜

つまり天武朝も鏡の王朝すなわち照葉樹文化近畿銅鐸圏の勢力ということですね!!

268 :LUNAMASK:2011/04/08(金) 16:12:56.84 ID:zcqHqAhU
>>264-266 そうなりますね。
>>267 天武は与党でありながら野党を頼ったんじゃないでしょうか。
YDNA Haplogroup % in Japan
C1-M8 5.40% Austronesian
D2 34.70% Ainu
O3-M122 6.60% Austronesian
Aboriginese 46.70%

O2b1-47z 22.00% Tungusic
C3-M217* 1.90% Tungusic
N1c1-M178 0.40% Urallic &/or Tatar
Tungusic Hui 24.30%
O2b-SRY 7.70% Altaic
C3c-M86 1.20% Altaic &/or Tungusic
N1-LLY22g* 1.20% Altaic &/or Turkic
Q-P36 0.40% Altaic &/or Ket
Altaic Mo 10.50%

O3a3c-M134 10.40% Sino-Tibetan Qin-Shu
NO-M214* 2.30% Qiangic Ba
O3a+ 3.10% Hmon-Mien Chu
O2a-M95* 1.90% Austro-Asiatic Yue
Xufu 18.10%

I-P19 0.40% Tocharian
R-M207 0.40% Indo-Iran
Indo-European 0.80%

269 :LUNAMASK:2011/04/08(金) 16:15:27.58 ID:zcqHqAhU
>>268
当時巴蜀は下野していたとしてね。

270 :LUNAMASK:2011/04/08(金) 16:19:26.02 ID:zcqHqAhU
>>268
D2 34.70% Ainu このアイヌ語は次第に使用する人が少なくなり、現在では
絶滅寸前状態となる。代わりに、アルタイ語・オーストロネシア語ちゃんぽんの
日本語が全国的に広がったんじゃないでしょうかねえ。

271 :LUNAMASK:2011/04/08(金) 16:31:32.61 ID:zcqHqAhU
承前
O2a-M95* 1.90% Austro-Asiatic Yue これって天日矛に代表される呉越・鋳鉄関連
であった可能性も残りますね。場所的に尾張海部氏に近い但馬の辺に落ち着いてい
ます。

272 :LUNAMASK:2011/04/09(土) 11:01:51.00 ID:mGsaVxTh
承前
YDNA Haplogroup % in Japan Language Route
C1-M8 5.40% Austronesian
D2 34.70% Ainu
O3-M122 6.60% Austronesian
Aboriginese 46.70%
O2b1-47z 22.00% Tungusic Forest-Steppe -> Hamgyong -> Gangwon->Susonni -> Nukdo -> Tahori -> Okinawa -> Omi ->Hitachi
C3-M217* 1.90% Tungusic
N1c1-M178 0.40% Urallic &/or Tatar
Tungusic Hui 24.30%
O2b-SRY 7.70% Altaic Steppe -> Pyongan -> Hwanghae -> Gangwon ->Gaya -> Kibi -> Yamato
C3c-M86 1.20% Altaic &/or Tungusic
N1-LLY22g* 1.20% Altaic &/or Turkic
Q-P36 0.40% Altaic &/or Ket
Altaic Mo 10.50%
O3a3c-M134 10.40% Sino-Tibetan Qin-Shu Lelang (Gyeonggi) -> Chuncheong -> Jeolla -> Cheju -> Goto -> Nagasaki -> Kurume -> Kyo-Tango -> Nagoya
NO-M214* 2.30% Qiangic* Ba
O3a+ 3.10% Hmon-Mien Chu
O2a-M95* 1.90% Austro-Asiatic Yue
Xufu (Yangtze) 18.10% *Hyksos
I-P19 0.40% Tocharian Steppe -> Pyongan -> Hwanghae -> Gangwon ->Gaya
R-M207 0.40% Indo-Iran
Indo-European 0.80%

273 :LUNAMASK:2011/04/09(土) 11:36:45.12 ID:mGsaVxTh
西周時ユーラシア情勢・徐福・始皇帝・巴蜀の関係
http://gumilevica.kulichki.net/chronosophy/atlasVIIBC.htm
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fc/Strijdende_Staten_1.gif
http://www006.upp.so-net.ne.jp/china/point122.html
http://www.syamashita.net/history/johuku/chugoku_kiroku.html

274 :LUNAMASK:2011/04/09(土) 16:06:36.07 ID:mGsaVxTh
AD190-220 Early Altaian/Katsuragi
AD220-350 Xufu Yemataiguo/Miwa
AD350-500 Enlarged Miwa/Kawachi
AD500-592 Second Altaian/Keitai
AD592-710 Asuka
AD710-794 Nara
AD794-1185 Heian/Tungusic Fujiwara

275 :出土地不明:2011/04/17(日) 00:26:58.94 ID:b3yt+7c2
◆鵜飼(うかい) 【UKAI】


鵜飼は満州や朝鮮半島にも見られる。



満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.kc-wk.com/%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8F%B2%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/%E6%BA%80%E6%B4%B2%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B9/

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

276 :出土地不明:2011/04/17(日) 00:27:51.54 ID:b3yt+7c2
しかも日本の鵜飼は中国よりも古い。



鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

277 :出土地不明:2011/04/21(木) 06:26:42.67 ID:Zwq98nId
徐福は、非糞ス、もといヒクソス
O2b は、ツングース!
月光センセのY遺伝子節(ぶし)は、アメ弁護士みたいね。
They will throw anything and see what sticks on the wall.


278 :LUNAMASK:2011/04/21(木) 09:18:50.53 ID:O7iQlQba
Yap! Sure it's one of means to dig out truth from mud, the YDNA thing is about.
A poor sniper might hit the mark by a lot of shots as Japanese say about it.

279 :出土地不明:2011/04/24(日) 06:14:56.18 ID:cdtBSqpA
◆熟寿司、馴れ寿司(なれずし) 【NAREZUSHI】


なれずしの登場は8C。文献時代に入って100年以上もなれずしを
表す「鮓」「鮨」といった漢字自体がないところから見て、
遣唐使がこれらの漢字とともに中国から輸入してきたものと思われる。



日本における文献初見は『養老令』(718年)の「賦役令」で、鰒(アワビ)鮓、
貽貝(イガイ)鮓のほかに雑鮨が見える[40]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%8F%B8#.E5.AF.BF.E5.8F.B8.E3.81.AE.E8.B5.B7.E6.BA.90

魚肉の貯蔵形態としてのなれずし(鮓)は東南アジアに点々と見られ、
中国では鮓(サ)、台湾の高砂族ではトマメ、トワメ、カンボジアでは
ファーク(phaak)、タイではプラ・ハー、プラ・ラー、ボルネオの
イバン族ではカサム(kassam)、陸ダヤク族ではトバ(tobah)と呼ばれる[4]。
この他にもラオスやフィリピンルソン島の一部、中国南部の苗族などのものが
知られている。中国では河南の非漢人文化に発し、徐々に華北地方にも広がり
南宋時代に大流行した
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%97

280 :LUNAMASK:2011/04/29(金) 14:59:02.07 ID:9NynkNlP
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1302347496/menu388
匈奴は基本的に二重木槨方墳だそうですが、時代と共に匈奴系はスキタイ圏でフン
(匈人)に移行するが、同時にスキタイ圏の地下式横穴墓、円墳も取り入れるようで
す。南九州に入る地下式横穴墓(羨道付であり、カタコーム墳と定義されるもの)もこう
したフン(匈人)、即ち五胡系のものでしょう。日向の円墳、前方後円墳、肥後の
地下式板石積石室墓、穹窿石室墓、石棺墓、特に石障は匈奴の二重木槨の名残
だと思われますが、これらも合わせて、五胡系が流入してきた、つまり、天孫は日向
に降臨したものと見られます。しかし、それは邪馬台国よりも100年以上後のことで
あったようです。

281 :出土地不明:2011/05/04(水) 19:30:26.82 ID:/TdGSv7W
◆鳥居(とりい) 【TORII】


鳥居の登場は8C。それ以前の飛鳥時代の遺物にも古墳時代の埴輪にも
弥生時代の弥生土器にもそれを象ったものは一切ない。



鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から誘い出すために
鳴かせた「常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)」(鶏)に因み、
神前に鶏の止まり木を置いたことが起源であるとする説、インド仏教に
みられるトラナや中国の華表や鳥竿、牌楼(ぱいろう)、朝鮮半島の
紅箭門(こうぜんもん)、イスラエルの移動型神殿、雲南省とビルマ
との国境地帯に住むアカ族(英: Akha)の「村の門(ロコーン)」など
海外に起源を求める説などがある[4][5][6][7]。文献に徴すれば
古くは「於不葦御門(うへふかずのみかど)」(皇太神宮儀式帳[8])
と称して、奈良時代から神社建築の門の一種としている[9]。
いずれにせよ、8世紀頃に現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

282 :LUNAMASK:2011/05/12(木) 10:56:07.74 ID:jBHsXq1D
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1302347496/menu894
>>869 銅鐸のファイナルアンサー
「銅鐸の装飾は,むしろ戦国から前漢の銅鼓の分布地域,即ち長江上流域の雲南・
四川南部や東南の広西などの地の青銅器文化と近い関係があり,また越族の青銅
器文化とも共有する部分があり,沿海の中国南方地域の世界とも無縁ではないという
ことであろう。
銅鐸と中国南方青銅器との装飾法や文様の意匠におけるこうした親近性の発生は,
具体的にはどのようにしたら可能であろうか。類似した文様を有する小型の青銅器の
伝来,鋳造工人の渡来などが考えられる。弥生時代の青銅器鋳造現場の性格を詳細
に研究した結果によると,弥生中期前半までは日本での青銅器の鋳造は朝鮮半島
からの渡来人によって行われていたことが指摘されている。それは工人の生活跡から
出土した土器から導き出されている。そうすると南からの工人達は,朝鮮半島で土着
化し,その後渡来したことも考えられる。その場合は朝鮮半島にも痕跡がある筈である。
ここで朝鮮無文土器時代の有名な防牌形銅器に触れておきたい。この器物は,その
文様から農耕祭祀にかかわる儀器であると推測されているが,人物の特有の表現は,
石寨山型銅鼓等に施されている人物表現と酷似している。この防牌形銅器は,朝鮮
では異形青銅器と分類される一連の器物の一つである。これらの異形青銅器は,紀
元前4世紀から紀元前3世紀頃,忠清道に分布し,突然現れて短期間で消えていった
とされている。
これらの諸点は,これらの青銅器が朝鮮半島本来のものではなく,外から入ってきた
要素であること,またその製作にはそうした要素の関与があったことを暗示しているよ
うに思える。」

283 :LUNAMASK:2011/05/12(木) 10:57:30.95 ID:jBHsXq1D
↑弥生時代の銅鐸の文様の源流について 東海大学 紀要文学部 末房由美子

284 :LUNAMASK:2011/05/12(木) 11:04:47.66 ID:jBHsXq1D
>>868 A群琵琶型=山幸=天孫族は@↓でしょうね。
@ BC450年-BC300年 遼寧式銅剣
A BC300年-BC200年 細形銅剣 多鈕粗文鏡 異形銅器 小銅鐸
B BC200年-BC100年
  前期 細形銅剣 細形無文銅矛銅戈 多鈕細文鏡 有肩斧 鈴類
  後期 有文銅矛銅戈 長鋒銅戈 前漢前期鏡
C BC100年-0年 前漢後半鏡 末期細形銅剣 変形細形銅戈 車馬具 鉄器
D 0年-AD100年 細形銅剣 変形細形銅剣 変形銅矛 後漢鏡 細形銅剣文化
E AD100年-AD200年
http://www.okunomasao.com/saikin/rekinenndai/photo/P17b.jpg

285 :LUNAMASK:2011/05/12(木) 11:11:26.31 ID:jBHsXq1D
>>870 細形銅剣はAから
>>871 広型はB後期Dを経て倭面土国英彦山周辺へ、そしてこれが応神朝に
は大和政権に参入してくる。こんなことかなー。

286 :LUNAMASK:2011/05/12(木) 11:36:28.61 ID:jBHsXq1D
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1302347496/menu894
「漢高祖は大量の漢産鉄製武器が北部境界を越えて匈奴に売り渡されることを憂慮
し、これらに対して禁輸令を布いた。禁輸令は実施されたが、商人側の意思により
匈奴への提供が続いた。漢武帝はこれに対応して前121年に匈奴への密輸を継続し
た商人500人を処刑した。」
http://en.wikipedia.org/wiki/Han_Dynasty
これが三韓・倭への匈奴圏文化流入の背景。

287 :LUNAMASK:2011/05/12(木) 13:29:33.40 ID:jBHsXq1D
>>285
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2001a.html
↑これも↓こう読むとすんなり理解できる。
楽浪土器=天孫 広型青銅武器
粘土帯土器=地祇 細型銅剣
三韓土器=銅鐸・銅鏡

288 :LUNAMASK:2011/05/12(木) 13:33:57.74 ID:jBHsXq1D
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1302347496/menu894
匈奴の敗残兵や、匈奴に漢の戦略物資を密輸していた犬戎商人とでもいうか。

289 :出土地不明:2011/05/12(木) 13:48:07.96 ID:JVkKsvln
倭人が貢ぎ物としたと言う周代は、紀元前10世紀だ
縄文時代末期だし水田も無い
しかし何度も貢ぎ物をしているようだ
弥生時代以前に日本に強力な国家が有った可能性も有る

290 :LUNAMASK:2011/05/12(木) 17:05:26.46 ID:jBHsXq1D
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1302347496/menu812
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1302347496/menu831
古代の環日本海で不思議なものに五角形家屋、元伊勢円形集合家屋等があるが、
もっと不思議なのは伊勢神宮のできる前からあったと思われる遺跡、神社に
伊勢の名がつけられることで、単に式年遷宮では説明しにくいものがある。やはり、
伊西国、狛国等が存在したのではなかろうか。ちなみに、ソシモリ(牛頭)は
モンゴル、ブリャートモンゴル、チベットのヤーマであり、古くはハカス地方の
メンヒルに三つ目の神像が刻まれている。円形集合住居は遠く中央アジアに
類似のものがある。

291 :出土地不明:2011/05/13(金) 01:04:58.77 ID:VFkjnefz
早く脳腫瘍にかかって地獄に堕ちろよオマエは。

日本人を貶める糞みてえな妄想しかできねえゴミはよ(プ

292 :LUNAMASK:2011/05/13(金) 09:53:19.90 ID:TqyuyCF+
>>287
楽浪土器:  衛子朝鮮 伽耶 広型青銅武器 鋳造鉄器 秦・オルドス(匈奴)・趙・燕
山王 アルタイ語 草原騎馬民族文化
粘土帯土器: 沃沮(穢貊)東胡 百済 細形銅剣 鍛造鉄器 出雲 無文銅鐸 出雲
春日 鹿島香取
ツングース語 落葉広葉樹林文化
三韓土器: 箕子朝鮮・辰韓 徐福 有文銅戈・銅矛 近畿・三遠有文銅鐸
倣製三角縁神獣鏡 高良 宗像 八幡 厳島 住吉
オーストロアジアティック・広東・上海語 照葉樹林文化

293 :出土地不明:2011/05/13(金) 10:12:54.00 ID:7qqHVJMo
>>289
稲作は数千年前からです

294 :LUNAMASK:2011/05/13(金) 10:16:14.35 ID:TqyuyCF+
通時代的にはオーバーラップ(重なり)があり、新羅には秦(犬戎)、伽耶にはオルド
ス(匈奴)が入り、粘土帯は百済に入ったのであろう。伽耶に入ったオルドスには匈奴
に随伴した屈射、堅昆、丁霊、雑胡の類も流入していることは南九州の墓制からも窺
い知ることができる。

295 :出土地不明:2011/05/13(金) 10:51:30.14 ID:7qqHVJMo
南九州の墓は熊襲

296 :LUNAMASK:2011/05/13(金) 14:34:32.92 ID:TqyuyCF+
日本人はいつ、どこから、来たか
東胡・沃沮森林ステップ・エコノミー(東胡亡民 青銅器文化)Circa BC150-1
巴蜀照葉樹林エコノミー(徐福亡民 ハイテク・三次産業)  Circa AD1-200
匈奴・月氏ステップ・エコノミー(秦・匈奴亡民 鉄器文化) Circa AD300 & later
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/JapanYDNA.htm

297 :出土地不明:2011/05/13(金) 20:14:32.12 ID:W0WubQjV
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>296

>玉の王朝 出雲 (グラスコフ・玉造文化圏 →四隅突出型墳丘墓文化圏):すなわち出雲玉造
>鏡の王朝 大和 (照葉樹文化近畿銅鐸圏 →前方後円墳文化圏):すなわち邪馬台国
>剣の王朝 尾張 (前方後方墳(匈奴系)→前方後方墳文化圏):すなわち狗奴国

の3王朝に符合しますね!!

298 :出土地不明:2011/05/13(金) 20:30:34.20 ID:W0WubQjV
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>292

これを海幸VS山幸戦争にあてはめると、地祇VS天孫=細型VS広型
=玉の王朝VS剣の王朝であって百済系VS伽耶・新羅系ということになりますね!!

299 :出土地不明:2011/05/13(金) 20:35:05.68 ID:W0WubQjV
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>298

倭の邪馬台国が倭面土国として発展し、三韓を併合してパックスジャパーナとなる過程で、
「鏡の王朝」である倣製三角縁神獣鏡、高良、宗像、八幡、厳島、住吉が
伽耶からやって来た「剣の王朝」の匈奴敗残兵をうまく利用したということでしょうか!?

300 :出土地不明:2011/05/13(金) 21:11:37.30 ID:W0WubQjV
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

しかし邪馬台国における卑弥呼共立の前に海幸VS山幸戦争による倭国大乱があったとすると
伽耶からの匈奴(オルドス)の流入がCirca AD300 & later以前からあったことになってしまいます〜

つまり「鏡の王朝」と「剣の王朝」の融合は弥生中期の相当早い時期から北九州(吉野ヶ里)か半島南部(辰韓)で
行われていたのでしょう!!
http://material.miyazaki-c.ed.jp/ipa/yosinogariiseki/ibutu_seidouki/buki/k-yhe7.jpg

301 :出土地不明:2011/05/13(金) 21:32:44.54 ID:W0WubQjV
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>300
もし青牛さんの言われるように騎馬民族の到来が4世紀以降だとすると
それ以前から南方系の倭人が天孫文化を文化摂取していたともいえますね!!

これが南方系天孫族の正体でしょうか!?

302 :出土地不明:2011/05/14(土) 00:43:34.79 ID:XVbgsj8N
早く氏ねよ自問自答キチガイw

303 :LUNAMASK:2011/05/14(土) 10:59:59.39 ID:oNrQFe4h
>>297-298 その通りです。
>>299 弥生、銅鐸によって開発の進んでいた山陽道を匈奴・秦拝金文化が上書きしな
がら東進するんでしょうね。
>>300-301 御賢察の通りだと思います。

304 :出土地不明:2011/05/14(土) 14:54:41.56 ID:tQZ5vYLI
◆入れ墨・入墨・刺青(いれずみ) 【IREZUMI】


日本には世界最古である7000年前の入れ墨の証拠遺物がある。



紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて?

日本人が最初に入れ墨を取り入れたであろうと想像できる縄文時代の土器が
発掘されています。縄文土器にあしらわれた顔には埋葬者を守る意味合いを
持つ神秘的な「入れ墨」のようなものが認められ、これが入れ墨として記録
されている世界最古のものではないかと想像されています。
また、日本原住民族であるアイヌには優れた入れ墨技術があったものと
思われます。
http://www.ta2.com/tattoohistory.html
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの

305 :出土地不明:2011/05/14(土) 14:57:41.06 ID:tQZ5vYLI





世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!

紀元前5,000年の縄文時代の土器から、入れ墨をほどこした人面器が
発見されているんだ。
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi03/119tatoo/index.html

世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!






306 :LUNAMASK:2011/05/14(土) 16:48:50.24 ID:aOfFdYJJ
>>299
匈奴敗残兵と言うが、実際は当時の世界最大のセレブ、つまり、本来的に
バクトリアの拝金主義に加え、漢武帝からせしめた巨億の報奨金を秘匿する
集団であったのでしょう。彼らは宝物の隠し場所を求めていたのかもわかりません。
他方、徐福集団も秘薬、丹砂をストックパイルする集団であり、匈奴・秦系と
非常によく似たインセンティヴを持っていた。更に加えて、出雲に入ってきた
玉造族も、これまた、財テク集団であった。ここにおいて、鏡、剣、玉の
シナージーが興り、その信用力が応神朝の巨大古墳建設へと進んだんじゃ
ないでしょうか。これがその重力場により三韓を圧倒し、神功伝説を生むのでしょう。

307 :LUNAMASK:2011/05/14(土) 17:15:03.09 ID:aOfFdYJJ
>>303 匈奴・秦集団に上書きされた徐福集団の遺産:三島神社(三神山)
少彦名神社 兵主神社 丹生都比売神社
http://kamnavi.jp/ny/nyuiti.htm

308 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/05/14(土) 18:49:11.87 ID:ZJGjr/lg
test

309 :LUNAMASK:2011/05/15(日) 17:30:27.10 ID:n09YuW15
>>306
匈奴敗残兵なんていうと物議を醸すので箕子朝鮮乃至は夏家店上層文化、
これでもおかしいので古朝鮮と言ったらよいかなー。要するに古朝鮮の実体が
匈奴・犬戎だったということだ。

310 :LUNAMASK:2011/05/16(月) 10:31:25.54 ID:COK9nrOA
O3 辰国=甕棺支石墓
O2b 遼寧銅剣文化=箕子朝鮮→馬韓→英彦山→吉備以西
C3/N/Q/R/I カラスク文化→オルドス文化→夏家店上層文化→衛氏朝鮮→
弁辰韓→伽耶→吉備/越前→近江→大和 伽耶→肥後→豊後→大隅 肥後→薩摩
O2b1 琵琶湖<->興凱湖<->バイカル湖 カラスク文化→石板墓文化→白金宝文化→
西團山文化→団結文化→沃沮→沖縄/出雲→近江
---------------------------------------------
どうも夏家店上層文化の研究がいまいちだなー。

311 :LUNAMASK:2011/05/16(月) 11:05:25.55 ID:COK9nrOA
近畿「聞く銅鐸」の祖形は
「121-鐸、青銅、中国、赤峰市付近収集、前九−七世紀(西周-春秋時代)、
長さ一・八cm、文学部考古学研究室列品室
122-鐸、青銅、中国、赤峰市付近収集、前九−七世紀(西周-春秋時代)、
長さ二・〇cm、文学部考古学研究室列品室
赤峰市付近を中心として内蒙古東部に分布する夏家店上層文化の鐸である。
夏家店上層文化は、初期遊牧民文化のなかでも早い時期の文化で、スキトー
シベリア動物意匠も既に見出される。」
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/img/02photo42.jpg
出典 http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/020400.html
この銅鐸原料を日本に供給していたのが箕子朝鮮であったが、銅鐸のデザインと
しては、その後近畿に入る徐福・石寨山文化人によって「見る銅鐸」に変わって行く
のではないかと考えられる。

312 :LUNAMASK:2011/05/16(月) 11:19:38.18 ID:COK9nrOA
>>309 遼寧式銅剣についての中国の考えは柔軟性があり、
西周中早期大約公元前10世紀青銅冶煉技術由中國傳入朝鮮半島。 朝韓學者認
爲,雖然朝鮮半島青銅器時代發源于今中國遼寧和東北其它地區,但其有自身
獨特的特點。公元前8-7世紀的琵琶形曲刃劍被是其中比較有代表性的青銅器
之一,日本學者把這種短劍稱爲“遼寧式銅劍”,中國學者則稱之爲“雙側曲刃短劍”
、“丁字形青銅短劍”或“短莖式曲刃短劍”。這種銅器發源于中國遼寧地區,並逐歩
向其他地區擴展,俄羅斯東西伯利亞地區、朝鮮半島乃至日本都被發現,國際上
學者多認爲是東胡、山戎以及穢貉等古代中國北方戎狄民族的遺物。朝韓學者則稱
之爲古朝鮮青銅器的代表,韓國學者李忠奎認爲公元前7世紀後的青銅器與同期
中國中原地區有不同,稱其含亜鉛量比其周邊地區的青銅器含亜鉛量高。
----------------------------------------------------------------------
除了對于青銅文化主權歸屬有重要意義的“其侯”、“亞侯”等青銅器出土外,
遼寧沈陽、莊河、葫蘆島等地也出土青銅器時代的各樣文物。很多東亞學者認爲
此處出土青銅器與箕子朝鮮、燕國、孤竹國等地關聯甚大。
----------------------------------------------------------------------
箕子朝鮮、燕、孤竹等が遼寧式銅剣文化圏に含まれるとしている。はっきりいって
箕子朝鮮は燕・孤竹にまで伸びていたんじゃなかろうか。

313 :出土地不明:2011/05/16(月) 15:43:32.91 ID:kgZP1Gyp
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>310

>春日 鹿島・香取 出雲・氷川 祇園 金毘羅/三輪 ・・・細形銅剣・夫与系
>高良 宗像 宇佐 厳島 住吉 愛宕 秋葉 恵比寿・戎 ・・・神功系
>稲荷 白山 天神 山王・日吉・御岳権現・・・犬戎・匈奴・チュルク系

これでいうと、神功系は辰国=甕棺支石墓のアメノヒボコ・アカルヒメ・田道間守のO3かな!!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%92%E3%83%9C%E3%82%B3

314 :出土地不明:2011/05/16(月) 15:49:11.14 ID:kgZP1Gyp
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>313
扶余系→玉の王朝 出雲(グラスコフ・玉造文化圏)
神功系→鏡の王朝 大和(照葉樹文化近畿銅鐸圏)
犬戎・匈奴・チュルク系 →剣の王朝 尾張(前方後方墳(匈奴系))

の3王朝に符合しますね!!

315 :出土地不明:2011/05/16(月) 15:52:13.09 ID:kgZP1Gyp
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>313
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%92%E3%83%9C%E3%82%B3
>新羅王族であった昔氏は、倭の但馬地域から新羅に渡り王となったとされており、
>新羅王族であるアメノヒボコは但馬・出石に定着した。

316 :LUNAMASK:2011/05/16(月) 15:55:09.96 ID:5dyjggCo
>>313
甕棺支石墓は全羅・忠清以外に江蘇省にみられ、九州での被葬者は縄文形質。
九州では箱式石棺墓の到来と共に(箱式石棺墓に類似する下部構造は別とし)
消滅するが、その開始は弥生前期頃とされ、全体的に見て箱式石棺墓と共に
到来する銅剣銅矛文化とは無関係。天日矛信仰は遼寧銅剣文化の信仰。
神功はどちらかと言うと衛氏朝鮮と共に南下した騎馬民族の宗教的洗礼を
受けている模様。

317 :LUNAMASK:2011/05/16(月) 15:57:52.85 ID:5dyjggCo
>>314
大和(照葉樹文化近畿銅鐸圏) は葛城王朝(神武+8)の徐福関係。

318 :出土地不明:2011/05/16(月) 16:17:31.35 ID:xofBfFYJ
◆断髪(だんぱつ) 【DANPATSU】


倭人が断髪をしていたとは魏志倭人伝には書かれていない。
「倭人の男子は皆、露カイし、木綿を頭に巻いていた」と書かれている。

露カイには多説あり、冠をかぶらない頭、髪を露わに結った頭、みずら、
などと訳されている。



男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm
http://yamatonokuni.seesaa.net/article/31910088.html

319 :出土地不明:2011/05/16(月) 16:22:49.19 ID:kgZP1Gyp
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>317
葛城王朝、欠史8代は八咫烏の鴨氏の王朝ですね!!

http://www5.kcn.ne.jp/~takakamo/yuisho.html
>『日本書紀』によると、八咫烏(やたがらす)が、神武天皇を熊野から大和へ道案内したことが記されています。
>そして神武・綏靖・安寧の三帝は鴨族の主長の娘を后とされ、葛城山麓に葛城王朝の基礎をつくられました。

320 :LUNAMASK:2011/05/16(月) 16:36:42.33 ID:5dyjggCo
>>319
記紀が編纂されたのは奈良時代で、当時は騎馬民族の子孫たちが各地の伝承を
拾い上げ造り上げたのものだが、人間天皇と神とのインターフェースをどのように
構築するかについては高句麗・中国等と比較しても遜色のないようにと腐心したん
でしょう。賀茂氏を最古のものに持ってくると言うことは現在のアルタイ考古学
とも符合しますがよくよく考え抜いたものだと思いますね。

321 :LUNAMASK:2011/05/16(月) 16:38:19.10 ID:5dyjggCo
さらに、上賀茂・下賀茂の考えは高地性集落とも関連しているようです。

322 :出土地不明:2011/05/16(月) 21:52:33.65 ID:kgZP1Gyp
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>316

●琵琶型銅剣→「英彦山倭面土国」
□細形銅剣▲支石墓 英文wiki古朝鮮
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg

これをみると支石墓の分布と琵琶型銅剣の分布は多く重なりますね!!

323 :出土地不明:2011/05/16(月) 21:54:10.14 ID:kgZP1Gyp
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>316

出土地不明:2011/03/06(日) 14:02:56.56 ID:Pf6blP5M
南方系支石墓

1)江南の支石墓(中国名「石棚墓」)は「属于商周」時代(紀元前1700-紀元前256年)の墓葬であり
浙江省瑞安市の「浙南石棚墓」が有名。 (石棚墓の下にはすでに甕棺もある)
http://blog.sina.com.cn/s/blog_574dff1c0100g7va.html

2)紀元前1600年頃になると、ほとんど同じ南方系支石墓(もちろん甕棺ももつ)が
「遼東半島(遼寧省)から吉林省南部の地域」にも出現した。

3)さらに紀元前500年頃、半島南岸(特に西部)に支石墓が大量に出現した。
http://tokyo.cool.ne.jp/woodsorrel/data/shisekibo_hantou.png

4)日本では唐津市東宇木にある「葉山尻支石墓群」が最古とされ、縄文時代晩期末から弥生時代中期の支石墓・甕棺墓がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%A2%93%E5%88%B6
弥生初期すなわち弥生人が渡来したのはいつの事なのかが問題だが、
現在では紀元前1000年頃と考えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%99%82%E4%BB%A3

このため、「支石墓も半島より日本の方が早かった」可能性が高い。

324 :出土地不明:2011/05/17(火) 01:02:41.13 ID:wgAahr9i
キチガイ二人組うぜえ。

早く氏ね。

325 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 09:22:15.50 ID:7JkLDVU0
>>322
●琵琶型銅剣→「英彦山倭面土国」
□細形銅剣▲支石墓 英文wiki古朝鮮
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg

これをみると支石墓の分布と琵琶型銅剣の分布は多く重なりますね!!
-------------------------------------------------------------------
而使用琵琶型銅劍時期前之年代可上追溯至 B.C1300-1000年,由平安北道龍川新
岩裡地區第三支點第二文化層出土大量青銅製衣扣、青銅製手刀,平壤金炭裡地區
第三文化層出土青銅齒子,羅津市初島地區出土大量青銅製衣扣、青銅製鈴鐺而被
證實。普遍使用琵琶型銅劍時期為BC600-500年,韓國的青銅器文化學術界一般見
解認為受西伯利亞加拉蘇文化所影響。
BC1300-1000 朝鮮北部青銅器(琵琶型銅剣を含まず)
BC1000-600 新石器に逆行 箕子朝鮮か このことと*
BC600-500 琵琶型銅剣
* >>323 南方支石墓 ↓このことが関連しているのかも。
BC1700 浙南南方支石墓出現
BC1600 南方支石墓遼寧・吉林に出現
BC1000 唐津に南方支石墓出現>
BC500 忠清・全羅道に南方支石墓

326 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 09:37:50.76 ID:7JkLDVU0
承前 箕子朝鮮と叔斉伯夷↓が一緒になる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%AF%E5%A4%B7%E3%83%BB%E5%8F%94%E6%96%89

327 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 10:36:00.58 ID:7JkLDVU0
前22-18/17世紀セイマトゥルビノ文化・・・ミケーネに向かう、前14/13-8世紀カラスク
文化
東西に分かれ安陽に向かう。
ユーラシアステップベルト最終貫通時の東亜冶金圏西北中心(サヤンアルタイ)主要
影響路
http://stepnoy-sledopyt.narod.ru/history/esp/7.jpg
カラスク南周りが秦氏・黒犬犬戎、カラスク北周りが白山・白犬犬戎で、細形銅剣、
箕子朝鮮・孤竹は後者。

328 :出土地不明:2011/05/17(火) 11:30:52.71 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>325-327
A群琵琶型銅剣をカラスク南周りでもたらしたのは南方甕棺支石墓文化人の秦氏・黒犬犬戎
ということになりますね

これが英彦山に倭面土国を建国し、大和に東遷後、王統を築いた南方系天孫族の正体ですね!!

329 :出土地不明:2011/05/17(火) 11:48:23.61 ID:9QCuSU3e
◆貫頭衣(かんとうい) 【KANTOUI】


貫頭衣は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。



【貫頭衣 (かんとうい)】一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、
そこから頭を貫いて(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる
原始的な衣服の形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

330 :出土地不明:2011/05/17(火) 11:50:23.02 ID:9QCuSU3e





古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/column/nakamura027column.html






331 :出土地不明:2011/05/17(火) 11:55:47.23 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>325
>BC1000 唐津に南方支石墓出現

この流れからすると、列島への琵琶型銅剣をもたらした南方甕棺支石墓文化人の到来は
弥生初期の相当早い時期になりますね!!

332 :出土地不明:2011/05/17(火) 11:59:26.49 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>292
@楽浪土器:衛子朝鮮 伽耶 広型青銅武器 鋳造鉄器 秦・オルドス(匈奴)・趙・燕 山王
【アルタイ語 草原騎馬民族文化】
A粘土帯土器: 沃沮(穢貊)東胡 百済 細形銅剣 鍛造鉄器 出雲 無文銅鐸 出雲
春日 鹿島香取
【ツングース語 落葉広葉樹林文化】
B三韓土器: 箕子朝鮮・辰韓 徐福 有文銅戈・銅矛 近畿・三遠有文銅鐸
倣製三角縁神獣鏡 高良 宗像 八幡 厳島 住吉
【オーストロアジアティック・広東・上海語 照葉樹林文化】

>>327
上記の292にあてはめると、英彦山に倭面土国を建国した「カラスク南周りの秦氏・黒犬犬戎」は
箕子朝鮮・辰韓経由のBの種族(宗像・八幡・厳島)ということになりませんか?

333 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 12:18:46.48 ID:7JkLDVU0
>>328 YES そして細型銅剣は白山信仰 出雲と重なる。琵琶型は日本に入る頃は
中広等に様変わり。
>>331 NO
半島→普遍使用琵琶型銅劍時期為BC600-500年,韓國的青銅器文化學術界一般見
解認為受西伯利亞加拉蘇文化所影響。日本には来ていない。
>>332 YES

334 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 12:44:37.90 ID:7JkLDVU0
殷青銅器の設計思想→琵琶型銅剣、見る銅鐸 稲荷信仰 秦氏
センギョクは、民間の人々が神と関わる事を厭い、曾孫の重、黎に命じて天へ通ず
る道を閉ざさせ、神と人との別を設けさせたという。これは、限られた階級のみが祭祀
権を掌握する事を意味しているといわれ、その意味でセンギョクは神権政治の先駆と
いえるであろう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/センギョク
ミケーネ青銅器の設計思想→細型銅剣、聞く銅鐸 白山信仰 東日本
The Seima-Turbino horizon spread rapidly across Eurasia from the forest-steppe
below the Altai Mountains to Ukraine, one of the earliest and most beautiful expressions of the cross-continental connections that introduced the Late Bronze
Age in the Eurasian steppes.
http://users.hartwick.edu/anthonyd/opening.html

335 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 12:48:55.95 ID:7JkLDVU0
この大きな活断層は欧州と東洋に分かれ今も生きていると思います。
白組 源氏 徳川
紅組 平家 薩長土肥

336 :出土地不明:2011/05/17(火) 12:58:48.71 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>333
>>332 YES

とすると、海幸VS山幸戦争とは=奴国VS倭面土国(邪馬台国)=細形VS広型
=【カラスク北周りの白山・白犬犬戎】VS【カラスク南周りの秦氏・黒犬犬戎】となり
由来からすると【A扶余・高句麗・百済系】VS【B+C箕子朝鮮・辰韓(伽耶・新羅)系】となって
Aの高句麗(白犬)とB+Cの倭(黒犬)の対決は歴史的必然といえますね

記紀が海幸(白犬)と山幸(黒犬)を兄弟としたのは、こんな歴史的背景があったのでしょうか!?


337 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 13:07:56.57 ID:7JkLDVU0
>>336 そのとおりです。

338 :出土地不明:2011/05/17(火) 13:24:24.24 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>337
しかしこの兄弟、@海幸(白犬)が【ツングース語】とB山幸(黒犬)【オーストロアジアティック・広東・上海語】
と言語が大きく異なるし、Y遺伝子的にも文化的にも大きく異なる種族のようですね

LUNAMASK:2010/03/24(水) 10:53:47 ID:1tHWGidB
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif
九州の古代邪馬台国に侵入してきたスサノオ、細型利器族、左、の当初勢力範囲。
右は勝利した天孫族の最終布陣。スサノオは四隅突出型墳丘墓として出雲に
神やらいされ、天孫は吉備へと進む。

銅緑山(直線L) □細型銅剣
大井子(領域A)カラスク・鴨・尾張(=オークネフ=山戎=銅鐸文化人)
         ●琵琶型銅剣
         ▲支石墓 中広銅剣

339 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 13:35:08.91 ID:7JkLDVU0
>>338 )【オーストロアジアティック・広東・上海語】 >これは徐福であり、秦・黒犬戎
とは違います。卑弥呼等は徐福ですね。吉野ヶ里から、大阪湾に向かうようですね。
非常に大きな集団で丹砂探査チームもあったようです。神武に八つ裂きにされて
いるようですね。

340 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 13:41:22.76 ID:7JkLDVU0
>>338 秦氏が入ってくるのは応神朝で神武時代より1.5世紀も後のようです。
逆に海幸は非常に古く、おそらくは7千年前の喜界噴火の際に満州に移民した
西日本縄文人でしょう。バイカル湖ではグラスコフ文化時代に欧州に玉・宝貝
等を輸出しており、ギリシャ神話に出てくる極北人がこれだと思います。
http://en.wikipedia.org/wiki/Hyperborea#cite_note-35
http://www.eupedia.com/europe/origins_haplogroups_europe.shtml

341 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 13:45:32.33 ID:7JkLDVU0
>>339 神武が残虐なようですが、形見分けという言葉が残るように遺骸の各部位を
分骨のように分ける制度があり、グラスコフ文化には強く残るようです。

342 :出土地不明:2011/05/17(火) 13:49:35.71 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>339
秦・黒犬戎の出自はなかなか把握しにくいですね

>>332 YESということなので非常に混乱するのですが、>>332の@に先立って先行渡来し
伽耶でBと合流したアルタイ語族ということかな

343 :出土地不明:2011/05/17(火) 13:57:22.83 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>340
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif

この分布状況が示しているのは神武時代より後かもしれませんが
応神朝よりはずっと以前のことですよね!!

この分布をもたらした細型と対立する中広型銅剣の種族の出自を問題にしているはずですが..


344 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 14:11:48.40 ID:7JkLDVU0
>>342
秦・徐等はYing姓ですが、始皇帝は制圧した巴蜀・呉越民を徐福に下賜しているので
この辺がなかなか難しいですね。宗像等の三女神思想はスキタイのものです。
>>中広型は遼寧銅剣文化ですね。応神朝より前です。応神朝になるともはや鉄器
とか金細工の時代ですね。この中広形は着順からすると箕子朝鮮ですね。

345 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 15:18:10.62 ID:7JkLDVU0
>>340
ヘロドトスが極北人の住みかを共に中央アジアの民族であるマサゲタエとイッセドネス
の彼方としていることから、極北人はシベリアに住んでいたようである。ヘラクレスは
アルテミスの黄金の角を持つ雌の赤鹿を極北の地に求めた。雌であって角の生えた
鹿はトナカイだけであり、極北と言うのは極地乃至は亜北極を示唆している。J.D.P.
Boltonはイッセドネスの居住地をアルタイ南西山麓としたが、これに続いてCarl P.
Ruckは極北を北部新疆に入るジュンガリア・ゲートの彼方とし、極北人とは多分中国
人であろうとした。
http://en.wikipedia.org/wiki/Hyperborea#cite_note-35
プロト・ギリシャ語・話者のステップからの到着についてはほとんどなにもわかってい
ない。ミケーネ文化は前1650年頃にはじまり、ステップ文化が移動してきたことははっ
きりしている。ミケーネ語とプロト・インドイラン語は密接な関係にあり、これら言語の
分離は非常に遅く前2500-2000年頃であったと見られる。考古学的に見ると、ミケーネ
の二輪車、槍先、銅剣、その他青銅器具は、そのノマド戦士の非常に大きな移動能力
で知られるロシア北方森林ステップのセイマトゥルビノ文化(前1900-1600年頃)と驚く
べき類似性を示している(セイマトゥルビノ・サイトは遠くはモンゴリアでも出土して
いる)。従って、ミケーネ人は前1900-1650年頃ロシアからギリシャに降臨し、その地で
原住民と混交し新たに新しく独自のギリシャ文化を創造した可能性が強いのである。
http://www.eupedia.com/europe/origins_haplogroups_europe.shtml

346 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 15:23:27.57 ID:7JkLDVU0
↑ここでいうセイマトゥルビノ文化と言うのが↓
>>334 http://users.hartwick.edu/anthonyd/opening.html
このすっきり、くっきり思想が細型銅剣・聞く銅鐸の背後にあったが、これが
中原の饕餮紋に象徴される殷青銅器設計思想、センギョク思想の影響下で
見る銅鐸へと変身する。ここにも天孫降臨のようなプロセスがあったのだろう。

347 :出土地不明:2011/05/17(火) 15:24:05.43 ID:9QCuSU3e
◆貫頭衣(かんとうい) 【KANTOUI】


貫頭衣は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。



【貫頭衣 (かんとうい)】一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、
そこから頭を貫いて(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる
原始的な衣服の形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

348 :出土地不明:2011/05/17(火) 15:25:05.25 ID:9QCuSU3e





古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/column/nakamura027column.html




349 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 15:27:46.46 ID:7JkLDVU0
>>345
「ギリシア伝説で,篤(あつ)くアポロンを崇拝する〈極北人〉。
北風(ボレアス Boreas)のかなた(ヒュペル hyper)の四時光明に輝く国で至福の生を
送っていると考えられた。前5世紀の歴史家ヘロドトスがアポロン誕生の聖地デロス島
の住民の話として伝えるところによれば,かつてヒュペルボレオイは2人の乙女に
アポロンへの供物を持たせてデロス島へ送り出したが,乙女たちが帰国しなかった
ため,以後は麦わらに包んだ供物を国境まで運んで隣国人に渡し,それをまた次の
隣国人に転送してくれるようにと頼んだ。こうして供物は次から次へと転送されて
アドリア海岸に達し,ついでギリシアのエペイロス地方からマリス湾,海を渡って
エウボイア島,最後にテノス島を経てデロス島に着いたという。ここに記された供物の
旅は,ヨーロッパではバルト海にしか産しない琥珀が青銅器時代のギリシア世界にも
たらされたときの交易路,いわゆる〈琥珀の道〉の記憶をとどめるものであろうと考えら
れている。」

350 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 16:11:38.33 ID:7JkLDVU0
>>342 ↓ここにあるAflyayunが秦氏の祖かなと考えているんですが。
Tazhetdin Yalsygul 1767-1838による犬戎始祖Takhmuraza系図
Takhmuraza
Kakhraman - Katil 子ではなく兄かも
Mervan
Aflyayun イラク ダビデの盟友 (在位:前1000年 - 前961年頃)。
Akhli-Khak
ダビデ教徒 天使教又は真理宗 黒犬宗 黒犬 オベリスク
Akratis Yosh宗 ダマスカス建設
Karamush 神牛宗 穀倉地帯
Aflyamun クリミア、マグリブの王
Kinan
Efratim ソロモンの盟友 ソロモン (在位紀元前965年 - 紀元前925年頃)。
Takhlaish 神犬宗 ソロモン後160年目に生存 強盗殺人
シラーズに墓地
Makhlashi 神犬宗 ホレズム イリア派に改宗
Emkash   ホレズム
Taglanysh トルケスタン征圧 ユダヤ教徒

351 :LUNAMASK:2011/05/17(火) 16:52:03.50 ID:7JkLDVU0
>>343
http://www.yu-ji.com/douken1.gif
天日矛ですが、垂仁が居住地として出石か淡路をと薦めるとそれは自分が決めること
と言ってますが、この発言は辰王を意識しています。極東の王ですね。ですから
この銅矛の範囲は当時として実際の権力を持っていた、つまり、銅戈とか、中広より
上位であった、つまり、衛氏朝鮮系権力者だと思います。http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-4.gif
↑これはそれより古いが非力であり、おそらく箕子朝鮮かなって考えてます。
ではまた。明天見!

352 :出土地不明:2011/05/17(火) 17:48:13.30 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>351とすると、この@衛氏朝鮮系の天日矛と激しく戦った伊和大神は
A細型の出雲系とB中広型の箕子朝鮮系のどちらだったんでしょうね〜??

353 :出土地不明:2011/05/17(火) 23:21:09.89 ID:dlWBe/42
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>352

Part24
LUNAMASK:2011/05/11(水) 12:35:57.85 ID:gFTHrjfh
神功に付いては天日矛(新羅・琵琶型)との関連が言われています。
夫与の細型とは違うと言うことになります。


>>313
>春日 鹿島・香取 出雲・氷川 祇園 金毘羅/三輪 ・・・細形銅剣・夫与系
>高良 宗像 宇佐 厳島 住吉 愛宕 秋葉 恵比寿・戎 ・・・神功系
>稲荷 白山 天神 山王・日吉・御岳権現・・・犬戎・匈奴・チュルク系

やはり神功系は箕子朝鮮→馬韓→辰韓の琵琶型・甕棺支石墓文化人のアメノヒボコ・アカルヒメ・田道間守のO3かな!!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%92%E3%83%9C%E3%82%B3

354 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 10:27:32.16 ID:yBa5P/ey
>>352 A細型の出雲系です。
>>353 神功系は箕子朝鮮→馬韓→辰韓の琵琶型のアメノヒボコ系だが、アカルヒメ・
田道間守はO3の徐福系で、蘇州夜曲等が似合いそうなのでは。

355 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 10:31:05.89 ID:yBa5P/ey
アカル姫の歌↓
http://www.youtube.com/watch?v=w0ht7Wkkc3s

356 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 11:11:34.96 ID:yBa5P/ey
>>351 http://www.yu-ji.com/douken1.gif
赤実線/銅剣/倭奴出雲国
赤破線/平形銅剣/葦原中国
平型銅剣は出雲が葦原中国に対し、かつて出雲が銅鐸圏に展開したような政治・
経済影響力を確保しようとしたもので、これが但馬の伊和大神/葦原しこおの勢力。
これに乗ったのが天雅彦で、暗殺される。

357 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 11:14:01.40 ID:yBa5P/ey
こうした倭国乱を克服する卑弥呼は神功皇后と酷似している。

358 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 11:39:17.96 ID:yBa5P/ey
参考
『海東諸国紀』(かいとうしょこくき, 朝鮮語: Haedongjegukgi)は、李氏朝鮮領議政
(宰相)申叔舟(Sin Sukju)が日本国と琉球国について記述した漢文書籍の歴史書。
1471年(成宗2年)刊行された。

日本は最も久しく、其つ大なり。其の地は黒龍江の北に始まり、我が済州の南に至
り、琉球と相接し、其の勢甚だ長し。その初は、処処に衆を保ち、おのおの自ら国をつ
くる。周の平王四十八年、其の始祖の狭野は兵を起こして誅討し、初めて州群を置く。
大臣おのおの占めて文治するも、中国の封建のごとくは統属甚しからず。習性は強悍
にして剣槊(武術)に精なり。舟楫に慣れ、我れと海を隔てて相望む。之を撫するに其
の道を得ば、則ち朝鮮は礼を似てし、其の道を失えば、則ち輒ち肆に剽窃せん。

人皇の始祖は神武天皇なり。名は狭野。地神の末主彦瀲尊の第四子。母は玉依姫。
俗に海神の女(むすめ)と称す。庚午の歳を似て生まれる。周の幽王十一年なり。
四十九年戊午、大倭州に入り、尽く中洲の賊衆を除く。五十二年辛酉正月庚申、
初めて天皇を号す。百十年己未、国都を定む。在位七十六年。寿百二十七。

孝霊天皇。孝安天皇の太子なり。元年は辛未。七十二年壬午、秦の始皇帝、徐福を
遣わし、海に入り仙福(不老不死の薬)を求めしむ。遂に紀伊州に至りて居す。在位
七十六年。寿百十五。

崇神天皇。開化天皇の第二子なり。元年は甲申。始めて璽剣を鋳す。近江州に大湖
を開く。六年己丑、始めて天照大神を祭る。天照大神は地神の始主なり。俗に日神と
称す。今に至るまで四方共に之を祭る。七年庚寅、始めて天社・国社・神戸を定む。
十四年丁酉、伊豆国船を献ず。十七年庚子、始めて諸国に令して船を造らしむ。在位
六十八年。寿百二十。是の時、熊野権現神始めて現る。徐福死して神と為り、国人今
に至るまで之を祭る。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%9D%B1%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E7%B4%80

359 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 13:08:28.80 ID:yBa5P/ey
『海東諸国紀』の現代的解釈によって修正すると↓

倭は最も久しく、其つ大なり。其の地は黒龍江の北、バイカル湖、に始まり、我が済州
の南に至り、琉球と相接し、其の勢甚だ長し。その初は、処処に衆を保ち、おのおの自
ら国をつくる。
東漢、恒霊之間倭国乱る。其の始祖の狭野は兵を起こして誅討し、初めて州群を置
く。大臣おのおの占めて文治するも、中国の封建のごとくは統属甚しからず。習性は
強悍にして剣槊(武術)に精なり。舟楫に慣れ、我れと海を隔てて相望む。之を撫する
に其の道を得ば、則ち朝鮮は礼を似てし、其の道を失えば、則ち輒ち肆に剽窃せん。

人皇の始祖は神武天皇なり。名は狭野。地神の末主彦瀲尊の第四子。母は玉依姫。
俗に海神の女(むすめ)と称す。中平の頃、大倭州に入り、尽く中洲の賊衆を除く。

孝霊天皇。孝安天皇の太子なり。秦の始皇帝、徐福を遣わし、海に入り仙福(不老
不死の薬)を求めしむ。その裔、孝霊の御宇に、遂に紀伊州に至りて居す。

崇神天皇。開化天皇の第二子なり。元年は甲申。始めて璽剣を鋳す。近江州に大湖
を開く。六年己丑、始めて天照大神を祭る。天照大神は地神の始主なり。俗に日神と
称す。今に至るまで四方共に之を祭る。七年庚寅、始めて天社・国社・神戸を定む。
十四年丁酉、伊豆国船を献ず。十七年庚子、始めて諸国に令して船を造らしむ。
是の時、熊野権現神始めて現る。徐福之裔、神農・蚩尤を神と為し、国人今に至るま
で之を祭る。

360 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 13:14:05.85 ID:yBa5P/ey
>>359
崇神宮殿跡、大神神社の前、からはタタラのかなくそが出土していると大神神社
宮司がその著書「大神神社」で述べている。

361 :出土地不明:2011/05/18(水) 13:35:48.33 ID:IJpMjO/Z
◆熟寿司、馴れ寿司、馴鮓、熟鮨(なれずし) 【NAREZUSHI】


なれずしの登場は8C。文献時代に入って100年以上もなれずしを
表す「鮓」「鮨」といった漢字自体がないところから見て、
遣唐使がこれらの漢字とともに中国から輸入してきたものと思われる。



日本における文献初見は『養老令』(718年)の「賦役令」で、鰒(アワビ)鮓、
貽貝(イガイ)鮓のほかに雑鮨が見える[40]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%8F%B8#.E5.AF.BF.E5.8F.B8.E3.81.AE.E8.B5.B7.E6.BA.90

魚肉の貯蔵形態としてのなれずし(鮓)は東南アジアに点々と見られ、
中国では鮓(サ)、台湾の高砂族ではトマメ、トワメ、カンボジアでは
ファーク(phaak)、タイではプラ・ハー、プラ・ラー、ボルネオの
イバン族ではカサム(kassam)、陸ダヤク族ではトバ(tobah)と呼ばれる[4]。
この他にもラオスやフィリピンルソン島の一部、中国南部の苗族などのものが
知られている。中国では河南の非漢人文化に発し、徐々に華北地方にも広がり
南宋時代に大流行した
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%97

362 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 16:02:00.91 ID:yBa5P/ey
>>356 >>351 http://www.yu-ji.com/douken1.gif
辰國(Jin;辰)是朝鮮半島南部的部落通稱。辰國被認爲是三韓的前身,
其都城可能在漢江之南。在《山海經・海内北經》:“蓋國在鉅燕南,倭北,
倭屬燕。”蓋國大體上與辰國位置相當。
辰國被認爲是像後來的三韓一樣的部落聯盟式的國家。從辰國與衛滿朝鮮長期共存
並意圖突破衛滿朝鮮的阻撓派特使到漢朝的角度上看,辰國可能有穩定的國家政權
漢武帝因衛滿朝鮮阻止辰國等鄰近小國入漢朝貢,于公元前109年(元封二年)
發兵遠征朝鮮。滅亡衛滿朝鮮後,辰國發展成爲三韓部落。從考古上看,
辰國是遼ィ青銅器文化的外延,其中忠清道,全羅道發現的遼ィ青銅器爲最多。
三韓中的辰韓與弁辰沿用了辰國的名字。馬韓曾宣稱自己是辰國之王。
最早關于辰國的記載爲《後漢書》認爲三韓之地“皆古之辰國也”,而《三國志》
“辰韓者,古之辰國也。”。而同樣的三國志卷30《魏書・東夷傳》中有記載:
“辰韓在馬韓之東,其耆老傳世,自言古之亡人避秦役來適韓國,
馬韓割其東界地與之。有城柵,其言語不與馬韓同”,所以辰韓與辰國的關系
就變得無法査證,而辰國被稱爲古國,其究竟存在于什摩時候也有待考證。
也有觀點認爲,在衛滿滅亡箕子朝鮮後,箕子朝鮮的准王逃亡馬韓部落建立的國家
被稱爲辰國,其地理位置也大體相當。[3] 而與日本國起源有關的一種假説
騎馬民族征服王朝説認爲辰國的王是屬于扶余族的系統,辰國滅亡後,
末裔成爲日本的皇室祖先。
在詩經中辰也是指殷,辰國就是商族國家。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E5%9B%BD
銅戈、つまり、九州型/大阪湾型は殷系箕子朝鮮/辰国由来。オシホミミか。
従い銅矛その他中広が遼寧式青銅器を非殷系衛氏朝鮮系、ニニギ、天日矛
とすることができる。

363 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 16:06:11.19 ID:yBa5P/ey
承前
自言古之亡人避秦役來適韓國、ここでいう秦役とは仙薬獲得指令と解釈できる。
このグループは忠清道に上陸してきた徐福グループであり、箕子・衛満朝鮮とは
別のグループ。

364 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 16:10:13.23 ID:yBa5P/ey
>>362
>而與日本國起源有關的一種假説騎馬民族征服王朝説認爲辰國的王是屬于扶余族
>的系統,辰國滅亡後, 末裔成爲日本的皇室祖先。
これは応神朝に入朝する百済系移民のこと。

365 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 16:21:13.63 ID:yBa5P/ey
>>359
>崇神天皇。開化天皇の第二子なり。元年は甲申。始めて璽剣を鋳す。近江州に
>大湖を開く。六年己丑、始めて天照大神を祭る。天照大神は地神の始主なり。
>俗に日神と称す。
この記述と伊勢遺跡における政教分離傾向を考えると崇神政権は、卑弥呼の
親魏政策が徐福的であるのはさておき、近江政権であり、基本的に細形銅剣
文化であったことが窺える。但し、時代はまさに鉄器時代に移行しようとしており
波乱含みであったと言えよう。

366 :LUNAMASK:2011/05/18(水) 16:26:28.99 ID:yBa5P/ey
考古学的にも大和は河内と違い伝統的に出雲・聞く銅鐸の勢力圏であったとされる。
卑弥呼の銅鏡フェチとか、神仙へののめり込みは孝霊時代に入ってきた徐福
グループの影響ではなかっただろうか。

367 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/05/18(水) 17:58:15.28 ID:ShCLrwTw
test

368 :出土地不明:2011/05/19(木) 12:43:01.70 ID:5W4YcyHC
◆鵜飼(うかい) 【UKAI】


日本の鵜飼は中国よりも古い。



鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

369 :出土地不明:2011/05/19(木) 12:45:22.48 ID:5W4YcyHC
しかも鵜飼は満州や朝鮮半島にも見られる。



満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.kc-wk.com/%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8F%B2%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/%E6%BA%80%E6%B4%B2%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B9/

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

370 :出土地不明:2011/05/19(木) 21:39:34.04 ID:IPLCIptA
鵜飼なら、
http://home.att.ne.jp/grape/shindo/UKAI_2.pdf
良く読んでね。




371 :LUNAMASK:2011/05/20(金) 11:13:26.81 ID:CP8VIGRO
>>362
辰國と衛滿朝鮮が長期共存していること、また、衛満朝鮮の妨げを排して漢朝に特使
を派遣せんとする意図からして、辰国は穏健な国家政権とみられ、武帝は、衛満朝鮮
が辰国並びに近隣小国の漢への朝貢を阻止しているという理由で前109年
(元封二年)朝鮮遠征の兵を送った。
http://kodai.sakura.ne.jp/nihonnkennkokusi/kannkyouhennsenn2.jpg
http://kodai.sakura.ne.jp/nihonnkennkokusi/8-2wakokunoiti.htm
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kochosen/kochosen6-sinkoku.htm

372 :LUNAMASK:2011/05/20(金) 13:19:29.02 ID:sYoW8IBo
>>362
>而與日本國起源有關的一種假説騎馬民族征服王朝説認爲辰國的王是屬于扶余族
>的系統、辰國滅亡後、末裔成爲日本的皇室祖先。
>また、日本国起源仮説として騎馬民族征服王朝説というのがあるが、それによると
>辰国王は夫与族系統であり、辰国滅亡後末裔が日本皇室の祖先となったとしている。
------------------------------------------------------------------------
http://kodai.sakura.ne.jp/nihonnkennkokusi/kannkyouhennsenn2.jpg
実際は上記漢鏡3期、九州は辰国をしのいで4郡設置の利益を享受している。
また、在詩經中辰也是指殷,辰國就是商族國家ということは商族に特徴的な
銅戈をもち、神武の前に河内に入っていた勢力、おそらくは河内物部が辰、
即ち、箕子朝鮮系であることを物語る。つまり、箕準の末裔は後漢末に伊都国に
入り、その後河内に移住していたと考えられえる。他方、ホケノヤマ・鳴門萩原
等には楽浪系画文帯神獣鏡が出土し、これらは衛氏朝鮮系と考えられる。
単なる交易なのか、それとも王族の移住なのかはさておき、箕子朝鮮系が
日本皇室の祖と言うのはおかしい。

373 :LUNAMASK:2011/05/20(金) 13:26:05.68 ID:sYoW8IBo
その後の日本は山戎、アルタイ・スキタイ神話一色に変わり、蚩尤・神農神話は
限定されてくる。この趨勢からしても、商族文化の影響が限定的であったことは
明白である。

374 :出土地不明:2011/05/20(金) 22:22:26.13 ID:lA+UNVbi
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>373

神功皇后が信奉する蚩尤・神農神話は殷(箕子)由来の商族文化ということですね!!



375 :出土地不明:2011/05/20(金) 22:25:02.76 ID:lA+UNVbi
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>372
辰國が就是商族國家なのに、夫与族系統というのはおかしな話ですね!!

>春日 鹿島・香取 出雲・氷川 祇園 金毘羅/三輪 ・・・細形銅剣・夫与系
>高良 宗像 宇佐 厳島 住吉 愛宕 秋葉 恵比寿・戎 ・・・神功系
>稲荷 白山 天神 山王・日吉・御岳権現・・・犬戎・匈奴・チュルク系

376 :出土地不明:2011/05/20(金) 22:28:16.07 ID:lA+UNVbi
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>374
>>373
神功系が王統を掌握するのであれば、殷(箕子)由来の商族文化が
日本の皇室の基礎を創ったということではないでしょうか!?

377 :出土地不明:2011/05/20(金) 23:35:29.38 ID:lA+UNVbi
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>354
>>353 神功系は箕子朝鮮→馬韓→辰韓の琵琶型のアメノヒボコ系だが、
>アカルヒメ・田道間守はO3の徐福系で、蘇州夜曲等が似合いそうなのでは。

378 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 09:49:33.85 ID:gqmywej8
>>374 >>373 >神功皇后が信奉する蚩尤・神農神話は殷(箕子)由来の商族文化
>ということですね!!
No 神功ではなく卑弥呼(箸墓)
>>375 >>372 >辰國が就是商族國家なのに、夫与族系統というのはおかしな話ですね!!
>春日 鹿島・香取 出雲・氷川 祇園 金毘羅/三輪 ・・・細形銅剣・夫与系
>高良 宗像 宇佐 厳島 住吉 愛宕 秋葉 恵比寿・戎 ・・・神功系
>稲荷 白山 天神 山王・日吉・御岳権現・・・犬戎・匈奴・チュルク系
中国側にこうした情報がないからでしょう。
>>376 >>374 >>373
>神功系が王統を掌握するのであれば、殷(箕子)由来の商族文化が
>日本の皇室の基礎を創ったということではないでしょうか!?
No 上記参照
>>377 >>354
>>353 神功系は箕子朝鮮→馬韓→辰韓の琵琶型のアメノヒボコ系だが、
>アカルヒメ・田道間守はO3の徐福系で、蘇州夜曲等が似合いそうなのでは。
上記参照。アカルヒメ・田道間守はO3の徐福系で、蘇州夜曲等が似合いそう・・・
これこそ箕子朝鮮・商族でしょう。ただし、馬韓で徐福勢力を傘下に収めていたと
見られます。

379 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 10:02:19.86 ID:gqmywej8
>>366 >>372
岡村秀典氏の漢鏡出土グラフのある著述には第7期に播磨、淡路、阿波、讃岐、
山城、大和に漢鏡が集中し、それが纒向に移行するさまが地図で明示されて
いるが、垂仁朝のタジマモリ伝説は徐福集団が帰国し始皇帝陵に参拝した
状況を描いたものとしか考えらられない。保育園でバイアグラの話が似合わない
のと同じこと。これはこの地区を孝霊・卑弥呼が支配していたことを物語るが、
かといって彼らは神武乃至は崇神と何らかの血縁関係があるとは言えない。

380 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 10:26:00.96 ID:gqmywej8
http://kodai.sakura.ne.jp/nihonnkennkokusi/kannkyouhennsenn2.jpg
3期後半の楽浪・韓・九州関係を見る時、仲哀が筑紫に入った時に伊都県主
の五十迹手がその出自を新羅の蔚山としたということは、箕子朝鮮勢力が
伊都国王になったという可能性が極めて高いことを物語るが、逆に、日本
皇室等とは無縁であったことも物語るようだ。

381 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 10:28:15.36 ID:gqmywej8
さらに、奴国は、どうのこうの取りざたされるものの出雲として中央に進出しており、
皇室になった可能性は伊都国よりは高いと言えよう。

382 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 11:17:26.95 ID:gqmywej8
>>379
白石太一郎 倭国誕生
岡村秀典  考古学から見た漢と倭
漢鏡7期各段階の分布
第1段階 Jimmu Period [LUNAMASK DATING]
第2段階 Himiko Period [LUNAMASK DATING]
第3段階 Sujin Period [LUNAMASK DATING]

383 :出土地不明:2011/05/21(土) 11:51:09.28 ID:bd5O+okx
◆鳥居(とりい) 【TORII】


鳥居の登場は8C。それ以前の飛鳥時代の遺物にも古墳時代の埴輪にも
弥生時代の弥生土器にもそれを象ったものは一切ない。



鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から誘い出すために
鳴かせた「常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)」(鶏)に因み、
神前に鶏の止まり木を置いたことが起源であるとする説、インド仏教に
みられるトラナや中国の華表や鳥竿、牌楼(ぱいろう)、朝鮮半島の
紅箭門(こうぜんもん)、イスラエルの移動型神殿、雲南省とビルマ
との国境地帯に住むアカ族(英: Akha)の「村の門(ロコーン)」など
海外に起源を求める説などがある[4][5][6][7]。文献に徴すれば
古くは「於不葦御門(うへふかずのみかど)」(皇太神宮儀式帳[8])
と称して、奈良時代から神社建築の門の一種としている[9]。
いずれにせよ、8世紀頃に現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

384 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 12:39:24.26 ID:gqmywej8
後期古墳
宋書(南朝宋) 卷97列傳57 夷蠻 東夷 百濟國 ,本與高麗倶在遼東之東千余裏,
其後高麗略有遼東,百濟略有遼西。 百濟所治,謂之晉平郡晉平縣。・・・晋書慕容
皇伝は高句麗、百済、鮮卑民族が連合軍を結成し軍事行動に出たとし、三国史記は
この戦役を 高句麗美川王(309-331)の頃とする。・・・梁書によれば晋朝(265-420)
高句麗は遼東、百済は遼西と晉平を占拠し百済諸県を設置したとする。
この百済の遼西占領こそ日本の横穴式石室時代の幕を開いた。
肥後型石室の成立
http://kobunken.web.infoseek.co.jp/note/note1/note1.htm
横穴式石室
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%A9%B4%E5%BC%8F%E7%9F%B3%E5%AE%A4
http://homepage2.nifty.com/mononoke-kofun-room/HP/yoko.htm

385 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 13:01:44.17 ID:gqmywej8
>>384
宋朝資治通鑒によれば百済近肖古王(346-375)の346年、百済は鹿山の夫与に侵
入、夫与人民は西方の燕に離散逃亡資治通鑒とほぼ同時期の斉書によれば10万の
北魏(386-534)騎兵が百済を攻めたが、488年に敗北したとされる。これは三国史記で
は東城王(488)の治世とされる。三国史記によればこれを東城王3年のこととするが、
当時高句麗には百済に敵対的で強力な長寿王があり、これは高句麗を挟んでその
南北に分かれて百済が存在していたことを意味する。

386 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 13:20:26.17 ID:gqmywej8
>>385
斉書は495年百済東城王は魏を撃破した将軍の栄誉称号を要求したとする。南斉か
ら下賜された称号には遼西地域を意味すると取れるGuangling, Qinghe, Chengyang等
の国名がある。南北百済の統合は梁武帝 (464-549)の頃。

387 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 13:36:58.27 ID:gqmywej8
>>384
@↓谷口古墳被葬者は神功皇后に七支刀を贈呈した百済王族
http://www.pref.saga.lg.jp/web/var/rev0/0054/3022/tanigu.jpg
http://www.museum.kagoshima-u.ac.jp/staff/hashimoto-hp/genko/kofun-kumasohayato2.pdf#page=6
随伴した百済人が↑■箱式石棺墓、▲板石積石棺墓、★横穴式石室を作る。当時
神功・仲哀は熊襲/●地下式横穴墓を制圧する勢力としてこの渡来勢力に期待したの
かもしれない。
A■▲★セットは前2世紀南シベリア匈奴・東胡ウルグ・ヘム文化で、
大鼠蔵古墳群/尾張山古墳
http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/ar/article_view.phtml?id=16348
とか、小鼠蔵一号墳
http://kobunken.web.infoseek.co.jp/note/note3/kosozo.htm
のようなものが征服者匈奴の墳墓でその他は東胡とか堅昆・雑胡のものであった
様子。
Bウルグ・ヘム文化は北方支石墓・Slab Tomb文化が燕王盧綰の匈奴亡命と共に
遼西から南シベリアに入る。その後4世紀の百済遼西制圧、6世紀の南北百済統合
と共に肥後に浸透、日本全土に普及する。筑紫の磐井が毛野に投げる捨て台詞
「同じ釜の飯を食った」と言うのは鮮卑・高句麗・百済同盟への言及か。

388 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 13:58:34.49 ID:gqmywej8
>>380
蔚山ということは鹿山ということなので「百済近肖古王(346-375)の346年、百済は
鹿山の夫与に侵入、夫与人民は西方の燕に離散逃亡」の時に反百済の新羅経由
日本に流れ込んだ夫与人、これが五十迹手の正体とも考えられる。

389 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 15:38:22.52 ID:hzIncNzO
>>387
肥後式石室の頃、匈奴は突厥に変貌していた。従い継体朝に肥後に入るのは突厥
であるとするのが適切。
突厥汗國 有人認爲突厥最先是生活在鹹海邊的塞種,後東走至葉尼塞河南方,受
鐵勒同化,6世紀初年突厥部落遊牧於金山(今阿爾泰山),初歸附於柔然,爲其煉
鐵奴。柔然由于長期與高車的戰爭而勢力削弱,546年,突厥断絶與柔然的關系。
550年,首領土門撃敗鐵勒,552年破柔然,自稱伊利可汗,建立政權。553年木杆可
汗在都斤山(又作“郁都軍山”、“烏コ建山”,今蒙古國杭愛山)建庭。

390 :LUNAMASK:2011/05/21(土) 15:45:52.95 ID:hzIncNzO
>>389
突厥的源流並未有定論,大致可以確定的是,他們應該帶有匈奴的血統。北史記載
‘突厥者,其先居西海之右,獨為部落,蓋匈奴之別種也。又曰突厥之先,出於索國,
在匈奴之北。’在南北朝由葉尼塞河遷居至阿爾泰山。由阿爾泰山遷居至蒙古。
由蒙古前往中亞。現代土耳其人,認為自己是突厥的直系後裔,他們認為突厥的
歴史可以追溯到西元48年立國的北匈奴。別一説法是來自鹹海一帶的戴尖帽的
塞人。別一説出自平涼雜胡。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%81%E5%8E%A5

391 :出土地不明:2011/05/21(土) 16:21:38.08 ID:4H/XT1fb
◆鳥居(とりい) 【TORII】


鳥居の登場は8C。それ以前の飛鳥時代の遺物にも古墳時代の埴輪にも
弥生時代の弥生土器にもそれを象ったものは一切ない。



鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から誘い出すために
鳴かせた「常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)」(鶏)に因み、
神前に鶏の止まり木を置いたことが起源であるとする説、インド仏教に
みられるトラナや中国の華表や鳥竿、牌楼(ぱいろう)、朝鮮半島の
紅箭門(こうぜんもん)、イスラエルの移動型神殿、雲南省とビルマ
との国境地帯に住むアカ族(英: Akha)の「村の門(ロコーン)」など
海外に起源を求める説などがある[4][5][6][7]。文献に徴すれば
古くは「於不葦御門(うへふかずのみかど)」(皇太神宮儀式帳[8])
と称して、奈良時代から神社建築の門の一種としている[9]。
いずれにせよ、8世紀頃に現在の形が確立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85

392 :出土地不明:2011/05/21(土) 20:15:20.59 ID:6db9ixNL
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>388>>380
五十迹手の夫与人が商族文化をもたらした殷由来の箕子朝鮮勢力だとすると
>>334の「見る銅鐸」と「聞く銅鐸」の文化的対立からしても多いに矛盾することになりますね!!

393 :出土地不明:2011/05/21(土) 21:41:12.93 ID:6db9ixNL
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>284
>A群琵琶型=山幸=天孫族は@↓でしょうね。
@ BC450年-BC300年 遼寧式銅剣
A BC300年-BC200年 細形銅剣 多鈕粗文鏡 異形銅器 小銅鐸
B BC200年-BC100年
  前期 細形銅剣 細形無文銅矛銅戈 多鈕細文鏡 有肩斧 鈴類
  後期 有文銅矛銅戈 長鋒銅戈 前漢前期鏡
C BC100年-0年 前漢後半鏡 末期細形銅剣 変形細形銅戈 車馬具 鉄器
D 0年-AD100年 細形銅剣 変形細形銅剣 変形銅矛 後漢鏡 細形銅剣文化
E AD100年-AD200年
http://www.okunomasao.com/saikin/rekinenndai/photo/P17b.jpg

394 :LUNAMASK:2011/05/22(日) 10:37:46.07 ID:zj3hzMTL
>>392 五十迹手の夫与人は鮮卑、北百済、高句麗同盟軍が出動、北百済が遼西を
制圧した際、燕に逃げるものとは別に、反百済の新羅経由伊都国に入ったものでない
でしょうか。銅鐸とは時代的に全く無縁でなかったのでは。
>>393 A群琵琶型=山幸=天孫族は@BC450年-BC300年 遼寧式銅剣
http://www.okunomasao.com/saikin/rekinenndai/photo/P17b.jpg
でしょう。これ以前の南韓は九州同様の南方式支石墓文化ですが、これを古辰国とし
ますか。

395 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 【東電 69.9 %】 :2011/05/22(日) 11:11:01.04 ID:uRqt9oAd
test

396 :出土地不明:2011/05/22(日) 16:07:17.62 ID:jytDIFJu
>>393
>A群琵琶型=山幸=天孫族は@↓でしょうね。
@ BC450年-BC300年 遼寧式銅剣
http://www.okunomasao.com/saikin/rekinenndai/photo/P17b.jpg

@山幸=天孫族は衛満南下〜衛氏朝鮮建国・滅亡の以前に
朝鮮半島南部に到来(再上陸!?)しているんですよ

これが九州同様の@山幸=南方式甕支石墓文化人の正体ですね!!


397 :出土地不明:2011/05/22(日) 16:14:13.03 ID:jytDIFJu
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>396
>>323
出土地不明:2011/03/06(日) 14:02:56.56 ID:Pf6blP5M
南方系支石墓

1)江南の支石墓(中国名「石棚墓」)は「属于商周」時代(紀元前1700-紀元前256年)の墓葬であり
浙江省瑞安市の「浙南石棚墓」が有名。 (石棚墓の下にはすでに甕棺もある)
http://blog.sina.com.cn/s/blog_574dff1c0100g7va.html

2)紀元前1600年頃になると、ほとんど同じ南方系支石墓(もちろん甕棺ももつ)が
「遼東半島(遼寧省)から吉林省南部の地域」にも出現した。

3)さらに紀元前500年頃、半島南岸(特に西部)に支石墓が大量に出現した。
http://tokyo.cool.ne.jp/woodsorrel/data/shisekibo_hantou.png

4)日本では唐津市東宇木にある「葉山尻支石墓群」が最古とされ、縄文時代晩期末から弥生時代中期の支石墓・甕棺墓がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%A2%93%E5%88%B6
弥生初期すなわち弥生人が渡来したのはいつの事なのかが問題だが、
現在では紀元前1000年頃と考えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%99%82%E4%BB%A3

398 :出土地不明:2011/05/22(日) 16:15:37.20 ID:jytDIFJu
わぉ〜わぉ〜わぉ〜

>>325
●琵琶型銅剣→「英彦山倭面土国」
□細形銅剣▲支石墓 英文wiki古朝鮮
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b9/Bipabronze1.jpg

これをみると支石墓の分布と琵琶型銅剣の分布は多く重なりますね!!
-------------------------------------------------------------------
而使用琵琶型銅劍時期前之年代可上追溯至 B.C1300-1000年,由平安北道龍川新
岩裡地區第三支點第二文化層出土大量青銅製衣扣、青銅製手刀,平壤金炭裡地區
第三文化層出土青銅齒子,羅津市初島地區出土大量青銅製衣扣、青銅製鈴鐺而被
證實。普遍使用琵琶型銅劍時期為BC600-500年,韓國的青銅器文化學術界一般見
解認為受西伯利亞加拉蘇文化所影響。
BC1300-1000 朝鮮北部青銅器(琵琶型銅剣を含まず)
BC1000-600 新石器に逆行 箕子朝鮮か このことと*
BC600-500 琵琶型銅剣
* >>323 南方支石墓 ↓このことが関連しているのかも。
BC1700 浙南南方支石墓出現
BC1600 南方支石墓遼寧・吉林に出現
BC1000 唐津に南方支石墓出現>
BC500 忠清・全羅道に南方支石墓

399 :LUNAMASK:2011/05/22(日) 16:39:24.46 ID:zj3hzMTL
>>396 琵琶型銅剣・遼寧式銅剣は箕子朝鮮内で起こった。南方式甕支石墓文化は
それに併行して存在したが、出自が大陸の青銅器文化である可能性はあるがそれ
自体青銅器生産能力はなかった。こういうことでは。

>>397 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1226206/figure/FG4/
M122パターンが南北支石墓、M134パターンが箕子朝鮮

>>398 それは時系列を無視した重ね合わせです。

400 :出土地不明:2011/05/22(日) 17:08:24.84 ID:jytDIFJu
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>398
http://inoues.net/korea/fuyo_museum.html
>西南部地方では、遼寧式銅剣文化・松菊里型文化・南方式支石墓文化が結合した姿が見られる。
>西南部地方では、遼寧式銅剣文化・松菊里型文化・南方式支石墓文化が結合した姿が見られる。
>西南部地方では、遼寧式銅剣文化・松菊里型文化・南方式支石墓文化が結合した姿が見られる。


401 :出土地不明:2011/05/22(日) 17:15:18.56 ID:jytDIFJu
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>399
>琵琶型銅剣・遼寧式銅剣は箕子朝鮮内で起こった。

よって@A群琵琶型=山幸=天孫族は殷(箕子朝鮮)由来であり
>>69
仰韶文化人として大陸進出→セム人のシュメール文明にカラスク人(オクネフ密教)を媒介として接触
→殷(西周)→オルドス→箕子朝鮮→伽耶→九州(倭面国土)→大和・紀伊→吉野・熊野

のルートで日本に降臨したのではないでしょうか?

402 :出土地不明:2011/05/22(日) 17:22:14.17 ID:jytDIFJu
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>401
もう少し加えると
殷→箕子朝鮮→馬韓→古辰国→吉野ヶ里→九州(倭面土国)→倭・三韓統一

これが@A群琵琶型=山幸=天孫族すなわち日本人はどこから来たの正体ですね!!


403 :出土地不明:2011/05/22(日) 17:30:13.67 ID:jytDIFJu
わぉ〜わぉ〜わぉ〜
>>354
>神功系は箕子朝鮮→馬韓→辰韓の琵琶型のアメノヒボコ系だが、
>アカルヒメ・田道間守はO3の徐福系で、蘇州夜曲等が似合いそうなのでは。
上記参照。アカルヒメ・田道間守はO3の徐福系で、蘇州夜曲等が似合いそう・・・
これこそ箕子朝鮮・商族でしょう。ただし、馬韓で徐福勢力を傘下に収めていたと見られます。

降臨ルートの馬韓で 徐福勢力を傘下に収め、ともに九州邪馬台国(吉野ヶ里)に到来した
ということですね
つまり山幸(南方系支石墓文化人)+徐福(石寨山文化人)が南方系天孫族の正体ですね!!

404 :出土地不明:2011/05/23(月) 00:27:13.26 ID:5o9Tcy2s
◆入れ墨・入墨・刺青(いれずみ) 【IREZUMI】


日本には世界最古である7000年前の入れ墨の証拠遺物がある。



紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて?

日本人が最初に入れ墨を取り入れたであろうと想像できる縄文時代の土器が
発掘されています。縄文土器にあしらわれた顔には埋葬者を守る意味合いを
持つ神秘的な「入れ墨」のようなものが認められ、これが入れ墨として記録
されている世界最古のものではないかと想像されています。
また、日本原住民族であるアイヌには優れた入れ墨技術があったものと
思われます。
http://www.ta2.com/tattoohistory.html
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの
紀元前5,000年前-日本人が世界で初めて
入れ墨として記録されている世界最古のもの

405 :出土地不明:2011/05/23(月) 00:33:57.47 ID:5o9Tcy2s





世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!

紀元前5,000年の縄文時代の土器から、入れ墨をほどこした人面器が
発見されているんだ。
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi03/119tatoo/index.html
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!
世界的に「入れ墨」として認められる最も古い記録はなんと日本!!






406 :LUNAMASK:2011/05/23(月) 09:55:33.14 ID:cRg6u2Bs
>>400 重ね合わさるわけですね。
>>401 台湾系情報ですが、
「而使用琵琶型銅劍時期前之年代可上追溯至 B.C1300-1000年,由平安北道龍川
新岩裡地區第三支點第二文化層出土大量青銅製衣扣、青銅製手刀,平壤金炭裡
地區第三文化層出土青銅鑿子,羅津市初島地區出土大量青銅製衣扣、青銅製鈴鐺
而被證實。普遍使用琵琶型銅劍時期為BC600-500年,韓國的青銅器文化學術界
一般見解認為受シベリア・カラスク文化所影響。」
カラスク併行期北韓に青銅ボタン、手刀、鑿、ベルを製作する文化があるとされます。
この時期沿海州にも小物青銅器マルガリートフカ文化が出現します。時期的に
ザバイカル、松嫩、吉長には三足土器、吉林、青森に石包丁が出現する頃です。
箕子朝鮮領域で琵琶型が興るのはそれから400年後のことで、そこには無金属時代
があります。
>>402 >@A群琵琶型=山幸=天孫族
>>403 >つまり山幸(南方系支石墓文化人)+徐福(石寨山文化人)が南方系天孫族の正 >体ですね!!
英彦山周辺山岳地帯にいたグループというか。

407 :LUNAMASK:2011/05/23(月) 10:13:15.03 ID:cRg6u2Bs
天孫地祇
中国では天と地のまつり(郊祀(こうし))と祖先のまつり(宗廟(そうびよう))の祭りがある
が、天と地を祀るのが本来の意義で、天と地を差別する考えはない。西モンゴルで
トゥーヴァ山地と平地部を区別してトゥーヴァを高いウリャンハイと呼ぶのにそれほど
差別的な意味はない。高句麗、高夷の高いと言うのもこうした地理的区別であり、
低地にすむ夫与に対しての高句麗と言う意味と考えられる。

408 :LUNAMASK:2011/05/23(月) 10:34:16.04 ID:cRg6u2Bs
>>406 参照
「1954年、山形県飽海郡遊座(ゆざ)町吹浦(ふくうら)の三崎山遺跡から刀身も柄の
部分も一体鋳造である26cmの青銅刀子(とうす)が発掘された。2001年にこの青銅
刀子の鉛の成分が古代中国の殷文明の遺跡から発掘された青銅刀子と同じである
ことが科学的に証明された。三崎山遺跡からは縄文時代中期から後期のの土器や
石槍などが伴出している。中国の殷王朝は紀元前17世紀から11世紀にかけて
栄えた太古の王朝である。」
http://blog.goo.ne.jp/orangeone_2008/e/2fdda97fbb46380a26862a3480cbdefd

409 :LUNAMASK:2011/05/23(月) 10:59:14.02 ID:cRg6u2Bs
>>384-390
北百済が制圧した遼西と言うのは烏桓の故地と一致する。
つまり、百済に従って九州に移民した騎馬民族の主体は旧烏桓族であったのだはなか
ろうか。琵琶湖の烏丸半島、和邇川等の地名は邪馬台国時代のものではなく、応神朝
以降のものである可能性がある。烏桓と和邇、丸は音が通じる。

410 :LUNAMASK:2011/05/23(月) 11:03:07.68 ID:cRg6u2Bs
承前
賀茂川、桂川、上賀茂/下賀茂神社など京都の地名は南シベリア地名に合わせて
いる。河川合流点に神社を祀るのもモンゴリア北部由来と見られる。つまり、平安京
は旧烏桓族の文化に基づいて造られている可能性がある。

411 :出土地不明:2011/05/23(月) 11:54:44.05 ID:Kh03thfm
◆歌垣(うたがき) 【UTAGAKI】


歌垣は百済の帰化人から伝わっている。



翌宝亀元年(770年)3月には、男女230人が歌垣(うたがき)
には百済から河内の地に渡来した王仁(わに)の末孫たちが奉仕した
との記録が残されています。(続日本紀)
http://www18.ocn.ne.jp/~doukyou/shirukai/sub01.html

弓削の道鏡の出身地で称徳天皇がこの地に遊行されて、百済の人々が
歌垣をして慰めたという
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/136.htm

歌垣を行った葛井氏ら六氏は百済からの渡来人を先祖としており
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/kaihou26.html

412 :LUNAMASK:2011/05/23(月) 15:27:29.76 ID:cRg6u2Bs
>>401 >セム人のシュメール文明にカラスク人(オクネフ密教)を媒介として接触
私は↓オークネフ文化がカラスク→タガール→ウルグヘム→烏桓→吉野と流れたと
考えています。
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/02index.html#Okunev_Deity
しかし、これはシュメールに源があるとは思いません。オークネフ文化はアファナシエ
ヴォ文化の影響の基に生まれ、後に南下してシュメールの後継BMAC文化、インダス
文化に影響を与えることは考えられるが、その逆はないと思いますが。

413 :出土地不明:2011/05/23(月) 16:23:22.61 ID:xxSK6iGU
なあ、同時期の
チョンの鉄器史跡がないんだけど。買った鉄器しかないんだけど

そして、シナの鉄器の始まりがいつごろなのかきになるんだけど。2世紀くらい?


ぶっちゃけ鉄器の普及は、日本が百済の鉄おさえて普及させたのが
日本、シナでの鉄器の始まりなんだよな。

414 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 【東電 78.5 %】 :2011/05/23(月) 19:41:18.98 ID:XOdh1uC5
test

415 :出土地不明:2011/05/25(水) 01:03:38.21 ID:Yljhc5GV
鉄器は沿海州などの北方では鉄器時代の前に古鉄器時代という時代があり、
早くから取り入れられていたらしい。

日本の鉄器は朝鮮よりもむしろ沿海州から入って来たのではないか?

416 :LUNAMASK:2011/05/25(水) 08:10:50.80 ID:GIskarYS
http://www.staff.hum.ku.dk/dbwagner/EARFE/EARFE.html#Heading2
パジリクの鋳鉄は中国からの輸入だろう。朝鮮・沿海州のスキタイと言うのは
ポリツェ鍛鉄の可能性があり、日本の最早期のものもこうした鍛鉄の可能性はある。
しかし、燕の鋳鉄の輸入が始まり、考古学的に分けることは技術的に困難では。

417 :出土地不明:2011/05/25(水) 10:07:44.73 ID:D+9mFwUK
製鉄で言えば「たたら」は砂鉄を使って野焼きで作る
これは日本独自で
どこからか伝播した技術では無いと言える

ヤマタノオロチ伝説も有る
これは大国主の国譲りの前の時代の神話だ
日本の製鉄は世界最古の可能性が有る
ヤマトの敵だった出雲の調査は遅れてる

418 :出土地不明:2011/05/25(水) 11:51:14.47 ID:aWim71bh
◆貫頭衣(かんとうい) 【KANTOUI】


貫頭衣は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。



【貫頭衣 (かんとうい)】一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、
そこから頭を貫いて(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる
原始的な衣服の形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

419 :出土地不明:2011/05/25(水) 11:58:49.73 ID:aWim71bh





古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/column/nakamura027column.html






420 :LUNAMASK:2011/05/27(金) 08:54:22.17 ID:Hn9MF473
>>416
中国前8世紀錬鉄生産
晋静公墓(没前537年) 鉄製掘削具
http://www.staff.hum.ku.dk/dbwagner/EARFE/EARFE01.GIF
5世紀/戦国呉における高炉/鋳鉄の発明
[中国ではすでに紀元前から溶けた鉄が鋳鉄として製造されていたのである。
中国でそれが可能となった理由として,
青銅のるつぼ法および
火炎技術の製鉄への適用,
融点の低い含リン鉱石の存在,
石炭の早くからの使用,
水車および
複動ピストンふいごの使用など
が挙げられている。
要は中国人の高い技術能力の所産ということであろう。]
http://en.wikipedia.org/wiki/Joseph_Needham
刀工 アマクニ(天国)日本刀発明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%80%E5%B7%A5
弥生・たたら炉→平安・たたら吹きTatara steel making method
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%82%89%E5%90%B9%E3%81%8D

421 :LUNAMASK:2011/05/27(金) 09:04:46.51 ID:Hn9MF473
●それ以前は銅鐸や銅剣などの銅器を倭鍛冶(ヤマトカヌチ)が製造しており、なかでも
鉱石の識別をする鐸石別(ヌテシワケ)は、先進技術者とされ、崇神天皇の孫に鐸石別命
の名があるように人々に崇敬されたが、鍛冶は部民(べみん)とされた。[細形銅剣
か・ 鐸石別(ヌテシワケ)→難升米(生部)では]
●『日本書紀』天地開闢神話には、国常立尊(クニトコタチ)、国狭槌尊(クニサツチ)、豊斟渟尊
(トヨクムヌ)が登場するが、豊斟渟尊の実際の発音は「ボシントイ」であり、パイカル湖
一帯のブリヤート族伝承の「鉄鍛冶神」の名だとされる。つまり、北廻りに東北へ渡来
して陸奥に独自の製鉄王国を立てたオホーツク文化圏の人々の神と同一神格だとい
うのである。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-1-7.htm
  その後、人皇の御代にはいると綏靖天皇記に倭鍛冶部の刀匠、天津真浦に、また
崇神天皇記には天目一箇命の後裔に剣を造らせたと記してあります。これらはいずれ
も大和民族特有の刀剣です。また崇神天皇は大和鍛冶部に命じて造らせた剣十柄、
弓二張などを常陸国の鹿島神宮に献納されました。これは我が国で刀剣類を神社
仏閣に奉献した最初のものです。

  垂仁天皇の三十九年天皇は、太刀佩部(当時の軍閥であった物部、大久米部の
内から精鋭の一部隊)を創設し、皇子五十瓊敷命(イソタマシキノミコト)を将軍に任じ、
さらに大和鍛冶部に属する川上伴に、一千振にも及ぶ大量の剣を造らせて、非常
事態に備え、宮中の警備に当らせました。これが後世に授刀舎人(ジュトウノトネリ・
宮中護衛職)となりました。これらは伝統の大和鍛冶部を重んじたものであり、まだ
外国から鍛冶の移住がほとんどなかったことを意味しています。
http://www.n-p-s.net/history.htm

422 :LUNAMASK:2011/05/28(土) 11:29:57.31 ID:Z3Fk3Azg
下記経済別民族分布図参照
〇[北海道樺太沿海州]     寒帯森林狩猟漁労者 40.1% C1/D2 原住民
@[北韓遼寧華北・BMAC]    乾燥地農民  17%  O3  華北系   支石墓甕棺
A[満州]           温帯草原森林ステップ農民 23.6% O2b1 満州系   墳丘墓
B[本州沖縄]         多湿熱帯亜熱帯農民 5%   O3  江南系   前方後円墳
C[モンゴリア<->ウクライナ] 草原半砂漠遊牧民 14.3%  O2b  アルタイ系 横穴
石室墓
左端第一欄
熱帯森林狩猟民・採集民
熱帯沿岸収集民・漁民
ステップ半砂漠狩猟民・漁労民
温帯採集民・漁民
温帯大河流域沿海部漁民
寒帯森林狩猟漁労民○
タイガ-ツンドラ及びツンドラ狩猟民
第二欄
極地海獣狩猟民
熱帯マニュアル(くわ)農民
山地マニュアル農民・牧畜民
乾燥ステップ山麓マニュアル農民
温帯森林マニュアル農民
第三欄
温帯寒帯牧畜民・農民
草原半砂漠遊牧民C
高地遊牧民
寒帯林狩猟民・トナカイ牧畜民
ツンドラ・トナカイ牧畜民
第四欄
乾燥地農民@
多湿熱帯亜熱帯農民B
温帯草原森林草原農民A
http://www.rejmers.ru/images/stories/antropogeocenoz.gif

423 :LUNAMASK:2011/05/28(土) 15:35:50.15 ID:i1+SIPrl
>>416
パジリク 訂正↓
「新疆とモンゴルの国境に近い南シベリアパジリクで発掘された5座のシベリア凍結墓
として知られる墳墓は全て鉄製出土品を含む。鉄製の轡、短剣、ヘアピンである。
そのすべては錬鉄で、鋳鉄は皆無である。浮動年輪年代測定によってこれら墳墓は
48年間にかけて建設されたことが分かっている。一般的年代測定によると絶対年代
は前5世紀後期であり、放射性炭素測定とも整合する。これら墳墓は全て明確に
スキタイの影響を示しており、出土品のほとんどは中国から搬入されたものであった。」
つまり、前5世紀のパジリクは燕との接触はあったであろうが、呉乃至は中原と接触し
ていない。この頃鋳鉄はまだ燕に及んでいなかったことになる。

424 :出土地不明:2011/06/01(水) 23:03:03.44 ID:Uvqapl+B
◆歌垣(うたがき) 【UTAGAKI】


歌垣は百済の帰化人から伝わっている。



翌宝亀元年(770年)3月には、男女230人が歌垣(うたがき)
には百済から河内の地に渡来した王仁(わに)の末孫たちが奉仕した
との記録が残されています。(続日本紀)
http://www18.ocn.ne.jp/~doukyou/shirukai/sub01.html

弓削の道鏡の出身地で称徳天皇がこの地に遊行されて、百済の人々が
歌垣をして慰めたという
http://www.shiga-miidera.or.jp/serialization/shinra/136.htm

歌垣を行った葛井氏ら六氏は百済からの渡来人を先祖としており
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/kaihou26.html

425 :LUNAMASK:2011/06/02(木) 12:54:50.16 ID:Af8mYRVv
ウルムチ南西75km Kangjiashemenji 浅浮き彫り岩絵は前17-8世紀の約千年間
継続した歌唱・子作り祭典を描いている。
http://www.csen.org/hutubi_petroglyphs/h.schema2.jpeg
http://www.csen.org/hutubi_petroglyphs/h.map2.jpeg
http://www.csen.org/hutubi_petroglyphs/h.petroglyph.article.html
http://www.csen.org/aciaa_article/Eurasian%20Women%20Warriors3.htm
ルーマニア・ククテニ-トリポリエからタクラマカンに入り中原・北韓農耕社会に
多大な文化的影響を与えたものと考えられる。

426 :LUNAMASK:2011/06/02(木) 13:34:45.90 ID:Af8mYRVv
司母(女性戦士・祭司)のステータスは銅鏡、(儀典の器)銅フク、貝殻装身具の専有に
より公知される。司母は家族、氏族、部族の葬礼、神を祀り、女神を具現、集落、部族
の安寧をもたらす予知、神がかりを行った。
婦好の司母辛銅鼎はスキタイ銅フクと同じ効力を持っていた。銅鏡と貝殻は異界の霊
を見、その声を聞く託宣に使用された。
http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200706/z56/z56-004.jpg
「商代の獣面紋は主に「司母」が使う重要な器を飾っている。甲骨文には「女己御獣」と
いう表現があり、これは「司母己」が「天獣」に乗り、天に昇ることを意味し、「司母」と
天獣の関係を示している。」とくにスキタイではネコ科猛獣が御獣の獣であった。
http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200706/56zhuanwen56.html
卑弥呼に神獣鏡が必要なのはこの理由による。

427 :LUNAMASK:2011/06/03(金) 14:37:20.29 ID:zudqHPqY
新疆におけるコーカソイドの動き
Qawrighul Tocharians R1b BC2000-1500
Scythians R1a1 BC900-400
Sogdians R1b BC100-AD100
http://i39.photobucket.com/albums/e181/Borntobeking/3-2.jpg

428 :LUNAMASK:2011/06/03(金) 14:51:32.20 ID:zudqHPqY
>>427
Proto-European=トカラ人 NHKシルクロード小河墓遺跡のミイラ ルーマニアより
Mediterranian=スキタイ人 ヒッタイト崩壊後四散した犬戎→騎馬民族
Pamir-Fergana=ソグド人 ガンダーラ文化

429 :LUNAMASK:2011/06/03(金) 15:03:45.67 ID:zudqHPqY
右上 スキタイ 左中 トカラ 右下 ソグド人
http://i39.photobucket.com/albums/e181/Borntobeking/4-2.jpg

430 :LUNAMASK:2011/06/03(金) 15:10:00.35 ID:zudqHPqY
新疆西部国境:北から順に、トカラ人、ソグド人、スキタイ人、東から匈奴
http://i39.photobucket.com/albums/e181/Borntobeking/5-2.jpg

431 :LUNAMASK:2011/06/03(金) 15:39:06.89 ID:zudqHPqY
殷は賓客としてコーカソイド王族を含み、これを倒した周政権もアンドローノヴォ文化
の影響下にあった。アンドローノヴォ文化はヤムナ文化の後継者であったが、他方
コーカサスのマイコープ・ドルメン/箱式石棺墓文化は既にヤムナ文化に取りこまれて
いた。
「召方は、商代に西史召と呼ばれ、西方の祭祀権を商王朝から委譲されるほどの
有力な与国でした。 召は特に古くから諸族として力を掌握しており、河南西部の
古族でした。召は商王朝の文化圏に属していましたが、宗教的に特殊な伝統を持つ
氏族だったようです。」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/china/point21.html
召公が統治した燕は遼東に広がっていたが、ドルメン・箱式石棺墓文化はここから
朝鮮半島、満州、南シベリア、日本へと拡散した。

432 :LUNAMASK:2011/06/03(金) 15:56:51.49 ID:zudqHPqY
地下式横穴墓・地下式板石積石室墓・土坑墓
http://www.jomon-no-mori.jp/no9.htm
http://kobunken.web.infoseek.co.jp/note/note1/note1.htm
これらは黒海北岸ヤムナ文化→アファナシエヴォ文化→新疆トカラ・スキタイ
文化→燕へと移動し、最終的に南九州に定着した。つまり、南九州は
スキタイ文化の終着駅であり、同時に日本後期古墳文化の始発駅となったのだ。

433 :LUNAMASK:2011/06/03(金) 16:28:02.96 ID:zudqHPqY
http://members3.jcom.home.ne.jp/8606zlgh/02index.html#Dolmens

434 :出土地不明:2011/06/04(土) 08:59:31.07 ID:xJ9ulYd+
◆熟寿司、馴れ寿司、馴鮓、熟鮨(なれずし) 【NAREZUSHI】


なれずしの登場は8C。文献時代に入って100年以上もなれずしを
表す「鮓」「鮨」といった漢字自体がないところから見て、
遣唐使がこれらの漢字とともに中国から輸入してきたものと思われる。



日本における文献初見は『養老令』(718年)の「賦役令」で、鰒(アワビ)鮓、
貽貝(イガイ)鮓のほかに雑鮨が見える[40]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%8F%B8#.E5.AF.BF.E5.8F.B8.E3.81.AE.E8.B5.B7.E6.BA.90

魚肉の貯蔵形態としてのなれずし(鮓)は東南アジアに点々と見られ、
中国では鮓(サ)、台湾の高砂族ではトマメ、トワメ、カンボジアでは
ファーク(phaak)、タイではプラ・ハー、プラ・ラー、ボルネオの
イバン族ではカサム(kassam)、陸ダヤク族ではトバ(tobah)と呼ばれる[4]。
この他にもラオスやフィリピンルソン島の一部、中国南部の苗族などのものが
知られている。中国では河南の非漢人文化に発し、徐々に華北地方にも広がり
南宋時代に大流行した
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%97

435 :LUNAMASK:2011/06/04(土) 10:41:06.93 ID:zhlaU6g2
>>432
土坑墓(古ウクライナ/ヤムナ・薩摩)
地下式横穴墓(コーカサス北麓平原/カタコーム・大隅)
地下式板石積石室墓(外バイカル・ホロンバイル/肥後)[板石封頂壘砌土壙墓]
---------------------------------------------------------
遼寧型二段式大石蓋石板石立砌墓(二段式箱式石棺墓)
[箱式石棺墓はユーラシア全域]
穹窿石障横穴石室墓(南シベリアUlug-Hem・八代)
[冒頓単于堅昆制圧時の南シベリア]

436 :LUNAMASK:2011/06/04(土) 10:59:53.42 ID:zhlaU6g2
どこからか持ってきた、リロケートしたとしているが、↓ちと、乱暴な感あり。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/40/Brick_thomb.JPG
http://en.wikipedia.org/wiki/Slab_Grave_Culture
そもそも地下式であり、板石を横積(壘砌)して玄室壁を作っていたはずなんだが。

437 :LUNAMASK:2011/06/04(土) 11:14:26.21 ID:zhlaU6g2
遼東半島支石墓綜述 許先生より
歸結起來,遼東半島的積石墓、石棚、大石蓋墓、石棺墓等,它們之間應有一定
聯系,其年代順序是:
積石墓出現較早,其上限到新石器時代晩期;BC1200年以前
其次是石棚和大石蓋墓,它們主要是青銅時代;BC1200年前後
石墓棺的時代晩,主要是春秋戰國時代的墓葬。BC1200年-BC200年頃
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4b61b3900100k5t2.html

438 :LUNAMASK:2011/06/04(土) 11:37:07.16 ID:zhlaU6g2
上記ソースでは支石墓を築いたのは中原東部沿海部の東夷ではないかとしている。
所謂東夷是先秦時期居住在我國東部沿海的一個族群,他們的祖先可以上推至
傳説中的少昊、太昊兩個氏族。東夷本身也並非成分單一,它包括淮夷、徐夷、
来夷、東北夷等,典籍中有所謂“九夷”之説,證明其族群之多,勢力之大。
傅朗雲先生在《東北民族史略》一書中甚至把遼東半島石棚文化的主人精確爲
“陽夷”一支。嚴文明先生推測石棚文化主人可能爲夏代的“島夷”。
要するに、コーカサスドルメン文化を持っていた商・周の為政者は蛮族東夷
(日本での弥生渡来人人骨と分布領域が一致している)を治めるために支石墓
建設を利用したのであろう。

439 :LUNAMASK:2011/06/04(土) 12:41:21.93 ID:VlluK6ng
>>438 遼東・南韓・九州と年代的/墓制・土器的に一致する南インド
「南インド<巨石文化>は、現在の南インドの範囲のみならず、北はデカン高原北部
のマハーラーシュトラ州ナーグプル周辺から、南は半島先端近くまで、さらには、
スリランカ北部・中部にまで広がっています。年代的には、紀元前1000年頃に始まり、
紀元後1世紀まで続いたと考えられています。」
「馬具の出土などから騎馬遊牧民族によってもたらされたという説もありますが、土器
に記された人名の特徴や、続く初期歴史時代との連続性を考えると、この文化の主な
担い手は、ドラヴィダ人でだとするのが、もっとも妥当だと考えられています。
ドラヴィダ人が南下を始め、デカン高原に入ったのが紀元前1300年ころ、そこで分か
れたグループがカルナータカ、インド半島最南端に到着したのが紀元前800〜500年
ころだと考えられるので、<巨石文化>の時代と重なります。
また、黒縁赤色土器をもつインド中西部の金石併用諸文化がアーリヤ系集団にかか
わるものである可能性があることから、アーリヤ系集団をも含めた、多様な民族集団
がかかわった複合的な社会のなかで形成されてきた可能性も考えられています。」
http://bbs.jinruisi.net/blog/2008/04/000367.html

440 :LUNAMASK:2011/06/04(土) 15:00:57.24 ID:VlluK6ng
ヒンズー教マヌ法典による支石墓・メンヒル等巨石建立慣習の解釈は葬儀執行者、
長子による死者・祖先崇拝の通過儀礼であるとしている。インドでは現在も石は死者と
この世を分けるものと死、火葬後10日間遺族の家に石を置く慣習があると。
http://sites.google.com/site/kalyan97/megaliths

441 :出土地不明:2011/06/04(土) 16:43:34.48 ID:kye/DlVl
◆熟寿司、馴れ寿司、馴鮓、熟鮨(なれずし) 【NAREZUSHI】


なれずしの登場は8C。文献時代に入って100年以上もなれずしを
表す「鮓」「鮨」といった漢字自体がないところから見て、
遣唐使がこれらの漢字とともに中国から輸入してきたものと思われる。



日本における文献初見は『養老令』(718年)の「賦役令」で、鰒(アワビ)鮓、
貽貝(イガイ)鮓のほかに雑鮨が見える[40]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%8F%B8#.E5.AF.BF.E5.8F.B8.E3.81.AE.E8.B5.B7.E6.BA.90

魚肉の貯蔵形態としてのなれずし(鮓)は東南アジアに点々と見られ、
中国では鮓(サ)、台湾の高砂族ではトマメ、トワメ、カンボジアでは
ファーク(phaak)、タイではプラ・ハー、プラ・ラー、ボルネオの
イバン族ではカサム(kassam)、陸ダヤク族ではトバ(tobah)と呼ばれる[4]。
この他にもラオスやフィリピンルソン島の一部、中国南部の苗族などのものが
知られている。中国では河南の非漢人文化に発し、徐々に華北地方にも広がり
南宋時代に大流行した
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%97

442 :出土地不明:2011/06/04(土) 16:44:37.31 ID:kye/DlVl
◆熟寿司、馴れ寿司、馴鮓、熟鮨(なれずし) 【NAREZUSHI】


なれずしの登場は8C。文献時代に入って100年以上もなれずしを
表す「鮓」「鮨」といった漢字自体がないところから見て、
遣唐使がこれらの漢字とともに中国から輸入してきたものと思われる。



日本における文献初見は『養老令』(718年)の「賦役令」で、鰒(アワビ)鮓、
貽貝(イガイ)鮓のほかに雑鮨が見える[40]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%8F%B8#.E5.AF.BF.E5.8F.B8.E3.81.AE.E8.B5.B7.E6.BA.90

魚肉の貯蔵形態としてのなれずし(鮓)は東南アジアに点々と見られ、
中国では鮓(サ)、台湾の高砂族ではトマメ、トワメ、カンボジアでは
ファーク(phaak)、タイではプラ・ハー、プラ・ラー、ボルネオの
イバン族ではカサム(kassam)、陸ダヤク族ではトバ(tobah)と呼ばれる[4]。
この他にもラオスやフィリピンルソン島の一部、中国南部の苗族などのものが
知られている。中国では河南の非漢人文化に発し、徐々に華北地方にも広がり
南宋時代に大流行した
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%97

443 :出土地不明:2011/06/04(土) 16:45:39.18 ID:kye/DlVl
◆熟寿司、馴れ寿司、馴鮓、熟鮨(なれずし) 【NAREZUSHI】


なれずしの登場は8C。文献時代に入って100年以上もなれずしを
表す「鮓」「鮨」といった漢字自体がないところから見て、
遣唐使がこれらの漢字とともに中国から輸入してきたものと思われる。



日本における文献初見は『養老令』(718年)の「賦役令」で、鰒(アワビ)鮓、
貽貝(イガイ)鮓のほかに雑鮨が見える[40]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%8F%B8#.E5.AF.BF.E5.8F.B8.E3.81.AE.E8.B5.B7.E6.BA.90

魚肉の貯蔵形態としてのなれずし(鮓)は東南アジアに点々と見られ、
中国では鮓(サ)、台湾の高砂族ではトマメ、トワメ、カンボジアでは
ファーク(phaak)、タイではプラ・ハー、プラ・ラー、ボルネオの
イバン族ではカサム(kassam)、陸ダヤク族ではトバ(tobah)と呼ばれる[4]。
この他にもラオスやフィリピンルソン島の一部、中国南部の苗族などのものが
知られている。中国では河南の非漢人文化に発し、徐々に華北地方にも広がり
南宋時代に大流行した
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%97

444 :LUNAMASK:2011/06/04(土) 17:03:29.50 ID:VlluK6ng
>>440
コーカサスドルメンの研究により多くのドルメン儀式、機能が判明してきたが、そのひと
つに亀甲墓と同様の機能がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kamekoubaka.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E7%94%B2%E5%A2%93
背振周辺、南韓、浙江省、遼寧省の支石墓等と合わせ一つの文化圏が存在していた
可能性がある。

445 :LUNAMASK:2011/06/05(日) 12:59:31.20 ID:Rrr5/vgR
>>444
仮説
隋煬帝元年605年隋琉球征討時琉球人を捕獲、大陸に連行した。この頃の琉球人は
突厥系コーカソイドと百済系モンゴロイドの混淆であったが、17世紀末福建省から
その子孫が台湾、沖縄に帰還移住するに従い、隋時代の突厥系遊牧民が持っていた
亀甲墓が復活した。しかし、コーカソイドDNAはその後の中国・モンゴリアの歴史的
拡大、混乱の過程でほとんど西方に帰還した。
http://big5.am765.com/wx/twls/200707/t20070702_259812.htm
北史卷九十四 列傳第八十二 流求國
http://www.geocities.jp/intelljp/cn-history/north/ryukyu.htm

446 :LUNAMASK:2011/06/05(日) 15:46:48.60 ID:Rrr5/vgR
亀甲墓
印欧語原郷は球形アンフォラ土器文化(Globular Amphora culture)。
http://en.wikipedia.org/wiki/Globular_Amphora_culture
メソポタミア文化は漢が朝鮮半島に楽浪郡等4郡を設置するようにコーカサス北麓に
マイコープ文化(ドルメン文化)を設置する。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97%E6%96%87%E5%8C%96
Maykopマイコープ東南50kmには弁韓に集合する東夷諸族のようにノヴォ
スヴォボドナヤNovosvobodnayaドルメン文化が生まれる。
沖縄を中心とする亀甲墓は原始印欧語族の慣習を強くとどめている。

447 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 【東電 70.8 %】 :2011/06/05(日) 17:27:50.65 ID:kHv/HM9v
test

448 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 08:48:33.13 ID:0a6Pe1hn
亀甲墓の祖型、ロシア・クラスノダール黒海沿岸ドルメン
http://www.relaxlazarevskoe.com/dolmen.html
亀甲墓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E7%94%B2%E5%A2%93
この地方からヒッタイト、ミケーネ、守礼門の城門、グスク、獅子頭、シーサ等が
生まれた。騎馬民族である突厥クマン族は久米島に名を残し、馬頭の踊りは
現在ポーランドに残る。

449 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 08:58:50.48 ID:0a6Pe1hn
マドリードのシベーレス広場にある、ライオンに牽かれたキュベレーの像。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e9/Plaza-de-cibeles.jpg
これがシーサの祖型。その源は印欧語発生源チャタル・フユクにある。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7d/Ankara_Muzeum_B19-36.jpg
印欧語はその後ドナウ河中遊に移動、その後東西方言に分裂。ヒッタイト語、トカラ語は
西部方言群がアナトリアに帰還したもの。亀甲墓はキュべレの子宮なのだ。

450 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 09:05:51.90 ID:0a6Pe1hn
ヒッタイト獅子門
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hattusa.liongate.jpg
ミケーネ獅子門
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9d/Mycenae_lion_gate_dsc06382.jpg
首里城歓会門
http://www.okinawainfo.net/isan/syuri/syuri01.htm
これはまさに世界遺産だ。

451 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 09:23:38.16 ID:0a6Pe1hn
「ヒッタイト帝国が崩壊したことで、キリキア、シリア北部で行っていたと考えられて
いる鉄の浸炭は海の民の動乱により各地へ広がった。」700年後、それは呉で始ま
る。が、中国にはそれまで塊鉄炉・錬鉄知識すらなかった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/前1200年のカタストロフ
新疆における鉄の出土頻度
http://www.staff.hum.ku.dk/dbwagner/EARFE/EARFE01.GIF
http://www.staff.hum.ku.dk/dbwagner/EARFE/EARFE.html
明らかに、ヒッタイトは西周期に西方から侵入している。犬戎だ。

452 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 09:30:07.76 ID:0a6Pe1hn
馬、犬戎を制する秦氏は九州において隼人を制圧している。秦氏はアブラハム教
(ユダヤ・イスラム・キリスト)以外に拝火教、ミトラス・魔多羅教等ありとあらゆる
宗教を網羅している。秦氏の渡来以降日本は仏教に傾斜して行く。

453 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 09:35:08.52 ID:0a6Pe1hn
秦氏は夏・商王朝に馬・二輪車を納入した。エジプトで馬・二輪車を納入してファラオに
なったヒクソスはモンゴロイド。当時、そんなにモンゴロイドがごろごろしていたとは
考えられない。私はヒクソスから帰還した渡来人として秦氏に的を絞って考察を重ねて
きた。今となってもやはりあれは秦氏ではないかと考えている。

454 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 09:49:36.91 ID:0a6Pe1hn
>>451
「シェッフェルによれば後者の説には裏づけがあり、ウガリット、ハットゥシャで発見され
た文書によればヒッタイト最後の王、シュッピルリウマ2世は「国中の船を大至急、全て
回す」よう命令しており、オロンテス川流域の小麦をキリキアへ運ぶのと同時に、王、
その家族、軍隊を移動させようとしていた。これはシュッピルリウマ2世が首都を捨てよ
うとしていたことが考えられ、これについてシェッフェルは旱魃と地震により、ヒッタイト
に繰り返し飢餓が発生していたと分析している。
さらにシェッフェルによればトルコのアナトリア地方は地震群発地帯であり、地震に
より火災が発生したことで各都市が火災の跡が残っているとしており、ウガリット時代
の地層は稀に見るぐらいの激震で揺さぶられていたとしている。」
「ウガリット時代の地層は稀に見るぐらいの激震で揺さぶられていた」←これが原因だ
ろう。

455 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 10:12:05.72 ID:0a6Pe1hn
>>435
亀甲墓文化人が前五世紀の呉における爆風炉発明等を含む製鉄技術革新に関与した
ものであるとすれば、南西諸島・琉球への亀甲墓文化人渡来は、4世紀に渡来する
秦氏とは別なもので、その重心は台湾・福建方面にあったという可能性もある。
更に、雲南・四川方面にはスキタイ文化の痕跡があるのでそちらからの福建・浙江省
方面への移動と言う線もある。また、更には、首露王伝説にある通りインド・スキタイの
移動の線もある。>>445 はこうした点においてあくまでも仮説である。

456 :出土地不明:2011/06/06(月) 12:01:25.88 ID:AzFpqN1C
◆高床式建物(たかゆかしきたてもの) 【TAKAYUKASHIKI-TATEMONO】


長江江南の高床式建物は、5000年前には既に「木骨泥墻」(もっこつでいのう)に
取って代わられていた。



>私が見たものでは高床建物を出す遺跡は右の二つだけで、あとは全部「木骨泥墻」を
>出すものでした。陰湘城がすでに述べたように木骨泥墻ですし、その東にある
>石家河遺跡がやはり木骨泥墻です。この遺跡は陰湘城と同じように環濠集落なのですが、
>はるかに巨大です。壕の長径は1.5キロメートルに達します。これはもう村というより
>都市だとされています。時代は石家河文化時代(前2600〜2000年)です。
>右の情報を横並べにしてみると、次のようになります。

>  @河姆渡第3〜第4期(前5000〜前4000年)
>     ロングハウス式高床建物
>  A屈家ュ期(前3000〜前2600年)
>     木骨泥墻・環濠村
>  B石家河期(前2600〜前2000年)
>     木骨泥墻・環濠都市
http://www.kyoto-up.or.jp/jp/authorsessay01.html

457 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 14:00:16.89 ID:0a6Pe1hn
ポートホールスラブ「巨石考古学で言うポートホールスラブとは石室墓の入り口を
形成する穴のあいた立石を指す。この穴は通常円形だが、四角とか、ノッチカットをさ
れた二枚の組み合わせ石板というのもある。それらは[フランス・ベルギー]Seine-
Oise-Marne文化の長屋墳でよく見られる。」
http://en.wikipedia.org/wiki/Megalithic_architectural_elements
亀甲墓はこの分類によるとフランスベルギー型で、
http://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%80%E7%94%B2%E5%A2%93&hl=ja&rlz=1R2ADFA_jaJP338&biw=1228&bih=556&prmd=ivns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=8FnsTdiaNoeyuAO34LjvDw&sqi=2&ved=0CDYQsAQ
ノヴォスヴォボドナヤ型は、
http://www.dmitralex.ru/fotofilija/adygeya/novosvobodnaya/p9292257.jpg
南インド→【シスト(箱式石棺状墓)】板石を組み合わせて、地下、または半地下式に
石室構造を構築する。舷窓(ポートホール)と呼ばれる開口部が、側石の一枚に開け
られたものがあることが特徴的である。舷窓は、ヨーロッパや、コーカサス地方、
中近東の巨石文化にも見られる特徴であり、注目される。
http://bbs.jinruisi.net/blog/2008/04/000367.html
南インドから日本にとなると「大野晋」タミール語説を補強することになる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E6%99%8B

458 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 14:05:02.15 ID:0a6Pe1hn
『続日本紀』光仁天皇宝亀九年(778)に、「去る天平神護年中に、大隅国の海中に神
が島を造った。その名を大穴持神という。『神社仏閣帳』には、奥州津軽山から西国の
守護神として当地に来たとある。
http://kamnavi.jp/en/kyuushu/oonamuj3.jpg 御立派すぎる「石灯籠」
http://kamnavi.jp/en/kyuushu/oonamuti.htm
時代的にぴったりする。奥州津軽山ではなく、トカラ列島からではなかろうか。

459 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 14:29:41.85 ID:0a6Pe1hn
>>453-454
秦(はた)とはずばりヒッタイトのことではなかろうか。

460 :LUNAMASK:2011/06/06(月) 14:46:41.39 ID:0a6Pe1hn
が、ヒッタイトの故土を球形アンフォラ土器文化(Globular Amphora culture)
http://en.wikipedia.org/wiki/Globular_Amphora_culture
と見た場合、日本に球形アンフォラ土器を持ち込んだのが新沢千塚で、その土器は
ここにある提瓶↓
http://inoues.net/ruins/senduka200806.jpg
http://inoues.net/ruins/niizawasenduka.html
ところが新沢千塚は秦氏とは別の東漢氏だとされている。この辺がちと気がかりな
ところ。

461 :出土地不明:2011/06/06(月) 15:27:11.02 ID:AzFpqN1C
◆高床式建物(たかゆかしきたてもの) 【TAKAYUKASHIKI-TATEMONO】


長江江南の高床式建物は、5000年前には既に「木骨泥墻」(もっこつでいのう)に
取って代わられていた。



>私が見たものでは高床建物を出す遺跡は右の二つだけで、あとは全部「木骨泥墻」を
>出すものでした。陰湘城がすでに述べたように木骨泥墻ですし、その東にある
>石家河遺跡がやはり木骨泥墻です。この遺跡は陰湘城と同じように環濠集落なのですが、
>はるかに巨大です。壕の長径は1.5キロメートルに達します。これはもう村というより
>都市だとされています。時代は石家河文化時代(前2600〜2000年)です。
>右の情報を横並べにしてみると、次のようになります。

>  @河姆渡第3〜第4期(前5000〜前4000年)
>     ロングハウス式高床建物
>  A屈家ュ期(前3000〜前2600年)
>     木骨泥墻・環濠村
>  B石家河期(前2600〜前2000年)
>     木骨泥墻・環濠都市
http://www.kyoto-up.or.jp/jp/authorsessay01.html

462 :出土地不明:2011/06/06(月) 15:28:02.51 ID:AzFpqN1C
◆高床式建物(たかゆかしきたてもの) 【TAKAYUKASHIKI-TATEMONO】


長江江南の高床式建物は、5000年前には既に「木骨泥墻」(もっこつでいのう)に
取って代わられていた。



>私が見たものでは高床建物を出す遺跡は右の二つだけで、あとは全部「木骨泥墻」を
>出すものでした。陰湘城がすでに述べたように木骨泥墻ですし、その東にある
>石家河遺跡がやはり木骨泥墻です。この遺跡は陰湘城と同じように環濠集落なのですが、
>はるかに巨大です。壕の長径は1.5キロメートルに達します。これはもう村というより
>都市だとされています。時代は石家河文化時代(前2600〜2000年)です。
>右の情報を横並べにしてみると、次のようになります。

>  @河姆渡第3〜第4期(前5000〜前4000年)
>     ロングハウス式高床建物
>  A屈家ュ期(前3000〜前2600年)
>     木骨泥墻・環濠村
>  B石家河期(前2600〜前2000年)
>     木骨泥墻・環濠都市
http://www.kyoto-up.or.jp/jp/authorsessay01.html

463 :出土地不明:2011/06/06(月) 15:29:02.95 ID:AzFpqN1C
◆高床式建物(たかゆかしきたてもの) 【TAKAYUKASHIKI-TATEMONO】


長江江南の高床式建物は、5000年前には既に「木骨泥墻」(もっこつでいのう)に
取って代わられていた。



>私が見たものでは高床建物を出す遺跡は右の二つだけで、あとは全部「木骨泥墻」を
>出すものでした。陰湘城がすでに述べたように木骨泥墻ですし、その東にある
>石家河遺跡がやはり木骨泥墻です。この遺跡は陰湘城と同じように環濠集落なのですが、
>はるかに巨大です。壕の長径は1.5キロメートルに達します。これはもう村というより
>都市だとされています。時代は石家河文化時代(前2600〜2000年)です。
>右の情報を横並べにしてみると、次のようになります。

>  @河姆渡第3〜第4期(前5000〜前4000年)
>     ロングハウス式高床建物
>  A屈家ュ期(前3000〜前2600年)
>     木骨泥墻・環濠村
>  B石家河期(前2600〜前2000年)
>     木骨泥墻・環濠都市
http://www.kyoto-up.or.jp/jp/authorsessay01.html

464 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 【東電 80.5 %】 :2011/06/06(月) 18:23:23.17 ID:De7WKhoE
test

465 :LUNAMASK:2011/06/08(水) 15:27:36.23 ID:ygvGxRmU
馬、二輪車、円形集合住宅発祥の地シンタシュタを画像で見る
http://www.google.com/search?q=sintashta&hl=en&client=opera&hs=PKs&rls=ja&channel=suggest&biw=1218&bih=625&prmd=ivns&source=lnms&tbm=isch&ei=-BPvTZONF43JrAeNr93MBQ&sa=X&oi=mode_link&ct=mode&cd=2&sqi=2&ved=0CAsQ_AUoAQ
中国には夏商期に赤狄/アファナシエヴォ、西周期に白狄/アンドローノヴォ・スキタイ
として黄河上流より入る。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%84
この中から客家が生まれ、長江沿いに南下、東進、南下、
http://ja.wikipedia.org/wiki/客家
掃墓敬祖 薄棺下葬 検骨還郷
http://hakka.shihkang.gov.tw/culture_06.asp
遂には福建に至り囲楼を残す。
http://chinasaloon.net/cult-chinaview.htm

466 :LUNAMASK:2011/06/08(水) 15:34:25.44 ID:ygvGxRmU
>>445
客家の動きと軌を一にするごとく、沖縄においても、中国大陸で元が駆逐され、
江南系の明が建国するのに同期して沖縄三山時代
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B1%B1%E6%99%82%E4%BB%A3
沖縄中山王国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E7%8E%8B%E5%9B%BD
が成立するが、歴史的に >>445 で見た突厥系がぶり返したと考えてよかろう。

467 :LUNAMASK:2011/06/08(水) 15:43:06.18 ID:ygvGxRmU
秦氏がヒッタイトと似た歴史的運命にあることは間違いないが、秦氏の関係する
稲荷信仰はどこから来たのだろうか。これに対する私の仮説は
晋 狐偃だ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%90%E5%81%83
この狐偃こそ秦氏の盟友、犬戎、スキタイ・サカ族であったと考えたい。

468 :LUNAMASK:2011/06/08(水) 15:55:30.83 ID:ygvGxRmU
犬戎が政権側に重用されるケースは日本にもあり、坂上田村麻呂がまさに
コーカソイド犬戎(サカエとはイラン語で犬戎)、タムラとはイスラム界では犬戎の
祖とされる人物、田村麻呂の祖父は犬養(ずばり、犬戎、サカエ族)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E4%B8%8A%E7%94%B0%E6%9D%91%E9%BA%BB%E5%91%82
秦氏とは別に日本には犬戎も入っていたということだ。

469 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 【東電 79.8 %】 :2011/06/08(水) 18:09:37.62 ID:UP7n55h9
test

470 :LUNAMASK:2011/06/09(木) 10:55:58.16 ID:hGxyBn47
秦氏は始皇帝の末裔と言うよりも戦国・中山国→五胡・前秦→百済・近肖古→応神朝
という形で日本に入ってきたサカ族を含むスキタイ族であり、前2000年紀にはエジプト
・小アジア・中近東に跋扈していた騎馬民族と見るべきかもしれない。
百済遼西経略説 近肖古 346-375
http://en.wikipedia.org/wiki/Baekje#Baekje.27s_presence_on_the_continent
「五胡十六国時代にDi族の苻氏が建てた前秦の王族ないし貴族が戦乱の中、朝鮮
半島経由で日本にたどり着いた」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E6%B0%8F
http://en.wikipedia.org/wiki/Zhongshan_(state)
http://en.wikipedia.org/wiki/Di_(ethnic_group)

471 :LUNAMASK:2011/06/09(木) 15:51:17.84 ID:7mR7uwNo
応神朝に渡来した秦氏・功満王、融通王(弓月君)の王名は当時の康居、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%B7%E5%B1%85
http://s155239215.onlinehome.us/turkic/70_Dateline/kipchak_dateline_En.htm
後のキプチャク、
http://ja.wikipedia.org/wiki/キプチャク
http://s155239215.onlinehome.us/turkic/70_Dateline/KimaksdatelineEn.htm
の族名と通じるところが多く、この点からすると秦氏はもはやスキタイではなく
チュルクであったとすべきかもしれない。
この族名は弁辰韓・伽耶の国名とも非常に似ている。

472 :LUNAMASK:2011/06/09(木) 16:58:10.58 ID:7mR7uwNo
夕月君と言うのはエフタル王のことを指す↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/White_Hun.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/63/Huns_silver_coin_copying_Gupta_horse_type_5th_century_CE.jpg
http://en.wikipedia.org/apple-touch-icon.png
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/2b/HunCoinDerivedFromSassanianDesign5thCE.JPG/220px-HunCoinDerivedFromSassanianDesign5thCE.JPG

473 :LUNAMASK:2011/06/09(木) 17:04:22.67 ID:7mR7uwNo
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/7e/HephthaliteCoin.jpg/350px-HephthaliteCoin.jpg
月型を持つエフタル王

474 :LUNAMASK:2011/06/09(木) 17:11:49.13 ID:7mR7uwNo
エフタル(Ephthal)は、5世紀〜6世紀にかけて中央アジアに存在した遊牧国家。
民族系統はイラン系とする説が有力である。名称は史料によって異なり、インドでは
フーナ(H?na)、シュヴェータ・フーナ (白いフン)、サーサーン朝ではスペード・フヨーン
(白いフン)、ヘテル(Hetel)、ヘプタル(Heptal)、東ローマ帝国ではエフタリテス
(Ephtalites)、アラブではヘイタル(Heital)、アルメニアではヘプタル(Hephtal)、
イダル(Idal)、テダル(Thedal)と呼ばれ[1]、中国史書では??[2](ようたつ)、?
?(さつたつ)[3]、?怛(ゆうたつ)[4]、??(ようてん)[5]などと表記される。また、
「白いフン」に対応する白匈奴の名でも表記される。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%AB

475 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 11:32:29.29 ID:/5nrUOMd
隼人=エフタル(Hayatle)
「エフタルというのは、クシャン帝国を創建した民族の族名は不詳であるが、それとは
異なるトカラ族同様の現地の民族であると言う現地人伝承も存在する。[1959年当時]
私はAlifbek Hiyshalovという44才の現地人Shugnan族で、イスマイリト導師の教育を
受けた人から聞いたことだが、彼は青年時代に読んだ手書き文書にあったとして話し
てくれた。私は幸いにしてその手書き文書の一部で活字になったものを入手したが、
これはTa'rikh Nama-i-Haratという本であった。そこにはヘラト建国伝説があり、
その昔、Hushangの子、Tahmurasiなるものがカンダハル近辺に居住していた自民族
を追い立てたとある。その後、自民族の内5千人はカーブル方向に出発し、そこに住み
ついたが、気候が合わずGur国に移住、その後Aubyeと言うところに移住し、そこで
内紛がおこり戦争にまで進み、一部は高地クシャン(Kushan Olviyan)の地に向かっ
た。残った自民族の統率者はHayatleといった。出国組と残留組の闘争に付いての
記述は省略する。重要なのはこのHayatleが"Haytal"及び"Heptal"であることを認め
ざるを得ないことだ。"Kushan"という地名がこれら事件の発生年代を紀元後2-3世紀
のことであることを示唆するが、この手書き原稿の著者は自らの都市の創建年代を
非常に古い昔のこととしようとしており、これはMusy時代のことでFeridunの子、
Iryedzhの子、Minuchihrをこれら事件の同時代として言及している。」
1959 L.N.Gumilyov 「4世紀エフタル族と近隣」より

476 :出土地不明:2011/06/10(金) 11:57:29.71 ID:z/CZbzdq
◆断髪(だんぱつ) 【DANPATSU】


倭人が断髪をしていたとは魏志倭人伝には書かれていない。
「倭人の男子は皆、露カイし、木綿を頭に巻いていた」と書かれている。

露カイには多説あり、冠をかぶらない頭、髪を露わに結った頭、みずら、
などと訳されている。



男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm
http://yamatonokuni.seesaa.net/article/31910088.html

477 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 12:00:20.45 ID:/5nrUOMd
エフタル族が地下式横穴墓であったという確証は得られていないが、隼人と地下式
横穴墳の
分布が重なり、また、薩摩の土壙墳もヤムナ墳としてカタコーム墳に先行することか
ら、隼人と地下式横穴墓は重なると見てよいと考える。
地下式横穴墓(カタコーム墳)
磨製戦闘石斧埋納文化 デスマスク インドイラン
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/58/Fatyanovo-culture.jpg
http://en.wikipedia.org/wiki/Catacomb_culture

478 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 13:05:02.89 ID:/5nrUOMd
春秋時代地域別地図 秦・晋・燕
http://shibakyumei.web.fc2.com/map/mapD1.shtml
河水と汾水の間、狐氏が欽明、河水の西、白狄が坂上氏、周の東方、滑がエフタル、
隼人、發として朝鮮半島を南下(エフタル・月氏は同族か)

479 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 13:14:35.41 ID:/5nrUOMd
欽明の祖は応神朝に山西省より百済経由渡来した白狄出自の晋王族ではないかと
いうこと。

480 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 13:29:40.69 ID:/5nrUOMd
節刀、ふつの御霊、神武まで持たされるが、このフツ、狐突という狐族の先祖
の御霊と解釈できる。日本神話が形成されるのが騎馬民族渡来後なので神武は
遡及して持たされると考えられる。
忠臣は二君(にくん)に事(つか)えず
Hutu 狐突<ことつ>【晋】晋の大夫。前637年没。
伯氏。伯行。狄の狐氏出身。申生派の大夫だが、息子二人は公子重耳に仕えてい
た。懐公に息子達を呼び戻すように命じられたが、従わなかったので殺された。
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4ce9613b0100cvt5.html
中国では忠臣の鑑とし、狐神のお宮まである。

481 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 13:35:24.50 ID:/5nrUOMd
狐突廟
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4ce9613b0100cvt5.html

482 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 13:44:55.91 ID:/5nrUOMd
伏見稲荷大社・伊奈利社創祀前史
http://inari.jp/b_shinko/
欽明が中国における狐突廟の慣習を日本に持ち込み、重ねて天皇家の
いやさかを祈ったものと解釈できる。

483 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 15:09:18.59 ID:/5nrUOMd
日本の神社はどこから来たか
Inari shrines 32 000 Fushimi Inari Taisha (Kyoto) 犬戎(狐氏)
--------------------------------------------------------------------
Hachiman shrines 25 000 Usa Hachiman-gu (Oita prefecture, Kyushu),
Iwashimizu Hachiman-gu (Kyoto)  マニ教 ホルムスタ/アフラマズダ
--------------------------------------------------------------------
Shinmei shrines 18 000 Ise Jingu (Mie prefecture) スキタイ 太陽/水の女神
-------------------------------------------------------------------
Tenjin shrines 10500 Dazaifu Tenman-gu (Fukuoka prefecture, Kyushu),
Kitano Tenman-gu (Kyoto) チュルク 天神
-------------------------------------------------------------------
Munakata shrines 8 500 Munakata Taisha (Fukuoka Prefecture, Kyushu),
Itsukushima Shrine (Hiroshima) スキタイ 三女神
-------------------------------------------------------------------
Suwa shrines 5 000 Suwa Taisha (Nagano prefecture) アルタイ クマンディン族
御柱
--------------------------------------------------------------------
Hiyoshi shrines 4 000 Hiyoshi Taisha (Shiga prefecture) 冒頓単于(松尾山王)
大山咋
-------------------------------------------------------------------
Kumano shrines 3 000 Kumano Nachi Taisha (Wakayama prefecture) 素盞嗚命
閻魔
---------------------------------------------------------------------
Tsushima shrines 3 000 Tsushima Shrine (Aichi prefecture) 牛頭天王 閻魔
--------------------------------------------------------------------
Yasaka shrines 3 000 Yasaka Shrine (Kyoto) 牛頭天王 閻魔
http://en.wikipedia.org/wiki/Shinto_shrine
こうして見ると犬戎天皇がスキタイ、チュルク、アルタイ(閻魔を含む)の神々
を携え渡来してきたのだと言うことがはっきりする。純国産としては塩竃神社
くらいか。

484 :LUNAMASK:2011/06/10(金) 15:15:53.87 ID:/5nrUOMd
島津の家紋、丸に十文字はマニ教の印で、これは秦氏といいうのがマニ教で
あったことを物語るようだ。おそらく神功皇后にマニ教の洗礼をしたのは百済に
到着していた秦氏達ではなかろうか。

485 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 【東電 81.5 %】 :2011/06/10(金) 16:29:44.89 ID:MVI8Plfv
test

486 :出土地不明:2011/06/10(金) 23:29:17.05 ID:Ec8YUlLT
◆断髪(だんぱつ) 【DANPATSU】


倭人が断髪をしていたとは魏志倭人伝には書かれていない。
「倭人の男子は皆、露カイし、木綿を頭に巻いていた」と書かれている。

露カイには多説あり、冠をかぶらない頭、髪を露わに結った頭、みずら、
などと訳されている。



男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm
http://yamatonokuni.seesaa.net/article/31910088.html

487 :出土地不明:2011/06/10(金) 23:49:27.50 ID:Ec8YUlLT
◆断髪(だんぱつ) 【DANPATSU】


倭人が断髪をしていたとは魏志倭人伝には書かれていない。
「倭人の男子は皆、露カイし、木綿を頭に巻いていた」と書かれている。

露カイには多説あり、冠をかぶらない頭、髪を露わに結った頭、みずら、
などと訳されている。



男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm
http://yamatonokuni.seesaa.net/article/31910088.html

488 :出土地不明:2011/06/10(金) 23:50:04.32 ID:Ec8YUlLT
◆断髪(だんぱつ) 【DANPATSU】


倭人が断髪をしていたとは魏志倭人伝には書かれていない。
「倭人の男子は皆、露カイし、木綿を頭に巻いていた」と書かれている。

露カイには多説あり、冠をかぶらない頭、髪を露わに結った頭、みずら、
などと訳されている。



男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm
http://yamatonokuni.seesaa.net/article/31910088.html

489 :出土地不明:2011/06/10(金) 23:50:53.29 ID:Ec8YUlLT
◆断髪(だんぱつ) 【DANPATSU】


倭人が断髪をしていたとは魏志倭人伝には書かれていない。
「倭人の男子は皆、露カイし、木綿を頭に巻いていた」と書かれている。

露カイには多説あり、冠をかぶらない頭、髪を露わに結った頭、みずら、
などと訳されている。



男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm
http://yamatonokuni.seesaa.net/article/31910088.html

490 :LUNAMASK:2011/06/11(土) 11:28:45.68 ID:7/X/xlmG
説文解字では東穢を古朝鮮の属国、穢邪頭で、穢邪頭はその後高句麗に属したとさ
れるが、この穢邪頭は隼人に通じる。おそらく隼人は穢を経由して九州に入るのであ
ろう。
http://en.wikipedia.org/wiki/Yemaek
虎をトーテムとすると言うが、ユーラシア全域においてはスキタイ同様、ネコ科猛獣を
トーテムとしていたのだろう。他方、アルタイ・ケト族は熊をキビと呼び、トーテムとする
という。この熊・キビ族は貊族と見られる。

491 :LUNAMASK:2011/06/11(土) 16:59:29.17 ID:7/X/xlmG
>>483
宗像大社
http://www.munakata-taisha.or.jp/
これはスキタイ3女神神話に書き換えられたが、その近所のちはやぶるで有名な
織幡神社
http://www.genbu.net/data/tikuzen/orihata_title.htm
等は水辺族、ブリャート巴紋を残している。
従い、犬戎、スキタイ、チュルク、アルタイ(閻魔を含む)の神々の更に前の段階から
神社が存在していたことは間違いない。宗像大社の神主がブリャート石板墓遺跡
同様の社屋なしの礼拝地で神を祭る姿が何よりの証拠。

492 :LUNAMASK:2011/06/12(日) 09:51:48.62 ID:uSBp4Hgv
>>447
カタコーム墳は氏族別集落、クルガン墳丘(墳丘の下に地下式横穴墓があり、
足を曲げて横たわり、火を象徴する赤色顔料で覆われた遺骸)、アファナシエヴォ
文化にも共通する強い頭蓋変形慣習があり、東方との関連を物語るが、特に、
頭蓋変形は隼人に継承されている。

493 :LUNAMASK:2011/06/12(日) 12:56:24.45 ID:uSBp4Hgv
下記より車線変更する
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1306033328/menu382
奈良時代の京都、つまり、次の都平安京は下記の宇宙観に基づいて建都が進行して
いた。
http://kamnavi.jp/mn/kinki/konosi3.gif
http://kamnavi.jp/mn/kinki/konosima.htm
松尾山は匈奴の冒頓単于、稲荷山は晋の狐突。匈奴と山戎を重ねると、これは
山戎と犬戎と言えるかもしれない。晋の狐突というが、五胡時代には匈奴といっても
よい。賀茂氏はアルタイ・ウルグヘム(鴨、イェニセイ)でもあり、清水寺のサカ族
坂上氏を含め京都は完全に騎馬民族化していたのだ。

494 :LUNAMASK:2011/06/12(日) 13:50:26.04 ID:uSBp4Hgv
> 主祭神に天御中主神が祀られているが、この神は始源の神であり、祖神とする
>氏族はいないのである。 なにゆえこの神を主祭神としたのか、秦氏が祀る理由は
>不明である。
これは単に天御中主神=北極星を示し、太陽(天照大神)の黄道との位置関係を
示すものだろう。背後にあるのは義和、扶桑のような養蚕に関する神話であろう。

495 :出土地不明:2011/06/12(日) 14:00:48.50 ID:nb5frvPG
◆熟寿司、馴れ寿司、馴鮓、熟鮨(なれずし) 【NAREZUSHI】


なれずしの登場は8C。文献時代に入って100年以上もなれずしを
表す「鮓」「鮨」といった漢字自体がないところから見て、
遣唐使がこれらの漢字とともに中国から輸入してきたものと思われる。



日本における文献初見は『養老令』(718年)の「賦役令」で、鰒(アワビ)鮓、
貽貝(イガイ)鮓のほかに雑鮨が見える[40]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BF%E5%8F%B8#.E5.AF.BF.E5.8F.B8.E3.81.AE.E8.B5.B7.E6.BA.90

魚肉の貯蔵形態としてのなれずし(鮓)は東南アジアに点々と見られ、
中国では鮓(サ)、台湾の高砂族ではトマメ、トワメ、カンボジアでは
ファーク(phaak)、タイではプラ・ハー、プラ・ラー、ボルネオの
イバン族ではカサム(kassam)、陸ダヤク族ではトバ(tobah)と呼ばれる[4]。
この他にもラオスやフィリピンルソン島の一部、中国南部の苗族などのものが
知られている。中国では河南の非漢人文化に発し、徐々に華北地方にも広がり
南宋時代に大流行した
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%9A%E3%81%97

496 :LUNAMASK:2011/06/12(日) 15:01:01.81 ID:uSBp4Hgv
>>493
↓このウイグル伝承と糺の森がよく似ている。
「カラコルムから発するトグラ河とセレンガ河が合流confluenceするカムランジュ
(Qamlanju)[京都の場合:河合/糺]に双樹があった。双樹の間の丘に天から光が降り
注ぎ、日ごと丘は大きくなった。やがて丘陵が開き、天幕張りの5つの部屋が現れると
各々に一人の子供が座っていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%AB
平群とはウイグルを意味するヘグルと言うことで、この話を日本に持ち込んだのかも。

497 :出土地不明:2011/06/12(日) 15:41:45.05 ID:nb5frvPG
なんか最近、わぉ〜を演じないじゃないかオマエw

そろそろ演じろよ変態仮面w

498 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 【東電 76.6 %】 :2011/06/12(日) 22:08:18.71 ID:nqKdnTNc
test

499 :出土地不明:2011/06/13(月) 00:37:25.10 ID:zyuSG4nK
    ,. -―――- 、                \
  /: : : : : : : : : : : : : :` ー 、              )
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \           ∠       土
 /: : : : : : /: : : / !: : : : :.|: :\:/    /\      |_,
. l : : : : : :∧ : : !.  |: / !/|: : ∨   /||||||||\     ./   遁
. |i: : : : :/  ̄\|   |/ ̄ i: : :〉 /||||||||||||||||\  /
. | |: : :V. ━━   ━━/」./ <||||||||ハ||||||||||/  \       の
. } |: : :ハ            j: : :|  入||/ ノ||||||/   .._ノ
/: : : :! ヘ   r- -┐  /.: : :! //∠||||/    \     術
{: : : :.|:.!! > ,,丶 ノ,.<从 : : |/      ̄>     __.)     ! !
|: : :/     ゙ヽ   ̄、::::: : : !     〆     \
从|;/"⌒ヽ,  \ ヽ: ハ从i    /~        \

500 :LUNAMASK:2011/06/13(月) 09:48:06.30 ID:5JSsZuRS
>>477 >>492 ↓これを隼人と見るわけだが、
http://en.wikipedia.org/wiki/Catacomb_culture 2800-2200 BC
http://en.wikipedia.org/wiki/Yuezhi 紀元前3世紀から1世紀
http://en.wikipedia.org/wiki/Kushan_Empire 30-375
http://en.wikipedia.org/wiki/Hephthalite 420-567
基本的に前2000年紀の足跡が不明、アンドロノーノヴォ文化に逼塞していたのだろ
うか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アンドロノヴォ文化

501 :LUNAMASK:2011/06/13(月) 10:01:42.05 ID:5JSsZuRS
アンドローヴォの後にカラスク↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AF%E6%96%87%E5%8C%96
を入れるとズバリ、月氏につながり、冒頓単于の月氏追放はカラスク文化における
匈奴・月氏連合の崩壊となる。そして漢による匈奴崩壊により対立の大義名分が
消滅し、月氏・小月氏が復権、それがエフタルとなり、匈奴の残党共々秦氏として
京都に入ってくる。京都にはアルタイから熊族が賀茂氏として先着していた。
こういうことか。

502 :LUNAMASK:2011/06/13(月) 10:07:52.98 ID:5JSsZuRS
エジプトに馬、二輪車を伴う異民族が入り、モンゴロイドがファラオになるのは
まさにアンドローノヴォ時代。馬、二輪車、鉄を持つものは権力を持つことに等しく
誰にでもできることではなく、特定の民族、ハッティ、秦氏がこれを占有し、夏、商、
西周においてもその実力を発揮したのではないか。

503 :LUNAMASK:2011/06/13(月) 10:17:55.95 ID:5JSsZuRS
こうなると秦氏は匈奴と違うかと言うことになるが、それは歴史的におかしく、やはり、
秦氏は河西回廊近辺の古族で仰韶(太古には江淮より西進した彩陶文化)文化圏
出自の感じがする。どちらかと言うと羌系か。カラスク・モンゴロイド人骨は華北系と
されるから、やはり、匈奴は興隆窪文化系統では。

504 :月光仮面:2011/06/13(月) 10:31:43.22 ID:5JSsZuRS
アンドローノヴォ文化時代にエフタル・秦氏の影が薄いのは、エフタルはヒッタイト、
秦氏はヒクソスとしてウェートを小アジア・エジプト・パレスチナにおいていたからではなかろ
うか。

505 :LUNAMASK:2011/06/13(月) 12:05:52.73 ID:mJY9FtH6
>>503
「日本書紀によると応神天皇14年に弓月君(ゆづきのきみ:新撰姓氏録では融通王)
が朝鮮半島の百済から百二十県の人を率いて帰化し秦氏の基となったというが、
加羅(伽耶)または新羅から来たのではないかとも考えられている」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E6%B0%8F
弓月君=秦氏、ならば、これはエフタル=ヒッタイトと言っているだけで、陝西省の
秦の始皇帝の末裔というのは、秦始皇帝の氏族とも一部関係している程度のこと
かも。

506 :LUNAMASK:2011/06/13(月) 12:10:58.86 ID:mJY9FtH6
しかし、日本人mtDNAにはかなりの陝西省、西戎と見られる遺伝子が存在している。
これに対してコーカソイドYDNAはR/I合わせても0.8%程度でごく少ない。これは
ごく少数のコーカソイド支配層と多数のモンゴロイド領民が移住したというパターン
を意味するのではなかろうか。

507 :LUNAMASK:2011/06/13(月) 12:53:17.05 ID:mJY9FtH6
いずれにせよ、秦王国とは↓この図において地下式横穴墓の地域を指し、
http://www.jomon-no-mori.jp/jimages/guide/9_1.gif
上図において地下式板石積石室墓と言うのがアルタイ熊族(貊族)と言うことだ。
また、沖縄の亀甲墓は本質的に地下式横穴墓文化が持っていたもので、
何らかの事情で数世紀の歴史的空白の後に沖縄で明の時代辺りから開花する
ようだ。

508 :出土地不明:2011/06/13(月) 22:08:21.57 ID:z3r0Ie9h
◆鵜飼(うかい) 【UKAI】


日本の鵜飼は中国よりも古い。



鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

509 :出土地不明:2011/06/13(月) 22:11:04.97 ID:z3r0Ie9h
しかも鵜飼は満州や朝鮮半島にも見られる。



満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.kc-wk.com/%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8F%B2%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/%E6%BA%80%E6%B4%B2%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B9/

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

510 :出土地不明:2011/06/13(月) 22:11:43.37 ID:z3r0Ie9h
◆鵜飼(うかい) 【UKAI】


日本の鵜飼は中国よりも古い。



鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

511 :出土地不明:2011/06/13(月) 22:12:30.20 ID:z3r0Ie9h
しかも鵜飼は満州や朝鮮半島にも見られる。



満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.kc-wk.com/%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8F%B2%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/%E6%BA%80%E6%B4%B2%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B9/

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

512 :LUNAMASK:2011/06/14(火) 09:34:02.01 ID:Xli1XWR0
>>>492
李コ山・東北古民族源於東夷論
これによれば頭蓋変形慣習(エフタルに特徴的)は山東省を中心とし、江蘇、吉林、
辰韓に広がるとするが、この領域とドルメン(支石墓=石棚墓)が重なるとする。
隼人にもこの慣習はある。李コ山氏はこれを山東省方面の東夷が渡海し満州、
朝鮮に入ったものとしている。これは日本への弥生人(三津永田・土井が浜)渡来
と重なるし、ヒッタイト/エフタル文化の辿ったコースとも考えられる。
史前的東夷人,流行頭骨人工變形的習俗。
所謂頭骨人工變形,俗稱扁頭,就是人為的使枕骨變扁。
泰安大文口墓地、
曲阜西夏侯墓地、
諸城呈子遺址、
維縣魯家口遺址、
膠縣三里遺址、
鄒縣野店遺址及
江蘇大敦子遺址等地出土的人骨中都有發現。此為東夷特有的習俗。
  東北地區的古民族亦廣泛流行此俗。80年代初,
吉林省發現一批較為完整的人類化石,據中國科學院古脊椎動物
與古人類研究所鑒定,其中一具頭骨“為典型的人工變形頭骨”。
史籍中對此也多有記載。如《後漢書・東夷傳》謂
辰韓人“兒生欲令頭扁,押之以石。”

513 :LUNAMASK:2011/06/14(火) 14:05:59.37 ID:N7yiY3VI
山東省の中国人のYDNAハプログループには中央アジア・欧州型がかなり多い。
山東省斉南(最上段右端)O3(最多) O1(良渚文化) 時計回りに 北方少数 中亜欧州
http://guoxue.zynews.com/XianFeng/UploadFiles_5802/200811/2008112521014723.jpg

514 :LUNAMASK:2011/06/14(火) 14:20:23.92 ID:N7yiY3VI
日本における中国系YDNA
龍山文化 O3a3c-M134 10.40% 三津永田渡来人
大渓文化 O3d 3.10% 甕棺墓(?)
呉城文化 O2a-M95* 1.90% 見る銅鐸

515 :LUNAMASK:2011/06/14(火) 14:33:18.56 ID:N7yiY3VI
中国人の中央アジア・欧州型YDNAハプログループは
@華北漢族  A石家荘 B河南洛陽 C山東斉南 ハルビン 陝西 ウルムチ
成都 雲南 江蘇等、殷を中心として拡散したのだと言うことがわかる。

516 :LUNAMASK:2011/06/14(火) 15:07:34.96 ID:N7yiY3VI
中国サイトで言われたことなんだが
http://img.asiantown.net/members/37448/img0026tn_1.jpg
日本人には良渚文明YDNA O1が存在しておらず、江南の稲作民が北上する
というシナリオはおかしいとする。日本の照葉樹林文化と言われるものは鵜飼に
せよ、食品、軽工業にせよ、ハイテクばかりで縄文社会では消化不良を起こしそうな
ものが多いようだ。すなわり、照葉樹林文化は弥生中期以降、特に、南朝・隋・唐・
宋と続く中国との接触で入ってきたものであり、稲作を持ち込んだ中国系渡来人
というのはおかしいのではなかろうか。

517 :LUNAMASK:2011/06/14(火) 15:12:44.34 ID:N7yiY3VI
にもかかわらず良渚文化よりさらに奥、南の大渓、呉城文化地帯からは遺伝子と
銅鐸文様のようなとんでもないハイテクを伴う渡来民が来ており、特に、辰砂採集
と言う縄文人には全くふさわしくない技術が到来している。やはり、徐福神話は
現実であったのではなかろうか。

518 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 【東電 71.7 %】 :2011/06/14(火) 23:00:40.76 ID:wzWKv1nG
test

519 :出土地不明:2011/06/14(火) 23:04:49.30 ID:G4ev71pg
>>516
良渚文明がO1の根拠が不明確
あと良渚文明には三内丸山のような高さ25メートルの構想木造建造物があるのだろうか?
三内丸山には酒造技術が有る
漆瀬品は9千年前からだ

520 :出土地不明:2011/06/14(火) 23:35:14.03 ID:XH//I87m
◆高床式建物(たかゆかしきたてもの) 【TAKAYUKASHIKI-TATEMONO】


長江江南の高床式建物は、5000年前には既に「木骨泥墻」(もっこつでいのう)に
取って代わられていた。



>私が見たものでは高床建物を出す遺跡は右の二つだけで、あとは全部「木骨泥墻」を
>出すものでした。陰湘城がすでに述べたように木骨泥墻ですし、その東にある
>石家河遺跡がやはり木骨泥墻です。この遺跡は陰湘城と同じように環濠集落なのですが、
>はるかに巨大です。壕の長径は1.5キロメートルに達します。これはもう村というより
>都市だとされています。時代は石家河文化時代(前2600〜2000年)です。
>右の情報を横並べにしてみると、次のようになります。

>  @河姆渡第3〜第4期(前5000〜前4000年)
>     ロングハウス式高床建物
>  A屈家ュ期(前3000〜前2600年)
>     木骨泥墻・環濠村
>  B石家河期(前2600〜前2000年)
>     木骨泥墻・環濠都市
http://www.kyoto-up.or.jp/jp/authorsessay01.html

521 :LUNAMASK:2011/06/15(水) 09:20:21.41 ID:ZAdhYbfh
>>519 ↓左上地図、中国分布実勢によるものと見られる。
http://guoxue.zynews.com/XianFeng/UploadFiles_5802/200811/2008112521025462.jpg
縄文には縄文の特徴があり良渚文明とは独立している。逆に縄文から良渚への
移動もあり得る。

522 :LUNAMASK:2011/06/15(水) 09:45:16.95 ID:ZAdhYbfh
>>521
よくいわれるのは、縄文時代のカット・イヤリング、これは興隆窪-紅山技術であり、
良渚方面の技術ではない。また、縄文-新開流間には大きな類似がある。
更に古く、細石刃はシベリアから南下しているという説もある。

523 :LUNAMASK:2011/06/15(水) 11:33:59.87 ID:ZAdhYbfh
>>521
http://guoxue.zynews.com/XianFeng/UploadFiles_5802/200811/2008112521025462.jpg
左上で紅山文化はDNA無印になっている。もしかしてこれがO2bか?

524 :出土地不明:2011/06/15(水) 23:04:40.66 ID:qQCB9ie5
そろそろ、わぉ〜に変身してみろよw

キチガイ仮面w

525 :出土地不明:2011/06/16(木) 07:11:14.22 ID:3Hy1MdZc
スンダランドの浜辺から、Y-O2b太郎が昔、
宇宙ロケット羅老号に抱きついて
ウリ式噴射でみごと華夏大陸を飛び越えて、マンチューリアに雨降って
洞窟内の韓国クラブに入って見れば、エーにも描けない面相の熊女ひとり
これもさだめの f*cking party
偉大なるチョスン人1号誕生、紅山文化の始祖と成るw
偉大なるかな古朝鮮W

526 :出土地不明:2011/06/16(木) 19:44:16.15 ID:0kpRvq8z
早く わぉ〜 に変身しろよw

このキチガイ変態野郎がw

527 :LUNAMASK:2011/06/19(日) 10:13:02.91 ID:Oz9sAwFI
Community of cordoned pottery cultures

At the final stage of the Late Bronze Age period in the XI-IX cc. BC, a new, more extensive common Eurasian cultures, called common culture of cordoned pottery,develops,that was called so due to the presence of vessels, decorated with
a roll around rim, throat or on the shoulder, sometimes with dangling ends in the
form of "whiskers" [Chernykh E. N., 1992].

Culture of cordoned pottery covered a vast territory from Altai in the east to the
Lower Danube and the Eastern Carpathians in the west.

It identified two main areas - West (Thracian) and the eastern.

The boundary between them is in the Dniepr and the Dniepr Left Bank Ukraine.

Eastern area of community spread from Altai to the Don in the south to the northern semi-deserts of Central Asia.

It includes sites to the late stage of Srubna community, Sargarinskaya Culture of Trans-Uralia and Kazakhstan, Trushnikov type late Srubna sites of West Altai and
East Kazakhstan, Begazy-Dandybaevskaya Culture of Central Kazakhstan.

Common features in the cultures of community appear, in addition to ceramic
traditions in the rejection of ritual of under-kurgan burial,
in methods of homebuilding,
the structure of the ranching industry.

The morphological composition of metal gear was very similar;
daggers with ring stop at the end of the haft,
Sosnovomazinskiy type chopper
grooved socketed chisels,
single-edged knives with fuzzy handle,
a razor with a blade shaped.
http://www.archeologia.ru/Library/Book/35ecb1a304cf/page203

528 :LUNAMASK:2011/06/19(日) 10:58:08.77 ID:Oz9sAwFI
daggers with ring stop at the end of the haft
↑柄頭に環というのは↓
刀幣(斉刀化(せいとうか))
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kosen/sub/touhei_seitou.html
刀幣(針首刀(しんしゅとう))
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kosen/sub/touhei_shinsyu.html
刀幣(尖首刀(せんしゅとう))
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kosen/sub/touhei_sensyutou.html
どうも突帯文土器共同体は斉・燕・山戎に刀幣、支石墓、(ヒッタイト・エフタル)
頭蓋変形をもたらした東夷と関係するようだ。

529 :出土地不明:2011/06/21(火) 12:00:12.46 ID:Cl40UMJD
このスレでNinjaやって月光にプレッシャー掛けてるバカ誰だよww

銅剣銅鏡の専用スレなんだから、ここがスレストされて無くなると

月光はいろんなところにホットな話題と関係ないマイペースの連投し出して

興ざめするからヤメレwww!

530 :出土地不明:2011/06/21(火) 23:29:10.49 ID:gaIdquP9
◆鵜飼(うかい) 【UKAI】


日本の鵜飼は中国よりも古い。



鵜飼いの歴史は古く、『日本書紀』神武天皇の条に鵜養部のことが見え、
『古事記』にも鵜養のことを歌った歌謡が載っている。また中国の史書
『隋書』開皇二十年(600年)の条には、日本を訪れた隋使が見た変わった
漁法として紹介されている。

隋書の書かれた時代には鵜飼いは中国人にとって珍しい漁法だったが、
その後中国においても鵜飼い漁法が定着した。

確実な記録として最古の物は、10世紀の文人・陶穀が残した『清異録』
(965年)において、当塗(安徽省太平府の都市)の漁民が「魚を捕らえる
のに非常に機敏な鵜を使う」と記述されているのが最初である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E9%A3%BC%E3%81%84

531 :出土地不明:2011/06/21(火) 23:32:26.60 ID:gaIdquP9
しかも鵜飼は満州や朝鮮半島にも見られる。



満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくい
あげて吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.kc-wk.com/%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8F%B2%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/%E6%BA%80%E6%B4%B2%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B9/

日本の鵜飼いは、鳥居氏に便乗すれば、江南よりも朝鮮や満州の
北方民族から伝わったのかもしれません。鴨緑江や松花江などでも
鵜飼いは見られます(注9)。
http://www.han.org/a/half-moon/hm080.html

532 :出土地不明:2011/06/26(日) 16:39:57.86 ID:fGm+46an
◆断髪(だんぱつ) 【DANPATSU】


倭人が断髪をしていたとは魏志倭人伝には書かれていない。
「倭人の男子は皆、露カイし、木綿を頭に巻いていた」と書かれている。

露カイには多説あり、冠をかぶらない頭、髪を露わに結った頭、みずら、
などと訳されている。



男子皆露? 以木緜招頭

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm
http://yamatonokuni.seesaa.net/article/31910088.html

533 :出土地不明:2011/06/27(月) 12:24:39.73 ID:mQ86YDfB
◆貫頭衣(かんとうい) 【KANTOUI】


貫頭衣は単に人類最初の服装の形で、古代から現代まで世界中に見られる。



【貫頭衣 (かんとうい)】一枚の布を2つに折り、その折り目の中央に穴をあけ、
そこから頭を貫いて(通して)衣服としたもの。エジプト時代から見られる
原始的な衣服の形式である。ポンチョやガラビアなどもこの一種。
http://www.frontstyle.com/dictionary/j_ka.html

人類最初の服装の形は一枚布であったり、一枚布の真ん中に穴を開けて
被るという貫頭衣というシンプルな形であった。
http://homepage1.nifty.com/mottoi/kokusai8.htm

人類の衣服の工夫の中で最も単純な基本形として、貫頭衣の分布は広いが、
南米アンデス諸国に見られるポンチョがその代表的なものとされている。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu35/minzokuHP/ajia/indonesia.htm

534 :出土地不明:2011/06/27(月) 12:28:57.84 ID:mQ86YDfB





古代ローマ時代の貫頭衣のような、一枚の布の頭の部分をくりぬいた
だけの服を着ていた。
http://home.att.ne.jp/red/senseofwondr/mou2.htm

古代中国もローマもギリシャも布を纏うか貫頭衣であった。
http://www.lcv.ne.jp/~yokota/contents/mumble/ykt/970410.htm

ローマ時代のイタリアでは男性はトーガという貫頭衣
http://www.psats.or.jp/column/nakamura027column.html






535 :出土地不明:2011/06/27(月) 20:30:50.96 ID:Px0YU1cq
test

536 :出土地不明:2011/06/29(水) 11:36:45.86 ID:vmEC13S2
tesuto

537 :LUNAMASK:2011/07/01(金) 16:19:50.47 ID:b/chWn0i
興于北方草原而後進踞中原的有熊氏黄帝,是北方遊牧氏族部落所追思的祖先。
推定黄帝爲胡狄宗神的依據是:
1.黄帝請旱魃助戰大敗蚩尤,黄帝族是適應北方幹旱氣候的遊牧部落。
2.黄帝族的後裔,其中姫姓的麗戎、狐戎(秦氏の稲荷)、鮮虞都是戎狄。
3.周初將黄帝後裔分封在黄帝故郷的幽燕(古稱今 河北 北部及 遼ィ 一帶
遼寧では支石墓・石棺墓等巨石文化が出現する)。
4.黄帝又稱軒轅,伝説黄帝造車。遊牧民族逐水草而居,最早使用馬車,被稱之爲
“馬背上的民族”("騎馬民族")。
5.黄帝的後裔夏後氏夏禹,稱之爲“戎禹”。《詩經・長發》:“禹敷下土方”,夏後氏是
從河套一帶沿黄河南下中原。
6.《史記》:“匈奴,其先祖夏後氏之苗裔也”。
http://www.xlmz.net/forum/viewthread.php?tid=1244"

538 :LUNAMASK:2011/08/02(火) 15:03:27.75 ID:C5DQHU5o
大嘴子遺址  市級文物保護單位。位于甘井子大連灣鎮東南一座瀕海的土丘上,
向北走沿振興路的右側即可找到,年代爲公元前2000至1000年,屬青銅時代的聚落
遺址。占地面積約7000平方米,依其文化内涵分爲三期。1987年大連市文物管理
委員會對遺址進行發掘,發現房址41座,出土陶、石器等各類器物總計1611件,
其中有陶罐、陶壺、陶鉢、石刀、石斧、石手斧、石戈等。遺址中發現有用于軍事
防禦性質的石圍牆,出土銅戈、銅鏃;房址中有炭化粳稻和高粱,是大連地區農業
考古的重要收獲。該遺址是大連地區青銅時代的具有代表性的古代文化遺迹,
證明了這裏4000年前就有先民漁獵爲生。

539 :LUNAMASK:2011/08/28(日) 12:52:33.13 ID:xR0y51VY
仮説:
@銅鐸 尾張海部/羌(彝)族/越族 オーストロアジア/オーストロネシア→炎帝族、
羌戎(始皇帝の雲南制圧、羌(彝)族を徐福ミッションに編入)(テン王国:荘喬(紀元前
278年 -
紀元前256年)→前109年武帝テン王国征服) 筑後川→丹後半島→伊勢湾→関東・
東北鉱産地帯。
画文帯神獣鏡、三角縁神獣鏡
A細型銅剣・玉 黒竜江・図門江→出雲→近江 三輪・河内王朝(除八代/神功)
ツングース・穢 積石冢
(匈奴による東胡併合(鮮卑誕生)の結果として強い騎馬民族の影響を受けた
満州畑作民+東岸貝塚文化)
→わだつみ族、ワイ、博多湾→沖縄、博多湾→出雲→琵琶湖→諏訪湖→霞ヶ浦
崇神から始まるツングース穢系王朝は四出道、岐神、倭姫巡幸に見られる伊勢遺跡
的太陽崇拝を特徴とし、近江王朝と言ったもよい。内行花文鏡(多鈕細文鏡)、方格
規矩鏡
B銅矛 幽州/伽耶/吉備・角鹿/孝霊・卑弥呼/神功→継体・蘇我 チュルク突厥・アルタイ貊
→天神族、北狄
 (伽耶にはモンゴロイドとコーカソイドの騎馬民族が渡来)
伽耶に阿踰陀国許黄玉が降嫁するのは関中の古羌が小月氏と共にテン王国に移住
し、幽州戎狄(柔然・チュルク)が三韓に移動したという情報を得、インド、BMAC方面の
月氏と共に通商を求めて伽耶に入ったものと考える。その一部が弥生後期の吉備・
角鹿に入ったのが孝霊・卑弥呼、仲哀朝に出現するのが神功皇后。

540 :LUNAMASK:2011/08/28(日) 14:59:47.22 ID:xR0y51VY
日本
C1-M8    5.40% 縄文(南)
D2     34.70% 縄文(北)
塞外
O2b1-47z 22.00% 穢
C3-M217* 1.90% 夫与
C3c-M86 1.20% 粛慎
N1c1-M178 0.40% 東胡
幽州
O2b-SRY 7.70% 貊
N1-LLY22g* 1.20% 匈奴
Q-P36 0.40% 丁霊
R-M207 0.40% 白狄
I-P19 0.40% 赤狄
東夷
O3-M122   6.60% 黄帝夏華族
O3-LINE1 3.10% 三苗
O3a3c-M134 10.40% 漢族
江南
O2a-M95* 1.90% 越
NO-M214* 2.30% 古羌

541 :LUNAMASK:2011/08/28(日) 15:07:49.00 ID:xR0y51VY
邪馬台国 AD200-250 伽耶・アルタイ(突厥系)・尾張海部(江南系)連立
三輪王朝 AD250-350 ツングース(穢貊)系 西・東晋
河内王朝 AD350-500 ツングース(穢貊)系 南朝
継体王朝 AD500-600 アルタイ(突厥)系
飛鳥時代 AD600-700 アルタイ(突厥)系→ツングース(穢貊)系

542 :LUNAMASK:2011/09/19(月) 09:07:43.17 ID:kco9Hir7
「カミ-サマ」の歴史地理的淵源
Terms for 'shaman' and 'shamaness' in Siberian languages'shaman' : saman (Nedigal, Nanay, Ulcha, Orok), sama (Manchu) - these have been compared with Sanskrt
saman 'chant'. The variant /saman/ (i.e., pronounced "shaman") is Evenk (whence it was borrowed into Russian) : this Evenk pronunciation may have had its origin in Saman 'name of Saman (in Latyayana Srauta Sutra)'"
'shaman' : alman, olman, wolmen (Yukagir)
'shaman' : [qam] (Tatar, Shor, Oyrat), [xam] (Tuva, Tofalar) - these are related to Japanese kami 'god' and to Nanay qomio 'helping spirit'
'shamaness' : itako[8] (Japanese), [idugan] (Mongol), [udagan] (Yakut), udagan
(Buryat), udugan (Evenki, Lamut), odogan (Nedigal)
http://en.wikipedia.org/wiki/Shamanism_in_Siberia
ウラル鴨神話-天神(テングリ)信仰
流(鴨)イェニセイ(鴨) カラスク
八棟 北野天満宮 天神
http://www.pagandom.ru/drevnii-mir/tengrianstvo/vozniknovenie-vselennoi.html
Tengriism
http://en.wikipedia.org/wiki/Tengriism
-----------------------------------------------------------------------
大社 ヤーマ/閻魔(大地・夜・黄泉の神) オークネフ
八坂 素戔嗚尊 櫛稲田姫命 蛇毒気神 八柱御子神
http://en.wikipedia.org/wiki/Yama
高野山 比叡山 恐山
修験道(地蔵から蔵王に)
十王
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E7%8E%8B
-----------------------------------------------------------------------
紅山文化(円筒埴輪古墳の源流)
葬送用彩陶筒形器積石冢
Mortuary Ceramic Cylinder Incorporated Platform/Mound
with Annexed Alter Yard Interface to Otherworld
特殊的彩陶筒形器
陶器以壓印和篦點的之字形紋和彩陶爲特色,種類有罐、盆、甕、無底筒形器等。
彩陶多飾渦紋、三角紋、鱗形紋和平行線紋。已出現結構進歩的雙火堂連室陶窯。
http://www.pnas.org/content/107/13/5756/F7.large.jpg
http://www.pnas.org/content/107/13/5756.full
住吉 表中底筒男(異界と行き来する神) 紅山文化 特殊器台 円筒埴輪 古墳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E7%AD%92%E5%9F%B4%E8%BC%AA
http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/kouko18enntouhaniwa.html
-----------------------------------------------------------------------
日吉 趙宝溝 突厥 猿石
http://www.sati.archaeology.nsc.ru/Home/pub/Data/larich2/?html=calkin.htm&id=1383
http://www.philosophy.nsc.ru/journals/humscience/3_98/13_ALK.HTM
-----------------------------------------------------------------------
春日 鹿 太陽鹿 ツングース・穢貊
-----------------------------------------------------------------------
北朝戦国諸国(含北疆)
稲荷 戦国狐突廟 秦氏
八幡 応神天皇 比淘蜷_ 神功皇后 スキタイ
厳島両流(宗像・気比)宗像三女神(市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)を祀る。
市杵島姫命は神仏習合時代に弁才天と習合
伊奢沙別命(いざさわけのみこと)(気比大神)を主祭神 仲哀天皇(帯中津彦命)
神功皇后(息長帯姫命)日本武尊 応神天皇(誉田別命) 玉妃(たまひめ)命
武内宿禰命
----------------------------------------------------------------------
山東
兵主神社 蚩尤 東夷・斉乃至は徐福

543 :LUNAMASK:2011/09/19(月) 09:29:49.45 ID:kco9Hir7
「商代の人々は女神を信仰していた。それは原始的な女性崇拝で、すなわち現代で
広く認められている「薩満」(シャーマン)である。現存しているシャーマニズムでは、
女性祭司は唯一な権威であり、鬼神に通じる巫女である。祭祀の際には歌いながら
踊る。
「司母辛」方鼎の獣面紋
 商代では、シャーマンの占いによって吉凶を問い、国家の大事を決定した。実には、
「薩満」の「薩」は、古代中国語「司」であり、「満」は古代中国語「媽」が転じたもので
ある。青銅製の大鼎に鋳造された「司母」の文字は、古代の語音では「シャーマン」と
読み、「祭祀の女神(母なる神)」あるいは「女性の祭司」を意味した。
 他の民族では「シャーマン」には「狂い舞う者」という意味が込められているが、古代
中国にはその意味はない。たぶんこの原始的な宗教行為は、中国から中央アジアの
民族を含む他の民族に伝えられたのであろう。彼らは中国語の意味が分からない
ので、「シャーマン」を「狂い舞う者」と理解したのだろう。」
http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200706/56zhuanwen56.html

544 :LUNAMASK:2011/09/19(月) 09:35:27.33 ID:kco9Hir7
異界と行き来する施設としてのトンカラリン↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3

545 :LUNAMASK:2011/09/20(火) 14:46:14.22 ID:TZp4SCVQ
承前
徐福グループは、ソウで象徴される天地結合思想を紅山文化発祥の地、蒙彊におい
て進化させ、石板墓文化と組み合わせて高句麗・積石冢文化、日本前期古墳文化を
創造したのでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ソウ_(玉器)

546 :記憶喪失した男:2011/10/16(日) 11:23:46.32 ID:wzJ1gVn9 ?2BP(1)
いや、時代は、古代出雲だよ。

天皇のY染色体の遺伝型は、縄文系らしい。
天皇家は、古代出雲王朝から国譲りしてもらって日本を統治した大和王朝の君主である。
古代出雲は、スサノオを祖としてつくられた王朝である。
太陽神の子孫ではなく、竜殺しの子孫なのである。
スサノオを子孫とする出雲千家が現代まで家系図をつないでいるが、
彼らは渤海国の子孫とする説がある。詳しくは、遺伝子解析してくれなければわからないが、
縄文系の天皇が日本の支配権をとり戻す前は、渤海からの渡来系が日本を統治していたとなる。
すると、ヤマタノオロチとは何人なのか?
ヤマタノオロチは製鉄技術をもっていた渡来人だと考えられる。
ヤマタノオロチこそが、韓国人か中国人の渡来系ではないだろうか。

547 :LUNAMASK:2011/10/25(火) 12:08:32.23 ID:h263UaIg
エヴェンキ語でヤマタノオロチというのは海東の鹿飼族のこと。スサノオはヤーマ、
閻魔、牛頭天王と同じく冥界、また冥界を含有する宇宙を意味する。鹿飼は大地、
大国主の系統。スサノオは時空的により欧州、南アジア、北アジアの広大な領域に
広がる宗教。スサノオから大国主に続く出雲地方は数次の朝鮮半島からの渡来の波
が累積して綜合的な宗教的メッカの様を呈したのだろう。

548 :出土地不明:2011/10/25(火) 23:56:44.24 ID:hpXIb+57



133 名前: 美麗島の名無桑 投稿日: 02/11/21 20:41

闇市における「第三国人」神話
ttp://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuusandai

「朝鮮人は、すべてのやみ市市場活動の中核をなし、またかれらの無法な行動は
今日の日本のすべての商取引や社会生活に影響を及ぼしている。かれらは警察を
はばからず、輸出入禁止の取引を誇示し、またなんらの税金もはらっていない。
‥‥事実、大阪・神戸においてはすべての露店・飲食店は朝鮮人・台湾人の
手中に帰したといわれている。」(四六年八月 国会における椎熊議員の発言)

「第三国人の一部には、治外法権があるかのような優越感をいだかせ、社会の混乱に
乗じて徒党を組み、統制物資のヤミ売買、強・窃盗、土地建物の不法占拠などの
不法行為をほしいままにし、戦後の混乱を拡大した‥‥覚醒剤、密造酒となると、
これは第三国人の独壇場という感があった。特に第三国人らが製造するヒロポンは
家内作業で密造するため不潔で、また患者らの要求に応じた即効性のある粗悪品だったから、
品質の点でもさまざまな問題があった。」(『朝日新聞記者の証言5』朝日ソノラマ)

「その当時(終戦直後の神戸の闇市)は第三国人に支配されていまして、主に台湾人、
韓国人ね。」(『ビッグマン八三年一月号』のダイエー中内社長の発言)

東京都の石原知事が「三国人」発言をしたことで、問題になっています。「三国人」が
旧植民地出身の朝鮮人や台湾人を指していたのは、戦後から1952年(昭和27年)までの
占領期のことです。




549 :出土地不明:2011/10/26(水) 23:59:00.96 ID:GzWZlOtP













136 名前: 美麗島の名無桑 投稿日: 02/11/23 02:11

日本に住んでる在日台湾人は今でも三国人暴動について謝罪も反省もせず、
刑罰も受けずに強奪・不法占拠した土地を所有している。














550 :出土地不明:2011/10/27(木) 20:53:41.16 ID:GhSKYWKd

中野剛志先生がTPP賛成論者の詭弁を全滅させたようです
http://www.youtube.com/watch?v=9amjatPD_l4
http://www.youtube.com/watch?v=8G29qFqId2w


中野先生が敗北宣言、暗殺される?
日本が米国の植民地に。すでに99%手遅れか?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15973549


テレビ・新聞にだまされるな。
気づいたら、
「my日本」で検索


551 :出土地不明:2011/10/28(金) 00:55:16.79 ID:ZL90BCde






チョンなんか差別して当然だろが。

遺伝子が違うんですよ。遺伝子が。DNAが。

人種が違うんですよ。人種が。

ちなみに台湾人、中国人の遺伝子はもっと違うけどな。

あれはただの広鼻ブラック。南方土人。東南アジア類人猿。

人間未満。ただの汚物。ヨゴレ。

ベトナム、カンボジア、フィリピン、インドネシアなどの
臭くて汚らしい醜悪さ極まる褐色広鼻土人と一緒だ。


gm DNA
http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg







552 :LUNAMASK:2011/10/30(日) 10:10:21.63 ID:wzEvOm6a
日本のYDNA遺伝子と古墳文化の関係
縄文系
D2        34.70%
C1-M8       5.40%

□◇四隅突出型墳丘墓・前方後方墳の原郷 森林モンゴリア
http://www.ranhaer.com/attachments/forumid_97/1104112229e55cab2af9606fba.jpg
http://www.baikalfoto.ru/library/articles/fold_01/fold_01/photo/005.jpg
C3-M217*    1.90% □森林モンゴル
C3c-M86    1.20% □森林モンゴル
N1c1-M178    0.40% □森林モンゴル
O2b1-47z    22.00% ◆団結文化・沃沮
O2b-SRY     7.70% ◆西團山文化・貊
O3-LINE1     3.10% ◇バイカル出雲玉造・四隅突出型墳丘墓

◎前方後円墳の原型、土敦墓の原郷東冶会稽
http://yamatai.cside.com/katudou/image/267-2.gif
O3a3c-M134     10.40% 東夷
O2a-M95*      1.90% 越

○クルガン(地下埋葬円墳)・横穴式穹窿石室墓
O3-M122      6.60% 西戎
NO-M214*   2.30% 羌
N1-LLY22g*   1.20% 匈奴⇒突厥
Q-P36   0.40% 堅昆
R-M207   0.40% 月氏
I-P19   0.40% 粟特

553 :LUNAMASK:2011/10/30(日) 11:25:11.47 ID:wzEvOm6a
@中近東・長江先進農業文化甕棺墓
A会稽土敦墳⇒前方後円墳
B西欧支石墓⇒極東支石墓⇒大石蓋墓⇒横穴大石穹窿石室墓
C東欧土壙・木槨墳⇒箱式石棺墓
D紅山積石冢⇒東欧土壙木槨墳の影響を受け、石板墓
天皇家のYDNAは神武C1、桓武C3、清和C3cのいずれかで、mtDNAは縄文系辺りで
はなかろうか。
乙巳の変後、天皇系統は堅昆穹窿石室墓系を傘下に収めた継体朝、満州大石蓋墓
文化蘇我氏系が排除された結果、三輪王朝の森林モンゴル系統に系統が変わり、
平原モンゴルと水源モンゴル⇒平家と源氏の時代につながった。源平の世は室町、
江戸へと続くが天皇家は足利、徳川等関東武家と血縁を保持した。中国では秦・漢・
明等のO3系は蒙古元C3、満州清C3cに押されがちに推移している。日本だけでO3が
皇位を維持したとは考えられないが、女系mtDNAにおいては縄文時代からの存続も
考えられる。

554 :出土地不明:2011/10/30(日) 22:02:00.68 ID:tcVGU009




◆台湾:尖閣「宣伝」に補助金 国家安全会議が6月承認


【台北・大谷麻由美】台湾総統府直属の国家安全会議が6月、尖閣諸島(沖縄県)に対する
台湾の領有権意識を高める教育・宣伝活動を強化するため、台湾の民間団体「中華保釣
(尖閣防衛)協会」に補助金60万台湾ドル(約150万円)の提供を承諾したことが分かった。
中華保釣協会は尖閣諸島への上陸を目指して出航を繰り返し、昨年も日本の排他的経済水域に
入るなど挑発行為を続けており、台湾当局に対する日本側の不信感が高まりそうだ。

野党・民進党の立法委員(国会議員)が9月26日に公表した国家安全会議の資料によると、
補助金は「正確な」台湾と尖閣諸島の関係を宣伝するためのもの。中華保釣協会の
「長期支援制度」を創設することも規定した。協会のほか、教育部(教育省)や大学などに
計315万台湾ドル(約800万円)を提供することも決めた。

国家安全会議が承諾した時期は、尖閣諸島が沖縄県の一部とされた日米の沖縄返還協定調印から
40年の記念日(6月17日)で、中華保釣協会などが活動を活発化させるとみられていた。

協会の黄錫麟総幹事は台湾メディアに「補助金は全く受け取っていない」と否定している。

国家安全会議は台湾の安全保障政策を決定する機関。尖閣諸島については台湾も領有権を
主張している。
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20111003k0000m030046000c.html?inb=yt





555 :LUNAMASK:2011/10/31(月) 12:05:59.63 ID:B2f3pfa4
エベンキ(平氏C3/源氏C3c)、沃沮(O2b/O2b1)は土師器により、弥生銅鐸国
(O2a/O3*)のDe-compartmentalization改編を行い、その国土を凡海(Lamut)、生駒(Murchen)、春日(Orochen)に仕切った。

556 :出土地不明:2011/10/31(月) 23:14:32.16 ID:iK+RB6j/








◆<台湾>尖閣問題、共通利益を糸口に…最大野党主席が来日


来年1月の台湾の総統選で政権奪還を目指す最大野党、民主進歩党(民進党)の蔡英文主席が
3日、来日した。蔡主席は東京都内で講演し、台湾は与野党とも対日重視の立場だとしたうえで
「日米安保はアジア太平洋地域の安定に最も重要な礎で、日本と共にこの地域の安保や経済統合
などの問題に取り組んでいきたい」と述べた。

台湾が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚島)については「漁業から話を
始めるのもよい」と指摘、日台間の共通利益を糸口に話し合いで解決したいとの姿勢を示した。

蔡主席は3日間の滞在期間中、前原誠司民主党政調会長ら与野党の主要政治家と会談。
安保や経済統合、対中政策についての考えを説明する予定だ。【石原聖】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111003-00000093-mai-int









557 :出土地不明:2011/11/02(水) 00:49:08.29 ID:SX+8c50h








◆「釣魚島を返せ」 台湾、反日デモで日本人職員暴行


盧溝橋事件から68年の7日、台湾の反日グループのメンバー約30人がデモを起こし、
日本の対台湾交流機関、交流協会台北事務所に押し掛け、応対に出た日本人
男性職員がメンバーの男に平手で顔を殴られた。

交流協会は、警察当局に被害届を出すとともに、台湾の対応機関、亜東関係協会に対し、
遺憾の意を表明し、事件の再発防止を求めた。

交流協会台北事務所によると、反日グループは統一派野党、新党のメンバーら。
同日朝、事務所前に立て看板を置くなどし「釣魚島(日本名・尖閣諸島)を返せ」
「(日本側の取り締まりから)台湾の漁民を守ろう」とスローガンを叫んでいたという。
http://logsoku.com/thread/news19.2ch.net/newsplus/1120741302/









558 :出土地不明:2011/11/09(水) 07:31:11.40 ID:2rUI6lZY
>天皇家のYDNAは神武C1、桓武C3、清和C3cのいずれか

C*からC1、C3、C3cが別れでたのは数万年前のことなんだがw
桓武とか清和とかってどう考えたってたかだか千数百年前だろ。

数学を知らない奴はこういう馬鹿げた間違いを平気でやらかす。
突然変異の確率から各グループの発生時期は確実に分かる。

559 :LUNAMASK:2011/11/09(水) 12:43:13.20 ID:h7v29VBL
至支単于西匈奴⇒代国独孤部⇒百済遼西郡⇒河内王朝期中南九州
石障系横穴式石室墓 匈奴 西匈奴至支単于⇒代国独孤部
地下式横穴墓    烏孫・粟特⇒秦氏
地下式板石積石室墓 後趙(堅昆⇒羯)・丁霊

560 :LUNAMASK:2011/11/09(水) 15:29:29.01 ID:h7v29VBL
>>555
凡海(Lamut)⇒若狭・敦賀・琵琶湖・大和東部・霞ヶ浦
生駒(Murchen)⇒大和西部葛城山系
春日(Orochen)⇒東海・関東・東北(出羽・陸奥・常陸・下総)
岐神鹿島様・鹿踊り

561 :出土地不明:2011/11/11(金) 00:43:06.97 ID:R4lywfCG









◆台湾から覚醒剤密輸の疑いで台湾人の男逮捕 大阪


台湾から覚醒剤約1.5キロ(末端価格約1億3500万円)を関西国際空港に持ち
込んだとして、関西空港署と大阪税関関西空港税関支署は18日、覚せい剤取締法
違反(営利目的密輸)容疑で、郭帆洲(クオ・ファンチョウ)容疑者(28)を逮捕したと
発表した。地検は同日、郭容疑者を同罪などで起訴した。関空署によると郭被告は
1月29日午後、関空に到着。キャリーバッグ側面を二重にし、ポリ袋6袋に分けて
覚醒剤を隠し、密輸しようとしたという。郭被告は「金を借りている知人から持って
いくように言われた」と供述しているという。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1298304959/










297 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)