5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

AAバトルロワイアル After

1 :名無しさん@├\├\廾□`/:2010/12/20(月) 20:20:46 ID:8RJgyGIW
立ててみた。
とりあえずルールについての議論をまとめて、その後参加キャラ決める形で。
自分なりに大まかなルールは決めているけど、その辺は反応を見てから。
ちなみにバトルロワイアルパロディ企画とはある特定のジャンルのキャラクター達を選抜し、
孤島などの閉鎖空間で最後の一人になるまで殺し合わせるという主にリレー小説による企画である。

資料↓
2chパロロワ事典@Wiki
http://www11.atwiki.jp/row/pages/153.html

大まかなルール1 展開に依っては第三勢力の介入、または二回目以降の開催も有るらしい
大まかなルール2 AAキャラなら何でもあり

2 :名無しさん@├\├\廾□`/:2010/12/20(月) 20:21:55 ID:8RJgyGIW

書き手に守って欲しいルール
・武器に無理があるものは避けよう。マグナムはありだとしても、ロケランやレーザーはどうかと
・化け物、兵士とかその類は避けよう。いやマジで。基本的に生徒同士の殺し合いがメインで
・ルールは原作どおりでいいんじゃない?あまり色々弄ると収拾つかなくなるかと
・本部からの定期連絡と禁止地域発表はしっかりとやろう
・登場人物…最低限でも自分のに出るAAは、AA辞典見るなりして一応性格やらを掴んでおこう
・リレー形式なので一人で一つのキャラの話を最後まで進展させるというのはできるだけやめよう
・中心的役割のキャラはできるだけ生かそう


3 :地図:2010/12/20(月) 20:26:10 ID:8RJgyGIW
   |   A   |   B   |   C   |   D   |   E   |   F   |   G   |   H   |
______.|_____|_____|._____|____|____|____|._____|____|
   |
 1 |          + +                      + +     /      北
______.|         +i''" ̄`i+      + + + + + +   + +i ̄i +    /.       ↑
   |        +i"    `i + +   + i ̄ ̄ ̄ ̄i i ̄i+ +i ̄    ̄i + /    西←┼→東
 2 |      +i''"     i' i ̄ ̄゛i+ + i      i i   ̄ ̄     ___i/+        ↓
______.|    + +i ̄       i i_   ̄ ̄      i i  エリアC  __i _!"  +       南
   |   +i ̄         ̄i i           i i      _i/
 3 |  +i"           i i  エリアB    i i      _i ∠____   ├──┼──┤
______.| +i"  エリアA      i i           i i      i i" ̄ ̄ ̄`i |    0   1.5   3 (km)
   | +i_             i i           i i    __i i エリアD .i |
 4 |  +i_           i i            i i__i┌┐i   __._i |         〜
______.|  +i     _____,i i、_________i__,, -ー"  i i   _i,-‐‐┘
   |  +i''   _i,.─────‐┐i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|      i i__i/
 5 | +i   ___i/         ┌'/        i|      . ̄ ̄     〜
______.| +i__  i,i"      〜    i/         i|開始地点    p
   |  +i,,/             |i__        i|  ↓_   ヽニ>
 6 |  /+             └、 i    森森i|  |i○○i|                   __
______.|/   +              |i エリアE森i|_|i    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄崖 i|
   |                 __|i     森森i_____                     i|
 7 |      〜          Li_       森森i      .|i      エリア51          i|
______.|    q             \i,,__   森森i|      .|i______________i|
   |   <ニ/               ̄|i_____   i|  〜
 8 |              〜       ̄ ̄|i___i|
______.|                          ̄ ̄

────────────────────────────────
−会場地図−
バブル崩壊と同時に開発が閉ざされた地帯。
ゆえに様々な建物や、建設機具などが放置されている。
周囲は高圧電線で囲まれており、全部で五つのエリアに別れている。

  ・エリアA : 廃屋が立ち並ぶエリア。
  ・エリアB : 建物の無い荒れ地。
  ・エリアC : 建設途中のビルが多数あるエリア。
  ・エリアD : 夢の島のようなゴミ捨て場。
  ・エリアE : 高層ビルが立ち並ぶエリア。
  ・エリア51 : 本部があり、ゲームのスタート地点。

────────────────────────────────
※文章中で、できるだけ現在の場所などを読み取りこの地図を参考にして書き手は頑張ってください。

4 :名無しさん@├\├\廾□`/:2010/12/21(火) 16:31:06 ID:GDPN7L6V
大まかなルール3 あくまで、「殺し合い」の物語です。原則的に戦いがメインですので、脱出思考の生徒をあまりに多く残したり、人数合わせの事故を起こすと
アクションの楽しみがなくなってしまいます。考慮してください。
大まかなルール4 生徒には始まると同時に武器や食料が入ったデイパックを支給されます。支給される武器は書き手の自由です。
大まかなルール5 人が書いていたキャラを書き続ける場合は、そのキャラの状況を、ログを読むなりして理解してください。
現在の位置や時刻、負傷の有無、仲間の存在、所持している武器…など。矛盾した設定を残すと後にも響いてくるんでこの辺りは特に気をつけるようにして下さい。
場面が変わった直後は、「生徒名【出席番号】」のように表記をお願いします。
大まかなルール6 […モナー【男子19番】はそのとき、滝を下っていた…]場面の最後には【残り○人】と必ず入れてください。死亡者を書くともっとわかりやすいかも
大まかなルール7 書くキャラの性格などを最初からつかんでおいて、その性格に沿った物語を展開していくと読み手にも「ああ、コイツの性格が出てるなぁ」など読みやすくなります。
例えばモナー。彼がいきなり凶暴な殺戮キャラになったら、少々困惑してしまうものでしょう。

5 :プロローグ:2010/12/21(火) 17:52:30 ID:GDPN7L6V
ある夏の日の午後6時。
普段ならまだ日が沈む時間では無いが、空はいつの間にか雲に覆われ既に薄暗い。
普段ならまだ雲が無い、澄んだ青色の東の空が同様に覆い尽くされるのもそう遠くはないだろう。

ツカ…ツカ…ツカ…
「これより第23回BR委員会会議を始める。」
「助教授、過去のBRの優勝者の戦法は?」
「あくまで過去は過去ですが、過去のBRでのデータを参照すると、優勝者の戦法には待ち伏せが多いんですよ。
無駄な体力を消耗せず、先制攻撃な可能な点からですかね。もちろん万能ではありませんが、それでも有効なことは確かです。」
そう言い教授はコーヒーを啜る。眠気覚ましのために相当の濃さだったが一気に飲み干した。
「このプログラムの本当の目的は金の亡者になりきった政府上層部に一斉蜂起をかけるための優秀な兵士を抽選する為の抽選会。
そして冷酷なプログラム監査官を演じるのも政府上層部の豚どもを根絶やしにする為のカモフラージュ…。」
「はい。」
「助教授、ちょっとこっちに来てくれ。」
「彼」はこの国の地図をデスクいっぱいに広げた。
「このプログラムが終わり次第、例の計画を発動するからアレの用意をしといてくれ。」
「アレ…ですか?」
「そうだ、アレだよ。」
アレ…プログラム監査官もとい反政府軍人同盟の1人、しぃ助教授の頭にそれに該当するものは一つしかなかった。
BGM109、国会議事堂および周辺官庁街攻撃用に同盟がアルカイダから極秘に購入した核ミサイルのことだ。
それを用意するということは…。
「いよいよ武装蜂起ですか?」
回りの兵士…反政府軍人の仲間たちの間にも緊張が走った。
「ああ…。誰が勝つかわからんが、このプログラム終了後に我々は議事堂および官庁街に核ミサイル攻撃を仕掛け、政府に一斉蜂起する!」

後はキャラ決定後に書きます

6 :>>5:2010/12/22(水) 15:53:59 ID:HD8QlYVG
書き手が来ない… 書き手を待つLevel.1からワンマンのLevel.2に変更

-AABRAfter・名簿-
【男子1番】ネーノ:( `ー´)        【女子1番】しぃ:(*゚ー゚)
【男子2番】ニラ茶猫:( ゚Д゚).旦    【女子2番】かおりん:( ^▽^)
【男子3番】フサギコ:ミ,,゚Д゚彡     【女子3番】ダーヤス:( `.∀´)
【男子4番】ぃょぅ:(=゚ω゚)ノ       【女子4番】やぐやぐ:|||*^◇^)||○
【男子5番】ぞぬ: ● ●、.      【女子5番】よっすぃー:(0^〜^)
【男子6番】ヒッキー:(-_-)      【女子6番】こんこん:川o・-・)ノ
【男子7番】ギコ:(,,゚Д゚)         【女子7番】にいにい:( ・e・)
【男子8番】初代モナー:(´ー`)    .【女子9番】びぃ:(#゙;;-`)
【男子9番】おむすび:( ・∀・)     【女子10番】ありす:!_l_!。゚ -゚ノ!ゝ
【男子10番】イマノウチ:(´Д`;)     【女子12番】まゆこ:|(| ∩ ∩||
【男子11番】そうでもないよ:| ゜Θ゜) 【女子13番】フサしぃ:ミ*゚ー゚彡
【男子12番】ウンコー!:(__)      【女子14番】のー:( *゚A゚)
【男子13番】おにぎり:/■\     【女子15番】妹者:l从・∀・ノ!リ人
【男子14番】Z武:ヽ(´ー`)ノ      【女子16番】エー:(*゚ー゚)
【男子15番】マララー:|    |     【女子17番】レモナ:|゚ノ ^∀^)
【男子16番】フェラーチョ:( ・≧・)
【男子17番】シナー:( `ハ´)
【男子28番】テナー:( ´曲`)
【男子19番】さいたま太陽大佐:─( ゚ ∀ ゚ )─
【男子20番】さいたま右:\( ゚∀゚) /
【男子21番】さいたま左:\( ゚∀゚)/
【男子22番】アサピー:( @∀@)

【性別不明1番】あい:( ・。・)
【性別不明2番】アヒャ:( ゚∀゚)
【性別不明3番】ぽろろ:(,,・Д・)

【??】:::::::::::::::
【??】:::::::::::::::::::::::::
【??】::::::::::::::::::::::::::::::::

7 :名無しさん@├\├\廾□`/:2010/12/23(木) 10:59:26 ID:3LddF/uC
暗い部屋。天井には古びた電灯が黄ばんだ光を出してはいるのだが、それでもこの部屋全体を照らしているわけではなく、部屋は暗かった。
異様な静けさが続く部屋の中は、奇妙なことに、大人数の人間がいた。しかし彼らは、部屋に置いてある何個もの机に身をあずけたまま、動かなかった。
もちろん彼らは死んでいるわけではなく、修学旅行に行くためのバスの中、突然入り込んできた人間達に睡眠ガスを撒かれ、まだ眠っているだけである。
この部屋の中は教室風になっており、正面には教壇、黒板の代わりに白いホワイトボードが立っていて、部屋には何個もの机が置いてあり、生徒一人一人が眠っている。
教壇の後ろには、一人の男が立っていた。黒いスーツに身を包んだその男は、眠っているわけでもなく、ただ何も言わず立っているだけである。
教室風の部屋の窓からは、黒く染まった海が見えた。海には大きな船が何隻か航行しているだけで、波の音だけが静かにこの「会場」を包んでいた。
そしてもう一つおかしな点は、机と椅子に体重を預け眠っている生徒達の首に、銀色の輪がはめられていた。しかも、全員。

しばらくして、部屋の扉ががらがらと開くと、そこから数人の人間がぞろぞろと入ってきた。その男達はヘルメットや軍服を装備し、肩にはライフルを吊っている。
いかにも、兵士らしき格好の者達であった。教壇にいた男が兵士らしき男たちを一目見て、頷いた。
そして静寂を保っていた部屋に、突然轟音が鳴り響いた。じりじりじりじりと、劇場の開幕ベルのような音が大音量で部屋の天井付近にあるスピーカーから流れた。
眠っていた生徒が次々と起きだし、この不可解な部屋、兵士や正面にいる男たち、自分たちの首にはめられた輪を見た後、ぞろぞろ生徒内だけでと話し始めた。
「ここどこだ?」
「修学旅行じゃなかったのかゴルァ!」
「あの人誰?」
「あいつ銃持ってるぞー、何なんだ?」
「というかこの首のやつ何だよ」
しかしそれも、教壇にいた男がぱんぱんと手を叩き、静まった。これは明らかに何かおかしかった。生徒達は不吉な予感を感じつつも、正面の男に視線を合わせた。
教壇に立っていた男は、にやりと笑みを浮かべると、ようやく口を開けた。
「みなさん始めまして。残念ながら修学旅行は中止になりましたー。私は臨時教師のモララーです。えー修学旅行が中止になったのは残念ですがあ、これから楽しいゲームをやろうと思います」
再び、部屋の中がざわざわとし始めた。モララーと言った男は、ホワイトボードにある文字を書いた。"AABR"と。
「えー皆さん静かにしてください。これから何をするか説明をしま〜す。なーに簡単なことです。これから―――」
モララーが一息起き、にやっと表情を変えた後、続けた。
「これから殺し合いをしてもらいま〜す」

【残り42人】

8 :名無しさん@├\├\廾□`/:2011/01/02(日) 10:21:56 ID:gYjoQ87a
AAロワってよく考えたら書くの難しいよね。
世界観が不安定、キャラの固定化された性質・特性を用いるのかオリジナルでいくのか…。
過去ログ読んでみたけど、そこらへんがあやふやになって頓挫ってパターンが多いんじゃないかね。
どうにしろ支援

9 :名無しさん@├\├\廾□`/:2011/01/07(金) 15:50:35 ID:SZechU+v
「必殺マラライタキャノンッ!」
マララーはマラライタキャノンを放った。
「脳殺だろゴブブッ…」
マラライタキャノンによってモララーは死んだ。
その直後首輪が爆発した
「逝っちゃうー!」
マララーのてっぺんから白濁液がこぼれた。

10 :名無しさん@├\├\廾□`/:2011/01/20(木) 05:40:21 ID:LjY5kXFx
age

11 :名無しさん@├\├\廾□`/:2011/01/23(日) 12:18:43 ID:oxGvSL2b
おや、こんな場所もあったのか

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★